このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


デジタルAAゲームブック世界樹の迷宮 137 ミッション報告・リザルト処理


9312◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:00:38 ID:OkM//KTA0


              ,_  ____  _
      ________  || /     'i, || _________
      /      'i,::::||/_______,i|| /       ヽ
     /_____/、._|| .〔〕〔〕i|i〔〕〔〕||7ヽ________'i.
     |{} {} {} {} {}:::||;;;;;;l──────li ; ;||{} {} {} {} {} {}|
     | ========||iiiii;|〔〕〔〕〔〕〔〕〔〕〔〕| iiii||========:::|
     |{} {} {} {} {}:::||;;;;;;l─┬──┬─li ; ;||{} {} {} {} {} {}|;;(;;ミ;;
;;;;(;;;)):  | ========||iiiii;|{} {}|;〔〕ll〔〕;|{}:{}:|::iiii||========:::|⌒;;;));;)
;;;;;ヾ);;;)""""'''"'''""""'''"'''"";;    ;;"'''"'''""""'''"'''""""'''"'''
               /     \
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ――迷宮の第四階層へと足を踏み入れる事に成功した君たちは、
┃ ひとまず、月(ライト)の行方に関する報告をすべく、執政院へと立ち寄ることにした。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



9313◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:01:07 ID:OkM//KTA0


       ::|::|:::::::::::::::::::|                          ::|::|:::::::::::::::::::|
       ::|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;/                        ::|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;/
       :;;| | ̄ ̄ ̄|                         :::| | ̄ ̄ ̄|
       :;;| |      |                         :::| |      |
       :;;| |      |                         :::| |      |
       ::;| |      |                         :::| |      |
       ::;| |      |                         :::| |      |
       ::;| |      |                         :::| |      |
       ::;| |      |                         :::| |      |
_____|_|___|______________|_|___|_________
: :::::::::::::::::::::;;;|;;|::::::::::::::::|;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::: :::;;|;;|::::::::::::::::|;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: ::::::::::::::::::::;;;;|;;|;;::::::::::::;;|;;::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::;;;;|;;|;;::::::::::::;;|;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'―――'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'―――'  ̄ ̄ ̄


                     、  !ヽ、、 、
                  、ヽヽ、ヽ ヽ'ヽ、!ヽ
                 、ヽヽi ヾ  ヽ、ヽヽ、
                  ヽヽ`  ヽ   ヽ.ヽ.ヽ、
                  `i ,.‐ヽ _i'ヽi'、  i. ヽ ヽ
                       / !、r'.'´ 、 `ヽ_,ィ_'i´
                _,.ノー''i´   、ヽ_  /
               //.`ヽ、!      `´`/´
         __,.. -‐''i´  ヽ   ヽ  --、, ー'
      r'  ̄ ヽ、    !    ヽ、 `rー‐i´ヽ、
     i      ヽ   ー-,‐'´`ヽヽ.!、_ .i !.、ヽ`ヽ、_
.    r'        i     ヽ、   ヽ  | !.i `'、  ',.`i
    !       ::      ヽ    ヽ.l   i ゚ !.  i i
   /       :       `ヽ、 ヽ  | ,!    i l
. ノ            !            ヽ、 ', ! ,' _ i |
./         /              ヽ、/./ ´  `.i |
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 12Fをくまなく探したが、月の姿は結局見つからなかった事。
┃ そして、"ミネルバ"の者たちから聞いた話。
┃ …君はありのままの事実を、そのまま全て執政院に報告した。

┃ 報告を受けた執政官の青年は、話の内容をにわかに信じられない様子で俯いていたが、
┃ やがて、ゆっくりと顔を上げる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9314◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:01:45 ID:OkM//KTA0


                    '‐‐‐‐‐――‐- 、.._
                    ‐ニ`、`  ̄ `ミヽ 、!,.ヽ-ァ
                    二´`ミ_` ‐,.. -、、' l/ {
                     `ヽ/'ヽ'l/'´-、_  `'´r'
                      ,|ゝ-''´  i'Tj'‐' .ノ
                  __,....i-/Y ´l.        |
         , -‐‐''、''    '´  / | 丶 ゝ  __.._´.‐'
        ノ    ヽ .    /  !  ゝ \___ /、
       /      ;l    <..__ |!  ./ニl´ノ`l \_
      /       ;;    _,.. -'´ト,.イ;  ノ!/、_」   ヽ
     /        i    丶   |  .〉.イ 'ノ .\   ;.ヽ
    ノ        /     .ヽ  | / |/  ゚/   ノ ヽ
   /        /´      l,  |./  .|/ ./´   y  丶
  /        ./         `! |  / /、___ /    ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃法務執政官 ナルホド
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…………正直、僕はまだ信じられない。
┃ "世界樹の迷宮"の上層に古代文明の遺産が眠っているという話からしてあまりに突飛だし、
┃ 何より、月君が帝国への技術供与を独断で行おうとしていたなど…

┃ …しかし」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9315◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:02:28 ID:OkM//KTA0


                 ___
                 ≧_‐- . ̄ ̄ミ・ .
                 <゙ ̄ミ       ` .
                \ ̄ミ    \ `y、__  ノ
                    ヽ    \  `(   `i´
                  |  fそjY´  、_ リ
                      __人_人_'    ー'了
                    / \     ′  _ _r┘
               _ イ \  `ー‐x\  r'
      r≦ミ ̄      |   丶   √`Y下、
       |     ヽ    `>'" \___ト、〈ト、〉 ` .
     _,′      |    \     丶  ||o\  |ヽ
      |         l       \   \||  / ||
   /      |       \   `l   /   ! |
  /        |          \   ! / _____ | |
/         ノ              \j /     | |
          x<              !'       | |
       l /   ヽ                |()     ,′|
      l′    V      }       |    l |  |
        \      |      l     |    l |  |
\       \    |       l     |()  l |  |
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃法務執政官 ナルホド
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「それが事実だとしたら、月君の失踪も、"ミネルバ"の行動も辻褄が合う。
┃ だから、個人的には事実でなどあってほしくないが、君たちの報告を尊重する義務があるんだろう。

┃ …"樹海戦隊ジュカイザー"、君たちの報告は確かに聞き受けた」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9316◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:03:12 ID:OkM//KTA0


              ,. -‐7
       ,.-,. -‐r - '"   /‐.7
    ,.-',"'´, -,'´'´  _, ‐'´  /
  , ‐'´/i // , ‐, ,- '  _, - '7
 ヽ、 ! l .!.,'/,. //-.、,. ‐'.,...、 !_
  くヽ, 、 /'´    .!、 i !`,ヽi´
  'ヽ!` `    ,r'_", 'ヽ!ゞi l.!.i´
    ',.-_、_.、/!.t;:,!l     l' ノ、l
    ヾ.ゞ'i  ``      'i゙  ',
      ヽ. ! ,   _    ,'  ',_
      ヽ`r_'ニ´‐'ヽ  ,_',.-‐;´-ヽ,
.       \'i'-‐_'ノ ./r‐.く´, -‐ ''`' 、
           ヾ,´ _, ,'./ ::: !  _ヽ___`'_ 、
          /´.,!' / .:::/-、'´       .\
        /.>i゙_./ .:::/  ; `ー,        '、
       ,.' .,.' ,..,V、 ::::::!  l  .l `!,.       ',
      ,.' / !ン i ヽrノ,  !  .! l.i        !
       / ./  !  ヽ !..::::: /..、 ,'  !'i       i
.      / /  ,.' ヽ ....`"ーく::./.:ーノ.,'       !
    ,' /  , '   `-、-'、_`ノ'ー '7 /      ,.'i
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃法務執政官 ナルホド
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「"樹海戦隊ジュカイザー"、ひとまず今回のミッションはこの報告をもって完了としよう。

┃ そして、新規ミッションを発令する!
┃ さきほどの報告の内容にあった、"世界樹の迷宮"の上層に眠るという古代文明の遺産が実在するか…
┃ そして、それが本当に軍事転用できる恐れのあるものなのか、確かめるんだ!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9317◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:03:57 ID:OkM//KTA0


       _ ,, -ー=- 、
       ゝ、ニ 二 _ ミミV,
       マ二 ニ、 r' ..,,_ ヽソ,                    ,. ‐- .. _
       `ヽ、 { a`'  rt;j`'r'                  /  __  `` ー- 、
         |ノゝi     ,_ i                , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
         /   t   -‐ ,´             _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉
        /!   `>、 _/_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'
  / / //| 〉‐f/ \'    !                ,  ' ´
 / ,' > .|/ レ   ゚ノ    |           ,.. -‐ '"
/  {  ヽ |  /  /__  t     ,. -‐ ' ´
  |   ヽ| / /  '   `  ヽ、  /
  |   `!//           /
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃法務執政官 ナルホド
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「月君の行方はひとまず置いておこう。
┃ 目下重要なのは、今の話にあった、兵器として転用できる恐れのある古代文明の技術だ。

┃ そんなものがもし実在し、実際に強力なものであったならば、迂闊に他国や第三者に渡すわけにはいかない。
┃ 万一、世界各国の力のバランスを崩すほどのものであったなら、厳重に封印されるべきだ。
┃ "樹海戦隊ジュカイザー"、これが何者かの手に渡る前に、君たちが発見してくれ!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9318◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:04:42 ID:OkM//KTA0


     、_ ー- - 、      、_   、 、ヽ. i.、
       ー 、 ニ _ ̄      、` ー 、 ヽ. ; !.`;ー-‐ァ
    ー 、_¬‐' ̄、 ー- _    ` ー_-.、ヽ. ゙;.  |  } /
     __ー_、ー- 、_ - 、- 、.r‐- 、- 、_、- 、ヽ ,! .ノ /-ァ
     ` - 、 ー ,. ‐.、   r-'   `  `  ヽ., .'^ァ /
        ) /./ `i.゙ . ,.r'             ト'
        ヽ. { r‐、ァ ∨    ̄ ー.、         l
        _ノキ !- ,;        r‐rテ-;゙、_, ィ ,.r''
        /,.'}.、.ゝ`ー         ヽ. ー' ,;;  ' fi!
    _,r'´ / ! `  ̄i            ̄      |!
_,. - '",/  .l  {    |           _   )
   ./   |  ゙.   i.                 r‐'
   /   .|   ヽ;  ヽ.     --――¬'
           ヽ.   \       -‐f´
             \   ` 、___ノ ヽ.
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃法務執政官 ナルホド
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「"世界樹の迷宮"の上層に踏み込めるだけの力があり、
┃ なおかつ、これまでの行動からして信用できる君たちだからこそ任せられるミッションだ。
┃ 報酬は5000enを約束しよう。

┃ …頼む、"樹海戦隊ジュカイザー"!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



         ___
        /     \
      / \ , , /  \
    /  (●)  (●)   \
     |     (__人__)     |
    \     ` ⌒ ´    ,/
     ノ          \
  ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ
 ( l  l  l  l l
  ヽ      /
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君はミッション報酬の3000enを受け取ると、大きく力強く頷いた!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9321名無しのやる夫だお2012/07/22(日) 12:06:16 ID:kHLL36FQ0
5000enか
3層採集と探索すれば手に入る額だし
なんかはした金感がはんぱないなw


9324名無しのやる夫だお2012/07/22(日) 12:07:25 ID:oo7tf7Ps0
樹海化現象の対策で財政難なんだよ…タブンネ


9319◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:05:19 ID:OkM//KTA0


                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |


9320◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:05:39 ID:OkM//KTA0


     \
       ::\
      :: :::\___________________________
        .:: :::::|:::::: .
      |ヽ ::::|:::.    _____      __________
      | | :|: :     ||__,____||       |  |  |  |  |  |  |  |  |
      | | :|      ||   ||     ||       |  |  |  |  |  |  |  |  |
      !-   |      ||   ||     ||       |  |  |  |  |  |  |  |  |
         |      ||   ||     ||       |  |  |  |  |  |  |  |  |
         .:::|___||__||___||____|_|_|_|_|_|_|_|_|_____
        /:::     / ̄ ̄|   iニニi
      /         ̄ .i | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|、`i     .    iヽ\ ̄ ̄ ̄ ̄
     /              |‐|______\ |         |ヽ|‐ \_____
   /                | ::::|┃::::::::::::::::::::::┃ |          ' .|:::.. ┃:::::::::::::::
  /                ::::┸::::::::::::::::::::::┸            .  :::┸:::::::::::::::
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\        :::::::::::::::::
______________________    \
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     \
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     \
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     \
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ミッションの報告も終え、君たちは宿で束の間の休息を取っていた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9322◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:06:25 ID:OkM//KTA0


                ,x≦ ̄ ̄ ̄ ヽ
            ,x≦: : : : : : : : : : : r ヽ: : :`ヽ
          /: :/ ̄: : : : : : : : : : : ,: : : : \: : \
       r- / ̄: i: : : : : : : : :ヽ: ://∨: : : : \‐=', ,x====、
      /: : i: : : :.:l: : : : : : : : : : \ ̄ ∨: : : : : i ̄ゝ//////\
     /: : : :.{: : : : :イ: : : : : : \: : : :.\_i: : : : : :.l/: /l,///////ヽ
    / /: : : .i: : : :.:| マ: : \: :.斗  ̄: :.ヽ |: : : : : :l: : // l////////,\
.   / //: : :.:.|: : : : |   マ: : : \ .,x≦坏≧,l: : : : :l: :// : l//////////,\
  / / i: : : : :.l : : - ,x≦ニマ: : : i Ⅵ:::ら / l: : : :.lヽ: :/: :.:l≦=====,/////ヽ
. / /  |: : {: : /: :/に心  `ヽ:l:  ゞ- '  l: : : :l  }': : : :∧\,\ ヽニニ//∧
. //   !: :.i: : : :マ l`乂シ    `      :l: : : :l/: :|: : : :.∧ \/,\  `ヽ,∧
./     マ: ト、 マ: マハ   ヽ _      :l: : : :l: :| : |: : : : :.∧  `ヽ/\   \{
      マ| ヽマ: :ヽ',    マ  }      l: : :.:.l: :| : |: : : : : :.∧   ヽ//\  \
      \ ヽマ: :∧ 、           |: : :/: : l: :.l: : : : : : :.∧   \//ヘ
            マ: :.ヽl >       / :|: :/: : :.:l: :.l: : : : : : : :∧    ∨//ヽ
            マ: :ヘ: :| |: : :>イ   | /ヽ: : :.l: :.l: : : : : : : : ∧    ∨//,ゝ
             マ: :i: ! |: : :.,イ≠< //: : \: :ヽ:ヽ: : : : : : : .∧    ∨
               ∧l: : :|//|_∧ //: : :.|:.:.:.`ヽ--- ___∧
             /: :,x/// |:  ヽ/: : :.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:ヽ
           ,x≦:.:./: /. /  :l   / : : : : |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.∧
         イ:.:.:.:.:.:.:/ /r--- 、 i  /: : : : : : |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
       /|:.:.:.:.:.:/: : :.i: : : : : : : ゝ': : : : : : :./:.:.:.: /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
        i:.l:.:.:.:.:.:i: : : :l: : : : :./: : : : : : : /:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃ギンガ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「なんだか、今日はずいぶん長くこっちにいるわね。
┃ まだ屋敷に帰らないの?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



           ____
         /       \
        /   ⌒    ⌒ヽ
      /    ( ●)  ( ●)'
      |        (__人__)   |
      \       ` ⌒´  ,/   ( ::)
      /      ー‐   ヽ ( ::)
     /      /^ー r ̄ ̄ ̄i
     |   i   /    ノ、___ノ
     |   l /  r‐´    ̄ |
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君の様子を見て話しかけてきたギンガに、君は頷き答える。

┃ 屋敷に戻るのはいつでもできるが、仲間たちと過ごす時間は永遠ではないのだ。
┃ ならば、その時間を大事にすべきだと気づいたのは、ごく最近のことだ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9323◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:07:06 ID:OkM//KTA0


         ____
       /       \
      /   ―   ―
    /     ( ー)  (ー)'
    |         (__ノ、_,x ,--、
    \.       `ー<  ヾ zヽ
____/       ー‐\/| |
| |  /  /            __ノ
| |  /  /          |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ.   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ それでなくとも、屋敷からほど近い位置に、謎の工房めいた建物があるのだ。
┃ 不安なものを感じないわけではない。

┃ 元の木阿弥になってしまうが、また暫くこの宿に泊まろうか…と君は呟く。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




        |:.:.:.:.:.:.\_ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
       /:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>   ̄  <:.:.:∧ /l
    |\ /:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./            ヽ:.:.} :.|
    |:.:.:>――ァ:.:.:.:.:.:. /            ∨:.:;     r 、
  // ̄ ̄./:.:.:.:.:.:.:.:,                 W     ∨ \
_//: : ://|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i              i:|     ∨ヘ:.\
./: : ://ヽ:.|:.:.:.:.:.:.:ll:.:.|                ,リ:.     | :|: : :.\
: : : :/ ./   }|:.:.:.:.:.:.:ll:从             ,::         | :|: : : : ::}
: : :/ ./     八:.:.:.:.:. ∨:∧              //       | :|: : : : /
: : { {     ムイ∧:.:.:.:∨:∧         .イく、___ィ彡| :|: : : /
: : | |ミ===|{::∧:.:.:.:.\\>  ___ ィ彡    ̄ ̄ ̄   :| ,: :.:./
: : | |       { ̄ヽ\:.:.:.:.:\ >:.:.:.:.::/:.:./           / /:.:.:/
: :∧ ∨   rく入、  \>t、: :ヾミ=彳            / /:.:.:/
: : :∧ ∨ jノ:   \ {⌒ヾ:>、 : : //}_             / /:.:.:/
: : : : :\\:.∧ ー===|   \\,イ 「xヘ          / /:.:.:/
: : : : : :.:.\\ \\___.|      l}  |l |{ハ:.:\.     / /:.:.:/
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ その時、君の呟きを聞き取って振り向いたのは、偶々その場にいたゼロだった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9325◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:07:50 ID:OkM//KTA0


     /:::::::/::::::::::::::::/         \::::::::::::::::::.\::::ヽ
    N:::::::./:::::::::::::::/            \::::::::::::::::::ハ:::::V|
    |::ヽ::/:::::::::::::::/               V::::::::::::::::::i::::/::|
    .|::::Y::::::::::::::::i                V:::::::::::::::Y:::::i
    |:::::::::::::::::::::|                 |::::::::::::::::::::::.|
 __.|::::::::::::::::::::|                   |::::::::::::::::::::::|
 ̄   |.:::::::::、:::::::|                     |:::::::/:::::::::::i───
     V:::::::::ヽ:::::|               __∠||::::/:::::::::/
     ヽ:::::::::ヽ::::ヽ        _,-‐壬,ィ<ヽリ/:::::::::/
      ヽ:::::::ヽ:::::\        |//弋ノ_ノ /ノ/:::::::::/
       ヽ:::::ヽ\:::::`ー、__  .|ー、__...,イ´//:::::::/
        ヽ:::::\\_::::::::: ̄ ̄ ̄:::::_//:::::::/
          \::::: ̄フ::>::::::::::::::::::::::ヽ、 ̄::::::::::/
           \:::::::ヽ\:::::::::::::::::://:::::::::/
           ,-─iヽ:::::`ヽ:::::::::/:::::::,-/ヽ、        //
\         ヽ ヽj_ `ー 、_, -‐   レ ノ      //
\\       /く   Y ̄iン‐、__,へ/⌒ヽ/ ト     //
::::::\\    ∧ `ー、/  i/     |   V-‐' ゝ   //
::::::::::::\\,-‐ヘ ヽ  /   !     |   ヽ,-‐'ヽ //
>:::::::::::::::\\  `ーニ/        ノ    V´ク//
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃ゼロ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…工房、だと?
┃ 詳しい話を聞かせてくれないか」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



      _____
    / ―   \
  /ノ  ( ●)   \
. | ( ●)   ⌒)   |
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ なぜだか、ゼロは謎の工房について興味を示した。

┃ 君は、見てきた限りの事を話す。
┃ 老朽化の進んだ建物であった事。溶鉱炉や鋳型、薬液槽などが無数に設置されていた事を。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9326◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:08:46 ID:OkM//KTA0


            /;:,.‥´;:ヽ;:;:;:/|
          ,.、ノ;:;:´;:;:;:;:;:;:;:;:;:∨;:;:;:;:!
‐ ‐'¨´ ̄ ̄ ̄7,. -―- 、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:',;:;:;:L
        〃     ヽ.;:;:;:;:;:;:;:;:};:;:│ `¨ー 、
        /        ',;:;:;:;:;:;:;:;:!;:;:;:.]._     `ヽ、
\     f            i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/       ゙,
  ヽ    l  ..:::: : : : : : : ;';:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ィ′   __,,.ィ.}
   `、   ', ..:::: : : : : : : /;:;:,,,;:;:;:;:ー┘-‐=ニ - ― ソ
    `,  ',::: : : : : : : : ,.'//;:;:;:;:,=┐`ヽ、\..... /
  ,. - ‐ ヘ  弋 :: : : : :ン´/;:;:;:// ヽ   ン:::::く
「´;:;:;:;:;:;:.∧  ゙ ー ‐"´¨ ィ ァ´ //// ./;:;:;:;:;:.}
.!;:;:;:;:ト、;:;:.∧   F`!´7 / ィ´ ,/ ,////;:;:;:;:;:;:;:;:;:`
.;:',;:;:;:!ハ、;:.∧   [ |  :/ // /∠, ′;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:',;:.;:|;:ハ\.\\ヾf! ハ'  .|' /, '/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃ゼロ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…それだけの設備があって、今や無人で放置されているとは、あまりに不自然だな。

┃ "ミネルバ"の者たちは言っていた。現皇王が皇国の王位を継ぐにあたって、帝国の皇妃が後援をしたと。
┃ その一環として何らかの秘密裏な技術供与が成された、その実験施設…という仮説は、考えられんだろうか。
┃ それならば、存在を公にしていない工房である事には説明がつく」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9327◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:09:59 ID:OkM//KTA0


                       __
        |\/|          厂 ̄ /
        ヽ `ー--、___/二 ̄/
         く\    \三/フ―<ニ\
  |`ー――----メ    V ∠-―-、__\
   \                     _ニ=、
    `ヽ、__       -、     ,,,-''~l | |
   ー=二フ         \  <_ヽ__/l ゝ、
      /      ヽ、 ∧  \  _ニ=‐ 勹 7
    /  /    卜、|l∠_\  ヽ、≧r‐-、| / |
   /  /    lハl/イ巾 > `ー-、|V「ニヽト、〈  |
 ∠_,イ/   | /i,)   V_ノ      )_ソl |< 〈
    |/|   /|//              乂ヒ/____
     | /  `iヽ              `y ̄ト、ヽ\::::......
     V     ヽ⊂フ            /  L 7ヽ ヽ:::::::
            \    _         /    / | |  ヽ::::::::
              `ー'フ~ /\    /    /  .||   l:::::::::
              /|`―<  〈\ /    /L/ |    |:::::::::
             /| |!、    ̄~ ̄     /|   |.   |:::::::::
            /:::::| ||. ヽ_____/ / _ |.   |::::::::::
           :::::::::|  ヽ \_ >  \   〃  ヽ|   |:::::::::
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃呂望
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「二人して、何やら色気のない話をしておるのう。
┃ この年寄りも混ぜてもらっていいかね?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 呂望が、君とゼロの合間に立つようにして話に入ってくる。
┃ 途端に、作戦会議めいた雰囲気が形成され始めた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \


9328名無しのやる夫だお2012/07/22(日) 12:10:38 ID:MbT23mYU0
いい顔してないw


9329◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:11:06 ID:OkM//KTA0


       `i i  /`ヽi:.:.: ヽ_ _ _ _ _      i' ´ー--
___ , . -ー':´:.: ̄:.:. ̄`ヾ:.:.: :〉_.  / '´`_ ̄ヽi
   ̄ ``ュ,-:ー:':´ ̄:.:._ヽ:: :i、i-亠.r':ー:ー:.-..一
   ,..:'´: : :.::::::::::,: :': : : : :〉-.、i__/: : :::::::::,ィ'´ i  「
  /: : : :.::::::::::/:.:.: :.:.:::ィ: : ::::::ヽi,イ:⌒i、i ト、 i   i
 ,: : :.:::::::::: ィ: :.:. :.:.:.: /: : : : : :.:::: : : : : :ヽ-ー-+ 、iレ
. i: :::::::::://: :::::::::::/:/: : : :.:::::/:i::::: : :.: : :`、 ヽ  イ
/:.:::::/  i: : :::::::::/.::i: : : :::::::イ:ハ: ::::::.:.:.:.: : ヾi、_ ト,i
:.::/   i : ::::::::::i.:i、i : :::::::/ i.i _i::.:.::::::::.::::.: :ヽ、i、/i
:/     i: ::::::::ハ:i_ェi: :::::/ ,イi⌒i::ヾ::::::::::::::::.: ヽiヽj
       i: ::::イ〃i`i: ::/ ',.ュiト _.ヾ:ト:、::::::::::::::::::.ヽ'     _
         ヾi. i ` .k:ハ/   iハ、_i゙ヽヽヽ:i、r=ヾ、:::::::`、  ィ⌒ヽ`i、
         i `ーノ   弋_リ ノ'   iハ、.} | |´Tー、i/::::: : / //
         i、 ヽ    ` ー´    _ ´ _,ツi`_|   ,i:::::::ノ .//
         /iヽ            ./i `´L _ハノ ./   _//
        / _レ->、`     ィ:´  i/ヽ/ /⌒ヾ〈ノ  i、/
          i/__/ ヽtー::´::     レ´i.i i::::::::.:.i>   7____
    _ ____ __/:,ィヽヽ、 _i ::    , -'´,、 `i ヾ:_::i' ̄ ̄ ̄  `i、
ー:'. ̄: . : . : . : :/i /::〉ヽ ` ー' ´  / `ヽ.i, ニ.i  `i___ . -一 ヽ
: . : . : . : . : . :./i' /´i' /     /   _,イくi  i i' ̄  _____  i`: ー-
: : . : . : . :::::::/ i:/ノi:ト`-、__   /  _,-'´/  i r':`i i  r' ̄     i: . : .::
: . : ...::::::r 、/  i::::i ヾi  ヽ ` ー- '´  /   /i i::::::`-i  .i ヽ、_ハ, i: . ::::::
: . : :::::::/ V /i::i 。ヽi  \ /   /  /i ヽ`ヽ:_::` -i、__,/\〈 i:::::::::::
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃呂望
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「さてゼロよ、おぬしの言いたい事はわかる。
┃ あの皇王が即位するのに帝国が裏から力を貸した、という話はおぬしからも以前聞いた。
┃ 他ならぬ帝国の武人である"ミネルバ"もそう言うのだ、信憑性は高かろう。

┃ が、普通、立場が逆ではないかね?
┃ 王位に就くにあたって力を貸してもらう側が、なぜ技術供与などという多大な恩恵まで受けられるのか」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君は頭を、休息から思考へと切り替える。

┃ …確かにおかしい話だ。
┃ むしろ、皇国が何かを帝国に差し出す代わりに、王位に就くのを後援してもらう…という方が普通は自然だろう。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9330◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:11:59 ID:OkM//KTA0


               //: : : : :/: : : : : :/l: : : : : : : : : 二ヽ/ \
                   /‐=i: : : : :/: : : /: :/`ヽi: : : : : : : : : : : : |: : : :∧
             ,x{\ |: : : :/― - /   l: : l: : : :.l: : : : : :.:l: : : :.:∧
           ,イ//}: ヽ:l: : : i: :| /,x≠\ l: : :|: : : :|: : : : : : l: ヽ : : ∧
         ////// /\l: : :.l: :l l《 ん:::::らヽ: :.|: :.:.:.|: : : : : : |: : :.ヽ : ∧
        ///////// 《 l: : : l/リ 弋:::: /  \l: : ,x≦__: : :.,': : : : :iヽ ∧
         /////////: : ヽ l: : : :.:l    ̄    |: :ん心 }`:./: : : : :.:| \i
       /////////: : : : : ヘl: : : :l         |/らシ /i /: : : :.:}}: |   `
      ///////,/: : :/: : : : ',: : : .{        '   ¨ ∧l/: : :.|: :i i |
     .////////: : :./: : : : : :i∨: :.i:       `ヽ    ∧/: : : :/: / |/
    //////: : :./: : : : : : :| ∨:.:.{            , イ/: : : :./} / /
    ¨ /,/ /: : : :/: : : : : : /  ∨:.:ト、       7 /: : : : / //
    /// /: : :.:/: : : : :/\`ヽ∨ i > <: : / /: : :./ /
.  //,/./: : : : :/: :,x≦: l: : : ヘ  ヘ |--/ lヽ、:./ /: :/
//,/ /: : : :.:,x≦:.:.:.:.:.:.:. |: : : : ヘ   ∧  ヽ\`:.//
/,/ ∠‐=≦:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: : : : : ヘ/ `ヽ| :ヽ: ゝ、:.:.:`ヽ  ,x、_____
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |: : : : : : :ヘ   :l   ヽ: : \:.:.:.:.:/ __   \ヽ
― 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!: : : : : : : :ヘ  l    ヽ: : :.ヽ:.:r――    ヽ‘,
:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\: : : : : : : : ヘ :|  ,x--:}: : : :}:.{` -       i
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃ギンガ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「でも、言われてみれば、ここ暫くで不自然なほどの技術革新があったのは間違いないです。
┃ …ほら、見てください、私の左手」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



             /l7 ̄``''ー--、
              /l l        }
        ,,. -―‐/l \ヽ、._   _,/
     / /二∧   `ー‐7 ̄
     / //  \ヽ、_,ノー-、_
   / ///           /´/ ̄ ̄>、
    |  | |.|   ̄`ヽ、_     l l.   / ,.┴-、
   l  | |j____     \`ヽ、 \ヽ_l_ /    \
    '、/-‐‐-、\   ',   ',   ,r┤ \     }
   /      ', l   l.  ', / / ̄`\``ー‐''´
  /       ノ/  , '     '、」_  ,.┴、
 l        /'ー一'ヽ、   ,r=、∧/,.-‐┤
 ヽ、  __,,.‐'´       `ー〈」´   '、゙、/    ヽ、
    ̄             〉rニ弌 \     }
                 Y´ ̄`l  `''ー‐'´
                  ',    !
                  `ー‐'
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 言うと、ギンガは服の袖をまくり上げて、義手であるはずの左手を動かしてみせた。

┃ 指を折り畳んで握り拳を作り、また手を開く。
┃ ただそれだけの事だが、それは生身と遜色ないほどの自然な動きである。
┃ その義手が、もし単なる金属の塊のみであったのなら、とても可能な動作では無い。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9331◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:13:17 ID:OkM//KTA0


       /: r‐ ゝ<: : : : : : : : : : : : : : : :≧ュ、: : : :
      /: : :/: : : : : : : : : : : : :/\: : : : : : : : :|: : : : :
.     /: : : {: : : : : : : : : : : :∧〃: :i: : : : : : : : :l: : : : : :
     /: :/: : i: : : : : :.|: : : : : : :.}`ヽ |: : : : : : : : l: :‐=ニ
   /: :./: : : l: : : : : :l∨ ヽ ヽ: i:  |: : : : : : : :.l: :‐=ニ: :
   ,': :〃: : : :l: : : : :⊥---ヽ ゝ:l_ l: : : : : : : :.!: : : : : : : :
   i /l: : : : :l:l: :l: :´ l ,x≦、 i | |   l: : : : : : : ,': : : : :‐=ニ
   リ :{: : : : |:.:!: |: : :.:| | :リ 7リ  l: : : : : : /\: : : : : : : :
    i: : :.:.|{: :l l:∨:.:| マ/     l: : : : : ./  }: : : : : : : :
.    l: : : |∨リ: :/ヽ|          ,': : : : :/  /: : : : : : : : :
     ',: :.:.| ヽノ           /: : : : / ,イ: : : : : : : : : : :
     ヽ: |  \          /: : : : / ∧: : : : : : : : : : :
      ゞ    `ヽ―    /: : : : /   ∧: : : : : : : : : :
               .' ,    /: : : : /     ∧: : : : : : : : :
                ヽ__/: : : : /     -‐',: : : : : : : : :
              /: : /: : : : /  ,x≦   /\: : : : : :
               /: : /: : : : / /    /: : : : i\: : : :
                /: : /: : : : //}    /: : : : : :/:.:
            /: : /: : : : /  i  /: : : : : : :./:.:.:.
              /: : /: : : : / }  /: : : : : : : : /:.:.:.:.:
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃ギンガ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…"恩寵ノ樹海"を探索していた頃もそうでしたけど、
┃ 皇国は本来、良質な金属製の武具を手に入れるのにも一苦労するような辺境の国でした。

┃ それがほんの数年で、こんな…どんな原理で動いてるのかもわからない義手を作れるようになったなんて、
┃ それこそ、誰かが技術を横流しでもしないと、不可能なんじゃないでしょうか」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9332◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:14:23 ID:OkM//KTA0


             |
               ||
                |:|      ,ィ
             ,ィ  | |     //
         /::! /∧_   /:::/
\      _ /::::{ ///:::〃::::≦≡==--
: :\ /   {::::::::Y:/::::::/:: ̄ ̄`ヽ.
: :ト.、.\_ト、..|:::::::::|:{:::::/:::::::::::::::::::::::::::\
: :  \:::::::::\}\ 从 //´ ̄\ ::::::::::::::::::\
: :   > 、/:\://:::{:::ヽ :::::::::::\≦:、 ̄`ヾ:、
: :      :/:::::::::{::{ハノ:::::::::\:::::::::::\ \   \
: :     〃:::::::::::|::|:::i::::::::::::::::}::ヽ:::::::::ヽ
: :    //::::::::::::/|::|:::|::::::::::::::ハ::::ハ::::::::::::::、
:    //::::::::::::/_.|::|::八::::::::/〃}/:::iハ::::::::::::',
: :  //イ:::::::::/≧圷ミx}:::/,ィ尓刈i|爪:::::::::::i
: ://_/ :::: 〃ん尓゙ヽ l::/ 弋少 ノ:|  }ヽ::::/
、 {У:::::イヾ ゞ_ツ  / \   レ′/  }/        __
 \ /ハ!   ̄       /  /   __           /  }
   }:天ミ∧      、_ ノ /   {  ヽ      /  /
  八:::::`ヾ \       ,     i   |   /  /
  }「 ̄}ト、 \ > . _/       ヽ  廴_/   く__
_/¨>/// \    /            Y      /: :  ヽ
 / ̄ ̄>//\={::::>.、      ,′     {{: : :   /
く___/ ̄ ̄ヽ\::::::::{入     i       ゛==く
///////::>―――\::/::::∧      \ ノ  /    }
/////////////////∧:::/::∧     | ヽ  {___  イ
/////////////////|i∧:::/::∧_     |  Y´ ̄ ̄   !1
/////////////////||::∧:::/::∧}   |  ヽ __/ |
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃呂望
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「うむ、実に目のつけ所が良い。
┃ 確かにおぬしの義手は、皇国が独自でない技術を手に入れたという、確かな証拠と考えてよかろう。

┃ つまり前提をまとめると、
┃  ・皇王は約10年前、即位するにあたって、帝国から何らかの後援を受けた。
┃  ・皇国の技術レベルは、何らかの流入がきっかけで、ここ数年で飛躍的に向上した。
┃  ・謎の工房の跡地が人目を避けるように皇都郊外にあり、何故か今は使われていない。
┃ …という事が言えよう」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9333◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:15:24 ID:OkM//KTA0


                          //
          、         _ _    {. .i
          ヾマヽ     /´  ヽ\  \i\
            \ ',   ,'i    }: :ハ  '|. . .i
              }}   i::',   /: : :il   l. . . ゝ
              ヽi、  ヾミ=彡:.:.::/ イ. ,/
               ヾミミートヽ://:/レ/イ  _
                \:..ノハ::::::/:::::/::::::/フ`::::::::ヽ
           r-, _r─≧:ノr-イ:>i::::≦ハ. .ヽ:::::::::ト=.、  _..:::-::..._
         /. . .V:::::/:.:ァ彡イ::::::/\三三ミ∧. .\;/::::>´. . . . . , =-≧=、
        /i}. . . .ヽノ//::::::ノi::::/\_::::/;;i:::ハ. . . . . . . . ., -´ ̄     /
        /. . .il/:.廴ノ//::≧/:::i l::::::::::/i:::/:::::::|::::::\. . ._ '´           /
     r. . . . . .K:.:.ミ/:/::::/{i∧l::::::::::/: i:イ:::::::::il:::::::::/ハ´         /
     V. . . . ..ハ:::..:.:/:::::/ミイ: : V:::::/: : :<:::r-:八::::://:::i         /
     ',. . . . . i V/::i::/:> ト: : : ii ̄: : : : 彡/  il::::l l:::::l      ./
      i. .il. . . l  i::V:::::/.i: : : :il: : : :≦: ::/   |::::||::::イ     /
    r,  V:.il. . .V ハ:::::::イ/ミ=-: ll: : =フ: : : i   rフ:レ:::::',    /
  /. ..V/. .i. . . .i/:::/:::::/: : : : : ll: : : : : : : :\  i/::::::::::::i   /
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃ゼロ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「その技術を流入させたのが帝国であると仮定するならば、
┃ そうした理由は、技術を皇国に渡す事が、帝国にとって利益となるから…か?

┃ 優れた技術を他国に渡すなど、普通に考えれば国益になるとは思えんが…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.  |             |
   \_    ___/
      )/
     /


┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃????
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「その技術が真っ当なものであれば、だな」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9334◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:16:35 ID:OkM//KTA0


                                                ,イ    │
            _ノ`⌒`ヾ´⌒ヾ、                             //      |:!
         ノ´:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.                            //,. -/r‐- 、| !
         ノ;':::::,ィl::::;i_l」トl、::::::::::l                        /,/ ./ |  _」 ト、
.           〈;ィイレ'ハlf⌒ r==、ハ:ll                        /.\`/  |二...-┘ ヽ
          N(  )^ー' j rソ:l                .        i   ,.>、;/ー- 、    l
           l´ノ .  r´ ノ ヘ',                      ! ∠.._;'____\   |
             ヽ`__ .j /__/ヽ                         ,!イ く二>,.、 <二>`\.、ヽ.
              ヽ´__ノ´ ̄`7:::ヽ                   /'´レ--‐'ノ. `ー---- 、 |\ ヽ、
            ,.-'^,ゝ、  /'´:; ̄:`ヽ::::::ヽ                 \  `l  (!"      Jfヽ!  `''-;ゝ
          〈l l | |ニlヽ、ノ//.:.:.:.:.::::::::::ヽ                 `‐、jヽ ヾニニゝ   ゙イ" }_,,. ‐''´
           ヽLbj‐'トノー'´.:.:.:.:.:.:.ノ:::::::::: :|                   `´\  ー   / ,ィ_}
           {:L._,ノ..:.:.:.:.:.:.:.:.:/ノ:.:: : : : : :|           .          |_ `ー ''´ _」'
          ,.‐7´リ.:.:.:.:.:.:.::/:/:..:.:.: : : : : : |                 _,.| ~||「  ̄ 人|、._
       / /.:.:.:'.:.:.:.:.:/:,:.イ〉.:.:.:.:.:.::.:.: : : : |            ,r==;"´  ヽ ミ|||彡   / ` ー`==、-、
        〈__ゝ.:.:.:.:.:.:.:.;/ー|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|          . ///,イ  ___ ヽ|||_,,. ‐''´___  | | | |ヽ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君が視線を巡らすと、そこにはギルド"小片鎧(ロリカ・スクワマタ)"の者たちがいた。
┃ どうやら、言葉をかけてきたのは、アルケミストのカズフサのようだ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



               ____
             /       \     /
           /  ⌒   ⌒  \    ―
          /  (●) (●)  \  \
            l    ⌒(__人__)⌒    l
          \     `⌒´     /
          /              \


9335◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:17:43 ID:OkM//KTA0


     -=ニ: : : : : : : : : : : : : :ヽ、
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
     /: : : : : : : : : : : |: : : : : : : ヽ
    〈: : : : xミ: :x=ミ:: : : : : : : : :)
      从乂辷/ 辷ノ ̄ ヾじ}: :(
      ..{( {, ,    / /: : :|
      ..ヽ:.       {  |',: : : :|
         .l::.----、 { /: ∨ル
        ヽ  ̄  /:'
            ー、´  /  入__
           ヽ  /   //  ` >  、
          /|l     /         >、
          ./  ヾ===≠            /  ヽ
      ,   '                 /    ∧
    /                    /    / |
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃アルケミスト カズフサ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…勝手に話に割り込んですまない。
┃ だが、お伽話のようなものだが、例えのひとつとして聞いてほしい。

┃ 難攻不落で知られた城塞が、一夜にして陥落したと言われる伝承上の出来事だ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9336◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:18:28 ID:OkM//KTA0


__,, --、  ,, -,=- _,,_
ニ=::::::::`v'´::::::´ ̄.:::::.`ヽ、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..r\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..l
:::::::::::::::i|::::::::::::i::::::::|.l::::::::::::::::::|
::::::::  |i.|i::::i::/|!||/|| .|l:::::::::::::::|
.ヽ:::::i|l|l.'⌒ヽ_l;|i.'⌒ヽl::::::|i|;:||
ゝ,∨ノ ゝ.__ノ⌒ゝ.__ノ .!::::l jノ
::::( .(_   '      )ノ
ヽ_'_::::ヽ:.. .i,  ,i   ;-';:/
;:;:;:|:::::::|:.. /;;;竺;;,ヽ::|;:;l
;:;/ヘ:::::l;:. ヽ__,,,__ノ::l;;リ
/.:::::::ヽ::`ー'''''''''''ー':/
:::::::.. 、ヽ;::::::.......:::;/
::::::i::. ミ `ー--‐i''
ヽ、|::.. ミ,  ..::ノ{-、
. `\::  ヾ;;:::/::;|ト、 .''iー::、_
ヽ、. `\ ヽ:|:::!リ   し  |`'r、
     `'-==テ'       | j ヽ.
    ヽ  /         |    \
     \       /      lヽ.
                    ノ  \
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃アルケミスト カズフサ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「その城塞を陥落させる手段を考えた将は、見た者の心を奪うほど見事な木馬を作り上げたと言う。
┃ そして、その木馬の中に多数の兵を潜ませた。

┃ …城塞を守る将は、その木馬に魅了され、木馬を手に入れるため城塞の中に引っ張り込んだ。
┃ そして、木馬の中に潜んだ兵の一斉攻撃を受け、陥落の憂き目を見たと言う」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9337◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:19:29 ID:OkM//KTA0


                   ,x ―――― 、
               ,x≦二x、: : : :/: `ヽ、: : :`ヽ、
          , --- |: : : : : : : : `ヽ: :ヽ: : : :\: : : : :.ヽ
         /: : : : /:l : : : : : : : : : ∧ヽ‘,: : : .\: : : :.∧
          /: : : :./: :l: : : : : : : : : : :∧  ∨: : : : : ヽ: : :.∧
.        /: : : :/: : :.ト: : : : : : : : : : .:∧_i: : : : : : : ',: : : ∧≧ュ、
       / /: :/: : : :/ ∨: :\: : 斗 T: :i  }: : : : : : : :.i: : : ∧,'////\
       / /: : i: : :.:┼ 、∨: :/、: :| ,x≧l :i: : : : : : : :}: : : : :.i///////\
        / /:/!:.:| |: : :.| _`\ ∧ イう:刈 ゝl: : : : : : : :.i: : : : : :i,////////\
     〃 | | |: :| l: : :.l.《心  \{: に: :ら l: : : : : : : :.,': : : : : ∧¨¨¨ <////\
     /  :| | |: :| l: : lハ. に}   `  ゞ ´  }: : : : : : :./: : : : : : :∧     ̄ ̄ ̄
         リ マ: : |ゞ: :{  ,          i: : : : : : /: : : : : : : : : :i
          マ: :l : 八 ヽ         l: : : : : :/|: : : : : : : : : :.:l
           マ: |: : : :\  r ,     l: : : :.:.:/ :|: : : : : : : : : : :l
           ゝ!: : : : : |        }: : : : /  |: : : : : : : : : : :|
.          //|: : : :.:.:.| |:ヘ   , /: : : :/――、: : : : : : : : :.:|
         ¨   !: : : :.:.:| |: : :  ̄xヽ/: : : :/  /: :\: : : : : : : :|
              マ: : :.:.:| |: : : : :| /: : :/ /: : : /:.:. ̄ ̄ ――― 、
             マ: : : | |,x/ 7/ / / /: : : :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:\
             マ:.:.:.| /: :/// /: : : : :./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃ギンガ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…この義手をはじめとした技術が、ただ便利なものというだけじゃなくて、
┃ 何か裏がある…って言いたいんですか?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



     -=ニ: : : : : : : : : : : : : :ヽ、
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
     /: : : : : : : : : : : |: : : : : : : ヽ
    〈: : : : xミ: :x=ミ:: : : : : : : : :)
      从乂辷/ 辷ノ ̄ ヾじ}: :(
      ..{( {, ,    / /: : :|
      ..ヽ:.       {  |',: : : :|
         .l::.----、 { /: ∨ル
        ヽ  ̄  /:'
            ー、´  /  入__
           ヽ  /   //  ` >  、
          /|l     /         >、
          ./  ヾ===≠            /  ヽ
      ,   '                 /    ∧
    /                    /    / |
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃アルケミスト カズフサ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「根拠無き推測に基づく仮説に過ぎない。
┃ だが、そうであるなら話の整合性は取れるだろう」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9338◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:20:34 ID:OkM//KTA0


                   ,i
       i          ,|
       |            ' :|
       |           / :|
       |   r――- 、/  |-- 、
       |   {   {_/    |   \
       |:、 /|\ |′/  j ` 、 \
       |: ∨ |  ∨.    /         ヽ
       | ヽ|  | ヽ/         ',
.        !\ |  /  / ̄  `ヽ     人
.      ‘   ∧,/  /      /⌒ヽ.     ` ー‐ 、
       '  ′ \/    / ―ァ  ` 、_____\
         ∨ ____//_/     ∨/////////
        ′} 「 ̄ヽ             /八////////
        }∧ ー′/| `ー――ァ爪イ⌒刈'/////
         ///ハ、 _,/ ノ_,,         ,トく///
.        //////Yヘ、  ,  --    .イ:::`Y:∨
      く//////////ヽ        /::::::(__人ハ、、
       ` <////////>  _/::ノ厂:::::/ニニヘ
         `¨¨¨¨´     ∨ 彡 :/ニ∧   マヘ
                        ∨:::/ ニ二∧_  マヘ
                    _j`Yニニニニ[___]ヘ、
                 / ⌒¨¨¨/         \\
                   /イ ⌒ヾ∨ // ,       \j
                     //  /二Y//  //   i  i  | ヘ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃プリンス シャア
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「私もカズフサの考えに同意する。
┃ 例えば、そうだな。その技術…優れてはいるが、何らかの危険性があるとしたらどうだろうか?

┃ もし、私が帝国の為政者であるならば、その技術が自国内で使われる事には忌避感を抱くだろう。
┃ 逆に、もし誰かに、試しに使わせてみる事を考えるのであれば…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ シャアは言葉尻を濁したが、みなまで言うまでもない。

┃ 革新的かもしれないが、危険性がある新技術を試しに使わせるなら、誰を実験台にするか?
┃ 決まっている。痛い目を見ても、自分からすれば知った事では無いと言える者だ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9339◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:21:39 ID:OkM//KTA0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                     ' , ''、     , /     'ハ
                      ヽ  "、 , /        i ヽ
                       \ ., ./           !ン ヽ
                      , /  \         i    !,
                      , /i      \       !   i
                   , /  !     i^,      !  , ''!
                     /7    i/  ゝ !:::::..゙,   i  ハ  '!
                  //     《   // i::::::::'i,-丶 ! ン:::!  }    ,
         .     //      ム∠ニ─ '´″χ__ V:: ∠.__/___...,.';                  ,ィ7丁フ7ァ、
       , '^ ヽ  //  _._ -‐‐.::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'          ,ィIIT丁丁>、 l川!|llリj///〉
      ,,/  〟 .\" 丶,  `゙‐-ニ::::::::::::::∠::::::::::/!:::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ         /川y' ⌒ヽ彡1 }l|」y'⌒く/ノ ,ィ>、
    /    \  \,ノ     ス-ス/フ:::::::::,ク.へ、i::::::::::ノ:::,:::::..<            ly'´     jノ_,.ノ     レ'´ ノニ{
  /ノ″ ヽ,   \ ノ    .公.//::::::/,.i'⌒q .!,::::::,л::i:::::::!::::...\         ノ   く             _jミヲ
  /      ´'' ン⌒'       ∠,-┬i/  .辷ノ / !:::ノニj/!::::::i:::::::::::::.丶,       l f㍉l } :.         ∠、
/    ,ヘ 、 .Y    i      ハ太 V,`       レイ .リ ,i::::::ト::::、‐--──     .! `¨ノ.:! ;::.        ト三|
    //___ン \ ノ丿....---、 ヘ W;,入       /'' / !::::;へ:::ヽ         j  .::::::l ノ::::       ,ィ´ミミj
  //       y:::::::::::::::::::ハ'i \,. ` 、   ̄`ヽ   ,'/!:ノ\ \゙、        `T>'⌒! /:::::   ___ ノ `¨´
  ○'  イ'‐-‐'::::´:::::::::::::::::::/ [!    \ 丶,     ,, ' :.::::::!´:::::..}  `         `ーァく__ ,. - <r==ァ
      ,.「 ̄'フ::::::::::::::::::::::::::!  'i\  >、__`i‐_''゙V:::::::::::::::::::::::::::::!,           (´彡川l)ト、 _ ノ三/´
` 、, ; '  7/::::::::::::::::::::.:::::::::.i   \";_,     ,/"::::::::::::::::::::::::::::::ハ           `ー '´レリ川ミミ/
      i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\   ヽ,,ヽ‐ .、,,__, 'ヽ::::::::::::::::::::::::::::/∧ヽ─ 、___ _         `くjl|ハミ/
    ,/丶 \::::::::::::::::::::::::/⌒ヽ    \\、ノ ハ ; ',::::::::::::::::::::::://::::::..゙,  ',:::::::           ̄
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そして、再び思い出す。
┃ 君と呂望が出逢った時、呂望が釣り上げていた毒々しい色合いと不気味な姿を持つ魚を。

┃ …あの"工房"の様子を目にした時、君がその不気味な魚の事を思い出して想像したのは、
┃ "工房"から毒素となる成分が排出されているのではないかという可能性だ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9340◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:22:25 ID:OkM//KTA0


         /{
           / '|                  ,イ
            l                 //
         ′ |               __,ノ /l
       {   水Zr=='二⌒´込ミー- 、/   /' |
        ,√`ブ´                 \ {  !
      {仏イ  ´ /´ ̄\ニ二≧='⌒ヽ   `ー 1
       〈/ {ノ ト、{      \ \      ヽ. i
      ,イ  ノ ̄| \       \ \    、 l l
     ノ厂フ'   l'   \       ヽ      j |
    //! ' ノ !  、     i、        ∨ |
.   //ハ   i i |_\   │>、ノ\}  j\〉 |
   ,ノ'′ }! } }  !ノ  \  | 芹抔ミ | l/   l  l
      {i i j lVレィ'万ミ \,j   込ソ j/   リ V
        从N川ハi八し'ノ  ゛         /イ l/
        }乂廴≧=一    、        / レ′
          `ーヘ     、__ .... '  /ト匕!
             > .      /|川ブく
            〈`ー'^二 ー-'´-‐'´ ̄`八
            `7ー          ∠コ}
           __ノフ^ー      -‐'´   〈
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃呂望
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…さて、だんだんと話が見えてきたかね」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



          ___
         /     \
       /         \
     /     \ , , /  \
      |      (ー)  (ー)  |
     \  u.   (__人__) ,/
      ノ     ` ⌒´  \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ まだ、それは想像の域を出ない。
┃ 出ないが――

┃ 君の中で、予感は、確信めいたものへと姿を変えていく。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9341◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:23:08 ID:OkM//KTA0


                                          \
                                            i'、
                                              、ヽ
                                          V ヽ    i               /'
                                           V ヽ   |:i              / /
.         , : '´  ̄ `  、                                V  ヽ i:.:i           / ./
        , '         ヽ                             ` ーーァ:::::::ヽヽ'==-、// /  ./
.       /            ∧                   ` ー=ニ二三::,:::'::::,::::::::::ヽ i. /:::/,./  ./
     i           i                           / /:::/::::::::/::::ハ':::::::i.  / {
     V          ,'                         / ./:::::/:::::::::::/::::/::::i::::::::ヽ ー r‐'
      ゝ          , '\                         /::::.../:::::::::::/i:::::i: i:::iヽ:::::::ハーj
.       丶     ,. '´   \           , -― 、 ,..-――- 、   i:::::::::ミト、i:::::i Vi_L:::i::i::iヽi
          `   ´  \    `ヽ       /    i!          ` 、i::::::/'゙伝jヽi. 斥ュ、V::::::ト、\
                 \    ノ.\.    /       .i!             i:.:/ i ー'  弋ツ j;:i::::i ゙ ー‐
                  ゙ー‐ '゙    \∠二7ー-、  i              V'  、  `_    .i_.Ⅵ!ー―――― 、
                        \   /  } \i j   入_jヽ,        / / ノ\.ヽノ  ィ´ ii∧ \         \
                        ヽ_ _ ノ_ i.i   レ }  .ト、.     〈  {   イ \.゙ー '_´_フ  i i .i   ヽ         \
                         レ――、_〉!.  KJ  .! .!.       V∧ ハ   ̄   // i!   〉     , --  、 ヽ,
                          ヽ -―-ヽ  /  Y | .|     , -.、V∧ i. i \ __/ ア /   /   /       `7
                        ゝ二ニ-'⌒ヽト- '  ! .|   /i   ヽ ヽ i 弋_/ / ,.'   /    二ニ=-.    /
                          | =‐' ノ    i i   i i  ゝ'   i ゝ _ / /   ./  \       ./
                              ゙ー‐ ' i      i i   弋ゝ _ ,.ノ弋      /i  r.、 〈           /
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃呂望
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「いずれにせよ、今のままでは想像の域を出ん。
┃ では、想像で補っている部分を、具体的な一本の線で繋げるとしようではないか」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



       ____
     /_ノ  ヽ、_\
    /( ─)/)(─)\
  /::::::⌒///)⌒::::: \
  |   /,.=゙''"/      |
  \. i f ,.r='"-‐'つ   /
  / i    _,.-‐'~    \
    i   ,二ニ⊃
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 想像が、確実な現実かどうか確かめる手段は、ただひとつ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9342◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:23:59 ID:OkM//KTA0


                ,r
                 //         i
              /:::::{          l|
             ./:::::::|、r='TF⌒ヽ   .,';|
            〈::::::::::Y:::::::',ヽ   }  /:/
             \:::::ゝ;::::::ゝ\,/ /:/
           ,r--<::`ー-\::::Y/-‐'::/
        ,r-‐/:::::::::::≧-::::`ヽ',:Y、:::∠_
       /: : :/\:::/. ./:\::::::`ゝfヾ::::::ヽ,
      / : : /. ./ `. . ./、:::::::}r-y-....._ゝ::::::\
   ,/ : : / . . /. . . . /:::::`ーj、:::_::::::::`ー--..ゝ、
  ,/ : : / . . . /. . . . ∧:::::r=-.、:::::::: ̄ー--―-..、}
/: : : /. . . ../. . . . /  \j::::::j、`ー----―r--- '′
: : : / . . . /. . . . . /   /`Y´ ¨´ . {}  .j
.,/ . . . /. . . . . . ./   /  .}      ._{}_ .|
. . . . ./. . . . . . . ./   /  /`ー     .{}  .|
. . ./. . . .. . . . . /   / ,r、/      ,;  ゙}
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃ゼロ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「その"工房"付近の地質を、実際に調べてみる…か。

┃ だが、どうする。そういった調査に向いた設備や技術を持っている者はいるか?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



            ___
       /      \
      /ノ  \   u. \
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 確かに、そこは問題だ。

┃ 万物の理を知るアルケミストならば物体の解析はお手の物だが、毒の知識は君の専門外だ。
┃ まして、専門の設備も無いとなれば、確実な精度が保証できるかどうかもわからない。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9343◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:24:56 ID:OkM//KTA0


                 l
          .l  |   |\   |
    ト、   |  |\ |  \ |
  l | \  |  | ,ィ´ ̄ \ノ
  |从|  \l\|ィソ ____入
  |〃ZZzz、__」≫ゞ弌'´... }
  |{{  rtzッー‐ヘ  `¨¨´/ .
  {从  `¨´l  ::  `ー--- '.
  ヘ弋   /li  ::
\ 乂 |` ̄/:|  ::  、   ::::::
  ヾ  l::::/::::|  :::::. `    ゙:::::::
     `ヾ::ノ    ;::r:::::.     `゙::::::
       \.......:::::::::         ゙:::::::::::::::::::::::::::::::.
          `ヾ::::::;;ニニニ=====ェ    ゙:::::::::::::::::::::://
          ゙:;;;ヽ____/ ̄     :::  :::::::: ///
           ゙;      ノ      ::  ::: ////
            `三二ニフ       ゙   //////
             ヾ::::::::          //////
              ∨/        ///////
              人::/      ∠
                ー─-  ´∨
                     / ヘソ丿
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃アルケミスト カズフサ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…俺が引き受けよう。
┃ 幸い、俺は毒系の術式も多少の心得がある。有害成分の解析もできるだろう。

┃ それに、お前たちは"世界樹の迷宮"の攻略に専念すべきギルドだ。
┃ 雑事は、俺達に任せておけ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9344◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:25:59 ID:OkM//KTA0


__,, --、  ,, -,=- _,,_
ニ=::::::::`v'´::::::´ ̄.:::::.`ヽ、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..r\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..l
:::::::::::::::i|::::::::::::i::::::::|.l::::::::::::::::::|
::::::::  |i.|i::::i::/|!||/|| .|l:::::::::::::::|
.ヽ:::::i|l|l.'⌒ヽ_l;|i.'⌒ヽl::::::|i|;:||
ゝ,∨ノ ゝ.__ノ⌒ゝ.__ノ .!::::l jノ
::::( .(_   '      )ノ
ヽ_'_::::ヽ:.. .i,  ,i   ;-';:/
;:;:;:|:::::::|:.. /;;;竺;;,ヽ::|;:;l
;:;/ヘ:::::l;:. ヽ__,,,__ノ::l;;リ
/.:::::::ヽ::`ー'''''''''''ー':/
:::::::.. 、ヽ;::::::.......:::;/
::::::i::. ミ `ー--‐i''
ヽ、|::.. ミ,  ..::ノ{-、
. `\::  ヾ;;:::/::;|ト、 .''iー::、_
ヽ、. `\ ヽ:|:::!リ   し  |`'r、
     `'-==テ'       | j ヽ.
    ヽ  /         |    \
     \       /      lヽ.
                    ノ  \
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃アルケミスト カズフサ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「構わんな、シャア?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



               /       i、
                /!       iヘ
              / i   _,,、、,,_  l ヘ
              / レ ´ ∧  `ヘi: ヘ
             〈 : \,,/ ヘ_,,/ : 〉
               /\ ` 、 ,'   ',,  "/ ',
            /   \_/i   iヘ_/  : ',
              l    /〈ヘ /〉\  :  i
           |  /   ヘ | /   \i:  l
           i ノノ>-、,,_ ∨ _、-ーヘヽ、 i
           / /<  ̄ ヽ>''</ ̄ >\\i
         //!  `ー- ' /i\`ー ´  |\\
        //   `┬---く ノ  ヽ- -┬'′ `\
       / ´     )ヘ           ノソ     \
      \      ゝト  ´  ̄ `  イ)       )
        \     イ \  `  / i_     _、/
          `'ー、,,.___|(::ミ=≧≦≡彡L__.,,、-''"
            _iミ 三ヘ || レ三 イ、
   __ _,,、-ー''"´   ヽ、.二ヽ||/二,、ノ `"''ー-、、,__ _
/´ヽー┬ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)ー--(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/____7ヽ、
 /   |;;ヽ二二二`ヽ;;;;;;;;;;/    ヽ;;;;/´ ̄二二二7/  ¨`\
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃プリンス シャア
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ああ、構わん。時間を割こう。

┃ もし、危険性のある物質を使う研究に使われていた施設であるのなら、"樹海化現象"の原因かもしれん。
┃ ならば、事は既に我々個人個人の利益や損失といったレベルを越えている。
┃ この国で暮らす全ての人々に関係してくる可能性がある以上、ギルドの活動を一旦停止してでもやらねばな」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9345◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:27:02 ID:OkM//KTA0


         /: : /: : /: : : : :/l: : : : : : : : : : : : ヽ/ヽ: : ∧
.        /: : /: : /: : :/:./ミ:l: : : : : : :.l: : :l: : : :iヽミi: : : :.‘,
.        /: : :i: : :,': : :.:i /  :l: : : : : : :.l: : l: : : :l  l: : : : :.}
.        /: : :.l: : ‐---⊥_ l: : : : : : :l 斗 - 丁 ̄l: : : : :l\
      / : : : l: : l: : : :l,xf竓示∨: : : : :l,イ爪≧、 :!: : : : l:l,'/\
      /: :/: : l: : l: : :《 に::::刈 \: : : :l に:::::ら 》 l: : : : ,':.|,///\
       i: :/: : : l: : l: : :l: V^)ツ   \:.:.}: V^)ツ  ,': : : :/: :|//////ヽ、
     /l / {: : /:l: : ヽ: l          ヽi      ∧: : /:.:.:.|///////∧
    /,/l//i: : i!:.:!: : : :∧      '   `    ∧: :./: : :.:|\//////∧
   ////// l: :.ll: :.マ: : :.∧       ´ ̄`     ∧: :./: : : :.:|マ,/ ̄ゝ,///i
  /≠‐¨  ∧:{∧ iマ: :.∧ヽ          イ: : :./: :|: : :.:| マ,/∧  \/l
   ̄    //∧{| ゞ、マ: :∧ : : ト      イ | /: :/: :.:.|: : :.:| マ,/∧    \
.       //// . | : : : マ: : i: : :.|  > <   :l/: :/: : : :|: : :.:|  ∨/∧
     ////   !: : : : :マ: :l: : r\     //: :/: : :.:.:.|: : :.:|  ∨/∧
      ////   |: : : : :.:.マ l//   ≠ <   //ヽ、: :.:.|: : :.:|:   ∨/∧
     《///    |: : :.,、r:´∧{i   /.  ∨ / /: : :.i:.:≧ュ、: :.|    ∨/∧
     `ヽ  ,、 r ´:.:.:.:.:.:i: : :.i  / ∨ /∨ /: : : :l:.:.:.:.:.:.:.:.:.≧ュ、  ゝ'¨¨
   _,、r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l: : : :.iゝ'  }=={ ∨/: : : :.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≧ュ、_
  /:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l: : : : :l  /  i  /: : : : : :|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.\
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃ギンガ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「それじゃあ…私の方からも話を通しておくので、
┃ もし解析作業に専門的な設備や相談相手が必要になったら、この場所に行ってみてください。

┃ 私の義手の調整をしてくれてる技師の人がいます。
┃ 同じ古代技術に関する事なら、力になってくれるかもしれませんから」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そう言って、ギンガはその場で簡単な地図を書くと、カズフサに渡した。
┃ それはかつて君も一度訪れた、元衛兵隊の一員だという技術者がいた場所だ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9346◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:28:02 ID:OkM//KTA0


          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 何から何まで手伝ってもらうようで、申し訳ないほどの気持ちになった君は、
┃ 半ば謝るように、彼らに礼の言葉を述べる。

┃ しかし、返って来たのは、かすかに苦みを伴った笑いだった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



          l  \,ヽ /   \/
          l:   ,,| Y     /  ~ '' ‐ ,,_
        l / ',: i    /       ~''‐ 、,
        l,/   ', i  /       ,.〟 '"´',~''‐ ,,,
        .l′   ',',/      ,〟"     ',   ~ '' ‐-  、 ,,,,,,,,
        .i~''‐、,   ゙     ,.〟"        .',
        l  ). ゙''-、,  ,〟'"´  ,-ー――┐  ',
       .l /',  <  ~Y、     く     ./   .',
       l゙ / ',  \_,' ~/i\   ' - '~     ',
      .,' /   ',     /:i:  \          , >,
     .//   ヽ、___/ /    \_,,, - '' " ,,,j ',
   .//      ',.   /              )  ',
  ./ ''         ',  (、   、          ∠,,;;; '.,
 <'           ',    ~_____,        ---\      __
  \             '.,    \,,,,,,,〟"        ,〟  ./>'''r''i""""
    ~ '' - ,,       \            ,〟" ,〟"/  \i
        ~ " '' ――-\       ,〟"  ,〟"  く_,,_   )|,⌒ヽ-
.               ,,,/゙' ,__,,,,… '___, 〟;;"- ゙゙⌒i  r-;)  / |[⌒'''--
        ,, -'''''⌒'''''''゙゙  ,,,,,,,,,,,Y\~|┌…''゙--フ ,,,,,,)  |  //""''''
          //- '''""""    |  | | | /゙, --''"  \__/ //
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃プリンス シャア
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…少々、悔しくもあるのだがね。
┃ 人には、与えられた分というものがある。

┃ いずれは君たちを追い抜くほどの英雄となる可能性もまだ諦めたわけではないが、
┃ "樹海化現象"の解決が一刻も早く望まれる今の状況においては、
┃ 私たちは、君たちの後を追うよりも、別の角度から捜査をしてみた方がきっと良いだろう」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9348名無しのやる夫だお2012/07/22(日) 12:29:27 ID:oo7tf7Ps0
某オッサンの話からして、生態汚染が始まったから樹海化現象を起こした気がするんだよなぁ…


9347◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:29:10 ID:OkM//KTA0


     /:::::::/::::::::::::::::/         \::::::::::::::::::.\::::ヽ
    N:::::::./:::::::::::::::/            \::::::::::::::::::ハ:::::V|
    |::ヽ::/:::::::::::::::/               V::::::::::::::::::i::::/::|
    .|::::Y::::::::::::::::i                V:::::::::::::::Y:::::i
    |:::::::::::::::::::::|                 |::::::::::::::::::::::.|
 __.|::::::::::::::::::::|                   |::::::::::::::::::::::|
 ̄   |.:::::::::、:::::::|                     |:::::::/:::::::::::i───
     V:::::::::ヽ:::::|               __∠||::::/:::::::::/
     ヽ:::::::::ヽ::::ヽ        _,-‐壬,ィ<ヽリ/:::::::::/
      ヽ:::::::ヽ:::::\        |//弋ノ_ノ /ノ/:::::::::/
       ヽ:::::ヽ\:::::`ー、__  .|ー、__...,イ´//:::::::/
        ヽ:::::\\_::::::::: ̄ ̄ ̄:::::_//:::::::/
          \::::: ̄フ::>::::::::::::::::::::::ヽ、 ̄::::::::::/
           \:::::::ヽ\:::::::::::::::::://:::::::::/
           ,-─iヽ:::::`ヽ:::::::::/:::::::,-/ヽ、        //
\         ヽ ヽj_ `ー 、_, -‐   レ ノ      //
\\       /く   Y ̄iン‐、__,へ/⌒ヽ/ ト     //
::::::\\    ∧ `ー、/  i/     |   V-‐' ゝ   //
::::::::::::\\,-‐ヘ ヽ  /   !     |   ヽ,-‐'ヽ //
>:::::::::::::::\\  `ーニ/        ノ    V´ク//
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃ゼロ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…すまんな、"小片鎧(ロリカ・スクワマタ)"。俺からも礼を言わせてくれ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ゼロもまた、君に倣うように頭を垂れると、
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9349◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:30:12 ID:OkM//KTA0


                             、
                              \
                              ヽ\
                              ィ Vハ
                           ///|\i/ハ
                           f-、///|ヘソ//ハ               ,.ィ介z、
                           !  マ/| 〉///ハ          _zイ////////ス、
                    _____.、  V| //////!.         r≦///////////////ス、
                    /\////////\ノノ//////ハzx_    」/////////////////////ス、
                 /     ̄ ̄>≦≧≦≧<彡ミ///Z≧</////////////////////////≧z___
                         ////\/   \ミ/Z//二≦///////////////////////////////ス
                     _////    !      、ミ/77///|/////////////////////////////////リ
              /` ―<二/Z/ミ____.人.____.ノ///////|「ハVハVハVハVハVハVハVハVハ乂V////////
           zr―’///////////ハVハ彡イ八ヾ三三彡イ///////イ ̄ \ハVハV/ ヾミ厂 ̄ ̄`ヾハV//////
         f厂///////////////⌒iハイ:::f:::六::::i三三彡八/////ハ    `゙ ミミ》   リリ      ∨/////イ
           .|/////////////_/   iハN::::ノ个ヽ:::ミ彡::イ  V/////ハ       \          ヾV///ハ
            ノ//////ZZ><       iハV!:、::::::::::イ::::::::::::::{  ∨/ハV/イ                   )////ハ
        /////´           ハVハ:`::::::"::::::::::::;;ハ  ∨///ハ                  /ハV//ハ
         〈///イ           _zf≦彡Ⅳ::::::::::Ⅵ彡//ハ   V////!                    //////〉
        V/ハ         _ ィ7/////彡Ⅳ:::::Ⅵ/////小   ∨//ハ                   //////
         ヾVハ、     _ ィ7/////////彡ⅣⅥV//////ハ   V/イリ                    /////
           `\    rf///////////////≧≦V//////ハ  ///ハ!                      ////
                 八V(////////∠≠<´ ̄` V///////ハイノノノ                イ//
                   ///////イ"´ ̄           ∨//////イ(__ノノネ                //
              ////////             ∨//////ハ                    /
                ////////                   \/////ハ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃ゼロ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…そう。もう少しだ。
┃ もう少し踏み込めば、実行に移せるだけの手札が揃う。

┃ …待っていろ…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 誰に言ったともわからないゼロの呟きは、君の耳に、かすかに届いていた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9350名無しのやる夫だお2012/07/22(日) 12:31:18 ID:5GIYpbuI0
もう少しでゼロがついに動くのか


9351◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:31:19 ID:OkM//KTA0


                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |


9352◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:33:09 ID:OkM//KTA0
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃System
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 前回のリザルトが未なので、探索パートに移行する前にそちらを先にやります。
┃ その後、安価を取る人がいれば探索も。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9353◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:34:05 ID:OkM//KTA0


               ___
            /\  /\
           / (●)  ( ● )\
         /:.   (__人__,)   ヽ
         /::::...          |
         |::::::::::....        /
         ヽ:::::::::::::::....,,,ィ-イ ̄´|_
          / ;;ィ"フ´/  (;/\,,\
        /ヾイ´〉Y /    ,i人 .ヽ ゝ、
        (ヽノ   / ,,/,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;〈X,,;;""ヽ,
        ヾ( ,,,;;;(( ノノ"    ;ヘ,,〈_, ,ノ
          〈イ 〉""(ヽ  ,;;;/ ̄ ̄\〉
          Y/   ゞヽ ,ノ      >
          ,〈______;;λイ\   ,,,;;;;;;;;ゞ‐┐
          ∨  ;;;;;;;ソi⌒ ゝ‐""  ;;;;;;;;;;〈
         └r,;;;イ'"">   〉;;;>∠ー`く
         _,,ゝ-ゝへ〈,,,,,,,,,,};;;;   """"\
    ,,,,;;;;;;;;;;;;;(::::::;;;;:::::;;;;;」;;;;;;;;;(;;___       ___);;;;
   """"""""'''''''':::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''''"" ̄

┏━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
┃ 主人公             アルケミスト:Lv42       EXP:27/588
┣━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┫
┃◆HP◆ 102                   ◆TP◆ 180(=139+41)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃〔STR〕 ■■■■■■
┃〔TEC〕 ■■■■■■■■■■■■
┃〔VIT .〕 ■■■■■■
┃〔AGI .〕 ■■■■■■■■
┃〔LUC.〕 ■■■■■■■■■■
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆装備◆ …〔杖〕〔短剣〕〔服〕〔兜〕〔篭手〕〔靴〕〔アクセ〕
┃〔短剣〕風のナイフ       [斬]攻撃力19   速度+4  炎耐性
┃〔服  〕コートハーディ    物理防御:6  属性防御:2
┃〔兜  〕バイザーキャップ  物理防御:2  属性防御:3  [頭]封じ耐性
┃〔靴  〕スケイルブーツ    物理防御:2  属性防御:1  AGI+1
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆戦闘能力◆
┃通常攻撃  :[斬]7D6+19  物理防御:24  属性防御:32  速度:24
┃《火の術式》:[炎]14D6+43
┃《氷の術式》:[氷]16D6+43
┃《雷の術式》:[雷]14D6+43
┃《大爆炎の術式》:[炎]15D6+43  速度:13
┃《大氷嵐の術式》:[氷]15D6+43  速度:13
┃《大雷光の術式》:[雷]15D6+43  速度:13
┃《核熱の術式》:[無]23D6+205  速度:12
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆スキル◆ …単属性に特化し、特に対単体の威力を重視(氷)
┃《炎マスタリー(錬金)》  ■■■■■□□□□□
┃  常時発動:炎属性の攻撃ダメージを(SL÷2)上昇
┃《氷マスタリー(錬金)》  ■■■■■□□□□□
┃  常時発動:氷属性の攻撃ダメージを(SL÷2)上昇
┃《雷マスタリー(錬金)》  ■■■■■□□□□□
┃  常時発動:雷属性の攻撃ダメージを(SL÷2)上昇
┃《火の術式》        ■□□□□□□□□□
┃  TP5[頭]:(〔TEC〕+SL)D6+(Lv)ダメージを与える炎属性攻撃
┃《氷の術式》        ■■□□□□□□□
┃  TP6[頭]:(〔TEC〕+SL)D6+(Lv)ダメージを与える氷属性攻撃
┃《雷の術式》        ■□□□□□□□□□
┃  TP5[頭]:(〔TEC〕+SL)D6+(Lv)ダメージを与える雷属性攻撃
┃《大爆炎の術式》     ■□□□□□□□□□
┃  TP20[頭]:(〔TEC〕+(SL×2))D6+(Lv)ダメージを与える炎属性の全体攻撃
┃         なお、使用時は(10-(SL÷2))の速度ペナルティを受ける。
┃《大氷嵐の術式》     ■□□□□□□□□□
┃  TP20[頭]:(〔TEC〕+(SL×2))D6+(Lv)ダメージを与える氷属性の全体攻撃
┃         なお、使用時は(10-(SL÷2))の速度ペナルティを受ける。
┃《大雷光の術式》     ■□□□□□□□□□
┃  TP20[頭]:(〔TEC〕+(SL×2))D6+(Lv)ダメージを与える雷属性の全体攻撃
┃         なお、使用時は(10-(SL÷2))の速度ペナルティを受ける。
┃《核熱の術式》      ■□□□□
┃  TP20[頭]:(〔TEC〕+(SL×10))D6+(Lv×5)ダメージを与える無属性攻撃
┃         使用時は-50%の速度補正を受ける。
┃《博識》             ■■■■■
┃  常時発動:アイテムドロップ判定に+SL
┃《TPブースト》        .■■■■■■■■■■
┃  常時発動:最大TPが(SL×3)%上昇する。
┃《解析》            ■■■■■
┃  常時発動:弱点を突いた際のダメージ補正率が(SL×10)%上昇する
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9355◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:34:38 ID:OkM//KTA0


       `i i  /`ヽi:.:.: ヽ_ _ _ _ _      i' ´ー--
___ , . -ー':´:.: ̄:.:. ̄`ヾ:.:.: :〉_.  / '´`_ ̄ヽi
   ̄ ``ュ,-:ー:':´ ̄:.:._ヽ:: :i、i-亠.r':ー:ー:.-..一
   ,..:'´: : :.::::::::::,: :': : : : :〉-.、i__/: : :::::::::,ィ'´ i  「
  /: : : :.::::::::::/:.:.: :.:.:::ィ: : ::::::ヽi,イ:⌒i、i ト、 i   i
 ,: : :.:::::::::: ィ: :.:. :.:.:.: /: : : : : :.:::: : : : : :ヽ-ー-+ 、iレ
. i: :::::::::://: :::::::::::/:/: : : :.:::::/:i::::: : :.: : :`、 ヽ  イ
/:.:::::/  i: : :::::::::/.::i: : : :::::::イ:ハ: ::::::.:.:.:.: : ヾi、_ ト,i
:.::/   i : ::::::::::i.:i、i : :::::::/ i.i _i::.:.::::::::.::::.: :ヽ、i、/i
:/     i: ::::::::ハ:i_ェi: :::::/ ,イi⌒i::ヾ::::::::::::::::.: ヽiヽj
       i: ::::イ〃i`i: ::/ ',.ュiト _.ヾ:ト:、::::::::::::::::::.ヽ'     _
         ヾi. i ` .k:ハ/   iハ、_i゙ヽヽヽ:i、r=ヾ、:::::::`、  ィ⌒ヽ`i、
         i `ーノ   弋_リ ノ'   iハ、.} | |´Tー、i/::::: : / //
         i、 ヽ    ` ー´    _ ´ _,ツi`_|   ,i:::::::ノ .//
         /iヽ            ./i `´L _ハノ ./   _//
        / _レ->、`     ィ:´  i/ヽ/ /⌒ヾ〈ノ  i、/
          i/__/ ヽtー::´::     レ´i.i i::::::::.:.i>   7____
    _ ____ __/:,ィヽヽ、 _i ::    , -'´,、 `i ヾ:_::i' ̄ ̄ ̄  `i、
ー:'. ̄: . : . : . : :/i /::〉ヽ ` ー' ´  / `ヽ.i, ニ.i  `i___ . -一 ヽ
: . : . : . : . : . :./i' /´i' /     /   _,イくi  i i' ̄  _____  i`: ー-
┏━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
┃ 呂望              メディック:Lv36        EXP:430/468
┣━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┫
┃◆HP◆ 106(98+8)                 ◆TP◆ 142(124+18)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃〔STR〕 ■■■■■■■
┃〔TEC〕 ■■■■■■■■■■■■
┃〔VIT .〕 ■■■■■■■■★
┃〔AGI .〕 ■■■■■■■■★
┃〔LUC.〕 ■■■■■■■
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆装備◆ …〔杖〕〔鎚〕〔短剣〕〔服〕〔兜〕〔篭手〕〔靴〕〔アクセ〕
┃〔短剣〕マンゴーシュ       [斬]攻撃力8   速度+4  VIT+1
┃〔服  〕カフタンリーフ     物理防御:3  属性防御:1  速度+1
┃〔兜  〕バイザーキャップ  物理防御:2  属性防御:3  [頭]封じ耐性上昇
┃〔靴  〕スケイルブーツ   物理防御:2  属性防御:1  AGI+1
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆戦闘能力◆
┃通常攻撃         :[斬]7D6+8  物理防御:25  属性防御:29  速度:23
┃《キュア(医術)》    :[回復]15D6+46
┃《ヒーリング(医術)》 .:[回復]26D6+118
┃《エリアキュア(医術)》:[回復]16D6+46
┃《エリアヒール(医術)》:[回復]26D6+118
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆スキル◆ …HP、TPの強化を優先
┃《回復マスタリー》   ■■■■■■■■■■
┃  常時発動:医術スキルによるHP回復量を(SL)上昇
┃《キュア(医術)》      ■■■□□□□□□□
┃  TP4[頭]:単体のHPを(TEC+(SL))D6+(Lv)回復
┃《ヒーリング(医術)》  ■□□□□□□□□□
┃  TP10[頭]:単体のHPを((TEC+(SL))×2)D6+(Lv×3)回復
┃《エリアキュア(医術)》 ■■■■□□□□□□
┃  TP20[頭]:味方全体のHPを(TEC+(SL))D6+(Lv)回復
┃《エリアヒール(医術)》 ■□□□□□□□□□
┃  TP36[頭]:味方全体のHPを((TEC+(SL))×2)D6+(Lv×3)回復
┃《バインドリカバリ》   ■■■■■□□□□□
┃  TP10[頭]:封じを回復。SL1~4は単体、5~9は一列、10は味方全体が対象
┃《リフレッシュ》     ■■■■■□□□□□
┃  TP10[頭]:状態異常を回復。SL1~4は単体、5~9は一列、10は味方全体が対象
┃《リザレクション》    .■□□□□□□□□□
┃  TP15[頭]:味方単体の戦闘不能を回復。復活時のHPは最大HPの(SLの2乗)%
┃《HPブースト》       .■■■□□□□□□□
┃  常時発動:最大HPが(SL×3)%上昇する
┃《TPブースト》       .■■■■■□□□□□
┃  常時発動:最大TPが(SL×3)%上昇する
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9357◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:35:10 ID:OkM//KTA0


           l/l//   ,. --- .. __        /
  な  絶       / /         `ヽ、_人/  ご  .働
  い  対    //  /         \    ざ  き
  で  に    /_   .′       ヽ、\  \   る  た
  ご  働      / ,,″ / ,ィ | l ll |l l ぃ ヽ <_ ///  く
  ざ  き   ∠ 〃 -/、/ ! | l ll ll | l i   '. / ’’’   な
  る   た    ///  ,.イfr㍉i、| | ll |l |,-H‐  i ′       い
 ///  く   /  l i  //|/`┴1| |/|ィ乏了ト、 ///      で
. ’’’     .′ l|/,小、    _⊥ _   リ,ハ l .' /|  ∧
  /`Vヽ. /\  | | | |八   /ー--‐1`メ、厶ィi |/,.イ|  l  / ∨\
∠__  ∨  ヽ.} | | }川ヽ. ト、  ,ィ}/ //リ l/i/リ | ′
 ゝ   `V , ‐ァ .' メ、トく\/ヽヽ辷ク ,ィ'/‐-/リ,∠..._ l//
  \  // / //  丶 \\ \_/// / / /  `メ、
 ー- ヽ/   / // /〉   \ ヽ.ヽ    /{丁iヽ /  /   \       /〉
  // ー- / // /// ̄ ヾ 、 ヽ}     `l | ィ\ / /   /∧ /   //
./ /   / /ー//,′   }`ヾ i|  L___// | ,.へ,.イ/} // ,レ'  //
  /   / /  //7    /  !`ヽ、 // ,.ィ' / ト、く  /|  〈/
. /‐- / /  ///    /  /   ├く// l     l 丶>'  ノ  〇
.    / ー-///    /   ′  /  |   /     ヽ/ ̄/
        //´    /  /    '   /ー-' .. _         ̄l
┏━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
┃ 剣心              ブシドー:Lv37            EXP:31/481
┣━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┫
┃◆HP◆ 160                   ◆TP◆ 57(52+5)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃〔STR〕 ■■■■■■■■■■■■
┃〔TEC〕 ■■■■■■
┃〔VIT .〕 ■■■■■■
┃〔AGI .〕 ■■■■■■■■■■
┃〔LUC.〕 ■■■■■■■■
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆装備◆ …〔刀〕〔剣〕〔短剣〕〔軽鎧〕〔服〕〔兜〕〔篭手〕〔靴〕〔アクセ〕
┃〔刀  〕無銘刀         [斬]攻撃力51
┃〔軽鎧〕キュイラッサー     .物理防御:13  属性防御:6
┃〔兜  〕羽つき帽子       物理防御:1  属性防御:1  TP+5
┃〔籠手〕ガントレット      物理防御:6  属性防御:3
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆戦闘能力◆
┃通常攻撃 .:[斬]12D6+51  物理防御:32  属性防御:22  速度:20
┃《首討ち》  :[斬]12D6+116
┃《一閃》   .:[斬]12D6+209  速度:10
┃《鎧抜け》  :[突]12D6+105  速度:22
┃《抜刀氷雪》:[斬+氷]12D6+116
┃《細雪》    :[斬+氷]12D6+86  速度:11
┃《斬馬》   :[斬]12D6+81
《焔卸し》   :[斬+炎]12D6+81
┃《小手打ち》.:[突]12D6+72
┃《鞘撃》   :[壊]12D6+51
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆スキル◆ …居合系以外のスキルを、属性攻撃メインで習得
┃《居合の構え》     ■■■■■■■■■■
┃  常時発動:居合系スキルの攻撃ダメージを(SL)上昇
┃《首討ち》         ■■■■■■■■■■ <居合>
┃  TP8[腕]:斬属性の刀攻撃を行う。この際、ダメージにLv×(0.5+(SL÷10))を加算し、
┃        加えてLUC+(SL÷2)依存の確率で即死効果が発生する
┃《一閃》        ■□□□□            <居合>
┃  TP24[腕]:敵全体に斬属性の刀攻撃を行う。
┃        この際、ダメージにLv×(3+(SL))を加算し、
┃        加えてLUC+SL(SL÷2)依存の確率で即死効果が発生する。
┃         使用時は-50%の速度補正を受ける。
┃《鎧抜け》         ■□□□□□□□□□ <居合>
┃  TP4[腕]:突属性の刀攻撃を行う。この際、ダメージにLv×(1+(SL÷5))を加算する。
┃        また使用時は+(SL×2)の速度補正を得る。
┃《抜刀氷雪》      .■■■■■□□□□□ <居合>
┃  TP7[腕]:斬+氷属性の刀攻撃を行う。
┃        この際、ダメージにLv×(0.5+(SL÷5))を加算する。
┃《細雪》        ■□□□□□□□□□ <居合>
┃  TP12[腕]:敵全体に斬+氷属性の刀攻撃を行う。
┃        この際、ダメージにLv×(0.5+(SL÷5))を加算する。
┃        なお、使用時は(10-SL)の速度ペナルティを受ける。
┃《上段の構え》     ■■■■■□□□□□
┃  常時発動:上段系スキルの攻撃ダメージを(SL)上昇
┃《斬馬》        ■□□□□□□□□□ <上段>
┃  TP4[腕]:斬属性の刀攻撃を行う。
┃        この際、ダメージにLv×(0.5+(SL÷5))を加算する。
《焔卸し》        ■□□□□□□□□□ <上段>
  TP5[腕]:斬+炎属性の刀攻撃を行う。
┃        この際、ダメージにLv×(0.5+(SL÷5))を加算する。
┃《青眼の構え》     ■□□□□□□□□□
┃  常時発動:青眼系スキルの攻撃ダメージを(SL)上昇
┃《小手打ち》       ■□□□□□□□□□ <青眼>
┃  TP4[腕]:突属性の刀攻撃を行う。
┃        この際、ダメージにLv×(0.5+(SL÷20))を加算する。
┃        加えてLUC+(SL÷2)依存の確率で[腕]封じ効果が発生する
┃《鞘撃》          ■
┃  TP2[腕]:壊属性の刀攻撃を行う。
┃        なお、このスキルは上段、正眼、居合いずれにも属しない。
┃《死人の法》      ■□□□□
┃  TP3[頭]:刀を用いた攻撃によって与えるダメージ量が(10+(SL×3))%上昇し、
┃        引き換えに斬壊突属性を含む攻撃で受けるダメージも同様に増加する
┃        強化効果を自身に付与する。5ターン持続
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9359◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:35:49 ID:OkM//KTA0


        /   ., i^ヽ              ヽ
        '    /  i                  ヽ
          / .  |.i  i         、
.     , ′  ′ .  | i  i{  |  i     ヽ      ‘,
    /       | ,/|∧ |!\_,  i  | 、  ハ      '
    /      ./| ,r-|i ヽ i  |_i __|_}   ‘,
 .  /_     |,ィ´「l| ‘, \  ト、 i ∧ |``ヽ、_j
  /´| ! |/|| | |リ___ヽ  \|_,ヘi|  Ⅵ i}   |`     ト、
 ´   | l |  {.l | ,ッ==、 \.  「 ,>=≧\}  '     | \
   ||  |  /| Ⅳ ぅ::ハ    \| " う心ヾ、`y′ /  . |
    | i  i| i| ト ヽ ト:{_}:}     ヽ トi{ }:} 》 }  /  : i\
    | i   i i|小  ゝ-"        弋 シ  / ,′  | |⌒ヽ
    l i.  ∧|! トヘ ////   ,    //// /} /  i! .| |
    //|   . .ヽ‘,              / ./   i| ∧ |
  // | li  . .| 込         _ 、  u /ィ′  /i/ } \
 ノ'′ |.ハ  . .:l   >    r ̄_´ ノ   ,ィ´ リ  / .j/´  `
      |l ゝ . .|\ r=> 、    ,. く  {⌒〉 , ',/
     ヽ  ヽ . | { ト、`‐- ` = '´-―ニ’ / ./`ヽ,
´ ̄_゙` ‐-- __〉、|___ゝ|ニ三三三}{三三彡//ヽ__/
/ r‐‐-ニ二、 {三ヽ 三三三三三|三三三'´三三三`}‐--  --―― - 、
┏━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
┃ シャルル            ガンナー:Lv37         EXP:199/481
┣━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┫
┃◆HP◆ 96                    ◆TP◆ 94(88+6)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃〔STR〕 ■■■■■■■■■■■■
┃〔TEC〕 ■■■■■■■■■
┃〔VIT .〕 ■■■■■■■
┃〔AGI .〕 ■■■■■■
┃〔LUC.〕 ■■■■■■■■■■■★★
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆装備◆ …〔銃〕〔短剣〕〔服〕〔兜〕〔篭手〕〔靴〕〔アクセ〕
┃〔銃  〕鉄鋼銃         [突]攻撃力45  後列ペナルティ無し
┃〔服  〕ハードロリカ     物理防御:8  属性防御:3  TP+6
┃〔アクセ.〕真紅の花飾り    LUC+1
┃〔アクセ.〕真紅の花飾り    LUC+1
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆戦闘能力◆
┃通常攻撃:[突]12D6+40  物理防御:22  属性防御:21  速度:12
┃《フレイムショット》:[突+炎]12D6+62
┃《アイスショット》  :[突+氷]12D6+62
┃《サンダーショット》:[突+雷]12D6+62
┃《レッグスナイプ》 .:[突]12D6+64
┃《アームスナイプ》 :[突]12D6+77
┃《ヘッドスナイプ》 :[突]12D6+77
┃《精密射撃》     :[突]12D6+62  速度:14
┃《掃射》         :[突]12D6+60  速度:3
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆スキル◆ …高威力で足止め効果もある、銃の奥義の習得を優先
┃《銃マスタリー》    ■■■■■■■■■□
┃  常時発動:銃の攻撃ダメージを(SL÷2)上昇
┃《フレイムショット》  ■□□□□□□□□□
┃  TP4[腕]:炎+突属性の銃攻撃を行い、ダメージにLv×(0.5+(SL÷10))を加算
┃《アイスショット》    ■□□□□□□□□□
┃  TP4[腕]:氷+突属性の銃攻撃を行い、ダメージにLv×(0.5+(SL÷10))を加算
┃《サンダーショット》  .■□□□□□□□□□
┃  TP4[腕]:雷+突属性の銃攻撃を行い、ダメージにLv×(0.5+(SL÷10))を加算
┃《レッグスナイプ》   ■■■□□□□□□□
┃  TP5[腕]:突属性の銃攻撃を行う。この際、ダメージにLv×(0.5+(SL÷20))を加算し
┃        加えて(LUC+(SL÷2))依存の確率で脚封じ効果が発生する
┃《アームスナイプ》  ■■■■■■■■■■
┃  TP8[腕]:突属性の銃攻撃を行う。この際、ダメージにLv×(0.5+(SL÷20))を加算し
┃        加えて(LUC+(SL÷2))依存の確率で腕封じ効果が発生する
┃《ヘッドスナイプ》   .■■■■■■■■■■
┃  TP8[腕]:突属性の銃攻撃を行う。この際、ダメージにLv×(0.5+(SL÷20))を加算し
┃        加えて(LUC+(SL÷2))依存の確率で頭封じ効果が発生する
┃《精密射撃》      ■□□□□□□□□□
┃  TP4[腕]:敵の攻撃回避能力に関係なく、100%命中する突属性の銃攻撃を行う。
┃        この際、+(SL×2)の速度補正を得る。
┃        また、ダメージにLv×(0.5+(SL÷10))を加算する。
┃《掃射》           ■□□□□□□□□□
┃  TP10[腕]:敵全体への突属性の銃攻撃を行う。
┃         この際、(10-(SL))の速度ペナルティを受ける。
┃         また、ダメージにLv×(0.5+(SL÷20))を加算する。
┃《採取》         ■■■□□
┃  無消費:採取ポイントでの採取活動が一度に(SL)回まで可能になる
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9361◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:36:22 ID:OkM//KTA0


       /   . : : : :, .、: : : : : : : : :` 、
       /   . : : : : : : | : :`: : : : : : : : : : ヽ
     /   . : : : : : : : :| . : : : : : : : : : : : : : :` 、
.    /   . ./       /l: . : : : : : : : :i: : : : : : : : ヽ
   /  . : /: : : : : : ::/ .l:i: : : : :i: : : : !: : : : :i: : : : iヽ
.   | . : : : !: : : : : : : :!  !|: : : : :l: : : : :l: : : : :l: : : : !::`.
   l . : : : ::|: : :i: : : イ:l   l|: : : : :.l: : : : :!: : : : :|: : : :|:ト、ヽ
.  |. :i: : : ::l: : :|: : :i |;l,.-‐‐ト: : : : :ト、: :-┼ャ、: :.l: : : :l:l  ヽ
  l: ::|: : : :l: : : !: : | l/    ヽ: : ∧ `ヽ: :ハ: : !: : : トヽ
  l: ::l: : : :l: : :ヽ: :/ ,,-==、   \:∧_ x=ヌ、.|: :|: : : :| l:!
  |: ::l: : : :!: : : :X:ト〃う `.     `゙'ー' う`.` !: l: : : :!ノ'
  |: ::i: : : :!: : : : lヽ ト、_,=!       ト、_リ |/: : : :l
  l: ::l: : : |: : : : :!   ゞ- '        `‐' 、、 ||: : : |
  人: l:: : :!: : : : |   ``        `     l|: : : !
   ヽ:l: : :|: : : : :ト、              /: : : l
    ヽl: :i: : : : :!: : ::i  、    ´`  ,. . : :i: : : : : /
.     ∨!: : : : トハl== _ ` =-‐i、/|/|: :_:_: /
       ヽ: : : !_ソ   `X" ´ ̄ i_   と _>、
    , -‐―ヽ_kヽ i=、l !, 、    /`  _|/ / ̄`、
  /         ヾ=_-!|_//_, -'     l __ / ' ̄ l
┏━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
┃ さやか             パラディン:Lv38        EXP:5/494
┣━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┫
┃◆HP◆ 215                      ◆TP◆ 86
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃〔STR〕 ■■■■■■■■
┃〔TEC〕 ■■■■■■■■
┃〔VIT .〕 ■■■■■■■■■■■■★
┃〔AGI .〕 ■■■■■■
┃〔LUC.〕 ■■■■■■■■
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆装備◆ …〔剣〕〔短剣〕〔重鎧〕〔軽鎧〕〔服〕〔盾〕〔大盾〕〔兜〕〔篭手〕〔靴〕〔アクセ〕
┃〔短剣〕マンゴーシュ         [斬]攻撃力8   速度+4  VIT+1
┃〔重鎧〕ロリカセグメンタータ  .物理防御:18  属性防御:12
┃〔大盾〕スクトゥム         物理防御:9  属性防御:5+5
┃〔篭手〕ハードグラブ         物理防御:4  属性防御:2
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆戦闘能力◆
┃通常攻撃     :[斬]8D6+8  物理防御:57  属性防御:40  速度:16
┃シールドスマイト:[壊]8D6+44  速度:18
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆スキル◆ …属性防御系スキルを優先(雷)
┃《盾マスタリー》   ■■■■■■■■■■
┃  常時発動:盾の属性防御力を(SL÷2)上昇
┃《フロントガード》  .■■■■■■■□□□
┃  TP8[腕]:使用ターン、味方前衛へのダメージを((SL+2)×5)%軽減する。
┃           また、使用時は速度に+(SL×2)の補正を得る ※盾必須
┃《バックガード》    .■■■□□□□□□□
┃  TP6[腕]:使用ターン、味方後衛へのダメージを((SL+2)×5)%軽減する。
┃           また、使用時は速度に+(SL×2)の補正を得る ※盾必須
┃《ディバイドガード》 ■□□□□□□□□□
┃  TP3[腕]:使用ターン、味方一人へのダメージを自分が肩代わりする。
┃           この際、受けるダメージを(SL×5)%軽減する。
┃           また、使用時は速度に+(SL×2)の補正を得る ※盾必須
┃《ファイアガード》   .■■■■■
┃  TP11[腕]:使用ターン、味方全体への炎属性ダメージを(SL×20)%軽減する。
┃         また、使用時は速度に+(SL×2)の補正を得る ※盾必須
┃《ショックガード》   ■■□□
┃  TP7[腕]:使用ターン、味方全体への雷属性ダメージを(SL×20)%軽減する。
┃         また、使用時は速度に+(SL×2)の補正を得る ※盾必須
┃《シールドスマイト》 ■□□□□
┃  TP10[腕]:(盾の物理防御力×(SL+3))をダメージに加えた壊属性攻撃を行う。
┃         さらにLUCとSL依存の確率で[スタン]効果が発生する。
┃         なお、使用時は+(SL×2)の速度補正を得る ※盾必須
┃《挑発》           ■■■■■■■□□□
┃  TP5[頭]:SLに応じた確率で攻撃を自分に引き付ける。
┃           ターンの最速で発動、効果は5ターン持続
┃《パリング》      ■■■□□
┃  TP4[腕]:使用したターン、自身への斬壊突いずれかのみの属性の攻撃を
┃          (SL)回まで無効化する
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9363◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:36:53 ID:OkM//KTA0


                ,x≦ ̄ ̄ ̄ ヽ
            ,x≦: : : : : : : : : : : r ヽ: : :`ヽ
          /: :/ ̄: : : : : : : : : : : ,: : : : \: : \
       r- / ̄: i: : : : : : : : :ヽ: ://∨: : : : \‐=', ,x====、
      /: : i: : : :.:l: : : : : : : : : : \ ̄ ∨: : : : : i ̄ゝ//////\
     /: : : :.{: : : : :イ: : : : : : \: : : :.\_i: : : : : :.l/: /l,///////ヽ
    / /: : : .i: : : :.:| マ: : \: :.斗  ̄: :.ヽ |: : : : : :l: : // l////////,\
.   / //: : :.:.|: : : : |   マ: : : \ .,x≦坏≧,l: : : : :l: :// : l//////////,\
  / / i: : : : :.l : : - ,x≦ニマ: : : i Ⅵ:::ら / l: : : :.lヽ: :/: :.:l≦=====,/////ヽ
. / /  |: : {: : /: :/に心  `ヽ:l:  ゞ- '  l: : : :l  }': : : :∧\,\ ヽニニ//∧
. //   !: :.i: : : :マ l`乂シ    `      :l: : : :l/: :|: : : :.∧ \/,\  `ヽ,∧
./     マ: ト、 マ: マハ   ヽ _      :l: : : :l: :| : |: : : : :.∧  `ヽ/\   \{
      マ| ヽマ: :ヽ',    マ  }      l: : :.:.l: :| : |: : : : : :.∧   ヽ//\  \
      \ ヽマ: :∧ 、           |: : :/: : l: :.l: : : : : : :.∧   \//ヘ
            マ: :.ヽl >       / :|: :/: : :.:l: :.l: : : : : : : :∧    ∨//ヽ
            マ: :ヘ: :| |: : :>イ   | /ヽ: : :.l: :.l: : : : : : : : ∧    ∨//,ゝ
             マ: :i: ! |: : :.,イ≠< //: : \: :ヽ:ヽ: : : : : : : .∧    ∨
               ∧l: : :|//|_∧ //: : :.|:.:.:.`ヽ--- ___∧
             /: :,x/// |:  ヽ/: : :.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:ヽ
           ,x≦:.:./: /. /  :l   / : : : : |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.∧
┏━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
┃ ギンガ             モンク:Lv36           EXP:457/468
┣━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┫
┃◆HP◆ 129                    ◆TP◆ 119
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃〔STR〕 ■■■■■■■■■
┃〔TEC〕 ■■■■■■■■■■
┃〔VIT .〕 ■■■■■■■■
┃〔AGI .〕 ■■■■■■■■■★
┃〔LUC.〕 ■■■■■■
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆装備◆ …〔鎚〕〔短剣〕〔軽鎧〕〔服〕〔兜〕〔篭手〕〔靴〕〔アクセ〕
┃〔    〕素手
┃〔軽鎧〕クリムゾンラメラー  物理防御:11  属性防御:5
┃〔篭手〕ハードグラブ      物理防御:4  属性防御:2
┃〔靴  〕スケイルブーツ    物理防御:2  属性防御:1  AGI+1
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆戦闘能力◆
┃通常攻撃:[壊]9D6+48  物理防御:35  属性防御:28  速度:20
┃《気功拳》:[壊]9D6+67
┃《壊炎拳》:[壊+炎]9D6+48 (防御力適用後-9%) 2~4回攻撃
┃《ヒーリング(気功)》:[回復]15D6+36 (×1.25)
┃《フルヒーリング(気功)》:[回復]全快
┃《ラインヒール(気功)》:[回復]11D6+36 (×1.25)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆スキル◆ …封じ・状態異常回復系スキルの強化を優先
┃《拳マスタリー》      ■■■■■■■□□□
┃  常時発動:Lvが素手の攻撃力の基本値になる。
┃         加えて、その攻撃力に(SL×5)%を上乗せする
┃《練気の法》          ■■■■■□□□□□
┃  常時発動:気功系回復スキルによるHP回復量が(SL×5)%上昇する
┃《チャクラの覚醒》     ■■■□□□□□□□
┃  常時発動:封じ・状態異常からの自然回復確率がSLに応じて上昇する
┃《気功拳》          ■□□□□□□□□□
┃  TP4[腕]:素手攻撃を行う。この際、ダメージにLv×(0.5+(SL÷20))を加算し
┃        加えて(LUC+(SL÷2))依存の確率で[麻痺]効果が発生する
┃《壊炎拳》          ■■■■■■■□□□
┃  TP13[腕]:炎+壊属性の素手攻撃を1D3+(SL÷5)回行う。 (最低2回)
┃         この際、ダメージは((10-SL)×3)%減少する。
┃         攻撃対象は攻撃1回ごとに敵全体の中からランダム選択される
┃《ヒーリング(気功)》     ■■■■■□□□□□
┃  TP6[頭]:単体のHPを(TEC+SL)D6+(Lv)回復
┃《フルヒーリング(気功)》 .■□□□□
┃  TP30[頭]:単体のHPを完全回復
┃《ラインヒール(気功)》   ■□□□□□□□□□
┃  TP10[頭]:味方横一列のHPを(TEC+SL)D6+(Lv)回復
┃《バインドリカバリ》      ■■■□□□□□□□
┃  TP3[頭]:封じを回復。SL1~4は単体、5~9は一列、10は味方全体が対象
┃《リフレッシュ》       ■■■■■□□□□□
┃  TP10[頭]:状態異常を回復。SL1~4は単体、5~9は一列、10は味方全体が対象
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9365◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:37:26 ID:OkM//KTA0


         >: : : : : ,.ィ升圭圭圭圭圭7
      ,.。x≦圭圭≧x㌢-―…‐=ミ圭圭7ゝ、
  ,.。x≦圭圭7´:`ヽ ´: : : : : /⌒ヽ: :`寸7 : : \
 <圭圭圭圭/: : : : : ; : : : : : : : : : : : :\: :ヽヾ、⌒ヽ
   寸圭Ⅳ ′: : : :/ : : : : : : : : ヽ: : : : :\:丶 :ヽ
   〃寸/:.:i: : : : : i : : : ト、 : : : : : i : : : : : :丶:゛: : :、
  /   ' : :|: : : : : | : : : | ヽ: : : : ト、: : : : : : :i: :, : : :
      : : |: : : : : |: : ハ:|  ハ: : _;l斗‐- : : : |: :i: : : ;
     i : !: : :.: :ト、:{ {    ヘ´ ム=-┐: : :/ヽ|: : : i
     |: : ‘、:._;.斗‐ド       Yr'_ハ 灯:.ム i } : : : |
     : : : : :´、: :| ,.=ミ       ゞ-'  j/r'´ノ: : :ト、!
     !: : : |:.: :<´ r'_ハ      ゙゙゙゙   !イ : : : |八
     八: : : |、;_: ヽ ゞ-'   `         ハ|: : : : |
.    /: /\: {ヘ ヒ⌒` ゙゙゙    __     イ: : :|: : : : |
   /: /: : : :ヾ、:``込、  /∂ ヽ/i | : : |: : : : |
.  /: /.: : : : : | : :,~、;.≧/>>1乙rノ〉 ヒ厂ヽ-―=㍉
  /: /.: : : : : :r~' 〈   /㌧㌧㌧// /    `´  ヽ
. /: /: : : : : : :j ヽ  \_ノ㌧㌧r彡'/
/: /: : : : : : : { 、 \ <__// /_,..-‐ ´   _,. -‐〉
: /: : :/ : : : ノ  `ヽ、ヽ `ー一 ζ´    _,. -‐  ´     \
┏━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
┃ 杏子               ファーマー:Lv36        EXP:105/468
┣━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┫
┃◆HP◆ 127                       ◆TP◆ 81
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃〔STR〕 ■■■■■■
┃〔TEC〕 ■■■■■■
┃〔VIT .〕 ■■■■■■■■
┃〔AGI .〕 ■■■■■■■■
┃〔LUC.〕 ■■■■■■■■■■■■★
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆装備◆ …〔農具〕〔短剣〕〔軽鎧〕〔服〕〔兜〕〔篭手〕〔靴〕〔アクセ〕
┃〔短剣〕風のナイフ       [斬]攻撃力19   速度+4  炎耐性
┃〔軽鎧〕リングメイル     物理防御:8  属性防御:3
┃〔篭手〕ラバーグローブ   物理防御:3  属性防御:5
┃〔アクセ.〕真紅の花飾り    LUC+1
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆戦闘能力◆
┃通常攻撃:[斬]6D6+19  物理防御:27  属性防御:20  速度:20
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆スキル◆ …封じ、状態異常付与系の戦闘スキルの強化を優先
┃《収穫マスター》       ■■■■■
┃  無消費:伐採・採掘・採取ポイントでの活動が一度に(SL)回まで可能になる。
┃       伐採・採掘・採取それぞれの回数は別個に管理される
┃《野生の嗅覚》      ■■■■■
┃  常時発動:伐採・採掘・採取時の、レア素材の入手確率が上昇する
┃《解体マスター》      ■■■■■
┃  常時発動:SLに応じた確率で戦闘後のドロップアイテム獲得数が倍になる
┃《二毛作》         ■■■■■
┃  常時発動:SLに応じた確率で伐採・採掘・採取時のアイテム獲得数が倍になる
┃《探知マスター》      ■■■■■
┃  常時発動:SLに応じた確率でF.O.E.観察中にモンスターと遭遇しにくくなる
┃《アメニモマケズ》     ■■■□□
┃  常時発動:毒沼、溶岩、濁流による悪影響を無効化する。
┃         常に100%発動するが、発動時に(20-(SL×2))のTPを消費する
┃《安全歩行》           ■■■□□
┃  TP14:SLに応じた割合で、1回戦闘するまでモンスターと遭遇しにくくなる。
┃      使用する場合は行動指定時に同時に宣言
┃《子守歌》         ■■■■□□□□□□
┃  TP9[頭]:(LUC+(SL÷2))依存の確率で、敵全体に[睡眠]状態を与える。
┃        なお、使用時は自身が必ず[睡眠]状態を受ける。
┃《不思議な種》        ■■■□□□□□□□
┃  TP8[腕]:ターン終了時、敵全体に対してランダムに
┃        [頭][腕][脚]封じのいずれかを(LUC+(SL÷2))依存の確率で与える。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9367◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:38:17 ID:OkM//KTA0


                           /l
-<ニ"ヽ 、                  lヽ/l/ '"´―‐- 、
,::::::::::`゙ヽ:::`ヽ、.  _          N          ミ'__.,
::::::::::::::::::::::::::::::\'"::::`ヽ- 、.      l , -‐'"´l_      /
::::::::-―-:、:::::::::::::\:ヽ:::/:::ヽ、      l'  __斗' ヾ、    \
::::::::,r―――‐- 、_:::ヽl:l::::::::ヘヽ   〈 ムイヒテ`   ヽ,r‐、  __\
:::/::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾl:l:::::::::ヽ:l    ノ         }' l   \
入:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、:::::::l   ヽ、_,       , / /`゙`
  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ'ヾ__,-┴ 、    /`'"\/
    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i`:::::::::::::::::::ヾ 、 / /    l
、    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::ヘ:::ヽ‐'―- 、_l
::ヘ       \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::ヘ::::::\:::::::::l;;;`li
::::::\       `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::l::::::::ヽ::ヽ〈;;;、h
::::::::::::\      `ヽ、:::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::,::'::::::::::::::::::::/;;;;;l;l:ヽ、
::::::::::::::::::\       `>;、::::::::::l:::::::::::::/:::::::::::::::::::/ ̄`ヽl;::::::l‐ 、
::::::::::::::::::::::::ヽ     /;;l::ヽ`ヽ:::::l::::::/::::::::::::::::::::::::〉‐- 、 /::::::l::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::ヽ..  l'"´ l::::::ヽ::::::::l/:::::::::::::::::::::::::::/;`ヽ//:l::::::/::/::::::〉
:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  l'";;;;ハ:::::::::ヽ'":::::::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;/;/:::l:::://::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V;;;;;ノ/;;ヘ::::::::::::::::::::_::_:, -‐'";;;;;;;;;;;;;/;;/::::::::/":::/:::`ヽ、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ‐';;;;;;;;;;〉、_ , -‐';l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;/:::::/-‐'":::::::
┏━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
┃ エミヤ                 ダークハンター:Lv37     EXP:140/481
┣━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┫
┃◆HP◆ 168                    ◆TP◆ 82
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃〔STR〕 ■■■■■■■■■
┃〔TEC〕 ■■■■■■■
┃〔VIT .〕 ■■■■■■■■
┃〔AGI .〕 ■■■■■■■■■■■■
┃〔LUC.〕 ■■■■■■■■■
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆装備◆ …〔鞭〕〔剣〕〔突剣〕〔短剣〕〔軽鎧〕〔服〕〔盾〕〔兜〕〔篭手〕〔靴〕〔アクセ〕
┃〔剣  〕海王の雷剣      [斬+雷]攻撃力32  速度+3
┃〔軽鎧〕リングメイル       物理防御:8  属性防御:3
┃〔篭手〕ラバーグローブ    物理防御:3  属性防御:5
┃〔盾  〕ラウンドシールド    物理防御:5  属性防御:4
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆戦闘能力◆
┃通常攻撃:[斬+雷]9D6+36  物理防御:32  属性防御:26  速度:27
┃《ヒュプノバイト》:[斬+雷]9D6+91
┃《ドレインバイト》:[斬+雷]9D6+73
┃《トラッピング》 .:[斬+雷]9D6+36 (防御力適用後+200%)
┃《トラッピングⅡ》:[斬+雷]9D6+36 (防御力適用後+120%)
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆スキル◆ …《トラッピングⅡ》をこのまま強化する
┃《剣マスタリー(DH)》  .■■■■■■■■□□
┃  常時発動:剣および突剣の攻撃ダメージを(SL÷2)上昇
┃《ヒュプノバイト》      ■■■■■■■■■■
┃  TP7[腕]:剣または突剣による攻撃を行う。
┃        この際、ダメージにLv×(0.5+(SL÷10))を加算し、
┃        加えて(LUC+(SL÷2))依存の確率で睡眠効果が発生する。
┃        攻撃属性は使用する武器に依存する
┃《ドレインバイト》      ■■■■■□□□□□
┃  TP5[腕]:剣または突剣による攻撃を行う。
┃        この際、ダメージにLv×(0.5+(SL÷10))を加算し、
┃        この際与えたダメージの(50+(SL×5))%を自身のHPとして吸収する。
┃        攻撃属性は使用する武器に依存する
┃《トラッピング》      ■■■■■■■■■■
┃  TP14[腕]:斬壊突属性を含む攻撃が自身の存在する列の者に与えられた際に
┃        反撃を行う。またこの際のダメージを(SL×20)%増加させる。
┃        複数の者が攻撃された場合、その人数分だけ反撃できる
┃《トラッピングⅡ》    ■■■■■□□□□
┃  TP12[腕]:炎氷雷属性を含む攻撃が自身の存在する列の者に与えられた際に
┃        反撃を行う。またこの際のダメージを(SL×20)%増加させる。
┃        複数の者が攻撃された場合、その人数分だけ反撃できる
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9369◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:38:48 ID:OkM//KTA0


                  /: : : :/
                 /: : :/
                 /:::::/
              /::/::::/
            /:::::::/:::/
          /:::::::::::::/::/                  一~\
        /::::::::::::::::::/:/               _,一 ̄::::::::::::::::::\
       <::::::::::::::::::::::/:iヽ ハ_____,― ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        |:::::::::::::::::://:⌒ヽ:i::::::::::::::::::::::::: ー―、_________\
         |:::::::::::::::/:::l    i:レ⊿:::::::::::_一 ̄
       /( |:::::::::::/:: :::ヽ_ ノ:/  :/ ̄
      __/::::`、|:: /iヽゝヽ- ノ::/
    入::::::::::::::::::\@エェェ (::/、_/彡\
   /:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  ~~エエ@/  彡彡
  <\::::::::::::::::::::::::::\ \  /     /\
   >\:::::::::::::::::::::::::::::\\\  / / __\_
  /ゞ ミ\::::⌒:::::::::::::::\\/:⌒|へー――´⌒  ̄\ ̄ ̄\
  \ミ:::::::::::::::⌒::::::::::::::::::,/:::::::>:_::::::::::::::::::::::::::〉、  ー、:::::::\
   |\\\ /:::::::/⌒</| | | v`  ̄ー―-< ノ:::\::::彡` 、:::::::\
   |:::::::/  /  ヽ   VV:::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ::::::\~~:::::::::::ー ゝ
┏━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
┃ ゼロ              プリンス:Lv36            EXP:462/468
┣━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┫
┃◆HP◆ 170                   ◆TP◆ 119
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃〔STR〕 ■■■■■■■■
┃〔TEC〕 ■■■■■■■■■
┃〔VIT .〕 ■■■■■■■■■■
┃〔AGI .〕 ■■■■■■■■★
┃〔LUC.〕 ■■■■■■■■■
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆装備◆ …〔剣〕〔突剣〕〔短剣〕〔重鎧〕〔軽鎧〕〔服〕〔盾〕〔兜〕〔篭手〕〔靴〕〔アクセ〕
┃〔突剣〕レイピア             [突]攻撃力25  速度+4
┃〔重鎧〕アラロマーナ          物理防御:15  属性防御:10
┃〔靴  〕スケイルブーツ        物理防御:2  属性防御:1  AGI+1
┃〔盾  〕ホワイトラウンド       物理防御:5  属性防御:6  炎耐性
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆戦闘能力◆
┃通常攻撃:[突]8D6+25  物理防御:42  属性防御:35  速度:22
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆スキル◆ …《防御の号令》をはじめとした守備的支援スキルの強化を優先
┃《王家の血統》     ■■■□□□□□□□
┃  常時発動:自身に何らかの強化効果がかかった際、SLに等しいTPを回復する。
┃《王たる証》      ■■■■■□□□□□
┃  常時発動:自身の何らかの強化効果が消滅する際、SLに等しいTPを回復する。
┃《ロイヤルベール》  ■■■■■□□□□□
┃  常時発動:自身のHPが満タンの状態でターンを終了する際、
┃         味方全体のHPを(SL×3)回復する。非戦闘時は発動しない
┃《王者の凱歌》    .■□□□□□□□□□
┃  常時発動:自身が戦闘不能でない状態で戦闘に勝利した際、
┃         味方全体のHPを(SL×5)回復する
┃《攻撃の号令》      ■■■■■□□□□□
┃  TP10[頭]:斬壊突属性を含む攻撃によって与えるダメージ量が
┃        (15+(SL×3))%上昇する強化効果を味方横一列に付与する。3ターン持続
┃《ファイアアームズ》 .■□□□□
┃  TP6[腕]:味方単体に、通常攻撃および攻撃属性が武器に依存するスキル攻撃に
┃        本来の属性に加え炎属性を付加する強化効果を付与する。
┃        また、(SL×10)%の炎属性被ダメージ軽減効果も併せ持つ。3ターン持続
┃《フリーズアームズ》 ■□□□□
┃  TP6[腕]:味方単体に、通常攻撃および攻撃属性が武器に依存するスキル攻撃に
┃        本来の属性に加え氷属性を付加する強化効果を付与する。
┃        また、(SL×10)%の氷属性被ダメージ軽減効果も併せ持つ。3ターン持続
┃《ショックアームズ》  ■□□□□
┃  TP6[腕]:味方単体に、通常攻撃および攻撃属性が武器に依存するスキル攻撃に
┃        本来の属性に加え雷属性を付加する強化効果を付与する。
┃        また、(SL×10)%の雷属性被ダメージ軽減効果も併せ持つ。3ターン持続
┃《防御の号令》      ■■■■■■■□□□
┃  TP11[頭]:斬壊突属性を含む攻撃によって受けるダメージ量が
┃        (15+(SL×3))%減少する強化効果を味方横一列に付与する。3ターン持続
┃《予防の号令》      ■□□□□
┃  TP12[頭]:何らかの状態異常付与の可能性がある攻撃を受けた際に
┃        状態異常を受けずに済む強化効果を味方横一列に付与する。
┃        効果が一度発動すれば消滅するが、発動しなければ3ターン持続
┃《覇気の号令》      ■■■■■□□□□□
┃  TP8[頭]:最大HPを(20+(SL×5))%上昇させる強化効果を味方横一列に付与する。
┃        最大HPに併せて現在HPが割合で回復する効果は無い。5ターン持続
┃《庇護の号令》      ■□□□□□□□□□
┃  TP6[頭]:ターンの終了時にHPを回復する強化効果を味方横一列に付与する。
┃        回復量は(TEC+SL)D6。5ターン持続
┃《リセットウェポン》   ■□□□□
┃  TP12[頭]:敵単体にかかっている強化効果を全て消滅させる。
┃《クイックオーダー》  ■□□□□
┃  TP20[頭]:指定した味方の行動順を最速に引き上げる。
┃         このスキル自体はターンの超最速で発動する
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9371◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:39:13 ID:OkM//KTA0


                ///// ::::::::::::: /:::::::::::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::: \
            /:::,'/// :::::::::::::::/:::::::::::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::|::::::::::\
.            /::::::|// :::::::::::::: /──---く ::::::::::::::::::::::::::: '|::::::::::::::::ヽ
            /:::::::::|/ :::::::::::::::: i ァ==ミ_`丶\::::::: /:::::::::/ |:::::::::|:::::::::.
         .::::::::::::| ::::::::::::::::::::| i{ '_x价k_ \\/:::::/:/ :|:::::::::|:::::::::|
           i::: /⌒| :::::::::::::::::: |  i|トィヘi| ヾ  ヽ ー|/  |:::::::::|:::::::::|
            |: //⌒|:::::::::::::::::i:::i   弋):.ソ       -─八:::::リ:::::::::|
.          |:八\∧_ :::::::::: i:::|              ィ=ミ_  厂:::::::::::'
        │:::::\い \::::::j八\\         iトィ价k,/:::::| :::::/
        │:::::::::::ー'i、 \|               , 弋)ソ/厶::-ト∨
         |/ :::::::::::::::| 丶                .,:::::::::::|
.          / :::::::::::::::: |            ャー- 、   \\::::::::::::|
         / ::::::::::::::::::::j             丶 _ノ       / ::::::::::;′
. __    / ::::::::::::::::/⌒⌒^ヽ、\           イ|\ ::::/
´:::::::::::\_,/_:::::::::::::::: }  (_ ̄ ̄二>ー-r──-< :::::::: | iVイ
:::::::::::::::::: \  ̄¨¨⌒\   r‐=ニ二r‐=ニ´>‐- 、 `、:::::::| |::::|
:::::::::::::::::::::::∧      丶 `ー─‐ヘー< \   \  \ | |::::|
::::::::::::::::::::::::::::∨      \   r─\ \ `   `  \:|::::|
::::::::::::::::::::::::::::::|:\        \ ゝ、_ `丶、   ー-   \|
::::::::::::::::::::::::::::::|:::::{.        \ /\  Y⌒丶       `く⌒ハ
┏━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
┃ 瑠璃              カースメーカー:Lv32      EXP:228/416
┣━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┫
┃◆HP◆ 82                    ◆TP◆ 109
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃〔STR〕 ■■■■■
┃〔TEC〕 ■■■■■■■■■■■★
┃〔VIT .〕 ■■■■■★
┃〔AGI .〕 ■■■■■■■★
┃〔LUC.〕 ■■■■■■■■
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆装備◆ …〔杖〕〔短剣〕〔服〕〔兜〕〔篭手〕〔靴〕〔アクセ〕
┃〔短剣〕マンゴーシュ       [斬]攻撃力8   速度+4  VIT+1
┃〔服  〕レッドダブレット   物理防御:7  属性防御:3  炎耐性
┃〔靴  〕レザーブーツ     物理防御:1  属性防御:0  AGI+1
┃〔篭手〕ライトマフ         物理防御:1  属性防御:1  TEC+1
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆戦闘能力◆
┃通常攻撃        :[斬]5D6+8  物理防御:21  属性防御:24  速度:20
┃《睡眠の呪言》     :速度11
┃《畏れよ、我を》     :速度18
┃《命ず、自ら滅せよ》 :速度26
┃《命ず、輩を喰らえ》 :速度22
┃《命ず、言動能わず》:速度22
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆スキル◆ …敵の弱体化スキルを優先(攻撃力)
┃《呪言マスタリー》   ■■■■□□□□□□
┃  常時発動:状態異常系呪言スキルの成功率が(SL÷5)に応じて上昇
┃《力祓いの呪言》     ■■■■■■■■■■
┃  TP15[頭]:斬壊突属性を含む攻撃によって与えるダメージ量が
┃        (SL×3)%低下する弱体効果を敵全体に付与する。効果は5ターン持続
┃《封の呪言:頭首》   ■□□□□□□□□□
┃  TP5[頭]:(TEC+(SL÷2))依存の確率で、敵単体に[頭]封じを与える。
┃《封の呪言:上肢》   ■□□□□□□□□□
┃  TP5[頭]:(TEC+(SL÷2))依存の確率で、敵単体に[腕]封じを与える。
┃《封の呪言:下肢》   ■□□□□□□□□□
┃  TP5[頭]:(TEC+(SL÷2))依存の確率で、敵単体に[脚]封じを与える。
┃《睡眠の呪言》     ■□□□□□□□□□
┃  TP9[頭]:(TEC+(SL÷2))依存の確率で、敵全体に[睡眠]状態を与える。
┃        なお、使用時は(10-SL)の速度ペナルティを受ける。
┃《畏れよ、我を》     ■■■■■■■■□□
┃  TP16[頭]:(TEC+(SL÷2))依存の確率で、敵全体に[テラー]状態を与える。
┃        なお、使用時は(10-SL)の速度ペナルティを受ける。
┃《命ず、自ら滅せよ》 ■■■□□
┃  TP6[頭]:[テラー]状態を受けている敵単体を、自分自身を攻撃させるよう操る。
┃        なお、使用時は(SL×2)の速度補正を得る。
┃《命ず、輩を喰らえ》 ■□□□□
┃  TP10[頭]:[テラー]状態を受けている敵単体に、自身以外のエネミーを攻撃させる。
┃         なお、使用時は(SL×2)の速度補正を得る。
┃《命ず、言動能わず》 ■□□□□
┃  TP10[頭]:[テラー]状態を受けている敵単体を、一切行動しないよう操る。
┃         なお、使用時は(SL×2)の速度補正を得る。
┃《採取》           ■■■□□
┃  無消費:採取ポイントでの採取活動が一度に(SL)回まで可能になる
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


9373◆SQ.iJMf4FY2012/07/22(日) 12:41:27 ID:OkM//KTA0


                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |




    デジタルAAゲームブック世界樹の迷宮 138 探索パート 第四階層 泥濘ノ腐海 13F-① に続きます

関連記事

category 【完】デジタルAAゲームブック世界樹の迷宮 > 第三階層 焔色ノ脈道
◆SQ.iJMf4FY
comment

2

trackback

0

edit
edit

Comments

comment
剣心なのにシシオみたいな技覚えたな・・・w
comment
剣心さん実家に帰ってるからこの手のイベントだと出番がまったくないな


  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: