このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


【シンザン】やる夫が名馬になるようです【物語】 第1話 その誕生

1 ◆avgIEtRvig 2011/09/21(水) 23:42:00 ID:UkkG2/f.

      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__     見るだけならタダだよ~
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>    そんな時間ももったいないという人には
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |     オススメしない。
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
     `|    ヽ   「)'/|/        とある田舎くさいサラブレッドの
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│         栄光の物語、始めます。
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
   _(,,)    始まるよ   (,,)_
  /  |             .|  \
/    |_________|   \



2 ◆avgIEtRvig 2011/09/21〈水) 23:42:50 ID:UkkG2/f.


  それは古き良き時代。あるいは、ようやく競馬が暗闇から日の下へ出る、少し前。

   _____________________________
  /
<  ああシンザンはダメだ! 動かない! ウメノチカラがいい足で――
  \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)   ……
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

       調教師 武田文吾

3 ◆avgIEtRvig 2011/09/21(水) 23:43:34 ID:UkkG2/f.


   ___________________
  /
<  シンザン! どうした! 三冠はもうダメだ!
  \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ー)(ー)      (足さばきがさえない)
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ      (無理をしているようには見えないが…)
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

4 ◆avgIEtRvig 2011/09/21(水) 23:44:00 ID:UkkG2/f.


  ∧∧
  (,,゚Д゚)    文ちゃん、もったいないなあ

  ∧_∧
 ( ´∀`)   やっぱりシンザンはあかんかったなあ


  /              `               __   _____
 ,イ.                 丶、     _, イ´  `゙      ニ=‐- 、
/                     フイ`7  /              ニ=‐-
                       l l  /
                    、    | | /  ―――-- 、
                         丶  | |//        ヘ
                         ¨゙ .、l l j   /       V
                         ヘ! Y  ./    /    丶
\                ___      V ii /     ,イ  i!   :i!
  、                ,イ   `     i |./   /   /  ji!    i / /
   ヽ、  ./   rー―- 、  .ノ     レi  /   ./   ij/  ,イi/ /
      ̄´Y  ̄ ̄⌒ー.   V´/i    / ∨ /   /   /   /:Y゙ /
       }ー(          i//    _/  | /   /  /   /  }/
       {  / _       ><ー¨   У _,ノ ∠  /   /

  双眼鏡から目を離すと、武田はうつむいた。この時、ウメノチカラはゴールまで

  300メートルの地点で先頭に立った。

5 ◆avgIEtRvig 2011/09/21(水) 23:44:27 ID:UkkG2/f.


  その時、ウメノチカラの按上、伊藤騎手は、外を風のように駆け抜けていく鹿毛の馬を見た。

   ___________________________
  /
<  ああ! シンザンがまたきた! 速い! ウメノチカラを抜いた!
  \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  実況アナウンスはこらえきれぬように、ヒステリックに叫ぶ。

            _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
           ,r'        \
          / ⌒         ヽ,    もらいましたよ
            ( ●)   `―    ..i
          i.      ( ●)    |
            \ _´___       /
             \`ー'´   __/

          騎手   栗田勝

6 ◆avgIEtRvig 2011/09/21(水) 23:44:47 ID:UkkG2/f.


   ________________________________
  /
<  シンザン! トップ!差は一馬身! 勝った! 三冠馬だ! シンザン強い!
  \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ○)(○)
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

  スタンドの中央に、垂れ幕と紙ふぶきが舞う。

 ┏━━━━━━━━━┓
 ┃祝シンザン.三冠達成.┃
 ┗━━━━━━━━━┛

7 ◆avgIEtRvig 2011/09/21(水) 23:45:22 ID:UkkG2/f.


               /  ̄  ̄\
                 , '       \             おめでとう>
             |         |
                | .        |            やったな>
               |         |
             |         ,
                ',         ,.               おめでとさん>
              ヽ_,'________r
                  /:::::::::::::::::::ト,
                /  ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ;,、_
            __,,./"" :::::::::::::: ' ,:::::::::::::ヽ,、
       / ..::\ ..:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::: !:::ヽ
      / .::::::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::: i::::::.`
      l ;ノ:::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::: !::::::::::i
     く  :::::::::::::::::::: !:::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::: イ::::::: {
 
  賞賛と祝福の声に包まれながら、それでも武田は自分ではしっかりした足取りで

  計量場へと降りて行った。その脳裏をよぎるのは、昭和36年4月下旬のあの日のことだった。

8 ◆avgIEtRvig 2011/09/21(水) 23:45:58 ID:UkkG2/f.









            【シンザン】やる夫は名馬になるようです【物語】

                原作 「黄金の馬 シンザン」






.

9 ◆avgIEtRvig 2011/09/21(水) 23:46:32 ID:UkkG2/f.







    プロローグ 了       第1話  その誕生  へ続く





.

11 ◆avgIEtRvig 2011/09/21(水) 23:50:43 ID:UkkG2/f.

         ,、          _
      / l          ヽヽ
      ,′|          ヘ ヽ
      l  l           l ヘ
      |  l           l. l
      | ヘ              l  |   以上でプロローグ。
      ヘ  ヽ         /  j
      ヽ  \ , -┬┬、/.  /    次回から時間を遡って、
       \   7   ヽ ヽ_∨
         ヽ  l   .  二 --`ゝ    やる夫の物語が始まります。
          /ゝ' _.. '-'´ ・   ・ ヽヽ
         j-'´ |  =   _人  ~ l 〉
        / ̄ ̄l         ノ´   ちなみに>1の前作は
         / ̄ ̄~|      _.. ィ‐┐
        ゝ──'>ー<二○'´i ̄    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1312378289/
           `ー┐      l
            _」      つ     こんなのです。
           ゝ───…  ̄
         /
      ⌒ヽ/

※関連作品
 【完】やる夫で近代競馬の歴史ダイジェスト
 【完】サンデーサイレンス物語

17 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 20:59:25 ID:93SPBnnk




      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__     見るだけならタダだよ~
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>    そんな時間ももったいないという人には
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |     オススメしない。
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
     `|    ヽ   「)'/|/        とある田舎くさいサラブレッドの
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│         誕生の物語です。
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
   _(,,)    始まるよ   (,,)_
  /  |             .|  \
/    |_________|   \


       第1話   その誕生

18 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:01:05 ID:93SPBnnk


  そもそも目当ての馬じゃなかったんだ。ただ、友人がどうしてもと言うから――



                __/ ヽ―― x '\
              __/       \/    ̄ヽ       ええ、そうです。
               /   , / ,'  !       ヽ   ハ__
            /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ    シンザンは私が産婆をして
              |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ
              ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| |   取り上げたんです。
.             | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i |
           | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ !
            |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/
             | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |
              | /│  |      ,        !  ! |
          | | i!   |     __      |  |  !
           │ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |
            | | │  !   > 、     , < │  ||   !
             | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │
.           │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !
          | | |    |  |       `i  |      |

19 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:01:49 ID:93SPBnnk


  ヒンドスタンの牡馬でね。牧場の主人に頼まれて、300万で買い手を探してたんだそうだ。



                __/ ヽ―― x '\
              __/       \/    ̄ヽ
               /   , / ,'  !       ヽ   ハ__     え?
            /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ
              |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ   やっぱり
              ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| |
.             | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i |   生まれたころから、
           | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ !
            |  ヘ_ハ__| ━━,    ━━'¬' |___/j/   大器の様子はあったのか、
             | ( i   | |;;;;;;|     |;;;;;;| |  | |
              | /│  | ',;;;ノ       ',;;;ノ !  ! |    ですって?
          | | i!   |     __      |  |  !
           │ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |
            | | │  !   > 、     , < │  ||   !
             | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │
.           │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !
          | | |    |  |       `i  |      |

20 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:02:14 ID:93SPBnnk


  まあ、それでも俺は乗り気じゃなかったんだが ――



                __/ ヽ―― x '\
              __/       \/    ̄ヽ
               /   , / ,'  !       ヽ   ハ__
            /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ
              |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ   ……
              ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| |
.             | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i |
           | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ !
            |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/
             | ( i   |ヾ==''     ヾ==''|  | |
              | /│  |      ,        !  ! |
          | | i!   |             |  |  !
           │ |  !   |ヽ    ´ `    , イ   !!  |
            | | │  !   > 、     , < │  ||   !
             | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │
.           │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !

21 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:02:35 ID:93SPBnnk


  おい、どうするんだ、はっきりしろ、と言われてね。



                __/ ヽ―― x '\
              __/       \/    ̄ヽ
               /   , / ,'  !       ヽ   ハ__
            /  / | |  | /ヽ  , ヘ.  !   !   ヘ
              |   |  | |  | |,,, 、,, 、,,,|  |   |  i ハ   普通の馬と同じでした。
              ,'|   |  | |  | |      |  |   |  | i| |
.             | !   ! ∧_! -i! !      ! 」_ / / i |
           | ヽ  i| !tニムヱ}」    ム旡ニzx_/  ィ !
            |  ヘ_ハ__|            '¬' |___/j/
             | ( i   |z==ミ      ィ==z|  | |
              | /│  |      ,        !  ! |
          | | i!   |     __      |  |  !
           │ |  !   |ヽ    `ー'    , イ   !!  |
            | | │  !   > 、     , < │  ||   !
             | |  ヽ  |-‐ri|  >‐< |ー- |  リ  │
.           │ | |   ヘ|  |ノ      {   ム‐'´    !
          | | |    |  |       `i  |      |

22 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:03:19 ID:93SPBnnk


  よし、それじゃあ見に行こうかと、なったわけだ。

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)    それでもまあ、本当に時間もなかったし
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ    見るだけだと念を押しておいたんだが…
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ


       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |             |
  \              /

23 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:04:33 ID:93SPBnnk


   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \   なんでか、買うことになっちまったんだよ。
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │  まあ、体つきが良かった…いや、良かったわけじゃないが、
  |   `⌒ ´   |
.  |           |   トウルヌソルに似てたんでな。
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |


     ____
   /      \
  /  ─   ─\    トウルヌソルってなんだお?
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

24 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:05:12 ID:93SPBnnk


       (⊃ ̄ ̄\      トウルヌソルを知らないのか?
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)    まあ詳しくはwikiってもらうとして、
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ    戦前の日本を代表する種牡馬だ。
       |         } \
     /ヽ       }  \  父は英三冠馬のゲインズボロー。
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/ 6頭の日本ダービー馬を出し、
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (   5年連続でリーディングサイアーとなった。
   \  /   /⊂_)
                   お前の母の母の父だな。

           ____
         /      \
        /  ─    ─\   …曽祖父ということかお。
      /    (●)  (●) \
      |     (__人__)   |
       \     ` ⌒´   ,/
      ノ      ー‐   \

25 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:06:57 ID:93SPBnnk


    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \    ついでに言っておくとお前の母系はビューチフルドリーマー系と言ってな。
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)   日本を代表とする母系だろ、常識的に考えて。
  |         ノ
  |     ∩ノ ⊃ }
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /


         |
     \  __  /
     _ (m) _
        |ミ|
      /  `´  \       なるほど!
       ____
     /⌒  ⌒\       そこでこのやる夫を大器と見込んで
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \    購入したと!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /

26 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:07:18 ID:93SPBnnk


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \      いや、ぶっちゃけ、どうにかオープンぐらいには
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)     いくかな~と。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }     馬主さんに損はさせないだろう、と。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ      頑丈そうだし、長く走ってくれるかな~と。
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l


       ____
    //   \\
   /( ●)  (●) \
 /::::::⌒  、_!  ⌒::::: \
 |     'ー三-'     |
 \              /

27 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:07:38 ID:93SPBnnk


         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \     まあ、そういうことだ。
       |    ( ⌒)(⌒)
          |     (__人__)    次に来る時はお前の馬主さんも
        |      ` ⌒´ノ
          ,|         }     連れて来るから。
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |

       ____
     /_ノ   ヽ_\       ? あんたがやる夫の飼い主じゃないのかお?
   /( ●)( ●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     (  (      |
  \     `ー'      /

28 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:08:15 ID:93SPBnnk


        / ̄ ̄\
      / _ノ  .ヽ、\       日本の競馬法では、調教師自身が馬主になることは
      |  (●)(●) |
.      |  (__人__) .|       法律で禁じられている。
       |  . '´n`'  .ノ
       .ヽ .  | |  }        だから俺達はこれぞという馬を見つけて、
        ヽ.. ノ .ュノ
        / { ..ニj、         懇意にしている馬主さんに買ってもらうんだろ。
        |. | "ツ \
        |. | .l  |ヽ、二⌒)



       ____
     /⌒  ⌒\      了解だお。
   /( ―)  (―)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   じゃあやる夫はそれまでのんびり草食ってるお。
  |             |
  \              /

29 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:08:46 ID:93SPBnnk


       ./ ̄ ̄\
       / ヽ、_   .\   (なんかボンヤリとした馬だよな)
     . ( (● ) .   |
     . (人__)     |  (本当に買って良かったのかねえ)
     r‐-、    .   |
     (三))   .   |
     > ノ       /
    /  / ヽ、 .   /
    /  / ⌒ヾ   .〈
    (___ゝ、  \/. )
      . |\    ,.1
      . |  \_/...|



  この年、やる夫の生まれた小さな家族牧場は、やる夫を含めても2頭のサラブレッドを

  生産しただけである。しかしそのもう一頭も公営でA級まで勝ったことを思うと、

  並々ならぬ情熱を持った生産者であったのだろう。名を、松橋吉松という。

30 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:09:12 ID:93SPBnnk


  やる夫は幼名を松風といった。彼は幼少の頃からボンヤリとした馬で、放牧地でも

  他の幼駆とは離れて、のんびりと草を食んでいるような馬だったという。



            / ̄\
           |     |        なるほど、武田調教師の推薦なら間違いない。
             \_/
               |          私が買わせていただきましょう。
 l^ヽ   /^l    /  ̄  ̄ \
 ヽ `_/ /   ./  \  /   \
 r'ヽ   ヽ /  ⌒   ⌒   \
  ゝ、 r'ヽi|    (__人__)     |
  `ヽー、ノ \    ` ⌒´    /

        馬主  橋元幸吉



  と、二つ返事で返したのが橋元幸吉であった。その時も、クラシックうんぬんはともかく、

  まあA級には上がれるだろうという目測だったのだが。

31 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:09:48 ID:93SPBnnk


  ここで、簡単に武田のことを説明せねばなるまい。



            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \     武田文吾、この年54歳。
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)    調教師となった初年にいきなり菊花賞を制覇。
             |     ` ⌒´ノ
              |         }    この年までに、天皇賞秋と、有馬記念を除く
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ    八大競走を制覇。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_  代表する調教馬は二冠馬のコダマ。
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!  東の尾形、西の武田と言われるほどの
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::  名伯楽である。

32 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:10:26 ID:93SPBnnk


  さて、橋元に買われたやる夫であるが、すぐさま厩舎に入るというものではない。

  当歳の冬までは松橋の牧場で過ごし、それから近くの荻伏牧場へと移動した。


    / ̄ ̄\
   / _ノ  ヽ、_ \     ま、あそこに置いておいても育成は出来ないしな。
.  | ( ●)(● ) |
.  |  (__人__)  │    追い運動とかは、やっぱり大きな牧場に限るだろ、
   |   `⌒ ´   |
.   |           |     常識的に考えて。
.   ヽ       /
    ヽ      /
     〉-r:::┬〈、
   /Λ 〉.:〈 7//\
. /////V::::::V/////\
///////∧::://///////}
.////////∨/////////{

33 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:10:50 ID:93SPBnnk


  やる夫という馬はもっさりとしていて、あまり幼少期のエピソードに富んだ馬ではない。

  それでもその性格の一端をうかがい知れる出来事が一つあった。

  それは当歳の秋、離乳の折のことである。


            ____   _____
           /      \/        \       ‐-、
     、-‐   /⌒   ⌒        ⌒   ⌒\   ___,ノ-、   お?
   、- !、,__/(● ) (● )  彡   ( ●) ( ●)ヽ    ___,ノ
   !、,___ l  (__人__)           (__人__)   |         かーちゃんがいねーお。
        \ `⌒ ´     彡      ⌒´   /
         /                       ヽ

34 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:11:15 ID:93SPBnnk


  馬産をする者の中は、この時期が一番辛いという者もいる。

  引き離された母子は、お互いに求め合っていななきあう。

  それが一日、二日と続く。やっと収まるのは、五日目ぐらいだという。


       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \      …
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /


  だがやる夫はかすかに母の姿を探し、求めたものが得られないと知ると ――

35 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:11:35 ID:93SPBnnk


     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \       .       |  l│└ ┐
    /: : :             \          ┌‐┘ ノ./ー─┘  
  /: : : :            \        └―〃/ | ̄ ̄|
/: : : : : :               \   .    / ̄ ̄|│ 「 ̄
: : : : : : : :.._        _      \     ヽ/ ̄| │.ヽ_>
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        | .        └┘
: : : : ::;;(( ○ )::::ノヽ::::::( ○ ));;:::   |
: : : : : : ´"''",       "''"´        |
: : : : : : . . (  \j /  )/     /
\: : : : : : :.`∨トエエイ∨     /
/ヽ: : : : : : : :∧エエ∧: : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´         \
: : : : . : : . : : .                   \


  首を上げ、高くいなないた。これはやる夫の、初めての感情の発露だと言われている。

36 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:12:10 ID:93SPBnnk


  そして鳴き始めたものの、やがて無駄だと知ると沈黙し…



        / ̄ ̄ ̄\
      /  ―   ―\ ヌヌヌ…
  __ /   ( ー)  (ー) \      
   ( |      (__人__)    |     
  \ヽ\__  `ー ´__/ \    
    \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
     ヽ               \



  不貞腐れたように寝転んで、やがて本当に寝てしまった。

  これを大器の片鱗と見るか、単に鈍いだけと見るかは、人それぞれだろう。

37 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:12:48 ID:93SPBnnk


  さて、前述の通り、やる夫は荻伏牧場に移り、ここで追い運動を課された。

  当時の追い運動は、今と違って原始的、あるいは牧歌的である。

  一周300メートルしかない運動場を、やる夫は黙々と走るのだった。



                     ____
                 /     \
               /  ⌒  ⌒ \       
              /   (●) (●) \
              |     (__人__)   |
              \_    `⌒´  _/
             /         ヽ
            /  /        |
            \  \        |\
             (JJJ)       |JJ)
                ヽ       |
                 /\  \/     テクテク
                く  /  /
                (_/ヽ_⌒)



  いつも群れの最後尾を、淡々と走る。それが非凡なところであった。

  一日4000メートルから6000メートルを走りながら、ほとんど息も乱さず、

  故障もしない。それでいて先頭に立つこともない。

38 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:13:18 ID:93SPBnnk


           ,.ィ ,.ィ
.        ,ィ/  '´  !/レi        なんていうか黙々と走ってたよ。
         /        ′レi
.        j゙ ,.ヘ、  /\     !      放牧中は一人ぽつねんと立っていて
       |/   ¨´     ヽ  │
        レ_ニュ  r'ニニヽ 〉   !      仲間とふざけあうこともなかった。
       l ==。、 =。= :|∩ !
      | `zzr'   zzz' ||tリ .|      岩みたいな体で、病気一つしない。
.      l  L -`  ┌ :lレ′j
.        l ⊂ニニ⊃ .ハ.  ハ      そんでもってよく食うんだ。
.        ハ , ,ー, , ,. '/ l ./: :ヾ''ー-
  _,, -‐''7 :ヽ___/   l/: : : :!: : : :   水を飲むときも、ポンプみたいにえらい勢いで
 ̄ : : : : : ,' : : : |:::::::::::    |: : : : :|: : : :
: : : : : : :.:i: : : : :L._   __」.: : : : :| : : :   水を吸い上げてたよ。
: : : : : : :.l : : : : ト、_` '´ _,ノ| : : : : :| : : :
: : : : : : :| : : : : |;';';';' ̄;';';';';'|:.: : : : :| : : :
.: : : : : :.| : : : : l;';';';';';';';';';';';'|: : : : : :|: : :



  一様にみな、目立たない馬だったと言う。だが、どこか他の馬とは違ったとは、

  後からならいくらでも言えることである。

39 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:13:37 ID:93SPBnnk


  かくしてやる夫の当歳は暮れ、1歳もまた、ハードトレーニングを課されていった。

  北海道を離れることになるのは、その年の11月1日であった。


       ____
     /⌒  ⌒\      さらばわが故郷。
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\   それにしても飯ウマー
  |     |r┬ |     |
  \γ⌒_ξ)'   _ /
   ( ^ノ  ̄     ヽ
  _ _ __
 γξ)ξ)ξ) ノ
 ー―――――’


  移動中も全く食欲は衰えず、バカがつけっぱなしにしていたラジオの大音量にも関わらず

  惰眠をむさぼっていたというのは、この時のエピソードである。

40 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:14:11 ID:93SPBnnk


    
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>  
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |   
   |ハ | (●) (●)/ / ,/レ′
     `|    ヽ   「)'/|/
     ヽ、_  ―  _,.ィT/
       l 7Eニ::ィ1│
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
   _(,,)    次回へ続く  (,,)_
  /  |             .|  \
/    |_________|   \


  第1話 その誕生 了    第2話 その名はシンザン へ続く

41 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:16:22 ID:93SPBnnk

                     r-、
          r-,          l l
          | .|          l l     以上でした。
            l l          l .l
            l l         / ./    さて、今回のシリーズでは
          l ヽ  _ィ―‐t-v_' /
           ' ,  Y´ \_ヽ_く     毎回おまけを入れていこうと
            ソー'  /´ __二ニ>
            l_ィ┴' ̄・ .・ ヾヽ   考えております。
           /___l ニ    人 ニ i _l
           /ー―l        _ノ´   ではスタート。
          `ー--ト―ャー―''フl´
             /   、`,'a''´ ノ
            (    ヾミ   )
             `ーャ二ノー''´

42 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:16:55 ID:93SPBnnk


   /:::/:::: /::::::::::::l::::::::|:::::::l:::::::::l:::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::i::::::   これより、本編に出てきたことの
  /::;イ::::i::::::::::::::| ::::::l|;::::::li;::::::::|、;::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::l:::::
  .l::/ l:::::|::::::::::::/!::::::| li::::::lヽ::::::l. ヽ;:::::::::::::::::l::::::::::::::::::::l::::::   補足を行う。
  |::l | ::::|::::::::-i-L;;_l .|!i:::::l ヽ::::l  ヽ、__;;;;::::| :::::::::::::::::l::::
  |:! .|::::::l::__;;;|_ l:::l`ヽヽ;:::l ヾ;レ‐'''゙゙´\ :::::| ::::::::::::::::l:::::   解説者は私、長門有希。
  l!  .|:::/ ___ノ,ィ'ト|''=ミ、 ヾ!  ,r-=fニミ;;弍;;| :::::::::::::::l~゙'i
    l/ ,/ト、::l゙__゙ヾ::ii::|ヽ  ,/  .|:::illi:::゙ii/ |:::::::::::::::j¨゙ l
   /⌒ヾ、|/`fト l ゙K);j .l'⌒''h.   K);;;;ッリ l:::::::::::::/ .ノ   選出理由は>1が次回作で多用するため、
  /‐-、 `iノ /'ヽ|、   ノ    ヾ、     ,/  |:::::::::::/=7゙
 ./ 、. ヽ |゙V,_  l:::i、 ̄ 丶    ゙''ー-‐''  ,l::::::::::/|:;/    慣れておきたいとのこと。
 i  '゙ヽ_j-'   .|::::|.\   ‐-        ,,イ::::::::/ ,l/
 ヽ    ヽ   jl:::::l.   ヽ、      , ''゙ /:::::::/゙`ヽ、
  ヽ、.     /ヽ::::|    ,,`=ー '''i´    /:;/レ'〉;:;:;:;:,.,\
   /    /.  ヽ:| ,,r''゙,.;:;:;r''゙~ノ   /イ  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;

43 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:17:22 ID:93SPBnnk


  1 やる夫の値段

          /                             \     まずはこれ。
.        / /    /   /         \         丶
.      / /  /  /   , /  .i        丶    ヽ    ヽ   資料によって300万とも
      //.:   / ::/  .:::/ .:|  .::l  、   .::.  :ヽ   ::..:',    .ハ
.     〃/.::/ .:/ .::,' .::::/ .::!  :::{   ::\ .::ヽ::.  ::l   :::::::l: :. .  ハ  320万とも言われている。
      l.::,' : .:l :::::l ::::::l ::::{  ::::ヽ ::::::::\:::::ヽ::.. ..::l  :::::::::l::: :: :::. :l.:l
        |:/! :.:::| ::::ハ : ::∧::::八. .:::::i\..::::::l \::::\::::l  :::::::::l::::::::::: ! |  おそらく20万は武田師が
        |{│.:.::::| ::::::ハ ::l ヽl  ', :::::|  ヽ::::l  _\{-ヽ|  :::::::::|:::::::::::: i::l
       ! ! :. ;小、.:::::{ 代ート、 ヽ ..::l   >七´__,ィ=-、.」  :::::::::j::::::::;::: l:,'  ポッケに入れたか、
        ', :::: l:: \::ムx≠于=ミ、\ヽ x=≠旡丁 `ドレ!  ::::::::;イヽ ::i:::::リ
          ヽ:::::lヽ::::\<ヾハ{.::::ヽヽ _ {    V、::::::.}├|  :::::∧ l:::,' .::/   仲介した知り合いのポッケに
         \l ∨::{!ハ  Vzイ} {!⌒ヘ}    r'zィリ / l .:::/ } ,ノ/l:::/
           `  ',:::ゝム   ー' /   ヽ、   ̄ノ' | ::/ フ´::/ ル′   入ったのだろう。
              ヽ::::`ヘー ‐ '´ '      ̄      |.::/´;::〃/
              ヽ::::{\      ャ‐、         jl:/::/:/ ″
               \:ヘ ヽ 、    ¨        //イ::/V         当時のダービーの賞金は
                 \!  ヽ>,、     , イ 〃:|::ト、
                     ヽj父rー<: : : : : : : {::l) ヽ、       一着700万だったと考えると
                    /...::::::| : : :    : : 'y'     \
                   / .::::::/ノ      : : /        \    かなり高い馬である。
                  / .:::::::::::{′    : : : : :/           \

44 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:18:03 ID:93SPBnnk


  2 ヒンドスタン

       /                  ヽ      やる夫の父親。
      /     ,     , '          ヽ
     / / / /  /  ,  /        ヽ     !    元は他の種牡馬のおまけで入ってきた
    〃/ / !  l   /  !  ! ヽ     |     !
    │ !  ! │ {  !   |   ヽ   ! !   !  |    種牡馬だったが、おまけのほうが成功した。
     ! /{  {.   ト` ト、 |ヽ  !\ ,ム‐ハ|   }  l
     レ !  iヽ !,,====ミ、\l ,,====ミ !   l  l !    もっとも、メインのブッフラーの産駆にはコダマがいる。
       ヽ |.-ヽ!'<fえヶ.ll, - 、ll イkか>l  ,!、 ハl
        /, ニヽト ゞ-' ノ   ヽ ゞ-' ,' / ノリ
      ,'/ニヾ 人     `_      / /リ´
      { /ニヽ ヽへ          ィ ハl        日本のリーディングサイアーに7度輝き、
       ヽ、ヽ   } | >   _ , ィ´/ノ-、
       _,'    レ′_,-‐l     /  ヽ        ノーザンテーストをしのぐ113の重賞を
      __/ |    /、‐'/ /   , '      \
     /    ─ '  } /へ、 /         \     産駆が制している。これは日本2位の記録。
     {       / / ヽ、 , '      ィ ニ二二\
   , イ    ,'   〉/  /     // , -―─-}
 /        / / /     // /       !

45 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:18:24 ID:93SPBnnk


:,::::::::::::  /::::/::::::/::: /:::::::  !::::: |:::. |::.  |   i
|::::::::::  /:::/::::::/i:::::/ }:::::: ハ:::: ハ::: l::::  !:.  |  当時のレースにはグレードという区分はなかった。
::::::::_!ム_∠__/;/  !:::: /  l:::/ !: /i::::: /!::::  |
::::::::: |/_ //`ヽ /:/ _,,ム'-‐lメ‐|:::: /: |:::::  !  それでもいわゆるG1的な扱いを受けていたのが
::::::::: !,r=〒〒ミ==ヽ/'   ,,r'===ヾ-、!::/l::: ハ:::: !
::::::::. |《 i、ヒ''ィノ   ゝ-‐-《 !;;.q,ノ ´/レ:: |:: i .l:::::/   皐月賞、ダービー、菊花賞、桜花賞、オークスのクラシックと
ヘ::::::. | \  ̄   ノ   ヘ_. ̄  /:ノ::: /!:::l !::/
ヽト、::: l   ̄ ̄ ̄   `;    ̄ 7:::::: / .i:/ /    天皇賞の春と秋、そして有馬記念。これが八大競走。
:ハヽ:::l\      r_ァ    /!::::: / /
::::::,-一 ` 、       _, < |イ::::: /  '        安田記念と宝塚記念も既に存在していたが、
:::/;;;;;;;;;;;ノ.  ` ‐r-‐<    'l::: /
`|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、;-、_;-´;;;;;;`i´  .',/           一枚落ちる格とされていた。
 !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;へ;;};;;;;;`i;;;;;;;;;;;;;}\

46 ◆avgIEtRvig 2011/09/25(日) 21:18:47 ID:93SPBnnk


      /                ヽ    \  \  
      ,'     /  /            l    \  ヽ
      !     /  /     /  ,'    |  l   ハ  ヘ、ヽ、_,
.     | !   l   l     /  /   ,イ !   i   ! l ヽ ',` ̄
.     l |   l   l  ,/  〃 ,/   /│ l  j   l│  ! l
    ノ | ! │   | /_// //  / ,' ∧ / |  / j   l│
     ノ l ァ|   |尢/‐=乞t/ / /∠ニ「厂! / ,/  / リ   今日はこのぐらいで。
     イ 八{´l  !レ<f{矛:下 'ヽ _〃イ孑代勹 イ } /
.        Vハ  |{  r';;_zj  f} ⌒{! r';;zリ /}, '//      ではまた。
        ヽ ',  | ` ー―‐‐ '  、 `ー-- チ' /
         `ヘ lヽ       _      厶 ./
             ', {.代ト、          , イ | /
           \_'i| > 、 _ , イ/ V l./
            / ヽj       {`ヽ   ′
.        _ /  「´        ヽ} \
    _, -‐ ´     l‐--‐、 _ -‐ |   ` ー- 、
. r<\\        ヽ '´ ̄ ___ `ヽl|     / /ヽ
 y⌒ヽ \\      V  ̄ _ `ヽl|     / / ∧
./    ヽ. \\     ∨ ̄  `ヽ |     / / /  l
{      ヽ \\    ヽ     /    / / /  │

社会生活VIPツールにより生成されました。

関連記事

category 競馬 > 【完】シンザン物語
ひこにゃん◆avgIEtRvig
comment

0

trackback

0

edit
edit

Comments



  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: