このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


デジタルAAゲームブック世界樹の迷宮Ⅱ 130 第四階層 白ノ墓標


1460◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 20:02:24.73 ID:4Z0EuWNq


///i! l::::ll::.l l::゛゙l' ,, . `ヽ!  ,,ヘ \!!',                         ./i
///i! l::::ll::.l l:::::l::.'l ゝ,    |::| ..|! .',                        / i!
///i! l::::ll::.l l:::::l:::.l |::::' ,   !::| .ril  ',                      /   i!
///i! l::::ll::.l l:::::l::::l |::::|::::i  .'ヽ |.|!   ',                     / /  .i!
`''-.!! `''-..l l:::::l::::l ..|::..l::::!    .^|!   ',,                   / /   i!
       .` 、 ..l |::::|::::!  ト、  |!    ',____._.               ./ /    i!
         ゙゙'  |::::l::::l  .!::::'! |l    i!\! i           / ', / /     ,i!   γ⌒'.,
            `'=-i  !::::l |l r・, r・, !::::::ヽ          ../  /./  γヽ  i!  γ .l  '.,
                .!::::l |l.| l l .l l::::::::| \        ./  .//   l  i  i!   i .l   l
゛゛''l i!=====┓         ' |l |__l l__l l::::::::| n ..\      /   ./!γ,  l___i  i!   i .l   l  γ ⌒`ヽ
:::::::l   l..∨ .l           |i     l::::::::|.i,! !,i.l    .,'', l‐‐‐‐/ i i l     .i!   i-┼―-.l  ,'     ヽ
:::::::l   l..∧ .|`',   i!'= ,,    |l    .l::::::::|   l/^\' ', l ロ /!i l i__l      i!   i .l   l ,'      ',
:::::::l   \_/::::::',  i!:::::::i! .l'= ,|i r.i .r.i l::::::::| n n l. ロ ロ ロ\',.l   !.i l   /l',   i!   i .l   l |       |
:::::::l     i:::::::::::ll  i!:::::::i! l:::::l|i l_l l_l l::::::::| i,!i,! l    /.'.l ロ l.i .l  ./ | .',   i!   i .l   l |       |
:::::::l     i:::::::::::ll  i!:::::::i! i:::::l|i ,'゙゙',  .l:::::::|   l  ロ  l゙゙l .├‐.┤゛l  l .|  l  i!   ゙゙゙'',',',',',/ .|       |
:::::::l     i:::::::::::ll  i!:::::::i! '  .|i l .l  .l:::::::| ___.l ,.-.、 l l l: : : l.i.!l  l .|  l  i!         |       |
:::::::l     i:::::::::::ll   ''''''^゙   .|i l .l  .l:::::::| r「」l l:::::l ,.l__l l: : : l.i.!l  l .|  l  i!         |       |
:::::::l     i:::::::::::ll..        |i ! !,,,,,.l____| |,l,,,,l-‐''"゛    ' iヽl.ni  l  l  l  i!         l    ┏! |
:::::::l     i:::::::::::ll    _,,.. -‐''"゛゙゛゛゛゛゛ -‐''"゛          i  `ヽ l  l  l  i!         |    ┃  |
:::::::l     i:::::::::::ll._ '''"゛      -‐''"゛              i    `ヽ .l . .l  i!         |    ┗! ..|
:::::::l     i::::-"´      -‐''"゛                  ',      `ヽl... i!        . |      |
:::::::l._. .-'"´     _,,,ー'''"゛                       ',         '-..、       .|      |
        -‐''"゛       ._..                    ',           `''-、,     |      |
    ,  '''"゛                                \            `''ー ..,, |      .|
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君たちが"レギン工房"を出ると、街はどこか騒然とした様相を呈していた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



      (ヽ、00  ∩
    ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
     ,, -‐- \   | |/⌒ヽ
    ( ⊂ニニ   / /⌒) )   (ヽ、00  ∩
     `ー――'′ し∪  (ノ  ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
/ ̄ー―‐ 、            ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           ( ⊂ニニ   / /⌒) )
:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ         `ー――'′ し∪  (ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::i   ., -―- 、   ___
:::::::::::::::::::___ノ、/〉'  /::::::::::::::::::て/::_:::ヽ
:::::::::::::::/ u  て;/7 /::::::::::::::::::;ァ、、:::「ェ ヽ::〉 __
::::::::::::/     /〈  i::::::::r、::/=ミ `く.u J/:::::::::\
:::::::::::j u   、 ´_}ヽ.|::::::iオ/u ニi < iヽァ/:::::r----J   .r:´二ニヽ
::::::::::i   (二7´_.L., 、ハ 〉  _ _マ/ン::::r ' ;tr /;j   i::/r-、r-|  r一ー、
::::::::::|、   .r ' c /、:.:.:ヽ ヽ  ー」: : : : ii ヽu.___、/  _ん' `´ム.'  |:::r―┤
:::::::::/ ̄ ´」ー/:.:.:.:.\:.:.\\__j: : : : : ヽ ヽフ`ヽ´  | | ヽ'ーン、 _/ハu.'_' |
i:i i:::i:iヽi ´ !':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.',:.:i: : : : : : : :「=| : : : |: !  7!`:´|<  7マ.ヽー'



1461◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 20:06:16.24 ID:4Z0EuWNq

  ;;  ;;  ;;  ;;  ;;_______  ;; .|       ; . !|
 ;;  ;;  ;;  ;;   [「ニニニニニニニ]  ;|ニ∩ニニ∩O    !|
  ;;  ;;  ;;  ;;   | || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||´  .;;|.|l∪─ ∪.|   . !|
   ;;  ;;  ;;  ;;  | || |  ̄..T  ̄~|i|| ;;  |.|       |  ;  !|
  ;;  ;;  ;;  ;;   | || | . i||i  .|i||  ;; |  ̄ ̄ ̄ ̄   .!|
 ;;  ;;  ;;  ;;    | || O__ノ||ゝ_|i||;;   |     \ _  . !|
  ;;  ;;  ;;  ;;   | || |____|i|| ;;  |    \ ; \  !|
 _________|_|l_______.||__|     \ ; _\!|
 ─l─.-┼..-..┼__|_|三三三三三三三|_|ー|       \ ..!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 _|__|__|_l!il三三三三三三三liil_|        \!|_______


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ とりわけその傾向が顕著だったのは、君たちが拠点としている"天空の母鳥亭"の周辺だった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




        _,r~~~~.、
        r' _,r~~~~、ヽ                       _--、, -z._
       { ノ  u `ニニ´ ヽ.)       _,-ーvーz_       >::::::::::::::::::<
.      { L_ r=== u.==、l′     イ ,、,、,、,、,、 ヽ      /::::::::;:::ハ:::、:::::ヾ
       {r=i| r 。=  。=、 |       | l--、 v,.-ヽ|      イ:::ィ/K u >ヘト:::|
      {|L||ij `ニ7  lニ´v|       1|⊂・ ・⊃|,l      .h:「こ・j=「・う]:n
      {`ァ| r─' L_」 ー、|     {f|L ∪ v」|f)     |f||: ̄,」 L ̄:||j.|
    _/{/ :| |(二二ニ二)|.       `|.⊂ニつ l´       ヽl ‘‐u‐’v:レ'
-‐'''"´::|:::::ト、 ヽ_ , , , ,一, , _人        ,ゝ、.二. イヽ_      _/l.ヾ二二フ∧
:::::::::::::::|::::::| \  ̄`¨フ丁 |:::: \-‐''"´|: :|、.__,.|: :|: `>ー''"´|: :|\.二./|: :「`'''ー- .、
::::::::::::: |:::::│  \__/ |:::::|::::::::::: \ : |,.へ.  /へ|:/| : : : : :│: |.\  /| :│: : : : : l:ヽ.
::::::::::::::|::::::::|    ,.イ:ヽ. ,|::::::|::::::::::::::::::〉、 : : ヽ/: : : /: :|: : : : : :|: : l   X.  |: : |: : : : : :|: ハ
:::::::::::: |::::::: |ヽ/ 〉:〈.∨|:::::::|:::::::::::::::/::::| : : : :|゚: : :;ハ : :|: : : : : ;>:|/〉〈\|:<; : : : : :|/: : l
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ いつも酒場に屯している冒険者たちだけではなく、おそらくは一般市民であろう人々までが
┃ 店を取り囲むように、それでいて店に詰めかけるようではなく…
┃ 不安の表情だけを隠し切れないまま、集っていた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



1464◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 20:10:47.93 ID:4Z0EuWNq


                             / ̄ 丶
                             / ̄ ̄\\
                            /::::::::::   ::\\
                ___        /::::::::::::  ::::::::\\
               / ̄ ̄ ヽ ̄二ニ=- <             〉 ヘ
              /      \   _ `ー─ 、  :::::::::/_ ヘ
               ̄ ̄`ヽ、  _>、 {\\   i :::::::::{ 〈vヘ} 〉
                /   Y´   \_  \  | ::::::::::〉 `Y く
              ∠斗‐=≦!     /   ヽ    ト、:::::// ! ! 〉
             { -=≦´ ll    { {     ∨ / j Y /   l l′
             ヽ-/ / ィ' 斗ヘ、  ヽ ‐- 、ヽ     ヽ、/ l l
                 { { {.‐┼´ / 坊抃ア/  /  ヽ´|ヽ i l
                 !  ! テ示ヽi   Vソ ′  / |.   !∧.l|
     .          _,.斗  ヽ ヽ-Vソ ヽ  u./ / ./!    |ヽi ||
     _    -‐  ´       ヽ ヾ、  -   ̄ ,7  / |   ヽ、 | |
           ,. ´      |}| >    イ/  /  !    ソ} ||
         /  ´     / リ / /ヽ`´ニ / /   }    |ア ||\
     -=≦/ /  /   ヽ{\,人:::::厂{ ヽ、  /  ̄ ヽ}  ヾ \/、ト、 ヽ、
     . / /  /   _,. 斗/  ア{ /}ア/   ヽ   ┐}   ヽ_/ \
      /  /   /   // / /レ′ `´       \ /         ヽ、
     .   /   〃  /   /   { 、              ∨|              \
      /       {{ /   / -´/  / |        / !            ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…これは、いったい?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


        、,r''" 、  `''ーv
       、_Z丶`、 / ', ' _ - `r
       } 、 ,、,、,、,,、,、,、,,_ = ネ
       Z ,_ }  、;;;ァ   { z`
        'ーn' へ 、r, へ f''Y
    ,r--─‐ヾ:」  ̄<ll.> ̄ lソ ̄```'ヽ-、_
.   / ⌒ヽ  lヽ F=ヲ/ /   |    `ー-
  く     ヽ \ヾ'=='゙,./    | ///
  // r‐、  l!  `ー‐'´   ,   |//
  !  r‐|__ ヽ、{   i      |   |´ ̄ ̄``''ー
  Y´|. lニ,ノ、 \  |  i    !   |
  ヽ_,ゝ⊥ィ'`ー''  |   ヽ   i  |
       |    ノ    ヽ   !. |
          |         ヽ__  \.
         ノ!    ̄ ̄ ̄ ̄二ニ=‐ 〈
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃群衆
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃              ホワイト・ナーガ
┃「あっ! 来たぞ、"白鱗の蛇竜"だ!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 織莉子の問いに答えるよりも、群衆の一人が君たちを指し示す方が早かった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1465◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 20:16:22.92 ID:4Z0EuWNq


  /:`: : : : : : : : : : : : ::ヽ
 /: : : : : : : : : : : :/: : : : : : :\
ィ: : : : : : : : : :/レi/!/!ハ: :|: ! : : i
: : : : : : : : : :/,ィ===、 !/|/iト、: i
: : : : : : : /i/ く了。!ヽ=' ト==、 i
: :/⌒ヽ/       ̄    ヽ゚┘!
: !i   ;  u        , 〉 l
:ヘ   .:'       __    !
  \__      /ー― 冫 l
   i:ハ  u  {      .{ /
 r‐/   \.   \‐―一} /
/:::::\    `: .-   ̄ ̄_/
::::::::::::::\    : . : . / ̄
::::::::::::::::::::\    /: ̄\
::::::::::::::::::::::::::\  {::::::::/⌒ヽ、
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃群衆
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃      ホワイト・ナーガ
┃「ほ、"白鱗の蛇竜"の人たち、教えてくれ!
┃ 俺はさっき偶然街の外で仕事してて…あのおぞましい声を聞いちまったんだ!

┃ 一体何があったんだ!?
┃ もしかしてあれが王様の言ってた"魔人"ってやつなのか!?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



1466◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 20:22:55.53 ID:4Z0EuWNq


    /:::::::::::::_イ/l:::::::::::l::::\       /,:::::::::::::r::::::::::::::::::::::\
    i::::l:::::::/ r oヽ !::::/ノ!:::::::::ヽ     ノ'´ ,へ::::/l l丶!丶::::::::::::::::l
    l::::l£ヘl ` ´ !/ o j:::::::ll l     ,<´丶`´ol⌒l_o__l丶l:::::::::::::l
    i::::│  /´ `l `ノ--┘---、  ( ヽ`j┘l ̄ ,- 、   ノ-:::::::/
 ̄へ_υ/ 、   ̄ _../´:::::::::::::::::::::::::::`丶/ ` / 丶 l__ゝ   ,../ ノ
/´ /´ゝ`、 :::::丶/:::::::..____-- ̄`-- 、:::::\ /  丶____  i´、,. -- 、
\  l´  | :::::::/:::::::l::l     /,...__ 丶:::::\___┌`i┌´/ _,.-、  \
  /   \_/:::::::::l::l    _/ l´◯ ゝ 丶`ヽ  /, | j/ /__, l, - 、_ ヽ
./      │::::l::l  ,....._ /。`...._     ヽl    rソ    / / / / ノ_
        !::::卜 l´◯/  l´:::::::::`ヽ、   l     r----´ `´  -´  `
        ナ:::::\`´   l:::::::::_..-´ _l   |      `----、_ノ  `l |
___     !:::::::_.ゝ   ゝ''´ ,イ''´   /l           / ` ´ `´
::::::::::::::::`ト、   ゝ八 _..-´ ̄`丶.    , l l           i
::::::::::::::::::::::::::ヽ ( /´        `-ーイ  γヽ         \
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃群衆
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「いや、でも"魔人"はシシムラの民がいれば倒せるって――」
┃「いや違う、王様はシシムラの民の協力を得られたって発表してただけだ。倒せるとは一言も――」
┃「そんな事より"世界樹"だよ! さっき、へし折れたのを俺も見たぞ!」
┃「おそろしやおそろしや、ああ、大惨事の前触れじゃ…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


             /          八{ ミ::::::::::..、j〃.::_,_,   \::::::::;=ミ::ヽ
          〃 >‐ _ . ニ==-‐ヘ{:::::>、::::::::」j{_(9_,ノ °  ';::::' うハ:::i _
            {/,x≦::::::::::::::::.:.,∠、ヽ:i{ (9ィ^-‐‐.::::::::::7 u / V{ し' }:::!
              ヽ⊆{ ,ニミ:::::::j八(9 ) u:::「l:::}  -、 `ヽ::;   '    r ノ:ノ
            ( ハ'( (9`Y^ヽ{::::::, , ヘヽ:::ー-='  u ' , {   ┌彡 '
             ゝい:::7(:::ト、r‐、 ' u ',ハ /fこフ丶、     u |:::
             ヽ}',{__jヾ'^_,. -‐, 、  '. , V.:::::::/\      l:::
                八ヽ:::{ く_,>'^^ _}  uハ ヽ::;'   ノ}    /.::
                   \' ;.、ゝ'"´_ノ   ∧ 込. _彡'′ u /.:::
                  \ ヽ~「:::(    .イ  \ヽーァ   /.:::.:/
                    />  -=≦ニフ   }::\::(  /.:::: : /
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃群衆
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                              ホワイト・ナーガ
┃「…と、とにかく! 一番詳しい事を知ってるのは"白鱗の蛇竜"だよな!?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1467隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 20:23:52.05 ID:OdIy1chY
怖いし悲しいなぁ、誰も悪くないただ怖いだけなんだ、
暴走しないといいんだけど。


1468◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 20:25:05.59 ID:4Z0EuWNq


                __
              /     ヽ
             /     __,.ノ 、
              | u      ( ●)(
               |      (__ノ`,
                |         ン′
              _ノ   `、     7
          ,イ:. ヽ、<ヽ,、___ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ――どうやら彼らは、一枚岩の集団というわけではまったくないらしい。

┃ "世界樹"が折れるという、見た目にもわかりやすい大異変。
┃ そしていくばくかの者は耳にしたらしい、"魔人"のものとおぼしき叫び声。
┃ それらがもたらした不安感をどうにかしてほしい、という事のようだ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



1469◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 20:28:09.24 ID:4Z0EuWNq


         _=:::_=-―-、:::ヽ /:::::::::::::::::::::::::::::::>:.、
          イ/    _ヽ{::::::::::::::::,::―-:::::::::::::::::::\
        /:::/   ,..::::::::::_ヽ::::::, --、:::::::::::::::::::::\:::::::ヽ
         ;:::/  /:::_=-ァ::::, -ヽ::|ニニ|、::::::::::\:::::::::\::::\
.       i::;  イ:::/ イ::::/ .ソ`|ニニ|,、ゝ、:::}、:ヽ::::::::::::::::::::\
.      ;::; /::::イ /::/´::ヽ/::::`´`´::::::::::ヽ}::ヽ,{∨:::::::::::::::::::
.      ;::; /::::/ /}´{/:::::::::}:::::::::::::::|::::::}:::::::}:-‐:::}、}::ヽ:::::::::::::::
      ;:;' /::::/ .{V:::{:::::{:::::::i::::::::::::::::l::::::ヽ/::::::::ノ::::::::::ノ\::::::::
     /' /::/  .{:::::{::::::l:::::::{:::::::::::::{:::::::::}´:::::::::/:::::ノ::::::ノ}::::::
.    / /::/  ヽ {:V:::∨:ヽ::::::\:::::::::::::::/:::::::::::::::::/:::::::ノ::}::::::
    / /:/  \}::ヽ::::__::ゝ::::ア:: ̄:::::l:::::::::::ヽ:::::ヽ::::::/:::::::イ/::
   ; //    ヾ`ヽ:::::| i: :::::/::::/:::::::::ii:::::}::::::::ヽ:::::}::::::::/{::::::::
   { //    ∨:::\{{::::::{::::::{::::::::i !::::i:::::::::}::::/ }:::/::::::ノ:::::::
    ;::{    ;::人:::::::ノ ',__:i',:i::::ii::i:::i !::::ii::::::,'}::/__ ヽ::::::::イ::::::::::
    i:::   /:/ ∧/ ∠圭圭>‐-ァ ',::iz<圭圭_ヽ ∨ |::::::l:::
    ::   ::: ;:::{ ハ  ≪ 弋rテ ア´ :ヾ:ィ'trア ≫  }:ハ }::::::|:::
     ::   ;:: .;::∧ ハ        | |          i/ ノ/::::::::::
     ::.  i::i i::i ヽ ハ          | |        i ´ /::::::::::i::
      ::. i::i i::i  \      , | | 、      i-イ\::::::::::
       :: ::: i::: / | ∧     ヽヾン      i /li   ヽ:::::::
       } :: i::/  .!               /:/ i i    \ー
       _=-/    | ', .∧   ―  ―    .イ / / .i    ∧
    >   /      .! ',      ―       / ./  i    ∧
>     /      | ', ',  ∧      イ  ./ ./  i      i
      i        |  ', .'.,   ー―― '   / /   i      i
      i       |  ', '., ヽ    / ./ ./   i      i
       i       |    ', ヽ \ /  /  /    .i      i
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「先日の演説以来、この期に及んでなお、国王陛下も何も動きを取っておられぬのか。
┃ 放っておけば民草の不安は募るばかりだと、わからぬ人物とも思えぬが…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


           ,     /
          /    /:/   _ .. ァ
       /   /: : /-: :´- ― : : : : :-. . . _
    iヽ,/  /:_:-:'´: : : : : : : : : : : :<ミ、
    ヾ{iヽ/_: : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : .
     ゝ´: ヽ`: : : : : -=_: : : : : : \: : : :\: >
    /: ヾ 、∨:_: : : : : : :\: : : : : : ヽ: : : : \` \
   イ: :/: : : :ゝヾー 二ニ=斗-ト、__: : : ハ、: : : : ヾ `
  イ:/:.i: : : : :i  ∨: :Vマ´ ヽ_zx:ヾ: : : : :ハ:_ヾ\:ハ,イ/
. イ イ: : i: : : : i斗-∨: :',  〃んう`ヾ\: :ハ ヽ}ムヾ/,-―,
´  i: :∧: : :/i zx、ヽ: : ',  V:::::ム " ヽ: ハノ ///////
    i:/i∧: : : i〃しハ \'__  ヾ-'    ∧ハ///////\
   i' iイ∨: :iヾ V,-、,-( )       ∧/v//////、-一
     ! V: :!ハ ゝ 'ヽ     u  ./  ∨∨/、/∧`
       ∨!`ハ   ⊂つ     イ /7∧-'´  ̄ ヽ
        v   >     .  イ /=-'´二 -――‐`――┐
                ̄  iム二 ―            {
                 / __     - __       ト、
                / /      \      ー- __l_ \
               //         ヽ `ー-        〉
               {            ∨         /
             //             ∨      /ヽ
            〈 7/            | ∧     イ  ∧
            ヾi             i/  ヽ    ノ   ∧
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃ネギ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「いや、僕もそれは妙だとは思いますけど!
┃ それよりまずこの人たちをどう…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1470◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 20:31:06.12 ID:4Z0EuWNq


                             /     | |:::::::::::::::::丶丶
                         /..-‐‐‐‐‐| |:::::う、:::::::::::| |
                         .〃: : : : : :.` <ノ 〉-'f¨ヽ|
                        .f __,r'´>、 メ⌒¬、j、 ム
            /           .′| .j   イ /T´,.イ     ヽー≧
          〃         .ィ.廴_{  '~´  .' 斥、.′ .イ  ハ.__ノ
           { 、 ,.  -‐  ´   .ム.ム ノ ヘト、.仡厶イ z!   !、_j′
      ,.-― ヽ`  .,_   ,..-一 ´ /   | ヘ!    ,佗' .j {_.ソ
   ../〃 ̄ ̄´ ` ー- .,_ ̄ . -―‐ァー !   ト |、  r v .厶イ:! !ヽ
  .../  |{         r ‐一 ´   ィ''´  ノ∧ |:ヽ 丶 __ . イ   j ハ´
  〃  リ rー-     !       .´/  ,.イ /!: '.{: :!:ヾヽf      .' /} ヾ、
. .f    { {二≠ /      ヾ. 〃 | f }: :ヘ_:|.: :ヘト、   /´ .′ 丶.
  .|   ...` ー /   アー-ミ   . j |'  !:{_j ソ '´   |、⌒ヽ  /     ` ー-  .._
  .{ _   ,ィ /   /    Ⅵ  '、 ,.イ| {.f    ○ .ヽ .ノ ー             二ニニ≠一
. iゞ   ヽ /_イ       Y   ./ .|! ハ        .ト\   ':、       `  、   ` ー- ._
        ./ .´      ./:::ヘr ‐1   八         ノ_ \. \      \   ー-‐  `
.       /   .ヽ   ./:::::::::::::::: !     !}` ー‐|''´  . ̄ }    ヽ、       \ `“' 、
.  ../ ̄ ̄\    /::::::::::::::::::::::: ヾ、    |ハ      ヾ . .:'     ` ー- ._   ` ー- 、 `' 、
  /ァー、    \ .r′::::::::::::::::::::::::::::: }    _j!リ  ○   .`¨:.′  ` 、      `   .      ヽ `.、
  /   '.    .. |/ \:::::::::::::::::::::::::::: j      }      ○ j \   \___    \__     ト、` 、
//   ノ.∧   ./    :::::::::::::::::::::: `{≧  .劣ト、       //.\    .\ `     . \`ヽ.  ハヽ. ` .、
/ /  /: :}/       .\::::::::::::: /\   .`㍉ヾ  .== ..′   \  ./ヾー:‐:ュ。._`メ、Ⅵハ   } ' . }
 .イ ノ              ̄   ,.\..\  ...`寸○  ○、       ./   /¨'''冬z圦ヘ代j'.  i   } }
´,.、 、 ヘ.                    ´ ...\.\    Ⅶ ___\    \ . ィ釼歪..´`斧:tュ。.}  !,.イjレ
/: :! |ヽ '、              /     ! . \.\   逑: :: :: :{  ヘ {ヽ    ` ー.ュ.、`冰.   レ レ
`ヽ! |.. ヽ.〉          .:, ′   .:´  {   .\ 二二二二二.\.ヾ. 丶         .ハ 刈 ..  .
  ヘ.j `          ′   ′   ' .,  ヾ     逑、 : :  .\.二.二.㍉. ヘ   .劣
.               /     .'     f¨''<    `迯.、: : ヘ`  、 .} `寸心,.       _
.            ′  ./ ヽ      }   i     r、ヾt、: :: :\ `'く  ヾ弖三ニ≠-‐- 气             ._
.            /   /   {     /    守   | ヾヘ迯。:;__;:> ┴‐   ´      . -‐≠、`守圭逍t、 -‐ 〃ヘ
           レ′  r'      ` 一 '´     \ | .,_> -‐ ´            / : : : : : ヾ:ヽ ̄      /f: : j:!
        / _   '.                ヾ!               〃: : : : : : : : :ヘ:ハ        {::i:.::::}}
      / 才´ `ヾ ノ}                               i:f : : : : : : : : : : }:ノ      ヘ:{: .j:′
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「――聞いてください、みなさん!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



1474◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 20:34:12.07 ID:4Z0EuWNq


      rfニ、ヽ
      l。 。 f9i
      t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´ u .i三ミ::::i,
     /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l
      ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''   u.゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
     l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'"   ゙'´ノ),)
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ィ''"゙'  _,,:ィf-:、::::::!::/`゙゙ブ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   r-‐ ''",.,    ヾ:l:/ f"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 凛然とした一声。
┃ 場は、水を打ったように、たちどころに静まり返った。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                                _  ----  _
                             _jI斗‐¬冖冖¬‐-ミメ、
                           〈○〉//////////////〈○〉
                          /.∨////////////////∨ / ヽ
                          / .∧ ∨//////////////// /  /
                          \  ∧ ∨////////////// /  /
                         冫 ∧ ∨ヘ./⌒⌒Vーv─〈jI斗ミ
                         > /     /    ∨         \
                      /  (________< ̄ ̄ ̄)__/ ̄ ̄)    、
                     ∠斗匕/ /  _彡イ   ⅱ:    |  乂__\
                       \__ノイ   | / 从 :|    |乂__  乂 |__ ノ'′
                          j∧.  ノ仏≧ハ|:   八x≠ミ /⌒八
                       ハ}人  爪弋リ| ∧{  弋リ∨  :| : :\
                       / : |[个=--  ノ' i:.  _ノ  ∧|: : : : )
                    _、: :     i |[   八    __ _⌒フ  /: : : :j斗</],,__       ___
                  _、: :    /   八|: :ヽ个 > .,   /|[/ 7_/   ./----------------------ミ、
           _、: :     /  /: : ___}ノ 厂r┐`千_/厂| /   ∧/----------------------<⌒ヽ
         _、: :       /    . : : : ∧   人,_|,_|「 ̄ ̄] 」‐′   /-----------------------ミ--\
.         _、: :/ /   /   /: :. :./-∧/   /⌒Y㌻マ‘,    /---/------------/ ̄ ̄   ∨⌒
.       / /      /   //: : : : |---<.  //〈:i:i:i:/    ‘,   ]---------------r──      〉
.    /: :/       /   /. /:. :. :.r┼‐‐ \/〈/''<     |  /------------- / ̄ ̄\    ./
.     |: :[       /   /. / : : /-      / /  //r──┴‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ /      丶 :|_/
.     人 [            /: :/--´    /  /   /ー┘_  / ̄ ̄ ̄ ̄``丶、 ̄\      |__j
       )       |   |│/---      |   L     /]/./   --/ ̄ ̄\      .\     /」
.    /        ',     _〉----      |     /   ‘'ー<//  _          |   / \
.              \__/-----人     '/   /       [)/ /(__/: :>─‐       |__/  /
             〈∧/∨V⌒´>---‐ '/ / ≧=‐ --- ‐<〈__/ : : /    ノ _    / \/
             /       ≠=-Ⅶ   ∨            /: :/  / ̄)´   /
             __/       /    .Ⅶ                  /: :(___/___/   /
            //\    /       〉〉              イ│: : :./(___/
.           //    ̄/      //            / |. l : : /
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ その場の誰もが織莉子に注目を注ぐ中、
┃ 織莉子は、群衆をゆっくりと見渡してから、言葉を続けた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1475◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 20:38:38.28 ID:4Z0EuWNq


            /' | |      〉r≦  〈 / / ヽ
           /'  | |斗≠≦ ̄\__∧  / ∧',
               斗 \/ '"`¨¨¨ \ 辷 \ / ヽ 、
           r≦_彡'   /       ――=ミ   \ 、
        ' '   \  ァ     |     ヽ   ∨ 〉     \ 、
.       //  /   ∨' i| __' ハ_,|   |V___|  |i \     ヽ
      //  〈/   | |八 斗=ミ从  从ミハ 从  〉
.     //      -- | | | 《 vリ ノ /vリ 》/ | <
    //          从 | トヽ  /    ノ  |_彡        ', ',
.   //          /⌒i I 込.   ゜   ⌒7'  .|   \       ', ',
..  //          /   从  个 ‘ ’   イ  人    \
..  /             /  、人<}、 `¨´┴‐)从/  \ \  \   i |
  ゙/        '  / _ >ヽ`¨¨¨}  人__   \ \  \ (__)
 (_)   \ _/ / / /      (⌒)       \  __彡'\,〈
 |从    > _彡' / /     /Y〈      |  ∨ /  /、 ( }
 |_〈  /'       / /     / |  、        V  〈     ヽ'\
    /       _彡/____ 彡 '   |  \ __}__ 、  ',
. /        Yへ_{∨∨ / ⌒ヽ(⌒ヽ彡' ∨∨∨∨  \         i
,    _    /〈 ,人 〈○          ○ | /     ―\       |
   (  >  ̄  \  \ 、    _     イ\ /     \/\  |
 (二/ ̄ヽ \    ∨ 〈 =―   ―=彡   \  /  ―</   |
  / ヽ  人  }  /   | O       O|      \  ノ       ― 、
/       〉  /' )    | |          | |       イ   _   _ ィ
// /\   /'" /   ⌒ヽ // O       O| 〉        人      人  |
 ,  | | イ   /     /'/           、\____,彡   \ /  、 \
 し' | |、 、      /  ,            \\       i |\ \ 、 \
 \ し' ヽ ,)  /   / O            O 〉' \       | |ヽ \ \ ノ
 __ ,)      /    `   ______ 彡'    \    `´  \,) 、 )
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「国王陛下の言葉が足りていない部分も含めて、この場でお話しします。
┃ 荒唐無稽な話でもありますが、どうか信じて聞いてください。

┃ まず"世界樹"とは、遥か昔に地底深くに封印された、生きた災厄とも言うべき存在…
┃ "星喰らいの魔人"の体の一部だったのです」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



1476隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 20:43:01.60 ID:OdIy1chY
な、


1477隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 20:43:27.36 ID:9qloKHZ4
なん


1478隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 20:43:55.59 ID:mZNIxgqz
なんだ


1479隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 20:44:18.84 ID:JFV5lK8P
なんだっ


1480隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 20:44:41.55 ID:BK0Aax9C
なんだって


1481隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 20:44:43.59 ID:8QehXy9H
なんだってー!?


1482隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 20:45:01.84 ID:tNVdNHo4
なんなんだ君らw


1484隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 20:45:25.25 ID:qU9D1JzL
エグザイル的に驚いてんじゃねぇwww


1483◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 20:45:18.07 ID:4Z0EuWNq


           /  \       . : : : : : : :     . : : /          ¨7   /::::::::::: : : : : : :!
           く       \   . : : : : : : :   . : : /     ,  ´     , :i /:::::::::::::: : : : : : : :
           \.     \    : : : :    : : /     /        / ::|/ :::::::::::::: : : : : : : :,
            \.     \       . : : :/     /       , ⌒   \:::::: : : : : : : /
                  \.     \    :,  ´      : . .     /         ヾ: : : : : : /
                  \.     \/    . /       : : . . /   ヽ         : : : : :/
                  \    /      : /     -― ´                : : : /
                     /: :\,.  /   . : :/  ,  ´   \         ト、      i: :/
                    /: : : : :/ /    . : :, /        ヽ      i. !ハ ; !  :!/::
             / : : : : : //     . : : i/:!        │  ハ    ;. !⌒jイ、:   !::::
             /: : : : : : :./     . : : : :j!: !        i イ_;._i    //i _}   , !::.    ,
             /: : : : : : : : /      : : : : : : : :i    斗匕/ j/ !  , /ィ芸抃  / ':.   /
        、,. : : : : : :  -/    ___,   彡    / j/_   ;  /j/ 杙ソ/   〈:. /
    \ ー/\_, ´     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 /     i. ィ云禾刈`/ '  : ¨´  /≧ー一
  ≧ー―==,/ー  一   ´  __   -― i ;      /  杙ん汐  /    〉 /イ     ハ、
  二ニ=У⌒⌒ ̄`      }⌒⌒ヽ    !      八  、 ¨´   j/      .:  ; /    、ー―――一
               __     }.    \ j八      \ \             人 rイィ     \
    ´     ,  ´       } __      ≧ ミ    ヽ `     (  ア /\.`        `      __
/     ../           ;} i⌒ヽ\         Y   ;、: . .      /――ァ
     .:/          / N  ::.  \       jイ /7ァ-  _≧≪  ア '
    .::!             /   ¨ ̄:::.   \       ノ´ / /   /   //
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「当初の計画では、シシムラの民の力を借り、彼らの皇のみに伝わる方法によって
┃ "魔人"を排除する事が可能なはずでした。
┃ しかし、幾つかの想定外があった結果、"魔人"はまだ生きている可能性が残っています。

┃        ホワイト・ナーガ
┃ …私たち"白鱗の蛇竜"は、"魔人"の生死を確かめるとともに、
┃ "魔人"がまだ健在なようなら、これを今度こそ確実に仕留めて来ようとしているところです!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



1486◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 20:48:46.37 ID:4Z0EuWNq


              ,イ‐┐ }          .ヽヽヽ  ヽ__.{ {ヽ}\
              乂- 'ノ         ,.  -┘ ̄     .ヽ ヽ7./
            /,ヘヽ      ,> <      _ .r 、  < ̄ `}.V
           ., ./ .∧∨  ><     > __ ̄ ヽヽヽ  ヽ  ∧.i
          /.'   ∧∨'    , < __, <  `ヽ、_ -┐ ヽ /.,イ.!
         , ', '     ∧∨, -/    .|      ヽ.   \`ヽ.ハ.|
        , /     ./ ,l< , '      |       ヽ   \ 丶.l
      . //      //  /       .|       .∨   \  \
      ././     ./   ./ _ 、    }─‐テ,ヽ─-i-∨  __ヽ  .\
     //     , '    /-イ /廴斗 、 ノ   .iヽ ヘ ̄ V__> 'ヽヽ 〉   .ヽ
    .//     /     ヽ/ .八 ./ {_.  \ 、ヽヽr 斥.ハ .}  ヽ|'    .ハ
    ., /     .〈___    i'    孑う::::: }   }.ハ  ハ:':::::::/`! i   ,ヽ ̄ 丁 ヽ!
   ./,'     ./ ヽ{ i 丁丁!   ∧ 乂>' -- '__ノノ. `─ ' / .|  /, .∨ }--'
   ., /      / / ヽ `,!`-ヽ、   ゝ、    i      /ゥ | 从  ノ 人ヽ 、
   i i     / ./   ノi   ゝ、_ `ヽ        r--' / ,/ ,/┐'  ヽヽ 、
  .| |    ./ ./  , '      ヽ ` 十!  ⌒    >- '- ' ノ / .|ヽ、 .ヽヽヽ
  .| |    / ./  /         .ヘ  |.> _  <-ィ./_>ィ' |ヽヽ |  ヽ  ヽヾ 、
  .i |    / /  ./'    ____ ハ .ヽ .ヽ ̄ ̄ / ̄厂.ハ | |   ヽ  ヽ  .ヽ ヽ 、
  .}-}  ./ /  ./    ./      `>、ヽ .ヽ , 、./ ./ ./────--- 、  ハ  ヽ ヽ
  └┘ /./   / ,> <           ヽ ,  ̄.!ヽ'            i 、  }   ヽ
   i  .\   /                人 __ノノ              \ノ    ヽ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 織莉子の言葉は極めて端的で、
┃ それでいて嘘偽りなく、彼らの知りたい事を伝えていた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



  ./ 7
  / /              / 7
ニ  ニ二7          / /                 / 7
/ /      /二二二 ニニ  ニ二7           / /                         /
.../            /// /      /二二二 ニニ  ニ二7                    _/ /
/            // ./ /            /// /      , . /  ̄  ̄ ̄  ̄  ̄ ̄ ̄
          //  / /          // / /           ̄  ̄  ̄ ̄  ̄ ̄  ̄/ / ̄ ̄
        //  / /         //  / /                   .ニ 二二 ニ≡≡三三三
       //   ./ / _____ _ /   ./ /              ニ ≡ 二二 ≡三三三三三三三
            / / .|.:.:に__」」:::::::Y^^^`ヽ___   . :. :. :. :.: .: .:.|、  = ニ 二三 ≡三 三三 三三三三
              |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ノ     |┘. : .:. :. :. :. :. :. .p'゙;;.:O . :q .: ;:;゙ ,゙,od .:'`;:; , ニ三三三三
                ̄ ̄ ̄ ̄ く       | .: .:. :. :./」二」p'゙;;.:O . :q .: ;:;゙ ,゙,o彡ミミヽ __.: ;: ;:; ;:;;:;:;;
. :. :. :. :.: .: .: .:. :. :. :. :.: .: .:. :. :. :. :. :.: .: .:.``ヽ  ,、、ノヽo b .〔」゙''' ''l〕.: :;:; p'゙;;.:O q .: .::.}-',ミミミ!「 -‐ ─ヽ; :; ;;;;;;
.../ l. :. :. :. :.: .: .:. :. :. :. :. :. :.: .O od .:'`;:; ,.: ;oV"´   1  ..」ゝ‐/:`ー-、   「 ̄ |  L_ノシシ  , - ─ ミミヽ;:;:;;
/  | p'゙;;.:O od .:'`;:; ,.: ;oQ r;;;;;;;;;、p o ..:.,,、、、、',     1 .::.:.:::〈瓜ノ:::::::::',〈⌒〕二二ニ‐.:::::::::ノ  - ─ ミミ _丿;:;;;
  .|. ム) p'゙;;.:O od .:'`;:; ノー`ミミ!   彡',',',',',',;',    l!.:.:::::::::::::::::.:...:: /ハ`ヽ-─-、.:::::::ノ.:.\  ノ    ニ三
レ彡ミ |:::::l  ,;彡ミミヽ   },_, イ:::::::::ハ;;';';';'';';'';;;!   il!.:::::.:.:.:.:,r ‐く ノ ノ__/。:::.:.   /. :; :; :;: ;V . :. :ィイ三三
l彡彡_ノ.::ノミyイ彡ミミミミ;:y.:.::::.:.::::::::::.:}‐、i;;:r ,;:;:;:;:;!   ll!;:;:;;:;:;;/jjjjjijijレ;:;:;;!  i!    /.: ;: ;: ;: ;:;ニ三 三 三三
レ.:.:. ニ三三 〉彡ミミミミミノィイ彡 ミミヽ.〈  ソ;:;;;;;:;:;|   llll!;:;;;:/jjlijiijijiリ;:;:;:;:;! リ  ,..イ. :; ; ;;;;; ニニ 三 三三三三
.:.:.:.:ニ三三ハ彡ミミミミ,'ィイ彡 ミミミミミ',ハ  ,r-─ノ    ノ;:;:;ヾ州州シ;:;:;:;;ノ  レ'´. :; :;:;;:;: ;;ニニ ニ 三 三三三三
.:.二三三/  ヾ彡ミミミ{ィジ jijijijijijijiiiji! フ""´ ̄7    /iijiijijijijjijijjijijijijiijィイ; :; :; :;ニニ 二 三 三三 三三 三三
 iニ,r'"´    ゞ;:;:;:;:;{jijijijijijijiiijijijijijl!     /    .:;1ij1iji1ji1ji1ii1i1l1lj1i1j; :; :ニニ ニ三 三三 三三三三三
 |/    ,. .: :;:;;:;;;;;;;;;;;;:{jj州州州州州   /    .:;1jli1jkl1jlk1jil1j1kj1klj1li1jil1kj ニ 三 三三 三三 三 三
 |  .:ィイ.:;:;:;;:;:;:;;:;:;:;:;:;;:;{州州州州州!   /    .:;jl1jil1;k1;1kk1||1||1||1|1||1|1|1|||||三三 三三 三三三三
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ――その言葉を反芻し終えた群衆は、沸いた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1489◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 20:56:45.57 ID:4Z0EuWNq


     ||  |!       /          /
     ||  |      /         /
                 ,-‐-、  /   /
   ,. - ─- 、        |_!_!ュ }    /
  /  ノノノノハヽ       `'}‐┴、
  i ,-、_{___ l'  ,. -─- 、 { ̄`{          /
  } | r} ` / -' | |`i /  ,ヘr^、 | }_,  ,! -‐- 、    /          /
  { 'ァ'  `ー'/,_ )!/リノ二二jノノ`i, /     _i             /
 ,-ソ 、   ノ/ニ| `i//  - r {⌒ / |__∠__,へ / ̄ ̄ヽ  ,-rrr、
/#\  、   `='ノ iニij   ,ニ゙ | `i /| r、/__,| ̄/   ノノノij iっ,!,!,!
\#i\    ̄,ノ`i ヽ   |r┼-、 i'  v{_ (__ハ_!  | _ノ^i'_フ'i,!  `i  {
  \i#|\==|/`|\\`ー| ´|ニ、ヽ  | i ` ,.-i{   }、|-   ,-'i   |\_|>
   \|ヽ } ノ  i \ | 〉' `ー'/  ,<.j   二ノ  /ソ  ヽ._`ファ-ァr{`ー-1
      O|/    |l/ i ノ´|  / /_ノ\\ "{ヽ /i「|i、rr、/|ヘ! /ノ   |
       |    リ /∧  V_i/   ヽ_|\ノ|ヘ !| !|.| | |/  |-── '
       |0`    | /  ヽ_/|\   、   `| {|   |゛゛|   |
       |      |    /ノ |  \ リ     | ノ  ri  ノ  |
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃群衆
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                     ホワイト・ナーガ
┃「あんたたちならやってくれるはずだよな!? 頼むよ、"白鱗の蛇竜"!」
┃「王様は未だに何も言ってこねえんだ、あんたたちの方が頼りになるよ!」
┃「俺、何もできないけど…応援してます!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 沸き上がった群衆から君たちに向けられる言葉は、総じて好意的であり――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                      |: : : : : : : : : : : : : : :       . . : : i 〔 j :〉 ヽ
                   __|:_:_:_: : : : : :     .    : : : : :圦. ∧〈 /
                    }⌒ヽ    ̄¨   、ー―ヘ     : : : : : ヽ. ∧V、
                    }   \       /__  \  . : : : : :/  ∧∨
                    }    ,人   _/       ヾ : : : : :/  //∧∨〉
                   ー=≦     _\  ̄` 、   i  ⌒ヾ   ////∧〈
                 ー=≦z一=≦/  / ̄   i    |     ∨/////∧
                 ∠ _/    , i ,!       /  .!      V///     :
                  \   i:l  /i: V_i_!_    _j ヽー┛        \!    i│
                  \从  i  / 〉 ヽ     , / ≫。.        〉   |│
                     /jイ//,__i }    /ィ___i ト、 ≧=‐z-=≦∧   |│
                     /     ハ杙汐/  /  弋歹/ヽ:i   Y   jヽ   |│
                     /       i  //        j!  /   ,八   彡
                  ,     ,    / / '   '         /  /    _ ノ   |│
               / /  ,/ x≦   / \    ャ  ァ   /   '=ァ、   、 \、 , |、
                 i !   / /      '    `        ィ / / /:::/   ! ヽ  Y∧j Y
                  j从  ; /j/ if  /!/j//ャ==ァ≧≦ァ j/  i //   ' ;│ ;乂_/ィ
                   ヽi    人 i j!    \ ¨´  /  人  V }   / ハ! j/ / ! ト、
                    ´  ハ! i イ/    ヽ\ノ≦   ヽ !――――< ,/  , ! \
                    /    j! l/ j!¨ ̄ ̄γ⌒ヽ    j'      ィ j/ \/_!    ヽ
              /         /     /乂_ ノ \      / i八      ̄
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…今、何もできないと言った方。それは違いますよ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



1493◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 21:02:21.96 ID:4Z0EuWNq


                              / ̄ 丶
                                / ̄ ̄\\
                            /::::::::::   ::\\
                ___        /::::::::::::  ::::::::\\
                   / ̄ ̄ ヽ ̄二ニ=- <             〉 ヘ
               /      \   _ `ー─ 、  :::::::::/_ ヘ
                ̄ ̄`ヽ、  _>、 {\\   i :::::::::{ 〈vヘ} 〉
                /   Y´   \_  \  | ::::::::::〉 `Y く
               ∠斗‐= ´ __ /   i |__.ヽ    ト、:::::// ! ! 〉
                 { -=≦´ ,´ i /|i | | ト `∨ / j Y /   l l′
                 \/ /.| :i |抖=ミ  ハr芯ミr}/  \ ` 、/ l l
                   >!.i! {{ Vツムイ ..ゞソ,ヽ     ヽ} ヽ .| l
            _ -―  ̄  ヾ.八"" ′  ""ムィ ̄ 兀ア   ∧.l|
       ,. ´ _,. -,.‐  ,. - イ 冫..、 マ  フ  /i   ト∠_    i ||‐ 、
      / ィ'" '" ,. '"    /.ィ.{ .,'、}::..     个i|: ∧ \l`ヽ、 | | |'⌒: }
.     / /.'" ,..//  ,.  {.' ( ゙、._` ヽ ! `li ´!{.!Y└-- ――ソ}|| 'ヽ、/!`ヽ
    //  ///'   /   `,.__,....ニゞゝ‐-、.ィィ'"<ー- ..ア  ||   丶、  、
     リ′ ,.' /,.'/  / /   人},.、-‐ .i.:....::ノ;´l.  \  <. /.ヽ/、ト、 ヽ. ヽヽ ',
   / {、/ ,.' ./ /     /!   ! リ‐ ヽ ノ` ´ / l.  r'ヽ /ノ,'  .ヽ_/ .} i ト、;ノ
   ,   / / / /     ' i l   l. /  ./ ,'  /.l  l.ヽ/`ヽ '      .! ,' } .l \ }
.   ,  / ' ,' ,'    ,  ! ',  /   /   ! / ,'   l 、           , /  ソ   \
  i ,' ' .,  i  l!  ,  、 、{ ,/    ,.' /   ト. 、 、         / {      /!. \
  l ! .l  ,  .!   l !  ,   、 { /'    / /   !_', 、 、    /  丶.    /,' -―- __ `ヽ
.  ! l .l. ; /l  .! l.  、 ヽl/    /      l L', 、 丶  、 '     `  ´  ..\ー'’   } }
.   、 ! .!  l.   l ゙、 ヽ ,.l,.ヽ           l. L',  、 \. ヽ           ヽ .../ ./
   ヽ,! l   、  、 ゝ,. '"  /`ー- 、      l. /L',  、  \l  、 \  .\\     Ⅵ {
.  / ! .l     、 ,.ゝ'   ,. '」┘ .〉   ヽ-‐ ⌒ ' / └、 ヽ   ` 、  .._  、     l...\ }
. /   、.!   /    /┘::!  / O         l  ./L.、  \    l    ヽ ヽ    ; ...!ヽ
.'      `  /    /l`::::::::::l /         O l  /、 'l\   、  .!     } ゙.   /  /  }
       /    /l `:::::::::::;└,'            l  /  ̄l_、   `ヽ     ,'  ;   '  .}  /
        /     /l`,.> '"  ,' O            .l  '   /::::::l\    }   /   /   }/  /\
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「皆さんは先日、シシムラの民の人々を勇気をもって受け入れてくれました。
┃ 今だって、恐怖も混乱もあったでしょうけれど、こうして理性的に私の話を聞いてくれました。
┃ 一歩間違えれば大惨事になっていただろうに、です。

┃ もしこの王都が大混乱に陥ってしまえば、私たちの衣食住さえ危うくなってしまうでしょう?
┃ そうなれば私たちも、"魔人"討伐どころではありません――」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1494◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 21:04:58.98 ID:4Z0EuWNq


                             /     | |:::::::::::::::::丶丶
                         /..-‐‐‐‐‐| |:::::う、:::::::::::| |
                         .〃: : : : : :.` <ノ 〉-'f¨ヽ|
                        .f __,r'´>、 メ⌒¬、j、 ム
            /           .′| .j   イ /T´,.イ     ヽー≧
          〃         .ィ.廴_{  '~´  .' 斥、.′ .イ  ハ.__ノ
           { 、 ,.  -‐  ´   .ム.ム ノ ヘト、.仡厶イ z!   !、_j′
      ,.-― ヽ`  .,_   ,..-一 ´ /   | ヘ!    ,佗' .j {_.ソ
   ../〃 ̄ ̄´ ` ー- .,_ ̄ . -―‐ァー !   ト |、  v 7 .厶イ:! !ヽ
  .../  |{         r ‐一 ´   ィ''´  ノ∧ |:ヽ 丶 __ . イ   j ハ´
  〃  リ rー-     !       .´/  ,.イ /!: '.{: :!:ヾヽf      .' /} ヾ、
. .f    { {二≠ /      ヾ. 〃 | f }: :ヘ_:|.: :ヘト、   /´ .′ 丶.
  .|   ...` ー /   アー-ミ   . j |'  !:{_j ソ '´   |、⌒ヽ  /     ` ー-  .._
  .{ _   ,ィ /   /    Ⅵ  '、 ,.イ| {.f    ○ .ヽ .ノ ー             二ニニ≠一
. iゞ   ヽ /_イ       Y   ./ .|! ハ        .ト\   ':、       `  、   ` ー- ._
        ./ .´      ./:::ヘr ‐1   八         ノ_ \. \      \   ー-‐  `
.       /   .ヽ   ./:::::::::::::::: !     !}` ー‐|''´  . ̄ }    ヽ、       \ `“' 、
.  ../ ̄ ̄\    /::::::::::::::::::::::: ヾ、    |ハ      ヾ . .:'     ` ー- ._   ` ー- 、 `' 、
  /ァー、    \ .r′::::::::::::::::::::::::::::: }    _j!リ  ○   .`¨:.′  ` 、      `   .      ヽ `.、
  /   '.    .. |/ \:::::::::::::::::::::::::::: j      }      ○ j \   \___    \__     ト、` 、
//   ノ.∧   ./    :::::::::::::::::::::: `{≧  .劣ト、       //.\    .\ `     . \`ヽ.  ハヽ. ` .、
/ /  /: :}/       .\::::::::::::: /\   .`㍉ヾ  .== ..′   \  ./ヾー:‐:ュ。._`メ、Ⅵハ   } ' . }
 .イ ノ              ̄   ,.\..\  ...`寸○  ○、       ./   /¨'''冬z圦ヘ代j'.  i   } }
´,.、 、 ヘ.                    ´ ...\.\    Ⅶ ___\    \ . ィ釼歪..´`斧:tュ。.}  !,.イjレ
/: :! |ヽ '、              /     ! . \.\   逑: :: :: :{  ヘ {ヽ    ` ー.ュ.、`冰.   レ レ
`ヽ! |.. ヽ.〉          .:, ′   .:´  {   .\ 二二二二二.\.ヾ. 丶         .ハ 刈 ..  .
  ヘ.j `          ′   ′   ' .,  ヾ     逑、 : :  .\.二.二.㍉. ヘ   .劣
.               /     .'     f¨''<    `迯.、: : ヘ`  、 .} `寸心,.       _
.            ′  ./ ヽ      }   i     r、ヾt、: :: :\ `'く  ヾ弖三ニ≠-‐- 气
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「あなたたちが理性的に行動し、この王都を維持していてくれるから
┃ 私たちも万全の状態で"魔人"討伐に赴けるのだと、私は思います。

┃ 戦っているのは、私たち5人だけじゃないはずです!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



1496◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 21:07:42.82 ID:4Z0EuWNq


             /  /                 /  /
       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、       lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、
      ∠,,、 -z    ,r――― ''"      ∠,,、 -z    ,r――― ''"
      、 '"´,、ィ   /              、 '"´,、ィ   /
     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l     、 '" ,、 '":ツ   /      |^l
  、-' ,、 '´   /  /     /'''',,,," 彡  、-' ,、 '´  /  /     /'''',,,," 彡
  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │  | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │                      |^l
  '´     / /l/     .,/,_ |   '´    / /l/     .,/,_ |      ;‐i          /'''',,,," 彡
       //        .l_,'" | .|     lニ ニ//       l_,'" | .|    lニ ニl    ;‐i    `゙^ _,| │
                       {_,l゙    .〈/!_|     lニ ニl      {_,l゙     .〈/!_|   lニ ニl   .,/,_ |
                                〈/!_|                〈/!_|   .l_,'" | .|
                                                             {_,l゙ .

                                         f¨゙!
:┐         n /〉               <ヽ          /^〉'
 !         }”/              ,、  <`ヽ        ./:::/.,、
⌒!ィ        f¨゚{             <´ 'ヽ Vハ   |ヽ Y¨! |::::}イ { , -ー 、  _ /¨>  r-‐,、 <⌒!
::〈人_r-ー- 、_r<}| >:::: ̄:`ヽ__, - 、__r 、r=¨>‐-! /:::::}__Vヘ }:::|__}::::{.ィ1.|:.:.:.:.:.:.}_, くノ ̄! ./;;;;;;;;;}_, ヘ⌒',
/:.< /::::::::::::::::Y::/|i /::::::::::::::::::::::Y:.:.:.:.:.YVイ!:::::}::::::::|/::::::/:ァ<! V_::| ',く/⌒!}:.:.:.:.:ノ/ /:/^V__〈ヽ;;;;;/_!__ノ::::::ヽ
:.:.:.:}|:::::::::::::::::::|:{:. }:!:::::::::::::::::::::::: l:.:.:.:.:.:.|ィ ゝx}:::::: |::::::/:.:/  / > ¨⌒ヽ:'.  V¨¨ヒ{_. V==<:::::`ヾア´:f⌒!ヽ:::::}
\f':!::::::::::::::::::lハ:.:リ'.:::::::::::::::::::::::∧:.:.:.:./ >イ::! :::: |:::::{Y/' 〈 /:::::::::::::::::}:'   V::::::::::{ .}  .}::::::::::|:.:.:.:.|:.:.:|:.:.}-:'
  ヾ!,、:::::::::__/_/  ヽ::::::::::::::::/|レVWハ/::::::::/:::::: |::::::|ハ   V!::::::::::::::::::!:/  ./:::::::;:::Y  /^!:::::::{:ト、: |:.:.:|:./:::::
    `Y゚ ̄    _/VレvイW:::::`ー-::__/:::::::::/:::::::| ヽ  `!:::::i:::::::::::|'   /:::::::/L_|   ̄⌒¨}>ヘ}:.:.:|”::::::::
、      f´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::|  ヽ .|:::::l::::i::::::|  /:::::::::|  >- ._  }}   |:.: |ヽ::::::: |
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ――再び、歓声が上がる。

┃ 今度のそれは、耳をつんざくほどであった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1495隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 21:06:44.69 ID:wdZmbkg2
織莉子の圧倒的カリスマ!(というよりはオカン体質というか・・・


1497隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 21:08:21.01 ID:OdIy1chY
王家ですなぁ。


1498隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 21:10:22.38 ID:urn0TJCg
カリスマだな


1499◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 21:11:00.64 ID:4Z0EuWNq


                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |





                             ________
                    _______ |\_______.\
                  i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |. |;;;;| i――――――‐ |:: .
                 l   i   .i   .i. .|;;;;| | II .II   _ :::|::;;;| |:::::
                 i___l____|___i .|;;;;| ||:;;||:;;|ロロ|_|iii.Å、| |:::
                    |:::::: :::: :::   |: | |;;;;| '――――――‐..|::
           ____   |::::::: ::::    | ,| |;;;;| | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| |
          \ ___ \ |:::...  .. .  |. | |;;;;| |    [ | ]    | |
______....|\ ̄ ̄\      \|_|;;;;| |___|___| |
              iヽ\   \_        \|              |
           __|__\\     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         └┬┬┘.\\.__________________\
           └┘\___.\___________________|::
              └┬┬┘::   ___     ___    ___  |;;
                └┘\_  └┬┬┘   └┬┬┘   └┬┬┘ . |::
                       ̄ ̄ └┘ ̄ ̄ ̄ └┘ ̄ ̄ ̄ └┘ ̄ ̄\
                                                \
―――― 、  i\          i\,――――――― 、.  i\          \
        \|\i        |\i\          \|\i               \
         \.|         |\| ̄\          \.|                \
.――.i.ニニi―┰'|   .       | ̄ | `┰――.i.ニニi―┰'|                 \
,. |\|__|  ┃                   ┃. |\|__|  ┃                     \
 ..... |    |                           |    |                     \



          ,ィ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : :‐-.、
       イ;:' : : : : : : : : : :,ィ=、,'_.: : : : : .、ヽ
.       /;, : : : : i : ィ: : i: /ヾミYrニ'、: : : : : ヽ!
      /;.;.;.;., : :/: /l: /l /       ノィ :!: : : 、Y
..     ムム孖ツⅩ/_≦/ニヽ   ' ,':,イ:l: : l! !
.   ,ィ≦/,'Y⌒Yソノ=l{ ,ィ=ミ、 7ト-、ニニミノイ: / '
   |{{{{入)_)_Уイ 人_   _//  {!-=、ヾシノ'
  入ヾゝゝ>--く!|    ̄ ´ _,込__,/y三ヽ
.   Y´///.Y⌒ヾ;ノ、   r==、   /込))}}}
   !{{{入込_シノ 丶  `ニ ´   /r'ツ=-<´
   ヾ=-<rー─‐- \    , <入、ノノY.ノ
-y.,rニニニ=、,';:;,.: .:. :.r─┐T ≦上-===' "
┼┘ ̄ ̄ハ >=-<. ̄  i└┘!_,、
|!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: `>┴=≦ハヾミニ!、_
|!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;ハty≧ヘ、
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃アバン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「いやはや、店の外はなかなか凄い事になっていたようですねえ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1500◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 21:13:57.35 ID:4Z0EuWNq


                _ /  ̄ ̄  ``丶、
             /   _
            /   '"              \
             /  /               ヽ
         '  ,    '           /Vヽ   \
         /  /  /     /   /'⌒      ヽ    `、
                    /    '    i
        i  ,'  ' / ̄/ / 、  /    |         ',  ',
        |   i   ix=≠ミ、 ,   '    _|     }  i
        |  _|   | fう刈ヾ /       | \      |  i  i
        | f |   | v⌒ソ        x==ミ     /  ,  /  |
        | 人|   | `¨       んヘ / 》、   '  /  '
       ノ|   |  人      ,   ゝシ  / /}/  ,  /
      `¨´ /  |    >           /  ,  /  ,
      , __,,|   〔   ヽ    _     _ ノ  /  イ
     // :. :. :. \个            イ  ,  /' |   i
      /:. :. :. :. :. :. :. |  \      イ |   i,/  |   |
     ,:. :. .: .: .: :. :. :. __`¨{´    ノ ,'   |   ノ   ,
     :. .: :. :. :. .: :. :. :.:',,'//{  | ̄/,彡' /   | ̄¨´7  /
    i :. :. :. .: :. :. :. :. :. ',//\ノ/〈_/¨´:. i   |:.\ /  ノ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃イリヤ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「いつの間にかすっかり風格みたいなものが出て来ちゃってねえ…
┃ 立派になって、お姉さん嬉しいやら寂しいやら」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                     -――- ‐‐- ミ
                  彳           ` 、 ---
                  /               、/´    `ヽ
                ,ィ  ,                  ∨  __     i
             , ' γ  ,         、    ヾi=≦7´
              (i′/  ,゙‐/―/  i     ヽ,  .i          il
                 i i i .i / _i/i   ハ __゙,_  }i  {        リ
.               リl'./  i!'i''{ ハ|! リ. ゙, .}i、`ヽ}i  !         λ
               {   l¦代i乂(.´ ̄ト心} ハ  ハ      .i{
             ι    リi l ト, , 、 `   辷リレイ    i   i   .i
           ――― 、人.       , , , /    ィ   .i
       r‐‐/ r  〉 ゙, .} V  i 、‘ ’     从 i .リ / .i  i:!  .八
       |::{_j  `ー<_イノ'´乂i/:个 -- =≦=.リハ. 仆i ソi 从;  .i!
      〈:::i`ー}ヽ_}_〉::::::::::::::::::}::::::{__{:::::}::}:::}i /:::乂`..,  y'乂  .リ
       /:::::::::::::::.,ノ::::::::::::> ':::::::ノv辷ァ''´::'':::::::::::::::::> リ    イ
     .::::::::::::::::r┘::::::::/::::::::::::::」- 、 」:::::::::::::::、::::::::::::::::::::::Y  .{
    ,.‘:::::::::::::::::,.:::::::::::/:::::::::::::/  {i ∧:::::::::::::::::::Y:::::::::::::::::::ト  i
.   /:::::::::::::::::::/::::::::::::i::::::::::/   ノ',' ∧::::::::::::::::::i ::::::::::::::::::| 乂
.   ,゙:::::::::::::::::,.イ::::::>圦:::::〈   / ,'  ∧::::::::::::::::'::::::::::::::::::´\ .
  :::::::::::::::/:::::/   ヽ:::ゞ<   {   〉:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
 八::::::::::::::::,.ィ      〈::::::::::::`ー 'ー ´::::::::,.イ:::::::::::::::::::::::::::::/
   `¨¨¨¨´        i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、::::::::::::::::::::,:゙.
                 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ::::::::::::::::i.
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「イリヤさん、あんまりからかわないで。
┃ 私、あれで良かったのかって、自分ではまだ自信も持てないのだから…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1501◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 21:17:03.33 ID:4Z0EuWNq


.    _,r{::::/::/::/:l:::::{:::!:::::::-:、:::∨::::/:::::::::::/,ノ)
    人rf:::{::::l:::|:N{::::ヽ{::::::::(::Y^::ヽ{:::::::::::::/:::::/⌒ミ
  (し'{::{:::::::::|::|:::::\::::\::::::}::|::}:::::|::lf⌒ヽ::::::::\::/
  rく:::ミト、:::人{__::::::::ミァ'^⌒|:lトV:::N|:::n::::}:\::::::ヽ
  :ミ/⌒Y:::\:ミニ:::r'    l:::| |:::| l|`寸l:|:::|::}::::::V}
  :jf⌒゙ j:ト、:::::ミニニ     |:l:| l:::| }| }:l:l:|:::}:リ::l::::}
  ::|{  人::::::厂    ,z:≦:::トN |::|ノ l::l:l:|::::/:/:::リ
  ::{ヽ(_( l::::!    '´ ̄  `マ:::::\l   jリ从ノ}/::::イ
  ::‘,\} }::|      ーf‐f云xヽ;__ノ ノr‐::≦リ/l:|
  ";/\  }ノ      ´^'宀ー'  }  Krテ‐ヲ l:::l:|
   ゙';    ̄|              i /` ̄/:| |:::l:|
    ゙';   l           _   ′ /l:::| |:::l:|
    ゙';   ゚.             ( ノ {  /| l:::| |:::l:|
..    ゙'; 八       \    `ヽ_,ノ , i:::| l:::|  :::l:|
.       ゙';  ゚。     、` ー--  ,.l|::|:::| l:::|  Vl:|
.        ゙';        ミ=-- /|:l|::|:::| l:::|   V:|
.         ゙';  \        / ::l|::|:::| l:::|   ヾ
         ;\  \    , ′∨l|:l!:::| l:::|
          ゙'; \  `≧=く   ∨リ::::| l:::|
           ゙'; \ / /     ∨::::| l:::|
.            ゙';   Y /         ‘,::::| l:::|
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「少なくとも、迷っている姿を民に見せなかったのは及第点。
┃ ましてや、肝心要の国王陛下が動きを見せておらなんだから、なおさらよ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


             /
            /;   ,
             // //
         _; {/: /-: 二: : :―-:.. __
        ..>':{ {´,、: : ̄: : : `: : <
      . .<: : : : { { |: `: : : : : : : : : : \ヽ
    /,イ: : /: : : :`{!ト、: : : : :\: : : : : ヽ\:\
   /: /: : :/: : : :/: ハヘヾ、: : : : : ヽ: : : : :',: :ヽ`\
  イ: ; イ: : :.,': : : :/ /  ',:`ヾニ==-:',: : : : :',: : ハ
.////: : : :{: : : ;': /   ',: : {ヽ: ',: : :',__: : : :}ヽ: ハ
.  /イ: : : :イ: : 十ナzzz- 、V: {ヾィ七て',: : : : i∧ 、ハ
  ´ i: : :イ/i: : : i{ 〃ス、ミ  V:{ ''スハミ、 {、: : :.iマ} ヾ、
   i: :/ lγ!: : i {{ ヒノ::}   V{ トイ:} }}い}: : i }
   l/  l∧',: :.i  `ー' ○-‐-○ー'  {_ノ',: :i
     l   ',: iム       '    j   ',:i
       ,,,v//ヽ   ヽ   ア   イ   `
     ┌こ二7>ヘ>    , イム斗ァォ
     |`ヽ、ヾ、 ヘニニニTニ7ヽァ´/ |
    /   `ヽ、ヽ、マ//| | |/{//   ヽ、
   ,{-‐- .. _   `ヾ、マ/! l |/ /  _ .. -、 }、
 γ´       > Q、ヾ.l/ ,ρ<     \
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃ネギ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「そうですね。
┃ 少なくとも、これから先も似たような事でパニックが起きるのを予防できたはずだと思います」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1502◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 21:21:06.24 ID:4Z0EuWNq


         ||! |!  |!l  // /// /,/ /,//j       ヽヽ ヽヽ ヽ ヽ
        l|! |!  |!l_ノ/ /// /ノ /ノ/ノ          } ハ ',ハ  ', ',
        ヤrl!斗宀≪=彡ィrf七云三三ミ 、__,〟, _ _ j/ ル} }l}  } !
     ,ィf 「/ ,' /rぅヽ<ル!レ¨Y]    /.  . ヽ:r=!乏三辷えトル'}}! /} リ
     ;     {{ ) } }  !,j  {{{  /  ./ .// ]:「´{r{^_勹  /〉ノ/ル'
     |     Ⅶノノ ノノ!  ヾヽ、__/__ノ/  l:| ` ー‐'  ///うヽミ=-
    ヽ._、、メ≧─く巛|    `'ー―― '´ , , ヾ:、___ノ,イ}}〉〕} }}^ヽ
     /'/ '//'//⌒ヽ Y!          `‐" `ー一i ト、トミ.__刀
     ;     {{))  }ルト、.       , ___     /| |/r/,.r‐く
      ヤ    爪廴ノムリ ゙ヽ           - `    /[|| |レ'/}Y:ハハ
      ヽ.廴_从丈___彡"  ::\             ,イ[||||弋{ノ}川リ;
  __       /     ::::::ヽ        ,.イ㏍㏍ト廴廴.z彡'
/: : : : : ヽ`≧=/ニニニニニIニニ \    ,r个ー一七弍辷≦_
:\ : : : : :`ー‐ァ'        | |     ` ー ´ニニニニf´:/: : : : : :`ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃アバン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…しかし。
┃ 一方で、厄介な状況である事も否定できないようですね。

┃ 古代文明の技術をもってしても"魔人"の命を断つ事はできなかったかもしれない、と」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                / ̄ ̄ \,-、_
             _,ノ ヽ、__ /  / ,〉、
            (●)(ー-/ ´/ /),
.              (__人_,{  / ' ´ミ、
             '、`⌒ ´V __ <、
              |    〈´/::::::Λ
              |      ヤ::::::::::::::Λ
             `ュ`ー─ーV::::::::::::::Λ
             /ム _ , ー ' V::::::::::::::Λ、
           _,. -/::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::Vヘ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::.∨}
       j :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::レ;
      i :::r ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::::ノ
.      i :::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::-==:::イ
.       | :::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君はうなずき、肯定した。

┃ 真の"世界樹の迷宮"とも言うべき第五階層から聞こえてきたあの声は、
┃ かつて相まみえた"魔人"の分体のものを、より禍々しく冒涜的にしたような印象だった…

┃ ゆえに、それが"魔人"のものである可能性は、決して低くないはずである。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1503◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 21:26:44.86 ID:4Z0EuWNq


     ,.',  ,::'/  .:   .  .  ヘ:. ヽ:.  `ヽ.`ヽ
    ,.''/ ,:::::/: .::; . .:i ハ. ハi.   i 、 `、  :::i::. : ヾ.、
   // .::;::/ :: .:// .::/ハi!i!i!|:  i:.i  i  ::::!::. : iヾ.i
  ,.' / .::,'::i ::.::,' i :/i.|    |i!_i_」__! ::::|::、:. l: i !
 '  ヽ :::i ::| ::::i :i,-ィ‐i!-   !i´_ノ_i!_!_ .l ::::iヾ::、i: i |
    ヽ :::!.::!i ::::ィ´!,=i=i!ミ   li'!'iち゚心ヾ、 ::::!、゙. ::| i、!
    ヽ:::!i :i、 :::|!メ' ち心   i!|ノ乂_ノ:i ィ'`ーi. i: :::! .!ii
     ゙i:::i.i :!゙、_,ハ、 乂_ノ」  ノ ! ゝ‐"'!:i'!:::::|:ノi ::| !i|
     !::i!i、i ヽ:ト.  `¨´  ,     ゙゙ !!i::i:::i"!:i :! .i |!
   ,ィ、 i ::!i iヽ.ヽト. "    ___     !i::i ::i :!、V .i i!!
'ー彡、三! :!i !ノヾ、ハ    (   )   ノ'/.! :i、:!_、∨ ヽ、
,ィー―'ーi .:!リi---ヽ!i>'´〉        /!:i|i ::i´7/ヽ!―--ヽ=__
;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ::!ハ!;;;;;;ィ'´.::´:::《`>.__ /. /i |:!、 i::'/i ヽ〉___ `、
;;;;иイ´:::i ::ノ´i!´::ヽ:::::::::::ヾ、ー'¨¨¨¨¨¨¨`ゞ、 Ⅵ ,'/;;;;;;;;;;;;,`;;,、
;〈::...`ヽ:::ヽ`ヽ!、::::::、ー=、::.i;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::i、ヾ.ヽノ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
´.::`ヽ:::::゙ー`ヾ. }゙ー=ミ、:::.ヾゝメ、;;;;;;;;;:::::::::::::ヾヾ ヽ ̄ ̄`¨¨¨¨
::::::::::::ヽ、::::::::::)ハヽ、:::::ヽ:::::::ヾiiー=、::::::::::::;;::::ヾ、 ヽ ̄::¨¨`ヽ、
::::::::::::::::::ヽ:::ノ'.:::i i!、ヽ::::゙::::イ>心::::::::メ、:::::::::::::ヽ:. 乂:::::::::::ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃イリヤ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「さっき織莉子も言った事だけど…
┃ "魔人"の生死を確認して、まだ生きてるようなら仕留めて来る。

┃ それが私たちの、最後の役目だよね」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


             _     ______
            l i  /    \
            l l_./ _,ノ  ヽ、,_\
            l/ ニヽ( ●) ( ●) .|
            l / y 「'i___人___)  |
            l   <、.l         |
            ',    ',/       |
             j    ノ      ,/'|、
           _∠⌒ヽ j 'i, __ , __ ィ/::L___
         / ...::::::::::ヽVヽ::::::::::::::::::::::::::/:::..´''' 、、、 _
       / ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... i::..\
     / .:::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::::::: l
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ その通りである。                                        ホワイト・ナーガ
┃ 究極的には、織莉子の父の遺志を継ぎ、魔人という異変と災厄の元凶を断つのが"白鱗の蛇竜"の目的だ。
┃ "魔人"の最期を確認するまでは、終われない。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1504◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 21:28:30.29 ID:4Z0EuWNq


       , -‐―- 、                      , - ― - 、
      /:: :: :: \ヽヽ、      ./ ̄ ̄ \      //:: :: :: :: :: ::ヽ
      .|:: :: :: :: :: ::ヽ、:: ヽ、   /__,.ノ ヽ、,_ \  ,-/:: i:/::/⌒:: :: :: ::|
      v:: :: :: :: :: l:|Y⌒ 、`、 l ( = )( = ) l-'´:: l:: /::l '´:: :: :: :: :: ::/
       v:: :: :: :: ::l::ヾ:: :: |:: :: :l.  (___人___)  .|:: :: :: 〉レ´:: :: :: :: :: :: ::/
       l:: :: :: :: ::|:: ∧:: ::l:: :: l   ` ⌒ ´ 'J |:::::::::::Sレ‐i:: :: :: :: :: ::/
        v:::lヽ:: ::|::l:: ::`ヾ_ i         |;;-っ´:: :: |:: i:: :: :/:: /
        l::|;;l:: ::|:::!:: :: :/:.ヾ =',       /L,/´ヽ:: :: ::l::|::/:: :/
         ';!::l:: ::|:: :: ::/:. :.,,>》'ヽ、._,_/:::ゞ ヾ、 ヽ;; :: |::l:: :/
         ';:: ::l:: :::/:. :.ヽ'´:.i`ヽ:. ニ二ニ :./ :. :. v:. :. l::|:: :: :/
          i:: :::l:: /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :!::l::l:: :/
          ∨:::|::/:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. v:l::/
           |;: :レiヽ、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. |、/
           ∨ l :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: Y
            ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::|
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ …もっとも、新しい砲剣ができるまでは待たねばならないわけではあるが。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


          ,‐-. 、__
      ,ゝ―'´   ` ゙ <
    , '´         、 -`丶、
   ,.′,  . .        `ヾ、ヽ`ヾヽ、
  / .,/  !i  :  i i、 /!  、ヾ、ヽ  `ヽ
. /  ,''  !l  i  :l !゙"""!i  ヽ.、ヾ、
. !  ,',i  .ii!i  !  i !   i.i!  i 、ト、 ヾ、
. ! ,'i/!  !i_!、__i!i i!i    i!i  l .ilヾ、  }
. ! ir-!__,ェi二ニミ‐!! ィニ三´! i! ヘ.i ./
 !i.(ゝ!i `匕乃ヾヽi!! 乞万¨ゞl‐i! ヘi i
..ノi iヘメ!! .i、! ̄     ¨¨¨リ ノ!'!i!i i!.!
´iノ !i!i`i! i!iヽ゛゛   ′  ´iノ!'i ,'ii! ノ.l
ノi 'ノノ,'il! i!i、  ー 一  ,.イi| !' .i!i´ ヘ
 乂'_i|i i|!i≧ 、  . <ノノ!i ! i!.! ノ
 ヽ:.(...、iトi、i!i__ `;i`ヽ、丿!i! !  !/
 _≧ト、::ii ヾ.ヽ::i| ,'、:::.. /:`ヽ,i!  !i
,ィ'`ヽ:::ヾ!i::::゙、 ヽ! !ヽ:::i`ヽ/、i!i  ノ'
ヽ.:::::ヽ::::ii:::::::i! i|!ゝ'ーヽi、::::ヾ、iヽ、
::::i::::::::`:::i!:::::::i! ヾ.   i:::`7::i`.i!:::::i、
:::::!::::::::::::i|:::::::::i i! !   !:: /::::ヾi!:::::!:!
:::::!::::::::::::i!::::::::::ヾ.i! ヽ. i:/:::`ヾ.!::,ノ::!
:::::i:、::::::::ノ:;'::::::::::i !!\У.:::::::::::ヾ.、::ノ!
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃イリヤ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ま、そこは信じて待ちなって。

┃ リッカもクレナイさんも、最高の砲剣を作るために手を貸してくれてるんだからさ。
┃ あの二人なら、きっと凄いのを作ってくれるから」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



1506◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 21:32:56.70 ID:4Z0EuWNq


         ||! |!  |!l  // /// /,/ /,//j       ヽヽ ヽヽ ヽ ヽ
        l|! |!  |!l_ノ/ /// /ノ /ノ/ノ          } ハ ',ハ  ', ',
        ヤrl!斗宀≪=彡ィrf七云三三ミ 、__,〟, _ _ j/ ル} }l}  } !
     ,ィf 「/ ,' /rぅヽ<ル!レ¨Y] イ^fミY´^「` ヽ:r=!乏三辷えトル'}}! /} リ
     ;     {{ ) } }  !,j  {{{ ` ー'゚一' " // ]:「´{r{^_勹  /〉ノ/ル'
     |     Ⅶノノ ノノ!  ヾヽ、_____.ノ/  l:| ` ー‐'  ///うヽミ=-
    ヽ._、、メ≧─く巛|    `'ー―― '´ , , ヾ:、___ノ,イ}}〉〕} }}^ヽ
     /'/ '//'//⌒ヽ Y!          `‐" `ー一i ト、トミ.__刀
     ;     {{))  }ルト、        =¬     /| |/r/,.r‐く
      ヤ    爪廴ノムリ ゙ヽ       ー-     /[|| |レ'/}Y:ハハ
      ヽ.廴_从丈___彡"  ::\             ,イ[||||弋{ノ}川リ;
  __       /     ::::::ヽ        ,.イ㏍㏍ト廴廴.z彡'
/: : : : : ヽ`≧=/ニニニニニIニニ \    ,r个ー一七弍辷≦_
:\ : : : : :`ー‐ァ'        | |     ` ー ´ニニニニf´:/: : : : : :`ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃アバン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「おや、そんな話が進んでいたのですか。

┃ …ふむ、最高の砲剣、ですか」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                           |
       , -‐―- 、                /     , - ― - 、
      /:: :: :: \ヽヽ、      ./ ̄ ̄ \  ―   //:: :: :: :: :: ::ヽ
      .|:: :: :: :: :: ::ヽ、:: ヽ、   / ⌒  ⌒ \  ,-/:: i:/::/⌒:: :: :: ::|
      v:: :: :: :: :: l:|Y⌒ 、`、 l ( ● )( ● ) l-'´:: l:: /::l '´:: :: :: :: :: ::/
       v:: :: :: :: ::l::ヾ:: :: |:: :: :l.  (___人___)  .|:: :: :: 〉レ´:: :: :: :: :: :: ::/
       l:: :: :: :: ::|:: ∧:: ::l:: :: l   ` ⌒ ´   |:::::::::::Sレ‐i:: :: :: :: :: ::/
        v:::lヽ:: ::|::l:: ::`ヾ_ i         |;;-っ´:: :: |:: i:: :: :/:: /
        l::|;;l:: ::|:::!:: :: :/:.ヾ =',       /L,/´ヽ:: :: ::l::|::/:: :/
         ';!::l:: ::|:: :: ::/:. :.,,>》'ヽ、._,_/:::ゞ ヾ、 ヽ;; :: |::l:: :/
         ';:: ::l:: :::/:. :.ヽ'´:.i`ヽ:. ニ二ニ :./ :. :. v:. :. l::|:: :: :/
          i:: :::l:: /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :!::l::l:: :/
          ∨:::|::/:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. v:l::/
           |;: :レiヽ、:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. |、/
           ∨ l :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: Y
            ヽ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::|


1509◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 21:36:13.42 ID:4Z0EuWNq


         ||! |!  |!l  // /// /,/ /,//j       ヽヽ ヽヽ ヽ ヽ
        l|! |!  |!l_ノ/ /// /ノ /ノ/ノ          } ハ ',ハ  ', ',
        ヤrl!斗宀≪=彡ィrf七云三三ミ 、__,〟, _ _ j/ ル} }l}  } !
     ,ィf 「/ ,' /rぅヽ<ル!レ¨Y]    /.  . ヽ:r=!乏三辷えトル'}}! /} リ
     ;     {{ ) } }  !,j  {{{  /  ./ .// ]:「´ ./     /〉ノ/ル'
     |     Ⅶノノ ノノ!  ヾヽ、__/__ノ/  l:| /   / . ///うヽミ=-
    ヽ._、、メ≧─く巛|    `'ー―― '´ , , ヾ:、___ノ,イ}}〉〕} }}^ヽ
     /'/ '//'//⌒ヽ Y!          `‐" `ー一i ト、トミ.__刀
     ;     {{))  }ルト、       、 ___ ,      /| |/r/,.r‐く
      ヤ    爪廴ノムリ ゙ヽ           -      ./[|| |レ'/}Y:ハハ
      ヽ.廴_从丈___彡"  ::\             ,イ[||||弋{ノ}川リ;
  __       /     ::::::ヽ        ,.イ㏍㏍ト廴廴.z彡'
/: : : : : ヽ`≧=/ニニニニニIニニ \    ,r个ー一七弍辷≦_
:\ : : : : :`ー‐ァ'        | |     ` ー ´ニニニニf´:/: : : : : :`ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃アバン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「せっかくですからその話、私も一枚噛まさせてもらいましょうか。

┃ ちょっと、用意してきてもらいたいものがあるのですが――」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



1510隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 21:36:56.10 ID:4EkXv4cf
アバン先生来た!これでかつる


1511隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 21:37:36.65 ID:qU9D1JzL
最高の技術にチート頭脳が加わってしまう


1513隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 21:39:03.81 ID:PGFjIkuM
そういえば初代砲剣は先生のお手製だったな


1512◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 21:38:09.70 ID:4Z0EuWNq


                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |





  |i
 i! |i            i
,i  i  i         i|
li _i|__i|        i i|
r'   _ \      i  i           _「 ̄l__
    _ ヾヽ     i|  |           L_      |
  /:::::::ヽ 〉'     i| i!   i             | / ̄| |   []   _     /i
`ー-\::::\      i| ii| il             L/  |_/   __/ /    / /
     \::::\   ,-――-,-、                    L__/    _ i/
       \::::\ ,-、;:;:://i                           〈_〉
         \::::/;:ヾ\'/..,;/ ☆
-、,-一ー―--`i====ヾ\=//―一-ー―-――--、_
 _____///;:;:;:\〉____ ::::::::::::::::::::::  ゛''‐-..,,_       "'"'^´''"''""`'"'"'"^´''"''"'
☆ ─ x×从 〈;/;:;: ;:;: :;:/、从x×x× \ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ゛''‐-..、
×x×x×x从 ゙''―――'´从x×x×x× |       :::::  ::::::::::::::::::::ン,
‐──/──W──W──\──´ ,r' ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::|
三 ̄ ̄ ̄/ ̄三 ̄二 ̄\ ̄ ̄☆ ̄´ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::〈
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ::::::::::|
 ̄ ̄ ̄`i' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ ̄i' ̄ ̄ ̄`' ̄ ̄ ̄`i' ̄ ̄ ̄ ̄`i' :::::::::::::,i"'"'^´''"''""`'"'"'"^´''"''"'
::::::::::::::::/\::::::::::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::::|::::::::::::,r"
::::::::::::::::ゝ-':::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒::::::::::::::::::::|::::::,r''"'^´''"''
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"'"^´''"'

                                      "'"'^´''"''""`'"'"'"^´''"''"'


1514◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 21:41:28.50 ID:4Z0EuWNq


             r ── 、 ___ r ── 、
             人 __ 人    人 __ 人 ___
         rf                  }  `Y
         | ヽ __ /  ̄ \ _ _/   ノ
         |       / ̄丶             イ ` 、
         |     イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:\         \ ∧
            / ̄:/ ¨´:/:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`>──<Y´ ∨.∧
        /.:.:.:/.:.:.:.:./:/:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\/∨:∧
         /.:.:.:/.:.:.:.:./!:.i.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.\.:.:.:.\/.:.:.:∧
        ./.:.:.:/.:.:.:.:./ .!.:h.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:!\:\.:.:.:.:.:.|.:.:.:く:.:.:.:.:.:.:∧
        /.:.:.:.:.|.:.:.:.:/-┼圦-.:.:.:.:|.:.:.:.:.¨下、¨\.:.:.:!.:.:\メ:.:.:.:.:.:∧
       ハ.:.:.:.::.|.:.:.:.:{  :!/  V.:.:.:i.:.::.:.:.i   _ヽ:.:斗|:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.
     / .|.:.:.:.::.|.:.:.:.:レ斗==ミ.:.:.:.! 、.:.::! 弋::rリ\:i!.!.:.:!.:.:.:.:.:.:_ 仏__
       ||乂:八.:.:.:.| ヽ乂::rリ \} \!  "¨¨ヾ゚ ル:.:ソ:.:.:.:.:/  / / ∧
       リ  Y从圦   ⌒゙       rf´三三三三三7  / / /_〉
          | 丶/∧ミx    r   f´三三三三三三/ :/ / /    ̄ ゚  :.
          |.:.:.:.:.:.:.::ヾミ        Y´三三三三三 {  :! ! :!           ` :.
          |.:.:.:.::/.:.:.:.丶.u     _  \孑三三三 ノV | | :ト ,.             \
          |.:.:.:./.:/.:.:.:.:.:.:>  ` ´  y`¨:} ̄ ´.:.:.:.:/\\\し'/  .>         \
          |.:.:∧/.:.:./}.:.:.:ハ.:.:.:`Y  ´   :|.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:≦彡 ´      `゙           〉
          |.:/ /乂/ {.:.:/ キx /      / :7´  ̄ ̄                 `゙     /
         ノ´ ./´  ̄ ̄  //     ./ /                      .:   ゚´
          /      .//      / /             .:   ゚´
            /    .//        / /        >  ゚´
          ./  ノ/ ./         / :Y   /    /
         ! ィ ´   \      ノ  :{  /    /
        /        > ─ <    ハ      ./
      /                    \   /
      {                     `¨.
      '、                       /
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ "レギン工房"の鍛冶場では、リッカとクレナイの二人が鎚を振るっていた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


               __ , -‐-, -r‐- ..,_
                /::::::::::ノ `Yニi 八::::::::::::::\
           /::::::::::/ /  \ 丶 ::::::::::ヽ
             /`'ー='´ /       丶  ` ー-ヘ
          {_   _,/ ,  '"´ ̄` 丶 `  、_   }
          /  ̄x≦.._\ 八 / _,.≧:x   ̄ヽ
          ,'  〃 ,,;;;;;;;;ヽ ≧≦ / ,,;;;;;;;;ヽ\ |
          | /ヘ ;;;;;;;;;;;/,   、\ ;;;;;;;;;;;ノ \l 「ヽ
        /| ,'.u ゝ-‐ / くノ  ヽ.) }ー-‐' ニ || ハ
          / //  /し~ゝ __,,. ---<⌒ ー')  ヽヽ |
       { //   丶-‐'ニ -‐… ' "´  ̄´ノ u. } ∨
       ∨/   ヽ      --‐ ''           ノ ノ
        _ >!                    __ ∠/_
    _/ 〈 ゝ、     _,,..  -‐=ニ二¨ _      _ `ヽ
    \  /   `≧=               ̄`ヽ- 、  `\}
   / )/_,> ´                          \丶  \
⌒>  ̄                             \ \ く.、
 /                                 \ \j\
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 昔ながらの鍛造工法である。
┃ 体力も使うし、一見古臭いようにも見えるが、職人の腕が最も端的に反映される鍛冶の方法だ。
┃ それゆえに、一品限りの業物を鍛え上げるには良い方法のはずである。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



1516◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 21:48:40.77 ID:4Z0EuWNq


                ___   __
              _{/////////Y////人
             人≧======≦:Y===≦ヽ
             {:.≧=------=:.人:. :. :. :. }
            /⌒7:. :. :. :. :. :/    ̄ ̄ ー――ァ
             |―/ー―=≦       \  \_彡'
          / |―l i|   {    |   \   >
         / /| |―i l|  ∧    |   :\ `、¨´
         '  / :| |―/从 / ̄、 ̄  |\  ̄:{i\、
       /     | ∨ハ ⌒ ィぅ示㍉ 、 ィ示八 )
         i /|  八 ゝ  乂 ソ \ vソト ヽ
          j' |i   ヽ  、,;;;;;;,       八
         / 八  \ }  \   r ___' イ  \
          /:\ ノ    ト  _/-、 `¨¨⌒
          / ̄ヽ `、 ___    、/| i   }
        ,     i  ',  `  '  } |__/
        /    |   、     ,  {///
         /      :|     \ __ ノ/ }//
.        /    / j    \  ̄ ̄/  |/
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃リッカ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…それにしても、驚きましたよ。
┃ "異質技術製の合金"と"剛竜の剣片"を一緒に使う方法があるなんて」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                  __,,,,... --‐‐‐‐- 、_
            ,. - 、_ ,r'";;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::`'' - 、 _,,,...、
            /   /;;;;;;;i;;;;;::::::i::::::i::::::::ト、::::::i::::::::::::::::ヽ  `ヽ、
          ノ  ,ヘ i;/;;;;/!;;;!:::::::l::::::ト;:::::| ヽ::::トト;::::::i:::::::l,.へ  ヽ
         /  /  〉´'、/_,,,`_ヽ、_!ヽ;! ヽ:!  ` __ ヽノ`'!人  ヽ  '、
        /  /   ,'  ,'";;;;;;;;;;;;ヽ _,,.....,,_  ,r'´;;;;;;;`ヽ   i   ',.  ',
      /  /     !,.-={;;;;;;;;;;;;;;;;;;r',.、  ,、.ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}=-、,!.   ',   ',
       ! /    ,イ   ヽ、;;;;;;:ィ' i,ノ   '、i `i、;;__;;;;ノ     !,   '、  .i
      l i    //    ,:'ー'"`ヽ、,,__ ,,, ____,,ノ'"''- 'i     ':,ヽ、 ゙i,   !
      '、,!  / .,'      `'ー''"_,,,.、--rー--、,,_''‐-‐'゙       ',. \.ヽ,.ノ
      ヽ,/   !  (  ‐=ニ二! ,,,,____l_____,,,,..!二ニ=-   )   i  `'´
           ヽ          ,,,___,,,,.             ノ、
        ,、-'"´.〉、        `'--'"          ,.イ  ヽ、__
     _,、-'7´   ト, `ー- 、 、         ,.   _,、- ' ,イ    ヽ`''ー 、_
  _,、‐'´  /      i. ',    ``''''-、;、,,___,,,,.、-'"‐'''"´    / !      ヽ   `ー、
     /      ! ',     _,.ri''"^'''''^'''ヽ、        / /        ヽ
    /       l  ヽ   /  !    ノ  ヽ    / /        '、
    'ー-、,,_     l  `-'´   ,.r'"⌒iヾ、    ヽ,.イ  /          !
       _,..>     !  ヽ   /    '  ヽ    /  /     、‐‐''''''"´
    ,-'´        ',   ヽ/       ゙、/   /         `ヽ、
     !        ヽ    ヽ      /     /          ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃クレナイ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「そいつは応用力の問題さ。
┃ 刀ってのは、どれも多重構造をしてるもんだろう?

┃ 芯金は折れにくく、皮金は堅く。これが鉄則だ。
┃ そいつを当てはめてやりゃ、どんな材質よりもいい刃にできるぜ、これは」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1518◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 21:50:48.23 ID:4Z0EuWNq


           |            . : :.:.!
.         ! . :          : : .:.:: :.↓
         j|.: .: .:.:       .: .: .:.:.:.::.: :㌧、
       ,.ノ> ,,_:.    . : : : .: .: .:._,.イ'ァ=…─-=ミx、
    ,.r<    ’'≪,_‘≧ー-=====≠≦’_,㌻’.: .: :..:.::.:. :.:. :.:))
ゞ≦’         ”'¬=ニ二二二ニ≠'”.: .: .:.::..::..:: : .:..:,:>'’
 `¨>=ぇ,_                 . : : :: .: .:.:.:.:.:.: :._,、斗''"
.      /¨>‐-=ぇ,_______;:斗r≠''"´T
     /      アゞ(/////ハヽ〃(/////八   }
    ゝ、   /   'ゝ廴__/´⌒`\-= '   ヽ /
       > ry       ( 〃 ヾ )   ,    iヽ
      /  ゝ=彳   乂_彡≠辷二ゞ='"    リ `㍉,、
    ,. '’ .: .: :.  `ヽ              /    /
  /  .: .: :..:.:.:. :.  },________,.彡 '  /ヽ
/   : .: .:. : : : :. :. {        / ./   /    \
  . : :.: :: .::.:.:.: :. .: . ヽ       /  〃 〃:.   . :.: .
     .  : .: .: : : :    \   /  /  /:. :.      .:.:.
     .  : .:. .: : : :     ヽ    /   /.: .:.: .: . . . . .: .:
 . : : :. :. .: ::.:.: :.:.: :. :. .   ',   〃    /:. :. :.:.: .: .:.:.:. :. :.
 . : . : . : .:.:.:.:.:.: .: :..::.: : :. :  ', /     / .: .: .::..:.::.:. :. : :
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃クレナイ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「つーか、俺に言わせりゃ、遺失技術の賜物を加工できるお前さんも大概だぜ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


         _r========x __ r========x
           _{ミ三三三三彡===ミ三三三三彡}_
        |` ー―――― ´二`ー――――‐ ´.|
        人,__      /´ `\        __,人
           |__|_,. -‐ ´       ` ‐- .,_|__|
           ,.|__|            ヽ   ヽ|__|
.         / |__l/    ./l',        |  i  .\!
        | |_//|  /| | ',        | │  i i、
        l. 〉/ .!   ! ! !_ノ   .|  ヾ=zx、L  ∧i  <
        | / ∨.! | |'¨´  ',   .|\ | | │ ./ __}      <
        |' | //∨,x===ミ\ {  ,x===ミ }´う}          <
        |/|丶〈ヽ        `¨         ' 7/ | >           <
        || ! !\ヘミミミxx      xxx 彡彡'_ノ, }     > 、,_     }
        | .| | {   ',ミt 、__  '   __, 彡/  / ./   >'´     /
          Ⅵ \  \ ir´  ̄ ̄ヽi // //  >       ./
            ___\|\ _>` 二二 ´</}/ ,,>          /
        /´  `i´ `i  ノ     ヘ  <_,r !        ,
          {    |   |          _,│ |      ,
          |    |   | ̄ ̄ ヽ  ,r‐ '´ .} │ //
          {    |  '              /  .|. //
        ',     .|   \          /   |. /
        ',    .!     丶 ____ /   .|/
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃リッカ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「えへへ。
┃ まあほら、こういうのだけは得意なんで」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1519◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 21:53:13.70 ID:4Z0EuWNq


                    _
          '  ̄ ̄_\__/∠ ̄ \
      /     / __: :.\ヽ   )
      ' : ̄ \⌒〈:|////////ヽ:.\
   / ///ハ 〉⌒ 、< ---- ':.:|: : :|
   i:.{ {/////  ̄`¨⌒ <:__ノ : : |\
   |: 、__彡/     |       \: :.|
    V: :/   |     |  ' /'   |  ∨  |
   -|: .{  |  |从   | /| ,,x=ミ/| -| ヽ ,
   i 人:.〉 | ィ⌒㍉ー/ /f⌒㍉|/ |  ∨
   |  /∧_| 乂 ^ソ    ゞ- '  ノ ノ  |\、
     , 、∧      ,        ィ  V
     i |  、;;;;;,       ;;;;,/ , | |
     | |  |个    ' `   イ  | 人人
    ∨ 、人{    〕 ー ∨^ 〉、_
       _ r<ノ    〈 <_/ /   ヽ
      /  |  |  r ⌒ヽr- '_   i
       {   |  |ー//: : : : V   ー 〕=ヽ
        ∨  ヽV: : : : : : :、_ ァ---rー '
       } /    /\: : : : : /:人〉   i
       | 、    〈_/ `r-: ': ://: :i   |
                ト=彡:/ \ 、
        、  〉         ー <
        \} _        \   ノ i
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃リッカ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…ただ、最高の砲剣を作ろうと思うと、ひとつだけ問題があるんですよね。

┃ 刃の部分は今打ってるやつで最高品質のものにできると思うんですけど、
┃ ドライブ機構は、これに相応のものができなくて」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1520◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 21:56:06.63 ID:4Z0EuWNq


                _,. --- 、─-- .,
            ,. -イ          ヽー 、
           /   レ /,.  ,ィ   /    } ヽ
              /   iゞァ' _,.ノ  / , / /i   ヽ
          〈     !、 ',. - 、∠,. ノ. - 、'' /|   /
          ヽ   ! {;;;;;;;;;.},.- 、{;;;;;;;;;;;}' i  /
        ,. -'" ヽ /  ,`ー'´〃 ヾヽー'  ト、/
       i    / i  (ゝ.,_,ィr--- く_ァ' )  ! iヽ
      /´  ,. ´ ̄`ヽ/,>    ̄ ̄     / ' ノ
     "   / 、 `ヽ.  l_)________,. '",. '" ヽ
        /  、 \  Y-'  `ー '"   / / /  |
.      ,/ 、__ \ ヽノ \__ ,. - '7   |     |
.     {   フ>-'"\     ,. - '/   |       |
..     \___ノ i 〉  `ー-‐'  /    /     |
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃クレナイ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「カラクリ仕掛けの部分か…
┃ 悪いがそいつは俺には専門外だ。手が出せねえぜ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                   r‐‐v‐v‐vヽ
              ,z=┴‐┴〈__ノ{ ∨
        ,  -‐/{ミニ彡´  }__|¨`ヽ∨
       /   { ` ̄  /  \ノ. ∨
.      /  -‐   〉-ッ-‐= ´  .!  ヽ  }
.   ,-‐/       / /.! !  /|  |/|  .}  |
   //.{  \ / / | | ./! |‐- 、|/}/   !_
  ,/ ! ,    / /  .! ! { ! ,ィf¨ ' {/     }
  | │ ∨ \.{  {- 、,| | | | ヾノノ ヽ ,_   ∧
  | │  ヽ │ !  | | | |   ,     {   ∧
  | │   |\! .|\, |リ | | 彡'     ,'     ,ィ
  | │ヽ  !.  ヽ.!ミヾl .! |.      i ニニニ彡'∧
  // / | }ヽ},   }   ヘ│| _,. -‐ '       ィ∧
. /' |∧/ノ/      /    ヽゝ/  _  /ニニニニ彡'/
.    '     ∠-- 、   !"´  ヽ` ー┬‐ '´ ∨
.         /ミニニニニ\  !ヘ.   ゝ .,」      ∨
        /   `ヾニニ∧  ヾ',     ヘ    ∨
          {     ∨ニ∧\ヾ',       ゝ    }
          {     .{∨ニ∧ ` - 、_           }
        ∧.     i ∨ニ∧     \` ‐- , __ ノ
.         ∧     ',彡三 }   -‐―ヽ
          ∧.     ∨==/        }
            |ヘ    ∨={      ,
            | ∧.     ∨{、       ,   __  ___,r‐- 、
            l. ∧    ∨{  _,. -ャム"´  `´    ∨
            |_/=∧   , -‐', マム マム      }=} ∨
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃リッカ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ですよね。

┃ うーん、ドラグーンに刃だけ移植するっていうのが現実的な案かと思うんですけど、
┃ 正直それだと、ちょっと切れ味のいいドラグーンにしかならないし…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1521◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 22:00:18.54 ID:4Z0EuWNq


         , -‐- 、,-- 、
       /         ヘ
      /       .YMヘ    ヘ
       l    ィ i i リノ  ヤリリ ヘ l
       {  .ノイイ⌒  ⌒ イソノ
      ノ , イz-(__)―(__)-イ=z
      (二二@⊃ 、_,、_,  ⊂@
      (二二@   (__ノ  ノ@
.       ゝ j ヘ     <ン
       _,..。r‐'/////////ト、_
      l´////////0///////|
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃アバン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ほう。それは良い事を聞きました」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                 r‐=========-
      \_人   ./ ̄∨__ニ=-‐:. :. :》 、
      __)     .》_彡':.八:. :. :. :. :. :. :》:. :.》 \    _
       )     .《:. :.:./  \:. :. :. :. :. :.》へ》  ヽ/    ヽ
      /`Y    《:.:/ :| |i   ̄ ̄ ̄\》:. :》  :}      }
       _      ∨| j| |i  / ̄ \ ハ:. : 》 人
       {   ``丶、 :i十从八 ヽィf==ミハへ :. / ハ     /
            \ /八:=ミヽ\ vf 刈⌒iへV /     '
        `、       \ ハ vj     ゞ ';;,  )ノ//      /
           、     ` ::: '     ;;;;.u ィ彡   ,  '|i
          \      込   V  )  ./ /   /  /从
            \    个   _,,.. / //   ,  /
             \  ヽ /〉ハ ノ/ / ノ     /
              \ ノ'  /└ ' / ,  /   /
              /  乂≧彡'   i   i    /
              ,             |   レ  '
              i_  _  _      }   /
             〈 >'  ` ー=≦ L_/ノ
             ,        `   / /
             i /    `、   十〈
             |       `、  { :人
             |           ヽ: :) 、
             {           { : : : \
                、            、 : : : :\ _
             _ - ハ       _    }     ノ j|
          {  \} \    ̄      _ -‐     八
   ____/、 \ \  ̄   _  -‐     ___}
/:::::::::::::::::::::/\: }   \   ̄ ̄     __ -‐:. :. :. :. :. :.|
::::/ ̄ ̄/::::::::::::ヽ \   ̄      /:. :.|:. :|:. :. :. :. :. :. : |
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃リッカ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「わっ!?
┃ え、ちょ、誰!? って言うかいつの間に鍛冶場に…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1522◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 22:03:09.29 ID:4Z0EuWNq


               / ̄ ̄\
          /   _ノ  ヽ、_   \
        / / (●)(● )    .|
           ___  (_人__)      .|
       / ̄    ̄`.l⌒´       |
    /          | \      |
     {         | 、  \  .ィハ、_
     ヽ、_   __≧ュ─ー ´:::::::::.......ヽ
.           ̄ ̄  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...>、
            ,.<..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
         /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
          j ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/..::::::::::::::Λ
         i :::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::}
           i :::Λ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V..::::::::::::::::::::イ',
           | :::::Λ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V..:::::::::::::::::::::ハ:i
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ すいませんウチの先生です。
┃ 君は頭を垂れながら鍛冶場へと足を踏み入れた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


           x - ─ z 、
       ,. z=イ         ヘ
      イ       .YMヘ     ヘ
      l     ィ i i リリ ̄ ヤリリ ヘ l!
       {   .ノイイ.イ`   ≠イソ. ノ
    ー≦斗イzi!´ ̄`YY´ ̄`iイ=z
     Y   .i jl ヘ _ ノ .、 _.ノヤ}
     ヘ _ z ゝイl!   r - ァ 込ン、
     Y  .{! j!、  ヽ / /イハリ
.     ゝ z.込ソj ヘ   ¨ イ込ン._
   ≦≧z´ ̄r 、≒r > <z≧Yイ,:::ヘ´ ̄ ><
.     ::::::::::::::::::ヘ.∧::::xz._    jイ::::::ヘ` ≠=イ
    ::::::/:::::::::::::: ',7ハz≠y、 ̄ ¨´::::::::::::〉 0
   :::/:::::::::::-:-::ヤ/////,ヘ:::::::::::> イz、 _ ,. 斗
    イ:::::: ̄:::_ ,: zj/////.ハ’_ >"><:::::::::::::
   :::> " ´ ヽ ,'/////.j!ー ¨  ̄.j.○.レヘ:::::
            _.//////7´    \∧フ! /ヘ
   ヘ   ,. ィ .V/////7 _        .j、Y
   /ゝ / /、ヘ // j!     ̄ ー  .i ,.ィzzz
   :::::::ヘ  ヘ  >.7o         j//////
   ::::::/:ヘ   >ー ’z{二二二≒z  ノ/////
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃アバン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「やあ、どうも。教え子が日頃からお世話になっているそうで」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                -―‐  、ー-===ミ、
            ' -===ミ=≦二乂_ ノ/ハ
          /〈//(_  ノ/// ̄{ ト-=彡 /|
         '  /\___彡イ/  ̄ ``丶、/|
        /   /////////////        ヽ
          { へ////////          ',
       i    'ー7//>'<
       |   |―//  | 、 \    \―'\   |
       |   |___i'' |  |  |\/  \ \ 斗ミ }
       |   |__|  |    < ` \ \|ィ刈人/
       l   、|_|⌒|  \x=< ⌒ヽ _{ゞソ {
       人   \ |{ 人   《乂^ソ       ;
      {  | 、   、  > -=二=-、.u   , ゞ,
      人 人 \ _ -=ニニニニニ|\    /
       >---<=ニニニニニニl∨}  _  '
    -=-< \/\ ヽ-=ニニ /ー, ノ/, /
  {///\= \ \/\_}----<_/{/ ノ¨´ 、
  >'⌒ヽ\= \ノ// } ̄ \`¨¨¨´ ¨´ーへ ー、
/     ∨////// ヽ   ト _     _〉、  \
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃リッカ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「あ、はあ、どうも…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1523隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 22:03:23.59 ID:OdIy1chY
なんともゆるい顔でのご登場だw


1524隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 22:04:33.32 ID:urn0TJCg
3人の力が合わさった最強の武器になりそうだな…!


1527◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 22:07:25.16 ID:4Z0EuWNq


.          -=x  ,.ィ=-ォ _
      ≦ ̄¨ヾヘ^´        ≧x
    ,.ィ´   `               x:Y
   ,.<´    y=x ,r=x.          `Y
.  / ,   ,  i!-=v≠-! i        x !
  { /  ./ !.i |     ∨:l i     i ! .ヘ !
.   Ⅵ  { !、v!      Ⅵ、!  l  l !__ヘi._
   Vヾヽ:{≧!、   ,.ィ七Ⅶ、 l !γ⌒.ヽヾヽ ヽ
.   ,.ゝ‐v ,ィ=‐‐v、_,.y',ニニラ=zzx{ .{^}} i:} } }}
   { ,ヘ Y {! ´{ヒY`!^i  {ヒリ} l´i.ト.入リ ;ノ メ メノ
  人.リ ノ∧   ¨ ノ  、 ¨ ノ !;〈≧-≪-<-<
    ><-1`.t‐ ' .ィ_   ̄    ;iY⌒ヾ丶ヾヽY
!  Y´γ、 ! リ、 ー─一 ' イ トゝ _リ ノ ノ ノソ
─ 込 乂リ 从i>、 ¨  /  _」>-!≠─ '¨   ___
─‐t≦¨¨T  ̄.!´ニ>ー≦=-<::::::::::::!x─⊆⊇‐「!
>zx;|><⊆⊇!::i二!::::|:::::::iニニ!:::x:<\7三三三トt‐
| | | !三ニrェ'>^>zzx,|_ ,. x.z.<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:|
|.」」j ::::::::::::::::::::::::::γ⌒ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l」
:::::::::::::::::::::::::::::::::::: 乂__ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃アバン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「さて、失礼ながらお話は聞かせていただきました。
┃ 砲剣のドライブ機構の事でお悩みとか?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


          -―- _ -――=ミ
       /   ̄ )//,}:. :\      \
      _/ {_ イ////:.//人  ̄ ̄  \_
   /⌒人///// 彡ヘ:. :V : : :. > 、:/   }  ``丶、
  /'/ }/ | r-‐  ̄:. :. :. :><:. /:. /:. \  人       \
  { { ////:/ ̄ ̄ ̄   \   丶、/:.\         ヽ
    Y //: |     \   _\   \:./\ |
   乂/:i:i| :i|     、メ      ヽ   }ヽ:./:ヽ       ヽ:i
     \| 八   、 \ィf示ミー   |) }ヽノ:.i      ハノ
       人  < | \ { vf )ソ ∨   | / ∨:|   从 /
        \{ x=ミ     ´    i   |' __彡 'ヾ^ー=彡
         \ vf:〉      |   |  \⌒
            ハ _、         |  人___`  _
        _ノ7::::::}::ヽ , -  / ̄ ̄ ̄ ̄\丶、 \ 、
       _{:::{::::{::::::〈:::::个ー /         \ \ __) \
         {:{:::{:::::( ̄::\::::ヽ ,            `   ̄ \ 、
        \ー 'ハ::::::::::::::::{               '      ヽ
          ー:::::::::::::::::::::,              }        `、.
           }\:::::===/      /_      }       ',:.
           {\====/      /       ,           ',:.
          人:::=== ,       ハ     /      -―‐ ::\
            \::::::,      /  `¨¨¨¨´    ´        :i::::.
              ̄,      , i       /         }:|:::::::.
              /      / {     /               ,:|::::::::.
               /      , 人    ,             /: |::::::::::.
              ,        /   i≧=--、           /:::::|::::::::::::.、
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃リッカ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「あ、はい。
┃ ドラグーンにこの刃を移植するのが現実的かな、と思ったんですけど…

┃ 正直、勿体無いんですよ。
┃ エネルギーゲインさえ確保できれば、今の倍ぐらいの出力のドライブに耐えられそうなのに…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1530◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 22:10:05.89 ID:4Z0EuWNq


         ||! |!  |!l  // /// /,/ /,//j       ヽヽ ヽヽ ヽ ヽ
        l|! |!  |!l_ノ/ /// /ノ /ノ/ノ          } ハ ',ハ  ', ',
        ヤrl!斗宀≪=彡ィrf七云三三ミ 、__,〟, _ _ j/ ル} }l}  } !
     ,ィf 「/ ,' /rぅヽ<ル!レ¨Y]    /.  . ヽ:r=!乏三辷えトル'}}! /} リ
     ;     {{ ) } }  !,j  {{{  /  ./ .// ]:「´ ./     /〉ノ/ル'
     |     Ⅶノノ ノノ!  ヾヽ、__/__ノ/  l:| /   / . ///うヽミ=-
    ヽ._、、メ≧─く巛|    `'ー―― '´ , , ヾ:、___ノ,イ}}〉〕} }}^ヽ
     /'/ '//'//⌒ヽ Y!          `‐" `ー一i ト、トミ.__刀
     ;     {{))  }ルト、       、 ___ ,      /| |/r/,.r‐く
      ヤ    爪廴ノムリ ゙ヽ           -      ./[|| |レ'/}Y:ハハ
      ヽ.廴_从丈___彡"  ::\             ,イ[||||弋{ノ}川リ;
  __       /     ::::::ヽ        ,.イ㏍㏍ト廴廴.z彡'
/: : : : : ヽ`≧=/ニニニニニIニニ \    ,r个ー一七弍辷≦_
:\ : : : : :`ー‐ァ'        | |     ` ー ´ニニニニf´:/: : : : : :`ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃アバン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「では、そのお悩みを解決してみせましょう。

┃ …持って来ましたね?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                         -─
                     /       丶
                      /          丶
                        / u.  ___,ノ ゝ丿
                    /    (、__)(__ノ
                      /  {    (___ノ、丿
                     ,√ヽ ト.、     /
                /::::::::::::\>、__,_/
             :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: 、
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          {:::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V.::ト、
.           ;'::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.|ノ:::::\
.         /:::::::::::::::::::::::ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.L:_:_:::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::/;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.r'==、::::`.、:.ヘ
.       ∧::::::::::::::::::::イ !::::::::::::::::::::::::::::::::::::;/ ̄`y!!:::::::::::/
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 言われるがまま、君は師から用意を指示された物を取り出した。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1531◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 22:12:54.91 ID:4Z0EuWNq


                        .        Λ
                              / Λ
                               | ,| i'_
                                | ,{}、.|
                                  |.l {} l.|
                                  |.l {} l.|
                              ζ{} l |
                              | l {} l |
                              | l {} l |
                              | l {} l |
                              | l {} l<
                              | l {} l |
                              | l {} l |
                              | l {} l |
                              | l {} l |
                             / l {} lΛ
                               〈__| Λ |_,〉
                             / l l ,| lヽ|
                            l| |/ ,| ヽ |
                            / |   |  lヘ、
                            ,r、/  Λ__,|__Λ ,〉
                            /\ヽ 〉 ,Λ 〈/
                        /\ミ\/ / Λ/
                        \ミ\/ /   Λ
                          \/  ヽ_,/ .|
                           |  「ニニニ| ,|
                           |_|ヽ.__/_|_,|
                                 |‐|
                                 |‐|
                                 |‐|
                                 |‐|
                                  〈エ〉
                                 ∨

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ――それはかつて、他ならぬアバンから渡された、古びた旧式の砲剣であった。

┃ リッカの手によって一度は延命措置を施され、第一階層を探索していた頃に使用していたが、
┃ 今では師から授かった記念の品として、宿の君の部屋に眠っているばかりだったものである。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1532隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 22:14:06.23 ID:9qloKHZ4
おおお王道展開!!


1533隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 22:14:44.34 ID:ee1W/Lh6
初期武器が!!


1534◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 22:14:55.57 ID:4Z0EuWNq


                    _
          '  ̄ ̄_\__/∠ ̄ \
      /     / __: :.\ヽ   )
      ' : ̄ \⌒〈:|////////ヽ:.\
   / ///ハ 〉⌒ 、< ---- ':.:|: : :|
   i:.{ {/////  ̄`¨⌒ <:__ノ : : |\
   |: 、__彡/     |       \: :.|
    V: :/   |     |  ' /'   |  ∨  |
   -|: .{  |  |从   | /| ,,x=ミ/| -| ヽ ,
   i 人:.〉 | ィ⌒㍉ー/ /f⌒㍉|/ |  ∨
   |  /∧_| 乂 ^ソ    ゞ- '  ノ ノ  |\、
     , 、∧      ,        ィ  V
     i |  、;;;;;,       ;;;;,/ , | |
     | |  |个    ' `   イ  | 人人
    ∨ 、人{    〕 ー ∨^ 〉、_
       _ r<ノ    〈 <_/ /   ヽ
      /  |  |  r ⌒ヽr- '_   i
       {   |  |ー//: : : : V   ー 〕=ヽ
        ∨  ヽV: : : : : : :、_ ァ---rー '
       } /    /\: : : : : /:人〉   i
       | 、    〈_/ `r-: ': ://: :i   |
                ト=彡:/ \ 、
        、  〉         ー <
        \} _        \   ノ i
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃リッカ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「これは…
┃ 私が以前にメンテした事もありますけど、なんで今更このレベルの物を?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


.          -=x  ,.ィ=-ォ _
      ≦ ̄¨ヾヘ^´        ≧x
    ,.ィ´   `               x:Y
   ,.<´    y=x ,r=x.          `Y
.  / ,   ,  i!-=v≠-! i        x !
  { /  ./ !.i |     ∨:l i     i ! .ヘ !
.   Ⅵ  { !、v!      Ⅵ、!  l  l !__ヘi._
   Vヾヽ:{≧!、   ,.ィ七Ⅶ、 l !γ⌒.ヽヾヽ ヽ
.   ,.ゝ‐v ,ィ=‐‐v、_,.y',ニニラ=zzx{ .{^}} i:} } }}
   { ,ヘ Y {! ´{ヒY`!^i  {ヒリ} l´i.ト.入リ ;ノ メ メノ
  人.リ ノ∧   ¨ ノ  、 ¨ ノ !;〈≧-≪-<-<
    ><-1`.t‐ ' .ィ_   ̄    ;iY⌒ヾ丶ヾヽY
!  Y´γ、 ! リ、 ー─一 ' イ トゝ _リ ノ ノ ノソ
─ 込 乂リ 从i>、 ¨  /  _」>-!≠─ '¨   ___
─‐t≦¨¨T  ̄.!´ニ>ー≦=-<::::::::::::!x─⊆⊇‐「!
>zx;|><⊆⊇!::i二!::::|:::::::iニニ!:::x:<\7三三三トt‐
| | | !三ニrェ'>^>zzx,|_ ,. x.z.<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:|
|.」」j ::::::::::::::::::::::::::γ⌒ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l」
:::::::::::::::::::::::::::::::::::: 乂__ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ アバンは、かすかに笑うと、
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1537◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 22:16:55.90 ID:4Z0EuWNq


                   ィ=、
                   |、__ )
                   フ¨¨¨マ
                  / ̄ヽ〈____リ
               , -'ヽ  ゙、圭圭圭!、
             ,/゙、  ゙、  ゙,|,イ1トl/ ゙ 、
           l´  `丶 ゙、__ノー‐‐'|  ;  !
           | 、_ ゙ヽ ¨ヽ、― 'ヽ_,.イ
           ∨-彡ヽ、.゙、 ,. へ 、   /
                |  ̄/ / \\ヽ_ノ ー |
             ‘,  .′  ゙ 、_ラ:::::  /
                ヘ       ::::::  /
                ∧ 、   ..:::::: イ
              ハー―‐    7
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                      ・ ・ ・ ・ ・
┃ 砲剣から、ごく小さなパーツを、抜き取った。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1535隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 22:15:15.86 ID:qU9D1JzL
元愛剣の魂を受け継ぐとか熱すぎる


1539隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 22:19:24.56 ID:vNCQrcas
2個積みか!?


1542隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 22:21:00.96 ID:c+MFZf18
本当に浪漫あふれる武器だな


1543◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 22:21:02.21 ID:4Z0EuWNq

                                            _
  _____ [][]                                      | |
 |___  /  _      _       _     _      _           | |
    / /  _| |_  _| |_  _| |_   _| |_   l二l | |           |_|
  / /    l_   _l  l_   _l   l_   _l  l_   _l   __| |     _   _  _   _
   ̄       </|_|   </|_|   </|_|    </|_|    |__|    |_| |_| |_|  |_|

イ´`ヽ_, 、 ..ヘ,     .ヽ、    ヘ                     ...: : : :::::::::::::::::::::::::::::: :ノ: : : :
-イ´´   ヘ  .ヘ       ヽ     ヘ                     : : ::::::::::::;;;;;;::::::: : : :::::: : : :
      ヘ  .ヘ      ヽ     .ヘ        .. : : : ; :      : : : :::yγY::::;;;;;;;:::::::::::::): : : :
 ____.__   }'ヽ、ヘ       ヽ     ヘ     ...:::γ-ヾ、:: : :    : : ::::::::)/ノ:::::::::::::::::: : : : : : : :  ...: : : : :
イ , イヽ.、イ;;;;;;l  ヽ        ヽ     ヘ    ..: : ノ;;;;;;;;;;;;;;): : : :   : : :(彡',': ::::::::::::::::::: : : : :: :: :::,: /::::::::::::)
\ 、: : : : ``==---ヽ        ヽ     ヘ   ::;;(::::::::;;;;;;;;;;: : :...   ..: : ):::: : : :::::::::::: : :::/: : :-=-: : ::::::::::::: : :
  |: :ゝ、: : : : : : : :/::::Y         .ヘ   ,.イヽ、 : : :::::::::::::::):::::::    ..: :Y:::::::::::: : : : ::::: : : : :/::::::::::::::::::::: : : : :
  ヘ: : `ゝ===- '´´:::`Y       ヘ、く、   : : : : :::::::::::(::::::::::   : : ;}::::::::::::::::::::::::::ゝr::::::::::::::::::: : : : : : :
  ,イ|: : : : : : : : : : ><Y       `> 、ヽ 、:::};;;;;;;;;;;;;;;; : : r- 、 : : :ノ::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : :
`´;;;;;Y: : : : : : : : ::|:::::::::::ヘ           >: : : ::::::::::::::::: : : : : :: :r: :::::::::::::::::::y:::::: : : : : :: ......
;;;;;;;;;;;|: : : : : : : : :ヘ::::::::::::ゝ_           : : :{:::::::::::::::::: : : : :r:ヽ: ::::::::::::::::::: : : へ: : :
;;;;;;;;;;;;;\: : : : : : : ヘ:::::::::::::`..r<       : : : : :::)::::::::::::/: : : : :: ::::::::::::::::::/: : : : :
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、___: : : :ヽ:::::::::::,<  > .、  : : : : : ::::::::::::::::: :γ:::::::::::::::::::::: : : : : ::-、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/./人 ̄`.、ゝ-|'´``ヽ 、  >、: : :: {: : : : : :レ::::::::::::::::::::丿: : :     /ヘ
;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ //   `.ヽ、: ::|     > 、ノ : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ: : : :   へ/   `へ、
;;;;;;;;;;, イ //      ヽ./     : : : : : : : )::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : :: : r- 、 ○.`へ、○   `へ、
''´´  //        ノ      : : : : :/: : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : :   ゝ-'     . `へ、     `>
   //   _     ./        : : : :ノ:::::::::::::::::ノ⌒ノ:::::::ノ: : : : :、ミ 、 ○  ○ ○ `へ/ヽ,\
  //   .ゝ`ヽ--- '´          /::::::::::::ノ: : : : :::::::::::: : : :       ミヘ、         ヘヽ'´.\\
 ヘヘ    _ ゝ 、           / ゝ- '     ゝ-: ::: :        ヽ、`ヽ 、○  ○ .ヘ ヘ 、 \\
--ヘヘ  .Y .Y  `> 、     , イ , イ、   : : : : : : : : : : :)-<       > 、`< .   ヘ.ヘ > .\\
  .ヘヘ  ゝ'      `>-====- ' ´´  ヘ    ヘ 、-=-'  ノ>  `<、      > 、` <ノ .ヘ   >
    ヘヘ      /、            ヘ    ヘ `ゝ-- '´   .>  .`<、        `>、   ヘ
    ヘヘ     /  `へ、          ヘ    ヘ            >.、`<、      `>、-'
    .ヘヘ  /        .`へ、       ヘ    .ヘ             `>、`<、
     ヘヘイ           `へ、     ヘ    .ヘ                `>、`<
       ヘ、 .γヽ            .`へ、  .ヘ    `==-==___             >、ノ、
        .ヘ、 ゝ-'            .`ヽ、/          ``'''.<、           :::>,,、
          ヘ、      ,、          .ヘ                ` <、
         ヘ    ,イ  \        ヘ                   ` <、
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 古び、骨董品も同然であったはずの旧式砲剣は、
┃ たちまち息を吹き返したかのように激しい駆動音を立て始める!

┃ それは君がつい先日まで愛用していた"ドラグーン"よりも激しく力強いもので、
┃ これでドライブを放てば、これまでを遥かに凌ぐ破壊力を生み出すであろう事を確信させた…!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



1544隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 22:21:53.63 ID:urn0TJCg
まさか、制御装置…!?


1545隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 22:23:06.22 ID:9qloKHZ4
ふぁーーーーー!?


1546隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 22:23:16.83 ID:LxR4N7Fx
リミッター?


1547◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 22:24:19.08 ID:4Z0EuWNq


        へ'    /―=≦≧=----:〈
      //\\` /ー ´     \:._:. :}
     (>ミ/////,〉       ,|      \
    /   ヽV//  / /__/'| |   |    ',
   '     /-イ | |   '_'__V 人 |   |i十
 〈   ` 〈  | |/| | / /ィ斧㍉ \ 人从   i
.  、     、| |/ へ'∨ v ソ     ィ斧V   人
         `、 人(r .u '''     ,ゞソ/∨ '
     、     | ト 、ノ彡       r イ  |
     `、    `、 | i \   (:::::::v  ノ'|  ,
      `、     \ム      _  イ  | /     _
          、   i \、    〔  人   /     (/⌒ヽ
           `、      、、  ヽ=---<      し ̄
          ト  }  } \` / } 、  \     〔ノ ̄ |
          ∨ー  ,    =彡  `` 、 \    ヘし┐ ハ
          i、   /i      v       \ {//ー=//〉
             ', ー  {       i    i    〈////r―{
             ', V ∧      ,     / 、    ト =彡'
             ', V  、    /    /  ``丶、 ノ
            、    \   ,   / |
             ト  ――<   , 人
             、〈 ヘ    _ /  )、
            ノ  〉 ――     /  〉ー 、
          / 〈 ノ          /  /    }\
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃リッカ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「え、えっ!?
┃ どういう事ですか、これ…!?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)
            .|     ` ⌒´ノ__
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_γ    |
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ;;;;;;;;;;;;;;;;::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;;;:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ あまりの事態に、君もまた目を見開いて驚く。

┃ 理解が追いついていないのはリッカも同じようだが、実戦の中でこの剣の力不足を実感した君の方が
┃ 驚きは上だった事だろう。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



1549◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 22:26:21.89 ID:4Z0EuWNq


         ||! |!  |!l  // /// /,/ /,//j       ヽヽ ヽヽ ヽ ヽ
        l|! |!  |!l_ノ/ /// /ノ /ノ/ノ          } ハ ',ハ  ', ',
        ヤrl!斗宀≪=彡ィrf七云三三ミ 、__,〟, _ _ j/ ル} }l}  } !
     ,ィf 「/ ,' /rぅヽ<ル!レ¨Y]    /.  . ヽ:r=!乏三辷えトル'}}! /} リ
     ;     {{ ) } }  !,j  {{{  /  ./ .// ]:「´ ./     /〉ノ/ル'
     |     Ⅶノノ ノノ!  ヾヽ、__/__ノ/  l:| /   / . ///うヽミ=-
    ヽ._、、メ≧─く巛|    `'ー―― '´ , , ヾ:、___ノ,イ}}〉〕} }}^ヽ
     /'/ '//'//⌒ヽ Y!          `‐" `ー一i ト、トミ.__刀
     ;     {{))  }ルト、.       , ___     /| |/r/,.r‐く
      ヤ    爪廴ノムリ ゙ヽ           - `    /[|| |レ'/}Y:ハハ
      ヽ.廴_从丈___彡"  ::\             ,イ[||||弋{ノ}川リ;
  __       /     ::::::ヽ        ,.イ㏍㏍ト廴廴.z彡'
/: : : : : ヽ`≧=/ニニニニニIニニ \    ,r个ー一七弍辷≦_
:\ : : : : :`ー‐ァ'        | |     ` ー ´ニニニニf´:/: : : : : :`ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃アバン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…この砲剣は、かつて実験的に開発されたものでした。
┃ ドライブのエネルギーゲインを、当時の技術の極限まで高めたもの。

┃ 銘を、"龍王"と言います」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



1551隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 22:28:47.34 ID:9qloKHZ4
「かつて」「当時」
一体いつの話なんですかねぇ(震え声)


1552隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 22:29:58.35 ID:ee1W/Lh6
先生何者ですか…w


1553◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 22:29:59.45 ID:4Z0EuWNq


    /' ,.ィ / /  ,.ヘ/  i   l ll  l. ヽ  | | !
.   /./ /  l  /ヾl   ト.   l lト  lヽ. \l l | l
    l /!  !  l!  {  {   !ヽ.   l llヽ. ヽ.` ‐-ゝ! !
    !. !.{ ,イ、 lト. l   !  l \. ヾ、`‐、._\/;:三ヾ ̄
   ヽ! l. |{ ヽ、i \!   ヽ、 ヽ  `'ー-ゝ-‐  Ti l r 、l
      ヽ!ヽ { `‐ゝ___ `'ーゝ____-‐_,,.!{ ! ! {i } .} } }
         `'‐ゝ[i´   l二{ ̄  /   ] -‐!l l し'リ ノノノ
             l   リ .l   /  / .!   ,ゞ三<--─
            ヽ、__/  ヽ、.____ .ノ    !〃r' ヽ
                 <.__           { ! !( l } .} } }
              〈              .!.l l ` リ ノノノ
                  {  ̄ `         .ヽミニシ' __
               `T          / /´ ̄ ̄ ̄
                 !         / ,r'-──- 、.
                  ヽ、.___,. イ ,. ‐'´  、     `
                    ,.. -┴ヽ、    \
                 ,.‐'´       \    \
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃アバン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ですが、結論から言えば実戦投入できる代物ではありませんでした。
┃ 理由は至って単純明快。
┃ それだけのエネルギーを一気に解放する際の威力に、あらゆる刃が耐えられなかったのです。

┃ …加えて、それだけの威力の斬撃を制御できる剣技の持ち主がいなかった、という事情もありました」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



1555◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 22:33:02.01 ID:4Z0EuWNq


         ||! |!  |!l  // /// /,/ /,//j       ヽヽ ヽヽ ヽ ヽ
        l|! |!  |!l_ノ/ /// /ノ /ノ/ノ          } ハ ',ハ  ', ',
        ヤrl!斗宀≪=彡ィrf七云三三ミ 、__,〟, _ _ j/ ル} }l}  } !
     ,ィf 「/ ,' /rぅヽ<ル!レ¨Y] イ^fミY´^「` ヽ:r=!乏三辷えトル'}}! /} リ
     ;     {{ ) } }  !,j  {{{ ` ー'゚一' " // ]:「´{r{^_勹  /〉ノ/ル'
     |     Ⅶノノ ノノ!  ヾヽ、_____.ノ/  l:| ` ー‐'  ///うヽミ=-
    ヽ._、、メ≧─く巛|    `'ー―― '´ , , ヾ:、___ノ,イ}}〉〕} }}^ヽ
     /'/ '//'//⌒ヽ Y!          `‐" `ー一i ト、トミ.__刀
     ;     {{))  }ルト、        =¬     /| |/r/,.r‐く
      ヤ    爪廴ノムリ ゙ヽ       ー-     /[|| |レ'/}Y:ハハ
      ヽ.廴_从丈___彡"  ::\             ,イ[||||弋{ノ}川リ;
  __       /     ::::::ヽ        ,.イ㏍㏍ト廴廴.z彡'
/: : : : : ヽ`≧=/ニニニニニIニニ \    ,r个ー一七弍辷≦_
:\ : : : : :`ー‐ァ'        | |     ` ー ´ニニニニf´:/: : : : : :`ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃アバン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「よって、リミッターを付与し、並の使い手、まともな材質の刃で耐えられる程度に出力を落としたのですが…
┃ それで最新鋭の武器として通じていたのは、もはや昔の話です。
┃ 
┃ リミッターをかけた状態では、今では一般的な砲剣に劣る程度の威力しかない。
┃ それはあなたたちも知ってのとおりです」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



1558◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 22:39:35.56 ID:4Z0EuWNq


                     , ,
                    '.: ´
                  ,:' , '
                 , /
                ' ,'
              ,:'  .’           /  ̄ ̄ `ヽ                , ⌒ ー ‐ ''イ
                 i             ノ /  ̄ .丶  \           , '´       _ -‐'
             ,'   7         / /      V ヽ. \        , :'         {
              ,': , 、、           |  .i._\   /.u i   ヽ ヽ       }             '.
             { /  ` <       i   |(●ゞ イ●) |   , |  i      /           _}
            /  /     ` <    ゝ.  ヽ (_人__,) /  ,’イ  V     (        ,  '´
          ,'   /            ` <  ゝ  ヽ`´_`_ノ   /」    \     .ゝ     ,'
               /       _       ` <∧  ヽ  ヽ  ´/   i  ヽ /      {
     ,; : : ⌒ヽ /       /:::>:::..._    `ヾ   ゙i  |  /    丶  |{      , '´
    , ’     ./       /::::::::::::::::::::::::::`>::..._ `ヽ-.,,>  ,´ 、        i )     /
   :   :. :... . /       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>|i:|   7  \    メ-;;;'     .{
 ヾ {      /        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i:|_.ィ´     ヽ、ノ;;;;;;;;;;;;;丶 , '
  \ゝ    ./        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::> |i:|     っ: . ' ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    ⌒ヽ _... _ _ .:.. .-,
    .>、  .:〈       V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://¨´  ー: ゙    / ヽ ヽ  |  _ .;'`          /
   , :'⌒ヽ.:..V         .V::::::::::::::::::::::::::::::::::::://   , .: ´    イ__ _. .\ i  ヽ.;'`          /
  ,:’     .V         .V::::::::::::::::::::::::::::://    '      'ー ¨ ¨´  乙!,;;;;;;;;;;;;          , '´
  `ー- .:._ : .V        .V::::::::::::::::::::- /   .: '      'ー ¨´    ./;;;;;;;;;;;;;i     :.. .: .  /    ..
こ_ '' ー _ ゝ:. . V       V:: -   ;;:'´._. :.; '´              `´ ̄ ̄         {
   ` … 二.  V            :'.:.::      ,.: ''´   ´ ,’          ;;      _ ..ノ
            ゝ _.V           ./  _   , -‐''´      ,:'      .''´
            ヾ .V        / ./ }イ´          :    ,: .:'´
          ハ .V     ./ .{ ゙’              ` ⌒ '’
            ’:. V  /_ , :.'
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ――禁を解かれた"龍王"を手にした君は、ひしひしと感じる。
┃ その激しい機械の鼓動は、今までにない力を君に約束するものに違いないと。

┃ かつて、時代を得られずに封じられた、機械の怪物。
┃ それが――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1560◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 22:43:42.32 ID:4Z0EuWNq


               _  _  _
             ////ノ: : : <///\
             r'ー '"  ̄/⌒  \: :、
                / '     /   / }    ヽ:〉
            /  /   /    ノ      :.i_
              /   /,/|   / ヽ    |:}  \
           '   7  ̄ト   /'  ̄ 〉 | | :ハ
           | | 'x=ミ人 {x=ミ   | 〉 }   }
           人 |  {' v少 ヽ v少 /  |ハ   /                 _,. --- 、─-- .,
           {\  ゝ ,,,  ,   /イ  / ノ  /              ,. -イ          ヽー 、
          /ヽ:\人;''  、  ァ   ノ ' ⌒¨´              /   レ /,.  ,ィ   /    } ヽ
         /: : :,: : ヽノ- :>  _  イ /                  /   iゞァ' _,.ノ  / , / /i   ヽ
        ノ: : : :`ー:∠r―,__}    ノ<_                 〈     !、 ',. - 、∠,. ノ. - 、'' /|   /
      /、: : : : r '" _,|: : :|\_   _ノ\                ヽ   ! {;;;;;;;;;.},.- 、{;;;;;;;;;;;}' i  /
.    /\: :\:.ノ    {: : : }   ´  /  { ̄ \          ,. -'" ヽ /  ,`ー'´〃 ヾヽー'  ト、/
   <: : : \\:/     } ':  ̄:.:|     /   ;            i    / i  (ゝ.,_,ィr--- く_ァ' )  ! iヽ
.  /\: : : :/   -/: : : : : : 、 -       、   i       /´  ,. ´ ̄`ヽ/,>    ̄ ̄     / ' ノ
/     7  /   /: : : : : : : :i  ノ          |      "   / 、 `ヽ.  l_)________,. '",. '" ヽ
     / '"     {: : : : : : : : . '           }          /  、 \  Y-'  `ー '"   / / /  |
    ,         : : : : : : : : \        人  '       ,/ 、__ \ ヽノ \__ ,. - '7   |     |
  /         :\: : : : : : :i: .、  _  '   '          {   フ>-'"\     ,. - '/   |       |
¨ ´           }/: : ̄: : :|: : :.、__}    {         \___ノ i 〉  `ー-‐'  /    /     |
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 種族の壁を越えて協力し合う、二人の刀匠が鍛えた刃と。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


            / ̄ ̄ \
          /u. __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)
              |    (___人__)
            |.     ` ⌒´ノ
           |        |
            iヽ       |
           }:::.`> ー-´-くヽ- 、___、
          _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 7¨:.ヽ
       __/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::\
    ,.-<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
   r´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::ヽ
    }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::\
   f:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i: /.::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /.:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
 /.:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::rヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君という使い手を得て――
┃ 真の力を示す機会を得たのだと!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



1561◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 22:46:36.10 ID:4Z0EuWNq


  {/,/ i ,シ / //! i!     i  i  i 、l l i     i i i i!
 ハri| !/ ./ // i ./   入 !、入入入   、 ! ! ! !
-=シ/ ./ / '_!/     \!\ \ \ \\!i i i ,.ノ
 ,γγヘ =r´ ̄二ニヘ__,ィ====、、丶\ヾィ‐、=´、
 { { { { (} 、i! ´.{iト_ノ }テ{i. ´!¨打= ヾ、シ!i!i'γ⌒ヾ、ヽ
. 入ヾ入ソ人_.   ̄  ノノ .|!   `=゚' ノ.}/ :ト{ { {{()}}}l l |
  >‐一<ili i ̄   ̄´,  ゝ、    .ノ   |トヾ、入シノノ ノ
 / /⌒/ヾ、ノ l     ヽ     ̄    ノ!lil>ー一< <
 ! i{{{{ilili}}ノ/l     ー 一      ./lilγ/⌒、ヾ、ilY
 l 入入ソノ//ヘ    ー      /  .!i{ { {{{{ )) }ilili
-入ニ三シノr'¨´ lヘ          /   !、入ヾ、ソ ノシ::! _ィ
::::::::::::::::::{:: /、ヽ、.ノ   丶    イ;;'´     |ノヽニニ/:::::;:ハ r'
:::::::::::::::::ゝ/  ヽ_ニr'`ニ- =≦≡'-‐ ' ¨ ´>イノ:::::::::/::::i!l
::::::::::::::::::::Y    | i ̄ ===‐ ' ¨ ´ /:::::::::::::/::::://
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃アバン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「今のあなたなら、使いこなせるはずですよ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 師の言葉は、君の技量だけを指して言ったものではあるまい。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



1562◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 22:49:06.88 ID:4Z0EuWNq


                 / ̄ ̄ \
              _,ノ ヽ、,__   \
              (●)(● )    |
                (_人___)    .|
                 '、       │
              、      イ
                 ゙、 ___,. イ i
                ,r... __>ーメ.┴ュ
.             _,. ,i´::::::::::::::::::::::_::::::>、__
           ,.<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>-.、、
.          「::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::.`、
         /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}
.         / y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
.      /:::::.i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ/:::.:::::::::::::::::::::j
     ノ.::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君は、ゆっくりと頷く。

┃ そして、リッカに改めて依頼した。
┃ リッカがクレナイと共に鍛え上げた最高の刃を、"龍王"に移植してくれるように、と。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                    ― ---
                / ⌒人  ̄ ̄ ``丶、
                /'" ̄)廴 _7 ̄ \     \
                /(彡ィ人 /==人   _〉ヽ
           / {:::::::斗 - ⌒ー 、:`   /:}  ',  ',
              //           \__Y\
          {   '   '  /   ハ  ', \\}
        /⌒)_,,{   | / ト  i,,、_   |\|  i  i
       // ̄ヽ_)  x=ミ人  |  \ |   |へ|  |
      ノ-= ⌒Vノ人 从乂ソ \| x=ミ、  |( |  |   '
     . -=ニヽ ノ''"  ̄ )..:      ゞ ' 人ノ |   /
     /-=Y__ ノ-=ニイ 人   '    ..:..:  ノー '|   ,
   r=/-ニ ノ-=二/ 人   \  、 _   ィ  |  ,
  人-==- -ノハ  _ \人 `     '   l  从  /
 〈-==-  ---/ ,   7 7 V }`¨´   人' _
   ト -===ソ  /   ,  /\_    _ ノ/ / ̄  \
   |                ヽ ノ    / /
       i  ,    {ノ  {            / / {/    i
  ,           ノ \ 、         / ノ  '    ,
  i     ∨   '      、___/   、_{     /
        ',   { ⌒     {    ノ    _ ヽ
   ',     i 人        人  /         }   :
   ',     }  /}ヽ    /    、        ,     ,
        /   ―‐   ―       イ   /
     ー      }               )   /   /
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃リッカ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「……うん」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1563◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 22:51:14.32 ID:4Z0EuWNq


                      ___
              .  -‐ァ、____,..ァ‐≧=- 、
             _,.´ - ‐ ':_: __:_:_}‐ -: ,,.. _)、
            〈_彡 : : /  ` 、  ミメ、  ー{
            /}: :ァ'´        \   ヽ.: :, :{
.         . }:/ . }.   i:     ハ    ∨:.:{ .
            .′}′/,ハ  ト.    |:ト、 ヽ ∨:ノ i
          /  i| j斗‐- |、、   斗l-ヘ‐-} 「 | |
.         / / .:i| } |  〉l  \ 払 -},ハ「 |
        / /   八:: ヘニ=ミ    ≧ー=ミ^}ムノ: 「ヽ
.       / /   /i }ヘi{ 〟     i     〟 } 〉: ト、 }
       i /{   l }: :い _,.        _,. 、ムイ  l  }
       |′l   :l }ヘ 公;ノ r= ニ =‐ァ 廴√}l ,ハ丿
        、   ハ} : \ 〕ト .` ー-‐ ^ ィ〔/ ノ /
.         \{    ヽl: 个ー-‐ァ'{ノ_〈//
          ァ'´  ̄ 〉‐ァノ  ̄ -┴ァ}ー=ニ)__
            /    .′.}{ーァ'´/⌒_丿   }  ` 、
           .′   ′ }{/ }′/^ _〉   ハ    i
.         {     i  {/    _//  {〉 〉  l
.           '.  ヘノ  /     /  .:丿 /   八
           i   ′,.、}′   },√} ‐-r'´ .′  /
            l  / 〈  \ _.ノ^ ハ  j   〉  ′
.          | { ∧_〉   ^ー{    r{-≧=‐{-、 .′
.           l  '〈      /   | {三三 { i
         |  /⌒'ーヘ.,_ァ'  、 ム_-‐‐-_、ノ|
          / /     /   '⌒>  i⌒⌒⌒{ .
         ′/     /       |     l .′
         { .′    .′      l      {
       ∧{     .′      |     }
         、   ノ           、     .′
.              〕              \ _..:〈
              <      ,.  -‐          }
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃リッカ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「任せといて!
┃ バッチリ完成させてくるよ!

┃  ホワイト・ナーガ
┃ "白鱗の蛇竜"の最終兵器、最高の砲剣を!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1565◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 22:54:47.44 ID:4Z0EuWNq


                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |







 l :l :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| ゙| :| :| :|
 l :l :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| [三三三三三三三] :| :| :| :|
 ̄ ̄ ̄ \::::| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| |ミ| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ミ| |\ ̄ ̄ ̄
二二二二 | :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| |ミ|    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ミ| | :|二二二
lillillillllillillli| | :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| :| |ミ|    ;;;;;;;;;;;;;;;;|ミ| | :| |lllililililil
lillllillillillillil| | :| :| :|。Oo。二二]  | :| :| :| :| :| :| :| |ミ|       ;;;;;;;;;;;|ミ| | :| |lllliilliliii
lillillilillllillill| | :| :| :|゚i゚Y゚ ┴┴┐ :| :| :| :| :| :| :| :| |ミ|       ;;;;;;;|ミ| | :| |iillilililili
llillllillilllillill| | :| |\ [゙゙゙]. ──┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 三≡三  ;;;|ミ| | :| |illlilililili
\ illllillillll| | :| :|\[ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"]    三=二 |ミ| | :| |iilllilillili
 ̄|=====|_l ̄"'|.  「| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|_|=====
i i |        \ l_!_____________|」
i i |
l l |



                    - ‐
                /       ` .
                /         .
                 /           i
                 .'        ,- ヽ-/
                  ,'     ,    、●.ソ
               ノ、    !  γ   /
.              /:::::ヽ、  ヘ. ゝ__.ノ
              /::::::::::::::::ヾ ´、 ー-'
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::7j
.         /γ⌒::`ヾ:::::::::::::::::::::∧
.          ;/:::::::::::::::::,\::::::::::::::::::::ヘ
        i:::::::::::::::::::::::::リ::::::::::::::::::::ハ
.          |::::::::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::ハ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ …君は、"レギン工房"の片隅で完成を待った。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



1566◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 22:56:55.64 ID:4Z0EuWNq


                 __
               /     ヽ
              /       ヽ
              |         _r_-‐ 、
              |        {==  ヽ.、_
              |      `⊂、  ,ノノ:::`::....、
              .', __    /  ̄`゙.、 ::::::::::::::::.、
                   r´..::::::::::....ヽム  _  ,゙ゞ::::::::::::::::}
             _/_,..-ー─ ‐‐ ´...::::::::::::: 'ヽ:::::::::::;::'
            ,.-<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙:::;/
.          ,ィ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::メ
        ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
       ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
       〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y´
       /::::‘、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      i::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
        i::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      i::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
       i::::::::::::::::::/ V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そうしなければならない、という理由が何かあったわけではない。
┃ だが――

┃ それは君にとって、まるで我が子が生まれるかのような重大事に思えたのと同時に、
┃ 猛獣が檻から解き放たれる瞬間に備えるかのような緊張感があったからだ。

┃ ここで席を外すわけにはいかない。理屈でなく、君はそう思った。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1567◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 22:59:49.31 ID:4Z0EuWNq


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ やがて――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






                                  _,n_00  _      __   __                   ∩
                                 └l n |    辷l /7   コ L  └┘/7  [][]「l         ∪
                                   U U     くノ   ̄ ̄    <ノ    くノ o o o    o





            / ̄ ̄ \
          /  __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)
              |    (___人__)
            |.     ` ⌒´ノ
           |        |
            iヽ       |
           }:::.`> ー-´-くヽ- 、___、
          _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 7¨:.ヽ
       __/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::\
    ,.-<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
   r´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::ヽ
    }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::\
   f:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i: /.::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /.:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
 /.:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::rヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君の耳に届き来る、機械と金属の接合音。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1569◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 23:04:46.97 ID:4Z0EuWNq


             ____
      r----<____ r<__>`丶、
     _{ト====彡三三ニ{=======彡人 \
     ト======イ:. :. :. { ========彡ハ   ヽ
     {:. :. :. :. : / ̄ ̄\:. :. :. :. :. :Y⌒ヽ   `、
     '^¨¨¨ 7 /'    :| ヽ  ̄ ̄ \:. i
   /     '         :|  `、       \
           i  :|   :|   ハ:|  :|    ヽ   i
   i   |   i_i|_|___:|   :l -―――:ト|   :     |
   | :|i |   l i| | :j|   :|  / u.| /||   }i   {
   | :|| |   |八| 八  :| ,    |'  |||   ハ  :八
   | 八|   ィf===ミ 、 { / ィf==ミト|  '⌒:   ',
   |'  、 `、 { 乂__ソ  /   乂__,ソ/从/{,,こ}    ',
   |    \:∧            / }/ イ ノ     ',
        } |込::,;/   '       .;;\   }i |    |: ',
      / |  、.u       ,   ヾ;;/ 八 |   / ハ i
     /イ | / \  `     u./  / /| 人 /  }j
.   ⌒  i :|  / | 心 ___,,...       / / :| /  \ ノ'
.       l :| :/ _,|_i 「ハ       / イ /i|'  ̄ ``丶、
.       | /| ,      >ー }     /  | |ノ
        / :/   / /     _ ,,... | |:         i
      ,    /___イ    _/     / '          |
       i   ,__/{::::::{へ          '  { :}       |
       |   /{::::::',::::::',:::::.       /   V
       |  __{::、::::::::、::::::、::::、     /     }       '
       |/:::}::::\::::::\::\:\=彡'     /        /
     ノ::::::ノ: \:::\:::::`::::::`::::ヽ      /        /
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ほどなくして、リッカは工房から姿を現した。
┃ その顔には疲労の色も濃いが、喜びや満足感がそれを上回っているように見える。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                          _____
                     /           ヽ
                      /              ,
                  l            i
                          j!        :
                   l ,..-、_,ノ ヘ,___,ノ }
                   |  ( ● ) ( ● )  |
                 l  r     i     、 .!
                    ∧. ゝ、  人  ノ ./ォ、_
                    _,,イ/,|ヽ  ̄´_` ̄ ,イ////l
               _, - ≦////|l! \ ´ ` .///////ゝ、
             ∧,////////{ l   `ー‐ ´ ワマ/////∧
             /,/∨/////// l     ,'///`' 'ミ,///{`ミ- 、___
             }///∨/////__     ヽ//////`ヽ;ヘ //////≧ォ 、
        ,.イ/////ヽ///|    `ヽ   ,.'´}/////////`//////////,`x
       /> ´/////∨,∧            l//////////////////////\
       ,r7///////////∨/》            マ,//////////////////////ハ
    ///////////////∨,|            ∨//////////////////////,
     {/////////////////Ⅵ             ////////////////////////}
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ その手に携えられていた剣の姿に――
┃ 君は一瞬、声すら失った。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1571◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 23:07:13.72 ID:4Z0EuWNq


                   __   r=========ミ
               r‐=≦:. :.{==={:. :. :. :. :. :. :. :. ヽ
              /:. :. :.>'"   `ー=ミ:. :. :. :. :. :}
               {:. :/   {   \   `、\:. r={\
              ∨        \\    ¨ヽ:. :. ヽ
              '    ハ    / ̄ヽ ̄i   i:._:.  ',
              i  | '/ \\   }_从ハ  |:._:|i  ;
              |  | {  _ ヽ  ̄ィv莎≫ i _|:. ハ i
              |  |  ィ'v夕       ,,,,,,, j/^ Y   :|
             人 /ハ   `      ;;;;; / ) 人   |i
                  ´  八:;;;'  v フ     /イ    八
                     ヽ           /|¨´|    {  \
                        } >    ,. ´  | 人    }
                _ ノへ  〕¨     | '   \ ,
              /    ̄ 〕}<     人    ∨
             ,  _     ノ 〉 `  ' ̄  -> 'ニヽ
         /,. '"   ``丶、'  〈        //  \
        / '"     {      \ \      /  {
    _ -‐      /\    イ ハヽ `¨¨¨¨´    、      }
   /        /   ( v / / / }  \ /       V   /
  ,       ,.     八¨⌒7ー' \  \        }   ,
  {       '"      《: ー/-‐'"   \  \     ノ   {
  ゝー ´         /  /          \  ` ̄)     ,
               {  '          \ヾ\   /
                ノ {            ヽ 人  ,
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃リッカ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「お待たせ。
┃ できたよ、私の…私たちの、最高傑作」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                         _
                       ´     ̄ ̄
                    /           `
                      /              i
                  /                  |
                   /                 |
                     /          ,=、\ ./
                /         ゞハ\V   :/
                 /  ヽ            ハ__,/
   ____       ___. ノ    !   /⌒    iゞハ '
 /7777jー-v∧∀///イ         ゝ、    _.ノ く
///////∧/////X///i    /  i    i^ー ´ ゝ,._.ノ
////////∧/////)//,i     |     ` ヾ_/´
/////////∧////,フ/,i     '.     /
//////////∧///V//i  |    \__ /
//////////z∧///V/i<_;|     ∧V∧_
////////////∧///Vi> ヽ  / ∨i//iハ,、_
/////////////∧/,∧i,    |    :|/i//|///∧_
//////|:///////∧//,j   .i     |/i/∧///∧\
////:∨/////////i//マ   |      :|/i//7////|//ム
/////∧////////{///{   |     :|/i/∧////|///ム
//////∧///////|///|    |       |/iV//////i///ム
///////∧//////|///i!  〃      |/ij!//////j///,ム
///////∧/////,i///|        ////://///|/////
/////////,∨///,i/,|//       /////////,|////
//////////,∨//i_ノ//,         i////////////
///////////,∨/|////|        〃////// |/////|
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ その重さ、その手応え。
┃ ひとつひとつをつぶさに感じ取るように、君はゆっくりと、渡されたその砲剣を握る。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1573◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 23:15:22.26 ID:4Z0EuWNq


                  __,,,,... --‐‐‐‐- 、_
            ,. - 、_ ,r'";;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::`'' - 、 _,,,...、
            /   /;;;;;;;i;;;;;::::::i::::::i::::::::ト、::::::i::::::::::::::::ヽ  `ヽ、
          ノ  ,ヘ i;/;;;;/!;;;!:::::::l::::::ト;:::::| ヽ::::トト;::::::i:::::::l,.へ  ヽ
         /  /  〉´'、/_,,,`_ヽ、_!ヽ;! ヽ:!  ` __ ヽノ`'!人  ヽ  '、
        /  /   ,'  ,'";;;;;;;;;;;;ヽ _,,.....,,_  ,r'´;;;;;;;`ヽ   i   ',.  ',
      /  /     !,.-={;;;;;;;;;;;;;;;;;;r',.、  ,、.ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}=-、,!.   ',   ',
       ! /    ,イ   ヽ、;;;;;;:ィ' i,ノ   '、i `i、;;__;;;;ノ     !,   '、  .i
      l i    //    ,:'ー'"`ヽ、,,__ ,,, ____,,ノ'"''- 'i     ':,ヽ、 ゙i,   !
      '、,!  / .,'      `'ー''"_,,,.、--rー--、,,_''‐-‐'゙       ',. \.ヽ,.ノ
      ヽ,/   !  (  ‐=ニ二! ,,,,____l_____,,,,..!二ニ=-   )   i  `'´
           ヽ          ,,,___,,,,.             ノ、
        ,、-'"´.〉、        `'--'"          ,.イ  ヽ、__
     _,、-'7´   ト, `ー- 、 、         ,.   _,、- ' ,イ    ヽ`''ー 、_
  _,、‐'´  /      i. ',    ``''''-、;、,,___,,,,.、-'"‐'''"´    / !      ヽ   `ー、
     /      ! ',     _,.ri''"^'''''^'''ヽ、        / /        ヽ
    /       l  ヽ   /  !    ノ  ヽ    / /        '、
    'ー-、,,_     l  `-'´   ,.r'"⌒iヾ、    ヽ,.イ  /          !
       _,..>     !  ヽ   /    '  ヽ    /  /     、‐‐''''''"´
    ,-'´        ',   ヽ/       ゙、/   /         `ヽ、
     !        ヽ    ヽ      /     /          ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃クレナイ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「しかし、もはや"龍王"とは丸っきり別物だ。
┃ こいつの名前をつけてやらねえといけねえな。

┃ 何てぇ名前にするね?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                    ― ---
                / ⌒人  ̄ ̄ ``丶、
                /'" ̄)廴 _7 ̄ \     \
                /(彡ィ人 /==人   _〉ヽ
           / {:::::::斗 - ⌒ー 、:`   /:}  ',  ',
              //           \__Y\
          {   '   '  /   ハ  ', \\}
        /⌒)_,,{   | / ト  i,,、_   |\|  i  i
       // ̄ヽ_)  x=ミ人  |  \ |   |へ|  |
      ノ-= ⌒Vノ人 从乂ソ \| x=ミ、  |( |  |   '
     . -=ニヽ ノ''"  ̄ )..:      ゞ ' 人ノ |   /
     /-=Y__ ノ-=ニイ 人   '    ..:..:  ノー '|   ,
   r=/-ニ ノ-=二/ 人   \  、 _   ィ  |  ,
  人-==- -ノハ  _ \人 `     '   l  从  /
 〈-==-  ---/ ,   7 7 V }`¨´   人' _
   ト -===ソ  /   ,  /\_    _ ノ/ / ̄  \
   |                ヽ ノ    / /
       i  ,    {ノ  {            / / {/    i
  ,           ノ \ 、         / ノ  '    ,
  i     ∨   '      、___/   、_{     /
        ',   { ⌒     {    ノ    _ ヽ
   ',     i 人        人  /         }   :
   ',     }  /}ヽ    /    、        ,     ,
        /   ―‐   ―       イ   /
     ー      }               )   /   /
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃リッカ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…これは、"龍王"をベースにした全く新しい砲剣。
┃ シシムラの皇様も"魔人"退治への願いを託してくれた剣。

┃         ホワイト・ナーガ
┃ そして、"白鱗の蛇竜"の最終兵器として生まれてきた一振り。
┃ だから、こう名付けました」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1576◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 23:17:26.41 ID:4Z0EuWNq

                               ,、
                                  / .,
                              /   '.,
                                /     ,
                                 │     |
                                 │ ∧  |
                                 │ /  , |
                            │ l  l │
                            │ l  l │
                            │ l  l │
                            │ l  l │
                            │ l  l │
                            │ l  l │
                            │ l.二.l │
                            │ l.三.l │
                            │ l.圭.l │
                            │ l.三.l │
                            │ l.二.l │
                            │ l  l │
                                  |r‐'ニー、.|
                                  ||i´〈〉 `i||
                                  ||{:.:.}{ :. }||
                             ||.L,八_」.||
                                :|| 「,八`i ||
                             || J〈〉J ||
                             ∟ ._____. !
                                 |/ l {} lΛ|
                               〈__| Λ |_,〉
                             / l l ,| lヽ|
                            l| |/ ,| ヽ |
                            / |   |  lヘ、
                            ,r、/  Λ__,|__Λ ,〉
                            /\ヽ 〉 ,Λ 〈/
                        /\ミ\/ / Λ/
                        \ミ\/ /   Λ
                          \/  ヽ_,/ .|
                           |  「ニニニ| ,|
                           |_|ヽ.__/_|_,|
                                 |‐|
                                 |‐|
                                 |‐|
                                 |‐|
                                  〈エ〉
                                 ∨

┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃リッカ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                ハクリュウオウ
┃                     「――最終砲剣・白 竜 皇 !」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



1578隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 23:17:52.72 ID:vOJPTq9R
ひゅーっ!!


1579隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 23:18:28.76 ID:urn0TJCg
ヒューッ!


1580隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 23:18:59.15 ID:qU9D1JzL
ヒューッ!


1581隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 23:20:55.88 ID:2tg/TosM
ヒューッ!


1582◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 23:21:36.97 ID:4Z0EuWNq


                         , ------ 、                   / ヽ
                        /      \              /ヾ /
                       i             i           /ヾ/
                        |  \    /  │         ./ヾ/
                        | ( ●) (● ) | 、-- 、   /ヾ/
                     i  (__人__)  i  弋||ニi/ヾ/
                      , -!   `⌒ ´   !-、   /○||´
                     |、ヽヽ       / / |.../ト、/弋`||
               ,  ―――´ | |、` ――― ´.,| |  `――‐  、`弋 |
             / ヽ       ヽ  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄/ /     / \  ´
            .i    ` -  r―‐/\    /ヽ― 、  - ´     i
         /           | /- ―┬― -\ |         \
         >、 ` ー--   ,/       |  , -_-、.\  --― ´ ,<
           .>、  ー――‐,‐ ´ ξ^^ξ  |  iィrオj }_j`ー、-――‐ ,<
           >、  ー‐,―、´     V    .| ハ.ゞツフ    ,`ー、‐―‐ <
         /    /::::::i\.  ,. --―┴―-- 、   /!::::::::\   ヽ
          /_ /:::::::::八  Y                Y  八::::::::::\ _ヽ
        i::::::::::::: /:i  ヽ. ヽ              /  ,/  ト:::::::::::::::::<
          i::::::::::::::::::::// .|ヽ´ \, -――――- 、/ ヽ´|   i::::::::::::::::::::i
        , - !::::::::::::::::::::|  /    |         |   ヽ  .!::::::::::::::::::::!- 、
      i` ー――――i , /\     !         !   /ヽ .i――――‐ ´i
┏━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━┓
┃ 主人公                 インペリアル/パラディン          Lv:53
┣━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━┫
┃【HP】 04 ■■■■  【TP】 11 ■■■■■ ■■■■■ ■
┃〔STR〕 13 ■■■■■ ■■■■■ ■■■
┃〔TEC〕 08 ■■■■■ ■■■
┃〔VIT .〕 10 ■■■■■ ■■■■■
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆装備◆
〔砲剣〕RankX/最終砲剣・白竜皇 .性能値:14+〔STR〕13 = 攻撃力:27[斬] ドライブ+10
┃〔盾  〕Rank8/ヒルデブラント   .性能値:01+                   封異常耐性4
┃〔重鎧〕Rank6/アラロマーナ    性能値:09+〔VIT .〕10 = 防御力:20
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆スキル◆ …ドライブスキルの火力向上を重視する
┃《砲剣マスタリー》    ■■■■■■■■■■
┃ 常時効果:砲剣系スキル習得用
┃《アサルトドライブ》   .■■■■■□□□□□   攻撃力:51[斬]
┃ TP2<腕>:白兵・砲剣/攻撃力に+((SL/2)+7)を加算した[斬]攻撃を行う。
┃                   ただし、オーバーヒートにより砲剣の攻撃力が4低下する。
┃              オーバーヒート中は使用不可。
┃《フレイムドライブ》   .■□□□□□□□□□   攻撃力:49[斬+炎]
┃ TP2<腕>:白兵・砲剣/攻撃力に+((SL/2)+7)を加算した[斬+炎]攻撃を行う。
┃                   ただし、オーバーヒートにより砲剣の攻撃力が5低下する。
┃              オーバーヒート中は使用不可。
┃《フリーズドライブ》   .■□□□□□□□□□   攻撃力:49[斬+氷]
┃ TP2<腕>:白兵・砲剣/攻撃力に+((SL/2)+7)を加算した[斬+氷]攻撃を行う。
┃                   ただし、オーバーヒートにより砲剣の攻撃力が5低下する。
┃              オーバーヒート中は使用不可。
┃《ショックドライブ》   ■□□□□□□□□□     攻撃力:49[斬+雷]
┃ TP2<腕>:白兵・砲剣/攻撃力に+((SL/2)+7)を加算した[斬+雷]攻撃を行う。
┃                   ただし、オーバーヒートにより砲剣の攻撃力が5低下する。
┃              オーバーヒート中は使用不可。
┃《シャープエッジ》    .■■□□□□□□□□   攻撃力:28[斬]
┃ TP1<腕>:白兵・砲剣/攻撃力に+(SL/2)を加算した[斬]攻撃を行い、
┃                さらにオーバーヒートによる攻撃力低下を1回復する。
┃               オーバーヒート中のみ使用可能。
┃《インパルスエッジ》  .■■■■□□□□□□   攻撃力:27[斬]
┃ TP1<腕>:白兵・砲剣/攻撃力に+((SL/2)-2)を加算した[斬]攻撃を行い、
┃                さらに(与えたダメージ+1)だけ、自身のTPを回復する。
┃               オーバーヒート中のみ使用可能。
┃《クールエッジ》      ■■□□□□□□□□   攻撃力:26[斬]
┃ TP2<腕>:白兵・砲剣/攻撃力に+((SL/2)-2)を加算した[斬]攻撃を行い、
┃                さらにオーバーヒートによる攻撃力低下を2回復する。
┃               オーバーヒート中のみ使用可能。
┃《チャージエッジ》    .■■■■□□□□□□   攻撃力:27[斬]
┃ TP1<腕>:白兵・砲剣/[斬]攻撃を行い、さらに次のターンに使用する
┃                ドライブスキルの攻撃力に+(SL)を得る。
┃               オーバーヒート中のみ使用可能。
┃《リミットオーバー》    ■
┃ TP2<頭>:先行/ドライブスキル使用時の攻撃の達成値を2倍にする。
┃               《チャージエッジ》を使用した次のターンのみ使用可能。
┃《リアガード》        ■■■■■
┃ TP1<頭>:先行/自身の防御力を+(SL)する。1ターンのみ有効。
┃《ドライブブースト》    ■■■■■
┃ 常時効果:ドライブスキルの攻撃力に+(SL)を得る。
┃《コンバーター》     ■■■□□
┃ 常時効果:敵の弱点を突いた際、(SL)依存の確率で自身のTPを1回復。
┃《狩猟者の嗅覚》     .■
┃ 常時効果:Foodイベントの効果を任意選択できるようになる。
┃《盾マスタリー》      ■□□□□
┃ 常時効果:盾系スキル習得用
┃《バックガード》      ■■■■■
┃ TP1<腕>:支援・盾/味方全員の、白兵以外に対する防御力を+(SL)する。
┃             1ターンのみ有効。
┃《ディバイドガード》    ■□□□□
┃ TP1<腕>:支援・盾/自身の防御力に+(SL/2)し、味方単体を庇う。
┃《挑発》          ■■■□□
┃ TP1<頭>:先行/敵の単体攻撃の対象を(SL)依存の確率で自身に向ける。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1583◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 23:23:37.10 ID:4Z0EuWNq

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ◆ クエスト一覧 ◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 1  天罰を下す者
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃[依頼者] 国王トレーズ
┃[迷宮]   B17F 失われし時代が産んだ忌み子の眠るゆりかご
┃[形態]   討伐
┃[報酬]   5000en
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃ もはや、語る事はあるまい。
┃ 障害を排除し、"世界樹の迷宮"の最下層を目指してもらいたい。
┃ 進捗に応じて援助金は供出しよう。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃.A  ★デスパピヨン 討伐(B16F)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 次回受注するクエストを選択してください。

┃ ↓このレスから5分以内、1D100結果が最も大きいもの採用 同着の場合はミリ秒の大きい方優先
┃  (ダイスを振るには !1d100 と入力してください)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1585隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 23:24:33.28 ID:wBzIju7/
A
【1D100:62】


1586隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 23:24:38.77 ID:qU9D1JzL
【1D100:10】



1587隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 23:25:17.79 ID:urn0TJCg
【1D100:92】
A
倒せるかな?


1588隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 23:26:06.77 ID:y5X+bMVn
【1D10:9】
A、白竜皇の切れ味試しじゃー


1589隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 23:27:08.59 ID:OdIy1chY
【1D100:64】
A

オメガよりマシでも相当に強いだろうなぁ。


1590隔壁内の名無しさん2015/11/03(火) 23:27:33.94 ID:nqphLU3r
【1D100:13】
A


1591◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 23:29:37.40 ID:4Z0EuWNq


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
.A  ★デスパピヨン 討伐(B16F)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

          _  -─…………=ミ             */
         <{        〈   `寸ハ           */*     *
     <    ` 、_    iゝ   | ::::.           */*    */*
   f´、   \_    \≧___l三ヽ |  :::::.   ゚    */*  */*        o
    \\   { `ーミ  ア´ ̄ ̄`寸  :::::.      */*   */*
      ー ー-ヘ     Y      .::::,  ::::::.     /*   */*    -─=ミ
         ヽ  ー=={    /⌒ヽ:::,   :::::.    l     /  . <ニ=-   ハ
        r:  「`^'' ‐=ニハ    乂__ノ:::::,   ::::::i    l    / //_  -‐──ヘ
   *     }`ーr‐-  _入        :::}  :::::::|   l   ィ´//∠二ニ=─…=
          j  _ヽ    ̄`^''ー─=〔  :::::::f⌒ヾーく^ヾ::/ ⌒ .  }─ ''^´ ̄}
         /´ ̄   ーァ=''^´ ̄ ̄ ̄>‐:::;ィ乂_ ム  }_.ノ 乂_.ノ   j{__  -</
    o   {_____ ィ´       -‐  _ ィ´ ̄::::::::::T!/{∧__ -=≦     /
        \    ̄ Τ ̄ _  -=ニ::/:::::::::::::::::::ノ マヘ  ` <    ニ=-一
         >──…=''^´ -=ニ:::/::::::::::::::::/、  ヾゝ、   ̄/
o       /  _  -<  イ   .::::/>::、::: <_.ノ Y   マム  /       x
     /  -‐  .ィ ´  /  .::/::乂::::::j´ー'´.ィ'   |、  マハ ´   *
    / ̄´ -‐ ´丿   > ´/:::::乂:::/  //  / `¨ Ⅵ
       /    / > ´   「:::>‐ '/  j /   /  .   リ
    { /    _> ´        ー′ /  / / /   "   /    ,,
    廴 =‐         o        /::/  > '      /             ¨
      *                {:::_> ´  .;.     ー         *
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 上記のクエストを受注しました。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1593◆SQ.iJMf4FY2015/11/03(火) 23:29:52.98 ID:4Z0EuWNq
今夜の投下を終わります。



関連記事

category 【完】デジタルAAゲームブック世界樹の迷宮Ⅱ
◆SQ.iJMf4FY
comment

6

edit
edit

Comments

comment
エグザイルワロタ
しかし初期の武器が新たに甦るというのは熱いなあ、アバン先生もしかして古代人の末裔とかであらせられるのでは
comment
アバン先生はどっか別の世界樹をクリアしたけどそのとき受けた傷が元で本気出せないとかそんな人なんじゃねーか・・・・
comment
アバン先生は詳しく知りすぎなんだよなあ。
俺は古代人そのもので後の時代を見守るために命を永らえさせている古代人の世界樹計画責任者(原作のヴィズルみたいな)説を推すね
comment
機械の鼓動、という表現にワクワクしてしまう
しかし良いなあこの王道展開。ここまでの積み重ねだよね
comment
「天才なので理解できました」って範疇こえてるよなぁ。
やっぱりアバン先生何かあると思うわ。
comment
コールドスリープから覚めたのが一人とは言ってないよなあ
しかしなんという熱い演出……メカ換装回は燃えるな


  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: