このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


【FF11】 やる夫はプロマシアに挑むようです 第十五話 「Over the mountain」


1434彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:00:21 ID:wxNcV17v





    第十五話


          「Over the mountain」




.



1435彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:01:08 ID:wxNcV17v

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
    ┃前回の直後から。
                                    ┃
      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛              メアの塔BF前エリア

                                              レベル制限のかからない準備エリア。
   .....;::|. `  .  .   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   |l|i.            .ただしここでかけた強化魔法などは
   ..::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....:.:.:::    |l|i....            BF内・レベル制限エリアに持ち越せない。
   .....;/|   `;   ` ;   .|   i              |l|i.
   .....:l i.     .,  ;.. . ._|   |  ノ     ` 、   |l|i: .:. : :‐.: ..――――… ・ ・  ・
   .....;:lノ. ; '  _,,..-ー.'"_..|::::___..レ'        ヽ  |i;.....
   .....;::| _, ,..-‐T__,,..l-ー '"_l.|       .: .: .: .: . :.:. : \l|;; : . . :.:. :. :. :____  _
   .....;::|"__,|..-‐'"|_..-ー'l"_ -┤.       .:.:.      . :. :. :. :
   .....;::|__,l,..-‐T"_,,.トー '"|_..-` .       ::::        .:.:::  .
   .....;::|__,,..-ー'"l.,,..-ー '"::::::::::::       :.:.:.       :..:.::..:.:.:...:.:.:.
   .....;::|__,l..-ー'"_,,,/__ ___         .          ` 、\
   '"    _ ___ __,,/  |__ _____ノ,   .            ヽ  \
   ______/______...../_____ノ  / |_____/_          ::: ::::::::   \_ ____:.:._
    :.: ./ ̄ /   |  `Y,_/  / __l  ヽ__    ヽ__`___-
    /_____,/______/__/  /____l, ̄/ ___  \  \/ ̄\  ヽ \
 /_____,/______/__/  /____l, ̄/ ___  \  \_>/ _ __  \  \/ ̄\  ヽ \


                  ―――――――― 、
                /::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :\
               /:::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : :\
              /::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : \
           /:::::::.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : :             ヽ
            /::.:.:.:.: : : : : : :                  :.             .(どうする。
.           |.:.: : : : :                      |
.           |:. :   ¨二ニ=ミ _ノ  廴_ 幺=ニ二¨      |            どうすればいい?……かお)
.           |:   ≫ ´  __  Ⅵ :i|i:i|i: Ⅳ  __  ` ≪   |
.           |   i{    ( ・ )  川 li|il 从  ( ・ )    }i  |
.           |    ≧=― ‐=彡       ミ=‐ ―=≦'゙   |
            :.        /            \        : /
           ヽ     /               ヽ  : : : /
         /\.   {               : : } : : : /\
        /        ヽ      人: : : : ノ: : : : : :.:.:.:.:.\
       /             ≧=‐≦ _ ≧‐=≦: : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::\
     /         : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::ヽ


1436彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:01:51 ID:wxNcV17v

         ____
       /     \                 「……」
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|         (現状をまとめるお。
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \          4人の外人さんたち。間違いなく未クリア。
 /\ ヽ          ヽ
                           お手伝いの方々も4人)



           _-─―─- 、._         (BFをクリアすれば、
         ,-"´          \
        /              ヽ     ...その時点でタブナジアに飛ばされるらしい。
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ    .今までのプロミヴォンと同じで、
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /     未クリア者はクリア後に
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\      .向こうを手伝うことは出来ない)



         ____
       /      \           (外人さんたちは、
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ        弱体アイテム・回復アイテムも
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<          持っていない可能性が非常に高い。
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|        戦闘中の意思疎通はタブ変換)
  {   {         \`7ー┘!


1437彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:02:47 ID:wxNcV17v

                                        [高速思考スキル 発動中!]

               ____
            ,. -'"´ .,.、ァ≠メ、.`¨ー 、              (戦力比較を行うお。
            . l´~`         `ヾ、  .ヽ、             お手伝いの方々はうちのパーティの中核も中核。
         /          _   ヽ   ヽ、
         / / ,.`ヽ     イ ,r;.、`ヽ        ヽ、         バルクホルンさん(戦) やらない夫(モ)
       /  .i ヾツ !        ゞ゙ン  |          .ヽ       こなたさん(白)      マミさん(赤)
      ./     --ノ´       ヽ ._ 、             .ヽ
     /       . ヽ  、                        i       .向こうは
     /     ._ ノ_                       l
    ,'      .{ 、_,、丶                      /      (忍者) (侍) (黒) (赤/白)
    i      冫ー 'ヽ、 __                     /
    ',      .` ー__‐                  /        .特にマミさんが赤/黒の爆発力重視、
     ヽ、                         /           戦士のマイティストライク、
      ヽ、_                     /           モンクの百烈拳と短期決戦準備が完成しているお。
         `¨i                     ヽ
          /                      ヽ          向こうの爆発力は侍の二時間アビリティ、
         /                     ヽ         .後は長期戦の構えになるお)


1438彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:03:40 ID:wxNcV17v

                      __
                 _.. -''''゙゙゙´    ゙゙゙゙'''ー,,、
              _..-'″             `゙'-、、
            /                    `''-、
          /                          \
         /                              \
        /                               \        [高速思考スキル 連続稼働中]
       ./                                  ヽ
      ./                                     ヽ
      !                                    l
     .!      `'ー ,,_                  _,,,___         !
     |     -.、   `''ー ..,、        ....ーー''"´   ._,-         !
     l         广''┬--v-‐.        .'i-----r‐''゙]         i!
   ,..-'".l      ヽ,、.ゝ-'゙ _./         ヽ_.゙ー'" ./         ,l~ ..,,,
  ´    ヽ       .`゙゙゙゙゙./             ヾ゙゙゙゙゙゙゙          /     ゙゙'-、、
       .\       │                l              /
        .`'-、,     ゝ..____,..-ー ._____ノ        ,..-'´
           `''- ..,_ .、,__,___________..,_ .、,__, -'''"

(もし4人を交代させるとしたら。

      バルクホルンさん←→ 忍
      やらない夫    ←→ 侍
      こなたさん     ←→ 赤
      マミさん      ←→ 黒

かお。うちのパーティからは白魔がいなくなることが確定。
なおかつ向こうの前衛さんがたに、シーフのいるパーティの立ち回りが可能かどうか。

バルクホルンさんのような、『中衛の動きも見てくれる前衛』なんて本当の本当に希少なんだお。
今からテストできるわけもなし。出来ないものと見ておくお)


1439彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:04:11 ID:wxNcV17v

              ____
             . '"   U    `丶、         .(最後に心情。
             /  \         \
          /     `¨″  `'ー'" ̄`          おいらの勝手な気持ちではあるけれど。
            {  三三       三三   }
         '.                 J /       ……それでも、こういう場所で出会った
             \ u  ゙'ー'^'ー'゙     /
               `¨7    ̄       ‘,         ピンチの人間には手を貸したい。
                /          ‘,
                                  そういうのはあるんだお。どうしても)


             ____
           /      \       .(二週間前まで、
         /           \
        /   _ノ ::::::: ゝ、  \  ......プロミヴォンのことも何も知らなかった自分が。
          |   (○)  (○)  u |
        \   (__人__)   ,/  ......ひとつ間違えればそのリーダーと同じ危機に立っていた。
        /    `⌒´    \
                         そう考えたら、『手を差し伸べない選択肢はない』んだお)


      ___
    /       \          (けれども、その危機を回避できたのも。
   /          \
 /   ノ  ヽ、_    \    ....ここまで来れたのも。
 |   ( ●) (● ).     |
 \ l^l^ln__人__)     /     お手伝いを務めてくれて、
  /ヽ   L⌒ ´
      ゝ  ノ             助言をくれた4人の力あってのことだお。

                         その4人を、この最終局面でパーティから外す?

                         ……それは……)


1440彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:04:37 ID:wxNcV17v

              / ̄ ̄ ̄\
           /       ::.
           |        ::::::|
           丶  .......:::::::::/
                7⌒    `ヽ
               /       ト、                「……」
                /  /      !
            /  /      / /
              (_ノ     !ノ
              j       `ヽ
             /   / ヽ  ヽ
               /   /    ‘,  ’
           /   /      ‘  !
           (__ノ      (____)


      /      : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
       /       __:_: : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     ∧       /--、 `: : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     /         ├=〉 : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::/
   ./   \   |i ├‐/   : : : : : : :::::::::::::::/
   /       \ il |-{            /
  ./        \ _,|i__ハ、       /
 /           `ー┴‐=ヘ、_/ / ギリリ
                 `ー一


              ._____
         ,,.. ' ´            `・ .,                  ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .
       ., ・´                \             .: :                                       : : .
     ./ /7 ̄i=、_  ヽ ヽ          \         : :  ...胃はキリキリ痛む。                         : : .
      /.  ,イヽ.,'  .l  !`ヽ } }          ',         .: :                                       : : .
    ./..  l  〉  丶 l  |ヘ            .',         .: :  ...脳の奥で何かがチリチリ言ってる。              : : .
.     l   ノ ,'      丶i        /      l          .: :                                       : : .
.     l   〈  l         |     /;;;;,,,,      l          .: :  ...「これでいいのか?」ともう一人の自分が聞いてくる。.: : .
.     {  ...|             | 、_ィ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;    }        : :                                       : : .
    ',   .l          ,'    ヽ         /          : :  ...それでも、この結論しかない、か。              : : .
    ..', ノ `ヽ        .,'     }      /           .: :                                       : : .
.       ヽ〉、_l__     .,'人    ノ     /             : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :
   _,. < .r'´    `ー-、.,'_  ー '   ,. < > .,_
. <    .,'           .ヘ、     ,. <   /   > .,_
     .,'           ヘヘ  ∧   /        > .,
    /              ヘl.  | マ /               \
   .〈                 ヘ. |  ∨
    V ̄`ー-、          .! |


1441彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:05:00 ID:wxNcV17v

   .....;::|. `  .  .   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   |l|i.
   ..::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....:.:.:::    |l|i....
   .....;/|   `;   ` ;   .|   i              |l|i.
   .....:l i.     .,  ;.. . ._|   |  ノ     ` 、   |l|i: .:. : :‐.: ..――――… ・ ・  ・
   .....;:lノ. ; '  _,,..-ー.'"_..|::::___..レ'        ヽ  |i;.....
   .....;::| _, ,..-‐T__,,..l-ー '"_l.|       .: .: .: .: . :.:. : \l|;; : . . :.:. :. :. :____  _
   .....;::|"__,|..-‐'"|_..-ー'l"_ -┤.       .:.:.      . :. :. :. :
   .....;::|__,l,..-‐T"_,,.トー '"|_..-` .       ::::        .:.:::  .
   .....;::|__,,..-ー'"l.,,..-ー '"::::::::::::       :.:.:.       :..:.::..:.:.:...:.:.:..   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   .....;::|__,l..-ー'"_,,,/__ ___         .          ` 、\  . |        結論、出しましたお
   '"    _ ___ __,,/  |__ _____ノ,   .            ヽ  \..ヽ__________________乂_
   ______/______...../_____ノ  / |_____/_          ::: ::::::::   \_ ____:.:._
    :.: ./ ̄ /   |  `Y,_/  / __l  ヽ__    ヽ__`___-
    /_____,/______/__/  /____l, ̄/ ___  \  \/ ̄\  ヽ \
 /_____,/______/__/  /____l, ̄/ ___  \  \_>/ _ __  \  \/ ̄\  ヽ \


1442彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:05:31 ID:wxNcV17v

         ____
       /      \               「申し訳ないですけれど、
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \         助力はできません。
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/          .……お手伝いの方々と、
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |          メンバー交代も出来ません。
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |         我々はこのままのメンバーで行きます」


      /////////////////////≧x
      /////////////////////////ヽ、__ _ _. ィ′
      /////////////////////////////////〃
      ////////////////////////////////
      .////////////////////////////バ
      ////////////////////// ハ/ ////'
      ////////////// ゙.////// ̄∨¨V//',
      ///////////∠ユ  l///// __  1// !             「え、……え?」
      /////////γニヽ  l//// γヽ `////l
      /l////////{ {  } ! 1//.'  if l } /'////゙
      バ//////兮ゝ-シ ///′ 弋シ/|////7
      /∧/////l   ̄  //        八///
      //∧////|     /     ´  /////
      ////ヽ/ 代     _ -,  //////
      r ==─:\/゙,`   _ ̄__ ///////
      ヽl ̄ヽ´         h=ミ//////イ
        \‐',        匚| `ヽ///∧
      、 \` ヽ.        ノ.斗 ´ V//ハ
      ヽ  \、  ̄ ¨¨  〃   V/l `ヽ
          ヾ ー─    /′ / Vリ
         〉                {  ヽ
        {                 i    ヽ
        ヽ             |    _〉
         ヽ            | /Y´
        _',           レ'  |


ピキ _____
 /        \
/.ノL. ./   \   ヽ           「……ほう。
|. ⌒    ./ヽ    |
|      / ̄丶   .|          .理由を聞かせてくれ」
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


1443彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:06:30 ID:wxNcV17v


                            [高速思考スキル・全力フル稼働中]
               -―─- 、
           /         \
         ′  ─    ─   ,
          i  ( ●)  (● )  i         「まず。戦力分析をしてみますお。
          |     (__人__)    |
          、           ノ       こちら前衛:モンク 戦士
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ               ↑    ↓
       \ 丶′             7      .向こう前衛:忍者  .侍
        \ ノ           ト、_/            の交換。
.            ′           |
.          i           |        .侍には二時間アビリティの爆発力があっても、
         乂         イ        .モンクと戦士の二枚分にかなうものではありませんお。
            | /ー―一 、 |
           し′     、_j        今回のボスは、最後の押し込みが特に必要なんです」


      ___
    /       \             .「次に後衛。
   /          \
 /   ノ  ヽ、_    \          こちら後衛:.白魔  赤/黒
 |   ( ●) (● ).     |                  ↑    ↓
 \ l^l^ln__人__)     /           向こう後衛:赤/白  .黒魔
  /ヽ   L⌒ ´
      ゝ  ノ                   他の後衛とのバランスから言っても、
                         これが最善だと思いますお。


      ____
    /      \              .けれども第一パーティは、
   /         \            .絶対に白魔不在が確定。
 /            \
 |   _,   /        |           赤/黒の爆発力もなくなり、
 \(ー⊂ヽ、∩  u    ノ         .……侍さんの爆発力のみに期待するだけ、
   |  | ゝ_ \ /  )          になりますお」
   |  |__\  ” /.
   \ ___ \ /


1444彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:08:08 ID:wxNcV17v

   _____
 /        \
/.ノL.. ./   \   ヽ            「……そんなに爆発力と言うが、
| ⌒    /ヽ    |
|      / ̄丶   .|              そこまでそれが必要な相手なのか?
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |              .ヒツジの時みたいに、
.\ “  /__|  |
  \ /___ /              防御力が恐ろしい相手、というわけでもないんだろう?」


      ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /   /   \   丶
     │     /\     .|         .「ヒツジを相手にしたのと同じように、、
     |    / ̄ ̄\    |
      \            /          長期戦覚悟で向かえば
     , -‐ (_).ヽ      ィヽ
      l_j_j_j と)         i          .何とかなるんじゃないのか?」
       ̄`ヽ        | l


1445彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:08:52 ID:wxNcV17v

         ____
       /      \             「そこはもちろん、
     /   _ノ  ヽへ\
    /   ( ―) (―) ヽ             .おいらも未経験なわけで、
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
    \     ` ⌒r'.二ヽ<            ボスの情報だけしか持っていません。
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|          ですが……」
  {   {         \`7ー┘!


             ____             「ここのボスのタカアシガニ、
           /      \
         /           \         他のボスに比べて殺意が非常に高いんですお。
        /   _ノ ::::::: ゝ、  \
          |   (○)  (○)  u |        .ヒツジの技は、子供産み以外は弱い技ばかり。
        \   (__人__)   ,/
        /    `⌒´    \      .切り株の技は、空蝉で、or強化がなければ回避できる単体技がありました。

                           切り株の技の11個中、6つは回避できる方法があります」


          ____
       / ノ  \\             「しかしここのボスの技は全部で7種類。
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \             そのうち3種類が非常に危険な技で、
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   ..回復するのにどうしても後衛に
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /     ヘイトが溜まってしまうのが予想されるんですお。
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /     ..しかもヘイトリセットもあるので、
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /      ..長期戦はクリアの可能性を大きく下げてしまうでしょう。
  ヽ __     /   /   /
                              ……お二人も、赤/黒にしたのはそういう理由ですよね?」


1446彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:09:33 ID:wxNcV17v

                   ,ィ;ニ:ニ:ヽ、
                 /:/    `゙
                 {::{__,、__       __,
            ..-‐:.:.: ̄:.:.:.:.::/:::\:.: ̄:`:ー:-‐'´:.:/         .「まあねー。
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<
          /:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:::.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\          .前に説明した例え……って第一パーティだけか。
          ,':.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /|::i:.:.:.:.:.:.:|ヽ::.、:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:\
           |:.:.:.i/:.:.:.:.::,':-‐:/ |:|.:.:.:.:.i::| ーl-|:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.∧       .今回はダイス5回振るのとダイス10回振るの、
          |:.:.:,':.:.:.:.:.::|:.:.:./  !|::.:.:.::|:.l  |::|、:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.、:.:ハ
         |:.:.|:.:.:.:.:.:.:|:.:/___ |:.:.:./|/_|/ ∨:.:.:.:|:.:.:.:.:.|\|     どっちが1~3が出やすい?ってところかな。
         |:.:.|:.:|:.:.:.:||:/三三 |:/ 三三 /::∨::.:|∧:.:.:|
         |:.:.|:.:|:.:.:/|´            ・ハ:.:.:|:.:/  \:|        .長期戦は確実に被害が増える。
         |:.:.|/|:.:/::| xxx      `  xxx |:.:.:.:|/
         |:.:.:.::|/::.:.|、     'ー'^ー'    ,..':.::|:|            良いことはないね」
          |:.:.:.:.:|::..i::|::>::... __ __,..イ::i:.:.:.|:|
           |:.:.:.:.:.|:.:.|::|  \j  〈::.} ゛|::|:::.:.:|:|
            |:.:.:.:./|.:.:|::|\  \  ./  |::|:::.:.:|:|


                 从人ノ、
               ゝ从    ゝ - ―― - 、
              ゝ 〃   /////////////\
               _フ /    f/////////////////\
           ⌒7 /   f⌒Y Y´       ̄` ー-、//ノ         「特に敵の体力が減ってからは、
              厶イ   f´¨`Xノ          ト<
               ノ/   `Y´              ′          .技が連発されてひどい結果を呼ぶからね。
              ´/    ,.イ ′′ _,∠/ //  ハ}   '.
             厶イ从i'′i | !   〃/× / /  i   i!i        .敵の体力減少状態を
               '′_ ヘi「{   ィ斥ハ、 .'/ .-‐ ,ヘ ハ!
                    }   \A人  ゞ-゚'′   ィ斥厶ィ/ ノ      ..出来るだけ短くするために、
             __  .ゝ.   \i ト、!    , ゝ゚゙从/
            {i \   \  ∨i\  r_ァ   仆、_         一手でも攻撃を増やしたかった」
             ゛、  \厶_\ ii「丶゙ .z-  ≦=- /
                 > -―iー、__`ー' __\f`>-=x __ ̄
         ´`ー―/   __|ヽ_)  ` i二)、r'''`ー/  ヽ、= 、
            i  ir" |-、__    i'-‐`ー=-ー''',,  ヽヽ ソ
            、  {i .|`ー--'、   |`ー" .|'''' ̄_rー  .ヽi
             ヽ、_`-ヘー、--'  .,/、>-ミi.'--ニ'''  〃`ヽ
              v ニ 、`_-==-'/      i`ーヘ=="   ヽ
               ∨ {!    `     }    \      ヽ
                 ',  ヾ        /    ノ\    ノ


       / ̄ ̄\
      /  へ    \
.    (●)(● )  u. |         「あ、そういう理由でしたか。
     | |   u   |
     |___`___     |          .連続魔ドレインが強い、
       {`ー'´       |
      {      u. /           ってだけじゃないんですね」
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ


1447彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:10:22 ID:wxNcV17v

   _____
 /         ( ;;;;(
/ ノL            ) ;;;;)        .「……なるほど。
|  ⌒   /   \ /;;/
|        /ヽ  l;;,´.|        戦力的には、さすがに急造と
/     ∩ノ ⊃━・'/
(  \ / _ノ |  |            準備してきたパーティとでは雲泥の差か」
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


                      ____
              , <::::::::::::::::::::::::> 、
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::> 、 __ , イ
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       「え、でも。……それでも、さ。
          /::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::>´
.          /::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧          こんなダンジョンの奥地で、
         /::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::: ::::::::::::::|ヽ::::::::∧
.         |::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::: ::::::`ー-、::::∧          ……来るだけでも四時間かかる場所でだよ。
        |::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| , ィ= 、i :::|
         |::::::::::::|:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::/i::::|  i j |:::::|           私たちだから四時間で済んだけれど、
.       /:::::::::::::|:::::::::|:::::::::::::::::::::::::::/ :|::/ 、二ノ::::/         この人たちはもっとかかってるかもしれない。
       /::::::::::::::::|:::::::::|::::::::::::::::::::::::/""|/ ノ ""i::/
        /::::::::::::: ::::|:::::::::ヽ::::::::::::::::::/u. /  , ク .ノ/              そんな場所で助けてほしい人が居るのに、
     /:::::/::::::::::::::∨::::::::::,\::::::::/ ー=彡´/::/
.     ///::::::::::::::::::::ヽ::::::::|  \〈 ー ― = ィ‐、:〈             何もしないの?」
.   / /::::::::::::::::::::/|:::: ::|   ヾ /|∧   |::::' ,
     /:::::::::::::::::r '  :|::::::/ヽ__/三ヽ| .∧  , へ::::>、
.     /::::::::::::::::::::|   :|:::/ ∧ 《三》 |  ∧/     ̄ `
   /::::::::::::::::::::::::|   :|/i  ∧ ||||| |  /,
  ´ ̄ ̄ノ:::::::::::::::::|    :|__∧||||| |/ /


1448彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:11:03 ID:wxNcV17v


         ____                「もちろん。……もちろん心情は、
       /     \            .この人たちを助けたいですお。
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \       だけど今ここで、やる夫が手を差し伸べることで、
  | / .イ '(ー) (ー) u|       今日クリアするために集まってくれた全員に迷惑がかかる。
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \        下手をすれば、再び同じだけの時間を使って、
 /\ ヽ          ヽ      .……今日使った時間は全て、無駄になる」


          ____
        /      \
       / ヽ、   _ノ \
     /   (●)  (●)   \ n          「主催者として声をあげた以上、
     |  U   (__人__)    l^l.| | /)
     \    |i||||||i|   /| U レ'//)     ..参加者にクリアしてもらわなけりゃいけないんですお!
    γ⌒    ` ー'´    ノ    /
     i  j         rニ     ノ        .そう、思いますお!」
     ヽ、 l           !ヽ、_,__/


1449彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:11:26 ID:wxNcV17v

   _____
 /        \
/    /   \   ヽ
|       /ヽ    |          「そうかね。
|      / ̄丶   .|
/     ∩ノ ⊃  /        そういうもんか、主催者」
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


             ∩_
             〈〈〈 ヽ
     ____.   〈⊃  }
   /      \    |   |        .「もちろんおいらの勝手な考えですけれど。
  / ヽ、   _ノ \  !   !
/   (●)  (●)   \|   l       ここまでついてきてくださった方々には
|  U   (__人__)     .|  /
\    |i||||||i|     //          なんとか応えたいんですお。
 / __` ー'       /
 (___)      /             クリアという結果で!」


/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 丶、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......____
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::∧ :::::::::|\ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::| \ ::::「  \ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::|  ≦::::|二   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/             「……」
::::::::::::::::::::::| 〃__ノ } ̄ ヽ__ l::::|\:::::::::::::::::::::::::厂
::::::::::::::::::::::| {{、__,ノ   }! :::::|  ム :::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::| \       |:::l ィ)|::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::|   ミ=ー一   |:::  {J|::::::::::::::::::::'
::::::::::::::::::::::'.            |/ ヽ彡:::::::::::::::::′
::::::::::::::::::::::::'.            /´|::::::::::::::::;′
::::::::::::::::::::::::::'.            |:::::::::::: /
:::::::::::::::::::::ト :::\ー…─ -   /| :::::::: /
::::::::::/|:::::::|__>=ァ──y-、_,, ´  | ::::/
:::::: / ]::::::厂   //  \.  ノ/
::: /  | ::/    / ,′    、
::/  ;::/   //  {      ∨
,    l/    //!   |       、
     -‐//│  |        \


1450彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:12:56 ID:wxNcV17v

       ヽ/////////////////////////゙ヽ             .「でも、さ。
           `7////////////////////////∧
            ゙/////////////ト、////////////',          .私たちもやる夫も、
          l/////////////√ヽ/ ハ'////////l           .このプロマシアに挑戦して、
           l/////////////7=‐ ∨ l'////////l           .まだ三週間しか経ってないじゃない。
           l/////////////r┬ ┬‐l////rf///!
        //////////x// 乂ー乂,j////}}//,'|         この人たちとの差も、
       /-‐''V///////゙    三=彡////シ///|         私たちには凄いお手伝いの人たちがいて。
.          ∧///  `         ハ///ハ//ハ
        //,∨/ゝ   ー─‐ァ'   ィ////゙////ハ         二回のプロミヴォンをクリアしたという経験だけ」
       //////////>,-    个///〃//////∧
      /-=彳/////γ´り    У//イ/////////ヽ
          〃/r<  ヽ `ー-'´//  ‐- .///////ヽ
         |//   ヽ   ー -- :/    / `ヽ//lヽ/ハ
         l/                  〃/   ∨l ヽ/!


                -─-
      ト   _ .:.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.、
         .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
         〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       ′.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.           「たったそれだけしか違わないのに、
      i .:.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.廴_:.:.:.:.:.:.:.:. i          .助けてあげられないものなの?
      |.:.:|.:.:.:.:i.:.:.:.:.:/ .:.:.//  jヘ.:.:.:.:.:.:.:|
      |.:.:|.:.:.:.:|.:.:.:./.:/.://斗=ァ}.:.:.:.:.:.:|        ……少し違っていれば、
        .:.:| .:.:.:.:.:.:/.:/.:/  乂rツ/ /.:.:.:..:|        私があっちのパーティにいたかもしれないのに」
.      / .:∧.:.:.:.∨j/∨、: : : : :/ィ.:.:.:/.:.ヘ
     / ィ.:.:.:丶、人   __    イ.:.:.:.:/.:.:.:.:.ト
      |.:.r ⌒ ーу≧=- ´〔_|.:.:../⌒へ.|:.:.:.、
      .:.:/ 丶 /  λ  / |.:.:.i /   、.:.:.:\
     /.:.:{   V   | X  .∧.:.j〉′  〉i ̄ ̄
.    /.:.:.:.}     ヽ へ∨rヘヘ′∨    ∧|
   / イ〈      i 二|ヽ   i/ 、     〉、
     |.:.:、   λ kノ    j //    i.:.:.\
     |.:.i \ /   ̄〉´  ̄ V /    /|.:i、.:.:\
     レ.:〉  /    ∧      、     ッ|.:|  ̄ ̄
      i  /    /ヽヘ     \   ´ |人


1451彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:13:19 ID:wxNcV17v


          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
        /                 \
       /                 \         (そうだお。
      /                    \
     / .         -──    ─-   i        .一歩間違えた自分の姿、なんだお。彼らは。
     |         {{ ___,jl {{__}}  .l
     ..|.          `┴---┴´  '┴┴´  |        もこっちもそこは解っている。それが引っかかっている。
     |.         /          ヽ  l
   .  \.        {      八    } /         やる夫もそう思うんだお。
       \       `───´::::::`──'/
       /ヽ                イ\        ……それでも)
      /          ``ー- -‐'"´    \
                                  \


1452彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:13:39 ID:wxNcV17v

           ____
         /       \
        /          ヽ           「……さっき。おいらが毒薬と毒消しを間違えて。
      /           (!
      |              (_)         .皆さんに交換してもらった時の話を覚えているかお?」
      \_           ヽ'
      /           \


        .... - ―― - .....
  、__/....................................\
  \.......................................................\
    了.......................}\...........................:.
     {........................厂 }...../}.................}
     {....................../ 二}≠..、}.................}              「?なんだっけ……?
     {.................../ Π_ノノ 〉.................}
....   \...../}/   ≧=彡' .................}              これと関係ある話?」
       Y、           }.................\
       }\   っ _..ィ.....}......./.....}.......\
      /.......... ┐    l┐}..../........}..r―┘
     /...__√∟ ┌┘./../ー -、...\
     ̄/   l\厂〕_/..../     \...}
       {    l  Lノ /:..イ      }「
       {    l  ハ '"´ノ   l   }
       {  l   \{ } /     !


1453彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:15:09 ID:wxNcV17v

           ____
         /       \         「ジュースの話。
        /   ─     ―
      /     ( ●)  (●)'        山での値段はなんか高いってさ。
      |         (__人__)  |
      \        ` ⌒´ /        .……ここはやっぱり山なんだお。
      /       ー‐  '
                             それも雪山の、登山」


    / ̄ ̄\
  /   「   \
  |    ( ●)(●)      .「雪山登山か。
  |       | |
  |     __´___ノ       .慣れた人間でも危険と隣り合わせ、
  |       ̄´ }
  ヽ        }        生死をかけることもあるという。
   ヽ     ノ
    /    く           そんなイメージだが」
    |     |


               ____           .「おいらもそんなものだと思っています、
             /      \          .イメージだけなんですけどね。
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \    ...……食料、燃料、人間、運。
            |      (__人__)     |    ...全部揃えることのできたチームが、
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \      力足りずに半壊した生き残りに出会う。
                              今の状況はこんな感じだと思うんですお。

                              リアル命の危険とは全然遠いですけど」


1454彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:15:43 ID:wxNcV17v

     ____
   /      \          「そんな状況で、手を差し伸べられるのは
  /         \
/           \     .その相手を助けた上で、自分も生き残って、
|     \   ,_   |       山頂にもたどり着ける人間だけだと思いますお。
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |       .……命はかかってないですけど、
.\ “  /__|  |        .参加してくれた全員の払った時間は
  \ /___ /       とても大切だと思いますお」


      |ヽ       , <::::::::::::::::::::> 、
      ' ,::> 、r'≦三ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       ヽ/    <ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\               .「……そっか。
.      /      r ニソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
      i     , <:::::::::::::::::::::::::ト、::::::::::|::::::::::::∧             つまり、あっちのパーティに私が居たとしても。
.    r―――- <:::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::::|::::::::::::::∧_ __ ,
.     |       `>::::::::::::::::::::::::: ::|ー――:::::::::::::::::::::::::::ノ        助けることは出来ないってこと、だよね」
    |       /::::::::::::::::::::::::::::::::|   ヽ|∨:::::::::::::ヽ/
.    |      |/::::::::::::::::::::::|::::::::::::|、____∨::::: ::::::::〉
   |       :|:::::::::::::::::::: :::||::::::::::'弋二ソ ' |::::::::::::::/`ヽ
    |         |::::::::::::::::::::::::|:|::::::/  `二´  |::::::: :::/  :∧
.   |       |::::::::::::::::::::::/ |:::/、  """" |:::::::::/   ∧
   |        :|::::::::::::::::::::/ |/        |:::::::/    ∧
.  |       :|ヽ::::::::::::::/、   ´ `  イ /::::::, へ    ∧
  |        |\ヽr'´ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   `ー, ∧
__|        |   〉                      〉____
  |         |_ _|                        /       ヽ
  ヽ      /   :|           _____ _/         \
   `<_>´    ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


           _-─―─- 、._
         ,-"´          \              「……うん。
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ           主催者として同じ状況だったら。
       |         ::::::::::::::  ヽ
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)          同じ決定をするお。
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /          .今手を差し伸べたら、
         /  `''ー─‐─''"´\
                                下手をすれば全員が遭難するんだお……」


1455彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:16:16 ID:wxNcV17v

   _____
 /         ( ;;;;(
/ ノL           ) ;;;;)         「本当に?
|...⌒  ....../   \ /;;/
|        /ヽ  l;;,´.|         .彼らが外国人パーティだから、
/     ∩ノ ⊃━・'/
(  \ / _ノ |  |          というのが理由じゃないのか?」
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\                「瞬時の意思疎通や細かいニュアンスが、
    / ∪  (__人__)  \              .説明できる英語力がおいらにないのは認めますお。
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)       でも彼らが外国人でも、日本人でも。
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /         ……例えおいらのフレンドだったとしても。
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /         この場で同じ選択をすると思います。たぶん」
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /


1456彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:16:45 ID:wxNcV17v

          ____
         /      \            「最後に。
        /        \        .ここまでお手伝いをしてきてくださった、
      /) ノ '  ヽ、       \
    / .イ(ー) (ー) u     |       バルクホルンさんやこなたさん。
    /,'才.ミ) (__人__)       /      マミさんややらない夫が、
   .| ≧シ' ` ⌒´        <        どれほどのことをしてくれたかというのもありますお」
  /  /                ヽ


1457彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:16:58 ID:wxNcV17v

.:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::
.::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::
         ,..._         ./     , -   ̄ |;;!_,!;;!- _ ノ;イ;;r''   ヽ  ` 、
        /  ヽ        ./  , ヽ /       `ー'′ .: ‐ 、ヾ     ‘, 、  \_
      , -=ミ.  ‘,     .|  .УK                . : :   \ f ハ   |\,从ミ、 ゞそ
     ハ   ヽ  .}       .i/⌒マ|!:;\_         .: : :     ∧ イ   !    ` ィ゙´
     /;:i_  ;! Yハ      .j| ∧,.|ll!{  !乂 tッ _.,_   .: : __,,. ィ.Ⅳ/ヽ |  i{i  メ´
    ./i;:/  ``ヾ ヾ {     八 /|llト、 `   ̄ /.i  ̄ヾゝ`’ニイ :iⅣハヾ, !.| ト、廴´゙
    i , !!;    }. i ヽ!    / .У' !ll!ゝ    . ::/ `!  ! / `ヽ   ィiⅣ {/ / ! !`ーz
    /. !|r‐- ミ /.∧ }、 //≧彡|ll!彡  ::/   i  .!:.   :.:.:. 、ィiⅣ ゝ' / .|゙``
  /ヽ!ハ :.  ヽ{  イ! マ,<:;:;:;彡才lll!'´   ::   _ .i   !:. _  :.:/ /Ⅳー_<ヽ 、
_/' / !' .}  :.  / }! ./j ヤニヽ;:;:;:;そi !ll!  ,  _ ヽニ_/´  ' ./Ⅳヾそ:;:;:;:\\
ニ' ! ヾ「 ̄ヽノ .///  ヤニニ\;:;冫マi、 ' /ゝ- 二 ー--‐ォ、i./Ⅳミ`ゝ|ハ:;:;:;:冫 }
ニ!  i  ヾ_  / / ./   iニニニ\'ィマム ヾ、`ヽ- 二二'⌒ソ /Ⅳ ミ_てi|ニ!∠_ノ_
ニi  ‘,   ̄‐ "  /   ,仁ニニニニヽ ;マ℡、 ` ー─一 '" ィi㌢ `/;:;/ニヾ\廴`ヽ
ニゝ  \     /   /ニニニニニニ;>` ー三三三三三彡'" /;:;/ニニニヾニ\ニ>=-ュ
.::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::
.:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::


「戦闘時の指揮は言うに及ばず……」


1458彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:17:12 ID:wxNcV17v

::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::
:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::

                              ,..  ―― 、
                            /         \
                          ,イ |          |
                         /   | ⌒ヽ   ,,/ |   \
                      /.:     | (●) (● )|    \
                   __ /    /  |  (__人__)  l      \
                 /         |   ヽ  `ー-r'  /          |
                 /          l   \_  _/ ̄ ̄ヽ、     ノ
                {          /^ ̄\ヾ-(_ i_/ __  {  / <
                }      `、 /  ヽ \7   >ヘ_/__   |_/ r'
                 >      /  \  \∧ /ヽ_Y´    |    |
               ヽ: : : : :/  、  l\/ノ}:::{: : : i_     |: : :|
               /: : :./\/   Yー' / /:::::l: : : : : : 〉   「\ |
                 /:..:..:/l/   __ノ  ̄´.. /::::::::|..:..:..: ,-{\   | l i>
                /.:.:./:.:ヽ_/|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l::::::::: |:.:.:.:.:.l | 〈\」∧
:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::
::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::

「お手伝いにそこまでする義理はないのに、
アイテム取りに付き合ってくれたり」


1459彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:17:27 ID:wxNcV17v

:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::
::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::

                                       ヽ: :}
                             l`: .、      |:/
                             __|: : : :`:-:‐:''':''':'': :‐. .,,_
                         _,,. -‐'',,." ̄: :.|: : : : : : : : : : : : : : : : :`: .、
                      ,.-,."-‐''/´: : : : : :.|: : : : : i: : : : : : : : : :、: : : : ヽ
                   ,.-'"'"   / ;. : : : : : : : :|: i; : : : i: : . .     \: : : :':,
                        / :/:/  . . : : : :.;|: :i; : : :.:i: l; : : : : : : . . 、\: : :',
                       / /./. : : : : : i: : :.i i: :|゙、: : :.:i::l゙:、: :、_;,.: : : :ヽ: :ヽ: :.!
                     //j:.;'.: : : : : :.::|:_:_:l i: l. ゙:、: : ::!i 弋゙:\:::. : : :.ヾ: ヾ:j
                    //  .!:l: : : : : : ::::}: : 厂丁{  ゙:、: ::i:!  ヾヘ\:::. : : :i; : ゙!
                   〃  l:l: : : : : : ::::|l: :.l  Ⅵ   ゙:、:.i =キ三≠i、: : : :iヘrゝ
                   /     lj: : :,|: : : :::N: :ヒニ干キ   ヾ!  |ノしイ| l゙;:、: : :iヘ
                    l: :./ !: : : ::|::}; |゙:,∨しイ}      ヾ_シ l:;::::゙i、: lヾ:、
                        !:./ l: |; : :l::ハ:ト、 ヾシ'          ・,!;:::::j:,:ヾ| `
                        V  l:.!ヽ: lj i:{::゙:.      ′     /!; : :i: :',|
                       ゙{ ヾ| i:::::ト.. ,,_    ^ _,,. イ^i:::l; : :i:::: :.i
                                i: :.::l::|::::: ̄:/丁  ,l'′`!: :.i::::::: :i.
                                 i; : :l:|,.-''" ∠--、/   . l: :.j,>、:: i.
                             l::',: :.l|  |  /    ,.l :/,.-''"ヽ: i.
                                l:::/',: :|   l   /  ,,-'',,j:/' ,,-''" i: :i.
::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::
:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::

「時には耳に痛いアドバイスもあったけれど、
クリアするためを思っての言葉を告げて」


1460彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:17:46 ID:wxNcV17v

::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::
:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::

                             ,  -───- 、
                           /: : : : : : : : : : : : : .\
                      ト、   /: : ,.   -──- 、: : : : \
                      ゝ V( ))/         `ヽ: : : : \
                   / 〃 Y^y'´           )  `ヽ: : : :〉
                   フ {{ / /    /      人    \/
                  イ   ヽノノ    /   / //  ヽ     ヽ
                  /  / 〃 /    /  / /     ヽ\     !
                   |/   〃 {   >‐メ、    -‐ < リ ヽ  !
                  ヽ     Vハ  /  ィ.:.:下      不::.ヽ }  ハ|
                   )   /Vヽ \ ヒ.::::ソ     ヒ.::::ソ ノ イ
                  ノ | /   ( \| ,,,,,,..    '   ..,,, /イノノ ‐‐┐
                    |/     ) ヘ     _        r イ __    }
                      /´  ̄ `ヽ >      `   . イ,. '´    〈
                      (       \  > = < ノノ    ,.   ノ
                      ヽ``ヽ     )VTT´  ̄ ̄`L ,.  '´ -=<  __
                    r── ミミヽ ,. ィ イ77´  ̄`7 //´ ̄`ヽ´ ̄ ̄`ヽノ
                    }      ノ   レイ ハ ´ ̄`   l l     '.    (
                    r─‐ν´  //// |       l V    }ミヽ __ ノ
                      /   .く ///レ'       `Y´     `ヽ\
                      /'、 - -zi;{ =- 、 _        ;        Y )
                      \人   い     `´    ノ        .ノ´
                        ヽ ヽ、_, ィゝ、         く. `T´二二 Y´
                        `Y {::j}j `...‐--‐‐´7:::::::::7ハ    |
                         「|:::i l .:::::::::::::::::://::::::: // 「 ̄ ̄ |
                           /´|:::i l ::::::::::::::::://:::::::://  {    |
                         /  ノ://:::::::::::::::::{ {::::::::〈〈  i     |
                       /  /:://::::::::::::::::::::| i:::::::::::ヽ\|    |
:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::
::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::

「パーティ編成からジョブ調整、BF全滅時の保険のための居残りまで」


1461彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:18:07 ID:wxNcV17v

                       __
               __ - ´´ ̄       `¨ ‐ 、
           , -'"´:                 丿   ヽ
        /. : : : :          _/  、 丶
        ,,.'. : : : :             / /::::::ヽ l   ヽ、
       /. : : : : :              {  {:::::::::ノ !   ヽ         「とても言葉だけで感謝できるものじゃないお。
      /. : : : : :                丶 ` ´ ノ       ヽ
    /. : : : : :                    `ー‐ ´ /       ヽ      .……この四人の方々を最終局面で、
   ./. : : : : :                    !、     人ノ
  /. : : : : :         U            `i` ニ二-- i       .突然外さなければいけないなんて選択肢は、
  /. : : : : :                            `´       l
 ,'. : : : : : :                               /       おいらにはとても選べません」
 i : : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                                /
 ', : : : : : : :                              /
 ', : : : : : : :                         /
  ヽ、: : : : : : .                      /
   ヽ、:_: : : : .                    /
      `¨i : : : : :                  ヽ


1462彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:18:36 ID:wxNcV17v

                /  ̄ ̄ \
               /ノ  ヽ__   \
             /(―)  (― )   \
             |.  (_人_)   u |        「それに、おいらの失敗……
                  \   `⌒ ´     ,/
              /         ヽ         .今日の毒薬と毒消しの間違いから、
             ./ l   ,/  /   i
             (_)   (__ ノ     l
             /  /   ___ ,ノ
             !、___!、_____つ


:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::
::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::
     / ̄ ̄ ̄\                     ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .
    /  \   /\                  : :. NM釣りミスなんて、全滅の危機を呼ぶところだった失敗まで.: : .
  /    (●)  (●)\           <>、  ...: :                                         : : .
  |       (__人_)    |         <>、  :..:...笑って許してくれた皆さん。                         : : .
   \   __ィL⌒´ _/___ _______<>、.: ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :
  /  ∠◎__〔|。 lニニ。。ニr===[immニニニニニニ臣□                   } {_     _}  {
  |  ヽ───-  ⊃)(__,,..=i_ノ ̄ ̄ ̄フ<>´                    }  }\ }{ / }  {
  \______/ __|         r<>´                        }  .乂__X __ノ / }
.   |           |      <>´                        } |ヒ___ イ }
                                              i} |V^^^^^^Vi{ |
                                                / i{ヨ   }  E| {
                                              _/ノ 乂^VVVV^_j 乂
                                          /_ __   ̄ ̄ ̄__   ` 、
                                        _// /  ___」‐     \_   \
                                    _ //^V/  // / / ̄ \   {_ \   ーァ
                                   ´ ̄ ̄ / ̄_ {/ ̄ ̄_ ハ {  、 __>⌒\\_
                                       ___/ / ̄ \\⌒く}//\}// //\}\\  ̄ ̄
                                     ̄ ̄      \}\」    i{/  i{/     \}
::::○゚o:::::::。:::゚::::o○:::゜:::。:::o゚:::::::o:::゚:::::。::::゚::::。○。 o゜::::::o゜::゚:::::o。::::::::::::::::゜::::o:::::::○:::::゚::::゜ o::。:::::::o::。 ::::::::::::::::::::
:::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚::::o:::::::::::::o::::::::::::::::::゚:::::::::::::::o::゚:::::::::::::::::o::::::::::::゚::::::::::。::::。:::::::。::::::::::o:::::::::::::::::::::゚:::::::::o::::::::::::::


1463彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:19:00 ID:wxNcV17v

         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。     ..「皆さんと、ここをクリアしたいんですお。
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜       ……これはおいらのわがままです。
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \        どうかお願いしますお……」
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


   _____
 /        \
/    /   \   ヽ
|       /ヽ    |          「……」
|      / ̄丶   .|
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


                   /{    ___
                     |: :\/: : : : : : : :\
                     |: : :/: : : : : : : : : : : \
                /: :/ : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
              /: :/: : : : : : : : :, : :斗: : : : : :|
                 |: : | : : : : : : : :/: : / |: / : : :|
             __ノ: : :| : : : : : / : ≠ミ|ハ : : : : !
                 ̄/ : | : : :/ ノ/{{;;;;ノ从: : : : |              .「……」
                 /: : : |;/    '   ` =彡: : :!: : |
                /: :/: : :__,\ ´丶  _,/: : : :|: : :
              /:/| : / ノ八` アノ ": : : : : 人: : :\
            /   |:/‐く,/ |/^く/: : , -=彡: : | ̄ ̄
               /三.ヽ〉 |Y/ : : ///  }: : :|
            | n_}ハ |八: :/ 〃   ,ハヽ:{
              八_{ {   \ ハ|/|{\_  〉,| | \
           /^ーい     ;/  八  /| || |
             {   ハ}  o|  r′  / | ||_|
               \_,/Vlニコ |  /  V  | ||
                  ;   o| .:′  }\__|_|l
              {     ∧;    /  }


1464彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:19:21 ID:wxNcV17v

  :::::::: ::    ::     :::::  ::  :::
  :::::: ::   ____   :::::  ::::  :::
  :::::: :::: /  :::  \ :::   :::   ::プシュー           .[高速思考スキル 活動限界]
  :::: ::::/   ::     \::  :::  ::
 :::: /:::    ─    ─ \ ::  ::
 ::: |  ::    (_)  (_)  | :  ::::                 [思考能力が大幅ダウンします]
  ::: \     (__人__)  ,/ :  :::
  :: ノ      ` ⌒´   \ :   :::
. /´               ヽ  :::
 |    l              \:::
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


  :::::::: ::    ::     :::::  ::  :::
  :::::: ::   ____   :::::  ::::  :::
  :::::: :::: /  :::  \ :::   :::   ::
  :::: ::::/   ::     \::  :::  ::                 「……すんません。
 :::: /:::    ─    ─ \ ::  ::
 ::: |  ::    (_)  (_)  | :  ::::                  ちょっと脳ミソ使いすぎたので
  ::: \     (__人__)  ,/ :  :::
  :: ノ      ` ⌒´   \ :   :::               顔洗ってきます、
. /´               ヽ  :::
 |    l              \:::                 三分ほどで帰ります」
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


1465彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:20:01 ID:wxNcV17v

             / ̄ ̄\          ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .
           /   _,ノ `⌒        : :      .あそこまで言われると、                  : : .
            |   .( ⌒)(⌒)       : :                                 : : .
.             |    (___人__)        .: :      .さすがにむずがゆいねどうも。          : : .
             |        ノ         .: ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ              「……じゃ、まぁ奴がいないうちでなんだが。
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、               そんな感じでいいかいお二人さん」
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ


    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   /   \   丶
   │     /\     .|       .「……彼らを組み入れられない理由はよくわかった。
   |    / ̄ ̄\    |
    \           /         戦力分析も、まあそうなんだろう。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ       .ここまで我々を引っ張ってきたやる夫君の言うことだからな。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |      .だが感情までは納得できんな」
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


1466彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:20:31 ID:wxNcV17v

      ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /   /   \   丶       .「なぜ全員が幸せにクリアする方法に挑戦もしない?
     │     /\     .|
     |    / ̄ ̄\    |       .たとえば俺がパーティを抜けて、6人-5人-5人の
      \            /
     , -‐ (_).ヽ      ィヽ         .3パーティでクリアを目指してもいい。
      l_j_j_j と)         i
       ̄`ヽ        | l        ここで見捨てるよりも、クリアできないほうがましだ──

                             もちろんこれも俺のわがままだがな」


           / ̄ ̄\
         /   _,ノ ヽ、_
          |    ( ●) (●)
.           |    (___人__)            「……いや、それを言うのはやめといたほうがいいでしょう。
           |     ` ⌒´ノ
            .|        |              そんなことを言い出すと、
            人、       |
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ                 ドクオさんが持ってる『弱体アイテム』。
  ,. -ーー -‐ ´::::::::::::::::::::::::::::::::7
/..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、            あれはLSで取ったものを預けているだけだ。
.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ           返してくれ──
:::::::::::::..ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ
:::::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::        .なんて水掛け論になりかねん。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::
:::::::::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::          不毛すぎます」
::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:|


   _____
 /        \
/    /   \   ヽ
|       /ヽ    |           「!?……それがあったか。
|      / ̄丶   .|
/     ∩ノ ⊃  /            .それは確かに……そのとおりだ」
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


1467彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:21:34 ID:wxNcV17v

   /\       __ _
   |:::::::\ , <::::::::::::::::::::::::::::::>、
   |::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ゝ::::::::::::::::::,ィゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
   /:::::::::::/ /::/:::::::::::::::::::::::::::::::∧
  /:::::::::::/ ー-/|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧           .「あ、それなら私のほうが。
  |::::::::::::i ≧ー 、 |::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::i
  |::::::::_/  iリ   |::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|         弱体アイテム持ってないですし」
  |::::::j   ー= ´:|::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::|
  |::::::ゝ、_    /::::::::::::::::::::/::::::::::::::: :::|
  |/|:::::ヽ `   ./:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/
   |//`ー -/:::::::::::>´::::::::::::::::::::::::/
   /:::::::::::::::/:::::::/二〉:::::::::::::::::::::::::i
_/:::::::::::::://::::/   ∧:::::::::::::::::::::::::ヽ
 ̄/:::::::/ ./::::/       ∧::::::::::::::::::::::::::\
. |::::::/,イ/::::/         |:::::::::::::::::::::::::::::::\ ,
. |::://  |:::/        |::::::::::::::>´ ̄ ̄ ̄
. |/ i   |/        /ー ‐ ´
    |   |       :/


            / ̄ ̄\
           /   _,.ノ  ヽ、_               「まあ待てって。
           |    ( ●) (●)
          |    (___人__)                やる夫の分析にも、
           .|     ` ⌒´ノ
           |        |                  二人の心情にも理解は出来る。
            .|、       _r十、
             [::.ヽ、  __rく_} _i .}                その上で、主催者であるあいつが苦悩の末出した結論だ。
     _, 、-一 :::"\ :::::::::} _i _l _i .}
   / .:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::} _l i_ i. {:.. ヽ__          .『お手伝いに頼るという選択肢を外してまで』……な」
  / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} _jノ`~゛ t:::::/:::::..\ __
  .i :::::::::::::::::、.::::::::::::::::::::::::::::} ゙i  -‐.i.,-‐、::::::::::::::.. \_
  i ::::::::::::::::::: i:::::::::::::::::::::::::::i   ヽ ⌒,; ‐'::::::::::::::::::::::::.. `::...、
  l ::::::::::::j:::::: i:::::::::::::::::::::_ノソ    } /:::i:::::/::/::::::::::::::::::::::.. `ヽ
  l ::::::::/::::::::::::::::::::::::::/.:::゙i::\__ rl ´::::: i::´::::::::::::::::::::::::::/::::::::: l
  l :::::/::::::::::::ソ:::::::,/::::::::::::::::::::ー,´:::::::: l>ーーー-、r-‐:'::::´::::::: l


1468彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:22:11 ID:wxNcV17v

                  / ̄ ̄\
                /  __,ノ `⌒
                |    ( ⌒) (⌒)
                .|     (___人__)          .「先ほど悪いが、ちょっと横で相談していた。
                |     ` ⌒´ノ.
                |        |              2パーティともがクリアしたのを確認後、
       ,. --、― --ー y:ヽ      丿
      / ::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::..\ __ _ r.〉             【俺とマミさんで向こうのパーティを一回だけ手伝う】
     / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... _ ィ\
    //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ヽ          この条件で折れてくれないか」
   ノ ..::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 丶
  / ...::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `,
 / ..:::::: -、::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... `,
 i :::::::::::.. -‐-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r/ノ::.. `、
 ヽ::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: j::::::::::::::::.. ヽ
  \::::::::::::::::::::::.. 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /ヽ:::::::::::::::::::.. ・、
    \:::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::: /   ヽ::::::::::::::::::::::::.. 、


    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   /   \   丶
   │     /\     .|
   |    / ̄ ̄\    |          「……一回、か」
    \           /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


1469彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:22:39 ID:wxNcV17v

             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)               「そうだ。
.             |    (___人__)
             |        ノ               .コッチノ
              .|        |               お手伝い連中も、手伝う気はまるでなかったが
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ               .その分はこちらも折れたということにしてくれ。
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、             しかし、5人パーティでで5回・6回と挑戦するよりは、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ         勝率は高いと思うぜ?」
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ


1470彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:22:58 ID:wxNcV17v

 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ト、::::::::::::::::::::::::: ト::::::::::::::::::::::::::::::: ',
..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : | \:::::::::::::::::::::| \/.}:::::::::::::::::::: ',
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : |   \ ::::::::::::::|_  |::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: } ::::::: | / ̄\ ::::::: | ̄  |::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, | ::::::: |/      .\ :: }     |::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / .!::::::::::|         ヽノ     |::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ .|::::::::: |    ¨ ̄ ̄ ̄ ̄¨¨ }::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : /  |::::::::: | ,ィf竓芹芋芋芋芋ミ:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /   .│::::::: }   { {      }  } }:::::::::::::::::::::::                 「……」
..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    }:::::::::/  人 ゚。      / / ,ノ:::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : , ′   | :::::/    \ヽ===イ./〃}::::::::::::::::::::::::
∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,彡      |::::/      ヾ≡≡彳彡'.||:::::::::::::::::::::/
:::::゚ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/         i /                  ||::::::::::::::::: ∧
::: : ゚。 :::::::::::::::::::::::: /          {                  人:::::::::::::: /:::::
:::::::::::\ ::::::::::::: /                         / } ::::::::::: /:::::::::
::::::::::::::::ヽ:::::::/ >                        ) .! ::::::::::/::::::::::::
::::::::::::::::::::}/  (  ヽ       ― ―       イ   /ヽ│:::::: /::::::::::::::::
::::::::::::::::::: : /  \    >               <      /  .| :::: /:::::::::::::::::::
::::::::::::::::::/     \           __          /    |:::::/ \::::::::::::::


                -─-
      ト   _ .:.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.、
         .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
         〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.                「……そか。
       ′.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
      i .:.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.廴_:.:.:.:.:.:.:.:. i                 ……ごめんなさい。
      |.:.:|.:.:.:.:i.:.:.:.:.:/ .:.:.//  jヘ.:.:.:.:.:.:.:|
      |.:.:|.:.:.:.:|.:.:.:./.:/.://斗=ァ}.:.:.:.:.:.:|                  私一人が手伝うよりは、その方がいいだろうね。
        .:.:| .:.:.:.:.:.:/.:/.:/  乂rツ/ /.:.:.:..:|
.      / .:∧.:.:.:.∨j/∨、: : : : :/ィ.:.:.:/.:.ヘ               ……お願いします」
     / ィ.:.:.:丶、人   __    イ.:.:.:.:/.:.:.:.:.ト
      |.:.r ⌒ ーу≧=- ´〔_|.:.:../⌒へ.|:.:.:.、
      .:.:/ 丶 /  λ  / |.:.:.i /   、.:.:.:\
     /.:.:{   V   | X  .∧.:.j〉′  〉i ̄ ̄
.    /.:.:.:.}     ヽ へ∨rヘヘ′∨    ∧|
   / イ〈      i 二|ヽ   i/ 、     〉、
     |.:.:、   λ kノ    j //    i.:.:.\
     |.:.i \ /   ̄〉´  ̄ V /    /|.:i、.:.:\
     レ.:〉  /    ∧      、     ッ|.:|  ̄ ̄
      i  /    /ヽヘ     \   ´ |人


1471彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:23:46 ID:wxNcV17v

   _____
 /        \
/    /   \   ヽ
|       /ヽ    |      .「……そうだな。
|      / ̄丶   .|
/     ∩ノ ⊃  /       手伝いのあなた方に頼るのは心苦しいが、
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |        そちらのほうが彼らにはいいかもしれない。
  \ /___ /
                   よろしくお願いする」

                ,   ̄
            /       ヽ
.            |     ‐ - -‐
           |    ( ●) (●)           「ああ。
              .|     (___人__)
            j         / ',             最大限出来る限り努力しよう」
         _..ノヽヽ      ハ  ヽ
   ,r¬;;――''゙::::::::::::::≧=-、_ノ、_/ ̄ V
 / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧、〈´/::::::Λ
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、ヤ:::::::::::::Λ
::::::::::::::::::::,!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.::::::::::::::::Λ
::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::v.::::::::::::::Λ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:.::::::::::::::::∧
 ゙)::::::::::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|、:::::::::::::::::∧
::: ゙ヽ<`'、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l∧::::::::::::::::::ハ
::::::::  \ ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l゙:::::::、:::::::::::::::ノ
::::::::::::  `'、l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〔 `::--‐==::イ


1472彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:24:12 ID:wxNcV17v

             /l      ...  -‐…‐- ...
         《_  ___ヽヽ___ , '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
         ゝ~ ......>,,∧.:::::, -  ~~ ゙   ‐- ..:::::::::ヽ          「(/tell)あら。
       ∠´ァ  :::/ ∧ / ,,- "~~``   、 丶  ヽ:::::::〉
     i __ ,ノ  :::::::|-,,,,/  "         }  ヽ  ヽ/        .言わなくていいの?
     ヽ _ _ , ::::/~ ` /      ,     人   ヽ  l
        フ  ヽ‐/ l,      /  , /  ヽ   i  l       .【もちろんこちらのパーティで全力を出す】と。
      ,ノ  ッ :::::::l、l ' . /  /  /' /   ll l〟|   l
      ~~~ラ :   ノl  l l /-‐‐"//   '゙゙~`}トiル l l   l     ..二時間アビリティも残っていない状態で手伝いだ、と」
        {  /v~"{ `、 /l/  ´      ´ ll l/   ,
        ゛V´  ,、.,,ト ヾ / ' ___ 、     , ___  、l/ /ソ,〟- 、
           /  ヽヽ、ヽ "  ゙'     "  ~゙' /-フ/'"  ‐- l
          〈- 、   ヽ| `゙ : : :    .    : : : "/-'´   ,, -‐〉__
         /~`~、ヽ    ヾ〟_    .,___,.     _ '´{   /_~-~´  ヽ
        〈_-、  ヽヽゝ、 ノ  >ト 、 __ ,, 、'`<    `、/~~/   _ =´''
     /゛゛`ヽ、`ヽ、 ヽ〉- '    `Yヽ:::::::::::{彡ミ}::ヽ   ~"{  /~, -"~ `ヽ.
    /  〟´~~`ヾ-- "  - 、、-'''\ ヽ::/∧/ノ┘::ト,- ‐ 、  `‐ ,~´-‐''''ゝ、 ヽ
    {  /         /   //  , - ゙H∧::":::::::/l     ヽ         〉 ノ
    ゙ /         /  ∥/  /〃{ l::::::/ ゝl     l        "
   ヽ{        /  / ゙、 / /レ1 ~~   》   V
            /   , '   / / /   |     /丶、  ヽ
            、 /    / /゙゙/"   |     /~、ヽl}  〉
             ヾ{    、 / /    |    {  ヽ /- '
             ヾ    ~ ‐┼‐   |    |  /|
               lゞ、    ヽ     |    | / 丿
              | `T T゙゙゙゙゙゙゙| | ‐---|    /イ

                            ┏…━…━…━…━…━…━…━…━…━
                       【 /tell 】
…━…━…━…━…━…━…━…━…┛


               / ̄ ̄\
              /   _,.ノ ヽ、__               「(/tell)なあに、些細なことですよ。
              |    (● )(●)
                 |     (___人__)              .彼ら二人が手伝ったとしても、
              |       ` ⌒´ノ
                  |        |  ,rー、=-、       【女神の祝福】と【微塵がくれ】では決め手にならんでしょう。
                 人、       | ,イに) |  l
           _,/( ヽ、.,ヽ., ___ ,__ノi´ `ー' | |ヘ       ダシガラの我々と、戦力ではどっこいですよ」
    _, 、 -― ''"::::::l:::::\:::::::::::::::::r'゙´~~   ', jー,i 〉
   /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ー-‐え__  ゙ン'゙ /`i
  丿;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;((、ヽ (ハノ /lヽ、
  i ;;;;;;::::::::::::::::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;ハゞニΤヘ_/;i l:: l
 / ;;;;;:::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\::::::::::::::::;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',/


1473彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:24:44 ID:wxNcV17v

                   / ̄ ̄\
                  /   _,.ノ `⌒
                  |    ( ●)(●)              「(/tell)こなたさんにはすみませんが、
                  .|    (___人__)
                  |        ノ               BF前で我々の戦闘不能の回収をお願いします。
                  |        |_,-‐、  / ⌒)
                  .人、      厂丶,丶,丶´ / ̄     .足掻いてはみますが、多分勝率は5%もないでしょう」
               _,/( ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
        _, 、 -― ''"::::::::::::\:::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
       /::::::::::':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ::::::: )
      丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',:::::|
     i .:::::::::::::::::::::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈 ::::::::::::::... ',::.
    / ..::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\:::::::::::::::;;;ハ ::::::::::::::::::.. ',


                            ┏…━…━…━…━…━…━…━…━…━
                       【 /tell 】
…━…━…━…━…━…━…━…━…┛


 /:'゙  /: : : :./: : : : : : :/: : : :/: : :./: : : : : : : : : : :!: : : : :
/    ,.': : : , /: : : : : : :./: : ,:イ: : :./l : : : : : : : : : :, 'l: : : : :
    ,.': :,/ /: : : : : : :./: :/ i: : :/_l, : : : : : : : : ,.'  ! : : : :           「(/tell)おっけー。
   /:./  /: : : : : : : /:./  .iー7" ! : : : : : : : :/ィ  i.: : : :
  '; '     ,': : : : : : : :j:/   i: :,' |: : : : : : :/ `、 .!: : : :          .ま、勝率そんなもんだろうね。
 /'    ,': : : : : : :.;.'l!'   l.:,'  j : : : : : :./    ヽ、l : : :
       !: : : : : :./.:.:l    l:,'   | : : : : :./      l.: : :          .んな6ゾロが狙って出せる強運があるなら、
      j: : : : : /i: : :j _  |'   |: : : :/          l: : :
       !: : : : / i: : : !,,,,,,_``  |: : :/           l : :         初戦手伝いの敵の技で引きたいとこだね」
     .l: : : / i : : ,'辷三三ミ  |: :/           l: :
      !: :./  !: ::/    ̄ ``  |:/     ,_``丶 、  l.:
      l:.:,'   l: /  ///   V    ,三ニ=ュ、、`丶、
       !′ j:,'                ``ヾミ三ミ、
          !:、              //  `ヾミ
          !:.゙.、                //  ・
          !: : :\  /゙'ヽ_
         !: : : : :`:ッ   ' ,-、             /
         l: : : : :.:/j     |             /.:
          .l: : : : :.| l     !、          _,,../: :
          l: : : : :ヘ、    ∨ ̄` ̄、 ̄/三/三/.: :


1474彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:27:13 ID:wxNcV17v

. i f / } .} -‐   ̄           ` |/ハ、; l/! マ/ハ.!
八ゝ--' ∧                   マ/77//'、r/7ハi
  ,マ///ハ∧                   ̄ :.  ヾ' yリ
/=∨//,ハ ;:>ー-,.,.,.,.,.,.,.,__          ::.  ヽ`.!
== ∨//,ハー, ミ_三 ニ_ニ=、≧ミ、≧=-。,_    ::.   ∨
ーォ ' ∨//ハ ミ、  ̄  `ー ゝ゚_ヘヾ`ヾ;:;:;:;:;:;>,.,.、:   ‘,
.ノ' /'∨//ハ=ニ          ノ: : - i: . . .!;:;:;:;>,.、 ',      「(/tell)二時間アビリティを使い切った身で参加するなら、
三- ィ ,∨/,'ハ≦_       /     |: . . !;:;:;:;:;:;:;:;:;>
∠/∠ ∨/,'ハフ´        ..:/'        ! : : | ';:;:;:;:;:;:〈       .お前よりも私のほうが役に立てると思うが」
ミニ  / ∨/,'ハ才    ..:.:.:.'       : : : :| ';:;:;:;:;:;(
三,  /ノ,∨/,ハ´   .:.:./   、__   .: : : :! :i:;:;:;:┌ヽ
∠_ /´ _,ィ∨/,ハ´         ` ー' ュ` ‐' ,ォ'  !:;:、ヾ、
、_,. _< 彡∨/,ハ            ヽ / 1  .:∧ ゞ
二 _ /´ ∨/,ハ   _,._-─‐-   _     .:∧トヽ
ゝ≦二 _ ーィ∨//\      ̄ ¨  ‐-`ユ、 , ;/ハ´
:::::ヽ∠ -‐ ´-ァ \///\ 、,.,.,.,,__          i//ヾ
::::::::ヾ彡ィー - \:.\///>。_  ̄`   _,.ィ;/
ニ\::::´<ノ´ _,  ヾ ` <//////77777/////
ニニニ\:::::::::´≦<     `` ー==一 '"´/
ニニニニ>。_:::::::::::::>ー-       _,. ィ
ニニニニニニニ≧=-。_:::::::::::ー‐:::::::´/ニニ!__
ニニニニニニニニニニニ≧=- v≦ニニニヽゝ ヽ、、
\ニニニニ/¨\ニニニニ//ニノヾニ/∨ニ\ヾニ\、
ニ\ニニ/ニニ0ニ\ニニニ///ニ、/ニ0_∨_/ニ\\=\、


                            ┏…━…━…━…━…━…━…━…━…━
                       【 /tell 】
…━…━…━…━…━…━…━…━…┛


             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)          .「(/tell)まあ確かにそうだし、
             |        ノ
              .|        |            .ここまできて何言ってんだとは言われそうだが。
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ            うちのLSメンバー込みのごたつきだし、
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、             俺とマミさんが出て何とかなるならそれでいいのさ。
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ      .気持ちだけ受け取るよ。ありがとな」
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ


1475彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:29:42 ID:wxNcV17v

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
    ┃決定はともかく、

    それなりに納得した様子の二人。            ┃
      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\       ...::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: .
    /   /   \   丶     .: :. ......まあ。                                    : : .
   │     /\     .|    ...: :                                          : : .
   |    / ̄ ̄\    |     .: :. ......参加者の一名として、なら                        : : .
    \           /      : :. ......できるのはこれくらいが限度か。…心残りはあるが。    ...: : .
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     .: ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

                                     ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..: .
      |ヽ       , <::::::::::::::::::::> 、             : :                                      : : .
      ' ,::> 、r'≦三ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\         .: :.  .助けたかった。けど、今の私じゃ何もかも足りない。     : : .
       ヽ/    <ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\       .: :.                                         : : .
.      /      r ニソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧        :..:  やる夫でも助けられなかった。                  : : .
      i     , <:::::::::::::::::::::::::ト、::::::::::|::::::::::::∧     :..:  .                                       : : .
.    r―――- <:::::::::::::::::::::::::::::::::| ヽ::::::|::::::::::::::∧_ __ ,...: :.  .どうすれば自分で、彼らを助けることが出来たんだろう…… : : .
.     |       `>::::::::::::::::::::::::: ::|ー――:::::::::::::::::::::::::::ノ :..:  .                                       : : .
    |       /::::::::::::::::::::::::::::::::|   ヽ|∨:::::::::::::ヽ/  ..: ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..: :
.    |      |/::::::::::::::::::::::|::::::::::::|、____∨::::: ::::::::〉
   |       :|:::::::::::::::::::: :::||::::::::::'弋二ソ ' |::::::::::::::/`ヽ
    |         |::::::::::::::::::::::::|:|::::::/  `二´  |::::::: :::/  :∧
.   |       |::::::::::::::::::::::/ |:::/、  """" |:::::::::/   ∧
   |        :|::::::::::::::::::::/ |/        |:::::::/    ∧
.  |       :|ヽ::::::::::::::/、   ´ `  イ /::::::, へ    ∧
  |        |\ヽr'´ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   `ー, ∧
__|        |   〉                      〉____
  |         |_ _|                        /       ヽ
  ヽ      /   :|           _____ _/         \
   `<_>´    ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


1476彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:30:40 ID:wxNcV17v

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
    ┃現実の知り合いが言い出したことが原因で、

    しかも自分には何も出来ず、内心気が気でない二人。  ┃
      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


    / ̄ ̄\
  / u ─'   \           ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .
  |    ( ◯)(◯)       : :   .....すまんやる夫。                                 : : .
  |       | |        : :   .....すまんドクオ。                                : : .
  | U    __´___ノ        : :                                              : : .
  |       ´}          .: :   .....どっちも理解できるから、                            : : .
  ヽ        }         .: :   .....手助けも出来ないし肩入れも出来ない……。              : : .
   ヽ   u ノ   ゴクリ….. .: ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :
    /    く
    |     |< チクチクキリキリ


   (~)
 γ´⌒`ヽ          ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .
  {i:i:i:i:i:i:i:i:}          : :   ..何も言えないや……。                       : : .
 (u ´-ω-)      ..: :                                         : : .
  (:::::::::::::)        : :   ..このまま何も起こらず行けると思ってたのに……。        .: : .
   し─J         .: ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :


1477彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:31:17 ID:wxNcV17v

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
    ┃わりとどうでもいい人たち。
                                    ┃
      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


          ____
        /     \          ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .
      / ―   ― \       :..:.....まだBF入らないのかな。                         : : .
     /   (●)  (●)   \    .: :                                       : : .
     |         '         |  ......: :. 早く終わるなら面子なんてなんでもいいんだけれど。    .: : .
    \       ̄     /     .: ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :
     ノ           \


     /: : /:: : : / : : :.!:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : : :|: : /|: : : : :|: : |: : : : :',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /_ |: : :,/|: : /ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/´  |: :/ |:./ ̄`'V: |.: : : | V            .::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: .
  < : _: : : /.     |/  レ   }|:./ヽ: : :|            : :   ...ま、俺さえ奴らと絡まない結論なら          : : .
  <:: |. 小{   ≡≡    ≡≡ レ{: :|ヽ:|             : :                                    : : .
   厶ヘ ハ         、    {ハ,;' ((          : :   ...なんら問題はないさ。                : : .
      \_!         '    ! ( ( ヽ) ホワ~ッ    .: ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :
        ヽ    ー==‐   /  ヽノζ
      ___,r| \         /   | ̄ ̄ ̄|(^)
    /:/::::| \  ヽ _ , ィ´    | ''..,,''::;;⊂ニヽ
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、  .| .,,:: ;;;;ン=- )
/:::::::::::/::::::::|    \  /  ! ,r-''⌒^ニ);;;;ヽニノ ヽ


            ,  -‐v‐…‐-                    ・
           /            丶、              [超高速思考スキル発動中]
           /                 ヽ
        /    /            ヽ   ハ
       /    '    |   i_}i   }    ',
        i|     {  |_」八  i\「i`ヽ | } }|      ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..: .
        i| {   ィ'i 八l八|\ハ ィテミl八∧ノノ|     ..: :  . .「私たちの」成功確率が少しでも高くなる選択になったわね。.: : .
      八八 ヽト、xテ圷    ヒ:::リ ゙Y.    |     ..: :                                       : : .
        Y ヽハ〃弋:ツ   、  `  |i    .|       .: :  . .最優先がそれである限り、文句をつける部分はないわ。.  : : .
          |  i l',               ハ    |      : ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:..: :
          |i l l |_ヽ.     ー  '   .' l | . i|
        八l  八i个ト .    . イ、 ; ' ,リ
         >、i{ ヽK´ ]≧=‐ '" | У//
              _./`\__/`ヽ_
          , -‐l ̄  .\__/\__/.   ̄l‐-、
        /  、!       ゜|       !,  ヽ


1478彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:31:44 ID:wxNcV17v

                  ○
         ___   .//
        /ノ|||| ヽ\ //
      /( ○)  (○)//
    :./:::::\(__人__)i⌒)、 :         「(/party)戻りましたお。
    .|    | |r┬-|./フヽ.`i
     \     `ー"// .ノノ          .お待たせしましたー」
     (  i    .//  イ:
      .\ .\,. //  /
       | `ヽ、 ⌒) |
      ; :|   //''" /;                           γ´[大体ALL] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
     '  \ //  / :                             |  おかえりー                 >
      , :/,.//\ \ .                            ゝ________________,ノ
     ; し'// ' :| | ;
       //     ⌒
       ~


       ____
     /⌒  ⌒\    / }
   /( ●)  (○)\   | !  /)      .「ちょっと夕食もどしてきました。
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \│ {//
  |     |r┬-|     |/^つyく       .少し楽になりましたお!」
  \      `ー'´     / {  `〈__ }
                ヽ  ′/


                / ̄ ̄\
             /ノ  ヽ、_ \
          |(●)(● )  |
           |(__人__)    |
          {(`⌒ ´    |       .「おいおい、大丈夫かよ」
              {           |
           {        ノ
           ヽ     ノ
            /⌒''   |
             /  /    |


1479彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:32:05 ID:wxNcV17v

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (○)  \        (離席中のログざっと見……)
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


               ____
             /      \            「やらない夫。
           / ─    ─ \
          /   (●)  (○)  \         .……すまん。ありがとう。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/        .恩に着るお」
          /     ー‐    \


           / ̄ ̄\
          /        \
.          |         |
.          |          │         「なあに気にすんな。
          |          |
.          |         |          礼はいずれ、精神的に」
.          ヽ      /
           ヽ     /∩
           .>    <` }
           |.      `ヽl
           |     |ヽノ


1480彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:32:33 ID:wxNcV17v


       ____          「マミさんも。
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (○)\        .ありがとうございますお。
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     |    ..本当に頼りっぱなしで、
  \      `ー'´     /
                        心の底から感謝してますお」


.    il  /:::::::/   ′     '、    \:::::}
  、__jヘ人ji::/   /    /   ヽ     ∨
  ./ {{´`V.:   ′  ..:/  :/\ 丶 ',   ':,
  /  >=j/   :|  / /}  l  ヽ \:.}i   :!              「いえいえ。
  | / l (( .|    | ,' | l  |   ‐ヽi\i:   :|
  l   Vゝ=|    l斗/ll八  l   __jl  リ   il                .……心身を削ってまで、
  |   .   }     l l i| _\i    ぅえ圷j  .人 ,__
  リli    j八   ',リ,ィfラ斥     弋ぅツ,'/^/  `ヽ          頼らない選択を選ぶことはないのに。
   il .//` ̄ ヽ  ヘ Vぅツ      、、、.. ':::/ / /
  ノ|/〈ー、 丶 \ \ 、、、  ′,    人/ .:' /            頼って大丈夫な人間には、
     乂\ :..  Vミノヘ   `    ィ  /  /{  /`ヽ
. r─ 、   j∧:.   }´  > r     jカ {  /:乂/  /ノ        .肩を借りることを覚えなさいね」
. {__  \、.li ∧ x‐‐‐< __.}` ̄ヽ / i.:八_.∧:.:/ ...:/<
  `\  \_/     ヽ|:l `>‐弁ー<=、ー< ..:人、_
    ヽ、:.:./       }:l/ / ∧V>‐' \ ∨:{:.:.:.:/⌒ヽ
  __ノ.:ノ:}/   \ }:lヽ´  l :li V \  ヽ 乂_/⌒\ ヽ
.f´ r─‐=ァ′     ヽl:l     | :lヘ:', \ヽ  i、 ヘ  ((    ).:.:)
.乂 \  /     :.、 ∨     Lj ',:V ヽ}   \ \ ヾ二彡'
  >ー' }       \ }      、 ヘ∨       ヽ 〉
  __ /    .:/   |        ヽ}i}      ∨
.(   `\_   .    }        li}.       }
  `\ リ:::::`.< 丶  .′        |i}       ∧
   〈.∨:::::::::丶:::\ ヽ八 : : . . . .   _ノ人..___. .ィ ノ\
    i }:::::::::::::::::::::::\〈::::::>─‐‐≦::::|i|:::::::::::::}ヽi/   \
    ∨::::::::::::::::::::::::::::::V:::::::ll:::::::::::::::::::::|i|::::::::::: |  \:...ヽ
    / ̄ヽ:::::::::ノ::::::::::::V::::::ll::::::::::::::{===}:::::|   \
.   /  /.}ー-、::::::::::::::::::}::::::ll:::::::::::::::::::::|i|::::::::::::{     .\
  /  / l  i\::::::::::_/\リ::::::::::::::{===::::∧      丶
..ノ   /  .|   l  ヘ ̄ヽ\ `ヽ::::::::::::::::::lil::::::::::::∧ー─---...、


1481彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:32:56 ID:wxNcV17v

          ____
        /      \               「こなたさん、またすみません。
       ─   ─    \
      (●)  ( ○)      \           .我々がクリアしたら、
      | (_人__)        |
       \` ⌒´       /          二人を彼らのパーティに入れることを
        / ー‐       ヽ
       /            `            英語で伝えてもらえますか」


           _, -‐''"`: : : : : :j: : : : : : : : : : : : : : : :`: <
        ,. ‐'"   ,.-''"    j: : : : : :.:i: : : : : : : : : : ヽ: : :`: 、
    ,.-'゙;.: -― ァ': : : : . . . .   !    ::{: : :::. : : : : : : : :`、: : : `:、
  ,.=' '"´   /: : :,: : : : :/: : .::|: : : . . ...jV. . i:::. : : : : : : :. V:   ヽ
  '′     ,:': : .:::/: : : ::/: : ,;::/!:.i: : : :.:::l V:_:j_、::. : : : : : : : : V. . : : :i,     ..「ほいほい。
      ./: : .:::/: : :.::::j: :/゙:/ヽ|: !: : : :::j ゙V: iヾ`:、: : : : : : :!: :V: : : :.i,
       .,': :.:::;:イ: : .:::::::!: : :/  l:j !: : .:::|  V:.! ヾ::::. : : : : : i::. :V: : : :i    ....……あまり気にしないことが大事よ。
      ': ::; ' .i: : :.:::::::j: : /    !| ∨: ::|    Vi `、::::. : : : : !::. :.i: : : :.!
      !: /   !: : ::::::::::!: ;′   ゙| V: :|     ヾ   ∨::. : : : |::::. :i: : : j     これは心からの忠告」
     j:/   j: : ::::i:::::::!:{ --―‐  `、|  ニ二二ミ ∨:. : : ji:j!::. i: : :l
     {'     !: : ::::l::::::!{:l 三三     ヾ  三三三ミ λ:::. : !:!|:.V:i: :,!
        !: :::::};:::|::::!      '            ・ /::ヘ::. :|-、l|:Vi:.j
         i: : ::| V|::/                   /::::::ヘ/゙i |:|: Vj
           V: :! ヾ:゙:.、    ー'ー‐'′       /:::::::::/ ./ノ:.|:,:-、
          V:!   `:::::`:.,、            /::::: : / /:::::/ ,ノ
           `:|  |: :::::::::|::l:`i::..、    _,,.. ィ'::::: : :/ /::/ ,ィi
               l: : ::::::|:ハ:::i::/ ̄「   ,./:: : : :/  `゛__,∠:|i
                  !: : :::::|l >'゙  /-'} //: : :r''゙⌒ヽr'´ ,__)|
                l: : : ::レ"   /  / /: : : { -`ーく_/  }:|
                   l: : : :.|,,...、/`フ-、 /: : :/!、  ;:::::(__,r ,/::|


1482彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:33:15 ID:wxNcV17v


                                                           , ‐ー 、
                                                           /      丶-、
: : : : : : : : : : : : : : : : `:`:ヽ-:'':":゙:、                                       /           -、
.: : : : : : : : : : : : : : ; ': : : : : : : : : :゙,                                    /             ゝ
: : : : : : : : : : : : :, ': : : : : : : : i: : : :.i:.`丶、                                  , - 、/r' ̄ヽ=、        /
.: : : : : : : : : : :, ',.': : : : : : : i: :!: : : :.!:::.\:`:.、                            _(’  ヾ r- 、 ヾヽ      /
: : : : : : : : : :,.' /     . . |: l:. : : :.!::::::.ヽ\゙:、                          r' / _⌒ヽY //rヽ メ、    /
.: : : : : : : : :,' ,': : : : :,:|: : :./!:.}::: : : :|:::;、:::::`、ヾ:、                        レイ F' ' ^ ' ~ ' ^ ヽ'.. ヾミミ、,/
: : : : : : : :.,': ,' : : : :.;':!: 、:/ !:ハ:: : : :l:::::',゙、:::::i.                              ヾl λ __   ___ l λ, ヾミヽ
.: : : : :|: : ,': ,': : : : ;'::!: :./`j、' !: : :.l::::::::! V:::!                             ノ ノノ,f;;;`  'f;;; フ ミヾ、__l l l
: : : : : !: :j: :i : : : ;:::/.:./ 〃`''|: : ;{:::::::::! V:l                           ( ノrヽ〉`"   .=イ \ミ'=fヽY フンフン
.: : : : :j: :i: ;l: : : ://':.;イ /   !: :/ !:::::::!  V|                          lレ/ lヾ {  丶     ヽト'ノミヽ
: : : : :.|:/|:,'! : : 〃!/:i:l 二ニ、j:./  l::::::l   ゙}                              l | ヾ `、 ‐     イf Y|| \\
.: : : : :! Y,'.|: : :/:/゙::: !j  ̄ ̄ ツl、 l:::/                            ヽl、__ メ >ーr=_'T‐ヽ/《ミヽ\ヾ
: : : : :l: :.|ヘ|: /:::':::: : :.!i      冫 |/                                  )||ゝ     // 》、 ミト∨
:.:|: : :j: .:::::::!'ハ::i:: : : : :!!   .__,_ /      ;⌒!                              /‐r ̄   .   l l ノ ノ∨ } ヽ
::l: : :.!:.:::::::::;' V、::. : : jl  !_ノ/    ノ . /                          / 《|        l lレ' / r' レ
:j: : :.!::::::::::;'`ヽV:、:. : : i! __ .ノ    /  '――- 、                       |  /        ヽ-{ 《l 《 ノ
l: : :.!:::::::::/ ,,...、V、:. : : ゙、     /   ノ r‐-、―'                           ヽ/           ヾ-ミY
: : :l::::::::/''";:=''‐ミヾ:、: : : `、.    /     r''‐-;'                           /              |.》\
.: :l::::::/'彡'-'''"⌒`ヾ:、: : :.`、   /   /、仁.ソ                         /              .|ノノl }
: :!::/シ'´          ヾ: : : `、 /   /


    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━───
    ┃決定事項翻訳中……。
                                    ┃
      ───━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


1483彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:33:35 ID:wxNcV17v

                      .  -‐厂 ̄ ̄\
                     __/    / ̄ ̄::ヽヽ
                  / .厂 ̄  {::/, <´^   ☆_r‐-,、
               / ./  /:⌒\V    ヽ 〃  ̄{ー〈__〉      ☆
                   ′ ′ /-‐¬^´   {⌒ V_   }、_ノY      〃
                 j.    〈:::::/      弋) \,| └―┐
         . -‐- 、厂 ノ    \   _.. -‐   、  ゚. ̄ ̄ハ .}
         ′     .Y .ハ     Y   《^  /ハ |  / }′              .Bakka(キャラ名)は喜んだ。
        {/⌒ヽ   . j  { {    人     く⌒ヽ} 八 /
             ゝ- ┘ } .\  ´ ̄ ̄〉    `ー<, /         ☆       Bakkaは楽しげにステップを踏んだ。
          /    r‐ ’   `.‐y   /ー{⌒ヾ´_}/⌒ .′       〃
           {   厂{   イ  八 .{ 、j__ノ\{.....V
      。☆   ゜, {___乂{、 │ // .\ト-┘、,}..............|
   〃       ハノ:.:.:.:.:.:.:\.V/: ,: :./′ /ハ.___」
         乂____{:.:.:.:.:.∨: /: ∧__/ : ′:〉 ̄´{
               ∨ ̄ん冖、|\}: : : : /.............}
                   }........└─‐\ ⌒^´、__/{_ .イ
        O     ',..........................>、__......イ
       〃      〉、_ .. -‐≦/ヽ}................/
                 /.:.:.:.:.:.:.:./\......................./
              乂__.:.:/   \........... /
                            ー‐ ′ .}}   }}
              }}  }}          ノノ ノノ
             ノノ ノノ


   /    : :./: : : : : : : : : : l: : : : : : ',: : : : : : : : : : :   \-、  \
   /. .     /  : : : : : : : ,: : :!: : : : : : :}: : : 、: : : :、  、  ヽ `ヽ、: :ヽ
  ,: : : : :  /: : : . . . . . . ../:.:./|: : : : : : :.!,: : : :',: : : :、: : : 、: : : :\   ` \
  !: : : : : :/: : : : : : : : : :,/:-/、|: : : : : :l: |ヽ: : : l: : : : ,: : : :',: : : : : ',
  .i: : :. : :./: : : :l: : : : :´:/: :/  !: : : : :,イ:.| ´`ヽ!: : : :.}: : : : ト、: : : :‘,        「伝えたよ。
  l: : : :.:./: : : : l: : : : : /:/.  !: : : :.:/|: |  }:.:.|: : : : |: : : : :} \: : :.
  |: : :.:./: : : :.,イ: : : : /´     |: : : :/ !:|  ',: :|: : : : |: l: : : |   ヽ: :.         応援してます、幸運を祈るってさ」
  |: : : :{: : :/:.|: : : :/       !: : :/   |}   }: |: : : :/: i: : : l    ∨
  ',: : :/l: :/:.:.:.:|: : :/      |: :./   |_   l:/!: : /: :/: : :,'
  ,: : { l:/,: : :.:|: :/ 三三三'  l: :/   三三三 ' |: :/: :イ: : :/
  }: : :ヽ、.',: : :|:/: ',      |:/        ・!}:/: :./|: :./
  |: : : : : : ',: :l/: :∧      '           j:/l: :/ _!:/
  |: : : : : :.∧: : : : ∧   {`¨ ´ ,ー'   _ , イ: :.|// }
  |: : : : : : : :.ヽ: : : : :.> 、_ゝ- '´_,.. . < l: : : : :l /  /
  |: : : |: : : : : : \: : : : :、  ト、 ̄ ヽ:/ !: : : :/ l  ,.- 、
  |: : : |: : : :.:./`ヽ\: : : :ヽ、  \ヽ } 、 |:(⌒ヽl /    ヽ
  |: : : |: : : : {、    \: : : :∨、 ヽ l ヽl: /ヽ. (     }
  |: : : |: : : : | `ヽ \ \: : l ヽ、_!l   !/、 ヽ、 ー- ' ノ


1484彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:34:20 ID:wxNcV17v

               ____
            ,. -'"´      `¨ー 、
           /            ヽ ヽ、
        ,,.-'"          ,,.-'"`     ヽ、          .「ようし、皆様お待たせしましたお!
       /        、__,,.-='、':'"        ヽ、
      i へ___,    " ゙.゙、  ',ノ           ヽ        手間取って申し訳ありませんでした、
      ./ i ゙:;;;;;,:〉     `''''''"             ヽ
     / . ゙ー-''"       ヽ               i      さっくり倒してしまいましょう!」
     /    i   人     ノ               l
    ,'     ' ,_,,ノ  `─-‐' ヽ               l
    i      `、  _y──‐ l               /     .、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_人_.人
    ',       i_/  / _ '              /      .)                                  (
     ヽ、       ̄ ̄               /         )                                  (
      ヽ、_                     /         )            おおー!!               (
         `¨i                     ヽ         )                                  (
          /                      ヽ        )                                  (
         /                     ヽ          ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y..Y


1485彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:34:46 ID:wxNcV17v

              ∩_
             〈〈〈 ヽ
     ____.   〈⊃  }
   /      \    |   |         .「今回も全滅回避のために、
  / ヽ、   _ノ \  !   !
/   (●)  (○)   \|   l        パーティで交互にBFに入りますお。
|  U   (__人__)     .|  /
\    |i||||||i|     //           失敗はあっても、再起不能だけは気をつけましょうお!」
 / __` ー'       /
 (___)      /


             ,  -‐v‐…‐-
           /            丶、
           /                 ヽ          .「手伝いするって言っといて、
        /    /            ヽ   ハ
       /    '    |   i_}i   }    ',      .あの外人さんたちにレイズもらうことになったら
        i|     {  |_」八  i\「i`ヽ | } }|
        i| {   ィ'i 八l八|\ハ ィテミl八∧ノノ|       恥ずかしいですからね」
      八八 ヽト、xテ圷    ヒ:::リ ゙Y.    |
        Y ヽハ〃弋:ツ   、  `  |i    .|
          |  i l',               ハ    |
          |i l l |_ヽ.     ー  '   .' l | . i|
        八l  八i个ト .    . イ、 ; ' ,リ                    - -、
         >、i{ ヽK´ ]≧=‐ '" | У//                       ● ○) ヽ
              _./`\__/`ヽ_                         γ (人__) ノ. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          , -‐l ̄  .\__/\__/.   ̄l‐-、                  | フラグにはしないですお!        >
        /  、!       ゜|       !,  ヽ                  ゝ________________,ノ


          ────────────────────────────

               ─────────────────────

                    ──────────────

                       ──────────


(*)BF前エリアはレベル制限が解除されているので、赤魔導師でもレイズが唱えられる。
ただし本来のレベルが足りていれば。


[第十五話 おしまい]


1486彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/01(日) 17:38:12 ID:wxNcV17v

    テー テレレー テレレー テレレレレ テッテレレー
_____________________
                    彡⌒ミ
      YOU GOT       (´・ω・`)⊃
                    (つ  (へ
     USUGE HEAD        .\  r、丿
                         \ \
                          \丿
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これにて第十五話、おしまいでございます。
お読みいただきありがとうございました。

……いやー、難産だった!
でも十四話のラストから、皆様のNO正拳突き乱打を見せていただき
何とかかんとかこんな形になりました。
ありがとうございました。

次回はまた再来週日曜に、完成すれば投下予定です。


1487梱包済みのやる夫2015/03/01(日) 17:41:51 ID:wl9EF68D
乙です

作中で悩みぬいたやる夫も本当に乙です


1488梱包済みのやる夫2015/03/01(日) 19:18:30 ID:WACNPSW6
乙おつ


1489梱包済みのやる夫2015/03/01(日) 19:59:44 ID:KLfVq1lz
ははっ、運が悪かった時はあきらめるのもゲームの楽しみさ!


1490梱包済みのやる夫2015/03/01(日) 21:43:53 ID:gPbKZ0se

実際こんな場面になったらドクオの無責任発言にビキビキするなw
できない夫が冷静でよかったよ
こういうので下手に身内贔屓発動してたらLS崩壊の危機だったよね


1491梱包済みのやる夫2015/03/01(日) 22:15:22 ID:CIHDjGlD
ドクオの発言は全員が幸せになる可能性はほぼ0で全員が不幸せになる確率が90%
一部だけうまくいくが10%くらいかな

とりあえず乙でした


1492梱包済みのやる夫2015/03/01(日) 22:39:53 ID:V7rWV4Jr
乙です
雪山の例えはうまいなと思った


1493梱包済みのやる夫2015/03/01(日) 22:50:19 ID:CIHDjGlD
あるいはトリアージかなそれも大規模災害時の

あれは大き目の通常事故でも相当に精神に来るらしいが
大規模災害時は極めつけらしい

なにせ「普通に医療が整ってる環境が近場で充てにできるなら助けられる患者も見捨てなければならない」
・・・とのことだ


1494梱包済みのやる夫2015/03/01(日) 22:56:49 ID:dZR2YbIS
乙でした
今回はドクオがフルボッコになるんじゃないかなw
ミッション次回から抜けるわりに考え無しだわ感情的だわで


1495梱包済みのやる夫2015/03/02(月) 00:21:53 ID:gwzYN1GF
失敗したときの損失についてだって考えてなさそうだしねえ
助けようとして失敗した時に
薬品代が無駄になったと言おうものなら
血も涙もない奴だと怒るか
俺たちだけでやっても成功したとは限らないと逆ギレするかのどっちかだよね


1496梱包済みのやる夫2015/03/02(月) 05:28:26 ID:cR3leKYy
乙です
ドクオの言い分はじき抜ける人だからこその意見だと感じた
無責任とも言えなくないが、最後だからこそ綺麗な思い出を作りたいというか
それにつきあうか否かは後に残る者次第なわけだけど


1497梱包済みのやる夫2015/03/02(月) 07:27:29 ID:E0u+5VeB
例え成功しても人間関係にしこりを残すからね
初対面で今後会うこともないだろう外人にいい顔するためだけにやることじゃあない
というか時差的に国内が深夜だったら向こうは昼間なんだよな
という所を考えると、時間が有り余っててこれからピークタイムの外人を手伝うのはなんか違う


1498梱包済みのやる夫2015/03/03(火) 07:29:03 ID:F9v0g/Ys
乙でしたー。やる夫生きろ……。
今後のやる夫とドクオの関係が怖いな、マジで
やる夫はドクオ抜けるって知らないし弱体取りにも参加するくらい積極的になったように見えた
この後抜けるって言ったら心のどっかで「この件が原因なんじゃ……」って悩みそうだ


1499梱包済みのやる夫2015/03/03(火) 07:43:40 ID:qz4sl1/5
もこっちはともかくとしてドクオが無責任の屑すぎて笑うわw
お前はパーティ抜けるの決定してるから適当な奇麗事言えるよなあ!
フレ切りレベル
でも妙にリアルなんだよなあ…実際いるしこういう奴





1501梱包済みのやる夫2015/03/03(火) 20:48:03 ID:b6kcdcxh
こういう修羅場を幾つも潜ったせいで>>1さんの髪の毛が抜けたんですね・・・乙


1507梱包済みのやる夫2015/03/04(水) 00:47:49 ID:DRvV1oJ8
お前らのイラつきぶりで作者のハゲ化が進まないかどうかのほうが心配になってきたわ


1508梱包済みのやる夫2015/03/04(水) 01:06:05 ID:0BSr7zSz
ごめん(・ω・`)
感情移入できるからこそ熱くなっちゃうのほぉ
面白いからこれからも続けて欲しいのよ


1513梱包済みのやる夫2015/03/05(木) 03:33:04 ID:Fa+2ipE3
ここだと否定的な意見しかないが実際のゲーム中で遭遇したらなあなあで手伝う事になる方が多いんだよな


1516梱包済みのやる夫2015/03/05(木) 08:28:50 ID:CJs2UPRo
状況が違う。
これが三国とかのBFなら手伝いましょ~となるが
綿密に準備した状態で勝てるかも解らず
負けたらアビ待ちすれば二時間待ち、弱体アイテムも無いかも
更に今は深夜
なぁなぁしている余裕はなく、速断だったな。


1519sage2015/03/05(木) 16:23:56 ID:BHVE6PvZ
プロマシアの異常な難易度に不満を持ってるドクオのような人は多かった
スクエニに向けられるべき不満がやる夫に向いちゃったって感じなのかな
それでも仲間の負担を考えずに他人を優先するとかないわー


1520梱包済みのやる夫2015/03/06(金) 02:50:08 ID:LLoZ/MOE
まあ、どっちの意見も理解は出来るよ
この手で一番やっちゃいけないことは
決まったことに対してブチブチ言い続けて空気悪くしちゃうことだな

しかし、ネトゲで雪山遭難の話になるとはおもわなんだw


1523彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/06(金) 19:05:30 ID:126ty3xh

  彡 ⌒ ミ
⊂(#・ω・)  伊達や酔狂でこんな頭をしているのではないぞ……!
 /   ノ∪
 し -J |l| |
         人ペシッ!!
      彡彡ミ


うん大丈夫、まだハゲる分の毛は残ってますから!
しかし色々なゲームをやってきたけど、
やる夫スレにしたいと思ったのはプロマシアだったなぁ。
毛根にダメージを与えてきたゲームなら、ほかにもMHFとかあったんですが。


1524彡⌒ミ ◆WtxFqrHoRE2015/03/06(金) 19:23:59 ID:126ty3xh

キャー!!      彡⌒ミ
         (・ω・`)       ザパァ
 ̄ ̄\γ⌒ヽ,_,ノ ノ ハ,_,γ⌒ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄/⌒ヽ,_,ノノ )  ノ⌒ν´
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ドクオさんの一件について。

ああいうパーティトラブルでほかのパーティと突発的に手助けする、てのは
他のMMOなら本当にふつーのことだったんですよ。
ハイエンドコンテンツ……
FF11なら裏にあたるような部分なら、厳選した精鋭のみで当たるってのがありましたけどね。
「まさか追加ディスクの初っ端のミッションで」
そこまでの要求をされるとは思っていなかったのが一般人。
なぜ助けないのか、って疑問が出ることもあったと思ってください。実際あった。
三国ミッションレベル制限ドラゴンも、
現地の人に助けてもらうのは普通でしたしね。

ジラートの最初のBCもそんなに難易度は高くは……って、
三匹トンベリだったか。怨念洞通過もわりと鬼ですな。
でもまぁこちらはレベル制限もジョブ縛りもなく、
飛び入りで手伝いが出来ました。後年BCついでに手伝いとかやりましたわ。

でもこれにレベル制限・別にレベル制限装備要求・知覚遮断無効、
ワープ入り口ランダムをつけることはなかったと思うんだ。
うん、やっぱりドクオさんに責任があるわけでなく。
「プロマシアがおかしい」ということで皆様よろしくお願いします。
マイルドでよろしくマイルド。


関連記事

category 原作有り > 【完】【FF11】 やる夫はプロマシアに挑むようです
comment

24

edit
edit

Comments

comment
ドクオが無責任すぎて笑える
comment
一緒にやってきた仲間無視して闖入メンバー優先の考えとか屑すぎww
comment
ドクオは主催も集団の統率もした事がないピクミンの思考だなー
一回やった事ある人間なら絶対こんな事言えない
comment
ドクオひでえな
今まで仲間がどんなに努力してやってきたと思ってるんだ
しかも完全善意のお手伝いさん達を外してとか不誠実にも程がある

それでいて、十分に悩んで出してくれたと思われる主催の判断に
「納得はできない」とか何様だよ
今日で抜ける癖して主催と対等のつもりなのか

結局尻拭いもお手伝いさん達にやらせて、
自分の発言でどれだけ相手に手間かけてるのかわかってんの?
comment
ドクオともこっちが何を言っているのか分からないんだが、
これは俺が未プレイだからなのか?

助ける能力もないし、なんかの義理がある相手でもないのに。
comment
てか、知り合いならまだしも行き逢いの相手に
身を削ってまで手助けしようとか、できないのが心苦しいとかほぼないでしょ
それこそリアル雪山のごとく、放置したら死ぬわけでもないし
手間のかからない手助け程度なら自然にやるとしても
comment
現実のヴァナディールにも(微妙におかしな表現だがw)
こういう思考の困ったチャンは稀にいる

誰にでも優しくしたいという願望だけがあって
その行為が迷惑や負担を生むという発想ができないタイプなんだな
comment
野良PTやプロマシア以前の楽なミッションなんかでの助け合い
そういうのを、そのまま持ち込んだ上で意固地になってしまった感だな

プロマシア以前だと、結構そういうのもあったがどんどん減っていた思い出
まぁ、ここで持ち込むものでは絶対無いんだが
雪山の如く二次災害で壊滅ですわ
comment
このようにピクミンだの効率だの仲間同士でギスギスしまくって大不評だったのがプロマシアなんだな
comment
ドクオはやる夫と同じLSメンって訳でなくLSリダのフレってだけだもんね
お手伝い方に余計な手間かけさせても、次に会うことはほぼないだろうし
その後の主催や参加者の空気がどうなろうと知ったことではない
すげー気楽な立場でいいよなー
comment
やる夫はちゃんと説明して納得させたんだから苦労アピールも程ほどにしないと構ってほしいだけの痛い奴になるで
comment
やる夫頑張ったー。 今までで始めてなぐらい感心したわ。
気持ちはわかるけど、リーダーとして重視する部分を間違えないのはマジ大事。
やらない夫たちのフォローもほんとにグッジョブという感じだわー

あ、ドクオ? もう次回、勝手に抜ければいいんじゃねーかな?
誠より下手したら性質悪いぞ。
comment
まあ流石にフレならやらない夫にフォロー頼むレベル
comment
ドクオのヘイト高すぎで笑える
これで次回から抜けるとか言い出すと、やる夫がまた悩みそう。
comment
プロマシアM以外なら、ドクオたちみたいな思考でもあまり問題なかったんだけどなぁ……と言うか、打算なしの完全な善意もまた楽しめる世界ではあった。
ただ、プロマシアは色々アレ過ぎる。絆ブレイカーは伊達じゃない。
comment
 ただ、やる夫もリーダーには向いてない人なんだよな~
まだ序盤も序盤な上今後これ以上の問題は山ほど出る上で、
今のところミッション失敗してるわけでもない些細な問題しか出てない状態で
既に悩み過ぎてプレッシャーに潰されかけてる。
ある程度重く考えず流せる人のほうがリーダーや主催には向いてると思うが、
今後メンバーが抜けたりミッション失敗したりする上でタフになっていけるのだろうか
comment
ドクオの考えを許容する世界であったって前提を忘れないでほしい
comment
屑ってか思慮が足りないんだよね。あと価値観の違い。
comment
>ドクオの考えを許容する世界であったって前提を忘れないでほしい

否。カムイとかZM最終戦とかシビアで移動にも手間のかかる戦いではこれ以前から普通に拒否られてるよ
そういう状況がめったになかっただけ

プロマシアの難易度が最初からエンドコンテンツクラスというクソみたいなバランス調整だったのは事実だがな
comment
現実(笑)だと、このガイジンを助けるか否かの相談をしているだけで、あっという間に30分くらい経過するんだよね。勤め人が深夜にプレイしていることを考えるとリーダーが即決(もちろんNo!)してBFに入場するのが当たり前だよ。
まだやる夫たち自身が勝てるかどうかも分かんない状況なんだから人助けする選択肢なんてハナからないよね(ドクオみたいなお荷物もいるし)。
comment
ドクオの気持ちも分からんでもないんだよな~
MMO遊んでどれ位のプレイヤーなのか分からんけど、2.3ヶ月位だったらああいう風に他の人を助けたいって考えるのも仕方ないっちゃ仕方ないんだよな…

特にコンシュマーからMMOに移って日が浅いとPTやギルメンでもNPCみたいな感じで接しちゃうからな…

まあ、1.2年やってあの考えならちょっと関わりたくないプレイヤーだけど…
comment
この時代の忍者75って2、3ヶ月じゃ厳しいような。
誘われやすいジョブだけど、社会人プレイヤーで時間も限られてるとね。
短期間で75ジョブ作れるような思考だと、こうゆう発言は出てこないし。
comment
そもそもドクオに責任無いしな。
「クリア出来なきゃクリア出来なくて良い」って考え。最初から。
そもそもお手伝い組以下の貢献しかしてないぞ。LSメンなのに弱体アイテム狩りに参加したの抜けるの決めてからの義理とか言うクズだし。
comment
ちょっとこれは意味わかんないっす


  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: