このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


できない夫は108の物語を満たすようです【死に戻り】 24


2266根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/11/30(日) 22:43:47.77 ID:JiDe+hrB



                 __
                ムy:ノ-、
               ∠:ノ\`ヽ}
               / ̄ ̄\
               |::::::::::::::::|
           (    .|:●:::::●|
          `ー~J ::::ヽ:::::::/_し~、
               |::::::::::::::/   ノ
                \_ノ
                 ハ
  __________∧___________________
/                                            \
  なんにんいるの……?
  えーっと皆様、今作初のキーワード安価です。
  この次第で今後の展開、というか……主人公としての立ち位置が決まります。
  覚悟は宜しいですか?
\______________________________/







2277根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/11/30(日) 22:51:57.32 ID:JiDe+hrB



┌─────────────┐
│ ※システムメッセージ※   ..│
└─────────────┘

推奨BGM:
ttp://listenonrepeat.com/?v=yPZSlqv8xVU#%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%82%B0%E3%83%A9_OST-Lamentation-






2282根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/11/30(日) 22:56:40.52 ID:JiDe+hrB



三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三二 ニ - ‐ ‐
二 ニ - ‐ ‐
‐ ‐


                ∧
                / ∧
.               ///.∧
              /////.∧
.            ///////∧
.              //////// ∧            ''''' '''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,, 
             ///////////:,              ,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;         ,;
.            ////////////∧            '''''''''     ''''''';;;;;;,,,    '';;;; ,,,;;;''';;'
           イ//////////// ∧                       '''     '''';;;;;    ,,,,;'';,
       ,.イ//><./////////∧      ''''';;;;;;;,,,,,,,                ,;''';,;' ;'''';;;,,,;'''  ';,;'
         ̄〃r ´ `V ////////∧         '''''''''''';;;;;;;,,,,,,,     ,,,;;;       ;'  ''';;;;,,,
.         {「f (     ',/////////∧         ,,,,,,;;;;;;;;;''''';;;;;;;;,,,,,,;;;'''''       ,,,;;;    '''''';;,,,,
        j :{!  Y 、 八 、////////:,        ,,,;;;;'''    ''';;;''            ''''';;;;,,,,,,  ''';;,
         /', ヽ ハ ヽ ', \//////∧    ,,,,;;;;;;'''''''       ;'               ,,,    ,,,,,,;;;;;;;''''''
.        //∧  {! ‘, Y ハ 丶//////,               '                ;;;;;;,,,,,;;;;;;;;''''''
       ////∧ 入 _ヘメ、r 丶 \///.∧        ''';;;,,,,,        ,,;             '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,
.      /////  ゝゞ /ゝ. ヽ  ヽ  \//∧          ''';;;;,,,        ''';;;,,,    ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,    ''''';;;;;,,,
     ∨./∧   }_〃: : : \ ゞ‐ヘ   ヽ/∧  '';;;;,,,,      ''';;;,      ,,,,;;;;''''    ''';;;;,,    ''''''     ''';
       ヽ//ム :{: : :Y: : : : : 丶 xzヽ.  .\ヘ   , ''';;;;     ;;''    ,,,;;;;;'''''       '''';;;;,,,     ,,,
         \ ヘ八 : :{ : : : : : : : \ニ\    \  '''''';;;;;;;;,,,,   ;       ;'          ,,,,,,,,,,;;;;;''''   '''''
           }/ヘ Y:.ゝ : : : : : : : rj  `Y_____,;,, ''';;,                     '''              ,,,;;''____
.          {:{三三三三三三三{ .l :! l:T三「」 ,,,,,,,                               ;;;;,,,,,,,;;;'''''―    /
          ‘ー ’ l: : : : : : : : : : ーーー|」 三三 ;;;;;''  ''';;;;;''';,,,,;;;''';       三三三三三三三';,    '''';;;;;''―      /
                |: : :\: : : : : : : : : :!ー―───── ;;;'';         ───────― ;,     '';,,,;';,,;''  .イ
.              } : : : : \:.: : : : : : :|_________________________ .   ‐ ¨
                ,' : : : \: :\ : : : : : : : : : : : : :\                         
           / : \ : : \: : : : : : : : : : : : : : : : :\                       
              ′ : : :\ : : \: : : : : : : : : : : : : : : : :\                      
            ‘: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :> . _ /               
          {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :-≠==≠――=彡’                
         ノ三二=― . _ _ . -=¨――ヘ三ニ込、                      
        rイ三二=- 、 ¨ ー一 ¨´        「三三二=― 、                 
        {三三三三三}              |三三三三三三}
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






2284隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 22:57:12.39 ID:Tm4RYnZi
※主人公です


2285隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 22:57:12.54 ID:cVu8Nj9b
できない夫△


2288隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 22:57:19.96 ID:8ESvK+S+
▲様やないか


2297隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 22:58:08.57 ID:CHmWLuve
(これなんとかなるの?)


2301根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/11/30(日) 22:58:46.70 ID:JiDe+hrB



                   /////il;//////ハ
                   //////|;///////ハ
                     ///////ll}////////l
                 /////////}////////1
                 //////////!////////ハ
                ////////////}//}//////゙
                /////////////i//|//////ハ        「呪詛」
              ///////////////}/L//////ハ
              ////////////////x//三ニ=//ヘ                          「怨嗟」
              /////////////////////-=f千´
            /////////////////-=f千´ ハ                 「悔恨」
            /////////// ///-=≦      ハ
              //////////´///,'         ハ
          ,'//////-=≦/ / . {     ハ  ヾ ヘ          「悲鳴」
          ///////// /   ゝ―、    ',  ハ '弋,
         ///-=f/////   ,ィ      ミ   x j;   x、
         //<///> ´     {i        ',   V ヽ   }               「恐怖」
       ///// /       {7         }     i!   }
       /// /         V        i}     :i   }
       //            人        :!     /  /
      '              /  ',   ,ィ示 ',    ,'  /
                  /   ト       ',   /  ./
                  /    !       V  /  /
                   /   `ヽ、       ',V  /












                            「自己への呪い」









2314根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/11/30(日) 23:02:14.50 ID:JiDe+hrB



\                        __   .へ
.:.:.:\                     {_. イ:i: \/  ヾ:
.:.:.:.:.:.:ヽ                    /^{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\   vヘ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,                   /.i:i:i:i:i:i:i:i:i:、:i:i:i:i:i\  V:ヘ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\           { /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\:i:ヽ:∧`∨∧
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\       /{/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: /^ヾ\ハ^ヾ V:ハ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≫..,_ _,.≠.:.:.:. .:. : i i:i:i:i:i:i:i/         \:{
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:. : . i: :i:i:i:i:i:ii/
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:. . : .:i:i:i /;
'"^\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: . .:. :.i/
    ` ≪.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . '′ . |\                              「走る事は好きだった」
\     ` ≪.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.彡....  | ./
.:. : .ー- ..,__ `ー-==≠      |/\
.:.:.:. .:. . : .≦ _                \∧
ー-=.:.:.:.:-=ニ三_                  / ∨V7                    i
  ̄ --==≦               |\/ /l/l/                    |
                         `7/           `.、          .i|
                          /′    />.          \、         i|
                           /    ./′/>.         \、     .|i|
  -----------------------------------../′..゙-----------...\ 、   .|i|
── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────. \__/\...────.. \ 、 ,ノ し ’‐ ‐‐
──   ────‐‐───  ────    ` ̄ ̄ ゙̄‐ ─‐‐゙___) ≦⌒──‐‐─
──  ────  ‐ ─‐‐── ─── ──‐‐‐─ ‐... ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒ ^..──  ───‐‐
─────  ‐‐‐‐─ ‐ ‐‐──   ────── ──‐‐‐─ ‐ ‐‐──


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─








                   「過去を振り切れるような気がしたから」








2316隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:02:53.21 ID:kgn4bPFU
うわあ、そっちの心傷まで誘発されるのか…


2318隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:03:10.79 ID:SBgdhZJR
えっ?ここで!?


2323根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/11/30(日) 23:04:39.88 ID:JiDe+hrB





                       _、.-‐-=厶::::::::::::::::::.:.:.:.:.゙i
                      ハ |:::::::::::::::::.゙i::::::::::::::::.:.:.:.:.:.゙i                _,. -‐-=.ハ::::::::::::::::::.:.:.:.:.ム
                       リj こj:::::::::::::::::::.゙i::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.゙i               ハ |:::::::::::::::::ハ::::::::::::::::.:.:.:.:. ム
                       }}  モィ:::::::::::::::::.゙i::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.゙i             ハ.! ニ.!:::::::::::::::::::ハ.::::::::::::::.:.:.:.:.: ム
                     、イ{  主| `>..::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.l              }} .モ>、:::::::::::::::ハ:::::::::::::.:.:.:.:.:.: ム
                     ||(,,r'´ 「'  /}ヽ\::::::::::::::::.:.:.:.:./             ,.イ{  主| `>..:::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.l
                       ヾミ_ーノ  /::|::::::::::: ̄>一ー `     }         ,':ハl 、.'´ i./   .\ :::::::::::::::.:.:.:. /
           ,.. ..._______,、/:::::l:::::::::.:.:./                 /::::::.夂-'ノ         ̄`.ー― ´
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::.:.:.:./         ,  /      , ' ::::::::::::. /
        {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::/::::::::::::.:.:.:.:/         / /      /:::::::::::.::: /
          入::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:/       / /       {:::::::::::.::: /
       〈∨≧ミ、::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:/      / /       〃::::::::::::: /     「けど、俺は走り切れなかった」
         ゙i,r'´{主{`-‐    ¨¨  ̄ ̄ ̄ ̄      -‐ ´          {:::::::::::::::::::.〉
          |(,, _j主j                              人 ::::::::::::.Y
          (,.ヘ‐ー゙i /ィ/                         〈∨≧=ー ´
           'ミ_‐ー}   て                          V〃{主{
                                           |ト、.j.主i_
                                           V` ー‐.ヘ
                                            夊 ‐一.}


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─






                「そいつとの差は、求める先」


                                「前を見て走りぬいたそいつと、後ろに怯えた俺と」


                             「心の差が、結果を別った」







2327隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:05:52.70 ID:SBgdhZJR
逃避の現れだったのか・・・


2328隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:06:04.64 ID:o/2d57bk
うわ。実力で負けたとかじゃくてそういう負け方か・・・。それは心に来る


2335根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/11/30(日) 23:08:13.74 ID:JiDe+hrB




                     「求める速さ」/「逃げる速さ」


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


                       「負けるのは当然だった」


              「勝利に喜ぶそいつの姿を見て、俺は走る事を諦めた」







2344根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/11/30(日) 23:10:32.46 ID:JiDe+hrB



   ∥////////∧//////////////////////V
   ハ///////V///>////////////////////V
  ,'///////>///>////////////////////V
  i//////>///>//////=≦    ̄⌒ ̄  ミx
  ハ////>///,'////,ィ示、`ヽ、 ヽ 、   \ ', ハ
  〃// >///〃///    `ヽ、   \   ;Y   ',
 ////>///7////{{i      ゝ、    V  }    i}
. ///>////7/// 人 :' ,       ハ   ' ,  i!   ;i
///>////,'///////ヽ、V、_ィ´;   V   V;;{    }
i/>/////,'////////ハ;;ヘ  ',;,>    V   ',;ll    !
//////, '///////////ハ  }iヽヘ,   ハ   }; !   i}
/////〃///////////、\ヽィヽ ヽ   i}   ;i }   i!
////,'//////////〃   V  /i} い ィ/  / i   {i           ぉおおおぉぉお……
/////////////V     {il ィ;//  冫    {   {:!
/////////////V     }} / ´ ィ´//     ィ   i!i                      オオオォオォオオ……
////////////     { /  〃 /     ハ   ム
////-=   ̄       / ;/  ィ ≠j      ヘ   ハ
=≦´          / ,';  {i´  イ   、  {    ハ
            / ィ__  / ,ィ´     `ヽY     ',
      r―ィ´丕 ̄     Y/           ;',     ハ
     / r 、  ィ  ;/ i! ! /            V      ',
     ゝ、/  ', V  l/ }i :i {             `ヽ、   :{i
    -=≦ / {i  {  i ; ::}         -=≦´   \  :}
 ,ィ示~   / /⌒,!  / { {´三ニ=- <           \|
,/      / V   :} r', } ゝ -=f千          >   \
:{      ゞ'   / / い/     -=≦
:{          シ               孑
i}   ハ
     ヘ
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                         「呪詛が心を怪異に変える」

                           「己が己を怪異と成す」







2350根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/11/30(日) 23:12:54.93 ID:JiDe+hrB




                          「罪が己に追い付いた」


                            「罰が己を呪った」


                       「後はただ、タタリとして、全てを壊す」


                               「己を」


                             「愛する者を」








2370根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/11/30(日) 23:16:25.77 ID:JiDe+hrB



───────────────━━━━━━━━━━━━━━━━───────────────
        ////   7¨¨¨´   |:::::::|:. '''  ,     ''' |::::::::|:::::|
.       /ニl l=l   /〉       |:::::::|ハ           /l::::::::|:::::|
   -=ニニニ\ \,/        ノ::::::イl込、 `  ´  イ:::l::::::l:|:::::|
 /二二二二二> ´      -=彡イル::|::从≧  ≦ ト:::::l::::::l:|:::::|
 二二ニニニニ/二\ニ二≧=-=≦二≧=≦{ニYニニニ/:::l从:ルレ从
 \二二ニニ/二二ニ\二二二二二/ニニニ\〉ニニニニニニニニ==-  __
    -=ニニニニニニニニ二二/二二ニニ/O二二二二二二/二}
        -=ニニニニニニ/二二ニニニ/二二二二二ニニ/二ニニ             タタリ
            ̄   -=ニ/二二二ニニ/二二二二二ニニ/ニニニ〉           「立有りは、神の顕現」
                   ,二二ニニニ/二二二二ニニニムニニニ
                    {二二二ニニ{ニ( )二二二二二二ニ}ニニニ
               八二二二ニ{二二二二二二ニニニ}ニニニ
                     Y二二ニニ{二二二二二二ニニニ/ニニニ
                 二二ニニ{二二二二二二二ニイ二二二
                 二二ニニ{( )≧=-  -=≦ニニハ二ニニ
                 二二ニニ{二二二二二二二/二二二ニ
━━━━━━━━━━━━━━━────────────────━━━━━━━━━━━━━━━



───────────────━━━━━━━━━━━━━━━━───────────────

                        「その本質は、全て災害に近い」

━━━━━━━━━━━━━━━────────────────━━━━━━━━━━━━━━━






2374隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:16:50.24 ID:Tm4RYnZi
かけがえのない存在ェ…


2384隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:18:27.93 ID:dOBspKil
奇しくもオリコを災害と称していたな


2387隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:20:28.36 ID:EYm8dpqV
まず自分の大切なものを壊しに行く…どっかで見た流れだ







2403根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/11/30(日) 23:25:52.55 ID:JiDe+hrB





┌─────────────┐
│ ※システムメッセージ※   ..│
└─────────────┘

 ※ タタリ ―― 最も好感度の高い/心の支えとなる キャラクターから順に殺害する。また、その際周囲に多大な被害を及ぼす。




┌─────────────┐
│    ※ 時間指定 ※     .│
└─────────────┘

 ※ クリティカルワード:2   ◆wR54QEO50Plb

 ※ また、上記のワードに相当すると思われる別のワードでも可。全文字で200字程度。それ以上は採用されない可能性あり。

 ※ ヒットワードは特に決まっておりませんが、琴線に触れるもの、近いものは採用していきます。

 ※ 23:35:00 以降 “安価注意報” 後 “四点キーワード安価”









2449根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/11/30(日) 23:37:22.71 ID:JiDe+hrB

┌─────────────┐
│   ※安価注意報※      .│
└─────────────┘





2450根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/11/30(日) 23:38:37.42 ID:JiDe+hrB



               ,'                           ,'                           ,'
              (:'                          (:'                          (:'
            ',  ))                       ',  ))                        ',  ))
            }  /(                        }  /(                        }  /(
          ,' ノし': :ヽ                     ,' ノし': :ヽ                      ,' ノし': :ヽ
         ((,イ: :  :: :V)                   ((,イ: :  :: :V)                   ((,イ: :  :: :V)
         、ゝ: : 大 : :(ノ}                   、ゝ: : 小 : :(ノ}                   、ゝ: : 賽: :(ノ}
          ヽ: :: :i  : :: :/                    ヽ: :: :i  : :: :/                    ヽ: :: :i  : :: :/
          ゝ;:; !:;从;ノ                     ゝ;:; !:;从;ノ                     ゝ;:; !:;从;ノ
         ,、'"   ┃  `' 、                  ,、'"   ┃  `' 、                   ,、'"   ┃  `' 、
         i`ー  _    ',                  i`ー  _    ',                   i`ー  _    ',
         l| !|      i""!|     .             l| !|      i""!|     .             l| !|      i""!|
         }: }i    |{  !j                   }: }i    |{  !j                  }: }i    |{  !j
        〈| 'J |!   }j  :}                 〈| 'J |!   }j  :}                 〈| 'J |!   }j  :}
        _ノ;し  i}①{J  |                 _ノ;し  i}② {J  |                  _ノ;し  i}③{J  |
     ,、-,、'         ハ- 、            ,、-,、'         ハ- 、            ,、-,、'         ハ- 、
     ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )           ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )           ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
    ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"           ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"           ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
    (  _   ,、'"    ̄               (  _   ,、'"    ̄               (  _   ,、'"    ̄
     `ー--─'"                     `ー--─'"                     `ー--─'"


                                   ▽ 3分間






2451隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:38:42.46 ID:eQmS5kjF
【1D100:32】
梨花がくれた今の生を、あきつ丸が気づかせてくれた倫理感を、人であることを捨てるのか?泣かせたくないのは嘘じゃないんだろう。
この苦しみは自分ではなく、この理不尽を押し付けた教団にぶつけてなきゃ。それを為して初めて自分で自分を赦すことができる。
そうじゃなきゃ今まで甘え頼り、自分を人にしてくれた家族が、身代わりになった梨花が報われない。


2452隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:38:42.63 ID:XBeBQ6ll
【1D100:11】
「できない夫は生きて」
「梨花の願い」をもう忘れたのか?
お前がお前を否定するためにその願いまで潰してどうする。

あきつ丸はお前を人間にしてくれた「かけがえのない存在」だ。
お前が自分を呪う余り自分を潰してどうする。
お前は「伊藤できない夫」だ。罪に耐えられないと罪から目を背けるな。
自分を赦すことができないならせめて贖罪のために人として生きろ。
それがお前のできる「梨花の願い」を守ることだ。


2453隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:38:45.28 ID:Vwag6SV4
【1D100:38】

お前はもう逃げることをやめたのだろう?
忘れることをやめたのだろう?
ならそんな逃避はただの甘えだ
お前の犯した罪、与えてしまった咎から目を背けるな
梨花はいつもお前を見ていたぞ
なら今度はお前が彼女に応えるべきだろう
お前はまだ、なにも償っちゃいないんだから
ここがスタートラインだ


2454隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:38:55.07 ID:LKiz1Kjk
【1D100:58】
お前は理不尽な化け物ではなく、理に生きる人間なのだろう

ならば、怪異という理不尽に成り果てるのは逃避ではないのか

復讐と殺戮は違う、お前は何がしたい

人として復讐を成すのか、理不尽として虐殺を成すのか

お前は人間として在り生きたいのか、化け物として成り果てたいのか、何方で在りたいのだ


2455隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:38:59.90 ID:11Zv6T/+
【1D100:33】
できない夫、お前は梨花に"生きて"って、そう言われたんじゃないのか?
向き合うことから走って逃げて、次は何もかも否定して、最後は否定したかったものに成り果てることが、
本当に"生きる"ってことだったのか?違うだろ。
だから、逃げるな。自分の罪を理由にして逃げるな。
梨花のこと、大事だったんだろ?本当は助けてあげたかったんじゃないのか?
だから今度こそ、家族やあきつ丸の事を大事だと思うなら、守ってみせてくれ。


2456隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:39:07.18 ID:6u7yNIBx
【1D100:2】

神座教団を潰すんじゃなかったのか?
何のために最悪な過去を忘れてまで生き延びてきたんだ?
泣かせたくない、かけがえのないあきつ丸を殺す為か?
落ち着け、できない夫
お前は何がしたかったんだ?
少なくとも、愛するものを殺すことではなかった筈だ


2457隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:39:09.27 ID:Drx4Jeuf
【1D100:51】
お前はあきつ丸に言ったことを忘れたか?
お前は今“生きて”いたかったんだろう?
彼女を泣かせたくないんだろう?

こんな所でくじけてるんじゃない

それにお前は今も人のふりをしているだけだとあの日語ったが……
じゃあ、廃校でこころの手を握ったのはなんだ?

別に握らなくてもいい手を握ったのは
お前が既に人間だったことの証拠じゃ無いか

あの新聞部で、お前はちゃんと人間になりつつあったんだ
今更その道を手放すんじゃ無い


2458隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:39:09.44 ID:NZpz/5w0
【1D100:89】

梨花は「できない夫は生きて」と願った。生きるってどういうかな?
人の輪の中に、人として存在していることじゃないかな?
家族や仲間とご飯食べたり、学校に行って、勉強して、部活して
エロ本読み回したり、遊びに行ったり、パンツ談議したり、ゲームしたり
そう言う些細だけと、人と触れあって絆を積み重ねる事じゃないのかな
その願いは、タタリになってしまっては果たせない
梨花にしたことを悔いているなら、梨花の願いを聞き入れてあげて


2459隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:39:09.61 ID:IVgzlXyZ
お前がこの様じゃ梨花は無駄死にだな、彼女の最後の言葉忘れたのか?彼女の存在まで否定するのか?

過去から逃げるな、今と向き合え、そして未来を掴め
そして梨花にあったら笑ってありがとうって言ってやんなよ

【1D100:27】


2460隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:39:10.30 ID:MYTfx0bG
やめろ。やめろ。化け物みたいな人間だったお前を唯一赦した相手を。赦さないまま化け物に成り果てるんじゃない。
人間として彼女の言葉を赦さないまま化け物に成り果てるなんて、そんなものは認めない。
そんな姿でもう一度彼女の前に現れてみろ。彼女は絶対にお前を化け物なんて呼ばないぞ。
とうとう化け物に成り果てて、そんな結果で彼女を赦すつもりか?人間に戻れ、人間として、彼女の言葉を否定しろ。
お前が化け物と言ったのはもっとも醜く恐ろしいことをしでかした人間の所業だと。
【1D100:52】


2461隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:39:18.70 ID:VkFKIfn4
【1D100:79】

過去は変えられぬ。願いを汲み取る器でもなければ、変えることなどできぬ。
しかし、未来を変えることは出来る。己が被った仮面を、自ら砕いたようにな。

己は未来を走る為に、何がしたい?何を成したい?
己が泣かせたままのあの子――あきつ丸を、一人にする気か?
己の為に、力を貸してくれた者達のことを無碍にする気か?
己は独りでは無かろう?己の周りには、人が居ただろう?

それらを全て潰して、タタリと成り果てるのか――――できない夫!!


2462隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:39:20.42 ID:dOBspKil
【1D100:28】

怪異は否定する。
人が怪異になどなるわけがない、そんなものはまやかしだ
そんなまやかしに縋るなんて「逃げ」だ
罪が赦されないとしても「人として」償うんだ!
「怪異になって、大事な人も殺して、残念無念でした」
そんな理不尽な物語は否定すべきだろう!


2463隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:39:27.42 ID:bFIFZH7V
おっぱいいっぱい夢いっぱい
あんまり難しく考ええんな、人生なんて
家族仲間と笑って過ごせたら上出来だ

梨花にあったらありがとう、幸せだって言ってやんな

【1D100:74】


2464隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:39:30.43 ID:GOSXTOY/
【1D100:97】

できない夫、君は何をしたい?
教団をに復讐したい?
すべての怪異を理不尽を否定してしまいたい?
梨花に償いをしたい?
すべてを忘れたい?
それとも自分が消えてしまいたい?
誰かに本当の自分を見つけてほしい?
誰かに助けてほしい?
誰かの傍にいたい?
幸せになりたい?

君の本当の望みを教えてほしい。
私は君のやりたい事を応援したい。


2465隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:39:32.15 ID:uurlhsWe
【1D100:3】
彼女はできない夫のことを恨んでいない。

むしろ自分が死ぬことで君が助かることを望んだ「できない夫は生きて」彼女はそう言った。

君が罪の意識に苦しむのは筋違いであり現に彼女は自分の存在を君の記憶から消してまで君を守ろうとしてくれた。

それでも罪の意識に苦しむならば事の原因である教団・そして諸悪の権化である匣を恨み否定しろ


2466隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:39:35.89 ID:3uI2Ybk+
理不尽を否定するんだろ
物語を否定するんだろ
お前自身が理不尽の塊で物語をめちゃくちゃにする怪異になってどうするんだよ
それに(「赦されない」、なんてことは無い。)・・・お前そう思ったよな
お前が許さなきゃ、誰があきつ丸を赦してあげるんだ
あきつ丸を泣かせたくないんだろ
……それだけは、嘘じゃないんだろうが
【1D100:40】


2467隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:39:36.19 ID:4CTJ/kOf
怖がった? 逃げようとした? 忘れようとした?
人間なら普通の事だ!

ついでにな、人間ならな
支えてもらう事だって! 許してもらう事だって!
そして乗り越える事だって、できるんだよ!

ソレすら否定して――また同じことを繰り返す気かできない夫!?
梨花だけじゃ飽きたらずあきつ丸までやろうってんなら、俺達が相手してやるよ!
【1D100:18】


2468隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:39:38.68 ID:Kf2eWxwb
このままだと君は理不尽の側になるぞ?本当にいいのか?
怪異になってしまう理由はわからんでもないがそれをお前に強いたのは何だ?
教団だろう?怪異になったら大事な奴から始末していく以上教団まで滅ぼせる保証はないぞ?
君にとって教団は親愛に足るものじゃないし優先度は遅くなるしね…
それにあきつ丸を泣かせたくないんだろう?自分を許さないのは勝手だが
その結果「また梨花みたいに殺すの?」君にとってその過去は繰り返していい程度の価値しかなかったの?
【LINK】
【1D100:17】


2469隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:39:39.88 ID:rhzPSDJe
【1D100:45】
君は生き残る為に他人を匣に喰わせて殺して生き残ることも考えていたのに何を今更
過去に人を殺してたことで狂おうとしてるんだい?
過去の人殺しも君が生き残るためだから君が考えていたことと同じだよ
今更それで狂えるような真っ当な人間じゃないだろう


2470隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:39:43.99 ID:VBkYS4hL
否定するんだろ? 認めないんだろ? だったらそんな変な三角かぶってんじゃねえぞ。そんなもん脱ぎ捨てて何時もの大馬鹿思春期野郎に戻りやがれ。
【1D100:7】


2471隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:39:52.24 ID:rEPvs5JI
【1D100:33】
なに怪異なんぞに成ってんだ。
愛しい人を、周りすべてを壊してしまう前に、
何もかもから逃げ出してしまう前に、
今成さなければならない事があったろう。
それを、思いだせ。


2472隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:39:52.42 ID:cVu8Nj9b
過去から逃げるって言うなら、もっときっちり逃げろよ
【1D100:91】


2473隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:39:53.75 ID:j4CIky7N
【1D100:32】
あきつ丸にまたばけものって呼ばれたいのか?家族や仲間を怪異の、てめえの仕業で殺されていいのか?今ならまだ戻れるぜ、自分が「怪異」になったことを「否定」してみろ
お前が罪の意識を持ってることは解ったよ、でも梨花ちゃんは「できない夫は生きて」って言ったんだぜ?なら罪を背負ってでも人として生きてけよ、怪異になって逃げてんじゃねえよ、それじゃ過去を振り切れねえだろうが!向き合って、前を向いて走れよ!


2474隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:39:53.92 ID:bw6LWW6f
【1D100:80】

梨花、あきつ丸、凜、光津姉弟の願いによって育まれた自分の存在を憎き怪異に捧げるつもりか?
新聞部室にはお前が自ら望んで絆を結んだ友すらいる
お前は自分で思っているほど孤独でなければ他人を拒絶もしちゃいない、ごくありふれた人間だ


2475隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:40:17.98 ID:qm4cY3pt
!1d100
あれだけ否定したがっていた怪異になり下がるのか
「できない夫は生きて」と望まれたのだろう?暗闇から出してくれた彼女は?支えてくれた義兄、義姉は?
日常に戻るために笑い方を教えてくれた彼女は?全て壊したいのか?


2476隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:40:22.98 ID:R3H5kpRL
梨花ちゃんを泣かせ、あきつ丸を泣かせ、両親がどうなったかも判らず事件後面倒をみてくれた義兄義姉にも迷惑をかけ
しかも、できない夫としてではなく怪異として君は全てを終わらせるのか、君が復活させた新聞部はどうする
禁忌人から人間に戻した事もあったな、全てお前の都合からだ
だが一つだけ違う、そう匣だ、あれが全ての始まりだ、その匣に飲まれて終わりか罪に飲まれて終わりか、逃げるな向き合え
【1D100:68】


2477隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:40:31.05 ID:HT2BzGei
あきつ丸を泣かせたくない、それだけは嘘じゃないってのは嘘だったのかい?
それとも、言葉にできなかったから反故にするのかい?

どのみち、泣かせないと誓った相手を殺しにいくのはさぞかしい新しい後悔の種になるんだろうねえ
【1D100:91】


2478隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:40:34.01 ID:hlhre621
【1D100:46】

途中でゲームを降りるつもりか?
お前はもうコンテニューした後だろう
リセットしても逃げ切れなかったんだろう?なら立ち向かおうぜ
もうコイン一個入れてくれる女の子はいないんだ
でもお前が生きるのがその証だよできない夫



2479隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:40:34.77 ID:x/daLFsB
【1D100:30】
お前は自分を苦しめた教団を許せるのか?
自分だけ破滅するのでいいのか?
あいつらをまず殺さないと気が済まないだろ?




2480隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:40:41.07 ID:flOCXHjI
【1D100:64】
どうするつもりだい?できない夫。
今の君は、君が否定しようとしていた怪異そのものだよ
「できない夫は生きて」といった彼女の思いはどうなるだよ!
このままじゃ、君の周りの人や大切な人を傷つけてしまうだぞ。
罪を償いたいと思うんだったら「人間」として生きろよ!
怖いからっていつまでも逃げてるんじゃねぇよ!
「夢」は覚めるものなんだよ。「現実」でまってる人がいるんだぞ


2481隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:40:43.97 ID:HGoI1Ojt
【1D100:64】
あきつ丸を泣かせたくないんじゃないのか
おもいだせ


2482隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:41:21.45 ID:P0qgT8Xk
【1D100:4】
正しい人に憧れてるんだろ?普通の人に成りたいんだろ?
化け物だって否定されるのが怖くて、仮面まで被って、こっちから否定してまで嫌なんだろ?
だったら戻ってこいよ。


2483隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:41:24.42 ID:BFP6krp7
梨花とのゲームから降りるつもりなのか? 梨花からもらった命を無駄にするつもりか?
その姿、正に化け物だがお前はそれでいいのかよ。化け物として大事な存在を殺すのか? また友達を手にかけるのか?
お前はできない夫だ。タタリなんかじゃない。怖がって目を背けたらまた大事な者を失うぞ!
大丈夫、お前が自分を許せなくても受け入れてくれる、許してくれるやつはいる。梨花だってお前を恨んじゃいない。いいから戻ってこい!

【1D100:46】


2484隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:41:24.56 ID:+vxTULja
できない夫、お前はなんで今まで怪異を否定した?お前は何であきつ丸を恨んだ?
今一度その理由を思い出せ。
お前が望んでいるのは何か思い出せ。
それは許しか贖罪か?世間一般の言う幸せな人生か?それとも異常も非日常もない普通の生活か?
そんなところで怪異になって過去にも向き合わず、今を見つめず逃げてどうするというのか…
逃げていてはお前の求めるものは何も手に入らないぞ?
立ち向かえできない夫。
!1d100


2485隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:41:27.28 ID:kgn4bPFU
>>2454
【1D100:4】


2486隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:41:33.70 ID:JtZaqFoA
【1D100:66】
お前は自らの行為を罪と断じるが、お前とゲームで遊んだあの子は、笑って赦すだろう。
それどころか、お前に罪はないとさえ言うだろう。
思い出せ。梨花の笑顔を。梨花の願いを。
考えろ。梨花は今の姿を望んでいたのか。
願われることなく、同じことを繰り返すのか?お前が否定し続けた怪異に自身がなってもいいのか?
己の腕を振るう前に、そこの女に問うてみればいい。



2487隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:41:37.05 ID:rtMbL2sr
奴らと、奴らの言いなりになって梨花を犠牲にした自分を許せないんだろう?
自分を許せないなら、愛する人達を守って、神座教団のような悪を呪えよ
今度は大切な人達を守って、犠牲になりそうな人がいたら必ず助けるんだ

壊すなら神座教団、あいつらのような外道だけにしよう
愛するものは絶対に壊さないし守る、壊すのは憎むべき悪だけ
それがお前への罰であり、梨花への贖いであり、贖罪だ


それと今、梨花に会ったことを覚えているか?
彼女は匣に囚われているが、まだ魂は生きてるぞ

【1D100:51】


2488隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:41:37.73 ID:7AlW1lBw
【1D100:78】
お前は神ではなくただそこにいる人間だ。デフォーやあきつ丸、多くの友人がいる人間だ。
罰だなんだと八つ当たりなどしても何の意味もない。愛する者も命もも失ってはいけないものだろう。
悪いのはそれをさせた教団と怪異だ。「梨花の願い」をもう忘れたのか?それでもなお悔やむのなら
願望機を求めろ。過去を変えろ。過ちをなかったことにしろ。。さあ微睡みから覚めて目を開けろ


2489隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:41:47.87 ID:+vxTULja
>>2484
【1D100:14】


2490隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:41:48.04 ID:0mNxUYRP
【1D100:67】

情けない、降りかかる理不尽を、怪異を否定すると啖呵をきってそのザマか
教団を潰すまで死ねないと言ったお前はどこに行った?
お前の代わりに犠牲となりそれでも生きてと願ったものの気持ちを無駄にするのか?
未だ赦せぬ友を、かけがえのない存在をまた手にかけるつもりか
過去を振り切ってこっちに戻ってこい


2491隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:41:58.67 ID:BFP6krp7
>>2484
【1D100:32】


2492隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:42:10.76 ID:qCYzIRPZ
>>2487
【1D100:24】


2493隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:42:13.00 ID:qm4cY3pt
>2475
【1D100:87】




2494根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/11/30(日) 23:42:14.17 ID:JiDe+hrB



                   γ
                   (
                  _ノ

                /
            __
          ,、'"   .  `' 、
         ii`ー  _    ',,
         l| !|      i""!|           こ           こ           マ              で
         }: }i    |{  !j
        〈| 'J |!   }j  :}
        _ノ;し  i} {J  |
     ,、-,、'         ハ- 、         弐参:肆壱:参漆:肆弐 迄
     ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
    ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"         23:41:37.42 マデ
    (  _   ,、'"    ̄
     `ー--─'"






2500根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/11/30(日) 23:43:16.19 ID:JiDe+hrB



                                                                     ,'
                                                                    (:'
                                                                  ',  ))
                                                                  }  /(
                                                                ,' ノし': :ヽ
                                                               ((,イ: :  :: :V)
                                                                、ゝ: : 賽: :(ノ}
                                                                ヽ: :: :i  : :: :/
                                                                ゝ;:; !:;从;ノ
                                                               ,、'"   ┃  `' 、
                                                                i`ー  _    ',
                                                  .             l| !|      i""!|
                                                               }: }i    |{  !j
                                                              〈| 'J |!   }j  :}
                                                               _ノ;し  i}③{J  |
                                                           ,、-,、'         ハ- 、
                                                          ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
                                                          ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
                                                          (  _   ,、'"    ̄
                                                          `ー--─'"





                                                             賽:賽の目から……






2507根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/11/30(日) 23:44:32.28 ID:JiDe+hrB



                                                                     ,'
                                                                    (:'
                                                                  ',  ))
                                                                    }  /(
                                                                ,' ノし': :ヽ
                                                                 ((,イ: :  :: :V)
                                                                、ゝ: : 賽: :(ノ}
                                                                  ヽ: :: :i  : :: :/
                                                                ゝ;:; !:;从;ノ
                                                                ,、'"   ┃  `' 、
                                                               i`ー  _    ',
                                                               l| !|      i""!|
                                                               }: }i    |{  !j
                                                              〈| 'J |!   }j  :}
                                                               _ノ;し  i}③{J  |
                                                           ,、-,、'         ハ- 、
                                                          ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
                                                          ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
                                                          (  _   ,、'"    ̄
                                                          `ー--─'"

                                 根の人ダイス:【1D100:86】






2523根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/11/30(日) 23:50:41.08 ID:JiDe+hrB



┌─────────────┐
│ ※システムメッセージ※   ..│
└─────────────┘



2472 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2014/11/30(日) 23:39:52.42 ID:cVu8Nj9b [20/20]
過去から逃げるって言うなら、もっときっちり逃げろよ
【1D100:91】

2477 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2014/11/30(日) 23:40:31.05 ID:HT2BzGei [4/4]
あきつ丸を泣かせたくない、それだけは嘘じゃないってのは嘘だったのかい?
それとも、言葉にできなかったから反故にするのかい?

どのみち、泣かせないと誓った相手を殺しにいくのはさぞかしい新しい後悔の種になるんだろうねえ
【1D100:91】

2458 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2014/11/30(日) 23:39:09.44 ID:NZpz/5w0 [5/5]
【1D100:89】

梨花は「できない夫は生きて」と願った。生きるってどういうかな?
人の輪の中に、人として存在していることじゃないかな?
家族や仲間とご飯食べたり、学校に行って、勉強して、部活して
エロ本読み回したり、遊びに行ったり、パンツ談議したり、ゲームしたり
そう言う些細だけと、人と触れあって絆を積み重ねる事じゃないのかな
その願いは、タタリになってしまっては果たせない
梨花にしたことを悔いているなら、梨花の願いを聞き入れてあげて

2474 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2014/11/30(日) 23:39:53.92 ID:bw6LWW6f [21/21]
【1D100:80】

梨花、あきつ丸、凜、光津姉弟の願いによって育まれた自分の存在を憎き怪異に捧げるつもりか?
新聞部室にはお前が自ら望んで絆を結んだ友すらいる
お前は自分で思っているほど孤独でなければ他人を拒絶もしちゃいない、ごくありふれた人間だ

2475 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2014/11/30(日) 23:40:17.98 ID:qm4cY3pt [1/3]
【1D100:87】
あれだけ否定したがっていた怪異になり下がるのか
「できない夫は生きて」と望まれたのだろう?暗闇から出してくれた彼女は?支えてくれた義兄、義姉は?
日常に戻るために笑い方を教えてくれた彼女は?全て壊したいのか?
(>>2493ダイス訂正)




 ※ 処理中...













2538根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/11/30(日) 23:56:36.85 ID:JiDe+hrB



                             -‐…‐-
                          /: : : : : : : : : : \
                          ./: : /:/ {: :|: :| : ',ヽ: .'、
                        ,': : :/:/: :{: :|: :|: : } :}: : :.
                          {: |: {-{‐-{:.:.l: :|斗}-} : : |
                          {: |: {ィf示x,从ィf示x,}.: :.:|
                          }: |: { ゝ‐'    ゝ‐' ,: /:l
                         }: |: ハ    '   /: {: :l           ……あなたの結末は、それなの?
                        }: |.::.个 .,  -   イ{:.:.{: :∨
                  .      /: :| : : |i:i:i≧=≦i:i:i:{:.:.{: : :∨         消えるでもなく、罪に溺れて全てを壊すの?
                        / ⌒ : : |≪  Y  ≫{:.:.{‐-、:∨
                      /::::::::| : : |/⌒Y<>Y⌒ヽ:∨:::::\.
                    {___{::::::::::::::: :./{_,.斗''¨¨''ー .,,〉:∨::::::::}_
                    {辷〉:::::::::::|: :{    /ハヽ    }: |::::::::::辷〉
              ____, ____/辷〉=-i:|: :{≧= { {==} }==≦:.:|::::::i辷乂_________
           / \    `ヽ   /ヾ |: :{ }:::::::{_{i:i:i}_::::::::{ }: |-=       / / 〉
          r‐‐\   \       /: : : |: :{./:::::::::::::::::::::::::∧}: | ∧       /  ./`''ー‐‐、
        /    __,\  }  _,,../从ルハ从ル::::::::::::|::::::::::::::从、 ∧.     /  ./\
        〈___γ  〉;;;{   }    /    /:::::::::::::::::::人::::::::::::::::::::::\∧   /  ./;;;/
             〈;;;;;;{,  }    /   /::::::::::::::::::i辷   辷i::::::::::::::::::::\  /   /:;;/
              〉;;;;〉 }.  /__/:::::::::::::::::::::辷     辷::::::::::::::::::::::::\,'  /: ;/
             Ⅵ:∨ノ ,/:::::::::::::::::::::::::::::辷      辷::::::::::::::::::::::::::::x_/__/






2554根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/11/30(日) 23:59:43.07 ID:JiDe+hrB



i:i:|:i:i   i:i:i:i:i  i:i:i:i  i :l}i  i:i: |:i |:i: |:i:i:i  iい
:i:|:i:i   i:i:i:i:i  i:i:i:i  i :l}i  i:i: |:i |:i: |i:i:i   j:i
i:|:i:i   i:i:i:i:i:  i:i:i:i ⅰ:l}i  i:i: |:i |:i: |:i:i  イi:i
:|:i:i    i:i:i:i:i:  .i:i:i:i ⅱ l}i  i:i: |:i |:i: |i:i  / i:i:i
|:i:i    i:i:i:i:i  i:i:i:i ⅱi l}  」_,ノ_,ノ-=个ト ' .i:i:i
|i:i    i:i:i:i:i  i:i:i:i __jツんぅノィ広斗ォァj:i:i:  i:i:i
|:i    i:r~…≠ニざミヽ   彳 _j'〃,i:i:i:i  .i:i:i
|i    :i:|フ癶弌  _jL     ¨´   ハi:i:i  .i:i:i
|i    :i:|、  ^⌒¨¨´            厶i:i:i  .i:i:i
|i    :i:|^ 、         '   乂「 |i:i   i:i:i:i
|i    :i:N^V> ,、     ィァ . ィ升i「 |:i   i:i:i:i                  ……認めないわよ。
|i    :i:|i} '⌒メ=ミ=z‐--=≦i「i「斗ぅミ|i   i:i:i:i
|i    :i:|i 、    ⌒マW{>┴≪/////|  i:i:i:       , -===- 、       ゲームは、始まったの。
|__{   :i:|i> ´ ̄ ̄`Yヘ-=ミ  ` </,|  i:i:i      {{      }}
/八   i∧       /}_人   `ヽ    〉|  i:i:k      ドミ  _彡'        不本意な介入はあったけれど……
//∧   i∧     {_/ }、 丶 __,  Y/,|   i:i:i'∧    }        {
///∧   i∧     / \     八゙|   i:i//介ミ、 .′. . . . . . . ',       ……こんな結末は……
////∧   i∧     ′  ∧   ,′ :|   i:i'/////} i:.:.:.}⌒.:.:.:.:.:.:i
/////∧   i∧、_/}   j、 丶 _/   |   i:i////,リ |:.:.:.}:.:.:}:.:.:.:.:.:|
//////∧   i∧ / リ  j八   、   |   i:i'////{__八:.:.':.:.:.':.:ー:.:.ノ、
///////∧   i∧ ″  j{  丶   ヽ |   i:i/////,rヘ `ト、r─一'  i
////////ハ   iハ{{   {{    `   _j|   i:i辷弋ノ⌒ 八 }>‐一 人










                               認めたくない。








                 『過去から逃げるって言うなら、もっときっちり逃げろよ』







2566根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 00:03:13.29 ID:1tQlF4MD



   ∥////////∧//////////////////////V
   ハ///////V///>////////////////////V
  ,'///////>///>////////////////////V
  i//////>///>//////=≦    ̄⌒ ̄  ミx
  ハ////>///,'////,ィ示、`ヽ、 ヽ 、   \ ', ハ
  〃// >///〃///    `ヽ、   \   ;Y   ',
 ////>///7////{{i      ゝ、    V  }    i}
. ///>////7/// 人 :' ,       ハ   ' ,  i!   ;i          ぉおおおおおぉ……
///>////,'///////ヽ、V、_ィ´;   V   V;;{    }
i/>/////,'////////ハ;;ヘ  ',;,>    V   ',;ll    !
//////, '///////////ハ  }iヽヘ,   ハ   }; !   i}
/////〃///////////、\ヽィヽ ヽ   i}   ;i }   i!
////,'//////////〃   V  /i} い ィ/  / i   {i
/////////////V     {il ィ;//  冫    {   {:!
/////////////V     }} / ´ ィ´//     ィ   i!i
////////////     { /  〃 /     ハ   ム
////-=   ̄       / ;/  ィ ≠j      ヘ   ハ
=≦´          / ,';  {i´  イ   、  {    ハ
            / ィ__  / ,ィ´     `ヽY     ',
      r―ィ´丕 ̄     Y/           ;',     ハ
     / r 、  ィ  ;/ i! ! /            V      ',
     ゝ、/  ', V  l/ }i :i {             `ヽ、   :{i
    -=≦ / {i  {  i ; ::}         -=≦´   \  :}
 ,ィ示~   / /⌒,!  / { {´三ニ=- <           \|
,/      / V   :} r', } ゝ -=f千          >   \
:{      ゞ'   / / い/     -=≦
:{          シ               孑
i}   ハ
     ヘ


┌─────────────┐
│ ※システムメッセージ※   ..│
└─────────────┘

 ※ HIT ならず






2569隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:03:32.85 ID:7ngMJZUv
知ってた


2572隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:03:41.32 ID:J6Ibz3ww
ヒットしないか~


2575隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:03:50.97 ID:enQKdMyp
dsyn


2576隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:03:54.59 ID:/2j9kMII
ダメか
いやまだだ


2580隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:04:19.32 ID:ImUEGQua
まーある意味現状も全力で逃げてる状態だしなー

次行こう、次


2581隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:04:24.33 ID:WsbJXsfJ
まだ弾は残ってる!


2582隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:04:24.71 ID:oFjOPgjj
まだ次があるし(震え


2585隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:04:39.51 ID:VnT39Vhm
あと4つあるし(震え声)


2592根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 00:05:57.50 ID:1tQlF4MD



         『あきつ丸を泣かせたくない、それだけは嘘じゃないってのは嘘だったのかい?
          それとも、言葉にできなかったから反故にするのかい?』



                        ,rヘ
                        //.:.:.:\
                       //.:.:.:.:.:.:.:\
                      //.:,〃.:.:.:.:.:.:.:\
                     ////,イ:::::::::.:.:.:.:.:.:.\
                     //-─‐- 、,:::::::.:.:.:.:..:.:.\
                     l/      `\::::::::.:.:.:.:.:.\
                    ,'    ,ィ'´      `\:::.:.:.:.:..:.\
                    i   /ミ、       !  `\:::.:.:.:.\
                    |  ,/ ト、        !     ̄ ̄         「外へ――」
                    |  | ,〉、_      _, !
                    |  | !          i
                    ト、,」 l.:.:.. .        i\
                   「/⌒V/.:.:::.:. ..        !/ヽ
                   L  /ト、.:.:.. . . . . .    |_ソ
                    ヽ! (Q) \.:.:.:. .:. .    l
                     /:.\ /..:\.:.:.. .     .|
                     〉、_<\.:.:.::;;;;\:.:.    |
                     i.:.:.:.:.\\.:.:.:;;;;;\____」
                     にニゝj \\.:.:::::;:;\j
                     !.:.:.:.:/   \\.:.:;:::;;;\
                     |:::::::j      \\.:.:;:::;;;\
                    |:::::::|         j\\.:.:.;::;;;\
                    |:::::::|      l.:.:.:.\\.:.:::::;:;\
                    ,!:::::::゙i        |::::.:.:.:..\\.:.:;;;;;;.\
                    `゙ー'''      ``ー──\\.:.:::;;;;;!
                                    `ー─ '


┌─────────────┐
│ ※システムメッセージ※   ..│
└─────────────┘

 ※ かすりHIT ―― 不足






2595隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:06:14.47 ID:R1Q6mWXM
げえ…


2598隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:06:34.24 ID:bX00xPhF
グワァァァァァ!?


2600隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:06:39.98 ID:enQKdMyp
かすっただけカー…


2601隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:06:42.29 ID:+6cMtNVE
おしい!
おしい!


2603隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:06:48.10 ID:ImUEGQua
惜しい!


2604隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:06:53.58 ID:7ngMJZUv
もっと言及しないと


2606隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:07:01.40 ID:4pAGDQbu
おち落ち着けけ。まろろううどの言と弾はまだまだだあるぞう


2608隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:07:05.18 ID:0pw7M2n8
これダメなのか……。


2616隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:07:35.79 ID:8BvLrkCb
はは…、怖い


2617隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:07:54.24 ID:kePibRe4
ヒギィ


2619隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:08:04.78 ID:k/GU9b8e
ははは…(白目)


2636根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 00:11:38.25 ID:1tQlF4MD



                『どのみち、泣かせないと誓った相手を殺しにいくのはさぞかしい新しい後悔の種になるんだろうねえ』
::::::;'';::::::::::::::::::::::::::::::::::::;    ; ,'::::::::::::::::::::;' , ' ,'     ,..':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::; ;::;';:::::::::::::::::::::::::::::;'    ,'::::::::::::::::::::;' , ' , '    ,..':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,.
:::::;  ';:, ';:::::::::::::::::::::::::;    ,'::::::::::::::::::::;' ,' ,'    ,..'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ' .
:::::;  ;:, ;:;';:::::::::::::::::::;'    ,::::::::::::::::::::;' ,' , '   ,..'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
::::::,  ';' ;:, ';::::::::::::::;'    ,':::::::::::::::::::;' ,'∧   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '     ,  '
:::::::',  , ';' ;::::::::::;'     ,:::::::::::::::::::::','/:i.:i', ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::; '     , '   ,....         「外へ」
';:::::::',  , ;  ,::::::::;     ;:::::::::::::::::::::/.:.i.:::i:',::::::::::::::::::::::::::; '      , '  ,....'::::; '
 ;:::::::,  ' ,  ,::::::;      ,:::::::::::::::::,′:i.:.:.:i:.',::::::::::::::::; '       ' ,...'::::; '
  ';::::;'   ,『あれだけ否定したがっていた怪異になり下がるのか':::::; '
  ',:::',   '「できない夫は生きて」と望まれたのだろう?暗闇から出してくれた彼女は?支えてくれた義兄、義姉は?
   ',:::,   日常に戻るために笑い方を教えてくれた彼女は?全て壊したいのか?』
',   ' ;'     ;:::;     ,..'::::_./..:‘.:.i . : . :.i;;;;;;;',_  ,...',:: '    ,.....':::::::::::::::::::::;
:::'.,         ,:::,     ,.':::::::;i::{ . :. :.i .: . : .:i;;;;;;;;i:::}.'; '    , ', ' ',:::;::::::::, '
';::::',        ,:::,    ,:::::; 'ハ:::{ .: .:.i . : .::.:.:i;;;;;;;i:::ハ
 ';::',         ;::,   ,:::;' j ';::{ .: .:.i . .: . :::::i;;;;;;i::j!                 「外へ」
  ' ',       ;:;    ;::;  /  ',;;{ .: .i! .: .:.::::::::i;;;;;i::! {     ,
;:'..,  '       ;   ,::; ノ  ∧;;{ .:.i!.:.:.:::::::::::::i;;;;;ii! ',
 ' '.,        ;  ,:; /  .:;′',『{梨花、あきつ丸、凜、光津姉弟の願いによって育まれた自分の存在を憎き怪異に捧げるつもりか?
   ' ,       ,   ;/  /  ',;;{.新聞部室にはお前が自ら望んで絆を結んだ友すらいる
     ' ,        /  /   ,ハお前は自分で思っているほど孤独でなければ他人を拒絶もしちゃいない、ごくありふれた人間だ』
         ,rr:、 〃  ,;′  ,′', . :;;;;;;;;;;;:;:;:.:ィイ ..:.ノ }:::::::::::::::;::::; ' '
        /:/:::..V,r‐, .ノ   .,′   .;..' .:. :;;;;;: .: :.'゙ノノノ' ' ' ,':::;':::;':::;'::,_,
       /:,.ヘ::::/::::::::ソ     j    .;..' .: .:;:; :;:; ;; ;',゙゙´
       /:/  ':,:::::::/    i. .‘ .;..'    .: ;; .:; ;',
      /:/:: . : :: ':;:/     i. :   .;..'    , .:; .;; ;:',
     /:/:: . : ::/ .:/     !:  . .;..'    , ..:; ;;:  ;j!
    ./:/:: . : ::/ .:/      !   .;..'    .,;;:;:.' ...jリ                          「外へ」
    /:/:: . : .:/ .:/      !   .;..'    彡ィ彡'´彳
   ./:/:: :. . :/ .:/      !   .;..'  .:.彡'"´i;;;;;;;;;;;,′
   /.:: . : ./ .:/       {:{  .:;'.;;;;;ィ'´   ,';;;;;;;;;;;′
   :: .: . :/ .:/         `゙゙T゙゙´.:::::|   ,,;;;;;;;;;;;;′
   :: : : / .:/             i .:.::::;;;j   ,,;;;;;;;;;;;;;′





              『梨花は「できない夫は生きて」と願った。生きるってどういうかな?
               人の輪の中に、人として存在していることじゃないかな?
               家族や仲間とご飯食べたり、学校に行って、勉強して、部活して
               エロ本読み回したり、遊びに行ったり、パンツ談議したり、ゲームしたり
               そう言う些細だけと、人と触れあって絆を積み重ねる事じゃないのかな
               その願いは、タタリになってしまっては果たせない
               梨花にしたことを悔いているなら、梨花の願いを聞き入れてあげて』





                                  「外へ」








2645隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:12:54.59 ID:8BvLrkCb
ま、まとめてHITならずとかあるのかな…(白目)


2648隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:13:24.68 ID:enQKdMyp
HAHAHA…


2655隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:15:12.94 ID:CUGlbptZ
や・・・やったか!?


2656隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:15:13.15 ID:0pw7M2n8
あかんのか……?


2659隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:15:58.27 ID:kePibRe4
まだ結果は出てないし……


2672根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 00:19:03.50 ID:1tQlF4MD



   ::::::::::::::::::::::::::       ::::::::::::::::::::::   呈::::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::
     ::::::::::::::         :::::::::::::::    | .| :::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::   :::::::::::::::::
     ::::::::::::::          ::::::::::::    | .|  :::::::::::::::::::::    :::::::::::   :::::::::::::::::
:::::::   :::::::            ::::::::::::::  ,. -ヘ | ::::::::::::::::::::      :::::     :::::::::::::
::::::::::::  ::::::::           ::::::::::::/`つゝ入  :::::::::::           ::::::::::
::::::::::::::: ,、,____ , -.、, -, -r==、´ >-r:::::::::::ト、,、::::::          ::::::::
::::::::::::::::::∨ヘヘ////// ノハ´ ヘ !,> /  |:::::::::::|: :| l::         ::::::::
::::::::::::::::::::∨ヘヘ///∧_,. ゝ==ゝ ´    |:::::::::::|: :| |       ::::::::     :::::::::::::
:::::::::::::::::::::∨/∧ヘ//∧  ノ {           |:::::::::::|: :| |             :::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::∨//∧ヘ/∧ハヾl         |:::::::::::|: :| |     :::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::l.∨///∧/∧ノl |          |:::::::::::|: :| |              :::::::::::::::
::::::::::::::::::  | ∨////∧∧'ヽヘ          |:::::::::::|: :| |            :::::::::::::::::::::::    「呪いで器を満たす」
::::::::::::::::::  r' ∨/////ヘ|l ノ ',         .|:::::::::::|: :| |     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       l  ∨//////∧/  |        .|:::::::::::|: :|.|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      .| |'∨////>::'/:: :ヘ        |:::::::::::|: :||                          「満たし」
       } l ノ>::´:::::::::l:::: : : :l      |:::::::::::|: :||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::l 、〉:::::::::::::::::::::l::::: : : :.l       |::::::::::l: :.l|    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::ヽミ/:::::::::::::::::::::l::: : : : :.l       |::::::::::l: :l|       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           「満たし」
:::::::::::::::::::::::/|ハ::::::::::::::::::::::::::: : : : : ヘ       .|:::::::::l: :l|::         ::::::::::::::::::::::::::::::::
      l :lハ::::::ヘ::::::::::::::::::::::::: : : .\   |:::::::::l: :l|::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::l :l::::ヘ::::、::::\:::::::::::::::::::::: : : ヘ   |::::::::l: :l| :::::::::::::                     「これぞ匣のもう一面」
:::::::::::::::::::::l| l::::::::ヽ:::`:::::::::<::::::::::::: : : : ヘ .|:::::::l: :l|    ::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::/ヘ:::::::::::\::::::::::::::::`::::ヽ::::: :   ヘ .|::::::l: :l|      ::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::7ー一―――――――――一' .|:::::l: l/::::       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::|  /            ∨  ∧ |:::l:./::::::::::         :::::::::::::::::::::::::
::::::::::::, <\ハ               i ´// |::l/ ::::::::::::::::::::          :::::::::::::
 / ̄ヘ   ノi             ヽ====|/
 ヾ===='ー' ´

                                           カ .タ
                                          「禍食リ匣」



┌─────────────┐
│ ※システムメッセージ※   ..│
└─────────────┘

 ※ HITせず

 ※ HITせず

 ※ かすりHIT






2674隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:19:16.65 ID:VnT39Vhm
うわぁい(白目)


2677隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:19:28.25 ID:o2i4vQGl
ああ・・・


2678隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:19:33.52 ID:R1Q6mWXM
えっ、あと何が残ってた…?


2681隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:19:44.38 ID:enQKdMyp
かすってはいるんだけどネー…


2682隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:19:45.16 ID:qe8pAuYS
アカン(白目)


2683隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:19:53.01 ID:8W6N3DJc
オワタ…orz


2689隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:20:17.63 ID:8eN0NeqI
ん? これ全部使い切った?


2693隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:20:43.19 ID:WsbJXsfJ
アカン


2703根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 00:22:23.33 ID:1tQlF4MD





















 BGM:OFF


2704隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:22:32.19 ID:P7idc6ZE
……………


2706隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:22:34.84 ID:eFH1ckvd
ん?


2710隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:22:42.87 ID:enQKdMyp
(終わったか…?)


2714隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:22:54.05 ID:CUGlbptZ
(お、来るか)


2718隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:23:20.46 ID:bHfKToyA
一体何が


2729根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 00:28:31.35 ID:1tQlF4MD



┌─────────────┐
│ ※システムメッセージ※   ..│
└─────────────┘

ttp://listenonrepeat.com/?v=ubrXYrYEz38#[Emotional]_Narcissu_OST_-_The_Emerald_Sea













                /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::\:::::::\:::::::\\ヽ
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::!::::::::::::::|::::::::::::::|:::::::::::\:::::::\ヽ!
               |::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::/:::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::|:::::::::::::::|::::::!::::::〉
               |:::::::::::/:::::::::/::::/:::::::::|:::::::::::ト、:::::::::::|::::::::::::::!:::::::::::::::!:::::|/
               |::::::::/:::::::::/::::/::::::::::::!:::::::::::| |:::::::::::::ト、::::::::::|:::::::::::::::|::::::!
               |:::::/:::::::::/:::::::|:::::::::::::ト、:::::::| |:::::::::::::|イ: ̄::「ヽ::::::::::|/
               |:::::|::::::::::|:::::::::|:::::::::::::| レ-‐! !:::::::::::::| |_::::::::|:::::::::::::::|
               |:::::|::::::::::|:::::::::|:::::::::,:イ|:::::::::| レ‐―┘ >┴‐イ:::「
               |___|::::::::::|:::::::::|::::::/´:| |__/_       ' ,ィ=ミx|::::|
               |:::::|::::::::::|::::::::::!::::::/ ,. ィ=ミ、            |::::|
               |:::::::| ̄:::!_,. -=≦! 〃         ,       |::::|
               |:::::::|::::::::|::::::::::::::::|          _       !::::!
               |:::::::|::::::::|::::::::::::::::|          r'´ ヽj      人::|
               |::|::::|::::::::|::::::::::::::::!  U |   ヽ_/   ,.イ:::::::::!          「――――――――――」
               |::|::::|::::::::|::::::::::::::::! 、   .ij         /:::::!:::::::::|
               |::|::::|\:::\:::::::::::|::::::::≧=-    ___,.イ:::/::::::|::::::::::!          「――――」
               |::|::::|::::::\:::\::::::\:/       |`ーヽ\::::|::::::::::|
               |::|::::|::::::::::::\:::\::::::\        |   \|:::|::::::::::|          「―――――――――――――――」
               |::|::::|:::::::::::::::∧::::::\:::::!            |:::|::::::::::|
               |/:::::!::::::::::::/ ̄i::::::::::|::::|       /   !:::!::::::::::|
              /::::::::!:::::::::/   !:::::::::!::::!  ―‐-      !:::!::::::::::|
              |:::::::::|:::::::/   |:::::::::|::::|          /|:::|::::::::::|
              |:::::::::|::::::i    :|:::::::::|::::|          / /!:::|::::::::::!
              |:::::::::|::::::|    :!:::::::::!::::!\_____/ / :|:::|::::::::::|
              |:::::::::!::::::|     :|:::::::::|::::|\_____/  :|:::|::::::::::|




                               ,ィ劣王ミ::、..___
                         ,...._    寸圭圭圭圭圭}
                       r:升圭少    ``x圭圭少´
                        `¨´             ̄   ___
                  <:少        ,..xュュュュ、       〈圭圭心,
                           {圭圭圭圭圭圭ヽ    ̄¨¨¨´
                       __........__寸圭圭圭圭圭リ
            ,.......xュョョュュ.、,....ィ升圭圭圭圭圭圭圭圭少
            `寸圭圭圭} 寸圭圭圭圭圭圭圭圭圭K._
              `¨¨¨¨´ ,佳圭圭圭圭圭圭圭圭王圭圭}
                {少r:ゞミ王王圭圭圭圭少'´ ̄¨¨¨´
                  {圭圭圭沁 `¨¨¨´ f壬心
                  寸少' ̄ r劣}    弋圭ヲ
                         ̄



                              「 できない夫は生きて 」






2744根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 00:31:09.07 ID:1tQlF4MD









                     、
                  /ニ\
                  /三三\
                    /三三三ニ\
                /三三三三ニニ\
                 〃三三三三三三ニL_
              〃三三三三三ニ_,..::'´
                〃三三三三ニ- '´
               〃三三三, .≠フ"\                  「―――――――――――――――――――――――――」
            〃ニニ/ r‐: : {.: :  ハ
           / - '´  イL -‐ト 、   ∧         __
             /    ,'´: : \: ;;;L:._  :.\_      ∧ フ
                ≠:.\: : ;;;_/「  弋   L    ∧∨
              / : : ::::::\rr:::〈    Lニニ \  ∧∨
              × ̄:.:.‐ -f' /::::7     ̄\ニニ∨_,∨
           ,'/\: : :;,;,;,i .〉::〈        >   7
          ,' : : : : ゙、: : :::゙i::::::ト,        〉__ :ヾ__)
          「 : : : : : : :x : : ::L>ー'        /::::7斗
          ): : : : : : : -,: : ::「         /:::::::ー-,
         i\: : : : : : : : x: : i         /::::::::::::::/
         i x      : : ト、i        /::::::::::::::/
        .|  i    : : : : : :L       /::::::::::::::/
        i   x   : : : : : : : 7    /::::::::::::::/
        |    rx  : : : : ::::[     /::::::::::::::/
          ',   i    : : : : :::ス  ,:::::::::::::::::::/
          ',   L   : : :::: : ;;;レ':::::::::::::::::::/
          \       : : ::::/::::::::::::::::,
           ,  i    : : : : ::/::::::::::::::,ヘ_
              i  |ヽ : : : : ;;;/::::::::::::, ';;;;;;;;ゝ
            「..   : : : : ::/::::::::::, ';;;;;;;;;;; ̄\
             ||: :xxx : ;;;;;;;, ':::::::::, ': : : : : ::::: ̄ ̄L
          _-‐;;;;;;;;;;;;;, ':::::::::, ';;;;Lヽ:::::ヘ:::::::::::::::し'´\__
           ,ヒ: : : ;;;;;;;;;;;;, ':::::::::, ';;;;;;;;;;;:::::\::::::::::::::::::::::::::<ー-'






                           「その言葉は呪いよりも、呪いらしい」


                        「その言葉は己の呪いより色濃く刻まれている」



◆wR54QEO50Plb : #古手梨花生きて108


┌─────────────┐
│ ※システムメッセージ※   ..│
└─────────────┘

 ※ クリティカル






2745隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:31:28.03 ID:8rspj1ne
やったぜ


2747隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:31:30.56 ID:J6Ibz3ww
ヒャッハーwwww


2749隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:31:41.26 ID:qe8pAuYS
キター!


2750隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:31:41.53 ID:QX2/+DKW
やったな(確信


2752隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:31:42.62 ID:Z/xTFG4P
梨花ちゃま最高!!!!


2753隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:31:44.47 ID:DfkIT5EX
他愛なし……!!!


2755隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:31:52.04 ID:VnT39Vhm
おおー結構ストレートだな


2757隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:31:52.59 ID:7ngMJZUv
生きろ…生きろ…!!


2759隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:32:02.00 ID:KoEgsoFT
やったああああああああああああ


2761隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:32:02.81 ID:kePibRe4
「生きて」
クリティカルううううううううううううう!!!!


2766隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:32:20.07 ID:9ws13j0W
呪いより強固な祈り・・・!


2769隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:32:24.62 ID:rn2LHQjh
ウォぁああ…


2775隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:33:07.26 ID:8eN0NeqI
祈りって、見方を変えれば呪い、ってどこかであったなあ


2779隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:33:17.05 ID:k/GU9b8e
ははは…なんだよこれは
よかった


2781隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:33:44.59 ID:1ceyavNc
第一関門クリアって感じかな、ここから果たしてどうなるか・・・


2813根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 00:38:26.53 ID:1tQlF4MD



┌─────────────┐
│ ※システムメッセージ※   ..│
└─────────────┘

 ※ 尚、梨花はかすり。“古手梨花”でクリティカル。

 ※ 真名で認め合う。……結構鬼畜なキーワードでしたが……おめでとうございます。

 ※ けれど、代償無しに救えるほど、呪いは甘い物ではありません。





 ※ 処理実行中...






2815隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:38:53.26 ID:QX2/+DKW
dsyn-


2817隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:39:02.64 ID:bX00xPhF
うん、まぁ知ってた


2818隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:39:05.06 ID:5+y2PPK6
さて何を失い、何を得るのか


2819隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:39:11.65 ID:K/hHdb5w
まあ代償なしってのは虫がよすぎるよね


2821隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:39:27.34 ID:J6Ibz3ww
さすがに代償はアリか。
とはいえ、大殊勲だ


2824隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:39:30.18 ID:9ws13j0W
真名って伏線もあったか
甘かったぜ


2828隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:39:53.84 ID:bHfKToyA
さて、代償はなんだろうな…?


2839隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:41:14.72 ID:enQKdMyp
まあそれは当然ですわな


2853根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 00:43:06.40 ID:1tQlF4MD



:::::::::::::::::::::;'  ,'::::;'  ,':::::::::::::;' ,'::::; ' ' ' ', ;;;;;;;' ,  '  ;:;:;:;:;:;:;:;:;'   ';::::::::::; ' ';::::::::;' ;:::;' ,':::::::;'   ,.,.,    ' ' ' ' '  ';:::',    , , , ,
:::::::::::::::; '  ,..'::::;'  ,'::::::::::; '  ' ' ,..:'::':'::::::::::::::::;::'::'::'::::::..,.,.,..:::':;'::' ' ' ' ,...::':::::::::::;  ;::; ,'::::::::;  ,.':;:;:; '     ,.,    ' ' ,.....:'::::::::::::'::':
' ' ' ' ' ,.,.,.,':::; '  ,.':::::::::; '  ,.'::'::;:;::::::::::::::::::::::::'.,' ' ' ' ',::::; ' '  ,...':::'::'::::::::::::::::::::', ':' ,'::::::::;:;':.,      ,..::'::':; '  ,...'::':::':::::::::::::::::::::::::;::
::':::':::'::':::::::; '  ,...'::::::; '  ,..':::::;' ;::::::::::::;' ' ',:::::;'  ,..'; '  ,...'::':::::::::::::::::「お前が殺した」          ' ' ',...'::'::::::::::::::::::::::::::;:;:::::::;'
 ' ' ' ' ' '  ,..'::':::; ' '  ,..'::::; '   ';:::::::::::':':':::::;',.,.':; ∧  ,':;:; ' ' ' ' ' ' ' ' ' ;::::::::::::;  :  ;:::;'    ,.,.,.,.,.....'::'::':::':::::::::::::::::::::;::;::;::::::;'  ' ;:::',
,.,...'::'::'::'::'::':::::; '     ,.'::; ' ,...'::'..,.,.,.,.'..;:::::::::::::::::; ' /:i.:i',           ' ;:::::'., ,'  ;::;  ,.':':::::::::::::::::::::::::::::::::::;::;:;:::::;   ' ;::',   ;:::::'
:::::::::::::::::::::::;' ,..';'  ,.';::' ' ' ;:;:;::;:::;::::::::::::::; ' ' ,...'::/.:.i.:::i:',:':::'::'...., ,      , , ' ;:::::::', ;::,  ;:::::::::::::::::::::::::; ' ' ;::::;  ' ;:',   ;::::'..'::'::::::::
; ' ';:::::::::::; ' ,.'::; ' ,...':::':::'::'::'::'::..,...,...,'::'::':::':::':::'::::::::,′:i.:.:.:i:.', ' ' ' ' ;::::':...,   ' ;:::':::::::::::', ';', ;:::::::::; ' ' ;::::::;   ;:',   ,':::'..'...'::::::::::::::::::::::
,..,.':::::::; ' ,..':; ',...'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::; ' ' ' ,′.:i .: :::i;;;',:::'::':.,..,' ;:::::::':...,   ' ;::::::::::::', ';', ';:::::::,   ';:::::', , , ,.':::::':'::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::; ' ,..'::::::::; ' ' ' ' ' '「お前が奪った」 ' ' ' ' ,′.:.:i .: .:::i;;;;;',' ' ' ;::::':::::::::::::::'.,  ';:::::::::::'., ';:', ';::::::,   ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::; ,..':; ' ',.'.':::'::';::'      ' ' ' ';:::':::':::':::':::'::,′.: .:i .: .::..i;;;;;;;,   ;:::::::::::::::::::::::::':::'::::::::::::::::'., ';', ' ;:::::':::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::;'.,.':::::::::; ' ' ' ',..,..,...::':::':::':::':::':::':...,...,.'..,'..', '_./..:‘.:.i . : . :.i;;;;;;;',_.,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', '  ' ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:',.'::::::; ' ',..,.::'::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::;:::;:::;:::'i::{ . :. :.i .: . : .:i;;;;;;;;i:::}::, ' ' ' ';::::::::::::; ' ' ' ',「お前が消した」::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::;::
:::::; ' ,..:'::::::::::::::::::::::::::::::::::; ' ' ' ';:::::::', , ,..':ハ:::{ .: .:.i . : .::.:.:i;;;;;;;i:::ハ:;:'::;'::;':::::::::; '   ,'::::::::::::::::::'.,   ';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ' ' ' '
; ',..:'::::::::::::::; ' ;:::::::::::::::::::;   ;:::::::::::':::::::;j ';::{ .: .:.i . .: . :::::i;;;;;;i::j!' ' ' ,'::::; ' '   ,'::::::::::::::::::::::::',   ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ' . : : : :
.':::::::::::::::; '  ';::::::::::::::::::::'::':::'::::::::::::::::::; '/  ',;;{ .: .i! .: .:.::::::::i;;;;;i::! {:::':::'::::;'     ';:::::::::::::::::::::::::::',   ';:::::::::::::::::::::::::::::::::;'    : : : : .
::::::::::::; '    ' ;:::;::::::::::::::::::::::::::::; , ' ,..ノ  ∧;;{ .:.i!.:.:.:::::::::::::i;;;;;ii! ',' ' ' ;'      ;::::::::::::::::::::::::::::',  ' ;:::::::::::::::::::::::::::;'  . : : : : :  .
;::;:::::::::::':::':::':::':::':::':::':::::::::::::;::; ' ' ,...,..'::/  .:;′',;;{.:.i!__ _,,:_;_:,;_:i;;;;ii! ',, , ,      ';::::::::::::::;:::;::;:::::::::',   ';:::::::::::::::::::::::;'.  . : : : : . . : : :
,  ' ' ' ' ' '::;::::;:::;:::;:::;::; ' '  , , ,.':::::::::/  /  ',;;{.i:_,;.__:,_.;_.;..__;;;;i!  }::; '    ,'...,  ';:::::::::; ';', ' ;::::::::'.,  ';:::::::::::::::::::::; . : : : : : : . : : :
::::':::':::':..,...,....,....,...,...,..':::'::'::'::::::;::::;:::::/  /   ,ハ。:。:;:;:;.:;;;;;;;;;;;;;;;;:;:ハ j ',;'..,    ;:::::',  ;:::::::', ';:', ';::::::::',  ';:::::::::::::::::::; . . : : : : : : . . .
, ' ' ' ;:::;:::;:::;::;::::::::::::::::;:::;:::; ,rr:、 〃  ,;′  ,′', . :;;;;;;;;;;;:;:;:.:ィイ ..:.ノ }';:::;':;::', ':;:'   ,'「お前の手で」',  ;::::; ' ' ';:::; :       . : : :
:::':::':::':::':::'::'::'::;:::;::; ' ' ', ,/:/:::..V,r‐, .ノ   .,′   .;..' .:. :;;;;;: .: :.'゙ノノノ:..,      ';:':::':::::::::::::'., ';::';:::::::::::',  ';:::'..,..,':::::,        . : :
' ;:::;:::;::::; ' ' ',..,..'::'::::::;::; '/:,.ヘ::::/::::::::ソ     j    .;..' .: .:;:; :;:; ;; ;',゙゙´::::::::'::'..,..,    ' ;:::;:::;::::::::','  ;:::;:::::::::',  ' ' ';::::::::,       : : :
, , ,...,「お前の罪」' ,...:/:/  ':,:::::::/    i. .‘ .;..'    .: ;; .:; ;',  ';::::::::::::::::'::':.., ,   ';::::::', ,.,  ';:::::::, ,..':::':::::::::::',  . : : . : : . : :
::::::::::::::::;::; ' ' , ,....:'::::;/:/:: . : :: ':;:/     i. :   .;..'    , .:; .;; ;:', ,.'::; ' ' ' ;:::::::::::::::'..,  ';:::::; ';:', ,':::::::',.':;' ' ' ',::::::::::'.., . : : . . : : : :
;:::; ' ' ' , ,..:'::::::::::; ' /:/:: . : ::/ .:/     !:  . .;..'    , ..:; ;;:  ;j!.':::,'   ,':; ' ' ,::::::::',  ;::::; ,'::;  ;:::::::::',:;:'..,..,.':;:::::::::::::::':..,.., , : : . : :
 , ,..,..:':::::::;:::; ' ' ,../:/:: . : ::/ .:/      !   .;..'    .,;;:;:.' ...jリ:::::::.', , ,..':;   ,::::::::::', ,':::::; ,:;'  ';:::::::::; ';::; '  ' ,:; ' ' ,::::::::; ' ' ' ; ' ;
'::::::::::::; '  , ,...:':::/:/:: . : .:/ .:/      !   .;..'    彡ィ彡'´彳:::::::::; ' ',::::.'.,.「お前の罰」:; ,'  ,.'::::::::::', ',:',  ,':',   ',::,'   ,'.,
;::; ' ' ,...:':::::::; './:/:: :. . :/ .:/      !   .;..'  .:.彡'"´i;;;;;;;;;;;,′'::,'  ,' ', ' ;::,',  ,':::,' ,'::::,'   ,.'::::::::::::::; ';:'..,.,':::::',  ,.'::::',    ;::'.,
.,...,..:':::::::;::; ' ,..,.:/.:: . : ./ .:/       {:{  .:;'.;;;;;ィ'´   ,';;;;;;;;;;;′::;' ,.';'  ':;' ,'::::' ';:::;' ,:::;'   ,..:'::::::;' ' ',':::',  ' ;:::;:::;::;':::::::;::::':..,.:':::::::
::::::::;::; ' ,..:':::::::::: .: . :/ .:/         `゙゙T゙゙´.:::::|   ,,;;;;;;;;;;;;′';' ; ' ,':;'  ',::::::;' ';' ,':;'  ,..':::::::; ' ,.'::::::::::':..,..,     '  ' ' ' ' ; '
; ' ' ,...:'::::::::::::; ':: : : / .:/             i .:.::::;;;j   ,,;;;;;;;;;;;;;′    ,.'::;' ,','::::::::';' ,.';' ,.':::::::::; '  ;::::::::::::::',' ;:;:':::':..,....,...,...,
.,....:':::::::::::; ' '  ,..:':::::::; '   ' ' ',:::; ,..:':::::::::::::::::'.,'::::::,'            ';' ,',':::::::::;'  ,' ,.'::::::::::::::',   ';::::::::::::::'., ' ' ;::;:::::::::::::::':::':::':::'






2877根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 00:49:13.23 ID:1tQlF4MD









                   /////il;//////ハ
                   //////|;///////ハ
                     ///////ll}////////l
                 /////////}////////1
                 //////////!////////ハ
                ////////////}//}//////゙
                /////////////i//|//////ハ
              ///////////////}/L//////ハ
              ////////////////x//三ニ=//ヘ
              /////////////////////-=f千´
            /////////////////-=f千´ ハ                「もういいんだ」
            /////////// ///-=≦      ハ
              //////////´///,'         ハ           「全部壊して」
          ,'//////-=≦/ / . {     ハ  ヾ ヘ
          ///////// /   ゝ―、    ',  ハ '弋,                  「全て殺して」
         ///-=f/////   ,ィ      ミ   x j;   x、
         //<///> ´     {i        ',   V ヽ   }            「全て呪って」
       ///// /       {7         }     i!   }
       /// /         V        i}     :i   }
       //            人        :!     /  /          「あいつらごと全て」
      '              /  ',   ,ィ示 ',    ,'  /
                  /   ト       ',   /  ./
                  /    !       V  /  /
                   /   `ヽ、       ',V  /


───────────────━━━━━━━━━━━━━━━━───────────────


                                -‐― ‐- 、
                             /        ヽ
                           ./         :::::::::::::::::::::
                          , '′ ⌒ヽ,__ノ        i
                         _   。::::::::::::::        i                 「まだ終わりたくない」
                        < _ \o::::::::::::::::::::::::    /
                      <__ \ \::::::::::::::::::   /         「消えたくない」
                 :::::::::::::::::::::::_ \ \ ヘ /⌒/゜。 ./
                 .     └--ミ ヽ、\:゜- \ | o/                    「狂わせてくれ」
                   / | \ヽ丶  -o      〉 °
                  ̄<   !  `\( \ °    !_o_          「もう嫌だ」
                 _ \   !    \_ヽ ゜   {\_    ̄ ̄\_
        ::::::::::::::::::::::::::::::::  ̄ ̄ ヽ /{ 、ヘ      > ∠       ノ)
                       \ /⌒\\   ∠/ヽヘ      /              「全て終わらせてくれ」
                        \ い / \(⌒)   ノ \   //
                          \ /   .ヾ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::






2882隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:50:29.69 ID:kePibRe4
おおう、二律背反


2883隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:50:30.55 ID:6bqMYNNk
とりあえず外見だけは戻ったか?


2888隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:50:54.58 ID:+Aq3CNOz
お、戻ったか


2901根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 00:56:08.91 ID:1tQlF4MD



   ∥////////∧//////////////////////V
   ハ///////V///>////////////////////V
  ,'///////>///>////////////////////V
  i//////>///>//////=≦    ̄⌒ ̄  ミx
  ハ////>///,'////,ィ示、`ヽ、 ヽ 、   \ ', ハ
  〃// >///〃///    `ヽ、   \   ;Y   ',
 ////>///7////{{i      ゝ、    V  }    i}
. ///>////7/// 人 :' ,       ハ   ' ,  i!   ;i
///>////,'///////ヽ、V、_ィ´;   V   V;;{    }            「全てを殺してでも、今までの全てを否定する」
i/>/////,'////////ハ;;ヘ  ',;,>    V   ',;ll    !
//////, '///////////ハ  }iヽヘ,   ハ   }; !   i}
/////〃///////////、\ヽィヽ ヽ   i}   ;i }   i!
////,'//////////〃   V  /i} い ィ/  / i   {i
/////////////V     {il ィ;//  冫    {   {:!
/////////////V     }} / ´ ィ´//     ィ   i!i
////////////     { /  〃 /     ハ   ム
////-=   ̄       / ;/  ィ ≠j      ヘ   ハ
=≦´          / ,';  {i´  イ   、  {    ハ
            / ィ__  / ,ィ´     `ヽY     ',
      r―ィ´丕 ̄     Y/           ;',     ハ


───────────────━━━━━━━━━━━━━━━━───────────────


          /  ̄ \
         l       l
          |      |
.          !       .!
             〉:-:ー:-〈
          , .-:´ :  ̄: : `:- 、
.    r: : ´: : : : : : : : : : : : : : :`.: :t
    l:l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l:l                 「もういい、全てを否定しないと俺はもう戻れない」
.    l::l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l::l
    {: :l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l: }
    }: :.lィ: : : : : : : : : : : : : : : : : :.l: :|
    | : :ii: : : : : : : : : : : : : : : : : :.l: : !
    l : ヾ!:、: : : : : : : : : : : : : : : {: : l
.    l: :シl: :`: : : : : : : : : : : : : : l: ソ
    ヽ={: 、: : : : : : : : : : : : : : |´
      リ: :`:ー: =:--:= -: : ´: :.|
       i: : : : : : : : : : : : : : : : : :i
     i: : : : : : : : : : : : : : : : : : :i






2921根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 01:00:14.66 ID:1tQlF4MD












                            「全てを」 / 「全てを」



                                「「否定する」」














2923隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:00:44.72 ID:+Aq3CNOz
友情も愛情も否定する方向かな


2925隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:00:50.79 ID:Z/xTFG4P
否定せよ…否定せよ…


2926隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:00:54.36 ID:/2j9kMII
全否定キター!!


2934隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:01:45.89 ID:4pAGDQbu
どうしよう、ラスボス感が増してしまった


2935隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:01:48.89 ID:k/GU9b8e
収束したか


2937隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:02:24.84 ID:rn2LHQjh
全てはアカン


2950根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 01:05:29.28 ID:1tQlF4MD






                             「 できない夫は生きて 」






             |     ,                                           ,     |
            |       ,,\                                        ,,..イ       |
           |     |   `ヽ、...,,,_          l        l           _,,,...イ´   |     |
.             |     l    |::::::::` ''ヽ、,,__ ノ ,.ノ       ヽ、ヽ __,,..-t''"´:::::|   l     |
.            |.     ',   ヽ:::::::::::: ノ  |                    |  ヽ:::::::::::::ノ   /      .|
              |        \    ̄    ,.ノ                  ヽ、    ̄   /        |
            |               ´                       `               |
.             |                           |                         |
             |                              |                            |
                |                           |                        |
             |                        |                           |
               |                            |                       |




















                                ィ' イ工工工工ミヽ:
                                |コ"      `├|
                               i |:」        :L|i
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
                               i |┐:::::::::::::::::::::::::::┌|i
                               i {:t-一 …   ─ イ~}
                               、`ー…      ─- ' ノ












2953隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:05:56.24 ID:/2j9kMII
目がアカン


2954隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:06:16.71 ID:cJLTgcSw
赤い1さんお久しぶりです(白目)


2955隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:06:21.27 ID:enQKdMyp
眼がががが


2956隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:06:21.77 ID:vIKL+LMU
絵本書き「なんで仕込みに離れた直後にこんな事になったんだ(歓喜)」


2957隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:06:24.34 ID:Z/xTFG4P
このままじゃ願望機ルート一直線だなぁ…


2964隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:06:58.33 ID:CUGlbptZ
(お、今回も①さんか。)


2972根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 01:09:29.96 ID:1tQlF4MD










                                否定こそが――



                                  「違う」




             |     ,                     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,     |
            |       ,,\                   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,..イ       |
           |     |   `ヽ、...,,,_          l    :::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,,...イ´  |     |
.             |     l    |::::::::●` ''ヽ、,,__ ノ ,.ノ    :::::::::::ヽ、ヽ __,,..-t''"´::::::|   l     |
.            |.     ',   ヽ:::::::::::: ノ  |         ::::::::::::::::::::::::::: |  ヽ:::::::::::::ノ   /      .|
              |        \    ̄    ,.ノ         :::::::::::::::::::::::::::::ヽ、    ̄   /        |
            |               ´           ::::::::::::::::::::::::::::::::: `::::::::::::::::::::::::::::         |
.             |                           |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       |
             |                              |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       |
                |                           |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      |
             |                        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      |
               |                            |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        |











                            「まだどこにも、答えはない」







2973隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:09:39.58 ID:enQKdMyp
おっ


2975隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:09:50.67 ID:7ngMJZUv
そうだ!それでいいんだ!


2976隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:09:53.85 ID:+Aq3CNOz
戻った?


2977隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:09:59.19 ID:WsbJXsfJ
ふむ?


2978隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:10:05.76 ID:Z/xTFG4P
おお…!


2979隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:10:07.71 ID:vIKL+LMU
お、立ち返ったか?


2980隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:10:15.63 ID:BVdRaOPW
歪んだままか…?


2981隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:10:16.17 ID:k/GU9b8e
否定じゃなくなった?


2983隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:10:29.97 ID:bHfKToyA
否定できなくなったとも言うか


2987隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:10:38.34 ID:J6Ibz3ww
おお、二律背反キタねwww


2992根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 01:11:23.76 ID:1tQlF4MD



┌─────────────┐
│ ※システムメッセージ※   ..│
└─────────────┘

 ※ できない夫 は 怪異になりました






2997隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:11:49.97 ID:7ngMJZUv
ファッ!?


2998隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:11:50.79 ID:+Aq3CNOz
結局、怪異にはなったのかw


3001隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:12:01.52 ID:Z/xTFG4P
戻りはしなかったかw


3002隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:12:05.26 ID:vIKL+LMU
怪異にはなったのか


3004隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:12:07.04 ID:WsbJXsfJ
戻れなかったか


3005隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:12:07.30 ID:Yd2H4fDd
結局怪異なのねww


3007隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:12:20.39 ID:DfkIT5EX
えええどういうことなのん


3009隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:12:23.30 ID:fC41+Wo6
否定していたものに自身が成ると。
さあさあ面白くなってきました!


3010隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:12:26.51 ID:bX00xPhF
戻りはできなかったか…


3011隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:12:26.75 ID:enQKdMyp
ピャアアアアwwwww


3014隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:12:30.58 ID:+Aq3CNOz
デュフォーに消されちゃうなぁ
どうしようか


3015隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:12:31.75 ID:+6cMtNVE
怪異www


3016隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:12:40.78 ID:rsIPrB1s
これはみんなとさよならかな。
一部は相性的に抜けてもしょうがないレベル。


3017隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:12:41.33 ID:J6Ibz3ww
どちらにしても怪異にはなってしもうたのかw


3018隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:12:46.12 ID:QX2/+DKW
これでもまだマシに見える(錯乱


3022隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:12:59.80 ID:bHfKToyA
あぁ、自分が怪異になったことすら「否定」しなかった、と
…どうなるんだよ(白目)


3024隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:13:12.20 ID:DfkIT5EX
退学待ったなし


3028隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:13:27.87 ID:VXv/V6iT
怪異で踏みとどまったとも言えるか・・・


3030隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:13:49.44 ID:mxjSVY4M
一応禁忌人も怪異だから、戻れる目はあるかな?


3031根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 01:13:51.90 ID:1tQlF4MD



┌─────────────┐
│ ※システムメッセージ※   ..│
└─────────────┘

━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━

  できない夫は己の呪いを振り切りました。 ▽

  できない夫の存在は極限まで削れました。 ▽

  できない夫の魂は怪異に近づきました。 ▽

  ステータスが更新されます。 ▽


  ステータスの変更処理を行います...

┻━┻━┻━┻━┻  ┻━┻━┻    ━┻━┻━    ┻━  ━┻    ━  ━┻━ ━ …‥






3037隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:14:32.93 ID:WsbJXsfJ
システム周り大分変わりそうだな


3038隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:14:34.67 ID:4pAGDQbu
>できない夫は己の呪いを振り切りました。
やったぜ(ポジティブ)


3040隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:14:37.29 ID:+JEXRI5D
存在…


3042隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:14:43.18 ID:VnT39Vhm
禁忌人一歩手前?それとも禁忌人そのもの?


3044隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:14:50.44 ID:Qy4h4BK4
>できない夫の存在は極限まで削れました

あっ。


3047隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:15:10.57 ID:bX00xPhF
> できない夫の存在は極限まで削れました。 ▽

おお、もう…


3049隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:15:16.94 ID:dXbgYPCE
怪異になったとしても自分として生き続けるのか…


3053隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:15:36.40 ID:7ngMJZUv
これ新聞部どうなるんや


3057隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:15:49.69 ID:+Aq3CNOz
存在が極限まで?
これは忘れられちゃったか


3066隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:17:02.72 ID:CUGlbptZ
おーおー。こういう方針か。
この後、どうなるんだ・・?気になって仕方ねぇw


3076根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 01:18:48.16 ID:1tQlF4MD


          / ̄ ̄\
         / へ     \
.        ( (● )    |
          { |         |
        r-ヽ`         |
       (三) |        |
       > ノ      /
      /  / ヽ     /
     /  / へ>    <
     |___ヽ  \/  )
         |\   /|
┗╋━━━━━━━━━━
  ┃Name:できない夫:【物/現象】
┏╋━━━━━━━━━━
▽ 能力 ▽
 生命値 : □□□/3
 気力値 : □□/2
 傾向   :[もっと早く]、[二律背反]

┏       ┳       ┳       ┓
┃ 恐怖:00   才覚:05   境界:13 
┗       ┻       ┻       ┛
┏       ┳       ┳       ┓
┃ 戦技:02   交渉:02   敏捷:07 ┃
┣        ╋       ╋       ┫
┃ 霊性:02   技術:02   執筆:02 ┃
┗       ┻       ┻       ┛

▽ 傾向 ▽
[もっと早く]:突き詰める、その速さの先。【敏捷】判定に+20%の修正。走れない・逃げられない状況で恐怖上昇値が常時+1点。
[二律背反]:感情は定まらず、絡まり、惑う。【霊性】を除く判定前に宣言可能。判定を任意のステータスで行う。月一回。(恐+3)

▽ 技能 ▽
[怪異封化]…P…理不尽を否定する。全怪異からもたらされる恐怖を2点軽減する。ノルマクリア時【物】の怪異化を解除できる。
[絵空描き]…P…[怪異接触][怪異変化]のレベルを常時-2。また、月一回、怪異との判定・対決に失敗した場合、自動でその判定を成功にする。
[能面の笑み]…N…笑顔で取り繕う生き方。判定値に+10%の修正。シーンに一回。

▽ 道具 ▽
[ドクトル・ペッパー]:調査時以外でのスキル宣言可能時に使用宣言可能。スキルに記載されている消耗を無効にする。

▽ 心傷 ▽
『届かない速さ』:自分以上の存在を前に、走る事を恐れてしまった。【敏捷】対決時、-15%の修正。
『生きて』:祈りであり、最大の呪い。生命の危機の際に判定時、いつでも宣言可能。全判定+15%。境界を5点減らす。





3079隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:19:17.15 ID:8eN0NeqI
わあ、存在が境界になってるぅー


3081隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:19:20.98 ID:tATnGJHM
…境界?


3083隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:19:38.55 ID:fC41+Wo6
人と怪異のか<境界


3084隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:19:42.83 ID:VnT39Vhm
境界と来たか


3085隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:19:44.16 ID:+6cMtNVE
境界とはwww


3086隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:19:47.86 ID:9ws13j0W
存在どうこうってレベルの話じゃなくなってたwww


3087隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:19:48.18 ID:eFH1ckvd
新ステータス【境界】か…


3094隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:20:08.73 ID:enQKdMyp
というか心傷…梨花ちゃまありがたいで…


3098隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:20:42.29 ID:fTO3ZbQ3
色々おかしいなww


3100隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:20:52.48 ID:4pAGDQbu
よし、便利なスキルゲットだぜ!


3106隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:21:40.43 ID:7ngMJZUv
人と化け物の境界か…


3108隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:21:42.67 ID:usc2VdhU
0になったらどうなるんだ


3110隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:21:51.00 ID:o2i4vQGl
魔女さん!!なんかコメントしてくれ!!!


3114隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:22:17.55 ID:9ws13j0W
※ 自分が怪異になってなお[怪異封化]を維持する理不尽否定マンの図


3116隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:22:34.40 ID:1ceyavNc
『生きて』か、重いな


3117隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:22:43.29 ID:CjZbkn7W
てか、まだ残ってるドクペにちょっと吹いた……強いなドクペw


3121根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 01:23:20.43 ID:1tQlF4MD



┌─────────────┐
│ ※システムメッセージ※   ..│
└─────────────┘


・怪異全否定イベント 怪異 -10
・目イベント 怪異 -20
・オリコイベント 人 +1
・できない夫選択 人 +8
・あきつ丸イベント 人 +10

・オリコフォーク 人 +1

・ラジオ 怪 -2

・こなた信用せず 怪 -1

・夢を見る 怪 -8
・見続ける 怪 -8
・思い出す 怪 -8


 ※ 属性(境界)値:50 から 計して 13






3124隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:24:03.65 ID:enQKdMyp
ほえー、こうなってたのか


3128隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:24:24.16 ID:kePibRe4
あきつ丸イベなかったらと思うとぞっとする


3129隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:24:24.74 ID:VnT39Vhm
今作のカルマ表である


3130隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:24:25.94 ID:Z/xTFG4P
まさかこれ属性値か


3131隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:24:35.44 ID:o2i4vQGl
なんか数値の変動がものすごいんですが(驚愕


3132隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:24:35.58 ID:QX2/+DKW
あ、これがマスクデータの


3133隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:24:44.57 ID:ImUEGQua
境界って前言ってた属性値だったのかw


3134隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:24:50.03 ID:DfkIT5EX
なるほど人と怪異の境界値なのね


3136隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:24:58.91 ID:CUGlbptZ
オリコ出る度に人間性救ってたのかwwアレw


3137隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:25:05.45 ID:4pAGDQbu
境界高いほど人間、低いほど怪異よりで間違いないか


3141隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:25:19.86 ID:kePibRe4
存在値の代わりに今までマスクデータだった属性値が表に出てきたのか


3142隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:25:32.39 ID:5a6vKO/4
3連続ヒットが大きく効いたな



3168根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 01:32:16.49 ID:1tQlF4MD



┌─────────────┐
│ ※システムメッセージ※   ..│
└─────────────┘

━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━

  マスクデータ『属性値』 が 『境界値』 として開示されました。▽

  境界値はお察しの通り、人と怪異の境界を示します。 ▽

  境界値が0になった時、できない夫が罪に呑まれます。 ▽

  ただしこれから先の選択肢は単に怪異を否定することで上昇することはありません。 ▽

  大怪異を目指し、罪を災禍を以て全て壊すを望むか。 ▽

  人を目指し、罪と向き合うことを望むか。 ▽

  怪異であり、人と違う視点に立つことを望むか。 ▽

  選択肢はあなた方に委ねられる ▽

┻━┻━┻━┻━┻  ┻━┻━┻    ━┻━┻━    ┻━  ━┻    ━  ━┻━ ━ …‥





3173隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:32:53.68 ID:qe8pAuYS
ほとんど人間に見える怪異ならメンバー入れ替え云々はあるけど
そもそも周りから人間に見えんのかなこの状態


3177隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:33:05.32 ID:Z/xTFG4P
大怪異目指せるんですかヤダー!


3178隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:33:11.04 ID:4pAGDQbu
大怪異ルートあんのかよwww


3180隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:33:21.32 ID:kePibRe4
うわー、責任が更に増した気がする……


3183隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:33:53.93 ID:DfkIT5EX
別に人間を目指すことが目標と確定はしてないのね
了解


3190隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:34:55.87 ID:TS4dsevK
オリコはこの状態は「いい」のか「あーあつまんなくなっちゃった」なのか
私気になります


3192隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:35:21.74 ID:tATnGJHM
怪異として人に寄り添うのもアリか


3195隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:35:47.38 ID:Yd2H4fDd
さっきまで愉しくメガテンやってたのになあ…



3202根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 01:36:36.29 ID:1tQlF4MD



┌─────────────┐
│ ※システムメッセージ※   ..│
└─────────────┘

━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━

  補足:大怪異ルートは今回の先です。また、大怪異は“全てを忘れ”“好き勝手にする”物語ではないのでお間違いなきよう。 ▽

  システムの更新を開始します...

┻━┻━┻━┻━┻  ┻━┻━┻    ━┻━┻━    ┻━  ━┻    ━  ━┻━ ━ …‥








3249根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 01:46:48.82 ID:1tQlF4MD

 ※ 現状は3ルートに見えますが、実際はもっとあったりします。
    ただし、この場で“このルートを目指すぜ!”は、色んなぶつかり合いの原因になります。

    まだまだ先はあります。
    その手の話題は雑談所か、安価で解放してほしく願います。

    もう少々お待ちください。







3267根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 01:52:12.55 ID:1tQlF4MD



◇==================================◇
 [人名]『自→相評価』【自←相評価】<好感度>


◎ [あきつ丸] 『掛け替えのない存在/NORMAL』 【】 <00>

◎ [光津真澄] 『生徒会長/NORMAL』 【】 <00>

◎ [森近霖之助] 『気に食わない奴/NEGATIVE』 【……そうか/NORMAL】 <00>

◎ [モー・ショボー] 『変わった子/NORMAL』 【できない夫/NORMAL】 <08>

◎ [デュフォー] 『苦労人だね/POSITIVE』 【……/NEGATIVE】 <00>

◎ [入速出凛] 『頭の上がらない先輩/NORMAL』 【何で……/NORMAL】 <03>

◎ [日高良司] 『モヒカンな義兄/POSITIVE』 【】 <00>

◎ [日高燕花] 『デキる義姉/POSITIVE』 【】 <00>

◎ [ルドガー] 『同族/POSITIVE』 【】 <00>

◎ [読子] 『厄介なの拾ったかも/NEGATIVE』 【】 <00>

◎ [オリコ] 『災害/NEGATIVE』 【愛しの愚か者/POSITIVE】 <04>

◎ [秦こころ] 『優しい子/NORMAL』 【】 <00>

◎ [泉こなた] 『先輩/NORMAL』 【恩人/POSITIVE】 <08>

◎ [鵺野鳴介] 『顧問/NORMAL』 【】 <00>

◎ [ハツネ] 『苦手なヒト/NEGATIVE』 【にんげん/NORMAL】 <01>

◇==================================◇


 @…強力な感情。






3268隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:52:57.18 ID:VnT39Vhm
おおう……


3269隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:53:01.93 ID:enQKdMyp
一気に塗り変わったなおいw


3270隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:53:05.68 ID:WCWvCRB7
うわあ


3271隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:53:11.86 ID:+6cMtNVE
できない夫一般人に忘れ去られたwww

え…?え…?


3273隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:53:25.22 ID:+Aq3CNOz
お、絆が消失してたり反転してたり 色々だな


3274隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:53:27.60 ID:Z/xTFG4P
すごいことになっちゃったぞ


3275隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:53:35.99 ID:9ws13j0W
霊感ないと認識されないかー


3276隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:53:37.73 ID:ImUEGQua
わーハツネさんは人間扱いしてくれるぞーやったー(現実逃避)


3277隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:53:44.71 ID:OCzhSNm1
こなたが天使に見える


3278隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:53:49.30 ID:4pAGDQbu
忘れられたぁぁぁぁぁ!!??
オリコは評価変わらんのか


3281隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:53:58.48 ID:mxjSVY4M
ショボたんの評価変わった?あとこなたはまだ認識出来てるのね


3283隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:53:58.99 ID:9PXmv3D5
うわ・・・これ結構ショックだわ・・・


3284隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:54:03.27 ID:5a6vKO/4
ショボたんが一番好感度が高いよ
コミュの成果だね(震え声



3285隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:54:03.41 ID:R1Q6mWXM
怪異否定派が怖いんですが…


3289隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:54:23.75 ID:6bqMYNNk
おいおい、どこに住めばいいんだよ
昔のこなたみたいな生活か


3291隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:54:47.64 ID:qe8pAuYS
怪異にしか人間扱いされてない…


3292隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:54:51.40 ID:enQKdMyp
こなたは禁忌人とか例の能力受けた関係だろうな…


3298隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:55:36.07 ID:OCzhSNm1
凛さんが何気に好感度据え置きで印象がネガティブからノーマルになってやがるw


3301隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:56:29.99 ID:Qy4h4BK4
ブレないオリコとこなたが天使に見えてきた。


3302隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:56:30.28 ID:DnNaX9fX
正義を掲げる霖之助も、怪異には厳しいだろうなぁ…


3305隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:56:45.67 ID:R1Q6mWXM
凛との関係がネガからノーマルになってるのね
デュフォーはまぁ予想通りネガティブ落ち
こーりんはノーマルのまま変わらないか…


3311隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:58:35.39 ID:5a6vKO/4
霊性値が高い人は殆ど居なかったし仕方がないね


3313根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 01:59:26.53 ID:1tQlF4MD



.                                 .:::::        ::::.
              /::|:::::i::::::|:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::|::::::::::::|::::::::|::::::::|::::::::::|:::::::::::::::::::.‐
.             l : |:::::|::::::|: : : : : :|:::::::::::::::::::::l:::::::::::::|:::::::|::::::::|::::::::::|::::::::|:::::::::::::::|
.             l : |:::::|::::::|: : : : : :|:::::::::::::::.:.:.:|:.:.:.:.:./i:.:.:.:|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:::::|
             l: : |:::::|::::::|: : : : : :l;;:-‐―‐‐十 ´:/i | : : |: : : |: :ヽ、l: : :.:| : :.:.:.:.:::!
             l: : |:::::|::::::|: : : : : :|: : :| : : : : | :.:/ .l | : : |: : : | : : : l`丶:L: : :.:.:.:.|
             l: : |:::::|::::::|: : : : : :i:.: : :| : : _i_: : :」 : l: :_L: : :| : : : |: : : : :.:l
               i: : i::::::i::::::i::: . ャ==笊笑笏¨¨ ㍉_     ./ 笊笏¨¨厂}} : : : : :|
             l: : |:::::::|::::::|:: : : ヾ 忙i{/// r:/         |{///r:/ 〃: : : : :|
              l: : |:::::::|::::::|:: : : : :i戈 __ク__,,/      辷_ク_/ハ:: : : :.:|
.            l: : |:::::::|::::::l::: : : : :|^ ̄ ̄ ̄            ̄ ̄ ̄^ ム:|: : : : :|
.              l; : l: :::::|::::::|::.: : : : |                        .:::::|: : : : :|    ……呪いの渦中。
             l: : :l; : ::ト、=|:: : : : : |                  ..ハ::::|: : : : :|
              / ̄\;lゝヽ|:: : : : : ト           ―――       .:::::l:::|: : : : :|    できない夫は存在を失い、禁忌人から更に己を歪め、
.             /      \ヽ|:: : : : : |\>.             ∠=、 l:::|::::::: : |
           /        .ヽ|:: : : : : |  \  >―           ..`‐マ : : : :|    果てには怪異になり果てた。
.          /         |:: : : : : |   >   ` 、  _ - ¨¨ヽ    |: : : : :|
         /             |:: : : : : |  ./        ^af       .}| : : : :|



          ,.  '´  ̄ ̄ `丶、
        /.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       /.:.:.:.:./.:.:/.:.:.:.:.i.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
      /.:.:./.:/.:.:.:i.:.:.:.:.:.:|.:.:.:|.:.:.、.:.:.:.:.:.:.i
      ,′.:i.:.:!.:.:.:.:{.:.:.:.:.:.:i.:.:.:ト;:.:.:ヽ.:.:.:.:.:|
      |.:.:i.:|.:.|.:._」__.斗‐十L_」.:.:.:.:l
      |.:.:|.:|.:.!:.i r r┐ 七i才 !.:.:.:.|.:.:.:.!       ……それを引きもどしたのは異物のお陰。
      |.:.:|.:|.:.` }`┴' ,  ""  |.:.:.:.:|.:.:.:.!
       |.:.:|.:|.:.:.:.ヽ"  -    !.:.:.:.:|.:.:.:.|       ゲームを降りられなくなったのも異物のせいだから、何とも言えないけど。
       l.:.:.|:|.:.:.:.:. `丶、   ,. ' |.:.:.:.:|.:.:.:.:!
       |.:.:.|:|\.:.:.,r-- 、工,.-─|.:.:.:.:!_.:.|       半人半異……存在を一度塗り替えられたから、
.       !.:.:.|:!  >.{: :.ニニ{ソ─: : |.:.:.:.|::::/ ̄\
        !.:.:.|:! / .>┬'フ i: \___!.:.:.:|::/:::::::::::::ヽ     その過程で多くの人の認識を失った。
       |.:.:.|:|{ /:./: / |: : : :i !.:./i:l:::::::::::::::::::ヽ
      l.:.:.:!:!/: :/: /   |: : i: ! Vソ::{:::::::::::::::::::/
       !.:.:|:|: :/: /仁任!: : !: lr'>':::::ヽ:::::::::::::<
         Ⅵ:|く__/:::::::::::: l: : l: :|:::::::/ムrtrtrtr'
        /リ >:::::::::::::::::\_V::::く.:∧:/   〈
.       / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::: \/    '.
      //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      '.
     /::::::::/::::::::::ハ:::::::::::::l::::::::::: /         '.
    /:::::::::::/::::::::ノrハゝ、::::::l::::::::::/        '.
  /:::::::::::::/:,.-<ソ´ ! ヾ〉、: l::::::::入        ハ、
 /::::::::::::::::::匕ニ/   l   ソ::::l:::::::∨ヾ、rt、_ ,.r'ソイ:::\






3316隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:59:57.64 ID:mxjSVY4M
(無言の土下座)


3317隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:00:07.23 ID:enQKdMyp
マッチポンプして申し訳ありませんでしたー!


3318隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:00:09.88 ID:bX00xPhF
いやうん、マジサーセンした(ゲザー


3320隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:00:15.56 ID:+Aq3CNOz
説明乙


3322隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:00:27.83 ID:tATnGJHM
絵本描きさんアザース


3327隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:01:14.19 ID:DfkIT5EX
うーん、やっぱり絵本描きパワーは偉大やね(グルングルン)


3342根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 02:03:49.16 ID:1tQlF4MD



:::::::::::||::::::::::|ll::::::::|l::::|l:::::::::::::::l|:::::::::::::::::::::::::: :::|l|:::::::::::||:::::::::::::|:::::::::|i|::::::|:l::::::::::l|
:::::::::::||:::::::::::|l::::::::|i:::||:::::::::::::::l|:::::::::::::::::::::::`丶l_|l::::::::::|l:::::::::::::|i::::::::|l:::::::::l|::::::::::l|
:::::::::::||:::::::::::|l::::::::::::::'''- ..__||_::::::::::::::::::::::::::::::l| ||"-:、|l::::::::::l|:|l::::::::|l::::::::l|:i|::::::::|l
:::::::::::l|l::::::::::l|::::::::::::::::::::i|:::::::::::::l| ""''' ‐- il__l| |l:::::::::`ヽ:::::|l:|l::::::/l|::::::::l|::|::::::::||
::::::::::::||:::::::::|l::::::::::::::::::::|l:::::::::::::l|       "'''- l.._::::::`::、 |l:::/ |l:::::::::l|:|l::::::::||
::::::::::::||:::::::::|l::::::::::::::::::::|l::::::::::::l|       __(   ` 、ll:/-、ll:::::::::|l::||:::::::」l
::::::::::::||:::::::::||::::::::::::::::::::|l:::::::::::l| "'弋ゞミミ≠≡┬,       / ヽ、 _/-' ̄
::::::::::::||:::::::::|l::::::::::::::::::::||:::::::::::l|   弋_:::::::::::::从キヾ     / |
::::||::::::||:::::::::|l::::::::::::::::::::|l::::::::::l|      " -  -       lキヾ
::::|l::::::||:::::::::|l::::::::::::::::::::|!::::::::::||                 |l
::::|l::::::||:::::::::l||:::::::::::::::::::|!:::::::::|l                  l
::::|l::::::l||::::::::|.i|::::::::::::::::::l|:::::::::|l                  丶
::::|i:::::::||:::::::|i. |i:::::::::::::::::l|::::::::||                   /       ……忘れる方が幸せ?
::::|l:::::::||::::::|l |l:::::::::::::::::i|::::::::||                 -
::::|l::::::|i|:::::||  |l:::::::::::::::::l|:::::::|l                /          彼を見て本当にそう思うの?



     ,:..:.;:..:..:..:..::|..:..:..:..:..:..:..:..丶::..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..`:.
      /:..:;'..:..:..:..:..:!:..:..:..:..:..:..:..:..:..ヽ:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.::.
.    /:..:/:..:..:..|:..:.:|:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..、:..:..:|.:..:..:..:..:..:..:..:..::i
.   ,:..:.;:..:..:..:...|..:..:i、:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.∨.:.|.:..:..:..:..:..:..:..:..:.|
   i:..:.i..:..:..:..:..|..:..:ll:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:∨:!:..:..:..:..:..:..:..:..:..!
   l:..:.|l:..:..:..:..:!:..: !.!-:-:.‐..―:.-:.ム:.イ:..:..l::..:..:..:..:..:..:..:..:..|
   |:..:.!|.:..:..:..:.|.:'´|.|:_:..:_:.::_:>'´|:..:..:..:..:..:l::..:..:..:..:..:..:..:..:..|
   |:..:.!|:._..:_.:_|_:.._イzr::::リア  .|:..:..:..:..:..:|:..:..:..:..:..:..:..:..:..:!
   `゙ヽ!:..:..:..:.彳    ゞ-'     !:..:..:..:..:..:!:..:..:..:..:..:..:..:..:..:
.       |:..:..:..:..リ            |:..:..:..:..:..:|:..:..:..:..:..:..:..:..:..::.
.       |:..:..:..:〈            |:..:..:..:..:..:|..:..:..:..:..:..:..:..:..:.::.            それは傷よ。
.       |:..:..:..:..丶,           |:..:..:..:..:..:|..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:|
.       |:..:..:..:..:..:..`゙ ̄      イ:..:..:..:..:..:..!:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..!            心傷がどんなものであるか、今一度思い出しなさい。
.       |:..:..:..:..:..:..:..:.\  .イヘl:..:..:..:..:..:..:!ヘ:..:..:..:..:..:..:..:..:.::.
.       |:..:..:..:..:..:..:..:..i..:..:.´:..:..:..:!:..:..:..:..:..:..| ∨:..:..:..:..:..:..:..:.ヘ           ……
.       |:..:..:..:..:..:..:..:∧:..:..:..:,イ l.:..:..:..:..:..:..!   ヽ:..:..:..:..:..:..:..:..:..、
.       |:..:..:..:..:..:..:./ ゝ:..:..ハ .l.:..:..:..:..:..:..!   >―- 、:_:..:..:\
.       |:..:..:..:..:..:..:.!   \ノ _!:..:..:..:..:..:..|  r-'ニニニニニニニ`ヽ:..:..
.       |:..:..:..:..:, - ―<二/´.!:..:..:..:..:..:..|_.丿ニニニニニニニニニニ 、:`:、
.       |:..:..:..<    f イ   .!:..:..:..:..:..:..|r'ニニニニニニニニニニニニ }:..:..:.






3347隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:04:14.63 ID:3Q/+/6Rv
ああ、やっぱり……


3348隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:04:37.76 ID:+6cMtNVE
あっ……


3349隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:04:43.08 ID:Z/xTFG4P
せやなぁ…


3375根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 02:09:12.83 ID:1tQlF4MD



                   ....-―――-....
                 /:::::::::::::::::::::::::\:::::`ヽ
                /:::/::::/::::::::::!,::::::',::::ヽヽ::∧
                 /:::/::::/:::::::::::ハ::!:::',::::::',:'::::∧
                 ,'::::,'::::,_!:::::::::/ァエト、}:::::::}:|:::::∧
                  i:::::{:::ノェz‐‐'' ィfテエァ!::::::'::!:::::::ハ
                  ト::´弋マソ   ゝ一" j::::/:::!:::::::::::.
                 /:/:::::',   `       '::/:::::l:::::::::::::.
             , ‐-='、__;ノ:、  -   ..ノ/::::::::}::::::::::::::.         ……目が覚めた時、彼を迎えるのは罪。
       __,,,-ァ〃 ̄` ー‐、/::\  ,,<イ::::::::/:!:::::::::::::::.
        ! ヽ_ /ヽ   ,r=‐┐ }::::::ノ ¨, -―/:::::::/_}:}ヽ:::::::::::::.         そして一度“消えた”事実。
        !  ヽ ヽ./ ヽ::/イノ`rェ;;´;;;;;;;;;/::::::, 'ニノノニ',:::::::::::::.
        ! ,r‐イ__,ノ   ノ;;;;;;;;;;;;{;;};;;;;;;;;;;/:::::, '/イニハ::::',:::::::.        ……私にできる事は何もない。
        !イ /,  / ィフゝ;;;_; イ'/\;;;;/::::::/´≦ニニニゝ::!:::::::::.
       /' ヽ{ \_/ フ _ノ;;;_ノ/;;;;;;;;|`{:::::::{ニニニニニニ〉|ヽ ::∧
     //    \__ノゝ; ‐ ´ /;;;;;;;;;;! 乂::::ゝニニニニ/ニ/:::! ヽ:::ハ
.    /:,'       フ/   /;;;;l;;;;;;;;l  丶ミ=-/==〈ニ≧、  ヽ::ハ
   /::f     イ;;;;;/__  /;;;;;;;!;;;;;;;;',_,,イ ̄`¨´ ̄`¨´ 〈|   ヽハ



            ィ:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:ヽ. 、
         イ:..:..:..:..:..:..:ヘ::.丶:..:..:..:..:..`ヽ
       /:..:..:..:..:../:..:..:.ゝ:..:ヽ:..:..:..:..:..:..ヘ`:.ヽ、
      /:././:.//:../|:.;'|:\._>.:..:..:..:..:.:::.z-ヾ::.、
    /:..:./:../:..:.//|:./-、:..:|∨ヘ:..:..:..:..:..:..:..:..:::.  f:..ヽ
    ムイ:..:..:/:..:./:.{_∨_ .!:..:!__∨ヽ:..:..:..:./|:..:..:.:.、 }:..:.|
.      |:..:./:..:.:ハ:! {::::リ`  イi::::::i}ヽ}:..:..:.∨:..:..:..:::. |:../
      イ|/:イ./.:...| `‐'    ゝ-' }:|:..:..:..:..:..:..:..:.ハ !:.|
    /:..:/::::|:..: 八   `      イ:..:..:..:..:..:..:..:..:.ヘl:..!
.   {:/ゝ:::::}:..:.|:::::ゝ  ‐    /..:..:..:..:..:..:..:..:..:..::::. !            ……あなた達を責められるほど私も高尚なものじゃない。
    ∨\ /:..: !:::::::::`:::r ‐  ´/:..>:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:`ヽ
    ∨- /:..:..:.|- ‐' {   ,r‐'´⌒////` - 、:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..         呪いだもの。
    //ヽ |:..:...:..|ヽ  {、r'  _/////////,\:..:..:..:..:\.:..:..\
.   ////,}.∨:..:∧ `丶_z ' ´   フ///////,ハ:..:..:..:..:..:\.:..:..\      あっちは……彼に思い出して欲しくて強行したみたいだけど。
   {////  ∨:..:∧ { } -―  {//////////∧:..:\:.:..:..:\:..:..::}
   ∨/ハ   }:..:..:..| Y ヽ     |/////////く ∨:..:|\..:..:..:\/      ……
   ∨//\. ∨.:..:!/!  `ヽ    !//////////ヽ }:..:..|  ヽ:..:..:..:.}    _
  /////  }r'´`_.|    \  リ///|////|/7´`|:..:..:!   }:..:.:./ ,ィ´///////
  ゝ7―ヽ    ///!       `ヽ-―'´`⌒ ヘ .|:..:..:!  /:.////////////
   |    、  .////ハ        /ヽ      〉:..:./  ///////////////






3377隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:09:38.96 ID:Z/xTFG4P
ショボーたん思い出して欲しかったのね


3384隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:10:24.59 ID:+Aq3CNOz
思い出して欲しくて強行ねぇ
満足する結果は得られたのかな?モーショボーさんは


3388隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:11:25.54 ID:Qy4h4BK4
このタイミングで108の予告見ると全然違ってて笑えてきたw


3390根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 02:11:56.21 ID:1tQlF4MD



┌─────────────┐
│ ※システムメッセージ※   ..│
└─────────────┘

 ??[目]





3392隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:12:09.30 ID:enQKdMyp
話題もほぼ消滅した…?


3393隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:12:28.49 ID:fC41+Wo6
……なんこれ?


3408根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 02:13:52.97 ID:1tQlF4MD



                /: / ://: : : : : : : :| l: : :| : : : | |: : |: l: : .',
              /. : :/: :l l : : : : : : : :| l.: : :| : : : | |: : |: :l : : .',
            / : : /: : l l : : : : : : : :| l: : : | : : : | |: : | : l : : : ',
           ,' : : / : : l l : : : : : : : :| l: : : :| : : : | |: : |: : l: : : . l
           ,' : : ;': : : :l l_;_;_;_,-‐====‐ 、: :_」 L _|_|: : : : l
          ,' : : ;' : : : :l : : : : | ィ-===、     __  「: : : 厂
         ,' : : ;' : : : : :l: : : : :| ヽl  丿     厂]ハ 厂 ̄
        ,' : : ;' : : : : : :l : : : :|   `¨´      ー' /|
       ,' : : ;' : : : : : : :l : : : |          ノ   / :l     ……絵本描きの介入でゲームから降りれやしない。
        .; .: : :l: : : : : : l: l: : : :|        _   イ: .:l
        ; .: : :l: : : : : : :l: :l: : : |  、        / l : .:l     けど、呪いは継続する。
       .; .: : :l : : : : : : l : l : :│  >: 、  イ: l: :l : .:l
      ; .: : :l: : : : : : : l: /l: : :|   l__: : : : :/: :l: :l : .:l      ……幸いなのは、断片的ながら新聞部の記憶が残ってる事ね。
      .; .: : :l: : : : : : :_,l/ l: :├ 、ノ 〉: : :/: : ′| : .:|
      ; .: :_;l: =≦ ̄ ヽ  l: .:|  〈 〈 : :/: :/   | : .:|
     ,'///////ト┐   l: .:|⌒\  >'⌒ヽ、| : .:|
     ,:/ ////////ト┐  l: :| : : .├彳: : : .  ',| : .:|
    〃 //////////ト┐ l:│: : : |.:│: : : : : . | : .:|



:::::::::::||::::::::::|ll::::::::|l::::|l:::::::::::::::l|:::::::::::::::::::::::::: :::|l|:::::::::::||:::::::::::::|:::::::::|i|::::::|:l::::::::::l|
:::::::::::||:::::::::::|l::::::::|i:::||:::::::::::::::l|:::::::::::::::::::::::`丶l_|l::::::::::|l:::::::::::::|i::::::::|l:::::::::l|::::::::::l|
:::::::::::||:::::::::::|l::::::::::::::'''- ..__||_::::::::::::::::::::::::::::::l| ||"-:、|l::::::::::l|:|l::::::::|l::::::::l|:i|::::::::|l
:::::::::::l|l::::::::::l|::::::::::::::::::::i|:::::::::::::l| ""''' ‐- il__l| |l:::::::::`ヽ:::::|l:|l::::::/l|::::::::l|::|::::::::||
::::::::::::||:::::::::|l::::::::::::::::::::|l:::::::::::::l|       "'''- l.._::::::`::、 |l:::/ |l:::::::::l|:|l::::::::||
::::::::::::||:::::::::|l::::::::::::::::::::|l::::::::::::l|       __(   ` 、ll:/-、ll:::::::::|l::||:::::::」l
::::::::::::||:::::::::||::::::::::::::::::::|l:::::::::::l| "'弋ゞミミ≠≡┬,       / ヽ、 _/-' ̄
::::::::::::||:::::::::|l::::::::::::::::::::||:::::::::::l|   弋_:::::::::::::从キヾ     / |
::::||::::::||:::::::::|l::::::::::::::::::::|l::::::::::l|      " -  -       lキヾ
::::|l::::::||:::::::::|l::::::::::::::::::::|!::::::::::||                 |l
::::|l::::::||:::::::::l||:::::::::::::::::::|!:::::::::|l                  l
::::|l::::::l||::::::::|.i|::::::::::::::::::l|:::::::::|l                  丶     あなたが居なくても彼らは記事を書き続ける。
::::|i:::::::||:::::::|i. |i:::::::::::::::::l|::::::::||                   /
::::|l:::::::||::::::|l |l:::::::::::::::::i|::::::::||                 -       ……誰でもない、できない夫の為に。
::::|l::::::|i|:::::||  |l:::::::::::::::::l|:::::::|l                /






3409隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:14:27.82 ID:enQKdMyp
ありがとう…ありがとう…!新聞部のみんな…!


3411隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:14:42.41 ID:DfkIT5EX
おおう
心が苦しい


3414隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:14:50.75 ID:VnT39Vhm
……それってできない夫という怪異の呪いなんじゃあ


3415隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:14:55.07 ID:BVdRaOPW
新聞部… ありがとう


3417隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:14:57.97 ID:Qy4h4BK4
普通の学生→能面ゲスない夫→絶対否定するマン→怪異化

展開速すぎィ!


3428隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:16:56.66 ID:bX00xPhF
これもまた一種の怪異としての『呪い』か…


3429隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:17:41.47 ID:4pAGDQbu
おおう……おおう……
それって匣のノルマとしてカウントされるんだろうか


3432隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:18:05.19 ID:qe8pAuYS
そういえばまだ一回しか新聞発行してないのね…


3444根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 02:20:20.34 ID:1tQlF4MD



┌─────────────┐
│ ※システムメッセージ※   ..│
└─────────────┘

━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━

  怪異編纂 の ノルマが変更されました。 ▽

  新聞部の各人は理由も思い出せぬまま、毎月記事を作り続けます。(強化一回分を適応) ▽

  また、怪異編纂に掛かるTP等も変動します。 ▽

  できない夫に課せられたノルマは 特ダネ・通常記事を一つずつです。 ▽

  ただし、執筆環境を整える必要があります。 ▽

┻━┻━┻━┻━┻  ┻━┻━┻    ━┻━┻━    ┻━  ━┻    ━  ━┻━ ━ …‥





3441隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:20:07.98 ID:BVdRaOPW
あー、そうか家も使えないから…


3443隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:20:16.20 ID:enQKdMyp
さーて、先ずは環境作りだな…


3448隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:20:49.47 ID:Z/xTFG4P
一人で執筆悲しい


3449隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:20:56.95 ID:5yrOW3N8
ホームレスない夫、爆誕であった


3453隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:22:07.89 ID:R1Q6mWXM
まだ1ヶ月終わって2ヶ月目なんだよなぁ
ジェットコースターも真っ青や


3473根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 02:27:12.86 ID:1tQlF4MD



          ,.  '´  ̄ ̄ `丶、
        /.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       /.:.:.:.:./.:.:/.:.:.:.:.i.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
      /.:.:./.:/.:.:.:i.:.:.:.:.:.:|.:.:.:|.:.:.、.:.:.:.:.:.:.i
      ,′.:i.:.:!.:.:.:.:{.:.:.:.:.:.:i.:.:.:ト;:.:.:ヽ.:.:.:.:.:|
      |.:.:i.:|.:.|.:._」__.斗‐十L_」.:.:.:.:l
      |.:.:|.:|.:.!:.i r r┐ 七i才 !.:.:.:.|.:.:.:.!        ……できない夫の記憶は欠片だけ。
      |.:.:|.:|.:.` }`┴' ,  ""  |.:.:.:.:|.:.:.:.!
       |.:.:|.:|.:.:.:.ヽ"  -    !.:.:.:.:|.:.:.:.|        ううん、そうとも呼べない粉のような記憶。
       l.:.:.|:|.:.:.:.:. `丶、   ,. ' |.:.:.:.:|.:.:.:.:!
       |.:.:.|:|\.:.:.,r-- 、工,.-─|.:.:.:.:!_.:.|        今、できない夫は以前と同じ形で人には見える、覚えてないだろうけどね
.       !.:.:.|:!  >.{: :.ニニ{ソ─: : |.:.:.:.|::::/ ̄\
        !.:.:.|:! / .>┬'フ i: \___!.:.:.:|::/:::::::::::::ヽ     退魔士にとっては怪異として認識されるわ。
       |.:.:.|:|{ /:./: / |: : : :i !.:./i:l:::::::::::::::::::ヽ
      l.:.:.:!:!/: :/: /   |: : i: ! Vソ::{:::::::::::::::::::/
       !.:.:|:|: :/: /仁任!: : !: lr'>':::::ヽ:::::::::::::<
         Ⅵ:|く__/:::::::::::: l: : l: :|:::::::/ムrtrtrtr'
        /リ >:::::::::::::::::\_V::::く.:∧:/   〈
.       / /:::::::::::::::::::::::::::::::::::: \/    '.
      //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/      '.
     /::::::::/::::::::::ハ:::::::::::::l::::::::::: /         '.



i:i:|:i:i   i:i:i:i:i  i:i:i:i  i :l}i  i:i: |:i |:i: |:i:i:i  iい
:i:|:i:i   i:i:i:i:i  i:i:i:i  i :l}i  i:i: |:i |:i: |i:i:i   j:i
i:|:i:i   i:i:i:i:i:  i:i:i:i ⅰ:l}i  i:i: |:i |:i: |:i:i  イi:i
:|:i:i    i:i:i:i:i:  .i:i:i:i ⅱ l}i  i:i: |:i |:i: |i:i  / i:i:i
|:i:i    i:i:i:i:i  i:i:i:i ⅱi l}  」_,ノ_,ノ-=个ト ' .i:i:i
|i:i    i:i:i:i:i  i:i:i:i __jツんぅノィ広斗ォァj:i:i:  i:i:i
|:i    i:r~…≠ニざミヽ   彳 _j'〃,i:i:i:i  .i:i:i
|i    :i:|フ癶弌  _jL     ¨´   ハi:i:i  .i:i:i
|i    :i:|、  ^⌒¨¨´            厶i:i:i  .i:i:i
|i    :i:|^ 、         '   乂「 |i:i   i:i:i:i               皮肉ね、覚えているのは今まで嫌っていた怪異。
|i    :i:N^V> ,、     ィァ . ィ升i「 |:i   i:i:i:i
|i    :i:|i} '⌒メ=ミ=z‐--=≦i「i「斗ぅミ|i   i:i:i:i                そして敵となる退魔士だけなんだから。
|i    :i:|i 、    ⌒マW{>┴≪/////|  i:i:i:       , -===- 、
|__{   :i:|i> ´ ̄ ̄`Yヘ-=ミ  ` </,|  i:i:i      {{      }}
/八   i∧       /}_人   `ヽ    〉|  i:i:k      ドミ  _彡'
//∧   i∧     {_/ }、 丶 __,  Y/,|   i:i:i'∧    }        {
///∧   i∧     / \     八゙|   i:i//介ミ、 .′. . . . . . . ',
////∧   i∧     ′  ∧   ,′ :|   i:i'/////} i:.:.:.}⌒.:.:.:.:.:.:i
/////∧   i∧、_/}   j、 丶 _/   |   i:i////,リ |:.:.:.}:.:.:}:.:.:.:.:.:|
//////∧   i∧ / リ  j八   、   |   i:i'////{__八:.:.':.:.:.':.:ー:.:.ノ、






3478隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:28:20.81 ID:+6cMtNVE
なん…だと…
見えるのか…


3479隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:28:22.78 ID:DfkIT5EX
透明人間にはならないのね
ちょっと安心


3482隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:28:31.32 ID:iYfNL/ny
できない夫さん噂NETに書き込まれる側になってしまったのか


3489隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:29:35.04 ID:4pAGDQbu
普通に見えるんか
ほむほむ式物資調達術考えてたけど、ダメなのね


3522根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 02:35:24.50 ID:1tQlF4MD



┌─────────────┐
│ ※システムメッセージ※   ..│
└─────────────┘

━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━

  コミュは通常通り可能です。 ▽

  ただし、一部の相手からの評価は消失し、相手はできない夫の事を覚えていません。 ▽

  そして新聞部・学校への出入りもできなくなります。 ▽

  これは永続的なものとは限りませんが、少なくともすぐさま回復するものでもありません。 ▽

  好感度表から誰を頼るかの安価が発生します。 ▽

  そこを拠点にスタートになります。 ▽

┻━┻━┻━┻━┻  ┻━┻━┻    ━┻━┻━    ┻━  ━┻    ━  ━┻━ ━ …‥





3528隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:36:06.99 ID:DfkIT5EX
ここからが本番やな(白目)


3529隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:36:10.92 ID:VnT39Vhm
拠点と来たか


3537隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:37:18.15 ID:ZEZWPfyI
一部……?







3544根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 02:39:30.08 ID:1tQlF4MD



三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三二 ニ - ‐ ‐
二 ニ - ‐ ‐
‐ ‐



                     (三三三三三三三三三三三三三三三三(@)
                /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','/,',',','\
                /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','/,',',',',',',',',','\
                 /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','/,',',',',',',',',',',',',',',','\
            /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','/,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','\
            /,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','/',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',\
        {{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{(_)}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}}(_)
           | | ! i |  # .:,,;     ,;:::   ;:::, ,::  | ; i !|    ,;, #   ,;,::. メ ,:: | | ! i |
           |i ; l |  (ニニニニ(の).:,: # ,::;  |i ; l | # .:,,;  ;::    ;::    |i ; l |
           | ; i !|  {,',',',',',',',',',',{ ,;;:'';:  ;:;. ;::  | | ! i |      # .:;;,   .,::  | ; i !|
           | | ! i |  {,',',',',',',',',',',{   ,.;::;, .:::メ  |i ; l |   .,;;;:::...;,,  ,;,:. .:;:: | | ! i |
           | ; i !|,;. 〈,',',メ',',',',',{ メ  ;:;.:,:  ,::  | | ! i | ,,.::   X ..:.; ;;     | ; i !|
           |l ; l| .: 〉',',',',',',',',',{   ;;:: ,;,,:..   | ; i !|   ;::;;:..::::   ;;::  ..;;,  |l ; l|
           | l i ; |,;.: :{,',',',',',',',',',',{ # ;;;:.  .::;;.  | | ! i |    ,,;':;::  ;;::,    | l i ; |
WWjjWwjwiwwjjwW|i ; l |   {川川川川{  メ  ;/:,,:: |i ; l |  メ  ;;;..  ;:;.:.    |i ; l |wwWjjwWjijww
WWWWWWWWIIiiiiWiiiwwwjjjWWwwwwwwiiWwiwjiWWjiIwjWwwwWIwjiwjWjjjWwwwiiWwwwiiwwWWWWWW
WiWwiwiwiw、´ゞ,,"""、   jwiwwjjwwWWwwW  ,,,, "`  ''IwjiwjW ´゛゛゛ 、、、  ´wjwiwwjjwwiWWWwiwjwiww
wjjwwWWwwWWIwjiwjWjjjWw  ``゙゙ , 、 WWIIiiiiWiiiwwwiwjwiwwwiiWwWW   ''´`゙   wiiWwWW




            |     ,
           |       ,,\
          |     |   `ヽ、...,,,_          l
.            |     l    |:::::::::::: ` ''ヽ、,,__ ノ ,.ノ
              |.     ',   ヽ:::::::::::: ノ  |
             |        \    ̄    ,.ノ
           |               ´
.            |                           |            ――!!
            |       |                     |
               |       ij                     |
            |                        |  ガバッ
              |                            |






3546隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:39:47.05 ID:VnT39Vhm
何処!?


3547隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:39:50.74 ID:mxjSVY4M
廃屋?


3550隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:40:06.49 ID:KoEgsoFT
どこだここ?!


3564根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 02:40:56.29 ID:1tQlF4MD



             レ / ,.i   i.           '「/;
            ∨  V  ∧       '   ,{/∧
            ;/   /V  ∧     _   イ  ∧
           ;/     ∨  人   ´   イ V  ∧     ……目、覚めた?
             i      ∨ V≧-    イ/,{  ∨ ム
          /     「`.マ乂爻}    i爻、/∧ ∨ ム    ……何があったか、覚えてる?
         /> ー, -‐´メ::::::::::YノイYノ::::::::::∧    マ ム
         /,i     \ :::そ:::::::::::::::::::::::::::::て  ̄ヽ  マ  ,\
        / }      ', ヽ ネ:::::::::::::::::::::::::::7 ; ∨   ヾ  ム
        / イ       }     ィー―――´ f {  ヽ  マ  ,ム
        / 八       l  .  |l|      i i      ヽ  マ   ム
       / ,∧  ヽ    .}    |l|       ヘ      l    マ  ハ}
       /   ム       ヽ  |l|        ∨´  |\  }'} ,} }
      /    .ム  ´   \|:  |l|         |    マ/\ } },/
     /     ∧      ',  |l|         |/    マ/,ム}
     /      ∧       ,_ |l|        ⊥=、     ヾ ム
.    イ        ∧        Yヽ-、――ヘ ̄     У    }   \
   // !        ∧     { ヽ_   Y      > ¨/     Vマ  .\
.  // i         ∧´ヽ __ \  ̄\!//7> ==〆     .〉、マ  .. ム
 //' .i     /i    ムヽー-.. ̄    ///           //ム .\  ,ム
.///  i    イ i     ∧ヽ二ニ __ ///            イ  ム  \  ム
//イ  .i    | V   /:        ///       _ ∠     ム   \ ム
//{   i    i  V  V≧========{,/ハ≠≠≠:-‐´ V         ム   \ム
//{   i    ,i   V/: |l|                  V         ム     ヾ
//{   V    i  ./  |l|                  V         ム
//{   V,   /',/   |l|                   V          ム






3569隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:41:35.31 ID:n5hZP+TX
ショボたんは匣の中の出来事を完全に把握してるのかしら?


3571隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:41:39.92 ID:enQKdMyp
オハヨウ、ショボー


3580根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 02:43:38.79 ID:1tQlF4MD



              ________
           /) / .)  \
           / ./::/ ./:::/ ) \
           l .l/ // ∠___ |
           l / / / _、,,.ノ |            ……あれは全部現実なのか?
          r      /___   |
          /     /    u.|             それとも……これは、まだ、夢なのか……?
         /     ノ     /
       _∠⌒ヽ  j 'i, _、___ ィ/|\____
     / ...::::;;;:::ヽV;;;;l フiiiiく  /.:;;:l;;;;;:::´´''' 、、、 _
   / ...:::::;;;;;;;;;;;;:: 〉;;;;;:l/ iiiii \/.:;;;::l;;;;;;;;;;;;;::::::::..... i::..\
 / ...:::::;;;;;;;;;;;;;;;;:: /;;;;;;;;:::ヽ llllll /..::;;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::: l;;;;;;:: l



                  , -‐― ‐- 、
                      /    u   ヽ
                    _'  u        i
               < _ \          i
              <__ \ \     u  i
             <__ \ \ ヘ /⌒/  ./
           └--ミ ヽ、\ - \ |  ./
             /   丶  -       〉/
         ,.-/|     ( \   u  !               ……なあ、そうだと言ってくれ。
       / | \ヽ    \_ヽ     {
     ̄<   !  `\   、ヘ   u ..> 、             そう言ってくれよ。
    _ \   !    > ー-- イ\  .∠/ヽヘ
    !  ̄ ̄ ヽ /{  )\ | ..\(⌒)   ノ \
           \ /⌒\ 〉   ヾ、 /     \
             \ い /    \/ \(
              \ /     / \






3596根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 02:47:05.97 ID:1tQlF4MD



.            |   人|  .|」」               / : : l |
          |     .|  | |        __       /: : : | |
           l    i .|  |、    ´   `    , ': : :: .: | '       ……現実よ。
            |    | .|  |:i\         /: : : : : ::レ′
             |     .|  |:|: : 〕i::...........__ ..。o〔: : : : : : : : ヘ:.
             |     .|  |:|: :   .......,:'′ /  .i: : : : : : : : ∧
             |     .N  |Ⅳ   ........... j}   |: : : : : : : : : ∧
.           l     /:::::Niノ`Yノイハノ`Yjそて爻{: : : : : : : ム
.            |  。i〔:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,}。: : : : : : ム
          |oi〔 メ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ 〕iェ。: : : : : ム
       oi〔.   そ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ     〕iェ。: ム
.      /       ネ:::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::メ        〕o、
     /  .′     ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::て         ,    。
.    /   i:        `从:ノハ从ノY从ルメ          ,゙
..   /   /|:         //                  ,゙     ,
. . ./  //。         |i|                  ,゙        ,
.  , '   //゚,    .   |i|                  ,゙
 /     //_,ゝ..  .    |i|                 >,       i
./     -=∨/      |i|                 〉        |
′     -=ニソ      //                 /        | 



               -‐― ‐- 、
             /        ヽ
            ./           i
             , '′ ⌒ヽ,__ノ        i
        _     ::::::::::::::        i
       < _ \ ::::::::::::::::::::::::    /
      <__ \ \::::::::::::::::::   /
     <__ \ \ ヘ /⌒/  ./
.     └--ミ ヽ、\ - \ | /
   / | \ヽ丶  -       〉                ……お前、昔っから厳しいよな。
 ̄<   !  `\( \       !__
_ \   !    \_ヽ     {\_    ̄ ̄\_       そう言うところは……ハッキリ言うんだから……
!  ̄ ̄ ヽ /{ 、ヘ      > ∠       ノ)
       \ /⌒\\   ∠/ヽヘ      /
         \ い / \(⌒)   ノ \   //
          \ /   .ヾ、 /    \ ./ /






3606隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:47:59.81 ID:DfkIT5EX
お?どういうことや?


3607隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:48:11.33 ID:mxjSVY4M
結局ショボたんとはどういう関係だったんだろう


3608隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:48:39.61 ID:kePibRe4
思い出したのか?


3610根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 02:50:02.48 ID:1tQlF4MD



        ヌゞゞソ/ゞゞj\     '   .ノ: : : |
         ゞノ ;:;:;:;:;::} 丶    _  イ : : : :|        ……そうね。
         {,/ 彡////\  >‐<///\: : |
.        /  _彡丶///////////////: .}: : l、       彼女には会った?
           /⌒ヽ: :ヽ:///////////////} メ\
      / / /     ゞ: ゞ:///////////V: : :.、 、     ……生意気な女だったでしょう?
     / 〃/         `ー――‐―〆 : }_  ニ=-
 ー=彡 / {     八:   {i{        } ノ \      あの姿も相まって、ね。
    /  八 :      }:   {i{        / \ 丶
  /   /   ヽ__   .┤  {i{        {     \
./    /   ∧    {:  :_{i{  -――― 、ノ__      \
イ     /   / ∧    `Y´         {  ノ    _  ニ=-
/   /   /    ゝ    }             く         ∧
    ′  .′  :{    /           } 〔        ∧
           ゝ   .:´`ー-   ____彡ヘノ /         ∧
   {    {     ! /   イソ          ∧∨ /         ∧
    i     :|    /:   〃          ∧∨ /



                     , -─- 、
              /        ヽ
                / 、.__    ',
                 i:)  ー‐       i
              <          |
                  |_ _         !
                 |ー  `     j  ,L            ―――――――――――――――――――――
                |       . イ /  >‐、
              `-=ニ 7/ / : : :`ヽ_
                /}、__/  / : : : : : : : : : :ヽ
                /〉ト、::Λ / : : : : : : : : : : : : : 、
                 / / /::::i y : : : : : : : : : : : : : : : :
             /: :| /::::::| / : : : : : : : : : : : : : : : : : :






3619根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 02:53:23.49 ID:1tQlF4MD




                       なぁ……お前は、俺に罪を認めさせるために来たのか?





                     _ .......... _
                     ,. .::'":i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i`:. .、
                /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ,
              γ ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i、--‐-- -、,_:i:、
               :i  j:i:i:i:i,、ィ'´ ̄ ̄        `ヽ:.,
            〃ゝ_ノィ'´:    i    人i:  ハ    ハ
             /:i:i:i:.ii ノ .    |   { }|    i|:     ハ
             , :i:i:.iii: i{     L::::」ゞ、:V .||    lL:|  i  .℡
          ;:i:i:i:i::i:i/i    |チ芹芋ミ  ゞ─-斗-L  |  №
           i:i:/  |    | 込i0lノ′     ィチ芋ミ、l」 | i
.            ii!/   r、   i| """          込iイ }li: : : | |
              |    } l    | |          、   """ イ.: : | |
.            |   人|  .|」」               / : : l |
          |     .|  | |        __       /: : : | |
           l    i .|  |、    ´   `    , ': : :: .: | '
            |    | .|  |:i\         /: : : : : ::レ′                    ――梨花。
             |     .|  |:|: : 〕i::...........__ ..。o〔: : : : : : : : ヘ:.
             |     .|  |:|: :   .......,:'′ /  .i: : : : : : : : ∧
             |     .N  |Ⅳ   ........... j}   |: : : : : : : : : ∧
.           l     /:::::Niノ`Yノイハノ`Yjそて爻{: : : : : : : ム
.            |  。i〔:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,}。: : : : : : ム
          |oi〔 メ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ 〕iェ。: : : : : ム
       oi〔.   そ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ     〕iェ。: ム
.      /       ネ:::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::メ        〕o、
     /  .′     ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::て         ,    。
.    /   i:        `从:ノハ从ノY从ルメ          ,゙
..   /   /|:         //                  ,゙     ,
. . ./  //。         |i|                  ,゙        ,
.  , '   //゚,    .   |i|                  ,゙
 /     //_,ゝ..  .    |i|                 >,       i
./     -=∨/      |i|                 〉        |
′     -=ニソ      //                 /        | 






3623隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:53:55.00 ID:ImUEGQua
……魔女さんと同一人物で御座ったか


3624隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:53:59.95 ID:kePibRe4
これにどう答えるかな


3625根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 02:54:00.09 ID:1tQlF4MD



┌─────────────┐
│ ※システムメッセージ※   ..│
└─────────────┘

━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━

  データが更新されました。 ▽

  【モー・ショボー】 ⇒ 【古手梨花】

┻━┻━┻━┻━┻  ┻━┻━┻    ━┻━┻━    ┻━  ━┻    ━  ━┻━ ━ …‥





3628隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:54:16.30 ID:VwVt5Amc
あら同一人物だったか


3629隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:54:23.23 ID:VnT39Vhm
そうなったかー……


3630隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:54:29.04 ID:mxjSVY4M
どっちも同じ存在ってことか?
うーん


3631隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:54:46.92 ID:4pAGDQbu
初期の態度含めて図りかねてるな


3634隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:55:03.10 ID:enQKdMyp
ああー…


3636隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:55:27.14 ID:iYfNL/ny
同姓同名が二人・・・は流石にないか


3637隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:55:37.87 ID:G0eqIQey
できない夫の脳髄をうまそうにすすってた梨花さん…


3638隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:55:45.75 ID:5a6vKO/4
匣自体の意思に侵蝕されていたから、態度が違ったんだろ



3640隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:56:05.70 ID:KoEgsoFT
やっぱり裂かれた影響?


3643隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:56:51.38 ID:fTO3ZbQ3
ショボたんは梨花で、魔女は梨花を含んでるって感じか?


3644隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:57:02.01 ID:rsIPrB1s
新しい関係性やな。


3645隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:57:35.06 ID:n5hZP+TX
匣にも存在が吸われて、その吸われた一部が魔女として顕現したとか?


3647隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 02:58:08.62 ID:9ws13j0W
ショボたんも魔女も匣のシステム的側面持ってたし
匣に食われてから分化したか?


3648根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 02:59:34.43 ID:1tQlF4MD



                / ̄ ̄\
                 -‐'  ヘ   \
                (ー)(ー )    |
                 |  |      |
               |__`___    |             あの子は、なんだ……?
                   |       .|
                l       /_.{              あの子の姿はまるで――
                アニニ<//〉、__ __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|                  あの頃の私、でしょ? >
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{



  `)  `ヽ                 `ーノ:ヽ. __ - イ !: l\                ̄ ̄ ̄    /j
  〈_                    /: : / ̄`)゙ー''"l: :l  ヽ、                     /}
   \ `ー-                    /: : 〈メー'"`ー‐''|: :l   i                        / ,´
    }                    /:笊メ/ゞ〃 ̄ ̄.|: :l   l                     {
    >―-、                 /: : 〉/ .〃     |: :ヽ   l                    __/  あれは私の“奇跡”。
    \                  /イ: /ノ 〃     、: : ト、  l                    j´
       .\               {,/-―‐-、_     \ミ   ∨                 ,/    人の存在を補う、私の奇跡。
          \___          /ヒ‐、β,ーァ ヽ、___./´i   ∨               <_
        く             / Σ   、ミ      / . ∧    ∨                /     ……それが靄のような意識を持った。
         \_.          ,.ヘ、  "W゙      〈   ∧    ∨         -=ニ_―'
         <___ノ    /    ̄`ー――――‐V   ∧   ∨       ー、  /         私の残骸。
           <___,    /   〃             ∨  .∧    ∨  ヽ    、/
               ヒ._/   〃           ∨  .∧    ∨   \ー‐'
                      /   〃              ∨ 、∧ _ -‐、\/⌒
                  /     .{i{                 \j、〉〈´   ノー、
                    /    .{i{                 \ ゝ- ´   `ヽ
                /      {i{                 \ 〉_入__ノ






3649隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 03:01:04.16 ID:enQKdMyp
なるほどなー…能力?が分離したようなものか
Kanonの川澄舞を思い出すな


3650隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 03:01:24.22 ID:ImUEGQua
要するに一人歩き型のスタンドか


3653隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 03:02:20.87 ID:CUGlbptZ
穢れた方(意味深)の梨花→ジョボー
梨花の奇跡だったもの →魔女 

こうか


3654隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 03:02:32.77 ID:kePibRe4
現人神の部分が分離したようなもんか


3656根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 03:03:40.48 ID:1tQlF4MD



─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               ....::::::::::::::::::::::::::....
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             ..:::::::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::::::: ヽ
           /:::::::::/:::::::::::/:::i:::::::|:::::::::::::::::::::.
.          .::::::::::: :::::/::::/:::/|:::::::|:::|::::i:: :::::::::::.
.            i::::::::::::|::::i::_/l::::i|:::::|:::|;:::l::|:::::::: :::.
          |::::::::::::ト-ヘl^ト、; 八__匕ハ_l_jハ:::::: ::::.
          l:::::::::: ィ笊示、   ィ笊示、!:l:::::: ::::::.
          |::::::::::::! 弋rソ     弋rソ ::::::::! ::::::::.                  亡霊よ。
          |:::::::::圦       }      ハ:::::::i ::::::::::.
          |::::::::::::::::..     __ _     ..:::ノ::::: | ::::::::::::.                       何物でもない。
          |:::::::::::::::个        ..:个'゙::::::::八::::::::::::::.
          |:::::::::::::::::|::::::〕i= ‐=ニ〔:::::|/:::::::/:::::::::::::::::::::::..            私の残骸を纏った。
          |:::::::::::::,斗=i辷冖辷^入,::::::: /_::::::::::::\::::::::::::..
          人:::::::::::∨;i:i:i:i:i:┌ 、:i:i:i:i]::::::/:i:i:i:i:..、:::::::::\ :::::::::.                          システム
          〃:i:i:ヽ::::::::∨;i:i_f⌒\V;i:i:{:::::i:i:i:i:i:i:i:i:i:、:::::::::::\::::::::.                魔女を名乗る、怪異。
         /i:i:i:i:i:i:i:i:, ::::: V{   rvーヘ {:::::|:i:i:i:i:i:i:i:i:'ヘ ::::::::::: \:::::.
.        /:i:i:i:i:i:i:i:i:∧::::::::.{_√^`::/^]:::::|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i'ヘ::::::::::::::::::\::.
       /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧:::::: 厂`:: ://:i:i:iハ:::|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i,::::::::::::::::::::\      )
       {:i:i:i:i:i:i:i:i:√`Vヘ:::::「`:: :://:i:i:i:i:i:i:::{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}::::::::::::::::::::.(^゙` ー=ニ..,,_
─────────────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







  ヽ: : :.:\  ,|:ヽ、 ヽ ::::::::::::::::::::::::: |: : : :ヽ    、        /: : : : : : : : `ー、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
   |\: : : \{: : : :.\`ー、__::::::::::: |: : : : 人          ./: : : : : : : i: : : : : 廴::::::::::::::::::::::::::::::ノ´
   |: :.:\: : : \ : : : \__`ー‐.|: : : : l: : \   ̄`    イ: : : : : : : : :|: : : : : : : ヽ、::::::_ノ⌒´/⌒}  ,,
   |: :\: `ー―`――――――‐.|: : : : |: : : : :> __ . <::::/: : : : : : :.:.:.ノ: : : : : : : : : ト'´    /: : : / .//  私は禁忌人の先。
   ヽ : : \: : : : : : : : : : : : : : : : : :.|: : : : |/ ̄`ー,ー―‐、ー/: : : : : : : /: : : : :i: : : : : :|: ` ̄ ̄: : : : ://:.:/}
     \: : :\: : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : |     i    i /: : : : : :./: : : : : : ノ: : : : : : : : : : : : : : : /: : : :/   消えたくないと祈った残骸。
   __>-、:  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、: : : :|: : : : |    |    | i: : : : :<: : ー―<: : : : : : : : : : : : : : : : __,/}
  /: : : : : : : : : ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、: : : : |: : : :/ .     |    | |: : : : : : :  ̄`ヽ: : : : ̄`ヽ: : : : : : : : : : : : : : : :ノ    彼女と匣を繋いで残ったモノ。
/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ー‐': : : /    ./     .| ヽ: : : : : : : : : : : \: : : : : :.\: : : : : : : : : : : /
: : : : /⌒ヽ: : : ヽ、__ : : : : : : : : /     /     ヽ \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : `ー―: : : : :/⌒     ……
: : /  /: : : : /   `ー―――'´\    /       \ \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : く






3658隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 03:04:05.39 ID:fQDg6Rmn
シルバーチャリオッツ・レクイエムってことか


3659隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 03:05:03.36 ID:VnT39Vhm
匣を繋いだ……?


3661隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 03:06:14.69 ID:R1Q6mWXM
匣って本当になんなんだ?


3663根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 03:07:10.76 ID:1tQlF4MD



                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:./i
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::|
         / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::.|
           i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:i::::::::::::::::|
           |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::─────────────────
           |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::|
     . . .. ..:.:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::/::..
  . . : :..:..:.:.:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::/::::.:.:.:.
     ...:.:.:::::|________|/::::::::.:.:..:

                                             そうしないと消えてしまうから。




              ________
           /) / .)  \
           / ./::/ ./:::/ ) \
           l .l/ // ∠___ |
           l / / / _、,,.ノ |
          r      /___   |            何でそこまでして残ったんだ。
          /     /    u.|
         /     ノ     /             ……そこまでして、俺を呪いたかったのか?
       _∠⌒ヽ  j 'i, _、___ ィ/|\____
     / ...::::;;;:::ヽV;;;;l フiiiiく  /.:;;:l;;;;;:::´´''' 、、、 _    俺を……
   / ...:::::;;;;;;;;;;;;:: 〉;;;;;:l/ iiiii \/.:;;;::l;;;;;;;;;;;;;::::::::..... i::..\
 / ...:::::;;;;;;;;;;;;;;;;:: /;;;;;;;;:::ヽ llllll /..::;;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::: l;;;;;;:: l








                              そんなにまで、恨んでいたのか……?







3669根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 03:11:30.46 ID:1tQlF4MD



                                バチン





            ,. ‐―――――‐ - 、
           /            \
          /                    \
       /                  .',
        /: : : :: :: :               ',
        l: : : : : : ´/ ̄゛,, 、、'´`ヽ、 `    l
.       l: : : : :/´ `ヽ      r´ `ヽ.   l
        l: : : : (  f;;;;j l,     l f;;;;j )   l
        l: : : : ヽ_ ` _ノ     ヽ_ ´_ ノ;;:::   l
.         l: : : :: : ´"''"   '|   "''"´      l
.       l: : : :: : . .    J            l
        l: : : :: :: : : :.             l                     ……
.        l: : : : : : :  ー -- - -     ##;. l
.          l: : : :              ::::::;;;; l
        !: : : : :                #;;#!
        /!: : : :                  ,'^ヽ
       /{ |ヽ: : : :               /| / \
     /  ∨| ヽ            / | /
   / ヽ  \  `ー――――― ´ ̄ ̄  /
 /\   \  \        /   _ /
"ヽ  . \  ヽ  ` ー──一'   /
  \  \  \        //



                     _ .......... _
                     ,. .::'":i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i`:. .、
                /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ,
              γ ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i、--‐-- -、,_:i:、
               :i  j:i:i:i:i,、ィ'´ ̄ ̄        `ヽ:.,
            〃ゝ_ノィ'´:    i    人i:  ハ    ハ
             /:i:i:i:.ii ノ .    |   { }|    i|:     ハ
             , :i:i:.iii: i{     L::::」ゞ、:V .||    lL:|  i  .℡
          ;:i:i:i:i::i:i/i    |チ芹芋ミ  ゞ─-斗-L  |  №
           i:i:/  |    | 込i0lノ′     ィチ芋ミ、l」 | i
.            ii!/   r、   i| """          込iイ }li: : : | |
              |    } l    | |          、   """ イ.: : | |
.            |   人|  .|」」               / : : l |
          |     .|  | |        __       /: : : | |
           l    i .|  |、    ´   `    , ': : :: .: | '       ……察しが悪いわね。
            |    | .|  |:i\         /: : : : : ::レ′
             |     .|  |:|: : 〕i::...........__ ..。o〔: : : : : : : : ヘ:.       そこまで未練が残る死に方してないわ。
             |     .|  |:|: :   .......,:'′ /  .i: : : : : : : : ∧
             |     .N  |Ⅳ   ........... j}   |: : : : : : : : : ∧      あなた、本当に思い出したの?
.           l     /:::::Niノ`Yノイハノ`Yjそて爻{: : : : : : : ム
.            |  。i〔:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,}。: : : : : : ム
          |oi〔 メ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ 〕iェ。: : : : : ム
       oi〔.   そ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ     〕iェ。: ム
.      /       ネ:::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::メ        〕o、
     /  .′     ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::て         ,    。
.    /   i:        `从:ノハ从ノY从ルメ          ,゙






3675根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 03:18:37.48 ID:1tQlF4MD



             / ̄ ̄\
            / `ー    \
.         (≡)(≡ )  u. |
          |  |    u  |
          l___`___  #;;;# .|
             {      #;;## |               ……ねぇ、今爪立てたよね?
          {      u. /
          __\     /リ 厂`'‐- .._          思いっきり手が人じゃない何かになってたよね?
      / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
       | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |                              気のせいよ >
      | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
      | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |



                 <:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ
              /:i:i:i:i:i:i,,ィ:´ ̄` ´ヽ- 、}
             γ ヽi:i:i:i:i/   イ  /イ    ヽ
               ゝ_ノ:i:i:i/ イ//_//  λハイ /ハ
            ;:i:i:i:i:i:i≧.,∠ /人 ヽ/ / }/_ _i//ハ
               i:i:i:i/ソ .| _iィ斥jミ ' /  }´i/ヽ}/
            i{:{ / |  ,i `込イ       仍7、}イ }
             レ / ,.i   i.         炒 '「/;
            ∨  V  ∧       '   ,{/∧       ……正直、あなたがそこまで行くとは思わなかったけどね。
            ;/   /V  ∧     _   イ  ∧
           ;/     ∨  人   ´   イ V  ∧      その点に関しては……謝って済むものじゃないけど。
             i      ∨ V≧-    イ/,{  ∨ ム
          /     「`.マ乂爻}    i爻、/∧ ∨ ム
         /> ー, -‐´メ::::::::::YノイYノ::::::::::∧    マ ム
         /,i     \ :::そ:::::::::::::::::::::::::::::て  ̄ヽ  マ  ,\
        / }      ', ヽ ネ:::::::::::::::::::::::::::7 ; ∨   ヾ  ム
        / イ       }     ィー―――´ f {  ヽ  マ  ,ム
        / 八       l  .  |l|      i i      ヽ  マ   ム
       / ,∧  ヽ    .}    |l|       ヘ      l    マ  ハ}
       /   ム       ヽ  |l|        ∨´  |\  }'} ,} }
      /    .ム  ´   \|:  |l|         |    マ/\ } },/
     /     ∧      ',  |l|         |/    マ/,ム}
     /      ∧       ,_ |l|        ⊥=、     ヾ ム
.    イ        ∧        Yヽ-、――ヘ ̄     У    }   \






3677隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 03:18:57.21 ID:VnT39Vhm
部分的に怪異化したんかいw


3678隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 03:19:18.56 ID:enQKdMyp
まろうどたちもココまでの物になるとは思ってませんでした…


3679隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 03:19:28.76 ID:VnT39Vhm
あ、いえこちらこそ(土下座)


3684根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 03:21:32.28 ID:1tQlF4MD



     / /  /   ム -=ニ: :ー: : : : : : : : : :`: : .
    ,/ ,/  / /-‐二:_: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
    / /  //´/    ` ヽ、: : : :`:ヽ: : : : : : : : : .
   ,/  '  ///  //       ヽ.: : : : ヽ: : : : :_: : : .   _ =ニ=-  _
  /   , /// / l/  l   l   l  lヽ: : : ヽl:./  ヽ: : . /" ̄`ヽ、  ヽ
  l l  l / / l  l    l   l  l  l ヽ: :ヘ:v:l   l: : :.      `、  ヽ
  l l  l l l l l  lヘ   l   l  l  l  ヽ: :l:l:ハ   ' : : l       ',   、
` ヽ.、 l メ l、,l l l lヽ l l ,,_l  / /   l: l:l: l.:`7´:./: l   ,ィ `ヽ. l    li
     l ト、-、ヽl l  l l //ヽ/ /,'   l、li:メ: : : : /"/ヽ '"/  ゙,ヽl   /,
     l l=ミ、`   `''_ ''/////_ ィ/    l `ー‐''" ,, ,  /    l l  / ,
     `l 从ツ     ≧-,,,_`ヽ  /    l     ",/ ,/- ァ  , ' / '
      ヽ  ノ      "弋ニ_ラー /     l、`、ー      ∠,,  , ./  /
      l             /       l `ー`、  ヽメー'_.        イ
.       、  |ヽ        /      l 、 ヽ、_ヽZ` ̄      /  私が残った理由。
       ヽ/⌒〉       , l       ハ、 ー ニ        /
       ' ´、   _   -   l l     ハヽ  `ー - ‐ "/     ……あなたの中に残った呪いを片付けるためよ。
          /´: : :ヽ、 ,,,、,,.. l l     ヽ \> 、   _ ‐"
         _ /: : ; /l:;:;:i:;:;:;:;:;:ハ 、     ヽ` ー‐ "
       メ‐ ''`ヽ''、':':':':':':;:;:;:;:;:ヘ ヽ    ヽ
      /; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ヽ: : : : : : : : /lヽ     ` 、
      /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ヽ: : : : : ハ.l   >



    / ̄ ̄\
  /   ─'   \
  |    ( ●)(●)
  |       | |
  | U   __´___ノ
  |     `ー'´}       ……はい?
  ヽ        }
   ヽ     ノ
    /    く
    |     |






3695根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 03:27:35.83 ID:1tQlF4MD



                     _ .......... _
                     ,. .::'":i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i`:. .、
                /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ,
              γ ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i、--‐-- -、,_:i:、
               :i  j:i:i:i:i,、ィ'´ ̄ ̄        `ヽ:.,
            〃ゝ_ノィ'´:    i    人i:  ハ    ハ
             /:i:i:i:.ii ノ .    |   { }|    i|:     ハ
             , :i:i:.iii: i{     L::::」ゞ、:V .||    lL:|  i  .℡
          ;:i:i:i:i::i:i/i    |チ芹芋ミ  ゞ─-斗-L  |  №
           i:i:/  |    | 込i0lノ′     ィチ芋ミ、l」 | i
.            ii!/   r、   i| """          込iイ }li: : : | |
              |    } l    | |          、   """ イ.: : | |
.            |   人|  .|」」               / : : l |               カ .タ
          |     .|  | |        __       /: : : | |    語り匣……いえ、禍食リ匣。
           l    i .|  |、    ´   `    , ': : :: .: | '
            |    | .|  |:i\         /: : : : : ::レ′    あれを開けてしまったから。
             |     .|  |:|: : 〕i::...........__ ..。o〔: : : : : : : : ヘ:.
             |     .|  |:|: :   .......,:'′ /  .i: : : : : : : : ∧     あれはただ怪異を綴って喰う匣じゃない。
             |     .N  |Ⅳ   ........... j}   |: : : : : : : : : ∧
.           l     /:::::Niノ`Yノイハノ`Yjそて爻{: : : : : : : ム
.            |  。i〔:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,}。: : : : : : ム   怪異を喰べて呪いとする、蠱毒の匣。
          |oi〔 メ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ 〕iェ。: : : : : ム
       oi〔.   そ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ     〕iェ。: ム
.      /       ネ:::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::メ        〕o、
     /  .′     ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::て         ,    。
.    /   i:        `从:ノハ从ノY从ルメ          ,゙
..   /   /|:         //                  ,゙     ,
. . ./  //。         |i|                  ,゙        ,



                 <:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ
              /:i:i:i:i:i:i,,ィ:´ ̄` ´ヽ- 、}
             γ ヽi:i:i:i:i/   イ  /イ    ヽ
               ゝ_ノ:i:i:i/ イ//_//  λハイ /ハ
            ;:i:i:i:i:i:i≧.,∠ /人 ヽ/ / }/_ _i//ハ
               i:i:i:i/ソ .| _iィ斥jミ ' /  }´i/ヽ}/
            i{:{ / |  ,i `込イ       仍7、}イ }
             レ / ,.i   i.         炒 '「/;
            ∨  V  ∧       '   ,{/∧
            ;/   /V  ∧     _   イ  ∧          ……過去に開けた時。
           ;/     ∨  人   ´   イ V  ∧
             i      ∨ V≧-    イ/,{  ∨ ム         あなたは呪いを浴びた。
          /     「`.マ乂爻}    i爻、/∧ ∨ ム
         /> ー, -‐´メ::::::::::YノイYノ::::::::::∧    マ ム      存在を満たせば呪いからは解放される。
         /,i     \ :::そ:::::::::::::::::::::::::::::て  ̄ヽ  マ  ,\
        / }      ', ヽ ネ:::::::::::::::::::::::::::7 ; ∨   ヾ  ム    ……でもね、呪いは残るの。
        / イ       }     ィー―――´ f {  ヽ  マ  ,ム
        / 八       l  .  |l|      i i      ヽ  マ   ム  言葉としてその身の呪いを綴って、匣に納めなければね。
       / ,∧  ヽ    .}    |l|       ヘ      l    マ  ハ}
       /   ム       ヽ  |l|        ∨´  |\  }'} ,} }
      /    .ム  ´   \|:  |l|         |    マ/\ } },/
     /     ∧      ',  |l|         |/    マ/,ム}
     /      ∧       ,_ |l|        ⊥=、     ヾ ム
.    イ        ∧        Yヽ-、――ヘ ̄     У    }   \
   // !        ∧     { ヽ_   Y      > ¨/     Vマ  .\
.  // i         ∧´ヽ __ \  ̄\!//7> ==〆     .〉、マ  .. ム
 //' .i     /i    ムヽー-.. ̄    ///           //ム .\  ,ム
.///  i    イ i     ∧ヽ二ニ __ ///            イ  ム  \  ム






3700根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 03:31:35.58 ID:1tQlF4MD



                _________
             ,.-'"::::::::::::::::::`ヽ、
    /|       /:::::::::_,,..-─- 、:;::::',   ヽ∧
____iヽ/ |/i    /::::::::, '´       ヽ!     |,.ヘ__
ヽ、 __,へ/    i/○/ /__ハ i !__ i i ',   ヽi  V
< >  i.    /r'L,ヘL,!=!、'-'-,r=、_ハ」」    i   フ
 > >  ヽ、.,_,.//7 r7イ ヒ_リ   ヒ.ハ!イヽ.   /  「/
 >i.      / / ! ハ"    _  "从  `'ー'   /」    ……残留した呪いは、己を蝕む。
  ̄i>、 -‐'  /   r`'=ー=-v=イン ヽ、   ,.イ
   レヘ    -'"    /^ヽ、____ハ_ン、ヽ、     rヽ!      徐々に増していき、そして――耐えられなくなったら、死んでしまう。
    !へへ     ,./:::::::`i::::::::||::::i::',ヽヘへハ/
      `Vヽへ,.く:::::::::::/__,.-'-、_!:::ヽ V           耐えてしまえば、もっと強大な呪いになる。
          く _`''ー'7--、___,.-i._/〉
         ,ィ'ー--イ:::::::::::::| |:::ハ,.イ
         'ー--く/:::::::::::::::| |:::::::!-'
             >、.,____,」」__,.イ
           r'〈___// /
           ,ヘ___ノr''ーイ
           !___/ 'r--r'
              ヽ-'



                    .  ´  ̄  ̄ `  、
                     .  ´            \ _
                /       ___     \ `丶、
                 /    .    ´         `  、  \  \
            /    /                丶、     ヽ
            Y   . '                        \     ヽ
              }  /                          ヽ __   .
              ノム/   l     i        i   l i  ..   ∨∧ |
.             f´!/   ..:l     .. :::|     .. :::| ..:| |  ..::l   .:Y 〉 }
.            | | l    .:::l    ..::::|     ..: ::| ..:| |  .:::|   .: レ'∧!
            t| |   _::_l__    ..:::|     .. :::| .::| |  .:::|   ..::|/ i|
            | l  ..:::::|li  ̄ `...:|     .. :::| .::|_| --::j   ..::| ノ
             从  ..::::::|lト._王ミヾハ    ..::::T ::ィ!王テく   .. ::|´
          そて人  .::人´  |r'i_jリ八   ..::刃.|ir'j:::リ ハ    .:リ!__
          そ:::::::::Y ..::::| .⊥:::::イ  ヽ.:ノ'´ ⊥::::イ |  Vル' :|::::て
.             て:::::::リ  ..:::| """"         """" |    ..:::|:::::く
           そ:::/  ..:::::ト、     '          リ    . ::::|:::::::ヌ    そうして、最後には匣に収められる。
              ヌ/  .. ::::|: \    _ _       . イ|    .. ::::|:::::そ
          /.::/   .. :::::|:::::::::> .   `    . イ::::l |   .. :: ::|\メ     ……そう言う呪いなの。
         / .::/   ... ::::::|:::::て`` j> __ . ≦ソ|そてi|   .. :: ::| .:\
 __ .   ´  .:::/  .. ::: ::::::l| く:::::::ノ`Yノイハノ`Yj::::::::く|   .. :: ::ト、 ..:::\   より強大な呪いを溜めこむための、匣。
        ..::; '   .. ::::: ::::::l| メ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: て|   .. :: ::l .:\ ..:::\
       ..::/   .. :::: ::::: ::リ そ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く .|  .. ::: :::  ..:::\ ..:::\  それが、それの正体。
     ..::/    .. :::: ::: :: /  ネ.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::メ |  .. ::: :::   ... :::\ ..::\
   ...:::/     ... ::::: :::::::/    ノへノハノY`ヾ:ノル'´   |  . .:: ::::   .. :::: ::\ .. :\
  ..::/      .. :::: ::: :::/\                    |  .. ::: :::::    .. ::: ::: \ ..:: \






3701隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 03:31:56.19 ID:9ws13j0W
しかし安易に壊すわけにも行かなくなったな


3703隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 03:32:16.09 ID:enQKdMyp
とことん匣しか得しないなそのシステム…


3704隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 03:32:54.52 ID:UL1U1viq
ああ確かに蟲毒だわ


3705隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 03:32:59.79 ID:VnT39Vhm
もし匣壊したらどうなってしまうん……?


3706隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 03:33:02.23 ID:CUGlbptZ
せやな。
あと、開始一ヶ月後にする話じゃねえー!(再認識)


3708隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 03:33:23.58 ID:KoEgsoFT
こりゃ匣壊したら間違いなく呪いドバーだなぁ


3712隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 03:34:14.23 ID:J6Ibz3ww
多分、壊してもドバーと流出した後に知らず知らずの内に再生して、
また物語と怪異を喰らい始めるんじゃろうなぁw


3713隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 03:34:35.81 ID:0pw7M2n8
500年前からあるって、中身ヤバイんじゃないですかね。
あとこなたがヤバイのも決まっちゃったわけで……。


3714隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 03:34:39.71 ID:n5hZP+TX
過去を思い出す行為自体は必須だったのか。
思い出し方が急速すぎたけど(土下座)


3715根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 03:35:27.61 ID:1tQlF4MD



───────────────━━━━━━━━━━━━━━━━───────────────

     ーム `ヽ  ` ̄~´    /i ´ ` ̄ ̄´ /〃i
       ヽ_ム        |:i!      ./ ノ
        つ人       i!/     ./=イ         男は方法を語らなかったが、確かにそう言ったそうだ。
          ヽ、   ___     /
         rイフ\ ー==-  イ>、           本家が接触した際、男の存在は薄くもなく正常。
         イ |:;:;:;| `ヽ、__ <::::::::::ハ
      _ イ| i!:;:;:;|    ヽ:::::::::::::::::/Tヽ>:::......._     ……ただ。
i;..._― <   i! | 彳       `ヽV い::::::::::::::/  ヽ
i;i;i;i;i;      | i!∧         _人 | |:::::::::::/   i!
i;i;i;`       ! レ\>- __ < ´  .乂 |::::::/     !
i;i;´       └t   > __     レ_/ ̄      |



                :::::::::::::::::::::::::::::::||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                :::::::::::::::::::::::::::::::||,. - 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                :::::::::::::::::::::::::_:ノ    !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                :::::::::::::::::::::/  _,、 ,.j'´):::::::::::::::::::::::::::::::::::::        ――その数日後、首を吊って死んだそうだ。
                ::::::::::::::::::/   イ::::ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                ::::::::::::::::i     ,ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                ::::::::::::::::l    〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                :::::::::::::::l     丶.:::::::::::::::::: ぎぃ… :::::::::::::::
                ::::::::::::::l        ヽ.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                ::::::::::::::l        , ヘ!::::::::::::::::::::::::: ぎぃ…
                ::::::::::::::l        ヽ.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━────────────────━━━━━━━━━━━━━━━



.            __
            /::::::. \
         /::::::ヽ;;:   \
          (:::::(::::冫    |
        |:|::::::        |
       r‐-;::::::. .     |
       (三))::´:..    |       (首を吊った理由は、今は分かる気がする)
       >::::ノ:::::::::.    /
      /::: / ヽ;:::::::::   /        (あんなものを自覚したら、肉体か精神、どっちかが耐えられなくなる)
      /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
      (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
            |\::::::::::::;;:1
            |:::::\;;/:::|






3722根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 03:43:03.03 ID:1tQlF4MD



                     _ .......... _
                     ,. .::'":i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i`:. .、
                /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ,
              γ ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i、--‐-- -、,_:i:、
               :i  j:i:i:i:i,、ィ'´ ̄ ̄        `ヽ:.,
            〃ゝ_ノィ'´:    i    人i:  ハ    ハ
             /:i:i:i:.ii ノ .    |   { }|    i|:     ハ
             , :i:i:.iii: i{     L::::」ゞ、:V .||    lL:|  i  .℡
          ;:i:i:i:i::i:i/i    |チ芹芋ミ  ゞ─-斗-L  |  №
           i:i:/  |    | 込i0lノ′     ィチ芋ミ、l」 | i
.            ii!/   r、   i| """          込iイ }li: : : | |
              |    } l    | |          、   """ イ.: : | |
.            |   人|  .|」」               / : : l |
          |     .|  | |        __       /: : : | |
           l    i .|  |、    ´   `    , ': : :: .: | '       ……こなたも危ないけどね。
            |    | .|  |:i\         /: : : : : ::レ′
             |     .|  |:|: : 〕i::...........__ ..。o〔: : : : : : : : ヘ:.       彼女の怪異から戻ってきた稀な例だけど……
             |     .|  |:|: :   .......,:'′ /  .i: : : : : : : : ∧
             |     .N  |Ⅳ   ........... j}   |: : : : : : : : : ∧      ……呪いは確かに残留している。
.           l     /:::::Niノ`Yノイハノ`Yjそて爻{: : : : : : : ム
.            |  。i〔:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,}。: : : : : : ム    できない夫ほど熟成してないからまだなんとかしようもあるけど。
          |oi〔 メ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ 〕iェ。: : : : : ム
       oi〔.   そ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ     〕iェ。: ム
.      /       ネ:::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::メ        〕o、
     /  .′     ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::て         ,    。
.    /   i:        `从:ノハ从ノY从ルメ          ,゙
..   /   /|:         //                  ,゙     ,



                 <:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ
              /:i:i:i:i:i:i,,ィ:´ ̄` ´ヽ- 、}
             γ ヽi:i:i:i:i/   イ  /イ    ヽ
               ゝ_ノ:i:i:i/ イ//_//  λハイ /ハ
            ;:i:i:i:i:i:i≧.,∠ /人 ヽ/ / }/_ _i//ハ
               i:i:i:i/ソ .| _iィ斥jミ ' /  }´i/ヽ}/
            i{:{ / |  ,i `込イ       仍7、}イ }
             レ / ,.i   i.         炒 '「/;
            ∨  V  ∧       '   ,{/∧
            ;/   /V  ∧         .イ  ∧       できない夫の場合は、呪いで呪いを押し返したから。
           ;/     ∨  人    ゜  .イ V  ∧
             i      ∨ V≧-    イ/,{  ∨ ム      余計に酷い状態なの。
          /     「`.マ乂爻}    i爻、/∧ ∨ ム
         /> ー, -‐´メ::::::::::YノイYノ::::::::::∧    マ ム   ……この匣と繋がった分かった事だけど。
         /,i     \ :::そ:::::::::::::::::::::::::::::て  ̄ヽ  マ  ,\
        / }      ', ヽ ネ:::::::::::::::::::::::::::7 ; ∨   ヾ  ム
        / イ       }     ィー―――´ f {  ヽ  マ  ,ム
        / 八       l  .  |l|      i i      ヽ  マ   ム
       / ,∧  ヽ    .}    |l|       ヘ      l    マ  ハ}
       /   ム       ヽ  |l|        ∨´  |\  }'} ,} }
      /    .ム  ´   \|:  |l|         |    マ/\ } },/
     /     ∧      ',  |l|         |/    マ/,ム}
     /      ∧       ,_ |l|        ⊥=、     ヾ ム
.    イ        ∧        Yヽ-、――ヘ ̄     У    }   \
   // !        ∧     { ヽ_   Y      > ¨/     Vマ  .\






3734根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 03:48:32.94 ID:1tQlF4MD



                       ─-ミ
                   / 、_   ヽ
                    ー)  (● )
                      / /        i
                 /        /              俺は、これからどうすればいいんだ?
                  l  マ _) U
                    八       イ                もう……俺は怪異なんだろう?
                     アニ<// 〉、__ __
                ,./ /\  /_ < : : : > : :\
             _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
           /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
          ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
           { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
         / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
        、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
       / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
      / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
     { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
     ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{



     / /  /   ム -=ニ: :ー: : : : : : : : : :`: : .
    ,/ ,/  / /-‐二:_: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
    / /  //´/    ` ヽ、: : : :`:ヽ: : : : : : : : : .
   ,/  '  ///  //       ヽ.: : : : ヽ: : : : :_: : : .   _ =ニ=-  _
  /   , /// / l/  l   l   l  lヽ: : : ヽl:./  ヽ: : . /" ̄`ヽ、  ヽ
  l l  l / / l  l    l   l  l  l ヽ: :ヘ:v:l   l: : :.      `、  ヽ
  l l  l l l l l  lヘ   l   l  l  l  ヽ: :l:l:ハ   ' : : l       ',   、
` ヽ.、 l メ l、,l l l lヽ l l ,,_l  / /   l: l:l: l.:`7´:./: l   ,ィ `ヽ. l    li
     l ト、-、ヽl l  l l //ヽ/ /,'   l、li:メ: : : : /"/ヽ '"/  ゙,ヽl   /,
     l l=ミ、`   `''_ ''/////_ ィ/    l `ー‐''" ,, ,  /    l l  / ,
     `l 从ツ     ≧-,,,_`ヽ  /    l     ",/ ,/- ァ  , ' / '
      ヽ  ノ      "弋ニ_ラー /     l、`、ー      ∠,,  , ./  /
      l             /       l `ー`、  ヽメー'_.        イ
.       、  |ヽ        /      l 、 ヽ、_ヽZ` ̄      /   ……匣を満たしなさい。
       ヽ/⌒〉       , l       ハ、 ー ニ        /
       ' ´、   _   -   l l     ハヽ  `ー - ‐ "/      そうすれば、その身の呪いを匣に収められるわ。
          /´: : :ヽ、 ,,,、,,.. l l     ヽ \> 、   _ ‐"
         _ /: : ; /l:;:;:i:;:;:;:;:;:ハ 、     ヽ` ー‐ "            その後の生き方は……あなたが決めるの。
       メ‐ ''`ヽ''、':':':':':':;:;:;:;:;:ヘ ヽ    ヽ
      /; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ヽ: : : : : : : : /lヽ     ` 、
      /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ヽ: : : : : ハ.l   >






3744根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 03:54:58.95 ID:1tQlF4MD



              ‐――――‐‐ 、
         /           \
       /              \
.       /                 ヽ
      /                     i
      |  二二二二 三 二二二二    i
      | u. ― ― ― == ― ― ― ‐  |
      l   ___ ノ     ^ー―-   |
        l   /     ヾ≧=≦Y    ヽ   l
      !  | {:::::::} | }llllllll{ | {::::::} |   l
      l.  ヽ.   彡!!!!!!ゞミ、    /   '                待ってくれ!
        ',        |      u.  /
       ヽ    __ ` __     /                  お前、匣に繋がって残ってるんだろう!?
        ヽ  |!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i| u. ∧__
         \ ` ー―‐一 ´  / / 〉::`丶、             じゃあ、匣を満たしたらどうなるんだ……?!
         /\         /  / /::::::::::::::丶、
        /:::::l  ー――‐ ´  / /:::::::::::::::::::::::`丶 _
     -‐::::::::::::::l        /  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                 <:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ
              /:i:i:i:i:i:i,,ィ:´ ̄` ´ヽ- 、}
             γ ヽi:i:i:i:i/   イ  /イ    ヽ
               ゝ_ノ:i:i:i/ イ//_//  λハイ /ハ
            ;:i:i:i:i:i:i≧.,∠ /人 ヽ/ / }/_ _i//ハ
               i:i:i:i/ソ .| _iィ斥jミ ' /  }´i/ヽ}/
            i{:{ / |  ,i `込イ       仍7、}イ }
             レ / ,.i   i.         炒 '「/;
            ∨  V  ∧       '   ,{/∧
            ;/   /V  ∧         イ  ∧
           ;/     ∨  人   ー  イ V  ∧          ……次の持ち主に移るでしょうね。
             i      ∨ V≧-    イ/,{  ∨ ム
          /     「`.マ乂爻}    i爻、/∧ ∨ ム         その時はこなたと、それからあなたのように……
         /> ー, -‐´メ::::::::::YノイYノ::::::::::∧    マ ム
         /,i     \ :::そ:::::::::::::::::::::::::::::て  ̄ヽ  マ  ,\      次の呪い手に匣を満たさせるわ。
        / }      ', ヽ ネ:::::::::::::::::::::::::::7 ; ∨   ヾ  ム
        / イ       }     ィー―――´ f {  ヽ  マ  ,ム    いつかこの強大な呪いを、消してしまえるまで。
        / 八       l  .  |l|      i i      ヽ  マ   ム
       / ,∧  ヽ    .}    |l|       ヘ      l    マ  ハ}
       /   ム       ヽ  |l|        ∨´  |\  }'} ,} }
      /    .ム  ´   \|:  |l|         |    マ/\ } },/
     /     ∧      ',  |l|         |/    マ/,ム}
     /      ∧       ,_ |l|        ⊥=、     ヾ ム
.    イ        ∧        Yヽ-、――ヘ ̄     У    }   \






3747隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 03:56:23.38 ID:+Aq3CNOz
箱の呪いを消すまでショボーの戦いは終わらないわけか


3748隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 03:56:48.97 ID:enQKdMyp
それどれだけ時間がかかるんですかね…


3752根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 03:58:20.80 ID:1tQlF4MD



     / /  /   ム -=ニ: :ー: : : : : : : : : :`: : .
    ,/ ,/  / /-‐二:_: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
    / /  //´/    ` ヽ、: : : :`:ヽ: : : : : : : : : .
   ,/  '  ///  //       ヽ.: : : : ヽ: : : : :_: : : .   _ =ニ=-  _
  /   , /// / l/  l   l   l  lヽ: : : ヽl:./  ヽ: : . /" ̄`ヽ、  ヽ
  l l  l / / l  l    l   l  l  l ヽ: :ヘ:v:l   l: : :.      `、  ヽ
  l l  l l l l l  lヘ   l   l  l  l  ヽ: :l:l:ハ   ' : : l       ',   、
` ヽ.、 l メ l、,l l l lヽ l l ,,_l  / /   l: l:l: l.:`7´:./: l   ,ィ `ヽ. l    li
     l ト、-、ヽl l  l l //ヽ/ /,'   l、li:メ: : : : /"/ヽ '"/  ゙,ヽl   /,
     l l=ミ、`   `''_ ''/////_ ィ/    l `ー‐''" ,, ,  /    l l  / ,
     `l 从ツ     ≧-,,,_`ヽ  /    l     ",/ ,/- ァ  , ' / '
      ヽ  ノ      "弋ニ_ラー /     l、`、ー      ∠,,  , ./  /   することは分かるわね?
      l             /       l `ー`、  ヽメー'_.        イ
.       、  |ヽ        /      l 、 ヽ、_ヽZ` ̄      /     ……風邪を引くことはないと思うけど、注意しなさい。
       ヽ/⌒〉       , l       ハ、 ー ニ        /
       ' ´、   _   -   l l     ハヽ  `ー - ‐ "/        早いところ、新しい住処を見つけて。
          /´: : :ヽ、 ,,,、,,.. l l     ヽ \> 、   _ ‐"
         _ /: : ; /l:;:;:i:;:;:;:;:;:ハ 、     ヽ` ー‐ "              時間は限られてるわ。
       メ‐ ''`ヽ''、':':':':':':;:;:;:;:;:ヘ ヽ    ヽ
      /; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ヽ: : : : : : : : /lヽ     ` 、
      /; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ヽ: : : : : ハ.l   >



            |     ,
           |       ,,\
          |     |   `ヽ、...,,,_          l
.            |     l    |:::::::::::: ` ''ヽ、,,__ ノ ,.ノ
              |.     ',   ヽ:::::::::::: ノ  |
             |        \    ̄    ,.ノ
           |               ´
.            |                           |
            |       |                     |          待ってくれ、梨花!
               |       ij                     |
            |                        |              ……何? もう休んだ方がいいわよ >
              |                            |






3757根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 04:00:05.66 ID:1tQlF4MD







                     ……まだ、……また、会えるんだよな?





                 <:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ
              /:i:i:i:i:i:i,,ィ:´ ̄` ´ヽ- 、}
             γ ヽi:i:i:i:i/   イ  /イ    ヽ
               ゝ_ノ:i:i:i/ イ//_//  λハイ /ハ
            ;:i:i:i:i:i:i≧.,∠ /人 ヽ/ / }/_ _i//ハ
               i:i:i:i/ソ .| _iィ斥jミ ' /  }´i/ヽ}/
            i{:{ / |  ,i `込イ       仍7、}イ }
             レ / ,.i   i.         炒 '「/;
            ∨  V  ∧       '   ,{/∧
            ;/   /V  ∧     _   イ  ∧            ……
           ;/     ∨  人   ´   イ V  ∧
             i      ∨ V≧-    イ/,{  ∨ ム
          /     「`.マ乂爻}    i爻、/∧ ∨ ム
         /> ー, -‐´メ::::::::::YノイYノ::::::::::∧    マ ム
         /,i     \ :::そ:::::::::::::::::::::::::::::て  ̄ヽ  マ  ,\
        / }      ', ヽ ネ:::::::::::::::::::::::::::7 ; ∨   ヾ  ム
        / イ       }     ィー―――´ f {  ヽ  マ  ,ム
        / 八       l  .  |l|      i i      ヽ  マ   ム
       / ,∧  ヽ    .}    |l|       ヘ      l    マ  ハ}
       /   ム       ヽ  |l|        ∨´  |\  }'} ,} }
      /    .ム  ´   \|:  |l|         |    マ/\ } },/
     /     ∧      ',  |l|         |/    マ/,ム}



              く::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
                 /:::::γ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ん:::::::ゝ_ノ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ::::ヽ
             {::::::::::::::::/_/{   /    }   ヽ::!
          /::::::::=ミW___/从`メ{   〃  /   }
          :′::::{ ヘ {{  '斧ミメヽ∧ノ〈 ⌒/ i :/
         /ゞゞ 乂ハリ  込i0lノ   r芹チ从|′
        そてゞゞゞノ`ト  ""     弋iメ/:: :|
        ヌゞゞソ/ゞゞj\   、 '  "ノ: : : |        ……あなたの呪いが解けるまで、ね。
         ゞノ ;:;:;:;:;::} 丶    ´ イ : : : :|
         {,/ 彡////\  >‐<///\: : |
.        /  _彡丶///////////////: .}: : l、
           /⌒ヽ: :ヽ:///////////////} メ\
      / / /     ゞ: ゞ:///////////V: : :.、 、
     / 〃/         `ー――‐―〆 : }_  ニ=-
 ー=彡 / {     八:   {i{        } ノ \
    /  八 :      }:   {i{        / \ 丶
  /   /   ヽ__   .┤  {i{        {     \
./    /   ∧    {:  :_{i{  -――― 、ノ__      \
イ     /   / ∧    `Y´         {  ノ    _  ニ=-
/   /   /    ゝ    }             く         ∧
    ′  .′  :{    /           } 〔        ∧
           ゝ   .:´`ー-   ____彡ヘノ /         ∧
   {    {     ! /   イソ          ∧∨ /         ∧






3762根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 04:02:01.51 ID:1tQlF4MD



       |
        |!l
     | |!l |
     | l! !l |
    i!| l|!l |!i
    l!|  |  |!l
    l!| l! !l |!l
    li| li|il |il
    li| li|il |il
    !i| l|il |i!  フッ
     | |il |
        |il
       |




                  , -‐― ‐- 、
                      /        ヽ
                    _'           i
               < _ \          i
              <__ \ \        i
             <__ \ \ ヘ /⌒/  ./
           └--ミ ヽ、\ - \ |  ./
             /   丶  -       〉/
         ,.-/|     ( \      !
       / | \ヽ    \_ヽ     {        ふー……
     ̄<   !  `\   、ヘ     ..> 、
    _ \   !    > ー-- イ\  .∠/ヽヘ    きっついな、本当に……
    !  ̄ ̄ ヽ /{  )\ | ..\(⌒)   ノ \
           \ /⌒\ 〉   ヾ、 /     \
             \ い /    \/ \(
              \ /     / \






3765隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 04:03:38.96 ID:vvs3wttl
他人の心配してる余裕もあんまない筈なんだけどな


3766隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 04:04:28.53 ID:VnT39Vhm
さてホームレス……誰を頼りに行くかな


3770隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 04:06:01.34 ID:R1Q6mWXM
まず電気が通ってるところだな


3772根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 04:08:53.58 ID:1tQlF4MD



                / ̄ ̄\
                 -‐'  ヘ   \
                (ー)(ー )    |             ……頼れそうなのは……
                 |  |      |
               |__`___    |              入速出先輩、……は何だかんだで手伝ってくれそうだ。
                   |       .|
                l       /_.{              派即出って人がどうするか……
                アニニ<//〉、__ __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶      森近さん……は邪険にはしないだろう。
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|      ただ、デュフォーはどうするだろう。
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´       あとは、こなた先輩は……覚えてくれそうだけど。
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}        家までは頼れそうにはないかな。
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{



              ________
           /) / .)  \
           / ./::/ ./:::/ ) \
           l .l/ // ∠___ |              ……オリコを頼るか?
           l / / / _、,,.ノ |
          r      /___   |              どんな対応してくるか不気味だけどな。
          /     /    u.|
         /     ノ     /
       _∠⌒ヽ  j 'i, _、___ ィ/|\____           あとは……ハツネか?
     / ...::::;;;:::ヽV;;;;l フiiiiく  /.:;;:l;;;;;:::´´''' 、、、 _
   / ...:::::;;;;;;;;;;;;:: 〉;;;;;:l/ iiiii \/.:;;;::l;;;;;;;;;;;;;::::::::..... i::..\   今は呪いが表に出てるし、逆に気に入られるような気がするな。
 / ...:::::;;;;;;;;;;;;;;;;:: /;;;;;;;;:::ヽ llllll /..::;;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::: l;;;;;;:: l






3781根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 04:13:53.05 ID:1tQlF4MD



                    / ̄ ̄ \
           -`  ⌒  ヽ、_    ヽ
             ´   ●) (ー )   |
                 l /       |         (あのリカ……って奴が、こなたの言ってたベルンカステル、かな?)
               lヽ        |
                . ー- 、     |          (あの子はあの子で気にかかる、は気にかかるんだよな)
               |        ィハ、_
               ≧ュ─ー ´ /.......ヽ
            //Y:::ハ、 ̄/...:::::::::::...>、
            ,.<..::/:r〉:::li `y .::::::::/:::::::::::::::::..ヽ、
         /.::::::::/:::{,'::::|i  / .:::::::/::::::::::::::::::::::::::∧
          j ::::::::::> :.{::::::l / .:::<:::::::::::::/..::::::::::::::Λ
         i :::、:::〈 :::i::::::レ .:::::::/::::::::::i:::::::::::::::::::::::::}
           i :::Λ::::', ::i:::::/ .::/::::::::::::::V..::::::::::::::::::::イ',
           | :::::Λ:::::', :i::/ .::::::::::::::::::::::V..:::::::::::::::::::::ハ:i

━   ━ ┳━┳━┳━┳  ┳━┳━┳  ┳━┳━┳━┳━┳━  ━┳━┳━    ━  ━ ━

  できない夫 は ベルンカステル に 特に感情は抱いていないようです。 『気になる/NORMAL』 ▽

  ベルンカステル は できない夫 に 特に感情は抱いていないようです。 『玩具……のはず/NORMAL』 ▽

┻━┻━┻━┻━┻  ┻━┻━┻    ━┻━┻━    ┻━  ━┻    ━  ━┻━ ━ …‥






3783隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 04:14:11.18 ID:WH27+gQC
一長一短だな……
ここまできたら、関わりの薄いハツネを選んで、人となりを知るのものも面白そうだがw


3784隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 04:14:25.12 ID:VnT39Vhm
魔女様コミュはまた別にあるのか


3789根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 04:18:50.08 ID:1tQlF4MD



.        / ̄ ̄\
.      /      \  
      |     /  \ヽ 
      |    ( =) ( =)
      |        | |
      |      __´___i         (この体勢で寝るのキツイな)
      ヽ.       ノ
       ヽ     ノ
    /   \       \
     |     \, -‐- 、-‐- 、
     |\     \.  (" ̄ .入
    |  \    "  ̄ ̄ ̄  )
    |  / \,,_______人
     |      /\    \  \
    ヽ,____/;___\    \,,_ \,,__
              (______)___)












                      (……少なくとも一日はこれで我慢、か……)








3790根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 04:19:04.20 ID:1tQlF4MD


    ┌┐
    ||
┌─┼┼─────────────────────┐
│  ||          ┌―――――――――――――――┼―┐
└─┼┼─────┼───────────────┘  |
    ||          |                  ┌―――┐      |        |
    ||          └―――――――――┼―――┼―――┘        |
    ||                        |      |                |
    ||                        |    ┌┼――――――――┼―┐
    ||                        |    └┼――――――――┼―┘
    └┘                        |      |                |
                                |      |                |         続
                                |    ―┼――――――――┼―――――――――――
                                |      |                |
                                └―――┘                |




3808根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 04:23:29.43 ID:1tQlF4MD




◇==================================◇
 [人名]『自→相評価』【自←相評価】<好感度>


◎ [あきつ丸] 『掛け替えのない存在/NORMAL』 【】 <00>

◎ [光津真澄] 『生徒会長/NORMAL』 【】 <00>

◎ [森近霖之助] 『気に食わない奴/NEGATIVE』 【……そうか/NORMAL】 <00>

◎ [古手梨花] 『変わった子/NORMAL』 【できない夫/NORMAL】 <08>

◎ [デュフォー] 『苦労人だね/POSITIVE』 【……/NEGATIVE】 <00>

◎ [入速出凛] 『頭の上がらない先輩/NORMAL』 【何で……/NORMAL】 <03>

◎ [日高良司] 『モヒカンな義兄/POSITIVE』 【】 <00>

◎ [日高燕花] 『デキる義姉/POSITIVE』 【】 <00>

◎ [ルドガー] 『同族/POSITIVE』 【】 <00>

◎ [読子] 『厄介なの拾ったかも/NEGATIVE』 【】 <00>

◎ [オリコ] 『災害/NEGATIVE』 【愛しの愚か者/POSITIVE】 <04>

◎ [秦こころ] 『優しい子/NORMAL』 【】 <00>

◎ [泉こなた] 『先輩/NORMAL』 【恩人/POSITIVE】 <08>

◎ [鵺野鳴介] 『顧問/NORMAL』 【】 <00>

◎ [ハツネ] 『苦手なヒト/NEGATIVE』 【にんげん/NORMAL】 <01>

◎ [ベルンカステル] 『気になる/NORMAL』 【玩具……のはず/NORMAL】 <02>

◇==================================◇


 @…強力な感情。





3794隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 04:19:43.37 ID:CUGlbptZ
わびしい・・・w
展開はむしろ面白いんだが、ここだけはなんかすごく申し訳ない気持ちになる


3807根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 04:22:25.36 ID:1tQlF4MD



┌─────────────┐
│    ※ 時間指定 ※     .│
└─────────────┘

 ※ 以下から頼る場所を選択 (決定ではありません、また、確定しない場合は1TPを消費します)
                    (尚、即時そこが拠点になるとは限りません)


 1.入速出先輩を頼る。

 2.森近霖之助を頼る。

 3.こなたを頼る。

 4.オリコを頼る。

 5.ハツネを頼る。


 ※ 次回






3818根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 04:31:30.77 ID:1tQlF4MD



        l\   _ -.,
   /゚  .|  \|  ノ__
   ゚ヽ  ゝ----<__ノ,.-‐ 。
      )'     `ヽ              l\   _ -.,
  。__,′ ●  ●  ─- 。ンフンフ    /゚  .|  \|  ノ__
    {         j、          ゚ヽ  ゝ----<__ノ,.-‐ 。
      ゝ、      _,ノ ヽ。          )'     `ヽ
   ゚´    厂 ̄ }           。__,′ ●  ●  ─- 。ンフンフ
       ゚   ゚              {         j、
                         ゝ、      _,ノ ヽ。
                        ゚´    厂 ̄ }
                            ゚   ゚
  __________∧___________________
/                                            \
  それでは次回。
  かなり変わった展開になってしまいましたが……こう落ち着きました。
  人ルート、怪異ルート、大怪異ルート。
  これがいいというものはありません。
  そして結末はこれからの流れで決まっていくものです。
  今回の手は良手とは言えません。
  そして悪手とも言えません。
  選び取った道筋は変える事はできませんが、物語には先があるでしょう。

  なので後悔せず、欲望のままに先に進みません。
  ただし、安価以外で欲望解放してぶつかって誇示したり荒くなったりしないようご注意を。

  それでは、遅くまでありがとうございました。
  次回またお会いしましょう。
\______________________________/






3867根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/12/01(月) 18:06:08.55 ID:1tQlF4MD

 ※ (ちなみにどれもそれぞれルートはあります、欲望優先どぞ。……まぁどれも一発成功とは限らないですけども。



関連記事

category 【完】できない夫は108の物語を満たすようです【死に戻り】
根の人◆aeGKBk1TiE
comment

25

edit
edit

Comments

comment
タタリは自分の大切なものを壊すってブリーチの虚かね
comment
上手く言えないけど、最初に明示したゴールを変えるのはあまりやらない方が良いと思う
comment
「物語を紡いで匣の呪いを解く」っていうゴールは変わってないけどな
今回もプロットとシステムがぶっ飛んでるんだろうな
comment
それがゴールであるといつから錯覚していた・・・?
comment
プロットさんはゲーム内時間で一ヶ月毎に死亡しているよw
comment
根の人のプロットが壊れるのはデフォだしな・・・
後、前作品の時に次の作品の厄ネタがさらに増す的なこと願ってたこともあったしそれも影響してんだろうな
comment
ぶっちゃけ早すぎるって魔女さんが言ってたけど、メタ的な視点でも早すぎたんだろうなって感じ
根の人はもうちょい遊んでからこっちに入りたかっただろうに
comment
安定の2週目ルートである(開始後1ヶ月)
これがあるから根の人は面白い
comment
いやまあ、もっとぶっちゃけた話するなら
そもそもこういう展開用意してるって時点で割と想定の範囲内だと思う

踏み抜かせたくなければ踏み抜く選択肢用意しなけりゃ良いだけだし
そもそも、この展開の根本的な原因である筺への突入はオートだったし

散々欲望優先って言ってるし、一番楽しんでるのは根の人じゃ無いかな
comment
そら速すぎるよww
最速でも9か月(4月から年末まで)予定の物語なのに現時点でまだ5月だぞ
こんな中盤以降予定っぽいイベントやる時期じゃねえもんww
comment
根の人も雑談所で早過ぎるとは言ってたな。
プロット壊れまくりだからしゃーないww

まとめで見るとすっきりしてるけどこの時はスレが多少殺伐としてたんだよなぁ。
それだけでかいイベントだったよ。
comment
相変わらず根の人のスレの住人は1周目ノーマルENDを目指す気はないようだw
まあそれが面白いんだがw
comment
ノーマルENDが平穏無事に終わることだと、いつから錯覚していた
comment
コンシューマー機全年齢版発売時に追加される新ルートを
何故かPC版で開けちゃった感ある
comment
好感度全リセットで怪異化とか色々凄いことになったな
comment
想定の範囲内だとか推測で物をいうのはいいけど
地雷をあえて踏みに行くスタイルはそろそろ改めたいよねえ・・・
comment
本当にどうしてこうなった
いや地雷を踏みにいったからだけどさー・・・w
ちょーっと皆駆け足すぎじゃね
comment
今回のはいつか踏まなきゃいけない地雷だったからね
だから良手とも悪手ともいえないんだろ
comment
死に戻りっつってんだから、地雷踏んだらちゃんと死に戻れよ
戻らないで新展開にして面白そうだっていう理由だけで地雷を軽々踏むルーニールザーが増えすぎている
総じて、甘すぎる
comment
熱くなるなよ?たかがゲームだ。
もとい、ルーニーはともかく怪異化の方向性をルーザーだと思う時点でオマエの見解が狭い。
1週間後まで動けない気絶化のデメリットがデータ的に開示してたのに突っ込むのが居た
やら3のあの状況とかとはまた違うぞコレ。
comment
死んでないのに死に戻れとはこれ如何に
そもそもこの話の死に戻りは時間遡行を伴わずその場で生き返るだけだから、この展開で発動しても特に意味ないぞ
comment
死に戻るどころか怪異に生まれ変わってるんだけどなwww
comment
安易に死に戻るより新展開考える方がどう考えても甘くないと思うんですがそれは
comment
死にもどれって言うけど今回の怪異化は死んでるわけじゃないしなぁ
comment
ゆるゆるやっていくには傾向や性格やらが正直合わんし、面倒くささでヘイトを稼ぐだけになったかもしれん
地雷踏み抜いていくのもできない夫らしいとは思ったわ


  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: