このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


やらない夫は3分間を戦い抜くようです【死に戻り】 165


8290根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/09/30(火) 23:06:32.35 ID:Dt+t7IWJ




              l\  _ -.,
     /7       |  \|  ノ____
    /./        ゝ---<____ノ
    | |     _/ ̄ ̄  4、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  __________∧___________________
/                                            \
  情報回になるのは必至……
  どなたかいますかね?
\______________________________/







8304根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/09/30(火) 23:22:30.28 ID:Dt+t7IWJ



   ┌─────────────────────────────────────┐
   └─────────────────────────────────────┘
   ┌───────────────┐
   └───────────────┘
   ┌───┐
   └───┘


            r-、
          . / / l~Y、 ,r ――‐-、        ____
          / k / ソ,=、ー      ',    , '"´     `ヽ
     r―==イ  ´l/_Y゙l l l      |   / ==z、 \   ゙
    /: : : :`ヽ、 ノ    l、j l l      .√ `ヽ              i
  /: : : : : : : : :.〉____ノヽイ-'     ,ノ、__,ノ           │
./: : : : : : : : : /        ` ー―テ´⌒              |
: : : : : : : : : /             Y´                   ,'
: : : : : : : /                  |                  /
: : : : : /                ヘ、              /       んー、うめぇ。
: : : : 〈                    i             /
: : : : : >‐-..、                 l          ,.イ´
\: : : : : : : : :  ̄\            ,ハ       _,.-‐テ:i′
  \: : : : : : : :.:\: : ̄\_,..-―‐/| .i、__,>'" /: :八___
   \: : : : : : : :.:\: : : : /: : : /:;イ/iiiiヽ   /、: :./: : : : : : : `ヽ
     \: : : : : : : : :\/: : :く / ゙}iiiiiiiiiii}./: : : ∨: : : : : : :./: : :.ヽ
      \: : : : : : : : : : : : :/: : :,'iiiiiiiiiiリ: : : : : : :.〉 : : : : : /: : : : : :',
         `丶、: : : : : : :/: : : :./iiiiiiiii/: : : : : :/: : : : : : .': : : : : : : :',



                             ______
                    _ ,. -―- 、., _,,__ ヽ  ヽ、
                 ,. '´           ̄ ヽ  ヽ
               ,. '´                !.  ',
            ノ ̄iヽ、       !        ,'    !}
           イ   | / ̄ ̄/\ |\     /     /〈
          , ' \ , -ー―‐'、   ヽ `‐-‐‐''      ./ヽヘ
         /  /:::::::::::::::::::::::`ー―ノヽ        /へ  >
         ヽ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(___"‐‐---‐ 1 -‐ -、ヽ
         ∠::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶:::::::l:::::::::::::ヽヽj\
          /:::::::::::::::::/::::rr=、/i:::::::::::ハ:::::::::/|::::::!-く:::::::::::::ィ--ヽ >
          ヽ、::::::::::/|::::i iノ ! | /ァ=―r-r/:::::::::::::::,'::::::::::i_ r‐ '´
            /\レ' ト:::| '、ノ i./  iノ  | ノ:::::::::::::::::/:::::::::::i
           /::::::::::::ヽ:|、'''     弋_ノ ::::::::::::::::::/:::::::::::::i
           /:::::::::::::::::',| ヽ   、  ''∠イ___ /:::::::::::::::::i        それはどうも。
          /::::::::::::::::::::::::::::> _ <:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::i
          /:::::> - '  ̄  fニi  /::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::i        飲み終わったら最後の一つも見ない?
         /::z' .ァ'" ̄  // jl /::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::i
         {< r /     く / :ll/:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::i
        ,<、_  .{       ヾ、 /::::::::::::::::::::::::::::/ \::::::::::::i                 ……ああ、そうだな >や
       '、  -=',        `' |:::::::::::::::::::::::::::/   `、::::::::i
   r--、   ヽ‐-、 \        |\::::::::::::::::::/     ヽ:::i
   l;;;;;ヽ、ヽ. /    ',` ー- \  ハ<´lニl``> '        `、:i






8306根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/09/30(火) 23:24:09.52 ID:Dt+t7IWJ



                 / ̄ ̄\
                /   _,ノ `ヽ
                |    ( ●)(●)
               |    (___人__)
                   |        ノ            ……
                |        |
                人         |
              _,,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノゝ
           _, -'":::l:::::::\,、ー―‐ヽノ:::::'
          /:::::::::::::::|::::::::::ヽ、     ヽ:::',.、_
          { :::::::::::.:::::|::.:::/:::`、    .{ヽ|:....`ヽ
          | :::::::::::.:::::|/:.::::::::::`、    .i.::リ:::::::::ヽ
             | ::::::::::::::::::::::::::::i_.::::::|     i::::::::::ヽ::ゝ
           ト、:::/ / ̄`` ハ.:::::::|     i::::::::::::!::::.ヽ
             `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ.:::::::|     i::::::::::::|:_,rー'、
           }:,∨ :::::::::::::::::: ト、.::::|     i:.>< ̄\.\
            .}:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム::ヽ
             l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::ヽ}
            {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::ノ



       ____      _,.. <''ー―――‐-zz_
        `ヽ、. ヽ  _, ィ<            __` ヽ.<¨¨¨¨¨,>‐ヘ
    | ̄¨=z.__ヽ, ィ<´           ri.   `ヾヽ  `ヽ<´ __」
    |     r'´                ハ    ノ ヽ    ヾ´  .|
      ̄ ̄ ̄ヘ   _    _ _   l rニ_― '   ノ     ト 、 |
        _У ̄  `z<__   ヽ  У  .\_/ .\r‐―'ーzヽl
         l .ヽ`ヽ   |.    ヽ   l ´   /. ヽ    .>,   /く \
          V、 ヽ. ヽ  l.   ,イ´ヽ    ./i ヽ  l  ./ 、 l // ∧  /
.         'ー=z_,.イ`ヽ i ./ーl: : :.iヽ、_ /ハ: :i!;| \__/ヽi! :`Yー'' j. `´
           ヽ、|、: .:i!フi.!  、l: : :.:i! l: : :.ト1 l-|ヽ,: : ヽハ .l: : :.l   /
       r、.,_   .l: : l、!il_iz、,_  l: : :.ハ l: :_」 .レi | .lハ : : ヽソi: : :.ト、/l
. .   ,.r_三ニー >z'./: : .l. V;心zァ ̄` . 二---- |ァl lハ_/ lフ: : :.l: : :.l
  ./___    ̄ ―‐   `>'.ゞ==''       .弋三リ|' i!l: : : : :.|: : : :.:l: : :l          ……やらない夫?
/                    ` ヽ、.  ,  _,...≧三'‐'ー==¨¨¨¨¨¨ニ三_
                     `ヽ./ ____            ヽ_
                     | /        ` ー   ___ \           ……分かってるだろ。 >や
=========zzzニ__-z .   ヽ ↓'           <ニ         ̄i!
三三三三三三三三三`i≧z、ー===='三lニニニニ≧Zzrz.、二_  -    i!
.、 三三三三三三三三三三 ハ .三三三三 l三三三三三三三三三≧Zz.、二_ i!
. \ニ;三三三三 ,.-,.三__ ;三;ハl三三三三i|三三三三三三三三三三三三三>






8307根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/09/30(火) 23:25:29.45 ID:Dt+t7IWJ



                /  ̄ ̄ ヽ
                   /         ヽ
               |         |
           ,ヘ_   j     u.  /
         __,/   ` <  i     /
       /---‐――--.、ゝ\    ./       (ようせいさん……トトカンタの一件から姿が見えない)
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´_ ノ
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.´.:`ヽ           (なんかちょっと居ない時に見るのは気が引けるんだよな……)
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:_ __ヽ-、
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:_十''''''''"".:.:.:.:.:.:.:.:.:\



               _____
             /  ̄  ̄\
           /        \
           |     _,.ノ '(ゞ、_|
           .|    ( ー)ヽ ヽ
           ノ| U   (___人_\\__
       ____-‐./l l|、    `⌒(⌒_   \
    ,,-=ニ_::::::、::l ::::!ノヽ      し「、    \           ……
   / ::::::::::: ヽ::::::)::::::| `ヽ. ___´ノ ヽ ヽ、   i
  i :::::::::::::::::: ヽく::::::::ヽー____l:::::〉::::)_______l_
  l :::::::::::::::::::::: ヽ:::y:::::ヽー―---!:: /::::| ::::::::::::::: |
   ! :::::::::::::::::::::::: l::::\::::ヽ    l::: l::::: | ::::::::::::::: |
   ヽ :::::::::::::::::::::::: ヽ:::\::l    l!::: l:::: | ::::::::::::::: |











                    カチッ







8308隔壁内の名無しさん2014/09/30(火) 23:26:07.95 ID:9JL/mbyK
まぁ居るときに見るのもそれはそれで気まずい感はあるから多少はね?


8309隔壁内の名無しさん2014/09/30(火) 23:28:11.66 ID:JrG1xznV
メインヒロインの正体や如何に


8312隔壁内の名無しさん2014/09/30(火) 23:31:58.17 ID:ZAeUpWnv
フェアリーデバイス、妖精石のことについても説明あるのかな


8313根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/09/30(火) 23:32:02.14 ID:Dt+t7IWJ




            ____ .--、
          ,-´‐、  ~   \:.:..
         ‐:.:.:.:.:.:.:.:ヽ      ヽ:.:.:.:..
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\     l:.:.:.:.:.:.
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:', |、_, ノ\:.、:.:..
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',   |:.:| \ゝ            fairy
.   ,':.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',   |:.:',   ',
.  ,':.:.:.:.:'.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r^〈、:.__ゝ  ヽ          分割された願望器――サーバから生じた不完全上位存在。
  i:.:.:.:.:.:.:.':,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:|  \    /
  |:.:.:.:.:.:.:.:.:':.,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|人__ゝ__ノ            別々の属性にも関わらず、同じ顔、同じ衣装を身に纏う。
  |:.:.:.:.:.:.:./ \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|___,-く
.  ',:.:.:.:/    ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:/.:.:.:.:\              9つのサーバより、9つのフェアリーデバイスが生じた。
    ',:./      \:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
   rノ ̄ヽ     7ー‐´、.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.',ヘ            それぞれ別個の意志を持つが、思考は合理的でシステマチック。
   ヽ_ノ     /:.:.〈__ノ:.:.:.:.:.\_ハ__:.ヽ`l
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:|:ヽ<          例外はイノミナンダムとヨグ・ソトース。
.          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:,'.:.:.:iヘ
         /__ヽ::.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:ヽ」         前者は非常に人間的な感情を持ち、後者は機械的で冷酷。
.         |:.:.:.:ヽ、:.:.:.`ー‐´:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:/
.         |:.:.:.:.:.:.:`ー――――´:.:.:.:.:.:.:ノ          [ナイアル]の上位存在――よりは能力的に劣る。
          ̄`ー――、____ - ´



 。  ゜ o °   。

γ⌒ヽ
.:'、  ノ         γ⌒ヽ       それぞれが分割されているために――より劣るのは仕方ない。
     ◯        '、  ノ
  γ ⌒ヽ         .          ただしイノミナンダムのみ、その内包するエネルギーから“新たなる人格”を作る事が可能とされる。
  i    i
  ヽ ___,ノ     γ⌒ヽ ◯       つまり状態によっては上位存在を生み出すことができる。
            '、  ノ
                         あくまで可能性の話ではあるが。
         ゜ o °
   γ⌒ヽ                  しかしこれらに好き勝手させるわけにもいかない。
    '、  ノ
          ◯              彼らにはシナリオの為に動いてもらう事とする。






8314隔壁内の名無しさん2014/09/30(火) 23:35:00.33 ID:WIVYInid
つまりムスカと会っていた妖精はヨグソトの妖精だったのか?
それとも、ようせいさんの前人格だったのだろうか・・・?


8315隔壁内の名無しさん2014/09/30(火) 23:35:15.35 ID:ZAeUpWnv
先生は上位存在だったのか・・・

てっきり過去に実在した英雄の英霊だと思ってたわ


8316根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/09/30(火) 23:36:31.80 ID:Dt+t7IWJ



                                            │
                                            │
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┥
                                │
                                │
                                ├───────────────────┰──────
                                │                                ┃
                                │                                ┃
                                │                                ┃
                                │                                ┃
                                │                                ┃
───────────┬──────────┤                                ┃
                │                    │                                ┃
                │                    │                                ┠──────
                │                    │                                ┃
                │                    │                                ┃
      ━━━━━━━━┥                    │                                ┃
                │                    │                                ┃
                │                    │                                ┃
                ├──────────┼───────────────────┸──────
                │                    │
                      │                    │


    5サーバ を 象徴する彼らには世界の礎となるべく妖精石へと還ってもらう。

    ショゴス、ツァトグア両名にはサーバエネルギー充填のため、サーバと同化。

    イノミナンダム、ヨグ・ソトース両名には世界構築のためそれぞれの対象者の監視を指示。

    あくまでも彼らには中立者たる位置を確立してもらう。






8318隔壁内の名無しさん2014/09/30(火) 23:36:52.17 ID:J2XCv+RQ
先生はようせいさんが生み出した上位存在…?


8319隔壁内の名無しさん2014/09/30(火) 23:40:14.76 ID:WIVYInid
つまりようせいさんは先生のお母さんだったのか!(困惑)


8320根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/09/30(火) 23:40:35.37 ID:Dt+t7IWJ



    /    ,,-‐′       ___..-------....__       `''-、    ゙ 、
  _/    ../      _,,--‐""´          `゙゙''ー-..__     ゙' 、    ゙\
 r'´   /´     _..‐'"                    `゙'‐..、    `' 、    ヽ、
/   _/     ../            __            ゙ー 、   \、   ゝ
  _/     /        __..-ー'''' ̄ ̄ ̄"゙゙'''‐--.._        `\    ゙ 、   ゙ 、
 ,r′    /       _..-''"              `゙'-、        ゙ 、    ゝ
丿     /      _/                   `' 、       ` 、   丶
′    /′     _/                      \、      丶   ヽ
    /′     /′         __......-....,,__          ヘ       ヽ   ヽ
    /      ./         _..‐'"     `゙゙‐ 、         ヽ      ヽ   1
   ,'      ./        /           ヾ、       ヘ       '、   ヽ
   │     l′       /              ゙、       1      1      コードと化した世界の再生に彼らは不可欠だ。
   ||      1        |      ..‐''ー 、     ゝ       │      ||
   1      l        {      〔   〕     ||       l|      ||      しかし彼らの生み出す妖精石には問題もある。
   |!      1        '、     `ー-‐′     l       │      {
   │     '、       ヘ             /′      ,'       ,'      “便利すぎる”のだ。
   '、     '、        ゙ゝ、         _/        ,'       /
    '、     ヽ         `ー..,,_  ___,,..-''′        ノ′      l    丿  副作用も多いが、文明発展へ寄与する部分が多い。
    丶      ヽ、            ̄ ̄´           ノ       丿    l
     ヘ       \                       /       丿    /
、     \       ゙' 、_                   _..‐′      ,/    /
丶      ゙ゝ        `'‐..__              _..-''´        /    丿
  ゝ     \、        `゙'ー-...._______..--‐"         _/    /   、
   \      ゙' 、_             ̄             _../    ,/   /
\  `' 、      ゙゙‐.._                      _..-'′    /   /
 ヽ、  ゙゙ 、       ゙'''-..,,__              __..-‐'"      _/   _/
   ゙\   `'‐、_        "'''‐ー----........-..--一‐""       ,..‐'´   /
    `' 、_   ゙''-、_                        _..-''"    ,,/
      `ヽ、    ``ー-..__                _,,..-‐'"    _..‐"



  \       /i:i:ii:i:i:i:i:i:i:/                     __ _   ` r‐―-、
    \       /i:i:ii:i:i:i:i:i/                  l´   |i:i:,.    |l   | /\
      \   /i:i:ii:i:i:i:/                       | _|i:i:i| r,  |l  /    \
<.      \/i:i:ii:i:i/                       \  \i|> _`/       \
  ` <    |i:ii:/                         ヽ ̄ ̄   /           \
      ` <|/                              l, |il  /                 \
        _                            / |il /                /
___ //_/                         /..__/                 /
    マム  ______                       r' ´   /                   / l]   /
    マム  l       li:i:|                /       /               /   /
     マム l     li:i:l ___            /     /                    /、  /    いずれ文明は崩壊する。
      マム     li:i:l |    `l          /     /               / | /
______マム.     li:i:| l      |            l:     /               /ヽ/   > ´  第二人類もコード化によって消滅する。
       |      li:il  |,‐-'∨vl         \   /               / /´> ´
/\    |      |i:l  |i:i:i:i:i:i:i:|           \./> 、           / /_/         それでは意味がない。
    \   |     li:l  li:i:i:i:i:i:i:l              /i:i:i:i:i:i> 、         /  ∨
     \ l     |:|   ` ̄ ̄´ /7l             `7¨ヽi:i:i:i:i:\.     /     ∨         その防止のためにリセット装置が必要だ。
      , へ     |:|          |i:|/                \i:i:i:i:i\ / r ´ ̄l\/∨
    ィi:i:i:/      l:|                           :|\i:i:/   |    li:i∧ノ ∨
  ィi:i:i:/ |      ||                          /‐- 、   ,ィ|   |i:i:i∧  ∨






8321根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/09/30(火) 23:45:23.25 ID:Dt+t7IWJ


        ...:::::::::::::::::::::::...
      ..:::::       :::::..
     .::::::         ::::::.
    ::::::             ::::::      そこで重要になってくるのは願望器の願望顕現機構、アナグラムだ。
    ::::::             ::::::
     ::::::       ....:::::::::::::::::::...    封印されたコードと連動する機構だが、ようせいさんの存在がそれを活性化させる。
      ::::::      .:::         :::..
         :::::.........::::           ::::.   その封印解除を先の先の時代まで先送りする。
          :::::           :::::
             :::::          :::::   そう、文明がある程度完成するその時まで。
             ::::           ::::
                ::::..................::::



  :  _       . : :                匕_ノ:::.. : : : .
  :  } ⌒ヽ_::......... : :        ...    .  : : .          : .
  :   ゝ..、  ノ::::             . :               r~ 、:.
  :      ̄             . : : : : : : : :.           {_ノ:::::.
  :                  . : : : : : :    : . . .             :
  : .                . : : : : : : : :      . . : . .           :.
    : : .        . : : : : : : : :      . . :    : . . .       :
 ヱ ̄ ヽ:.  :      . :            厂 ̄{:::..            . :
 ー-ァ-_'::::.. :                    ー- '::..           . ::.     文明を確実にその時に向けて成長させる必要がある。
   {   }:::.                   __           . :
   ゝ- '             厂 ̄ハ::.   {  ヾ:::...     ... :          そのためには時代の寵児と呼ばれる存在が不可欠。
                   マ__ン::::.  `¨¨¨゙    . :            . :
            r―イ:.                 . :            . : : :
            ゝ~'::::........ :: ...         . :           . : :   ならば、“彼らに作ってもらおう”。
              . :       : : : . . . . :      . . . . . : :
            . :            r~- 、::.  . . : : : : : : f  ̄ヽ:::..      来たるべき選択の時に向けて。
           厂¨ヽ::....        r=-ヘ    }::::.. : : : : : : ゝ..__「:::
           L___ノ::         ー--^¨¨゚´    : : : : : : : . . . : :
       _ . . . .        . . . : : : : :            . . . : : : :
      〈   ーヵ: : : .     : : :               . : : : : : : :






8322隔壁内の名無しさん2014/09/30(火) 23:47:37.02 ID:9JL/mbyK
なるほど、つまりあらゆる時代で妖精が根回しをしまくった結果今の文明があるって事か


8323隔壁内の名無しさん2014/09/30(火) 23:48:16.46 ID:VlxVl/L3
なーるほど、そういうことだったのね


8324隔壁内の名無しさん2014/09/30(火) 23:49:17.56 ID:WIVYInid
本当に何から何までほとんど計算済みだったのか・・・


8325隔壁内の名無しさん2014/09/30(火) 23:50:54.02 ID:ZAeUpWnv
ここまで計算してその通りに情勢を運んだのはすげえわ
やっぱダルは天才だった


8326根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/09/30(火) 23:51:42.38 ID:Dt+t7IWJ



・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



              / ̄ ̄ \
           _,ノ ヽ、,__   \
           (●)(● )    |
             (_人___)   U  |
              '、       │    時代の寵児、って……
       <二ニヽ        |
       ./-‐   `i 、 ___,. イ
     {/´、     ',┐    \
      しrヽ    V      ヽ
        ヽ、_   ヽ   ィ  }
           \  \ ノ  i



         /:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽヾl  / /
        レ': : : : : : : : : : : : : __.: : : : : : : : : : : : l i!|/ /
        /: : : : : : : : : : : : : <   ヽ.: : : : : : : : : :.:.:.∨ _/_
      __ /:.:.:.:: : : : : : : _.: : : : : ヽ  l.: : : : : : : : : : : : ヾ´  .l
     l´: : >、____ノ: :_ノ´  ヽ,._ ノ  人.: : : : : : : : : : : : /  ヽ
    l: : /l__ _,r-イ|´   l   <_ _/ `l: :l.:.:.:. : : : : : : l    .l
     〉:/ l i |ヘ .| l    l  l .i 」 l   l: :`¨: :,二ニ、: :l_ _./
    l: :l l .l!| l l .l   」-十_|___|__|   `ー‐' .i ノヾ、  `ヽ、
    レト、|.  i!| l.l l  二j r ァ―::ァ |    |    ヾ、.:.:.:.ヽ、   `ヽ
.     i ト'´ i!〉', i!   ̄  __弋z::シ  i!   .| l     l`フ: :〉、   /
      |__ i! ',          /_|_.  | l .l   l ,イ: :/ ヽ   /
         `l  ',. l         7   ̄ ,l  il  トヘレ'  ヽ ./
          l.   l. '        /    /i| .i! ├∨     ∨
 .i、._ノ|.   ,'   丶.  __     /     /ノi| .i!  |         ……歴史的に見ても時代を変えた“天才”は多い。
  |lllllll|.  ,'     丶、´   _ノ   .ノノ/i,|  i.i  |
. .|llllllll|  ,'      / `>'    ////ノi|  i i  |         それらの偉業と能力を見る限り――
.  |llllllll| .,'      / ,/     / _ _|   l  |
. . |lllllll|/      /    ///´: :`´: `|  i  i|
.   |llll,/      /     / /:.: : : : : : : : | l  i |         被曝者である、と捉えることもできるわね。
  .|l,/    /     // ,∧ : : ,.-、:.:.: : : | l  l l
  j|'    /    / ,/ . ,l: : ヽソ,.-、ヽ,.-、 | l   .l l
  /   /   ,. /  / /レ'个、/: : :l: : __ `i| l  i l l






8327根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/09/30(火) 23:54:23.74 ID:Dt+t7IWJ



              _/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
          ___// .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ̄
        ノ^7/.:./  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:⌒`'xく⌒ア
     └<r'.:/′..:.:/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\く:.:.:..∨         そしてこの存在は厄介者だ。
         ∨, ...:/     ________   ヽ:.:.:.〉
            |: /     /. . . . . . \  l\ |/           生まれはあの飛来物と同じであり、未知であり、危険。
         」/    /\. . . . . .「 ̄ー- |: /l止=-ァ┬‐-ミ
         /. }_/| / \/\|   ο |/^{,ノ /.:. |   {     存在自体が世界を書き換えてしまう。
        ∠....く   V/ |  ο  _,. -――┐ {__/. /   ,:┐
     / ̄ ̄ \ \|  ,.  ´        │ 厂 /     イr┘    サーバによる世界維持すらすり抜けて異質な存在、アナグラムを作り出す。
   〈 ̄ ̄\    ≧=ヘ. {          ,ノイ⌒'ー==≦
     \_,ノ\   /⌒゙  ー-----‐=≦三..,,_             もしもサーバに影響を与えるならば、破棄しなければならない。
        └冖ノ⌒′      ---‐=ニ二三三..,,___
                ------‐==ニ二三三三三:.,,__
             -------------‐‐===ニ二三三三三三三:..,,,__



            j、
         j ヽ,
         /  И、
        ノ   ヾt、  _,,
   \   jf″      `^'´/
    }!`ー''’       (
    ㍉  .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..  ζ
      k  :;γ´ ̄ ヽ;;: 〔
     _) :;;;y<太>y;;: 〈
      〕 :;;;;トェェェイ;;:  廴,           ――そうしなければ、世界は終わりを迎える。
    __,ノ  :;;;`ー‐';;;:    ,≧
     廴  ゙''''''''"   _,f'~
      r”  _,、_   Γ
     ノr'⌒^  .И┌'
    /        冫〉
             ){
              ヘ!






8329隔壁内の名無しさん2014/09/30(火) 23:56:00.38 ID:9JL/mbyK
本当に「あの飛来物」ってなんなんやろな


8333根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/09/30(火) 23:58:20.59 ID:Dt+t7IWJ



・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)     さっきから出てくる飛来物ってなんだ?
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



          /        >'´ /  .i!
        /     ,.-    ,,r=ソ`ヽ、i!
.       _ ./  ,.-ァ イ ,_r'=シ:::::::ヽ :::: ヽ、
      / フ  / (_ノ.i:::::::::::l :::::::::ヽ :: ヾヽ
     /  l   ゝ、_.._ノi:::::::::i |:::::::::i>i:::::::,>
     ヽ_i!ソ .iイ:::::::::::l: :l :::::::|iヽ :: 」 , イ
    </ /レ,イ::l ::::::::: l>|__l __  ̄r''} |
    /  /.(./|: :l_二イ ニ,rxiト''  ヾj l
.  ,<`ー=' ./.7::::::::::::::::::代z ソ    , /、
  ヽ、ヽ/`ヽソ.ノ ::::::::::: l:::::::'`ヽ、   ,/ :: ir 、
   ソ´./ソ' ::::::::::::::: l ::::::::::::: `<´:::::::<`i),コー'/__      ……分からないわ。
    /,'//::::::::::::::::::::ヽ, ::::::::::::::: `i>ヘーレi ::::::::::::: `ヽ、
   _.i!=' ァ':::::::::::::::::::::::: ヽー=' ̄ ̄>ー=>ーl`ヽ:::::::::、一  少なくとも資料に詳細な部分は乗っていない。
  / .i! ./:::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ      r ,.> ̄¨゙´ /、:::::::::::l
.    l .l ::: l :::::::::::::::::::::::::::::i!ヽ      (  ヽ (∨ `ヽノ    とにかく、今は続きを読みましょう。
     i.l : :i.l .l :::::::::::::::::::::::: l ',',.  |,.二__,ヘ |r'一
  _r'、,.i :∧'; l :::::::::::::::::::::::: l、i! i=))   `<
  ,i i . ∨ ヽヽ:::::::l ::::::::::::: / __i_ヽ `ヽ、 l_______
  |ヾー,__l  .|ヽミ、: l!.::::::::::::,'|l::l|:;o:;;:;|    `ヾ、,:;:;:;:;:;:;:;:;o |
  ヾ_ ヾヨメ._.|::|ニl`ヽi、:::::::/:|l::l|;:;:;:;:;:;ヽ     l :;:;:;:;:;:;:;:;:;|
.  ,/´`ヾ=i=|l/ ∨.| ::: /'´|l::l|;:;:;:;:;:; |ヽ    ヽ, ;:;:;:;:;:;:; |
.  l />、 i | .|  /|,r'| :/ . ,r|l::l|;:;:;:;:;:; | ヽ .r'ヽ_r'ヽ,__ :;:;:;:;|






8367根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 05:54:42.09 ID:lFpbwxH2




                    r‐‐-、
               |    丶           妖精石
               |      \
               |ミ>、     ..ヽ        入力された数値によって形を変える未知の素材。
                ¨ヾ>、  ....:}
                  \Y⌒〈         ダイジョーブ博士が着目した、永久機関エネルギー。
                    \;;;;;;〉



三三三三三三;;;;}!
三三三三三三 ;;;;l
三三三三三三;;;;;}!
三三 三三三三;;;;;',
三三三 三三三;;;;;;',               存在が世界自体を書き換える。
三三三三 三三;;;;;;;}
三三三三三三;;;;;;;l                僕と同じ人類はコード化され、願望器に呑まれてしまった。
三三三三三三;;;;;;;;}
三三三三三三;;;;;;ノ                それどころか、シェルター外のコード化された世界に僕の生きる世界は無い。
三三三三三三三;;;;;ヘ
三 三三三三三三;;;;;;;ヘ             文明を回復するにはそれらに耐性のある人類を作らねばならない。
三三 三 三三三三三;;;;;\
三三 三 三三三三三三;;;;}           ただし妖精石の運用は確実に文明と歴史にひずみを生む。
三三三三三三三三三;;;;;;;{
三三三三三三三三三;;;;;;;;i!           回避のためにフェアリーデバイスを用いて軌道修正をすること。
三三三三三三三三三;;;;;;;;;;;l{
三三三三三 三三三三;;;;;;;;;;;}!
三三三三三三三三三三;;;;;;;;;;;}
三三三三三三三三三三三;;;;¦




8360根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 05:37:29.72 ID:lFpbwxH2




              //
             //
           //
          //
        //
      //                 /
    //                   / /
   ,-´,.イ              ,.-´ /      それらの能力はサーバに接続された存在に影響される。
,、-'´,、.'                ,.-''´,、-'´
 ,、´              ,、-'´,、-'           フェアリーデバイスのLINK自体が妖精石の能力に直結する。
'´.            ,、-'´,、-'´
.         ,.-'´,、-'´                サーバが強力であればあるほど妖精石の効率は上昇し、同時に
.      ,.-'´,、-'
.    ,-'´,、-'´                    コード化の進行も早まる。
  、-'´,、-´
-'´,、-´
-'´



                       ノ ノ
   \ `'<.               {. (
.    > 、_ ヽ、              \ヽ
        \\             ヽヽ
           ゝ.ニ'_ー- 、         l l
ヽ             ̄ヘヽ.        l l
| l                  ヘ\      j |          妖精石から脱却し、
ヽヽ                   ヽ.`ヽ   {{
 ヽ.\               ヘ λ  { ヽ.         コード化された世界に適応し、
   >、ヽ.___ ___         ハ V  \ヽ.
     `ー-──、 ヽ      ヽ.\  ヽ.\       人としての営みを得た時、人が人らしい世界を迎えられる。
            >、ヽ.       \ヽ
                ヽ i        ヽ.\         だからこそ、ようせいさんの存在はこの世界に必要なんだ。
                 } l .         \ヽ
                ヘ`く                 例え、その存在が世界に悪影響を与えているとしても。
                 \\
                     \ヽ、





8361根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 05:38:18.75 ID:lFpbwxH2



・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)
  |     (__人__)        前々から少し思ってたんだけどさ……
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃       なんで人類復活って妖精石じゃないといけなかったんだ?
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉        いや、そうじゃないと人類の再構成ができなかったかもだけど……
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \        こんだけ計算できるなら、妖精石を自動排除なんかもできそうな――
   | /   /     i \
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ /
    |       そ ノ



                        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー-、
                      /              / ̄ ̄\⌒ヽ
                 ____|            ̄ ̄\.  ∨ \
                   {___ノ  |    /           }  |\. 〉
                   /〈⌒ー'  ー‐'  ー  |\ー一'′ /'  ∨
                 /⌒}7ー‐'⌒ー‐'⌒ー<  >―一'′   | ̄ ̄}
                  (⌒⌒,':.:|:.:.|:.:|:.:.|:.:.:.:.:\:.:.:.:.`ー'⌒>     ノ| ̄ ̄
                      ⌒}/|:.:.|:.:.|:.:|.:.:|:.:..|:.:\\:.|:.:./:.:.:.\`ー< |
                   /:.:|:.:.|:.:.|:.:L.:|___|__,斗r斥:./:/:.: l:.: \_}⌒
                   //:.:.∨⌒ハ弋リ`   弋ソ|/:.:/:.|:.:.:.:.:|ー{
                   //:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.∧   、   〃:.:.:/:.:.:|:.:.:.:.:|⌒        ……私の勝手な仮説でいいなら答えるけど。
             /:.:/:.:.:.:.:.:.:::.:.//:.:.:>、 ニ イ:.:.:.::/:.:.:./: !.:.:.:|
             ./:.:.:./:.:.:.:.:./ ̄√:.:.:/__ノ__/:.:.:. /:.:.:./:.:.:l:.:.:.:\                     頼む、この手のはサッパリだろ >
           :|\|:.:.:.:|:.:.:./|   ./:.:./   /}/:.:..::.:.:/:.:.:./⌒V:.:.:.:.:.:.:\
.           \_∨二∨/  .|:.:/    .//:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./'   ∨:.:.:.:.:.:.:.:\     まずここに記載があるコード化された世界、って部分。
       _________,}:.:.:}:.:\}___/    .//:.:.:.:.:.:./:.:./     |:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.: \
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.|l      .|\{:.:.:.:.:/:.:./|   \  \__:.:.l:.:.:.:.:.:.\  現状の世界はコード化はされてない、意味は分かる?
     .|:.:.:.:.:.:.:.:_____/ ./ _/ \_∨.二 ∨/     \  \_{__:.:.:.:.:.:.:.\
    }二∨二∨二{\_____∨ ,':;' ,: / }:.:.:.:.:{⌒    \  \   \{_:.:.:.:.:.:.:|
      \:.:.:\/ ̄ ̄\ノ\| ,':;' ,':ム-/:.:.:.:.ノ_____.   \  ー   > {:.:.:.:.:.:.|
          ヽ∠ _    \ |. ,':;' __':;' ./___/_}_}_}\______/{/:.:.:.:.:./
        /三三三ミx   \// ̄ ̄\ }.      \}_}_}_}__}/:.:.:.:.:.:.:/
       /三三三三ミミ./^ーく// / __| \          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`| | l `〈.〈/三三.\ |         ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /
                 ヘ人人ノ ̄\三三三 } \________/:.:.:.:.:.:.:.:.:./
                 _/  |:;' ,':;'  { ̄ ̄ ̄\ノ |:.:.:. / /:.:.:.::.:.:.: /






8362根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 05:40:26.29 ID:lFpbwxH2



              / ̄ ̄ \
          _ノ  ヽ、_   \
          (●)(● )   |
          (__人_)     |
          '、`⌒ ´   U |      ……ん? でも元々はコードなんだろ?
           |          |
           |        {      元をただせば物も人間も。
           ヽr`ー- -=´ <
        /⌒'' ー─,,    \
        /          ィ }
       ノ   /       | |
    /   `ヽ i:        | |
   (__.ィ´ヽ,ム、〉i        | |
      / ゝ/ / 7-、
    ヽ/ / / /'Y



          /        >'´ /  .i!
        /     ,.-    ,,r=ソ`ヽ、i!
.       _ ./  ,.-ァ イ ,_r'=シ:::::::ヽ :::: ヽ、
      / フ  / (_ノ.i:::::::::::l :::::::::ヽ :: ヾヽ
     /  l   ゝ、_.._ノi:::::::::i |:::::::::i>i:::::::,>
     ヽ_i!ソ .iイ:::::::::::l: :l :::::::|iヽ :: 」 , イ
    </ /レ,イ::l ::::::::: l>|__l __  ̄r''} |
    /  /.(./|: :l_二イ ニ,rxiト''  ヾj l              そうね、でも――物質化している。
.  ,<`ー=' ./.7::::::::::::::::::代z ソ    , /、
  ヽ、ヽ/`ヽソ.ノ ::::::::::: l:::::::'`ヽ、   ,/ :: ir 、            コードではあるけど、変質したモノが私達の世界。
   ソ´./ソ' ::::::::::::::: l ::::::::::::: `<´:::::::<`i),コー'/__
    /,'//::::::::::::::::::::ヽ, ::::::::::::::: `i>ヘーレi ::::::::::::: `ヽ、      この筆者の世界は恐らく元々物質だけだったのではないかしら。
   _.i!=' ァ':::::::::::::::::::::::: ヽー=' ̄ ̄>ー=>ーl`ヽ:::::::::、一
  / .i! ./:::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ      r ,.> ̄¨゙´ /、:::::::::::l
.    l .l ::: l :::::::::::::::::::::::::::::i!ヽ      (  ヽ (∨ `ヽノ     それが願望器によってほぼコード化した。
     i.l : :i.l .l :::::::::::::::::::::::: l ',',.  |,.二__,ヘ |r'一
  _r'、,.i :∧'; l :::::::::::::::::::::::: l、i! i=))   `<
  ,i i . ∨ ヽヽ:::::::l ::::::::::::: / __i_ヽ `ヽ、 l_______
  |ヾー,__l  .|ヽミ、: l!.::::::::::::,'|l::l|:;o:;;:;|    `ヾ、,:;:;:;:;:;:;:;:;o |
  ヾ_ ヾヨメ._.|::|ニl`ヽi、:::::::/:|l::l|;:;:;:;:;:;ヽ     l :;:;:;:;:;:;:;:;:;|
.  ,/´`ヾ=i=|l/ ∨.| ::: /'´|l::l|;:;:;:;:;:; |ヽ    ヽ, ;:;:;:;:;:;:; |
.  l />、 i | .|  /|,r'| :/ . ,r|l::l|;:;:;:;:;:; | ヽ .r'ヽ_r'ヽ,__ :;:;:;:;|






8363根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 05:45:02.33 ID:lFpbwxH2



              / ̄ ̄ \
           _,ノ ヽ、,__   \
           (●)(● )    |
             (_人___)   U  |     コード化って俺達の目から見て、どうなるんだ?
              '、       │
       <二ニヽ        |                   消える、或いは観測できない暗闇になる、……ハズよ >
       ./-‐   `i 、 ___,. イ
     {/´、     ',┐    \     ……これを書いてる奴はそんな世界にいるのか……
      しrヽ    V      ヽ
        ヽ、_   ヽ   ィ  }
           \  \ ノ  i












0101101011010101101101010110101110101011010101010101110101010101101001
0111111111111111000000000000000000000000010111001011011011011010101101
1010100000101101001101100101010110000000000000001111010101011010110110
0000101010101101111001101011001111111111010011010111010101110101010101
1111111100110011010110101000101110100110110101010101001100110101010101
1110101010110101011010110101011011010101101011101010110101010101011101
01111111111111110000000       00000000010111001011011011011010101101
1010100000101101001101         00000000000001111010101011010110110
000010101010110111100           111010011010111010101110101010101
111111110011001101011           0110110101010101001100110101010101    ……それは、何と言うか寂しいだろ。
111010101011010010101          01101011010000000000001100101010000
0101101011010101101101         10101011010101010101110101010101101
01111111111111110000000       0000000010111001011011011011010101101
1010100000101101001101100101010110000000000000001111010101011010110110
0000101010101101111001101011001111111111010011010111010101110101010101
1111111100110011010110101000101110100110110101010101001100110101010101
1110101010110100101011101010101101101101011010000000000001100101010000
0010101110101010110110110101101000000000000110010101000001010101101001
0101101011010101101101010110101110101011010101010101110101010101101001
0111111111111111000000000000000000000000010111001011011011011010101101
1010100000101101001101100101010110000000000000001111010101011010110110
0000101010101101111001101011001111111111010011010111010101110101010101







8365根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 05:50:52.14 ID:lFpbwxH2



     /.;.;.;.;.;.;.;.;.;';.             /~フ `ヽ.
.    ζ、 ;.;.;.;.;.;.;, i、 __/ミ:;、´ `>、、 i´ (     ';.
     l  `"'ッ-/ -、_/´  ヽ-‐'   〉`ヽ、 丶.  ノ〉
     |    / ' |ソ  /      ヽ "'"~丶ヽ ̄´ ノ |__
     |、 , ./ー,.''´/   | i   ヽ    |. i  l..`-i.ヽ.彡´~ |
.      l.Y ヽ/  | ,.  .ll |ii   l |  |i. l.i | l レヽ.    |.
      'yーi'  | | ';._,..|i!ヽ;  l .i, ッ'ilッ|lト、l. l |ヾヾ."'''-/
     ´、/ |  | | ,-〈 .| l. 'ヽ :イ ノ lノ il /|'' | l Y´>、ノ
      ソ iト  l ;  |>:'"`'.i )/.l/..l~"'''-〈l.  | | i ';`'、
      l l''|ヽ |ヽヽ〈廴:::::l / / ..廴::::/〉  l  l i .l´~
        | l .| ヽ';.ヽヽ. :::::::::     ::::::::/  /|  レi .l       ……滅びかけた人類の数をさらに減らしてまで願望器を追放して……
      |l | l ヾヽヽ' 、    _   .,..イノ ノ |  |.i |.l
      il | ノ. ヽヽヽl `' ;-   ‐; ´ ノ /  |  | l.lノ       訪れたのがそんな世界。
       ノ /   l';. i,.,.,. ト、 ,......l>.//l  |. | λ
       ,;ノ /   | ';.i' __,/ i:'λ // l   | | /.ヽ       正直、こんな文書を作っているのが信じられないわ。
      // {   / )''´   |. レ _,. | λ  | |  ヽ
     / /   l   / ノ------//--| |   ノ ト、  ヽ      並の人間なら耐えられない。
.    〉、   ヽ /  /  ,.,./ 〉ン´フ 'i|  l  /  | |   ヽ
   / `'-i..,,_〉〈,.,.ノ.| ξ.ソ // //〉、__∨_,.,.j. |   ヽ
   /,  /フ||ト~''ヽ. .! 〉〈    / /|~~ソ~>ーi.   |     ';.
  /1 ,冫、 λ/ン<レ/ ヽ   ,<´ーソi<_、入   i    ';.
  //| ヽ. ,、イ 〉.-i''゙´  \ `ヾζ`ツ.、l |、λ,/   l    |
  ii .|  `i 、.∨,丿    "'''-‐´〉 .| l ,'.Y ヽ.   |   | |
 .ll |  <´〉ト;.ソ`ソ       /';._>、レ<  \  |.   | リ
  i ヽ 〈 ヽ/ i/.ヽ    /.._i 彡ト.|= )   ;ヽ |  /リ
    ヽー、/ヽiー´   /   /,、 / |__,,.,、)   : リヽ /i´
     ヽ   ノ   /      '   '       ' `


⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ

        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
        . : : : : : : : : : : : : : : : ::|: : : ::ノ: : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : :ヽ
.        i: : : : : :/: : : /: : : : : : :|: : : : : : : : : : : ::i: : : : : : : : : :ヽ: : : : \
.        |: : : : : i: : : ::i: : : : ハ:::ハ: : : : : : : : : : :/_ヽ: : : : : : : : : : : : : : /
.        |: : : : : |: : : ::|: :i: /-|::二二二二二二二二二二: : : : : : : : : :(
         : : : : : : : : ::|: 二二二二二二二二二二二二二: : : : : : : : : : ン
       /: : : : : : : : : ::V        ノハ/(  --    /ハ: : : :三三三二二二
       (: : : : : : : : : : ::ヽ  x三三三三三三三三三三三三三三三
      三三三三三三三三三三      |      ノ:三三三三
         ヾ: :从: :ヽ: ::ミ           三三三三三三: : : :ノ`         ……この筆者は一体何を犠牲にして。
         ノハ: : : : : : :<          j       /ハ从ノリ
          /: : :::::三三三三三三三三三三三三三三三三三二二二二二二   ……どんな思いを抱いて。
          i: : : :::::: : : :〉     (--    フ      : : : : : /
            : : : : : : へ              <: : : : : :三三三         第二人類を作ったのかしらね。
           ヽ: : : : /  \     三三三三三三三三三三三
.          二二二二二二二二二二    イ. j   /: : : : :
           〈: : : : : : :〉  |====-≧ --_'___|.   /: : : : : : :〉
.            ヽ: : : : /  |二二二二}i二二二二二二二二/
.             ヽ: :〈   |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| |:i:i:i:i:i|    ヽ: : : ::/
            /: : : : :.   |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i| |:i:i:i:i:i|    〉: : : ヽ
            (: : : : : : :〉 ノi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| |:i:i:i:i:iヽ.  /: : : : : : 〉
    -――-- --.ヽ: : : : /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i| |:i:i:i:i:i:i:i:\〈: : : : : : /------ 、
 /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〉: : 〈:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i| |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ: : : :/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ

⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ⌒丶、_ノ






8366根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 05:52:44.65 ID:lFpbwxH2



       __
      / ./}\
    / ,r'"/  .\
   ハ / / ヽ、 /"i
  .ソ ノ / / (●/ ..,ィ´
  |  レ'   '- '~  /..|_
  l        t".,.-┘.)
.  ',        、-ーr'、            ……引けない思いがあった、それは確かだろ。
   .\       ゛''´.ノ
    )      /`´
    /     /ヽ
  . /    /  │



                /  ̄ ̄ ヽ
                   /         ヽ
               |         |
           ,ヘ_   j     u.  /
         __,/   ` <  i     /
       /---‐――--.、ゝ\    ./    で、すまん、俺達は結局コードなの、物質なの?
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´_ ノ
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.´.:`ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:_ __ヽ-、
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:_十''''''''"".:.:.:.:.:.:.:.:.:\



       /  i       イ   l .八   /i      l .l  >''´  `'';
        /   iヽ   >ニi‐ァヽ、_  ヽ__.l ヽ、     ノ .|/       ';
   ____ヽ     / ̄ i l / i! , i!  .|  `ヽミ、ー'   ノ       i
  .l  __,.> ィ≦i7ヽ   V: ハ|!i .l.l_   /<¨ |ー‐<__      ;;'
.   V'´ /   ヽj: :| i Y''¨ニ: : l |.l j: : :.二/≧__:V ヽ  _>,   .,'
     / ヽ  ,.>': :l l j l: : : :_| l | V'' ィア''ア≦l¨i!ヽ、_ノ ト、 l`ー=<
    /  l`´l: :i!: : .l ',ハ ';:/ ヽi     ト しi:::j / l: : : : :.| ヽ,|  __/
    `ヽ,_|  | :|l: : .l :> ',.三彡 `    ゞー='   j:/: : : :l: : lヾ´
           V ヽァj : : l    ′          i/: : : :.:l: : .l ハ         観測ができ、形を持っている以上物質よ。
                / : : l       _,.     .j:'.:.: : : :i: : /: : ハ
   /`ヾ''´ヽ    / /: : :.ヽ、   `     _ イ/: : : : :.:j: :/.: : : :ハ        多少コード要素はあるけれどね。
  /.   ,r''¨´ . / /: : : : : :.:`>z 、_ _,..-'''´ レ: : : : :./ :/: : :.,: : :.l
  l.   ,.'   ./: : /.:.: : : : : :./ | /__」  _,..-' 7.:.: : : : :/ /: : :./: : : :l       さ、続きを見ましょう?
.  `ー '   / : : :.i!: : : : : : :./>,' /i><    /: : : : : :.:': : :./ : : : : .|
.      ,.'i.: : : : :.!i: : : : : :.:/'く''ソ/ .l 」.ヽ  / : : : : :.,.': : /: : : : : :.:/
      /: :l:.: : : :.l l: : : : :./  < .l_, ィ''´j ノ .,': : : : :./: : /: : : : : : :,.'
     i: : l: : : :.:l: :i: : : :/ , ィ''´ __/_V,´': : : : / :/: : : : : :.:,ィ'´
     ヽ: :',: : : :l:.:/'`ヽ>''    ̄ ̄__,ノr '   ,:'/: : : : :.,.>'' .\
      ヽ:i:: : _V ',/     `ニ二___ヽi: :;:' ' / _,.ィ''´      \
         _>''´|  `ヽ    、-----=' -l__r-、/´         /ヽ
.      /    レ  ノ ,.ィ.、. ヽr.'´:::::::::i__」`:::::::`ヽ、    l    ̄´ ヽ
._     /    /.l /ーァ'.| iiiiヽ __> :: /ハ:::::::::::, / ,  <´`=__     l
.    /     ' i (、  '  'ー,i   iiii V::::ノ: : ヽ:::::/ l /__ ヽ /.ハ l__,ノ`ヽ!






8368根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 05:58:12.48 ID:lFpbwxH2



                / ̄ ̄ \ -、_
             _,ノ ヽ、__   / / ,〉、
            (=)(= )/ ´/ /)
                (__人_) {    , ' ´,/    って、待て待て最初の質問の答えが出てないだろ。
             '、`⌒ ´  V __, <´
              |     〈´/::::Λ     結局、なんで妖精石が必要だったんだ?
              |       ヤ::::::::::::::Λ
             `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ
             /ム _ , -./V::::::::::::::Λ、
           _,. -/:/===/´..::/i:::::::::::::::::::Vヘ
       //./.::::{   | :::::/::::i::::::::::::::::::.∨}
       j ::::::::>.:::::::l   |::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;
      i :::r :〈 ::::::::i   |::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ
       i :::| :::::'., ::::i   {:::::::::::::::::::::`::-==::イ
        | :::| ::::::::',::::i   ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::/



         /:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽヾl  / /
        レ': : : : : : : : : : : : : __.: : : : : : : : : : : : l i!|/ /
        /: : : : : : : : : : : : : <   ヽ.: : : : : : : : : :.:.:.∨ _/_
      __ /:.:.:.:: : : : : : : _.: : : : : ヽ  l.: : : : : : : : : : : : ヾ´  .l
     l´: : >、____ノ: :_ノ´  ヽ,._ ノ  人.: : : : : : : : : : : : /  ヽ
    l: : /l__ _,r-イ|´   l   <_ _/ `l: :l.:.:.:. : : : : : : l    .l ツイツヅキガキニナッテ...
     〉:/ l i |ヘ .| l    l  l .i 」 l   l: :`¨: :,二ニ、: :l_ _./
    l: :l l .l!| l l .l   」-十_|___|__|   `ー‐' .i ノヾ、  `ヽ、
    レト、|.  i!| l.l l  二j r ァ―::ァ |    |    ヾ、.:.:.:.ヽ、   `ヽ
.     i ト'´ i!〉', i!   ̄  __弋z::シ  i!   .| l     l`フ: :〉、   /
      |__ i! ',          /_|_.  | l .l   l ,イ: :/ ヽ   /
         `l  ',. l         7   ̄ ,l  il  トヘレ'  ヽ ./   恐らくその変換を行える技術が他になかったのよ。
          l.   l. '        /    /i| .i! ├∨     ∨
 .i、._ノ|.   ,'   丶.  __     /     /ノi| .i!  |           世界を物質とコードの狭間まで持っていくのにも長い時間を要する。
  |lllllll|.  ,'     丶、´   _ノ   .ノノ/i,|  i.i  |
. .|llllllll|  ,'      / `>'    ////ノi|  i i  |           人類には文明が必要になった。
.  |llllllll| .,'      / ,/     / _ _|   l  |
. . |lllllll|/      /    ///´: :`´: `|  i  i|          ……恐らくここに至るまでに妖精石が無ければ――
.   |llll,/      /     / /:.: : : : : : : : | l  i |
  .|l,/    /     // ,∧ : : ,.-、:.:.: : : | l  l l          文明は現在でも原始レベルでしょうね。
  j|'    /    / ,/ . ,l: : ヽソ,.-、ヽ,.-、 | l   .l l
  /   /   ,. /  / /レ'个、/: : :l: : __ `i| l  i l l
. /   /  //   // / .i l.: : : : : .レ´: : l_ | l  l l l
´   /  ///  // // .l |: : : : : : : : : : : i l l  l .l l
.  / / / /  // ,// i l |.:.:.:.: : : : : : : : : i.! ` l l l
. /  /  ,/  ,// ,// ,l l  レ: : : : : : : : : : : i! .|  l  ヽ






8369根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 06:00:40.03 ID:lFpbwxH2



. l`ヽ、     _,.ィ‐-z-‐¨¨ ̄` ヽz.,_          __
ノ   \,./     `ー―    ,ィ=ニ、ヽ,       /  /
 ̄ ̄`Y/ _ 、   _    _,,..、       l  ト、__,.∠__,>
.l ̄ ̄,lハ,フーミソ_ ヽ二,.< ヽ_  ./  /    l'
/./フ''フ//: :/: : フ.7i!: : : : :.`ヾ_>z_,. ィ' |   ,.イ!
´  ヽ//: :ーi¨¨ァi /l!i: :-‐十iz_l_: : ヽ_ハ==、_  ノ
    l l i!.: :!i>ァ」 l i!ハ _」l l / ヽj/ /: :ヽ .|>、¨\
    i!l、,j: :l.i ト;ハ ' ..l >ァ=zノ」: :/': : : :.:i lヽ) ヽ  \
       ∧.j V,り    .l i、::ノノ>'/: : : : :.!.i''´   V⌒ヽi
.     /: :.lヽx  ,   `¨x¨フソ /: : : :./           コードに形を与えるだけじゃない。
.   /: : : : > 、  、     _彡':/: : : :.:/
,.ィ<´: : : : :.ノ: :ノ >=-=iフ' /.: : : :./             雨が降り、地を固め、水分が蒸発して雲を作り、また雨を降らせる。
.:.: : : : : : :.:__,r<.l     / :i./: : : :.:/
: : : : : :>1ハヽii iil_ィニァi': : !i : : : : i!              そんなサイクルすら妖精石で物質化する必要があった。
: : : :.:/i .iil:: ', ヽiiiレ'¨`'.∧: : ヾ: : : :lVヽ_
: : :.ノii .iiil:::::::::::|ii .l  =ト、ハ: : : :l : : : : V= ( _         その過程で人類も作ったんでしょう。
/ .ハi iiiiト、 :::: |i .l  十 .ハ: :l: :.l : : : : ヾー' `ヽ、_
  /> 、_ii \:::| .l   .l ,イハ: ';.. :',.: : : :.| r.、   ,>z、    急ぐ理由があったから、ね。
ー彡 '   li ̄iii  .l   ×_/ーl、 ';. .'; :.: .:.レ´ ..V´  /j  _   _,.
´      |. iiiiii  i\   '`ヽニz__ _,r<_ _,ノ  / >''イ、 ヽ/ .ヽ
.       l .iiiii  .iiiiii>z_   (    У.: :.ヽ _/,.≦シ彡iヾヾ. ヽ   l,.ィ
.       ヽ,iii __ __> `iz、 ヽ___/ヽ: : >''≧>< ´ ヾトハ ヽ l .l
        lヽi  i ̄  iiiiiiii i `ヽz、  ,>彡≧イ'    ` ー.ハトハ .l lλ _



                ̄    、
            ´          \
     /                ヽ
      /           、_  ヽ
    '               ` 、ヽ
    l              ,‐-,.._ ゞ
.   l              l 弋心 l
.    l              冫.ー く
   l               l    ノ!
   l               `ー‐ f r'         ……アナグラム、か?
   l                  ノ'
   !                     /
   ,'                   /                            そういう事よ。 >
 ̄ `ー -               /
        `  、        /
:.:.:.:.:.:...        、      /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./






8370根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 06:03:45.80 ID:lFpbwxH2



                        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー-、
                      /              / ̄ ̄\⌒ヽ
                 ____|            ̄ ̄\.  ∨ \
                   {___ノ  |    /           }  |\. 〉
                   /〈⌒ー'  ー‐'  ー  |\ー一'′ /'  ∨
                 /⌒}7ー‐'⌒ー‐'⌒ー<  >―一'′   | ̄ ̄}
                  (⌒⌒,':.:|:.:.|:.:|:.:.|:.:.:.:.:\:.:.:.:.`ー'⌒>     ノ| ̄ ̄
                      ⌒}/|:.:.|:.:.|:.:|.:.:|:.:..|:.:\\:.|:.:./:.:.:.\`ー< |
                   /:.:|:.:.|:.:.|:.:L.:|___|__,斗r斥:./:/:.: l:.: \_}⌒
                   //:.:.∨⌒ハ弋リ`   弋ソ|/:.:/:.|:.:.:.:.:|ー{
                   //:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.∧   、   〃:.:.:/:.:.:|:.:.:.:.:|⌒       そもそもサーバにはそう言った物を生むバグがあった。
             /:.:/:.:.:.:.:.:.:::.:.//:.:.:>、 ニ イ:.:.:.::/:.:.:./: !.:.:.:|
             ./:.:.:./:.:.:.:.:./ ̄√:.:.:/__ノ__/:.:.:. /:.:.:./:.:.:l:.:.:.:\                      バグ
           :|\|:.:.:.:|:.:.:./|   ./:.:./   /}/:.:..::.:.:/:.:.:./⌒V:.:.:.:.:.:.:\      妖精石やサーバはアナグラムを作り出してしまう
.           \_∨二∨/  .|:.:/    .//:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./'   ∨:.:.:.:.:.:.:.:\
       _________,}:.:.:}:.:\}___/    .//:.:.:.:.:.:./:.:./     |:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.: \   だからそれが最小限の内に人類を作る必要があった……
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.|l      .|\{:.:.:.:.:/:.:./|   \  \__:.:.l:.:.:.:.:.:.\
     .|:.:.:.:.:.:.:.:_____/ ./ _/ \_∨.二 ∨/     \  \_{__:.:.:.:.:.:.:.\
    }二∨二∨二{\_____∨ ,':;' ,: / }:.:.:.:.:{⌒    \  \   \{_:.:.:.:.:.:.:|
      \:.:.:\/ ̄ ̄\ノ\| ,':;' ,':ム-/:.:.:.:.ノ_____.   \  ー   > {:.:.:.:.:.:.|
          ヽ∠ _    \ |. ,':;' __':;' ./___/_}_}_}\______/{/:.:.:.:.:./
        /三三三ミx   \// ̄ ̄\ }.      \}_}_}_}__}/:.:.:.:.:.:.:/
       /三三三三ミミ./^ーく// / __| \          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`| | l `〈.〈/三三.\ |         ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /
                 ヘ人人ノ ̄\三三三 } \________/:.:.:.:.:.:.:.:.:./



                  _r 、_
           __,r''´ ̄       ̄ ヽVニフ‐ァ
          /    ヽ            i l、 .l
.          rj      |    ,     <ニ'__ノ/  .l
         i!    / '´  ., ー-、/ _,r‐=、 <=二
        __」>‐ァ<ソ   _/ア ̄ >ニニコーヘ<ニ、 ./
       ≦ソ /  >アゞj: : /` ヽz/: : :.ノ_: :|: :i ハ<_
          レァ  ji i : : : : 代ア;フ  ̄..,rァ;ァ _ノl_ 」 r‐`
         ´ヾ'::ハ: : : : :.i!.. ̄    `¨ /: : : :| ̄
             |::::ハ: : : : :iハ、   _  _, ィf: : : :.:iハ       時間をかけすぎたら綻びが大きくなる。
            |::i!: : l: : ヽ l ハ`>z < i: :l: : :.__」
          ii!_/l: : : :V: : ヽ__<_ ゝーz(__       いえ、もしかしたらアナグラム以上に致命的な――
              lリ: : 弋__: : :./ V.ハV == ∧ニ<
          l `Yァア) >ii!<   l  ・ ハ :ハ`¨       それこそリセット装置でもどうにもならない何かが生まれる可能性があった。
            |: : :.:V  ̄フi コ_  V'‐,Yl、.l: :.l
          l: : : : j   ハ :l: l      |  |='        ……仮説だけど、そんなところじゃないかしら。
.          |: : : :/  /  ヽi:/      | ,.iァトz,_
            |: : :./  /   ,.ィコト、     vイ i YV
           l: : ,.'     vシ7 iハ_>     Y: : l
        l: :/       しiV         |ヾjヽ






8371根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 06:07:52.05 ID:lFpbwxH2



               _____
             /  ̄  ̄\
           /        \
           |     _,.ノ '(ゞ、_|
           .|    ( ー)ヽ ヽ           妖精石しかコード化から物質化する方法が無くて……
           ノ| U   (___人_\\__
       ____-‐./l l|、    `⌒(⌒_   \       アナグラムみたいなバグが生まれるギリギリまで急がないといけなかったわけか。
    ,,-=ニ_::::::、::l ::::!ノヽ      し「、    \
   / ::::::::::: ヽ::::::)::::::| `ヽ. ___´ノ ヽ ヽ、   i      それが生まれるまでにどうにかなる文明レベルに到達するまで。
  i :::::::::::::::::: ヽく::::::::ヽー____l:::::〉::::)_______l_
  l :::::::::::::::::::::: ヽ:::y:::::ヽー―---!:: /::::| ::::::::::::::: |
   ! :::::::::::::::::::::::: l::::\::::ヽ    l::: l::::: | ::::::::::::::: |
   ヽ :::::::::::::::::::::::: ヽ:::\::l    l!::: l:::: | ::::::::::::::: |



                             ______
                    _ ,. -―- 、., _,,__ ヽ  ヽ、
                 ,. '´           ̄ ヽ  ヽ
               ,. '´                !.  ',
            ノ ̄iヽ、       !        ,'    !}
           イ   | / ̄ ̄/\ |\     /     /〈
          , ' \ , -ー―‐'、   ヽ `‐-‐‐''      ./ヽヘ
         /  /:::::::::::::::::::::::`ー―ノヽ        /へ  >
         ヽ /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(___"‐‐---‐ 1 -‐ -、ヽ
         ∠::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶:::::::l:::::::::::::ヽヽj\
          /:::::::::::::::::/::::rr=、/i:::::::::::ハ:::::::::/|::::::!-く:::::::::::::ィ--ヽ >
          ヽ、::::::::::/|::::i iノ ! | /ァ=―r-r/:::::::::::::::,'::::::::::i_ r‐ '´
            /\レ' ト:::| '、ノ i./  iノ  | ノ:::::::::::::::::/:::::::::::i
           /::::::::::::ヽ:|、'''     弋_ノ ::::::::::::::::::/:::::::::::::i  ……そして最低限妖精石が無くても人が生きられるまでね。
           /:::::::::::::::::',| ヽ   、  ''∠イ___ /:::::::::::::::::i
          /::::::::::::::::::::::::::::> _ <:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::i  サーバダウンは妖精石を抑制して徐々に手放していく流れのようだけど。
          /:::::> - '  ̄  fニi  /::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::i
         /::z' .ァ'" ̄  // jl /::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::i  こんなところよ。
         {< r /     く / :ll/:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::i
        ,<、_  .{       ヾ、 /::::::::::::::::::::::::::::/ \::::::::::::i                          ぼんやりだけど分かった気がするだろ。 >
       '、  -=',        `' |:::::::::::::::::::::::::::/   `、::::::::i
   r--、   ヽ‐-、 \        |\::::::::::::::::::/     ヽ:::i






8372根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 06:14:59.21 ID:lFpbwxH2



   . -‐- .      /( _      . -‐- .      . -‐- .      . -‐- .   o´)`ヽ _      . -‐- .    o---‐‐- .
  /_-_-_- 、>o /_-_-_- 、>  ./_-_-_- 、> <,__-_-_- 、>  ./_-_-_- 、>  ./_v_v_v 、r`o ./_-_-_- 、ヽ   )_-_-_- 、>o
 _レ'。 W 。Ⅵ.  _レ'。´~`。Ⅵ.   _レ'。  。Ⅵ.  _レ'。 W 。Ⅵ.  _レ'。`^´。Ⅵ   _レ'。  。Ⅵ   _レ 。~~~。Ⅵ.リ  _レ 。 V 。Ⅵ
 `ゝ「 フノ´   `ゝ「 フノ´   `ゝ「 フノ´   `ゝ「 フノ´   `ゝ「 フノ´   `ゝ「 フノ´   `ゝ「 フノ´レ  `ゝ「 フノ´
  ‘Y_i⌒ヽ>.  ‘Y_i⌒ヽ>.  ‘Y_i⌒ヽ>.  ‘Y_i⌒ヽ>.  ‘Y_i⌒ヽ>.  ‘Y_i⌒ヽ>.  ‘Y_i⌒ヽ>.  ‘Y_i⌒ヽ>.
    「_/ >、.   「_/ >、.   「_/ >、.   「_/ >、.   「_/ >、.   「_/ >、.   「_/ >、.   「_/ >、
    ヽ_ノ ̄‘ '     ヽ_ノ ̄‘ '     ヽ_ノ ̄‘ '     ヽ_ノ ̄‘ '     ヽ_ノ ̄‘ '     ヽ_ノ ̄‘ '     ヽ_ノ ̄‘ '     ヽ_ノ ̄‘ '
    ‘-'         ‘-'         ‘-'         ‘-'         ‘-'         ‘-'         ‘-'         ‘-'


       彼らの存在はサーバと連動している。

       彼らは破壊されると人格が消滅し、それぞれのサーバに吸収同化される。

       ヨグ・ソトースのみ例外で、破壊されると破壊した存在の人格を抹消してシステムとして取り込む。

       もしも[マスターコード]があるならば、何れかを中核にすることで願望器化できるだろう。

       ……[リンクアウト]自体が稀な存在なので夢物語に過ぎないだろうが……

       そして願望器を完成させたところで一回きり。

       使うものはブレインとなったそれと直接LINKというさらに重い負荷が掛かる。

       更には、願望器の原則によって、LINKユーザーのいない願望器は防衛機能が働く。

       それらを撃退するという長い道のりを経てようやく願望器に辿り着くのである。







8373根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 06:18:28.22 ID:lFpbwxH2



・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━



                 / ̄ ̄\
                /   _,.ノ  ヽ、_
                |    ( ○) (○)
               | U  (___人__)
                   |       __ノ__         ……!
                |     _/ ___\ヽ_
                人   '-/____ ヽ  |       パチュリー、これって?!
             _,/(  |、___'-〈 、 ヽ  |
       _, 、 -― ''" :l:::::::\,、ー―‐ヽノ}    |
      /::::::::::::::::::::::::::::|_:::::ヽ、     ゞー--'〉
     丿::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::`、     {::::::::::::::i
    . i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::`、    {::::::::::::::`、
    /::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::`、::::::::|    〈:::::::::::::::::::`、
    ::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::`、:::::|    `、:::::::::::::::::::`、
    ::::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::`、:::|     |::`、:::::::::::::::::::`、
    :::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::`、::|    |:::::::`、:::::::::::::::::::}



           /´ ̄/          l、    ノ  l/`''ヽ、
           / _ /   ____,r.、 l_>,ー '  .ノ    `i!
         / lヽ  ̄¨¨ ̄ / .〉<  ヽ____,ノ      l
         \ .l ,.>、    'r、  |/`ヽ、 ヽ .|       i!
      ____r<ヽ/ `ヽ.,_ l /ヽ.,_l!  l ヽ l .|        人__
      ヽ_ ./  7l.l  _」i! `i!   ヽi  i! l ノ .l、 ̄ヽ.,___ ノl、   フ
        フ  /::|Ⅵトi、:|ヾ_iト、二¨:i!―i!|:ヽ,rベ,. .|  l´ l、\/
        'ーiハ::|::i!::r=≦_    二ニ__ |;:::i :::::::i!、 |  .l  ヽ,
          i Ⅵ::l:ハ.弋zj    込示l.フi:::l,:::::::ハ|ヽ┬'   /
           /i:::l:::l::l.   ,     ̄¨ j'::::i :::::::::i:',. ヽ)__,/     条件は……揃ってる。
             i l: :l::l:ハ、 `__     /リノl ::::::::::|:'rハ'
.            l .|:i:::i!:::::>, `¨   _./才/ :::::: l::|::ハ ヽ        でも私は反対よ、やらない夫への負担が大きすぎる。
          | .|i::::i!::::::::l :l`r-</才 /:::/::j::::|:::::j', ヽ,
          ヽ,.l::::::j:::::::::l::l¨ .V7:才__ノ/::::: /::::i!:::i!::)  、      それに願望器化したところで、運用を間違えれば……
            r1::::':::ノ :::i!/'l j'/::/::::::::::/:;::::ハ:::i'::ハ  ヽ
          rノ:::::::/ :::::::iハ, ノ:::::/::::::::::::::::ノ:::::j;:l::/  i!  i!     遠くない未来、コード化によって世界は崩壊するのよ。
        //::::/:::::::::::::ノ::/ ::: /:::::::::::::::::/:::/:/    ヾノ
         / .,V:::::::::::::::/;∧::::/ ::::::::::::::/::ー:::/        \
.        / rァ、:::::::/::/i  .>;:__,:::::::::::::::::::::/           ヽ
. rz_  _z/_ノヽ,rl.`Yニフ >‐<ヽニi≧zz。ノ')´            \_,.
.ヽ .l `>‐、  ヽ≧ィ==ニ三三三て  /              人 `フi
 ヽl  lヽ /l__ ./{/三三≒='''''¨¨¨¨¨¨|‐ヽ          _  /  ヽ/≧|
   `二)l ,.、 l ::|               |::::::)___    _.r=, ヾ''__ ノr´
.   ヽ ヽ=ヽ{:::i:|                |::::/ ヽ ミ, ´ ̄ ./ / _,r三シ´
     ゝノ. 〉ヽ:: |                |:/_ハ   > /`ヾiオ'才´






8374根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 06:22:10.81 ID:lFpbwxH2



                /  ̄ ̄ ヽ
                   /         ヽ
               |         |
           ,ヘ_   j     u.  /
         __,/   ` <  i     /
       /---‐――--.、ゝ\    ./      ……(というか、ようせいさん今いないんだった)
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´_ ノ
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.´.:`ヽ         (いるにはいる、と思うんだけどな……)
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:_ __ヽ-、
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:_十''''''''"".:.:.:.:.:.:.:.:.:\



.               ,.-―――‐-.、
            /           \
              /            '.,
           /                 ',
           ,'                l
.         |         __`ノ ァ
            |            ( 一) ′
          '.             ヽ
.            '.        (     j        (つながりは感じるから)
            }  人       ー― ´
         __ノ    \       」
         }////` <  `: ..    .,'
         /_/////////` <r'´ ̄
.        //////`/<///////ハ
       ///////////,`/<// 丿
.      ////////////////////ヽ
       ム///////////////////// `ヽ
.      ハ////////////////////////ハ
      {///////////////////////////}、
      |///////////////////////////iム
.     ハ//////////////////////////}ハ

___________________,,∧,,, ∧____________
                               ∨
                   LINK...
________,,∧____  ,,∧___________________
                     ∨


              _/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
          ___// .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ̄
        ノ^7/.:./  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:⌒`'xく⌒ア
     └<r'.:/′..:.:/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\く:.:.:..∨
         ∨, ...:/     ________   ヽ:.:.:.〉
            |: /     /. . . . . . \  l\ |/
         」/    /\. . . . . .「 ̄ー- |: /l止=-ァ┬‐-ミ
         /. }_/| / \/\|   ο |/^{,ノ /.:. |   {
        ∠....く   V/ |  ο  _,. -――┐ {__/. /   ,:┐   『おぱんつなくて暇……』
     / ̄ ̄ \ \|  ,.  ´        │ 厂 /     イr┘
   〈 ̄ ̄\    ≧=ヘ. {          ,ノイ⌒'ー==≦
     \_,ノ\   /⌒゙  ー-----‐=≦三..,,_
        └冖ノ⌒′      ---‐=ニ二三三..,,___






8375根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 06:28:27.09 ID:lFpbwxH2



   ~ ''' ‐- . ,__   .'   _ . .-‐ ''' "
             冫 '  _ - -     - - - -
  _ ,,.. -‐ '' " ,  '" i`     - ._
        ,  '   ,'    ` 、    " - .._        半物質化しているフェアリーデバイスは世界自体に悪影響を及ぼす。
     ,  '"        ;    `  `     " - . _
  , '"   , "  /  ,'   ', ヽ  `    ` 、  `       彼らには妖精石の力の源であり、それ自体が高純度妖精石だからだ。
      ,         i  ',  ヽ   ` 、   ` 、  `
     ,     ,'  ,'   :      、  `           そして彼らはコード化進行ケース以外に観測できない。
    ,     /        ',  ',       、     ` 、
   ,        ,'  '   !     ',   、    ヽ      フェアリーデバイスは妖精石の発する光と同じものでできている。
    ,   ,'  ,       ;   ',      、      、
   ,   / , ,'  ,'   ;          、   、



                  _
  、               ノ`ヽ
  ヾー             /ミ三フ、,
    ミミミ、         /ニ(  ```ヾゝ
    Lミ三ヾニ==、、   〃7    " ー ``ゝ                  
      ミミ     ``''''==<(,,,,,,,,,,,,,,,.........  ヾゝ       ___,,,,,,-、,,,-==
       ミミ     〃    ゛゛゛゛""""''''ー ヾ  ー=〃ー―,三三彡- "
       `ミニ.   /L      `||i, ,,,,..........   ヾ   , ’ ,,,く彡- "
         ミヽ 〃   ,,,、-==)\"` ̄ )))   ` ,,,彡"        観測するためにはその光を可視化する眼が必要だ。
            |l   =`    (ミ彡,=="   ,,,,〃"
           ||  ヽ、゛=ー一 `~"      ノ,""   くヽ         機械類では観測することができない。
           ノ|7  ヾヽ_         /"    ` 、ヾヽ
           ノ|レ   ` ===   _〃"          ミ       コード化進行ケースの持つ瞳のみが彼らを捉える事が出来る。
          /||l      ` ミ三ミ、       _   ヽ  ミ、
          ||||   ’  , ,,  `ミヾ、ヽ )\         ヾ、    また、フェアリーデバイスは音の振動による会話を行わない。
          ||||      ',〃'’      =三ミ、       ')、
          |||l     ,,〃           `ミミミ、_、    _ '=ミ、   音声ではなく基本的にテレパスのようなもので会話する。
          ノ||   _,,彡'"             `ー=三ミ="三ミ 、
          )||| //〃                    ̄―-~=  ただし、こちら側の音声はしっかりと聞き取れている。
          ||||レ彡"
          )三"                              人類とは異なる存在である事は間違いないだろう。
          ー"






8376根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 06:30:13.20 ID:lFpbwxH2



・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━


         r─-、__
      __/´  r-     `ヽ、__
    /  ─ ,.-、_n ,.-、    _,、 `ヽ、 /:.:.:>
     | ,.--、>i /二 .<_r>_ヽ i   レ/:.:./‐
    >ノ   /´ ̄`ー─‐、_ノ .ノ  !./:.:./:.__
  _,.-|_ /:.:/.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.ヽ‐‐'ヽ、} .ヽi‐'´
 く./ >/ |//:.:/__/、:.:.:.,.-─‐-、\:.〉ゝ |-‐
 く / {:.:.:|:./!!_!_ヽ `ヽ_!,!-!-!、_!|:.i:.:ヽ-‐'ヽ
     |:.:/.:|.{ Vソ  ´ 弋ソ}i:.:|:.:.:i:.:i:.ヽ   r'
     i:.|:.:.:.:|""      .""i:|:.|:.:i:.:.i:.i:.:.:ト‐'
     /:.:i:/.:.i>.   _  U ./i:.|:.:|:.i:.:.:i:.i:.:.:.i      これで終わりみたいね。
    i:.__:i:i.:.i:.:.:.:.>-.  _,.イ /_i:.:.:i:.|:.|:.i:.:i:.:.:.i
   「`! .i:|:.:.|:.:/ヽ !-、,.-‐'// !:.:/:.:!:.|:.:i:.:.i:.:.:i     長かったわね。
   | .i .i:.|:.:.:!:.!、{ } /\/ ./イ:.:i:./:.:.:.:.|:.:.|:.:ノ
   | i .i、_!、:.:.:.| {/./\ i  |:.レ:.:.:.i:.:.i:.:i.i´
二ニ__」  \_/ |//|o| ヽ,i |:.:.:.:.:/:./:/ i
_./ヽ、\__/   〉:.':'ヽ  _r' ヾ_∠_ i
 / /  / /!   /┌-.;_>'"_,レ-'、 \__/ i
./ /  / //:|  /|:.:.〉‐' / く|:.:.:.! \  >  i
. /  / / .||:.i / |:.:.レイ / ア-ヽ_     i
/  / / i ヽ}:| |:.:| .!_V___>|_|__二ニ‐‐i
  / // ./   /  |:.:! |:.:.|〉  r':.:.| ヽ \─‐'



   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( 根)(● ) |
. |  (__人__)  │      そうだな。
  |   `⌒ ´   |
.  |           |       まるで仕事の後に飲み会があってそのまま寝落ちして起きてから見てるみたいだろ。
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <                                ……はい? >ぱっちぇ
   |      |
    |      |






8377隔壁内の名無しさん2014/10/01(水) 06:33:03.63 ID:yokd1vcI
乗っ取られてるw


8378隔壁内の名無しさん2014/10/01(水) 06:33:40.76 ID:SXmaesw9
ダルだと思ってたらバイト戦士だったでござる


8379根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 06:35:22.62 ID:lFpbwxH2



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)     んじゃ、このままの流れでサクッと次も読んじまうか。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃     ……ん……? 待て、ちょっと最後に一文あるだろ。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



         /:.:.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽヾl  / /
        レ': : : : : : : : : : : : : __.: : : : : : : : : : : : l i!|/ /
        /: : : : : : : : : : : : : <   ヽ.: : : : : : : : : :.:.:.∨ _/_
      __ /:.:.:.:: : : : : : : _.: : : : : ヽ  l.: : : : : : : : : : : : ヾ´  .l
     l´: : >、____ノ: :_ノ´  ヽ,._ ノ  人.: : : : : : : : : : : : /  ヽ
    l: : /l__ _,r-イ|´   l   <_ _/ `l: :l.:.:.:. : : : : : : l    .l
     〉:/ l i |ヘ .| l    l  l .i 」 l   l: :`¨: :,二ニ、: :l_ _./
    l: :l l .l!| l l .l   」-十_|___|__|   `ー‐' .i ノヾ、  `ヽ、
    レト、|.  i!| l.l l  二j r ァ―::ァ |    |    ヾ、.:.:.:.ヽ、   `ヽ
.     i ト'´ i!〉', i!   ̄  __弋z::シ  i!   .| l     l`フ: :〉、   /
      |__ i! ',          /_|_.  | l .l   l ,イ: :/ ヽ   /
         `l  ',. l         7   ̄ ,l  il  トヘレ'  ヽ ./
          l.   l. '        /    /i| .i! ├∨     ∨   えっと――
 .i、._ノ|.   ,'   丶.  __     /     /ノi| .i!  |
  |lllllll|.  ,'     丶、´   _ノ   .ノノ/i,|  i.i  |           「初期のアナグラム使用者はイノミナンダムのLINK者……」
. .|llllllll|  ,'      / `>'    ////ノi|  i i  |
.  |llllllll| .,'      / ,/     / _ _|   l  |           ……?
. . |lllllll|/      /    ///´: :`´: `|  i  i|
.   |llll,/      /     / /:.: : : : : : : : | l  i |
  .|l,/    /     // ,∧ : : ,.-、:.:.: : : | l  l l
  j|'    /    / ,/ . ,l: : ヽソ,.-、ヽ,.-、 | l   .l l
  /   /   ,. /  / /レ'个、/: : :l: : __ `i| l  i l l






8381根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 06:37:02.79 ID:lFpbwxH2



                 _____
              /           ヽ、
                /              ヽ
             i                 ヽ
             |                 ',
             |                    |
             :                  |
                 |               |
               l                  /        ん?
                  l                /
                |               {          でも確かムスカはヨグ・ソトースだったよな?
              l             (,__
                   `、       _-‐´>///////{
                    ̄ ̄´r> ´/////////∧
                  バ////>/////////ハ
                     丿///>/////////////ヽ
                   ,r'´/////////////////////ヽ
               ,r'´////////////////////////ム
             ハ//////////////////////////ハ
             ,{/////////////////////////////}
            ム/////////////////////////////|
                ハ////////////////////////////ハ



           /´ ̄/          l、    ノ  l/`''ヽ、
           / _ /   ____,r.、 l_>,ー '  .ノ    `i!
         / lヽ  ̄¨¨ ̄ / .〉<  ヽ____,ノ      l
         \ .l ,.>、    'r、  |/`ヽ、 ヽ .|       i!
      ____r<ヽ/ `ヽ.,_ l /ヽ.,_l!  l ヽ l .|        人__
      ヽ_ ./  7l.l  _」i! `i!   ヽi  i! l ノ .l、 ̄ヽ.,___ ノl、   フ
        フ  /::|Ⅵトi、:|ヾ_iト、二¨:i!―i!|:ヽ,rベ,. .|  l´ l、\/
        'ーiハ::|::i!::r=≦_    二ニ__ |;:::i :::::::i!、 |  .l  ヽ,
          i Ⅵ::l:ハ.弋zj    込示l.フi:::l,:::::::ハ|ヽ┬'   /
           /i:::l:::l::l.   ,     ̄¨ j'::::i :::::::::i:',. ヽ)__,/
             i l: :l::l:ハ、 `__     /リノl ::::::::::|:'rハ'         文章自体途切れているし、書きかけで止めた感じね。
.            l .|:i:::i!:::::>, `¨   _./才/ :::::: l::|::ハ ヽ
          | .|i::::i!::::::::l :l`r-</才 /:::/::j::::|:::::j', ヽ,       まぁいいわ、本の方を読みましょう。
          ヽ,.l::::::j:::::::::l::l¨ .V7:才__ノ/::::: /::::i!:::i!::)  、
            r1::::':::ノ :::i!/'l j'/::/::::::::::/:;::::ハ:::i'::ハ  ヽ      さて――
          rノ:::::::/ :::::::iハ, ノ:::::/::::::::::::::::ノ:::::j;:l::/  i!  i!
        //::::/:::::::::::::ノ::/ ::: /:::::::::::::::::/:::/:/    ヾノ
         / .,V:::::::::::::::/;∧::::/ ::::::::::::::/::ー:::/        \
.        / rァ、:::::::/::/i  .>;:__,:::::::::::::::::::::/           ヽ
. rz_  _z/_ノヽ,rl.`Yニフ >‐<ヽニi≧zz。ノ')´            \_,.
.ヽ .l `>‐、  ヽ≧ィ==ニ三三三て  /              人 `フi
 ヽl  lヽ /l__ ./{/三三≒='''''¨¨¨¨¨¨|‐ヽ          _  /  ヽ/≧|
   `二)l ,.、 l ::|               |::::::)___    _.r=, ヾ''__ ノr´
.   ヽ ヽ=ヽ{:::i:|                |::::/ ヽ ミ, ´ ̄ ./ / _,r三シ´






8382根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 06:43:59.35 ID:lFpbwxH2



         ̄  三ミ≧=ュ(ヽ
       ,,,,  ::彡ノ -三三≧'ヽ.
      l| '' ´y''';;::::: 、、ィcハヾ三三ヘ __
     ::ハ_,,;;::i|'  ,ィo、::::;;;'''´;;¨ヾ}≦三三≧O       r''⌒ー-、
     '':::: 彡ヽ ノ,,o d ,,  ::::::/!/ィ´ヽ、ヾ'ミヽ     // ̄`ヽ ヽ
      /     |i,,::'7,,彡:;;:::;;ソ シ=-= \=oミヽ , ィ´ /     丶\
     ''´ ソ  ,,  {  Y ィ''' イ 彡三三ミヾ、ミ三≧ュ、/       ヽ_ヽ       泥にて眠る者
     Y彡''    彡ス {  ,{、/ィ,,彡=ミヾ、ヽヾミ三三ヽ          ヽ}
     { ,,   、  ,i!イシヽ //ィ//-‐=-,, ヽ_r'ミ ヾソ::ノ三r-ー-、      リ
    ミヽ ''、、   }|iハ!ソ//ソ´;;:::::::'  ヽ  ヾ、 !|l,,/シ!|ィ-_、 ヽ    ´     大いなる戦いの後、暴食の神は世界を喰らわんとした。
      ヾ三ヾ三ミ,‐‐、_ノ''´イ::;''  ::;ヾ,、ヽ '',,!-、ヾ ノハヾ ハ ',
     }  {三三ヾ 人_人o フ彡 ̄O'' ::..j! } 彡=-≧ュ、ヾミ ハ ヽ         泥濘の神はそれを呑み込むこんだ。
    i   ミ三/彡=-Y Yイ二  ヽ  ::::|l__ l-、;;::::,  o。ミヽミヘ ヽ \_
    ||lli  r'7´イ-::/ rソ'''´ ̄o   }i 、く・rj ` ´.. ::: r8O。::|}ミ} ヽ `ー _ヽ
    |||  ノ-'彡r''' ,,シ::::::''' 。o ()  /,l i ¨)o   :::::..' Yノo ヾヽミノ     ヾ   斯くして暴食の神は泥の中に封印される事となる。
      (>,-''ノ/'´r'    r  ミ  /゙,,j }  q、  o:::::; 、、..,,,シミ}ソ ヽ
      /r_イ_/::; {,○   } ミ  {,゙ ,{ イ  :::ヽ\_  .:::::: '' ::彡 \
      |i -,, ;:' /rイ::'  i ◎jb} ミミ ヾ,ヘ ヽ::.. {    Oヾ、_,, '' ,, ノ ミ}ソ~)ヽ     しかしその神は死なず、取り込まれただけに過ぎない。
     ノ,,イ彡:i|'イrュヽ  ト、j| q   `゙ ヾ,、 ミ ゝィ''´ヽ ヽ  ,.::lr-、o::}| (/
     //_ソ 。rゝ`=彡o、Y,,  ヽ_ ,,....,,,-''ヾ,ヽ_,,ソ Y⌒ヽ ヽ_シ ヾ彡 {li        呑まれながらも消えず、泥を喰らいながら眠り続ける。
    i'〈 {r゚-、ヽ'|l ''  イ r、` 、、O ̄、 ヽ  ,,、  ,`ー'ミ      ミi lj
    |i彡i!(OjP ヾ、__ ヽヾ´  o r-、{i、 `ヽミliノ} ''   ミj ヽ_,,イソ ミノ/        いずれ来るであろう復活の時を夢見ながら。
    |iハ {" そ, >、ヾ、ヽTヽ9O。Yミ≧'|lj/''ミi|l|ュ  ソ r=,三ニ=-''
    ゞ、≧ー、_/r‐ミ ::ミ≧=ヽノ≧=彡'/三三ヾ__彡-''´
    .ノ,ィ=-> __ヾ! ミ_シ=-‐''' ̄`'' ̄((r''´
     ̄  ´ー'  ノ (_
          ヽ_,,ノ



              __
        __/:.:.:.:.:.:.:.` ーミ
        /:.:_;.:.(_@_八_@_):.:.ト'
        ⌒/:.:.:.:_____:.:.:.ハ             もしも完全に復活したならば、最早泥濘の神に止めること叶わず。
        _,{:.:.:´:.:.:.:乂__):.:.:.:.:ゝ.
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\          多大な犠牲を払いながら暴食の神が満足するまで人々は縮こまるしかない。
.      /:.:.l{:.:i^V´〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{!:.:.:.:ハ
     /:.:.:.:;}イ¨¨ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:i         最も大事なのは、その神を永遠に泥の中に押し込めておくことである。
      i:.:/:.:.:.:.:.:.:.i}ト':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.|
      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i}:.ノ
     ゝ=====彳:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::》⌒ヽ
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
.     /:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._:_:/:.:.:.:.:.:.:ノ
    {:.:.:.: ̄:. ̄:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:/     [神格]…P…形を得た神。サーバが健在な限り自身の全判定に+100%の修正。
      ゝ:.:.:.:.:.:.:.:《 ̄ ̄ ̄ ̄ i}:.:.:.:. 彳
        ̄ ̄         ̄





8383隔壁内の名無しさん2014/10/01(水) 06:46:32.26 ID:CDPvNfpv
待て
ちょっと待って+100%の修正て


8384根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 06:52:49.66 ID:lFpbwxH2



      !;トi、                         ¨i
       \!\                    ,:,ィ-イ   また、もしも微睡みのまま神が目覚めたのなら……
        ヽト、| ゙ヽr:.、            ィ;-'''"! ,iメ/
          \iヽ、|._  |´ ゙̄`i´ ̄ ̄i´   i ,..,ノi´.i/    その神はきっと泥の中から夢現に世界を覗いている事だろう。
           \. i `ー┼―‐┼―‐┼一"´i  ノ/
            .゙メ、.   !   |     |   ,i_../       なれば、もう一度泥の中に沈めてしまえばいい。
                 "゙;;;;;;;;;'゙ー‐‐''゙ー;;';;´



                           '|'ー 、
                           ! .、ヽ                         _
                              !  ! l                        {. ..`'-、
                           l  ! |                     ヽ  .\
                     _______ ./  ,i′/                      ヽ  、 .ヽ
                _,, ー'''"´  _.    `゙''┐ /                         l  .ヽ `'、
  ,,..,,,,_.    .._..-'"´   ._,,,.. -'゛    .__,,,.././                          l  ヽ ヽ
  \  .`',, ‐″   _,,..-'"  _,,.. -‐''ブ´ ., ‐ /                               l,   l  ヽ
    ゙ /   ,, i‐'"゛` ,..-‐゙´   ./  、,/,/                                  l  l、  .ヽ
  ./    ../  .,..-'´     ./  ,/" ./                                    l  ! ヽ  .ヽ
 /   ./   ./.,/゛'、      ./  ./.r /                               ,..-‐'"゙゙´゙ll. |.  l. .ヽ
"  ./   / ,./  .L  l     /  ./ .l .!                  l \           /  ./  / !   .!
  /   /  l  l  ゙L   .!  ./ l゙ !                ヽ ヽ       ./ .,.-'〉. /   .!   !  .,
../|  /    l  !  l   |  .!  ′.|                 l 'i l     ./   /  r'"    │ l .,!  .ゝ
  / /      l .l゛  .l_______                   l. | │    /  ,/, /       l  l li
  ! /      l !.、 .く_          `゙゙'''ー ..,,_          │} .}   .l . / │ !          !  l.l|,
 .゙/       .! ! ヽ  i `゙゙''''―- ..,,,_           `゙''ー、、      . l.从 .l    !│ .| !ー───_" }  .! .!
  l       l   、  !  l      .゙i゙''ー 、,    .\  `''-、  .// l| /   ,、.!.′ .,! ! '';;_,゙,゙¨''''''ーl゙   | . l
 ,!       l  t│  | / .l  .| .、 !   `ゝ、   \   . \ ゛   ./  ./._,..!  |   l´゛  . ゙゙̄''' |  | .;|  !
 !       l  .!.l  ! / .|  ././  l゙   .,、 .\   ヽ  '-, .\ ./   `゙´  .l .l   .ヽ     │ ! |,!
.│      /   ,!|  .l./  .| ./ ./   l   / !   .\  .|,  .ヽ  .ヾ        l l、 'i  .ヽ.    .! / l゙,!  l,
│         !   ./   /   レ゙,′ .l   ! |   ./\ .!ヽ  ヽ  . l       ヽ !ヽ.l-、 \   .l / .!
: !         !  ./  ./  /  |   |   /  |  /  ,- .ヽ.l. \  ゙‐  .l,       ゙'/ .".l . \ .\. ,! / 「
. |      l   l   /  ./  .l   .,!   |  ! / ,r,!   ヽ  ゙‐    .l           ヽ .ヽ  l- ,! .l゙

               泥濘の神に希い、再び泥の中に沈めるのだ。

               暴食の神の生み出した落とし子は消えないだろうが――

               そうすることで暴食の神は眠りにつく。

               人の世では測れない永い時間、目覚める事は無いだろう。

               尤も、永遠に目覚めない保証などどこにもないのだが……






8385根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 06:54:00.25 ID:lFpbwxH2



┌─────────────┐
│ ※システムメッセージ※   ..│
└─────────────┘

 ※ 冒涜的な禁書が正気を削る……


 やらない夫:【1D3:2】

 パチュリー:【1D3:2】






8387根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 06:55:48.11 ID:lFpbwxH2

 ※ ダウンズ強化による支払い分消費:3000クレジット&妖精石

        ___
      /     \
    /       ヽ
    | \   /   |
::>..、 | (●) (ー)  |
:::::::::ノ7、/ト、.._)   |    
`¨/:/ /:::::ヽ、    !
 ̄´`7ヽヽ、::::::/::`>.v'、   
    ,ゝ V, ':::::::::::::―'`ヽ、
 /ト、..<:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 //    ≧_、:::::::::::::::::::::::::::::
┗╋━━━━━━━━━━
  ┃Name:やらない夫
┏╋━━━━━━━━━━
▽ 能力 ▽
 生命値 : □□/4 0/1
 根性値 : □/3  0/3
 人間性 : ±0
 傾向   :君子は人の美を成す、絆のシルシ

┏       ┳       ┳       ┓
┃ 接近:05   知略:02   敏捷:02 ┃
┣        ╋       ╋       ┫
┃ 射撃:02   技巧:02   幸運:03 ┃
┗       ┻       ┻       ┛

▽ 傾向 ▽
 [君子は人の美を成す]:君子は人の美を見つけ、形とする。コミュ終了後、根性値+1点。コミュ相手の人間性+1。(最大±0、“一対一限定”)
 [絆のシルシ]:誰かとの絆、消えない繋がり。一対一コミュを行った場合、そのキャラクターの好感度の十の位点人間性を上昇する。

▽ 技能 ▽

 [微笑の守護者]…P…皆の笑顔を、守りたいから。期限のあるミッションリミットを開示・選択肢で身内が傷つく選択肢を予め開示する。
 [共犯者]…P…生命値が0になった場合自動発動(自身のスキルでも可)。生命値を1とし、そのシーン中全判定+10%の修正。(終了後気絶)
 [遥かな軌跡]…N…その道行が、やがて男の道となる。同行者のN・及びDスキルを一つ選択する。追加コストを支払ってそれを使用する。(根‐1)
 [人心掌握術]…N…『知略』の判定に+15%の修正。判定に成功した場合、戦闘中ならばその次の一手の判定にも+10%の修正。(根-1)
 [威圧交渉]…N…『知略』の手番及び判定の成功率に+30%の修正を加える。(生&根-1)
 [コード:ブレイブ]…D…中純度以上のダウンズとの戦闘の場合、あらゆる手番の判定に+25%の修正。シーン一回。
 [No Data]…P…Error

▽ 所持 ▽
 [クレジット]:誰もが持つ生命線。 7624C
 [モルフェ]:1:強力な鎮痛剤。生命値を最大まで回復する。依存性があり、取り扱いには十分に注意。
 [ディスクメディア]:中身不明。使えるらしい。技術レベル[現代]以上にある再生機を要する。
 [メディアスティック]:中身不明。使えるらしい。技術レベル[現代]以上にある再生機を要する。
 [デリンジャ]:『射撃』手番成功時、相手に3点ダメージ。近距離シチュエーションでのみ使用可能。残弾:0
 [シュタインズゲート]:狂った時計。シーン登場中の一部アナグラム関連存在の全手番を無効にする。一週間一回。
 [ルーラー]:1:泥濘に眠る者への介入装置。ショゴスサーバと繋がりを断つ。ショゴスサーバの5m圏内でなければならない。
 [ユノー・アミュレット]:色褪せない約束。所持者の死亡時に発動。死亡を打消し、生命値1としてシーン終了後に復帰する。世界で一回。
 [煙幕玉]:自動で逃走判定を成功させる。ダウンズBreak時にも可能だが、逃げられないイベントもある。
 [中純度妖精石]:1:ある程度高度な道具を精製可能。また、純度:中のダウンズ強化に使用可能。消費アイテム。
.


8388根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 06:56:15.95 ID:lFpbwxH2


          , - ‐- 、   _ _
      _ ,/´     \,'- - 、ヽ
     /  、-= - 、     ¬-ヽ }
    ,'ヽ_‐-}_ヽ_ `´,'_´ ヽ、_,/ /_
   /ヽ/`´/:.:/:.l:.:.l:.、:.\ /_ /、 ヽ
  ゝ,/:.:./:./-‐{:.:.|:.:.|:.|‐-|、|ー、´`}/ ヽ
   /:.:/:./:.:.|:.|__| リ{:.:.|:.|:.__|:.|:.:.:.:.ヽノ ` 、. |
   |:./l:.{:.|:.:|:.{.l心   ´仡タ,l:.:.:.:.:.|   |- '
   リ' ヽ:.:.ゝ:.ヽー' ,  ゞ-'/:.:.:.:.::ヽ--'
     /:.:.:.:.:.::ヽ、 -  _/:.:.:./:.:|
     /:.:.:.:.:.:.:.:|-‐`i ´_/:.:.:.:.:/:.:.:.:.|

┗╋━━━━━━━━━━
  ┃Name:パチュリー
┏╋━━━━━━━━━━
▽ 能力 ▽
 生命値 : □□/2
 根性値 : □□□/3
 人間性 : -3
 傾向   :[動かない大図書館]、[魔法使い]

┏       ┳       ┳       ┓
┃ 接近:01   知略:05   敏捷:01 ┃
┣        ╋       ╋       ┫
┃ 射撃:01   技巧:06   幸運:03 ┃
┗       ┻       ┻       ┛


▽ 傾向 ▽
[動かない大図書館]:知識の宝庫、動かない駄肉。図書館での調査判定に自動成功する。情報はこのキャラクターからの共有となる。
[魔法使い]:優れた技術者に送られる称号。毎R中最初の自身・ダウンズの『技巧』判定に+30%の修正。


▽ 技能 ▽
[妖精石加工]…P…妖精石を手持ちの加工式で加工する。純度によって精製できるアイテムが変化する。
[ラクトガール]…N…一対一の戦闘の際にのみ使用できる。『知略』判定に+25%の修正。(根-1)
[アンラクトガール]…N…自身が同行者である場合に宣言できる。そのR中に受けるダメージを常時2点軽減する。(生・根-1)
[弾幕結界]…N…自身の手番設置時に宣言可能。その手番判定成功時、火力を+1点し、ダメージを相手同行者にも与える。シーン一回。(根-1)
[謀略技巧]…D…月に一度だけ、テーブルオープン後に自身の『知略』と『技巧』を入れ替える(設置していた武装も同じく)。

▽ 道具 ▽




8389根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 06:59:11.74 ID:lFpbwxH2



              / ̄ ̄ \
           _,ノ ヽ、,__   \
           (●)(● )    |
             (_人___)   U  |
              '、       │   ……なんでこういう本って読むだけで気分が悪くなるんだろうな?
       <二ニヽ        |
       ./-‐   `i 、 ___,. イ
     {/´、     ',┐    \
      しrヽ    V      ヽ
        ヽ、_   ヽ   ィ  }
           \  \ ノ  i



         __,,,,....,,,_    _
   ,.ヘ.__''"´  、    .ト`>)`ヽ
  く   \|-─< ̄ ̄八 ー'   ノ、 /\
   |\__./>-─''"´ ̄ ̄`' ー< ,ハ /]
 __ノ-‐へ/ /  /|__ .!  ,     \|‐ァ'
. |__/| ,'  /´| __/| /! |__ |   ヽ|
  `!   | | /‐r‐‐r└' !、」__ !`|  |'
  |   | .!/|、弋_,リ u   |_lj |/  ,'
  |   |  ⊂⊃     '  ⊂!__/
  |   |    |u   __  U ,ハ ||     前に読んだ本も大概だったけどね。
  |   |    ト 、.,  __,,.. イ ! !!
  |   |    |ヽ-、\_|`ヽ、|  ||      ……で、これだけなんだけど対抗策は思いついた?
  |   ∧   !7\__/ム   /|   ,'|
  |   |/ ヽ..レヘ.__く_八)」`! / .!
  ', | .,' [>l]く]ハ  }| ll |{ [>l]く]
   ヽ| .!  \」 |   {|  |}  | ハヽ!
     `|,     |、  }| ll |{  |__」 ヽ、__
 __/     |___{|  |}    !  / __`ヽ.
 |:::::::/      .!::::!lll|| ll |{    | ,' /r‐-、 ',
 |:::::,'        |::::|lll|.!  |}    !. ! | {二 | |
 |:::::i       .|::::|lll||. ll |{   ハ | | ヽこノ/






8390根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 07:02:15.79 ID:lFpbwxH2



                      __
                 /    \
                    /       ヽ
                | \_   _ノ   |
                |( ●) ( ●) |
                | (__人__)   |         ……これじゃないか?
                  ヽ  `⌒´   ./
                \    /l-、___      繋がりを断つための道具だけど、介入装置なんだろ?
               _.l´/ゝ . __/l ̄:::/::`l
               /:::::::|:゙|`ー‐/ ::/::::::/:::::::::::ヽ    ショゴスサーバに直接干渉してツァトグアを念入りに封印する。
                {:|:::::: /:::|` ̄/ ::/::::::::|:::::::::::::::::\
              ) /:/ l /:::/:::::::::::l_、:::::::::::::::::ヽ
        , __,‐::'/:/     |::/:::::::::::::::::l\::::::::::::::::::\
.      /´::::_ /:/.|  / .|/:::::::::::::::: /.  \:::::::::::::::::ヽ           __
..    {:::::/:::::::::/...../‐ ´  ゙|:::::::::::::::: /.     \:::::::::::::::\.       /  /
       X::::::::::/...../`―‐-‐´|:::::::::::::::/.         \::::::::::::::ヽ.       /,-、/
     /::::::/´....._/__ , - ― ∨:::::::::::!.          \:::::::::::::\.   /_\\
.    /:::/........._/         ∨:::::::∧             \:::::::::::::\ / l\\||
   /::/∨`.X/_________,∨:::::::∧               \:::::::::::::X_ {\\||
    ∨  /´\二二二二二二`ヾ∨:::::: ∧.              \∧ ̄  ヽ ./
      i´ /`X´:::::| |::::::::::::::::::::::::: |..|:::::::::::∧               ̄ ̄ ̄
     ||.| |:::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::|´`‐‐´ ̄
      ヾヾ!::::::::::::::ヽ :::::::::::::::::::::::: |

 [ルーラー]:1:泥濘に眠る者への介入装置。ショゴスサーバと繋がりを断つ。ショゴスサーバの5m圏内でなければならない。



       ____      _,.. <''ー―――‐-zz_
        `ヽ、. ヽ  _, ィ<            __` ヽ.<¨¨¨¨¨,>‐ヘ
    | ̄¨=z.__ヽ, ィ<´           ri.   `ヾヽ  `ヽ<´ __」
    |     r'´                ハ    ノ ヽ    ヾ´  .|
      ̄ ̄ ̄ヘ   _    _ _   l rニ_― '   ノ     ト 、 |
        _У ̄  `z<__   ヽ  У  .\_/ .\r‐―'ーzヽl
         l .ヽ`ヽ   |.    ヽ   l ´   /. ヽ    .>,   /く \
          V、 ヽ. ヽ  l.   ,イ´ヽ    ./i ヽ  l  ./ 、 l // ∧  /
.         'ー=z_,.イ`ヽ i ./ーl: : :.iヽ、_ /ハ: :i!;| \__/ヽi! :`Yー'' j. `´
           ヽ、|、: .:i!フi.!  、l: : :.:i! l: : :.ト1 l-|ヽ,: : ヽハ .l: : :.l   /
       r、.,_   .l: : l、!il_iz、,_  l: : :.ハ l: :_」 .レi | .lハ : : ヽソi: : :.ト、/l
. .   ,.r_三ニー >z'./: : .l. V;心zァ ̄` . 二---- |ァl lハ_/ lフ: : :.l: : :.l
  ./___    ̄ ―‐   `>'.ゞ==''       .弋三リ|' i!l: : : : :.|: : : :.:l: : :l        ……そうね。
/                    ` ヽ、.  ,  _,...≧三'‐'ー==¨¨¨¨¨¨ニ三_
                     `ヽ./ ____            ヽ_     読む限り、[ツァトグア・アバター]は消滅しないけど……
                     | /        ` ー   ___ \
=========zzzニ__-z .   ヽ ↓'           <ニ         ̄i!   そうすればサーバの加護は無くなるはずよ。
三三三三三三三三三`i≧z、ー===='三lニニニニ≧Zzrz.、二_  -    i!
.、 三三三三三三三三三三 ハ .三三三三 l三三三三三三三三三≧Zz.、二_ i!  勝てない相手じゃなくなる。
. \ニ;三三三三 ,.-,.三__ ;三;ハl三三三三i|三三三三三三三三三三三三三>
   \;三;__ ./ ノ./ /', ;三;ハ三三三三|ニニ三三三,r―--<__. ヽ三,.イ¨´
    /\ l ヽ  l / ,.'7 l ;三;;ハil三三三;i|三三三三ハ ヽz、. ヽ '< l .l
    / />、 l  '  '''  /,r ァ三ハ.ニ三三ニi!三三三三_r.ハ_ ヽハ. '  V. .l
   /  '´ ̄|     ( .ノ ̄l=z'zニ二三レ'''´l ̄: : 八  ヽ  `    ノ.l、 .l
  ./     .l      ソ: : : :.:.i!: : :.,∧: : : : :.:.i.: :/i / ヽ  )    /  l ヽ l






8392根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 07:06:46.73 ID:lFpbwxH2



               _____
             /  ̄  ̄\
           /        \
           |     _,.ノ '(ゞ、_|
           .|    ( ー)ヽ ヽ
           ノ| U   (___人_\\__       沙子やジュライ、インデックスが後回しになるけどな。
       ____-‐./l l|、    `⌒(⌒_   \
    ,,-=ニ_::::::、::l ::::!ノヽ      し「、    \    ……と言うかインデックスは、無事なのか……?
   / ::::::::::: ヽ::::::)::::::| `ヽ. ___´ノ ヽ ヽ、   i
  i :::::::::::::::::: ヽく::::::::ヽー____l:::::〉::::)_______l_
  l :::::::::::::::::::::: ヽ:::y:::::ヽー―---!:: /::::| ::::::::::::::: |
   ! :::::::::::::::::::::::: l::::\::::ヽ    l::: l::::: | ::::::::::::::: |
   ヽ :::::::::::::::::::::::: ヽ:::\::l    l!::: l:::: | ::::::::::::::: |



     /.;.;.;.;.;.;.;.;.;';.             /~フ `ヽ.
.    ζ、 ;.;.;.;.;.;.;, i、 __/ミ:;、´ `>、、 i´ (     ';.
     l  `"'ッ-/ -、_/´  ヽ-‐'   〉`ヽ、 丶.  ノ〉
     |    / ' |ソ  /      ヽ "'"~丶ヽ ̄´ ノ |__
     |、 , ./ー,.''´/   | i   ヽ    |. i  l..`-i.ヽ.彡´~ |
.      l.Y ヽ/  | ,.  .ll |ii   l |  |i. l.i | l レヽ.    |.
      'yーi'  | | ';._,..|i!ヽ;  l .i, ッ'ilッ|lト、l. l |ヾヾ."'''-/
     ´、/ |  | | ,-〈 .| l. 'ヽ :イ ノ lノ il /|'' | l Y´>、ノ
      ソ iト  l ;  |>:'"`'.i )/.l/..l~"'''-〈l.  | | i ';`'、
      l l''|ヽ |ヽヽ〈廴:::::l / / ..廴::::/〉  l  l i .l´~
        | l .| ヽ';.ヽヽ. :::::::::     ::::::::/  /|  レi .l
      |l | l ヾヽヽ' 、    _   .,..イノ ノ |  |.i |.l       ……正直分からないわ。
      il | ノ. ヽヽヽl `' ;-   ‐; ´ ノ /  |  | l.lノ
       ノ /   l';. i,.,.,. ト、 ,......l>.//l  |. | λ       中立だって言うメモリ・レコーダーに聞く方が確実よ。
       ,;ノ /   | ';.i' __,/ i:'λ // l   | | /.ヽ
      // {   / )''´   |. レ _,. | λ  | |  ヽ
     / /   l   / ノ------//--| |   ノ ト、  ヽ             インデックスにインデックスの無事を聞くのか…… >
.    〉、   ヽ /  /  ,.,./ 〉ン´フ 'i|  l  /  | |   ヽ
   / `'-i..,,_〉〈,.,.ノ.| ξ.ソ // //〉、__∨_,.,.j. |   ヽ
   /,  /フ||ト~''ヽ. .! 〉〈    / /|~~ソ~>ーi.   |     ';.    まぁ、そうなるわね。
  /1 ,冫、 λ/ン<レ/ ヽ   ,<´ーソi<_、入   i    ';.
  //| ヽ. ,、イ 〉.-i''゙´  \ `ヾζ`ツ.、l |、λ,/   l    |






8393根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 07:12:06.76 ID:lFpbwxH2



                / ̄ ̄ \ -、_
             _,ノ ヽ、__   / / ,〉、
            (=)(= )/ ´/ /)
                (__人_) {    , ' ´,/
             '、`⌒ ´  V __, <´      ……
              |     〈´/::::Λ
              |       ヤ::::::::::::::Λ      あとはどっちに力を注ぐか、だな。
             `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ
             /ム _ , -./V::::::::::::::Λ、
           _,. -/:/===/´..::/i:::::::::::::::::::Vヘ
       //./.::::{   | :::::/::::i::::::::::::::::::.∨}
       j ::::::::>.:::::::l   |::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;
      i :::r :〈 ::::::::i   |::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ
       i :::| :::::'., ::::i   {:::::::::::::::::::::`::-==::イ
        | :::| ::::::::',::::i   ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::/

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  情報収集 を 終了 します。 ▽

  パチュリー の 好感度 が 2上がった!  (現在:55) ――限界値に達しました。

  主人公への評価:私の共犯者。


┌─────────────┐
│ ※システムメッセージ※   ..│
└─────────────┘

  限界突破後、好感度は55点で頭打ちとなります。 ▽

  ただし、ヒロイン投票後にさらなる限界突破、ボーナスなどがあります。 ▽

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






8394根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 07:15:27.65 ID:lFpbwxH2



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  [秋の月][第一週] が終了しました ▽

  時間経過で 生命値 が 1点 回復した。 ▽

  ついでに忘れていた[どくとるぺっぱぁ]が補充されました。 ▽

  次のターンに移行します。

  [武装購入]は第一週のみです。 ココはもう訪れません。

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋





8395根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 07:20:47.32 ID:lFpbwxH2

 ※ 情報資料は既読の為、アイテム欄から除外
        ___
      /     \
    /       ヽ
    | \   /   |
::>..、 | (●) (ー)  |
:::::::::ノ7、/ト、.._)   |    
`¨/:/ /:::::ヽ、    !
 ̄´`7ヽヽ、::::::/::`>.v'、   
    ,ゝ V, ':::::::::::::―'`ヽ、
 /ト、..<:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
 //    ≧_、:::::::::::::::::::::::::::::
┗╋━━━━━━━━━━
  ┃Name:やらない夫
┏╋━━━━━━━━━━
▽ 能力 ▽
 生命値 : □□□/4
 根性値 : □/3
 人間性 : ±0
 傾向   :君子は人の美を成す、絆のシルシ

┏       ┳       ┳       ┓
┃ 接近:05   知略:02   敏捷:02 ┃
┣        ╋       ╋       ┫
┃ 射撃:02   技巧:02   幸運:03 ┃
┗       ┻       ┻       ┛

▽ 傾向 ▽
 [君子は人の美を成す]:君子は人の美を見つけ、形とする。コミュ終了後、根性値+1点。コミュ相手の人間性+1。(最大±0、“一対一限定”)
 [絆のシルシ]:誰かとの絆、消えない繋がり。一対一コミュを行った場合、そのキャラクターの好感度の十の位点人間性を上昇する。

▽ 技能 ▽

 [微笑の守護者]…P…皆の笑顔を、守りたいから。期限のあるミッションリミットを開示・選択肢で身内が傷つく選択肢を予め開示する。
 [共犯者]…P…生命値が0になった場合自動発動(自身のスキルでも可)。生命値を1とし、そのシーン中全判定+10%の修正。(終了後気絶)
 [遥かな軌跡]…N…その道行が、やがて男の道となる。同行者のN・及びDスキルを一つ選択する。追加コストを支払ってそれを使用する。(根‐1)
 [人心掌握術]…N…『知略』の判定に+15%の修正。判定に成功した場合、戦闘中ならばその次の一手の判定にも+10%の修正。(根-1)
 [威圧交渉]…N…『知略』の手番及び判定の成功率に+30%の修正を加える。(生&根-1)
 [コード:ブレイブ]…D…中純度以上のダウンズとの戦闘の場合、あらゆる手番の判定に+25%の修正。シーン一回。
 [No Data]…P…Error

▽ 所持 ▽
 [クレジット]:誰もが持つ生命線。 7624C
 [モルフェ]:1:強力な鎮痛剤。生命値を最大まで回復する。依存性があり、取り扱いには十分に注意。
 [デリンジャ]:『射撃』手番成功時、相手に3点ダメージ。近距離シチュエーションでのみ使用可能。残弾:0
 [シュタインズゲート]:狂った時計。シーン登場中の一部アナグラム関連存在の全手番を無効にする。一週間一回。
 [ルーラー]:1:泥濘に眠る者への介入装置。ショゴスサーバと繋がりを断つ。ショゴスサーバの5m圏内でなければならない。
 [ユノー・アミュレット]:色褪せない約束。所持者の死亡時に発動。死亡を打消し、生命値1としてシーン終了後に復帰する。世界で一回。
 [煙幕玉]:自動で逃走判定を成功させる。ダウンズBreak時にも可能だが、逃げられないイベントもある。
 [中純度妖精石]:1:ある程度高度な道具を精製可能。また、純度:中のダウンズ強化に使用可能。消費アイテム。
 [どくとるぺっぱぁ]:消耗品。戦闘中を除く何らかの消費で生命・根性値が減った際に使用可能。その消費を0にする。



8396根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 07:26:10.25 ID:lFpbwxH2



                   - =
                ィ   ,-、 `ヽ
             、  {   [Y]    ) 、
              ゝ_八-= 二   〈  \
            -=彡: : トrッ=- ミ /:ミ. 、   、
            /: : : : :ハ}::::::::::::: イ: : : :∧   丶
             }从: :ハ::::::::::::::::::::从: : : ::ハ     、
               / ゝ   イ { >-:=ヘ
             <\ }_::. _ノ´. : : : : : : ::}     ,ヘ
        _ 。r≦       ̄  ̄   -=: : : : : :
                  }::    ノ: : : : : {       }
      /    {/      -=二   : : : : /  ハ   _ ノ
      }        , ´  _:.. :       / ゝ ̄: フ
     /     {:... ,  - 二: : : : : : : ミ      /´  ̄        ――かつて人類を再生させた一人の男が居た。
.    /         :__        ヽ: : : : : :{
    ト     }: /                ヽ}           偉業を成し遂げた彼は一人だった。
    , \__ リ          _       ::.
        〃      __    ̄ : : . .  ::|            誰も彼を讃えず、誰も彼の存在を知らず。
   ノ    / {   . : : : 「            `ヽ.
        } | ィ                  :::           多くの代償を支払って人類を再生させた男は、孤独だった。
  {     / .|     -=二,..,.二二ニ=--===___}
        {几冂 } ̄} [} / |     |气  ト廴|__}
┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┏┓┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┏┓┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┏┓┻┻┻┻┻
                ┏┓      ┃┃                      ┏┓┗┛                    ┃┃
              ┏┛┗┳━┓┃┗━┳━━┓┏━━┳━┳━┳┳┛┗┳┳━┳┳┓┏┳━━┳━┛┃
              ┗┓┏┫┃┃┃ ┃ ┃━━┃┃┏━┫┃┃  ┃┣┓┏┫┃  ┃┃┃┃┃━━┃┃  ┃
                ┃┗┫┃┃┃ ┃ ┃━━┫┃┗━┫┃┃┃  ┃┃┗┫┃┃  ┃┗┛┃━━┫┃  ┃┏┓┏┓┏┓
                ┗━┻━┛┗━━┻━━┛┗━━┻━┻┻━┛┗━┻┻┻━┻━┻┻━━┻━┻┛┗┛┗┛┗┛






8397根の人 ◆aeGKBk1TiE2014/10/01(水) 07:28:26.93 ID:lFpbwxH2



              l\  _ -.,
     /7       |  \|  ノ____
    /./        ゝ---<____ノ
    | |     _/ ̄ ̄  4、
    | ヽ_______ノ / ○   ○ ヽ
    ヽ-------´|         |
           \       | |
             ー------¨l_ L___
              ∪ ∪  ヽ―――ヾヽ
                          ∪
  __________∧___________________
/                                            \
  投下は以上になります。
  途中寝落ちてしまってほんっとーに申し訳ありません!
  お詫びと言っては何ですが、ちょっとしたシーン追加と……
  今週一回だけ追加行動としてコミュのみ可能とします。
  当然ながら一対一ならば傾向などの発動も認めます。

  投下本日は10月1日の20時頃から開始する予定です。
  また、安価のない追加シーンはそれ以前に投下します。
  それでは今夜またお会いしましょう。
\______________________________/






8398隔壁内の名無しさん2014/10/01(水) 07:29:30.43 ID:8IjX5VGb
乙、根の人だってにんげんだもの、しかたないね
ドクペは忘れてただけだったのか・・・



関連記事

category 【完】やらない夫は3分間を戦い抜くようです【死に戻り】
根の人◆aeGKBk1TiE
comment

3

edit
edit

Comments

comment
途中で根性値が尽きた根の人へ
つ「どくとるぺっぱぁ」
comment
これだけの質と量をほぼ日刊ペースだもんなぁ。
無理は禁物だよ。
comment
アイアンマンスーツいつ使うんや・・


  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: