このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


デジタルAAゲームブック世界樹の迷宮Ⅱ 22 第一階層 常磐色ノ樹海


8007◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 21:37:01.53 ID:N4LdpkMr


   |
   |
   |
   |
   |
   |__
   |―へ \
   ||    \\
   | ̄|    \\
   | ̄ ̄|    \\
   | ̄ ̄ ̄|    \\
   | ̄ ̄ ̄ ̄|   \\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   \\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   \\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   | |____________________
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_」_」:.工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


       -‐‐ニ ¨- ̄ ̄`ヽ.
    /'´ ̄.<´       ̄` 、
   〃   / ィ  ,ヘ ハ    ヽ. 丶
   /′ , ' // / トヾv,ハ.  i     ,
  ,'   /  ' ,' ハ |゛゛^"´|i_ト.     .
     ',   {.i!,++ト、  .'T|__j`ト、.i  |
      }   ヘハ_ィチキ-   ナfえ艾_|_  ,
     :  .i ヾヘ`匕}    匕ノj, |ハ} !
     |  ハトi`ト、       ,イ i'ノ .|
     { i!|ヾ| |゙ヽ   .-,  ク! |  i、.!
     ∨|l! | |、ィ゙> _ イ_)j! .!、 八',
        V!ヽ.| レヘ::|:.゙iYi´.:.:.:.:.|! |:.:i′ ヾ、
      .>ナレ^i|〈:.:.|||:.:.:.:.:.:.| .|!:.>‐- .
       i、  | j゙  ヾ:、:|||:.:..イ| .|レ'    ゙),
       ト.'、 j,|,-ニ、O}ォェャ{O_.| .|_,    //i
       | ヾjレ´.:.:.〃入ハ_>!i:.:.| .!:.゙、,  / ' }_
     〈、./.:.:.:.:〃:.〈∧.〉:.il:.:.:.l .!:.:.k'/   }゙.、_
      | {:.:.:.:.〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:|l:.:.:.:l i:.:.:}、___,  ノヘ.
      |弋:.:.:.|i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|l:.:.:.:.l i:.:ナi、___/'.:.:.:.j|
       j ,=ヽ:.ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.li:.:.:.:.l i'. ハ:.:.:.:.:.:.:.:./ヘ
     i´'⌒`l゙=;=-i:.⌒.;==-;--‐l レ′ヽ=、=彳:.:.:.:.',
    {     i i `i!:.:./'  j   .| |     ,ゝ'⌒ヽ;.:.ヽ
     |  ,ィ= } .|  ゙、/'   |   } !)   /'´ ̄`〈o>、〉
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃イリヤ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「織莉子なら、朝からどっか出かけてるよ?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 休日、あちらの宿を訪ねた君だったが、探している顔はそこには無かった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



8008◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 21:41:32.40 ID:N4LdpkMr


                / ̄ ̄ \,-、_
             _,ノ ヽ、__ /  / ,〉、
            (●)(ー-/ ´/ /),
.              (__人_,{  / ' ´ミ、
             '、`⌒ ´V __ <、
              |    〈´/::::::Λ
              |      ヤ::::::::::::::Λ
             `ュ`ー─ーV::::::::::::::Λ
             /ム _ , ー ' V::::::::::::::Λ、
           _,. -/::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::Vヘ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::.∨}
       j :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::レ;
      i :::r ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::::ノ
.      i :::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::-==:::イ
.       | :::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ せっかくの休日という事で、今のうちにこれからの事を話しておきたかったのだが、
┃ どうやら無駄足になってしまったようだ。

┃ 君はイリヤに礼を言うと、踵を返そうとし――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


     ,.',  ,::'/  .:   .  .  ヘ:. ヽ:.  `ヽ.`ヽ
    ,.''/ ,:::::/: .::; . .:i ハ. ハi.   i 、 `、  :::i::. : ヾ.、
   // .::;::/ :: .:// .::/ハi!i!i!|:  i:.i  i  ::::!::. : iヾ.i
  ,.' / .::,'::i ::.::,' i :/i.|    |i!_i_」__! ::::|::、:. l: i !
 '  ヽ :::i ::| ::::i :i,-ィ‐i!-   !i´_ノ_i!_!_ .l ::::iヾ::、i: i |
    ヽ :::!.::!i ::::ィ´!,=i=i!ミ   li'!'iち゚心ヾ、 ::::!、゙. ::| i、!
    ヽ:::!i :i、 :::|!メ' ち心   i!|ノ乂_ノ:i ィ'`ーi. i: :::! .!ii
     ゙i:::i.i :!゙、_,ハ、 乂_ノ」  ノ ! ゝ‐"'!:i'!:::::|:ノi ::| !i|
     !::i!i、i ヽ:ト.  `¨´  ,     ゙゙ !!i::i:::i"!:i :! .i |!
   ,ィ、 i ::!i iヽ.ヽト. "    _  _   !i::i ::i :!、V .i i!
'ー彡、三! :!i !ノヾ、ハ    ヽ´.   ノ  ノ'/.! :i、:!_、∨ ヽ、
,ィー―'ーi .:!リi---ヽ!i>'´〉        /!:i|i ::i´7/ヽ!―--ヽ=__
;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ::!ハ!;;;;;;ィ'´.::´:::《`>.__ /. /i |:!、 i::'/i ヽ〉___ `、
;;;;иイ´:::i ::ノ´i!´::ヽ:::::::::::ヾ、ー'¨¨¨¨¨¨¨`ゞ、 Ⅵ ,'/;;;;;;;;;;;;,`;;,、
;〈::...`ヽ:::ヽ`ヽ!、::::::、ー=、::.i;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::i、ヾ.ヽノ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
´.::`ヽ:::::゙ー`ヾ. }゙ー=ミ、:::.ヾゝメ、;;;;;;;;;:::::::::::::ヾヾ ヽ ̄ ̄`¨¨¨¨
::::::::::::ヽ、::::::::::)ハヽ、:::::ヽ:::::::ヾiiー=、::::::::::::;;::::ヾ、 ヽ ̄::¨¨`ヽ、
::::::::::::::::::ヽ:::ノ'.:::i i!、ヽ::::゙::::イ>心::::::::メ、:::::::::::::ヽ:. 乂:::::::::::ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃イリヤ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ってか、休みの日にわざわざ織莉子に会いに来るって、
┃ やっぱりそーゆー事なの?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ どういう事だというのか。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


8009隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 21:42:14.80 ID:mzGfJDCX
そりゃお前そういうことよ


8010隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 21:42:33.66 ID:oiXcgmaI
ホント好きだなそーゆー話題がww


8011隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 21:42:39.78 ID:VkPSJ12D
ほら、そう・・・・・・・あれだよ!


8012隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 21:43:24.10 ID:GWHusg41
そうそう…あれだよな


8013隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 21:45:04.13 ID:F17oLaLV
ああ、あれだな


8014◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 21:47:14.83 ID:N4LdpkMr


               .. - ‐― - _
            > ゜           ` 、
          ´ 
         /                       ゝ
        〃   / ,
     /'    /  /   /iVi|           i
      ゜ /  ′   . i |゙`´'|.      i   ヽ Y i
      { 〈   ′ ′ i | l  li | i   |   ト、 ゜  |
     ヽ } ′ | ,ィ.|T!ト  !|T ┼- /,′  ヽ!  }
       乂| i Ⅵ∧ヘ!  八! ∧ /イ  |  リ  .i
     /  Ⅵー|=≡ミ    =≡ミ!一 、    !
      .'   i    i:::::   ,   .::::::/イ i レ  i  ′
    {   ∧ノ 人         ー'1  ト.| .人 {
     丶 / ,ヘ/ /::.、 マ   フ ノ,′ノノ く  ヾ
    __/ ̄′ jく: : :r=丶. _ . ≦ / .ヘ( ノ   ヽ
   /1 | / 〈  V:ノ:i:i:iヽ|_,ィ:i:i:i://`ヽ_ >___
 Υ{| .∟ヘ___}/ ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/「 ノi  `ー、: : : >、
  {: :ヽ`く_(___  ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ir'、|_ _}′/' ,  Y/: : :}
  、: :レ:≧====彳{:i:i:ヽ:i:i:i:i:i:i:i:iヽ._)、.イ_ ィ  人: : : : ;
  〕:/ヾ三三彡': : }========〔{>-ィヽ.__`ノ〃ト、: : :}
..〔: : }: : : : : : : : :イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii〃ハ∧ミ===彳' /': :} :ノ
 |/: : : : : : : :/ ||:i:i:i:i:i:i:i:i/イ く__,j{: : <≦彡': : : :ト:、
../: : : : : : : : : : : :}!:i:i:i:i:/ : : : : :} }:ヽ: : : : : : : : : : :Ⅴ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃イリヤ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「いやほら、こっちの宿組でときどき話とかもするわけよ。
┃ で、織莉子とどういう風に出逢ったかとか聞いちゃってね?

┃ いやー、かっこいい事するじゃん。さすが中身だけはイケメンだねー」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                         ,.-─-、
                        /   ノ(.',
                        i    ⌒ i
                         !     ,'   _
                     ノ__ /    i }_
                  _,.ィ':::::::::::::::::`ー─ <//γ、
               ,.-‐'´...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`、. r_j
                /´...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: } }
             / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::イ-〔、
            ,ゝ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶:::::::::::: {::::: i
            冫:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l.:::::::::::: i:::: l
          /.::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::: i::: l
         イ.:::::::::::::::::/`,::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::: i、:i
        /.:::::::::::::::::::<ー- 、| ::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::: ノ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ やかましい、自分は外側もイケメンだ。
┃ それに今日の用というのは、織莉子の精神的なケアが中心なのだ。と君は主張する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


8015隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 21:48:16.28 ID:nmbKphGI
>自分は外側もイケメンだ。
…えっ?


8016隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 21:48:54.55 ID:mzGfJDCX
あれはまさにヒーローだったからね


8017◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 21:49:26.55 ID:N4LdpkMr


          ,‐-. 、__
      ,ゝ―'´   ` ゙ <
    , '´         、 -`丶、
   ,.′,  . .        `ヾ、ヽ`ヾヽ、
  / .,/  !i  :  i i、 /!  、ヾ、ヽ  `ヽ
. /  ,''  !l  i  :l !゙"""!i  ヽ.、ヾ、
. !  ,',i  .ii!i  !  i !   i.i!  i 、ト、 ヾ、
. ! ,'i/!  !i_!、__i!i i!i    i!i  l .ilヾ、  }
. ! ir-!__,ェi二ニミ‐!! ィニ三´! i! ヘ.i ./
 !i.(ゝ!i `匕乃ヾヽi!! 乞万¨ゞl‐i! ヘi i
..ノi iヘメ!! .i、! ̄     ¨¨¨リ ノ!'!i!i i!.!
´iノ !i!i`i! i!iヽ゛゛   ′  ´iノ!'i ,'ii! ノ.l
ノi 'ノノ,'il! i!i、  ー 一  ,.イi| !' .i!i´ ヘ
 乂'_i|i i|!i≧ 、  . <ノノ!i ! i!.! ノ
 ヽ:.(...、iトi、i!i__ `;i`ヽ、丿!i! !  !/   'ミ_'⌒)
 _≧ト、::ii ヾ.ヽ::i| ,'、:::.. /:`ヽ,i!  !i    (´  ⌒)
,ィ'`ヽ:::ヾ!i::::゙、 ヽ! !ヽ:::i`ヽ/、i!i  ノ'     `~ー'
ヽ.:::::ヽ::::ii:::::::i! i|!ゝ'ーヽi、::::ヾ、iヽ、
::::i::::::::`:::i!:::::::i! ヾ.   i:::`7::i`.i!:::::i、
:::::!::::::::::::i|:::::::::i i! !   !:: /::::ヾi!:::::!:!
:::::!::::::::::::i!::::::::::ヾ.i! ヽ. i:/:::`ヾ.!::,ノ::!
:::::i:、::::::::ノ:;'::::::::::i !!\У.:::::::::::ヾ.、::ノ!
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃イリヤ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「――ん、まあ、やっぱりそっちか」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


8018◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 21:52:42.36 ID:N4LdpkMr


                  .ゝ ―-、 ,...、
               ,.'.´      ´  `ヽ.
              , ≠ィ             ヽ、
          _..'´/ ,ノ ,   .     、  、 ヽ.
          ´ / .:/  ,' , ハハ   i.i ヽ.  ゙i  ゙.
           ゙.  イ  .'  !i゙゛"i i  !i.i i : i.  ゙.
           ! ,'i! i.  !_i.|  ーi-‐ナiナト|.i ト.  i !
           i  ,l: l、'´!_リ`  リ´ィテ'‐テメ-ト.ヾ.li:i
          ノ ノ!ト.!ハメ弋刃゙ ´!/ '¨¨´ノ! ,'ノ、 i| ゙.、
         , 'イ ./ iト.!: ヽ.゙、   ' ´   /ィ' !:、! . ト. ヽ.、
       ., '´,' ./.  l! !、:i !メ、` -、 ‐ァ,'' .| 、i ノ!i ヽ. `丶
      ,. '  / ./  ノ/)゙!i' i!'> .   , イ!: i`ヽノ ノ'
        {../  .'´//ry!: i|、:. ,ノ/≧l  ,''! :|彡'イ,、
        ゙、!  .,' i' ノi!: ,'ヽ:.ゞ、´¨¨¨メ.i! :!':.,ノ ヽ、
         !  i  ' iノ, ノ.、rヶメ、::......;ィヽ! l,イ  _.゙、
            !  ノ,'/メイハ===. _.:::!. |ィ,ゝ'´,, `ヽ
           i′=,'/'ゝ`,":::::::..y.:::: ̄メヽ. ヽ'''''    ∧
           ィイ¨゚ナ'`ヽ 乂::::::/.::::;イ"´ 'ブ、゙ヽ.    /
             i,ゝ'ノ'  '!.. ヾ、:;':.;イ'   / .`、 ハ    ,ノ
             /,.'/    ヘ;;;;;:...》《::::::::...../ ,,ィ ヾヘ  r'
        ,. 'ノイ      `、/';;;ヾ、;;;;ノ,,ィ''    ヽ.゙くメ,
     _., ,.' ' ´  ヽ.        ヽ、,ィ'"¨¨´       ,ィ'ヾ、ヾi
'´`ー=≠‐'     `ヽ      ;i!        ,イ,|  `ゞミ=-..__
             ト、     i!       ,∠=-'  `(メ、)  ゙̄=ニ二.====―-.._ 、
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃イリヤ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「私もなんとかしたいとは思うんだけど、
┃ 言ったところで、あれで織莉子も結構頑固なところあるからねー…

┃ 悪いけど、お願いしちゃった方がいいのかな、これは」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                      ___
                    /:::::::::::::::::ヽ         ____
                  / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                 / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                    .| :::::::::::(●).(ー )    |::::::::::::::::::γ:::::::::::::::::::: ノ
                   | ::::::::::::(__人___)    |:::::::,. -ーy::::::::::::::::::::: /
                   | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /
                 .| :::::::/::::: |        |   /...::::::::::::::::::::: /
                 | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/:::::::::::::::::: /
                 i:/:::::::::::: ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                   r:::::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::ノ::: 、:::: //
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 任せておけ――と自信満々に言えるほどではないが、
┃ 少なくとも一番信頼されているのは自分だろう、とも思う。

┃ 探索時は君こそが皆の安全を預かるリーダーである事も併せて考えれば、
┃ 君以上の適役がいないのも、また事実だ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



8019◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 21:55:34.94 ID:N4LdpkMr


                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \     v-,
            ( ●) ( ●)   |     | r
             (__人___)     |      | |
             '、        |     | |,.-、.
          ,,. -ー|         |ヽ__/ ̄ヽ` r´
         / .::::::、::|       /ィ::::〔 ̄ ̄ `' ト-、
        l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/::::〔 ̄   l:::. ヽ
        」 ::::::::l:::: ::::::「二二::::/ :::::::ヽ y   l::::::. ',
        l :::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    l:::::::: i
       / ::::::ー-ミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_/:: L::::|
      / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く::::::::::::::::::|::|
     / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 ::::::::::::::::::||
    / :::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ::::::::::::::: |
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 今日のうちに話をしておきたいし、心当たりの場所を探してくる。
┃ そう言って、君は宿を後にしたのだった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


          __
     . .=='´   ,、 `´,、 ̄ \
    ,:/  /  .ィ./' ヽ / ヽ ー、 ヽ
  〃  .'  / /   /゙''ヘ 、 . ト、 `.
  /   / ー=ァ´ |i:.  |   ! i|.i |  ゙l }
  !   ヽ /i ィ 卅、‐ト  !ィナレト、 !. {
      '. !ハ トィ仡符゙  ノ仍尓ゝイ r゙、
       }. |.ヽトゞ一′  `゙‐チイ,イi. }、
        ( ト!. ヾ、  、 ′,  .イ ハl/
      r、ヽ! ヽ マ> __ イ`j /、〉  ,、
      |jヽ !__,j::ヽⅥー‐一jV./:|__〉 /']
      V}、!/}:ヽ>:! !-=_ .-「//.´ r、:゙j/ i
      !ヾ、ヽ※jノー、 ィi//.:※| j/'//
      ∧ ヽ! VV======{ {=VV !, ,::、
      j::ハ  ノ^::::.\V/ヾ:、:^{   ハ::!
       |::!/\.ム ::::::::::.V.:::::::::ヽ::,ゝ_ヘノ、|
     ノ:/\__/、::i:::::ノハ::ヽ.:::i::イヽ._/}
    /.:/.:::::::::イ.::::|::::::/. ヽ:::::::|:::ヽ::::::::::::{
    ,/.:::::::::/イ:::::|::::/ >ヽ::::!::::」}::::::::::::ヽ
    !::::::::::: /´_T´ ̄/    `イ_ ゝ、:::::::/
    `ー‐ '゜/<ノ. < .   /   Vヽ  `¨
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃イリヤ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ん。それじゃ、お願いね」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


8020◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 21:59:16.39 ID:N4LdpkMr


                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |





l__l__l_|:::::|_|:::::|__トl|_|レ|'‐┬‐'―,. -rーr- 、‐'ー┬ートl|_|レ|__|:::::|_|:::::|_l__l__l
_l__l_____|:::::|_|:::::|__トl|_|レ|―'―/>┴┴<\_'_トl|_|レ|__|:::::|_|:::::|_____l__l_
l__l__l_|:::::|_|:::::|__トl|_|レ|>、ー/У    |    ∨゙,ーァ<トl|_|レ|__|:::::|_|:::::|_l__l__l
_l__l_____|:::::|_|:::::|__トl|_|レ|〕」__l」 |c_c_|_c_c| l」__「〔トl|_|レ|__|:::::|_|:::::|_____l__l_
l__l__l_|:::::|_|:::::|__トl|_|レ|_l」__l」 |     |     | l」__l」_トl|_|レ|__|:::::|_|:::::|_l__l__l
_l__l_____l_|_l_|__トl|_|レ|_l」__l」 |[二二|二二]| l」__l」_トl|_|レ|__l_|_l_|_____l__l_
l__l__l__l__トl|_|レ|_l」__l」 |c_c_|_c_c| l」__l」_トl|_|レ|__l__l__l__l
_l__l__l__l_トl|_|レ|_l」__l」 |     |     | l」__l」_トl|_|レ|_l__l__l__l_
l__l__l__l__トl|_|レ|_l」__l」_|___|___|_l」__l」_トl|_|レ|__l__l__l__l
_l__l__l__l_トl|_|レ|_l」__l」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l」__l」_トl|_|レ|_l__l__l__l_
l__l__l__l__トl|_|レ|_|  |            |  |_トl|_|レ|__l__l__l__l
_l__l__l__l_トl|_|レ|_|  |            |  |_トl|_|レ|_l__l__l__l_
                トl|_|レ|_|─r|丁 ̄ ̄厂 ̄厂|r―|_トl|_|レ|
                トl|_|レ|_|r─| ̄厂丁 ̄厂 ̄|─r|_トl|_|レ|
               ',l|___jレヘ|─r| ̄厂 ̄丁丁 ̄|r―|,ハl|_|レ'
                       |r─| ̄ ̄厂 ̄厂 ̄|─r|
                 └―' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄''ー┘


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ いくつかの施設を経て、君はギルド統括所へやって来た。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


8021◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 22:02:20.30 ID:N4LdpkMr


     .:;|  \\\V//////
     ;.;|──\ヽvV//〃/───────────────‐ 、
     ;.;| ̄ ̄ ̄|川州川/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\\
     ;.;|      |州川州|  ;..;.                  ;.    ::;;.; |  \\
     .;;|      |川州川|                            |     \
/|    .:|      |州川州|                            |;.
  |    |      |川州川| ;,..                           |:;..
  |    |      |州川州|  ;.;....                ;.;...    ;.;|
/     . ;| ̄ ̄ ̄|川州川| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄^\;....
     .:;|      |州川州|""""                    """"\.
     .:;|   ,,,/八八ハ八_,,,,                           "\;..,.
     .;:|   """""""""""                             "\;
     :.;|_""                                         \.,
     :.:|                                            \;;;...
     :.:|__                                          \
     :.:|                           """""""             \
     /""                                               """"\:.
   /                                                       \
  /                                                        \
/"""                                                        ""\
,,,,,                                                               \
""                                                                \
                                                                  \
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 裏手の訓練場をちらりと見た限りでは、織莉子の姿は確認できなかった。

┃ 以前稽古をつけようとして、何と言うか表現に困る状態だった事を鑑みると、
┃ 一人で勝手に剣を持ち出して稽古していなかった事には、安堵を覚える。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



8023隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 22:06:31.18 ID:tZs5lcgv
何と言うか表現に困るwww


8024隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 22:09:12.68 ID:F17oLaLV
どんがらどんがら


8025隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 22:09:45.35 ID:yMAxH0ke
ダメみたいですね


8022◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 22:05:09.82 ID:N4LdpkMr


────── -、=|! !             ||_, -──────
============、ミ/!:::|| |            ||_|ヽr============
[|]_|_|」|_|,j_|_|_|_|]||::||=|| |            ||_||::|||_|_]」_|_|_|_|_|_|」]
三三三三三三]||::||: || |            || ||::||[三三三三三三
|_|_|_]」_|_|_|_|_|_|」||::||=|| |            ||_||::||!|_]」_|_|_|_|_|_|」」
三三三三三三]||::||: || |            || ||::||[三三三三三三
|_| |_|]」_|_|_|_|」]_i||::||=||/                ヾ||::||i[l| |_|]」_|_|_|_|」]_
三三三三三三]||::|| ̄              ||::||[三三三三三三
|_|_|_]」_|_|_|_|_|_|」||/                 ヾ:||:|_|_]」_|_|_|_|_|_|」」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                     \
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君はその足でギルド統括所に入っていくと、資料管理室へと視線をやる。
┃ 以前ネギと出逢った、"世界樹の迷宮"に関する記録が保管されている場所だ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



8026◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 22:10:26.94 ID:N4LdpkMr


                        /      `  {     \
                     ,            |       \
                        /              |i          i
                  / /              八          |
       .            / /   _{  i    _i_   \   i    |
                ノイi  (爪八  i{   |ヽ八`   \i{     |
                   八  ) 斗ぅミ八  | Tぅミヽ i{   \   |
                     {  )}レ狄,辷」  ヽ | 辷ソ,〉 八     !
                  /八(∧   '  ノ  厶イ  i{ヽ  \
                    (   丶   、 _   ( ノ  八      \
                    ヽ i{  > `_  イ ヽ, / | ヽ
                    )八_彡イ |i   |__  )/ i|
                           ノ_ノ    〉>- 八
                      __r<´:: :,____/:: :: :: :/`::ヽ  /
                     _/:: :\:: :: :: .   /:: :: ::/:: :: :: :∨
                    {:: :: :: :: :: \: ∧ / :: :/:: :: ::ヽ:: : 乂
                  ):: ::/:: :: :: :>_∨_<:: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
                    /:: :: :: :: :: /:: :: } {,.───,:: :: :: .,:: :: ::\
          _∠ -  ̄二¬- -ヽ     / _,. --─┴-ヘ、}:::. :: :: :)
         |` ̄¨ ‐-ニ __ - 、ヽ\   / /, -  ̄__三ニ-`¬:. :/
         |   _」¨ ‐- 二_¬-、、ヽ_/ィr-‐¬二 ̄-ー¬__  |:::(  /
            |  |        L   卞==彳  _」 x_大_x.  |  |::::::ヽ{
            .!   |  ィネぇ.   |  | 桒│  |   ,火火   |  |\:::::::.
          .|  |   乏R   |  ト‐‐'|   |    J_|_し _⊥ │
            |   ∟   兀    |  │ │ ,⊥ -‐¬  ̄ _ 」│
             .ト、  L_      ┌′ |   | L - ¬ 古  ̄r┘ |
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ――織莉子の姿はそこにあった。

┃ 分厚い書物を開いて、ページに目を落としている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



8028◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 22:13:12.36 ID:N4LdpkMr


            / ̄ ̄\
           /   _,.ノ  ヽ、_
           |    ( ●) (●)
          |    (___人__)
           .|     ` ⌒´ノ
           |        |
            .|、       _r十、
             [::.ヽ、  __rく_} _i .}
     _, 、-一 :::"\ :::::::::} _i _l _i .}
   / .:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::} _l i_ i. {:.. ヽ__
  / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} _jノ`~゛ t:::::/:::::..\ __
  .i :::::::::::::::::、.::::::::::::::::::::::::::::} ゙i  -‐.i.,-‐、::::::::::::::.. \_
  i ::::::::::::::::::: i:::::::::::::::::::::::::::i   ヽ ⌒,; ‐'::::::::::::::::::::::::.. `::...、
  l ::::::::::::j:::::: i:::::::::::::::::::::_ノソ    } /:::i:::::/::/::::::::::::::::::::::.. `ヽ
  l ::::::::/::::::::::::::::::::::::::/.:::゙i::\__ rl ´::::: i::´::::::::::::::::::::::::::/::::::::: l
  l :::::/::::::::::::ソ:::::::,/::::::::::::::::::::ー,´:::::::: l>ーーー-、r-‐:'::::´::::::: l
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君はそこへ、軽い調子で挨拶の声をかけた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                     -――- ‐‐- ミ
                  彳           ` 、 ---
                  /               、/´    `ヽ
                ,ィ  ,                  ∨  __     i
             , ' γ  ,         、    ヾi=≦7´
              (i′/  ,゙‐/―/  i     ヽ,  .i          il
                 i i i .i / _i/i   ハ __゙,_  }i  {        リ
.               リl'./  i!'i''{ ハ|! リ. ゙, .}i、`ヽ}i  !         λ
               {   l¦代i乂(.´ ̄ト心} ハ  ハ      .i{
                   リi l ト  、 `   辷リレイ    i   i   .i
           ――― 、人          /    ィ   .i
       r‐‐/ r  〉 ゙, .} V  i 、‘ ’     从 i .リ / .i  i:!  .八
       |::{_j  `ー<_イノ'´乂i/:个 -- =≦=.リハ. 仆i ソi 从;  .i!
      〈:::i`ー}ヽ_}_〉::::::::::::::::::}::::::{__{:::::}::}:::}i /:::乂`..,  y'乂  .リ
       /:::::::::::::::.,ノ::::::::::::> ':::::::ノv辷ァ''´::'':::::::::::::::::> リ    イ
     .::::::::::::::::r┘::::::::/::::::::::::::」- 、 」:::::::::::::::、::::::::::::::::::::::Y  .{
    ,.‘:::::::::::::::::,.:::::::::::/:::::::::::::/  {i ∧:::::::::::::::::::Y:::::::::::::::::::ト  i
.   /:::::::::::::::::::/::::::::::::i::::::::::/   ノ',' ∧::::::::::::::::::i ::::::::::::::::::| 乂
.   ,゙:::::::::::::::::,.イ::::::>圦:::::〈   / ,'  ∧::::::::::::::::'::::::::::::::::::´\ .
  :::::::::::::::/:::::/   ヽ:::ゞ<   {   〉:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
 八::::::::::::::::,.ィ      〈::::::::::::`ー 'ー ´::::::::,.イ:::::::::::::::::::::::::::::/
   `¨¨¨¨´        i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、::::::::::::::::::::,:゙.
                 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ::::::::::::::::i.
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「え? あ…
┃ …どうも、こんにちは」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


8030◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 22:16:57.97 ID:N4LdpkMr


                           ,  ⌒ヽ
                       __    /      \
               _,  ´ - 、  `  {r  、    ヽ
              /⌒    ヽ  \    :.
            , /       :.        :.
.           / '    :     ト、   i   ヽ          i
          .,  .  ハ i iト    :.厶斗‐   i\     │
.         .i  i  i 斗jハ   :i j/ j/i   !  :ト、     !
.         .l   ´|...}/|.:イ: ヽ  ! . ミ、: : !  , -、   :.    i
          j! i .{l 汽沁   .Ⅵ ::トイ沁 .メ  .( i   !   :
.          ハト .八.:::トイ}   j/ .込z ./ / r' /   !    ハ
.        /  j ヘ ! Vリ          ./ ィ  ´   '   / :i
            ハ. 人.    '     .彡イノ /j!  /   ,  :!
           .i l|i 圦    。      ..jィ     ,   ...; 丿
.            :j/从{ .ヽ.         イ.i         i、
            八 |    >r‐    }イ /=- x..;  i  | \
                      _ノ      〉>- 八
                 __r<´:: :,____/:: :: :: :/`::ヽ  /
.             _/:: :\:: :: :: .   /:: :: ::/:: :: :: :∨
            .{:: :: :: :: :: \: ∧ / :: :/:: :: ::ヽ:: : 乂
             ):: ::/:: :: :: :>_∨_<:: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
.            /:: :: :: :: :: /:: :: } {:: :: ::\:: :: :: :: :: .,:: :: ::\
           ./:: : ′.: ::./:: :: :: xヘ、:: :: ::∨ :: :: :: ::}:::. :: :: :)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ …本に集中していた事もあるのかもしれないが、
┃ 織莉子の反応は、やや鈍かった。

┃ よく見てみると、少々目が赤い。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


8034◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 22:19:26.94 ID:N4LdpkMr


                   / ̄ ̄\
                  /   _,.ノ `⌒
                  |    ( ●)(●)
                  .|    (___人__)
                  |        ノ
                  |        |_,-‐、  / ⌒)
                  .人、      厂丶,丶,丶´ / ̄
               _,/( ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
        _, 、 -― ''"::::::::::::\:::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
       /::::::::::':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ::::::: )
      丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',:::::|
     i .:::::::::::::::::::::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈 ::::::::::::::... ',::.
    / ..::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\:::::::::::::::;;;ハ ::::::::::::::::::.. ',
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 体調でも悪いのか? と君は聞いてみた。

┃ 織莉子は長いまばたきをして、君に答える。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                        ,  ⌒ヽ
                    __    /      \
            _,  ´ - 、  `  {r  、    ヽ
           /⌒    ヽ  \    :.
         , /       :.        :.
           / '    :     ト、   i   ヽ          i
          ,  .  ハ i iト    :.厶斗‐   i\     │
.         i  i  i 斗jハ   :i j/ j/i   !  :ト、     !
.         l   ´|     ヽ  !ィ灯汽.!  , -、   :.    i
.          j! i  |ィ灯汽  :.   炒  ;  ( i   !   :
          ハト   炒   , j/     / / r' /   !    ハ
        /  j ヘ !              / ィ  ´   '   / :i
         ハ. 人     --  彡イノ /j!  /   ,  :!
           i l ハ             ィjィ     ,     ; 丿
       ι   :j/从{.  ≧  __  ≪ i         i、
                    __|     |      ;  i  | \
             __  イ¨ノ      ーァ=- 、i  ハ !  \
         ヘ≦/////ハ 、_  _,   ///// | i/∧ ヽ    、
        ハ/\/////∧ー――‐一//////∧ i//∧ \
          i////,\////ハ      ////////,j////∧     i
          |///////ヾ//∧     ////≫≦///////,i!       '
          | ////////≫x∧__/x≦////////////,iト、   ∨
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…ゆうべ、なかなか寝付けなくて」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


8035隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 22:20:36.90 ID:lBgDaXQs
フムン。気負いすぎか
あまり良くない傾向に見えるな


8037隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 22:23:54.45 ID:po+TKDyv
一緒に寝よう


8038◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 22:24:51.78 ID:N4LdpkMr


                   / ̄ ̄ \
                   ⌒´ ヽ、,_  \
               (●).(● )    |
                (__人___)     .|
                '、` ⌒´      |
             -ーー|        ト、______
            / .::::::、::|       /:::ノ:::::::::.`' ー-
           l :::::::::::::::::ヽ__、____,. "/::::::::::::::::::::::::.. ヽ
           」 ::::::::l:::: ::::::「、:::::::::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、
          l ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::. '、
          / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::|
            / .::::::ー-ミハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::|
         / .::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::/ ||
       / .::::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
       / .:::::::::::::::::::/'     `‐-、::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
      /::::::-‐…‐、/       i `ー-,:::::::::::::::::| :::::::::::::::: |::|
       l::::::::::::::::::::.. \       ヽ::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:::|
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ならば、こんな所にいないで、ゆっくりと休むべきだろう。
┃ 君は織莉子の向かいに座り、そう言葉を続ける。

┃ しかし、織莉子は小さくかぶりを振った。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


           __ __
       , -=        =- 、
     ./   /          >、 _ _
    /   /    l          ヽ    .゛,
    /   / l  ./. l    .l      .ヽ   .ノ
   /  /,  l /,/l     .l  l     .ト   /
   l   l   .l/-l-イ   l l l     l   .l
    、  l ィf示k, lヘ  / `ト.l l   .l   .l
    ヘ  .l ヘ辷ソ  ヽ/ 笊勿/  ./l.l   .l
     ヽk k:ヘ     ,  ゞ゚ソ / /リ   l
     ヽ  .ト   ‐-  -=イ-イ      l
      ヽ l l> _  -<l/  /l     .l
      _,,.ヘ:ト  7^ ト-- l / ヽ    .l
    /::::::::::l::::::ヘ  |フト,|/ kl///l l    l
   /:::::::::\ヾ::::::>ソ/ヽlヽ/::::::::::::l l    .l
   /:::::::::::=x;<::::::lL/l oゞソ ヽ:::l/:::l l    k
   ヽ::::::::::::::::ヽ/\:liヘ |il:/::::::ヽ:::l l    lト
    マ:::::::::::::::∧::::::li::ヘl/::::::::::::::i:::l .ト、    ヽ
    ヽ:::::::::::::::∧:::::::::\:::::::::::::リ::l ヽ    トヽ
     ∨:::::::::::::∧:::::::o::l::::::::::ノ::::l  lヘ.   ヽ \
      マ:::::::::::::::∧::::::::::l:::::::イ:::::::l  l l   l  \
      >ヘ:::::::::::::∧::::::::l:::::::l:::::::ム.  l l   ト
      l:::::ヘ::::::::::::∧:::ol:::::::l::::::::::i  l  ヽ  ヘ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「そんな優しい言葉ばかりかけられると、ますます困ってしまいます。

┃ …少しでも早く、私にできる何かを身につけて、皆さんに追いつかないといけないのに」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


8040◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 22:29:10.48 ID:N4LdpkMr


                      / ̄ ̄ \
                      _ノ  `⌒   \
                      (●).(● ) u
                     (__人___)    |
                   , =二ニニヽ、   |
                   /  二 ヽ、V   ト、_____
                 /   -、 }、j´   /:::ノ::::::::.`' ー- 、
                   /   /{_/_、____,. "/::::::::::::::::::::::.. ヽ
                  _/___ ノ:::::「、::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、
              _/ ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::. '
             l :::::::::::::ヽ〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i :::::::::::::::::::|
             ,' .::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::|
             ,' .::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::/ ||
              ,' .:::::::::::::::::/::/ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
           / .::::::::::::::::/:::/   `‐-、:::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
             { :::::::::::::::::::/::/     i `ー-,::::::::::::::::| :::::::::::::::: |::|
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 気負いすぎは――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


    / ,      /   /      l       \{   l    /     }
   /イ  l     /  l  ,         |        ヽ!   l Y  /      ,
   / ,  ! /   /  { ! i       |   ヽ   ヾ,   ∨! '       i
  { /   /  ,.イ  | ヽ !      l |!   }    |    } {      {
  !,/   {  / 从T人- \  !   -}-/!-、- |     !    , |         ゙、
  |ハ  |   |/  __ヽj ヽ..|    /イ__lイ ヽ j    {!   l {          ヽ
     }   , { 下云テ心ヽ } ;   /ト云心ヽl/    、    ヽ         ヽ
     |    ヽ!  弋z(ソ  /   / 弋z(ソ !,ィ     \    \        ,
    /    ミ、     /イ/      /イ   l  ト、ミ、    `ヽ、__
   ,    } \、     /,.     イ彡     |  !  `  }      \   }
    { l     ハ.              /{  /    | リ  ,  l          !
   {ヽ':,   /ヽ!\    ´  `    /ヽ }, / /l /  /  |             l
     } ,イ/     > .     . ,.イ   リ VI / /  /    !          ;
      /イ/      |    -     |    /イ_/  /    ,
                 | ',      / !    /   /    /         ,
           __,...ノ  、.   /  |____{   /             /
    ,....:<::\::::_, ´        ' \:::::::/ /ィ_                /
  /:::::::::::::::::::::\            `//イ:::::::`ヽ            /
_/:::::::::::::::::::::::::::::::::\          /イ:::::::::::::::::::::::::\        /
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「自覚はしています。
┃ 気負いも、焦りも。

┃ …でも、だからこそ余計に気が急いてしまうんです。
┃ 庇われてばかりの私が、本当に仲間の一人たりえているのか、と」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


8039隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 22:28:54.28 ID:yMAxH0ke
 真面目で責任感の強い良い子、というのも難儀だな


8041隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 22:29:35.75 ID:k+g47vG1
ロイベとかでもう結構ありがたいんだけどねえ


8045隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 22:31:26.44 ID:mzGfJDCX
まぁ、やってることは突っ立って号令かけるだけだからな


8046隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 22:33:05.41 ID:WyPKwPjT
大将の役割はどっしりと座っている事だ
それだけで十分仕事を果たしとるのにな


8048隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 22:35:45.20 ID:yMAxH0ke
そもそも、スタート時点での差があるのはどうしようもねえんだから、

やっぱ別の目標を与えるのは大切かもねー


8049◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 22:36:05.98 ID:N4LdpkMr


                 l     `ヽ ̄ ̄`ヽ、
            ,   ´ |             `ヽ
          _,/     、                  \
       / ̄        ',                    \
      / ,       } l  ヽ      - 、        `ヽ、
    / ,イ        ハ 、   \         \         `丶、
.   / / {       l-/--`\、  `ヽ、_     \           `丶、
   , / l  ,     |. {,.. -―`-\  ヽ  ̄`ヽ 、_  \               、
   { イ  ! ト, ヽ.     |リ´マr、_心 } ヽ,从    ト、\  \              \
   |ハ  、| ヽ \   ト、 弋z(ソ   j l/}     ! } ハ、 \\ ̄ `丶、          `ヽ
     } ヽ 从 ,ィ、`ヽ| \      /      { ./ /  \ ', リ     `丶、         \
     |  \ {〈マ心 i         /イ     l |〃´    `}         `丶、
     /   `ヽ `¨           l {     | 、                    ヽ
.   /ィ  /   、 `         ヽ、    !、`\                    \
.     |  |.    ハ、   ‘ ’      ,.ヽ /イ ,                        、
    ヽ !`ヽ、   `  、      /  /   ,
     `\ / /     `l ー ´、       ,___
    ι   {  i       リ     、       〉/::::::::::: ̄ ̄/7-、
         ヽ ヽ ̄`ヽ /      },       /::::::::::::::::::::://:.:.:.:.:.:.,
            ヾj  /イ      /〉    ,.:'::::::::::::::::::://:.:.:.:.:.:.:_:.
                   /::/   /:::::::::::::::::://:.:.:.:.:.:´:.:.:.:.:.:.:}
                  /:::::/ ̄´/:::::::::::::::::://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…昨日は変に意地を張って、イリヤさんに酷い事を言ってしまいましたし。

┃ あのあと宿で謝りはしましたけど、
┃ 気が咎めて、ますます落ち着かなくて…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ギルド結成時の約束ゆえに、弱音は吐かないと言ったアレの事だろうか。
┃ 確かに、受け取りようによってはイリヤのせいでこうなった、と受け取れなくもないが。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



8053◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 22:41:21.43 ID:N4LdpkMr


           / ̄ ̄\
         /   _,ノ `⌒
          |   .( ●)(●)
.           |    (___人__)
           |        ノ
            .|        |
            人、       |
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
  ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
/..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::...ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ、
:::::::::::::::::...ヽ::::::、-─────- 、_,. --──ー、
::::::::::::::::::::::::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー´ ̄ ̄ ̄ ̄/
::::::::::::::::::::::::://         / /      /
:::::::::::::::::_//__        ./ /      /l
:::::::::::::::{ _____  `ヽ     / /      /:::.l
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ なるほどなー、と適当に相槌を打ちながら、君はひょいと織莉子の読んでいた本を取り上げた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                           ,  ⌒ヽ
                       __    /      \
               _,  ´ - 、  `  {r  、    ヽ
              /⌒    ヽ  \    :.
            , /       :.        :.
.           / '    :     ト、   i   ヽ          i
          .,  .  ハ i iト    :.厶斗‐   i\     │
.         .i  i  i 斗jハ   :i j/ j/i   !  :ト、     !
.         .l   ´|...}/|.:イ: ヽ  ! . ミ、: : !  , -、   :.    i
          j! i .{l 汽沁   .Ⅵ ::トイ沁 .メ  .( i   !   :
.          ハト .八.:::トイ}   j/ .込z ./ / r' /   !    ハ
.        /  j ヘ ! Vリ          ./ ィ  ´   '   / :i
            ハ. 人.    ' _    ..彡イノ /j!  /   ,  :!
.           i l|i 圦   'v: : :)   u .jィ     ,   ...; 丿
.            :j/从{ .ヽ. .. ̄     イ.i         i、
            八 |    >r‐    }イ /=- x..;  i  | \
                      _ノ      〉>- 八
                 __r<´:: :,____/:: :: :: :/`::ヽ  /
.             _/:: :\:: :: :: .   /:: :: ::/:: :: :: :∨
            .{:: :: :: :: :: \: ∧ / :: :/:: :: ::ヽ:: : 乂
             ):: ::/:: :: :: :>_∨_<:: :: :: :: :: :: :: :: ::ヽ
.            /:: :: :: :: :: /:: :: } {:: :: ::\:: :: :: :: :: .,:: :: ::\
           ./:: : ′.: ::./:: :: :: xヘ、:: :: ::∨ :: :: :: ::}:::. :: :: :)
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「え、ちょっ、何を?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


8054◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 22:44:06.49 ID:N4LdpkMr


                     / ̄ ̄ヽ           | | | ||:||:|| ||:|| |
                    /       \        [二二二二二二
                    |          |       _|_|_____
                    |          |       |:|      | |;| .| |
                    |          |       |:|      | |;| .| |
                         |         ,'        .|:|      | |;| .| |
                       j __<   i         /.二フ  | |;| .| |
                   ,.イ::::::::::--.、ヽ _ノ   、(  /‐ ´- 、   | |;| .| |
                 / .::::::::::: :::::/ ̄`ヽ.     /     二ヽ.| |;| .| |
                 / ..:::::::::   .:::::/ :::::::::::::.`,  /      / `-'| |;| .| |
              / ..:::::::  ::::::::::::: :::::::::::::::: ノ ._ノ _  _.ノ    | |;| .| |
               / v ::::    ::::::::r :::::::::::__,.-、,' j::::::::::::::::〈[二二二二二二
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 何の勉強してたんだかは知らんが、その調子じゃ結果なんぞ出るまい――と君は断じ、
┃ 織莉子の読んでいた本を書架に戻す。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



8056◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 22:45:26.33 ID:N4LdpkMr


    / ,      /   /      l       \{   l    /     }
   /イ  l     /  l  ,         |        ヽ!   l Y  /      ,
   / ,  ! /   /  { ! i       |   ヽ   ヾ,   ∨! '       i
  { /   /  ,.イ  | ヽ !      l |!   }    |    } {      {
  !,/   {  / 从T人- \  !   -}-/!-、- |     !    , |         ゙、
  |ハ  |   |/  __ヽj ヽ..|    /イ__lイ ヽ j    {!   l {          ヽ
     }   , { 下云テ心ヽ } ;   /ト云心ヽl/    、    ヽ         ヽ
     |    ヽ!  弋z(ソ  /   / 弋z(ソ !,ィ     \    \        ,
    /    ミ、     /イ/      /イ   l  ト、ミ、    `ヽ、__
   ,    } \、     /,.     イ彡     |  !  `  }      \   }
    { l     ハ.              /{  /    | リ  ,  l          !
   {ヽ':,   /ヽ!\.    ⊂⊃    /ヽ.}, / /l /  /  |             l
     } ,イ/     >       イ   リ VI / /  /    !          ;
      /イ/      l  `    ´   !     /イ_/  /    ,
                 | ',      / !    /   /    /         ,
           __,...ノ       /  |____{   /             /
    ,....:<::\::::_, ´        ' \:::::::/ /ィ_                /
  /:::::::::::::::::::::\            `//イ:::::::`ヽ            /
_/:::::::::::::::::::::::::::::::::\          /イ:::::::::::::::::::::::::\        /
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…では、どうしろと」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ●) (●)
           |    (___人__)
            .|     ` ⌒´ノ
            |        |
              人、       |
           _,/(:::::ヽ、  __ ,_ ノ
   _, 、 -一 ''"::::::::::\ ::::::::::::::::::7、___   _______________
  /::::::::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.../´ ヽ、,,,_____ノ
  ;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヽ、 .} ̄)
 {;;;::::::::::::::::::::...v::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ'   、 ヽ_ノ  ̄
  ト:::ノ..:::::::::::::...:ヽ;;;;;:::::::::\::::::::::/(     r_ノ
  ヽ;;;;;;::::::::::::::::::....ヽ;;;;;;::::::::/⌒ヽ::::ヽ、y-ィ´|;;;;|
   ヽ;;;;;;;;::::::::::::::::丿ヽ;;;;/....:::::::;;;;;;;;;;::);;;:::::::|;;;;|
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 寝れ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



8058隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 22:45:54.14 ID:mzGfJDCX
なんとも簡潔だなw


8059隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 22:46:23.40 ID:yMAxH0ke
簡潔だ


8062隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 22:49:20.20 ID:WyPKwPjT
考えが纏まらないときはこれに限るか


8061◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 22:49:01.09 ID:N4LdpkMr


                     -――- ‐‐- ミ
                  彳           ` 、 ---
                  /               、/´    `ヽ
                ,ィ  ,                  ∨  __     i
             , ' γ  ,         、    ヾi=≦7´
              (i′/  ,゙‐/―/  i     ヽ,  .i          il
                 i i i .i / _i/i   ハ __゙,_  }i  {        リ
.               リl'./  i!'i''{ ハ|! リ. ゙, .}i、`ヽ}i  !         λ
               {   l¦代i乂(.´ ̄ト心} ハ  ハ      .i{
                   リi l ト  、 `   辷リレイ    i   i   .i
           ――― 、人   、       /    ィ   .i
       r‐‐/ r  〉 ゙, .} V  i 、     u .从 i .リ / .i  i:!  .八
       |::{_j  `ー<_イノ'´乂i/:个 -- =≦=.リハ. 仆i ソi 从;  .i!
      〈:::i`ー}ヽ_}_〉::::::::::::::::::}::::::{__{:::::}::}:::}i /:::乂`..,  y'乂  .リ
       /:::::::::::::::.,ノ::::::::::::> ':::::::ノv辷ァ''´::'':::::::::::::::::> リ    イ
     .::::::::::::::::r┘::::::::/::::::::::::::」- 、 」:::::::::::::::、::::::::::::::::::::::Y  .{
    ,.‘:::::::::::::::::,.:::::::::::/:::::::::::::/  {i ∧:::::::::::::::::::Y:::::::::::::::::::ト  i
.   /:::::::::::::::::::/::::::::::::i::::::::::/   ノ',' ∧::::::::::::::::::i ::::::::::::::::::| 乂
.   ,゙:::::::::::::::::,.イ::::::>圦:::::〈   / ,'  ∧::::::::::::::::'::::::::::::::::::´\ .
  :::::::::::::::/:::::/   ヽ:::ゞ<   {   〉:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
 八::::::::::::::::,.ィ      〈::::::::::::`ー 'ー ´::::::::,.イ:::::::::::::::::::::::::::::/
   `¨¨¨¨´        i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、::::::::::::::::::::,:゙.
                 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ヽ::::::::::::::::i.
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「それは、次の探索に備えて…ですか?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 勿論、それもある。
┃ いざという時に力を発揮できないような杜撰な体調管理をしているようでは、
┃ それこそギルドメンバーとして長期的に付き合って行けないというものだ。

┃ だが、それ以上に――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


8064◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 22:52:58.24 ID:N4LdpkMr


                __
              /     ヽ
             /     __,.ノ 、
              |      ( ●)(
               |      (__ノ`,
                |         ン′
              _ノ   `、     7
          ,イ:. ヽ、<ヽ,、___ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 自分を鍛えようとする事と、自責の念から逃れるために自分を痛めつける事は、
┃ 似ているように見えて、全く違うのだ。

┃ 今の織莉子は、後者に見える。君は、そう伝えた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



8065隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 22:53:26.36 ID:zInxIM5l
ヒュー


8067隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 22:55:16.26 ID:yMAxH0ke
ヒューッ!


8068隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 22:55:29.63 ID:oiXcgmaI
流石イケメン!


8069隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 22:56:42.12 ID:mzGfJDCX
さすが中身はイケメンだ


8070隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 22:57:24.08 ID:lBgDaXQs
さっすが外見も中身もイケメンは言うことが違うでぇ


8071隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 22:57:28.38 ID:WyPKwPjT
流石>1似のイケメ...間違えた
流石,イケメン!


8072◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 22:58:59.85 ID:N4LdpkMr


                             _
                            ´  /ハ
                  _____  ,/   { {
                ´        ` i      i
            /           ヽ∨ /  _{、
               /  /      ト、 ヽ__',  '.,V /   ノ
           / / ., ___{_  i 斗匕、} i  i iV    i
           ,' / i{  ./{i.  l、 .i斗=ミ |  | i ∨   |
            レ'i  i{ .,゙斥、  i V ト刈 〉  /i|i }i!    |
            |  iレ!. 似 \|i  ゞ ' ' ,.イ !/ i   |
            |   i , ,  、    ' ' /'´ } |/!    !
.             ノi   i人   っ    厶  / i! i!    |
          '´ i トi  个 .,_   _,.ィi / ∧|  !    !
            人_{ \{ヽir≦〕抓-≦レ'レ'〉---、.   |
              >‐ rト、三三三 >''´/'///`ヽ !
             ////∧ム`ー一 ´__,/'///////,ハ |
               ////, /∧乂___,,.イ////,゙//////,i !
                〉///// `7777777´///,{///////!i!
          //,‘//////////////////ハ/////八!
.          〈///{////////////////////}//////∧
            V/八 //////////////////ノ!//////,丿
          ////,ヽ ////////////////i//////,i
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…今、私のしている事は、努力ですらないと…

┃ なら、私はどうすればいいというのです?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



8074隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:00:07.97 ID:WyPKwPjT
もう寝なさい


8075隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:00:57.85 ID:oiXcgmaI
お前たちもう寝なさい


8076隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:02:29.37 ID:k+g47vG1
頭空っぽにして休むべし


8077◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 23:04:01.92 ID:N4LdpkMr


    ―― [] []
   | l ̄ | |     / ̄ ̄\
   |_| 匚. |   /   _ノ  \
      | |   |    ( ●)(●)
       |_|   |     (__人__)
           |     ` ⌒´ノ
 [] [] ,-,     |         }
   //     ヽ        }
 匚/    / ̄ヽヽ     ノ      ,.r-、
       /           ⌒\  P{三)
      /ヽ/^y       /\  \/\ノ
     (、、J /       /  ヽ /  /
        /      /    \___/
从从    (       /
Σ  ヽ、 __へ     \
Σ  /  ̄   \    \
Σ_ノ \、__ / \    ヽ
            \    〉
            /   /
            /   /
           /  /
           \二フ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ だから寝れっつってんじゃねーか!
┃ ほら母鳥亭行って美味いもん食って寝るぞ!

┃ 君は織莉子を引っ張るようにして駆け出した。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                       __ . 、,  ⌒ヽ
                     _,  ´ - 、  ../     \
                    /⌒    ヽ  \.{r  、    ヽ
          r-、  .., /       :.   ゛、  :.
     , -、    i  i  / '    :     ト、   i     ヽ
     !. ヽ,.   i  i .イr '  ハi {   ./   リ..!.ヽ        i
     ` 、, \  !  ii,.{ / ,イ.斗jハ  厶斗‐ヾ メ|.ト、      |
. (⌒'' 、,,,_  `'''゙  i!..|/.イ {.=ミ ヘ./ ≡ミっ|' . .! ヘ      .i!
  `' 、,,         `>''⌒`i.// ' ./////.厶イ  i{ヽ     ゛、
 r─--─          ,ィ ..| ̄ ̄ ヽ...彡.( ノ  八      ヘ
 `ー‐---、        フ"/>. |     |   . ヽ, /_ _ヽ     ヽ
      ヽ,,__,, 'ー--‐' .ヽ.X`ヽ、ー‐_,  ´/./:)/.:::::::.Y )     )
          ヽ,__,..、-=~:::.マノ !i//,,_ヽ_,.////!i::::::::::::.\    /
            `ヽ、::;;;;::::::::.{', !i//////////!i:::::::::::::/_, ィ≦_
                   ̄.,ィヘ,!i//////////!i:::::::::::i../.
                 /::::ヽ `:.、//////ノii:::::::::::i.,'
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「きゃっ!? ちょ、あの、引っ張らないで――!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



8078隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:04:54.21 ID:GWHusg41
人さらいー!


8079隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:05:18.16 ID:F17oLaLV
急にコミカルになったなw


8080隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:05:23.74 ID:LHsR8AU3
下手に考えこませるとどんどんドツボにはまるタイプだしな。
振り回して余計なこと考える暇を与えないのが吉か。そういった意味ではアチャ子とも相性がいいなw


8081隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:05:25.41 ID:pZhPyrg9
旗から見るとカップルである。


8082隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:05:29.49 ID:nmbKphGI
どこを引っ張ってるんです?


8083隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:06:27.75 ID:WyPKwPjT
白長大根が美少女を連れ去る案件が発生


8085隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:07:33.55 ID:CpX/FPNb
お姫様抱っこじゃないのか


8087◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 23:08:20.95 ID:N4LdpkMr


                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |





                             ________
                    _______ |\_______.\
                  i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |. |;;;;| i――――――‐ |:: .
                 l   i   .i   .i. .|;;;;| | II .II   _ :::|::;;;| |:::::
                 i___l____|___i .|;;;;| ||:;;||:;;|ロロ|_|iii.Å、| |:::
                    |:::::: :::: :::   |: | |;;;;| '――――――‐..|::
           ____   |::::::: ::::    | ,| |;;;;| | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| |
          \ ___ \ |:::...  .. .  |. | |;;;;| |    [ | ]    | |
______....|\ ̄ ̄\      \|_|;;;;| |___|___| |
              iヽ\   \_        \|              |
           __|__\\     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         └┬┬┘.\\.__________________\
           └┘\___.\___________________|::
              └┬┬┘::   ___     ___    ___  |;;
                └┘\_  └┬┬┘   └┬┬┘   └┬┬┘ . |::
                       ̄ ̄ └┘ ̄ ̄ ̄ └┘ ̄ ̄ ̄ └┘ ̄ ̄\
                                                \
―――― 、  i\          i\,――――――― 、.  i\          \
        \|\i        |\i\          \|\i               \
         \.|         |\| ̄\          \.|                \
.――.i.ニニi―┰'|   .       | ̄ | `┰――.i.ニニi―┰'|                 \
,. |\|__|  ┃                   ┃. |\|__|  ┃                     \
 ..... |    |                           |    |                     \

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ "天空の母鳥亭"は、まだ日が落ちない時刻にも関わらずそこそこ繁盛している様子だった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



8092◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 23:14:45.76 ID:N4LdpkMr


            / ̄ ̄ \
          /  __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)
              |    (___人__)
            |.     ` ⌒´ノ
           |        |
            iヽ       |
           }:::.`> ー-´-くヽ- 、___、
          _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 7¨:.ヽ
       __/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::\
    ,.-<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
   r´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::ヽ
    }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::\
   f:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i: /.::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /.:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
 /.:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::rヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ まだこの店に出入りするようになって一ヶ月と経たない君だが、
┃ なんだか雰囲気が変わってきたな、と実感した事を口にする。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                        ,..--、
                      /::::::::::::ヽ
              __   /::::::::::::::::::::::',
              },.>-' ―:::::::::::-::::<_}
            /::::::::::::::::::::::--::、::::::::::::ヽ
               /:::::::i:::::::::ヽ::::::::::、:::`::.、::::::::::\
           /::::::::::{::::::::::::::',:::::::::\:::::\:::::::::::',
          ,:::::::::::::ト:::::::::::::::::,::- ― -::::::\::::::::.
          i:::::::::i斗 \-:::::::::, \:::::::::::::::::::\:::}
          |:::::::::|:::!  \::::::::', xz=ミ、:::::::::::::乂__
          j:::::::::|:::!,ィz=x、ヾト::{" 泛ソ》j/ ー― ´
          ,:::::::::::ハ:《 泛ソ     , , ,  h ノ:/
            /:::::::イ::;ヘ:! , , ,         r.:':::イ
        ´  ̄ .j/ ヘ        ,    イ:/::|
                ヽ  `     / .i!::::::::|
                 ≧ = -= 彡   {:::::::::!
             ,. -ァァァ ´/リ     x<ミx|
            /: :///: : :{ {   ..イ: : : : : : : > 、
             ハ: :.///: : : :.|-―/ : : : : : : :./:i:i:/ <
              j: V// i: : : : :! /: : : : : : : : :/i:i:i/: : : : : ヽ
          /: : j/: :.|: : : :/ : : : : : : : : :イ:i:i:i/: : : :-―: : :}
            /: : :/: : :.|: :/ : : : : : : : : :/:}只{: :/ :: : : : : ′
          j/:/: : : :.レ/ : : : : : : : : /:i:i:/:i:i:}:´ : : : : :: : /
         ./: :.V: : : :://: : : : : : : :/:{:i:i:i/:i:i:i:i|: : : : : : : :.ハ
        {: :.八: : : :.!i : : : : : :/ : : 乂/:i:i:i:i:i:|: : : : : : :/: :.',
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃鳳翔
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「そうですね、ここ最近は。

┃   ホワイト・ナーガ
┃ "白鱗の蛇竜"の皆さんがこの店を使ってくださって、追い風になっている感じです」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


8093◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 23:17:55.04 ID:N4LdpkMr


    i:.:.:.:.:.:.:/:,ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:、
    |:.:_,..:.:.'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. // ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:,
   -≦:.-=チ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /   ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,
    |:._,,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄/ ̄ ¨¨ キ-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
  -=≦--=彡_ ..ィ:./}:.:/     |:.:/:.:.:.:.:.:.:./ l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
    |:.:. ̄:.V 、|/ .}/ __    |∧:.:.:.:.:.:./` ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
    |:.:.:.:.:.:.{  「     ̄``'ミ   '.∧:./  .l:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:. l
    |:.:.:.:.:.:.:.、   ///         =ミx、 ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
    |:.:.:.:.:.:.:.:.`ー!                ん}:.:.:.:.:.:.:∧|
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、        ′  /// /ノ }:.:/}/}/
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ、   _             }/
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. / l:、   `   >     /
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.i/   } ヽ、           イ
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   }  ` .,_,, '"´
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.| __ }      {
    |:.:.:._,,'"´: :\、     77 ̄`ミ、_
 ___レ7:l:/: : : : : : : : :\ 、  /./: : : : : : : \ヘー--- ミ、
': : : : : l:l:l:i: : : :、: : : : : : : \ / /: : : : : : : /: : Vヘ: : : : : : :ヽ
: : : : : .l:l:l:|: : : : \: : : : : : : ヽ/: : : : : : : / : : : Vヘ: : : : : : : ,
: : : : : :l:l:l:|: : : : : : ヽ: : : : : : /: : : : : : : /: : : : : :Vヘ: : : :i : : l
: : : : : .!:l:l:!: : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : :/: : : : : : : Vヘ: : :!: : :l
: : : : : l:l:l:l{: : : : : : : : : : : :/: : : : : : : :/ : : : : : : : : Vヘ-く : : l、
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃鳳翔
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「煮魚丼の一件以来、料理の評判が上がってきて、そちら目当てのお客さんも増えてきましたし…

┃ それに、あなたがたがこの店の看板ギルドと認識されるようになってきて、
┃ 依頼の持ち込み件数もだんだん増えてきているんですよ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


8094隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:18:45.99 ID:WyPKwPjT
知名度が上がるのはうれしいね
その反面のもやもやは厄介だけど


8095隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:19:38.55 ID:mzGfJDCX
そしてここから依頼取ってく冒険者も増えると、良いこといっぱいだな


8096隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:21:04.67 ID:j+PnmRY9
こうやって発展していくのは楽しい


8097◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 23:22:17.53 ID:N4LdpkMr


                 / ̄ ̄ \
              _,ノ ヽ、,__   \
              (●)(● )    |
                (_人___)    .|
                 '、       │
              、      イ
                 ゙、 ___,. イ i
                ,r... __>ーメ.┴ュ
.             _,. ,i´::::::::::::::::::::::_::::::>、__
           ,.<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>-.、、
.          「::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::.`、
         /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}
.         / y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
.      /:::::.i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ/:::.:::::::::::::::::::::j
     ノ.::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 看板役と認識されるほどに評判がいいとは、少々予想外だ。
┃ そこまで目立つ何かをしただろうか――と考えて。

┃ …なるほど、目立つには目立つだろうな。と、織莉子と慶次の振る舞いを思い出して納得した。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                ___    ,. --、
             >.:´:::::::::::::::::::::::::<:::::::::::::::\
          __/:;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、::::::::::::::.
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ::::::::\::::::::::}
        /::::::::::::::::::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::\:::::|
         /:::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::ヽ:!
      /::::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::',::::::::::',
      /::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::| ',:::::::::::::::::::::::::::\:::::!
    /::::ィ::::|:::::::::/ ̄',::::::::{::::::| ヽ:::::::::::::::::ヽ::::::::ヽ}
    ´ ̄  {::::|::::::::′___ :::::::!:::::::!   __ \::::::::::\::::::\
       八::ハ::::::ィf孑ミヽ:::ト、:::{ ィf弍ミx\:::::::::\_\
          j从     ヾ ヾ      j/ ー―:\
           } , , ,       , , ,   h ./::::::::!
           人             -イ::::::::::;
            \  マ   フ   イ::/:::!:::::::::/
              >  _   < .{/::::::|:::::::::
                   __j    .人}::::::!::::::::|
               >.: : :ハ  // \|:::::::::!
             ..ィ:i/{ : : : { {//: : : : : \::::!
            /|:/:/: : : : : :!. / : : : : : : : .イ }<
           /: : :}:i/ : :|: : : / : : : : : : : : /: //: : : <
            /: : : :レ: : : :!: .イ : : : : : : : : :/: // :/: : : :ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃鳳翔
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「もちろん、ただ目立っているだけというわけではありませんよ。

┃ 今のところ、依頼の完遂率は10割。
┃ 元老院直々の依頼も難なくこなし、結成から間もないのに早くもB3Fすら視野に入っている…
┃ ですから、期待のギルドとして注目されている、と考えてください」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


8098隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:22:41.47 ID:oiXcgmaI
このように活動の成果が出てきてるんだぜ


8099隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:22:59.27 ID:k+g47vG1
鳳翔さん素敵な笑顔や


8101隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:24:05.09 ID:WyPKwPjT
ああそっか。普通は10割じゃないか。
まぁ、真面目な理由もだろうけど途中でブッチするバカもいるだろうしな


8103隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:24:59.59 ID:k+g47vG1
引き際を誤って未帰還になったりね


8104隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:25:35.24 ID:mzGfJDCX
まだ糸使ってないしな


8106隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:27:04.18 ID:WyPKwPjT
笑顔がすてきな美人で、料理も酒もうまいと来たら通うなぁ。


8107◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 23:29:54.60 ID:N4LdpkMr


                __
              /     ヽ
             /     __,.ノ 、
              |      ( ●)(
               |      (__ノ`,
                |         ン′
              _ノ   `、     7
          ,イ:. ヽ、<ヽ,、___ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ このギルドの成果がしっかり認識されている事だけでも、
┃ 知れば少しは気が休まっていただろうか――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                               ,  ⌒ヽ
                     __    /     ヽ
                ._,  ´ - 、  `  {r  、   ヽ
            ../⌒    ヽ  \    :.
     O      ., /       :.        :.
        o     / '    :     ト、   i   ヽ         i
             .,  .  ハ i iト    :.  j/ j/i   !  :ト、    ヽ
          .i  i  i  ....ハ   :i .}  ̄` ミ.!  ,     :.   i
          .l   ´| ´ ̄.イヽ . | .:'     メ , -、 i   !  :
             j! i .{l.| / /八 Ⅵ / 三三 / /( i   !  ノ
          ハト ...Ⅳ三三 ...j/     ., ,./ ィ...r' /   ' /
         /  j ヘ | , , ,         彡イノ /.´  ./ ,
           ヽ.ハ....ハ               _,.jィ     ,
            ..i l|i ,込ゝ  _   `´    イ       ,
             :j/从{..{ゝir≦〕抓〔≧レ'レ'>---、.  ...| i  \
                八 | ‐ rト、三三三 >''´/'///`ヽ  !  ヽ    、
             ..ヽ|./∧ム`ー一 ´__,/'///////,ハ  |    \
               ////, /∧乂___,,.イ////,゙//////,i  !        i
                〉///// `7777777´///,{///////! i!        '
          /,‘///////////////////ハ/////八 !       .'
.          〈//{/////////////////////}///////.ノ     ./∨
            V八 ///////////////////ノ!//////i       /
          ///,ヽ /////////////////i//////,i    /
         .//////i/r 、(\'/////////// i!//////,!   /∨
        .,イ////(\/) ̄)'iヽ'////////  |//////,|
.        ./////__ /-,/ ̄ __V///////,{   i!//////,!
        ,゙///,〃' / /,  // 厂ニ=- __i_r'////// }
         {////{{   イ/\// ,゙///////////////////}
.        .人///乂r '////∧__{__////////////////// }
         ̄ ̄////////////二ニ=‐‐‐r―――― '
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 満腹になって寝こけ始めていた少女を見て、君はふとそんな事を考えるのだった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


8108隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:30:33.15 ID:mzGfJDCX
織莉子ちゃんかわいい


8109隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:30:48.83 ID:lBgDaXQs
寝顔天使光臨


8112隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:32:45.34 ID:oiXcgmaI
健康第一だな


8113隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:35:13.33 ID:WyPKwPjT
織莉子の境遇は只でさえキツいんやし、
根を詰めすぎてもアカンで?


8117◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 23:39:19.14 ID:N4LdpkMr


.                         _______
                       /    \,-、__
                     /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
                     | (● ) (● ) ,.! ┴-'、
                     |  (___人___) 〉-‐‐´ l
                     .|       u 〉--‐´ l
                      |        iヽソ   l
                     Λ      ∧`;"   '、
                    __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
              _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
            ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
          / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ それにしても、織莉子が想像以上に思いつめていた様子だったので
┃ どうにか落ち着かせるだけが今日の精一杯だった。

┃ それ自体は充分に意味のある事だろうし、
┃ 織莉子の悩む原因が実力差ゆえの疎外感である事は確信が持てたが、
┃ 果たしてこれをどう埋めていこう。

┃ …君の悩みの種は、まだまだ尽きる様子が無かった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


8120◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 23:42:05.08 ID:N4LdpkMr










┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ――その夜、"天空の母鳥亭"でボヤ騒ぎがあった事を君が知るのは、翌日になってからだった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛









.


8121隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:42:56.59 ID:LHsR8AU3
む?何やら不穏な・・・


8122隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:43:13.64 ID:F17oLaLV
!?


8123隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:43:19.35 ID:yMAxH0ke
ファッ?!


8124隔壁内の名無しさん2014/08/08(金) 23:43:25.22 ID:mzGfJDCX
むぅ、きな臭い


8125◆SQ.iJMf4FY2014/08/08(金) 23:43:56.93 ID:N4LdpkMr
今夜の投下を終わります。
明日夜、探索パートやりましょう。



関連記事

category 【完】デジタルAAゲームブック世界樹の迷宮Ⅱ
◆SQ.iJMf4FY
comment

5

edit
edit

Comments

comment
コミカルさに癒されてたらラストだよ!

キナくせえ……
comment
ボヤ騒ぎて、燃料が気化して爆発したのは他じゃないのか!?
鳳翔さん関係ないやろが!!
comment
火災……原因不明……第三砲塔……
comment
たぶん孕みりあ星人が宿にいたんだと思うんですけど(迷推理)
comment
なんでや! 大鳳関係無いやろ!
なんでや! 陸奥関係無いやろ!
なんでや! 城ヶ崎ネキ関係無いやろ!


  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: