このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


デジタルAAゲームブック世界樹の迷宮Ⅱ 3 OP-③


646◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:01:07.96 ID:moSHUWTG


          , ‘ ̄``ヽ.
       ,.ィ ´        '⌒` ヽ.、
   ,.-‐メ,               ゙ヽ.
 ,ィ/,.'´ /    \、      ー.、  ヾ゙ヽ
, ,イ / , /      i\、 ヘ.  、  \  ゛、i!
/  / //   i ! ト、.|、、.\、∨ ヽi   iミ、  ,
  / /.,′i.  l!|i. |!i!.!ト、∨i、ヾ.、. :l   |ミミ、 i !
. / ,' i  l  |i!|! i!   i!| !i\ ト、|!i  .|ミミ、 ド、
 ヽ  ;.|! l. _i|_!|、゛、   !| |! _ヾメィ|  .|メ、ミ i、`ー=―'
  i i!ヘ. ト、__i!メミヾ、、 i| |!,ィハ´:i!゙テ‐ .!ハ iミ、.ヽ.
  | ト、ヾ、ヾゝヘ弋ゾヽ !´'´ゞ='′!l  |メ.ノ、ヾ=-メ-、
  | |ヾ.、、ヽゞ、! `¨           ノ|  |イー彡'个==―. 、___
.  ノ i ハ\.| i!lト、    '       ノイ  |\/.:::::|!、`ヽ  ヾ:::::::::::::..``ヽ.
  \ ヽ. `ヽ! l |!ゝ.   ー―'  ´∠! .i |::::i::::;:::::::|!ヾ, ゛   li:::::::::::::::::::::.ヾ.、
   \.゙、  .| i!.!! l|'`>,. _ .,' ノi!, l .!::ノ、;:::::::::|!      |l::::::::::::::::::::::::::i.ト、
     ヾ.y l i!.|l i|:::,ヘ.:::::ト、ー=イ::i,' i |/ヘ.、:::::::||      |i:::::::::::::::::::::::::::|i::::
          ノ !:|ヘl|::ii^:、、:ハ、::ヘi{::/,. | 人メ:ヾ.、:::||      il:::::::::::::::::::::::::::|!:::
        | :|、|i!V ヾ.、Θ===/;'i !iΘ)__\!! 、 :,   ./.::::::::::::::::::::::::〃;ィ
        | :!`|ト、;',====イ/.:/!i!| !|=/ノ¨¨¨``ヾ.Y___/=、:::::::::::::::/.::¨:::
        | :! .!!``i ::::::::::il:::ヾ|!l| :ハ:i |:::::::::::::::::::.ヾテ'´.:/i!゛ト、ー=イ'.::::::::::::::
        | i! l.!  l.::::::::::il:::::L!i! ノヘヾ.Y:::::::::::::::::::}'"  }|i i|ヾ.Y /.::::::::::::::
        | | i|  {:::::::::::||:::::::|i! |、:::ヾ!|::::::::::::::::::ノ    }|i! |ヾハ/.::::::::::::::::
        | ! |!  乂:::::::||:::::::|! i!ミ、::::ヾ!::::::::::::;:'、ー  メ!!| !,ィ'´ ̄`ヽ.::::::
        | :i  |!    >ー‐イ;ハi!|`ヽ゛ー|!―‐ ' _j,,,,,,,ィ ノ`|ノ'´`ヽ. 、ヾ`;イ
        ヘ.|  |!    ,ィ´,ィヘ,ノ!|'ー-《{|!ー ''''´ 〈,,, ,,,',,丿〉,、  ヾ、./
         ヽ. !   rイ‐i´{ i'!|ヘ.、 ゙゙゙》〉!  、,,,,,,j,,ィ, メ/ /´/ 〉ー,__ /
                 ノ_ハ ヘ ヽノ!!ヾ、 /\!   '(,ィ'/t./ノ;;;/_ノィ .〉
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 彼女の現在のクラスはどうであろうか…?
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃(1) ナイトシーカー/レンジャー (特殊攻撃 兼 万能探索型)
┃(2) ナイトシーカー/スナイパー (特殊攻撃特化型)

┃ ↓このレスから3分以内、1D100結果が大きい順で先着3票入ったもので決定
┃  (ダイスを振るには !1d100 と入力してください)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




647隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:01:36.32 ID:3BZhGFLS
1
【1D100:85】


648隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:01:52.20 ID:n7l8pdSW
2 【1D100:4】


649隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:01:59.35 ID:9jfMVtwL
【1D100:75】
1


650隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:02:00.25 ID:F7qjePM4
【1D100:95】
(2)


651隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:02:01.16 ID:VniIY6jl

【1D100:26】


652隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:02:01.44 ID:K1dCUI/P
2 【1D100:5】


653隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:02:02.13 ID:UobFP8Fp
2
【1D100:57】


654隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:02:08.60 ID:iKRHG8M4
1
【1D100:90】



656隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:02:19.39 ID:uzlnIGIr
1
【1D100:20】


657隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:02:35.88 ID:SsPK9Mbg
(2)
【1D100:40】


658隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:02:46.86 ID:PYAQFp6B
1 【1D100:70】


659隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:02:47.68 ID:VDChODRQ
2
【1D100:58】


660隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:02:52.25 ID:mm4o22mc
【1D100:75】
(2)


661隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:03:02.21 ID:G5dXDoEL
ミスッた
1 【1D100:47】


662隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:03:19.71 ID:JOHh4j0x
1
【1D100:50】


663隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:03:47.61 ID:WhHfUKFp
1
【1D100:36】


664隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:04:20.18 ID:ONWRyM1w
(1)
【1D100:36】


665隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:04:47.52 ID:pua0onOy

【1D100:59】


666隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:05:11.98 ID:JzyBmTM/
【1D100:47】



668◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:05:40.18 ID:moSHUWTG
>>650
>>654
>>647
>>649
>>660
ですかね。


669隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:05:42.77 ID:9jfMVtwL
レンジャーかな?





672◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:10:05.40 ID:moSHUWTG


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ イリヤのデータが決定しました。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


          , ‘ ̄``ヽ.
       ,.ィ ´        '⌒` ヽ.、
   ,.-‐メ,               ゙ヽ.
 ,ィ/,.'´ /    \、      ー.、  ヾ゙ヽ
, ,イ / , /      i\、 ヘ.  、  \  ゛、i!
/  / //   i ! ト、.|、、.\、∨ ヽi   iミ、  ,
  / /.,′i.  l!|i. |!i!.!ト、∨i、ヾ.、. :l   |ミミ、 i !
. / ,' i  l  |i!|! i!   i!| !i\ ト、|!i  .|ミミ、 ド、
 ヽ  ;.|! l. _i|_!|、゛、   !| |! _ヾメィ|  .|メ、ミ i、`ー=―'
  i i!ヘ. ト、__i!メミヾ、、 i| |!,ィハ´:i!゙テ‐ .!ハ iミ、.ヽ.
  | ト、ヾ、ヾゝヘ弋ゾヽ !´'´ゞ='′!l  |メ.ノ、ヾ=-メ-、
  | |ヾ.、、ヽゞ、! `¨           ノ|  |イー彡'个==―. 、___
.  ノ i ハ\.| i!lト、    '       ノイ  |\/.:::::|!、`ヽ  ヾ:::::::::::::..``ヽ.
  \ ヽ. `ヽ! l |!ゝ.   ー―'  ´∠! .i |::::i::::;:::::::|!ヾ, ゛   li:::::::::::::::::::::.ヾ.、
   \.゙、  .| i!.!! l|'`>,. _ .,' ノi!, l .!::ノ、;:::::::::|!      |l::::::::::::::::::::::::::i.ト、
     ヾ.y l i!.|l i|:::,ヘ.:::::ト、ー=イ::i,' i |/ヘ.、:::::::||      |i:::::::::::::::::::::::::::|i::::
          ノ !:|ヘl|::ii^:、、:ハ、::ヘi{::/,. | 人メ:ヾ.、:::||      il:::::::::::::::::::::::::::|!:::
        | :|、|i!V ヾ.、Θ===/;'i !iΘ)__\!! 、 :,   ./.::::::::::::::::::::::::〃;ィ
        | :!`|ト、;',====イ/.:/!i!| !|=/ノ¨¨¨``ヾ.Y___/=、:::::::::::::::/.::¨:::
        | :! .!!``i ::::::::::il:::ヾ|!l| :ハ:i |:::::::::::::::::::.ヾテ'´.:/i!゛ト、ー=イ'.::::::::::::::
        | i! l.!  l.::::::::::il:::::L!i! ノヘヾ.Y:::::::::::::::::::}'"  }|i i|ヾ.Y /.::::::::::::::
┏━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━┓
┃ イリヤ                 ナイトシーカー/レンジャー          Lv:3
┣━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━┫
┃【HP】 04 ■■■■  【TP】 04 ■■■■
┃〔STR〕 02 ■■
┃〔TEC〕 03 ■■■
┃〔VIT .〕 01 ■
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆装備◆
┃〔剣  〕Rank0/ショートソード    性能値:04 + 〔STR〕 02 = 攻撃力:06[斬]
┃〔弓  〕Rank0/ウッドボウ        性能値:04 + 〔STR〕 02 = 攻撃力:06[突] 遠隔
┃〔軽鎧〕Rank0/レザーベスト      性能値:02 + 〔VIT .〕 01 = 防御力:03
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆スキル◆
┃《剣マスタリー》    .■□□□□□□□□□
┃ 常時効果:剣系スキル習得用
┃《アイスブラッシュ》 ■□□□□□□□□□   攻撃力:06[斬+氷]
┃ TP1<腕> :白兵・剣/攻撃力に+(SL/2)を加算した[斬+氷]攻撃。
┃《投刃マスタリー》  .■□□□□□□□□□
┃ 常時効果:投刃系スキル習得用
┃《盲目の投刃》    ■□□□□□□□□□
┃ TP1<腕> :特撃/(〔TEC〕+(SL-2)-2)依存の確率で、敵1体に盲目を付与。
┃《先制ブロック》   ■□□□□
┃ 常時効果:!!ああっと!!発生時、敵の先制攻撃を(SL)依存の確率で防止。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





674◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:10:58.71 ID:moSHUWTG


                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |





                             / \
                             / /\ \
                         ,/ /::::::::::::\ \
                         ,/ /:i |:::iニ|:::i |:::\ \
                       / / :::: i_|:::i__|:::i_|:::::::::\ \
         __           / /;;;;;;;;;;;;;;;;;[ INN ];;;;;;;;;;;;;;;;\ \
    ___ /\/\      /_/::::┌┬┬┐:::::::::: ┌┬┬┐::\ \
   /ノノノノ /___\/\ _________! }| ̄i|┼┼|i ̄|{ }| ̄i|┼┼|i ̄|{::| ̄
  ,/ノノノノ /::l  /|{:::\/_/_/___/! }|  i|┼┼|i  |{ }|  i|┼┼|i  |{::|
、 /ノノノノ,/:::::l  /|{:::::::::::::::}| ̄i|i ̄|{|::}|_i|┼┼|i_|{ }|_i|┼┼|i_|{::|
メ⌒ヾノ ,/:::::: |__i|{:::::::::::::::}|_i|i_|{[ 三三三三三三三三三三三三 ]
ilil;;::,,'^~)、 三三三三三三三三三三}|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
iiiiiii..;;_.. ^)====================|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
" ⌒) " )== 、、::::::::: ,,r === 、、: |::::: ┌┬┬┐:::::::::: ┌┬┬┐:::::::|
⌒` "    ) |/ ,.-゙i、:: ィi'‐、 ゙、| /.,-゙i、| }| ̄i|┼┼|i ̄|{ }| ̄i|┼┼|i ̄|{::|
vjノ/"' ⌒'")|| ̄| ̄|:: | ̄| ̄|| ̄| ̄|| }|  i|┼┼|i  |{ }|  i|┼┼|i  |{::|
|:l{'" ,、_ノ'゙ . ||  |  |:: |  |  ||  |  || }|  i|┼┼|i  |{ }|  i|┼┼|i  |{::|
:i:lー'i "|_|_||_|_|:: |_|_||_|_|[ 三三三三三三三三三三三三 ]
:|:ヘ、!:: |_____|:: |_____||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
'''''';'''''''';''''''''''''''''''''';'''''''''''''''';'''';'''''''''';;'''''''''''''''''';'''''''''';;'''''''''''''''''''''';''''''''''''''';;'''''''';'''
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ イリヤの紹介で剣を修繕に出し、その脚で君は宿へと戻って来た。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


675◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:11:41.53 ID:moSHUWTG


           __,ゝ―-- ....__
        ,ゝ‐ '          ``ヽ、
      /              `ヽ..、\
     /    _,.         i    、`ヽ、.\
    '    /´  /   ,    |,ハ  `ヽ ヽ.`ヽ.
        /'i   ,′  /i    i'"゙|     ゙、 丶
   '    /' .|:  i  ,ィ/ .| , .! .′ !i .i  i.ヽ ,ゝ
   |       .|l  i ,ナリ ̄iメ‐i.,′-!ナi!  i. i /
   l   , _ |i  |;_ィ彡=</!,' ,ィキ'ノ!  ,i.|.ノ.!
   ! , i / /,、゙!!  .ii `匕ソ/'ノ'  l'Yメ'ノ_.ノ,'ノ' |
   ノ,' .|/ !' 〈||  i.i!         ヾ' .   i ,!  .i
  /'!ノ .i'  ゝ、!!  ト.!         ,′ノ ,'!i|  |
 ' ノ'〈/,ィ=! ,イ!!  |.       _,  ,イi_ノ /ノ'|  .!
 ´  /ゝ`ヽ、/.|!  | ` ,   ´ /!::i.|//リ i  .ノ
    ∨|: :`ヽヽ|  .|ヽ、/ >- '. :゙`ヽ!/ '´.ノ/
    jく: : : : : :'  iヾ.、;;;;;;;;`ヽ: : : ://  /
   (,:'´ ̄`:ヽ:、! 、i: :〉〉;;;;;;;;;/: : :.//!
  /ィ'⌒`ヽ. 、: :i! ヘ!:冂;;;;;;;;ノ;、: /_'i!|
  !: : : : : : : ヾ.、ヘ i!メ=ニl====トメく!|
  i: : : : : : : : : ヾ、! ゙i:| \`ヽ、;;;ヽ.ハ!、
  }: : : : : : : : : : :ヽ! |:ー'゙´: : : :\;;、: : ヽ.
.  ノ: : : : : : : : ;.': :ノ:! |: : : : : : : : : :ヽ!、: : ヽ.
  i: : 、__.ノ: : /: :| |: : : : : 〈〉: : : : ;'!: : : :}
.  !: : : : : : : : : :,': : :| i!: : : : : :|: : : : ;';;!!: : ;′
.  !: : : : : : : : : :!: : :! ノ!: : : : : |: : :,'/;;;;|l、:,′
  i: : : : : : : : : :i: : :ノ,': !: : : : : j: ;ノ:〉!;;;;lト;i
  |: : : : : : : : : :|: /,.'. :l: : : : ;イ; ': :i |;;;;;|ヾ!
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃イリヤ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ふーん、宿はこんな所にしてるんだ。

┃ 街の入口すぐ傍って、ちょっと不便じゃない?
┃ 工房にもギルド統括所にも遠いでしょ? あと、酒場にも」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


.                         _______
                       /    \,-、__
                     /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
                     | (● ) (● ) ,.! ┴-'、
                     |  (___人___) 〉-‐‐´ l
                     .|       u 〉--‐´ l
                      |        iヽソ   l
                     Λ      ∧`;"   '、
                    __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
              _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
            ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
          / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ まあ宿代が安いから…と君はごまかすように言った。

┃ 実際のところ、街門の前で織莉子と別れる際、自分の定位置を伝えておきたかったので
┃ 即断即決で安易に決めてしまった宿でしかないのだが…
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


678◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:13:13.11 ID:moSHUWTG


          ,‐-. 、__
      ,ゝ―'´   ` ゙ <
    , '´         、 -`丶、
   ,.′,  . .        `ヾ、ヽ`ヾヽ、
  / .,/  !i  :  i i、 /!  、ヾ、ヽ  `ヽ
. /  ,''  !l  i  :l !゙"""!i  ヽ.、ヾ、
. !  ,',i  .ii!i  !  i !   i.i!  i 、ト、 ヾ、
. ! ,'i/!  !i_!、__i!i i!i    i!i  l .ilヾ、  }
. ! ir-!__,ェi二ニミ‐!! ィニ三´! i! ヘ.i ./
 !i.(ゝ!i `匕乃ヾヽi!! 乞万¨ゞl‐i! ヘi i
..ノi iヘメ!! .i、! ̄     ¨¨¨リ ノ!'!i!i i!.!
´iノ !i!i`i! i!iヽ゛゛   ′  ´iノ!'i ,'ii! ノ.l
ノi 'ノノ,'il! i!i、  ー 一  ,.イi| !' .i!i´ ヘ
 乂'_i|i i|!i≧ 、  . <ノノ!i ! i!.! ノ
 ヽ:.(...、iトi、i!i__ `;i`ヽ、丿!i! !  !/
 _≧ト、::ii ヾ.ヽ::i| ,'、:::.. /:`ヽ,i!  !i
,ィ'`ヽ:::ヾ!i::::゙、 ヽ! !ヽ:::i`ヽ/、i!i  ノ'
ヽ.:::::ヽ::::ii:::::::i! i|!ゝ'ーヽi、::::ヾ、iヽ、
::::i::::::::`:::i!:::::::i! ヾ.   i:::`7::i`.i!:::::i、
:::::!::::::::::::i|:::::::::i i! !   !:: /::::ヾi!:::::!:!
:::::!::::::::::::i!::::::::::ヾ.i! ヽ. i:/:::`ヾ.!::,ノ::!
:::::i:、::::::::ノ:;'::::::::::i !!\У.:::::::::::ヾ.、::ノ!
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃イリヤ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ま、この立地ならそうかもね。

┃ それじゃ私も自分の宿に戻るから。何かいい仕事があったら、情報よろしくね」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ⌒) (⌒)
           |    (___人__)
            .|         ノ__
            |     _/  ̄\ヽ
               人、   '、/  ̄ ヽ '、
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_√    |
  /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,
. i ::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/.::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i
::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
:::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
:::::::::::::::::::::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ああ、お互いに――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


682◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:14:18.52 ID:moSHUWTG


                     __
                    /     ヽ
                   /       ヽ
                   |         _r_-‐ 、
                   |        {==  ヽ.、_
                   |      `⊂、  ,ノノ:::`::....、
                   .', __    /  ̄`゙.、 ::::::::::::::::.、
         {          r´..::::::::::....ヽム  _  ,゙ゞ::::::::::::::::}
   \    |l|w/L ,r_/   _/_,..-ー─ ‐‐ ´...::::::::::::: 'ヽ:::::::::::;::'
     \\{w└ ¨ ´ / ,.-<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙:::;/
     .          ,ィ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::メ
       >  ; ’ ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      /     ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
    /´ヾ,  r、r〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y´
       //  }/::::‘、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      /    i::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
           i::::::::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          i::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          i::::::::::::::::::/ V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そう言いかけたところで、君の肩に何かがぶつかった。

┃ すれ違い様に肩が触れた――そんな程度のものであったはずが、
┃ まるで地面に引き倒されるかのような重い衝撃に、君はよろめき、片膝をつく。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



.            | |          |            {             /
.            | |          |            _/.,  .|          }'
.            | |          l            | /   |           /
.            | |          l        ,:i/    |         /
.            | |          l         /.i'    |        /__   .r'´¨二ニ==、
.            | |           l       ~.i     |       /   .丁''亠<三三三三\
.            | |          .′       .i     |       ハ    ,} ´    >三三三`二ニ,, 、
   ... ...     | |       ′       i    |       , ', /        >三三三三三\\
.          ノノ        /           {    |       { /          >._三三三三 \\
     ......   .Y{        {          Ⅵ!|!|!l|!i       / /  /   ___/__.    二三三三三 /
   ''"""'''"^ . } }        ヽ     .´.^''^"...\|!、|!||li|!|/l!|/  .,_ー=彡'´ ̄ ̄.'''^"'. ̄   ー‐--三.__/ /."^"'^'^'"^"'""'"^'''^^''''''^
   .─=≡. 厶__        }   ...─=≡.  . .゙~ゝ_/_ー'彡=‐''´                          ̄
         /三三>._    /
       ∠三三三三ニニーv′
.     ∠ニニ三三三三三三}
 ..<三三三三三三三三三i|
./三三三三三三三三才三三リ
L三三三三三三彡''´
.`¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´


684◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:16:02.83 ID:moSHUWTG


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 何事か、と君が顔を上げれば――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




                 __
               /'⌒ヽ:::} _
               / ̄::ミ:..、_ソ´:::::::::三ミ::.、
            /:/:::/i⌒ヽ::::{:::::'´::三三ミ:::::\
              //{:::/{:l //⌒Vニ7:::: ̄:\:\:::\___,
           /}! {::,ィf{:{::{V{{fフフZ{==ミ::::::::ヽ::ヽ::::゚。:::::
        __,ノ ノ l人Vf{:r}》ハNf三彡イ ∨::::::}:::i::::::}ト-
      / ̄ ̄ / /ミ:几从{冂リり{::::彡{  }:ハ:::|:::j:::::リ
      {   / /::ノミ}rfぅ} '´rfテラ∨::ミ{  |i }::::::ト、:{
        ( /_人人_l}   トヘ`    }::ミ{'⌒゙ヽ:::::::| \__
        /_,ノ    {(!   o    j/^}| リl! \::\
          _ノ   ヾ  代      ノ^ー〈彡'′  ヽ:::ヽ
         _〕 ミ 、   j | \___ イ j  l {彡'  ィ   {\::}
       _ } ミ ミ `Y{  |     ,′ /∨ 彡' jリ人_ }:!
==ニニ二二二_乂 ミ }  ノ \j    / /} |l } j/ / 〔 \
ト、_r'⌒ヽ_{   ̄`V⌒ろ^\  /\jノl__∨ ," {  (_
 }__      ミ ミ  } }_X__)( /\ヽ }l___/V   ノ ノ{
,ノ人,ノー' 人_ミ ,ノ ∧ ( ) /\____|___/r⌒∨ 厶'" {
   {__,ノ__ノ{  `゙ヾ/ ∧ /  /ニニ/r ⌒ /V 彡'´ イ
  ノ {__,ノ、_{ ミ、 ミ/^^∨  /r‐/ 人_/(ノ{ { ノ_人
\   〔___)_入   }__ノ/  〈__゚/ ̄三ミ(__(__ノ_〕 //   {
 ∨ ノ{__{  `ヾ ノ⌒メ、    {/ ̄厂ノ八三(_∨  ,ノ }
ヽ V´ 〔  ̄} ノ   {_/____/ヽ__{(,ノ__(_{_人_∨ ィ彡ヘ
}l } ノ ノ__,人__ jノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(O ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}/{  }
∨リ イ{_ノ ノ `{ ̄厂⌒ ̄厂 ̄ ̄ ̄ ̄厂三二 ,ノ   ノ)
| l{ ノ〔/ {  ミ }〔 (⌒ヽ /ヽ      辷_,ノ´{__彡'  /
|,ノ彡(i__〔   リ,ノ⌒/{__,ノ     _   __`Y ノif⌒し
{ 人ノ- __У Vトヽ/__ノ    /\厂\/ ̄ ̄`j彡' ノ
ノ ,ノー'/ {   ,ハ/       \/\^Y^U ̄厂〕/{
jノー‐ノ  ヾ  リ        厂_\  \ノ八 ,ノ{ }  ノ ノ^
ノ____厶~'^Vノ        厂⌒ ̄ ̄\  \ }{__L{ 彡'
_/  } __ノ=---――――――――――――---
,人___, jノ
  }! }ノ--―ァ 7¨¨ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄「 ̄ ̄ ̄¨¨ 7
^ヽjノ\__/  /     / |        |       ∧
{_/、      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そこには、大男が立っていた。

┃ その体躯たるや、まるで山がそびえ立っているのかと錯覚せんばかりである。
┃ 傾いた太陽の光もその巨体に完全に遮られ、君は影にすっぽりと包まれてしまっていた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


686◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:17:13.37 ID:moSHUWTG


        Vト、::::::::::::::::::::::::::::\_::::::::::::)::::}::::::}:|:::::j:}レ::ハ
.          入::::::/{::::::::{::::::`¨/:::::::__::::::::::::::::::::ノ:j/::::::/:::jヽ
       f´::::{:ヽ:::::\::::\/:::::/:::::::::: ̄::__::`:く:::_:_;ノ::::/::::|
        人::::::\:::\:::\:/:::://::::::::::::::/:::::::::::::}:ト、::::彡':::ノ)
      {::::::ヽ::::::::{ヽ:::\::{:::/ /::::::::::;ィ::::::::::::::/:::::::l::::i::::::/:/
..     人:::::::\::::ヽ::::::::,イ{:{  |:::l::/:/ |:::::::::;:イ::::j::::l::|:|:::::彡i'
      {ミ,ィ_lヽ:`:::::::/ ∨_|___|/  !:::::/ /:::/|:::::/:j:::::::ノ
       乂// j:::::::::/ ,ィf{レ===ニ二\ |:::/ /::://::::/:/:::イ.
      ミ// /|::::::/      --- `ヾノ八 |/厶--<!::;ノ.
.   '⌒ヽ 〈 { ( l::::/      ィf三圭ト、     /'"⌒ヾ三}::}.
     Vハ\_ヽ{             i l==zミ, ソノ
       i:::∧__|             /  |   ` /〈
  `゙ヽ `V /   |              ノ |   / jレイ
       i/    |            に、_}  /  /イ
      ヽ    '。      「  、 ヽ_,ノ  /  ノノレ
         }ト、    ,       \__ア  '  /  ルイ
         リ ∧        ヽ___,.   ′   -‐=  ノ
        〈 ハ.   ' ,         /      イjレ三ニ=-  __
          j  ∧    \         /{__彡' '"´  ´j        三ニ=-  __  __ノ
         ∨{_∧    ` ー---イ V´  '"´/ ,ノ}三ニ=-  __        `Y彡
      ヾ    { ‘,     / / j  {_,ノ ノ   ,ノ         三ニ=-  __   _|'"´
       ヾ  ∧  \    / / /  「__     " ノ三ニ=-  __         ̄}'"´
.        ヾ  ∧   \  ' / /   (  _,. '"   '}        三ニ=-  __  ノ'"´
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃??
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「おお、これはすまんな。
┃ 怪我などしておらぬかね?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                   /  ̄ ̄\
                _ノ  ヽ、_   \
               (⌒)(⌒ )    |
               (__人___)     │
                   '、'ーー´   'J |
                |        |
                    ヽ 、     イ
                ィヽ-ー ≦ノ7
          _, 、- ― '´ヘ:::::::::::::::::::::::::ト、__
        /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... 、
       丿;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
       / ;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
       /;;;;;:::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
     / ;;;;;:::::::::::::: /;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::: |
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君の肩に当たったのは、どうやらこの男であったようだ。
┃ 謝罪の言葉を述べるや、嫌味のない笑顔で君の安否を尋ねて来る。

┃ その巨体の威容にやや気圧されながらも、大丈夫である事を君は伝えた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


685隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:16:47.74 ID:zxdclTw7
朱槍を持てぇい!


688隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:17:16.32 ID:VniIY6jl
KGさん!


691◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:19:13.92 ID:moSHUWTG


.  ___   __
/三:::::ミY´::::::::::::`ヽ
::::彡三ミ::|'⌒ヽ::ヽ:‘;::}.
:::::彡三ミ人___}_}_リハ;!
:::::::::::/ヽノ:::::::ハ:::::: ̄ミハ,ノ)
::::::::/ ハ:::::::;ノハ::ヽ::;ノミ::::::く
/:::/ {:::::V´::::::ノ:::::::::::ミ:::l:|:N}
:::/{  V::::{:::::{::{::::::/ニ}::r从jリ
:/::| ,ノ:::八::::ヽ: 八{(|::l  {
{:ハ{ ソ::::{:::::::ヽ:::::ミ ヽУ l
l{ ヽ.──==ニ´    |   l
::\三三三三三≧x \_/
::::::::}ニ二三三三三三\|
l:::::::|    ` <三三三ニヽ                   / ̄ ̄\
ハ::l:j       ` <三三ニ}                 __ノ ヽ、,_  \
 リノ        ,ィ介n、三\               (●)(● )    |
/           /j川川Nn、 ‘,              (__人___)    |
         /川川川川トNn、                  |` ⌒´   u. |
.        /川川川川川川Nh、.            |        |
.         ノ川川川川川川川川}!            ヽ      .イ
       ,イj川川川川jレハ{川川川!           __「ヽー'ーー"/7_
     イ}川川川川レ'´   `ヽj川}}     _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::ヽ、
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ それにつけても、この男の異様なほどの体格は何なのかと思ってしまうほどであった。

┃ 君自身も人並みよりはいくばくか体格に恵まれているが、この男はその比ではない。
┃ 君よりも頭ひとつぶん近くは背が高く、垣間見える腕の筋肉なども長身に相応のもののようだ。

┃ 彫りの浅い顔立ちに黒髪、黄色い肌といった特徴を見るに、どうやら東国人のようだ。
┃ しかし東国人は、平均して、大陸人よりもいくらか小柄なはずだが…
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




692◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:20:22.18 ID:moSHUWTG


          , ゝ ' ⌒ ̄ ̄ヽ.ゝ―.、
        , ',´-             \
    ,.ィ'',´ィ              、 ヽ.
 , '´ ,ィ´  ,ィ´                ヽ、. ヽ.
´ , '  , '/               iト、. !
  i  ,' ./  ./ /  , ハ./i.i .i ,i  .i  i、ヽ. !
 ヘ  .// / /  ,イ/゛"'!i  !リi  i  i! i   !
  ! ,'.,'/ /, ,'_/','/   i! i!,'!_!_ノ, !,ィi i .i!
  ノ/ !,'! ,i!__!メ=ミメ、   i'イ夭斥テi!ハ!i l i!
. ノ,'i /!.! .ili! ,i7`、廴ソ  .ノ!ノ' ゞ‐!',' !丿! i!i
ヘ i,'!,ヘ.i ,'!i i i!i、.      ノ'   .ノ! !'ノノi ト.!
. ヘ i!i! _ヘ!ヾミ、i!〉、ハ  ′     .'ノ i_/ノ〉,!ヾ、、
  ヘ!ィ!´`i!¨`ヾ、T´::!、⊂ニニ⊃uイ' i.!::7/′ ``
  /.::::::::::::i::ヾ:::、::ヽ:i!_i>-<_,/!i i!!:/λ
. /.::::::::::::::::!::::ヽ::ヽヽi三三三/,イ! ii':: ̄`ヽ、_
. !::::i::::::::::::::.ヽ、:::::::i::ヾ`ミ三/,'人.、 V:::::::::::::::i:i、
. ∨:!::::::::::::::::::::.ヽ、:!、ヾ、lメ,!'/ー-、ヾヽ、:::::::::ノ:!i
  )::i!:::::::::::::::::::::ヽ::ヽ:::i.i!i,ll,.!、三三∧`ヽ:::,'::/i
  !:::i::::::::::::::::::::::::.ヽ:::i:::i i、i !::ヽ三三i!::ヽ})ノ::}
  ヘ::i::::::::::::::::::i:::::::::ヽ!:::i i! i:::::::ヽ三i!:::::::ヽ:::::}
   !、i:::::::::::::::::i:::::::::::::ヽ!ノi !:::::::::ヽ=i!::::::::::∨:!
    ヽ::ヽ::::::::::::::i:::::::::::::::ヽ_i l::::::::::::Y:::::::::::::::}::i!
.    ヘ:ヽ:、::::::::::::!、:::::::::;:::::::i_!::::ー=ノ=-::::::::ノ::i:!
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃イリヤ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…げ、慶次」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君の背後で、イリヤが呟く。
┃ 本人には聞こえない程度の小さな声でだ。

┃ ごく短い言葉ではあったが、君の目の前の巨漢に対する忌避感を感じさせるには充分だった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


693隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:20:24.70 ID:M9m55DDS
大柄な平たい顔族とな


694隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:20:44.49 ID:WlflZ8fE
強い(確信)


695隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:21:21.48 ID:9jfMVtwL
濃ゆい(確信)


697隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:21:47.69 ID:zxdclTw7
KGさんでけぇ!


698◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:22:02.30 ID:moSHUWTG


.    _,r{::::/::/::/:l:::::{:::!:::::::-:、:::∨::::/:::::::::::/,ノ)
    人rf:::{::::l:::|:N{::::ヽ{::::::::(::Y^::ヽ{:::::::::::::/:::::/⌒ミ
  (し'{::{:::::::::|::|:::::\::::\::::::}::|::}:::::|::lf⌒ヽ::::::::\::/
  rく:::ミト、:::人{__::::::::ミァ'^⌒|:lトV:::N|:::n::::}:\::::::ヽ
  :ミ/⌒Y:::\:ミニ:::r'    l:::| |:::| l|`寸l:|:::|::}::::::V}
  :jf⌒゙ j:ト、:::::ミニニ     |:l:| l:::| }| }:l:l:|:::}:リ::l::::}
  ::|{  人::::::厂    ,z:≦:::トN |::|ノ l::l:l:|::::/:/:::リ
  ::{ヽ(_( l::::!    '´ ̄  `マ:::::\l   jリ从ノ}/::::イ
  ::‘,\} }::|      ーf‐f云xヽ;__ノ ノr‐::≦リ/l:|
  ";/\  }ノ      ´^'宀ー'  }  Krテ‐ヲ l:::l:|
   ゙';    ̄|              i /` ̄/:| |:::l:|
    ゙';   l           _   ′ /l:::| |:::l:|
    ゙';   ゚.             ( ノ {  /| l:::| |:::l:|
..    ゙'; 八       \    `ヽ_,ノ , i:::| l:::|  :::l:|
.       ゙';  ゚。     、` ー--  ,.l|::|:::| l:::|  Vl:|
.        ゙';        ミ=-- /|:l|::|:::| l:::|   V:|
.         ゙';  \        / ::l|::|:::| l:::|   ヾ
         ;\  \    , ′∨l|:l!:::| l:::|
          ゙'; \  `≧=く   ∨リ::::| l:::|
           ゙'; \ / /     ∨::::| l:::|
.            ゙';   Y /         ‘,::::| l:::|
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「怪我が無いなら、それは重畳。

┃ すまぬな、見ての通り体ばかりでかいもので、しょっちゅうその辺にぶつかって仕方ないのだ。
┃ 勘弁してくれるとありがたい」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                         / ̄ ̄ \
                      ⌒´ ヽ、,_  \
                     (●).(● )    |
                     (__人___)     .|
                          '、           |
                         |        |
                     ,. -ー._i-、_     /l、
                 /...::::::{. i_ {_γ、__ ∠ノ::.}- 、_
                   ./:::::r/::::{. i_ l_ i_ {::::::::::::/::::::::::::::::..\
                  /.:::::::::::::::} .i _i l_ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..ヽ
               /.:::::::::ノ::::::r "~'ヽj_ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. ',
              /.:::::::::::>ー、j.‐-  / {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }
             /.::::::::::::::トヽ、⌒ γ  i::::::::::::::::::::::::,':::::::::::::::::::: i
            /.::::::::::::::::::l::::::::ゝ、 {   ソヽ、:::::::::::::::} :::::::::::::::::: i
           /.::::::::::::::::::::::l:::::::::::::`ト、__/::/:::.\::::::::::::i :::::::::::::::::: i
             /`-::::::::::::::::::/l::::::::::::::::::`,ー::::::::::::::::::::..ヽ::::::i ::::::::::::::::: i
          / .::::::::::::::::::::/ l::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::..、::::::::::::::::::::: i
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ イリヤの言葉を知ってか知らずか、慶次と呼ばれた東国人の男はそう言ってくる。

┃ そう念入りに謝られる事でもないと君は言い、この話を打ち切ろうとした。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


699◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:23:00.93 ID:moSHUWTG


    / / "/⌒ヾゞヾl!}
.   / '/ ,// ⌒ { 彡 ヽ、  __-=-、_-、_ゞ、、ー-_、
. /// //  /,. 'ゝ 彡 ,ゝ‐==三二ニ气汽ヾ`ヽli;,ヾ、ヽ ;、ヽ.、
'〃/ /' /"///' >‐'"⌒ 、ー-__-_、ヽヾヾ`li! !;!}! ;li} l}.}リ lili;
〃/  ' / ///ィ i| ,{ f气=ニ == 二三ニ_、ヾ、 =-、、-'ソノリ,ノ,'リl}  ,
,// ,.'/ 〃/,.イ./,∧"、 ミミ三=- ̄_二二气、㍉、ミミヾ 、-‐ 二ニノリ ,i!
〃,/ ' / / /,' // / 气ニニ===二二 ミミミミ㍉ヾ、)i}|,!i},. 三ニン,.ノソ
/   i li / ! .l! .i ゙¬=-三ニ= 三ミミ ミミミミヾリ'"ヘ⌒i{ヘ、ー-‐'"
,. ' ! i !' ;'  i !l { =ニ三三==ニニ=-、ミミミミミヾ、i.ヽヽ {i、 ト、、`ヽ
!  ! .l ;i!.'   ! l!| ,}. ミミ三三三ニニ==-ミミミヾヾi.!i !.!ヾ、.|i! iヾ 、ヾ!
 .l .i l! !   ! l!{ { ミミミミミミr‐㍉三三ニ三三i、 l}.l!l ゙!i ヾ、li i ! i! }!
 ! .! l!.l  .l l! l ミミミミミl i ゞ、ミ三彡' ̄´ _l.l!_|!__,!i リ }.l}
l ! l.| l!.|   l .l{__i!ミ_ ミミミ! ! r‐; ! lil{    '"" ̄ ̄ ̄'" lV ノリ
|.l ! ll! i!.i    ! l! \ミミ、.ミミト、、{ ( ! lil!     `ー一'   { '"´
li! ! !| li! !    ゙l   \ミミミミヾ、 ー .l li!            、
.!l !i l! l!! !   ,.ィ 、    \ 气、 ㍉、_, !l}             、
! li.! l| li !_. ‐ ,.!   ヽ     \㍉    li{             ー―'
l! li!_;! ‐    、   \.    \    {!       、 _,..!
‐         、   ヽ    ヽヽ\  、        ,ノ
          ト、   \    l }  ヽ  、        ; ヽヽ
          l\    \   ! l   ! \.  、     ! ;;;;i }
           l  、        ! !  _ト、 } ヽ.  ー ' ;;;;ノノ
            l   \   ヽ l. ゙、 l lヽ !イ i -、 _,.イィ::
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「うむ。では、失礼する」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




          | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
.        |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }、
.         |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\            、
       |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.            ),
        |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .、        彡
        |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\_
        |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /`ヽ、
       | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;    ´    }
       |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  <        /
       |: : : : !: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;    ´  ヽ     ,′   ,  ア^ヽ
        |: : : : |: : : : : : : : : :_:_;  -‐   ´ {      {     {__//  /
         |__j: :=-‐  ''´ /      {         ,..-=ニ三ヲ' ,:ヘ_/
              ,,r===<__       :.       /jノ三ヲ7/ /
            r -〈三三三三ニミ:.、___ノ      {三:イ /   |
.        r‐ ー------‐==`ー'''´      |     <〈_{ノ゙´ ,.  ´
          ゙ー-  ____r''´ ̄ 、L__|    〈  ,,.  ''´
                                  ¨
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 慶次と呼ばれた男は君に会釈して、宿の中へと去っていく。
┃ …どうやら、君と同じ宿の滞在者であるようだ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


701◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:24:25.97 ID:moSHUWTG


       -‐‐ニ ¨- ̄ ̄`ヽ.
    /'´ ̄.<´       ̄` 、
   〃   / ィ  ,ヘ ハ    ヽ. 丶
   /′ , ' // / トヾv,ハ.  i     ,
  ,'   /  ' ,' ハ |゛゛^"´|i  ト.     .
     ',   {.i!>+=!、   jハィ!=ニ'i.  |
      }   ヘノi!' i!::::i|゙   ´i!::::i!`}!__ .!
     :  ‐キヘ 弋:_ノ   弋_ノ彳ハ} !
     |  ハトi`ト、   ′   ,イ i'ノ .|
     { i!|ヾ| |゙ヽ   .-,  ク! |  i、.!
     ∨|l! | |、ィ゙> _ イ_)j! .!、 八',
        V!ヽ.| レヘ::|:.゙iYi´.:.:.:.:.|! |:.:i′ ヾ、
      .>ナレ^i|〈:.:.|||:.:.:.:.:.:.| .|!:.>‐- .
       i、  | j゙  ヾ:、:|||:.:..イ| .|レ'    ゙),
       ト.'、 j,|,-ニ、O}ォェャ{O_.| .|_,    //i
       | ヾjレ´.:.:.〃入ハ_>!i:.:.| .!:.゙、,  / ' }_
     〈、./.:.:.:.:〃:.〈∧.〉:.il:.:.:.l .!:.:.k'/   }゙.、_
      | {:.:.:.:.〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:|l:.:.:.:l i:.:.:}、___,  ノヘ.
      |弋:.:.:.|i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|l:.:.:.:.l i:.:ナi、___/'.:.:.:.j|
       j ,=ヽ:.ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.li:.:.:.:.l i'. ハ:.:.:.:.:.:.:.:./ヘ
     i´'⌒`l゙=;=-i:.⌒.;==-;--‐l レ′ヽ=、=彳:.:.:.:.',
    {     i i `i!:.:./'  j   .| |     ,ゝ'⌒ヽ;.:.ヽ
     |  ,ィ= } .|  ゙、/'   |   } !)   /'´ ̄`〈o>、〉
     |/'.:.:.:.| !  i|i    j  ノ ハ.  /.:.:.:.:.:.:.:.:.介'ヾ>
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃イリヤ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ついてないね。慶次と一緒の宿なんて」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                ,   ̄
            /       ヽ
.            |     ‐ - -‐
           |    ( ●) (●)
              .|     (___人__)
            j         / ',
         _..ノヽヽ      ハ  ヽ
   ,r¬;;――''゙::::::::::::::≧=-、_ノ、_/ ̄ V
 / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧、〈´/::::::Λ
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、ヤ:::::::::::::Λ
::::::::::::::::::::,!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.::::::::::::::::Λ
::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::v.::::::::::::::Λ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:.::::::::::::::::∧
 ゙)::::::::::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|、:::::::::::::::::∧
::: ゙ヽ<`'、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l∧::::::::::::::::::ハ
::::::::  \ ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l゙:::::::、:::::::::::::::ノ
::::::::::::  `'、l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〔 `::--‐==::イ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ …どうも慶次と呼ばれた男は、イリヤからはだいぶ嫌われているようだ。
┃ 少なくとも友好的な関係には見えない以上、知り合いなのかと聞くのは躊躇われる。

┃ 少し考えて、あの男は一体? と君は聞くことにした。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


702◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:26:14.70 ID:moSHUWTG


          , ‘ ̄``ヽ.
       ,.ィ ´        '⌒` ヽ.、
   ,.-‐メ,               ゙ヽ.
 ,ィ/,.'´ /    \、      ー.、  ヾ゙ヽ
, ,イ / , /      i\、 ヘ.  、  \  ゛、i!
/  / //   i ! ト、.|、、.\、∨ ヽi   iミ、  ,
  / /.,′i.  l!|i. |!i!.!ト、∨i、ヾ.、. :l   |ミミ、 i !
. / ,' i  l  |i!|! i!   i!| !i\ ト、|!i  .|ミミ、 ド、
 ヽ  ;.|! l. _i|_!|、゛、   !| |! _ヾメィ|  .|メ、ミ i、`ー=―'
  i i!ヘ. ト、__i!メミヾ、、 i| |!,ィハ´:i!゙テ‐ .!ハ iミ、.ヽ.
  | ト、ヾ、ヾゝヘ弋ゾヽ !´'´ゞ='′!l  |メ.ノ、ヾ=-メ-、
  | |ヾ.、、ヽゞ、! `¨           ノ|  |イー彡'个==―. 、___
.  ノ i ハ\.| i!lト、    '       ノイ  |\/.:::::|!、`ヽ  ヾ:::::::::::::..``ヽ.
  \ ヽ. `ヽ! l |!ゝ.   ヽ ̄) ´.∠! .i |::::i::::;:::::::|!ヾ, ゛   li:::::::::::::::::::::.ヾ.、
   \.゙、  .| i!.!! l|'`>,. _ .,' ノi!, l .!::ノ、;:::::::::|!      |l::::::::::::::::::::::::::i.ト、
     ヾ.y l i!.|l i|:::,ヘ.:::::ト、ー=イ::i,' i |/ヘ.、:::::::||      |i:::::::::::::::::::::::::::|i::::
          ノ !:|ヘl|::ii^:、、:ハ、::ヘi{::/,. | 人メ:ヾ.、:::||      il:::::::::::::::::::::::::::|!:::
        | :|、|i!V ヾ.、Θ===/;'i !iΘ)__\!! 、 :,   ./.::::::::::::::::::::::::〃;ィ
        | :!`|ト、;',====イ/.:/!i!| !|=/ノ¨¨¨``ヾ.Y___/=、:::::::::::::::/.::¨:::
        | :! .!!``i ::::::::::il:::ヾ|!l| :ハ:i |:::::::::::::::::::.ヾテ'´.:/i!゛ト、ー=イ'.::::::::::::::
        | i! l.!  l.::::::::::il:::::L!i! ノヘヾ.Y:::::::::::::::::::}'"  }|i i|ヾ.Y /.::::::::::::::
        | | i|  {:::::::::::||:::::::|i! |、:::ヾ!|::::::::::::::::::ノ    }|i! |ヾハ/.::::::::::::::::
        | ! |!  乂:::::::||:::::::|! i!ミ、::::ヾ!::::::::::::;:'、ー  メ!!| !,ィ'´ ̄`ヽ.::::::
        | :i  |!    >ー‐イ;ハi!|`ヽ゛ー|!―‐ ' _j,,,,,,,ィ ノ`|ノ'´`ヽ. 、ヾ`;イ
        ヘ.|  |!    ,ィ´,ィヘ,ノ!|'ー-《{|!ー ''''´ 〈,,, ,,,',,丿〉,、  ヾ、./
         ヽ. !   rイ‐i´{ i'!|ヘ.、 ゙゙゙》〉!  、,,,,,,j,,ィ, メ/ /´/ 〉ー,__ /
                 ノ_ハ ヘ ヽノ!!ヾ、 /\!   '(,ィ'/t./ノ;;;/_ノィ .〉
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃イリヤ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「あいつも"天空の母鳥亭"の常連なんだけど…
┃ まあ、悪い意味で名物みたいなヤツ、ってとこ。

┃ 一応、冒険者登録はしてるらしいんだけど、ほとんど活動してる所を見ないし。
┃ そのくせ、しょっちゅう喧嘩騒ぎとか起こすし、飲むわ打つわだし…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


704◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:27:22.35 ID:moSHUWTG


             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ さきほどの初対面の印象では、そのような人物には思えなかったが――

┃ そう言い終えるより先に、イリヤは言葉を挟んできた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


           __,ゝ―-- ....__
        ,ゝ‐ '          ``ヽ、
      /              `ヽ..、\
     /    _,.         i    、`ヽ、.\
    '    /´  /   ,    |,ハ  `ヽ ヽ.`ヽ.
        /'i   ,′  /i    i'"゙|     ゙、 丶
   '    /' .|:  i  ,ィ/ .| , .! .′ !i .i  i.ヽ ,ゝ
   |       .|l  i ,ナリ\iノ!,i.,′/!ナi!  i. i /
   l   , _ |i  |;_ィ彡=</!,' ,ィキ'ノ!  ,i.|.ノ.!
   ! , i / /,、゙!!  .ii `匕ソ/'ノ'  l'Yメ'ノ_.ノ,'ノ' |
   ノ,' .|/ !' 〈||  i.i!         ヾ' .   i ,!  .i
  /'!ノ .i'  ゝ、!!  ト.!         ,′ノ ,'!i|  |
 ' ノ'〈/,ィ=! ,イ!!  |.       _,  ,イi_ノ /ノ'|  .!
 ´  /ゝ`ヽ、/.|!  | ` ,   ´ /!::i.|//リ i  .ノ
    ∨|: :`ヽヽ|  .|ヽ、/ >- '. :゙`ヽ!/ '´.ノ/
    jく: : : : : :'  iヾ.、;;;;;;;;`ヽ: : : ://  /
   (,:'´ ̄`:ヽ:、! 、i: :〉〉;;;;;;;;;/: : :.//!
  /ィ'⌒`ヽ. 、: :i! ヘ!:冂;;;;;;;;ノ;、: /_'i!|
  !: : : : : : : ヾ.、ヘ i!メ=ニl====トメく!|
  i: : : : : : : : : ヾ、! ゙i:| \`ヽ、;;;ヽ.ハ!、
  }: : : : : : : : : : :ヽ! |:ー'゙´: : : :\;;、: : ヽ.
.  ノ: : : : : : : : ;.': :ノ:! |: : : : : : : : : :ヽ!、: : ヽ.
  i: : 、__.ノ: : /: :| |: : : : : 〈〉: : : : ;'!: : : :}
.  !: : : : : : : : : :,': : :| i!: : : : : :|: : : : ;';;!!: : ;′
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃イリヤ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「あなたのためにも言っとくけど、あいつには関わらない方がいいよ。
┃ この間だって、"母鳥亭"に来た富豪のお客さんと大喧嘩して追い返したりしてたんだから」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


705隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:28:06.29 ID:M9m55DDS
何やったんだその富豪


706隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:28:23.84 ID:VniIY6jl
傾いてるんだろうなあ…w


707◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:28:40.66 ID:moSHUWTG


          , ゝ ' ⌒ ̄ ̄ヽ.ゝ―.、
        , ',´-             \
    ,.ィ'',´ィ              、 ヽ.
 , '´ ,ィ´  ,ィ´                ヽ、. ヽ.
´ , '  , '/               iト、. !
  i  ,' ./  ./ /  , ハ./i.i .i ,i  .i  i、ヽ. !
 ヘ  .// / /  ,イ/゛"'!i  !リi  i  i! i   !
  ! ,'.,'/ /, ,'_/','/   i! i!,'!_!_ノ, !,ィi i .i!
  ノ/ !,'! ,i!__!メ=ミメ、   i'イ夭斥テi!ハ!i l i!
. ノ,'i /!.! .ili! ,i7`、廴ソ  .ノ!ノ' ゞ‐!',' !丿! i!i
ヘ i,'!,ヘ.i ,'!i i i!i、"""   ノ' """ ノ! !'ノノi ト.!
. ヘ i!i! _ヘ!ヾミ、i!〉、ハ 、_  _  'ノ i_/ノ〉,!ヾ、、
  ヘ!ィ!´`i!¨`ヾ、T´::!、     `. イ' i.!::7/′ ``
  /.::::::::::::i::ヾ:::、::ヽ:i!_i>-<_,/!i i!!:/λ
. /.::::::::::::::::!::::ヽ::ヽヽi三三三/,イ! ii':: ̄`ヽ、_    'ミ_'⌒)
. !::::i::::::::::::::.ヽ、:::::::i::ヾ`ミ三/,'人.、 V:::::::::::::::i:i、   (´  ⌒)
. ∨:!::::::::::::::::::::.ヽ、:!、ヾ、lメ,!'/ー-、ヾヽ、:::::::::ノ:!i    `~ー'
  )::i!:::::::::::::::::::::ヽ::ヽ:::i.i!i,ll,.!、三三∧`ヽ:::,'::/i
  !:::i::::::::::::::::::::::::.ヽ:::i:::i i、i !::ヽ三三i!::ヽ})ノ::}
  ヘ::i::::::::::::::::::i:::::::::ヽ!:::i i! i:::::::ヽ三i!:::::::ヽ:::::}
   !、i:::::::::::::::::i:::::::::::::ヽ!ノi !:::::::::ヽ=i!::::::::::∨:!
    ヽ::ヽ::::::::::::::i:::::::::::::::ヽ_i l::::::::::::Y:::::::::::::::}::i!
.    ヘ:ヽ:、::::::::::::!、:::::::::;:::::::i_!::::ー=ノ=-::::::::ノ::i:!
      ヽ::::、:::::::::::::::`-':::::::::'::`ー、/;!:::::::::::/::::::::!
      ヽ::ヽ::::::::::::::::::::::::::/::;::::::¨`ー-―'ヽ__,!、_
         ヽ:::::、:::::::::::::::::::/::ノ::::::::::::::::::::::::::::::\`ヾ.iヽ、
  _,ィ´ ̄ ̄ ̄¨i.!ヽ:::::i::::::::'::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i  !|  `ー、
 ゝ=メ     |.! ヽ::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| .〃    'ヽ.
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃イリヤ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「鳳翔さんも、なんでアイツ出禁にしないんだか…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ イリヤはひとつ、深く嘆息して。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


708◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:29:41.97 ID:moSHUWTG


     ,.',  ,::'/  .:   .  .  ヘ:. ヽ:.  `ヽ.`ヽ
    ,.''/ ,:::::/: .::; . .:i ハ. ハi.   i 、 `、  :::i::. : ヾ.、
   // .::;::/ :: .:// .::/ハi!i!i!|:  i:.i  i  ::::!::. : iヾ.i
  ,.' / .::,'::i ::.::,' i :/i.|    |i!_i_」__! ::::|::、:. l: i !
 '  ヽ :::i ::| ::::i :i,-ィ‐i!-   !i´_ノ_i!_!_ .l ::::iヾ::、i: i |
    ヽ :::!.::!i ::::ィ´!,=i=i!ミ   li'!'iち゚心ヾ、 ::::!、゙. ::| i、!
    ヽ:::!i :i、 :::|!メ' ち心   i!|ノ乂_ノ:i ィ'`ーi. i: :::! .!ii
     ゙i:::i.i :!゙、_,ハ、 乂_ノ」  ノ ! ゝ‐"'!:i'!:::::|:ノi ::| !i|
  ι  !::i!i、i ヽ:ト.  `¨´  ,     ゙゙ !!i::i:::i"!:i :! .i |!
   ,ィ、 i ::!i iヽ.ヽト. "    __     !i::i ::i :!、V .i i!!
'ー彡、三! :!i !ノヾ、ハ   `´   `´  ノ'/.! :i、:!_、∨ ヽ、
,ィー―'ーi .:!リi---ヽ!i>'´〉        /!:i|i ::i´7/ヽ!―--ヽ=__
;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ::!ハ!;;;;;;ィ'´.::´:::《`>.__ /. /i |:!、 i::'/i ヽ〉___ `、
;;;;иイ´:::i ::ノ´i!´::ヽ:::::::::::ヾ、ー'¨¨¨¨¨¨¨`ゞ、 Ⅵ ,'/;;;;;;;;;;;;,`;;,、
;〈::...`ヽ:::ヽ`ヽ!、::::::、ー=、::.i;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::i、ヾ.ヽノ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
´.::`ヽ:::::゙ー`ヾ. }゙ー=ミ、:::.ヾゝメ、;;;;;;;;;:::::::::::::ヾヾ ヽ ̄ ̄`¨¨¨¨
::::::::::::ヽ、::::::::::)ハヽ、:::::ヽ:::::::ヾiiー=、::::::::::::;;::::ヾ、 ヽ ̄::¨¨`ヽ、
::::::::::::::::::ヽ:::ノ'.:::i i!、ヽ::::゙::::イ>心::::::::メ、:::::::::::::ヽ:. 乂:::::::::::ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃イリヤ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「――っと。あんまり空気悪くしてもアレだね。

┃ じゃ、私も自分の宿に帰るから。またね」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 最後にそう告げて、踵を返したのだった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


709◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:30:46.21 ID:moSHUWTG


                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |





     \
       ::\
      :: :::\___________________________
        .:: :::::|:::::: .
      |ヽ ::::|:::.    _____      __________
      | | :|: :     ||__,____||       |  |  |  |  |  |  |  |  |
      | | :|      ||   ||     ||       |  |  |  |  |  |  |  |  |
      !-   |      ||   ||     ||       |  |  |  |  |  |  |  |  |
         |      ||   ||     ||       |  |  |  |  |  |  |  |  |
         .:::|___||__||___||____|_|_|_|_|_|_|_|_|_____
        /:::     / ̄ ̄|   iニニi
      /         ̄ .i | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|、`i     .    iヽ\ ̄ ̄ ̄ ̄
     /              |‐|______\ |         |ヽ|‐ \_____
   /                | ::::|┃::::::::::::::::::::::┃ |          ' .|:::.. ┃:::::::::::::::
  /                ::::┸::::::::::::::::::::::┸            .  :::┸:::::::::::::::
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\        :::::::::::::::::
______________________    \
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     \
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     \
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     \
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君が滞在する事にした宿は、ごく一般的な構造の宿だ。

┃ 2F以降が宿泊部屋になっており、1Fはロビーと食堂に大きく分かれている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


710◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:31:50.66 ID:moSHUWTG


                         、、 、、、、   、 、ヾ、ヾヾ 、、   i i i , . , ,           ,,,,,- 、
                         ヾヾヾヾヾヾ   ヾヾヾヾヾヾヾヾヾ  i iii ii i iii i i   /// / /  /   /
                          ヾヾヾヾヾヾ   ヾヾヾヾヾヾヾヾ   i i ii ii ii i i   // ///  /   /
                            ヾヾヾヾヾ    ヾヾヾヾヾヾヾヾヾ i ii i ii i ii i  /// //   ./  /
                       ヾヾヾニニヾヾヾヾヾニニニニヾヾヾヾヾヾヾヾiiii j i jjjj llii  /////    /  /ヽ'ヽ
                   __,,,-‐ニニ‐-''''´ヾヾ ヾヾヾヾ   ヾヾヾヾヾヾヾヾヾi iii ii i i  ////   /,,/  //ゝj
                ,,‐'' ,´-‐''′  ヾ ヾヾヾ ヾヾ ヾヾヾ  ヾヾヾヾヾヾヾヾiiii iii// /// `ヽ∠/// / /
              / /        ヾ ヾヾヾヾ ヾヾヾヾ   ヾヾヾヾヾ ヾ,,j--- ;///   ///// / /
     _      ./ /      ,,,,-‐‐ 、ヾヾヾヾ ヾヾヾヾヾ  ,‐‐‐7ヾヾ ,,-'''' フヽ  ヽ/ ////// / /ヽヽ
    /  \   / /       /    ,,-;、ヾヾヾ  ヾヾヾヾ /  /   /     ヾ)  j/////// /  ヽ ヽ
    \    \ i ヽ    /ゝヾ×ヾ   ヾ__ゞヾヾ ヾ    ヽ / ̄ ̄ \ ,, '''   ,' j彡彡/ //    .i  i
      \     \ヽ  ∠_/ヾヾヾヾヾ/ ヽ ヽヾヾヾヾヾヾ ゝ       ` ヽ 、///彡彡/  / //  ヽ / /
        \ヾ‐'''''''''\ヽ   ヾヾヾヾヾ/ / \\ヽ、ヾヾ /           /ヾヾヾ/ /   ー‐/ /
         \     ゝ、` ヽ 、 ,,,,,/  /    \\``/   i i    i  ∠__ヽ  /    ,,-''´ ,,‐'
           \__∠   ヽ,,_ `ヽ--__      \\         ___  /   ヽ__,,,,-‐二,,,,-‐''´i
              |\    i8゙j`''''‐,,,_  ̄''''''''‐-----_            __,,‐''  ,,,-‐'´    i
              |  `'''ーーニニj      ̄''''''''''‐‐‐----二二二二二二二二二--‐‐'''''''´        |
              |                                                 |
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 既に日も暮れかけた時刻、君の目的はもちろん夕食だ。

┃ 多くの安宿でそうしているように、この宿でも宿泊客個別の夕食などというものは無い。
┃ 決められた時刻に食堂に集い、大鍋から自分の分をよそって来るのだ。

┃ 多くの場合、繊細な味付けなどは期待できたものではないが、
┃ それでも旅中で君が口にしてきた携帯食よりはきっとマシなはずだ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


711◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:33:02.46 ID:moSHUWTG


            |                 | ::::::::: / / .:.:.:.:.:.:. |______|
            |                 |:::::: / /.:.:.:.:.:.:.:/        |
            |                 |/ / / .:.:.:.:.:.: |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            |                  / ./ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_______,|
            |                /   | ̄|:.:.:.:.:.:.:./          |
            |              /     |  |:.:.:.:.:.:.:|´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
            |            /       |  |:.:.:.:.:.:.:|_________,|
            |          /         |  |:.:.:.:./                |
            |        /           |  |:.:.: | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
            |      /             |  |:.:.: |_________|
            |    /               |  |:/                   |
            |  /                 |  |´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|___
______|/                   |_|___________,|___


              / ̄ ̄\
           /   ⌒ ´ ⌒
.          |    ( ●) (●)
           |     (___人__)
           .|        ノ
            j        |
         _..ノヽ、     , ノ
   ,r¬;;――''゙::::::::::::::≧ーー"7
 / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>-、
::::::::::::::::::::,!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::v:: l
:::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::: l
 ゙)::::::::::./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::|
::: ゙ヽ<`'、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::|
::::::::  \ ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::|
::::::::::::  `'、l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〔:::::::l
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ それでなくとも、王都に着く以前、数日前に立ち寄った宿場以来の温かい食事である。
┃ 少しばかりの楽しみを心に、意気揚々と食堂へ降りてきた君は――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



712◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:33:53.14 ID:moSHUWTG


 \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
 ≧                             <
 ≧                              ニ=-
 ≧                             ≦
/Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\


┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃???
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ギャ~ッハッハッハッハッハ!!
┃ それにしても今日は大漁だったな! めでてぇぜ!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                       /) ̄ ̄\
                     /∠___ ヽ、,_ \
                    / / ,-イ)(= )!!! |
                    l / /(__人___)   |
                    l   ', `⌒ ´  u |
                    ',    ',      |
                     j    ノ      /|_
                   _∠⌒ヽ j, _、___ ィ/::\__
               ___/ ...:::::::::::ヽV ̄ ̄ ̄:::::::::::::::::...´´''' 、、、 _
             /::::/ ...:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... :::::..\
            | ::/ ...:::::::::::::::::::::::: /;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::: l
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ どう聞いても酔っているとしか思えない、騒がしい声に出迎えられた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



714◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:35:21.19 ID:moSHUWTG


                         从}\}\}\}\}\、
                        \}: \:::::::::::::::::::::::::::::}\
                       <_ : : :.:::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                       _二=- 、: :. ::::::/::::::::::::::::::从
                       三二: : \: 〃::::::::::::::::::::::::}/}
                            ̄ \, : :}::/⌒ヽ\:::::::/:::}
       >─── 、             /⌒V      Vハ:::::::::.′
      / /{      ,}::\              | l  { /   }  } |::::::/{
.      / 「::::: { ⌒丶人:::::|          |_ ` ´   八,;| :::::/             __   /
      |/ |::::::::{厂。)   V⌒            | }\ (_∠フ7  }7):::/             /     \
..    八 |::(・{⌒¨¨  / } }:::}          乂 ̄ } ¨¨   /八::{            _  }/ } ハ  ,/
.        }| :::::{/⌒V    }ノ:: }          } ムノ _,  「 } 从 _        | ( ( 厂   |/:::::::
       |::::::::}-一'    :| \             | ¨二¨¨  ノ  ハニニ≧、     } ̄) )/⌒) /} :::::/
       |::::::::厂¨¨  .ノ   丶 __   __八 ノ   //  _ ∧ニニニ\,  /V⌒}_⌒¨¨ }八/
.       八:::::{___, イ /   /ニニニニ\/ニニ/|  ̄ ̄ / /}  }_}ニニニ_ハ/  }/二ニマ∠ } 入
     //}::::::::}    __ /(_ニニニニニニニニ/⌒乂___,イ  }/ /ニニニニニ=\/::}乂二フ 二八  \
/ ̄V´ 乂 ̄{ ̄ ̄{  {/  ̄ ∨ニニニニニ/ ̄{_{_{_}_}/  ̄.:′ニニニニニニニ\::}\__ イ  ∠
( ̄ {{ ̄ ̄ }/ ̄ ̄ /       }ニニニニV     ミ/厂        /ニニニニニニニニニニニ⌒\} ____/ニ
    {{  - ′ <二フ <二)   :}ニニニニ{{      {/      〆ニニニニニニニニニイ ̄ ̄¨¨ヾ\   /|ニニ
⌒V {{   ミ{ 彡   {_____八二ニ八     {彡   //ニニニニニニニニ/          \\/:::/|ニニ
 / ,八  ミ{ 彡    厂   /   \ニ∧ \   {   / /ニニニニニニニ∠_          ハ_∧/::!ニニ
    ∧ ミ{ 彡    / ヘ,_{     \ニ}  \ { _/ //_ニニニニニ∠¨¨¨¨⌒          }ニ|::::乂_
  {⌒ .∧ミ{ 彡   /( ̄ ̄ \     }ニ} ノ\  ̄ / /ニニニニ,/                }ニ|:::::::::::
∨乂ノ ∧ {  /( ̄ ̄⌒   \    }/__ 丶     |ニニニ/ /          }       }ニ|:::::::::::
. ∨    \ / ( ̄ ̄ ___ 二 ̄/ニニ/  ̄⌒>   |ニニ/  /        / \\ヽ  :}ニ|:::::::::::
.  \   /⌒/ /  ̄ """      {ニニ_{      、 `>/  /        /        /ニl/:::::::::::
    \{   {   """"         {ニニ={      \ /  /        /       /ニl/::::::::::::::
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 見れば、食堂の中央を占拠するかのように、
┃ 見るからに柄の悪い男たちがたむろして、酒宴同然の騒ぎを行っていた。

┃ …酒宴そのものは文句を言うべき事でもないが、
┃ 公共の場所である宿の食堂で、まだ日も暮れきっていない時刻からである。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



717◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:36:31.36 ID:moSHUWTG


             \  |∨ ヽ |   ,、,、,、,、,、,、,、,、,、
    ノ ヽ       ト <__|  〉 ヽ |:::::::::::::::::::::::l:::|::l
   / ノl ノ  /      ゝ弋} ヽ'  / |:::::::::::::::::::::::l:::|::l
  { {\7  /       | /    Ⅵ|::::::::::::::::::::トl:::|::l        ト
   ', ', ゝ l          l/      Ⅵ:::::::::::::::::ノ ヽ:/、____ノ ',\
‐-  \ ヽ  ゝ          r    マ::: へ:::/ へ、 ! \\\ \ ', \
     Y      l ` ‐--‐´ `⌒>‐-'::::{ f) l:|  <す 〈  ∨\\ \ ヽ \
     l       l ム`ニニ__ ‐- 」  |:::::ム    [] l ',  l\ \\ \l\ ヽ
    l        l ゞ_┴┴L[_T ´ V ^^`l   、_T´  ',\\ ト \/ ヘ \ノ
.     l           ¨ ┬- )_ .}   l     ̄{     ∨\ }l}\{  _ヽl
。    l         /      l  l 〉: : ̄≧s `丶、_/     ∨ヽハ_  丶 ゝ゚ 〉
: :≧s。          /      ∨l≧s。. ‐-: : _: :≧s,      ヽ/ |     \
\: : : :\      l        Ⅵ `ヽ\: : : :二∨         l  ',  `ー=ノー-`
: : \: : : :\     l        I|   〉 \: : : : ̄7_    r‐ァ   ヽ   /     _  r 、
\: : \: : : :≧s。          ノ /ハ  ∧ヽ: : : :ヽ\ /\: :≧s。 lニー'    _/__ L ト `丶、
\\__: : :.‐-.: : : :.≧s。__   _/> /   |  ∧ \_〈 -‐へ  ∨:\: : ≧7   〈 ∨ -‐} l `丶、r,
  \ \.: : : :. :. :.―--: :二_ィ、     / /  \/   \    ∨: :\: へ_   「 Y-‐ }_l     |「
   \ \: : : : : : : : : : : : :_」 \ r‐<l ‐‐‐‐r /     ヽ    \: :  ̄{  lヽ {ーl`¨´ノ/〉   |l
‐-  _ \ \: : : :‐---‐: :⌒ヽ__\ ヽ    |l    ̄7 l   /\l \: :ハ l∧ ∨ ̄ ̄ l    |l
   /  \ \.: : : : : :. :. :. :.∧\     l    |}___/ ̄  |/     l   \Ⅳヽノ }    ィl     |l
 /     \ \ : : : : : : : : : |   ̄\/    |ヽ     ィ       l   l l  }  l ̄ ̄  l     |l
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ その男たちは服装や風体にこそ統一感は無いが、各々なにがしかの武器を傾向しており、
┃ 肩の辺りに揃いのエンブレムを着けているという点が共通していた。
┃ 察するに、同じギルドに所属している冒険者たちなのだろう。

┃ ――限りなく、ならず者と紙一重な手合いにしか見えないが。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



716隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:36:06.75 ID:iKRHG8M4
なんとも分かりやすいゴロツキw


718隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:37:21.17 ID:n7l8pdSW
なんともわかりやすい導入


719◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:37:52.54 ID:moSHUWTG


:: :: :: :: : : :: : :: :: : :: :: : :: : : :ノ_                             ` <::::::/   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:: ::: :: :: :: :: :: : :: : : : : : : : : /                                 `〈  / |:::::r==、::::::::::::::::::::
: : :::: :: ::: :::: ::: ::: :: : : :: ::  /                                   i ;/ノヽ ̄ ヘ,  i::::::::::::::::::::::
:: : :: : :: : : ::: :: : : : :: :  ,__/                                         | | !,ノ   .;マ |ヽ:::::::::::::::::
=、:: ::: :: :: ::: :: : :: :>´/ヽ                                    ゝ, `   j  ./  \:::::::::
  \:: :: :: : :: :>´   ノ                                        |    i  \    `ー
> 、 `ー ´  ,  ト=´                                         しィ _ ,     ヽ
   >、   /  /                                            7´  / ̄ ̄ ̄ ̄
      x ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄>、                                         `ー/ ー==―-
    /             >、                                        /
   /                 >、                                  /
    |                    \                               /
    |                     \                             /
    |                       \                       〈
    |                          \                     /
:   ヽ二二二二二二二二二二二二二二二二ソ                     |
    i               |        _,,,,,;;;;;;;;::'''""゛゛'''::;;;;;;;;,,,,,_       |
    |                |     ,,,f;;",二ニ---ー'''""゛゛''':---ニ二,゛;;f,,,_  |
     乂              /     // ,,f ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:f,, i゙ .|
      `〃           _/     |ヽヽ::f;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:f:r',r' .|
      |               ヽ     .|;;;,,` `=―--,,_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,--―=` ,;;;;| |
      |              ∨    .|;;;;;,,,,  ̄''――――--――――'' ̄,,;;;;;;;.| |
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 何より君にとって問題なのは、
┃ 彼らが占拠している中央のテーブルこそ、夕食の大鍋が配置された場所だという事だ。

┃ 彼らは誰はばかることもない笑い声を上げながら酒を飲み、
┃ 大鍋の料理もまるで自分たちだけの物であるかのように次々と取ってしまっている。

┃ まさか、彼らだけで大鍋の料理を食いつくすという事はあるまいが――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


/ ̄ー―‐ 、
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::i   ., -―- 、
:::::::::::::::::::___ノ、/〉'  /::::::::::::::::::て
:::::::::::::::/ u  て;/7 /::::::::::::::::::;ァ、、:::
::::::::::::/     /〈  i::::::::r、::/=ミ `く
:::::::::::j u   、 ´_}ヽ.|::::::iオ/u ニi < i
::::::::::i   (二7´_.L., 、ハ 〉  _ _マ
::::::::::|、   .r ' c /、:.:.:ヽ ヽ  ー」
:::::::::/ ̄ ´」ー/:.:.:.:.\:.:.\\__j
i:i i:::i:iヽi ´ !':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.',:.:i
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ それでも、他の宿泊客からすれば迷惑以外の何者でもあるまい。
┃ 食堂を占拠するかのような振る舞い、まるで彼らの機嫌を取らねば食事にありつけないかのようにも見える。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


721◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:39:34.17 ID:moSHUWTG


                 、
             ⌒、>.、 l:i
               `ヽ l !:j
          , ‐ ´  ̄ ̄ ' '` ヽ
         /: : : : : : : : : : : :: : : \
       /: : : : : : :: : : : : : : : :: : :: ヽ
        /: : : : : : :ノ, _人:: : :: : : : : : ::',
        /: : : : : へ( '´   \!、_ : : : : : :l
      i: : : :: : i Y´ハ    ,rん、`! : : : : |
     :l: : : :: : :! ヽヒリ     Vうy´l: : : : :l
     i i: : : :: : l u   '     ̄ /: : : : : l
     !:i 、: : : :ヽ   ‐―- _ ノ: : : : : :/
      ' ヽト、: ::i、\   rー': : : : : :/
      .r ⌒ 、ー‐i ` ̄ーニ; ; ; ; ;_/
      /    !  |    l ` T ー、
      /    .ト、 , -ュ ,ry二ヽ  l
    r'     i i' ,彡'i しi'rニ !  ヽ、
    '!´ ̄ ` 、l  l  ヒjこi、ー i    l
    l'´ ̄ `r', - '   j、_ ノ!ヽ   \__.i
    l   '´    /   |  \   \ l
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃宿屋の娘
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「あの、すみません。
┃ 他のお客様のご迷惑になるので…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                  , ≦三三≧=ミ
                 イ/  _ _  ヽ          ,'´ ̄ ̄`',
                〈/‐…=ミ     ミxハ         ! | ┼ l
                { _ノ   Vミ三ミ   }         ! レ c!  l
              ヽ f>     ´ /\   `ァ        l  あ  l
              ノ `    「ヽ  \≦=- __       l  ?  l
              く  >   ノ 从 Nミ=- ´  ヽ    \    /
               `<,   /   l : :`7  ____}     )/ ̄
                ヽ∠-‐,、 l: :/ ////// /
                   /iヽ /////////
        _r-、         ./\ }///V/////////
       /   i`ヽ      ,{///|`| |/V//////////
        {.i ゙ヽ`x' ノ    .「////l. | |V///////////
       `=-'ー'/ヽ、  _ノ/////l. | |'////_//////
        Vー'//l/77l///////,l.⊥>≦//////:::::i
         V ///i///}////>,7/´//////////::::: |
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ さすがに状況を見かねたのか、宿の娘が注意しに入るが、
┃ 半ばならず者同然の冒険者らしき男たちは態度を改める様子はない。

┃ むしろ、彼女を滑稽に思っているかのような疑問符を返した。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



722◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:40:40.89 ID:moSHUWTG


           ,    ̄
       /          ヽ
      /                                                  lヽ 、
.      ′     、   /   :.   i        /i/i/i/i ,                   i\ | ヽ!ヽ
.      l  ==、 〉iliく ,==    l     、 .|`: : : : : ; : : : ' i              ヽ 、_|  `
.      l    ’彡ハ三ミ,’ "   i-、     !ミミ´゛゛゛""""ヾ彡',              \
     ,ヽ!                =リ   、i: :ミ 、_ _,_ ミV/            ヽ ̄
     {k     ノ`-=-'ヽ   / k/    ヾr////.几////ュ'             <      、 ヽ
     `戔          、 r-'     .r-i  ̄ ,  ̄  ト              ∠   リヽ |/,。-
       .i  ー===ニニ` '.: i       .マ !       ,!ノ              ノ从-!-ャV
       \         /        `', ー==-‐`,                  ハ  i
       _i \____/ト、         \    ィ                    ヽ `   _/
      < !         /  > 、._    _ !: :`. .´: :!_         ,,-――ー、      \ー彡 /
-―‐く  . : : :        . . . . .  ///>, </ : : : : /: |/ヽ       .////彡三ミ`ヽ_      ヽ_/
/////\   : : _ヽ ..  /_: : : :///////     ヽ  _ノ///`ー、    .从彡/¨´_メヾヾ       //ゝ  ///
l///////> 、_ .`    '_, </////// . . .    ∨/////////`ー--、[///]-[///]i!i!`      ///   ///
.l///////////////////////////////: : : : : : : .   }//////////////∧ ̄ .'  ̄´ ,ノi!  _////`ー―////
..l//////////////////////////////: :  : : : : : :   i///////////////∧ー==‐ ' ィ/   ///////    ////
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃柄の悪い冒険者たち
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「おいおい、俺らは冒険者サマだぜ。
┃ 俺らが優先されるのは当たり前だろぉ?

┃ 俺たち冒険者サマがいなきゃ、こんな宿はとっくに潰れちまってらぁなあ?
┃ 感謝が足りねえんじゃねえの?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ なんとも傲慢な言い分である。

┃ 冒険者がいなければ――と言うのは、"天空の母鳥亭"の店主が言っていた、
┃ 一時期、なかなか外部の者が寄り付こうとしない時期がこの王都にもあったという話に通じる所だろうか。
┃ 確かに宿としては、それは死活問題であろう。が…
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


724◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:41:48.32 ID:moSHUWTG


             ‐==.:,,
           --=x   }:}
            __ゝ、//___
          /: : : : : : : : : : : : : : `丶
         .:'゙: : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
        /: : : : /: : : : : : : : ヽ、: : : : : : ゚。
        /: : : :./: : : : : : : : : : : : :\: : : : : :‘,
       ,′: : /: : : : : ハ: : : : : : : : ゙, : : : : : : i
       |: : : ,': :/j∧/  \!\!ゝ:、} : : : : : : |
       |: : : ∨{イだカ    イだカ:} : : : : : :|
       |: : : : :圦 ヒソ      ヒツ;|: : : : : : /
       i: : : i: : : }   j.       jノ: : : : /
       ∨: : ',: : {           }: : : :/
  _     ゝ、: ':、:.>   '^    , イ:/:/
 / ¬/〉    \ゝ゛ __`> ┬‐'  .j/\
 |  ニニ}      ,r-一'{   /j   /   ̄\
 i   f     /    \  {  ____イ_  _/´ \
 ‘, ノ     /    / ゝ、| /i i | } `} ´     |
  ゚。  \  丿    / /  〈.j   / ,'     }
      \〈_    / _〃 / ヽ   { /      {
   ‘,   ヽ.\ 〈 f゙ .} / i |    | 〈      〉
     :,    ヾ У} `ー' /  | |   | ァ―ュ  /
     \   /_ノ   /  ! |    .!/   / ̄
       `一' /    i   | !    }   /|
        ./     |   | ‘、 ___/ \
       /       |   |         ヽ、
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃宿屋の娘
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「冒険者さんも、そうでない人も、ウチの店にとってはお客様です!
┃ 誰かだけ特別扱いなんて、できません!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 賞賛すべき気概と言うべきか、宿の娘は、きっぱりとそう言い切った。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


725◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:43:03.06 ID:moSHUWTG


                         从}\}\}\}\}\、
                        \}: \:::::::::::::::::::::::::::::}\
                       <_ : : :.:::::::::::::::::::::::::::::::ハ
                       _二=- 、: :. ::::::/::::::::::::::::::从
                       三二: : \: 〃::::::::::::::::::::::::}/}
                            ̄ \, : :}::/⌒ヽ\:::::::/:::}
       >─── 、             /⌒V      Vハ:::::::::.′
      / /{      ,}::\              | l  { /   }  } |::::::/{
.      / 「::::: { ⌒丶人:::::|          |_ ` ´   八,;| :::::/             __   /
      |/ |::::::::{厂。)   V⌒            | }\ (_∠フ7  }7):::/             /     \
..    八 |::(・{⌒¨¨  / } }:::}          乂 ̄ } ¨¨   /八::{            _  }/ } ハ  ,/
.        }| :::::{/⌒V    }ノ:: }          } ムノ _,  「 } 从 _        | ( ( 厂   |/:::::::
       |::::::::}-一'    :| \             | ¨二¨¨  ノ  ハニニ≧、     } ̄) )/⌒) /} :::::/
       |::::::::厂¨¨  .ノ   丶 __   __八 ノ   //  _ ∧ニニニ\,  /V⌒}_⌒¨¨ }八/
.       八:::::{___, イ /   /ニニニニ\/ニニ/|  ̄ ̄ / /}  }_}ニニニ_ハ/  }/二ニマ∠ } 入
     //}::::::::}    __ /(_ニニニニニニニニ/⌒乂___,イ  }/ /ニニニニニ=\/::}乂二フ 二八  \
/ ̄V´ 乂 ̄{ ̄ ̄{  {/  ̄ ∨ニニニニニ/ ̄{_{_{_}_}/  ̄.:′ニニニニニニニ\::}\__ イ  ∠
( ̄ {{ ̄ ̄ }/ ̄ ̄ /       }ニニニニV     ミ/厂        /ニニニニニニニニニニニ⌒\} ____/ニ
    {{  - ′ <二フ <二)   :}ニニニニ{{      {/      〆ニニニニニニニニニイ ̄ ̄¨¨ヾ\   /|ニニ
⌒V {{   ミ{ 彡   {_____八二ニ八     {彡   //ニニニニニニニニ/          \\/:::/|ニニ
 / ,八  ミ{ 彡    厂   /   \ニ∧ \   {   / /ニニニニニニニ∠_          ハ_∧/::!ニニ
    ∧ ミ{ 彡    / ヘ,_{     \ニ}  \ { _/ //_ニニニニニ∠¨¨¨¨⌒          }ニ|::::乂_
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃柄の悪い冒険者たち
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ひゃっはは! 面白え、コイツ俺らに説教くれてやがるぜ!」
┃「おいおい、俺らは王都でも一番の冒険者ギルドだぜ~? いいのか、敵に回してよ?」
┃「あーあー、こりゃこの宿は潰れるな!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



            / ̄ ̄ \
          /  __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)
              |    (___人__)
            |.     ` ⌒´ノ
           |        |
            iヽ       |
           }:::.`> ー-´-くヽ- 、___、
          _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 7¨:.ヽ
       __/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::\
    ,.-<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 男たちは口々に好き勝手な言葉を吐く。
┃ さすがに誇張であろう内容も含まれているのは、酒で気が大きくなっているせいか。

┃ いずれにしても、彼女をこのまま、あのような男たちに取り囲ませておくわけにもいかない。
┃ 君はその場へ――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


726◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:44:07.46 ID:moSHUWTG





  ____ _ _
 |         ||  || |  |\
 |         ||_||_|  |::::::\
   ̄ ̄ ̄|  |:::≧=-ト l:::::::::::}人乂/{ イ
  ___|  |::::::::::::::::::::::i::>--ミて⌒厶
 |         |:::::≧^\::::ト|    )  <
 |_____|::::=- =三マ! 。c ’/⌒ヾ(::\
   r─ミ、 rrr:7   ̄ ̄\  i;:  x=-ミ、トミ
  r!   }i_レjl/ ___;:`ト、;,ヾ }: /     }!
  )l / ̄// ̄ ̄\:、\};:. /.:≦ ミ:i/:ハ
.::;:/:j_〈____   ハ}}:;  , :、丶゚_}/:人
::;:i  ̄l  ̄ ̄ ̄ ̄ 〈: ; }};:  ヾ:、 :;, Ⅳ
:;:ハ :-=}____  };: }}: ゙ /;/ ,'|}=-
:::::;} -f  ̄ ̄ ̄ ̄ 〈 /:}}:; 、__  。…c
__〈-= :ト、____  .;′-=>--ァ_ o゚
  \{   ̄ ̄ ̄ =/=:/く_r'⌒¨¨八
て人_≧=---ァ<:/ ≧こて ゚/___
        (_、;:.   __,;: x≪>: : : : : \
 ぶ       i..;:>--=≦/ : : : : : : : : : : :
   け    | ̄ ̄ ̄ /: :___: : : : : : :
     !   {: : : : : : {: : : : ̄ ̄ ̄`丶、:.:
         ゝ: : : /: : : : : : : : : : : : -=ミ:





.


728隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:44:52.06 ID:M9m55DDS
やった!


729隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:45:23.42 ID:n7l8pdSW
そらもういきますよ


731◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:45:35.78 ID:moSHUWTG


                                   「|
                                   | l r n
                                   | l |_| l
                                   l ヽ└'
                                   | lヽ \
                                   | l  ヽノ
                                   |_j
                                  _「l「L. _
                                 └‐┐i r‐┘
                                    L| |
                                    └‐'
   _,,.. =---ァ‐‐一ー‐‐ミ.、                     n
. 7´::::::::::::/   , へ._   ヽ _                   U
:´:::::::::::/     `ヽ.. 丶.   ',::` ー-=...、              0
::::::::/_        `¨´   . ',:::::::::::::::::::::丶            O
::/ {. . ヽ  ′         ',:::::::::::::::::::::::::::::丶
':.:.:.:.:.:.`ー '     _       i、::,、:::::::::::::::::::::::::::丶
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:/   ヽ        ! ! !!:::::::::::::::::::::::::::::::丶
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ_・_ノ      ' ,i i::::::::::::::::::::::::::::,=―ヽ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 鈍い音がしたかと思いきや、柄の悪い冒険者風の男たちのうち、一人が倒れた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




    / ̄: : : : : : : : : : : : : : : : :\
     |: : :/: : : : : : : : : : : : : : ヽ: : ::.
     | :|/ :|: トミv彡} :.|: : : : : :‘, : :|     --―‐--   .,
     |/| : :|リu.   ノ|:.|| : :j|: : }_}_:_}_r/―‐ 、,,――‐--丶 ___
     |: |_:_:|、       リ|_:_:j||_:_}\  \\  }   / /     /、
     レ | __\_   _/__,  |ハ} \,.--\ヾ,_j_/-―<¨¨  7 \
.       | ` ┸ /   ┸ ´   }}   /            `ゝ ./ /`
      丶  ̄{ _   ̄ //イ }. /              ∨   /
        }        /W ∨  {≧==}   t==≦ア   ∨._,′
       \,___   / /\/} `ー┰‐    ┰一´   }/ ‘.
         ヽ  `./ //  { |   三     三     }:.} 〉
          /: :. ̄ハ¨´/   /リ     (o  o)     u    ./
.         / : : : : {∧´   / :/:{                 「 {
        {: : {二二二¨ヽ./ :/: :入   ノ            丿  \_
       |:.:.:.}|: : : : : : ヽ }:/: : { >:ヽ   ー‐ 、 __,..  ´    ィ: : :`: : .、
       |:.:〃: : : : : : : :}:.乂//: : : :/\___,.  ´       /: : : : : : :/ヽ
       У: : : : : : : : : :ヽ:/  { : : : {  }         /: : : : : : :/    \
       ′: : : : : : : : : : :/.  { : : : {            /: : : : : : :/
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 場が静まり返る。
┃ そして、当事者たちが一様に倒れた男の方を向く。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


732隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:45:37.26 ID:xB27Dwe7
ヒューッ!!


733隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:45:47.48 ID:VniIY6jl
ヒューッ!


734◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:47:07.73 ID:moSHUWTG


                            ,ィ'⌒   、`ヽ jノ::::/ ./:::::::,  /::,从:/:::::;ィ::::::|:::::|:::「:h、_} V::::ハ:::::::\:::::∧
                        ({     リ ノ/:::::/ ./:::::::/___jレ:{::::/:::::/::|:::::l|::::l|:::|::::|:::トN::::::::|:::::::| V:::::}
                          \   r‐彡'::::::/ ./::::::/ 人::::::ヽ}::::::l::::|:::::l|::::リ::j!:::}::::::::::レ::l::l!::::::|  }:::::l|
                        {し'⌒}  )/  /::::::/ ,ィ{:::::ノ:::/::\{_::|:l:iリ:::/:::/::/::::::::::ハ::|::li::::::|  |:::::リ
                         乂   )(.   /::::::/ /:{::ミノ:::/l::/::/:/:::>:::::_;ノ::_:::/::::フ::!|::::l|  j::::/
                         /::::ノ (  )  __r─ミ/::/∨:::ノ {:|:::{::::/::::/|:::::l:::|:::l::::;ノ::::::彡::j !:::l|  {:::{.
                         /:::::::人__,ノ (__/ ー'⌒ ∨/l::f´,ィf{_N {:|::::::{ |:::::}:::}/}:::|}:::::::彡:::l| |:::l|  |:::|
                     /:::::::/  {( _,ノ  ,-=ミ}  _}|(l:|└‐=圭ミx::リ jノノjノ j;:ノ}三彡::::l:| |:::l|  |:::|
  _                   /::/::/     `⌒ー一' /    八 l:!  ⌒ヒtドV;ノ,ィf圭圭ミx V;イ::}::::l::|│:l|  |:::|
..{f ̄j}                |:::l::::{ _____   /:::::::{  '⌒}) ___jL、   ̄    ⌒ヒtド、` //リ/l::::l::l !::l!  |:::\
 }=={__________         _「ヽ/  __ノ- ┴─ '\{ {し' r‐, )      /    ̄^  ////:::::リ l:::\ \:::::ヽ.
 乂瓦瓦瓦瓦瓦h}二二二二({互∨__ ノ,∠ ̄\.     乂_,ノ ( (_   〈_ノ )    /  ト、:::/  \::::}  }:::::::|
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.        -‐ {   |/  |/ ̄「 ̄\ ノニ{ ,ノ 乂__,.-V⌒ー┐     ゜   | \      }:::l  |::::::l|
                ,。 ´    │   |   /  |  V }三(/   ‘, 匸__ ̄]   ´ /   \ 丶    |:::|  |:::::l|
             /    /  /   ,ノ /  ,ノ  (,八ニ(       ゚ ー--   / /   |  }   \ ノ:::l │:::l|
             /    /   八_  {   〈  〈  人ニ \{       、__   /   /     | l|     |__/_/:::::リ
            /      ,        \  \   ヽ  \ ‘, { ヽ     |    ̄/   /    /  l!    l|   |\___
.         ,′    ,′       \             iニフ   `゚  。_|   厶-‐ /    /   |    l|   │    \
.         {      :'          / ト、_       |_人      ヽ/   ./    /     l     l|   │
        ハ:.    .:     __,ノ   ′    ̄ /  ,/ニ(        ノ     /    /      l   !|   │
.        /  \   i/ ̄    \ ./         //三/       {     /    /       l   j |   │
       /     }'"´j     } l    /       ' /)ニ人.        j!   /    /      /  / !    |
.      /    / /    //    /         ,゜ )三(        /  /    /      /  /   l    |    /
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「おお、おお。これはすまんな。
┃ 酔って手が滑ってしまったようだ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ――慶次であった。

┃ 手にした東国風のパイプを口元に戻し、ゆっくりと煙を吐き、逃げ隠れする様子もなく堂々とその場に立っている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


736隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:48:00.41 ID:3BZhGFLS
手が滑ったなら仕方ないな!


737隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:48:19.07 ID:M9m55DDS
でかいからめっちゃ見下ろされてるだろうなぁ


738◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:48:33.72 ID:moSHUWTG


                                   |   i      ::ヽ    /             : : l
    、    ./|  ,                         l  /       ::ヽ  i       , 、-  : : |
  _ | \iヽ/  |/ |/|                      l    _     ::i | V、  ,rー n´  i  : : : ! _
  ヽ`'          レイ__                   l   ̄/  ,.、 <_//__ヾ: : : !_  ¨  ,/// : : :: ´〃
 ̄ `              '-―‐                   l    !  ゛"  ノ、: :  \: : :_ ̄¨´   . : : :_
>                 ーヤ               , - 、i  ヾ乂_  〃//  |       ̄    : : : :',: :
    /             <_             i . .ナ        彡    '   . : : : .     . : : l :ノ:
-/ / // /  ./|ヽ   .ト }   <              |  . ./          ,       }: .    . : : :i:!/: :
/ / //リ /レ / .| ./ヽ .! V ヽ 彡´             !  : く ',       . :i r-、. . .r'` -'     . : : : :i: : :
 /  //メ_|/  |/  | i |   \,ー――、        {{、  ` ,: .                  . : : : : :l ̄
./ヘ /〃-┬-7  二¨i从', |  _\     `、        {{、 : :', : .        _  -―――- 、: : : : : l>、
. ',kV! "`¨       ’`  リ',ヽ ', ir-、―‐,--、 !         {{ゝ-ヽ    / , -__´_      ー-- }i: : : : :l: : :
フ ヽ !      i.:    "/ /  ト'ril!`’ .| ’´ il!'       _/  ∧    {_¨_  -―     ̄: : : :/l: : : :
/| ∧             /ノ !\i .,ヽi ,,  ,,  i7、     //      ∧  ヽ    __ _  `: : : / : i : : : :
―从∧ ニ==-   / ∧|___从∧/二ヾ /ミ   , <//        ',\  ` ´ ´       . : : :./: : : :i: : : : :
//// .∧      /从〃 ̄ //{  `ー‐ '   ,<//// |       . : : i  >        . : : /: : : : : :i: : : : :
/ r': : : i: :ヽ   /// ∧ i   \ミ 、__rー‐'/////// |     . : : : : :ヽ  : : :> . ___ /: : : : : : : : : : : : :
//!: : : :!: : : : ̄: :∧/////>ー-、 /   | //////////∧   . : : : : : : : :i   : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : :
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃柄の悪い冒険者たち
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「テメッ、この野郎、何を――!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ あまりに威風堂々、そして悠然とした慶次の姿に気圧された様子はあったが、
┃ それでも先に手を上げられたとなっては、彼らとて黙ってはいない。

┃ みな一様に席を立ち、慶次を遠巻きに取り囲むように居並んだ。
┃ 幾人かのものは、抜剣こそしていないものの、既に腰の武器に手をやっている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



739隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:48:58.93 ID:zxdclTw7
さすが豪放磊落が服着て暴れてるような漢だぜ


741隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:49:40.50 ID:g0dest9v
王道に継ぐ王道、見てて爽快だぜ


742◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:49:49.68 ID:moSHUWTG


                          ___    ___
                         / ̄ ̄`V´:::::::::::::::::::\
                      /    '⌒Y:::::{::::f⌒::::::::::::\
                       /    i   \r─‐く::::::::::::::::::\
                    ,ィ _{_r‐=ミ-}三三{__::::\:::::::::::\
                  /j/::{/::::::/::::::ノ:::::::}::::::::::}ト、::::';:::::::::::
                    `V:::|:::/::::::/:::f´::::__;ノ:::::::::/:::人_,__::::::::
                  )::::(:::{:::{:::::lレ:/:::::::-‐=彡':::::/:::}::::::::
                {レ{::\:`フ:::ァ:::∧く:::__::::/:/::::::::イ::::::::
                  V:::::::::/:::::/:::::/:::ハ::\:く-く::::-‐=彡::::::::
                ヽ:::::::::|::l:::{::::/|::::l:::|:::ヽl::} fー::::彡lく|::::::
                  ミ三人{:::{:::|:l|::从{:::::jリノ }ミ:::::::::人ハ:::::
.                ミ:::{ィ圭三ミ八圭三ニミ、 \:::イl |::} ∨
                    `ミl rftッヮ}   rftッ ラ  }::ィ' j人,,i;_
                 ,z'"⌒'.     j          };ノノ/
  _          ,;'"    ハ    {__j__,      /__人
.  [___}_______"________` ー'      'i´  /;.
. └──―一' ̄ ̄,; ̄`ー‐――一'´f'´ ̄       /│ / ;.
.            ;"           ', `て´ ̄     イ l  ' ;.
.          / ;         ∧      / j / / ;'
.          // ;:.              -- '     / ,;'
      -‐≦_/ ̄ ゙;、          ゙; \.   /  ,;
.   / ̄ ̄ ̄ ̄/ / ゙':..、         ゙、 \/   ,;
.   ///////// /: : : :`゙:.、          ゙;, /    ,;'
   _____/ /: : : : :. :. :.゙':、        ゙;,      ,;'
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ だが、誰一人として我先にと慶次に向かっていこうとする者はいない。
┃ それも無理からぬ事ではあろう。人並み外れた体躯を持つ慶次に真っ先に向かって行こうなど、
┃ 自ら捨て石になろうとする覚悟が求められるほどの行為だ。

┃ 慶次は、自らを取り囲む男たちをひとしきり見渡し、
┃ 向かってくる者がいない事を確かめると――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



743◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:50:50.99 ID:moSHUWTG


     匚__ ̄回.       //://::/ /::/ /:/://::::/ /:__/ニミ}::::::::::::::::::
       ノ /_冂__.  //://::/ /::/  {:::{_{_|:::::{ (:{ /ニミ}:::::::::::`ヽ
      ___ レ'.└┐ r┐|. //:/,ィしf⌒´Y´厂::::ノ ̄彡ー'⌒ヽ/::::::::::::::::::
  '⌒'´   ⌒ヽ. jノ 凵 |::|:{(:::::{::::::{:::::j/::::/:::/:::'"´::ノ::::::しィ\::::\
.      =ミ、 人 ┌─┐|::lトミ、::ヽ::::ヽ:::::j/:::/:/:::::::/::::: ̄:::::ノ V:::::
  '⌒´   ) '⌒ヽ T7/ j:八:::トァソ:ソ::/:::/:::/ハ:::l:::r‐ n:::::ミ=ー:Z' }:l:|:
    r‐、 {_,    } U´ /  〈ミj l:{:::「 {::::l|::::{ j::jノ}::| ノノ:::::::::::_`フ l:|:|:
  ヽ        `ヽjノ   /  / N {从{ 人ハレ十廾=<`V:::::::ミ=ー:(ノl:::l:
.   〉      `゙ヾ.{   /  / 人ト===ミ   ´ ̄ ̄\::) V:::::ー=彡}ハ::::
  ⌒ヽ.,_      リ     / /  ーt::ェテ} 、 云::テァ'   `Y::::::ノく;} }:::
   {  乂_   \    / /  /i  '"ノ  `゙'ー         }::::/ノ^i | l:::
    \ (___     \     /     〈__L            |::リ(__ j | ノ:::
       、__      \_, /  ゜  `ー          l/ノ_,ノノ厂゙
 廴ノ_,ノ  }   、___=ー--'/ _z‐i  「二二二入      (_/jノ
 ___    乂_,ノ´ ̄ ̄ {__フ  l  )      ヽ     /    l }
 __, }二二ニ⊃====コ _厂^^^^^l 辷 ====-一'    /    j人_
.  { |__          _人       l ー-------  /.:     /  `^
 ⌒┴┴ 、       _,ノ   `^^^^^八    _.。 ≦  /  /}
       ヽ     ノ       / /| ̄ ̄        / / ノ^^^^^^
 \     │  _ノ      i   / ハ \      /  ノ
.       l │  )        / { ヽ  ヽ     // ̄,ノ
.  三三三三}  ,人__        /   l  }     //   ノ
  三三三彡{ ,ノ   `^^^ヽvー∧  l ノ   //  _ノ
 /   Y´ | ,ノ        ∧ ゚。 |`  //三三三,ノ^^^^^^^^^^^
 l    l|   {ノ^^^^^^ヽ   /__} V/ //三二ニ=-‐)
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「おぬしら、王都で一の冒険者ではなかったのかね」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ つまらなそうに、紫煙を吐き出した。
┃ さきほどの、恐らくは酒の勢いで出たのであろう誇張の言葉を取り上げて。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


747◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:52:05.16 ID:moSHUWTG


    / ̄: : : : : : : : : : : : : : : : :\
     |: : :/: : : : : : : : : : : : : : ヽ: : ::.
     | :|/ :|: トミv彡} :.|: : : : : :‘, : :|     --―‐--   .,
     |/| : :|リu.   ノ|:.|| : :j|: : }_}_:_}_r/―‐ 、,,――‐--丶 ___
     |: |_:_:|、       リ|_:_:j||_:_}\  \\  }   / /     /、
     レ | __\_   _/__,  |ハ} \,.--\ヾ,_j_/-―<¨¨  7 \
.       | ` ┸ /   ┸ ´   }}   /            `ゝ ./ /`
      丶  ̄{ _   ̄ //イ }. /              ∨   /
        }        /W ∨  {≧==}   t==≦ア   ∨._,′
       \,___   / /\/} `ー┰‐    ┰一´   }/ ‘.
         ヽ  `./ //  { |   三     三     }:.} 〉
          /: :. ̄ハ¨´/   /リ     (o  o)     u    ./
.         / : : : : {∧´   / :/:{                 「 {
        {: : {二二二¨ヽ./ :/: :入   ノ            丿  \_
       |:.:.:.}|: : : : : : ヽ }:/: : { >:ヽ   ー‐ 、 __,..  ´    ィ: : :`: : .、
       |:.:〃: : : : : : : :}:.乂//: : : :/\___,.  ´       /: : : : : : :/ヽ
       У: : : : : : : : : :ヽ:/  { : : : {  }         /: : : : : : :/    \
       ′: : : : : : : : : : :/.  { : : : {            /: : : : : : :/
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃柄の悪い冒険者たち
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「い、いや、それはだな…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 ::::::::::::::::::::::::::::::\ \   \
 :::::::::::/⌒ ,ィ\::,ィ{ハ  /l{ ,、 、
 rクV /{  (:::トN_{__i:{__{:::N:::j::ハ
 V//ハ{::しく⌒ヽ:\:::ヽ:\`:<}:::::j,ハ
 {V/人::::::::`ヽ:::::\:ヽ:::\:ヽ:):`Y::ノ:}
 V::{:{::::\::::、:ヽミァ::::ァ::\::-く::_;ノ__;ノ)
 `Yミト、_::::`ニ::/7::::/:::::/::|:ヽ::ヽ::`Y:::7\
. ミミ:::::::::::::::::::{{:::/ l:::/:/ }::::}::::} l::|::::}  \
 :::::ミ三=::::::::;八::{L{;;{/ /l::/!::/ j人:{ \  \
 }:::::__ミ三r一' '" 二≧ミh、}/jレニニソ \\  \
 :::/ニV:::ノ     く tッ ヽソノ {ィッラ{   ヽ: ヽ  ‘,
 ::{ { ∧::i       ̄ ̄/  ‘, ̄l::\   丶   i
 八\^V           r_ ニ 〉 ハ  \   ‘,
 ::::::\⌒          `ーr'  i     \  i
  ̄|  ー i      /二二ニア  i三\  ヽ |
 三|   八      {'⌒ヽ⌒{  /三ニ∧  i
. 二 \ /   、     \__j /二二ニ‘, |
  三三\   \   `こ ´ /三三三ニ}
 二二ニ=\   丶、     /二二二ニ/___
 二二ニニ∧\     ̄ ̄|二二ニニ/三三三三¨¨ニ=ー‐┐
 \二ニニ∧  ヽ   / │二二ニ '二二二二二二二ニニ|\_
 二\二ニニ∧   \ /  |二二ニ/二二二二二二二二二{\__\
 二二 三\ ∧   /   .l二ニニ/二二二二二二二二二ニ}\__\\
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「冒険者だから優先される、
┃ 強ければ、なお優先される。
┃ なるほど弱肉強食、大変結構よ。

┃ ならばおぬしら、己よりも強い者が現れ、何をしたとて恨むまいな!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


748隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:52:22.68 ID:7MnDeLZU
この顔でござるw


749隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:52:31.37 ID:E2hHGhXQ
ぐう正論ww


750◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:53:16.63 ID:moSHUWTG


                                   |   i      ::ヽ    /             : : l
    、    ./|  ,                         l  /       ::ヽ  i       , 、-  : : |
  _ | \iヽ/  |/ |/|                      l    _     ::i | V、  ,rー n´  i  : : : ! _
  ヽ`'          レイ__                   l   ̄/  ,.、 <_//__ヾ: : : !_  ¨  ,/// : : :: ´〃
 ̄ `              '-―‐                   l    !  ゛"  ノ、: :  \: : :_ ̄¨´   . : : :_
>                 ーヤ               , - 、i  ヾ乂_  〃//  |       ̄    : : : :',: :
    /             <_             i . .ナ        彡    '   . : : : .     . : : l :ノ:
-/ / // /  ./|ヽ   .ト }   <              |  . ./          ,       }: .    . : : :i:!/: :
/ / //リ /レ / .| ./ヽ .! V ヽ 彡´             !  : く ',       . :i r-、. . .r'` -'     . : : : :i: : :
 /  //メ_|/  |/  | i |   \,ー――、        {{、  ` ,: .  u                  . : : : : :l ̄
./ヘ /〃-┬-7  二¨i从', |  _\     `、        {{、 : :', : .        _  -―――- 、: : : : : l>、
. ',kV! "`¨       ’`  リ',ヽ ', ir-、―‐,--、 !         {{ゝ-ヽ    / , -__´_      ー-- }i: : : : :l: : :
フ ヽ !      i.:    "/ /  ト'ril!`’ .| ’´ il!'       _/  ∧    {_¨_  -―     ̄: : : :/l: : : :
/| ∧           u ./ノ !\i .,ヽi ,,  ,,  i7、     //      ∧  ヽ    __ _  `: : : / : i : : : :
―从∧ ニ==-   / ∧|___从∧/二ヾ /ミ   , <//        ',\  ` ´ ´       . : : :./: : : :i: : : : :
//// .∧      /从〃 ̄ //{  `ー‐ '   ,<//// |       . : : i  >        . : : /: : : : : :i: : : : :
/ r': : : i: :ヽ   /// ∧ i   \ミ 、__rー‐'/////// |     . : : : : :ヽ  : : :> . ___ /: : : : : : : : : : : : :
//!: : : :!: : : : ̄: :∧/////>ー-、 /   | //////////∧   . : : : : : : : :i   : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : :
//!ー: :、: : : : : .  ∨/////////     |////////////\ . : : : : : : : : : :     : : :: : : : : : : : : : /: : : : : : : : :
//i: : : : : : ::  , ー |////////      |//////////////\: : : : : : : : :       : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
//|ー―――――‐|///////           |////////////////>、: : : : :          : : : : : : : : : : : : : : : : : :
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 威勢よく啖呵を切った慶次に対して、男たちはしばし、固まっていたが――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


752◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:54:02.42 ID:moSHUWTG


              州/川////
             _^衫=ミv//厶
            _彡ク/⌒ヾー彡イ、
              r彡//   _ V/Ⅵ
           Ⅵ{^f=に三ニ=-ニ_リ
 __xzzx_x=zzx_/彡ヘ_}   fi´j^ =ニ}}
//⌒-┴===ニ三彡ソ }}  r-ニ,  /′
=ニ二_ ̄:::::::\ \`ヽ, \ 廴ン んx __
三ン―=ミx::::::::丶._\ \__:〉‐=彡} V::::::三ニ=- _
/⌒ー―≧x:::::::::( 米 V⌒^ ‐=彡 爪__:::::::::::::::\\
r==―- ::=彡ヘニニニノ ̄   T  1f廴米 ):::::::::::::) )
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃柄の悪い冒険者
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「おいみんな、ビビる事ぁねえぜ!
┃ こいつ、"天空の母鳥亭"の慶次だ!

┃ ギルドにも所属してねえし、ほとんど活動もしてねえ、ただのデクノボーだぜ!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 一人が、そう言った。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                          ___    ___
                         / ̄ ̄`V´:::::::::::::::::::\
                      /    '⌒Y:::::{::::f⌒::::::::::::\
                       /    i   \r─‐く::::::::::::::::::\
                    ,ィ _{_r‐=ミ-}三三{__::::\:::::::::::\
                  /j/::{/::::::/::::::ノ:::::::}::::::::::}ト、::::';:::::::::::
                    `V:::|:::/::::::/:::f´::::__;ノ:::::::::/:::人_,__::::::::
                  )::::(:::{:::{:::::lレ:/:::::::-‐=彡':::::/:::}::::::::
                {レ{::\:`フ:::ァ:::∧く:::__::::/:/::::::::イ::::::::
                  V:::::::::/:::::/:::::/:::ハ::\:く-く::::-‐=彡::::::::
                ヽ:::::::::|::l:::{::::/|::::l:::|:::ヽl::} fー::::彡lく|::::::
                  ミ三人{:::{:::|:l|::从{:::::jリノ }ミ:::::::::人ハ:::::
.                ミ:::{ィ圭三ミ八圭三ニミ、 \:::イl |::} ∨
                    `ミl rftッヮ}   rftッ ラ  }::ィ' j人,,i;_
                 ,z'"⌒'.     j          };ノノ/
  _          ,;'"    ハ    {__j__,      /__人
.  [___}_______"________` ー'      'i´  /;.
. └──―一' ̄ ̄,; ̄`ー‐――一'´f'´ ̄       /│ / ;.
.            ;"           ', `て´ ̄     イ l  ' ;.
.          / ;         ∧      / j / / ;'
.          // ;:.              -- '     / ,;'
      -‐≦_/ ̄ ゙;、          ゙; \.   /  ,;
.   / ̄ ̄ ̄ ̄/ / ゙':..、         ゙、 \/   ,;
.   ///////// /: : : :`゙:.、          ゙;, /    ,;'
   _____/ /: : : : :. :. :.゙':、        ゙;,      ,;'
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 慶次は、肯定も否定もするでなく、憮然とした表情を浮かべている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



754◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:55:15.28 ID:moSHUWTG


                  , ≦三三≧=ミ                }≧=-ミ
                 イ/  _ _  ヽ           > ´≦三三\
                〈/‐…=ミ     ミxハ         / ヽ  ヾ三三=,\          _
                { _ノ   Vミ三ミ   }       tー '  fゝ     }三三三=ヽ     .イ /: :{ィ/{,ィィ_ . .-‐ァ
              ヽ f>     ´ /\   `ァ       /` '       /三三三三,ハ   トv': : '´: : : : : : : : : : : : : :'イ_ノ!
              ノ `    「ヽ  \≦=- __  /    、    ,/_,彡ミ三三三} N : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |/!
              く  >   ノ 从 Nミ=- ´  ヽ 7二=- '    ´  /} }三三=;  |: : : : : : :i! : : : : : : : : : : : : : : : : : 7
               `<,   /   l : :`7  ____} {         ,、__/三ニ,/  .|: : : : : _: 彡=ィ : : : : : : : : : : : : :|
                ヽ∠-‐,、 l: :/ ////// /        /  \ニ/   .|: /'´ ´   }_ : : : : : : : : : : : : |
                   /iヽ ///////// \__. . : : : : :´      `<ヽ   i´       ∠ 、: : : : : : : : : :|
        _r-、         ./\ }///V///////////} >,           }:::::\_ | , ,   __    ヽ: : rー、 : : : : |
       /   i`ヽ      ,{///|`| |/V/////////////:::iヽ          ./::::::::::::::ヘ ヽヽー'       }: / {~ ヽ: : : :|
        {.i ゙ヽ`x' ノ    .「////l. | |V////////////:::: |          ./:::::::::::::::::::::::ヽ i `r-      }/  i ./: : : : i
       `=-'ー'/ヽ、  _ノ/////l. | |'////_//////::::::::ry'´`゙ヽ    /::::::::::::::::::::::::::::::::i  `ー'        /`ー‐ァ'
        Vー'//l/77l///////,l.⊥>≦//////:::::i::::く/__ ̄` `ヽ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::/              ├'   ./
         V ///i///}////>,7/´//////////::::: |::::/__ `    |__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ__ _            |、   ./
         V///// >,7´//////////////,〈::::::: |:::ヽ `      !/:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::}_____>     ノ l ./
     「, ̄ ` <rー‐'´////////////////////}\: |::::::ハ   _ _}_::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::ヽ`¨¨´   <  l /
     i/      ヾ}///////r――-ミ_>''´ ̄ ̄ .}  ヽ}:::::::l_\/ノ __ヽ __:::i!::::::::::::::::::::::::::::::::{_   /{`ー-、_,/
    ヽY´ ,_ __j}////>/ ヽ ヾy ヽ_   r┴‐'´ }::::::::::ヽノ  、___Y /}:::r――――――i  ̄ }  ヽ  Y  /
     `ー'   ヾ> ´  { 、 `ー┬_ノ } \´ ̄   i::::::::::::〈  __     }!7} .}`'ー――      | ./   ._`ト l イ
                { _`ー┤y'  .}   \   |::::::::::::〈  __  ̄ヽ' `/             .| /    |_  /
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃柄の悪い冒険者たち
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「へ…へへ、何だよ驚かせやがって!」
┃「そうとわかりゃあ…」
┃「この人数に勝てると思ってんのか、こいつ!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 慶次の沈黙を、メッキが剥がれたものと解釈したのだろうか。
┃ 男たちのうち幾人かは気勢を取り戻した様子で、再び慶次を取り囲みにかかる。

┃ …このままでは、大乱闘は必至だろう。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


755◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:56:25.26 ID:moSHUWTG


             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そこで君は、声をかけた。

┃ さも、上の階からたった今降りてきたばかりで、騒ぎの事など知らないという風を装い、
┃ おーい慶次、何やってんだー? と、まるで知り合いであるかのように声をかける。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



.    _,r{::::/::/::/:l:::::{:::!:::::::-:、:::∨::::/:::::::::::/,ノ)
    人rf:::{::::l:::|:N{::::ヽ{::::::::(::Y^::ヽ{:::::::::::::/:::::/⌒ミ
  (し'{::{:::::::::|::|:::::\::::\::::::}::|::}:::::|::lf⌒ヽ::::::::\::/
  rく:::ミト、:::人{__::::::::ミァ'^⌒|:lトV:::N|:::n::::}:\::::::ヽ
  :ミ/⌒Y:::\:ミニ:::r'    l:::| |:::| l|`寸l:|:::|::}::::::V}
  :jf⌒゙ j:ト、:::::ミニニ     |:l:| l:::| }| }:l:l:|:::}:リ::l::::}
  ::|{  人::::::厂    ,z:≦:::トN |::|ノ l::l:l:|::::/:/:::リ
  ::{ヽ(_( l::::!    '´ ̄  `マ:::::\l   jリ从ノ}/::::イ
  ::‘,\} }::|      ーf‐f云xヽ;__ノ ノr‐::≦リ/l:|
  ";/\  }ノ      ´^'宀ー'  }  Krテ‐ヲ l:::l:|
   ゙';    ̄|              i /` ̄/:| |:::l:|
    ゙';   l           _   ′ /l:::| |:::l:|
    ゙';   ゚.             ( ノ {  /| l:::| |:::l:|
..    ゙'; 八             `ヽ_,ノ , i:::| l:::|  :::l:|
.       ゙';  ゚。.         ⊂ ァ .,.l|::|:::| l:::|  Vl:|
.        ゙';            --  /|:l|::|:::| l:::|   V:|
.         ゙';  \        / ::l|::|:::| l:::|   ヾ
         ;\  \    , ′∨l|:l!:::| l:::|
          ゙'; \  `≧=く   ∨リ::::| l:::|
           ゙'; \ / /     ∨::::| l:::|
.            ゙';   Y /         ‘,::::| l:::|
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 慶次は一瞬だけ、何事かと訝しむような表情を見せたが――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


757隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:57:22.90 ID:M9m55DDS
なんとスマートな介入よ


758隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 22:57:42.35 ID:n7l8pdSW
この主人公いいキャラしてるわ


759◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:57:47.65 ID:moSHUWTG


    / ̄: : : : : : : : : : : : : : : : :\
     |: : :/: : : : : : : : : : : : : : ヽ: : ::.
     | :|/ :|: トミv彡} :.|: : : : : :‘, : :|     --―‐--   .,
     |/| : :|リu.   ノ|:.|| : :j|: : }_}_:_}_r/―‐ 、,,――‐--丶 ___
     |: |_:_:|、       リ|_:_:j||_:_}\  \\  }   / /     /、
     レ | __\_   _/__,  |ハ} \,.--\ヾ,_j_/-―<¨¨  7 \
.       | ` ┸ /   ┸ ´   }}   /            `ゝ ./ /`
      丶  ̄{ _   ̄ //イ }. /              ∨   /
        }        /W ∨  {≧==}   t==≦ア   ∨._,′
       \,___   / /\/} `ー┰‐    ┰一´   }/ ‘.
         ヽ  `./ //  { |   三     三     }:.} 〉
          /: :. ̄ハ¨´/   /リ     (o  o)     u    ./
.         / : : : : {∧´   / :/:{                 「 {
        {: : {二二二¨ヽ./ :/: :入   ノ            丿  \_
       |:.:.:.}|: : : : : : ヽ }:/: : { >:ヽ   ー‐ 、 __,..  ´    ィ: : :`: : .、
       |:.:〃: : : : : : : :}:.乂//: : : :/\___,.  ´       /: : : : : : :/ヽ
       У: : : : : : : : : :ヽ:/  { : : : {  }         /: : : : : : :/    \
       ′: : : : : : : : : : :/.  { : : : {            /: : : : : : :/
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃柄の悪い冒険者たち
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「!? な、何だ、てめえは…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 突然の乱入者である君に、男たちは誰何の言葉を投げかけてくる。
┃ この状況で慶次の味方が現れるのは、彼らにとっては最も恐れている可能性だろう。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                / ̄ ̄ \
               ⌒  `⌒  \
            ( >) ( ●)   |
             (__人___)     |
             '、        |
          ,,. -ー|         |ヽ___
         / .::::>-、_ ___     /ィ::::::::::::..`' ー-、
        l ::::://// ,ヽ__,. ":::/::::::::::::::::::::::.. ヽ
        」 :::/     代_|二::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::..\
       l ::::/__    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::: i
       L√:::::>、<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l :::::::::::::::::: |
       ハ::::::::::::::::v":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::: |
       ハ::::::::::::::::: 〉ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::/::||
      ハ:::::::::::::::::: i/\:::::::::::::::::::::::::::::::::::;| ::::::::::::::::::: ノ::|
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君は彼らには答えず、慶次に軽く目配せした。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



761◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:58:42.02 ID:moSHUWTG


.    _,r{::::/::/::/:l:::::{:::!:::::::-:、:::∨::::/:::::::::::/,ノ)
    人rf:::{::::l:::|:N{::::ヽ{::::::::(::Y^::ヽ{:::::::::::::/:::::/⌒ミ
  (し'{::{:::::::::|::|:::::\::::\::::::}::|::}:::::|::lf⌒ヽ::::::::\::/
  rく:::ミト、:::人{__::::::::ミァ'^⌒|:lトV:::N|:::n::::}:\::::::ヽ
  :ミ/⌒Y:::\:ミニ:::r'    l:::| |:::| l|`寸l:|:::|::}::::::V}
  :jf⌒゙ j:ト、:::::ミニニ     |:l:| l:::| }| }:l:l:|:::}:リ::l::::}
  ::|{  人::::::厂    ,z:≦:::トN |::|ノ l::l:l:|::::/:/:::リ
  ::{ヽ(_( l::::!    '´ ̄  `マ:::::\l   jリ从ノ}/::::イ
  ::‘,\} }::|      ーf‐f云xヽ;__ノ ノr‐::≦リ/l:|
  ";/\  }ノ      ´^'宀ー'  }  Krテ‐ヲ l:::l:|
   ゙';    ̄|              i /` ̄/:| |:::l:|
    ゙';   l           _   ′ /l:::| |:::l:|
    ゙';   ゚.             ( ノ {  /| l:::| |:::l:|
..    ゙'; 八       \    `ヽ_,ノ , i:::| l:::|  :::l:|
.       ゙';  ゚。     、` ー--  ,.l|::|:::| l:::|  Vl:|
.        ゙';        ミ=-- /|:l|::|:::| l:::|   V:|
.         ゙';  \        / ::l|::|:::| l:::|   ヾ
         ;\  \    , ′∨l|:l!:::| l:::|
          ゙'; \  `≧=く   ∨リ::::| l:::|
           ゙'; \ / /     ∨::::| l:::|
.            ゙';   Y /         ‘,::::| l:::|
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 慶次は、どうやら意図を察してくれたようで、ニヤリと笑った。
┃ そして――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


763◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 22:59:37.06 ID:moSHUWTG


              彡jjj;;;;;;;;;xwwォツ
             ノjjjj;;;;;;;;;;;'''ヘ彡
            ノjj',',',',','/ ,シヾィ从シソj?E
            jj',',',',:::::/ ソミミ巛ノノノノノソィ
            {,',',',':::::{ ミミミ从ソソソソソソ
.r. ´ ヽ.   r''~ :ヽ  ヾ,,',',::::{ ミミミミトt{{{{从从从}}
.{    ヽ. ヽ   ヽ  爪:::弋jf-、シ ;fメⅣヾjwjjjィ     ィ´
 ヾ  ,,ヘ, ヽ  ,,,;ヘ jij jjjjjjj,kf リ ヽテラ,. f'テfヘー一'´
  ヾ゙゙  :ヽ ヾ´   ∨ノjj'/ソヾ i     ヾ j ノ ヽ
   ヽ   :ヽ ヽ   ,:ヘ  i  ヽ, ヽ  f,ニニア/;:l  ヽ
 、  ヽ  ,,,;ヘ .ヾ''''´  ヽ l  ,ゝ ヽ ヽ__ノ/,:::|   〉
  ヽ ヾ゙゙゙  :ヽ ヽ    ヽ  《 }ヽ 丶___//::::}、  /
   ヽ ヘ   ∨;;,、__ ノヽ  ヾ }:::::\ ,/::::::::::)/  ,,, <l
  ソ :ヽ,,ソ  ,,ソ     弋  ヽ:::::::::::ソ::-ー'''' ̄ヾ´   :|
 ミx、    ,ヾ彡´  _,,ノ ,ノ'ヘ  }}::_,,∠´     ノ    :|
  ヽゝー ´   ィ~´  ノ゙´   Yi ´  ヾ _, ''¨´|     :|
  ノ    ,,ノ'´ ノ´フ       i:j    /::::::::::::::|.    :|
ヾ´   ノ´   ノ (,      {:{  ./::::::::::::::::::::|      |
 ヽ彡´    ノ'゙   i      ヾゝ  |::::::::::::::::::::::|      |
  ヽ   ノ´    ト、     ノ   |:::::::::::::::,ノ´|      |
   丶         ヽ .,-一'.     ト、:::::::,ノ ,,ヘ      |
    ヽ、         /       ト、`ソ  ノ::::ヽ    |
     ヾ、__    |        |:::::( Qノ::::::::::::}   レ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「おお、うちの"ぎるど"の御大将ではないかね。
┃ すまんすまん、こ奴らがうるさかったものでな!

┃ ささ、こちらへ座られよ!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 慶次は、少々芝居がかった動きで、
┃ 自分がさきほどまで座っていた位置よりも上座の席を君に指し示した。

┃ うむ、と頷くと、君はなるべく強者の雰囲気めいたものを出した歩き方を心がけつつ、指し示された席へ向かう。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                              ,- 、_
           ,...--─- 、           ( ,´ヽヽ_ ヽ、 ,-┐
          /   :::::::::::::::ヽ、        <ヽヽ .ヽ ヽ ヽ.( .ヽ
            /     ∠ :::::::::::ヽ        ヽ ヽヽ  ヽゝ ヽ、 l
         l     /;;)) ::::::::::::丶      ,-ゝ、ヽゝ 、     l
         l    ヽ`´  ヽ ::::::::::丶      ヽ ヽゝ 、 ヽ     l  ,-、
           ヒヾ)  ,   _,ノ ::::::::::::丶       ヽ、_      , -─´   丶
          ヾ ,  ゝ‐ ´ ...::::::::::::::::::`        ヽ、 ./        l
          `l. /   :::::::::::::::::::;;::::l .,、__         >´    , -‐ ´:;:;l
           ヾ     :::::::::::::::;;;;:::::l〈.ll `ヽ     <  , -‐ ´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
             ヽ ./l ., ヘ :::::;;;;;;;;::::丶ll l Ⅱl       >´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
            /  l´ ヾ.、;;;;;;;;:::::::::〉,!ゝ‐‐ゝ─ ´ ̄ ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
            〈    l, -,.l.〉.、;;;;:::::::::l∧:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
            丶 ‐´O lゞヽ ヽ::::::::::l  ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l


765隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:00:18.16 ID:44YoaOl3
ノリノリだなw


766隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:00:51.98 ID:iKRHG8M4
楽しそうだなwww


767隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:00:58.02 ID:M9m55DDS
楽しそうだw


768隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:00:59.90 ID:x0QvuoIj
www


771◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:01:33.16 ID:moSHUWTG


                                   |   i      ::ヽ    /             : : l
    、    ./|  ,                         l  /       ::ヽ  i       , 、-  : : |
  _ | \iヽ/  |/ |/|                      l    _     ::i | V、  ,rー n´  i  : : : ! _
  ヽ`'          レイ__                   l   ̄/  ,.、 <_//__ヾ: : : !_  ¨  ,/// : : :: ´〃
 ̄ `              '-―‐                   l    !  ゛"  ノ、: :  \: : :_ ̄¨´   . : : :_
>                 ーヤ               , - 、i  ヾ乂_  〃//  |       ̄    : : : :',: :
    /             <_             i . .ナ        彡    '   . : : : .     . : : l :ノ:
-/ / // /  ./|ヽ   .ト }   <              |  . ./          ,       }: .    . : : :i:!/: :
/ / //リ /レ / .| ./ヽ .! V ヽ 彡´             !  : く ',       . :i r-、. . .r'` -'     . : : : :i: : :
 /  //メ_|/  |/  | i |   \,ー――、        {{、  ` ,: .  u                  . : : : : :l ̄
./ヘ /〃-┬-7  二¨i从', |  _\     `、        {{、 : :', : .        _  -―――- 、: : : : : l>、
. ',kV! "`¨       ’`  リ',ヽ ', ir-、―‐,--、 !         {{ゝ-ヽ    / , -__´_      ー-- }i: : : : :l: : :
フ ヽ !      i.:    "/ /  ト'ril!`’ .| ’´ il!'       _/  ∧    {_¨_  -―     ̄: : : :/l: : : :
/| ∧           u ./ノ !\i .,ヽi ,,  ,,  i7、     //      ∧  ヽ    __ _  `: : : / : i : : : :
―从∧ ニ==-   / ∧|___从∧/二ヾ /ミ   , <//        ',\  ` ´ ´       . : : :./: : : :i: : : : :
//// .∧      /从〃 ̄ //{  `ー‐ '   ,<//// |       . : : i  >        . : : /: : : : : :i: : : : :
/ r': : : i: :ヽ   /// ∧ i   \ミ 、__rー‐'/////// |     . : : : : :ヽ  : : :> . ___ /: : : : : : : : : : : : :
//!: : : :!: : : : ̄: :∧/////>ー-、 /   | //////////∧   . : : : : : : : :i   : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : :
//!ー: :、: : : : : .  ∨/////////     |////////////\ . : : : : : : : : : :     : : :: : : : : : : : : : /: : : : : : : : :
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃柄の悪い冒険者たち
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「お、おい、話が違うじゃねえか!」
┃「ギルドになってるって事は、あと3人はいるって事だろ…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 想定外の増援に、男たちはすっかり気圧されてしまっているようだ。
┃ 悠然と見える態度を出来る限り崩さないようにして、君は着席する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


              / ̄ ̄\
             /  ヽ_  .\
            ( ●)( ●)  |
            (__人__)      |
            l` ⌒´    |
            {         |
            {       /
            ヽ     ノ
          / ̄      ̄ ̄)____
      〃( ) ´/     / ̄ ̄/ /  〃 ⌒i
  ___i /⌒\./   /∧ ∧し' __|;;;;;;;;;;i


774◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:02:49.27 ID:moSHUWTG


 ::::::::::::::::::::::::::::::\ \   \
 :::::::::::/⌒ ,ィ\::,ィ{ハ  /l{ ,、 、
 rクV /{  (:::トN_{__i:{__{:::N:::j::ハ
 V//ハ{::しく⌒ヽ:\:::ヽ:\`:<}:::::j,ハ
 {V/人::::::::`ヽ:::::\:ヽ:::\:ヽ:):`Y::ノ:}
 V::{:{::::\::::、:ヽミァ::::ァ::\::-く::_;ノ__;ノ)
 `Yミト、_::::`ニ::/7::::/:::::/::|:ヽ::ヽ::`Y:::7\
. ミミ:::::::::::::::::::{{:::/ l:::/:/ }::::}::::} l::|::::}  \
 :::::ミ三=::::::::;八::{L{;;{/ /l::/!::/ j人:{ \  \
 }:::::__ミ三r一' '" 二≧ミh、}/jレニニソ \\  \
 :::/ニV:::ノ     く tッ ヽソノ {ィッラ{   ヽ: ヽ  ‘,
 ::{ { ∧::i       ̄ ̄/  ‘, ̄l::\   丶   i
 八\^V           r_ ニ 〉 ハ  \   ‘,
 ::::::\⌒          `ーr'  i     \  i
  ̄|  ー i    「 .二二ニア  i三\  ヽ |
 三|   八     y'⌒ヽ⌒{  /三ニ∧  i
. 二 \ /   、     \__j /二二ニ‘, |
  三三\   \   `こ ´ /三三三ニ}
 二二ニ=\   丶、     /二二二ニ/___
 二二ニニ∧\     ̄ ̄|二二ニニ/三三三三¨¨ニ=ー‐┐
 \二ニニ∧  ヽ   / │二二ニ '二二二二二二二ニニ|\_
 二\二ニニ∧   \ /  |二二ニ/二二二二二二二二二{\__\
 二二 三\ ∧   /   .l二ニニ/二二二二二二二二二ニ}\__\\
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「さておぬしら、ちとそこを退いてはくれんかね!
┃ うちの御大将が空きっ腹で叶わぬと仰せでな!

┃ いやはや恐ろしい、うちの御大将は気分を害すと俺でも手がつけられぬからなあ!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


775隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:02:49.58 ID:zxdclTw7
こいつら傾いてやがる…!


776隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:03:18.13 ID:x0QvuoIj
ドヤァ


778隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:04:11.26 ID:E2hHGhXQ
慶次てめえもよくやるわw


779隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:04:12.61 ID:M9m55DDS
この大男が手をつけられないだと…!


781隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:04:40.23 ID:mPJCZuUT
好き放題言いやがるwwwwwww


780◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:04:13.22 ID:moSHUWTG


             ,r;:;:;;;;;;;;;;;:;.ヽ
            .:;;;;;;;;,ィイ''')ノ;;;;}
    ,. -─---rヘいシ'、、,, ``シ
   ,〃        い7  `'''゙,r;.:/
 ,〃    , l    ぃ;、 ,r‐ォ/ヽ
/     / /    ヽ_フ  i !
     / /          / ハ       ,r'´
     「           / ノ 〈      /
    l_ノ          ,.イ    ヽ.    ノ
 ̄`ヽく   .:.:.:.::::::::.:.,.'´ ̄ヽ    \ _ノ
    `ヽ.:.:.:::::::::::.イ´      \     ノレ.:-──
   ,rく^i::::::::::::::/         \_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
\r'´ヽ_」」‐っ7´           /.:.:..:.,'.:.:.:.:.:.:.:.:.
 /  11  ̄`1   ,r─ァ 、     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:
./   } }  .人 , r┴ァ'´ ハ __ノ.:.:.:.:.::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
〈``ヽ ノノ'"´ /  / /.:.:.:.:.\.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:::',.  V   /_/-タ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
 l  |\       _> 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:../
 l  |  \    _/.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//
 l  |. '"´  ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/\.:.:.:.:.:.:.:./ ./
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 慶次の口走ったその言葉が引き金となった。
┃ 偉丈夫の慶次ですら手がつけられない男となれば、恐怖として想像するにも余りあろう。

┃ 柄の悪い男たちは、気絶した一人を抱え上げるようにして、足早に宿泊部屋へと立ち去っていった…
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


782◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:05:14.50 ID:moSHUWTG


.    _,r{::::/::/::/:l:::::{:::!:::::::-:、:::∨::::/:::::::::::/,ノ)
    人rf:::{::::l:::|:N{::::ヽ{::::::::(::Y^::ヽ{:::::::::::::/:::::/⌒ミ
  (し'{::{:::::::::|::|:::::\::::\::::::}::|::}:::::|::lf⌒ヽ::::::::\::/
  rく:::ミト、:::人{__::::::::ミァ'^⌒|:lトV:::N|:::n::::}:\::::::ヽ
  :ミ/⌒Y:::\:ミニ:::r'    l:::| |:::| l|`寸l:|:::|::}::::::V}
  :jf⌒゙ j:ト、:::::ミニニ     |:l:| l:::| }| }:l:l:|:::}:リ::l::::}
  ::|{  人::::::厂    ,z:≦:::トN |::|ノ l::l:l:|::::/:/:::リ
  ::{ヽ(_( l::::!    '´ ̄  `マ:::::\l   jリ从ノ}/::::イ
  ::‘,\} }::|      ーf‐f云xヽ;__ノ ノr‐::≦リ/l:|
  ";/\  }ノ      ´^'宀ー'  }  Krテ‐ヲ l:::l:|
   ゙';    ̄|              i /` ̄/:| |:::l:|
    ゙';   l           _   ′ /l:::| |:::l:|
    ゙';   ゚.             ( ノ {  /| l:::| |:::l:|
..    ゙'; 八       \    `ヽ_,ノ , i:::| l:::|  :::l:|
.       ゙';  ゚。     、` ー--  ,.l|::|:::| l:::|  Vl:|
.        ゙';        ミ=-- /|:l|::|:::| l:::|   V:|
.         ゙';  \        / ::l|::|:::| l:::|   ヾ
         ;\  \    , ′∨l|:l!:::| l:::|
          ゙'; \  `≧=く   ∨リ::::| l:::|
           ゙'; \ / /     ∨::::| l:::|
.            ゙';   Y /         ‘,::::| l:::|
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 後には、差し向かいで座る慶次と君が残されて。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                      ___
                    /:::::::::::::::::ヽ         ____
                  / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                 / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                    | :::::::::::(⌒).(⌒ )    |::::::::::::::::::γ:::::::::::::::::::: ノ
                     | :::::::::::(__人___)     .|:::::::,. -ーy:::::::::::::::::::: /
           ε=     | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /
                 | :::::::/::::: |        |   /):::::::::::::::::::::: /
                  | :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/:::::::::::::::::: /
                 i ::::::::::::::::. ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                   r/:::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::::ノ::: 、:::: //
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 事の滑稽さに、君は笑いを漏らしたのだった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


783◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:06:38.26 ID:moSHUWTG


                      ___
                    /:::::::::::::::::ヽ         ____
                  / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
              \   / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
              ―    i :::::::::::(●).(● )    |::::::::::::::::::γ::::::::::::::::::::: ノ
               /   | ::::::::::::(__人___)    |:::::::,. -ーy::::::::::::::::::::: /
                    | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /
                    | :::::::/::::: |        |   /...::::::::::::::::::::: /
                    .| :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/::::::::::::::::: /
                 i:/:::::::::::: ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                   r:::::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::ノ::: 、:::: //
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃???
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「あの――」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


785◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:07:12.43 ID:moSHUWTG


               ,.r:';:ニ';ァ':,r';r'^: : ::、. : : : : :`:ヽ、
                ,r':;r'".,r'": /:/. : : : : : :ヽ、: : : : : : :ヽ
             j/´ .,:':;r : : l;j .l1:i、: : : ヽ、ヽ;.:: : : : : :'、
                 /:/: :': : j'|::!.ヾ:i、: :;..:-:=:、; : : : : : :.';
.                ,' : l: .!.:._:;' l:j.  ヽ.'^ヽ、;_;.;_: j:,: : : : : :.1
               j:.; :1:ir'"/^j!    ,r'"o:i1ミ;‐i: : : : : :.:l
                i' '.:.'、:i:./      " i;'‐;j'^ l : : : : : .i
                |:.i: :.:ヾi、,r;f≡      `"´, ,.. l1 : : : : :}
                l; : : : : :'i:´, ,     _,....、   .j.!: : : : : j
               1: : : : : :1.    r '"   j  .,:':/: : : :.ri/
               !:i、: : : : T:ー  丶、. .ノ .,.イ:/:;.r: :.:/ '
              ';.:i:、: :、: '、:.:`:.ー.、., _ ,.r'"'^!/"j;:r'"
                 ヾj. ヾ:;ヽ、,_;、:_.:ノ ,r.v‐'"^lj _ ̄ ̄`ヽ
                     ,r-:,r'".{  `{. _,Kニ;‐/´        '、.
                     ./  .j_r‐^i,.r'ク". { ヽ、`ヽ、.  ,    '、
                   ノ ノ´,.r-:く,__l ,..:-:'>r‐'^'ヽ ヽj    '、.
.                  .r'  j,r'^'ー-、,r'.../     '、  i;      ';.
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃宿屋の娘
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「お二人とも、ありがとうございました!
┃ これ、どうぞ!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


        _  -―― ―- _
      /           ` 、_
    _/   _  -ィヽヘヘ;- _   ;゙:   ̄  ‐- _
  /  l、 ィ ⌒ヽ7‐、゙, - 、   `ヽ/ l´:;:;:;:;:;`:; 、    ̄ ‐- _
/     l \ `""_(:;:;:;/: : : :l\ _ イ   ;:;:;:;:;:;:;:; :.:.:ヽ        ` 、
l     、  ` ー'―`― '´ ´    /;/―-、 :.: :.:ヽ __        \
ヽ    ;ヽ      .      ' //:;:;:;:;:;:;:;゙ :.ヽ: /:;:;:; : ヽ          ヽ
 \ 、 、  ヽ ' ,   ,'  , _ //:.:.:.:.:.:., /:; :. :. l:;:;:;:;:;:;:; :.:. ヽ
   、\    ヽ        //:;:;:;:;:;:;:;' ;:.:.' :.:.l:;:;:;:;:;:;:; :.:. :.:l
    \ ゙ 、 `ヽ_    _メ  ヽ__,,;'':.:. :.:. /:;:;:;:;:;:'' _,,'' '-‐==ニ二
      ` 、` - _  ̄     ヽ:.:.:. :.:.:./ゝ-=ニ三-‐: : ;,' ̄ ̄-' /
         ` - _ ‐-  _- ニ三三ニイ=二`=- ─''´  ̄  /
            ` -  _             _ -‐ ´
                   ̄ ̄ ――   ̄ ̄
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ さきほどの宿屋の娘だ。
┃ 礼の言葉と共に君に供されたのは、心ばかり大盛りになった夕食であった…
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


786隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:07:19.77 ID:pua0onOy
いいなぁ、この二人w


787隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:08:04.60 ID:g0dest9v
いいなぁ、男意気よなぁw


788◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:08:23.22 ID:moSHUWTG


                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |


       ・     .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;., ;,::;
   ;:;;: , .,.,                 .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *:,; ;.,;,::;;。,... .. ;:
;:;;: , .,., .,. ;:;:   :. :.  .: :  -‐-  :. .:.::. .:.: :. .:.:  ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,...
    ;:;;: , .,., *., . : ,r'´.     `ヽ: .. : :. .:.::. .:. . . ;:;: ,.:  ;,;
        +  .: ..: :' ..:.      ゙; ::: :. :. .:.:. .::;:;;: , .,., .,. ;: ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
          : :. ::..       .: :. .:.::.  :. . :. ;:;;: , .,., .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *
;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,..: ..: :ヽ ::::... ..... ,.': :...  :. :. . :.::,; +;.,;,:: .,... .. ;:
    ;:;;: , .,., *.,::.. :..:. :` ー- ‐ ''"... .   .:::    . ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;* ,::;;,... .. ;:
           :: . ::. ::::.   ::..   ::..   ;:;;: , .,., .,. ;:;:
  ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;+  ,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
        ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:   ,.,.,


                     ∧二二二二ヽ            ______
  ________ l二ニi     / ヽ二ニ二二ニ\,───冒─A ./::::::::::::::::::::::::::::::::
/ニ=ニ=ニ=ニ=ニ=ニ/ヽ|::  |____/__丶二ニ二二/___    / ∨:::∧:::::∧:::::∧:::::
三二三二三二 /   |::  |'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'. .:' .:'     /\─イ i!i!.| ̄|「l ̄|「l ̄|「l ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ , -'゙´\ |;:;/;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;' .:' .:'   /   \| i!i! |  |「l  |「l  |「l
[日 「l.ィ=ュ.'´     `/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:' .:'___/____ヽ_/'ニニニニ'i________
  , -' {ト-‐i,       /.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':'|      |.'.'.'.'.':':':':':'.'.'.'.'.'.'.'
'"    l::: |      ,:/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':|       |.'.'.'.':':':':':':':':':':'.'.'.'
     l:::.. |    //,:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':'|       |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
____.\;;|  /__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':'|      |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
',:',:',:',:',:',:',:',:',:' //ヽ   「i  「i  「i  「i  /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':'|     |.'.'.'.':':':':':':':':':'.'.'.'.'
',:',:',:',:',:',:',:',  //  |  |.l  |.l  |.l  |.l  /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':'|     |.'.'.'.':':':':':':':':'.'.'.'.'.'
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 慶次と共に夕食を済ませた君は、
┃ 河岸を変えようかね、との慶次の提案に乗って、夜の街へと繰り出していた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


789◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:09:45.90 ID:moSHUWTG


                    /   //:j/:::/:::ノ)::::::::ノ::::):::j/:::::::::く
                /:/  /,.ィ{::/::/:::/:::::::::::/:/::::ノ::::/::::::::
.              /:/ / l{{ |:(::::{:V:::::::::::(::::〈:::ー=:彡':::::::::::
                  /://   ∨ト、Y:::::::::l:::l::::::\:\::::::::三彡:::
              //     V::::r‐}::l:::::::|::ハ:::::::::}:::::ト、:\::::::::く
              /      `Y:::::{ |::|:::::::|::::{ヽ:::::|:::::} }::「ヽ::彡
               /         ミ::::フ 乂巛{\l  )八;ノ jノ  }::::;
               /         八::{ xfニ=─.、  r:::‐=ニニニメ ゙Y
.             /       //∧l  ィ‐tッテハ 厂 ィ‐tッナァ    |:::
           /      //:/ ハ   `  ̄ノ| ト-- ̄^´    j::
.          /    ///::/ /:::',  ´  |             r‐
          /    // /::/ /___      | ト、       厂
.          /     ./   __{::;レ'´   ∧   弋fフ       /
        |     / /         ‘   ー、─一ァ    /i
.    三二ニ=ー‐--/                   二 ´    , │ _
    三二ニ=ー- /             ∧         ′ /
   // =ミ =ミ ∨              /  、     ィ  / /
   / =ミ       ∧             /////∧` ー一 '  / /
     (^^)   / ∧          ///////∧     / /
    >⌒V'⌒< /   ∧        //○//////\,////{
    7⌒Y^ー'/   ノ\       {////○////////// /
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「なるほど、俺の名を知っていたのは"母鳥亭"の他の客からの情報か。
┃ まあ、このように目立つ成りだ。知られもしような」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 外見もあるが、まず行動で注目されているのではなかろうかと君は指摘する。

┃ 正義感が強いのは良い事かもしれないが、さきほどの食堂での立ち回りやイリヤの話などを鑑みるに、
┃ どうにもこう手が早いと言うか、騒動になる事を厭わないと言うか…
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


790◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:11:10.94 ID:moSHUWTG


                          ___    ___
                         / ̄ ̄`V´:::::::::::::::::::\
                      /    '⌒Y:::::{::::f⌒::::::::::::\
                       /    i   \r─‐く::::::::::::::::::\
                    ,ィ _{_r‐=ミ-}三三{__::::\:::::::::::\
                  /j/::{/::::::/::::::ノ:::::::}::::::::::}ト、::::';:::::::::::
                    `V:::|:::/::::::/:::f´::::__;ノ:::::::::/:::人_,__::::::::
                  )::::(:::{:::{:::::lレ:/:::::::-‐=彡':::::/:::}::::::::
                {レ{::\:`フ:::ァ:::∧く:::__::::/:/::::::::イ::::::::
                  V:::::::::/:::::/:::::/:::ハ::\:く-く::::-‐=彡::::::::
                ヽ:::::::::|::l:::{::::/|::::l:::|:::ヽl::} fー::::彡lく|::::::
                  ミ三人{:::{:::|:l|::从{:::::jリノ }ミ:::::::::人ハ:::::
.                ミ:::{ィ圭三ミ八圭三ニミ、 \:::イl |::} ∨
                    `ミl rftッヮ}   rftッ ラ  }::ィ' j人,,i;_
                 ,z'"⌒'.     j          };ノノ/
  _          ,;'"    ハ    {__j__,      /__人
.  [___}_______"________` ー'      'i´  /;.
. └──―一' ̄ ̄,; ̄`ー‐――一'´f'´ ̄       /│ / ;.
.            ;"           ', `て´ ̄     イ l  ' ;.
.          / ;         ∧      / j / / ;'
.          // ;:.              -- '     / ,;'
      -‐≦_/ ̄ ゙;、          ゙; \.   /  ,;
.   / ̄ ̄ ̄ ̄/ / ゙':..、         ゙、 \/   ,;
.   ///////// /: : : :`゙:.、          ゙;, /    ,;'
   _____/ /: : : : :. :. :.゙':、        ゙;,      ,;'
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ふむ。
┃ まあ、悪目立ちしていると言われる事はあるな。

┃ だが、鼻持ちならん手合いを黙認している事の方が、俺にとっては我慢ならんのだ。
┃ それで立つ悪評など、いくらでも立てばよい」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                / ̄ ̄ \,-、_
             _,ノ ヽ、__ /  / ,〉、
            (●)(ー-/ ´/ /),
.              (__人_,{  / ' ´ミ、
             '、`⌒ ´V __ <、
              |    〈´/::::::Λ
              |      ヤ::::::::::::::Λ
             `ュ`ー─ーV::::::::::::::Λ
             /ム _ , ー ' V::::::::::::::Λ、
           _,. -/::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::Vヘ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::.∨}
       j :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::レ;
      i :::r ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::::ノ
.      i :::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::-==:::イ
.       | :::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ――なるほど、イリヤが言っていたのはこの事なのかもしれない。
┃ こういう性格であれば、そこかしこで騒ぎを起こすだろう。
┃ かと言って、道理のない喧嘩をしているわけでもなさそうだ。

┃ "母鳥亭"で爪弾きにされていないのは、そのあたりに起因する事なのかもしれなかった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


791◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:12:22.82 ID:moSHUWTG


.  ___   __
/三:::::ミY´::::::::::::`ヽ
::::彡三ミ::|'⌒ヽ::ヽ:‘;::}.
:::::彡三ミ人___}_}_リハ;!
:::::::::::/ヽノ:::::::ハ:::::: ̄ミハ,ノ)
::::::::/ ハ:::::::;ノハ::ヽ::;ノミ::::::く
/:::/ {:::::V´::::::ノ:::::::::::ミ:::l:|:N}
:::/{  V::::{:::::{::{::::::/ニ}::r从jリ
:/::| ,ノ:::八::::ヽ: 八{(|::l  {
{:ハ{ ソ::::{:::::::ヽ:::::ミ ヽУ l
l{ ヽ.──==ニ´    |   l
::\三三三三三≧x \_/                              r‐┐
::::::::}ニ二三三三三三\|             r--──x( ̄>、===<二二二二ーァ'
l:::::::|    ` <三三三ニヽ               `^ ̄/ ̄__)´ /}
ハ::l:j       ` <三三ニ}            /  //\//
 リノ        ,ィ介n、三\           /  /   〉
/           /j川川Nn、 ‘,          {二二{\  /
         /川川川川トNn、       / ̄〉-く  У
.        /川川川川川川Nh、.     /  / _У
.         ノ川川川川川川川川}!    /  / (___/
       ,イj川川川川jレハ{川川川!  /  / __/
     イ}川川川川レ'´   `ヽj川}}∨  / (__/
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「さて、ここだ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


  ;;  ;;  ;;  ;;  ;;_______  ;; .|       ; . !|
 ;;  ;;  ;;  ;;   [「ニニニニニニニ]  ;|ニ∩ニニ∩O    !|
  ;;  ;;  ;;  ;;   | || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||´  .;;|.|l∪─ ∪.|   . !|
   ;;  ;;  ;;  ;;  | || |  ̄..T  ̄~|i|| ;;  |.|       |  ;  !|
  ;;  ;;  ;;  ;;   | || | . i||i  .|i||  ;; |  ̄ ̄ ̄ ̄   .!|
 ;;  ;;  ;;  ;;    | || O__ノ||ゝ_|i||;;   |     \ _  . !|
  ;;  ;;  ;;  ;;   | || |____|i|| ;;  |    \ ; \  !|
 _________|_|l_______.||__|     \ ; _\!|
 ─l─.-┼..-..┼__|_|三三三三三三三|_|ー|       \ ..!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 _|__|__|_l!il三三三三三三三liil_|        \!|_______


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 慶次が君を案内してきたのもまた、"天空の母鳥亭"であった。
┃ 彼もまたこの店を拠点とする冒険者ゆえ、それは当然の事かもしれなかったが…

┃ 君にとっては、本日二度目の来店だ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


792◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:13:20.96 ID:moSHUWTG


                             ________
                    _______ |\_______.\
                  i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |. |;;;;| i――――――‐ |:: .
                 l   i   .i   .i. .|;;;;| | II .II   _ :::|::;;;| |:::::
                 i___l____|___i .|;;;;| ||:;;||:;;|ロロ|_|iii.Å、| |:::
                    |:::::: :::: :::   |: | |;;;;| '――――――‐..|::
           ____   |::::::: ::::    | ,| |;;;;| | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| |
          \ ___ \ |:::...  .. .  |. | |;;;;| |    [ | ]    | |
______....|\ ̄ ̄\      \|_|;;;;| |___|___| |
              iヽ\   \_        \|              |
           __|__\\     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         └┬┬┘.\\.__________________\
           └┘\___.\___________________|::
              └┬┬┘::   ___     ___    ___  |;;
                └┘\_  └┬┬┘   └┬┬┘   └┬┬┘ . |::
                       ̄ ̄ └┘ ̄ ̄ ̄ └┘ ̄ ̄ ̄ └┘ ̄ ̄\
                                                \

                     __
                   /:::::::::::::`ヽ
                -- ァ=- ― -= --'- ..
               r  >.:´::::::::::::::::::::::::`:.<  `ヽ
               }/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  }
            /::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::\::::::V
            i::::::::::::}::::::::::::::::\::::::::::\:::::ヽ:::}
             }::::i:::::::ト、:::::::::::::、:::\::::::::::ヽ::::::\
            ,::i:::|::::N \::::::::::',ヽ::}\:::::::::乂:::::>
             /:::|::|::::| ィf=ミ、:::::::} .j/ィf=ミxー― '
            ∠::ィヘ:{ヽ!《 泛ソ \{   泛ソ 》.ム}
              { ハ , , ,   '   , , , /イ
                ゝヘ    __  _    .イ::::!
                 ヽ.   `  ´ ./>、:::!::::|
                 /:::> =-= }{/^ヽ、:::!
                   /::/:||   }y ´ ̄ }: ーr-
             ,.zz-v^Y: : : {{   /ヽ/ ,: : : j:i:i
           /:j:i:i:i八: : : :.ハ 、  {  {  {: : :/:i:i:
              /: :/:i:i:/: : :{: : : : ', У.ゝ ,   !: :/:i:i/
          /: : :}:i:i:iレ: : :.! : : : :ヽ/: i   .}: :{:/: :
          ./: : : :j:i:i/ : : : :}: : : /: : : ;    |: :リ: :
         i: : : : :∨: : -、: : : :/: : : : : :    .{/: : :
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃鳳翔
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「いらっしゃいませ…あら、慶さん」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 店内に入ると、鳳翔と呼ばれていた店主の女性が君たちを出迎える。
┃ 呼び方から察するに、慶次とはそこそこ親しい間柄なのかもしれない。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


793隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:14:22.58 ID:M9m55DDS
この呼び方だけで何かくるものがあるな


794◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:16:19.83 ID:moSHUWTG


.    _,r{::::/::/::/:l:::::{:::!:::::::-:、:::∨::::/:::::::::::/,ノ)
    人rf:::{::::l:::|:N{::::ヽ{::::::::(::Y^::ヽ{:::::::::::::/:::::/⌒ミ
  (し'{::{:::::::::|::|:::::\::::\::::::}::|::}:::::|::lf⌒ヽ::::::::\::/
  rく:::ミト、:::人{__::::::::ミァ'^⌒|:lトV:::N|:::n::::}:\::::::ヽ
  :ミ/⌒Y:::\:ミニ:::r'    l:::| |:::| l|`寸l:|:::|::}::::::V}
  :jf⌒゙ j:ト、:::::ミニニ     |:l:| l:::| }| }:l:l:|:::}:リ::l::::}
  ::|{  人::::::厂    ,z:≦:::トN |::|ノ l::l:l:|::::/:/:::リ
  ::{ヽ(_( l::::!    '´ ̄  `マ:::::\l   jリ从ノ}/::::イ
  ::‘,\} }::|      ーf‐f云xヽ;__ノ ノr‐::≦リ/l:|
  ";/\  }ノ      ´^'宀ー'  }  Krテ‐ヲ l:::l:|
   ゙';    ̄|              i /` ̄/:| |:::l:|
    ゙';   l           _   ′ /l:::| |:::l:|
    ゙';   ゚.             ( ノ {  /| l:::| |:::l:|
..    ゙'; 八       \    `ヽ_,ノ , i:::| l:::|  :::l:|
.       ゙';  ゚。     、` ー--  ,.l|::|:::| l:::|  Vl:|
.        ゙';        ミ=-- /|:l|::|:::| l:::|   V:|
.         ゙';  \        / ::l|::|:::| l:::|   ヾ
         ;\  \    , ′∨l|:l!:::| l:::|
          ゙'; \  `≧=く   ∨リ::::| l:::|
           ゙'; \ / /     ∨::::| l:::|
.            ゙';   Y /         ‘,::::| l:::|
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「やあ鳳翔殿、繁盛しておるかね」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                ___    ,. --、
             >.:´:::::::::::::::::::::::::<:::::::::::::::\
          __/:;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、::::::::::::::.
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ::::::::\::::::::::}
        /::::::::::::::::::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::\:::::|
         /:::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::ヽ:!
      /::::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::',::::::::::',
      /::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::| ',:::::::::::::::::::::::::::\:::::!
    /::::ィ::::|:::::::::/ ̄',::::::::{::::::| ヽ:::::::::::::::::ヽ::::::::ヽ}
    ´ ̄  {::::|::::::::′___ :::::::!:::::::!   __ \::::::::::\::::::\
       八::ハ::::::ィf孑ミヽ:::ト、:::{ ィf弍ミx\:::::::::\_\
          j从     ヾ ヾ      j/ ー―:\
           } , , ,       , , ,   h ./::::::::!
           人             -イ::::::::::;
            \  マ   フ   イ::/:::!:::::::::/
              >  _   < .{/::::::|:::::::::
                   __j    .人}::::::!::::::::|
               >.: : :ハ  // \|:::::::::!
             ..ィ:i/{ : : : { {//: : : : : \::::!
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃鳳翔
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ええ、おかげさまで。
┃ あ、ご注文はいつも通り純米のお冷やでよいですか?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


795◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:17:10.54 ID:moSHUWTG


        Vト、::::::::::::::::::::::::::::\_::::::::::::)::::}::::::}:|:::::j:}レ::ハ
.          入::::::/{::::::::{::::::`¨/:::::::__::::::::::::::::::::ノ:j/::::::/:::jヽ
       f´::::{:ヽ:::::\::::\/:::::/:::::::::: ̄::__::`:く:::_:_;ノ::::/::::|
        人::::::\:::\:::\:/:::://::::::::::::::/:::::::::::::}:ト、::::彡':::ノ)
      {::::::ヽ::::::::{ヽ:::\::{:::/ /::::::::::;ィ::::::::::::::/:::::::l::::i::::::/:/
..     人:::::::\::::ヽ::::::::,イ{:{  |:::l::/:/ |:::::::::;:イ::::j::::l::|:|:::::彡i'
      {ミ,ィ_lヽ:`:::::::/ ∨_|___|/  !:::::/ /:::/|:::::/:j:::::::ノ
       乂// j:::::::::/ ,ィf{レ===ニ二\ |:::/ /::://::::/:/:::イ.
      ミ// /|::::::/      --- `ヾノ八 |/厶--<!::;ノ.
.   '⌒ヽ 〈 { ( l::::/      ィf三圭ト、     /'"⌒ヾ三}::}.
     Vハ\_ヽ{             i l==zミ, ソノ
       i:::∧__|             /  |   ` /〈
  `゙ヽ `V /   |              ノ |   / jレイ
       i/    |            に、_}  /  /イ
      ヽ    '。      「  、 ヽ_,ノ  /  ノノレ
         }ト、    ,       \__ア  '  /  ルイ
         リ ∧        ヽ___,.   ′   -‐=  ノ
        〈 ハ.   ' ,         /      イjレ三ニ=-  __
          j  ∧    \         /{__彡' '"´  ´j        三ニ=-  __  __ノ
         ∨{_∧    ` ー---イ V´  '"´/ ,ノ}三ニ=-  __        `Y彡
      ヾ    { ‘,     / / j  {_,ノ ノ   ,ノ         三ニ=-  __   _|'"´
       ヾ  ∧  \    / / /  「__     " ノ三ニ=-  __         ̄}'"´
.        ヾ  ∧   \  ' / /   (  _,. '"   '}        三ニ=-  __  ノ'"´
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「うむ。だが、盃はふたつくれまいか?
┃ 今日は連れがいるものでね」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                ,   ̄
            /       ヽ
.            |     ‐ - -‐
           |    ( ●) (●)
              .|     (___人__)
            j         / ',
         _..ノヽヽ      ハ  ヽ
   ,r¬;;――''゙::::::::::::::≧=-、_ノ、_/ ̄ V
 / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧、〈´/::::::Λ
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、ヤ:::::::::::::Λ
::::::::::::::::::::,!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.::::::::::::::::Λ
::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::v.::::::::::::::Λ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:.::::::::::::::::∧
 ゙)::::::::::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|、:::::::::::::::::∧
::: ゙ヽ<`'、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l∧::::::::::::::::::ハ
::::::::  \ ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l゙:::::::、:::::::::::::::ノ
::::::::::::  `'、l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〔 `::--‐==::イ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 小さく会釈して、君は慶次と同じテーブルに着く。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


796隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:18:03.22 ID:VniIY6jl
あ^~女将の色気で心が癒える^~


797◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:18:15.45 ID:moSHUWTG


                     _ ,,'" ̄:.` 、
                  ,斗'"´ ̄`:.:'<:ハ::::'、
                  , ':::::::::::::::::::::::::::::::::`::::、::'.
                /::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::: ヽ:,
                ':::::::::::::::::::::::::::::::::::'::::::::::、:::::::::'.
               ':::::::::::/、::::{:.:.:.:.:.:.:.:.:'::::::::::::、:::: ,:,
             j::::::::_/__'、::::'.、::_,_::::::::,::::::::::::、::} :,
             }:::::,}/ 斗z、:::'.\:::',:`::::ヾ::::::_V:::l
             ノィ:/.ヘ{ ヒ! \'. ¨TZオ、::::'.\≦:::::l
              }'  '.、、     、、 ’\',ノイ::::::::l
                   八  ` __     .ィ/ .l:::::::::l
                 `   ` ´     {  .l:::::::::l
                    ≧r‐''"   />、.l:::::::::l
                 ^7´:.:l:.l l   //:.:.:.`ー-ミ、
                    /:.:./:.:.:.:.l:.l l  //:.:/:.:.:.:.:.:.:.:入
          ____/:.:./:.:.:.:.:.:l:.l l//:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:'.
         ィ. --tュ--ミ、:.:.:.:.:.:.l:.l'/:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. }
        {(: :<>: : iュ,,.ノ}:.:.:.:.:.:./:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.j
        rn「'、¨¨(`ー-〈:.:.:./:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
        L} l\ー‐=   \:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i':.:.:.:.:.:.:.:.:.:イ
          `ー-、      '、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:._:.:.:.:.:.:V
           /:.'  丁=‐-、  `、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:厂:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
         ./:..'  .{/≧=:'.   ‘.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃鳳翔
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「あら…昼ごろにいらした方ですね。
┃ どうです、あれから?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                   / ̄ ̄\
                  /   _,.ノ `⌒
                  |    ( ●)(●)
                  .|    (___人__)
                  |        ノ
                  |        |_,-‐、  / ⌒)
                  .人、      厂丶,丶,丶´ / ̄
               _,/( ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
        _, 、 -― ''"::::::::::::\:::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
       /::::::::::':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ::::::: )
      丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',:::::|
     i .:::::::::::::::::::::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈 ::::::::::::::... ',::.
    / ..::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\:::::::::::::::;;;ハ ::::::::::::::::::.. ',
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ とりあえず武器の修理だけは手配できたが、
┃ 冒険者ギルド統括所にはまだ行っていないし、そもそも所属するギルドも決まってはいない。

┃ その後は、いざこざはあったが、慶次と知り合いになれた事ぐらいだろうか。
┃ 何の気なしの世間話のつもりで、君はそう告げた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


799◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:19:35.49 ID:moSHUWTG


                           /:::::::::ヽ
                 _  _./::ヽ..___/::::::::::::::::::::',
               /::::::::`:::'::::::::::::::::::::::`:.<:::::::::::::.
                 ,:::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::\:::::ヽ::::::::::',
             /::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::マ::::::::
             /:::::::::::::::::::;::!::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::',::::::|
                /:::::::::::::::::::/^|:::::i::::::::::::::::::::::::::::::、::::::i::::::i
           /::::::::::::::::::/  .!:::::|:::::::::',::::::::::::::::::::\:}::::::|
          _ノ::::i::::::::::-/一' |::::ハー-:ト、::::::::::::::::::::::\:::|
          ア:::::{:::::::::/ _  .',:::! ヽ:::::{__\::::::::::::::::::::::\
        ∠:::::::ィ:::::::ハ 《茫ナ`ヽ{  茫zツ 》j/、:::::丁:::: ̄!
            ヽ:::{ ヘ    j         /:::/::::::::::::i
              ヾ 人          ィ ィイ:::::i::::::::::|
                 > /i^i、   .イ  {  |:::::|::::::::::|
                  _i | | i=≦   /:\::::::|::::::::::!
               .ィf:i:i:.{ ! | iヽ  /: : : }:i:i\!:::::::::|
               /: : :}:i:i:ハ  j ',/: : : : : j:i:i:i/:\:::::|
            /: : : : :|:i:i:i{ハ     ',: : : :/ム:i:i/: : : :Y::!
            i: : : : : |:i:i:i{: :〉    }: /: :/:i:i/: : : : : }::|
            }: : : : : !:i:i:i}:/   /イ: : : :}只{: : : : : : レ
            |: : :\: V:i/   /: : : : :/:i:i:i:{: : : : : : :ヽ
            |: : : : :ヽ:/   ./ : : : :/:i:i::|:i:| :´ : : : : : ',
            |: : : : : /    /: : : : 〈:i:i:{:i{:i:i! : : : : : : : :}
            |: : : ィ    /: : : : : :ノ:.丁:i:i:| : : : : : : :/
            /: /    /: : : : /: : :|:i:i|:i|: : : : : : /
           /: : :/    /{ : :/: : : : : |:ノ:」 : : : : :/
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃鳳翔
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…慶さん、また何か騒ぎを?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ しかし、鳳翔の反応はどこか沈痛なものであった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


800◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:20:38.90 ID:moSHUWTG


                          ___    ___
                         / ̄ ̄`V´:::::::::::::::::::\
                      /    '⌒Y:::::{::::f⌒::::::::::::\
                       /    i   \r─‐く::::::::::::::::::\
                    ,ィ _{_r‐=ミ-}三三{__::::\:::::::::::\
                  /j/::{/::::::/::::::ノ:::::::}::::::::::}ト、::::';:::::::::::
                    `V:::|:::/::::::/:::f´::::__;ノ:::::::::/:::人_,__::::::::
                  )::::(:::{:::{:::::lレ:/:::::::-‐=彡':::::/:::}::::::::
                {レ{::\:`フ:::ァ:::∧く:::__::::/:/::::::::イ::::::::
                  V:::::::::/:::::/:::::/:::ハ::\:く-く::::-‐=彡::::::::
                ヽ:::::::::|::l:::{::::/|::::l:::|:::ヽl::} fー::::彡lく|::::::
                  ミ三人{:::{:::|:l|::从{:::::jリノ }ミ:::::::::人ハ:::::
.                ミ:::{ィ圭三ミ八圭三ニミ、 \:::イl |::} ∨
                    `ミl rftッヮ}   rftッ ラ  }::ィ' j人,,i;_
                 ,z'"⌒'.     j          };ノノ/
              ,;'"    ハ    {__j__,      /__人
.               ,."         ` ー'      'i´  /;.
.            ,;              - ―-    ./│ / ;.
.            ;"           ',   ` ´    イ l  ' ;.
.          / ;         ∧      / j / / ;'
.          // ;:.              -- '     / ,;'
      -‐≦_/ ̄ ゙;、          ゙; \.   /  ,;
.   / ̄ ̄ ̄ ̄/ / ゙':..、         ゙、 \/   ,;
.   ///////// /: : : :`゙:.、          ゙;, /    ,;'
   _____/ /: : : : :. :. :.゙':、        ゙;,      ,;'
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ああ、いやいや鳳翔殿。俺とて好き好んで騒ぎを起こしているわけではないのだ。
┃ ただ、灸を据えてやらねば収まりのつかん似非冒険者どもが、また幅を利かせていたものでな」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


             /\__斗ーく
             >─--<:i:i:i/\
          __∠:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i寸_ イ
          /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ:i:i|
         /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧≠:ムi:i|
       :i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≦:i:∧|
       .八:i:i:i:{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\:i:i/:i:i}|
      /イ:-ーハーi:i:i:i:i:i-─-:i:i:\:i:i:i/:|
        }:i:i/ ノ寸:i:i:i:i{寸:i:i:i:i:i:i:i:≧:ii:|
       .ノイ{ 辷,,寸:i:i:} 辷_≦:i:i:≦i:i:i|
         ム    \}     7.ノ:i:i:i:i|
         ヽ    '       小:i:i:i:i:i|
           \ ‘ ’  イ >代:i:i:i:i|
             乂>< /. .ハ:i:i:i:i|
        _rヒi. . .| |  /. . ./. .`.¨7ミ、
      /.//. .|. ...| |/. . ./. . . . . / ./. \
     /. ..//. . .|. ./. . ../. . . . . . .ムイ. . . ..ハ
      |. . l:i|.... . |/ . . ./. . . . ./¨≧iノ..ム. . . .
      |  レ. . . /. . . ./. . . . . / /./ /i|../. . . . . |
    /. . /. . . /. . . ./. . . .. . 乂乂イ|ii|/ . . . . . .!
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃鳳翔
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…気持ちは、わからないでもありませんが」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


801◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:21:53.43 ID:moSHUWTG


          __L≧ノ:〃::::::}}:::::::::::::::::ヽ::::ヽ
       ,,'"::::::::::::::::::::::: ̄:::ミx::::::::::::::::::::::::::::,
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::、:::::::::::::::: l
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::l
  r-≠――<___ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::: l
  {::::::::::::::::::::::::::::::-<::::::::::::::::::::::斗::::::::::::::::::::::::::::l
 ノ!:::::::::::{::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄::::-=≦:::::::l::::::::::::::: l
/:∧::::::::::',、_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ア.、l:::::::::::::::::l
::::::::ヽ:::::::::\`''x.,::::::::::::、::::::::::ーz―= };:::::::::::::::::l
`ヽ::::::\:::::::::\ ≧=- \ー-、'. {  ノ::::::::::::::::: l
  }::::::::::'\:≧x\≧:〕 `     `  /‘,::::::::::::::::::l
 ノへ::::::::'、 }             ⌒{.  ‘,::::::::::::::::l
.   }::::ハ{`リ__        ,,'    、 .斗---、:: l
    ノイ   ` . っ    . イ    ,,'":.:.:.:.:.:.:/::: l
           ー‐''" /}  ,,'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:::::: l
             ノ:.:.:,レ'":.:.:.:.:.:-――=ミ::::::::l
           _.イ:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:、::l
          /:.:.:.:,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. Ⅵ
            /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.x≦二二ニ≧、:.:.:.:.}:l
        /⌒ー-、:.:.:.:._,,'" ̄ ̄ ̄ ̄`<≧x、:l
       ./≧=、__>'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄`く)
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃鳳翔
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ですが、もう少しご自愛を考えて、穏便になさってください。
┃ …余計に具合が悪くなったら、どうするというのです」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                   /  ̄ ̄\
                 /    _ノ´ ⌒  ´-
                 |     ( ●)(●   `
                 |    (_人_)
                 |       ノ
                 |        |
                _イヽ、.       , |
               ノ.......::::::::` ー─ァ≦
             ,.<...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..>、
          ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
         Λ::::::::::::::.ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: j
            {:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,.::: i
          ,'ト::::::::::::::::::::..V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Λ::: i
          i:ハ:::::::::::::::::::::..V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::Λ::::: |
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 具合、という言い方が君の心に引っかかった。

┃ 慶次は何か、病でも患っているのだろうか? とてもそのようには見えないが…
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


802隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:21:55.43 ID:M9m55DDS
こ、今回は比較的小さく治めたから…


803隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:23:03.78 ID:7MnDeLZU
死者が出なかったんだから、褒めてあげてもいいくらいだ(震え声)


804隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:23:04.21 ID:zxdclTw7
鳳翔さからん武家の妻アトモスフィアを感じる…!


806◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:23:27.50 ID:moSHUWTG


       ヽ从从ゝ>lllゝYリリ///,、-'彡彡彡;;ノ
         |ミ、;;;;;/"//"从l|l从;;;;;;;;;;;;ヾ゙゙゙マ〈彡;l
        |゙'ミ;;;/,,イイ/  l||;;| |l|l ll|ヽ从ヾ,,}}\゙;;
          〔:ィ| ll|l;|;/从ll| |;;;;|l|从ll从ヾヾ从||l;;;||:
     ///::;;{ ||l| l| |l|ll从l|.|;;;;|;;从ヾ;;;;;;|| 'llリl|;;l| :
   // ノミ;;;;| l|ヾl| l|| 从ll|.'、ヾ、;;;;ヾヾヾ;;ノ,ノノ ミ7,,,_
  // ´|ミ、イjィ''゙''''''''ー-从ヽヽッ-ー;;'''';;;"彡;;;"彡゙' 、
//  ` '、三イミア''゙''';;;;-、;;;;;;ツ、〉ーツ;;;;zzz三ミ゙゙"" ゙''i;;;;彡、ヽヌll|;;
/     /;;ノミ;l ゙,,ィシモ;ツ''',ミl: Y:::./レ'公゙;;;;'゙_,,>゙゙   |;;;彡 ', |ミ |リ
    ,、 '/ク;;;l   ゙""´´:/l } ゙'' 、:::::........      |;;;;/リ | |ミ |l;;
  ,、 ';;/  //、;',      ,' l             l;;ノ",ノノ''ノ人
シ彡/  // ッiii',.       ノ ヽ  、          リ''""/{/::
彡'"  / イノ" ::',     :ヽ、ノ  )            ,'ヽイ;;从レ"::
"   / ,、 '~ 从:::ヽ      ::::::;;、 '"           / ::: };;;;}}}ヒ彡
   //   ミミ:::::ヽ    t、;;;;__,;;、、 ー''‘       /  :: ',ll;ノ彡彡
   ∠   \\::::::::ヽ    ゙ 、,,,,,,, 、- ''      /   ::::/彡彡""
  ,,''´   `゙'' 、从::::::::lヽ   ゙::::''"" ''"      , '   :::,,''彡彡ン彡
,、''"    ミミヾ、ヽ:::::::::l:ヽ   :::"       /:::::" ,ノ彡""''''シ''"
シ    ミミミヾヾl|::::::::::l::::ヽ ::::.....      /彡::::" ィ"シシ彡  彡
    ミミ゙゙ミミヾヾll| :::::l :::::゙ 、,,____,,,、-'´ 彡//イシ彡
ミ     ゙'、ミミヾヾリl|;r'":l| :::::'、:::::::::::::::::彡 ::/ ,/彡 彡彡シ
彡   \ミミヾlll|从ノ::::::::リ、 ::::ヽ: : : : : :: : / /''"""彡彡
''"     \\}}ル':::::::'''" ヽ ::::Y : : : /  ノ  ,,,シ彡彡
      ミミミ゙゙;;/::::::::::::::`'''ー 、 ::ヽ: /-ー ''/ 彡彡彡彡
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ああ。
┃ 俺にはな、過去の記憶が無いのだ。

┃ 数ヶ月前、行き倒れていた所を鳳翔殿に拾われたのだが、それ以前の事がさっぱりでな」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 慶次の口から出て来たのは、なんとも深刻な問題であった。
┃ しかしその問題の割には、当人の口調は、軽い。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


809◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:25:03.52 ID:moSHUWTG


                   / ̄ ̄ \
                   ⌒´ ヽ、,_  \
               (●).(● )    |
                (__人___)     .|
                '、` ⌒´      |
             -ーー|        ト、______
            / .::::::、::|       /:::ノ:::::::::.`' ー-
           l :::::::::::::::::ヽ__、____,. "/::::::::::::::::::::::::.. ヽ
           」 ::::::::l:::: ::::::「、:::::::::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、
          l ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::. '、
          / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::|
            / .::::::ー-ミハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::|
         / .::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::/ ||
       / .::::::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
       / .:::::::::::::::::::/'     `‐-、::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
      /::::::-‐…‐、/       i `ー-,:::::::::::::::::| :::::::::::::::: |::|
       l::::::::::::::::::::.. \       ヽ::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:::|
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 自分の身元がわからなくて、不安は無いのかと君は問いかける。
┃ 慶次の返答は、あっけらかんとしたものだった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


.    _,r{::::/::/::/:l:::::{:::!:::::::-:、:::∨::::/:::::::::::/,ノ)
    人rf:::{::::l:::|:N{::::ヽ{::::::::(::Y^::ヽ{:::::::::::::/:::::/⌒ミ
  (し'{::{:::::::::|::|:::::\::::\::::::}::|::}:::::|::lf⌒ヽ::::::::\::/
  rく:::ミト、:::人{__::::::::ミァ'^⌒|:lトV:::N|:::n::::}:\::::::ヽ
  :ミ/⌒Y:::\:ミニ:::r'    l:::| |:::| l|`寸l:|:::|::}::::::V}
  :jf⌒゙ j:ト、:::::ミニニ     |:l:| l:::| }| }:l:l:|:::}:リ::l::::}
  ::|{  人::::::厂    ,z:≦:::トN |::|ノ l::l:l:|::::/:/:::リ
  ::{ヽ(_( l::::!    '´ ̄  `マ:::::\l   jリ从ノ}/::::イ
  ::‘,\} }::|      ーf‐f云xヽ;__ノ ノr‐::≦リ/l:|
  ";/\  }ノ      ´^'宀ー'  }  Krテ‐ヲ l:::l:|
   ゙';    ̄|              i /` ̄/:| |:::l:|
    ゙';   l           _   ′ /l:::| |:::l:|
    ゙';   ゚.             ( ノ {  /| l:::| |:::l:|
..    ゙'; 八       \    `ヽ_,ノ , i:::| l:::|  :::l:|
.       ゙';  ゚。     、` ー--  ,.l|::|:::| l:::|  Vl:|
.        ゙';        ミ=-- /|:l|::|:::| l:::|   V:|
.         ゙';  \        / ::l|::|:::| l:::|   ヾ
         ;\  \    , ′∨l|:l!:::| l:::|
          ゙'; \  `≧=く   ∨リ::::| l:::|
           ゙'; \ / /     ∨::::| l:::|
.            ゙';   Y /         ‘,::::| l:::|
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「一切無いというわけではないがな。
┃ だが、わからぬものを延々と考えていても仕方あるまいよ。

┃ 鳳翔殿にもいろいろと聞いて回ってもらったりしたが、手がかりなし。
┃ 慶次という名は辛うじて覚えていたが、あとは東国人だろうという事しかわからぬからな」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


808隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:24:07.40 ID:uzlnIGIr
記憶喪失とかそれ主人公用の属性じゃないですかー!


810隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:25:06.98 ID:VniIY6jl
実際主人公の器だしな(原作的に考えて)

でもこのスレはゲームブック風だから!


813隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:25:14.35 ID:NwMM36o9
うわぁ、さっぱりとした物言いだ。
こいつぁ男も惚れる性質だねぇw


814隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:25:17.70 ID:zxdclTw7
慶さんが世界樹に挑む理由ってなんなんだろうなーとか思ってたらまさかの記憶喪失


815隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:25:48.12 ID:7MnDeLZU
店の常連なのかと思ったら、そんなに世話になってるのか。
これは心配させたらいかんわ…


816◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:26:22.90 ID:moSHUWTG


        Vト、::::::::::::::::::::::::::::\_::::::::::::)::::}::::::}:|:::::j:}レ::ハ
.          入::::::/{::::::::{::::::`¨/:::::::__::::::::::::::::::::ノ:j/::::::/:::jヽ
       f´::::{:ヽ:::::\::::\/:::::/:::::::::: ̄::__::`:く:::_:_;ノ::::/::::|
        人::::::\:::\:::\:/:::://::::::::::::::/:::::::::::::}:ト、::::彡':::ノ)
      {::::::ヽ::::::::{ヽ:::\::{:::/ /::::::::::;ィ::::::::::::::/:::::::l::::i::::::/:/
..     人:::::::\::::ヽ::::::::,イ{:{  |:::l::/:/ |:::::::::;:イ::::j::::l::|:|:::::彡i'
      {ミ,ィ_lヽ:`:::::::/ ∨_|___|/  !:::::/ /:::/|:::::/:j:::::::ノ
       乂// j:::::::::/ ,ィf{レ===ニ二\ |:::/ /::://::::/:/:::イ.
      ミ// /|::::::/      --- `ヾノ八 |/厶--<!::;ノ.
.   '⌒ヽ 〈 { ( l::::/      ィf三圭ト、     /'"⌒ヾ三}::}.
     Vハ\_ヽ{             i l==zミ, ソノ
       i:::∧__|             /  |   ` /〈
  `゙ヽ `V /   |              ノ |   / jレイ
       i/    |            に、_}  /  /イ
      ヽ    '。      「  、 ヽ_,ノ  /  ノノレ
         }ト、    ,       \__ア  '  /  ルイ
         リ ∧        ヽ___,.   ′   -‐=  ノ
        〈 ハ.   ' ,         /      イjレ三ニ=-  __
          j  ∧    \         /{__彡' '"´  ´j        三ニ=-  __  __ノ
         ∨{_∧    ` ー---イ V´  '"´/ ,ノ}三ニ=-  __        `Y彡
      ヾ    { ‘,     / / j  {_,ノ ノ   ,ノ         三ニ=-  __   _|'"´
       ヾ  ∧  \    / / /  「__     " ノ三ニ=-  __         ̄}'"´
.        ヾ  ∧   \  ' / /   (  _,. '"   '}        三ニ=-  __  ノ'"´
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「それに、今となってはこの王都が俺の故郷のようなものだ。
┃ 何せ、目が覚めたらこの街にいたのだからな。

┃ わざわざ、自分が何者なのかを改めて知る必要も無いさ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 一理ある、のかもしれない。

┃ 人生の時間は有限であるのだし、少なくとも親しい人がこの街にいるのなら、
┃ どこにあるとも知れない自分の過去を探す意義は薄い、という考えもできるだろう。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


818◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:27:34.65 ID:moSHUWTG


                          ___    ___
                         / ̄ ̄`V´:::::::::::::::::::\
                      /    '⌒Y:::::{::::f⌒::::::::::::\
                       /    i   \r─‐く::::::::::::::::::\
                    ,ィ _{_r‐=ミ-}三三{__::::\:::::::::::\
                  /j/::{/::::::/::::::ノ:::::::}::::::::::}ト、::::';:::::::::::
                    `V:::|:::/::::::/:::f´::::__;ノ:::::::::/:::人_,__::::::::
                  )::::(:::{:::{:::::lレ:/:::::::-‐=彡':::::/:::}::::::::
                {レ{::\:`フ:::ァ:::∧く:::__::::/:/::::::::イ::::::::
                  V:::::::::/:::::/:::::/:::ハ::\:く-く::::-‐=彡::::::::
                ヽ:::::::::|::l:::{::::/|::::l:::|:::ヽl::} fー::::彡lく|::::::
                  ミ三人{:::{:::|:l|::从{:::::jリノ }ミ:::::::::人ハ:::::
.                ミ:::{ィ圭三ミ八圭三ニミ、 \:::イl |::} ∨
                    `ミl rftッヮ}   rftッ ラ  }::ィ' j人,,i;_
                 ,z'"⌒'.     j          };ノノ/
              ,;'"    ハ    {__j__,      /__人
.               ,."         ` ー'      'i´  /;.
.            ,;              - ―-    ./│ / ;.
.            ;"           ',   ` ´    イ l  ' ;.
.          / ;         ∧      / j / / ;'
.          // ;:.              -- '     / ,;'
      -‐≦_/ ̄ ゙;、          ゙; \.   /  ,;
.   / ̄ ̄ ̄ ̄/ / ゙':..、         ゙、 \/   ,;
.   ///////// /: : : :`゙:.、          ゙;, /    ,;'
   _____/ /: : : : :. :. :.゙':、        ゙;,      ,;'
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「まあ、もっとも…
┃ だからこそ、さきほどのような似非冒険者どもが威張り腐っていたりするのは、許せんよ。

┃ どこの馬の骨とも知れず、ましてや"世界樹の迷宮"に本当に挑む気があるのかも怪しいような連中が
┃ まるで自分たちが功労者であるかのように喧伝して、我が物顔で振る舞っていては、我慢もならんさ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



817隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:27:20.65 ID:9jfMVtwL
漢らしすぎる


819隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:27:48.92 ID:iKRHG8M4
さばさばしてるなぁ


821◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:28:47.33 ID:moSHUWTG


                                   __  /三三ミ、
                                    /三ミV//:/三ミミ、
                                 ///:二\}{///:::::三ミミ、
                                    jリ//:/⌒{/:目ハ::::::三ミミ、
                              //:/|:{ ,xrf从从}h、::::`ミミミ、
                               / j/ _jxf{(じ《《《{ハVjツッ,j}::::::}}
                               / ノ ,人;n{ljh{{ハVハhト彡'川::|
                          __ / /  ノ ミj:}人L{从{リ厶〈 ヒ{{::ノ小、
                     ´ ニニ ヽ  、/  ミf'´rモぅx frtチァ ソ}::{:{::|:::\
                       /  { (   ) }   \ 「f{   ̄ノj{  ̄  リ「}:l:}::「\::ヽ
                      ′  人  ー  ノ    ヽ|(ハ    弋ノ   ,ノ_八{::{  ヽ:::.
                 /        ̄ ̄         ‘,ー   `二´  /Τ{ \:..  }::i
                 ___,                    i  l\    /l 厂\__)ノ_j;ノ__
            ノ仁 / i                    |  |   ー一  j /※ |\    ,ィ⌒ヽ ̄「 ̄}
          / ̄ ̄/ |                 l∧       / /二二|   ヽィ⌒ヽ_ノ  |(ニ|\
.      _,∠=-‐ _/                     lニ∧_  __ /(※) 7_,ノ)ィ⌒ト、_ノ)_ノ)|ニ)l___ \
      / /   / {     \                l ニ∧`\ //二ニニ/⌒ヽ)__,ノ )__,ノ) |(ニ|  \\
.     / /  /   \  i  \___.         lニ※∧ / /二ニニ/_,ノ)___ノ)⌒ヽ)ヽ) |ニ)|\     丶
    / ,ノ  /     ( \l_   l{ ┌‐ }        lニニニ∨  二二ニ/⌒ヽ)⌒ヽ)⌒ソ^ヽノ|(ニ|   )     i \
..  / /    { , '"    {\    ー―┴‐'⌒        |∨※ニ∧__/※)二/       )ノ 人 人lニ)|   '      |  丶
   {  ′   !´       \\{_____l{/ )       l)∨ニ(::/二二 /          ⌒ヽ'⌒|⊂|     }   |     \
   |  i   |       / \l{_____l{/)      l  ∨ニニ/二(::/ 「∨フ        (__人 |ニ)| /   ノ   /       丶
          !          /`ー――┴一'゜      /_,ノ)∨ニ/)ニニ/ く)※(_〉    _,ノ'⌒ヽl(ニ| {  {    {
        ∧       /│ \         / ⌒ヽ) V/二二 /  〈_ハ_〉      ̄`ヽ__,ノ|フ|    ,ノ   ∧    ヽ}  ノ
.    \    ∧____/ ノ |//  ー----一    ___ノ) /二二 /      ノ^Y^ヽ   乂lラ|       / }    ノ/ /
       \             /   |/|     ィ⌒ヽ   ⌒ヽ)/囲)二/__/  ノ⌒ Y⌒ヽ)   |f7 l     / ,ノ   /
         ∨             / |__  ィ⌒ソ⌒ヽ    /二二 /_,人___ノ) (_,し'⌒し'⌒し(__,ノ゚j/__\   { (   /
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「――さて、ともあれまずは一献!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 語りながら、慶次は酒の器を向けてきた。
┃ 君は盃を手に取り、東国由来のものらしいその酒を受ける。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


823◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:30:00.95 ID:moSHUWTG


       ., ──‐、
      /   ノ  ヽ
.     .|    ( ●) (●)
     |      (__人__)
     |   u.   ` ⌒´)
      |         ノn旦丶
.      ン         } (イで,,)
    /⌒       ノ  } <
__/   ノ   _ィ ´ー‐ィ' |
| |  /   /    r_____〃
| | /   /      |i
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 東国風の盃に受けたその酒を一口飲んでみると、
┃ 鼻に抜けていくような独特の辛みがあり、大陸の酒とはだいぶ趣が異なる事がまずわかった。

┃ うっかりエールや果実酒のような感覚で飲もうとすると、二口目は躊躇ってしまいそうだ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                        / , /::::::/}:::j/:::j/://:::::::/::/:::::(::::::::::::::::::::::
                   ,ィf「 /::/ ハ/::::::/ノ::/::::/:::::::/:__;彡:/:::__:/ハrく{::::::::::::
                      /::{::|/:::i{/:::{::::::/::/:::::/::::ィ:/:/::::::::/'⌒::ー=::ハ:::::::::::::
                   {::::::::{::::八:::::\{::f/:::/::::::/::::/::-=彡'⌒::ー==人:::::::::::
                      V::::::\:::::\:;::ヽ:/:::__;彡<:::::::::::::=彡三:::::彡:(:::::::::::
                    \::ヽ/´:::/:{:::::{:::::::\::ト、::\:Y{::::::-=三彡:::::::て::::::::::
                      /::::/::::::/::::|:::lト、:::::::::|l| l:l| |:| }::::::::_::::-=三:::::::{\:::::
                  {f:::/:l{::::/:::::::|::l| ヽ:::::}リ };ノ }:| 彡::::::::::-=彡:::::ミ}. }:::
                     ヾ{::::|::::|::::|::::{N  jレz==<:ノ  \:::::::::::::::x‐く::) i:::
                   ヽ从ハ:::{∨r≦圭≧''"⌒゙''ー   ヽ::::::::リ⌒i |:`Yl::
                      /〈圭圭jハ\ ̄ ノ^f抄厂ン       |::::::/く | |:::〈 l::
                    /  // 代炒!   ' ¨  ̄´        |::::∧jノ j│:::{ L
                 , ′  //    ̄ }                  |_/__,ノ/::::ノ"
                   /  /   ∧ ,′              ( ___/レ'
                   ,゜ /.    /:/〈  ____            厂 ,イ「{  ,ノ
               i //     /:/ /  ̄ ´    ,        ,′_,ノ  ハ (
                   //     /:/ /::/  ー 一 ´       //"´  ,ノ}リ リノ
              //     /:/ /::/r=ハ  ̄        /イ{ i |  ∧ (__,
  ̄`ヽ======‐o- 。 .._     /:/ / {三∧          ' / リ jし}!   } (
 __,ノ ___         `゚≧=- 。.._ 厂  ゚。     /  {    (    ,ノ
.   /{  {_)               `゚≧x 八___ イ  __,人 ノ  j!  { (
 /  ノーr一〈                    /  `V\ ヽ (   ) ト、 リ  j}_ノ
  /ヽ └一'}                     /  `ヽ/  ∧ i人   ,ノ ソ ノ'"_,人
    / ̄ ̄                > ´   \/  / /{ (ヽ ノ  ( /'⌒V^Y
.  /  /`ヽ            >‘´人_,人  `V   | l/八  ヽ i /´ フ从_,人__
   /ヽ_,ノ  ̄ ̄\_ >‘´⌒V^Y⌒{    \{___/|/  )  リ  /⌒Y⌒V´
. /ヽ. /======ミ_| \__,从_,__人__,八   ヾi   / ノ^´  (  {し人__,从_,ノ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 一方の慶次は、何でもないかのように盃を傾けている。
┃ 嗜好の違いなのか、それとも慣れの問題なのだろうか…
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


825◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:31:13.27 ID:moSHUWTG


             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ●) (●)
           |    (___人__)
            .|     ` ⌒´ノ
            |        |
              人、       |
           _,/(:::::ヽ、  __ ,_ ノ
   _, 、 -一 ''"::::::::::\ ::::::::::::::::::7、___   _______________
  /::::::::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.../´ ヽ、,,,_____ノ
  ;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ヽ、 .} ̄)
 {;;;::::::::::::::::::::...v::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ'   、 ヽ_ノ  ̄
  ト:::ノ..:::::::::::::...:ヽ;;;;;:::::::::\::::::::::/(     r_ノ
  ヽ;;;;;;::::::::::::::::::....ヽ;;;;;;::::::::/⌒ヽ::::ヽ、y-ィ´|;;;;|
   ヽ;;;;;;;;::::::::::::::::丿ヽ;;;;/....:::::::;;;;;;;;;;::);;;:::::::|;;;;|
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 場を繋ぐためにも、君は話題を振ってみた。

┃ そういえば慶次は、なぜ冒険者をやっているのか? と。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


.    _,r{::::/::/::/:l:::::{:::!:::::::-:、:::∨::::/:::::::::::/,ノ)
    人rf:::{::::l:::|:N{::::ヽ{::::::::(::Y^::ヽ{:::::::::::::/:::::/⌒ミ
  (し'{::{:::::::::|::|:::::\::::\::::::}::|::}:::::|::lf⌒ヽ::::::::\::/
  rく:::ミト、:::人{__::::::::ミァ'^⌒|:lトV:::N|:::n::::}:\::::::ヽ
  :ミ/⌒Y:::\:ミニ:::r'    l:::| |:::| l|`寸l:|:::|::}::::::V}
  :jf⌒゙ j:ト、:::::ミニニ     |:l:| l:::| }| }:l:l:|:::}:リ::l::::}
  ::|{  人::::::厂    ,z:≦:::トN |::|ノ l::l:l:|::::/:/:::リ
  ::{ヽ(_( l::::!    '´ ̄  `マ:::::\l   jリ从ノ}/::::イ
  ::‘,\} }::|      ーf‐f云xヽ;__ノ ノr‐::≦リ/l:|
  ";/\  }ノ      ´^'宀ー'  }  Krテ‐ヲ l:::l:|
   ゙';    ̄|              i /` ̄/:| |:::l:|
    ゙';   l           _   ′ /l:::| |:::l:|
    ゙';   ゚.             ( ノ {  /| l:::| |:::l:|
..    ゙'; 八       \    `ヽ_,ノ , i:::| l:::|  :::l:|
.       ゙';  ゚。     、` ー--  ,.l|::|:::| l:::|  Vl:|
.        ゙';        ミ=-- /|:l|::|:::| l:::|   V:|
.         ゙';  \        / ::l|::|:::| l:::|   ヾ
         ;\  \    , ′∨l|:l!:::| l:::|
          ゙'; \  `≧=く   ∨リ::::| l:::|
           ゙'; \ / /     ∨::::| l:::|
.            ゙';   Y /         ‘,::::| l:::|
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「無論、"世界樹の迷宮"が狙いだからよ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


826◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:32:39.40 ID:moSHUWTG


                          ___    ___
                         / ̄ ̄`V´:::::::::::::::::::\
                      /    '⌒Y:::::{::::f⌒::::::::::::\
                       /    i   \r─‐く::::::::::::::::::\
                    ,ィ _{_r‐=ミ-}三三{__::::\:::::::::::\
                  /j/::{/::::::/::::::ノ:::::::}::::::::::}ト、::::';:::::::::::
                    `V:::|:::/::::::/:::f´::::__;ノ:::::::::/:::人_,__::::::::
                  )::::(:::{:::{:::::lレ:/:::::::-‐=彡':::::/:::}::::::::
                {レ{::\:`フ:::ァ:::∧く:::__::::/:/::::::::イ::::::::
                  V:::::::::/:::::/:::::/:::ハ::\:く-く::::-‐=彡::::::::
                ヽ:::::::::|::l:::{::::/|::::l:::|:::ヽl::} fー::::彡lく|::::::
                  ミ三人{:::{:::|:l|::从{:::::jリノ }ミ:::::::::人ハ:::::
.                ミ:::{ィ圭三ミ八圭三ニミ、 \:::イl |::} ∨
                    `ミl rftッヮ}   rftッ ラ  }::ィ' j人,,i;_
                 ,z'"⌒'.     j          };ノノ/
              ,;'"    ハ    {__j__,      /__人
.               ,."         ` ー'      'i´  /;.
.            ,;             ー - '    ./│ / ;.
.            ;"           ',   ` ´    イ l  ' ;.
.          / ;         ∧      / j / / ;'
.          // ;:.              -- '     / ,;'
      -‐≦_/ ̄ ゙;、          ゙; \.   /  ,;
.   / ̄ ̄ ̄ ̄/ / ゙':..、         ゙、 \/   ,;
.   ///////// /: : : :`゙:.、          ゙;, /    ,;'
   _____/ /: : : : :. :. :.゙':、        ゙;,      ,;'
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「俺はこの国の政の事情はよくわからんが、
┃ "世界樹の迷宮"に端を発するさまざまな問題のせいで、この国はだいぶ傾いていると言うではないかね。

┃ そんな、国を脅かすほどの大敵がすぐそこにあるのだ。
┃ これを何とかしてやろうとは、これほど面白いいくさもそうそうあるまいよ?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


827◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:33:42.40 ID:moSHUWTG


             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒
            |   .( ●)(●)
.             |    (___人__)
             |        ノ
              .|        |
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 変わった考え方だな…と君は感じた。

┃ "世界樹の迷宮"の攻略には莫大な懸賞金がかけられているし、その攻略を達成すれば名誉にもなるだろう。
┃ それゆえに富や名声という結果を目当てに"世界樹の迷宮"へ向かうという思考ならば容易に理解できるのだが、
┃ 慶次の言い分は、まるで過程そのものを目的として楽しんでいるかのようだ。

┃ しかし――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


828隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:33:48.48 ID:7MnDeLZU
>面白いいくさ

男らしすぎるだろw


829隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:34:21.75 ID:SsPK9Mbg
っ ない夫の目的
いかん。凄い合うわこの2人w


830◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:35:01.61 ID:moSHUWTG


       ヽ从从ゝ>lllゝYリリ///,、-'彡彡彡;;ノ
         |ミ、;;;;;/"//"从l|l从;;;;;;;;;;;;ヾ゙゙゙マ〈彡;l
        |゙'ミ;;;/,,イイ/  l||;;| |l|l ll|ヽ从ヾ,,}}\゙;;
          〔:ィ| ll|l;|;/从ll| |;;;;|l|从ll从ヾヾ从||l;;;||:
     ///::;;{ ||l| l| |l|ll从l|.|;;;;|;;从ヾ;;;;;;|| 'llリl|;;l| :
   // ノミ;;;;| l|ヾl| l|| 从ll|.'、ヾ、;;;;ヾヾヾ;;ノ,ノノ ミ7,,,_
  // ´|ミ、イjィ''゙''''''''ー-从ヽヽッ-ー;;'''';;;"彡;;;"彡゙' 、
//  ` '、三イミア''゙''';;;;-、;;;;;;ツ、〉ーツ;;;;zzz三ミ゙゙"" ゙''i;;;;彡、ヽヌll|;;
/     /;;ノミ;l ゙,,ィシモ;ツ''',ミl: Y:::./レ'公゙;;;;'゙_,,>゙゙   |;;;彡 ', |ミ |リ
    ,、 '/ク;;;l   ゙""´´:/l } ゙'' 、:::::........      |;;;;/リ | |ミ |l;;
  ,、 ';;/  //、;',      ,' l             l;;ノ",ノノ''ノ人
シ彡/  // ッiii',.       ノ ヽ  、          リ''""/{/::
彡'"  / イノ" ::',     :ヽ、ノ  )            ,'ヽイ;;从レ"::
"   / ,、 '~ 从:::ヽ      ::::::;;、 '"           / ::: };;;;}}}ヒ彡
   //   ミミ:::::ヽ    t、;;;;__,;;、、 ー''‘       /  :: ',ll;ノ彡彡
   ∠   \\::::::::ヽ    ゙ 、,,,,,,, 、- ''      /   ::::/彡彡""
  ,,''´   `゙'' 、从::::::::lヽ   ゙::::''"" ''"      , '   :::,,''彡彡ン彡
,、''"    ミミヾ、ヽ:::::::::l:ヽ   :::"       /:::::" ,ノ彡""''''シ''"
シ    ミミミヾヾl|::::::::::l::::ヽ ::::.....      /彡::::" ィ"シシ彡  彡
    ミミ゙゙ミミヾヾll| :::::l :::::゙ 、,,____,,,、-'´ 彡//イシ彡
ミ     ゙'、ミミヾヾリl|;r'":l| :::::'、:::::::::::::::::彡 ::/ ,/彡 彡彡シ
彡   \ミミヾlll|从ノ::::::::リ、 ::::ヽ: : : : : :: : / /''"""彡彡
''"     \\}}ル':::::::'''" ヽ ::::Y : : : /  ノ  ,,,シ彡彡
      ミミミ゙゙;;/::::::::::::::`'''ー 、 ::ヽ: /-ー ''/ 彡彡彡彡
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「優勢な戦いで上げる手柄など、自慢にもならんさ。
┃ 劣勢な戦いの中でこそ、力の振るい甲斐があろうというもの。

┃ ましてやその戦いに、この国、この街の未来がかかっているともなれば、
┃ これで奮起しない男がどこにいようというのかね?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 彼なりの郷土愛のようなものもあるらしい。
┃ これには、君も多少は合点が行った。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


832◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:36:34.98 ID:moSHUWTG


                   / ̄ ̄\
                  /   _,.ノ `⌒
                  |    ( ●)(●)
                  .|    (___人__)
                  |        ノ
                  |        |_,-‐、  / ⌒)
                  .人、      厂丶,丶,丶´ / ̄
               _,/( ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
        _, 、 -― ''"::::::::::::\:::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
       /::::::::::':、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ::::::: )
      丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/..... ̄ ',:::::|
     i .:::::::::::::::::::::|;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈 ::::::::::::::... ',::.
    / ..::::::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\:::::::::::::::;;;ハ ::::::::::::::::::.. ',
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ しかし、疑問はもうひとつある。
┃ 慶次は、なぜギルドに所属していないだろうのか?

┃ そこまで本気で"世界樹の迷宮"の攻略を目指すのなら、ギルドに所属ぐらいしていて良さそうなものだが…
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                          ___    ___
                         / ̄ ̄`V´:::::::::::::::::::\
                      /    '⌒Y:::::{::::f⌒::::::::::::\
                       /    i   \r─‐く::::::::::::::::::\
                    ,ィ _{_r‐=ミ-}三三{__::::\:::::::::::\
                  /j/::{/::::::/::::::ノ:::::::}::::::::::}ト、::::';:::::::::::
                    `V:::|:::/::::::/:::f´::::__;ノ:::::::::/:::人_,__::::::::
                  )::::(:::{:::{:::::lレ:/:::::::-‐=彡':::::/:::}::::::::
                {レ{::\:`フ:::ァ:::∧く:::__::::/:/::::::::イ::::::::
                  V:::::::::/:::::/:::::/:::ハ::\:く-く::::-‐=彡::::::::
                ヽ:::::::::|::l:::{::::/|::::l:::|:::ヽl::} fー::::彡lく|::::::
                  ミ三人{:::{:::|:l|::从{:::::jリノ }ミ:::::::::人ハ:::::
.                ミ:::{ィ圭三ミ八圭三ニミ、 \:::イl |::} ∨
                    `ミl rftッヮ}   rftッ ラ  }::ィ' j人,,i;_
                 ,z'"⌒'.     j          };ノノ/
              ,;'"    ハ    {__j__,      /__人
.               ,."         ` ー'      'i´  /;.
.            ,;              - ―-    ./│ / ;.
.            ;"           ',   ` ´    イ l  ' ;.
.          / ;         ∧      / j / / ;'
.          // ;:.              -- '     / ,;'
      -‐≦_/ ̄ ゙;、          ゙; \.   /  ,;
.   / ̄ ̄ ̄ ̄/ / ゙':..、         ゙、 \/   ,;
.   ///////// /: : : :`゙:.、          ゙;, /    ,;'
   _____/ /: : : : :. :. :.゙':、        ゙;,      ,;'
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「――と、思っていたのだが。

┃ 生憎、俺とは考えの違う男も多いようでな」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


835隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:37:29.05 ID:a1+sf81v
どこぞのニート侍と違って気持ちのいい奴だなあ


836隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:38:14.01 ID:SsPK9Mbg
>>835
比較して差し上げるなwww


837隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:38:34.59 ID:7MnDeLZU
>>835

あ、あいつはあいつで、やればできる子だったじゃないか…


841◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:39:04.31 ID:moSHUWTG


.    _,r{::::/::/::/:l:::::{:::!:::::::-:、:::∨::::/:::::::::::/,ノ)
    人rf:::{::::l:::|:N{::::ヽ{::::::::(::Y^::ヽ{:::::::::::::/:::::/⌒ミ
  (し'{::{:::::::::|::|:::::\::::\::::::}::|::}:::::|::lf⌒ヽ::::::::\::/
  rく:::ミト、:::人{__::::::::ミァ'^⌒|:lトV:::N|:::n::::}:\::::::ヽ
  :ミ/⌒Y:::\:ミニ:::r'    l:::| |:::| l|`寸l:|:::|::}::::::V}
  :jf⌒゙ j:ト、:::::ミニニ     |:l:| l:::| }| }:l:l:|:::}:リ::l::::}
  ::|{  人::::::厂    ,z:≦:::トN |::|ノ l::l:l:|::::/:/:::リ
  ::{ヽ(_( l::::!    '´ ̄  `マ:::::\l   jリ从ノ}/::::イ
  ::‘,\} }::|      ーf‐f云xヽ;__ノ ノr‐::≦リ/l:|
  ";/\  }ノ      ´^'宀ー'  }  Krテ‐ヲ l:::l:|
   ゙';    ̄|              i /` ̄/:| |:::l:|
    ゙';   l           _   ′ /l:::| |:::l:|
    ゙';   ゚.             ( ノ {  /| l:::| |:::l:|
..    ゙'; 八             `ヽ_,ノ , i:::| l:::|  :::l:|
.       ゙';  ゚。       -― -- ,.l|::|:::| l:::|  Vl:|
.        ゙';         -=-  /|:l|::|:::| l:::|   V:|
.         ゙';  \        / ::l|::|:::| l:::|   ヾ
         ;\  \    , ′∨l|:l!:::| l:::|
          ゙'; \  `≧=く   ∨リ::::| l:::|
           ゙'; \ / /     ∨::::| l:::|
.            ゙';   Y /         ‘,::::| l:::|
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「さきほど宿で見て来たような連中は、決して少数派ではないのだ。
┃ 何せ、"世界樹の迷宮"騒ぎが起きてからというもの、はや数年が経過しているというからな。

┃ 恐らくだが、志のあった者らはとっくに"世界樹の迷宮"に挑戦していたという事だろう。
┃ そして、誰一人として成功者になれなかったのは、お前さんも知っての通りだ。

┃ 今残っている"ぎるど"は、どれを見ても腑抜けた小銭拾いばかりで、十把一絡げもいい所よ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


843◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:40:36.89 ID:moSHUWTG


:::::::::::;′    ‘、:::::::::::::{、::::::::::::::::`::::::::::::::::\、:::,
∧:::::{ ___ノ ' ‘、:::::::::{ー---::::::::::::::`::::::,___:,
::∧::ハ       ‘、:::{、{  \::::::::::::::::::::::::::::::::::: l
イ:::Ⅵ:'.    _   ‘、{     \ミx、::、::: ⌒'.:: i|
.}::::::゙{:;ム ィ" ̄`      x竓ミx、   ̄}/   }::リ
.}:::::/Ⅵ ,,                    ;:/
ノイ   ‘l     {               .ん
    八               U  ,__ノ/
           、___        /:::::::l
       ` .   `′  ′      イ:::::::::::::l
    (/    丶、         /:::::::::::::::::l /
       へノ  ` _,, '"   ハ:::::::::::::::::::l/
_ . へ<   \         .ノ 廴::::::::::::::l
:l:l:|:.:.:.:.:.:.:.:.\   \      /  / \::::::::l≧
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃鳳翔
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「あの、慶さん。
┃ あまりご同業の方を、そのように言うのは…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 ::::::::::::::::::::::::::::::\ \   \
 :::::::::::/⌒ ,ィ\::,ィ{ハ  /l{ ,、 、
 rクV /{  (:::トN_{__i:{__{:::N:::j::ハ
 V//ハ{::しく⌒ヽ:\:::ヽ:\`:<}:::::j,ハ
 {V/人::::::::`ヽ:::::\:ヽ:::\:ヽ:):`Y::ノ:}
 V::{:{::::\::::、:ヽミァ::::ァ::\::-く::_;ノ__;ノ)
 `Yミト、_::::`ニ::/7::::/:::::/::|:ヽ::ヽ::`Y:::7\
. ミミ:::::::::::::::::::{{:::/ l:::/:/ }::::}::::} l::|::::}  \
 :::::ミ三=::::::::;八::{L{;;{/ /l::/!::/ j人:{ \  \
 }:::::__ミ三r一' '" 二≧ミh、}/jレニニソ \\  \
 :::/ニV:::ノ     く tッ ヽソノ {ィッラ{   ヽ: ヽ  ‘,
 ::{ { ∧::i       ̄ ̄/  ‘, ̄l::\   丶   i
 八\^V           r_ ニ 〉 ハ  \   ‘,
 ::::::\⌒          `ーr'  i     \  i
  ̄|  ー i      /二二ニア  i三\  ヽ |
 三|   八      {'⌒ヽ⌒{  /三ニ∧  i
. 二 \ /   、     \__j /二二ニ‘, |
  三三\   \   `こ ´ /三三三ニ}
 二二ニ=\   丶、     /二二二ニ/___
 二二ニニ∧\     ̄ ̄|二二ニニ/三三三三¨¨ニ=ー‐┐
 \二ニニ∧  ヽ   / │二二ニ '二二二二二二二ニニ|\_
 二\二ニニ∧   \ /  |二二ニ/二二二二二二二二二{\__\
 二二 三\ ∧   /   .l二ニニ/二二二二二二二二二ニ}\__\\
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「わかっておるさ、鳳翔殿。
┃ 俺とて誰彼構わずこき下ろすつもりもない。
┃ "世界樹の迷宮"に挑むばかりが王都の冒険者の全てというわけでもなかろうよ。

┃ だが、いつかは"世界樹の迷宮"を自ら制覇しようだとか、
┃ この国と街の状況を何とかしてやろうという志を既に持たぬ者が、どれだけいるか!
┃ しかもそのような志のない手合いに限って、弱い者には居丈高に振る舞いおる!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



846◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:42:12.86 ID:moSHUWTG


            / ̄ ̄\
            _ノ ヽ、_   \
           (= )(= )  |
          (__人__)  U  |
            l` ⌒´    |
.             {     U   |
             {       /
       _. -: ´∧ _,__  _.へ` 、
      r<....::::::::::ゞ::::::::::::r'    \ :\_
    /.::::::l:::::::::::::::::::::::::::::L>、    >ヘ::ヽ
    | :::::::ト、::::::::::「|:::::::::::::::::::`ー/:::::::::V::|
    〈:::::::::::::::::::/へ、:::::::::::::::::∧::::::::::::::V }
    /::::::_ン´「 ヽ`ヽノ:::::::::::::::::::Λ::::::::::::::ヘ}
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ まあ抑えて抑えて、と君は慶次をなだめた。
┃ 慶次のこの見境のない直情性、確かにトラブルの元と言えばその通りだろう。

┃ しかし一方で、君からすれば共感できる部分もある。
┃ "世界樹の迷宮"を本気で制覇しようというギルドが少ない事を残念に思うのは、君も同じであったからだ。
┃ どこかのギルドに参加して活動するつもりであったのだが…
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


.    _,r{::::/::/::/:l:::::{:::!:::::::-:、:::∨::::/:::::::::::/,ノ)
    人rf:::{::::l:::|:N{::::ヽ{::::::::(::Y^::ヽ{:::::::::::::/:::::/⌒ミ
  (し'{::{:::::::::|::|:::::\::::\::::::}::|::}:::::|::lf⌒ヽ::::::::\::/
  rく:::ミト、:::人{__::::::::ミァ'^⌒|:lトV:::N|:::n::::}:\::::::ヽ
  :ミ/⌒Y:::\:ミニ:::r'    l:::| |:::| l|`寸l:|:::|::}::::::V}
  :jf⌒゙ j:ト、:::::ミニニ     |:l:| l:::| }| }:l:l:|:::}:リ::l::::}
  ::|{  人::::::厂    ,z:≦:::トN |::|ノ l::l:l:|::::/:/:::リ
  ::{ヽ(_( l::::!    '´ ̄  `マ:::::\l   jリ从ノ}/::::イ
  ::‘,\} }::|      ーf‐f云xヽ;__ノ ノr‐::≦リ/l:|
  ";/\  }ノ      ´^'宀ー'  }  Krテ‐ヲ l:::l:|
   ゙';    ̄|              i /` ̄/:| |:::l:|
    ゙';   l           _   ′ /l:::| |:::l:|
    ゙';   ゚.             ( ノ {  /| l:::| |:::l:|
..    ゙'; 八       \    `ヽ_,ノ , i:::| l:::|  :::l:|
.       ゙';  ゚。     、` ー--  ,.l|::|:::| l:::|  Vl:|
.        ゙';        ミ=-- /|:l|::|:::| l:::|   V:|
.         ゙';  \        / ::l|::|:::| l:::|   ヾ
         ;\  \    , ′∨l|:l!:::| l:::|
          ゙'; \  `≧=く   ∨リ::::| l:::|
           ゙'; \ / /     ∨::::| l:::|
.            ゙';   Y /         ‘,::::| l:::|
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君がそのような事を呟くと、慶次は気を取り直すように一度盃を呷ると、
┃ 君の顔をまじまじと見てきた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


848◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:43:33.16 ID:moSHUWTG


                        / , /::::::/}:::j/:::j/://:::::::/::/:::::(::::::::::::::::::::::
                   ,ィf「 /::/ ハ/::::::/ノ::/::::/:::::::/:__;彡:/:::__:/ハrく{::::::::::::
                      /::{::|/:::i{/:::{::::::/::/:::::/::::ィ:/:/::::::::/'⌒::ー=::ハ:::::::::::::
                   {::::::::{::::八:::::\{::f/:::/::::::/::::/::-=彡'⌒::ー==人:::::::::::
                      V::::::\:::::\:;::ヽ:/:::__;彡<:::::::::::::=彡三:::::彡:(:::::::::::
                    \::ヽ/´:::/:{:::::{:::::::\::ト、::\:Y{::::::-=三彡:::::::て::::::::::
                      /::::/::::::/::::|:::lト、:::::::::|l| l:l| |:| }::::::::_::::-=三:::::::{\:::::
                  {f:::/:l{::::/:::::::|::l| ヽ:::::}リ };ノ }:| 彡::::::::::-=彡:::::ミ}. }:::
                     ヾ{::::|::::|::::|::::{N  jレz==<:ノ  \:::::::::::::::x‐く::) i:::
                   ヽ从ハ:::{∨r≦圭≧''"⌒゙''ー   ヽ::::::::リ⌒i |:`Yl::
                      /〈圭圭jハ\ ̄ ノ^f抄厂ン       |::::::/く | |:::〈 l::
                    /  // 代炒!   ' ¨  ̄´        |::::∧jノ j│:::{ L
                 , ′  //    ̄ }                  |_/__,ノ/::::ノ"
                   /  /   ∧ ,′              ( ___/レ'
                   ,゜ /.    /:/〈  ____            厂 ,イ「{  ,ノ
               i //     /:/ /  ̄ ´    ,        ,′_,ノ  ハ (
                   //     /:/ /::/  ー 一 ´       //"´  ,ノ}リ リノ
              //     /:/ /::/r=ハ  ̄        /イ{ i |  ∧ (__,
  ̄`ヽ======‐o- 。 .._     /:/ / {三∧          ' / リ jし}!   } (
 __,ノ ___         `゚≧=- 。.._ 厂  ゚。     /  {    (    ,ノ
.   /{  {_)               `゚≧x 八___ イ  __,人 ノ  j!  { (
 /  ノーr一〈                    /  `V\ ヽ (   ) ト、 リ  j}_ノ
  /ヽ └一'}                     /  `ヽ/  ∧ i人   ,ノ ソ ノ'"_,人
    / ̄ ̄                > ´   \/  / /{ (ヽ ノ  ( /'⌒V^Y
.  /  /`ヽ            >‘´人_,人  `V   | l/八  ヽ i /´ フ从_,人__
   /ヽ_,ノ  ̄ ̄\_ >‘´⌒V^Y⌒{    \{___/|/  )  リ  /⌒Y⌒V´
. /ヽ. /======ミ_| \__,从_,__人__,八   ヾi   / ノ^´  (  {し人__,从_,ノ
   /ー------一’ ,ノ'⌒V⌒Y^V⌒{  \ 「 ̄/  {   i   } ノ´⌒Y´ ̄~V
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…何となれば、さっきの嘘を真にしてしまってもよいのかもしれんな」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


850隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:44:16.70 ID:M9m55DDS
同じ宿だから嘘なんてすぐバレちゃうしな


851隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:44:21.48 ID:LhVHF0Ds
さてさて、先程は勢いでギルドの御大将と言われましたがw


852隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:44:36.23 ID:a1+sf81v
告白ktkr!


854隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:45:01.86 ID:zxdclTw7
嘘から出た真というやつですねわかります


855◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:45:27.42 ID:moSHUWTG


                    / ̄ ̄ \
                       /_,ノ  `ヽ、_\
                   | ( ●) (● ) |
                   |  (___人___)  .|
                       |   ` ⌒ ´   |
                      |        ,. -'-、
                   ',      j_ r=、`.、
                     __ jハ. __ 、__ノ__,. -、 ` {
             _,. -= '''' ´ ..::ヽ:::::::::::::: ノ,. -   トー- 、 _
            ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i ャ    '!,:::::::::::..\
.         / ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ヽ_〉   i,::::::::::::::::::..ヽ
         / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::八  /`x--、:::::::: l
       / .::::::::::::::::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉::::/:::::::::::::::\:::: l
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ さっきの嘘とは? と君は聞き返す。

┃ 慶次は穏やかな調子で答えた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                          ___    ___
                         / ̄ ̄`V´:::::::::::::::::::\
                      /    '⌒Y:::::{::::f⌒::::::::::::\
                       /    i   \r─‐く::::::::::::::::::\
                    ,ィ _{_r‐=ミ-}三三{__::::\:::::::::::\
                  /j/::{/::::::/::::::ノ:::::::}::::::::::}ト、::::';:::::::::::
                    `V:::|:::/::::::/:::f´::::__;ノ:::::::::/:::人_,__::::::::
                  )::::(:::{:::{:::::lレ:/:::::::-‐=彡':::::/:::}::::::::
                {レ{::\:`フ:::ァ:::∧く:::__::::/:/::::::::イ::::::::
                  V:::::::::/:::::/:::::/:::ハ::\:く-く::::-‐=彡::::::::
                ヽ:::::::::|::l:::{::::/|::::l:::|:::ヽl::} fー::::彡lく|::::::
                  ミ三人{:::{:::|:l|::从{:::::jリノ }ミ:::::::::人ハ:::::
.                ミ:::{ィ圭三ミ八圭三ニミ、 \:::イl |::} ∨
                    `ミl rftッヮ}   rftッ ラ  }::ィ' j人,,i;_
                 ,z'"⌒'.     j          };ノノ/
              ,;'"    ハ    {__j__,      /__人
.               ,."         ` ー'      'i´  /;.
.            ,;             ー - '    ./│ / ;.
.            ;"           ',   ` ´    イ l  ' ;.
.          / ;         ∧      / j / / ;'
.          // ;:.              -- '     / ,;'
      -‐≦_/ ̄ ゙;、          ゙; \.   /  ,;
.   / ̄ ̄ ̄ ̄/ / ゙':..、         ゙、 \/   ,;
.   ///////// /: : : :`゙:.、          ゙;, /    ,;'
   _____/ /: : : : :. :. :.゙':、        ゙;,      ,;'
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「さきほど、宿の連中を追い払ったときのアレよ。
┃ お前さんを大将にして、"ぎるど"を新しく作ってしまった方が、余程に話が早いのではないかと思ってな」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




857隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:45:43.63 ID:7MnDeLZU
(えっ、つまり俺に、こいつでさえ手におえない猛者になれってこと?)


858隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:45:48.72 ID:44YoaOl3
アチャ子の説得がちと面倒だけどなw


859隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:46:51.04 ID:9jfMVtwL
イリヤと慶次の二択だったりしてw


860隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:47:17.38 ID:7MnDeLZU
あの子なら、散々ブーたれつつ、それでも結局、
何くれとなく世話を焼いてくれそうではあるけどw


861◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:47:22.05 ID:moSHUWTG


                    /   //:j/:::/:::ノ)::::::::ノ::::):::j/:::::::::く
                /:/  /,.ィ{::/::/:::/:::::::::::/:/::::ノ::::/::::::::
.              /:/ / l{{ |:(::::{:V:::::::::::(::::〈:::ー=:彡':::::::::::
                  /://   ∨ト、Y:::::::::l:::l::::::\:\::::::::三彡:::
              //     V::::r‐}::l:::::::|::ハ:::::::::}:::::ト、:\::::::::く
              /      `Y:::::{ |::|:::::::|::::{ヽ:::::|:::::} }::「ヽ::彡
               /         ミ::::フ 乂巛{\l  )八;ノ jノ  }::::;
               /         八::{ xfニ=─.、  r:::‐=ニニニメ ゙Y
.             /       //∧l  ィ‐tッテハ 厂 ィ‐tッナァ    |:::
           /      //:/ ハ   `  ̄ノ| ト-- ̄^´    j::
.          /    ///::/ /:::',  ´  |             r‐
          /    // /::/ /___      | ト、       厂
.          /     ./   __{::;レ'´   ∧   弋fフ       /
        |     / /         ‘   ー、─一ァ    /i
.    三二ニ=ー‐--/                   二 ´    , │ _
    三二ニ=ー- /             ∧         ′ /
   // =ミ =ミ ∨              /  、     ィ  / /
   / =ミ       ∧             /////∧` ー一 '  / /
     (^^)   / ∧          ///////∧     / /
    >⌒V'⌒< /   ∧        //○//////\,////{
    7⌒Y^ー'/   ノ\       {////○////////// /
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「少なくとも、お前さんにはそれだけのやる気があるのだろう?
┃ 剣の腕はどれほどのものか知らんが、さきほどの様子からして、少なくとも知恵は回るようだしな。

┃ 悪くない考えだと思うのだが、どうかね」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



864◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:48:49.01 ID:moSHUWTG


            / ̄ ̄\
          /    _,.ノ  ヽ、_
          |    ( ●)(●)
          .| U   (___人__)
           |     ` ⌒´ノ
           |        |_,-‐、_ -、
          .人、      厂丶,丶 v 〉.
        _,/::::ヽ、.,ヽ., ___,く_ソ    __ノ
 _, 、 -― ''"::::::::::::\::::::::::::::::::::(    <"ニ‐-、
/;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r  /⌒ヽ;;;;;;; )
;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;V/..... ̄ ',;;;;|
;;;;;;;;;;;;;:::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;〈 ;;;;:::::::::::... ',;;i
;;;;;;;;;;;::::!;;;;;;;;;;::::::\::::::::::::::::::::::;;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そういう考えもあるのかもしれないが、それにしてもあまりに唐突だ。

┃ そもそも、この街に流れてきたばかりの身で、右も左もよくわからないままの状態である。
┃ ギルドを発足し、メンバーの命を預かる身になるなど、さすがに心の準備ができていようはずもない。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


        ,ィ /::/:/:}V::/::::/:::::/::::ノ::::::::::::::::::::::::::;ィ{::::\::::::::::
.       /::{/:::::::::(:::::ヽ/:::/::/::::::::::/:/::::::/:::::/::::ヽ::::::‘;:::::::
      /:::::l{::::::::ヽ:\:::jノ:/::::::/::/::::/:::::/:::::::::::::ハ:::::::i::::::
      ハ{:::::::';::::::::::}リ::j/::/ー=<::≦:::::::=ニ三彡:::::::::::::::{:::::::|:::::..
.      {:::::':;::::::\::ノ:::/::i::::|:\::::::\::\::::::::ニ三彡':::::::::ィ':::l:::|:::::
      V:::::\:::::/:::/:::::l::::|:::::::\::::::\:ハ:::::::::::::三彡::::く:::::l:::|::::
      \:::::::::::{::{::{:::::|::::l{::::::::::::ヽ:::::::l::}L;__::::::::::::::「ヽ::ミ::::l::|:::
.        ト--::V:::|:::::{::::::\:::::::::_L∟ノ   \:::::::〈ヽ∨:l:}::|:::
          {::::::::八::ト、::|\r::::フ二ニ-一'    ∨:f´、} }::::|::|:::
.        /lミ:::::lr‐::::::=ヽ  ー'´ r‐f::ワブ´     i:::},ノ//\:::|:::
       /::/\::∨r t::テぅ l\ ´ ̄       |ノ ,イ:}::::i::}:|::
.       /::/    ∧^ ̄ ハ l           ト-' ハノノノ/
     /::/   /::∧    l              l   ´ //
      /::/   /::/  。  {__i_, ァ'         ./  //
    ;/   /::/   ハ. ‘ー    ノ       / , ' /
   /    ;:/  // ゜。  ー ´_,       / / 〈
         /.  /:::/     \  ̄        / /  |
       /     /::/     /ヽ        , ′ '/ ̄
       /     / /      /    、___ ィ  //
.     /     /:/     /    ∧  l  //
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「そうかね…
┃ まあ、ゆっくり考えるといい。

┃ あるかどうかもわからん、希望に沿った"ぎるど"を探すよりも
┃ 自分で一から立ち上げてしまった方が話が早いと、俺は思うがね」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


866◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:49:48.78 ID:moSHUWTG


            / ̄ ̄\
          __ノ ヽ、,_  \
          (●)(● )    |
          (__人___)    |
              |` ⌒´   u. |
           |        |
           ヽ      .イ
          __「ヽー'ーー"/7_
    _, 、 -― ''":::\::: ̄ ̄:::::/::::::ヽ、
   /;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ー、
  丿;;;:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  i ;;;;;:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、:::: !
 /;;;;;::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i:::::: |
 l ;;;;;::::::::::::::::::|;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::: |
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 答えに窮して、君は鳳翔に尋ねてみた。
┃ それほどまでに、まともに"世界樹の迷宮"の完全攻略を目指すギルドは今や少なくなっているのか、と。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                        ,..--、
                      /::::::::::::ヽ
              __   /::::::::::::::::::::::',
              },.>-' ―:::::::::::-::::<_}
            /::::::::::::::::::::::--::、::::::::::::ヽ
               /:::::::i:::::::::ヽ::::::::::、:::`::.、::::::::::\
           /::::::::::{::::::::::::::',:::::::::\:::::\:::::::::::',
          ,:::::::::::::ト:::::::::::::::::,::- ― -::::::\::::::::.
          i:::::::::i斗 \-:::::::::, \:::::::::::::::::::\:::}
          |:::::::::|:::!  \::::::::', xz=ミ、:::::::::::::乂__
          j:::::::::|:::!,ィz=x、ヾト::{" 泛ソ》j/ ー― ´
          ,:::::::::::ハ:《 泛ソ     , , ,  h ノ:/
            /:::::::イ::;ヘ:! , , ,         r.:':::イ
        ´  ̄ .j/ ヘ        ,    イ:/::|
                ヽ  `     / .i!::::::::|
                ι    ≧ = -= 彡   {:::::::::!
             ,. -ァァァ ´/リ     x<ミx|
            /: :///: : :{ {   ..イ: : : : : : : > 、
             ハ: :.///: : : :.|-―/ : : : : : : :./:i:i:/ <
              j: V// i: : : : :! /: : : : : : : : :/i:i:i/: : : : : ヽ
          /: : j/: :.|: : : :/ : : : : : : : : :イ:i:i:i/: : : :-―: : :}
            /: : :/: : :.|: :/ : : : : : : : : :/:}只{: :/ :: : : : : ′
          j/:/: : : :.レ/ : : : : : : : : /:i:i:/:i:i:}:´ : : : : :: : /
         ./: :.V: : : :://: : : : : : : :/:{:i:i:i/:i:i:i:i|: : : : : : : :.ハ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃鳳翔
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ええ…残念ながら。
┃ 全く無いわけではないのですが、ごく一部ですね」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


868隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:49:53.53 ID:LhVHF0Ds
ここで安易に「よしやろう」とならぬ辺り、やらない夫に好感が持てるw


871隔壁内の名無しさん2014/07/01(火) 23:51:00.19 ID:zxdclTw7
こういうキャラそれぞれの丁寧な人物描写は流石>1のなせる業といったところであるなぁ


870◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:50:59.31 ID:moSHUWTG


                           /:::::::::ヽ
                 _  _./::ヽ..___/::::::::::::::::::::',
               /::::::::`:::'::::::::::::::::::::::`:.<:::::::::::::.
                 ,:::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::\:::::ヽ::::::::::',
             /::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::マ::::::::
             /:::::::::::::::::::;::!::::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::',::::::|
                /:::::::::::::::::::/^|:::::i::::::::::::::::::::::::::::::、::::::i::::::i
           /::::::::::::::::::/  .!:::::|:::::::::',::::::::::::::::::::\:}::::::|
          _ノ::::i::::::::::-/一' |::::ハー-:ト、::::::::::::::::::::::\:::|
          ア:::::{:::::::::/ _  .',:::! ヽ:::::{__\::::::::::::::::::::::\
        ∠:::::::ィ:::::::ハ 《茫ナ`ヽ{  茫zツ 》j/、:::::丁:::: ̄!
            ヽ:::{ ヘ    j         /:::/::::::::::::i
              ヾ 人          ィ ィイ:::::i::::::::::|
                 > /i^i、   .イ  {  |:::::|::::::::::|
                  _i | | i=≦   /:\::::::|::::::::::!
               .ィf:i:i:.{ ! | iヽ  /: : : }:i:i\!:::::::::|
               /: : :}:i:i:ハ  j ',/: : : : : j:i:i:i/:\:::::|
            /: : : : :|:i:i:i{ハ     ',: : : :/ム:i:i/: : : :Y::!
            i: : : : : |:i:i:i{: :〉    }: /: :/:i:i/: : : : : }::|
            }: : : : : !:i:i:i}:/   /イ: : : :}只{: : : : : : レ
            |: : :\: V:i/   /: : : : :/:i:i:i:{: : : : : : :ヽ
            |: : : : :ヽ:/   ./ : : : :/:i:i::|:i:| :´ : : : : : ',
            |: : : : : /    /: : : : 〈:i:i:{:i{:i:i! : : : : : : : :}
            |: : : ィ    /: : : : : :ノ:.丁:i:i:| : : : : : : :/
            /: /    /: : : : /: : :|:i:i|:i|: : : : : : /
           /: : :/    /{ : :/: : : : : |:ノ:」 : : : : :/
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃鳳翔
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「それに、本気で挑むギルドほど少数精鋭主義になりやすいので、
┃ そのような所ほど、後から参加するのは難しくなりがちな傾向もあります。

┃ "世界樹の迷宮"の中では、6人以上でまとまって行動している人の気配があると、
┃ 怪物たちの警戒心が高まって凶暴化して、危険を招いてしまうとか…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



874◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:52:10.09 ID:moSHUWTG


                          ___    ___
                         / ̄ ̄`V´:::::::::::::::::::\
                      /    '⌒Y:::::{::::f⌒::::::::::::\
                       /    i   \r─‐く::::::::::::::::::\
                    ,ィ _{_r‐=ミ-}三三{__::::\:::::::::::\
                  /j/::{/::::::/::::::ノ:::::::}::::::::::}ト、::::';:::::::::::
                    `V:::|:::/::::::/:::f´::::__;ノ:::::::::/:::人_,__::::::::
                  )::::(:::{:::{:::::lレ:/:::::::-‐=彡':::::/:::}::::::::
                {レ{::\:`フ:::ァ:::∧く:::__::::/:/::::::::イ::::::::
                  V:::::::::/:::::/:::::/:::ハ::\:く-く::::-‐=彡::::::::
                ヽ:::::::::|::l:::{::::/|::::l:::|:::ヽl::} fー::::彡lく|::::::
                  ミ三人{:::{:::|:l|::从{:::::jリノ }ミ:::::::::人ハ:::::
.                ミ:::{ィ圭三ミ八圭三ニミ、 \:::イl |::} ∨
                    `ミl rftッヮ}   rftッ ラ  }::ィ' j人,,i;_
                 ,z'"⌒'.     j          };ノノ/
              ,;'"    ハ    {__j__,      /__人
.               ,."         ` ー'      'i´  /;.
.            ,;              マ つ    ./│ / ;.
.            ;"           ',   ` ´    イ l  ' ;.
.          / ;         ∧      / j / / ;'
.          // ;:.              -- '     / ,;'
      -‐≦_/ ̄ ゙;、          ゙; \.   /  ,;
.   / ̄ ̄ ̄ ̄/ / ゙':..、         ゙、 \/   ,;
.   ///////// /: : : :`゙:.、          ゙;, /    ,;'
   _____/ /: : : : :. :. :.゙':、        ゙;,      ,;'
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「うむ。
┃ それゆえに、たいていの有力な"ぎるど"は精鋭5人が主力…
┃ あとはせいぜい、いたとしても、金策班が若干名程度という編成らしいな」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


.                         _______
                       /    \,-、__
                     /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
                     | (● ) (● ) ,.! ┴-'、
                     |  (___人___) 〉-‐‐´ l
                     .|       u 〉--‐´ l
                      |        iヽソ   l
                     Λ      ∧`;"   '、
                    __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
              _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
            ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
          / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ふむ、なるほど…と君は頷いた。
┃ 同時に、彼らがそこまでの知識を持っている事に若干の驚きを禁じ得ない。

┃ まだまだ、勉強しなくてはならない事は多そうだ。
┃ 二人とも良く知っているな、と君は言う。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


875◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:53:50.52 ID:moSHUWTG


                          ___    ___
                         / ̄ ̄`V´:::::::::::::::::::\
                      /    '⌒Y:::::{::::f⌒::::::::::::\
                       /    i   \r─‐く::::::::::::::::::\
                    ,ィ _{_r‐=ミ-}三三{__::::\:::::::::::\
                  /j/::{/::::::/::::::ノ:::::::}::::::::::}ト、::::';:::::::::::
                    `V:::|:::/::::::/:::f´::::__;ノ:::::::::/:::人_,__::::::::
                  )::::(:::{:::{:::::lレ:/:::::::-‐=彡':::::/:::}::::::::
                {レ{::\:`フ:::ァ:::∧く:::__::::/:/::::::::イ::::::::
                  V:::::::::/:::::/:::::/:::ハ::\:く-く::::-‐=彡::::::::
                ヽ:::::::::|::l:::{::::/|::::l:::|:::ヽl::} fー::::彡lく|::::::
                  ミ三人{:::{:::|:l|::从{:::::jリノ }ミ:::::::::人ハ:::::
.                ミ:::{ィ圭三ミ八圭三ニミ、 \:::イl |::} ∨
                    `ミl rftッヮ}   rftッ ラ  }::ィ' j人,,i;_
                 ,z'"⌒'.     j          };ノノ/
              ,;'"    ハ    {__j__,      /__人
.               ,."         ` ー'      'i´  /;.
.            ,;             ー - '    ./│ / ;.
.            ;"           ',   ` ´    イ l  ' ;.
.          / ;         ∧      / j / / ;'
.          // ;:.              -- '     / ,;'
      -‐≦_/ ̄ ゙;、          ゙; \.   /  ,;
.   / ̄ ̄ ̄ ̄/ / ゙':..、         ゙、 \/   ,;
.   ///////// /: : : :`゙:.、          ゙;, /    ,;'
   _____/ /: : : : :. :. :.゙':、        ゙;,      ,;'
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「いやなに、俺の知識は受け売りよ。
┃ 鳳翔殿と、"ぎるど統括所"の長のな。

┃ 少しばかり基本的な事を教われば、誰でもすぐに頭に入る程度の事さ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



878◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:55:22.84 ID:moSHUWTG


    i:.:.:.:.:.:.:/:,ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:、
    |:.:_,..:.:.'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. // ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:,
   -≦:.-=チ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /   ',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,
    |:._,,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄/ ̄ ¨¨ キ-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
  -=≦--=彡_ ..ィ:./}:.:/     |:.:/:.:.:.:.:.:.:./ l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
    |:.:. ̄:.V 、|/ .}/ __    |∧:.:.:.:.:.:./` ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
    |:.:.:.:.:.:.{  「     ̄``'ミ   '.∧:./  .l:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:. l
    |:.:.:.:.:.:.:.、   ///         =ミx、 ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
    |:.:.:.:.:.:.:.:.`ー!                ん}:.:.:.:.:.:.:∧|
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、        ′  /// /ノ }:.:/}/}/
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ、   _             }/
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. / l:、   `   >     /
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.i/   } ヽ、           イ
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   }  ` .,_,, '"´
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.| __ }      {
    |:.:.:._,,'"´: :\、     77 ̄`ミ、_
 ___レ7:l:/: : : : : : : : :\ 、  /./: : : : : : : \ヘー--- ミ、
': : : : : l:l:l:i: : : :、: : : : : : : \ / /: : : : : : : /: : Vヘ: : : : : : :ヽ
: : : : : .l:l:l:|: : : : \: : : : : : : ヽ/: : : : : : : / : : : Vヘ: : : : : : : ,
: : : : : :l:l:l:|: : : : : : ヽ: : : : : : /: : : : : : : /: : : : : :Vヘ: : : :i : : l
: : : : : .!:l:l:!: : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : :/: : : : : : : Vヘ: : :!: : :l
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃鳳翔
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「――そうだ、剣の修理に3日はかかるというお話でしたよね。
┃ その間に一度、冒険者ギルド統括所に行ってみてはいかがですか?

┃ 統括所長さんからお話を聞けば、今後どうするか考える手がかりになるかもしれません。
┃ この王都の冒険者の事情に通じているだけでなく、ご自身も経験豊富な元冒険者の方ですし」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                 / ̄ ̄ \
                 _ノ  `⌒   \
                 (●).(● )
                (__人___)    |
              , =二ニニヽ、   |
              /  二 ヽ、V   ト、_____
            /   -、 }、j´   /:::ノ::::::::.`' ー- 、
              /   /{_/_、____,. "/::::::::::::::::::::::.. ヽ
             _/___ ノ:::::「、::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、
         _/ ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::. '
        l :::::::::::::ヽ〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i :::::::::::::::::::|
        ,' .::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::|
        ,' .::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::/ ||
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君は考え、そしてひとつ頷く。
┃ どのみち剣の修理を待たねばならない今、時間の使い方としては、それは有意義かもしれない。

┃ 少なくとも、仲間を求めて闇雲に街を散策するよりはよほどいいだろう。
┃ 冒険者や、それを支援する者たちの集まる場所なのだから。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


880◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:57:02.40 ID:moSHUWTG


.    _,r{::::/::/::/:l:::::{:::!:::::::-:、:::∨::::/:::::::::::/,ノ)
    人rf:::{::::l:::|:N{::::ヽ{::::::::(::Y^::ヽ{:::::::::::::/:::::/⌒ミ
  (し'{::{:::::::::|::|:::::\::::\::::::}::|::}:::::|::lf⌒ヽ::::::::\::/
  rく:::ミト、:::人{__::::::::ミァ'^⌒|:lトV:::N|:::n::::}:\::::::ヽ
  :ミ/⌒Y:::\:ミニ:::r'    l:::| |:::| l|`寸l:|:::|::}::::::V}
  :jf⌒゙ j:ト、:::::ミニニ     |:l:| l:::| }| }:l:l:|:::}:リ::l::::}
  ::|{  人::::::厂    ,z:≦:::トN |::|ノ l::l:l:|::::/:/:::リ
  ::{ヽ(_( l::::!    '´ ̄  `マ:::::\l   jリ从ノ}/::::イ
  ::‘,\} }::|      ーf‐f云xヽ;__ノ ノr‐::≦リ/l:|
  ";/\  }ノ      ´^'宀ー'  }  Krテ‐ヲ l:::l:|
   ゙';    ̄|              i /` ̄/:| |:::l:|
    ゙';   l           _   ′ /l:::| |:::l:|
    ゙';   ゚.             ( ノ {  /| l:::| |:::l:|
..    ゙'; 八       \    `ヽ_,ノ , i:::| l:::|  :::l:|
.       ゙';  ゚。     、` ー--  ,.l|::|:::| l:::|  Vl:|
.        ゙';        ミ=-- /|:l|::|:::| l:::|   V:|
.         ゙';  \        / ::l|::|:::| l:::|   ヾ
         ;\  \    , ′∨l|:l!:::| l:::|
          ゙'; \  `≧=く   ∨リ::::| l:::|
           ゙'; \ / /     ∨::::| l:::|
.            ゙';   Y /         ‘,::::| l:::|
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「決まりだな。では、明日にでも行くとしようか。

┃ ついでに、お前さんの剣の腕前のほども見せてもらいたい。
┃ 統括所には訓練場もある。そこで一汗流すというのも、どうかね?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 慶次は既に、明日も君と行動を共にするつもりのようだ。

┃ どうにも、いたく気に入られたようであった…
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


883◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:58:28.90 ID:moSHUWTG


                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |





.


884◆SQ.iJMf4FY2014/07/01(火) 23:59:27.98 ID:moSHUWTG


l__l__l_|:::::|_|:::::|__トl|_|レ|'‐┬‐'―,. -rーr- 、‐'ー┬ートl|_|レ|__|:::::|_|:::::|_l__l__l
_l__l_____|:::::|_|:::::|__トl|_|レ|―'―/>┴┴<\_'_トl|_|レ|__|:::::|_|:::::|_____l__l_
l__l__l_|:::::|_|:::::|__トl|_|レ|>、ー/У    |    ∨゙,ーァ<トl|_|レ|__|:::::|_|:::::|_l__l__l
_l__l_____|:::::|_|:::::|__トl|_|レ|〕」__l」 |c_c_|_c_c| l」__「〔トl|_|レ|__|:::::|_|:::::|_____l__l_
l__l__l_|:::::|_|:::::|__トl|_|レ|_l」__l」 |     |     | l」__l」_トl|_|レ|__|:::::|_|:::::|_l__l__l
_l__l_____l_|_l_|__トl|_|レ|_l」__l」 |[二二|二二]| l」__l」_トl|_|レ|__l_|_l_|_____l__l_
l__l__l__l__トl|_|レ|_l」__l」 |c_c_|_c_c| l」__l」_トl|_|レ|__l__l__l__l
_l__l__l__l_トl|_|レ|_l」__l」 |     |     | l」__l」_トl|_|レ|_l__l__l__l_
l__l__l__l__トl|_|レ|_l」__l」_|___|___|_l」__l」_トl|_|レ|__l__l__l__l
_l__l__l__l_トl|_|レ|_l」__l」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l」__l」_トl|_|レ|_l__l__l__l_
l__l__l__l__トl|_|レ|_|  |            |  |_トl|_|レ|__l__l__l__l
_l__l__l__l_トl|_|レ|_|  |            |  |_トl|_|レ|_l__l__l__l_
                トl|_|レ|_|─r|丁 ̄ ̄厂 ̄厂|r―|_トl|_|レ|
                トl|_|レ|_|r─| ̄厂丁 ̄厂 ̄|─r|_トl|_|レ|
               ',l|___jレヘ|─r| ̄厂 ̄丁丁 ̄|r―|,ハl|_|レ'
                       |r─| ̄ ̄厂 ̄厂 ̄|─r|
                 └―' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄''ー┘


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 翌日君は、慶次に案内されて冒険者ギルド統括所へやって来た。

┃ 堅牢な煉瓦造りの建物は、いかにも質実剛健とした印象を持っており、
┃ まさに"世界樹の迷宮"に挑まんとする剛の者の集うべき場所、という雰囲気を醸し出している。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


887◆SQ.iJMf4FY2014/07/02(水) 00:01:31.68 ID:hQ0EG6mQ


                    /   //:j/:::/:::ノ)::::::::ノ::::):::j/:::::::::く
                /:/  /,.ィ{::/::/:::/:::::::::::/:/::::ノ::::/::::::::
.              /:/ / l{{ |:(::::{:V:::::::::::(::::〈:::ー=:彡':::::::::::
                  /://   ∨ト、Y:::::::::l:::l::::::\:\::::::::三彡:::
              //     V::::r‐}::l:::::::|::ハ:::::::::}:::::ト、:\::::::::く
              /      `Y:::::{ |::|:::::::|::::{ヽ:::::|:::::} }::「ヽ::彡
               /         ミ::::フ 乂巛{\l  )八;ノ jノ  }::::;
               /         八::{ xfニ=─.、  r:::‐=ニニニメ ゙Y
.             /       //∧l  ィ‐tッテハ 厂 ィ‐tッナァ    |:::
           /      //:/ ハ   `  ̄ノ| ト-- ̄^´    j::
.          /    ///::/ /:::',  ´  |             r‐
          /    // /::/ /___      | ト、       厂
.          /     ./   __{::;レ'´   ∧   弋fフ       /
        |     / /         ‘   ー、─一ァ    /i
.    三二ニ=ー‐--/                   二 ´    , │ _
    三二ニ=ー- /             ∧         ′ /
   // =ミ =ミ ∨              /  、     ィ  / /
   / =ミ       ∧             /////∧` ー一 '  / /
     (^^)   / ∧          ///////∧     / /
    >⌒V'⌒< /   ∧        //○//////\,////{
    7⌒Y^ー'/   ノ\       {////○////////// /
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「さ、ここだ。
┃ 半刻もすれば、今日の登録の受付も始まる。
┃ 朝稽古が終わったら、それを済ませてしまうといいだろう。

┃ 本格的に活動できるようになるのは、お前さんがどこかの"ぎるど"に所属するか…
┃ あるいは、自分で"ぎるど"を設立するかしてからだがな」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 慶次は、暗に後者に期待しているかのように含みを持たせた口調でそう君に告げた。

┃ しかし、それよりも――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


889◆SQ.iJMf4FY2014/07/02(水) 00:03:10.05 ID:hQ0EG6mQ


 |  |  | /                __     ....-──--<´ ̄
  )  ( ./                 /:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ/i:i:i:i:i::i:i:i:i:i:i:i:i::i:i:i:i:i:
 |   |′             〃 〃⌒ヾ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
 j===={   /          jノ /:i:/⌒≧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:チ´ ̄`ヾ:i:i:i:i:i
 {  ̄ミ}  /          / jjl  〃⌒弋:i:i:i:i:i<⌒ヾハ ノ\:i
 {  ̄ミ} ′        /   {{ |  {i{  代{彡}⌒ヾハ }il⌒ヽ、
 {  ̄ミ} {          {i   从l  V小从小小ハイ㍉ハ|;i
 {  ̄ミ}八         ヾ   ヾ} YV代州洲州洲y l八
 {  ̄ミ}  \              八ト㍉ト卅卅卅卅仆 l| ヽ _
 {  ̄ミ}',                   リミ斗 リ从小从ルナ八  \
 {  ̄ミ} ヽ.  \             >Y㍉ 'Ztテ Yヒテリ`ミ< `
 {  ̄ミ}   V  \       /  人      _|  l    \
 {  ̄ミ}    \  \     /   .:i:| ヽ  .___, /     `
 {  ̄ミ}       `>ーミ  く       リ 小  ー 小
  |ニ二|     /---込   >. 、   V  il \_/イル}    /
  |ニ二|   /─≧< 込     >、 \ニニニニニニニリ  /
  |ニ二|  ∠ _     > ハ       >\ニニニニニ//
  |ニ二|/     ><   >ー---==ミ  `>ーt≦彡ー-=ニ
  |ニ二| ̄`><       >ニニニr‐|   |'ー-人  ム
  |ニ二|<     >< /ニニニニ|l .|   | //⌒ヽ\
/|ニ二|    ><  /ニニニニニ |l |  //      \\
  |ニ二|       >ニニニニ/ニニニ|l ¨∠__/   ___∨
  |ニ二|≧=<_/ニニニニ/ニニニリ  /       |  ̄ ̄ ̄ |
  |ニ二|⌒ヽ ニニニニニニニ/===ニ/   /       |     .|
イil{´ ̄`ヽ.ノニニニニニニ/====/   /       .|     .|
|lilil{>ー--くニニニニニ/===>'′ /        |     .|
|lilil{>─--くニニニ/ V/':i:i:i:i:i:../ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄
|lilil{、 _ ノ==イ    ∨:i:i:i:i:i:i:i:   |
|lilil{´__ノ         Vj:i:i:i:i:i:i:i. |_____      _
/ |ニ二|          V:i:i:i:i:i:i:i.           |       .|
ー''|ニ二|          V:i:i:i:i:i:i:i:.        |       .|
  |ニ二|          V:i:i:i:i:i:i:i:.         |       .|
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君にとって驚きだったのは、慶次が訓練用にと持ち込んできた得物が、槍であった事だ。

┃ 槍は、一般的には冒険者にとって人気のある武器ではない。
┃ 迷宮に潜る、あるいは野外を旅する冒険者にとって、槍という武器は間合いの長さよりも
┃ 持ち運びにくさと重量、そして狭所での取り回しにくさといった欠点こそが目立ってしまうからだ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



890隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:04:13.79 ID:lHtUt7Ko
ハイランダーか?


891隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:05:03.64 ID:EajT5Xmd
槍はファランクス、ビーキン、ハイランダーだっけか


892◆SQ.iJMf4FY2014/07/02(水) 00:06:03.61 ID:hQ0EG6mQ


     f又アハ
     `弋夂入
       `マヘ、
         `マヘ、
           `マヘ、
             `マヘ、
               `マヘ、
                 `マヘ、
                   `マヘ、
                     `マヘ、
                       `マヘ、
                         `マヘ、
                           `マヘ、
                             `マヘ、
                               `マヘ、
                                 `マヘ、
                                   `マヘ、
                                     `マヘ、
                                       `マヘ、
                                         `マヘ、
                                           `マヘ、
                                             `Y´尖ノト、_
                                              ∨刃牟ノト、_
                                                    `弋マ勿ノト、_
                                                    `弋マ勿ノト、_
                                                      `"マ勿ノト、_
                                                      `ヾ勿ム、_
                                                          `ヾル、
                                                            `゛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ それゆえに、冒険者としてのクラスも、槍を主要な武器として扱う者と言えば二通りしか存在しない。

┃ 槍と盾を携え、パーティの守備陣形の中核を成し仲間を守る重戦士"ファランクス"。
┃ 己の正義の信念を豪槍に託して敵を討つ槍戦士"ハイランダー"。

┃ 東国人ゆえの風習だろうか、慶次は盾を持っていない。
┃ となれば、慶次は"ハイランダー"としての能力を持つのだろうと想像できるのだが…
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


893隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:06:29.36 ID:7TvUrm7K
正義感の強さから言っても、ハイランダーっぽいな


894隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:07:16.78 ID:fpTQJ5QM
この説明からしてどう見てもハイランダー


895隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:07:17.34 ID:jYjZPoc8
ファランクスは主人公と被るしね


896隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:07:18.37 ID:mdIKxMiv
サブモノノフがそれっぽいかな


903◆SQ.iJMf4FY2014/07/02(水) 00:12:11.17 ID:hQ0EG6mQ


                       /   /  / /:::::::::::::::::::::::::::::\
                   / __,__,ノ)一')ノ}/'7ニ〉:::::::::\::\:\
                   //{レ{::(:::::(::{::::´::::'⌒ー‐く::::::\:::::\::\:\
                     j:{(:\:ヽ::::/:/::/:/:::彡三{\:::::\:::::\::\:\
                (トNミ:::::}::}:〈::::::n:::rf:::::::::彡三〉 ヽ::::::\:::::\::\:
                 ミ三/::/{::i::几::jハノ L;:::::彡ニ人__ }::\::::::\:::::\::
                      {ト{::::{::ハ{:j斗rャ一 \:::::fミ、::{ |:|  }::::::::::\:::::::
         ` 、   :.   .' 乂_r=ミ ヾrtァラ'     |:;ノ__}|:::} l:! ノ::::/ ̄ ̄
             )  }) /   ,ゞrtッ|        |K_,ノj;入 ___/;. ;. ;. ;. ;.
          (__  リ人.     ∨__, ァ        j   \. / / ;. ;. ;. ;. ;. ;.
            (_ _ノ⌒ヽ     , 一'    /     /_,ノ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;.
    ‐ュ,___        乂__彡'⌒ー= ∧ ー     /   / / /;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;
    / V }互互互{}二ニ==こ}.   / ∧    /   /  / / ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;
.   / 人_|__              ,′i/ ー< ヽ ,ノ  / /;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;
  \     \         __|/;. ;. ;. ;/|__\/ / / ;.(}※{) ;. ;. ;. ;. ;.
.     \    ‘,       /;. ;. ;. ;. ;. ; { \ ̄ ̄/ /┌ロ┘ ;. ;. ;. ;. ;. ;.
.     \___i      /;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;.\   ̄┌ロコココ┘;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;
.... \___\}}__)     / ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;.(}※{)ココココ┘;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;
   〔__{__}___匚___{     / ̄\;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;.
   } | | | |l j   /;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;
.    | | | |/l  ./;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ; |. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;
.     | | | |  | /;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;/ ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ト、;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;
....   | | | |l  |/;. ;. ;. ;. ;._;_| ;. ;. ;.| ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;| \ ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;
    | | | |   |;/ ̄/ ̄/ |;._;_/\;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;. ;.|   \_;._;._;. ;. ;. ;. ;.
    | | | |  |ミ/Уミミミミミミミミ|   / ̄ ̄\__/\__      ̄ ̄ ̄
    | | | |  ∨Уミミミミミミミミミl   /     / ト、       ̄ ̄ ̄ ̄l\
     | | | |l   |/ミミミミミミミミミミミ∨ /    /    ̄¨¨¨ =ー------ 、
     | | | |l   |\ミミミミミミミミミミミV   /  |            l
     | | ││  /|  \__//∨ /    ./!=ー―---------‐一ト、
     | | | │/./|__n__n_,n_/ / ∨    /             |
     | │_l_/ ,/   }}ノ八}} }/   ‘, /    ゚,              ゚,
    / ̄       {し'___リイ     ∨     ‘,              ‘,
  ∨           /       ∨
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 一方で慶次は、君との稽古に臨むにあたって、
┃ まるで新しい玩具を買い与えられた子供のように、純粋に目を輝かせてもいる。

┃ 東国の戦士と言えば、名誉ある高潔な死を美徳とする剣士"ブシドー"がまず思い浮かぶが、
┃ 慶次の活き活きとした様子は、ブシドー特有の無念無想とはまるでかけ離れたものだ。

┃ 戦いの中に喜びと己の生き様を見出すその姿は、"モノノフ"と呼ばれる者たちのものだろう。
┃ 己の生きた結果を残す事ではなく、戦い、生きる過程そのものをこそ重んじる戦士のあり方だ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


905◆SQ.iJMf4FY2014/07/02(水) 00:14:10.15 ID:hQ0EG6mQ


                                  | |
               ,z::;==ー─-、.               | |
.            / '´ ィニ二ニ=ミ、___,ノ         _|__j_
            /:/ /:::;z=-─-===彡'.        / ,--く
        /:::{/:::/                __/ /  r 、)
     , ⌒ヽ{::::/::/__..  -‐z==-‐… '"゙ ̄∧/´ ̄{  \
   / / ̄:::\::( ,xィ{し─jハ,ノ)jV:} `ヽ     {{〈 ノ \ノ )
    !/:::::::/::_:rfフ´:::::::::::::::::::::::::::ノ:::ノ__,     \ヽl   |=彳
   |:::::::::{(  У:{:::::\:::::::::\:::::::ノ)二´        ソ|   | ̄!
   i:::::::::::::\∧::::ミ三ハト、:::\:ヽ::::くハ.         / ,|   |ニフ
.    ';:::';:::::::::::{::::::::::ミヲ jレ=ミxjルL::リ 「}      /  l   l | フ
.     V::ヽ::::::ミ::∧::ノ ´ r云テノ f斤f リ`ヽ    /  /|   l |ノ
    ∨::::\ミ::{(V!     ´   〉 ハ } i } ,.   /  /、l-‐=ミ|
      \ヽY{:r\_',   ,__´_ ′,ノ j N__/\/ミx{_,.⊥ }
.         人\| 八    ー‐ / ̄\ ヽ ハ\___   |彡  |
.     ミ爻| ヽ \  \     /   /、 ( lノヽ  /|彡 ミ|
.    ミ爻 人_、 \ i ー一' l  / ∨ ヾ{  }レ'  |彡'⌒|
 ミミミ爻 ゙⌒¨¨¨ \  \  / |ハ/⌒ j  八 ノ´   (二二 ヽ
  '"´     ̄¨¨¨¨゙'⌒ヽ, \l___|/{,r'⌒ヽ Y   {/    (_____ノ__ \
  '⌒'" ̄ ̄ ̄ ̄  _ノ'⌒゙ヽ \}   ミ}ノ   ノ    /ヽ__\}
 , -ーーー一ァ'⌒ ̄/⌒ ̄ ̄¨゙\{゙   ミ|   /   /ヽノ/   ノ\}、
        /  '"⌒'" ̄ヽーー'  ヽ  ミ{ し' |  ./ヽ /ー一く  /|ヽ
  ,. '"´/  ,. '"´ ,r'゙⌒` ̄ ̄ー==ミ、人__/| / ̄ Y|彡'゙⌒ヽY  | l|
       ___,ノ___,ィ'⌒ __,ノ_  ) } リ |\_l|彡'´  ̄`ヽ !,リ
  ,.,r一'   / jリ'" ̄レ'{ { {   _, '⌒ソ  V  人 i  |rf介Y介トr} j/
     /  ,ルリノ   ∧ \ノ\⌒ー-〈   } /  \ |レ'´ ̄ ゙̄マ{/
 jリ厂f´  jア゙  巛/ ∧ノ  ∨ー-==ミ  l /)X厂ラ/ ィ'⌒i⌒ヽヽ
    ,ノ し'゙  巛/ 巛/\   ∨ヾV jレ'/(g/  〈 j |  _|   }ノ
   {_| ノ 巛/ 巛/  _rf〉  ‘,___レ',ィ(0)/(⊂  /_j/l |\__|_
  'ヽレ 巛/ 巛/   _rfア_ / l/※(0/__) )l    l |   |
  \__/ 巛/   _rfア  /__|/((0※/(⊂ニニ  |    l |   l
     \.__/   _rfア   0 | {0※0))/ _ )  ,)/    |   |
      \  _rfア     0{O乂((0/(⊂ニ´ ̄ / i     l |    -─=ァア⌒h
       \fア\         \   _) ) / |     l |    i〈〉〈〉〈〉{  j |
  ー---==ニ二し{小`’<_      \(⊂ニ´ ィ       l |    |=-─  ー一'
      、_,ノ   / 厂`Y{ `’<_____>r‐' 乂_i     l│
      ノ /// |  ロロ  ロロ ロロ|    /    ;     l│     i
      ー/ 人l /_[[[_[[[_[[[_|ヽ[[_/       ′    l│   │
.       ///           l| |     ロ   /      l. !
.         /   ロロ ロロ  ロロ ロロ|ヽl  ロ 巛/ /       l. l      |
        /\_[[[_[[[_[[[__[[[__l  !__[[_/  /       l. l      |
.      /                  {  |     /       l.│     |
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 慶次のクラスはどのような構成であろうか…?
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃(1) モノノフ/ハイランダー  (メイン武器:刀 サブ武器:槍 不安定だが爆発力のある攻撃型戦士)
┃(2) ハイランダー/モノノフ  (メイン武器:槍 サブ武器:刀 多彩な技を持つ安定火力型の攻撃型戦士)

┃ ↓このレスから5分以内、1D100結果が大きい順で先着3票入ったもので決定
┃  (ダイスを振るには !1d100 と入力してください)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



906隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:15:00.04 ID:7J3vRmcF
【1D100:12】



907隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:15:04.26 ID:dqhCA5z1
【1D100:89】  (1)
モムノフメインで!


908隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:15:10.71 ID:/nEQbGcE
2 【1D100:98】


909隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:15:15.18 ID:fpTQJ5QM
安定も欲しいので2
【1D100:63】


910隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:15:21.23 ID:HsDuCsGj
(2) ハイランダー/モノノフ

【1D100:37】


911隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:15:21.76 ID:arJH9y/0
【1D100:6】
(2) ハイランダー/モノノフ


912隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:15:24.41 ID:/g+o2bZX
2 【1D100:91】


913隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:15:24.93 ID:AF17kM/2

【1D100:58】
安定などケイジには不要よ


914隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:15:30.86 ID:iq02l5CB
(2) ハイランダー/モノノフ
【1D100:43】


915隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:15:34.42 ID:jYjZPoc8
【1D100:42】


>>904
多分主人公次第で変化する枠だったんじゃね?


916隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:15:35.68 ID:HNtPyBYV
【1D100:84】




917隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:15:50.45 ID:h7NrBcJi
【1D100:93】
(1) モノノフ/ハイランダー


918隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:15:56.03 ID:O94cW3dl
1
【1D100:92】


919隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:16:00.64 ID:JYz/H2IJ
1
【1D100:28】


920隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:16:11.76 ID:EajT5Xmd

【1D100:77】
メインモフなら獣人キャラじゃないと


921隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:16:15.22 ID:omgrwg7X
【1D100:92】
2


922隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:16:16.21 ID:lHtUt7Ko
ハイランダー/ブシドーとかではないのね

【1D100:5】
(2)で


923隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:16:31.70 ID:dKinHkSo

【1D100:47】


924隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:16:41.40 ID:34lqyQcv
1 【1D100:55】


925隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:16:52.95 ID:L1pw2qBo
(1)
【1D100:80】


926隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:17:05.76 ID:7TvUrm7K
【1D100:60】
2で行こう!


927隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:17:07.48 ID:R4hF/N8t
【1D100:47】



928隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:17:08.51 ID:ogbTaxuz
2
【1D100:38】


929隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:17:15.82 ID:XPBw22rb
おおうそうきたか
【1D100:27】 (2)
やっぱり慶さんは朱槍じゃなきゃあね


930隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:17:26.01 ID:TVHy99NM
2

【1D100:25】


931隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:18:06.61 ID:AF17kM/2
割れたが2かな


932隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:18:10.71 ID:UyZ5LE7l
(2)
【1D100:97】


936◆SQ.iJMf4FY2014/07/02(水) 00:20:44.12 ID:hQ0EG6mQ
>>908 98 2
>>932 97 2
>>917 93 1
>>918 92 1
>>921 92 2
ですかね。なかなか接戦でした。





940◆SQ.iJMf4FY2014/07/02(水) 00:22:45.18 ID:hQ0EG6mQ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 慶次のデータが決定しました。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


.    _,r{::::/::/::/:l:::::{:::!:::::::-:、:::∨::::/:::::::::::/,ノ)
    人rf:::{::::l:::|:N{::::ヽ{::::::::(::Y^::ヽ{:::::::::::::/:::::/⌒ミ
  (し'{::{:::::::::|::|:::::\::::\::::::}::|::}:::::|::lf⌒ヽ::::::::\::/
  rく:::ミト、:::人{__::::::::ミァ'^⌒|:lトV:::N|:::n::::}:\::::::ヽ
  :ミ/⌒Y:::\:ミニ:::r'    l:::| |:::| l|`寸l:|:::|::}::::::V}
  :jf⌒゙ j:ト、:::::ミニニ     |:l:| l:::| }| }:l:l:|:::}:リ::l::::}
  ::|{  人::::::厂    ,z:≦:::トN |::|ノ l::l:l:|::::/:/:::リ
  ::{ヽ(_( l::::!    '´ ̄  `マ:::::\l   jリ从ノ}/::::イ
  ::‘,\} }::|      ーf‐f云xヽ;__ノ ノr‐::≦リ/l:|
  ";/\  }ノ      ´^'宀ー'  }  Krテ‐ヲ l:::l:|
   ゙';    ̄|              i /` ̄/:| |:::l:|
    ゙';   l           _   ′ /l:::| |:::l:|
    ゙';   ゚.             ( ノ {  /| l:::| |:::l:|
..    ゙'; 八       \    `ヽ_,ノ , i:::| l:::|  :::l:|
.       ゙';  ゚。     、` ー--  ,.l|::|:::| l:::|  Vl:|
.        ゙';        ミ=-- /|:l|::|:::| l:::|   V:|
.         ゙';  \        / ::l|::|:::| l:::|   ヾ
         ;\  \    , ′∨l|:l!:::| l:::|
          ゙'; \  `≧=く   ∨リ::::| l:::|
           ゙'; \ / /     ∨::::| l:::|
.            ゙';   Y /         ‘,::::| l:::|
┏━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━┓
┃ 慶次                   ハイランダー/モノノフ            Lv:3
┣━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━┫
┃【HP】 04 ■■■■  【TP】 03 ■■■
┃〔STR〕 03 ■■■
┃〔TEC〕 01 ■
┃〔VIT .〕 02 ■■
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆装備◆
┃〔槍  〕Rank0/素槍             性能値:04 + 〔STR〕 03 = 攻撃力:07[突]
┃〔刀  〕Rank0/数打             性能値:04 + 〔STR〕 03 = 攻撃力:07[斬]
┃〔軽鎧〕Rank0/レザーベスト     性能値:02 + 〔VIT .〕 02 = 防御力:04
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆スキル◆
┃《槍マスタリー》    ■■□□□□□□□□
┃ 常時効果:槍系スキル習得用
┃《ロングスラスト》   ■□□□□□□□□□   攻撃力:07[突]
┃ TP1<腕> :遠隔・槍/攻撃力に+(SL/2)した[突]攻撃。
┃《シングルスラスト》 ■□□□□□□□□□   攻撃力:07+n[突]
┃ TP2<腕> :白兵・槍/攻撃力に+(SL/2)+(敵白兵人数)した[突]攻撃。
┃《武士の心得》    .■□□□□
┃ 常時効果:攻撃の際にゾロ目が出ると、自身のTPが((SL/2)+1)回復する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


941隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:22:57.72 ID:dqhCA5z1
1に投票したけどどちらでも強そうだし問題ない。



942隔壁内の名無しさん2014/07/02(水) 00:24:04.01 ID:/g+o2bZX
なかなか素敵な感じだ


944◆SQ.iJMf4FY2014/07/02(水) 00:24:29.03 ID:hQ0EG6mQ
今夜の投下を終わります。

今週、平日中にどこかでもう一回は投下しておきたい気持ち。



関連記事

category 【完】デジタルAAゲームブック世界樹の迷宮Ⅱ
◆SQ.iJMf4FY
comment

10

edit
edit

Comments

comment
慶二さんマジでかっこいいなぁ、男の心意気だわ。
そして面白いメンバー構成になってきたな。
イリヤには自衛手段があるし、慶二さんもそこそこ頑丈&後列から撃てるスキルが便利だから
ない夫が大砲持ちのサブ盾になるのも手かもしれん
comment
記憶喪失の慶次さんって現状、残すものが無い分原作以上に死人と化してそうだな
迷宮探索経験者に囲まれながら独り傾いたのも「果つるも一興」ぐらいの酔狂を感じる
comment
原作通りだとしたら、バランスブレイカーになるなw
comment
↑あ、世界樹の意味でコメントしたけど、花の慶次でもそうだわ
comment
ここまでで前衛候補が
イン/パラ、シーカー/レンジャー、ハイランダー/モノノフ
イリヤは後衛に回れるとしても、
やらない夫は砲剣撃つ時はもろいし、慶次もHP使うスキルだらけだし
パラディンのスキル伸ばさないともたんぞこれw
comment
やらない夫はドライブメインじゃなくて盾メインとして運用してもいいかな
4でのイン/フォトでイメージが近い

火力はKGが充分あるし、雑魚はドライブで減らしてボスは盾運用、隙を見てドライブ
comment
雰囲気いいなぁこれ。地の文の丁寧さがすごくいいわ。
comment
ちょっと前まで女の子ばっかりじゃないか!みたいな米があったがKGさん出てからはKGさん大人気すぎる。
まぁ普通ここまでの強キャラかつ個性持ちの男キャラをメイン仲間に据えるスレってないからなぁ・・・・
comment
男キャラが魅力的に書けるってあんまり無いからなあ
特に仲間だと、主人公食いかねないから難しいポジションだよね
comment
酒場の3人がえらくシブイねえ


  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: