このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


デジタルAAゲームブック世界樹の迷宮 12 休日パート シャルル


961◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:29:03 ID:aWL7Or0k


l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|::     ________        ________
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|;;::::::;;;;;;;;;;|      ::|i::,        ,|    .   ::|i::,        ,|
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|;;::::::;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|::;:;;:;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|;;::::::;;;;;;;;;;|      .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|  .    .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|\ :::;;;;;;;;|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;| ;;;\.:::;;|:.
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|    \|:: . ,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ' ____.             :                '.
         /      \
       /  ─    ─\         '        ;                .
     /    (●) (●) \
     |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|
        i     \ ::::/
        \     |::/
          |\_//
          \_/
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 食事を終えた君は、宿を出て、散歩がてらに大通りへと繰り出した。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



962◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:30:10 ID:aWL7Or0k
 \  ||                     |   /  ;||ニニニニ| |>─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴<
   \||  /\ _______|/     ;|| |  lll  | | /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
  ̄ ̄「/\  \   /\ /\ |;  __  || lコココココ | | ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
 __|  ̄ ̄| ̄ ̄| Τ ̄ ̄l| ̄ ̄l| |[㎜]勹|  || |l   l| | | ニニニニニニニニニニニニニ r――――┐ニニ
     l 匸 | 匸 | | 仄 l| 仄 l| |; ||  ||  || |l   l| | | ニニニニニニニニニニニニニ |__っ   | ニニ
 __| __|__イレァ  ̄  ̄ ̄ \||  ||  || lzzzzzz| | | __ ニニニニニニニ |[l[l[l[lヨ___;| ニニ
   rニ┐ j「j「j「j「j「j「  ―〈 _〉   \ ||  || |l―l―l| | | |[ ̄]| ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
 _ |三彡  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 〈 _〉―〈 _   \ || |l二l二l| | | |[ ̄]| ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
       ;;;;,,,―〈 _〉 ―〈 _〉―〈     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ;;;;,,,―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉
             ;;;;,,,;;;;,,,―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈
      ;;;;,,, ;;;;,,,〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉,,,,;;;;
     ;;;;,,,―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉,,,,;;;;
        ;;;;,,, ;;;;,,,〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉,,,,;;;;,,,,;;;; ;;;;,,,
             ;;;;,,,―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉,,,,;;;; ;;;;,,,
               ;;;;,,, ;;;;,,,〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉,,,,;;;;
              ;;;;,,,―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉,,,,;;; ;;;;;,,,
            ;;;;,,,―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉 ―〈 _〉,,,,;;;;

           ____
         /       \
        /      ―   ‐
      /        ( ●)  )
      |            (__ノ、_)
      \           `_⌒
      /           \
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 中央広場は、相変わらず住人がまばらに行き来している。

┃ 主婦風の女性、職人の徒弟働き風の少年、そして冒険者風の若者…
┃ 行き交う人々は種々雑多で、さまざまな人がこの街で暮らしている事を実感させる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


963◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:31:11 ID:aWL7Or0k


__i,,,,__i,,___.,,__i,,_____i,,,,__i,,__人_i,,,,__i,,____i,,,,_゙l__i,,,,__i,_i,,____i,,,,_゙l__i,,,,__i
,,__i,,,___i_,/::::`、,___i___i,,,,__i,,___,_i,,,__i,,____i,,,,_:._i,,,___ ,,,i,,,,_ ゙l,,__i,,_
__i,,,,__i,,____i,,, /V\_,_i,,,,__i,,__/__i,,,,__i,,__.:.:.:.:.:. ゙l__i,,,,__i,,___i,,,,__i,,__人_i,,,,__
,,__i,,,___i_ (・-・ )___i,,,,__i,,___,_i,,, ∧_∧_i,,,,_ ゙l,,__i,,,____ /■\__i,
コニiニニiニニiニニiニU   U )ニニiニニニニiニニiニニニi (´く_` )ニiニニiニニiニニiニニiニ.(´∀`* )ニニiニ
  . / ̄ ̄ ̄ ̄(_⊂二_)" ̄ / ,,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ∪ ∪ ) ̄'''/  / ̄ ̄ ̄ ̄と   ヽ ̄ ̄
  / [二二] θ    Ψ /wii/§ § § (__(_,,⊃ /、 ./ ζζζ と_と_ノ、_)() ()
. /   |__;;;| __ (o゚。)   /  /  <l=- <l=- <l=- <l=- /,,_ /  ○○ l二二二l ΥΥΥ
/ ⊿⊿   〈;;;;;+〉     /  / жжж (*)*)*)/vv/  ○○○ |_(゚д゚)_| УУУ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ∧Σ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,...,, ̄ ̄∧_∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,,_       ((  (゚*  )    _wii,,              (∀・ ;) ))    ,,,...wii
 (( ∧_∧    /^ ハ         Α_Α )) vv,,   (     )   ∧ ∧




              / /      |                \ヽ
           / /         |         \         ',
            :'  ;        /|  |     \   \   |    | |
          ノイ :|      /,. /-|─|-      -‐\─-ミ、 |    | |
           | |    / /  | 八      |\i \ | \.   | |
           | |    Ⅳ .斗=ミ \    | 斗=ミ |  |     | |
           | |    | 〃__)心   \  |  __)心刈 |    :.八
           | |    | {! トし::/i    \|  トし::/! i}Ⅵ: |  |:: |ハ
           | |    i| {八 V/(ソ        V/(ソ ノ |  |  |:: |
           | |   八 \:::::::::::::::       :::::::::::::: /| ノ  j 八
           | ∧   ::::i⌒\     ヽ       / リ :′i :|′
           ,ノ⌒ヽ  ::::|八                  /‐//: 八:|
          -──‐-八   ::{-‐ヘ.      -‐-     /-イ:  /ー‐|──-
     〃        \ ∨//|:>       .イ: |// |  /______ \
     |   〃 ̄ ̄ ̄ ̄\∨/|: :\ >   < ノ : |//ノ/: :       〉 |
     |   |       | /\,'| : : : \   /: : : : | /,| : :       〃  |
     |   | : : :       |'////|: : : : : :∧∧ : : : : : |///|: :       i   '
     :、   | :\ : .  | | ///∧: : : : :イこハ : : : : / // |:  |    / |  /
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そのように行き交う人々の中に、君は、見知った姿を見つけた。

┃ シャルルが、物珍しげに露店の品々に視線を落としている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


964◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:32:15 ID:aWL7Or0k


            _. -─‐-
            /      ⌒ \
          /  ⌒   (● ) \
         /  ( ● )  、_)   ヽ
       |      (__ノ /     |
       ヽ       ̄    _ノ
        >      ̄    \
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君は、露店の品揃えに目を奪われているシャルルの傍まで歩いて行くと、
┃ 少しばかり驚かせてやろうという悪戯心も込めて、突然肩を叩き声をかけた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



        __
        :`、`ヽ、,,,
        :::::\:::::::` ̄:゛゛r-、  r- ー、
        :::::::::::|::::::::::::::::::::ヽ `ヽ-.、  ヽ _
        :::::::::::|:::::::::(⌒'彡'::ヽ  ヽヽ   ヽ`ヽ、
        :::::::::::|::::(⌒  `):::::::::',  `''   `゙  ` ー、
        ::::::::::i:::::::`ー~′:::::::::}               ',
        :::::::::i::::::::::::::,- 、:::::: |               ',
        ::::::::i:::::::::::::::',  ',_ :::: l                ',
        :::::::i::::::::::::::::::{   ` -'        ,.-‐――┴- 、
        ::::::i::::::::::::::::::::`ヽ.         /         \
        :::::i::::::::::::::::::::::::::::ヽ       /            ヽ
        ::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::\   /               ヽ
        :::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、/                   \
        ::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                    \
        :i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{                       \
        i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ                          \
        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\                          ゙


965◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:33:21 ID:aWL7Or0k


             ,,ィ''"´ ̄ ̄```.ヽ.、
          ,,<         .   >、
      .  /   ヘ ヽ   ヽ    .ヘ   \        /|_
       ./    |.ヽ |ヽ   ヽ ヽ .',    ',ヘ      く  ∠__
      /      | ヽ ', ヽ   ヽ ヽ ',    ', ',  .     ヽ  /
      イ./   ,'  ∧ ,.ヘ \ ',ヽ、-<__.l__   ', .',  .       }  >
    / /   ,' .ハ {/  \\ヘ___`ヽ、 .}     | ',        ̄`
     ,' |.   |,,lィリ_二ミ、  ヽ/ X´二ヽ,.}|`ー  } .',
     ,'  | ''"| | 〃<テミ  ヽ.  '.,. r!ヨ.ハヾ    .; |、',
     |  .!.   | |l {Y.ヨ |   , \', ゝミソ ノ`   / .;.\
     | /|   ヽヽ.ゝ‐'"   ヽ   """"/   /  |',
     |/ |  ', |ヘ """"  ィ─‐、   /   / .| | ',
   .   .|  ', |、.ヽ     |    ヽ. /,'   //| |ヘ',
       ハ  ',| .ヽヘ.    |    .| / , .//  .|、 ', ヽ
       /',      ヽ、 ` _ ノ / /ノ  丿 ',{
      / .',  /\  ヽ、 ._i>.、 <__| / ノ/   \
       _', /  !\.  | 二二二._|/| ノ____
   .r、二___'リ二ソ ̄`ヽィ:::: ::: ::|:::::::::::::::::ソ:::::}____,,二lヘ
   .|ヽ>-──、/::::::::::::ヽ::::::::::::|::::::::::::::/::::::::ヘ-───-/ }
   .| ',     /::::::::::::::::::ヽ:::::::::|:::::::::/:::::::::::::ヘ     /  .|
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃シャルル
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「きゃっ!?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


         、
         ! \
       ___|  /
      \  /                   _____
      /  i'                   /ノ  \. \
      \  |                /(○)  (○) \
.         丶!   (⌒(⌒(⌒ヽ      / ∪(__人__)     \
             \ ヽ ヽ  (⌒)  |    `⌒ (⌒(⌒(⌒ヽ|
               ヽ:::::::::::    |.  \       ヽ ヽ ヽ  |
                ヽ   (  ヽ /       (⌒):::::::::::  |
                 \     V         !      |
                               ヽ     ノ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ まるで少女のような、甲高いソプラノの悲鳴が小さく上がる!
┃ 思わず手を触れた君自身も驚き、たたらを踏むように後ずさった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


967◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:34:32 ID:aWL7Or0k


           /     ,      /   // !   V ハ ヽ ',    V
           ,      .'      / // / |    `,  '.,. \    V
          ,    /    ‐-//.__,' /  .l .i   l \ヘ   \   ,
          /    /      {   i/ ̄_ミ {_、  |  \   | ヽ. i
          }/!  /  !       i ,r气ニミヽ ', | マ { ィ==丶. !    |
           |  / / ',     .i!〃!:::::::::}   マ  ヽィf マミ!i| .|    |
           !. /'   { ,     .i! 乂_少        {:::::リ 》 l. リ    |
             i!   ハ_V    ,              弋ン′,. }/ ハ  !
          .'   ,   ,.   i、.', ′′      、 ' ' ' .// ! ヘ. !
          /   , r ,-ハ    i! `、             / ´   ,. ヘ|
            /    , i! ヽ /.,   .ヽ.  u     ,   、   /i.  , ,.  i
        /   ,  .}  `∧   '. ヽ.     (  ノ  ,.ィ |  /i !
        ,'__,___ゝ.   ∧  '、_  > ,. ___  <.   ,!  / i!!
     > ´, f __  ヽ .   .∧ ', `ヽ. /    ヽ |   ,' /
     /:::::/ /:::::::::::::``´::::ヽ   ヽ ,  .i!/      / , / ,/
    .{:::::::! i:::::::::::::::::::::::::::::::`≧y  `  i| \   /  V /
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃シャルル
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「な…なんだ、君かぁ…
┃ び、びっくりさせないでよ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\
  /   (__人__)  u. \
  |ni 7   ` ⌒´    . |n
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 予想外の反応に、驚いたのは君も同じである。

┃ とはいえ、驚かせるような事を仕掛けたのは君だし、少しばかりの罪悪感にもかられて、
┃ 君の口からは自然と謝罪の言葉が出ていた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


968◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:35:30 ID:aWL7Or0k


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 気を取り直して、君はシャルルに話題を振ってみた。
┃ ずいぶん熱心に見入っていたようだが、気に入った物でもあったのかと。

┃ 問いかけに、彼は少しだけ物寂しそうな表情を浮かべて答えた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



             /. . . . . . . . . . . . . . . . . . .\
            /. . . . . ./ . i. . . . . . . . . . . . . . .\
              /. . . . . . ./ . . |. . . . \ . . . . . \. . .ヽ
          /. . . . . . .,' . ./! . . . . . .丶 . . . . . > .ハ
          ,'. . . . . . ..,'_,x-‐弋‐. . \. i .-\_ .! .! . . .i
          i. . . . . . .´i∧/=≠\. .\ |=-\. .| .| . . . |
          |. . . . . . . .| ィ心斧` \ 代斧ュ乂. |. . . 八
         ノ!. . . . . . . !《 乂ソ       匕ツ / /. . . .| . ゝ
        /|. . . . . . . .丶        ;.    /. /. . .!
          |. . /', . . . . \      '   ムイ . . . .
         ムイ: : : :、. . . \`  、 _ _,   /: :i . . . . l
           |: : : : :ヽ  、丶      /: :,イ: :∧ .|
           >x : : : :\ \> 、  <: : : / | :/ ',.:
             /:「////丶 __|ー―‐t /'   !
               〈: :∨////|:::::::::::::::l//////
            -‐r'//////!::::::::::::::::::<//L_
          <    ////////| ::::::::::::::::::///∧丶
     f´      ノ////////≧、: : : : : 〈////∧ ` - 、
.       |     ///////////,',ィ'¨ヽ: : : :|/////\    i
     |     `''<//////r'´   ヾ`j: !//////`>   |
     ∨       `"''<ヘ      Y: : 〉///,/   | i
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃シャルル
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…ううん、特にコレがっていうのは無いよ。
┃ でも、僕にとっては、どれもこれも珍しいものだから」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


969◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:36:36 ID:aWL7Or0k


            _. -─‐-
            /      ─ \
          /  /   (● ) \
         /   ( ●)  、_)   ⊂ヾ、
       |      (__ノ         |E )
       ヽ            _ノゝ ヽ
        >      ̄     `  ノ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 言われてみれば、彼は確か、家出してきた良家の子息だったはずだ。
┃ 自分の金で買い物をした経験自体、同年代の少年らと比べれば少ない事は確実だろう。
┃ いわんや、露天商などと縁があったわけもない。

┃ 彼にしてみれば、全てが初めての体験なのだろう。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



             ,...-‐   ̄ ̄ ̄  ‐ ._
             . ´             ヽ
         /        ヽ     \     \
        /  /         '.  ヾ  \    ヽ
          /   /    / /::   \ \____> ヽ '.
         ′ .′    /__/__j__|_   \  '    �� !
      |  | | イ| /  '. {  |-‐‐|- | !  !
      |  | 从 |,/  __ V ヽ  |  V八 i |  !
      ノ ノ 人    | -=≡ミ    \ ニ_  Ⅴ  ハ
      /   |  ヽ!          ̄`ヾ ′/| |
       | ノ|    |ゝ        ,      /イ/  ノ
       イ   '     |            .′/   |′
     / i   :.:.:.   |\    ` 一    .イ.:.    i
        | :.:.:.∧   !____ヽ._     イ:.:.|.::   八ゝ
       ノ :.:.:/.:.:ヽ. |:      `rY´ ̄ヽ::..:.:   /
     ―──く:._:.:/ニ\二二二Lj二 ミ }:/   /
   ´   r'´三三三三>ー=--jl!-─≦  /==-、、
   |    !三:三:三:/   \  |!   / イ三三:/:\
   |    !三三三く        ヽ |!      \:三:/三三ヽ
   ゝ    \三三三\      ヽ       ヽ 三三三 \
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃シャルル
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「僕、この皇国に来て本当に良かったと思ってる。
┃ こうやって自分の脚でいろんな場所を回って、自分の目で物を見る事ができて、
┃ やっとこの世界に生き始めたんだなって」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


970◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:37:39 ID:aWL7Or0k


              /                \   \
               '   /   /            \   \
            /  /   /  / ∧            |:::ヽ    ,
           '      .:  / /  ':,        |  ::':,    ′
           i   i    i::::/l.斗 ''" ̄\     -イ─-ミ   \ :,
           |   |   l |/ | |      \    // | | |\  |\,
           |   |   | |/ 八x==ミ   ':  /x=ミ| } |   i  )
           | |     | | イV_ノ::::}  `    } /_ノ::::ハ| /  ji  i
           | | |  { 八 { 乂:::::リ      ノ' 乂::ソ ノ' i   八  :,
.            ノノ| |  人::. ':,               /! /;  \:,
         /  八ノイ   \::\ ' ' '        ,   ' ' ' ,'::| / !::  } \
           /| ,八   :::{⌒ヽ     __      /::ノ'::: |:  ,’
             | { :\ :::::ト、     丶 ノ    .イ:::|:::::: :|  ′
             |/\__::ヽ :::∨ 、       /ノ}:/|::::: .:::| /
             .斗──ヘ__\:∨  > .__ ..ィ::/ ノ' |::: .:/ノ'
           <///////// /  ヽ; \   ├<___,:::::;″
              \//斗-‐久    \. `ーr┴‐ノi:i\─// ニ=x
           /  _/i:i:i:i\     У介ヘi:i:i:iV"    i∧
          /,, < \i:i:i:i:i:i:i> .,_/ /l |\\i∧     !∧
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃シャルル
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「それに、君とも友達になれたしね」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ …あまりにまっすぐに投げかけられる友人としての好意が照れ臭くて、
┃ 君は、誤魔化し笑いを混じえて目を逸らした。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


971◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:38:49 ID:aWL7Or0k


                 .   ´  ̄ `  .
                  /  {   `ヽ  \
               /   ∧.\\ ∨   ヽ
                 i   _/_ ∨ \\i.   .
                  イ li´/ハ ` ∨ル>r-=  i
               |l ルィテkヽ ljrテk!   |
             从 从i必リ 人ル|必リ   i |
            ノ イ i.人"" '  """リ  li l
              从リル\  ワ  / / 从ハ
                   人 ijr〈 >- <ル'ル' ハ
             . < フ/∧ ィ介ト|:::ト、
            /´>'´ //::∧/∧ハ|:∧i \
              |レ'   //:::::::〈/ ∨〉::::〉 ∧
              |  i  `フ:: :〈/云j 〉::`> / }
              |  lj  「 ロ  ̄ ̄ ̄ロ Y i .リ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ シャルルの境遇は、貧しい子供から見れば羨むほどの裕福なものかもしれない。
┃ だが、彼は『やっとこの世界に生き始めた』とまで言うほどに、自分の来歴に否定的だ。

┃ 幸福と不幸を示す天秤の針は、各々の心の中にしか無いという事がよくわかる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   !
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ せっかくだから、一緒に遊べる場所でも巡ってみようかと君が提案しようとすると、
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


972◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:39:50 ID:aWL7Or0k


               / . . . . / . . . . . . . . /. .. .. .. .. /i . . \. . . . . \\ . .\. . ヽ
.            , . . . . ./ . . . . . . . . /. . . . ./. .′. . . . ..\. . . . . \\. . ヽ. . '.
             ′. . . / . . . . . . . .  ′. ./.. ../ │. . . . . . \\. . . \ .、 l. . .l
            /. . . . . ′. . . . . . . . . L ∠ i. . /  .|. . . /. . . . .!\ .、. . ..\、!.. ..|
         /. ./. ./. . . . . . . . . . .. │ ̄.丁7==-| .._∧.. ... ...|.  \、. . . i \. .|
          //|. . /. . . ./. . . .. .. .. |  ..斗/斥、 |..7 `\ . . |、___}\ . |...i . |
       /゚   |. /. . // i. . . . . . .. │〃ノハ/ }\.}/     \.抖斥. 「 iヽ |. | . |   /
          l/ ./. ..′|. . . . . . .. │{.{//し/〔          〃ノハヾ|. |. . |. | . |    ―
          //. . . .{  |. . . . 、. . | .乂⌒ン         〕///} .}}..|. . |. | . |   \
            /│ . . . ∧__|. . . . ..\. .{   ^´             {´^ 乂 ″|. /|. | . |
          | . . . /./ . l . . . . . . i\、             `^´  /..|/. i八...│
             ,. . . /./,. .∧. . . . . . |  \            {     .//. . .l  \!
         /. . ./. .//⌒:. . . . . .|                  /´. . . . .|
           /. . ./. ./ | {、 . ∧. . . . |\         ‐v     ′. . . . . .|
.          /. . ./. ./ . |\\ ∧. . . |  丶.       (   ノ   / :i  . . ./. |
         /. . ./. ./. . /、 \\ヘ......|      .        . ィ i|   │.. .../:l./
      /. . ./. .//¨} \  ` ._'. .|‐-  .._  `   .. _/、. . .||   │..../ l′
    / ̄ ̄ ̄ ´‐- \  ` .. _ '.l .. _│ /: : : : : : :...\. ||   |. ./
   /  / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` .. _          l /、: : : : : : : : / 八  |./
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ シャルルは、突然表情を硬くして、道の向こう側へ視線を飛ばした。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


973◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:40:32 ID:aWL7Or0k


                      _
                  / /
                  / ∠=─=彡}
             _/  _.  -──<
               / ハ fア¨¨⌒ヽ≠ }: \
            { {、ンイ: : : : : :/   | (_) ,
                乂{ヽ_人r≠¨´/レ' ゝ イ|
            \V{⌒ヽ /〈 `ヽ  |      x─‐==ミ
.              〔⌒ヽ _V /\  }⌒ヽ    // ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                 `¨¨{ _ 廴_/≠ ̄ > //         }
                \/::::::::rイ _  / //           ′
                x‐=  ̄   }^{/ {   x ──==ミ  /
               ∠ニ=ミヽ厂 ̄}_}/⌒´:::::::::::::::∧ \:∨
             / ‐=ミ  } } { ̄ ̄\ \\:::::::::::::::::::::∧   V
            /./イ⌒Y  | |::′   「|\ }::::{:::::::::::::/:: ∧  ’,
         ,. イ{  廴丿ノ .//:′   //  〔⌒ヽ:::/:::::/::∧
        /_/ { ゝ     //::厂 ̄ `ヽ〉  }   ⌒ヽ/:::::::::::∧   ’,
          {   | |:’,    .//::/    .//  _/      \:::// x=ミ
        \ :! V∧  .//:::{⌒ヽ .//  /          / ヽ/ /⌒ヽ ノ(⌒ヽ
            ヽ /\\//::::/\ \/  /       ./   ∨::::>"´ ヽ ∧
.              { /⌒ヽ::/::/  ̄ |`¨厂¨¨¨¨¨´「ハ./     {/     \ソ┐
.             ∨:::::::r‐┐≠「 ̄>=ミ{        {∧}ト、   /            | :|
            } ̄>‐┴‐=ミ }::::{:::::|::::|`¨¨}─ 「ヽ┐}廴厂}.{      ./⌒ヽ :|./
           └==ニニY⌒Y::::}:: |::::|::::::::|::::::: \ | |::l 冂「lハ    /::|::::|::::∨
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃仮面衛兵イクサ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「まったく。
┃ この間の手配犯の奴、いったいどこに逃げおおせたというのか…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ その視線の先にいたのは、シャルルと出会うきっかけとなった衛兵だ!
┃ 今は街中の巡回中なのだろう、ブツブツと不平を呟きながら、甲冑姿で街を練り歩いている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


974◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:41:51 ID:aWL7Or0k


                      \
                       \             /
                        \             /
                        \         /
                         . .-―ヘー-..   /′
                  ..:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:`:./,′
               /:.:.:.:.:.:. '~ ̄`ヽハ_}.:.://:.:ヽ
               ,:'.:.:.:.:.:.:/      }i|.:.:.:.;'´ ̄`ヽ
                 /.:.:.:.:.:.:;        リ|:.:.:.:|     '.
             /.:.:.:.:.:.:.:{        /.:|.:O:|:.      }
            ,'::::.:.:.:.:.:.::`:.. __ .イ::::j|.:.:.:.:|:ヽ   ,'i
              〈{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノノ:.:.:.:.|::::::`ー '.:|
            Yヽ>.:::::::/>‐=ニ≦二二ニ=ミメ、:::j
               |::/::::::> <.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ__,ノ.:.:`ヽV
             \//.:.:.:.:\___, --、___, --、__、ノ∨
                  ゝヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://
            __,x个ト :.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;/
           / , -‐v'⌒トx:.:.:.>x.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,イ
          /.:/ /⌒マノ\` ー-= ニ=-一 /
      ー/.:/  ,'   ∧::::::::\      /ヽ、
.     // /   /   ,'i V.::::::::::`ー‐-一'".::::::::::`ー-x、
     / /   /   / i  ト、:::::::::i:::i:::i:::::::::., '"  ̄ ̄`丶、
      / /   /    { i  | \::::::i:::i:::i::::/         \
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃仮面衛兵1号
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「しかし、イクサ。手配犯とされているその女性は、罪状もわからないのだろう?
┃ それに、お前が尋問していたのは少年だったという証言を聞いているぞ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                ┌-、
         <`ヽ i /     、
           ヽ∧:i i ̄`ヽ ノ}
       ト、  γ::∨';:', i::::::>"ノ
       ヽヽ、i:::::::::} ;::、 `´>´:} /i
        ゝ‐-二__}、:〉彡': :}::y i            γ,
        、ヽ∨、: : :ヽ i: : : ノ´/'            _ γi|::i
         \、`‐-、/  Y /〉_           {::i  }::|i::i
         γ ̄',>〉--‐、´ノi   ヽ____ゝ、  }::', ノ:::}i::;
    ゝ   ̄ ̄フ──,‐‐、、彡=‐, 、´ヽ     ヽ:ヽノ::::}::::/:/
  、´‐-  _ / ゝ ´ ゝ  ̄ ̄` ´、 ヽ∨   _ -、:::::::::::彡'
   i_     ヽ'_〉´ /-‐‐-ヽ ヽ ヽ-‐}-‐   i::::|´  {
   |:::::::::>、/彡‐i |i  、  ノ ,  |i i_ ̄ヽ_.<::i{::::i、  }ヽ
   /:::::::::::::::∧   ∨,  ゝ ̄   / /_  / i:::::::::::ノ ` 二彡i
  ,:::::::::::::::::::::i ヽ/∨,ヽ     / ∧ 〉'  }::::::/         i
 イ:::::::::::::::::::::i  ∨ ヽヽヽ  ノノ 入_ /   ';:::::i   ,   i  i
イ| 、:::::::::::::::::::iヽ  ゝ‐〈 ` ミ_彡´ /    }、::}、  /i  |i /
' i ゝ、::::::::/ ヽi     `,ミ┘ゝ‐∧     ノ \ヽi/__彡
i/ ̄ ̄〉フ    、` 、 _ / 〇 〇〉 ゝ-‐´{    ゝ----‐'
ヽヽ__/' /   __ゝi  |  | 、 ゝ、/::::|  i  〉
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃仮面衛兵イクサ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「いいえ、あの容姿は手配書の画にそっくりでした。同一人物に間違いありません。
┃ 私は常に正しい。間違う事はありません。
┃ もし間違っているとすれば、情報の方が誤っているのです!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


975◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:43:05 ID:aWL7Or0k


       __     __
      / ∧   l  lヽ、
      <   Vll __ l__/   >
      ハ  ヘl   l   /
,、  /  `ヽ  l   l  {`ヽ   _
l ーi、__ノ ∧  l  I  i ,イ }
|ニニニニニ/  } {  ー==|
ー―┬―― 、 < > ,―┬―_′
 li`ヽ| |l    ヽ___/   ノイ /
  ヘ ヽ\____}  {___/ / /
   \ L __  } `´ l ___/ /
  ___ ヽ   ヽl   l/  /
  | ` ̄ ̄ ̄ト 、__/ /ヽ___
  |___  `ヽニニヽ   ∧__
/  ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ___ ]   Io  \______
、イ ̄`ヽ        >ニ<ニヽ       \
::::ヽ:::::::::::}、____ / o o }{ o o\       >、
:::::::::}::::::::::::i ̄ ̄ ̄ヽ  /三三三\  i _____/ }
:::::::::i:::::::::::::i ___ V /     ヽヽ/   ___/
:::::::/::::::::::::ノ二二二二i i    /  ヽ V   /   /
ヽ/:::::::::/  // ̄ l l    (  ) / i====′
/` ̄´ヽ一/ /   ol l    ヽ  / /:::::::::::ヽ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 上官か先輩にあたるらしい、壮年男性の声の仮面の衛兵の言葉に耳を傾ける様子もなく、
┃ 件の危険な衛兵は、無根拠な自分の正しさを相変わらず主張し続けている。
┃ 先日の事を根に持っているのは明らかで、君たちが彼の視界に入れば冤罪は免れ得ないだろう!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                           , -――- 、
                          /     ヽ  ヽヽ
                  .        /  .| \_\ ヽヽ
         ____           /  | 斗k ヽ戈ト  l、!
        /     \         /イ| l |<lリ \l ヒリ| ,ト、 lゝ
      /  u   ノ  \        |ハ ハ、 '  u. イ | ノ
    /      u (●)  \        | .l ト、⌒ .ィ-リ_く
    |         (__人__)|   rへ    ヽリ __丁――‐|ノ
     \    u   .` ⌒/   ,へ ソ    _/^ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄`ー、
    ノ           \  「r==|  / \ |        |l ヽ_
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君はシャルルを路地裏に引っ張り込むようにして、衛兵の目をくらまし、
┃ 一難が去るまで時間を稼ぐ事にした。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


976◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:44:04 ID:aWL7Or0k


     ;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|         ‐|  ||  |;;/  /;;;;;;::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;
     ;;;;;;;::::::::::::::: ::: :: |============.\||  /  /;;;;;;:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;
     ;;;;::::::::::::::: :::: :: | ____   :| :|  /;;;;;;:::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;;;;;;
     ;;::::::::::::: :::::: :: | | //  |   | :|/;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;
     :::::::::::::::::::  :::: | | //  |   ::|  |:|;;;:::::::::::::::::::::::::::: :::::  :::::::;;;;
     :::::::::::::::  :::::::::: |  ̄ ̄ ̄ ̄    ゙|  |:|   ::: :::::::::::::::::::::::::: :::::
     :::::::::::::::  :::::::::: | _______|\|:|    :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     :::::::::::::::::::  :::: |                  |   ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     :::::::: :::::::::::::  |                  |   ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     :::::::::::: :::::::::::  |                  |  :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ;;;:;;:::::::::: :::::::/:::::::::              \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;
     ;;;;;:;;;;::::::::.../;;;;;:::::::::::::::::             \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;
     ;;;;;;;:::: : /;;;;;;;;;;::;;::::::::::::::::::::::::::         \:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;
     ;;;; ::::/;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::           \:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;
     ;;;:/;;;;;:::;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::       \:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ../;;;;;;;;:::;;;;;:::;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::   \:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ …数秒。…十数秒。
┃ 普段よりも大幅に遅く感じられる時間が流れていく中、カツカツと軍靴が石畳を叩く音が通り過ぎていく。

┃ やがて完全に足音が遠ざかっていき、聞こえなくなるまで、実際のところは一分もあったかどうか。
┃ しかし、君にとってはとても長く感じられた時間だった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


978◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:45:23 ID:aWL7Or0k


               ____
             /       \
           /  ⌒   ⌒  \
          /  (○) (○)  \
            l     (__人__)      l
          \     `⌒´     /
          /              \
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 衛兵たちに見つかったらどうしようかという懸念も勿論あったが、
┃ それ以上に、逃げ込んだ路地裏は君の想定を超えて非常に狭く、
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



            / /   /   l ヽ ヽ`ヽ、_\       ',    丶   ヽ
            / /   /   ハ ! ヽ\   ` ヽ    }     !    !
              / /l′  l l  l ヽヽ  \    ヽ ヽ  }     1    }
          / / !   { { ハ  ∨  、L_ヽ_ヽ \ \}    |     |
          l / l|     | | l_レイへ  ハ ハヽ ̄lー─-l-  │    |
            {,'   !    {__,イ !Vハハ    ! V_ヽ\} \j    | l l  l
            l′ |    i、 ハ土二ハハ   l 彡=テテ示  /    l ,  l  l
            i   !     Ⅳイ´{ )ハ丶ヽ  !   {イf;: } 〉/   ,′! ヽ !
             |  !   ハ∧ Vf;ハ  \ !  弋:.:リ  /   ∧│  ハl
             |  !   ヽ   ゞ'′   ヽ    ̄  //   / ヽ l  l ヽ
             | ハ ヽ  \/l/l/  ノ    /l/l//イ   /  ヽ'、 l
             | / ', 丶  ゝニ‐          / /  ∠_  ヽ、│
             }/  V ヘ  V‐`丶,  (_ヽ   ∠/   /─‐ 7  \i
            ノ  く ̄  \ ヽ   `ヽ、 「 ̄´__//:::::ヘ `\'/    !
               ヽ    \ヽ    } /´ ̄ //::::/:::::} ヽ}::V    l
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そこで君とシャルルは、ぴったりと身を寄せ合うような体勢を余儀なくされていたのである。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


979◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:46:35 ID:aWL7Or0k


                         ´     ::::::::::::::::::.. ` 、
                     /   .:::::::::... :.、:::::::::::::::::::::.::::::. \
                /  . .::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::.:::::::::. \
                /   :.、::::::::::、::::::::::::::::::::::\::::::::::::::.:::::::::::::. \
              く    :.、::\ ::::.\ :::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::.:::::::::::::::.. ヽ
               / \  ::.\::.:\:::::::ヽ :::::::::::::::::::::‘:;:::::::::::.::::::::::::::::. '.
            /    \ :. ::.\ー::二二ニ=- ::::::::::::::::;:::::::::::.::::::::::::::::. |
             l   i:.  ヽ:\::.:\::::::::::::', :::::::::::::::::::::i::::::::::::.:::::::::::::::. !
             |   |:: i: :::.ト、::\ー`二ニ==- ::::::::::::::|::::::::::::i::::::::::::::::.|
             |   |::∧::.:廴\:ト、___、___:!:::::::::::::::::::::|::::.::.::.:|:::::::::::.:::i:|
             | ハ ::、{ト:\\-=\\ト、| ::::::::::::::::::} ::.::.::.:|:::::::::::::::|: |
             |l | ::::\:ハ\{ イ芥戈x| } :::::::::::::::∧、::.::.|::::::::::.::::ト |
             | :: ; :: :::l  \ V:ツ〃ハ ::::::::::::/  )\ :|::.::.::i:::: |八
             |i :: :::ノ   /// //|.::::::::/_ イ::::::.::.|:.::.:::|:::: |  \
                八 :  :::\      /´ | .::::::/ /ヽ::.:::∧.::..|:::: |
                 |   ::i:: :|ヽ-、   /   |..:::://. :/=>、:::人 |:::八
                 l  ::ト、:|  \__. <|.:::/. : /=/.イ:\:八:::::、\
                、 ::|イ|≦三=-}ii /}l:/ :/=///\:::::\\::\:\
               \{/.:.::::::::::>‐- 、//=∠/::::::\/ヽ:::::::\:.::.:.\
                |l\::::::::r'´ ー -/|-=ヤ<:::.:.:::::::::::::Ⅵハ:::::: ト、:八 \
                    __||:.:.:::::::/   `ー┤  }:/ ::::::::__ ::::l//i:::::::| |..:.:..\ \
              //l:.:.:.l:r/     _`Y   ハ.::::::/.:. .:::::::|//|:::::::| |...:.:..i:. ヽ
                 l/.:.ヽ/ハ  fヽ /__.ノ  { {::::/.:.:::::::::::::::|//|:::::::| |...:.:..ト、:.|
                 |:.:.:./.:ハ ∧_」 V^l   :| ∨.:::.:::::::::::::::l//|:::::::| |..:..:..|∧|
                 |.:./:.:::Ⅵノ   ヽヽ {| .ハ/.::::::::::::∧Ⅳ:::::::l |..:.:.:.|  l:|
                 l:」.:.:.::::}/        l ト、 /´.:.:::::::::::::∧Ⅳ:::::::://.:..:....|  |′
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃シャルル
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…もう、行ったよね?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 伏し目になって、君と身を寄せ合う事を恥じらうようにシャルルは言った。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


980◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:47:47 ID:aWL7Or0k


        / /         ヽ  ヽ      \   |     ヘ
       / |       ,、 、 ヽ  ヽ  /、、   ヽ   |    i |
       /  |     / /_..,;:--;:\ ヽ | _,;;::--;,_ヽ  |.    | |
      / /| |    ,,.;-'`/  i i\   \ヾヘヽ \  |、''-;...   | |
      ム' |. |  -''` | | /  .i i \  \ヽ\  \|ヽ. | `-:.  | .|
        .|. |    | v rテ〒Y  \   |'r ラ=;‐、ヽ|.    | | ヽ、
        | |    | //:゚。;;;;;;キ   \ |、 :゚。;;;;;;,ヽ ヾ    | |ヘゝ
        | |   、 i 、ヾ;;;;;;;o:/     ヾ 、;;;;;o://  |  i  .|、 !
        | ,|   ヽ丶 ` """         ``"''.   |  /  | |、ゝ
        ,i /|    i\ ////    ,   /////  /i / | |ノ
        i/ i i |  i ヽ                / i / /| .i
          i |ヘ  i  .、              / //  / | i_,,,,,,,.._
  ,r''``` ̄ ̄"''V''''t.  i'' ̄`ト、    ⌒     イ ̄/  /__V_______´_`,t、
  i \ ,,..-'''二二ニヘ i   | キ` 、     イ  |  , ' /ーーーーー-/i i
  i   \ ''"     i ヘ |  | \  `ー   /.  i  .i /1      / ,//..|
  .i   | i\     .i | ヾ |.  \  _ イ   .i  |/ | |    /  // .|
  i   i i \    i .i    .!.    |V|     .i   i .|.   /   | |  .i
  i   i iヾ  \.  | .i    i!、  〃呂`    /   | |.   /    i i  ./
   i   i i ヾ  ヽ | i     i 、〃 .|| ||``  /    | i  ./    i i  .i
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ もともと、可憐とも言えるほどに女性的に整った顔立ちである事に加え、
┃ たおやかに顔を赤らめる姿は、君の目には少女のものにしか見えない。

┃ …かすかに彼の髪から香る爽やかな石鹸の芳香が、君の鼻孔をくすぐる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


981◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:49:11 ID:aWL7Or0k


                _ .. -―─── - ..._
              _ ´              ` .
             . ´   ヽ                   \
            /                 \       ヽ
             /         ヽ  ー\ト  \     ’,
         /    ∧    `ー、―   ヽ|   >      !  ヽ
           /イ   _!_|ノヽト、   |__\__  \         !  ー、
         |  | ィて ヽ   | |:::|´\ゞ 、  Y′    |   ノ
         |ヽ ∧| |::|   \| |:::|      |\ノ   /  |
           .  ヽ!   し      `    ////   / }   |    |
           |   !///            /   /ノ,  |  ノ
          .   !              / / / /    |  く
           !   、               イ  .' /   |  ヽ
           |   >   ヽ      ´ | / .′ -― ’   ・
             !  / ヽ  >‐r-‐≦──┤∧ <  ⌒ヽ    {
           ! /    \ト |  V′   / }⌒ト     \   '
         も レ′       _≧_┴____ノ ⌒ヽ ____ノ
          じ    r ´: :_: :_:_:|:_:_:_:_:_: : :\ゝ   )
        も      /:|: : i´| ト、 |    `: : : :.〉 イ⌒ヽ
          じ     //j⌒r '| | | !    i: / :| |: : : : }
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃シャルル
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…手、放してほしいな」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 言われて、ようやく君は思い出し気づく。
┃ シャルルを路地裏に引き入れた際に、その手を握ったままだったのだ!

┃ 慌てて手を放すが、
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


982安価スレ作者ちょっと屋上来いお2012/02/23(木) 21:49:22 ID:Pgy/EFcY
世界樹語りがこんなに変態だったとは


983安価スレ作者ちょっと屋上来いお2012/02/23(木) 21:49:37 ID:lyMrpPFk
だがちょっと待って欲しい
このスレのシャルルが原作どおりの性別だとは限らないのではないだろうか


984◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:50:11 ID:aWL7Or0k


                             |          |
                             |          |
                             |          |
                             |          |
                            /          |
                    .l`ヽ、       _,,--..,,_          .|
                    .',  `"''――‐''"            l
                     \                       ,'
                  ,.-、  `''-.、               /
               /  .l  /`ヽ`ヽ             /
            /   ./ /   /  , \          /
            /ヽ/    / /   / ./  l l            /
        /   l   l ./   ,'  /  / |           /
        /   |   | l    l ../  /.,..-|   ./   /
        l   イ   l j   .| /  /./  }   /  /./
         .|    ',   `´   ヽ'  /./  ./   /  /./
          l   .l  \       〈.,..-‐./   /   /./
          |    `ヽ .\     ∠,.-''/  ./  /ノ
        l      \ `''-..,,__/  ./  /_,,.-''
         .',        ',    .{_,,..-'ヽ- '
          .',        l        |
           .ヽ              ./
          /       l      /
         ./       /   /
        /       /   /
       ./             /
      /            /
      ./           /
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君の掌の中には、絹のように柔らかく、そして暖かい感触が残った。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


985安価スレ作者ちょっと屋上来いお2012/02/23(木) 21:50:25 ID:mFSgrzW6
やる夫が目覚めてしまう


986◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:51:26 ID:aWL7Or0k


          ___
         /     \
       /         \
     /     ―   ―  \
      |      (●)  (●)  |
     \  u.   (__人__) ,/
      ノ     ` ⌒´  \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ …君は手の中に残った感触を確かめるように、何度か、軽く手を握り、また開く事を繰り返す。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




          ., i! /  ハ    ,   i!    ヽ  V   |     | i
    l    i! l ,  _,.ヘ V  \  {ヾー- _',___V  |    l| |
    il __.ィチ "| i! ̄   ハ '.,   \ ' ,    ヾー __i!     i| |
    .! ̄  |  ,ィ≦三ミ、  ', \     i`,ィfゞ三ミ、  ',.|    , | |
     !   i|. ,'/ ,'´}:`ヽ.     \   | .,'´}:`ヽ ヾ., ',!   / i| |
     ,.   ! {{'  {´:::::::::}.       ヽ. i! {;´:::::::::}  }} }  / i| |
      , i i! ゞ  ゝ;;;;;ソ,         ヽ!  ゝ;;;;;ソ  リ' ,'  /  .i| |
     , l、 ',                         / ,イ  .i| |
      , i! ヾ.  /////////       ///////  //    .l| |
       ヘ! .{ .`           !            /'/ ;i    i| |
  ハ    , `∧                      / ノ,'     | |
   ハ    ',   ヽ       __  __         /  / ./    | |
   ヘ    V   ヽ.     ,´ __ ヽ      .イ  //  i|! .| |
    ヘ    V  .i!  ヽ.    ´    `     ィ   /´ i!   l| i| |
     ヽ    ',  i!    | >        < |      |   i! .i! |
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ その君の仕草を見ていたシャルルは、耐えられぬほどの
┃ 居たたまれなさに襲われたかのように相好を崩して、
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


987◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:52:39 ID:aWL7Or0k


               / . . . . / . . . . . . . . /. .. .. .. .. /i . . \. . . . . \\ . .\. . ヽ
.            , . . . . ./ . . . . . . . . /. . . . ./. .′. . . . ..\. . . . . \\. . ヽ. . '.
             ′. . . / . . . . . . . .  ′. ./.. ../ │. . . . . . \\. . . \ .、 l. . .l
            /. . . . . ′. . . . . . . . . L ∠ i. . /  .|. . . /. . . . .!\ .、. . ..\、!.. ..|
         /. ./. ./. . . . . . . . . . .. │ ̄.丁7==-| .._∧.. ... ...|.  \、. . . i \. .|
          //|. . /. . . ./. . . .. .. .. |  ..斗/斥、 |..7 `\ . . |、___}\ . |...i . |
       /゚   |. /. . // i. . . . . . .. │〃ノハ/ }\.}/     \.抖斥. 「 iヽ |. | . |
          l/ ./. ..′|. . . . . . .. │{.{//し/〔          〃ノハヾ|. |. . |. | . |
          //. . . .{  |. . . . 、. . | .乂⌒ン         〕///} .}}..|. . |. | . |
            /│ . . . ∧__|. . . . ..\. .{   ^´             {´^ 乂 ″|. /|. | . |
          | . . . /./ . l . . . . . . i\、 ////       `^´  /..|/. i八...│
             ,. . . /./,. .∧. . . . . . |  \            { ハ/ //. . .l  \!
         /. . ./. .//⌒:. . . . . .|                  /´. . . . .|
           /. . ./. ./ | {、 . ∧. . . . |\         ‐v     ′. . . . . .|   っ
.          /. . ./. ./ . |\\ ∧. . . |  丶.       (   ノ   / :i  . . ./. |     っ
         /. . ./. ./. . /、 \\ヘ......|      .        . ィ i|   │.. .../:l./
      /. . ./. .//¨} \  ` ._'. .|‐-  .._  `   .. _/、. . .||   │..../ l′
    / ̄ ̄ ̄ ´‐- \  ` .. _ '.l .. _│ /: : : : : : :...\. ||   |. ./
   /  / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` .. _          l /、: : : : : : : : / 八  |./
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃シャルル
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ぼ、僕、もう行くから! それじゃあね!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


988◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:53:36 ID:aWL7Or0k


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ …シャルルは、雑踏の中へと走り去って行ってしまった。

┃ 後に残ったのは、なぜか心臓が早鐘を打ち続ける君一人であった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


989◆SQ.iJMf4FY2012/02/23(木) 21:56:34 ID:aWL7Or0k
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃System
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 本日の投下を終わります。

┃ 次スレ立ててきます。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


992安価スレ作者ちょっと屋上来いお2012/02/23(木) 22:00:52 ID:Mhasdl46

思春期くらいの若者としては普通の反応なのに世界樹風の文章のせいで変態っぽいw


994安価スレ作者ちょっと屋上来いお2012/02/23(木) 22:02:05 ID:lti7t9k2
>>992
いやprprはアウトだろw








999安価スレ作者ちょっと屋上来いお2012/02/23(木) 22:20:30 ID:Pgy/EFcY
>>1000なら
恐怖!F・O・E来襲


1000安価スレ作者ちょっと屋上来いお2012/02/23(木) 22:20:45 ID:i0RIRL46
>>1000ならシャルルは男で
シャルルの姉がやる夫に惚れる



関連記事

category 【完】デジタルAAゲームブック世界樹の迷宮 > 第一階層 恩寵ノ樹海
◆SQ.iJMf4FY
comment

1

trackback

0

edit
edit

Comments

comment
753は315です!
753が間違えるはずがありません!


  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: