このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


デジタルAAゲームブック世界樹の迷宮 3 ギルドメンバー-1



118◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:57:00 ID:SVbtEjbo


l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|::     ________        ________
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|;;::::::;;;;;;;;;;|      ::|i::,        ,|    .   ::|i::,        ,|
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|;;::::::;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|::;:;;:;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|;;::::::;;;;;;;;;;|      .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|  .    .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|\ :::;;;;;;;;|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;| ;;;\.:::;;|:.
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|    \|:: . ,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ' ____.             :                '.
         /      \
       /  ─    ─\         '        ;                .
     /    (●) (●) \
     |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|
        i     \ ::::/
        \     |::/
          |\_//
          \_/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 街並みをぐるりと見渡すだけでも、種々様々な店舗や施設が立ち並んでいる。
┃ 幸い、人との出会いに困る事はなさそうだ。

┃ さて、どこへ行ってみよう?
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃ (1)酒場
┃ (2)宿屋
┃ (3)武器屋
┃ (4)城門前
┃ (5)中央広場
┃ (6)天文台跡
┃ (7)街外れの池

┃ 安価↓3
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



119読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 21:57:13 ID:UVortVto



120読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 21:57:16 ID:WyWAWUPo



121読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 21:57:19 ID:ZxU2v5ag



122読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 21:57:23 ID:7y2.lr9o



123◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:58:51 ID:SVbtEjbo


                 .:.:. .....:.:. .:.:.:.   . :. .:.:.: .:. . . .....:.:. :.:.:. :.:. . . .... .:.:. .:
;ソ;; ;:;ヾ ゞゞ;;;ゞゞ:;ゞ ;;;;ゞ          . . .. ...:.: . .:.  ... .:.:. :. ..  . :. .:   . . ... ..
;;;'ミゞ;;ソゝ:::":;ヾ ゞゞ:;::; ;;;:;ヾ ゞゞ    . ... .. . .... ..   .:.   ..  .. ....  ..  .. ..
;;;。;";;';;;:;ヾ ゞゞ"”;"”";;';:;";;;:;ヾ ゞゞ'      . . . .. . . . . . . ..  . : .
ノソ:;";;';:;";;;:;ヾ ゞゞ;:;ヾ;ゞゞ;ゞ ヾ;ゞゞ;ゞ                 ノヽ人从ハヘ ノミゝ人
;;;;;(;li/::;;;;ゞゞ:;ゞy”:;ゞゞ;ゞi/:;";;ゞゞ:; ミゞ;;ミゞ             彡::ソ:ヽミゞヾゞ:;ノミヾ::
;;;⌒";ゞゞ;ゞ ヾ:::::"`";;';"”";;';"” ”";;';"”              ノノキ;;ゞilノミ彡个ヽミ爻ゞ
;;;;;ヾノソ";;';"”/ ::,;;ヾノソ";;'ミゞ;;ソゝミゞ;;   ' "''' .':'''' " " '"' "'''. '::: "' "'':::'"''::'':::':'''':::'"''::':'"''
ノ:、\ゞ;ゞ ヾ;li":; / " `;:;";;';:;"”:; ..:i;i;!;!;!i;;..i;i;...;!;i;i;.i;i;,, ..i;ii ,,..'.;'":;. :..''"'"    "''' '''.'
::';" ;;;";;'//;" ;;:。,ゞゞ;ゞ ヾ”:;;  : .:.  .:   *。 .:  .:.:.:.:.';''"'"'i;i;il;l;";!;!i;i;i;;'"'  "'''."''' '''.'"'''.
'ミゞ\” ;:; ::, ;;;;(;;;:`;:;ヾ ゞゞ  :.:.::: :.:.:. :: :: :: :::。: :: :.:. :.:.: ::: : : : ';i;i;i;''!;!;i;:' "'''.  。.. ,、
.:.:.;;:。,,;'ヾ;ヽ ;ミi!/;';"y”” ::::::::::.:.::::. : : : : : :.:.:.:. :.:. : : : : : : : : : :-:::;!;!;!;!;i;:."'''、::::::'''.'"
.:.:.:.:.:.:.:.::l' ;:;ミi!/ );;;)   ;;;  .:.:.:::::::::: ~:::::::::::..:.:.::.:.:.:._::::::''"'"' "'''.':'''"'ヽヾ.. '.':,、,、:::. :::
.:.:.:.:.:.:.:.:,i' ;:;ミi| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::: :::::::::: :::::: :::::::;;''"'"' "'''.'''.;'":ソ''.':,、,、::::::。.. ::"::::::''"'""::'
,, ;''.'''"':.i' ;;,;ミi|、 ,, ;''.'''"'ヽヾiツィ "'''ヽ ,、 ':,、,ヾi ,、  。.. ,、 ':,、,、::::::。.. ::":::
.:.:.:.::.:.,.,i' ;:,,;,ミ'i,, :,ミ'i,,'.':,、,、:::. "::::::''"'"' "'''':,、,、::::::。.. ::"::::::''
::::'''.''.:wijヘ;;vkWゞ::::::'''.''.':,、,、:::. ':,、,、::::::。.. ::"::::::''
"::::::''、:::.'.''.''."'''
           ____
         /       \
        /       ― ヽ
      /         ( ●) '、
      |             (__ノ_)
      \            `_⌒
      /           \
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君があてもなく街を歩いていくと、やがて人通りのない街外れに辿り着いた。

┃ ちょっとした林の中に小さな池があり、澄んだ空気が満ちているのが心地よい。
┃ 同じ自然の中と言っても、危険な怪物に満ちた樹海とは大違いだ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


124◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:59:43 ID:SVbtEjbo


                        _,,.-‐ ‐‐‐‐‐ - 、
                      , -'"       ̄` 、"'- 、      ,-‐‐‐ 、_
               __     /      _,..、-''‐_‐_‐ 、 ヽ、  ィ'‐‐'  , -‐‐‐ヘ、
         _, -'" ̄: : : ``丶、._/   l, -'"_,..-''", -'":.::.:ノク` 、/: : :, -'"
        /ィ  ̄"'''- ..__: : : : :ヘ__, -'" , -'"::::::/::::::::, -'::/:::::::::l‐‐‐‐ 、
                 l,_:_:, -': : :::::/___::::::イ:_,,._-':::::::/::::::::::/ヘ::::::` 、::l.
                   ヽ:::: : : r'冫j |//, -'"``ト,:::':::::::::::/::::::l:::::::: 、:l              ._
                    l:::: /ム(_l  / l`'フヽ、 l /::::::::::/:::::::ノ::::::::::ト.l             /_l
                   ハ::/: /` 、l    弋_ノ  /::::,イ:::::, ィ::::::::::::l .l /           //
         __________ ,--、, -' ̄ ̄ ̄` 、 .、       ./ィ'ク`l:::::/:::::::::/::ノ.  ―          //
      , -' : : : : : : :レ_:_:`t:`:_:'':_''`ヽ_`へ_____'、_____,ゝ.イ/, -ィ/レ   \         /./
      ,l, -': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :``丶く、 ./               /./
     ム: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::`、::::::::::::l                /./
    /: : : : : : :, -' ̄ヘ : : : : : : : : : : : : : : : :::: : : : : :::::`、:::`、::::::/                /./
   ./ : : : : : ,r'/フ::::ヽ `、: : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::l        _,,.-‐-ァ、.  /./
  /: : : : : :// (゚:::::::::l  l: : : : : : : : : : :::::: : :::::::::::::::::::::::::冫、:::/        /i、__, -'ノ  / /
../`ヽ、_: : : l .|  .フ//: : : : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ,、_ l       ,ノ : : ィ'.   / /
 `'ヽ、__``ヽl ヘ__,ィ' /:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:::::_::_::::::::::::::::::::/ ./:::::l |      , ィ`、: : : i---- / /、
    l`ク丶、___________ ~""'' ‐' /l:::::::| レ'フ'''ヽ、 l  ,冫‐‐‐ 、 . / /  ヽ
     | / :`、 : : : : : : : : : : :/  /::::::::::::::::::~"l'''.....‐--':::|:::::::l |l : : : : く_l  (_:_:_: : : / /、___ノ
    .| l : : :`、 : : : : : : : : /   /:::::::::::::::::, -'"l::::::ヘ` 、:.:.l二ニl : : : : :Ll  (: : : : :` 、/ /
   || : : : :`、__ : : : : : /  /:::::::::::r',ニ___/l:::::::::` 、:.:.l:.:.| | : : : : :i :l  .l ̄` 、_./ /
    | | : : : : : :: : : : : : /  /::::::::://` 、::::::::::|::::::::::::::ヽ:|/_l l : : : : : ,ヘ、ヘ、 : : : /_/
   .l | : : : : : :: : : : : : l   l:::::::::ヘ `、   ` 、__|::::::::` 、:ヽ`‐ト-`ー‐‐‐'.  `‐‐‐‐./ /
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ふと視線を巡らせると、池のほとりには、魚影に向かって釣り糸を垂らす人物が一人いた。

┃ 連れもおらず、一人で釣りに興じているらしい男は、
┃ 君がその場に現れた事を察知したようで振り返る。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


126◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 22:00:51 ID:SVbtEjbo


                       __
        |\/|          厂 ̄ /
        ヽ `ー--、___/二 ̄/
         く\    \三/フ―<ニ\
  |`ー――----メ    V ∠-―-、__\
   \                     _ニ=、
    `ヽ、__       -、     ,,,-''~l | |
   ー=二フ         \  <_ヽ__/l ゝ、
      /      ヽ、 ∧  \  _ニ=‐ 勹 7
    /  /    卜、|l∠_\  ヽ、≧r‐-、| / |
   /  /    lハl/イ巾 > `ー-、|V「ニヽト、〈  |
 ∠_,イ/   | /i,)   V_ノ      )_ソl |< 〈
    |/|   /|//              乂ヒ/____
     | /  `iヽ              `y ̄ト、ヽ\::::......
     V     ヽ⊂フ            /  L 7ヽ ヽ:::::::
            \    _         /    / | |  ヽ::::::::
              `ー'フ~ /\    /    /  .||   l:::::::::
              /|`―<  〈\ /    /L/ |    |:::::::::
             /| |!、    ̄~ ̄     /|   |.   |:::::::::
            /:::::| ||. ヽ_____/ / _ |.   |::::::::::
           :::::::::|  ヽ \_ >  \   〃  ヽ|   |:::::::::
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃釣り人
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「こんな場所にわし以外の者が通りがかるとは、珍しいのう。
┃ 何かご用かね、お客人?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



            _. -─‐-
            /      ─ \
          /  /   (● ) \
         /   ( ●)  、_)   ⊂ヾ、
       |      (__ノ         |E )
       ヽ            _ノゝ ヽ
        >      ̄     `  ノ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 別段、君にもこの場所に特に用があったわけではない。
┃ ただ、なんとなしに歩いていたら、このような場所に辿り着いてしまっただけである。

┃ まだ皇国に来て間もないため、土地勘もなく、たまたま来てしまっただけである事を君は告げた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


128◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 22:02:03 ID:SVbtEjbo


.   \       \_      _____/___」___
.    \       ⌒>―- . 一=ァ'´.:.:.:.:.:::::::::<
        \  /  /.:.:.:.:.:.:::::::::\/.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::...
         \{{/.:.:.:.:.:::::::::::::::::::i::::::::::.:.:::::::::::\:::::::::::\
         ∠.:.:.:.:/ :::::::::/::::/|::::::::::.:.i::::::::::::::::ヽ ::::::::::\
        /://::::::::::::::/::::/ :|::::::::::.:.|:::::::::::::::::::::.. :::::::::::::ヽ
.      ー=彡イ / :::::::::::::::::::/  l:| :::::::∧i::::::::::::::::.:.:.i\::::::i\
         ∨.:.:::::::::::/|::/=ミメ|::::::厶斗ヘ:::}:::::.:.:.:|  \|  )
           i..:.:.::::::::〃 {_,ハ  |:::/{,ハ ヽV::::::::::::,    ノ
          | .:.:.:::::/ヽ Vソ  |/`¨7ソ ノ:|\:::::/
.            | .:.:: ∧          /    |) }:/
.           | .:.:∧_    、  __,    jイ|/
             |.:./ーァ込、        /\!
           /」/  {__∨|\      イ__)  \
.          /   〈‐-=ニL__     -<|:ノ┐    \
         /___,/∧       ‐-=ニ⊥ |ー-----一
     ____/ .:.::/∧」>-‐          く|ヽ\ー-、_____ _
   ...:..:.:.:.::.::.::.::::/〈/^i\          〈/∧. \::::::::::::.::.:.:.:.:..:..
  ..:..:..:.:.:.::.::.::.::: { { |  \________/| | }   |::::::::::::::.:.:.:.:..:..:..:..
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃釣り人
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「なるほど、ある意味わしと似たようなものかもしれんな。

┃ 何、別にわしもこの場所に住んでいるわけではないのだよ。
┃ 異国から流れてきたばかりに過ぎぬ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 見た目から推察される年齢よりも年寄りめいた喋り方で、釣り人の青年は答える。
┃ …いや、実際のところの年齢は、君には知りようがないのだが。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


130◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 22:03:20 ID:SVbtEjbo


            /--- .|        //  /
           〈 i、   .|       / |  ./
          丶| |\  |     /      ./
            |  \ト|__、i\    | /
        _ ー| -、ート//-、tr_/|   |/
     /´:.:.::ン´´  :/: :|/l ./\ l|iクヽ--1
   ./::.:..::::/...  :::::/  : : ノレ:  ヽ\|| \u l
   ./::.::::::/::.:.: ::::::::/. . :: ::::イ:::||:::   ヽトL_--| l
  ./:::::::::/::.:.:..:::::::::|::.:::::::::/|::::l |:::::::: . .ヽ、\ト〈 |
  ./:::::/|:l::.:.:::::::::/|:::::::::/l__|::ヒ=l::::::::: ::.::: 、 |L\l
 /:::/  |:l.l::::::::::/li_|:::::/|´__l:l  ヽ:::::.. ::::::l  レ´|、
 |:/   |i .|::::::/ |i|ri::::l |/ノ `lヽ、 \::::::::::l |l| /
 |l      |::::| ノ|セ人| 弋::::丿.ノ  |ヽ:::::::|⌒l /
        l::\     `ヽ/    レrヽ::|ノノ /
        il.`、     \ \   r-:/´_/´
          .`、`ヽ    \  /^.||l|l|、
           .`、      ィ ´   .|リ| ク|、
            .ヽ-‐ イ´       レ/´ト`iヽートヽ
              く、l     /´::.:.:.:.:::.〉::| メ:::::
         ̄ ̄ ̄/イ| ヽー-ィ´ /::.:.:.:.:::/: .|  i::::
       ::::::::::::::::/ //| /    /::.:.:./´ : : .|  |::::
       ::::::::::::/ //ヽ`: .ヽ: .、_ /:.:/ . : . : . .ノ  |:::
       ::::::::::/ . :/´ ll . : . : . : . . : . : . : . : . /  . :|:::
       ::::::::/:.:.:.|:.:.:.:.||: . : . : . : . :/⌒ヽ /: :: :: ::/::::
        ::::|:.:.:.:.|:.:.:.:. ヽ、 -´ :.:.:.:.:.:.:.:レ.:: .::::.::.::/::::::
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃釣り人
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…おぬし、"樹海化現象"という言葉を聞いた事があるかね?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君にとっては、初めて聞く言葉だ。
┃ だが、語感から意味は充分に察することができる。

┃ おそらく、肥沃な大地に広がっていた緑豊かなこの皇国の森が、
┃ 怪物の徘徊する魔境になってしまった事を指した言葉だろう。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


129読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 22:02:11 ID:UVortVto
太公望といえば・・・思いつかんな職


131読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 22:03:32 ID:hpYBg1d2
この人もアルケミストとか後衛くさいな・・・


132◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 22:04:27 ID:SVbtEjbo


                     ' , ''、     , /     'ハ
                      ヽ  "、 , /        i ヽ
                       \ ., ./           !ン ヽ
                      , /  \         i    !,
                      , /i      \       !   i
                   , /  !     i^,      !  , ''!
                     /7    i/  ゝ !:::::..゙,   i  ハ  '!
                  //     《   // i::::::::'i,-丶 ! ン:::!  }    ,
         .     //      ム∠ニ─ '´″χ__ V:: ∠.__/___...,.';
       , '^ ヽ  //  _._ -‐‐.::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
      ,,/  〟 .\" 丶,  `゙‐-ニ::::::::::::::∠::::::::::/!:::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
    /    \  \,ノ     ス-ス/フ:::::::::,ク.へ、i::::::::::ノ:::,:::::..<
  /ノ″ ヽ,   \ ノ    .公.//::::::/,.i'⌒q .!,::::::,л::i:::::::!::::...\
  /      ´'' ン⌒'       ∠,-┬i/  .辷ノ / !:::ノニj/!::::::i:::::::::::::.丶,
/    ,ヘ 、 .Y    i      ハ太 V,`       レイ .リ ,i::::::ト::::、‐--──
    //___ン \ ノ丿....---、 ヘ W;,入       /'' / !::::;へ:::ヽ
  //       y:::::::::::::::::::ハ'i \,. ` 、   ̄`ヽ   ,'/!:ノ\ \゙、
  ○'  イ'‐-‐'::::´:::::::::::::::::::/ [!    \ 丶,     ,, ' :.::::::!´:::::..}  `
      ,.「 ̄'フ::::::::::::::::::::::::::!  'i\  >、__`i‐_''゙V:::::::::::::::::::::::::::::!,
` 、, ; '  7/::::::::::::::::::::.:::::::::.i   \";_,     ,/"::::::::::::::::::::::::::::::ハ
      i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\   ヽ,,ヽ‐ .、,,__, 'ヽ::::::::::::::::::::::::::::/∧ヽ─ 、___ _
    ,/丶 \::::::::::::::::::::::::/⌒ヽ    \\、ノ ハ ; ',::::::::::::::::::::::://::::::..゙,  ',:::::::
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃釣り人
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「数年前、"世界樹の迷宮"がこの地に出現してからというもの、
┃ 樹海には見た事もないような危険な猛獣や人喰い植物が闊歩し始め、
┃ しかもそやつらは異常な速度で繁殖、大地を浸食していっていると聞いておる。

┃ まるで、生物の進化の過程をすっ飛ばしてしまったかのようにな」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 言う傍ら、彼の持つ釣竿が大きくしなった。
┃ かかった魚を、彼は手際よく陸へ引き上げる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


133◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 22:05:35 ID:SVbtEjbo


              ,ィ7丁フ7ァ、
     ,ィIIT丁丁>、 l川!|llリj///〉
    /川y' ⌒ヽ彡1 }l|」y'⌒く/ノ ,ィ>、
    ly'´     jノ_,.ノ     レ'´ ノニ{
    ノ   く             _jミヲ
   l f㍉l } :.         ∠、
   ! `¨ノ.:! ;::.        ト三|
   j  .::::::l ノ::::       ,ィ´ミミj
   `T>'⌒! /:::::   ___ ノ `¨´
   `ーァく__ ,. - <r==ァ
   (´彡川l)ト、 _ ノ三/´
    `ー '´レリ川ミミ/
       `くjl|ハミ/
          ̄

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ――釣り上げられたのは、不気味な形状に発達したヒレを持つ、毒々しい色の魚だった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


136◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 22:06:38 ID:SVbtEjbo


         /::! /∧_   /:::/
\      _ /::::{ ///:::〃::::≦≡==--
: :\ /   {::::::::Y:/::::::/:: ̄ ̄`ヽ.
: :ト.、.\_ト、..|:::::::::|:{:::::/:::::::::::::::::::::::::::\
: :  \:::::::::\}\ 从 //´ ̄\ ::::::::::::::::::\
: :   > 、/:\://:::{:::ヽ :::::::::::\≦:、 ̄`ヾ:、
: :      :/:::::::::{::{ハノ:::::::::\:::::::::::\ \   \
: :     〃:::::::::::|::|:::i::::::::::::::::}::ヽ:::::::::ヽ
: :    //::::::::::::/|::|:::|::::::::::::::ハ::::ハ::::::::::::::、
:    //::::::::::::/_.|::|::八::::::::/〃}/:::iハ::::::::::::',
: :  //イ:::::::::/≧圷ミx}:::/,ィ尓刈i|爪:::::::::::i
: ://_/ :::: 〃ん尓゙ヽ l::/ 弋少 ノ:|  }ヽ::::/
、 {У:::::イヾ ゞ_ツ  / \   レ′/  }/        __
 \ /ハ!   ̄       /  /   __           /  }
   }:天ミ∧      、_ ノ /   {  ヽ      /  /
  八:::::`ヾ \       ,     i   |   /  /
  }「 ̄}ト、 \ > . _/       ヽ  廴_/   く__
_/¨>/// \    /            Y      /: :  ヽ
 / ̄ ̄>//\={::::>.、      ,′     {{: : :   /
く___/ ̄ ̄ヽ\::::::::{入     i       ゛==く
///////::>―――\::/::::∧      \ ノ  /    }
/////////////////∧:::/::∧     | ヽ  {___  イ
/////////////////|i∧:::/::∧_     |  Y´ ̄ ̄   !1
/////////////////||::∧:::/::∧}   |  ヽ __/ |
/////////////////||::|:∧:::/::∧  |         ヽ
/////////////////||::|:|:∧:::/::∧   |         /}
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃釣り人
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「焼いて食うかね?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君は力一杯、遠慮した。
┃ 食べたら確実に腹を壊しそうどころか、むしろ有毒なのではないかと思う魚なのだから、当然だ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


137◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 22:07:39 ID:SVbtEjbo


       `i i  /`ヽi:.:.: ヽ_ _ _ _ _      i' ´ー--
___ , . -ー':´:.: ̄:.:. ̄`ヾ:.:.: :〉_.  / '´`_ ̄ヽi
   ̄ ``ュ,-:ー:':´ ̄:.:._ヽ:: :i、i-亠.r':ー:ー:.-..一
   ,..:'´: : :.::::::::::,: :': : : : :〉-.、i__/: : :::::::::,ィ'´ i  「
  /: : : :.::::::::::/:.:.: :.:.:::ィ: : ::::::ヽi,イ:⌒i、i ト、 i   i
 ,: : :.:::::::::: ィ: :.:. :.:.:.: /: : : : : :.:::: : : : : :ヽ-ー-+ 、iレ
. i: :::::::::://: :::::::::::/:/: : : :.:::::/:i::::: : :.: : :`、 ヽ  イ
/:.:::::/  i: : :::::::::/.::i: : : :::::::イ:ハ: ::::::.:.:.:.: : ヾi、_ ト,i
:.::/   i : ::::::::::i.:i、i : :::::::/ i.i _i::.:.::::::::.::::.: :ヽ、i、/i
:/     i: ::::::::ハ:i_ェi: :::::/ ,イi⌒i::ヾ::::::::::::::::.: ヽiヽj
       i: ::::イ〃i`i: ::/ ',.ュiト _.ヾ:ト:、::::::::::::::::::.ヽ'     _
         ヾi. i ` .k:ハ/   iハ、_i゙ヽヽヽ:i、r=ヾ、:::::::`、  ィ⌒ヽ`i、
         i `ーノ   弋_リ ノ'   iハ、.} | |´Tー、i/::::: : / //
         i、 ヽ    ` ー´    _ ´ _,ツi`_|   ,i:::::::ノ .//
         /iヽ            ./i `´L _ハノ ./   _//
        / _レ->、`     ィ:´  i/ヽ/ /⌒ヾ〈ノ  i、/
          i/__/ ヽtー::´::     レ´i.i i::::::::.:.i>   7____
    _ ____ __/:,ィヽヽ、 _i ::    , -'´,、 `i ヾ:_::i' ̄ ̄ ̄  `i、
ー:'. ̄: . : . : . : :/i /::〉ヽ ` ー' ´  / `ヽ.i, ニ.i  `i___ . -一 ヽ
: . : . : . : . : . :./i' /´i' /     /   _,イくi  i i' ̄  _____  i`: ー-
: : . : . : . :::::::/ i:/ノi:ト`-、__   /  _,-'´/  i r':`i i  r' ̄     i: . : .::
: . : ...::::::r 、/  i::::i ヾi  ヽ ` ー- '´  /   /i i::::::`-i  .i ヽ、_ハ, i: . ::::::
: . : :::::::/ V /i::i 。ヽi  \ /   /  /i ヽ`ヽ:_::` -i、__,/\〈 i:::::::::::
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃釣り人
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「うむ、そう。それが普通の反応であろうよ。
┃ このような毒々しい魚、まかり間違っても食おうとは、わしも思わぬ。

┃ そんな毒々しい魚が、皇都の中にすら生息しておるのだ。のっぴきならん事だとわしは思う。
┃ この魚は危険な牙や何やがなく、人に害を与える事もなかろうから、まだマシではあるがな」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


138◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 22:08:37 ID:SVbtEjbo


                       __
        |\/|          厂 ̄ /
        ヽ `ー--、___/二 ̄/
         く\    \三/フ―<ニ\
  |`ー――----メ    V ∠-―-、__\
   \                     _ニ=、
    `ヽ、__       -、     ,,,-''~l | |
   ー=二フ         \  <_ヽ__/l ゝ、
      /      ヽ、 ∧  \  _ニ=‐ 勹 7
    /  /    卜、|l∠_\  ヽ、≧r‐-、| / |
   /  /    lハl/イ巾 > `ー-、|V「ニヽト、〈  |
 ∠_,イ/   | /i,)   V_ノ      )_ソl |< 〈
    |/|   /|//              乂ヒ/____
     | /  `iヽ              `y ̄ト、ヽ\::::......
     V     ヽ⊂フ            /  L 7ヽ ヽ:::::::
            \    _         /    / | |  ヽ::::::::
              `ー'フ~ /\    /    /  .||   l:::::::::
              /|`―<  〈\ /    /L/ |    |:::::::::
             /| |!、    ̄~ ̄     /|   |.   |:::::::::
            /:::::| ||. ヽ_____/ / _ |.   |::::::::::
           :::::::::|  ヽ \_ >  \   〃  ヽ|   |:::::::::
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃釣り人
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…楽しく泳いでおる所を、邪魔したのう。
┃ そら、住み家に帰るがよいぞ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



゚ ゚ 。     ゚ ゚ 。         。       ゚
          c ,,, ,  。   ゚   ,,,,_   。
         c/´c" ミ゙ヾ'~'~ γ´'"  ミヾっ  
       c///,:'⌒ヾヾ vヾ'  ////,:'⌒ヾっヾっ
     c"c,, c" ゚ 。 )、 ~''^' ,i//   `ヘっっ
       c   ゚     |i|!) ソ !li,'i,(       ゚ 
    ゚     。     i ノi|!゙.;il| ,,ill!   ̄^⌒^⌒
     ・  。    ;、 ノil|! .,:;. jil;:v'l~~~~~
~'~'~'~'~'~'人人,,,人~'~'人,,~~~~
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 釣り人は魚の口元の傷口に、携帯していた塗り薬を摺り込むと、池の中に返してやった。
┃ そして、釣り道具を鷹揚に片づけ始める。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


139◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 22:09:34 ID:SVbtEjbo


            /: : : :.:.: : : . : : : /: : : :.: : : ヽ: ヽ: : : : : :ヽ:::::.:.:.: : : :ヽ
           /: :. :::::.: . ::: : : :.:/: : : :.:::i、 : : : :ト : ヽ: : : : : :ヽ,:::::::::::.:..:ヽ
          /::::.::::: : ::::: : :.::::/: : : ::::::::i:i::.: : : i:::.: : :i:.: : : : : :ヽ::::::::::::::::.!
          i: ::::::.: :::::::::: ::::::/: : ::::::::::::イ:|::::.: : :i::::::.: :i:::.: : : : : : }、、:::::::::::i
         .i:::::::: :::::::::: ::::::/: :::::::::::/i:/|::i:::::: : :i、::::::: :i::::::.: : : : :i:.ヽヾ、:::::i
         i:::: .::::::::::::::::::/: ::::::::::太.i/ |::ハ::::: : i i、::::: i:::::::::: : : :ハ、: ',  ヾi
         .i:::: ::::::::::::::::/: :::::::/`ヾメ、,i/_.!:::: / ハ::: i:::::::::::: : :!  ヾ:i
          i::::::〃ニヾ/:::::/_,ェ-ーヾ i! .|i:::/チ午|::ハ:::::::::::: :i    i:!
          .ヾ:i /ャラ::::イ./〃{:::::ヽ、}.i!   !i/イヽ、.i/ i:::::::::: i     i!
           ヾノ〈/イヾi ヾ、'辷、ノ/   イi、::ヽハ ./!ハ::::::::|   ノ
              .,ヾ':'´ラ: ̄: ̄´: : : ヽ    ヽ-<_, ´ ! i! i::::::!
            ./: : : : /: : :i: : : : : : ::イ      `ゝ  i   i::::!
       / : : : _:, :-:ー:-: :、:_:_:_/      / ヽ ン    i::!
       イ " : : ´: : : : : : : :_: : : : : `: ー、       /     i!
     /: /: ,ェ: : : : : : : : :_,: : :ヾ: : : : : : : }⌒ /       '
    /: :/: : ": : :-:-:=:ニ:孑ニ:≠:-:、:_:_,:ム /
   /: : /: : ,-、: : : : : : : : : : ヾ、`::ーー;´!ヽ|´ iヾ、_
  /: ':´: r、:ヾ": : :_: : : : : : : : : i:ヽ_::i:ノ: }ノ|_/::::::/
 : : : /: r:ッ: : : : : :ヽ:、:,:-i: : : :ヽ: :`i./ |::: : : : ト、/ゝ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃釣り人
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…のう。おぬしはどう考える?
┃ あのような奇妙な生物が、まるで突然変異のように次々と現れていく、この異常事態を。

┃ ともすれば、人もそのうち奇妙な怪物になってしまうのではないか。
┃ そう考えると、わしは正直、怖くもなる」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \
   /  (●)  (●)  \
   |    (__人__)  u .|
   \    ` ⌒´    /
   /              \
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 釣り道具を片付けながら語る彼の口調は、目を背けたくなる現実を的確に直視していた。

┃ 確かに、生態系に起こった異変の原因は不明なままだ。
┃ 言い換えれば、いつ、何に異変が起こったとしてもおかしくはない。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


140◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 22:10:41 ID:SVbtEjbo


          ___
         /     \
       /         \
     /     \ , , /  \
      |      (ー)  (ー)  |
     \  u.   (__人__) ,/
      ノ     ` ⌒´  \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ その不安を拭うためには、この異変の原因が何なのか知らねばならない。
┃ そして、その原因を取り除く事でしか解決はされない。

┃ 異変の原因が眠る場所とは、つまり――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




    / :::/: : : : ::::i ::i  !: : : :::::::::::i ヽ::、〃ヾ、::;_:_::::::::::::::....ヾ/ィ、ー、ヽ、  i
   / ::::イ: : : : ::::::| :i   ヾ、、: ::::::::ヽ_/ ,ゝー=ー-、_`ヾ、:::::: ヽへ、ヽヾヽ、
  i ::::/{: : : :. ::::::::i :i   ヽヽ: ::::::::ヽ fi f´ヽ、__i  〆  ト:::iヽ、ヽ } i/i::::ヾ
  .i :::/ .i: : : ::.:::::::::ヽi _,ェ=ー'_ヽ`ヾ:::ヽ  ヾゞ=k'ソ ,    ヾ .,イ ゞ、ノ/i::::/
  i:::/   !: : :::::::::::::::iメi´ ,〃て`ヾ  ヾ、  `ニ=ニ        '´  ./ /
  .i:i    ヾ: :::::::::::::::!、ヾ i! .{ゞ々冫                   イ ̄´ //./
  i!     ヾ :::::::::::::!ヽ、ヽ .ゝー´                i:   / | /;: _
  .i      ヾ、:::::::::! .ヽ  ー`ヽ、             /::  / _i/:-:ー:
           ヾ、ヽ, .i         __         /:::: / /´::::::.:.: :
             `ヽ i、       ` ̄        /:::::::::/_.'-:ー:´: : : :
               `ヽ、            ,イ>: ':´ : : : : : : : : :
                   `ヽ 、       _ -.´: : : : : : : : : : : : : : :
                     `ヽ、_. -: ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃釣り人
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「そう。"世界樹の迷宮"だよ。

┃ ちょうどこの異変と時を同じくして現れた、世界樹と呼ばれるあの巨木。
┃ あれがこの度の異変と何ら関係が無いなどというわけがない。
┃ 状況証拠からの推測にすぎぬが、わしは"世界樹の迷宮"に異変の原因があると確信しておる」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


141◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 22:11:32 ID:SVbtEjbo


            /--- .|        //  /
           〈 i、   .|       / |  ./
          丶| |\  |     /      ./
            |  \ト|__、i\    | /
        _ ー| -、ート//-、tr_/|   |/
     /´:.:.::ン´´  :/: :|/l ./\ l|iクヽ--1
   ./::.:..::::/...  :::::/  : : ノレ:  ヽ\|| \u l
   ./::.::::::/::.:.: ::::::::/. . :: ::::イ:::||:::   ヽトL_--| l
  ./:::::::::/::.:.:..:::::::::|::.:::::::::/|::::l |:::::::: . .ヽ、\ト〈 |
  ./:::::/|:l::.:.:::::::::/|:::::::::/l__|::ヒ=l::::::::: ::.::: 、 |L\l
 /:::/  |:l.l::::::::::/li_|:::::/|´__l:l  ヽ:::::.. ::::::l  レ´|、
 |:/   |i .|::::::/ |i|ri::::l |/ノ `lヽ、 \::::::::::l |l| /
 |l      |::::| ノ|セ人| 弋::::丿.ノ  |ヽ:::::::|⌒l /
        l::\     `ヽ/    レrヽ::|ノノ /
        il.`、     \ \   r-:/´_/´
          .`、`ヽ    \  /^.||l|l|、
           .`、      ィ ´   .|リ| ク|、
            .ヽ-‐ イ´       レ/´ト`iヽートヽ
              く、l     /´::.:.:.:.:::.〉::| メ:::::
         ̄ ̄ ̄/イ| ヽー-ィ´ /::.:.:.:.:::/: .|  i::::
       ::::::::::::::::/ //| /    /::.:.:./´ : : .|  |::::
       ::::::::::::/ //ヽ`: .ヽ: .、_ /:.:/ . : . : . .ノ  |:::
       ::::::::::/ . :/´ ll . : . : . : . . : . : . : . : . /  . :|:::
       ::::::::/:.:.:.|:.:.:.:.||: . : . : . : . :/⌒ヽ /: :: :: ::/::::
        ::::|:.:.:.:.|:.:.:.:. ヽ、 -´ :.:.:.:.:.:.:.:レ.:: .::::.::.::/::::::
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃釣り人
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…そう考えてはるばるやって来たはいいものの、
┃ "世界樹の迷宮"の探索のためには、ギルドなるものへの所属が必須ときて困っておる。

┃ ここ数年、数知れぬほどの者たちが"世界樹の迷宮"に挑んだが、
┃ その難攻不落さに誰もが心折れ、完全なる踏破を諦めている風潮をわしは感じた。
┃ どこのギルドも、比較的安全に稼げる場所での活動ばかりよ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


142◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 22:12:44 ID:SVbtEjbo


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ "世界樹の迷宮"を踏破し、異変の原因を突き止める…
┃ 飄々とした口調の裏に、彼は確固たる意志を持っている事が見て取れた。

┃ しかし、そうすると彼も冒険者登録を済ませてあるのだろうか?
┃ 君がその事を訪ねてみると、彼は肯定の笑みを浮かべる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



.   \       \_      _____/___」___
.    \       ⌒>―- . 一=ァ'´.:.:.:.:.:::::::::<
        \  /  /.:.:.:.:.:.:::::::::\/.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::...
         \{{/.:.:.:.:.:::::::::::::::::::i::::::::::.:.:::::::::::\:::::::::::\
         ∠.:.:.:.:/ :::::::::/::::/|::::::::::.:.i::::::::::::::::ヽ ::::::::::\
        /://::::::::::::::/::::/ :|::::::::::.:.|:::::::::::::::::::::.. :::::::::::::ヽ
.      ー=彡イ / :::::::::::::::::::/  l:| :::::::∧i::::::::::::::::.:.:.i\::::::i\
         ∨.:.:::::::::::/|::/=ミメ|::::::厶斗ヘ:::}:::::.:.:.:|  \|  )
           i..:.:.::::::::〃 {_,ハ  |:::/{,ハ ヽV::::::::::::,    ノ
          | .:.:.:::::/ヽ Vソ  |/`¨7ソ ノ:|\:::::/
.            | .:.:: ∧          /    |) }:/
.           | .:.:∧_    、  __,    jイ|/
             |.:./ーァ込、        /\!
           /」/  {__∨|\      イ__)  \
.          /   〈‐-=ニL__     -<|:ノ┐    \
         /___,/∧       ‐-=ニ⊥ |ー-----一
     ____/ .:.::/∧」>-‐          く|ヽ\ー-、_____ _
   ...:..:.:.:.::.::.::.::::/〈/^i\          〈/∧. \::::::::::::.::.:.:.:.:..:..
  ..:..:..:.:.:.::.::.::.::: { { |  \________/| | }   |::::::::::::::.:.:.:.:..:..:..:..
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃釣り人
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「うむ、わしも冒険者登録は済ませてある。
┃ わしのクラスは"メディック"だと診断されたよ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


143読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 22:13:16 ID:UVortVto
にあわねぇw


144読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 22:13:43 ID:frwQKMdY
てか必須だなw>メディック


145読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 22:13:54 ID:hpYBg1d2
後衛二人目か、メディは必須職だし欲しいな


146読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 22:13:57 ID:GWWOw.4M
ああ、魚を治療したのはそういうことか


147読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 22:14:43 ID:WyWAWUPo
1版か2版かによって大分変わるぞこの職


148読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 22:15:27 ID:qTfY1KNU
よし、スカウトだ


149◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 22:15:51 ID:SVbtEjbo


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ メディックは、医術や薬学に長け、傷ついた仲間を癒す事に特化した衛生士だ。
┃ 単純な負傷のみならず、毒や麻痺、果ては呪いまで治療できる医術を行使するが、
┃ 反面、直接的な戦闘能力は決して高くない。

┃ 君は彼を、自分のギルドに――
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃(1)誘う
┃(2)誘わない

┃↓1から先に3票入った方を採用
┃  (同一IDの複数票は無効。無効票や判断不能の場合は下にズレます)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


150読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 22:16:03 ID:UVortVto



151読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 22:16:07 ID:1M4i/FY2



152読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 22:16:13 ID:o5Pzlzwk



153読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 22:16:17 ID:WyWAWUPo
1だろ


154読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 22:16:46 ID:frwQKMdY
1


155読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 22:17:00 ID:7y2.lr9o
なんと言う統一感……。
男キャラなのに全員一致とは……。


157◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 22:17:34 ID:SVbtEjbo


      ____
     /\  /\
   /( ●)  (●)\
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|       |
  \     ` ー'´     /
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 異変の解決を志す彼の意気込みは、確かに伝わって来た。
┃ 彼ならば信頼に足ると判断した君は、自分のギルドの一員に彼を勧誘した。

┃ 彼は満面の笑顔で、君の誘いを快諾する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                   /,!                 , -'"/
                  , '  l              , -'"  /′
                  /  /7           , -'"_,..、-'' フ'
                 〈  / l    , -'^メィ-― ッ' _,..-'''"ア
                 '! /  \ /へ、,L、 /ヽ、ム、レ'\__l″
    __,,.、_,.. 、_    _ ,_,,L>ー-、Y, -'"'へJ、 〉、`、 /\_ '、
  //,..ム,..、ム、, `>-ィ″ム ,.'″~ ̄ ̄`、-/:::::::::`'::::\V、..,,,__` /\ __
  / i〈      Y()( )( ) ( )  ,'T~フムノ__!_ト`、::::\ヽ、_,..-'''"<^
  { { Y-y,,..ィ  |         Y_'__(___   ̄ ̄""''''''''‐''"-- )-、__,,.-、,
  `ー >、i.__!,__,!、  |          `゙''ー  |1::::::::7'! 「フ, -、'''''''''又―---┴―--- ニニニニニニニ( ゙̄`ァ
  〈  、-ィ `!   ‘、  ,           ,ノ::ト::::::,! | レ,ィテrぐ`y `iy、 ム/::::::::::::::::::::::::\        ̄~
   '、、..,,,_,,..ノ   Y /   \ 、    ,_,/、::!テ!::::! !ノ ' ( `' 〉,  iノ`/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
   ,.ノ`、\ _,..、ッ゛'′'^"'''- ミヾ 、 ,./!::::::!>'テq::!\  `ー'‐'丶 レ'′ _,../^` 、:::::::::::::::::::'、
  ,//'、     Y  ,,..__´丶、._゙i >'::::::!::::::::!i、'、 ノ ノ  ,/^Y !`~""''' ‐- ...,,_`丶 \、ヽ
  |\、\  /7'''" /\、~""'''ー...,,::::ハ|、::! 、`'" _`ソ' へ、ノ/ /"'''丶、::::::::::::::::: ̄´~ ' 、\Y
  |  ,>-`-'ッ'  /  ``丶、.   ,、|::::ト、 `Y゙、   丶、._,,,_,.. '' ト,ー-----、:::::"'ー-、:::::::::::::::::~""''''''1
  |"~  |  }、 /       ヽ/ ト、! "'、ス' `''ー 、_,,._,..、-''"`'ー _,,、 ヽ_:::::::::::::::` 、:::::::::::::::::::::::_}
  \   ! ,/_,`'イ ̄ ̄ ̄ ̄゛´~i'',ノ\`  _|,,.-‐、''":::::::::::::::_,..、-''"  ``丶、\:::::::::::ヽ`ヽ、:::::::::Y
   "''ト `',,>、. ,|::::::::::::::::::::::::::::::|ム_,,.-''"/ `>、  `丶、, -'     ,,、   `丶、:::::::::\:::`、:::〈
     |:::::::::::|::~`|::::::::::::::::::::::::::::ノィ   /"'''- ..` 、       , -'" `ヽ、   /\::::::::::\::゛、::`、
     ゛:::::::::,i::::::!:::::::::::::::::,-,/::ノ~~""''' ‐- ...,,__ \    /'___,,,,,/′  /:::`、\:::::::::\,,/
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃釣り人
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「うむ、願ってもない!
┃ わしは"呂望"。宜しく頼む」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


158読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 22:17:53 ID:frwQKMdY
いや他にメディックいるかわからない現状だと誘うしかねェw
メディック抜きとかになったらw


159◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 22:18:45 ID:SVbtEjbo


                                          \
                                            i'、
                                              、ヽ
                                          V ヽ    i               /'
                                           V ヽ   |:i              / /
.         , : '´  ̄ `  、                                V  ヽ i:.:i           / ./
        , '         ヽ                             ` ーーァ:::::::ヽヽ'==-、// /  ./
.       /            ∧                   ` ー=ニ二三::,:::'::::,::::::::::ヽ i. /:::/,./  ./
     i           i                           / /:::/::::::::/::::ハ':::::::i.  / {
     V          ,'                         / ./:::::/:::::::::::/::::/::::i::::::::ヽ ー r‐'
      ゝ          , '\                         /::::.../:::::::::::/i:::::i: i:::iヽ:::::::ハーj
.       丶     ,. '´   \           , -― 、 ,..-――- 、   i:::::::::ミト、i:::::i Vi_L:::i::i::iヽi
          `   ´  \    `ヽ       /    i!          ` 、i::::::/'゙伝jヽi. 斥ュ、V::::::ト、\
                 \    ノ.\.    /       .i!             i:.:/ i ー'  弋ツ j;:i::::i ゙ ー‐
                  ゙ー‐ '゙    \∠二7ー-、  i              V'  、  `_    .i_.Ⅵ!ー―――― 、
                        \   /  } \i j   入_jヽ,        / / ノ\.ヽノ  ィ´ ii∧ \         \
                        ヽ_ _ ノ_ i.i   レ }  .ト、.     〈  {   イ \.゙ー '_´_フ  i i .i   ヽ         \
                         レ――、_〉!.  KJ  .! .!.       V∧ ハ   ̄   // i!   〉     , --  、 ヽ,
                          ヽ -―-ヽ  /  Y | .|     , -.、V∧ i. i \ __/ ア /   /   /       `7
                        ゝ二ニ-'⌒ヽト- '  ! .|   /i   ヽ ヽ i 弋_/ / ,.'   /    二ニ=-.    /
                          | =‐' ノ    i i   i i  ゝ'   i ゝ _ / /   ./  \       ./
                              ゙ー‐ ' i      i i   弋ゝ _ ,.ノ弋      /i  r.、 〈           /
                                  i i     '、 '、    ` ー‐'"   `ー一´  '、 `'  〉        i
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                         メディック:呂望がギルドメンバーに加わった!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




                  __ _
   _,rーく´\  , --、   /⌒  ⌒ \
 ,-く ヽ.\ ヽ Y´ /   /(●)  (●) \
 { -! l _」_ノ‐′/   /    (__人__)    \
 ヽ ゙ー'´ ヽ  /   |     . `Y⌒y'´     |
  ゝ、  ノ_ イ    \     ゛ー ′   ,/
    ヽ     |     /    ー‐     ヽ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 残りのメンバーの勧誘が終わるまでギルド統括所で待つようにと伝え、
┃ 君は、その場を後にした。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


160読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 22:19:34 ID:gyLl16HM
残るはヒロイン枠と
呂望の彼女枠と
阿部さんへの貢物枠だな


161◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 22:20:01 ID:SVbtEjbo


       `i i  /`ヽi:.:.: ヽ_ _ _ _ _      i' ´ー--
___ , . -ー':´:.: ̄:.:. ̄`ヾ:.:.: :〉_.  / '´`_ ̄ヽi
   ̄ ``ュ,-:ー:':´ ̄:.:._ヽ:: :i、i-亠.r':ー:ー:.-..一
   ,..:'´: : :.::::::::::,: :': : : : :〉-.、i__/: : :::::::::,ィ'´ i  「
  /: : : :.::::::::::/:.:.: :.:.:::ィ: : ::::::ヽi,イ:⌒i、i ト、 i   i
 ,: : :.:::::::::: ィ: :.:. :.:.:.: /: : : : : :.:::: : : : : :ヽ-ー-+ 、iレ
. i: :::::::::://: :::::::::::/:/: : : :.:::::/:i::::: : :.: : :`、 ヽ  イ
/:.:::::/  i: : :::::::::/.::i: : : :::::::イ:ハ: ::::::.:.:.:.: : ヾi、_ ト,i
:.::/   i : ::::::::::i.:i、i : :::::::/ i.i _i::.:.::::::::.::::.: :ヽ、i、/i
:/     i: ::::::::ハ:i_ェi: :::::/ ,イi⌒i::ヾ::::::::::::::::.: ヽiヽj
       i: ::::イ〃i`i: ::/ ',.ュiト _.ヾ:ト:、::::::::::::::::::.ヽ'     _
         ヾi. i ` .k:ハ/   iハ、_i゙ヽヽヽ:i、r=ヾ、:::::::`、  ィ⌒ヽ`i、
         i `ーノ   弋_リ ノ'   iハ、.} | |´Tー、i/::::: : / //
         i、 ヽ    ` ー´    _ ´ _,ツi`_|   ,i:::::::ノ .//
         /iヽ            ./i `´L _ハノ ./   _//
        / _レ->、`     ィ:´  i/ヽ/ /⌒ヾ〈ノ  i、/
          i/__/ ヽtー::´::     レ´i.i i::::::::.:.i>   7____
    _ ____ __/:,ィヽヽ、 _i ::    , -'´,、 `i ヾ:_::i' ̄ ̄ ̄  `i、
ー:'. ̄: . : . : . : :/i /::〉ヽ ` ー' ´  / `ヽ.i, ニ.i  `i___ . -一 ヽ
: . : . : . : . : . :./i' /´i' /     /   _,イくi  i i' ̄  _____  i`: ー-
┏━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━┓
┃ 呂望              メディック:Lv5         EXP:0/50
┣━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━┫
┃◆HP◆ 34                    ◆TP◆ 31+6
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃〔STR〕 ■
┃〔TEC〕 ■■■■
┃〔VIT .〕 ■■
┃〔AGI .〕 ■■
┃〔LUC.〕 ■
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆装備◆ …〔杖〕〔鎚〕〔短剣〕〔服〕〔兜〕〔篭手〕〔靴〕〔アクセ〕
┃〔杖  〕ワンド           [壊]攻撃力3   TP+3
┃〔服  〕ツイード        物理防御:2  属性防御:0
┃〔    〕
┃〔    〕
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆基本戦闘能力◆
┃通常攻撃:[壊]1D6+3  物理防御:6  属性防御:8  速度:4
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆スキル◆
┃《回復マスタリー》   ■■■□□□□□□□
┃  常時発動:医術スキルによるHP回復量を(SL)上昇
┃《キュア(医術)》      ■■□□□□□□□□
┃  TP3[頭]:単体のHPを(TEC)D6+(SL×2)回復
┃《バインドリカバリ》   ■□□□□□□□□□
┃  TP5[頭]:封じを回復。SL1~4は単体、5~9は一列、10は味方全体が対象
┃《リフレッシュ》     ■□□□□□□□□□
┃  TP5[頭]:状態異常を回復。SL1~4は単体、5~9は一列、10は味方全体が対象
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


163読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 22:20:55 ID:GWWOw.4M
男5人のむさ苦しいPTでもいいと思うけどなー


164読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 22:21:43 ID:ZxU2v5ag
是非ともその方向で行こうぜ<男5人
関連記事

category 【完】デジタルAAゲームブック世界樹の迷宮 > 第一階層 恩寵ノ樹海
◆SQ.iJMf4FY
comment

4

trackback

0

edit
edit

Comments

comment
Ⅱ仕様メディックだとほぼ回復と博識専用だからアイテムで代用できるんだよなぁ……
資金繰りとアイテム枠が厳しいから毎回パーティに入れてるけどw
comment
太公望はAA的にいてくれるだけで安心感あるなぁ
comment
なんとなくゲームブックのブラックオニキスを思い出すな
comment
太公望さん原作では道士なのに薬の調合ができず村の薬師に薬もらってたんですが・・・w


  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: