このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


デジタルAAゲームブック世界樹の迷宮 1 OP


1◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 19:35:04 ID:SVbtEjbo


                           デジタルAAゲームブック
                                                     f´{、 ,.-、
        , ┐ f´{、 r'´{、  r-、_____,. ┐  ,ィ  r{、  ,.-j    r‐、_  ,.、 , ┐ ,.、く⌒ ニ__,.ニ、 >   , ィ
       __j  )__} r'__i  ヒ.r 、| ┌‐i i‐┐ | (  Yニ. ニ^ム ヽr‐、 ヽ、 }_ {__ヽ ソ __)( ,.イ ┌┐ |jノ´, --、{ /
     ( r.┐┌┐┌┐ n、,.ヘ  二. .二, リ f__`, ニィ = Tzi n ノ_rニ`  ソ^ニ  ニ^ゝ、_ヽ. ̄.ノ_ ,⌒ヽ {
    l`ー' )||| ヽノ j ___,ゝ `ニ_,ニ´ く__/ i i|「_j|{| | 7´ィnヽ.! | / ri  ト、`i| ┌‐ ^ ‐┐ |  } }
      `¨´ || `ヽ. ,∠ニヽ、__,.ィ´ヽ(´ ヽー‐イ ! トf^マくl_イ !{ {_ノ|ノ ノ| jノノ| ! {_ヽl |   | !  / /
       | ー‐ ´_... --、 `i _} | | レ‐ フ ,イ ├} { }├┤|`<‐'_ノ ,.-、`ヽ ノr‐.ァ!. |     !  !‐' /
      ,. -`ー<´__ ノ ノ´_.. -'イ| .j.イ-‐´ ヽ/ニ ニ ニソ .ノ ̄` ー<ー-ヽ..二..,、ム、_! |_ ... -‐|. ├ ´
     //´  ̄ ` ー―― ´└',. ‐. ‐ ´´              ̄           ̄ ¨¨{(て)ヶ j‐i 弋 ¨¨フ /
      { {        _. -,ニ ‐ ´                          `¨¨¨´  ヽ.. `¨´ ノ
     ` `ニ.._ー―_ ニ- ´                                        `L{´
           ̄
              _ 丶ヽ _,.`ヽ` `、 ....._ :  `´ .  .: ゙..:  .:.:` `ヽ...:.:ヽ:.`.:''´ ;.ニ
               ヽ;゙ ''  ヽ`´` ー='´,. '´ 、ヽ .::  :. .::  ‐   ;; : . :.:. ゙:.;.:.:.:;.:'.:.: ;:'... _,:`
             ...._ ト.. ゙ ...ゞ´ゝ,. ''´ :'⌒ヽ ヾ..:;:゙゙ヽ:.  ..  ..ゞ、:..:.:.::: :゙:.:´.:::.:; '..;'´;;..::'_,,.. -
            `ヽ.: .':、 丶..i  ,' ,:' i,. =、..ゝ、ヾ,,;:゙ゞ::;';゙  ;'゙ゝ::''゙; ;;.:.:::;ニ.:_;;..-''.:=':;.:'::ニ´__
             ゞ,.: .:.. ゙:.:.:...';. ::{ i''、ノ:::;;:'""ヾ;:`ヾヾ:;;::ゞ=''::i::;;'':::ソ;゙:.:.:;゙:'´ノ.:.;.:':;.:'´_::`;,´_;,,..ニ::‐
           丶.._,:'': :.ゝ、ゞ;;ゝ、_i.ゝ;;(゙ヾヾ;;::=、::;;;,,_`ヾ::゙ゝ:゙::/;':::ノ;i:シ:;:'":::;'´::.<:.:_::.`ニ::ー..::´...,, __..
          、ヽ,''::ー ;;ー-.:.゙:;;ゝゝ:::''::;;.:.:ヽ;::\_ー‐-::、}:、{:{;;'//イ::シ;;:ゾi::ソ::ノ:: .:、ヽ`ニ、:.´ ̄ヽ:<´
          ;:゙ヾ..二フ.:¬;;='':ゞ;;.゙:;;:゙.:`ゞ、_ヾ;`ヾニヽ、\;>';∠=-‐…'∠;;ヾヾ丶,:: :゙:、`::,,ヽ:. :. ::..:゙、`:..
          `;;.:.: .:,,:''ヽ.:.::、`=-::ニ:::ゞ::(_::゙:、:`¨¨¨);r=、ヾ::::::{':::/ア´ヾ゙:;ヾヾ:、::゙.:.ヽ::.;;.ヽ:.ヽ::´`゙ ゙ `ヽ
          ;''=''"::,, .:.:、、::ゞ,,.:.::=;;..''´..'';;_ヾ::''=、゙..::` }::}:.:.::!:/:;ノ:;':ソ:;'.:.;.';;_';:゙;;`丶;;:`ヾ;.:.、:.`::、._
           _;,:.''"´:.:.:.::_;;.. ::'';; .:.'': ...:.:`:、:;;''´ ''";;::_;;'.::|::|::.i.::{゙;;_;.''_::..:゙;;/´.:.:'';; .: .:..::´ヾ._ヾ:i゙:;, .:',.._
            ゙丶;;.:''´,:´:.:.;;゙、:.:.';;'' "⌒''      ,:゙::|::i:.:i.::|  '´ `''´   ,:'' ヽ:;:'⌒丶; `゙  `ヾ
                 ;: ''´   '´             '゙´ |::i : .:.|            _,.:'
                                li :!.:.:l
                                 l:! .:{ :.:l
                                ,':j :.:!:.',:',
                                 /:,'  i: ',ヽ
                   ... .... ..... .......,.,.,,,,,./ノ ノ..:ヽ、::ヽ\.,,,.,.,.,. ....... ..... .. .
                        . .: .: .:.::::´.:::´ ' ..:.::.. .:`.:.::.:.`:..:. . .



2◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 19:35:57 ID:SVbtEjbo


          ┌──────────────────┐
          │  作者代理パラ子さんからのお知らせ  .│
          └──────────────────┘

                       , -―‐    、
                      /    、    \
                      /ハ ヽ   ヽ  /  ヽ
                         ト、  \\   ∨ | l  .i
                    |ト、  ー-ミ、  /  .!| / |
                    |{lリ  ィァー、 `y'  .ノ!l/  .|
                      /! ,.  弋リ〉/  ∠レ'|  ,リ
                       /:::\、    / ./r ノ:::|  ::{
                  /:::::/ __>‐"┐'ニ弋ヽ: l  !
                  /::::/ |く,.ィ" ̄fヽ.xxx=ヾ::!  \_
                  /::/ /:/  .;、| {} Yx...  Y   \ ̄
               ___ レ''  》 :|:::./w.ヽノXXxx__」、  .l、  \
              r」.r==`r'彡77ゞ!w{@}w.>、 ̄「:::i::::::}  !:\____二ニ=ー
           _, ==`t'ーー‐-リ //::::∧ w/:%:Z |;:::lヽ、l  |:::::::\
          ff:::::::::::::::|!::::::/ K<::::,.ィ :∨ヘ%/ヽ.l:::{   ! .|:::::::::::::\
          |l:::::::::::::::::|!::://___7::[,.ィ "::::\ 〉___}ル'   ! .リヽ:::::::::::::::`ニ=-
          ||:::::::::::::::::|!/o`ー-:::,ィ三三ヾ:::」8.::::8フ  ノ /  ハ「`ー-- ゝ
          / |l:::::::::::::::::!'o`ー-o//::::ノ::::::::|ヽ| :::::::7  〃     リ
.       /(  ||:::::::::::::/o`ー-o//:::f"::::::ィ" | :::::/
/ ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
当スレはATLUSのニンテンドーDS用ダンジョンRPG
  『世界樹の迷宮』シリーズのアウトフレームを借りた、
     オリジナルストーリーのダンジョンハックゲー安価スレです。

ゲームブック成分やTRPG成分が少なからず含まれますが、
  基本は冒険系の安価スレです。
    安価初心者の>>1ですが、どうぞお付き合いのほどを。


         ,:'⌒ヽ
         入___人
       / l   l \        なお、えっちい描写や、無残にhageる描写などが存在する予定のため
  r、r 、/  ,l     !  \ ,.-,-、      自主的にR-18指定をさせていただきます。
  (\\\/'´l      !´ヽ///)
  (\`     ,l       !    ´/)
  \     lr‐┐r ‐ 、l     /    が、某まとめブログさんの言い方を借りれば、
    `┬‐'´ ゙l | 〉 ゚ 〈 `'‐┬´         『冒険が主目的であり、エロは従目的』であるスレを目指して
.      \.  |__|(__゚__) /             進めていく予定ですので、ご了承ください。
       \⊂ニニ⊃/
         \  /
          `´

                 では、本日このあと21:00より初回投下を開始します。
                   どうぞお付き合いのほどを宜しくお願いします。
\____________________________________________/


9◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:00:19 ID:SVbtEjbo
投下を開始します。

最初の安価まで50レス近くありますので、まずはごゆっくりお読みください。


10◆SQ.iJMf4FY2012/02/17〈金) 21:00:45 ID:SVbtEjbo


                            .,
                             ,爻
       、 、                       '彡ミ_      _,爻_        ,、
       爻、                  爻爻ミ、      ,彡ミ、       ,爻_
       、彡ミ                      爻彡ミミ_     ィ爻爻ミ、_    _,彡ミ、
      _爻爻ミ                爻彡ミミ、_   シ爻彡ミ`    ー爻爻ミ、_.
      =爻彡ミミ、_             爻 シ彡ミミミミ   爻彡{ミミ、  -=爻彡ミミ;
     _,爻彡ミミ;x_     、       彡ミ 爻爻彡ミミミ= -爻爻ミミミ、  .,ィ爻彡ミミミ、   :,,、,
   爻、 ,彡ミミミミミ=    ,爻、    爻爻ミ ゙ミ彡ミミミミ、 ,爻彡ミミミミ、 :=爻爻彡ミミ;  :ミ爻;
:.  彡ミV彡爻ミミミミ、    ,彡ミ、_   爻ミ-ミ;:'ミミ彡ミミミ彡爻爻爻ミミミミメ爻爻ミミミ爻彡  ミ爻彡;
::::ィ爻爻ミ;:'爻爻彡ミミ   爻爻ミ、  ,ミ爻ミ彡ミ;:゙彡ミミミミ爻彡爻彡ミミミ`爻爻爻爻};彡ミ};彡;彡ミ
:::;爻彡ミミ;:'彡}爻ミ-ミミ  .爻彡ミミ   爻爻ミミミミ;:`爻ミミミミ爻;:爻爻彡ミ゙:;爻};;'爻爻ミミミミミ爻ミミミミミ
:;爻彡ミミ彡::゙ミミミミ=爻彡ミ爻ミ彡ミミ爻爻爻ミ=::彡ミ彳ミ;:爻;:彡彡ミミミ};:{ミ=ミミ爻彳i::;{ミミミ爻彳i::;{ミミ
爻彡ミミミミ;:'爻};;'彡爻ミ爻爻彡ミミミ爻彡ミミ{ミミミミミミ:;爻;:彡ミミミミミ}ミミミミミミミ爻爻ミ;:ミミミ爻爻ミ;:ミミ
爻爻ミミミミ=;´爻:彡ミミ.ミミ爻彡ミミミミ.彡ミミ|;:{ミミミミ^ ;、.x,,;..v、`彡ミミミミミミミ爻爻}爻};:彡ミミ爻爻}爻};
爻爻彡`、v,..v、゙ミミミミミミミミミミミ爻爻..爻彡ミミ爻ミ゙:w爻爻爻;:彡v、.'爻ミ-ミミ爻}゙ :;、.x,,;-ミミ爻}゙ :;、.x..v、^
ミミv;;ミ゙'爻爻ミ;}..v、yミミ.爻ミv;;ミ゙'爻彡 ミ` ;、.x,,;..v、 v爻ミミ〉ミ爻彡x;: ゙爻:";vミ'〈゙ x彡爻ミミミ x彡爻ミミミ
゙':;ゞ;爻彡;yゞ;ゞ;,”〈oヾ ;;ミ゙'爻:";v;oゞ;^.y爻爻ミ゙'爻ゞゞ;;yゞ彡ヾミメ゙';ゞ;,”v:";v〃ヾ爻ゞ;yヾv;ミ゙';ゞ;,”v:";v
'' ;~ ;^::;”v:";y;''゚  ; ::;y ...; ::; : ;:; '',;:.;:; ;~''^"''^”v:";v ; ::; : ;:; ;~ ;y ::; : ;:; ''ヾ;ゞヾv;ヾ;ゞヾv;ヾ;ミ゙': ;: ',;
";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; : .:: :; : ;:; ;~'',;' ' : ;:; ;~ ; ::; ;~'',;''  ; : ; ::; :;~'',;:; : ;:; ': ; ::; :;~'',;:; : ;: ;:; ;~'',;'' ;~'',;'
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 深き樹海が大地を浸食していると、
┃ 万人に知られるようになったのは、いつの事だろうか――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


11◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:01:28 ID:SVbtEjbo


                                                 /\
                                                //.:::.:.::\
                                         / /..::.:..:: .:.::\
                                           | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|´
                                           |  | [] ...:. .:::|
                __    __                         |  | . : : : :ロ.::|       ;ミ
             /:/\ /:/\                           |  |.: :.: :.:.::.:.::.:|       彡ミ  ;ミ、
       _     | .| .:|__|_|_:|_______  /⌒)  _____|_ |.::.:..:.[]::.:.::.:|      彡ミミ、 ;彡ミ
    . ___|:| |    | :|...:::|. ┌┬┐ . :┌┬i : .::┌┬ | T/⌒) ┐ . :┌┐|. |.: :.: :.:.:.:.:..::|      彡ミ彡ミ 彡ミミ、
\∠、 :.::::|:| ト、.  l.└‐┴┘└┴─┘└──┘└ |`7'..:/  └─┘└l::.|.:.::.[]:.::_ :|   ._ ,彡彡ミ幺彡彡 、,,
:::...\.\ ベ| |::∧_|__[]..::[] __[] .:.:[]..__: :.[]: :.:[]. : : |/...::::)::7 []:.: : []: :.::|: |.:::. //\/  /\'/ ̄/\:゙;;ミ゙o;ミ
‐- ,_\.\.| | ̄...:.::/\ ̄.:.::::/\ ̄/\ヘ. : : : : : :/^7<:〈  . : : : : : ::/ ̄ ∠/. : : : \/ : : : :.\/ ;.:゙;;ミyゞ;ミ゙o
.: ::: : : :|::.::.ト|_|;;;;:::/. :ロ : \:/.: : : : Υ :.: :.:.|::|: : : : /...::|::::|/|\.  ∩.:.::.:| ̄ .:| | : : :.::[] []:|ェェェiェェェェ|  ミヾ:;”゙':,oヾミ
::.: : : : :|コ:.:|:.: | ̄|: :.::.::..: : . ::| ..::_ .::[].::| : :.:ロ::|::|:. ://ト、У〕:|:....;>.| |. :..::|  . :| |. _.:.:.:. : :|.lニニ|l .:.:|┌ヾ':,ゞ;゙;”;ミ;:ミ
工エエ|::.:.:旧:|::...|.::[].. .: :.ロ.::| ./:ハ.:..:: :|. .::.:: .:|:://.:::::;>|::::|/ヘ「 ー┴─ー|__;;| | |〒|:. :[] :|:| .:::::::||=|│|.::.[]:::}il|{´
: :∠7ヘlコ:::|::.:.|.ロ:|: :._. ..::..:.:|. |:|n| :[]::|:П:..::.レ: ̄\∧l\|工]            l;,_|_|⊥|__|」 ===l|_|┴┴──|i|l|
: :|ェ| .:::::|:.:.|:::..|::::.| .:|襾|.: : : :|: |:||||,;,:.:⊥!‐'''"    [ニニニ|ニ]                               ルヘ:
: :|ェl:∩ トi:.|::::.l\|_;;||;;:|L:: -‐'''"~            | . : :.:.:.|   .
: :|ェ|:|;'|:.|:| |='′                       | .: : .:.|               .             .
: :|ェ|:|;'|::l_レ'   '     、              | . : :.:.:.|       '               .
: :|ェ|:|;'|::|                         _,‐| .: : .:.| 7!_                      、
: :|ェ|:|;;レ'       ´        '       / / ゙'ー-‐''´//  /|          、
: :|ェレ                        /  lニニニニニニl/  //
/       '  、       `         lニニニニニニニニニl/                    、


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 大陸の辺境に位置する都市国家シタラバニア皇国は、
┃ ほんの数年前まで、緑に囲まれた自然豊かな小国であった。

┃ しかし、ある発見が、この小国を混乱の渦へと陥れる事となる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


12◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:02:19 ID:SVbtEjbo


;:iii|  /;;ゞ゙:;ヾ|flli:: ... . 丿 . . . . |   |:: ,i;;;:;iii;i:i| ::  |:;;:iii' ..::|iiiiiii;;;;;((,,,);;iii|;ゝ;;>;ゞ;ゞゞ|llliii' :ヾゞ;
::iii|  ノ /...:::.|li:: ... ||Y.||〆;;;    丿: |,i;,.:',:i;;i| ::::: |:;:;ii| :::|iiiiiiii;;ii;;~~~;;ii|: 〉;|/;/ ::: |lllliil 、,,. |
::;iii"´/:::::::::|:: ... .  '¨`ソヽ:::丿.イ :: |::;.....;i:;ii| :::: |:;:;ii| :::|iii;;iiiii;::;:;;;;::: ;;|/ii;;:i( ::: |llliii| ::: |
:;;iii|~  ::::::::: |''".. .    : :: :,,. . ./、| .ノツソ::ソi;iハヽ、|:;:;;ii| ::|iii;;iiiii;::;:;;;;::: ;;;|:w::wWW:..|lllllii|、,,. ノi
:;;;ii| ::::::::: /... . '¨`ji: . .. ;;||; :: :`)         "''''''"|M|i;;iiii;;i:i;;:;i:;;::;M从ww,,. ゙'''''''''";;w;W
;i;('') ::::::::: |li:: ... . (;; ヾ  ヽ  `r ,,.::.;;'' ;;:;: :::''.;;''  从W从;;:人::;;ヾ、;ヽW:w  :W;;w;W: w;
;:;iii|....::::::: ノli:: ... .  ,,-^~"、,,:;;;, :`ヽ ;wM:w::wWW:;;w;W:W;; w;W:w;;wWW;;: w: w;;w ww;;
;iilli;ゝ ,、,,.、|lyiji: . ..../;;⌒`;;゙';;: ヽヽ) :ソ"゙`''`´'''`"´`"”``´`". . .. .: :::: :::::::: ::::::::::::::: :::::::::::::::::::::
''''''''"wMw|li::; ;. .. (.;;(::(r⌒ノ:)ヾ〆(    :'. .,: :'. .,:wiiw        . .. .: ::::::: ::::::::::::::::::::: ::
wW:w;;w'´||l: : ::   ヽ::)’ゝ:jj丿ソ;;丿: : :. ..              ,,.、..,、_,,,..   . .. .: ::: :::::
w;Ww`  |li::;;   /yゝヽ〃: :; ;;/ヽ:::::: ::::::::: : : :. ...
w;''"  ,,...,,||l    (::;;; :ヽ((:::)ソ)..)ソ): :::::::::: ::::: :::::::: : : :. ..
;´..    丿::;;;,!j   )::; :: :⌒ヾヾ\ソ ::::::::::::::: :::::::::: ::::: :::::::: : : :. ..         vvlMv,;.;'"'';,.;,;
  ,..,   |::;;; :: ::  .( . .. .    (   :::::::::::: :::::::::::::::::: :::::::::: ::::: :::::::: : : :. ..         . .. .:
     ソ::;;,!; ;    ソヽヾ ⌒ヽ. ::ヽ⌒ヽ,:::::::"´``゛゜''';:;''ー'',:;-、,-、,,;;;-:;_;_,、、,,-、...wiij;;w;W
,,   ..,,/ (::⌒));;; .ノ.  ..r∂丿ソ  )ノ⌒ヽ、ヽ,-、  ,;;;;;;;:::::''''   vWWwjjwvjiiijw,.、,、,,v
   ノ;::;;; :: ::_,,r''": (::⌒));  "r _,,r''"/゚。::::;; \) ,.、、,,-、;;  wWW:W;;w;W: w;;从WW从W;
,:;-/ソ:::。゚。::::;;    : :: :(  (  (ヽ( (::⌒));;; ヾ、__. ''''::::,,,  wwW从wWW从wWW从
/⌒´"_,,r''":;;::  丿 (;; ヾ ヽ  ;;||;ヾ´⌒`ii-、(;; ヾ \⌒"-、    ,Mmγ⌒;;ヾ))ヾ));、w
:;;:::/´`ソ,、’::::;;;,!j ijiw::::ノwヾ iji|::::( ヾ:: ::;;;,!j ijiwijiwソ,、::ヽ;-;,-;;.、、wwW((ヾ*;";"i";*ヾ从ヽ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 異変は、皇国の面積の多くを占める森林地帯で発生した。

┃ 木材や果実、狩猟の対象となる動物が数多く生息する森において、
┃ それまで見られなかった危険な生物が、おびただしく闊歩するようになった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


13◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:03:02 ID:SVbtEjbo


;;;彡ソ;;;ゝ);;));ヾ;;) ノ::;;ヽ;;;;ゞヽゝ'´ゞvゝ、7-ー<ヾ:'(゙'〆、,,;">-、7-ー<
ヾミ;ソ(;;;;;;フノハ:;:;ミ;;(;;;ゝヾミゞ(〆、,,;">>、;ヽ、:;;:y':/;:.バ:.:.:.:.:.:.`‐ヾミ;ソ
〃;;;彡;;i!;:i!|/〃;;;彡;"'ハ,,;)ヾ.:.:バ:.:.:.:.:.`‐ヽ:::;:;:::/:;;/ヾミ;ソ(;;;;;;フノハ:;)'.:
::':.,|:;;:i!;;i!;:i!|`ヽ\|;;レ;/;;'';;.:.:.:.:.:.゙:.~^:.:>ー.,!i!;;:;:;y'彡^.ゝミノノ:;ミ;;;'':.:.:.:.:
ヽ.:;};;:i!;;i!;:i!|;:;:;:;:);;;;;;/''ヽV/.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:l;;:;;;:;:|:.:.:.:.:);ソ.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
;:;:Y;;:i!::i!:;;:i!|v,l|V::从X、ノメ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;i:;:;;:l;:;:;://v、;;、八ゞ;:;:;:;:;:;
;:;:;:|;;:i!::i!;;:i!:|、lW:八ヘ{V::从ivヾ;;) :;:;:;;;;;:;:;:;v|;;::;!i!;|:;:;{;;{wX、从,!|lヽ      ,r ^= ァ=-、 ,
;:;:;:|;;:i!;:i!;;i!;:|XゞV:从XゞViv:l;,ゝ);)'"  _从(i!;:;:;;:;|::;:;ゞヽiv,l|V::从||    /` ' ヽ、r‐、,,_..ヽ、,
八ゞivXx::イ八X、 γ从Wwv~ '   __)ゞハ/;:;;:;;:;;:l;ミx;;,イiv:l;,イイ、ヾ 、 __j    __     レ'1
iソゞiv,l|V::从|lililレ/X、w,,'~"  . ' ィイ、X|;::i!;::;;リ'ヾゞゞ, ;ミx、:l;,イイ\~     |:::\.._   ,r1
_、八ゞiv,l|iv:l;,イイ、八イ,,~=-  ,、   .,イivV|;;:i!;;:;;:|`:;;;;;ゝ);;));ヾ;;) iv,l| `ー、   |::::: ::| r'":/ 、
V从;、lW:八ヘ{V::从Xゞ       (:;ハ、;vvヾヘwゝ);;));ヾ;;) ノ 从X  `i   ヽ::.../ ヽ ;j ,j!
ハ、;vvヾヘwゞ,,;;''~"       ー'^ゞ,イiv:l;,イイ、八ゞiv:l;,ゝ);;)       j     ̄   `ー'ソ
                                       /  ,r 、r―v'´|- '
                                      /   ヽ _r-―v(
     , _、                ,'`ゞ       .   r―‐'     `'      !_
  ,、  /へ, ヾ、  ,'゙ー-、_,        ヾi´         ∠r 、_.  /           `ー、
  / ,ヘ,|/´`゙'ヾ \,ヘノノノノノヽ       ゙ヾ、            >'   ,、 、  ,i―' ̄`
  l,/〈l,'´'、ヾlフ `ヾゝヽヘノヽヘノゝ       ヾ\,      __r- ''"  _ ノ ヽヽ  ヽ、
  '´ /,vーv、ゞー,´~``⌒`ヘノヽ,ー'"´⌒`゙`、  ,ノ'゙,`(、     ( < ̄  ̄     ヽj`ー、ヽ
   `゙ノ´~´"v〉ソ´'゙´'゙ー´,、,、´´'゙´'゙ヾゞヾヽノ'´.`゙`l,      ヽ !            ヽ!
   `゙\  ,ミ(,'〉)〉,/⌒`ヽ,ー',ー'/´⌒`ヽ´゙ノ ,./        `'
     `゙`ー'ヾ'シヾ(,.ヽ´`ノ,.)ノ゙ゾ ,(,.ヾ'´`ノ,.)ヾ`ノ
         `ー  lヽ´'`\``、ー'´`ヾノ\`'ー'(
           ノ,'゙ノソ,.ノ`ヾ:::::::ソ  ノ::ソヾヽ`ソ\
          ∠∠レ'ーレ'ゝ `ーレ'ゝ'ーレ∠∠'ーレヽレゝ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 自然の恩寵に溢れていたはずの森は、危険な魔獣や謎の植物が徘徊する
┃ 危険に満ちた魔境の樹海と化したのである。

┃ 皇国民にとっては、主たる産業の場を断たれ、生活に大打撃を受ける事となった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


14◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:03:56 ID:SVbtEjbo


三ヽ:; ;:;: :;'':; : ;;:: ;:: ∨ :ハ:;: ;: ;:;/:; :; :ソ:; :; :! /:;: :;: '':;  :;  :. : :;;'':;Y:;:;
: :;`ヾ\ :; :: ;ィ、:; __:rゝ ハ:;.: :.: : ; r'´ :''; :j !:. :,イ ''  /..;: :'  .,;:;':,イ:;: .
; ;:;: ;: `ヾ,、==≧ュ、Ylj  .}:;: ;:; ;;rj:;  ::.; / j:;ノ:;: ;: :; :: ;:; :;: ::; '' :;: :;j!;;: ;:
X;:: :;: : :;:ハlヽ;:ミ`ー-、ミi! hヾ:;: :ソ;::: :; ,;イ/ゞY:;彡_ノ:;: :;:  :;; '' ,;イ-='´
;: : '': :;:; : : :ヾ`ヽ;:; :;:j| li! ト=、\j! :;ィー' ,ノ:; ;イ7j /_:;: :;: :; :: :;: :; :ノ/:;: ;;: ;::
: : : : : :; ; ; : : : \`Y  i! l|: ;:ヘ ソ彡 Y ,rf'ノ ̄ ̄: :: :: :;;ィr==': :;:; ::;: :; :
;: ;: ; :., ., : ' '' ;: ;: r'ヾ; !i !,l:;: ノイr''  r ~:;,イ_:;:_,,-―'イ :; :;: ; _ ;:;: :ゞ,、:
;; : ;:; ;:: :; ; ;;:ヽ;.ィ: : :l  l iト、´ノ  イ/ il, r--、r―'' ̄:;: :;: :: ;:'' :;: :; ~ ソイ
;: :: :;;: :;: :: : : ::.,, : : : ! i! ゞ≧   j  ハゝ:;: ;:;'' :;: :; .,. :;: :;;:: ;:;:'':;: :j/:;__
;: ;::;:;: ;:; :;: :: :;:; :;:: : ::,} j!  _三ニ イ  `Y;:: ;: :; ,ィ´ :;  .:;: :,ィ⌒ヽ,:: /rュ_
: : :: ;:;rュ__;: : ;:; : :; :.;;」(イ彡イ彡 r'   j/j;: :≧'=-、.,;'' .,:;:'  r==\j/ ,:; :;;:
ヽ='イ彡三≧=イ三彡 j!/彡  i!ト  ( ̄7イ:;: :; : :;:., '' :_イ;: :; :; イハ .,;:; :
ゞ‐=-‐'´:;:; :; ̄¨ー-!7''イソ´ ミヽ!,, ヾY : : , '':; :;:: :; :; : . .,.: ;; ヾ l.;: :;:
:; :;:;::;: : ;:;: : :; :;; : ; r、j 彡   : :lr'イ !{ ヽ__    :; :;:: :; :; :: : ;:;: :;: :; } l|:;: :;
: ;:; :;;: ;: ;;: :;' :;; ;: : .Y|}ィ    ミ{ト'' ヘ `ヾ、_,,ィ'' :; :;: '' _ _三ニノ:: ;:
;: ;; ;:: :; :;; ;:: :: ;:'' :; ::T'' __,,ィ =ュ''  ヾハ ,,ィ´   __ ==--'´:;: :;:; :;: :; : ;::
;;':; :;;' ;: :;:: :;; :; : ; :; ノソvゞ,、  `ヾ` ミ Y/j/  ィ´:;: .;:: ;:; '':;:' :;: :;: ;: ; :: ;:;
;:; :;; ;: ;::; ;:;;'' :;: :;ィ’ノ!fy彡ヘ_rィY  ミ }!j/j/ j:: :; :; ::: ;: ;: ;::: ;: : :; ::;''': ;:
;:;; ;::: :;;:; :;: ;: :; {イヾ''tソvゞソxfyヾ  ̄ヾミ!|-':;`´ : ;: ;: ;:::;':; :;::: ;,.,..;:::' . :;;ィヾ
:;; :;; :;: :;;;: ;'' :;:; 〉イ/ソfyゝ=-yソfミ`ヽィ ミl! : ;: :: ;;;: :::';;;:': :: :: :;:; ;:;-''¨´
:; ;; ;:;'' ::;: ::: ;:;: /j/j/      ヾミイj  ミl|!:;:;: ;;''.; :.;'';:;.., {'´~
`;: :;; :; :: ;:'': ;::;/1j!/j/'´  ̄`ミ ノ彡 ̄ヾ!|::; ;:'' :;: :;: :;; ''´
 ヾ:;:: ;:;: ;;::: ',//j/イ      ゝ''  ̄ミl!:;: :;: :;: ;イ´
  ゝ:; '':;;:: ::;ノX/j/´-― ー-、 j   ゙''ヾ!: ;:; :; ´~
  {:;:: :;:;;: r'ミY彡yィ彡 イ{   Yイ  ー ゝ;''´
   `ヾ:;: '-yイ!/´ rイ>=ュ、 ''     ミノ
      ヾj//  Yミr ヾミヽY-=三ニミ|i
       /j/jィ  ソ' イ彡≧ l|  =‐-{l
       /j/lj/j/イ `'' 三ヾ!     ::;l|
      /j/i/j!/ ソ  ミ     i!  ミ≧、  ハ
    /ミヾ!j/ ィ /: :     j|ミ  フ彡 {〈 \
 , イ´ミヾソイ/j彡!:: j  ミソi Y_  ≧ニ ゞ、ハヘ`ヽ、
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 事態の収拾に乗り出した皇国執政院が目をつけたのは、
┃ 異変の兆しと共に樹海の中心に現れた、城よりも遙か巨大な大樹。

┃ そして、その幹の内側に存在する、巨大な迷宮である。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


15◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:04:42 ID:SVbtEjbo


....................          ........:::::::::::............     .........................................:::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...............................                    ::::::::::::::::::::::
_,,|,,__,,|,,__,,|  ゙'';;;;|;   γ ̄| ̄ヽ        γ ̄| ̄ヽ   ;;'
,,__,,|,,__,,|,,_|;    '|   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!      [「二二二二二
_,,|,,__,,|,,__,,|;;    |   l!┼┼┼l! '7;,    l!┼┼┼l!    ';; || | ̄ ̄ ̄|| ̄
,,__,,|,,__,,|,,_|゙;;;,  | ;;  l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |┌─┐||┌
_,,|,,__,,|,,__,,|;;;;;; ゙:. |   l!┼┼┼l!      l!┼┼┼l!        || |└┐  ||
,,__,,|,,__,,|,,_|;;;;;;;;; |   [ ̄ ̄ ̄ ̄]      [ ̄ ̄ ̄ ̄]  #  ,;|| |  │Ⅱ||Ⅱ
_,,|,,__,,|,,__,,| ;;;;;;;;;;;|   `´ ̄ ̄`´   へ  `´ ̄ ̄`´     ::|| |└┘  ||
,,__,,|,,__,,|,,_|;; / |        メ        ;;     ;;'';     _|| |___||_
_,,|,,__,,|,,__,,|/../| ';,          ;;                ,,;;''| |ニニニニニニニニニニ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |ニニニニニニニニニニ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Llニニニニニニニニニニ


________________________________
――――――――――――――――――――――――――――――――
     .....                          .,,,........
...,,.......          .....          ......,,,,...                ...,,.
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ――"世界樹の迷宮"を攻略し、樹海の異変の謎を解け!

┃ 皇国執政院は大々的に触れを出し、迷宮を踏破する冒険者を募った。
┃ それに応え、のどかな小国だったこの国は、数多くの冒険者が行き交う都と化した。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


16◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:05:32 ID:SVbtEjbo


; ; |:: :|: .::| .:|:. l:|:.;;ミ;:;ゞ':;'  ゞ.;'';;ミ|:l :. |: /ヾ;;ミ;:;ゞ':;ヾ ヾ:: ゞ:.;.:ゞ':;ヾ.:ミ゙ x"}:i| | レ:/:\:ゞ:}イ |:. |: : .:|:. ;; ミ;:':;: ; ゞ
;:,ミ|::.,: :r.:| ::|:. l:|ヾ ゞ:.;'.;.、: .  . . |:l :l l: |ミ:;;'ぐ ヾゞ:.;ミ;:. ゞrq~: ゞ ゙ミ : :\ヾリ i |イ:ヾゝ;Yソ�� : :|: i: :.:| ゞ:. ;;ミ;: ;ミ :
;ミ:;|: |:: |::.. ::. j:|;ミ;:;ゞ':;ヾ.;.、: .   |:l :| :l:|ゞ;~: .         |i:|  :   ゙ゞ::ミ゙Yi: | |:|.,::ミ:.:'゙|:.: :|:. : :|: l: :.:|ミ ;ゞ ':;ヾ. ;':
ミ:.:|: |::. ::| .:|: ::|ミ;;/ヾ:.;;ミ;:':;ヾ. : . |:r .:| :|:h   . .   _ __jj:|_____:   ~ミ:゙|:i: | |:|:'.:ゞ'.::|: r:�� : :|:��:.:|:.;;ミ; :;゙ゞ':::;;'
;.:ミ|: |::. ::l .:|: ::|.':/ヾ ゞ:.;;ミ;:;'  : .|:|: l :|:|{      {三三乂三三i}  ヾ゙ |:l: | |:|;: :ゞ:,゙|: |:: |:��:. :{リ:.:|ヾ ゞ:.;; ミ :ゞ
:゙;':|:i ::| :: :| l :}ヾ;ゞ':;ヾ..;;ミ;:;ゞ; |:|: | :n リ : .          |i:{  : .      ��:r: l:|; ゞ'゙.|: |:: |:|:|: : .:|  ミ;:;ゞ': :;;
: ; |:|: :| ::| :: ;| l}ゞ:.;;ミ;:;ゞ':゙;.;ヾ:ゞ゙|::.|:リ:|: .   . .        ||:|    . .  , :゙|..:| l :|:;  ゙ ゙|: |:: |:|:|: : .i.:|  ミ;':;.;ヾ;:,,゙
ミ;.:|:|: :| ::| :: :| リヾ ゞ:.;;ミ;:;ゞ':;ヾ.; |:.:| :| :|: : : .   . .      ||i|      . . ' : |:i:| | :|:;:':;ヾ |:| i: :.|:|:|:.l.:|:.;  ;:;ゞ'::ミ
ゞ |:|: :| ::| :: :{ |:.;iミ;:;ゞ':ミ;.;ゞ:;;ミ |:l:|: .:| :|: : : : : . ,,_. ._,,,}lリ_ __  ヾ: :゙|:l:| | :|.:.; シ:':|:| |: |:.:|:|:.l.:|.゙;ミ;:; 'ヾ :ゞ
;.:;゙|;}   : :| :| :: |ゞ;.;;ミ;:;ゞ':;.;ヾゞ゙ |:l:|: ;,| ;{.;; '';;''~ ,;;:.   ,,,::;;:.. ゙⌒;; ;;:..,,_|:l:| | :|:'.:シ :.:|:| |: |: l: : ト:.::|.;;ミ;:;ゞ ;.;.;;ミ;
:;ミ:|: .:| ;n ::| :: |/:;;ミ;;ゞ'゙___ ,,..,,::''~;;;:::''"~,,;;::,,wリ゙W゙w ,,;:::,,,..  ''    ,;:. ゙~'';;ー;┴:;:;‐:,.|:|: :|: |: i b)}| .;;ミ;  :;ゞ
  |: ::| ::{リ ::! :!:|.. ;;..;;:~;;,.. ,,::..,, ,,,:::;.,,, ;;  "',.;; '';;::..  w从w ,;  '' ;;wy    ;;, ;; |:| |:.l |: l |r'::|゙ー;;─;:; -
:':~| .::| ::r : :| :i | ..:;;,...  ,;:.  ,;::  ~'',;;::. :;,~'''   wwリ゙W゛jリwj ;;,  '' ~ ;;    ;; ;; |:.:|:. |:.|: : l |i ::|;; ゙ wy ;,
;; /.::/ :::}i :.:| :l;ハ._,,. ,,::;;.:. ,,..;;;::..,;:.,,. .. ;.;,.;;;:..  ,,   ,;;   ;;   ;;,     ;;  ' ;; |:::|:.: r: .:}: :|l ::h ;; ~;; ,,
ノ,;ノ : ::八 :ゝ::ヽ\_,,.,. :,   w从j{w   ''  ,.vVw  '' ;; ;wリ゙W゛jリw    ,;:゙ ノ:/:.: :}i: :{: ::ゞ:八;; wリw ;;
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ だが、"世界樹の迷宮"に挑んだ冒険者の多くはその命を落とし、
┃ 未だかつてその真実に到達した者はいない。

┃ 徐々に樹海の生物たちが繁殖し、危険な森が広がっていき状況が悪化する中、
┃ "世界樹の迷宮"の踏破にかけられた懸賞金だけが、信じられないほどに跳ね上がっていった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


17◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:06:21 ID:SVbtEjbo


               ___
            /\  /\
           / (●)  ( ● )\
         /:.   (__人__,)   ヽ
         /::::...          |
         |::::::::::....        /
         ヽ:::::::::::::::....,,,ィ-イ ̄´|_
          / ;;ィ"フ´/  (;/\,,\
        /ヾイ´〉Y /    ,i人 .ヽ ゝ、
        (ヽノ   / ,,/,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;〈X,,;;""ヽ,
        ヾ( ,,,;;;(( ノノ"    ;ヘ,,〈_, ,ノ
          〈イ 〉""(ヽ  ,;;;/ ̄ ̄\〉
          Y/   ゞヽ ,ノ      >
          ,〈______;;λイ\   ,,,;;;;;;;;ゞ‐┐
          ∨  ;;;;;;;ソi⌒ ゝ‐""  ;;;;;;;;;;〈
         └r,;;;イ'"">   〉;;;>∠ー`く
         _,,ゝ-ゝへ〈,,,,,,,,,,};;;;   """"\
    ,,,,;;;;;;;;;;;;;(::::::;;;;:::::;;;;;」;;;;;;;;;(;;___       ___);;;;
   """"""""'''''''':::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''''''"" ̄
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ …君も今また布令に応じ、"世界樹の迷宮"に挑まんとする若き冒険者である。

┃ その目的はひとつ。"世界樹の迷宮"に秘められた謎を解き明かし、
┃ 富と名誉をその手に掴む事だ!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


18◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:07:16 ID:SVbtEjbo


;;;彡ソ;;;ゝ);;));ヾ;;) ノ::;;ヽ;;;;ゞヽゝ'´ゞ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ;;;;ゞヽゝ'´ゞvゝ、7-ー<ヾ:'(゙'〆、,,;">-、7-ー<
ヾミ;ソ(;;;;;;フノハ:;:;ミ;;(;;;ゝヾミゞ(〆、,,;".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ ゞゞ' ヾ ヾ ゞゞ' ヾ ゞゞ'ヾ ゞ:;ヾ:;ゞ;;';:":;ヾ ゞ;
〃;;;彡;;i!;:i!|/〃;;;彡;"'ハ,,;)ヾ.:.:バ:.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;>>、;ヽ、:;;:y':/;:. :;:'':;:;:;ゞ;ゞゞ;ゞ;:'':;;:,'ミヾ:,;:ゞ'ゞ';
::':.,|:;;:i!;;i!;:i!|`ヽ\|;; レ;/;;'';;..;.;.;.;.゙:.~.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.`‐ヽ:::;:;:::/:;; /ソ;;:';;ゞミ:;.;;ゞ;:;ゞ,:;i''`ヾ;ミ:;;:,ゞ:;ゞミ,
ヽ.:;};;:i!;;i!;:i!|;:;:;:;:);;;;;;/''ヽ V/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;´ゞvゝ、7-ー;,'ミ:;ミ,"ゞ;", |; i;;;;:|!;;;;;;;;.`;;:ソ:;:ミゝ
;:;:Y;;:i!::i!:;;:i!|v,l|V::从X、ノ メ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;">>、;ヽ、 ;:yバ:.:.:.:.:|: |::.;;;;::l .:|;;;;:|
;:;:;:|;;:i!::i!;;:i!:|、lW:八ヘ {V::从ivヾ;;) ::;:;:;;:;;;:;;:;;;;;;;:;:;:;;::.;.;.;;:;:;:;.`‐ヽ:::;:;:::/ヾミ;ソ(; |: |::.;;;;::| .:|;;;;;|:.:.:
;:;:;:|;;:i!;:i!;;i!;:|XゞV:从Xゞ Viv:l;,ゝ);)':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;~^:.:>ー !i!;;:;:;yゝミノ|: |::.;;;;::l .:|;;;;;|:;:;:;
八ゞivXx::イ八X、 γ从Wwv~ '〃::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;Y;;:;:;:;:;:;:;:;::l;;:;;;:;:|:.:.:.:.:|:i ::|;;;;:: :| l |:.:.:
iソゞiv,l|V::从|lililレ/X、w,,'~""´,ヾゞ"、      ヾ:;:::;ミ从";:;:;:;:;::|;;i:;:;;:l;:;:;:/|:|: :|;;;;::| :: ;| |:;:;:;
_、八ゞiv,l|iv:l;,イイ、八イ,,~=-:;:;:;:;ヾ;;;;゛        ヾ:.::;:;::从ゞ;)ゞハ|;;::;!i!;|:;:;{;;:|:|: :|;;;;::| :: :| |:.:.:.:.:.:
V从;、lW:八ヘ{V::从Xゞヾ;:;:;:;:;:`,,;;;:゛        ヽ:;.:;.:;.:.;.;从イ、X|;::i!;::;;リ'ヾ:|:|: :|;;;;::| :: :{ |;:;:;:;:;:;、
ハ、;vvヾヘwゞ,,;;''~";:;:;:;:;:;:;〃""";゛         ヽ;.:;.:;.;.;.;;.:ミivV|;;:i!;;:;;:|`:;;;;|;};;;;;;;: :| :| :: |,l|V
;;;;、lW:八ヘ{V::从ivヾ;;) ................゛             ;;:.;:.;;;......;;.;:.ハ、;vvヾヘwゝ)|:;.:|;;;;;n ::| :: |从X
ゞゞV:从XゞViv:l;,ゝ);)'.;:.____           ;;.:;.:;.:;ゝ...;,イiv:l;,イイ、八,::.|:;::| ::{リ ::! :!:|:;ハ、;v
ゝX、 γ从Wwv~ ';.:;./      \        ';.:;.:;.:;....;:.;...;;;;;.....ミYミ ; , ;|:;.:: ::r : :| :i |ゞ,イiv:,イ
ハililレ/X、w,,'~".;:.;;:/ ─    ─ \         ';.:;.:;.:;.;:.;;;;;;;;;;;:.;:.:;.:;ミ; /.::/ :::|i :.:| :l;ハ:从Xゞ
fハイイ、八イ,,~=-/   (●)  (●)  \        ヽ;.:;.;:;.:r;;;;;;;;:;.:;.:;.:;.:ノ,;ノ : ::八 :ゝ::ヽ\_,,.,.
ハ{V::从XゞY∥|      (__人__)     |           ヽ;.:;.:;.:;........;;;..;.;:;.;;:´.:: :/.::::ヾ::\::\::ー、 ,
从,,;;''~"/∥Y.\     `⌒´    ,/           ヽ;.:;.:;.:;.:;.:;.:;r.:;.:;.:;.:;.:ミYY :从XゞY∥/
.           /     ー‐    \
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ゆえに、世界樹どうのこうの以前の問題として、
┃ 森で迷って街にすら辿り着けずにいる場合ではないのである。

┃ いざ、君が冒険の拠点とするべき皇国の都への道を探し出したまえ!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


20◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:08:23 ID:SVbtEjbo


            ____   _____
           /      \/        \       ‐-、
     、-‐   /ノ   \ u.      ノ    \\   ___,ノ-、
   、- !、,__/(● ) (● )  彡   ( ●) ( ●)ヽ    ___,ノ
   !、,___ l  (__人__)           (__人__)   |
        \ `⌒ ´     彡  u.   ⌒´   /
         /                       ヽ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 実際問題として、君は今まさに道に迷ってしまっていた。
┃ 手持ちの食料も底をつきかけており、街に辿り着くか、助けを求める相手でもいなければ
┃ このまま野垂れ死ぬ事は免れ得ないであろう。

┃ 君は注意深く周囲を見渡しながら、鬱蒼とした森を進み、
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


22◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:09:18 ID:SVbtEjbo


三ヽ:; ;:;: :;'':; : ;;:: ;:: ∨ :ハ:;: ;: ;:;/:; :; :ソ:; :; :! /:;: :;: '':;  :;  :. : :;;'':;Y:;:;
: :;`ヾ\ :; :: ;ィ、:; __:rゝ ハ:;.: :.: : ; r'´ :''; :j !:. :,イ ''  /..;: :'  .,;:;':,イ:;: .
; ;:;: ;: `ヾ,、==≧ュ、Ylj  .}:;: ;:; ;;rj:;  ::.; / j:;ノ:;: ;: :; :: ;:; :;: ::; '' :;: :;j!;;: ;:
X;:: :;: : :;:ハlヽ;:ミ`ー-、ミi! hヾ:;: :ソ;::: :; ,;イ/ゞY:;彡_ノ:;: :;:  :;; '' ,;イ-='´
;: : '': :;:; : : :ヾ`ヽ;:; :;:j| li! ト=、\j! :;ィー' ,ノ:; ;イ7j /_:;: :;: :; :: :;: :; :ノ/:;: ;;: ;::
: : : : : :; ; ; : : : \`Y  i! l|: ;:ヘ ソ彡 Y ,rf'ノ ̄ ̄: :: :: :;;ィr==': :;:; ::;: :; :
;: ;: ; :., ., : ' '' ;: ;: r'ヾ; !i !,l:;: ノイr''  r ~:;,イ_:;:_,,-―'イ :; :;: ; _ ;:;: :ゞ,、:
;; : ;:; ;:: :; ; ;;:ヽ;.ィ: : :l  l iト、´ノ  イ/ il, r--、r―'' ̄:;: :;: :: ;:'' :;: :; ~ ソイ
;: :: :;;: :;: :: : : ::.,, : : : ! i! ゞ≧   j  ハゝ:;: ;:;'' :;: :; .,. :;: :;;:: ;:;:'':;: :j/:;__
;: ;::;:;: ;:; :;: :: :;:; :;:: : ::,} j!  _三ニ イ  `Y;:: ;: :; ,ィ´ :;  .:;: :,ィ⌒ヽ,:: /rュ_
: : :: ;:;rュ__;: : ;:; : :; :.;;」(イ彡イ彡 r'   j/j;: :≧'=-、.,;'' .,:;:'  r==\j/ ,:; :;;:
ヽ='イ彡三≧=イ三彡 j!/彡  i!ト  ( ̄7イ:;: :; : :;:., '' :_イ;: :; :; イハ .,;:; :
ゞ‐=-‐'´:;:; :; ̄¨ー-!7''イソ´ ミヽ!,, ヾY : : , '':; :;:: :; :; : . .,.: ;; ヾ l.;: :;:
:; :;:;::;: : ;:;: : :; :;; : ; r、j 彡   : :lr'イ !{ ヽ__    :; :;:: :; :; :: : ;:;: :;: :; } l|:;: :;
: ;:; :;;: ;: ;;: :;' :;; ;: : .Y|}ィ    ミ{ト'' ヘ `ヾ、_,,ィ'' :; :;: '' _ _三ニノ:: ;:
;: ;; ;:: :; :;; ;:: :: ;:'' :; ::T'' __,,ィ =ュ''  ヾハ ,,ィ´   __ ==--'´:;: :;:; :;: :; : ;::
;;':; :;;' ;: :;:: :;; :; : ; :; ノソvゞ,、  `ヾ` ミ Y/j/  ィ´:;: .;:: ;:; '':;:' :;: :;: ;: ; :: ;:;
;:; :;; ;: ;::; ;:;;'' :;: :;ィ’ノ!fy彡ヘ_rィY  ミ }!j/j/ j:: :; :; ::: ;: ;: ;::: ;: : :; ::;''': ;:
;:;; ;::: :;;:; :;: ;: :; {イヾ''tソvゞソxfyヾ  ̄ヾミ!|-':;`´ : ;: ;: ;:::;':; :;::: ;,.,..;:::' . :;;ィヾ
:;; :;; :;: :;;;: ;'' :;:; 〉イ/ソfyゝ=-yソfミ`ヽィ ミl! : ;: :: ;;;: :::';;;:': :: :: :;:; ;:;-''¨´
:; ;; ;:;'' ::;: ::: ;:;: /j/j/      ヾミイj  ミl|!:;:;: ;;''.; :.;'';:;.., {'´~
`;: :;; :; :: ;:'': ;::;/1j!/j/'´  ̄`ミ ノ彡 ̄ヾ!|::; ;:'' :;: :;: :;; ''´
 ヾ:;:: ;:;: ;;::: ',//j/イ      ゝ''  ̄ミl!:;: :;: :;: ;イ´
  ゝ:; '':;;:: ::;ノX/j/´-― ー-、 j   ゙''ヾ!: ;:; :; ´~
  {:;:: :;:;;: r'ミY彡yィ彡 イ{   Yイ  ー ゝ;''´
   `ヾ:;: '-yイ!/´ rイ>=ュ、 ''     ミノ
      ヾj//  Yミr ヾミヽY-=三ニミ|i
       /j/jィ  ソ' イ彡≧ l|  =‐-{l
       /j/lj/j/イ `'' 三ヾ!     ::;l|
      /j/i/j!/ ソ  ミ     i!  ミ≧、  ハ
    /ミヾ!j/ ィ /: :     j|ミ  フ彡 {〈 \
 , イ´ミヾソイ/j彡!:: j  ミソi Y_  ≧ニ ゞ、ハヘ`ヽ、
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ――やがて、城にも勝る大樹を目の当たりにしたのであった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


23◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:10:03 ID:SVbtEjbo


..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ これが噂に聞く"世界樹"なのだろうか…
┃ その雄大で神秘的な大樹の姿に目を奪われ、君はしばしその場に立ち尽くす。

┃ …と、その時!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


24◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:11:03 ID:SVbtEjbo


                   __.,_,. -─-、,.r 、
               _,,./´ l!    l|;;;/- . `丶、
                ,. '´ ゙、   l! -‐= !;{  /,イ ヽ、
           _,../     ゙、-= ,、  ノ;;!、 ' '´,-ぅ)ソ_ヽ.
        /;;;,,,゙、 ;;;;;,,,,,_  ゙、   ゙、-;;;l;;;;/、 (●ム=''"´ヽ
       _/'':;;;;;;;;;;;;ヽ'''''''''''::;;;;;゙、__,.;;::゙、./ノ;;;;ヽ、-ー'´   ; }
    /´゙ヽ、    ヽ  _,;;;;::_゙、;'' /l!/;;;;;;;/;!     ,./
   /;,,,,    ヽ   /;;:\;;:'''__ノ"_ブノ{__rイ 、;;;;`! - r一/
  ,r'ヽ、;;::;;;;;:::;;ヽ,;;;:''''_ノ 'r-<ニン`''''´ ゝミ゙レ'''r'´;;;;`ヽl! /
  /    ヽ. _,,;:ノlヾ、ニ-‐′        `'‐ニ、;;:;;;__ン''´                  -  - 、  し
 l¨`''‐- 、 ;;\-フ_ノ´                                   /(● ●) ヽ `i そ
 !_  ,,,;;; 〉-ン'゙´                                    ゝ(_人_)ijノ 
 'レ`'''''r:/´´                                          r'つ   r'つ
  |/ ,.r'/                           .               |      「
  ''/ ¨ー'                                            し    J


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ なんと、君の背後からは、巨大なイモムシの怪物が迫っていた!

┃ 君の身の丈をゆうに超える巨体!
┃ 不気味にうごめく口がゆっくりと開いたのは、君をエサだと思っているに違いない!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


25◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:11:58 ID:SVbtEjbo


           ____
          /ノ   ヽ、_\
        /( ○)}liil{(○)\
       /    (__人__)   \
       |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
       \    |ェェェェ|     /
     , -‐ (_).ヽ   ー‐    ィヽ
      l_j_j_j と)          i
       ̄`ヽ     ノ    | l
       /´  ヽ        | l
       l    |       ヽ_⊥-‐ 、
       ヽ  _,l- 、      ̄/     l
        ヽl´   |_  / ̄ `l_-‐ ´
         `-‐´   ̄ヽ --‐'

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君は驚きと恐怖のあまり腰を抜かし、その場にへたり込んだ。
┃ 飢えと旅の疲労に加え、不意を突かれたのでは抵抗の余地もない。
┃ このままでは、君は怪物のエサとなってしまう!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






                                        \__人_人从_人_人从/
                                    _)                (__
                                    )                      ニ=-
                                        ̄ ̄)              ( ̄ ̄
                                        /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「待てッ!!」
┃ 君が絶望しかけたその瞬間、鋭い声が木々の間に響き渡る。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


26読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 21:12:15 ID:hpYBg1d2
ああ、1レベルでイモムシにあったらhageるよね・・・


27◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:12:56 ID:SVbtEjbo


                         ヾ:、       //
                           ヾ:、-;‐;-─‐//
                      /:::::ヾ:、ヽヽ::://\
                        .|::/ \ヾ、| |//  ヽ
                      |::|    ゝO| |Ol  |
                      l::|     |:::| |:::|  │         _,, .... 、
                      |::|     !:::| |::ゝ   |         _..-'"´   ,./
                           |::.ヽ__/::::| |::::ヽ、/    ,..-'"      ,/
                      .l:::::::::::::::::::::::| |:::::::::::| ,,,‐'"      .,..-'"
                     ,,/l::::::く ̄ ̄ ̄ ̄7,,,-'"`    ._,..-'"゛
               ____/::::::!..ヽ:::\ヽ  /'´     ,,;;;;;;=
              / ̄::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::-'"`      ,,;;;;;;=゛⌒\
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,,-'"`      ,,;;;;;;='゛  ヽ:::::::::ヽ
           !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,,-'"`     ,,;;;;;;=゛    |\:::::::|
             !''フ──ゝ、:::::: ,,,-'"`        ,,;;;;;;=|~  __、   .|::::::ヽ;;;;l
          ヽ/:::::::::::::::_),,,-'"`      ,,;;;;;;=  |  ((⌒しメ、 !:::::::::.!/
              ,.ゞ:::::::::/       ,,;;;;;;=-'´  .   |  `´  ´. ト ̄`l
        __/,::,/    ,,;;;;;;=-'"           |       ./:::::::::::l
      .//::::::::/l_,;;;;;;;;.;;;;;='"           ノ、     、./、_-'''l
      l::::f⌒\ヽ__ミ彡ノ l_________/幵\,_.-''゙/::.|:::::::::::::|
      .l/::::::r':::::::\::::):::|  |___      /幵幵 │ _/:::::リ::::::::::::|
     ./\:::::rヽ::__:7^ー'  |     ̄ ̄ ̄ ̄|幵幵幵l ̄ l::::::::l゙"'''''‐/
.    /  /\:ヽ--::j      「 ̄───―― |幵幵幵トー'''/::::::./   /
.    ヽ/     ̄ ̄       l''''―-:::::::::::::::::::::::\幵/:::::::ヽ_/三ミ/
                  ト.   . ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|__/:::r、::::::::/
                 / ―ッr‐____|_○__○_l_/::,イ、}::::::/
                ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`´::::レ':V
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ':}
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.l_/ノ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃衛兵
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「罪もない旅人に襲いかかる魔物は、
┃ この俺がゆ゛る゛さ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ん゛っ!!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


29◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:14:01 ID:SVbtEjbo


                   i
                     ,!'|   ` .
                  ’ j  i! i    ,
                 { ||
      `       ,J`:、,ィl! l! {′  ;                     ,
            ,j`  Yl!|:  | |'i,                   \     /
            | 、 ゙リN: ; !lij! |                      ,X´::/::ヽ
          .  }'′    i  ;}|! |                     /ヽl||l'⌒ヾ
       ,     ,:;:;:,!     ''′ ,. !、,! ´` ι  ヽ              {  ,i||i、  ノ!
        , (''゛ j! ..:;;:==-:、  ゙''"ィi {ヘ!,l .             ゞ:::_ll__:::::ノ|
       〃’ :; {`' ,ィ゛ '′.  ) jj」li|liY、⌒}               iヽ__ノ:.:.:l
             j∨il!ィ' {’      へヾ;;イ               _ノ::::::::::::::i:.:.:ゝ、
       ’ λ' ,j、l! / 、     ., ,il{ ,゙!j!;|   :         , -t彡'ゝ、:::::::, -- 、::Y⌒ヽ
          ゙ハ! ;. ゙:、     j|   '/'}′ ,      Y:::::::| : : : : : Y: :rc,: : : i::{:::::::::」
            じ:、 i,'  ゙:、 ,,.,   ′彳レ/        人::::::|: : : : : : | : `´:゙: : :l::k ´: : \
         丶、v{ ヒ!   i!||il.   , 八 Z       _/ : : `ヾ、: : : : :人: : : : :.:人l \: : : :\
        __   _,ゝ、;_    ゛:|!  ゙ ,rカ  ̄    /:人 : : /  ヒニY;';';';'l二ニ __/  \, -'ミ、
      _  ̄`ζ」'(´ ヽ  j! ゛ ,ィ彡′_.. -  /:::::::::>´   ヾ─|、;';';リ,==,=、 -‐ ´:ゝ:::::ィ
        二 ニ ゙て∠rιク_;.,、_,ー-'^- =ニ_   /::::::::/      「 ̄rf壬‐::::::::::゙ー'::::_  -─'
                            /`ヽ:/        r─t‐七´ィ=t ̄
   _______________r‐<_/::,::::〈 ___    /:::::::|::::::::|::::::::::::|
  └──────────────L>‐ヽj:}:}:}}──┘  ,/::::::::::|::::::::|::::::::::::ヽ
                                    /: `丶、l:::::::::l, -‐  ̄ 、
                                   /: : : : : : : :Y::::/: : : : : : : :\
                                  , ': : : : : : : :/`´\: : : : : : : : :ヽ
                                     /: : : : : : :/      \: : : : : : : ハ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 突如現れた黒い甲冑姿の兵士が剣で突きかかり、
┃ 巨大な魔物はいとも容易く爆散した!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


28読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 21:13:38 ID:GWWOw.4M
お前が世界樹探索しろよww


30読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 21:14:17 ID:hpYBg1d2
なんという衛兵、もう衛兵だけでいいんじゃないかな


31読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 21:14:20 ID:AAR5kW4c
もうこいつだけで良いんじゃないかな…w


32読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 21:14:22 ID:gyLl16HM
この人が中に入ったら解決間違いないんじゃねーの?


33読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 21:14:31 ID:qTfY1KNU
この衛兵が居れば世界樹の攻略なんて楽勝だろwww


34読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 21:14:46 ID:WyWAWUPo
てつをは反則だろwww


35◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:15:17 ID:SVbtEjbo


           ___
          /       \
        / ―   ― .\
       /   (●)  (●)  \
       |     (__人__)     |
       \    `⌒ ´     /
      /´ ̄          ィヽ
      〈    ̄  ‐- 、       i
      `ー,‐ -、_   ヽ       | l
       /   ヽ.て  〉     .| l
       l    | 、彡イ   ヽ_⊥-‐ 、
       l    _,l ::::::::::::  ̄/     l
      γ    ト、_:::::::/ ̄ `l_-‐ ´
      (___〉 ::::  ̄ヽ --‐' ::::::)
       ヾ_::::::__:::::::::_::-‐´'
           ̄      ̄
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ …ひとまず、命の危機は脱したようだ。
┃ 落ち着きを取り戻し、君は黒い甲冑の人物が何者であるか問いかける。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




                        |   ./
                     ,ト::「l/::ヽ、
                  / `i.lo|/ `ヽ        ,イ^7、
                  |  |l| ||  ||        i!::::::::::l
                  ト-イ.| |ゝ-'::|       ト:::::::::/
                  |::イ" ̄ 7::::|        l二ニ|
                  ノ::::ヽ__ィ,ナ::::ト、 .__  /::::::::::|
               _,─---iト_::::::::::::::::::「::::/:::::::::::ヾ|:::::::::::::|
               /::::::/ ^´\>'''"´へ !:::::::::::::/⌒l:::::::::::::l
            |::::::l.     l (弋x..  |:::::::::::::l、  ヽ:::::::/
            ヽ;;;;!    |      .リ―-:::::l_,,/ ̄
               ヽ.|    |   _--ヽ;;;;;;/
                /:l―-/幵ヽ| ̄.     | |
             l;;;;;;l─|幵幵l────| |
            .ヽニ|二|幵幵|二二ニニニl. /
               /つ::ヽy幵/::::::::::──//
              〈〈〈,ゞ ||О_О」_〃--一''ヽ、
             ` ̄| ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
               .l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                 ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
              _ノ~ー、:::::::::::::::::::::::::::/'''゙ヽ
             /     \::::::::::::/ ̄    \
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃仮面衛兵BlackRX
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「俺は皇国の兵士! 仮面衛兵ブラァッ!! ア゙ーッ!! エ゙ッッス!!
┃ 樹海の入口付近で死にそうになっている者がいる限り、俺は何度でも蘇る!

┃ 何 度 で も !!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


36読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 21:15:20 ID:lZD/1oHQ
イモムシとか皇国って単語を見るに世界観はⅡ基準なのか


37読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 21:16:06 ID:hpYBg1d2
何度でも蘇るって、一度でもあんた殺せる奴がいるのかよw


38◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:16:27 ID:SVbtEjbo


      ____
    /  ⌒  ^\
   /  ( ●)  (●)
 /  ::::::⌒(_人__)⌒ヽ
 |       |r┬-|   |
 \        `ー'´  /
 /            \
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 大仰な身振りとともに名乗った黒い甲冑の衛兵は、言葉から察するに、
┃ どうやら"世界樹の迷宮"の入口付近を警備する兵士のようだ。

┃ ならば、皇国の都への道も知っているに違いない。
┃ そう考えた君は、自分が"世界樹の迷宮"に挑もうとしている冒険志望者である事、
┃ そして道に迷っている事を伝えた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




                          、      ,
                             ヽ     /
                            ,ヽ-;‐;-i!.、
                         , '⌒i!| |/!⌒`'、
              /)          /:.:.:.:。|!| |:|!:.:.:.:.:.:ヽ
            ///)        i:.:.:.:.:/|!| |:|'、:.:.:.:.:.:.!
          /,.=゙''"/         l、_;ノ┘| |└ヽ、_;;ィ
    /     i:::::,.r='"-‐'つ        ト'´;:、 -‐- 、`‐-!
   /      /:::::::::::_,.-‐'´        ヽ、\. : | /`>::.!
      /   ,i:::::::::::,二ニ⊃        ,:=ノ、ヽ _,/-'/ト、
    /     ノ:::::::::::::il゙フ          lヾ、:::`::─::::':´::./:::.ヽ
         「ト、:::::::,!,!     _,. ;-‐'::"´\:ヽ:::::.::::::::::::/;':::::::.``‐-、___
       /::::::::::::ィ|     /::::::::/|:::,::::-‐'´::ヽ\_;::::-‐´::``‐-:、::.∧:::::::.``' 、
      /::::::::::::::::��  /::::::::::::/'´::::::::::::::::::::::::`'Y'´::::::__::::::::::::::::``ヽ:::::::::::::::.ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃仮面衛兵BlackRX
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「皇都を目指しているなら、このまま南に進めばいい。
┃ 何組もの冒険者が行き来して、自然に道ができているから、すぐわかるはずだ。

┃ それと、念のため、これを持っていくといい」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


39◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:17:28 ID:SVbtEjbo


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/
     /       __|___
    |   l..   /l       `l
    ヽ  丶-.,/  |__.      _|
    /`ー、_ノ / ̄ ̄ ̄ ̄/
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 仮面の下の表情は読み取りようも無かったが、衛兵は気さくな口調で答え、
┃ いくばくかの携帯食料と、替えのズボンとパンツまで渡してくれた。

┃ 君が心から感謝の言葉を述べると、衛兵はまた大仰な身振りを取って答えた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                      .|   ./
                      ,ト::「 l/
  .i‐、 .、-、             / `i:|o|/`ヽ
   l:::ヽノ:::\              |  |:| ||  |
   \::::{:::i:::::つ             ト-イ:| |ゝ-':|
    ゝーf-─ヘ    __    .|::イ" ̄ 7:::|
     ヽ::::::::::::ヽ _ノ:::::::::::ヽ.  ノ:::ヽ─ィ:::::ト、
        \:::::::::::::|  ヽ:::::::::::\!:::::::::::::::::::il::::::ゝ__
          ヽ:::::::/   7:::::::::::::::::::::::ト―-y-'''''''''''、:::\
          ゝ___, /::`''-─-'"゛    |    ヽ;;;;;;|
                 ̄'ヽ:::::::::|       | (弋x .|;;;;/
                     l::::::┴-、 .  /\   / |
                l .    ̄ヽ/幵幵l==ゝ.  |
                  ヽ ̄ ̄ ̄ ̄l|幵幵|─ト‐―‐|
                    li二二二ニヽ_/二l:::::::::::::|
                    i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ト‐─〃
                    |二二二|[О_О」ニ!<:::つヽ
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.(〈:〈:〈ゞ}
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l ` ̄
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃仮面衛兵BlackRX
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「俺は樹海の番兵! 仮面衛兵ブラァッ!! ア゙ーッ!! エ゙ッッス!!
┃ 樹海で漏らした男の名誉は、この俺が守る!!

┃ …だが、そんなありさまで世界樹の迷宮に挑むのは無謀すぎる。
┃ 皇都で、どこかの冒険者ギルドの一員になってから来るといい」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


40◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:18:29 ID:SVbtEjbo


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 冒険者ギルドというのは耳慣れない言葉だ。
┃ 君はさらに訪ね、その言葉の意味を問う。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




                 ll          ∥
                  ll         ∥
                  ll        ∥
                   ll   _......_ ∥
                   ll,.:::´l! il::::::∥:::::.、
                  , =...ll:::::l! il::::∥=..-.... 、
                 l:.:.:.:.:.:ll:::l! il::∥:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
                 i:.:.:.:.:.:.:.!!_l! .i!__l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
                l::.:.:.:.:.:.:.l.l::l!゚.i|:l |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
                l:.:.:.:.:.:.:.:l !:l! il::l l:ll:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                l:.:.:.:.:.:.:.l:ll::|! il:::||:::ll:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                 l:.:.:.:.∥=:::|! il::::==丶_.:.:.:.:.:.l
                 l=..::::::::::::|! .i|::::::::::::::::::::::::ll::l
                  l::::::-  ̄l ̄l ̄ ̄ i-::::::∥|
                  l::::li  │ │  :i l::::∥::l
                   l::::l i │ .│  ::i ./::::::,---
                  |::i:::::::::i,_!_.!__./::::::i::i:::::::::::l
                  |::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::|::::::::::::i
     _ ,,--- ,,,  ___,  l::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::|:::::::_:::::i,, _
     /::::::::::::::::/i:::::::::::::::::::::::::!:::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::!::::!::´_::-‐::::::::::.::::、 ──::::::─-.._
  /::::::::::::::::/::::::|:_-‐─── ‐- _  -‐ -‐_ -‐‐‐‐‐‐--::_:::::::/::|::::::::::::::::::::::::::::::.、
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃仮面衛兵BlackRX
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…一時期、"世界樹の迷宮"がどれほど危険な場所なのかをわからずに、
┃ 無謀に迷宮に挑んで命を落とす者たちがたくさんいたんだ。

┃ むやみに死者を出さないための対策として、皇国では、"世界樹の迷宮"に入るために
┃ 皇国執政院から最低限の実力がある事を認められ、公式に登録された組織である事を義務づけた。
┃ その組織単位をギルドと呼ぶんだ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


41◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:19:41 ID:SVbtEjbo


            _. -─‐-
            /      ─ \
          /  /   (● ) \
         /   ( ●)  、_)   ⊂ヾ、
       |      (__ノ         |E )
       ヽ            _ノゝ ヽ
        >      ̄     `  ノ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ "世界樹の迷宮"に挑むためには、ギルドと呼ばれる組織に所属している必要がある…
┃ 気ままな一人旅を続けて来た君は、慣れない事に、表情を曇らせる。

┃ すると、ギルドへの所属義務を躊躇う君に対して、衛兵はゆっくりと言葉を続けた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




      l       /
       l      / _____
       l    .::::/::::::::::::::::::::::::、
        l /::::/:::::::::::::::::::::::::::::\
        レ::::::::/:::/ ̄ ̄ `ヽ::::::::::::ヽ
     ハl:::::::/::/        ',::::::::::::',
     l l]::::l::::l          ',:::::::::::l
     | |:::::l::::l             |:::::::::::|
.     ', l::::::l::::l         /::::::::::/
     Vl::::::l:::ト、       /::::::::::/|_
      ',l::::::l::ヽ丶_______/::::::::::/ /::',
      ヽ__l::::::::::::::::::::::::、:::::::://::::::',
         丶l ̄ ̄ ̄厂 ヽ:://::::::::::::::ヽ
        ハ     |   /://:::::::::::::::::::::::::',
       /::::::>‐-┴イ::/´::::::::::::::::::::____\
         l::::::::ll:::::::::::::::::V:::::::::::::::::::/:::::::::::::::: \
        l::::::/l:::::::::::::::::::l:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       レ  ̄l::::::::::::::::: |::::::/::::::::::::::::::-――-::\
       |   l::::::::::::::-V::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::',
       |   ヽ:::/   \::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',
       |   ll         \,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃仮面衛兵BlackRX
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「"世界樹の迷宮"は本当に危険な生物で一杯なんだ。
┃ 充分な準備や実力が整っていない者が入っても無駄死にしてしまう。
┃ それどころか、この義務がなければ、何の力もない一般市民も戦いに巻き込まれるかもしれない。

┃ そんな悲しい事は――」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


42◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:20:31 ID:SVbtEjbo


              「l ̄!i|  |! i! |
          _ __i!|  |!_ L__!i__i|
         i!| _     _ __|i|!                     __i| ̄|i_   |!´i!゙`|
           ̄ ̄`゙!|i  i!                         i!| ̄ ̄   _ ̄L__!i__i|
          /`゙≫|i!  !|<´\                       ̄`゙i!|  |i ̄i!  !|i!
         < /  |i!_i|  ヾ__≫            i            ̄ ̄  |i!  i|
                         !         |i! |                ̄
                         '         |::i i!|
                         iヽ   _ _ノ从メ#ヾ'人ヾ:;:ー- ...、
              \     ヽ  __ノ;;;ヾ=二三 :;:;: :;:;:;;・  ,`゙ヾ:;:;:;:;::;:;:ヾ
               `丶     》:;:;;#ノ彡三二三 」── 二=≡≡=ヾ:;:;:.,ゝ ── ─ i!二二二`7
                 l|==--//_゙´'人i从'※'iミ彡∠゙´       `ヾ:;:; ;:;:レ'         /7∠/
               /::||:| .|:..://.:.:.:.:.ヽ川彡/r-三゙´           `゙ヾ;:; ;:/       〈_/
             / ヽ::||:| .|:://::-─-、\彡/´゙                ゙:;川;;;;;;;;/'
            /    l||:|o|//ゝ    .ヽli゙´   :    .;: ::.         i|!i《:;:;:/
            |    l0.| |0|.       l                     |《巛<´ ゙
            |    l|::::| |:::l|       |                      ゙!|i!i|ヾゝi!二二二`7
          ─ |    l|::::| |:::l|       |                       |i:;:#i!`i'|!i /7∠/
    ,r'ヘ     /⌒i   l|:::::| |:::ヾ     //          \'    人゙-─∠ ゙`    〈_/
.    {:::::::ヽ .,./::::::::/_/:::::::| |:::::::ヽ___/:/|ーノ:;i|!ヾ      >ヾ'゙´ ::::::::::::;;;:#i|! i|ヾ
.     ヽ::::::::二:::::::::::ノ゙'l::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::::::./::::|》:: ::;:;ヾ   .r'゙´;;;;;;《'ミ゙´i三二=ヾ ゙ヾ
   .,ノ::::`――く::.l   l:::─--ト-―――y::/:::::::|三三三ヾ 丶i|!# i!i゙´       `゙ヾ:; :;て
   ll::::::‐'ー::_,,::::l.  ヽ l  | |   / .ヽ::::::::ト、=─-.,.、\ ;:;!ii  .::'゙`   ゙::.、 i|!ミ  /
   ll:::::二二,,,,,,__/.   /ヘヽ. | |  ./ /:::::::::::::\ ヾ;:そi|:;:;., :     :    ヾ:;.、て
   .|::::二二:::::::/.___/:::::::\i_!__!_//::::::::::::::/::::::ヽ___\ヾ // #i∧ノ/《ヾノ!  ノ/人从/
   lゝ:::::::::::-'"::::l::::::::::::'''',、,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::|:::::::::::::`゙'――i==---..、
 .,,-iヽ:::::::::::::::::/l::::::::::::::::::::::二二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄''''''ヽi:::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::`'-
./::::::|::::゙'r‐--'"::::::l ̄ ̄ ̄ ̄    `゙''-、:::::::::::/´    ̄ ̄ ̄ ̄\:l::::::::::::::::::::
:::::::/:::::::!:::::::::::::::::::lii、           `''i‐゙    _         |:ヽ:::::::::::::::::
::::::l:::::::/::::::::::::::::::::!::::\              |    /r- ヽ        |:::::\:::::::::::::
..!:::ヽ:::!:::::::::::::::::::::>::::::/             |    ` //_ri__    |:::::::::.ヘ/ ̄
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃仮面衛兵BlackRX
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「この俺が断じてゆ゛ る゛ さ゛ ん゛ っ!!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


43◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:21:21 ID:SVbtEjbo


                           i
                      ,--―--、.|  /
                    /:.:.:/⌒ヽ|l、/
                  /:.:.:.:/      || |ミ
                     /:.:..::.:|     || | }
                 /.:.:.:.:.:.:ヽ、__////
              /.:.:ヽ.:.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:ソ'〃
             /::::::::::::::::く | ̄/ ̄7
          ____/:::::::::::::::::::::ヽイ/__/              ,イ^7、
      /三三三ヽ:::::::::::::::/::::::::::::::::}                 fヽ/::⌒ゝ
     ./三三三三ミヘ:::::::::::く::::::::::::::::::|____            .{(/:::フ:::::|
      .|三三三三三∧/ ̄`ヽ、:::::::::/三三`、              ヽ::::::::::::/
     .y\三三三三ミ/      \/ \三三ヽ            /ー─‐l
   ./ヽ//`======="        .|  _ . ヽ三/\      ///////
   /.   \//////            | (弋x }     \__////////
  ./        //Y´. \       人    |        /|/////////
 /      /ハ .l    ヽ_____/幵ヽ__/\     / ',.///////
.〈____ノ ハ .1‐─────‐|幵幵|─/.  \   |  ヽ////
(三三三三ヘ. ハ.1‐─────‐|幵幵|‐/     ` ̄ ̄ ̄ ̄´ ̄
∨三三三三ヘ. ハ________ヽ幵.//
..∨三三三三へ二二二二r-、┌‐──┐
  \:三三三三ミ/::::::::::::::::::Y´}.1__О_Оi!
   .`ニニニニニニニヽ::::::::::::::Y^ノ三ミ|:::::::::::|
        ///` ̄ ̄ ̄´三三/:::::::/ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃仮面衛兵BlackRX
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「"世界樹の迷宮"は本当に危険な場所なんだ。
┃ 最低限の実力も無い者を樹海に立ち入らせてしまうのは、俺がその人を殺すも同然だ。

┃ 執政院に実力を認められるための試練は、その最低限の実力を試すもの。
┃ それをクリアせずに"世界樹の迷宮"に挑む事は――」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


44◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:22:12 ID:SVbtEjbo


                     |/    _, -‐  ̄   ̄` ‐- 、
                     |  ,. ' ´     ___      `ヽ、
                     l/    ,. '´ ̄ /l l lヽ   ̄`ヽ、   \
                   /     / /     f┴┴ヽ     \   ヽ
                 .., '     /   f     {    l   ',    ヽ  j
                 /     /    ',  、 l     }   j    l /
                 !     ,' l l    ヽ,-弋´    ーメ、ノ   i  l'´
                 ',     l ヽ\./ィ''てテ`ー'  イミ、、ヽ / //
                |  \.  ', `,.=<  { !リl      {Yj}` /ィ/'"
                |l -‐┐ __    /   -‐-'   ヽ ヒタ. fノ´
              / |l   / / ヽ/ t  :::::::: /`ーr :::::: }|
.___            /:ニヾl| / / /ハ`ー-‐、   i   ,'   / ',
: : : : : :`: . .       //  ヽ∨ //―:、} ‐ 、,-l\  ヽ__,ノ _r‐'⌒l_ \  _,ノj
: : : : : : : : : .\     {   // /// ̄}}  { ∧ ` ー-‐/´    lヽヽ、 ̄ ノ
\: : : :        八 、 // //   // /\ { ',   〈        } ! ー<-イ
. ∧           / |:.\_:/ //{_ :'/ l  \!    /\    /  }   ノ
 . :|        :|く  八   ト-―=ニ:-イ,l、l、  r三nコュ    |     !  t--‐'´
 : :| : .  . : : : :|∧/: :   /  / ∨// ト f  ̄ゝ、Oノノ     l     !   >
 : :|: : : : : : : :.:丿ー- : . ∨ :/: イ. : { | ヽt  / トYィ′\   |   | / ノ
 : :|_二ニ=く      \`¨¨´.:/   |、__
     . : / /        \_{: . . :| \: : : .`  .
乂__..:// /        :.  `  /  :. : .    \
 . : /. :/ /                  \  } : .       \
__/ . : /: : .            :|   _  \| : .         :.
: .  .:イ {: .         | /r- ヽ   ヽ       |
_:彡八 、: : : : .      . ::′ ` //_ri__ : : : .   __|
_彡'  \\ : : : : : : : : : : /: :   └―i_r┘|. : / -―┘
   / ヽ\  ー-     /: :        ′ ´/     }
__彡く\ : . ` ー―‐<ヽ: : : : .      /.://    丿
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃仮面衛兵BlackRX & 何か悪霊
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「「この俺が絶対にゆ゛ る゛ さ゛ な゛ い゛ !!」」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


45読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 21:22:37 ID:WyWAWUPo
もう許してやれよw


46◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:22:55 ID:SVbtEjbo


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 衛兵の背後に何か爆発とか悪霊っぽいものの幻覚を見た気がした君は、
┃ 自分が長旅で疲れていると考え、ひとまずその場を立ち去り、出直す事にした。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


47◆SQ.iJMf4FY2012/02/17(金) 21:23:15 ID:SVbtEjbo


                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |


49読者作者入り乱れて乱闘中!詳しくは企画スレッドで!2012/02/17(金) 21:23:23 ID:hpYBg1d2
スルーしやがったw

関連記事

category 【完】デジタルAAゲームブック世界樹の迷宮 > 第一階層 恩寵ノ樹海
◆SQ.iJMf4FY
comment

3

trackback

0

edit
edit

Comments

comment
導入からするとシリアス系かなあと思ってたらカッ飛び具合パネェwwww
支援
comment
もうてつをだけでいいよwww
ソロクリア余裕だろwww
comment
この人はきっと、初心者や弱者を守る事に命を懸けてるんだよ


  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: