このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


やる夫たちは時計館の謎に挑むようです 第十六回


8611 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/16(日) 22:54:06 ID:BWJu0q4g0

投下開始します


【時計館の殺人】やる夫たちは時計館の謎に挑むようです【綾辻行人】

第十六回

綾辻行人のミステリー小説『時計館の殺人』を原作としたAA物語です

投下途中のコメントなども是非していただきたいですが、原作および他ミステリー作品の
真相などのネタバレは絶対にしないでください


<8月4日 午後8時 グリーンハイツ 409号室>



           \三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
            \三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三/
  '''- ,,_           | i| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|i |
  ||i;i;i;i; |          .| i|      _____     ____                 |i |
  ||i;i;i;i; |      ,    | i|    ロロ:|::::::::::::::::::::::::::|    |; ∧))∧ :|:               |i |
  ||i;i;i;i; | ,         | i|   _□ |::::::::::::::::::::::::::|    | §´ー`; :|:  ,____ 、      |i |
  ==== |     ,-、゙ .| i|:  | ゚ |: .|:::::::::::::::::::   |    |: /)::H::): |:  |`ll ̄ ̄ ̄l |l____________、|
  ||i;i;i;i;i;⌒Y⌒| ii ) | i|    ̄   |::::::::::      |     ̄ ̄ ̄ ̄   |、|___:,|、|| ̄ ̄ ̄||
  ||i;i;i;i; |. ||  `-'   | i|____|_____...|゙_________.|`||ニニニニ|||l[「「[[[「「l|
  ||i;i;i;i; |. ||     /:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: γー――――― 、__'. .,: .:'. .,:...゙ヽ||____________||||ニニニ,|| ,_
   ||i;_,-'"' ||   ./. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. i i__         __i_i i:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: ..:::~''-
  '"    || /'. .,: .:'. ._,--、:'. .,: .:'. .i___| ̄  ̄ ̄ ̄ ̄\ i.. ..:'. .,: .:'. .,:,-- ,,:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: .;__|~;|_
       ||:'. .,: .:'. .,: .:'.| .:\.:`ー 、:'. .,:|          \.:.:'. .,, ー' /.: |:'. .,: .:'. .,: .:'. .,: |`- , |__|
      //|\,'. .,: .:'. .,;;;i',',',',',',',',') i:'. .,:iニニニニニニニニ i:'. .,:i (',',',',',',',','i;;. .,: .:'. .,: .:'. .,: | |`- ,
    ./. .,: .:'. .,: .:'. .,: .:';;;;;|______,,j/:'. .,:|il:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i|.::'. .ヽ|______,,j;;;;;: .,: .:'. .,: .:'. .: ̄: .;;;;;`- ,
  /:'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: . ;;;;`-
/:'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'. .,: :'.. ;;;;`-



8631 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/16(日) 22:57:54 ID:BWJu0q4g0

                           .  -――- 、
                   /          \
                      , '               ヽ
                  /       __,ノ ′' ーヘ Y
                   |    《 ●  )  (● 》 !   どうしたんですお、このタバコの量は
                   |     `  ̄ ´   `¨ヽ  }
                 V      ヽ. __人_丿 /   一日一本じゃなかったですかお
                   ∧ ̄ヘ      ー一  /  
                   /::::::::::ヽ \   ___/
              /::::::::::::::::::::ヽ. \_, -'´
             /:::::._:::::::::::::::::::ヘ  .>ハ
           /::´:::::::::::::`:::.、:::::::::ヽ/ ̄}
           ,::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ハ  |
.           ,:!:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::ハ´¨|、
            /i:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::i. | i
         ./.:ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ、_::::::| } |,
         i::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::i / ノ
          i::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽi/
           |:::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::\


                        ___,、
                   _, - '´   ト宀、
               /´ ̄´        |   |
             , ′           j、   ',
            /             / ヽ  l 
            l     ,、   |     I 一,j |   ああ、まあね
            |    丶`こ !    jf近、 { i   
            l      ヘ、/    |    `く   今夜だけと思って吸い出したら止まらなくなってしまった。
            |l      /      t   r‐'   そのうち、節煙しなおすさ
            ソ       /       ヘ -‐iヽ、 
            /      ,'  r'     / 丁j  } 
           , '      {   り     /ゞこ 弋/  リ>、
         /       ハ      │ トー―ゝ  \{]ぅ、   ,-、
       /     , --‐'   \     `ー心   }   \ \ ノ  l  ;'´ l
     /      / `゙ー-=-、_}    弋r、 ぅ__/     \, ′ / ,イ /
      /     , -‐'´         /      い/ ヽ、      /  ュr'  ,イ /´j
    /    /           !       小、| \     ¦    イ\


8641 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/16(日) 22:59:19 ID:BWJu0q4g0

      厂 ̄ ̄ .__            ヽ、
      /  r'^ー'´ \    |   、    l
    /   .|       ヽ   ト、   い    \
    ノ    │      .,;;l   f‐l    `ー、   `ー
.   |   ハ .l     '´k,ィrッ、 .\、_   `く丁    昨日の病院での検査で身体的には問題なかったようだが、
    \  {_」.冫ー、   ゞこ=`ー、. \ ゝ   ヽ    問題なく社会復帰できるかね
      ヽ ∨/,ィfラj        |  |/    /
       }j f `こf}、 ー         | K.     /     毎夜ごとひどい悪夢にうなされる、などということに
      / | ヘ    ´  __ _,.  /  |ヽ    \    ならなければいいが
.     / .| | ヘ  v'"´      /  ./∨ヽ   ヽ
    /  .| |  \ く ̄´マ  / ∠/ /    ノ
.    {    ヽゝ、 ヘ }  └'/ /    /   /
.    ヽ    \  `Y   {  {   ハ   くヽ
      |      |!. ∧  ∧  ヽ_/ \  ー'
.    _ノ     ,イ_,/ ヽ/  ヽ  ヽ    `ーt
    ̄    _// _,/^ー┼‐tゝ_}  ├、.    \
     _,∠_,ィく ̄  //  (ノ   |フ\     ヽ
     ̄_, -‐'\'、  レ.     |   /   `ー、  ノ


                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
        /l       '´   _   r  .l    今のところは大丈夫のようですお
      / ..|       t''j"´    =='' ',
     /`ヽ、__.',      `¨¨´   ヽ   l   何と云うか、あの三日間の出来事が長い悪夢だったような、
    ./   \ .ヽ.     (_ノ--'  ノ   そんな感じなんですお
   /     /-‐| \、 ____ ,,..-<
  ./    ./   l l  \    | r-ヽ  `ヽ  なんだか妙に現実感が無いんですお……
 /    l    | ヽ   .>、 r'__..>>   |
./     iヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
'      l  、  < ´  .i  |  i  | |  |
\   / _,,-ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
  .ヽ∠-''"ヽ    ヽ  i  .|   i  |l ..|
        〉    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|


8661 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/16(日) 23:00:32 ID:BWJu0q4g0

.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \     それにしても結局のところ、事件は全てあの少女
.     / : : :                  ヽ
    | : : : :   ,.,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,   l    フランの仕業だったのですかお
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l
  ,_ ヽ___    (    j    ) u /__
/:: r' | r' ̄二ユ:`ー-‐'´`ー-‐'′ / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|


                       ___,、
                   _, - '´   ト宀、
               /´ ̄´        |   |
             , ′           j、   ',
            /             / ヽ  l
            l     ,、   |     I 一,j |
            |    丶`こ !    jf近、 { i
            l      ヘ、/    |    `く
            |l      /      t   r‐'     そういう結論になりそうだね
            ソ       /       ヘ -‐iヽ、 
            /      ,'  r'     / 丁j  }
           , '      {   り     /ゞこ 弋/ 
         /       ハ      │ トー―ゝ


8681 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/16(日) 23:03:35 ID:BWJu0q4g0

      / ̄ ̄ ̄\
    ../ _, 、_.  \     そう、旧館から開放されてフランが死んだ一昨日のことだお
   / (● ) (● )  \
   |    (__人__)     |   崩れた道が復旧して警察と救急車が駆けつけたのは午後7時。
   \   ` ⌒´     /   フランが時計塔から落ちて死んでからおよそ1時間後のことだったお
   〆~\       /ヽ
 /:::;;;、:::::::i::ヽ`介´/::::i::::::::::ヽ
<:::::::::::<|:::::::l::::ヽ| | i::::::7;;;;;;:l::::}
. \::::::::\:::::\;;;i,,/:/:::::::::i:::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




             _⊂三ニニ⊃____ ウーーーーーーーーーーー!!!!
           , -'____ ,-'__    ''-,,
          /_,,''⌒'',,.  7/''⌒'',,_.i;|;i ̄"''ヽ,ヽ,
        / (・∀・) ) .// ̄,_√)|;|;|    |ヽ,ヽ,
      [/__⊆⊇_ヽ__)_/[;;;]y_つ_|;|;|.__.|__ヽ, ''―-,,,
  _,,,.-' ̄' ̄' ̄' ̄/;,,.-―''''"_ |__警_=.|視_庁__=_|___|]
._/二ゝo=*=o/二ソ;;/⌒ヽ ;;;;;; |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |;;;;;;;;;;;;;;;;/⌒ヽ;;;;;;;;;;;;〕
ヽロ=[ニ]=ロヽ....,ii:: 0 i| ;;;;;;_|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |;;;;;;;;;;;;;;;ii:: 0 i|;;;;;;;;;;ノ ≡3
   ̄ゞ;三ノ ̄ ̄ ̄ゞ___ノ ̄ ̄ ̄ゞ;三ノ ̄ ̄ ̄ ̄ゞ___ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


8691 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/16(日) 23:04:20 ID:BWJu0q4g0
           ____
         /      \
       /   ⌒   ⌒\
      /   ( ●) ( ●)ヽ  やらない夫君は一命を取り留めてはいたけど、まだ意識不明だそうだお
     .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
      \__   ` ⌒´   /
      /::::::::ゞ、\ハ 介 / / ヽ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                    / /
                     _,..─┐´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄`ヽ  ─
             ,. z≦三三三l! _______ \  ∧
           /.::/,. - ─┐lL... _________\ ∧   ピーポー
           /.:://      l l! |l´.:::::::::::::::::::::i|l´.::::::::::::::::::::ハ∧
     .ノ7一''" ∠.. [冂___i l! ll:::::::::::::::::::::::::||l:::::::::::::::::::::::::ハ∧   ピーポー
   _/ーr┐━━━li━━━━r‐t ╋━━━━╋━━━━━━{
   [ノr‐┴1       l|        ̄l|┃[]      ┃━━━━   |
   il|    /¨ ̄\i|         l|┃        ┃ r─‐x     L
   ゞt._,!::::/´。`::::ハ_____,,.l|┃____┃_//´ハ::ハ___/7
      弋::ゞ...ソ::::ノ ─────┸────┸弋ゞノ.::ノ──┘
        `ー一''”                    `ー ”
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


8701 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/16(日) 23:06:04 ID:BWJu0q4g0

      ノ   1r、    /ー、_   、_, 一、\    |
     /    |J 〉  〈 ィ近7ゝ  ィ辻チ' 冫     i 
    厂     ∧/    ヽ   ト  -   f     | 
   ヘ、       |     j ヽ  j l      ∧    / 
  __,r'´      l    ク ノ  └′   /    | ,′  遺体の解剖など詳しい調査は残っているようだが、恐らく
'´ ,、        /    丈  r_==ャ  ,.′    .! \  当局の見解は、フランが犯人というところに落ち着くだろう
 ,ク     _,. -<    〈} .〉 上¬,イ /      L   
       \  \    fヽム  L_ ク       \   あのとおり証拠品も山ほど揃っていたからね。最期に
   , -─ --ート、 ゝ、    ト、  /|‐\     ,ォ\  あの少女が死んだのは狂乱の果ての自殺ということで、
                                 一件落着という扱いになるだろう





      / ̄ ̄ ̄\
    ../ _, 、_.  \
   / (● ) (● )  \  咲夜さんが語った事の顛末はこうだお
   |    (__人__)     |
   \   ` ⌒´     /
   〆~\       /ヽ
 /:::;;;、:::::::i::ヽ`介´/::::i::::::::::ヽ
<:::::::::::<|:::::::l::::ヽ| | i::::::7;;;;;;:l::::}
. \::::::::\:::::\;;;i,,/:/:::::::::i:::::



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


         __〃⌒Y  ̄)ー┐
       ィ⌒いjLニ=ニ∠/ノー┐
       rくヽj>~      `丶ヒノュ
     jゝ/ 从  人从 Vハ  ヾレ)、
     〉/  ハハ  ハハハ Nマ  ヘノハ
     Y /i V  |  i| ト } }   ハ」 ∧   私は、フラン様が犯人かもしれないと仄めかす鹿谷先生の話を
     /  {  {{  i   ! }廾ナ乂}   |ハiハ  聞いて、強い胸騒ぎを覚えてフラン様の部屋を訪れたのです
      i/   .斗匕从  レノ / rヵォ|  l   | 
     V  .}、fてぅトV    ヒニノ /i |   |  するとフラン様は、「終わったよ、咲夜さん」、そう云って満足げに
     /   {ヘ ゝ- '     """' /イ    .|  微笑んだのです
      |   `ハ"""  '    ノ  / i/
      |! ハ    > ._ -   rく / ノイハ
      乂人  イ≧x_ r{Y}千 7、__riくー¬
        }/ .斗{ _ノ | !| 「<__/ /二 ノl
       人ん/| / ハ八 Kミ_/ /く. (イ|
        |   (._/)「人ヽ ` }_/ /ミーr┘|
       |   て./|  }  l/ /ヘ、ノ  .|
        .|    しハ 人_ .イ ヘ、r┘  .|


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


8711 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/16(日) 23:07:50 ID:BWJu0q4g0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              __   _,. -──-
             __>、 {廴ノ ̄\  _    `丶
          r'⌒\ \,.. --ミ ⌒} } 〉    \\__
          く\   /      \ノ /〈_      ー─''⌒
.          >─ ´          ` <_ノ        ',
             ′       \     ⌒__     i
.            |│  :/ \__  ー=ニ__ /      |i
.          ノ│  :l  ´| \ト---┬┬=彡       八  「もうお姉様、寂しがらなくて済むのよ」「殺したの、
.          /|│ 八  :|  ,ィ笊テ││り     |   :|   わたしが」「あいつらがお姉さまをいじめたからよ。
          八{ヽ(\{\|   Vツ /∨`\  ,} l{ ハ|   あいつらがお姉さまを死なせたの。わたしは知って
.              ノ )   ' ' '厶イ }  ノ/\八{     るのよ。ウフフ……」
              / / `丶 。  {ノ / r‐┐_     
              {/ / / _>-イ{_く_,/ノ⌒´\(     そういってフランさまは次第に興奮していきました
                {/{/ /}こ{_}く/ }    〈^}
                 ノ{/{_>{}<_}_丿     ∨
                {>{}<}::/::/ ∨ }      \
                {ノ:::::|::::::{i  }_ノ         〉
                 /:::/::::|__/::\( く(__,.  -┬‐ ′
.               {::::{::::::::::::::::::::::::\_l |O   |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


8721 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/16(日) 23:08:34 ID:BWJu0q4g0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          _ -‐==‐- 、
.        , <        >、
     /         \  \
   __厂j「Τ厂ト、   \    \  \
. く  >-┴一'‐く    \    \  \_    そのうち天井の方を見て「お姉さまが呼んでいる。もう行かないと」
 r‐Yフ¨´ ̄ ̄ ̄ `ヽ   ヽ    \  \ `ヽ  そういって、私の手を振り払って外に駆け出していきました
 にl´     \ \    \  ' ,  ヽ ヽ ヽ}   
.  /       \ ヽ \  ハ   V  }_リ__リ_  あとは鹿谷先生らがご覧になられたとおりです。
  { |     |     ト、|∨ ト、 }   l |__/   \ )
  |│    ト、 l  l l Vト、∨ヽ /__{     ∧ー‐、  フラン様は私の制止を振り切り、四階の機械室まで駆け
  l∧  |l ト、\`ト、j! {ヽ.}  V 廴|  /   ∧_ノ  上がって、鉄柵を乗り越えて穴から飛び降りてしまったのです
  l{ ∨ \!l \`ヽ  \j\_/ /___! /   /  \\
.  ヽ. \ |\_{ └‐r 'ー{│} 廴_j/  /    ∧ノ{
         N\| ,ノYフ Vハ /´|      _j У!
          \|{ ノ)  ヽj_)ーノ\___/ ̄O } ∨/,l
            ∨ )  (j_レ'7///l∨____ノ___}//|


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





         j"\_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__r‐'"´   |f´ /   
          /   `-、__ __:::::::::::::::::_,,イビノ,代     レ'´    そうだ。そして僕とやる夫君は、フランの部屋で
        /       i ゝドダ'''''''"´ ̄ ̄"゙゙^ │      |       証拠品をいくつも見つけたのだね
      /      │    j|         j       '、     
     /         ∧   ,イ        /       L__  まずベッドの下に隠されていたのがこれだけだ
    〃,ィ      /   .ヽ ,'/          /            \ 7
    勹    _,r'´     ゝ ゙ー-      ゝ            \
   │|   /´        ,∧ ー--―一' 入             ヽ、
  ヽ ゞ         / ̄  ヘ 丁"^Y / バ          ト、 ト、
    \        /      ∨    `"/,-┘       /ノ 冫ゝ
.     |     /           |   ∠/            ム'  /  |
    /   r'´ ___........___     │ ,イ゛〈             /    j
   ヾ    /  /      \.  └fンl  ヽ、         r'′


8731 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/16(日) 23:09:25 ID:BWJu0q4g0

血と泥で汚れた黒いローブ。恐らく霊夢から奪ったものだ

同じく血と泥で汚れた軍手が一組

血のこびりついた、裏の焼却炉の火掻き棒。これは後で森で見つかった遺体の損傷から、
最期に岡部、小早川副編集長を撲殺した凶器と思われる

例の仮面もあった



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                         ________________
                       /          , --- --- 、     / |
                      /              /       }   ./  .|
             __    /               (         ノ  /  ,イ
             /     ̄ ̄`ー 、__           `ー--――'    /  /..|
               {  _,,-弋       ゝ                 /  /| |
            `y'     `--勹     `' 、___                 /  /. | |
              _/         `ー、      ヽ、          /  /...└┘
  _____,ノ              ,'       _}_         /  /
        _ノ             ゝ---、    イ' 、      /  /
       /                  Y、     ト,,__  _ /  /
      /                    ハ          `ハ. /
    /                      (_____     ,'  |/
.   /                               ノ    ,'   レ
   |                              {_    ' ハ イ
   |          |                      ト、 |
   |          |       |ヽ_   ,           / | ノ
   |          |       |  ヽ  |           ,ノ| |/
   |_|____人____」    \|_____ノ | |
     |__|                                |__|


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


8741 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/16(日) 23:10:44 ID:BWJu0q4g0

さらに、箪笥の抽斗からこうした品も見つかった


まず霊夢から奪ったと思われる合鍵の束

時計塔のゼンマイを巻き、また隠し通路の鍵でもあるネジ

そして旧館で見つけたのと同じ「お前たちが殺した」と記された紙片が数枚


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  _____________
  |/二二二二二| |二二二二二\|
  || |          .| |.          | ||
  || |  ||||l   / | |  ||||| 三 / | ||
  || |  == /   .| | === /   | ||
  || |  iii//フiiii| |  || //ii  | ||
  || | // == :[| |]. //==  | ||
  || |./        | | /ヽフヽフ..| ||
  || |   / ====.| | =======  | ||
  || ||||||皿皿皿|||.| |       |||| ||
  |\二二二二二| |二二二二二/|
  | 二二二二二二二二二二二二_.|
  | |        /冂从/ ̄ ̄\\
  | |_____| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|________|
  | |         |           | |
  | | ◎      |        ◎ | |
  | |         |           | |
  | |         |__________」 |
  |_二二二二二二二二二二二二__|


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


8751 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/16(日) 23:11:12 ID:BWJu0q4g0

                    __
              ,..-''"´     `"''-、
             / 、_ノ      ヽ _\
            /   _       _ .',   でもやる夫にはまだ信じられないんですお
              ,'   イ(::::`     イ(::::` ',
           l    `¨¨´/   .\ ¨¨´  l  あの少女が、いくら気が狂っていたからって、あんな……
           l     (   ,、  )    l  全部で九人もの人間を殺したなんてお
              '.,     `¨¨´ `¨¨´    /
            ヽ、 __        /
               r''"´:::::::/´|    _,,..-''´ヽ
             __|::::::::::::/::::::ヽ、   |:::::::〈.、__
      _,,..-‐''"´  |\./,::::::::::::|    |:::::/-ヽ、`''-..,,_
     |ヽ      |  __ '.,::::::::::\.  .l/::::|  <_   .|
     | ヽ       ̄/   '.,::::::::::::\,':::::::::::',   .|    .|
     |  ヽ     \   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::',  |   .|
     |   ヽ     \   ヽ:::::::::::::::::::::::::::',  |     |
     |    l       \  |:::::::::::::::::::::::::::::| l     .|
     |    |          \|:::::::::::::::::::::::::::::| ,'     |


8771 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/16(日) 23:11:48 ID:BWJu0q4g0

       l     |       l.         |  li 
      i      j       ヽ、      l  {
      }    `ー- ..   __,,.. '' ,      レイ ヽ、
    _」     /ィt;ュ=、  `´,rt;ュ=rl}    i!ノ
.,. -‐'" , '.   〈   ´ jl       l    V
    /    ハ     ト       l     |
.   /    / ヘ    i _〉      |       l   キャラクターにそぐわない、とでも?
   ,'    / /  ゙、 v -‐=vァ  /       l|
  {i    {_,イ    、 _`二´  /.       ∧
  ヽ、   /     ヘノ   t,,..<(f     / |l
へ   \ /   __,イ `;  ,< ヽ    /  {{
  ヽ、  }j/ / ̄  \`Yj/  ,イ┤   !{   \
\  -n イ´    /ヘ  「   ハ{i    ヽ、
 t   /     /  / / i!    |l       \


                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
        /l       '´   _   r  .l
      / ..|       t''tzj´  ィセツ ',
     /`ヽ、__.',      `¨¨´   ヽ   l   そういうことですお、たぶん
    ./   \ .ヽ.     (_ノ--'  ノ
   /     /-‐| \、 ____ ,,..-<
  ./    ./   l l  \    | r-ヽ  `ヽ
 /    l    | ヽ   .>、 r'__..>>   |
./     iヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
'      l  、  < ´  .i  |  i  | |  |
\   / _,,-ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |



ぼうっとしていて、なんだか夢の中を彷徨っているみたいな顔で。
殺人だとか復讐だとか、そんな生臭いものとはまるで縁がないように見えたんですお


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


           _, -―…‥‐  _
          _{            丶
         / \__/`ヽ}r‐、_r-、 l}   \、_
        (`ヽ  r廴 /__./: ヽ ∨__ 、.  \  ー 、
          r┘ .ゝ _j// ) ヽ({: : : :ヽj __j廴       l
          .ー/./  / ,`¨´ l|: : : : : r ⌒i_斗 ⌒ヽ     |
       /  |  / ハ  l|: : : : /    }ヽ: : : :j`ヽ   .j   
      / / /l   / ̄| ト、 ゝ: :_:j   / /: : :/_  {_ /
         | 从l. |┯┯ゝ/: : : /   /  {-=: l⌒V ∠、
         | /ハハ ||::|ヽ/: : : :j   /   ,: : : :| くr-、 |
         レ   ∨|/ ゝ :_:_:{  /   | : : /  j  V
          /  ¨ /  ノ|       /\/ / / ̄´
           .丶 "/,  /ノ|      |   l./
            / /  / .|     / ___ / /==x、
            レノ 厂`ヽ |     {≠ヾ\レ /∧ `ー、
               r‐ ´    } |     ∨:∧ヾ:\ /   ∧ー 、
           廴ー-  | |     ∨::/ \:\   .〈 〉   \
            く爻フー ´:::::|       \    \:\  .∨
           __/ /´`}:::::::::|ヽ  \    \ /:::ヽ\:\
         └-- ' ´ _}:::::::::ヽ \  \    \:::/ ` ーヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


8781 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/16(日) 23:12:23 ID:BWJu0q4g0

                   _, - '´   ト宀、
               /´ ̄´        |   |
             , ′           j、   ',
            /             / ヽ  l 
            l     ,、   |     I 一,j |   ふうむ
            |    丶`こ !    jf近、 { i   
            l      ヘ、/    |    `く   僕は逆のことを感じたね。彼女と会って食事をしたときに
            |l      /      t   r‐' 
            ソ       /       ヘ -‐iヽ、 
            /      ,'  r'     / 丁j  } 
           , '      {   り     /ゞこ 弋/  リ>、
         /       ハ      │ トー―ゝ  \{]ぅ、   ,-、
       /     , --‐'   \     `ー心   }   \ \ ノ  l  ;'´ l
     /      / `゙ー-=-、_}    弋r、 ぅ__/     \, ′ / ,イ /
      /     , -‐'´         /      い/ ヽ、      /  ュr'  ,イ /´j
    /    /           !       小、| \     ¦    イ\



 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |     逆の?                |
  乂______________ノ


8791 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/16(日) 23:12:59 ID:BWJu0q4g0

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,'  j                   ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│   l    ,rー 、     /\       ヘ、;;;;;;;;;;,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,     l   l   〈 ,、__\_/_rー-、j      l  ヘ
;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,          /┬=┤   Y  "ヽ_ン゙    |      |ン='7
               i. 弋H    l           l      トイバヽ、
              ノ   ヘ亅   ├-,、__,.   __, -┤      レ'   \
           _/     /     f弋ゥご"   ,y7ぇソハ     .|`ー、
          f´       ,イ    / ` ̄^ソ  ,イ `' ̄^ ヽ    │  \
          ヽ   _,r'"./    ゞ.     l ヽ     /      │   `ー、
           L_-'"   /     \    |  l    〈      ヘ、
        __/´    │       j    ゝ'´     冫      ',  ああ
     / ̄         )      f´  ry'ニニtァ  .ノl       |
    /           /      j´\   厂^丁   / /       /  つまり、ぼうっとして見えるが実はそうでは
   /            l      │   ヾソ  └‐'ゾ ./      ,′  ないかもしれない、と
.  /            〈        ゝ   ヘ     / f      丨
 /              冫     」     ヘ、 /  .|    ト、  t_    本当に気が狂っているのだろうか、とさえ
                                            疑ってみたのだ

                      __
                ,..-''"´     `"''-、
               /-――-     -―\
              /   _       _ .',
                ,'   イ::::)`     イ::::)` ',
             l    `¨¨´/   .\ ¨¨´  l   実は正気だった、と?
             l     (   ,、  )    l
                '.,     `¨¨´ `¨¨´    /
              ヽ、            /
               `ァニニ<// _,,..-'' __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}


8801 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/16(日) 23:14:09 ID:BWJu0q4g0

                   _, - '´   ト宀、
               /´ ̄´        |   |
             , ′           j、   ',
            /             / ヽ  l 
            l     ,、   |     I 一,j |   ある意味、そうとも云えるのかもしれないな
            |    丶`こ !    jf近、 { i   
            l      ヘ、/    |    `く   普通に判断すればやはり、彼女の精神は
            |l      /      t   r‐'   正常な状態ではなかったのだろうが
            ソ       /       ヘ -‐iヽ、 
            /      ,'  r'     / 丁j  } 
           , '      {   り     /ゞこ 弋/  リ>、
         /       ハ      │ トー―ゝ  \{]ぅ、   ,-、
       /     , --‐'   \     `ー心   }   \ \ ノ  l  ;'´ l
     /      / `゙ー-=-、_}    弋r、 ぅ__/     \, ′ / ,イ /
      /     , -‐'´         /      い/ ヽ、      /  ュr'  ,イ /´j
    /    /           !       小、| \     ¦    イ\


         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'         _    __´_ ‘.
  ,    t''tzj´       ̄ ̄  ‘.   煮え切らない云い方ですお
  {    "'`¨¨´           、、 }
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `


8811 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/16(日) 23:14:58 ID:BWJu0q4g0

      ノ   1r、    /ー、_   、_, 一、\    |
     /    |J 〉  〈 ィ近7ゝ  ィ辻チ' 冫     i 
    厂     ∧/    ヽ   ト  -   f     | 
   ヘ、       |     j ヽ  j l      ∧    /   そうかね。――かもしれない
  __,r'´      l    ク ノ  └′   /    | ,′  
'´ ,、        /    丈  r_==ャ  ,.′    .! \   では、フランは狂っていたという仮定で話を進めるとしよう。
 ,ク     _,. -<    〈} .〉 上¬,イ /      L     そこで問題なのは、その狂い方だ
       \  \    fヽム  L_ ク       \  
   , -─ --ート、 ゝ、    ト、  /|‐\     ,ォ\






姉のレミィが今でも生きていて自分のそばにいると、そんなふうに信じ込んでいるのだと咲夜さんは云っていたが、
それはどうかと思った

少なくとも彼女は、レミィが十年前に死んだ事実を承知している。さらに云えば、その死の原因が何だったかも
理解しているのではないか。
加えて、彼女は本来はとても頭のいい子だったそうだが、そのこと自体は今でも変わりがないようだと僕には思えた


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


             _,,,,.... -──-- 、.,_|\r;/ヽ.____
         ,. -''"´           `ヽ/:::;:::::::::/
       /        ______,,..、_,.-‐-、_ Y:::::::/|ヽ.
      / 、   __,ゝ-‐ァ´_>-'、ァ'-、‐-<`7-、イ::;/  ',
      i _rへ!___,.-ァ'"´ ,  /   i   `ヽ、.,__7  i |  ,'´7
     ___,.!へ、,.-ァ'" !-‐/|-、/| /!-!‐ヽ.   く」   | .|  / |
   r'"ヽ. ,.-' ,'   /| _,':;」_/_ l/ _」ニ!,、 |  i  ',  | |  |  |
    ヽ、_Y  i. i   /ァi´、 c! ` '  ´ト c!.ゝ!  ハ ,ハ  !|  |/
,>i   └i   ', !へ.,|`.ゝ-‐'     `''" / ,.ヘ レ' i  .! /ヽ
 ',    ,'   ヽ|  ハ """    '___   ""レ'  ',  !  / /     
 ,.\ ./   i  ! i ':、   i´ ̄ヽ.リ  ,ハ i ヽ. //|∠.,
<.,_>ヽヘ  / /i. | ,.ヘ>.、., ` ー ''´,,.イ _,./、ヘへi、! ノ___,.> 
      レ', '⌒ヽ.>-':、-ハ``'ニT´/-ァ'"    ヽ./`(
       〈rヘ!/      Y  \-/ ,ヘ/      ',   ',
       ゝ、         ヽ. /rヘ/::::i.       i    ',
       `ヾハ    _,.r 、 〉:::7-ヘ::〈_、,ゝ-!、._  〉    |
         ゝ、, '⌒`ヽ!/:::/ i ';::::Y   Y」   i  !
              ':,    ';/  ハ i::::::!   !   ノ
           _,,':,,   、iヽ-ヘ__」::::::|  ヽ!
           ハ:::l    ',::::::::::::::::::::!    ',
           |::::':,    ';-‐=ニ二ハ.    |
           !ゝ::ハ   、!:::::T::::::__;!_,,.  !
           ノ::`7ーi !、_  ``'ー'"、    _,ハ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


8831 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/16(日) 23:15:46 ID:BWJu0q4g0

そして書斎の真紅倫典の日記の断片だ

十年前にレミィに不幸をもたらした子供たちの名前を真紅倫典が知っていたということは、フランも
またそれを、父から聞かされて知っていた可能性が高い

父の死後、あの日記の断片を見つけて読んでいたのかもしれない


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     _________
    /            /
    /            /
   /            /
   #彡ミミ彡ミ#    /
        ,' ミ    /
        (:'  #_/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


8841 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/16(日) 23:18:25 ID:BWJu0q4g0

女神のように崇拝していた姉を『殺した』その四人を、彼女は激しく憎んだことだろう

幼いながらに、いつか姉を殺した連中に仕返しをしてやるという意思を抱きもしただろうね

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                        ,,:::・''"`゙`ヽ、
                       ,.:- ''"´       `゙≡=―-- 、
                     〈.                  \
                   __r::.、                 ヽ
                   (⌒ヽ\:::-‐、 _、         /ヽ_  ,,'::-―‐-ッ
                    ヽ /':, '´r<~ヽニハ,,,_      {:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:;:/
               /,;''   ゝ_V `ヽ /九≧  . __!:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;:;:/
              ヽ_,' ,:    ,イ .,' `=⌒}  ~〃 .}*.!:;:;:>‐.、:;:;:〈     ili
                   .i〃  〃、{! i  ハ iヽ'‐--‐冖> >'´   .}:;:;:;ハ     {lli、
                   .ト{ { { {i'テ='; ',!/テ≠ミ、,!.リ ! ~" ~~ト } i:;:;:;:;リ    .ノlllllヽ
                .{λ.j人.'、ゞ」ヽ(  {:(0)リ)〉}/.} ハ  .リ / .ノ:;:;:;:;}    /llllllllll゙'、
                  ';ヽ  ~i"゙ 、  `'冖'"'ソ } .i ゞ }./ /! /;:;:;/   jll/~V、ll'.,
                  ゙:、(ヽ(、ソ. t==ッァ ミ''´ノ リ 、!〃 /::iノヾr''    ,llll'  .∧':,lll',
                      ヾ'!  }\ヾ=:ノ ,,::7 〃 }.}i ( {ノ∧(     ,lllV  ./ '; 'llll'、
                    .ノ  ゝi{`ー'''":::} { λ  人 ゝ,<.(      .,llll∧ f + リ }lllll',
                     从 人(ヾ::ノ/{_,!(イ{リノ .\ ` ̄`ヽ、  ,lllll,' ':,. '; / ムillli
                    ヽ ト/jノ}} .ハJ.) j/ 〃⌒ヽ ヾ  ヽ ノlllf. + .} ∨∧ 'illlli
                     .)ノ !  }レ◎ヽ∨ ,r'    ';ヾi   }lll!イ':, ,'  ./ '; 'illlli
                       ノ  }/:;:;:i:;ゝ__,ノ     }lll}  i .リ‐'∧.∨  .f + リ illlli
                        ,,:'  /;i;:;:;i:;:ヾ/.    Y(ノ  ノツ ,'. ',    '; / ムllli
                      .(   ヾ===.ノ      i't-‐'''"〆f. + }    ∨.∧'lllli
                      r'ケ*‐*ャl:;,;,;〃       ':;i  〆 .';', ,'      / ';llllli

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


8851 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/16(日) 23:18:57 ID:BWJu0q4g0

フランは考えた。いつの日か自分は姉の復讐のため、この四人を殺さなければならない

けれども人殺しは重大な犯罪だ。捕まれば罰せられる。死刑になるかもしれない
どうしたらいいか、と子供心に思い悩んだ


そのうち彼女は、こういう知識をどこからか得た

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  ,.へ    ___,.へ
               __,,. --─'──`<.,,/:::::::ト、
            ,. '"            `'く:::::::ト.
    ∧      /  ゝ____,.へ--、へr-、ノ   i、::::! | /!
    V      i__,.へ!_,./--'─'--'-<ヽi__/ Y | /」 
   __i.     r'へ,.イ   /  ハ  ハ i  `ヽ7、.| .|/   『気の狂った人間が罪を犯しても罰せられない』のよ
 ∠__,.ヘ     `Y´ / / ノ__,/,.ィ レ' 、!__ハ i i iヘ| |<>
    /iヽ.     i イハ ハ|:(◯)::::::′(◯)!_!ィヘ.| .|
   !/  !.,    |   V |' "   ,___,   "ハハノ.| |>
      ∧ `ヽ、ノ  〈 ハ.     ヽ _ン   .从ヽレi. |
      V  /!〈rヘハ!|>,、 _____, ,.イハ ハ〉 レ'
         |/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


8861 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/16(日) 23:19:34 ID:BWJu0q4g0

                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /       u       ヽ
         /             l
          l       `≧x_   r≦ l   そんな……
.        |. u   t'' Oj´  ィOツ ',
.          ',      `¨¨´   ヽ   l   じゃあフランは、その後ずっと、わざと狂人のふりをしていたと?
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ
.       _ ---‐| \、 ___´¨`,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |



      ノ   1r、    /ー、_   、_, 一、\    |
     /    |J 〉  〈 ィ近7ゝ  ィ辻チ' 冫     i 
    厂     ∧/    ヽ   ト  -   f     | 
   ヘ、       |     j ヽ  j l      ∧    /   あくまでも仮説だよ
  __,r'´      l    ク ノ  └′   /    | ,′   
'´ ,、        /    丈  r_==ャ  ,.′    .! \ 
 ,ク     _,. -<    〈} .〉 上¬,イ /      L    ……自分は狂ったふりをし続けなければならないと心に決め、そのように
       \  \    fヽム  L_ ク       \   ふるまおうと努める一方で、フランの精神は本当に異常をきたしていった
   , -─ --ート、 ゝ、    ト、  /|‐\     ,ォ\
                                 自分ではそうと気づかないうちにね


8871 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/16(日) 23:20:04 ID:BWJu0q4g0

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,'  j                   ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│   l    ,rー 、     /\       ヘ、;;;;;;;;;;,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,     l   l   〈 ,、__\_/_rー-、j      l  ヘ
;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,          /┬=┤   Y  "ヽ_ン゙    |      |ン='7
               i. 弋H    l           l      トイバヽ、
              ノ   ヘ亅   ├-,、__,.   __, -┤      レ'   \  彼女はレミィが死んだ事実を正しく理解していながら、
           _/     /     f弋ゥご"   ,y7ぇソハ     .|`ー、     あたかも彼女が生きているかのようにふるまっていた
          f´       ,イ    / ` ̄^ソ  ,イ `' ̄^ ヽ    │  \
          ヽ   _,r'"./    ゞ.     l ヽ     /      │   `ー、 しかし同時に、彼女には本当に『お姉様からの声』が
           L_-'"   /     \    |  l    〈      ヘ、     聞こえていて、それは彼女が死の世界から語りかけて
        __/´    │       j    ゝ'´     冫      ',     くるものだと信じて疑わなかった
     / ̄         )      f´  ry'ニニtァ  .ノl       |
    /           /      j´\   厂^丁   / /       /
   /            l      │   ヾソ  └‐'ゾ ./      ,′
.  /            〈        ゝ   ヘ     / f      丨
 /              冫     」     ヘ、 /  .|    ト、  t_




彼女自身は、わざとおかしな言動と示して周囲の者たちを騙しているつもりだったが、現実は
必ずしもその認識どおりではなかったというわけだ

――どうかな、やる夫君


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           / .::    ___.:::.____::.   ヽ /.::::::   |
         / .: / /〉/,ィ¬=、/ .:レ' /⌒ヾッzz∠_.::::::::::   |
        く  //⌒⌒Y {  レ'.:::: K:.}⌒\/⌒>一\:::.   ノー 、
         〉く⌒ヽ.__,>'∠`ー┬r'^!__丿`T´ヽ   /:::  / .::::  〉
        ∠二ヽ_// | //`ソイj丿,ノイ` | ilゞ( \:. 〃.::::  /
      ゝ--// ハ  !/二、ヽ '  '´二、ヽリ  | :.ヽ:. )k .:::.. /
∧      _/  ノ ノト | { {} }      { {} } /  | i k' ,ノ \:/
/∧   /,. <ア  Y Y 个==′     ゝ==′/  | | ├'^\  ヽ
  /〉 r 、 /  /     |  |介     ′  ∠ ィ  ハリ ′  〉  〉
  / {  ヽ  i /  /!  !/,ゝ .  く二ア   / / 丿 人ヽ /  /
∨   \  \ /{ //l ├v、//>:.. ....::≦7// . イ 7´  )レ'′ /  
.   /∧\  \>'´¨|  |`ヽ)\{::::::::::: { | r1/´ .!/   /  /   
  〈  〉 \  寸ニ|  ト、 Yア \::::   Y {>x一ァ   / 厂 ´ 
    /   / >     ゝ┴──- 、   |     ||久  {ハ(   ∧   
 r───‐┴'       ___,ノ、 |     ||_久       //∧
 ゝ-──‐┬っ     ,.ィ´ ノ ||____ヽ.|___l∟久    〈  //〉
       / _,ノ二ノ , 仁辷Ξヾr──マ7ハ壬辷}\    .  /
      / /`¬=='  ゝ‐'Z7^ ヘ    } ゝ'^T^′ノヽ  ∨
.     (__/     |、:::::.:.     .:.:::〉'⌒ヾヽ.  |    /
               |:.        / ,′  \ 寸   人
             /|:.     ..:/   {  r─‐ 〉 \/  〉

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


8881 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/16(日) 23:20:52 ID:BWJu0q4g0

                        ___,、
                   _, - '´   ト宀、
               /´ ̄´        |   |
             , ′           j、   ',
            /             / ヽ  l
            l     ,、   |     I 一,j |   そうして復讐を完遂した後、フランは「お姉様が呼んでいる」と、
            |    丶`こ !    jf近、 { i 
            l      ヘ、/    |    `く   声に引かれて結局、自らの命を絶ってしまったというわけだ
            |l      /      t   r‐'          "':
            ソ       /       ヘ -‐iヽ、 .,,, ;; ''""'::;;,, ;; ''
            /      ,'  r'     / 丁j  }
           , '      {   り     /ゞこ 弋/  リ>、
         /       ハ      │ トー―ゝ  \{]ぅ、   ,-、
       /     , --‐'   \     `ー心   }   \ \ ノ  l  ;'´ l
     /      / `゙ー-=-、_}    弋r、 ぅ__/     \, ′ / ,イ /
      /     , -‐'´         /      い/ ヽ、      /  ュr'  ,イ /´j
    /    /           !       小、| \     ¦    イ\



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        ,x:≦圭圭圭圭刃                                     /刈´  `マ≧"´
.       /圭圭圭圭圭i´ 从           _, =匕会心、                /タ´
      /ア'"´ ̄ ̄ ̄``  .寸i          ノ圭洲洲洲洲ハ-=ニ刈!        /タ
                  Ⅶ、         _〉圭 壊_圭洲洲圭圭少         ./7´      _
                   ,.イ Ⅶ           乂圭洲/==iY洲洲圭斥x、      /タ  ,.。x:≦斥会ュ。
               /仏 ⅱ            刈洲.!i⌒仆洲洲洲圭/       〈iム_j圭圭圭圭圭会ュ。
                ,.xイ圭圭≦ゞx_     ,イ洲洲`ー '洲洲洲斥      >圭圭圭圭圭圭圭圭圭会ュ
           x佳圭圭圭〉  ミ圭圭マx_  トハハ洲洲洲イイiノースヽ  _,.イ≦"´ ̄`マ斗'"´ ̄ ̄ ̄ ̄`寸
          ,イ圭圭圭厶イ    ,.イ_斥"マ、_ 孑圭洲洲圭≧ 、_ ノ斥彡三T圭、___
          |圭ムイ"´      ,イ圭圭ム  刈圭圭圭圭圭圭圭ヤ リ    〉圭圭掛x
.            守/           |圭圭刃  `守圭圭圭圭圭圭圭〉      ㍉圭圭圭!
           `          |圭少"    焔圭圭圭圭圭圭丈        `゙'守刈
                         Ⅶイ       守圭圭圭圭圭刈           `寸
                        ヘi         ,}圭圭圭圭圭圭ト、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9001 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:02:52 ID:4z16mmsE0



          /   `-、__ __:::::::::::::::::_,,イビノ,代     レ'´     ',
        /       i ゝドダ'''''''"´ ̄ ̄"゙゙^ │      |        ' 、
      /      │    j|         j       '、        `ゝ
     /         ∧   ,イ        /       L__        \
    〃,ィ      /   .ヽ ,'/          /            \ 7
    勹    _,r'´     ゝ ゙ー-      ゝ            \
   │|   /´        ,∧ ー--―一' 入             ヽ、   順を追って事件を整理してみよう
  ヽ ゞ         / ̄  ヘ 丁"^Y / バ          ト、 ト、
    \        /      ∨    `"/,-┘       /ノ 冫ゝ
.     |     /           |   ∠/            ム'  /  |
    /   r'´ ___........___     │ ,イ゛〈             /    j
   ヾ    /  /      \.  └fンl  ヽ、         r'′




始まりは、そうだな、『CHAOS』の特別企画が本決まりになったころと見るのが、まず妥当な線だろう。
参加メンバーが決定し、そのリストが咲夜さんに渡された


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 rヘ厂しヘ厂しヘrヘ        ヘ
                    /rヘ_ン/⌒ヽ ⌒ヽく)       ./  } \
                  / に//   ⌒Y´:   \      /  |  .〉
     ___      {  に}/ / / __/} }:__\ ー__  /  (ゝ/
    〃/∧ ‘,      }  ∠./  '/ / )ノ\  \/ /__/ /
   ┗于ー'r┛   =彡' <  )  ァテ ミ   r彳)ー'  `ヽ/`V   
 ____j___|__  ー/,  ,∠ = ' 八 じ   し'|Y) |  /┘{./ヽ
=|{{  {{ ≫≪}} |  ⌒ヽ( (_   (Y) ""  _  ノY)/  {  '└ /  
 ¨¨¨¨“{ニニ}“¨¨     r‐ァぅー(Y)` ー‐ ≪(Y)   /\ イ_  
.     |ニニ!      )/: : : r厂〕\_) {__厂_)ヽ {   ̄o .|
    〔ニニ〕   __/__: : : : にV⌒V 8\ (,ノハ: : : ,_)ー―z__}
.     |ニニ!.  _// ⌒iヽ\,_ に}\ノー―': :ヽ__) : : {: : : : : :|
.     |ニニ!___{_0{_j_j_j_jr ∨{_)に}: : : : : : : : : : }_)\: : : : : : /
.     |ニニ!::::::::/::::::::::::`¨:. }`Y: : : : : : : : : : : :ヽ  ー― '
.     |ニニ!:::::/:::::::::::::::::::::::}}く_:/: : : : : : : : : : : :ノ}
.     |ニニ!‐ i:匸二二二}::{ /{ `三二ニニ二三ノ\


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9011 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:03:05 ID:4z16mmsE0

それをフランが見てしまったのだろう。
かりそめにも彼女は真紅家の当主だから屋敷の取材許可を与えたことや参加者の名簿について、咲夜さんから
何らかの報告を受けただろう。

姉の仇である四人の名前をそこに見つけ、彼らが<旧館>に閉じこもる予定だと知らされるにつけて、フランの
狂った心の中ではいびつな復讐計画が組み立てられていった。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

::::::::::::::::::| |
::::::::::::::::::| |        r.、,_
::::::::::::::::::| |,,.. --------!」::;;「ノヽ、          /|
::::::::::::::::::| |         ヽ:::://         ./::/
::::::::::::::::::| |          7:::\       /::/|'ヽ
::::::::::::::::::| |ニ7ヘ>r-_r'ア>くヽ7/ r-イ⌒ ̄'::::ノ \|
::::::::::::::::::| |, イ〈 {,_r/ レ' レ_.!,ハイ !  /:r-''|'ヽ '|'ヽ |'ヽ
::::::::::::::::::| | |""     〈ン'〉!/| ハ /::/|'ヽ\| \| \|
::::::::::::::::::| | ハ   ー- ` "! | | /::/ \|    ……
::::::::::::::::::| | ヽ!ヽ、._  _,,..イイ ハ/::/|'ヽ
::::::::::::::::::| |Y7´! ,.イ⌒ヽレi::レ'/:/ \|
::::::::::::::::::L,.!、:::/ '/    〉/:/|'ヽ
:::::::::::::::::と_ ヽ::ムゝ-=、_ン..:ノ|'ヽ\|
::::::::::::::::::k,_   i:::::/^'^'7    \|
::::::::::::::::::| \ `ヽ /!
::::::::::::::::::| |::::::ヽ、_ノ::::〉
::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::::::\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9021 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:03:29 ID:4z16mmsE0

7月30日の午後、君たち取材班一行が到着した。フランはそれを塔の部屋からそれを見ると、ころあいを見て
新館の広間に降りて、標的の四人の姿を確認した。

そして君たちが、準備の説明を聞いている間に、フランは、ふと顔を隠して犯行をすることを思いついて、
廊下の飾りの仮面も取っておいた。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        _,. -、
      ,. 'i´  ヽ!‐-、
     /./!、i  l  ,.-\
   //.,.、.ヽ '´¨l ̄  ,,.!',
 . / .//-, ', -¨`! ,..  ∠,ヘ
  ハ ヽ// i   l  `'  ",',
 . i. \_/、 ¦ .l    ・、. ',
 . l-‐'...__  丶 '´l       i
  /´_  ,.`丶、!  l,,.. -‐'''"   l
  i 、`ソ、.. ヽ.l 、jノ_,,.. -‐_/ .,'
 . l ヽ、...,,_ 丶 l  ,' 、__,,,..-ニ ,'
 . l._ゝヽニ=-、v-‐lィ'',.-‐アフ´ ,'
 .. !   ト ̄i ̄/  ', '´ ̄ヽ_,イ
  l-‐'`ヽ'´ .f-、..ノ‐、  ./.l
  .', 〃   ヽ ノ,. '´  ノ  l
 .  i     、-、〉、.-ァ/ < l
   ',    ', `'''´! ノ \.  l
    ',   ,ィ' -‐-   l /
    \/ヽ '   l  /
        \   / /
       `¨¨¨"´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9031 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:03:48 ID:4z16mmsE0

                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
          l       '´   _   r  .l   ポリタンクの水には、やはり睡眠薬が入っていたのですかお
.        |       t''tzj´  ィセツ ',
.          ',      `¨¨´   ヽ   l
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ
.       _ ---‐| \、 ____ ,,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |



      厂 ̄ ̄ .__            ヽ、
      /  r'^ー'´ \    |   、    l
    /   .|       ヽ   ト、   い    \
    ノ    │      .,;;l   f‐l    `ー、   `ー
.   |   ハ .l     '´k,ィrッ、 .\、_   `く丁
    \  {_」.冫ー、   ゞこ=`ー、. \ ゝ   ヽ    鑑識の結果待ちだが、まず入っていただろうね
      ヽ ∨/,ィfラj        |  |/    /  
       }j f `こf}、 ー         | K.     /    あの家には不眠を訴えるフランのために睡眠薬が常備して
      / | ヘ    ´  __ _,.  /  |ヽ    \   あった。それを使って皆を眠らせてしまえば、行動がく容易に
.     / .| | ヘ  v'"´      /  ./∨ヽ   ヽ  なると考えたのだろう。
    /  .| |  \ く ̄´マ  / ∠/ /    ノ
.    {    ヽゝ、 ヘ }  └'/ /    /   /  咲夜さんによれば薬の保管場所には鍵をかけていなかった
.    ヽ    \  `Y   {  {   ハ   くヽ  から持ち出すのは容易だし、あるいは、自分に出された薬を
      |      |!. ∧  ∧  ヽ_/ \  ー'  飲まずに蓄えていたのかもしれない。
.    _ノ     ,イ_,/ ヽ/  ヽ  ヽ    `ーt
    ̄    _// _,/^ー┼‐tゝ_}  ├、.    \
     _,∠_,ィく ̄  //  (ノ   |フ\     ヽ
     ̄_, -‐'\'、  レ.     |   /   `ー、  ノ
.     く \  ,イ_,/    人   `ー'⌒ヽ  \/
     / /\〃 ヽ      `ー‐'⌒) |   ` ̄


9041 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:04:36 ID:4z16mmsE0

薬をポリタンクに入れたのは、君たちが到着する前か、準備中だろう。普段から閉まっている
<旧館>玄関の合鍵も厨房の引き出しにあったから、持ち出して、開けて中に入るのは容易だ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   , 、 、 ,
                  .,i´ ,r-、 `',  __
にニ冂ニ¶ニニニニニニニニ¶  {  キ=キ=キキ
  i'''' ''''i             ヽ、`¨´., r'  | |
  |_n._n_|               ¨  ./ ̄\
                         .|    |
                         .|    |
                         .|    |
                         .|    |
                         .|    |
                         .|    |
                         .|    |
                         .└──┘


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9051 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:04:57 ID:4z16mmsE0

そして、その夜

おそらく博麗霊夢は何かレミィの形見の品を持ち出して交霊パフォーマンスにでも使おうと、<振子の部屋>に
行った。
そこへ偶然、例の秘密の通路を通ってフランがやってきた。彼女は通路や隠し扉のことも父から教えられて
いたのだろう

そして目撃されたフランは驚く霊夢を、咄嗟に口封じのため殺した。
それをこれまた偶然、ドアの外で君が聞いていた。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


     \                       /
       \                    /
         \二二二二二二二二二二二ニ/
         |: : : : _________::: : : :|
         |: : : : |    ___.    |: : : : |
         |: : : : |  |     i|   |: : : : |
         |: : : : |  |     i|   |: : : : |
         |: : : : |  |    o|   |: : : : |
         |: : : : | _j____|_ |: : : : |
         | : :: : |           |: : : : |
        ,/ ̄ ̄             ̄ ̄\
      /                     \
     /                        \
    /                           \
 ./                                  \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9061 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:05:17 ID:4z16mmsE0

                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l 
        /l       '´   _   r  .l
      / ..|       t''j"´    =='' ',
     /`ヽ、__.',      `¨¨´   ヽ   l   偶然だらけなんですかお
    ./   \ .ヽ.     (_ノ--'  ノ
   /     /-‐| \、 ____ ,,..-<
  ./    ./   l l  \    | r-ヽ  `ヽ
 /    l    | ヽ   .>、 r'__..>>   |
./     iヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
'      l  、  < ´  .i  |  i  | |  |
\   / _,,-ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |



    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r :.:.:.:.:.:.:`ヽ
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ヾ:.:.:.:.:.:.:./
    /:.:.ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   |:.:.:.:.:.:/
   /:.:.:.ヽ ヾヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/、__   i:.:.:.:.:l
   /:.:.:.:.:.:.ヽ ゝ):.:.:.:.:.:.:.:.:/ktjーゝ`./:.:.:.:.{     釈然としないかね
 /:.:.:.:.:.:.:.:iゝ 〃(:.:.:.:.:.:.:.{  ``"^ 〈:.:.:.:.:.:|
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|i``(( \:.:.:.:.:.:i、     ヽ:.:.:.:.:.l    なら別の解釈をしてみよう
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| i!  ヽ/:.:.:.:.:.:.メ   ヽ,=‐':.:.:.:.:.ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノl i!  /:.:.:.:.:.:.:.:.,ア `ー =ァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト─ /:.:.:.:.:.:.:.:.:/  _-ニ/:.:.:/:.:.:.:.:.,.ノ
:.:.::.-─ /  〈:.:.:.:.:.:.:.:ト、ヽ  _ノ:.:.:ト:.:.〃:.:.:.,ィ/
 /ililiil/    \:.:.:.:.:.:.\`ヽヽ:.:.:.|:.:《、:.:.:.ヽゝ
/ililiilili-─ト、--/,ィ:.:.:.:.:.,)  ))乂\\ヾ:.:.:.:.ヽ
ililiililiililiililiililiilヽ ト /   〃/\``  \:.:./


9071 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:05:36 ID:4z16mmsE0

こういう可能性もある。霊夢とフランの間には、元々何らかのつながりがあった。
一時期あの屋敷で家事手伝いをしていた霊夢は、当然フランとも顔見知りだった

真紅家を離れてからも彼女はひそかにフランと連絡を取り合っていた。彼女が云われているほど頭がおかしく
ないことを承知しちした上でだ。
この場合は、取材企画の情報は霊夢からフランにもたらされたとも考えられる


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    ,.へ    ___,.へ    ♪
               __,,. --─'──`<.,,/:::::::ト、 /
            ,. '"            `'く:::::::ト.     ♪         __   _____   ______
    ∧      /  ゝ____,.へ--、へr-、ノ   i、::::! | /! /          ,´ _,, '-´ ̄ ̄`-ゝ 、_ イ、
    V      i__,.へ!_,./--'─'--'-<ヽi__/ Y | /」            'r ´          ヽ、ン、
   __i.     r'へ,.イ   /  ハ  ハ i  `ヽ7、.| .|/             ,'==─-      -─==', i
 ∠__,.ヘ     `Y´ / / ノ__,/,.ィ レ' 、!__ハ i i iヘ| |>>            i イ iゝ、イ人レ/_ルヽイ i |
    /iヽ.     i イハ ハ| ⌒ ,___, ⌒ !_!ィヘ.| .|              レリイi (ヒ_]     ヒ_ン ) | .|、i .||
   !/  !.,    |   V |' /// ヽ _ン // .ハハノ.| |>  キュッキュッキュッ     !Y!""   ,___,   "" 「 !ノ i |
      ∧ `ヽ、ノ  〈 ハ.          .从ヽレi. |  \   ニャー   /   L_.',.   ヽ _ン    L」 ノ| .|
      V  /!〈rヘハ!|>,、 _____, ,.イハ ハ〉 レ'      ___/      | ||ヽ、       ,イ| ||イ| /
         |/                      [●|圖|●]     レ ル` ー--─ ´ルレ レ´


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9081 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:05:50 ID:4z16mmsE0

問題の夜、霊夢は<振子の部屋>で、あらかじめ秘密の通路を通ってくるフランと会う約束をしていた。
霊夢はフランに何かパフォーマンスに協力してもらうつもりで、その打ち合わせだったのかもしれない。
ところが……なにかトラブルがあって、フランは霊夢を殺してしまった。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   : ,.へ    ___,.へ :
               __,,. --─'──`<.,,/:::::::ト、 :    _人人人人人人_;人;;从;;;;:人;;:.`)
           : ,. '"            `'く:::::::ト. :    >        <⌒;人;;从;;;;:人;;:.`)"
   : ∧     : /  ゝ____,.へ--、へr-、ノ   i、::::! | /! :  ̄^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄⌒;:⌒`~;;从;;人;;;⌒`;:
    V     : i__,.へ!_,./--'─'--'-<ヽi__/ Y | /」 :          ;;:⌒∵⌒`);(´∴人;;ノ`/
  : __i.    : r'へ,.イ   /  ハ  ハ i  `ヽ7、.| .|/ :          ;从;;人;;;⌒`)⌒;;从;;∴`)人
: ∠__,.ヘ    : `Y´ / / ノ__,/,.ィ レ' 、!__ハ i i iヘ| |>> :     ⌒;(´∴人;;ノ;⌒`)⌒;(´∴;ノ;⌒`);
   : /iヽ.    : i イハ ハ|. (◯),  、(◯) !_!ィヘ.| .| :         ⌒;人;;从;;;;:人;;:.`)";:(´⌒`);;⌒`)
  : !/  !.,   : |   V |' "  ,rェェェ、   "ハハノ.| |> :          !Y!""  ,rェェェ、 ".::::「 !ノ i |
     : ∧ `ヽ、ノ  〈 ハ, u  |,r-r-|   .从ヽレi. | :           L.',.   |,r-r-|   .::::L」 ノ| |
     : V  /!〈rヘハ!|>,、 `ニニ´ ,.イハ ハ〉 レ' :    ___/    | ||ヽ、 `ニニ´ .:::::,イ| ||イ| /
        : |/                      [●|圖|●]   レ ル` ー--─ ´ルレ レ´:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9091 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:06:27 ID:4z16mmsE0


ともあれフランは霊夢の死体を納骨堂の棺に隠し、ローブを奪って、復讐を実行することにした

殺す標的は四人で、よほどの機会がないと一度に殺すのは無理だ。皆同じローブを着ていたから、そのローブを
着ることで注意を仲間内に向けさせ、犯行を容易にしようと考えたのだろう

そして霊夢が持っていた合鍵を持ち去り、君たちを<旧館>に閉じ込めた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              ,.=三三三三: \
         /三三三三三三三 ヽ
.         //三三三三三三三三:ヽ\、
        //三三三三三三三三三:ヾ三ト、
       ハ三三三三三三三三三三三三:ヾ:、
       ハ三三三三三三三三三三三三三ツリ
        i三三三三三三三三三三三三三/:/
        |:三三三三三三三三三三三三:/:/
        !:三三三三三三三三三三三:/:/
      ,!三三三三三三三三三三;:< :三{
      /l:三三三三三三三三:/   / 三!
     ハ三三三三三i三三三/   ァ' :三:!
     ハ三三l!三三三l!三三ハ>- ' :三:シ
    //:三://l:三三三:!l三三三ヾ/三/
   ハ三三/::i!:三三三:、ヾ三三三l三{
   .ハ三三'三!三三三ヾヽ:\三三ト、:i
   ハ:三:/:三三三三三:\ヾミ、 三三`ヽ
.   ハ三:/:三三三三三三:`ヽヾト、\三/
  ハ三/:三三三三三三三三三三:∨{:i

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9101 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:06:43 ID:4z16mmsE0

その後の展開はやる夫君、君が知っているとおりだ。

機会を見ては<旧館>に忍び込み、フランは犯行を重ねていった。

『おまえたちがころした』という告発文を残したのは、やむにやまれぬ衝動にかられての行いだった。

早乙女老人を殺したのは、納骨堂の地下から出てきたところを彼に目撃されたからだろう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


j炒′  ,ィ劣l才´                   込i:圭{                      Ⅵi伐
Ⅳ   /{}{ア´                       Ⅵ7:刈                       Ⅵii
/   /㌢´              ___________                ||
    ll/                 |               |                  ||
    lll                  |               |               為
    {{                 |               |               '為ソ
   ヘ_                   |   おまえたちが    |             /ア
     [ft                 |               |             〃
     Νk             |     ころした      |             7
       !垈              |               |            ノ
     .為llll}             |___________|
    .ィ圭洲;                         /淤l圭l丞
   ,ィ劣圭:㌢            L           /淤圭圭IIII)         λ
  ,ィ劣斧ア                 [代        ,攷圭斧:㌢´          {会ュ。.
f,/淤圭Ⅳ             Ⅵ心       刈圭?[ア                `''寺ll≧ュ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9111 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:07:42 ID:4z16mmsE0

やらない夫君があんな目にあったのも、早乙女老人と同様の経緯があったのではないかな

そう、フランが血で汚れたローブ姿で塔の部屋に戻っていくのを目撃してしまい、それをつけて行って……


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


          ・;`  ヽ、 ヽ/   /    ;
                 ̄>    <_
                ,"⌒      ⌒ヽ、
              /         \ ヽ       ,、
     ,、      _/   ,、           ヽ ` ̄⊃/ 〉
     ゝヽ、⊂ ´ ̄    ノ \         〈―- 、_,ノ
     ヽ、_,-――‐´      i       l
                        〉         ハ
                     /     人     i
                  /    /  i    |
                     /    /   l   |
               /    /    |   |
          ___ ノ      ノ     ハ、   人
        _/      ,ー ´        ヽ、  \_
       (  _ - ´ ̄ ̄            \__)
        \ )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9121 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:07:56 ID:4z16mmsE0

         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'         _    __´_ ‘.   実はやらない夫君が十年前の子供の一人であることに、
  ,    t''tzj´       ̄ ̄  ‘.
  {    "'`¨¨´           、、 }  フランが気づいた可能性もあるんじゃないですかお
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __




ああ。それもありえなくもない

8月1日の夕食の席で、フランはやらない夫君の顔つきに妙な反応を見せた。
あのとき、もしも彼女が十年前に会った子供の面影を見つけたのだとしたら……


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 .           , "´                 i::::::::::::/::::::〉
          /           __,. -‐‐-、___, i:::::::::/:::/
 .         /         __,.'"`;Y-‐‐-、_/__ __ ヽ:::::i:/`ヽ
          i   _'、__ゝ'"`;Y-‐/        ヾ /  `,:   l
         .r'"" ̄7>‐''"´ ヾ-.:: !    :ハ:  | ヽヘ/ .   !
 .         「 ;ア/ / イ L.L   :/! !   :/ ´!:!`lヽ l    !
 .    |\   !ヽ!:l  !  /!,'l //ノ! ハ ,'  リ| ;'l:  :l l   |
     .| .|   !:|::!::ヽ !  :,' ,:'彡ミヾ/ノ レ'   ,'彡ミ、!  /i   !
 .    ヽ/   レ!::l: .、:ヽ: :!彳ひc;l!      l!ひcl!l /::/ !  .丿
 . .    `7  | ',:: (\l: !ヽ弋;メ       弋;メ lル'  ! /    ――細長い顔
       |  .| ヽ  `ーヽ!"" ` "     '  " ´"/_ノ  ノノ
    _,,..-ァi.  .|ハ ノi 冫ヽ从l\        。     /! ;'  ´ _
   ∠__,/ '、    ./   ' `ヽ `  、       , ィi  レ'   /ヽノ,ヽ
 .         Y , /\      ヽ、_/!ヽ  ´リ リ     / `Jィノ )
 .        ,〈 ::::::::::::ヽ-‐─. ',二`、 |: : ヽ       /  、 _,r '^ ヽ
       / /)ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\: : : }:`)   /    /〈     〉
       |/:::::::::\::::::::::::::::, '"´  `ヽ.!_:::::::.、、/    / /  _,


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9131 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:08:13 ID:4z16mmsE0

      / ̄ ̄ ̄\
    ../ _, 、_.  \
   / (● ) (● )  \
   |    (__人__)     |  射命丸さんを殺したのはやはり、フィルムを処分したかったからですかお?
   \   ` ⌒´     /
   〆~\       /ヽ
 /:::;;;、:::::::i::ヽ`介´/::::i::::::::::ヽ
<:::::::::::<|:::::::l::::ヽ| | i::::::7;;;;;;:l::::}
. \::::::::\:::::\;;;i,,/:/:::::::::i:::::{


だろうね。広間に集まった君たちの様子を潜んで窺っていたときに、カメラのストロボが光った。
姿を映されたかもしれない、とフランは恐れ、予定外の殺人を余儀なくされた。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                         _zュ__,xュ_
                  _z ==、 /´‘¨^ニ^¨´  . :`Y
                て  -=彡=-‐…‐-=ニ_ . .: ::.::人
             ,z≦三ハ  _,,zリ ;;;;;; # ;;;;    `丶、/ /`l
           ィfて_,ノ) ノ^¨√:::::}         メ  `''《:::::::\
            {¨^ー='’:: : 厂\/ ̄> ≦. ̄.≧x、   メ ヾ、:::::ヘ_
            】‐≠‐ァ.:.:: 7\  レ'´-‐-    ミ. , \  # ;;;∠_::; -'|
           】‐-‐〈:.:.:.:#: :,x≦-…‐-ミ  ` 、 ’.  ゙:,__  ;;;;;;l ;;;; |
          】 !  :.:.::/...、ィ'l_t|.みソ.、...丶 丶 ゙:,  ニ. 、 |::メ;|
           ¶メ;l l  :::/./ .=、キ=サf=イヾ`=ィy:、 ‘, ’ l (__ 厂) l: : ;;|
              ヽ |  :;′.f´ソモtifr'=、メキッサメf- ..′ / . :.:''´  |: : ;;|
            ゙7_ :{!..jiキモl杙繊炒jチif井♯  j  ':.:.:.: :   |: メ/二ニ=-
               ∠ :', ', ニサヤ比叱沙ィf´<`' } ノノ::.#.:.::  ;;;;;l: :/三二ニ=-
          _    {!,i、 攵辷ケモケモナ匕冫 ,' /':::.:.:.: :.   ♯ノ '三二ニ=‐    /ヽ
         //::}     ヽ メ/幵f|^´ヽ!、/ ./三二ニニ== ―= ニニ=‐       {ヘ 乂
         `┴-'  〈〉 ‐=- .  ニ二ニ   _,.イ三二ニ=‐   ̄ ̄           \i ゝ
                ‐=ニ二≧=‐-‐=≦三二ニ=‐   [〉              ∨
           ∠フ    ‐=ニ二三三二ニ=‐   <>      く>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9141 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:08:31 ID:4z16mmsE0

.      l    i`ヽ、,. -一┐      i  l  
       l     |       l.         |  li 
      i      j       ヽ、      l  {
      }    `ー- ..   __,,.. '' ,      レイ ヽ、
    _」     /ィt;ュ=、  `´,rt;ュ=rl}    i!ノ
.,. -‐'" , '.   〈   ´ jl       l    V
    /    ハ     ト       l     |   だがね、彼女は彼女なりに、復讐すべき相手以外にはなるべく
.   /    / ヘ    i _〉      |       l   手を出したくないと、そう考えていたのかもしれない
   ,'    / /  ゙、 v -‐=vァ  /       l|  
  {i    {_,イ    、 _`二´  /.       ∧ だから君は気絶させられるだけで済んだ。もしあっさり気を失わずに
  ヽ、   /     ヘノ   t,,..<(f     / |l 下手な抵抗でもしていたら、どうなっていたかは知らないが。
へ   \ /   __,イ `;  ,< ヽ    /  {
  ヽ、  }j/ / ̄  \`Yj/  ,イ┤   !{   \
\  -n イ´    /ヘ  「   ハ{i    ヽ、
 t   /     /  / / i!    |l       \
  しV´      /  i| {  |    i{       リ}



       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\       運がよかったのかお
  /   (__人__)  u. \
  |ni 7   ` ⌒´    . |n
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''


9151 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:09:01 ID:4z16mmsE0

                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
          l       '´   _   r  .l   日高さんはどうしてだお?彼女は何も関係なかったはずですお
.        |       t''tzj´  ィセツ ',
.          ',      `¨¨´   ヽ   l
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ
.       _ ---‐| \、 ____ ,,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |




何かまずい行動をとったのだろうね。死体が納骨堂の棺にあったということは、隠し通路を見つけて
逃げ出そうとしたのかもしれない

彼女と早乙女さんは、手で首を絞められての絞殺だったようだ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



   :::::.____      ____        ____::    ::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::
   /´       ヽ  ./´       ヽ   . /´       ヽ   .::::::::::::::   :::::::::::::::::
   /          /|  ./          /|   /          /|   .:::::::::::   :::::::::::::::::
:::::./         /..:| ./         /..:| . /         /..:|   ...:::::     :::::::::::::
:::./         /..:::|./         /..:::| /         /..:::|          .::::::::::
:./         /..:::../         /..:::/./         /..:::/        ::::::::
r " ̄ ̄ ̄`゙ヽ/.::::/.r " ̄ ̄ ̄`゙ヽ/.::::/ r " ̄ ̄ ̄`゙ヽ/.::::/        ::::::::
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |.::::/ .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |.::::/ . | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |.::::/   ::::::::     :::::::::::::
|::::::::::::::::::::::::::::|.::/  |::::::::::::::::::::::::::::|.::/  .|::::::::::::::::::::::::::::|.::/            .:::::::::::::::::
|______|  ...|______|    .|______|     .:::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::           :::::::::::::      :::::::                :::::::::::::::
::::::::::::::::::           :::::::::::::::::       :::::              :::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::                :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9161 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:09:19 ID:4z16mmsE0

                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
          l       '´       r  .l
        .|. U   =≡=   =='' ',  小早川副編集長も、なにか不都合な行動をだお?
.          ',             ヽ   l
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ
.       _ ---‐| \、 ____ ,,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |

                        ___,、
                   _, - '´   ト宀、
               /´ ̄´        |   |
             , ′           j、   ',
            /             / ヽ  l
            l     ,、   |     I 一,j |  おそらくね
            |    丶`こ !    jf近、 { i
            l      ヘ、/    |    `く
            |l      /      t   r‐'          "':
            ソ       /       ヘ -‐iヽ、 .,,, ;; ''""'::;;,, ;; ''
            /      ,'  r'     / 丁j  }
           , '      {   り     /ゞこ 弋/  リ>、
         /       ハ      │ トー―ゝ  \{]ぅ、   ,-、
       /     , --‐'   \     `ー心   }   \ \ ノ  l  ;'´ l
     /      / `゙ー-=-、_}    弋r、 ぅ__/     \, ′ / ,イ /
      /     , -‐'´         /      い/ ヽ、      /  ュr'  ,イ /´j
    /    /           !       小、| \     ¦    イ\


9171 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:09:58 ID:4z16mmsE0

                    ___
                  /        ` 、
               , '              \
                 / ヽ、     _,.. --   ゙ .
             /  _`__     __     ,
                ′  ̄ ̄        ̄ ̄    ,  そう
               {  "'              、、 ∪ }
.            、     ゝ-‐ ー- '      /  鹿谷さんたちが<旧館>に踏み込んだとき姿を消していた
            _> 、              /   小早川茂郎副編集長は、翌8月3日朝、屋敷の東側の森の中に、
                ∨/r v'´ ヽ _  「/7,<     地面に穴を掘って埋められていたのが発見されたお
           /V,l / \ V   」/////〉
.            ,.イ //Y〈_   ヽ.〉 く//////__   同じ場所で、岡部倫太郎、前原圭一、射命丸文の三人の遺体も
            /.:.|///ゝ、 `ヽ./ f⌒o 7¨´///}  発見されたお
            >、:ヽ/ ` `Y !  _! [`__'7´////,j
.      __ /   〉′j .イ /} } / _/ ∨//////,|
     / f´ | ト、` 、ゞ / { {//   У//////|
.     { l  | |  ` ー'‐ = Tl _  〈/>z/_∧,|
     ヾ.、 | |      二 l |   `゙` </_/_j
.          ` ┘^  .   二 //      /  ̄
                ` < {.{ 、 __ ノ





<新館>の玄関や<旧館>からの渡り廊下にあった複数の血の跡は、これらの死体を運び出した跡と
思われているお

遺体発見現場付近の地面には、犯人のものと思われる足跡が無数に残っていて、これはフランが所持
していた靴の跡に合致することも確認されているお



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9181 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:10:25 ID:4z16mmsE0

:..:..:..:..:..:..:..:..:..:|ik;;:;;:;::;;:;:;;::;:;:::;:;;l:;:;::;:j!|:..:..:..:..,(;;ハ:..:..:.Vヾ:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..ノ'ヘ.:..:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:..:..:..:..:..:..:..:..:..(ik;;:;;:;::;;:;:;;::;:;:::;:;;l:;:;::;:j!:|ゞv'.:..:..:..:..:..,,‐ゞy;;'ゞ<.:..:..:..:..:..:..ゞ>:..、..:..:..:..|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;:;;:;;;:;k!:;;:;:;::;;:;:;:;:j!;:;:;;:;|:;ゝ、7-ー<ヾ:'(゙':ヾ:.:.:.:.:.:..:..:..:..:..:.〆、,,;">-、|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;:;:;;:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;::;i:;:k;;:;|‐>、;ヽ、:;;:y':/;;-'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.バ:.:.:.:.:.:.`‐|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;:;;;:;;:;:;;:::;:;:::;:;:;!::;:;:;;:;:;;;|:.:.:.:.ヽ:::;:;:::/:;;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙:.~^:.:>ー|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;:;;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;:;;::;:;:;:;;:::;:;:::;:;;:i!;:;:;:;:;;:;:|.:.:.:.:.:.,!i!;;:;:;y':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(;!:;:;:;:;;:;j!;:;;:::;:;:::;:;;:;l::;;::;:|:.:.:.:.:.:.l;;:;;;:;:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:;:;:;:;:;:!:::;:;::;:;:;j:;;:;:|;:;:;:;):;:;:;:;:;:|;;i:;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;:;:;;;:;:j:;;::;:;:;:;;::;:;:;i:li:;;::|;:;:;:;:;:;:|;;::;!i!;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;;;:;;;:;:k:;;:;:;::;;:;;::;:;:j:;:;;::l:;:;:;:;:;(i!;:;:;;:;|::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:i!:;:;;:;:;;;:;:(;:!;;::;:;:;::;:;:;:;:|:;:;ik/;;:;:;:;;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:i!:;:;;;:;:;;:;:;;:::;:;::;:;;:y::;;:;:ヽノ;;;:;ハ、;vvヾヘw'':;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;;:;;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;:ヾ:;:::;:;:;:ヾ;:;:;:;:;;`ー-、;:;:;:;:;'""~  ,,''w;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,ノ;;:;;:;:;;:::;:;:::;;:;;:;:;;:;;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;、:;:;:;:;;:;:;;::ヽ:;::;:;:;;:;:;;:;::;:;;:;:;:;:;`ー-、 ,, ~"''"^'"''゙`w,-‐'´;;:;;:;:;;:::;:;ノ:::;;:;::;:;:ヽ;;:;:;;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:_ノ;;:;;;:;;;:;:;:;ヽ、;:;;;:;:;;:::;`ー-、;:ζ:;`ー-、;:;;:;:;:;:};         '' Ww_,-‐'´;;:;:;;:;;:;:;;:;::;ヾ;:;;
;;;;;;,,-‐'´;;:;;;ノ;:;:/:;;:;;^ー-、:;:;:;:;:;:;:;:;:`ー-、:;:;;:;:;:;~:^"w'Mv  ,,    ''    ゙';;:;==;;;;:;;‐、__,,''~"'~w
!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.v"ji,,Iw,,MW w,,Mv,w,.vw,.v Vw            w,,Mv,w,.vw ,.., ,v
"~'"'"~v从X~""~'"'"八w、,,~~""~'"'" "~~""~W'"' ''        ,、   Ww"''"  "'~"''"''
_、_γヾヘwゝ);;);ヾ)ィXV从X(:ヾ;ミx、 '''' ,,, '"'w                 w' " '''' ,,, '"'' ,,
,_ノ`)ゞy;;'ゞ<.ゞ,イiv:イイヾ、八ゞiv:l;,ゝ)从iヾlr                     Mw;;,, '" ..,,  '"'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9191 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:10:46 ID:4z16mmsE0

      \ _ -、_ニ、      _ - '     _/
     r  ̄,   ´ _ノ            ,.. ='-ァ   フランは何故、死体をわざわざ外に運び出すなんてまねをしたのか。
     /  /  , 弋う‐ k‐r,-、ニニニ-r T  ̄  | /    これも検討しなければならない問題ではあるだろうね
.    / ノ   /  入  L `7´こ卞、ト、」 |!     l'\
   〈    '   /  〉 | /´   ト、`` ! |    |  ヽ  死体を隠して発見を遅らせるため、というのが普通に考えられる
     i     ´  / l       | 〉   l {!     |  ヽ 答えだが、この場合は違う
    _」 |!       イj k     _ ′  | l     ト、  ヽ
  / l ||  |     f トヽ  `ー==-‐'  イ、    l \ フランの目的は、あの森に穴を掘って彼らの死体を埋めるという、
 / / V|  |    |  } \、_ 〉 ̄く_, ≠  }    \  その行為自体にあった。そう解釈するべきだろう
 ≠` <      |  人  \    / /7      ヽ
     \      j /   \ ヽ / //         ヽ   \|
       \  / く      ヽ V∠ /        /    \
         ∨    \    /匸!ヘ  \    <´/


9201 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:11:04 ID:4z16mmsE0

                           .  -――- 、
                   /          \
                      , '               ヽ
                  /       __,ノ ′' ーヘ Y
                   |    《 ●  )  (● 》 !  レミィの復讐だから、ですかお。つまりその、落とし穴に落ちて
                   |     `  ̄ ´   `¨ヽ  }  苦しんだ彼女の恨みを晴らすためには……
                 V      ヽ. __人_丿 /
                   ∧ ̄ヘ      ー一  /  ですけどお、だったら何故、秋月君と牧瀬さんの死体は<旧館>
                   /::::::::::ヽ \   ___/    に放置してあったのですかお
              /::::::::::::::::::::ヽ. \_, -'´
             /:::::._:::::::::::::::::::ヘ  .>ハ
           /::´:::::::::::::`:::.、:::::::::ヽ/ ̄}
           ,::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ハ  |
.           ,:!:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::ハ´¨|、
            /i:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::i. | i


         j"\_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__r‐'"´   |f´ /      l
          /   `-、__ __:::::::::::::::::_,,イビノ,代     レ'´     ',
        /       i ゝドダ'''''''"´ ̄ ̄"゙゙^ │      |        ' 、
      /      │    j|         j       '、        `ゝ
     /         ∧   ,イ        /       L__  たった一人で死体を一つ一つ森まで運ぶのは、 
    〃,ィ      /   .ヽ ,'/          /            \ 7  口で云うよりもはるかに大変な作業だっただろう
    勹    _,r'´     ゝ ゙ー-      ゝ            \
   │|   /´        ,∧ ー--―一' 入               時間が足りなかったのが、あるいは体力が持た
  ヽ ゞ         / ̄  ヘ 丁"^Y / バ          ト、 なかったのか、四人の死体を埋めたところで諦め
    \        /      ∨    `"/,-┘       /  ざるをえなかった
.     |     /           |   ∠/            ム'  
    /   r'´ ___........___     │ ,イ゛〈             /    j


9211 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:11:34 ID:4z16mmsE0
                    __
              ,..-''"´     `"''-、
             / 、_ノ      ヽ _\
            /               .',
              ,'   __       __ ',
           l    `¨¨´/   .\ ¨¨´  l  うーん。でも何だかだお……
           l U "" (   ,、  )""  l
              '.,     `¨¨´ `¨¨´    /
            ヽ、 __        /
               r''"´:::::::/´|    _,,..-''´ヽ
             __|::::::::::::/::::::ヽ、   |:::::::〈.、__
      _,,..-‐''"´  |\./,::::::::::::|    |:::::/-ヽ、`''-..,,_
     |ヽ      |  __ '.,::::::::::\.  .l/::::|  <_   .|
     | ヽ       ̄/   '.,::::::::::::\,':::::::::::',   .|    .|


                        ___,、
                   _, - '´   ト宀、
               /´ ̄´        |   |
             , ′           j、   ',  あと一つ、説明をつけておくべき問題が残っている
            /             / ヽ  l
            l     ,、   |     I 一,j |  フランは何故、<旧館>にあった時計を壊していったのか。
            |    丶`こ !    jf近、 { i  そもそも何故、時計なんていうものを凶器に使ったのか
            l      ヘ、/    |    `く
            |l      /      t   r‐'          "':
            ソ       /       ヘ -‐iヽ、 .,,, ;; ''""'::;;,, ;; ''
            /      ,'  r'     / 丁j  }
           , '      {   り     /ゞこ 弋/  リ>、
         /       ハ      │ トー―ゝ  \{]ぅ、   ,-、
       /     , --‐'   \     `ー心   }   \ \ ノ  l  ;'´ l
     /      / `゙ー-=-、_}    弋r、 ぅ__/     \, ′ / ,イ /
      /     , -‐'´         /      い/ ヽ、      /  ュr'  ,イ /´j
    /    /           !       小、| \     ¦    イ\


9221 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:13:20 ID:4z16mmsE0

                    __
              ,..-''"´     `"''-、
             / 、_ノ      ヽ _\
            /   _       _ .',
              ,'   イ(::::`     イ(::::` ',
           l    `¨¨´/   .\ ¨¨´  l   ああ……はいだお
           l     (   ,、  )    l
              '.,     `¨¨´ `¨¨´    /
            ヽ、 __        /
               r''"´:::::::/´|    _,,..-''´ヽ
             __|::::::::::::/::::::ヽ、   |:::::::〈.、__
      _,,..-‐''"´  |\./,::::::::::::|    |:::::/-ヽ、`''-..,,_
     |ヽ      |  __ '.,::::::::::\.  .l/::::|  <_   .|
     | ヽ       ̄/   '.,::::::::::::\,':::::::::::',   .|    .|


     /  /  , 弋う‐ k‐r,-、ニニニ-r T  ̄  | /
.    / ノ   /  入  L `7´こ卞、ト、」 |!     l'\   彼女は犯行のたびに時計を凶器として使っては破壊していった
   〈    '   /  〉 | /´   ト、`` ! |    |  ヽ
     i     ´  / l       | 〉   l {!     |  ヽ 君や岡部君、副編集長は火掻き棒だったようだが。
    _」 |!       イj k     _ ′  | l     ト、  ヽ
  / l ||  |     f トヽ  `ー==-‐'  イ、    l \ L_
 / / V|  |    |  } \、_ 〉 ̄く_, ≠  }    \ ト、  `i
 ≠` <      |  人  \    / /7      ヽ| \  |
     \      j /   \ ヽ / //         ヽ   \|
       \  / く      ヽ V∠ /        /    \
         ∨    \    /匸!ヘ  \    <´/         \


9231 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:13:49 ID:4z16mmsE0

.          /                 ヽ
.           /                   '    鹿谷さんたちが踏み込んできたときには結局、動いていた時計の全てが
.          , ,                 ',   壊されていたんですお
        i ゝ ̄ ''ー-                !
         {   {__  ヽ  J           }   広間のテーブル時計さえも
.         ',   マj  ̄ノ           /
         ゝ  `   ´           ∠ _
         { i                ,ィ´::::::::::::::`ヽ
           ゞ.、 _   ノ       ィ/:::::::::::::::::::::::::::\
.            `ヽ  ̄     ,.ィ≦/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             ` ー-  イ:::::::::::,{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\


    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r :.:.:.:.:.:.:`ヽ
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ヾ:.:.:.:.:.:.:./
    /:.:.ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   |:.:.:.:.:.:/
   /:.:.:.ヽ ヾヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/、__   i:.:.:.:.:l   そうだ。<旧館>内の108個の時計全てが壊されていた
   /:.:.:.:.:.:.ヽ ゝ):.:.:.:.:.:.:.:.:/ktjーゝ`./:.:.:.:.{
 /:.:.:.:.:.:.:.:iゝ 〃(:.:.:.:.:.:.:.{  ``"^ 〈:.:.:.:.:.:|   まあ、その中には君たち自身が壊したものもずいぶん
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|i``(( \:.:.:.:.:.:i、     ヽ:.:.:.:.:.l  含まれていたわけだが
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| i!  ヽ/:.:.:.:.:.:.メ   ヽ,=‐':.:.:.:.:.ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノl i!  /:.:.:.:.:.:.:.:.,ア `ー =ァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト─ /:.:.:.:.:.:.:.:.:/  _-ニ/:.:.:/:.:.:.:.:.,.ノ
:.:.::.-─ /  〈:.:.:.:.:.:.:.:ト、ヽ  _ノ:.:.:ト:.:.〃:.:.:.,ィ/
 /ililiil/    \:.:.:.:.:.:.\`ヽヽ:.:.:.|:.:《、:.:.:.ヽゝ
/ililiilili-─ト、--/,ィ:.:.:.:.:.,)  ))乂\\ヾ:.:.:.:.ヽ
ililiililiililiililiililiilヽ ト /   〃/\``  \:.:.


9241 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:14:04 ID:4z16mmsE0

                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
        /l       '´       r  .l
      / ..|. U   =≡=   =='' ',   ええ。広間の時計なんかは半分以上、副編集長がだお
     /`ヽ、__.',             ヽ   l
    ./   \ .ヽ.     (_ノ--'  ノ
   /     /-‐| \、 ____ ,,..-<
  ./    ./   l l  \    | r-ヽ  `ヽ
 /    l    | ヽ   .>、 r'__..>>   |
./     iヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
'      l  、  < ´  .i  |  i  | |  |
\   / _,,-ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |


         j"\_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__r‐'"´   |f´ /      l
          /   `-、__ __:::::::::::::::::_,,イビノ,代     レ'´     ',
        /       i ゝドダ'''''''"´ ̄ ̄"゙゙^ │      |        ' 、
      /      │    j|         j       '、        `ゝ
     /         ∧   ,イ        /       L__        \
    〃,ィ      /   .ヽ ,'/          /            \ 7
    勹    _,r'´     ゝ ゙ー-      ゝ              この異常な行動も、フランの心の問題として説明が可能だろう
   │|   /´        ,∧ ー--―一' 入            
  ヽ ゞ         / ̄  ヘ 丁"^Y / バ           つまりだ、彼女は時計というものが嫌いだった。実際に彼女が
    \        /      ∨    `"/,-┘         そういっているのを、僕は聞いている。
.     |     /           |   ∠/              <旧館>のいたるところに置かれた時計たちが、かつて姉の
    /   r'´ ___........___     │ ,イ゛〈              レミィを苦しめていたからだ
   ヾ    /  /      \.  └fンl  ヽ、


9251 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:14:36 ID:4z16mmsE0
                    __
              ,..-''"´     `"''-、
             / 、_ノ      ヽ _\
            /   _       _ .',
              ,'   イ(::::`     イ(::::` ',   苦しめていた?
           l    `¨¨´/   .\ ¨¨´  l
           l     (   ,、  )    l   そうなんですかお
              '.,     `¨¨´ `¨¨´    /
            ヽ、 __        /
               r''"´:::::::/´|    _,,..-''´ヽ
             __|::::::::::::/::::::ヽ、   |:::::::〈.、__
      _,,..-‐''"´  |\./,::::::::::::|    |:::::/-ヽ、`''-..,,_
     |ヽ      |  __ '.,::::::::::\.  .l/::::|  <_   .|
     | ヽ       ̄/   '.,::::::::::::\,':::::::::::',   .|    .|
     |  ヽ     \   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::',  |   .|


            ,
      厂 ̄ ̄ .__            ヽ、
      /  r'^ー'´ \    |   、    l
    /   .|       ヽ   ト、   い    \
    ノ    │      .,;;l   f‐l    `ー、   `ー
.   |   ハ .l     '´k,ィrッ、 .\、_   `く丁
    \  {_」.冫ー、   ゞこ=`ー、. \ ゝ   ヽ    咲夜さんが云っていたよ。レミィはあの時計たちをひどく嫌がって
      ヽ ∨/,ィfラj        |  |/    /    いた。見張られている、縛られている、というふうに感じていたらしい
       }j f `こf}、 ー         | K.     /
      / | ヘ    ´  __ _,.  /  |ヽ    \   思うに、彼女の置かれていた境遇の”不自由さ”の象徴があの時計
.     / .| | ヘ  v'"´      /  ./∨ヽ   ヽ  たちだったのだろう
    /  .| |  \ く ̄´マ  / ∠/ /    ノ
.    {    ヽゝ、 ヘ }  └'/ /    /   /
.    ヽ    \  `Y   {  {   ハ   くヽ
      |      |!. ∧  ∧  ヽ_/ \  ー'
.    _ノ     ,イ_,/ ヽ/  ヽ  ヽ    `ーt
    ̄    _// _,/^ー┼‐tゝ_}  ├、.    \
     _,∠_,ィく ̄  //  (ノ   |フ\     ヽ
     ̄_, -‐'\'、  レ.     |   /   `ー、  ノ
.     く \  ,イ_,/    人   `ー'⌒ヽ  \/
     / /\〃 ヽ      `ー‐'⌒) |   ` ̄


9261 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:15:21 ID:4z16mmsE0

フランはそれを知っていた。だから、時計というものを姉の仇として憎んだ

姉を『殺した』者たちを時計で殴り殺す。この復讐行為は同時に、姉を苦しめ続けていた時計たち
への復讐でもあったのだな。
全ての殺人を終えたあと、まだ無事でいた時計を一つ残らず壊してしまう。それによって初めて、
彼女の復讐は成就した


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                                 /⌒ー'7
       《                        / y'⌒Y^!ニ7
≦^1     }}             __rz-、l`ー/ヽー--'z  rー'―‐へ_
   ̄`7   {{            r-' 7廴〕 }}  `ツ   .{{  〈 r'Zニ=-z廴〉
    {   }}          r勹V⌒> 〃 /   /}} _..斗==''"⌒{ {、
     Y />イ       rく{_.ス /. i{{ イ ,≧xイ、,))'"          リハ
      l/〉 '>'⌒~ ̄>、  rf_〕 >' /_} }"=-'"    `{{ \      ///A
,-、__ノ//  _/ | _ノ///\\ノ        ヾz.  `ト . _  /〉〈//
 [__〕_/" _r'´   r-r'-{_,//  イ{ \\         ゝイ_,、  `''<〈、 ,、             イ
ノ⌒´ く\    「.ノ _く.イ、  {{イ〕 \\       / Λ `ー勹トzrくハ/       _r--'⌒´
     ヽノヽ  .ノ" r' 〉'7〈 >'⌒ト--、 \\     ./ / _」_    Zハ,.」:..    r'⌒ }:.
>、    .ノLノイ   _ノY / /`T'ー、ヾ、 `ー \\ _./ /< ⌒〕ー-'⌒-'      {_ry':.:.:..
.ノス_,、r'´〉イ----rく_}ム、/  .}   ̄ヾ、ト-z勹>、.\ / /≧x`''< ̄レ1          〈  ゝ:.:.:.:.:...
ィく、. \`ク^!x==≦、   Y}_/ニ辷'ニユ ヾ、_Z_之>'1イ   r≧x`''<     r----ヘ ‘ー'7:.:.:.:.:..

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9271 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:15:38 ID:4z16mmsE0
                      __
                ,..-''"´     `"''-、
               /-――-     -―\
              /   _       _ .',
                ,'   イ::::)`     イ::::)` ',   ですけどお、彼女は時計塔のネジを毎日、巻き続けていた
             l    `¨¨´/   .\ ¨¨´  l   のでしょうお
             l     (   ,、  )  U l
                '.,     `¨¨´ `¨¨´    /   時計というものを憎む心理と矛盾しないかお
              ヽ、            /
               `ァニニ<// _,,..-'' __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }


.      l    i`ヽ、,. -一┐      i  l  
       l     |       l.         |  li 
      i      j       ヽ、      l  {
      }    `ー- ..   __,,.. '' ,      レイ ヽ、
    _」     /ィt;ュ=、  `´,rt;ュ=rl}    i!ノ
.,. -‐'" , '.   〈   ´ jl       l    V
    /    ハ     ト       l     |   彼女はあれを時計とは認識していなかった。そういうことではないかな
.   /    / ヘ    i _〉      |       l
   ,'    / /  ゙、 v -‐=vァ  /       l|  あの機械室の中からは当然、外の文字盤も見えない。振り子や鐘を
  {i    {_,イ    、 _`二´  /.       ∧ 見ても、普通の時計とはスケールも趣もまるでちがうからね
  ヽ、   /     ヘノ   t,,..<(f     / |l
へ   \ /   __,イ `;  ,< ヽ    /  {
  ヽ、  }j/ / ̄  \`Yj/  ,イ┤   !{   \
\  -n イ´    /ヘ  「   ハ{i    ヽ、
 t   /     /  / / i!    |l       \
  しV´      /  i| {  |    i{       リ}


 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 | なるほどお      |
  乂_______ノ


9281 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:16:11 ID:4z16mmsE0

.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.., ─- 、.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.. 
.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.r‐ 、.:..:../.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:./   _ノ.:..:..:.∠_」.:..:..:..:..:. 
.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..!  \/.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:../  /´.:..:..:./   |.:..:..:..:..:.j 
.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:_L..-‐´.:..:..:..:..:..:..:..:..:.../  {.:..:..:..:..:{     |.:..:..:..:..:.|:
.:..:..:..:..:..:..:, -‐'"´.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:./_   ヽ、.:..:.l    .j.:..:..:..:..:./
\.:..:..:./.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:./ `ヽ、,,_ l.:..:.│_,.-‐,'.:..:..:..:..ノ  計画的なようでいて行き当たりばったり、保身を狙っている
  ` ̄.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.,/ ゞ==、ゞ }.:..:..:| __ フ.:..:..:./   ようでいて最終的には事故破滅へ行き着くしかない
.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:__ _,.-‐'´    ___ノ.:..:../l^"`.:..:.〈   
.:..:..:..:..:..:..:..:..:._,.-‐'"T 了      <..:..:..:´..:/ Lノ.:..:..:ィ′    なんともいびつな形をした犯罪だが、それもこれも、フランという
.:..:..:..:..:..:.,-'"|│l    l.  |     _ク ̄`"´  」.:..:..:..:..|     あの少女の心が当たり前なバランスを失っていたのだ、という
.:..:..:..:._ノ  .L乂_  │ l    ´  __ ___..ア ̄´.:..:..:..:.人__   ことで説明してしまえるのだよ
_/   /´.:..:..:.`\│  ト、    ____,-′.:..:..:..:../     `‐-
      ノ.:..:.┌‐、.:..:ヽ  ヽ\   `フ.:..:..:.{.:..:..:..:..:..:r'´        どうかな、やる夫君


9291 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:16:32 ID:4z16mmsE0

                           .  -――- 、
                   /          \
                      , '               ヽ
                  /       __,ノ ′' ーヘ Y
                   |    《 ●  )  (● 》 !
                   |     `  ̄ ´   `¨ヽ  }   ……
                 V      ヽ. __人_丿 /
                   ∧ ̄ヘ      ー一  /
                   /::::::::::ヽ \   ___/
              /::::::::::::::::::::ヽ. \_, -'´
             /:::::._:::::::::::::::::::ヘ  .>ハ
           /::´:::::::::::::`:::.、:::::::::ヽ/ ̄}
           ,::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ハ  |
.           ,:!:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::ハ´¨|、


      /  r'^ー'´ \    |   、    l
    /   .|       ヽ   ト、   い    \
    ノ    │      .,;;l   f‐l    `ー、   `ー
.   |   ハ .l     '´k,ィrッ、 .\、_   `く丁
    \  {_」.冫ー、   ゞこ=`ー、. \ ゝ   ヽ
      ヽ ∨/,ィfラj        |  |/    /     ふうむ。やはりまだ釈然としないようだね
       }j f `こf}、 ー         | K.     /
      / | ヘ    ´  __ _,.  /  |ヽ    \
.     / .| | ヘ  v'"´      /  ./∨ヽ   ヽ
    /  .| |  \ く ̄´マ  / ∠/ /    ノ
.    {    ヽゝ、 ヘ }  └'/ /    /   /
.    ヽ    \  `Y   {  {   ハ   くヽ
      |      |!. ∧  ∧  ヽ_/ \  ー'
.    _ノ     ,イ_,/ ヽ/  ヽ  ヽ    `ーt
    ̄    _// _,/^ー┼‐tゝ_}  ├、.    \


9301 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:17:08 ID:4z16mmsE0

                    __
              ,..-''"´     `"''-、
             / 、_ノ      ヽ _\
            /   _       _ .',
              ,'   イ(::::`     イ(::::` ',  いえ、そんなことは、何て云うかお、その
           l    `¨¨´/   .\ ¨¨´  l
           l     (   ,、  )    l
              '.,     `¨¨´ `¨¨´    /
            ヽ、 __        /
               r''"´:::::::/´|    _,,..-''´ヽ
             __|::::::::::::/::::::ヽ、   |:::::::〈.、__
      _,,..-‐''"´  |\./,::::::::::::|    |:::::/-ヽ、`''-..,,_
     |ヽ      |  __ '.,::::::::::\.  .l/::::|  <_   .|
     | ヽ       ̄/   '.,::::::::::::\,':::::::::::',   .|    .|
     |  ヽ     \   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::',  |   .|




      ノ   1r、    /ー、_   、_, 一、\    |
     /    |J 〉  〈 ィ近7ゝ  ィ辻チ' 冫     i 
    厂     ∧/    ヽ   ト  -   f     | 
   ヘ、       |     j ヽ  j l      ∧    /  真紅フランは犯人ではないのでは。そう疑っているのかな
  __,r'´      l    ク ノ  └′   /    | ,′ 
'´ ,、        /    丈  r_==ャ  ,.′    .! \ 
 ,ク     _,. -<    〈} .〉 上¬,イ /      L  ヽ
       \  \    fヽム  L_ ク       \/
   , -─ --ート、 ゝ、    ト、  /|‐\     ,ォ\


9311 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:17:37 ID:4z16mmsE0

                    __
              ,..-''"´     `"''-、
             / 、_ノ      ヽ _\
            /               .',
              ,'   __       __ ',    いえ、そんなふうに具体的に疑いを持っているわけでは
           l    `¨¨´/   .\ ¨¨´  l    ないんですお
           l U "" (   ,、  )""  l
              '.,     `¨¨´ `¨¨´    /    自分でもよくわからないのですけどお
            ヽ、 __        /
               r''"´:::::::/´|    _,,..-''´ヽ
             __|::::::::::::/::::::ヽ、   |:::::::〈.、__
      _,,..-‐''"´  |\./,::::::::::::|    |:::::/-ヽ、`''-..,,_
     |ヽ      |  __ '.,::::::::::\.  .l/::::|  <_   .|
     | ヽ       ̄/   '.,::::::::::::\,':::::::::::',   .|    .|
     |  ヽ     \   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::',  |   .|


           ,--─-  , - 、      \   l    ` ー- 、 l ---‐-
         /    _,_/ ̄`ヘ      |    l         t__}     `ヽ、
         \   !ィ´    __, ヽ、 \l\ │                │
           j  {t、__  r'ィrォィ│  /-‐7 ヽl                  !
           l! │,ィtォ 丨´  /  ヘ /   │               │
           /.  │"    i_ゝ t    \  │                l   ふむ。では、これも見てもらおう
         │    l、      ' ,     ヽ、|                l
         亅   {\  ー=-:'  `ヽ    i|                 |  君がノートに記録しておいた表があっただろう。
         ,′   キ ヽ冫 ̄ゝー/ l     ||                 !  それと君から聞いた話、僕の体験を材料にして、
         /     j‐" ヘ、  ク /   / !                  こういう表を作ってみた
        ,'     /    l V′ メ、  `ー│                 ',
        /  !   / ̄〉   !  \  \`ヽ  /l                 ゝ
        V´   `ー' ̄`f'へ‐し'    |j  〔 l                  t
       ,r´\   _r,′ ,'   i    〈 `ー 、|                   l
       |     > / │   j    iー、  ,ィ `ヽ  !|                   |
       〉_ン , イ  l   it    l/ /│/  l ̄   ‐―ソ ̄ ̄ ̄`‐------┘
      /  ィ′|  !   |   t !ゝ_丶t│   \__  -'´
     /  、 ゙丿 亅   !    │ / ヽ、      /
     !   │ |  !    │   /        ,′/


9321 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:18:07 ID:4z16mmsE0

     旧館内部 Y=やる夫          外部 S=鹿谷

7月30日

18:00  取材班、旧館に入る

19:00                       Sとやらない夫、時計館に到着
                           咲夜と会う

19:40                       やらない夫、庭に人影(フラン)を
                           目撃
21:00  交霊会が行われる
24:00  解散



7月31日

01:30                       Sとやらない夫、グリーンハイツに
                           帰宅

03:00  Y、トイレへ
      霊夢のあとを尾ける
      霊夢、振子の部屋へ

---第一の殺人-----

03:30  Y、話し声と物音を聞く       Sに咲夜から電話
     (霊夢、殺される)


9331 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:18:28 ID:4z16mmsE0

14:00  Y、起床

15:00  Y、副編集長、振子の部屋へ
     壊れた時計と血痕を発見
     霊夢を探すが見つからず

17:00  広間で話し合い

19:00  学生たち、広間でゲームを始める
     副編集長、VII号室へ
     牧瀬、寝室へ

21:00                       Sとやらない夫、時計館に到着
                          廊下で妙な音を聞く
                          広間で咲夜の話を聞く

22:00  解散

22:30                       咲夜、フランの部屋へ
                          早乙女、広間に現れる

23:00                       咲夜、広間に戻る


9341 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:18:59 ID:4z16mmsE0

8月1日

---第二の殺人-----

00:00  牧瀬、秋月、殺される        Sとやらない夫、咲夜、時計塔四階
                          の書斎へ

00:30  日高、仮面の人物を目撃したのち
     牧瀬、秋月の死体を発見

00:40  日高、岡部に事件を知らせる

00:55  Y、岡部に起こされる

01:30  玄関の扉を破ろうと試みる

02:00                        フランが部屋にいない

02:40                        雨が降り出す

03:00  広間で話し合い            車がパンクしている

03:30                        フラン、部屋に戻っている

04:00                        解散

05:30  射命丸、IX号室に閉じこもる

06:00  日高、寝室へ

08:00  Y、岡部、前原、振子の部屋へ
     クローゼット内に告発文を発見

09:15  Y、岡部、前原、広間に戻る
     副編集長、VII号室へ

09:30  前原、III号室へ

11:30                        Sとやらない夫、起床


9351 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:19:22 ID:4z16mmsE0

12:00                        Sとやらない夫、咲夜、広間で食事
                           フランは起きてこない

---第三の殺人-----

12:30  Y、岡部、広間で射命丸の叫び声  美鈴にパンクの修理を頼む
     を聞く
     Y、IX号室の中に犯人の影を見る
     射命丸の死体を発見

13:00                        S、やらない夫、咲夜、納骨堂へ

13:10  前原、殺される

13:20  Y、岡部、IX号室に踏み込む

13:50  廊下で副編集長と合流

14:00  日高を起こす              S、やらない夫、時計館を出発
     III号室で前原の死体を発見


15:00  Y、岡部、副編集長、広間に戻る   S、やらない夫、緑園に到着
                            馬渕と会う

16:30                        S、やらない夫、純喫茶佐渡島に入る

18:20  副編集長、寝室に閉じこもる

19:10                        S、やらない夫、時計館に戻る
                           咲夜、フランとともに広間で夕食

21:30  Y、岡部、玄関扉の封印を確認
     隠し扉を探すためにVIII号室へ

22:00                        フラン、咲夜につれられて部屋へ

22:30                        咲夜、広間に戻る

23:00  Y、岡部、隠し扉を開く         S、やらない夫、咲夜、時計塔へ
                           機械室を見る


9361 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:20:01 ID:4z16mmsE0

8月2日

00:00  広間で副編集長が暴れる       S、やらない夫、咲夜、書斎へ
     日高が寝室からいなくなっている
     岡部、振子の部屋へ向かう

---第四の殺人-----

01:00  Y、振子の部屋へ向かう
     岡部の死体を発見
     襲われて気を失う
     洗面所に閉じ込められる

03:00                         S、倫典の日記を発見

03:30                         S、やらない夫、咲夜、広間に戻る

04:00                         解散

13:00                         S、咲夜に起こされる
                            やらない夫の姿、見えない
14:30                         S、咲夜、美鈴、旧館に踏み込む


                        ___,、
                   _, - '´   ト宀、
               /´ ̄´        |   |
             , ′           j、   ',
            /             / ヽ  l
            l     ,、   |     I 一,j |
            |    丶`こ !    jf近、 { i
            l      ヘ、/    |    `く    どうかね。明らかなものだろう
            |l      /      t   r‐'          "':
            ソ       /       ヘ -‐iヽ、 .,,, ;; ''""'::;;,, ;; ''
            /      ,'  r'     / 丁j  }
           , '      {   り     /ゞこ 弋/  リ>、
         /       ハ      │ トー―ゝ  \{]ぅ、   ,-、
       /     , --‐'   \     `ー心   }   \ \ ノ  l  ;'´ l
     /      / `゙ー-=-、_}    弋r、 ぅ__/     \, ′ / ,イ /
      /     , -‐'´         /      い/ ヽ、      /  ュr'  ,イ /´j
    /    /           !       小、| \     ¦    イ\


9371 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:20:22 ID:4z16mmsE0

                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /       ー‐-、   /  l
        /l           _   r  .l
      / ..|       t''tzj´  ィセツ ',  アリバイという観点からですかお
     /`ヽ、__.',      `¨¨´   ヽ   l
    ./   \ .ヽ.     (_ノ--'  ノ
   /     /-‐| \、 ____ ,,..-<
  ./    ./   l l  \    | r-ヽ  `ヽ
 /    l    | ヽ   .>、 r'__..>>   |
./     iヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
'      l  、  < ´  .i  |  i  | |  |
\   / _,,-ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |



.      l    i`ヽ、,. -一┐      i  l  
       l     |       l.         |  li 
      i      j       ヽ、      l  {
      }    `ー- ..   __,,.. '' ,      レイ ヽ、
    _」     /ィt;ュ=、  `´,rt;ュ=rl}    i!ノ
.,. -‐'" , '.   〈   ´ jl       l    V
    /    ハ     ト       l     |   そのとおりだ
.   /    / ヘ    i _〉      |       l
   ,'    / /  ゙、 v -‐=vァ  /       l|  フランにはことごとく、犯行時刻におけるアリバイがない
  {i    {_,イ    、 _`二´  /.       ∧
  ヽ、   /     ヘノ   t,,..<(f     / |l いずれの殺人のときもフランは僕たちの前の姿を現しておらず、
へ   \ /   __,イ `;  ,< ヽ    /  {{ 第二の殺人のときは部屋にいないことまで確認されている
  ヽ、  }j/ / ̄  \`Yj/  ,イ┤   !{   \
\  -n イ´    /ヘ  「   ハ{i    ヽ、
 t   /     /  / / i!    |l       \
  しV´      /  i| {  |    i{       リ}


9871 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 09:15:24 ID:blN7byjw0


                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
          l       '´   _   r  .l
.        |       t''tzj´  ィセツ ',
.          ',      `¨¨´   ヽ   l   ええ。それは確かだお
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ
.       _ ---‐| \、 ____ ,,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |



     /  /  , 弋う‐ k‐r,-、ニニニ-r T  ̄  | /   ここまではっきりしている以上、多少説明に無理があろうと、
.    / ノ   /  入  L `7´こ卞、ト、」 |!     l'\  犯人は彼女であると考えるしかない
   〈    '   /  〉 | /´   ト、`` ! |    | 
     i     ´  / l       | 〉   l {!     |   彼女以外の旧館外の人間、たとえば僕ややらない夫君、咲夜さん
    _」 |!       イj k     _ ′  | l     ト、  には、全ての犯行において完全なアリバイが成立する。
  / l ||  |     f トヽ  `ー==-‐'  イ、    l  
 / / V|  |    |  } \、_ 〉 ̄く_, ≠  }    \ 使用人の美鈴さんも第三の犯行の際には僕らの目の前で仕事などを
 ≠` <      |  人  \    / /7       しているし、第一、第二のときは自宅に帰宅している。その裏づけも
     \      j /   \ ヽ / //         警察がするだろう。第四のときも新館にいることを僕ら三人で見ている
       \  / く      ヽ V∠ /       
         ∨    \    /匸!ヘ  \    <´/


9391 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:20:57 ID:4z16mmsE0

         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'         _    __´_ ‘.
  ,    t''tzj´       ̄ ̄  ‘.  そう……ですお
  {    "'`¨¨´           、、 }
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __


                        ___,、
                   _, - '´   ト宀、
               /´ ̄´        |   |
             , ′           j、   ',
            /             / ヽ  l
            l     ,、   |     I 一,j |
            |    丶`こ !    jf近、 { i  まあ……そうだね
            l      ヘ、/    |    `く
            |l      /      t   r‐'          "':
            ソ       /       ヘ -‐iヽ、 .,,, ;; ''""'::;;,, ;; ''
            /      ,'  r'     / 丁j  }
           , '      {   り     /ゞこ 弋/  リ>、
         /       ハ      │ トー―ゝ  \{]ぅ、   ,-、
       /     , --‐'   \     `ー心   }   \ \ ノ  l  ;'´ l
     /      / `゙ー-=-、_}    弋r、 ぅ__/     \, ′ / ,イ /
      /     , -‐'´         /      い/ ヽ、      /  ュr'  ,イ /´j
    /    /           !       小、| \     ¦    イ\


9401 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:21:33 ID:4z16mmsE0

                 ,  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
        , ‐、_,-、.     /              \
      r.イ .    ト.、.,.:′                ヽ
      ヽ     / / 、    ,    、       ',     ところでお、鹿谷さん
       }    ノ ,′  ̄ ̄ ̄       ` ̄ ̄ ̄  .i
        .,′   ,′ .l 弋● ̄ ノ     弋● ̄ フ   |     例の『沈黙の女神』の詩の件、どうなってんですかお
      /    .;'  :|.  ヽ― '       ヽー―′  .!
       ,'     i   .l       ,       ,      .,′    謎は解けたのですかお
      .i      | _..,∧     ゝ-r‐^ー‐r‐'    __./ 〉
     ,イ    .}ト,Y.:.:.:丶      └―‐┘    /.:::/ ̄ `ヽ
    ./|   .:  ||::}:l::::::::::::::}≧.  _____ /.:::/ {       ',
   〈    l::  〉l|:|:::::::::::.\::::.\       /.:::/_.:::∧_    ,!
    }、    ノ: /::リj'::::::::::::::::..\::::.ヽ.__.;:〉-イ´ / イ:..     イ=ヘ
   リ∧   .イ/:/.::::::::::;::::::::::::::r>ミ三三'/\ \/ヽ.` ー=彡ヘ_〉
   |}l八_,.イノ.::,.:.;.:.:_;/.::::::r=彡'::::::}互{'./.  \/  〈_ミ三ニ彡ヘ_〉


9411 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:21:57 ID:4z16mmsE0

         j"\_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__r‐'"´   |f´ /      l
          /   `-、__ __:::::::::::::::::_,,イビノ,代     レ'´     ',
        /       i ゝドダ'''''''"´ ̄ ̄"゙゙^ │      |        ' 、
      /      │    j|         j       '、        `ゝ
     /         ∧   ,イ        /       L__        \
    〃,ィ      /   .ヽ ,'/          /            \ 7
    勹    _,r'´     ゝ ゙ー-      ゝ            \      ああ、それか
   │|   /´        ,∧ ー--―一' 入             ヽ、
  ヽ ゞ         / ̄  ヘ 丁"^Y / バ          ト、 ト、   まだ咲夜さんには話していないのだが、あれは……
    \        /      ∨    `"/,-┘       /ノ 冫ゝ
.     |     /           |   ∠/            ム'  /  |
    /   r'´ ___........___     │ ,イ゛〈             /    j
   ヾ    /  /      \.  └fンl  ヽ、         r'′





   m      m      m      m      m      m   
   _川_,n    _川_,n    _川_,n    _川_,n    _川_,n    _川_,n 
  └'^ー‐'   └'^ー‐'   └'^ー‐'   └'^ー‐'   └'^ー‐'   └'^ー‐' 
                              _
                         -‐=ニ二ニ=┐
                      ´         } _
                     /          -‐ ´    ‐-  _
                     /        / ∴∵∴∵∴  ´|
                   /      / /    ∵∴∴∵ ''゙   j
               _/      / /二ニ=‐-    _/     /
                ((]|` _   _/ / o o o    _ /|   /
               ((己≧j「_  j /    ‐-=ニ二/ : :|  /
              ((己((亥    ̄           /|: : : |/
              ((己((_亥`ニ=‐-=ニ二三_/  ,|: : /
                  `  ‐-=ニ二三_   / /
                             ̄ ¨´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━
━━━━
━━


9421 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:22:12 ID:4z16mmsE0
                    __
              ,..-''"´     `"''-、
             / 、_ノ      ヽ _\
            /   _       _ .',
              ,'   イ(::::`     イ(::::` ',   原稿の催促の電話ですかお
           l    `¨¨´/   .\ ¨¨´  l
           l     (   ,、  )    l
              '.,     `¨¨´ `¨¨´    /
            ヽ、 __        /
               r''"´:::::::/´|    _,,..-''´ヽ
             __|::::::::::::/::::::ヽ、   |:::::::〈.、__
      _,,..-‐''"´  |\./,::::::::::::|    |:::::/-ヽ、`''-..,,_
     |ヽ      |  __ '.,::::::::::\.  .l/::::|  <_   .|
     | ヽ       ̄/   '.,::::::::::::\,':::::::::::',   .|    .|
     |  ヽ     \   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::',  |   .|



;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│   l    ,rー 、     /\       ヘ、;;;;;;;;;;,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,     l   l   〈 ,、__\_/_rー-、j      l  ヘ
;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,          /┬=┤   Y  "ヽ_ン゙    |      |ン='7
               i. 弋H    l           l      トイバヽ、
              ノ   ヘ亅   ├-,、__,.   __, -┤      レ'   \
           _/     /     f弋ゥご"   ,y7ぇソハ     .|`ー、
          f´       ,イ    / ` ̄^ソ  ,イ `' ̄^ ヽ    │  \
          ヽ   _,r'"./    ゞ.     l ヽ     /      │   `ー、
           L_-'"   /     \    |  l    〈      ヘ、
        __/´    │       j    ゝ'´     冫      ',  病院からだった
     / ̄         )      f´  ry'ニニtァ  .ノl       |
    /           /      j´\   厂^丁   / /       /  やらない夫君が意識を取り戻した
   /            l      │   ヾソ  └‐'ゾ ./      ,′
.  /            〈        ゝ   ヘ     / f      丨
 /              冫     」     ヘ、 /  .|    ト、  t_





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━
━━━━
━━


9431 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:29:05 ID:4z16mmsE0

<8月5日 朝 時計館 新館>


: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. : ((.,_,.)):.:.:.:. :. ...::ヘ:. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::.
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. :.:. :.:. :.: .: .:: .:.. :. .:.. :.ヘ:. :. :. .: ::. :. :. : ______
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:.:.:======‐ヽ:.::.::.:.:..ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i
::: : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:./,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,\ ヽ. ::.:..: ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,
‐- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::://:.:/,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_\ ヽ: :. .:.ヘ:. :. :. .: ::. . :. :ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,
:.. .: `ヽ、::::::::::::::::::::::/// ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_i,_,i,\ ヽ: .. :ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,
: :.... . :. :. :゙;:',,.:::::::::::::/[=:i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i ̄i====]----‐‐‐‐‐‐‐l ̄ ̄ ̄ ̄
..:. . :. :.::. :.:. :~`-, |  ::|#           ::;       |  |    |          |  :;:;,;,;,:;,,
::::; ; : :. :. :. :. :. . . :} |  ::|    ;:;;;;:;×;:;        ..:.√|  |;; ;;:;;|          |     }
:;、/::. :. :. :. :. :.:..ノ |  ::|:.:.  ;;:;;;;;;        ;:;:;:;;;;;:|  |  .:ヘ|          |     ||
:._::=;::. :.:. :..‐~   |  ::|  :{≡≡≡≡≡≡≡}  : . |  |    |          |     ||
; l:;;::;:;::; :ノ::::::::::::::::: :|  ::|    |l┌┐ ∥ ┌┐l|  :メ|  |;;:;;:; |          |     ||
.:.:;::;:: :;.i~::::::::::::::::::: :| .__,.r ̄Y ̄'r゙ヽ、- .、  │l|     |  | ;;:;;;;|          |     }
:. .: :. ソ::::::::::::::::::::::: :|.r' 、y--'─'--、イ`ヽ ヽ  l|     |  | ;;:;;;;|          |:;.;:;#:;;
:.:ヽーr⌒)‐- .、:::::::.r',.'"   ` ´   `ヽ!>, ',  l|: メ   |  |    |          |
:::::::;:;::;::::;::;:;::: :. }:::::::.゙ノ  λ-iヽ、i -イ-ハ ,. ヽ! . l| ;メ;:;;;|  |;;;;;:;;#|          |;;;;;;wliwliww
:::::::;::::;::::;:;::::::: : } .∠! ,イr;=;!、  r:!=-;、!ノレゝi .l|,,___,,__|__,,|,,__,,__|__,,.. .-‐'''""~;;:;,:;,:;wliiwliili
::::::::::::;::::;::rーwijknw.レγi゙.ト_,!   ト__.ノ゙iyノ λ             lwli  wlilijlijwlijwWlij
;;;;; , ' ´~ liliiwliliwil !..y! "  _  "",イノ ハ              il゙゙゙ ゙゙゙゙゙゙ wwWliliwjlilij
 wwliilwnw__,,-‐'''"..〈 Y).゙ゝ、.,,___,,..イ!イ イ ノ.;
__,,.. -‐''  ...,,     .}><{ r'"/i__ン/}><{ヽレ´.    いらっしゃいませ、鹿谷先生にやる夫さん
            |ノ〈γ (λ_)  |ノ   〉
              ノ.ゝ  、  イlゝ.r'"',
             //iゝ、____,.イ)ヽハ  ',


9441 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:29:25 ID:4z16mmsE0

⌒ヽ、            ______
:::::::::::l!          /::::::::::::ヽ
:::::::::::`l!    ト       l:::::::::::::::l
:::::::::::::::`l!    `ー-、_|:::::::::::::::|_    パチュリー・ノーレッジさん、でしたか。
:::::::::::::::::::`l!   ゝ  し'    〉)       .
::::::::::::::::::::::`l!__.ノ        _ノ;;;;;fi)   フランさんの叔母さまには、もう事件のことは伝えられたのですか
⌒`l!::::::::::::::::::: ̄`ー、    _ζ::::廴
   `l!::::::::::::::::::::::::::::::`Y⌒::::::::::::::::::::::ヽ、,,./⌒ヽ、
    `l!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,X::__,..⌒ヽ-‐
     ゝ::::__,,..-‐::、::::::::::::::::::::::,ハ::__,ノ

                   ___
                   /::::::::::::: \
                 /:::::::::::::::     \
                /:::::::::::::::::       \
             |:::::::::::::::::::::::         |
               \::::::::::::::::::::      /
             〃三三三三ミ`ー=≠ー 、
              //////       /´     `\
                ///// ヽ` ー   `ヽ      '


9451 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:29:40 ID:4z16mmsE0

         __〃⌒Y  ̄)ー┐
       ィ⌒いjLニ=ニ∠/ノー┐
       rくヽj>~      `丶ヒノュ
     jゝ/ 从  人从 Vハ  ヾレ)、
     〉/  ハハ  ハハハ Nマ  ヘノハ
     Y /i V  |  i| ト } }   ハ」 ∧    たいそうお嘆きの様子でございました
     /  {  {{  i   ! }廾ナ乂}   |ハiハ
      i/   .斗匕从  レノ / rヵォ|  l   |
     V  .}、fてぅトV    ヒニノ /i |   |   数日中には一度、こちらへお帰りになられるそうです
     /   {ヘ ゝ- '     """' /イ    .|
      |   `ハ"""  '    ノ  / i/
      |! ハ    > ._ -   rく / ノイハ
      乂人  イ≧x_ r{Y}千 7、__riくー¬
        }/ .斗{ _ノ | !| 「<__/ /二 ノl
       人ん/| / ハ八 Kミ_/ /く. (イ|
        |   (._/)「人ヽ ` }_/ /ミーr┘|
       |   て./|  }  l/ /ヘ、ノ  .|
        .|    しハ 人_ .イ ヘ、r┘  .|


9461 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:29:58 ID:4z16mmsE0

                   ___
                   /::::::::::::: \
                 /:::::::::::::::     \
                /:::::::::::::::::       \  美鈴さんはお?
             |:::::::::::::::::::::::         |
               \::::::::::::::::::::      /
             〃三三三三ミ`ー=≠ー 、
              //////       /´     `\
                ///// ヽ` ー   `ヽ      ' 、
            /'////       i          \j


:::::::::::::::::::::::::: __,,,,...,,__
:: :: :: :: .,. '"´_,.r-r‐,-、`' 、
: : : : ,.'  _r' イ_,.-‐'- '<,ヘ._
: : : :/ _r',ゝ'"   /i  i , `ヽ!
: :  i 'Y´ ,ハ __/_| ハ‐ハ! ,ゝ   暇を出しました
   | ノ  !イァ;‐-!、レ' !ィ'r、!ハヽ. 
  イ ´!イ.Y),ゞ-'   └',!Yi ̄   もうこの家で働くのは勘弁してほしい、と本人も申しておりましたので  
   ハ !  .(ハ "   '  ,ハソ  
  〈 ノ  ,ヘiY>.、.,_´,.ィ'´iYヘ〉
   `ヽr'ゝY!イ´\_!`ヽrYi、
    ノ ,. '}><{\ /:i」イ}><{ ',
     /   ム!::::`::/ヽ;:::ヽ. ヽ.
    ノ    ';:::::::/  ハ::::::i  >
   く/   i ,ゝ:::kニヽヘ!:イイ´


9471 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:30:30 ID:4z16mmsE0

      ヽ、: : : : : : : : : : : /
       _,!: : : : : : : : : : : |__ _  
   _/ ̄: : ゝ、_: : : : : : : _,i: : : : : \
   `゙''ヽ-,,_: : : : : : : : : : : : : _..r''" ̄
    <` 1 lf ''ー‐--‐ー jl ヽ> 
      ソ  │        |> ヽ、
     ,′ /ヘ  ___,.  / / /      そうですか
     {  (: : : 丶 .. _ .. ィ(    ヒ   
     /\ j: : / く  ヽ、ヽ  )     .
    , ': : : j, /  ,' ! `   }: : }j´ ' ,  
   /: : : : : : : 'ー、 J│ `'-.. ゝ: : : : : ゝ 
  /: : : : : : : : : : : ゙ ゝ .... -': : : : : : : : : ヘ、
 ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
j: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ゝ 


                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',   
              / >    o`ー--      }
              { /    ヽー- _  _   !   9時半ですお
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /


9481 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:30:58 ID:4z16mmsE0

 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  行きましょうか、咲夜さん      |
  乂______________ノ


        _r-、r⌒yヽ_,.、
     _,.rY' __,!.-─ 、__Y ゝ、
   _rヘ,γ´     `  ⌒ヽ!、
   く,_y'   i ___,./ ハ ハ   ',
   Y /,./  / !__i_ヘノ レ、_!_ ハ ヽ,
   ,イ レ.イイ.ト i`   ,rt、イ ハゝ
   /   ゝ.i  'ー'    ヒ_!!ハiイ|   はい?
  ,'  /  (ヘ "    ` ,,. iイハ
  ハ  ハ   (yヽ、  -  ,.イ  ! 
   V レrー-、ン'`' ーr='"Yンヽハノ
     ,.イ⌒ヽ}><{ ̄'Y!ヽ}><{
    i/    レ L_くハ>」 Y >
    ゝ   イオ   ハ   〉ヘ


9491 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:31:20 ID:4z16mmsE0

 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  時計塔ですよ        |
  乂___________ノ

     ::::::::::::::         :::::::::::::::      :::::::::::::::::::::::    ::::::::::::::   :::::::::::::::::
     ::::::::::::::    ./    \.:::::::::::       :::::::::::::::::::::    :::::::::::   :::::::::::::::::
:::::::   :::::::     ./       \.::::::      ::::::::::::::::::::      :::::     :::::::::::::
::::::::::::  ::::::::   .|.二二二二二二.|.:::        :::::::::::           ::::::::::
:::::::::::::::      .__| 〔〕〔〕〔〕〔〕〔〕 |__.::        ::::::::          ::::::::
:::::::::::::::::::::::   .|  |{三三三三三}|==|       :::::::         ::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::|==|| / ̄ ̄\ ||  |        :::        ::::::::     :::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::|  || l      |.||==|.::     :::::              :::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::|==|| l       |.||  |::::::::    :::::::      :::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::   .|  || \__/ ||==|      :::::::                :::::::::::::::
::::::::::::::::::      .|  幵幵幵幵幵幵  |    ..:::::              :::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::      .|....上上上上上上L__|              :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            .|   | |     | |    |    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            .|   | |     | |    |
       :::::::::.|   | |     | |    |        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||¨|                ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::..| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::   |__|__|__|____| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.::::::::::::
            .|_|__|__|_____|\\\\\\\\\\\\\\\
          |__|__|__|____|\\\\\\\\\\\\\\\\
          |__ __|__|_____| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━
━━━━
━━


9501 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:31:54 ID:4z16mmsE0

       :.: :..:|:::  |                                              :.:..:.
 :.:  :.   .  :|::: :メ|   ::メ             :.:..::#:.       :..:..              :.:...
.::..:        :|:::  |                         :...:..
:.:   #:..   :|:::  |::.:#:..   / ̄l ̄\::.:;..          ./ ̄l ̄\  :.:メ:.::    ::.:.   :./ ̄l ̄\
     :.::. :  :|:::  |    │  │  │           :..:│  │  │              │  │  │
 :.:..:::       :|:::  |√:.  ├─┼─┤           ├─┼─┤       ..   :.:.. ├─┼─┤
   #       :|:::  |    │  │  │   :.:K:.::.      │  │  │ :.:..::.          :│  │  │
   :.:. .;    :|:::  |    .:.:│  │  │        .:   │  │  │      #;.    :::.│  │  │
:.: :      :..:メ::|:::  |    .[ ̄ ̄ ̄ ̄]__          .. [ ̄ ̄__   ]             __:[ ̄ ̄ ̄ ̄]
    ___ ::|:::  |:.:..,;       // :.:.:..     :. :.メ:.    //                //
:. /l|┌┐  | |:::  |         //  |_            //  |_          ..:://  |_
/ ..l|  │  | |;;;__,,|_____ //  / /|______//  / /|______//  / /|___
   l|      |/         | |  / //       | |  / //        | |  / //
   l|┌  Ⅱ|           | |/ //         | |/ //          | |/ //
   l|  │  |           |   ̄|/           |   ̄|/            |   ̄|/
   l|  ┘  |    


                   ___
                   /::::::::::::: \
                 /:::::::::::::::     \
                /:::::::::::::::::       \   あの少女が落ちた跡は……もう、きれいに拭い去られているお
             |:::::::::::::::::::::::         |
               \::::::::::::::::::::      /
             〃三三三三ミ`ー=≠ー 、
              //////       /´     `\
                ///// ヽ` ー   `ヽ      '


9511 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:32:19 ID:4z16mmsE0

⌒ヽ、            ______
:::::::::::l!          /::::::::::::ヽ
:::::::::::`l!    ト       l:::::::::::::::l
:::::::::::::::`l!    `ー-、_|:::::::::::::::|_    ……
:::::::::::::::::::`l!   ゝ  し'    〉)       .
::::::::::::::::::::::`l!__.ノ        _ノ;;;;;fi)
⌒`l!::::::::::::::::::: ̄`ー、    _ζ::::廴
   `l!::::::::::::::::::::::::::::::`Y⌒::::::::::::::::::::::ヽ、,,./⌒ヽ、
    `l!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,X::__,..⌒ヽ-‐
     ゝ::::__,,..-‐::、::::::::::::::::::::::,ハ::__,ノ
            `ー-: .,,_::,.ィ
        : : :: : ::: :::::;;;
     : : :: : ::: :::::;;;
   : : :: : ::: :::::;;;

          , -┬、   ___  _
        , ゝ  ! `{‐-'  メ、_`ァ\
     , --ゝヽ   レ ヽ    /_//〈
   / r´ヽ/      ̄ ̄ ̄  ` く、
  / /ヾ、/      !    !  !   `ヾ
. / ゝ、--イ,'      | , -+--、     ト、    『沈黙の女神』――あの詩が何を意味するものなのか
  ト二´`ヽ|l  l|   |   ハ  |!    / ハ
.  ハ l_`丶l|  ぃ   ハ ,仟示ミハ ,-x'  、 l   お話を伺えますか
 /  └,`丶〉  ヾ、  T'"ヾ マリ  ヽム}  } |
l ',   ゝ ‐ハ    \ { 丶  ¨   リ ハ , ハノ
ヘ ヽ }  │ \  l、ヽ\"""    ` ',レ|ノ '
 ‘,', l ハ ヽ、_| \{ \!ヽ      ´l
  _z.'-.、! l  / { \ノ  リ    ,-ァ /
./    \ /| /`r-  ノ、.     ∧
  ,..-─-、 ヽレ´//     !`>-__/ |
::´::::::::::::::::`:/``l{  ヽノ / /{´___ノ
::::::::::::::::::// \ 〉`   ノハ ,'、    , ヽ___


9521 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:32:44 ID:4z16mmsE0

      ヽ、: : : : : : : : : : : /
       _,!: : : : : : : : : : : |__ _  
   _/ ̄: : ゝ、_: : : : : : : _,i: : : : : \
   `゙''ヽ-,,_: : : : : : : : : : : : : _..r''" ̄
    <` 1 lf ''ー‐--‐ー jl ヽ> 
      ソ  │        |> ヽ、
     ,′ /ヘ  ___,.  / / /      咲夜さん
     {  (: : : 丶 .. _ .. ィ(    ヒ   
     /\ j: : / く  ヽ、ヽ  )     .
    , ': : : j, /  ,' ! `   }: : }j´ ' ,  
   /: : : : : : : 'ー、 J│ `'-.. ゝ: : : : : ゝ 
  /: : : : : : : : : : : ゙ ゝ .... -': : : : : : : : : ヘ、
 ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
j: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ゝ


9531 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:33:08 ID:4z16mmsE0

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,'  j                   ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│   l    ,rー 、     /\       ヘ、;;;;;;;;;;,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,     l   l   〈 ,、__\_/_rー-、j      l  ヘ
;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,          /┬=┤   Y  "ヽ_ン゙    |      |ン='7
               i. 弋H    l           l      トイバヽ、
              ノ   ヘ亅   ├-,、__,.   __, -┤      レ'   \
           _/     /     f弋ゥご"   ,y7ぇソハ     .|`ー、
          f´       ,イ    / ` ̄^ソ  ,イ `' ̄^ ヽ    │  \
          ヽ   _,r'"./    ゞ.     l ヽ     /      │   `ー、
           L_-'"   /     \    |  l    〈      ヘ、
        __/´    │       j    ゝ'´     冫      あなたはどうして、それほどまでにあの少女のことを―――
     / ̄         )      f´  ry'ニニtァ  .ノl      
    /           /      j´\   厂^丁   / /       真紅フランのことを憎んでいたのですか
   /            l      │   ヾソ  └‐'ゾ ./      ,′
.  /            〈        ゝ   ヘ     / f      丨
 /              冫     」     ヘ、 /  .|    ト、  t_


9541 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:33:31 ID:4z16mmsE0

   /⌒ /ヽ // /            /\    `
   / /  _ィ´/   l{  丶            \  /_
.  / /  i´ /    、}   ヽ \  -─      \
 / 〈   } 7     ハ    ヘ /`ヽ-─ _    `
 {  `  / l  /   /___ヘ  ト、 {'≠´─ 、ー/ _、
 ゝf´ ̄/ ノ| /  イ´_ -\ヽ ', ヽ彳 いu`ソハ \ ̄ヽ
  /´ l イ l /!   /´,≠示ヽl\ヽ   ̄¨~´  \/ \!    何を……何をおっしゃるのですか
  l/  |/ | ヘ{ !  ハ,ァ´んuリ |  `ヽ    U   f\_ /
  ヘ.  |! ! | |  /へz=ゞ-'´  、         ヽ / 〈     わたくしはフラン様を愛しく思いこそすれ、憎むなど……
   ヽ´|,ヘ! ハヘ /  |        , ─_、     /!{  l
       l |ヘ ヽ   ハ       ´ _      /!| l/∧
       ヽ! }\ l  | ∧              |t l ,'
        冫ノ {|  !  ゝ _        /、_ Y´l´|_
       /´/ ヘヽ | / ヽ  〉 ̄  ャ--< _|/:::\-./::::
     ̄   l ハ `ヽt  / /、   ⊥ヘ-、,_( _|::::::`;t:}::':::
         ヘ{ ヽ   \_!  lゝ,´ ∨}┴f´ _〉一::||::


9551 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:34:02 ID:4z16mmsE0

    ,. -─- 、       ,-、 /        | ゙ゝト、_         `i
   / ,.-─-、 `ー- 、   l  \/         /    ヽ_r_,___,    |
   |│    ー-、 `ー、r'´L_/        /          /    l
   ゝ、       \ ` ̄´        /_r\_      , ′   ノ
    \     _/´      __ _ __,/t'!ユュ、 `  _ _」     |    憎んでいなかったと云うのですか
ー─- 、__>ニ‐´        ! ヾ  l   - ' ノ! ,ィァ<,. |     |
                  ゝO  1     / .j  `^,=┘    !    心からそう云いきれますか
                  「  |   ┌‐-、 └‐'    ! ,r'了    .l
      ,.-─‐‐        |   ゝ  ヽゝ,二ニ==--'´ノ/ヒ}.     |
     _」-──- 、_     /⌒ー-_ノ 卞こー- 、ア´        \
   r'´:::: ̄\_:::::::::::` ─‐-'´ヽ rf''´ ̄`>リ  >'"´         \_ `\
:::::::::::::::::::::::::::::::::\_::::::::::::::::::::::::::\丶__,.イ   _ノ        ___」 `\ `ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、:::::::::___,.ゝ-‐―'´二_,._,.-┐/`<::::::::::::::::::::::\__/ /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,>‐'´_   /´ ̄ヽ   / ,.イ | l   \::::::::::::::::::::::`ー- 、__
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丨  /´∨ ./  \.  ヽ//  ノ |    \::::::::::::::::::::::::::_,.-'



                 _  ¨ ̄`¨ r‐し'⌒i_
               ,  ´     んノ i  } 八_
              /    , '  )、 > ヘ¨⌒'く
             '    /   ( .V′  '.   ',
            厶イ /  /  :}゙/     i    i
            / イ__彡'    :}′ ,      八
             !     :i     | /.i ,. -‐'  /i: }ヽ   ……
              !     :::| .i    レ′:{  ,.斗rV、ル′
            Ⅵ :   :| 八       弋じ'  ヽ
                ',  ::レ′ .\    ∨ ' ' ' ' ,′
                }  ノ i   ,ゝ、  i__   ‐i
                 厶イⅥ .}  i __ 八 ト、i:─一′
                 ∨レ'.V´  >くノ
                  i::::::: {        ',
                   {::::::: ト、      .}


9561 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:34:30 ID:4z16mmsE0

         j"\_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__r‐'"´   |f´ /      l
          /   `-、__ __:::::::::::::::::_,,イビノ,代     レ'´     ',
        /       i ゝドダ'''''''"´ ̄ ̄"゙゙^ │      |        ' 、
      /      │    j|         j       '、        `ゝ
     /         ∧   ,イ        /       L__       
    〃,ィ      /   .ヽ ,'/          /            \ 7  やらない夫君が昨夜、病院で意識を取り戻しました
    勹    _,r'´     ゝ ゙ー-      ゝ            \
   │|   /´        ,∧ ー--―一' 入               もちろんまだ体を動かせる状態ではありませんが、
  ヽ ゞ         / ̄  ヘ 丁"^Y / バ          ト、  もう心配はないようです。
    \        /      ∨    `"/,-┘       /ノ  それで彼が、僕を呼んでくれたのですよ
.     |     /           |   ∠/            ム'  /
    /   r'´ ___........___     │ ,イ゛〈             /   どうしても伝えなければならないことがあると云って。
   ヾ    /  /      \.  └fンl  ヽ、         r'′   そして二つのことを話してくれた



                   . .r~'`i^~^iト、
                /r'´}.イ^~`´`  .レヘ
                   . ' f´i/       i  `ヽヘ
              /  レ'    /  . i!    ∨)    
                 / // ,.∠... //人 ヽヽ ∨}
           /, ', ' . ' ,.ィ1rrテぐノ´ __ ヽ l i ハ!   ……
           f´ / / / , '(Y)| i匕ノ   ,lヒ'K } l l !リ
          レ' !/ // (Y)∧""  ' ´~ /从 li |
            lイ从ハ(Y) |\ -  . イY) l|ハ!
            レ'>'リく (Y) 「\` 「リ _ル(Y)ハ
           {`/ /_ )(Y).ノ  〉^く ∨(Y)1 i.
          / 〈`ヽ( (Y)\ /`ーヘ ∨Y)〉 ノ


          / ̄ ̄ \
.      /       \
.      /  _ ノ  .ヽ、_  \   ……
     |  (ー)  ( ●)   |
.     \  (__人__)   /
.    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、
    |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ
    |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|
   /::ハ:::::::lニ|::\/:|ニl:::::::::|::::


9571 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:44:57 ID:4z16mmsE0

     /  /  , 弋う‐ k‐r,-、ニニニ-r T  ̄  | /
.    / ノ   /  入  L `7´こ卞、ト、」 |!     l'\
   〈    '   /  〉 | /´   ト、`` ! |    |  ヽ
     i     ´  / l       | 〉   l {!     |  ヽ   一つはこの塔から落ちた事情です。彼ははっきりと云いました
    _」 |!       イj k     _ ′  | l     ト、  ヽ
  / l ||  |     f トヽ  `ー==-‐'  イ、    l \ L_
 / / V|  |    |  } \、_ 〉 ̄く_, ≠  }    \ ト、  `i
 ≠` <      |  人  \    / /7      ヽ| \  |
     \      j /   \ ヽ / //         ヽ   \|
       \  / く      ヽ V∠ /        /    \
         ∨    \    /匸!ヘ  \    <´/         



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ____
  /二_//l l\
  |二/// 八_\
ノ[|//(/ /)(●)   あの日明け方近くになって、昨夜さんが僕の部屋に来て、
|/||/././__人__)
  |/_/ ` ⌒´ノ    大事な話があると云って僕を塔まで連れてきたのです
.  |/.      }
.  ヽ.       }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9581 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:45:20 ID:4z16mmsE0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    __
   /ノ ヽ\
 /.(○)(○)\
 |. u. (__人__) |   そして三階のフランさんの部屋の窓から突き落とされました
. |        |
  |        |   ですがそのとき、フランさんはベッドで眠っていたのを確かに見ました
.  ヽ      ノ
   ヽ     /
   /    ヽ
   |     |
    |    .   |



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



              _r┐ー、__、
            z_厂ヾ>ー <ノ`ー、
         r厶ゝ ´      ` く`ー、
       厂ヽ/    /        く ゝ、 
       廴,/     .! !          ヾヘ 
        7z,/   _|_|_| | 、   |__ i    Vヘ、
      .└ノ   .´|l ハ l、ヽ |_l l` 、_   ヾ´   きっと、やらない夫さんは何か思い違いをされているのでしょう
        //  !. i |レl‐ヽト、、V レi/ ヽ } .| \  
      .//  | ヽl ー''"` )i/` ̄l゙ノ/ .j .八 ヾ、 頭を打ったショックで記憶が混乱されていて
     /| / 八ヽ ヾ、    :   ノ!/j ,/ノ-、ヽ\
   ー ' .//.イ  ヽ) ()j、   - 一 .イl'() /イヽ ヾ(ヽ
     ./ レ' !/ ! jハ(.| i> . _ イ.iレj)(ハ! lヾ!  j!
      / .lハト从()从r┴ v┴、ハ()ノレ /′_
      _    {::X::}/  /∧  {::X::}  /ハ
      ハ `ヽーr(ハ)入//i从 ,(ハ)j丁, 〈_L
        j {zー ミヽl//!   /l:l:l ヾ´  |/|/ _}V
      .V | __ ヽ!//!_  {l从! l:! )) _|/|ノ´(´ i
      / .`!` ー.}////≧Vレ。l!≦///∨ /   \
     .く   ヽz_ 从//////|////////i{_ノ /  ノ
      ヽv--=ヾl////////!o///////}rー― i'、
      V    j////////|////////ハ, ---r.j
       | ̄ ̄.ハ///////io/////// i    l


9591 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:45:53 ID:4z16mmsE0

    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r :.:.:.:.:.:.:`ヽ
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ヾ:.:.:.:.:.:.:./
    /:.:.ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   |:.:.:.:.:.:/
   /:.:.:.ヽ ヾヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/、__   i:.:.:.:.:l    ――ふん
   /:.:.:.:.:.:.ヽ ゝ):.:.:.:.:.:.:.:.:/ktjーゝ`./:.:.:.:.{
 /:.:.:.:.:.:.:.:iゝ 〃(:.:.:.:.:.:.:.{  ``"^ 〈:.:.:.:.:.:|    もう一つは十年前の夏の出来事に関する話でした
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|i``(( \:.:.:.:.:.:i、     ヽ:.:.:.:.:.l
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| i!  ヽ/:.:.:.:.:.:.メ   ヽ,=‐':.:.:.:.:.ヽ 
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノl i!  /:.:.:.:.:.:.:.:.,ア `ー =ァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト─ /:.:.:.:.:.:.:.:.:/  _-ニ/:.:.:/:.:.:.:.:.,.ノ
:.:.::.-─ /  〈:.:.:.:.:.:.:.:ト、ヽ  _ノ:.:.:ト:.:.〃:.:.:.,ィ/
 /ililiil/    \:.:.:.:.:.:.\`ヽヽ:.:.:.|:.:《、:.:.:.ヽゝ
/ililiilili-─ト、--/,ィ:.:.:.:.:.,)  ))乂\\ヾ:.:.:.:.ヽ
ililiililiililiililiililiilヽ ト /   〃/\``  \:.:.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       / ̄ ̄\
     /   _,ノ `⌒
     |    ( ●) (●)   10年前、1979年のカレンダーを見てください
     .|     (___人__)   咲夜さんが部屋に来る直前に気づいたんです
     |        ノ
     .|        |    まず、レミィと会ったのは、7月最期の日曜日だったことを思い出したのです
     人      丿
   /⌒  \ __ _ /     そして、その前日に、問題の落とし穴を自分と岡部で掘ったことも
   /       \
  ./  人    ./ ヽ
 〈  <      / \ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9601 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:46:25 ID:4z16mmsE0

      /  r'^ー'´ \    |   、    l
    /   .|       ヽ   ト、   い    \
    ノ    │      .,;;l   f‐l    `ー、   `ー
.   |   ハ .l     '´k,ィrッ、 .\、_   `く丁   やる夫君によると、岡部君も同じ事を云っていましたから、
    \  {_」.冫ー、   ゞこ=`ー、. \ ゝ   ヽ   まず間違いないでしょう
      ヽ ∨/,ィfラj        |  |/    /
       }j f `こf}、 ー         | K.     /    咲夜さん、あなたはレミィが森に迷い込んで落とし穴に
      / | ヘ    ´  __ _,.  /  |ヽ    \   落ちたのは「7月29日の午後」だったとおっしゃられて
.     / .| | ヘ  v'"´      /  ./∨ヽ   ヽ  いましたね
    /  .| |  \ く ̄´マ  / ∠/ /    ノ
.    {    ヽゝ、 ヘ }  └'/ /    /   /
.    ヽ    \  `Y   {  {   ハ   くヽ
      |      |!. ∧  ∧  ヽ_/ \  ー'
.    _ノ     ,イ_,/ ヽ/  ヽ  ヽ    `ーt
    ̄    _// _,/^ー┼‐tゝ_}  ├、.    \
     _,∠_,ィく ̄  //  (ノ   |フ\     ヽ
     ̄_, -‐'\'、  レ.     |   /   `ー、  



        _r-、r⌒yヽ_,.、
     _,.rY' __,!.-─ 、__Y ゝ、
   _rヘ,γ´     `  ⌒ヽ!、
   く,_y'   i ___,./ ハ ハ   ',
   Y /,./  / !__i_ヘノ レ、_!_ ハ ヽ,
   ,イ レ.イイ.ト i`   ,rt、イ ハゝ
   /   ゝ.i  'ー'    ヒ_!!ハiイ|   は…はい
  ,'  /  (ヘ "    ` ,,. iイハ
  ハ  ハ   (yヽ、  -  ,.イ  !
   V レrー-、ン'`' ーr='"Yンヽハノ
     ,.イ⌒ヽ}><{ ̄'Y!ヽ}><{
    i/    レ L_くハ>」 Y >
    ゝ   イオ   ハ   〉


9611 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:46:58 ID:4z16mmsE0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              / ̄ ̄ \
           _,ノ ヽ、,__   \
           (●)(● )    |   だから僕はレミィと会って屋敷に送り届けたのは、その29日より前の
             (_人___)   U  |   ことだと思ったのですよ
              '、       │
       <二ニヽ        |   ところがその年のカレンダーを作ってみて気づいたのですよ……
       ./-‐   `i 、 ___,. イ
     {/´、     ',┐    \
      しrヽ    V      ヽ
        ヽ、_   ヽ   ィ  }
           \  \ ノ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9621 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:47:32 ID:4z16mmsE0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)     
            .|     ` ⌒´ノ__
            |     _/  ̄\ヽ   「レミィが落とし穴に落ちた」はずの「7月29日」は、同時に
               人、   '、/  ̄ ヽ '、  
            _,/(:::::ヽ、  __'-r´ ̄ヽ  v  「レミィを屋敷に送り届けた」「7月最期の日曜」なのですよ!
   _, 、 -― ''"::::::::::\ :::::::::::::::j_γ    |  
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ    r、
 丿;;;;;;;;;;;:::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞニニ彡〉,    http://www.himekuricalendar.com/month1979_07
. i ;;;;;;;;;;;;;;;;::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( :::::::::::::::::∧^
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::∧i 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|;;;;;:::::::::\::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::∧|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丿;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ :::::::::::::::::::v
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9631 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:49:51 ID:4z16mmsE0

    ,. -─- 、       ,-、 /        | ゙ゝト、_         `i
   / ,.-─-、 `ー- 、   l  \/         /    ヽ_r_,___,    |
   |│    ー-、 `ー、r'´L_/        /          /    l
   ゝ、       \ ` ̄´        /_r\_      , ′   ノ  これはいったい何を意味するのか
    \     _/´      __ _ __,/t'!ユュ、 `  _ _」     |
ー─- 、__>ニ‐´        ! ヾ  l   - ' ノ! ,ィァ<,. |     |   同じ日の午後にレミィが二度にわたって一人で
                  ゝO  1     / .j  `^,=┘    !  森に行った?
                  「  |   ┌‐-、 └‐'    ! ,r'了    .l
      ,.-─‐‐        |   ゝ  ヽゝ,二ニ==--'´ノ/ヒ}.     |   あなたの話とも食い違いますし、彼女の置かれていた
     _」-──- 、_     /⌒ー-_ノ 卞こー- 、ア´        \  境遇を考えても到底ありえません
   r'´:::: ̄\_:::::::::::` ─‐-'´ヽ rf''´ ̄`>リ  >'"´         \_
:::::::::::::::::::::::::::::::::\_::::::::::::::::::::::::::\丶__,.イ   _ノ        ___」
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、:::::::::___,.ゝ-‐―'´二_,._,.-┐/`<::::::::::::::::::::::  
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,>‐'´_   /´ ̄ヽ   / ,.イ | l   \::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丨  /´∨ ./  \.  ヽ//  ノ |    \::::::::::::::::::::::::::_,.-'´
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}  |  { { ヽ、  ゙,.-──--'´ ./,-'´ ̄ ̄´ ̄ ̄ ̄`|
:::::::::::::::::::::::::::::::,.-=ニ-' _ノ-―}丿   \_/ ,.-─┬‐‐'´            !



                    _,,..-―‐-..,,_
              ,,-''"       `ヽ、
            /              \
              /                   ヽ
              ,'                      ヽ
           l   \_      _/      ',
             |   {筏豺}      {筏豺}      l  するとこういう結論が導かれるのではないですかお
           ,   `¨¨/       ヽ¨¨´     .,'
              '.,   (    .,、   )      /   すなわち――
.              ヽ、  ` ̄ ´ `  ̄´    /
                  ヽ-..,,__      __./」
              〈ヘ:::::::::::ヽ:L..ィ:〈トx:/.:/.:从r 、
               .';::〉::::::::/|:〉レ':::/::/ヽ:::〉∨:\
              .,.:}l:::::::::;'.:/|:;'.:\::/:/.::;'::/:::∧:、:.\__
           .rf≦:::||:::::::;'....人!   ;':/.:::;'::;':::::;'::l:::.\::::/


9641 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:50:13 ID:4z16mmsE0

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,'  j                   ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│   l    ,rー 、     /\       ヘ、;;;;;;;;;;,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,     l   l   〈 ,、__\_/_rー-、j      l  ヘ
;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,          /┬=┤   Y  "ヽ_ン゙    |      |ン='7
               i. 弋H    l           l      トイバヽ、
              ノ   ヘ亅   ├-,、__,.   __, -┤      レ'   \  レミィが彼らの作った落とし穴に落ちたという
           _/     /     f弋ゥご"   ,y7ぇソハ     .|`ー、     事実は、最初から存在しなかった。
          f´       ,イ    / ` ̄^ソ  ,イ `' ̄^ ヽ    │  \   あなたは僕たちに偽りを語っていたのです
          ヽ   _,r'"./    ゞ.     l ヽ     /      │   `ー、
           L_-'"   /     \    |  l    〈      ヘ、     さらに云えば、彼女は穴に落ちて顔に傷を
        __/´    │       j    ゝ'´     冫      ',     負ったのを苦にして自殺したのではない。
     / ̄         )      f´  ry'ニニtァ  .ノl       |     別の理由があって自殺したのです
    /           /      j´\   厂^丁   / /       /
   /            l      │   ヾソ  └‐'ゾ ./      ,′
.  /            〈        ゝ   ヘ     / f      丨
 /              冫     」     ヘ、 /  .|    ト、  t_


9651 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:50:43 ID:4z16mmsE0

.     i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.∧:.l l ト.:t.l.:i!.:rァ.:ト.:.rヽ:.:.:.ト、:.:.:.
     い:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽl:.| { Lゝ|.:||:.| レ'ノ.:i |:.:./ノ:.:.:.
.     ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.「`_ヾ、.:`ヽニ 」Lニ-‐' ,ムニ-‐ 7:.
       \:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.ヘ V  \ヽ、:.:.:.:._ ァ' ̄ < ̄//:.:.  この結論が正しいとして、どうしてあなたはそのような嘘をついたのか。
         `ー‐ァ、_:.:.:.::.:.ヽ  o ト. ヘ:.:.// イ o レ'∠:_ノ;
           ハ 「`ー-  ゝ__<」 V/ ムゝ_ ェ≦ィ´;,;,;, そう、あなたはレミィが自殺した本当の理由を知られたくなかったのです
         /;,;,ヽ|;,;,;,;,;,;,「ヽニぃ_、`≧─ァィ ゞィ- ^|;,;,;,;,
          /;,;,;,;,;i;,;,;,;,;,;,;,l   二フ   | \      i;,;,;,;,
.         /;,;,;,;,;,;l;,;,;,;,;,;,;,;l         |ヽ      l;,;,;,;
       /;,;,;,;,;,;,;|;,;,;,;,;,;,;,;,l       | 〉      l;,;,;,;
         {;,;,;,;,;,;,;,;|;,;,;,;,;,;,;,;ハ      、レ'         |;,;,;,
          };,;,;,;,;,;,;|;,;,;,;,;,;,;,;,|rヘ   、___,... ,-ァ  ∧;,;,


9661 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:52:11 ID:4z16mmsE0

    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r :.:.:.:.:.:.:`ヽ
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ヾ:.:.:.:.:.:.:./
    /:.:.ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   |:.:.:.:.:.:/
   /:.:.:.ヽ ヾヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/、__   i:.:.:.:.:l    ならばなぜ、森の落とし穴などという話を持ってきたのか
   /:.:.:.:.:.:.ヽ ゝ):.:.:.:.:.:.:.:.:/ktjーゝ`./:.:.:.:.{
 /:.:.:.:.:.:.:.:iゝ 〃(:.:.:.:.:.:.:.{  ``"^ 〈:.:.:.:.:.:|    まったくのでまかせで云ったことが、偶然やらない夫君たちの過去の
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|i``(( \:.:.:.:.:.:i、     ヽ:.:.:.:.:.l   行動と合致した?
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| i!  ヽ/:.:.:.:.:.:.メ   ヽ,=‐':.:.:.:.:.ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノl i!  /:.:.:.:.:.:.:.:.,ア `ー =ァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i  いいえ、そんな偶然は僕には信じられません。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト─ /:.:.:.:.:.:.:.:.:/  _-ニ/:.:.:/:.:.:.:.:.,.ノ  それよりも、こう考える方がずっと納得がいきます
:.:.::.-─ /  〈:.:.:.:.:.:.:.:ト、ヽ  _ノ:.:.:ト:.:.〃:.:.:.,ィ/
 /ililiil/    \:.:.:.:.:.:.\`ヽヽ:.:.:.|:.:《、:.:.:.ヽゝ
/ililiilili-─ト、--/,ィ:.:.:.:.:.,)  ))乂\\ヾ:.:.:.:.ヽ
ililiililiililiililiililiilヽ ト /   〃/\``  \:.:./


9671 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:52:42 ID:4z16mmsE0

.         , ‐ 、                   _..-:.: ̄:.:`ヽ、
        l   \               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶、
        l     `ヽ        ,..-―-:':.:.:/:ヽ、:.:.:ト、:.:,ィ:.:.:.`!
        ヽ       ' ̄`ヽ  ,へ._):.:.:.:.:.:.::.:.:i:.:.:.:.:.:.:/|``''"!:.:.:.:.|    あなたは十年前に彼らが落とし穴を掘ったという事実を
          _..>-、‐     \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::、、|:.:.:.:.:./ノ   l:.:.:.:.:|    知っていた
    _.. ‐ ´  、   T ‐    ヽ_:.:.:._イ:.:.:.ハ.|:.:.:./ェォ.、 ,ィ:.:.:.:.:.:!
_.. - ´       :|     l        ',:¬‐-イノ::ト!:.:.:i   i  L;.:.:.:.:ト..、  その上で、それがレミィの死の原因だったという過去を
       /ヽ   l ';        |',::::::::てっ:!l:.:.:.:.':,  .:l  ト、:.:.:ヽ::::  捏造した
    _.. ‐ ´    }  :l  \      .:l`',::::::::'う:/ノ:.:.:.:/. ー= ,イ/:.:.:.:.}::::::::
_.. ´       ,'  ';.    `   .::::l-.lヽ:::::V/_:.:.:、ヽヽ'::::l'_,(:.:.:.:./::::::::
        _.. -' ヽ  ',     ::::;イ!: :!:::::::::|:::::):.:.`)ノ ヾ'、/ノ:,:.:.ヽ::::/  違いますか
   _. ‐ ´      l:       .:://:l.: :l:',::::::l::::i:.:.:(_/ i ', ヽヽ>:.ノ´
,. ´      _ィ'⌒ヽ l    .:/ /:/: /.!:l:::/::::::7>::つ l|  ! r'、:.:(
     _..  '´  ヽ / ;'_..:/ /::/- ' /!:!':::::(_´:<´ら     ' さ´
 - ' ´      / ̄:/  /::/― ': :l:l::::::::::l`ヽノ      ' ヽ


              _____
            ., ' {_ イ⌒乙ニ、_
          /く  > ⌒ ー 辷_`>_
         /   ソ´ /   i   `V ヽ
         }`フ、/   ′ i/ }i  }  ',  }
      ー=彡廴 ′ ,'   | .ハ | i  }__」
       /  r={   i  }i八  :|i | |  j_人_
     /. / ヽ j イ_`メ、 i ヽ八ノ l  }i∧   ……
    '´⌒7  , | { i弋ぃ. | iイ-‐=丿i  | ∧
      .′/{ノ 八 |  ¨^ V fで )  } リ\i `
      .i ′ }/ i ヽ    ,   厶イ 八_{
      j/   | ,ノ _|\ ー- _ イ/ .ノノ
           j八 / |  `ニj ∨〈.{ ´ ̄>:.
           〈{八  ノ >、 }〉  /  i
         .ィT/:}〉、ニニソ/:::;〈}:i .′   |
      r<   |::〈{  }ニ|/:::}ハ::|/     {_
      | 、   |::ハ:/ニニム:::从 ′     i
      |  \ j/  }ニニニム /        |


9681 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:53:45 ID:4z16mmsE0

     r  ̄,   ´ _ノ            ,.. ='-ァ
     /  /  , 弋う‐ k‐r,-、ニニニ-r T  ̄  | /
.    / ノ   /  入  L `7´こ卞、ト、」 |!     l'\
   〈    '   /  〉 | /´   ト、`` ! |    |  ヽ    僕はさらに考えました
     i     ´  / l       | 〉   l {!     |  ヽ
    _」 |!       イj k     _ ′  | l     ト、  ヽ   あなたがそんな偽りを思いついたのは、彼らの落とし穴に誰かが
  / l ||  |     f トヽ  `ー==-‐'  イ、    l \ L  落ちて命を失うという不幸な事故が、十年前の夏、現実に起こった
 / / V|  |    |  } \、_ 〉 ̄く_, ≠  }    \ ト、   からではないか、と
 ≠` <      |  人  \    / /7      ヽ| \ 
     \      j /   \ ヽ / //         ヽ   \|
       \  / く      ヽ V∠ /        /    \
         ∨    \    /匸!ヘ  \    <´/         \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


:..:..:..:..:..:..:..:..:..:|ik;;:;;:;::;;:;:;;::;:;:::;:;;l:;:;::;:j!|:..:..:..:..,(;;ハ:..:..:.Vヾ:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..ノ'ヘ.:..:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:..:..:..:..:..:..:..:..:..(ik;;:;;:;::;;:;:;;::;:;:::;:;;l:;:;::;:j!:|ゞv'.:..:..:..:..:..,,‐ゞy;;'ゞ<.:..:..:..:..:..:..ゞ>:..、..:..:..:..|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;:;;:;;;:;k!:;;:;:;::;;:;:;:;:j!;:;:;;:;|:;ゝ、7-ー<ヾ:'(゙':ヾ:.:.:.:.:.:..:..:..:..:..:.〆、,,;">-、|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;:;:;;:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;::;i:;:k;;:;|‐>、;ヽ、:;;:y':/;;-'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.バ:.:.:.:.:.:.`‐|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;:;;;:;;:;:;;:::;:;:::;:;:;!::;:;:;;:;:;;;|:.:.:.:.ヽ:::;:;:::/:;;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙:.~^:.:>ー|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;:;;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;:;;::;:;:;:;;:::;:;:::;:;;:i!;:;:;:;:;;:;:|.:.:.:.:.:.,!i!;;:;:;y':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(;!:;:;:;:;;:;j!;:;;:::;:;:::;:;;:;l::;;::;:|:.:.:.:.:.:.l;;:;;;:;:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:;:;:;:;:;:!:::;:;::;:;:;j:;;:;:|;:;:;:;):;:;:;:;:;:|;;i:;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;:;:;;;:;:j:;;::;:;:;:;;::;:;:;i:li:;;::|;:;:;:;:;:;:|;;::;!i!;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;;;:;;;:;:k:;;:;:;::;;:;;::;:;:j:;:;;::l:;:;:;:;:;(i!;:;:;;:;|::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:i!:;:;;:;:;;;:;:(;:!;;::;:;:;::;:;:;:;:|:;:;ik/;;:;:;:;;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:i!:;:;;;:;:;;:;:;;:::;:;::;:;;:y::;;:;:ヽノ;;;:;ハ、;vvヾヘw'':;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;;:;;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;:ヾ:;:::;:;:;:ヾ;:;:;:;:;;`ー-、;:;:;:;:;'""~  ,,''w;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,ノ;;:;;:;:;;:::;:;:::;;:;;:;:;;:;;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;、:;:;:;:;;:;:;;::ヽ:;::;:;:;;:;:;;:;::;:;;:;:;:;:;`ー-、 ,, ~"''"^'"''゙`w,-‐'´;;:;;:;:;;:::;:;ノ:::;;:;::;:;:ヽ;;:;:;;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:_ノ;;:;;;:;;;:;:;:;ヽ、;:;;;:;:;;:::;`ー-、;:ζ:;`ー-、;:;;:;:;:;:};         '' Ww_,-‐'´;;:;:;;:;;:;:;;:;::;ヾ;:;;
;;;;;;,,-‐'´;;:;;;ノ;:;:/:;;:;;^ー-、:;:;:;:;:;:;:;:;:`ー-、:;:;;:;:;:;~:^"w'Mv  ,,    ''    ゙';;:;==;;;;:;;‐、__,,''~"'~w

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9821 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 02:20:44 ID:4z16mmsE0



         j"\_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__r‐'"´   |f´ /      l
          /   `-、__ __:::::::::::::::::_,,イビノ,代     レ'´     ',
        /       i ゝドダ'''''''"´ ̄ ̄"゙゙^ │      |        ' 、
      /      │    j|         j       '、        `ゝ
     /         ∧   ,イ        /       L__        \
    〃,ィ      /   .ヽ ,'/          /            \ 7
    勹    _,r'´     ゝ ゙ー-      ゝ            \      胡亜(こあ)さんという名前でしたか
   │|   /´        ,∧ ー--―一' 入             ヽ、
  ヽ ゞ         / ̄  ヘ 丁"^Y / バ          ト、 ト、    あなたの亡くなられた娘さんは
    \        /      ∨    `"/,-┘       /ノ 冫ゝ
.     |     /           |   ∠/            ム'  /  |
    /   r'´ ___........___     │ ,イ゛〈             /    j
   ヾ    /  /      \.  └fンl  ヽ、         r'′




9691 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 01:56:31 ID:4z16mmsE0

      ゝ、_l !     |「
       / 亅 l    ー-,.仆、            あなたの娘さんが亡くなったのも同じ十年前の夏だったのですね
     / ̄ 丨 < `‐ 、「^i_l ヽ__......_
     l_/ ソ  ├‐‐v‐勹 ト、_     丶   、_ 確か死因はこういっておられましたね
  _/´:::::::::\ /> ~゙‐'<´ /:::::::::`ー 、   |   j.l    ┌、
. /:::::::::::::::::::r'´ノ     ゝヽ:::::::::::::::::::│  ` -‐' ノ.     │/´ニl
/::::::::::::::::::::::}j      レ'ヘ_r'`r‐、:::::::!    く   /丁
::::::::::::::::::::::::/ /      `ヽー 、_ノ: : : : : ゝ.    l_,r'´ lその原因こそが、彼らの落とし穴だったのではないですか
::::::::::::::::::::/.:.:` ‐-、_/`‐'"´.:.:.:.:.:/ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:\ _/.l   ´
:::::::::::::::::,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  \.:.:.:.:.:.:.:ヾ:;:;:;:│  
:::::::::::_/ |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,′   !、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



            厶イ /  /  :}゙/     i    i  
            / イ__彡'    :}′ ,      八  
             !     :i     | /.i ,. -‐'  /i: }ヽ  それからしばらくして、今度は私どもが娘を亡くすことに
              !     :::| .i    レ′:{  ,.斗rV、ル′  なりました
            Ⅵ :   :| 八       弋じ'  ヽ
                ',  ::レ′ .\    ∨ ' ' ' ' ,′   ちょっとした怪我が原因で破傷風にかかってしまい、
                }  ノ i   ,ゝ、  i__   ‐i     呆気なく…
                 厶イⅥ .}  i __ 八 ト、i:─一′
                 ∨レ'.V´  >くノ
                  i::::::: {        ',
                   {::::::: ト、      .}

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


9701 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 02:00:00 ID:4z16mmsE0

:::::::::::::::::::::::             ::::::::        :::::::         ::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::       :::        ::::::::     :::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::     :::::              :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::           ::::::::    :::::::      :::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::           :::::::::::::      :::::::                :::::::::::::::

                 おかあさあん!いたいよ!くらいよ!


                       おかあさん!!

          ::::::::::::::::::::
       ::::::::::::::::::::::                ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::                        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::                   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::        :::::::::::::       ::::::::::::::::::         ::::::::::::::::::::::::::::::::
              ::::::::::::::::::::  ::::::::      :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::      ::::::::::::::::::  ::::::::::      :::::::::::::




_// |!  / l |ャセ=///\   ̄´ / ∨ト、 |( ̄ ̄\
  ̄   | /jノ| jハ /   ̄ )、   /ト、 } |,ハj 〉    |
.       l/(  レヽ/    \‐‐ィ /人__}j/ 〉__//    !
         ,ハr─/    八 冂._/  ∧_{_八  〉    ∧
.       | V´i   _/(//{_|\o' /(__ノ{/       ∧
         |  ヽ|   l | l 〈/O\}∨|rく__ノ_)__     ∧
        |/二.|   lノ | 〈/| |_l ,八__L{__,ノ  _   /
       |ヽ--!   , \___!__|_/  / / ∧-=<    /
.         | // |    '.            { l  }、 o\/
.       V/|     ’           lハ   | \_, /
        \」     ',\   _ノ_  -ヘ / / ̄\____,
         |_|      i ̄ ̄         V ∧、  ',     VL
.            '.    /      _   -= ´Vt{、   i    Vハ
             \__/ r‐= T 匸 _     /Vtヘ  |    V}〉
            /    |\ \       /  Vtヘ  |     }リ





        ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`
       │ 森の落とし穴に落ちて死んだのは、真紅レミィではなく、あなたの娘  胡亜さんだった │
        、____________________________________,


9711 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 02:00:32 ID:4z16mmsE0

                   /                     l              /
  !  l              /  __                  │            /
  |  |               iト、_、__ `ヽ、   _,         l             /
:`V′ /               ,l| ̄`t_{ラヽ、`゙''ニ!l"ト           |           /
、/ ,イ             / ゙`ー 、 _  リゝ7  ´   、_      |             /
  /`ヽ_/           │     `=´ン     ト、 `t__   |           /
:::/ /              l    '"゙ ̄      「t_ワjヾ、_ハ` 、|         /
::! i´             │            |j!`‐ 、_儿  ,イ        /
`Ljl              卞、            |l ヽ    /  |       i
¬、l               │            |     │. |       l     そう、これは復讐です
ゝイ                l                |     ,'  /         │
/                 l                |    /  /      、  |
              ,r  /               |   , '  i        ト、  |    だが真紅レミィではない
             ,イ   ,´         -‐  /  /    l         l│  l
            / l / たー- 、      ‐´┘ , '     /       ! |  │   十六夜胡亜のためのものだったのです
              / / │  `ー 、   ゙ ー 、 __    ,r     ′        │|   }
              | .|  .l  ト,,_  ` ー 一У  /              / /  /
           ヽ i │  > ` ー-、   , '            / _/  /
            ヽ l レ '´    /`  /               / /   /
              l`l |     |   ,イ              /  /   /
              l フ |  .   └-r'               /  /  /
                レ'  i     /              /  /   l
                  /    ,/                l   l    |
                 /     /                 |   ヽ  l
             ,∧    ㍉                 l    │  |
              /  ヽ   / ヽ               ヽ、  l  │


9721 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 02:05:13 ID:4z16mmsE0

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,'  j                   ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│   l    ,rー 、     /\       ヘ、;;;;;;;;;;,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,     l   l   〈 ,、__\_/_rー-、j      l  ヘ
;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,          /┬=┤   Y  "ヽ_ン゙    |      |ン='7
               i. 弋H    l           l      トイバヽ、
              ノ   ヘ亅   ├-,、__,.   __, -┤      レ'   \
           _/     /     f弋ゥご"   ,y7ぇソハ     .|`ー、
          f´       ,イ    / ` ̄^ソ  ,イ `' ̄^ ヽ    │  そして咲夜さん、あなたこそが『落とし穴』の復讐のために
          ヽ   _,r'"./    ゞ.     l ヽ     /      │  彼らを殺す、その真の動機を持つ人物なのです
           L_-'"   /     \    |  l    〈      ヘ、
        __/´    │       j    ゝ'´     冫      ', やらない夫君はこんなことも云っていました。
     / ̄         )      f´  ry'ニニtァ  .ノl       | レミィと出会った前の日、つまり7月28日に、落とし穴を完成
    /           /      j´\   厂^丁   / /       / させて森から出てきたところを誰かに見られていた気がする。
   /            l      │   ヾソ  └‐'ゾ ./      ,′
.  /            〈        ゝ   ヘ     / f      丨  もしかすると、それがあなただったのかもしれない
 /              冫     」     ヘ、 /  .|    ト、  t_


9731 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 02:05:38 ID:4z16mmsE0
               _____
            ., ' {_ イ⌒乙ニ、_
          /く  > ⌒ ー 辷_`>_
         /   ソ´ /   i   `V ヽ
         }`フ、/   ′ i/ }i  }  ',  }
      ー=彡廴 ′ ,'   | .ハ | i  }__」
       /  r={   i  }i八  :|i | |  j_人_
     /. / ヽ j イ_`メ、 i ヽ八ノ l  }i∧    ……わたくしがですか
    '´⌒7  , | { i弋ぃ. | iイ-‐=丿i  | ∧
      .′/{ノ 八 |  ¨^ V fで )  } リ\i `  わたくしが殺した、とおっしゃるのですか
      .i ′ }/ i ヽ    ,   厶イ 八_{
      j/   | ,ノ _|\ ー- _ イ/ .ノノ
           j八 / |  `ニj ∨〈.{ ´ ̄>:.
           〈{八  ノ >、 }〉  /  i
         .ィT/:}〉、ニニソ/:::;〈}:i .′   |
      r<   |::〈{  }ニ|/:::}ハ::|/     {_
      | 、   |::ハ:/ニニム:::从 ′     i
      |  \ j/  }ニニニム /        |
      }    |从 j\ニニニ} { ,斗‐==-、  |



          /   `-、__ __:::::::::::::::::_,,イビノ,代     レ'´     ',
        /       i ゝドダ'''''''"´ ̄ ̄"゙゙^ │      |        ' 、
      /      │    j|         j       '、        `ゝ
     /         ∧   ,イ        /       L__        \
    〃,ィ      /   .ヽ ,'/          /            \ 7
    勹    _,r'´     ゝ ゙ー-      ゝ            \         そうです
   │|   /´        ,∧ ー--―一' 入             ヽ、
  ヽ ゞ         / ̄  ヘ 丁"^Y / バ          ト、 ト、
    \        /      ∨    `"/,-┘       /ノ 冫ゝ
.     |     /           |   ∠/            ム'  /  |
    /   r'´ ___........___     │ ,イ゛〈             /    j


9741 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 02:06:25 ID:4z16mmsE0

              _r┐ー、__、
            z_厂ヾ>ー <ノ`ー、
         r厶ゝ ´      ` く`ー、
       厂ヽ/    /        く ゝ、
       廴,/     .! !          ヾヘ
        7z,/   _|_|_| | 、   |__ i    Vヘ、
      .└ノ   .´|l ハ l、ヽ |_l l` 、_   ヾ´
        //  !. i |レl‐ヽト、、V レi/ ヽ } .| \
      .//  | ヽl ー''"` )i/` ̄l゙ノ/ .j .八 ヾ、  お忘れでしょうか。わたくしには……
     /| / 八ヽ ヾ、    :   ノ!/j ,/ノ-、ヽ\
   ー ' .//.イ  ヽ) ()j、   - 一 .イl'() /イヽ ヾ(ヽ
     ./ レ' !/ ! jハ(.| i> . _ イ.iレj)(ハ! lヾ!  j!
      / .lハト从()从r┴ v┴、ハ()ノレ /′_
      _    {::X::}/  /∧  {::X::}  /ハ
      ハ `ヽーr(ハ)入//i从 ,(ハ)j丁, 〈_L
        j {zー ミヽl//!   /l:l:l ヾ´  |/|/ _}V
      .V | __ ヽ!//!_  {l从! l:! )) _|/|ノ´(´ i



     l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:入:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:_>ァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
.     l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ヽ:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ' √ !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
     |:.:.:.:.:.:.:.:.|  , \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:r '  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
       l:.:.:.:.:.:.:.:.:j {/r 。フヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l    アリバイがある
        l:.:.:.:.:.:.:.:ゝ 七´  }.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
         l:.:.:.:.:.:/     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
.        l:.:.:.:/     i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
        l:.:.:'- 、   _ ィ |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.
          }:.:.:.:.:.`r   、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
          /:.:.:.:.:.:.:ヽイ  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:::ゝ-┤.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ__|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
      {:.:.:.:.:.:.:.:.:./::_::斗ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.rァ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
       \:.:.:.:.:.:. ̄  __,. - フ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./il|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        ヽ  / ̄  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ilil|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.


9751 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 02:06:47 ID:4z16mmsE0

.         , ‐ 、                   _..-:.: ̄:.:`ヽ、
        l   \               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶、
        l     `ヽ        ,..-―-:':.:.:/:ヽ、:.:.:ト、:.:,ィ:.:.:.`!
        ヽ       ' ̄`ヽ  ,へ._):.:.:.:.:.:.::.:.:i:.:.:.:.:.:.:/|``''"!:.:.:.:.|    そうです。あなたは完璧なアリバイを持っています
          _..>-、‐     \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::、、|:.:.:.:.:./ノ   l:.:.:.:.:|
    _.. ‐ ´  、   T ‐    ヽ_:.:.:._イ:.:.:.ハ.|:.:.:./ェォ.、 ,ィ:.:.:.:.:.:!    博麗霊夢が殺されたときは、僕と電話で会話をしていた。
_.. - ´       :|     l        ',:¬‐-イノ::ト!:.:.:i   i  L;.:.:.:.:ト..、   秋月君と牧瀬さんが殺されたときは、ずっと僕とやらない
       /ヽ   l ';        |',::::::::てっ:!l:.:.:.:.':,  .:l  ト、:.:.:ヽ::::\ 夫君のそばにいた。
    _.. ‐ ´    }  :l  \      .:l`',::::::::'う:/ノ:.:.:.:/. ー= ,イ/:.:.:.:.}:::::::: 射命丸さんと前原君が殺されたときも、三人で食事をして
_.. ´       ,'  ';.    `   .::::l-.lヽ:::::V/_:.:.:、ヽヽ'::::l'_,(:.:.:.:./:::::::: 納骨堂へ行った。
        _.. -' ヽ  ',     ::::;イ!: :!:::::::::|:::::):.:.`)ノ ヾ'、/ノ:,:.:.ヽ::::/ 岡部君が殺され、やる夫君が襲われたときも、僕らと書斎
   _. ‐ ´      l:       .:://:l.: :l:',::::::l::::i:.:.:(_/ i ', ヽヽ>:.ノ´  の調査をしていた。
,. ´      _ィ'⌒ヽ l    .:/ /:/: /.!:l:::/::::::7>::つ l|  ! r'、:.:(
     _..  '´  ヽ / ;'_..:/ /::/- ' /!:!':::::(_´:<´ら     ' さ´    どれもこれも、まったく文句のつけようがないアリバイです。
 - ' ´      / ̄:/  /::/― ': :l:l::::::::::l`ヽノ      ' ヽ    だから、僕は――


9761 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 02:07:48 ID:4z16mmsE0

     r  ̄,   ´ _ノ            ,.. ='-ァ
     /  /  , 弋う‐ k‐r,-、ニニニ-r T  ̄  | /
.    / ノ   /  入  L `7´こ卞、ト、」 |!     l'\
   〈    '   /  〉 | /´   ト、`` ! |    |  ヽ    僕はまず、”操り”の可能性を考えてみました
     i     ´  / l       | 〉   l {!     |  ヽ
    _」 |!       イj k     _ ′  | l     ト、  ヽ
  / l ||  |     f トヽ  `ー==-‐'  イ、    l \ L_
 / / V|  |    |  } \、_ 〉 ̄く_, ≠  }    \ ト、  `i
 ≠` <      |  人  \    / /7      ヽ| \  |
     \      j /   \ ヽ / //         ヽ   \|
       \  / く      ヽ V∠ /        /    \
         ∨    \    /匸!ヘ  \    <´/         


                _     _
             へ< ヽ  |  ̄ /   7
             へ、> - ┴ ─-- 、_  \
          /: : : : : : : : : : : : : :: ̄: : : : V |
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :Vヽ
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:V|
        /: : : : : : :.:./ /: : : : : : : : : : : : : : : : : : V
      /: : : ::イ: : : :.:/ /: : / / / /: :| |: : :::|: : |: : :!     操り?
      /: :/ /:.:.:.:/ /.>A/|/ /| / A <|: : l: : :|
.     |イ  /: :/ノ/《 トイ!ト// イトイ! 》 /:.:.:.:l
      //イ: : :.人ト, ヾシ     ヾニシ (_ノ/l
    /: : : : : :.:(⌒ノヽ    丶     (_ノ: : :.l
   / __: : (⌒ノ: : ∧     . _    (_ノ: : : :l
  /イ  |フ⌒ノ ̄: : : : : : :.>     <(⌒ノ: : :.:/
    < ▽_,.イ/_.ル乂 ノ>ー-へ(⌒ノ: : :.:/
     ノ/⌒// ̄  `ノ \/^Yへ彡'r'⌒´‐、 し
.        ノ 「i     /  ⌒`フ ̄/| 〉::::::::::::\j
        r/   〉   ./    /^!:::/ニソ:::::::::::::::::::i
.      ヽ  /¨',  /¨ \ /  l:/ソ:__;/::::::::::::::::;


9771 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 02:08:18 ID:4z16mmsE0

    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r :.:.:.:.:.:.:`ヽ
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ヾ:.:.:.:.:.:.:./
    /:.:.ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   |:.:.:.:.:.:/   実際に手を下したのはフランさんだった
   /:.:.:.ヽ ヾヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/、__   i:.:.:.:.:l
   /:.:.:.:.:.:.ヽ ゝ):.:.:.:.:.:.:.:.:/ktjーゝ`./:.:.:.:.{    あなたが後ろから糸を引いてそれを操っていた、という可能性です
 /:.:.:.:.:.:.:.:iゝ 〃(:.:.:.:.:.:.:.{  ``"^ 〈:.:.:.:.:.:|
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|i``(( \:.:.:.:.:.:i、     ヽ:.:.:.:.:.l   長年彼女の世話をしてきてその心理を把握し、信頼も寄せられて
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| i!  ヽ/:.:.:.:.:.:.メ   ヽ,=‐':.:.:.:.:.ヽ  いることを利用して、「お姉様に不幸をもたらした悪い連中が来る」
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノl i!  /:.:.:.:.:.:.:.:.,ア `ー =ァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i  と吹き込んで、殺人を行わせるという方法です
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト─ /:.:.:.:.:.:.:.:.:/  _-ニ/:.:.:/:.:.:.:.:.,.ノ
:.:.::.-─ /  〈:.:.:.:.:.:.:.:ト、ヽ  _ノ:.:.:ト:.:.〃:.:.:.,ィ/
 /ililiil/    \:.:.:.:.:.:.\`ヽヽ:.:.:.|:.:《、:.:.:.ヽゝ
/ililiilili-─ト、--/,ィ:.:.:.:.:.,)  ))乂\\ヾ:.:.:.:.ヽ
ililiililiililiililiililiilヽ ト /   〃/\``  \:.:./


                   _ __ _
               .  ´r ─ . .:::::::: _`  .
              /.f⌒i__)  (ハ ハ「 て!.::::\
              /厂 ト、 j   j /⌒j  / 厂).: \
            . '.::.: ) メ ヌ ´  ̄ ̄ ` マ ⌒ くr‐ュ.:: ヽ
.           /.::メ⌒Y/´ : r‐ 、 .:: ::: :::: :`X  ) く .:: ::::\
        .' ..(  人   .:::|    .:: :::::\ .:::\  (メ) ::::::「⌒
        l .::「`Y :l .:::l .:::| .:   .::: ::: :::::\.:::::\. く:::::人
        | /j:::/ . | .:::| .:::ト、.:\ . ::: :: ::: ::::\ .:::ヽ.ハ.::::ハ
.         ノ::/::/ . ::| .:::| .:::|. \::j\ . :::_:::: ::: :: ヽ.::::}:!::i::::{ }   馬鹿げたことを
         }イ:/ .::: |「 ≧xj   )j  .X´≧≠\:: ヽ从人:::\
         人!' .:i:::::|{ |r'ij::k.     .ィr' ij:::「 }}:::\ ::::::ヽ.\⌒  わたくしは催眠術師ではありません
        /  l .: |:::从 ゞ=''      ゞ =='' |i .:::::l) ::ル' .::::\
            | .: !:::::人     .       从 ::::|ル' i:::::l⌒)
           人 .::l::X .:ハ          . イ/∧人 .:::: |::: |    それに、何か証拠はございますか
             )::从:::\::〕ト .  ⌒  . <.:::j⌒{::::く.:::::斗イ⌒
         ____Ⅵト、:::〉.::::::::≧=≦ヲ´.::::::: 人::::::)人ノ.人
        /   从::Ⅵ l::リル'     〉─rく .::::)::::\へ
      . '      )\:::ル:く \  /   /::::! )´ } :::::: Y ⌒}
       /      (  Y:::メ   ∨   ./::::::|( r'⌒.「」__ メ、
.     {        ) |:从ル⌒i./∧   {::::::::| `)\メ.::::\. i
.      从       ( |「 虫 イ /「ハ  .|::::::::| }ノ /从:::::::::Ⅵ
       人 \ j   .斗j: ::入 .レ' /:::∧ j:::::: 从 /  \:::::jリ
       片≠r≦´j.メ.::::::::::::⌒ij:::/::∧ |:::::::::::::V    /⌒i!


9781 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 02:09:23 ID:4z16mmsE0

 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  証拠など、どこにもありません   |
  乂______________ノ


             r~┐/ ̄(__
          _rに廴 j___, -=ミ、 /ー‐ 、
         r⌒ア゜  /  ̄`ヽ ` < ノヽ
         _r⌒ア゜   /   {   \  \ ,ノヽ
       r⌒ア゜      i  {、        \ノヽ
       r⌒ア゜.   / /   {  | /  、     \_}
     厂ア゜    |j |___{_ {  ,ィくl\} }       \_   ならば……
     {__/ / i{ ´|レ _,j__`!  l|,ィ笊㍉j  }  i ヾ ̄~
     / /  l{  |,ィ笊㌘ヾ\i|弌_ソ人  ハ {\ \
.     /    l{ ,〃弋,ノ  ヽl}   ⌒/ / /、|  \ }、
  / //  i ヽ 八'′    '′ "//}/ : レ   レ\
.∠  ' .//! }   \ ミ "        / (Y): : : : : r \`ヽ)
.   /' 八 !\) (Y)i.、    '⌒  .イ: : (Y):/: |\) \)
     / /{ :/ : : (Y): :>.。   _ ' !:レ: : (Y)//
    ー ' レ'| : /:(Y):|\l:}   _j__レl/ (Y)、/{/ヽ
           \ l (Y)| _/ ̄`アヽ   V__r=Ⅵうλ__ノ




.     i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.∧:.l l ト.:t.l.:i!.:rァ.:ト.:.rヽ:.:.:.ト、:.:.:.
     い:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽl:.| { Lゝ|.:||:.| レ'ノ.:i |:.:./ノ:.:.:.
.     ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.「`_ヾ、.:`ヽニ 」Lニ-‐' ,ムニ-‐ 7:.
       \:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.ヘ V  \ヽ、:.:.:.:._ ァ' ̄ < ̄//:.:.   ただしそれは”操り”という仮説に関する限りです
         `ー‐ァ、_:.:.:.::.:.ヽ  o ト. ヘ:.:.// イ o レ'∠:_ノ;
           ハ 「`ー-  ゝ__<」 V/ ムゝ_ ェ≦ィ´;,;,;,
         /;,;,ヽ|;,;,;,;,;,;,「ヽニぃ_、`≧─ァィ ゞィ- ^|;,;,;,;,   真相は”操り”ではありません
          /;,;,;,;,;i;,;,;,;,;,;,;,l   二フ   | \      i;,;,;,;,
.         /;,;,;,;,;,;l;,;,;,;,;,;,;,;l         |ヽ      l;,;,;,;
       /;,;,;,;,;,;,;|;,;,;,;,;,;,;,;,l       | 〉      l;,;,;,;
         {;,;,;,;,;,;,;,;|;,;,;,;,;,;,;,;ハ      、レ'         |;,;,;,
          };,;,;,;,;,;,;|;,;,;,;,;,;,;,;,|rヘ   、___,... ,-ァ  ∧;,;,


9791 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 02:09:46 ID:4z16mmsE0

       __/.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.
     _ ノ.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:./.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.
     i.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.,入.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.
.     |.:..:..:..:..:..:..:..:..:/  ヽ、.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.
      |..:..:..:..:..:..:..:..:.|    ヽ.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.
.      |.:..:..:..:..:..:..:..:|      \.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.._,,. -‐'7.:..:..:..:.
      | :..:..:..:..:..:..:.|     _ _,ヽ、.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:./ , ' ̄/.:..:..:..:..:.
       }j.:..:..:..:..:..:.| it _,イ´_ _,.  ヽ.:..:..:..:..:..:..:..:..:.く  f  //.:..:..:..:..:..:..:.
       |.:..:..:..:..:..:.ヽ、 < ィ=t:;ォ‐ァ 》.:..:..:..:..:..:..:..:..:.ヽ、〉 /.:..:..:..:..:..:..:..:.
       }.:..:...:..:..:..:..:.j ヽ` _´ ̄ ´ ィ´.:..:..:..:..:..:..:..:.jヽ.:..:〉 /ヽ、.:..:..:..:..:.
     __ノ.:..:..:..:..:..:..:./         ノ.:..:..:..:..:..:..:..:./ イ:/@   〉.:..:..:..:..:.     全ての殺人は、あなた自身のその手によって
    /:..:..:..:..:..:..:..:..:./         /.:..:..:..:..:..:..:..:./ /:/    |.:.,イ.:..:..:.
   /.:..:..:..:..:..:..:..:..:./         /.:..:..:..:..:..:..:..:.《 f.:〈 .     l.:.| |.:..:..:..:..:.    実行されたのです
   {.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:`ー-、-     〈.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.ゝl.::t     |.:.| |.:..:..:..:..:.
   \.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.i      `ーへ、.:..:..:..:..:..:..\     {:.f  \_.:..:..:.
     >.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..ゝrニニ‐v一'   \.:..:...ト..:..:..:..:\    t_    \.:..:..:.
   /.:..:..:..:..:..:..:..,イ.:..:..:..:..:.>--‐'        )..:.j 〉.:..:..:..:..:..:.>  く ̄ 二/
   .:..:..:..:..:..:..:..:./ |.:..:...:..:./l|.:..:..:.{     /://.:..:..:..:..:..:./ /二二/
  .:..:..:..:..:..:..:..:../  |.:..:.:..:..:i j}.:..:..:.`ゝ_,≠.:/ /.:..:..:..:..:..:../∠二二/ /
.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.{   ノ.:.:.:..:..:..| /.:..:..:..:._,.-/:/  /.:..:..:..:..:..:..〈∠二二二/
\.:..:..:..:..:..:..:..:..メ´.:..:..:..:..:..:./.:..:._,.-'´ {.:..:f 〉 (.:..:..:..:...fヽ.:..:\二二//
   ̄ ̄\.:..:..:..:..:..:..:..:..:./ ̄     ヾニニ≧ ヽ、.:..\ヽ、.:..〉
       }.:..:..イ´j.:...:./      ∠二ノ   〃  /.:..:..:..:..:| /.:./
     /.:..:..:.∨.:..:..:.\ ∠二二/    ヾ  ヽ.:..:..:..:..:\.:.ヽ
    /.:..:..:..:..:..:..:..:.∠二二二二∠二二二二ヽ、 \    |


9801 ◆jSbj2zyy3Q2014/03/19(水) 02:12:41 ID:4z16mmsE0

         /  /   /   ,.ィ     iト、   \ 、 \    \ \
       ./  / /   / i| ./   | ヽ   ヽ \. \     }  \
      ,′ / .,〈   /   i| ハ  .i|   \  i|.  \.ハ、   .∧  .ハ
       .八 /イ | 〃  / i| i{ i|  i|   ハ  i|     \| \/  \/  }\
  ー=彡_ | |'   / / / l | | |   i|   / |  i|        ハ   .}、 八 }
        ∧ト、__./ ,′/ | | | 八  il i     |  八       i|. ‘, ̄} ヽ  /
      ./.八__} ,′i| ./  i| 八|  \| i    | ./ | |      .八 |  .|  ∨
     / /|/   |  i|/  .八  \   \   |/ il ト、     ./  .iト、/   |
      |/ |〉  i|   |    \ ハ  /     ./   |/|i \  /   |、 |    |i
      l  ∧/i|   |        |i ∨ /    |   |i リ/ ∨   八     |ト、_     ………
  ,|    / l   〉、 l        |  ∨     |   |イ ,.=≦}`     \  八_ノ
 / {  ./  i|  .| \      .从__ヽ iト、 i!   リ,イ弐ツ |  {\ト、 \/___
 |八__乂 / `ー|  .ハ      ト{i  _」i| ∨  /  ¨¨   .八 /| ./\./ }≧=―
 .\_, イ i|  |  { .|_     i|イ夾芯フ|  | ./      /}/ ハ  イ  ./: : : : : :
      i| ./|  |.ハ |f`ヽ | .八 ヾ¨ .リ  | /       /  /}∧    } へ: : : :
      i|/ i|  |'   | ヽ、.ハ  ヾ _ /   j'   `  ./  ./:〈\〉、     }: : :
     | 八\l r‐ト、|./>} \ \ヽ \     _  -‐  ./ 〈 ∧:∧   _.ノ: : :
      八  \{\   j'  {ノ .ノヽ} }.\ ヽ__      ./  ∧〈/:∧  {_:_:_: : :
       \|>\.≧=- /./ ト、〃\.\ \_ }`ヽ __ .イ    〉∨:/:.∧    }: :
  ___/: : : : ヾー一 |: :.ノ }. \ \ \  从 |≧=-.、 ̄ { ∧.}: : : :}\  ノ_: :
  |   .〈: : : : : : : :〉=-  i|: 〈 〈:.\ ヽ  ̄\'| リ     \ .〉.ハ |: : 八    ノ:
 /   ハ: :/: : : :/     |:.:〈\ `ーヽ     i| /       \ /.j: : : : :ヽ   {:
'     | ∨ ./: : {     .八: :ヽ_≧=-- _  _j|/        ヽ_: : : : : \ 〉
     i|/ ∨: : 八       ヽ: : :ヾ_ノー'| | ̄| |≧=-- ,      {/{ : : : : : : ヾ
    /    ヾ: : : :\_   >: :o:.:¨}__|_|_.l_| | /       ̄ ̄   .|: : : : : : : :



                 ̄ ̄ ̄  、
            /           ヽ
――――...、 /   ι     -、     ,
::::::::::::::::::::::::: {-- __          ,ゝ、
:::::::::::::::::::::::::i:∨//≧=、     ゝ fツ  !
:::::::::::::::::::::::/i:::∨/////7、    ,     ヤ′   ………
::::::::::::::::::::/::i::::::∨//// / u.  i      !
::::::::::::::::::::_メ::::::::∨/イ_/     `ー=ァノ
::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/>   __ /´
::::::::/::::::::::::::::::::::/_/     //
::/::::::::::::::::::::::/ 〈 ∨  /__/
'::::::::::::::::::::: /     ', }_/ i:::::〉
:::::::::::::::: /       Ⅵ   i::/
:::::::::::/         |i  〈/
:::::/    \      |  i
:.リ       \    }  ト--.、___
/        `丶__/   i:::::::::::\:::::::..、



――― 第十六回 終 ―――


983名無しのやる夫だお2014/03/19(水) 04:47:24 ID:RJWOadfU0
乙!
トリックとかぜんぜんわからんから続きが気になるなー


984名無しのやる夫だお2014/03/19(水) 05:56:01 ID:vClxrw3o0
最後の最後でトリックがわかるでしょうから
まあ佳境にくる謎解きを楽しみましょう


988名無しのやる夫だお2014/03/19(水) 18:21:20 ID:hzo9g2k20
やっぱり解決編はもりあがるのう



関連記事

category 原作有り > 【完】やる夫たちは時計館の謎に挑むようです(『時計館の殺人』:綾辻行人)
comment

0

edit
edit

Comments



  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: