このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


やる夫は私腹を肥やす悪徳貴族のようです【R-18】 84 2年目 厳冬 エンディングルート決定


9849◆pcqo6IlmVc2012/05/05(土) 23:10:27 ID:WWPj7QMU0




    【 厳冬 ――『エンディングルート決定』ターン 】






:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/| []l|::|:::::|l:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王}:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::{王三王三王三王三王
[] [][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][] []l|::|:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[] [][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][] []l|::|:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[] [][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][] []l|::|:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[] [][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][] []l|::|:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[] [][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][] []l|::|:::::|u三|/l:::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[][] [][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][] []l|::|:::::|:::::::::::::::::::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][] [][]
三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u|/::::::::::::::::::::::::::::::::|u三u三u三u三u三u三








        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /  ─   ─   ヽ
      |  (●)  (●)   |
     \  (__人__)   __,/
     /  ` ⌒´    \
   _/((┃))______i | カリカリカリカリ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


.




9862◆pcqo6IlmVc2012/05/05(土) 23:14:06 ID:WWPj7QMU0


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|[]l|::|:::::|l:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王}:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::{王三王三王三王三王
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|u三|/l:::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|:::::::::::::::::::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u|/::::::::::::::::::::::::::::::::|u三u三u三u三u三u三







        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /  ─   ─   ヽ   フー…
      |  (●)  (●)   |
     \  (__人__)   __,/
     /  ` ⌒´    \
   _/ ┃ .______i |  ピタ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 夜。事務仕事を片付けたい、ということを言い訳に、男は一人で図書室にこもっていた。
 ランプの明かりが、夜暗に揺らめく。暖炉では、ぱちぱちと薪が爆ぜ、室外の寒気とせめぎ合っている。
 ――ふと、ずいぶんと贅沢ができるようになったお、と思った。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.


9880◆pcqo6IlmVc2012/05/05(土) 23:18:46 ID:WWPj7QMU0



: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :


        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /  ─   ─   ヽ
      |  (●)  (●)   |
     \  (__人__)   __,/
     /  ` ⌒´    \
   _/ ┃ .______i |  
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                                 ,――、_
                                                    ,. -'――‐'ー<`,ヘ.ー┐
                                                 ,. <: : / : : :/: < ̄\  \
                                                /: ;'´: :,、∨/ヘー- 、:´二`ヽ. `>
                                              /; : :/: :/__|!ヘ, }: : ',: : : :\: : ー }\
         ,、    ,、                                 ///: :/: /|i'  ̄! ト、 ',: : : :、: ',: : : : i ト、
       _l `゙゛‐-' `ヽ、. 、                          /:,' i.: : ! ;L」!_  | ! ヽ ',: : : :', キ ==}! i
   -=≦"´         `ヽl\                         { ! |: : { ト上   サー+┼ : : ',. }、:::::!   |
    /                   ト、._                      r'  ! |: トヒ;;タ   ,==L..」: : : :}: ',、:::〉   !
   '">                 ト'/                        以:〈'     ヒ';;;;;;タ/: : : :| },):〉  |
.  /              ,、r、 /                         L・'; 〉、 c     ノ/: :i: : : :!: i':/    |
.  \          __  __l.   Y                     ⊂´と^ー冖ー'; ::`ト、.,_    /: :/ : : /::/  _・」
    /         /-、`v" \ l                     ‘ー- .. 、┤}  〈': : :「/(_)レーノ、-、ー-'i´{L・_・/
  ム_         l   l '   ヾl                         リYi ,-〈,:y'`//ー,´| |  | |  {:!:!
    彡       〉、    ミミl                         /__ソ'  { 、 | { 、 ,L.」_!_!   \\
    ,rヘ<l, -‐,-‐'"         l                             `Iニ.! |ヽニゝ亡oコ     ヽ: :ヽ
  /;;;;;;;;/::::::`ヽ、           l                                 ,i!| | {{::《,、 );;;:ゝ、  ノ人: :)
/`゙゛<::::::::::::::::::::\_,,_____ノ                             ,〈』 | | <ニ彳_,,.ノ /´ }; : 〉
、   /::::::::::::::::::::::::::ヽ、


: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 最初は、たった三人で始めたのだ。――父の遺してくれた、この、小さな図書室兼事務室から。
 そこからたった2年かそこらで、ここまで来られた。信じられないくらい、幸運なことであると思う。
 ――あの時のような、煮え立つような憎悪も、屈辱も、今は少しだけ薄らいでいる。そう感じる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


9890◆pcqo6IlmVc2012/05/05(土) 23:21:04 ID:WWPj7QMU0


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|[]l|::|:::::|l:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王}:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::{王三王三王三王三王
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|u三|/l:::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|:::::::::::::::::::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u|/::::::::::::::::::::::::::::::::|u三u三u三u三u三u三






        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /  ─   ─   ヽ     でも、やっぱり……ケジメはつけなきゃならんお。
      |  (●)  (●)   |
     \  (__人__)   __,/
     /  ` ⌒´    \
   _/ ┃ .______i |  ピタ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 父は殺された。信じた相手から――卑劣にも、背後からの一刺しで。
 相手にも事情があるだろうことは、分かっている。それにも理があるであろうことは。
 しかし――それでも、決着をつけなければ、自分は前には進めないだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


9894◆pcqo6IlmVc2012/05/05(土) 23:22:56 ID:WWPj7QMU0



: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
.      ,':::::: ,' ::::::::::::: ,'::::::::::::::/!::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::';:::::::::::';:::::|:::::::::::::::::::::::: ',
.       {:::::: { :::::::::::::: {:::::::::::::/ |::::::/|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::';:::::::::::';:::|::::::::::::::::::::::::: }
.        |:::::: | :::::::::::::: |:::::::::::/ l:::::;' .!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|.',:::::::::}';::::::::::}::|:::::::::::::::::::::::::|
.        |:::::: | :::::::::::::: |:::::::::;'  .|::::{ |:::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::|. ';:::::::j. ';::::::::!::!::::::::::::::::::::::::: |
      |:::::: | :::::::::::::: l:::{:::::{  |::::| |:::::::::::l:::::::::::::::::::::::|:::::::| }:::::::| }:::::::|::|:::::::::::::::::::::::::|
      |:::::: | :::::::::::::: l:::|:::::|  |::::| |:::::::::::l:::::::::::::::::::::::|:::::::| |:::::::| |:::::::|::|:::::::::::::::::::::::::|
      |:::::: | :::::::::::::: |/|:::::|  |::::L..|:::::::::::l:::::::::::::::::::::::l:::::::∟|:::::::L.」:::::::|',|:::::::::::::::::::::::::|
      |:::::: | :::::::::::::: l斗::::{''"´{::::{ {:::::::::::l:::::::::::::::::::::::|:::::::} {:::::::} {:::::::ト|::::::::::::::::::::::::: |
      |:::::: | :::::::::::::: |  ̄    ̄    ̄ ̄ 、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_,,,... ̄   ̄  |::::::::::::::::::::::::: |
      |:::::: | :::::::::::::: l  ,,..  -‐=≠弐ミ  }        ,. -‐=≒≠=‐ r' |::::::::::::::::|:::|
      |::::::: ! ::::::::::::: |  ヘ   f爪●川  `      ´ f爪●川   '  |::::::::::::::::|:::|
      |::::::: | ::::::::::::: |   ヘ, 弋_夕             弋_夕 、く   |:::::::::::::::: | :::: |
      |:::::::|::::::::::::|      ‐‐             ‐‐       |:::::::::::::::: | :::: |
      |:::::::: ! :::::::::::: |', /////      .     ///// ,'|:::::::::::::::: ! :::: |
      |:::::::: | :::::::::::: ト',                  '               ,'_|:::::::::::::::: ! :::: |
      |::::::::|:::::::::::|:::.                           /::::|:::::::::::::::|::::|
      |::::::::: ! ::::::::::: | ::::::.                        /::::::|:::::::::::::::|::::|
      |::::::::: | ::::::::::: | ::::::::::..                      ,.:':::::::::|::::::::::::::: | ::::: |
      |:::::::::|::::::::::|:::::::::::::\         r::::ュ          /:::::::::::::|::::::::::::::: | :::::|
       |:::::::::: | ::::::::::|:::::::::::::::::::` .              .  ´::::::::::::::::::|::::::::::::::: | :::::: |
       |::::::::::|:::::::::: | ::::::::::::::::;: '"| `  .      .  '" |`丶::::::::::::::::|::::::::::::::: | ::::::|
        |::::::::::: | ::::::::::|::::::::::/  |    ` ー-‐ '"     .|  \:::::::::|::::::::::::::: | ::::::: |
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 前に進めば、背負わなければならないものがある。個人的に、守らなくてはならないものもできた。
 決断をしなければならない。――だからこそ、最初の場所に戻ってきたのだ。
 これだけは他の誰かに頼ることはできないし、自分で決めなければならない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


9918◆pcqo6IlmVc2012/05/05(土) 23:31:20 ID:WWPj7QMU0





: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :



                         ∨∧    r' `'   rノヘ三三ニi ,ィ' ソ   
                      ∨∧  ヽ__  _j_i三三ニ!,ィ' ソ 
                          ∨∧   〉ィ´三三二ニ一ニ二三ユ    
                        ∨∧/ヘ  ーー───ーァ 三ユ  
                           _〉マ∧   `丶、 _三三三三二ニイヘ  
                          ,r< ∨∧ニヘ     ̄二ニィ'´   ノ.≧ュ  
                       ,r<三三ニ∨∧三≧ュ、         _/ 三三\ 
           _,r<三|_,ィ仁三ニニニニ∨∧ 三三\,.rニ二ア ̄ /三アイ三ニヘ    
          l i三>イ三三三ニニニニニ∨∧三 i; ',ヽ /   /ニイ //三三1 
            l iイ//三三.ヘ 三三三三三∨∧三ヘ  ヾ/   / /  i'三三三:ヘ  
              マ   i 三三三ニヘ三三三三三∨∧三三./   /  l  ノニ´`ヾ三三〉,
          /  l!ヘニ,ヘ.=ニヘ三三三三三∨∧三/  ./    1 i`´    ヾ三ニi,
          〉,   !  、  `丶、.=ニ三三三三∨∧/   / ヽ、  ヘ!,riソ ハヽ ゝニ三l
          `丶、_   ≧r,、  `' 寸 三三三∨∧  /ニニ三ヽ、 マソ 丿彡ヘ i三ニi
                ̄ ̄ 'ー─ァ.、    `' 寸K∨∧'´ 二二二二ヽ、) / ,ヘ ー、i三ニi!
                    l  `' ュ、     ∨∧,_ 三二二三 〉 〉三三丶 寸ソ
                      l     / `' 、  〉 ムヘ _ __   ly'三三三ヘ   〉
                        〉ーュK´rー=ニ二1仁ヘヘ/  _,、_ ̄i三三三    l 
                         /、   i      斤近jム  // 〈  l彡/  `丶, l
                       // ̄ヽlー─、 o ,-‐キ  ヽ.〉/、^ `<i/   )、  y!
                     /, './  / l   `ー’  ヽ丶 ヽ, >、  へ, Y、ソ ) l 
                    / / .〈  / / i         i`マ   ム  i>、 '、ノ、  Y ノ 
                /.oメ/    ̄ ./. l_______.l ∧  ∨ l  i`ヘ、  `,イ  
                 / ゚ /     ./                 〉 〉 ∨!  l! 人`ノュ、ノ  

: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 父の背を、思い出す。……久しぶりのことだった。
 自分は――最初はたった一つの決断のために、悶え、吐きそうになっていた。
 でも2年を経た今ならば、及ばないまでも、自分は父と同じように振る舞えるかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


9925◆pcqo6IlmVc2012/05/05(土) 23:34:13 ID:WWPj7QMU0




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|[]l|::|:::::|l:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王}:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::{王三王三王三王三王
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|u三|/l:::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|:::::::::::::::::::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u|/::::::::::::::::::::::::::::::::|u三u三u三u三u三u三








    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ         さあ、選択だお。
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「1.王道ルートA」…ダイ皇太孫、横島皇子と協力し、ルルーシュ派の後背を脅かし、自立を引き出す道。
 「2.王道ルートB」…東方不敗の仲介を得てルルーシュ派と結び、連邦を牽制し自立を引き出す道。
 「3.覇道ルート」……帝国の内乱を続行させ、ウルスと連邦をけしかけて、戦乱に独立を掴みとる道。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


9933◆pcqo6IlmVc2012/05/05(土) 23:35:32 ID:WWPj7QMU0




        ____
       /    \
.    /          \      いずれにせよ多くの血が流れ、誰かがワリを食うことになるお。
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |      そしてワリを食い、悶えて死ぬのは――やる夫かもしれない。
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ








..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)          でも、それでも、これは選ばないとならないことなんだお。
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ




                      ※……次、安価取ります。




.


9962◆pcqo6IlmVc2012/05/05(土) 23:38:54 ID:WWPj7QMU0



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|[]l|::|:::::|l:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王三王}:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::{王三王三王三王三王
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|[]l|::|:::::|l::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|u三|/l:::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
[][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][][]l|::|:::::|:::::::::::::::::::::::::::::::|::|l[][][][][][][][][][][][][]
三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u三u|/::::::::::::::::::::::::::::::::|u三u三u三u三u三u三







               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \        ……選ぶお。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \









               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (ー)  (ー)  \         この国の、未来を。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \





       【次スレ再誘導:ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/15257/1336228069/









       【安価>>10000採用。単発恨みっこなし。最初からの、いつも通りの、恒例の殴り合いです。

         ――この国の未来を、選択して下さい。 1.王道ルートA 2.王道ルートB 3.覇道ルート】




.


9963名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:01 ID:uOnGs5FU0
1


9964名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:02 ID:ee8B3pNU0
王道ルートA


9965名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:04 ID:s64WnKOg0
王道Aだな、覇道は正直逆に踊らされそうだし王道Bは問題外だ


9966名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:06 ID:88xi0WLk0
2


9967名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:12 ID:t7ZzeG7M0
1.王道A(横島)


9968名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:13 ID:IoJVhHPM0



9969名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:13 ID:poXUkJZY0
2.王道ルートB


9970名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:15 ID:5icMgB8k0
ksk


9971名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:14 ID:2dXesfyc0
3.覇道ルート


9972名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:16 ID:KVIsDIG20
1王道A


9973名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:17 ID:D8aftVHw0



9974名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:18 ID:C9mvoyag0
決定前に埋まらんか?これw



9975名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:17 ID:9FSr1VYw0
1


9976名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:19 ID:DTH5tjNk0



9977名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:20 ID:M4FHn0y60
1


9978名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:21 ID:jF1TjELk0
ksk3


9979名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:21 ID:kAstcK6s0



9980名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:20 ID:88xi0WLk0
2


9981名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:22 ID:EbzCd1i.0
3 覇道


9982名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:22 ID:813PlSPM0



9983名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:24 ID:8699vSsc0
>>10000なら
覇道


9984名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:24 ID:ee8B3pNU0
1


9985名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:23 ID:XjkxWDHA0
ルルーシュに味方したい趣味で2


9986名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:27 ID:ewwiHF6I0
王道A


9987名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:27 ID:Be8XOCBE0
3.やはり茨の道を進みたい


9988名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:27 ID:dfMy/nNo0
2.王道ルートB


9989名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:28 ID:aCBIDxjc0
1


9990名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:29 ID:9x/w6L8s0
覇道

そして10000ならカレンルートが成功すれば悪徳(笑)能力上昇で
アンコルートにも希望を


9991名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:28 ID:BoyyGHEA0
王道A

>>10000なら杏子ルートをこじ開ける


9992名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:29 ID:zxSO456Q0
1


9993名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:29 ID:UVF0jE9g0



9994名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:30 ID:S.7ZSVOI0
1でいこう


9995名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:30 ID:lvvl83Jc0
1 横島には恩があるから


9996名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:29 ID:VxxPP3CI0
1


9997名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:29 ID:0NriP77I0
3
覇道を進みナナリーを側室にGETだぜw


9998名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:31 ID:IoJVhHPM0



9999名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:27 ID:yub4A2n20



10000名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:30 ID:81uY6ebU0









14名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:51 ID:Be8XOCBE0
スレ建て乙

選ばれたのは覇道か


15名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:54 ID:kGaVQXI.0
3か…だがそれもまたいい


16◆pcqo6IlmVc2012/05/05(土) 23:39:55 ID:WWPj7QMU0
安価の結果を待ちつつ、ちょっと夜食を。


17名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:55 ID:ib0XrwzQ0
覇道wwwwww


18名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:39:59 ID:saRnxu1M0
覇道か……いばらの道だな


19名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:40:01 ID:81uY6ebU0
とったぁああああああああああああああああああああああ!!!


っしゃぁああああああらぁああああああああああああああ!!


20名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:40:02 ID:6zeMvmqM0
最後のクロノスっぷりがすげぇーw


22名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:40:05 ID:DTH5tjNk0
覇道ルートか


23名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:40:05 ID:zAjSG9Ps0
クロノスすげぇ・・・


24名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:40:06 ID:C9mvoyag0
立て乙
そして覇道かーきついなーw


25名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:40:07 ID:/weoe0N.0
覇道かー。茨の道ぞ
ま、頑張るべえ


27名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:40:08 ID:XjkxWDHA0
殴り合いを制したのは浪漫ルートかwうむ、それも一興


28名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:40:09 ID:Xs344FnE0

一瞬で埋まった、そして覇道だね


30名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:40:10 ID:OYWIgB7E0
立て乙
かなりの接戦だったなぁ


34名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:40:15 ID:s64WnKOg0
覇道か…修羅の道だな
だがそれがいい!


50名無しのやる夫だお2012/05/05(土) 23:41:05 ID:2dXesfyc0
覇道ルートで決定だな
……これで独立を勝ち取ったら後世でバラン暗殺の黒幕新城侯爵説が出そうだな


54◆pcqo6IlmVc2012/05/05(土) 23:41:19 ID:WWPj7QMU0
もう選ばれてた!? 覇道承認!


63◆pcqo6IlmVc2012/05/05(土) 23:42:05 ID:WWPj7QMU0
123どれも相応にいる。
良い殴りあいでしたね、誰が勝ってもおかしくありませんでした。


165◆pcqo6IlmVc2012/05/05(土) 23:59:34 ID:WWPj7QMU0








               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (ー)  (ー)  \      ・ ・ ・ ・ ・ ・
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \










               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \        ――覇道、だおね。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 未来の為に――帝国の影響力を、できる限り国内から排除したい。
 脳裏から、二ノ国が交渉によって分離独立を果たす未来。
 帝国に平和裏に編入され、保護料を解かれ、やる夫は帝王の寵臣として帝国宮廷で高位に立つ未来。
 あるいは編入された旧二ノ国の重鎮として、穏やかに領地経営の日々を送る未来。――それらが、消える。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


180◆pcqo6IlmVc2012/05/06(日) 00:03:46 ID:M4kXs5dM0






    / ̄ ̄ ̄\
  /        \
 /    ─   ─ ヽ     ( 連邦の方針とやる夫の方針は噛み合っているはずだお。
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/         ――あとはウルスだけど、こちらも説得の目は十分ある。 )
 /  (丶_//// \









..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)       そして――帝国の無辜の民を、惨禍の中に放り込むことになる。
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 それは自分の罪だ、とやる夫は思う。
 少なくとも帝国二派のどちらかに与すれば、戦乱は早期に終結するであろうから。
 ――しかし、それでもなお。二ノ国の民のため、完全なる独立を掴み取らねばならないのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


189◆pcqo6IlmVc2012/05/06(日) 00:06:26 ID:M4kXs5dM0






               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (ー)  (ー)  \        始めるお。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \








               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (ー)  (●)  \         たとえ血に塗れても――自由と独立を、勝ち取ってやるお。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


191◆pcqo6IlmVc2012/05/06(日) 00:06:55 ID:M4kXs5dM0



                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・

.


197名無しのやる夫だお2012/05/06(日) 00:08:48 ID:OgBbwWgs0
新城の名に相応しい展開になるといいな


関連記事

category 【完】やる夫悪徳貴族【R-18】 > やる夫は私腹を肥やす悪徳貴族のようです 2年目
ばくだんいわ◆QOOmW3I0SM
comment

6

trackback

0

edit
edit

Comments

comment
おお覇道かそいつは素敵だ面白くなってきた
comment
恐ろしい
どうなってしまうのか
comment
このキル子オンリーのヘタレ具合だと、
安定のAか婚姻繋がりでBが殆どと予想してたが意外と覇道が多かったな。
comment
まあ、ルルーシュルートはルルと東方不敗の温情にすがる部分があるからなぁ。
ハッキリ言って屈辱的すぎるわ。
新城の息子の悪徳貴族として覇道を突き進むの大歓迎。
comment
この選択、嫌いじゃないぜ
comment
新城直衛ならけしかけるくらいのことはきっとやってのける
覇道バンザーイw


  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: