このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


やる夫たちは時計館の謎に挑むようです 第十二回-②


2181 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 22:01:34 ID:6uJI.qL20


<旧館 広間>


        . ,イ  ,イ  ,イ,イ    ,イ  ,イ  ,イ,イ
     __/.ム_/./  レ'レ' __/.ム_/./  レ'レ'
     ヽ=, ,.--., .二7    ヽ=, ,.--., .二7            、_____
     /″ .//       /″ .//      ,イニニニ Z     ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          //           //       /´ ,イ Z/
        ./´             ./´        //
                          

      |              |                 γ⌒ヽ     |
      |    ./ ̄\   . |  ┌‐─‐┐  ゞヾ;ッ,  .((   ))    .|
      |   │    │.  .|  |.[__]゙| ,ノノ;;;ソヘゝ  .|i'''''il|     .|
      |    .\_/   . |  |:: :: :: :: |    ii    .||o,,i||    |
      |              |  └‐─‐┘ ┌┴┐  ..`ー゛     .|
      |_______|_______|_|_|_|_______|
.     /                          └‐┘
    /     /⌒l_                   ___/⌒l
  /     / / |_ll   ____       ll/ ,/ |
/      |'⌒l / /|| /     /||    / l⌒l"   :|
        | └‐ ┐/ ||  ̄ ̄ ̄ ||/」. ┌‐‐┘ |  /
        |_____|''   |_| ̄ ̄ ̄|_|     |___|/



.            / ̄ ̄ ̄\
.           /─    ─  \
          / (●)  (●)  ヽ   ……
           |  (__人__)  u.   |
         \  `⌒ ´    __,/
.           /            \
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Y ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     (,,)          |       (,,)
        |           |        |



2191 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 22:02:17 ID:6uJI.qL20

7月30日(日)

 K=江南やる夫

4:00 pm  時計館に到着
       霊夢すでに来ている
5:30 pm  フラン現れる
6:00 pm前 廊下の仮面が一枚減っている
       早乙女現れる
       <旧館>に入る
9:00pm  交霊会が行われる
12:00pm  解散


       / ̄ ̄ ̄\
     / ─    ─ \      これまでに、やる夫がノートに書いた記録は
    /  (●)  (●)  \     こうなっているお
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´     /
   /´           `\
  /  /          l  l  
__l  l_¶______/_/__
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   
    ヾ_ノ   | '''' '   |   
   |      . | '''..--  |   .
   |   ..''  |  ''-.  ,|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


2201 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 22:02:54 ID:6uJI.qL20

     ____
   /      \
  /  _ノ  ヽ__\
/    (─)  (─ \
|       (__人__)  │        記事のために書いてたのだけど、まさか殺人事件の
/      ∩ ノ)━━/【】[] シュボッ 考察に使うことになるなんてお
(  \ / _ノ´.|  |  □
.\  "  /   |   二⌒)
  \ /



7月31日(月)
3:00 am  Kトイレへ
       霊夢の姿を見かけて後をつける
       霊夢<振子の部屋に入る>
3:30 am  K話し声と物音を聞く

2:00 pm  K起床
3:00 pm  K・副編集長<振子の部屋>へ
       壊れた時計と血痕らしきものを発見
       霊夢を探すが見つからず
5:30pm  広間で話し合い
7:30pm  学生たち、広間でゲームを始める
       副編集長、VII号室へ
       牧瀬、寝室へ


2211 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 22:03:21 ID:6uJI.qL20

     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/
|       (__人__) l;;,´|   岡部君は…あれからなにか考え込み続けているお
./      ∩ ノ)━・'/
(  \ / _ノ´.|  |    副編集長はすっかり取り乱しているし
.\  "  /__|  |
  \ /___ /



8月1日(火)
0:00 am  牧瀬、秋月殺される
0:30 am  日高、仮面の人物を目撃した後、牧瀬と秋月の死体を発見
0:40 am  日高、岡部に事件を知らせる
0:55 am  K、岡部に起こされる
1:30 am  玄関の扉を破ろうと試みる
3:00 am  広間で話し合い
5:30 am  射命丸、IX号室に閉じこもる
6:00 am  日高、寝室へ
8:00 am  K、岡部、前原<振子の部屋>へ
       クローゼットにて告発文を発見
9:15 am  K、岡部、前原 広間に戻る
       副編集長、VII号室へ
9:30 am  前原、III号室へ


2221 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 22:04:13 ID:6uJI.qL20

       / ̄ ̄ ̄\
     / ─    ─ \
    /  (●)  (●)  \     とりあえず、やる夫は…
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´     /     書いて考えてみるお
   /´           `\
  /  /          l  l  
__l  l_¶______/_/__
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   
    ヾ_ノ   | '''' '   |   
   |      . | '''..--  |   .
   |   ..''  |  ''-.  ,|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


0:30 pm  K、岡部、広間で射命丸の叫び声を聞き、IX号室へ向かう
       VIII号室の扉、半開きになっている
       K、IX号室の中に人影を見る
       射命丸の死体を発見
1:10 pm  前原殺される
1:20 pm  K、岡部、IX号室の中に踏み込む
1:50 pm  副編集長と合流
2:00 pm  日高を起こす
       III号室で前原の死体を発見


2231 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 22:04:59 ID:6uJI.qL20

        . ,イ  ,イ  ,イ,イ    ,イ  ,イ  ,イ,イ
     __/.ム_/./  レ'レ' __/.ム_/./  レ'レ'
     ヽ=, ,.--., .二7    ヽ=, ,.--., .二7            、_____
     /″ .//       /″ .//      ,イニニニ Z     ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          //           //       /´ ,イ Z/
        ./´             ./´        //
                          

. ,⊆.己 . r‐‐┐ . ___  .r‐‐┐   ,⊆.己 . r‐‐┐ . ___  .r‐‐┐
. `フ_厂..く,勹| く,ニ ! く,勹|  `フ_厂..く,勹| く,ニ ! く,勹|
.      く_ノ. .くノ   .く_ノ.         く_ノ. .くノ   .く_ノ.



      |              |                 γ⌒ヽ     |
      |    ./ ̄\   . |  ┌‐─‐┐  ゞヾ;ッ,  .((   ))    .|
      |   │    │.  .|  |.[__]゙| ,ノノ;;;ソヘゝ  .|i'''''il|     .|
      |    .\_/   . |  |:: :: :: :: |    ii    .||o,,i||    |
      |              |  └‐─‐┘ ┌┴┐  ..`ー゛     .|
      |_______|_______|_|_|_|_______|
.     /                          └‐┘

              _,n_      ._,n_     .._,n_      ._,n_
             └l n |...,⊆.己 └l n |...,⊆.己 └l n |...,⊆.己 └l n |...,⊆.己
               U U...`フ_厂   U U...`フ_厂 ...U U...`フ_厂   U U...`フ_厂

                        ..,;'   ,;'
                      .;'゙   ,;
     ___            ;'゙   、゙
   /     \           ';,  、'゙
  /  _ノ   ─ \          '; :;. ,;'゙
/   (●)  (●)  \     r、 ∩ ';゙;...;'  ふう…
|     (__人__)    |   ゙'、'v'ニニッ~''''゙
\      ⌒    /    rニ>ノ l |      現在時刻は、3時20分。外は相変わらずの雨
/           \  r'r‐,⌒゙/
                ゙Y´  /       玄関の鉄扉が開かれるまで少なくとも、
                /  /        あと1日以上だお


2241 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 22:06:17 ID:6uJI.qL20

            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',   犯人は誰だお…
     ./                     ',
     l                  /   .l
     l    、__,ノ   _,/tリ)  .l
     .',    ゝ ヾリ     `ー‐' U /
        \       l   人   l   /`ヽ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l


香水の匂いがするローブを犯人が身にまとっていたというから、
やはり博麗霊夢が犯人で、合鍵を使って玄関から出入りして、
十年前の恨みをはらそうとしているのかお

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             ヽ _  -― _ `{ゝ ` ―-         //
            <<´       -‐...... ̄:::::::::::::::::::::`ヽ   //、
             ヾ 、    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\」/、ヘ
               /l l__ /:::::::::::::::::::::::ハ ハ::ヽ::::::::::::::::::::::ヽ \!
                 /::::`/´./:::::::l::::/:__,::::|: :||: :l、__l:::ハヽ:::::::::::::i\ ヽ
              /::::::/ /l:::::::┼'丁::ハl: :∥ |:::::l丁トi::::::::::::::l:::::l   l
                /::::::/ /:::!::::::::::/-=- 、: :l: : , ===-、::::::!::/:::::|   |
            /::::::/ /::l:::l:::::::ィ' i´n`! : : :: : : i´n`! !:::::::l/:l::l:::!   |
              /::::::/ /:::::| ハ:::::::l '⌒       ⌒` |::::::ハl::i:::|   l
          /// /:::::::::|'::::!:::::!      '   _,ィ^  i⌒!:::::|:::/  /
           ' / /::::|:::::::|:::::!⌒!   `=ニ二 ̄_ノ   |  |:::::!:l::ヽ/
          l_ {´::::∥:/:|::l::|  |ヽ             /ト=イ::::l::l:::/
           l::l:::l::::ll/ヽl::l::ト=イ:::::> _  _ <:/::|:::::|:l:::/l/
           |八|ヽ|   lハノ!::::l ヽlヽl、:}    {:::/l/l:/!:::::!:l/     , -,_
                  レ'l::::l -‐ '´\   /`' ‐- l:::::l、 r 、-、//\\
                    r'l::::l ゞ、   ,, >-< 、  ゙(´l|::::l l r ヽ ヽ l '\ //
                    l l:::l `ゞ、r/`{ y}'\、゙(´ l|::::l(`ヽ  _ l / \ \
                  l l:::l  `´  / /ハ\ `´  l /}  r / \ / /
                   ┌--┴ ヽ!     / //   \ //ヽ´  /||  / \ \
                   j=  == =|  ノ //  l!  //l'´ ヽヽ/ ||  \ /、 /


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2251 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 22:06:53 ID:6uJI.qL20

                     ____
                  ,.  ´       `  .、
                  /             \
                /                    ‘,  博麗霊夢でないとしたら、今、旧館内で生きているのは四人
              ′                     ‘,
                l   \                  l  小早川副編集長、岡部倫太郎、日高愛、そしてやる夫
                |  (リt\,_   !、,__、    l
            、 U '‐ー´     リッ ノ    ,  犯人は、やる夫を除く三人のうちの誰かだお
             / \   l   人   l       /
          /    ` -`ー´_`ー´   , ー´\
            l                         \



動機は不明だけど、副編集長と日高ちゃんには
物理的、時間的にはいずれの犯行も可能だお

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


        /   !      / 〃  ,.-‐<´:::::::::::`ヽl
       ,l    | /      / /{ /    \:::::::::::::リ`ヽ
        /   ,.Al |   ,イλ !`V\      ヽ,::::/:⌒!|
.       i   / ー'>,l!  | |ハ |ヘフヽ,\     Y:::::::::::ノl
      l   ヽl ´く \|  \!, \_ ハ ヽ._     )::::::://
      |   | 'ー´          `゙    __  ト--‐'"/
       l    /゙7              (フヾN>-イ
      /   |/ i               ヽ込__,,/
    /  /|!  l\        ィ___   ,. イ‐'´
   /  ノ/ ̄`ヽl. \      `ヽミァ /
    /|/`ヽ、   `ヽ、\       丶/
      \  `丶、  `ヽ\     /
       \   ヽ.   ` \_,/
         \   \   /、>

     _ -‐… 、 ',',
    ´     `ヽヽi l-‐- 、
        / ´¨ ∨       ヽ
.     /                ヽ
      /                  ヽ
.     /            ヽ     ハ
   /         ハ ヽ、   ',    ∧
.   l    |   ノ ノノ  ヽ_>>‐-f      ',
   l |    |/十/        _ i     .l
   |    r ´_      r´U i/ l|     |
   |    ヽ《ヽ∪`       ̄  ,'
    ',    ヽ  ̄  丶      ノ     /
   ∨   ∧      _  _ ノ  ノ   ノ
    ヾ  ヽ >  _     >‐ ´/ '
       ヽ    >.> | ` ¨´ 丁 ´‐ 、
      _ -‐¨ Y´       `Y  ヽ、
     / |   |       /    |`ヽ
.     / ヽ .l   |       .l    ノ  /',

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2261 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 22:07:29 ID:6uJI.qL20

            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',   岡部君はありえないお
     ./   , -‐、            ',
     l  /   `'  \___     .l  射命丸さんの叫び声をこの広間で一緒に聞いたし、
     l  ヾ==ツ    (  乂ソ ノ    l  前原君が死んだ時刻も壊れた時計のとおりなら
     .',    ,      ヽ  lilil    ./  やる夫と一緒に射命丸さんの部屋に入ろうとしていたお
        \   l   人_,/l      /`ヽ
     /  `ー、`ー´ 二二ノ    ‐'    ',.
    ./                     l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           _, ,ィニイー'、_,
          /;;;;;;;/;;;;三ミ(`_
        、Ⅵ;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ;く
        ヾj;;;;;;;、ハ!ヽ`゙‐i!{〉};;ト、
        >!ヘム 、jィニ, l!ノヘ、                   ,、    
          ノ' 弋 ` ,.--〈,.-┴―‐、              _//_ ,、
             マ/ ,    ̄`ー‐、〉___           /´ ´'‐'/
              ( /!    i〉!       ヽ.        _j_  /
              ∧ノ   V        ヽ`、      /  \'       ,. -―‐-、
              / `ヽ   ∨        ∨\    ,′   〉     . </;i;i;i;i;i;i;i;i;\
               〈 ,'  ヽ__,  V          ∨ `ー<   /    / /;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;∧

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2271 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 22:08:22 ID:6uJI.qL20

        ____
       /      \
     /( ○)  (○)\
    /    (__人__)   \
    |      ´⌒`     |   いや、待つお
     \     `ー'´   /
    ./         ヽ     本当にそうなのかお
    |           |
    |   i        l .|



たとえば、射命丸さんの叫び声がテープレコーダーによる
偽物で、それがIX号室の近くの部屋に仕込んであったというのは
どうかお

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


   ________
  /
<   たすけて!!
  \
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         _ノ:::::::::/{/___j:L     ノハVZ、
         7.::::::::/ ´ __リ^` /¬ミ、ハ:::::}
        /.::::::::/  几ぅ^`  {  __ヽ}::::j
        } ::::::′       ^V´tぅ^`}::ル
          V^Yi     └^ ^′    ;:八   今の声、射命丸さんでは?
        { r'{:|     ____        ∧′
           ヾト   {二二 ヽヾ    .'r'}
           `、     ̄ ̄`ー ′ /_ノ
            ト、    . , ー ´  /
            | \ ' , ' ,′/
            │  \__,'_/′
          rー┤        i、
       /│ 八        ハ\


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2281 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 22:08:49 ID:6uJI.qL20

            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',   いや、それだと、磨りガラス越しに見た人影は何だお?
     l     \          /    .l
     l      \_i ,, i_/   U  l   あれは錯覚だったのかお
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                       


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           ===I X===
     _________________
     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
     |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : :,.:'"`:.、 : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : :/::, -- 、\.: : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : __{ (:::::::::::::): :).: ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : .ノ: : : ゝ:::::/:人 : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l./: : : : ○=}{=○:、.||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l________||.:.:.:.: :. :|
     |.:.:.:.:.:.:.:.: ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄.:.:.:.:.::.:.:|
     |.:.:.:.:..:.:..:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.::..:.:.:.|
     |.:.:.:.::.:.:.:.__________.:.:.:.::.:.:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|.:.:.:.:: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|
     |.:.:.:.:.:.:.:.|l: : : : : : : : : : : : : : : : ||.: :.:.: .:.:|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2291 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 22:09:47 ID:6uJI.qL20

             , -──-- 、
            /        ヽ
         /            \
         ./      ̄    ̄   ヽ   岡部君を犯人と考えた場合、前原君殺害のアリバイ作りは
          .|      (● )   (● ) |   もっと簡単だお
         .\       (__人__)   /
       , -‐`            イ、    もっと早くに殺しておいて、壊した時計の針を自分の手で
.      /               ヽ、  1時10分に合わせておけばいいだけなのだからお
     ../                          
                         時計で撲殺という手間のかかる殺し方の上に、部屋の
                         時計を壊すのも、時計嫌いで狂っているのかとも思ったけど、
                         止まっている時刻を見せるアリバイ工作とも考えられるお


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                 /⌒ー'7
       《                        / y'⌒Y^!ニ7
≦^1     }}             __rz-、l`ー/ヽー--'z  rー'―‐へ_
   ̄`7   {{            r-' 7廴〕 }}  `ツ   .{{  〈 r'Zニ=-z廴〉
    {   }}          r勹V⌒> 〃 /   /}} _..斗==''"⌒{ {、
     Y />イ       rく{_.ス /. i{{ イ ,≧xイ、,))'"          リハ
      l/〉 '>'⌒~ ̄>、  rf_〕 >' /_} }"=-'"    `{{ \      ///A
,-、__ノ//  _/ | _ノ///\\ノ        ヾz.  `ト . _  /〉〈//
 [__〕_/" _r'´   r-r'-{_,//  イ{ \\         ゝイ_,、  `''<〈、 ,、             イ
ノ⌒´ く\    「.ノ _く.イ、  {{イ〕 \\       / Λ `ー勹トzrくハ/       _r--'⌒´
     ヽノヽ  .ノ" r' 〉'7〈 >'⌒ト--、 \\     ./ / _」_    Zハ,.」:..    r'⌒ }:.
>、    .ノLノイ   _ノY / /`T'ー、ヾ、 `ー \\ _./ /< ⌒〕ー-'⌒-'      {_ry':.:.:..
.ノス_,、r'´〉イ----rく_}ム、/  .}   ̄ヾ、ト-z勹>、.\ / /≧x`''< ̄レ1          〈  ゝ:.:.:.:.:...
ィく、. \`ク^!x==≦、   Y}_/ニ辷'ニユ ヾ、_Z_之>'1イ   r≧x`''<     r----ヘ ‘ー'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2301 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 22:11:35 ID:6uJI.qL20

            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',   あるいは…旧館内の他の時計の方の時刻をずらしておくというのは
     ./                     ',
     l                  /   .l
     l    、__,ノ   _,/tリ)  .l
     .',    ゝ ヾリ     `ー‐' U /
        \       l   人   l   /`ヽ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

. ,⊆.己 . r‐‐┐ . ___  .r‐‐┐   ,⊆.己 . r‐‐┐ . ___  .r‐‐┐
. `フ_厂..く,勹| く,ニ ! く,勹|  `フ_厂..く,勹| く,ニ ! く,勹|
.      く_ノ. .くノ   .く_ノ.         く_ノ. .くノ   .く_ノ.


.γ⌒ヽ                          ___         ____
((   ))                     _   _////////\_   _    .|___|│
 |i'''''il|      ._______        八_/////////////∧_八  ..|___|│
 ||o,,i||    ./l______l\     【三三三三三三三三三三三三】 |___|│
 `ー  ..// _____ \\..  ..|:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |:| .|/ ̄\| │
.     // /11  12   1\ \\.. . |:|: : : |□□□□□□□|: : : |:| .│    │.│
    . | ̄|  /10.       .2ヽ  | ̄|::..|:|: : : |□/ ⅩⅡ \□|: : : |:| .|\_/| │
    . |  | .|               | |  |;:::|:|: : : |□         □|: : : |:|  |___|│
    . |  | .|9     ,.・     3| |  |;:::.|:|: : : |□Ⅸ  ・   Ⅲ□|: : : |:|  |___|│
    . |  | .|            | |  |;::::|:|: : : |□          □|: : : |:|  |___|/
    . |_|  ヽ8        4/  |_|;:::|:|: : : |□\  Ⅵ  /□|: : : |:|
.     \\ \ 7   6   5/ //;::::.|:|: : : |□□□□□□□|: : : |:|
       .\\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ //;::::  .|:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |:|
         l\l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l/l;;:::    |:|: : : | ̄ ̄ ̄冂 ̄ ̄ ̄|: : : |:|
.      /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   .\;;:::: . |:|: : : |【    ||    】|: : : |:|


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2311 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 22:12:01 ID:6uJI.qL20

                 ,,.: ''''""~""'''‐..
               /          \
              / _,ノ   ~'‐-      \
                 / (=== .)  (===  . )      `、
             /´:.:.:.:. :    :.:.:.:.:.:. :         ',    いかんいかん…そんなことをしても何の意味もないお
              i   (  人   )   u     .',
             !   ~'''´⌒`'''' ´            |   やはり、頭がボケているお
             , -─:、                ,.'
.             / ヽ ヽ }               ./
.           / 、ヽ } ノ'      -----‐‐‐'''"~ \
.          ,'  し'ー' ,'                     `、
          l{   ノ ノ             |         ',
.         /    /            |       |
        /     /                   |       |




仮にそんなことをしたとしても、いじれない時計があるお

やる夫が拝借して懐に入れている懐中時計だお

いくら寝ていても、そこに手を入れられたらさすがに気がつくお

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                               `ーi y' .
                                 __  r'ソ'
                          _zXソゝ<y∠ノ .
                        ,〆'´
                            T{ _,,――-、
                         _,≦-'Ⅲ``ヽ ヽ
                       /Ⅱ    Ⅳ '}  i
                    / 4        l  l.
                 // Ⅰ        Ⅴノ  ./
                     //           /  ./.
                  //ⅩⅡ        Ⅳ/  /
                ノ /  .        /  ./
               イiⅩⅠ      Ⅶ/ ./
                  l {       Ⅷ /  /
               l t Ⅹ  Ⅸ_,-'´  /
                ヽ、`ー--'´   /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2321 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 22:13:02 ID:6uJI.qL20

        . ,イ  ,イ  ,イ,イ    ,イ  ,イ  ,イ,イ
     __/.ム_/./  レ'レ' __/.ム_/./  レ'レ'
     ヽ=, ,.--., .二7    ヽ=, ,.--., .二7            、_____
     /″ .//       /″ .//      ,イニニニ Z     ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          //           //       /´ ,イ Z/
        ./´             ./´        //
                          

. ,⊆.己 . r‐‐┐ . ___  .r‐‐┐   ,⊆.己 . r‐‐┐ . ___  .r‐‐┐
. `フ_厂..く,勹| く,ニ ! く,勹|  `フ_厂..く,勹| く,ニ ! く,勹|
.      く_ノ. .くノ   .く_ノ.         く_ノ. .くノ   .く_ノ.



      |              |                 γ⌒ヽ     |
      |    ./ ̄\   . |  ┌‐─‐┐  ゞヾ;ッ,  .((   ))    .|
      |   │    │.  .|  |.[__]゙| ,ノノ;;;ソヘゝ  .|i'''''il|     .|
      |    .\_/   . |  |:: :: :: :: |    ii    .||o,,i||    |
      |              |  └‐─‐┘ ┌┴┐  ..`ー゛     .|
      |_______|_______|_|_|_|_______|
.     /                          └‐┘

              _,n_      ._,n_     .._,n_      ._,n_
             └l n |...,⊆.己 └l n |...,⊆.己 └l n |...,⊆.己 └l n |...,⊆.己
               U U...`フ_厂   U U...`フ_厂 ...U U...`フ_厂   U U...`フ_厂

            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
       /             \
      /                ',     はあ…結局、疑うと全員怪しいとしかならないお
     ./                     ',
     l         ,!   l、       l    ここままじゃあ、やる夫も射命丸さんみたいに、
     l.    ´ ̄ ̄ _ ,,  _`ー-- U l    耐え切れなくなって部屋に篭るのも時間の問題かお
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
    / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ


2331 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 22:13:46 ID:6uJI.qL20

         ,、            /7  , 、
       |\/ /,ヘ       /二‐' フ/  !
      / 〈.ヽ'/ /        //| |´ ヽ `} _
      ! .r、゙''| Y         /ノ |/   .\/ /
      ヽ/ } |                   r‐'"/
        | .!                    ヽ"´   ,、            /7  , 、
        |/                   |\/ /,ヘ       /二‐' フ/  !
        !                      / 〈.ヽ'/ /        //| |´ ヽ `} _
                          ! .r、゙''| Y         /ノ |/   .\/ /
                          ヽ/ } |                   r‐'"/
                            | .!                    ヽ"´
                            |/


      |              |                 γ⌒ヽ     |
      |    ./ ̄\   . |  ┌‐─‐┐  ゞヾ;ッ,  .((   ))    .|
      |   │    │.  .|  |.[__]゙| ,ノノ;;;ソヘゝ  .|i'''''il|     .|
      |    .\_/   . |  |:: :: :: :: |    ii    .||o,,i||    |
      |              |  └‐─‐┘ ┌┴┐  ..`ー゛     .|
      |_______|_______|_|_|_|_______|
.     /                          └‐┘
    /     /⌒l_                   ___/⌒l
  /     / / |_ll   ____       ll/ ,/ |
/      |'⌒l / /|| /     /||    / l⌒l"   :|
        | └‐ ┐/ ||  ̄ ̄ ̄ ||/」. ┌‐‐┘ |  /
        |_____|''   |_| ̄ ̄ ̄|_|     |___|/


                ノ___..ィ
          厶ィ///////////廴_
        _{ィ//////////////////7
      / }//////////ハ///////イ
.      ///イ{ ̄l} ̄´リ {///////{    …よし
       /V/{ 、  、/ ヾ//=ミ//
        /}/i! tォ  ‐tァ  li!  y′    話しておかないといけないことがあります
.         ゙ヘ i       l /{      やる夫さん、副編集長、聞いてくれますか
           . ヽ      .八リ
                  -‐   / i
.               ヽ.  /    Vヽ
                丁   / /  〉、__
             __ /∧   ./  /   `   .
.           . ´//    /   ′      ゚ 。
        / ,/ 厶===彡′ /           i
.         ′/ /:.:.:.:.:.:.:./   /     i       |
        | /  ,/:.:.:.:.:,;,;,;,;/ /     .l       |
        | \ .':.:.:.:.:.:,;,;,;,;′ \     .!       ¦
        | イ i:.:.:.:.:,;,;,;,;,;,|     i   │     │


2351 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 22:14:32 ID:6uJI.qL20

                /                   Y     ゚
              ,'                  -、 {  ,ィヽ  ヽ
               ∥                  /___Y∠_  Y   。
            {     ∥             'イ´      Y  }
                          /      ./           { ,'    .}
              v     {            '          V  }i /
                     _      {  {   .{     、    ,ィxィ  //'
              ヘ  /,ィゝ{        ,ィニニ≦=='  ,ィr'}.ノノイ
                Y {   乂  乂.乂 .{'´r';ハ≧    ー ' .| '
                 \.   ` ー== ミ=ー¨ ̄     ∨ ,    ……
                    }   ヽーヽ                 〉
                   ノイ  .|                 ' /
                     }   }   .ゝ          -‐‐ /
                    ∥ ./ノ≧,.  > ,       /
                   /イ/  ̄`<≧, .   ≧ ,___ノ
              /         >≧,、 ∥
                イ   ≧ ,     `ヾ≧/ヽ


           ,,.: ''''""~""'''‐..
        /          \
       / ノ    \      \
        / ( ● )   (●)         `、    …どうぞだお
      ./   /    \         ',
      i   (  人   )            ',
      !   `゙'´ ̄`゙'''''´,            |
     \                      ,.'
       >                 /
      /       -----‐‐‐'''"~  \


2371 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 22:15:42 ID:6uJI.qL20

この紙切れ

これと同じものが<振子の部屋>の切り裂かれた
ウェディングドレスの胸元にも挟み込まれていました


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

/   /㌢´              ___________                ||
    ll/                 |               |                  ||
    lll                  |               |               為
    {{                 |               |               '為ソ
   ヘ_                   |   おまえたちが    |             /ア
     [ft                 |               |             〃
     Νk             |     ころした      |             7
       !垈              |               |            ノ
     .為llll}             |___________|
    .ィ圭洲;                         /淤l圭l丞


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2391 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 22:16:32 ID:6uJI.qL20

       ( 〃::::::::::::::::::::::::::::::::::Z_
        >^::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞ、
         〃::::厂7⌒ ̄ 厂リミ:::::::::::了
        ケ:::ト! _    リ_ ミ:::::::::::ゝ
         7::l rモテi  チモテミヽ:::::::ノ    これらが犯人残していったものであることは、
          Yヘ.   l      ミ^レ′   もはや疑う余地がないでしょう
         Ⅵ, 〈     ミソ
          ‘, _   /       さらに云えばこの文章は、犯人が僕らに向けて放った
             ‘,, ̄,, ,.イ |       告発のメッセージだとも受け取れる
             `r― '゙  |
              , ┤    , ト、
           ,./ rリ i   /  ¨i \
         -‐ / /  :! /    |  ヾ\_
  ,. -‐ '゙   / ∧‐-  -‐ / |   |   ̄ ー-ミ
 〃       / iヽミ二二彡'.:.:.|   |        ヽ
 |         /  ::.: : : : : : : : : :.:|   |         i
 | ‘,     /  ,: : : : : : : : : : ::|_, -┘         |


2411 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 22:21:15 ID:6uJI.qL20

            、__    /,-‐イ´   ,ィ
            `ヽ、___≧、.,/'´i::::::'´ ̄ ̄孑‐ュ、_,
              ,≧::;;:::::i::::::::i::::::::/::::::::::::::::≧ニ=-‐
          ,ィ'´::::::::;;;::::,ィ::::::i:::::,ヘ:::::,ヘ::::/:::'⌒ヽ、
      `‐=ラ彡ニミヌヘ:/,ヘ::,ヘ::::i|::i|::,ィリ彡テ'´⌒ヽ:ミニ、__,
       /孑'´,ィ::|iミ、|iミ、|iミvi|,ィi|彡i|,ィ彡三ミ、:::::ト、
       ´ j,ィ´7彡|i゙゙゙|i゙゙゙゙゙|i゙゙゙゙""7""'i|""""ミ、`ヾ、{ `
      -‐'´ |::ノ彡 ヽ .|i  |i  /  i|     ミヾ、ミヘ、   そして僕はこう思ったのです
         ノ;ィ':彡  i i   ii /   /       ミヾ、ト、 `
       -‐´/三ミ-‐'"゙゙゙゙ニ=、|i  ルニ""`゙ヽ ミミト、i ヽ   『ころされた』と云われている人物は死んだ真紅レミィ
        ノ〈ヘiミ  イモ;テヽ    ィモ;テフ  ミr'´゙li     であり、『おまえたち』とは、十年前に彼女と森で
          ヘ rヌ         .:        ,ミ' i }     出会った四人の子供を指しているのじゃないか、と
           ヘ`}i        :i       ,リ_ノ/
            `圦      :|       ム/
            ノヘ     `      /:::ト-、
            '´{ィヘ、  -‐ ‐-、   ,イ|:,イ:)
             i(`゙|\  ;:.;   ./ {( '"
              ` .|  \;.;_;.;_,ィ'´   i`
              /i            |\
             /  {       i   }  \
         ―イ   ,イ   i    /    ト、  ト


2471 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:30:18 ID:6uJI.qL20

                 \、 \ \
               _, -≧ヽォ`ヽ、ヽ、 、  i
           `ヾミ ̄::::::::::::::``‐- 、::::`ヽ`ヽi_|i i  、
            _, -‐゙:::::-‐'⌒`゙ヽ、_::::::::\:::::::::ii`:`|i、 i   i
        -‐'"ラ,ィ- ‐- 、__:::::::::::::::::`ヽ、\ヽ、::ii:::/ィヘ }i ノ
         ,イ´:::::::::::_, -‐'⌒`ミヾ、/:::::/ヘ:i:i,ィ::ノ,ヘ:::::i/レ'
        '´ ̄/:::::‐'´:::,ィ彡三ミヾ、iiヾ、ii、、NiヾY,ヘi,ィ,,'彡ニュ、
        _,-"7::::,彡/:彡,ィ三   i   ii   ii   }i |、::、ヽ`ヽ、
         ,=イ彡ィ/;三,彡三   i  ii   i  リ i:::,ィト、i
           |:,-‐、三三彡   i   i   i  /  |:/゙}i }i
          ノ:{ ⌒ヽミj      ̄二=ェ,,,,,,, ノ ',,,ィ'"7:{ / /
         -'´jヘ /,` ミ     fモ;テヽ.   泛フ/リヽ
          /'´}ヘゝ_, ミ         ""  i ゙゙ /
           j::::ゝ-i ミ           i  /
         -‐'´|::::|  、            _ ノ /   そして懸命に自分の記憶を手繰るうち、僕は
           __゙从  \.     , -- ,  /    はっきりと思いだしたのです
          ,イ 7.     \   ゝ-―' /
        /" ムノ   i    \   , ", /      全ての元凶は他ならぬこの僕だったのです
      _,イ   {´     i      `フ‐+‐'
   .< ,'   ,'     i     /  \`ヽ、_
.<    ,'    |     i    ノ ヽ   \  `≧‐- 、


         ____
       /     \
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \  どういうことだお?
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/   さっき『落とし穴を掘った』といっていたけどお
    ノ           \
  /´               ヽ


2481 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:31:01 ID:6uJI.qL20

あの日……正確には何日だったかは思い出せませんが、確か
7月最後の日曜日だったように記憶しています。

塾の合宿に来ていた僕たち四人は、その日の昼下がり、
森の中でたまたま彼女、レミィに出会った。
きれいな、けれどもひどく病弱そうな女の子でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             ,. -'´ヽ,__
          <,. ‐'ヽ、l\  ` '''ヽ
       _,. -‐'´: : : : : ヽ、 __,,..ゝ―┐
           ̄/ {: : :i、--、`´ヽヽ.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
            | ヽ: :l 'r7jヽl l,ノ\:.:.:.:.:∠、
            l∧l`,'ゝ弋;ソ|ノ〈.   \ノ/
.            ∨ヽ、゙゙゙/: : : \   _〉
             ,,..-`/ l ,.、: : : :`ー'l/
            {    |'lヽ} /´|从,l
             ,⊥     ノ lノ }ヽ;:;:ヽ,
          /:;/`{>o〈}'>、/__〈} }:;:;:;:;`ヽ、
         /:;:;:;:;`ヽ'ニニ´;}二,'ー';:´:;:;:;:;:;:;:;:;`ヽ、_    _,..
        /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,./ヘ /`ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;`''''''ニ''´
ヽー- ..,,.. ''´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/´ヘ__ノ,}.:.:.:.:},__:;:;:;:;:;:;:;,,..-‐''´
 `ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_;;::'<⌒.:.:.:.:ヽ_ノ.:.:__/\ ̄ ̄´
   `ヽ、:;:;:;/´   `ヽー'`⌒l-'´.:.:.:/´   ヽ
     `'-'/        `''ヽ_ノ ヽ,/'     ヽ
        /                   ヽ、
     <´ ヾ、_           ヽ/_ ==´ ,>
      ヽ、  `丶ーヾ/=≠ ≠=´   ,. -'´
       `''ー、_        ,. -―'' ´´
            `'''―‐┬‐イ',  ',
               ,.,.,.,ノ   } ',⌒. ',:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,.,.,.,.,.
         ,.,.,.;:;:;:;:;:;{_,. '´;:;' _ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,.
      ,.,.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
    .,.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2491 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:31:38 ID:6uJI.qL20

確かこういっていました


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


           ,イ
        ,ィ /:::{
      /, {/:::∧       _. - -─ ―-- 、
     //イ\:::::\    /´            `ヽ、
     /:://:::::::::::::\:::::\ /  _              \
     |:::| |__:::/ ̄ ̄ ̄\ ̄`ヽ、::>―――-、_     }
     |:::| |::::::::∧       \   /  、_    \:::>―'―- 、
     {:::{ {___,.-\   __ }  、   _,\     〉     _ >、
      |::::| |::_/,.ィ   /: :\__\/ヽ : l\_/  _,.イ´     /
       ̄ ̄ ̄ / \/':l: : : |:-|:-{、: : :|,-从-: :.:.T: :.{:| \  /、
         〈 ̄ ̄´ ,: :': : : |:{ィ芹、: : :|ィチ芹: : :.|: :.:|:{   ∨_   庭に散歩に出ていたら、森の中で声が聞こえたの
            \_ /|: |: : : |ムヒソ \」 ヒソ|: : /: :/|:ム   |      
.              }  |: |\: |八   '_    ,|: イ: :/: !: :|_ノ  ̄    とても楽しそうな声だったから見に来てしまったの
              ̄Ⅵ |: `:|: :`: . `_`_ ィ: : /}:/: /: :八         
                  |/-、从:|- ノ /,: : /T7´ ̄}'   
                 」__/}:/r= < /イ //匸{、」、
                匸///,':.:.:}}マム   //、_ノ   `   、r 、
                  匸{ lイ {:.:.∧ マム //、_乂  r:、   |:::ム           _
                   /匸| |/:7:::::{ ∨/\)     |::::\_∧'::::、    ,r、 r,/ }7
                    / 、/::/::::::::|  Ⅵ_乂 |   ∨::::::Y-- 、}  __「| {∨ //
                ,ィ:./ イ::::::::::/::::::|       !、_/:/\:::::| / 〉_{八、 ' ' /
            {:Y{   l::::_/⌒\j       / /_,イ¨∨_ノ∨{ ィ/__乂_,..イ
              「¨`ー ' l/ 匸| l_,乂      }  \__,ム   >--乂_|| / / /
          r--、\{、 /^| 匸{ o匸ノ     :.  /::::::::.    { /`==イ
          |:::::::::::`ヽT / 匸__」_乂__   }'´::::::::::::::::ー::::T 乂_/_/
          |:::::::::::::::: ノ  Y´::::::::::::::::::::::::::::::`:://:::::::::::::::::::::::: }
          |:::::::::::::::/  /::::_/ ̄|/ ̄`¨ヽ、_,:::::::::::::::::::::::/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2501 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:32:04 ID:6uJI.qL20

そこでどんな話をしたのかは、よく憶えていません。
ごく他愛のない会話だったように思うのですが……

そうこうするうち、急に彼女が苦しそうにしはじめたものだから
僕らは慌てて彼女をこの家に送り届けた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                  _. -―‐ .    \ ヽ
                .  ´       \   ヽ
            __/               ヽ
          ノ }                \
         r┴::.( ハ  ヽ ,ヘ   _ ヽ
         }::::::__ノ::::::ヽ ('′ ヾ´  _rへ    }  つ
         {__(__:::ヾ:::', }  /:   ヾ.  l ∨_  っ
     ___ _ノ  \ `ゝ、::} ,′l i   ハ  l ノ 〉
  _ : '´: : : /:\ア´ .ヘ、 `/  l___!、____ ! l´ _)′
 '⌒丶: : / : : : } /イ   ゝ′ !、___,ゝ,_,′ !´}: :`ヽ
      }:/: : : : :!: : : {   { !  ノ"__"ノ{  ノ}リ: : : : :\
     ´ ̄ ̄ヽ'r三、`ー^ゝ彡-く{、iハノ{ヽ`¨ソi:, '´ ̄`ヾ
        / / ̄フ/ /  ハY⌒ヽ ヽ`´
       /    __f ヾ/   /トハ   マ、 \
        /    V  ノ /  /vヘミハ   V}   :,
      {    、( .イ /  /ノ{    ',  lノヽ }
     rヘ    /`ヾ. /ー /      ハ__! 〈 ノ、
     V彡、_r ヘ__ノV_/-‐- .__ ′}___ lヽ) ン
      ヽ{ ヽ >、! f´::::::ヽ       /::::::::ヾ¨´
       ´ ̄´ ̄`{=== }`¨⌒´ ̄{ ===}
             `¨¨¨´      `¨¨¨´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2511 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:32:34 ID:6uJI.qL20

そのとき玄関で父親らしき男の人と会って、名前を聞かれた憶えがあります。
帰りにフランというあの少女を庭で見かけたような気も……

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


            ,. .:.:´;:;ll:l.ijijijijij``ヽ
          /彡ミミミいj州 シノノノノハ
        /;;;;;;;;ヲ ⌒'''ー'''''⌒ヾノノノ!
          !;;ィ彡'            ミ!
        !ィ彡  rニ'''=,  ,.z''ニヽ .ミ!
         .!;:;:'   ,rェテシ  ヾテェ  リ
        ハ!      ` ¨´    h
.          !い     ノ ,, ...ノヽ.   l l
          ヽ_,    ,.ィ彡ノノハミミヽ レ'
             ',   '''"´ニニ `''''' j!
              i         ,.イj
             ∧   、 _ _,. イ /.:.\
           /:.:.:ヽ      /. :. :. :.ヽ
       .,. イ.:.:.:.:.:.:.:.\ ___/. :. :. :. :. :/ .: .: .:
        .:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::\.:.:.:.:.:.:.:.:./ .: .:: .:
      ..:..:l .:.:.:.:.:./ 〇  \.:.:.

::::::::::::::::::| |
::::::::::::::::::| |        r.、,_
::::::::::::::::::| |,,.. --------!」::;;「ノヽ、          /|
::::::::::::::::::| |         ヽ:::://         ./::/
::::::::::::::::::| |          7:::\       /::/|'ヽ
::::::::::::::::::| |ニ7ヘ>r-_r'ア>くヽ7/ r-イ⌒ ̄'::::ノ \|
::::::::::::::::::| |, イ〈 {,_r/ レ' レ_.!,ハイ !  /:r-''|'ヽ '|'ヽ |'ヽ
::::::::::::::::::| | |""     〈ン'〉!/| ハ /::/|'ヽ\| \| \|
::::::::::::::::::| | ハ   ー- ` "! | | /::/ \|
::::::::::::::::::| | ヽ!ヽ、._  _,,..イイ ハ/::/|'ヽ
::::::::::::::::::| |Y7´! ,.イ⌒ヽレi::レ'/:/ \|
::::::::::::::::::L,.!、:::/ '/    〉/:/|'ヽ
:::::::::::::::::と_ ヽ::ムゝ-=、_ン..:ノ|'ヽ\|
::::::::::::::::::k,_   i:::::/^'^'7    \|
::::::::::::::::::| \ `ヽ /!
::::::::::::::::::| |::::::ヽ、_ノ::::〉
::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::::::\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2531 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:33:11 ID:6uJI.qL20

        _>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ
         ア:::::::::::::::::::::イ::::::::r::::::ヘ:;;;;::::く⌒
          Z:::::::/::::::rr´Τ ̄|! ̄´ | !}:::::ヽ
        ノィ:/::::::::ア{ │  {    } ノ i:::::ハ
         {::::::::::::z   __⊥,,  'r= !::|
         イ:::::::::l  ´rヒzデ  イtテ ハリ   その日のあったことは、それだけでした
            从⌒、l       |   l
           ヽ ヘ      , 〉   ′
            `ーヽ    _ _  /
             从 、    ,  /
              ル  ヽ __;_;_'イ
              │     ├ 、
               / j    /  H ヽ__
              // /   /    |  l \
     __ -‐ / /      /!  V   ‐- __
   /      /   ∧、___ ///|   V        \



                  ___
                 /     \
       iニーヽ    /─  ─   \
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \    それだけ?
        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u    |
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/    しかし、だったら……
              '、_ \       )
                \ \ / /|
                 |\ ヽ /  |


2541 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:34:07 ID:6uJI.qL20

         __〉、__.ィ≦ニヽ.}) j〉
      ,ィ彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ニ'く__
    、__)';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミミヽ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ iトリ
      ,'イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ ゙!
      ノj;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{ i! l        「その日にあったことは」それだけでした
      {!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヾ.}. !  
      '^ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ト. |      だから前原も、何も心当たりがないと断言していたのです
        ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(.  |::ヽ}      けれども――僕は思いだしたのです
         ヘ;;;;;;;;;ノイソ` ├‐′
.          / ̄ ̄ ̄\ |
           {_,.= ‐‐=ー 、\__.-―-、
        /                 ‘,
        /                      ‘


あれは、その前日のことでした

僕は――僕たちは、前日にあの森に落とし穴を掘ったのです
そしてたぶん、その穴に落ちてあの子は…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


               /   ,      \ .\  {
              ,.'    /       \ .\ヽ、
             ,:    , ゚、   、      \ .\
            /    ./ |   /       \ .\
           ,     /  i!  ./       } { .\ .\
             {    ‘ /!,:/        i i..  .\ .\,丶
           ' ー‐ ¨´、_j/          il_i   !  ,ゞ'^丶ノヽ、
                  i              ,'  ,ゝ ー''一'
                  |             //   ,ノ\ \   ./\
                  |            /    /     \´\/   ヽ
                ,: .'            /  /       ヽ  丶、   \
                i             / ./        /  ヾ. \.    \
              /              ,'i'゙´         \     ヾ、丶    ',
            ,/               ,'il             \           i
      _,..-‐'''"/                 /             \         i
_,..-‐'''"‐-¬/                  /                \       _ '
         \     /i          /                   ̄ ̄ ̄ ̄


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2551 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:34:38 ID:6uJI.qL20

            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',   前原君はなぜ、それを憶えていなかったんだお
     l                  /   .l
     l    、__,ノ   _,/tリ)  .l
     .',    ゝ ヾリ     `ー‐' U /
        \       l   人   l   /`ヽ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                    



        _>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ
         ア:::::::::::::::::::::イ::::::::r::::::ヘ:;;;;::::く⌒
          Z:::::::/::::::rr´Τ ̄|! ̄´ | !}:::::ヽ
        ノィ:/::::::::ア{ │  {    } ノ i:::::ハ
         {::::::::::::z   __⊥,,  'r= !::|   当然ですよ
         イ:::::::::l  ´rヒzデ  イtテ ハリ
            从⌒、l       |   l    僕とやらない夫の二人だけでやった悪戯だったのですから
           ヽ ヘ      , 〉   ′
            `ーヽ    _ _  /    前原と牧瀬ちゃんは、全くの無関係だったのですから知らなくて
             从 、    ,  /     当然です
              ル  ヽ __;_;_'イ
              │     ├ 、
               / j    /  H ヽ__
              // /   /    |  l \
     __ -‐ / /      /!  V   ‐- __
   /      /   ∧、___ ///|   V        \


2561 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:34:51 ID:6uJI.qL20

      / ̄ ̄ ̄\
    / /     \ \
   /  (●)  (●)  \   君と、やらない夫?
   |    (__人__)    |
   \    ` ⌒´    /
   /              \



       ( 〃::::::::::::::::::::::::::::::::::Z_
        >^::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞ、
         〃::::厂7⌒ ̄ 厂リミ:::::::::::了
        ケ:::ト! _    リ_ ミ:::::::::::ゝ  都合が悪くてこられなかった、福西やらない夫ですよ
         7::l rモテi  チモテミヽ:::::::ノ
          Yヘ.   l      ミ^レ′
         Ⅵ, 〈     ミソ
          ‘, _   /
             ‘,, ̄,, ,.イ |
             `r― '゙  |
              , ┤    , ト、
           ,./ rリ i   /  ¨i \


2571 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:35:06 ID:6uJI.qL20

当時の僕たち四人は基本的には仲がよかったのですけど、
その中で前原が、云ってみればガキ大将的な地位にあったのです

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              ......................
           ....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. `:....
.           / .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \
          ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,
.         .′ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘
        i:.:.:.:.i:i|:.:.:.:.:.:.:.:i|:.:.:.:i:.:.:.:} :.:.:. i:.:.:.:i:.:.:.:.:i
.        i|.:.:.:.:|:i|:. i:|:.:.:.:.i|:.:.:.:|:.:. ハ :.:.: |:.:.:.:|:.:.:.:.:|
      i| |:.:.:|:i|: 从:.:.:.:i|:.:.:.:|: / :|:.:. /! : .;:.:.:.:.:.:
      i| |:.:.:|八{  \八:.:. |/  |/ :|:.:/-、 .:.;′
.       八{\i{ `  ●   \{   ●  }/勹 }:/
          \}             、_/´
.             〉 . __ Σ _  イ、/
           \/  |ヽ __/ヽ   }
             `ー┤ ̄V ̄├ ´
              ├ー──┤
              / ̄ ̄::::::::|
                /:::::::::r─‐〈
             >--∧::::::::::>
             `¨¨´  V/‘,
                    'ー=彡
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2581 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:35:25 ID:6uJI.qL20

僕とやらない夫はそれが不満で、僕がこう云いだして
二人で落とし穴を掘ったのです

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


          .,川F三ミ三三ニミヽノ,
       _k|;:ヾ川彡三;:;:;ミ三三ニミヾ
        フ;彡,.-‐'"゙´ ̄`"゙ミミ川≦ハ
        /ミ,/(        ヽ川lリハレ
         ル 从●    ●   リソ´゙}l|ハ
          ルl⊃ 、_,、_, ⊂⊃ {l|!ノリ
        /⌒ヽ_レ从.  ゝ._)   .从/⌒iル'     あいつを一度懲らしめてやろうぜ
      \ / \゛>,冫__, イy''/  /
.         ソ    ヘ U /  ヘ、__>i
        \    l    l     リ


               .ノ 、 、
                  ● ●) l
               (人__) |    おう、だろ
               ヽ    ノ .n   常識的に考えて
                (ξ   一か  
                  /   〈 ̄
              / / \ \
                 (__/    ヽ_,)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2591 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:36:53 ID:6uJI.qL20

合宿場の納屋からスコップを持ち出して、土の柔らかいところを探して掘りはじめました

作り始めると面白くて、いつの間にかずいぶん深い穴ができました

それを枝や葉っぱで隠して、次の日にでも前原を誘い出して落っことしてやろうと企てたわけです


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

:..:..:..:..:..:..:..:..:..:|ik;;:;;:;::;;:;:;;::;:;:::;:;;l:;:;::;:j!|:..:..:..:..,(;;ハ:..:..:.Vヾ:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..ノ'ヘ.:..:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:..:..:..:..:..:..:..:..:..(ik;;:;;:;::;;:;:;;::;:;:::;:;;l:;:;::;:j!:|ゞv'.:..:..:..:..:..,,‐ゞy;;'ゞ<.:..:..:..:..:..:..ゞ>:..、..:..:..:..|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;:;;:;;;:;k!:;;:;:;::;;:;:;:;:j!;:;:;;:;|:;ゝ、7-ー<ヾ:'(゙':ヾ:.:.:.:.:.:..:..:..:..:..:.〆、,,;">-、|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;:;:;;:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;::;i:;:k;;:;|‐>、;ヽ、:;;:y':/;;-'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.バ:.:.:.:.:.:.`‐|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;:;;;:;;:;:;;:::;:;:::;:;:;!::;:;:;;:;:;;;|:.:.:.:.ヽ:::;:;:::/:;;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙:.~^:.:>ー|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;:;;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;:;;::;:;:;:;;:::;:;:::;:;;:i!;:;:;:;:;;:;:|.:.:.:.:.:.,!i!;;:;:;y':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(;!:;:;:;:;;:;j!;:;;:::;:;:::;:;;:;l::;;::;:|:.:.:.:.:.:.l;;:;;;:;:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:;:;:;:;:;:!:::;:;::;:;:;j:;;:;:|;:;:;:;):;:;:;:;:;:|;;i:;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;:;:;;;:;:j:;;::;:;:;:;;::;:;:;i:li:;;::|;:;:;:;:;:;:|;;::;!i!;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;;;:;;;:;:k:;;:;:;::;;:;;::;:;:j:;:;;::l:;:;:;:;:;(i!;:;:;;:;|::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:i!:;:;;:;:;;;:;:(;:!;;::;:;:;::;:;:;:;:|:;:;ik/;;:;:;:;;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:i!:;:;;;:;:;;:;:;;:::;:;::;:;;:y::;;:;:ヽノ;;;:;ハ、;vvヾヘw:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;;:;;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;:ヾ:;:::;:;:;:ヾ;:;:;:;:;;`ー-、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,ノ;;:;;:;:;;:::;:;:::;;:;;:;:;;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;、:;:;:;:;;:;:;;::ヽ:;::;:;:;;:;:;;:;::;:;;:;:;:;:;`ー-、___~"''"^'"''゙` _,-‐'´;;:;;:;:;;:::;:;ノ:::;;:;::;:;:ヽ;;:;:;;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:_ノ;;:;;;:;;;:;:;:;ヽ、;:;;;:;:;;:::;`ー-、;:ζ:;`ー-、;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:`ー-、;;_______,-‐'´;;:;:;;:;;:;:;;:;::;ヾ;:;;
;;;;;;,,-‐'´;;:;;;ノ;:;:/:;;:;;^ー-、:;:;:;:;:;:;:;:;:`ー-、:;:;;:;:;:;~:^";:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;;`゙';;:;==;;;;:;;‐、__,,''~"'~
!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.v"ji,,Iw,,MW w,,Mv,w,.vw,.vW "" V"ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,.vw ,,,,,.., ,vv
"~'"'"~  ~""~'"'"  ~~""~'"'" '"'"~~""~'"'"      ~ "'''~"''""'''~"''"  "'~"''"''~"''"

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2601 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:37:45 ID:6uJI.qL20

                     、_ _、.....__)ヽ_
                    、_,ノ:::::::::::::::::::::::::::`( ,,
                   _,.イ.:::::::::::::::::_;::=--ミ:::く_
                   _,ネ::::::::::::::::;ィ:}     Viヾ、
                  {i'|::::::::::::::N i;'_  ,. -}'   ところが翌日、あの子に出会ったために機会を
                     `i'!::::r=、!  _,.` !'ヒ!゙!   逃してしまった
                     j.:::{  i! ‘`' ’  :  ;
                       '゙´!:`iヽ       ' ,'    そしてそのまま落とし穴を放置していたのです
                    ´'ツ'` `:::.、  '"~ /
                    ハ    ::>--'
                   ,.イ  ヘ   イ、\
                  / |   .',     カヾ. 、
               r "´   |    !ー-- ' /'! ヽ ` <
               ,'  \  |     、 ̄   ヽ \ .;ヽ
                /   ヽ .└--ァ'  ',    :} 、/ ,


2621 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:38:04 ID:6uJI.qL20

          /                 \               rv' 〉   /
       /                  、          ノ | i  .′/
     , /          .: 、          丶、          | '│/  ′
    / ′         , . : ..\            `¬==―---r'  |.′/
    ′;           /--――`¬、                 |   | .′
  ノ          /.::::::::::::::::::::..\\                ト .,ノ
//           /.:::::::::::::::::::}i:;:::::.丶.\              リ : :/
 ′           /.:::::::::/⌒犲iV::}:::::.v/\         /⌒´
/         , /|:::::::::〈 ー ,ノィ⌒V/::::/ヘ.  `¬==―‐---′
          / / :|::::rv^′      ⌒;::::::{,
         /  |V ;′         〉}::::/
        ,    | !        d/ ノィ::}   だけどしばらく後になって、やらない夫が気になると云いだして、
        .′  |  i  厂「|  rf爪ハク′  二人で様子を見に行きました
           ハ ;  ト ル'へ/
           ,:介`⌒´             すると、この家で葬儀が執り行われているのに出遭って……
            / | |                二人ともなんだか怖くなって、それっきり二度とこの辺りに
         ′| |                近づこうとしなかった
          /   | |
                           その後はずっと、僕もやらない夫も落とし穴の件を話題にするのを
                           避けていたように思えます

                           何らかの罪悪感があったのでしょう


2631 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:38:19 ID:6uJI.qL20

         __〉、__.ィ≦ニヽ.}) j〉
      ,ィ彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ニ'く__
    、__)';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミミヽ
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ iトリ
      ,'イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ ゙!
      ノj;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{ i! l        ……ふう
      {!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヾ.}. ! 
      '^ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ト. |
        ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(.  |::ヽ}
         ヘ;;;;;;;;;ノイソ` ├‐′
.          / ̄ ̄ ̄\ |
           {_,.= ‐‐=ー 、\__.-―-、
        /                 ‘,
        /                      ‘,




           ,,.: ''''""~""'''‐..
        /          \
       / ノ    \      \
        / ( ● )   (●)         `、    ……
      ./   /    \         ',
      i   (  人   )            ',
      !   `゙'´ ̄`゙'''''´,            |
     \                      ,.'
       >                 /
      /       -----‐‐‐'''"~  \


                /                   Y     ゚
              ,'                  -、 {  ,ィヽ  ヽ
               ∥                  /___Y∠_  Y   。
            {     ∥             'イ´      Y  }
                          /      ./           { ,'    .}
              v     {            '          V  }i /
                     _      {  {   .{     、    ,ィxィ  //'
              ヘ  /,ィゝ{        ,ィニニ≦=='  ,ィr'}.ノノイ
                Y {   乂  乂.乂 .{'´r';ハ≧    ー ' .| '
                 \.   ` ー== ミ=ー¨ ̄     ∨ ,    ……
                    }   ヽーヽ                 〉
                   ノイ  .|                 ' /
                     }   }   .ゝ          -‐‐ /
                    ∥ ./ノ≧,.  > ,       /
                   /イ/  ̄`<≧, .   ≧ ,___ノ
              /         >≧,、 ∥
                イ   ≧ ,     `ヾ≧/ヽ


2641 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:38:44 ID:6uJI.qL20

                     、_ _、.....__)ヽ_
                    、_,ノ:::::::::::::::::::::::::::`( ,,
                   _,.イ.:::::::::::::::::_;::=--ミ:::く_
                   _,ネ::::::::::::::::;ィ:}     Viヾ、
                  {i'|::::::::::::::N i;'_  ,. -}'
                     `i'!::::r=、!  _,.` !'ヒ!゙!   僕は現時点で、事件の犯人はやはり博麗霊夢だと考えます
                     j.:::{  i! ‘`' ’  :  ;
                       '゙´!:`iヽ       ' ,'
                    ´'ツ'` `:::.、  '"~ /
                    ハ    ::>--'
                   ,.イ  ヘ   イ、\
                  / |   .',     カヾ. 、
               r "´   |    !ー-- ' /'! ヽ ` <
               ,'  \  |     、 ̄   ヽ \ .;ヽ
                /   ヽ .└--ァ'  ',    :} 、/ , i
             ,'        /   .!    :! \/  |
              }      //      i    :|   `i  !
              /     /:.:.ヽ     :    :!    '  {
           /     /:.:.:.: : \    .i    .:|   {  |、
             /     /ヽ: : :   \   |    ::!  i:.   }
          /     /  Y:     ヽ  |    ::|  |


2651 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:39:08 ID:6uJI.qL20

            、__    /,-‐イ´   ,ィ
            `ヽ、___≧、.,/'´i::::::'´ ̄ ̄孑‐ュ、_,
              ,≧::;;:::::i::::::::i::::::::/::::::::::::::::≧ニ=-‐
          ,ィ'´::::::::;;;::::,ィ::::::i:::::,ヘ:::::,ヘ::::/:::'⌒ヽ、
      `‐=ラ彡ニミヌヘ:/,ヘ::,ヘ::::i|::i|::,ィリ彡テ'´⌒ヽ:ミニ、__,
       /孑'´,ィ::|iミ、|iミ、|iミvi|,ィi|彡i|,ィ彡三ミ、:::::ト、
       ´ j,ィ´7彡|i゙゙゙|i゙゙゙゙゙|i゙゙゙゙""7""'i|""""ミ、`ヾ、{ `
      -‐'´ |::ノ彡 ヽ .|i  |i  /  i|     ミヾ、ミヘ、
         ノ;ィ':彡  i i   ii /   /       ミヾ、ト、 `
       -‐´/三ミ-‐'"゙゙゙゙ニ=、|i  ルニ""`゙ヽ ミミト、i ヽ  あの落とし穴が原因でレミィが死んだのだとすると、
        ノ〈ヘiミ  イモ;テヽ    ィモ;テフ  ミr'´゙li   彼女を『ころした』と云って僕たちを憎むのは、
          ヘ rヌ         .:        ,ミ' i }   まず、娘を溺愛していた父親の真紅倫典氏です
           ヘ`}i        :i       ,リ_ノ/
            `圦      :|       ム/     けれども彼は、とうに死んでしまっている
            ノヘ     `      /:::ト-、
            '´{ィヘ、  -‐ ‐-、   ,イ|:,イ:)
             i(`゙|\  ;:.;   ./ {( '"
              ` .|  \;.;_;.;_,ィ'´   i`
              /i            |\
             /  {       i   }  \
         ―イ   ,イ   i    /    ト、  ト―


2661 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:39:31 ID:6uJI.qL20

                 \、 \ \
               _, -≧ヽォ`ヽ、ヽ、 、  i
           `ヾミ ̄::::::::::::::``‐- 、::::`ヽ`ヽi_|i i  、
            _, -‐゙:::::-‐'⌒`゙ヽ、_::::::::\:::::::::ii`:`|i、 i   i
        -‐'"ラ,ィ- ‐- 、__:::::::::::::::::`ヽ、\ヽ、::ii:::/ィヘ }i ノ
         ,イ´:::::::::::_, -‐'⌒`ミヾ、/:::::/ヘ:i:i,ィ::ノ,ヘ:::::i/レ'
        '´ ̄/:::::‐'´:::,ィ彡三ミヾ、iiヾ、ii、、NiヾY,ヘi,ィ,,'彡ニュ、
        _,-"7::::,彡/:彡,ィ三   i   ii   ii   }i |、::、ヽ`ヽ、
         ,=イ彡ィ/;三,彡三   i  ii   i  リ i:::,ィト、i
           |:,-‐、三三彡   i   i   i  /  |:/゙}i }i
          ノ:{ ⌒ヽミj      ̄二=ェ,,,,,,, ノ ',,,ィ'"7:{ / /
         -'´jヘ /,` ミ     fモ;テヽ.   泛フ/リヽ
          /'´}ヘゝ_, ミ         ""  i ゙゙ /
           j::::ゝ-i ミ           i  /
         -‐'´|::::|  、            _ ノ /   そうすると残るは、レミィを僕たちが『ころした』せいで
           __゙从  \.     , -- ,  /    姉を自殺に追い込まれた博麗霊夢になります
          ,イ 7.     \   ゝ-―' /
        /" ムノ   i    \   , ", /      姉を死に追い込まれた憎悪が、狂った頭の中で
      _,イ   {´     i      `フ‐+‐'       増幅され、激しい復讐の意思に成長したと…
   .< ,'   ,'     i     /  \`ヽ、_
.<    ,'    |     i    ノ ヽ   \  `≧‐- 、


2671 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:39:58 ID:6uJI.qL20

                         >  ≧x{≦二二ミ、
                                     Y
                         /                       ハ
                     /                }   }
           ∥                            ノ   ./   '  }
                    {            ノ  ー=彡  ノ   /  ハ
            {      .{      ≧x、_.  ゝ、   ∥   ,ィ≦イ_|  イ  /'
             乂|        { ´ Y_,;ハヾ≧ィ> く〈ノ、(,ィ〃Y,;ハ  ヾー=彡 '∨
              八         ゝ 、 乂ツ _,ゞ        .、 乂ツ_ ,'  ハ   Y
                 ヽ        \ `¨ ̄ー´          `ヾ=¨-   ゚   ノ   霊夢は狂ってなどいない!
                   \{       \       ノl            ハ  /
                乂≧x     ≧=ー                 イ
                    乂∧        ヽ           ハ¨´
                       ゞ从         ______         /ハ}
                        }  ヽ      / ___ _ ハ      ハミ、ゝ
                     ノ/ ∥\    V     ,'     ./ ∧ ヽ> ,
                   //∥   ヽ   V    /  / /  :∧
                  ,</  {  从 \ `ー‐‐´ /  /   ∧
                ,≦    /    |    \ ` ___  ´  /      ∧
                    /     |       \       /        ∧




        _>:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ
         ア:::::::::::::::::::::イ::::::::r::::::ヘ:;;;;::::く⌒
          Z:::::::/::::::rr´Τ ̄|! ̄´ | !}:::::ヽ  どうしてそう断言できるのですか
        ノィ:/::::::::ア{ │  {    } ノ i:::::ハ
         {::::::::::::z   __⊥,,  'r= !::|   常々僕は思っています
         イ:::::::::l  ´rヒzデ  イtテ ハリ   どんな人間にでも狂気のポテンシャリティを持っていると
            从⌒、l       |   l    
           ヽ ヘ      , 〉   ′   あなたも、やる夫さんも、この僕さえも、いつどこで、
            `ーヽ    _ _  /     どんな形の狂気に陥ってしまうかわからない
             从 、    ,  /
              ル  ヽ __;_;_'イ
              │     ├ 、
               / j    /  H ヽ__
              // /   /    |  l \
     __ -‐ / /      /!  V   ‐- __
   /      /   ∧、___ ///|   V        \
.  /      /     | ///////////|   V         \
  {       \   |/////////// |    V


2681 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:40:25 ID:6uJI.qL20

              ゝ}       { ヽ  }  }ヽ    i     }     }  /  ヽ
              |       ∧  } ノ/,リハ   }、  ' }八    ノ  '    l
                ,'         .} ノ //___ }   ノ } /   }   ,イ /     }
                       ∥,ノ イ(, ̄},,'  ´ ノ'   ノ // ´     /
               ∥イ  ヘ.   乂ゞ,ィ乂} 〃 /    ー= イ        ∧
             {/ .{  |\   {    ノイ                     r ' ヽ
                乂 {  \(ヽ/                       }    \
                   `      /                       ,'   /
                    /                      /  /
                     、       _ =、_             / ./
                     ̄`j  ,ィ   `ヾヽ           ./  小難しい理屈はたくさんだ!
                          ` ̄¨ヽ´ ./ ヽ         ./
                               Y__ ノ      ./     第一、霊夢がどうやって君たちの
                           {__       /      名前を知って、十年前の出来事に 
                             }     /        結び付けられたんだ
                              ` ー―/



       ( 〃::::::::::::::::::::::::::::::::::Z_
        >^::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞ、
         〃::::厂7⌒ ̄ 厂リミ:::::::::::了   こう考えられます
        ケ:::ト! _    リ_ ミ:::::::::::ゝ
         7::l rモテi  チモテミヽ:::::::ノ    当時娘を亡くした倫典氏が、近くによく遊びに来て娘を送り届けてきた
          Yヘ.   l      ミ^レ′    あの四人の子供が落とし穴を掘ったのではと思い、あの時聞いた
         Ⅵ, 〈     ミソ      名前を手がかりに、僕たちの素性を調べ上げた
          ‘, _   /
             ‘,, ̄,, ,.イ |        ただし、実際に落とし穴を掘ったのは二人だけということまでは
             `r― '゙  |        わからなかった
              , ┤    , ト、
           ,./ rリ i   /  ¨i \
         -‐ / /  :! /    |  ヾ\_
  ,. -‐ '゙   / ∧‐-  -‐ / |   |   ̄ ー-ミ
 〃       / iヽミ二二彡'.:.:.|   |        ヽ
 |         /  ::.: : : : : : : : : :.:|   |         i


2691 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:41:04 ID:6uJI.qL20

それが、倫典氏から寺井真理沙、もしくは咲夜さんに伝わり、
それがさらに霊夢の耳に…ありえない話ではないでしょう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

::::::::<< ̄  /|  |=\   >>|   :: ::: ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::,''>> // |  | ヽ \ <<'  ::: : :: :::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
::::::i<</ / .|  |  ヽ \>>| ::: : :: ::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
:::::レ   ===|  |===    ノ ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
:::::|    |  |      | . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
:::::::| |   | | |       |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 7l::::::::::::::::::::
 |.|   WWノ     |  | /          / l::::::::::::::::
 |ルレ ル`----イルリ./         /  /::::::::::::::::
   Y_i:::::::::::::::::::::_L__ヽ /        /  /::::::::::::::::
  「=.!::::::::::::::::::::::!= = i.        /  /::::::::::::::::
  | |:::::::::::::::::::::::|     !    __ / n/::::::::::::::::
  l .L::::::::::::::::::::::::!.      !  ':,   /⌒〉::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                     、_ _、.....__)ヽ_
                    、_,ノ:::::::::::::::::::::::::::`( ,,
                   _,.イ.:::::::::::::::::_;::=--ミ:::く_
                   _,ネ::::::::::::::::;ィ:}     Viヾ、
                  {i'|::::::::::::::N i;'_  ,. -}'  もっとも彼女はすぐそこで、復讐を思い立ったわけではなく
                     `i'!::::r=、!  _,.` !'ヒ!゙!
                     j.:::{  i! ‘`' ’  :  ;  忘れてさえいたのかもしれません。ところが――
                       '゙´!:`iヽ       ' ,'
                    ´'ツ'` `:::.、  '"~ /
                    ハ    ::>--'
                   ,.イ  ヘ   イ、\
                  / |   .',     カヾ. 、
               r "´   |    !ー-- ' /'! ヽ ` <
               ,'  \  |     、 ̄   ヽ \ .;ヽ


2701 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:41:40 ID:6uJI.qL20

去年の九月、例の亡霊の噂を聞いて、僕や前原、牧瀬ちゃんがこの家を訪ねてきた

そのとき僕たちは応対に出た咲夜さんに名乗りましたからね。特に「牧瀬紅莉栖」
なんてそうそうある名前じゃない

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               .´  ̄ ` ヽ
            / . :.  :. . :.ヽ
           /.: .: ::..: :::.: ::、::.ヽ:::::゚.
           ,′:.::i:!_:i:.!:::i:┼、::::、::::   上白沢大学ミステリー研の牧瀬紅莉栖
             {::i:::::ム!_、:、:::lィr=、:i:: i   といいます
           ゚::!:::::《廴}゙`ヾ!ゞ‐'|::!:::|
             ゚:!:::::ゝ"  ' _   |::!:::l!
              ゚:!::::::i>. ´_ . イ:l|::!:::|!
.              ゚:!:::::!::::/7ハ「´y:;!:::l:゚:.
                ヽ::!'リ='く‐ゞ=,::/7i::iヽ、
           .ィ´./リ { ヽソ┤ {:;'/ i:::! `ヽ
            {.  /_/i 、 !.:.|´ リ' |:::! / .〉
          l   / !ヽ|:.:.!r∧/ヾ:!  ,゜
            j   `ヽ '! !:.:i.l,゜ ゝ/ハ!  !



                 rヘ厂しヘ厂しヘrヘ        ヘ
                    /rヘ_ン/⌒ヽ ⌒ヽく)       ./  } \
                  / に//   ⌒Y´:   \      /  |  .〉
     ___      {  に}/ / / __/} }:__\ ー__  /  (ゝ/
    〃/∧ ‘,      }  ∠./  '/ / )ノ\  \/ /__/ /
   ┗于ー'r┛   =彡' <  )  ァテ ミ   r彳)ー'  `ヽ/`V     くりす…
 ____j___|__  ー/,  ,∠ = ' 八 じ   し'|Y) |  /┘{./ヽ
=|{{  {{ ≫≪}} |  ⌒ヽ( (_   (Y) ""  _  ノY)/  {  '└ /    漢字ではどのように書かれるのでしょうか
 ¨¨¨¨“{ニニ}“¨¨     r‐ァぅー(Y)` ー‐ ≪(Y)   /\ イ_
.     |ニニ!      )/: : : r厂〕\_) {__厂_)ヽ {   ̄o .|
    〔ニニ〕   __/__: : : : にV⌒V 8\ (,ノハ: : : ,_)ー―z__}
.     |ニニ!.  _// ⌒iヽ\,_ に}\ノー―': :ヽ__) : : {: : : : : :|
.     |ニニ!___{_0{_j_j_j_jr ∨{_)に}: : : : : : : : : : }_)\: : : : : : /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2711 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:41:59 ID:6uJI.qL20

                ノ___..ィ
          厶ィ///////////廴_
        _{ィ//////////////////7
      / }//////////ハ///////イ   だから、そのことが咲夜さんから霊夢に話が
.      ///イ{ ̄l} ̄´リ {///////{   伝わった時点で、彼女はきっと疑いを抱いたに
       /V/{ 、  、/ ヾ//=ミ//   違いない
        /}/i! tォ  ‐tァ  li!  y′
.         ゙ヘ i       l /{
           . ヽ      .八リ     ここから先の経緯は明らかでしょう
                  -‐   / i
.               ヽ.  /    Vヽ   大学と所属サークルまで分かれば、メンバーの素性を
                丁   / /  〉、__ 調べだすなんて簡単なものです
             __ /∧   ./  /   `   .
.           . ´//    /   ′      ゚


そこへもってきて、かねて親しくしていたオカルト雑誌の編集者が以前、
その研究会を取材したことがあるという

こういった偶然の巡り合わせを、彼女の中の”狂気”は天啓と受け取った。
そして、長年潜んでいた復讐の意志が見る見る膨れ上がってきたのです


2721 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:42:21 ID:6uJI.qL20

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    「~〉 イ   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ         ` ヽ、
    ',_ ! え,  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           lヽ,_
    i´ ! ヾ ,.イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       , l ̄ / ノ
    '、_i く;/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::';::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     r‐'゙ /゙i'
     く λ':;'::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::;::;'!:;::::';:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ i__/`゙ /イレ'
      ゙! /:::::::::::::::::::::;'::::::::::::::/:::::::::::::::::::;イ::∥l!:::::';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::'、' r' ´ィ'゙
     .〉::::;::::::::::::::::::;:::::::::::::/l!:::::::::::::://:/ i/ l::::::i';:::::::::::::::::::::';::::::::::::::',ノ, `iフ
    /:::::;l!::::::::::::::::;':::::::::;:::!l_l__厶 レ ノ ';:::::l ';::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'i'レ'゙
    /::::::::l:::::::::::::::::l::::::::;ムノ┴-、/       /ト、,;! ';:::::::::::l:::::::::::::::::::::::i!lヽ
    ,'::::::::/l:';:::::::::::::l!::::/ 乂,,ん'::ノ`゙      ,...!l';:|`ヾ;::::::::!::::::;':::::::::::::;'i:! ヽ
   ,':::::::/;;;ヾ';:::::::;:::l!レ'     ` ´        千i゙゙i'ヽi:::::::/:::::/::::::::::::/ l!   ヽ
   l:::::::く,ィアトヾ::::i;:i~|          .     `ー' 、ノiヾ,i::::;イ;:i:::::::ノ:!  .    ヽ
   !:::::::::l  ヽ`ヾ!'、|          、:;        '゙ノ,/'f゙=!:::;ィミi    :.   ヽ
  .l:::::::::::',       iヽ、                 '゙/ /'゙'/'ヘィミ!` ,、 rゝ ,r、i 〉-ッ
  .l::::i:::i:::}      i'、       、_ -‐ 、        / ,イ!   、,!,r」 ゙;',ィ>''/`i'゙
   ';::l::::l::!      ';::゙i、      ``ー '゙`      /,,.ィ:;'     }:'、彡ri´ ジゝヘ/
    ';:i:::ll:!      ';:| ヽ      `       , イ:::::::::l      !::ヽ  `´´
   ヾ!l| i、,-,イヾ〃V'';!  \        , ィ:::´::::::::::::::::l  ,、= 、 ,゙i:::::',
     ゙! ,},ィ'''彡-=-zミl    ゝ 、 ,, ィ i升::::::;:::::::::::::::::::l_,ィ-‐‐‐-、゙!::::l
     くィ::゙:::::::::::::::::::ヾ          |::::::::::l゙、::::::::::::l:;ir=^イ`゙⌒`ヾil
      l:::::;:::::::::::::::::::::'、            l`ヾミ:! ヾ::::::::ル !:::::::::::::::::::::::::;ヽ
     , ィ!::l ヾ:::::::::::::::::::ト 、        ゝ、)`ヽ、ヾ::/  !iヾ::::::::::::::::::::lヾ!
  , ィ ´  !::! '、::::::::::::::::ノ  `ヽ、     ::/   `゙ヽ、 ヾ \::::::::::::::/
       ヾ、  ヾ:::、:::::/       `ヽ、,...."/       `ヽ、 ヾ:::::;:イ
            ヾ!i:/        ∠ゝ'ー'、          レ'ヾ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



そして愛人である編集者と旧知の間柄である屋敷の管理者、双方に働きかけて
彼女は、今回の”特別企画”を実現させるに至った


2741 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:42:47 ID:6uJI.qL20

                ノ___..ィ
          厶ィ///////////廴_
        _{ィ//////////////////7
      / }//////////ハ///////イ
.      ///イ{ ̄l} ̄´リ {///////{    そう云えば、この企画への参加を打診してきたとき、
       /V/{ 、  、/ ヾ//=ミ//    あなたは会長の僕にこんな注文をつけましたっけ
        /}/i! tォ  ‐tァ  li!  y′
.         ゙ヘ i       l /{     「五人の参加者は、この四月から三年生になった
           . ヽ      .八リ     会員を中心に募ってほしい」と
                  -‐   / i
.               ヽ.  /    Vヽ
                丁   / /  〉、__
             __ /∧   ./  /   `   .
.           . ´//    /   ′      ゚ 。
        / ,/ 厶===彡′ /           i
.         ′/ /:.:.:.:.:.:.:./   /     i       |
        | /  ,/:.:.:.:.:,;,;,;,;/ /     .l      



                /                   Y     ゚
              ,'                  -、 {  ,ィヽ  ヽ
               ∥                  /___Y∠_  Y   。
            {     ∥             'イ´      Y  }
                          /      ./           { ,'    .}
              v     {            '          V  }i /
                     _      {  {   .{     、    ,ィxィ  //'
              ヘ  /,ィゝ{        ,ィニニ≦=='  ,ィr'}.ノノイ
                Y {   乂  乂.乂 .{'´r';ハ≧    ー ' .| '
                 \.   ` ー== ミ=ー¨ ̄     ∨ ,
                    }   ヽーヽ                 〉    それは……ああ、そうだったが
                   ノイ  .|                 ' /
                     }   }   .ゝ          -‐‐ /
                    ∥ ./ノ≧,.  > ,       /
                   /イ/  ̄`<≧, .   ≧ ,___ノ
              /         >≧,、 ∥
                イ   ≧ ,     `ヾ≧/ヽ
            <         \     \  \<
                        \     \ _人 >,


2751 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:43:03 ID:6uJI.qL20

                 \、 \ \
               _, -≧ヽォ`ヽ、ヽ、 、  i
           `ヾミ ̄::::::::::::::``‐- 、::::`ヽ`ヽi_|i i  、
            _, -‐゙:::::-‐'⌒`゙ヽ、_::::::::\:::::::::ii`:`|i、 i   i
        -‐'"ラ,ィ- ‐- 、__:::::::::::::::::`ヽ、\ヽ、::ii:::/ィヘ }i ノ
         ,イ´:::::::::::_, -‐'⌒`ミヾ、/:::::/ヘ:i:i,ィ::ノ,ヘ:::::i/レ'
        '´ ̄/:::::‐'´:::,ィ彡三ミヾ、iiヾ、ii、、NiヾY,ヘi,ィ,,'彡ニュ、
        _,-"7::::,彡/:彡,ィ三   i   ii   ii   }i |、::、ヽ`ヽ、
         ,=イ彡ィ/;三,彡三   i  ii   i  リ i:::,ィト、i
           |:,-‐、三三彡   i   i   i  /  |:/゙}i }i
          ノ:{ ⌒ヽミj      ̄二=ェ,,,,,,, ノ ',,,ィ'"7:{ / /
         -'´jヘ /,` ミ     fモ;テヽ.   泛フ/リヽ
          /'´}ヘゝ_, ミ         ""  i ゙゙ /
           j::::ゝ-i ミ           i  /  彼女に指示されたんじゃないですか、そうしろと
         -‐'´|::::|  、            _ ノ /
           __゙从  \.     , -- ,  /   今年の三年生と云えば、僕と前原、牧瀬ちゃん、
          ,イ 7.     \   ゝ-―' /    やらない夫の四人だけです
        /" ムノ   i    \   , ", /
      _,イ   {´     i      `フ‐+‐'      これに加えてもう一人を選ぶとすれば、最初に
   .< ,'   ,'     i     /  \`ヽ、_    この屋敷の噂を仕入れてきた秋月を外すわけ
.<    ,'    |     i    ノ ヽ   \  `≧‐ にはいかなかった
       ,'    |      i   r´   }N   ヽ
      ,'    !       i i    ,イ ゙ト、   \   去年の秋にここを訪れたときも彼は一緒でしたからね
     ,'     {\       _,-'´/ .ハ    〉
     〈     ト、 `ヽ、-‐ヽ  ´ ./ /  ヘ  /


2761 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:43:19 ID:6uJI.qL20

            、__    /,-‐イ´   ,ィ
            `ヽ、___≧、.,/'´i::::::'´ ̄ ̄孑‐ュ、_,
              ,≧::;;:::::i::::::::i::::::::/::::::::::::::::≧ニ=-‐
          ,ィ'´::::::::;;;::::,ィ::::::i:::::,ヘ:::::,ヘ::::/:::'⌒ヽ、
      `‐=ラ彡ニミヌヘ:/,ヘ::,ヘ::::i|::i|::,ィリ彡テ'´⌒ヽ:ミニ、__,
       /孑'´,ィ::|iミ、|iミ、|iミvi|,ィi|彡i|,ィ彡三ミ、:::::ト、
       ´ j,ィ´7彡|i゙゙゙|i゙゙゙゙゙|i゙゙゙゙""7""'i|""""ミ、`ヾ、{ `
      -‐'´ |::ノ彡 ヽ .|i  |i  /  i|     ミヾ、ミヘ、
         ノ;ィ':彡  i i   ii /   /       ミヾ、ト、 `
       -‐´/三ミ-‐'"゙゙゙゙ニ=、|i  ルニ""`゙ヽ ミミト、i ヽ  霊夢はそこまで見越して、あなたにそんな指図をしたのですよ
        ノ〈ヘiミ  イモ;テヽ    ィモ;テフ  ミr'´゙li
          ヘ rヌ         .:        ,ミ' i }
           ヘ`}i        :i       ,リ_ノ/
            `圦      :|       ム/
            ノヘ     `      /:::ト-、
            '´{ィヘ、  -‐ ‐-、   ,イ|:,イ:)
             i(`゙|\  ;:.;   ./ {( '"
              ` .|  \;.;_;.;_,ィ'´   i`
              /i            |\
             /  {       i   }  \
         ―イ   ,イ   i    /    ト、  ト―


    /             , '             |     ヽ
.  / ,.            /           l      、 '、
 ノ,〃           /             ノ      l! !
'/ /          / /        ヽ‐=´__ノ_,. ‐   ハ,!
  /          |ハ |       ヽ   },.ィニテrイ´ ハ !
  |        |  ! ヽヽ,.- =‐''"`´   '´ヒシ,. /-'´ /ノ
  '、   |    , ',  |=ラT゙テT       ` ̄´  |   ′     うっ……
ヽ ヽ  l   ヽヽ K_ゞ彡'"    :::.. 、    l
. '、 |`{T''ゝ、   ゙r、 `ニ=-        ::::::::. `    !
  ',ヽヽ` (` ¨ 'ヾミ、ヽ _,,..            ,   ,'
   '、 `ヾ、-ゝ、      ̄            ′ /
   ',  l ,、`T¨´、             _,.ニ‐ /'"´ ̄ ̄ ̄ ̄` ''r、
    ', ハ!>,}  \         ,.‐''´ _,.  /          ヽヽ
    |/ 、| `''‐- 、`''‐-..,,_         /-、           ヽヽ
    f'  `''‐- 、   ̄`''-`ミ‐-、    ノ、  `ヽ、         ', ',
    |       `''‐- 、     ̄ ` ¨T´  ヽ、  `丶、        l !


2771 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:44:22 ID:6uJI.qL20

           ,,.: ''''""~""'''‐..
        /          \
       / ノ    \      \
        / ( ● )   (●)         `、    なるほど…でもお、岡部君
      ./   /    \         ',
      i   (  人   )            ',   だったらなぜ、秋月君が殺されなければならなかったのかお
      !   `゙'´ ̄`゙'''''´,            |  あと射命丸さんもだお
     \                      ,.'
       >                 /   二人とも、十年前の事件とは何の関係もないお
      /       -----‐‐‐'''"~  \





              ___>..:...:...:...:...:...:...:...:..\.:...:...:...:...:...:...: _.:...:...:.\} }
                  ̄厂..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:...:...:...:...:{..:.\:...:...:}/
                 /)´.:.::.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ヽ:.;.:.:.:.:.{.\:.:∧ }.:.:.:.:.:}
                  /..::.::.::.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://..::.:.∧:.:.:.:.ヘ:1;;斗r'┐:/}
              / ブ.::.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.fヲ:/{|" ̄ {|  ̄' ̄'}:!  !:! }/.:.ト
                  ´ 7.::.::.::.:.:.:.:.:.:.:./ {/ .{!          /′/´  }.::.:| \ 
                 //..:.::.:.:.:.:.:.:.:{_ .{  {     {!   ,/     }.:.:.|
              /┐{:.r'、:.:.:.:.:r ヽ        {       __,,x'ヽ}::八
                }::.::{ }ix:.:.:{_   'ー―===-    /,rfア` .:{
                  八:: {( j介!:.{_   rt衍厂'ヽ     {   ^ /:/
                      }:{ ,川.:.{_    ^           i!   ∧{
                     }:\__ Y               |!   /
                   ノ.::r‐┤                 |!     そのとおりです
                   /个′、l              -  」 /
                   ___/    、                 /    まず秋月涼ですが…彼は、間違われて
               / ,,/     \     ー――‐一 /     殺されたのです
               / / ,/          \            /
            /   {/            \    , , ,゙, ,/
             /   {             \  , ,゙, ,゙,ノ
.         /{    {              / ゛ ゙̄ ̄ \
.        /  {   {               /   \


2781 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:44:43 ID:6uJI.qL20

           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       _/::::::\_ヽ
       |         ::::::::::::::  ヽ  間違われた?
        l  u    ( ●)::::::::::( ●)
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\



       ( 〃::::::::::::::::::::::::::::::::::Z_
        >^::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞ、
         〃::::厂7⌒ ̄ 厂リミ:::::::::::了
        ケ:::ト! _    リ_ ミ:::::::::::ゝ
         7::l rモテi  チモテミヽ:::::::ノ
          Yヘ.   l      ミ^レ′  犯人が真に狙うべき相手はやらない夫だったはずです
         Ⅵ, 〈     ミソ
          ‘, _   /     ですが…姓が同じなのですよ、やらない夫と涼は
             ‘,, ̄,, ,.イ |
             `r― '゙  |
              , ┤    , ト、
           ,./ rリ i   /  ¨i \
         -‐ / /  :! /    |  ヾ\_
  ,. -‐ '゙   / ∧‐-  -‐ / |   |   ̄ ー-ミ
 〃       / iヽミ二二彡'.:.:.|   |


2791 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:45:12 ID:6uJI.qL20

            ____
          /      \
        /_ノ   ヽ、_ \
       / (●)  (●)   \
       |     (__人__)   u   |   ちょっと待つお
r、     r、\    ` ⌒´     ,/
ヽヾ 三 |:l1 >   ー‐     ヘ     福西やらない夫と秋月涼じゃあ、全然違うお
 \>ヽ/ |` }             ヽ
   ヘ lノ `'ソ イ            |  |
    /´  / ./ |         |  |
    \. ィ_ノ .|         |  |
         |         |  |


                     、_ _、.....__)ヽ_
                    、_,ノ:::::::::::::::::::::::::::`( ,,
                   _,.イ.:::::::::::::::::_;::=--ミ:::く_
                   _,ネ::::::::::::::::;ィ:}     Viヾ、
                  {i'|::::::::::::::N i;'_  ,. -}'
                     `i'!::::r=、!  _,.` !'ヒ!゙!   …同じだったんですよ、数年前までは
                     j.:::{  i! ‘`' ’  :  ;
                       '゙´!:`iヽ       ' ,'
                    ´'ツ'` `:::.、  '"~ /
                    ハ    ::>--'
                   ,.イ  ヘ   イ、\
                  / |   .',     カヾ. 、
               r "´   |    !ー-- ' /'! ヽ ` <
               ,'  \  |     、 ̄   ヽ \ .;ヽ
                /   ヽ .└--ァ'  ',    :} 、/ , i
             ,'        /   .!    :! \/  |
              }      //      i    :|   `i  !
              /     /:.:.ヽ     :    :!    '  {


2801 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:45:27 ID:6uJI.qL20

            、__    /,-‐イ´   ,ィ
            `ヽ、___≧、.,/'´i::::::'´ ̄ ̄孑‐ュ、_,
              ,≧::;;:::::i::::::::i::::::::/::::::::::::::::≧ニ=-‐
          ,ィ'´::::::::;;;::::,ィ::::::i:::::,ヘ:::::,ヘ::::/:::'⌒ヽ、
      `‐=ラ彡ニミヌヘ:/,ヘ::,ヘ::::i|::i|::,ィリ彡テ'´⌒ヽ:ミニ、__,
       /孑'´,ィ::|iミ、|iミ、|iミvi|,ィi|彡i|,ィ彡三ミ、:::::ト、
       ´ j,ィ´7彡|i゙゙゙|i゙゙゙゙゙|i゙゙゙゙""7""'i|""""ミ、`ヾ、{ `
      -‐'´ |::ノ彡 ヽ .|i  |i  /  i|     ミヾ、ミヘ、
         ノ;ィ':彡  i i   ii /   /       ミヾ、ト、 `
       -‐´/三ミ-‐'"゙゙゙゙ニ=、|i  ルニ""`゙ヽ ミミト、i ヽ  福西やらない夫の姓はもともと「秋月」だったのですよ
        ノ〈ヘiミ  イモ;テヽ    ィモ;テフ  ミr'´゙li
          ヘ rヌ         .:        ,ミ' i }    ところが、あいつが高1のときに両親が離婚して、
           ヘ`}i        :i       ,リ_ノ/    母親に引き取られた
            `圦      :|       ム/
            ノヘ     `      /:::ト-、     そのとき姓が変わったのですよ
            '´{ィヘ、  -‐ ‐-、   ,イ|:,イ:)
             i(`゙|\  ;:.;   ./ {( '"       今回これなかった理由も、父方の親族の葬式に
              ` .|  \;.;_;.;_,ィ'´   i`        出席してです
              /i            |\
             /  {       i   }  \
         ―イ   ,イ   i    /    ト、  ト―



                     ____
                  ,.  ´       `  .、
                  /             \
                /                    ‘,
              ′                     ‘,
                l   \                  l   ははあ
                |  (リt\,_   !、,__、    l
            、 U '‐ー´     リッ ノ    ,
             / \   l   人   l       /
          /    ` -`ー´_`ー´   , ー´\
            l                         \


2811 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:45:49 ID:6uJI.qL20

       ( 〃::::::::::::::::::::::::::::::::::Z_
        >^::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞ、
         〃::::厂7⌒ ̄ 厂リミ:::::::::::了
        ケ:::ト! _    リ_ ミ:::::::::::ゝ
         7::l rモテi  チモテミヽ:::::::ノ   同じ秋月。犯人が姓か知らなかったとすれば、「秋月」で
          Yヘ.   l      ミ^レ′  僕らの仲間、しかもこの屋敷を知っているということで
         Ⅵ, 〈     ミソ    すっかり、十年前の子供の一人と思いこんでしまったのでしょう
          ‘, _   /
             ‘,, ̄,, ,.イ |      思うに、たとえやらない夫が予定通り参加していたとしても、
             `r― '゙  |      殺される運命にあったのは秋月だったんじゃないかと
              , ┤    , ト、
           ,./ rリ i   /  ¨i \
         -‐ / /  :! /    |  ヾ\_
  ,. -‐ '゙   / ∧‐-  -‐ / |   |   ̄ ー-ミ
 〃       / iヽミ二二彡'.:.:.|   |        ヽ
 |         /  ::.: : : : : : : : : :.:|   |         i
 | ‘,     /  ,: : : : : : : : : : ::|_, -┘         |



            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',   なるほど、そういう話かお
     l     \          /    .l
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ


2821 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:46:18 ID:6uJI.qL20

          ____
        /ノ ヽ、_\
       (●) (● ) \
    /⌒(__人__)⌒   \     じゃあ岡部君、射命丸さんが殺されたのはなんでだお?
    |    )  )    u.   |
    \   `ー'´      /     彼女こそ本当に、何の関係もない人間だお
⊂⌒ヽ 〉        <´/⌒つ
  \ ヽ           ヽ /
   \_,,ノ|      、_ノ




                ノ___..ィ
          厶ィ///////////廴_
        _{ィ//////////////////7
      / }//////////ハ///////イ
.      ///イ{ ̄l} ̄´リ {///////{    射命丸さんを取り巻く状況にはいくつもの謎があります
       /V/{ 、  、/ ヾ//=ミ//
        /}/i! tォ  ‐tァ  li!  y′    あの部屋が密室状態だったこともむろん謎の一つですし、
.         ゙ヘ i       l /{      やる夫さんの見た人影の問題もあります
           . ヽ      .八リ
                  -‐   / i       加えて死体の上に散乱していたフィルム、持ち去られた
.               ヽ.  /    Vヽ     二台のカメラ
                丁   / /  〉、__
             __ /∧   ./  /   `   .
.           . ´//    /   ′      ゚ 。
        / ,/ 厶===彡′ /           i
.         ′/ /:.:.:.:.:.:.:./   /     i       |
        | /  ,/:.:.:.:.:,;,;,;,;/ /     .l       |
        | \ .':.:.:.:.:.:,;,;,;,;′ \     .!       ¦
        | イ i:.:.:.:.:,;,;,;,;,;,|     i   │


2831 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:46:47 ID:6uJI.qL20

            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',   フィルムとカメラ、かお
     ./                     ',
     l                  /   .l  もしかしてそれ、犯人が狙ったのは、射命丸さんの命
     l    、__,ノ   _,/tリ)  .l  そのものでなくて、
     .',    ゝ ヾリ     `ー‐' U /
        \       l   人   l   /`ヽ  つまりその……
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                    




                     、_ _、.....__)ヽ_
                    、_,ノ:::::::::::::::::::::::::::`( ,,
                   _,.イ.:::::::::::::::::_;::=--ミ:::く_
                   _,ネ::::::::::::::::;ィ:}     Viヾ、
                  {i'|::::::::::::::N i;'_  ,. -}'
                     `i'!::::r=、!  _,.` !'ヒ!゙!   僕もそう思います
                     j.:::{  i! ‘`' ’  :  ;
                       '゙´!:`iヽ       ' ,'   犯人がこの世から消し去りたかったのは、射命丸さんが
                    ´'ツ'` `:::.、  '"~ /   ここで撮った写真の方だったんじゃないか、と
                    ハ    ::>--'
                   ,.イ  ヘ   イ、\     カメラを持ち去ったのは、中からフィルムを取り出している
                  / |   .',     カヾ. 、   時間がなかったからだと考えられる
               r "´   |    !ー-- ' /'! ヽ ` <
               ,'  \  |     、 ̄   ヽ \ .;ヽ
                /   ヽ .└--ァ'  ',    :} 、/ , i
             ,'        /   .!    :! \/  |
              }      //      i    :|   `i  !
              /     /:.:.ヽ     :    :!    '  {


2841 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:47:11 ID:6uJI.qL20

射命丸さんは、恐らくは自分でも気づかないうちに、
犯人にとって非常に不都合な何かを写真に撮ってしまったんです

その『何か』が何なのか、僕にはまだ検討がつかないのですけどね

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                         _zュ__,xュ_
                  _z ==、 /´‘¨^ニ^¨´  . :`Y
                て  -=彡=-‐…‐-=ニ_ . .: ::.::人 ..,,,_
             ,z≦三ハ  _,,zリ         `丶、/ ( ーノx、
           ィfて_,ノ) ノ^¨ ̄              `''…‐-=彡
            {¨^ー='’:: :     /  > ≦. ̄.≧x、     O Y
            】‐--‐ァ.:.:: :     レ'´-‐-    ミ. , \       :i  |
           】‐-‐〈:.:.:.:. : :,x≦-…‐-ミ  ` 、 ’.  ゙:,__     :l. . |
.             】 !  :.:.::/>''^  ̄   `丶 丶 ゙:,  ニ. 、 | : : |
           ¶ l l  :::/./  ,   _ニ_ 、`ヽ ゙:、 ‘, ’ l (__ 厂) l: : ::|
.            l| |  :;′ . /    ´⌒゙     ',  ′ / . :.:''´  |: : ::|
              i| l| :{! { !           ′ j  ':.:.:.: :   |: : /二ニ=-
          ! | l  ', ', ‘  ゙、     ノ ,   } ノノ::.:.:.: :     l: :/三二ニ=-
           ‘ミ辷__ ,i、 、ゝ, ` -- ´  '   ,' /':::.:.:.: :.     ノ '三二ニ=‐
                ヽ 、 ≧=--=≦   /三二ニニ== ―= ニニ=‐
                ‐=- .  ニ二ニ   _,.イ三二ニ=‐   ̄ ̄
                ‐=ニ二≧=‐-‐=≦三二ニ=‐
                  ‐=ニ二三三二ニ=‐


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



――― 第十二回 終 ―――





2861 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/08(土) 23:53:25 ID:6uJI.qL20
本日の投下はここまで

あと念のために
この話は1989年なので、カメラはフィルム式で、ポラロイドのインスタントカメラでもないと
現在のデジタルカメラのように撮ってすぐに映したものを確認することはできないし、
未現像のフィルムを光に当てたら全て駄目になるということはわかっておられますね

ニコニコ動画でクトゥルフTRPGのプレイ動画を見ていると、現代世界プレイでは、
携帯電話/スマホとデジタルカメラの作中世界での便利さが、学生時代に
クトゥルフTRPGをプレイしていたころとくらべるとすさまじいです


285名無しのやる夫だお2014/02/08(土) 23:50:23 ID:Vuaaf8wQ0


射命丸が撮影したのはバリケードと何だったっけ?


287名無しのやる夫だお2014/02/08(土) 23:58:15 ID:Vuaaf8wQ0
時計は一応デジタルもあったんでしたっけ?
時計針の動く型が主流だったろうけど


2881 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/09(日) 00:00:58 ID:rvc1Eu6A0
>>287
デジタル時計(内部機構・表示ともに)は普通にあって普及してましたね


2891 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/09(日) 00:03:11 ID:rvc1Eu6A0
そもそも「ゲーム&ウオッチ」のブームが1980年でしたから

http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%26%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%83%81




2071 ◆jSbj2zyy3Q2014/02/02(日) 19:39:55 ID:DJBs91260
それと、まとめサイトの管理人の方からも、「推理コメントがいくつがあるが大丈夫でしょうか」
という相談があったので、言っておいた方がよさそうなので、お願いしておきます。

原作未読の閲覧者の方々には難しい注文ではありますが、もし本題のトリックにおぼろげ
にでも気づいてしまった方がおられたら、今のところそれを書き込むのは控えていただけ
ないでしょうか。
そのかわり、解決編にはできるだけ早く進めるようにはします。



関連記事

category 原作有り > 【完】やる夫たちは時計館の謎に挑むようです(『時計館の殺人』:綾辻行人)
comment

7

edit
edit

Comments

comment
一気に読んだけど面白いな
東方キャラ多すぎと最初思ったが色々混ぜてるからあんま気にならないし

ただ咲夜は中年キャラAAの方がよかったかな、若すぎて役柄との違和感がw
comment
前の分で確認したけど、射命丸は部屋のバリケードの撮影もまだだったみたいだ。
その前に一度フィルムを使いきってしまっている
comment
いや、バリケードが最後の1枚か
comment
射命丸と前原が1人で個室にいるのを知っていたっぽく感じるのも、
同じ内部の人間を疑う理由かな?
でも、やる夫の部屋も開けていたからな
comment
まだ1日あるということは、この3人で同じ場所にいれば死なずに済むことくらい思いつきそうなものだが。

この物語の違和感は、被害者側があまりにも犯人の都合のいいように行動していること。
comment
たった3人しかいなくなってから固まってても、残りの二人がグルだと死亡確定だよ。
仮に最初からの共犯でなくたって、犯人に犯人でないもう一人が抱き込まれる恐れすらある。

ここまで来ちゃったらもう、絶対確実な自衛策なんてない。
追い詰められないうちから冷静に行動しとけってのはともかく。
comment
本筋とは全く関係ないけど、この人学生時代にCoCやってた強者なのかw


  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: