このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


ねらう緒は聖杯戦争を蹂躙するようです 41 準備期間 第8/12 幕間


9751◆QOOmW3I0SM2013/05/28(火) 20:07:44 ID:TlcPbq.g0



     【幕間(メタ情報)】



┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:アーチャー
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
  【真名】:藤原秀郷(俵藤太)      【レベル】:70-10    【アライメント】:秩序・善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:30-10   【耐】:30-10   【敏】:30-10  【魔】:30-10   【運】:50-10   【宝】:50
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【令呪残数】:Ψ 【魔力供給の不足】:-80(ペナルティ-20) 【確保霊地による回復量:0】
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  
          ////ィミミミミ///////////////l/ハ///ハ、
          〈//.,'/∧\ヽl////////////// V//////lト、
          |リ,' i///ヘ,-}l///////__,、//,'zzz}ト'/////ハ
          リ/,'///,ミ' iス|l//////////≦二ミ、,!'////l/|
          ヘ\'//∧ l .|l//////////,{ヽ弋サ.l////l|Ⅵ
          ,'l/|ヽイ//ヽ\|l//////////l{     V// リ .リ
         >!l| 〉////,ィ|l|||//,l' ' ' ´  ̄     _ 冫ノ /
        ///////// il||||l//トヽ   、____, 〉
        //--- 、/  ..l||||||l/,ミヽ、   ` ̄ィ′
     _ ∠、   ヽ   .l||||||l'//,>.     ハ|i
   ̄ ̄ー―zz、    \ ll|||||||li、メ'´./リ≧ー‐'l/l||
  ==- 、`ヽ \\    .',从||||||li、`l、/  ./////リ
       \:.\\\    Vノ州|||li`li ヽヾ/////
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】
  ○対魔力:A (種別:一般 タイミング:常時)
    同ランク以下の「種別:魔術」のスキルを無効化する。
    大魔術、儀礼呪法等を以ってしても、アーチャーを傷つけるのは難しい。

  ○単独行動:B (種別:一般 タイミング:常時)
    このサーヴァントは、情報収集の成功率に「+10%」される。
    また、マスターからの魔力供給が立たれても、【魔力供給の不足】が限界に達しない限り消滅しない。
    また供給不足「-20」ごとのペナルティの累積「-10」が、「-20」ごとに「-5」となる。
    マスターからの魔力供給を断ってもしばらくは自立できる能力。マスターを失っても二日間現界可能。

  ○神仏の加護:A (種別:一般 タイミング:メインプロセス)
    このサーヴァントは【運】での比較に勝利した場合、即座に【宝】以外の全ステータスが「+5」される。
    またこのサーヴァントは、常に最低「15%」の勝率を保証される。
    神仏の加護により、危機的な局面において優先的に幸運を呼び寄せる能力。


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】

  ○付け目貫く破魔の弓箭
    ランク:B 種別:対人宝具 タイミング:セットアップ 消費魔力:20

    セットアップに使用を宣言する。この宝具は情報収集完了済みの相手にしか使用することができない。
    このサーヴァントは「【運】=50%」の確率で、相手マスター1人を「即死」か、「拘束」することができる。
    「拘束」された場合、相手マスターはその場で戦闘から除外され、そのまま戦闘処理を続行する。

    山を七巻半するような大百足といった妖物や、鉄身を持つとされた平将門を撃ち抜いた、秀郷の矢。
    弱点を調査、推測して適切に撃ちぬくという、ただそれだけを突き詰めた弓術の極み。
    十分な調査を終え、弓を構えた時点で、秀郷の矢には「対象の弱点を撃ち抜く」という概念が付与される。

  ○以下不明

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



.



9752名無しのやる夫だお2013/05/28(火) 20:08:48 ID:Kq.8PbYs0
-80!?
くそやべー!


9753名無しのやる夫だお2013/05/28(火) 20:09:02 ID:A9XypFbA0
この状態でもペナ-20ですむんだから単独行動は恐ろしい……


9759◆QOOmW3I0SM2013/05/28(火) 20:12:17 ID:TlcPbq.g0




   |  |:;:::::::::.:.:.:.:...\_____/
   .|  |:::::::::.:.:.:.:...  |        |
   |  |:::::.:.:.:.:...     |        |
  .|  |:.:.:.:....      |        |
  |  |::.:.:.:.:...  .    |        |
  .|  |:::.:.:.:.:...      ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  |  |:::::.:.:.:.:...    .;≡≡≡≡≡≡_
/ /         ,;三三三三三三三、
| ̄|   : :   ;三三三三三三三三;_
|  |  : :    ,ニニニニニニニニニニニニニニニ、
|  |  ::   ,ニニニニニニニニニニニ、
|  |  :  ,───────────‐‐、
|  |   , 二二二二二二二二二二二二二、
|  |  /                      `、
|_|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`、
                          `、





:::::::::::/::::::::::::::/::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::/::::::::::::::/::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::ヽ
:::::/::::::::::::::/::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::| ∨:::::::::::::::::.
::::' ::::::::::::/::::::::::::::::/::::::::::::/::::::::::/ :::::::::::::::: |  |:::::::::::::::::,::::.
:/::::::::::::/:::::::::::::: /::::::::::、/}:::::::::,'| ::::: /:::|::::::}  |::::|::::|::::::|::::}
'::::::::::::::|:::::::::::::::::|:::::::/::/\ :/ |::::::,:::::::|::::/,..ム斗:::|::::::|::::|
!:::::::::::: |:::::::::::::::::|::::/{:/ |/  |:::∧:::/|:/´  {:::|::::}::::::|::::|
:::::::::::::::|:::::::::::::::::|:/,.-tォrー 、_  {:/ i/ }'  __|/| イ::/::|:::;       あ、アーチャー。 凄い顔色してるわよ。
:::::::::::::::|:::::::::::::::::|イ  {ハ   芹ミ /      ,イ r刈 }l:|/:}/::::
:::::::::::::::|:::::::::::::::::圦  込こ沙         込沙 //:::::::::::::|
:::::::::::::::|:::::::::::::::::|                      ,::|:::::::::::::|
:::::::::::::::|:::::::::::::::::|  / /           '  / / ':::|:::::::::::::|
|:::::::i:::: |:::::::::::::::::| u                  /::: |:::::::::::::|
|:::::::| :: |:::::::::::::::::|         _ __    ,.::::::::|:::::::::::::|
|:::::::|::::::,::::::::::::::: |  、     (   _ノ   イ::::::::::|:::::::::::::|
|:::::::|::::::l!:::::::::::::::{        `⌒´  イ::: | ::::::/|:::::::::::::|
|:::::::|::::::::,:::::::::::::::|  :.   > ....__,....イ::: |:::: |:::: , |:::::::::::::|
':::::/::::/∧:::::::::::::|  ',    |    \_:::|:::: |:::::{ j:::::::::::::;
:::/::/ニ{ ,:::::::::::{    ',     |\   }ニヽ:::|:::::| |::::::::::::,
/,イニニ|  ,:::::::::|        /   \ニ ヽ:: ! !:::::::::::,
/ニニ、 | ∧::::: !\-- 、  ,.r/ /:⌒ヽ 〉ニニ}:::∨:::::::::/








        ////ィミミミミ///////////////l/ハ///ハ、
        〈//.,'/∧\ヽl////////////// V//////lト、
        |リ,' i///ヘ,-}l///////__,、//,'zzz}ト'/////ハ     控えめに言って全身が壊死していく気分だ。
        リ/,'///,ミ' iス|l//////////≦二ミ、,!'////l/|  
        ヘ\'//∧ l .|l//////////,{ヽ弋サ.l////l|Ⅵ
        ,'l/|ヽイ//ヽ\|l//////////l{     V// リ .リ            ・ .・ .・ .・
       >!l| 〉////,ィ|l|||//,l' ' ' ´  ̄     _ 冫ノ /      私の最終宝具を切れば、
      ///////// il||||l//トヽ  U ____, 〉 
      //--- 、/  ..l||||||l/,ミヽ、   ` ̄ィ′                 全快も望めるだろうが……
   _ ∠、   ヽ   .l||||||l'//,>.     ハ|i
 ̄ ̄ー―zz、    \ ll|||||||li、メ'´./リ≧ー‐'l/l||
==- 、`ヽ \\    .',从||||||li、`l、/  ./////リ                 この状況では、その場しのぎだな。
     \:.\\\    Vノ州|||li`li ヽヾ/////


9760名無しのやる夫だお2013/05/28(火) 20:13:07 ID:tpnoLRtY0
さっさと会わないとまずいなwww


9761名無しのやる夫だお2013/05/28(火) 20:13:29 ID:v8mCgr7w0
タイムリミットが近いな


9762名無しのやる夫だお2013/05/28(火) 20:13:42 ID:6YntEG4I0
控えめに言ってソレかw


9764名無しのやる夫だお2013/05/28(火) 20:14:07 ID:YSgcw7mk0
それ控え目じゃあないwww


9767名無しのやる夫だお2013/05/28(火) 20:14:39 ID:Kq.8PbYs0
全快するのか


9768◆QOOmW3I0SM2013/05/28(火) 20:14:45 ID:TlcPbq.g0



               .fく:::::::::::.`ヽ::::::::::::::<_〉―- 、
              ..ノ|:_:::::::. \\\:::::..\:::ミ`ヽ:::::
               /.:ィハ::\\\\\\:.\∧. \     マスター変更によるステータス低下、
             ././::|i⌒\:.\\\\\\::::∧、
              .|.:i::/}/ 心 \〈\\\\\::::〉:i ∨       魔力供給不足による累積ペナルティ。
                .|:{j:}`¨〈   ` ̄ ̄`ーr:::::::∨:::|Ⅳ
              乂:|   `       ./:|::::}:ノ::::从‐
              }从  Ⅴ ̄`ミ    }/|::/.:::::::| |.|:
              |::|:ヘ. ∨:::::::/   .:.从:::::::::j j |       今の私なら、
              Ⅵ:::.丶  ̄´   イj::|::/{:::::´::/  
               |l::::ノ::〉--.:::< //.::|,' .乂/{         少し気の利いたマスターでも殺せるだろうね。
              ./..:/.::::::::`ヽ:_/.:./.:::/  ∨`ヽ
             ./..:/...:::::::::::/}   〈::::/  ./ ./.}
            ./..:/..::::::::::: / ::/      / / /
         /..:/..::__彡/ r‐≠ ,...:-.≠ ./ /        いやはや、愉快な状況だ。
        /..:/..:/./  }/./ /ヽ    /     / /
      .,..::::/..::::/.::l  ././ /    ./     / /.:/          あの男を相手にした時を思い出すよ。
     ../.:::/.::::::::/ ::| / ./|.._ .イ     .イ//.:/ 
       i::::::i::::::::/ ../|./ ._/ ̄     .x<{/l .{l/_/
     .|::::::|:::/  /{.//{、   .x<    乂Ⅵ/











 /:::::/:::::::::/:::::::::::/{:::::::::::::,::::::::::::/::::∧::::::::ヽ:::::::ヽ:::::.
./:::::/:::::::::/::::::/::/ |::::::::::/::::::::::/::::/  ヽ::::::::∨::::::∨:.
':::::/:::::::::/::::::/:/`ヽ、:::::::イ:::::::::/::::://  ∨:::: |::::::::::|:::::.
:::/:::::::::/::::::/:/   |\' |:::::::/ |:イ     ∨:: |::::::::::|::::::.
::':::::::::/::::::/イ __ {/  |::::/  }/ __ |::l:::|::::::::::|:::::::.          れ、冷静に言うことじゃあないでしょう!?
:|:::::::::|!::::/イ´   __`ヽ !イ   ,. ´_    ヽ}:::|::::::::::|:::::::|
:|:::::::::||:/ {     ムハ         ムハ    ノⅥ :::::: |:::::::|
:|:::::::::|{ム     弋ソ        弋ソ    / |:::::::: |:::::::|
:|:::::::::|  :.            ,           ,' |:::::::: |:::::::|
:|:::::::::|\ ,  u                 / ィ ::::::: |:::::::|
:|:::::::::|::::::::ム      r ‐ --‐ 、      /()'::,'::::::|:::;:::::: |
:|:::::::::|:::::::::::::..     {       }    '::::::::,::::::::j:::,::::::::|
:|:::::::::|::::::::::::込、   乂____,ノ    イ:l::::::/:::::::,':/:::::::::|
:|:::::::::|:从/}::::,.. >         <::/从/:::::::/:,::::::::::: |
::,::::::::{'ニニ/   /|   >-- <|  `ヽニニ/::::::/:/ ::::::::: リ
:::',::::::|ニ/   { ノ        〉   \/::::::,':/ニ、::::::::/
::∧::::{ /     | :.      /  |  /:::::::::/ニニ}::::/
/ニ,:::|'  ∧  \      /   ∧/:::::::::/ニニ |:/
ニ∧:{ /、: :\   \   /,. -‐-、:/::::::::∧ニニニ}'
ニニ从/  \ : \  Y__/´- '   /:::::::/ニYニニ |
ニ /ニニニ、 \: :〈 ̄: : 〈_,...ノ  /:::::イニニ}ニニ }
ニ {ニニニニ、  `ー}: : : :/ _,.. - //  \ニ|ニニニi


9769名無しのやる夫だお2013/05/28(火) 20:14:56 ID:t9Qat97c0
うーむ、やべえ


9771名無しのやる夫だお2013/05/28(火) 20:15:45 ID:qM4qCB3s0
ステータス低下って言うか、よく見たらレベルも下がってるー!?


9773名無しのやる夫だお2013/05/28(火) 20:16:34 ID:IXt4uXCI0
というか、運以外のステータスが0じゃねーかw


9774名無しのやる夫だお2013/05/28(火) 20:16:50 ID:Kq.8PbYs0
運が20で、宝30以外全部0だしなw


9775名無しのやる夫だお2013/05/28(火) 20:17:22 ID:v8mCgr7w0
戦闘時は何もしなければ0,0,0,0,20,30か


9778◆QOOmW3I0SM2013/05/28(火) 20:21:02 ID:TlcPbq.g0




        ////ィミミミミ///////////////l/ハ///ハ、
        〈//.,'/∧\ヽl////////////// V//////lト、     冷静に言うことさ。
        |リ,' i///ヘ,-}l///////__,、//,'zzz}ト'/////ハ   
        リ/,'///,ミ' iス|l//////////≦二ミ、,!'////l/|        戦は常に冷静に、堅実に、だ。
        ヘ\'//∧ l .|l//////////,{ヽ弋サ.l////l|Ⅵ
        ,'l/|ヽイ//ヽ\|l//////////l{     V// リ .リ
       >!l| 〉////,ィ|l|||//,l' ' ' ´  ̄     _ 冫ノ /
      ///////// il||||l//トヽ il    __, 〉           もしお気に召さないなら、
      //--- 、/  ..l||||||l/,ミヽ、   ´  ィ′
   _ ∠、   ヽ   .l||||||l'//,>. U   ハ|i               γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
 ̄ ̄ー―zz、    \ ll|||||||li、メ'´./リ≧ー‐'l/l||               |    自害はなし。    |
==- 、`ヽ \\    .',从||||||li、`l、/  ./////リ                乂________..ノ
     \:.\\\    Vノ州|||li`li ヽヾ/////
                                                  ……やれやれ。










               ___
              ,...<:::::::::::::::::::::::::::>.、
         /::::::::::::::::::::::::::、:::::::::、:::::::ヽ
        ,:':::::,::::::::/::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ:::::::::,        聖杯戦争。なんでも願いの叶う、
          /:::::::|::::::::|::::::::: |:::::::::::∨::::∧::::::::.
       '::: :::::|:::::/{:::::::::::| 、:::::、::∨::::::|::::::::::.         『万能の願望機』を降ろすための魔術儀式。
       |::|::::::|:::/ ∨:::::::{ ,≠从i::::::: |::::::::::::.
       |::{::::::{-{- 、\:从 ,.ィテ斥:::::::|-、:::::::::.
       {::∨::从ィ=ミ、 `ヽ´ て刈|:::::::| /:::::::::::.
        从 \}::、弋リ     ` ¨´|:::::::|'::::::::::::::::.       七人の魔術師が七騎の英霊を使役して――
          |::::::ム   '    U |:::::::|:::::',::::::::::::.
          |:::::|込、   -   ィ|:::::::|-、::,:::::::::::::.         殺人や破壊行為も辞さずに、
          |:::::| \::≧=- <.  |:::::::|  }ミ、::::::::::::.
          |:::::|   ∨   /{ l j::,'::/  マニニ>、::ヽ         最後の一組になるまで戦う蠱毒の壺。
            .',::::| /_ {  |__,/イ:/-、  マニニニヽ:\
          从:| {ニニ||/|  Y  i∧=∧_〉ニニニニ,::::ヽ
             リ |ニニ!ニ、ム    / 〉//ニニニニニニ、:::::',
            |ニ/ニ|| {l| Y/イ //ニ、ニニニニニ ム::::}      正直、今でも信じがたいんだけどね……
            Уニニム∨=/ /イニニ\ニニニニニⅥ
            /ニニニム}=//イニニニニ Y、ニニ/ニニム
              {ニニニニニ\'二二二ニニニ八マ /ニニニム
             人ニニニニ ()|}ニニニニニニ,:'ニニ}ニ=-ニニニ
               |>、ニニニニ !|ニニニニニニ<ニニ/ニニニニニ }
             !ニニ`マニニマ{ニ ̄ニニニニ/ニニニニニ /
             }ニニニ}ニニムニニニニニ/ニニニニニ,:'


9787◆QOOmW3I0SM2013/05/28(火) 20:26:59 ID:TlcPbq.g0






           ,....:::¨/::´ ̄::::_`ヽ、
           /,::::::::/::::::::⌒ヽ:::\:::..
        /:::/::::::::{::::::::::|!:::::::ヽ::::ヽ::::.
         /:::/:::/:::∧:::::{:{∨::::::::',:::',:.        『英霊』である貴方が居れば、
      /:::/:::/::::/ {:::::|:| ∨:::::::{:::::::i::::::.
      ,::::::|::::|从{__ マ::{:| __Ⅵ:从:::: |:::::::.            その『英霊』にも対抗できる。
      /:|::::|::::i ,ィrォ、 i从{ ,ィtォ、 |:::::|:::::::::.
      {:{|::::|:::{ム ヒり     ヒり ,|:::::|:::::::::::.
      |:||::::|:::|_ハ    ,      ム:::: |:::::::::::}
      i/|::::|:::|:::人   _    .イ::|:::::|:::::::::::|       つまり、この街を、少しでも守ることができる。
     /: |::::|:::|::::::/ :: 、``  イ-、::|::::; ::::::::: |
     , ::/|::::|:::|:::// ̄l`¨´  { Ⅵ::/::::::::::: |
.   /:イ / ィ|:::|/ ,..イ|     ∨ j/ー- 、:: |         γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
   イ::{ /:::lニ|:::|\_ { lノ   ,.ィ/ / \ニニハ:!         |   ああ。厳しい状況だが――――   |
.   |::|/:::::|ニ{从ニ! |〉{ヽ o ´ / ̄/ニ´ニ,ニ',         乂________________..ノ
.   Ⅳ:::::::|ニ/ニ{ \|  /_」 /ニ|ニ/ニニ:.
    / {::::::|ニ,'ニニ!  {ヽイ/  /ニニ{ニ/ニニニ',
    |:: /|/ニニハ 」__:/  /ニニニ∨ニニニニ}
    |:/ /ニニニ∨: : {_/ニニニニ∨ニニニニ、
    |{ {ニニニニ〉 ´ニニニニニニ ',ニニニニ ',
    リ ∧ニ、ニニ()ニニニニニニニ/∧ニニニニ',
     {ニ}ニ',ニ||ニニニニニニイニ{::∧ニニニニヽ
     /ニ 〉ニ }ニ,||、ニニニニ´ニニニ{:イ ∧ニニニニ ',












            ≪〃:/,:l::l l::::',::::::::::.、  .\::ヽ.\:::\:::::::::l}::/
            ,'::i:l:l.,'!:ハ!. V:、::::::::::..ヽ.   \:.ヽ:\::.ヽ::::::::       一戦のみなら、
             l:::|:::l':::ll``ーミx';::::\::::..\:..、 \::\\::';:::  
             |:::!:::l:::::';ミ≧.、ヽ.::::::.\::::..ヽ、ヽ、≧、ヽⅥ!          さほど分は悪くないと自認しているよ。
            l:::::::l::';:::ヽ ゞ-'ミ \、::::..\:::::::≧三≧ミミミ
             .V:::::';ハヽ ` ̄` l.  \ミ≧三ニ=≦::::::リノ::::
             .ヽV.::::     /,'   `  ̄ ̄  /ィ:::l|:l〈|~ヘ
              .i:::从   ` 、 ‐       /'./.::|!:|ノ~ノヘ      ――――恐らく、そこから後は続かないが。
               ,!::::::::ヽ.   、___, ィ   /.::::;.!:| .}::Yl:::::::
              ,'::::::::::ト从.、  ー-- ̄´   ィ',':::::; !:l }'::::| l::::::
               il::::::::::|```ィヽ      ,..イ /.:::::;.,'::l〈:::::~::::::
               ||:::::::lメ/,ノl `ー‐ ´   /イ:::::;':::l X‐ 、_
   _,<⌒> 、_, -// ̄ ̄,' i:::::l        ./ .|ノ::::::/! |!,'´l`ーz
  // /     / //    i  l/.,'        ./  ///ノ :|. ,',' / //
  ,' i  l     l ,'.,'    .人./ ,′     ./  ///  :' /:l /.::::i


9796名無しのやる夫だお2013/05/28(火) 20:30:56 ID:Uo4jeWv20
九頭竜市「守ってもらえるんですねヤッター!」


9797名無しのやる夫だお2013/05/28(火) 20:31:49 ID:uKIN2iC60
クラスメイトを救うためにちょっと協力してくれないかなー(ゲス顔)


9798名無しのやる夫だお2013/05/28(火) 20:32:16 ID:plWkDQUU0
誰が街の脅威と判断されているかだなあ……


9799◆QOOmW3I0SM2013/05/28(火) 20:32:24 ID:TlcPbq.g0



               .fく:::::::::::.`ヽ::::::::::::::<_〉―- 、
              ..ノ|:_:::::::. \\\:::::..\:::ミ`ヽ:::::   
               /.:ィハ::\\\\\\:.\∧. \       ま、それもいいさ。
             ././::|i⌒\:.\\\\\\::::∧、 
              .|.:i::/}/ 心 \〈\\\\\::::〉:i ∨        ……私は、君を守るとするよ。
                .|:{j:}`¨〈   ` ̄ ̄`ーr:::::::∨:::|Ⅳ     
              乂:|   `       ./:|::::}:ノ::::从‐
              }从  Ⅴ ̄`ミ    }/|::/.:::::::| |.|: 
              |::|:ヘ. ∨:::::::/   .:.从:::::::::j j |
              Ⅵ:::.丶  ̄´   イj::|::/{:::::´::/
               |l::::ノ::〉--.:::< //.::|,' .乂/{         救い上げてもらった、ご恩返しだ。
              ./..:/.::::::::`ヽ:_/.:./.:::/  ∨`ヽ
             ./..:/...:::::::::::/}   〈::::/  ./ ./.}
            ./..:/..::::::::::: / ::/      / / /
         /..:/..::__彡/ r‐≠ ,...:-.≠ ./ /
        /..:/..:/./  }/./ /ヽ    /     / /
      .,..::::/..::::/.::l  ././ /    ./     / /.:/
     ../.:::/.::::::::/ ::| / ./|.._ .イ     .イ//.:/
       i::::::i::::::::/ ../|./ ._/ ̄     .x<{/l .{l/_/
     .|::::::|:::/  /{.//{、   .x<    乂Ⅵ/










                  _   ___
               ,...::::´::::::`:´::::::::::::>..、    っ
             ,.::´:::::::,.:::::::::::::::::::::::::::::\:::\
           /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ   つ
             /:::/::::::::::|::::::::::::::::::::::::::∨:::::::::∧::::::.
            ':::::':::::::::::::|::::::::::::::}:::::::::::: ∨::::::::∧::::::.
          |:::::|:::::::::: イ:::::::::::: |、::::::::::::::| ::::::::::: |::::::|         ……恥ずかしいこと言うの、
          |:::::|:::::|::/ |::::::::|:::::| イ ̄::`ヽ::::::::::::|::::::::.
          |:::::|:::::|:|'⌒,::::::{:::::| 从{:::|:|::|:::::::::: |:::::::::ヽ                  やめなさいよっ。
          |:::::|:::::|:|   \::::、::ヽ  从:{、{:::::::::: |:::::::::::::.
          }:::::|,:::从ィrォミ、\ ::::{イ芹ミ、| :::::::: |:::::::::::,::\
           /::,:::|:::、::{、 マ〉   ̄` マzソ  :.::::::::::|::::::::::::. 、:::.
        /:::/|::|:::::\} :.:.:.:  ,    :.:.:. ∧:::::::::,:::::::::::::, }::|
         ,::::,' |::|:::::::|:::::.    __     イ:::::、:::::::∨:::::::::、:::!          それに――
       ,:::/  |::|:::::::|::::::::> ..` '   イ |::}::::::::,::::::::∨::::::::Ⅵ
        {:,'  ,:::|:::::::|----く/  「:´   |、\_、:::::::}::::::::::::::|
        |'   /::∧::: |ニニ{/  |-、  _,..| }|ニム::::::| ヽ::::::::::.
         ,:::/ニ、::{ニニ/   ∧    | マニr、:::|ニム:::::::::.
           {::,ニニ:::|ニ〈_,---- 、}   /,.-、〉ニ>ヽ }ニ}::::::::}
           |::{ニニ\ニニマム  \ー_/ }/ニ{   マニ:::::::::|
           |::|ニニニ/ニニマム  }=={   //と_    }ニ|:::::::,
            ∨二二 /ニニニマム |/ | //ニニ>/ィ/ヽ:/
            {ニニニ{ニニニニ\\,イ/イニニ「ニ_/ニニ}
          |ニニ八ニニニニニ` `Yヽニニニ〉ニニニニ|
          |ニニニ 、ニニニニニ( ) } }ニニニ}ニニニニ{


9802◆QOOmW3I0SM2013/05/28(火) 20:33:24 ID:TlcPbq.g0

















           γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
           |    いいの? ――――貴方にも、聖杯に託す願いはあるんでしょう?    |
            乂________________________________..ノ

















.


9806◆QOOmW3I0SM2013/05/28(火) 20:36:05 ID:TlcPbq.g0





        ////ィミミミミ///////////////l/ハ///ハ、
        〈//.,'/∧\ヽl////////////// V//////lト、
        |リ,' i///ヘ,-}l///////__,、//,'zzz}ト'/////ハ
        リ/,'///,ミ' iス|l//////////≦二ミ、,!'////l/|
        ヘ\'//∧ l .|l//////////,{ヽ弋サ.l////l|Ⅵ      ……諦めきれた、わけじゃあないがね。
        ,'l/|ヽイ//ヽ\|l//////////l{     V// リ .リ
       >!l| 〉////,ィ|l|||//,l' ' ' ´  ̄     _ 冫ノ /
      ///////// il||||l//トヽ    ____, 〉
      //--- 、/  ..l||||||l/,ミヽ、   ` ̄ィ′
   _ ∠、   ヽ   .l||||||l'//,>.     ハ|i
 ̄ ̄ー―zz、    \ ll|||||||li、メ'´./リ≧ー‐'l/l||
==- 、`ヽ \\    .',从||||||li、`l、/  ./////リ
     \:.\\\    Vノ州|||li`li ヽヾ/////








           _,.......--、,..::――-.、
        ,...:´,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
        /:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::\
      /::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::\:::::::::::::ヽ
      ´:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::ヽ:::::::::::::::.
    /::::::::::':::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::ヽ:::::::::::::.
    ':::::::::,::::::::::::: ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::,:::::::::::::.
     {:::::::::|::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::,:::::::::::::.
     |:::::::::|::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::i:::::::::::::
     |:::::::::l::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::|::::::::::::|
     |::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::|
     |::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::: |
    }::::,::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::,:::::;
    |:::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::l:::/
    |:::::::,:::::::::::::::::::i::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::|/
    |:::::::::,:::::::::::::::::|::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::j :::::::::::: |
    |::::l:::::,::::::::::::::::|::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::/::::::::i:::::::|
    |::::|:::::}:::::::::::::::|!:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::: |
    |::/}:::::|:::::::::::: ,|:::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::|
     ,:/ |:::::|:::::::::::/:|:::::::::::::::{ :::::::::::::::::::::::::::::: |::::::|
    / ィ!:::::;::::::::/:: |:::::::::::::::| :::::::::::::::::::::::::::::: |::::::ト、
    /ニ|::::::::::: '::::: |:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::j!::::::|ニヽ
.   /ニニ、::::::::::::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::|ニニ}
   {ニニ ム:::::::::::::: {:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/ニニ|


9822◆QOOmW3I0SM2013/05/28(火) 20:40:47 ID:TlcPbq.g0


               .fく:::::::::::.`ヽ::::::::::::::<_〉―- 、
              ..ノ|:_:::::::. \\\:::::..\:::ミ`ヽ:::::
               /.:ィハ::\\\\\\:.\∧. \       それより君こそいいのかい、凛。
             ././::|i⌒\:.\\\\\\::::∧、
              .|.:i::/}/ 心 \〈\\\\\::::〉:i ∨
                .|:{j:}`¨〈   ` ̄ ̄`ーr:::::::∨:::|Ⅳ       ここから先は、殺し合いの世界だ。
              乂:|   `       ./:|::::}:ノ::::从‐
              }从  Ⅴ ̄`ミ    }/|::/.:::::::| |.|:         爽快な結末など絶対に存在しない。
              |::|:ヘ. ∨:::::::/   .:.从:::::::::j j |
              Ⅵ:::.丶  ̄´   イj::|::/{:::::´::/
               |l::::ノ::〉--.:::< //.::|,' .乂/{
              ./..:/.::::::::`ヽ:_/.:./.:::/  ∨`ヽ        苦味と痛みと残酷と、
             ./..:/...:::::::::::/}   〈::::/  ./ ./.}
            ./..:/..::::::::::: / ::/      / / /         あらゆる始末を覚悟しなければならない。
         /..:/..::__彡/ r‐≠ ,...:-.≠ ./ /
        /..:/..:/./  }/./ /ヽ    /     / /
      .,..::::/..::::/.::l  ././ /    ./     / /.:/
     ../.:::/.::::::::/ ::| / ./|.._ .イ     .イ//.:/
       i::::::i::::::::/ ../|./ ._/ ̄     .x<{/l .{l/_/
     .|::::::|:::/  /{.//{、   .x<    乂Ⅵ/









                    _,.....::::―-:、::::::.....
             ,...::‐'::::`ヽ、::::::::::::ヽ::::::::\
              ,..:::/:::::::::::::\:::ヽ::::::::::::∨:::::::ヽ
           /:,:::{:::::、::ヽ:::::::::::: |::::::::::::::|:::::::::::::ヽ       分かってる。 ……いや。
            /:/:: |:::::::\::\ :::: |::::::::::::::}::::::::::::::::::.
         ':::!:::: |!:::::::ヽ\_}、::::| ::::::::::: |_::::::::::::::::::.          多分、分かってない、のかな。
           |:::|::::::|{:::::::::::ィチ示Ⅵ::::::::::::::|,ハ:::::::::::::::::.
           |:::|::::::ト\:::::iヒ刈   !:::::::::::::| ノ::::::::::::::::::i
           |:::{::::::|ィハ `¨ ゞ '  |:::::::::::::}'::::::::::::::::::::::::.
           |:::::\}ト{ソ        |::::::::::,イ:::::::::::::::::::::::::::.       私はただの、一般人だから……
           |:::::::::|}:ム   _    |:::::::::i::ト、::::::::::::::::::::::::::.
           |:::::::::||:|:::::.、 ´   ,.|:::::::::|::{マ\:::::::::::::::::::::::.
           |:::::::::|{:ト、:::::::>-イ }|:::::: リヽ ヽr}\:::::::::::::::::::.
           |::::::::j リ \::::::::://|:::::::{__,%/  i/\::::::::::::::\      本当の『危険』の意味も、
           |:::::/{    > /ィ, { {:::::::|___/  {ニニ`ヽ、:::::::::::\
           |:::/::|   /ニ/ 〈 / ,|::::: |-ィ\   |ニニニ ∨:::::::::: \       『恐怖』の重圧も知らないって、
           |:/::::|   {ニ{!{__,〉,.ィ|::::: |/ /\j/ニニニ}\:::::::::::::\
           |':∧{   ∨ |!}イ,.〉''|::::: | /ニニ/ ニニニニ|:::: \:::::::::::::\          それだけを分かってる。
           {::{ |  /ニ{/: /  ,|::::: |ニニニ{ニニニニニム:::::::::\:::::::::::::\
          |::|   'ニニ{/{ /;|:: 从ニニニニニニニニハ:::::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ
            从  {ニニ〈_i/ ニニ|::{ニニニニ',ニニニ /ニ }:::::::\::::\::::::::::::.
                八ニニ{! /ニニリニニニニ 、ニニ /ニニ|:::::::::::::\::::\::::::}
              }ニニ()ニニニニニニニ ∧ニイニニニム::::::::::::::::::,::::::::,::::|
            ∧ニニ{!ニニニニニニニ/:::∨ニニニニニ}::::::::::::::::::}:::::::}::リ


9830◆QOOmW3I0SM2013/05/28(火) 20:43:35 ID:TlcPbq.g0




        ////ィミミミミ///////////////l/ハ///ハ、
        〈//.,'/∧\ヽl////////////// V//////lト、
        |リ,' i///ヘ,-}l///////__,、//,'zzz}ト'/////ハ
        リ/,'///,ミ' iス|l//////////≦二ミ、,!'////l/|     そこまで分かっているなら、
        ヘ\'//∧ l .|l//////////,{ヽ弋サ.l////l|Ⅵ
        ,'l/|ヽイ//ヽ\|l//////////l{     V// リ .リ 
       >!l| 〉////,ィ|l|||//,l' ' ' ´  ̄     _ 冫ノ /            γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
      ///////// il||||l//トヽ    ____, 〉                |    でも、   |
      //--- 、/  ..l||||||l/,ミヽ、   ` ̄ィ′                 乂______..ノ
   _ ∠、   ヽ   .l||||||l'//,>.     ハ|i
 ̄ ̄ー―zz、    \ ll|||||||li、メ'´./リ≧ー‐'l/l||
==- 、`ヽ \\    .',从||||||li、`l、/  ./////リ
     \:.\\\    Vノ州|||li`li ヽヾ/////


9834◆QOOmW3I0SM2013/05/28(火) 20:44:27 ID:TlcPbq.g0





              γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
              |    貴方が、守ってくれるんでしょう――――?    |
               乂______________________..ノ


                            __   ____
                             ,..::::´:::::::::::::`´:::::::__::::>、
                            /:::::::::::,..::::: ̄ ̄`ヽ、::::::\::::::::ヽ、
                      /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::\::::::\::::::::\
                      ,:':::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::\::::::::ヽ
                   /:::::::::::/:::::::::::::::::::,::::::::::::: i::::::::::::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::.
                     /::::::::::: ':::::::::::::::::::/:::::::::::::: |:::::::::::::::::::∨::::::ム::::::::::.
                      /:::::::::::/:::::::::::::/:::/:::::::::::|::::::|::::::::::::::::、::::::,:::::::ム:::::::::::.
                   ':::::::::::/:::::::::::::/:::∧:::::::::::|::::::{\::::::::::::\::::,:::::::::,:::::::::::
                  j:::::::::::':::::::::::::/ {::|  ',::::::|::::∧ \::::::::::::ヽ:::::::,::|::::::::::|
                  |::::::::::|:::::::::::/  !:|   ∨::::{::::::∧  \::::::::::ム:::ム}:::::::::::.
                 ,イ:::::::::|::::::::::' ー-|:{- 、 ∨::::\:::ム -―\:::::::{::::::::,:::::::::::、
                  /::}:::::::::{:::::::::|   {:|   从:::::_从::〉    \__ゝ:::::,::::::::::{:\
                 , ':::;:::::::::∧::::: { ,ィテ≧ 、  `¨   ,ィチ云ヽ }:::::::::::::,::::::::|::::: \
                  /::::/::::::::,'::∧::::|.圦 比J刈       比J刈 / ∧:::::::::::',:::::::{:::::::::::::ヽ、
              /::::/::::::,:/::::::∧::|_  弋こソ       弋こソ  '  ノ|:::::::ハ::::::::,::::::\_::\
              ,.::':::::/::://::::::/::::Ⅵハ                    ム'イ:: |:::::::::|、,:::::∨::::::::::::::: ̄ ̄ ̄`ヽ、
               /:::::::::イ/,:::::::/::::::::::::八       '        八:::イ|:::::::::|::::,::::::∨:::::::`ー―、― .._:::::...
           /::イ::::/:::/:::/,':::::::::/::::::::...             .ィ::::::{:::::':::::::: ;::::::,:::::::∨::::\:::::::::::ヽ   \:::\
     _,.......:::::::´::::::,...イ/::::/::://:::::/::::::::::::::::;::::.....   `   ´    ,.イ/:::::::::∨::::::::/:::::::::,:::::: ∨::_ヽ\:::::::::     ヽ::::::.
   /::::::::::::_,....イ::::{:::::/::::/:::/::{:イ:::::::::::::::::/::::::::ハ> .  . < '::∧_:::::::/::::::::/::::::__∧::::::::∨:::)::::ハ:::::::l     }::::::}
  {::::::::(´:::::/:∧::::∨:: /:::イ{:::|/:::::::,..イ´:::::_/‐|     ¨     | ̄`ヽ、/:::::::,:'____,∧:::::::::∨:::/:::|:::::::l     /:::::/
  |\:::::\'___〉イ::/ ::::: |:::|::::::/    ̄_/  _,|        ト、  /::::/:::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::∨:::/|:::::/     /::/
  |、::_` ー―--/::イ:::::::l::::::|:::|:::::{  ,. ´   /-イ :.     , 、_イ:::_/ \__::::::::::イ}:::::::::::}::イ/:::/   /イ
  |:::::::T ー-'  i:::: 从:::::: \:|:∧、::_/    |    ヽ    / /:::イ|     \  `ヽイ::|:::::::::::|::/:イ
   、:::::{    ∧::::::::>::::// _/      {   ー--、   '- ´ ̄  |      \イ:: /|:::::::::::|'
   \ム  /:::イ/::::/:, ',イニTTヽ 、__   :               /  ____,〉ニ、 } ::::::: |
     \/, ´ ':::://:://ニニニマムニ∧\ \            / / /ニニ/ /ニニ ∨::::::::/
      /    /:/ ,::://ニニニニマムニ ヽ {_ \        /  } /ニニ/ /ニニニ/::::::::/


9838名無しのやる夫だお2013/05/28(火) 20:45:23 ID:CI6/h4fQ0
アーチャーしなねーかなー(憎しみでアーチャーが呪い殺せそうだギギギ)


9839名無しのやる夫だお2013/05/28(火) 20:45:27 ID:bi0OQ4VM0
ああ、こりゃ守らないと男じゃないわ、地獄逝きだわ


9840名無しのやる夫だお2013/05/28(火) 20:45:46 ID:edVEeLkM0
街を守る。マスターを守る。
両方やらなくちゃならない善英霊は大変やね


9841名無しのやる夫だお2013/05/28(火) 20:47:00 ID:S6p.avKM0
主人公的なナニカが更に上昇していくだとっ!!?


9843名無しのやる夫だお2013/05/28(火) 20:47:05 ID:n.wR.2Bk0
うん、英雄を死地に向かわせるのはこういつ穢れない乙女の言葉だよなー


9844名無しのやる夫だお2013/05/28(火) 20:47:12 ID:m3Q9WxGw0
ばくだんいわ産のヒロインのメンタルは鉄かジュラルミンで出来ているんだわッ!


9846名無しのやる夫だお2013/05/28(火) 20:47:21 ID:qnkatBrc0
なんという男殺し


9845◆QOOmW3I0SM2013/05/28(火) 20:47:20 ID:TlcPbq.g0





               _.........._......._
             ,...:'´:::::::::::::::::::::::`ヽ、
              /::::/:::::::::::::::ヽ::::::ヽ::::::ヽ
           /:/:::/{:::::::::{:::::::: ∨::::∨::::::::.
            /:/::/ |::|:::: ト、:::::::∨::::∨::::::::.
          '::::|:|:|_{::{:::::i \:::: |::::::::|:::::::,:::.        だから、ぎりぎりまで頑張ってみるわ。
           |::::{:|:{  `从:{ ´ ̄Ⅵ|::::::::|:::::::}::::.
.          /|::::i:从ィ芯    ィチ沁|::::::::|:::::::|:::::.
        { |::::::::|} マじ    弋じ'|::::::::|:::::::|:::::::.                 ――――それだけ。
        | |::::::::|i  '      |::::::::|:::::::|::::::i:.
        | | ::::::ム    、    ,.|::::::::|:::::::|::::::|::.
        | |::::::::|::::::::...、__..... イ |::::::::|:::::::|::::::|::::.
          乂::::::::{:::::::|:::: __}     |::::::::|__:: |::::::|::::::.
          〉:::::|:::::∧ ,/  / ̄!::::::リニ`ヽ、:{::::::::.
           /:::、::|ィニ{ ∨ / l |::::/ニニニ ヽ:::::::.
           ,::::::: }:|/ニ!{:.〈 /: イⅥ::/ニニニニニ∨::|
        /:::イ::/ニ| {⌒Y´   {:/ニニニニニニ}:::|
          {::::::,:'ニニ {/- /  //ニニニニニニ{::::|
          |:: /ニニニ{: :/,...イニニニニ{ニニニニハ:: |
         Ⅵニニニニ/ニニニニニニ|ニニニ/ニ∨
         {ニニニ()}ニニニニニニニ}ニニニニ∧
         人ニニニ|!ニニニニニニニ|ニニニニニ}
          \ニニ{!ニニニニニ/ニ∧ニニニニニ,
          {ニニ||ニニニニイニニ{ {_ニニニニ}
         /ニ}ニ (){ニニニ´ニニニ/ニニニニニノ
       /ニニ/ニニ||ニニニニ/¨´ニニニニニ /
        {iニ/ニニニi|!ニニニ∨ニニニニニニニニ/
       |ニ{ニニ()||ニニニニ}ニニニニニニイ
         乂_|ニニニ|ニニニニ\ニ > ´ ̄ニハ
            {ニニニ∧ニニニニニ`ヽニニニニノ
          〉ニニ,': :∨ニニニニニニ> :T:´{
         / ̄ ̄: : : : | ̄ ̄: :| ̄:´: |: : : : |: : :.
        ,: : : : :|: : : : :|: : : : : :|: : : : :|: : : : |: : :.}
         / : : : : |: : : : :|: : : : : :|: : : : :|: : : : |: : : |


9851◆QOOmW3I0SM2013/05/28(火) 20:48:28 ID:TlcPbq.g0





               .fく:::::::::::.`ヽ::::::::::::::<_〉―- 、
              ..ノ|:_:::::::. \\\:::::..\:::ミ`ヽ:::::
               /.:ィハ::\\\\\\:.\∧. \
             ././::|i⌒\:.\\\\\\::::∧、        成る程、それだけか。
              .|.:i::/}/ 心 \〈\\\\\::::〉:i ∨
                .|:{j:}`¨〈   ` ̄ ̄`ーr:::::::∨:::|Ⅳ
              乂:|   `       ./:|::::}:ノ::::从‐
              }从  Ⅴ ̄`ミ    }/|::/.:::::::| |.|:
              |::|:ヘ. ∨:::::::/   .:.从:::::::::j j |
              Ⅵ:::.丶  ̄´   イj::|::/{:::::´::/
               |l::::ノ::〉--.:::< //.::|,' .乂/{
              ./..:/.::::::::`ヽ:_/.:./.:::/  ∨`ヽ
             ./..:/...:::::::::::/}   〈::::/  ./ ./.}
            ./..:/..::::::::::: / ::/      / / /
         /..:/..::__彡/ r‐≠ ,...:-.≠ ./ /
        /..:/..:/./  }/./ /ヽ    /     / /
      .,..::::/..::::/.::l  ././ /    ./     / /.:/
     ../.:::/.::::::::/ ::| / ./|.._ .イ     .イ//.:/
       i::::::i::::::::/ ../|./ ._/ ̄     .x<{/l .{l/_/
     .|::::::|:::/  /{.//{、   .x<    乂Ⅵ/










           ,....:::¨/::´ ̄::::_`ヽ、
           /,::::::::/::::::::⌒ヽ:::\:::..
        /:::/::::::::{::::::::::|!:::::::ヽ::::ヽ::::.
         /:::/:::/:::∧:::::{:{∨::::::::',:::',:.
      /:::/:::/::::/ {:::::|:| ∨:::::::{:::::::i::::::.
      ,::::::|::::|从{__ マ::{:| __Ⅵ:从:::: |:::::::.           ええ、それだけ。
      /:|::::|::::i ,ィrォ、 i从{ ,ィtォ、 |:::::|:::::::::.
      {:{|::::|:::{ム ヒり     ヒり ,|:::::|:::::::::::.
      |:||::::|:::|_ハ    ,      ム:::: |:::::::::::}
      i/|::::|:::|:::人        .イ::|:::::|:::::::::::|
     /: |::::|:::|::::::/ :: 、` ´ イ-、::|::::; ::::::::: |
     , ::/|::::|:::|:::// ̄l    { Ⅵ::/::::::::::: |
.   /:イ / ィ|:::|/ ,..イ|     ∨ j/ー- 、:: |
   イ::{ /:::lニ|:::|\_ { lノ   ,.ィ/ / \ニニハ:!
.   |::|/:::::|ニ{从ニ! |〉{ヽ o ´ / ̄/ニ´ニ,ニ',
.   Ⅳ:::::::|ニ/ニ{ \|  /_」 /ニ|ニ/ニニ:.
    / {::::::|ニ,'ニニ!  {ヽイ/  /ニニ{ニ/ニニニ',
    |:: /|/ニニハ 」__:/  /ニニニ∨ニニニニ}
    |:/ /ニニニ∨: : {_/ニニニニ∨ニニニニ、
    |{ {ニニニニ〉 ´ニニニニニニ ',ニニニニ ',


9864◆QOOmW3I0SM2013/05/28(火) 20:53:10 ID:TlcPbq.g0




           ,....:::¨/::´ ̄::::_`ヽ、
           /,::::::::/::::::::⌒ヽ:::\:::..
        /:::/::::::::{::::::::::|!:::::::ヽ::::ヽ::::.
         /:::/:::/:::∧:::::{:{∨::::::::',:::',:.
      /:::/:::/::::/ {:::::|:| ∨:::::::{:::::::i::::::.         それで最初は、何をしたらいいの?
      ,::::::|::::|从{__ マ::{:| __Ⅵ:从:::: |:::::::. 
      /:|::::|::::i ,ィrォ、 i从{ ,ィtォ、 |:::::|:::::::::.
      {:{|::::|:::{ム ヒり     ヒり ,|:::::|:::::::::::.
      |:||::::|:::|_ハ    ,      ム:::: |:::::::::::}       γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
      i/|::::|:::|:::人   _    .イ::|:::::|:::::::::::|       |   …………霊地の確保、だ。    .|
     /: |::::|:::|::::::/ :: 、``  イ-、::|::::; ::::::::: |        乂_______________..ノ
     , ::/|::::|:::|:::// ̄l`¨´  { Ⅵ::/::::::::::: |
.   /:イ / ィ|:::|/ ,..イ|     ∨ j/ー- 、:: |
   イ::{ /:::lニ|:::|\_ { lノ   ,.ィ/ / \ニニハ:!
.   |::|/:::::|ニ{从ニ! |〉{ヽ o ´ / ̄/ニ´ニ,ニ',
.   Ⅳ:::::::|ニ/ニ{ \|  /_」 /ニ|ニ/ニニ:.
    / {::::::|ニ,'ニニ!  {ヽイ/  /ニニ{ニ/ニニニ',
    |:: /|/ニニハ 」__:/  /ニニニ∨ニニニニ}
    |:/ /ニニニ∨: : {_/ニニニニ∨ニニニニ、
    |{ {ニニニニ〉 ´ニニニニニニ ',ニニニニ ',
    リ ∧ニ、ニニ()ニニニニニニニ/∧ニニニニ',
     {ニ}ニ',ニ||ニニニニニニイニ{::∧ニニニニヽ
     /ニ 〉ニ }ニ,||、ニニニニ´ニニニ{:イ ∧ニニニニ ',
     ,ニニ{ニニニ()ニ∨ニニニニニニ|'  {∧ニニニニ











        ////ィミミミミ///////////////l/ハ///ハ、
        〈//.,'/∧\ヽl////////////// V//////lト、    多分、君の先祖のどこかに、
        |リ,' i///ヘ,-}l///////__,、//,'zzz}ト'/////ハ
        リ/,'///,ミ' iス|l//////////≦二ミ、,!'////l/|       魔術師か、それに類する人がいたんだろう。
        ヘ\'//∧ l .|l//////////,{ヽ弋サ.l////l|Ⅵ  
        ,'l/|ヽイ//ヽ\|l//////////l{     V// リ .リ  
       >!l| 〉////,ィ|l|||//,l' ' ' ´  ̄     _ 冫ノ /     その血が色濃く出ているおかげか、
      ///////// il||||l//トヽ   、____, 〉
      //--- 、/  ..l||||||l/,ミヽ、   ` ̄ィ′          君はかなりの程度、私に魔力を供給できているが……
   _ ∠、   ヽ   .l||||||l'//,>.     ハ|i        
 ̄ ̄ー―zz、    \ ll|||||||li、メ'´./リ≧ー‐'l/l||                          現状、それでもやや不十分だ。
==- 、`ヽ \\    .',从||||||li、`l、/  ./////リ       
     \:.\\\    Vノ州|||li`li ヽヾ/////


9885◆QOOmW3I0SM2013/05/28(火) 20:58:18 ID:TlcPbq.g0



          .∨.:::/:::l:|∨::::::::::::::::::::::::. \\::.\::::::::::::/
            |:::::i::::从_∨:::::::::::::..\:::::::..\\: ∨.: :;′       霊地にはあたりをつけてあるからね、
            |::: l:| :ミx_.∨:::::..\::::..\::::::. \\∨ i
            | ::从∧又ミ、::::::::::..\:::::::>x::::.\:..Ⅵ                  少しばかり休むとしよう。
         从:乂‘,::l` ̄` \::::::::::::>x::::::::}::::::|ヽ|:|
          \从`    ノ   ̄ ̄`ー `7::::l::lく.从
              |:从.   ヽ .-        〈./:::l::|ノ-く.〉、
           i|:::l::::.  、____ ノ   ./:::|:|::|::Y´{::::.\            腹が減ってはなんとやら、さ。
            ||:::|乂ヽ.   ー` ̄´   ィ:::::::|:|::|:/....|:::::::::::>x __
            ||:::|乂j ィ\    ..< /. ::::从:{{l:::::|::::::::从≪≪≪≪
           ._.||:::|://::| `¨¨¨´  /乂::/.:::|`ヽト{、__| >‐≫≪≫
‐/⌒>---≠//.:|:::|{ j:: ;l \_/    从: /|  ノ| / ./  ̄ ` <
/ / ./   ./.:.// 乂l| .lハ/      /  ./.:/:/ j ./ / ./  /.       \










            ,.....:::,:::: ̄`´ ̄:::>、
            /::::::::/:::::::,..-:::::::::::::::::、:\
          /:::::::::::/:::::::/:::::::,:::::::::::::ヽ:ヽ::ヽ
            ':::::::::::/::::::/::::::::/:::::::;:::::::::}:::i::::::::.
         /:::::::: /::::::/:,::::::/:::::::/::::::::/::::ハ::::,::.
          /::::::__/::::::/:/_/':://::::: / !:: !:!:: |:::.
        '::::::/ィ{:::::::{/イ /イヽ/:::::::/ |:: |:|::::l:::|
       ,:::::::{  |:::::::| 沁≧、 {イ/ -‐}从|:::;::::|            分かった、霊地ね。
       ,::::::: 乂_|:::::::| 弋)ツ    ィチ斥 i/}/:::::|
      , :::::::::::::: |:::::::|        弋ソ / ,|:::::: |
      /:::::::::::::::: |:::::::|      '   /ノ |:::::: |
.     / ::::::::::::::::: |:::::::ト、   - 、   ,..:::::::::::|:::::: |
    /::::::/::::::/::::_|:::::::|         イ::::::::::::: |:::::: |
.   /::::::/::::::/:::/Y!:::::::!   `i¨´::::: |:::::::::::::: |:::::: |
   /::::::/,.ィニニ{ {|:::::::l     |⌒ヽ、|:::::::::::::: |:::::: |
.  /:::::://ニニニ! |:::::::|    { liヽ \ー 、::::|:::::: |
 /::::::イ/ニニニ\| {!::::::|\ー=o'  }>、__\ニ }:::::: i:.
./:::://ニニニニニ{/|:::::リ、: :`丶、__ /}: } ヽニ、 |:::|::::,::.
':: /:::/ニニニニニ} !:::/ニ\`丶、/⌒ヽ  ,ニ|:::|::::i::::.
::/{::/ニニニニニニ|j:/ニニニ\ ∨イ:}  }ニj::/\:::::.
/ i/ニニニニニニj/ニニニニニ\ }:/∧ |ニ/ニニ,:: |


9892◆QOOmW3I0SM2013/05/28(火) 21:01:00 ID:TlcPbq.g0




















     γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`丶
     |    ああ。 ――――それでは、『聖杯戦争』を再開するとしようか。   .|
      乂______________________________..ノ



















                                                     【幕間 おわり。】


.





9889名無しのやる夫だお2013/05/28(火) 20:59:44 ID:n.wR.2Bk0
ところで渋谷さん、あなた今夜はいいとしても明日からの学校どうするつもりなんでしょうか


9897◆QOOmW3I0SM2013/05/28(火) 21:02:42 ID:TlcPbq.g0
               _.........._......._
             ,...:'´:::::::::::::::::::::::`ヽ、
              /::::/:::::::::::::::ヽ::::::ヽ::::::ヽ
           /:/:::/{:::::::::{:::::::: ∨::::∨::::::::.
            /:/::/ |::|:::: ト、:::::::∨::::∨::::::::.
          '::::|:|:|_{::{:::::i \:::: |::::::::|:::::::,:::.     >>9889
           |::::{:|:{  `从:{ ´ ̄Ⅵ|::::::::|:::::::}::::.
.          /|::::i:从ィ芯    ィチ沁|::::::::|:::::::|:::::.      自主休校よ自主休校。
        { |::::::::|} マじ    弋じ'|::::::::|:::::::|:::::::.
        | |::::::::|i  '      |::::::::|:::::::|::::::i:.
        | | ::::::ム    、    ,.|::::::::|:::::::|::::::|::. 
        | |::::::::|::::::::...、__..... イ |::::::::|:::::::|::::::|::::.
          乂::::::::{:::::::|:::: __}     |::::::::|__:: |::::::|::::::. 
          〉:::::|:::::∧ ,/  / ̄!::::::リニ`ヽ、:{::::::::.
           /:::、::|ィニ{ ∨ / l |::::/ニニニ ヽ:::::::.
           ,::::::: }:|/ニ!{:.〈 /: イⅥ::/ニニニニニ∨::|
        /:::イ::/ニ| {⌒Y´   {:/ニニニニニニ}:::|
          {::::::,:'ニニ {/- /  //ニニニニニニ{::::|
          |:: /ニニニ{: :/,...イニニニニ{ニニニニハ:: |
         Ⅵニニニニ/ニニニニニニ|ニニニ/ニ∨
         {ニニニ()}ニニニニニニニ}ニニニニ∧
         人ニニニ|!ニニニニニニニ|ニニニニニ}
          \ニニ{!ニニニニニ/ニ∧ニニニニニ,
          {ニニ||ニニニニイニニ{ {_ニニニニ}
         /ニ}ニ (){ニニニ´ニニニ/ニニニニニノ
       /ニニ/ニニ||ニニニニ/¨´ニニニニニ /
        {iニ/ニニニi|!ニニニ∨ニニニニニニニニ/
       |ニ{ニニ()||ニニニニ}ニニニニニニイ
         乂_|ニニニ|ニニニニ\ニ > ´ ̄ニハ
            {ニニニ∧ニニニニニ`ヽニニニニノ
          〉ニニ,': :∨ニニニニニニ> :T:´{
         / ̄ ̄: : : : | ̄ ̄: :| ̄:´: |: : : : |: : :.
        ,: : : : :|: : : : :|: : : : : :|: : : : :|: : : : |: : :.}
         / : : : : |: : : : :|: : : : : :|: : : : :|: : : : |: : : |





9903◆QOOmW3I0SM2013/05/28(火) 21:03:42 ID:TlcPbq.g0
実は以外とAAの少ない那須与一さん。
増えてくれることを切に願いつつ。

あとアドラーさんの使い勝手のいい通常顔とかあれば嬉しいなぁ。



関連記事

category 【完】ねらう緒は聖杯戦争を蹂躙するようです
ばくだんいわ◆QOOmW3I0SM
comment

7

edit
edit

Comments

comment
AAが少ないせいでアドラーさんびびりまくりになっちゃったのか?
comment
聖杯戦争中に学校行くなんて馬鹿のすることだよな!
comment
そうだな、そんな馬鹿なことする奴がいるわけないよな(棒)
comment
アドラーは元ネタ格ゲ、しかも量産雑魚枠だからなあ
(クローン体なのでガチ量産枠)
「日常」という単語と表情もキャラもいっちゃん縁がないねん・・・
comment
量産雑魚はアドラーじゃなくてそのクローンだよ……
comment
ゲーム中のセリフに「学校?今日は休みだよ」というのがあるがゆえ
毎日「学校は休み」だと発言する事になり
自主休校することを「しぶりんする」なんて言われるネタにされてたり・・・
comment
汎用セリフはよく考えましょうってやつだな。
何回も聞くからあまり起こらないようなことを喋らせるとおかしなことになる。


  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: