このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


やる夫たちは時計館の謎に挑むようです 第七回‐①


6031 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:03:59 ID:vnpJ4YYI0

【時計館の殺人】やる夫たちは時計館の謎に挑むようです【綾辻行人】

第七回


綾辻行人のミステリー小説『時計館の殺人』を原作としたAA物語です

投下途中のコメントなども是非していただきたいですが、原作および他ミステリー作品の
真相などのネタバレは絶対にしないでください

<時計館 新館 1989年7月31日 午後9時>



: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. : ((.,_,.)):.:.:.:. :. ...::ヘ:. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::. :. :. :. :. :. .: ::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:. :.:.:. :.:. :.:. :.: .: .:: .:.. :. .:.. :.ヘ:. :. :. .: ::. :. :. : ____________
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:.:.:======‐ヽ:.::.::.:.:..ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
::: : : : : : : : : : : : : : : : : //:.:.:./,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,\ ヽ. ::.:..: ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,,
‐- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::://:.:/,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_\  ヽ: :. .:.ヘ:. :. :. .: ::. . :. :ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_
:.. .: `ヽ、::::::::::::::::::::::/// ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_i,_,i,\ ヽ: .. :ヘ:. :. :. .: ::. :. :. ヘ,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,i,_,
: :.... . :. :. :゙;:',,.:::::::::::::/[=:i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ i ̄i====]----‐‐‐‐‐‐‐l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
..:. . :. :.::. :.:. :~`-, |  ::|#           ::;       |  |    |          |  :;:;,;,;,:;,,
::::; ; : :. :. :. :. :. . . :} |  ::|    ;:;;;;:;×;:;        ..:.√|  |;; ;;:;;|          |     }三三三{
:;、/::. :. :. :. :. :.:..ノ |  ::|:.:.  ;;:;;;;;;        ;:;:;:;;;;;:|  |  .:ヘ|          |     ||  ||√||
:._::=;::. :.:. :..‐~   |  ::|  :{≡≡≡≡≡≡≡}  : . |  |    |          |     ||--||--||
; l:;;::;:;::; :ノ::::::::::::::::: :|  ::|    |l┌┐ ∥ ┌┐l|  :メ|  |;;:;;:; |          |     ||×||  || ::;:;k:;;
.:.:;::;:: :;.i~::::::::::::::::::: :|  ::|    |l  │ ∥   │l|     |  | ;;:;;;;|          |     }三三三{
:. .: :. ソ::::::::::::::::::::::: :|  ::| :;:;:::|l     ∥     l|     |  | ;;:;;;;|          |:;.;:;#:;;
:.:ヽーr⌒)‐- .、:::::::|  ::| ;;;:;;:;;|l┌ Ⅱ∥Ⅱ ┐l|: メ   |  |    |          |        ;::;:;x:;:;;
:::::::;:;::;::::;::;:;::: :. }:::::::|  ::| ;;;:;:;|l  │ ∥   │l| ;メ;:;;;|  |;;;;;:;;#|          |;;;;;;wliwliwwliliw;;;_wliwlw_
:::::::;::::;::::;:;::::::: : } wli|,,_ ;;|,,____,,|l  ┘ ∥   ┘l|,,___,,__|__,,|,,__,,__|__,,.. .-‐'''""~;;:;,:;,:;wliiwliililw :;:;:;:;
::::::::::::;::::;::rーwijknwn      ̄:.:  ̄ .. ̄:.  ̄     wliwliWliwlilwli  wlilijlijwlijwWlij  :;;::;:;;;;;;;;wliwliw
;;;;; , ' ´~ liliiwliliwil :. :.   : ::.. .:. .. ,, ,,.. .-‐ '''" "゙WililjlilijWwwliil゙゙゙ ゙゙゙゙゙゙ wwWliliwjlilijlijlw゙゙
 wwliilwnw__,,-‐'''"    :.. .: .:  :. ,/'`゙;;;;;;;;:;;;;;;::'´゙;ll;l wliwliwli,,  ゙゙゙´''` ゙゙゙´'`゙゙wwliwli゙ ゙゙ '''' ,, ゙゙´´'
__,,.. -‐''  ...,,     :.:. :. .   :..,,/,,  ゙゙´'`゙゙゙゙゙'''' ,, ゙゙゙゙゙´´''''' wli liwl  ゙゙´''`゙゙´'''`vjjjyyv゙ ,,



6041 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:04:44 ID:vnpJ4YYI0

..:. . :. :.::. :.:. :~`-, |  ::|#           ::;       |  |    |          |  :;:;,;,;,:;,,
::::; ; : :. :. :. :. :. . . :} |  ::|    ;:;;;;:;×;:;        ..:.√|  |;; ;;:;;|          |     }
:;、/::. :. :. :. :. :.:..ノ |  ::|:.:.  ;;:;;;;;;        ;:;:;:;;;;;:|  |  .:ヘ|          |     ||
:._::=;::. :.:. :..‐~   |  ::|  :{≡≡≡≡≡≡≡}  : . |  |    |          |     ||
; l:;;::;:;::; :ノ::::::::::::::::: :|  ::|    |l┌┐ ∥ ┌┐l|  :メ|  |;;:;;:; |          |     ||
.:.:;::;:: :;.i~::::::::::::::::::: :| .__,.r ̄Y ̄'r゙ヽ、- .、  │l|     |  | ;;:;;;;|          |     }
:. .: :. ソ::::::::::::::::::::::: :|.r' 、y--'─'--、イ`ヽ ヽ  l|     |  | ;;:;;;;|          |:;.;:;#:;;
:.:ヽーr⌒)‐- .、:::::::.r',.'"   ` ´   `ヽ!>, ',  l|: メ   |  |    |          |
:::::::;:;::;::::;::;:;::: :. }:::::::.゙ノ  λ-iヽ、i -イ-ハ ,. ヽ! . l| ;メ;:;;;|  |;;;;;:;;#|          |;;;;;;wliwliww
:::::::;::::;::::;:;::::::: : } .∠! ,イr;=;!、  r:!=-;、!ノレゝi .l|,,___,,__|__,,|,,__,,__|__,,.. .-‐'''""~;;:;,:;,:;wliiwliili
::::::::::::;::::;::rーwijknw.レγi゙.ト_,!   ト__.ノ゙iyノ λ             lwli  wlilijlijwlijwWlij
;;;;; , ' ´~ liliiwliliwil !..y! "  _  "",イノ ハ         il゙゙゙ ゙゙゙゙゙゙ wwWliliwjlilij
 wwliilwnw__,,-‐'''"..〈 Y).゙ゝ、.,,___,,..イ!イ イ ノ.;
__,,.. -‐''  ...,,     .}><{ r'"/i__ン/}><{ヽレ´.    よくおいでくださいました
            |ノ〈γ (λ_)  |ノ   〉
              ノ.ゝ  、  イlゝ.r'"',
             //iゝ、____,.イ)ヽハ  ',



      \ _ -、_ニ、      _ - '     _/
     r  ̄,   ´ _ノ            ,.. ='-ァ    ご招待ありがとうございます
     /  /  , 弋う‐ k‐r,-、ニニニ-r T  ̄  | / 
.    / ノ   /  入  L `7´こ卞、ト、」 |!     l'\
   〈    '   /  〉 | /´   ト、`` ! |    |  ヽ  
     i     ´  / l       | 〉   l {!     |  ヽ
    _」 |!       イj k     _ ′  | l     ト、  ヽ
  / l ||  |     f トヽ  `ー==-‐'  イ、    l \ L_
 / / V|  |    |  } \、_ 〉 ̄く_, ≠  }    \ ト、  `i
 ≠` <      |  人  \    / /7      ヽ| \  |
     \      j /   \ ヽ / //         ヽ   \|
       \  / く      ヽ V∠ /        /    \
         ∨    \    /匸!ヘ  \    <´/         \


      鹿谷門実(ししや かどみ)
      40歳 推理作家


                _
             , ´ _ノ ヽ
              |  ( ● ●)
              |  (__人_)   (鹿谷先生の車がまた故障しなくてよかった)
              |       |
             !     ノ    アト、ジキキャラフッキ オメデトウゴザイマス
          _,.ィ'{\:二/`ー─‐ -、
       _,.-‐'´:::/:::l ./ヘ. |::::\::::::::::::lヽ
     /´:::::::::::::く::::::ヽ/}:〈.〉::::::´::::::::::::::〉\
     / :::::\:::::::::::::::::::∨:レ':::::::::::::::::/::::::::::::7、
    ,ゝ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/へ::::::::::::::\
    冫〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ    ̄ヽ::::::::::`、


       福西やらない夫(ふくにし やらないお)
         ミステリー研究会 会員 21歳


6051 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:05:27 ID:vnpJ4YYI0

         __〃⌒Y  ̄)ー┐
       ィ⌒いjLニ=ニ∠/ノー┐
       rくヽj>~      `丶ヒノュ
     jゝ/ 从  人从 Vハ  ヾレ)、
     〉/  ハハ  ハハハ Nマ  ヘノハ
     Y /i V  |  i| ト } }   ハ」 ∧    遠いところをわざわざ、ありがとうございます
     /  {  {{  i   ! }廾ナ乂}   |ハiハ
      i/   .斗匕从  レノ / rヵォ|  l   |   こちらの勝手なお願いを聞いてくださいまして、
     V  .}、fてぅトV    ヒニノ /i |   |   なんと申し上げてよろしいやら
     /   {ヘ ゝ- '     """' /イ    .|
      |   `ハ"""  '    ノ  / i/
      |! ハ    > ._ -   rく / ノイハ
      乂人  イ≧x_ r{Y}千 7、__riくー¬
        }/ .斗{ _ノ | !| 「<__/ /二 ノl
       人ん/| / ハ八 Kミ_/ /く. (イ|
        |   (._/)「人ヽ ` }_/ /ミーr┘|
       |   て./|  }  l/ /ヘ、ノ  .|
        .|    しハ 人_ .イ ヘ、r┘  .|


         十六夜咲夜(いざよい さくや)
         時計館の管理責任者 46歳



     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:./\:.:.:.:/.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.::.:.:ヽ:.:.ヽ.
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:\/.:.:-- ̄ ̄ヽ:.:.:.:.:.:.:.::.:ヽ:.:.:.\
    l.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノr ̄ ̄        ヽ:.:.:.:.:.:.:.::.:.ヽ:.:.:\
    l.:.:.:.:.:.:.:./        /     |:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.l:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:
    /.:.:.:.:.:.:./   \   /      |:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  改まって言われると気恥ずかしいですね
   /.:.:.:.:.:.:./l __  ヽ  ィ´ ̄ ̄`` |:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.|―‐ィ'7:.:.:.
   〈.:.:.:.:.:.:.:.| |´  `ゝ   〃´ ̄`ヽ |:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:| / /:.:.:.:.:  それより、夜9時なんて遅くにお邪魔して
   ヽ.:.:.:.:.:.l ゝ〃 ̄ヽ    ヽ、    〉:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.|イ ノ:.::.:.:.:.:.  よろしかったのでしょうか
    ヽ.:.:.:.`l.|    / ト、      /:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:| /:.:.:.:.::.:.:.:
     〉.:.:.:.||      │ヽ     /:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:
    /.:.:.:.:ノ l      \|    〈:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.::.l:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:
   /.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ           ヽ:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.〈:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:
  /.:.:/イ.:.:.:.:.:.:.:ヽ  ゝニニニニ"ア  \:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.::.:.
 〈.:.:./ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   ヽ.:7     /:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:
 ゞ.:.| /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ィヽ /:.:.:.\   イ /:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:lヽ:.:.:.:.ヽ:.:.:.::.:.:
  |.:|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ヽト/.:.:.:.:.:.:ヽ/ /:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.l 〉:.:../:.:.:.::.:.:.:.
  |:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ヽ|.:.:.:.:./  7:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:l /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./    l.:.:/ //:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.::l/:./:.:.:.:.:.:.:.:


6061 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:06:11 ID:vnpJ4YYI0

           }>  ---ラー --    、>ヘ,
        /X´/    {        \」ヽ
       /  ヽ/      ハ         ヽ´ヘ
       >ヘ/ /     | i   ヘ       ハ/__>
      r´ / /  /   |_ i    ヘ    ハ  ヽ_{
      {>´/ /  /  ii | ヽ  i  \   }  ト \_
    /く_/  i i { ム从i   \{\≧\i  i ハ>┬ ´
.       i  / 人 ヘ<{∧ラハ    仆テ∧>} ィ  i┘ハ
      ノ ノイ  ヽリ 弋_ソ    弋_ソ レ从iリ  ハ     昼間は何かと雑用がございまして、夜になって
      {/ノ\{\ ム      '      ハ /レ i iム    ようやく自分の時間が持てるのです
      ノイ ヘ >ハ           〈 Y 〉 イ /i リ
        人i> ´ノ/ノ、   ゚    /< Y 〉 イ ∧{     そちらこそ、ご迷惑だったのでは
        / イ//〈 >   __  イ  〈 Y 〉リi/
   _ -  ´  ´ <〈 Y 〉 /i      ト从〈 Y 〉/{
 /        ソ〈 Y 〉   リ、   /   〈 Y 〉 {--t
/       ノf--イ}>=<{__ \__/  }>=<{ 〉 ヽ
|    r - ´/  ム{ |ノ } ̄ ーt┼r ´  ̄ |_ノ 「{   丶
.    i  /   7  /: : |:::::::::::::}:::::{ :::::::::{: : | └t   ハ
    i/    }丶/: : : Y:::::::::/i-i丶:::::::::i: : ヘ/ {    ゝ
    i     r┘y: : : : :i:::::::/:::i: :i::::\::/: : : ハ 」    ´\
    i     ヘ /: : : : /└´::::/: : i::::::::\: : : :ハ/       〉



      厂 ̄ ̄ .__            ヽ、
      /  r'^ー'´ \    |   、    l
    /   .|       ヽ   ト、   い    \
    ノ    │      .,;;l   f‐l    `ー、   `ー
.   |   ハ .l     '´k,ィrッ、 .\、_   `く丁
    \  {_」.冫ー、   ゞこ=`ー、. \ ゝ   ヽ     いいえ、そんなことはありません
      ヽ ∨/,ィfラj        |  |/    /
       }j f `こf}、 ー         | K.     /      日ごろから不規則な生活でしてね
      / | ヘ    ´  __ _,.  /  |ヽ    \
.     / .| | ヘ  v'"´      /  ./∨ヽ   ヽ
    /  .| |  \ く ̄´マ  / ∠/ /    ノ
.    {    ヽゝ、 ヘ }  └'/ /    /   /
.    ヽ    \  `Y   {  {   ハ   くヽ
      |      |!. ∧  ∧  ヽ_/ \  ー'
.    _ノ     ,イ_,/ ヽ/  ヽ  ヽ    `ーt


6071 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:06:59 ID:vnpJ4YYI0

                             厂しヘ厂しヘ __
                                 [_( ̄ ̄`⌒ヽく_]‐┐\
  それにしても、先生の小説を        _「ア \       ` <]_ \
  読ませていただきましたが        [_/     \        ___フ \
                               /   {、   、   \ \ー―'\
  ああした古風な探偵小説は        / ¦  |{\  {\_,. 、 \ \ ゚
  昔から好きでして                /  | |  lTト}\j´_,\)\( ̄ ̄` ゚。
                         //i | i  笊㍉   弋ツ} /} ! i\}\)\
                           /  乂;| 从∧      レ从j/ ̄{_
 それにしても、あの迷路館事件に        )/乂j ゝ., -  イj爻/⌒ヽ(__う、
 関わっておられたとは                    爻从rf厂 }」【Ⅹ】    ∨
                              【Ⅹ】 _){_/爪l乂__)      \
                                  乂 〔7°/} }〈 [        \
                                /{__/:::} 〉:ヽ[_`:i         \
                                    /:::;://;:;/レ':i:i:i{ )::}          )
                                  {::::://:i:i:{ {:i:i:i:i:i:i[人{      __/




               .   ___
                  /   \
                /   _ノ  \
              . │   ( ●)(●)
                 |     (__人__)
        .   .     |      ` ⌒´ノ
            .  |         }    (咲夜さんという人、表情がぎこちないな
           __,ノ ヽ.ヽ       }゛
       y彳 ";;;;;;ヽ  ヽ'ヽ   ノ      やはり家族や真紅家の人たちが亡くなってから
     /  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';, ヽ. ::::::>/       苦労が多かったのだろうか)
    /     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';,`ヽ/ヽ、
   /      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;', ,.r`i ヽ、
   |      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;', /::iヾ;;rァ /
   |      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'"',  `!;;ノ! ト、
   |      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',  ,';;;;|i,.!;;;ヽ.
   |    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'';;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;ヽ,
      ;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i


6081 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:07:13 ID:vnpJ4YYI0

                      、/ヽ
                  -─込㍉トy|
                <      Y´ >'ヘ___
                  /      rミ/    弋__
              /        / / / /  j ,∧
             /    __, イZ { / / .,イ / ',
            /  ィ     /イ㍉彡/>'、|,イ l ハ
        ー=彡イ /    < {(( 〃 込ハ.从小{ ノ
        〃イ//,イ       | `代イ    (     では、<新館>の中にどうぞ
          /イ/// ./ | ,人 弋㍉   ,イ
             /イイ /,小l ハ{ヽ. トイ "イ
            从/イ㍉ル′  /トイー′  __ノ
              ___/>' ¨¨ ̄ト7,><⌒㍉、__
             ァ|      y辷/   `ヽ
                (''人___rー=彡≦       |
              { `l¨¨´:.:.:.:.{.          |
              人. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>-─ 、    人


6091 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:07:30 ID:vnpJ4YYI0

    /二 ̄| ̄| ̄ ̄\      ./二 ̄| ̄| ̄ ̄\        ./二 ̄| ̄| ̄ ̄\
  / rニ-i | |_|     ヽ   ./ rニ-i | |_|     ヽ    ./ rニ-i | |_|     ヽ
  | |__ノ / |  |       |   | |__ノ / |  |       |  ...| |__ノ / |  |       |
  〉_,,,.ノ  | |       | ...〉_,,,.ノ  | |       |   .〉_,,,.ノ  | |       |
  |     |―|      |   .|     |―|      |    .|     |―|      |
 |      |  |      |  .|      |  |      |   . |      |  |      |
 |  _    | |   _  |   |  _    | |   _  |  ...|  _    | |   _  |
 |   ヽニ=、 |_ | _r=ニノ   |  |   ヽニ=、 |_ | _r=ニノ   |    |   ヽニ=、 |_ | _r=ニノ   |
  |     | |      |   . |     | |      |   ..|     | |      |
  |    t;'! |ラ     |    |    t;'! |ラ     |      |    t;'! |ラ     |
   |  、_ `'‐´__,.    /     .|  、_ `'‐´__,.    /      |  、_ `'‐´__,.    /
   | (_(`'‐'´lノ   /       .| (_(`'‐'´lノ   /         .| (_(`'‐'´lノ   /
    \  ̄ ̄  /          \  ̄ ̄  /         .\  ̄ ̄  /
     \__/             \__/               \__/



           / ̄ ̄\
         /  _ノ´ ヽ、
.        |   ( ●) (●)   (廊下に仮面が飾られているが
        |   (___人__)   夜だとなかなか不気味だな)
            |       _.ノ 
          |     _/__゙ヽ_
         j、_    (〈_r- ヽ ヽ、
        √::::::...`ミュ、r'、〈`ヽ、 |
        /.::7 ̄ ̄. : : .:.:.ヽ_ヽ   ト、
     / .:::/.:::::::::::::::::::::::::::::..\Yー‐ソ,
      ,' .::::/.::::::::::::::::::::/ ⌒ 、ヽ,:::::::::|


6101 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:09:05 ID:vnpJ4YYI0

                        ___,、
                   _, - '´   ト宀、
               /´ ̄´        |   |
             , ′           j、   ',
            /             / ヽ  l
            l     ,、   |     I 一,j |
            |    丶`こ !    jf近、 { i
            l      ヘ、/    |    `く   ん?
            |l      /      t   r‐' 
            ソ       /       ヘ -‐iヽ、
            /      ,'  r'     / 丁j  }
           , '      {   り     /ゞこ 弋/ 
         /       ハ      │ トー―ゝ



   ____ ミ   ━┓
 /    ~\   ┏┛
/   ノ  (●)\ ・
|   (./)   ⌒)ヽ
\     (__ノ,.<))/;、
  \     / /  '‐、>
   `\__l    ´ヽ〉
    ,ノヽ、ノ    __人〉
 , /'"|::::_/ヽ.   /:::::ヅ!:゙、-、_
''":::::::::::/´∨/`ー'〉 7:..ヽヽ:.:|:::::゙'ー、
::::::::::::y′.: ',ゝ、_/::\:.:.:| |.イ:::::::::|:::!
::::::::/: ://: : : :|::::::::ヽ::|/:i::::::::::::i::|


                             iフ-┐_xz _
                            ∠ヽ} 八 〔 {`ノ`/  X
                          ー/`/   / ヽ~ヽ{ノ く__ \
                          /  /´ {       ヽ ノL_  :
                      〃  〃 ∧-、| {  i|   \ k| }} :
                         /   /{  { ム i| i| ム _ /   }-フ〃 }
    どうされました         {    /´|  乂/´ | / | `ヽ/  |/ /
                        |    心|Nム`乂i /    /  i
                             {八∧ゞ゚ |´ 芹ミ刈  イ   /
                       /ヽノ´厂 {     ゞ゚/ / / /{ /
                         フ{} フ |/´ \ー _-=≦ / /_/ 〃
                       }/ /`  x≦}ニノー~ー┤ 人/人
                    |i(_   } /_ ゝ.iヽ:.\_ _ヽ{ }:{ ィz
                         〃  `ヽ_ゝ_ヘ:.ゝ-=ニ:.「  〕
                        ∧      } 〉:.:.:.:.i:.:.:.「-〔 ヽ.
                        / }      ゝ:.:.:.:.:.ノ:.:.:/-/   ′  _
                          /      _   /:.:.:.:./:.:.:/´ _  /ノレ'/_
                      _`ヽ. x≦-==}:.:.:.:.:':.:.:.人‐-== }   彡


6111 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:09:39 ID:vnpJ4YYI0

      ノ   1r、    /ー、_   、_, 一、\    |
     /    |J 〉  〈 ィ近7ゝ  ィ辻チ' 冫     i  
    厂     ∧/    ヽ   ト  -   f     | いえ、何か中華鍋を床に落とした
   ヘ、       |     j ヽ  j l      ∧    /
  __,r'´      l    ク ノ  └′   /    | ,′ ような音が聞こえてきまして
'´ ,、        /    丈  r_==ャ  ,.′    .! \
 ,ク     _,. -<    〈} .〉 上¬,イ /      L  ヽ
       \  \    fヽム  L_ ク       \/
   , -─ --ート、 ゝ、    ト、  /|‐\     ,ォ\
__/     rー、>'´ ̄` 、│ ヘ_r´ |  /    / 冫 \



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)  はい、僕もかすかに聞こえました
 . |     (__人__)
   |     ` ⌒´ノ  何でしょうか
 .  |     ∩ ノ ⊃
  /ヾ.、_  ノヾ、_ノ
 (.:::::::\ /::::./ノ:│
  \:::::..“::::/_|::::::|
   \::/Φ:::::::::::/
      ̄  ̄ ̄




              __   _,. -──-
             __>、 {廴ノ ̄\  _    `丶
          r'⌒\ \,.. --ミ ⌒} } 〉    \\__
          く\   /      \ノ /〈_      ー─''⌒
.          >─ ´          ` <_ノ        ',
             ′       \     ⌒__     i
.            |│  :/ \__  ー=ニ__ /      |i
.          ノ│  :l  ´| \ト---┬┬=彡       八   さあ…私には聞こえませんでした
.          /|│ 八  :|  ,ィ笊テ││り     |   :|
          八{ヽ(\{\|   Vツ /∨`\  ,} l{ ハ|    耳を悪くしてしまっていて
.              ノ )   ' ' '厶イ }  ノ/\八{      このような補聴器に頼っている有様ですので
              / / `丶 。  {ノ / r‐┐_
              {/ / / _>-イ{_く_,/ノ⌒´\(
                {/{/ /}こ{_}く/ }    〈^}
                 ノ{/{_>{}<_}_丿     ∨
                {>{}<}::/::/ ∨ }      \
                {ノ:::::|::::::{i  }_ノ         〉
                 /:::/::::|__/::\( く(__,.  -┬‐ ′
.               {::::{::::::::::::::::::::::::\_l |O   |
.            _   \\:::::::::::::::::::::::/|__|__|


6121 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:09:59 ID:vnpJ4YYI0

      厂 ̄ ̄ .__            ヽ、
      /  r'^ー'´ \    |   、    l
    /   .|       ヽ   ト、   い    \
    ノ    │      .,;;l   f‐l    `ー、   `ー
.   |   ハ .l     '´k,ィrッ、 .\、_   `く丁
    \  {_」.冫ー、   ゞこ=`ー、. \ ゝ   ヽ     たしかにかすかな音でしたからね
      ヽ ∨/,ィfラj        |  |/    /
       }j f `こf}、 ー         | K.     /      それにしても…
      / | ヘ    ´  __ _,.  /  |ヽ    \
.     / .| | ヘ  v'"´      /  ./∨ヽ   ヽ
    /  .| |  \ く ̄´マ  / ∠/ /    ノ
.    {    ヽゝ、 ヘ }  └'/ /    /   /
.    ヽ    \  `Y   {  {   ハ   くヽ
      |      |!. ∧  ∧  ヽ_/ \  ー'
.    _ノ     ,イ_,/ ヽ/  ヽ  ヽ    `ーt




        ,-r⌒L⌒」⌒yヽ、
     _r─ノヽヽ,_ _,ノヽヽイゝ、、
    rヽ,/ /       `ヽイヽヽ,
   r` /  /λ   入、ヽ、 ヽy i
    'y r  イ-‐.ヽ,  ノ‐‐-ヽ、  ヽ, |    高台にある家ですので、遠くの音が響いてきた
   ∠/  / ,r=、i レ' レ,r=-、_!ヽヽ、、i    のではないでしょうか
    /  ,イ}.イヒ_i´  ´.ヒ_,!ア イヽ、ヽ、
   / /くl""    ,    ""{yイ\ ヽゝ  今は夜ですので特に
   i//{.人    _    ,イiy}イ´/ヽ!
    //y}レヽ..、   ,イゝ|{yレV
    ´ ,{y -─r ̄´=イ─'- y}、
     r´[>}「´ ̄`rt´ ̄ フ [>{<] 'ヽ、


6131 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:10:25 ID:vnpJ4YYI0

.      l    i`ヽ、,. -一┐      i  l
 .     l     |       l.         |  li
      i      j       ヽ、      l  {
      }    `ー- ..   __,,.. '' ,      レイ ヽ、
    _」     /ィt;ュ=、  `´,rt;ュ=rl}    i!ノ
.,. -‐'" , '.   〈   ´ jl       l    V
    /    ハ     ト       l     |    なるほど
.   /    / ヘ    i _〉      |       l
   ,'    / /  ゙、 v -‐=vァ  /       l|   …それとそこに飾ってある仮面ですが
  {i    {_,イ    、 _`二´  /.       ∧
  ヽ、   /     ヘノ   t,,..<(f     / |l
へ   \ /   __,イ `;  ,< ヽ    /  {{
  ヽ、  }j/ / ̄  \`Yj/  ,イ┤   !{   \







               _____
            ., ' {_ イ⌒乙ニ、_
          /く  > ⌒ ー 辷_`>_
         /   ソ´ /   i   `V ヽ
         }`フ、/   ′ i/ }i  }  ',  }
      ー=彡廴 ′ ,'   | .ハ | i  }__」
       /  r={   i  }i八  :|i | |  j_人_   旦那様が昔、亡くなられた奥様とヴェネツィア旅行に
     /. / ヽ j イ_`メ、 i ヽ八ノ l  }i∧   行かれて、エア・サプレーナ島などを観光された際、
    '´⌒7  , | { i弋ぃ. | iイ-‐=丿i  | ∧  買ってこられたものです
      .′/{ノ 八 |  ¨^ V fで )  } リ\i `  
      .i ′ }/ i ヽ    ,   厶イ 八_{    奥様はエイジャとかいう赤い宝石もご所望でしたが
      j/   | ,ノ _|\ ー- _ イ/ .ノノ       そちらは無かったようでして…
           j八 / |  `ニj ∨〈.{ ´ ̄>:.
           〈{八  ノ >、 }〉  /  i
         .ィT/:}〉、ニニソ/:::;〈}:i .′   |      それが、どうかされましたか?
      r<   |::〈{  }ニ|/:::}ハ::|/     {_
      | 、   |::ハ:/ニニム:::从 ′     i
      |  \ j/  }ニニニム /        |
      }    |从 j\ニニニ} { ,斗‐==-、  |
      ′   {:::j/::::::iニニニ|:::`}ニニニニニニY´
     /      ヽ ::::::::{ニニ斗:::::¨i´ ̄`Yニソ


6141 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:11:06 ID:vnpJ4YYI0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<故・真紅夫妻のヴェネツィア旅行>



-――≦―::、::\:::::::::::::::::::::::::ヾヽヘ .|_、   「   .ァ     /. l lヘ \      あなた~
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、:::::::::::::::::ヽヽ) ヽ.\  ` ´    イV弌 i \ .\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::∨i `,;;`ヽ>  ‐<   | V ヽ、l.  ヾ \   ヘルクライムピラーを見に行くだわ~
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::/;;}  i;;;;;;;ヘ    /ヽ, -―--i ヘ.  \ \ \
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{;ノ  ノ;;;;;;;;;;ヾヘ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ト、 ヽ`v、ヽ  /ソ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  -'''-‐;;;;;`,Vハカ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈 ヽ}V ) ).//
:::::::::::::::::::::::::::_ -――-、:::::::::/  :::{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iンィソ,,,,,,、;;;;;;;;;;〈――‐┐ノ/
.――  ̄ ̄         Ⅶ::{  :::::ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/\;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;};;;;;;;;;;;;;;l <
 ∨            Ⅷ\ <ー- 、_;;;;/;;;;;;;;;\;;;;;;;;;ヽ;;;/`>;;;;;;;;;l  r-‐、     /〉
  ∨            Ⅷ:ヘ: ̄工>_/;;;;;;;;;;;;/;7ヾヽ、∨;;/;;};;;;;/,...:::^:::...´ ユ_r― ' /
  ∨            Ⅶ::ヘ::::::://__;;;;_/:ヽ/__,イ_..イ\/'::::::::::::::::::\ `」  {
   \            Ⅵ::ヘ:::ン::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::l::::::::::`ヽ、:::::::::::::::::ヘ_´_}_ニ⊃
     \              Ⅵ::ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l (


                  故・真紅婦人

    , -.―――--.、
   ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ
  .i;}'       "ミ;;;;:}
  |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|   ははは♪
  |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|
  |  ー' | ` -     ト'{
 .「|   イ_i _ >、     }〉}
 `{| _.ノ;;/;;/,ゞ;ヽ、  .!-'
   |    ='"     |
    i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {
  丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ
''"~ヽ  \、_;;,..-" _ ,i`ー-
   ヽ、oヽ/ \  /o/  |


    故・真紅倫典

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


6151 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:12:50 ID:vnpJ4YYI0

    /二 ̄| ̄| ̄ ̄\                        ./二 ̄| ̄| ̄ ̄\
  / rニ-i | |_|     ヽ                     ./ rニ-i | |_|     ヽ
  | |__ノ / |  |       |                   ...| |__ノ / |  |       |
  〉_,,,.ノ  | |       | ..                  .〉_,,,.ノ  | |       |
  |     |―|      |   .                  .|     |―|      |
 |      |  |      |                    . |      |  |      |
 |  _    | |   _  |                    ...|  _    | |   _  |
 |   ヽニ=、 |_ | _r=ニノ   |                     |   ヽニ=、 |_ | _r=ニノ   |
  |     | |      |                     ..|     | |      |
  |    t;'! |ラ     |                       |    t;'! |ラ     |
   |  、_ `'‐´__,.    /                       |  、_ `'‐´__,.    /
   | (_(`'‐'´lノ   /                           .| (_(`'‐'´lノ   /
    \  ̄ ̄  /                            .\  ̄ ̄  /
     \__/                                 \__/



      /  r'^ー'´ \    |   、    l
    /   .|       ヽ   ト、   い    \
    ノ    │      .,;;l   f‐l    `ー、   `ー
.   |   ハ .l     '´k,ィrッ、 .\、_   `く丁
    \  {_」.冫ー、   ゞこ=`ー、. \ ゝ   ヽ いえ、三番目と四番目の仮面の間が妙に空いているのですよ
      ヽ ∨/,ィfラj        |  |/    /
       }j f `こf}、 ー         | K.     /  空いているところに金具もありますね
      / | ヘ    ´  __ _,.  /  |ヽ    \
.     / .| | ヘ  v'"´      /  ./∨ヽ   ヽ
    /  .| |  \ く ̄´マ  / ∠/ /    ノ
.    {    ヽゝ、 ヘ }  └'/ /    /   /
.    ヽ    \  `Y   {  {   ハ   くヽ
      |      |!. ∧  ∧  ヽ_/ \  ー'
.    _ノ     ,イ_,/ ヽ/  ヽ  ヽ    `ーt



       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)   よく見てますね、先生
     |     ` ⌒´ノ
.      |         }::\
     /ヽ       }:::::::\
   /:::::::::ヽ、____ノ::::::::::::::)
  /::::::::::::::::.ヘ.:.ヤ、:::>7|:::_::/
 |:::::::::::::::::::::::::::ゞ/ ̄ ̄(_)
  \:::::::::::\ /| JJJ (
   \:::::::/:::::ヾ 、/⊂_)


6161 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:13:23 ID:vnpJ4YYI0

         __〃⌒Y  ̄)ー┐
       ィ⌒いjLニ=ニ∠/ノー┐
       rくヽj>~      `丶ヒノュ
     jゝ/ 从  人从 Vハ  ヾレ)、
     〉/  ハハ  ハハハ Nマ  ヘノハ   実を申し上げますと、わたくしも昨日から気になっていたのです
     Y /i V  |  i| ト } }   ハ」 ∧
     /  {  {{  i   ! }廾ナ乂}   |ハiハ  確かにそこにはもう一枚仮面が掛けられていたのですが、
      i/   .斗匕从  レノ / rヵォ|  l   |  それが昨日の午後、6時に取材の皆様が<旧館>に入られた後に
     V  .}、fてぅトV    ヒニノ /i |   |  いつの間にかなくなっていたのです
     /   {ヘ ゝ- '     """' /イ    .|
      |   `ハ"""  '    ノ  / i/
      |! ハ    > ._ -   rく / ノイハ
      乂人  イ≧x_ r{Y}千 7、__riくー¬
        }/ .斗{ _ノ | !| 「<__/ /二 ノl
       人ん/| / ハ八 Kミ_/ /く. (イ|
        |   (._/)「人ヽ ` }_/ /ミーr┘|
       |   て./|  }  l/ /ヘ、ノ  .|
        .|    しハ 人_ .イ ヘ、r┘  .|

                        ___,、
                   _, - '´   ト宀、
               /´ ̄´        |   |
             , ′           j、   ',
            /             / ヽ  l
            l     ,、   |     I 一,j |
            |    丶`こ !    jf近、 { i
            l      ヘ、/    |    `く   ふうむ
            |l      /      t   r‐' 
            ソ       /       ヘ -‐iヽ、
            /      ,'  r'     / 丁j  }
           , '      {   り     /ゞこ 弋/ 
         /       ハ      │ トー―ゝ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━
━━━━
━━


6171 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:15:39 ID:vnpJ4YYI0


<新館 広間>


   ,=============,
   | r──、 r──、 |                         ______
   | | / / | |/∇ /| |                             /7i          |
   | |==== | |==== | |                          //:::|           |
   | | ∀  | | / / | |                       //::::::|           |
   /ニニニニニニニニニニゝ     〉~ア c「l               「|::::::::|           |
   │r──、 r──、 |     (  ) 〈;;;;〉            |:l::::::::|           |
   |│':.:.:.:.:|│:.:.:.:.│|     (二二二二二)             |:|O::::|           |
   |│:..:.:.:.:|│:.:.,:.:│|     | |     |│           |:|::::::::l           |
 ̄ ̄|└──' ゙──┘l ̄ ̄ ̄(.< ̄ ̄ ̄>.) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:|::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                      |:|:::/
                                       |」/

                    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
                        l i   +   +   +   l l:::|
                    / /;:__,,__,,___,_,___,__,__,,___,___,,/ /:::|
                      ( i,;'_ __ ___ _ ___ __ ___ __ __ _;l )::/
                  | l                l |/




         j"\_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__r‐'"´   |f´ /      l
          /   `-、__ __:::::::::::::::::_,,イビノ,代     レ'´     ',   どうも気になるね
        /       i ゝドダ'''''''"´ ̄ ̄"゙゙^ │      |        ' 、
      /      │    j|         j       '、        `ゝ
     /         ∧   ,イ        /       L__        \
    〃,ィ      /   .ヽ ,'/          /            \ 7
    勹    _,r'´     ゝ ゙ー-      ゝ            \
   │|   /´        ,∧ ー--―一' 入             ヽ、
  ヽ ゞ         / ̄  ヘ 丁"^Y / バ          ト、 ト、
    \        /      ∨    `"/,-┘       /ノ 冫ゝ
.     |     /           |   ∠/            ム'  /  |
    /   r'´ ___........___     │ ,イ゛〈             / 


                / ̄ ̄\
               _,ノ ヽ、_   \
               (●)(● )    |
               (__人___)     |   さっきの音ですか
                    '、        |
                |       |   どうと言われましても
               | ,     /_.{
               `ァニニ<//〉、__ __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :


6181 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:16:12 ID:vnpJ4YYI0

                        ___,、
                   _, - '´   ト宀、
               /´ ̄´        |   |
             , ′           j、   ',
            /             / ヽ  l
            l     ,、   |     I 一,j |
            |    丶`こ !    jf近、 { i
            l      ヘ、/    |    `く   彼女が聞こえなかったのは耳が悪いからとして
            |l      /      t   r‐' 
            ソ       /       ヘ -‐iヽ、  いったい何の音だったのだろうか
            /      ,'  r'     / 丁j  }
           , '      {   り     /ゞこ 弋/ 
         /       ハ      │ トー―ゝ


6191 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:16:29 ID:vnpJ4YYI0

               .   ___
                  /   \
                /   _ノ  \
              . │   ( ●)(●)
                 |     (__人__)
        .   .     |      ` ⌒´ノ
            .  |         }   寺の鐘を突くような音でしたね
           __,ノ ヽ.ヽ       }゛
       y彳 ";;;;;;ヽ  ヽ'ヽ   ノ     麓にお寺があるのかも
     /  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';, ヽ. ::::::>/
    /     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';,`ヽ/ヽ、
   /      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;', ,.r`i ヽ、
   |      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;', /::iヾ;;rァ /
   |      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'"',  `!;;ノ! ト、
   |      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',  ,';;;;|i,.!;;;ヽ.
   |    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'';;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;ヽ,



      ノ   1r、    /ー、_   、_, 一、\    |
     /    |J 〉  〈 ィ近7ゝ  ィ辻チ' 冫     i  
    厂     ∧/    ヽ   ト  -   f     | この時間に?
   ヘ、       |     j ヽ  j l      ∧    /
  __,r'´      l    ク ノ  └′   /    | ,′ 僕の実家は寺だが、暮六つの時刻はとうに過ぎているから
'´ ,、        /    丈  r_==ャ  ,.′    .! \ 普通はつかないはずだ
 ,ク     _,. -<    〈} .〉 上¬,イ /      L  ヽ
       \  \    fヽム  L_ ク       \/
   , -─ --ート、 ゝ、    ト、  /|‐\     ,ォ\
__/     rー、>'´ ̄` 、│ ヘ_r´ |  /    / 冫 \


6201 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:17:28 ID:vnpJ4YYI0

           / ̄ ̄\
         /  _ノ´ ヽ、
.        |   ( ●) (●)
        |   (___人__)   幽霊のラップ音かもしれませんよ
            |       _.ノ
          |     _/__゙ヽ_
         j、_    (〈_r- ヽ ヽ、
        √::::::...`ミュ、r'、〈`ヽ、 |
        /.::7 ̄ ̄. : : .:.:.ヽ_ヽ   ト、
     / .:::/.:::::::::::::::::::::::::::::..\Yー‐ソ,
      ,' .::::/.::::::::::::::::::::/ ⌒ 、ヽ,:::::::::|
      i .:::::::::::::::::::::::. ::::::::::::::..ヽ::.',::::::::|
     i ::::::::::::::::::::::/ .:::::::::::::.::::: }::::;::::::::|




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   騒ぐ幽霊の例


    ,.'"´ ̄ ̄ ヽ`ヽ
    ,' ,'  ̄ニニ ヽ. ', ',
    l l γ´__ |`| i i
    i i i し' Lノ_ノ_ノ
    ', ヽ、ニニニ_____   ミ
    ヽ、_________,ノノr-、
   r^,.'"へ `゙ヽ、 「 ̄`i
   〈 i_/,.@、ゝ_r-、 ,' ̄`i
   rγレハノィ ァハ /  /   
    ルィij __´ "ir'ヽ,__/   ご飯ちょうだ~い
    i人 ヽノ ,.イヽ、_」
     `く.`Tンiイゝ、ン     ご飯ちょうだ~い
      〈§   _/_
    γ⌒`ー、ニ」 フ
    ./   、   i ゝ
   /    i `゙ーi'"´」
   `じヽ_,!   ',
     ミ  L______〉
         !,_ノ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         ,.ヘ,._,... --── - 、
       _,.ヘi  ゝ    _____   `ヽ、
       ヽ、ゝ,.'",.-'''""  , `゙ 'ヽ、  ' ,
        ,' イ /  ハ   ハ   ',.  ',
        i   L_/ゝ、!_,.イ」  i ハ  i i. ',
          |   レ.o 。-ー-、  レゝ!-'i_ハ__」
    o ゚  |    l i ""      ⌒'。o i l
         | i  | i ヘ   ,.─-、   从ノレ'    幽々子さま
       レハ.,. '- 、ヽ 〈    i ,.イ i | o 。  これ以上食べないで下さいみょん
          /     iV `T7´-、!ノLハ__」
         ゝ_,.    ノ _ヘrイヘ ヽ,     ,,..,,
         7`ー"7イ  レヽイ」ヽ(i⌒ヽ  ,;"   ';,
        /  /ン    ヽ/  i,_  i ,'     ;: 。゚ o
         , '  , '/     |o  =Y   ',     :;

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


6211 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:17:48 ID:vnpJ4YYI0

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│   l    ,rー 、     /\       ヘ、;;;;;;;;;;,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,     l   l   〈 ,、__\_/_rー-、j      l  ヘ
;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,          /┬=┤   Y  "ヽ_ン゙    |      |ン='7    ふむ、ラップ音かね。
               i. 弋H    l           l      トイバヽ、  幽霊の仕業というわけか
              ノ   ヘ亅   ├-,、__,.   __, -┤      レ'   \
           _/     /     f弋ゥご"   ,y7ぇソハ     .|`ー、    では仮面の件はどうかね。
          f´       ,イ    / ` ̄^ソ  ,イ `' ̄^ ヽ    │  \   あれも幽霊がやったのだろうか
          ヽ   _,r'"./    ゞ.     l ヽ     /      │   `ー、
           L_-'"   /     \    |  l    〈      ヘ、
        __/´    │       j    ゝ'´     冫      ',
     / ̄         )      f´  ry'ニニtァ  .ノl       |
    /           /      j´\   厂^丁   / /       /
   /            l      │   ヾソ  └‐'ゾ ./      ,′
.  /            〈        ゝ   ヘ     / f      丨
 /              冫     」     ヘ、 /  .|    




                         / ̄ ̄\
                         /_ノ  `⌒ \
              _           | (● ) (⌒ ) .|
             | !        | (__人___)   |  まさか。この家には咲夜さん以外にも住人がいるでしょう。
             | !        |  ` ⌒ ´   .|  たしかフランさん。あるいはもっと他の人が
             | !   ,.-,    |         |
           _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       r  その誰かが、内緒ではずしたのではないでしょうか。
          r `二ヽ ) i      ヽ _ 、___,   ト
           |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,別に深い意味も無いでしょう。
            |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-、
            |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ
          ノニ-、 ,/::;;|:::;;;;;;;;;>::;;|/(::::ノ \/::;;;く;;;;;;;;;;;;:: i::;;;;;;;;;;;:: }
       √..:::;;; ヽ、〉;:;;|::::;;;;;;;;{ ::;;;;;|  "::く  /:::;;;;/;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
        /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;|::::;;;;;;;;;:{ ::;;;;| |:::::::| /:::;;;:/;;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;;;;;;;;:: }


6221 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:18:48 ID:vnpJ4YYI0

               rzイ⌒ヒ~iーz_
             i⌒ゝィ'く ̄ミヽく ノ廴
            」⌒,ィ'"! ∨   ヽヽ \ ) \
           ム /  j! l   、ヽヽ ヾ .∧
               ∨ ! ム l  、 ̄` 、 l l ∨∧
              /  l/l  V、  ヽ lムミ! l V ヾ
              / l l l ィ-弌 、 V_マ_j`! !V、ヽ\
              // Vハヾ弋少\iヾ    レ'ヾ {、lヽ、  お茶とお菓子をお持ちしました
          /イ/レ\ゝ   ′   /( V./i!
           レi})ヾ}ーi、   ー '   ,イ ( Υ) ,、
          /`ー'}∨Yレi>,..  _, イ|'レ'Y VY' ゝ┐
          (ヽ  .ゞV〈  {`ー┬‐ 'ヘ_ ゞV〈イー~l
           j/ー-,ゞV〈了、 ̄`∨ ̄`7iゞV〈-二 人
         } ヽイー〉V〈:j  ゝ  ハ  く l〉⊥)_-ー ハ
          </i´┌ゝ∠l \  l l / {、人ノー}' ∧
       r '´  `ニヽイヽn._{ T o T }_l::l  )ニノ    \
       V     ヽ|l∠エ≧:: ̄ ̄ ̄:::::::::'lハハ{´    /
        `トー-- r =ト、 l l ハ /7:::::::::::::::::::::::::l-―― 'l
        `iー‐ l l / , l .l  V j::::::::::::::::::::::::::/ '  ̄ `i
         l   \! ! l l  .Vi::::::::::::__:::::/ ヽ    l
       __.ィ、l_ ,_r<))  .l ! ' // ̄ヾ  `ヽ――‐ヘ_}-v-、_
    ( ̄ー‐< '〃 ゝ_ゝ-).⊥_l / ヽ __ノー-‐' ) .<⌒ヽヾ>ゝ-'‐`ヽ
   く` ー 7'/ 凵= ´ー--‐゙` ー======三≦ ---ゝ、__ヽ`r‐ '" >
    .L`二/)――――――――――――――――――{ヽニ ̄!
     ー<__ /:::/ニ{ \_____/ l ニ〉:::\\__ >―'


6231 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:19:05 ID:vnpJ4YYI0

      丨       ,イ         f            `‐ 、_
      /        j「           j                 ヽ .ありがとうございます
 :‘..冫/       /           │  ,              /
   /       /j           │ /              〈  それでは、ご用件を伺いましょう
  /       〈 | `ー、_     __, -‐"∨         \    \_            ; 冫;."
 /  ∧      `Y_ `ー=ゞ   ,ィ7tテハ          \    ゛ー-、____
./  /├`ー-、        \_    /|   ` ^´弋           │           ̄` ー-、
l ./ /   ア`- 、     ヽ f l       `ナー 、      亅    ¬ニー---、__  \
. l /     /   │    /  L_」, _      /  │     r'´        `‐ 、   `‐ 、 .\
/./   f´    , '    /          ./   j       ゝ、__         \    \. ヽ
 │   ヽ、  /    {  ゛― ─一'´  ./|    /           `ヽ、        |     } │
.  \    ゛┤     弋>_ 厂^丁 ._,ィ7 |^\〈                      l     ノ /
    ヽ、   \      `Y´    `゙´ /__|   ヽ‐-------- 、_             L   │ f
ニ=-┬'´  ___rフ´\     `―'´ ̄ ̄´    ̄}   \_       `‐ 、_        `ー、_ ` ー弋x、
   ト-‐'´  /     j   ┌‐‐- 、,‐-‐ナ   /   ____>ー-、__       ヽ     , --、_   \   レ'
   /   /   _」   ー`ゝー--、/   ∠' ̄ ̄  ` ‐- 、 `‐--r 、_ `‐--‐'´    ' ,   ヽ 弋
   |   /ヤ'´ ̄  `ー-r--┬-、   ---‐‐‐‐‐''''''''''''‐ 、 ,-'´.     亅   `ー-、_      /   /


6241 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:20:12 ID:vnpJ4YYI0

                /    ̄ ̄ Y  ̄ ̄    ヽ
                /          !         \
             r/            r――- 、   \
          ー='/      /⌒Y ー|    └!\\ \_
         /\ / //\厂  __!_/__  /  ヽ \r―― 、
        {  ー/ {   ×´ /       ` 、    }、  \  /  昨日お会いしたばかりの方にいきなり
           入 / r、ノ  /   /         \__/ ヽ__\{   相談ごととは、おかしな女とおもわれる
        / /  / \/ /  /          \ \___}\  }   かもしれません
        十―‐ァー―/ /      i        \ \__\!
        |  // /   !   i   |          \ \ ー' ノ \  ですが、今までこのようなことを相談
       ∧ ' //     |   |   |    i  \  ー―‐ /‐    ! できるような一人も身近におりませんので。
       / !ー'―‐t‐' | |   |   |    | \ \   \ |    |
        i /      }   !/\  、   \\  \ \ ̄ ̄ /    |  夕べ本を読ませていただき、これをお書き
      ,       L _ |   ┐、_> 、 \\  \__ / ̄      、  になった方ならと…衝動的に
      〈         ヽ  | 〈\_/\ ̄、 〉 ̄ /             〉
        \           〉_/:::::::::::△::::::::\//\_       /
        \___入,_/ \:::::::::::::::::::::::::::::::r、〈 ○ || `ー‐十ー‐'
       , ----、|    || ○∧〉}:::::::::::::::::::::::::| /\_//     |― 、
        |    L __l_/  、::::::::::::::::::::::::::ー    `十―‐'   |
        |       r:、     ,\::::::::::::::::://     /、     |
       \     /::::ヘ    ∨ニ二二ニ ’    ' /:::::\    |
        〈\ /::::::::::{ `    、 ,   /     ∧:::::::::::\  ,
        /` /::::::::::::::∧       ∨ / /     /  〉::::::::::::::\ \
          {_/::::::::::∧/、 、     i   .     / / 、/〉::::::::::::Y::::\ /\
       ,::´::::::::::::::::/  i \ :.     !  /    ,    ヽ(ヽ::::::::::::i:::::::::/   〉
   r―- l::::::::::::::::::::::〉、 ,   ∧   | .:    / /   |  }::::::::::,:::::::::{__r'
   |_  |:::::::::::::::::r'  |    '  :.   | i    / /    |/ ):::::::::::::::::/  ヽ
   /〉 ヽ、::::::::::::: |   !   {  i   | |   ,  '       |' 〈::::::::::::::::,_r、 ノ


6251 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:20:35 ID:vnpJ4YYI0

         j"\_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__r‐'"´   |f´ /      l
          /   `-、__ __:::::::::::::::::_,,イビノ,代     レ'´     ',
        /       i ゝドダ'''''''"´ ̄ ̄"゙゙^ │      |        ' 、  光栄ですね、それは
      /      │    j|         j       '、        `ゝ
     /         ∧   ,イ        /       L__        \
    〃,ィ      /   .ヽ ,'/          /            \ 7
    勹    _,r'´     ゝ ゙ー-      ゝ            \
   │|   /´        ,∧ ー--―一' 入             ヽ、
  ヽ ゞ         / ̄  ヘ 丁"^Y / バ          ト、 ト、
    \        /      ∨    `"/,-┘       /ノ 冫ゝ
.     |     /           |   ∠/            ム'  /  |
    /   r'´ ___........___     │ ,イ゛〈             /    j
   ヾ    /  /      \.  └fンl  ヽ、         r'′



              __   _,. -──-
             __>、 {廴ノ ̄\  _    `丶
          r'⌒\ \,.. --ミ ⌒} } 〉    \\__
          く\   /      \ノ /〈_      ー─''⌒
.          >─ ´          ` <_ノ        ',
             ′       \     ⌒__     i
.            |│  :/ \__  ー=ニ__ /      |i   最初にお尋ねします
.          ノ│  :l  ´| \ト---┬┬=彡       八
.          /|│ 八  :|  ,ィ笊テ││り     |   :|    お二人はどの程度、この家のことを
          八{ヽ(\{\|   Vツ /∨`\  ,} l{ ハ|    ご存知なのでしょうか
.              ノ )   ' ' '厶イ }  ノ/\八{
              / / `丶 。  {ノ / r‐┐_
              {/ / / _>-イ{_く_,/ノ⌒´\(
                {/{/ /}こ{_}く/ }    〈^}
                 ノ{/{_>{}<_}_丿     ∨
                {>{}<}::/::/ ∨ }      \
                {ノ:::::|::::::{i  }_ノ         〉
                 /:::/::::|__/::\( く(__,.  -┬‐ ′
.               {::::{::::::::::::::::::::::::\_l |O   |
.            _   \\:::::::::::::::::::::::/|__|__|                 __
               { { {__   |:::::::::::::::::::::::::/  |   |-─‐-             /  /´
.          __ノノ \\|_,.  -──〈/_」   |      〉___     /   /
.          (二二´    / ̄ ̄〉 ̄ ̄ ̄ ̄      |-─


6261 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:21:38 ID:vnpJ4YYI0

     r  ̄,   ´ _ノ            ,.. ='-ァ
     /  /  , 弋う‐ k‐r,-、ニニニ-r T  ̄  | /    まあ、一通りのことはやる夫君から聞いております
.    / ノ   /  入  L `7´こ卞、ト、」 |!     l'\
   〈    '   /  〉 | /´   ト、`` ! |    |  ヽ   それとは別に個人的にも少し調べさせていただきました
     i     ´  / l       | 〉   l {!     |  ヽ
    _」 |!       イj k     _ ′  | l     ト、  ヽ
  / l ||  |     f トヽ  `ー==-‐'  イ、    l \ L_
 / / V|  |    |  } \、_ 〉 ̄く_, ≠  }    \ ト、  `i
 ≠` <      |  人  \    / /7      ヽ| \  |
     \      j /   \ ヽ / //         ヽ   \|
       \  / く      ヽ V∠ /        /    \
         ∨    \    /匸!ヘ  \    <´/         \


6271 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:22:00 ID:vnpJ4YYI0

    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r :.:.:.:.:.:.:`ヽ
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ヾ:.:.:.:.:.:.:./
    /:.:.ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   |:.:.:.:.:.:/
   /:.:.:.ヽ ヾヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/、__   i:.:.:.:.:l
   /:.:.:.:.:.:.ヽ ゝ):.:.:.:.:.:.:.:.:/ktjーゝ`./:.:.:.:.{   僕が知っているのは、この屋敷が中村青司によって設計されたこと
 /:.:.:.:.:.:.:.:iゝ 〃(:.:.:.:.:.:.:.{  ``"^ 〈:.:.:.:.:.:|
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|i``(( \:.:.:.:.:.:i、     ヽ:.:.:.:.:.l  前当主の時計のコレクションが納められていること、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| i!  ヽ/:.:.:.:.:.:.メ   ヽ,=‐':.:.:.:.:.ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノl i!  /:.:.:.:.:.:.:.:.,ア `ー =ァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i 倫典氏が亡くなられた後、娘のフランさんが財産を相続されたこと、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト─ /:.:.:.:.:.:.:.:.:/  _-ニ/:.:.:/:.:.:.:.:.,.ノ
:.:.::.-─ /  〈:.:.:.:.:.:.:.:ト、ヽ  _ノ:.:.:ト:.:.〃:.:.:.,ィ/  それからこの十年の間の七つの死です
 /ililiil/    \:.:.:.:.:.:.\`ヽヽ:.:.:.|:.:《、:.:.:.ヽゝ
/ililiilili-─ト、--/,ィ:.:.:.:.:.,)  ))乂\\ヾ:.:.:.:.ヽ
ililiililiililiililiililiilヽ ト /   〃/\``  \:.:./





              _,r‐―「 ̄》ーr‐┐__        
            /\vヘレヘ </|⌒)、`ヽ    
            {r<⌒T⌒  \ \`'く人_ \  
          /   / {i     \ \ \{__  \    
         /      ′|l            \ Ⅵ   ヽ
         ′  / /  |い   卜      }  \   ', 
        i    |斗一' |  'ー┼-\   |   \  |  ああ…そこまでご存知でしたか
        | ι |斗=ミ人(  斗=ミx.\   |,   ≧=十
        人 、 ∧ r'ツ  \ r'z_ツ 》   ノ\  /   !
.           ヽV _乂_〈          /      )/    |
           八 {        __彡 /} }ーく ,   |
.           / ハ_八  ゝ;ヽ `ー-イV7{ {   )} ヽ ハ.
            j ′|  ) 、`¨′    イV/ ) 丶/人 }、 `ヽ
.            ゝ、 l<^个ー‐-、   从 |/\__\  ,ノ `ヽ,ノ
               )ノヽ,レ'j/i´ '   ∠   \__ヘ )ノ
                _ィ'´ |  ヽ、 /     /.:.:.:.:.:!`゙'' ー-,、
         ィ ̄  / / , '-_テヘ::ー┐ ノ.:.:.:.:.:./  /  ヽ


6281 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:22:28 ID:vnpJ4YYI0

          /   `-、__ __:::::::::::::::::_,,イビノ,代     レ'´     ',
        /       i ゝドダ'''''''"´ ̄ ̄"゙゙^ │      |        ' 、
      /      │    j|         j       '、        `ゝ
     /         ∧   ,イ        /       L__        \
    〃,ィ      /   .ヽ ,'/          /            \ 7
    勹    _,r'´     ゝ ゙ー-      ゝ            \    そのような人死にが相次いだために、
   │|   /´        ,∧ ー--―一' 入             ヽ、 いつしかこの家について悪い噂が流れて
  ヽ ゞ         / ̄  ヘ 丁"^Y / バ          ト、   呪いがかかっており、少女の亡霊が森を
    \        /      ∨    `"/,-┘       /ノ   徘徊している
.     |     /           |   ∠/            ム'  / 
    /   r'´ ___........___     │ ,イ゛〈             /   ―――とりあえずこんなところでしょうかj
   ヾ    /  /      \.  └fンl  ヽ、         r'′


6291 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:22:50 ID:vnpJ4YYI0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

,x幺主圭歪≫''¨”´ ,xif斧lll圭圭才''"´      刈圭狄ア㌢             '守|会ュ
丞圭亥7才´  ,.x幺lllll圭才"´        ,炸I圭jⅣ´             `Ⅵ|丞
圭歪j㌢´  ,x幺llll圭才´            焔圭:Ⅳ                Ⅵ|伐
圭jア   ,ィ劣圭才´                 .以圭Ⅳ                      Ⅵ|伐
j炒′  ,ィ劣l才´                   込i:圭{                      Ⅵi伐
Ⅳ   /{}{ア´                       Ⅵ7:刈                       Ⅵii
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|~'ー 、,,, ,:; :;:〃:;:〃:):;,,,,                   ;:(;ゞ::;: ;::;ゞ ,f  .||
::::::::::::::::iニ|:::::|.|`i ,|:; :;:〃:;:〃:ゝ:; :;):;:         ___ll___      ;;:( 丿;:,ゞ;:〃:;ヽ'.,l  ||
::::::::::::::::i__|:::::|.|_,i:;:√〃:〃:;';:.ゝ〃:;;)        [;厓.ll厓゙]      (,;:,ゞ;:〃:;ヽ'fl    .為
:::::::::::::::::: :::::::|.: ノ:〃:;丿;,ゞ;〃ゝ; ;; ヽ:;、     .|冖''ll'冖j     :;:;(ゞ;::〃::ヽ丿;:,ゞ;:〃 .ソ
.................. .......|.,{: :〃;丿; ,ゞ:;〃'ゝ. ;:; :;ヾ;:;)    .|: fl |:::::|     ;:(,;:::; :;:〃:;:〃:ヽ:::;:;./ア
::::::::::::::::iニ|:::::|.|`i(. ::;:;:〃:;:;;丶;: ゝ;. ;:;;:〃:);:;   |: fl |:::::|     ;:(;:,ゞ;:〃:;ヽ:::;:;丿;:,ゞ;:〃
::::::::::::::::i__|:::::|.|_,i(:〃: :ヽ: ;丿;:,ゞ;:ヾ,;:;〃: ):;   :|: fl |:::::|    (:. ;;:,ゞ;:〃:;ヽ'丿;:,ゞ;:〃
.................. .......|. (: 〃:;〃;':;. ;:;〃:;:;l: ;;,ゞ;:) ━━:|: fl |:::::|━━━(丿;:,ゞ;:〃:;ヽ:;ヽ:;ヽ━━┓
::::::::::::::::iニ|:::::|. (:;:;:;::;〃:;':;:.〃:〃 ヽ:,ゞ;:: ;) _i:::i_i::|: fl |:::::|::i_i::::i_i::::i_i::::l (;:::〃:;丿;:,ゞ; :i_i:::
::::::::::::::::i__|:::::|.|`i,(〃 :〃:': ;:,,,; ;;; ;:〃:ヽ);; ≡:≡:|.r-il::::::|:≡:≡:≡:≡l:≡ iョ:;:;ソ:〃):;三
.................. .......|.|_,i `''“゙゚゙'l ::'il  .“'・ャ-、;;;ソ;;;;;;;;/゙| ̄| l lヽヾ;;ilY⌒Yli;;;;;l::;;;;,,...l! .|,,..,..,..,.;:;:;:;,...,..
:::::::::::::::::: :::::::|. ;;;-'' ̄ l ::'il  ̄,l :i|,,v.```“""''''''''''“'''''゙`″'''''''''''-、__,,; `;;li! .|;:;:`;;.;,.;;.;.;:
""""""""""" _;;;;;;;;;r--・・''"""~`                      - _,lii: .|;;:;::;.;:.`:;:;;;.;
`:;:;;.:,;:;_,-''" ̄                   /                ゙̄~'''--__:;:;;:;:
-'~  ̄                       /.7:Ⅳ                  為圭圭
圭i:洲{                         以Ⅳ                    ,炸,圭l圭
圭i:刈                 [       Ⅵ7                    ,炸圭圭l
圭lil代                    /k        7   .λ              焔圭l圭l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


6301 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:23:21 ID:vnpJ4YYI0

                 -─‐--=、
         / ̄ ̄`'´       \
.      /                \
      /       rz____       ∧
.     /   ru‐ナTΤ 「  / / ̄\__ \',
    │ __,ィ个v {__lー‐┴、厶--、 / 〉   \
     | _レへ /  ヽ        \ / 〉  \\
      l Ll___/                 \   ∧. \
     V  //               ヽ  | ∧\.\
    /  //   |   |    \ \     \! |∧ヽ\ ヽ  この家は不幸な家でございます
.   /´l // | l | | l | V \ ヽ \___ \ー-jハ}ヽ\}ヽ}
.     //  l| l|⊥L|__l l \ /)T二ΤV   \|二ハ\|    呪われているのだと、そのように言われるのも
.    / '!  /l lハNVヽ|_L// xtテfオラ∨   |_∧厂|    過去に起こった不幸を考えると無理もないかと思われます。
_// |!  / l |ャセ=///\   ̄´ / ∨ト、 |( ̄ ̄\
  ̄   | /jノ| jハ /   ̄ )、   /ト、 } |,ハj 〉    |   
.       l/(  レヽ/    \‐‐ィ /人__}j/ 〉__//    !   …呪われている。
         ,ハr─/    八 冂._/  ∧_{_八  〉    ∧   確かにそうかもしれません。
.       | V´i   _/(//{_|\o' /(__ノ{/       ∧  
         |  ヽ|   l | l 〈/O\}∨|rく__ノ_)__     ∧  十年前に娘を亡くし、夫に先立たれたときには、
        |/二.|   lノ | 〈/| |_l ,八__L{__,ノ  _   /  わたくしも自らの死を考えたものでした。
       |ヽ--!   , \___!__|_/  / / ∧-=<    /
.         | // |    '.            { l  }、 o\/
.       V/|     ’           lハ   | \_, /
        \」     ',\   _ノ_  -ヘ / / ̄\____,
         |_|      i ̄ ̄         V ∧、  ',     VL
.            '.    /      _   -= ´Vt{、   i    Vハ
             \__/ r‐= T 匸 _     /Vtヘ  |    V}〉
            /    |\ \       /  Vtヘ  |     }リ



                       __
                       /    丶
                    /         `
                      /           ',
                        /     ___,ノ ゝ丿
                    /     (、__)(__ノ   ……
                      /  {     (___ノ、丿
                    /ヽ\ ト.、     /
               / : : : .\\>、___,_∧
              : : : : : : : : :\ ∧:::: ヘ : :\
           / : : : : : : : : : : : :ハ、}:::::{ `; : : :`: 、
.           /: : : : : : : : : : : : : : : ::∧:::::`, | : : : : : :.
           { :.| : : : : : :|: : : : : : : : : :∧:::::V: : : :.V. :ト、


6311 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:23:42 ID:vnpJ4YYI0

              __   _,. -──-
             __>、 {廴ノ ̄\  _    `丶
          r'⌒\ \,.. --ミ ⌒} } 〉    \\__
          く\   /      \ノ /〈_      ー─''⌒
.          >─ ´          ` <_ノ        ',
             ′       \     ⌒__     i   なんとかその衝動は抑えられたものの、
.            |│  :/ \__  ー=ニ__ /      |i   この先どう生きていけば良いのか
.          ノ│  :l  ´| \ト---┬┬=彡       八  途方に暮れくれる思いでした。
.          /|│ 八  :|  ,ィ笊テ││り     |   :|
          八{ヽ(\{\|   Vツ /∨`\  ,} l{ ハ|   それを先代の旦那様が、このまま
.              ノ )   ' ' '厶イ }  ノ/\八{     この家に残るようにと云ってくださいまして。
              / / `丶 。  {ノ / r‐┐_
              {/ / / _>-イ{_く_,/ノ⌒´\(
                {/{/ /}こ{_}く/ }    〈^}
                 ノ{/{_>{}<_}_丿     ∨
                {>{}<}::/::/ ∨ }      \
                {ノ:::::|::::::{i  }_ノ         〉
                 /:::/::::|__/::\( く(__,.  -┬‐ ′
.               {::::{::::::::::::::::::::::::\_l |O   |
.            _   \\:::::::::::::::::::::::/|__|__|         

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    |┃三     , -.―――--.、
    |┃三    ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ
    |┃    .i;}'       "ミ;;;;:}
    |┃    |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|
    |┃ ≡  |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|
    |┃    |  ー' | ` -     ト'{
    |┃   .「|   イ_i _ >、     }〉}     _________
    |┃三  `{| _;;iill|||;|||llii;;,>、 .!-'   /
    |┃     |    ='"     |    <   話は全部聞かせて貰った
    |┃      i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {     \  この家の管理をしてくれたまえ
    |┃    丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ     \
    |┃ ≡'"~ヽ  \、_;;,..-" _ ,i`ー-     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃     ヽ、oヽ/ \  /o/  |    ガラッ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


6321 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:25:16 ID:vnpJ4YYI0

                       r~r~r=、
                     rく>宀宀<ゝ
                   /「∨  /  ヽ. ヽ〉
                     イに′/ ′}  }  ,
                  |に} 〃Α } Α  |   私にとって、倫典様はもちろんレミィお嬢様も、
                  |j从从苡 )/イ苡li从   そしてフラン様も…
                    |! i:レ ゝ  __' 人ノ
                  ノ乂人§〕>r<i§_    どなたも大切なお人ばかりでしたから、ありがたく
                 厂}【X】\ ]ト【X]‐┐  そのお言葉に従うことにしました
                   r{ └〕::\ノハ\)V)ノ、
                { } └〕::::::〈∧r―vノ\
                      /  └〕:::::::::::{_、 ∨} ヽ
                ‘ 、  └〕、:::::ー':,  弌_,ィ
                     \__rfアく:::::::::::::.  ヾ㌢
                    └「\ ゚マ⌒´ヽ  }―┐
                    { ̄ ̄ 厂}≧\ \〕)、 ー′ /
                〉ー 厂ア    ヽ __】ヽ)、 /
                { /厂ア、    ‘ヽ彡┐V)、


6331 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:25:33 ID:vnpJ4YYI0

                     /...../......../...../..................レヽ.....................................................
               -=彡......{........{.....{.......{........{.......}......从.......................................
                   /.....{................{..................ム彡}/................}..............................
                   |.......{........{.....{.......{.......芹/(_  }..........}..............................
                   |..................{.....{.......{.....ノ.込V   }....ハ..}................../.........
                从ノl.........′.......汽           j/...}}................/...........  そのころ旦那様もまた、深く愛して
                      |.....∧.............込            }............../.............  おられたお嬢様を亡くされて、
                      |ハ/.i.iヽ.i\{i:i:./             ノ............./................  気も狂わんばかりの嘆きようでした。
                      Ⅳハi{.i.i.i.i./i:i:i:..             {................ハ..............
                       }}|.i.i.i./:i:i:i:i:i:.  _ -‐    ∧.........   }....../} 何とかその悲しみから立ち直られて、
                     ノ八ハ从ノ:i::i::i::i:..  ̄    〈 人_ノ    }/   この<新館>の増築を始められたのが
                       イ::i::i::/|:i:iうo。     〈..人..〉 厂しへ厂し その年の秋のことでございます。
                    _ イ_人,/  ル从ハ从〕爪〈..人..〉 〈 {   / 
                    _ イ_人,/     ィ==ミ  ,.ィ〈..人..〉   ゚フ"¨´ ` '
                *∽*+_ イ__人/       〃  ,.≫《__〈..人..〉 _彡'     
          -=彡%///%_人,/     ミ =《zz彡'´  *∝⇒*/          
.            -=彡*∽*+¨´    =ニニ,.ニニニニニニニニ*∝⇒*          /
                       =ニニィニニニニニニニニニニノノ从ル  -=彡    
                =ニニニニ/ニニニニニニニニニニニニ/            
              =ニニニニニ‰ニニニニニニニニニニニニ∧    _ , _   



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                |  幵幵幵幵幵幵  |
                |....上上上上上上L__|
                |   | |     | |    |
                |   | |     | |    |       
                |   | |     | |    |     
                | ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||¨|      
                | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ∧ 
                |__|__|__|____| ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                |_|__|__|_____|\\\\\\\\\\\\\\\ 
⌒'ヾー、                |__|__|__|____|\\\\\\\\\\\\\\\\
   ..::::)               |__ __|__|_____| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄
....:::_,ィ〔           ,ィ⌒v'{_  |__|__|____| ∩ ∩ ∩ ∩ ∩ ∩ ∩ ∩ ∩l|
::::::::::::::::⌒`)     r'(::.....r ′ ゞァ _|__|_____| ∪ ∪ ∪ ∪ ∪ ∪ ∪ ∪ ∪l|


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


6341 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:25:59 ID:vnpJ4YYI0

               {     rヘ_rヘ_rヘ_rヘ_rヘ
            \_(⌒ヽ{  {  {  {  {  {⌒ヽ
      _,..,‥: :/⌒ヽ入_j_j_j_j_j_j_/⌒ヽ
     ㍉: : : : :_:_) \/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`\/⌒!.,
       }: : : : ( ヽア゚                  ヽ 人: : ‥..,_
        、 : : : )ア゚  /                     V  ): : : : ㌣
        \ //  / /  /  / /           \ (_: : : :/
      ー=彡'//  /  /  / /  { { {     |     \): :/
     __/    /  _j_L厶 /  、j_|_j∧li   |  \\j/    ところが翌年の夏、時計塔が完成した
      \__   /{  l| | | { ! {  /l | 厂|i|   !    く     直後に旦那様は病気でお倒れになり、
        // ハ l|茂筴|/| /レ/茂筴|   /, 、   \   わずかの後に逝ってしまわれたのです。
        ー―=彡'从 ゝ ̄::::: |/′::::::: ̄厶イノ  \厂 ̄ ̄
            厂〕-(Y) 、   ;     ∠)Y)ー<\(       そして―――
.            /厂〕 (Y) 〕ト ‐_-  イ (Y)  厂フヽ
            /:::厂〕 (Y) {   {  _/  (Y)  厂フ::::::}       自らの死期を悟られたのか、病床で
          /::::::}⌒l 【><】.{  人∠、 【><】 厂フ::::::::::.  )     旦那様は、いくつかの遺言を
         ヽ::::::::::\_} 从 レ'::::囘ヽ:∨/从  厂フ:::::::::::::./∧    わたくしどもに残されたのです。
.         \::::::::::`Y  〈/::::凶::::\)   厂フ::::::::::::::::}: :ハ
           {ニ==::::〉  {::::::| |:::ーく    }_)::::::::::::::::ノ /: : }


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


r‐┬‐‐,, ,,,、                    ,r,!r‐i、   ,,,-、--┬-┬-┬┬┐
|  l   | ゙│ヽ_       _,,,,,,,,,,,,,,,,----:-r,''i,|-、゙l''''''"゙″ .,,|  |  │ l゙ ,!  |
|  .|  |, `―‐'''''''''''''''"゙"゛          ||゙i、`'i、'-,.\,,_,,,、-┤ l゙  .|  l   | . |
|  l  |_\,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,ュ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,||,,,,,|,,,,,゙l,,,,,,,,,,,,,,,,,,,| |  l゙ .,,!  ,!  .|
|   l ハI I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I|  l  l | | |   |
|  ∥ .l|I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I I | .l゙  ゙l ゙l|   | |
|   |.|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|l .l l ゙| l゙ .|  | |




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


6351 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:26:37 ID:vnpJ4YYI0

               ゝ、,  `/'.,‐- 、、,____、,___::::::::::::___,、____,、、 -‐ 'ハ´ 、r'
 その遺言に何か、    ヽ,`゙゙''ト/::::::::::i:/ ィ''ゥr心y,.  ̄ ̄ ,ォメ.rゥ''f´,'.|:::::::::レ‐''゙゙´ r"
 問題があると?       ヾ,こl::::: ::: ::|   ̄     :      ̄  |::::::::::fこ,r'´
                 メ::::ヽ,':::: :::::::}       '" |  ゙'      l:::::::::::八::::::ヽ
                /:::::::::/: ::::::::: :l         |i        {:::::::::::::::::',:::::::::':.,
        ,r -‐-  .‐''´::::::::::::/::::::: : :: ::::}        | 〉       リ::::::::::::::::::\:::::::へ、_
   _ ,、r‐'"ゝ:::::::::::::::::: :::::::::::::r゙::::::: :::::::::::: 人  、.____ ___匕__.,  ム::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::`゙'ヽ,- 、,_
r"´:::: : ::ヘ: : ::ノ::::::::::: : ::::::::::://:::::::::::::::::::::/ ヽ  `-‐──‐‐- ´ /  'r::::::::::::::::::::::丿::::::::::::::::::::::::,': : : :/`
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ(:::::::::::::::::::::::::/: :{: :: :::::::::::::::(    ヽ ,..、,_八 ̄八 _,、,r´   ):::::::::::::::/ゝ::::::::::::::::::::::,': : : :/:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ::::::::::::::::::(: : : : :ゝ, ::::::::::::::::::\    ヘ `::::::::::::´冫゙    /:::::::::::::/: : : : `゙)::::::::::::,': : : :/:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,\r‐:、::::::): : : : : :`゙): ::::::::::::::::)ヽ.    ',::::::::::::/    r":::::::::::::::(: : : : : : (::::::::::::(: : : :/:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : :ソ": : : : : 、イ:::::, 、 ‐' ゙´: : ::ヽ,..,_  ',::::,'   _, ,/_ゝ、_:::::::::::::::::`゙'、: : : : :゙ ' : ::::)' /:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :::',::: : : : : : : : ゝ、(: : : : : : : : : : ::/: :,','. ̄||゙'v' ゙|| ̄',',:::::ヘ: : ::)::::::, 、 ‐' ゙: : : : : : : :イ: : ,':.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',: : : : : : : : : : : :`: : : : : : : ::::/::::,',':::::: ||::::'::::::||:::::::',',::::::ヽ ゝ、(: : : : : : : : : : : : : : : :,':.:.:.:.:.:.:.



              _,r‐―「 ̄》ーr‐┐__        
            /\vヘレヘ </|⌒)、`ヽ    
            {r<⌒T⌒  \ \`'く人_ \  
          /   / {i     \ \ \{__  \    
         /      ′|l            \ Ⅵ   ヽ
         ′  / /  |い   卜      }  \   ', 
        i    |斗一' |  'ー┼-\   |   \  |      は い
        | ι |斗=ミ人(  斗=ミx.\   |,   ≧=十
        人 、 ∧ r'ツ  \ r'z_ツ 》   ノ\  /   !
.           ヽV _乂_〈          /      )/    |
           八 {        __彡 /} }ーく ,   |
.           / ハ_八  ゝ;ヽ `ー-イV7{ {   )} ヽ ハ.
            j ′|  ) 、`¨′    イV/ ) 丶/人 }、 `ヽ
.            ゝ、 l<^个ー‐-、   从 |/\__\  ,ノ `ヽ,ノ
               )ノヽ,レ'j/i´ '   ∠   \__ヘ )ノ
                _ィ'´ |  ヽ、 /     /.:.:.:.:.:!`゙'' ー-,、
         ィ ̄  / / , '-_テヘ::ー┐ ノ.:.:.:.:.:./  /  ヽ


6361 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:27:05 ID:vnpJ4YYI0

「まず、自分の死後、財産は全て当時8歳になられてばかりのフラン様に。
フラン様が成人されるまでは、旦那様の妹で海外在住のパチュリー様を
後見人に指定されました」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             _,,,,........,,,_ ,.へ  __
          ,. '"      〉〉 `y' /|
        iヽ〈 、  __  __,  Lヽγ⌒ヽ      /|
        'r-'、._r'-、ノ⌒ヽ、_r-、Yi    ',     V
         `γ´ /,.!ニ、!ヘノ,.ニ:;、 ハ|   l |    /<>
         くi !ハ i ヒ_〉  ヒ_,ア!イ |  /   /へ
          レイ | l."  ー "",!/Y イ  _,.ノ ̄´
          ノ、i |ゝ、.,_  ,.イン| |// |ヽ
         <|ハノ |`,く.|ノ _,>ヽ,レ゙|<> ヽ|
            ∠〈 ム゙ 〈__,イ |ノヽ、
             .i i__,/ /ヽ,  V

           相続人 真紅フラン


          , - ‐- 、   _ _
      _ ,/´     \,'- - 、ヽ
     /  、-= - 、     ¬-ヽ }
    ,'ヽ_‐-}_ヽ_ `´,'_´ ヽ、_,/ /_
   /ヽ/`´/:.:/:.l:.:.l:.、:.\ /_ /、 ヽ
  ゝ,/:.:./:./-‐{:.:.|:.:.|:.|‐-|、|ー、´`}/ ヽ
   /:.:/:./:.:.|:.|__| リ{:.:.|:.|:.__|:.|:.:.:.:.ヽノ ` 、. |
   |:./l:.{:.|:.:|:.{.l心   ´仡タ,l:.:.:.:.:.|   |- '
   リ' ヽ:.:.ゝ:.ヽー' ,  ゞ-'/:.:.:.:.::ヽ--'
     /:.:.:.:.:.::ヽ、 -  _/:.:.:./:.:|
     /:.:.:.:.:.:.:.:|-‐`i ´_/:.:.:.:.:/:.:.:.:.|
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:| /´l´/:.:.:/:.:.:.:.:.|
   {:.:.:.:.:.__:.:.:.|/ /:.:./:.:..:.:.:/l:.:|
   , - ´/⌒ヽ {:.:.:/:.:.:.:.:.:.:/ ゝ:|
     / .  |  |:./:.:.:.:.:.:.:/ `,:.ヽ


     後見人 パチュリー・ノーレッジ
     真紅倫典の妹、海外在住

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


6371 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:27:31 ID:vnpJ4YYI0

                        ___,、
                   _, - '´   ト宀、
               /´ ̄´        |   |
             , ′           j、   ',
            /             / ヽ  l
            l     ,、   |     I 一,j |
            |    丶`こ !    jf近、 { i
            l      ヘ、/    |    `く   それだけなら、大して問題はなさそうですね。
            |l      /      t   r‐' 
            ソ       /       ヘ -‐iヽ、  問題はその後ですか
            /      ,'  r'     / 丁j  }
           , '      {   り     /ゞこ 弋/ 
         /       ハ      │ トー―ゝ


         __〃⌒Y  ̄)ー┐
       ィ⌒いjLニ=ニ∠/ノー┐
       rくヽj>~      `丶ヒノュ
     jゝ/ 从  人从 Vハ  ヾレ)、
     〉/  ハハ  ハハハ Nマ  ヘノハ
     Y /i V  |  i| ト } }   ハ」 ∧    はい
     /  {  {{  i   ! }廾ナ乂}   |ハiハ
      i/   .斗匕从  レノ / rヵォ|  l   |   そして、法律的にはどの程度の拘束力を持つかは
     V  .}、fてぅトV    ヒニノ /i |   |   わからないのですが、相続にあたってフラン様が
     /   {ヘ ゝ- '     """' /イ    .|   守らなければならない条件を示されました
      |   `ハ"""  '    ノ  / i/
      |! ハ    > ._ -   rく / ノイハ
      乂人  イ≧x_ r{Y}千 7、__riくー¬
        }/ .斗{ _ノ | !| 「<__/ /二 ノl
       人ん/| / ハ八 Kミ_/ /く. (イ|
        |   (._/)「人ヽ ` }_/ /ミーr┘|
       |   て./|  }  l/ /ヘ、ノ  .|
        .|    しハ 人_ .イ ヘ、r┘  .|


6381 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:27:48 ID:vnpJ4YYI0

「のっぴきならない事態にならない限り、この家を手放してはならず、
できればずっと住み続ける事」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|~'ー 、,,, ,:; :;:〃:;:〃:):;,,,,                   ;:(;ゞ::;: ;::;ゞ ,f  .||
::::::::::::::::iニ|:::::|.|`i ,|:; :;:〃:;:〃:ゝ:; :;):;:         ___ll___      ;;:( 丿;:,ゞ;:〃:;ヽ'.,l  ||
::::::::::::::::i__|:::::|.|_,i:;:√〃:〃:;';:.ゝ〃:;;)        [;厓.ll厓゙]      (,;:,ゞ;:〃:;ヽ'fl    .為
:::::::::::::::::: :::::::|.: ノ:〃:;丿;,ゞ;〃ゝ; ;; ヽ:;、     .|冖''ll'冖j     :;:;(ゞ;::〃::ヽ丿;:,ゞ;:〃 .ソ
.................. .......|.,{: :〃;丿; ,ゞ:;〃'ゝ. ;:; :;ヾ;:;)    .|: fl |:::::|     ;:(,;:::; :;:〃:;:〃:ヽ:::;:;./ア
::::::::::::::::iニ|:::::|.|`i(. ::;:;:〃:;:;;丶;: ゝ;. ;:;;:〃:);:;   |: fl |:::::|     ;:(;:,ゞ;:〃:;ヽ:::;:;丿;:,ゞ;:〃
::::::::::::::::i__|:::::|.|_,i(:〃: :ヽ: ;丿;:,ゞ;:ヾ,;:;〃: ):;   :|: fl |:::::|    (:. ;;:,ゞ;:〃:;ヽ'丿;:,ゞ;:〃
.................. .......|. (: 〃:;〃;':;. ;:;〃:;:;l: ;;,ゞ;:) ━━:|: fl |:::::|━━━(丿;:,ゞ;:〃:;ヽ:;ヽ:;ヽ━━┓
::::::::::::::::iニ|:::::|. (:;:;:;::;〃:;':;:.〃:〃 ヽ:,ゞ;:: ;) _i:::i_i::|: fl |:::::|::i_i::::i_i::::i_i::::l (;:::〃:;丿;:,ゞ; :i_i:::
::::::::::::::::i__|:::::|.|`i,(〃 :〃:': ;:,,,; ;;; ;:〃:ヽ);; ≡:≡:|.r-il::::::|:≡:≡:≡:≡l:≡ iョ:;:;ソ:〃):;三
.................. .......|.|_,i `''“゙゚゙'l ::'il  .“'・ャ-、;;;ソ;;;;;;;;/゙| ̄| l lヽヾ;;ilY⌒Yli;;;;;l::;;;;,,...l! .|,,..,..,..,.;:;:;:;,...,..
:::::::::::::::::: :::::::|. ;;;-'' ̄ l ::'il  ̄,l :i|,,v.```“""''''''''''“'''''゙`″'''''''''''-、__,,; `;;li! .|;:;:`;;.;,.;;.;.;:
""""""""""" _;;;;;;;;;r--・・''"""~`                      - _,lii: .|;;:;::;.;:.`:;:;;;.;
`:;:;;.:,;:;_,-''" ̄                   /                ゙̄~'''--__:;:;;:;:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


6391 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:28:10 ID:vnpJ4YYI0

               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|  ずっと…一生ですか
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  ノ7i:7、/ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|.:i..:::ソ,/:::::::::i
            ヽ、._  ∥ヽ、_,r':::::::::::.|
            `ヽ、:::::::::::/':::::|
               `'ー'´


                 ______
              _rfヱ丁匸^'¬ーュ_
            ,.xr┘> ´      ` <` t___
.           / rイ>'’           「`'く L
.        / jT〉'       /         |  丶{__
       / r'7      / 1  /   ,∧    ヽ
.        ′fiy        ′ |__ ′  /' ∧    i
.        |i }f     / l  ,人∧彡イ /´‘, ∧ !    はい
        丿从i      ∧ l ィf竓ミハ.儿/x斧ミV ハ |\_
..   -=彡1 厶    ∧ |人r勿    f_r勿 |Ⅳ | !    そして私に対しても、いくつかの遵守事項を
         |  И 「 Y ∧‘,             川 人    言い渡されました
       ハ / 个1/,ハ`ヽ、         ノイ |∧
.          Ⅳ / l レ |i Yヽ   σ  /リ人_」_
        /厶:イ_人,j_,八_」__ト.. ___ ,イ/  乂フ}
           /   ヽ /ヽ〈Уノー┐ V/亅    八少t
                    r込,/〉  li   マニiヽ__    ゝこY壬}
                __ノ У〈.   l廴__ マリ У`ヽ   くj}`ヽ
             . ´  〈У〉  | f⌒≫zf、__,ノ八`ヽ、ヽ_,人
           /   {{こ>rf壬} :乂__ノハ `¨^


6401 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:28:32 ID:vnpJ4YYI0

まず「<旧館>を住居として使用せず、扉を締め切り今の状態を維持すること」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

エ エ|//l 77\ \夫l夫l夫l天l天天天天天天_天天天天天天|天|夫|夫|夫/ /77|//|エ エ
 エ .|//|'777\ \夫|天|天|_ィ≦ ̄ ̄Yi'´ ̄ ̄`:iY ̄ ̄≧、.|天|天|夫 / /7777|//| エ
エ エ|//l \7777\ \/´ヾ. マ 、   .| !     .l l    ./ ,r'`iヽ、/ /777/|//|エ エ
 エ .|//|xxx\7777\ ,`< ,ヘ__∨__.l-`≦- ≧'-l__/__/   >'、/7777/Xx|//| エ
エ エ|//|'XXXx\_/´> 、>'´   .:   :   : | | | :   :  :  `''< ,_<´ヘ__/'XXX,|//|エ エ
 エ .|//|XXXXxl工 {__/:   :  :   :   : | | l :   :  :  :  :V__}.工!'XXXX,|//| エ
エ エ|//|XXXXx|エエ| | :   :  :   :   : | | l :   :  :  :  : | |エエ|XXXXx|//|エ エ
 エ .|//|XXXXx|エエ| | :   :  :   (` : | | l : .´)  .:  :  : | |エエ|XXXXx|//| エ
エ エ|//|XXXXx|エエ| |===l{======)===-| | |-===(======}!===| |エエ|XXXXx|//|エ エ
 エ .|//lx 、.λィ;|エエ| | :   :  :   (_, : | | |   、).. :  :  : | |エエl;、λ.ィ x|//| エ
エ エ|//|x .)νノ;|エエ| | :   :  :   :   : | | l :   :  :  :  : | |エエl; )νノ.x|//|エ エ
 エ .|//|X,マY7x|エエ| | :   :  :   :   : | | l :   :  :  :  : | |エエ|xマY7'X|//| エ
エ エ|//lXX∨ x|エエ| | :   :  :   :   : | | l :   :  :  :  : | |エエ|'x∨XX|//|エ エ
 エ .|//|XXXXx|エエ| | :   :  :   (` : | | l : .´)  .:  :  : | |エエ|XXXXx|//| エ
エ エ|//|XXXXx|エエ| |===l{======)===-| | |-===(======}!===| |エエ|XXXXx|//|エ エ
 エ .|//|XXXXx|エエ| | :   :  :   (_, : | | |   、).. :  :  : | |エエ|XXXXx|//| エ
エ エ|//|XXXXx|エエ| | :   :  :   :   : | | l :   :  :  :  : | |エエ|XXXXx|//|エ エ
 エ .|//|XXXXx|エエ| | :   :  :   :   : | | l :   :  :  :  : | |エエ|XXXXx|//| エ
エ エ|//|XXXXx|エエ| | :   :  :   :   : | | l :   :  :  :  : | |エエ|XXXXx|//|エ エ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


6411 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:28:51 ID:vnpJ4YYI0

「特にレミィお嬢様の<振子の部屋>はお嬢様の生前のままを保ち、清掃をする
以外は立ち入ってはならない」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


     \                       /
       \                    /
         \二二二二二二二二二二二ニ/
         |: : : : _________::: : : :|
         |: : : : |    ___.    |: : : : |
         |: : : : |  |     i|   |: : : : |
         |: : : : |  |     i|   |: : : : |
         |: : : : |  |    o|   |: : : : |
         |: : : : | _j____|_ |: : : : |
         | : :: : |           |: : : : |
        ,/ ̄ ̄             ̄ ̄\
      /                     \
     /                        \


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


6421 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:29:08 ID:vnpJ4YYI0

そして、「<旧館>の全ての時計を、展示品の保管のみならず、作動している
108個の時計も全て、可能な限り手入れをして正しく動かし続けること」


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.γ⌒ヽ                          ___         ____
((   ))                     _   _////////\_   _    .|___|│
 |i'''''il|      ._______        八_/////////////∧_八  ..|___|│
 ||o,,i||    ./l______l\     【三三三三三三三三三三三三】 |___|│
 `ー  ..// _____ \\..  ..|:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |:| .|/ ̄\| │
.     // /11  12   1\ \\.. . |:|: : : |□□□□□□□|: : : |:| .│    │.│
    . | ̄|  /10.       .2ヽ  | ̄|::..|:|: : : |□/ ⅩⅡ \□|: : : |:| .|\_/| │
    . |  | .|               | |  |;:::|:|: : : |□    ┃    □|: : : |:|  |___|│
    . |  | .|9     ,.・     3| |  |;:::.|:|: : : |□Ⅸo ・   Ⅲ□|: : : |:|  |___|│
    . |  | .|            | |  |;::::|:|: : : |□          □|: : : |:|  |___|/
    . |_|  ヽ8        4/  |_|;:::|:|: : : |□\  Ⅵ  /□|: : : |:|
.     \\ \ 7   6   5/ //;::::.|:|: : : |□□□□□□□|: : : |:|
       .\\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ //;::::  .|:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |:|
         l\l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l/l;;:::    |:|: : : | ̄ ̄ ̄冂 ̄ ̄ ̄|: : : |:|
.      /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   .\;;:::: . |:|: : : |【    ||    】|: : : |:|
      |____________.|;;::::...|:|: : : |l     ||     l|: : : |:|
                          |:|: : : |l     ||     l|: : : |:|
  ./  `==ァ'⌒ヽ==' ヽ          |:|: : : |l     ||     l|: : : |:|
  〉 ./ ̄ ̄12 ̄ ̄\. 〈            |:|: : : |l     ||     l|: : : |:|
..〃/          \ヽ          |:|: : : |l     ||     l|: : : |:|
| | 9     ○    3 | |       |:|: : : |l     ||     l|: : : |:|
| |               | |       |:|: : : |l     '⌒ヽ    l|: : : |:|
 \\      6      //          .|:|: : : |l   {{  . : :}}  l|: : : |:|
                          |:|: : : |l    、 __ ノ   ,l|: : : |:|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


6431 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:29:25 ID:vnpJ4YYI0

               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(●)(● )  u. |
            (__人__)  u   |   108個もですか!?
            .(`⌒ ´     |
             {         |
             {      u. /
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |




                        ___,、
                   _, - '´   ト宀、
               /´ ̄´        |   |
             , ′           j、   ',
            /             / ヽ  l
            l     ,、   |     I 一,j |
            |    丶`こ !    jf近、 { i
            l      ヘ、/    |    `く   煩悩の数というわけですか。
            |l      /      t   r‐' 
            ソ       /       ヘ -‐iヽ、  それを全て、今日まであなたが管理して
            /      ,'  r'     / 丁j  }  こられたのですか。
           , '      {   り     /ゞこ 弋/ 
         /       ハ      │ トー―ゝ


6441 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:29:44 ID:vnpJ4YYI0

 γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  |    いくつか故障したものもありますが、おおよそ三日に一度は      |
  |    ネジを巻いたり時刻を微調整してまいりました              |
  乂____________________________ ノ━━━━━━━━━━━



        _,,、r=ニ'"r、 ̄``ヽ、
      r-y' ,{-^--'二´`'´<__、 ヽ、
    ∧)、 /´     、``ー∠、ヾ ヽ
    ノ__<'´ `ー 、  _ \ <´_ i i.  }
    ´ 7 \、_  \ ヽ、_ヽ、`` i i i i
    '´ i 、 ヽ、ヾ^フ>ァ、ヾ、ー-  i i 、ヽ
     リト、 ヾ ト-ゞ"´ Y Y^}i i ヾ i ヽ
     ´!、{ ヽヽノ     >Y,}i   ハト、 }
       ` \`ヽt  ,ィ{ Y^} 从、{ ' レ
        __,,ノ'ノ Y´yY Y,} リ-v'`ヽ
   r77-、  /// /{ Y^,ハY,}´-'ノ __ 人
  /'r''ュ=}}  '´リヾ{Tレ/r'``~>'´´ `、 `
  { //; ゚I゚ヾi   .〉 r'レノ,7t  i     i
  .i.{ { ;vI ;ノノ r-' /_ii'  〉 /     .i
  ';`ー=y'´ 〈 r':::::::::<~´ ,/ ;;     ;i
   ';  //   ノi::::::::::::( / ;; ;; ;     i
   〉彡'ヽ> /〉::::::::::::ヽ、 ;; ;; ; ; ;; ;;ノ
   〆、 {ソ`y-ッ'::::::::::::::_ノ`ヽ、_∠_,ィ'
     'y彡 ' i::::::::::::::::::`ー、  |    .|
     (=、  /:::::::::::::::::::::::<--Tー'T´
      _.フ´::::::::::::::::::::::::::::::::::{ i   ト、ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


6451 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:30:06 ID:vnpJ4YYI0

                   / ̄ ̄ \ -、_
                _,ノ ヽ、__   / / ,〉、
               (=)(= )/ ´/ /)
                   (__人_) {    , ' ´,/
                '、`⌒ ´  V __, <´   そりゃ大変でしょう
                 |     〈´/::::Λ
                 |       ヤ::::::::::::::Λ
                `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ
                /ム _ , -./V::::::::::::::Λ、
              _,. -/:/:::ハ ,/´..::/i:::::::::::::::::::Vヘ
          //./.:::/:::l y .::::::/::::i::::::::::::::::::.∨}
          j ::::::::>.:::/:::::l ./ .::::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;
         i :::r :〈 ::::i::::::::レ .::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ
           i :::| :::::'., :i::::::/.:::::::::::::::::::::::::::`::-==::イ
            | :::| ::::::::', :i::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/


                       r~r~r=、
                     rく>宀宀<ゝ
                   /「∨  /  ヽ. ヽ〉
                     イに′/ ′}  }  ,
                  |に} 〃Α } Α  |  慣れればどうということはありません
                  |j从从苡 )/イ苡li从
                    |! i:レ ゝ  __' 人ノ
                  ノ乂人§〕>r<i§_
                 厂}【X】\ ]ト【X]‐┐
                   r{ └〕::\ノハ\)V)ノ、
                { } └〕::::::〈∧r―vノ\
                      /  └〕:::::::::::{_、 ∨} ヽ
                ‘ 、  └〕、:::::ー':,  弌_,ィ
                     \__rfアく:::::::::::::.  ヾ㌢
                    └「\ ゚マ⌒´ヽ  }―┐
                    { ̄ ̄ 厂}≧\ \〕)、 ー′ /


6461 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:30:33 ID:vnpJ4YYI0

「また、早乙女博士さんという、旦那様が若いころから相談相手にされていた
占い師の先生がおられるのですが、その先生も旦那様の死後のこの家に
住まわせてお世話をするようにとも、言い残されました」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


     /   /  / / |  |  |、 ヽ ヽ^-' ヽ :、,ヽ
  , -'´∠  /     / l  |.ヽ  l:\.\ ヽr'   ヽ  \
- '´ r-/   /        / l   |:::::| ./ヽ l::::::::\  ヽ  \  l
  / r'  /         / l ヽ l::::::| /::::ヽl:::::::;;;;>‐‐ベ;   l
'´     /         / l /:| |:::::l/;;,、rヽ「::9 ̄/ l.ヽ    l
 /  /      /  / /| ./::ハ|;;;;l  - 、__/ へ. l ヽ  l 
/// /   // /  /;;;;} ヽ;;;| ヽ`丶、_    ヾ l  l \
/ /  //  / / /  r'´/::::::::l  ヽ        :::::::l   l  |   
./ ///  / // / //' /:;:::::|   `       ::::::r'}  l. |
./// l / / |// / /:::/:::::r'::::;l//// ヽ    _ ;;;;;;;.// l   |
..l:/  l./ l  /| /、_,/\へ、    /:-.、_//_/ / / l /l  /
../  |.|/  l |>       ヽ.__/        <l,/  l.//  /
.l    |l   フ ,                   ヾ/ / /  /
.l  l l   ',イ      _ノィrゝ、_-、     r|_  l  / /  /
.l  |:    l l     /´´: : 、 --: :`ヾ-、    / l /  / /
l|  |',   /ヽ  /  「 ヽ:_; : : : : : : : ::`ヾ} }  ハ:ゝ |、  //|
lヽ  |.',:  l  ',ヽr'イr :l  ヽ``ー‐‐‐フ /丶/r'イ\ }  /-{ | 


               早乙女博士
                占い師

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


6471 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:31:00 ID:vnpJ4YYI0

      l     |       l.         |  li 
      i      j       ヽ、      l  {
      }    `ー- ..   __,,.. '' ,      レイ ヽ、
    _」     /ィt;ュ=、  `´,rt;ュ=rl}    i!ノ
.,. -‐'" , '.   〈   ´ jl       l    V
    /    ハ     ト       l     |   すると、現在この館に住んでおられるのは?
.   /    / ヘ    i _〉      |       l
   ,'    / /  ゙、 v -‐=vァ  /       l|
  {i    {_,イ    、 _`二´  /.       ∧
  ヽ、   /     ヘノ   t,,..<(f     / |l
へ   \ /   __,イ `;  ,< ヽ    /  {{
  ヽ、  }j/ / ̄  \`Yj/  ,イ┤   !{   \
\  -n イ´    /ヘ  「   ハ{i    ヽ、


         __〃⌒Y  ̄)ー┐
       ィ⌒いjLニ=ニ∠/ノー┐
       rくヽj>~      `丶ヒノュ
     jゝ/ 从  人从 Vハ  ヾレ)、
     〉/  ハハ  ハハハ Nマ  ヘノハ
     Y /i V  |  i| ト } }   ハ」 ∧   わたくしがフラン様のお世話と屋敷の管理のために住んでいまして、
     /  {  {{  i   ! }廾ナ乂}   |ハiハ  そのほかにはフラン様と早乙女先生の、合わせて三人です
      i/   .斗匕从  レノ / rヵォ|  l   |
     V  .}、fてぅトV    ヒニノ /i |   |  他に紅美鈴という使用人がいますが、この者は昼間のみの通いです
     /   {ヘ ゝ- '     """' /イ    .| 
      |   `ハ"""  '    ノ  / i/  フラン様の後見人のパチュリー様は、旦那様のお仕事の都合で
      |! ハ    > ._ -   rく / ノイハ オーストラリア在住で日本におられません
      乂人  イ≧x_ r{Y}千 7、__riくー¬
        }/ .斗{ _ノ | !| 「<__/ /二 ノl
       人ん/| / ハ八 Kミ_/ /く. (イ|
        |   (._/)「人ヽ ` }_/ /ミーr┘|
       |   て./|  }  l/ /ヘ、ノ  .|
        .|    しハ 人_ .イ ヘ、r┘  .|


6481 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:31:32 ID:vnpJ4YYI0

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,'  j                   ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│   l    ,rー 、     /\       ヘ、;;;;;;;;;;,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,     l   l   〈 ,、__\_/_rー-、j      l  ヘ
;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,          /┬=┤   Y  "ヽ_ン゙    |      |ン='7
               i. 弋H    l           l      トイバヽ、
              ノ   ヘ亅   ├-,、__,.   __, -┤      レ'   \
           _/     /     f弋ゥご"   ,y7ぇソハ     .|`ー、
          f´       ,イ    / ` ̄^ソ  ,イ `' ̄^ ヽ    │  \
          ヽ   _,r'"./    ゞ.     l ヽ     /      │   `ー、
           L_-'"   /     \    |  l    〈      ヘ、
        __/´    │       j    ゝ'´     冫      ',  なるほど、わかりました
     / ̄         )      f´  ry'ニニtァ  .ノl       |
    /           /      j´\   厂^丁   / /       /  いくつかの質問があるのですが、
   /            l      │   ヾソ  └‐'ゾ ./      ,′  それは後ほどまとめてしましょう
.  /            〈        ゝ   ヘ     / f      丨
 /              冫     」     ヘ、 /  .|    ト、  t    まだ話の続きがありますよね





              __   _,. -──-
             __>、 {廴ノ ̄\  _    `丶
          r'⌒\ \,.. --ミ ⌒} } 〉    \\__
          く\   /      \ノ /〈_      ー─''⌒
.          >─ ´          ` <_ノ        ',
             ′       \     ⌒__     i
.            |│  :/ \__  ー=ニ__ /      |i
.          ノ│  :l  ´| \ト---┬┬=彡       八  はい、遺言そのものの内容は
.          /|│ 八  :|  ,ィ笊テ││り     |   :|   今申し上げたようなものだったのですが、
          八{ヽ(\{\|   Vツ /∨`\  ,} l{ ハ|
.              ノ )   ' ' '厶イ }  ノ/\八{     一つ―――
              / / `丶 。  {ノ / r‐┐_
              {/ / / _>-イ{_く_,/ノ⌒´\(
                {/{/ /}こ{_}く/ }    〈^}
                 ノ{/{_>{}<_}_丿     ∨
                {>{}<}::/::/ ∨ }      \
                {ノ:::::|::::::{i  }_ノ         〉
                 /:::/::::|__/::\( く(__,.  -┬‐ ′
.               {::::{::::::::::::::::::::::::\_l |O   |
.            _   \\:::::::::::::::::::::::/|__|__|


6491 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:31:53 ID:vnpJ4YYI0

                 -─‐--=、
         / ̄ ̄`'´       \
.      /                \
      /       rz____       ∧
.     /   ru‐ナTΤ 「  / / ̄\__ \',
    │ __,ィ个v {__lー‐┴、厶--、 / 〉   \
     | _レへ /  ヽ        \ / 〉  \\
      l Ll___/                 \   ∧. \
     V  //               ヽ  | ∧\.\
    /  //   |   |    \ \     \! |∧ヽ\ ヽ  一つどうしても気にかかっている問題があるのです
.   /´l // | l | | l | V \ ヽ \___ \ー-jハ}ヽ\}ヽ}
.     //  l| l|⊥L|__l l \ /)T二ΤV   \|二ハ\|    あるいは何でもない、気にする必要もないこと
.    / '!  /l lハNVヽ|_L// xtテfオラ∨   |_∧厂|    なのかもしれません。
_// |!  / l |ャセ=///\   ̄´ / ∨ト、 |( ̄ ̄\
  ̄   | /jノ| jハ /   ̄ )、   /ト、 } |,ハj 〉    |   ですがこの9年間、時間が経つとともにそれが―――
.       l/(  レヽ/    \‐‐ィ /人__}j/ 〉__//    !
         ,ハr─/    八 冂._/  ∧_{_八  〉    ∧
.       | V´i   _/(//{_|\o' /(__ノ{/       ∧  それの意味がわからないという状態が、だんだん
         |  ヽ|   l | l 〈/O\}∨|rく__ノ_)__     ∧  耐えられないものに感じられてきたのです
        |/二.|   lノ | 〈/| |_l ,八__L{__,ノ  _   /
       |ヽ--!   , \___!__|_/  / / ∧-=<    /
.         | // |    '.            { l  }、 o\/
.       V/|     ’           lハ   | \_, /
        \」     ',\   _ノ_  -ヘ / / ̄\____,
         |_|      i ̄ ̄         V ∧、  ',     VL
.            '.    /      _   -= ´Vt{、   i    Vハ
             \__/ r‐= T 匸 _     /Vtヘ  |    V}〉
            /    |\ \       /  Vtヘ  |     }リ


6501 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:32:15 ID:vnpJ4YYI0

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│   l    ,rー 、     /\       ヘ、;;;;;;;;;;,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,     l   l   〈 ,、__\_/_rー-、j      l  ヘ
;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,          /┬=┤   Y  "ヽ_ン゙    |      |ン='7
               i. 弋H    l           l      トイバヽ、   どうぞお話ください
              ノ   ヘ亅   ├-,、__,.   __, -┤      レ'   \
           _/     /     f弋ゥご"   ,y7ぇソハ     .|`ー、
          f´       ,イ    / ` ̄^ソ  ,イ `' ̄^ ヽ    │  \
          ヽ   _,r'"./    ゞ.     l ヽ     /      │   `ー、
           L_-'"   /     \    |  l    〈      ヘ、
        __/´    │       j    ゝ'´     冫      ',
     / ̄         )      f´  ry'ニニtァ  .ノl       |
    /           /      j´\   厂^丁   / /       /
   /            l      │   ヾソ  └‐'ゾ ./      ,′
.  /            〈        ゝ   ヘ     / f      丨
 /              冫     」     ヘ、 /  .|    ト、  t_



                         / ̄ ̄ \
                      _,ノ ヽ、,__   \
                      (●)(● )    |
                        (_人___)   U  |   ……
                         '、       │
                  <二ニヽ        |
                     /-‐   `i 、 ___,. イ i
                     {/´、     ',┐__>ーメ ┴ュ
                 しrヽ    V:::Λ  / : : :>、_
                   ,.<ハ、_/ ̄ V ∨ : : / : : : : :_>-.、
                     「 : : : :〈 : : : : : : ヽ/ : : :/ : : : /: : : : : `、
                 /. : : : : ∧ : : : : : : :ヽ : : : : : :/ : : : : : : : : }
                    / y : : : : : Λ : : : : : : : \ : : / : : : : : : : : : }
                 / : :.i : : : : : : Λ : : : : : : : : :ヽ:ノ/ : : : : : : : :


6511 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:32:34 ID:vnpJ4YYI0

                       r~r~r=、
                     rく>宀宀<ゝ
                   /「∨  /  ヽ. ヽ〉
                     イに′/ ′}  }  ,
                  |に} 〃Α } Α  |
                  |j从从苡 )/イ苡li从  正式な遺言とは別に、旦那様はこのような詩を残されたのです
                    |! i:レ ゝ  __' 人ノ
                  ノ乂人§〕>r<i§_
                 厂}【X】\ ]ト【X]‐┐
                   r{ └〕::\ノハ\)V)ノ、
                { } └〕::::::〈∧r―vノ\
                      /  └〕:::::::::::{_、 ∨} ヽ
                ‘ 、  └〕、:::::ー':,  弌_,ィ
                     \__rfアく:::::::::::::.  ヾ㌢
                    └「\ ゚マ⌒´ヽ  }―┐


6521 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:33:44 ID:vnpJ4YYI0

『 女神は沈黙の獄舎につながれている

  1992年8月5日 処刑のその日

  時間は果て 聖堂に七色の光射し

  地を揺るがす叫びの中にお前たちは聴くだろう

  沈黙の女神の ただ一度の歌声

  美しき断末魔の調べを

  それは嘆きの歌 それは祈りの歌

  罪深き獣たちの骸とともに

  われらの墓標に捧げられるであろう 』


 イべ             ムア         V〈ヘ    }ヘ \_ヽ/V     ,匂    へ
  イべ          ムア           V〈ヘ   ヽ\_| ‘.     ,匂      〈
   イべ        ムア                  V〈ヘ    \Y⌒へ    ,匂
    イべ     ムア               V〈ヘ    \ヘ \>  ,匂
     イべ   ムア                  V〈ヘ   x≠====ミx
      イべムア                   ,ィ二二乂イ  \ヘ \ .ィ三三≠ミx=_
       イべ                __xイ     //    \ヘ \リ    ,.イ三
      ムアイべ     __ x====xイ´ ̄ ̄イぐ二二乂_____.ィイイ\  :{{ リ
∋こつ∈∋こつと∋こ二X二二入__乂____{.ノ    ゞ====≠<___\__{{∧__
  ムア             ̄ ̄   ̄ ̄   ̄ ̄ ̄      V〈ヘ /V   \ <\ \
 ムア                               V〈ヘ/      \\\イ
イア                                 ,イVヘ       \/\
´                                 ,:ハ/V〈ヘ       < <\\
                                  ,:ハ/  V〈ヘ         \\\\
                                ハ均/   'V〈ヘ        \Vイ >
      \^<へ             /Vウ/        // /V/        マム


6531 ◆jSbj2zyy3Q2013/05/30(木) 22:34:00 ID:vnpJ4YYI0
本日の投下はここまでです



関連記事

category 原作有り > 【完】やる夫たちは時計館の謎に挑むようです(『時計館の殺人』:綾辻行人)
comment

3

edit
edit

Comments

comment
奥様はどこへ行こうとしていたのか…<石仮面+赤石
comment
波紋戦士だったのかもしらん…<真紅の秘伝説的に考えて
comment
>何か中華鍋を床に落としたような音が聞こえてきまして
補聴器着けてる人の近くで聞こえたのが~


  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: