このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


ここはもののけ番外地 埋めネタ -①


919◆ngfbXCLEt22013/03/10(日) 15:04:52 ID:QkYZ5P6w


埋めネタの予告。

いつもみたいな体裁ではなく、挿絵がやたらある絵物語風になってます。

主に容量というか、話の長さの問題でそういうふうにしました。

完全に目測を誤ったと思います。

すこしずつ作って少しずつ投下して行きたいと思います。

埋めネタ投下は基本ゲリラです。






ちなみにこんな感じ。



──────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────
.     ,.l   _丿                                             _,   -―― -  、/` '´廴_
    / .|  /,,;;;;;;           /  /   /  |          \ \           , '´.: : : : .: .: .: .: .:_/´_, - 、 {
.    ゝ丿  \;;,.           /   /   /   i|    \     ヽ.    _.   /.: : : : : r冖ー'´ _ /__  /l } 〉
          ヽ.              /   /   ハ |   \.    ハ.... /, - 、\: : : : : : 」  r-―fヒハヘjハ  」/ {
       /    |.          l   |       /∧│   \丶   │.....!|  / :.`',:. :. . : :  {  'r‐ '´{匕犬シj´ { /!
       \_/           |   | | │   く\八   | >、   | |   亅/  : : .\:. :. : : . : ヽ \/ 寸T¨ヽ\丿:'
        |-┘.           |   | | │|  / \_)\   く/\   |  |..,' :l :.:./  ` - - _:.ヘ _`¨ー| lー-ヽ \:l
      |  |     _人._ / |   | | │|//ィ弌ミ   \レ=ミ   リ  │| : l .:.,'           ̄└ヘ|__」へハ/j/:|
      L.└┐.     `Y´ 〃  ノ   八|  V〃んiハ     んハ }} V/.    ∨ : l:.l         / ,夫==<l|〈ヘ∨.: .::l
        r'´.        {{. /   { │  小弋うソ       V)ソ ノ ハ|   ′.゙V: ::.{.  _ ,     〃!ハ:::::::::} ヾ j |.: ;':/
         |         //  人 (|  │⊂⊃    ,  ⊂⊃ ′ //.   ヽ: :ヘ  ,三..       弋Z:ソ  |! /.://
..   >-..,,_/.        //  / /ヽ|  │                 |//     \ム{ハ::::::ハ      .:.:.:.:.:  /:´.:.' イ
   ‐-..,,__        /    /   /   |   |、      , 、     ノ  |/    !..    入 ゞソ  、:.       /.: :/ .: 」
.       |....   / /}  /  r< ̄⌒|   | 丶、         . イ  │   |.      {.: ハ .:.::   r_、   /ノ.; ' .: .:/ ̄
.       | ┼  {  乂 / ̄ \'⌒  |   |\ > . __, < ノl | │   人....   |:/ /:>‐- ,.__.  ' /f.: .: /.:〉: :
..   `''-,,_.|     ∨/ /      丶'⌒|   |  丶、  ∧ 「`\│ |─<   >─...,!ー{:. `:.ー:.l/j|\ヘ --/.:, :' .::イ: :
       `"''-..,,_゙/   |        ヽ八  |     > /ノ  |   ヽ 八   `Y´   /  〈:`:.ー:/ /}{ヽ.\ヽV〉. : .:.イ: :
.            \ .  |        \\\. |/⌒⌒Y\  ノ'⌒⌒∨ }  │    ,'   〈ヽ:r'/イ \\` Y: , :'.:.:ノ:
──────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────



.








922◆ngfbXCLEt22013/03/10(日) 16:27:49 ID:QkYZ5P6w



美筆探偵事務所を初めて訪れた際に、小学生に出迎えられてしまい、一瞬自分の居場所を見失ってしまうというケースは少なくない。

あるいは女子高生、男子高校生が対応に出てくることもあり、その不似合いさから、意を決して扉を開けた依頼人が

そのまま扉の外に消えてしまうこともある。


─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────

                      |  |:::::::::|:::::::       |  ~""''' ‐- . _
                      |  |:::::::::|::::::          |  |:|         "'i
                      |  |:::::::::|::::::          |  |:|          |
                      |  |:::::::::|::::::          |  |:|     ______!     |~""''' ‐- . _
                      |  |:::::::::|::::::          |  |:|     |//////// |     |   /
                      |  |:::::::::|::::          |  |:|     |//////// |     |  :/ /
                      |  |:::::::::|::::          |  |:|     |//////// |     |  / /
                      |  |:::::::::|::::          |  |:|      ̄ ̄ ̄ ̄:|     |   /
                      |  |:::::::::|::::          |  |:|          |     | ::/
                      |  |:::::::::|::          |  |:|          |     | :/
                      |  |:::::::::|::          |  |:|          |     |
                      ト . |:::::::::|::          |  |:|          |     |            /
                      l `! ´, `l           |  |:|          |     |       /
                  _,..、-''" ¨` ´    ` .       |  |:|          |     |      //
            _,..、   _,..、-''"                `     |  |:|          |     |       /
      _,..、-''"   }-''"                       `   |  |:|:_______::|     "''‐ ._/
   l´         !                         `ー┘//////////////!             "' ._
、-' ゙|     _,..、 |l                             ㍉///////////|
   | _,..、-''"   ||                 .、                 ㍉////////|
   ||´  .<   \         . .<////\                 ㍉/////|
   ||<           \   ..</////////////\                 ㍉//|
   ||\         .< ////////////////////\                 ヾ
   ||  \  .</////////////////////////////\                 ` .
   || </////////////////////////////////////\                    `
< /////////////////////////////////////////////\                   `



.
─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────


だが、色白で特徴的な眉をもつ女子高生に出迎えられた場合、訪問者はささやかな幸福を享受する事ができる。


.


923◆ngfbXCLEt22013/03/10(日) 16:28:09 ID:QkYZ5P6w



そもそも探偵事務所という施設の性格上、ここを訪う人々の大方は余り幸福でない事情を携えてやってくるものだ。

であるからして、訪問者の表情はともすれば暗くなりがちなのが当たり前だった。

しかしその表情は、少女から饗される場違いなほどに香り高い紅茶に、程度の差こそあれ和らげられてしまう。


─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────

              -―――――-  
           ´              `
        /                  ` 、
       /                /   |    \
                     /    .|     \
     /           /        ,イ      ト、.       ヽ
     ,'           i     /,'       l ヽ        ',
                |    ∠、.|    ,イ |_   ',      
   |           |   ./_ノ !    / |人`ヽ ∨       !
    |          |  /´   |  /     `´  ', |   |
    |         ', /    .|/           !  |   |
   |       !    ∨                 | |  |
    .|       .|    |                | / |./
     ',      __|    | ,z≠ミ       ,z=ミ、 レ'   レ'
        / |    |               /:::   |
     |   ∧ |    |  、、、     、  、、、 ::::::   |
     ∧    ゝ!     !                ,':::::  |
     ,' |    |     |      、  ,      ∧::::  |
   ./  |    |     | \             イ:::::::: !  |
   i  .!    |     ト、 > 、       <:::::|:::::::  | /
    |  .,'      |     | ` 、   ` -<:::::::::::::::|:::::   レ'
   /   ! /   / :!    !   `> 、 | `ヽ::::::::!:',::   |
  ./   i/  /:::::|    ',       `Y   !、_ 人!   |
 /  /  /-‐.ノ    }      /⌒ヽト、`ー!    |

─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────


もし探偵事務所の従業員(?)たちにより『食い荒らされ』ていないという稀有な幸運に恵まれたなら、その上に上等の茶菓子にありつけさえする。

だが逆に、この琴吹 紬という少女がいないときは、この事務所で満足なもてなしを受けるのは難しいと考えたほうが良い。

なにしろその他には、奇っ怪な面相をした愛想のない主か、もてなそうという心は蔵にも入りきれない程にあるものの、

今ふたつうまくこなせない少年少女しかいないのだから。


.


950◆ngfbXCLEt22013/03/12(火) 23:57:55 ID:/MAGVJaY



そんな美筆探偵事務所の看板娘である琴吹 紬は、ある木曜日、PCのモニタとにらめっこをしていた。

十分ほど前からからしきりにクリックを繰り返している。


─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────
                   -‐-
        ┌────゙<       >.....─────────────────┐
        │┌─. /             \_───────────────┐│
        ││. /                ヽ                        ││
        ││                     i                        ││
        ││ . i      |        i     |                          ││
        ││ . |      |        |/   |                          ││
        ││. |      |   !        ん  |/                      ││
        ││.       |  |.        || !                          ││
        ││.  i     |::::!::.       レ´ |                       ││
        ││.  |    ::::!,;::::::.     |::  |                           ││
        ││.  |   :::::i::::::      |:::  ;                      ││
        ││.  | ,/ :::::::|::::       |::::: i                       ││
        ││.  !/   ::::|:::        ト;;;:: !                      ││
        ││. ,イ     ::!        | >- 、                        ││
        │.. / i                ヘ |   i                    ││
        │ . { イ                 ∨   | ─────────────┘│
        / |                   ∧  |. o                      │
      ∠_∧                 ヽ ∧゙────┬─────────┘
      |  /                  |  |゙────┴─┐
       |  ,´                  |   |.──────┘
─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────



「どうだ?ムギ」


所長である美筆 やらない夫が、紬に問いかけると、紬は小さく首を横に振りながら


「まだですね」

.


925◆ngfbXCLEt22013/03/10(日) 16:28:48 ID:QkYZ5P6w



今この事務所にはやらない夫と紬の二人だけしかいない。

いつもならばこうした状況は紬にとって『ラッキー』であり、やらない夫とのコミュニケーションを楽しむのが常なのだがどうやら今日は様子が違う。


「三時も回ったから、もうそろそろのはずなんですけど」


紬とやらない夫が、同時に時計を見た。


─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────


                      _,  ―-      ┌─┬─────
                     , ´        `ヽ . |  |\
                    /    ヽ   \..   |  |  \
                  /  ∧   | \_  ',   |  |   \__
                  /  / __\ |/ノヽ|.  |  |    |
                  !  :|`ー´ \!´,ィぅヽ!   !.|  |    |
                  |   :| ,ィぅ   弋.リ| :. |  |    |
               ',  :ト、 弋リ  .   ,,, .!  :|.|  |    |
                  |\:!:::. ,,,        |/.. |  |    |
                  ',   ::∧    ‐ ´  ,イ  |  |    |
                   ヽ   |`ト 、  _./ | ./.|  |    |
                     ソ! | :!_, ヘレ'   / /...|  |    |
                     { | ; | ヽ∨ヽ、/ ./.....|  |    |__
                /レ' | ,r'∨/ !  |   |  |   /
                  |/   | / Uヽ |  | !.゙|  | /
                 |   /{./.|| ∨ / |.└┴┴┬───
                     人 / ゝノト-/ /.....,.p_.       r|..  }
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(:::::::) ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────


「テキの方から連絡は来ないのか?」

「ええ、正式に公表されるまでは、外部にそういう情報を流しちゃいけないですからね」


そういいながら、紬の指は小刻みにマウスのクリックを繰り返す



.


926◆ngfbXCLEt22013/03/10(日) 16:29:08 ID:QkYZ5P6w



そうして何十秒かの時が過ぎて


「あっ」


紬が声を上げた。


「出たか?」


─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────
                 -‐   ̄ ̄`
              /             `
             /     .|       i       ヽ
           /  ,   ∧      ト、     ヽ ハ
          ./   .i   / ヘ      ! ヽ     i
             ,'     |   /   ',    .|   ',    .|  |
                 | ./    ヘ    |   ∨   |   |
           i  |   ! /   ト‐-ヽ  | _, ‐ヽ   |   |
           |  |  .|/   `ー-ヘ   ! ゝ-‐´ヽ |   |
          |  |   ! ,ィ===、  \| ,ィ===、 |   !
         | !   .| ` ヒ二ソ       ヒ二ソ ′|
           .|  |   !               レ   !
             |  |   | ⊂⊃     ′  ⊂⊃ ∧   |
            |  |   ',              /!   |、
          イ  !   ト、      Δ     / |   !  、
       /  i.  ',  ヽゝr'´ノ, ー_う、     イ |  .|  \
      /   ,'   ∧  ', ! Y /  ノ_ r< !  i/ |   ヽ
     /     /   -‐',   !-|    /´,ノ .!ヽ |  /  .ト、     、
   ,' {    / /::::::::::::::!  .|:::!   i⌒\/ .ト‐-,'   /‐- .、   }
    {. \,/ /::::::::::::::::::::|  !/、  rー  `Y|:::::|  /:::::::::::::ヽ .ノ
    ヽ/    !:::::::::::::::::::::::',  {::::`ー( Y ̄   !/:::::::|  /:::::::::::::::::::! \
     /    |::::::::::::::::::::::::::\|:::::::::::::`-(   .|ヽ:::::| ,'::::::::::::::::::::::!  \
    ,'     .|:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::o:::Y /::::∨ i/::::::::::::::::::::|    、
    !     |::::::::::::::::::::::::::::/!::::::::::::::::/`´:::::::::::::', |:::::::::::::::::::::∧    ハ
    |.     ',::::::::::::::::::::::::/::|:::::::::::::人::::o:::::::::::::::::∨:::::::::::::::::::,'  \   ',
   || ',    `i::::::::::::,-‐´:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::`ヽ:::::::::::::∧      i
─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────


「はい!」


紬の表情が緊張と不安が、喜びと安堵に変わるのに要した時間は一秒程度。


「抽選通りました!」

晴れ晴れとした明るい表情で、やらない夫に報告する。


「お、やったな。どれどれ」


紬に笑顔を返し、やらない夫が紬の肩越しにパソコンのモニタを覗きこむ。

そこに写っているのはJRA、日本中央競馬会の公式サイトだ。


「ほら、ここに!『ハヤテコトブキ』って」


紬は、嬉しそうに一頭の馬名を指し示した。



.


927◆ngfbXCLEt22013/03/10(日) 16:29:28 ID:QkYZ5P6w



           /      l        \            : : : : : : :.`:.、
        /  /       |         \         、 : : : : : : : : : : ヽ
          /   ′      |         ::ヽ         .;: : : : : : : : : : : : :
.         /    |       rヘ          :::}      ::l: : : : : : : : : : : : ::
.       ′   │      / 厶   \     :::|        :|: : : : : : : : : : : : .:l
      ,      |  |  ,′   ヽ   \   :::!        :|.: : : : : : : : : : : : :|
.      ′    |ヽ |   {   ,  \  ハ   ;:.       :|.: : : : : : : : : : : : :|
     {.      iじヘト  ゛   ′   ゙ 、}  ,′      .::| : : : : : : : : : : : : j
     |  |   ',   \ 、    x≠=、 ヽ / /       .:.:i: : : |: : : : : : : : : ′
     |  |      、             }/ /       .: : iヽ: .:|: : : : : : : : :{
      八 |    ハ x≠      、、、、  / ,゙     .: : : ; l : |: : : : :i : : : !
.      ヽ{\   ハ    ,           /  ′    .: : : : ′}.: :|.: : : : :i: : : |
            lヽ{  } 、、、         {. /    .: : : : ムノ: : :|: : : : : i : : |
            |        -─ 、    } /    .::/: : :/l: : : : : :|: : : : : :i.: .:|
            |       ヽ   }     /    .::/: : :/ :レ′ : : |!: : : : : :i:ヘ{
       ,'´ ⌒ヽ. 人     ヽ  ′   ,′   .: :/: : ://.: : : : .:ノ|: : : : : : i : \
      ,'′    丶、.:`::..       ′   .: :/: : 〃: : : : : :∠ 」: : : : : : : : : : \
      :;   こ.    }: : : :ヽ      ,'     .: :/: : : : : :x-‐::"::::::::::::\: : : : : : : : : : ヽ、
     i.   こ   i..: : : : : :ー─: : 7    .: :/.: : : :/::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ: : : : : : \ : : : >.、
      {.   は.   {...: ∧: : :ヘ: :/′  . : /: : :/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゛,: : : : : : : \ : : : : ヽ
     ヽ、_     _丿 /-──≦::/   .: :/.: .:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,: : : : : : : : :\: : : : :
      ,.  `ゝ-‐'´.....:/:::::::::/::::: / /⌒`´⌒Y:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:゙_...: : : : : : : : : : ::}
       |  ( \,x: :′:::::::\::;∠⌒ヽ     ) :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙/  ̄  ̄ヾ : : : : : : : :\
       |   /⌒ヽ、 \::::::::::x 'ヽ. ヽ ゛,   {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙/   も...  ヽ: : : : : : : : : \
       |  j/⌒ 、ノゝ }::::Y´ヽ  `    }r─:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i     の    i! : : : : : : : 、 : : ヽ
      '  〉⌒ヽ )   !::: し       /::::::::j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    の..   ヽ : : : : : : : \.: : :
        ゛ {  ‐-. '  ノ"  〉       /:::::/⌒::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i     け.    ノ.ヽ: : : : : : : : :ヾ、
        ヽ、   /   ′     ./、:::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙i!    番   〈..゙: : : : : : : : : : : : ,
         厶ヘ、 /    {     /:::::Y :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙}     外.    )..゙: : }: : : : : : : : : :
.        {::::::::ミ/     ヽ   /::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i!.   地    i!..: : : :} : : : : : : : : :
                                          ;、       ノ
                                           `ヽ_   _/
                                              ̄ ̄



.


928◆ngfbXCLEt22013/03/10(日) 16:29:48 ID:QkYZ5P6w



──ここで時間はさかのぼり、昨年のある夏の日に移る。


暑い暑い夏の日のことだった。


「きゃー!ここは天国かしら!」


大汗をかきかき、吐く息の熱さにさえ辟易していた金糸雀が、冷房のきいた部屋に足を踏み入れ、歓喜の声を上げた。


「へえ、ここが馬主席か、初めてだな」

「私も二度目です、前はお祖父様に連れてきて頂きました」


─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────
         / ̄ ̄\
        /   _ノ  \
        |    (⌒ )(⌒)                -―-...  __
        |     (__人__)             , ´    ヽ `´ /     {{``ヽ
          |     ` ⌒´ノ            / / .j ∧ ヘ:ヾ  \     i:i   ___/ヽ,、   ∧__,
        |         }             |  l :! j彡 vヘ}ミ  ト、:}....   i<: : : {{ {   `´`   {_   r、 .///j
        ヽ     ヘミ|          l  | : レ'__、  ,.__ Y :レ′...... /:ヽ: : : 〃,::ニミ_,}个、 ___ } }、 i '′' i. - y
        /,` 、` -`,--` ,.         〃} r,| l l! ⌒  , ⌒ レ丿     ,': : / \ yVム__{{〃i }i  }:} t__辷)   ニニi
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |.       ∥ j ヽ! | " r=  " jイ.    ': :./   ヽ、-:}¬`tz=イ=彳>   ゝ)辷)´
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__....  /' , .:::! !>. `_′イ :|\..  {: :i ,--    弋___i:i ヽ::\{     ゝ) 辷
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ...〃  /γヾ! | \ /ト.j l:::.. ).... ∨ x=ミ   x=ミ':.ー/ /       /´ヾ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::| {{ .ノ /  | :! /yゝ! | jY´....  i´', ヒ:り     ヒ:り ,}-: :} 'i       /
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l....У::::{ ヽ Y :}ヾ(j人j)/j | :}.     >、', xx  r-. xx,.ィ  Y ヽ、   /
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`..Y:::::::ノ}   \! :|彡`jlヽ' ノ トミ、}.. /ー-yヽ.  ゝ /∧ {   i Trハ./
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;_,.. -'‐ ゙´:/{    | } ゞ、_ノ′j  {......{ニニ {:'´ >--{__ノ |   |,ノV }
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|゙γ゙´ー....::::/У/! /`ヽY_/゙´ `ヽ/⌒Y..゙ーフ:.ノ ゞ==彳}: : /       i
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;j´ / :::/、 / ∧`ヘ  ‐'´   /ゝ j !/j //j゙r-V 、    〃 };|=ミ   __ / ̄
─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────


夏休みの日の一日、紬とやらない夫、そして在りし日の柿崎 金糸雀は、競馬場を訪れていた。

競馬場といっても、割りとディープな競馬ファンでもない限り知ることはない地方競馬場だ。


「観客は、今のところスタンドに五割ってところか」

「ええ、今日は賑やかです」


馬主席には、紬たち三人がいるのみである。


「でも、カナがTVでみたことあるのは、もっとたくさん人がいるところだったかしら」


ジュースの中の氷をぼりぼり噛みながら、金糸雀が首を傾げる。


「それは多分、JRA、日本中央競馬会の競馬場ね」

「じぇーあーるえー?電車かしら?」

「それはJRだ」



.


929◆ngfbXCLEt22013/03/10(日) 16:30:08 ID:QkYZ5P6w



「そうね、カナちゃんは今まで興味がなかったでしょうから、ちょっとわかりにくいかもしれないわね」

「カナはギャンブル好きじゃないかしら」

「俺も嫌いだ」

「先生はただ勝てないだけかしら」

「うるせえ」


否定はしない。


─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────
              _  ――-
            <         > 、                    _____
          /                 ヽ                   ,r<     `¨ー- 、
            /          ,イ     |       ゙                 ,.-' ´ ヽ. `ヽ、_     rヘ-、_,
        /       |   ./|   ト、     ',           /      ヽ、 ヽ `ヽ、  ,}i'⌒'¨ヽ
         |    |  |  /_ !    | ヽ ',   i           /          ト、       {l ヽ,_rェノ、
        |    |   | ,ヘ_ゝト、  .k_フ\|   |         /        i `ー'‐―、 ヾ、彡!薇i〉
         !   |  i/,ィ=、  \ | =、 |  |       l|   ,′     丿      `ヽ、kソi〉)」
            ', ,-|.  〃んハ     んヽ ! ./ .,'          |  /  / / '´ ̄`    ,.-、l∨ lj′
         | {`|   | 弋.ノ     弋.ノノ .レ' /.         l   li  / /  、y'ー,ヽ       | ii「^
         | ヽ!   ',  ,,    ,   ,,   ∧ /         i ヽ ! r-、l|   (if(Jl〉     ,r'ー、ヾソ
         ,'|  | 、 !             i |         ヽ ヽ | 6.ノ   、、, ̄       !iノ/ /
        _/∧  |-!  |、    / }    人 |.             \ハ `ゞ、           丿 ̄ l==、
      Y::::::: ̄::',  !:ヽ ', ト 、 `  _. <´   ト、.             `ヽ,.-'⌒!      _,     ノ  .))
     /:::::::::::::::::ヘ ',:::|  i \ ` ,イ .|::::::::! / |:::!   / }       /::.:..  ト、     `   /  _,ン
    ,イ::::::::::::::::::::::::ヽヽ!  |  ,v、 |::::::::レ'  |::::ヽ / /      ,.厶--、r‐'彡〉!> rーr‐ <
  /,'::::::::::::::::::::::::\',  ∧ / U ヽ !::::::/  ./:::::::! / /´゙ト、_.. /      \ィ!Zニソ ハ!二ニIー'^ヽ、
 /  i:::::::::::::::::::::::::::::::|:!  i:::://| | ト、ヽ:::::!  /:::::::::|//ノ....  〈   丨   仁二ニl / !ヽ、ニ!   \
./   ヽ::::::::::::::::::::::::::::ヽ |:ヘ !ノ人ゝ} }::|  /:::::::::/,' ヽ`-イ.. ヽ   il     〉Ⅳ¨´<_」 ヽ」¨´i》 .:.:: )
   ,| ∧::::::::::::::::\:::::ノヽヽ:∨| | ト、ノ::::|  !:::|:::::|::i  ノ .ノ.   \ヽl ノ / _K_.        ,イ l:  /
  /| {::::::::::::::::::::::::::\:::::| ',:::::!V !:::::::::::!  !::|::::,|:::!   イ::}.    /     /:.:.:.  `ヽ、_,・_ / |   ノ/
.  || `!:::::::::::::::::::::::::::::ヽ|  |::::ij:::ij::::::::::::!  !:|::/::::::\_ノ:/..   /     /;.:.:..     /仁!ヽ、 i   l
─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────


紬は、くすくす笑いながら、カナに向けて簡単に説明する。


「日本の競馬会って、二つの組織があるの。ひとつが日本中央競馬会、JRAね。

さっきカナちゃんが言ってたTVなんかでみる賑やかなのはだいたいJRAの競馬場よ」

「人がたくさんいたかしら」

「ええ、そしてもう一つ、地方競馬全国協会、NARという組織があるの」

「このVIP競馬場は、NARに属しているぞ」


やらない夫が補足した。



.


930◆ngfbXCLEt22013/03/10(日) 16:30:27 ID:QkYZ5P6w



「JRAとNAR?その二つはどう違うかしら?」

「簡単に言ってしまうと、JRAは国がやってるの、NARの方は市単位の地方自治体がやってるわ」

「それじゃ、このVIP競馬場は、VIP市が運営してる競馬場なのかしら?」

「ええ、そうよ」

「カナは、競馬って言ったら土曜日と日曜日にやってると思ってたから、平日なのに競馬場に誘われてどういうことだと思ってけど……」

「NARのレースは、主に平日に行われるのよ」


─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────
                                    ,    ´ ̄ ̄
           _                                     \
           /´  `ヽ                  /                 \
         |                     /  ,  /             ヽ
          l    _,. -‐‐- 、.         /     /|    |    l      ',  ヽ
         ヽ、/ ̄     ヽ `ヽ.     ′ /  /  |     |    |     i   ,
        ,イ´r |     |     ヽ  \...... |  ′ ィニ |  :|    |    |     |   i
      イ  //ヽ  | ',  ,.-、  ヽ  ヽ.....|  i  /   八  lヽ   |ニゝ |     |   |
      / // /   ヽ  | >'´,.、,.、゙‐、_r‐v‐-、゙|  | ′   \|  \|ヽ    |     |   |
     |/ ll /⌒ヽ  |ヽ | l }{}   ´}乂_  {{.....|  ヽ| ィえx        ∨ :|     |   |
     l/ ll | ,, 、  ', lヽ }{}─‐<´{}:}!〉 ̄| ,} |  ∧ {xイi}    ィえミx∨ |     |   /
     ヽlV|/7::l   ヽVヽ`l ,.<´/`iT´ ̄/} |.',   l ゞZリ     {xイ} 》∨   /   |  ′
       / l:::/   -‐>.、ミ '‐、,、 //,.、,-、`ヽ..'    | :::::::      ゞZリ  }   ′  |  ′
     l´|"" ,     l:::::::ヘ ||N/ `| |  / ∧ l. V  :l   '     ::::::::::  / /    ,  {
     ', ヽ     ,,,ヽ:::ノ//V-‐、V\./  Ll..゙|  ヽ   、_,      //'   / 八
        ヽ゚__ _,.-‐‐‐-、、_'_'/ \/.     |   |\         イ /   /   \
       <////      \ {ミミミ>     |   |  丶 __ .. ≦ _l/   ∧  、   ヽ
         ヽ |   \    〉 (彡)`ヽ、..   |   |  r:ハ    //    ハ_ ヽ \  ハ
         L l       /  <ミ)   ヽ. _j   |イ:./ \ / /    /}:.:.:.>:....、ヽ   }
           ∧      ヽ  )/.   /:.:.:. |    |/:.:|   /^iハ ′   /:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、ノ
          /  ヽ     〉´ ̄ ̄/./:.:.:.:.:.:.:|   /:.:.:.{ / /|ヽ∨   /:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
          ヽ_ / ヽ _,.⊥_,-‐┐ {:.:.:.:.:.:.:. !  /:.:.:.:.:.∨ ' l /   /:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────


「へぇ~、カナはそんなことちぃとも知らなかったかしら。JRAとNARは、それじゃやっぱり色々違ってるかしら?」


金糸雀の質問に、紬は優しく頷いた。


「ええ、同じ競馬といっても、違うところはいろいろあるわ」


少し考えて


「一般的にはJRAは、NARよりもレースのレベルが高いとされているし、一部の例外を除けば観客動員数も売上も賞金もJRAのほうがずっと上ね」

「それじゃあ、こっちにいるお馬さんはあんまり強くないかしら」


.


931◆ngfbXCLEt22013/03/10(日) 16:30:47 ID:QkYZ5P6w



「最近はJRAとNARの所属馬の格差は以前ほどじゃなくなって来たと言われてるけど、そうね、カナちゃんの言うとおりだと思うわ」


実はNARの中においても『南関東四競馬』と呼ばれる競馬場と

『その他』の競馬場の間には高く分厚い壁があるのだが、この際それは省略することにした。

スタンドに詰めかけた大観衆に見守られて、様々に勝ち上がってきた当代屈指の名馬たちが歴史的な名勝負を繰り広げる……

一般に喧伝される、競馬のそういったイメージとはかけ離れた、牧歌的といいたくなるようなこぢんまりとした競馬場。


─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────
                      |          . . . . . . . . . . . . . . .           . . .
                iコ|                  . . .           . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . .  iェエェュ. . . . . .          . . . . . . . . .          .⌒V⌒. .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .l llll l. . . . . . . . .      . . . . . .     . . . . . . . . .   . . .   . . .
             l二二二:l
_._._._._._._._._._._._._._._._._._._.| ’:::::|_.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__._.__.__
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . |  ::::::|. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ._. ._._. . . ._ . . . . . . . . . . . . . . . . .
. : . : . : . : . : . : . : . : . : . | ’:::::|: . : . : . : . : . : . : . : . _,,: .,,_ ,,:,/;ii!ii;i!ii;iiー';iii、 . :_ _..,, : . : . : . :.:.:.:.:.
. : . : . -: . : . : -. : -. : .- |  ::::::|:- . -: . :'' ." :'' '' ."." . : . : . : `'':"'':'.:":'`-'':"':.:.:.:.:.:.:. : ." :' '. '- : .
.- : . :- . : -. : . : . -: . : . | ’:::::|: . : . : . : . : . : . : . : . : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. : .- : . : . : -. : . : . : . : . |  ::::::|: . : . : . : . : . : . : . : . : .:.:.:.:.:.:.:.:.;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. : . : . : . : . : / ̄/l/ ||lllll|:::|二:ヽ、-'''ヽ. : . : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. : . : . : . : . : | ̄ |::ll|:|!⌒|lllllll|::.|>):`//l;;;;;;,':,'- 、__,,;,_;,_;,;__,;,;,;,;,;,;,;__:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
.:.:.:.:__,,.. .-‐;|二二I~Il.:::::::::::I~Il二二l_/.;; ;;;;;;;;;;;"'- 、 ,,':,,, '' ,,':,,, '' ,"'- 、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.::;:;:
-'''",, ;;; ,;;;,, '' ,,':,, '' ,,':,/:::::::ヽ ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,;;;;;;;;;,':,, '' ,;;':,, '' ,;;;,, '' ;;;, '' "'''- .;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;::;:;:
,':;;, '';;;':,;;;'' ,,':,, '' ,,':,/::::::::::::::\,,': '' ,,':,, ,, '' ,,':'' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,~"";''' ‐- ...,,__:;;:;
,, '',, '' ,,': ,,':,, '' ,,':ノ::::::::::::::::::::::::::>, '' ,,':,,':,, ',, ,, '' ,,':'' ,,':' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,, '' ,,':,,':,, '';;,':,, '' ,,':,, '' ,,
,, '' ,,':,, '' _,..-'''"::::::::::::::::::::, -'"'' ,,': '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,'
_,..-'''":::::::::::::::::::::::::::::, -'" '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,,,, '' ,,': '';;;;;;,':,, '' ,,':,;;;;;;, '' ,,';;;;;;,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':
─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────


五頭立て六頭立てといった、ささやかな数の出走馬で行われるレースが珍しくない、海が見えるのが何よりのウリ。

JRAの競馬場がリオのカーニバルだとすると、ここはまるで村の鎮守の祭りである。


.


932◆ngfbXCLEt22013/03/10(日) 16:31:07 ID:QkYZ5P6w



「あ!お馬さんが出てきたかしら!」


金糸雀が、馬主席に備え付けてあるモニターを見てはしゃいだ声を上げる。


「でも、ずいぶん小さい競馬場かしら」

「あそこは、レースをする場所というわけではないのよ、あれはね、パドックっていうの」

「パドック?」

「そう、レースに出走する馬が、レースの直前、お客さんたちの前に姿を見せるための場所なの」

「えっ、じゃあ、そのパドックっていうところに行けば、お馬さんが見られるかしら!?」

「ええそうよ」


─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────
                    /: : :\ヽ、: . :`丶、: : . \( /   _ハ__
                   /: : / : :/`丶、 、: . : . `丶: :辷!-‐-<__仁vヽ
                    /: : ´: /     `丶 、:`ヽヽ_ム-‐〈 ヘコ〉人
                   ,゙: . :l : . /          `丶ミ、(∧  ヽ二ノ |〔
                   l: : :l,、≠ ‐‐ - 、,_         _,, ..ム∧    |ノV
                   !: : :|/  、ァぅ‐`、ヾ      '~,r¬く \ヘ__ノl;」ノ
                  ゙,:l :.{  _メ_ノrッc}`      '{_ノッ゙vド くこヒ/
                  ヾ :.!  ヽ辷ン       ヽこ:シ´  !::〃
                   f⌒ハ   ~  ̄´   !   ` ̄ `   ハ⌒i
                  / (.. ',       r===┐        ,゙..) \
                  {! \t‐',       |´    |      た ノ }}
                  ヾ;、_マ ヽ     ヽ、__ ノ     メ、__ ノ'
          ,. -─- 、  r‐''"´ ̄ ̄`ヽ、          .イ´;: ̄ ̄ ̄`ヽ
        ,.-''"´ ̄>-、)  |: 〕. . . . . : ;;;;;;;;〉|> 、 _,. ‐''|´〈;;;;;;;;; . . .   〔 .}
       /    /   〉-、〈_‐ニニニヱヽ/_ノ/={ :::: }=\ズ;;r;;;:二二`_ヽ_〈
     /    /    /  ヽ_ ̄フ;;;;;_∠二イ_::::;:イ ̄l\::: \\_;;;;;;;;;;;;、‐''"ヽ、
     !        ´   / }√´    ;;;;;;|゙/:::| O |:::ハ、:::/;; ̄`"' ゞ、    \
   __ヽ             / /_{   . . . ._:_;_;;|l:::::|  │:::|  〉;;;;;. . . .  \    \
   \  ヽ           イ  |ヽ_、ィ:三≦__|::: |   |:::::| _二≧、ヽ、   /      !
    ̄ ̄ ̄`、           }、/´|''"´. . . .:;;;;〈:::::| ○ |:::::|〉;;;;;. . . . `ヽ`´ l     |
    \ ヾ;ヘ          ノ:.:.)くム_z=ニ二≦\|     !/ー=ニ二ゝ、 丿 .:l:..  〃 /
      >/`>:.\     _」:.:.f  / _//       、 _   ノヘ匕 ̄  .::{:.:../: ./
    / Z| (:.:.:.:`ヾ、   /:.:.:.:.Y/  \ ゝ、        `ヽ~二二ノ: .  . :.:l!:.: イ
─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────


「それはぜひとも見に行くべきかしら!」


金糸雀はそう一声叫ぶと、冷房つきの馬主席を飛び出していった。


「カナちゃんたら」

「あれだけ暑い暑いと喚いてやがったくせに」


やらない夫が、呆れたようにいいながら、残った汗をハンカチで拭った。

そして、馬主席の閑散たる様子を眺め


「この部屋にも、もう少し人がほしい気がするな」


.


933◆ngfbXCLEt22013/03/10(日) 16:31:26 ID:QkYZ5P6w



「もうじき沢山いらっしゃいますよ、今日はこの競馬場で一年で一番大きなレースが開催される日ですから」

「そういうレースが平日に行われるのも、人が集まりにくい原因だろうな」

「仕方ありません、土曜日曜は、JRAでのレースが開催されますから」

「JRAとしては同じ日のパイの喰い合いは面白く無いってことか」

「かもしれませんね」


やらない夫も紬も『いいたいことはたくさんあるけど』といった表情を交わし合った。


─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────
                  , -―  ´ ̄    ‐-
                , ‐!               丶
               /  |          ヽ        、
                 /   |       i       、      ヽ
              /     ',     |    \  ヽ      ハ
               /   i  人     ト、   ヽ  .}       ',
               ,'   | /  \   .レヘ    ',  !
            i    | |ヘ   `、 |´⌒\   i  ,'    i    |
            ∨   .| i⌒`   ヽ |  _ヽ、| ./     |    !
            |    、| ,ィ=、   ヾ 〃≠ヾ .!/    |    |
               !    ト〃んハ     ん::ハ リ       !    l
                 ',   .i ゞ弋_.リ     弋_.ノ |  ,'   ∧     ,
             i  ト、 ,,,  ,      ,,,   !  /  ./イ    i
              | i .:::::              ! ./   / .! ,'  人
               | | :::八     、_,      レ      i∧     ',
              ! .|:::::::::::ト         /   .,'    |  ヽ、  、
              ∨ .::::::::::::::i>     イ _  ノ   ノ      ヽ
             ,' ::::::::::i:::::|:::::::::::≦!/´   `ヽー ´ヽ         \
             / :::::::::::|::rヘ、:::://           \  ',
               ,' :::::::::::::,'´    フ ,           `、         ',
           / :::::::::::::::!     ,{/           ハ           i
           ,  ::::::::::::::|  ./::::,'                      ト、 !、
                 :::::::::::::!/ ::::,                i         !::::ヽ ヽ
          人   ::::::::レ´ ..//              ',       :::::::::::ト、!
           , ヘ :::::/  :::,' ,                       :::::::.  }|
          /   i :::,'   ::::レ                   ∨ ,     !:::::::: ノ .}
         /     | :::i   /            ,       ∨    ノ:::::::: /
        /       .! ::|./            /       `、 /:::::::::: /
─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────


「それで?ムギの馬は勝てそうなのか?」

「大本命の一番人気です。ぐりぐりがたくさんついてます」


手元の予想紙に記された二重丸の数を数えながら、ムギは少し嬉しそうだった。

今日のメインレース『VIP大賞典』は、このVIP競馬場で唯一開催される最大のレースだった。

その『VIP大賞典』に出走する『ハヤテコトブキ』は、押しも押されぬ大本命と目されていた。


.


934◆ngfbXCLEt22013/03/10(日) 16:31:46 ID:QkYZ5P6w




       ,'´ ⌒ヽ
      ,'′    丶、                   _                    ̄ ̄ ̄ ̄` 、
      :;   こ.    }                    入 ` フi/ ⌒_⌒ヽ         /          ヽ
     i.   こ   i.    ,:rr ._          /  イ\.  \ィ@)、/        /
      {.   は.   {....  _l !! ,j ヽ_       ,   /  `ーゞ、ヽ.イ       /              }
     ヽ、_     _丿.. ̄  ‐-..゙j/\     l! i,/ ',二    二ゝj        /               i
        `ゝ-‐'´..... i    、 `  、.ヽ.  ヽ、,l  辷'   に  ト、.    /:         ´、_    }
.     / ./  /|     |     ヽ   \.   ゞ(__    r ャ   / ).    i           rマソハ /
    /  /  / .|     |r'、     '    ヽ.  √ _)、. _ ‐'__∠フ--、.   {               i
.    /  /  /、 l|   |‐-\     ', 、    '   (__.)>:rt::ト、_)   ー   j               }
    '   i   '/ | !    |   ヽ.    !  ヽ   '゙_,.`llイ_ji ヾi_7|| !   r. _/          (    /ノ
.   |  |  '   !' ヽ . |     \ .|  |   i /  \  : 〃 | ‐ ´゙,ィ二 ニ.. - 、 l     `ー イ_}
.   |  | '       \| テチミx   | V    |   |..    >rt<  ). /::::::::::::::::::`::..、\\     ノ
.   |  ||xテチミx      レ:: ::} } !  ヽ |   |    ゝ/!!ヽ'... イ´ ̄ ̄ ̄`:<:`:.、\\   /
.   |  ヽ! { {:: ::|     弋_::ノ  |   | ,'/   |      /.::´::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::`::<_:Y  ̄
.   |   ',  ゝ'´i         |   | /i、.    r:::::´:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:...、
.   |    ,                V   ´ | }   |' ´ ハ:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄`ヽ
.   | i   |    r‐ 、         |     |´  | /::/:::::::::::::::::::::′:::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::ヘ
.   |/    :.     |  }       |     |    !゙′i ::::::::::::::::::::' :::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::i
.   '   / \  ` ‐´      |    !.   | :゙_゙::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.  ,'    '    ` ,      -‐ ´.|     |. /  ̄  ̄ヾ ::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::::::: 「:::::::::::l
.      {       >‐  ´    /|     |./   も...  ヽ ::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::: Ⅵ::::::::::::::::::::::i|::::::: /!
.. |    ',    __/ヽ|      ∧',    'i     の    i!::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: V:::::::/:::::::::::::|:::: /:::!
.  ',    、 _ /:::{   \    {/ヽ\... /    の..   ヾ::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅳ :::/::::::::::::::::|:::/i::::l
. /',    \|::::::::',     ̄ V´  |ヽ  i     け.    ノ :l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l /:::/::::::::::::::::: |/:::l::::l
_:::::::::::.....    \:::::::.    /r ´ }- 、 |:::ヽ....i!    番   〈 ::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::/:::::::::::::::::::: |::::::l::::l
_::::::::::::::::::::::..   ' :::::ヽ  / / ru r、 ヽ::::::',..゙}     外.    )゙::l:::::::::::::::::::::::::::::::::: //::::::::::::::::::::::: |:::::::l:::l
                           i!.   地    i!
                            ;、       ノ
                             `ヽ_   _/
                                ̄ ̄


.


935◆ngfbXCLEt22013/03/10(日) 16:32:06 ID:QkYZ5P6w



比較的ひんやりとした日陰の通路に虹柄のビニールシートが広げられている。

そのビニールシートの上には、串焼き、煮込み、おにぎり、フランクフルト、焼きとうもろこし、唐揚げ、焼きそば、フライドポテトなど、

金糸雀と紬が欲望の赴くままに買い求めたスタンドフードが並べられている。


「おお~」

「まあまあ!まあまあまあまあまあ!」


そのありさまをみて、金糸雀と紬は感嘆の声を上げる。


─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────
                    __
                   ´     ` ̄ `丶、
                /              \           ,. - ─‐- 、、
              /   /        \     ヽ      ,.'´.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
                   /  .:/  /                /.:.:.:.::::::.`、:.\:.\:.:.:.:.:.:.:.:\
                 i  /  :/   /       :i    │.   /.:.:.:.:.:::::::::::::.:`、.:.:.\:.ヽ.:,rr‐- い
                  | ;'  :/  /_|: |  │ :|:.     |   /.:.:.:::::::::::::::.::/入:.:.:.:.:\{〈 ⌒ヽ Lエュ、
             | .:| :::| ∠二イ |  厶 :|:::.  | │. !.:.:.::::/:::::::/,.イ  `ヾ .:.:.:{〈   ノ介⌒)}
             | .:| :::|/ x.=ミ |八 人_∨| :::. |  j   !.:./:/:.:.:.:.:./      `ヾミ无彡化ソ ノノ
              j:/| :Y〃,人)ト  ∨ x=ミ j:::::::: |...   V.:/:.;.ィ/         `に__ノノミY´
                八|.::/八弋Yソ     r人)i}}:::::::/ ,′.  V.:.:.7   _ _ノ    ヽ __  爪V´
            /| :::V /) 、、、      弋Yソ厶イ: /     V⌒                /.:.:.ノ
               / ノ ::::| { {       '  、、、 r'f゙} | j/.      ム._ノ_ ィ==ミ、   r=ミ、/^!´
         /⌒{ :::{.  ト、   (^つ     | j | |│.   / ̄`7/ )/////   , ///ノノ!く
           /::.::.::.:八 ::ハ   マ丶、     _ ィ/ ' /_:|.  ,∧: : : : ハ `ー-、 t--ァ   ノ//: : 〉
          {::.::.::.::.::.:∨ハ.   Y >‐ァ7::/  /::.::`ヽ /  Vニ二入    ヽ 二 イ  ∧ V``ヽ
           j::.::.::.::.::.: V⌒ヽ ノ /笊´ /Y    /:.::.::.::.:ノ     \:_:_:__\ _ ノ介(^~^エ´_」    ヽ
       /〉::.::.::.::.∨::.::.::.:∨V ハハ∨:人_/⌒V::.::∧.       /:| _ノ.::::ノくク.:.:7:::`ト、ML     〉
       / ::(:.::.::.::.::./:.::.::.::.::. ∨し}{J V::/.::.::.::.::∨〈:八\   /l:::|  ̄`フ1くク.:7:::::::ト、 /:;ヘ  /
.      ::::::::〉:.::.:/:.::.::.::.::.:0::}-r介‐〃:.::.::.::.::.:.::.{.::.: フ \y′ |::|  く.:::1くク7::::::< /:/  V´
     / ::::::::/::/:.::.::.::.::.:::0:.:;イ::.l」Vl」:{::0::.::.::.:.::.::. V〈::::::.  ヽ   |::|    `フ:くク.::::< /:/    ヽ
    {  ::::〃イ:.::.::.::.::.:.::.::.:, イ:::|::.::.}::.::.∧:.:0::.::.::.:.::.::ヽ:ヽ::::.  )...|::|   く.::::く7::< /:/     |
    ヽ :::::ゝ、::.::.::.:.::.::.::. /::.|::::|::.0::.:/:::人::.::.::.:.::.::.::.::.:∨〉:::/.  |::|     `フ7:::</:/      ノ
─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────


「ど、どれから食べるべきかしら!迷っちゃうかしら!」

「私焼きそば!焼きそば食べたい!」


期待に輝く瞳を次から次に目移りさせ、二人で相談している。

花も恥らう女子高生が瞳を輝かせる様は大変結構なことだが、

その理由としては、この食事はあまりに散文的ではないかとやらない夫などは思うのだが結局は


(本人たちがいいんだったらそれでいいのか)


という結論になるのだった。


.


936◆ngfbXCLEt22013/03/10(日) 16:32:26 ID:QkYZ5P6w



「うーん、でもやっぱりトウモロコシは人数分買っておくべきだったかしら」


今にも食いつきそうな表情で金糸雀が焦げ目のついた焼きとうもろこしを見つめた。


「でも、最後の一本だったし、次に焼きあがるまで時間がかかるって言ってたし……」

「実に悩ましいかしら!」

「それにカナちゃん、私こういうのをみんなで順番に食べるっていうの、一度やってみたかったの。

映画なんかで、ひとつのりんごをみんなでかじるのに似てない?」

「おお、そう考えればちょっとドラマチックかしら!」


──────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────
.     ,.l   _丿                                             _,   -―― -  、/` '´廴_
    / .|  /,,;;;;;;           /  /   /  |          \ \           , '´.: : : : .: .: .: .: .:_/´_, - 、 {
.    ゝ丿  \;;,.           /   /   /   i|    \     ヽ.    _.   /.: : : : : r冖ー'´ _ /__  /l } 〉
          ヽ.              /   /   ハ |   \.    ハ.... /, - 、\: : : : : : 」  r-―fヒハヘjハ  」/ {
       /    |.          l   |       /∧│   \丶   │.....!|  / :.`',:. :. . : :  {  'r‐ '´{匕犬シj´ { /!
       \_/           |   | | │   く\八   | >、   | |   亅/  : : .\:. :. : : . : ヽ \/ 寸T¨ヽ\丿:'
        |-┘.           |   | | │|  / \_)\   く/\   |  |..,' :l :.:./  ` - - _:.ヘ _`¨ー| lー-ヽ \:l
      |  |     _人._ / |   | | │|//ィ弌ミ   \レ=ミ   リ  │| : l .:.,'           ̄└ヘ|__」へハ/j/:|
      L.└┐.     `Y´ 〃  ノ   八|  V〃んiハ     んハ }} V/.    ∨ : l:.l         / ,夫==<l|〈ヘ∨.: .::l
        r'´.        {{. /   { │  小弋うソ       V)ソ ノ ハ|   ′.゙V: ::.{.  _ ,     〃!ハ:::::::::} ヾ j |.: ;':/
         |         //  人 (|  │⊂⊃    ,  ⊂⊃ ′ //.   ヽ: :ヘ  ,三..       弋Z:ソ  |! /.://
..   >-..,,_/.        //  / /ヽ|  │                 |//     \ム{ハ::::::ハ      .:.:.:.:.:  /:´.:.' イ
   ‐-..,,__        /    /   /   |   |、      , 、     ノ  |/    !..    入 ゞソ  、:.       /.: :/ .: 」
.       |....   / /}  /  r< ̄⌒|   | 丶、         . イ  │   |.      {.: ハ .:.::   r_、   /ノ.; ' .: .:/ ̄
.       | ┼  {  乂 / ̄ \'⌒  |   |\ > . __, < ノl | │   人....   |:/ /:>‐- ,.__.  ' /f.: .: /.:〉: :
..   `''-,,_.|     ∨/ /      丶'⌒|   |  丶、  ∧ 「`\│ |─<   >─...,!ー{:. `:.ー:.l/j|\ヘ --/.:, :' .::イ: :
       `"''-..,,_゙/   |        ヽ八  |     > /ノ  |   ヽ 八   `Y´   /  〈:`:.ー:/ /}{ヽ.\ヽV〉. : .:.イ: :
.            \ .  |        \\\. |/⌒⌒Y\  ノ'⌒⌒∨ }  │    ,'   〈ヽ:r'/イ \\` Y: , :'.:.:ノ:
──────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────

(地方競馬場の通路で一本のトウモロコシかじることのどこがドラマチックなんだよ)


そう言いたそうなやらない夫の表情だったが、少女たちのイメージを壊すほどの野暮にはなりたくなかった。


「足りなきゃまた買ってくればいいさ、それよりカナ、そろそろ食っちまおうぜ」

「はーい、それじゃ二人共手を合わせるかしら!」

「はい」

「ここでもやんのかよ……」

不満を漏らしながら、金糸雀の指示に従うやらない夫。


.


937◆ngfbXCLEt22013/03/10(日) 16:32:46 ID:QkYZ5P6w



「いただきますかしら!」

「いただきます」

「いただきます」


場違いな一行の場違いな声が通路に響き渡り、周囲から好奇の視線が押し寄せてきた。


─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────
                -──‐-
           , ´         `  、
            /     .,'         ヽ       , /⌒         r―, ヘ
         /      /|       i       ヽ...   /:/     i;-.-..._ />-―ヽl
.        /      / .| |    |、.      '..  /: : :!‐.―. .-_ ,入 : : : : ー,ヽ  ,へ ヽ, ―、__
        '   .i    /-、.! |    レ.',    i  .',.. !: : : : ; 一´,.:´:/  ゙ <: : :L! L _(薔)_  ヽl
       |  | .|   / -‐`',.|\   .T‐-,   !   |..  ̄ ̄  /:/      , '⌒ノ\ </i '、 /  !l_
       |  | .!. ,'    リ  \ |  '.,  |  !      /; ;/'⌒ヽ        ヽ_  ヽ ヾ ゙/ ノ
       |  | .| ' x==、     ヽ!x=、 ヽ .| i |..    ///               _ \\ //
       |  | !.i /.ん:ハ      iンヾミ V | |....   ,': /   _ _      "   ` ヾ/;У
       |  r| '! ' 辷_ノ     .辷_ノ ´ i .|、 !     !:l:!   ´   ゙  、   //!/  l:- ;l
       |  l.|  .l        ,      .,'.  i/.|..   ム:i  //i/              l ッ }
       | ,' .'|  ( ⊂⊃  、_-、  ⊂⊃.}  ,' .!    ! /!     ,...-.....―:.:..ヽ  .__!_ソ
       |.,. .!  ヽ,     _| i l^i   / .,'   i..   レ' l , .へ  l::::::::::; - 一| }: : : : :ヽ
        ,'  |   |` .、,   |.l .| | |_ .,イ   |  .|   / ヽ/: : : :.ゝ ヽ;/     ノ  l一:_: : :\
      /   .|   | ./ \`‐| ' ' .' .!.| .!  |  .| . /!  「:.: :.;,=三≧  ` ー一    .ー: :_ミ、: : : :.ヽ
      ,  _,|   | |   `.|    'ヽ|  |_ !゙< (   ヾ'/: :>、.           /:三=: : : /
     i /ヽ .!   ! .',   r',     | !   l /`', . /     f: : : :-=三>,- ― <ヽ: :_: :,-:'.>
      /   i |   |  '、 // |',    !.|   | ,'.  ,..ヽ     ヾ_: :_:_:ソ  !  o     !゙; :一"\
     i   _ ,-,|   |  `'/イ .! '、   ',.|   レ   .,.        /:/   l  o    / !;ア    \
    ,'  i´ _ ヽ,  |   i ,' ∧ !',   ヽ  | ./  ',      У     \ o  _/          \
─────────────────━━━━━━━━━━━━━━━━─────────────────


その視線の中、金糸雀は思い切り大きな口を開けて、トウモロコシにかじりつく。

その立派なナリのトウモロコシのひと回りを、きっちり1/3かじった金糸雀は、世にも幸せな表情をしながら、紬にトウモロコシを渡す。

紬は、真剣な表情でトウモロコシを見つめ

やがて心を決めたように大きく口を開き、金糸雀のかじった隣にかぶりついた。

その様をもし、紬の家の人物が見たとすれば、何人かのものは卒倒することうけあいだった。

だが紬もやはり、金糸雀に負けず劣らぬ幸せそうな表情を浮かべる。

口元を左手で隠しながら、右手に持った一回りの2/3がかじられたトウモロコシをやらない夫に渡す。

トウモロコシをかじるためではなく、何事かを訴えるために口を動かそうとしたやらない夫だったが

紬と金糸雀の表情があまりにも幸福そうだったので、結局、トウモロコシをかじるために口を動かさざるを得なかった。


.


938◆ngfbXCLEt22013/03/10(日) 16:33:05 ID:QkYZ5P6w


                                             ,'´ ⌒ヽ
                                            ,'′    丶、
                                            :;   こ.    }
                                           i.   こ   i     ____
             / ̄ ̄\              `ヽ           {.   は.   {..゙,  ´         `
            /  _,ノ `⌒.       _   }.             ヽ、_     _丿                 \
           |    ( ●) (●).   //   ̄/ミ:            `ゝ-‐'´. /    /             ヽ
           |    (___人__)...... / '    '    〉゙`Y             / /     |    |    |      ',
               |          ノ    i     〃⌒ヽ.{  ハ           / /     ./|    |\   |       i
             i        |   /  〃  / ⌒  } @ j            | ./  / / | |   |  ヽ  |       |
         _.. ィヽ、 、___   |..... /  // 彡=ミ  __ゝrく}.           | i  / /  ハ. |   |{\ \|    |   |
   , ¬;;-ー=≦} : ヽ  丶__ ___r-´.   i  {⌒i∧ ' ' '  ヽヾ!ノ.            | {   |/ ∠_人ト、 | ー`  |    |   |
 / : :ヽ : : : : : : :| : : :\  イ::::トlヽ   \八ろ .)  } _ '  '            i ',  |       \|      |    /   |
/ : : : : : :ヽ : : : :ノ : : : : : v' l:::::l、 :l>、、..入从ム   人ノ  ,イ}           ', ヽ |                |.  /  | ,'
: : : : : : : : : : : : : : \ : : : `、 :::::l, :l : : :._ イ | > _ イ彡ノ.              ヽ ヽ  =≡ミ    彡≡=|/   ,'||
: : : : : : : : :l : : : : : : : : :、 : :`、:::::: /  ̄  ̄ヾ..r:介くー'´ `ヽ{               | ヽ             |   /ノ|
: : : : : : : : l : : : : : : : : : :`、 : `.../   も...  ヽ.. ヽ:.\   〉                {  ::| ///   '   ///  |   /:: |
: : : : : : イ´ : : : : : : : : : : : :`、 :...i     の    i! :rz : : :|   ./               ハ  ::ヽ    rnn- /     |   |:::. |
: : : : : ∧ : : : : : : : : : : : : : : : :./    の..   ヽ : rz :ノ , .{              // | :::::::\ /i i | |-{ _ </  .!:::  ヽ
: : : : / .V : : : : : : : : : : : : : : :.i     け.    ノ. x介x |  \           // /  :::/⌒ヽ| | | |∩- ハ/   |:::: ヘ|
: : : /   V : : : : : : : : : : : : : :..i!    番   〈...  ___丶  \         -─|_/ニつ::::ノヽ  { .i/ /i    |─── 、
: :\    V : : : : : : : : : : : : : :.}     外.    ).゙<_ノ  \  ヽ...   /::::::::::::/   三ヨ  ノ    } /::::|     i::::::::::::::::::ヽ
                 i!.   地    i!
                  ;、       ノ
                   `ヽ_   _/
                      ̄ ̄



.


939◆ngfbXCLEt22013/03/10(日) 16:33:25 ID:QkYZ5P6w

とりあえず今はこれまで。

このスレで収まりきれなかった場合は次スレの埋めスペースで続きになります。

大丈夫だとはおもうんだけど。

.


940◆ngfbXCLEt22013/03/10(日) 16:40:19 ID:QkYZ5P6w

ちなみに今回出てきた競馬場のモデルは今はなき荒尾競馬場です。

かつて「三浦あずさ永遠の二十歳記念」

「三浦あずさ誕生日記念2009」

などが開催された地方競馬場でした。


.


941名前なんて無いだろ常識的に考えて2013/03/10(日) 16:47:41 ID:206MEejo
そんなのあったのかー


942名前なんて無いだろ常識的に考えて2013/03/10(日) 18:33:47 ID:OoXQaZhM
乙でした
なんかレースに?名前をつけられる?らしいですね
しかしそんなタイトルがあるとは・・・


943名前なんて無いだろ常識的に考えて2013/03/11(月) 00:07:11 ID:WsQwtYWA
ネーミングライツのレースやね
競艇競輪にもあったかな?


944名前なんて無いだろ常識的に考えて2013/03/11(月) 00:07:38 ID:WsQwtYWA
乙ッした


945◆ngfbXCLEt22013/03/11(月) 01:09:38 ID:sMOfFIgI

かなりどうでもいいデータではありますが、荒尾競馬で開催されたTHE IDOLM@STER関連の冠協賛レース一覧。
2やDSのキャラなどは含まれてません。

伊織の冠は荒尾に来たことはありません、名古屋が主戦場になっています。
亜美真美は北海道十勝ばんえい競馬の帯広が主戦場です。


「三浦あずさ永遠の二十歳記念」
「明日は誕生日!萩原雪歩記念」
「あずささんお誕生日記念」
「三浦あずさ誕生日記念’09」
「まっこまこ誕記念 納涼漢祭り」
「ピヨちゃんお誕生日記念」
「音無小鳥誕生日記念『花』」
「ゆきぽっぽG.D.B杯」
「ゆきぽG.D.B(ギガドリルブレイク)杯」
「765プロ杯 荒尾でアイマ賞」
「72 ちはぺったん杯」
「たにしができれう杯」
「春香さんお誕生日記念」
「はるかっかかっかかっか杯」
「わた春香さんのお誕生日記念」
「亜美真美バ→スデ→DST」
「とかちつくちて杯V.Ara」
「リッチャンカワイイデスヨ杯」
「社長お誕生記念」
「あずささんF91乙!杯」
「第3回三浦あずさ杯IN荒尾」
「りっちゃんのDCマジ最高杯」
「ピヨちゃんカワイイデスヨ杯」
「星井美希誕生日杯おにぎり賞」
「美希2(みっきみき)にしてあげる杯」
「ミキちゃんカワイイデスヨ杯」


.


947名前なんて無いだろ常識的に考えて2013/03/11(月) 01:16:40 ID:PXzk8xlc
「たにしができれう杯」
タニシがなんだって?


948名前なんて無いだろ常識的に考えて2013/03/12(火) 13:15:20 ID:5cilUnJE
以前動画で「ハルトマンカワイイデスヨ杯」って、始めてみた時の、驚愕と
侵食感は今でも忘れられない。

しっかし、カナがいると話が弾むなぁ。 KMP!


949名前なんて無いだろ常識的に考えて2013/03/12(火) 13:50:05 ID:/idRUS/E
うちの地元の競馬場ェ…




関連記事

category オリジナル > ここはもののけ番外地(11/20~から)
comment

2

edit
edit

Comments

comment
「まっこまこ誕記念 納涼漢祭り」

まこまこりんカワイソス・・・。
comment
ニコ動を荒尾競馬で検索するとでてきますな。
ちなみにあずささん20歳のがこれ sm4016354


  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: