このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


やる夫たちと学ぶ江戸時代 31 エンゲルベルト・ケンペル(後)


4041 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:12:19 ID:7MQCc/eg0
ケンペル編後半 投下開始します


4051 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:13:31 ID:7MQCc/eg0
       __
      '´.  /i´ ヽ  拝謁の当日、ケンペルとオランダ人一行は、現在の新日本橋地下駅
    }N〈ノ/ ノ}リ'リ   の四番出口の場所にあった「長崎屋」を発ち、江戸城に入城しています。
    .ノゝリ(.゚)ヮ゚ノ!{   
  ´((.( ⊂)氷)つハ 
.    ソル 'く/_j〉ル ソ 
        じ'フ

.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ
ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ
ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽ



4061 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:13:57 ID:7MQCc/eg0
       __
      '´.  /i´ ヽ 
    }N〈ノ/ ノ}リ'リ   ケンペルは江戸城内の様子を書き記し、記憶を元に正確なスケッチも描いています。
    .ノゝリ(.゚)ヮ゚ノ!{ 
  ´((.( ⊂)氷)つハ 
.    ソル 'く/_j〉ル ソ 
        じ'フ


┼─┨┼─┼─┨                           ┠─┼─┼─┠─┼─
┼─┨┷━┷━┫                           ┣━┷━┷━┠─┼─
┼─┨        ┃______________________┃          ┠─┼─
┼─┨━━━━┛  ,,::.: . ;;;;;:,, ,.. ;;;;... . ;;;... ,,:::.: . ;;;;;;::,, ,.. ;;;;┗━━━━━┠─┼─
┼─┨,,:::.: . ;;;;;;::,, ,.. ;;;;.... ;;;...                         ;;;::,, ,;;;;.... ;;;...┠─┼─
┼─┨       ...,;;/.;;;;;;; ;;;;;;; ...., ...                          ┠─┼─
┼─┨                                           ┠─┼─
┼─┨         ,,.;;;;; ;;, ,,....        . ,...,,,, ,,,,,.....              ┠─┼─
┼─┨                                           ┠─┼─
┷━┫                                     ..,,;;;;;;; ;; ;;;;,.....  ┣━┷━
    ┃                                           ┃
━━┛ ''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''┗━━━
._/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.,.,,.、.


4071 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:14:12 ID:7MQCc/eg0

          ______
         /::::::::::::ヽ
         l::::::::::::::::l    『モンタヌス日本誌』に書かれていることは、実際とは大違いだ。
       _|::::::::::::::::|_  将軍の謁見の間にはヨーロッパ風の王座などなかったし、玉座に登るための階段や
        i 〈 〆^^i〉)    壮大な列柱があるはずと記されていたが、そのような物はどこにもなかった。
       ノく)ノ`□´ノ) クワッ
      ∬ /::リ<∽人     すべては美しく贅を尽くしていた。しかし私がスケッチに描いた以外の物は
      ζ:::::/:::ハ::::::\   断じて見あたらなかった。
    ∠:::::::/::::::::ハ:::::::::::>
       ̄  ̄∪ ∪  ̄


4081 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:14:35 ID:7MQCc/eg0

       __
      '´.  /i´ ヽ
    }N〈ノ/ ノ}リ'リ   将軍の謁見の前にも、茶坊主、医師、膳部といった御殿詰めの人々が集まり、
    .ノゝリ(.゚)ヮ゚ノ!{   名前や年齢といった些末な事であれこれ質問攻めにしていました。
  ´((.( ⊂)氷)つハ
.    ソル 'く/_j〉ル ソ 
        じ'フ



                       / ̄ ̄ ヽ,
     / ̄"ヽ             /        ',
     b ,-、 d      ./" ̄"ヽ  {0} /¨`ヽ {0}
 r-=、 |. `=' |_     .bi ,-、 id  |  ヽ._.ノ   |
 `゙ゝヽ、|   ノ  `ヽ、  / `=' ノ゙`ー |  `ー' / ̄ ̄ ヽ,
  にー `ヾヽ'"    .ィ"^゙i   _,,ノ ,  |    /        ',
 ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐ {0}  /¨`ヽ {0},
 ゝヽ、__l ヽ`iー- '''"´゙i, ヽ ヽ,/   /   l   ヽ._.ノ   ',
 W..,,」  .,->ヽi''"´::::ノ-ゝ ヽ、_ノー‐テ-/ i  |   `ー'′   ',
   ̄r==ミ__ィ'{-‐ニ二...,-ゝ、'″ /,/`ヽl : : ヽ        )'^`''ー- :、
    lミ、  / f´  r''/'´ミ)ゝ^),ノ>''"  ,:イ`i / \      /     `゙
    ! ヾ .il  l  l;;;ト、つノ,ノ /   /:ト-"ノ  \   /
.    l   ハ. l  l;;;;i _,,.:イ /   /  ,レ''"    ヽ_,,ノ
   人 ヾニ゙i ヽ.l  yt,;ヽ  ゙v'′ ,:ィ"  /    r-'"´`i
  r'"::::ゝ、_ノ  ゙i_,/  l ヽ  ゙':く´ _,,.〃_    f´'     ll
  ` ̄´     /  l  ヽ   ヾ"/  `゙''ーハ.     l
        /    l  ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ

              _,. -──'ー- 、
             / , -一     ̄ヽ 
           /  │   イ`ヽ_/^! l 
          j    /   /´ ̄  ̄1丿
          | ___,  j ー-、  ,| {  
          l ヽ / /::..  ___, i \.
        ,. -‐'´   Y  {::::...u ヽ' 丿 /
           ヽ   ヾ┬―< _/ 
  ,. -─.、」    ^ヽソ   / │    >
   ̄`‐ 、__,.    / `ー、l ∠_   亅
       /_,-ィ  /       `ヽ/ 
      ノ′ /´


4121 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:15:34 ID:7MQCc/eg0

      r‐‐―‐}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
      |.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      |.:.:.:.:.:,'.:.:.:.:.:.:ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.\  やがて、ケンペルたちは、商館長以外が参列する非公式の
    /.:.:.:.:.!.:.:/.:.:.:i \⌒ヽ .:.:.:.:.:.:\.:i:.:.:.:.:.:.:.   拝謁に呼ばれました。将軍綱吉と近侍の人々は御簾の
.  /.:.:.:.:.:.:.:.⌒ト:.:.:.:!   \.:.:.:.:\.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.i  向こうでした。
 /.:.:/.:.:.:V.:.:|.:/_、:.:.:i    ィrテトミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.|  その人数は三十人以上であろうとケンペルは推測しています。
./.::.イ:.:.:.:.:j.:.:.:iハ心ヽ:::.、   !ト':::::jハ:.:.:.:.:.:.\:.:.ヽ:.:i
/ !:.:.:.:/!:.:.:.!jヘv'ハ \! . Vヾ:イリ、:.\:.:.:.:}ヽ:.!:.:!   そのうちの一人は綱吉夫人の鷹司信子でした。
   、:.:.:ハ .:.:人 `゙' )-(   `,,¨´ ノヽノヽ/!:.:.ノ.:.i
   ヽ{  \リ:::.:Y'' '。 ` ー‐ /.:.:.:.:.:./.:i:.:.:.:.:.:!
      /:.:.:/)>...  . ...イ.:.:.:.:.:.:.:/__:ハ:.:.:.:.:.!
    ー=彡ノ`' ニ〈 {:::i:.:.::/.:.:./ ̄ ̄`ヽ/∧:.ヽ:.:.:!
  ⌒>∧/.   ̄、〉7:.:.:/:.:.:/       ∨∧:.:.\
  /.::://∧  xヘ_∨:.:/.:.::.イ        ∨/!:.:.:.:.:.
. /.:::////∧' )ー{.:.:.:i.:.:/リ       i//!:.:.:.:.:.


4131 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:15:55 ID:7MQCc/eg0

     _,..-‐───‐--.、_  ,/`ヽ     __,
  ,ィ´ ̄            ̄'   |-‐‐'´  |
/        /     , '           |     {
       /     ,ノ      ,'   |     λ
        /    /     ,' ,イ   |      ∧   御簾の向こうの将軍の言葉は、側用人によって通訳に取り
     /  /      / /l:|    |、     ∧  次がれます。
     / /   ,/-─/‐,/ l:|    | V i:    ヘ  この時参列した側用人は牧野成貞です。
  i  j/    / ,/l: /   |:|    lー|、|:      ヘ 柳沢吉保も側用人になっていましたが、この時はまだ牧野
  | i/  ,'  .:/ / ,,_j/_、   |:|   /  | j:: :.  、  が格上の扱いでした。
  | :/  /  ::j / ,ィfチ弐ゞ j/ ,/,ィz、|/::: |::  |、 |
  !/ ,.イ  .::;|,/,ィ´ん::ゝ}゛ ,ノ,,/'ん::}`ハ:::: ,|::  | |: |
  { { {  :/::|"`、 V:t:::;j '"´   {:::;リ,':‐|::/_|::  | j/
  ヽ、|`∨ {:: :|   `-‐"      `‐'{lヨj/⊂|:: リ
  : :::j::::| \|::: :|   "      `   ノlヨヨ⊂j;/ }
  : ::ノ::::| : ::i:: :|ヽ、   `‐-  ,ィ'7´)lヨヨヨ|;' ノ/
 ̄ ̄`ヽ::|  :|:: :|  .>::‐-r-:'"::ノ / /'〉,.、= |: /
     ゝ、  {:: :|、'`ー-;〉゛〉{:::j´ ' .' 〈/,/─''| '|‐-、_
      `ヽ、゛} `\,/  フ/' ̄ヽ   /─‐‐'  |::::〈 }
         `ヽ、  ,ヘ,ノ/   /  ,ノ'~ ̄`ー-┴'´i/


              .____
          ノ   ̄:::::::::::::::ヽ、 __
         /:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;ソ':;;;;;;ヽ
        '::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;--;;;;ヽ;;;;;;;;l
      /::::::::::::::::::::::::Y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;i;;;;;;;;;|
      /:::::::i::::| 、:::、::::l;;;;;;;;;;;|::__ノ /;|;;;;;;;;;;|
      |:i::::::i::::| ンヾ_|::::;;;;;ト;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;|
      |/|:::::ト,|.` 了゚ ト:::::;;/ );;;;;;;;;;ヘ;;;;;;;;;;!
       ヽ::::::ト、  ゚-'|::::::i ノ;;;;;;;/ |;;;;;;;;;;;i
        1:::y    |::::/ く;;;/  l;;;;;;;;;;}
        ヾ;::ト、 っ ト:/   i_    |;;;;;;;;;!
         |::|  ヽ-iレ_,r' ̄ i   |;;;;;;;;|
         |ノ  ,,〃 /     ヽ   |;;;;;;;|
           イ/ニ/, - _二二ニi  ノ;;;;;;;|
          /// / //~     Y/イ;;;;;;;|
         / イ |/ //       }  i;;;;;;:|
        / ||.y //  |      /  !;;;;;;{
        /  ||_//   i   / /  |;;;;/
       「 / ̄ \_/_ /   /i  /;;/
      イ i     ヽ=イ   / ! //
      |   ヽ      ヽ   / | |/
      },   \     | / /
      ヽ_/|/\    ノ  {


牧野成貞
徳川綱吉の側用人
(キョン子)


4141 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:17:17 ID:7MQCc/eg0

側用人牧野より低い場所に、老中三人と若年寄三人が座していました。
それより低い位置にその他の重臣や御殿詰めの人々が座っていて、
さらに低い位置にオランダ人一行と通訳が配置されていました。



   , ´,r== 、ヽ
   !くl人ノ从)ト、
   Wリ` ヮ´ノiノ
  _(_|| ̄ ̄|∬_
 |\ ヽ.||――|旦▲.\
 | .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
. \|______|三|


  ∧_∧   ∧_∧  ∧_∧ 
 ( ・∀・)  ( ・∀・) ( ・∀・)
 ( ∪ ∪  ( ∪ ∪ ( ∪ ∪ 
 と__)__)  と__)__) と__)__)

  ∧_∧   ∧_∧  ∧_∧ 
 ( ・∀・)  ( ・∀・) ( ・∀・)
 ( ∪ ∪  ( ∪ ∪ ( ∪ ∪ 
 と__)__)  と__)__) と__)__)








          ______
         /::::::::::::ヽ
         l::::::::::::::::l
       _|::::::::::::::::|_
        i 〈 〆^^i〉)
       ノく)ノ`ー´ノ)
      ∬ /::リ<∽人 
      ζ:::::/:::ハ::::::\
    ∠:::::::/::::::::ハ:::::::::::>
       ̄  ̄∪ ∪  ̄


4151 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:17:41 ID:7MQCc/eg0

                   , ─ '^ヽ ̄ヽ       r,
             / /   i  ヘ_ ヽ      /<
               / / イ∧! ハ`  \rヘ'´\ソ〉 オランダ人が御簾の方向に向かって、日本風にお辞儀をして
                | /  ィ=t、 }/fホハ ト}   \ノ  敬意を表すると、側用人の牧野が将軍の名において、
             v!ノ 代_ソ )-辷{ィノ   /    歓迎の言葉を述べました。
                }ゝ、 { `ヾ ヮ_ ,イ \ /     それに対して商館長が、貿易許可に対する謝礼を述べました。
               / //`ヽ弋 ヘ \ ト
             / / /    \ ヽ!Y }ノ       そしてまずまず、商館長に質問がされました。
.          /  ∠/   ノ ゝ}ノ人        実際には、実際には牧野成貞と通訳が、綱吉の言葉を
          {イ  { .\  ヽ、.  〈 j、 ヽ ̄ ニヽ   とりついでいるのですが、省略して描写させていただきます。
         \ `  i  / ゝ ∨j ソ   ヽ ヽ}
           } ィ、ノ了\ノv'`| ̄`ー}  ノ
              / // i   i ヘ ヽー 、`ヽ
            {.ィ〈/__|__| ヘ〉、ノ  } ノ


4161 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:18:08 ID:7MQCc/eg0

            __ __ _
.        _ , '"´  ,. _ ___`丶、
       / ` /  /´-‐ァー-ヽ \
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ     パタヴィアから長崎の距離はどの程度?
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l    パタヴィアの東インド会社の総督とオランダ国王とでは、
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |     どちらの権力が強いのかしら?
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |
    |  l:l::i个| l ::l!     _ ′ } .:}:.l:: l
    |  lハ:l::{::', ::::{、       /.:/::.l:: l
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、
.   l     ',  \\   \  __| \
.   |      ',   \`ヽ、  ∨n| } ト、





       へ、              //ヽ
      <\/\             //\/
        \\/\        //\/
        \\/\   ___//\/
         \\/  X__,.</\/
           ` へ / l咢ト、へ,.ヘ,.-―┬┐  ………
            | ̄| ̄/\/ト  ̄|`|  ロ / /|
          {___|、_,>゚、.゚へ_レ   ト.|二イへ_/
         , へ/ヽ 二\\>、|、__ト、_ヽ j__i┐
       //\/ 」 } 三</\\{ r' ̄ リ_」
      //\/¬, =i==i=i \/\\| ̄ lヽl
     //\//ー┼トヘトヘトヘl/リ\/\\_l__j
.  //\/  :L_i/       /   \/\|_U}
  く/\/    {_Uj彡三丕三丕三丕|ミ\/
   \/       |ミi三丕三丕三丕三|ミ、_|


4181 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:18:38 ID:7MQCc/eg0

        r‐ ― }:: :: :: :: :: :: :: :: :: `ヽ
        |:: :: :/:: :: :: :: :: :: :: 、 :: :: :: \
        l/:: ' :: :: :i、 :: :: __ :: :ヽ:: :: :: :::ヽ  ケンペルに対しては医学関係のことが質問されました。
      /::: :::.i-':: :: | \:: ::\:: :: 、|:: :: :: |
.   /:; :: //::レヽ:: !、 ィ=ュ、:: :: :: :: \:: :::!
  /:,イ:: :::|:: ::リ--\:} ´{i'::::jヾ::、:: :ヽ::゙ー:|
  " |:: :::ハ:: :l{ヘゞリ,_iァ ゝ迄 〉、:ト /ヽ}::|
    \:} \リヽ__ノ '\_ ,/',.V 〉':|:: :: :|
       /::/フ、 ゚__  ィ _:∠:::ハ:: :: |
    __, -=__ノ~' ニ) ヽ:::7::/   \∧::\:|
    ,≧/ス  ,.、 、' ,/:: :/      ∨ヘ::::l\
.    、///`´ }― {/!,V         !//!:::\:\



         / : : : : : : / : : : : /           \: : :\
       / : : : : : : : / : : : : /'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`\: : :\
      /: : :┌─‐-./ : : : : /: /. : /:/: : : : : :/: :!: : :|: :ハ.: : : :ヽ  一番危険な病気は何かしら?
    /: : : : :└‐≠7 : : : : : : /. : : /.: :,|: : : : /: : :| : : !.: : |: : :l: : :. 癌や体内の腫瘍の治療方法は?
   /.:/ : : : : :<.  /: : : : : : :/ _.イ:/ |: : /|: : /!: _,ム-: |: : :|: : :|
 /.://.: : :l二二>イ.: : : : : :/'| :/ 丁>、/  |/ ,.イ´/ }: ハ: :|: : :|  不老長寿の妙薬は?
  / /: :l : : ///: : : : : :/ |/ ,.ィ≠=ミ、      ,z云ヽ/|/: :|:./ : : !  中国人と同じように、ヨーロッパ人も不老長寿の
.     ′.:|: :〈. /: /: : : : : : :|   〈f { fさ; 7`     |'じリ ,′: : '´: ト、.:|   薬を探しているの?
    l : : |: /:` :/: : : : : : : :|      ヒ辷/        ー' | : : : : : : ! |.:|  まだ、そのような薬は発見されていないの?
    |: : :∨ :/ i: : :|: : : : : :|_      ̄       !     八: : : : : :|||
    |: : : : :/ : |: : :|: : : : : :| ヽ、       ー-   . '.: : : : : :,.'/ , /
    |: : : :/|: :∧: :ハ : : : :八  ` 、           //: : : : :/:/ 〃
    |: :., ' !/´ Ⅸ、\: : : : \   `  ,. __, r ´/:/: : : :/: :/ /′
   ノイ  /'  ′\. ヽ、 __\   {.    |∠,/: : .イ: : :,〈
        ,′        |  |         |  丁´ {: :/ |
.      |          |  |         |  |   ∨  |


.         , ‐ 、                   _..-:.: ̄:.:`ヽ、
        l   \               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶、
        l     `ヽ        ,..-―-:':.:.:/:ヽ、:.:.:ト、:.:,ィ:.:.:.`!
        ヽ       ' ̄`ヽ  ,へ._):.:.:.:.:.:.::.:.:i:.:.:.:.:.:.:/|``''"!:.:.:.:.|   老齢に至るまで健康でいられるための薬は、
          _..>-、‐     \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::、、|:.:.:.:.:./ノ   l:.:.:.:.:|   今でもなお探求中であります。
    _.. ‐ ´  、   T ‐    ヽ_:.:.:._イ:.:.:.ハ.|:.:.:./ェォ.、 ,ィ:.:.:.:.:.:!
_.. - ´       :|     l        ',:¬‐-イノ::ト!:.:.:i   i  L;.:.:.:.:ト..、
       /ヽ   l ';        |',::::::::てっ:!l:.:.:.:.':,  .:l  ト、:.:.:ヽ::::\
    _.. ‐ ´    }  :l  \      .:l`',::::::::'う:/ノ:.:.:.:/. ー= ,イ/:.:.:.:.}::::::::|
_.. ´       ,'  ';.    `   .::::l-.lヽ:::::V/_:.:.:、ヽヽ'::::l'_,(:.:.:.:./::::::::/
        _.. -' ヽ  ',     ::::;イ!: :!:::::::::|:::::):.:.`)ノ ヾ'、/ノ:,:.:.ヽ::::/
   _. ‐ ´      l:       .:://:l.: :l:',::::::l::::i:.:.:(_/ i ', ヽヽ>:.ノ´
,. ´      _ィ'⌒ヽ l    .:/ /:/: /.!:l:::/::::::7>::つ l|  ! r'、:.:(
     _..  '´  ヽ / ;'_..:/ /::/- ' /!:!':::::(_´:<´ら     ' さ´
 - ' ´      / ̄:/  /::/― ': :l:l::::::::::l`ヽノ      ' ヽ


4191 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:19:10 ID:7MQCc/eg0

            __ __ _
.        _ , '"´  ,. _ ___`丶、
       / ` /  /´-‐ァー-ヽ \
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l  では、どのような薬が最良の妙薬かしら。
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |
    |  l:l::i个| l ::l!     _ ′ } .:}:.l:: l
    |  lハ:l::{::', ::::{、       /.:/::.l:: l
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、
.   l     ',  \\   \  __| \
.   |      ',   \`ヽ、  ∨n| } ト、




    |ヽ_/ |  |\‐、/ |                        |ヽ_/ |  |\‐、/ |
    |―'、_ _|  |―‐'_/゙|        _ -‐'´  ̄ ̄ `ー-、   `|―'、_ _|  |―‐'_/゙|
    |\/_/゙|  | __ノ `|       /           `ヽ、 \/_/゙|  | __ノ `|
    | _/| |  |\_,....' |.     /               `ー、 .| |  |\_,....' |
    L_____|_|______」    /        _          ゝ__ _|______」
    ,. -─- 、       ,-、 /        | ゙ゝト、_         `i
   / ,.-─-、 `ー- 、   l  \/         /    ヽ_r_,___,    |
   |│    ー-、 `ー、r'´L_/        /          /    l
   ゝ、       \ ` ̄´        /_r\_      , ′   ノ   いかなる時代においても経験による反証が
    \     _/´      __ _ __,/t'!ユュ、 `  _ _」     |    あらわれるまで、一番最近に発見された
ー─- 、__>ニ‐´        ! ヾ  l   - ' ノ! ,ィァ<,. |     |    薬が最良の物です。
                  ゝO  1     / .j  `^,=┘    !
                  「  |   ┌‐-、 └‐'    ! ,r'了    .l
      ,.-─‐‐        |   ゝ  ヽゝ,二ニ==--'´ノ/ヒ}.     |
     _」-──- 、_     /⌒ー-_ノ 卞こー- 、ア´        \
   r'´:::: ̄\_:::::::::::` ─‐-'´ヽ rf''´ ̄`>リ  >'"´         \_ `\
:::::::::::::::::::::::::::::::::\_::::::::::::::::::::::::::\丶__,.イ   _ノ        ___」 `\ `ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、:::::::::___,.ゝ-‐―'´二_,._,.-┐/`<::::::::::::::::::::::\__/ /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,>‐'´_   /´ ̄ヽ   / ,.イ | l   \::::::::::::::::::::::`ー- 、__
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  /´∨ ./  \.  ヽ//  ノ |    \::::::::::::::::::::::::::_,.-'´
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}  |  { { ヽ、  ゙,.-──--'´ ./,-'´ ̄ ̄´ ̄ ̄ ̄`|
:::::::::::::::::::::::::::::::,.-=ニ-' _ノ-―}丿   \_/ ,.-─┬‐‐'´            !
::::::::::::::::::::「 ̄/     _∠ '´      | L  /j              _ノ
::::::::::::::::::::::|                /ノ `´ |            /´
::::::::::::::::::::/                /'´    L_           <´`\


4201 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:19:32 ID:7MQCc/eg0

         __/∠ィT丁 ̄ ̄トミ、ゝ、ヽ⊥__ヽ、
         ノ-ヲ/:.:/:.:.:ハ:.:.i:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽヽi:.:.:F{⌒ ̄{
         ン ./:.:.i:.:.:.:!:.:.i:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:ヽ:.!:.:.:l. \>′
          ,i个.、{:.:.:.!:.:i:.:!:.:.ト、:.:ト、:.:.:.:.:.:.!:.:.ノ:.i:.:.:.:l  >ゝ、 それでは、一番最近に発見された薬とは何?
        / ///:.!:.:.i:.:.:!{:ト_ト、!:l ヽ:.:.:.イ!」:/!:.:.:├斥、ハ!
       ̄V/:.くl:.:.:i:.:.レ彳Tヽ`ヽ  `xi斥 トl:.:.:.:レ:.:ヽヽ
        }:.:.:.:.l:.:.:ヽ:ト、ゝン     ゝン ,l:.:.:.:.!:.:.:.:.V!
        l:.!:.:.:.':;:.:.:.:.\     ,     /:.:.:.:.:i:.:./:.ハ!
        l:ハ:.:.:.:.:.:;:.:.:.:.:.ヽ  ー‐_-  /!:.:.:.:.:.,':./l/l/
        ヽ ヽ:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:`ヽ、___ ィ!`V/!:.:.:/:「 / ´
         ヽ \ハヾヽ、:.:.:.:.ヽ、__′メ/:.,.イLl ´
           /--i:{_  `⌒ヽ{r‐┐./イ i! l
             /__ ̄`\\/ ̄/ ├、_/!:.:.:!!Y




.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.., ─- 、.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..
.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.r‐ 、.:..:../.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:./   _ノ.:..:..:.∠_」.:..:..:..:..:. 
.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..!  \/.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:../  /´.:..:..:./   |.:..:..:..:..:.j 
.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:_L..-‐´.:..:..:..:..:..:..:..:..:.../  {.:..:..:..:..:{     |.:..:..:..:..:.|:
.:..:..:..:..:..:..:, -‐'"´.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:./_   ヽ、.:..:.l    .j.:..:..:..:..:./  ある種のアルコールで、これを適度に服用
\.:..:..:./.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:./ `ヽ、,,_ l.:..:.│_,.-‐,'.:..:..:..:..ノ   すれば、体液の循環がスムーズになり、
  ` ̄.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.,/ ゞ==、ゞ }.:..:..:| __ フ.:..:..:./     精神の働きが快活で力強い物になります。
.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:__ _,.-‐'´    ___ノ.:..:../l^"`.:..:.〈
.:..:..:..:..:..:..:..:..:._,.-‐'"T 了      <..:..:..:´..:/ Lノ.:..:..:ィ′
.:..:..:..:..:..:.,-'"|│l    l.  |     _ク ̄`"´  」.:..:..:..:..| 
.:..:..:..:._ノ  .L乂_  │ l    ´  __ ___..ア ̄´.:..:..:..:.人__
_/   /´.:..:..:.`\│  ト、    ____,-′.:..:..:..:../     `‐-
      ノ.:..:.┌‐、.:..:ヽ  ヽ\   `フ.:..:..:.{.:..:..:..:..:..:r'´


4211 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:19:57 ID:7MQCc/eg0

つづいて、日本人は名称の長いものをありがたがる事を考えて、ケンペルは
次の薬品名を挙げた。
「サル・ヴォラティレ・オレオスム、シルヴィイ(シルヴィウス油性揮発塩)」


            __ __ _
.        _ , '"´  ,. _ ___`丶、
       / ` /  /´-‐ァー-ヽ \
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',  その妙薬は、あなたにに調合できるの?
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |
    |  l:l::i个| l ::l!     _ ′ } .:}:.l:: l
    |  lハ:l::{::', ::::{、       /.:/::.l:: l
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、
.   l     ',  \\   \  __| \
.   |      ',   \`ヽ、  ∨n| } ト、


4221 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:20:19 ID:7MQCc/eg0

       へ、              //ヽ
      <\/\             //\/
        \\/\        //\/
        \\/\   ___//\/ 
         \\/  X__,.</\/
           ` へ / l咢ト、へ,.ヘ,.-―┬┐
            | ̄| ̄/\/ト  ̄|`|  ロ / /|   (面倒だな。ケンペル君、出来ないと答えたまえ)
          {___|、_,>゚、.゚へ_レ   ト.|二イへ_/
         , へ/ヽ 二\\>、|、__ト、_ヽ j__i┐
       //\/ 」 } 三</\\{ r' ̄ リ_」
      //\/¬, =i==i=i \/\\| ̄ lヽl
     //\//ー┼トヘトヘトヘl/リ\/\\_l__j
.  //\/  :L_i/       /   \/\|_U}
  く/\/    {_Uj彡三丕三丕三丕|ミ\/
   \/       |ミi三丕三丕三丕三|ミ、_|



              ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;                /  / ̄7
             /::::::::::::::::::::::::::ァ   \:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ      / ・・・
 / ̄7        /:::::::::::::::::::::::::::/     ゙‐´ ̄ ̄`了:::::::::ト、
   /       -、´::/::::::::::::::::::::::ノヽ          /:::::::::::弋ヽ
    / ̄7    | Y      /-,、心、        j′      |
      /   / ヽ/::::::::::::::::::::/^ゞ┴ミゞ   __ __,」::::::::::::::::::!.::│  (それは、私のプライドに反する)
          /::::::::l::::::::::::::::::::ノ   ー   ,、 .,ィr㍉、_」::::::::::::::::::|::::ノ  もちろん出来ます。しかし日本では出来ません。
      _/:::::::::j:::::::::::::::::::l.       /│ `^`了:::::::::::::::::::!::::l   `,'
    _/:::::::::::::::ノ::::::::::::::::::|         ! {    |::::::::::::::::::::|::::.|
 _,.-'´::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::l、`t- 、_  ゝ'´   /::::::::::::::::::::L::::.|
´::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::│ `-、 ` ‐-、__,.  /::::::::::::::::::::ノ _ア     '´
:::::::::::::::::::_/´::::::::::::::::::::::::::::::,ノ 「::゙ー-ニー'"´  /::::::::::::::::::::│亅 / ̄7
:::::::::::/´      _,.-r-‐'f、__ノ:::::::::::::/    /       |::::!   /
___」::::::::::::::::::::::::::::{ /   |::::::::::::::::::::{  _/::::::::::::::::::::::::::::::|::::!    / ̄7
    \::::::::::::::::::::::::::ヽ`ー、. l::::::::::::::::::::::ク:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ソ      / ・・・
     ヽ::::::::::::::::::::::::::\ 丶 !:::::::::::::::/ │:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
      }::::::::::::::::::::::::::::::} ヽ|:::::::/   \::::::::::::::::::::::::::::::/::|
    ,-‐'::::::::::::::::::::::::::::::/‐、 !/   /´ ̄1:::::::::::::::::::/:::::::::l
    ヽ、::::::::::::::::::::::::::::ノ   \   /    │:::::::::::::::::\:::::::::::\


4231 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:20:40 ID:7MQCc/eg0

               /    //  /‐───- 、   \
              /r‐─‐ァーf/    /-────-、 \\ ヽ
               / ∨三/'¨7   /   / /      \厶 ハ ',
.              /  \/__,/   /  ,イ l  |       il V∧ハ
            /  _//〉‐/    /\/ |i |l | 丶    i|  l ト、 ',
             ,′ f⌒∨ /    /ハ {\! |l !{   \  i|  | トく l
            / ハ.  V    /ィfテミ、 ヽ八 ヽ    ヽ_|  l |/ |  なら、パタヴィアからの次の船で運んできなさい
             l l 〈_∧   ',   ハ{_f::j:リヾ    ヽ∧>七 j  ! |_  |
             | l   _ム _ ゝへ| V;之_        _ ヽハ ,' /  | \|
             | l  >'´     ヽ           ィ≡气 / /  l\/!
             | l  |   -ー―一ヘ   , 、__  ヽ    〃:/|   ∧ |
          j八 |       __}  {  `ア    ,ムイ /  ,イ__j│
         ,r≦三ヘ   ̄    ト、 ` ー'  ,. イl│ Ⅳ  / | jlリ
        /  /  ハ   _,  --‐〈. >‐r<  /l│ 〃  / j /
          // /   | ハ     , イ1  /   ヽ./ ∧/   / /'
.        〆 /    い \ -<  }}/ ̄ ̄`ヽ>ーイ 、 /
      〈  /     ∨ 代\   ハ、 , -―‐- 丶 //丁fヽ
      ∧/       ∨   `三彡' \    __ ∨´  |│ l
      l |        \==彳│  \/  ` |   |│ l
      l |          `ー‐ ´ |    \    l|   |│ l


4241 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:21:44 ID:7MQCc/eg0


               /              :::.     |ィ'"´`ヽ、
              /           /::   i::::i     |::::   ∧
             /   /  /      /::   ,|::: |     |::::::..    ∧  そのあとで、綱吉はオランダ人たちに、
          /   ,/ /  ::     /:::   / |:::::    | :::: ヽ.   ヘ 生活の動作の実演を求めました。
            |   j/   ::   /:::  /  |::::i    |ヽ、 :::  :::..  ヘ
             |  / /   :::      、__,/,ノ |:::|    |ヽ、i__,  :::::..   立ち上がり、歩き、オランダ人同士
            | /  /    :::   / ,/_~__、   |::j    j.___ ∨ ヽ:::::::.  挨拶をして見せて、それから踊り、
           | 〈 /ヽ、   :::  /j/,.ィfチ弐、  j/   ,リ弐心∨ ハ::::::::. 跳ね、酔っぱらいの真似をし、
          | ヽ{ (ヽ、;:::  /:;イ,.f´ んィ::;ハ /_,ノリノんィ:ハ i' ハ λ::: :日本語を喋ってみせ、またオランダ
          j  /  `,‐i:ヽ/::メ|:|` 弋::rz:;リ ´}⌒{´ ヒ:rz::;j ,ハ:::|  〉: :語の本を朗読し
           |/    j:::|:: ::::| |:| 、 ゛-‐"//,ノ/ゝ `/‐/ 〈:ノ::j  /:::::: 絵を描き、歌い、外套を着たり脱い
          /    .::|:::|::: :::{. |:|  ` ─‐ ''   ` ` ー‐ 'j::::/,ノ::::::::: だりしてみせた。
         /  ...:::::::::::::|::::| :: 、:ヽj:j、       _,       ,イ:::::'´:;ィ'::;/
       //j ::::::::::::::::::|:::::{ :::: \  `ヽ>‐-     __ ,.イ::: i ::::/´ |/  ケンペルの著作にはこの事を「猿芝居」
     // /::::::::::::::::::::::|::::::::ヽ、 \   `ヽj   /ヤ、`ヽ:j ::: :/{、    と書かれていました。
      〈. 〈   {:::::::::::::::::::::::|::::::,.ィ´`ヽ、 `ヽ   \ `  | / :: メ、:::ヽ、
     \\ |:::::::::::::::::::::ノ:::/´`ヽ、   \ ヽ、   〉-‐-| j  : /  ハ::::::ヘ



          ( ゚ ∀)/
  (´A`)_    < )  \ ('∀`)
  *|  |  ( ゚-゚) / >(゚ー゚*) < < *
  _|  ̄ *  *    * *  ̄ |_
       フ、|     レ\


4251 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:22:06 ID:7MQCc/eg0


           ,.-‐'"´ ̄i ̄ ̄゛`ー-.、
           /  _ ,ィ7  _,   ..\
          /    \_>{ }<_/   .::::::...\
       /   ____,i_____`、::::::::::....〉
        〈 :::,ィ´____ヾ◯シ____`ヽ、::::::;/
        ∨:{_{三三三三三三三三;}_j,}ミj'
        ,ィ':,'::;'ゝ、________,,ノ"´::`ヽ、  続いてケンペルは、この日に備えて自ら作詞作曲した
       ,/;;/ /  ,/ヽ、|_、`| :: |ヽ:|,__\  ヽ、.、ハ  ドイツ語の恋歌を、綱吉たちの面前で披露しました。
      7'  |  ,ハ ,ィチ心、| :: | ,ィチ心、\  | |:: ,}
      | ;':|  |::ハ、{,ノ:::;l゛ヽ、| l,ノ::::;j`〉ハ |リヘ/
       ∨:∧ |: ::}、`-‐" ノ ,ヽ.`‐-" ,ノ{:::j/;|
      ヽ| ヽ||::::ヽ`-‐" r┐ `‐-'"::|::: :/{
       __ ,ノ ::i::;>‐-ァ;r",,r<:::::;ノ:: /::ハ
    ,r‐-ィ"、、ヽヽニ二l,//、エ"/  ,/"::,メ-、::|
   〃t─`ニニj_j_ノ / /ィ7   /ヘ、__,{ .::/ / }j
    /`ヽ、_,,/ j,/ノ  `ー┴.、 、 ヽ:|/, λ
     ヽ、__∠__,.イ:{゚  ..;:.   ゚〉 ヾλ:::ー-八
      / ::/::::::::||::ヾ、..'"::、.. ,/ _:/:::::ヽ、 `\
      { ::{、:::::::::||::::::}゛l|¨||" ̄ ̄〈::;.イ::/`ヽ、  \._




                 ,r'"´`i        ,、-,   ,、‐, ,ノ     _,,、、
                  ヽ、 弋-, ,r'ヽ'"´  ヽ'"‐'r'"´‐''"´ ̄     ヽ
                  --、__ノ.ノ´         ' ノ``          \
                 `;‐t‐'".ヾヽ,ノヽ,,人 /"´ ̄          ‐-ヽ- 、、,,_  
.                , ´ 冫`'"`'"ゝ'"ト- 、、                     ``ヽ
                '´   /.ゝ,,,ノしr``,,'、   `` ‐ 、
.           ,  ´      /\  `` `ヽ    ,、 -`` - 、、
.       ,  ' ´       , '   i      \'"´       `` ‐- 、、_
     , '´           ,.'-.r '"´゙゙゙ヽ     〈                ̄`` '''' ‐‐‐
.     /           , '  i      i.       ヽ
.    ,'     , 、, 、  , '   (゙}      }      ヽ      ,,>'" ̄`ヽ
    ,     ./    ヽ./     lヽ ___/l\        丶       /,,      i
    l    i      i'    , ‐'"´     ヽ、  ヽ、  ヽ    冫'ヽ.    i
    i    ゙,    ノ, -‐‐ '"           \  ヽヽ.  ヽ    ヽ  !从  j
.   /     />+-‐ノ                ヽヽ  ヽヽ  ヽ    >'´  "´>、,,
  /  ,r'゙ヽ'"´  /                i. ヽ. ヽヽ、.ヽ,、-‐'' ''' '"´ ̄  ``ヽ
.  i  {'//ゝr '´                 i  丶 \.>'"             ',
  i. /゙〈         ノ           ,'    ヽ /               ',
  i/   ヽ    , ‐ '"´i            /     Y                ヽ


4261 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:22:37 ID:7MQCc/eg0

  / _   /   !          / ___  t          !    \  ___ゝ
 l ,r´  ! /-、  /__     __ ‐'´/,l、| ̄|く/\ `ー- 、    ___ゝ ,.--、/
 !f  .ノ/  | /  `ー‐‐'´   ./、/_,'.|  |/ヽ./\   `ー‐'´  `ゝ l   ヽ
    "   ´:::{ | | ..:::{     |/_`‐ |  |/_`‐、|     }   | | }   | |  ..:::{
 }   | |  ..:::{ | | ..:::{     | |二二   二二| |     }   | | }   | |  ..:::{
 }   | |  ..:::{ | | ..:::{     |、/_/ |  |_/ 、|     }   | | }   | |  ..:::{
 }   | |  ..:::{ | | ..:::{     |ヽ_/ |  |\‐、/ |     }   | | }   | |  ..:::{
 }   | |  ..:::{ | | ..:::{     |―'、_ _|  |―‐'_/゙|     }   | | }   | |  ..:::{
 }   | |  ..:::{ | | ..:::{     |\/_/゙|  __ノ      r─、 .` | | }   | |  ..:::{
 }   | |  ..:::{ | | ..:::{     | ___/´ └-┬─‐'´::::::::\_____  . `| |  ..:::{
「l二l二l二l二ヰ丑=l==l==];;/   `く:::::::::::::`ー、  l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`l 二l二l二l二「|
」         L          ヽ、:::::::::r┘  `ー〆⌒`vヽ::::::::::::::::::::1        L
             \/       l:::::::::::|     〈 〆^^i〉)::::::::::::::::::_ゝー 、  ゚:。:+
             /\ ×    `ー 、之_,-、く)ノ`ー´)::::_,. -‐'"´ 。o+◯\_
                     _      __(「i;;リ;;<爪(「i)`ー 、X⌒ヽ,. -‐'´ ̄
 \WWWWWWWWWWWWWWW/   |::::::::::::::|    i;;ハ;;;〈        ̄
                  ≪    l::::::::::::::l     Y;;/_)::...   ×:*゚
                   ≪   ヽ::::::::::/     し':::::::::::::.....
                   ≪     ̄  /
                    ≪  , ‐'´  /    /   |  ヽ  \ `‐ 、
                  ≪, ‐'´  /     //     |   ヽ  \  `‐ 、
                  \   /  /   //      |    ヽ  \   `‐ 、
一・
この地球の裏側で
私は想う 愛の義務を
麗しい人よ あなたは 私の物になってくれない
最愛の人よ あなたの姿に 私の心は乱れる
心の底から 私は
母なる 陽の光にかけて
あなたに 誓いをたてた
永遠に あなたに忠実であろうと


二・
義務や つとめでなく
約束や ほめことばでもなく
天があなたに さずけた
あなたの美しさ そして
あなたの人徳こそが
わたしを とりこにする鎖
わたしの心を とじこめる牢獄


4271 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:24:16 ID:7MQCc/eg0

          ______
         /::::::::::::ヽ
         l::::::::::::::::l 
       _|::::::::::::::::|_
        i 〈 〆^^i〉)  
       ノく)ノ`ー´ノ)  
      ∬ /::リ<∽人 
      ζ:::::/:::ハ::::::\ 
    ∠:::::::/::::::::ハ:::::::::::>
       ̄  ̄∪ ∪  ̄


三・
ああ、その私は
切ない想いを 心にいだき
あなたのもとを 逃げ去った
クリミヤ コーカサス トルコをめぐり はては
インダス川 ガンジス川をこえて この異国に来た しかし
私はあなたから 離れられない
熱き心を おさえることは出来ない



四・
天の御子 偉大な将軍
この遠い異国の 支配者よ
財宝にあふれ 力をほしいままにする人よ
私はあなたの玉座の前で 誓って言おう
あなたの富も あなたの栄華も
あなたのまわりの美女たちも
あなたの栄光は すべて
わが愛しい人に比べれば 何の価値もない


4281 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:24:32 ID:7MQCc/eg0

五・
虚栄の宮殿よ 消え去れ
宝あふれる国よ 消え去れ
この世で私の心 をとらえるものは
いとしいあの人の 心だけ
わたしの心をとらえる フロリメーネよ
わたしの心をそそる ただひとつのもの
わたしたちは おたがいに もとめあう
私はあの人を あの人は私を


4301 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:25:31 ID:7MQCc/eg0


ケンペルの歌は好評で、何度もアンコールに応えていました。



   l  _/ / `´                         ゜o     /::::::::::::::`j
   ヘ_/ _/   r 、   冫;.         /`ー、  __,. -'"´ ! 丶─イ:::::::::::::::/
    {/   {`ヽヽ `V^i        弋ー'´:::::::::::::::>弋_ __/   \:::::::::::::r′
          <`ゝ`´ i /     ,-,-, -、  \:::::::::::/  ゝ !⌒ヽ     `ー 、:}
    〈「 ̄^\     '-、  / / / ,イヽ  {`ーf`l   / {__  l ,:‘.    `
    儿_ノ  `ー__/ _> ヽ_ヽ( ̄  i   |゙‐-'り  ゝ ゝ─/    r─-、  ‘.
   /`--'´/    く__/::::`lヽ  て _」   ゝ--T   /  /´ _   ト,   \  ´;
   /;;;;;;;;;;;/      \:::::::::::::::ヽ`┬   〉ヽ 「;;;;;;;;|  /  / / 1__] に_r'ワt__
  /;;;;;;;;;,イ  ;`.    ゝ:::::::::::::::/ ゝ_ノ ハl;;;;;;;;;;l ./  /  1  r┘   <:;:;:;:;:;:;ヽ、



  │::::::::::::::::::::::::::::`- 、::::/  \i::::::::::::::::::::::::::::::'、
  │::::::::::::::::::::「 ̄`ーヘ_r′     |:::::::::::::::::::::::::::::::レ‐、
   |:::::::::::::::::::::::|             !::::::::::::::::::::::l::::/ , |
   l       l              |       Y / ハ 
   !::::::::::::::::::::::::|       ,一´ ̄1::::::::::::::::::::::l / !
.  |::::::::::::::::::::::::|,r‐' ̄´   !弋r=┤::::::::::::::::::::::レ'   l
  ノ::::::::::::::::::::::::| ,y=ゞ'   ト、   .l::::::::::::::::::::::::l:::::::::ヽ
 /::::::::::::::::::::::::::::! "   ソ  ゙、    |::::::::::::::::::::::|:::::::::::::
 l::::::::::::::::::::::::::::ノ      ! l    |::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::\
,.ノ::::::::::::::::::::::::::ハ      _、ヽ/    l::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::ヽ、
ノ::::::::::::::::::::::::::/-ヽ          _r'   |::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::\    ー-‐'''´__,、  │::::::::::::::::::::::::::::ヽ、:::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ト 、   ヤ"´::::\__ハ:::::::::::::::::::::::::::::::}:::
::::::::::::::::::::::!::::::::_, -┤ \-、ノ::::::::::::::::::/ l:::::::::::::::::::::::::::::::|::::
::::::::::::::::::::::::L_/    l    \:::::::::::::::::/   j:::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::
::::::::::::::::::::::::|     」     \::::::::/   /:::::::::::::::::::::::::::::::::j::::::
::::::::::::::::::::::/     ´   `‐、   `‐'   ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::


4311 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:25:59 ID:7MQCc/eg0

            /   /    ` : .
          __/    /    i    `ヽ
      /    /  / /   ,′       丶  ケンペルは、翌年の江戸参府と拝謁にも参加しています。
 .     / / /   / ⌒/  i ,' 」    ヽ.   '.
     |.イ /   / / _/」   !/  | `ト、   V ! 綱吉はこの時も、 パタヴィアの東インド会社の総督と
      | i   !/〃フ:ハ  i __ミメ、     | オランダ国王の権力関係についての質問をしました。
      | ∧  ハi |::::::::jハノ ノ:`ヽハ      |
       ヽNト、i( ゝ-゚'' r‐r |::::::::::》|    i  日本では商人の身分は低く扱われているため、
          ノノヽ`ト-- '  、 ゝ-゚イ从   i リ 東インド会社のように商人が強い権力を持っている
         |  ノ`ト . ゚    ̄´// }N ノノ!  ことを疑問に思っていたのです。
         | iヽ. ヾ>-  イ7  从イイ {
   r‐、__n  ノ /77¬fr‐   /  /彡ヘ  !
  _.>r‐x' ト、' /i//  /ー‐/  /´   ハハ
  ゝ-- 、  /〃//  / ./  /      /  ヽ



          /    / // /       ヽ\
.         /    // // l/         ヽ丶
        / l / r―/ l  | ハ l ヽ   ト、}
         l  l'   レ7l l  ハ !_ ヽ.ト、 |ハ、 l ノ
         l  l  / ハl l  { l/ `ヽ! ヽf,r、l  !
        /  l / 〃,くl !   レf示r'    lリ/ ! | で、どっちに権力があるの?
.       / // ∨lハ (_! l  ハト辷リ   、´l   l
      / // l   l \l |ノ〃ノ r'フ   _ ノ/ /
       |/ l  l   ヽ l | ||Y 〈__´/ ′/
.     | /{  ト、   ヽヽヽ、     `ヽ, ノ
.      l/ ', ト,l\  ト.}⌒ ̄`ヽ、_,   r′
.     /  ヽヽ.\\ノノ      \   '、
    /    ` \          l\  ヽ
.   /     `,               ヽ \ ヽ
   /      l                 `, 丶
.  /        ヽ ヽ                  }  ',


4321 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:26:33 ID:7MQCc/eg0

       へ、              //ヽ
      <\/\             //\/
        \\/\        //\/
        \\/\   ___//\/ 
         \\/  X__,.</\/
           ` へ / l咢ト、へ,.ヘ,.-―┬┐
            | ̄| ̄/\/ト  ̄|`|  ロ / /|   ………
          {___|、_,>゚、.゚へ_レ   ト.|二イへ_/
         , へ/ヽ 二\\>、|、__ト、_ヽ j__i┐
       //\/ 」 } 三</\\{ r' ̄ リ_」
      //\/¬, =i==i=i \/\\| ̄ lヽl
     //\//ー┼トヘトヘトヘl/リ\/\\_l__j
.  //\/  :L_i/       /   \/\|_U}
  く/\/    {_Uj彡三丕三丕三丕|ミ\/
   \/       |ミi三丕三丕三丕三|ミ、_|




          l´ ̄`ー--.、/´ヽー─-:.、__
          j,ノ      |   .     `ヽ、
          /        ,|   :|    ヘ:: ヘ
         /   ノ  / ,/ |  |:|'| |:::   λ:: ハ   この疑問は、オランダ人自身にとっても、議論になっていた
        / ,./  /   / /  |  |:| | :|、:::   \ }  題材でした。
     / ,ィ'/  /  ,| -|-‐ |  |:| | :|-ヽ‐::   \ 
     / / / ::j  ,/ ヽ|__ ヽ、 :|j ヽ|__ ∨  i::  ハ さらに綱吉はオランダ人の宗教についても尋ねています。
     |/ j ::::|  ハ ,ィチテオ  ヽ、| チテ心∨ |::|、 | これは、キリスト教を極度に忌避する日本に対しては、
       |  ::l  |:ハ`、Vィ:;l  }‐{  l:ィ:;リ,' ハ. lリ| |/ 慎重な答えが求められました。
       ∨ |ヽ、|::::j、" ̄ ,,ノ ' ヽ、 ̄゛ {:::j,/: |
       ヽ、| | i:::::ヽ、 ̄   ー'   ̄´,ィ:i::|:  |
           | /| :::::i:::`>‐r- -r‐<:|:::j:: |   |
            |/ :| :::| /´  {    }  |:/:: j:  |
         / :;| :::|'   |\/|  ,ノ  /ハ  |
          / :::/'| :::|   |     | /  ,/  }  |


4331 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:26:51 ID:7MQCc/eg0

          〆 /!-‐l:::l :::::/!::::::l:::::::::::::::::::::',:::: ! :::::l::',:::::l ヽ、__/:',
         ト、// |-‐::!::| :::::! l :::::|'i::::::::::::::::::::i:::::l゙i:::::il::i:::: ! ,>',:::: |
         /´:::ゝ、i〉 :::::!:it::、_i i::::::i \::::::::::::::!:_;|-!‐!l::!:::: !イiヽヽ: |
           i .::/ //∧ :::| ! \ !`ヾ、:ヽ. \::::/i|ム‐|、i:/!:: | ! ', ヽヽ!   オランダ人は祈祷をするの?
           | / !/ i::::〉:::ト:! ,ィ≠ミ:ヽ` 丶   ' ゞ;ィ=≠ミゝ|::: l,.| i::::i |
        i i、_」i |:/∧:::゙i`代〃 ::ハ         fヾ〃:ノ/ !::: !^l |::::ソ!
        | ::i `'\! | i´t、゙i. ゝ- '    ,    ゞ-‐' ' |:::ム./'"::::::| |
        l ::| ::::::::ii、!ヽ `ヾ_ゝ    、__,..__,     /::/´::::l:::::: :! |
           !:::i :::::::::i:ヾ. `  `‐ 、_          /!:/:::::::::i::::: / |
         ! :|i :::::::ヾ ゝ       ̄ ヽ     .イ:::/:/::::::::::/::: /:: l
         | :i l ::::::::::ヽ \.       `i _, < .|`メ/::::::::/::::::/}: /
         ヽ.! ヽ :::::_;; ゝ;:〉=-. ,_._   /     メ i:::::::/‐-、/ レ
          rヽr‐t´  ./:::::::::::....` ‐、/_    __,,} ヽ:/     ̄!`i‐、_
        / ヽ y´ ̄ ̄`"‐-、 "ヾ:::::..〉 `  ´  |   `    .| } | `ヽ
       /   Y        弋‐--y'_,,-‐‐- ,,_|       / / i 、  \
       !    /          `  } -‐‐‐--==l      / / /  ` ‐  \




       へ、              //ヽ
      <\/\             //\/
        \\/\        //\/
        \\/\   ___//\/
         \\/  X__,.</\/     ………しません
           ` へ / l咢ト、へ,.ヘ,.-―┬┐
            | ̄| ̄/\/ト  ̄|`|  ロ / /|
          {___|、_,>゚、.゚へ_レ   ト.|二イへ_/
         , へ/ヽ 二\\>、|、__ト、_ヽ j__i┐
       //\/ 」 } 三</\\{ r' ̄ リ_」
      //\/¬, =i==i=i \/\\| ̄ lヽl
     //\//ー┼トヘトヘトヘl/リ\/\\_l__j
.  //\/  :L_i/       /   \/\|_U}
  く/\/    {_Uj彡三丕三丕三丕|ミ\/
   \/       |ミi三丕三丕三丕三|ミ、_|


4341 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:27:18 ID:7MQCc/eg0

                         __
                    _ - ´ ̄、::::_ -`ー- 、
                  /, ::/>ー───、:ヘ:ヽ\
                  ///   _____ \ヽ:ヘ::\
                  //::/ / ̄:::::::::::::::::::\ー、ヽ::::l::::::ヽ
                /://::///:,:::::|;:::::::::::::::\:::::ヽ:::::Y:::l:::::、:ハ
             /:/::l::::!:|::|:::::l:::::ハ::::、::::、:::::::\:::ヽ::::|:::|::::::|::ハ
                /〃:/!:::l::|'TートX、:v:::ヽ::::\::, -‐:Tー!-!::::::l:::ハ
                //,'::,'::|:::|::|:::|::|∨! `ヽ::::ヘ、:´ヽ、:::::::|:!:|::|:::::/::::::l
           /' |::l::∧:ヘト::|'ィ≠≡、 \ヽ\ゝ≠=ミ|:::i:_/、ー〈  オランダ人もポルトガル人と同じ聖像を拝むの?
                  |::K ハ:〉ヘ!パ::::::::}`   ヽ  ら::::::::ハ::|'´} \ 〉
             l::k'_ イヘ.r乂 乏タ       乏汐|::::lイ|ヽ Y、
             |::|:::|∧ ヽl:ヘ ,、,、,、   ,    , ,、、|:::|::| トイ〉\ヽ
             |::|:/,!:::) 〉:ゝヽ    、____,    イ::/:::〉|::`::l:| ヽ〉
             |::|./::/_/-´ \≧、_        ∠/::/\〈_::::ノリ }|
             くXハ´   __/´   ` ー─<孑二つ   >、 //
                /〉|ヽヽ/、\  ___   <≦__/:/;イ
                〉 | |〉ー〈 ヽヽ_ー'、_Y彡    ̄ `ー‐‐ィ/∨/ !
            | | |   \`ー‐/ーァ≦─ー ァイ_//:∧   !
            |  7   / ̄ ̄了/ ー ´ トニ二´//!-─'- 、
               ,' /         / ヘ      ハー─‐′ ヽ::::::::::::|
               / /       ∧ヽ ヘ ,、r、_/ ヽ        ヽ ::::::::|
            / /          ハヽヽ、ヘf| |!}/ /∧         ヽ::::::|
             / /         人 \\\∨ / / ∨       ト-ヘ
           //         /  ヽ  >≧≦/   ∨       \ ハ
           }        /    } /::::::::只:::::\   ∨        ヽ|



       へ、              //ヽ
      <\/\             //\/
        \\/\        //\/
        \\/\   ___//\/
         \\/  X__,.</\/
           ` へ / l咢ト、へ,.ヘ,.-―┬┐  ……
            | ̄| ̄/\/ト  ̄|`|  ロ / /|
          {___|、_,>゚、.゚へ_レ   ト.|二イへ_/
         , へ/ヽ 二\\>、|、__ト、_ヽ j__i┐
       //\/ 」 } 三</\\{ r' ̄ リ_」
      //\/¬, =i==i=i \/\\| ̄ lヽl
     //\//ー┼トヘトヘトヘl/リ\/\\_l__j
.  //\/  :L_i/       /   \/\|_U}
  く/\/    {_Uj彡三丕三丕三丕|ミ\/
   \/       |ミi三丕三丕三丕三|ミ、_|


4351 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:27:40 ID:7MQCc/eg0

          ____
        ,ィ´     ̄ ̄゛‐-ィ'´`l,ヘ、
        /  .λ / ,/        i |:.λ
      /   (_,j/ / ノ   /   ,ノ |:: ∧
     j      / //   ,/   ,イ::: |::: ハ
     |     j / ::    j ,.-‐'"|::: l::::. λ  この質問へのオランダ商館の答えはケンペルは書き残していません。
     | :j     |〈  ,ィ'   / __  }::: j:::: ,ハ:〉  おそらくは、貿易を続けることを優先して、「いいえ」と嘘をついたから
      | |    |:(∨{ ,..イ__,ィチミ、ノ:;ノ:;/j/ リ  だとおもわれます。
.     | |  ,ノ |:::ハ::ヽ.{:.:| "( ´{;:ノ´      キリスト教の信仰より貿易利益を優先させるオランダの態度は、しばし
    jノ /i  {/  {:::.`ヽ:!  `ー'〉        批判されていました。
   //ノi | ::: }`‐-ヽ、 ヽ(_,ゝ_,イ_ _
  / / / :リ::::ノ    `‐-、`〈,〈〈〈j,{ュ      これらの非公式拝謁は二時間におよびました。
. / / 〈  :: `ヽ、,イ⌒ヽ、 }  }   ,}
〈 〈  ヽ ::::   }    ヽj  j" ̄ ̄゛}
 \ ヽ、  :::  |      〈,ノ 三三三{
   `‐-〉    |       ⌒ヽ、  ゛〉
    /     ノヽ、       ゛ヽ ,/


4361 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:27:57 ID:7MQCc/eg0

            _          ,、     .ノソ
      -一=ニニ ,, ̄ ゙'一T ̄~! ヽー- '´'',,_
            ,, -‐ ゙´: : : : : : : :i!: : : : : : : : : : ::`゙:.、
        ,/: : : ;; : : : : : : i: : ::|: : : : : : : : : : : : : : 、ヽ
.       /: : _/     :i!::: /|: : : : : :i : : :     ヽ`,
.      /:,, ィ/    /: : : | : / .|: i: : : : |:ハ,: : : : . . .  ヘi!
      // ./ . : : : :/: : : ,,|-‐ト、.|: |: : : ::|!_⊥ _ : i: : : ::i: ハ  ケンペルもあきれただろうねえ。
.    /  /: : :/: : :::i!: ://|: /  |::|i; : ::::|  ヽ`ヾ|: : : :i!: :| 日本に来て、歌や踊りや物まねばかりさせられて。
         l: : ::i: : : ::l: : : ./ |/   !:| l! : : :|   Y: :|:::: : ::| : |
.        l: : /l: : ::::l: : :/  |     !| l.: ::::|    ヾ:}::: : : |};: |
       l: :/ |: : :::::l: : ! ___, i!  ヘ: ::|___i!;:: : ::l::i!::|
.        !/. l: : ::ハ:!: i!. ━━━    ヽ:|━━━ i!::::: l:::|ヘ!
         l.   !: ::{::!,X:|:i  ,,,,       .  ` .,,,,, ・i!::|::::l::::|
            ヘ:::|!:`ヘ| l               l::::|::i!:: |
          ヾ||:::::|:::::゙'s、.,  ⊂ニニ⊃   ,..ィ゙:::::レ' : :|
            | ::::|: : : .|::::≧=‐----‐=≦::::|::: : :|:::::::|
.   _y⌒ヽ-一ッ  |:::::::l: : : :i!´  {~     ~}  `|::: : :|:::::: |
  ´      <´   .|::::::::}: : : :| . ヘー-一ノ  . l: : : i!、::::::|
 (        }   l:::::::ハ: : : lヽ  ',   /    |: : : l /,:::: |
  ヽ   _,,ノ   l ::::/ ヘ: : ::l 、ヽ ヽ /   .ノ|: : ://:ハ :: |
   ゝ一''      |:::::!   ヽ: ::l ヘヽ V  /´l: : /'   ハ:: |


4371 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:28:18 ID:7MQCc/eg0

             /     /        `ヽ、
               /‐       //     l      `ヽ
          , ‐´   / ,/ /     l      、   ヽ
        / ,  ,  /  / /l     l ハ      ヽ   ヽ
        / /   /  / /'´7/    l / -Lll       ヽ l  ヽ
       / /  /  /  /  / l l   l /  l. l ト、      V.   l いいえ、ケンペルの綱吉に関する感想は
     l /l   /  / / _,/、」│   l/  ヽl l `     ヽ   l 「非常に英明な君主」というものです。
      l/ l  l   l / 〃、フ:、∧  l  ニ=ミl、ヽ     ヽ  l
         l   l    ハ〈/:::::::::ll ヽ l  ´,、/`:、ヽヽ     l l
       l ∧   l ∧ l:、: :d l _〉l  l:: :::::::::〉,l l   、 l l
       ヽ Nゝ、  |l l  `─' ラ´F   l: : ´,、/N、 l   l  リ
        ヽ ヽl`l\`ト、_ ,ノ '  l   ` ‐' ' / ハ. ト   l ll
               ll  `l,、    。 ヽ、_  _ノ// l N  イlノ l
                l  〃 ` ‐、_      ̄ ィフ'  W l/l l l
            l  l 丶  ヾ >,‐ ´  レ/   ハ   ヽl l
              l  / l_,_ ,〉, ノ  /'   ノミ、l   ll l
    _    ,、    l / /川   /  /´   /´´  ヽ  ヽ l
   (_r‐、- l. ト 、. l / l 川   /‐-y´´  //´       ヽ ヽヽ
 , -、. l l 丶`´ヽヽl /l 川  / // /´/´          l  ヽl
.(_, -‐-`_   /〃、/ l 川 l  〃l / 〃         l   ヽ


          ____
        /::::___:`ヽ.
       ./:/   ヽ;:',
      /:/ __,.ヘ、___!___
      ,. |/'"´::::|:::::ヽ::::::::::::`"'' 、
  ,. ,. ''::::::!:::::::::/|:::::::::i:::::::::::::::::::、:::::ヽ、
 '´ /::::::::::::::::/レ|:::::::::i:::::ヽ、ヽ;:::::\:::::',
  /:::::::::::::::::::/| ̄i::::::::::|\ ̄i`ヘ::::::::\i
 ,'::::::::/::::::/:/__!_.ハ::::::::|  \!__ハ::::::::::::::ヽ.  へ?
 i:::::::/!::::::i/「i ̄'T ヽ::::|. イ" ̄「'!ヽ\:::::::::',
 !::::/::i::::::::ハ. ヒ__r!  ヽ! ヒ___r! !\::::!へハ!
 V'! イi::::::/!:!""       ""・ハ:::ヘ:::!:|
   ヽ! ヽ!::|::i>、.    __   ,.イ:::|:::::レi::|
      |::|:::|::::::`7:.r--r 7´|:::|::::|::::::::|::|
     .|::|::::|:::;:イヽ!__/::::`>.,|::::|:::::::|::|
     |:::|::::|く\::::::!/:::::://|::::ト.:::::|::|


4381 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:29:11 ID:7MQCc/eg0

           ,.-‐'"´ ̄i ̄ ̄゛`ー-.、
           /  _ ,ィ7  _,   ..\
          /    \_>{ }<_/   .::::::...\
       /   ____,i_____`、::::::::::....〉
        〈 :::,ィ´____ヾ◯シ____`ヽ、::::::;/  歴史雑学本でも、しばしばこの出来事が紹介されますが、
        ∨:{_{三三三三三三三三;}_j,}ミj'    たいてい物まねや歌の披露の事だけに注視され、綱吉が
        ,ィ':,'::;'ゝ、________,,ノ"´::`ヽ、 愚かであるかのように扱われています。
       ,/;;/ /  ,/ヽ、|_、`| :: |ヽ:|,__\  ヽ、.、ハ
      7'  |  ,ハ ,ィチ心、| :: | ,ィチ心、\  | |:: ,} しかし実際には、真面目な内容の様々な質疑応答も行われて
      | ;':|  |::ハ、{,ノ:::;l゛ヽ、| l,ノ::::;j`〉ハ |リヘ/ います。
       ∨:∧ |: ::}、`-‐" ノ ,ヽ.`‐-" ,ノ{:::j/;|   また、録音装置や映画(動画)のような記録媒体がないために、
      ヽ| ヽ||::::ヽ`-‐" r┐ `‐-'"::|::: :/{   外国人の生活を知るためには、実演してもらうのが一番という
       __ ,ノ ::i::;>‐-ァ;r",,r<:::::;ノ:: /::ハ  事情もあったのでしょう。
    ,r‐-ィ"、、ヽヽニ二l,//、エ"/  ,/"::,メ-、::|
   〃t─`ニニj_j_ノ / /ィ7   /ヘ、__,{ .::/ / }j
    /`ヽ、_,,/ j,/ノ  `ー┴.、 、 ヽ:|/, λ
     ヽ、__∠__,.イ:{゚  ..;:.   ゚〉 ヾλ:::ー-八
      / ::/::::::::||::ヾ、..'"::、.. ,/ _:/:::::ヽ、 `\
      { ::{、:::::::::||::::::}゛l|¨||" ̄ ̄〈::;.イ::/`ヽ、  \._
        ヽ{ `ヽ:::|j::::;j__l|_;||_____;;ハ、.j:/    \,/"`\
           j;ノ|;/ j_il`、 l| ,,__ __.`ヽ、  くo   /`ー',フ
          __,,ノノ|l__,||'´: :;}__l `ヽ、\、 \/〉., ,_"、ニ


4391 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:29:29 ID:7MQCc/eg0

                     ,-、
               /'´ ̄`ー-/  `ヽ-‐─-.、__
              ,ノ´     ,/    i:       `ヽ、
          /       / :|       |::   、   、  ヘ
         /   ::   /  ;|、   :  |:|、  |::   ヽ、. ヘ  また、日本人側からオランダ人に、演技を求めるときの
         /    : :    /  / |∨ : : |:| ∨.|:::    `ヽ.ハ 態度もいつも丁寧であったといいます。
        / /  : : :;   | ,ィ⌒ | ∨ : : |:| ⌒|ヽ    、  ハ.} 当時のオランダ人たちは、後世の人々が思うほど
     / ,イ / : ::/    ,| / __、| ∨ : :|j ,_レ'ヽ、   |:  || 「侮辱されている」とは思わなかったようです。
     〈 / | :j: : ::i    / |/,ィチ心、 ヽ、::| ,ィチ心、∨  |::  }|
     ヽ| | :|: : ::|   ∧ ,イ ト-':;;:}` }冖{` ト-':;;:}ヽ∨  }::: ,/| ケンペルも、異国の君主を前にしての自分の歌の
         ヽ| : :::ヽ、 {:::ハ.`、V:t;;リ ,ノ  、 V:t;;リ ,,'∧ /j;ノ | 披露は非常に誇らしかったらしく、『日本史に』
          ∨: ::|::|::`::.:::j` ー-‐'" __'__ `ー-‐"´ {::::j,/::|:  | 自作の歌詞を詳細に書き記し、再現スケッチも
         `ヽ:|| |:::::::|`l:.、    V  ,ノ    ,.イ|:::´::: |::: | ひときわ入念に描いていました。
            |j: |: ::,:j .|:::_;;>‐-,`ニ´r-‐<´::|:|::: : : |::: |
            リ: |::::;ノ ,ニュ、  | ´   ` }   ヽ|j:: :  j::  |
           ,ノ:,ィ´{  -‐y 〕 |,-─‐-j    ノ::   /:::: {
          / ::f `rヽ、___,j;>、   /  //´:  /}::::  |
           / ::::|   },ミ三三三彡}.  / //j;   / |::::  |
        /: :::::|, :〈`゛ー─--─'´〉V ,/,,ノ| ,/  |::::  |
         /: :::::::|  :::〉       "|ヾ <´ j/ i:   |::::  |


4401 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:29:49 ID:7MQCc/eg0

  |     | {        ヾ \ T7 7´{、ヽイ´   }
  !  |   ヽ ヽ        _j}  〉 l小、_'‐≦´/    〈
  l  |    ト、\   =‐'ア ‐-、 ヽ\  ̄      } ト、
  ヽ  !    j |\ Y´  ∠二、 }  \\        ヽ ヽ `ー
    、 ヽ   \ l ||  /fr㍉ 勹/     \ ヽ      \\_
    ヽ|    ヾ i | { ,>´//         `,ニヽ      イY´ ̄
     } i      い{ ノ¨          r      _,  ´  トヘ
  r_─┴!     、込_              /  ィ^ヽj l!
   ` マコ\       `卞、        , ´ /     _ハ
      ヽ|  `ー- 、     | i}       /  /       く V
       |        \  | ||     r' 、 r‐'       / /
        |         )  ! ||      <\!    _,. - ´ /
      ヽ _    {   \|{        <T^ヽ _, - ' ´   /
          \  j      ヾ、          ̄   _,.  ´

 ノ\                  ー_ァ         r ‐┼`  ┴ ┼`
  ニ、     ニ|ニ  士  l -    /    ┼、ヾ  ├┐|     ロ ト   ,ニ「  フ
  ノ  ヽ    Cヽ (_,   L ー  ヽ--┘ / ノ    ノ ┘乂  .小 儿  `フ  ´c)





       /: : : :/ : : : : : : i: : : : : :ヽ : : : : ー 、 : : \
        /: : : / : : : : : : : ,イ : : : : : : :l: : : : : : : \- 、:\
.       /: : : / : /: : : : : : / |: : : : : :| : |、: : : : : : : : \ \
     .' : : :/ : /: : : : : : /  v : : : : l : |斗-: : ヽ: : : : ヘ
     |: : :/ : /| : : :― x   ∨: : :∧ | ∨: : :ハ: : : : :ハ  なるほど!
     |: :/ : /: | : : : : / `  |: : :/ j/- ∨: : :l: : : : : :| コミケ会場で大受けしたコスプレ披露みたいな
     r┴、/:ヽ| : : : /     |: :/  示旡アV : :|: :|ヽ: : |  心境だったんだね!!
     |  | : :│: : /|.     | /   ト::爿/ ハ: :|: :| ',: :|
     'vーく ,x┤: / :|三≧x j/   込;リ { : | ∧ |  ∨
    /   ヽ. | /: :│ ,/      '    .:・} : |/ i/
     |  /⌒}:Ⅵ : :ヘ:.:.:.    ー'ーr'   /: : |
     {    /´}_ム: : :≧r 、 .. _ ー ' .. </: : : |
     ヽ    / }ヘ: : \\   厂}ヽ._/ | : : : |
.      \   __/  \: : \\x-┴く ヽ| : : :.′
      /   /ヽ     \ : ヽ \   |  |: : :/
    /     {ヽ}}     ヽ: : }  \ l  |: :∧


4411 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:30:18 ID:7MQCc/eg0

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ  
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: | 二度目の江戸参府での将軍拝謁の後では、
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V  通例では見られないことが執り行われました。
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,! 通例では、謁見の数日後、老中たちから日本の
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i  規則が言い渡されて、将軍からの贈り物が
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!  与えられるのみでした。
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ しかし1692年には、それにとどまらず、将軍から
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : 食事も振る舞われたのです。
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
        ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i
        !  `    !:.:.:.:.:lノ:.:.i:.:.:.:.:.:.,' /  l: : : : : : |



この時出されたのは、
・まだ温かいできたての白い菓子。まるでニカワのようでかみ切れなかった。
・小麦粉と砂糖を混ぜて焼いた、中が空洞になった大きなパン
・醤油をかけた生鮭の切り身
・粗末な歪んだ焼き物(茶器)に入った茶


4421 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:31:05 ID:7MQCc/eg0

                         ィ、
                    __ /: : レ':^ヽ
           <ヘ     / : :: : : :! : :: : ',: :: ::` ー、___
                / : :/: :: : / ト、: :: :',、: :: :: :: :\-、:\   />
             (>   / :: : /: : : :/! /',j: :: :、iヽ,: :\ :: : \ヽ:j
               | : : // ,.ィ' l/ jiヘ : : |` 、! : :ヽ: :: :ヽ    <) 残念ながら、この時の食事はケンペルの好み
                                         には合わなかったようです。には合わなかった
                 〉: : : : /Y ト’ァj ` 、_' ヒ‘リ ||/i : :: : ハ/      ようです。
               /ネ: :: :/ヘ ``ー'   ,ノ '、` ’ ,l/| |: : /     うにゅ~ん
               |j !',: :小 丶'ー‐''  -.、`¨´ 〉| |/
               | ヘj |: :\ヽ、 __(   \´| !\
               |/: :r‐\::\ヘヘ >、   \!: :ヽ`二ニニニ二 ̄ ̄ ̄\
            ,,.. ィ'": :/   \: :\久/`ー 、.....二二ニニニミュヽ、 \: :: :: : \
     ___/ ̄, : : : : /      \: : \   ゝ、: : \\__`ヽ、\\ : : |\i,r、/77
  / ̄: :: :: :: : _,,../: :: :/j    ヘ   〉、 : : \  } \| ̄\__,,...、ヽ--\\\| / >/)
// ̄ ̄ ̄ ̄/: :: ://j-  - 、 ヘ  |=\l\l=ヘ'´__,,..r--¨´  `ー―‐ヘ ヘ 「|' //'")´
: :|_____/: :: :: :: :/: : j\   ` ヽ´       ヘ            | ヘヘヘ//ーヘ、
: :|: :: :_____/: : : :|  `ー--、 〉===○○=ヘ           |  ヘ//\ ヘ \
: :| ̄: :: :: :: : : : : : : : : : : : |       \        ヘ           |  // ) \\}: : \
\\____,,.x――‐´|         ⌒ヽtー―――ヲ/ノ´⌒``ヽ、   `ー-‐"     \\j\|
 ̄\\       {   ヘ             ̄ ̄//´  f ´`ー、__ ヽ            \j
    ̄        {   ヘ              //   j ゝ、 <> `Y)               \
            {_________   // ̄\ ヘ  ` ー-z '´                  \
                              | | / \ \コュー" \____          \



            l                  l
          |                 |
    ,   ‐-   _」                 L  -─- 、
   l         |                |       ハ
   |       |               |        ,′
    ヽ      |                   |        /
    \       ヽ                /     , ′
      \ _ -、_ニ、      _ - '     _/
     r  ̄,   ´ _ノ            ,.. ='-ァ
     /  /  , 弋う‐ k‐r,-、ニニニ-r T  ̄  | /
.    / ノ   /  入  L `7´こ卞、ト、」 |!     l'\
   〈    '   /  〉 | /´   ト、`` ! |    |  ヽ
     i     ´  / l       | 〉   l {!     |  ヽ


4431 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:31:32 ID:7MQCc/eg0

                     ,-、
               /'´ ̄`ー-/  `ヽ-‐─-.、__
              ,ノ´     ,/    i:       `ヽ、
          /       / :|       |::   、   、  ヘ
         /   ::   /  ;|、   :  |:|、  |::   ヽ、. ヘ
         /    : :    /  / |∨ : : |:| ∨.|:::    `ヽ.ハ
        / /  : : :;   | ,ィ⌒ | ∨ : : |:| ⌒|ヽ    、  ハ.} さらに綱吉は、もう一度の拝謁を執り行いました。
     / ,イ / : ::/    ,| / __、| ∨ : :|j ,_レ'ヽ、   |:  ||
     〈 / | :j: : ::i    / |/,ィチ心、 ヽ、::| ,ィチ心、∨  |::  }| 拝謁の場でケンペルたちは、日本の流儀に
     ヽ| | :|: : ::|   ∧ ,イ ト-':;;:}` }冖{` ト-':;;:}ヽ∨  }::: ,/| したがった着座したままの挨拶をしようとしましたが
         ヽ| : :::ヽ、 {:::ハ.`、V:t;;リ ,ノ  、 V:t;;リ ,,'∧ /j;ノ | 綱吉は、ヨーロッパ式の、立ち上がっての君主への
          ∨: ::|::|::`::.:::j` ー-‐'" __'__ `ー-‐"´ {::::j,/::|:  | 挨拶を命じました。
         `ヽ:|| |:::::::|`l:.、    V  ,ノ    ,.イ|:::´::: |::: |
            |j: |: ::,:j .|:::_;;>‐-,`ニ´r-‐<´::|:|::: : : |::: |
            リ: |::::;ノ ,ニュ、  | ´   ` }   ヽ|j:: :  j::  |
           ,ノ:,ィ´{  -‐y 〕 |,-─‐-j    ノ::   /:::: {
          / ::f `rヽ、___,j;>、   /  //´:  /}::::  |
           / ::::|   },ミ三三三彡}.  / //j;   / |::::  |
        /: :::::|, :〈`゛ー─--─'´〉V ,/,,ノ| ,/  |::::  |
         /: :::::::|  :::〉       "|ヾ <´ j/ i:   |::::  |





          /__/  /  /  '  l     ,   ',\ヽ ヽ ヽ
       /´_/  / ./!  !   !     ',.  l .:.l`|  .:ト、',
      / / ,'  /.:./  |  !',  ',    l  :|..:.|.:|  .:ト、\
      ∨/|  :!.:/ ̄`ト、:! ', .:.:',  , 斗‐┼┼|  .:|、\ 〉
      /\_」 .:l:,'    ! .:.|ヽ', .:.l∨ .:| :l.:|.:.:|.:|  .:| \У
      ,'  / ,| .:.:!{    ヽ:{.  ヽ、', \.:|:ノ//l |  .:|__〉|  ヨーロッパ式の君主への礼というのを見せてよ
     ,  / ,ハ .:.', _,,.___,,二    ``二,,_.,,_ノ.:|  .:| |、ヾ
     !: / // ,l\ヽ ´¨¨´   '       `¨¨`ノ:,' .:.:.,'! !:\\
     |:.l l l { !.:.:.\、    l二二二'、     / .:.:./:| |.:l.:|l }
     |ト、j|`!.:.:.:Λ`   ',     /     ' .:.:./.: | |.:l.:|| /
     |:.| N.:l:|:.:.:.l:|.:\    ヽ.__/     ,. / .:.:/ .:. レ': l.:|`
     ',:! |.:l.:l:|:.:.:.l:|:.:.l:个 、       ,.ィ'´:/ .:.:/.:.:.: /.:. j.:|
      ヾ ',.',.!:', .:.l:|.:.:{: l/|` ー‐ '´ 卜/, .:./.:.:.:, '.:.: /}.:!
       \ヽヽ.\:{>'´ /ノ       _///.:./.:.:. / 〃
     , ー厂 ̄´\`ヽ. ,'        __/´//\:. //
    /   |_,. -‐  ̄`ヽ rァr--`‐──'‐‐-r ,   `¬ー 、
    /___.,ィ´    ヽ、._ ヽ          ./ /′      「ヽ
ァ‐/ /         \_ノ!         l /         |  ',
 /   {        `ヽ、 .}!ヽ!       /V           !  ',、
 !   ヽ       \ Y |  ` r====r'´          /    !\


4441 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:31:59 ID:7MQCc/eg0

           ,.-‐'"´ ̄i ̄ ̄゛`ー-.、
           /  _ ,ィ7  _,   ..\
          /    \_>{ }<_/   .::::::...\
       /   ____,i_____`、::::::::::....〉
        〈 :::,ィ´____ヾ◯シ____`ヽ、::::::;/  そのあと、オランダ人たちは歌を披露しました。
        ∨:{_{三三三三三三三三;}_j,}ミj'    ケンペルも前年と同じドイツ語による自作の歌をうたいましたが、
        ,ィ':,'::;'ゝ、________,,ノ"´::`ヽ、 最後のところの歌詞を少し変えました。
       ,/;;/ /  ,/ヽ、|_、`| :: |ヽ:|,__\  ヽ、.、ハ
      7'  |  ,ハ ,ィチ心、| :: | ,ィチ心、\  | |:: ,}
      | ;':|  |::ハ、{,ノ:::;l゛ヽ、| l,ノ::::;j`〉ハ |リヘ/
       ∨:∧ |: ::}、`-‐" ノ ,ヽ.`‐-" ,ノ{:::j/;|
      ヽ| ヽ||::::ヽ`-‐" r┐ `‐-'"::|::: :/{
       __ ,ノ ::i::;>‐-ァ;r",,r<:::::;ノ:: /::ハ
    ,r‐-ィ"、、ヽヽニ二l,//、エ"/  ,/"::,メ-、::|
   〃t─`ニニj_j_ノ / /ィ7   /ヘ、__,{ .::/ / }j
    /`ヽ、_,,/ j,/ノ  `ー┴.、 、 ヽ:|/, λ



                    _ __   . w   ++
                  〆v´ヽ ヽ.?
     *  ..O   __ノ  (〈i^^ヾ (  i〈_〉_-、
          <l・ ) * 〉(`∀´)ノフヾ||:::::::::>
          ̄|::::::::::::::|とLi;;<爪>リ;;;;「i)||::::∠__
           l::::::::::::::lζ_人_i;;ハ;;;;ゝ从||::::::::::/
           ヽ:::::::::/    _/;y;;;人::::::::::::::::〈、_
             ̄    (_(__ノ  \/ ̄ ̄
十万にもおよぶ 富も
百万にもおよぶ 富も
愛する あの人
私の愛しい フロリメーネに比べれば
何の値打ちもない


4451 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:32:33 ID:7MQCc/eg0

   /     /:/  /   │ |   \ヽ   ヽ 丶 \
i  ,′    |/  /      !  j     ! !    !  ',  ヽ
i. |     |  /     ,′ ハ   | |ヽ/´ !   !  !ハ
ヽ |     l  l     / / │  i| l ハ j  |  | リ
 N    ┼‐|ー─ -/t /- 、|   j| / { _jzム ∧ │  ねえ、その歌の意味は何?
/ |     ', l    / 〃  _ lヽ / j/ ,イ仏}// } ∧
\_|     ヽ { /,ィ≠テ女、j/    V_;;| {  j / ハ
丁∧.       ∨ 〃{か;;;;小       ちj_ ! イl  |
│|仏     ハ ヾハ圦_:::jハ       `ァ  ',  ト、 l
│|/∧     ヽ  ヽ^)::ン‐          }i |ハ !
│|.厂 ヽ      \  `´        __ ノ   厶 リ  ', |
└‐ゝ. ーヽ    ヽ \        ` ̄     /  /  l |
 ヽ、 `'ー‐\    \ \             /  /    l.|
   \   `\   \ \         /  /     リ
ヘ    ` ー- 、 \   ' ー=>ーx‐‐ァ¬′ ,′
 \       ヽ `ミ=- ...__Xテ‐ゝ_{__八 {
   {\      `ヽ ヽ-‐‐'' ̄ ̄´___`>〈
\ ヽ `ヽ、_     }\ }     /    ̄ ヽ
  \ ヽ   `ヽ  ,ノ  リ   /        \



.         , ‐ 、                   _..-:.: ̄:.:`ヽ、
        l   \               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶、
        l     `ヽ        ,..-―-:':.:.:/:ヽ、:.:.:ト、:.:,ィ:.:.:.`!  ……神々が将軍と城中の人々に対し、
        ヽ       ' ̄`ヽ  ,へ._):.:.:.:.:.:.::.:.:i:.:.:.:.:.:.:/|``''"!:.:.:.:.| 幸福と至福と寿を百倍与えてくださることを、
          _..>-、‐     \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::、、|:.:.:.:.:./ノ   l:.:.:.:.:| という意味です。
    _.. ‐ ´  、   T ‐    ヽ_:.:.:._イ:.:.:.ハ.|:.:.:./ェォ.、 ,ィ:.:.:.:.:.:!
_.. - ´       :|     l        ',:¬‐-イノ::ト!:.:.:i   i  L;.:.:.:.:ト..、
       /ヽ   l ';        |',::::::::てっ:!l:.:.:.:.':,  .:l  ト、:.:.:ヽ::::\
    _.. ‐ ´    }  :l  \      .:l`',::::::::'う:/ノ:.:.:.:/. ー= ,イ/:.:.:.:.}::::::::|
_.. ´       ,'  ';.    `   .::::l-.lヽ:::::V/_:.:.:、ヽヽ'::::l'_,(:.:.:.:./::::::::/
        _.. -' ヽ  ',     ::::;イ!: :!:::::::::|:::::):.:.`)ノ ヾ'、/ノ:,:.:.ヽ::::/
   _. ‐ ´      l:       .:://:l.: :l:',::::::l::::i:.:.:(_/ i ', ヽヽ>:.ノ´
,. ´      _ィ'⌒ヽ l    .:/ /:/: /.!:l:::/::::::7>::つ l|  ! r'、:.:(
     _..  '´  ヽ / ;'_..:/ /::/- ' /!:!':::::(_´:<´ら     ' さ´
 - ' ´      / ̄:/  /::/― ': :l:l::::::::::l`ヽノ      ' ヽ


4461 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:33:00 ID:7MQCc/eg0

       __
      '´.  /i´ ヽ  続いて、再びオランダ人の生活の実演が行われました。
    }N〈ノ/ ノ}リ'リ   さらにそのあと、ケンペルに怪我人の診察を求められました。
    .ノゝリ(.゚)ヮ゚ノ!{ 
  ´((.( ⊂)氷)つハ 
.    ソル 'く/_j〉ル ソ 
        じ'フ



        ゥィー
     ⊂ヽ  ∧__∧ r''∋
  ~  ヽ`ー(*´Д`)'/ |
   ~   ̄ヽ    イ ↓
    ~    〉   / E田ヨ
 ~    /⌒   〈
  ~   ノ /~`⌒> )
   ~ (__ノ   / .ノ
   ~     (__つ


            ,
      厂 ̄ ̄ .__            ヽ、
      /  r'^ー'´ \    |   、    l
    /   .|       ヽ   ト、   い    \
    ノ    │      .,;;l   f‐l    `ー、   `ー 怪我はたいした問題ではありませんね。
.   |   ハ .l     '´k,ィrッ、 .\、_   `く丁   それよりも、この者の問題は「アルコール依存症」
    \  {_」.冫ー、   ゞこ=`ー、. \ ゝ   ヽ    です。
      ヽ ∨/,ィfラj        |  |/    /    鼻が赤くてかっているではないですか。
       }j f `こf}、 ー         | K.     /
      / | ヘ    ´  __ _,.  /  |ヽ    \
.     / .| | ヘ  v'"´      /  ./∨ヽ   ヽ
    /  .| |  \ く ̄´マ  / ∠/ /    ノ
.    {    ヽゝ、 ヘ }  └'/ /    /   /
.    ヽ    \  `Y   {  {   ハ   くヽ
      |      |!. ∧  ∧  ヽ_/ \  ー'
.    _ノ     ,イ_,/ ヽ/  ヽ  ヽ    `ーt
    ̄    _// _,/^ー┼‐tゝ_}  ├、.    \
     _,∠_,ィく ̄  //  (ノ   |フ\     ヽ
     ̄_, -‐'\'、  レ.     |   /   `ー、  ノ
.     く \  ,イ_,/    人   `ー'⌒ヽ  \/


4471 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:33:34 ID:7MQCc/eg0

          _,...-‐::::::: ̄:::::::ー-..、
           /::::::::::::_;:. -一ー- 、::::`ヽ、
      ,..-::':::::::::::;/   _,.......-‐-..ヽ::ヽ:ヽ、
    ,.:':::::::::;:::/::::'  ,..-:'::´::::::::::::::::::::ヽ:ヽ::ヽ:ヽ
    /::::::::::::l:;'::::::|/:|:::l:::::';:::::::::::::::::::::::ヽ:ヽ::ヘ::ヘ
:   /::::::::;:.-d:::::::|:::::::|::::';::::::':;:::::::::::::ヽ::::;;ゝヘ:::ヘ::ハ  わはは、たしかにそうだわ
   ::::::r'´ /'|:::::::|::::::ハ:::::ト、:::::ヽ、:::::::::rく::::::l:::|:::::l::ハ
   ::::::ヽ,ノ, |:::::::|::‐ト-、:」_ ヽ、::\ー/:::_ヽ:::N';::::|::::l
   :::::::/ ./7r|::::::::ト:::|   ヽ、`ヽ`¨ー  ,.-‐`|::|::::|l:::|
   ::::/ /,'||:::::::::lヾ ,..-‐-、    、   |::l:::;'||::|
   ::ヽ_/::l rヘ::::::::::l ′            |::lイ::||::|
   :::::|::::::`‐! l:::、:::::',     、... -‐  ̄!   ,!::||::| l:|
   l::::|::::::::l:::ヽ」;:::';:::::'.,     ヽニ   ノ  ,i':::;',:/ ′
.   l::::|、::::::l:::::::::ト:::lヽ:::ヽ      ̄  ,.:'/!:〃
   ゝH::::::::';::::::::l:ヽ',_ヽ::ヽ_ー- 、...__ /:::l l/
.    ':;lヽ::::::ヽ::::::l:::l.\` -\ ̄二ニ二ニ=ュ_
      `,.ゝ::::::',ヽ::',ヾ_,...r'^`          ^¨ヽ、
    r‐'  /ヽ:::', `ヽ、r'                (
    ヽ、ノ   `7ー'´          __.........__   {
     `ー-‐'¨         _,.r-‐'´     `ヽ._r





       __
      '´.  /i´ ヽ  続いて側用人が侍医を二人連れてきました
    }N〈ノ/ ノ}リ'リ   ケンペルと侍医たちは、ヨーロッパ式の瀉血(しゃけつ)や膏薬についての
    .ノゝリ(.゚)ヮ゚ノ!{   話し合いを、将軍の前で行いました。
  ´((.( ⊂)氷)つハ 
.    ソル 'く/_j〉ル ソ 
        じ'フ

.         , ‐ 、                   _..-:.: ̄:.:`ヽ、
        l   \               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶、
        l     `ヽ        ,..-―-:':.:.:/:ヽ、:.:.:ト、:.:,ィ:.:.:.`!   あなた方の膏薬のラテン語発音は少し
        ヽ       ' ̄`ヽ  ,へ._):.:.:.:.:.:.::.:.:i:.:.:.:.:.:.:/|``''"!:.:.:.:.|  「曲がって」おられる。
          _..>-、‐     \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::、、|:.:.:.:.:./ノ   l:.:.:.:.:|  修正してあげましょう。
    _.. ‐ ´  、   T ‐    ヽ_:.:.:._イ:.:.:.ハ.|:.:.:./ェォ.、 ,ィ:.:.:.:.:.:!
_.. - ´       :|     l        ',:¬‐-イノ::ト!:.:.:i   i  L;.:.:.:.:ト..、
       /ヽ   l ';        |',::::::::てっ:!l:.:.:.:.':,  .:l  ト、:.:.:ヽ::::\
    _.. ‐ ´    }  :l  \      .:l`',::::::::'う:/ノ:.:.:.:/. ー= ,イ/:.:.:.:.}::::::::|
_.. ´       ,'  ';.    `   .::::l-.lヽ:::::V/_:.:.:、ヽヽ'::::l'_,(:.:.:.:./::::::::/
        _.. -' ヽ  ',     ::::;イ!: :!:::::::::|:::::):.:.`)ノ ヾ'、/ノ:,:.:.ヽ::::/
   _. ‐ ´      l:       .:://:l.: :l:',::::::l::::i:.:.:(_/ i ', ヽヽ>:.ノ´
,. ´      _ィ'⌒ヽ l    .:/ /:/: /.!:l:::/::::::7>::つ l|  ! r'、:.:(
     _..  '´  ヽ / ;'_..:/ /::/- ' /!:!':::::(_´:<´ら     ' さ´
 - ' ´      / ̄:/  /::/― ': :l:l::::::::::l`ヽノ      ' ヽ


4481 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:34:00 ID:7MQCc/eg0

          〆 /!-‐l:::l :::::/!::::::l:::::::::::::::::::::',:::: ! :::::l::',:::::l ヽ、__/:',
         ト、// |-‐::!::| :::::! l :::::|'i::::::::::::::::::::i:::::l゙i:::::il::i:::: ! ,>',:::: |
         /´:::ゝ、i〉 :::::!:it::、_i i::::::i \::::::::::::::!:_;|-!‐!l::!:::: !イiヽヽ: |
           i .::/ //∧ :::| ! \ !`ヾ、:ヽ. \::::/i|ム‐|、i:/!:: | ! ', ヽヽ!   日本語と外国語が入り交じって、面白い
           | / !/ i::::〉:::ト:! ,ィ≠ミ:ヽ` 丶   ' ゞ;ィ=≠ミゝ|::: l,.| i::::i |  会話ね。
        i i、_」i |:/∧:::゙i`代〃 ::ハ         fヾ〃:ノ/ !::: !^l |::::ソ!   牧野、ケンペルが喋っているのは何語?
        | ::i `'\! | i´t、゙i. ゝ- '    ,    ゞ-‐' ' |:::ム./'"::::::| |
        l ::| ::::::::ii、!ヽ `ヾ_ゝ    、__,..__,     /::/´::::l:::::: :! |
           !:::i :::::::::i:ヾ. `  `‐ 、_          /!:/:::::::::i::::: / |
         ! :|i :::::::ヾ ゝ       ̄ ヽ     .イ:::/:/::::::::::/::: /:: l
         | :i l ::::::::::ヽ \.       `i _, < .|`メ/::::::::/::::::/}: /
         ヽ.! ヽ :::::_;; ゝ;:〉=-. ,_._   /     メ i:::::::/‐-、/ レ
          rヽr‐t´  ./:::::::::::....` ‐、/_    __,,} ヽ:/     ̄!`i‐、_
        / ヽ y´ ̄ ̄`"‐-、 "ヾ:::::..〉 `  ´  |   `    .| } | `ヽ
       /   Y        弋‐--y'_,,-‐‐- ,,_|       / / i 、  \
       !    /          `  } -‐‐‐--==l      / / /  ` ‐  \





: : : : i: : : : : : : : : : : : : : i: :r : : /: : : , : :/: : : : : : : : : :ヽ
: : : : i : : : : : : : : : : : : : iメ、_∠: : : : :ソ /: : : : : : : : : : : : ',
: : : : i : : : :/`i: : : : : : : : レ__ ゙̄ -一    i: :i: : : : : : :',
: : : : :',: : :,' ヘ.i : : : : : : : l∫.i::::::::` 、    丶i./i: : : : : :i: :i
: : : : : ヽ丶、 i : : : : : : : l  ic、,/       /゙ヽ: : : : : :i: i  日本語ですね。しかし下手です。
: : : : : : :i\ヽ i: : : : : : : :l   ``~      /~゙',、i : : : : /i i
: : : : : : :i. 丶 i: : : : : : ! l          i c丿`: : : :/ i i
: : : : : : ::i  ヽi : : : : : i i        ´   ゙ , ': : : r ´  i
: : : : : : : i    i: : : : : :i i    - ‐ 、     i: : : : l
: : : : : : : :',   i: : : : : :i i          /: : : : :l
ヘ: : : : : : : ',  i i: : : : i i` 、     .,  ヘ: : : : : : :',
ヘヽ、: : : : : ',. ii ',: : : :i.i    ,. ー ´ .  '., : : : : k ',
ヾ、.\: : : : : `/ .,i: : :i ii    i、       ',: : : : i.i: i
  ヽ  \: : :, ' .i : //.     / ヾ.、    ',: : :ノ i: l
  丶  , '   i レ      /    `へ  .i: :/ .i/
   , '     i_, - 、_  ./        `i/ 、
 ∠      i ., -‐- 、入./            `


4491 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:34:25 ID:7MQCc/eg0

                     ,-、
               /'´ ̄`ー-/  `ヽ-‐─-.、__
              ,ノ´     ,/    i:       `ヽ、
          /       / :|       |::   、   、  ヘ
         /   ::   /  ;|、   :  |:|、  |::   ヽ、. ヘ
         /    : :    /  / |∨ : : |:| ∨.|:::    `ヽ.ハ  こうして、突然の謁見は終わりました。
        / /  : : :;   | ,ィ⌒ | ∨ : : |:| ⌒|ヽ    、  ハ.}  別室で幕府の重臣が、ケンペルたちに祝いの
     / ,イ / : ::/    ,| / __、| ∨ : :|j ,_レ'ヽ、   |:  ||  言葉を述べました。
     〈 / | :j: : ::i    / |/,ィチ心、 ヽ、::| ,ィチ心、∨  |::  }|
     ヽ| | :|: : ::|   ∧ ,イ ト-':;;:}` }冖{` ト-':;;:}ヽ∨  }::: ,/|
         ヽ| : :::ヽ、 {:::ハ.`、V:t;;リ ,ノ  、 V:t;;リ ,,'∧ /j;ノ |
          ∨: ::|::|::`::.:::j` ー-‐'" __'__ `ー-‐"´ {::::j,/::|:  |
         `ヽ:|| |:::::::|`l:.、    V  ,ノ    ,.イ|:::´::: |::: |
            |j: |: ::,:j .|:::_;;>‐-,`ニ´r-‐<´::|:|::: : : |::: |
            リ: |::::;ノ ,ニュ、  | ´   ` }   ヽ|j:: :  j::  |
           ,ノ:,ィ´{  -‐y 〕 |,-─‐-j    ノ::   /:::: {
          / ::f `rヽ、___,j;>、   /  //´:  /}::::  |
           / ::::|   },ミ三三三彡}.  / //j;   / |::::  |
        /: :::::|, :〈`゛ー─--─'´〉V ,/,,ノ| ,/  |::::  |
         /: :::::::|  :::〉       "|ヾ <´ j/ i:   |::::  |





  ,r';;r"            |;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;
 ,';;/             /;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;
 l;;'            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',;;;;;;;
. ,l;L_      .,,、,--ュ、 ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;iソノ
ヾr''‐ヽ,  ,、ィ'r-‐''''''‐ヽ ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  将軍が今回ほどオランダ人を厚遇してくれるのは、
 l rO:、;  ´ ィ○ヽ    'i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、l   今までに例のないことである。
 | `'''"/   `'''''"´     !;;;;;;;;;;;;;;;/ l |
. ,'  /   、        |;;;;;;;;;;;;;ノヽ'/
. l  ,:'   _ ヽ       .|;;;;;;;//-'ノ
 ', ゞ,' '"'` '"       i;;;;;i, `' /
  ', i、-----.、       `''"i`'''l
.  ヽ ヾ゙゙゙゙ニニ'\        ,'  ト、,
   ヽ ヽ〈    i|          Vi゙、
    ゙, ,ヽ===-'゙ ,'     ,   // ヽ
.    ',.' ,  ̄ , '    ノ  /./    ヽ,
.     ヽ.  ̄´   / ,、 ' /     / \
     ノ:lゝt-,-‐''" / ,.ィ゙     /
,、 - '''´  |  ヽヽ /,、ィ     /


4501 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:34:50 ID:7MQCc/eg0

  │::::::::::::::::::::::::::::`- 、::::/  \i::::::::::::::::::::::::::::::'、
  │::::::::::::::::::::「 ̄`ーヘ_r′     |:::::::::::::::::::::::::::::::レ‐、
   |:::::::::::::::::::::::|             !::::::::::::::::::::::l::::/ , |
   l       l              |       Y / ハ 
   !::::::::::::::::::::::::|       ,一´ ̄1::::::::::::::::::::::l / !  感謝いたします。
.  |::::::::::::::::::::::::|,r‐' ̄´   !弋r=┤::::::::::::::::::::::レ'   l
  ノ::::::::::::::::::::::::| ,y=ゞ'   ト、   .l::::::::::::::::::::::::l:::::::::ヽ
 /::::::::::::::::::::::::::::! "   ソ  ゙、    |::::::::::::::::::::::|:::::::::::::
 l::::::::::::::::::::::::::::ノ      ! l    |::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::\
,.ノ::::::::::::::::::::::::::ハ      _、ヽ/    l::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::ヽ、
ノ::::::::::::::::::::::::::/-ヽ          _r'   |::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::\    ー-‐'''´__,、  │::::::::::::::::::::::::::::ヽ、:::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ト 、   ヤ"´::::\__ハ:::::::::::::::::::::::::::::::}:::
::::::::::::::::::::::!::::::::_, -┤ \-、ノ::::::::::::::::::/ l:::::::::::::::::::::::::::::::|::::
::::::::::::::::::::::::L_/    l    \:::::::::::::::::/   j:::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::
::::::::::::::::::::::::|     」     \::::::::/   /:::::::::::::::::::::::::::::::::j::::::
::::::::::::::::::::::/     ´   `‐、   `‐'   ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::




                  ____,/`ー-、───--、__
                _,ノ     |              ̄`ヽ、  将軍はきわめて厳格な規則に従って生活を送るように
             /´'´     ,/|     :|ヽ、 i::        \ 定められていますが、そうした中で可能な最大限の
           //     ,  / |    ::| ⌒ヽ::   i::    ヘ `厚意を、綱吉はケンペルたちに示してくれたのです。
          /'´/     ,ィ'⌒   | :i:  ::::|  | :ト、::  |::    ヽ、 \
           /   /   | |   } :|  ::::| ,_ヽ|_ \、|:::    、  〉  )
            /   /    ,| ,j __, j/|   i::j ,チ弐心、i::\::    ∨::: /
          j   / ,    /|/,ィチ弐、 |  |/ ト-':::j:::} 〉  i`ヽ、 }:::::::{
          |   / /   ハ イf‐'::j:|`、 ヽ、:{  |:t::ィ::;/,'|  i|´ヽ:〉,人:::::ハ
           {  /j/{   /:::ハ. V:ィ::;l }⌒{ `  `‐-" ,|  |.|_,ノ:'":j:::::):::::\
           ヽ/  ヽ、{: : :::j `‐" ,ノ ' 丶、___ ノ/   |:| :}:::::ノ/:::/::::: \
               |j`: : :::jヽ-‐'  、__ノ     /   ,/リ j;:/: : :/:::::   }、\
               |  : : :|::::ヽ、        /_,,/  '´: : : : :/::::.   / `ヘl
               |  : :i:|:::::::::l::`:ー:::‐r-..::::::/'´/ j    : : : :/:::::  ,/
                丿 : :|リ:::::::ノ:::::::::::;ノ    // /   : : :/::: ,-‐'"
                /   ノ'::::::/::::::/ {  / 〈'´   : : :/::::  /ヽ、


4511 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:35:14 ID:7MQCc/eg0

            ______ ./`ヽ、__,-‐、
          ,ィ´          |´    {
          /    /   j  :|   |     j、
         /  i::  /   /::i j|   {、     ヽ、
      /  |:: ノ   '⌒/ ,/ |i   |:|⌒i、 : :  ヘ
       |  :|/   //| / |i ,ィ j | :|  ::  |  |  そうして、出島に戻った後も、ケンペルの日本研究は
      | // ,.ィ'´ __j,/  |jノ jノ__|,/|  |  |  |  続きました。
       |/ /  /:::|:|,ィfチミ、  }-{ ,ィfチミ ハ  | ∧. j  綱吉の政策についても、儒学の振興政策を、ヨーロッパの
      |/:{  {:::::||      ノ 、     ハ、 jノ  }ノ  啓蒙主義に重ね合わせるなど、非常に高く評価しました。
      j  i`ヽ|::::::| `‐-‐ ´  、 `‐-‐´{´|::}ノ|    
      | | |:::ヽ、:::ヽ    ‐-     ノ´ }、::::|    
       | |  |:::::::λ:: `ヽ>‐- -‐´f::'´_,ィ'´j:::|
      |リ  },ィ'´ `ヽ、 ヽ、/\/:〉_ノ´  {:::|
      j  f`ヽ、   V  ∧  .ハ`~     ,|::j
      /  i|   `ヽ. j/|/ ヘ / .∨‐--‐"|ノ
    /  .ノ:|    | `>‐-..、 V_ .,∧    |、
   / ,.:' /::/|   |  ヽ、 _,≧≦_ハ    ` 〉
  / /::: /::/::::|   | /  ̄/  j、 } ハ__,,/::|
 / イ::::: {::/:::::::|   |/   |"  }:  |"{::::::::::::::::ヽ



    ゝ ___ノ"    |   |               。    .. . .. .... ..  ..     .. .... ...:.:... .. . 
   f == i    │  │   .(⌒)  。  。     |     。  。
   │  │   │  │  . ┌┐  |.  |     |:|    |.  |    γ⌒ヽ    γ⌒ヽ
   │  │   │  │ ii ││ii |:|. |:|   l∧l   |:|. |:|     ゝ __ノ     ゝ __ノ
[============.]| |::!![ニニニ {ニi二iニ} ニニニ]    }三{     }三{
 | F F F F F F i| ニ ニ ニ|^^^^^^^^^^^^i:=:|:|=:=:|:|=:=:|:|     ┏━━━━┓
 | F F F F F F i| ニ ニ ニ|======]          (⌒)┃. ,、,、 |二|`┃(⌒)
 | F F F F F F i| ニ ニ ニ| エ エ エ エ エ エ | wiiWWWii WWw`}三{┃('∀')    ┃}三{
============ ============ ============ ============└┘┗━━━━┛└┘
  .:.......__......._..: :::.:.: :::......._......._.:  ..:  _......_   __......_          ,‐'´三三三三三`‐、
        ∧_∧     ::.... :.:::_......_::.... :.:. : .        ,、  { 三━━━╋╋三 }
===,----、  ‐=ニニニニ=‐ ======∧_∧ ∧_∧ =========( ')==,、 ∧_∧  三,‐'´
< ̄o  o ̄>(  ・∀)       i≧三三〉(<_`   )   ,----、 () (゜)( ゚Д゚ )
         /`ー'ヽ      ζ从 ゚ ー) / V ハ  < ̄o  o ̄> () /:::ф::::i」)
二二二二二二(ニ)_ゝ二二二二 <~@~:::ヽ と _ 二二二二二二二二∪∧::ゝ二二二二二


4521 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:35:34 ID:7MQCc/eg0

                      / ̄`丶、
                 ___/: : : : : : :  ̄  ‐- _
     ◯            /´: : : : : :.|: : : : : : : : : : : : : : : : : :`丶          °
         o        /: : : ´: : : :.| : : : :ヽ: : : : : : : : : :\: : : : \
                //: : : / : : | : : : : : \: : : : : : : : : :\: : : : ヽ
               /: : : : :/ : : : |:.l: : : : ハ \: : : : : : : : : :\: : : :ヽ
                /: : : : : /: : : / |:.l: : : : | ヽ \: : : : : : : : : :\: : : ',   そしてケンペルは1692年、離日して
          /:/ : : : : /:|: : :/ |:.l: : : : |ー-\<\: : : : : : : : : ヽ: : i   パタヴィアに戻り、、1695年に12年
          /: /: : : : : :./ ┼: /-‐レヘ: : : :|  x行代心\ : : : : : : : : \!   ぶりにヨーロッパに戻りました。
            /: /l : : : : : ,': :/|:./x行外ヘ.: : :l   {ハト イlj゙ヾ\: : : : :\ : : ヽ
            ∨ .| : : : : : : /: lYハノトイ| ヽ : |   V込:: リ   |\: : : : 厂lヽ|      O
           | : : : : i / : : :l V少  ,\| ///`    |: : ヽ: : :| : |
           ', : : : :.|ヘ: : : :|. ////////     |: : :.: |∨ :│
            ヽ: : : |:∧: : :}      ^^         ,': : : : | : : :│
             \:|:l ヽ:.:ゝ                  /: : : : :,': : : 八
   O  。           ヾ{ ∧|: : :>          イ-/: : : : :/: : : : : :.ヽ
                  l: :|: : : : : : |> ー=r<   Ⅳ: : : : :∧: : : : ヽ : 丶
                  l: :|: : : : : : |\:_/ }     //: : : : :/<\ : : : \: :\
                  |: :|: : : : : : |/  _/__//: : : : :/ // \ : : : \: :\
                  |: :|: : : : : :/  l'´   //: : : : :/´//,二-ヘ: : : : :\: :ヽ
                 ∨ : : : : ∧  |:   //: : : : :////    ヽ: : : : : \: ',
                  /: : : : : ∧ヽ  |   //: : : : :/´//        ',: : : : : : ヽ}


4531 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:36:06 ID:7MQCc/eg0

.:: .:.:.:. . .   ___」|  _,i_{`}__
       ̄ ̄ ̄丁「 ̄ー、 , ‐'´ 
       ー─┤|.-─┤├───一 
          i,i_| Li_、 /| ト、
    -───`‐、 {´_」 L_ヽ_
             フ| | / __」 |ヽヽ 
         /...| |l~´   .| ヽヽ  に´*|
        / . `| |l    ~`] ヽ    ̄|i|
       // ___」 |    ┌'´ヽヽ     .|.
      ,、/ iL__ .| 「[][][]丁ヽ-──|i┬┐
    T |l \.| L|i。 l二二二二l fj l┬┬┬┘|
   t_ニ>l i---ii---ii---ii---ii---ii---ifi--、┴一
    \,-'´ i--ii--ii--ii>=--──‐´ ̄|| ̄`ソ
  \_|-i-i-ii,-'´ ̄ ̄ ̄´     ОО  l|  /
 -─{ ̄ ̄´  {} ̄ ̄´           | ./ - ─_-_─ - _--
    ゝ } }   \_              レ'l
    `─-                 ─-┘─_-_─ - _   l
-_─ - ─_-_─ - ─ - ─_-_─ - _--               |




           ,,-、く~~ヽ、 っ  ヽ,          /~~ (
           (    __ノ ヽ-,  |          )  /´
          _/     | _ ,ノ   ヽ         `) ~|
         \___ノ )`´    |        __ ,)  レ~、
                ,-´、_    ´つ   /~~~´
              ,,-~~`   ,,ノ   /
              ´~~~~、_ノ ,~-´
                  、-、 ,,-ノ
              |~~~~`ツ
              `ヽ,
                ~ヽ
                 )
     ,,、,,-、          |
     |   `‐- 、,     ノ                  ,--,
     /      ~`~~´             __     )  ヽ
    /                  ,~、__  _~´ `丶   ヽ  `ヽ
   /                  |   `-´     `|   `|,  \
  /                ,__,-´           \   \
  `/              /
  /,             (
  ~ `´ヽ,         /´
     |__,,-‐‐-、,, ,,-‐`


4541 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:36:39 ID:7MQCc/eg0

             /     /        `ヽ、
               /‐       //     l      `ヽ
          , ‐´   / ,/ /     l      、   ヽ
        / ,  ,  /  / /l     l ハ      ヽ   ヽ
        / /   /  / /'´7/    l / -Lll       ヽ l  ヽ
       / /  /  /  /  / l l   l /  l. l ト、      V.   l  しかし、残念ながら、その後のケンペルは恵まれた
     l /l   /  / / _,/、」│   l/  ヽl l `     ヽ   l  生活とは言い難かったようです。
      l/ l  l   l / 〃、フ:、∧  l  ニ=ミl、ヽ     ヽ  l
         l   l    ハ〈/:::::::::ll ヽ l  ´,、/`:、ヽヽ     l l  オランダのライデン大学で医学博士号を取得して、
       l ∧   l ∧ l:、: :d l _〉l  l:: :::::::::〉,l l   、 l l  故郷の近くにあるドイツのリーメに居を構え医師
       ヽ Nゝ、  |l l  `─' ラ´F   l: : ´,、/N、 l   l  リ   として開業。
        ヽ ヽl`l\`ト、_ ,ノ '  l   ` ‐' ' / ハ. ト   l ll   そうした仕事の傍ら、大旅行で集めた膨大な資料を
               ll  `l,、    。 ヽ、_  _ノ// l N  イlノ l    整理して出版物にまとめ上げようとしましたが、
                l  〃 ` ‐、_      ̄ ィフ'  W l/l l l    なかなかはかどらず、または30歳も年下の女性との
            l  l 丶  ヾ >,‐ ´  レ/   ハ   ヽl l   結婚生活も上手くいっていませんでした。
              l  / l_,_ ,〉, ノ  /'   ノミ、l   ll l
    _    ,、    l / /川   /  /´   /´´  ヽ  ヽ l
   (_r‐、- l. ト 、. l / l 川   /‐-y´´  //´       ヽ ヽヽ
 , -、. l l 丶`´ヽヽl /l 川  / // /´/´          l  ヽl
.(_, -‐-`_   /〃、/ l 川 l  〃l / 〃         l  




                         ,ィーt、
                   , - 、   { Yi~iYヽ
                  /  ,\ ,メニユ}タι
                  /   l  ヽケ´ `{ュ!リ
                 /    l   'i''''ニ=!ゞ!
                /   / ヽ  l l  l'
     _,.. {ヽ、       /   /   `ーゝ!  l
   ,r-{_ヽ-ヽ `ー- ... -'   /       l  l
   `ユニ---ニ _        !        !  l
              _,. -──'ー- 、
             / , -一     ̄ヽ 
           /  │   イ`ヽ_/^! l 
          j    /   /´ ̄  ̄1丿
          | ___,  j ー-、  ,| {  
          l ヽ / /::..  ___, i \.
        ,. -‐'´   Y  {::::...u ヽ' 丿 /
           ヽ   ヾ┬―< _/ 
  ,. -─.、」    ^ヽソ   / │    >
   ̄`‐ 、__,.    / `ー、l ∠_   亅
       /_,-ィ  /       `ヽ/ 
      ノ′ /´


4551 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:36:59 ID:7MQCc/eg0

                           ヘ
                   /゙  ̄ ̄ `ヽ|: : :\ー- 、
                      /: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : ヽ、
                  /: : '´ : : : : : /: :l : : : : : : : : : : : :.\
                 / : : : : : /: :/: :/: : : : : :/|: : : : : : : : :ヽ
                 / : : : : : : /: : _/:_:/ !: : : : / |: | : : : : : : : : ',
                 /: : : : : : : : /: :'´/|: / |: : : : |  l:丁`ヽ: : :ヽ: : :i
             /: //: : : : ,': : : / .|/  :l: : : : |  ヽ|: : : : : : :.∨ |
                // ,' : : : : i: : :/ ,ィ≠k ',: : : :.| z=kVヽ: : : : : ∨ それでも1712年には『廻国奇観(Amoenitates
                  | : : : : :|: ://代 ノハ  ヽ:..:::| f..う㍉ハ: : : : : :l   Exoticae)』を出版しました。ペルシャに関する
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|小 {i ::::::j} } ∨:| {i:::::::ハヾ|: : :|:: :│  論述が主な内容でしたが、日本に関する部分
          |  ━━━━━  l{ハ V廴ソ f==fヾ Vヒ ソ j: :.∧:: :|   も含まれています。
          |   廻国奇観  |ヘ}、 _ _ ノ ' ヽ、 `¨ ノ| :/小: :| 
.         /^) ~~∴~~  |: :ゝ _ ::.:.  こフ   ̄.:.:::/ :|/: : | ∨
       {/ ス          |: :.|: :.|> ,  __    </: : :|: :.│
        {/ _ノ           |: :.|少'   r|   Ⅳ\ /: : : :l: :.│
        ヽ'´_フ             |: :.|    |_   |  ノ: : : :/ : :│
        V|              |: :.|    |  `7 /: : : : /: : : : l
           ト|              |: :ヘ.    |  ,/ /: : : : / \: : : l
           {.L.rー‐、(こ'ー-、__.」: : :}ヽ   |  /  { : : : / /}: : :ヽ


4561 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:37:22 ID:7MQCc/eg0

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!  さらにケンペルは、本格的な日本論の著作を
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|  書き進めていましたが、1716年にその完成を
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!  待たずに亡くなりました。
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ
     /: .: .: .: !    ヽ __}ヽ!  ,!/‐'"      l |: : : :\ヽ
    /: : .: .: .: :|       lヾ.! l |       { ! : : : : : ` '


4571 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:37:37 ID:7MQCc/eg0

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::} {:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::-= 十=-:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::++::::::::| |::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::.. ∨  ++::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::: 〆⌒` ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::: (〈    i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::: (くリ   ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::''''''''''      <∬    ζ、_        '''''''''::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::''      (S「i;;人_从__乂::::::`ー--、      '':::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::''         (;;;;ノ:::::::::::::::::::::::::::::::,r--ゝ、      ''::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::,,       ┴─-、::::::::/⌒ー、::ノ         ,,::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::,,,,,,          ̄         ;.  ,,,,,::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,       ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


4581 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:38:00 ID:7MQCc/eg0

            }´ ̄`ー--/`\_____
           ノ;      /           ̄`ヽ、
           /´     {     ;::    ノi.  \
         /    / /|     ,'::   (_,ノヽ..  ハ
       / ,'    /  /| |    /'| i     ∧.  }
      / ;/   u  j __ノ|' |    :| |ヽi._    ∧ |  ケンペルの遺品である膨大な資料や未刊の原稿も
      / ,イ     | | | |   ::| | :|ヽ      ハ. |  遺族により売りに出されました。
      | :/ |   .|  | | ! ∨  ::| uヽ:| ∨ :: i ∧|
     |/  |  :| /ヽ| `rュ ∨ ::|   `rュ ∨ :: ト、 〉
        ∨ :| |∧  |::|   }ヽ:|   |::|  ハ :::/::::∨|
         `ヽト、|::::j  ~ ノ  ヽ.  ~ ,,{:::|:/::::::  |
           |:::::|::ヽ、-‐" r:っ ゛‐-‐";;:::::i_:::::::  |
           |:::λ::::{::;>‐r-";r‐‐<:;:|:: :;//__:::::i {
           j/::::ヽ、`ヽ、 |__|    {`Y /ノノュ::| ハ
          /:::::::.{´ \ \  |    /ゝ´  ̄ ,イ:::i ∧
           /::::::::::|    〉  〉 ,|  ./ /`ー-‐゛ 〉:| ∧


          ____
        /::::___:`ヽ.
       ./:/   ヽ;:',
      /:/ __,.ヘ、___!___
      ,. |/'"´::::|:::::ヽ::::::::::::`"'' 、
  ,. ,. ''::::::!:::::::::/|:::::::::i:::::::::::::::::::、:::::ヽ、
 '´ /::::::::::::::::/レ|:::::::::i:::::ヽ、ヽ;:::::\:::::',  えっ?じゃあ『日本誌』は何で存在するの?
  /:::::::::::::::::::/| ̄i::::::::::|\ ̄i`ヘ::::::::\i
 ,'::::::::/::::::/:/__!_.ハ::::::::|  \!__ハ::::::::::::::ヽ.
 i:::::::/!::::::i/「i ̄'T ヽ::::|. イ" ̄「'!ヽ\:::::::::',
 !::::/::i::::::::ハ. ヒ__r!  ヽ! ヒ___r! !\::::!へハ!
 V'! イi::::::/!:!""       ""・ハ:::ヘ:::!:|
   ヽ! ヽ!::|::i>、.    __   ,.イ:::|:::::レi::|
      |::|:::|::::::`7:.r--r 7´|:::|::::|::::::::|::|
     .|::|::::|:::;:イヽ!__/::::`>.,|::::|:::::::|::|
     |:::|::::|く\::::::!/:::::://|::::ト.:::::|::|


4591 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:38:17 ID:7MQCc/eg0

                           ヘ
                   /゙  ̄ ̄ `ヽ|: : :\ー- 、
                      /: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : ヽ、
                  /: : '´ : : : : : /: :l : : : : : : : : : : : :.\
                 / : : : : : /: :/: :/: : : : : :/|: : : : : : : : :ヽ
                 / : : : : : : /: : _/:_:/ !: : : : / |: | : : : : : : : : ',
                 /: : : : : : : : /: :'´/|: / |: : : : |  l:丁`ヽ: : :ヽ: : :i
             /: //: : : : ,': : : / .|/  :l: : : : |  ヽ|: : : : : : :.∨ |
                // ,' : : : : i: : :/ ,ィ≠k ',: : : :.| z=kVヽ: : : : : ∨  幸い、その遺品の多くを、イギリス人の
                  | : : : : :|: ://代 ノハ  ヽ:..:::| f..う㍉ハ: : : : : :l   ハンス・スローンが買い取ってまとめ上げ、
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|小 {i ::::::j} } ∨:| {i:::::::ハヾ|: : :|:: :│  1727年にロンドンで『日本誌(The History
          |  ━━━━━  l{ハ V廴ソ f==fヾ Vヒ ソ j: :.∧:: :|    of Japan)』として出版しました。
          |   日本誌   |ヘ}、 _ _ ノ ' ヽ、 `¨ ノ| :/小: :|
.         /^) ~~∴~~  |: :ゝ _ ::.:.  こフ   ̄.:.:::/ :|/: : | ∨  この著作は、大変な評判になり、ケンペル
       {/ ス          |: :.|: :.|> ,  __    </: : :|: :.│   の名声も高まりました。
        {/ _ノ           |: :.|少'   r|   Ⅳ\ /: : : :l: :.│
        ヽ'´_フ             |: :.|    |_   |  ノ: : : :/ : :│
        V|              |: :.|    |  `7 /: : : : /: : : : l
           ト|              |: :ヘ.    |  ,/ /: : : : / \: : : l
           {.L.rー‐、(こ'ー-、__.」: : :}ヽ   |  /  { : : : / /}: : :ヽ


4601 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:38:34 ID:7MQCc/eg0

                   , ─ '^ヽ ̄ヽ       r,
             / /   i  ヘ_ ヽ      /<
               / / イ∧! ハ`  \rヘ'´\ソ〉 さらに半世紀後、ドイツの啓蒙思想家ドームが甥ヨハン・ヘルマン
                | /  ィ=t、 }/fホハ ト}   \ノ  によって書かれた草稿を見つけ、1777~79年にそれを元にした
             v!ノ 代_ソ )-辷{ィノ   /   ドイツ語版(Geschichte und Beschreibung von Japan))を出版
                }ゝ、 { `ヾ ヮ_ ,イ \ /    しました。
               / //`ヽ弋 ヘ \ ト
             / / /    \ ヽ!Y }ノ
.          /  ∠/   ノ ゝ}ノ人
          {イ  { .\  ヽ、.  〈 j、 ヽ ̄ ニヽ
         \ `  i  / ゝ ∨j ソ   ヽ ヽ}
           } ィ、ノ了\ノv'`| ̄`ー}  ノ
              / // i   i ヘ ヽー 、`ヽ
            {.ィ〈/__|__| ヘ〉、ノ  } ノ


4611 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:39:09 ID:7MQCc/eg0

                                ,、
                                 | `ヽ、
                         ,r‐--}`ヽレ‐-、.`ヽ、
.    \                 /    ,|   }`ヽ、.`ヽ、`ヽ、
.     \                 /   / //|  | /|  `ヽ、`ヽ `ヽ、
         \          //  / // .l  l/| |、   ヽ ヽ  `i  『日本誌』は、ゲーテ、カント、ヴォルテール、
          \         / /  / //| /|   | l| ヽ     ヽ ヽ   |  モンテスキューらをはじめとするヨーロッパの、
           \     l  |   / /,.. -、 l   | ,..-、 ヽ     ヽ ',  | 知識人たちに愛読され、19世紀のジャポニズム
            \-、    ! / l //r`::r ヽ、.l lr:::ヽヽヽ   i ヽ .l | につながっていきました。
                r'{ヽ ',__  ヽ{ ト| l l.:::ノ i__,/ ゝ l:::::::r' 〉 ト、 ', ∨ |
                {ニi//`ヽ、 l 、i. ___,ノ '、  `ー ,' / |) ) } | ヽ′ 江戸時代後期を訪れたシーボルトやペリーも
             y /     ` <  |` 、_ ー `ー‐'_,/  |'´ | ,/ | ||  『日本誌』で日本を研究していました。
                >'       ,/ /ヽ,.-、_>-‐ <)   l  レ'  | ||
                \   ,/  /   ,//::/ /::/   /     | }{  また日本人も1801年に、オランダ語版を元に
                \ /  ,.-‐'   ,∠ f=======┐   |( ヽ訳出して、それを元に自分たちの国の体制を
                  { { i、___ / /|     ||    |   i   l ゙゙゙゙ 「鎖国」と名付けました。
             __... -‐ヽヽ|′/l/⌒,ネ    ||    |  |  l
      ,.-‐ ´        / ///:::://ー┬-r、i´|`レ)_|,  |   ',
     /,..-‐ァ'´    _,. '´/ // ,/::::/77:::::::| lヽ、_ノl )ヽ  |   ヽ
.     〃´ //  / /  /   ,|::::/:/::l:::::::ノ|  \__,/ノ /  |   ヽ




   | || |   | (__ / ̄`'―‐:、 __ |    | || | |
   | || |   |r :::: , ――‐:、::::::::::::::::\   | || | |
   | || |   ノ::/V |ノV⌒l::::::|.   | || | |
   | || |   〉::| |へ\   _/へ 〈:::〈   | || | |
   | || |  {:::::| =r=・、| |,=・=v= |::::::}   | || | |
   | || |  へ:| ´ 二/| ト、二`  <ノ^}   | || | |
   | || |  { {.」{   /  ヽ._    }| }ハ   | || | |
   | || |  |ニハ|  / `‐‐´ \.  レ二7  | || | |
   | || |.  \ |  |二`'―'´二|  / /   | || | |
   | || |   / \ ゝ―' ̄'―ノ / /.__| || | |
r――:、|| |__/ |ニニ\_二_∠ ∠ニト、__<  ̄ ̄ ̄`Y
ハニlニl[ r――<_\\\__/ //::::::::::::::::::::> lニlニlニlイ
// / /⌒Vへ__}:::\_|:::::::|l_/::::::::::::::::::::::::::| | | | || | | |
/ / /  /  | ̄ | ̄|:::::::::::::::::::::::::::::::|⌒|:::::::::::::::| | | | || | | |

             ペリー


4621 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:39:25 ID:7MQCc/eg0

       /: : : :/ : : : : : : i: : : : : :ヽ : : : : ー 、 : : \
        /: : : / : : : : : : : ,イ : : : : : : :l: : : : : : : \- 、:\
.       /: : : / : /: : : : : : / |: : : : : :| : |、: : : : : : : : \ \
     .' : : :/ : /: : : : : : /  v : : : : l : |斗-: : ヽ: : : : ヘ   いやあ、よかったよかった。
     |: : :/ : /| : : :― x   ∨: : :∧ | ∨: : :ハ: : : : :ハ  死んでからだけど、ケンペルさんもこれで報われたね。
     |: :/ : /: | : : : : / `  |: : :/ j/- ∨: : :l: : : : : :|
     r┴、/:ヽ| : : : /     |: :/  示旡アV : :|: :|ヽ: : |
     |  | : :│: : /|.     | /   ト::爿/ ハ: :|: :| ',: :|
     'vーく ,x┤: / :|三≧x j/   込;リ { : | ∧ |  ∨
    /   ヽ. | /: :│ ,/      '    .:・} : |/ i/
     |  /⌒}:Ⅵ : :ヘ:.:.:.    ー'ーr'   /: : |
     {    /´}_ム: : :≧r 、 .. _ ー ' .. </: : : |
     ヽ    / }ヘ: : \\   厂}ヽ._/ | : : : |
.      \   __/  \: : \\x-┴く ヽ| : : :.′
      /   /ヽ     \ : ヽ \   |  |: : :/
    /     {ヽ}}     ヽ: : }  \ l  |: :∧


4631 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:39:48 ID:7MQCc/eg0

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',  いいえ、実はそうとは言い切れません。
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ
     /: .: .: .: !    ヽ __}ヽ!  ,!/‐'"      l |: : : :\ヽ
    /: : .: .: .: :|       lヾ.! l |       { ! : : : : : ` ',



                ---
          _.  ' ´        ` 、
         / /            \
       / //             ` ー-
.      //ィ'   ./ __ _,./  | |
      ,ィ' /   / ´,  ' ^ ′   ,| |
     '´ l′  _/ .__/    /    7ト/.
.      / . ィ'/  「'7女ァr /   / !'| lヽ |    えっ??
     //,r1' ,.イ ム.  / / / ぇ、リ |  |
.     ´ l.{ |/ | [_/  //   ' ヾ:、  |
       | ヽ|   |     '    ん /|  / |
       | |   |         ヽ、/,r´|/  ,ハ
       | |   |\   ´’      /  ,  , ' l/
       | |   | j` ー--‐ャ  ´ / |/
      '. ハ.   |/   / /  , <   !
 ⊂,. ̄`ヽ∨ ∨ | ̄`/   / , /,r⌒.ー、
 /     ゙l   V' |  /   //'´ i´   `ヾ
 }',. , /  |   ヽl. /  /'    !     )


4641 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:40:07 ID:7MQCc/eg0

             /     /        `ヽ、
               /‐       //     l      `ヽ
          , ‐´   / ,/ /     l      、   ヽ
        / ,  ,  /  / /l     l ハ      ヽ   ヽ
        / /   /  / /'´7/    l / -Lll       ヽ l  ヽ  実際に出版された『日本誌』は、元のケンペルの
       / /  /  /  /  / l l   l /  l. l ト、      V.   l  原稿から改竄が入っているのです。
     l /l   /  / / _,/、」│   l/  ヽl l `     ヽ   l  ケンペルは、この時代でも特に非ヨーロッパ文明
      l/ l  l   l / 〃、フ:、∧  l  ニ=ミl、ヽ     ヽ  l  に対する公平な視点を持っていましたが、それが
         l   l    ハ〈/:::::::::ll ヽ l  ´,、/`:、ヽヽ     l l 危険視されたのです。
       l ∧   l ∧ l:、: :d l _〉l  l:: :::::::::〉,l l   、 l l
       ヽ Nゝ、  |l l  `─' ラ´F   l: : ´,、/N、 l   l  リ  たとえば、完全なケンペル自著による『廻国奇観』
        ヽ ヽl`l\`ト、_ ,ノ '  l   ` ‐' ' / ハ. ト   l ll  では、このように書かれていました。
               ll  `l,、    。 ヽ、_  _ノ// l N  イlノ l
                l  〃 ` ‐、_      ̄ ィフ'  W l/l l l
            l  l 丶  ヾ >,‐ ´  レ/   ハ   ヽl l
              l  / l_,_ ,〉, ノ  /'   ノミ、l   ll l
    _    ,、    l / /川   /  /´   /´´  ヽ  ヽ l
   (_r‐、- l. ト 、. l / l 川   /‐-y´´  //´       ヽ ヽヽ
 , -、. l l 丶`´ヽヽl /l 川  / // /´/´          l  ヽl
.(_, -‐-`_   /〃、/ l 川 l  〃l / 〃         l   ヽ


4651 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:40:23 ID:7MQCc/eg0

                                    |;;;;;;;;;、、、`!llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|
                                 ゙r,;、、、、`,illllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
                                  ゚''〟;,,iiiiiiiilllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|
                                    ゚''i゙llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
 「非キリスト教徒であるアジア人は、その統治技術に    ゙゚'!!llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
 おいてヨーロッパのきわめてキリスト教的な君主たちよりも   ,,illl゙゙l!llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
 熟練した物を持っている」                        lllllly;;;,lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
                                      ,llllllllll,:;lllllllllllllllll゙゚゙゙lll!!!!!!!lllll!!!l
                                        ,/;;llllllllll:゙lllllllllll!゙.'天l斤'゙Z.'゙゙゙,,ill
 「異教徒である日本人もキリスト教徒と同じように、      ,,i,ii!,llllllllll::::llllllllll,,  .,,ylll゙°'illll,、
 神聖な至高の存在に祈りを捧げ、その行為に   ,,,―,llll゙゜;,lllllllllli,,!lllllllllllli,,     .:illlllll
 ついてはヨーロッパ人以上に熱心で敬虔である」 /゜;;;;;;'°,,illllllllllllllli,゙!lllllllllllli,、  .,, ;lllllll|
                                |;;;;;;;;.,iiiiillllllllll!!llllliiiト:lllllllllllll〉  .'l,,,llllllll
                                   ,i´;,,iiillllll!!l゙゙’.'゙llllllll",illllllllllll!`i、,,,,,,_゙゙!!!!!l|
                             ,,,,,,,,,,yv=″;;~ll!!゙゙゜、、、.'!ll!゙:,illllllllllllll、  'lil,lllllll,,iil
                        _,,,il!゙゙`;;;;;;;;;_;;;;;,,i、,,,,,,,,,,、、、、、:.,lll!lllllllllllll,,、 : .llllllllllll
                      ,,liili,,,,,゙,ill,,,,,iiillllll,,iillllillllllllllllllllillr,.y,,,.:'!!ll:llllllll!!lllllii,,`_;,lllllllllll|
                       ,,,il!'゚'lllllllllllillllllllllllllllllllllllllllll!!!!!゙゙゙゙゛、 lili!lll!,,il゙,lllllllll,l!!!!!!!!llllllllllllllll
                   ”..゚゙゙`゙゙゙゙゙゙゙゙°゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙’: : : : : : `゙゙’゚゙゙'゙゙~゙゙゙゙゙゙゙゙゙~′: : ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙′


4661 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:40:46 ID:7MQCc/eg0

             ,ィ,ニニュ、_
             //    ``ヽ
            __《_______
          ,ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`‐-ィ´ヽ、_
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::|:::`ニニ=‐-
         / : : : :.:.:.:.::.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::.:.`ヽ、
       j: : : : : : : : ./:.:./:.:.:..::ノ:.::.:λ:.:リ::::.:.:..:.ヘ、
       { : : : : :.:.:∠:j:.::/::.:;/'⌒/|:.:/::::::::ト、:.:.:ハ.  ……あの~これって、あの時代のヨーロッパなら
       ∨:.::.:.:.:..:::.:.:|::/:;/|/:;/_j;/,':/|:::| \:.:|  ファビョる人が多くない?
       ∨:.:.:.:::::.:.(_|::'"::::::|´ ≡≡ 〈:/ |/   ヽl
        j:.:.:.:.:::.:i:.:/:|::::.:.i::|       〉
        |:.:.:.:::::.:|/::..,|::::.:|::|  (.`ゝ/
         |::.:.::::::./:.:./、|:.:.:|::|‐-‐::'l´
          |:.:::::::./:.:./ ヘ:.:.::λ:::::::::|
       |:.:.:::::/:.:./==、ヽ:.:.ヘ、_::::}
        |:.:.:::/.::/ ,   \\::|,j::リ
       |:.:.:.:/j i    i {.\`_ |
       |:.:/::|」| |  ヽ、 | `V   V}
         j:.:|:::::゛}.|    {  `ヽ、`|
         |:.j::::::::`|      |    〉 ;}




          l´ ̄`ー--.、/´ヽー─-:.、__
          j,ノ      |   .     `ヽ、
          /        ,|   :|    ヘ:: ヘ
         /   ノ  / ,/ |  |:|'| |::u  λ:: ハ
        / ,./  /   / /u :|  |:| | :|、:::   \ }   幸い『廻国奇観』は、一般に読まれる機会が
     / ,ィ'/  /  ,|: _|__,ノ|  |:| | :|ヽ、__:   \  ほとんどなかったために、ケンペルの生前には問題
     / / / ::j  ,/ ヽ|__ ヽ、 :|j ヽ|__ ∨  i::  ハ になりませんでしたが、『日本史』の原稿はケンペル
     |/ j ::::|  ハ ,ィチテオ  ヽ、| チテ心∨ |::|、 | の死後、こうした部分が改竄されて出版物になりました。
       |  ::l  |:ハ`、Vィ:;l  }‐{  l:ィ:;リ,' ハ. lリ| |/
       ∨ |ヽ、|::::j、::. ̄ ::,ノ ' ヽ::: ̄゛..::{:::j,/: | 日本に好意的でヨーロッパ文明を貶める記述は削除され、
       ヽ、| | i:::::ヽ、 ̄  ー   ̄u,.ィ:i::|:  | ケンペルの原稿にはない日本や日本人批判の文面が
           | /| :::::i:::`>‐r- -r‐<:|:::j:: |   | 書き加えられてています。
            |/ :| :::| /´  {    }  |:/:: j:  |
         / :;| :::|'   |\/|  ,ノ  /ハ  |
          / :::/'| :::|   |     | /  ,/  }  |



4671 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:41:13 ID:7MQCc/eg0

                                    |;;;;;;;;;、、、`!llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|
                                 ゙r,;、、、、`,illllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
                                  ゚''〟;,,iiiiiiiilllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|
                                    ゚''i゙llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
 「儒教道徳はキリスト教の十戒にも並ぶ            ゙゚'!!llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
               優れたものである」            ,,illl゙゙l!llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
                                        lllllly;;;,lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
                                      ,llllllllll,:;lllllllllllllllll゙゚゙゙lll!!!!!!!lllll!!!l
                                        ,/;;llllllllll:゙lllllllllll!゙.'天l斤'゙Z.'゙゙゙,,ill
                                       ,,i,ii!,llllllllll::::llllllllll,,  .,,ylll゙°'illll,、
                                 ,,,―,llll゙゜;,lllllllllli,,!lllllllllllli,,     .:illlllll
                                /゜;;;;;;'°,,illllllllllllllli,゙!lllllllllllli,、  .,, ;lllllll|
                                |;;;;;;;;.,iiiiillllllllll!!llllliiiト:lllllllllllll〉  .'l,,,llllllll
                                   ,i´;,,iiillllll!!l゙゙’.'゙llllllll",illllllllllll!`i、,,,,,,_゙゙!!!!!l|
                             ,,,,,,,,,,yv=″;;~ll!!゙゙゜、、、.'!ll!゙:,illllllllllllll、  'lil,lllllll,,iil
                        _,,,il!゙゙`;;;;;;;;;_;;;;;,,i、,,,,,,,,,,、、、、、:.,lll!lllllllllllll,,、 : .llllllllllll
                      ,,liili,,,,,゙,ill,,,,,iiillllll,,iillllillllllllllllllllillr,.y,,,.:'!!ll:llllllll!!lllllii,,`_;,lllllllllll|
                       ,,,il!'゚'lllllllllllillllllllllllllllllllllllllllll!!!!!゙゙゙゙゛、 lili!lll!,,il゙,lllllllll,l!!!!!!!!llllllllllllllll
                   ”..゚゙゙`゙゙゙゙゙゙゙゙°゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙’: : : : : : `゙゙’゚゙゙'゙゙~゙゙゙゙゙゙゙゙゙~′: : ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙′





  /    /  \    ,r' _\          
  /    // ̄'ーぅ、_/"´ `ト、         │ヽ 
 イ    レ′         | \       | ヽ  ケンペルの原稿は
     |!           │ ヽ、     │ l  このままの形で世に出すには不穏当すぎる……
     | !  u   ,      │  │     │ |
     l│    !  1    |   r|       .│ i
     !/  __   |  l!    ゝ、」 |        | ノ
     | _/´  `ヽ]l 〈__  __フ |        レ' 
     丁,イ二t_ソゝ  ,弋ー'丁゙t_フ |        .| 
     |ヽ、 -‐'"/| l ゙ゝ,,_ ̄`   .|      l 
     lヽ `―‐'" | !        /|      |
     ト、i    / | | t- 、    ! |       .|
     | !  ,/"l 亅 ! ]   \  |│      |\
     l .| 1r―冫、_,/ー--、1  |       |  ヽ、
     |  l j/" ̄     ̄  ̄ゞ、 |        .l     \
     L_ハ             /        /


4681 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:41:49 ID:7MQCc/eg0

            _          ,、     .ノソ
      -一=ニニ ,, ̄ ゙'一T ̄~! ヽー- '´'',,_
            ,, -‐ ゙´: : : : : : : :i!: : : : : : : : : : ::`゙:.、
        ,/: : : ;; : : : : : : i: : ::|: : : : : : : : : : : : : : 、ヽ
.       /: : _/     :i!::: /|: : : : : :i : : :     ヽ`,
.      /:,, ィ/    /: : : | : / .|: i: : : : |:ハ,: : : : . . .  ヘi!
      // ./ . : : : :/: : : ,,|-‐ト、.|: |: : : ::|!_⊥ _ : i: : : ::i: ハ
.    /  /: : :/: : :::i!: ://|: /  |::|i; : ::::|  ヽ`ヾ|: : : :i!: :|  はあ、自主規制、自主規制
         l: : ::i: : : ::l: : : ./ |/   !:| l! : : :|   Y: :|:::: : ::| : |
.        l: : /l: : ::::l: : :/  |     !| l.: ::::|    ヾ:}::: : : |};: |
       l: :/ |: : :::::l: : ! ___, i!  ヘ: ::|___i!;:: : ::l::i!::|
.        !/. l: : ::ハ:!: i!. ━━━    ヽ:|━━━ i!::::: l:::|ヘ!
         l.   !: ::{::!,X:|:i  ,,,,       .  ` .,,,,, ・i!::|::::l::::|
            ヘ:::|!:`ヘ| l               l::::|::i!:: |
          ヾ||:::::|:::::゙'s、.,  ⊂ニニ⊃   ,..ィ゙:::::レ' : :|
            | ::::|: : : .|::::≧=‐----‐=≦::::|::: : :|:::::::|
.   _y⌒ヽ-一ッ  |:::::::l: : : :i!´  {~     ~}  `|::: : :|:::::: |
  ´      <´   .|::::::::}: : : :| . ヘー-一ノ  . l: : : i!、::::::|
 (        }   l:::::::ハ: : : lヽ  ',   /    |: : : l /,:::: |
  ヽ   _,,ノ   l ::::/ ヘ: : ::l 、ヽ ヽ /   .ノ|: : ://:ハ :: |
   ゝ一''      |:::::!   ヽ: ::l ヘヽ V  /´l: : /'   ハ:: |




              /              :::.     |ィ'"´`ヽ、
             /           /::   i::::i     |::::   ∧
            /   /  /      /::   ,|::: |     |::::::..    ∧
         /   ,/ /  ::     /:::   / |:::::    | :::: ヽ.   ヘ   ですが、こうした「配慮」があればこそ、
           |   j/   ::   /:::  /  |::::i    |ヽ、 :::  :::..  ヘ   『日本誌』が、当時の欧米人に
            |  / /   :::      、__,/,ノ |:::|    |ヽ、i__,  :::::..  λ 広く読まれて受け入れられた書物に、
           | /  /    :::   / ,/_~__、   |::j    j.___ ∨ ヽ:::::::.    になったというのも事実です。
          | 〈 /ヽ、   :::  /j/,.ィfチ弐、  j/   ,リ弐心∨ ハ::::::::.  ヘ
         | ヽ{ (ヽ、;:::  /:;イ,.f´ んィ::;ハ /_,ノリノんィ:ハ i' ハ λ::::::: ハ
         j  /  `,‐i:ヽ/::メ|:|` 弋::rz:;リ ´}⌒{´ ヒ:rz::;j ,ハ:::|  〉:::::.   }
          |/    j:::|:: ::::| |:| 、 ゛-‐"//,ノ/ゝ `/‐/ 〈:ノ::j  /:::::::::ィ /
         /    .::|:::|::: :::{. |:|  ` ─‐ ''   ` ` ー‐ 'j::::/,ノ:::::::::;/j/
        /  ...:::::::::::::|::::| :: 、:ヽj:j、       _,       ,イ:::::'´:;ィ'::;/
      //j ::::::::::::::::::|:::::{ :::: \  `ヽ>‐-     __ ,.イ::: i ::::/´ |/
    // /::::::::::::::::::::::|::::::::ヽ、 \   `ヽj   /ヤ、`ヽ:j ::: :/{、
    〈. 〈   {:::::::::::::::::::::::|::::::,.ィ´`ヽ、 `ヽ   \ `  | / :: メ、:::ヽ、
     \\ |:::::::::::::::::::::ノ:::/´`ヽ、   \ ヽ、   〉-‐-| j  : /  ハ::::::ヘ


4691 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:42:53 ID:7MQCc/eg0

                                ,、
                                 | `ヽ、
                         ,r‐--}`ヽレ‐-、.`ヽ、
.    \                 /    ,|   }`ヽ、.`ヽ、`ヽ、     
.     \                 /   / //|  | /|  `ヽ、`ヽ `ヽ、
         \          //  / // .l  l/| |、   ヽ ヽ  `i  このような事情もあって、ケンペルに関しては、
          \         / /  / //| /|   | l| ヽ     ヽ ヽ   |  ケンペル自筆の史料の再検討など、さらなる
           \     l  |   / /,.. -、 l   | ,..-、 ヽ     ヽ ',  | 研究の余地が多くあります。
            \-、    ! / l //r`::r ヽ、.l lr:::ヽヽヽ   i ヽ .l | ケンペルは、『日本誌』発刊の時代のみならず、
                r'{ヽ ',__  ヽ{ ト| l l.:::ノ i__,/ ゝ l:::::::r' 〉 ト、 ', ∨ | 今なお時代を超えた魅力を発揮しています。
                {ニi//`ヽ、 l 、i. ___,ノ '、  `ー ,' / |) ) } | ヽ′ 
             y /     ` <  |` 、_ ー `ー‐'_,/  |'´ | ,/ | ||
                >'       ,/ /ヽ,.-、_>-‐ <)   l  レ'  | ||
                \   ,/  /   ,//::/ /::/   /     | }{
                \ /  ,.-‐'   ,∠ f=======┐   |( ヽ
                  { { i、___ / /|     ||    |   i   l ゙゙゙゙
             __... -‐ヽヽ|′/l/⌒,ネ    ||    |  |  l
      ,.-‐ ´        / ///:::://ー┬-r、i´|`レ)_|,  |   ',
     /,..-‐ァ'´    _,. '´/ // ,/::::/77:::::::| lヽ、_ノl )ヽ  |   ヽ
.     〃´ //  / /  /   ,|::::/:/::l:::::::ノ|  \__,/ノ /  |   ヽ


4701 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 22:43:39 ID:7MQCc/eg0
ケンペル編 投下完了です
明日 夜11時ごろに綱吉政権のスタートについてを投下予定です


471名無しのやる夫だお2013/02/26(火) 22:45:37 ID:cWdbprEQ0
乙でした。
後世にしろ改竄が分かって良かったな。


472名無しのやる夫だお2013/02/26(火) 22:46:25 ID:zpj3bu6M0
乙 まあ、昔の国外旅行、しかも地球の反対側への旅行なんて、異世界に旅行するのと変わらないだろうからな
周囲の人と価値観が合わなくなるのもある意味、当たり前なのかも


473名無しのやる夫だお2013/02/26(火) 22:50:41 ID:I.oQpn1w0
外国人から観た日本の話は面白い乙


474名無しのやる夫だお2013/02/26(火) 22:50:57 ID:3hMoncok0



475名無しのやる夫だお2013/02/26(火) 22:51:12 ID:ecwwtthE0
乙でした。
まあ当時のヨーロッパ人と同じ価値観でないからこそ、これだけのものを残せたのかもしれない。
綱吉からの扱いも悪くなった可能性もあるし(いや、それ以前に江戸に行けなかったかも)


476名無しのやる夫だお2013/02/26(火) 23:04:46 ID:8NgR2XgQ0
ケンペルのサムライメックIIでの壮絶な最期はまだおぼえてる


477名無しのやる夫だお2013/02/27(水) 00:35:18 ID:K0FknL8I0
乙でした


478名無しのやる夫だお2013/02/27(水) 01:29:01 ID:vvidOBkQ0
乙、面白かった。
諸々の話、時代考証的に面白かったね。
江戸時代でもどの時代にどこで何を外食出来たかって結構突っ込み入るんだけど
水戸黄門の時代に八兵衛がいそうなのに近い茶店はあったんだね

戦国時代まで下ると、荷車なんてまず動かせる道が無いから
直接馬で運ぶのが限度ってのも、寛政の様子見るとやっぱりそんなもので。

後、ケンペルがそんだけ記録魔だとすると、
篠田達明医師が行動原理まで含めて推測した
綱吉の身体的特徴はやっぱり無理があろうかと。


479名無しのやる夫だお2013/02/27(水) 11:05:41 ID:oc7nwcDY0
身体的な特徴あったら同時代で言及されてると思うんだ…
その手のゴシップはいつの時代でも庶民の大好物で
取り締まりきれないんだから


4811 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/27(水) 12:56:14 ID:BggD/yPo0

綱吉の身長に関しては、こちらの過去ログの802から
http://jbbs.livedoor.jp/otaku/12973/storage/1330091578.html

やる夫たちと学ぶ江戸時代 小ネタ 「綱吉の身長」


関連記事

category 歴史 > やる夫たちと学ぶ江戸時代
comment

0

edit
edit

Comments



  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: