このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


やる夫たちと学ぶ江戸時代 30 エンゲルベルト・ケンペル(前)


2741 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:02:42 ID:ADIXm5c20

―――やる夫たちと学ぶ江戸時代  エンゲルベルト・ケンペル―――


これは、>>1の以前のスレ『やる夫が吉良邸に討ち入りするようです』の元禄時代・綱吉政権に
関する部分のみ抜き出し、一部訂正・改変しての再投稿です

                        ,、


1690年(元禄三年) 9月21日 長崎

長崎出島へのオランダ船の来港とともに、一人の男が日本を訪れた


.:: .:.:.:. . .   ___」|  _,i_{`}__
       ̄ ̄ ̄丁「 ̄ー、 , ‐'´ 
       ー─┤|.-─┤├───一 
          i,i_| Li_、 /| ト、
    -───`‐、 {´_」 L_ヽ_
             フ| | / __」 |ヽヽ 
         /...| |l~´   .| ヽヽ  に´*|
        / . `| |l    ~`] ヽ    ̄|i|
       // ___」 |    ┌'´ヽヽ     .|.
      ,、/ iL__ .| 「[][][]丁ヽ-──|i┬┐
    T |l \.| L|i。 l二二二二l fj l┬┬┬┘|
   t_ニ>l i---ii---ii---ii---ii---ii---ifi--、┴一
    \,-'´ i--ii--ii--ii>=--──‐´ ̄|| ̄`ソ
  \_|-i-i-ii,-'´ ̄ ̄ ̄´     ОО  l|  /
 -─{ ̄ ̄´  {} ̄ ̄´           | ./ - ─_-_─ - _--
    ゝ } }   \_              レ'l
    `─-                 ─-┘─_-_─ - _   l
-_─ - ─_-_─ - ─ - ─_-_─ - _--               |



2751 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:03:01 ID:ADIXm5c20

    :::::::::::::::::::ヽ  1;;;;;;;;;;;;;;;;;;|    |;;;;;;;;;;;;;;;;;「     o ◯。  l:::::::::::::::
     j::::::::::::::::::::::::i ゚+ l;;;;;;;;;;;;;;;..├‐へ. !;;;;;;;;;;;;;;;i +゚+。o     │:::::::::::::::
    ノ::::::::::::::::::::::::ヘ/ |;:;:;:;:;:;:;:;:;:l   `ーl;:;:;:;:;:;:;:;__,. -―‐-、__/:::::::::::::::::::
    /::::::::::::::::::::::::::::::ゝ !;:;:;:;:;:;:;:;:!   `|;:;:;:;:;:;:;:;:|          /::::::::::::::::::::::
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\l.:.:.:.:.:.:.:.:.|    │..:.:.:.:.:.│        /::::::_,. ―'´
 <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー 、.:.:.:.t.    i.:.:.:.:.:.:.:.:.l         /::/
  \::::::::::::::::::::::/´ ̄ ̄ 「 ̄": : : :i     l: : : : : : | \\   /'´ 
    `ー──'´       |: : : : : .」´    `t: : : : :.j   >  <    /
\\//  ×\    ,′.:.:.:.:│    {_.:.:.:.:.:.:1 //\\ /\ 
  >  <  \/     _/.:.:.:.:.:.:.:.:.l      |`.:.:.:.:.:ヽ
//\\/\  /´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;./      ゝ:;:;:;:;:;:;\
           ゝ__,. -‐‐"^-'       `ヽ:;:;:;:;:;:;:;}


2761 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:04:20 ID:ADIXm5c20


            l                  l
          |                 |
    ,   ‐-   _」                 L  -─- 、
   l         |                |       ハ
   |       |               |        ,′
    ヽ      |                   |        /
    \       ヽ                /     , ′
      \ _ -、_ニ、      _ - '     _/
     r  ̄,   ´ _ノ            ,.. ='-ァ
     /  /  , 弋う‐ k‐r,-、ニニニ-r T  ̄  | /
.    / ノ   /  入  L `7´こ卞、ト、」 |!     l'\
   〈    '   /  〉 | /´   ト、`` ! |    |  ヽ
     i     ´  / l       | 〉   l {!     |  ヽ
    _」 |!       イj k     _ ′  | l     ト、  ヽ
  / l ||  |     f トヽ  `ー==-‐'  イ、    l \ L_
 / / V|  |    |  } \、_ 〉 ̄く_, ≠  }    \ ト、  `i
 ≠` <      |  人  \    / /7      ヽ| \  |
     \      j /   \ ヽ / //         ヽ   \|
       \  / く      ヽ V∠ /        /    \
         ∨    \    /匸!ヘ  \    <´/         \


エンゲルベルト・ケンペル(Engelbert kampfer)
(モンテ・クリスト伯爵/巌窟王)

後に、18世紀の欧米で広く読まれた日本研究書
『日本誌』の著者となる人物。


2771 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:05:04 ID:ADIXm5c20

                                ,、
                                 | `ヽ、
                         ,r‐--}`ヽレ‐-、.`ヽ、
.    \                 /    ,|   }`ヽ、.`ヽ、`ヽ、     
.     \                 /   / //|  | /|  `ヽ、`ヽ `ヽ、
         \          //  / // .l  l/| |、   ヽ ヽ  `i  ケンペルは、後にこの時代を代表する旅行家・
          \         / /  / //| /|   | l| ヽ     ヽ ヽ   |  博物学者として、欧米で知れ渡る人物です。
           \     l  |   / /,.. -、 l   | ,..-、 ヽ     ヽ ',  | 
            \-、    ! / l //r`::r ヽ、.l lr:::ヽヽヽ   i ヽ .l | ケンペル(kampfer)というドイツ語の意味は
                r'{ヽ ',__  ヽ{ ト| l l.:::ノ i__,/ ゝ l:::::::r' 〉 ト、 ', ∨ | 「戦う人」で、近年では「ケンプファー」という
                {ニi//`ヽ、 l 、i. ___,ノ '、  `ー ,' / |) ) } | ヽ′ 表記も見られます。
             y /     ` <  |` 、_ ー `ー‐'_,/  |'´ | ,/ | ||
                >'       ,/ /ヽ,.-、_>-‐ <)   l  レ'  | ||
                \   ,/  /   ,//::/ /::/   /     | }{
                \ /  ,.-‐'   ,∠ f=======┐   |( ヽ
                  { { i、___ / /|     ||    |   i   l ゙゙゙゙
             __... -‐ヽヽ|′/l/⌒,ネ    ||    |  |  l
      ,.-‐ ´        / ///:::://ー┬-r、i´|`レ)_|,  |   ',
     /,..-‐ァ'´    _,. '´/ // ,/::::/77:::::::| lヽ、_ノl )ヽ  |   ヽ
.     〃´ //  / /  /   ,|::::/:/::l:::::::ノ|  \__,/ノ /  |   ヽ


2781 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:07:21 ID:ADIXm5c20

       ,r:-::‐:::-:.、
        |:/" ̄`ヽ::}
    __,.:-┴::─ィ'ヽj/:‐:-.、
  ,.ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ::.::.:.:.:`ヽ、
 ,/:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::i:.:.:.:.:.::|:.:.:.ヽ、:::.:.\  けんぷファー?
../:.:.:.:.:.:.,'.:.:.:.:::i::.:|;/|:.:.:.:|:.:|i:.:.:.:ヘ:::.:.::ヘ 
.j.......:.:.:/:.:.:.::;-i‐- |:.:.:.:|:.:||‐-:.:ハ:::.:.:ハ
l: : : :.:/:.:.:.:.:.:/|:.:|. |:.:.::リj/| ∨:.:.:|::::∧:|
{:.:.:.::/:.:./::.:/__j;/_ |:.:/ __!__|:V:..}:.:}
∨:〃::/:.:./オ≡≡ j;/ ≡≡|:.∨::/
. ∨:.:/:.::/:|          ’|::.:|;/
  |::/.:.:/::.:|、゛   ー'ー'   ィ|::.:|
                            __
                             /:.:.:.:.:.:.:二ニ=‐、
                    ____  {:.{:.:.:.:/ ̄ ̄ ̄≧ュ、
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.二ニ=‐、 /: : ‐=ニ二⌒\
             ,ィi「 ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \:.:.:.:.:.:. : --゚。:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : \: : /:.:.:.:.:/゚,:.:.:.:.:.:_:. \
            /:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.|\:.:.:.:.:.:.:. : \:.:.:.:.:/:./:}:.:.:.:.:.:.:.:ヽヽ:. ゚,
           / 〃:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.: /}:.}‐――、:.:.:.:.: ゚,:/:.:.:.:. ゚。:.:.:.:\ ゚,\{
        ///: : /:. : |:.:.:.:.:/ :リ  \:.:.:.:.:.:.:. : }:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:} ヽ!  \
        〃 {:.: /:.:.:.:.:|:.:/   ,ィ乏ヽ:.:.:.:.:.:.:.:i \:.:.:.:.:/i:.:.:.|:.:.i |!
        /  :i: /{:.:.:. : | ≧x   乂 シ|:.:.:.:.:.:} :|  :}:.:. /: |:.:.:|} /
          |/ /i:.:.:. : 〈Ⅵ',     :|:.:.:.:.:/:. !__/:.: / :}:.:./i/
           /:.:.゚,:.:.:∧マノ      :|:.:}:./:.:.}:!:.:.:/  i:/ /
         ,ィi「 /、:.:゚。 : 八         | /:.:.:.:.:i,イ     /
       /∠/: f {:.:.:.\:{  .`    :|/}:.:.:.:/ ,ィf厂\
      r∧ヽヽ| マ',:. / 二   \__  / /:.:.://      ゚ 。
      ∧\{:\\} ヘ { { }     ∠/}:. //       \
     r } }\\ >   ヽ:. i   r //777/ /          } ',
     ヽ、ニ=‐7   ,ィi「777{,ィi「////// { /        i/:{
     {∧ ≧o。、 〃/////}////,ィi「  }  /         ∨゚,


2791 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:07:38 ID:ADIXm5c20

       ,r:-::‐:::-:.、
        |:/" ̄`ヽ::}
    __,.:-┴::─ィ'ヽj/:‐:-.、
  ,.ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ::.::.:.:.:`ヽ、
 ,/:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::i:.:.:.:.:.::|:.:.:.ヽ、:::.:.\  それともMS-18E?
../:.:.:.:.:.:.,'.:.:.:.:::i::.:|;/|:.:.:.:|:.:|i:.:.:.:ヘ:::.:.::ヘ 
.j.......:.:.:/:.:.:.::;-i‐- |:.:.:.:|:.:||‐-:.:ハ:::.:.:ハ
l: : : :.:/:.:.:.:.:.:/|:.:|. |:.:.::リj/| ∨:.:.:|::::∧:|
{:.:.:.::/:.:./::.:/__j;/_ |:.:/ __!__|:V:..}:.:}
∨:〃::/:.:./オ≡≡ j;/ ≡≡|:.∨::/
. ∨:.:/:.::/:|          ’|::.:|;/
  |::/.:.:/::.:|、゛   ー'ー'   ィ|::.:|


                           |i
                           |,!
                           | |
                           | ,|-─‐-、
                          〉7,、-‐、,ゝヽ  |ヽ _
                      ,、--、_ ゝ_,oィク,、ュ'´j〉'´| ヽ`ヽ、___
                    ,r'´`ー-、ゝ‐ゝ-‐'´ ̄ /   ,ゝィ   \j_|       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  /``ヽ、,/ ___ _ ,イ( ) i    Λ ̄`ヽ、〉``-、  < 戦い方を教えてやる!!
                    (     〈  ̄    `ヽ´ ヽ、 、_ V _,, ,、ィ´ヽィ´    \_______
                  ヽ _,ィイΛ         〉ヽ  ̄ _,,、ュ j'´
                    `ー'¨ ゝ--‐一イフヽ、,ィ, ノヾフ´  Hカ´
 Oニニニニニニニニiー一i二二 ̄ヽ _,ィ⌒ヽイj|´ ̄i〉==ー'j_ノ'´  〉-=-' ヽ
 Oニニニニ」三三三jニニ_(ニjィヽ'´ ,r'"´ ̄フ  `カY´Y' ̄`ヽV  「    |
          ̄ ̄``ーゝ(ニ)、ゝ/  /´/  / j |  ヽ   ヽ  |     !
                (ニ)、〈ヽ  /  /  / ,! ,!  `,    〉イ`ー-、 /
                  〉'´ ̄ヽ 〈 ̄`ヽ ,ト|    〉  /7´ゝ-、 i /
                    /    i `, _,V/i  /´ ̄``ゞ三iア´
                 /      j´ ̄     ヽ/      `Y´


2801 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:08:23 ID:ADIXm5c20

              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ', この話ではケンペルで統一させていただきます。
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- U : : ヽ : !
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: |
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ:U:|: :V ケンペルは1651年9月16日、ドイツのレムゴーにて
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: ! 牧師の息子として生まれた。
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
        ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i
        !  `    !:.:.:.:.:lノ:.:.i:.:.:.:.:.:.,' /  l: : : : : : |

                               , - '        ヽ、
                              ,r'             \
                          , -‐'´                '、
                           フ,                 !
           __.......-----......、      /イ                   │
        _/´          \    _, r'ソハ  ,r'fンリ  n ,、 ,、      l
      /´              `ー-r'    l_,/    Lr' レ' t/ \ハヽ、 .,‐┼ 、
     │        ヽ、     `Y^´   f l ,ニヽ、   、_  ___   |/ワ^j  ヽ、
     /    ,、      ヘヽ  ト、   ヽ    `┤  `マ   斗ーt、`   j 〈_/    \
     l     l ヽ  トー- 、{-‐ヽ! \ハリ    ,'´ l     fヽ       ンl
     !.   ,-、ト、l"ヽi ̄゛    r´^ゞ l } .    |   l     !_」      ,′ !
    │  `t   ,j'´~`  ト、     ∨、    |   ヘ  f`ー‐‐一ァ    /  l
      l    !        t ゝ_     l ,ア   j   /ハ ヽ ´ ̄フ   /   ノ
     \ jコ_ゝ      `´__, -、  .| ゝ   j_/ /^\`'''''" _.,rく´   /
       }{´ t_      ,<´ -‐^ア  .ト ニ=‐´   \  l  ̄/   \  /
     ∠ `ー-、_.   弋、__..r′ | リ       ヽ.! /´      V
      ノ,    ト、_         ! 「`ー=ニ>-、_    | /
   , -‐' ^ヾ1   │ ``ー------‐'´     亅   `ー 、゙ヌ
   !     \  ヘ、             ´      丶


2811 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:08:51 ID:ADIXm5c20

                                ,、
                                 | `ヽ、
                         ,r‐--}`ヽレ‐-、.`ヽ、
.    \                 /    ,|   }`ヽ、.`ヽ、`ヽ、
.     \                 /   / //|  | /|  `ヽ、`ヽ `ヽ、
         \          //  / // .l  l/| |、   ヽ ヽ  `i
          \         / /  / //| /|   | l| ヽ     ヽ ヽ   |  ケンペルは中産知識人層の子弟として育ち、
           \     l  |   / /,.. -、 l   | ,..-、 ヽ     ヽ ',  | ドイツ国内の様々な大学を渡り歩いて、
            \-、    ! / l //r`::r ヽ、.l lr:::ヽヽヽ   i ヽ .l | 歴史学、言語学、博物学、地理学、哲学と、
                r'{ヽ ',__  ヽ{ ト| l l.:::ノ i__,/ ゝ l:::::::r' 〉 ト、 ', ∨ | まさに百学を修めました。
                {ニi//`ヽ、 l 、i. ___,ノ '、  `ー ,' / |) ) } | ヽ′
             y /     ` <  |` 、_ ー `ー‐'_,/  |'´ | ,/ | ||
                >'       ,/ /ヽ,.-、_>-‐ <)   l  レ'  | ||
                \   ,/  /   ,//::/ /::/   /     | }{
                \ /  ,.-‐'   ,∠ f=======┐   |( ヽ
                  { { i、___ / /|     ||    |   i   l ゙゙゙゙
             __... -‐ヽヽ|′/l/⌒,ネ    ||    |  |  l
      ,.-‐ ´        / ///:::://ー┬-r、i´|`レ)_|,  |   ',
     /,..-‐ァ'´    _,. '´/ // ,/::::/77:::::::| lヽ、_ノl )ヽ  |   ヽ
.     〃´ //  / /  /   ,|::::/:/::l:::::::ノ|  \__,/ノ /  |   ヽ




   ________________ ,r'"´ ̄ ゙̄ヽ、 __________
   |/ }三}i{三}i{三}i{三}i{三}i{三}i{三}i{三}i{  /   .,-、  _ \_}i{三}i{三}i{三}i{三}i{三{ ソ|
   | i |i|´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /    ├-A∠」  │ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`|i| i |
   | i |i| ☆・。 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.... __!     |    │  !:.:.:::.:::○  ゝ __ノ;;;; |i| i |
   | i |i|    〇 ;;;;;;;ノ⌒ヽ;;;;;ノ.:.:.:    l \    ハ、  、_,┤ !:.:.:::.:::.:::.:.::(;;;;;;;;;;;;;; ; |i| i |
   | i |i|     \               /弋/  ノテャ  イチ儿  !‐'7  :::.:::.::.:ヽ;;;;;;;;; ;.|i| i |
   | i |i|                   /  !   /   /!   |!  レ′   ..:::::::::`''‐‐ `|i| i |
   | i |i| o 。:ノ.:.:.:.:.:. :.:.       _/  l  │   └'   ∧  | ::::ヽ、 ‐、‐-.,_::::; ;.|i| i |
   | i |i|    :..:.:.:.:.:.:.. :.:.:::::: r' ̄ ̄   __,イ  弋 `マニア ,ィ | ∧   : : :,:,:ヽ  ヽ .`|i| i |
   | i |i|  + 。 ゚     l     /  }  { ∨   Lィ'リl_/ | ヽ : : : : ,ノ.,_   |:..|i| i |
   | i |i| γ⌒ヽ    ,r一' ̄ソ    /  /  ,r' _`ヽ、/ 〔_/  {  弋 : :< ‘`  !: |i| i |
   | i |i| ゝ __ノ   │   │  f´`>-ヽ  {ー∃    ゙バ    Ⅸ \ : ,'=r  ,/ `|i| i |
   | i |i|.、____|  _ \!<    }   l ヽ}   Lr‐、 /  \__」______ , |i| i |
   |ヽ}三}i{三}i{三}i ! r'  `\ ゙1 \  ! ,ノ´\/    \ }j ∠ ̄  `‐、 `}i{三}i{三{ ソ|
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/  |    て _ \ ゝ  /       t l  \    \ ̄ ̄ ̄ ̄
          │ _/ヽ    !   ヽ \ /        __ソ\ ,f'''''''ヽ、 !
           レ'\ /^、 ―′   弋 r'^f_,、         W     ̄Y!


2821 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:09:18 ID:ADIXm5c20

                   , ─ '^ヽ ̄ヽ       r,
             / /   i  ヘ_ ヽ      /<
               / / イ∧! ハ`  \rヘ'´\ソ〉
                | /  ィ=t、 }/fホハ ト}   \ノ  1683年、ドイツを離れてスウェーデンのウプサラ大学で学ん
             v!ノ 代_ソ )-辷{ィノ   /    でいたとき、スウェーデン政府がペルシャ(イラン)に派遣する
                }ゝ、 { `ヾ ヮ_ ,イ \ /     商業使節団に加わることになり、そこからケンペルの
               / //`ヽ弋 ヘ \ ト       世界各地を回る旅が始まりました。
             / / /    \ ヽ!Y }ノ
.          /  ∠/   ノ ゝ}ノ人
          {イ  { .\  ヽ、.  〈 j、 ヽ ̄ ニヽ
         \ `  i  / ゝ ∨j ソ   ヽ ヽ}
           } ィ、ノ了\ノv'`| ̄`ー}  ノ
              / // i   i ヘ ヽー 、`ヽ
            {.ィ〈/__|__| ヘ〉、ノ  } ノ
            /:::::ァー==<、:::::::ヽ
             /::::::/\   ト}/:::::/
             , ':::::, '   \ ノ ,':::::/
          /::::, '     }ノ ノ:::/
            /:::/        〈ヘ┤
         { ̄j            t__ヽ




     \_________________________________.\_
     /             | ∧ ∧ || ∧ ∧ |    || |∧ ∧ ||∧ ∧ ||∧ ∧ ||∧ ∧ |   ||  __
   /●  ●       |(゚Д゚ ) ||(゚Д゚ ) |    || |(´∀`)||(´∀`)||(´∀`)||(´∀`)| __. || ___
  /         Y  Y.二二二 .二二二      || .二二二二二二.二二二二二二. |□| ||  __
  | ▼        |   || ∧ ∧ || ∧ ∧ |    .|| |∧ ∧ ||∧ ∧ ||∧ ∧ ||∧ ∧ | |  | || __
  |_人_         \/|(゚Д゚ ) ||(゚Д゚ ) |    .|| |(´∀`)||(´∀`)||(´∀`)||(´∀`)| |_| ||  __
..━\ ____         ̄ ̄ ̄ . ̄ ̄ ̄     ||   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ||  __
..━∠/○○ ー――――――――――――.○○――――――――――――――○○   
________________________________________
_|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___
  │    ─┤      │    ─┤      ├      ┤ \,,,,..;;.,.,;:├      ┤;.;.;::::.;.;..:
  │    ─┤   ∫ ..├      ┤      ├──  ..│ ∫\;:;;::; │    ─┤;,;:;,.;;;.;.;.;
  ├      ┤ ∫   ..│    ─┤  ∫  ..├──  ..│    \..;├──  ..│;.::.::,,,..,,,.


2831 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:10:09 ID:ADIXm5c20

                   , ─ '^ヽ ̄ヽ       r,
             / /   i  ヘ_ ヽ      /<
               / / イ∧! ハ`  \rヘ'´\ソ〉
                | /  ィ=t、 }/fホハ ト}   \ノ 使節団はペルシャに向かう途中、ロシアを訪問しました。
             v!ノ 代_ソ )-辷{ィノ   /   ここでケンペルは、キリスト教でありながらドイツとは
                }ゝ、 { `ヾ ヮ_ ,イ \ /    異なるロシア正教やその他の独自の社会や風俗と
               / //`ヽ弋 ヘ \ ト      出会い、様々な国を丹念かつ巧みに観察分析する
             / / /    \ ヽ!Y }ノ      する能力の基礎を会得しました。
.          /  ∠/   ノ ゝ}ノ人
          {イ  { .\  ヽ、.  〈 j、 ヽ ̄ ニヽ
         \ `  i  / ゝ ∨j ソ   ヽ ヽ}
           } ィ、ノ了\ノv'`| ̄`ー}  ノ
              / // i   i ヘ ヽー 、`ヽ



    ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i )))
   /  ●   ● | / /  ロシアにようこそクマ
   |    ( _●_)  |ノ /
  彡、   |∪|    ,/
  /    ヽノ   /´   

         ______
         /::::::::::::ヽ
         l::::::::::::::::l
       _|::::::::::::::::|_
        i 〈 〆^^i〉)
       ノく)ノ`ー´ノ)
      ∬ /::リ<∽人
      ζ:::::/:::ハ::::::\
    ∠:::::::/::::::::ハ:::::::::::>
       ̄  ̄∪ ∪  ̄


2841 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:10:41 ID:ADIXm5c20

          l´ ̄`ー--.、/´ヽー─-:.、__
          j,ノ      |   .     `ヽ、
          /        ,|   :|    ヘ:: ヘ
         /   ノ  / ,/ |  |:|'| |:::   λ:: ハ  ケンペルはこの時、少年時代のピョートル大帝
        / ,./  /   / /  |  |:| | :|、:::   \ }  にも拝謁しています。
     / ,ィ'/  /  ,| -|-‐ |  |:| | :|-ヽ‐::   \
     / / / ::j  ,/ ヽ|__ ヽ、 :|j ヽ|__ ∨  i::  ハ
     |/ j ::::|  ハ ,ィチテオ  ヽ、| チテ心∨ |::|、 |
       |  ::l  |:ハ`、Vィ:;l  }‐{  l:ィ:;リ,' ハ. lリ| |/
       ∨ |ヽ、|::::j、" ̄ ,,ノ ' ヽ、 ̄゛ {:::j,/: |
       ヽ、| | i:::::ヽ、 ̄   ー    ̄´,ィ:i::|:  |
           | /| :::::i:::`>‐r- -r‐<:|:::j:: |   |
            |/ :| :::| /´  {    }  |:/:: j:  |
         / :;| :::|'   |\/|  ,ノ  /ハ  |
          / :::/'| :::|   |     | /  ,/  }  |




          _. -―y ―ァ_
        ,/    ー    `ヽ.
      / ,    ⌒ヽ.  \  ヽ
     ,/  { !   、     `  ヽ. ゙;
    /ノ / !ヽ. ヽ. \_    ゙ヽ. } ゙;
    {イ ! 八 }\ t-、 fヽ、   ヾ{  ゙;
     ! i  ir'⌒  `  ` _\  ヽ._弋_.ゝ
     } {  iィrァ=、   " 泛}、ヽ. .Yヽ }
     iハヽ.ヽ└‐'      ̄  |ハノ }ハ!
      ヽ|`   〈        、_,ノ
     _,rヘ;、    ー ' ___/ハ!
     !::::子}`- 、 -‐  ̄    ̄ス、
     {:r‐ヘ.∨ --―'⌒__r‐ 入
     .!i r― if `辷ィ六ヾ'/  Y⌒`.!
     {| i___|i Y  ト{  ̄☆  ハ  ヘ.  __
     {ト----ト.{  .i:|   |ii|  } ∧  \! |
      ̄ ̄ .ノ  |:i   {ii}  i 〈 ヽ  _| }
        /   |::!   ~  { ヽ.├'¨ ̄ス
        i   !:|       ヽ ヽ.レ;r‐':::::}
        |   {ヽ.       ヽ ヽ〈:;rイ::;〉
        _{   ,!ト、\      ヽ_ト.| 仁、
      /〈   i::} rヘ、\      ノ i ト-; !
    /}ーイ     !:}/  {.\\     !.| ! {
    !{  i     //  .}ヽ.\ヽ`ー-、  i i  \ヽ
    ヽ\    .//{__} ト、ーヘ  ̄iヽ\ト.}   .} !
     ヽ ヽ  /ム,| ̄ ̄  ̄ }-r‐ 〉 ゙ヽi {__L!
      .\\{,ハr;}      Y^ーi  └‐┐r‐'
         ̄}::::ノ       .{:::_:|     占
        ,ム::_;!       〈::_:;i!
          ̄         ̄

ピョートル大帝(当時11歳)


287名無しのやる夫だお2013/02/25(月) 23:12:02 ID:XdlQ8B1k0
あのロシアの大帝にあってんのかw


2851 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:11:16 ID:ADIXm5c20

:::::::::::::〃::::::::::::;イ:::::::::::!   !:::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::/:|:::::::::::::/|:::::::::::::|   |::::::::::::::::::::;イ::::::::
:::::::::」斗+─-/、::::j:::::::::! ,.-┼一-+、/ |::::::::
::::/ / |::::::::/ |::::|1::::::::|´   ',::::::::::/\j::::::::
:::::::::::/ |::::::/ リ:::| ',::::::::!    ',::::::/  |`::::::  やる夫・テレジアの世界での成人後は、
:::::::〃  |::::/  j::::| ',:::::::|     ',:/    !:::::::   こうなってるけどね。
:::::::/   レ'   |:::j  ',:::::::!     リ    |:::::::
:::::├────Ⅵ  ',::::::| ‐────┤:::::
|:::イ彡三三三ミ     '::::::! 彡三三三ミミト::::|
::|::::| ~~ ̄ ̄ ̄~      \| ~ ̄ ̄ ̄~~ l:::|::
::::| |                    ・ | |::::
::::Ⅵ                    Ⅳ::::
:::::::::リ /////       ///// リ:::::::
:::::::八        L_,‐、_j      ノ:::::::::
:::::::::::::> 、.. ___    __ .. - <´:::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿 ̄  [::::::::::::::::::::::::::::::::::



                 ,,,..........,,    
               ,,r'':.:.:.:.:,;.;.;ミミ>ェ.、 
             ,r';r'- '' ゙"    ヾ:.:ヽ,
           . ,i!'゙        |  !:.:.:.:i 
            i!         | !:.:.:.:i 
            {l         /  ミ:.:.:rヽ 
           . !! ______    ________ヽ ゙!斤ヽ}    
             ゙!` =・=`i .i" =・=   /ヒノ/         
             i.  ̄  | |   ̄   ,r' トー'
             ト.、ノ r  つー、__,ィ ソ
              '、 、`''''" ___,.  / /
              ヽ  ̄ ̄_,,  / /
            / ̄` .' _, .ィ´リー ヽ、
            |      \ム/   |
             ',    __, 〉     〉
 |\          \_ 7´,-‐、>'ヽ.r‐-、_/
 ', ! ` 、,         `〉\  \ |   !、
  '.,\   ``'' ー- ..,,___く   ヽr-、_ヽ _| \
.  \ `'' ー--        ̄ ̄]] |r'∩_)⊃:\
    `'' ー-------─ァ::::'''::7"´l_」-イ:::O::',::::::::::::ヾ、
           r<:::::::::::/::::::::::::::::::!:::::::::::',::::::::::::::::〉
           \::::::::::/::O:::::::::::::::|::::::::O::',::::::::/
            / ヽ::/::::::::::::::::::::::」::::::::::::::::: ,. ヘ.
           ,ヘ、__`アー----、__/‐く   ',
          ., '   , ´            ヽ.  ',
         /  /               ':, ',
        ./、_/                 ∨ハ
        /ヽイ                   ノ- ハ


2861 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:11:40 ID:ADIXm5c20

       __
      '´.  /i´ ヽ
    }N〈ノ/ ノ}リ'リ
    .ノゝリ(.゚)ヮ゚ノ!{  それから使節団は、カスピ海を船で渡り、大嵐にあってあわや遭難という
  ´((.( ⊂)氷)つハ 危機にまで遭いましたが切り抜け、ペルシャに到着しました。
.    ソル 'く/_j〉ル ソ 
        じ'フ


                     ┌┐
                    /~'7;; |/~''7
     ~~~~        (  ( ̄|  (
                 、___`t-'ーイゝ-i 
                  ヽ] ̄二二二7       
      ~~ ""~~~~  ~~~~~


2881 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:12:03 ID:ADIXm5c20

        r‐ ― }:: :: :: :: :: :: :: :: :: `ヽ
        |:: :: :/:: :: :: :: :: :: :: 、 :: :: :: \
        l/:: ' :: :: :i、 :: :: __ :: :ヽ:: :: :: :::ヽ
      /::: :::.i-':: :: | \:: ::\:: :: 、|:: :: :: |  ロシア以上に、ドイツなどと大きく異なる文化をケンペルは
.   /:; :: //::レヽ:: !、 ィ=ュ、:: :: :: :: \:: :::!  目の当たりにし、ケンペルの知的欲求は刺激され、また、
  /:,イ:: :::|:: ::リ--\:} ´{i'::::jヾ::、:: :ヽ::゙ー:|  観察分析能力もさらに磨き上げられました。
  " |:: :::ハ:: :l{ヘゞリ,_iァ ゝ迄 〉、:ト /ヽ}::|
    \:} \リヽ__ノ '\_ ,/',.V 〉':|:: :: :|
       /::/フ、 ゚__  ィ _:∠:::ハ:: :: |
    __, -=__ノ~' ニ) ヽ:::7::/   \∧::\:|
    ,≧/ス  ,.、 、' ,/:: :/      ∨ヘ::::l\
.    、///`´ }― {/!,V         !//!:::\:\



  o---o      ☆
   \          
    `OーO  fi   
          l l  
. ☆          | | 
         / \ 
          i ,,,,. i 
          i ,,;,, i 
          i ゙.,,;,,.. i 
        ,i゙.,,;;;;,,. ゙i、  
       ,i゙ .,,,;;;;;,,,. ゙i、 
       ,i゙ ..,,,,,;;;;;;;,,,,,.. ゙i、                  \     ト、      ,.ィ7
     ,i゙ ..,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,.. ゙i、.         γ ⌒`ヽ    \   ゝ二 ‐==‐二ィ  _
    ,i゙ ..,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,.. ゙i、         i::::::::..  i   ヽ、三ミ  \_ } =I=|∝    ) )
   「l二二二ll二二二ll二二二「|    rー-'´:::::::..  ノ 弋( し ) <三ヽ/ } 王l〕/三> 彡
 <匸匸匸匸匸匸匸匸匸匸匸>  ノ       ハ    三多トγニ  o:ニ:o ニ
   |   ..,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,..  |    ゙ゝ、_   ,-、/;;〉       / /\ }三i!三{ヽ \
   |   ..,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,..  |       ル一'〉,;|;,〈      〔iΘ=   }Ξ爻{   =Θi〕
   |   ..,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,..  |.         ∪∪      / /   / ={ !}l 
二二二ll二二二ll二二二ll二二二ll二二二ll二二二ll二二二「|
匸匸匸匸匸匸匸匸匸匸匸匸匸匸匸匸匸匸匸匸匸匸匸匸>
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二


2891 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:12:45 ID:ADIXm5c20

                  ____,/`ー-、───--、__
                _,ノ     |              ̄`ヽ、
             /´'´     ,/|     :|ヽ、 i::        \
           //     ,  / |    ::| ⌒ヽ::   i::    ヘ `ヽ、
          /'´/     ,ィ'⌒   | :i:  ::::|  | :ト、::  |::    ヽ、 \  ここで本来の使節団の仕事は終わった
           /   /   | |   } :|  ::::| ,_ヽ|_ \、|:::    、  〉  ) のですが、ケンペルは海外を旅して研究
            /   /    ,| ,j __, j/|   i::j ,チ弐心、i::\::    ∨::: / をする生活を捨てられずに、現地でそのまま、
          j   / ,    /|/,ィチ弐、 |  |/ ト-':::j:::} 〉  i`ヽ、 }:::::::{ オランダの東インド会社に就職しました。
          |   / /   ハ イf‐'::j:|`、 ヽ、:{  |:t::ィ::;/,'|  i|´ヽ:〉,人:::::ハ
           {  /j/{   /:::ハ. V:ィ::;l }⌒{ `  `‐-" ,|  |.|_,ノ:'":j:::::):::::\
           ヽ/  ヽ、{: : :::j `‐" ,ノ ' 丶、___ ノ/   |:| :}:::::ノ/:::/::::: \
               |j`: : :::jヽ-‐'  、__ノ     /   ,/リ j;:/: : :/:::::   }、\
               |  : : :|::::ヽ、        /_,,/  '´: : : : :/::::.   / `ヘl
               |  : :i:|:::::::::l::`:ー:::‐r-..::::::/'´/ j    : : : :/:::::  ,/
                丿 : :|リ:::::::ノ:::::::::::;ノ    // /   : : :/::: ,-‐'"
                /   ノ'::::::/::::::/ {  / 〈'´   : : :/::::  /ヽ、究



  |     | {        ヾ \ T7 7´{、ヽイ´   }
  !  |   ヽ ヽ        _j}  〉 l小、_'‐≦´/    〈     どれほど多くの障害があろうとも、飽くなき知識欲
  l  |    ト、\   =‐'ア ‐-、 ヽ\  ̄      } ト、  を持つ人間なら、やすやすとそれを乗り越えるで
  ヽ  !    j |\ Y´  ∠二、 }  \\        ヽ ヽ `ー あろう。
    、 ヽ   \ l ||  /fr㍉ 勹/     \ ヽ      \\_
    ヽ|    ヾ i | { ,>´//         `,ニヽ      イY´ ̄
     } i      い{ ノ¨          r      _,  ´  トヘ
  r_─┴!     、込_              /  ィ^ヽj l!
   ` マコ\       `卞、        , ´ /     _ハ
      ヽ|  `ー- 、     | i}       /  /       く V
       |        \  | ||     r' 、 r‐'       / /
        |         )  ! ||      <\!    _,. - ´ /
      ヽ _    {   \|{        <T^ヽ _, - ' ´   /
          \  j      ヾ、          ̄   _,.  ´


2901 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:15:23 ID:ADIXm5c20

                  ,_-_===、、、
                /       `\、、
               /           ``、、
                            ヾ,
                , -‐_二ニ. ─.-.、_,、_ ∥
               / ̄/: : : ,-:‐: : : ,:,: : : : ̄:`:‐. 、
                   /: : : :, : : : : : //l: : : :ハ: : : : : `: 、
                  /: : //: : : :// /l| l: : : :ハ:ヘ: : : : : : `、
              /://,: : : ://フ´l|│: : :| `ヾ、l: : : : : : : ヽ 果て無きボウケンスピリッツだね!
              /´/ /: : : : :l /  │ l : : :l  ヽヽ: : : : : : : l
                (' /  l: : /: : :l l≡≡` ヽ: :l_  ヽゝ: : : : : : l
                ヽ   l:/ l: :,─-、     ヽ:.l ̄ミ≡' :、 : : : : :l
               ヽ  lハ/:`┬‐'   ┌‐-、ヾ  ,─、: : :_: : : :/       , -‐ ´
              ヽ   /: : : >、.   l   l  `─:': :/ l: : /   , -‐ ´
              /、_/: : :/〉巛` 、_ゝ_ノ  //: : :/_ノ:_/_,-‐´
            /: : : :/: : //´ 巛  /  ̄ フ ̄/: :///
         , ‐:´: : : : : : : : ハ l  、巛 l  / //: ://            , -‐ ´
      , -:´,-ァ: : : /: /: : : : >l   ゞl. /==彡: //          , -‐ ´
  _, -‐ニ '´/: : /: : : : : : / ̄ ̄`‐-、ゝ'彡'' ̄/: //   /_ -─  ̄



轟轟戦隊ボウケンジャー OP
http://www.youtube.com/watch?v=n8g0rYDwIrY


                                  ,,
              ,,,,-‐‐''' ̄ ̄i.i ̄ ̄'''''‐-、   ,-',,''
            ,-'´  ,,-‐' ̄ ̄  ̄ ゙̄ヽ、 /-''´ /
          /  /          ,,-''´  / `ヽ
         /   /         ,,-''´   / ヽ   ヽ
        j__/       ,,,-''´     /   ヽ   i
         __      _二二二二 ̄     二二二
         i   i    /     ,-''´       j   ,i
         ヽ   ヽ, /   ,,-‐''´        /   /
          .\// _,,,-''´         ,,/  ./
           / ,,-/`''-、__ __,,,-‐'´ _,,,-''
          /-'´  `'''─,,__i.i__,,,-‐''´


2911 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:15:49 ID:ADIXm5c20

                       /{_,-‐'´ ∠,ノヽ、   ケンペルは、ペルシャ湾のバンダール・アッバースと
                   /`ヽ./´ ̄゛ー-、      \  いう港町に逗留します。
                   /   /      \      ) しかしこの町の季候や環境は劣悪で、ケンペルは衰弱。
                 /     {  |\   ト、 〉     ∠ノ〉会社の命令を無視して、涼しい山地に転地をする事で
              / /  //`ヽ|  \ } },/        _ノようやく回復をしました。
              |/{  ハ  > H <∨ヽ、.____,,-‐"__
               / \{ λ‐-‐' `‐-‐' ノノ  \ 〉,ィ´ ) そうした傍ら現地研究も進めていましたが、東インド
              〈  〈V `ー─-─‐"´ヽノ〉ヘ》 〉_,/~::.会社からは、本来の仕事を怠けて私事を行っている
              ノ ̄ヽ_  ̄゛ー'^ー-'´:::⊂´_y_´ソ'´:::::::::: とよく思われなかったようです。
             ::::``~⌒´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



              _,. -──'ー- 、
             / , -一     ̄ヽ    ̄  ――_―
           /  │   イ`ヽ_/^! l            ニ _ - ̄
          j    /   /´ ̄  ̄1丿   - ̄ _ ― ―
          | ___,  j ー-、  ,| {   ━┓・・ ━┓・・ ━┓・・
          l ヽ / /::..  ___, i \.   ┃     ┃     ┃
        ,. -‐'´   Y  {::::...u ヽ' 丿 /  ━┛   ━┛   ━┛
           ヽ   ヾ┬―< _/          - ̄ ̄≡ ― _
  ,. -─.、」    ^ヽソ   / │    >
   ̄`‐ 、__,.    / `ー、l ∠_   亅━┓・・ ━┓・・ ━┓・・
       /_,-ィ  /       `ヽ/    ┃     ┃     ┃  ・ ・ ・
      ノ′ /´              ━┛   ━┛   ━┛ ̄‐― ―


2921 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:16:14 ID:ADIXm5c20

                  , - 、
                   〃⌒ヾ、        .f^r-‐っ
       ,、           {{   ,ヘ _―-=‐ノ  ./
    __r‐ヽヽ        ゝ‐ ' ′ ヽ  ̄`丶、. /  仕事中に、ついついコミケの原稿書いて
    ゝ_r_‐  \     /    l.   |   \ ヽ'、  上司ににらまれるみたいなもの?
        ̄\ \.  / /.  | i  l !メ. l  丶' ヽ
          \ \ l / !. ィ ハ/ ト、! V、.  ! ',
           \ \l  ! /レ  V / __ .ハ トヽl
             \ /\ !ィ彡    ̄・l l ∧/
             /./  ノ.\   r'^フ ノ |´ |
            ゝ、. /  ',\.___ゝ', イ l. /
              ヽ      ', ', ヽ.  ! | /


2931 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:16:36 ID:ADIXm5c20

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',  やがてケンペルは、東インド会社の外科医の資格を得て、
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :', さらに東に向かいます。
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :! まずは、アレクサンドロス大王の目的地であったことなど
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :| からあこがれを抱いていたインドを訪れたのですが、
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :! 沿岸部のみで内陸には入れずに価値ある遺跡や王侯たち
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l の宮殿を見れなかったことや、インドの人々の暮らしに、
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!  落胆を味わいました。
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ
     /: .: .: .: !    ヽ __}ヽ!  ,!/‐'"      l |: : : :\ヽ
    /: : .: .: .: :|       lヾ.! l |       { ! : : : : : ` ',


2941 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:17:09 ID:ADIXm5c20

        ___   
      /     \     .∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
      |       |   .<               > 
     _|       |_  .<  オレも全身ゴム人間 .> 
     | | ━  ━ |  |  <   だったんだよ!!  > 
     | | ◯  ◯ | |  <               >
      J|\   //し    ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨ 
       \| E∋| /  ヨガー
パォーン    |\_/|
____/三三三\_____________________ヘ─┐ 
       \三三三/                             |||   |-┤
                __________________|||__|-┤
 ̄ ̄ ̄ヽ         ノ                            └─┘ 
       | @ | @ |





            /       r'´ \    , ‐'´ ┐
           ノ        L   ヽ /  __」            この国で行われていることは全て、いかさま、
        '""':'/       {::.`゙ー-斗ィ -‐'´...:::::│ '""':'      ごまかし、偽りである。
            /   !     ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    "'::;;;,,...,,;;
          ,'    |      \:::::::::::::::::::::::::::::::::::|         芸人が扱う毒蛇は、毒が抜かれ、笛で踊るの
      ;::'""':: !     l         ヽ:::::::::::::::,':::::::::::,.. |  、      ではなくあらかじめそう飼い慣らされているに
 "'::;;;,,...,,;    ノ r‐ 、 _」        }:::::::::::/ン'ニ´::│  ト、      すぎない。
         /  \ 亅      ,ィゝ:::::::::j ,/tj `フ│ { \'""':   修検者の秘術や、神がかりのの乙女が繰り
          l    ヽ/      ,ィ=-':::::::::::::,イ--==┘::.|  \ ;; '',,, ;; '広げている荒々しい踊りですら偽りだ。彼ら
         !    /     /:::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::::::ト、   ヽ    は麻薬をすっているにすぎない。
.,,, ;; ''""'::;;,,.,,,./   /     j     / │        イ ヽ  ノ
       /   /    r‐‐-、    \」         /〆/
    _∠__/      ヽ、 `ゝ、__      __,イ  /_ /  ;; ''""'::;;,,
  /´   /       「`ヽ ヽ  ヽにニニ二,ン/ /   Y    /    "'::;,...,,;;::'
,‐'´    /        │  }   \_  ゙ー--一 ´ {   │  弋


2951 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:17:30 ID:ADIXm5c20

             ,ィ,ニニュ、_
             //    ``ヽ
            __《_______
          ,ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`‐-ィ´ヽ、_
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::|:::`ニニ=‐-
         / : : : :.:.:.:.::.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::.:.`ヽ、  現代の海外旅行でも、そういう事あるね。
       j: : : : : : : : ./:.:./:.:.:..::ノ:.::.:λ:.:リ::::.:.:..:.ヘ、
       { : : : : :.:.:∠:j:.::/::.:;/'⌒/|:.:/::::::::ト、:.:.:ハ.
       ∨:.::.:.:.:..:::.:.:|::/:;/|/:;/_j;/,':/|:::| \:.:|
       ∨:.:.:.:::::.:.(_|::'"::::::|´ ≡≡ 〈:/ |/   ヽl
        j:.:.:.:.:::.:i:.:/:|::::.:.i::|       〉
        |:.:.:.:::::.:|/::..,|::::.:|::|  (.`ゝ/
         |::.:.::::::./:.:./、|:.:.:|::|‐-‐::'l´
          |:.:::::::./:.:./ ヘ:.:.::λ:::::::::|
       |:.:.:::::/:.:./==、ヽ:.:.ヘ、_::::}
        |:.:.:::/.::/ ,   \\::|,j::リ
       |:.:.:.:/j i    i {.\`_ |
       |:.:/::|」| |  ヽ、 | `V   V}
         j:.:|:::::゛}.|    {  `ヽ、`|
         |:.j::::::::`|      |    〉 ;}


2961 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:17:53 ID:ADIXm5c20

      r‐‐―‐}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
      |.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      |.:.:.:.:.:,'.:.:.:.:.:.:ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    /.:.:.:.:.!.:.:/.:.:.:i \⌒ヽ .:.:.:.:.:.:\.:i:.:.:.:.:.:.:.
.  /.:.:.:.:.:.:.:.⌒ト:.:.:.:!   \.:.:.:.:\.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.i  つづいてケンペルはジャワ(インドネシア)の
 /.:.:/.:.:.:V.:.:|.:/_、:.:.:i    ィrテトミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.|  バタヴィアに赴任。
./.::.イ:.:.:.:.:j.:.:.:iハ心ヽ:::.、   !ト':::::jハ:.:.:.:.:.:.\:.:.ヽ:.:i  シャムも訪れて、仕事の傍ら様々な学術調査
/ !:.:.:.:/!:.:.:.!jヘv'ハ \! . Vヾ:イリ、:.\:.:.:.:}ヽ:.!:.:!   をしていました。
   、:.:.:ハ .:.:人 `゙' )-(   `,,¨´ ノヽノヽ/!:.:.ノ.:.i
   ヽ{  \リ:::.:Y'' '。 ` ー‐ /.:.:.:.:.:./.:i:.:.:.:.:.:!
      /:.:.:/)>...  . ...イ.:.:.:.:.:.:.:/__:ハ:.:.:.:.:.!
    ー=彡ノ`' ニ〈 {:::i:.:.::/.:.:./ ̄ ̄`ヽ/∧:.ヽ:.:.:!
  ⌒>∧/.   ̄、〉7:.:.:/:.:.:/       ∨∧:.:.\
  /.::://∧  xヘ_∨:.:/.:.::.イ        ∨/!:.:.:.:.:.
. /.:::////∧' )ー{.:.:.:i.:.:/リ       i//!:.:.:.:.:.



          ______
         /::::::::::::ヽ
         l::::::::::::::::l
       _|::::::::::::::::|_
        i 〈 〆^^i〉)
       ノく)ノ`ー´ノ)
      ∬ /::リ<∽人
      ζ:::::/:::ハ::::::\
    ∠:::::::/::::::::ハ:::::::::::>
       ̄  ̄∪ ∪  ̄


2971 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:18:33 ID:ADIXm5c20

                   , ─ '^ヽ ̄ヽ       r,
             / /   i  ヘ_ ヽ      /<
               / / イ∧! ハ`  \rヘ'´\ソ〉
                | /  ィ=t、 }/fホハ ト}   \ノ  日本を訪れたのは、その次。
             v!ノ 代_ソ )-辷{ィノ   /    1690年。ケンペルは39歳。
                }ゝ、 { `ヾ ヮ_ ,イ \ /     ドイツを出て9年になっていました。
               / //`ヽ弋 ヘ \ ト
             / / /    \ ヽ!Y }ノ
.          /  ∠/   ノ ゝ}ノ人
          {イ  { .\  ヽ、.  〈 j、 ヽ ̄ ニヽ
         \ `  i  / ゝ ∨j ソ   ヽ ヽ}
           } ィ、ノ了\ノv'`| ̄`ー}  ノ



                              _π々、
                              >   )
                              丿  「
                            , ノ  i-|
                          ,. `/´   |
                         |レ-´    i´
                   ,.    /      . >
                  ,_...-ー--; .  π.「/ノ
                ,.. ------
            ;, .,_F_i-冗--、ヽ_/      .
            ,..-; つ、(.,.--/    
           .;ヾ=3  / ^            .
             ・ゝ.i |
              `~;~


2981 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:19:10 ID:ADIXm5c20

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',  ケンペルの記録によると、オランダ船来港直後に
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !  行われたのは、以下のようなことでした。
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ
     /: .: .: .: !    ヽ __}ヽ!  ,!/‐'"      l |: : : :\ヽ
    /: : .: .: .: :|       lヾ.! l |       { ! : : : : : ` ',




.:: .:.:.:. . .   ___」|  _,i_{`}__
       ̄ ̄ ̄丁「 ̄ー、 , ‐'´ 
       ー─┤|.-─┤├───一 
          i,i_| Li_、 /| ト、
    -───`‐、 {´_」 L_ヽ_
             フ| | / __」 |ヽヽ 
         /...| |l~´   .| ヽヽ  に´*|
        / . `| |l    ~`] ヽ    ̄|i|
       // ___」 |    ┌'´ヽヽ     .|.
      ,、/ iL__ .| 「[][][]丁ヽ-──|i┬┐
    T |l \.| L|i。 l二二二二l fj l┬┬┬┘|
   t_ニ>l i---ii---ii---ii---ii---ii---ifi--、┴一
    \,-'´ i--ii--ii--ii>=--──‐´ ̄|| ̄`ソ
  \_|-i-i-ii,-'´ ̄ ̄ ̄´     ОО  l|  /
 -─{ ̄ ̄´  {} ̄ ̄´           | ./ - ─_-_─ - _--
    ゝ } }   \_              レ'l
    `─-                 ─-┘─_-_─ - _   l
-_─ - ─_-_─ - ─ - ─_-_─ - _--               |



・日本側の人員が船に乗り込む前に、キリスト教に関する聖書や祈祷書、賛美歌の本
はては聖者の刻まれた貨幣まで、古い樽に詰めて船の奥にしまい込まなければならなかった。

・港の各所には、きれいな幕で覆いがしてあった。これは、警備の侍や大砲の数をオランダ側に
知られないためであった。


2991 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:19:42 ID:ADIXm5c20

          ______
         /::::::::::::ヽ
         l::::::::::::::::l   侍と書記がいた。船は積み荷もろとも、日本側に差し押さえられたかのようであった。
       _|::::::::::::::::|_  ピストルやサーベル、大砲や火薬にいたるまで日本人の保管することとなった。
        i 〈 〆^^i〉)    まことに、日本人にとってはこのような手続きは当たり前なのであろう。
       ノく)ノ`ー´ノ)    私もあらかじめこのような手続きがあることは知っていた。
      ∬ /::リ<∽人    しかし、もし、あらかじめこの事を知っていなかったなら、私は敵国に連行されたと
      ζ:::::/:::ハ::::::\  感じたか、あるいはスパイの嫌疑を受けていると考える他はなかったであろう。
    ∠:::::::/::::::::ハ:::::::::::>
       ̄  ̄∪ ∪  ̄




                                 ∧_∧
                                 「;;;;;;;;;了
               ∧_∧            (・∀・ )
 | ̄ ̄i´⌒`i       「;;;;;;;;;了             =ヽ 
 「:ロ ̄|:  ̄」|       ( ・∀・)              iロニ::::〉 ∧_∧
 L__」!___」        /=  .γ´ ⌒ヽ       {:::{:::::}   「;;;;;;;;;了
 | ̄ ̄i´⌒`i| ̄ ̄i´⌒`i〈::ニロゝ  i人   i            (・∀・ .ii
 「:ロ ̄|:  ̄」|「:ロ ̄|:  ̄」| {:::::}:::}   j(- ゚;リ> ',  (γ´⌒(8)    =ヽii
 L__」!___」L__」!___」(_)_)   <*/;;;ゝ  |  〈_i__i_i_リ  l     iロニ-О|
                      }ニ*とノ .l  i_(゚ -゚;ij>_i     {:::{:::::}| ト
                    (::::::::i!::ゝ_リ   i;V;;;;ヽ     (_(_)Lニ}
  ∧_∧                       <;<;;;;ノ;;;ハつ
  「;;;;;;;;;了   __    
  (    )   「;;;;;;;;;;;了         
  /::::::::::ヽ   |;;;;;;;;;;;;;;|           
 〈::lXl::::ノ   !___p ゚)       ∧_ 
  {:::{:::::}   |:::::::::ヽ          「;;;;;;;;; 
「O」匸匸匸}О{匸匸匸匸匸「O (    .
} {              } { /::::::::::ヽ


3001 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:20:06 ID:ADIXm5c20

              /            ヽ、 、       \ `ヽ、
            / ,       ,ィ  ::   |、  ヽ.       \ .ハ
         /  ノ    _.i: | |ヽ、.i::  | ヽ.'⌒|ヽ:::     \|  このように、いくらか不快な思いをしていた
         {ヽ/  γ´ /|: | |  | |::   |  ヽ、ト、:::::      \ \ ケンペルでしたが、出島のオランダ商館から、
         ∨     / |: | |  | |::: ,j    } j V:::: ヽ.   |ヽ、.新鮮な素材を使った料理が届けられ、気分は
          /  /   /  | ,j |  |リ:: /  __ j/  ∨:::: |:  |    晴れたようでした。
        j  λ   /  _|/__   }:: /、 ',ィ'"´` ハ:∨:: |:: /
        |  | |   ハ ,ィ'"´` ヽj_ノ‐ヘ.      {ノ:::}:  |:: /    日本に到着するまでの二ヶ月間、食生活は
           | |: |  /:.:ハ  〟   ノ  、  ` ‐--‐ 'i::i::| /j;/i    乏しかった上に、嵐にも巻き込まれ、ケンペル
         ヽ| ヽ、{: : λ`‐ -‐'   r-‐ァ      j::|::j,/,ィi: |    が書きためた資料は水浸しになって台無しに
            | i: : : }ヽ、      { __,ノ    ,ィ´::::}_ノ:::| |: |    なるなど、過酷な船旅でした。
            | | ::i: :j  `>‐-ァ ‐-‐ォ‐ ´ |:::i:;;;:::;;;:;:| |:: |      __
            | | ::|: ::|ヘ/´ ,r'´ ̄ノ __{,r彡キ≧ミ爻巛ミミ弍㍉rュ,,/´_ノ__
           /´リ | : :|: {  j,ア ̄フ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,ノf´ i:'フフ
            / /.  | j |  /  --‐´~)                ,γ´i:ノ |,/'´
            /  j   | | | 〈   --‐'´)_ニニニニニニニニニニニニニィ':::{  |-‐┘
         /   |   | | \`>、.  -‐'´,ノ  |: :|    :| f´   -r-┘
          /   |   |,./ヽ  /  ゝ‐-r'´   |: :|  |∧::| }    |、


3011 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:20:37 ID:ADIXm5c20

            /   /    ` : .
          __/    /    i    `ヽ
      /    /  / /   ,′       丶
 .     / / /   / ⌒/  i ,' 」    ヽ.   '. ケンペルはこの時のメニューもこまめに記録しています。
     |.イ /   / / _/」   !/  | `ト、   V ! ただ、船旅で弱った胃腸には負担が大きかったようで、
      | i   !/〃フ:ハ  i __ミメ、     |  ケンペルは腹痛を起こしています。
      | ∧  ハi |::::::::jハノ ノ:`ヽハ      |
       ヽNト、i( ゝ-゚'' r‐r |::::::::::》|    i |
          ノノヽ`ト-- '  、 ゝ-゚イ从   i リ
         |  ノ`ト . ゚    ̄´// }N ノノ!
         | iヽ. ヾ>-  イ7  从イイ {
   r‐、__n  ノ /77¬fr‐   /  /彡ヘ  !
  _.>r‐x' ト、' /i//  /ー‐/  /´   ハハ
  ゝ-- 、  /〃//  / ./  /      /  ヽ




  λ_λ ξ               ______
  ( ・∀・) 串             /::::::::::::ヽ
  (  ν つ_∬∬          l::::::::::::::::l   
 |  ||\\品品昌\       _|::::::::::::::::|_  
 (__.||\|=========|        i 〈 〆^^i〉)    
    ||  ||    || ||        ノく)ノ`ー´ノ)    
      ||      .||       ∬ /::リ<∽人
                   ζ:::::/:::ハ::::::\  
                 ∠:::::::/::::::::ハ:::::::::::>
                     ̄  ̄∪ ∪  ̄

・鶏の肉
・魚、卵、
・細かな派のついた大根、カブラ、タマネギ、新鮮なショウガ
・カボチャ、スイカ、白パン
・サケといわれる米ワイン


3021 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:21:02 ID:ADIXm5c20

              ,,===、、
              //    ヾ、
                 l:|      ヾ.
              __!__/:ヽ、___l|_
      ,. -‐_´:-: : : : : l: : : : : : : : : : :`: .、
      /‐/: :,: : : : : :, :l: : : : : : : : : : : : : : :ヽ  記録をマメにする人だねえ
      /: : /: : : : : /: /l: : : : ハ: l: : : : : : : l: :`、
     /: ,//: :/ : : :_LL_l: : : l:l レA、:_: : :、: l : : l
   ////: : :l : : : ∧/ l: : : リ l: |丶:`: : l: l: : :l
  / //l: : : l: : : /_V_ヾ: : |l _ヾ__ヽ: : : l:ll: : :l
      /│: : ,、: : :lT亦テl ヾ: l  T示┬l: : W :、:l
      l : ハ: : ハ`、'::,┤ ヾ   P:,:::ノ'lヽ: ト`,:x
       V  ヽ:l: :l `''´  ,   `''´'.: ヽl_ノ: N
         `  N: :ゝ、_, ‐"` 、    ノ: : N : : l
         │: : :,‐´`   `l-イニ: /: : :ハ: : :l
             l : ,亠    ‐、l  `〉/: : : l: l: : :l
            ハキ  _     ヒ、、/ /: : :/彡l、: l
         l//)、 (:::::`:::、 ,'、゙、l Y : : /〃彡l l
         /l´ l '`,‐ニ┬┤l `,.l l /,´/  |l



            ,            λ/ヽ、
    i    λ ノ              ヘ::: \
    |   ハ´   /:::    /i、        λ:::: ハ  はい、自分で作成した資料があまりに膨大で、整理が
    | ./(__,,) /::::   __ノ/ | ハ |     i ハ::::: |  追いつかないほどの記録魔でした。
    {/      :::;/  ,ィ  /  | i:∨ ::   | |::::: |
  ::::/     /::/::|/ /_,ノ_  ノ ,':::::∨ ::.   j j::::: j
::::::::::{ /|   {/i::: | ,ィチ弍ミ、  ,':::::::::} :: / ,/:∧/
::::::::::|/,-ヽ、  〈::|::. | "´     {,ノ:::::/ノj,ノjノ:/
:::::::::::::ゝ、_ \. ヘ |    `‐-‐ 〉'´     j::ノ
::::::::::::::::::i::::人 `゛` |  ゝフ   /      '"
::::::::::::::::ノ:::ノ ̄\  `ヽ、 一'´::|
:::::::::::::/:::/ ̄~ ̄>‐、  \::(^Y´ヽ、
::::::::::/::::/,ィ'´ ̄`ヽ、 \  \〈´,  .〉


304名無しのやる夫だお2013/02/25(月) 23:22:14 ID:XdlQ8B1k0
後世の研究者からすればホント貴重な人材だよなw


3031 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:22:10 ID:ADIXm5c20

    ゝ ___ノ"    |   |               。    .. . .. .... ..  ..     .. .... ...:.:... .. . 
   f == i    │  │   .(⌒)  。  。     |     。  。
   │  │   │  │  . ┌┐  |.  |     |:|    |.  |    γ⌒ヽ    γ⌒ヽ
   │  │   │  │ ii ││ii |:|. |:|   l∧l   |:|. |:|     ゝ __ノ     ゝ __ノ
[============.]| |::!![ニニニ {ニi二iニ} ニニニ]    }三{     }三{
 | F F F F F F i| ニ ニ ニ|^^^^^^^^^^^^i:=:|:|=:=:|:|=:=:|:|     ┏━━━━┓
 | F F F F F F i| ニ ニ ニ|======]          (⌒)┃. ,、,、 |二|`┃(⌒)
 | F F F F F F i| ニ ニ ニ| エ エ エ エ エ エ | wiiWWWii WWw`}三{┃('∀')    ┃}三{
============ ============ ============ ============└┘┗━━━━┛└┘
  .:.......__......._..: :::.:.: :::......._......._.:  ..:  _......_   __......_          ,‐'´三三三三三`‐、
        ∧_∧     ::.... :.:::_......_::.... :.:. : .        ,、  { 三━━━╋╋三 }
===,----、  ‐=ニニニニ=‐ ======∧_∧ ∧_∧ =========( ')==,、 ∧_∧  三,‐'´
< ̄o  o ̄>(  ・∀)       i≧三三〉(<_`   )   ,----、 () (゜)( ゚Д゚ )
         /`ー'ヽ      ζ从 ゚ ー) / V ハ  < ̄o  o ̄> () /:::ф::::i」)
二二二二二二(ニ)_ゝ二二二二 <~@~:::ヽ と _ 二二二二二二二二∪∧::ゝ二二二二二
    ∧_@  人:::Y      __ (::::iXi::::ノ   /´ミミミ|┌::::::::┐┌::::::::┐(::::::!_)ノ┌::::::::┐┌:::
::::」 ‐=ニニニニ=‐__(__ヽ_)ООО | |     ‐=ニニニニ=‐L::::::::: , -─- 、 ∧_∧ L:::::::::」
  >ゝ__リ ー゚)     入__ノノ ヽ|_| ▽ (゚Д゚  )    {__@}(∀・  )   .「;;;;;;;;了
  〃ハ^V>,、,、   /    ▽ |_|    ⊥(ニi`ー'^ハ   ζ(- ゚ζ_ゞ <y> ヽ    _」;;;;;;;;;L_
 iニ入ニ)( -Y) /___⊥__ /   iニニとニノ    ()__l~v~ハ  とニノ   (    )
 | |__入  と)./           ヽ   | |_|〈;;;;{  / ̄ ̄とi!ノ  ̄ ̄/`‐、  /::::::::ヽ
 Ll ̄ん___ゝ`ー-、__,/ ̄ ̄ ̄}{ー、_Ll ̄L(__ノ /       ▽ /、     〈::〉:::::::ゝ



              r-、
           rー―― !: : `´ ̄`. .' . 、
         ,!: : : : : : :!: i : i、: : : : : : : :ヽ、
         /: : : : : / /|: | : l:!ヽ : : : : ヽ : :ヽ   こうしてケンペルの出島勤務は始まりました。
       / : : : : : ,': ,' .! l: : !| l: i、: : : ヽi : ',
        / : : : ,: : ,!-!‐ !,l: : l:! !‐!- 、 : : ヽ : !  医師の仕事の傍ら、ケンペルは鎖国政策の
.      ,': i: : : i: : :l :l  lノ!: : !! |/ ヽ : : i: ',: | 制限を受けた出島にいながら、様々な方法で
      l : |: : : !: : :N  _! : リ ' _ ヽ: :|: :V  情報を収集しました。
       |: /!: : :|: : l. ,´== `r‐{. ==ミ!i: :h: !
      l/ !: : i、:i'{ ''''   ノ ,.ヽ  ''''ノ,ハ:l,ハ,!
        ヽ: l ヽ!:`iー‐‐' r‐┐`''''",!,! :i' :|:i
         ヽ! ,|: |:i`'ー- `_‐',., イ: !': : !: :!:!
      r 、     /|: :!|: : |, '^'、 ,ハl:/: : :,! : ',|
     ヽ ヽ_r_v r! :ヾ―l,  V  /: : : ハ: :ヽ
        Y,. -{ Y!:',: :ヽ:.:.V´,フ、ヽ/ : : /:.:`i,: : :',
       l、/´)ハヽ'、 :ヽ:.ヾイ|.!|、! : :, ':.:.:./ ! : : ヽ
      / `ュ,ノ }i 〉ヽ :ヽ:ヾ|,|,!'l: :/:/:., '  !: : : : ヽ
        ト´、  ノ l':.:.:.:ヽ:}:.:.::.:.:.:|/:.:i//  l: : : : : : i
        !  `    !:.:.:.:.:lノ:.:.i:.:.:.:.:.:.,' /  l: : : : : : |


3051 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:22:39 ID:ADIXm5c20

      r‐‐―‐}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
      |.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
      |.:.:.:.:.:,'.:.:.:.:.:.:ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.\  まずケンペルは、医者として数多くの日本人と接触する機会が
    /.:.:.:.:.!.:.:/.:.:.:i \⌒ヽ .:.:.:.:.:.:\.:i:.:.:.:.:.:.:.   ありました。
.  /.:.:.:.:.:.:.:.⌒ト:.:.:.:!   \.:.:.:.:\.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.i  患者はケンペルと二人きりになると、案外自由に多くのことを
 /.:.:/.:.:.:V.:.:|.:/_、:.:.:i    ィrテトミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.|  話したそうです。
./.::.イ:.:.:.:.:j.:.:.:iハ心ヽ:::.、   !ト':::::jハ:.:.:.:.:.:.\:.:.ヽ:.:i  ケンペルも、ヨーロッパのリキュールを飲ませるなどして、
/ !:.:.:.:/!:.:.:.!jヘv'ハ \! . Vヾ:イリ、:.\:.:.:.:}ヽ:.!:.:!    相手を巧みにリラックスさせて話を聞き出していました。
   、:.:.:ハ .:.:人 `゙' )-(   `,,¨´ ノヽノヽ/!:.:.ノ.:.i
   ヽ{  \リ:::.:Y'' '。 ` ー‐ /.:.:.:.:.:./.:i:.:.:.:.:.:!
      /:.:.:/)>...  . ...イ.:.:.:.:.:.:.:/__:ハ:.:.:.:.:.!
    ー=彡ノ`' ニ〈 {:::i:.:.::/.:.:./ ̄ ̄`ヽ/∧:.ヽ:.:.:!
  ⌒>∧/.   ̄、〉7:.:.:/:.:.:/       ∨∧:.:.\
  /.::://∧  xヘ_∨:.:/.:.::.イ        ∨/!:.:.:.:.:.
. /.:::////∧' )ー{.:.:.:i.:.:/リ       i//!:.:.:.:.:





          かんぱーい
                ☆
    ∧_∧        /        ∧_∧
   (  ^^ )     l二ll二l     ( ^^  )
  ̄     \    ( E|_||_|E )    /      ̄
 フ     /ヽ ヽ_//     \\_//ヽ     マ


  │::::::::::::::::::::::::::::`- 、::::/  \i::::::::::::::::::::::::::::::'、
  │::::::::::::::::::::「 ̄`ーヘ_r′     |:::::::::::::::::::::::::::::::レ‐、
   |:::::::::::::::::::::::|             !::::::::::::::::::::::l::::/ , |
   l       l              |       Y / ハ 
   !::::::::::::::::::::::::|       ,一´ ̄1::::::::::::::::::::::l / !
.  |::::::::::::::::::::::::|,r‐' ̄´   !弋r=┤::::::::::::::::::::::レ'   l
  ノ::::::::::::::::::::::::| ,y=ゞ'   ト、   .l::::::::::::::::::::::::l:::::::::ヽ
 /::::::::::::::::::::::::::::! "   ソ  ゙、    |::::::::::::::::::::::|:::::::::::::
 l::::::::::::::::::::::::::::ノ      ! l    |::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::\
,.ノ::::::::::::::::::::::::::ハ      _、ヽ/    l::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::ヽ、
ノ::::::::::::::::::::::::::/-ヽ          _r'   |::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::\    ー-‐'''´__,、  │::::::::::::::::::::::::::::ヽ、:::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ト 、   ヤ"´::::\__ハ:::::::::::::::::::::::::::::::}:::
::::::::::::::::::::::!::::::::_, -┤ \-、ノ::::::::::::::::::/ l:::::::::::::::::::::::::::::::|::::
::::::::::::::::::::::::L_/    l    \:::::::::::::::::/   j:::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::
::::::::::::::::::::::::|     」     \::::::::/   /:::::::::::::::::::::::::::::::::j::::::
::::::::::::::::::::::/     ´   `‐、   `‐'   ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::


3061 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:23:12 ID:ADIXm5c20

                       ,、   ,ィ'ヽ、
                 __,/ `Y´    ヽ、
             __,.-‐〝       ヘ.  .   \
            ,ィ´         i :   ハ ヽ、   \
            /         ,ノ /| i : | |   ヘ  :. \
          / /  .:::     ,ィ'/ ./ | :| :: .| |、   l ::  `ヽ、  また、ケンペルは日本人の助手に、医学や
       / /  ::/    /__/ /  | :| :::: | | \   | i::::.   ∧  オランダ語を教えて、その見返りとして協力者と
        | ./ ::::/  ,ィ'´ / /    | |.::::: | | `ヽ  j  |::::: \    して確保していました。
       |/ ::::/   ,/ j ,/___,  |.|:::: j j___ | ,/  |::::::: ヽ  この協力者は、日本の国法に触れるようなことも
       j ::::::|    |:j |/ィチオ、  |j:::: / /チ心j/∨  |:::、::  ∨ していたためか仮名にされていましたが、
       {∧::::|    |:|,ィ' f::::tハ  j_,ノj,/ んィ:ハ `ハ.  ト、:ヘ   〉 史料から、後に幕府の優秀な通訳として働いた
       |'  `{    |:|`、弋ィ::;リ   }={  弋ィ::;リ,λ:} j ∨ /  今村源右衛門英生であると、推測されています。
        |  :::ヽ、 :|:| ゝ、 ~"   ノ ,ヽ  `~  ノ:::j,ノ  /,ノ
       |  i::::::`ヽ{;|  `ー-‐ ' 、__, `ー-‐ ' j::::::::|  '"
          |  ノ::::::i::::i:`:|ヽ、         ,-、   ,.イ:i::::: |
        | /:::::::λ::|::::|::::::`>ァ‐-.ー :| ,} '´:::|::|:::: |
         j/ :::: /::i::::|::::|-‐'" λ::::j   ;| { `ヽ‐-|:::  |
       / :: /:::::| .::|::::|     ヘ.____,{ ,ィ'´`ヘ、:|:::  }、
        / :: /:::/´| :::|::λ      \  l   ry' |:::  | }
      j   {:::j`ヽ|  ヽ `ヽ    ヽ{ ̄ ̄ ̄ ̄}:::  j: |


          ヽ、、
           ヽ ヽ
            丶 l
          ,,.. - 、! L... ,,_
        , ''~         ヽ
       /            ヽ
       /    /!. ,ヘ、      ';
       !    /_l l 'ヽ ̄、   l
      l 、  /" l. l  ,-=ヽlヽ ,..、j  _,,,
      ヽ!ヽ !,.'rィレ'   lイl. l リ ' l‐''ニ-'
        ヽj l lイ!   ゞ' '' ,-'/
         ヾ!丶`"・ __ .   /'~
          丶、    _,./l-_=、
            ,二ユi'",. -'"   l
          , -ケ ,.j/   __ )
        /   l '~  ,,.-'~   `{
      _,.-'"   ,.-l _,. -.ヘ      l
    ,. '"    i/  ''"    l      !
  /     /        l     l


今村源右衛門英生
(日向冬樹/ケロロ軍曹)


3071 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:23:40 ID:ADIXm5c20

             ,ィ,ニニュ、_
             //    ``ヽ
            __《_______
          ,ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`‐-ィ´ヽ、_
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::|:::`ニニ=‐-
         / : : : :.:.:.:.::.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::.:.`ヽ、
       j: : : : : : : : ./:.:./:.:.:..::ノ:.::.:λ:.:リ::::.:.:..:.ヘ、
       { : : : : :.:.:∠:j:.::/::.:;/'⌒/|:.:/::::::::ト、:.:.:ハ.
       ∨:.::.:.:.:..:::.:.:|::/:;/|/:;/_j;/,':/|:::| \:.:|
       ∨:.:.:.:::::.:.(_|::'"::::::|´ ≡≡ 〈:/ |/   ヽl
        j:.:.:.:.:::.:i:.:/:|::::.:.i::|       〉   あれ?この方法って、たしか『風雲児たち』
        |:.:.:.:::::.:|/::..,|::::.:|::|  (.`ゝ/   にも出ていたシーボルト.…
         |::.:.::::::./:.:./、|:.:.:|::|‐-‐::'l´
          |:.:::::::./:.:./ ヘ:.:.::λ:::::::::|
       |:.:.:::::/:.:./==、ヽ:.:.ヘ、_::::}
        |:.:.:::/.::/ ,   \\::|,j::リ
       |:.:.:.:/j i    i {.\`_ |
       |:.:/::|」| |  ヽ、 | `V   V}
         j:.:|:::::゛}.|    {  `ヽ、`|
         |:.j::::::::`|      |    〉 ;}



            /   /    ` : .
          __/    /    i    `ヽ
      /    /  / /   ,′       丶
 .     / / /   / ⌒/  i ,' 」    ヽ.   '. はい、江戸時代後半にやってくるシーボルトの
     |.イ /   / / _/」   !/  | `ト、   V ! 日本調査の方法とほぼ同じです。
      | i   !/〃フ:ハ  i __ミメ、     | ケンペルはシーボルトの先駆者でもありました。
      | ∧  ハi |::::::::jハノ ノ:`ヽハ      |
       ヽNト、i( ゝ-゚'' r‐r |::::::::::》|    i ただケンペルはシーボルトのように、弟子や
          ノノヽ`ト-- '  、 ゝ-゚イ从   i リ 協力者を多数持つようなことは避け、今村英生
         |  ノ`ト . ゚    ̄´// }N ノノ!  一人に限定したようです。
         | iヽ. ヾ>-  イ7  从イイ {
   r‐、__n  ノ /77¬fr‐   /  /彡ヘ  !
  _.>r‐x' ト、' /i//  /ー‐/  /´   ハハ
  ゝ-- 、  /〃//  / ./  /      /  ヽ


3091 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:24:01 ID:ADIXm5c20

          _,-,ニ二ニ=、
        //
        /:/
          ヾ`、
        >+:‐: ´: ̄:  ̄: :`:' ̄:l.、___,/
      /: : : : /: : : : : : : : :/ : : l: : : :く‐´´
       /: : : /: : : : : : : :/: :/: : : : l: : : : 、:\       秘密を共有するメンバーは最小限に
     l: : : /: : : : : : : : :/: /l: : : : ∧ l: : : :ヽ: :ヽ      ということだね。
     /: :/: :/: : : _,:_∠L、:::/: : : /::::l l: : : : :ヽ: : ヽ
      l: /://: : : : :/::/':::::/: : : /::::-H、: : : : : lト、: ヽ
    l://://: : : イミ土=、_/: : :/:::::::::l∧: : :l: : :l `ヾ、
    l/: :l l: : : イ:llo:::::::/:::/://:::テテヵl: : :ハ: : l
     l: : :l: l: :/.:l.:l し: 」:::::l/:'::::::P::::/'/l: : :l:N: :l
.    l: : : W/: : N        、 `‐':::l::l: : lN V
.    l: : : : :ハ: : : ト、   ー=    ノlハ: :ハl
    l: : : : : :、: : : 「フ`‐- ,、-┬:T´: :l l/
.   l: : : : :,レ、: : :ヾ、  /、`Y/:l:l: : l
    /: : :rニミミヽ: : ヾ、-─┤ `┤: : l
   /: : / ̄\ヾヽ: : :ヾ、   l  ll: : l
  /: : /    ヽヾヽ: : lヽ  l  /l: : l
  /: : /      l \ヾ、: l ヽ  l //l: :/
 /: : :l       l ハ ヾ、l、、l  l////l




             /´`‐--、/'´\___
            ,j/  ,  ,|       ゛`ヽ、
          //  / /|   i|ヽ、 \ヽ、 ハ
           / /  ::/ /\,|  リ 、/、 { `ヽ}
         j | :::::| | 、_ ヽ、| 、_ `iヽ、 》  こうしてケンペルは、日本の地理、季候、植物、動物、民族、
         |/| ::i::| :ハ {} H  {} )| i∨|  社会などについて調査を積み重ね、膨大な資料にまとめ
             | ::|iヽ|:}`‐-‐' `‐-‐' | j:: λ 上げていました。
           ヽ、{ | :i:j、  {_ ̄`}  ,ノ ノ:::: ヘ また、ケンペルはスケッチの達人でもあり、その方面でも
               j 八::、>ニ二<:/ / rjTT〉 優れた資料を多く作成しています。
            / ::/~ヘヽ |-‐/ / ,ノ _{二二}_
             / ::/ 、 {ヽjヽ//∨} | ||  || |
          .__/ ::/  j `,> <´ | ̄|| ̄~|| ̄|
     _ r=〈《《==t、__{ .__|  λ  〉:}  ||  ||  |
     |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|__} / | / |゛ ||  ||  |
     |-[]‐-r--ュ-‐[]┤:|∨__∨___|__||__||_|
     |      ̄´    :| :|Τ| | | | λ
     |________,|_j :| | | :| | ヘ


3101 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:24:23 ID:ADIXm5c20

                   ,-、
          ,λ ̄゛`ー‐--.|  ヽ-‐─--.、_
          //        .;|   . :i::.    `ヽ、
            //   ノ  / .:|   : .:|:: :、    、. `ヽ、
        /´  ::/  :.:/ :;メ{   : .:|.:|、 \  :.ヽ、} ハ
       /  / ::/ : :/ :./| ∨  .: :|.:| ∨ .|   :.:`ヽ.|     元禄4年(1691年)2月13日
        / / : : :/ : :/ ,ィ⌒| ∨ : .:|:|  V⌒ヽ : :. 、 ヘ、    オランダ商館長とその随員は毎年一度の義務としての
     / /| : : : / : : j ::/   |  ∨i .:|j   ヽト、  :.: : |: ヘ    江戸参府に出発。
     〈 :| | : : ::| : : :/|/ ___ !   リヽ、.:| ___   〉 : :.: ト、: 〉   ケンペルもその随員として、同行しました。
     ヽ,| |: : : :|  : :;ハ ,.ィ'≠ミ  }冖{ `,.ィ≠ミ、 } : : :. / i レ'
          |: : : :ヽ、::{:.:ハ.      ノ , 、     j: : : :/: |
        | : :{ヽ、::|': ::.::j` ‐-‐ ´ __ `‐-‐ ´,|: : :/i:  |
        `ヽ|  |`: |:::::|`l.、    V_,ノ    /j;/ |  i|
            | j: |: :::} .|、:`>‐ァ--t‐<´j::|: : :  |  |:|
            リ : |::;ノ ,ニュ、 |´   `} `|::|: : : ノ.  λ
          ノ .,ィ´|  -‐y 〕 |-─‐-|   |リ:. : /ヽ、. ヘ
         / : f\.rヽ、___,j;>、  |  |: :  メ /i:..  ヘ
        / ::ノ:|   }`ミ三三三彡.  |  j::  //   |::i :. `ヽ、
       / : .:/: :|  〈`゛──--ー'〉 |  ./  /      |: :| ::.   )
      \ .:/: : :|  〉      "|. | /  /       |:.:| ::: /


3121 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:24:48 ID:ADIXm5c20

       へ、              //ヽ
      <\/\             //\/
        \\/\        //\/
        \\/\   ___//\/
         \\/  X__,.</\/
           ` へ / l咢ト、へ,.ヘ,.-―┬┐
            | ̄| ̄/\/ト  ̄|`|  ロ / /|  ケンペル君、以前から長崎の外を見たいと言っていたであろう。
          {___|、_,>゚、.゚へ_レ   ト.|二イへ_/
         , へ/ヽ 二\\>、|、__ト、_ヽ j__i┐
       //\/ 」 } 三</\\{ r' ̄ リ_」
      //\/¬, =i==i=i \/\\| ̄ lヽl
     //\//ー┼トヘトヘトヘl/リ\/\\_l__j
.  //\/  :L_i/       /   \/\|_U}
  く/\/    {_Uj彡三丕三丕三丕|ミ\/
   \/       |ミi三丕三丕三丕三|ミ、_|
           ヽl__  |lメ、___| | _>、_|
            | |\、  }‐‐ヘ |   |/-┘
            | |  \,へ__ 「|  |\
            ヽ_ヽ__//  |ヽト--イ |}
             /―//    | l:匚 二l |
              /ニ/〈〈    |/:ト――l 〉
           フ- ヽ ハ__/ヽ/ ̄ ̄レ
         _/_/\ニ--}   / l__l\
        { __\\_(( )二〉 {l_/___\l〉


オランダ商館長
(ネーデルガンダム/Gガンダム)


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ,'  j                   ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;│   l    ,rー 、     /\       ヘ、;;;;;;;;;;,,,,,
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,     l   l   〈 ,、__\_/_rー-、j      l  ヘ
;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,          /┬=┤   Y  "ヽ_ン゙    |      |ン='7
               i. 弋H    l           l      トイバヽ、  是非とも
              ノ   ヘ亅   ├-,、__,.   __, -┤      レ'   \
           _/     /     f弋ゥご"   ,y7ぇソハ     .|`ー、
          f´       ,イ    / ` ̄^ソ  ,イ `' ̄^ ヽ    │  \
          ヽ   _,r'"./    ゞ.     l ヽ     /      │   `ー、
           L_-'"   /     \    |  l    〈      ヘ、
        __/´    │       j    ゝ'´     冫      ',
     / ̄         )      f´  ry'ニニtァ  .ノl       |
    /           /      j´\   厂^丁   / /       /
   /            l      │   ヾソ  └‐'ゾ ./      ,′
.  /            〈        ゝ   ヘ     / f      
 /              冫     」     ヘ、 /  .|    ト、  t_
./               ヾ ∧    `      ヘ'   l    い    `


3131 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:25:18 ID:ADIXm5c20

       __
      '´.  /i´ ヽ
    }N〈ノ/ ノ}リ'リ
    .ノゝリ(.゚)ヮ゚ノ!{  オランダ商館の江戸参府の日程は以下のようになっていました。
  ´((.( ⊂)氷)つハ
.    ソル 'く/_j〉ル ソ 
        じ'フ




 ,-======-、
 |n_j_ij__j__ji_j|  まず、長崎から陸路で九州を移動。この間五日間。
  (´・ω・)  つづいて、小舟で下関にわたり、さらに大きな船で大阪に向かう。七日から十日。
  ,ノ゙゙゙゙゙ハヽ、 そこから、京都、東海道を経る陸路で、江戸に向かいました。これが15日前後。
  `~ェ-ェーー` 江戸には20日間滞在して、同じコースで長崎の出島まで戻る。


3151 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:25:50 ID:ADIXm5c20

       __
      '´.  /i´ ヽ
    }N〈ノ/ ノ}リ'リ
    .ノゝリ(.゚)ヮ゚ノ!{  九州の陸路で、ケンペルははじめて長崎の外に出ることとなり、
  ´((.( ⊂)氷)つハ 小倉の港に向かう旅程で、山野に開かれた田園を観察しています。
.    ソル 'く/_j〉ル ソ この時期は冬でしたが、それでも充分興味を引いたようです。 
        じ'フ



                  , ー'"´│ ゙̄●『小倉』
              /    │豊前 l
              ../゛ 筑前  │    l      _
      / ̄i .ゝ        \  \__/\ ゙̄'-、
   _、゙''、  `゛`^'ー- -、__   ヽ____/´   /
   |  `'"          /    \ /       __/
   .\  肥前   ./  筑後   |     豊後   〈、
   ._゙'、    .r'"^.l.  .,,,、__!  ., 、、     . ̄ ̄/
   .! `'ッヽ    ,,ゝ  l-'"゛    `''"  `i          ゝ-、
    \ 『長崎』   、 .l、          ヽ        /
     ゙'●  _,..、   | .ヽ,         ,/'-、,,、  .,.  _ゝ
      !._..-'´ /   /  /肥後    ,./     .`^^゛ ./
           ゙'ィ"  l,゙ 、       /         . /


3161 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:26:22 ID:ADIXm5c20

 _  _ _          ___
l^lニl^lニl^lニl  十/i~i~i~i#::/______/~ヽ个卅
'"''^^^^"''"''"''"''"''"''"'''''''''''"| 田 | 田|'"''"''''
''"''"''^^^''"''''''''"''"~~~''"''~"''"''"^^^^'"""'"''"'~~'"''"''"''~
|- - - -/⌒ヽ  - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
' /″⊂ ̄ ̄ ̄⊃″″″ /″″″″″″″″' / ″″″″″″″″
/″″(::.´д`.)″″″' /″″″″″″″″''./ ″″″″″″″″″″″
″″ .( )U( )″″″/″″″″″″″″' / ″″″″ ″″″″″″″/ ″″
''"''"'' |_#_i__i!i|"''"~~~''"' .∧_∧.   ∧∧ "''"''"''"''"''""''""''""'~~~"''"''"''""''"''~
.    (__)_).     .( ;´-`) ( ,,゚Д)               ∧∧
wji!w rw,'rilwji!w、 wWkil (    ) (   ) rw,'rilw'rrr、 wjWilw'r (゚-;;゚ ,) rw,'
''"''"''"''"~~~''"''"''"''"''"'' | | |   |  0 "''"""''"''~"''"'''"''""'  | ; ;U ~''"''"
               (__)_).  し´                  |;; ;; |~
                                        し~'J

'"''"''"'''~'''''"''"'~~~"''"''"''""''"~~~''"''"''"''"''"~''"''"''~''"''"''''"''"''"''"''"''"''""''"''"'~'"
WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwl|ili、,、,,    ,, ,;;iijwiijiyw
::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::_::::::::::: 从从:::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::|::
″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″
v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v



          ______
         /::::::::::::ヽ
         l::::::::::::::::l   今日の旅行では、我々はよく肥えた谷間や、沢山の田んぼの傍らを通り過ぎた。
       _|::::::::::::::::|_  田園の縁の所には、二、三歩のところで、2エレを越えない高さの茶の木が植
        i 〈 〆^^i〉)   えてあった。
       ノく)ノ`ー´ノ)   (中略)小田村の右手には、他の場所より見事な田んぼがあったが、このことは
      ∬ /::リ<∽人   肥前の国が米の収穫の最も多いことを証明している。
      ζ:::::/:::ハ::::::\
    ∠:::::::/::::::::ハ:::::::::::>
       ̄  ̄∪ ∪  ̄


3171 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:26:43 ID:ADIXm5c20

                                ,、
                                 | `ヽ、
                         ,r‐--}`ヽレ‐-、.`ヽ、
.    \                 /    ,|   }`ヽ、.`ヽ、`ヽ、
.     \                 /   / //|  | /|  `ヽ、`ヽ `ヽ、  以前の元禄時代の解説で述べたとおり、
         \          //  / // .l  l/| |、   ヽ ヽ  `i この時期は、江戸時代前半の農地開発の
          \         / /  / //| /|   | l| ヽ     ヽ ヽ   | 成果が大きく現れていた時期でした。
           \     l  |   / /,.. -、 l   | ,..-、 ヽ     ヽ ',  |
            \-、    ! / l //r`::r ヽ、.l lr:::ヽヽヽ   i ヽ .l | また農産物は稲に限られず、ケンペルが
                r'{ヽ ',__  ヽ{ ト| l l.:::ノ i__,/ ゝ l:::::::r' 〉 ト、 ', ∨ | 観察した茶や、紙になるコウゾ、蝋になる
                {ニi//`ヽ、 l 、i. ___,ノ '、  `ー ,' / |) ) } | ヽ′ ハゼなども栽培され、豊かになった日本人
             y /     ` <  |` 、_ ー `ー‐'_,/  |'´ | ,/ | ||  一般の生活に用いられていました。
                >'       ,/ /ヽ,.-、_>-‐ <)   l  レ'  | ||
                \   ,/  /   ,//::/ /::/   /     | }{  ケンペルも、日本紙や日本茶に関する
                \ /  ,.-‐'   ,∠ f=======┐   |( ヽ論文を著して、『廻国奇観』に収録しています。
                  { { i、___ / /|     ||    |   i   l ゙゙゙゙
             __... -‐ヽヽ|′/l/⌒,ネ    ||    |  |  l
      ,.-‐ ´        / ///:::://ー┬-r、i´|`レ)_|,  |   ',
     /,..-‐ァ'´    _,. '´/ // ,/::::/77:::::::| lヽ、_ノl )ヽ  |   ヽ
.     〃´ //  / /  /   ,|::::/:/::l:::::::ノ|  \__,/ノ /  |   ヽ


3181 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:27:15 ID:ADIXm5c20

 /                 ヽ         ヽ  備中 / t__r--、    __,,.。
r                   \  備後   | ,,__..,rヽ/ 備前 r _,,/rt l^^  /
ヽ        安芸          ヽ      _!t/. 。  . . ~.^ヽ-´ ヾ゚l゜、゛ /t_/             _/
|                     |_,r.-.-t、、:。 ヽr. ;;.; r-.. _,.,r-、, ___n-t_rt           /
. \     r-'`-t_.,          _,,./..rt:l/  ^ 。 .゛ . . 。 . " ./         "         _/ 淡
  |   /rt __〈 !ヽ     ,...r--~_, _rヽ)        ^.-_.__/           ~ヽ   ,,。  ヽ 路
  ヽz_/゙// ゙、ヽ l.;_|_rt_.,,_/" _.l゛_(,,_/t.ヽr;゜ .;    .    ヽ      讃岐  _,,.....__,,_.ヽ~゛"/l7.!  ー- "
     l ゜。 ヽ_/(,,  ^ヽ゚l  ^_r.。.t_r 。 . .    . . 。  l         ,,,,.../         ~/
周防 /    `、。..l. z      .. )ヽ゜、 .          f  ,,--゛~~.ヽ-^           /
    .l   ,,  .         /  ヽ :     __,,。.__   /.^r                  't。
   ../__ . __ _ 。"^r.t ヾ_ /    ヽ―、./゚"   ^^^^  |           阿波      ヽ
-t_/ .〔  ,,ヽ___..,,    .ヽ ./                 。、/                   .;,,/
 、,,  "^ _^;--^   ゜ 。/             .r --―^~   .\_ 。_,,ヽ             _..,r
t!゛゛ ヽ   .   _    )          ノ^^              .l_.,,         _ ,,_-^゜
             ./  伊予     /                   |       _ /
           ../          _/      土佐             7     /




                   , ─ '^ヽ ̄ヽ       r,
             / /   i  ヘ_ ヽ      /<
               / / イ∧! ハ`  \rヘ'´\ソ〉
                | /  ィ=t、 }/fホハ ト}   \ノ  小倉からの大坂を目指す瀬戸内海の船旅では、ケンペルは
             v!ノ 代_ソ )-辷{ィノ   /    このように書き記しています。
                }ゝ、 { `ヾ ヮ_ ,イ \ /     当時の瀬戸内海は、海の幹線道路のような状況でした。
               / //`ヽ弋 ヘ \ ト
             / / /    \ ヽ!Y }ノ
.          /  ∠/   ノ ゝ}ノ人
          {イ  { .\  ヽ、.  〈 j、 ヽ ̄ ニヽ
         \ `  i  / ゝ ∨j ソ   ヽ ヽ}
           } ィ、ノ了\ノv'`| ̄`ー}  ノ
              / // i   i ヘ ヽー 、`ヽ


3191 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:27:45 ID:ADIXm5c20

             (  ヽ      ――――  ○  ――――
     , ⌒ヽ    (     )          // | \
    (    '   (       ヽ⌒ヽ 、   / / |    \
    ゝ    `ヽ(              )        | (⌒ 、
   (           、⌒         ヽ     (     ヽ
  (    (⌒                  )   (
____________________________________________________________________________________________________________

 ~      ~~      ~     ~       ~~~   ~  ∧∧
     ∩ _∩ ∧_∧  ∧_∧  ∧∞∧ ∧_∧            ( ゚Д゚)_
     ( ´ー`)( ^×^) ( ・∀・)( ´∀`)( ´∀`)            | っー\\
  _ (  ┐つ(   ┐つ(  ┐つ(  ┐つ(  ┐つ ノ|━━━━━━━|  | //|
  ヽ ̄ (___) ̄ ̄(__) ̄ (__) ̄ (__) ̄ (__) ̄ ノ          ~〉〉ミ / /
ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ   ミミミミミミミミミ /ミ

~~  ~~ ~    ~   ~~~   ~~~ ~   ~~~~ ~~~
 ~   ~~~   ~~  ~~~~~   ~   ~    ~    ~  ~
~        ~          ~     ~    ~      ~ ~  ~

          ______
         /::::::::::::ヽ
         l::::::::::::::::l   この海上には上下する大名やその家来ばかりでなく、また大部分は、
       _|::::::::::::::::|_ ある町や国から他国に商売に出かける商人も頻繁に往来するので、
        i 〈 〆^^i〉)   時には一日で百艘の帆船を数えることがある。
       ノく)ノ`ー´ノ)
      ∬ /::リ<∽人
      ζ:::::/:::ハ::::::\
    ∠:::::::/::::::::ハ:::::::::::>
       ̄  ̄∪ ∪  ̄


3201 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:28:13 ID:ADIXm5c20

                     ,-、
               /'´ ̄`ー-/  `ヽ-‐─-.、__
              ,ノ´     ,/    i:       `ヽ、
          /       / :|       |::   、   、  ヘ
         /   ::   /  ;|、   :  |:|、  |::   ヽ、. ヘ
         /    : :    /  / |∨ : : |:| ∨.|:::    `ヽ.ハ
        / /  : : :;   | ,ィ⌒ | ∨ : : |:| ⌒|ヽ    、  ハ.}  2月23日には大坂に到着。
     / ,イ / : ::/    ,| / __、| ∨ : :|j ,_レ'ヽ、   |:  ||  市内を張り巡らされた水路で移動しました。
     〈 / | :j: : ::i    / |/,ィチ心、 ヽ、::| ,ィチ心、∨  |::  }|
     ヽ| | :|: : ::|   ∧ ,イ ト-':;;:}` }冖{` ト-':;;:}ヽ∨  }::: ,/|
         ヽ| : :::ヽ、 {:::ハ.`、V:t;;リ ,ノ  、 V:t;;リ ,,'∧ /j;ノ |
          ∨: ::|::|::`::.:::j` ー-‐'" __'__ `ー-‐"´ {::::j,/::|:  |
         `ヽ:|| |:::::::|`l:.、    V  ,ノ    ,.イ|:::´::: |::: |
            |j: |: ::,:j .|:::_;;>‐-,`ニ´r-‐<´::|:|::: : : |::: |
            リ: |::::;ノ ,ニュ、  | ´   ` }   ヽ|j:: :  j::  |
           ,ノ:,ィ´{  -‐y 〕 |,-─‐-j    ノ::   /:::: {
          / ::f `rヽ、___,j;>、   /  //´:  /}::::  |
           / ::::|   },ミ三三三彡}.  / //j;   / |::::  |
        /: :::::|, :〈`゛ー─--─'´〉V ,/,,ノ| ,/  |::::  |
         /: :::::::|  :::〉       "|ヾ <´ j/ i:   |::::


3211 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:28:34 ID:ADIXm5c20

                   r全、
                    | l,,. l        
                 ヾL./   _           _   . . . _  ゚
            ,.全、   マ   r'';;ト,     ,,: . .′,..  --  、: . : .:..    、
            | : l !  r太┐ | l /   .:: : .  '´        丶: . ` .
            `士´_,ノn||nハ,__`丁     ': .               
                 └^ ̄ 儿  ̄^"                  
                   |:l    !
                   |:l    l: !
                   |:l     |: l  _r'┐   _
  . .. .!._.._.   .. .,,.i、...、、rz;;;;| l;;;;;「l:::|z:l‐√又┬ 介=i=゙=┐┐、,...  _..;;::::ヽ「二r‐云`_ー
    l!         : . : . .|:l:  ̄ ̄ ̄三 ̄ ̄三 ̄l~゙l ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   . .l! ::.: .           |:l      ニ  =ニ   !;;:l :.:.: .          二
    |!             =ニ|‐! :::: __(,,,)__       |::..l      ー‐ =ニ    三
   =ニ    三         ハヘ   〉l」Ll〈       : .l :: !            .::: .
  ____ __ __ /=.l_ヘ_ヽ..__ ノ_ ___三| :_|__=二__ ____ _三
  /──── -------|三:|三!__(_n.. )_____  ___ _______ _
       ー/  -- / 二      ̄  三二       ─ - -        \
  _   ̄ ̄__ ̄──      二                    _ヽ   二
   ー/ __,,,  _  ̄ー     ...   _,,,..   ─‐‐    _
                                             ̄

          ______
         /::::::::::::ヽ
         l::::::::::::::::l    千以上の船の間を縫って大坂の町に向かった。川の両側にある立派で頑丈な番所が
       _|::::::::::::::::|_  大坂と郭外の町を分け隔てていた。下船を許される前に、我々は六つの立派な木の
        i 〈 〆^^i〉)    橋の下をくぐり向けた。
       ノく)ノ`ー´ノ)    それから我々は、石を積み上げた高い岸に上り、町の横町に入り、その街筋を通って
      ∬ /::リ<∽人     我々の定宿に着いた。
      ζ:::::/:::ハ::::::\
    ∠:::::::/::::::::ハ:::::::::::>
       ̄  ̄∪ ∪  ̄


3221 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:28:51 ID:ADIXm5c20

        r‐ ― }:: :: :: :: :: :: :: :: :: `ヽ
        |:: :: :/:: :: :: :: :: :: :: 、 :: :: :: \
        l/:: ' :: :: :i、 :: :: __ :: :ヽ:: :: :: :::ヽ
      /::: :::.i-':: :: | \:: ::\:: :: 、|:: :: :: |  オランダ人一行は大坂に五泊して、大坂城代 土岐頼殷にも挨拶を
.   /:; :: //::レヽ:: !、 ィ=ュ、:: :: :: :: \:: :::!  しています。
  /:,イ:: :::|:: ::リ--\:} ´{i'::::jヾ::、:: :ヽ::゙ー:|  そうした中、ケンペルは大坂について多くの観察と分析をしています。
  " |:: :::ハ:: :l{ヘゞリ,_iァ ゝ迄 〉、:ト /ヽ}::|
    \:} \リヽ__ノ '\_ ,/',.V 〉':|:: :: :|
       /::/フ、 ゚__  ィ _:∠:::ハ:: :: |
    __, -=__ノ~' ニ) ヽ:::7::/   \∧::\:|
    ,≧/ス  ,.、 、' ,/:: :/      ∨ヘ::::l\
.    、///`´ }― {/!,V         !//!:::\:\


3231 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:29:15 ID:ADIXm5c20

                              iヽ二/\二二ヽ_______
_,,.,.,.                          |]|/n∩n \二二二二二二二 二 \.      _「|l_───── 、
ゞ;ゞ;ヾ,‐,,、              .      __ | |l]l]l ∧三三三\l]l]l]l]l]l]l]l] /\ ̄ ̄ ̄ ̄ _l o |l_\\\\\
ゞゞ;;';ゞ ;;ゞ;'':;:.,. ,,_              /TTTT|\___ |]|l]l /n i,二二二__|_∧ ̄ ̄ /' () \ ̄ ̄ _|n∩n |l_.\ ∧ ̄ ̄
;;ゞ;;ゞ;'_,n,_:;.;ゞ;.; ;:.:; :、.,..  ∠二二/_l_l_lrt_l|l]、|llll | |l]l |[![! i__ハ ̄∧ /:l]:V'三/' l] l] l] \ ̄_| l」l」.l」  |l_ /ロヽ __
;ゞ;;ゞ {I}{II}};ゞ;:;' :.:;;' :':.:';`;.  _|E!E!E| _n__... --‐‐fi‐─-─‐fi‐-─-‐fi─-‐─‐fi‐‐─-─fi─- ...,,_n__ |ロ
|i!|...,.,,_`||′'l!i:`'l!!'':n_;;::.-‐||'_二二 -||-‐_''..二二!!二二二二!!二二二二!!二二二二!!二二二二!!二.. _‐- ..」|__  ̄
|i!|;;";;、::||::゙゙;;''::'_'/,||__..-‐_!!_,_、z==宀''' ~ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ `~`''''==三
,,、-'`"゙ ||゙´ /||/ 'ィ=''¨~ ̄´___ニニ三三三三三三三三 ,.、t''T叮了丁丁Ti¬-、三.三三.三三三:三.三三ニ__
fi──‐}{f!' /ll/' .l三三.三 ,、t''T丁丁i¬- 、三.三.三,.<ヽ>‐` ´ ̄ ̄ ̄ `^''く,r`>、:三三 ,.、t ''T丁丁T¬‐、三三
||..二二][||'_,,/'.‐三|!三三,.ヘヽ, -ァ' ̄`^"‐く.`>、三,心>イ'二二__| ̄,t'三三 ヾk,. ヘ三,.ヘ >'"´  ̄ ̄`ヾ'く.`>、=
 ̄  ̄ ̄丁 ´.‐三三{:三.,〈ヽ//...._ : .:_. . : :.ヾ. ヘ ム,//: . ; :. ; :_.;: ̄ ̄;~~ '''''‐iV‐''Vヽ_〉′┬┴┬-⊥_ヽヾ. ヘ
. 三三三:{ 三三 三:l!三心/;;;/,,____,,,`); . ._.:. : : Y゙fニi=!;{: : :. . :.;: . ; : _ :: : . :. l;Yニllニ/ .; ̄ ̄ ~`''''─- .';;;Yニ
三 三.三:l!三三 _,..;ー┴┴::':,`~´ ̄´  -‐:. ..└| ├'"; :. ':.. .:..:.. :. .: .: ; : :_. ;└::‐┘:.;. :. .. : ..:. . : .: ;`:'‐‐
‐:.::‐ ー:.:.'‐:':"´::::::::::;::::::,  ;::::::.,        _  ..: :~ : ;::::, .:: ‐-    '_..: . .. .: : :  ;:;    ;. .;__ . : .: :. .: .   ,::::;
:::::::::::::: .:::;:::::::: ..:: .:::::;:::::::、 、::: ̄.... . . . . . .....:::.::  : ..:   、:::...      ̄   : ...  ,::;  :. 、:... _.:.... .  ,..::::;
::::::::::- ー::;:: ....:::: .:::::::.::─::::...   ::::::::.::::::.::::::::::::   ..::::::..  ::: ::::.............. . ..............:::::::  .:─.   :::.::.... . . . . ...::::::::  .::::
:: ..::::.:::::::::;: :::::::::::-‐::.::::::::::....::::........─     ..... ..:::::__.:::::::.....   ::::::::::::::::::: ::::::::::::   ..::::::.::::....   :::::::::::::.::::: _..::::::::
::....:..__....::.:.....::..... :..:..:...::.:: ::::::.::::::::.: :::::::::.::::.:::.:::: : ̄:::::.:::::::__::::.........  ̄ _ __  .........:::::::... :::::.:::::::......       ̄...:::::.:::::::
::.... ̄.....::.: ...: ... . . .::...... .. ̄::  ::.:.::::::.:: :::::.:.:::.:. :::::::.:::.::.:: ::.::::::.:::.::..:.::::.:::. ::.:::::: ::::.:.::::. ::::.::::.:: ::::.:::.::::.:.:::.:.:::: ::::.:.__::.:::.:::.:
.: .: . .  ::  -       ..: ... .. .... ..::... ... .... .. ..::.... ... ......-‐.:: ......... .... .....::.....__..... ..... ::...... .... .... ... :: ... ...... .... .. ̄.. .
  _.. :: .               _  ─ . .. :: .. . .. ..  :: .. . .. .. . : .. ̄. . . :. .. ... . .. .. . . ‐-


          ______
         /::::::::::::ヽ
         l::::::::::::::::l   これらの掘割や運河を通って入ってくる商品は、小舟で楽々と町に運ばれて
       _|::::::::::::::::|_ 陸上げされ、商人の下に届けられる。この町の運河は町筋の方向に沿って
        i 〈 〆^^i〉)   作られていて、またそれゆえに規則正しくほどよい幅があり、そこここに
       ノく)ノ`ー´ノ)   百以上の立派な橋が架かっていた。
      ∬ /::リ<∽人
      ζ:::::/:::ハ::::::\
    ∠:::::::/::::::::ハ:::::::::::>
       ̄  ̄∪ ∪  ̄


3241 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:29:44 ID:ADIXm5c20

                        /i~""''' ‐- ...,,__
__                       | | r' D lヽ | .| .i~"i''' ‐- ...
:::l\                   ┌──‐l | ヽ ! ・ ノ | .| .| .| | | | .|
::l  \              | quopl |  フ/、  | .| .| .| | | | .|"'''ー-
::! lン |            ┌ト、Q_(ン,イ~""''' ‐- .ト- ...!__.| | | | .|.!まく''
:| |)/).|               |,|クオー./i** :**|    _ ~""''' ‐ .! 、
.! /| Y|                 i |__ / |:::::***:::|  g乂_ico、   |(-Y⌒
|   |               i |+|| 三.レ|**:::**| { { ' , -、  ノ) :| (ニヽ
:\  |               | |+||---レ|::::*** :::| \ヽ {平}_ , '/___| nnnn
_r、\l      _       | |+||===レ|** ;;**| //ヽ U / ::::::|~""'''
_| i |_ェェ之 _.||____.|~|  | |+||===レ| *| ,、i i,、 |*|.// / ト .グ { ヽ.::::::|~""'''
`i''ェ.|   lXl  ||l  | ---┐|+||===レ| *| >*< |*| / .,ヽ 〉 リ 〈 ノ \i|ニ=--
"i''ェ.!     lXl  :||  .| [ ] | ||+||llllllllレ| *| `'i i`' |*|. i i .{ コ )i i |[][][]
~""'|:    lXl  || ェ|ェェェェ|ユ+||llTTレ| *|_雪 印._|*| i i  l ヒソi i i |__
] [] |____ェェェ|X|ェ ||l_| ̄ ̄| |=||ニコ レ| **::::**| i i  i l |  i .i |CHI
] [] |  | |        |;;;;;;;; | |ii||Liニニニi| ##### ri::::|  i  i }.| i  i  i |----
_,..-,, __| |___________________, --、エi|.{今} |ニニニニニi:|_______i /⌒
           , -'", -'⌒i Li| r--| |:::| i |只|┌┐::::::┌┐┌┐|■■
        , -'", -'".|| /l/王三三王三三王三三王三三王三三王三三
     , -'" , -'"Yi|| ||/ /^ ^:: :: ^ ^ ^:: :: ^ ^ ^ ^:: :: ^ ^ ^:: :: ^ ^ :: ::^^ ^:: :
 , -'"  , -'"V  ||||' /|| /:: ::^ ^^ ^ :: ::^ ^:: :: ^ ^ ^^ ^:: :: ^ ^:: :: ^ ^ ^ ^:: :: ^
   , -'" /iレ,|   / ル'i^ ^:: :: ^ ^^ ^ ^:: :: ^ :: :: ^:: :: ^ ^ ^ ^ ^:: :: :: ::^: ^ ::
, -'"_,, /l / l l |  / /^l_二二|二二二二二|二二二二二二二二|二二二二
   l/ { } { | l | /  /ト、/--i ̄ ̄i-------┴-------------- ┴--------



          ______
         /::::::::::::ヽ
         l::::::::::::::::l    大坂の町は非常に人口が多く、いざというときの防備に役立つ八万人の男子がいる。
       _|::::::::::::::::|_   町はその便利な土地柄のために、水陸両路を利用して最大の商業が営まれ、
        i 〈 〆^^i〉)     それ故に裕福な市民や、あらゆる種類の工芸家や製造業者が住んでいる。
       ノく)ノ`□´ノ)     住民がたいへん多いにもかかわらず、この土地は非常に物価が安く生活しやすいと
      ∬ /::リ<∽人     同時に、贅沢をしたり、官能的な娯楽をしたりするのに必要なものはなんでもある。
      ζ:::::/:::ハ::::::\   それゆえ日本人は、大坂をあらゆる歓楽に事欠かない都市だという。
    ∠:::::::/::::::::ハ:::::::::::>
       ̄  ̄∪ ∪  ̄


3251 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:30:11 ID:ADIXm5c20

       __
      '´.  /i´ ヽ
    }N〈ノ/ ノ}リ'リ   2月28日には、淀川に沿っての陸路で京都に到着。
    .ノゝリ(.゚)ヮ゚ノ!{   二泊三日で滞在して、京都所司代にも挨拶をしています。
  ´((.( ⊂)氷)つハ
.    ソル 'く/_j〉ル ソ 
        じ'フ





:::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... ....::::::::::
.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. ... ... ..::. .. .
  .. . .. .:::::      :: :.         ... .::::: :... . .:::: .. . .
... .. ..   . ... ...    ..::   . .. . .. . .. ..   .  ... ...      .. ..::   . .. . ..
 . .. . .. ... .. ..   . ... ...    ..::   . .. ...     ::  ◯    :   . .. .
. .:: : :.. . ... ::: :::..   §. .. . .. .. .. ..     ... ... ...   .... ..::   .
 . .. . .. .. .. ..   . . . .. .  §  . ... ...      . .. .
 .. . .. .:::: ::     -‐'" ゙''‐-  . ... ...     . ... ...    ..::   .
  ..::   . .. . ..    ``侖侖''"               . .. .
              -‐'"韭 ゙''‐- . ... ...    ..::   .
゙''、,,_,,,,-‐'゛``''、,    ``侖侖侖''"
;'' ;~'',;'''',;'';'' ;~'',;''゚ ;~'',;;-‐'"韭韭 ゙''‐-
,;'',;''゚ ;~,;":;;;: : ;: ;: ;::::::``゙''ー-侖侖''"::;.-‐'゛~゙`゙''-、.,,,::    . ... ...
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.:::;.:"゙''、,;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:`;'' ;``'‐.、;;;;;;;.,.,.,.,..,.,.,.,.
:;,':,:;.,:;'' ;~'',;''゚ ;~'',;;~'',;';~.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙ :: :;":;; ~゙"'ー-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; '' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' v'゚ ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;'',;'~,;゙''、,,_ュiュ... .. ..   . ...
::;...;;.;;ii:i;;:;i,'' ;~'',;''゚ ;~'',;'',;' '゚ ;~,;''゚ ;..;;.;;ii:i;;:;i'',;'',;''゚ ;~,;::;.:".:;.:'::;...;;.;;ii:i;;:;i|゙:.:゙,:;、,"コエ...HE
゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:;,`゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;"i|:;.::;,,;''゚ ;~゚''゚ ;":;.::;,゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:
:.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,::.ミ,,;'',;' ;~,;:.ミ,,ii;'',;' ;~,;''゚ :.ミ,,;'',;' ;~,;''゚ ,:;,`゙ゞ:.ミ,;'',;' ;~゙ゞ:.ミ,,;'',;' ;~,;,:.:.、;:...:,:.:.、
.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙.:.:;,`:;,':,:;.゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.゙


3261 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:31:28 ID:ADIXm5c20

.               「 ̄    -- 、
          ,. -‐ ´|            `丶、
        / ,   ∧         \   \
        /     /  |  ト、      \   ヽ
     , '    /   |  l  | レN  \    、   ',
.    / /  / / /l l  イ │ |` 、  \   ヽ   i  この時の京都所司代は小笠原長重です。
     { /  / / /7Tト/八 l  ヽ  \  ヽ   `、 
.    V  / / / /|ノ レ′∨  x==ミ、`  ',   }│ 後に老中の地位にもつきます。
     {  l | / イxf芍抃     ト' 廴}ハ l l |V | 
     |、 川 { { {y ト'' り-、  /  V辷リ YNレl l  |
     ∨レヘ从lハ. ゞ=''  }⌒、 ,,, `='´ ,ノ}ノ ∨   |
        } | 圦、'_'_'_ノ   `ー--‐'´/  / }   |
         ,'  l />、   `ー '   イ,/  / /    |
.        /  |/,/ヽ-> .__  '´ {ニミ、/ /   !
       /  人/ / /7/,イ     /::::::`丶、   |
.      /  /ミ、`<∠ノ7ー─-、 /:::::::::::::::::::\  |
      /  ∧: ヾニミ、: ∨    /::::::::::::::::::::::/⌒ヽ
   /  / >‐ 、 \/   /::::::::::::::::::::::/    ∧




            ___
          ´      `  、
      /           \
      ′    /    l     ヽ
         /  /l    l   ヽ   .
     l i /  / ! l   ||   l ハ i   歓迎いたしますわ~
     | |   /ィ≠N   |八   |  } |
     l N   |  l   \|  }  j /
     |  |   |x≠ミ    rxミハ′ |
     |  |   |"""     """/  /
     l  |   |    __'    /   ∧
     }  l  人    ー'    /  / ∧
    ′ 八  Vト ..__,,..≦{  ′{ ∧
   / / ∧  V  久_人 l  |  / !
.  / -──∧  ∨ ニ}  〉l  ├ 、|
  /    | ∧ {   r}l / |   |  ∨
. / .|      \ヘ|   リ / l|   |   l\
/  |      /Y^\ノ / r'|  }   |  }
   }     〈 |   \| /ノ   ′ / /
   |      y′  o У/  /  / /


小笠原長重 京都所司代(後に老中)
(琴吹紬/けいおん!)

          ______
         /::::::::::::ヽ
         l::::::::::::::::l   所司代は広い権限を持ち、また名望のある人物で、ここに居を定めている。
       _|::::::::::::::::|_  彼は町奉行や出納係や司令官やその他、西方にある将軍直轄の諸都市や
        i 〈 〆^^i〉)    地方役人などの総司令官である。全ての西国大名でさえも、彼の監視には
       ノく)ノ`ー´ノ)    気を配らなければならない。
      ∬ /::リ<∽人
      ζ:::::/:::ハ::::::\
    ∠:::::::/::::::::ハ:::::::::::>
       ̄  ̄∪ ∪  ̄


3271 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:31:53 ID:ADIXm5c20

          ______
         /::::::::::::ヽ
         l::::::::::::::::l   京都は日本における工芸や手工業の中心地である。(中略)
       _|::::::::::::::::|_  それゆえ京都の工芸品は全国に名が通っていて、京の製品という名前さえ
        i 〈 〆^^i〉)    ついていれば、実際に出来映えが大変悪くても、他の品よりずっと好かれる
       ノく)ノ`□´ノ)    という事でもある。
      ∬ /::リ<∽人
      ζ:::::/:::ハ::::::\  大通りには商家以外にほとんどなく、こんなに沢山の商品や小売りの品物に
    ∠:::::::/::::::::ハ::::::::::: 買い手が集まってくるかと、我々は驚くより他にない。旅行者は誰もが自分や
       ̄  ̄∪ ∪      他の人のために何かを買い込み、それを持って立ち去っていく。


3281 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:32:21 ID:ADIXm5c20

                   , ─ '^ヽ ̄ヽ       r,
             / /   i  ヘ_ ヽ      /<
               / / イ∧! ハ`  \rヘ'´\ソ〉
                | /  ィ=t、 }/fホハ ト}   \ノ  オランダ人一行は京都を発って、東海道を東に江戸に
             v!ノ 代_ソ )-辷{ィノ   /   向かいました。
                }ゝ、 { `ヾ ヮ_ ,イ \ /    その街道の交通、宿泊の施設が完全に整備されてい
               / //`ヽ弋 ヘ \ ト      て、また治安も非常に良く、誰でも安全に旅行できる
             / / /    \ ヽ!Y }ノ       ために、おびただしい旅人が街道を往来していることに
.          /  ∠/   ノ ゝ}ノ人        ケンペルは感心をしました。
          {イ  { .\  ヽ、.  〈 j、 ヽ ̄ ニヽ
         \ `  i  / ゝ ∨j ソ   ヽ ヽ}




  ゙l.     .く、       ̄ ̄  |    /   !  !     _           |     / l
 __,ノ`-,,  / !    丹波    / .!  /  ,/  .| .,,.._ /  \ 、 __ /   _ /     \
__/    `'   ;          /.  l | .../     !   | 尾張 7 ̄゛´   .` ゙7  `
./         \ ,. -,、   ノ 山 ! !,ミ゛ 近江 .〉   .,ゝ    l゙       /    !  駿河
.!   播磨    /     `t,,、 / 城 l. !    ./  ./   / /L  三河 / 遠江 ;    ../
!  .. _,,.      !   摂津  ゙.l  ◎ ;_/~` ̄   . /   |.l .  \.    /       .<   ,/
 ̄   ゙''-、__ ! ___   ノ !  京  } 伊 ヽ    |    ヽノ _ ノ   l....!ゝ      !   !
          _7     .!- !   |` ̄ ̄ ヽ 賀 | 伊勢' !     く--- ‐' ̄   ̄`''ー─'‐--―
      _/ /     ノ和! 河|     !  │    ` ;'--、,
    /  !   ,/泉 | 内|     ` .,./       | 志 ,!
    く淡路 ゙l ..i ヽ-── .ヽ 大和   !.,,.....,,,. _/,摩 /
    ゝ.../  `j       ,ノ      / _‐''゛  .`''゙


3291 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:32:44 ID:ADIXm5c20

.ーゝ__,ノ───‐ゝ__,ノー‐´ ∧_∧ ∧_∩_∩ `ー―ゝ__,ノ── @@@@@.  /■\ ∧_∧
____________ (     )(∀‘(    )∩_∩ ∧_∧ (:::::::::::::∧_∧Д`;)(∀`  )
      ∧_∧∧_∧ ∧_∧ ((())))))∧_∧(  ・∀)∧_∧∧_∧.(::::::::::::::) ⊂)∧,,∧
   ∧∧(::::::::::::::::)´~`;(:::::::::::::)(゚*  ).∧_∧::)   )(:::::::::::::)    )∧_∧ ∧,,∧ ::::::::゙ミ
  (/■\∩∩::∧__∧∩∩ ∧_∧  ( ∧_∧ |  |∧_∧ ∧ ∧ (::::::::::::::).ミ  ,,彡  ミ
  (    ) 'Д)Å)`  )   )::::::::::::∧_∧     )<<<>>>   )ω゚= ) (:::::::::::::::)ミ   ミ @ 彡
  (    )⊃:⊃    )   (:::::::::::(    ∧∧ つ::::::::::::::)∧_∧ .λ_λ::::::::| ∩_∩
   | | | U~Uヽ∧_∧(()))))))△_▲ .∧_∧:::::::::::::::::)    )(ー´  )   (::::::::::::::)



          ______
         /::::::::::::ヽ
         l::::::::::::::::l    この国の街道には毎日信じられないほどの人間がおり、二、三の季節には、
       _|::::::::::::::::|_   住民の多いヨーロッパの都市の街路と同じぐらいの人が街道に溢れている。
        i 〈 〆^^i〉)
       ノく)ノ`ー´ノ)     (中略)一つにはこの国の人口が多いこと、また一つには他の諸国民と違って、
      ∬ /::リ<∽人     彼らが非常に良く旅行することが原因である。
      ζ:::::/:::ハ::::::\
    ∠:::::::/::::::::ハ:::::::::::>
       ̄  ̄∪ ∪  ̄


3301 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:33:17 ID:ADIXm5c20

WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWw
',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','',',',',',',',',', ∧∧ ',',',',',',',',',',',
                ∧_∧               ∧,,∧ ∧ ∧ ('(*^ヮ)')
         ∧∧    ≡( ´∀)   ∧_∧      ミ゚,,,,,,,,,ミ (,*゚ー) ( っっ
       (,*゚∀)/)    (  つ┐≡(;-∀)       ミ,,,,,,@ミ  i  つトi+++i
 --==≡ | ̄U ̄ ̄|――◎-ヽ)◎ (  つ┐        ̄ii`~(   ノ/~`--''
 .--==≡ `◎―◎´`ー―────◎-ヽ)◎ --==≡/~"ヽ=ヽ)-/~"ヽ
                           --==≡ヽ.,_ノ    ヽ.,_ノ



WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWwji
::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::_:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::: |::::::::::::


          ______
         /::::::::::::ヽ
         l::::::::::::::::l   我々は今日、非常に多くの男女に出会った。大抵は歩いていたが、
       _|::::::::::::::::|_  馬車に乗っている人も少しはあったし、時には一頭の馬に二、三人も
        i 〈 〆^^i〉)    乗っているのをみかけ、また色々な乞食もいた。これらの人々は皆
       ノく)ノ`□´ノ)    伊勢参りに出かけたり、そこから帰ってきたりする人々である。
      ∬ /::リ<∽人
      ζ:::::/:::ハ::::::\
    ∠:::::::/::::::::ハ:::::::::::>
       ̄  ̄∪ ∪  ̄


3311 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:33:47 ID:ADIXm5c20

;ヾ ; ヾ ;ヾ ; iiヾ; ! ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ.                    (    ∧∧     ,;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ;
;ヾ ; ヾ !iiヾ ;ヾ; il ;";ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ. ______________⊂´⌒ つ゚Д゚)つ    ,;ヾ ;"ヾ ;ヾ;
;ヾ ,;ヾ |fj ii ll lll !;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ.  |三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|       ,;ヾ ;ヾ ;.
,;ヾ;ヾ;, !fj i iii ii il/"/;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ;     |三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|          ヽ;
  ''ヾ; |fj ii llll iii !/;ヾ ;ヾ ;ヾ ;ヾ.         |二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二|
.    !fj ii iiii iii |                   |二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二|
.     |fj lll lll ll l|                   |――――――――――――――――――――|      ____
.     !fj iii iii lll i|                     ̄| |l. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| || ̄     |   ||   |
    |fj lll llll iiii |                       | ||  | ̄|| ̄|| ̄|       .___      | ||       |__||__|
    !fj iii ;; ,. ‐ 、                     | ||  |  ||  ||  |      | +-+ |    | ||.         ||
.   |fj ll //.\\                | ||  |_||_||_|      | /ホヽ |    | ||            ||
.    |fj..// ( ・ ) \\                | ||                   ̄ ̄ ̄      | ||.         ||
.    !fjl. ̄||. (´ー`) .|| ̄ ∧_∧   ∧_∧ . | ||                         ∧∧p          ||
   |fj llli .|l.¢兀っ l|  ( ´∀`)...( ・∀・) .| ||     _888_ 旦~   ( ´ー` )  .  (゚ー゚*)   三三[ ][ ] ||
    |fj lll || 儿儿! ||   (  ,つつ (  ,つつ | ||   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄( ひ ひ ) ̄|.  とと )   三三[ ][ ] ||
.  んひ┌|廿.凸(__)|┐.(^ __)_,) (^ __)_,). | ||   ̄| |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(_,.!._). ̄   (_(_,^) _ 三三[ ][ ] ||
" " " " " " " " " " " "" " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " " || "



          ______
         /::::::::::::ヽ
         l::::::::::::::::l    徒歩の旅行者や身分の低い人たちは、わずかな銭を払って、上等ではないが
       _|::::::::::::::::|_   温かい食事を取り、茶や酒を飲むことができる。こういう小さな料理屋や茶店は、
        i 〈 〆^^i〉)    苦労して暮らしを立てねばならない貧しい人たちがやっているので貧弱で粗末
       ノく)ノ`ー´ノ)    ではあるが、それでも通り過ぎる旅人を引きつけるに足る物である。
      ∬ /::リ<∽人     家を通しては花の咲いている植物や小高い遊園や、さらさらと流れ落ちる小川とか、
      ζ:::::/:::ハ::::::\   そういった物のある緑の裏庭が快く目に生える。
    ∠:::::::/::::::::ハ:::::::::::>
       ̄  ̄∪ ∪  ̄


3321 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:34:08 ID:ADIXm5c20

                  ____,/`ー-、───--、__
                _,ノ     |              ̄`ヽ、
             /´'´     ,/|     :|ヽ、 i::        \     こうした街道や海路のインフラは、元々は
           //     ,  / |    ::| ⌒ヽ::   i::    ヘ `ヽ、  幕府、大名などの移動や物資の輸送の
          /'´/     ,ィ'⌒   | :i:  ::::|  | :ト、::  |::    ヽ、 \ 為に整えられらものでしたが、世の中が
           /   /   | |   } :|  ::::| ,_ヽ|_ \、|:::    、  〉  ) 安定して豊かになると、庶民にも大々
            /   /    ,| ,j __, j/|   i::j ,チ弐心、i::\::    ∨::: /  的に利用されるようになっていました。
          j   / ,    /|/,ィチ弐、 |  |/ ト-':::j:::} 〉  i`ヽ、 }:::::::{
          |   / /   ハ イf‐'::j:|`、 ヽ、:{  |:t::ィ::;/,'|  i|´ヽ:〉,人:::::ハ
           {  /j/{   /:::ハ. V:ィ::;l }⌒{ `  `‐-" ,|  |.|_,ノ:'":j:::::):::::\
           ヽ/  ヽ、{: : :::j `‐" ,ノ ' 丶、___ ノ/   |:| :}:::::ノ/:::/::::: \
               |j`: : :::jヽ-‐'  、__ノ     /   ,/リ j;:/: : :/:::::   }、\
               |  : : :|::::ヽ、        /_,,/  '´: : : : :/::::.   / `ヘl
               |  : :i:|:::::::::l::`:ー:::‐r-..::::::/'´/ j    : : : :/:::::  ,/
                丿 : :|リ:::::::ノ:::::::::::;ノ    // /   : : :/::: ,-‐'"
                /   ノ'::::::/::::::/ {  / 〈'´   : : :/::::  /ヽ、送


3331 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:34:30 ID:ADIXm5c20

           j´:ヽ、_ /´\___
             ノ    / ,       `ヽ、
         /   / ,|  |::: 、   ヽ、 ヘ、
        ノ   / / ,/|  |:|:|::ヘ  ヘ  \i }  こうした旅路の中で、ケンペルは東海道の地図を作成していました。
       / ,ィ / ⌒/ |  | |:|⌒i  \::: ヽj  鎖国政策のために情報収集は制限され、監視がついていましたが、
        / / 7 / / / 、_ ヽ、{ ヽ|、_ヽ、  〉:::ハ  ケンペルは隙を見ては懐に忍ばせたコンパスなどを使い書き
     / / / / ,/|/} ┃ H  ┃ i∨ ,/`ヘ:::〉 上げていました。
     ヽ| | .| |::ヽj、_,ノ ヽ_,ノ|:::∨::: 〈 リ
        ヽ|ヽ|::i::::、"  __  " |::::|ノ:::::: \
          |::|::|:::`>ー--‐<´|:: |::::i::::::: \
          jノ::{`ヽヽ|-‐-/  ノ ノ、:::|:::::::::: 



                  / /,       トイ  }`!  }  |
            / ̄\  `‐、    l   //  | ハ 
               |  \ ヽ.  こ  /____/'   ∨ 〉
       _r‐=ニ´__n ヽ l  `¨´ー┴┬'o    / ヽ|
.      ノ      ./||\ノ      ヽ| o_,  V   \
  ー───-----  ./  || l へ、  / o \   {   \|
  \         | | l | }    ̄     /\  ,ハ-、 \ |
    \          `ヽ{ l_ノ  ̄\  o/   \ |'⌒ `|
     \        `┘      \/    / | l ̄   |


3341 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:35:05 ID:ADIXm5c20

                ,、_         /´\___
                 l    ̄`ー──|       ̄`ー-、_
                  |      /  :|:. i   |:: i、    `ヽ、
                   jノ  /   /  /'|: |   |:: ||∨   :   \
                   /  ./   /  ,/ |!   |: | | ∨   |: \:.∧   ケンペルは日本に来るまでの間に、市場の雑踏と
              /  :/    ,l-‐/|  |   :! |-|‐-:、  |  ∧: ハ  喧噪の中でさえ、その土地の正確な地図を書き
                /  :/ ,'  :| / |  | :i  i | |  ∨ |   .∧: |  上げる能力を会得していました。
                 | ::/ /   ,|/ __|_、 | :|  :リ ,_|__ ∨ |   :∧:|
                  | ::| ,'   / ,ィf弐ォ、|人  | ,ィ弐心、|∨  :i l:|  また、その場でスケッチできない物も、記憶を元
             | ;/| :|  /ハ" |ィ:::i| }-{\| |ィ:::;リ ,'|::∨  :;|: |:|  にして精密に書き上げる能力ももっていました。
              |/ ∨|  |::ハ` ゛-‐ ,ノ ヽ.   ‐- " |: ::|  /:|/ |
                |`ヽ、|:::::l`‐-‐" _'_ `ー-‐ " ,:| : :j/:::: : :| さらに、日本人の監視者の目に触れた場合に
                | | : :|:::ヽ、   V_,,ノ    ,ィ::::| ::|:::::: : : : | 備えて、メモをしばしばペルシャで習得した
                  ,ノ ::| : :|::::i:::::>:..、 __ ..::<:::::|::::|  :|::::::: : ::_ アラビア語で行っていました。
               / : :::| :i 人::|:::::::::,r‐j  |‐-、::::!::;ノ  :|::::: :/´/:|
                 / : ::::| :|::: : `ヽ ̄ `ー--‐"´  ̄/  人::::/ /:::::|
             /  : :::::ヽ|、::: : :. \       /  / |`Y ,/^/^r‐、
               / : : ::::::|  \:: : :  `ヽ、   〈   { | i 〈 〈 ,/ r: }



                       /    .| ヽ
                        ,'ハ    リ  ヘヽ
                     〃 ノ     |   | ヽ
                      // /    |   |rrrfrrrr
                    // l       |   |    |
    r─ 、__         ./〈.  |     .|   |    |
   \       ̄ ̄ヽ,.、   | ハ. !三.   /   ,ノ    |
     \       ⊂ニ`ヽ,- ァ/ ノ' ̄ ̄   / /     |
       \       `r‐ムュ -'     ∠ユ、        |
         \       /      /    ヽ_______,l
           \_  __/       / .|     ヘ
          >- `(´ ヽ     ,/   |     ヘ
          ‘<  ン´ ̄丁¨´    |        ヘ
           广´     |      |        ヘ
            ム----──|      、_,. -__、_ノ
                      |        イ´
                      |       //




       ,r:-::‐:::-:.、
        |:/" ̄`ヽ::}
    __,.:-┴::─ィ'ヽj/:‐:-.、
  ,.ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ::.::.:.:.:`ヽ、
 ,/:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::i:.:.:.:.:.::|:.:.:.ヽ、:::.:.\
../:.:.:.:.:.:.,'.:.:.:.:::i::.:|;/|:.:.:.:|:.:|i:.:.:.:ヘ:::.:.::ヘ
.j.......:.:.:/:.:.:.::;-i‐- |:.:.:.:|:.:||‐-:.:ハ:::.:.:ハ
l: : : :.:/:.:.:.:.:.:/|:.:|. |:.:.::リj/| ∨:.:.:|::::∧:|
{:.:.:.::/:.:./::.:/__j;/_ |:.:/ __!__|:V:..}:.:}   それって、スパイ大作戦な世界?
∨:〃::/:.:./オ≡≡ j;/ ≡≡|:.∨::/
. ∨:.:/:.::/:|          ’|::.:|;/
  |::/.:.:/::.:|、゛   ー'ー'   ィ|::.:|


336名無しのやる夫だお2013/02/25(月) 23:36:00 ID:pxkZwgWw0
シーボルトとかといい、こいつらの執念はすさまじいものがあるな


3351 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:35:31 ID:ADIXm5c20

             /     /        `ヽ、
               /‐       //     l      `ヽ
          , ‐´   / ,/ /     l      、   ヽ
        / ,  ,  /  / /l     l ハ      ヽ   ヽ
        / /   /  / /'´7/    l / -Lll       ヽ l  ヽ  ここで、ケンペルが生まれ育ったドイツの状況について
       / /  /  /  /  / l l   l /  l. l ト、      V.   l  解説させていただきます。
     l /l   /  / / _,/、」│   l/  ヽl l `     ヽ   l  
      l/ l  l   l / 〃、フ:、∧  l  ニ=ミl、ヽ     ヽ  l  彼が生まれたのはドイツ三十年戦争終結直後。
         l   l    ハ〈/:::::::::ll ヽ l  ´,、/`:、ヽヽ     l l  この戦争で土地は荒廃し、町は瓦礫の山と化し、
       l ∧   l ∧ l:、: :d l _〉l  l:: :::::::::〉,l l   、 l l  多数の住民が殺戮され、疫病も蔓延しました。
       ヽ Nゝ、  |l l  `─' ラ´F   l: : ´,、/N、 l   l  リ
        ヽ ヽl`l\`ト、_ ,ノ '  l   ` ‐' ' / ハ. ト   l ll   ドイツの人口は半分以下にまで減少していて、
               ll  `l,、    。 ヽ、_  _ノ// l N  イlノ l    社会も荒廃しきっていました。
                l  〃 ` ‐、_      ̄ ィフ'  W l/l l l
            l  l 丶  ヾ >,‐ ´  レ/   ハ   ヽl l
              l  / l_,_ ,〉, ノ  /'   ノミ、l   ll l
    _    ,、    l / /川   /  /´   /´´  ヽ  ヽ l
   (_r‐、- l. ト 、. l / l 川   /‐-y´´  //´       ヽ ヽヽ
 , -、. l l 丶`´ヽヽl /l 川  / // /´/´          l  ヽl
.(_, -‐-`_   /〃、/ l 川 l  〃l / 〃         l   ヽ


3371 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:36:02 ID:ADIXm5c20

                                    __
                                    /|: : :.:::|
                                l   | : : : :|
                                 |   |: : :. .:|
                                 |   |: : : :.:|
  iv'ヘ                                |  |:|l==|
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|        i'1
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |  .      |;'|       ,、
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥       〕 .|  |:|  || | ./\   _.|;'|       /.:〉
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ∥‐┘ .:|';|──へ./.:/_r‐
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃../>.::|;'|:::::::::::::::/.:/:::::::::::
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《// ..:::|;'|:::::[]::::/.:/]:::::::[]::
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 ' .::::::::/|\_n::::::::::::::::::::
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″へ:::::/ .| |: : : |:|::::::::l`!へ、
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..::. `〈 :| |: : : |:|::::::::| |: : :
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;:::.:/ : :| |: : : |:|::::::::| | : :
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;|<___;_/\_;_;_;|;|-∠|_|;_;_;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l__;l:::...\/<>::.  ∠二
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!_;ト、 r─‐-、   ...:.:.:.::.:
             ,                 ~゛ ┴  ⊥. .,_..:::| ::/ ̄. ̄'"ヽ┴-、_;_;_;_;_;_;_
                     ,,       `            ~゛'' ‐-|\___ト--/.. ...:::::::./|
  `             .,     `    ,.            '     \|__;_;_;_;_;!─l二二二l/
.        `                                 `

             ,ィ,ニニュ、_
             //    ``ヽ
            __《_______
          ,ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`‐-ィ´ヽ、_
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::|:::`ニニ=‐-
         / : : : :.:.:.:.::.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|::.:.`ヽ、
       j: : : : : : : : ./:.:./:.:.:..::ノ:.::.:λ:.:リ::::.:.:..:.ヘ、
       { : : : : :.:.:∠:j:.::/::.:;/'⌒/|:.:/::::::::ト、:.:.:ハ.
       ∨:.::.:.:.:..:::.:.:|::/:;/|/:;/_j;/,':/|:::| \:.:|
       ∨:.:.:.:::::.:.(_|::'"::::::|´ ≡≡ 〈:/ |/   ヽl
        j:.:.:.:.:::.:i:.:/:|::::.:.i::|       〉   ……この三十年あまりの戦いでドイツ人は
        |:.:.:.:::::.:|/::..,|::::.:|::|  (.`ゝ/   総人口の半分を死に至らしめた。
         |::.:.::::::./:.:./、|:.:.:|::|‐-‐::'l´
          |:.:::::::./:.:./ ヘ:.:.::λ:::::::::|
       |:.:.:::::/:.:./==、ヽ:.:.ヘ、_::::}
        |:.:.:::/.::/ ,   \\::|,j::リ
       |:.:.:.:/j i    i {.\`_ |
       |:.:/::|」| |  ヽ、 | `V   V}
         j:.:|:::::゛}.|    {  `ヽ、`|
         |:.j::::::::`|      |    〉 ;}


3381 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:37:30 ID:ADIXm5c20

          l´ ̄`ー--.、/´ヽー─-:.、__
          j,ノ      |   .     `ヽ、
          /        ,|   :|    ヘ:: ヘ
         /   ノ  / ,/ |  |:|'| |::u  λ:: ハ
        / ,./  /   / /u :|  |:| | :|、:::   \ }   この時代、ヨーロッパでは啓蒙主義が勃興していましたが、
     / ,ィ'/  /  ,|: _|__,ノ|  |:| | :|ヽ、__:   \  戦争も絶え間なく起こっていました。
     / / / ::j  ,/ ヽ|__ ヽ、 :|j ヽ|__ ∨  i::  ハ
     |/ j ::::|  ハ ,ィチテオ  ヽ、| チテ心∨ |::|、 |
       |  ::l  |:ハ`、Vィ:;l  }‐{  l:ィ:;リ,' ハ. lリ| |/
       ∨ |ヽ、|::::j、::. ̄ ::,ノ ' ヽ::: ̄゛..::{:::j,/: |
       ヽ、| | i:::::ヽ、 ̄  ー   ̄u,.ィ:i::|:  |
           | /| :::::i:::`>‐r- -r‐<:|:::j:: |   |
            |/ :| :::| /´  {    }  |:/:: j:  |
         / :;| :::|'   |\/|  ,ノ  /ハ  |
          / :::/'| :::|   |     | /  ,/  }  |


           ,,-、く~~ヽ、 っ  ヽ,          /~~ (
           (    __ノ ヽ-,  |          )  /´
          _/     | _ ,ノ   ヽ         `) ~|
         \___ノ )`´    |        __ ,)  レ~、
                ,-´、_    ´つ   /~~~´
              ,,-~~`   ,,ノ   /
              ´~~~~、_ノ ,~-´
                  、-、 ,,-ノ
              |~~~~`ツ
              `ヽ,
                ~ヽ
                 )
     ,,、,,-、          |
     |   `‐- 、,     ノ                  ,--,
     /      ~`~~´             __     )  ヽ
    /                  ,~、__  _~´ `丶   ヽ  `ヽ
   /                  |   `-´     `|   `|,  \
  /                ,__,-´           \   \
  `/              /
  /,             (
  ~ `´ヽ,         /´
     |__,,-‐‐-、,, ,,-‐`


3391 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:37:47 ID:ADIXm5c20

│|     .│|                .│|     .│|  ・ '・,.
│|. ,-、Y,-、 |│   `-,. '         │|. ,-、Y,-、 |│  ∧_∧
│| f ┼ j..|│       _,-".   │| f ┼ j..|│  (三三≧)
│| ゙‐' ゙‐' `-,', .,               │| ゙‐' ゙‐' |│  (L__」
│L___」│            │L___」(t_iニ=V・.ニt_i)
└────┘            └────(⌒)〉≠メゝ
           ∧_∧              `ー、  ノ   ,. '
       ∧_∧「;;;;;;;;;了   __\__          し'  ∧_∧
      〈三三≦(∀・ )    \\            「;;;;;;;;;了
    ・∵(Д゚' L_(ll:::::::ハ         \ヘ、          ( ・∀・)
:::::::ll)=|iニニニニV=ニt_i)ロニ-ゝ       `   ゙゙''';; ‥     /=
      ;・ i≠メ /::/:::/     〆⌒ヽ        r'ー∪=i=====:rュ
       (_(_人)ノ     〈三三;・\     (⌒)}_,F'凵`゙゙゙゙゙゙´
「l二l二l二l二l二l二l二l二l二l二l二l∨ ̄∨';; L_二l二l二l二l二l二l二「| 
  }_____{::::::::...__ 。゜ }_____{ ∪;;;∪゙゙''';;  }_____{
  }_____{::::::::.. .  `j   }_____{   ;;゙゙'    }_____{ ゙゙''';; ‥
  }_____{  O)>ニニニ i...::::::}_____{   ;;゙     }_____{
  }_____{  (''<   ...:::::::::.}_____{   ; .      }___  |_   / ∵.
  }_____{________}____∧_∧ ∧_∧}____ |_ /|  /  /
    ∧_∧          「;;;;;;;;;了〈::o::::::::::i        /|  /| イ
   i:::::::::::::::〉          (    )つД:;人::',     ; ・     イ ~
   ,'::::::::::::::::|ニ)        /:::::::::::::::::ll)^ハニつ::::ゝ       ∧_∧
 ∠:::::゙゙゙''';; :::ゝ;・..;( ;;⌒( iニニ〈::::ノ`ー'´(⌒ ∧_∧   〈三三≦)
(⌒(⌒)           (⌒r し':::::)     「;;;;;;;;;了ゝ\(゚Д゚;L_」
 -┼-〃    -┼-〃      -┼-      (    )  \\ i=V=ニt_i)
 - ヽ- -─、  - ヽ- ヤ十、  ,-┼/-、  .-┼-/:::::::::::::ll)=|iニニニニニ>
 ヽ_`   ノ  ヽ_`  ヽ '´ ヽ__レ ノ  ,-┼/-、  .-┼-    Y 人
         。   ,'・、          ヽ__レ ノ  ,-┼/-、
          o                       ヽ__レ ノ ・・・


3401 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:41:13 ID:ADIXm5c20

ニャル子さんよる補則追加


     /  /  /  :/:∧:∨\   \ \    \\
      .:::/  / .: ::|::i::ハ::∨:::丶:.   \ ヽ      ヽ
.   / .::::/: /  .:/ .: ::|::|::::::::::: ':::\::ヽ:..   iハ  '      |
    ′:::::::::::::.  .:: |.:/::/|::i ::/::ハ ::∨い:ハ::.  l:ハ '.     |│
.  .:::::::::::|::::::::::...|::::ト|/|∧∨:/:::|::斗:匕!::|:::::. |:: |i:V|     |│   この前紹介させていただいたジャガイモのドイツへの
  i::::::::::::|:::|::::::八斗==ミ∧\ ::| ィト::しト}}:::::: |:: |乂|     |│   普及の大きなきっかけも、三十年戦争による
  |/:::::::::|:::|:::: |:::{{ トi::しi∨\乂/V__ソ从::::/|:::′     ノ    荒廃と飢餓でした
  /:::::::: /|:::|:::: |::八乂_ソ      : : : : |::く. |/   __//   
. /:::::::: /八∧::::::::::::\ : : :   '       从:ハ     `ー      ヨーロッパ各地にジャガイモが普及した原動力も
/::::::::::::/ ::::::::|八\∧::\    ヘ    .:::::i人} (\  Σ     戦争による飢えに対処し、さらに戦争に勝つための
:::::::::/::/⌒U⌒\:::::マ⌒   ー┘  イ:::::i|    } } ___     国力や兵力を支える目的が大きかったです
::::::/::/       ___ \::':> ..,_ <::::::|::::::i|   _ノ '´  __〕 
:::/: ん┐  /  \ 〉::マ\∧_,ノ⌒リ:::::八. /      〈
::::::::::::;;ノ       Vヘ::.∨ L∧\_/:: ∧: ∨      (
:::::::厂  / {      \|::.|\仁仁/|:::::| _}:::|      _,,ノ
:::::{   {  丶       〉:厂「::::仁「:|:::::|└У    厂


3411 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:41:53 ID:ADIXm5c20

         ; l´ ̄`ー--.、/´ヽー─-:.、__ .
          j,ノ      |   .     `ヽ、
          /        ,|   :|    ヘ:: ヘ .
       . /   ノ  / ,/ |  |:|'| |::u  λ:: ハ ;  ケンペルの来日の十年後で、赤穂事件の江戸城内での
      ;/ ,./  /   / ./u ,|  |:| | :|、:::   \ }  事件が起こった1701年にはフリードリヒ1世、1713年には
     / ,ィ'/  /  ,|: _|__,ノ|  |:| | :|ヽ、__:   \  フリードリヒ・ヴィルヘルム1世 がそれぞれプロイセン国王
     / / / ::j  ,/ ヽ|__ uヽ、 |j ヽ|__ ∨  i::  ハ .に即位しています。
     |/ j ::::|  ハ ,ィチテオ  ヽ、| チテ心∨ |::|、: | ;
       |  ::l  |:ハ`、{::::::l ..:}:‐{:.. l:::::::j,,' ハ. lリ| |/
        ;∨ |ヽ、|::::j、::. ̄ ::,ノ ' ヽ::: ̄゛..::{:::j,/: |
       ヽ、| | i:::::ヽ、 ̄  r-┐ ̄u´ィ:i::|:  |
           | /| :::::i:::`>‐r`-.'r‐<:|:::j:: |   |
            |/ :| :::| /´  {    }  |:/:: j:  | .
         ./ :;| :::|'   |\/|  ,ノ  /ハ  | ;
        ;/ :::/'| :::|   |     | /  ,/  }  |



                         xY:}:{:Yx
                       ,r=≠≧xル≦z==x、
                  __,ノ::/´〃;イ:{::=ミ、\、:::\
                 -=彡;:::j:::{:::::{{::{:{、:ヽ::::}:}::::}ハ:}ハ:\
             _ノ;/;:/::,ノ;:ィ:リノ}:}:}::}:V:ノ}:;ハ:{、Vヾ=ミ、
            /´ /;:/:f´{:{ {:{{ {:{ノハ{:{ {{ リム:Y彡} }
                 {:{:{:Y⌒リ `リ ヾ、 ヾ `ヽ ミ}:}彡ム
                  {ヾYゞ==x、:.  }  .:,r==‐ノ'^Yfr}}、   
                 ,ハ,リ}: Y´@`ヽ):. .... .: ィf´@`Y r;{ミ:f }
              イ:,f:: ミ='´ ..:j:::.. 、 `=彡 r;.:}:}}|    
                 |八r:‘r   r; ‘^ー'^’ ‘r;  r_;:ムリ
          __ . --一ベr;,::__r=ニー'ニ=、_,:: .r_;ソ / ` ー――‐ 、
       l ̄      /  |`ト、`ヾ二二二ア´,rィ´|        /
       |             | }: :|`ト::.. ー ..::ィf: :{  !    |     /
.       \          i |: :| :!:: `:i:´ :// : ハ       i   /|
           `ト-r: 、       | : ヾニヽ:レ/: : : :,:}      r: ´: V
         ヽ/: : |   :::::  {:、: : : : : :Y: : : : //  :::::   | :|: : :|
           /: : : |      \:ー、_:_;/: : : :/ :/      j :j : : `:┐
.         _〈: : i : L._        \ : : :_:_:_/ :/      / /: :/ : : |   ,.-、
        /: : : : :|: : :|: }       \ V´: : :/   __,/|/: :厶: ⌒ヽ/ハ._j
.       / : : : : : \ |: :T:ーヽ__》,__y≦...______,.イ: l/ : : : : /∨/
      /: : : : : : :\: }: :{\:/_:_/: :/:/: ://: :_;>ーく : ∨,r===ァ ∨/}
.     /: : : : : : : : : :`{: :{'´    ̄` ーァ:T:下、 \    ヽi/,r‐/∨/: :/
     ヽ:_;r==≠=xf⌒ソ     /  〈`Y Y´ l〉     に|{!{∨,.イハ∨
        ` ー/::   }: /____ ./    i⌒i⌒/      r:fヘ `´_,ハ__;}_〉
          !Y  人 ヽ: : :/: :i:L.__|: : !: :{_ ... -┬‐{{ 、__ ̄_ノ
          {_、| {yクヽ_〉´: :| :|: :{: : {: : : |: :/ : : /: : : !: : `T: T´ :〉
         ヾ.\う: : :i : | :|: : \:\: |:/ : : /: : : : !: : : :| : l: :/
              `7 : : / : ヽ: ヽ: : : : ヽ: :i: : /: : : : :/ : : : | : ∨


                フリードリヒ1世


3421 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:42:16 ID:ADIXm5c20

        {Yヽヽヽヽヽヽヽヽ  川川川///彡彡彡彡ー=ニ三三ミミ
       ヽミミミメ!iY从从从j jjノノノ厂`ヽ//i ! !ミー=ニミメV/⌒ヽミ
          Yミ刈リー=ミメ刈彡イハノノノハノノノく`ー=ミ刈iij:::::j ハミ
          从イヘ ー=ニミメ、iij彡イノ!!!,リ ∧xィイノノリハ! !!从{ ヽ j从
          ノハ{ ハXー=ミメ刈ijY彡'ノリイ/ノ'^..ィ彡イノリi jjハ i )ノ ∧ハ
.       //   !ト、` ー-ミーハー=ニ彡ノノ' ,.-‐‐≠r彡イル'⌒ヽレ /从`ヽ
    / /  ノハ{{r‐‐ 、__`Y ! し'( .,,,x' (o ) ノリレ'ニミヽ刈 し'//ハ
   /  / /:::{{:::ハヽ (o )ヽ}}t‐ r彡{{ゝ===彡ヘ⌒`ヽメ刈リ{{// /:::
.  /  /  i:::::乂しヘXミニ=彡ミト イ彡 jトーニ二`ヽ ヽ メ刈从リ/ /:::::::
      {   !:::::::::乂__ゝ、( ( イ!:. |i:::., ヘrr‐x、`ヽ`ヽ彡''メ刈// ∧:::::::
.         |:::::::(::::::::::::::|iトミYハ Y{ r''////ノハr‐=ァ=‐‐- く/::::::ヽ::::
    r‐‐、ノ:::::::::;.ヘ::::::::|i{ ヽ!ト(iしノソくノノrェェf⌒.:::://   :.:.ヽ`ー‐-....、
     {   トミ::/   j::::::乂、::::从ハくrrェェfffY´j.:::j//´ . . :::.:.:.:::::::<三ミY
  ,.へヽィ´`ヽ::ゝ=イ}::::::{{ハfffハrヘrヘ「「ハハノレ' /:   rx=ミヽ::::{;;;i.:.::::::j
  〈  \ヽ.: . .\}}}}}}〉:::::rヘ「Y从从j j  { { {:::乂 ..:.:::{{(O)))::::ゞ':::::::,′
,.ヘ.\  ヽミ:.く` ノjjjjハr';';';'ハ/YYヽ! !:::..:::..::::..::.:.:.:::::::::::ゞ=彡'三三ニY
、   ヽ:ヽ ノ`ヽ「Y^Y^Y^Y;'Y^Y^Y^Y^YVj⌒V::.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
. \ .:::Y^Y ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y「ヽト-イ}.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:/
\ ヽ ヽ^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Yノ j|  ノ!.:.:::::::::::::::::::::::::.:.:.:.イ

フリードリヒ・ヴィルヘルム1世


       ,r:-::‐:::-:.、
        |:/" ̄`ヽ::}
    __,.:-┴::─ィ'ヽj/:‐:-.、
  ,.ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ::.::.:.:.:`ヽ、
 ,/:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::i:.:.:.:.:.::|:.:.:.ヽ、:::.:.\  
../:.:.:.:.:.:.,'.:.:.:.:::i::.:|;/|:.:.:.:|:.:|i:.:.:.:ヘ:::.:.::ヘ 
.j.......:.:.:/:.:.:.::;-i‐- |:.:.:.:|:.:||‐-:.:ハ:::.:.:ハ このあたりは、やる夫・テレジアスレの過去ログ参照のこと
l: : : :.:/:.:.:.:.:.:/|:.:|. |:.:.::リj/| ∨:.:.:|::::∧:|
{:.:.:.::/:.:./::.:/__j;/_ |:.:/ __!__|:V:..}:.:}
∨:〃::/:.:./オ≡≡ j;/ ≡≡|:.∨::/
. ∨:.:/:.::/:|          ’|::.:|;/
  |::/.:.:/::.:|、゛   ー'ー'   ィ|::.:|


3431 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:42:52 ID:ADIXm5c20

          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ',
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :',
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , !  こうした世情で育ったケンペルには、この当時の日本の、
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!  ドイツおよびヨーロッパなどと比べて圧倒的に平和で
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|  豊かな状況が、非常に魅力的に見えたことでしょう。
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l  『日本誌』でも、ペルシャから直接ヨーロッパに戻ら
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!   なかった理由として、以下のように述べています。
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ
     /: .: .: .: !    ヽ __}ヽ!  ,!/‐'"      l |: : : :\ヽ
    /: : .: .: .: :|       lヾ.! l |       { ! : : : : : ` ',




      \ _ -、_ニ、      _ - '     _/
     r  ̄,   ´ _ノ            ,.. ='-ァ
     /  /  , 弋う‐ k‐r,-、ニニニ-r T  ̄  | /
.    / ノ   /  入  L `7´こ卞、ト、」 |!     l'\  終始戦争に巻き込まれているあの土地に戻る気が
   〈    '   /  〉 | /´   ト、`` ! |    |  ヽ おこらなかった。
     i     ´  / l       | 〉   l {!     |  ヽ
    _」 |!       イj k     _ ′  | l     ト、   ヽ
  / l ||  |     f トヽ  `ー==-‐'  イ、    l \ L_
 / / V|  |    |  } \、_ 〉 ̄く_, ≠  }    \ ト、  `i
 ≠` <      |  人  \    / /7      ヽ| \  |
     \      j /   \ ヽ / //         ヽ   \|
       \  / く      ヽ V∠ /        /    \
         ∨    \    /匸!ヘ  \    <´/         \


3441 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:43:19 ID:ADIXm5c20

                    }:/
               ! へ、_ x'/ ___
    __.x< ̄ ̄ |: : : : : : : : : : : : ∧: : \
.     ̄ > : : : : : : :| : : : : : : : : : : : { } \: :ヽ
     / : : : : : : : : ハ: : : : : : ∧: : : ゝノ : : ヽ.:ハ
.    /: : : : : : : :>'-|: : : : : :| ヽ⌒ヽ: : : : : ヽハ
   /: : : : : : : : : :/ ∨: : : : |   ヽ: : : : : :ヽ: :∨}  たしかに、人外魔境な世界には戻りたくないよね。
    : : : : : : : : : /  ∨: : : :|   ∨ 、: : : :V∨  
    :,ィ: : : : : : : .',ニ辷ヘ:ト : ∧ 行云气ト.: : : :|: |
    !: :| : : : : 圦 r'ハ  ヽ | じ::::り !|:ヽ: : :|: ハ
    ! ∧: : : :∧ V:::り   ヽ! 辷以 |: : ヽ.:|ヽ:|
     |'  '.: : : |:∧ ゞ"          . ・┴、 ∧|\|
       ヽ : |、.:}     ーf ´ ヽ  `7_´ ヽ': :|
          |ヽト、: `>―.- 、=='ィ二r' _   } : !
          |: : : : フ ⌒ ヽ、: : ヽ. フ⊂ ,  /: : |
          l : : /       \: :∨   {   V}: :|
          |: :/       ∧: | ̄ ヽヘ  V: |
          |:/        } }:/     |  |: :|




         __    ,、
       /´  ̄`ー-| `ー-‐'"´ ̄ ̄゛`ー-、
       | /    |            . `ヽ、
        j,ノ     |      |、   .、     \:i:.ヘ
        /   /  /'|  :: |: | ∨  :|、  、:: ヘ:. ハ
     /     /  / |   ::.|. |  ∨ |V   ヘ、:: } }  泉さん、そういう話ではないと思われます。
      /     :j  /_,ノV  :::|/ `ー|-、| ∨  ハ:∨: |
    j  :|   .::|  {  __,∨ :::|  ,__ヽ、| |:V  }:::::  |
    | :;/|  :.::iヽ、|、 ィチミヽ、{´ チ弐ミ、 |:::ヽ,ハ:::   |
    ∨ |  : .:| j::ハ´   ,ノ, 、      ノ|:::: |,,ノ::::  |
      ∨ : :| |::::ハ‐-‐'  __`‐-_‐" ノ::: :l::: :!:   |
       `ヽ:| |: ::::j、    V ,ノr、〉,}}〉':: ,/:::::::::   |
            |: : :::::|::>‐::-_,ノノ' ,イ:: /::::::|::|::  |
            | : : :::|::::::::::{二二二},ィ´ミヽ::|::|:   λ
            | : : :|ヽ、::_}二二ニ/,ィ⌒ヽ、:|:|   ハ
            |  : ::|  〈"´   〈´     ||j  i  ∧
            ∨  :|  ノ    /'",__    |:{  λ   ∧
            {  i|/´  '´ ̄" ̄     | ∨ ハ    \


3451 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:46:16 ID:ADIXm5c20


            ______r‐-、_______.
           /:::....  ..:i        `\
           メ _,,  :ノ〉::   ..::i:  ::..  \
         / "   ,イ ∨::  .:::λ.  ヽ::..  \
        /::/..  ::/|::|  ∨:: :::,ノ |:|∨ `ヽ:::::::ハ   また、ケンペルが生まれ育った地域は魔女狩りが遅く
      /::,イ ::/: ::/‐|::|‐- .〉 :::/.-‐||‐∨ :::`ゝ::::::}  まで残っていまして、叔父が魔女裁判により死刑に
     /::// ::/: ::/ _ |:|_ 人 ::{  _リ_ ∨、 ::::::;〉:|   された経験をしています。
    メ/ / ::/::: γ´ リ `ヽヽ|γ テ=z、.| i\:;;イ::::|
       | ::/|::i :{ 〃   ,r'i^iヘ |::ソ::ハ} :| :i :i: :|   ケンペルはこうした風習を、古代ゲルマンの野蛮な
       | ::/メ::i : :|ゝ _ _ ,ィ^| | .| .|、_ ̄._人 | :| :|:〈   精神の名残と批判していました。
       |;/ |::| : :|ヘ   {    {ィ⌒>イ|:ハ j: :|::|
         ,}::`ヽ;|::::>‐-t__    ,,メ~__ ||::::|/: ::|:::|.  こうした原体験や、当時の啓蒙主義、世界旅行での
.         |:: i : :,ィ´ \:{二二二二}7 `||:::/: :λ:::| .  幅広い見聞などがあわさって非キリスト教文明の
         |:: | ::/     }二二二二{  .リ/: ::/ヘi: ::|.  日本も、偏見に惑わされることなく評価できたと
        ,}: :|:/三≡=‐〈 ::ノ ヽ:::ソ 〉  ノ : :ノ三:〉:::|.  思われます。
        |: :| :{ `゛`\ |   :::::::::{.,/ :∠-‐─}:.人
.       / :| :ゝ  ...:::,rヘ____::;;|: :,ノ´    /: : : ヽ.
       / ..,イ :::メ、::::ノ        `|TTI-‐、 /: : : : : : \
     /// .:::  :::\       .ノ: :|:|:|:|  ~゛ゝ: :: :: :: :: :)
    /// r'.:メ:::::::::::::\,,____::::::::|:|:|:|   、ヽ〉: :: :: ::/
  /:::/ (  〈::(:::::::::::<"       ̄ ̄ ̄`ヘ_〉_ソ: : : :/
 //(:(  \ ~ ̄ ̄ ̄>            _/: : :/
 '゙  リ    \___ `ヽ、         < : :/.


                                   、_人_从_人__/
                                   _)
 ,..r;;:  (  人)  ) ,;`ー、          | ヽ丶       _) 消  魔
 ヾゞ、  ゞ'´   '`´   `ヾ、     ─|─           _) 毒   女
          -‐':、ゞ'``  ,l      / | ヽ            _) だ  は
ヾ、 ゞ;;.  ,r-、   `ヾ、    ヽ、                   _)  l
, rヾ    ,r!/r'ヽ    '`      \      _|_      _) っ
   _,,,.,ノ、_ ヽ,       `ゞ;;    ;:、    /|        `) !
,r‐'''" ,.r ,イ彡ミミヾ、      ``  ´;;i             V^V⌒W^Y⌒
__,.;;,ィ'´ ,:;;;;彳彡ミ;j`、        `i;:、      オ
;; ヾ、彡;;;ノリ;jjjjj;;;jr' i   . ノ;;:'' `゙`、 ``ー、                   ,ィ
彡冫;;il;;;ミ;;;;;y;レ  ,t'´           ,.、ー、  ゝ     ォ             i|l;
;'イ;;;'ヾ``ヽ、ィ;;i ,ri'´    ヽ ヾノ ,ry' il'Y゙r    ヽ、            ,j|l;;
j'´ '´ '´/ゞ';;::`´ヽ    ``´ー  ゙i ;;: ,r'      )  ,r、       ,rヾlir'ミ,
  / ,;:' '´/ ー≡;i{、      /ヾr'´  ,.   '`;;:、 〉ゝ  r-ー-、_ ,{i=i= }i、
ーr-、j ,! ,;',;'ィ;;:イ''``ゞ、_,、-‐'´ヽ:;/ 、 ``ヽ  ;:、 `' (´  `ゞ、;;;;'',,fi、,≡:;イ==、
,,:'  ``ゞ、,;;ゞ、 "´イ ,... `'彡 ,/´  `ヾ、ヾ   '    ー、  ii;j `i;;!'´ニil';;;;ゞr、_,r'ミ
'   ー‐─ ,rー'゙ー─-、_j;:r'´     ヾ,ゞ         、 ゞ,ミ;:l;;l  ,!  ,!,i;;'´¨/
;.   r-‐;;'"}            ``ヾ、  ノ       ,;;;: (i,;)))、,,:;!、__,:};!_,.、l
....   _,,,ィ、 i        'ヾ人  、}( /     ノ   ,r'i  r'"ヾ-‐i‐-:;イ, / ヾ


3461 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:46:29 ID:ADIXm5c20

 |:.:.:.:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:/! `i:.:.:.:.:.:.iヽ:.:l:.:.:.:.:.:∧ 、:',
 |:.:.:./:.:.:./:.:.:.:.: 、//  |:.:.:.:/:.l ∨!:.:.i:.:.:.∧ \  この時代まで、魔女狩りってあったの!?
 |:.:/://:.::.:.:.:/ >、__,, |:.:./レ'/|:.l:.:.:!:.:.:.:.:|
 |:.|:/:,、':.:.:.:/_____ !:/ ___ !::!:.:.|:.:i:.:.:|
 |:.|/:{ !:.:/:.|  ̄ ̄ ̄ |'  ,  ̄ ・::.!:.∧:ト、:.!.   ━━┓┃┃
 |:/:.:.ヽ|:/:.:.:!        ,_  }:.:lレ !' V        ┃   ━━━━━━━━
 |':.:.:.:.:>'´ ゙̄ヽ、   <._.,,'   ≦ 三         ┃               ┃┃┃
 ':.:.:./     ヘヽ ` ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚                     ┛
 :.:./       l \ ´ ≧         三 ==-
               ァ,          ≧=- 。


3471 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:46:57 ID:ADIXm5c20

                           ヘ
                   /゙  ̄ ̄ `ヽ|: : :\ー- 、
                      /: : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : ヽ、
                  /: : '´ : : : : : /: :l : : : : : : : : : : : :.\
                 / : : : : : /: :/: :/: : : : : :/|: : : : : : : : :ヽ
                 / : : : : : : /: : _/:_:/ !: : : : / |: | : : : : : : : : ',
                 /: : : : : : : : /: :'´/|: / |: : : : |  l:丁`ヽ: : :ヽ: : :i
             /: //: : : : ,': : : / .|/  :l: : : : |  ヽ|: : : : : : :.∨ |  ケンペルは日本の、海外との交流を大きく
                // ,' : : : : i: : :/ ,ィ≠k ',: : : :.| z=kVヽ: : : : : ∨  制限した体制を、積極的に支持しています。
                  | : : : : :|: ://代 ノハ  ヽ:..:::| f..う㍉ハ: : : : : :l   
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|小 {i ::::::j} } ∨:| {i:::::::ハヾ|: : :|:: :│
          |  ━━━━━  l{ハ V廴ソ f==fヾ Vヒ ソ j: :.∧:: :|
          |   鎖国論   |ヘ}、 _ _ ノ ' ヽ、 `¨ ノ| :/小: :|
.         /^) ~~∴~~  |: :ゝ _ ::.:.  こフ   ̄.:.:::/ :|/: : | ∨
       {/ ス          |: :.|: :.|> ,  __    </: : :|: :.│
        {/ _ノ           |: :.|少'   r|   Ⅳ\ /: : : :l: :.│
        ヽ'´_フ             |: :.|    |_   |  ノ: : : :/ : :│
        V|              |: :.|    |  `7 /: : : : /: : : : l
           ト|              |: :ヘ.    |  ,/ /: : : : / \: : : l
           {.L.rー‐、(こ'ー-、__.」: : :}ヽ   |  /  { : : : / /}: : :ヽ



.         , ‐ 、                   _..-:.: ̄:.:`ヽ、
        l   \               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶、
        l     `ヽ        ,..-―-:':.:.:/:ヽ、:.:.:ト、:.:,ィ:.:.:.`!
        ヽ       ' ̄`ヽ  ,へ._):.:.:.:.:.:.::.:.:i:.:.:.:.:.:.:/|``''"!:.:.:.:.|
          _..>-、‐     \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::、、|:.:.:.:.:./ノ   l:.:.:.:.:|   日本のように他国よりも資源に富み、勤勉な国民に
    _.. ‐ ´  、   T ‐    ヽ_:.:.:._イ:.:.:.ハ.|:.:.:./ェォ.、 ,ィ:.:.:.:.:.:!    より産業が発達している国、つまり自給自足で
_.. - ´       :|     l        ',:¬‐-イノ::ト!:.:.:i   i  L;.:.:.:.:ト..、   豊かな国が、何も求めるもののない外国人からの
       /ヽ   l ';        |',::::::::てっ:!l:.:.:.:.':,  .:l  ト、:.:.:ヽ::::\ 奸悪・貪婪・詐欺・戦争などから守るために門戸を
    _.. ‐ ´    }  :l  \      .:l`',::::::::'う:/ノ:.:.:.:/. ー= ,イ/:.:.:.:.}::::::: 閉ざすのは適切で、そうするべきである。
_.. ´       ,'  ';.    `   .::::l-.lヽ:::::V/_:.:.:、ヽヽ'::::l'_,(:.:.:.:./::::::::/
        _.. -' ヽ  ',     ::::;イ!: :!:::::::::|:::::):.:.`)ノ ヾ'、/ノ:,:.:.ヽ::::/
   _. ‐ ´      l:       .:://:l.: :l:',::::::l::::i:.:.:(_/ i ', ヽヽ>:.ノ´
,. ´      _ィ'⌒ヽ l    .:/ /:/: /.!:l:::/::::::7>::つ l|  ! r'、:.:(
     _..  '´  ヽ / ;'_..:/ /::/- ' /!:!':::::(_´:<´ら     ' さ´
 - ' ´      / ̄:/  /::/― ': :l:l::::::::::l`ヽノ      ' ヽ


3481 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:47:31 ID:ADIXm5c20

                   , ─ '^ヽ ̄ヽ       r,
             / /   i  ヘ_ ヽ      /<
               / / イ∧! ハ`  \rヘ'´\ソ〉
                | /  ィ=t、 }/fホハ ト}   \ノ
             v!ノ 代_ソ )-辷{ィノ   /  3月13日、ケンペル一行は江戸に到着しました。
                }ゝ、 { `ヾ ヮ_ ,イ \ /
               / //`ヽ弋 ヘ \ ト
             / / /    \ ヽ!Y }ノ
.          /  ∠/   ノ ゝ}ノ人
          {イ  { .\  ヽ、.  〈 j、 ヽ ̄ ニヽ
         \ `  i  / ゝ ∨j ソ   ヽ ヽ}
           } ィ、ノ了\ノv'`| ̄`ー}  ノ
              / // i   i ヘ ヽー 、`ヽ


                                          ヽ i /
                  (  ⌒ ⌒)                 ― o ―
                                              / \
    (  ⌒ ⌒)
                                    (  ⌒ ⌒)

            _____        「|      __
  ./三三三\   |-_.__=_ __=| /_二三\    |FF|ニ|   |!_____i|   /⌒\
  | ̄同 ̄同 ̄|  |= |+| |+| |+| |  | []_[]_|  /二二ニ,ハ /=‐::::::::::::::::::: ∧ ]皿皿[
  |==/\==\_ | _ ‐=‐   =-| /[Atelier.C]ヽ |E E E|日|  | ̄田 ̄田 ̄| | /≡≡≡
                   ____
  / ̄ ̄∧ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ̄\ /_____ヽ i|三三三三三三三三|i |二二二二二! /
  | | 田|「| 田 田  |「|[[[!| | ロ ロ ロ ロ ロ | .|::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|. |ロ ロ ロ ロ ロ ロ| |:::


          ______
         /::::::::::::ヽ
         l::::::::::::::::l   全ての技芸および手工業、商業その他の工業は繁栄しているが、
       _|::::::::::::::::|_  非常に多くの安逸をむさぼる役人や神官、僧侶らの存在が、
        i 〈 〆^^i〉)   この国のどんな地方よりも、全ての物価を一段と高くさせる原因と
       ノく)ノ`ー´ノ)   なっている。
      ∬ /::リ<∽人
      ζ:::::/:::ハ::::::\  沢山の地方出身の人や、土着の市民や宗教関係の人たちが、
    ∠:::::::/::::::::ハ::::::::::: この町の人口を非常に多くしている。沢山の幕府の役人や、
       ̄  ̄∪ ∪      特に全国から来ている諸大名の家族が、なおこれに加わる。


3491 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:48:26 ID:ADIXm5c20

       __
      '´.  /i´ ヽ  3月29日には、この旅の本来の目的である、江戸城での将軍綱吉の拝謁が行われました。
    }N〈ノ/ ノ}リ'リ
    .ノゝリ(.゚)ヮ゚ノ!{  将軍へのオランダ商館の拝謁は、二代将軍秀忠の時代には形式が整えられましたが、
  ´((.( ⊂)氷)つハ それは非常に手短な物で、オランダ商館長が将軍の前にほんの少し姿を見せるという
.    ソル 'く/_j〉ル ソ 程度の物でした。
        じ'フ




            , -- 、
         l : : : : ヽ
         l: : : : : : l
         ヽ: : : : : l
         ,.'―v‐ 、|   / ̄ \    オランダ人さん
         ゝ (__)く'‐-.'´: :{ : : : : ヽ  ごくろうさま
        /ゝ_人_ノ: : : : : :ヽ: : : : :}
.        /: : : :____: : : : : : :ゝ-- ′  てへっ♥
       l: : /-、   `丶、: : : :',
       、: { {::::ノ      , -,ヽ: :|
        `ヽ`´ _、o   {::::j }: /
          >.ノ ゝ`ヽ `´_ノ'´
           { ´  .イ へ「
          |  ̄  ゝ- イ
          l       l
           ,.ゝ   h   ヽ
         ゝ___ノゝ__ノ


徳川秀忠 徳川二代将軍
(マイメロディ/おねがいマイメロディ)




            .〃'⌒vヽ,    γ´⌒ ヽ        
 ソレダケ?     l ,ノ^"^ヽl    彡彡人))     
         >  川;´Д`)|    ツリ´∀`')       
             /;;;;<lllス::|つ゛  ∩yスヽ  ワーイ      
            〈;;|;;;I‐I;i      |;;}ハ{;;|○       
              |;:;||;:|       |;;;||;;|   `ヽ       
              ∪∪       ∪∪


3501 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:49:00 ID:ADIXm5c20
 
                   , ─ '^ヽ ̄ヽ       r,
             / /   i  ヘ_ ヽ      /<
               / / イ∧! ハ`  \rヘ'´\ソ〉 その形式を変えたのが五代将軍綱吉です。
                | /  ィ=t、 }/fホハ ト}   \ノ
             v!ノ 代_ソ )-辷{ィノ   /   綱吉は将軍になる前も、好奇心旺盛だったらしく、
                }ゝ、 { `ヾ ヮ_ ,イ \ /    江戸城へ将軍への拝謁にやってきたオランダ人のところを、
               / //`ヽ弋 ヘ \ ト      訪れていました。
             / / /    \ ヽ!Y }ノ
.          /  ∠/   ノ ゝ}ノ人
          {イ  { .\  ヽ、.  〈 j、 ヽ ̄ ニヽ




             __ __ _
.        _ , '"´  ,. _ ___`丶、
       / ` /  /´-‐ァー-ヽ \
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ     ただの人間には興味ありません。
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |     この中にオランダ人、清国人、朝鮮人、その他外国人がいたら
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |     私のところに来なさい。
    |  l:l::i个| l ::l!     l⌒ヽ′} .:}:.l:: l
    |  lハ:l::{::', ::::{、   ヽ.ノ  /.:/::.l:: l
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/              |ヽ |     |_    「 〉
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ                 ⊥ 人_  _|_    |/
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、                            O
.   l     ',  \\   \  __| \
.   |      ',   \`ヽ、  ∨n| } ト、


徳川綱吉
徳川第五代将軍
(涼宮ハルヒ/涼宮ハルヒの憂鬱)


3511 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:49:18 ID:ADIXm5c20
 

       __________
    r´ ´\                \        1680年のアルベルト・ブレヴィンクによる記録
    (    \                \
     \     \              \     オランダ人が将軍の拝謁を待っているとき
      \     \                 \    突然大声が広間に響いたかと思うと、
        \     \                 \   周囲から人がいなくなり、続いて通常の儀礼を省略して
          \    \                 \ 将軍の弟綱吉がオランダ人を見物するために現れた。
          \    \_________\
                \   r´=========r´
                 \ 《 三三三三三三三三三=
                ヽゝ==========ゝ


3521 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:49:39 ID:ADIXm5c20
 
        ||        |
.          n     |     バン!!
      fヽ  | l  _  |
     __\`┘ V´/. |
     `ー-、 て  {
     fニニ -、 -‐イ)ヽ.          , ‐--‐ 、
         `rf彡く.: .\       /::/===ヽ\
、      :|l    \: : : :  \     夊l::/ト、ヘ\ルヘ心  
:.\      ||     \ : : : : . \   </l:fセユ` ´ヒユハ\> 
  \    ||        \ : : : :  \ |::::::|:l  r==ォ  |:l):::|
    \  ||     ミ  |: \: : : : . X_j_;ヘ:ゝ.`__´ィ´リ'::/!
      \||        |.  \.: : : : . \\\ート{_:;//:ノ   ,r'^/〈
              |     \: : : : . : \\ヾ>レぐ    >=、Y
              |      \: : :ヽ: : :\\ヘ _jヽ,   /   ヽ
              |       \: : : : ..: :\ヽ: H:7‐< : : :/
              |         ヽj: : : : : : :ゝ V/: :| : ヽ: :/
              |          |: : : __に{}こ}:k;__;/
              |          ゙ヾtf´-┴ /ムヽィ'
              |          r'´  , / l Xヽ
              |        /    / 〈_/  :Ll
              |       /      /       l
              |      /      ∧ :...    .::ヘ
              |    /      /::::::',    ..:::. \
              |   ヽ⌒7ヽ __ /::::: :::l__ -┬=≦>
              |    ヽ/     { :::: :/       |::::::Vl




                                    |      ||lll| |
            ∧   /  f r、       /           |      l| l||lll| |l  l||
   n   r‐1   /''゙┤ /ニ、xj/ |       /t_,r;FFニゝ、,、 l  f- 、 .!||lll| |l
ヽ / | /fン┤  /  ! /=ゞヌ゛ !   ∧ / ン ,r'=ゞ、_    |  l ,-、ヽ ヽ__
 ´  Lイ'´ .| ハ/  〈t∨ ti  ヾ |   /,' | / /ィ´ tj   ∨   」  j´  j  _`ニ=‐
   /{  〈 l │ ヘ ゙ゝ、____,ノ / .| /j 〈  ヽ ゞ、____,ノワ   |  |   /  \|| l|| l l|
..∠´  ト、 `|  |  `ヽ   ー'"  レ' │ l   ゙-  /   」  /,-' /|| l||lll||l l|
  フ   \_j   !            │ .i         ,  |  !" /| l||lll| |l  l||
    /ィ工 }  l 丶,  u          !  |       /   ,'  L_f′ o ゜|| l||lll||l l|
    ! 丶 lィ. l  │           |  」        |  l  l│ll il! ll il! |
   /   ヽ│ !  .     ,.---=ニr `‐' ____,、     _イ  ハリ丁_ | |l  l|||゜。ll il! | 
‐''´  !    i 1ィハ    / /f二二二ニニ二ユヘ \    /ハrリ  /   }^ゝ_ll il! |
   │   ヘ_l  ヘ / /´ ,イ"-─‐-‐─--、 ト、 \ /  l   /   /
     |     ゝ   ┤ l j l          l 勹 /   ア′  / ll il! |||  l||l ll ||l l|
  _,-'^、    \_   \\\ヽ、__   _/  / /  /


3531 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:50:17 ID:ADIXm5c20

     ______________  __________
   {\              `\               \    綱吉はオランダ人の名前と年齢を尋ねたあと、
     \\               \                 \  再び通用の儀礼無しでその場を去っていった。
      \\                \                \ ブレヴィンクはこの時の綱吉の年齢を27、8歳と
        \\               \                推測していたが実際は35歳だった。
         \\                \                  ブレヴィンクはまた、綱吉の立派な風貌に
           \\               \                強い印象を受けたとも記録している。
            \\__________\ ___________
             \ソ三三三三三三三三三三ミ彡三三三三三三三三三ヘ
               `く三三三三三三三三三三入三三三三三三三三三三ゝ





             /:::/:/: /    ___  \ \  ヽ \
            /::::::/:/::. /;ァ‐ 7 ¨丁 \ \ `<\ \ l  ヽ
           /―=テ^/::. /::/:::::{  {:   \ \. 丶.ヘ  Vー― ┐
             /≦≠ア/::. / ..{.......|::.  |:::.     ヽ  ヽ ハ ',  V≧、___>
         /:/ / ,'. :: l::::::l::::::::|::.  |::::::...     l:. l:.: l: l:  ∨\:ハ
         〆 /\ l::::: |::::厶:::::ハ:  i\:::::..::.  l::.. |::j;ィ|' |:.  l  > \
       / /:::::::/7|::::: l::/  ト{、小:. ! \::.::. iイl:::: /.l |::.  |メ´ l \\
       ∨:::::::::: //|:l :::: l:{ ,.ィ≠ミk\\ヽ   X´;ィ=≠く リ :  |\\ .:\!
        l::l:::::|: //_j:ハ::::::l代〃 :ハヾ ` \、  "f〃下:ハ>|:::::  |、 \\:l
        |::l:::::| { {/│:ヽ:: ', Vヘ:::j.|         |rヘ::j.リ '゙ |:::::  l、}  lヽ/!
        |::l:::::|::V !^|::::: \ヽゝ-‐'    ,    ゝ‐-'   |::::  l_ノ::.|: |: l: |
        |::l:::::l::::::: `l:::::: .::::f`      _____      ,'::::  ハ:::. l:: |: l: |
        l::ハ::: !:::::::::::l:::::::: ::ヘ     ∨     リ      /:::: /::  /::: l: l: |
        ヽ! ヽ::ヽ:::::::::ヽ::::: l.\       /   ,. ィ/:::: /::  /:::: /:/l:リ
            \ \ゝ :::::: ヽ ::ハ  fヽ、   ー '  イ |: /::: イ::  /\/ノ リ
             X ヾ:::::::::lヘ::.ヽ l   >ー<   〃:/ l:: /  /\
          <  \\::::j リ \V l_`ヽ     x‐/イ   |〃 / /\
          { \   \V /゙\フ⌒!==、,ィ=≠/( `>ーヽ{/ /  ス′
          l  \   /  / `〈. ー-v-一/ /⌒ヽ  ∨   / }
            !:   >/ _,/   /¨ヽー-v-‐/〃 \  \_ ヽ <_ /
             |  ̄  {   _ イ  / ヽ  /⌒ヽ  `ー    }    /


3541 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:51:11 ID:ADIXm5c20

       __
      '´.  /i´ ヽ
    }N〈ノ/ ノ}リ'リ   その綱吉が五代将軍になった後の天和2年(1682年)
    .ノゝリ(.゚)ヮ゚ノ!{   綱吉は公式の一度目の拝謁の後に、非公式の二度目の拝謁を新たに設けました。
  ´((.( ⊂)氷)つハ  この拝謁には、江戸参府のオランダ人全ての参列が求められました。
.    ソル 'く/_j〉ル ソ 
        じ'フ


          /__/  /  /  '  l     ,   ',\ヽ ヽ ヽ
       /´_/  / ./!  !   !     ',.  l .:.l`|  .:ト、',
      / / ,'  /.:./  |  !',  ',    l  :|..:.|.:|  .:ト、\
      ∨/|  :!.:/ ̄`ト、:! ', .:.:',  , 斗‐┼┼|  .:|、\ 〉
      /\_」 .:l:,'    ! .:.|ヽ', .:.l∨ .:| :l.:|.:.:|.:|  .:| \У
      ,'  / ,| .:.:!{    ヽ:{.  ヽ、', \.:|:ノ//l |  .:|__〉|
     ,  / ,ハ .:.', _,,.___,,二    ``二,,_.,,_ノ.:|  .:| |、ヾ
     !: / // ,l\ヽ ´¨¨´   '       `¨¨`ノ:,' .:.:.,'! !:\\
     |:.l l l { !.:.:.\、    l二二二'、     / .:.:./:| |.:l.:|l }
     |ト、j|`!.:.:.:Λ`   ',     /     ' .:.:./.: | |.:l.:|| /
     |:.| N.:l:|:.:.:.l:|.:\    ヽ.__/     ,. / .:.:/ .:. レ': l.:|`
     ',:! |.:l.:l:|:.:.:.l:|:.:.l:个 、       ,.ィ'´:/ .:.:/.:.:.: /.:. j.:|
      ヾ ',.',.!:', .:.l:|.:.:{: l/|` ー‐ '´ 卜/, .:./.:.:.:, '.:.: /}.:!
       \ヽヽ.\:{>'´ /ノ       _///.:./.:.:. / 〃
     , ー厂 ̄´\`ヽ. ,'        __/´//\:. //
    /   |_,. -‐  ̄`ヽ rァr--`‐──'‐‐-r ,   `¬ー 、
    /___.,ィ´    ヽ、._ ヽ          ./ /′      「ヽ
ァ‐/ /         \_ノ!         l /         |  ',
 /   {        `ヽ、 .}!ヽ!       /V           !  ',、
 !   ヽ       \ Y |  ` r====r'´          /    !\


3551 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:51:24 ID:ADIXm5c20

                     ,-、
               /'´ ̄`ー-/  `ヽ-‐─-.、__
              ,ノ´     ,/    i:       `ヽ、
          /       / :|       |::   、   、  ヘ
         /   ::   /  ;|、   :  |:|、  |::   ヽ、. ヘ   最初は、綱吉の子徳松がオランダ人の姿を見たい
         /    : :    /  / |∨ : : |:| ∨.|:::    `ヽ.ハ  という事を理由にしていました。
        / /  : : :;   | ,ィ⌒ | ∨ : : |:| ⌒|ヽ    、  ハ.}
     / ,イ / : ::/    ,| / __、| ∨ : :|j ,_レ'ヽ、   |:  ||
     〈 / | :j: : ::i    / |/,ィチ心、 ヽ、::| ,ィチ心、∨  |::  }|
     ヽ| | :|: : ::|   ∧ ,イ ト-':;;:}` }冖{` ト-':;;:}ヽ∨  }::: ,/|
         ヽ| : :::ヽ、 {:::ハ.`、V:t;;リ ,ノ  、 V:t;;リ ,,'∧ /j;ノ |
          ∨: ::|::|::`::.:::j` ー-‐'" __'__ `ー-‐"´ {::::j,/::|:  |
         `ヽ:|| |:::::::|`l:.、    V  ,ノ    ,.イ|:::´::: |::: |
            |j: |: ::,:j .|:::_;;>‐-,`ニ´r-‐<´::|:|::: : : |::: |
            リ: |::::;ノ ,ニュ、  | ´   ` }   ヽ|j:: :  j::  |
           ,ノ:,ィ´{  -‐y 〕 |,-─‐-j    ノ::   /:::: {
          / ::f `rヽ、___,j;>、   /  //´:  /}::::  |
           / ::::|   },ミ三三三彡}.  / //j;   / |::::  |
        /: :::::|, :〈`゛ー─--─'´〉V ,/,,ノ| ,/  |::::  |
         /: :::::::|  :::〉       "|ヾ <´ j/ i:   |::::  |が


3561 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:52:48 ID:ADIXm5c20

        /:::::::::l::/:::::/:::::::;ィ::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ヘ::::::ヽ:::ヽ::l::::::::ヽ
      _,ム‐ ¬l/:::::/:::::::/ |:::::::、::::::::::::::::::::::::';::::::::::';::::::::';:::::';ト=ー-ゝ、
     l´  ,.-;ァ'/:::::;'::::::::/ 1:::::|ヽ:::::::::::::::::::::::l、:::::::::l::::::_」::::::ト'、   |
     〉∠/ ,l::::::T::::::7ー-、';::::| ヽ::::、:::::::::::::::| l_;:-:7´::::::!::::::| ヽ、-.イ
      ,'::::::〈  |:::::::::|:::::;     ヾ:{、 ヽ:';、::::::::;:イ l::::::ハ::::;l::::::::|  ,ン:::|  さあ徳松、オランダ人よ!
    ;::::;r' ,ヘ.」::::::::::l::::|,.===z、ヾ`  ヾ、\::::::| ,rァ=z/|::::::::|.ィヘヽ.ヽ
.    l::/ ,/::/,ハ::::::::::';::|/!こr:<`l`      \ ヽ:{´!/、  lヽ〉::::::「ヽ. ';:::',.ヽ
    |/ /:::;' ,' !::::::::::ト:| Vニ:-' ,i|           | ´ノ_,.イ 1::::::::h`|l l:::∨
.   |{ /::::l l. |:::::::::::l` t::'三ソ           tこ」ワ' ,':::::::::|/::l l::::|
.    l:h':::::| |:`ヽ:::::::::::!         ′       ,.:':;::::::::;!::::::;::'´::l::|         /
.   l:| l:::ヽ」::::::::';:::::::::::l      rー─‐一┐    ´ ,::::::::;':::::::;!::::::;1:| _..._r'ニ.ヽ>
    !l. l::::::::::::::::::ヘ::::::::::ト、     l,r   ̄ ヽl     /:::::::/!:::::/::::::/ リ,ム-、_ヽ、_`)'
.     l| ';:::::::::::::::::::ヽ::::::::',.\   ',      /   ,/::::::::/::!:::イヽ:;:' r'ニ、 _  フ '
.    1  ':;::;:-ヘ:::::::ヽ::::::ヘ′ ヽ 、 ヽ ___ ノ _,.-' ヽ:::::::/l ソ;イ::l_'ヘ lノ /  ̄
    ヽ,_-'´ ` ヽ '、:::::\:::ヘ    ` ‐-‐ ´ハ  /l:::,.イ/'イ-<.__`-;' ´
   /    ` ヽ 、 ';ト::::l.\:ヘ          /  ∨ l:;r' _,∠.....__.ノ´
.  /,r  ̄`ヽ、   \ |;ノ\ ヘ       ′ ハレ /´     ノ


           /  ̄ ̄ '´ ̄ ̄ヽ、
            ノ/. /二二二ヽヽ  \
        <V/, '/ 人 |  ヽハ夊 、 |
         〃 {_{`ヽ  Vヽノリ| l >" i|   わーい
         ハ小l●    ● レ|、 | |
         |│ l⊃ rー- ⊂⊃|ノ |│
        /⌒ヽ.| .ヘ  ヽ ノ   jレ/⌒i !
      \ /:::レ l>,、 __, イァ/   /ノ
.        /:::::/ / ヘ:::|三/::{ヘ、__∧
       `ヽ<     ヾ:∨:::/ヾ:::彡

            徳松
綱吉の息子 天和3年(1683年)5歳で夭折


3571 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:53:05 ID:ADIXm5c20
          , ―-  _,「` ー‐-  _
            /: : : : : : : : :! : : : : : : : : : :` '. 、
         /: /: : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
         ,': /: : : : : /: : | : : : i .:i : , : : : :, : i: : : ', 残念ながら徳松はその翌年に亡くなりました。
.        l./    ./: : : | : : : |:/! : !: : : : ', :,l: : : :', しかしその後も、この非公式の拝謁は続けられる
         /. . : : : :/ : ,. ァl : : : |:| l:` l、.: : : : ハl. . , ! こととなりました。
.        / : : /: : ,'/: / l: : : :l:! 、:'、\: : `' !: :!: :!
        /: : : ,': : .:l: : :/__l: : : :l| _ヽ_lヽ、.: .: ヽ |: :|
      ,': : : :l:i : : |: :/, 〒.、! : : :!  ,〒 ミ ヽ.: : : ヽ: :!
       l: : : /!l: .: ,L/トi':::Nヽ: : :l  トi':::Nヽ_ヽ.: .: :',:l
      ヽ: :l. l|: :/ ム弋二ノ !`-l 弋二ノ l. ll.:〉、: l:!
       ヽ! ヾ {「 rイヽ二 .ノ , 丶、 二( ヾ 〉 : l: /l
         ,'.:〉! ヽ V ,/    o   ヽヽゥ 〉: : l/ l!
        ,':/.:,ヽ   )` tz---t '' 7'"  } `ヽ : : ',
          //.:/.{ ̄` ''くl:.:.:.|   l,. ┴ ''' ´l / ヽ: : :',
       //.: :|,/ミミ、、、 ヽ:|´ ̄ {  ,. ,., 彡!'  !:ヽ :',
      /.: .: / ` 、 ``ミ!:.l.   ハ彡' , - ' ` 、 |: :丶ヽ
     /: .: .: .: !    ヽ __}ヽ!  ,!/‐'"      l |: : : :\ヽ
    /: : .: .: .: :|       lヾ.! l |       { ! : : : : : ` ',


3581 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:53:32 ID:ADIXm5c20

           ,.-‐'"´ ̄i ̄ ̄゛`ー-.、
           /  _ ,ィ7  _,   ..\
          /    \_>{ }<_/   .::::::...\
       /   ____,i_____`、::::::::::....〉
        〈 :::,ィ´____ヾ◯シ____`ヽ、::::::;/
        ∨:{_{三三三三三三三三;}_j,}ミj'     この非公式の拝謁では、オランダ人は立ち上がって自分たちの
        ,ィ':,'::;'ゝ、________,,ノ"´::`ヽ、  姿を披露したり、歌を歌うと言った、単純な外国人への興味を
       ,/;;/ /  ,/ヽ、|_、`| :: |ヽ:|,__\  ヽ、.、ハ  満足させるような行動も求められましたが、同時に、ヨーロッパの
      7'  |  ,ハ ,ィチ心、| :: | ,ィチ心、\  | |:: ,}  政治情勢や、世界の地理、医学などに関する質問も行われました。
      | ;':|  |::ハ、{,ノ:::;l゛ヽ、| l,ノ::::;j`〉ハ |リヘ/
       ∨:∧ |: ::}、`-‐" ノ ,ヽ.`‐-" ,ノ{:::j/;|    この非公式の拝謁は年々大がかりになり、ケンペルの江戸参府
      ヽ| ヽ||::::ヽ`-‐" r┐ `‐-'"::|::: :/{    のころには一時間におよび事もまれではありませんでした。
       __ ,ノ ::i::;>‐-ァ;r",,r<:::::;ノ:: /::ハ
    ,r‐-ィ"、、ヽヽニ二l,//、エ"/  ,/"::,メ-、::|
   〃t─`ニニj_j_ノ / /ィ7   /ヘ、__,{ .::/ / }j
    /`ヽ、_,,/ j,/ノ  `ー┴.、 、 ヽ:|/, λ
     ヽ、__∠__,.イ:{゚  ..;:.   ゚〉 ヾλ:::ー-八
      / ::/::::::::||::ヾ、..'"::、.. ,/ _:/:::::ヽ、 `\


3591 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/25(月) 23:54:14 ID:ADIXm5c20
今日の投下はここまで
後半投下は明日の夜10時ごろの予定です


360名無しのやる夫だお2013/02/25(月) 23:55:23 ID:Y4j176YE0

綱吉のキャラは相変わらず面白い


361名無しのやる夫だお2013/02/26(火) 00:03:31 ID:93ssaWOk0
乙でした。


362名無しのやる夫だお2013/02/26(火) 00:06:17 ID:yIVRpsKU0
おつつ
純粋な好奇心から記録を残せる人は貴重ですねぇ


363名無しのやる夫だお2013/02/26(火) 00:07:55 ID:Ffsr999M0

こういう好奇心の強い人が多くの資料を残し、後世に貢献してくれるんだねぇ


3641 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 00:09:28 ID:7MQCc/eg0

本日の芸能関係ニュースについて

         ____
       /      \     おっ?
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \  山田まりあが子供を産んでて、名前も決まったのかお
    |       (__人__)    | ________
     \      |r┬-|   ,/ | |           |
    ノ      `ー'´  \  | |           |
  /´                 | |           |
 |    l                | |           |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |


3651 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 00:09:51 ID:7MQCc/eg0

       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\   …なになに、名前は
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ


3661 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 00:10:06 ID:7MQCc/eg0

       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'r─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ


3671 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 00:10:35 ID:7MQCc/eg0

       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ   ガシャ
     r     ヽ、__) (_丿      , -っ ゚
     ヽ、___   ヽ ヽ  r. ― ┐ ー ュ '
     と_____ノ_ノ   | 茶. | 。, つ o


3681 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 00:10:48 ID:7MQCc/eg0

       ___
      /     \      崇…崇徳ぅぅ!?
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\   『山田まりや 息子の名前を公表「崇徳」』
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /
     /    `ー'´  く
     i   丶 ヽ   ヽ
     r     ヽ、__) (_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ   _
     と_____ノ_ノ  (_()


369名無しのやる夫だお2013/02/26(火) 00:11:31 ID:I.oQpn1w0
こんな名前になったのも天狗の仕業


3711 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 00:14:10 ID:7MQCc/eg0

 どうも「むねのり」という読みが先にあってで、見栄えよさそうな漢字をあてたようですが

 日本の歴史や伝説などを全然知らずに、よりによって日本の代表的な怨霊・魔王の名前をつけちゃったようで…


(このネタは以上)


370名無しのやる夫だお2013/02/26(火) 00:11:51 ID:z9fb1wPo0
乙です。
世界の情勢を記したオランダ風説書も綱吉のころからなのでしょうか?

蘭学や西欧医学などを通して、社会科学や自然科学、思想など、相当の知識や学問が
吉宗のころには日本の蘭学者や一部の儒学者、国学者には伝わっていたそうですが。


3721 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 00:19:58 ID:7MQCc/eg0

オランダ風説書は寛永18年(1641年)で鎖国体制の完成とほぼおなじころ

あと西洋に関してキリスト教と切り離して本格的に理解して学問として纏め上げたエポックは、吉宗の少し前の
新井白石の『西洋紀聞』『采覧異言』
『西洋紀聞』はキリスト教がらみの事もあるのでなかなか公開されませんでしたが、『采覧異言』の方は早くに
公開されたようです。

白石は洋学者の元祖でもある。


373名無しのやる夫だお2013/02/26(火) 00:20:42 ID:XIox2PdE0
乙でした


374名無しのやる夫だお2013/02/26(火) 03:34:55 ID:40qiAKMc0
乙です


375名無しのやる夫だお2013/02/26(火) 04:20:32 ID:ZPCF8lAI0

びっくりしたー、「むねのり」じゃないですかー
むねりんでしたよー、kwskの方でしたよー


376名無しのやる夫だお2013/02/26(火) 07:36:24 ID:vT5pUPZ.0
ケンペルが医者やってる辺りでからくりサーカスの銀を思い出してしまった。
元ネタなのかも?
それにしても歴史に名を残す人物の行動力はパネェなぁ


3811 ◆jSbj2zyy3Q2013/02/26(火) 12:01:38 ID:7MQCc/eg0

からくりサーカスの銀のイメージの主な元は、ノストラダムスでは

本業は医者でペストの治療もしていて、そのとき身につけていたのが、当時のペスト医師の定番装備
だったハーブを詰めた仮面…というのが、というのが、今では廃れた昔のノストラダムス本に
書かれていたので

ペスト医師
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%82%B9%E3%83%88%E5%8C%BB%E5%B8%AB



関連記事

category 歴史 > やる夫たちと学ぶ江戸時代
comment

0

edit
edit

Comments



  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: