このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


◆KUMO シャドウラン5th用シナリオ ZERO-ZONE SHUTDOWN!


8634◆CoNaNQHQik2020/01/31(金) 22:28:36 ID:hrceObQn
      / ̄ ̄\
    /        \
    ├==、   ,.=┤
    |ニこ> > <:こ>ニ|  さーて、ぬるぬるシナリオ投げてくかぁ……
    |ニツ ´   `ヾニ|
    ヽ         /
     >      <
.     |      |
.     |      |
.     |      |




8640◆CoNaNQHQik2020/01/31(金) 22:31:40 ID:hrceObQn



                                 __ __
                               .,,,<゙ヾヽ7;;;;}_
                             ∠;;;;≧彡<=>ゞ);ヽ
                             {;;;;;/ゝ≦三≦=、;ゞ)
                             >ゝ=彡ゝ、、`'¬''‐'′
           ___ __  __   _   ______∨ヘ;;;ソ;;ソ;;ヽヽ ___ __ ____ ___   ___ _  _
          {⊂ヽコ`! 「:::::! |:::::::/∧:::::`l |:::ヽ Y γ::::ヽヽヘヘ:::1 i::7/:`i 「 ̄) )1 |:::::::1 「:1\:`i 「
           `ー`ヽ,::! 「 ̄i |:::://ニヘ:::::| |::::ノ 人 ゝ:::::ノ ノ∧ /∧ /:::_」 「¨ヽヽ:! :i、::::ノ :|:::|\\ |
           、_ノ ノ´ー′´ー`´ー`  ``'`ー`ーヘてミゝ<_ノソ'`′`′ 'ー‐' ´ー`ゝー‐ー' ー`' \_|

                        ◆ シャドウラン5th用シナリオ ◆


                       ◆ ZERO-ZONE SHUTDOWN! ◆



.


8642◆CoNaNQHQik2020/01/31(金) 22:33:26 ID:hrceObQn

  _          ヽ       ` ー-  __     --―――--  .,   \
   ―‐_____V                           } ` 、 \
         ―――――ォ、                        ,′   ヽ  ヽ
         / i ̄ ̄ ̄7 ≧t:.,
         ,′ l  ゞ:l :i  `ヾ<≧t:..,__             /       ゝ 」
            i l:..   | l!   /寸=-<ニ≧t::...., __      i            ノ
        l  l |: :.   |    ,′ 寸ニニ=- <ニニニニニニ===―--  -‐七___
         l   l: :ヾ |     l   /゙寸ニニニニニニ=-    ◎    -=7 ̄ ̄
          |  λヾ: : | l   |  ∠   }寸ニニニニニニニニニニニニニニニニ=7
          |   i:,: : :,:| !   |イ  \.ノイ 寸ニニニニニニニニニニニニニニニ7
          |   | Y  |   f灯示ミtx }ハ ` <ニニニニニニニニニニニ=イ
          |   |八 (r}从 ト!cうc歹 `  |   ,  〕 <ニニニニニ> /l
          |  i v ヽ.,| ヽ{        从 /イ  (;歹っ¬ ´   / |
          |  l! V:   |  l :/:/:/:/:/:   ∨      /  /| i |
         l   |l  ∨ __|  |            i:.  :/:/:.イィイイ   | l |
        l _」L ィ ´ :|  |ヽ  u               /`ー| :l  :|- :l
    >    ̄     l   :|  |、:\   _        イ   | :!  |   ヽ
                |   :|  | \:.:\   `   rf〔  ∨__,..| l   :|
  ,′        ` 、ノ   :|  |  \:.:.>- r<   l_,...::´ヽ l    |     ,
            l ` ー.:|  |    `'ーォr '´    ′    V:l  i |     i
  :!            |   .:|  ト,    /`Y^ヽ    /      ',l   |     |
  :l            |     :|   l∧  /ニ=-=ニム  ,′        !  l |      l
    u     ヽ |     :|   !  ヽ∧ニ==ニ7 ヽ{         l  l |      !
             ∨    .:l  /     ヘ<>/              ', l |
   ∧         /     :/ / _    }l: : :l{   ̄ 二 ==-  ー=ヘ l ト、

●オープニング
 ――――シャドウランの途中だが精霊の襲撃だ。

 君たちは夜の湿地帯に這いつくばって、覆い茂る生命たちのオーラに身を隠すことで生きながらえている。
 体の上を這い回る虫けらどもの感触は不快だが、そのおかげで命が助かったと思えば我慢するべきだろう。

「なかなか手練の魔術師のようだな」

 頼もしい英霊の一言だが、つまり君たちのすぐ傍に跪いている騎士さま頼みでも突破が難しいということだ。
 強力な魔法の輝きは居場所を教えているようなものだし、敵が第一波だけで壊滅してくれるとも思えない。

「……術式に見覚えがある。あれはたぶん、三浜の十三課だ。……習ったんだ、ここへ来る前に」

 君たちと一緒に泥の中へうつ伏せになっているディンドランが、今にも泣き出しそうなか細い声でぼそぼそと言う。
 泣き出しそうであって泣いていない辺りは大したものだが、彼女にはこの状況は随分と堪えているだろう。
 三浜か。狙われる理由は無い――わけでもないか。メガコーポならば、願望機の情報ぐらい掴んでいてもおかしくはない。
 そしてメガコーポの恐ろしいところは、どんなに戦力を削ったところで無尽蔵に増援が湧いてくるという辺りだ。
 つまり相手側の首謀者をどうにかしない限り、君たちは追われる身のまま、というわけだ。

「と、とにかく、なんとかしてくれ……! この危機を脱したら、また報酬は一人2万新円、ちゃんと払うから……!」

 依頼人のオーダーが下った。さあ、仕掛けるとしよう。
 ――ひとまず、この汚泥の中から抜け出さなければ格好もつかない。


.


8643梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 22:33:45 ID:ZQxWr+Yh
(帰還者)ゼロ・ゾーン!


8644梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 22:34:43 ID:PhGjyaQH
激熱なスタートだぁ……!


8646◆CoNaNQHQik2020/01/31(金) 22:35:25 ID:hrceObQn


                       __
                  //  ` ___
                 /  ′     \ `
                    ′ 八.        、   \                  ◆ 注意 ◆
                    \, -―‐-  _.   `¨¨¨¨¨〉
                  ー‐ノ、_ニニニニニ≧ュ  ___ノ
.                /ニニニニ`¨¨¨¨¨¨¨¨_7__\
.               八ニニニニニニニニ_.  イ\ i| ∨i| '.    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   `¨lー―ァh.从{イ. h...∨ j{7   ,  
                    八iトリ ∪ . ノ  ∪ j/⌒'.... l     ここから先はシナリオ本編の内容となります。
                  人""  ゝ-( "" ____ノ.. ∨
           ( )        ア´:::__;;::::`マ¨...7 _ム   ∨   誰かにGMをやってもらう予定などでネタバレを避けたい場合、
       ( )           ○:::(Kリ:::::◯..イ-/ ∧   i
          _....._           >、______;;;;;;人/         以後しばらくのレスを読み飛ばす事を推奨します。
       {ー‐}      -=<∠.._/__j__}_>/|
      ‐━{二_}━‐  >‐=ニニ(_'( ´|__ン┘ /ニニ=‐<  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     \____/    ‐=ニニニニニニニニニニニニニ=-.゙,′
.  /   \ / >./   /.  ー=ニニニニニニニ=-    ∨



.


8648◆CoNaNQHQik2020/01/31(金) 22:37:49 ID:hrceObQn

                               、< |l
                             、<: : : : _│
                            、<>、 : _ -ニニ|l
                     、<> ´: :l: : \ニニ|l
                    、<> ´: : : : : : l: : : : |i ト<
             、<: : |:「 : : : : : : : 、<> . : |: l: : : l
                │: : 、-|:| : : : 、<ニニニニ> '^:l: : : l
                  <ニニ|:|<ニニニニ> ´: : : : -lニ- l
                 ` T|ニニニ> ´ : : :__-- ̄ : : lニニ}
                    |:|> ´: : :__-- ̄: : : : __-- :lニ7
                     │: :__-- ̄: : : :__-- ̄: : : : : l7
                | ̄: : : :__-- ̄: : : : : :__-- ̄:|l
                 |__-- ̄: : : : : :__-- ̄: : : : : : :|l
                  |: : : : : :__-- ̄: : : : : : :___-- ̄|l
                   |__-- ̄: : : : : : ___-- ̄: : : : : : :|l
                    |: : : : : :___-- ̄ : : : : : : : : __-=-|l
                     |__-- ̄ : : : : : : : : __-=- ̄ : : : : |l
                │: : : : : : : :__-=- ̄: : : : : : : : : : : |l
                 │: __-=- ̄: : : : : : : : : : :__-==- ̄:|l
                  | ̄ : : : : : : : : : :__-==- ̄: : : : : : : :|l
                   |: : : : : :__-==- ̄ : : : : : : : : : : : : : : |l
                    |-==- ̄ : : : : : : : : : : : : : :___-==- ̄|l
               | : : : : : : : : : : : : :___-==- ̄ : : : : : : : |l
                | : : : : : ___-==- ̄ : : : : : : : : : : : : : : : |l
-   _               │-==- ̄ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_-|l
      ̄  -  . _    |: : : : : : : : : : : : : : : : : : :_-===- ̄: : : |l
             ̄  - n _ : : : : : ___-===- ̄: : : : : : : : : : : : |l
                     |l   ̄  -   _ : : : : : : : : : : : : : : : : |l
                |l           ¨  -   _: : : : : : : :|l
==--____             |l                     ¨  -  L_
i:i:i:i:i:....-=ニニニ==--_____.|l                         ¨  -   _
i:i:i:i:i:i:i:i:i:l     ̄ ̄ --==ニニニ==--____                          ¨  -   _
i:i:i:i:i:i:i:i:il              |l     ̄ ̄ --==ニニ==--___
i:i:i:i:i:i:i:i:l           宀                ̄ ̄ --==ニニ==--___
i:i:i:i:i:i:i:il               ̄                          ̄ ̄ --==ニニ==--_
i:i:i:i:i:i:i:l

●シナリオの背景とプロット
 PCたちはアヴァロン島からの帰路を、突如として三浜第十三課によって襲撃される。
 ダミアンをマークしていたことで、彼らはディンドランが最後の召喚者だと突き止めたのだ。
 マラジオン湿地帯に逃げ込んで追撃を掻い潜るPCたちだが、その前に新たなる英霊・義経が現れる。
 そして彼女の手にしたコムリンクより、オレステスを名乗るデッカーから同盟を持ちかけられる。

 実は三浜の幹部である三枝武尊は、自らの野望のために召喚者となっていた。
 彼は貴重なアーティファクトを入手するという名目で、三浜の人員を動かしている。
 しかしその本来の目的は、願望機を用いることで"覚醒"を終わらせるというものだ。
 ヒューマニスである三枝武尊は、覚醒者を含む世界中の「人外」を排除し、第五世界を蘇らせようとしている。
 武尊の娘である三枝響子は、父親からの冷遇に反発して家を飛び出したエルフのテクノマンサーだ。
 そして父の野望を止めるためにオレステスを名乗り、召喚者として願望機を巡る戦いに身を投じた。
 父の動向を追っていた彼女は、それ故にいち早くPCたちへ接触してきた……というのがここまでの背景である。

 オレステスとの同盟を締結するか否かに関わらず、十三課の追撃を振り切るためPCたちはドバイへ向かう。
 ドバイはシャリア法で魔法が禁止されており、十三課すらおいそれと非合法活動をすることができない。
 しかしドラゴン間の抗争により、ドバイのS=K社は大きく弱体化してしまっている。
 ロフヴィルと敵対するドラゴン・アデンが雇ったシャドウランナーの襲撃を受け、PCたちは慌ただしく日本へ飛ぶ。

 日本、新東京でオレステスと再び接触したPCたちは、三枝武尊が立て籠もる三浜ビルへのランを提案される。
 一方、三浜のタナカサンがPCたちへ密かに声をかけ、オレステスの身柄の確保を依頼する。
 PCたちは正面から挑むのか、それともオレステスの情報を頼りに三浜ビルの弱点を探るのか。
 あるいは三浜の提案に乗ってオレステスを確保するのか、あるいはそういった一芝居を打って潜入するのか。

 いずれにせよ、PCたちは悪名高き"ゼロゾーン"へ挑戦しなければならない。


.


8650梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 22:39:18 ID:4sVlKNGq
わぁい選択肢がいっぱいあるよ!


8651梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 22:39:33 ID:PhGjyaQH
プロットが凄いワクワクする事しか書いてないw


8652◆CoNaNQHQik2020/01/31(金) 22:40:02 ID:hrceObQn

                 /\                            /\
                 \  \                          /  /
                <\ \/      __/  ̄ ̄\___rヘへ     \/ />
                \>      ´ /  . :/⌒\>、: .:V/\      </
              ┌─┐   / /   . ://  ̄ ̄ \∨/: \    ┌─┐
              └─┘ / /   ': ./ ____       ∨/: . \  └─┘ /⌒〉   _
                    ' /  /: ./_//: ⌒> 〈〉    ∨/ : . .\    / __/ / 〉
               / .:/ /  /: ./: :/}/} 〈 <> <> 〉 V/ 、:. .⌒   /  // / _
                  ′.:/ . : .  ': ./: /⌒ }: /\ 〈〉 /V/ ハ .:i\〈\ / ̄ \// 〉
              { .::/ィ : i: . {: ./}/__   }/: .  ' ̄:/⌒V :} . :|: . . ',V . : : : : `< /
                . : . | i {: . Ⅳ〃⌒ヽ }: . /}/}/   } :八 :|八: .}   . : : : : : }  ̄ ̄)
                〉: /| |八: . {.:.:.:.   ノ/ / x==ミ } / . ::|  V__   . :\/ ̄ ̄
                  { : { | |  \乂            .:.:. Ⅵ  . :| rァ':i:i:i:\____/〉
                  八八| |   :.   r  ─  、     ノ /}:八|/:i:i:i:i:i:i:i:i八  /
                    ㍉| |  込   {.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ}   ⌒7 /. : ::|{:i:i:i:i:i:i/{{  ̄
                r| |  {  r::.. 、.:.:.:.:.:.:.:ノ    イ /  . ::|  ̄ ̄|__/〉
                     ̄| |  ∨/\>  __ ... <ニニ|',  . ::|  /  ̄
               /     | |   ∨/  ̄〉__rくニ〉 / /:i∧   . ::|/
           rく        |八   ∨ r‐く:i:i:i:〉/∧/__/:i:i|:i∧  . :|
       __  |ニ\      ∧   ∨ニニニニV:i:|\_/:::::}   |
     「\:::\Lニ=- ___ /ハ   vニニニニ〉i:\|、 ::::::::: |   |、
     |  \::/\-=ニニ=- __ /}   |、ニニ=-∧:i:∧ V/::::::|   |::\
    「  ̄ ̄  ∧  丶 __/ / |   | \_/  \:', ∨/::|   |::::::::\
.   \  /ニニ\ ___ /「\|   |         }∧ ∨八  |::::::::::::::〉
  /⌒ \{-=ニニニニ/ニニ/}  i . :八         八∧ ∨∧  |:::::::::::/
//: .  /-=ニニ/-=ニニ// 八: ./          /::::::/∧ }:::::}  |::::::::/


●キャンペーンとして行う場合のアドバイス
 本シナリオは「The Hound of the Wild Hunt」の直後から開始することを想定しています。
 このシナリオから遊ぶ場合は「The Hound of the Wild Hunt」の導入後、無事にセント・マイルズ・マウント島に到着。
 ディンドランがアルトリウスを召喚した直後、待ち伏せていた敵から襲撃を受けた……とすると良いでしょう。
 ミツハマ十三課は最初からディンドランか、あるいはアーサー王の墓所をマークしていたわけです。

 継続して遊ぶ場合、前回のシナリオにおけるPCたちの負傷・消耗はそのままとして扱います。
 間隔時間が極めて短いため、技能・能力値の成長は、判定や訓練期間を取らず、カルマのみで認めると良いでしょう。
 ただしイニシエイト、サイバーウェアの埋め込み、新たな装備の購入については、
 シナリオ中に実行可能なタイミングがあるため、そこまで待つようにと伝えてください。

 本シナリオでは「突然の襲撃を受けてPCたちが撤収する」といったシチュエーションが複数回発生します。
 その際、ドローンやヴィークル、あるいはそれらに乗せたままにしていた装備などが置き去りになる可能性があります。
 高額装備や思い入れのある装備を失ってしまうことは、プレイヤーのモチベーションに大きく影響してしまいます。
 これを避けるため、随時「Mr.ブラックハウスが手配して回収、運搬してくれるよ」と伝えると良いでしょう。
(PCたちが前回のシナリオでS=K社以外の勢力と手を組んでいるなら、その勢力のフィクサーにやってもらえば良いのです)
 もちろんGMはリアリティが無い、難易度を上げたいなどの理由で、「置き去りになった装備は失われた」としても良いでしょう。
 ただしその場合は、事前にプレイヤーたちにそういった可能性があることを伝えておくべきです。

 またシナリオ内では召喚者が契約している英霊を設定してあります。
 しかし英霊と召喚者の組み合わせはある程度GMの自由に変更して構いません。

 最後に、本シナリオではミツハマのゼロゾーンという第六世界でも極めて危険な施設へ挑むことになります。
 プレイヤーたちが安易な選択肢(真正面から突撃する、協力者を相手に引き渡して手打ちにするなど)を取ろうとした場合、
 まずは「とても困難ではあるけれど、決して不可能ではないよ」と言って安心させてあげましょう。
 プレイヤーたちが真剣に悩み、苦しみ、どうしても他の解決策が思い浮かばない、という状況があるからです。
 安心すれば、プレイヤーたちはまた別の方法――もっと的確でスマートな作戦を立ててくれるかもしれません。

 そうした場合、GMはPCたちの持つコンタクトや、あるいはディンドラン、アルトリウス、協力者らの口を借りて、
 何らかのアドバイスをして、彼らのミッションを成功に導くためのサポートをしてあげましょう。
 GMはたしかにPCたちの前に立ちはだかる敵役でもありますが、共に困難へ挑む仲間でもあるからです。

 ただし、もしPCたちがそういった事柄を無視して、あるいはそれしかないと思って安易な選択肢を選ぶようであれば、
 GMはルールブック背面に記された警句「何事にも代価がいる」を示して、それで良いか確認しておくべきです。
 その上で、情け容赦なく無慈悲に、代価を取り立てにかかりましょう。

.


8653梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 22:41:23 ID:PhGjyaQH
ちゃんとセーフティの説明がしてあっていいね
こういう事をちゃんとGMの口から言ってもらえれば安心できるんだw


8654◆CoNaNQHQik2020/01/31(金) 22:44:51 ID:hrceObQn

                                                     ,rへr、        /
                                                  ,r'⌒'/  f \   イ\/
  、 、                                              ノ.  イ  |i <⌒'; ; ; ; ; ; \
  爻、                                   ,rヘ _ ,rヘ三三  彡; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
. 、彡ミ.i '~゙゙ ゙゙ ¨ ミx、                       /             ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; j ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
 _爻爻ミ. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :゙゙ ¨ミx、                /              ノ; ; ; ; ; ; ; ; ;彡ミ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
 =爻彡ミミ、. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :゙゙ ¨ミx、         /      ノ'´  ̄ ̄  ̄ 人; ; ; ; ; ; ; ; 三; ;≧; ; ; ; ; ; ; ;
_,爻彡ミミ;x_. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :゙゙ ¨ミx、    厂      厂´   〃 ̄ ̄¨  {; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ミ ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
彡ミミミミミミミ=. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :'彡ミ_k   ¨ミx、/       /     イ      .人; ; ; ; ; ; ; ;彡三; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
彡爻ミミミ.ミミ、.. :. :. :. :、. :. :. :. :. :. :. :. :爻爻ミ、.i、    ノij へ'⌒ヾノ从  /´¨'       {; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;ミ三ニ≧; ; ; ; ; ; ;
爻彡ミミミミ;:'. :. :. :. :,爻、. :. :. :. :. :. ;:イ爻爻ミミミ、.i、  rルゝ,ハ';'シハノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハミz ;{; ; ; ; ; ; ;v,l|V::从X、ノメ; ; ; ; ; ; ;
爻爻ミミミ爻彡.. :. :,彡ミ、_. :. :. :. :. :v,l|V::从X、ノメ..x,,;..v、 v爻ミミ〉ミ爻彡x;: ゙爻:";vミ'〈゙ x彡γ; ; ; ; ; ;lW:八ヘ{V::从ivヾ;;); ; ; ;
爻爻彡爻ミ爻. :. :爻爻ミ、.. :. :. :.. ::lW:八ヘ{V::从i.爻爻ミ゙'爻ゞゞ;;yゞ彡ヾミメ゙';ゞ;,”v:";v〃ヾ爻; ; ; ; 彡゙;:.'ハヾゞ';'ヽヘ; ; ; ; ; ; ; ;
ミミv;;ミ゙'.ミミ.ミミ爻. 爻彡ミミ. :. :. :. :. :XゞV:从XゞViv:l;,ゝ);'レゝ,ハ';'シハノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ ゝ,ハ';'シハノシ;:ツノノ;:'ハ;;:.}; ; ; ; ; ; ;
爻ミv;;ミ゙'.ミミ.ミミ爻.爻彡ミミ. :. :. :`彡ハノ;|ililヾvフ'レゝ,ハ';'シハノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ'レゝ,ハ';'シハノ,r≦三ノノ ノ'ノ,'ハハゝ; ; ; ;
爻爻ミv;;ミ゙'.ミミ.ミミ爻.爻彡ミミ  イレゝ,ハ';'シハノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ'レゝ,ハ';'シハノシ;:,≦´ ̄  ̄ノ  {    }ノ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
爻爻爻ミv;;ミ゙'.ミミ.ミミ爻.爻彡ミミミ三三 三≧=='´ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ < ‐=≦´.  人   厶; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
: : : : : :<´ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄      廴__ _ ______ ___ __     `ー === 二二 二二三
: : : : : : : :\  __,   。                                    ` ー 、__ ___ ___
: : : : : : : : :ノ  ゚゙    .__,     ~' ',;''    .__,                            __,
: : : : : : :/  。     :::...            ゚゙::...   ~' ',;''           ゚゙.。            __, :::...゚゙
: : : : /                          __,      :::...

      \
       \                                           /
       \\                         |                    /
        \\  \                    |          /    ///
.        \\\  \   \     ゙         |i     !       /   ///
            \\    \   \         |i |   |i     /  ///
            \\    \   \         |i |   |i   /  ' //
\           \      \   \        |i |  !   /  //                /
  \          \   \   \ )\   \       |i |i      /               /
    \         \ \ \   \              |i     /   /         /
     \        \ \ \  \                   // /         /
      \        \ \ \                  / /        /
        \\          \ \              / /        /
          \\         \ \      . : . `.: .:' / /          //
        ̄ ̄  ̄  二二ニニ=────   ─ ─── ─────   ̄  ̄ニ ニニニニ====-------
  ̄ ̄  ̄ ─-------- ─‐==          . : . ゙  ─ ───────      ̄ 二二ニニ==─‐  ̄ ̄ ̄ ̄
─────==ニ二  ̄ ̄ ̄                   . :\\       ̄ 二ニ=──               ̄ 二二ニニ==─‐
 ───  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄───           \  `     . . \                                  ─ ─────
       ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ -=\\          \ \                \   ̄  ̄ ̄ ────
          .: : .        \\          \         \  /  .::\                           ─ ─────
    \/  .: .:X.: .      /   \          \        X   .: .:*:\ \
    /\   .: : .     /    / \       丶     /  \ \  .: .:.\ \      ニ==─                ─── ───
                 /    /     丶       \           \.:. \   .::.             ̄ ニ=─
                /  //         \        \       .:+:.   \.::〈〉:.                  ̄ ニ=─              ───
       `   /  //     / /  \ \     \      .::.      .: :.                       ニ=─
         /   /     /       i : : . i |\     \                                 __ ニ=──
            /     /      i |:.+.:| |  \     \        │         \        --=ニ            ニ=─
           /     /       | | : .:'.:| | |i  \.: ..    \      ─┼─      \\                    ニ=─
         /      /    \/   |     | |     \.: .: :.   、     │          丶        .: .: *. :.: .+. :.-=ニ  ̄─
        /    .: :¨¨〈\   /\       |      \\.: ...  \          .: .〈〉.: .: .  . .  .. .: .: . :. .:--=ニ  ̄  ──
       /  /  ':. .:/: . }ノ ̄ }           //           \   \\:.  . .: .: . *. :.   .: .: .: . :.: .: . :--=ニ  ̄ ───
     / / __ { {:.:  rく/ ̄〉-rく⌒>、 //    r‐‐ヘ        .: .::\:. \\    . :.: . : +.: . .: .: . : ̄ ̄ . :.: .─ ─
    / / rくニ=-人V/〉、__/〉ニ}__/ // }ニ=-、 〕__〈__ .:.:.:x.:.:.    ゚:.: ::.:.:. \\  .: .: . :. :--=ニ  ̄ ── ─. :.: <>.: .
  //    〈___、{: .Y:./ニ//ニニ{└<ニニ< __/ハ〔ニニ〉__〕:::. :.:. .:*. :..  .:. :: .. :. :. :. .--=ニ  ̄ ─── .: .: . .+.: .: . :.
//    / 人ニ八: {:.〉ニ/-=ニニ〉  └//r_}_〉┘ノ  { ───=ニ   ̄ ̄ ───── .: . :. :. :.:: .〈〉.: .: . .: .
/ / / rく:i:i:〈V〈:Y:人-=ニニニ/{   /    └‐へ >  ' .: .: .:〈〉.: .: .:: :.: .   .: .: .:: :.: *. :.: . . . :. :. .: . . .
 / /   \⌒ }〈∨:〉-=ニニニ/ニ{             //    .: .:.: .:.::: .:.〈〉.: .: .: .:.: .: .: .. .: . :. .. .: . . .
  /        L、_}rく只⌒}ニニニニ八              /        .: .:X.: .: .:.: 、. :.┼ .: .. .: . . .: .+. :.
//        ∧L/}::}\〉-=ニニ/ニ\      \               .: :: .: .+: .: .. .: . .. :.。. :.
/          /ニ〈/ }::|\}-=ニニニニニ\      \/              . . .:. :.:<>.: ゚ .: .
           .'-=ノ{: 八ニニニニニニニニニ\      /\               . :.. ::x.: .. :.
           {-=ニ{: . ∨ニニニニニニニニニ\                        .: :. .
         〈\=- 、: . 、-=ニニニニニニニニ=-\
          {ニ\ニ\: . \-=ニニニニニニニニニ\




●導入
 PCたちの手によってダミアン・イェイツは討たれ、ディンドランは英霊を召喚し、願望機を巡る戦いが幕を開けました。
 アヴァロン――セント・マイルズ・マウント島には静寂が戻りましたが、何もかもまだ始まったばかりということでしょう。

 だがしかし、ひとまずは身体を休ませねばなりません。
 ディンドランが疲弊しきっている事もあり、PCたちはひとまず島の対岸、マラジオンの街で一泊することになります。
 PCの中にアルカナの技能を持つものがいれば、アルカナで判定をさせても構いません。
 3ヒットすれば、いくら強力な英霊を召喚したとはいえ、そのドレインにしても異常な疲労具合であることがわかります。
 しかしディンドランは理由を語りませんし、願望機の情報を持っていない限りPCにも原因はわかりません。
(実際は願望機が起動したことにより、ディンドランの身体系能力値が1低下したためです)

 ホテルへ向かいながらディンドランからの護衛継続や、今後のことについて話し合っていると、
 突然アルトリウスがその聖剣で虚空を薙ぎ払い、途端にアストラル界に精霊の断末魔が響き渡ります。

「精霊だ。囲まれているぞ」

 どうやらダミアン・イェイツは(その不幸故に!)すでに召喚者として何者かにマークされていたようです。
 PCたちの周囲に次々と物質化してくる精霊は、その数も目に見えて多く、現状ではとても対抗できません。

「ど、どうすれば良い……!?」
「今はひとまず、身を隠すしかあるまい!」

 幸い、PCたちはこの街へ来る途中に湿地帯を抜けています。隠れるならそこしかないでしょう。
 混乱するディンドランを叱咤して走り出すPCたちの行く手を精霊が阻みますが、アルトリウスが尽く斬り伏せます。
 そしてPCたちは、なんとか湿地帯――自然保護区マラジオン・マッシュの中へ飛び込むことができました。


.



8655◆CoNaNQHQik2020/01/31(金) 22:49:10 ID:hrceObQn


  _          ヽ       ` ー-  __     --―――--  .,   \
   ―‐_____V                           } ` 、 \
         ―――――ォ、                        ,′   ヽ  ヽ
         / i ̄ ̄ ̄7 ≧t:.,
         ,′ l  ゞ:l :i  `ヾ<≧t:..,__             /       ゝ 」
            i l:..   | l!   /寸=-<ニ≧t::...., __      i            ノ
        l  l |: :.   |    ,′ 寸ニニ=- <ニニニニニニ===―--  -‐七___
         l   l: :ヾ |     l   /゙寸ニニニニニニ=-    ◎    -=7 ̄ ̄
          |  λヾ: : | l   |  ∠   }寸ニニニニニニニニニニニニニニニニ=7
          |   i:,: : :,:| !   |イ  \.ノイ 寸ニニニニニニニニニニニニニニニ7
          |   | Y  |   f灯示ミtx }ハ ` <ニニニニニニニニニニニ=イ
          |   |八 (r}从 ト!cうc歹 `  |   ,  〕 <ニニニニニ> /l
          |  i v ヽ.,| ヽ{        从 /イ  (;歹っ¬ ´   / |
          |  l! V:   |  l :/:/:/:/:/:   ∨      /  /| i |
         l   |l  ∨ __|  |            i:.  :/:/:.イィイイ   | l |
        l _」L ィ ´ :|  |ヽ  u               /`ー| :l  :|- :l
    >    ̄     l   :|  |、:\   _        イ   | :!  |   ヽ
                |   :|  | \:.:\   `   rf〔  ∨__,..| l   :|
  ,′        ` 、ノ   :|  |  \:.:.>- r<   l_,...::´ヽ l    |     ,
            l ` ー.:|  |    `'ーォr '´    ′    V:l  i |     i
  :!            |   .:|  ト,    /`Y^ヽ    /      ',l   |     |
  :l            |     :|   l∧  /ニ=-=ニム  ,′        !  l |      l
    u     ヽ |     :|   !  ヽ∧ニ==ニ7 ヽ{         l  l |      !
             ∨    .:l  /     ヘ<>/              ', l |
   ∧         /     :/ / _    }l: : :l{   ̄ 二 ==-  ー=ヘ l ト、


●敵はミツハマ!
 精霊の探索は生体オーラに頼ったものですから、天然の自然に隠れれば一時は追跡をしのげるでしょう。
 しかしいくら自分たちを守ってくれているからとはいえ、虫の蠢く沼地の中でずっと這いつくばっているわけにもいきません。
 特にこういった事に不慣れなディンドランは、文句も泣き言も漏らさないだけ立派ですが、長時間は耐えられないでしょう。

「……術式に見覚えがある。あれはたぶん、三浜の十三課だ。……習ったんだ、ここへ来る前に」

 PCたちにとってはありがたくないことに、敵は三浜の魔法担当部署だとディンドランが教えてくれます。
 つまり敵はメガコーポであり、この場で戦ってもまず勝ち目はなく、勝っても増援が来ることは間違いありません。
 この場での最適解はとにかく隠れ潜み、やり過ごし、逃げ出すしかないでしょう――どこへ、かはともかくとして。

 三浜十三課は願望機を巡る戦いの参加者としてダミアンをマークしており、その結果、PCたちを発見。
 現状なら英霊およびディンドランを確保ないし排除できるのではと判断し、攻撃をしかけてきたのです。
 そのためPCたちを見失った場合、あまり長期間の探索はせず、一旦引き上げることになります。
 この辺りの事情は、特にPCたちへ明かす必要はありません。
 しかしプレイヤーたちが裏切られた、情報が漏れたのでは、など疑心暗鬼にかられたのなら開示すると良いでしょう。

「と、とにかく、なんとかしてくれ……! この危機を脱したら、また報酬は一人2万新円、ちゃんと払うから……!」

 そう言ってディンドランは泣き出しそうな――けれど泣くのを必死に堪えた――様子でPCたちへ依頼を出します。
 今回は状況が状況ですから、報酬交渉をするだけの余裕はありません。
 もし無理にPCたちが交渉をして報酬を釣り上げようとすれば、ディンドランはとうとう泣き出してしまいます。


.


8657◆CoNaNQHQik2020/01/31(金) 22:53:04 ID:hrceObQn

|l!i│il  |i!                                              !li| l|i│il!li|
|l!i│il  |i!:                  ,.:'"`:.、                              !li| l|i│il!li|
|l!i│il  |i!                 /::, -- 、\                             !li| l|i│il!li|
|l!i│il  |i!                 __{ (:::::::::::::): :)-- 、____                    !li| l|i│il!li|
|l!i│il  |i              ノ: : : ゝ:::::/:人 : : : :ヽ: :ヽ-、_                     li| l|i│il!li|
|l!i│il  |!             /: : : : ○=}{=○:、 : : 、: :、: :ゝ: :l                      i| l|i│il!li|
|l!i│il  |              /: : : : : : [/] ∧ :[/]: ヽ : : :、:ヽ: : `ヽ、                 :!| l|i│il!li|
|l!i│il  |           /: : : : : : : : [/] l : ヽ[/]: : :ヽ,: : :、: ヘ: : : :\                  | l|i│il!li|
|l!i│il  |           ヽ:ノ / : : : : : ノ: : : \ : : :: :ヽ: : :、: : :丶: : :` 、              | l|i│il!li|
|l!i│il  |          /:/: : :/__/ニ==ニ\: : : : ヽ: : :、: : : ヽ: : :ヽ.              | l|i│il!li|
|l!i│il            /: :/: : γ三ア}: : : ,; : :,; : : : ヾ :_:_:_:ヽ∠ヽ、 : : \: ヘ.             l|i│il!li|
|l!i│i           /: :/: : :/三三ミ/ : : ,;: : : : ,; : : :∨三三三三ヽ.: : : \:}              l|i│il!li|
|l!i│i           ./: :/: : :/三三ミ/: : : / : : : : :ヘ: : : ∨三三三三ミヽ_,,...::''、            l|i│il!li|
|l!i│i          /: :/: : : {三三ミ/ : : : : : : : : : : :ヘ: : : :ヾ三三三ア三三\ ヽ             l|i│il!li|
|l!i│         /: :/: :_: :ソ三三/: : : : : : : : : : : : : ヘ: : : :丶三三入三三三\ ヽ          l|i│il!li|
|l!i│           /: :γ´三三三ミ/: : : : :ゝ: : : : : : : : : ヘ: : : : : :ヽ: : : :\三三三l___ヽ       l|i│il!li|
|l!i         /: : : !三三三三/: : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : )三三三三ミ         l|i│il!li|
|l!i          /: : : ;j三三三/: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : (三三三三ア      .   │il!li|
|l!        ィチ⌒ヽ三三/: : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : !: : : : : : : : : :ヽ: :\三三ア           │il!li|
|l!        ヽ、三三三ミ{: : : : : :/ : : : :`: : :/: : : : : : : :l : : : : : : : : : : :ヽ: : }三ア               il!li|
|l          ゛'' ‐-,三l: : : : :/ : : : : : : :/: : : : : : : : ノ:_:_:_:_:_:_:,. ''"⌒ヽ/ア               il!li|
|l             /三.∨: :ノ :_:_:_:_:_:_:_ヘ: : : : : : γ´//////////////                    l!li|
|l             (三三∨´//////////ヽ:_:_:_:ノ//////////ハ-‐''"       !           l!li|
|             ゝ、 ___{///////////////////////////ノ         l!             .li|
|                 ゝ、_//////////////////,,.. ''"               |l!           li|
|                   `ー一ヽ三ニ-‐ '' "´               .l |l!             i|
|                                             lil |l!               |


●あやめ野の凶事
 PCたちはひとまずこの湿地帯を這い進み、精霊たちの探索をかいくぐって脱出しなければなりません。
 そのためには忍び歩きで姿を隠し、航法で進むべき方角を確かめ、サバイバルで匍匐していく必要があります。

 PCたち全員に〈忍び歩き〉(目標3)、〈航法〉(目標3)、〈サバイバル〉(目標3)のテストをそれぞれ行わせてください。
 ただし航法、サバイバルについては夜間のため、環境修正の「暗がり」としてDPに-3のペナルティが加わります。

 この時、PCは自分の目標値を1上昇させて手伝うことで、他のPC1人の目標値を1下げることができます。
 またドローンや魔術、その他の装備を駆使したり、何か有効な手段などをPCたちが思いつく可能性もあります。
 GMはそうした提案に応じて目標値を下げたり、テストをスキップしても構いません。

 ディンドランは疲弊していて自力での移動が困難な状態ですが、アルトリウスが彼女を支えています。
 アルトリウスに他のPCの補助をさせたり、あるいは何か他の行動をさせる場合、ディンドランを誰かが助けねばなりません。
 この場合ディンドランの目標値3分を、他のPCたちが受け持つ必要があります。
 またアルトリウスは今回(隠密はともかく)精霊の助力で姿を隠すことは卑怯と考え、自分から隠蔽を使う事はありません。
 ですがディンドランが助力を使って頼めば、隠蔽パワーをPCたち全員にかけて忍び歩きの判定をスキップさせることができます。
(他の判定が省略されないのは、姿を隠したからといったって湿原を這い進まねばならないことは変わらないからです)
 ただしディンドランからアルトリウスへの助力は、キャンペーン全体を通して3回しか行使できないことを、PCたちに確認しましょう。

 この三つの判定は失敗するごとに精神的に疲弊し、DV5Sのダメージへ抵抗しなければなりません。
 失敗したPCは強靭力+意志力を用いてこのダメージを軽減することができます。当然、防具は効果を発揮しません。
 このダメージは2回目の失敗時はDV6S、3回目の失敗時はDV7Sになります。

 PCたちがこの3回の判定を終える頃には、夜明け近くになっています。
 おそらく十三課も束縛した精霊ではなく、召喚した精霊に探索を行わせていたのでしょう。
 アルトリウスが(あるいはPCの誰かが霊視したならば)、精霊たちが引き上げていった事を教えてくれます。



.



8658梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 22:55:27 ID:/arU9bDF
アルトリウスちゃんが猪侍・・どこかで見た記憶がggg


8659梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 22:57:31 ID:4sVlKNGq
令…助力を使うタイミングは悩み所よねぇ


8660梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 22:59:36 ID:V2/gd8ya
Fate的に考えて三騎しか盤面に出てない状況で切りたくはないな


8661◆CoNaNQHQik2020/01/31(金) 23:01:33 ID:hrceObQn

                      -―…━ - ミ         ,,-―=≦´___
                ,,.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::...  /:::::::::::::::::::::::::::::::{´
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\'::::/::::::::::::::::::::::::::::::≧=ー
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. V:::/:::::::::::::::::::::::::::{
            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. V::/::::::::::::::::::::::::: 〉
              /::::::/::::::::::::::::::::::::八:::: ト ::: {'`'`'`'㍉、::::::::. V:/:::::::::::::::::::::::く      /≧s。
          /:::::: '::::::::::::::rヘ i::::| }::: | }::: |     ミ、::::::: }':::::::::::::::::::::::::::::≧=ー   ////////≧s。
            /::::::: '::::: i::::|::| i:|::::| |::: | |::: |      ミ、:::::::}!::::::::::::::::::::::::::く     ///   `~、/////≧s。    r'⌒'´ `ヽ、
        /:/::::: i::::|::|::::|::| |:|::::| ハ: | |::: |        ミ、::::.                ///        `~、////   ヽ  ∧  ノ
         iハ:::::::|::::|::|:::ハ」'"|:}::i」^ i}」 |ハi{  '"""^  ミ、:::::}!::::::::::::::::::::::::::/    ///            //   (、.(__;)  )
         | }ハ:: |::::|::|::{                  ハ::::::ハ:::::::::::::::::: rヘ{  , -、///            //     //⌒ ー'
            | i}:::|::::|::|::| ィ芹示ミ、    ィ芹示ミ、 ,'::::: ;  '::::::::::: rヘ{  /   }//            //`Y
            `Yハハ{                .::::::::,' .        /.   ///              // /
              |::::::::ハ           :.        ハ:: rヘ .        /    ///              ///
              |::::::::圦       ′     .::::::::| }!  ハ:::::::: ァ'    〉///            //¨ヽ
              |:::::::::::{      マ   ノ   イ::::::: | /   }/}ァ゛   .イ///            //  /
              |:::::::::::|   }::..           | :::::: |  .   /      ///            //、__/
              |:::::::::::l   人:::::`    イ     | :::::: |      ′     ///            //'´ }!
              |:::::::::::l /i, \:::.   ハ\   |:::::::::|     |     ///、、.             //{  ,'
              |:::::::::::lニニヽ   `ーァく }ニ\ |::::::: |     |     ///////≧s。.       //__ゝ/
            ,。r|:::::::::::|二ニ- \ /只}/ -=ニ | ::::: |     l      マ/////////◯//≧s。.//´ )〕l
          r<二|:::::::::::|二ニニ=- } 〈∧〉 -=ニニ |::::::::ト、   ,′.       `~、,////////////乂 ノ

●オレステス
 PCたちが湿地帯から抜け出すと、ハスキーな……少年とも少女ともつかぬ声が、ひょいと投げつけられます。

「いやあ、御見事御見事。藪の中を無様に這い蹲って逃げ惑う様は、石橋山の兄上が如し雄姿でありました!」

 虚空から身軽に飛び降りてきたのは、少年か少女か判別のつかない黒髪の若者です。
 背中に鴉のような羽が見えるあたり、尋常な存在ではない事が非覚醒者のPCにもひと目でわかるでしょう。
 彼女はオレステスの召喚した英霊、源九郎判官義経です。アルトリウスはすぐさま臨戦態勢に入ります。
 しかし義経はPCたちの反応をにやにやと楽しそうに眺めたあと、からからと愉快げに笑います。

「ご安心くだされ、あなたがたの味方とは言い切れませぬが、奴らの同輩ではありませぬ。
 少なくとも敵であったなら、声もかけずにそこな白い娘の素っ首叩き落としておりましたからな。
 主命によりこちらをお届けにあがった次第。今世には、なかなか面白きものがありますなあ」

 そう言って差し出されたのは、使い捨ての安物のコムリンクです。
 すでに誰かと接続されているらしく、画面には通話を示す表示が出ています。
 PCたちの誰かが手に取ると、ギリシア演劇の仮面のアイコンが浮かび上がります。
 参考画像:ttps://andieatcollege.files.wordpress.com/2014/03/dsc_0115-orestes.jpg

『……うちの英霊が迷惑をかけたわね。まずは謝るわ。ごめんなさい。あたしはオレステス。ご同業よ、お友達(チャマー)』

 コムリンクの向こうから聞こえる声はややくたびれた、けれど明らかにティーンエイジの少女のものです。
 オレステスと名乗ったデッカーは、PCたちとディンドランへ、ミツハマに対する共同戦線を持ちかけてきます。

『ミツハマに目をつけられたんでしょう? こっちはミツハマに目をつけてるの。だったら協力できないかなと思って。
 ひとまず、イギリスから引き上げないとまずいわよね。とりあえず落ち着ける場所までの手配をしたから。
 初対面で信用も何もないだろうし、まずは手付と思って受け取ってちょうだい』

 するとPCたちからも見える湿地帯脇の道路へ、無人のロボットタクシーが停車します。
 それと同時にオレステスのコムリンクからPCたち(とディンドラン)のコムリンクへ、航空チケットが送信されます。
 ランズエンド空港発、シリー諸島セントマリー空港行きのエアバスです。

『じゃ、そっちがその気なら向こうで会え――ないわね、まだ。まあ、連絡はするから。ともかく、良いフライトを』
「では、私もこれにて。ははは、良き同胞は少なく、良き敵はそれにも増して得難い。どちらになるか楽しみです。
 ……ああ、それとひとつご忠告をば。さすがに汚いので湯浴みでもされた方がよろしいかと。くさいですよ?」

 そう言って義経はコムリンクを手に、再び虚空に身を躍らせて姿を消します。《隠蔽》のパワーを使ったのでしょう。




8662梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 23:04:00 ID:V2/gd8ya
うーんこの全力煽りスト


8663◆CoNaNQHQik2020/01/31(金) 23:04:54 ID:hrceObQn
                         r‐┐
                     -‐…┼- ミ     -‐…‐-
                  /     |  | >'゙´:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
                      ...::‐…':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
                  /:::::/:::::/::!l::::: r'゙^^`㍉:::::::::::::::::::.
                    〃:: /::/:: /::: !l:::ハ:!    ミ :::::::::::::::::.
                 /{/{::::/:::: {::::: !l::i }     ミ::::::::::::::::::i
                  (  ハ/i:::::八:: 八{ 「”¨____  ヾ:::::::::::/:!
                     ト、:::::(芹ミ    芹示「〉 /⌒V,:::!
                     |__ヽ:: 弋r}    乂rリ ,:  ノ::: |
                   q⌒|:::圦 ノ      ,: ^¨::::::::::|
                     //|  l:::: 个:... ‘`     イ:! :::::::::::::::|
                / √_ヽ)::::::::::::::::::::: ーr  |::〉,_)::::::::::|
                _〃  ,:{ ニ〉γ   7/ ノ   ル'/ \ ::: |
                 ノハ}  /:八  ' レ    ,:/ー 、 , ‐r'/     ヽ|
               ({'  ,,::::::::: ヽr‐ ミ'〉//     , /      }|
              //::::::::::/フ⌒  〉/     { { ;     八
              / ,:::::::::::  ゝ⌒ 「 {       ノ^V    / :::::.
             ,   / ::: /   |⌒i 人    〃/  ,    / ::::::::::.
               /::::〃   ,|  |  \\{/   /    ,: { :::::::::::::.
              ! /:::: {     ..: |  ト..        /    ,: 八::::::::::::}    - ミ
             } ,::::: 八___/:::::|  |::::::..     \/     ,: / ::: \,,'゙´
             リ:::::/ ハ::::::::::::::|  |::::::::::\    ヽ   ,.: /:::::::::/   ,:     }
             {:: /  { 八ルヘハ!  !ヽ八/^゙\    /  {:::: /   /     /
            八{   (    '|  |   /    ー      〉'゙    '゙        /
                     |  l           /   〃       ,
        -‐―…・・・・・…― |  |〈        /     ′       /
   〃  ‐-            |  l ,       ,      /
   {{          `゙'       |  |  ',      /     /
    ゝ           `゙'   |  |  ゝ,   /     /       /
      `              `゙'<_|    >-〈     ,,     /
            ‐-             ー=ニ'^⌒>-/
                      .,___         ,,    /
                         -‐='´    /
                         i{      ',/
                          \(     }
                             (__//
                          { (__/
                             (Y_/


 義経はPCたちの失敗や弱みを突いてからかう事に余念がありません。
(源義経はそういう英霊であるという人々のイメージが強いのか、それとも本当にそういう性分なのかはわかりません)
 オレステスはそれを必死にフォローし、PCたちへ謝罪し、その支援を行おうとします。
 少なくともPCたちがミツハマに与しない限り、オレステスの側からPCたちを裏切るつもりはないのです。
 もしGMがオレステスの召喚した英霊を他のキャラクターにしていた場合、それに合わせてロールプレイも変更してください。

.



8664◆CoNaNQHQik2020/01/31(金) 23:06:25 ID:hrceObQn

         {L。*''"´ ̄ ̄`'*s。           \
         {     ′     `''*s。          ヽ
        __.ヽ    {          ` =-  _ -='"}
        `*s}≧s。_ }_          _      ノ
         /ニ≧s。O_` ̄ ̄ ̄ ̄=- **c}三ニ="ュ
          |ニニニニニニニニニニ>" ̄.i /| ! ヽ
           Ⅳニニニニニニニ><´ .|    |  /,| ||
          | `t<ニニニ>イ /_ヽ|   | ./ /!    |
         ∨ハ`弋心ヽ //zzzzz、、i.|   /‐、 //|  | .|
             |.从 ` ̄ |/ヾ  ゞ="´/  /"ソ.}'/ .|  | .|
           l从 ''''' 〈    '''''''''' /  ./-' ノ  .!   | ′
              |. 丶          ′ /イ       ′
            |  |\ ヽ  r――.′./亠zx、  |  /
            | -=≦ヽ 。s*}} ̄ ′    ̄}   |
            |  |ヽ    i }}  ′ i    .{      |
                | ハ .,r≦彡}  |  ,'=≦ ̄ \ |  .|
          | .〃: :}V介}γ>>"! .′: : : : : : :ヽ|  .|
          | /γ>≦}ゞ} | : : | |: : : : : : : : : : ヽ  |
          / /}←ヽーY  |: : : :| |-   ̄ ̄ ̄ ∨ |
         /人=}>┘ .|'"´ .| |           } 、
        //ニ /     |   |  、          | ヾ
.      //ニニ/ー‐ 、   }  ヽ  ,        }\|`
   。*'" /ニニニ./   /  `  }   \.',        }!
    {:...  《ニニニ/   /     ∨    ``  γf=ミ、 }!
        マニ/    {       }        {l:i、 //,  丶
   从   Ⅵ      {!      }!        ヾ:iY/,  .,、 \
    \   丶     {!      }i       ,、  //、\{iへ、 }i
      丶 __\  丶     ノ }!     /:i:、>>/ 》、\///


 PCたちの判断はわかりませんが、ディンドランはオレステスの提案に乗る気であり、ロボタクへ乗り込もうとします。

「……今はこれしか方法があるまい。それに、その……私は、汚くて、くさいの、だろう?」

 ランズエンド空港はイギリス最西端の小さな空港です。
 泥まみれのPCたちに空港職員は訝しげな顔をしますが、ひとまずエアバスに乗り込めば人心地つくことができます。
 そこからシリー諸島まで30分ほどのフライトを終えたPCたちは、コムリンクに次の航空券が届いたことに気が付きます。
 それはセントマリー空港滑走路の端にあるビジネスジェットを示しており、PCたちは慌ただしく乗り継ぐことになります。
 パイロットであるスマグラーは壮年のオークで、あえてワイヤー接続でリギングするなど年季が入った風です。

「急ぎの仕掛(ラン)だったみたいだな? 安心しな、俺の爺さんは、カダフィを殺りに行く傭兵部隊だって乗せたんだ。
 一晩ぐっすり寝ればすぐに現地入りさ。しかし羨ましいね。何度も飛ばしたことはあるが、一度は俺も降りてみたいよ、ドバイに」

 この時、PCたちがF装備や、置き去りにしてきた装備などについて気にすることがあります。
 そうした場合はディンドランがMr.ブラックハウスへ連絡し、上手く回収や輸送をしてくれるよう手配してくれます。

※以後のシーンはPCたちがディンドランと共に、オレステスの提案に乗った前提で展開されます。
 しかしPCたちがこれを拒否し、Mr.ブラックハウスやコンタクトに助けを求めるなどした場合も考えられます。
 その時は1人2000新円の料金でスマグラーを手配してくれ、ほどなくPCたちの前にアレス・ベンチャーが降下してきます。
 この小型LAVはPCたちを乗せると最も最寄りの空港、すなわちランズエンド空港へと向かいます。
 そこにはPCたちを乗せるための輸送機が待機しており……以後はオレステスに協調したのと同様の展開へ続きます。


.



8665◆CoNaNQHQik2020/01/31(金) 23:08:33 ID:hrceObQn

                       , 、
                         ///∧
                   />〃.:}Ⅹ:.
                   //∧′∧/∧
                     //∧∨∧∨/∨:,
                  /∧∨/!:∨〃ヽ/V:,
              ∧∨∧.:∧ V   ∨V:,
                l∨∧∨:!/.:/   ∨V:,
.                l∧∨∧:l∧′   ̄:∨/:,
                l∨∧∨:jⅩ{ ̄ ¨  ‐:VV:,
             l∧∨∧、!lⅥ      ;∨:,
               l∨∧∨/|Ⅹ! ̄ ¨  ‐:Ⅳ/
                 l∧∨∧VlⅩ!        ;Ⅹ:l!
             l∨∧∨/:|刈  ̄ ¨  ‐ l:Ⅹ}!,
               l∧∨∧V:lⅩ!         !Ⅹ|j:,
.              l∨∧∨∧!Ⅵ ̄ ¨  ‐-.lⅩ:j:.,
             l∧∨∧∨lⅩ!       jⅩ:}:.l
               l∨∧∨∧lⅩ!         !≠|/l
                |∧∨∧∨:!Ⅵ ̄ ¨   ‐-.}Ⅹ:l/l
.              |∨∧∨∧_Ⅹ!         |Ⅹ:}/!
          _ . -‐|∧∨∧∨:lⅩ|         |Ⅹ:|/j                    _ ....-‐
.         |  -‐!∨∧∨∧:lⅩ! ̄ ¨   ‐-.!Ⅹ:}xj             _....-‐:.:.:.:.:.:.:」:.:.-┘
.          | -‐=ニ!∧∨∧∨:jⅩ|         |Ⅹ,'!xl           /|:.:.」:.:.-┘:.:.:.:.:.:.:.:.
        | -‐=ニ|∨∧∨∧/Ⅹ|         |Ⅹ/!x!          /:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.」:.:.-┘
         | -‐=ニ|∧∨∧V:/:Ⅹ{ ̄ ¨   ‐-.|Ⅹxi'/!        |:. :.|:.:.」:.:.-┘:.:.:.:.:.:.:.:.
          | -‐=ニ|∨∧∨∧Vl:Ⅵ        :|Ⅹ/!/l           |:「:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.」:.:.-┘
.        | -‐=ニl,∧∨∧V∧lⅩ!       |Ⅹ/|/|           |:. :.|:.:.」:.:.-┘:.:.:.:.:.:.:.:.
.         | -‐=ニ:!∨∧∨∧Yj≠} ̄ ¨  ‐-.|Ⅹ/}/j          |:「:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.」:.:.-┘
       | -‐=ニ:|∧∨∧∨/ |∨!        :jⅩ/j/:!           |:. :.|:.:.」:.:.-┘:.:.:.:.:.:.:.:.
        | -‐=ニ:j∨∧∨∧∨!∧!       |Ⅹ/]/:!,     ┌.::::¨|:「:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.」:.:.-┘
   ┌――| -‐=ニ |∧∨∧∨∧!∨| ̄ ¨   ‐ l∨/,}/:!       |:sub:|:. :.|:.:.」:.:.-┘:.:.:.:.:.:.:.:.
   [ ロ  | -‐=ニ.:|∨∧∨∧∨!∧j       :j∧/:}/:l: ̄|¨ ‐-,|::::::::_|:「:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.」:.:.-┘
    [ ロ  | -‐=ニ :!∧∨∧∨∧!Ⅹ:, ̄ ¨  ‐l∨V:!/:!  | 」 」 j.:r<:|:. :.|:.:.」:.:.-┘:.:.:.:.:.:.:.:.
    [ ロ  ! -‐=ニ:l∨∧∨∧∨|∨∧     l∧:Ⅵ/:! ̄  `ヽ「 」 」:|:「:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.」:.:.-┘


           _ -――- __
           ′ i|     \ ー―――- 、
.          /   i|      `         \
.        /.   八         ー――  ⌒ ∨     r'⌒'´ _`ヽ、
    __〈__r―――――――――---- __.  八    ヽ   | ) ノ
      ≧o。.i{ニニニニニニニニニニニ _ ュ≦ ¨ `¨¨¨¨¨\    (、 0’   )
.        /` .ニニニ __   ュ≦/ `  _∨ }   i|. ∨    //⌒ ー'
       /  /`¨¨\   /从     }i. i|  从  ∨
.       |/{. /.斗=ミメ{/   斗=ミメ  l i| _.ハ.  ∨
.       |八.{  灯{.j沁       灯{.j沁 八 /  ∨.,
         /.7 乂__ク      乂__ク  ′/.   八 ′ |
       / ′ixixixixi       xixixixix  /  /.  ノ 八
      /  込       _       / /- イ.   / .′
      .{ /.  } l≧ュ   __ r― イ /.     / ,
     八∨. , 八  >:.\ へ_へ| ュ≦ .′ _∨    /
       〉 } ′  _ ノー‐{ l__l }-r‐./ /⌒  \ l {
.      〈ノ { |.  ∧ /   〉:::/.  ∨ .′___ノ 八.∨
.       八 ∨  i{   /::: ′   }|{/\::::::、   〉ノ
.         \  /7‐八ノー‐ <{八 '.  \::::\___
           /^くへ  i|   _ - へ. ∧  ム ュ≦\


●ブルジュ・アル・アラブ
 ドバイ到着と同時に、PCたちへはS=Kドバイ支社警備要員としての偽造SIN、偽造免許がR4で発行されます。
 イギリスで使っていた偽造SINと偽造免許はこれ以降使用できなくなると、PCたちへ伝えてください。
 もし本シナリオ中に何かしら疑われるような行動をとった場合、PCたちはDP8で判定することができます。

 ドバイはアラブ首長国連邦の一つ、ドバイ首長国の首都である中東の大都市です。
 第五世界の頃は繁栄を極めましたが、第六世界の覚醒と共に混迷に陥った中東情勢の中で、少なくない損害を受けました。
 なかでも記憶に大きいのは2073年に勃発したドラゴン・ウォーによるものでしょう。
 ロフヴィルとそれに敵対するグレートドラゴンの間で勃発したこの争いは、ドバイの街を大きく破壊したと言われています。
 ですが実際に降り立ってみれば、どうでしょう、ドバイはかつての栄光を取り戻したかのように綺羅びやかなメトロポリスです。
 しかしそのメトロポリスを取り巻くように灯のない暗黒地帯、難民や貧民たちの暮らすスプロールが広がっています。
 そしてさらにその外縁は、完全な荒野です。ドバイの夜景を見れば、この街の格差というものがひと目でわかるでしょう。
※参考画像:ttps://i.pinimg.com/originals/11/cd/4b/11cd4bc190edfdd14bb0735cbd1dbf1d.jpg

「ホテルなら予約しておいた。そこへゆこう」

 ひとまずオレステスからの連絡を待ち、そしていい加減休息をとるために、ディンドランはそう提案します。
 彼女がどこかワクワクとした様子で向かうのは、何か巨大な生物の骨格を思わせるパーム・アイランドのすぐ傍。
 人工島に聳え立つ、宝石の塔のような超高層ホテル――――ブルジュ・アル・アラブです。
※参考画像:ttps://q-cf.bstatic.com/images/hotel/max1280x900/200/200179798.jpg

 世界最高峰の建物、そして世界最高"七つ星"のホテル、そのスイートをディンドランは予約したようです。
 下手をしなくても一泊の宿泊費だけで、PCたちの報酬は飛ぶに違いありません。
 無論、今回は必要経費ということでMr.ブラックハウスが支払ってくれるので心配はいりませんが……。
 PCたちがディンドランにそういった事を指摘すると、彼女は疲れた顔に興奮を隠しきれない様子で、嬉しそうにこう言います。

「知らないのか? このホテルは全室メゾネットタイプだ。みんなで同じ部屋に泊まれるぞ。一つ賢くなったな」

 メゾネットタイプとは室内に階段があり二階層となっている、まるで一戸建てのような大型の客室のことです。
 今回、ディンドランは頑として宿泊先を変えようとしません。
 子供じみたワガママですが、ある意味、彼女からPCたちへの甘えでもあります。

 PCたちが全員入ってもゆったり寛げるホテルに泊まったことで、ここでようやく一時の休息を得られます。
 治療、装備の購入、サイバーウェア・バイオウェアの埋め込み手術などはこの段階で行うことができます。
 ブルジュ・アル・アラブ内には最先端のクリニックもあり、なんとPCたちはこれを利用できるのです。
 そしてドバイでは年に一度の武器見本市「国際防衛展示会(IDEX)」が開かれたばかりで、大量の火器が出回っています。
 また偽造SINとMr.ブラックハウスの手配によって、各種装備についても携帯することができます。
(もちろんアサルトライフルを担いでホテルの廊下を歩き回るような、バカな真似はしませんよね?)

 ただし、ドバイでは魔法が厳しく禁じられている関係により、イニシエイトは受けることができません。
 ですがPCの中にいる覚醒者がイスラム教徒であった場合は、イニシエイトも問題なく行うことができます。

 もし情報収集などでホテルの外へ出かけた場合、オーク、トロールは社交判定に-2のペナルティが入ります。
 ドバイではメタヒューマン差別が常にも増して激しいのです。流石にホテル内で差別されることはありませんが。

.


8666梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 23:11:37 ID:PhGjyaQH
参考画像がありがたいなぁ


8667梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 23:12:14 ID:Zb1ZLDqY
ディンドラン背伸びかわいい


8668梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 23:12:54 ID:ZQxWr+Yh
>俺の爺さんは、カダフィを殺りに行く傭兵部隊だって乗せたんだ
時空が現実との地続きなゲーム感!


8669梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 23:16:54 ID:ZgnCcZnJ
あー……そうか、第六世界だともうそんな年月がたっているのですね…… >カダフィ~


8670◆CoNaNQHQik2020/01/31(金) 23:17:00 ID:hrceObQn

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .,ィ´ ̄`ヽ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . ..rュ__,_lュ、 ̄`ヽ,j___.   ,ri. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . ..|__| !  了_,「jー'フー- 、  `T´ ,i|. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . . . . . . . . ..``ゝ- <´ ̄T'´,イ─-、;.;.;ヽ,/ ̄`ー'. . . . . .,、-─ 、. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``> ヽ、二r‐-、 )).;.;.;i、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!, -─‐゙i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:
..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./    j `ヽ /.;.;.;.;.;j ゝ、..:.:.:.:.:, -(_((__,、_,)-、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ'´`ー'´ `ヽ,j´;.;.;.;.;.;.;ノ>ニ>`ヽ:.Λ;.;ヾト, ,ム /;.;.;/ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:dト'"´=-``ry´ィ'´ ̄ ̄ `ヽ kj// `ゝ;.;`ー‐'ヽ;./  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:rrェ、____r‐ュゝjr _、」」//   ,人    j,ノ/  / ,!;.;.;.;}.;.|.;」、  j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.
.:.:.:.:.:・====| ∵∵∴T二ゝ-ゝ ノ!イゝ-‐'´ ``ー'´`、ヽ  `ゝ,r「三三ニii|=====・.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Q二二)‐-、|,j,j,j``ヽ:::,!'´  _ _ ,,、---、 ゙iゝ-、、j `カ  `ーY」´ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ゝ_ ヾ、|!;.;.;/::,!  ,イ´-='´; ゙''‐ ゝ-',-‐r-、 r、|__」ゝ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ク_ノ`ヽ'´::,〉''´〈i、  シニニ」 ,!/.:.:.:.:/  /i l、 , ィ ´  ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    /`ヽ.:,ゝ-‐「 ̄`ゝニニニニ,rイイl ゝr-r-r-o ゙i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\/ `ヽ、:l二二=__」ィ^i^i、ゝゝゝ」ゞ=r‐'‐'‐'‐'゙  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       |.:.:.:rゝ-、.:| ゝヽ `ー'^V´:.:.:l:::::::ヽ     !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  _  _,ノr'´ `ゝ'┼|`>,ー=='ヽ:.j:::::::::::::i    !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j,.'´    `、  `ニ)lili|i,i|ィ´.:ヽ     \:::::::::|    j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|        ,ゝ-‐',ililil|i,i|ヽ.:.:.:.:ト     `ヽ,.:|   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!        /l.:.:.:i.:.:.:ヾilゞゝ`i.:.:.:ゝ        j 二k::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``ー--‐''´  |.:.:.:|.:.:.:.:`i.:.:.:.:.:`i.:.:.:.:\    /Λ  ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|.:.:.:|.:.:.:.:.:.:`i.:.:.:.:`i.:.:.:.:.:.``ー‐イ::::::::``ー':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:ゝ.:.:.`ゝ--‐'"´..:,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


               /≧s。             r'⌒'´ ` ヽ、
                   ////////≧s。        ヽ┃━┓ ノ
              ///   `~、/////≧s。    ( ┃┏┛ )
.                ///        `~、////  ( .・ ・   )
             ///            //   // ⌒ ー'
           , -、///            //
          /   }//            //`Y  て
.        /.   ///              // /   そ
.        /    ///              ///    そ
     ァ'    〉///            //¨ヽ
     ァ゛   .イ///            //  /
.   /      ///            //、__/
   ′     ///            //'´ }!
   |     ///、、.             //{  ,'
   |     ///////≧s。.       //__ゝ/
   l      マ/////////◯//≧s。.//´ )〕l
  ,′.       `~、,////////////乂 ノ
_/             `~、,///// /
. /                    ,、丶`
/     //、           ,、丶`
∧   /    ヽ___.,、丶`
  ヘ          ∧
   \.      / }


●ドラゴンからの刺客
 PCたちがドバイで取れる休息時間は、おおよそ3日ほどです。
 傷の治療、インプラント手術や装備調達、そしてもし行っていればイニシエイトもそれまでに終了します。
 屋上のプールや大水槽併設のレストラン、トリディオ中継のデザートウォーゲームなどにディンドランは目を輝かせます。
(デザートウォーは砂漠の無人地帯で開催される、非殺傷な以外は本物の兵器を用いた大規模な戦争競技です。)

 そうして3日を過ごしたPCたちがホテルの客室に集まっていると、室内のコムリンクが着信音を鳴らし始めます。
 空中に投影されるアイコンはギリシア演劇の仮面。オレステスです。

『ホイ、チャマー。良かった、生きてたわね。それにしても凄いところに泊まったわね……』
「とても綺麗で広くて良いところだ。皆とも一緒だし、楽しいぞ」
『……そ』

 ディンドランとのやり取りに毒気の抜けたような声を漏らした彼女は次のように情報を説明してくれます。
 背後では義経が「私にも喋らせてください!」と騒いでおり、適当にあしらうやり取りが挟まります。

『こっちでも予想はしてたけど、裏取りできたわ。裏にいるのは三浜の重役、三枝武尊よ。
 ま、十中八九は英霊の召喚者ね。貴重なアーティファクトの回収云々で十三課を動かしたみたい。
 今は日本にいて、自分のオフィスから動く気配が無い。だからやつを何とかするには日本へ来てもらう必要があるわね。
 ……相変わらず、小賢しいやつ』

 PCたちは「意図を図る」(【魅力】+【直感】)(目標3)により、彼女の発言に個人的嫌悪感が含まれていることに気づけます。
 またもしPCたちの中にミツハマ関係者、ミツハマ関係者とのコンタクトを持つ者がいたら、その設定に応じて反応を変えてください。
 ミツハマから逃げ出したPCに対しては好意的に、ミツハマと友好関係を持っているPCに対しては敵対的に話します。
 オレステスの基本的なスタンスは「ミツハマってホントクソよね!」です。

『……まあじっくり計画練りましょう? ドバイならたぶん安全だから。
 ドバイはシャリア法で魔法が禁止されてるから、三浜の十三課もおいそれとは手出しできないもの』

 ひとしきり話をしたあと、オレステスはそう言って息を吐き、やや口調を和らげます。
 やはり彼女はその声通り、本当にティーンエイジの少女なのでしょう。

『……まあ、ちょーっと気になるのはアララト山のグレートドラゴン、アデンなのよね。
 あいつロフヴィルのこと大嫌いって話だし、今S=Kのドバイ支社ってドラゴンウォーでぶっ壊れて隙だらけだし。
 それにあと、ドバイってシャドウランナーのメッカだって話で――……』

 そこまで話したところで、急にコムリンクの通話にノイズが走って聞き取れなくなります。
 義経が『あー、これはもうダメかもわからんですねー』と軽い調子で笑うのを最後に、通信は途絶します。
 そして次の瞬間、PCたちの泊まっている客室の窓ガラスが外部から叩き割られます。
 ホテル屋上ヘリポートから外壁をラペリング降下してきた、シャドウランナーの襲撃です!

 敵はストリート・サムライ(P112)、コバート・オペ・スペシャリスト(P113)、ウェポン・スペシャリスト(P118)の三人です。
 彼らは三枝武尊からS=K社の(つまりはロフヴィルの)企みを知らされた、アデンの雇ったシャドウランナーです。
 ドラゴンに絡まれたという意味ではお互いに同情もできますが、これも仕事なので、ビジネスライクに殺りましょう。
 いずれもエッジは所持しておらず、リーダーであるストリート・サムライが戦闘不能になった時点で撤退ないし降伏します。
 情報を聞いても「アデンの代理人に雇われた。裏にいるのはタナカとかいうニップ(日本人)らしい」以上は彼らも知りません。
 GMはもし劇的に状況を演出したいなら、通話終了後、ディンドランやPCがシャワーを浴びている時に襲撃しても良いでしょう。

 もしPCたちが部屋から廊下へ脱出して逃走する選択をした場合も、次のシーンへ進んでください。


.


8671◆CoNaNQHQik2020/01/31(金) 23:22:08 ID:hrceObQn

                                                  _..斗zァ
                                   _r=≠=‐-...   _...   .。<>‘´
                                  r'ェ_>´⌒゙ヽ:::::>'"´ ,.。<>‘´
                                〃 ̄::::::::::::\::ヽヽ:ノ:〉⌒)_ノ               .-‐- .
                              /::::i:::',:::::::i._厶:::∧∧>'"  }                  /      ヽ
                          -‐=/::j:::廴:ヽ:::i ィ弐::::::i::::i! l田ヨj                /..::-‐=≠=ー- .
                               i V∧弐\i `´ i::::!::::i_レ‐'´              /::: ´          ヽ
                    _     __.     _  V∧ '      !:::i:::/:::::::\   。x<二≧x。 /::/ .-―‐ ...._
                   / >。./  >。../  /  i:::::i\ -   /::/ノ-‐z:::::: \ {       /:://   .-‐=≠=‐- .
                  /      `>。.._    ∧.  V:::!r} ><‐レ'{   人:::::::::::≧ー===‐≦::_/ー-‐'"__     ヽ
             \/゙'<     ./ .     ∧     }i <ー‐'゙"∨/  ≧ー-、::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ̄     `ヽ    }
                 /  /`゙'<..._/     ./ /   _.ノー人__人 V   /  .∧::::::::::::::::::::::>'i´          \
                \/`゙'<.._/       /  /_    _ V∧       \}^〉-―'"  ー―z ______________
               /              / ./   ゝ‐'"´ .   V∧∨   r‐='" .}   { ̄ ̄}   __________   i {   }
                 /              /.〃     ,′   i   } .} \::::::: {   >'∨ .! .  |   {  ________  }   ! .j   |
             /    ./         /  {     {     i  .j .j  .':\_ノ.< .>ヽ{__}ー‐.{__________ .} r‐、{___.}
               /    ./         /  .人_   _人   .j /_..人/:::::::: \_>'゙.//.∧    >―――――――――――< \
              ./    ./         /  x<:不 ̄ ⌒ ̄{ ̄ ̄ 二ニ}::::::::::リ \////.∧  /     __________
           人..\./         /.。<::::::::::::Vi`゙丁"´ ‘ー‐r‐/  {:::::::::::::/ i::::::\,´//∧/ \>'"!   i   i   i   i   i`>ニ=-――x
              V_∧ /     _..。:<::::::::::/::::::: }j /!____! .{  V::::::::/  .i::::::::::∧://:∧.__  i  jY⌒Y   i  y--、   i!  .( ( (      _.(__.)
            ./ /_.〉....。:::≦::::::__::::::::::::/::::::::::ノ/ー‐' l .゙ー‐i j   ∨ /   i::::::::/ ∨//∧/. j  i乂_ノi!   .i (   \ i  =ニ二} ̄
           / / /_〉 ̄../:/^}_ノー、 :/:::::>'´z/  _ l!    .V∧>'゙: :⌒ヽ i::://  .∨//∧  j  i   i   i  >x.._○ i__}_/}ー--、
.          / / / /  /::::::{/ r‐‐}-r‐'"´//~: :゙ー' ._ `>‐=≠'´: :: : :: :..:.:.∧j:::/     .∨//∧ー― L__.jー‐ └―――    .< .}    .\
         / / / /\../::::/人{ ノニ) ヽ.//./ }_: :Y   Y: :: :: : y'´⌒ヽ: :: : : : 〉/     ∨.//.;ー――――――――― ''"゙´  !    j     .∧
        ./ / / / /./:::://::::::`ー‐‐'" ̄ {_ノ/ jヽ乂 .ノ: :: :_ {  .ii  }_>'゙V       i////,                      i     ノ__...r‐'
       / / / /  ヽi::::/ i:::::::i::::::::::i::::::::/ー'  i    ̄_/  乂_ ii.ノ∨    \      }.///.∨ ____             _.>'゙´  _>'゙
        / / / /    .i:/ .i:::::::i::i::i:i:/::/ /   /   i   i   ',   ii∨       \    i.//// V__       `>.._ ...>'゙"´i  i>`"
       ./ / / /    / '   .V:::::V/// . /   /   .!   i    ,  ‘,:、         \  /    .ェ }____  ∧_>'"´  .!.  j_
      / / / /    /         /  .ノ>'"⌒゙ー-=._  j    i   \\         ヽ V {\ヽ_j~        >.∧      /  ,′!
.     / / / /    /        ./   /  ノ。<  ̄ `>。`<    i    .ヽ \       ∧ ∧_i  ゙ー' ――――- . _ ∧    i   ,′.j
    / / / /    /       /     〉  }   ___   \‘ー=≠ニ二_ニ=-.\    /   __      __   `∧    }  ′ !
   ./ / / /    /     ./      \〈  ///////`゙ヽ i_.∧      ノ三ハノ∨   /  }  {   .}    {    }ー / ∧  ./  /  ,′
  / / / /    /∧      {        ∨///////////∨  ̄〉ー――‐'-‐'"´   i  ノ  j  .i    !    iY⌒Yi  .!  ∧ ノ  /   ′
   7_/ /    /  ∧     .i           ∨///////////',   ∨           } ( V  i   iv⌒v!_   i乂.ノ !  i   /.)/ ../  _/
    /_/    / .   /     i            .∨//////////.i   ∨         ..>{  V\.i!  {v⌒vj i   ji    i! i ///    /
       〈   ./     j∨           ∨/////////.j.    \... -‐ '"´/.//j.  \ ー |  |.i i _ ii゙ー―'ij―'´⌒/  / ./
.        /∨ /       V∨            ∨//////// i     ∨///////// i<  ∨ー-.|  | ̄ i  ー――'   ./  / ./
        . / /∨        ∧ \.          ∨.///////.i     ∨ // ///// ', `ー-∨ .!   |   |         / ./ ./
        / /. ∨        ∧  \          ∨//////∧.       ヽ////////∧    ∨ |  |   |        //  /

●フライパンから火の中へ
 シャドウランナーたちを撃退したPCたちですが、状況はこれで終わったわけではありません。
 PCたちのいる室内の温度が急速に上昇し、文字通り炙られているかのような状況へと変化し始めます。
 途端にアルトリウスがディンドランを庇うように立って叫びます。

「汚れた火が来るぞ!」
「……核だと!?」

 ディンドランが悲鳴をあげるのと同時に、PCたちの部屋へ砲弾のように核の炎が撃ち込まれます。
 PCたちがディンドランを連れて部屋から飛び出すところまでは判定はいりませんが、その後が問題です。
 爆風というのは左右と上へ広がり、下へは行かないものです。
 そのため、この爆発から完全に逃れるには吹き抜けから飛び降りるしかありません。
 ――つまり高さ180m、世界最高峰の吹き抜けを、です。
※参考画像:ttps://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/13/Burj_Al_Arab_on_9_June_2007_Pict_8.jpg

 PCたちは〈体術〉+【敏捷力】(目標2)の跳躍テスト、〈自由落下〉+【筋力】(目標2)の降下テスト、
 そして〈体術〉+【筋力】(目標2)の登攀テストを行い、下の階へ飛び移る必要に迫られます。
 つまりジャンプして飛び降り、直下の階の手すりを掴むまでを判定するわけです。
 跳躍と降下は失敗してもただちに影響はありませんが、次のテストの目標値が1ずつ上昇します。
 ディンドランはアルトリウスが抱きかかえる形で飛び降りるため、判定は行いません。
 しかしもしアルトリウスに他の行動をさせていたなら、ディンドランはPCたちがフォローする必要があります。
 その場合、ディンドランを抱きかかえたPCの目標値を1ずつ上昇させてください。

 またPCたちが装備や呪文などを使って何らかの対策をするなら、GMはそれに応じてボーナスを与えてください。
 DPを増やす、あるいは目標値を下げる、もしくはテストを一つ省略するなどです。
 ただし緊急事態なので、時間のかかる行為は却下スべきです。

 最後の登攀テストに失敗したPCは、直下の階層の手すりを掴みそこねてさらに下へ落下します。
 DPに-2の修正を加えた上で【反応力】+【筋力】(目標3)で、どこかの階をつかめるかテストします。
 これにも失敗すると、そのPCは完全に転落して落下ダメージ(P172)を受けることになります。

 ……とはいえ高度180mから転落しますと、ほぼ即死を免れません。
 GMは温情処置として5D6m分の落下距離としても良いでしょう。
 あるいはエッジを燃やす(P57)のルールを示しても構いません。
 この場合ホテルエントランスの噴水に落下し、PCは一命を取り留めます(取り留めるだけです)。
 他のPCがすぐさま駆けつけ、安定化処置をしない限りは危険な状態となるでしょう。

 ともかく飛び降り、生還したPCたちが自分たちのいた階を見上げると、炎の中に人影を認める事ができます。
 核の炎の中、平然と佇む黒髪、日系の女性です。恐ろしい魔力と、異様な雰囲気を纏い、微かに潮の香りもします。
 彼女は三枝武尊の送り込んだ英霊長門です。長門はPCたちが必死になって助かったのを確認すると、姿を消します。

『とにかく空港まで急いで! 飛行機、用意するから……!』

 PCたちのコムリンクが鳴り響き、向こうから状況を認識したオレステスの悲鳴が上がります。
 ホテルのエントランスは大混乱です。抜け出して、ドバイ国際空港へ向かうのも簡単なことです。
 どうにか日航機に乗り込んで(エコノミークラスで、ディンドランは窮屈そうに縮こまっています)、逃げ出すとしましょう。
 行く先は大日本帝国の首都、新東京羽田空港です。

※PCたちはやはり装備品を気にするかもしれませんが、これについても前述通り、
 ディンドランの手配によって回収・運搬することができた、としても構いません。


.


8672梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 23:23:53 ID:PhGjyaQH
こういう日常的なパートと非日常的な展開が次々にくるの好きだわw


8673◆CoNaNQHQik2020/01/31(金) 23:28:19 ID:hrceObQn

 ̄`ヽ \          / ̄ > 、   ` <                        / |
   .∨ ヽ       /        >、   ` <                       /   !
     ∨ !      .i           |ヽ   r ― 、` <               /   |
     i |     .|           | i  i   ヾ,r‐ 、` ._<            ./.!   .!
     | |      .|           | |   |    | | |  i| / .i r 、`_< _     ./ !   .!
     | |      .|           | |   |    | | |  i| | | | ! |i i i I  ̄  ̄ i  !   .!
     | |      .|           | |   |    | | |  i| | | |_ノ .|i i i !       ! .!   .!
     | |      .|           | |   |_.. ノ i ゝ_ ノ ゝ'  _ _ ィi |       | .|  . !
     , i       ∨> ‐  _ _ _/ /  ゝ _ >´    ,__ ,ニ、i | | .i !.!___.| .|   .!
    .//      ヽ        >´        , =、 ≧ i | .|i | | /     ∨.i    !
` ヽ/          `ー ― ´           <ニソ  i ,≧ i | .|レ '        ∨   .|
._/                     , < `ヽ .|   i |  ノノー/          .∨   .|
                   __, =、´    i |<ニソ  i |≧イ/              ∨  .!
                  [__>´      | | | ̄./ /≧'                 ∨ |
          , < ̄  `ヽ   i_        .| |<ニソ //                   ∨ i
      , <       i |  __ = 、 >  、 .| | ゝ´/                    ∨!
   , <ヽ          | | [_ > ´    /./<ニソ                       ∨
, <     \         .| |   i     /./ /
            \       .! ! _ ィ`ヽ, < /,
             \     | | [ _ >´_>´/
              \  ,  '    ` /
              ヽ/ /  / ̄ヽ
               / / /  /

                      イ
                    / /
        ____r   厶 _
        `ヽr===-┤ィ_/: : -‐: : : :` - 、      ___ ,
          , .ィ:< ̄ ̄7:/: : : :i: : : : : : : ト、/ ̄ ̄ _ /
        〈: : j: : 入 . /シ://: :/: |: : : : : : : |: :` ̄ ./
.          入/: :/___У/://: : j: λ !: :.!:.|ハ: : ’、_/
        /ィ/: : ハ |:l: |:!:.‐尤T丈|`: !: :j__|:ヘ: :`i
.      /'./: : : :λ .レ'j: l:l: :.|ィ作心トヽ!:./ィ:Уヘ: :ヘ
.       / /: : : : /!ヘ l{ j: |ハ: 代辷j ` レ伃'/: :ハ: ヘ
      /: : : : / .l: ヘ!寸:|:介ヽ""    乂';//:.∧: !
.     /: : : : /  |: :/⌒V: :l.   r 、   /':l/: λ `j
..    /: : : : /`ヽ !//⌒ヽ::.` 、 `ー ’イ : :.!: : : N
...   /: : : : /  入'    ヘ:寸く`_ア 人: : :!: : : l!
   /: : : : :,   /.ハ      ヘヘ |ヘ |く  '; : l'¨7!:!!
.   /: : : : :イ  /:/  ハ  __  |ヾj`延x`マ弋:∨||:|:.
  /: : : : :/ !  /:/    V´ヽ /ムヾxz≧xマxヘ:ヘ||:|::.
. /: : : : :/ j ムム-‐  ヘ_ィ´    ヾくr ̄`ヾヘ:ヘ:|: :.
/: : : : :/ r‐<」」    ィ       ヾx     ト:ヘ!: :’
: : : : :/ j ̄//    / ヽ       |`;! /   |!:!`、: ヽ
: : : :/ / //   r      \      | j:!    j|:|  \:ヘ
: : :/ / .// ̄  `ヽ     /λ ` 、 乂'.     Ⅵ:.   ヽヘ
: : |く -‐ヽヽ     `   |: | ト、  /‐-ュ _   ヾ:’   .}:.ヘ
: : | ` 、 \ 、      //`寸く_ ` __ |--r=rx入:ヽ  .!: : }
: : |    `ヽ| |    //三/:.:.:.:.l‐‐ --- 、‐‐┴┴!ハ`ヽ∨: :./
: |:ヘ     ヽ`ヽ  //三/:.:.:.:.:/   丁{ !     .{ .ハ У: 入
: l!: ヘ     ヘ`ヽ`く三/:.:.:.:..人 、 ヽVY    |. ハ/:/ヽ:ヘ
: |!: : ヽ     ヘニ`ヽ`:.:.:.:.:/`ヽヽ「ヽ | |'.      |   ハ   }: !
: |ヽ: : :\     ヘニヲ` 、/、:.:.:.| }.! ヘ!.j     λ  ハ   .j:/
、ヘ ` 、:.\.     ハ/     ヘ:.:.! 、!  |`     | |_  ハ、 /'
. \、   ` ー‐'  | |:|       |:.:!   、 \    ト,λ___〈
.  `ー一     | |:|       |:.:!    | ,、 `ー' λ/入三入


●ニューローズホテル
 9時間のフライトを終えて羽田空港にたどり着いたPCたちは、空気の匂いが不思議なことに気づきます。
 ドバイの乾いた空気に浸っていた直後だからでしょう。どこか醤油臭いと言われるのもわかろうものです。
 PCたちはS=K社の警備員のため、銃火器類の持ち込みもスムーズに行なえますが、
 新東京は世界一銃刀法が厳しい都市ですので、不用意に携帯することは控えるべきです。

 そうして到着ロビーへ出てきたPCたちを、一人の日系人エルフが待っています。
 パンキッシュなファッションに身を包んだティーンエイジの少女が、にやりとPCたちへ笑いかけます。
 ※イメージソース:ttps://pbs.twimg.com/media/EE0R-mcUYAAdWk7.jpg

「ホイ、チャマー。日本へようこそ?」

 大日本帝国は、比喩抜きに世界最大の経済大国です。
 かつての環太平洋大震災による打撃から立ち直り、クラッシュ2.0も乗り切り、今なお繁栄を続けています。
 これは新たに即位した天皇の融和政策によるもので、今ではメタヒューマンも大手を振って街を歩くことができます。
 古い雑居ビル、最先端の超高層ビル、エキゾチックな伝統建築物の入り混じった、不思議な町並みが広がっています。
※参考画像
 ttps://www.mirf.ru/wp-content/uploads/2019/11/NeoTokyo_Mood_MarkMolnar.jpg

 オレステスの案内により、PCたちはタクシーに乗り込んで、羽田空港近くのカプセルホテルへと向かいます。
 忘れ去られたようなその建物には、錆びた看板に「ニューローズホテル」と描かれています。
 中の個室はまるで棺桶(コフィン)のように狭苦しいもので、ディンドランは興味津々といった様子で観察します。

「それで寝室は此処か。食堂は?」
「無いわよ」
「えっ」
「えっ」
「じゃ、じゃあ、浴室は……? 日本の"フロ"は……?」
「共用シャワールームならあっちね」
「えっ」
「えっ」

 どこかしょんぼりと肩を落とすディンドランを、いつの間にか現れた義経が指差してケタケタ笑い、
 アルトリウスが「喧嘩を売っているのか貴様」と睨み、オレステスが「話が進まないでしょ」と義経を叱ります。

「ともかく、仕掛けの話をするわよ。ターゲットは三枝武尊。敵はファシリティ342――ミツハマ"ゼロゾーン"」


.


8674梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 23:30:39 ID:8GzgxCvy
レンラク、オノデン、シアワセ、秋葉原……!


8675◆CoNaNQHQik2020/01/31(金) 23:32:05 ID:hrceObQn

                               、< |l
                             、<: : : : _│
                            、<>、 : _ -ニニ|l
                     、<> ´: :l: : \ニニ|l
                    、<> ´: : : : : : l: : : : |i ト<
             、<: : |:「 : : : : : : : 、<> . : |: l: : : l
                │: : 、-|:| : : : 、<ニニニニ> '^:l: : : l
                  <ニニ|:|<ニニニニ> ´: : : : -lニ- l
                 ` T|ニニニ> ´ : : :__-- ̄ : : lニニ}
                    |:|> ´: : :__-- ̄: : : : __-- :lニ7
                     │: :__-- ̄: : : :__-- ̄: : : : : l7
                | ̄: : : :__-- ̄: : : : : :__-- ̄:|l
                 |__-- ̄: : : : : :__-- ̄: : : : : : :|l
                  |: : : : : :__-- ̄: : : : : : :___-- ̄|l
                   |__-- ̄: : : : : : ___-- ̄: : : : : : :|l
                    |: : : : : :___-- ̄ : : : : : : : : __-=-|l
                     |__-- ̄ : : : : : : : : __-=- ̄ : : : : |l
                │: : : : : : : :__-=- ̄: : : : : : : : : : : |l
                 │: __-=- ̄: : : : : : : : : : :__-==- ̄:|l
                  | ̄ : : : : : : : : : :__-==- ̄: : : : : : : :|l
                   |: : : : : :__-==- ̄ : : : : : : : : : : : : : : |l
                    |-==- ̄ : : : : : : : : : : : : : :___-==- ̄|l
               | : : : : : : : : : : : : :___-==- ̄ : : : : : : : |l
                | : : : : : ___-==- ̄ : : : : : : : : : : : : : : : |l
-   _               │-==- ̄ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_-|l
      ̄  -  . _    |: : : : : : : : : : : : : : : : : : :_-===- ̄: : : |l
             ̄  - n _ : : : : : ___-===- ̄: : : : : : : : : : : : |l
                     |l   ̄  -   _ : : : : : : : : : : : : : : : : |l
                |l           ¨  -   _: : : : : : : :|l
==--____             |l                     ¨  -  L_
i:i:i:i:i:....-=ニニニ==--_____.|l                         ¨  -   _
i:i:i:i:i:i:i:i:i:l     ̄ ̄ --==ニニニ==--____                          ¨  -   _
i:i:i:i:i:i:i:i:il              |l     ̄ ̄ --==ニニ==--___
i:i:i:i:i:i:i:i:l           宀                ̄ ̄ --==ニニ==--___
i:i:i:i:i:i:i:il               ̄                          ̄ ̄ --==ニニ==--_
i:i:i:i:i:i:i:l

●ファシリティ342
 ゼロゾーンとは、ミツハマの誇る「シャドウランナー生還率ゼロ」を掲げた警備体制です。
 その中でもお台場に存在する「ファシリティ342」は、ゼロゾーンの"オリジナル"として知られている施設です。

 基本的にゼロゾーンは郊外の研究施設や保管施設に存在しますが、ファシリティ342は三浜のオフィスビルです。
 敷地面積は0.5平方キロ(旧時代のTDLとほぼ同じ広さです)、高さ400m、地上80階の超高層建築物です。
 ビルの周囲は高さ20mのスマートウォール、幅と深さが5mの高圧水路に守られ、ゲートは一か所しかありません。
 またゲートからビルまではトラックが十分通れる広さの道が30mほど伸びており、四方から監視されています。
 施設から半径1km範囲内の建物と土地はすべてミツハマに買い占められており、住人は全てセキュリティ関係者です。

 ――通称、“コロシマ(キルゾーン)”。

 ビルの壁面や壁などはすべて反応性のナノ繊維でおおわれており、ちょっとした接触でもリガーが侵入者を感じ取れます。
 いうなればこのゼロゾーン自体が巨大なドローンであり、そこにセキュリティリガーがリギングしているような状態なのです。
 もちろんドローンとタレットはたっぷり。モノワイヤのトラップもたっぷり。ついでにマトリックスは外部から切断済み。
 精霊の巡回、緊急即応チームの配備は当然ながら標準装備です。

 噂では静止衛星による監視、停電防御のための核融合炉、完全なEMP防御、セキュリティ達には放射性脳皮質爆弾……。
 さらにトンネルを掘られないよう地下にまで精霊を入れているといわれますが、確かめに行ったバカは今の所いません。


.


8677梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 23:33:25 ID:PhGjyaQH
分かってても、自分がPLだと「ほんとに大丈夫なんかこれ」ってちょっとヘタレそうw
頑張れランナー!w


8678梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 23:35:15 ID:kc4+bi3D
殺意しか感じねぇwww


8679梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 23:35:56 ID:8MUp7w9U
ゼロゾーンの文字のおかげで建物AAがギロチンに見えてきて草なんだ


8681◆CoNaNQHQik2020/01/31(金) 23:37:22 ID:hrceObQn

        ト-- i    ト-- <: : : : : : : : : : : : : : :.| /  /: : : : : : \
        ヽ.  {    ,\: : : : :、: : : : : : :` <: : : !'  /⌒''ー- : :_:_\
            >.:\ /: : :\: : : ヽ: : : : :ヽ: : : ` <ーミ        ̄ム
        /:>''/: : :/: : : :\: : :\: : : : \: : : : :\: : ヽ \   /: : ヽ
      ___/ /: : : : :.': : : : : : :\: : :\: : : : \: : : : :\: ト  ヽ..__{ノ乙、: :
      >  ./: : : : : :i: : : : : : , --|rー-- ____,,.. --‐― ´ ̄`ヽ乂__ヽ:
      ヽ  //: : : : :,:!--、: : : : : : :!、ー--.. _,.          ∨、 : : :
      __ノ //: : : ::i: : |: :ト: : : : : : : | メ: ', ヽ: : :/ ,.!         /\ ',: : :
    ∠__ィ: : |: !: : :|: : |ヾ! ヾト: : : : :!  _ヾ__ ヽ/ /,' h ,. -==へ /   ヾ、 :
        ,: : : :.|ハ: :.|: : !、,.ィ芋ミ、: :.| ' ,ィ芋ミ/ //{ {: ! レ /  /     } \
      {: : : : {  ';: :!: :|: :《 iJf心 ヾ!  ''   / /(_ハ ';| .} ,  /     /
      i!: : : :ハ  ヽ:ト、!: :ハ ヾ_ツ      , , ,ゝ' /: : }_jゝ' レ'      /
       '; : : {: :ヽ__/: : : :ハ , , , 、   ___  /: : :/    ` ''ー-- /
       ヾミ: : :/: : :/ー∧    r ´ wノ,.: : : :i;/ 、    ___ / \. \
            /: : :/` ̄`ヽ.ヽ.  ` ̄ /: : : : :{_ノ }_> ´ /    ヽ__ \
         /: : : :/      }: : :`:> - {: : : : : :! //   /    / /ー-
          /: : : : {    /´ ̄//! } .、乂: : : : 乂/{   /   /  /
       {: : : : : 乂   i  ////j |  / }`ー/-- ミー-- ..、
       乂: : : : : : ヽ j∠///,'ノ_ノ r' ,,..|  /:、///{` ̄`ヽ: :ヽ
         ` ̄',`ヽ: :',≦//////><//ハ////ヾ´ r'' !  }: : :}ー -- ==
               ', /ヾ! >=ー---  //>、/  \_,/..イ レヘ;j /: : : : :
            ∨              `i   / /   /: : : : : : : :
          >.:/ /〓           〓 !     /  /: : :/: : : : /
        /: : :ハ {               ,    ,   / : : /: : : : /
       /: : : : :}∧      、       /     i  i: : : :i : : : : :{


「だけど、グレートドラゴンだって死ぬのよ?」

 にやりと笑ったオレステスは、コムリンクの画面にジャックポイント(シャドウランナー達のコミュニティです)を映します。

「一週間後のゼロゾーンのホスト・システム、更新日。その間、施設の警備はサブ・ホストが行うの。
 ――――なので、この日だけは外部とつながっているわ」

 そこでは若手や新人のデッカーたちが、ゼロゾーンにアタックをしようと大いに盛り上がって、ちょっとした祭りになっています。
 古株のメンバーが「無茶しやがって……」とコメントを入れていますが、誰も聞く気配がありません。
 MCTのゼロゾーンを破れば、かのヘンリー・ドーセット・ケイス同様、ストリートの伝説になれるのだから無理もないでしょう。
 ハッカーというのは功名心、名誉欲、自尊心、自己顕示欲を我慢できないような不利な特徴を持つ者が多いのです。
 ログを追いかけていくと、発端となったのは「あたしもアタックしてみるから皆もやろうよ!」と情報を流した書き込みです。

「嘘はついてないわよ? アタックするもの。―――――ガチで、生身で」

 オレステスはそう言ってちろりと舌を出しました。

 しかしいくらミツハマのスパイダーが凸してくるバカなデッカーの脳を焼くのに忙しくとも、
 それだけで簡単に突破して潜入できるようなら、ゼロゾーンはゼロゾーンたりえません。
 サブ・ホストによって運営されるドローン、タレット、そしてセキュリティによる鉄壁の防備は健在です。
(え? サブだから大丈夫? そうですね、弱い方ですよ。ははは)

「だけどあたしにとって、ファシリティ342は遊び場だったの。放ったらかしにされた古い直結ポートの場所は覚えてる。
 問題は、そこまで行く手段と、そこから奥へ進む手段と、そこから出てくる手段が、あたしには無いってあたりだけどね」

 いくら義経、英霊という強大な力を持っているからといって、それだけで突っ込むほどオレステスは無謀ではありません。
 なにしろ相手には同じだけの戦力を誇る英霊がおり、さらにミツハマのセキュリティを操ることができるのです。
 単独では勝ち目がないでしょう。それがメガコーポと、それ以外の人々の間に広がる絶対的な力量差というものです。

 ――ですが、PCたちにはシャドウランがあります。

.



8682梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 23:38:48 ID:0Wv1rWuB
冒頭の
>「とても困難ではあるけれど、決して不可能ではないよ」
って、つまり「フェイクじゃなくてガチの目標だけどちゃんと達成できるようにバランス調整してあるよ」ってことだよね。
メタでそういうフォロー無かったら、「これ本当の目標が別にあるヤツだ」ってなってもおかしくない・・・w



8683梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 23:40:46 ID:PhGjyaQH
カッコいい<PCたちにはシャドウランがあります。


8684◆CoNaNQHQik2020/01/31(金) 23:42:53 ID:hrceObQn




              _______  __
           . : :/⌒\:::....:::/⌒\                         __....-‐===--
          /: /  />-------<  \                     x≪:::>'゙´
         ' :/   i/  __      __V/  \         .           /:::::/             __...-‐=ニヽ、
.        /: .:.|: .  |_/⌒<     >⌒V/   ',                i:::::(  __...-―==ニ二二≧= く::::::::::::::::::::::::::`ヽ
        ':  |: .  | . . ' /: .\_/: .}: . ∨/   i     ┌┐          >'゙´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ::::::::::::::::::::<___
       i: .'  |:.i: { |: /}/{: .   /: /:八: .:V/  |      |::::|        x≪:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::r'´_
____{/  |:.|: { |/\八: . /} /}//\ }八 |_,、∧、 |::::| .       /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::=zzx::::::::::::::::::::::: ハ::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  ̄ ̄ ̄/.:: . '|:.|: { 灯てう )/ ノ'  ぅう灯V   | ̄∨`'` |::::| ̄ ̄ ̄  /::::::::/:::: ||:::::::|::::::::: |:|  、 `^~㍉::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::r‐、ヽ
       {: . / 八|: 八{ 乂ツ     Vツ 八:  |      └┘.     /イ:::::/|:::::::||:::::::|::::::::: |」  ゝ、  }}::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::: ハ ヽ}
      八/:./. : |:  乂             ::  |      ┌┐       !::::::: `¨´:|  ̄L::::::::」       {{:::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::ハ
        ㍉: : .:|:  |        。     八: .八    └┘       !/!:::::::::i::::| ┃      ┃   i!}:::::::::::::::/!::::::::::::::::::::: |
         ⌒>:|:  |≧=-  ___    イ: . /                |:::::::/::: | ┃      ┃っ  }}:::::::::::::/ |:::::::::::::::::::::: !
          {: 八 {:i:i:>、__/ニニニV/ヘ}: . /                `¨¨!:/ zz       zz /:/`ヽ:::/ |:::::::::::::::::::::: |
          У/ハ { ̄ ⌒〉-=ニニニ}\__〉/                   |:乂           /:/んi!/  :|:::::ハ:::::::::::: /
.          └、 /∧',___/  ̄ 〈〉 ̄ 八{ {                    |::::::>    ,-、   _|::|‐‐='   |: / }:::::::: /
.            〔ニニ∧〉/⌒> ---< }∧〉                   |:::/::::|  ≧=r=≦く  !::!      !/  :!:::::::/
.           /ニ/:i:/ \       /〉ニ',                  |/|:::: |      !   i   ヾ           !::: /


●戦争準備
 PCたちは一週間かけて、ゼロゾーンに挑むための準備を整えねばなりません。
 この間、PCたちは新たな装備調達、情報収集を行うことができます。
 加えてイニシエイトもこの段階で行うことができるようになります。

 アルトリウスと義経が「爆破してしまえば良いのでは?」「それだ!」などと言っていますが無視して良いでしょう。
 きっと2004年以降に発生した特異点かなにかの影響でしょうから。

・ファシリティ342のメイン・ホストはシステム更新のためダウンし、性能の低下したサブ・ホストが管理しています。
・オレステスの陽動工作により、ファシリティ342のスパイダーはローカルネット内部を巡回する余裕がなくなります。
・さらにオレステスはファシリティ342内部にある、容易に掌握可能な接続ポートの位置を把握しています。
・精霊の巡回はアルトリウス、義経が確認できるため、隙を突くことが可能です。

 以上の条件を踏まえた上で、PCたちにはゼロゾーンへの侵入方法を考えてもらう必要があります。
 いくつかシナリオ制作者の作戦プランを用意しますが、これ以外にも様々なアイデアがあるでしょう。
 GMは高度の柔軟性を維持しつつ臨機応変に対処してください。
 難しく考える必要はなく、技能一覧を見て「この技能が必要かな」と思うものでのテストを要求すれば良いだけです。
 テストの目標値は2-4くらいの間で設定すると良いでしょう。成功すれば、PCの求めていた結果が得られます。

1.ミツハマのセキュリティ社員や清掃員、ゴミ収集業者、輸送業者、搬入業者になりすます
 いくらメガコーポといっても、社員全員が真面目で勤勉なわけではありません。どこかに隙は必ずあります。
 あとはお菓子や薬箱、文房具やコピー用紙(日本では紙文化が未だに根強いのです!)は補充が必要になります。
 そういった業者になりすまし、正面から堂々と潜入するという手段が考えられます。
 この場合は「不真面目な社員を探す」あるいは「搬入業者を調べる」必要がまず生じます。
 続いて「社員になりすます」ための判定を行わせるべきです。〈交渉〉か、あるいは制服やタグを盗む、偽造するなどです。
 他のメガコーポ社員などに偽装して、商談のふりをして訪れるという手もあるでしょう。より高精度の偽装が必要ですが。

2.他にランナーやギャングを雇って、施設周辺やミツハマロボパークで陽動を仕掛けてもらう
 鉄壁のゼロゾーンといっても、当直にあたっている警備員が常に無限に湧いて出てくるわけではありません。
 近くにはミツハマロボパークといったテーマパークもありますし、そちらで騒動を起こせば増援に行かざるを得ないでしょう。
 その隙を突いて内部に飛び込むといった方法は考えられます。(もちろんこれだけでは気づかれるリスクもありますが)。
 この場合は「近隣のランナーやギャングに渡りをつける」、〈交渉〉と新円によって「依頼をする」必要が生じます。
 もし三枝武尊がヒューマニストだという情報を手に入れていれば、それでメタ団体を誘導できるかもしれません。

3.下水を通ってトイレから侵入する
 如何に巨大な施設といっても、下水処理施設まで伴っているケースは極めて稀です。そしてトイレが無いオフィスビルも。
 PCたちは有明水再生センターへ潜入し、そこから下水を通って、ファシリティ342のトイレから潜入する事が可能です。
 この場合、まず「下水のマップを手に入れる」必要があります。そして「有明水再生センターへの潜入」が必要になります。
 その上で警備員(適当なプロ意識2のグラントを使うと良いでしょう)をかいくぐり、下水へと潜り込みます。
 しかし下水路にはネズミ駆除用のハンタードローン(MCTロトドローンおよびMCTドーベルマン:P472)が巡回しています。
 この機体はイングラムスマートガン、鮮鋭化3、照準3を搭載しています。PCたちはこれを対処する必要があるでしょう。
 そして下水から地上へ上がった時の汚れや臭いなどの対策も、です。

4.高圧水路に飛び込んで侵入する
 ある意味シンプルな方法です。
 施設周辺に張り巡らされた水路(堀と言ったほうが良いですね)へ飛び込み、そこから内部へ入るのです。
 この場合の問題は「警備員に気づかれないように堀へ近づく」ことと、「殺人的な水流への対処」です。
 水路を流れる殺人的な水流をどうにかしなければ、飛び込んだ時点で溺死は免れないでしょう。
 よしんばエッジを燃やして九死に一生を得たとしても、警備員に引き上げられて拘束されておしまいです。

5.アルトリウスの助力を用いる
 ある意味一番単純な方法です。
 アルトリウスの助力を行使することで、《隠蔽》によって姿を消した上で壁を飛び越えて入り口から入るのです。
 判定は不要ですが、キャンペーン全体を通じて3回しか使えない助力の1回である事を確認しましょう。

7.屋上からラペリング降下して突入する
 ある意味もっともスマートな方法です。
 ヘリなどを用いて屋上に強行着陸し、そこからラペリング降下して窓をぶち破り、三枝武尊のオフィスに突入するのです。
 この場合、セキュリティをハックするなどの細々した手間は完全に省略されます。
 しかし襲撃がバレるため、三枝武尊は万全の状態で待ち受けていることでしょう。
 もしPCが2チームに分かれるなどして、セキュリティハックと同時並行でやるなら問題はないでしょうが。

8.真正面から突撃する
 ある意味一番安直な、そして一番愚かな手段です。
 PCたちが全滅するか撤退するまで、セキュリティチーム(P390 プロ意識5 グラントおよびルテナント)が延々と出現します。
 またイングラムスマートガンXを装備したMCTロトドローン(P472)、PPKHMGを搭載したスティール・リンクス(P472)、
 さらにF5の精霊(属性? 好きに決めれば良いと思いますよ)など、続々と増援が到着します。
 また騒動に気づいた三枝武尊は、早々に屋上ヘリポートからコミューター機で脱出してしまうでしょう。
 実質的にPCたちがこれを選んだ時点でミッション失敗になります。
 しかし逆にこれを陽動として行い、セキュリティを減らした上で他の作戦を選ぶならば潜入はグッと楽になるでしょう。
 その場合は三枝武尊が状況を把握して脱出するまでの、時間との戦いになると思われます。
 もちろん、誰が陽動をやるのかという問題はありますが。

 どのような方法を取るかについてはPCたちの自由です。
 しかし同時に脱出方法も考えねばならないことは伝えておくと良いでしょう。
 単純な方法はコンタクトのフィクサーなどを仲介して交渉し、スマグラーを雇う、という手でしょうが。

 また今後も三浜に追われ続けたくないのならば、三浜の面子を保つ(日本的ですが重要な文化です)必要があります。
 たとえば三枝武尊がヒューマニスであるなどの情報を掴んでいた場合、
 その悪行の証拠を提出するかわりに「なかったこと」にしてもらえるよう、三浜に交渉する手管が必要になってきます

 またもしPCたちが望むなら、RAD装備(対放射線装備)を調達することが可能です。

 ・RADスーツ 装甲値6 入手値8 価格1,500NY
  化学遮断効果および放射線遮断効果を備えたフルボディアーマーです。
  多少の装甲は備えていますが戦闘用ではないため、一度攻撃を受けると破損し、遮断効果は失われます。
  また事故防止のため極めて目立つよう作られた装備ですから、着用中はひと目を引いてしまいます。
※参考画像:ttps://i.ya-webdesign.com/images/radiation-drawing-suit-6.png

 ・RADナナイト 入手値10 価格2,000NY
  放射線減退効果(R5の化学防護として扱います)を持ったナノマシンです。
  注射されてから1時間のあいだ効果を発揮し、ホストの身体機能を保護します。

 ただし一週間で調達できる数には限度があります。
 スーツとナナイトは合計でPCたちおよびディンドランの人数分まで手に入るとすると良いでしょう。
(オレステスは自分でRADナナイトを調達、投与します)


.



8685梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 23:44:10 ID:nkP5SlVO
ケリィはロードにひどいことしましたね……<爆破してしまえば


8686梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 23:45:48 ID:V2/gd8ya
核攻撃でもする気かな??>爆破


8687梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 23:47:05 ID:8MUp7w9U
爆破なんてした日にゃ戦争なんだよなぁ…w


8688梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 23:47:12 ID:4sVlKNGq
爆破できるんなら苦労はせんのじゃなぁ…


8690◆CoNaNQHQik2020/01/31(金) 23:54:26 ID:hrceObQn

二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ=-   ̄
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ=-.T   ̄
   ̄|i丁 -=ニ二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ=-   ̄       |::|      _,,..。。 --=
    |i:i|     ̄ -=ニ二二二二二二ニ=-  丁|            _,,...。。 -┤|ニニ二三三三三二ニニ
    |i:i|           ̄丁 ̄         _,,.|i:|_,,.. --=ニ二三三三二ミi:i:i:|::|i:ア´ ̄ ̄ ̄
    |i:i|            ||--─=ZZ二¨-ミ:|i:|i:ア''““¨¨”” ̄      }i:i:i|::|i:乂        __
ZZZコi:i|            ||iY''“” ̄     j:|i:|i:乂 __,,,....。。 --‐=彡i:i:|::|i:i:i二三三三三三三三
─┤|i:i|            ||i:ゝ---─=冖''_二.|i:|__,, ̄。。 ---──……冖''T::|“¨” ̄ ̄  ____
  |i:|i:i|=-  。。 ...,,,___,||-‐ '' “¨” ̄__」」.....。。。 ---──……宀冖ZZZZZZZZZZZZZZZZZZ
  |i:|i:i|─r─‐┬ー ┬‐ ┬ュ三三三二二ニ=-─_─_二二二二二二二二二 ̄_ ̄_ ̄___,| ̄ ̄
  |i:|i:i|_|__|__|_____| |:| ̄ ̄ ̄ |   |:¨丁¨¨丁~:||ニ|ニ|ニl:| |:| ̄::.:.:. ̄ ̄ ̄:.:.:.:.:  ̄ ̄|工|
  |i:|i:i|  Y''''Y    |    |:|       |   | │  |  ||ニ|ニ|ニl:| |:|:.:.:.:.:.:.:.:.:   ..:: :.: .:.. :. |十|
  |i:|i:i| ┬ゝ‐'‐‐┐ :|    |:|       |   | │  |  ||ニ|ニ|ニi:| |:|``i'´⌒  . . :'⌒Y⌒  :|十|
  |i:|i:i|¨¨¨¨¨ ¨¨¨¨丁¨¨ .:|:|0  ,,. ...|:  o| 小 ┌( ̄ ̄)‐ーュ_| |:| :i::.;:.;.. . . . : : : : ,i: :  : :|十|  .,.,
  |i:|i:i|  |¨了「¨゙|  |    |:|. : ' ´   | :.  | │ | `TT´  |‐| ̄ '''  …ー-     ,,,_|十|,::'゙:;"゙
  |i:|i:i|  |¨¨¨|¨¨|  |    |:|:.;:.;:.;:.;.., .|,:;:.;:.;..|_,.⊥ ⊥-‐立‐--'‐┘_─--= 。。..,,,,_    | ̄|. . : ' ´
  |i:|i:i|_|-弋|フ-|¨ ̄_二ニ=|:|_...: : ::::|;';';';';:.|=-=ニ二_ ̄   , . : ' ´     ̄, . : ''…─-  ̄二_|'´,.:'´
_ ..|i:|i:i|_二ニ~-=ニ=- ̄f´ ̄f⌒Y¨  ┷  _|_     ̄   ─-   ,. : ´_      /     | ‐-ミ
三二ニ=-‐… '' " , . : ' ´KK二TT- _, . : ' ´  ̄ '' ‐-=ニ=- _         ̄ '' ─--   _|⌒ヾ
      ,.。o≦ > '^ヽ、└  j从,. : ' ´ ̄⌒^^''=-   _       ̄^^  -=ニ=- _     |⌒ヽ`
 。o≦⌒  <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>  ' ´           。o≦⌒^^ ‐ ..,,_ , . : ´     ⌒^^''  ┴=ニ二
          > ' ´             。o≦⌒        ,.ィ㌻ ̄ =-  _
    _,。o≦⌒             ,.。o≦⌒          ,.ィ㌻         ⌒^^''ァァ=- __
。o≦⌒              。s≦⌒             ,ィ㌻              〃

                    _....._  _....._
                    /:::::::::::::`´::::::::::`ヽ、
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
              /::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::,
              .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
               i::Ⅳ:.:.i: 从ヘ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:///: / ::::::i
               |i::Ⅳ:::∨i从ヘ∨::::::::://イ/::イ::: /:i:i
               |l:::l∨::i|ィ云ミ、V::::://云ミ、:/ /i:.:i:|
               |i:::l:::∨i┴‐┴ ヾ/┴‐┴/::/: i:.:i:|
               |!:::';::::::\      i     イ::/:::∧:i:|
               |!::::∨:::ト、    ′   У::∧::i:i|
               |∨::∨:|ヘ\  ´ニ`   イイ::/ /:::イ|
              Ⅵ:::ヘ:∧ ゝi|丶   /|/ i/ ///i:!|
              Ⅵ:: ヘ:∧ /!  ` ´   ト、/!/// iリ
               ∨V:ヘ:∧ノ      Уイ//、 /
              / ∨ヘヾ\   //:// ヽ
             く     ∨ヾ:.:\  /:.:.://   ヽ
                / \   ヾ ヽ:.::У.:.:./:イ     /\
          /     、  \ ヽ:.:./      /     ヽ
            , '         \     /      /         ,
        /      :       \/     /           ',
.          ハ     i       rく、、    /        i       j、
          ′ ヽ   :!    イ:ヘヽ: \ /         l   / '.
        ′   :、 :!   ,.'r┴┴─ァ.:\        l  /   '.
.         .      :、:i  ,.:′:ヽ / / )/:ヽ、     ,!,/ ,     '.
.       .      ヾ /:.:.:.:ノ/ / / ハ ヽ:\   ,゙/ /     '.
.      ,        ヘ. ∨:.:./" / / ,/   ∨:.\// /      '.
      ,   , . . 、 ; Ⅶ′    ノ }     Ⅶv!/__/-r.、..< ̄:.ヽ、
      .′  /:.:.:.:.:.:.`:.:...、/        :/     ヾ<:.:.:.:.:.i:.:.\ヽ:.:.\:.:.\
      .' //:.:._____:.:.:.:/        :/、__ ノ  ∨:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.\:.:.:.:.\:.:.\
    / : :.:./:.:./:.:.:. =ニノ        /:i:i:i:i:iハ     ∨、:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ:.:.:.:.:\:.:.\
. / :.:.:.:.:./:.:./:.:./>'"     /:.:.:.ヽ/:.:゙ヘ.    ∨\j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : \:.:.\

●三枝武尊
 PCたちが準備を始めてから三日目に、リーダーないし交渉担当のコムリンクに着信が入ります。
 フィクサーのコンタクト(Mrブラックハウス以外です)から、日本にいるならちょうど仕事を頼みたいという話です。
 もちろん他の仕掛けをやっている最中なのは理解していますが、自分の顔を立てて会うだけ会ってくれと言われます。

 会合の場所は千代田区にある高級レストラン「青葉楼(ハウス・オブ・ザ・グリーンリーブス)」です。
 ここは巴女史(レディ・トモエ)という女性フィクサーが運営する格式高い料亭で、政治家やVIPを多く常連に抱えています。
 同時に日系メガコーポの重役(噂では今上帝や龍冥すら)がランナーへ依頼を出す時に、好んで用いる場所でもあります。
 青葉楼の芸者たちにはサイバーアップされたボディガードが多数おり、顧客の安全を保証しているからです。
 つまり初対面の者と会う場合、双方にとって心配が無い店なのです。

 PC、ないしPCたちが青葉楼に赴くと、巴女史によって丁重に出迎えられ、奥座敷に招かれます。
(もちろん銃器の類は丁重に預かられ、ただ日系人における帯刀など、文化的に重要なものは許可してもらえます)
 そこには天然物のサシミやスシ、テンプラなどが並び、スキヤキについては女中が丁寧に肉を調理してくれます。
 外国人であろうPCたちのために加熱済みの魚も用意され、スキヤキも温泉卵や出汁を用いるなど配慮が行き届いています。

.


8691梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 23:55:19 ID:PhGjyaQH
素晴らしい配慮だ。こういうのがいいんだよ、こういうのが


8693梱包済みのやる夫2020/01/31(金) 23:56:45 ID:4sVlKNGq
Oh 見事なオモテナシ


8694◆CoNaNQHQik2020/01/31(金) 23:58:35 ID:hrceObQn

                         ____// ̄ ̄ヽ
                      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ
                    ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\:::::::ヽ
                  /:::::::::::::::::::::::::::::://// //  ヽ:::::::|
                  :::::::::::::::::::/ ./ ´ ./ /     :::::,
                  |::::::::::::::::::i   ___,   ´ ̄ヽ ∨
                  |::::::::::::::::::|  " ̄ ̄ 、  / r今  |
                  |::::::::::::::::::|     ´ 今   〈 `     |
                  人:::::ヘ::::::|           ,      .|
                   ヽ|  ヽ:|         、       |
                         | >                   |ヽ
                      ヽ         --  ̄`  .∧ニ
                     ー 、             ∧ニニニ
                   /ニニニ| ≧=          ∧ニニニニ|
                      ィニニニニニ.ヽ   ≧=  __  |ニニニニニ
                 ニニニニニニニ|  _      /    /ニニニニニ|、
                 ニニニニニニニニ   >-<      ,ニニニニニニニ≧s。
                ニニニニニニニニニ|   彡彡 ヽ    ニニニニニニニニ|ニニニニ≧s。
             /ニ/ニニニニニニニニニ |  ∧彡彡 ヽ /ニニニニニニニニニ}ニニニニニニニ
            /ニニ廴ニニニニニニニニニニ  /彡|    .'ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニニニニヽニニニニ ´彡彡  /|ニニニニニニニニヽニニニニニニニニニニ
         ニニニニニニニニニ/ニニニ}ニニニV彡彡彡ニニニニニニニニニニニニニ.ニニニニニニニニニ
        ニニニニニニニニニ"ニニニニニヽニニニ彡彡/ニニニノニニニニニニニニニニ.ニニニニニニニニニ
       ニニニニニニニニ"ニニニニニニニニ≧s|彡彡ニニニニニニニニニニニニニニニニ.ニニニニニニニニ


 そこでPCたちを待っているのは、きちっと背広を着こなした、しかし特徴のない日本人の"さらりまん"です。

「ドーモ、ドーモ。わたくし、三浜コンピューター技術社、渉外部第三課のタナカと申します。
 本日は弊社社員、三枝武尊の代理として参りました。わざわざのご足労、誠にありがとうございます」

 タナカサンとは日系メガコーポにおけるMr.ジョンソンの意です。(他にもスズキサン、サトウサンが用いられる事もあります)
 実はこの人物こそが三枝武尊その人なのですが、本人はそれをおくびにも出しません。
 もしPCが彼の正体に気づいたり、あるいはドバイでの襲撃の黒幕だと判断して攻撃を仕掛けようとした場合、
 すっと女中の手が伸びて(アデプトかサイバーアップしているのか、トロール並みの筋力です)PCの手を押さえます。
 そういった行為が許されないからこそ、青葉楼が会合の場所に選ばれたのです。
 三枝武尊は表情ひとつ変えず、奥ゆかしい態度で「不幸な行き違いがあった事はお詫びします」と述べます。

「実は皆様がたが懇意にしていらっしゃる、オレステスというお嬢さんについてのお話なのです。
 いえ、なにも手荒な話ではありません。ただ彼女を保護するのにご協力をお願いしたいのです。
 オレステス嬢は本名を三枝響子と申しまして、弊社社員、三枝武尊の実の娘なのです。
 彼女は残念ながら鬼子……失礼、エルフとして生まれたせいで、やはり色々と思うところがあったようなのです。
 まことにお恥ずかしい話なのですが、先だって家を出奔、行方をくらましてしまった……いわゆる家出というわけでして。
 三枝としても不行届なところがあり、自分にも省みねばならぬところがあった、娘とやり直したいと申しております。
 どうでしょうか? ここは一つ、皆様からも響子お嬢さんを説得して頂けないでしょうか?。
 もちろん報酬はお支払いします。無事に響子お嬢さんを連れてきて下さったら、お一人に1万新円ずつお支払いします。
 それに皆様がたが取り組んでおられる"重要な課題"について、三枝も協力できるのではないかと――……」

.



8696梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:01:09 ID:Rwtkj+K/
ツボを押さえてるなぁ、ほんとw<強い女中


8698◆CoNaNQHQik2020/02/01(土) 00:03:08 ID:ymb3quhq

                    | |{ニ{              |////|       |ニ|   | |
                    | | Vハ          |////|       |ニ|   | |
                    | |  Vハ           」////L       |ニ|   | |
                    | |   Vハ   _ ,-= ̄ ̄ ̄ ̄=- _   !ニ!   ! !
                        \\   }ニ}  ≧========≦、 }ニ} //
                       \\ |ニ{}j万万万万万i万万万万k{_ }//
                       \_(____________)/ニ、
..-――=================i!不不不不不不不不不不不不i!=================―-
                        ├ ‐ ┬ ―‐ ― ―― ― ‐┬‐ ┼iニ{
                           /}   ! !::::: :::::::::::::::::::::::::::: :: :| |  i! \ニ|
.._ _ __ _ _ _ __ _ _ __/  !   ||:: : :::::::::::::::::::::::::::::::::| | |  |\______________
                           |i|  L_ニ二二 r== 、ニニニ_i!  !   |ニ|
                        j {\|:ハ::::| || i!      }  }:: |イ   ハV  ゚
                  ゚ 。      |ニ\|:::::ヽ! ij  、   ,'う |:/:::i!   ハV      。
                         Vハ  }/::::::::> ij ̄u r<:::::ハ}  ハV   ゚
                           }ニ}i!  }/::::::l>-< {::: /}/   ! }ニ!          ___x===========
ニニニニヽ、                    Vハ!   }/ _ノ    、_:(    |ハV         ,r'刃jix========
      \ヽ、                     ヽi|l! ̄二=- ‐=二  ̄‐<i|!イ      .,ィ刃r'    ノ「 ̄
ヽ.____ ヽ\______ _       >-‐  _       ,     fニニヽ_ ヽ_ィ刃/   ノ「

 これは全て三枝武尊の本心であり、真実ですが、ひとつ問題があります。
 彼は娘との関係については反省しましたが、別にヒューマニスとしての信条を改めたわけではないという点です。
 父親としての責任を果たし、特異な病気を背負って生まれた娘の治療をしなければならないと思っているのです。

 第六世界には『アラモス20K』と呼ばれる、ヒューマニス・ポリクラブの過激な組織が存在しています。
 この組織は「メタヒューマンは治療可能である」として、文字通り、その"治療"を行うことで悪名を高めています。
 トロールやオークの色素と牙を抜き、エルフやドワーフの耳を整形し、覚醒者の脳をレーザーで処理します。
 引き渡した場合オレステスの運命は悲惨なものとなるでしょうが、それはあくまでも主観をどこに置くのかによります。
 ヒューマニスである三枝武尊にとっては、娘をなんとか治療できたとして、心から安堵するのでしょうから。

 こういった自身の信条について、三枝武尊は特に自分から語るつもりはありません。
 身内の恥についてペラペラと語ることは、三枝一族と三浜社の面子を傷つけてしまうからです。
 
「確かに差別的な……虐殺といった行為に走る人々がいる事は、哀しいことです。
 ですがエルフやオーク、トロールになりたくてなった人、生まれたくて生まれた人は極めて少ないでしょう。
 またそうなってしまった子を抱えてしまった親の気持ちを思えば、ヒューマンに治療してやりたいと思うのは自然なことです。
 加えて、今やヒューマンは少数派です。オークやトロールの権利を守るのと同様、ヒューマンの権利を守らねばなりません」

 もしPCたちが三枝武尊がヒューマニスであるということを問いただせば、彼はこう述べて曖昧に笑います。
 これについても嘘はないですが、決して全て本心からの言葉というわけではありません。
 三枝武尊はオークやトロールの権利を守るのではなく、全てヒューマンに戻してしまうことに強い使命感を抱いているのです。
 もっとも願望機の効果でも即座にということはないので、徐々に他メタヒューマンの出生率が低下する形になるでしょうが。

.


8699梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:03:17 ID:pXYE9pmQ
見事に三枝側は何も約束していない申し出だなあwww


8703◆CoNaNQHQik2020/02/01(土) 00:05:55 ID:ymb3quhq

                      r/:::::::::::::::::::::::::::\}
                    ///::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::こ`
                    i /// /::::::::::::::::::::::::从::::::ヽ
                   , ' '  ,:'::// ̄// V:::::|
                   |    |/       -= ∨:,
                   |    |  -=='   rュ  |h
                     /     .|   rュ  |    .ソ、
              -r  |      .人     、    |ニ |
            -=≦ニ|  、 -= /ニニ     、_,   .从 ,
      -=≦ニニニニニニニ   - ./ニニニ>      /ニニヽ
   /ニニニニニニニニニニニニヽニニニVニニニニ| ヽ ――ニニニニ/ニニヽ
   ニニニニニニニニニニニ≦ニニニニニ∨ニニニニ   > /ニニニニ,ニニニニニ≧s。
  |ニニニニニニニ≦ニニニニニニニニニニニニニヽ|/∨"ニニニニ/ニニニニニニニニニ\
  |ニニ≦ニニニニニニニニニニニニニニニニニニンニ   |ニ|ニニニニニニニニニニニニニニニニ
  人ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽニ|/X|ニ|ニニニニニニニニニニニ/ニニニニニ_
   ≧=- ニニニニニニニニニニニニニニニニニニマ}XX/ニニニニニニニニニニVニニニニニニニ
            -=ニニ/ニニニニニニニニニ|_/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|
                    イニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニニ
               |ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ


 PCたちがこれを受諾するにせよ、拒絶するにせよ、保留するにせよ、三枝武尊は表情を変えません。
 受諾すれば丁寧に礼を述べ、拒絶すれば残念ですと漏らし、保留すれば色好い返事をお待ちしていますと頭を下げます。
 そして自身の連絡先を記した名刺を置くと、重ね重ね丁寧にオジギをして、座敷を辞します。
 当然支払いは三枝武尊が済ませていますので、PCたちは気兼ねなく食事を楽しむことができます。
 そして帰ろうとすれば、三枝武尊があらかじめ呼んでおいたタクシーが青葉楼の前で待機しています。
 これが"さらりまん"流の接待というわけです。

 PCたちは三枝武尊の提案に乗ったふりをして、ゼロゾーンに侵入するという手段も取れるようになりました。
 ただしこの場合、三枝武尊にPCたちの来訪は知られるわけですから、万全の警戒態勢が取られているでしょう。
 あるいは本当に三枝武尊の提案を受諾して、オレステスを説得するか、裏切っても構いません。
 もちろん彼女を裏切った場合、オレステスと義経はPCたちの敵となるわけですが……。


.


8705梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:07:29 ID:jsCRUpzI
>>帰りのタクシーまで用意
うーん、そつのない対応だ


8706梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:08:14 ID:Rwtkj+K/
流れはシンプルだけど、ほんと手筋の多様性が凄いシナリオだなぁ
自分もこういう「スタートからゴールまでは一直線だけど道が無数にある」シナリオをスマートに作れるようになりたい
参考にさせてもらおうw


8707梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:10:52 ID:/0e43NHY
ただ、手筋がたくさん取れるってそれを捌くGMへの負担もでかくなるって事なので
PLとGMどっちも唸りながら進むことになるよな
ある意味対等の立場で必死に苦境を乗り越える美しい形になるがw


8708◆CoNaNQHQik2020/02/01(土) 00:12:10 ID:ymb3quhq

                     _
               ,ィ  ,...::::´::::::::::::「::::ヽ、
             ///:::::::::,::::::::::::::∨:::::::\  / 〉            |   |    <:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>
         _   / , |::::::::::::,:::|:::::::|:::::::::::、::::::、::\´ /            |   |/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::\    ≦ ̄`
         \ ̄ V /::::::::::/、∧、:|:::::::::::::\:::\ーく-ィ            | γ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;、;、;、.:.:.:.:.:.:.ヽ /:.:.:.:.:.<
           > ,ィ {::l:::::::|::/\{:∧::::::::: /ム斗::\\:|            | ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: !   ヾ:.:.:.:.:.:.ハ .:.:.:.:.:<` ヽ
         /:L  |∧:|::::::|ィチ亢ミ 从:::::/´}∧:::\::_、 〉           |/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|    `ミ:.:.:.:.:.:} .:.:.:.:.:.:ヽ
        八::::::l/\ |::、:::从Vzリ   }:/イ亢Y、:::| |イ`iー           /:.:.:.:.:.:j!:.:.:.:i.:.:i.:.:.:.j!:.:!    `ミ:.:.:.:.:| .:.:.:.:.:.:.:∧
        ヽ_}:::::〈/ {、::\} /// _'   Vり/∧| \}           j!:.:.:.:.:.:.{i:.:.:.:ハ:.jハ:.:.|!: !  ,, -‐  }:.:.:.:.! .:.:.:.:.:.:.:..∧
         ∧::::::\__」ハ:::::::}  / ⌒ヽ //:イ:::リ /|           i;ハ:.:.:.:.:.ハ:.:.:! }リ }:.ハ:リ '"    }.:.:.: ! .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
         /イ|::::::::::/:|乂|::::::|   {'⌒ V  人:イ::::|':::::∧           { |iハ:.:.:.i `''    ` `       l:f ヽ .:.:.:.:.: !: ハノ
          /::::::::/ ::|  |::::::|> ゝ--'  イ /:イ:::::|:::::,::∧           | l:.:. |ヾッ=z=      =xz=ン /!:.| }ハ.:.:.:.:.:|i:|
         ,::::::: ∧ ::|  |::::::|--、 ` ´ |-、<´/:::/ヽ::{:::::::\         | i:.:. |     '         ./ i!::|イ ハ.:.:.:. !i;
          /::_::::/:/⌒「l}::::/ / |   | | ∨/:::/  V 7}:::::::ヽ        | l:.:. i\   x‐‐-、    ,イ j:.:.!j!   !.:.:.:.|j!
         ,::::|\,'    |/::/ / L、 r| ∨.:':::∧   Vlム::::::::::.        | l:.:. |      V :::::ノ  ィ、   ハ:.i    !.:.:.:.!
          {::::| |l\  /::/ ∨\  l / /:/ く  / }l∧:::::::::       | i:.:. |   ,ィ´、>  <:/  !> jソ    i.:.:.:.|
        ∨_〃  \,'::/|/////\|,/,.::://>{-/   ∨∧::::::|       | l:.:. | < |  ヽ    /  |   \   ハ:.:. |
         / //\  /::イ ` <////_/::イ≧=-、 ヽ     V:∧:::, .     , < | ハ:.:.!  .!   ><   .|    \ ハ:.j!
       / //  `7/      ̄´/:/     }  V    \ }/   , イ r―  、ハj!   .!  ′    ヽ :!      、 }ノ

                      --- /⌒\
                 __ / __  -=ニニ>、   \             >-‐=- _    /  / /   |  } ヽ ヽ
                    /⌒/         ∨/  \         --ニニ入三三三i / / | /    }  i  } i 'i ,.-、
                / i/ /⌒ > 〈〉 < \V/   \       ´     i三三三ソ  |. |´-s。,レ'. メ、j斗<ji , Ⅰ ゙ _
                  ′ | / . :< <>   <> >: /V/   \\           /三三三j{  | i{ r=ぅ,\/ .斗=e_ j{ i| 八  ゙i  `ヽ
                :: . |_/ . :/:{\ 〈〉 //}//V  :: \\     _ >-‐'‐ ´  `从 λソf  り ,   V,ク`ゝi  | / ゙、 \
                 i: . | :i: /}/{ : / ̄ )/ィぅ芥Ⅵ  .: i、 \\_     ヽ      ノ ∨  }   ,、, - 、 .,  j  |、/   .゙;、  ヽ、
                 |: . | :|/‐-八(   〃乂ツ 八 . :: |. ∨ ¨⌒  ` 、 _ ` ー---ス===.ム.  }    i |i`シ  ノソ.    | \゙ 、`
                 |: . | :|ィぅ笊ぅ       ' ' /. :/  |\〉       `||ヽ、_-´._ \    `. ゝ、. _ ノ |i/ /シ.    ノ   ゙, ヽ
                 |: ./:|:.Ⅳ 乂ツ i       ノ:/    |\〉        ||´  f´仁ニ=ン\    > - /  ノ/ニニ- 、´     ヾ
              , /{:八 乂 ' '      _  ⌒i     |: 、〉    =    ||  ゝ >',∠ー - ┴ ´ ,  /ニニニニニニ=- 、 ._ _ ヽ
              ノ/ 八: . /:込      ′    |     |: 人    ニニ= _ |レ -‐ ´_/ _,,,ィェ==彡´ `ヾ、、ニニニニ´      ゙ii,, >
              ⌒´  |\( . :|_:::...     /|    /〉: . }     >´ , - --_r´ (ニシ    フ   -  ミヾ .         , 彳´ | |
                |  \. :| { ̄≧=- <--}     / |: . .八    -//  /ニニ`ヽ    j´      ヽ|ヾ.、  , ==彳'   | |
                   __|    . :| {.: .: }:i:i:i:} {:i:i:i:i}   ' 八/、_____ __


●ZERO-ZONE SHUT DOWN!
「三浜ってホントクソ!」「クソですね!」「やっちまうわよ!」「ぶっ殺しましょう!!!」

 いよいよ仕掛決行の当日がやってきました。
 オレステスと義経(もしかするとアルトリウスも)は、出陣前の鬨の声を上げて盛り上がっています。
 ディンドランは混ざりたさそうにウズウズしていますし、PCたちの前をちらちらと見るでしょう。
 PCたちが混ぜてくれたなら、ぱあっと顔を輝かせてみんなで一緒に「シュターク!」と叫びます。
 ドイツ語で凄いとか、クールとか、最高とかいった意味のスラングですが、あまり使い慣れてはいないようです。

 マトリクスではすでに盛り上がったハッカーたちが、ファシリティ342に対して無謀なアタックを開始しています。
 ミツハマのスパイダーは対応を迫られて大忙しでしょうし、多くの新人ハッカーが脳を焼かれて倒れていることでしょう。
 しかしお台場ベイエリアの人工島に建つ高層ビルは、まったくそんな気配を感じさせず、静かに佇んでいます。

 さて、ここからはPCたちがどのような潜入手段を取るのかによって大きく変化します。
 こちらで想定した方法などについては前述の通りですが、もしかしたら他の方法も取るかもしれません。
 繰り返しになりますが、GM諸氏は高度の柔軟性を保持して臨機応変に対応していただきたいと思います。

 以下は何らかの方法でゲートを突破し、オレステスの把握している旧式接続タップへ向かったことを想定しています。
 PCがこれ以外の方法で三浜武尊の元へ向かうのなら、この記述を参考に対応してください。


.


8709梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:13:42 ID:aeAAao72
美少女たちの女子会の光景「ぶっころしてやる」


8710梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:14:04 ID:8vtQgYdA
これじゃ女死会だよ


8711梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:14:15 ID:Rwtkj+K/
フォーク!w


8713◆CoNaNQHQik2020/02/01(土) 00:16:24 ID:ymb3quhq


        _________________//
     / ――――――――――――――――― '
   //
    | | ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    | | |      切囗■入 切囗■入 切□囗入 切□囗入 切□囗入 切□囗入 |
   \〔!            ___     ___                        |
     |       [] []   〔 @__〕   〔 @__〕  [] []    [] []    [] []  |
.     \            ̄||      ̄||                        /
.          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     | |        | |



.      \   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          `/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
         ..:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::. ::::::::::::::::::::::::::::::
      /:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::: ∨:::::::::::::::::::::::::
.     / :::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::: ∨:::::::::::::::::::::::
..    /::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::: ∨::::::::::::::::::::
.     :::::::/::::::::::::∨::/ |::::::::::::::::::::::::::::::::.:\/::::::::::::::
    |::::/ ::::::::::: /::Λ |:::/::::::::::::::::::::: /Λ:. \/::::::::
    |:/::::::::::::: /::/| V/〈:::/::::::::::::: / / ::::::.. \/::
    |: :::::::::::/:イ |=ミx, ∨::/::::::::/ /::::/|:::::/ \
    |  :::::::::::::::| // 冗心 V ::::: / /:/  |:::斗
      |:::::::::::::| 〈 {ん/V^∨::/ /__,.斗 ==芋ミk
      |::::::::::八  弋少ノ   ゙/ ^´ /^ ,_ノ////
      |:/|:::\::\ `¨¨          {/、:::::ノ/
      | |:::::::::\::\   ,          弋///シ' /
         |::::::::::: {    /         `ー   /::
         |::::::::/Λ                  /:::
         |::::::/:::/ ヽ    _          /-‐:::
         |:: /:::/   \  ト - ヽ      //:::


 ゲートをかいくぐってビルの中に入ったPCたちを出迎えるのは、広々としたエントランスホールです。
 ぴかぴかに磨かれた大理石の床には通路を示す柔らかな絨毯が敷かれ、中央にはエレベーターが何基も並んでいます。
 ホールの端には非常階段と思わしき分厚い金属扉があり、オレステスはPCたちを先導してそちらへ向かいます。

「あたしの歩いたところ以外の床と、他の壁に触れないようにね」

 話を聞かずにガバガバとPCたちが先走って突っ込んだならば、残念ながらセキュリティに感知されてしまうでしょう。
 オレステスは手慣れた様子で金属扉を開けると、非常階段には目もくれず、その奥の搬入路兼ゴミ捨て場へ向かいます。
 オフィス中のゴミが放り込まれたダストボックスの行列の奥、隠れるようにして、忘れ去られた保守点検タップがあります。
 埃もかぶっていて、長らく開けられた気配もありません。小さな手の形にだけ、埃が薄くなった箇所が残っています。
 ワイアレス時代以前の代物なのか、あるいはセキュリティ上の理由からか、有線直結でのみ接続できます。

「これね。昔とおんなじ、そっくりそのまま。
 あたしはあたしで狙ってるものがあるから、別個にアタックするわ。
 そっちは任せるから、あとはよろしく。……しっかりね、お友達(チャマー)」

 ゼロゾーン・サブホストのレーティングは6。
 能力値は【アタック】6 【スリーズ】7 【データ処理】8 【ファイアウォール】9です。
 そしてこの古びた保守点検用タップのデバイスレーティングは2。
 よってPCのハッキングに対しては2+9のDP11で抵抗します。

 マークをつけ、セキュリティや監視カメラ、接続されたドローン、モノワイヤトラップなどに対処しましょう。
 PCたちに内部を移動可能なタグを発行するなどのこともできるかもしれません。
 有線のため、ログインし続ける限りデッカーはこの場から移動することができません。
 ワイアレスで接続し続けるためには、このタップにコムリンクを直結し、無線子機とする必要があるでしょう。

 マークをつけて情報を抜いたPCたちには、三枝武尊のオフィスまでのルートが判明します。
 超高層ビルの場合、高層までの直通エレベーターというものはなかなかありません。日本は地震も多いですから
 そのため、三枝武尊のオフィスへ向かうには複数のエレベーターを乗り継いでいく必要があります。
 1階から35階、35階から70階、そして70階から80階です。
 35階から70階のエレベーターは保守点検中のものがいくつかあり、少し迂回しなければなりません。

 PCたちの中にデッカーがいなかった場合、これらのハッキング作業はオレステスが行います。
 この場合GMは判定の処理を簡略化するため、オレステスが全部対処してくれた、として構いません。
 またPCたちの中にデッカーがいた場合、オレステスは三枝武尊の情報を引き抜く作業の方に回ります。
 そのため、このタップからサブホストへハッキングする作業はPCたちに行わせるべきでしょう。
(もちろん、PCが金でデッカーを雇って行わせるという手段も当然有りです。代価は支払ったのですから)
 いずれにせよ、オレステスはハッキング作業に集中するため、能動的な行動はあまり取れなくなります。
 その間、義経はオレステスの護衛をしているものとして処理してください。

 以降、80階に到達するまでいくつかの問題が発生します。
 PCたちはこれに対処しなければなりませんが、様々なアイデアを思いつくことが考えられます。
 GMはそれに対して高度の柔軟性を保ち……ようはうまい具合に受け入れて処理してあげましょう。

.


8714梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:18:08 ID:pXYE9pmQ
がんばれGM


8715梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:19:29 ID:/0e43NHY
GMに「まあ……がんばれ」ってシックス顔で微笑んでる姿が見える…w


8716梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:20:13 ID:aeAAao72
手段が山のようにあるからGMの苦労もまた偲ばれる


8717◆CoNaNQHQik2020/02/01(土) 00:21:57 ID:ymb3quhq


i' Yヽ'//.Yヽ'//ヽ////ヽ////,.、/////////l;i;i;l'// ̄""'''――---  ニニ! .l__ .>―< ̄>ー< ̄> __l l--―‐ '''"  ̄i;i;i-― ''"´/,l;i;i;i;i l l//.!
l | l/,l | l/l. Y.l'/,/ Y V/,/.Y V// .ヽ///l;i;ij'////ヽ///!;i;l'/////V///l l ヽ―< ̄>ー< ̄,'  l .l'////、////ヾ;i;i;!///.∨///ノ;i;ij _,. -‐i'"|
l | l/,l | l/l | l//| | l'/,| l l/,l | .l'/,i l;i;lヽ'// .Y V/,l;i;i/V/,/ Y∨/,!丁 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|///.Y V/,/ ノi;i;{// .Y V///;i;i;il'"|Xl!X|X|
l | l/,l | l/l | l//| | l'/,| l l/,l | .l'/,!.l;i;i! l//! l !/ノ;i;i! .l//! ! .l//l .l=========l._l//| l !//! i;i;i;i;l/l .l l//l.{;i;i;i;|X|Xl!X|X|
l | l/,l | l/l | l//| | l'/,| l l/,l | .l/ーO,-Oーl. ! .l,l-o,.l-'-' | l !'/,l .l!XXXlXXXl|!XXXlXXXll::|//! ! .lハニ-i-o-!'! l l!-O'‐.O|X|Xl!X|X|
l | l/,l | l/l | l//| | l'/,| l |__l___入_ノ_/! l !,r入.l !二ニニ|二二|. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二二|ニニニl |.ノlヨ/| l l/{入.ノ__lX|Xl!X|X|
,!==!/,l===l/,!==|//!===l//|==.l::::l`Y´l:::l`Y //.l;i;!===l;;ゝ`'l l.!. ̄.! |二二|.    ト、   ,.イ.   .|二二| .l  ̄l l l7イi;i;|===|Llヽ ̄ ̄ll ̄ ̄l::::l
,l .! .l'/,l .l !/,! .! !'/,l ! !'/,| ! !:::|__.l:::|`.//.l .l;il .l l;i;i;il=l !|__l .|二二l.    ノ.i!ヽ / i!{、   .|二二| .l__l l |;i;i;i;;i;l ! !/l.!.l ヘ  ll__l::::l
,l―-r――――――――――┐l -|-l:::|/./l .l .l;il_!__!;i;i;i;il! .l.|-|-l. |二二|.   ,.{ヽヽ Y / / }、  .!二ニ| .|-|-l l l;i;i;i;i;i;!_.!__l/,!l | l. ヘ ll -|-..l::::l
,'! ! l r――――――――‐┐l  ̄ ̄././l .| //二二二二!-l-!――|二二l ヽ.{.'ヽ ゙'.l l '゙ノ ノ},イ |二二|――‐i┬!二二二二.∨ | l. ヘ ̄ ̄ ̄
,'l .! ! .l:::::::::::::::::::::〈Y〉:::::::::::::::::::l. ! ---/./! | .//!二二二二.l ! l   |二二|.  ヽ.、ー、 V ,.- ノノ. .|二二|     .l l .!二二二二ニ∨!.l .l. ヘ ----
/! ! l !    ~^~¨¨`~´~     l .!  ././| ! l//二二二二二l ! l.ー―|二二|     ` .,;';:、;,、 ´    .|二二|――‐!.l .|二二二二二.∨! l .l. ヘ
/l .! l .l  三三三三三三三  l | /./! l l//l.二二二二二 ! .| l.    |二二|.___,ィゝ' 、___|二二|    l l .l 二二二二二 .∨| .! .! ヘ
=ニニl .l------ ――― .ニニニ!/./ .! l//l.二二二二二 /l ! !          |.  Tl.}{ }T  .|           .l l .l',二二二二二二∨.| .| .l ヘ
   _ -‐ ''"''''''''''''''''''''''''''''''''''''!-!.l !//.l 二二二二二.「_l-ィニ=- ___  .|   ハ.V,ィ′  |   __-ニ二ゝ-,‐i二二二二二二.∨ .| .l l Τ
-‐  l  l  ll    l    l   l .l l .//l二二二二二二.l .l .r--ニ二ニ====――――――======ニニ-i ! | 二二二二二二 ∨| .| .l l
. !   !   l  ll   .l    l   l .l |//! 二二二二二二 l .l .l  l.    ̄l | ̄ ̄ ̄ ̄l ̄l ̄ ̄ ̄ ̄| l ̄    l  l ! |二二二二二二二∨ | .l |
. !   |  l  ll   .l    l   l .l//!二二二二二二二.l .l .l、__!    l |        l  l        | l      l  l、! |二二二二二二二. ∨ .l |
. |.  .!  l,. ┴―――――――' ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ー / "'' ‐- __!.|____l  l____| l_,.  -‐ ',.l_l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ_!__|
. |  , <                          ./   `''‐-  ..__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ _,.. -‐'"   \
<. ───────────────────────――――  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄────────────────
                             /                 l   l         .l  l                \
                            /                 l   .l       l.  l                \
──────────────────────────── !    l━━━━━l   l─────────────────―‐
                          /                      l   l        !   l                     \
                         /                       l    l         l.   l                     \

・1階
 非常階段から出てロビーに向かうPCたちは、〈知覚〉(目標3)のテストを行ってください。
 成功すると、邪魔だからと隅の方に押しやられていた受付用ドローン(マン・サーバント)が近くにある事に気づきます。
 スタンドアロンかつスリープモードになっていますので、慎重に遠回りすれば気づかれることはありません。
 もしPCたちが気づかなかった場合、PCたち全員にエッジ判定(目標2)を行わせてください。
 これにも失敗したPCはマン・サーヴァントに気づかれてしまいます。
 不意にガバっと顔を上げたマン・サーヴァントから大きな声でアナウンスをかけられ、警戒度が上昇します。

.


8718◆CoNaNQHQik2020/02/01(土) 00:25:06 ID:ymb3quhq

          |::::::::::|::::::|√ ̄ ̄__「__| ̄|_ |  .| \   \
        |丁¨~¨¨~~¨¨~~丁:丁¨ニ=-...._|\l___. ̄|¨\ \    \_____________
        ||二二二二二|:::::| ̄”~" '''i::|  |::::::| | l |\ \   |  | ̄ x==ミ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ||二二二二二|:::::| ̄”~" '''|::|≧s。.,「  | l |  \.._\ |  | ̄/  ノ_______
        ||二二二二二|:::::| ̄”~" '''|::| |::| ``〕iト㍗⊥   |..i. |....|  |:┘ ̄|| ̄| ̄
        ||二二二二二|:::::| ̄”~" '''|::| |::|   ||¨¨¨:|::|     |..i..|`゙|  |ー|   |..|... .|
        ||二二二二二|:::::| ̄”~" '''|::| |::|   ||:::::::::|::|_  |.i.⊥⊥__|ニ|   |. | . |
        ||二二二二二|:::::|..二二ニ|::| |::|]  ||:::::::::|::| | |  |.|   |_|ニ|   |...|.. |
        ||二二二二二|:::::|    .::|::| |::|   ||:::::::::|::| | |  | ̄ ̄:::|ニ|ニ|   |ニニ|
        ||二二二二二|:::::|-ー '' "|::| |::|   ||:::::::::|::| |_|_|__:::|ニ|ニ|   |...| . |
     ...⊥⊥二二二二二∟‐┐-ー '''゙|::|三三三三三三[____]:|ニ|ニL |~¨~¨¨¨¨゙|
______| |┌…¬冖 ''' “¨” ̄| |-‐ ''' ゙|::| |¨¨|¨:|| ゙̄| | ̄~:||  :| |:::|ニ|  | | |¨¨¨¨¨| |丁二丁二
:::〔_「___| ||::::::::::::::::::: :::::::::::::::::| |-‐ '' ゙|::| |  | || ::::::| | :::::::||  | |:::|ニ|_| | |──‐| | ̄ ̄`ヽ
::::::::::::::: : | ||:::::::::: ::::::::::::::::::::::::::| |-‐ ''|::| |  | || :::::::| | :::::::||  :| L」__|_¨¨¨二¨¨¨¨γヽ¨¨¨¨¨
\:::::::::::::::| ||::::: :::::::::::::::::::::::::::::::| |-ー..''|::| |  | ||:::::::: | |:::::::_||_|_|ロ巾卩\__>_>___{:::了二二
  \::::::::: | ||:::::::::::::::::::::::: ::::::::::::| |-‐ ''|::|㏍┌‐‐< ̄| |‐ニ。s≦ニニア-、¨¨¨¨¨¨¨¨ /|_:::{__ノ
___\::: | ||:::::::::: ::::::::::::::::::::::::::| |-‐TT//「^┘`ヽ`ヽ''<i:i:i:i:i:i:i:i:i> ゙ ̄       / :| |::|=:|
  _,. -┘: | ||:::::::::::::::: ::::::::::::::::::::| |「Νノ「「ニi≧s。 └、_>∠_ ̄广二二二二二L_/_| | |::| |___
¨ ̄\:::::::::::| ||::::::::::::::::::::::::::::::::::::_| |-'1゙|\|く⌒i_`二二二´_______// / | |竺≧s。./
─---\::::: | ||:::::::::::::::::::::_ - ¨ _| |_|<__r<   ̄ > ̄ ̄``<´ ̄`ヽ ̄ ̄/ /::| | |  └'/:::::
_,,.. - 丁_| ||:::::::_. - ¨  _, - 二¨¨ .ィ(=_=_=_=_><       ~^ ー ′ / / /´`丶  {:::::
--─… ォ_| |└ ¨  _. - 丁    ィ(=_=_=_=_=_=_=_ /: : に二二ニ=-    / /´::::::::::::::::::\ \
 _,. -二| |_,.>-‐…‐<_,. - ¨ ><=_=_=_=_=_=_=_ /─--   _: : : : : : : :/ /{:::::::::}:::::::::::::::::.、
¨ _,.ニ=-''¨ |ゝ __ノ|___,.ィ( =_=_=_=_=_=_=_=_, /.:/           ̄.|: / /|ノ\ノ:::::::::/::::::::ヽ
"~      |     ̄)_) `'弌=_=_=_=_=_=_=_=/: : /             |/ /i⌒ヽ:::\:::::{::::::γ⌒

・35階
 大概エレベーターの乗り継ぎはすぐ向かいのものに乗るだけで済むのですが、保守点検中の札が下がっています。
 そのため他のエレベーターに移動する必要があるのですが、それにはオフィスを通り抜けねばなりません。
 しかし外国人のPCたちにとっては驚くべき(そして恐るべき)ことに、オフィスには残業中の社員が大量にいます。
 PCたちは〈忍び歩き〉(目標3)のテストを行って、これをくぐり抜ける必要があります。
 もし失敗した場合、PCたちの存在に社員たちは気がつくため、〈交渉〉(目標3)などで対応する必要があります。
 完全武装していたりトロールであったりすれば穏便に納得させるには不利でしょうし、脅迫するには有利でしょう。
 GMはPCたちの態度と状況にあわせて、DPに有利・不利なボーナスとペナルティを加えてください。
 これにも失敗したら、社員たちはPCたちが侵入者であると気づいて騒ぎ出し、警戒度が上昇します。
 また火災報知器を兼ねたエアロゾルセンサーなどもあるため、薬品類の使用には注意しましょう。
(PCがサブホストにマークをつけているならばセンサーを黙らせる事は十分可能ですが)
 もちろんPCたちは先手を取って制圧射撃を行うなどして、社員たちを皆殺しにしてしまうこともできます。
 この場合、社員たちの腕に取り付けられているバイオモニターが異常を感知し、やはり警戒度が上昇します。
 そして仮にこの場を切り抜けたとしてもミツハマからは完全にマークされてしまうでしょう。同時に報酬のカルマは1点減少します。
 安易な方法は安易だからこそ、同時に代価も伴うものなのです。


.


8720梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:27:18 ID:aeAAao72
ジャパニーズブラックブラックカンパニー


8721梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:28:09 ID:SB6Dhmeb
社畜という概念を無垢なクローン(一桁歳)に教える背徳感を味わいたがるPCが出そう(小並感)


8724梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:29:49 ID:NLOOAbuE
残業中で皆殺しにされたらたまらんな…


8725◆CoNaNQHQik2020/02/01(土) 00:30:33 ID:ymb3quhq

 ______
 三三三三三三|\._______________ ./|三三三三三三
             |\| 三三三三三三三三三三三三三三.|/|
 ______|  |                          |  |______
             |\|                          |/|
             |  |  _____________.  |  |
 ______|  |  |\ .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. /|  |  |
             |\|  |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ :|  |  |  |
             |  | ̄|\|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |  |  |  |
 ______|  |  |  |:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :::|  |  |  |______
 ////////////|\|_|  | :: | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| :: |  |_|/|////////////
 ////////////|//|//|\|: : |              | : :|/|//|//|////////////
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\|//|//| : :|              |: : |//|//|/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             |  | ̄|\|: : |_______| : :|/| ̄|  |
             |  |  |  | : :┌┬┴―┴┬┐ : : :|  |  |  |
             |  |  |  | : :||::.|  |.::||: : : |  |  |  |
 ============'=='=='==':: :::||::.|  |.::||: : : '=='=='=='=============
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\_________/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 |\____________________________./|
 |\                                        /|
  \\__________________________//

                                        .. . -=、
                                      /.:::::::::::::::::.\
                                       |.::::::::::r==ミ:::::≡=─-
          _ ____                           L.. _}:}::::::::l::::::|
       /.::::::::::::... .. . `ヽ                    〉  |:ト-='.::::/
      /..:::::::::::::::::::::::::::::...                        ゝ彡'`ー=彡:ハ、≡=─-
       |:::::::::::::::::::::::::::::_::_:::::≡=─              :⌒{ : : : /⌒ヾ: ヤ\
       L.. -=ミ:::|:::l「::::::::::|::::::|                     i:::::::} : :/   / : ト.ノ
      匕 ___}ヨ:::l|:::::::::::|::::::|                     /エエレ'  〃:_:_:|=-
       j    |I|:::l|:::::::::::|:::::::                     |{} /  /二ニ圦
        人   |I|::::`:::ー=':::::/=─-             ヾ/⌒ヾ/三三二ニ}             -=   ̄ ̄ ̄ ¨
        `=彡'´ ̄`ー=彡' \                / 〃´「 ̄ ̄ ̄`.           .
        { : : : : 〃´  ̄`ヾ : ≡=─-            .ー' :|  、      .           /
         [ ̄. /      }}: : : 〉、=─           /:|::::|: : /ヾ.    ハ      /           ≡=─
         ∧: :/      /: : : / /ヽ           / .:|::::| :/  ∨   ≡=─- /
          /.:::∨        / : //..:::::.≡=─     / . .:|::::|/     ∨         /
       .::::::::/      /://..:::::::::::::::::.\         { ..::::|::「{.      ∨      /           ≡=─-


・70階
 社内警備の巡回なのでしょう。セキュリティチームと彼らに随伴するニッサンドーベルマンが移動中です。
 サブホストにマークをつけていれば事前に探知可能ですが、どちらにせよ接触を避けて移動する必要があります。
 PCたちの誰か1人が〈航法〉(目標3)および〈トラッキング〉(目標3)を行い、接触しないルートを構築しなければいけません。
 これは〈企業警備手順〉の知識技能によって1回の判定にする事ができますが、この場合の目標値は4です。
 もし1回でも失敗したならPCたち全員にエッジ判定(目標2)を行わせてください。
 これにも失敗した場合、セキュリティチーム(P390 プロ意識5 グラントおよびルテナント)との戦闘になります。
 MCTドーベルマン(P472)はイングラムスマートガン、鮮鋭化3、照準3を搭載し、弾種はスティックンショックです。
 勝利した場合、当然ながら敵に襲撃は察知されて警戒度は上昇します。増援が来る前に80階へ急ぎましょう。


.


8727◆CoNaNQHQik2020/02/01(土) 00:36:45 ID:ymb3quhq

              ヽ             !          !           ,i′
            ヽ            !          !          /

ヽ,               l,            l         l             /
 .\               l         !         !         /
   .\           l          │        l            /
    .\             l          l       │        /
      .\         l       .l       l        ,i′
          \    ___L,,,,___,  ゝ      !       ./
          _,, ‐'''"゛_,,.. -r‐――-ri二,゙,゙;;;;-.,、  !       /
    ._..-‐" _,, tY゙´    .ll,  l  .l.!  i ‘'m二'-..、     /
''- / _..-'"   ゙'ム.\   .lL  l.  l.!  !  .!l  ゙"'‐i \   ,i′
'" ,..rヽ,,、     ゙.l、 .\  .l.l  ヽ .∥ │ .|,!  .! / `''、ヽ′
./  `'ミ'ミ''-、、   ゙.l、 \. リi  .ヽ l}  .} l!  l l゙   .i゙'、ヽ
゙     ` |-, .`''-、、 ゙h  \.テ ._.."′___l !!  ! /   / /´ヽヽ
.、,      .` |-,   ゙゙'-..″ ,,ハ/゛ ゛゙´  .――│.゛  ././   ヽ.ヽ
''-`-7'― ..,,,_ `.l;;、  ./ ゙‐'゛  ._,,.. ――― ..,, '''ー- /./     ,ミ、.l
  `'' |>、    `゙゙゙''i、 /   ,, t'"   .l   !   .ハ-,,....、、   ./  .! l,
     `''ミ;;、.   .! ゙く ./  .\   .l  .|   l   ./ '-\ ″  .! .!
      ____,゙.lz.│  /.、,    ヽ, .,..ニ--―- (、 ./   .ヽ"、  .,/(│
'''''^゙゙ ̄ ̄    .lゝ!  ./  `'‐、、 /、 ゝ ′.l′>、   l l .'"  |│
ーニニ;;;;-..,,,_.   .!   !.,,,_    / - .,-'''" ̄ ̄'''く、 l,   ! .|    ! !____
     ´゙'''''彡 、,,ゝ  !   .´゙"'' !-./  .,..―ー-、  .l. l   ,!.| "゙゙゙゙゙ ! l
   ._.. ‐'"   ヽ   l  __,,,,, .l...l゙ ./      .ヽ .ゝ l.,,,../ .!   ././
...-'"´       ヽ  l ̄   │ | .l       .! ,! / / / .`゙",i゙/....,,,_
.....................----;;、、,,ゝ .ヽ ._,, -'''.ヽ .ヽ,.ヽ     .,ノ./ ,./ ′ ,. /    `゙゙'''ー-_
`゙゙゙゙゙゙゙ ̄ ̄´フ″ .\.  ヽ    ,、ヽ. ..゙'''ハ;;===;彡r゙‐'゛   .ン'゙、
     . /      . \  \ -"  .ミ'-..,,‐  .  .l、 _,,,>'´   .`'-、、
    /        r..iニ=  ゙''-、, ./   ./ `゙'''¬'''''゙″  \     .`'-、,  ._..-
  /      ._.. ‐ニ./   ゙''ー ..、  .`'ー ._  !   ...l    ヽ,    ._,,.. ‐'“゛
.'"   ._.. ‐'彡‐" ,i′     `''- 、    `゙''ー ..,,,,,,゙l,,,,.. --¬'''"´
 _..-'"゙_..-'"   ./         i"ヽ,,,_、
´ .,..-'"     ,i′         ,、 !    `゙゙'''''¬―┐       _,, ‐''" '、
'"       ,/       ,r./ l          ″ -―¬'''"゙´      ヽ  ._、
       ./       .,ノ./  !       ./゙゙、  !               /
      ./       ,ノ./   .l゙          ! l  .|           / '、     l
     ./       .,ノ /    .!           ! }  !         \.\   ..l
    ./      ././    │       │ .l  .|          `'、 \   .l
   /      ./ /      !         | .!  .l              \ .ヽ,  `
  /      ./ . /      l         | .|  .|            ヽ, .\


 警戒度が上昇するごとに、三枝武尊のオフィスにいる戦力は増加していきます。
 もし警戒度が3回上昇したなら、三枝武尊は屋上のヘリポートから逃走し、オフィスには敵しか存在しません。
 ミッションは失敗となりますが、PCたちはどうにか警戒度の高まったゼロゾーンから脱出する必要があります。

 もしかするとPCたちはエレベーターを使わず、80階まで非常階段を登っていくという手を取るかもしれません。
 その場合は【強靭力】+【意志力】で目標2、4、6、8のテストを行うことで80階までたどり着けるとします。
 失敗するとそれぞれ5S、6S、7S、8Sのダメージに抵抗する必要があります。防御は無効です。
 非常階段をひたすら昇るというのは、とても疲弊する行程なのです。
※そういえば特A級スナイパー『ゴルゴ13』は、非常階段をラペリング降下して脱出した話がありますね。


.


8728梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:37:38 ID:9SqTEvSi
鍛えた人間でも重装備で階段はきつい…


8729梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:38:28 ID:pXYE9pmQ
FF7でも神羅ビルの階段を辛そうに上るシーンがあったっけ


8730梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:38:47 ID:25dXQm5s
ワシントンの記念塔を魔改造した対物ライフル背負って汗かきながら登る話もありましたね<ゴルゴ


8731梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:39:04 ID:/0e43NHY
ゴーストバスターズもゴーザと戦う前に階段に苦しめられてたなw


8735◆CoNaNQHQik2020/02/01(土) 00:41:18 ID:ymb3quhq

 \         \ \                                             / /
   f'' T 、    \ 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二  /     __ /
   |  | ├─────────────────────────────────────‐f'" |    |
   |  | |┌────────┬────────┬────────┬─────────┐|  |    |
   |  | | |                ||               ||             ||               | |  |    |
   |  | | |                ||               ||             ||               | |  |    |
   |  | | |                ||               ||             ||               | |  |    |
   |  | | |                ||               ||             ||               | |  |    |
   |  | | |                ||               ||             ||               | |  |    |
   |  | | |                ||    _       _||_            ||               | |  |    |
   |  | | |                || r≦三三||  rfiiii{iiiiiiiiiiiiii{fiiiij           ||               | |  |    |
   |  | | |                || |三三j{ニll   {iiiiij iiiiiiiiiiiii|iiiiij          ||               | |  |    |
   |  | | |                || L{ifLニにj  fiiiiiTiiiiiiiiiiiTiiiii}  ┌───┐,||                | |  |    |
   |  | | |          fニニニニ三三ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニツ_____       | |  |    |
   |  | | |           | r========、 | r==========、 | r========、 ├────┬’       :| |  |    |
   |  | | |_______j| |!      !| | |         || | |         | |       |______| |  |    |
   |  | |_________j| |!      ji | ヽ____..ノ | |         j |       |_____j!  |    |
__,,.. ┴‐┴ ´           j_二二二二_{────── ┤__二二二二゙_|       |          `'┴─ ┘::..,,
                  └─────‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└─────‐┴────┘


     /`ーヘ               <´ ̄ニニニニ三\__      ,r‐‐、_,.‐--、_____ノヽ
  _r-、 |   )´                ゝ-‐‐‐=ニ二__,.-‐‐ \   / /ヽ \ ̄`ヾ   ノ
  }ヽ y'  / ヽr‐、_r 、            `ー-----‐'''"     \ヽ  ! !  ヽ  丶  '<て´。
 /  {  |   }  {`                      ___    _r‐、 | |   {ヽ  ト、___ >o
 ヽ-ュ‐`ハ`ー-く、_,r'     ノ`ー-、             i' l `ヽr-' / ̄フ、__> ゝハノ_) >゚。
 j⌒´ ノo。゚o}   ヽ   〈 ̄`ヽ  /⌒ヽ          {   〈 /   i'´| ,.、'‐-ー´\,ゝ `o゚
ノ  /  ∞ {  ヽ丿 ノ-ヽ   }ノ_ノ  }          ヽo ゜。∨  r-'ヽ |  i `、 ∧
`ー} ____ノ i `ー<ノ  )`ー  >  /ハ -‐ァ´          _,r'`ー8 o{ ノ、__ } | .、 Y !       /`ー--へ    ,. ---、
    `ー、__ト、ノ| |  ト、_r'`ー-< o゚8, o           { /  |´ lヽ!  ∨ l--.i, ゙、 ゙、 ,,......   |   ゙、  ゙、  /  ,.-(,,
    _______  | |  ヽソ   / ヽ゚。、 ヽ           ヽ{  ハ、i  ゝー、ノ| |丶 ゙、 `、 >__  `'-!、.  ゙、  ゙゙i,/  / /
  / ----- ヽ //   \ー- ' ___/  }_/            `ー'  ` ̄     | | ヾ ヽ.」'((_、 ゙ 、  '\  、   !  /  /
 ´ ̄ ̄ ̄ ̄`//   //`ヽ/, ハノ                      ヽ ,.'´丶 ヽ ` 、 丶!    ゙ '  i ' //~~`.、
/ゝ、  _,.--‐ 、ニヽ / /   ゝ_/ レ'                        /-., - ー ,..‐'ー  丶          -  \
`}   ̄r´ ̄//| \ヽl                                  `''‐-,/  --ヽ   ∈∋  i    -- 、 丶
 フ>'    / /  ! !                                    /  /   ヾ   (i,i,ρ./_________,......、゙、
o( {   __,ノ ノ   | |                                    ( /       ゝ、,..゙i,i,ノ ,´
。゚く( _ノハ /__,,.  | |                                -.,    ゙、,,... --- ''' "~~、    l
 ゚o´ //`ー-‐'´ | |                                 "''ー-----‐‐‐、、   ゙、    l
    ヾ      | |                                    `''- ,..._   ゙、゙、   ゙i,    l
                                             ̄~~""'' -- ,...ニー ,..、゙、.  ゙i゙、,._,イ
                                            ー '''"~~""''' --- ,...._゙、゙、   ! ! .! !
●大名狩り
 80階までたどり着いたPCたちは、三枝武尊のオフィスに踏み込みます。

 まずふんわりと感じるのは、甘やかな百合の花でしょう。武尊のオフィスには百合の花が大量に用意されています。
 これは安息百合と呼ばれる覚醒植物で、その香りは魔力を阻害する背景放射を伴っています。
 あらゆる魔術師、精霊(アルトリウス、義経、そして長門も含みます)は、その魔力とFが1減衰してしまいます。
 この効果は安息百合が存在する限り継続します。
 安息百合自体はただの植物ですし、またアストラル体の接触には極めて弱い特徴がありますので、
 誰かが戦闘中に1パス使って的確な対処すれば、これを排除することができるものとします。

.


8737梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:42:26 ID:Rwtkj+K/
シーンタイトルの「大名狩り」がなんかグッときた


8740◆CoNaNQHQik2020/02/01(土) 00:45:15 ID:ymb3quhq

           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::  ̄ /:::::::::::/     /:::::::::::::/
            ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::// ̄/:::/    /::::::::/     ,  /:::::/ /
          ::::::::::::::::::::::::::::::::/ ´ ./       .,::::::/           ,:::::,
          /:::::::::::::::::::://::::´            ,::::/          ./::,
          |:::::::::::::::::, :::,    ´        /          ::,
          ||::::::::::::::  |/__  ヽ        ´           ,
           ヽ::::::::::| 彡三ミx         /
              :::::::::| ´ ̄ ̄`㍉x、                      `ヽ
            |:::::::|        `㍉s=-      、__-=三三三三ミミx
              :::::::|    r=====x   、      ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
              :::::|    l   rzzハ             ___
                 ∨    ゝ  乂:ソ〉  |    /    /     `\
                 |        ` ´   ,         、   イ0::ソ ,
                 |                |        ―乂シ
                 |           /    .|
                 |            .'     ,
                 |          /
              、         、_


    、─-  、}     ヽ  /                \{   __j  -‐  ア
      \  人    l/                      \ /      /
      ヘ   _,\ //               ヘ    \  ,ヘ _   /
      ,r≠'" > 7/        i       ヘ       \ ∧` < _
      /! <   l/    |  |          ヘ.    \ \∧   .イ
      ヘ |   ,>  l     | i|   ! .          \ヽ\ \  ∧ , < |
       Vl /   |     l lヘ. |、ヘ         //`i、ヽ\ \ ∧ヽヘリ
     / |∧    | i   ヘ| ヽ| \ト、      //_,,」/`! 、 \ \!   ヘ
.    / /!/,ヘ    | ヘ   { /{うミハ  \   /イ爪「丶l /ヽ.λ ト、  .′
    l / l / ∧  λ   ∧ヘ マzり    '/   辷ソ // / / ∧V  ,′
      ′!'  ∧ |∧ ヽ ∧u       |    `~ ∠イ / / ∧  ,|
      j   //ヽ|/∧   iヽ\    _ ′    /z'′λ,'/∧ /|
.     /  ////| /∧   「`>、`  /   ` ̄}  u/ |// | V/  V !
    /  ////' | ,'/,ハ   ! |ヽl\ 乂__ ,ノ . イ  : ′ | V    |
.   /  ////  l  /l |!  !」 :\`  、_ . イ/^|、|   |  '.    l
      ///,z=≠≠77l  | .:::/ |        |ヘ   Y  r‐'- 、∨   !
 z-′  _〃     /:/: |  l :::/ : |       l;∧:  l  ∧   ヽ,   j_ ,z‐ァヘ
/ \   /     /:/::::ハ  ∨ :::|       /:: ∧:. |  l:∧   ∨~´   /   !
!   \ ,/     /:/:::::::::|!  |ヽ :∧- 、  ,z/   /:ヽl  |:: ∧   ヽ  /    l
     \     { :′ ::::::|:  |:::::\丶   / /::::::::|  l::::. ∧    ,>'       !


 そして執務机には三枝武尊。その傍らには英霊長門。
 さらに異様な自律兵器――スティールリンクス、ドーベルマンが待機しています。
 ドーベルマンは無警戒の状態で1台、以後は警戒度が上昇するにつれてさらに1台ずつ増え、最後は4台になります。
 オレステスを引き渡す体でここまで侵入した場合、三枝武尊は警戒しているため、2台待機しています。

「やれやれ。こうなる事態は望んでいなかったのですがね。致し方ありません。
 こちらとしてもこれは仕事です。悪く思わないでいただきたい」
「黙れ、このクソ親父……! あたしを見ろッ!!」

 オレステスは激昂しますが、三枝武尊は慌てず騒がずに音声認識により、スタンドアロン状態のドローンを起動。
 自身は机の下に用意された扉からパニックルームへ退避し、PCたちとの戦闘に突入します。

 敵はまず英霊長門、安息百合、ドーベルマン、そしてリンクスの四種です。
 MCTドーベルマン(P472)はイングラムスマートガン、鮮鋭化3、照準3を搭載し、弾種はスティックンショックです。
 スティール・リンクス(P472)はPPKHMG、鮮鋭化3、照準3を搭載し、弾種はスティックンショックです。
 スティックンショック弾なのは、オレステスとディンドランを傷つけずに確保するためです。

.


8741◆CoNaNQHQik2020/02/01(土) 00:46:50 ID:ymb3quhq

                                  ____
                                     |匚]匚]匚]|
                                     |匚]匚]匚]|
              _,,..┌‐..,,_――,.‐-、__r{三三}ュ__∠ ̄ ̄_,,. -‐ ̄`丶、
            /,x==ァ=ァ―l◯l}‐ ァ>'"´ / ̄ ̄{  ̄ Ⅵ‐{◯l}―г==== ⅵ!
              //: : :/ /∟ 二二 」_「 ̄ |――┤ ̄¨|∟二二 」7777ハ: :Ⅵi
          //: : :/ /ю7777}≧f└_‐_┴_‐_‐┴_‐_┘叮丁≦{'////《∧;_;Ⅵi
            // ,.-/ / ///// 二二_丶‐_ _ ‐∠二二/`<ю /////《∧ Ⅵi:
         く/_/ 〈:Г二 ̄{「fгГ「_ノ/ rzzzュ /┌юュ/丶、 `〉//////《∧ Ⅵ〉
                ,x〔} Ю|  l-、''"´= / ̄_  ̄Ⅵ = xく    \/ ∨/////《∧
           ,,xく「{●〕)}  |::/ ̄ ̄    ̄  о ̄ Ⅵ \  /|\∨/////《∧
         ∠二二| |0|  |:′           `   Ⅵ   >' /  `ⅶ≦三三≧┐
       ,.r┘。 ̄ 。∟二 _」{__[}_____{]__}_ ィ´/     Ⅶ_」 。 ̄ 。L┐
        ∥。    。||   ,∠ \_________∠=ィ´        」 ||       ||
     ┌|гzzzzzュ_||__「ニ} └‘'‘'┘     |n_―n /       || || 。    。||
       Г`lгー┐l  ̄|_」=┘             ‘' ̄‘'´           {{гzzzzzzzzュ」 ̄|
      {囗」{| ̄|_}_{_囗}                            Г `lгー ¬「  ̄|_{]
          ̄´                                  {囗_」}L| ̄|_}L.囗}
                                               ` ̄

 加えて、スティール・リンクスには異様な火砲が一つ追加で装備されています。
〈ドローン〉や〈軍事兵器知識〉などのテストで2ヒットすれば、あるいは発射されれば、それがレーザー砲だとわかります。
 レーザーは強力な装甲貫通能力を持っており、これによって精霊の通常武器耐性を強引に貫通する事ができるのです。
 この機体は対英霊用の切り札として三枝武尊が用意した、レーザー・リンクスなのです。

 ・試作アンタイスピリットレーザーT3"タイサン"
 精度:7 DV:10P AP:-12 射撃モード:SA RC:- 装弾数:外部電源
 ミツハマが対精霊を想定して開発したT1"トリイ、T2"タイジ"に続く最新型レーザー砲の試作機です。
 レーザー兵器は反動を発生させません。しかし、遠くの目標に対して射撃を行った場合、射撃の焦点を失いダメージが減少します。
 近距離を越えた目標を攻撃する場合、武器のDVが1ずつ減少します(中:-1、遠:-2、超遠:-3)
 また、レーザー兵器は、ビーム焦点を狭めるような空気中の粒子状物質の影響も強く受けます。
 そのため環境修正の「視界」もDVに影響します。状況の段階ごとにDVを1ずつ減らします(軽度:-1、中度:-2、重度:-3)
 大気の環境修正と射程の修正は重複します。つまり、中度の霧の中で超遠距離の目標に射撃する場合DVが5減少します。

 しかしレーザーは発射に膨大な電力を必要とします。
 レーザー・リンクスは有線電源供給式のため、部位狙いなどでケーブルを破壊されるとレーザーが撃てなくなります。
〈知覚〉、〈ドローン〉や〈軍事兵器知識〉などのテストで2ヒットすれば、このケーブルの存在に気づくことができます。

.



8742梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:47:09 ID:PvHT/wqx
「島耕作ポイントを上げるのよ」


8743梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:48:13 ID:/0e43NHY
AAが重鉄騎な時点で厄いw


8744梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:48:28 ID:4FRCwLYF
仮にも室内でこんな兵器を使うのか…


8745梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:49:24 ID:NLOOAbuE
ロボコップで出てきた感じ


8747梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:50:46 ID:lLRedI8t
アンタイスピリットというあたりからして「(悪霊)退散」が由来なのであろうか<"タイサン"


8748梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:51:11 ID:0ACJHmjH
名前が微妙に忍殺感w


8749◆CoNaNQHQik2020/02/01(土) 00:51:12 ID:ymb3quhq



____
    √゙i ,.,r'────,-、_________,―,──、________________、───――,-=ニハ
     |  Ο Ο Ο {                   { {   {                              {          !   { !
     |.─マ ────`ー' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|'―,r'/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'―――――'―ー'ー゙
     ィ.‐──────、-           ___! , '/
   冂 !             (二二二二二二´      > ,r'
   | | !───────`ー'          `──ー'
 ̄ ̄U.


 なお"タイサン"の射程距離は室内用に調整され、SMGに等しいものとして扱います。



.


8752◆CoNaNQHQik2020/02/01(土) 00:53:41 ID:ymb3quhq


 |  \    \',      '/,   j!∨                                                                /      
,从     \    `ヽ        '/,  j! ∨                                                        /´!      /      / 
 ハ     :...           \ ム ∨                                                        / ,     /         >
\ ∧      :...          \', ∨                                                     /  .:   /           
', \ム       :...           `  ヽ                                                   , '  / /            /
\   `ヽ      `ヽ            ‘:,                                                 /   //               
  \ r<\                ';  ‘ ,                    }Y                            ,:'   /                
<    \ ` 、               ';    ‘:,                 У        > 、                ,:'  ;';';'                   
、 `:.、   \                 ;';    ‘ ,                       _,/    )               / ;';';                    
_,\  `:.、   :..、             ;';';',     ‘ ,                      Y r' ⌒'''              / ,,;';'                     
`ヽ ≧s。     ≧:..、           ;';         ‘:,                    Y                . ´  ,,;';';';';                     
     r-  .... _              ;';        、         イ                        . ´     ;';';                  ,,, _
-―   ヽ      `ヽ            ';';         、       ,' /             〈}        .  ´      ;';                      
` 、   `≧s。_..    \....          ;'          、      { {             '´         /       ;';                     ´  
--≧s。  `>..  __ .....          ヽ          \    \,,ァ                       /       ,..'                  '⌒ ̄ `ヽ 
  r―― =≦         :::::::......                      \                         /                         ` ー- 、。s≦´
  ≧s。 _ __                              ':,                  /                          ― - イ  ≧s
__    <´_ _ ィi〔 /                        ':,                ,:'                                   ` 
> ´   ィ      >´                          ヽ              /                                 -s。   
― _‐ァ ´     <    ィi〔                         !             j!                             \  >s。 ヽ    
ィi〔      ィi〔   ア ´  /    ,,,../                  /              八                   {    、s。    \    ≧'s。⌒≧
    。s≦/    /   /_ ィi〔   ゝ-イ               ィ                 ヽ                人{≧s。\ ≧= ― 丶      丶、
≦´     `  ̄/  ,/  ,.ィア                    /      ,/            '                     ⌒     ⌒≧s。    
       > ´ 。s≦/。s≦_/_                   /      /:;'  _    ,:/    }                   \  \    \   \≧s。 
     イ=≦´   '´  ≧s。                     {    -=≦::::レ:´-s。   ィ/    }                 '´⌒>`ヽ', \    \⌒``  ≧
              /                      {     /ィ:::::;::::rv:、:':,/ィi〔_   ,            ....jI斗fセ "  `  <,jノ⌒ ≧s。   \     
              /   。sァ                     '/,   /イ´:イ:/」i」'ム=、}:j!:::::::::::〈   /                          \      ≧ - ヽ
             ,:'jI斗fセ´≧=― ァ-                    '/,  〈イ:j!'"´   ㍉':j!:::::`ヽ:::ヽ ,.'                          \
                 -=_≦_  ―´ー ''´              ヽ   ,':人 . , 人{':,:::::\\∨         {        ≧ 、-―`ヽ≧s。  '
                   > ´                       \j!:!::斧s。ィ⌒ }!ム:::';:::::ヽ ``        八 \    \、  ≧s。     ヽノ
                > ´ _ ィi〔/                    j!:|::{/ ><´Y/)´ム:::';、:::::}            个 イ\     \⌒ ̄´
                `  ̄    ア´    /  .:'            j!:|´∨}^{∨` <  ム::斗f七I>          ',  \ ≧s。 `  、
                    / ィi〔ノイ / /   ..::'  .:'     /ハ:{   !';{ 斗f_七;'抖孑≦                \:、 \ ー ≧ ―ヽ
                   /ィi〔   / /イ_ ィ'  /   /     > 'Y    ゞr≦}/ ∨  }:/       `ヽ `ヽ  '.、)`\ \
                        レ'    '  /_, ィi〔イ    , '    |    i!|   !  ',\ }'     `ヽ    ',   ` ー'  ≧=-ヽ
                          /_ィi〔     /  / ,!/    |    i!_ヽハ   ヽ  ハ{、Y  {ノ }ゝノ \ ∨
                                   /  ,:ノ j!,\  〈≧':,_ィi〔 -=ノ _ イ { >イ ∧  {      \}
                                / ィ    / ア ´iー'´ ,`ーイ  ム´ ∨╋' {//∧ {
                                   /イ      '  /イУニニニニ三ム'´ ムイ┼'╋|  /∧ {
                                        /  ,.:' /╋/┼╋{╋ У╋┼/土ノ     `
                                    /  /_/> /╋┼⌒ヽ≧=ァ´∧  ∨
                                 _,/≦╋┼╋イ╋┼╋/:;::':::Ⅶ//ハ  ー 、
                                r'   ∨┼╋/+{╋┼ /::::;:':::::::::Ⅷ   { ー-、Y
                                〈イ..)ノ ∨╋./-r≧{⌒::ヽ:イ::>―Ⅷ   } i!i! i!Y
                                //´   ∨イ  !'´ ̄ `Y´ Y´   Ⅷ  从j!,ノノ
                                 //         ,     .!/仏.    Ⅷ
                                  //          ム    .! /ム     Ⅷ
                            //                ム    .!. //ム     .
                            //                  ,    .! //ム    !
                        //                 ,    ! //∧   ∨/
                     //                     ,   l   //.j!    ヽ//
                     //                     Y   |  //,∧   ∨//
                 //                       i    l     ヽ    ∨/


 義経はハッキング中のオレステスを守ることに注力します。
 しかしPCたちが何らかの方法で彼女の安全を確保するなら、戦闘行動に移ってくれます。
 もしPCたちがオレステスを裏切った場合、当然ながらオレステスおよび義経との戦闘になります。

「はははは、殺してしんぜよう!!」

 加えてオレステスは能力を全開にして鼻血を吹き出しながら、周囲のドローンの制御を奪取します。
 三枝武尊は「説得が依頼ですのでお任せしますよ」と言って、やはりパニックルームへ退避します。

.


8753梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:54:40 ID:jsCRUpzI
>>オレステスと戦う場合
お前も説得しようとしろやあ!ww


8754梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:55:11 ID:/0e43NHY
小柄投げて来るやつw>殺してしんぜよう


8755梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:56:32 ID:aeAAao72
くそがああ!!
でも、死んでもらっても困るよねクライアント!


8757梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 00:56:56 ID:GLNdl6+p
奇声を上げながら空中縦回転斬りしてくるやつだこれー


8758◆CoNaNQHQik2020/02/01(土) 00:57:06 ID:ymb3quhq

                                             _-= ̄                ||
                                         _  i-= ̄                 ||
                                    _ -=  ̄|| ||                  ||
                             _ -==  ̄      || .||                  ||
                     ___ _ -=  ̄              .||  ||                  ||
     ____    -==     ̄ ̄|| ||                  ||  ||                  ||
    || ̄ ̄                  || .||                  ||  ||                  ||
    .||                  || ||                   ||  ||                _」|
     ||                   || .||                   ||  ||          _..  -=  ̄
     .||                     ||  ||                   ||  ||    _ -= ~~ ̄  _ -=#
     ||                       ||  .||                 _||  ||_..-=~ ̄   _ -= ~ ̄   .||
     .||                   ||  ||      __.. -==   ̄ ̄   _..  -= ~ ̄           ||
      ||         ______.」|  #==-‐   ̄   ___.  -==||  ||                      ||
      .#==―      ̄ ̄ ̄ ̄____  _   -==   ~~ ̄      .||  ||                      ||
      #======―     ̄ ̄ ̄ ̄|| || ̄                     ||  ||                      ||
      ||                    || ||                       ||  ||                      ||
      ||    -―-ミ           || ||                       ||  ||                      ||
      ||  ./::::::::::::::::::ヽ   _      || ||                       ||  ||                      ||
     | ̄ ̄`┴----―r  ̄    |_     .|| ||                       ||  ||                      ||
     |   /      、     | `ー=''"{__.ィ                     ||  ||                      ||
     |           、     .| ̄ノ _、、 {/ {、                ||  ||                    _||
     ∨ .i        丶、   |ー< ̄ノ」 r vへ  `ァ -====       # ||_ ..    -=====      ̄ ̄
      .∨ l             |    ̄ ̄ ,〕」こ^l {  | ̄| | |百「|朋| ̄| |[]| ̄| ̄| ̄| 「| ̄||叮| ̄|
        ∨               .辷=--  ≦ /二) { |旦| | |日l |朋|  | |o|  |Ξ|┌┐|:|  ||昨| 冂


 三枝武尊が逃げ込んだパニックルームは、R6のマグロックにて施錠されています。
 当然内壁には生体素材が用いられており、アストラル的な突破も不可能です。

 ハッキングないしマグロックパスキーなどで解錠を試みる事ができますが、戦闘終了まで三枝武尊は降伏しません。

 彼を戦闘不能に追い込めば、長門は送還され、願望機のFは10上昇します。
 どのような方法にせよ長門が送還されれば、ディンドランはその途端、真っ青な顔をしてがくりと膝を突いてしまうことでしょう。


.


8759◆CoNaNQHQik2020/02/01(土) 01:01:04 ID:ymb3quhq

                  __
             _,,.., -/     ̄  ─- __
          _,x'¨´//                 ̄ ‐ __
        // //                      ` <冖=‐、__
.        ,-二i / /                         `ヽ `ヽ ̄¨¨''' ‐- _
.      _‐=二l {/{                       _,,..  -‐─--、 、 :.:.〉     _  〉
     /ニニ∧l/,{                    /     _ -‐ 、 ',} :/    /  ,:′
     ,ニニニ二:{!∧   ∨              .:i    /  ,-、 ', } '゙    _j  {
.    {ニニ二二∧∧   ∨  \          ::|  /  ,x ‐-ゝ‐(_ ̄厂 ̄   ヽ
     ∨ニニ二二∧∧   ∨   \/ ‐- __   :|  :lィ:く:.:.` : : : : : `゙<_ _ ノ   /
    ,ィi:ト、ニニニ二ゞ:i〉、   ̄ ‐-_{/    `丶、 !  Lヽ:.`:. : : : : : : : : : : ヽ.   /
    ゙'*i:i:i\=ニニニニ二ニh。,,_,,。si〔ア  {::.    `'}  l、ヽ:. :. : : : : : : : : : : : : ゙ヽ/
.      `¨''ヽ_ニニニ二二二二ア     {::...   ∠ィ¨ヽ、:. : : : : : : : : : : : : : : :∨
         \ニh。.,ニニニニ=/      ヽ-‐'  仝く´\:... : : : : : : : : : : : : : :∨
.             ̄ヽ_≧s。三/         /^丶、__`ヾ:.:ヽイ゙': : : : : :: : : : : : : :/ヽ}
      ,,,_____,イ:`''ー─〈    _,,,...ノ     )  ̄≧:.:.. : : : : : : : : : : /:./
      丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::> ,_       -‐ '    `ヽ、:.:.:......_;,:、: :{/|:/
     {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧s。。.,_          厶ィフ´  Ⅵ! l!
   _廴:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ニ=‐ 。,,_..。si〔       `
( ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー- 、
..`ー、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::と_
   ゝ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `:::、
   {.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
    ` ̄ ̄ ¨´ ゚゜  ̄ 廴:::::::::::::::::::::::::::::ー'''''':::::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::::::::::::::;;;;;


              .ト、
              ', \
               ',  \      _,,,-ーー-,,,,_           ,,ィ
            _  ',    ヽ  イ,, .-ーー   ````ヽ   ,,ィ-ーー''" /
            \ ̄ニ',    / /  ヽ     ヽ  ヽヽ/ /   ∠__
              〉  ヽ / /     ヽ      ヽ  ヾヽ __ ィ ヽ /
             / ,.イ'"/ /  /   ',  ヽ  ヽ   ヽ  ',、ヽ   i´
             /   イ /  /     ',   ヽ  ヽ   ヽ j  `ヽ、 i
          ,, ィ"   /i  / /  j  、  .',  i ヽ  ヽ ヽ ト、iヽ   ヽ、
          \  / j  ! ! ! ハ__ト,,ノ ', i ヾハヽヽ   ヽ .i  ヽ,,イ´"
            〉'   ハ  、 ,,ィ7 ̄', i ヽ  ソ //_i`メ、ヽヽ,、 ヾiヽ  ヽ j
            ト 、 ,' ヽ  ヽ jヒ聿セz`ヽ ///´ iィ-j--ヽ_、トトッィ''"´ j
            .,'  ヽ__'、ヽ ヽ、及弌戒      彳'、 .', j `ヽ、ィ  i  |
            ,' ハ  ハ ヾヾ、 ', ∩r`.j.!     .ゝ、.ヽヽ ヽ ',  `ヾ、 j
           //  /   /ト ト ト|! ! '   ,   ', ト、´ヽ`´ .',     ヽ ̄''''ト、
           .,'/  /   / ハ ', iヽ ', ィー---ード、  |! / 、__ヽ-     ヽ  i ',
          /  //   / ,' ', ', jー`ヽ(_,,,,__  __"´〉ィ<i  j ハ 7 ヘ     ヽ,'  ',
          .// /    // ,' ',  ト-、 `ヽ、`,, イ j ,,-ーi   i i/   ヘ    /   ',
         / /   /⌒''''''ー,',  ', / ', !      !,'ヽ i   i、,'    ヽ , ヽ    ',
         / /  /     .//、 .V ',      `,' ',.i  i i     /ヽ  ',   ヘ
        ./ /  .,'      //j.', .',  .',    /  / .',j  j i   ,, イ   ヽ '.  / ',
       / /   i     .// /ゞ ',  .7 、 '" イ  /j  j  `ヽ"´      ヽ i   ',
      / /     ',    //  _ ', ', ヾ    .,' / .j  ,'  ト 、 ヽ\ _ ,,,-ー、ヽ   .',
      // //   ハ  ∠-ー'''7/ .', ',   `ヽ、 //  i /   ヽ/、7  `ヽ、   ヽヽ   !
     /   __,,,-ー'"´`,     i/   ', j     `ヽ、  //   _ゝ j    j\   .',.',  !
    /    ヘト- 、_ _ .',    ぐニ辷‐i ,'       \'/ ̄ ̄ ∨  `iヽ    ヽ  .'i i j
    /    /i ヽ  ヽヽ`ヽ 、   ', /`j/ー-- ___/_ヽ、   〉  j ヽ ヽ    ヽj .j ,'
   /,'   ハ  ヽ ヽヽ   `ヽ、.',  /           /   j   j ∧  ヽ 、   j .jハ
   / i    i i   ∧ ヽヽ     j             .,'   i   i ハ   j ヾ 、 j j' .',
  ,' i    i ヘ  j ヽ ヽヽ    ',             .,'   .,'  .,' ,'  .',  j  jヽ `"´ .',
  ,' l    i ヘ  ',  ヽヽヽ    .',            ,'   ,'   ,'.,'   j  j  .', ヽ.   ',
  i  l   ',  .',  '.  ヽヽヽ    ',           ,'  .,'   .,','   .',  ,'  i ハ   .',
  i  ',   ヘ  .'. ',  / ヽヽ    .',          j   !  .,','    i .,'  j j .',   ',
  .',  .',   ハ   ヽ ハ  ヽ ', '.    ! ',          ,'  /、  .,','    ,' ,'  .,','  ',   i


 そして戦闘終了と同時に、オレステスが「ざまあみなさい!!」と快哉をあげます。
 彼女が今までハッキングにかかりきりだった、三枝武尊が様々な非人道的実験を承認した証拠を手に入れたのです。
 テクノマンサーの開頭手術と人体実験、ヒューマニスの差別的行為やテロ行為への資金援助などなど。
 これを公開するか、三浜上層部に提出すれば、もはや三枝武尊の社会的生命は断たれてしまうでしょう。

 証拠を突きつけ勝ち誇るオレステスに対して、三枝武尊は最後の力を振り絞り、刀でのハラキリを行います。
(P56死者の引き金、P392神の手によるものです)
 こうなればそこまでの経緯がどうであれ、自害した三枝武尊は死を持って責任をとり、彼とその一族の名誉は保たれます。
 もしPCたちがこれを阻止できなかった、あるいは看過した場合、オレステスは感情を爆発させて泣きわめきます。

「ふざけるな! あたしを見ろ! あたしを見てよ! ……あたしを見てよぉ、お父さん……ッ!!」

 結局、彼女の父親は娘のことなど最後まで歯牙にもかけず、勝ち逃げしてしまったのですから。


.


8760梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 01:02:41 ID:dHqthiwD
君たち源平討魔伝好き過ぎない・・・?



8761梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 01:02:42 ID:Rwtkj+K/
う~ん、オレステスちゃん可愛い(オイ)


8762梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 01:03:01 ID:Y5I0onG3
ああー……


8765梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 01:04:55 ID:2RwBYAmm
なんと……


8767◆CoNaNQHQik2020/02/01(土) 01:06:06 ID:ymb3quhq

..{/.: ./ /.: .:/ .: .: .: .: ./i.: .: .: .: .: .、.: .: .:..i.: .: .: .: .:\.: .: .: |   V.: .\ /
/.: .:/  ' .: .: .: .: .: .: ./i.:{.: .: .: .: .: .: \ .斗 ─-.: .:V 〕ト ., |    ∨.: .: V /
.: .:/  ..i.: .:i.: .: .i.: .:ィ.:.|.:{.: .: .: .: .: .: .´.:\{.: .: .: .: .: V.: .:⌒|    ∨.: .: :V
.:./   '..|.: .:|.: .:斗.:八.:{ハ .: .: .: .: .: .i.: ィチ笊ミ、.: . 、.:V.: .: :| i    ∨.: .: }
/  /...|.: .:|.: .: .Ⅳ ,ィチ笊㍉.: .: .: .: Ⅳ {////} 》「⌒\ . : | |      〉.: .:,
L斗^V |.: .:|.: .: {' 〃{////} \: .: .: {  ゝ//ノ  }.: .:...:..>┤!   ィi〔.: .:/
.: .: .:/ |.: .:i.: .:.八  ゝ//ノ   ^⌒ヾ       ノィ.: .: ./.: /| 乂/⌒7.: .'
.: .: .'  八.: .: .: .: 个、              /.,:i.: ./.: .,∧ '|.: .: ./.: /
.: .: {/.个\.: .: .: i.: \       '       ノ.:/.:}.:/: .:/.: .:V |.: .: '.: .:'
.: .: .: .: .:i.: .: .ヽ: .: |从⌒           ⌒7.: .: .: .:/.: .: .:∨.: /.:...:i
.: .: .: .: .:|.: i.: .: .\{.:込、    ー  '    '.: .: .: .:/.: .:i.: .: .: /{.: .: |
.: i: .: .: .:|.: |i: .: .: .:V/: 介         ィ_ /.: .: .: イ.: .: .|i: .: :V |.: .: {
.: l: .: .: .:i.: ||: .: .i .:}V/.: .:}_,ハ〕iト  _  イ //7.: .: .: ' i. .: . |l.: .: | |.: .: 乂
.: l: .: .: .: .: !i: ..: | .:| ∨/.:} V}       {/ ,.: .: .: .:{ | .: .: |i: .: .| 八.: .: .: :、
∧ : .: .: .: 乂.: .:| .:|,ィ}:. .:.| ∧       ∧ {.: .: .: .:|、!__ 斗 ‐ ┴ .,\.: .: .:\
/∧.: .: .: : --=ァ¬:: }.: .:.| //∧     // Ⅵ.: .: .: |::|i:i{       ヽ___.: .: .:ヽ  /
. /∧/     {i:i:i:{::/| .: .|′/ ∧  _/  / Ⅵ.: .: .|::|i:i|        }/⌒7.: .:V /
r</     |i:i:i:|/ | .: .|   ^} /      八.: .:∧|i:i|         /   /.: .: .:∨

●テセウスの船
 オレステスを説得ないし裏切るなどして、三枝武尊に引き渡した場合はこちらの結末となります。
 以下の記述は説得した場合を想定して書かれています。
 
 緊張の面持ちで向き合った二人は、やがてとつとつ、ぽつぽつと跡切れ跡切れに会話を始め、
 やがて「すまなかった」「……ごめん、お父さん」とそれぞれに謝罪の言葉を口にします。

 「たとえどのような形で生まれたのだとしても、彼女は私の血を引く娘なんだ。
  私は父親として彼女のために手を尽くしてやるべきだった。全ては私の怠慢が招いたことだ」

 三枝武尊は真剣な表情でそう口にし、気づかせてくれたPCたちへ感謝の言葉を述べ、見事なオジギをします。

 「お父さんのことは、許せない……。……まだ許せないし、たぶん全部許すのは無理だと思う。
  だけど……みんなが言ってくれた通り、家族としてやり直せるかどうか、頑張ってみる」
 
 オレステスはこう言って、PCたちにお別れの言葉を述べます。
 以後、オレステスというハンドルを名乗るデッカーがシャドウランに関わることはありません。
 シャドウランナーは様々な理由で消息を絶ちますが、彼女のそれはその中でも極めて穏便なケースでしょう。

 それからしばらくして、PCたちは自宅か、たまり場のBARか、いずれにせよトリディオのニュースで、
 再びオレステス――いえ、三枝響子の姿を目にすることになります。
 三浜本家筋(といっても嫡男ではありませんが)御曹司の婚約発表の場に、その婚約者として映っているのです。
 彼女は見事なまでにキモノを着こなし、まさに貞淑なヤマトナデシコとして、恥じらった様子で俯いています。
 かつてのオレステスの姿を知っている者なら、猫をかぶっている姿に思わず笑ってしまうかもしれません。

 ええ、彼女はまるで人が変わったようです。
 瞳に光はなく、表情はまるで日本人形のように穏やかな笑みから変化しません。
 そして何より、その長い耳は丸く削り取られてヒューマン風に整形されています。
 注意深く観察すれば、前髪で隠された額には小さな火傷の痕があることにも気づけたでしょう。

 第六世界には『アラモス20K』というヒューマニス・ポリクラブの分派が存在します。 
 この組織はメタヒューマンへの「治療」を施すことで、その悪名を高めています。
 オークやトロールの牙と色素を抜き、ドワーフやエルフの耳を丸く削る……。
 そしてテクノマンサーという脳の異常を治療するためレーザーを当てるなども、当然のことです。

 心を入れ替えた三枝武尊は、娘を見捨てず、彼女のために大金を支払って「適切な治療」を施したのです。
 彼女の論理力、意志力、直感力は0となり、ペルソナフィックスとスキルワイヤによって補われています。
 生来の溌剌さも、笑顔も、共振力もすべては永久に失われました。
 たとえ三枝武尊と戦い、彼女を救い出したとしても、二度と戻ることはありません。
 願望機でも使わない限りは。

 しかしもし仮に願望機を使ってその魂を蘇らせたとしても、心に負った傷が癒えるわけではありません。
 そしてその心の傷までも改竄して癒やすことを願望機に願うならば、それは三枝武尊の行いと何が違うのでしょう?
 PCたちは「親子を仲直りさせればハッピーエンド」という安直な考えに走る前に、ストリートの教訓を思い出すべきでした。
 ―――――「何事にも、代価がいる」。

 ゼロゾーンを突破したPCたちには、ディンドランからの報酬として1人につき2万新円。
 そして三枝響子を保護した謝礼として、三枝武尊から1人につき1万新円が支払われます。
 カルマは以下の基準で入手することができます。

  生還した:2点
  ディンドランを守りきった:2点
  最大の敵:2点

 もし生き残っていた場合、義経の扱いはGMの自由です。
 説得して三枝武尊へ引き渡した場合、彼女が治療された段階で魂が失われたと判断して送還されても良いですし、
 あるいは助力の権利を奪った三枝武尊に使役される、という風になっても良いでしょう。
 しかし義経は虎視眈々と三枝武尊に反逆する機会を狙っています。
 報復対象にPCが含まれるかどうかは、PCたちの行い次第でしょう。

.



8770◆CoNaNQHQik2020/02/01(土) 01:08:15 ID:ymb3quhq

        i`丶          _,,..。 。 _    |丶 /\
.          i  ヽ      , <.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.> .ノ /.:.:.:_:.:.〉-‐
.        i .  ‘,   <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>:^i:.:.:.:.:.:.:.:><´....._ ノ
      ,......._>::::.  。 ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.: i:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.ヽ<:::.:.:.
     i:.:.:.:.:.:.:〉:::::. .|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.:ゝ::::.:.:.:.:.
     |:.:.::::::::.:.:.ヽ、i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:、.:.〉::::.:.:.:.:.
     |:.:.:.:__;;;;>-'.i:.:/:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉:.:.::::.:.:.
.       |:.:.:丶    i:.:i:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉.::::.::.:.
.       |:.:.:.:.ハ ..::::ノ:.:i :.:.:/:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i、:.:.i:.:.:.:.:i:.:.:.〉.:.:.:.:.
.   r-┘-=゚ .i .:.:/l :.:i:.:./:.:.:.:.:.:/.:.:/:.:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:.=-:.,,ハ:.:.|:.:.:.:.:l::.:.V:.:.:.:.
    Ⅶ   :::ノ/::i::.:./:.:.:.:./.:.:/:≦´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ::;`t:.|:V:.:.:|:.:.::iヽ.:.:.
    V⌒≧ノ:.:.::./ ≧:.:.:.:.:.:斗七爪__` 、:.:.:.:.:.:.:ニ≦≧|::.V:.:| .:.:i.:.:.:.:.
     〉:.:.:.:.:.:.:./イ:.:/, ィ彳´->====-、 丶:.:.:.:../ノ::| 〃i:∧:.ハ:.:i:.:.:.:.:.
.    /:.:.:.:.:::::::::::::.:/イi、:.:.:丶《 ヒム心i    :.:.:八ン ' ト´i iハ:.i:.:.:.:.:.
.  /:.:.:.:.:::::::::::::.:.:ハ  ヽヽ :.:ヽ丶乂_シ      :: 、 ixixi.l::ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  /:.:.:./l:.:.:::::::::::.:.:.::.:i.   ヽ:.:>:.:.`、ixixix      `   .ノl::/:::::::::.:.:.:.:.::
. /:.:.:./ i:.:.::::::::::.:.:.:.:.:.:i   ヽ::::>ヽ          .:.:.:i:.::::::::::.:.:/.:.:.:
..i:.:.:./ .i:.:.:.::::::.:.:.:.:.:.:.:.:i     丶::::::::.> 、   ⌒ /::::.:.:.i.:::::::.:.:.:|.:.:.:.:
. :.:.::. i:.:.:.:.::::.:.:.:.:.:.:.:.: i   _,,...:-=>:.:.:.:.:.:.:.:.>   /、 .:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:ノ:.:.:.:.
. :.:.::  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i ノ   _,,..:->:.:.:.:.:.:.:.:.丶  〈n i:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:il:.:.:.:.:
. i:.::   i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i くノ<      >:.:.:.:.:.:.:.:.丶 〈 i:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.i、:.:.:.:.
. i:.:  .i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ir゚〃  > '⌒ ̄>:.:.:.:.:.:.:.:.:゚.。 i:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:i` 、:.:.
 i::   i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i| ,  〃    ‘, >:.:.:.:.:.:.:.:.:゚。ト:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:i  .:.:.
 i:i   . i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ilノ  ∥  .:.   .‘, .>.:.::,:.:.:.:.:.゚。゚。:.:.:.:.i:.:.:.:.i  :.:.
 i:i   i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ilY  ハ   :     > 、:.:. :.:.:.:.:.:. .〉、l i:.::.:.:.i / `,=ノ`>_
 il.    i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.il{  ノ         ∧:.:. >:.:.:.:.i>ニ',:.:.:.:.iノiノ-< ./イ .)
 l     i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i  >i .:.    ヽ  .ヽ  ):i  〉.:.:i  >y_/〃    ゚。く)
       i:.:.:.:.:.:.:.i    V:::.    丶::. 丶/ ´   i:.i    /        |ノ
       i:.:.:.:.:.i      Vi       ::. 〉ノ    i: _ ン        ノ
        i:.:.:.:i.       `Ⅶ      、l、 /   |::.,       / /
        i:.:.。゚         Ⅶ       y /   /| i     / /∠


●結尾 出発と到着
 以下はPCたちがオレステスとともに三枝武尊を殺害した場合の結末になります。
 何はともあれファシリティ342から脱出しなければなりません。
 どのような手段を取っているのかはわかりませんが、用意していなければ駆けつけたセキュリティに囲まれて終わりでしょう。
 そのため、ここからは脱出手段を用意しているという前提でシナリオは書かれています。

 銃刀法の厳しい日本で銃火器を振り回してミツハマ重役を殺害した以上、長居は無用です。
 早々に撤収し、そのまま一気に国外へ高跳びするとしましょう。

 脱出路を急ぐ最中、オレステスからPCたちへ向けて「…………ありがと」と小さく感謝の言葉が述べられます。
 前のシーンで三枝武尊が自害してしまった場合、彼女はまだグズグズと泣き続けており、ディンドランが不器用に慰めています。
 さすがの義経もこれをからかう事はないらしく、「まあ、身内を切る、切られるのは良いことばかりではありますまい」と言います。
 アルトリウスも生前の体験からでしょうか、「気持ちはわかりますから」と静かにしています。

 そうして脱出したPCたちを乗せるべく現れたスマグラーは、壮年のオーク男性です。
 彼はにかりと笑って言います。

「安心しな、俺の爺さんはネプチューン・スピア作戦のときもヘリを飛ばしてたんだ!
 だけどさすがの爺さんだってゼロゾーン破りに関わったこたぁ無いだろうな! こりゃ自慢できるぜ!」

 ゼロゾーンを突破したPCたちには、ディンドランからの報酬として1人につき2万新円。
 そして三枝武尊を排除した謝礼として、オレステスから全員で1万新円が支払われます。
 カルマは以下の基準で入手することができます。

  生還した:2点
  ディンドランを守りきった:2点
  オレステスを守りきった:2点
  三枝武尊を排除した:1点
  最大の敵:2点

 以後、オレステスと義経がどうなるかはPCたちの選択次第でしょう。
 もはや家族を切り捨てた彼女は、真実の意味で帰る場所を失い、影の世界に生きるしかないのです。
 PCたちの協力者として関係を継続するのか、それともチームメイトとして拠点に転がり込むのか……。
 コンタクトとして扱うなら、彼女はコネ値3忠誠4です。オレステスがPCたちを裏切ることは、まず無いでしょうから。

 とはいえゼロゾーン破りを達成したPCたちは、影の世界でもちょっとした有名人となってしまいます。
 もしミツハマと話をつけるなどしてこれらの案件を無かったことにする対策をとっていない限り、
 PCたちの公的認知度は3上昇してしまいます。

 ゼロゾーン破りを成し遂げたPCたちは、一流のシャドウランナーに間違いはありません。
 次なる戦いに備えて、まずは一時の休息をとるべきでしょう。


.


8771梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 01:09:12 ID:Rwtkj+K/
見えた!! ゼロゾーン破り!!


8773梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 01:10:17 ID:9Hle0vlo
おー……


8774◆CoNaNQHQik2020/02/01(土) 01:10:46 ID:ymb3quhq

              ____
            /      \     ( カチャ カチャ カチャ … )
           /  ─    ─\
         /    (●)  (●) \    /     }ー┐           r┐   \
         |       (__人__)    |.    {     ノヽ / __  ヽ  /  |/    }
         \      ` ⌒´   ,/.    \ ツ   /         、_/   O    /
     , -‐  ´   !      ー   ! ` ー-、
    /  __   ∧       |    ∧
.    〃 ,. --ミヽ /∧         i   |/ハ
   ji/    ̄`//, ..__、〃    ,   ___!__j_______
.   {{      '/   // '‐-、  ′ | i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `i
   レ, /        ,        ∨   | |                 |
   //7//―ァ/‐/7/ ̄{     iっ  | |   ┌―――┐    |
      /!   〃  //  (' //} i |   | |   |┌―― 、|    |
.      |     〃      ̄ jノイ   | |   |::l::i::::::::::::::|    |
.       |      、__ノ{__,.イ   ,  | |   |_j::l::::::::::::::|    |
     |        )     レ/____ー‐――┤:::::::::: |――┘
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〔丁 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ::::::::::::| ̄ ̄ ̄ ̄
             ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{二二二二l____|二二}


■レッグワーク
●三枝武尊
コンタクト/検索・知識
   0  /  1   :ニップの顔は見分けつかねーよ。
   1  /  2   :ミツハマのタナカサン。まあ重役だな。オフィスはお台場のファシリティ342だ。
   2  /  4   :バリバリのやり手で、最近は三浜本家筋と娘さんの縁談が持ち上がってるらしい。
   3  /  6   :筋金入りの覚醒者嫌いで、メタ嫌い。ヒューマニス疑惑は……まあ、黒に近い灰色。
   4+ /  8+.  :最近、やたらデカいブツをオフィスに搬入したらしい。ドローンじゃないかって話。

●三浜第十三課
コンタクト/検索・知識
   0  /  1   :とりあえず十三課って名前が格好良いよね。
   1  /  2   :三浜が誇る悪名高き魔法担当部署。内部が一つのマジックサークルになってる。ヤバイ奴ら。
   2  /  4   :最近は三枝武尊とかいう奴の指示を受けて、あっちこっち動いているらしい。
   3  /  6   :ただ三枝武尊との関係はあんまり良くないそうだ。上の命令だから仕方なく、だろうな。
   4+ /  8+.  :関係が悪いのは、三枝が入手したブツのせいとか。魔法を阻害するものなんだろう。

●オレステス
コンタクト/検索・知識
   0  /  1   :ギリシア神話の復讐者。父の仇討ちで母を殺し、母の愛人を殺し、発狂したが救われた。ググれば出てくる。
   1  /  2   :……ってハンドルで売出し中の新人デッカー。才能はあるし、腕っこき。若手の癖に礼儀もわきまえてる。
   2  /  4   :噂じゃ日系人のエルフの美少女だって話。ただリアルの顔を見せたやつはほとんどいないそうだ。
   3  /  6   :ありゃあテクノマンサーだ。そしてたぶん良いとこのお嬢さん。影の世界に飛び込んだ理由は、まあお察しだな。
   4+ /  8+.  :本名は三枝響子。ミツハマの重役の娘だ。声紋が一致した。まず間違いはない。

●烏天狗の英霊
コンタクト/検索・知識
   0  /  1   :おっ可愛い。なんのゲームのヒロイン? いつ発売? 攻略対象だったら良いな。
   1  /  2   :烏はクロウだろ。天狗は日本のフェアリーだ。彼女はそのどっちでもなくて烏天狗だって? なにそれ?
   2  /  4   :たぶんサムライだろ。それもサムライダイショーってやつ。レッドサムライのご先祖様だな。つまりヤバイ。
   3  /  6   :伝説の生き物に関わったってサムライはそう多くいない。刀から見ても鎌倉以前、もしかすると平安時代か?
   4+ /  8+.  :源義経。源平合戦で大暴れした源氏の武将だが、政治に疎く、最後は兄によって討伐された。
              天才的な軍略家だが、人の気持がわからなかった……てのが一般的な認識。真実は不明だな。

●汚染された火の英霊
コンタクト/検索・知識
   0  /  1   :つまりゴジラなのでは???
   1  /  2   :まあゴジラだってのは間違いじゃない。核の精霊は、核で汚染された土地から出てくるからな。
   2  /  4   :てことはわりと最近の英霊だろ。ヒロシマ、ナガサキ、中東でも限定核戦争があったし、シカゴでも……。
   3  /  6   :まあ英霊になるような存在がってんなら、クロスロード作戦だろう。名だたる軍艦が沈んだからな、核実験で。
   4+ /  8+.  :戦艦長門。大日本帝国の象徴的な戦艦だったが旧式化して最後は標的になった。核にも二発耐えたそうだ。
              しかし核の英霊ってことはもう船としての力はない。水には弱いだろうな。女の子? まあ船御霊は女性らしいし。

●ファシリティ342
コンタクト/検索・知識
   0  /  1   :342号施設って名前はなんかちょっと格好良いよね。
   1  /  2   :お台場にあるミツハマの巨大なオフィスビル。近くにある遊園地ロボパークからも良く見えるよ。
   2  /  4   :ランナー生還率ゼロを目標に掲げた悪名高き"ゼロゾーン"。そのオリジナルだ。ヤバイ。
   3  /  6   :半径1km範囲から鉄壁の防御が固められてる。迂闊に関わるな。死にたくないならな。
   4+ /  8+.  :噂じゃホストの点検があるらしい。ただ日付もわからんし、わかったからって簡単に手が出せるもんでも……。


.


8778◆CoNaNQHQik2020/02/01(土) 01:14:19 ID:ymb3quhq
                                     ヘ
.        ト、         .....-―――.......        /  i
.        | \      .ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、   .Y    ! -‐ ア
  r―  .,_ .|   ヽ. /.::::::::::::::::::::::::::::::::「:ヽ:::::::::::::::::::\  !   ノ  /
  ヽ    `!   ,.Y.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::ヽ|  /、 ./
    \   ヽ  /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ :::::::::::::::::::::ヽ ハ<}::::\'
     `ー...ァ、/.:::::::::::::::: /.::::::::::::::::::::::::::::::::\_::::::::ヘ、_::\ `ヽ:::\
       .ィ:/  .:::::::::::::::::/.::::: !::::::::::::::::::::::i::::/,i:\、:::::::::\::::i ̄   >:::::i>
    </   ′:::: !:::::: ∧:::::::|:::::::i::::::::::: /://_|:/ `!::、:::::::::\ /´:::::::: |
      ,!::,`ヽ|:::::::: |::::::::|´ヘ:::::|ヽ::::::::::::::/l/.,.ィ≠=ミ、:::>:::::::::\ ハ::::::: |ヽ             ◆ いじょうおわり ◆
.    / |:/./|:::i:::: |::::::::l  二二,ヽト、/  " frハ  》:::::/.:::::`:.ー :}:::::: |`}
.   ′__|{´  .!:::::::: !:::::: l/ frハ. ヾ        乂ツ /.::/:!:::::::::::::i :/.:::::: !/
   {´ / !::ヽ |::∧:::::::::::《  乂ツ        ー= './.::/.::|:::::::::::: !:/.::::::::::|
.   ∨ !::::::ヽ!::::∧::i::::八ヾ _ ノ         '''' /.イ::::::|::::::::::::j!'.:::::::::::::|
      ./.:::i::::::::::::::i:\_::::、\  ,,     ′   /  ハ:::;:::::::::: j!::::::::::::::::|
     /.:::: |::::i::::::: i!::::i:::::::::i、`            u /.::::::;::::::::::::j!:::::::::::::::::|   ◆ 相手がF10精霊2体だからレーザーで焼くね(´・ω・`) ◆
.    /.:::::: ;!:: |::::::: ト:: |:::::::::: ヽ      _    イ.:::::::;:::::::::: /!:::::::::::::::: |
   /.::::::::/i::: |::::::: |ヽ.!:::::::::::::: >      ` ./| |::::::/.::::::::イ:::i::::::::::::::::::|
.  /.::::::::/.::l:::::!::::::::| .|::::::::::::: j!   .__}>  イ   |__:::/!:::::::/ |:: |::::::::::::::::::|
 /.::::::::/,:::::l: ∧::::::| .|:::::::::::: j! /´‐-,、    r┴'.ヘ !::::::i .!:: !::!:::::::::::::::.
./.::::::::/7.::::::!:: ∧:::::, |::::::::::: j! /  ./ i    |ヘ   |::::: |   ::|八:::::::::::::∧
.::::::::: ′::::::::l::::::::';::::::. |:::::::::: j!´!   .j! !     ! !   |::::: |‐、∨  ヽ:::::::::: ∧
::::/  {::::/.::l::,‐- 、::, |::::::::: j!:::l  j!  !_、   ! l  |::::: |::∧‐- .,_ \:::::::::∧
´    ∨.i:::/ \ /´ :|:::::::: j!::/__/\   !  f´  \ ∨:::|::::∧   .ヽ. ヽ:::::::::\



8779梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 01:14:32 ID:Rwtkj+K/
いや~、しかし。こういうのはほんと、ダイナミックでいいなw

シャドウランナー的な王道で、最大級の大物食いをしたような感じだ
でもドラゴンと白粉エルフはまだ勘弁な!w


8780梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 01:15:03 ID:aeAAao72
オツカレサマドスエ
オレスちゃんの幸せの未来はとりま即ナンパロールしたPCの覚悟に委ねられた!(ブン投げ)


8781梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 01:15:04 ID:Rwtkj+K/
お疲れ様でした!!

F10精霊はね……ほんとね……仕方ないね……w


8782梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 01:15:15 ID:9Hle0vlo
シャドウランナーは時々ヒーローである。良い言葉ですなw


8784梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 01:15:42 ID:AB5Tg7fN
オツカレサマドスエ


8785梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 01:15:54 ID:Ev5vqfRW
お疲れ様どすえ


8786梱包済みのやる夫2020/02/01(土) 01:16:17 ID:jsCRUpzI
オツカレサマドスエ


8792◆CoNaNQHQik2020/02/01(土) 01:20:35 ID:ymb3quhq
                   ∧
             ――--/ ∧  . : ―ァ: : .、
              \  __ >'´ : : : : : |:\: :\
             // /.: : : : : : : : :.|: : : : : : ヽ  / ̄/
                | />、/:/: :/: イ: : : : |: : : : : :| : :./   /
            / i/  /: i: :/:チ┼|: : 八: : : : : |: : |/__/ ̄\
             l ∧ /ィ:|: iy=ミ|ハ: : :ム: : : ト∨:ハ\ヽ/ ̄
             レ: :|/: |:|从 ヒリ' |/≠ミヽ: ∨\  V
              /: : :|: : : |从:| :::::: ,  ヒリ》':\ニ=‐厂ハヽ
.             /: : :/|: : /|: :ハ  r 、 ::::::∠ =イヽ  ∨厂
            /: : :/ :|: リ :|: |  i\___  イ: :/、|/ ̄/」
.           /: : :/  |:.:| |: |_ノ   _//: /   Y:イ: :|/    ◆ まあシャドウランナーは金を貰って悪いことをする ◆
          /: : :// ア´,: リ‐-、   /:, ′   l/| : |
.         /: : :/ {  `( /:/     , /:/     /: :|: :i|
        /: : : '  ヽ   `くy'   〃 i/    /: : :|: :||
.       |: : : :|   ト、   `丶 i  /      イ!: : : : :||            ◆ 時々ヒーローにもなる ◆
.       |: : : :|   | \    `く   / ∧: : :.:.:.||
.       |: : : :|   |   |i 、    ' /  ̄\i: : : : ||
.   _  |: : : :|   | / ̄ \  /       冫: :.:八
.  /    `丶: : l   ,'|      >=' '⌒\ ,イi: : :/
  {      /`ト;l  /:人__.  ィ ´       iヽ〉|: : /       ◆ どっちを選ぶかは君たちの自由だってお話 ◆
.      / /ニニ、:/   /   j       | /: :/
   、_彡'  /ニニ心、 /      ′     ∨://
   ヽ-=≦ニニニニ心\             ∨',..-‐ __  ̄ ̄ ̄`ヽ、
.     マニニニニニニ心、、           ''",,x<二ア /´
.     \ニニニニニニニ\-r 、   /,ィ'7=ニニニニ| |          , '
     _≧=-<ニニニニ7ー<{>/ iニニニニニ| |        /
    / -―'    ̄>- 7   |// ,イニニニニ人 ヽ      ´
. _/∠\_, ≦于于于 ̄i___」/} iニニニニニニ\_>イ
 i7///,ヽ  ∨∨i⊥⊥⊥ 斗,≠=─{ jニニニニ= < ̄ ̄
 ||/////|  ∧≠' ̄ ̄ ̄ 〈/}≦二_〈__}Ⅸ\  \\
 ヾ////| /              \\Ⅸ 二ニヽヽ
   \_/                  ヽ,〉 //////ハ }
                         ∨////////
                             ヽ'/////
                            ̄



8794◆CoNaNQHQik2020/02/01(土) 01:22:14 ID:ymb3quhq
                           ,イ
                           / |  ,.イ7
                  _,...---:.、/  , }/ /
        __     ,..:::/::::::::::::::-:::、:\/_/--<__
          \ ̄\//::::\::::::、:::::、__ヽ:::ヽ⌒´ ̄7:::ヽ
       _,.-->、/:::::{:l:::::::::\:::\::\`:ー:、  /::::::::::.
         ̄>::::_/:,:::::从:::::::::::|}\ムィ:、:\}::∧<__::::::::::.
     l ̄ ̄`l|:::/イ:|:|:::::{_{\::::::| ィ亢ミ、:}`\:::}l   〉:::::::::
    ∧  r、|:::\_{:|:|:::::从`_\:{   ヒり/イ/:::|'イ:| ∧:::::::::|:、
    {:::〉 /: :|:::::/_从|、:::∧⌒ '_,..:v、 :.:. |:|:::::| |:::、 {,::|::::::::::,::\     ◆ あと繰り返しだけど英霊の組み合わせは自由で良いぞ ◆
     ∨'イ:::: :|:::〈  | ∨V叭  V:.:.:.:.:)  |:|:::::| |::::∨}:,:l::::::::} 、::::.
     /  ∨:...|::::::\}ィ 、:::::|}> ` ー ´ イl|:|:::::| |::::::| |:|:l::::::::| ヽ::.
    ,′   `ー|::::r-/イ| >⌒}:::/r `T ´「¨'|:|:::::|、'⌒ヽ |:;::::::::|:、 }::|
    /     /乂ノ'¨´∧  <|:// ∨'  |/Ⅵ:::}..〉  ∨::::::::|:::∨:,
   ,   イ      / ∧_,-〃〈/{` />:::}:::::|     |::::::_::|::::::V
   {    _/⌒\   ∨/´>_:::\':::::::::_,|:::::|l 、 / ̄// 7:::::::.
   ` ̄ ̄¨´ ̄ T¨¨´ ̄ ∨/´   ̄ ̄\ ∨:|∨´   // ∧::::::::.    ◆ 卓ごとキャンペーンごとに変えてゆくがよいよい ◆
             |::::::::::|::/ { {[_]    [_] 〉 V}「、   // /| }::::::::|
             |::::::::// 八::〉:::... \ .:::::::{::.. 从| \_{_{ 〉| |::::::::|
             |::::::,:/ { }'{´    ` ーノイ  ∧   〈〈 l::| |:、::::::.
            /::::イ:{  | / | _    {  /'{ }   } }l Ⅵ/::∧:::::
          ,:::::/|::| _〈/´   ヽ _,.イ  / ∧  | |  〉:::/ }::::|
           /:::/_,|::|「//--- 、  }--、 /  '、/::::}   | | {::::/  ,::: |
        {:::::{////=:::::::::::::∨ヽ、`T ーく:::::∧  } } ∨、 /:::/
        ∨_, ´ ,:=::::::::::::::::::::/   \L___}イ |  | |  |::::∨:イ
        / / /:::::::::::::::::::::::∧     | /〉 l  乂_,∧:::::\
          / { .'::::::::::::::::::::/--\   = | {..{∧-,|   ∨.∧ ̄`\
       ∧ ∨::::::::::::::::::,:'___/___/ヽ =∧...|{ Ⅵ    {..{ |
     /´ 、/:::::::::::::::::,:' |___;__,:'   \{、:∨ V^ {   |..| |、_,
        /::::::::::::::::,:  〉_{_/      ∨:::、 _|、___j∧/:::ヾ‐ァ__
     ___/:::::::::::::::/`¨¨´ `7          ∨:::/.〈:::::::::::|{ ∨/´ ̄、::ヽ
    /  / 7:::::_::,:       ,            八_{......... ̄ ̄}ーV_,   マム
    \_/_/{__/ /\     /        /   `¨>-、=- ´ - 、   \:、
     _/ 乂兀〈 〈__ /    ,        ,   「≧、   \     } l-、  `ヾ:、
   「〈 / /X∧' ー'    .           /..::'´ ̄:::::::::\   }=ミ、VX<ノ` ̄´_∧
   | `/- / 〈                 イ::::::::::::::::::::::::::::::}  |_人〉´  \__/:::::}::}
  (/__,/ l { ノ      ,       /:::::::::::::::::::::::, <_|    〉 `      乂:::::ノ:ノ
.  /--'   ∨{       ′     ,イ::::::::::::::> ´     \/         ̄´
 ,  ___ ∨      {     / {::::> ´
 {::´::::::::::::::`}         、     ,.  '´
 乂::::::::::::::::ノ       `¨¨´
    ̄ ̄




関連記事

category ◆KUMOgh4/xMさん短編集
◆KUMOgh4/xM シャドウラン
comment

4

edit
edit

Comments

comment
>>重装備で果てしなく階段上り
クライシスゾーンのエンディング思い出したじゃまいかw
comment
和解エンドが先行公開された時には阿鼻叫喚だったなぁ・・・
今思えばあれは観測気球だったのか。
「このエンド絶対いいだろ!」で強行しちゃう人も多い中、KUMOさんのバランス感覚は中々なもんだ。
comment
楽する道は勿論、一見善良な道すら『何事にも、対価はいる』と思うと、とても侘しい気持ちだ……
希望を欲するなら走れ、シャドウランナー。走れ!(忍殺並感)
comment
敵ボスを倒して、さらに自害も防いだルートの展開も気になる。
犯罪の証拠を突き付けられても、娘にするのは「治療」と言い切るのだろうか?


  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

月別アーカイブ
 
リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: