このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


◆KUMO シャドウラン5th用シナリオ The Hound of the Wild Hunt


5184◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 16:42:46 ID:orw54djQ


      / ̄ ̄\
    /        \
    ├===、  ,.=|
    |ニニこ> ><:こ>|   さーてほんじゃまー、シナリオ公開いくかー
    |ニニツ ´  `ヾ|
    ヽ        /
     ヽ  _ ノ
     i⌒\ ,__(‐- 、
     l \ 巛ー─;\
      |  `ヽ-‐ーく_)
     |      l

.




5189◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 16:44:35 ID:orw54djQ



      / ̄ ̄\     シャドウランだけど別に他スレとかと関わってない俺個人が作ったシナリオであるから
    /        \
    ├==、   ,.=┤  yaruokさんにもまとめて頂けるとありがたく思います
    |ニこ> > <:こ>ニ|
    |ニツ ´   `ヾニ|
    ヽ         /   他のスレでこのシナリオ遊ぶ! 遊んだ!てのはありがてえのでリプレイなりレポートなりwktkしていますし、
     >      <
.     |      |    自由に遊んでいただけりゃあと思いますので、プレイ自体はみんな好きにやってくれてええのよ
.     |      |
.     |      |    だいたいゴブスレTRPGシナリオと同じだな!


.


5191◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 16:45:35 ID:orw54djQ



                                 __ __
                               .,,,<゙ヾヽ7;;;;}_
                             ∠;;;;≧彡<=>ゞ);ヽ
                             {;;;;;/ゝ≦三≦=、;ゞ)
                             >ゝ=彡ゝ、、`'¬''‐'′
           ___ __  __   _   ______∨ヘ;;;ソ;;ソ;;ヽヽ ___ __ ____ ___   ___ _  _
          {⊂ヽコ`! 「:::::! |:::::::/∧:::::`l |:::ヽ Y γ::::ヽヽヘヘ:::1 i::7/:`i 「 ̄) )1 |:::::::1 「:1\:`i 「
           `ー`ヽ,::! 「 ̄i |:::://ニヘ:::::| |::::ノ 人 ゝ:::::ノ ノ∧ /∧ /:::_」 「¨ヽヽ:! :i、::::ノ :|:::|\\ |
           、_ノ ノ´ー′´ー`´ー`  ``'`ー`ーヘてミゝ<_ノソ'`′`′ 'ー‐' ´ー`ゝー‐ー' ー`' \_|

                        ◆ シャドウラン5th用シナリオ ◆


                       ◆ The Hound of the Wild Hunt ◆




.


5192◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 16:46:17 ID:orw54djQ


                     _  ヽ、、、ヽ、 | 、 ,
                   ヾ≧、\ニヾ=\!ニ',/┤,ィi
                   ‐=ニニニニニニニニニニニニニニニVニ|,ィ
                 ‐=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=!
              -=ニニニニニニニヾヾニ`ニニ゙ニ'ニニニニニレ,′
              ≦ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/7             {L。*''"´ ̄ ̄`'*s。           \
               >ニニニニミヾニi'、ニニニニニiニ/}/}/;i=/            {     ′     `''*s。          ヽ
               フニニニミ` `` `ヾミヾiレ_'',,-=≠7/           __.ヽ    {          ` =-  _ -='"}
                   `ヾ;へミ ‐- .,_ _,,ィ彡ニ_>'',.´l/.             `*s}≧s。_ }_          _      ノ
                  Y゙ヾ ,.ィ≦㍑ヾ,>'"=ィッフ lノ                 /ニ≧s。O_` ̄ ̄ ̄ ̄=- **c}三ニ="ュ
                  ゙、、',∀㌶㌫㌘/ {´` ´ ,'′.              |ニニニニニニニニニニ>" ̄.i /| ! ヽ
                   \;べ㌦㍗/   |    ′                Ⅳニニニニニニニ><´ .|    |  /,| ||
                       /'{ ! '、 ``¨´  . |   /_              | `t<ニニニ>イ /_ヽ|   | ./ /!    |
                 /=/=! 、  、     `"_  /゙.ニ≧ 、            ∨ハ`弋心ヽ //zzzzz、、i.|   /‐、 //|  | .|
                   /ニ/=={! \ \ ̄ -‐ /,' ',ニニ` 、         |.从 ` ̄ |/ヾ  ゞ="´/  /"ソ.}'/ .|  | .|
              _,, .‐≦/ニ7ニニ',、 ` 、`:. . -イ/   l゙,ニニニニ\-、、.,,___.  l从 ''''' 〈    '''''''''' /  ./-' ノ  .!   | ′
      _,,. -‐≦ニニニ/二ニニニl゙、   ` 、 : /ヘ   ! ゙.=ニニニニ\ニニニ゙、....|. 丶          ′ /イ       ′
.   /¨´ニニニニニニ/二ニニニニド、   /:、_∨イ:ム | |':、ニニニ>''´ニニ=lニ'、゙|  |\ ヽ  r――.′./亠zx、  |  /
   仁ニマニニニニニ7ニニニニニニl、 ゙、   ト、:/{:}、:.< '、l !=:゙、ニ/´ニ、ニニニ=} |ニ.| -=≦ヽ 。s*}} ̄ ′    ̄}   |
  仁ニニマニニニ}ニニ ̄ ̄`ヾ、ニニ,ニ|i\\,{ /':{⌒:ヾ`ヾ lニ',:',./=ニニヾ、ニ=l=lニ゙|  |ヽ    i }}  ′ i    .{      |
  ,仁ニニマニニニ!ニニニニニニ>'ニ=l:!ニ\ /':.:.|  }、:.:.:.:.\=',::マ`>、ニ゙、ニニ{=},ニニ | ハ .,r≦彡}  |  ,'=≦ ̄ \ |  .|
  仁ニニ=マニニ|{ニ!ニニニ/ニニニl::!ニニY:;.:.:.:}  l ゙、:.:.:.:.:\}::マニニニヽニ{;|i;i'ニ.| .〃: :}V介}γ>>"! .′: : : : : : :ヽ|  .|
 jニニニ゙、ニマニニ!}ニl!ニニマニニニ{ニ=!:lニニ{.:.:.:.:.:|  '! 〉:.:.:.:.:.:ヽ:マニニ二|ニ=|;i;7ニ | /γ>≦}ゞ} | : : | |: : : : : : : : : : ヽ  |
 !ニ=ニニ゙、=マニl::} l;!ニニマニニニ{ニニl:::!=ニ|.:.:.:.:.:{\ l/ニ゙、:.:.:.:.:.:ヾ!=ニニ|ニニ|7,ニ゙/ /}←ヽーY  |: : : :| |-   ̄ ̄ ̄ ∨ |
. !ニニニニ',=マ |リ,i;}'ニニニマ二ニ{ニ二|:::!=ニ!.:.:.:.:.:|ニУニ=゙、:.:._.:-‐!=ニニ|ニ=|イニ/人=}>┘ .|'"´ .| |           } 、
.l=ニニニ、ニ゙、マ};i;i;/ニニニ=マニニ{ニニ!:::lニ|;‐-、.:.!7ニニニ'´ニ|::::lニニl二ニ //ニ /     |   |  、          | ヾ
lニニニニ゙、ニ、};i;i/ニニニニニマニニマニ|::::|ニ!ニニ´=|=(_)ニニニニ|:::::lニニ|. //ニニ/ー‐ 、   }  ヽ  ,        }\|`

●オープニング

「私はハンス・ブラックハウス。ロフヴィルの代理人だ」

 シアトルの高級クラブ「ダンテズ・インフェルノ」最下層、VIPルーム。
 そこに現れた男は、恐ろしいほど様になった仕草で葉巻を揺らしながらそう名乗った。
 ロフヴィル。ダンケルザーン亡き今、世界で最も有名なドラゴン。その代理人。

「そして彼女はディンドラン。私の姪だ」

 それは男とは対象的に、雪のように白い肌をした銀髪の少女だった。
 感情の薄い顔を引き締めて、アタッシュケースを大事そうにしっかりと抱えている。

「彼女はある貴重な遺産を受け継ぐ事になっているが、その遺産を狙う不届き者がいる。
 遺産相続の手続きとしてイギリスへ向かわねばならないのだが、その間の護衛をお願いしたい。
 報酬は一人あたり2万新円。襲撃者を排除してくれたなら全員で1万新円。
 期間中の滞在費および交通費は我々が用意しよう――無論、常識の範囲内でだが」

 最後の言葉は冗談だったのだろうか。Mrブラックハウスの顔に酷薄そうな笑みが浮かぶ。

「……よろしくお願いする」

 白い少女、ディンドランがしゃちほこばった様子で頭を下げた。
 きっちりとアクショニアビジネスクロークを身につけた彼女は、どこか新人のカンパニーマンを思わせる。
 将来はきっと、有望なS=K社の企業人に育つに違いない。
 悪くない話だが、しかし――……。

 ――ドラゴンには関わるなというが、ドラゴンの方から関わってきた時はどうすれば良いのやら。

.


5194梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 16:46:36 ID:0sUIH0ev
おおう、ワイルドハントとはまた恐ろしい


5195梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 16:47:43 ID:xgEAyvjR
こ、高度な柔軟性を保ちつつ臨機応変に対応を……


5196梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 16:47:51 ID:zPFoLSH1
護衛ラン


5197◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 16:47:55 ID:orw54djQ


                       __
                  //  ` ___
                 /  ′     \ `
                    ′ 八.        、   \                  ◆ 注意 ◆
                    \, -―‐-  _.   `¨¨¨¨¨〉
                  ー‐ノ、_ニニニニニ≧ュ  ___ノ
.                /ニニニニ`¨¨¨¨¨¨¨¨_7__\
.               八ニニニニニニニニ_.  イ\ i| ∨i| '.    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   `¨lー―ァh.从{イ. h...∨ j{7   ,  
                    八iトリ ∪ . ノ  ∪ j/⌒'.... l     ここから先はシナリオ本編の内容となります。
                  人""  ゝ-( "" ____ノ.. ∨
           ( )        ア´:::__;;::::`マ¨...7 _ム   ∨   誰かにGMをやってもらう予定などでネタバレを避けたい場合、
       ( )           ○:::(Kリ:::::◯..イ-/ ∧   i
          _....._           >、______;;;;;;人/         以後しばらくのレスを読み飛ばす事を推奨します。
       {ー‐}      -=<∠.._/__j__}_>/|
      ‐━{二_}━‐  >‐=ニニ(_'( ´|__ン┘ /ニニ=‐<  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     \____/    ‐=ニニニニニニニニニニニニニ=-.゙,′
.  /   \ / >./   /.  ー=ニニニニニニニ=-    ∨



.


5199◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 16:49:16 ID:orw54djQ

/////////////////////////// \   ∧ ∧ /:: :: :∨::/-=ニ二ニニニニニ<
///////////////////////////// \ /:: ∨:/∨::/::: :: :〉:: :: ::/ ̄ ̄ ̄\ニニニ.>
////////////////////////////// /|/::/: :∨:/∨::/⌒\::/-=ニニニ==-\ニ <
////////////////////////////// /|∨::/: :∨:/∨:: :: :: :/-=ニニニニニニ=- _ニニ\
//////////////////////////// /\|: ∨::/:: ∨:: :\:: ::/: >'"/-=ニ二ニニ=-〕_ハ(⌒
///////////////////}\///////: :: ::.Y: ∨⌒\〕::⌒>''":: :/ニ\-=ニニニニニ=-〕\_____
////////////////// リ:::::〕/////|:: :: ::.〔:: ::∨::⌒>''":: :: ::/-=ニニ\-=ニニニニ=-〕///////////
////////////////_/:::::::八|∨//:: :: :: 〔:: :: >''"::  ̄\/-=ニ/⌒\_.∧-=ニニニニ人V/////////
////////////// /⌒::::::/'//|:::∨:: :: ::.::.〔_/⌒\:: :: :/-=ニニ///////,'人-=ニニニニ⌒〈/////////
///////////// /⌒::::::::〔 //:: :: ',: : : :./: : : \: : : /_-ニニ.////// /⌒\-=ニ /:〕: :.∨///////
//////////// /⌒:::::::::::::∨:: :: :: 〕_/::⌒\::::::〕/:::/ニニ=-:///////(⌒⌒)(⌒\ (: : : し: :.\//////
/////////_///::r::::::::/::::::::::/⌒\:: :: :: :: 〕::〕/:: ::/_ニ-:: ::////// (⌒⌒)(⌒\_.ノ)\__/\////
///////∧ ∨:::ノ::::::/:::::::/(:: :ノ:: :: :: :: ::_ノ::/_ニ=-‐:: :: :: : ////// (⌒⌒)⌒\ \:(⌒\:: :: ::.⌒\//
////////∧人:乂:ノ::::(〔:::::::::ノ:::::::::_::::-:(:::::::::::::::::::::_:::-=ニ////// (⌒⌒)⌒⌒) )^⌒):: :: :: :\ニニニ\
/////////∧::::):: :: ‐--====-‐ィ(ツ ノー\::-=ニニニ/__::::::(⌒⌒):: :⌒):: :: :: :: :〈:: :: :: ::〕ニニニ
//////////::\::::::::::::::::ノ:::/::ノ⌒¨´:::::::::::::〕ニ=-‐.:::::::::_-=ニ⌒:::::(⌒⌒):: /(二ニ=--人::ノ⌒)ニニニ
///////彡〕⌒:::\::::::ノ::::::::/:::::::::::::〕\/ ̄:: :: ::〕: /:⌒ヽ::⌒ン⌒ン/⌒\__ノ=- / \ (ニニニニ
//////∧:人:: :: ::〈::::::::〕:::::::::::::::::〕\:::/:: :: :: :: :: :: :/:: Y⌒ン:: : ⌒ン⌒\/⌒)ニ=-//////\ ニニニ
///////∧::::〈⌒::::\/:: :: :: :: :: :〕__ノ:: :: : : : : /⌒〔\人:: ::⌒ン⌒ン:: :: : )⌒7ニ=-/////////\ニニ
////////人:: :\::__:/__彡: 7/:〔:: :: :: : /: : : : :〔_〔:: : \/:: :: :: :⌒ン⌒ンニ=-∥//////////\ニ
///////  \〕∨〔∨∨∨〔_/: :〔:: :: / : : : : : : 〔_人 : : /\: : : : : : : : /:: :: :: ::.{i/////////////〕ニ
/// /     〕\人∨∨∨〕:: :: :/ /::〕___::/:\:  ̄\: : ̄ ̄: : :/:: :: :: :: :: ::.〕/////////////ニ
/./       Y´¨¨¨¨¨¨¨´:: :: ::/-=ニニニニニ〕/.:人: : :.\: : : \_: :/:: :: :: :: ::_ノ(/////////////ニニ
         ノ人人人人人: ノ-=ニニニ: :: //: : :\ : : \__/:: :: :: :: _ -ニ=-\//////////ニニ
         \::: ::: ::: _ -=7-=ニ二/: : :(: : (: : \: : :\__/:: :: :: :: /ニニニ=-_  ̄ ̄ ̄ ̄〕ニニ
            ̄〕i 〕/ /-=ニ二7: :: :: \::\:: ::  ̄:: :: ::ノ:: :: :: :: :: /ニニニニニ=- _        〕ニニ

●シナリオの背景とプロット
 PCたちはS=K社のMr.ジョンソンに呼び出され、遺産相続にまつわる護衛任務を依頼される。
 相続権を持つディンドランという少女が、相続手続きを行うためにロンドンへ行かねばならない。
 しかしその遺産を狙う者たちによって、彼女の命が脅かされているのだ。

 実はこれはある貴重な魔術的遺産、アーティファクトを継承するための儀式魔術の一環である。
 そのためアーティファクトを求める他の継承者候補が、ディンドランの命を狙っている。
 ディンドランはこのアーティファクトを手に入れるため、S=K社が特別に用意した覚醒者である。
 S=K社としては(あるいはロフヴィルは)、アーティファクトを他の有象無象に渡すつもりはまったくない。
 よって護衛として、密かにPCたちシャドウランナーを雇うことにした――というのがここまでの経緯である。

 PCたちはディンドランと共にシアトル・タコマ空港からロンドン・ヒースロー空港へと飛ぶ。
 機内では早速ながら刺客として送り込まれたメイジ達の襲撃を受けるだろう。
 ロンドンについてからも、ホテルは精霊によって監視されており、心休まる時間は少ない。
 ディンドランの目的地はセント・マイルズ・マウント――グレートブリテン島の西端にある小さな島だ。
 しかし列車か車で現地へ向かう一行に対して、異様な狼の精霊が牙を剥いて襲いかかってくる。

 そしてやっと島に到着したディンドランを待ち受けるのは、魔術結社ブラックロッジの元幹部だ。
 失った自らの地位を取り戻すためにアーティファクトを求めるその男は、容赦なくディンドランの命を狙ってくる。
 PCたちはディンドランの儀式が終わるまで彼女を守り、そして狼の精霊を伴った男を排除しなければならない。


.



5201◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 16:51:09 ID:orw54djQ

                               -―‐-
                       ' ´      、  ヽ
                        /, /  .,  `    ヽ     っ
                         ' / ,   / ハ ヾ、 \ ヽ ', ゙    つ
                      ! l .{ ' i { ' 、ヽ. 、 ヾ 、 .i  っ
                      l l  ! !ヽ_、乂 ヽ、_\ ! ! ;
                     ',ヽ、{ イ:::ヽ `,`イ:::iヽヽ. {
                       } {:ヽu  ̄:::::::{: :  ̄ !; }、ゝ
                    'イ 、.i       '   u , ィ 、
                     ノ. ' ハ  ヽ ̄ ̄ア ハ{``
                          _/イ!.\u.  ̄ /}',ヽ、._
                     _-=ニニl∧ > _ー  / }//i二=-_
   , 、             ,.-=二二二二l/∧   > <   |'//l二二ニニ=、           , ' i
   '. ヽ         ,{ニニニニニ二l'/,∧  /;;;;;;;;',  .l///!ニニニニニ}、.         ,.‐  ノ
_  ヽ `ヽ      .l二,ニニニニ二!'//∧./ヽ;;;;;∧ !///l二二二ニニ,ニ゙,         /  j`ー-
- 、 ̄{   ',     .lニ二,ニニ二二二|'///∧  ;;;;;; ヽ!///,!二二ニニ,ニニ',      {  ノ、
二  _ヽ   }ヽ   ./ニニ二,ニニニ二l'////∧. ;;;;;;;, .l////!二二ニニ,ニニ!     ,i、 '
―- _  `  〉,ヽ  /ニニニ二,ニニニニ|/////∧;;;;;;;;;,./////」二二ニニ,二ニニl    ./,!.、 、  ,  -
     `/ ,イニヽ/ニニ二二,ニニ二二 ̄///∧;;;;;;;/////,ヽ二二ニ,ニニニ!     //>ー==


●導入
 シアトルを拠点とするシャドウランナーチームであるPCたちは、
 普段のたまり場に集まっていたところを(あるいは思い思いに過ごしているところを)
 馴染みのフィクサーから声をかけられ、高級クラブ「ダンテズ・インフェルノ」へ招集されます。

 PCたちが懇意にしているフィクサーがいるならその人物で構いませんし、
 あるいはコンタクトとしてS=K社系のフィクサーがいればその人物にしても良いでしょう。
 もし悩むようなら"ランスロット"ミハエル・ヴィスコンティという、エルフの色男とします。
 彼は女ったらしで軽薄、新人の女性ランナーを数名、私兵のように侍らせています。
 油断ならない相手ではありますが、何度か仕事は受けたことがあり、フィクサーとしては有能です。
 噂ではS=K社の紐付きだという事ですから、有能でなければランチメニュー行きに違いありません。
 もっとも"ランスロット"と呼ばれるより"スタリオン"と呼ばれることの方が多いようですが……。

「すまない、君たちに頼みたい仕事があるんだ。急ぎで、すぐに。ダンテズ・インフェルノまで来てくれ」

 フィクサーはいやに緊張した様子で(必死とも言えるかもしれません)話を持ちかけてきます。
 詳しく事情を聞こうとしても、現地でMr.ジョンソンから聞いてくれ、断るなら彼に言ってくれと繰り返します。

 もしPCたちがことさらに彼を疑ったり裏取りをしたがるようならば、
「むしろ何としてでも成功させなきゃランチメニュー行きになるから安心して良い」と説明してあげましょう。

 ダンテズ・インフェルノは、シアトルでも有名な高級クラブです。
 入り口に佇むトロールのバウンサー(仕立ての良いスーツを着た伊達男です)に名前を告げたPCたちは、
 極めて丁寧な態度で、地獄を模した最下層、地下9階のVIPルームへと案内されます。
 そこで待ち受けているのは「ハンス・ブラックハウス」を名乗る紳士と、雪のように白い肌をした銀髪の少女です。


.


5204梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 16:52:17 ID:0sUIH0ev
スタリオンw
だらしないのが噂になってるのか


5205梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 16:52:44 ID:7087Cv/I
ランチメニューw
オーナーがオーナーだと命がけだなー


5206◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 16:53:18 ID:orw54djQ

.     |: : ⌒ニ=-  _                         /  /               |. . . . ..|  | |
.     |: : : : : : : : : | ⌒ニ=-  _              /  /                   |. . . . ..|  | |
.     |: : : : : : : : : |: : : : : : : : :⌒ニ=‐  __     /  /                 |. . . . |  | |
.     |: : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : |:⌒ニ=r''´__/|                   |. . . . ..|  | |
.     |: : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : ̄||´"|=-  __                   |. . . . ..|  | |
.     |: : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : :||: : |: : : : : ´"'=-   __  __ -‐  "´|`ト. . . |  | |      __
.     |: : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : :||: : l:┌-=ニ..,,__.:.:.: .:. ¨「 :| |  |    | :|: i:`丶|  | |-‐ '' " ´: : :
.     |: : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : :||: : |: |      ̄”~`T:.:|-‐| |  |    | :|: i: : : :|  | |__  --┬━
┏=┐|: : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : :||: : |: |””¨¨   …‐‐|: :|-‐| |  |    | :|: i: : : :|  | |      |
|: ||: : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : :||: : |: |__」二二L...⊥ |_|_|_|__| :|: i: : : :|  | |____j
|: ||: : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : :||: : |: : : : : : :_、-----、|: : : : : : : :.:: ̄「: :.:: :.:|  | |: : : : : : :  ̄ ̄
├=┥|: : : : : : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : _」L=- _く ̄   ヽ   \__:_:_:_ : : : : |: : : : :.|  | |: : : : : : : : : :
└‐┛|: : : : : : : : : |: : . __,,二ニ=-‐…   ¨ ̄⌒丶、`丶、ニ=--=ニ⊥-‐  ̄    ̄””¨|"" '' |  | |‐-  ...,,,__
 ___,|__-‐  " ´            _,,.. -‐ '_,,.. -‐┓ ' ‐=ニ⌒ニ=‐-   ..,,_   |. . . . ..|  | |ヽ.:.:.:.:.:.:.:.: ̄
└───┐|         _,,.. -‐ ''_"´-‐=ニ¨_,.ニ=-‐ '"~|       ´ ' ‐=ニ.,_ ⌒ニ=‐-  ._|  | | .}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
/\ {   ̄  _,,.. -‐ ''_"´ -‐=ニ¨ _,.ニ=-‐ '"i´.: .:. :.:.:.:.:.:.:.|             ´ ' ‐=ニ.,_ ⌒ニ=| |/::::::::::::::.:.:.:.:.:
   `ニ=-‐ ''_´  -=ニ⌒__,.ニ=-‐ '"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|                  ´ ' ┬ | |::::::::::::::::::.:.:.:.:
 __  -=ニ⌒ _,.ニ=-‐ '"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.:.:.:.:.:.:_,、┴ _                   | | |:::::::::::::::::.:.:.:.:.:
 ̄_,,.ニ=-‐ '"´.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:_, - ¨ : : : : : :ニ- ,_                   | | |:::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:
'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. _ ┴ ¨: : : : : : : : : : : : : : ニ- ,_              | | |::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_, - ¨: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ニ- ,_             | | |:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_, - ¨: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ニ- ,_        | | |::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                     、\ヽ 、 、
                     ,,二ニニ``ニニ'ニ';Vi ,ィ
                  ≦´ニニニニニニニニニニ/,
                 <ニニニニニニニニニニニニ7,
                ∑ニニニミ`ヾ'ヾヾニ'7}ニ/
                  '、:;''ヾ}` 、,,,ィ≦彡イ′
                    ゙、ゝ,.ィ㌶㍍ィ´ィッ7′
                   ,ィニニ}ヾべ㍑'″ |::::,′                     ゝ ..
                ,.イニニ|゛、\ ,_':::イニ≧‐-、、                ` ヽヽ
            /ニニニ!{、 >ミ 、_ .:イニニニ/⌒``         < >'Yヽ、   ノ ノ
            _ ...ィ``ヾ、、ニニ|Λ、 /ミrY'、:!ニニ/`≧‐--,、、        ,ィ ノ\_ヽ (  (
         /´ニニニニ_>´ニl、ΛV /':/ヾ:.\',=、`ヽ_ニ/ニヽ     /  ,!::゙>、\  '、ヽ
       /ニニ、ニヽニ∨ニニVニi∨.:7 ゙、 `ヽ:ヾ=、ニニ|ニ'ニiニ{      { '´ i:、{_,{\,\.)ノ
       /ニヽニ゙、ニ゛ニ∨ニニlニ∧|.:∧ { /∨',ニ、ニニ!ニニ!ニΛ   ,,-}  /.:::(,/ /゙'‐′
.     /ニ{ニ、ニニ!,ニニVニニlニΛ-‐'、 '/ニニ!ニ',`ニニ|ニニ!ニニΛ //\ ノ .:::/ー′
.     〉ニ"ニヾニ/ニニ/Λニニ!ニΛニニニニニ=!ニ!ニ=!,ニlニ'ヽニ}//ニニ\≦:、
    /ニニニ\∨jニ//ニ∨二|\ニ!ニニ0ニニ=!ニlニニ|'ニニ!,/ニ{=〈/ニニニニ\/7
.    /ニニニニニ/=//ニニ∨ニ|ニ\:',ニニニニニ}ニニ!ニ!ニニ{ニニ}''7\ニニニニ7
   /ニニニニニ/=/.'ニニニニV=!二ニ!}ニニ0ニニ|ニニ}ニ7ニニ!ニニ/ニニ\ニニニ7
  /ニニニニ=/ニ'ニニニοニ}ニ!ニ0ニlニニニニ=!0ニl=7ニニ!、ニ/ニニニニ\>′
  /ニニ、``ニ/{ニニ/ニニニニ}=!ニニニ|ニニ0ニ=!ニニ| {ニニニl、ニ、ヽニニニ/
. {ニニニ`ヽニ〉|=ニ7ニニニニ!7ニニニlニニニニ!ニハ |0ニニl゙、ニ'ニニニ7
  マニニニニ<\ニ7ニニοニ'7ニニ0ニニ!ニ0ニニ!oニヾニニニ! ヾ゙'ニニ7
.  マニニニニヾ=ヾニニニニニ7ニニニニ|ニリニニ|ニニニ|ニ0ニニ|  `≠=‐′
   ゙'マニニニ>≦∨ニニニ=lニニニニlニ/0ニニ!ニニニlニニニ!


●ハンス・ブラックハウス
 ハンス・ブラックハウス。彼はゼーダークルップ社のエージェントです。
 ロフヴィルの側近、腹心の部下との噂もありますが、真偽は定かではありません。
 現在では「ハンス・ブラックハウス」を名乗るS=K社のMrジョンソンも多く存在しているため、
 日系企業における「タナカサン」のような、S=K社のMr.ジョンソンの通称としても機能しています。
 PCたちの前に現れるのは、ピッと葉巻を構える姿が様になる黒髪の紳士です。
 データとしてはMr.ジョンソン(P398)を用いてください。


.



5207◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 16:54:52 ID:orw54djQ



               y小( {rイ ノイ〃彡≦ミ弌辷ーイ
             Y( ミソ(( {|{. l彡イr彡辷==ー--=ニニムャ彡イ
            ヽミ辷ミヽヽ}.|〃 リ y彡=≠≦三辷==ー彡⌒
          `ー==ミyーヾハ从ハイrィイ¨´ ー=辷三二=====≦⌒
              Z辷彡/             ミ辷三辷ニ===ー-
            ー-イムイ ムミー-、、i.r __,,ノ⌒¨   ミ弌__  辷二==<⌒
           八 ィソ辷──-ニニ二二,,-=、 彡  斗´ ヾミ辷彡===ー-、
         (  j{rイ{ミニ三弌ミヽ、ミ弌`ヾミヽノハ}. Yミl |ミ弌ヾミ≦ミ
         r彡ー{リ 辷ニ=ー、ヾミヽ、ヽ、ヽ、 \\  ノ ノ从 .(ミヽミ弋ー-
       , イ   ,从|ヽ弋''ァ、 , 、 \\ ヽ、ヽ、ヽ \___八ヾヽミニ===ーミ
      / .{、   _ノ ハ `ミ==::|  ミ=ヾミ_ヽ辷=ー  ∨ミヽ辷二==ー-、
   __/  .|ヘ_     |, ヘ、   :::|   rヘ 、`¨¨'''ーミ辷彡イミヾミ彡ヘ
.  / 「    |      イイ∧   .::{   / ヽ ミ_ | j   j' ハ |::::::ノ
  く  ヾ        丿(  ヽY,,,,`ーr',,,,,,___ノヘ } j /   :::::::jノ/
/⌒ヽ、               弋 ー--=ニイ   ソ/   ::::::/
                      ト、ミ=ー-==< 〃::::::::::::彡''
                      jィ, '''' ヾ,,,,, '''´ j'::::::彡'''´
                     j,,     ,,ォハ{
                       ハj小j,ィ,j''

※GMであるあなたに茶目っ気があるのなら、現地までの移動中、PC全員にエッジ判定を行わせると良いでしょう。
 もし一人でも0ヒット、あるいはグリッチしたなら、現れるハンス・ブラックハウスは銀髪に黄金瞳の紳士です。

 この場合もデータとしてはMr.ジョンソン(P398)を用いてください。
 PCたちに能力を聞かれたら「きっとそのぐらいだと思っておくと幸せだよ」と笑顔で言ってあげましょう。ははは。

 彼はピッと葉巻を構える仕草をして、堂々と「私はハンス・ブラックハウス。ロフヴィルの代理人だ」と名乗ります。
 ロフヴィルとの関係をさらに詳しく尋ねた場合、彼は「私はロフヴィルに仕えているわけではない」とだけ言います。

 それが何を意味するのかについては、ちょっと考えればわかる事でしょう。
 もしPCたちがまったくわからないようなら…………彼らが竜の尾を踏まないよう、祈るばかりです。


.



5208梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 16:55:43 ID:2eCreecQ
(うっすら察し)


5209梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 16:55:58 ID:0sUIH0ev
なにしてはるんですか案件


5210梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 16:56:06 ID:zPFoLSH1
HAHAHA。


5212◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 16:57:46 ID:orw54djQ

                     乂ー‐- `ヽ´ -‐──彳
                        γイ ≧-‐   ̄'─zニニニミ
                      从イ二ニ 、ー- 、    ミー==
                     ー ァムチ二二ニ_  \   ミ、__
                        /  、 {二二二、  }  从__
                     r" -=、 、 マ二二ニム }!   从、
                   ー≧ュ、 } ¨マ二二二_ヽ 〃⌒マ
                       f¨´-‐= \ マ二二ニ_  ァ^} }
                   くー`-、__ ミ、 ヽ二二ム .ノ イ
               ー=彡}^¨ー=  ノノ  乂二二ム´乂
               、ー イ    / ´ / }r 、ニニムヽ
                γィ  ^ー-r‐--     〃 ノ^ー┐、}
                  _ノ r__´イ 彡'-‐==ニニニニニニニ==‐
                x≦{从  {^´     二ニ=二二二二
.              {     _    -‐──────ミ
                }x ´     -‐====ニニニニニニニニニニニ
.        / ̄ ̄〈  x≦二二二二二二>    ̄ ̄  `
.     .イ x≦二二二二二二二二> ´    r=ニニ=‐-
   / .ノ'二ニ=‐   ̄ ̄     /        ̄ ̄ ̄

 まあ世の中は気づかない方が幸せな事も多いのでとりあえず話を先に進めましょう。

※参考イメージ:ttps://i.pinimg.com/236x/57/6a/5d/576a5df53e16823a899ba4504ab4c60e--shadowrun-returns-character-art.jpg


.


5213◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 16:58:23 ID:orw54djQ



                     _  ヽ、、、ヽ、 | 、 ,
                   ヾ≧、\ニヾ=\!ニ',/┤,ィi
                   ‐=ニニニニニニニニニニニニニニニVニ|,ィ
                 ‐=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=!
              -=ニニニニニニニヾヾニ`ニニ゙ニ'ニニニニニレ,′
              ≦ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ/7             {L。*''"´ ̄ ̄`'*s。           \
               >ニニニニミヾニi'、ニニニニニiニ/}/}/;i=/            {     ′     `''*s。          ヽ
               フニニニミ` `` `ヾミヾiレ_'',,-=≠7/           __.ヽ    {          ` =-  _ -='"}
                   `ヾ;へミ ‐- .,_ _,,ィ彡ニ_>'',.´l/.             `*s}≧s。_ }_          _      ノ
                  Y゙ヾ ,.ィ≦㍑ヾ,>'"=ィッフ lノ                 /ニ≧s。O_` ̄ ̄ ̄ ̄=- **c}三ニ="ュ
                  ゙、、',∀㌶㌫㌘/ {´` ´ ,'′.              |ニニニニニニニニニニ>" ̄.i /| ! ヽ
                   \;べ㌦㍗/   |    ′                Ⅳニニニニニニニ><´ .|    |  /,| ||
                       /'{ ! '、 ``¨´  . |   /_              | `t<ニニニ>イ /_ヽ|   | ./ /!    |
                 /=/=! 、  、     `"_  /゙.ニ≧ 、            ∨ハ`弋心ヽ //zzzzz、、i.|   /‐、 //|  | .|
                   /ニ/=={! \ \ ̄ -‐ /,' ',ニニ` 、         |.从 ` ̄ |/ヾ  ゞ="´/  /"ソ.}'/ .|  | .|
              _,, .‐≦/ニ7ニニ',、 ` 、`:. . -イ/   l゙,ニニニニ\-、、.,,___.  l从 ''''' 〈    '''''''''' /  ./-' ノ  .!   | ′
      _,,. -‐≦ニニニ/二ニニニl゙、   ` 、 : /ヘ   ! ゙.=ニニニニ\ニニニ゙、....|. 丶          ′ /イ       ′
.   /¨´ニニニニニニ/二ニニニニド、   /:、_∨イ:ム | |':、ニニニ>''´ニニ=lニ'、゙|  |\ ヽ  r――.′./亠zx、  |  /
   仁ニマニニニニニ7ニニニニニニl、 ゙、   ト、:/{:}、:.< '、l !=:゙、ニ/´ニ、ニニニ=} |ニ.| -=≦ヽ 。s*}} ̄ ′    ̄}   |
  仁ニニマニニニ}ニニ ̄ ̄`ヾ、ニニ,ニ|i\\,{ /':{⌒:ヾ`ヾ lニ',:',./=ニニヾ、ニ=l=lニ゙|  |ヽ    i }}  ′ i    .{      |
  ,仁ニニマニニニ!ニニニニニニ>'ニ=l:!ニ\ /':.:.|  }、:.:.:.:.\=',::マ`>、ニ゙、ニニ{=},ニニ | ハ .,r≦彡}  |  ,'=≦ ̄ \ |  .|
  仁ニニ=マニニ|{ニ!ニニニ/ニニニl::!ニニY:;.:.:.:}  l ゙、:.:.:.:.:\}::マニニニヽニ{;|i;i'ニ.| .〃: :}V介}γ>>"! .′: : : : : : :ヽ|  .|
 jニニニ゙、ニマニニ!}ニl!ニニマニニニ{ニ=!:lニニ{.:.:.:.:.:|  '! 〉:.:.:.:.:.:ヽ:マニニ二|ニ=|;i;7ニ | /γ>≦}ゞ} | : : | |: : : : : : : : : : ヽ  |
 !ニ=ニニ゙、=マニl::} l;!ニニマニニニ{ニニl:::!=ニ|.:.:.:.:.:{\ l/ニ゙、:.:.:.:.:.:ヾ!=ニニ|ニニ|7,ニ゙/ /}←ヽーY  |: : : :| |-   ̄ ̄ ̄ ∨ |
. !ニニニニ',=マ |リ,i;}'ニニニマ二ニ{ニ二|:::!=ニ!.:.:.:.:.:|ニУニ=゙、:.:._.:-‐!=ニニ|ニ=|イニ/人=}>┘ .|'"´ .| |           } 、
.l=ニニニ、ニ゙、マ};i;i;/ニニニ=マニニ{ニニ!:::lニ|;‐-、.:.!7ニニニ'´ニ|::::lニニl二ニ //ニ /     |   |  、          | ヾ
lニニニニ゙、ニ、};i;i/ニニニニニマニニマニ|::::|ニ!ニニ´=|=(_)ニニニニ|:::::lニニ|. //ニニ/ー‐ 、   }  ヽ  ,        }\|`


「私はハンス・ブラックハウス。ロフヴィルの代理人だ」

 そう名乗った彼から提示されるのは、姪であるディンドラン・ウィッシャー・ブラックハウスの護衛依頼です。
 実は彼女はある貴重な遺産を受け継ぐ事になっているのですが、その遺産を狙う不届き者がいるのです。
 ディンドランは遺産相続の手続きとしてイギリスへ向かわねばならないため、その間の護衛という事です。
 報酬は一人あたり2万新円。もし襲撃が発生し、その首謀者を排除したなら全員で1万新円。
 前金はありませんが、期間中の滞在費および交通費は依頼人側から提供されます。
 内容的にも金額的にも、相場通りかむしろ優良な依頼だと言えるでしょう。

「……よろしくお願いする」

 大事そうにアタッシュケースを抱えたディンドランは、しゃちほこばった面持ちでPCたちに頭を下げます。
 ディンドランの持つアタッシュケースは、一切の電子機器が搭載されていない、極めて古めかしいものです。
 もし魔術的に霊視しようとした場合、真っ黒、つまり厳重に防備が施されていて中身がまったくわかりません。
 中身について尋ねると「遺産相続の手続きに必要なものが入っている」とだけ教えてくれます。

 ディンドランと会話した場合、彼女は優秀なカンパニーマンであるかのように振る舞い、受け答えをします。
 しかしその全ては演技であり、彼女は必死になって(あるいは張り切って)取り繕っているだけに過ぎません。
 PCたちが注意深く観察するようなら、知覚と、彼女の演技とで対決し、勝利すればそれに気づけます。
 また彼女を霊視した場合、覚醒者である事がわかります。
 しかし彼女のオーラは妙に希薄で、非サイバーなのにも関わらずエッセンスが低い事がわかります。
 その事について問うと、ディンドランは「あなたがたには関係のない事だ」と突っぱねます。
 あまりPCがしつこいようなら、ブラックハウス氏から「私の姪に不満でも?」と警告すべきでしょう。
 少なくともこの場では、彼女が素性を教えてくれることはありません。

 もしPCが報酬交渉をするなら、Mrブラックハウスはこれに付き合ってくれます。
 PCとMrブラックハウスで交渉技能による対決を行い、PC側が1ヒット勝利するごとに1000新円の前金を提示します。

.


5215◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 16:59:58 ID:orw54djQ

               `丶 、         , \  .,. ´           `丶 . /  ゚        ,. ' ´
                   `丶 、     ノ   .\         ○       /    ` - ,. ' ´
                       `丶 、´     .\          /      ,. ' ´
                           `丶 、    ,' .────── ',    ,. ' ´
                               `丶'゛ .|`、       /|  ゙'. ' ´
____ __________ ____                      | `、____________/ |                          ______ ________
       /   / ヽ _________ ____              |  |     |. |               ______ ______/ ̄ヽ ヽ
        |   |  .|   ./  ./ ヽ.____ ____         .|  |     |. |       .______ _./ ̄ヽ ヽ   |  |   |
____________.|   |   |   |   |  .| ./  ./ ヽ...____   |  |     |. |  _____./ ̄ヽ ヽ |  |  .|    |   |   |______
         |  |.______|   |   | |   |   |   / ヽ   .|      |  / ̄ヽ .|  |   | |  |  .|______|  |
         |  |      .|  |_|   |   |.   |   |   .|      |  |  |  .|  |   |_|  |      |  |
__________________.|  |       .|  |    .|  |.   |   |   .| ◎   |  |  |  .|  |   .|  |      |  |____ _______
         | ||  | ___________.|  |    .|  |.   |  |   |     |  |  |  .|  |   .|  |__ ________.|  || |
         | ||  |     | ||  |__.|  |.   |  |   |     |  |  |  .|  |__ |  || │   |  || |
         | ||  |     | ||  |  | ||  | ._|  |   |     |  |  |_.|  || |  .|  || |    |  || |
         | ||  |     | ||  |  | ||  | | ||  |   |     |  |  || ||  || |  .|  || |    |  || |
         | ||  |     | ||  |  | ||  | | ||  |   |     |  |  || ||  || |  .|  || |    |  || |

                     __ ___
             ...-─‐ ´ ̄ ̄     ノ `ヽ
           -─'´          ...--─='   ノ
      /,ィ´ ̄ ̄ `ー‐‐─‐'´       /  ...-─=ャ
     / /  '.               ...ィz≦壬>'⌒¨
    j_ ノ   ヽ          _.斗≦ニ/斗'(⌒\
    {       \    _...-=二三ニニニ/`\ ハ  :ヽ っ
    ヽ __ _ ___...-=二ニニニニニニ:/丶  ∨ ハ   .::|  つ
    _..斗∨ニニニニニoニニニニ /、  ヽ ト、i. |   .:| っ
 ,斗=f>'⌒\ニニニニニニニニニ/-‐=ヽ  .:|j} |   .:|
.          /`>≠ニ三三ニニィ斗劣斥ぅ|   .:|ノ |   .:|
         | /  ヤ芹芯 `j/  弋cツ |  .:|.  |   .:|
         | |   l 弋ツ       ´:::::::: |  .:|.  |   .:|
.       j 八  i`ヽ ´:::::: j         /|  .:ト、 j  .:|
         |/ ヽ Vlヘ         イ/|  .:|/.》}   .:|
          |ヽ  i\j 个    `  .イ '/ |  .:| / |  .:|
          | ∨.| :| 《   ≧       ィ|  .:|/ |   .:|
         |:  Vl :l斗个 、 ヽ.i  /   |  .:|:`ー 、 .:|
        |:   |ィ´: : : : : : \}i/  ..斗|  八: : : ,'\!
        |:   |: : : : : : : c-、∨-‐≦: :./  /: : : : /: : : :`.ー.、
        |:   |: : :,斗==,ィ7i=tt‐q: : :/  /: : : : : : : : : : : : :ハ
.         /|:   |:/  / .((// {{))\: /  /: : : : : : : : : : : : :/  ト、
.       /  |:  ノ'    ≧==ミー、j j ./ ,イ: : : : : : : : : : : : ::/  .!. ヽ
      /    | /ー‐ - ./7ーv'^7⌒/./ \: : : : : : : : ::/    l   \
.     /    / /   / /  .i | /'´ `ー--、\: : : : :/     八   丶
   〈   ./   '    / /   j |     ,'    `ヽ: :/            \
     \ /  /    / ,'_/::7_ ' /     /      V        (⌒ヽ   .\
      ′ :′   | /7::/¨//    /       :}ハ       ヽ  i    `ヽ
       {: : .i      |/ .¨ /    ′     . : :l ∧         \ノ      (
.     八: : '.    l  /      i      . : : 八 人.        /ヽ'\/ヽ   .j
       j\: : . ..   ∨       i    . . : : /    \     / / \/..-='⌒´
      ノ-‐个='ニ´ ̄`≧ 、: : : : :丶 : : : : : :イ    /: :/>ー‐='¨ ̄ ̄´
      《     ー─- 、 丶 `>ー--─< 丶   /: :/


●ファーストクラスでロンドンへ
 PCたちはディンドランと共に、タコマ空港からファーストクラスを使って、ロンドンのヒースロー空港へ向かいます。
 飛行時間は約9時間。広々として柔らかいシートでゆったりとくつろぎ、キャビンアテンダントのサービスも受けられます。
 そう滅多に経験できる事ではないでしょう―――――もっとも仕事中というのを忘れてはいけませんが。

 ディンドランもまた興味津々といった様子で周囲を見回し、どこか興奮気味なのを隠しきれていません。
 初めて飛行機に乗り込む子供のようではありますが、PC達の視線に気がつくときりっとした企業人らしい態度を取り繕います。
 もし話しかけられたら、ひどく恥ずかしそうに「…………飛行機は初めてなんだ」とつぶやきます。

 PCたちにはロンドンにあるS=K子会社「アマルガムテッド・テクノロジース」社員としてR4の偽造SIN、偽造免許が渡されます。
 少なくともこのシナリオの間中は、これを提示すれば、DP8で判定して1ヒットすれば身元は疑われません。
 またPCたちの装備は全て空輸してもらえますが、機内持ち込みできるのはR装備までになります。
 F装備のサイバーウェアなどは一時的にタグを書き換えるなりして誤魔化すべきでしょうし、機内での起動はオススメできません。

.


5216梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:00:07 ID:zPFoLSH1
すでに醸し出す萌えキャラ臭


5217◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 17:02:13 ID:orw54djQ

          /      / .>        ,.:::::::::::::::::..、        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     >ー
         /ゝ、 ____ ノ/.`;r ´// .... ./:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.ヽ.   , -一´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   __,/ ,z7´
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ-、/ / _/ _/。/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l__,z゙:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ __ /:.:.>‐゙
  , ー ---....../ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`´`´:.:.:ヽゝ.j:.:.:..:.:.:.:.:l:.:.:.:, 、.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./_Y:.:.:.:.:.:/
/  !:.:.:.:.:.:.:.:.:゙,:゚:.`゙ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:ヽ_゚ >.:.:.ゝ゚..:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:/、:::丿::...<
 _/``> - 、:ゝ-.:.イ`゙ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.,´
´          l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`゙.ト 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:/
        人.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´ヽ`゙ト、:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ:.:.._.:.::.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:/
          >:.:.:.:.:.:.:./l:.:.:.!   `l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:::::::::::\
      >.::゙:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.∧  ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;゙´ ̄ヽ::::..ヽ
       !:.:.:.、._  ー一 ´ |::./    ∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./, --- 、ヽ::::゙
      \:..ヽ     /:::k     ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:y.:.:.:.:.:.:.:.:.Yl::;゙
        \::..、    ゝ-<    /:.`ヘ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.::: !::
         l:.:.:.Y        ∧:.:.:.:.:.\ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /:.!
         ゝ ´            !:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:./, . ̄
                    ∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/,:゙:.:.:.:.:.:.:.:.:.//
                     .∧.:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:.ゝ-:.:.:.:.:.:.ー:.:.:.:l!:.:.:.:.:.:.:.:.://
                      ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.//
                       \:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.//
                          ヽ:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.//
                            ヽ:.:.:.:ゝ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:.:./´
                            `、.:.:.:.:.\ー一,゙:.:.:.:.:.:.:.l!
                             ヽ:.:.:.:.:.:.\/.:.:.:.:.:.:.:.:.:|


 やがて着席表示とシートベルトの表示が消えた頃になると、突如としてファーストクラスに複数名の男が押し入ってきます。
 キャビンアテンダントの悲鳴が響く中で呪文を唱え始める彼らはディンドランを狙った刺客か、あるいはテロリストでしょうか。
 突然の事態にディンドランは驚き、怯え、固まってしまっています。
 PCたちが対処しなければならない問題である事には間違いありません。

 襲撃者はサンプルPCのブローリングアデプト(P117)1名、企業セキュリティ部隊ルテナント(P388)2名です。
 ただしエッジは保有しておらず、また弓矢やフィチェッティ・セキュリティ600といった射撃武器も持ってはいません。
 彼らはディンドランの命を狙う秘密結社ブラックロッジの刺客です。
 元幹部ダミアン・イェイツの部下であり、遺産を狙う彼の命令でディンドランを襲撃したのです。
 自らの魔法に誇りを持っているため、あくまで各々の魔法的能力でもって攻撃を仕掛けてきます。
 もしPCたちが勝利したのち彼らから情報収集しようとしても、ブラックロッジと首謀者の名前以外は口にしません。
 襲撃者達も「ダミアン・イェイツの命令でやった」「この試練により階梯を高める事ができる」以上は知らないのです。

 また機内での戦闘のため、全てのキャラクターに「移動するヴィークルに乗っている」(-2)のペナルティが入ります。
 加えて射撃武器、魔術に寄る射撃が外れた場合、1d6で1が出たら飛行機の窓ガラスが割れてしまいます。
 気圧と気温が低下しますので、強靭力と意志力で3Sダメージに抵抗してください。
 この判定にグリッチした場合、割れた窓ガラスから吸い出される可能性があります。
 追加で筋力+敏捷力、目標値2の判定を行ってください。
 これにも失敗したら窓に吸い寄せられてしまい、踏みとどまるためにその次の行動パスを喪失します。
 またその際にさらに同じテストを行い、4ヒットすればこの状況から脱出することができます。
 しかしもし再度失敗したら、今度こそ機外へ吸い出されてしまうでしょう。さようならです。

 PCたちが彼らの鎮圧に成功すると、やっと武装キャビンアテンダントが駆けつけて逮捕拘束、死体を回収します。
 イギリスでは25年ほど前にエコテロ集団による細菌テロが発生しており、武装CAはそういった手合ではないかと推測しています。
 PCたちが余計な事をしなければ、S=K系列SINの効果もあって、ヒースロー空港からも早々に開放してもらえるでしょう。


.


5218梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:02:26 ID:X5SgTwwg
まったく正体がわからない…俺たちは雰囲気でシャドウランをやっている…いったい何ゴンなんだ…


5220◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 17:04:52 ID:orw54djQ

                \ \     '/沁,    ´,                          /      ,.ィ(__≫:゛:::::::::::::::
                \ \     '/沁,   ´,                        /      ,.ィ(___≫:゛::::::::::::::::::::::::
                   \_\     '/沁,   ´,        γ´ ̄``ヽ、       /      ,.ィ(__≫:゛::::::::::_____
                     |::::| \   '/沁,   ´,       {     丿      /     ,.ィ(_≫:゛::::::::::::| ̄| _____
                     |::::|: : ::\  //ヘ   ´,      ≧=‐‐=≦     /     ,.ィ(__,≫:゛::::::::::: ::::::::|  | | ̄| ||
                     |::::|: : : : : \  //ヘ  ´,              /     ,.ィ(__,≫:゛::::: ::::::::::::::::::::::|  | |  | ||
                     |::::|: : : : : : : \ //ヘ  Y────────イ     ,.ィ(_,> ゛::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  | |  | ||
                     |::::|: : : : : : : : : :\//,ヘ ,|            | ,.ィ(_>'゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__|  | |  | ||
                     |::::|: : : : : : : : :.:.::|〕iト _Ⅵ_           |'´_、‐''゛::::::::::::::::::::::::::_  -   ̄   |  | |  | ||
__                   |::::|: : : : : : : : : : :|:: l:|   | |¨¨¨| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~|::::::::: :::: _ - 丁 ̄          |  | |  | ||
=|                   __|::::| : : : : : : : : :.:.:|:::|:|   | |   :|::::::::::::: :::: ::::::::::::::| _ - ¨|    |            |  | |  | ||
=|_____┌‐┐              |=|::::| : : : : : : : : : : |::l::|   | |   :|::::::::: :::::::: ::::::::::::::| |   |    |            |  | |  |_||
=|:|:|┴|ーニl┐   |¨¨¨¨二二| r|=|::::|: : : : : : : : : ::::|]|l ̄ ̄l| |   :|::::::::::::::::::::::::: :::::: | |   ├─ー┤            |  | | ̄|]||
=|:|:|三|ニ|TニTニ-|::::::::::|===|丁「|=|::::| : : : : : : : : : ::|::|l__l| |   :|:::::::::::::::::::::::::::::_|_|   ├┬ー┤            |  | | ̄| ||
 ̄|二| ̄|ニTニГ「 ̄|丁¨¨¨:| ̄|::| : : : : : : __,,..⊥:| ̄匚]| |,、‐┴────<`'<⌒> r㍉| ̄ |           |  | |  | ||
_|_|ニニi|丁匚]_|ロロロ|┌ー┴一|::::|_,,.. -こ”_,=-|:::|  瓧 |∠________`'< ̄≪≫く_,、<  ̄ ̄ ー- _|  | |  | ||
ニ|_⊥⊥┴ニニ匚] ̄|三|ロ,. - ⌒  __, ‐ ¨  _⊥:|__ ───────────`ー─ <``~、、``~、、   |  | |  | ||
ニ|‐ ‐|ロ| ̄|==|Tニ,.。s≦⌒   _,, ‐ ¨    ,xf〔Ξ ̄ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄ ≧s。 ``~、、`¨~~|  | |  | ||
ニ|‐ ‐|ロ|,.。s≦⌒    __ =‐ ¨     xf〔三二─ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄ ≧s。.,`¨~~|  | |  | ||
_,.。s≦⌒      _,.- ¨      xf〔三二─-- / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄ `丶 |  | |  | ||
        _,,=- ¨       xf〔三三三二二-√ ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄  ̄|  | |_|_||
    _,. =- ¨          xf〔三三三二二---/|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::|  | | ̄ ̄ ̄
_,. =‐ ¨         xf〔三二ニ=-      / |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.::.|  | |
           xf〔三二ニ=-          / |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  | |
         xi(三二ニ=‐          {  |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::|  | |

              __.._ ,,            丶、/
           .,,-'';;-'" ̄`'''ゝ,"、.         /ヽ/
            メ"          ゙'、`ヽ、       / ヘ.
       y'´     ヽ    .  ゙ 、 ,'卜k"´`ヽ    "´i ̄
      , '    、    l>_ 、 ',  i', ,' '\  ヾ
      / ,'{ |i i、  ヾ   | 弋 ‐ i,  !, '  '.    il
      /イ;|i l;| |,ャ'ヾ '、 '、レチそヤ  !ト.、  i !  l;|
     {| |i  ', f, ヽヾ 、 ';"f、Vッ ,'i  !,リ ノ l!  l;|
     j  ',   ',kぅぜヽ\トゝ冫7//| ', f ;'  |  |i
      ', │ i|.ハ以 、    ' ' ! ', i /   !  l
      ヾ、|  ',、///  ,-‐-、   !  l;|    |! l
       ,!!  !'.、   丶、__ノ !F=|   ',|    .| il
       ||  |li ≧_.、   __J|  |i  i|l,,r 、  i li
       !!  '|li弋゙゙゙ `弋 ´勺 ||__!|i  i|l :::::`:、i l
       !|丨./|l ヾ,   ハイ ム斗'弍  ',::::::::::::::\
       !丿 /!|li ,冫≦ヲケモ壬ミヾ::、  ',::::::::   ヽ
        |ノ// il|,,.:´::::;' 〈〈ンヘィ`,ir´ `.、 ' :     ヽ
       |,' / !':::::::::::/ f1エ"|ェヒュ    \'i:      イヽ
      /,'/  }::::::::::ノ 七r‐=ニヲ"-ャ―-ー、ii      ト、゙i
      ノ'イ   ,L::∠,,,,、、ヨャ==#´   ',',   '}       ゙i
      ,'ノ i'、 ム´ ,/   ,'i/:::::::|i|     ',',  |      /\/゙i


●ティファニーで朝食を
 第六世界のロンドンは、霧咽ぶ中に尖塔のようなビル群が立ち並ぶ、まさに霧の都といった風情です。
 ※参考画像:ttp://cdn.obsidianportal.com/assets/247390/Shadowrun_London.jpg

 ロンドンへ到着したディンドランは、ひとまず予定通りホテルへ宿泊することを提案します。
 予約されているのはホテル「リッツ・ロンドン」のスイートルーム。一フロア貸切という豪勢っぷりです。
 その事を指摘しても、彼女は「そうなのか?」といまいちピンと来た様子はありません。
 PCたちが他のホテルへ変更させるなら、ディンドランは渋々といった風ですが納得してくれます。

 なおリッツロンドンは世界一ドレスコードの厳しいホテルですから、PCにエチケット判定を要求しても良いでしょう。
 とりあえず2ヒットあればジーンズやスニーカーでうろついたりせず、ホテル内で咎められることはありません。
 失敗したりグリッチしたら? ミック・ジャガーと同じ栄誉に浴する事ができます。つまり、どうぞお引取りを。

 宿泊中はディンドランと交流を深めたり、襲撃者について情報収集をしたり、今後についてを相談したりできます。
 ディンドランは明日、セント・マイルズ・マウント島へ向かう予定です。
 グレートブリテン島の南西端にある小さな島で、遺産相続の手続きはその場所で行われるからです。
 移動時間はパディントン駅から列車で8時間、自動車を使うなら455kmで5時間ほどです。
 PCたちは列車でも自動車でも、あるいは他の手段でも、自由に移動手段を決めて構いません。
 ディンドランに要望を聞くなら、彼女はひどく戸惑った後、「列車に乗ってみたい」と言います。
 そして慌てて「列車の方が良い」と言い直し、理由については「その方が勘付かれないだろうから」と言い張ります。

.



5221梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:06:38 ID:zPFoLSH1
PLの性格が出そうなシーン


5222◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 17:07:39 ID:orw54djQ

                   _ノlノ(_ _ノ(
                _)V /:. /⌒^く__
            /l  /:. /:.:.:.:.:}∨:.:.:.:.:.:.: __>、
             | | /:.:.:.:.:.:.:.:.:./ /l:.:.:.:.: _「´:. _彡1
             ||∨:.:.:.:.:.:. : _/ //:. : :_「´:. _「´:. ⌒し1
.            /|| `、:.:.:.:.:/´ノ/:. : :_「´:. _「´:. : :_「´( _
           / ,リ : :_}:: : :{:: {::{:: : :_「´ _「´:: : :_「´ : :`X{          _ノl/L_
        lV:.:.:.:/^´:.:.:.:.:\{_」L彡':: _>:: : :_「´:.:.:.:.:.:.:.:.{          )V::::::::::く
        || : :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉:.:.:.:.:.:.: /⌒:: _「´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.乂__     )V:::::::::::::::::::\_
        |}、:. {:. : :ノ:: / : :__,.彡':.:.:.:.:_「´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. _ノ、     /:::::::::::::::::::::::/⌒
        リ∧:. \ l / : ://:.:.:.:.:.:.: _」´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:. ∧   〈::::::/⌒ー‐'´
         ,´:. 〈\__) (_/〉/:. : :_彡':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. _|:. 〈_:. ∧  〈:::〈
         八:. / ⌒ト--'7彡:. _xく⌒´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :_l^ : :_「:.:.:.:`、   }::::|
        ∨:.:.:.:.:|-_-//⌒ : :)ノ:. /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.: l^ : :_」´:.:.:.:.:.:`、 |::::|
         ∨ : :〈:::::::〉 /V^V´:. l l:. Ν:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:」´:.:.:.:.:.:.:.:. ∨:::::|
.           `X^トvvvv'7l!⌒´)ハ从(:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:. : 「:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨/
.            `、トトトトトイ/|/⌒:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`,
             l^⌒^´_/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. //:.:.:.:.:.:.: l:. : :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.{
            `⌒V´从(:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l//:.:.:.:.:.:. : 从,/:.:.:.:.:.:.:.:. : :{
               ∨ 乂):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|/:.:.:.:.:.:. : / /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,/
                    ∨:. 乂从从从ノl /:.:.:.:.:.:. : /  {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,(
                   ∨:.:.:.:)ハハハハハ/:.:.:.:.:.:. : / 、 {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./〕
                  ∨ : :`^l^^^^/:.:.:.:.:.:. : / : :〉 \:.:.:.:.:.: / |
                 }:.:.:.:.: l   /:.:.:.:.:.:.:.:./ : :/    \_..イ::::|
                 /:.:.:.:.:.: | /:. : :/ /:. { : :/         |:::::|
                __ノ_、_、:. : :/:. : :/:.:.:.:.:.:lヘ/        ノ::::::|
              ⌒l/lノl^>l:.:.:.:_ / -- : :/ {.        /)_::_:::|
                    ` |_:/ )__∧:::/:::∧      ´l/l/lノ
                    / / l l^l⌒l |
                      l/   lノ l/レ'


 なおホテル内だからといって気を緩めてはいけません。
 PCたち、そしてディンドランは、霊体化した獣の精霊(P309)(F5)2体によって監視されているからです。
 もし霊視するなり、アストラル投射するなりすればこれに気づくことができるでしょう。
 ディンドランは平静を装ってはいますが、ホテルでの宿泊に興奮しているらしく、言われるまで気づきません。
 この獣の精霊は狼の姿をしており、一見して異様な雰囲気を纏っています。
 
 対処方法はPCたちに委ねられますが、放置するなら相手に情報が筒抜けとなるでしょう。


.



5224◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 17:10:00 ID:orw54djQ

       : :.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:       : :.::.::.::.:
           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.         ::.:.:.:.:.:.:.:.
;;;⌒ヽ       : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :         : : : :
 ;; :. .);)      : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :           : : : : :
ヾ);ヾ; :. .)            : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
ヽ;;;;))ノ;;) ;   ,.;;:。,.;i;';.,,     : : : : : : : : : : : : : : :  .;'":;. :.. ;'"'":;          ;:,.;i;';.,,,:'':'`::
;;;  ;⌒ヽ;;;  ,.i,i,i,i,';.,,;:i;i;i;.;i;';.li:、;,.;;:。;:;;::、;   ,.;i:、;:;":;";`;:;";`:、;:;":;";`;:;"   ;:;..:,.;lili。;:;; (;;:'`) ::;;:
..;;liヾ; :.  .) .;,,,,,,;li,i,;,.;lilii,:;;::、;。;:;;lililili.;'":;. :.. ;'"'":;ii:.. ii :、;:i;":、;:;ii`;:;"ii":;" ,.;;:。lili,i,:、;',: (;;:';;: ) :;`::
;;;;(;;;) ))⌒) '"' "'''.'::::''"'"' "'''.':''"'""'''""'"'"' "'''.'''"'"' "'''.''"'"' "'''.':::''"'"' "'''.':::::::::''"'"' "'''.:: (;':(;':i:;:',,, )::
ノソゝヾ⌒:::⌒.)) .:i;i;!;!;!i;;..i;i;...;!;!;!;!i;i;:;;.:.i;i;,, ..i;ii.i.  ,,..'.;'":;. :..''"'"    "'''   '''.' (⌒' ) (;;(;'::(ii;;/;;,,,,ヾ
;;;;;(;li/:;⌒) ⌒;) ;';';';';'~::;';';';'::;';';';';':~::;';';';';';'~:::::~'.',"'`',i;i;i;!;!;!"'''.':::.;'":''"     '.'" (;;:'(;;;:' )(;;:'((;(;;:'(;;:;:,,,,, )
;;;⌒,.:;:`:::::::"`"';)  ;:':':':':':'::::::':':':':':::::':':'::::::::::::::-::::::::::::::::::::';''"'"'i;i;il;l;";!;!i;i;i;;'"'  "'''.'(;;:'(;;i:;:;...):'ヽ;:'(i;;ヾ' );:' ):
;;;;;ヾノソ:;⌒) :;⌒) ) :.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.: ::: : : : ';i;i;i;''"'"' "'''.(;;:(;;:i';:' )::..)'(;;:';:' )';;;;ヾヾ)
ノ:、li":; / " `;:;");) .:.:.::::::::::::::::::::::::::::-:::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : :-:::;!;!;!;!;i;:;(;;:';(;;;:ii' /....):::|iii:::::::::::::::
:: li⌒) ⌒;) ;;(;;; :⌒;;) ::::::::::::::::::~:::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : : : ::''"'"(;;:''.';:' );:' ).. ):::|iii' "'''.':::::
ノソゝiliヽノ;/;;;;; :;;(;;; :ノ ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::-::::::::::.::::::::.~ : : : : : : : : : : : : : : : :::''"'"' "'''.'::|!ii::::::-:::''|!i|' "::::::::::
;;;ヾilili; ;;));ノ;;;;  .:.:.:::::::::: ~::::::::::::::::~::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._::::::''"'"' "'''.':   .....:|i!i:: ' "'''.~~':::::::  ::::
: :|lili;!|;ヾ);;;);;;;;)    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-:::::::''"'"' .;'":;.;'ヾiツィヾiツィ:,,,....、........ツィ''"'"' |!ii::.':::::::::::ヾiツィ  ::
:.:.|lii;i|;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::-:::::::::::::''"'"' "'''.'''.;'":ソ''.':,、,、::::::。.. :::ヽシソ   ::::::''"'"' "'''.':::ヽシソヽシソ     ノノ
'.''|lilili|i;''.'''"'ヽヾiツィ "'''ヽヾiツィ:::ヽヾiツィ ,、  。.. ,、    ... :ヾiツィヾiツィ''.'''"'"' "'''.ヽノシソ ノノノ :::::::


         /    /      |\/  // } \
.        /     / .|          |  ヽ/  ′|}\ \
        /   ./  .!       .!    ∨/ / |  ∨ ヽ
     / .′  /   |       .|V    ∨/  |  |i.  `、
.   /  ′  ./  / |       .| ∨    V.  |  | l  丶
   /   .!   /  / i|         .| ヽ\.  ∨ .|  | .i    、
.  /   /   ! .| ./ 从   |  /斗ヒ"\|ヽ.  ∨!  ! !   丶    「L.、00 _n..,n_  _n..,n_   _n__
 /    /.|   | !| / Ⅳ  .|  / | |z=≦三㌃、. ∨ /  .i    丶  . //二  └i rっ_)└i rっ_) └i七┐
./   ./ .! |   ./ー / ̄´∨ | ./ /|/ん以刋" |  V/   .|    `  └─┘ .  U     U    (r匕r'_)
′  /  |/,  / | |/幺示㍉、 |/ /  `¨¨ ´   |    ',   |
.   /   / ヽ./ |气 之r'ソ `{丶    ''''''   .!    ,   .|
  /      ./ / ! | 、 ¨´,,,,,            /ハ   .!  | |
. /      ./ / ハ!、ヽ        ノ     /ー!.|   |>  ! !i
/     _./ i| i` ト、圦     `      /  |.!   !  | | |
    /{: :.!  | |\\ . ≧:s.。 _   。s"|/   !.!  .|  |/ :i
   /  ヽ:ヽ .| |: : :\ ー ┐_ 」       /=く´ .| |.∨ |   /  ∨
.  ′    `i / /*'"アー‐┴ ミ→-ァャ== {: : :>.! !__! .|       ∨
_/{_i  ./ /  ./       ヽト `、\*' 寸: : : ヾ:| !:>、
__ ~"'',*'/   /             ', `、 ヽ ヽ: : : : :.! | : :_=-ヽ


●ダートムーアにて
 PCたちとディンドランは、セント・マイルズ・マウント島へ向けて出発します。
 移動手段は前述の通り自由ですが、PCが精霊を召喚するなどした場合は日出日没の時間が重要になってきます。
 特に時間経過が関わってくるシナリオではありませんが、出発時刻からの経過は留意しておきましょう。
 厳密なものではありませんが、日出は6時頃、日没は18時頃としておくと良いでしょう。

 道中、しばらくの間はトラブルらしいトラブルも発生しません。
 列車であれ自動車であれ、ディンドランはきょろきょろと周囲を見回し、景色を楽しんでいるようです。
 第六世界の覚醒の影響により、グレートブリテン島は随分と自然豊かな領域となりました。
 線路(あるいは道路)が通る森や広野は、なるほど、ファンタジー映画のように幻想的な光景です。

 行程の8割ほど(つまり列車なら6時間、自動車なら4時間)で、PCたちはダートムーアという湿地帯に差し掛かります。
 ディンドランはとうとう興奮を隠しきれなくなって、窓の外を食い入るように見つめだします。

「知らないのか? ここはシャーロック・ホームズがバスカヴィル家の犬事件を解決した場所だ。ひとつ賢くなったな」

 問われればディンドランは、得意げな様子になってこのように語ります。
 なるほど確かに、原典においても陰鬱な場所だと描写されていましたが、覚醒後は尚更頷けるような有様です。
 空はどんよりと鉛色に濁り、湿地帯の沼の合間には、点々と並ぶ巨石が不気味な影を落としています。

 PCたちに知覚(視覚系)判定を行わせてください。
 2ヒット以上したなら、その湿地帯に揺らめく鬼火に気が付きます。失敗したなら不意打ちを受けてしまいます。
 そう、覚醒後の世界には本当にいるのです、呪われし猟犬――バーゲストが!

.


5225梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:11:19 ID:zPFoLSH1
シャーロキアンだったんかいいヒロインおめえ


5226◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 17:12:49 ID:orw54djQ

                      ________
                         /----===                    |ヽ      /|
                      /-《------===                   !;;ヽ、___ /;i !
                        /| 《------/〉-==                 j;幵:::O"i!:::i:'....、
                   _|-《-----「「∧--==                !,Дニ豸 ::::i::::::::::::::`::';:、... 、....___
                 V ∨》----く「L |----=              !,Дニ豸 ::::i:ノ::::::::´::::::::::::::::;ヽ::::;;::::::::::─...、_
                    |--∨》----「「「|-----=       _     !,Дニ豸 ::::, ノ: ヽ、:::::;::::::::::::::::;;::::::::;:::|:|:|::::::::::::/::`''ー、
                 ___|---V 》------ \----=    / u_) _ !,Дニ豸 :, ノ   |;;;;;;;|::":::::::;;::::::|::::::;;;::j:!:!:i:!:::::::'.、,::::::::::ヽ
                   /-Χ----「\------- \----=  / / / ∪ヽr'__ー, ノ      |::!;;;;;;i::::::::::゙::;::;|::::::::::::!:!:!::::::::::::i::::::::::::::::|
             /-- /-|---V----=-------- 、---= l∪ー-‐u/⌒\ニ'-'´       i !:::::ヽ:::::::::::::i;|:::::::::::_,,,,──,,!::::::::::::::::::|
                く--- /--∨--|/-「\-=--------\---`ー--‐'′             iヽ:::::ヽ:::::i:::::i- ' ̄i;;;;;;;;;;;;;;/ i:::::::::::;:::::|
              \/----〉-= --|---=[[『_』------ 丶---==               !,:::::-.|;::' i:(   i:::::::::::::.i   .i:::::::::::::::|
                  /〉---/Y『_』]V--====「 -------「 \---|__               |::::::::| ,;: |   ヽ::::::::::::i   !::::::::::::::ヽ
              /∧---|   ̄V|----====--|----│   V---|              l:::::/ .|: ::.|    ヽ:`:::::ヽ   `' - 、:::::\_
        _______//--V-=     ^\---===-├‐‐‐‐|     |---=             |:::;!  |, ;|      \:::::|      ヽ::::::::.i
         __〕--- /----=       | トvWV|--\__」    /--=              |::;::l  |"、|        j:::::i        丶::::i
        V^V¨¨/----=          VWvvW\rく |\  ./--=               |;;;;ヽ_ |:.:..|        |::::|            i::::i
              /--/           \「V  V^V ̄  /--=               ヽ:::;;;j/;::::|       |::::::|          丿:::!
   ______/--/             |│       /--=                 ` ノ;;::::;!     ∠∠;;;:j         /M j
  /--------====                /∥    __/--=                 N ´ ∧.j                    `' ''''''
. ∧-/〉----===            ___________/ ,  ____/-----=                  `''''''''
 \》 |--「 ̄ ̄         /√ ̄ ̄ ̄ ̄__/---/--/
     \_7             \__       V\「 ̄|-| ̄
                                   \》

 バーゲスト(P412)の群による襲撃がPCたちを襲います。
 列車ならば窓をぶち破って客車内に飛び込んできますし、車ならば周りを取り囲んで襲いかかってくるでしょう。
 前段階で獣の精霊による監視を排除していたなら6体、排除していなければ12体のバーゲストが敵となります。
 乗り物で移動しながら戦う場合は「移動するヴィークルに乗っている」(-2)のペナルティを忘れずに。
 今回は武装に制限はありません。

 また霊視判定を行って2ヒット以上したなら、湿地帯に異様な存在感を放つ獣の精霊がいる事に気が付きます。
 奇妙に捻じくれた尻尾を持つ、巨大な狼の姿をした精霊で、あろうことかその魔力はF10です。
 これはダミアンよって使役されている狼王クルトーの英霊です。狼王クルトーがバーゲストを扇動しているのです。
 狼王クルトーは霊体化しており、PCが手出ししない限り直接攻撃をしてきません。
 バーゲストの群が排除された段階で、狼王は撤退します。

 もし何らかの手段で狼王クルトーを放逐、あるいは倒したなら、そう思った瞬間に不可解な光を伴って消え去ります。
 これはダミアンが狼王クルトーの助力1回分を行使したためです。
 この場合も狼王クルトーが消え去った途端、バーゲストの群は尻尾を巻いて逃げ去ってしまうでしょう。

.


5228梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:13:40 ID:E+XNvMlF
ワイルドハントらしくなってきた


5229◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 17:14:13 ID:orw54djQ

       ,;r''"~ ̄^'ヽ,
      ./       ;ヽ
      l  _,,,,,,,,_,;;;;i
      l l''|~___;;、_y__ lミ;l
      ゙l;| | `'",;_,i`'"|;i |  /二二..| ̄二 f 二∨ ̄∨二∨ ̄∨二∨ ̄∨ /二二..| ̄二 f 二∨ ̄∨二∨ ̄∨二∨ ̄∨
     ,r''i ヽ, '~rーj`c=/  | |_r‐i | 二] | 二<| .[]. | 二<| .[]. | 二<| .[]. |  | |_r‐i | 二] | 二<| .[]. | 二<| .[]. | 二<| .[]. |
   ,/  ヽ  ヽ`ー"/:: `ヽ ∧__,_l l_二]| 二∧_/| 二∧_/| 二∧_/  ∧__,_l l_二]| 二∧_/| 二∧_/| 二∧_/
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l,                                    ミ'         :´::
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri    ミ'   '':::.. ゞ:::::..::ノ     (:::...
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |    ミ'"´"'''::;:;:;:,,,,,,,,,,,,
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三:|.    ,,,,,,,,,,,,,,, ‐   ‐― ―――
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ   ミ''':;;;;::'''"´         :´::
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''.           ミ'  '':::.. ゞ:::::..::ノ      (::: ...
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |               .          ミ'   '':::.. ゞ:::::..::ノ   (::
  _,,,,,,,,,ヽ、        ,,,,,r-'''''ーー'''|   |  | |
''"    ヽ,,___,,,r‐''''''二__    |__|  | |
          \'''"   /     ノ    | |


※無差別に殺す!
 激しい戦闘がお好み? 結構! それではP384のコラムを参照してください。
 PCたちがグレネードなどを持っているのなら、監視排除の有無に関わらず12体のバーゲストを出しても構いません。
 ちょっと気の利いたランナーなら、グレネード同時着弾などで華麗に切り抜ける事もできるでしょうしね。
 この場合は1頭ないし2頭のバーゲストをパック・リーダーとし、他のバーゲストをグラントとして扱いましょう。
 パック・リーダー、つまりルテナントを排除されればバーゲストの群は退散してしまいます。

.



5231◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 17:17:39 ID:orw54djQ

                                        /l  .∧_    ./|ヽ
                             ,.、    /:!:: | /:∧l\ ∧|::|:..|
                             ,イ:! ∨\/::∧ ∨: : /!: : ∨::|∨:::|
                                /|::|::!: :|:.:/l∨|: ∨: : /|:|: : /:川:.:.∨\i
____ , ____   ___ _,,,,  ./l\/!!|∧! ∨::ヽ、__/: : /:|.!:!.:/:: :::∧:j:|: ::/:|__   _  ,,, __ __ _
: . : . : . : . : . : . : ____ i;::;i__戈 ̄!川戈\ \:: ::ムイ川:|:|/:: :: ::川∨!∧!|::ト-、 |:|  /:i     : . : .
: . : . : . : . : . : . :<___i|_≦三三三三三≧、二 _≧三三二≧=-、二二三三≦三三≧ァ、__ : . : . :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.品 -=-: : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l三ヲ 二フ  : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .ヒ三ヲ__ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l三三l个--イ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:, --- 、iニニフ  . ̄: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l二二フ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.iニニニニl==.、 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:ィ二二二二>二二ノ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: |_____|  .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:
.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:...:..:l:二二二:! .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:
.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: , - ┴―- <! .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:
.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:.ト ――― .イ  .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .
.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:.`ー―――'´  .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:
.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:.:.: , ―――― -..、 .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:
.:...: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:.:.l          ..:ノ! .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .
.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:..:...:l>――――<::| .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:


●林檎の島
 セント・マイルズ・マウントは、コーンウォールのすぐ沖合にある小さな島です。
 かつては小さな礼拝堂があり、30人ほどの人々が暮らしていましたが、覚醒後はもはや打ち捨てられています。
 PCたちが到着した時はちょうど干潮で、陸地から花崗岩の道を通って島へ渡る事ができます。
「……ゆこう」と、緊張の面持ちで歩みを進めるディンドランと共に、PCたちは徒歩で島へ赴くことになるでしょう。

 島の中は木が生い茂っていますが、ほのかに甘やかな香りも漂ってきています。
 林檎の香りである事にすぐ気がつくでしょう。この島は希少な、天然の林檎林に覆われているのです。

.


5233梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:18:18 ID:36akizH3
林檎、かぁ・・・w


5235◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 17:19:10 ID:orw54djQ

   . . : : .   :  .i:!  i   ‐i::|‐ | : : i: : |::|: . :|:|: :.:|::::|: : : :| |: : :| .:.:.|.:.: : : :| :.:::|: :|;::::|: : ::|:::| : :.:|:::|:|: : |: : :
 . ::::;'..:.: : . .   ’  ;:  :   ¦ :  :|  !¦ : . :|::|: : : :| |: :.::| .:.:.|:.:: : :| : : |: :|;::::|: : ::|:::| : :.:|:::|:|: : |: : :
  .: : : . .    :   ’   :   ‘ :       ‘   .|::::| . . i | : : | .::::|: : : : | .:.:::|: :|;::::| : : |:::| : : |:::l |: :|: :
. . : .: ..         :        :   : ¦i  :|:¦ ¦ :!   :|¦  | .:.::|  : |  :::::|: :|;::::|: : ノ:::乂_:|:::||: :|: : :
.:.:i'´                   .  i  |::i  .i:::i   :i::|  .|| | .::| . . : | :::::::|: :|;::::|: : : . . . : |:::l :|: :|
 ;;          :   i:.        i   |  :   . :|   :|::::|   ノ厶=-|::.  .|…‐:| : :::::| |;::::|  . . . : |:::|:|:: |
.:.:..::.:           |:i         |   |  j::. .¦:|   ,|::::|‐''"´   :|:::....:::|/, ノ/^"'ヘ |;:;:;|: :ト┐: :ノ⌒ |::::::|
 ノ            |:|      _」: ┴‥   |:::レ''" |::::|: : : : :::::::::|::::::;:;:;V/: : : . _、‐''|;:;::|ー|::;:| .:.,.:'´:;:|::::::|ー
``  .  ‐-    ..,,_    , '゜       _、‐''゛ :.:ノ::::乂: : : :.:.:.ノ__ :::::::\_:_:_:ノ;:;:;:;:|;:;::|;:;|:;::|:,.:'´,.:'´ |:::: :|;::
    ``丶. . . . .  ´"'  ー-    _、‐''゛: . : . .:.:/j/⌒""'':.:ノ'((;:;:;:ヽ,_,_ニニ‐''":;.:,:;.:ノ_;::;乂_ノし'^;: : :.:|::: : |;:;:
::....      \    :       . . . ::::```""'冖¬‐{:;.:,:;.:,:;.:,x爻;';'i:i:i:i:i:_、‐''゛  ‐‐ノィ゛:{;::;从;;;:;:;}ッ-─ |::::::::|.:.:
::::::/::::..........:::::::/    :::! : :...:::..:::: ....:.:.:.:.:.: : : .::::::::::乂:::::::::``'ー---ッ''´: :{;:;:;:;:;:;:;:;:ノニ‐‐jノ‐‐ヽノ{__/:;:|:::: : |;:;:
::::/:::::.:.:.:.:.:.:/    i:::i i::i!.:.:.:!::::  ニ=-──-v-‐……‐-ミ: : : : :ノ-‐=二‐_‐_‐_‐__、‐''゛辷__ノ/;::/:/: : : :.トミ
 ̄\__、‐''゛   i:i  i:::i i.:!::::.:.:.:.:.:/: : . . . . : : :ノ'"~~"    ´"''ー-辷‐_‐_‐_‐ ‐ ̄;:;:;:;:;:;:;:_、‐''゛ / : /;:;:;:;:;;;ノ;:;
‐‐<.:.:.:.: : : : :  i:  :::: :.:.:.:.:.:.:.:/⌒¨¨¨¨⌒´ ̄ ̄~~""'' ‐  _   ´"'ー=;:;:;:;:;:;:;:;:_、‐''゛;:;:: : : : : : /:;:;ノ⌒^^''
二___〉.:.: : : : . .  ::  ::: .:.:.:.:.:/: : . . .   ---      .:.:.:.:.:.:.:ニ=-‐‐‐- _  . . . . : : : : ::::;:;:;:;:;:;:二--;:;:_、‐''゛
三‐く/ ̄ ̄ }.:.:....,、-──-<二‐‐ ‐: : : . . .       .:.:.:.:-二≠-─- - ``"''冖冖¬─- _:::::::::::--<;;;:;:
三ニう'⌒  厶ィ´: : . .    -  -_:::::: : : : : : . . . .  _ _ ___、‐''゛.:.: .: : : . . . ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;';';';';';';';'.:`丶、::::::::::‐‐ ‐
ニ‐ァ'⌒Xつく:;.:,:;.:,: : : : : : :;.:,:;.:,:;.:,:;.:,‐‐ ‐:;.:,:;.:,:;.:,: : : : : _、‐''゛. . : : : ;';';';';';';';';';';' : : : .   `"""´ ̄⌒~"\::::::::::::
ニつ--ノ'"~ ̄`:;.:,:;.:,:;.:,;:;:;:;:;:;:;:;:‐‐二二三二-;:;:;:;:_、‐''゛;';';';';'.:.:.:.:.:;';';'.:.:.:.:.:.:.:.:;';';';';';';';';'.:.:.:.:.:.:.:.:.:;';';'.:.:.:.:.:: : : :\:::::::
√)ぅッ''"´ ̄ ̄`丶:;.:,:;.:,;:;:;:;:;:;:ΞΞΞ三三Ξ㌻;;;;;;;;;:;:;:;::゙:゙:゙:゙:゙:゙.:.:.:.:.:.:.:.:: : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:: : : : :    ̄\ノ:::::

          _  -――-  _
         i{           ≧ュ
.         ∧               ≧ュ  ______
          ∧                           〉
.           、  _   -――――――-  r‐  ‐  ___7
            \´ニニニニニニニニニニ_ ――― ュ≦   /
.             /ニニニニニニニ_ ¨7    i|.   i|   `7         . ´ ̄ ̄ ̄ ̄ \
            /:{ハニニニ_  ¨ / 八. /. j{   }ム 、  \      /_  -――――――. 、
.           /.:// ュ≦   i|ィ竓ミ /|   「 ヽ. \  ` ̄ ̄ ̄´ _   ´ ̄ ̄ ̄`       \
           /.:´./.:|. / ト、  从 Vリ ′ |   レ′`7ー―‐―  ´     ̄ ̄\    ≧o。.  \
          ,..:.:./.:从}、 ∧ \{     l | |   '. / /  ` .     / ´ ̄ ̄ ̄\       \、 \
        /.:.:/..:.:.:/ |  ム  \    i{     _/、    \  / /       }\      ノ \. ∨
      _/:..:.:.:.:.:.:/.  |  i{圦 , ‐  \ イム  ∨} ≧ュ   _`¨/.         | 八       〉.八
.     //.:.:.:.:.:. イ     |  i|   、__ ュ≦. `ー―‐、 \    _  -―‐- 、       / .′      //
    ∧/:`¨¨¨.{.    八 从ー  く   /      ` ―――‐ ´ ̄ ̄ ̄ \ , -― ′.       / /
.     ∧:.:.:.:.:.:.l∨     `¨¨¨__く__ム i{         \         、 ノ/           ,   /
    ′ニ \:.:.: | ∨    .  ´ニニ_ /⌒∨|.          \       \.           /
.   i{ニニニニ`  _ }   〈___.>. ´    У.            `  <       '.            /. /
.   |::\ニニニニニ ′ > ´ `       i|.                 <.  }i         〈/ {
.   |::::::::\ニニ/  /          __/     _  ―-  ____  ⌒〉  |.         八
.   |::::::::′`¨。s升           /.    /.:::::::::::::::'.       /.  /八          \、_ノ
.   |::::::.   /7  .         /7 _. /  '.:::::::::::::::,     。s升  /              `¨
.   |:::::|   / {. ム.       / .。s升-.ム.   ,::::::::::::::}―‐<
.   |:::::{    _   ¨:..、___  ィ./       '.    ′:::::::::.,
.   |:::::::`¨¨¨_  ュ≦ニニニ /        ノ⌒  ,::::::::::::′

「まさに林檎の島(アヴァロン)――森の中の白い石(セント・マイルズ・マウント)だな」

 ディンドランの目的地は、その島の中央にある白い花崗岩の巨石です。
 そこまで辿り着いた彼女はおもむろにアタッシュケースを開け、中から古びた鞘を取り出します。
 もし霊視するなら、それがF5の魔力を秘めた何らかのマジックアイテムである事がわかるでしょう。
 そしてディンドランがその鞘を手に携え、巨石に触れようとしたところ、男の声が響き渡ります。


.


5236◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 17:20:33 ID:orw54djQ

             _,,..>  `ヽ_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:)    \
          __,,..ィ'⌒7,_    '⌒ーァ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 〈  ̄         ヽ
          ⌒7   Z/〉ーァ/V´〈/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \,√ ̄¨`ヽ  辷 _
          _,ノ  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    V⌒
         ⌒7/ ,′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ    ',
           /  :.:.:.:.:.:/:.:.:. /{:.:.:.:.:.:j>i:.:.:.:.:.:.:.:.:./}ノ  V i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  V〉
          从  :.:.:.:.:./{:.:/ i| } i/ }:.:.:.:.:.:./       \ \:.:.:.:.:.:.  :}i
          {i  i{:.:.:.:{ :レ′ 八{/   {/{/           : \八i{:.:.:.:.: 爻
          ハ  .:.:. {                    i    i:.:.:.:.:.:.}i
            }i.:.:.:.: {                    |  〈j  | :.:. _j从
.            >ー:、 {  { _         }   {               i/'⌒V
           i{ '⌒V{ _jI斗‐===zzzzzzj〉  〈jzzzzzz===‐}iト  レく⌒V
           i{ i /¨V〉_〃〈i ̄弋ツ¨ヽV ___jア,ィ¨弋ツ ̄ i〉ヽ___,ハ ` i〉
           弌ヽ  (iヽ{{  `ー─ '´ /  ̄ ̄ {{ ` ー‐‐ 彡 } ̄i〉/  /
            \\ヽi乂 _____ ノ/   } 乂 _____ ノ iノ/  /
.              乂廴l:  `¨¨¨¨´ ,    i   `¨¨¨¨/〉 イノ ,,ノ
               辷:iト、     /(     :  )\     / /: i<,
              ィi〔{:.:.:i :        `'< __j/  ヽ  { }:.:.}\\
             :i{ {i:i}ハ:.:{    {  ‐ … __ …ー 、}  ノ /.:.:.}h:i} }i
             :i{ {i:i:}ハ:.:.\         ____       i ィi{:.:.: }i:i:i} }i
          、ヽ` /{ {i:i:}hi:.:.:.:.:}h、                ィi{:.:.:.:,ヘノi:i:ノ }i\
.        _,ィi{   ハ} }i:i:} 从:.:.:.:.:.:i}h、__,,..ノ⌒''\_,,..ィi{:.:.:.:.:.:/ /,.ィ゙  V/ 〕iト
     _,,ィi{    /i:i:i:} }i:i:ト、 `'く :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,少'i:i:i:i:.   }i     〕iト
  、ヽ`       .イi:i:i:〔 {i:i:i:i:i:i\  `'く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. j>'^i:i:i:i:i:i:i:i:.  }i:...i___      〕iト
ィi{     _,,.。*'゙i:i:i:i:i:i:i:i:}i:i:i:i:i:i:i:i:i\   }h、j从廴_从人_,ィi{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:. /i:i:i:i:i:i:i:i:.:.`ヽ


         /         \     `  .
        /            `.       \
      /                    ___ \
.    /                          〉
                               /
   ′                 _   -――――イ |
 八    _______.    ュ≦ニニニニ/ ̄ ̄ ̄ ̄
   `¨¨¨ i|ニニニニニニニニニニニ_  ュ≦/.  j{  i|   i|  |
. _  ュ≦i{`¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨ニニニニ/./\i|   |   i|  |
      ト、ニニニニニニニニニニニ. /.イ笊心 ∨ |  从
      | \ニニニ「 ̄ ̄\/ / V/タ  }.   / }
      '.  `¨¨¨つ:.__.\ :ヽ /      |  /ム  :.
         八  | {.\:.ヽ.:.}.:.:’,    u 八 i{ ∧  :.
         ,.  ム | 、:.:.:.::.:.:.:.:.:. .',    .イ_  |i.  ∧   :.
         ′ |.ム |___ > ´ ̄ ̄∧_ ュ≦ 7| |i   ∧  :.
.       i|  <{  .´ニニニニニニニ }i.     从 |i_ __ム :.
.       i|  | { ∧ニニニニニニニニ|i__/: :,  |:/      ∨
.       i|  | i| ∧_ ´{  ̄ ̄|:::::::::::::::: :′八       ∨
.       i|. 从 '.:.:.:|:.:. |     |:::::::::::::: / /        ハ
.       i| /―| ∨:: ::::|   从::::::::::/ /   __.    ∧ ∨
        从.   |  、{:::::::,    ∨/---.  / __ノ.   / ∧
        .′  八 \.|::::::′   /⌒ヽ- /-/ ̄    ∧.  }、
.      /          |:::::::::,   j{   ∨_/_     / }. ノ. }
     /、         |:::::::::′  ハ.   ∨  〉        ノ
.    /ノ.        |:::::::::: , /    .:::'∨. /       ∨


「そこまでだ、忌々しい紛い物め! 貴様なぞに、"願望機"を渡してなるものか……!!」

 男、すなわち秘密結社ブラックロッジの元幹部ダミアン・イェイツです。
 ヘルハウンド(P412)2体、そして獣の精霊たる狼の英霊クルトーを伴い、彼はディンドランへ襲いかかります。
 交渉の余地はありません。

「お願いだ。……私をどうか守ってくれ!」

 ディンドランがその手続とやらを終えるまで、PCたちは彼女を守ってダミアン・イェイツらと戦わねばなりません。

.



5237梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:20:37 ID:Jv96oDl6
あれ……いつからアーサー王伝説の世界に……?!


5238梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:21:59 ID:PW68TQVS
聖なる手榴弾を持てい!


5240◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 17:25:14 ID:orw54djQ

                >-‐=- _    /  / /   |  } ヽ ヽ
            __ --ニニ入三三三i / / | /    }  i  } i 'i ,.-、
         .__-ニニ- ´     i三三三ソ  |. |´-s。,レ'. メ、j斗<ji , Ⅰ ゙ _
       , - ニニ‐´      /三三三j{  | i{ r=ぅ,\/ .斗=e_ j{ i| 八  ゙i  `ヽ
       ./ニニ/  、  _ >-‐'‐ ´  `从 λソf  り ,   V,ク`ゝi  | / ゙、 \
  \  〈ニニ丶   `,f   ヽ      ノ ∨  }   ,、, - 、 .,  j  |、/   .゙;、  ヽ、
    \ ` ニニ=    ` 、 _ ` ー---ス===.ム.  }    i |i`シ  ノソ.    | \゙ 、`
     `ーヽニニ=      `||ヽ、_-´._ \    `. ゝ、. _ ノ |i/ /シ.    ノ   ゙, ヽ
        ` ニニ=      ||´  f´仁ニ=ン\    > - /  ノ/ニニ- 、´     ヾ
        _ ゝニニ=    ||  ゝ >',∠ー - ┴ ´ ,  /ニニニニニニ=- 、 ._ _ ヽ
     >‐ ´  , --ヽニニ= _ |レ -‐ ´_/ _,,,ィェ==彡´ `ヾ、、ニニニニ´      ゙ii,, >
-‐´ ン , ´  ̄    _ >´ , - --_r´ (ニシ    フ   -  ミヾ .         , 彳´ | |
  / '/      / _ -//  /ニニ`ヽ    j´      ヽ|ヾ.、  , ==彳'   | |
  (        //   / /  /ニ/ニ/     |        | i,, 彳=ニニニ{   //
   丶     (    | |  rfニニ=´      |        ∧   =ニニニ゙,   //
              、 | |ニニ´  ヽ      |      / 〉、   =ニニ゙,  ((
               ヽ. ヽ'´    _ > 、 ヽ   _    / ヽ   =ニニ゙,==ゞ
                ` -  _ ´  |   T:::::::ー:::::::::::`ヽ_/i   =ニニ゙,
                   /:::::|   |    |::::::::::::|_:::::::::::| ̄ |    =ニニ゙,
                   レ ´ -|     ̄〈 ̄   `゙::|  ゙i    =ニニヽ
                  /    |       |       ヽ_|_   =ニニ゙,
                /      |〉      |     /; ; ; ; ; ; ;; ; ; ;ヽ=ニニ丶
               /       /          |     / ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ
            , ∠ヽ      ∠\      ,∠三=/ ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
           /三三==、  ∠三三=、, -==テラ天シ ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;


 PCたちがダミアンを退けると共に、巨石に魔法陣を描き終えたディンドランの声が朗々と響き渡ります。

「―――告げる!
 モルゲン、モロノエ、マゾエ、グリーテン、グリトネア、グリトン、ティロノエ、ティーテン、ティートンの名において!
 我が命運を汝に預けん! 以って汝が剣を、我が身命に捧げ給え! かつて在り、やがて来たりし剣の王よ……!!」


.



5241梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:26:34 ID:Jv96oDl6
(大興奮する観客)


5242梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:27:10 ID:zPFoLSH1
ホテルの夜に抜けだしてこの辺調べてたPCが得意げになんか語り始めそう


5243◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 17:27:45 ID:orw54djQ

                 _,         〈三〉
              _..-‐'''',"        〈.三.〉
              / ..-'''"          | |
             /./             .| |
            //              | |
           / /             _..-''゙ニゝ
         / 儿,、           |_ ''^ニ二           _.-''ヽ、、
        / /: :  /        i!    |ヘ 二--.1        _..-"//_.._ヽ
        〉〃: : ./        i !    ヾ!二rイ"    ./   //// \ヾ`ヽ
      /: :: :: : /,        / !    ィ工辷i卜    〃   ./ /    `、ヾヾ.、
      i: :: :/  .i        /  レ´`_..-''" ̄ ̄~~ヽ.  //   /‐ //!     i i.: :: :i        _.‐;'
_/!..__  i: :./    (      ./   / \ヽ__三三__ ヽ// . _ / / レ !      i i: :: :i     _..-'/     __...._
\: : ヽ、ヽ、i     〉    〈   .:i /\_..-‐レ: : ⌒ヽゝ//| /! ! / ./ !      .i i: :: :i    i≦〈_..-'`ヽ、__/_..-''''
  ヽ、 ヽ/ ''" ̄`/   ,  .〈 i ゝ\/ ! 二.ゝ: :, 、: :!`ゞ ./ !ヽ  ! ゞ i       i  i!: : i    i  彡    /
    ヽ  ミ乂  ヾ、. ゝヽヽ     !二二 ! /, 、.丶: : `´!! ゝ、'/.. / ! .._    / / i: :: :i   ./ /  彡/∠_.._...._  ,....__.._
     〉. :: :: :ヽ    ゝ、  ヽ    .!-..___∠〈 (| ゝ.ヽ: : | !ヽ ../., // |´ゞ`ヽ、// ./  i .i  /〃 / ∠_..--‐‐‐‐-、,-、_ "-.._
     i: :: :: :: :ゝ-......      ゞ  〈-..___ヽ冫i  i´ / ヽ .!;;ヽ'´;´'// |: :/./ `ゝ/  i .i /  ´∠_..-__‐'' 二ヽ_.._....__"`ヽ-.._ヽ
     \: :-::::::::::::-'''"   ....-..ゝ、冫..  ..i`: :i i: ::: |: :| ヽヾ_;::' ///: :/./  /./`ヽ 〃/ゝ ! ! ! ...-...__‐‐-≦三: :: :: :: :゙"-...__ ヽ_
      `ヽ、`ヽ-..: :: :: : 彡: :: :: :ゝ !、 `ヽ..|  |  |: : |: :〈ゝゝ' ///: ://  // `ヽ.,⌒: :: :\ ´ 〉´   "`‐-.._ `‐.._: :\: :: :: ::. ゝ`‐-.._
        `ヽ、 `ヽ/: :: :: :: :: :: : `ヽ--‐'| ヽ i  |; ;: :ゝゞ/  /: : ゝ‐-〟 〈l ゝ ゙ヽ´`-_..-''"         \  ヽ: : ヽ: :: :ヽ: :ヽ ヽ"ヽ-‐''ヽ,
           ``ゝ 、_,_..-'""`ゝ、_: :_........_|  `´  .|; ;\\彡ノ   || |"`ゝ、`ゝ、 i´  _.- '" _..- -‐‐-、      .〉  ヽ: :: :ヽ: :ヾ: :: :\\\  .iヽ
                    ././   .亅  |.  .|; ;: :: : ゝ_,/  /  !: :: :ヾ\ヽヾ  .- '"/  /三へ、     !  !: :\: :: :\\\: : !  \ \
                    〃  //.|  |.. .|; ; ゝ  `´ //: :/ゝ、: :\\ゞ./ 〃   / /XXXX\    (  !: :: :: :\ \ \ /∧ ヾ  ..__ヽ
                    // ̄/; .|  |  .|; :彡彡 彡 //: :/: :: :匚匚 レ´ // /  ./ /XXXXXXXヾ   ヘ !: :: : ,: :へ : :\ヾ´  ヘ ヾ ヘ
                      // |  |  .| 彡//|..___.ノ/__......- '〈二.二|, ( i//   / /XXXXXXXX ヾ   \/ \: :\  ゞ    ヘ i ヾヽ
                      ノ ノ  |  |  .| ´/、_     __.. _.‐'冫=/ゞXXXX‐--/ /XXXXXXXXXX ヘヘ、      `ヽ, !      ゝ ヾヽ
                      〃   |  |  .レ´ミミミゝ'''''XXXX 〈三、、.'" )XX|XXXXXXXXXXXX_.‐'`ヽ、X、ゞヽ      .| !       i  ゝヽ
                          |  |  .| \\/XXXXXXXX !"゙ヾヾ /XX|XXXXXXXXXX_.‐': :: :: : `ヽ、\       ゝi        i  `i
                          |  |  .| ミヘ XXXXXXXXX レ"`ヽ |X/´XXXXXXXX/: :  \\: :   \       `'        i  i
                         /イ  |  .|\/XXXXXXXXXX レ"`ヽ |/ ///X/| /、\: : \  _  \: : へ              i .レ
                 、..__ゝ ̄"-" / |  |  .|X\XXXXXXXXXX .レ"`ヽ|ゝ: :´ レ´X.'XXX ヘ: :    / "-  : :  ヘ、            .i ソ
                _,.ゞミミミ三ヲ´  |  |  .|XXX\XXXXX/: :`、: :レ"ヽ|: :: :: :: :XXXXXXX ゝ: :: :: : !ゝ、  ゝ \ゞ.: : \         ノ ノ
            _..-‐''"_,.-‐- ‐‐フ / /|  |  .|XXXX ゝXX冫_..-‐'/`.レ"`!`ヽ: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : \: :: :-‐-ゝ ‐`、 \: :  .ヘ      _..''": :ノ
          _..'"_..-‐''": :_..-‐''"_.." / / |  |  |ゝXXXX ヘ X》‐-.._/: :: :レ"`! \: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : ヘヽ __.... ゝ  ヾ  へ: : ヽ   ∠..-‐''"
          什_..-‐'": :: :_..-‐''"/ / / .|  |  | ゝXXXXX ヽヽ: :/,: :"〈゙゙ ゙_ ゞ   ゝ、: :: :: :: : ゝ‐---ゝヘ、 __....,ゝ  .ヘ  ヾ ヾヽ
         / /   !_..-‐'" _..-‐"  | ∧ヽ|  .|  .|‐ヽXXXXXX.!-‐'  l 廴l..〉 ,|     `‐---、.二二ゝ  ヘ、__. .. .,ゝ   ヘ ゞ  ゞ ヽ、
         \!   〈 ( ( (¨' 〈 |  〈   .|  .|  |_..-XXXXXX     l彳ュュ_;!                 ヘ、__. .. .,ゝ   i _..- ‐-`‐-.._________
              冫/_..-‐'"   ノ /  .|  .|  |  XXXXXXX    `|〈l1´                  ヘ、__. ..-‐´ゝ  ヾ    `‐----‐‐´
            `‐-..__..-‐''"!_..-‐''"   ..!  .! .!  XXXXXXXXXゝ  "´                    《ヘ/、: :/  ´ゝ、
                                  `‐-..ヽ `‐-`                        ヘ.._: :/  / \"-.._
                                                                    "‐‐‐---.二二::_


●かつて在り、やがて来たりし剣の王
「我こそは人の精霊、賢き戦士の英霊たるアルトリウス。――――問おう、貴女が私の召喚者か?」
「……ああ、その通りだ。アルトリウス」
「承知した。では、今後ともよろしく……」

 呪文の詠唱と共に光芒が煌めき、魔法陣の中から綺羅びやかな甲冑に剣を携えた、騎士のような精霊が出現します。
 アルトリウスと名乗ったその精霊が跪いて頭を垂れるのを認めて、ディンドランは大きく息を吐きます。
 そして召喚の負担のせいかどうか、疲労の色濃い青ざめた表情ながら、PCたちへ向けて満足気に微笑みます。

.


5245◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 17:29:30 ID:orw54djQ


           。*''"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄>≦ニニ/ ̄ ̄`ヽ
         /ー ____ 。s*''"´ ./ニニ/      }ト、
         {     ̄ ̄ ̄     ./ニニ{         /  *
          ヽ   _        {ニニニ{      /    }!
         `` }≧=-  ┤。s≦ニニニニニ≧s、  ィ  /ニ}、
          _.}イハ丁 ーi‐←=  _ ー=ニ○≧、} /ニ/ }!
       / // / |   | \ニニニニニ≧s。 `<}ニニ>"
      ./ .// /   !  | 、/\ニニニニニニ≧s}≧、
        |! / | ヽ ハ  !圻z≧ー\ニニニニニニニ}``ーヽ
      |   |/  、 〈〈.|   !乂ッ`` |ハ`<ニニニニrL、
      |   |    \ヽ!  | ,,,,,,,,,,,,,,,,' ,,イi/zz` ┬=ニィY¨ヽ
      |   |     ヽ|  l        ′`¨/ / /.V::}_/:r≧、
      |   |.!     r≦!  |┐    ′  /彡イ  {:::::ヾ!ヽ:::}
      |!  | |   |  j |}ト、  ´`   イ ≫ ! ∧:::/:::::::/ヽ
      ||  | 、   ∨ .リ  | } >≦   ∠ __ | /{{ハ::、::彡/ニ、
     |、 \\_。*./  ハ.人 ̄ヽム≦: : : : `|/ ∨≧≦ニニ、
      ヽ >≦: : : :.// //:>‐"介{://>人: : :.!  }ニニニニニ
       /、: γ>― _。*≦:/     }≦――iニ}`ー 、 ヾニニニニハ
      'ニニ|.! 。s≦: : : :/ _ -ァ=‐ゝ―ヘ/  \`ヽー=イ: : ',
     'ニニニ| i、.!ニ>―/ /   /     マニニム   ヽ ヽ マ: : : :ム、
    /ニニニヾヾ=-  {{/    ′       マニニ}!    i }. マ: : : :ム }、
   /ニニニ<       ./|      、      マニニ|!    ! 从 .マ: : : :}! }}
。*"ニニニニ{  ヾニニ=-{从     、      マニリ   // \ ヽ: : :.} 〃
ニニニニニ!   `<ニ八 丶    \      V/_ 。イ:{___/: : :}!/!
ニニニニニ|       /: :.ヽ / >―― `‐=< ̄ }}ニニニ}::::〉-=ニニイⅵ
ニニニニニ|       / 、: : :ヽー- 、__ 。s**===〃ニニニ》┘       | ‘,
ヾニニニニニ!     /   \: : : : : : : : : : : : : :。*"ニニニ/ }!.     |  ,
 `<ニニニ!    /    .ゞヘ≦ム ̄ ̄} ̄`ー―i!―" } }!     /ー\ .,
     ̄ヾニ|   ./\      }ニニ}   }!     |!   }i }! 。*"´    ヾ
        ヾ  ./    `ー  イニニ{   /          }i }!"
         ∨     。*"ニニ/   /        j!   }i }!
             /ニニニニ/   /       |!    }i }!
            /ニニニニ←、__/        ,、   }i }!、


「ありがとう。……これで遺産相続の手続きは完了した。無論、私にとってはこれで全て終わったわけではないが……」

 PCたちの依頼は「イギリスで手続きを終えるまで」の護衛ですから、これにて完了という形になります。
 ディンドランは繰り返し感謝の言葉を述べた後、はにかみながら、遠慮がちに、そっとPCたちへ提案します。

「……どうだろうか。もし構わないのなら、今後も継続して、その、私の護衛を依頼したいのだが――……」

 いずれにせよPCたちには報酬として1人につき2万新円。
 そしてダミアンを排除した分として全員で1万新円が支払われます。
 カルマは以下の基準で入手することができます。

  生還した:2点
  ディンドランを守りきった:2点
  ダミアン・イェイツを排除した:1点
  最大の敵:2点

 PCたちが今後も継続してディンドランの依頼を受けるならば、彼女と共に、願望機を巡る戦いへ挑むことになるでしょう。


.



5246梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:30:21 ID:zPFoLSH1
最大の敵?


5247梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:30:50 ID:ww0rWjvk
聖杯探索CP……!


5248◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 17:31:06 ID:orw54djQ

              ____
            /      \     ( カチャ カチャ カチャ … )
           /  ─    ─\
         /    (●)  (●) \    /     }ー┐           r┐   \
         |       (__人__)    |.    {     ノヽ / __  ヽ  /  |/    }
         \      ` ⌒´   ,/.    \ ツ   /         、_/   O    /
     , -‐  ´   !      ー   ! ` ー-、
    /  __   ∧       |    ∧
.    〃 ,. --ミヽ /∧         i   |/ハ
   ji/    ̄`//, ..__、〃    ,   ___!__j_______
.   {{      '/   // '‐-、  ′ | i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `i
   レ, /        ,        ∨   | |                 |
   //7//―ァ/‐/7/ ̄{     iっ  | |   ┌―――┐    |
      /!   〃  //  (' //} i |   | |   |┌―― 、|    |
.      |     〃      ̄ jノイ   | |   |::l::i::::::::::::::|    |
.       |      、__ノ{__,.イ   ,  | |   |_j::l::::::::::::::|    |
     |        )     レ/____ー‐――┤:::::::::: |――┘
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〔丁 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ::::::::::::| ̄ ̄ ̄ ̄
             ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{二二二二l____|二二}


■レッグワーク
●ディンドラン・ウィッシャー・ブラックハウス
コンタクト/検索・知識
   0  /  1   :お、可愛い子。どっかの新人社員かな?
   1  /  2   :S=K社の新入社員。ミスターブラックハウスの秘蔵っ子。高嶺の花って奴。
   2  /  4   :将来有望な企業メイジの卵。お嬢様っぽく見えるけど子供っぽくて世間知らず。
   3  /  6   :実は過去の経歴がまったく無い。この業界じゃよくある事だが、不明じゃなくて、真っ白。
   4+ /  8+.  :そういえばS=K社が魔法使いのクローンを作ろうと躍起になってたとか。……まさかね。

●ブラックロッジの襲撃者
コンタクト/検索・知識
   0  /  1   :怪しげなカルト集団じゃなかったっけ???
   1  /  2   :覚醒前から生贄捧げて魔法を使ってた気合入ったヤベー奴らだよな。
   2  /  4   :事故って怪我した幹部が最近失脚したとか。名前は確か、ダミアン・イェイツ。
   3  /  6   :伝統的魔術結社は概ねサイバー者を軽蔑している。ウェアを抜いたところで、元には戻らない。
   4+ /  8+.  :失点を取り戻すためには何か魔術師としての偉業を達成する必要があるだろう。

●ダミアン・イェイツ
コンタクト/検索・知識
   0  /  1   :誰それ? 昔のロックスター?
   1  /  2   :ブラックロッジとかいう怪しげなカルトの幹部。魔術師としての超絶エリート。
   2  /  4   :数年前のフィクションみたいな飛行機事故で大怪我を負って失脚したらしい。
   3  /  6   :治療のためのインプラントでバーンアウト。元の地位を取り戻す為、死にもの狂いになってるとか。
   4+ /  8+.  :なんでも"願望機"とかいう儀式魔術について調べ回っていたようだ。

●"遺産""願望機"
コンタクト/検索・知識
   0  /  1   :いきなり俺の口座に誰か5000兆新円振り込んでくれねえかな。
   1  /  2   :だいたいの場合、そういう単語は魔術的な何かに由来するもんだ。ダンケルザーンの遺言状とかね。
   2  /  4   :強力な魔法の品物は運命だって捻じ曲げる。有名なのはシックスワールドタロット。願いだって叶うさ。
   3  /  6   :とはいえ、ちょっとやそっとの魔力じゃあ足りやしない。それにそういうものには反動がつきものだ。
   4+ /  8+.  :生贄を捧げよ、だ。強力な精霊を何体か魔力にすれば、世界も変えられるだろう。担い手はどうなるか知らんが。

●異様な狼の精霊
コンタクト/検索・知識
   0  /  1   :魔法とか精霊ってのはそもそも異様なもんだろ?
   1  /  2   :まあ精霊って土地や召喚者のイメージに左右されるもんだし、そいつの狼のイメージがそれなんだろ。
   2  /  4   :「バスカヴィル家の犬」の精霊だっているらしいぜ。まあ「自称」だから、本当に本物かどうかは不明だけど。
   3  /  6   :実際、有名な狼の話って結構多いよな。ほら、シートン動物記のロボとか。あとは、えーっと。
   4+ /  8+.  :狼王クルトー。15世紀に群を率いてパリを占領したやべー狼だ。
              賛美歌が響く中、パリの守備隊長ボワスリエとの一騎討ちで死んだ。狼ながら立派な奴。

●セント・マイルズ・マウント島
コンタクト/検索・知識
   0  /  1   :どこそれ????
   1  /  2   :確かイギリスの西の端っこにある小さな島。干潮時は道ができるから、歩いて渡れるらしい。
   2  /  4   :昔は修道院だか礼拝堂だかがあって人も住んでたみたいだけど、今じゃ人っ子一人いない。
   3  /  6   :林檎の林に覆われて、中央に白い大きな石がある。森の中の白い石(セント・マイルズ・マウント)さ。
   4+ /  8+.  :林檎の島を古い言葉で呼ぶとアヴァロンになる。そう、伝説の騎士王が死んだ島だ。


.


5249◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 17:33:31 ID:orw54djQ

■NPCデータ

                _  -―――-  _
              . {            ー――-  _.   _
             /  '.              ≧ュ __> <
             .′  ,      ______ >  < ̄` .
            l    ′   ´ ニニニニニニニニニ}__ < 、    八
                /     /ニニニニニニニニニニニ/∨  ̄  \/.、
           .′   /ニニニニニニニニニニニ/   ∨    ム   \
              i|   /ニニニニニニニニニ _   } \   '.     ト、   :..
             ∧   {ニニニニニニニ_  ¨ i|  |  `  }i   |-、 ∧   :.
              `¨¨7ニニニ_  l¨    | }i从斗斥ミ、 }   | ∨ '.   :.
             /ー ¨ {八从  八| ノ.′V リ 》 |   } 八     :.
              / </|i   ム ィ==ミ. {|\  `¨    |   レ /    、  :..
         /   / j{     〃r'刈`ー‐\     |   {      \   :..
                / 从    八 v_:リ  '          从.  |        \  :...
             /  / } ` { ∧      _     / j{.   i}   ___   \    :...
               /   ′|.    込    ´     .イ |ム.   ∨´:::::., ⌒\   `      、____ノ
.           ,  /   |   |   ≧=-   ‐<  从∧   ∨/    \.     、    ` .
           / /.     |   |  \    ム _. イ――- 、. ∨      ∨     \.、   \
.       /.         |       \ , --/        \. 、            ∧ ト、   \
     / . ′        八.    /_/           ∨\       、.   ∧. \   '.
   ,   / /         / -――´:::: /             ∨ ' .      {\.   ∧l. ∧
.  /    /        / ´     {::::: /                 |ト、 }.     八 \   }i.  ∧  |
  / ,   .′       /          |:::: ′                八 } 八.      \ \ ノ.   ∧ .′
. / /   i|       /          、{             ,.  、 /         ∧  \    } l
.′/.    i|       .′         \ ___、___ イニニニ〉          }i.    、.  | 八
 /             イ          . ´ < ̄八ニニニニ . ュ≦ ̄′'.     .  ´ ̄ 7   ∨. ノ
. ′             /八         /イj{      \_ <     /  ,.   /  ∧::::.、 `ー―‐.∨
             /   \     /.   j{      , -- _ \ /   ム__イ   / \:::\.    八
        /__.     ` ― r.:.:.:.}    j{         __ ` Y.      ∧ ′   \:::\  /
       八 / `   //  |_/    八    _ ュ≦ニ ∨-―‐―. 、.   ∧.      \::`¨、
        ,  __ `¨/    }      |}.    i{ニニニニニニ∨     \.  ム        、::\
.       / ´ ̄ ̄ У     ム       |i    ∧ニニニニニニ.∨.      \-.、∧        ∧:: ∨
       ′      ∨、    /.     /\__/∧ニニニ_  ¨}i_   -‐―  \}_∧       ∧:::∨
.      {::::\       、 ,ー ⌒ヽ___/ニニニニニ, -.∧<_  ュ≦    ___\__}i 、       ∧:::∨
      ` :::.::...、   / 7ニ /ニニ/7ニニニ へニニ./  '.  /    _  ´ニニニニ\` \  \    , -―‐ ∨
         > _::::../ニ /ニ./ニニ// 、ニニ/j{. \/   `¨   ュ≦ムニニニニニニニニ\ニ.∨.  \.  /ニニニニニニ
            >|ニ/ュ≦\.//  `¨¨ j{.         /ニニニ \ニニニニニニニニニ.\ニ.、   \|ニニニニニニニ
            込_ム_ ュ≦-′    j{        /ニニニニニニムニニニニニニニニニニ∨ \  i{ニニニニ, --
              /        /⌒   、__/ニ . ´ ̄ ̄ ̄}7ニニニニ_ ----- ∨ニ \ \ニ /:.:.:.:.
             ′__      /ニニニニニ/ニニ′ニ. /:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.八_.  ´:.:.:.:.:.:.:.:.:∨⌒}   、 ム/:.:.:/:.:
           /ニニ7 `¨¨¨¨¨´/ニニニニニ/ニニ, ニニ /.′:.:.:.::.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.∨/ニニニ. \.i{:.:.〈:.:.:
         _/-‐ニ /ニニニニニニ i{ニニニニニ/ へニニ.//.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.` __ニ. ∨¨i|:.:.:
     >__ニニニニ/ニニニニニニニ.7ニニニニニ/:.:.:. }//.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:|ニニ `   从:.:.
   . ´:.:.:.:.:.:.:.:.\/ニニニ./ ̄ ̄〉ニニニニニ.j{:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.: :.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:|ニニニニニニ∨:.:.
  /ニニニニ /:.:/____ /:.:.::./_/ニニニニニ. /:.:.:.:.:.:.:.: ′.:.: .:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.: |ニニニニニニ. ∨
  |ニニニ/:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー――‐r‐ ′:.:.:.::.:.:.,.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|ニニニニニニニ八
  |ニニ ′:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ′.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.: . |ニニニニニ./
  |, :.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:. ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.|ニニニニ. ′
  ′:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.: ∧:.:.:.:.:.:.:.′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::. : |ニニニ /
./:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.: . : |ニニ /
:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 、.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.: : . |ニ /
:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: }:.:.:..|:.:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.::.:.::.,¨´
:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.′
:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, イ.|:.:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.::.:.,
:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニ j{ |:.:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.::. ′
:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.: /ニニj{ニ,:.:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:. :,
.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.::.:.: /ニニニj{ニ′:.:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:. /
.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.::.:, `¨¨フニニ.,:.:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:/
.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.: ′    ̄  '.:.:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:/
.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.::.:/.        ,:.:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:/



●ディンドラン・ウィッシャー・ブラックハウス
 ハンス・ブラックハウスの姪であるとされる、雪のような白い肌と銀髪を持つヒューマンの少女です。
 きりっとした表情をしており、将来有望なS=K社の新人カンパニーマンといった雰囲気です。
 しかし話してみるとその態度は演技であり、どこか世間知らずで子供っぽい事に気がつくでしょう。
 また覚醒者であるにも関わらず妙にオーラが希薄で、エッセンスも低いという奇妙な特徴があります。

 実のところ、彼女は現時点で世界中どこにも存在しない「覚醒者のクローン」です。
 あらゆるメガコーポが血眼になって研究していますが、今までまったく成功していません。
 クローン自体は作れても覚醒能力は受け継がれず、自我も発生しないというのが現段階の結論です。
 自我と魔術的能力の両方を持った彼女は、おそらく第六世界にただ一人の存在でしょう。

 また、彼女は胎内に"願望機"と呼ばれる黄金球状のアーティファクトを埋め込まれています。
 これは英霊と呼ばれる特殊な精霊を束縛、魔力に変換するための収束具として機能しており、
 この"願望機"を作り上げる大規模な儀式魔術の生贄として、ディンドランは作られたのです。

 その名前はアーサー王の聖杯探索において、円卓の騎士たちの助言者となった乙女に由来します。
 彼女は騎士たちを献身的に支え、最終的には聖杯を手に入れるための犠牲となって命を落としました。

・能力値
 【強】3 【敏】5 【反】5 【筋】4 【意】3 【論】3 【直】4 【魅】6 【魔】5
 【エッジ】3 【エッセンス】5
 イニシアチブ:6+1D6
 コンディションモニター:身体10/精神10
 リミット:身体6 精神3 社交7
 装甲値:8(アクショニアビジネスクロース)

・技能
 知覚3
 魔術技能グループ3
 召喚3
 アルカナ4
 エチケット3
 演技技能グループ4

・知識技能
 魔法理論3、神話伝承4、一般常識(アーコロジー)1、シャーロック・ホームズ3
 ドイツ語(N)、英語2

・呪文
 消毒、病気治癒、治癒、魔力波

・装備
 コムリンク:トランシス・アヴァロン

・資質
 無教育 第一印象

・備考
 魔法使い(ヘルメス様式)

・聖剣の鞘
 F5の魔力を秘めたマジックアイテムです。外見は古びた剣の鞘の形をしています。
 結合した相手の生命維持を行い、一日に1D6ずつ身体CMを回復させます。
 また結合している限りは、能力値が0になろうと、エッセンスが0になろうと死ぬことはありません。
 普段はディンドランの持つアタッシュケースのなかに、厳重に保管されています。
 ディンドランが英霊を召喚するための媒介であり、その命を繋ぎ止めるための生命維持装置でもあります。

・願望機
 単独では何の効果も発揮しない、掌に乗るほどの黄金の球です。くすんでいて、真鍮製にも見えます。
 しかしこれは精霊を束縛して魔力に変える極めて強力な収束具であり、ロフヴィルの所持品のひとつです。
 英霊と呼ばれる自由精霊を捕らえるごとにF10ずつ魔力を増強させ、最終的にはF70の"願望機"として完成します。
 しかしその代償として、"願望機"所有者はF10ごとに強・敏・反・筋の能力値が1ずつ低下します。
 現在はディンドランの胎内に埋め込まれ、隠蔽されています。

.


5250梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:34:54 ID:8WgDv5+a
英霊と共に願望機を巡る戦い…シャドウランらしいな


5251梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:35:44 ID:zPFoLSH1
そのうち対の黒い女の子が出てきそうな設定


5252梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:35:46 ID:a0O5f/Hs
イリヤ……いやアイリのほうかこれは


5253◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 17:36:07 ID:orw54djQ

.         /:::::::::::://::/レi/レレi::::::::::::::::::::::::::::::}\}\:::::::::∧
        /::::::::::::::{/:://レレレ':::::::::::::::::::::::::::::::´\厂:::::::::::∧
     イ(::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;イ:::::::::::/::::/|::i{:::::\:::::::::::::::::人
     ,ノ}ハ::::::::::::::::::;ィ:::::|:::/ j::::::/j/  j/ ヽ:ト、::\::::::从从
.      イ从::::::::/:::/ |/j/  jレ'             \从从从{ヽ
      jハ从从{:/                  | 从从ハ
       从从ハ{ ノ        ヽ   /       { j:::::/
       /⌒V:::{´レ'"⌒≧___}  ノ_,z≦⌒ヽ ) }:/ハ
        | {∧}\_/ィf宍fミ\==,--fノf宍トミ \_j:レ) }
        | (  }:::::「 |   ー一' /⌒/  }\ー一'   「}:レ /
.         \\}::::| \___/  /  /\____/ j::レ′
           ヽ }:::|\    /  /  /   /⌒i  ィ:{
           }:::{_ ヽ  /ヽ / __,/ _入 /  / /_}:{
          r―く:::::{_   /  /   /´  /  /   }::{
.       ∧  ∨:\ / _,/   /__ ノ  / /⌒i ̄ ̄|
.       / }   }:::::::/ /    \/´ / /  /   ∧
      /   i   \/          //、__/     ∧
    __|   ∨⌒ノ{             /  /       ∧_
 _/ 厂|   |       |    |      /\      ∧
..   / 人  !    |   |       {   ∨      |
        \ ∧     |    |  /    /   ∨      |
                        /    /     ∨    /
           ト、_           /       ∨ /
           〈\_     ー‐く         ∨/|
.          /_      \__,ノ       /   |
.        r‐/\ ̄\_____/.        \  |
        /∨   \    ̄ ̄/            \ |


●ダミアン・イェイツ
 サイバーアイと強化反射神経をインプラントした、30代半ばの白人ヒューマン男性です。
 彼は秘密結社ブラックロッジ、すなわち覚醒前から存在する真の魔術結社の一員である覚醒者です。
 先祖代々の知識と血脈を受け継ぎ、順調に位階を高め続けてきた、まさに魔術社会のエリートと言える存在です。
 しかし数年前、幹部となる直前に彼を襲った不幸な飛行機事故が、全てを一変させてしまいました。

 フライト直前にレバノン料理を食べていたクルーが食べすぎによる嘔吐感で判断を誤ってしまい、
 切れた計器ランプを交換することに夢中になったままうっかり操縦桿に触った事で管制官を無視して離陸状態となり、
 待機中だった別の旅客機に真正面から激突してしまったという、フィクションのような事故に見舞われたのです。
 そして緊急搬送された彼が目が覚めた時には、失った視覚と折れた脊髄はサイバーウェアで補われていました。

「最先端のデルタウェアですよ、命が助かって良かったですね!!^^」
「この私が……栄光ある魔術師たるこの私の体にインプラントだと……!?」

 多くの魔術結社において、バーンアウトしたサイバーメイジは忌むべき存在、蔑まれる者です。
 目覚めた病室で崩れ落ちた彼が、失われた肉体と魔力とキャリアを取り戻すことを誓ったのは言うまでもありません。

 辛うじて残されたコネクションを駆使して情報をかき集めた彼は、願望機を巡る魔術儀式の存在を突き止めます。
 魔術師としての名誉と誇りを取り戻すには、単に肉体を治療しただけでは無意味です。
 この儀式において勝利し、完全なる肉体を蘇らせ、魔術師としての自身を証明することが、彼の目的です。
 そのためなら如何なる手段でも使うでしょうし、この戦いから降りるという選択肢は存在しません。

・能力値
 【強】5 【敏】3 【反】3+1 【筋】3 【意】4 【論】5 【直】3 【魅】2 【魔】6
 【エッジ】2 【エッセンス】4
 イニシアチブ:7+2D6
 アストラルイニシアチブ:6+3D6
 コンディションモニター:身体10/精神10
 リミット:身体5 精神6 社交5
 装甲値:12(アーマージャケット)

・イニシエイト:2
 集中術
 防御術

・技能
 呪文行使5
 呪文対抗5
 アストラル戦闘3
 放逐3
 召喚4
 霊視3
 アルカナ4
 知覚3
 エチケット(魔術結社)3(+2)
 交渉2
 統率2
 指導2

・知識技能
 ブラックロッジの歴史3、クリッター知識3、魔術理論4、飛行機以外の交通手段1
 英語(N)、ラテン語4、ドイツ語3

・呪文
 雷球、火炎放射、喪神波、敏捷力増強、魔力球、物理障壁、鎧、千里眼、治療

・装備
 呪文維持収束具(R3)
 コムリンク:ヘルメス・アイコン

・サイバーウェア
 強化反射神経R1
 サイバーアイ(基本システム)

・資質
 集中力(R3)、苦痛に強い(R1)、偏見(非覚醒者、先入観あり)、対人ストレス(飛行機)、不幸

・備考
 魔法使い(ヘルメス様式)


.


5254梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:36:22 ID:36akizH3
胎内かぁ・・・
長期キャンペーンが捗りますね・・・!


5255梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:36:39 ID:3bowgN+1
大丈夫?どっかから泥とかまぎれてきたりしない?


5256梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:39:14 ID:qheUyS9d
FND!FND!


5257◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 17:39:36 ID:orw54djQ

                         ,. ,. ,. ,. ,. ,. ,. ,. ,                   _
                `;`;ヾ`ヾ`,.ゞ''"´; . :; . :; . :; : ;. : ;. :.`.:. 、        ,. . :."´:.:.:.:}
      ;;"´:.`.:ー- ..._,ゞ,;..: '"´ : ; .: ;: .: ;:; . :; :. ; .: ; :; . :; .: ; .:ミ:..,メミ:.ー;:':"´::.:.:.:.:,. '"´;′
   `ァ'"´:ミ:.rヘ:.:.:.:.:.:.:.:.゙:,, :..;.: :; .: ;. :; .:; . :;:.: ; .: ; .: ;.: .;;: .:; .: :; .:; .:;:. :; .:; .: :,ゞ'"´ .: : :. ;′
 `,メ`;. .:... ゙:,   `ヽ:.:.:.:.:.゙;, :. ;. ;. :; .:; .: ; .:; : :; ; .: ;:; . :; ;: .:; . :; :; ..:; ,:. :; .:..:{ノ  .:.: . : ,:′
`,:'.:.:.:.: ;. .;. ;..゙ミ:.  .:.:.`¨ `ヽ;, ;.: .;, .:. ;, :. ; ,;.. :; ; :; . :; .: ; ;, :; . :;.; . :; ..:r:.:.:.:.ハ  .:.:. ,:′
,.:.:.:.:. ; ; ; ;. ;. ;. ゙:,  .:.:.:.  .: :ノゞ:.; ;. :. ;. .: .;; . .:;. . :. :; .:, :. ,:. , :. ;, . :. ;. ;.゙:、:.:.从 .:.: ,:′
:.:.:.:.: , ; ; ;. ;. ;. ;.:.゙ミ.: .:.r:.:'"´;,:. ;,;. :.;, ;.; ,;,.; .:.:. ;.. :;, ; ;. ..:,; ,;:. :., :. ,; .:.: ., ;,; ;ヽ:.:.::ヽ:,:゙
:.:.:.:.:, ; ; ; ;. ;. ;. ;. .:爻:;゙:.::::::::,:,:.,:,:.:.,:.;, ;,; ;,;.:.:. ;.; .;.:.;. ;.;.;. :.;. ;..:; .;.;. ;.;.;; .;.:; .:.,゙.:.:.:.::::ミ
:.:.:.:.:,.;. ; ; ;. ;. ;.;. ;. :Yノ:.:::::::::::;:;.:; .:; ,:.; ,;.::.;.: .:;.:、: ;:;: ;;.:; .:;; :;;.:;.:.:.:;.:,;.:.:. :.:;:.;゙:.:.:.:.:.:::::ミ
:.:.:.:.., ,: ;. ;. ;.;. .;.; . ,ム:.:.:::::::::.:.:,:.:,.; : ミ:.ー:-: 、 ;. ;ヽ;:;;,:.;.,;.:.;,;.'´: :,. :-:一:..,゙:..:.:.:.:.:.:.::::ミ
:.:.:.:.., ,; ,.; ,:, ;.;. _,ノ:.:.:.:.::::::::::.:.:.;.:,:.:.:ミ: `:トr ミ:. . :i;,:;.;:.;:.;:;:.i : . ,ゞ==ィ´ミ:.:.:.:.:.:.:.:.::::::゙:.
:.:.:.:.:.'.; ;. ;. ;. ; ;`ア:.:.:.:.:::::::::::.:.:.:,;ア´ミ:. 人 ー'ハ...;.:i.;;.;.;.;.:;.:;;i : :ハー' ノ ミヾ:.:.:.:.:.:.::::::::::}:..
:.:.:.:.:.:.:;.,;. ,;. ;. ;ん:.:.:.:.:.:::::::ミ'"´: . ,ゞ:.:´ ; , `¨`゙:, :.i;;.:;.:.;.;.:.;:i..,:゙ァ'¨´  .:,':.::ミ''ヾ:.:.:.:.:::::ノゞミ:.
:.:.:.:.:.:.:.'.,;, ;. ; .;ツ.:.:.:..:.:.:::::::ミ: :   ;.:.:::,:,:.:,.......:.:;,:;;゙:,.ヽ::,:;;:;:;.ノ;゙´:.ミヽ,.,.:゙,:.:.::ミ   `¨ミY:. : ゙; `
:.:.:.:.:.:.:.:.:':,;..:爻:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::ミ: :  ;,:.:,.: '"´゙゙゙゙゙゙゙゙`ヽ`'. ,:ハ:'"´,.:´ : .: `ヽ;..;.ソ   :ミノ:. :...:;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ':,.;`'ミ:.、.:.:.:.:.:.::::::::ミ:.,. '"´: . : . : . : . : : ゙;...:{;.;}.:. ,゙  : . : : : `7: : .: . :.ミ :. :. :.:;
:. :.:.:. :.: :. :. ゙: ,.:`'爻:.:.:.:.:.:::::::,ゞ : . : .ー―=ミ:., .;  j_;,_Y_,;_i_ .; :;r=ニ二_ヽ :`ア´:.; .; :.;ゞ
: :. :. :. :.:. :.: .:. ;.: ;. ;.,`^''ミ:..:,′.: : .: .: ー=ミ:., ; .ん/////ハ ; .;r=ニ二: . :. :ノ;. :.:. :ゞ゙
: : : : . :. : .:. :, :.; , ,;.: .;: ,; ,;`゙ミ:.. : . : . :. .ハ   {/つ/Y/て,}  ,イノ : .. : ..:ミ゙:.;,.:'"´
: . : . : . : .: .; ,: ,;. ;., ;, ;, ;, ;,. ;.;.爻、 : . : . {:::':.,_ , マ///l//,ノ ,.:':;' : : . . .:.ミ"´
: . . . : . : . : , ;, ;, ;, ;,.: .:, :. ,:, ;: . ハ : . : .';:::::::Λ゙゙゙Y゙゙Y゙゙Y゙゙ィ::::;' : .:.: :ヅ゙
: . : . :.: ..: . : ':, ;, . :; .:, :.,; ,: ,:, : ' ;人 : . : . ':;::::レ'{ゞヘ,_,l,_,,lノlノ::/´..;`ア´
. . : . . : . : .: .:.゙:, ; :. ;. ;; .: ;. ; .: ´; ,; . ヾ从: .ヾ:::::ヽー'`ー'`ノ:::/"´ ノ
. : . : . . :. :. :. : :゙: ,; ;.:. ; ,;: .: ;; .; .:;. :; .: .; , `¨` ゙ゞミ`ー‐'::彡''"´;′
: : . : . . : :. :. : .: :.゙:, ;, .:; ;. ,;; :.;, ;, ;. ;:.:; , ;. ;, ;, ; ;. :,`¨:¨:¨´: .: .:.ノ

●獣の精霊たる狼の英霊:狼王クルトー
 願望機を巡る特殊な儀式魔術によってダミアンに召喚された、狼の英霊です。
 クルトーは15世紀半ばに群を率いてパリを占拠した、恐るべき狼の王として知られています。
 最終的には賛美歌の響き渡る中、パリの守備隊長ボワスリエとの一騎討ちによって命を落としました。
 これほどの狼は他にありません。

 クルトーはその名の由来となった切り株めいた奇妙な尻尾を持つ、巨大な灰色狼の姿をしています。
 彼は正直なところダミアンのことも、願望機のことも、あまり興味はありません。
 ただ召喚されたからには群の同胞であるダミアンに対して、一定の責任があると考えています。
 また守備隊長ボワスリエのような恐るべき狩人との再戦に、心躍らせている面もあるようです。

 クルトーはF10の獣の精霊(P309)として扱いますが、自由精霊であり、いくつかの特殊なパワーを有しています。
 また自由精霊ではありますが、召喚者たるダミアンが死亡した段階で元の次元へ送還されます。
 この英霊が消滅、あるいは送還された時、願望機のFは10上昇します。

・能力値
 【強】12 【敏】11 【反】10 【筋】12 【意】10 【論】10 【直】10 【魅】10 【魔】10
 【エッジ】5 【エッセンス】10
 イニシアチブ:20+2D6
 アストラルイニシアチブ:20+3D6
 コンディションモニター:14

・技能
 霊視、アストラル戦闘、知覚、素手戦闘、召喚(獣の精霊)、統率、トラッキング

・パワー
 動物制御、アストラル体、強化感覚(聴覚、低光量、嗅覚)、恐怖、物質化、移動、知性
 隠蔽、混乱、能力値ブースト(敏捷)2、身体武器(DV:10、P、AP:-5)

・弱点
 アレルギー(賛美歌、軽度)

・利点と欠点
 トラッキングテストに+2、能力値ブーストを獲得。
 戦闘から退却できない。退却した場合、再戦するまでFが-1される。

・英霊の助力
 狼王クルトーは、ダミアンに対して3回の助力を約束しています。
 クルトーはその性質、メリット・デメリットに反しない限りでダミアンに協力しています。
 加えてその範囲内であれば、助力を行使せずとも戦闘には参加してくれます。
 ただし戦闘一回につきドレインが発生しますので、これに抵抗する必要があります。
 ダミアンはこのドレインを拒否する事も可能ですが、その場合、クルトーのFは1ずつ低下します。
 またダミアンが助力を行使した場合、強制的にクルトー命令を聞かせる事ができる他、
 1回につき1度だけ、クルトーがエッジを使用できるようになります。


.


5258◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 17:42:41 ID:orw54djQ

              _ f..i r.,
              f;;ij;;;|_l;;;!
                (,;ヽ!;;;;;;;;;;;;;;l , -,
             Y二二二i;;ゝ'
              !;;;;;;人;;;;;;’
              廴;;;;;;;;;;;/      .==.、    \/
                ゚i二二.}        ´     ヾ!    /`ヽ.
                 | ̄ ゚̄,      rァ=―ノ'ゝ- 、__   .×
                 |    ゚,    ,: ´ ,  , ,     ヾ.! ´   ヽ
                 }    ヽ    / ,' / ./ /i i  、 `i〉
                  /  __ _ヽ  .|レi/ハ‐A、' t l__i i .!、
                <.|:.:.:.:.:.:.L./   ■■■■■■■  |/
               |:.:.:.:.:.:.:ム   ■■■■■■■: |
               ゝ:.:.:.:.:.:. \___ム..|  r―‐,  .|: |
                  丶.:.:.:.:.:.:.:.:.==| トz.乂 ノ_ ..イ: !
                    `ヽ:.:.:.:.:.:.:.:ヘ!ィ=f干干ヨ_|;i;i|| !_
                   Y.:.:.:.:.:.;ィ_.ゞ、(c, /,イニ≦レ'=、\
                    \:/ `ー-マ!-―(_):.:.:.:.:.\、:.、
                     i.   ,.-┴- 、  ヽ:.:.:.:.:.〃:/
                          ド.0〃 ',ゞネ  ヾ、_0V:.:.:.:.:.ィ
                        ! ヾ. 、、 . . ., , 〃¨ ハ:.:.:.:.:.゙,
                         {  ヾ、ヾレ∠イ   / ∨:.:.:.‘,
                         ,ヘ}=く -_Y '>''7;イ   .∨゚'-、!
                    /: : : \汽ィ´: : /.'' |,、  /ニi  ∧



 えっ? なに? F■te? 聖■戦争? ぜんぜんわからない。わたしは雰囲気でシャドウランのシナリオを書いている。


.


5259梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:44:15 ID:qheUyS9d
騎士王が女性なわけないやん(はなほじ


5260梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:44:33 ID:LYsM/L8f
TRPGではよくあることよ


5261◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 17:45:29 ID:orw54djQ

                        .  ‥   .
                 .:             .: .
             .                     .. .
             ..                  ... .
          ∵.                     ...∵
        ∴..                     : : : :∴
          ....                         : : : : : .
.       .....                   : : : : : : .
..        .: : : : .               .: : : : : ∴: .
.        : : : : : : : .               .: : : : : : ∴:∵:
.        : :∴∵: : : : : : ......: : : : : ::∵∴:∵: :
       .:∴:∴:∵: : : : : : : : : : : ∵:∴:∵:∴:∵ .
.       .∵:∴:∵:∴:∵:∴:∵:∴:∵::∴:∵:∴:∵: .
.       . : : :∴:∵:∴:∵:::::::::: :::::∴∵:∴ .
        ∵ : : : : :∵:∴:∵:∴:::::::∴:∵: : : ∵
           ∴ .. : : : : : :∵:∴:∵:∴: : : : : ∴
            .  .....: : : : : : : : : : : : :..
            . . . ....: : : .. . . .
               .   . . . . . ..
                 ‥∴.   .∴‥   ___
             i-、〉≧アニニニニ二二二二`'≦/イ  /
             |ヘ¬。┐ニニニニニニニ二二/    /
             \\/ 二ニ=ニニニニニ二//\  /
               \ '\   ==ニニ二|.|   \|
                . l..l .゙ミ'ー=ニ--t‐/||      l
                 l,.l, .ヽ /  / l  / ̄
                  ヽヽ, ソ¬-′   l /
                   ゙Lヽ  、 <¨¨
                   __ゝ..l、 f¬、 \
                 ,,ノ゙戈,/⌒ ゝ 、  , \
               /-'!'´ .″`冖廴 i|__/  ヽ
              //  .__,,,__ .从メ/' .)    |
              / " ,r彡--=,,_ .`゙'''ー ¨¨   /
             / .i'' iレ゙,l゙ . / . l . `゙'r‐----‐'´\
             { / リ |  /  /   、ヽ∨ .l、 l  l
             .ヽ|_∨=‐、 l  ! .| |.|  │.,ジ
                   `──¨¨´゙'ー¬ー'"

■キャンペーン第一話として遊ぶ場合の指針
 もし本作以後も"願望機"とディンドランを巡るランをキャンペーンとして遊ぶのであれば、
 残り6人の継承者候補と英霊との戦いを世界中で繰り広げることとなるでしょう。

 人の精霊たる賢き戦士の英霊アルトリウスの召喚者を、PCの一人にしてしまうのも良いかもしれません。
 召喚の儀式を終えた瞬間、PCたちの中で覚醒者が一人しかいないならその人物の、
 いないようなら、もっともディンドランに好意的だった人物の手の甲が酷く熱を持って痛みます。
 見ればそこには赤い三画の紋様が浮かび上がっているではありませんか。
 これこそが"願望機"を巡る英霊召喚者の証、助力の回数を示す刻印なのです。

 またダミアンたちとの決戦でのアルトリウス召喚を、3~5T後などとして、戦闘に参加させても良いでしょう。
 あるいはアルトリウス召喚と同時にダミアンを撤退させ、以後のキャンペーンの敵としても面白いかもしれません。

 願望機は「英霊の座」と呼ばれるメタプレーンより、神話伝承歴史の英雄を名乗る精霊を召喚、
 これを生贄として捧げることで、膨大な魔力を注ぎ込んだアーティファクトを完成される魔術儀式です。
 英霊は強力な魔力を秘めた自由精霊ですが、他の多くの神や幽霊を自称する精霊同様、本人かどうかは不明です。


.


5263梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:46:32 ID:0RwkAwRr
ダミアンの経歴がメーデー過ぎて草


5264梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:46:59 ID:NEXYdx63
メーデー民大爆笑待ったなしwww


5265梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:48:26 ID:xgEAyvjR
メーデー! メーデー! メーデー! ジェットストリームアタックだ!


5267梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:48:55 ID:dNM22qLX
第六世界でもメーデーはなくならないのか
人間がいるのだもんなどっかで何かしらのヒューマンエラーは気を付けてても起きるときは起きるか


5268◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 17:49:17 ID:orw54djQ

                       _      /⌒\
                     /⌒\     /
                     ′      /      L__   ´ ̄\
                     i|     L/..゙i!      ⌒´           ヽ
                     i|          ハ         /      ノ
                 _  ノ        ムiム                冫´
               /⌒¨´        ムi!i!iム           ∨
                 / 、       _  マi!i!ア  _         ,
              {.   ヾx、¬ニニ三三ム   i!i!   .ム三三ニニ‐‐,ィシ"゙',
               ,..   寸x   ____マ,   il!  .ム゙___   ,ィiシ'′.....′        __
               ′.     Vム   ̄二iム  ! .ム二 ̄.  ,イ∨      、       ´⌒ヽ
                |.      Viム.  マニム   ムニ7  ,イiV.        \__L
                |.      ∨ム  Wi`` '".ilW  ムV                   |
               |.         Wiム   Wi,   ムi7  .ムW                     ノ
                j/.       Wiム  マム, ,イiタ   ムiW                   /
                /        }i!i!ム.   ヾシ'′  ムi!i!{                     ´
              ′.       从八ヽ.       ,イi八从              /
                          ,ィ歹   寸;x   ,ィ歹′ 寸x.            /
           /.          '"      `寸Y少"     ``          /
          /                  ヾ'.          L___  イ
         /                              厂
        /                                /
.    /                                    ′
.   /                                  {


 願望機の継承者候補、すなわち英霊の召喚者となったものは、以下の二つのルールが適用されます。

・召喚者の責務
 英霊を使役する者は、英霊が1回戦闘をするごとにF10の精霊を召喚したものとしてドレインを受けます。
 覚醒者でなくとも、意志力+論理力でこのドレインに抵抗することができます。
 もし抵抗に失敗した場合、英霊との関係が良好なら、英霊は自らのFを1低下させてドレインを無効化してくれます。
 この状態は一度ドレイン抵抗に成功したら解決し、英霊は元のFを取り戻す事ができます。

・英霊の助力
 英霊は、召喚者に対して3回の助力を約束しています。
 英霊はその性質、メリット・デメリットに反しない限りで無条件に召喚者へ協力しています。
 加えてその範囲内であれば、助力を行使せずとも戦闘には参加してくれます。
 ただし戦闘一回につきドレインが発生しますので、これに抵抗する必要があります。
 召喚者はこのドレインを拒否する事も可能ですが、その場合、英霊のFは1ずつ低下します。
 また召喚者が助力を行使した場合、強制的に英霊へ命令を聞かせる事ができる他、
 1回につき1度だけ、英霊がエッジを使用できるようになります。



.


5270梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:49:51 ID:NEXYdx63
令呪ですねわk(検閲


5272◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 17:51:51 ID:orw54djQ

                   _____
                 . ´        `  .
               /           \
             ,.ヘ    /
               / /   /          '.    i{へ
            /      ∧.      i|\   }i   i|  ∨
           ′ i|   ー‐'.    i| -- 、 |   j{
             |.  i|  /{   、    i|   \  八  |
              ,  |i. 什示泝 \  i| 拆示寸/j{
           ′ } 圦 Vツ    \{ Vツノイ 「 〉   |
            , }∧      ,  |    / ノイi|  |
         ,  /. | ム           .′ |. j{   |
           /  /  ,.  ム   `  ´   イ   | 从
.       /  ,   ′ {  >  _  <7  |.  ∧   ,
     /  /     /.   |     |. l   |   ∧  ′
.   /  /       〈_     ノ|    八/|.  |     、
.  ,        _ i|  ム { .∧   /  从  |     \  ∨
  /  / ,   ´:::::::: i|   {∧i|  / 、_/.  / i|.   |`.     ∧. ∨
. /  / /:::::::::::::::: ::: i|   ∨::..、//⌒ヽ∨ : i|.   |:::::::::: <  ∧. ∨
八    /::::::::::::::::::::::::∧.   ∨:/〈____ノ〈::::::i|.   |::::::::::::::::::`:::.. }.  ∨
  \{7:::::::::::::::::::::::::::: ∧      /:::::|. 八 .:从   |:::::::::::::::::::::::::∨  八
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::、     \::: |  У    八::::::::::::::::::::::: }i /
.  〈_  ュ≦⌒  _  - ´ \    \、_/.イ  //::::::::::::::::::::::::::: |
  /    /   / ̄ ̄ ` 7、__. \ / .イ/、_:::::::::::::::::::::::::::|
./_  -  /     ′.    / .::::::: ∨ // ′⌒\ ̄ ̄`  」
    //           / ::::::::  } /     '    \.    〉
.   / i{     |      {  :::::::::: |      }i    ∨   ∨
   /.  ム.     |     '. ::::::::: /      |     ∨   ∨
 . /.   ∧    l.      ,:::::::: /         |      }∧    ∨
 /    ム   八.     ′:: /.       八    / ム



 以後、PCたちはディンドラン、そしてアルトリウスと共に他の召喚者たちとの戦いに挑む事になるでしょう。
 強大な英霊を使役する者を一人、また一人と仕留めるにつれてディンドランはどんどん衰えていきます。
 彼女がその命をつなぎとめているのは、辛うじて聖剣の鞘が機能しているからに他なりません。
 最終的にディンドランとアルトリウスを犠牲にした儀式を成し遂げ、F70の願望機を完成させるのか。
 もし仮に完成させたとして、このような危険な願望機をロフヴィルへと渡して良いものか。
 そして聖剣の鞘の存在を聞きつけた白塗りのエルフがちょっかいをかけてくるのをどうするか。
 果たして、PCたちの選択は―――――……。

 以下にキャンペーン用のキャラクターを用意しておきます
 あくまでも一例ですので、GMはこれに縛られることなくキャンペーンを進めていってください。
 英霊と召喚者のデータは存在していますが、アルトリウスを除き、誰がどの英霊を召喚したのかは決めていません。
 物語の展開にあわせて、GMが自由に組み合わせていくと良いと思います。

.



5273◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 17:54:15 ID:orw54djQ

■NPCデータ

                       ∠´ミヘヽ、
                    _‐''".‐'"`   \` -
                    i// /´ ̄``‐.._  \ \、
                    ヾ/\     \  \ \、                         __
                    _,ヾ; iヾ_       \   \\ヽ、                     --- /⌒\
                   /: : :i i l`` .、  /!   \    \\ヽ、           __ / __  -=ニニ>、   \
                 ヘ /: :: :丿 .i ゝヽ ヘ/ ;!     `‐.._   \\ゝ、.     /⌒/         ∨/  \
                ト、∨: :ノ  .i  ヾ v ;       \\ \\ .i、..   / i/ /⌒ > 〈〉 < \V/   \
                |;:ヽ: : ゝ ヘ .i //   i         〉、 \\\~`ゞ ′ | / . :< <>   <> >: /V/   \\
                l´ヽ:::ヾ  ヽヘ.i,// '"/,, i:          〉  \\ \...:: . |_/ . :/:{\ 〈〉 //}/`ーV-  : \\
               〉. : i; :`、 、 、Y 〈./ ./l i !          `i  \\   i: . | :i: /}/{ : / ̄ )/ィぅ芥Ⅵ  .: i、 \\_
.            ,i :: :|::i;: ト i .゛  ヘ , ,//! | !                     |: . | :|/-‐'八(   〃乂ツ 八 . : |. ∨ ¨⌒
           | :: : |::i:: !:ヽ ‐.. ^ .//.::i ,i ;                       |: . | :|ィぅ笊ぅ       ' ' /. :/  |\〉
.        _..-‐'": :: : .i:.ヽ.i::::.\ヽ ,:'/.::::i,.' ./                     |: ./:|:.Ⅳ 乂ツ i       ノ:/    |\〉
.       ,'". :: :: :: : i:..ヽ::.ヽ::::::::::.Y.::::::;; ' ; iヽ                 , /{:八 乂 ' '      _  ⌒i     |: 、〉
.     _..- '‐-  \   i:. ヽ:.ヽ::::::::::::::::;'  //、                     ノ/ 八: . /込 u    ′    |     |: 人
..____,'. :: :: :: :: : \ .\ . i:...ヽ:.ヽ:::::::; ' , ' :: :ヽ、`ヽ,、              ⌒´  |\( . :|_:::...     /|    /〉: . }
゙:´: :\: :: :: .    \: ;ヽ ミミ .\;ゞ´ , //  ノノ `-.._             |  \. :| { ̄≧=- <--}     / |: . .八
      `    \   : ;: ; ;`゙''''´   " _,,,.. ‐''"   /: :`/ゞ、         __|    . :| {.: .: }:i:i:i:} {:i:i:i:i}   ' 八/、_____ __
.            \  : ; : ;: ;.. ----‐‐‐ "      /´: : // ヘ ヘ  〔ニニニニ|   . :|r<ニニニニ=-}   / //<ニニニニニ〕
...   ヘ          : ; : ; : ; .      _..‐''": :__..‐"人‐--.   /   ̄ ̄〈|   . :|}ニニ∧ニニニニ八 ∧// ∧〉  ̄ ̄ ̄  \
.ミ     \         ゝ: :: :: :: ;   / : ;: :; :〉-‐´  \..../         |   . 八ニ∨ニ/ニ/  /:i:iV /   ______    \
  ヽ∠    、       ‐    _..‐''"  / / .!ミ‐--  / 〈ニニ=───  |  . /ニ=-\/-=ニ/  /:i:i:i:i:V/           -=ニニ〉
゙-ゝ       ヽ         ̄   /  //  ゝ匚|ー--...\  -=ニニ∧| . :/ニニ=-/-=ニニ'  ∧:i:i:i:i/___       -=ニ/
.-.._____        ヘ 、,.. -‐ ",,.. '"   / ノ   i  i   iヾ..\ _-=〈i::il  /{ニニ=-/-=ニニニi |//∧:i:/_   \__-=ニ/
_:: :: . ヘ                  / /    ,|ゞ、    ゞ..../`ー─ ∨l ' \ニニ{-=ニ/ | |    Vニ\      \/
_:: :: : : . ―==≡..._____/ ̄   ``     i:::::冫!  厂..._/  _ _/| i、_  \〈〉/   | |  / ⌒\\ ___    〉
.: .. :: : : :  ; : ; :: ::  ; : ;: : : ; /..__       //::/  ̄‐-. └/ニニニ=-/| |:i:i:>-----  ___| |_/  、 \┘-=ニニ\_/
.゙: . ; : :/=/ヽ、;/ヾ´ヽ: :; :^i: : /´三二ニ =  ヾ//i:::/ _.._      //ニニ/__/| 八/:i:i:i:i:i:i:i:i:\:i:i:i:| |i:i:i:\\\__)ニニニ\{
_ :: -‐''"     八  ∨  Y   ゝ     !    !//  ヽ、..゙rくニニ/:i:i:⌒:|/ニ=‐ __:i:i:i:i:i:i:i:i:`:i:| |:i:i:i:i:i:\_)┘:i:iVニニニ\
...゙|    _‐''‐' i::::冫-::..      ヘ ヘ    !  〃i /-:.._..   |ニニ/:i:i:i:i:i:i:i/|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ニ=- _:i:i:i:i| |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ:i:i:i:ハ-=ニニニ}


●人の精霊たる賢き戦士の英霊:かつて在り、やがて来たりし剣の王 アルトリウス
 ブリテンの伝説に語られる、かつて在りやがて来たりし剣の王、アーサー王その人です。
 アーサー王の物語は複数のパターンがありますが、ブリテンを守るために戦った高潔な騎士としての要素が強いです。
 主君である召喚者に忠誠を近い、召喚者を守るためにその剣を振るうことでしょう。

 容貌についてですが、甲冑を纏った騎士です……が、精霊はほぼ例外なく召喚者とその周辺の影響を強く受けます。
 具体的にはPCの中に日系人か、オタクカルチャー系知識技能を保有する者がいれば、無条件で美少女が現れます。
 この事を指摘されたアルトリウスは『何故か2004年頃からこうなんだ……』とひどく落ち込みます。
 日本人は世界中の英霊に対して酷いことをしたよね。

 アルトリウスはF10の人の精霊(P310)として扱いますが、自由精霊であり、いくつかの特殊なパワーを有しています。
 また自由精霊ではありますが、召喚者が死亡した段階で元の次元へ送還されます。
 この英霊が消滅、あるいは送還された時、願望機のFは10上昇します。

・能力値
 【強】11 【敏】10 【反】12 【筋】8 【意】10 【論】10 【直】11 【魅】10 【魔】10
 【エッジ】5 【エッセンス】10
 イニシアチブ:22+2D6
 アストラルイニシアチブ:20+3D6
 コンディションモニター:14

・技能
 霊視、アストラル戦闘、知覚、刀剣、エチケット、交渉

・パワー
 アストラル体、隠蔽、強化感覚(低光量視野、熱映像視野)、守護、感化、物質化、知性、捜索
 恐怖、移動、念動、元素属性武器(刀剣)

・元素属性武器(刀剣)(DV:10、P、AP:-5、日光・紫外線と同様の効果を持つ)

・利点と欠点
 刀剣技能のDPに+1
 不名誉な行動や礼儀を失した行動ができない。した場合、償うまでFが-1される。

・英霊の助力
 英霊は、召喚者に対して3回の助力を約束しています。
 英霊はその性質、メリット・デメリットに反しない限りで無条件に召喚者へ協力しています。
 加えてその範囲内であれば、助力を行使せずとも戦闘には参加してくれます。
 ただし戦闘一回につきドレインが発生しますので、これに抵抗する必要があります。
 召喚者はこのドレインを拒否する事も可能ですが、その場合、英霊のFは1ずつ低下します。
 また召喚者が助力を行使した場合、強制的に英霊へ命令を聞かせる事ができる他、
 1回につき1度だけ、英霊がエッジを使用できるようになります。


.


5275梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:55:32 ID:3bowgN+1
なんでやろなぁ(棒


5276梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:55:50 ID:zPFoLSH1
アーサー王「なんか世界中で女とかネガ広告されてるんだけど???」


5277梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:56:09 ID:ww0rWjvk
美少女召喚条件ゆるすぎて草


5278梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:56:26 ID:ePO6IyFQ
う~むアルトリアさんw


5279梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:56:51 ID:f/xNqMxN
ひどいことをしたねw


5280梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 17:57:13 ID:0sUIH0ev
>>5276
うっかり歴史に名を残すと恐ろしいにゃー


5283◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 17:58:28 ID:orw54djQ

                                                  _..斗zァ
                                   _r=≠=‐-...   _...   .。<>‘´
                                  r'ェ_>´⌒゙ヽ:::::>'"´ ,.。<>‘´
                                〃 ̄::::::::::::\::ヽヽ:ノ:〉⌒)_ノ               .-‐- .
                              /::::i:::',:::::::i._厶:::∧∧>'"  }                  /      ヽ
                          -‐=/::j:::廴:ヽ:::i ィ弐::::::i::::i! l田ヨj                /..::-‐=≠=ー- .
                               i V∧弐\i `´ i::::!::::i_レ‐'´              /::: ´          ヽ
                    _     __.     _  V∧ '      !:::i:::/:::::::\   。x<二≧x。 /::/ .-―‐ ...._
                   / >。./  >。../  /  i:::::i\ ー ´ /::/ノ-‐z:::::: \ {       /:://   .-‐=≠=‐- .
                  /      `>。.._    ∧.  V:::!r} ><‐レ'{   人:::::::::::≧ー===‐≦::_/ー-‐'"__     ヽ
             \/゙'<     ./ .     ∧     }i <ー‐'゙"∨/  ≧ー-、::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ̄     `ヽ    }
                 /  /`゙'<..._/     ./ /   _.ノー人__人 V   /  .∧::::::::::::::::::::::>'i´          \
                \/`゙'<.._/       /  /_    _ V∧       \}^〉-―'"  ー―z ______________
               /              / ./   ゝ‐'"´ .   V∧∨   r‐='" .}   { ̄ ̄}   __________   i {   }
                 /              /.〃     ,′   i   } .} \::::::: {   >'∨ .! .  |   {  ________  }   ! .j   |
             /    ./         /  {     {     i  .j .j  .':\_ノ.< .>ヽ{__}ー‐.{__________ .} r‐、{___.}
               /    ./         /  .人_   _人   .j /_..人/:::::::: \_>'゙.//.∧    >―――――――――――< \
              ./    ./         /  x<:不 ̄ ⌒ ̄{ ̄ ̄ 二ニ}::::::::::リ \////.∧  /     __________
           人..\./         /.。<::::::::::::Vi`゙丁"´ ‘ー‐r‐/  {:::::::::::::/ i::::::\,´//∧/ \>'"!   i   i   i   i   i`>ニ=-――x
              V_∧ /     _..。:<::::::::::/::::::: }j /!____! .{  V::::::::/  .i::::::::::∧://:∧.__  i  jY⌒Y   i  y--、   i!  .( ( (      _.(__.)
            ./ /_.〉....。:::≦::::::__::::::::::::/::::::::::ノ/ー‐' l .゙ー‐i j   ∨ /   i::::::::/ ∨//∧/. j  i乂_ノi!   .i (   \ i  =ニ二} ̄
           / / /_〉 ̄../:/^}_ノー、 :/:::::>'´z/  _ l!    .V∧>'゙: :⌒ヽ i::://  .∨//∧  j  i   i   i  >x.._○ i__}_/}ー--、
.          / / / /  /::::::{/ r‐‐}-r‐'"´//~: :゙ー' ._ `>‐=≠'´: :: : :: :..:.:.∧j:::/     .∨//∧ー― L__.jー‐ └―――    .< .}    .\
         / / / /\../::::/人{ ノニ) ヽ.//./ }_: :Y   Y: :: :: : y'´⌒ヽ: :: : : : 〉/     ∨.//.;ー――――――――― ''"゙´  !    j     .∧
        ./ / / / /./:::://::::::`ー‐‐'" ̄ {_ノ/ jヽ乂 .ノ: :: :_ {  .ii  }_>'゙V       i////,                      i     ノ__...r‐'
       / / / /  ヽi::::/ i:::::::i::::::::::i::::::::/ー'  i    ̄_/  乂_ ii.ノ∨    \      }.///.∨ ____             _.>'゙´  _>'゙
        / / / /    .i:/ .i:::::::i::i::i:i:/::/ /   /   i   i   ',   ii∨       \    i.//// V__       `>.._ ...>'゙"´i  i>`"
       ./ / / /    / '   .V:::::V/// . /   /   .!   i    ,  ‘,:、         \  /    .ェ }____  ∧_>'"´  .!.  j_
      / / / /    /         /  .ノ>'"⌒゙ー-=._  j    i   \\         ヽ V {\ヽ_j~        >.∧      /  ,′!
.     / / / /    /        ./   /  ノ。<  ̄ `>。`<    i    .ヽ \       ∧ ∧_i  ゙ー' ――――- . _ ∧    i   ,′.j
    / / / /    /       /     〉  }   ___   \‘ー=≠ニ二_ニ=-.\    /   __      __   `∧    }  ′ !
   ./ / / /    /     ./      \〈  ///////`゙ヽ i_.∧      ノ三ハノ∨   /  }  {   .}    {    }ー / ∧  ./  /  ,′
  / / / /    /∧      {        ∨///////////∨  ̄〉ー――‐'-‐'"´   i  ノ  j  .i    !    iY⌒Yi  .!  ∧ ノ  /   ′
   7_/ /    /  ∧     .i           ∨///////////',   ∨           } ( V  i   iv⌒v!_   i乂.ノ !  i   /.)/ ../  _/
    /_/    / .   /     i            .∨//////////.i   ∨         ..>{  V\.i!  {v⌒vj i   ji    i! i ///    /
       〈   ./     j∨           ∨/////////.j.    \... -‐ '"´/.//j.  \ ー |  |.i i _ ii゙ー―'ij―'´⌒/  / ./
.        /∨ /       V∨            ∨//////// i     ∨///////// i<  ∨ー-.|  | ̄ i  ー――'   ./  / ./
        . / /∨        ∧ \.          ∨.///////.i     ∨ // ///// ', `ー-∨ .!   |   |         / ./ ./
        / /. ∨        ∧  \          ∨//////∧.       ヽ////////∧    ∨ |  |   |        //  /


●汚染された火の精霊たる軍艦の英霊 大日本帝国海軍連合艦隊旗艦 長門
 願望機を巡る特殊な儀式魔術によって召喚された、第二次世界大戦中の戦艦の英霊です。
 竣工当時は世界最大・最速・最強の戦艦であった、大日本帝国の象徴とも呼ぶべき存在です。
 しかし戦争中盤にかけて旧式化し、度重なる損傷と燃料不足から、半ば放置される形で終戦を迎えました。
 その後は米軍に接収され、クロスロード作戦において二度の核爆発に耐えた後、誰にも見られずに沈んだと言います。

 この長門は戦艦の意匠を取り入れたような装束の、日系人の少女として顕現しています。
 おそらく船の擬人化表現として女性が用いられることと無関係では無いでしょうが、原因は不明です。
 汚染されたことで破壊衝動が強く生じてはいるものの、その作られた目的から、人を守る事を是としています。
 もっとも現在の彼女がどれだけ周囲の状況を認識しているかはさだかでなく、もっぱら召喚者の指示に従っていますが。

 長門はF10の汚染された火の精霊(P309)として扱いますが、自由精霊であり、いくつかの特殊なパワーを有しています。
 また自由精霊ではありますが、召喚者が死亡した段階で元の次元へ送還されます。
 この英霊が消滅、あるいは送還された時、願望機のFは10上昇します。

・能力値
 【強】11 【敏】12 【反】13 【筋】10 【意】10 【論】10 【直】10 【魅】10 【魔】10
 【エッジ】5 【エッセンス】10
 イニシアチブ:20+2D6
 アストラルイニシアチブ:20+3D6
 コンディションモニター:14

・技能
 霊視、アストラル戦闘、回避、特殊射撃武器、飛行、知覚、素手戦闘

・パワー
 事故、アストラル体、混乱、元素属性攻撃(放射能)、エネルギー・オーラ(放射能)、
 包み込み(放射能)、物質化、知性、恐怖、守護

※放射能属性ダメージ
 放射能ダメージは身体ダメージとして扱います。
 この種の攻撃に対して防具は効果がありませんが、対放射線スーツなどならば有効です。
 急性の副作用として軽度の放射能中毒があり、これは悪心、頭痛、失明が含まれます。
 受けた放射線の量が増すにつれて、これらの症状はさらに悪化していきます。

・弱点
 アレルギー(水、重度)

・利点と欠点
 特殊射撃武器テストのDP+2
 誰かが心から助けを求めた場合、これを断れない。断った場合、償うまでFが-1される。

・英霊の助力
 英霊は、召喚者に対して3回の助力を約束しています。
 英霊はその性質、メリット・デメリットに反しない限りで無条件に召喚者へ協力しています。
 加えてその範囲内であれば、助力を行使せずとも戦闘には参加してくれます。
 ただし戦闘一回につきドレインが発生しますので、これに抵抗する必要があります。
 召喚者はこのドレインを拒否する事も可能ですが、その場合、英霊のFは1ずつ低下します。
 また召喚者が助力を行使した場合、強制的に英霊へ命令を聞かせる事ができる他、
 1回につき1度だけ、英霊がエッジを使用できるようになります。

.



5286梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:01:15 ID:zPFoLSH1
船は女だからシカタナイヨネー


5287梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:02:05 ID:ePO6IyFQ
放射能属性は厄介だな。


5291梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:04:06 ID:8Aw0/9Ew
船なのに水アレルギー…


5289◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 18:03:04 ID:orw54djQ

 {  {   / ∧  彡          /川=:{ニニニニ{ニニニ二二二∧\       ,- 、 ∧
、  ー´ /  > 彡从从从从从从从{川二{ニニ二:ヽ、)ニニニ二二二}二\         }   }
  \_  /´ \彡彡从从从从从从{|∧:二:}ニニニニ}{ 人ニニニニ二}ニニ: ̄ `ヽ、 ノ  }         , -
    /{彡    \从从从从从从从{二{:二:{ニニニニY´:二: ̄二二二{从从从\:ニ:\  /        / / ̄
 /{彡 \彡从从从从从从从从从从{二ヘ二\ニニニニ}=:}二ノ::ニ::人}从从从从\:二:\ノ        { {
/彡\从从\从从从从从从从从从从}二}三≧\:ニ二:川≦_:二:{二}从从从从从ニニニ:}           \\
/彡彡 \从从\从从从从从从从从从{二{三三ミ \川川/彡三ミ }/从从从从从从从从\ _
\彡彡彡 \从从\从从从从从从从从{=:{/川三ミミヽ.川川/彡´三ミミ}从从从从从从从从从} \二二ミヽ、
ニ\从从从.\从从\从从从从从从从{=:{:二:ミ, -、 .}川川///,-、 ミ}从从从从从从从从从从  \  \\ /
二二\从从从.\从从\从从从从从从{ ∧::ニ::{\}彡ノ人{:二:{/ }二//从从从从从 /ニニニ二二二` ‐- _ /
ニニニ\从从从 \::ニ:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ } Χ\__ ̄彡{三三\  ̄ //ニニニ二二/ニニニニニニ二二二二\
ニニニ二二\从从从 \ニニニニニ二二二Χ }ζ{  ̄ : : }三ニ{ : :  ̄ .//}ニニニニ/ ̄ ̄\ニニニニニニニ二二
ニ二二二二\ニニニニニニニニニ二二{{ }}| |.: : : :./: : : : ∧: : : :.{ {ノニニ二:/ニニニニ二:\ニニニニニ二二二
ニニニ二二二/ ⌒ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: } {: : : :/: : }ニ{: :.|: : {: :{ニニ二:/ニニニニニニニニ\ニニニニニニニ
ニニ二二二/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /: : :./: : : :}ニ{: : :.} {: : \::ニ::\ニニニニニニニ二 ̄ニニニニニニ
ニニ二二二/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /: : :./: : : :/ニミ: : ∧ \ : : \二:/\ニニニニニニニニ/ニニニニニ
二二二二/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /: : :./: : : :/三ニミ: : ∧,- \: : :.ヽ    \ニニニニ二二/ニニニニニ
二二二/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /: : /: : /-―- 、: : :.∧   、: : }     \二二二二/ニニニニニニ
::ニ::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: { /: :/: : : :/ }: : : :{  \: : :.\  }: : :.}      ` ー- 、ニニニニニニ
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : レ: : {: : : :/  {: : : :{ \.: : : : : :.\: :ノ            ∨ニニニニニニ
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : {: : :.{.: : :.{  {: : : :{ ∧ }`ーi- 、: :\             ∨ニニニニニニ
     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{: : :.{: : : :\ .∨ ∧} } }  |/ \: : :.、            ∨ニニニニニ
       :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }: : } \: : : : ̄∨: ∧´ノ ,-‐-、  }: : :.}             ∨ニニニニニ
        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∩:::: : } ∧ \___∨: :∧/ /⌒レ  .} : : }             ∨ニニニニ
         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_ノノ: : \\/   ∨: :∧ \___ノ: : :/                 ∨ニニニニ
           ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄´::::::::::: { {     ∨: : }\___ノ                ∨ニニニ
            ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   `ー-、 __  }: : :}                       ∨ニニニ
∧              :::::::::::::::::::::::::::::::::::      ノ {   }: :/                         ∨ニニ
∧ i {            :::::::::::::::::::::::::::::::::         \二ノ                          ∨ニニ
二∧ ∨\}) Y /     :::::::::::::::::::::::::::::::::      ヽ                               ∨
二∧\  } /  /    :::::::::::::::::::::::::::::         \/                      _              ∨ニ
二}\:ニ:∨/  { /{      :::::::::::::::::::::::::::     _ -‐ .\/               {⌒\           ∨
二}:ニ:\_ノ   {エ{      ::::::::::::::::::::::::         / \                   {   \{ ̄\   }\}\
ノニニニニ二川 {エ{      ::::::::::::::::::::::         \ _ \            ノ     }   \ }ニニニ:
:人ニニニニ从 人=:\_    ::::::::::::::::::::::::: /:二:\    /⌒ ̄ ̄`ヽ人       /人    ノ      }ニニ
ニ二:ー´ニニ二:\   \_ 人:::::::::::::: : /ニニニニ\   人____ノ二\___ノ::ニ::\__人___ノニニ
ニニニニニニニ二 ̄ニニニ二二二二/彡ニニニニミ \:ニ:\ニニニニ二二\ニニ二:ー´ニニニ二二_ノニニニ
\_ノ 人ニニニニニニニ二二二/_人ニニニニニニニ二二\_ノニニニニ二 ̄ニニニ二二二二人ニニニニニ

●水の精霊たる鮫の英霊 海神 ダゴン
 願望機を巡る特殊な儀式魔術によって召喚された、古代の海神の英霊です。
 長い歳月を経て伝承が変化していったため、その正体ははっきりとわかっていません。
 このダゴンは恐るべき、そして荒ぶる魚の神としての姿を取っています。
 ――いえ、果たしてこの怪物をダゴンと呼んで良いのかすら、さだかではありませんが。

 その態度は慈悲深くも寛大ですが、それは海を統べる者としての傲慢さと、人間への無関心から来るものです。
 召喚者が自身を信奉しているから助力してやろうといった程度であり、それ以上でも以下でもありません。
 逆に言えば召喚者が望むのであれば、如何なる暴虐であろうと躊躇せずに実行します。

 ダゴンはF10の水の精霊(P310)として扱いますが、自由精霊であり、いくつかの特殊なパワーを有しています。
 また自由精霊ではありますが、召喚者が死亡した段階で元の次元へ送還されます。
 この英霊が消滅、あるいは送還された時、願望機のFは10上昇します。

・能力値
 【強】10 【敏】11 【反】12 【筋】10 【意】10 【論】10 【直】10 【魅】10 【魔】10
 【エッジ】5 【エッセンス】10
 イニシアチブ:24+2D6
 アストラルイニシアチブ:20+3D6
 コンディションモニター:14

・技能
 霊視、アストラル戦闘、特殊射撃武器、知覚、素手戦闘、水泳

・パワー
 アストラル体、隠蔽、混乱、包み込み、物質化、移動、知性、捜索
 恐怖、事故、接着、元素属性攻撃、エネルギーオーラ―、天候制御

・弱点
 アレルギー(中央に燃える瞳のある五芒星、重度)

・利点と欠点
 特殊射撃武器ダイス+2
 ダメージを受けた場合は狂乱し、攻撃した相手を殺す事を最優先する。
 他の行動を取る場合、相手を殺害するまでFが-1される。

・英霊の助力
 英霊は、召喚者に対して3回の助力を約束しています。
 英霊はその性質、メリット・デメリットに反しない限りで無条件に召喚者へ協力しています。
 加えてその範囲内であれば、助力を行使せずとも戦闘には参加してくれます。
 ただし戦闘一回につきドレインが発生しますので、これに抵抗する必要があります。
 召喚者はこのドレインを拒否する事も可能ですが、その場合、英霊のFは1ずつ低下します。
 また召喚者が助力を行使した場合、強制的に英霊へ命令を聞かせる事ができる他、
 1回につき1度だけ、英霊がエッジを使用できるようになります。

.


5292梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:04:40 ID:f/xNqMxN
いあ!いあ!
召喚者「美少女じゃないナンデ!?(SAN値を崩壊させつつ)」


5293梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:05:13 ID:ePO6IyFQ
あわお....


5294梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:05:48 ID:zPFoLSH1
シャークさんのSAN値直葬コンボだ!


5295◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 18:08:26 ID:orw54djQ

                    ,. '"´ `丶        ,:'"´ `丶、              fヽ
                   ,.:'      ;        ゙、     ヽ、            | |
                  , '       ,.:'         ヽ、      丶        | |
                , '      ,.:;′           `; :、     ` 、        | |
              , '      ,.:' ;.              .;  `、      ヽ      | |
           _    , '       ,.′ ;.              .;    ':,      ` 、   | |
        / |  , '        ,′  ;.              .;     ';       ヽ   | |
         | | ,:'         ;'     ;   /)          ;     ';       `、 レ'乙__
         | |,:'          ;'     ;.  // /)       , '-─/────--- '´  =ニニ’|!j|
        | |         ;′     ; 〈〈/ く,__   /   〆-‐─ァ   __,、     =ニ二’ ljリ |l|i|
          ,| |       .;′     ';__ ゝ'´     ``く\ /    (´ ̄';     \__ <¨ ̄´/¨ jljリ
.        ;' | |      ;'       //      __  YY        \ '、    ∟ト┘rj.厶ィ´¨
.         ,′| |      ;'    / /     ィ !ハ.k  `ヽ |ヘ、  <ニー-、\';    匸ト宀屯ぅ
       ;'   | |     .;'        // !│什Hト!|ハ --l | ハ   \`ヽ ヽ!';         ';
      ;'   | |    ;'         '´ Y^|'卞Tjト   ィjTネヘ/ | k \ \ \ ';        ';
     ;'   | |    ;'         ヽ| lハ.   ,   jィ’  | | ヽ. ト、 \ ヽ;          ';
     ;'  ,  | |   ;.          /| l !l\ ー‐ //l   ! !  Y | ヽ、ヘ ;       、 ';
    ;'  ;  | |    ;           ハ | | !l k.` ーイ│{    l l   |│   Y | ;        ', ';
    ;'   ,'   | |    ;        /  ヽ| | !l | \_/ l |    !|  l |   V :,        ', ';
    ;'  ,.;'   | |    ;        /    | | ヽレ<__>、| ヘ    リ   l |     ;            ';、';
    `''´,:'    | |   ;    /      ハ.!   ,イ |     }ーr-、   l/     ;           ';`゛
     ,:'     | |   ',   ∠ニ _‐- 、 / ヽ   |│|   ∧7 X >、       ;'          ';
   .;'      │ |     '、 \ / `ヽ Y      │l! |  ∧/X∠ニ-`┬¬   ;'             ;.
    ;'       | |   r辷 T7   /_,)′    | ハ v〈 厶ニ工±ヱ二|   ;'            ;.
   ;'       | |    | ┼リ′  ハ        | | ヘ Yニ7T¬十‐ r ┼| ,:'            ;.
  ;'       | |   ';|ナ7   / X ゝ、______| レヘ.∨ 士二仁工.工¨7             ;.
  ;′       | |   'Y/   ∧,ハ/二7ニ广「 ハ Vヘ〉、`く `メ、 メ、 ハ/               ;.
  ;        | |,   /   ∧/ `7 ー/- ハ ┤+ V∨Xヘ. `くヽ/ヽ∧/                 ;.
  ';          | |';   /   /、/ヽ/二/- 厶凵 +ヘ 乂_Xヘ、 \X. >'                  ;.
  ;'         | | '; /   /   >' ニ/ ‐/‐┼ | 十 七´YヽXへ  Y′                 ;.
 ;'          ∟|,ノ   / '; ト¬厶之二廴L.辷土ェ匕斗宀\/                  ;  ';
 ;   ;       レ'´    /   ';   ; |.       |.|     │ ,:′                 ; ;   ';
 ;   ;、liハ   〈,    ハ     ';`'′│     ||      |´;'   ;'                 ;`'゙;   ';.
 ;   ;ヘYlト、  Y , ィ r′';    ;   │      l|       | ;   ;'                ;  '、   ;.
 ;   ; Y!llト、  ‘「¨|┘   ';、  ;     l      l       │;  ,:';                ;   `、  ;.
 ;    ;';  ‘べ、n | | 、   ; `'′  ,ヘ     │    │ `'’;'                 ;   `'゛
 ;.   ; ;    ';`り | | ;';   ;    /  ヽ     ノl       |   ,:'   ;'            ;     ;
 、  ;' ;.    ,⊆≧廴| ; ';  ,'     /ヽ     / |    │ ;'   ;';             ;    ;
 ヽ ;' ';   `;¨;´ 匸j '; ` '′  /  ` ーァ'´   |      | ;'   ;' ;.      ;'    ;' .;    ;.
  `'  ;.   .; ';     ;      ,'     /     l      | ;  ,:' ;   ;′;'    ;' `' ;     ;.
     ;    ;  ';   ;    j    /         |、__,ィ ` '´  ,'   ;' ;'    ;'   ;     ;.
     ;    ;  ';   ;     |f ⌒i{       |    |     ;    ;'`'゙;    ;'   ';   ;.
     ;     ;   ;.  ;     |ヒニニl|        |     |     ;   ;'  ;     ;'     '、  ;.
     ;.    ;   ;   ;′   |l   l|         l     !     ;   ;'  ;    ;'     丶.,:'
     ;    ;    ` '′     k`ー’|         |   │    丶,:'   ;   ;'
     ;   ;'           ヽ= '’        l    |           ;   ;
     ;  ,′                   │  丨         ;  ;'
      ;.  ;'                     │   |           、 ;'
     ` '′                      jィ'⌒k{             '′
                            |七ニゴ{
                             | l   l |
                              | ヽ__ノ |
                              k、__,.ィ!
                            `ー--‐'


●大気の精霊たる鴉天狗の英霊 九郎判官 源義経
 願望機を巡る特殊な儀式魔術によって召喚された、中世日本の武将の英霊です。
 兄の願いを受けて敵対勢力である平家と戦い、これを討ち滅ぼしたことで知られています。
 ですがその戦における無作法や、政治への関心の低さから疎まれ、兄によって討伐されました。

 英霊として召喚された源義経は、黒髪の日系人の少年――いえ、少女として現れます。
 きりっとした表情をしており、受け答えも明確ですが、基本的に主の敵を倒すことしか考えていません。
 彼女にとって以前の失敗の原因など考える意味もなく、とりあえず敵は隙を突いて最終的に全員殺せば良かろうなのです。
 そのため何を言われても気にしませんが、力強い容貌でないことは気にしており、変に女性扱いをされると激高します。
 なおアルトリウスや長門とは異なり、生前から女であった、と主張しているようです。

 源義経はF10の大気の精霊(P309)として扱いますが、自由精霊であり、いくつかの特殊なパワーを有しています。
 また自由精霊ではありますが、召喚者が死亡した段階で元の次元へ送還されます。
 この英霊が消滅、あるいは送還された時、願望機のFは10上昇します。

・能力値
 【強】8 【敏】13 【反】14 【筋】7 【意】10 【論】10 【直】10 【魅】10 【魔】10
 【エッジ】5 【エッセンス】10
 イニシアチブ:24+2D6
 アストラルイニシアチブ:20+3D6
 コンディションモニター:14

・技能
 霊視、アストラル戦闘、刀剣、特殊射撃武器、知覚、ランニング、素手戦闘、虚言

・パワー
 事故、アストラル体、隠蔽、混乱、物質化、移動、知性、捜索、元素属性攻撃、
 エネルギーオーラ、守護、念動、飛行、元素属性武器(大気,刀剣)

・元素属性武器(大気,刀剣)(DV:10、P、AP:-8)

※全力疾走する場合、移動力は1ヒットあたり10m延びる

・利点と欠点
 無跡歩法を2レベル分取得、虚言テストに+2
 誰かの不運や弱みに付け込まずにいられない。我慢した場合、悪戯を仕掛けるまでFが-1される。

・英霊の助力
 英霊は、召喚者に対して3回の助力を約束しています。
 英霊はその性質、メリット・デメリットに反しない限りで無条件に召喚者へ協力しています。
 加えてその範囲内であれば、助力を行使せずとも戦闘には参加してくれます。
 ただし戦闘一回につきドレインが発生しますので、これに抵抗する必要があります。
 召喚者はこのドレインを拒否する事も可能ですが、その場合、英霊のFは1ずつ低下します。
 また召喚者が助力を行使した場合、強制的に英霊へ命令を聞かせる事ができる他、
 1回につき1度だけ、英霊がエッジを使用できるようになります。


.


5296梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:11:07 ID:ww0rWjvk
うーん、この頭鎌倉武士


5297梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:12:22 ID:f/xNqMxN
こっちは生前から女性タイプか


5298梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:13:24 ID:ePO6IyFQ
欠点が地味にきついな。


5299◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 18:14:58 ID:orw54djQ

                                ∧     /(
                     , }{    / ハ     { 'イ       .イ
                  )\     {し' ゙.    \/     } {      / }   ,
          ヾ\  {   }   .ィ ヽ  {  ,r'´   `ヽ  _j /   }ヽ  .f゙ /  /'
              ヽ ゙i ヽ .{   / (  } ヽ,ィ:>┐ ┌イ≧ュr-、  / {___ノ f゙ ,r'゙ /
            } ヽノ `¨´  ゙.ヾr ^'{////,|  |'///∥  : :      `¨  {
            |         } 、 ∨///|  |///∥  ! .、        ,
                l         ,'  ト  ∨//,!   |//,∥  ,l .}      /
             ヽ.       {.  |ハ  ∨/,|  l//∥  /,{. j     ,r'゙´
              \      ゙、 |'ハ  ヾ'」  └‐'゙  /以^v゙     {
                    `i    ヽf-=`-  r=:v:=ヽ      fr===-、 ‘,
                 ,: ,r====、|      弋::::::::ノ   _,,,...r^ぅ:::::::::::} :
                     { {::::::::{ 7`¨|'ハ_''ゥァ:、-.ァr'‘-'ノ~i! {::::::::::/ ,'
                 廴乂:::::::j{   {ヾ三三ニ|::|ニ三三7}{ トー‐'一゙
                  _>==ィヘ  .i/|`ー-ヾ|_|/-一'゙∨ ゙.-‐≧
                        ///| | ゙、/i /! ハ ト. |∨: : V^ヾ)
                    {r'^ァ/--\.|' .! ,' '. | .∨-‐_,,.^マ:.、
                         //: ̄: ̄:\レ__゙.|_,/ ̄: : />:ム
                      __//ヽ.:. ;__: `---- '゙_,,.. -‐彡'゙ ヾ)
                   r':/_/`''‐-= ...___,,.. -‐''".: : :.∥\     __
           ,r=≦≧ュ_,ノベ: : : : : {: : : : :} : : _: :/{{ : :\.,ィ≦ト、/,ヽ
          ////ル''"´: : r≦≧ュ : - : -゙ :、 : /: : :(:、___) ,ィツ.: : : : : : ヾV/,’,‐- ._
      _,. :´ ̄:{//,i'/: : : : `¨:¨ヾ´: : : ,. -- く : : : ・´ ̄,ィジ: : : : : : : .}:}///!: : :rz、il:>、
    イ/,} : : |//,|{ : : : : : : : `: ー-{ト-=-イ}-一 ´: : :.{{: : : : : : : : |!'//,| : ヾミハ {心、
  ,ィi´: ;!/,{__: : :|//j } : : : : : : : : :`ヽ`:¨:¨´:´ : : : : /ハ:、: : : : : : : : :} {__j! : : : :㍉、`ヽ
/シ ,.イ/rミハ   ヾ=イ: : : : : : : : : : :  }': : : : : : ∥ ヾ:、 : : : : : :.`ー ' : : : : ヾ㍉、}
 ̄ ,.イジ: : :マム-、 {/,): ,ィ≦>、 : : : : : : : |! : : : : : :{{ : r'::} : : : : : : ', : : : : : : `¨i{
≦ジ゙: : : :`i/ル' /∥ ヾ///リ : : : : : : : ,i! : : : : : .「::] /Y゙ : : : : : : : :、 : : : : : : : ゙、
''´: : : : : /∥ /∨  }/,{´ : : : : : : : ハ : : : : : `´ `´: : : : : : : : : 、 : ー-: : _: _: }{
 : : : : : {/,{ .{/{   {/{ : : : : : : : / :、 : : : : : : : : r'^≧ュ、 : : : :  | : : : : : : : ヾ,-、
 : : : : : |/,ハ ヾ/\ \\ : : : : : : / : :ヽ : : : : : : : ヾ//r'゙ : : :   | : : : : : :>''"´  .\

●大地の精霊たる鋼鉄の英霊 ナルタモンガの守護者 バトラズ
 願望機を巡る特殊な儀式魔術によって召喚された、ナルト叙事詩に登場する最大最強の半神英霊です。
 生まれつき鍛冶神クルタレゴンに鍛えられた鋼鉄の身体を持ち、ナルト族の窮地を幾度となく救い続けました。
 しかし父を殺されたために大虐殺を繰り広げ、生き延びたナルト族へ無理難題を押し付けては処刑したそうです。

 バトラズは鋼鉄の肉体を持つ巨漢の男として現れます。
 一見して気の良い力持ちな好漢ですが、事前に立てた計画を変えたり、誤魔化そうとする事を許しません。
 相手を殺すと決めたら何としてでも殺すべきですし、約束したならば何としてでも達成すべきなのです。
 このように大変融通が利かないため、彼の前で迂闊に何かを請け負ったり決断する事は避けるべきでしょう。

 バトラズはF10の大地の精霊(P309)として扱いますが、自由精霊であり、いくつかの特殊なパワーを有しています。
 また自由精霊ではありますが、召喚者が死亡した段階で元の次元へ送還されます。
 この英霊が消滅、あるいは送還された時、願望機のFは10上昇します。

・能力値
 【強】14 【敏】8 【反】9 【筋】14 【意】10 【論】9 【直】10 【魅】10 【魔】10
 【エッジ】5 【エッセンス】10
 イニシアチブ:19+2D6
 アストラルイニシアチブ:20+3D6
 コンディションモニター:14

・技能
 霊視、アストラル戦闘、特殊射撃武器、知覚、ランニング、素手戦闘

・パワー
 アストラル体、接着、守護、物質化、移動、知性、捜索、混乱、元素属性攻撃、恐怖

・利点と欠点
 魔力装甲を1レベル獲得する。
 一度立てた計画に固執する。計画を変更ないし立てない場合、その目的を達成するまでFが-1される。

・英霊の助力
 英霊は、召喚者に対して3回の助力を約束しています。
 英霊はその性質、メリット・デメリットに反しない限りで無条件に召喚者へ協力しています。
 加えてその範囲内であれば、助力を行使せずとも戦闘には参加してくれます。
 ただし戦闘一回につきドレインが発生しますので、これに抵抗する必要があります。
 召喚者はこのドレインを拒否する事も可能ですが、その場合、英霊のFは1ずつ低下します。
 また召喚者が助力を行使した場合、強制的に英霊へ命令を聞かせる事ができる他、
 1回につき1度だけ、英霊がエッジを使用できるようになります。


.


5300梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:17:04 ID:DatexXaW
オタクカルチャー汚染で全員美少女になっちゃったりしない?大丈夫?


5301梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:19:11 ID:zPFoLSH1
ナルトとは珍しい。チートオブチート


5302◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 18:19:59 ID:orw54djQ

    /∧::V\`''≪///〕iト::::::::`´:::://////////,∧:::::::::::::_、rf〔//≫''´ / //
.     /∧::V/〕iト `''≪////〕iト:////////////∧_、rf〔//≫''´ _、丶` V//
      /∧::V__   〕iト `''≪/////////////////////_、丶` _、丶`/::::/
.       /∧::V⌒〕iト  { fV/////////////////:|///|心, } /._、-''"/::::/
.      /∧::V^\ L :{ |. V|\|\/ト、//////,/ |// :|'/リ // _、-'"/::::/__、ィi〔
      _.....-─〉::V\.\ゝl  i|  |  `| V///,ノ  |i   |「彡/ / .//:::::、丶` /二ニ=-..
..-=ニ:::::::::::::::___V >、.Ⅵ .i|  |  N .f{^\ィi{   |i   | ノ //],/:/   /__::::::::::::::::::
 〕iト:::::-=ニ///////〕iト../ ノ /  〈  ノニニ〕iト|... |i  〕iトミ_,//   ///:::::::::ィi〔⌒
   ⌒〕iト::::゚'+。   `¨´/./   /∧ |/⌒ヽ`i|   ニ=- __  -────- ィi〔___
      ⌒〕iト::゚'+。  { /   /-く.゚。|. (_) }>乂       Ξ _....   -=≦⌒
          \:::::::| |   :f<⌒\ ゝ-.イ / ≧==-r‐=ニ⌒::::/
                \:| i|  |   ゚'+。 `¨¨¨´、+`   : { .//:::::::/        ,、
             ___」 .i|  :|     | `¨¨´ |     | {//::::∠.,,__     //|!
           `''<:::| i| __|     l     l    |__{/::::::>''⌒    / / |!
               `| .i|.⌒ミ==‐-  :  -‐==彡⌒}/        .//ヽ|!
                  ! i| :K¨¨    〈|     ¨¨7「i^「i       _./   ./
.            /^ーく⌒。 i| | 〕ト.    ‐--‐    .ィ(/i|.|..| [\_ -=ニア  /
           { \  V ゚ i| | ||',{::>  __  <  }/ .j|.|┤{ /   /  ./
          j  癶 V| .|ヘ | }} ヽ.: _ :.__.:  ィi〔⌒〕iト:..| [./   / ./',
         / ./   V/| { ∧:. ィi〔⌒゚。  /  _   : : [  .: / V/:.
        _ノ .′  V:!ノ/ :.  \.  ゚。'   / , ァ   }\{/ /     V/,
        j   ′_.   V\ ̄~^'_,ノヽ」L」_/ 〃 ./!  /  / /     ___V.′
        /  / ⌒〕iト  \~^'' r‐ニ二 ..,,_ `ヽ/ / .!イ / /  /    。
.       /  /       /ヽ/{ゝ-- ..,,_ ``  `ヽノ .//./,/       ゚  ,
      /  j'"⌒''< .:<  /i{ `rー ..,_ ``    丶/  .∧  、丶`⌒',.′
     ,    /     `ソ-ニ{八  `¨ヽ ``        Yヽ /. .',/     V/ :.
        /     ィi{⇒⇒\ ゚'+、_,ノ〕iト .._     / /ニ=-_∧        V/ :,
   /   /    、丶`  V〉//>イ    ⌒〕iト ___ノ /{\=-} }ヘ..,        V/.′
.  /   /、-‐''"       \\/           ゝ< {ニ=-//   ̄   ─=ミ
.. /   /´            ィi{⌒                \_/イ          V/ ,
. '    ′        //∧             _,,  {`¨〕iト            V/ ′
     i{        ィi{⌒. .〈           _,,.. -‐ _,,..  }. . . . ⌒〕iト         }i
   . . ゝ--  <. . . . :} . .〕iト .._        __.. ィi〔. . . . . . . {:. ⌒>----=≦    :.

●闇の精霊たる疫病の英霊 アムン神の生ける化身 ツタンカーメン
 願望機を巡る特殊な儀式魔術によって召喚された、古代エジプトのファラオの英霊です。
 悲劇の少年王、呪いの黄金面のファラオとして有名ですが、史実の彼は先進的な王でもありました。
 障害を持ちながら戦車を駆って雄々しく戦い、妻を心から愛し、そして病に倒れて亡くなりました。

 英霊として召喚されたツタンカーメンは、溌剌とした褐色の肌の若者として現れ、杖を突いています。
 彼は死の呪いを振りまく怨霊、英雄的な王、その両方の側面を兼ね備えています。
 誰とでも気さくに話し、第六世界の文化を楽しみ、そして不敬な振る舞いをする者には呪いを浴びせます。
 ツタンカーメンの目的は、彼自身の復讐です。果たして誰が彼を突き飛ばし、死の原因を作ったのか。
 もちろん、そんな人物は存在しないかもしれませんが――……。

 ツタンカーメンはF10の汚染された人の精霊(P310)として扱いますが、自由精霊であり、いくつかの特殊なパワーを有しています。
 また自由精霊ではありますが、召喚者が死亡した段階で元の次元へ送還されます。
 この英霊が消滅、あるいは送還された時、願望機のFは10上昇します。

・能力値
 【強】10 【敏】12 【反】13 【筋】8 【意】10 【論】10 【直】11 【魅】10 【魔】10
 【エッジ】5 【エッセンス】10
 イニシアチブ:22+2D6
 アストラルイニシアチブ:20+3D6
 コンディションモニター:14

・技能
 霊視、アストラル戦闘、回避、知覚、呪文行使、特殊射撃武器、エチケット、交渉、脅迫、地上機操縦(チャリオット)

・パワー
 アストラル体、毒の吐息、強化感覚(低光量視野、熱映像視野)、感化、物質化、知性、捜索
 恐怖、移動、念動、事故、疫病、エッセンス吸収

・疫病パワー
 ツタンカーメンは天然の(つまり魔法的ではない)接触感染細菌ないしウイルスを持ちます。
 ツタンカーメンに接触したキャラクターは、このパワーによって病に感染します。
 この病気は毒(侵入経路:接触、発症速度:1、強度:8、見当識障害、悪心)として扱います。
 毒と異なり病気は丸1日の間持続し、1日経過するごとに病気の強度は2点ずつ増していきます。
 強度が0になるまで、キャラクターは毎日抵抗テストを行わねばなりません。
 抵抗テスト1回ごとに、身体コンディションモニターの最大値が1ずつ減少していきます。
 減少した身体コンディションモニターの最大値は、病気の完治と共に回復します。

※ツタンカーメンの周囲Fm四方は、気温がF度低下します。

・弱点
 アレルギー(日光、重度) 脆弱性(日光、重度)

・利点と欠点
 脅迫テストに+2ダイス、毒の吐息に+2ダイス
 侮辱に対して必ず応報しなければならない。我慢した場合、応報するまでFが-1される。

・英霊の助力
 英霊は、召喚者に対して3回の助力を約束しています。
 英霊はその性質、メリット・デメリットに反しない限りで無条件に召喚者へ協力しています。
 加えてその範囲内であれば、助力を行使せずとも戦闘には参加してくれます。
 ただし戦闘一回につきドレインが発生しますので、これに抵抗する必要があります。
 召喚者はこのドレインを拒否する事も可能ですが、その場合、英霊のFは1ずつ低下します。
 また召喚者が助力を行使した場合、強制的に英霊へ命令を聞かせる事ができる他、
 1回につき1度だけ、英霊がエッジを使用できるようになります。

.


5303梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:20:08 ID:u3Rs2ki2
コーカサス山脈辺りの神話って、まじかよ(ググって初めて知った)


5304梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:21:58 ID:zPFoLSH1
おそらく世界一有名なファラオ。最近はカードゲーム王かもしれん?知らんな


5305梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:23:27 ID:xgEAyvjR
        デュエル
侮辱されたら決闘!


5306◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 18:26:24 ID:orw54djQ

                    _  ___
                    -~::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,
               , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、
              /::::::::::::// 彡//从:::::::::::::::ヽ
             ゝ:::::::::/      |::::::::::::::::::::::',
              ハ::::ハ/  ェ≠≦ミ .ヽ_::::::::::::::::::::!
              レ'ィ≧, ィzタン    ヽ:::::::::::::::::!
               ヽ}fィソ            ーィ⌒v'
               | ./..::               }
                 `            ノ
.               ', t==‐       !7
                ヽ '''''     ..,   ト'
.              __ '、  _ ...-‐≦7.  |
       ,.==≦三三ヽ三ヽ二::::::::.:.:.:.:.    !ゝ
      /三三三≧三三三三i\::::.:.:.:.    メハ
.     /三三三三三≧三三三 !. \::      /   ト、_
  /三タ⌒ ̄\三三≧三三ハ ∧ゝ,   '⌒、  |ヽ! ヽ
  三V    \ ヽ、三≧才三ル〈ヾ,、入_ノメ'ハ | ゝ \
  三/       Y⌒'、j三才三( } ヾ,YjYjY   ∨ ノノ
.  ∨        .::} `,、 V三彡 )' .|   YjiY    //
.  /-‐==    :::{ ' `ー' -‐ `''', |   jYjt          ::::
  i   /    :',   \ イ  │  jYjYj           ::::
  | ./       \      ノ  jYjYjYj          ::


●ヒューマニストの日系企業重役:三枝 武尊(サエグサ タケル)
 彼は四十代半ばの日本人男性です。
 三浜系列の企業幹部を務める、つまりは大名(ビッグネーム)と呼ぶべきメガの重役です。
 典型的な日本人ビジネスマンといった出で立ちで、エコノミックアニマルとしての才能を発揮しています。
 そして、彼は熱烈なヒューマニスであり、同時にテクノマンサーを含む覚醒者を蛇蝎のごとく嫌っています。

 三浜社員として利益をあげる一方で、彼は無慈悲に邪魔なメタヒューマンや覚醒者を排除しています。
 主な手段はランナーや傭兵を雇用して、あるいは関連団体に情報を流すことで、直接手を汚すことはありません。
 テクノマンサーに対する人体実験も躊躇なく承認しており、頭蓋を切り開かれた若者は数え切れないほどです。
 三枝武尊にとっては古き良き、何も変わらない、幼い頃両親や祖父から聞いた覚醒前の世界が最良なのです。
 願望機を手にしたなら、必ずや第六世界の覚醒を終わらせる――そんな願いのために用いるでしょう。

 三枝武尊は典型的な「ランナーチームと敵対するメガコーポの重役」といった立ち位置です。
 彼が直接戦闘を行うことはなく、召喚した英霊や、雇ったランナー、傭兵などを用いてPCを攻撃します。
 守りに関しても自社のセキュリティチームに近辺を固めさせ、ビルの自室へ立てこもる事でしょう。
 悪名高き三浜の「ゼロゾーン」こそが、三枝武尊の矛であり盾なのです。
 そのために他の召喚者と同盟を結ぶこともあるでしょうし、PCたちとも交渉次第では手を結ぶかもしれません。
 もっとも最終的に決裂し敵対する関係であろうことは、念頭においておくべきでしょうが。

 彼のデータについてはMr.ジョンソン(P398)を用いてください。
 直接PCと戦うことになれば、彼はその時点で随分と追い詰められているのですから。


.


5308梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:28:24 ID:zPFoLSH1
流し読みしてたら、ヒューマニストの英霊が出たかとおもった


5310◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 18:32:35 ID:orw54djQ
                      イ
                    / /
        ____r   厶 _
        `ヽr===-┤ィ_/: : -‐: : : :` - 、      ___ ,
          , .ィ:< ̄ ̄7:/: : : :i: : : : : : : ト、/ ̄ ̄ _ /
        〈: : j: : 入 . /シ://: :/: |: : : : : : : |: :` ̄ ./
.          入/: :/___У/://: : j: λ !: :.!:.|ハ: : ’、_/
        /ィ/: : ハ |:l: |:!:.‐尤T丈|`: !: :j__|:ヘ: :`i
.      /'./: : : :λ .レ'j: l:l: :.|ィ作心トヽ!:./ィ:Уヘ: :ヘ
.       / /: : : : /!ヘ l{ j: |ハ: 代辷j ` レ伃'/: :ハ: ヘ
      /: : : : / .l: ヘ!寸:|:介ヽ""    乂';//:.∧: !
.     /: : : : /  |: :/⌒V: :l.   r 、   /':l/: λ `j
..    /: : : : /`ヽ !//⌒ヽ::.` 、 `ー ’イ : :.!: : : N
...   /: : : : /  入'    ヘ:寸く`_ア 人: : :!: : : l!
   /: : : : :,   /.ハ      ヘヘ |ヘ |く  '; : l'¨7!:!!
.   /: : : : :イ  /:/  ハ  __  |ヾj`延x`マ弋:∨||:|:.
  /: : : : :/ !  /:/    V´ヽ /ムヾxz≧xマxヘ:ヘ||:|::.
. /: : : : :/ j ムム-‐  ヘ_ィ´    ヾくr ̄`ヾヘ:ヘ:|: :.
/: : : : :/ r‐<」」    ィ       ヾx     ト:ヘ!: :’
: : : : :/ j ̄//    / ヽ       |`;! /   |!:!`、: ヽ
: : : :/ / //   r      \      | j:!    j|:|  \:ヘ
: : :/ / .// ̄  `ヽ     /λ ` 、 乂'.     Ⅵ:.   ヽヘ
: : |く -‐ヽヽ     `   |: | ト、  /‐-ュ _   ヾ:’   .}:.ヘ
: : | ` 、 \ 、      //`寸く_ ` __ |--r=rx入:ヽ  .!: : }
: : |    `ヽ| |    //三/:.:.:.:.l‐‐ --- 、‐‐┴┴!ハ`ヽ∨: :./
: |:ヘ     ヽ`ヽ  //三/:.:.:.:.:/   丁{ !     .{ .ハ У: 入
: l!: ヘ     ヘ`ヽ`く三/:.:.:.:..人 、 ヽVY    |. ハ/:/ヽ:ヘ
: |!: : ヽ     ヘニ`ヽ`:.:.:.:.:/`ヽヽ「ヽ | |'.      |   ハ   }: !
: |ヽ: : :\     ヘニヲ` 、/、:.:.:.| }.! ヘ!.j     λ  ハ   .j:/
、ヘ ` 、:.\.     ハ/     ヘ:.:.! 、!  |`     | |_  ハ、 /'
. \、   ` ー‐'  | |:|       |:.:!   、 \    ト,λ___〈
.  `ー一     | |:|       |:.:!    | ,、 `ー' λ/入三入
             厶-_ー-- _ .|:.:!____.ム`r、     ヘ'三ヽ:.:.:.:.\
         /三三三ー二 --――‐ヘ      ヘ三ノ_ -一'
         ` ‐- _三三三三三三三ニヘ   _ -イ r、. :.
            /7=ニ三三三三三三_ムィ ̄!   | j ヘ ヽ
              {::{///// ∧       ヘ .|   `'   ヽ_`,
            ヾ!、/////∧          ヘ!
             |:|ハ__/// ム          :.
              j:|/|<Vγ/ヘ         ::.
              Vノ><Y./// ハ
                 ∨‐'/.Уヽ//ニ.ハ.       ’
              マ__ノ  ヘム三入      i
                   / ヽニ/ヘ.      |
                    /  | \ `    |
                      /ヽ __   >、   ノ
                 /`ー―--7  ` ´
                   /三三三ニ,'
                  ,三三三三
                   i三三三三’
                   |三三ニニヲ
               八三三三 {
                      ,三三三.|
                    ',三三三!


●エルフ・テクノマンサーの少女:"オレステス"
 彼女は"オレステス"のハンドルを用いている、新進気鋭のシャドウランナー、目下売出し中のデッカーです。
 パンキッシュなファッションを好むティーンエイジの日系エルフ少女という容貌は、なかなかに特徴的でしょう。
 こういった若手ランナーは比較的態度がなっていない事が多いのですが、"オレステス"はわりときちっとしています。
 その辺り、実は良家の子女なのではないかと囁かれていますが、まあランナーの過去を詮索するのは禁物でしょう。
 ギリシア神話における復讐者を名乗るあたり、だいぶ倒錯してる感は否めませんが。

 "オレステス"は本名を三枝 響子と言います。つまりは三枝 武尊の実の娘です。
 チェンジリングのエルフとして生まれた彼女は、幼い頃から父に冷遇(つまり精神的な虐待)を受けて育ってきました。
 それでもいつか父に認めてもらえると思っていたようですが、十五歳の誕生日、さらなる不幸が彼女を襲います。
 なんとテクノマンサーに覚醒してしまい、父が行っていた様々な非道をデータの流れに乗って見てしまったのです。
 以来、彼女は家を飛び出してストリートに身を投じ、影の世界でデッカーを自称して生きて行く事になりました。
 もちろん彼女はテクノマンサーなのですが、迂闊にそんな事を明かせば、父に処理された他の子と同じ目にあうでしょう。
 いずれ父に復讐――それがどういった形になるかはハッキリしていませんが――するべく、技を磨き続ける日々。
 そんな"オレステス"にとって、願望機を巡る戦いに父が参加したことは、まさに千載一遇の好機でした。
 彼女は父の野望を打ち砕くため、この戦いへと身を投じたのです。

 "オレステス"はPCたちの敵にも、味方にもなれるキャラクターです。
 PCたちがダミアンを倒したと聞けば、接触してくる可能性は十分にあります。PCらが三枝武尊と敵対すれば尚更です。
 PCたちのチームにデッカーやテクノマンサーがいないなら、彼女を同盟者としてそのポジションに据えるのも良いでしょう。
 しかしもしPCたちが先んじて三枝武尊と同盟を結ぶ、あるいは三枝武尊を殺害していた場合、彼女はPCと敵対します。
 ファーザーコンプレックスを拗らせている彼女にとって、父親は愛憎入り交じった存在であるからです。
 
・能力値
 【強】3 【敏】3 【反】3 【筋】3 【意】5 【論】5 【直】6 【魅】7 【共】5
 【エッジ】3 【エッセンス】6
 イニシアチブ:9+1D6
 マトリクスイニシアチブ:10+4D6
 コンディションモニター:身体10/精神11
 リミット:身体4 精神7 社交7
 装甲値:9(アーマーベスト)

・技能
 運動技能グループ1
 対人技能グループ4
 コンパイル3
 コンピュータ4
 サイバー戦闘4
 デコンパイル2
 電子戦6
 応急処置1
 ハードウェア2
 ピストル2
 忍び歩き2
 ソフトウェア4
 パフォーマンス(ダンス)4(+2)

・知識技能
 実業(金融)4(+2)、クラブ音楽(ロックンロール)2(+2)、経済学4、三浜4
 日本語(N)、英語2

・複合体
 クリーナー、エディタ、パルス・ストーム、レゾナンス・スパイク

・装備
 コルト・アメリカ
 MCTフライスパイ、レンラク・カンムシ
 コムリンク:レンラク・センセイ
 コンタクト(映像リンク)

・資質
 分析的頭脳、コードスリンガー(通信傍受)、
 戦闘硬直、不眠症、偏見(三浜、公言する)、独特のスタイル(パンキッシュティーンエイジ日系エルフ少女)
 ※イメージソース:ttps://pbs.twimg.com/media/EE0R-mcUYAAdWk7.jpg

・備考
 テクノマンサー、生得の低光量視野


.


5311梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:34:17 ID:LYsM/L8f
先んじて殺してた場合もか、厄介な


5312梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:34:42 ID:PWJARz9S
カワイイはハタモト


5313梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:36:14 ID:ePO6IyFQ
愛憎半ばか....


5315梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:38:07 ID:qgdgWHFk
本人もパパをどうしたいのか決め兼ねてるんだな
無力化したいのか、殺したいのか、説得したいのか

願望機でパパをゴブリン化しようぜ?


5314◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 18:37:37 ID:orw54djQ

                                              ∠ ̄ ̄`ヽ
                                           / 二二二:∧
                                        ′       ∧
                                            | `tvz  zvy .ハ
爪{\                                     _|  { ム_} ! / ソ
\二j\厂}                                 ___,/∧   rwwwz  ./\__
  ∨`寸ニ`マ _                             ∠ ̄|  //.:∧ {ⅣWW} .′ /:::::::}\___
  |二=寸ニ`寸=ュz_                     /    {:::::/.:|  八 ` ̄ ̄ ./   /::::::::::|/:::/:::/::::::::`ヽ
.  八二ニ〉j//Ⅵ}≧z_                     ∧     |::/ノム./  `ー‐一 ´ /::::::::::::/::://:::/::::::::::\
 /二V/ _/ア´ ̄`寸≧z_              /::::`ーz_ |/\ ヾ.::-=ニ二ニ= 〈::::::::::::::: /:::::{:::::/::::::\:::::::::‘,
./_=≦´ ̄ノア才/∠}`寸ニ≧z_           /::::::::::::::::::∨  `ー──‐=≦ ̄∨::::: /::::::::|::/::::::::::::::::ハ::::::::∧
厂厂⌒\∨ /∠_jソ/_人_二≧=ュ         /::::::::::::::::::::: |   ー‐=z_人__  .::∨:´::::::: \},′:::::::::::::::::}:::::::::::|
l/厂/八//\// //二二二ニ厂        /:::::::::::::::::::::::::{       .|       .::∨:::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::|:::::::::: !
j/厂/ /\//∠_//二:∠二_zイ         ./::::::::::::::::::::::::::::|   ー─ __人__  .::::∨:::::::::::::: !::::::::::::::::::::|::::::::::::}
/厂{ { ア/厂/∠⌒)_// ̄/|         /::::::::::::::::::::::::::::/!       .}          ∨:::::::::::::|\:::::::::::::::|::::::::::::|
/ _∧/ //j厂:|二二=/∠⌒/\:\       /::::::::::::::::::::::::::::::|:{  ー─ ,人__ _.   ∨:::::::::::}  }::::::::::::::!⌒∨ム
\{ .{|:/∧厂/二二:/ ム=y{\  \:\ ,イ⌒>:::::::::::::::::::::::::::: |:|      /          |:::::::::::::|  `ーzZ´   } 八
  \//_イⅣz_j_/⌒V ̄\_,\\. \∨ ,/八:::::::::::::::::::::::::::::|ハ     ∧          |:::::::::::人   ‘,    ノ  }
    ̄乂_人{_ノ    \.:\\/ ://.ィ⌒ヽ ::::::::::::::::: | .|\___ノ  \        |::::::::/! .〉ヾ─=≦二 ̄`ハ
                 〉/∠ ///   ,ィ⌒ヽ::::::::/ !.:{  {  .:::| `ー──<´:|:::: / | ′    ∠     }
                   {〈_(__ノL_/   /   ィ⌒V´  .| :|  { ー‐十─一   . ::::::|:::::{ |/    /.:       .|
                      {   /  ./  , ィ⌒! {.::|  {   |          .:::|::::::} .|}   /.:::::  }    ′
                        \/  ./  ./  /  |.::!   {:ー‐十=─一 ´  .:::::|:::: iイ .:::::´ .:::::::  |    ./
                         \/  ./  /\\.! :!  }.-=ニ{ニ=-一____|/ .:::.´ .:::::::::   ./   ./
                         ヽ / ./\.  \\}  .ル _.|_ ∠_     ∠二__       /
                           `ー \. \   \\/   ̄| ̄.{                   /


●トロールギャンガー:バズ
 バズはどこにでもいる、ただのトロールギャンガーです。年齢は18歳ほどです。
 サンズ・オブ・サウロンの小隊を率いて、トロールとオークの権利というお題目を掲げ、暴力を振り回します。
 彼にとっては自分に従順なもの以外、全てのちいさいやつらは邪魔っけなチビどもに過ぎません。
 ――そんな彼が、どうしたわけが願望機を巡る戦いに、参加者として存在しています。
 たまたまネットで見かけた変な呪文を、ちいさいやつらを叩きのめした興奮の中で叫んだのです。
 結果、英霊を召喚した彼は、願望機だの何だのを理解せず、新たな暴力を手にして暴れまわっています。

 バズについて特筆すべき点は何もありません。
 彼は力を手にして調子に乗っているだけのチンピラで、思慮深さなど欠片もないからです。
 しかしそれだけに情け容赦も躊躇も後先もない、恐るべき相手です。
 もしPCたちと敵対したなら、PCを叩きのめし、アルトリウスとディンドランを手に入れることしか考えないでしょう。
 そして、ただそれだけのチンピラと侮ったPCたちは、より痛い目を見ることになりかねません。

 バズのデータはサンプルPCのタンク(P120)を用いてください。

.


5316梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:39:33 ID:zPFoLSH1
最高にCOOLだよおお旦那ァ枠


5317梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:40:12 ID:gI62l8vo
バーサーカー枠


5318◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 18:40:17 ID:orw54djQ

                    /               、     \
               /   {  ', 、_     、  ` 、__',__
                  /   .i   {  ___`_    \ __ <: : : :,.イ
             /    ト、   ',´_i歹"    \> 、`<
            ,' ./   ィォ、  ',: : : : ヽ. ト、   \  ̄ `
              , /!   i´ ヽ  , : : : :jヽ', \  \ |
                | .,' | .!   ハ : : \',: : : :! ヾ、  }ー - ヽ
                |. ! .|∧   ヽー : : : : :.:j /:! i/ ハ    ',
                | ,. |! \  |.ヽ.:_:_.:イ !/: |./ / ',    ヽ
                レ    /ヽ.j /、   }^^^^/ /_____ヽ.   \
                   /  _ ,.:-ー=芥":/ ./:::::::;_r ´`ー-、 `ミ 、
             _∠ /,: : /:::::':::::::::::/ /: :´ : : : : : : : : }、   `ー-
           > ´ (彡兄(⌒ヽ==< ´ :/ /: : : : : : : : : : : :/ `゙ー- __
        / ///  , r' ̄´  `ヾミ:、{ {  } ノ : : : : : : /     ', `ヽ
      .//  / ,i/   /        ヾ:::、ヽ i': : : : : : : :/         ',.  ',
     , '/{  ,  i'   i           ';:::',、ヾしイ}: :.,.ィ'           }
    //  i!   !   |   !            ',:::V! ヽ/ム//         /
    /'   ',.  ',.  ',.  ',           }::/} .}ヾ{ノー=ァ
        ヽ   ヽ  ヽ        ,ィ´,/ ,/// } }´  ,'    /    /
          `=≦⌒ー- ..,, _____ ,,..ィ´////// {リ / ./   /   /,./
         γ´ ̄`ヽ            ///////    / /  /  ./ .//
           {   O }ソ ̄フ⌒y' ̄フ,///////'   / ∠_/  ∠___//
           乂 __ ノー‐'^ー‐ ヘ__,ィ,.イ/////ハr== ニニ≧ .、 ,√ ̄ ̄
         //!             ,.ィ'///////人三三三三ミ}´
           ///}_____,,../////////{  `ーァ-、― ´`ヽ
         .////!⌒Y⌒`Y ⌒,/////////ハ   /  ヽ    ',
         ,!///{、__人___.人__/////////ハ ゝ、  {    }     }
       ,!///,}=-‐.:'':::::::::::://///////,::;;;:::::::ーヽ.ゝ、  ノ    !
         {///,ハ::::::::::::::::::;;://///////,::::〉ヽ::::〉ヽ::\У     ./
       !////,ト、:/ヽ::/ /////////,'`´  `  `  \   /

●ハリウッド女優:ミーナ"M2"マグダレーナ
 彼女はセクシーなボディラインで知られる、ハリウッドでも人気のアフリカンなエルフ女優です。
 最近は『ファイティング・ブル Round2』で、主人公のオークボクサーを鍛える女トレーナーが当たり役です。
 といってもレッドカーペットとは無縁で、そのせいで私生活は荒れているとの噂ですが。
 にも関わらずスキャンダラスな噂が少ないのは、彼女の好みがグリーンスキンのトロッグだからという話です。

 実際、それらの噂は間違っていません。ミーナはトロッグ趣味で、サンズ・オブ・サウロンのパトロンでもあります。
 オークやトロールの人権活動にも熱心で、ハリウッドにやって来た俳優志望の彼らの庇護者でもあります。
 とはいえ難しい政治的な問題などについては興味がなく、ただ単に素直で愚かな彼らを可愛がっているだけですが。
 そのため願望機を巡る騒動などについても、ミーナは一切興味がありません。知りもしないでしょう。
 彼女が知っているのはただ一つ、気にかけていた少年――バズが近頃派手にやんちゃをしているという点のみ。
 もしバズに何かあったらにっこり微笑んで、その尻拭いをしてくれることでしょう。
 ……ちなみにトロッグであれば、男女は問わないんだとか。

 ミーナは願望機を巡る戦いにおいて、実質無関係な第三者です。
 しかしあらゆる事柄が複雑に絡み合っているのが第六世界。バズをただのチンピラと侮れば、彼女が動きます。
 PCたちへ差別主義者のレッテルを貼ってやり玉に上げ、メディアで非難し、オークとトロール達を扇動にかかります。
 もちろん逆にバズと協力体制を結ぶことがあれば、ミーナはPCたちにとっても頼もしい味方となってくれるでしょう。
 PCたちのなかにオークやトロールがいればそれだけで好意的になりますし、ちょっとした火遊びの誘いもあります。
 まあ、PCたちには遊んでいる余裕などとてもないでしょうが、生き残った後の事を考えるのは間違っていませんしね。

・能力値
 【強】3 【敏】3 【反】3 【筋】3 【意】4 【論】4 【直】4 【魅】6
 【エッジ】6 【エッセンス】6
 イニシアチブ:7+1D6
 コンディションモニター:10
 リミット:身体4 精神6 社交7
 能動技能:パフォーマンス(演技)7(+2) エチケット(女優)7(+2)、指導6,交渉6,知覚6、運動技能グループ5
 知識技能:演技術6 サンズ・オブ・サウロン6 心理学5 ドラッグディーラー5 流行ファッション7


.


5320梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:43:53 ID:qgdgWHFk
やっべぇ
社会戦ができるヴィラン枠だ

鯨を守るためなら漁師を殺しても平気なタイプ?


5321梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:43:54 ID:zPFoLSH1
差別や偏見が絡んでくるから英霊の組み合わせ次第で面白そうになるなあ


5322梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:44:14 ID:ePO6IyFQ
入り乱れてるなぁ....
フェイスが大変だ。


5323梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:46:07 ID:gI62l8vo
フェイスからバズとマグダレーナについて忠告があるとかもできそう


5324◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 18:46:33 ID:orw54djQ

              -‐―━━━━━―‐-ミ
              .:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘:、
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 丶
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘:,
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘:,
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ‘:,
     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘:,
     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /\≧ミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶:.:.:.:.:.:.:.:.:
     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/゙ ̄ 〕iトミ:.:.:≧=‐-:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:|
     |:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/__,,..  -‐‐- 、≧=- :.:.:.:≧=‐--:.:.:.: /:!
     ∨ /:.:.:.:.:.:.:. /≫ ´炒厂`ヽ{   | ≫r‐‐=ミメ、:.: /:.:|
.       ∨ /:.:.:.:.: / `¨¨¨¨¨¨¨´     | ≧ゞ゙イ ≠≦:.:イ:. /
.      ∨:.:.:.:.:./                l∨//\  /イ :|:./
      「\:.:. {               } ∨///     }ハ
       んヽ:{                r'′ノ /     /ン/
        ∨7L                       ん',′
        ∨::(       ゝ   __     ,.     /(,.′
.        \_ハ              ̄     /
.             Ⅵ       ー―一        /
            |  、
           _|  \               //
             / \            / ,__
         /     ≧ミ ≧=‐- -‐=≦ /  \__
_____,/       ≧=‐-- --‐=≦     丶≧=‐-
ニニニニニ∧ \        x<777,ト、       / 寸ニニニニニ≧=‐-
二二ニニニ ∧  ヽ、    xく/////// ∧         }ニニニニニニニニ
二二二二ニニ∧   \__/∨//////// 丶 _/    }ニニニニニニニニ
二ニニニニニ ∧         ∨//////           }ニニニニニニニニ
二二二ニニニニ∧       }77777{           }ニニニニニニニニ

●グールメイジ:ジェイコブ・ピックマン
 ジェイコブ・ピックマンは南アフリカに存在するグール国家アサマンドの名士であり、臓器売買組織タマナスの職員です。
 少なくともアサマンドでは善良な一般市民であり優れた魔術師である彼ですが、一歩国外に出れば違います。
 彼は人食いのバケモノであり、私利私欲のために人々の臓器を密かに売りさばく犯罪組織の一員なのです。

 ジェイコブはそうした裏社会に通じた活動の中で、願望機の情報を手に入れ、争いに参加しました。
 彼は人当たりの良い紳士的な態度を崩さず、あくまで友好的な姿勢でPCたちとも対話を試みるでしょう。
 その目的はグールたちが食べることのできる、合法的な人造肉の完成です。これは全グールの悲願です。
 もしこれが成功すれば、あらゆるグールは人権を獲得し、堂々と人として生きていくことができるのですから。
 ――無論、それは表向きであり、嘘偽りではありませんが、彼の願いの全てというわけではありません。
 ジェイコブは願望機でもその望みが達成できない、あるいは自身が敗退した時の事も想定しています。
 彼は「人権のない肉の塊」であるディンドランの身体を狙っています。クローン技術の向上はタマナスの利益だからです。
 そしてディンドランの確保もできない場合は、どうにかして願望機を掠め取り、自身の人間への治療を願うつもりでいます。

 結局、グールかどうかを抜きにしても、ジェイコブは油断ならざる相手です。
 PCにとって味方にはなりえませんが、お互い利用しあう関係となる可能性は十分あります。
 そしてそれは同時に、他の召喚者とジェイコブの間にもいえることです。

・能力値
 【強】5 【敏】5 【反】5 【筋】4 【意】4 【論】6 【直】4 【魅】2 【魔】7
 【エッジ】2 【エッセンス】4
 イニシアチブ:9+1D6
 アストラルイニシアチブ:8+2D6
 コンディションモニター:身体11/精神10
 リミット:身体6 精神7 社交4
 装甲値:14(アーマーベスト、装甲1、皮下装甲1)

・イニシエイト3

・技能
 忍び歩き3
 体術3
 アルカナ5
 知覚3
 霊視4
 エチケット4
 交渉6
 虚言4
 呪文行使5
 呪文対抗5
 召喚4
 放逐4

・知識技能
 英語N
 ドイツ語5
 臓器移植手順4
 シアトルの地下5
 アサマンド4
 タマナス4

・呪文
 感化、物理の仮面、集団混乱、雷撃、喪神球、
 生命探査、広域敵探知、機器分析、魔法分析、魔法探知

・装備
 魔力収束具F1
 コムリンク:ヘルメス・アイコン

・サイバーウェア
 サイバーアイ基本システムR1(映像リンク、低光量)
 ダンパー
 密輸用容器
 皮下装甲R1

・資質
 ホームグラウンド(アサマンド,ツテがある) SIN持ち(アサマンド)

・備考
 グール
  装甲1、二元生物、強化感覚(聴覚、嗅覚)、身体武器(爪)
  アレルギー(日光、中度)、必須食物(人の生肉)
 魔法使い(ヘルメス様式)


.


5325梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:46:40 ID:VW7cJLcc
「チンピラを蹴散らしたらバックがデカくて報復がヤバイ」案件だ!


5326梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:50:22 ID:1QU5miaf
喧嘩を売ってきた野伏を返り討ちにしたら、その庇護者の守護代が出てくる鎌倉仕草だ!


5327梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:50:51 ID:PWJARz9S
中聖杯戦争みのある混迷ぶり
シャドウランならよくあること?


5329◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 18:52:56 ID:orw54djQ

                        _________
                     r≦三三三三三三三三三三三≧┐
                   ハニ二三三三三三三三三三二ニハ
                lニV三三三三三三三三三三三 7ニ!
                  lニニ∨三三三三三三三三三三 /ニ‐|
                    |三三V三三三三三三三三三/二ニ|
               |=l\ニ\‐ニ三三三三三三/ニ二,ニ!
                |=| _\三\三三三三三/三三/ }=|
                 |=|   \三丶ニ二三/三三/‐ {_-!
             「`!=!     \ニニ≧≦ニニ> ´    jニ!´l
                 ! ,|=| ‐     ミ` 、三|ニ/     / 〈7j j
              Ⅵ、!  \   ′ \/ ′    ′ // ′
               Ⅵ∨,   \  ′‐  ,′   /   /_/ /
                 `Ⅵ\__ー \ ',  ! {:  /-ー>'ニ/!/、
                Ⅵ二三二ニ=――=ニ二二ニニ/Λ \__
                l\ニニニニニニニニニニニ/ { Λ  \ニ\
                     |\\ニニニ/⌒\ニニニ/ / ! ' 〉    ∨ニ`  、
                 _Λ _\ ̄ ̄:{_′   〉 ̄ ̄' / /  /      |二二二\
            _ <斗‐∧ ヽ〉 ‐  `ー '′   {  /  /     /ニニニニニ|≧-  _
         _ < ̄ニニニニ/\{  -―‐--~=ミ   } /  /     /ニニニニニ‐|ニニニニ≧‐  _
      / ̄≦ニニニニニ/ {Λ`:::::::.:::::::::::::.:::::.ァ ア, /       /ニニニニ二‐|ニニニニニニニニ≧‐  _
      /ニニ/ニニニニニ‐7   ^Λ´:. ァ  t   / /        /ニニニ二二‐|ニニニニニニニニニニニニ>-‐-
.     /ニニ/ニニニニニ二7   \ \::...............:/ _/         /ニニニニニ二|ニニニニニニニニニニニ/ニニニニ\
.     /ニニ|ニニニニニニ|     ヽ :, ̄ ̄  /           /ニニニニニ二二|ニニニニニニニニニ‐/ニニニニニニΛ
.    /ニニニ|ニニニニニニ|      ∨:,  ,: /             /ニニニニニニニ‐|ニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニΛ

●シャドウランナー:ローニン
 ローニンは腕利きのフォーマーカンパニーマンとして知られるシャドウランナーです。
 願望機を巡る戦いにも、何らかの依頼を受けて介入してきただけに過ぎません。
 彼は彼の仲間と共に、あくまで仕掛(ラン)、仕事(ビズ)として戦いを進めていきます。
 未知の敵に対する「最高でもランナー、最悪でもランナー」という言葉の意味は、まさにここにあります。

 PCたちはまったく意識していないかもしれませんが、願望機以外にも、あるいはそれ以上の貴重品があります。
 それはすなわちディンドランという、史上唯一人成功した「覚醒者のクローン」に他なりません。
 ありとあらゆるメガコーポにとって、彼女は神経から血管から髪の毛一本まで解体して分析したい検体なのです。
 ローニンはPCたちに味方として接触し、共同戦線を持ちかけてくるでしょう。
 そして虎視眈々と、ディンドランの確保に向けて様々な手を打ってきます。
 PCたちが頼もしい味方として迂闊にも心を許せば、その時がディンドランの最後となるに違いありません。

 ローニンのデータはラスト・スタンド・ローニンを参照してください。
ttp://suzakugames.cocolog-nifty.com/4th_/2018/10/fcm06-1a01.html
 彼のチームメイトは、ガンスリンガーアデプト(P123)などのサンプルPCや、
 このコンペティションに掲載されているPCから数名選ぶと良いでしょう。
 もしチームに覚醒者がいれば、召喚者としての役割はそちらに任せているかもしれません。


.


5330梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:53:01 ID:J5iQGrHD
江戸ではそういうイベントないのか?


5331梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:56:16 ID:ePO6IyFQ
油断したら喰われる、か。


5332梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 18:57:49 ID:xIqm6fVA
濃い・・・濃くない?



5335◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 18:59:26 ID:orw54djQ

                , -=ニヾゞミ、〃《´ !'
           , -=ニ='-´三三三ヾヾ弋ニ=ーミ、!` __)  、
        __.ニ'"三{ヽ三三三'',ニ=-、三ヽ.三三'ヘ{'/´ ̄
         _ .='三三 ` ‐---- "三三ミ三ミヽ三ミ/、¨¨ヽ
       /三/三三三ミミニ=ニ三ミ、、ヾ}}}}ミ//ミ.} ζ
      { '´ /三三三三ミミ、ヾヾヾヾヾソノノ'ノノ、'//ミ}}i!'/´ニニ=、
     /〃三三三三ニミミ`   '''’    ¨''ーソノ/ノノ彡/‐-、
.    /彡彡三三三ミミミミ}       __  ヾ彡彡'ノ/⌒;:ヽ
.    ,'彡彡三三三三三ミノ  , =ニ三三三ニ 、  ゙ゝ彡'ノ} γ、ノ
    i/´彡´三三三ミミノ   _,,,,,;;;ェェェェェ、ヽヾ=ニム三⊆ゝ
.   i/´=ニ,イ三ミミミ∨ ./ ./´ ̄ ,,,;;::`ヾi} } } }┌"',¨¨ヾ丶
    ノ彡ノ/二\三ニ∨   ヽ'  ,ォ‐=ミ;;ー-- ’ノ ' 'ノ´ヽ τ’ヘ
   >彡;;!i  ヘ 三'¨  、ミ__,イf.后}}ハlii    ;,   ,イ'ヾi}'
   {〃ノ;{.! ノ' .ミ  /´ ¨¨`ー二ニヾ     ; ,行/
   〃ノ人 ゞ   ミ イ/         ミ     ; ゞソ
.     'i巛i;;ヘヽ  ミ{ κ´       ミ、   ', }{
    }ノノ;;从 ー'  {.什"、、、、、、z七ヾ" /´ ゙    } 】
    彡'ノ{ヾヘ.イ  .{i l =弍ヘ、、      ゝニ=:、  } }
    }'川ミニ'     从 ニ ∨二`'' - ,,,,_ `' =ーソ
     ヾミミ-'.乂  .从 = ∨」刀⌒irヵ`二フ]¨
        ));l 、 、ヽ  ', ゛  ∨ヘヘ二='__ル'/
.    { ̄¨└ .._ . ヽ\. ', ’   ヽヾ廴廴!ノノ/
.    |        ¨ - ._ヘ     、  `''- ,,,___/!
.    |            > .  ゙、     :;l
.     |               > .゙    :;|
.     |               \     `.
.    〉‐- ._             \   丿
   / ̄二==- ._              ヽ¨
  ;'/     _   '' - _         ヽ
  /  ,. <     ¨ - ニ.、          )

●白粉エルフ:ハーレクイン
 彼は道化師の格好をしたお調子者のエルフです。愛と正義の騎士にして、歩く疫病神。そしてシャドウランナーです。
 超古代エルフ王国騎士団最後の騎士、ダンケルザーンの親友、世界の守護者。その正体を知る者はいません。
 いずれにせよ彼は世界の平和を守るために戦っている超人ですが、関わるとロクなことになりません。

 ランのためにタクシーを捕まえようとしたら、向こうから大通りを走ってきたハーレクインに割り込まれて乗られ、
 さらに彼を追いかけて銃を撃ちまくってくるマフィアの一団を押し付けられてしまった……とか。
 昆虫精霊のハイブを潰しに行くから付き合ってくれとか頼まれたので、手伝いに行ったらまっ先に倒れ、
 その癖こっちが苦戦してると見るやむくりと起き上がって、魔剣を振り回して無双して去っていった……とか。
 シアトルスペースニードルの最上階から真っ逆さまに落ちてきて、空ではドラゴンが怒り狂っていた……とか。
 白粉エルフに絡まれているとSNSで愚痴ったら、「ロフヴィルさんがいいね!しました」の通知がきた……とか。

 ともあれ、そんな彼がこの願望機を巡る戦いに関わってくるのは、ひとえに聖剣の鞘がきっかけとなります。
 ダンケルザーンの遺言状で、エクスカリバーの正当なる後継者と指名されたのは他ならぬこの男なのですから。
 PCたちが迂闊にも「アーサー王を伴っている」「聖剣の鞘を持っている」と衆目にバレるような行いをすれば、
 この白粉エルフがニコニコ笑いながらやってきて、あれこれといらぬちょっかいを出してくる事でしょう。

 ハーレクインはトリックスターであり、同時に安全装置でもあります。
 もしPCたちが安全策に凝り固まって動かないようなら、こいつを使って盛大に引っ掻き回すと良いでしょう。
 またあまりにも非道な行いをPCたちが働くようなら、正義の味方としてPCたちを全力で叩き潰しにきます。
 逆に言えばPCたちが積極的かつ前向きにシナリオへ取り組んでいるのなら、彼が出る幕は無いでしょう。

 あえてハーレクインの能力値は記載しません。
 もしハーレクインが全力を出すとすれば、それはPCたちにとって最強最悪の敵としてだろうからです。
 PCが「世界の敵」となった以上、GMは彼らを叩き潰して世界を救うため、全力を振り絞ってください。


.


5338梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 19:00:34 ID:ePO6IyFQ
でたよw


5339梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 19:03:41 ID:xIqm6fVA
マスターが英霊よりやばい系じゃない?気のせい?w


5340梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 19:03:44 ID:mhjO8q/Z
本気で探し回れば公式データがあるにはある道化エルフのエントリーだ!!(エンシェントドラゴンとタメ張れるレベル)


5341梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 19:03:47 ID:gI62l8vo
がんばれGM!ゲームがなるかならないかは君の手にかかっている


5342梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 19:04:06 ID:qgdgWHFk
聖剣絡みのネタは絶対に隠蔽せねば…!


5344◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 19:08:38 ID:orw54djQ

                 /\                            /\
                 \  \                          /  /
                <\ \/      __/  ̄ ̄\___rヘへ     \/ />
                \>      ´ /  . :/⌒\>、: .:V/\      </
              ┌─┐   / /   . ://  ̄ ̄ \∨/: \    ┌─┐
              └─┘ / /   ': ./ ____       ∨/: . \  └─┘ /⌒〉   _
                    ' /  /: ./_//: ⌒> 〈〉    ∨/ : . .\    / __/ / 〉
               / .:/ /  /: ./: :/}/} 〈 <> <> 〉 V/ 、:. .⌒   /  // / _
                  ′.:/ . : .  ': ./: /⌒ }: /\ 〈〉 /V/ ハ .:i\〈\ / ̄ \// 〉
              { .::/ィ : i: . {: ./}/__   }/: .  ' ̄:/⌒V :} . :|: . . ',V . : : : : `< /
                . : . | i {: . Ⅳ〃⌒ヽ }: . /}/}/   } :八 :|八: .}   . : : : : : }  ̄ ̄)
                〉: /| |八: . {.:.:.:.   ノ/ / x==ミ } / . ::|  V__   . :\/ ̄ ̄
                  { : { | |  \乂            .:.:. Ⅵ  . :| rァ':i:i:i:\____/〉
                  八八| |   :.   r  ─  、     ノ /}:八|/:i:i:i:i:i:i:i:i八  /
                    ㍉| |  込   {.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ}   ⌒7 /. : ::|{:i:i:i:i:i:i/{{  ̄
                r| |  {  r::.. 、.:.:.:.:.:.:.:ノ    イ /  . ::|  ̄ ̄|__/〉
                     ̄| |  ∨/\>  __ ... <ニニ|',  . ::|  /  ̄
               /     | |   ∨/  ̄〉__rくニ〉 / /:i∧   . ::|/
           rく        |八   ∨ r‐く:i:i:i:〉/∧/__/:i:i|:i∧  . :|
       __  |ニ\      ∧   ∨ニニニニV:i:|\_/:::::}   |
     「\:::\Lニ=- ___ /ハ   vニニニニ〉i:\|、 ::::::::: |   |、
     |  \::/\-=ニニ=- __ /}   |、ニニ=-∧:i:∧ V/::::::|   |::\
    「  ̄ ̄  ∧  丶 __/ / |   | \_/  \:', ∨/::|   |::::::::\
.   \  /ニニ\ ___ /「\|   |         }∧ ∨八  |::::::::::::::〉
  /⌒ \{-=ニニニニ/ニニ/}  i . :八         八∧ ∨∧  |:::::::::::/
//: .  /-=ニニ/-=ニニ// 八: ./          /::::::/∧ }:::::}  |::::::::/

■シナリオフック
 以下にはキャンペーンの第二話以降のシナリオソースを書いておきます。
 しかし実際は第一話でのプレイングおよび第二話以降の行動で、関係や展開は大きく変わります。
 そのためこれはあくまでも一例という形で、参考程度に用いてください。

1.【ZERO-ZONE SHUT DOWN!】
 突如三浜からの刺客に襲われたPCたちは、首謀者が三枝武尊だと突き止めます。
 しかしメガコーポの重役を、どうやって排除すれば良いのでしょうか。
 相手はハイテク機器と企業警備兵と三浜13課の魔術警備に守られた、三浜ビルへ立てこもっています。
 悩むPCたちへ、オレステスを名乗るデッカーが接触してきます。彼女もまた三枝武尊を狙っていました。
 難攻不落のセキュリティ、悪名高き"ゼロゾーン"を突破して、PCたちは三枝武尊を倒せるのでしょうか。
 もちろん倒した後に、三浜の追手を切り抜けておく方法も考えておかねばなりません。

2.【Burning Runners】
 傍若無人に暴れまわるトロールギャンガー・バズ。
 彼が英霊を伴っていることを知ったディンドランの依頼で、PCたちはバズを倒そうと襲撃します。
 しかしPCたちを待っていたのは、勝利の祝杯などではなく四方からの罵声でした。
 PCたちはマスメディアにより、ヒューマニスの一味としてやり玉にあげられたのです。
 シャドウランナーは存在否定可能人材ですが、だからって社会的生命が無いわけではありません。
 バッシングを仕掛けてくるマスコミを回避し、ミーナに匿われたバズを仕留めて、
 さらにこの危機からPCたちは脱出することができるのでしょうか。

3.【Dawn of the kill them all】
 次なる標的はジェイコブ・ピックマン。グール国家アサマンドの名士です。
 グールとタマナスに支配された、あの秘密めいた国へどうやって潜入すれば良いのでしょうか。
 頭を悩ませるPCたちに、凄腕のランナーであるローニンが共同戦線を持ちかけてきます。
 だがPCたちへ接触してきたジェイコブは、ローニンこそがPCたちの敵だと示唆します。
 誰が敵で誰が味方か、などと悩むべきではありません。誰もが敵なのです。
 その中でどうやって殺し、どうやって生き延びれば良いか、PCたちはそれを考えねばなりません。

※ワンポイントアドバイス
『シャドウラン』は変貌を遂げた、しかし現実と地続きの世界を舞台にしたTRPGシステムです。
 せっかく世界中を飛び回るキャンペーンになるので、実在する土地や建物、神話なんかを織り込んでみましょう。
 それだけでグッと「らしく」なってきます。もちろんその辺り気にしなくたって構いません。

.


5346◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 19:13:37 ID:orw54djQ

            __  ,、丶` 二 =- 、
           / _}-= ./       >、
          /  〃 、ヽ/    /       丶
.          /  //  /   / //      丶
.        ′ ., !  / / /、 / ./     |  !.  ,
        |  /| .〃 | /=z、``ヽ/    .| ′ .!
        |  i .!.〈 !  /ん心㍉イ   、/!/!   |
        |  |. Ⅵ{  |/ ゞ ソ  |/  /|``   /
        |  |.  ⅵ  |! :/:/:  / |.イ芯ぇ/  |/ |
        |  |  _」  |_     ′`¨ /|  .从 ',
        ∨ ∧ {| .! }} 丶 _  ''' /イ"´ /.  ∨ /
.          ∨ ∧ | |   | }ト、      ノ i|  /    ∨ /
           ∨.├L!  !. }} ` 爪'//》   i! ハ.    ∨ /
          |/: :|  |: :ヽ∨}///人 -==ミ、',    ∨ /
        /: : : : : :|   !: /ーヘ≧《:/ニニニ∧.',___. ∨ /
       /: : : : : : : : ∨ .∧'/ ハヽ∨ニ=- O=、- 、┘  .∨ /
        {: : : : : : : : : :.∨ .∧_/__}:./=-'"´    } r‐\  ∨ /
       }:_:_:_:>‐'"  |   |-= ィ r====─"   }   ∨ ./
       }ニニ/   _/ハ  ∧  { 〃           ハ   ∨ /
       |ニニ{。s≦ニニニ}∨ ∧.人_ヽ_ -、/    / /}.    ∨ /
       |ニニr'" ̄ ̄ニ}.|  ./'": : : /:>   r‐ < |  |   ∨ /
       ∨ニ∧    从 | /./: : : : : :/:>   ゝ、:>} |  |.    ∨
.         ∨ニ∧   }}>イ: : : : : : : :イ   /{ゝ、>}!|  |     |
.        ∨ニ∧。s≦ニニ{: : : : : : :./      ゝリ| !      |

■最後に
 これをキャンペーンとして遊ぶ場合、PCたちの行動によって、キャラクターの関係や展開が大きく変わっていきます。
 誰と敵対し、誰と手を組み、誰から倒し、誰を救い、そして願望機をどうするべきなのか。選択は様々です。

 PCたちがディンドランやアルトリウスを救おうとすることも大いに考えられます。
 ディンドランは英霊1体につき身体能力値が1点ずつ減少し、徐々に体が衰え、願望機の完成と共に死を迎えます。
 そして最終的に願望機を完成させるには、アルトリウスを犠牲にする必要が出てきます。
 これらの事情を理解したPCたちが、これを対処しようとするのは、セッションに積極的な証拠です。
 GMはPCがそういった方針を取った場合、前向きに受け入れてあげると良いでしょう。

 第一話シナリオ段階では二人の救済方法について記載していませんが、
 二人の救済にF60段階で願望機を起動するなどが一番単純な方法でしょうか。
 その場合は、ロフヴィル相手にどう言い訳をするのかを考える必要が出てきます。

 PCたちがどうしようもないなら、それこそハーレクインから助け舟を出してあげても良いでしょう。
 ドラゴンをやりこめて、可愛そうな女の子を救うなんて、最高にパンクでロックではありませんか。
 PCたちにはそのために、颯爽と最後の仕掛(ラン)を走ってもらいましょう。

 第六世界は困難が多く、世界の上に君臨する奴らはイカサマばかり。まともな勝負はできません。
 しかし我々にはシャドウランがあり――だからこそ、希望は絶滅危惧種などではないのです。


.


5347梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 19:16:02 ID:ePO6IyFQ
うむ....!


5348梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 19:18:37 ID:Fi+x4RjK
やべー面白そう!


5349梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 19:19:25 ID:PWJARz9S
ロックマンなら倒せば倒すほど後の連中への対処が容易くなっていくんだがなあ
こっちは倒せば倒すほどヒロインが衰弱するというのがね、うん……


5351◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 19:21:34 ID:orw54djQ
         /    /      |\/  // } \
.        /     / .|          |  ヽ/  ′|}\ \
        /   ./  .!       .!    ∨/ / |  ∨ ヽ
     / .′  /   |       .|V    ∨/  |  |i.  `、
.   /  ′  ./  / |       .| ∨    V.  |  | l  丶
   /   .!   /  / i|         .| ヽ\.  ∨ .|  | .i    、
.  /   /   ! .| ./ 从   |  /斗ヒ"\|ヽ.  ∨!  ! !   丶
 /    /.|   | !| / Ⅳ  .|  / | |z=≦三㌃、. ∨ /  .i    丶
./   ./ .! |   ./ー / ̄´∨ | ./ /|/ん以刋" |  V/   .|    `
′  /  |/,  / | |/幺示㍉、 |/ /  `¨¨ ´   |    ',   |
.   /   / ヽ./ |气 之r'ソ `{丶    ''''''   .!    ,   .|
  /      ./ / ! | 、 ¨´,,,,,            /ハ   .!  | |
. /      ./ / ハ!、ヽ        ノ     /ー!.|   |>  ! !i
/     _./ i| i` ト、圦     `      /  |.!   !  | | |
    /{: :.!  | |\\ . ≧:s.。 _   。s"|/   !.!  .|  |/ :i
   /  ヽ:ヽ .| |: : :\ ー ┐_ 」       /=く´ .| |.∨ |   /  ∨        ◆ いじょうおわり ◆
.  ′    `i / /*'"アー‐┴ ミ→-ァャ== {: : :>.! !__! .|       ∨
_/{_i  ./ /  ./       ヽト `、\*' 寸: : : ヾ:| !:>、
__ ~"'',*'/   /             ', `、 ヽ ヽ: : : : :.! | : :_=-ヽ
. /  ¨ rvヘ    .{-、            ', } ヽノ   \ ̄ | .!     Y
" { | ,、!:|:::丶  |:::ヽ         i       ヽ ! |      |
  Ⅵ i::|::ヽ::::\ }ヽ::::\       ;        Ⅵ .!、     .!
.  \ }::、::::\::::: ー':::::::::ヽ       ′        ∨/ \  ./.!  ◆ 聖杯の乙女を救えるのは君たちだけだ ◆
`丶  `Ⅳ:\:::ヽ:::::::::::::::::::::::!     /          ∨   ∨ .八
  \/{ ヽヽ::ヽ:::::::::::::::::::::r‐< ̄`ー'丶_         }i     ∨  \
r──-< \::::::::::::::::::::/         >、      |    }
        -=ニニニアー── - 、      \      !    .;
_      /ニニニ/:::::::::::::::::::::::::::、::::ー─┐. 丶    }!    /
: : : : ー‐ ./ニニニ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽー─"    ヽ  i!   ./         ◆ 頑張れシャドウランナーズ ◆
、: : : : : : :.{ニニニ{ー 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::\      .∧ ./ /
__>─、: :.!ニニニ.{///ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::r、:::::≧s。、 / ∨/
     | ヾニニV/   丶:::::::::::::::::\::\`¨¨¨¨   /,〈   ,、丶`
     |   |⌒      ヽ:::::::r 、::::\:::\    //,ハ、丶: : :.{
    /}    .!        ヽ:::i   ー ::ヽ::::ヽ. /////} ∨: : : /

.


5352梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 19:23:43 ID:ePO6IyFQ
乙でした!!


5353梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 19:24:57 ID:xgEAyvjR
おっつおっつ


5354梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 19:25:43 ID:zPFoLSH1
オツカレサマドスエ
君は生き残れるか


5355梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 19:25:56 ID:Mkx2yPXw
乙でした! これはやってみたい……!


5356梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 19:29:57 ID:yhQH/etR
おつおつ 別作品の設定コンバートはTRPGでもやる夫でも華


5357梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 19:36:22 ID:kmjC/D/M
お疲れ様でした
楽しそう


5358梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 19:38:16 ID:0CCrBCx/
オツカレサマドスエ

Fateのパクリスペクトはナイトウィザードで全員転生者のとかやったことあるけど、
シャドウランは新鮮だなあ


5359梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 19:38:53 ID:YWkKA+yQ
お疲れさまでした


5360梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 19:41:20 ID:X5SgTwwg
お疲れさまでした
この先の戦いは卓のみんなの目で確かめてくれ!


5361梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 19:42:18 ID:NcRCwK/a
オツカレサマドスエ
老師が放つ聖は…じゃないキャンペーンシナリオ
ちょっと懐かしいな



5362梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 19:43:33 ID:gI62l8vo
乙です
どことなく柳生十兵衛七番勝負みたいな感じも


5363梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 19:43:56 ID:1QU5miaf
乙でーす
うーん、やりたみが高すぎる


5364梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 19:49:07 ID:PWJARz9S
シナリオ集の各話末尾にあった「ここから話を続ける場合のパターン集」を思い出した
オツカレサマドスエ


5365◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 19:50:45 ID:orw54djQ

                               _ -――- __
                              ′ i|     \ ー―――- 、
           _______  __ .          /   i|      `         \
        . : :/⌒\:::....:::/⌒ .        /.   八         ー――  ⌒ ∨
      /: /  />-------<  \  __〈__r―――――――――---- __.  八                           ,ィ
     ' :/   i/  __      __V/  \  ≧o。.i{ニニニニニニニニニニニ _ ュ≦ ¨ `¨¨¨¨¨\      ト、 .∧                // ,ィ
.    /: .:.|: .  |_/⌒<     >⌒.        /` .ニニニ __   ュ≦/ `  _∨ }   i|. ∨    | ヽ| 〉     __      / ///
    ':  |: .  | . . ' /: .\_/: .}: . ∨/   i  /  /`¨¨\   /从     }i. i|  从  ∨    |  ヾx....≦:::::::::::::::::::::::::::::::≧..x/  ./ /
   i: .'  |:.i: { |: /}/{: .   /: /:八:.       |/{. /.斗=ミメ{/   斗=ミメ  l i| _.ハ.  ∨  x<>=,イ:::::::::::::::::::::::::::::::::r 、:::::::::::/_,ノ/>x
   {/   |:.|: { |/⌒八: . /} /}/⌒.       |八.{  灯{.j沁       灯{.j沁 八 /  ∨.,   〈:::/_/ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::;:ヽ\_ヽ::::/
.   /: . ':|:.|: { 灯てう )/ ノ'  ぅう灯V   |   /.7 乂__ク      乂__ク  ′/.   八 ′ | . V::/./:::::/:::/、::::::::::::::;ィ:::V:::::::::::::l::::\ |::::::;'
   {: . / 八|: 八{ 乂ツ     Vツ 八:  |  / ′                   /  /.  ノ 八 .V /;:::::, l:/ \::::::/ l:::ハ:::::::ヾj::::::::::ヽ!:::::!
  八/:./. : |:  乂.:.:.:.      .:.:.:. .:::  | /  込       _       / /- イ.   / .′  //::l::::::!    ` ´  ´  l\::::ヽ:::::::::::i!:::::!
    ㍉: : .:|:  |     、   ,      八: .八.{ /.  } l≧ュ   __ r― イ /.     / ,    ´|::::::|::::::',. ┃    ┃  .!:::::::T::`:::::::ノ!:::::|
     ⌒>:|:  |≧=-  ___    イ: . / 八∨. , 八  >:.\ へ_へ| ュ≦ .′ _∨    /     .|::::::l:::::::ヽ┃    ┃  ,:::::::::|:::::::/ .|:::::i!
      {: 八 {:i:i:>、__/ニニニV/ヘ}: . /   〉 } ′  _ ノー‐{ l__l }-r‐./ /⌒  \ l {     .|::::::|::/ ̄`          ´イ:::::|⌒)  i!::::::!
      У/ハ { ̄ ⌒〉-=ニニニ}\.      〈ノ { |.  ∧ /   〉:::/.  ∨ .′___ノ 八.∨   .|::::::i!:ヽ       __ |::::::|_ノ   |:::::::
.      └、 /∧',___/  ̄ 〈〉 ̄ .       八 ∨  i{   /::: ′   }|{/\::::::、   〉ノ    .|::::人:::::|` -   ∠   V 〉!::::::!    .|:::::::
.        〔ニニ∧〉/⌒> ---< .         \  /7‐八ノー‐ <{八 '.  \::::\___     .|:/  ヽ::!        ̄l ̄ .7::::::/    .|:::::::
.       /ニ/:i:/ \       /〉ニ',       /^くへ  i|   _ - へ. ∧  ム ュ≦\    .|:!   ヾ         .|  /::::::/     .|:::::::


  ◆ ルートもいろいろ、ヒロインもいろいろ、あとはスレとかで遊んでくれたり、リプレイとかレポがあればぼかぁ幸せだ ◆


.


5366梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 19:51:36 ID:Dudg/SXy
シャドウランは出来ないのですが、これ四方世界版にコンバートして遊ばせて頂くのはありでしょうか


5367梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 19:55:28 ID:Cc1XFL7a
>シャドウランはできない
ルルブ買えよ!


5399◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 20:26:02 ID:orw54djQ
ii        ___
lll    ,イ弋、     ヽ、
llll   /::::::,'‐'、ヽ  ,/::l
lllll  l::::: `‐‐弋‐く=ヽl   ぶっちゃけシャドウランの販促としてシャドウラン面白いよってアッピルのためにやってるんで
llllll  l l::::' ',,::::/   Y ´l
lllllli l ヽ、: :/    l :l
lllllll .l l  `l´      `´ l  別に禁止とかダメとか言わねえけども
llllllll l l  l         l l
lllllllll ``i‐-、____,-‐i
llllll/へへへ==三三_l__L  そりゃあシャドウランとして遊んでくれた方が俺は嬉しいよ?
lll廴__          {_
l  ヽ   ``‐、 ̄ ̄ ̄´  `ヽー 昨日一晩かけてシャドウラン用の設定とデータ7組14体分用意したわけだしね!!!!!!
l    ヽ    ∨  /__  ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` / ̄


5400◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 20:26:21 ID:orw54djQ
                     . -―― - ミ
                    /´   ...,:;:;:;;;:..   }ヽ.
                  /  、_ ..::::;::;:::;:;:;:;:;j_ノ   .::.                   __
                   │ ,.            :;    :.                /´ミミヽ
        _         │ :          へ、 l              /-=彡/
       r、/∧       │ :;へ      ∠´;:;:;:;:∧│               ./ミミ.、/
         V//∧.      Y;:´;:;:;:`ヽ  く´<ニフ:;::;:;:;:i│              /-=彡/   一晩かけて7組14体用意したからね!!!!!!!!!!!
        V//∧     i;:くニフ/   ∨;:;:;:;:;:;.::│l               /ミミ.、/
        V//∧     i;:;:;:;:;:;:/      ∨;:;;∠.:ソ ト.             /-=彡/
            V//∧    .∨ /   ';:;     ̄ {::'∧ \.       /ミミ.、/
           V//∧    ∨:;    ;:     ;: /::::l   ∧     /-=彡/
           V//∧      ∨            ./:;:;:;:}   l 〈 . ̄    〈
           _> ´  ̄ ̄ ̄ト、_>、____/;:;: /   /L____,  )
         ∠  ,.≦ニ´ .l  ヽ;:;:;::;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;/   /          `\
         {  ∠        \{! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  /´                )
          ´            \_____/                    く


5402梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 20:26:54 ID:2VYVlna+
頭パンクしそう(小並感)
おつかれさまです


5403梱包済みのやる夫2020/01/26(日) 20:26:56 ID:NSURKTj0
お疲れ様です


5404◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 20:27:12 ID:orw54djQ
                 ,-‐'´``ー-、
                /        ヽ
                ´`l   __    ∧
     ,‐、          l  / `、   _l
     l  `、       l   l ._ l ./_l.
     l    l      l  l ヽ>l K八   ちなみに長門さんはもはや「水」ではなく「核」の精霊なので
     l    .l     /   l   l ∨ l
     l     l    人    ヽ/  l  l
     l     l   ./  \       l  l   軍艦にも関わらず水に触れられないという悲哀があるから
     l     l/` 、    \_  /l  l
     l     l`]   \     /`´ l  lヽ,
    ./l\_/l´     ヽ__/_   _l    l冫 長門さんルートとかもあるのかもしれないしないのかもしれない
   / l l   l l    、_     _冫'´ .l    l
  l  l l  l .l   ヽ>‐'´   ,く´    ヽ,
  l  l l  l .l ,-‐'´`ヽ、 ,-‐'´ 冫      l


5417◆CoNaNQHQik2020/01/26(日) 20:35:06 ID:orw54djQ
                 、_/{_从_,
            __.ィ __ _.ィ て
        ∧ .::´.::::::::'.::´:::::::::∠...____
      __,ニ、!:'.:::::::::::/.:ヽ::::::::/ヽ:::::::::::::::::: >
      >‐.::::::::::::::/.:::::::Y、/ハ::::::Y:ヽ:::..<
    /.:::::::::::.___「.:::i:::i:::::ト'″ヘ::::::゙、::゙、::::::::...>
    フ.::::::::::::::|::::j:i::イ:::|;、:| !ハ、_Vi:::::〉:::、::<_,
  ∠:::::;::::::::::::ヘ:::i |:;lィi:!|lハ|l|l/ ヽ|Vi::、::::〉::∠
     ノ.:::::::::::::::ト:!|V/ ̄ヾ|l {幵l.ll|lレ、:/:::::::::;ゝ
 ィ.゙´.:::::::::::::::::::::|l|l||l幵幵/u ヽ |l|l u l〉::::.く_   ◆ まあとりあえずお前がケリィになるんだよって感じで頑張れ ◆
`ヽ:::::::::::::r―、:::::|  ur、     / ,、  ゙i:::、::Z´
   ̄ /.::ヽ'、ヘ:ハ!   ト゛ー---‐' ゙.  l/´`
    ノ⌒}:.\ーj `   ∨V∨∨^V ヘ |
     ノイ::;i::´::ゞ.   V       ゙, |
      レ {:::::::j、 \, , V_ _/二 ̄.イ
        `;/ム ヽ >' ,、, ,´, '_,'イ、、
        _ノ、 `ー‐┐、 ≧´ノ /! \>.._
      /////>,、 /イ\     |、  `ハ///\








シャドウラン 5th Edition (Role&Roll RPG) (日本語) 大型本 – 2018/9/28

関連記事

category ◆KUMOgh4/xMさん短編集
◆KUMOgh4/xM シャドウラン
comment

6

edit
edit

Comments

comment
前回確かクソ忙しいとか言ってたはずなのに
シナリオを作れるほど余裕があるならまだまだ仕事は出来そうですね(鬼畜)
comment
定期的にタケノコのように増える聖杯戦争キャンペーンのシナリオだな
良い機会だからシャドランシヨウ
comment
やっぱ聖杯戦争はストーリー作るうえで超便利なシステムだなぁと改めて思う
comment
スレは別腹
comment
>胎内に"願望機"と呼ばれる黄金球状のアーティファクトを埋め込まれています。

原作版「冥王計画ゼオライマー」の氷室美久かな??
comment
聖杯戦争だって!? もう助からないゾ♥
メーデー民のエチケットを取らないと


  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: