このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


ゴブリンスレイヤーTRPG ウェブ公開シナリオ  「蜘蛛の巣の大逆襲」 (毎度だがほんと自主的に勝手に作ってっからアンオフィシャル)


5454◆CoNaNQHQik2019/05/30(木) 23:19:37 ID:kjHuif0x
      / ̄ ̄\
    /        \
    ├==、   ,.=┤ ふー……
    |ニこ> > <:こ>ニ|
    |ニツ ´   `ヾニ|
    ヽ         /    シナリオできたから色々確認なう
     >      <
.     |      |
.     |      |
.     |      |



5455梱包済みのやる夫2019/05/30(木) 23:19:57 ID:8mSwEMWG
ワッザ!?


5457梱包済みのやる夫2019/05/30(木) 23:21:13 ID:fshKmgwn
!!?


5458梱包済みのやる夫2019/05/30(木) 23:21:21 ID:+0HhJDNL
また!?


5461梱包済みのやる夫2019/05/30(木) 23:22:38 ID:/tPaXTyD
一か月で四本……?すいませんこのゴブスレに詳しい人普通にプライベート以外も大忙しですよね?
劇場版とかあるし


5464◆CoNaNQHQik2019/05/30(木) 23:24:49 ID:kjHuif0x
      / ̄ ̄\
    /        \
    ├===、  ,.=|    とりあえず「ある冒険者たちの挑戦」から
    |ニニこ> ><:こ>|
    |ニニツ ´  `ヾ|
    ヽ        /     うまい具合にNPC整理すればキャンペーンにもなるようにしている
     ヽ  _ ノ
     i⌒\ ,__(‐- 、
     l \ 巛ー─;\    ふふ、ロハだぜ アンオフィシャルだからね
      |  `ヽ-‐ーく_)
     |      l


5467梱包済みのやる夫2019/05/30(木) 23:26:54 ID:Ccl0zCBb
すげぇぜ! こんなんタダでもらってもいいんですか!? 老師!


5468◆CoNaNQHQik2019/05/30(木) 23:27:02 ID:kjHuif0x
      / ̄ ̄\
    /        \
    ├==、   ,.=┤
    |ニこ> > <:こ>ニ|   まあ今チェックしたり、身内で見てもらったりしてるから
    |ニツ ´   `ヾニ|
    ヽ         /
     >      <     すぐに公開ではない  でもやったったぜ
.     |      |
.     |      |
.     |      |


5516◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 00:09:00 ID:YPvR+PUb
      / ̄ ̄\
    /        \
    ├===、  ,.=|
    |ニニこ> ><:こ>|    とりあえずお風呂入ったらシナリオ公開かな
    |ニニツ ´  `ヾ|
    ヽ        /
     ヽ  _ ノ      これで週末にキャンペーンを遊べる人もいるかもしれないきっとたぶん
     i⌒\ ,__(‐- 、
     l \ 巛ー─;\
      |  `ヽ-‐ーく_)
     |      l


5517梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 00:10:07 ID:tQG5BSOk
キャンペーン・・だと・?


5526梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 00:15:47 ID:MQtChR0C
キャンペーン・・・キャンペーン!?
キャンペーンってキャンペーンのことだよな、いくつかのセッショを1つのシナリオでつなぐ!?


5555◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 00:55:23 ID:YPvR+PUb
      / ̄ ̄\
    /        \
    ├===、  ,.=|
    |ニニこ> ><:こ>|    さーて、いっちょやっかあ
    |ニニツ ´  `ヾ|
    ヽ        /
     ヽ  _ ノ
     i⌒\ ,__(‐- 、
     l \ 巛ー─;\
      |  `ヽ-‐ーく_)
     |      l


5558◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 00:56:34 ID:YPvR+PUb






       ・毎度だがほんと自主的に勝手に作ってっからアンオフィシャルだぞいつものことだな!



                    _________________
                    |                            |
                    |      注意はしたからな?       |
                    |_________________|
                   .          |::|  -─-       |::|
                         r‐ |::|´       \‐x.|::|
                        /乂_|::|ソ  ___∧ __ ∨i|::ト,
                      ,ノイ  |::| |\/  ∨ VⅥ_|::|.|
                        |   ,|::|小. ┃  ┃ | |_|::N
                        |/∨|::| | ' '  _  ' '〉| |::|
                   .       | |::N{≧‐┴┴r≦‐ミ|::|_
                   .       |(___)   〈__〉   ! (___)
                        ノム|::| |      |   |::ト、〉
                         |├|::|ノ|      ├<二ノ
                         |八`゙/ミ      ノ⌒ヽⅣ
                          /           \


.



5561◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 00:58:55 ID:YPvR+PUb




                                         ,ー-、
                                        `ヽ, ヽ
                     ^^  ^^     i            !  l
                       ^^      _∧_         ._ノ  /
                        .i   ∧ l:山 l      i  `'---'
                   i     ∧   l!!l=iil;ロ l      ,ll
                  ∧,   r==j  _ ^, ̄l;; l      ノ ヽ
ヾゞて_,,.,           ∧仁l   ,l:;.:..l ll:山;ll_,l;; l==r-v-v-ニニl
.;.:.:..;.:.:.:.; i、ミ`,,        lニトロl ,v-v-!v-!__|;.;.. |-v-v-,'.;:;.;.... l|;ロ|人                从_,'`-'~`:.:;、
;.:.:..;.:.:.:.;.:.: ヾ.._        .l::l,l::.:lr.: ..::,:.:,...l.::.|;.;.; |..::ロ ロ:l:..::..::..::.. l:;.. l!ニニ!               ,' :.:.:.:.:..;.:.:..:.::.
:;..:.;.::.:.;.:;..:.ゞ 〃       /.:..: ..|.:: .::.. ..::..::l..::. l.::..::.  .r..v-v-v-v:__i;. i               'fl ;;::::;::::.::.;.;.
.:;..:.;.::.:.;.:.:.:..:  !,       |:.:.: .:.:.: :..r-v-v-:j:.::.:.:  .:.:.::..l:;.;;:ロ:.ロ:.:ロ::,:..::,. |             ;ノ~";:.:;.::::;::::.::.;.;.
:;.;.:.:..;.:.:.:.;.:.:.ゞて_,     .,-:.:.:.::..: :..:::!::,:..::,:.::,:!:..::..::..::..:..::..i::..::..::..::..:..::.l.::..:: ヽ、          ン! ;.::;:;:;:;.,,,;;;:,..::
:.:;..:.;.::.:.ヾヾヾ; ,ノ    f:r-v-v-v-v,l-v-v-vlv-v-v-v-v-v-vl;.v-v-v-v-v,;!ヽ、        ヾゞゝゞ.:;.::::;::::.::.
::;.;.:.:..;.:.:.:.;.:.:.;.:.:.;',    r.::..::..::..::..::..::..::..::..::..::..::..::..::..::..::..::..::..::..::..::..::..:::..::..::..::..::..::..::..::..::t        ノ:;:.:;:.:;.::::;::::.::.;.;.
:::.:.:;..:.;.::.:.;.:.:.:..:.:.:ヾ   /::,.::.::.:,.::.:..:,:.::,:.:,::.:.:,::,:::.:,:.::,:..::,:.:,:,:.:,:..:.:,:,::,:..::..:,::,::::,:.::..::.:.:.:,:.:,::.:.:::ヾ ":":::":':;::'".;:;;.:.:.:.:.:.:..;.:.:..:.::.
:.;.:∧ ∧ ∧;:.:..;;.:r' ∧ i::,.::.::.:,.::.:..:,:,/^tニl/^tニl/^tニl/^tニl/^tニl/^tニl/^tニ l/^t:.:,:.:,::.:.::::∧:;::..;.:.:.;..:.::∧ ∧;.:.:.:..;.;.:.:
_| :|,.| :|,| :|_r'l__r'l_| :|__,r'l______|;;::.|  |;;::.|  |;;::.|  |;;::.|  |;;::.|  |;;::.|  |;;::.|  |;;::.| ___r'l_| :|__r'l___| :|,| :|__r'l_
;;::,_i;;::,_l;;::/::::i'::;_l;;::,_|::   /l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i |;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_;;::,_!l;;::,
_i;;::,_l;;:_i::::/_l;;::,_i;;::|::   | l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i |  ::|_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l; ヾ_,
;;::,_i;;::,_l;;:l::/i:;;::._l;;::,_|::   | l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i |  ::|;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;:ノ,
_i;;::,_l;;,_Y;::.,_l;;::,_i;;::|::   l l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i |  ::|_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::/_i
;;::,_i;;::,_l;;::l_i;;::,_l;;::,_|::   | l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i |  ::|;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;;::,_
_i;;::,_l;;::,::/:;;::,_l;;::,_i;.;::|::   | l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i |  ::|_i;;::,_人___l..,::_l;;::,ヾ_i;;
;;::,_i;;::,_l;;::,_i;;::,_l;:l;::,__|::   | l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i  l;;:: i |  ::|;;::,_i;;::,ゞ__ てl;;::,_i; ノ|

                  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   ゴブリンスレイヤーTRPGウェブ公開シナリオ

                          「蜘蛛の巣の大逆襲」

                  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.




5563梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:01:25 ID:dLuz/d3J
相変わらず元ネタはわからないんで詳しい人の解説に期待だw


5564梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:03:16 ID:P+l1jBMR
「待てぃッ!」>クr……蜘蛛の巣


5565梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:03:21 ID:Eg5T/aZK
マシンロボレスキューが始まりそうなタイトルw


5566◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 01:03:43 ID:YPvR+PUb


                  |i_),。-=========- 。i_i|: : : : : : : : : :/i:i:/     ∨/
              >‐=ニ彡´ ̄` <}is。  ,。。->=ミ: : : :./i:i:∧     ∨/
            /  /イi .∨      ヽ ヽ,´ /     ヽ_ノi:i:/ .∨     ∨/
           /   .'  i  ∨      r‐===-rニニis。/ ∧ゞ´    ,     .∨/
         /    i     .'      廴{ ̄`Ⅵヽ) } / .∧    ,      ,
        /      i!  i   .i!     ,ィニニ乂  .\彡'  ノ .W          ,
         .∥      i{  .∧  .i!     { (   )ヽ、\リ ハ===<.W          ,
       .∥      ∧ ハ∧  i!    乂`""´ノ}i二彡、ゝ、'''ー==ニニ≧s。      ,
        i|     i ,' Ⅵ{''´ \ i!      ̄  i|  )ゝ,`┐ヽ i|`""'''''ー`''     i.|
        i| i   .|ィゞ´ ',{_,,。。__ヽi         i|< . 〕ム `'ヾs。           i.|
       {  ',   {i  '´ィ也ゞ}了 .| i   i  i  リ〉ヽ∨ヾ}h  ゞミh、        i.|
          W 'h、 ∧ ア´圦} リ'  .| |   /  /i  / ヽ.リ  ト,ミ', /::::i`'ゝ,       .i.|
        Ⅵ マis。 ト、   匁イ   |リ  从 /:::| ./ノ //   ヾhイ:::: i.           i.|
        Ⅵ乂{:::::)ヽ、     __ノ' / ノ'  iノ.i!ア´イ    ヾ,:::: .i.           i.|
         .ヽ,ヾ:、´        /''´i|    / i!,。イ)_/ /::/::::`       i     .i.|
           .i|ヽ          i|      i!   ),イィ,::':::::        i|    i.|
            i|:.:}、 、-ァ      :i|      .i!      i{:::::          i|    i.|
            .i|:.:.:.〕、´        .::i|      i!     i|:::::          i|    i.|
            i|:.:.:.:∧      .::::::::i|     .i!       .i|:::::          i|    i.|
            .i|:.:.:.:.:∧...:::::::ニ=-v:::i|     i!      W/∨/      i|    i.|
             i|:.:.:.:.:.:}`|i´     Wi|    .i!      .∨、 }i         i|    i.|
             .i|:.:.:.:.:i! .|i    ,ィi} i|     i!       ∨ヽ/7       i|    i.|
             i|:.:.:.:i!=.|i __ ./::ノ} i|.    i!       /ヽ/{:::.       i|    i.|
       _,,,。。。,,_ノi|:.:.:.i!ニニイ_,>'´丿 .i|    i!    _   {  ./:.{::::.     .i|    i.|
     /ニ=-‐-=ニイ .i|:.:.:i! //´ ゝ、´.  i|   .i!   {  `U} ,イ:.:.リs。.       i|    i.|
    / {ニニニニニ/ /i{.i|:.:.i!./_i}  ::::::イ`'‐i|   i!__i}  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.}is。   i|    i.|
   ∧ ヽニニニニ{/ リ.ハ:.i!イ::::   :::::::  .i|  .i!{   ,。イ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .__}is。 i|    i.|
     }isク}iニニノ .///iイ::::         i|  i!_)__/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>'´,。イ´  .∨/.  .i.|
     .}i:i:i:}.Ⅵ《.,イiゞ'´:::           i|   i! | 〕i:.:.:.:.:.:.:.:.:/  )´      .∨/ニ=-|
     }Ⅵ (イ/7´:::      /:::     i|  .i! . | i|:.:.:.:.:.:., r=≦        .}ニ=-  .∨/
     //  .( 从カ_  _ >i_,。':::     r‐i| iリイ | i|:.:.:.:.:/  ∨           |ニニニニニ〉}
    ./.ハィゞ'´} }ア{ノ / _}=、::     ∧i! /:.>''  ハ:.:.:/ >'´。,,_       .:::::::|二>''´ノ
   ∧{i:i/:.:.:.:} >''´i| /〔::     >''/イ:.:/  >'´{:.:.{丿´   二ニ=---=ニ二ニ=‐≦゙ /


●冒険の概要
 PC達はある辺境領での簡単な依頼を片付けて、帰路につくところで、一人の傷ついた姫騎士と出会います。
 実はこの領地を治める貴族は、かつて姫騎士と共に、父の仇である悪徳貴族を討ち取って領主となった英雄でした。
 しかし数年の内に堕落と腐敗に染まり、今となっては悪政を敷く暴君と成り果ててしまったのです。
 暴君と、彼が従える恐るべき大蜘蛛の怪物ある限り、反乱軍に勝ち目はないでしょう。
 PC達は姫騎士の依頼を受け、森に住まう賢竜の魔女の助力を借り、森の中より蜘蛛殺しの魔剣を探さねばなりません。
 はたしてPC達は、この地に秩序をもたらす事ができるでしょうか。

 ・この冒険の初期因果点:3



●サンプルキャラクターの選択
 「只人の戦士」「森人の野伏精霊使い」「鉱人の神官戦士」「只人の魔術師」を用いてください。



●シナリオの登場人物の固有名詞
 四方世界の人々や村々には、ちゃんとした名前が存在します。
 必要でない場合はあえて名前を伝えない事もありますが、印象的に扱いたい場合は名前を提示すると良いでしょう。
 本シナリオに登場する街、主要な人々の名前は以下の通りです。

 ・城、領地:コブウェッブ
 ・姫騎士:ジェイナ
 ・暴君:マルクニ・レン
 ・先代領主:ウトシロ・プラウズ
 ・大蜘蛛:アルコル
 ・蜘蛛殺しの魔剣:グラフレックス

 ・賢竜の魔女
 ・貧乏貴族の三男坊
 ・銀髪の従者
  この三人については本名を名乗る事はありません。


.



5568◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 01:04:24 ID:YPvR+PUb



    ◆ こっからシナリオ本編だからPLとして遊びてえって人はしばらく他スレ見てるんだぞえ ◆




                    _________________
                    |                            |
                    |      注意はしたからな?       |
                    |_________________|
                   .          |::|  -─-       |::|
                         r‐ |::|´       \‐x.|::|
                        /乂_|::|ソ  ___∧ __ ∨i|::ト,
                      ,ノイ  |::| |\/  ∨ VⅥ_|::|.|
                        |   ,|::|小. ┃  ┃ | |_|::N
                        |/∨|::| | ' '  _  ' '〉| |::|
                   .       | |::N{≧‐┴┴r≦‐ミ|::|_
                   .       |(___)   〈__〉   ! (___)
                        ノム|::| |      |   |::ト、〉
                         |├|::|ノ|      ├<二ノ
                         |八`゙/ミ      ノ⌒ヽⅣ
                          /           \



.


5569梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:04:44 ID:tQG5BSOk
姫騎士!わーい僕ー姫騎士だいすきー!


5570梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:05:23 ID:OhRJQ4DK
・貧乏貴族の三男坊
強い(確信


5571梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:05:42 ID:Iigmd96g
貧乏貴族の三男坊であっ・・・てなる


5572梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:05:49 ID:KI0o9Z4y
おいちょっと待てw>貧乏貴族の三男坊


5574梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:06:15 ID:Eg5T/aZK
誰か、銀髪の人に胃薬を


5576梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:07:29 ID:aLbx6vg7
蜘蛛の巣城か…


5577◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 01:07:43 ID:YPvR+PUb

                                ● 冒険の導入 ●

     .:....   :. :. .... ..                                     ..  . . ..   .. . ...
.,_                  .,.;:;::'''""""''''''''"''''"'''''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"'';:;,.,.,    "":::::::::.
'"                  _...:;;:''"                    ,.;:.,..,;:;:;:,.,._, ...,,,...,,,,,,,
.,;: _...                .,.,;:;:;:,.,.,_                ,,,......,,,,,;:;''"''':::..
                 .....,,,,,;:;'''"'''"               ....,,_,,,...;:;::''""''''"
          ,.,;:;:;:;:;'''""""""              ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""
       .,;:,.'""                            ""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,_   _,,...;:;:;;:'''""'''';:;;:,.,.,
   .....   "''''''""""""''''';:;:;,.,_,.              .....,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.......,,,,...;:;:;;''''"         ..,
     .,,.,;:;:;:;;:'""''''''''''''''""""    :::::::::;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""                      ::;
':.,  …'"   "''':;:,.,,.,..,.,.,.,.  __.,.,.;:'"';:,.__,  ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…           ...::::::'''
::'    .,;:'""""""""""'''''""""""      """"''''''''''':::::::::;;;;,,,,,....._             """
    ;:,.,.,.,...._                      、、_....,,__,,,..::::;;;;;;;;;,,,,.....        ....... 、、、、、.,;:'''"""""''

  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,           ,,,,,,,,            ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
''' :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.彡爻爻乂爻ミx,,,v、:.:.:.:.从从爻爻从从'''''''''.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.从爻彡从从乂爻爻ミ,,,,,从,,,,,,,
刈笠辷沙几; ; 爻; ; ; ; ; ; ; ; ; 爻彡 ― ァミ从爻爻乂廾爻爻爻ミx ̄\'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'
; ; ; ; ; [】 ; ; ; ; ; ; ; ; 圭 尢彡彳彡::::::::/; ; ;   ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
; ; ; ; ; [] ; ; ; ; ; ; ; 彡彳:::::::::::::::::::.[】彳; ; ; ; ;    ' ' ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
; 乂爻彡''彳´´゛::::::::::::::::::::::::::::::彡彳; ; ; ; ; x     '_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_'_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;_;
彡''´::::::::::::::::::::::::::/〉::::::::::::::::::::::癶 ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;
:::::::::::::::::::::::::::::::::::| |::::::::::::::::::::::::::::::`乂; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;



 君たちは冒険者ギルドからの簡単な依頼を遂行するため、ある辺境の貴族領までやって来ています。
 依頼自体はあっさりと片付いたので、何ら問題は無かったのですが……。
 街道を歩いていると、どうにも行き交う人々や風景に、不穏な空気が入り混じっているように思えてなりません。

 路行く人々の顔は暗く、何かに怯えたようにびくびくとして、君たちと目を合わせようとせず頭を垂れて急ぎ足。
 田畑に緑や実りは少なく、麦の穂は萎れたように頼りなく、ところどころには色が褪せているところもあります。
 そして辻々には高札と共に吊り下げられた罪人の死体が揺れ、野良犬が手首を咥えて君たちの横を通ります。

 そうした空気の全ては、やはりあの、遠くに見える貴族の居城と、鬱蒼と生い茂る黒々とした森のせいでしょうか。
 暗黒の塔かなにかのように聳え立つ城の長い影と相まって、まるで君たちに覆い被さるように感じられます。
 君たちとて、この風景を知っていれば、依頼でもなければ訪れようとも思わなかった事でしょう。

.



5580梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:10:41 ID:ngZyPlNs
活気がなく楽しくなさそうな領地


5581梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:10:42 ID:P+l1jBMR
いつにも増してネタと趣味度が濃いw>蜘蛛の怪物に暗黒の塔


5583◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 01:13:35 ID:YPvR+PUb

                              ,. - 、
                              /    \ _      _
                            -‐ニニ.'       ゙,‐-`.ヽ /  \
         ,. ‐ 、              ,'"r;;;;;;;;;;/         ';;;;;;;;;) ).    ヽ._
        /    ヽ.           ト、\;;;;;!   ri lll r,   l;;;i r' l     ゙;;;;;;;)ヽ
   ,. 'ニ/      ' ニ.ヽ.       r'  ヽ l;;l  〈i, li, .|| 〃i〉 l;;l l  l, lll ,, , l,. '"イl
  l (;;;;' ,.〈i || i〉.,, ';;;;} }       __ゝ' __!_l;;!   ヾヾ ll./'/'  l;;!_! .li,_ ll.〃/ l .{  {.)
  r、 ヽヽ ヾ, l! ll l!〃 .!;;l i.)._-ニ二ヽ. { O   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ O`/ニニニニ=-_ ̄!/ニ=-__
ィニ', r'" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' /ニニニ二二\     ト、   ◯  ,.イ   ./二二ニニニニヽ仁ニニニヽ
ニ二ゝl, ° ト、 O .ノ!./ニニニニニニ二\  ヽ  ー-一 .ノ   イ二二二ニニニニ',ニニニニ',
ニニニム   ヽ 二二ノ/ニニニニニ二二二二\  ` ー一 ´  ,.イ二二二二二二ニニi二二二ニi
ニニニ二ヽ、_    /ニニニニニニニニニニ二\. ___ , イ二二ニニニニニニニニl二二二ニl
ニニ二二二二二二{ニニニニニニニニニニ二二二ヽ二二二二二二二二二二二二二l二二二二l
ニニ二二二二二二lニニニニニニニニニ二二二二ヽ二二二二ニニニニニニニニニl二二二二l

            ,,____
          /ニニニニニニ=‐-,,,__
         /ニニニニニニニニニニミ_
        }/ニニニニニニニニニニニニヽ
       〃ニニニニニニニニニニニニニ}
       iニニニニニニニニニニニニニニニ/
       |ニニニニ/ ⌒ }ニ/}/}/}/}/
       i!ニニニニ乂 ≧ニニニ}=={ニニ}
        、ニニニニ≧ヽニニニ/ キニ/!
        \ニ{⌒ヽミ    ̄    〉 i
          \≧=‐     _ __ , /
             }、 ヽ、 _     /
           /{ \    ̄ ニ{´ァ
          /ニ=-、  ≧=} ̄ヽ⌒ヾ=-,,_
       _,,=ニニニ=- ミ   ヽ、   }ヽニニニ=-,,_
     ,=ニニニニニニ=- ≧=‐}     i!ニニニニニ}
    /ニニニニニニニニ=-   ∧     i! ヽニニ}
   {ニニニニニニニニニニ=- ∧     i!. |ニニi!
    〉ニニニニニニニニニニニ=∧     i! |ニニi!
   i!ニニニニニニニニニニニニニ=-    i! |ニニニi!
   |ニニニニニニニニニニニニニニニ=- i! |ニニニi!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  と、道の向こうから土煙を上げて何かが近づいてきます。響き渡る蹄音、がちゃがちゃと武具の当たる音。
  騎士の一団であるようです。甲冑の上衣に描かれた蜘蛛の巣の紋章から察するに、この地の領主の兵でしょう。
  弩を手にしているところを見ると狩りの最中のようにも見えますが、それにしては物騒です。
 
  先頭を往く黒い鎧兜の騎士は、君たちを認めると僅かに兜の目庇を上げ、じろりと顔を睨みつけました。
 (もし君たちの中に只人以外の種族がいれば、あからさまに鼻で笑ったような態度を取ります)
  面差しを見る限りは領主として随分と若いが、その目つきにはやや剣呑なものがあります。
  彼は君たちを睨みつけた後「このような無頼にかかずらっている暇はない、往くぞ!」と叫び、拍車をかけます。
 
 「近頃は反乱同盟とやらが暴れておるからな! 野良犬ごときは捨て置け! それよりも、女の逃げた先ぞ!」
 「は。密偵らしき村人を捕らえております。あやつが何か知っておるやも……」
 「油の染み込ませた薦を着せ、火をつけてやれば口も軽くなろうさ!」
 
  そして騎士たちは君たちへ土埃を浴びせながら、勢いよく城へ向けて走り去っていきました。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


5585梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:15:59 ID:tQG5BSOk
OPでPCに因縁付けておくスタイル


5587梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:18:16 ID:aLbx6vg7
的確に状況を教えてくれるモブの鑑!


5586◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 01:17:02 ID:YPvR+PUb

 !| !| ゛ゞ.ヾゞヾヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞヽ,.ゞ:,  ,ヾゞヾ;ゞゞ\ヾゞ: ヾヾ゛ ゞ.ヾゞヾヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞノ | ! l
| ! ! ゛ゞ.ヾ  ゞヾゞ;ゞゞヾ  ゞ;,.ゞ :,,ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ  ゛ゞ.ヾ    ゞヾゞ;ゞゞヾ  ゞ;ゞヾ;; !|
! ! ヾ., .ゞヾゞ;ゞ  ヾ;ゞゞゞ;ゞ:ヾゞ゛;ヾ;ゞ  ,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.:    ヾ:ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ   ヾ;ゞゞ; l |
 | !|   ゞヾ ゞヾ  .ゞ;ゞヾ;ゞゞ; ,,ゞ.ヾ\\ ゞヾ:ゞヾ ノノ ゞヾ . ゞヾ ゞヾ  .ゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ ヾ;ゞゞ !
! !  | !| ヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ  ゞヾゞヾ ,,.ゞヾ::ゞヾゞ:ヾ ゞ:.y.ノヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ ゞヾゞ ;ゞヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ !|
| ! ! | ! |!l ゞヾゞ___\\ ゞ ゞヾゞ;ゞゞヾゞ;ゞiiiiii;;;;::::: イ.ヾゞ, .,; ゞヾゞ___// ;ゞゞゞ;ゞゞヾゞ;  | !|
 |! !  | !|  !l ;ゞヾゞ;ゞヾ;ゞゞヾ    ゞ;ゞ iiiiii;;;;;::::: :)_/ヽ,.ゞ:,,ゞヾゞ__;::/ ゞヾゞ;ゞヾ;ゞ  |!  !| !|!
!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |! !| lゞヾゞ;ゞ ヽ;iiiiii;;;;::::: :|;:/   ヾ;ゞゞ;ゞ ヾゞ ! | ! |!l |!l |!  l|!
 ! | ! |!l |!l |! !| !| !l |! !ヾ;ゞゞヾゞゞ\|iiiiii;;;;::: : |:/ ヾゞ  ! | ! |!l |!l |! !| !| ! ! |  !
 l ! | !  l | ! ! | !|  !l  |!  !| !|! l|! !| |i;iii;;; ; :::|/! !  | !|  ! l |!  |! ! | ! |!l ||! ! |
! !  | !|  ! l    _/__/_ //   !   | | |i;iii;; ;; :::|| ! ! | ! |!l |!l |! !| !| !l   |! ! |  l
| ! ! | ! |!l |!    / /       ー―――――――――――   ! | !|  !l  |!  !| !|! l|!
 |! !  | !|   !l    /   l|! !| ! | !l | |i;iii;;;;; ::::|! !  | !|  ! l |!  |! ! | ! |!l ||! !   |
!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |! !| l | !| ! !|i;iii;;;;; ::::|| ! ! | ! |!l |!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l
 l ! | !  l | ! ! | !|  !l  |!  !| !|! l|! !| |i;iii;;;;; ::::| |! !  | !|   !l |!  !| ! !l|! !| ! | !l
| ! ! | ! |!l |!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |!.|i;iiiii;;;;; ;:::|!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |! !| l | !| !
 l ! | !  ,,((;;;ゝ);;));ヾ;;) l | ! ! | !|  !l  |i;iillii;;;; ::: |!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |! !| ((;;;ゝ);;)
、,,;;;ゝ;l))ゝ|;;ゝ))ゝ;;;ミ,,l,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;;ミ,,、l,;; |i;illiiii;;;; :: |、,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;;;ミ,,、,,;;;ゝ;;))ゝ;;;ゝ))ゝ;;ミ,,、
ゞ((;;ゝヾ;ヾ⌒; ;) ! !ヾミゞ((;;;ゝヾ;ヾ⌒;;)| ; ;ゝ;|i;iiillii;;;; ::: |((;;;ゝヾ;ヾ⌒;;;) ;;;)ヾミゞ((;;;ゝヾ;ヾ⌒;;)、, ;;ゝ
! !;;ゝヾ;ヽ ! !)ヾミ;ソ(;;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;( ! !;ゝ))ゝヾ;.|i;i〈ii;;;;; :::: |ゝヾ;ヽソ;;;)ヾミ;ソ(;;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;(::;ゝ;;;ゝ))ゝヾ;
"",,!l |! ,^^""",",,^^^^""""''",,,"^^" ",,""''""'|i;iiiiiii;;;; :::: |"",,^^""",,""''"",,^^""",,""'' バシャバシャ
!l 、|!, ""    ""   ""  ""        ~~"""~~~""  ""     ""    ""   バシャバシャ
,,.., .,、!|,;;:, ..,.. ::;...,..,;; :;:,::,, ..,. :;;, ::;.,, ..,,.:.,..,. :;;, ::;.,, ..,,.:., ,,.., .,,, .;;;;:, ..,.. ::;...,..,;; :;:,::,, ..,. :;;, ::;.,, ..,,.:.,..,. :;;, ::;.,,
 、li, 、!|,  .,     .    .    '  :    .      .,     .      .    '  :  、|!, !
  、!|,  、!,                                             、!|,  、!,
 、il,   、!   、!,    .,     .      .    '  :    .      .,     .  、!,   |,.
   、i,  、!,  |,    、!   、i,   、!|,  |,    、!     、i,  、!,  |,    、!|,  |, 、!|,
:;...,..,;; :;:,::,, ..,. :;;, ::;.,, ..,,.:., ;;, ::;.,, ..,,.:., ;;, ::;.,, ..,:;...,..,;; :;:,::,, ..,. :;;, ::;.,, ..,,.:., ;;, ::;.,, ..,,.:., ;;, ::;.,, ..,:;...,..,;; :;:,::,, ..,. :;;

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  そんな出来事からしばらくして、不意に空が一転にわかにかき曇り、ごろごろと雷電竜の喉が鳴り始めます。
 
  始めの一粒が地に落ち吸い込まれたかと思いきや、途端に雨が打ち付けるほどの勢いで降り出しました。
  墨を垂れ流したかのような豪雨を前にしては、とてもこのまま旅を続けるのは難しいでしょう。
  戻ってどこか家の軒先を借りようにも、ここまでの街道沿い、雨宿りできそうな場所までは随分と離れています。
 
  たまらず君たちは、雨を凌ぐため、あの黒く深い森へと足を踏み入れる事になりました……。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.



5590◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 01:20:36 ID:YPvR+PUb


                               ● シナリオ本編 ●


,;l:il|,;l从wli;li,;l:ili,;l:vjv;,;l:ili::::.::i::::.::.::..:.:.:.::..:..l:..:..:..|.:.:.:ヽミゞシヽミゞヽ:;ヽミ:;ゞヽミゞヽミゞヘヽミ:;ミゞヽミゞミゞ
il,vl:iyji;li;;yjv.;,,;l:ili;l,;l:;li;Vw,.:::::::.:|::.:::;.::..:..:..:.:..:.::.::.:::.:::::.ヽミゞヽ:;ゞヽヘ;ヾー、ミヾミゞヽミゞヽミ:;ヘ=ー、シヽヘミゞ
ili;v州Vw,:,:ili;li;,;l,;l州:ili;,.::::.:::::.::.:.::..:.:..:..:..:.l.:..:.:.:..:..:..:..:.;:.::.:::ヽミゞヾ;ー、;ミゞシ.ヘミゞ=ヽシー、ゞ:;ミゞヽミゞヽミゞ
,;l:ili;livj,V,;i;l:il;vV;:w,;;:;;:::.::::. :.l: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:l .: :ヽミゞシヘヽミ:;シ.:ヽゞ:|;iil;ヽミゞ;iト;|.::ヽゞ:;ヾ::l.
:::;;.::::.:::.::.:::.:..:.::.::.:::.:..:.:..:.:..:.:..: .: .: .: .i: .: .: .: .: .|: .: .: .: .: .ヽミヘゞ.:.ヽミゞ.:.:ヽミゞ::|iY;:ハ/;:i:iil;|:.:ヽヘゞ::.::.::|
:::.:.: 、 ,.: .: .|.: .: ザアアアア……: .: .: : .: .: ,.:'':,.: .: .: .: .: .: :ヽミゞ.: .:.:..:..:..:..:..:..:..::::|ili:;i;;;:ijl;:ゞ;|.::.:.::ヽミゞ:::.:.;,.,.
:.::.:.:..: .: .l:.:..:.:..: .: .: .: .: ,.:'':,: .: .: : : : |: : : : : : . : . .: : .:、!, .: .: .:. :.:..:.|: .:.:..:.:..:.::.::|;;i;li:i;;ヽノ!;|.:.::.:::::.:i:::;,vVw,.,w.,
:、!,::.::..: .:.:..: ..: .: .: .i: .: .: .: : : .:,.:'':,.: . : : . : : 、 ,: : : : : : .: .: .: .: 、!,.: .: .: ..:.:.:.:.:.:::|;;〈;k;:iiメ;;ili|.:.::.:::,;.,vi从ハw,.,v;:..
::.::.:..:.: .|: .: .: .: ,.:'':,.: .: . : : : i.: . : . . . . . : . : . : .i: . : : . : . : : .l: .: .: .: .: .: .:.i.:.:.:::|il:〔ili:i;∧:;;|.:.::.::ゝ;.;リwli;,Vvjv,.:;.
::.:.:..:.:..: .: .: .: ..: .: : : . : . : . . : . 、!, .: . : .、 . : . : . . : : ,.:'':, . :.: .: .: .:.:.:.:.、!,.:.:..:.::::|;il;l;;i/i|;iトi;;|::::ゞ),vi从ハvjvw;,vi';
:.:..;.:..:.:..:.:: : .: .、 ,.: .: : : :. .、!,. . . :.: .: .:. . : .. : . . . : |.: .: .: : .: .: .: .: .: .:.:.:..:.:..;i.,w;|il;:ili;ヘ;;:iil;;i|从;Vw,.Vw,,,vi从ハw,.i
:.:..:.:..:.:.l: .: .: .:: : : : : : : l: .: .: . . : .: .|:: . : . . . . :i:. . . : .: .|: .: .: .: .: . l;.:.:.,;:..,v;vVj|;l;:il;ノ;;〈;;f;l|:vj,;.Vw,.Vw,.,.;|vV;;,;';.
::..:..:.:.:...:.,:'':, .:.:..: .: .: .: : : . .: . : . : . . .i . : : .: .: ..: .: .: .: .: .: .: .: 、!,: .:,.;,vVw,w;/;i|i;;;;|;;ii;i:ili::;ヽ.;vVwゞ从ハ;,vvjv
:.:....:.:.:..: .: .: .|: .: .: .: .: .: .l: : . : . . . : . :.: 、 ,.: .|: .: .: .:.:.;,.::,.;,v,vi从ハ、.;,;'vVwノ;;/vyy|w;y;;从;\.;从;メ@ivヾ〉Vw,.
::.:;..:.:..: 、!,.:..:. .: .: .: : : : : : : : : : .: .: .; .: .:. :.:,.;,vV,vi从ハ、Vw,.,.;,,vi;从ソWw、vVw.;:*.;,vi从ハ、w,.,.;vwf゚;.,从,;Wyv
:、| , .:.:..:.:..:.: .: .: .:、; : .: .: .: .: .,.;,:,vi从ハ、,.,,vi从ハ、w,.,.i,;,;'ヾメ、w,vi从ハ、w,.,vi从ハ`|'、Vw,.,ゞ,vVw,w,;.从ゞソ、wV.
::.:..:.:..:. .: .: .: .,.;,vVw,.,.;,vVw,.,.;,vVw,.ゞ,|;,vVw,.,.;,vVw,.,.;,'Y`Y`.;从ソWw、,.;,v,vi从ハ、;,,vi;,;'ヾメ、、.,.;v|Vw,..;,,vw,.
:.:.,.;,vVw,.,.;,vVw,vi州、w,|yjv,vi;,;'ヾメ、vVw,;,;'ヾメ、v,vi从ハ、.,.l,vVw,.,vi从;,;'ヾメ、,..;,vVw,..;,,v;':メ゚;.艸i从ハ、Vw,.


1.傷ついた姫騎士

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  PC達が足を踏み入れたのは「暗黒の森」と呼ばれる奥深い森です。
  木々は鬱蒼生い茂り、道は幾重にもわかれ、まさに蜘蛛の巣の如き様相です。
  あの城が近くに立っているのも、この森を天然の要害とするためでしょう。
  幸い、PC達にとっては雨を凌ぐにはちょうど良い塩梅です。奥へ踏み入らねば迷う事もないでしょう。
 
  PC達に目標値12の博識(知力集中+魔術師LV+博識)判定を行わせてください。
  成功したならば、この領地にまつわる簡単な歴史を思い出すことができます。
 
  先代の領主は名君として知られた主君を謀反により殺し、かの城の主となったのです。
  その後も親友を謀殺するなどして玉座を血で塗り固めましたが、全てが上手く行くわけでもありません。
  領主はやがて疑心暗鬼に駆られ、次々と家臣を暗殺し、軍を整えるためと民草へ重税を課すようになります。
  そして落ち延びていた領主の息子と、親友の子が近隣より同志を募り、悪政を敷いた領主を討ち取りました。
  これが数年前の事でしたが、今となってはその領主の息子も、どのような統治をしているのやら……。
 
  失敗しても、御家騒動があった後らしいという事だけはぼんやり覚えています。
 
  と、不意に、ふわりと雨の中、妙な香りが漂います。甘やかな香水に、血が混じったものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


5592梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:24:17 ID:ngZyPlNs
偶然の雨がなければ出会うことがなかった


5593◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 01:24:34 ID:YPvR+PUb


   / 乂__             _ ‐=ニニニニ 》
   {‐=ニニニ=‐  _      _ ‐ニニニニニニ=‐ /
    ‐=ニニニニニニニ≧s。 /ニニニニニニニ=‐./
     ‐=ニニニニニ>''"  ⌒“''*、≧=- _ ニ=‐/、
     \‐=ニニニ/     \   \   \‐/  \
       \‐=ニ/           ヽ   ∨/    ヽ  Y
        \../     |i        ∨/∧   }  }
                   |i      |i   ∨/∧  |  |
           ∥      |i      |メ、 |         |  |
           |i  |   八    メ、  ∨/|   } /  八
         ノ|  |  /;;#;;\  /  `"'-  |   |ヽ    ヽ
       /八    /_ zぇ    tz≦彡#;;   ノ  )   )
     /   \  《cvソ            |i   | /  /
    /       | \`、   丶      .u |i   |   /
  /      / |  |∧;;#;;         .八  |  /八
../       /  |  | }h、   v' )  / (   !//  )
       /    |  |  r{  ≧s。' ィ( ⌒》.|   /  /
     /      |  |  《\\ \ 〉 / /   ′ /
   /     ‐= |  | / ≧=- === -=≦  /≧=- _
 /    /    ′  "''<  __r((  ))〉7  ./    ;;#;;ヽ
.     /   /  /     乂 〈⌒〉 .{  {    ;;#;;;#;;Y
   ((≧=彡)./  /        \∨ /.|  |       ;;#;; }
  _ノ〔 ≧s。./  /         \  |  |   Y    /__
 〔-_-_-_-_ / ./ ;;#;;               |  |     } r ⌒乂 )
/〉-_-_-/ /⌒乂                |   .八⌒》>''"|
-_-_-_/ />⌒“''*、乂__      ', / 八  |_ノ乂/\-_-_
-_-_Y  /-_-_-_/-_-_-\⌒ヽ    Y   \( >''"∨-_-.\-|
-_-_.| /-_-_-_/-_-_-_-_ \ノ(     |   γ/-_-_-_∨-_-_-`、


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  PC達が周囲を見回すと、藪の向こう、古い木のうろへ蹲るようにして隠れ潜む人影に気が付きます。
  美しい甲冑を纏った、見目麗しい女騎士ですが、脇腹に矢の刺さるなど深手を負い、意識を失っています。
  しかし彼女はPC達が近づくとぼんやりと薄めを開き、必死な様子で口を開きます。
 
 「お、お頼み申します。お頼み申します……!
  わ、わたくしは、森の奥、賢竜の庵まで、参らねばならないのです。
  どうかお見逃しください……! どうか、何卒……!」
 
  それだけを懸命に訴えると、彼女はかくりとまた気を失ってしまいます。
  PC達が応急処置をするかもしれません。
  ですがいずれにせよ、この大雨の中に放置していては、そう長くは保たないでしょう。
 
  彼女の手には泥と血で汚れてはいますが、かろうじてまだ判別のできる地図が握り締められていました。
  これに従えば、半日ほどで、件の賢竜の庵とやらまでは迷わず辿り着く事ができるはずです。
 
  ここから先のシナリオはPC達が彼女を助け、賢竜の庵まで赴くことを前提として書いています。
  PC達が姫騎士を何処かに匿う、天幕を張って治療に専念する、応急処置で大成功を出すなどの行動を取るかもしれません。
  そうした場合は、彼女の処遇と状況に応じて、シナリオを変更してください。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


5595梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:26:19 ID:tQG5BSOk
ハンドアウト部分はジッサイ大事


5596◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 01:27:13 ID:YPvR+PUb


;:;:;:;: ;:;:;:;: ;:;: ;:;: :; :; :; :; :: : : : : : : :: :: :: :; :; :; :;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: :; :; :; :; :: :: : : : :
:; :; :; :; :; :; :; :; :; :: :: :: : : : : : : : : : :: :: :: :; :; :; ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:{乂_ノ}:;:; :; :; :; :; :; :: :: :: : : : :
:; :; :; :; :; :; :; :; :; :: :: :: : : : : : : : : : :: :: :: :; ; ;:;: ;:;: ;:; 弌ニ三三ニテ;:;: ;:;: :; :: :: :: : : : :
;:;: ;:;: :; :; :: :: :: : : :    : : : _ -─宀冖宀─-  _ |-_-_| :; :; :; :; :; :: :: :: : : : :
;:;:;:;: ;: :; :: : :: : :       : : |-_-_-_-_-_-_-_-_-_-..|=|-_-_| :; :; :; :; :: :: : : : : : :
:; :; :; :: : :         : : :|_、-‐¬宀冖宀¬ー-_|: |-_-_|:; :; :; :; :: :: : : : : :
:: :: :: : : : . .        : : :∨∨∨∨∨∨∨∨:: ::|-_-_| :: :: :: :: : : : : :
                . : : : :|‐_‐_‐_ー_ー_|: : /乂_乂:: :: :: :: :: : :
. : : : : : : : . . .    . . : : : :  : |-_-_-_-_ニ=‐  ̄/: (__) .: .: : : : : :
:: :; :; :: .: .: . . .   : : : : : .: .: :|ニ=‐ ~。s≦「| / : : : ) : : : : : : : : : : : : .
:; :; :; :; :: ::    : : : : : : : γ´r≦ーー_‐_ー| / : : :レ' : : : : : : : : : : : : : . .
:; :; :; :: :: ::      : : : : : :乂ソ-_-_-_-_-_|/ v'⌒ ̄ ̄``ー : : : : : : :
:; :; : : : :        : : : : : .: .: .|-_-_-_-_-_-トx<⌒ ̄/ : : : : : : : : : :
:; :; : :     : : : : : : : .: .: .:_|-_-_- ニ=‐ 'xヘ_/ ̄`` : : : : : : : : :
: : :     . : : : : : : .:.:.:.:.:/」=‐  ̄ 。s≦| 〈 \/ : : : : : : : : : : : : : : :
      : : : : : : : .:.:.:.:.:.:(_,.。s≦ -_-_-_| 丶∥\_/_ :: :: :: :: :: :: : : :
: .       : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:/|‐_‐_‐ ‐_‐_‐|  》  : \ : : : :: :: : : : :: :: :: : :
: . ..         : : : :.:.:.:.:.:.:.:/ j{-_-_- -_-_-廴 : : : :《^\ :: :: :: :: :: :: :; :; :;
: : :       : : : :.:.:.:.:.:ノ j{-_-    -_-〕 )  : : : : : : : : : : :: :: :: : : : : : :
: :       : : : : ;';';/|⌒|| .j{-_───==彡ィ{   . : : : : : :: :: :: :; :; :; :: :: ::
             ;';';';';'|//|| j{-_- ̄ ̄ ̄ -_-i{``~、: : : : : :: :: :; :; :; :: :: ::
: : . .          ;';';';';';'|//||;j{_‐_ |⌒| |  -_-√ ̄ ヽ: : : : : ::. . . . : :: :; :; :; :; :;
: : : : . . .       _-二Ξ|//||j{-_- |//| | _‐二 ̄。s≦「 :: :: : : : : : : : :: :; :; :; :; :;
: : : : : /⌒~⌒'弌 ̄‐ミ ̄ ̄ ̄ ̄ヘ ̄ ̄ ̄ ̄√ ̄ ̄ ̄ヽ:: :: : : : : : : : :: :: :: :; :; :;

2.賢竜の魔女
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  PC達の誰かが姫騎士を担ぐなどして運ぶ場合、そのPCは過重行動によって消耗する可能性があります。
  難易度13の体力持久+冒険者LV+過重行動判定を行わせてください。
  失敗したら雨の中人一人を抱えて移動したことで、1点の消耗を受けてしまいます。
 
  ほどなくして、PC達は黒々とした森の外れに立つ、石造りの塔を見出します。
  どうやら姫騎士は意識朦朧のあまりデタラメを言っていたというわけではないようです。
  PC達が礼儀正しく呼びかけると、「お入りなさい」と静かな声がして塔の扉が開きます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


5598◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 01:30:11 ID:YPvR+PUb

         ___
      /        \
.     /  イ{ | |     ヽ
.      ,  //_|.| } L_    }
     |  { }_>斗匕  l   |
     |  {、  }!<_l .八
     |  八ゝノ     |l  / ./
 .    八  ゝ ___,  .从./{  ,
    /' }  |  .∧ノ ̄ ヽ  |l        }ヽ      .r、
      |  | /./ {    | 八      、 _r-Yヽ  _  | v、
      |  |./ l |___|   }:. ___ ).ノ | \ ) V彡 _}
      |  .八 从 |    |} 从 V_  ///  .|  _> ./ l∧/,
.       ,  / /  ハ ̄ ̄. ! ,   V≧=======≦  //  | ∧/,
     /  , / ∨ {≦匕{ ∧   V--    / / /  .l. ∧/,
.    {   {  }  }< ._| { :.   V/ / /   /   |   ∧/,
       { ゝ ___}====}\、 Y   }ー _ _ へ'    .|    /,
     `、  |  ̄}ノ=ー/  \ .}  人   \    -  .|     /,
.      `、 .| ./― ./ 、.    /  .,   - -<    \.|      \
         }  |/ \ /.|  \ ノ 从 { __       \   {}へ __     ヽ
        l /><イ } _彡' ./> ⌒ー       :.      ゞ _r,
       ノ /\ . /_|__  =-  ´               }        \   ‘,
.     /_./-   ̄                   .八           \   }
   ./<                            /  \          ヽ .|
 //       _      \ \         {ミ     ̄≧ 、     V
ノ ,    斗匕 彡  ̄ ̄  ー >-―― --  ⌒  < へ __ハ
彡 {  /                             -ァ 、\ ー =ー 、
  }      __        r         \  _  __   {   \ _彡―=ミ ) Y
彡/                \   二=ーハ  ___   } ⌒""     /___ノ
.(___ へ _____ ⌒ヽ ___彡'  `¨¨´  `¨¨´       /"´


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  現れたのは、白い僧服を纏った美しい女です。
  只人のように見えますが、その角や翼などは只人とも、獣人とも、蜥蜴人とも似て非なるものです。
  問われれば、彼女は自分が賢竜であると認めます。
 
 「賢き竜という呼び名はいささか面映いものがありますが、長い歳月をここで過ごす内、そう呼ばれるようになりました」
 
  そう言った賢竜は、PC達が連れている姫騎士の様子を認めると表情を変え、すぐに中へ招き入れます。
  塔の中はいかにも魔法使いの住処といった感じで、薬瓶や薬草、護符などがあちこちに並べられています。
  ですが薄暗い雰囲気はなく、心温まり、どこかホッとするような居心地の良い空気が満ちています。
 
 「この娘は、この地に仕える騎士です。しかし、この矢もまた、この地の騎士が用いるもの。何があったのか……」
 
  賢竜は寝台へ姫騎士を寝かせると、彼女に手をかざして何事か唱えると、瞬く間に傷を癒やしてしまいます。
  そしてPC達へ、良い香りのする暖かいお茶と焼き菓子、そして雨で濡れたろうからと手拭いを貸してくれます。
  彼女はPC達を労い、姫騎士をここまで運んでくれた礼を述べて、彼らをもてなします。
  もし先程の博識判定に失敗していても、ここで賢竜がPC達に歴史を教えてくれます。
 
  しばらくすると姫騎士も気が付き、周囲の様子を見て取ると、すぐに状況を把握して寝台の上で深々と頭を下げます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


5599梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:31:08 ID:tQG5BSOk
考えるな!気持ちがいい!
姫騎士をノリノリで塔の中に連れていくのだ


5601梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:32:32 ID:dLuz/d3J
ところで姫騎士って姫なの?騎士なの?


5602◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 01:33:08 ID:YPvR+PUb

                   {ニニ=‐  ‐===‐ ‐=ニニニ.∧
                   >''"-===-       "''<ニニ}
                 /  /    ⌒“''*、     \ニ|
                      / /         \     `、 /
               /    / /           `、     ∨/
                 /           |   ∨/  ∧     V /
             /        |     |   ∨/         V
                ∥   /   .|     |    ',   }      }
               |i   /    |     |          | / / ハ
               |i    | .|    !     人    |     |  / / }
               |i    | 从  人     | \  .!   .|/  ./|
             八   | xr=ぅぇ \    r=\ |   .′  /. | |
              /\.∧ゝ乂rソ  .\ | Vr ソ    /} / .| |!
               /  .\', ¨´  ,    `  ¨¨´ |   /リ ||
                /   ハ ∧               |  /  |   | ||
           /  /  }  }h、   (   ,  u ..ィ  ′  |   | ||
             /  /  /|  |  }h、    。r≦.  /     |   | ||
         / r.\  /..|  | rく  |  ´    | / 〉    |   | |
        /  {\::》  ̄|  |^ ∨廴 __   イ/ /h、   {   { {
       /  /\: \  |     \ |  | } { {{./   ≧s。  ィi〔⌒}
     /  /‐=ニ.\/ .| /∧  /^\ -=≦ .|`、     /::::::>''"
   /  //\‐=ニニ}  八  》 (ノ( ) )    ) \   《、丶`ニ=∧
  /  /  {‐= \‐/  /  / 《::::::}     /   )  /ニニニ=‐.∧
 (  /    |‐=ニ>''"  〈 /   ∨ノ   /   /   {ニ>''"⌒ニ/



                   ,    ̄  、
                  /       ヽ
                 ,    |!、\ ヽ  :.
                  |  { l从仄、_l |  }
                  |  爪彡><|  |
                  l   八/ 、 ,.从 |
                 ll   从>..ー .イlノ.八
                 |  爪  }  /''_  \
                 |  {  <___  __  - .、         _
                 l l ハ|\ゞ=-      }      /     ̄ヽ
                 |从 、       . -.ヽr.⌒)  ./         ≧ュ _
         __r――、    〉--{ -=  . Y /    }.  |.  / ノ    \      \
       /      \  (  {     V    .ィ(   、/  V) |     \     / )
      / ̄  ̄ \ }  \ }  ゝ __ 彡'   ̄ .ハ /〃   イ        __): : _:)
.   /        v    v  / (        | ヽ.   ./ )  (----- ): : /ー'
.  八  /        八     ,  }         |    ___ ノ   }    へ __彡'
   ) ゝ{         }\   ノ   }         {   八     ゝ彡'
   Y___彡  ⌒ ーァ _ハ `¨¨´   /       八. // \
      `¨¨廴___>r____)  /  ./    、  /  V     \
                .,   ./     '       V\\   > 、
                  /  ,   ⌒ヽ    /⌒_V \ 、     ヽ
             //   .{> ―- ミ >-</     Y    ̄      }

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 「旅の方でありましょうに、大変なご迷惑をおかけいたしました。何とお礼を申し上げて良いかわかりません。
  わたくしは故あってあまり長き命でもありませぬが、この御恩は一生涯忘れませぬ……!」
 
  彼女は賢竜の言う通り、この地の領主に仕える騎士だという。
  悪政を敷く先代領主によって父を暗殺された彼女は隣領へ逃れ、やがて反乱に加わり、地に平和を取り戻しました。
  しかし即位した新領主は、若輩である事、自分が戦働きをしていない旗印に過ぎなかった事に、劣等感を抱いていたようです。
  始めは良いまつりごとをしようと努めていましたが、やがて見栄を張り、領地の収穫をありもしないほど過剰に吹聴。
  帳尻を合わせるために民に重税を課し、さらに折り悪く飢饉も重なり……。
  かつての同志であった姫騎士の箴言は聞き入れられず、逆に打擲を加えられ、終には粛清されかける始末。
  もはや事ここに至っては再び反乱を起こすより他ないとして、仲間を募って立たんと決意したのだが――……。
 
 「ですが領主様……いえ、もはや暴君と成り果てたあの者は、『死の星』と呼ばれる恐るべき怪物を擁しております。
  このままでは反乱同盟の敗北は必至。しかしこれ以上は民が持ちませぬ故、城を攻めねばなりません。
  賢竜様なら、何か怪物を滅ぼす弱点をご存知ではないかと、わたくしは一人ご助言を求めに参りました」
 
 「私はかつて、道に迷って庵にたどり着いた二人の騎士へ、予言を授けました。
  片方はやがてあの城の主になり、もう片方はいずれ子孫があの城の主になると。
  この世の全ては宿命と偶然の骰子次第。けれど善きことをすれば善き、悪しきことをすれば悪しき流れとなるものです。
  結果、一人は主君を殺し、友を殺し、その末に城主となって悪政を敷き、隣国へ逃れた先代領主の子に討たれ……。
  その御子もまた混沌に魅入られ暴君となり果てた今、かの騎士の娘が立ち上がらんとしている。
  森羅万象は因縁に生き、業に死すものと申しますが、あなたがたと彼女が出会った、これも因果でしょうか……」
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


5606◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 01:37:18 ID:YPvR+PUb


              ,  ― -  _
            _r― ==   \
          rゝ \     \  \
         _rゝ-,、  \      Y  ≧=-
.         }rゝ' V弐从爪} }    |   ヾ
         {ハ  .}_\}!__ ノ从  V |  }八
         Y .} .爪炒 \{!ノ'|  トヽ  ハ .)
        _ 彡/ .∧ゝ ' _7.从从_ノハ__彡-- .、
         / /.{从 ゝrr≦} }「「「ハ}_/: \: : : :Y
.     __/__./__  /ハ {.{{ノ __ / ̄ヽ {: :ヾ: :.ノ_
    {       { .f ゝ><.  /     V: : :Y_   \
    /    ___ノ⌒<_ ヾ彡./     }|: : :|  ≧ュ \__
   {____彡 ¨  {\: : :\  }/      .|Y: :.|\       \
    {      ノ  ヽ: : :-彡:      ノ.|: : | :.\        \
    八   _     V: : : :/      ./ |: : | ∧. \         \
      -------  ̄八: : /       ,  |: : | /∧   <_     \
                7       /  .|: : |.  /∧        ^⌒ヽ)
                ,      /    |: : |   /∧
               /      , _rrrrr.|: : |rrrrrrrrゝ
                 {      / lゝ===|: : |=======彡> _
.              /      /.ノ    |: : |l  ̄        ̄  、
.               /     } ⌒ <_>: :八             \
             ,   .>――<   八: : : \ 二=-   _     :.



            /  /イi .∨      ヽ ヽ,´ /     ヽ_ノi:i:/ .∨     ∨/
           /   .'  i  ∨      r‐===-rニニis。/ ∧ゞ´    ,     .∨/
         /    i     .'      廴{ ̄`Ⅵヽ) } / .∧    ,      ,
        /      i!  i   .i!     ,ィニニ乂  .\彡'  ノ .W          ,
         .∥      i{  .∧  .i!     { (   )ヽ、\リ ハ===<.W          ,
       .∥      ∧ ハ∧  i!    乂`""´ノ}i二彡、ゝ、'''ー==ニニ≧s。      ,
        i|     i ,' Ⅵ{''´ \ i!      ̄  i|  )ゝ,`┐ヽ i|`""'''''ー`''     i.|
        i| i   .|ィゞ´ ',{_,,。。__ヽi         i|< . 〕ム `'ヾs。           i.|
       {  ',   {i  '´ィ也ゞ}了 .| i   i  i  リ〉ヽ∨ヾ}h  ゞミh、        i.|
          W 'h、 ∧ ア´圦} リ'  .| |   /  /i  / ヽ.リ  ト,ミ', /::::i`'ゝ,       .i.|
        Ⅵ マis。 ト、   匁イ   |リ  从 /:::| ./ノ //   ヾhイ:::: i.           i.|
        Ⅵ乂{:::::)ヽ、     __ノ' / ノ'  iノ.i!ア´イ    ヾ,:::: .i.           i.|
         .ヽ,ヾ:、´        /''´i|    / i!,。イ)_/ /::/::::`       i     .i.|
           .i|ヽ          i|      i!   ),イィ,::':::::        i|    i.|
            i|:.:}、 、-ァ      :i|      .i!      i{:::::          i|    i.|
            .i|:.:.:.〕、´        .::i|      i!     i|:::::          i|    i.|
            i|:.:.:.:∧      .::::::::i|     .i!       .i|:::::          i|    i.|
            .i|:.:.:.:.:∧...:::::::ニ=-v:::i|     i!      W/∨/      i|    i.|
             i|:.:.:.:.:.:}`|i´     Wi|    .i!      .∨、 }i         i|    i.|
             .i|:.:.:.:.:i! .|i    ,ィi} i|     i!       ∨ヽ/7       i|    i.|
             i|:.:.:.:i!=.|i __ ./::ノ} i|.    i!       /ヽ/{:::.       i|    i.|
       _,,,。。。,,_ノi|:.:.:.i!ニニイ_,>'´丿 .i|    i!    _   {  ./:.{::::.     .i|    i.|

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  溜息を吐いた賢竜は、しばし考えた後、意を決してPC達に説明をはじめます。
 
 「この暗黒の森は、かつて破滅の運命の森(フォレスト・オブ・ドゥーム)と呼ばれていました。
  それは恐るべき怪物が住んでいたからです。けれど、その怪物は、彼女の父上と、かつての領主によって追い払われました。
  その際に彼らが用いた魔剣は、まだこの森の何処かにあるはずです。
  怪物を退けて精も根も尽き果てたお二方は、魔剣を取り落としてしまい、それを小鬼が持ち去るのを止められなかったと聞きました」
 
  ですが姫騎士はいくら傷が癒えたとはいえ、この森の中を一人で探索し続けられるほどには回復していません。
  そこで賢竜はPC達へ、「望む水薬を五本用立てるので、彼女と共に森を探索して魔剣を見つけてはくれまいか」と依頼します。
  姫騎士も「もし手伝って頂けるのでしたら、森を越えた反乱同盟の本陣にて、お一人に銀貨100枚をお支払いします」と言います。
 
  PC達が引き受けたなら、賢竜はすぐさま《水薬》の術を用いて、瞬く間に五本の水薬を小瓶の中に作り出します。
  材料もなく、自ずから小瓶の中に薬液が湧き出したかのようで、おまけに術の使用にも躊躇が無い様子です。

  姫騎士と共に塔の外に出たPC達は、雨がもうすっかり上がっている事に気づきます。
  あとは、目の前に広がる黒々とした森の中へ足を踏み入れるのみです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


5607梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:38:13 ID:aLbx6vg7
小鬼か…


5609梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:39:38 ID:tQG5BSOk
それは、ゴブリン魔剣士・・!


5610梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:39:50 ID:oeeUSdjv
よっぽど消耗カウンター溜まってたんだな


5612◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 01:40:53 ID:YPvR+PUb


                      /~\
                     >''''ア≠=zzzァ
                      / // ! !ヽ,} ヾノ{
                        {! iノ,.{ i|从!.∨ } ',
                      リ{!ヒッ.Wィュノh} ノ!∨,
                        ノ.八 、 _ゞニミi{{:.:.、' ,ヾ,
                    /.イ /:.)hイ7_ノ (ヽ,:.:.〕h、ヽ,
                 八.∧弋r ∥7イ) 〉/}ヽ:.ヽ:.:.ヽ,
                rヾ、_ヽ} {ノ/:::∥~/==》 ノ:.:.{ヽ:.:}
                rミゝ《、 /''7::::: {!ノゝ==}〕:.:.:.ゝ=-_ノ
               ノヾ:.:.≦≧:{==イ}ノ〉〉(´:.:.:.:.:{ ∨{
               i/:.:ミ~7〉〈ヾゝイ:::∧リ ゝ、:.:.:ト、 `ヽ     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 八:.:.:.:i{ニ===ゝ==‐ Ⅵ{ ノノ`ヾ,。
                `~/{ 》《 }__,。。,:.:Ⅵ',   ノ'          姫騎士のデータはサンプルPC「只人の神官」を用いてください。
               /ヽ三三三彡_/`}=)h、  ト,          ただし彼女が信仰しているのは、至高神になります。
              />''()ゝ~~~~7人~~≧弋}=≠≦≫        そのため、彼女の錫杖は天秤剣です。
              〕イ:.:/ // ヽ, i `~イヾア{辷《~~ヾリ
             , ':.:.:./_ { {。,,ノ ヾ,,。} :', \Ⅵ ム:.:.:.\      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            ,:.:.:.:.:./WWゝWWWWノz_!,。== Ⅵ ム:.:.:.:.:ヽ
          ,:.:.:.:.:.:.:.,ニニ.∧: : : : :',: : ヾWWアニⅥ ム:.:.:.:.:.:.ヽ ,
         ,:.:.:.:.:.:.:.:.,ニニニ∧: : : : ト、_,,。イニニⅥ ム:.:.:.:.:.:.:.: 〕h、
         .,:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ニニニ∧ ̄´}/〕ヽ//}!ニニニ.Ⅵ ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)h、
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ニニニニ{!〕、7/、!-))/!ニニニニⅥ ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.iニニニニ∧)((《 )i(/}ノ〔!.ニニニ.Ⅵ ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}!
       ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.iニニニニ.∧//}ミ弋ィ 〉〉=ニニニⅥ ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i.}
      八',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ニニニニ∧弋ト、Υ//}  ヾニニⅥ ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. //
        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.}、ニニニニニ》 ∧7~ヽ,:.ノ   {ニニニⅥ ム:.:.:.:.:.:.:.:.:./イ
        ノ:.:.:.:.:.:.:.:.: , >===<   {≫≪}i:∨  乂ニニⅥ ム:.:.:.:.:.:.:.:{ {
          {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ,        }>≪ノ}/}!.   .≧=‐Ⅵ ム:.:.:.:.:.:.:.} }
        .八:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨       ,>≪.リ/リ       ∨.∧:.:.:.:.:.ノノ
        ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.∨       }]}:.:./,//、        .∨.∧:./ノ
          〕h、<:.:.:.,         i]}:.∥,//}        }ヽ,∧イ
             `ヾ、}       从:7 }//〕       ノ,イ弋}
                 ∧!      .ノ≠{ 从/リ       ∥
                }!      〉=={ ////{       ∥
                     ノ:.:.:.:{ ヾ=イ       {i
                     ,':.:.:.:.:.}
                     {====}
                         ヽ:.:.:.ノ
                         `´




.


5615◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 01:42:41 ID:YPvR+PUb

. :.::| : : : : : ;:;:;:;:}い∵ン\;:;:;:;:\爻ソ| : : ;:;|; ; 爻; ;いハ乂ハン ノいソ; ; ;ノノ⌒´ . : : \\: : ::|i:i:| ; ; ; , ,.: .\i:\|i:i:|\_ノ
.  |  . . . : :;:;:;:{, , ∴ソ⌒'\;:;:;:;:\ノ: : ;:;:;:しルノい∴ノノ; ; 乂∴ノ∵; ; ∴:, . . .: .:...:i:i: : :\\ノi:i:i} ; ; ; . . ̄  \ノi:i:|: |:::::
: .|   : : ;:;:;:;:;{/`7'´ . .. : : \;:;:;:;:\;:;:;:;:|i:i:ノ/ ̄∵:いソ'^''7''"|:|/ }:i. : :Y ノi:i:i:} トミ; ;∨i:i:i:i{; ; ;.:.: . .    |i:i:i:i|: |.:.:.:
\|   : : ;:;:;:;:;:;}:::::/. .  . .i . : : |:\;:;:;:;:;}i::;:;:i:i:|.: .: .: .:__ノ:|:|/i:i:i/  |:| . : :}:i.:.: :|: {i:i:i:ノ:|i|::``|:i:i:i{;:;:.:.:. . . '´   |i:i:i:i|: |.:.:
ヽ|   : : ;:;:;:;:i:i{:::/乂_ ._|:::|/: .| : ::|\ノ: :;:;:|:i:|⌒|i:i:i:i:i|: |/i:i:i/`\//\ . .}:i j |: |i:i:i{:;.|i|゚㍉. |: :i:i:|;:;:;:;:.:.:.:.: : : : . |:::i:i:i| .|.:.:
 |  : : :;:;:i:i:i:i:{:/.: . . : . |:::| : . .| .:.::| : : : : :;:|i:i|: :.|i:i:i:i:i:|/i:i:i:/: . .. |:|  \}::V :|: |i:i:{;';'|i|;';';',, |: :i:i:|=-‐─…・・ ''' ""´|.:.:
. |  : : ;:;:i:i:i:i:i乢-‐-─ノ:::L- く: : ::| : : : : ;:;|i:i|vノi:i:i:i:i/::i:i:/-ミ. . |:| : : . v}::::∨:ノi:i:i};';'jIレ''´ノ: :i:i:i{            .|.:.:
|  : : :;:;:i:i:i:i:{.: .: .: . . . .: .: . . ``'| : : : ;:;:;:|/""´´^/i:i:i/ : : :``''┴-爻淡爻辿ル''"´.: .: . 廴__ノ .: . . . .: . .   . . ; ; ; :|:::
_|  : : : ;:;:i:i:i:i:i}爻ノィ(ィノー…ー-:ミ.: .:|:  : : :;:;:;| ‐ ─ニ|i:i:i:i|‐ ‐ 二三ΞΞニ=-`` . . : .:.:;'.:.:. . . : : : . . . . .: : : : . . ;' ;';';';';';'; |.:
.l  : : : ;:;:i:i:i:i:i}''""^´´``'㍉,;:;:;:;:;:;:`'| : : : .: :;:;|ー---弍::i:i:|三三二-‐ ``. . : : ; ; ; : : . .  . : : : .:.:.:.::;';'.:.:;';';'.:.:.:;';爻爻淡淡|i:i:
l  : : : ;:;:;:;:i:i:i:};:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ー-ミミぃ;:;:;:| : : .:i:i:i:i:|;:;:;:;:;:;:;:;:``''ー=ニ二_:;.:,:;.:,;';';';';';';';':;.:,: : : : : : _:_:,、,、,、,vivuiuf-'^'^'^'""´::/i:i:
  : : : ;:;:;:;:i:i:i:}-_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`丶、::|  : : i:i:i:|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`丶、 ´"''ー─…¬冖テ''"""">-─┐.: . . .:.: . . ;';';'.:;'/i:i:i:i:
  : : .:.:;:;:i:i:i:i:i}Ξ二‐_;:;:;:;:;\;:;:::::::::::ノ  .: .:i:i:i|、\;:;:;:;:;:;:;:;:\;:;:;:;:;:;:ニ─   -=辷彡'゙:/;:;:;/;:;:;:;:;/⌒^>─<、.:;':/i:i:i:i:i:
  : : :;:;::i:i:i:i:i:}- -‐ニΞ‐_;:;:;:;:\;:;:;:;:{    : :i:i|:、`:、\;:;:;:;:;:;:;:;:>……‐-  -=≦;:;:;/;:;:;/;:;:;:;:;:/-''"´^^㍉_、‐''゛:/i:i:i:/i:i:
  . : : ::;:i:i:i:i:i{;:;\;:;:;:;:-二二-;:;:;:;:;:;:;} :  . : :i:i|≧=‐ ‐ ‐二ΞΞ二─ ‐ --…::〈;:;:;:;:/::::_、‐''゛;';';';',、ぃゞ``. : :;';';'价vぃ爻
 : : ;:;:i:i:i:i:i:i:i}-;:; ;:\;:;:;:;:=ニ: ; ;..-=ニ} :. .:i:i:: :,i:|ΞΞニニ……─ ‐ ‐  ‐  ‐ ‐…ニΞ ̄: : : : _、‐''゛: ::;_、‐''゛:;.:,:_、‐''゛ノ(ィノ(
. : :;:;:;:;:i:i:i:i:i:i{三ニ=‐‐ ‐=ニ三Ξ竺ニ{ .:i:i:;: ;:;:i:i|‐ ‐…二三三ニ-  ‐  ‐ ‐‐ニ…- -‐…ァ''゚.:.::::::_、‐''゛;:;:;:_、‐''゛.: _、‐''゛;:;::::
. : ;:;:;:;:i:i:i:i:i:ノ `` 二   ‐ ‐ニΞ-{..:i:ソ: : ;:;:i:i|ΞΞ竺Ξ二三ニ-  -  - -=…::∵∴(: : : :::::;:;:;:;_、‐''゛─ァ''"´;:;:;:;:;.:,:;/
..;:;:;:;:i:i:i:i:i:i:{: : . . .,,..    . . . : :;.;:{i:i:i|: : :;:;i:i:i| =_=_ニモニ竺=- - - -=- -‐……ニΞΞこ二‐/γ´;:;:;/;:;:;:;:;:;:_、‐''゛::::
::::;:;:;:;:i:i:i:i:{ .. ..  ‐_‐_  . . :;.:, ;' ;';'j{i:i:i|.:.:;:;:i:i:i:|: ..    二=-  -=Ξこ三二…‥::∵Ξ二Ξヽノ;:;:;:;:j';:;:::_、‐''゛.:.::;:::/:
;:;:;:;:i:i:i:i:i:i{- -   ‐_‐_   ;';';';';'ンi:i:i:i|;:;:i:i:i:i:i:|Wぃ, _ _   ,,. ..   -Ξニ-…∴ΞΞ二‐ ‐ ‐ L__、‐''゛_、‐''゛:::/::,;'´
;:;:i:i:i:i:i:i:i:{二─ ‐   _  vu - -=彡乂i:i:i:i:i:i乂辿ぃv ‐_‐_ _ _    ‐ ‐  ∴ .   . . . : : :  . . ‐_‐_‐___彡'′.:;′.:
;:;:i:i:i:i:i:i:i:{三二─ ‐     ぃiい爻父父爻爻いぃ,ノ(ノ(爻乂-_-_-_-_   ‐ ‐  ── ‐   =_=_=_=_=_=_=_=_彡'′.:′


3.運命の森
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  運命の森の探索は、トランプを用いて行います。
 
 
              ■■■
              ■■■
              ■■■
              ■■■
                ■
 
 
  GMは1からKまで、13枚のトランプをよく切った上で裏返し、このように配置してください。
  これが森の中をイメージした簡易マップとなっています。
  PC達は一番下から森に入り、進む方向のカードを一枚ずつめくっていきます。
  そうしてPC達は森の中から魔剣を見出し、一番上の列を抜け、森の向こうで待つ反乱軍と合流しなければなりません。
 
  カードは数字に準じた地形、イベントが発生します。
 
  もし絵札を除く数字の合計が25以上になってしまったら、森の移動で疲弊してしまい、余計に体力を消耗してしまいます。
  難易度13の長距離移動(体力持久+冒険者LV+長距離移動)判定を行い、成功した者は1、失敗した者は1d3消耗を受けます。
 
 ※もしスレッドでダイスを用いて判定する場合は
   !1d13:123456789XJQK
  などとして、一枚めくるごとに1d12,1d11と数を減らし、めくったカードを削って進行してください。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


5618◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 01:44:54 ID:YPvR+PUb


: : :j   |洲洲洲洲i:i::::::::::::::::: ; |;:;:;:;:;:;:;:;:: : : ⌒㍉ミミミミミミミミミ州i洲i洲|::::i:i:i:刈爻災淡淡淡淡
: : {   |川^刈洲jl|i:i:::::::::::: : : :|__彡゙⌒乂ツ;';';';';';乂ミミミミミミ泌ミ洲洲i|::::i:i:i:i爻爻爻爻淡淡淡
: : :{   }i:i|ハi:i寸ミ|i:i:::::::::: : : :.:|刈爻;';';';';';';';'⌒ン;';';';'⌒ヾミミh、刈ノi:i{::::i:i:i:i:i爻爻j/:::::x'爻爻
: : :}  {i:i|圦:i:i≧{i:i:i:::::::: : : :.:|洲爻;';';';';';';';';';';';';乂;';';';ツ災淡{∨i:i:ハ::::i:i:i:i:|爻ァ'゚::::イ川}ハi:i
: : :{  :〔i:|ノノへi:i:i:i:i:i:::::::: : : : |川州洲x;';';';';';';';';';';'刈爻爻炎圦i:i:/ミミ}:::i:i:i:i:レ'゙::,.ィジ:ノノ乂ji:i
: : :{  : {i:|ilililil/ヽi:i:i:i:::::::{ : :{ :|ノノノノ洲刈爻爻xく爻从爻爻ハi:∧乂ミj:::i:i:i:i:i/i:i:i:i:彡ィイシ{i:i
^i : { : : {i:|ililili|i:i:i:|ilili:i:::::j' : 川水彡j乂爻爻爻爻ミ爻乂ノ^i|:|i:i:i:ヘ`'{::::i:i:i:iノi:i:x<个i:i:i:「爻{i:i
;:;{ : : :、 :{i:|ililili|i:i:i:|ilili:i::::: : ::{: |i:i:/刈ilili|\「i:i刈爻トミ刈メj::::i|::|i:i:i:/刈:::i:i:i:i|i:i:i:乢j|i:i:i:i|爻ミ|i:i
.:.:\: ::  Wililil|i:i:i:|ilili:i:::::: : :{:.:|i:i|⌒|ililil|^'vi:iノノ: : : ^'ッjリイ:::シ| |i:i:i:|㍉|:::i:i:i:i|i:i:i:i|^'リi:i:i:|^Yi:i|i:i
..::.. : ::  ヤililil|.\|ilili:i:i::::: : :j: |i:i|.....|ililil|.. .|i:i|:|.. .. .. .. .|::|.l::/ |::|i:i:i:|.....|:::i:i:i:|i:i:i:i|.. .||i:i:i|. .|i:i||i:i:
.:.: { : :{  ,ハililil|  ,|ilili:i:i:::: : ノ: :|i:i| . |ililili|. .|i:i|::|  . .  .|::||::| |::}i:i:i:| . |::::i:i:i|i:i:i:i| . .i|i:i:i|. .|i:i|.|i:i:
.:.:.:{ : :i '/∧爻爻|ililili:i:{::: :{:  {i:i| |ilili从 |i:i|;:l     .|::リ::| j:::}i:i:i:| |::::i:i:i|i:i:i:i|  i|i:i:i| |i:i| |i:i:
\j{ : :{ :  {寸爻|ililii:i:i:{::: :ヽ {i:i} jilili:i:i:i゙|i:i|;:;{   ノ::j':::|ノ:::ノi:i:i:i:Ⅵ::::i:i:i|i:i:i:i|爻j|i:i:i:刈i:i:リi:i
;:;:ノi| : :}i  j やりililリi:i:乂: :〈 {i:川ilililili:i:|i:i|::从ニ二 ̄ ̄爻爻i:i:i:i:i:j{.:.:i:i:i:Ⅵ从j'りi:i:i从シシi:i:i:
;:;:;:;j|i: :|i \   ∨ilil}i:i:i:}ilil〕h、 乂vwvwl|i:i|'   . :  ̄ ̄>''"""∨.:ノ。s≦{{三三/洲洲ノシ从
;:;:;:川 八: : 》 : : ヤ洲洲洲州州沁,爻爻リi:i:|⌒ヽ、_:_:_:_:ノ´_-二三ノイ三V(_j}三三/(xxXXXXX
;:;:〈 ∨/∧/: : 〉: ::}爻爻爻爻爻刈州川X刈爻ミx  ̄_ ̄ ̄ ̄-=ニ二三\\ / /刈;';';';';';';';'
;:;:;:;〉:∨:/∧: : ::Vハ,;゙,;゙,;゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙``''ミ爻ミ爻ミ爻ミx ---=ニ二三三三三\∨/∧ 乂;';';';';';';';'
∧(: : ∨.:/∧: : :}八,:゙,;゙,;゙,;゙,;゙,;゙,;゙,;゙,;゙,:゙,;゙,;゙,;゙,;゙,;゙,;゙``` ー¬宀宀宀¬冖⌒      }:}// )/'"´
i:i∧.: .: 〉;:;:/∧ : '/∧从--─…¬宀冖ニ““¨¨”” ̄~´"''~-  _        }// /ア=-
i:i:i:〈\ノィノi:i:;:;:\: : /ヘ{.:レイィ;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;::::::::::``''ー‐--─'////.,.,   从
i:i:i:≪^ヾノ>i:i:i:i:刈ノノYノノix;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/i:i/´;:;:;:;:;:;:)V)V)V
⌒ヽノ川从ハi:i:^Y水川从从シ爻ミx;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:._、-─……─--  _イジ;:;:;:;:;:;:;:;:川从川
....,シ从ヾ;:ミ:爻乂从州洲洲洲从シ''^^ ̄   ̄  ̄  . . . : : : :, :, :, :,```````⌒⌒''<⌒

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  1……のどかな道
   この森の中では嘘のように静かで、平坦で、歩きやすい道です。
   地元の猟師かなにかが用いていたのでしょうか?
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  2……獣道
   藪や茂みを通り抜ける、細く曲がりくねった道です。
   おそらく動物たちの通る獣道なのでしょう。
   衣服や武具が枝や下生えに引っかかる以外、さしたる困難はありません。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  3……鴉
   木々の迫間から鋭い鳥の声が響きます。
   見上げると、PC達の頭上を鴉が飛んで、北の方へ向かって行きました。
   反乱軍の偵察でしょうか、それともなにか吉兆のしるしでしょうか?
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


5619◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 01:47:50 ID:YPvR+PUb

               __
            /`´: : : :\  _ ........._                         r- '⌒ヽ
          , -イ:.:.:/{{`ヽ-: : :ヽ .ア:__,.へ:::`ヾ                _ノ゙ヾ、   .j ,___ぅ^′
__     /:.:.:.:ゞ/rx__r廾>ヽ: }ア::ノ,zz  __ヽ<, -へ__     , --- 、-{:.:.:; -'ー 、 / l
: : : : :>-- '´_:.:.:.:.:.:.:.:.L..」└‐┘!/}:_/ ゚-  ゚ ' ハ:.:.:.:.:.:.:.:ゞ´ ̄>´::::::::::::::::::::ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:\__l   __
    }:.:, ´: : :`丶: : : \ー`,. イ:.:il:.:ゝ!  [二l ハi:.i:.:.:.:.:.//<__::::::::,、::::::ヽ:::l:.:.:.:i:.:.:.:.:.ト、:.:.:l ア ̄r---
^~`ヽレ′: : : : : : :厂`Lア二,イ:V ヾ__ヽ  .._ イlr.ヽ>`. . . . . . .く/V xz-↑L:.:.:ト,__/二_/   /
:::::::::::l: : : : : : : : : /  </ヽ/`ヽ/     ゝ..__/. . . . ,、. ,、_ト. .ミ __゚- .r '::::}:.:「 x. -゚イ_ /
:::::::::::ハi,、,、i: : : /         .l   i      Ⅵ. . ノ-イ r. Lト'ー 'イ⌒ヽヽ-< rっ':.:.:.:.ド、
Aヘ::::j__Lヽ_r-ァ'        ./ j   i      ヽVr┘・` _ー レヘ V⌒′'. ト、!:.:.:ト¨´:.:.:.:.:.ヾ:.:.`l
.゚ ' r ':::::}  ア       /}  Y⌒ヽl        >- 、.ー'イ´`ヽ L_.ノ! ! ハ:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ┴- 、
-‐'´:::/:::| ∠_      ∠、 丁]  .厂      r ⌒7:.:/:.`¨´:.:.:.:.:.:`ヽ__l .l  厂ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
::::::::::):::/:.:.:.:.`丶__  j.  ヽ !/  ,l        ヽ  !V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:,/l`\! l  /r‐┴ 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:::::::> '::::::::::::::::::::::::::::V- 、   './  / !  , -=  ̄ ̄^\ `!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヽ-l .//ノ:.:.:.:.:.:.:. ̄`ヽ- ...._
::/::::::::::::::/::::::::::::::::{   ヽ  l ./| }/:::::::::::::::::::::::::::::ヽ `ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.L_ヽL) /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}: : : :/:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  4……飢えた人々
   木の洞を覗き込んだPCは、思わずギョッとすることでしょう。
   そこには痩せこけ干からびた、おそらくは人と思われる死骸がいくつも、より集まるようにして横たわっています。
   残された衣服を見るに、農民たちでしょう。重税に苦しみ、森へ逃げ込み、けれど力尽きたのに違いありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


5621梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:48:24 ID:tQG5BSOk
おートランプランダムダンジョン作成。よいねえ


5622梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:49:02 ID:aLbx6vg7
無惨無惨…


5623梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:49:38 ID:ngZyPlNs
圧制の被害者…


5626◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 01:53:13 ID:YPvR+PUb


                                      三三三三三三ヽヽ三三三三三三三三三三三三三三三
                                      三三三三三<彡ミヽ三三三三三三三三三三三三三三
                                      三三三三三三彡ミミミヽ三三 三三 三三三 三三/|三
             >i\- ─ <  ̄ ヽ             三三三三三´彡ミミミミミヽ三三三三三三三三./  |三
          > ´  ヘ \ ./       ヘ´  >〆     三三三三三 彡/´     ヘ三三三三三三三∧  .|三
      , >´    _ ヘ、 /        ヘ< /       三三三三三彡i        ヘ>´ i三 三 三 三/ /三三
     i´   ∠´ ̄    〆〈 ,、ヽ    ,γ  .〉 /        三 \─ ─ 、/  `   ´  i//三 三 三三/ /三三
     { ´イ,i´       ∧〈( Θゝ  ノΘ) ソ凹ヽ       三三 \─、   , - _ヽ iィァ i ,/三 三 三三/ /三三三
      ノ i          i ヽ ̄`,i巛、 ̄ ソ    ヽ      三三三 ヽ ニ__ ト-ィ_,、,、`,ノゝヘ三三三三/ /三三三
     /  i          i   ゾ    iゝ-/      ヘ      三三      ヘ , λ、 i/ イ  }三三三/ /三三三
    ∨  i          ヘ   i_ヘ   /卅ソ       .∨    三   /三 ̄  \从_ヽ_i/ゝ  ∧三三./ /三三三三
    ∨  .i           ヽ _ ヘ_/ ̄ __     ∨    ノ   /三. `   .゙| ̄/三三ヘ/ ∧三 / /三三三三
   ∨  i            i           ハ    ∨     /三三.     丿 i三三三ヘ/ ∧ / /三三三三
   ∨   i          , <i         / ヘ   ∨    /三三ゝ   /  _ \三三三´゙/ /三三三三三
  ∨    i    |\_  /ニニ|          ハ  ヽ ,  ヽ  . 〈三三三─-´   ─    ヘ三三i i!./}三三三三三
   {    }    ノニニニ ニ ニ/        .∨ニヽiヘ|   i    ヘ三> ヽ  ニ  ̄   > ̄∨三ゝゝ/三三三三三
   ゝ _ノ  <ニニニニニニニヘ        /ニニ | |  /     〉/   ヽ     >     ∨ /`三三三三三三
          ヽヘ〆iハニニニニ-=____>ニィァ亡|ヘiヽ|ヘiヘ、 三三   /三三三三三、    }/三三三三三三三
           /  \ニニニニニニニニニニ   ∨ |/ ∨  三三三三三三三三三三三   /三三三三三三三三
           /     /ニニニニニニニニ二ニニニニニニ> 三三三三三三三三三三<__/三三三三三三三三
         /     /ニニニ/ ̄ ̄ヽニニハ ̄ ̄ ̄ヽ ̄   三三三三三三三三三三i` ̄ /三三三三三三三三
                                      三三三三三三三三三三i__./三三三三三三三三三
                                      三三三三三三三三三三、_ ヽ、三三三三三三三三
                                      三三三三三三三三三三三、  ,`、三三三三三三三
                                      三三三三三三三三三三三 \ヽヽi三三三三三三三

 5……小鬼の群れ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
   何やら威張り散らしている小鬼の群れと遭遇します。
   1匹をボスとした5匹のゴブリンです。ボスは腰に立派な剣を帯びています。
 
   戦闘に突入してください。
 
   ゴブリンたちを倒したPC達は、ゴブリンから剣を奪う事ができます。
   しかしそれは見事な拵えの鞘に、無理くり錆びた剣を突っ込んだだけのようです。
   鞘にはかすかに青い光を放つ彫刻が施されており、これはどうやら真言であるらしい事がわかります。
   もしPC達のなかに魔術師の職業LVを持つ者がいたなら、この文字を読む事ができます。
 
   曰く「我は石貫き鋼断つ者の弟にしてその末裔。蜘蛛を恐れぬ者也」。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


5627梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:54:27 ID:aLbx6vg7
鞘だけ!?


5628梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:56:02 ID:tQG5BSOk
魔剣きたー!


5629梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:56:22 ID:tQG5BSOk
ってきてねえー!


5630梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:57:17 ID:e50XK0Va
剣は他なのか


5631梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 01:57:19 ID:G3sXCghJ
意志を貫き鋼を断つ…ってこれが謎かけなのかな


5632◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 01:57:19 ID:YPvR+PUb

               ノ勹::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
                   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ゝ
               /.::::::::::::::::::::::/.:::::::::、::::::::::::::::::/〉:ハ:::.、
                 /:/〕:::::::::/.::::/i|::::::::/|i、:::::::::::::::レ/:::トく}ノ
             レ !勹:::/.::::/i|l|::::::/il|i|lV:::::::::::::::::ハ!  `ヽ、
               〃-|:::::/心j::::/斥f_ラ\i:::::::::::{|i|l| /,  `ヽ、
               /儿|il|::/バ"|:::/v゙´ ̄ ,ィ|:::i::::ト:ゝ!|l///,    `ー=ミ
             _/、\ヽ!|レ1:ハヨ:/、__, _rチツj::从:||i` // ′ __,ノ  _,,`'<
            / 、丶.\\Ⅵ′ハマー++_ノ /f::{   ____ノ,.===--、    ヽ
           / i、 冫 二ニ==-、 }ヽ  ̄ /,ノヘ辷¨¨-‐ニ~~ //,    ヽ    ‘,
       , ’ |!` / 、      `二`三´ ノγ i| il|i /, “゛////, /,  `  " ‘,
       f゙ ゞ  / 、ヽ、\ヽ i|l|l i||ili 、`ヽ ノイ j|i l||il!|///, / ′′'///,    " }
      |    ゞヽイヽ丶!l|  ||l! |li 、  ″   !|l′′   \、′ //,      }
      !  jN   ⅰ                           \   _ノノ  人
      八  i   __j!           i          ニ=‐'ィ=<<  〃ハ
       〉ヽ  /ハ小.            .i|            /i||!l| |i `ヽヽ/ //,‘,
         l , /ヘ ハ∧、        /ハ                | |i i! ^  //ハ
        !″  V///∧ヽ      _,ノハ!|iゝ       __,/ tノ八      ' ′‘,
       }i!    '//,丿 ヽ\≧==ヘヽi|l |l! i! ≧==-=二/ノ _,ノ〉 ト,       /  }
       」介x,′ //「   寸ヽ`ヽr-'⌒辷 〔_  ̄ ̄丿/,ゝ'イ_/ ,丿‘,        {
        |! 〕|i!li、   /ノ   弋ヾえヽ`二___l|!|li|!__二二斗'/__/   イ   \     /ハ
        |∨/, !   /     `tヽ__乂_  〕i!〔______,ノ ´/`)ィi|i! ハ   ヽ     ∧
      ,小 //,  〔       ヾΚヽ ̄-ー、i|l|iゝ--=彡 / | !  ハ    } j   //,}
        i  ////,  】       〔\_`_______`,ニ、_______/    ,,    |   ノ Ⅴ  ///{
        |. /////, 〔        〉___〕ヽ ̄ i|!  j!i|/,  tz /"     |   f゙    '///ハ
       Y'//////, }       〃 ヽ.、   f⌒У/    _丿   〃 {.   |  '////// i
.       | V////// }      ,ノハ   ヾ、   ゝ‐く   r'}       /′ ハ  |'///,      |
.       | }////// }     〃 `ヽ   ヘ、      jノ rヘ        |   |///      |
          V^'ヘ///    ノ    ハ      }i! !|i   jノ   /   八  ∨/       |
      ⅰ    ∨'/   /  i|  ハヽ   |i |!    /   /"    ⌒'.  Y      j
       {      Y  ./  il|l|  ハ ヽ     ! |   /′  ′"     '.  ∨    ノ
       ‘,    | /  i| i! |l! ハ  `、          /           ‘,  }    〝
       ‘,    |,/  i|| i| i″ハ    ヽ  ゙ "    ,′   '  , / ,ハ  }    '{
.        }     |′ il! i||l.′ハ     ハ          }       '//,  | ノ′   }
         j|     |   |! |l′/          \      j|       /////  |/′   リ
       j「    \   ,′ハ         \___j|i     //′  /     {
       /′    ‘,  ′ノ /          /     ,リ      / '   /        |
      j|       ‘, ′ハ '       /      j|           / ,_、     |
      ||     _、 V /        /        {|   j!      { /⌒i i| ! 」
        ∧、、  /^ゝ |/      /         {|!   l|     {_ノ   | リ」,ノ
.     / ∧_ヽ. ∨ } 〉       /           Ⅵ  jl      r‐-ィ //


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  6……山男
   木々の向こうから、木々に等しい背丈を持つ巨人がぬっと現れます。
   彼は狩りをするために山から降りてきた山男だと名乗り、こびと(つまりPC達です)に協力を求めます。
   どうも何か棘を踏んでしまったらしく、痛くて歩けないのだそうです。
   けれどしゃがんで確かめようにも、茂み(つまり木々です)が邪魔で足元がよく見えない。
   ここは一つ、ちょっと棘を抜いてくれないか、と言うのです。
 
   PC達が見てやると、大きなサンダルを履いた彼の足の親指の付け根に、なにか剣のようなものが刺さっています。
   もしPC達が足によじ登ってこれを抜こうとするなら、難易度13の怪力(体力集中+戦士or武道家LV+過重行動)判定です。
   成功すれば問題なく剣を抜けますが、失敗すると抜く時に山男が痛がり、振り落とされて1d3の消耗を受けてしまいます。
   剣と見えたのは大きな縫い針で、それを見た山男は「かかあが仮止めをまた抜き忘れたんだな」と顔を顰めます。
   ともあれ難儀していたのを助けてくれたのは確かなので、山男はPC達に「こびとの好きな綺麗な小石」をくれます。
   これは銀貨50枚に相当するような大粒のルビーです。山男はそんなものに価値を覚えていないのですが。
   そして山男は「がちゃがちゃうるさいこびとがこの辺りをうろついてたぞ」と言い残し、のそのそと山の方へ帰っていきます。
 
   PC達が頼みを拒否するようなら山男は憤慨しますが、茂みが邪魔なので思うように追いかけられません。
   けれど再びここへ戻ってくる事があれば、今度こそ叩き潰してやろうと棍棒を振り回す事でしょう。
   その場合、巨人との戦闘になります。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


5633◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 01:59:36 ID:YPvR+PUb

:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::i:i:i/  {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/..    ....{........:i:i:i:i:i:i:ililililililil:i(__):i:i:i:i:ililililililililililililililア:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ゝ- ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iL.................{........:i:i:i:ililililililil::::斗─- ミ:i:i:i:ililililililililili/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|r‐ {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:... l............../.......:i:i:i:{ililililililili:i:\     寸:i:i:iililililili/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i| --v⌒ マ:i:i:i:i:i:i:... {............{..........:i:i:i:{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i`Y    i|:i:i:i:i:ilililili{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|⌒Y   ,. - ミア⌒: : : : : : ̄>  ゝ-(__ )  ノL ア    i|>'´ ̄` 寸:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|::::::::..ー ´    >: : : : : r≦⌒マ⌒>  _,r‐ > ´  _,..xく (__) ` マ /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ.....マ::> ´ ̄: : : : : : : : : : ̄¨  ゝ------   _  / ゝ- '^ <__,.才:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{:
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{ Ⅵ......乂__: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ` <_,. - 「` ー ^ <:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{:i
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{  ` <................〕iト .,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _r ´  _,. - ⌒>: : : : :.ゝ-、 ̄ ̄`マ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i:
:i:i:i:i:i川川≧s。.,   ̄ ̄` ー─── ミ: : : : : : : : : : : rf⌒   ̄¨ (___>{_: : : : : : : : : :  ̄` ーマ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:
:i:i:i:i 川川川川川川 i  (__)   ゝ'    }: : : : : : : :/ L  > ⌒: :ー<_>: : : : : : : : : : : : : : : ̄ ̄ ̄`寸:i:i:i:i|:i:
:i:i:i:i:川川川川川川川川川川川川川川斗---<     {:/` マ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.〉  ̄|:i:
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:_ア¨¨レ^⌒_) ゝ- '    ゝ./ rf   }: : : : : : : _,.イ ̄) ̄)l ̄ ̄ ̄ ̄( ̄)ニ{    |:i:
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ム:i:i:i:i:i:i:i:i/_,.ィ=≦ ̄   -ァ  (___r‐ ア=、 }> ´アく⌒>-く--<:. ̄〉リ           rf:::ア^ |:i:
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i从:ム:i:i:i:i:i(    >-zz__,.イ_,. --  _ /   /(_)二二ユ ⌒>  (⌒) /   _,. 斗─-  _ア   |:i:i
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{X:X:X\:i:i:i}\_,. --  ア¨´: : : : : : : : : ア   /__r‐-、 ゝ--<⌒> (   ア ̄ ̄           /:i:i
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i川:X:X:X:ハ-く_     \: : : : : : : : : :./   / rf「L「L___)      ー /        _r‐<ニオ---/:i:i:i
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{:X:X:X{⌒マ      ` マ: : : : : : ー~':⌒Y^ '^L_ ア⌒>   ,::i:i:i:{      /       γ⌒:i:i
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:川:川´X:X:X\≧===≦  \__: : : : : : :.ゝ、     ̄ :i:i:i:i:i:i斗-マ=---ア ーz_     /:i:i:i:i:i:i:
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i川i:i:X:X:X:> .,_ /⌒    _r‐ \: : : : : : :  ̄¨¨¨¨¨: :  ̄: : : : : : ー‐<ゝ-<:::::.....  /:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:斗川:X:X:X:X:X:ム     _,.. -<: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :` マ_/:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i才´ ̄ ̄ ̄ ̄ア//川:X:X:X:X::iム__r‐ ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
ilili  )::::::.  ゝ':/ r〈川rrff=v川v- ≧=-: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_,. イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
ilililil <⌒  {厂ゝ/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,. - ミ_,. ---、: : : : : : : : : : : : : : : :_,. <_)イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
ililililili ) ア¨¨} {: : : : : : : : : : : : : : : :_,. (_)ー<`≧x    ̄¨¨¨¨¨¨ ̄ア⌒>、__ノ  く{:才:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
ililililil (__)二ユ  ゙̄マ: : : : : ___,. <__)≦。.Y⌒(__)ト--':::ム       f: ̄(__)<ー' マ / j/|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
ililililili  _> ´  ,.ィ=ミ ̄rf‐‐    `Y´ ̄マト-' {::::「        }::::(___)イ .::::{ア Y 寸:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  7……泥の泉
   ふつふつと泡を吹き、湯気の立つ泥の泉です。沼と言っても良いのかもしれません。
   PCが近づくなら、難易度13の博識(知力集中+魔術師LV+博識)か魔法知識(知力集中+魔術師LV)判定を行って下さい。
   成功したなら、これが薬効のある泥で、傷口に濡れば血止めになり、一日に一度だけ負焦点を1d3回復させる事がわかります。
   もしPC達が小瓶などにこの泥を汲む場合、シナリオの間だけ、1瓶につき1回この効果を得る事ができます。
  (泥の薬効は、そう長く日持ちするものではないのです)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


5636梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:00:22 ID:aLbx6vg7
良き行いには報酬 か


5637梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:01:14 ID:ngZyPlNs
山男との遭遇RP捗りそう


5638梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:01:29 ID:l6D0XseR
信頼出来ないGMの場合は踏み潰されるかもと警戒される


5639梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:01:59 ID:N84kq3sZ
唐突なエクスカリバー・ジュニアで草 >蜘蛛を恐れぬ者


5640◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 02:02:58 ID:YPvR+PUb

wi:;"|;;::ll|:'',:;:.; |:;ll ;l||::::''.:'': | ,; ll|;:;: :;'':.;;:;:.:::''::      ;: ;::.;;'|_|/,:;; Yiw:;: :::'': :,:;; :;: ::  _,.w'"
 ;:' ;|::;l;l|;:;wii |;;;:li::l|!Ww;:'ノハ;从 ;'" :'"  ::.;wii;'' ;:''  :;: : :;: ;;:,: :''::: :;: ;;:'';;.; :; iw、 -‐''゛~`_
;;:;: : |.::;ll|、;::."|;:il.;;l|| : .;;'' ;;:;::::''::.;;'' ; ;: ::'',.. ;'"'":;.;'"  :.   ::.;w;'' ;;:: :::''"'":;.;'" :: 冫_ -=-
:.;' ノ;:ハ;:;ゞ ;:''|;, :;;;l|| ::.;w;''.;;:: :::'':":;:";.:.. ;'"'":;.;'" :: ;;;; '' ;; ;: :  ::.;;'' wWY, -'"   ̄
;'" ;: : ''.;'" ;: |;;l| ;il|l、_..;'"'"; : : ;.  :;:; :   : :::'',: :::wWw':,::;: :::iwW''::.;;'' ;:w-'"
:;'.,:: : ;.'':.. ;'"ノ:;ハ;::ヽ:;'' :wWw :;:;; '';;.::   :. :;; ::.;;'' ;;:;: :::''::  .;;'' ;;_,,.-‐''"/:「:|
:;:;; '';;.::  : :;;; ''    ;;'' ;;:;: :::''::: :..:.;'"'":;.;'; '' ;; ;: :  iiWw''"  r y′ l: |
":;. :.. ;'"'":;.;'" :: ;;;'' ;;:;:.:::''::.;;'' ;;:;: :::;'.,:: : ;.'':..::.;;'' ;;:;: ::', -'"  ─∧ ヽ /¨\
wYii  :.. ;'"  ;:'" ::.;w;'' ;;:;: :::''::.;;'W: :;: ;;:,: :''::wi ;: ;::.;;'      /  、 ゙: : : : : : ヽ
:;: : ''.;'" ;::;.,'' ; ;:.:::'',.. ;'"'":;.;'"  : :;; ::: :;: ;;:'';;_,..、-''"      〈\ }: : :(・):(・)
  :;. :.. ;':   :;:; : :::'',: :::wWw':,::.   ;:;:; :, -'"     .      {\: : : : : : : : : : {      ∧ _
::.; '' ;;:;: :::'  ";. :.. ;'"'":;:: .; '' ;;:;: :::', "        .       ∨〈ヽ: :( 二二 _)    |: レ': ̄|
":;. :.. ;'"'":;.;'" : :;;'wW_,,... -‐ '''´                /: くノ: : :ー─ィ」      |: : :<{
:;:;; '';;.::wW: :; ;; ''iw-'"                       ./: : : : : : : : : : : :|     /: : : : : ヽ
Yw'   .;;'' ;;:;wW,.  ─  二                   /: : : : : : : : : : : : ::.、  /: : / ̄ ̄
;;:;: :::''::wWリ  _   ̄                    ./: : : : : : : : : : : : : ト: ∨: : /
リWルw                            ─ 二 /: :ィ: : : : : : : : : : : :| ヽ:.:/
w     ──   _                   〈: <|l: : : : : : : : : : : : ヽ
   _                             \:\: : : : : : : : : : : : 、
─=                               `ト: :\_:_:, ┐: : : : : :i
                             .        |: :\: : : <{: : : : : : :!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  8……鰓人の小川
   さらさらと流れる小川です。川幅はそれほどではありませんが流れは速く、結構な深さがありそうです。
   周囲を見れば、かつて橋だったと思わしき残骸が両岸にあります。流されたのか、壊されてしまったのでしょう。
   PC達が特に何も工夫しないならば、難易度13の跳躍(技量集中+武道家or野伏or斥候LV+体術)判定を行って下さい。
   成功すれば川を飛び越える事ができますが、失敗すると川に落ちてしまい、1d3の消耗をしてしまいます。
 
   もし誰か一人でも川に落ちると、ざばりと水音を立てて鰓人が3人現れ、溺れた人物を抱き上げます。
   彼らは「銀貨3枚を支払うか、食料3食分わけてくれたら岸まで運んでやる」と提案してきます。
   受諾すれば彼らは誠実に岸へ連れて行ってくれますが、この取引を保護にすると怒り狂って戦闘になります。

   拒否した場合は手を離して潜ってしまうだけなので、特に問題はありません。
   溺れて、助けも拒んだPCは難易度12の水泳(技量集中+冒険者LV+体術)判定をしてください。
   成功すれば1、失敗すれば1d3の消耗で岸へたどり着けます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


5641梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:04:29 ID:l6D0XseR
川ゴブリンか……!


5642梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:05:27 ID:Eg5T/aZK
良心的なのかそうじゃないのかよく分からないw


5643◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 02:05:58 ID:YPvR+PUb

 " ./ / / ._,..‐、.ゝ        ../゛  、  'i, .l.   '.  l   /  /  ./'-_
  .'゙ .'´_.. -ー'″.、 `'           ,ノ″.'-,、 `'-..,_.ゝ l   ′ ‘  < /   ._,/. "        ー-
| ̄| ̄ヽ .゙'  `          ̄   .゛.‐''-、_ : 二_‘  `゛        _,,,, ‐''`-、、 __─────、
                    -  : ''`゙ツー-i―-___ -‐''゙ /  .,/_,, ‐‐  .i  /  . .´`''~ ..、
  -'"`''―  ._, __,..、 ¬──   `ー ...  ..,,'"- ,l,,,l,,'\ `       _,,-" '-ヽ ″ .l゙ ./ ,/ . / ,. ヽ
              `゛                 ` 丶 . .i . ´ ゙゙̄ ̄/> ..,,__;;‐        .__二,゙ニ彡-‐''" .\.
.___ ------___、                     ''''      .`   ‐ :  ̄、゙.゙.' ゙゙̄'"゙´. ヽ  '. ゝ .` ゛
..,  .     i'    .`゙'''''-.._          .           ―ー
..′ /    ,ノ  ,/  ..    `ヽ.    ,, -───,_.   ,, ー-           ___
 l,  ′ .,./ . / ,/゛. /   /.゙'、                   ,.. -―ー-'''`゙゙´  , ; .` ̄`"''ー..,、    ̄´
` .゙‐     ゛ ".ー''゙゙..-'',゙,, -" .、゙'`'              / 、  l  ; t  |  .| |   ./   ,- .`゙'''‐、
.__   .____ ー''"、  `       ー-          _./ '、、 .\ \  ! .!  .!  !/  ,/ .,..-"  _... .ヽ
.  ゙̄ ̄ 、.  .'、 ."      ..      .__. -―‐'''"゛ .'ー., \ ,.`'-、´        .`  ´,,.. -‐'',゙.  .,ノ. \
゛ `  "  ゛″      .--     ._/^゛      、 、! .i  .`'ー.、~゙'¬          .ー ゙̄,゙,, '''"゛ ゝ
  : . ‐'''   ...-ー ̄ ̄    . /   、.  l ヽ   .! ./  :!    i‐   ゙~'''―ー.  -.~―.''''''″.-. "
., , ._,                  / i 、、  \ \ ヽ  .l..ゝ  !   /   ,/  ,,,-'" ,..  ゙ミ-゛ .゛  .__、_
    .`''― - .、           '゙.r' `'、, `'ー ..,,゙'‐゙'. ゛          ,,,.. -‐'',゙.. -‐'″  / 、
.!  .i   .   .`'''、        ″| `'';;- ,,,,.__                '.,゙ニ‐' l, ヽ  ―
│ ! ./ . /   .,! `'-、      .‘  ! ゝ .l  .! `i^"''―ー¬―';;.¬'¬''/゙゙.l .ヽ .′      _ ..,,_
      '"゛._,,,..-''゙、. ゙''                  ‘  " ゝ  !  ! ′ ′                 ´゛
----‐'゙゙゙ ̄ 丶                __. .                   _,,.. -―''''''''¬―ー- ..,,_
..′ ゛              '''."¬ー'         : '''  _、       .-'"゛ 、  .!  .!  .l  i'  .,,  ゙\,
     _,,_ -ー'''''' ̄ ̄''――- ..,_            _     _/.,-,,゙ヽ、ヽ  .ゝ l  :! ./ .../ ,..;; / \、
   ./゛  ..   '、 l、 .l  .. .,. . `'、                    ヾ r .`''/ ̄¬―--――ー'''"、  ゙‐.゛
  / i、 .\ `'-、  l ゝ l ./ ./.,/,. ヽ     、      -        "  ′゙ `  ‐  ″
. " .ノ /''ーニッui,,゙__、  _____,,....ニ--‐r'". ‐´       __,.... -― ̄ ̄ ̄ ̄¬ー..__
    .゛  !  .′.!  ̄~| ヽ ′゙'  ゙     ... -‐'´    、  .;  .l  l   .、 .´'''ー ..、  ヽ
     .- .''   .                  ,,ん,,   ヽ,、  ヽ  .!  !  /   /  / /   )i
 ̄´´"''-__      .'               /  `''ー __゙;;  .゙‐  " .` .ヾ .'" ./ .;;,゙.. r'".、`‐

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  9……破壊の足跡
   木々が異様に捻れ、折れ曲がり、打ち砕かれた空間に出ます。
   足元は起伏が異様に激しく、何か巨大なものの足跡のようにも思えます。
   そんな怪物がここを通り抜けたか、暴れたしたと考えると、あまりぞっとしないでしょう。
  (もし先んじて山男と会っていたなら、山男の足跡では絶対に無いことがわかります)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


5644梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:06:25 ID:tQG5BSOk
しかし、異種族交流盛んな森だ
ジッサイ楽しい


5645梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:07:57 ID:aLbx6vg7
雲助かいw


5646◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 02:08:22 ID:YPvR+PUb

   `ラ、、                  _,, ‐''"           !          `'''ー ,,_                / .i゙
    l  ゙'-、            _,, ‐''"              _,, !,,_                `゙''ー ,,_     ,..‐″  .l゙
     |    \   ._.. -'''"゛              ,.. -'"゛ |  .`゙゙'''ー ..,,_            `゙''''ッr'"     !
     .!     .]ゞ、            _.. ‐'"     .|         `゙゙'''ー ..,,_     .,/゛ !     │
     .l      !  .`'-、     ._,, -'"゛      .,..-'"!'''―- ....,,,_          `゙''ッイ゛    l.     .!
     l     |     `'-_..-‐″      ,..-'"゛   l       .`゙゙"''―- ....,,,_. /  │    l     ,!
     .,!     .|      ! `'-、   ._..-'"     .,..イ''―-- ......,,__    ,..‐" !    .!     l     .l゙
     .i     !      .l   `'-i;;'"     .,..-'´ _!、        ゙̄フ'|゛  │    !     |     !
     .!    │     .l     / `''-、 ,..‐'゛  ./│  ̄"'''―-- /   !   .!    !     l    .!
     l゙     l      .|     !    .八、 . /   .l゙     ,/゛ !    !   .!    l     .l    !
    .|     .|     │    /    /   lヽ、  │  .,/゛   .,!   │  │    .|     .l    .l
    l     |     │    l    /   /  .`'-、 .!. /       |    !   l     |     .l    .!
    .l      │     !    /   /    /._,,,.. -==*―――----l_____!   !     !     .l    .!
    l     l      l    /  _,ム-‐'''"ヽ . /  .!  ゙'-、   /     ./ ゙̄^'''ク'―--___l___l    l
   l     .l     .l._,,.. -‐!l'"´  \  ._/'''―--l.――― /    /   ./     /      / ̄ ̄ ̄l
   /     .|,,,.. -‐'''"´.l    ヽ    X_     !      ゙'-、 /   /     ./      ./    ./
  |,,,.. -‐'''"´ ヽ     ..l.    .ヽ. /     . `゙"''ート――――ー'''く   /     /      /     .i′
''"゛\      ヽ      l    / ゙゙''''ー ..,,_.   │       ___,,,,\/      /      ./     /
    ヽ.      ヽ     ヽ,/         `゙"''┼ー¬''''^゙ ̄´     \    ./      ./      /
     .ヽ      ヽ   . / ''''― ..,,,_           |              _;; /      ./      ./
      .ヽ     .ヽ./            `゙"''― ..,,,_ .| __,,,,,.... --ー¬''''゙゙ ̄´  `'-、   /      ./
       .ヽ    / .`゙''''ー ..,,、              |´                    \ /       ./
        .ヽ,/         `゙'''ー- ..,,、     .!          __ --ー¬''^゙゙´\     /
'、      .,/` ̄丶-. 、,,           `゙'''ー-._!_____ -ー¬''^゙゙´               `'、、  ./
. ヽ   .,/          `''ー ,,、             l                        \ /
  l,/                `゙'ー ..,,,       |          ___、、 -‐‐‐・ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.,/ `゙'ー、,、                    `゙''ー ..,,、 |   ,... -‐‐"                          \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  10……蜘蛛の巣
   PC達に難易度13の第六感(知力反射+野伏or斥候or精霊使いLV+第六感)判定を行わせてください。
   失敗した者は、木々の間に張り巡らされた粘ついた糸に絡み取られてしまいます。
   さらに難易度13の体力反射+冒険者LV+体術判定を行い、成功したら1、失敗したら1d3の消耗を受けて脱出できます。
   これは白くべとついた粘液のようなもので、調べれば蜘蛛の巣の残骸ではないかとわかります。
   ただし、身の丈は木々ほどもあろうかという巨大な蜘蛛が存在すれば、ですが。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


5649梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:09:53 ID:aLbx6vg7
蜘蛛子のマザーみたいな蜘蛛居るんか…


5648◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 02:09:41 ID:YPvR+PUb

           _                                                            '    '
     ,. '" ::::`ヽ                                               _           '   '
    /     ::::::::::::\                                              ´ ::::\          '   '
.  /       :::::::::::::::\                                        /       :::::::\       ゙    '
 '          :::::::::::::::::::ヽ                                  _/          ::::::::::ヽ.     ゙   '
'           ::::::::::::::::::::::' ̄   ‐- ._                     , -‐ _ ./            :::::::::::::'.‐- '   ,'
               :::::::::::::::::::::::'―--  _  >、                     ( (/////.'             :::::::::::::::'- .'   ,'
.              :::::::::::::::::::::::V/////,>.ノ  ',                 ト、. ヽ///'           :::::::::::::::i/'   ,'!
                ::::::::::::::::::::::::l'//////'"  ,.イ                   l_ ヽ !'/.'      _   r‐i  ::::::::::::::::!'   ,' l- 、
               ::::::::::::::::::::::::l/////l  / !                { l | |/.'     .r‐-  、.l  ハ::::::::::;'   ,' !ニニー=ニニ=-
.     _    「`!  ::::::::::::::::::::::::l/////!  l  ./}              ,.--ゝ! .| |/'   .,ヘ. ノ    ヽ. ,'./::::::::::'   ,' .|二二二二>''"
.   〈 ム.    | !  :::::/ 〉:::::::::::::!////,!  !  .{ノ、            _―/ニニ、r‐-- .'_  ゙/        ;//::::;:゙〉:'   .'l  |二二>'"
    V.ム   | .|   ::/ /:::::;、:::::::!////l  l ,.イニニヽ、_ _-‐==ニニニニiニ二/γ.)   .>'"       .//_/イ_'     ゙ ̄.ヽニ/  , '"
 〈.ヽ  ∨ム  .| .|  .:/./:::::/ /::::::!_ >‐'''''' ー、二二ニニー-- ._.-=ニ二{ニニ入 .>'"              '.__   .'     ' { .}.!/ /
__ヽヽ  Vム  !_|  /./,. -‐ '"´      ,.-、 .!ニ二二二二二二二ニ=‐- .>'"             ,.' (  .)   '     '  `´/{/
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´         -‐ァ.{ .} l二二二二二二二ニニ>'"                  /       '    '   /ア
         ,.. - 、        , ' ./  ` ' .j二ニー―--ニニ>'"             , ⌒ヽ/`ー __ -.'    '   ,イ_'
、         ,    ヽ      ./  /    ./二二二ニニ>'"            ,.. <      \       .゙    ' ./二!
. \      乂   .ノ      /  /    ./ニニニ>'"            ,.. <二ニ、\      ` ー一 ゙    ',イニ/ l
、.  \.        ̄       / , '    /ニ>'"            ,.. <二ニニニニ、  >- _      ゙    '>'"  l    ,  '"
. \  ` ー-  ___,. <  /     >'"            ,. <二ニニニ=‐-_ニニ、    \ ̄ ̄ ̄.゙    '、     l  ./
  > ._               /   .>'"            ,. <二二二ニニニニニニニ=‐ 、   ト、ヽ   ゙     .゙ \   ',./
、      ̄  ――‐ "´ >'"             ,. <二二二二二二二二二二ニニニヽ  V.\ 、 // l  ,゙    \_ -,


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  J……悪の騎士
   PC達は森のなかに似つかわしくない、がちゃがちゃという武具のぶつかる音を聞きます。
   見れば蜘蛛の巣の紋章を身に着けた騎士が三人、森の中を行軍しているではありませんか。
 
  「この辺りに反乱者どもが潜んでいるという情報があったんだがな」
  「ご領主様はここの所、いつにも増して癇癪を起こしておられるからな……」
 
   等とぶつぶつ言い合っているのがわかります。
   騎士たちのデータは追剥を用いてください。
   隠密や交渉判定などの対決に勝利すれば、隠れたままやり過ごしたり、上手く言いくるめられるかもしれません。
   ですが失敗した場合、彼らは「反乱同盟の者だな!」とPC達へ襲いかかってきます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


5650梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:10:47 ID:tQG5BSOk
つ「のばら」


5651梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:11:17 ID:aLbx6vg7
いえ森林誓約同盟っす


5654◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 02:14:39 ID:YPvR+PUb

: : :j   |洲洲洲洲i:i::::::::::::::::: ; |;:;:;:;:;:;:;:;:: : : ⌒㍉ミミミミミミミミミ州i洲i洲|::::i:i:i:刈爻災淡淡淡淡
: : {   |川^刈洲jl|i:i:::::::::::: : : :|__彡゙⌒乂ツ; _/ ̄ ̄\__.. ミ洲洲i|::::i:i:i:i爻爻爻爻淡淡淡
: : :{   }i:i|ハi:i寸ミ|i:i:::::::::: : : :.:|刈爻;';';';';';';';'゙\| [x><x]/.゙ミh、刈ノi:i{::::i:i:i:i:i爻爻j/:::::x'爻爻
: : :}  {i:i|圦:i:i≧{i:i:i:::::::: : : :.:|洲爻;';';';';';';';';';';';| 皿\_〉.災淡{∨i:i:ハ::::i:i:i:i:|爻ァ'゚::::イ川}ハi:i
: : :{  :〔i:|ノノへi:i:i:i:i:i:::::::: : : : |川州洲x;';';';';'/l\_/|\ ,,, ,,,, , ,,, , , , , ,:i:レ'゙::,.ィジ:ノノ乂ji:i
: : :{  : {i:|ilililil/ヽi:i:i:i:::::::{ : :{ :|ノノノノ洲刈...〈/l_o_|\ツ{========-';;. i:i:i:i:彡ィイシ{i:i
^i : { : : {i:|ililili|i:i:i:|ilili:i:::::j' : 川水彡j乂爻爻.. | ∧ |  ´ ゙'゙"゙゙"゙゙ ゙"゙゙ ゙"゙ ゙.i:i:x<个i:i:i:「爻{i:i
;:;{ : : :、 :{i:|ililili|i:i:i:|ilili:i::::: : ::{: |i:i:/刈ilili|\「i:i. <__」 |_>.゙j::::i|::|i:i:i:/刈:::i:i:i:i|i:i:i:乢j|i:i:i:i|爻ミ|i:i
.:.:\: ::  Wililil|i:i:i:|ilili:i:::::: : :{:.:|i:i|⌒|ililil|^'vi:iノノ: : : ^'ッjリイ:::シ| |i:i:i:|㍉|:::i:i:i:i|i:i:i:i|^'リi:i:i:|^Yi:i|i:i
..::.. : ::  ヤililil|.\|ilili:i:i::::: : :j: |i:i|.....|ililil|.. .|i:i|:|.. .. .. .. .|::|.l::/ |::|i:i:i:|.....|:::i:i:i:|i:i:i:i|.. .||i:i:i|. .|i:i||i:i:
.:.: { : :{  ,ハililil|  ,|ilili:i:i:::: : ノ: :|i:i| . |ililili|. .|i:i|::|  . .  .|::||::| |::}i:i:i:| . |::::i:i:i|i:i:i:i| . .i|i:i:i|. .|i:i|.|i:i:
.:.:.:{ : :i '/∧爻爻|ililili:i:{::: :{:  {i:i| |ilili从 |i:i|;:l     .|::リ::| j:::}i:i:i:| |::::i:i:i|i:i:i:i|  i|i:i:i| |i:i| |i:i:
\j{ : :{ :  {寸爻|ililii:i:i:{::: :ヽ {i:i} jilili:i:i:i゙|i:i|;:;{   ノ::j':::|ノ:::ノi:i:i:i:Ⅵ::::i:i:i|i:i:i:i|爻j|i:i:i:刈i:i:リi:i
;:;:ノi| : :}i  j やりililリi:i:乂: :〈 {i:川ilililili:i:|i:i|::从ニ二 ̄ ̄爻爻i:i:i:i:i:j{.:.:i:i:i:Ⅵ从j'りi:i:i从シシi:i:i:
;:;:;:;j|i: :|i \   ∨ilil}i:i:i:}ilil〕h、 乂vwvwl|i:i|'   . :  ̄ ̄>''"""∨.:ノ。s≦{{三三/洲洲ノシ从
;:;:;:川 八: : 》 : : ヤ洲洲洲州州沁,爻爻リi:i:|⌒ヽ、_:_:_:_:ノ´_-二三ノイ三V(_j}三三/(xxXXXXX
;:;:〈 ∨/∧/: : 〉: ::}爻爻爻爻爻刈州川X刈爻ミx  ̄_ ̄ ̄ ̄-=ニ二三\\ / /刈;';';';';';';';'
;:;:;:;〉:∨:/∧: : ::Vハ,;゙,;゙,;゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙``''ミ爻ミ爻ミ爻ミx ---=ニ二三三三三\∨/∧ 乂;';';';';';';';'
∧(: : ∨.:/∧: : :}八,:゙,;゙,;゙,;゙,;゙,;゙,;゙,;゙,;゙,:゙,;゙,;゙,;゙,;゙,;゙,;゙``` ー¬宀宀宀¬冖⌒      }:}// )/'"´
i:i∧.: .: 〉;:;:/∧ : '/∧从--─…¬宀冖ニ““¨¨”” ̄~´"''~-  _        }// /ア=-
i:i:i:〈\ノィノi:i:;:;:\: : /ヘ{.:レイィ;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;::::::::::``''ー‐--─'////.,.,   从
i:i:i:≪^ヾノ>i:i:i:i:刈ノノYノノix;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/i:i/´;:;:;:;:;:;:)V)V)V
⌒ヽノ川从ハi:i:^Y水川从从シ爻ミx;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:._、-─……─--  _イジ;:;:;:;:;:;:;:;:川从川
....,シ从ヾ;:ミ:爻乂从州洲洲洲从シ''^^ ̄   ̄  ̄  . . . : : : :, :, :, :,```````⌒⌒''<⌒


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  Q……魔剣「蜘蛛を恐れぬ者」

   PC達は森の奥に、きらきらと燃える青い炎を見出します。
   近づいていくと、それは大きな白い蔦に絡み取られ、宙吊りになって死んだゴブリンの亡骸だとわかります。
   その亡骸の手に握られた、小鬼には似つかわしくない青白い刃の剣こそが、炎の正体だったのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.



5655◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 02:17:00 ID:YPvR+PUb


                                /\
                    ,ヘ、             |  \
          /\ __    /  |             |    ヽ /\
         / / ̄\  \  /    |          |     ヽ´   \
       / /    \  \    |          |    /ヽ    \
      / /       \/ .|    |         |   /  ヽ  ___\__
     /  /        /\ .|   |   _    |   /   ヽ/     \  ヽ
    /  /        |   ヽ|   | /._.. ヽ  .|  /   /        \  ヽ
    /  |         |   | |   /.._.. ヽ... ヽ .|  /  /  |         \ ヽ
   /   |         |   | \ /... ...ヽ |.. )| /  ./    |          \|
  /    |         |   |  ヽ(1) (1) 丿ノ |/  /     |               |\
 /    /         ノ   \  /V""V"\ヽ、//        |          |  |
./  _/               \/      \_/         ゝ           |  |
|                                                    <  |
|                                                      |

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
   PC達が近づくようなら、その瞬間、樹上より巨大な影が落下してきます。
   PCは難易度13の第六感(知力反射+野伏or斥候or精霊使いLV+第六感)判定を行って下さい。
   失敗したPCは、達成値の低い方から二名まで、蜘蛛の攻撃を受けてしまう事になります。
 
   蜘蛛(ジャイアントスパイダー)との戦闘になります。
   蜘蛛のデータは巨大蟷螂のものを用い、さらに13(2d6+6)で、《粘糸》と同じ効果を持つ糸攻撃を1度行えます。
 
   大蜘蛛との戦闘中にゴブリンの死体に辿り着くが、戦闘後に死体を引き下ろすことで、PCはその魔剣を手に入れられます。
   魔剣は不可思議な金属で鍛え上げられたもので、青白く光を放ち、刃には何事か文字が刻まれています。
   もしPC達のなかに魔術師の職業LVを持つ者がいたなら、この文字を読む事ができます。
   曰く「グラフレックスと呼ばれし、我は蜘蛛を恐れぬもの」。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


5656◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 02:18:05 ID:YPvR+PUb

                                           ____
                                      _ 。s≦_ 。s≦:`::.、
                                  _。s≦_ 。s≦::::_ 。s≦:::::::∨
                             _ 。s≦ γ r一i::_ 。s≦::::::::::::::::::::::::::}
                , -一 、 ______ _ 。s≦ニヾ::::::ソ_{ - _≦li::::::::::::::::::::::::::::_ 。s/
              _/\::::::::::∨。s≦       ∧::r .: : :{  }:|:::::::::::_ 。s≦ _ j´
         _ 。s≦:::::::::::ヾ::::::::::∨         ∧l: : : : :ゝノ_ 。s≦ _ 。s≦
        , r= s。:::::::::::::::::::::::∨::::::∨         ノlゝ_ 。s≦ゝ_ 。s≦
       .////////ヾ 。::::::::::::::::∨:::::l       _ 。s≦
      ∨/////////ヾ 。:::::::::::}:::::::}   。s≦
       ∨//////////}:::::::::::ノ:::::ノs≦
        ゝ//////// ノ:::。s≦
          `> - <´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
   魔剣「蜘蛛を恐れぬもの(グラフレックス)」は、+1の魔力を持つ、魔法の曲刀(サーベル)です。
 
   この剣はひとりでに動いてあらゆる蜘蛛糸を一瞬に断ち切り、《粘糸》の呪文に対しても炎と同じ効果を発揮します。
   加えて蜘蛛に類するものと戦う時は、この武器の威力に1d6が加算されます。
   また抜剣中は常に青白い光を帯びて電光の如く輝き、低く唸るため、この魔剣は「松明」と同じ効果をもたらします。
 
   しかし本来の鞘でなければ光が漏れてしまうので、鞘を見つけていない場合、隠密判定に-1のペナルティが課されます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


5658梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:19:25 ID:tQG5BSOk
今度こそ魔剣きたー!!


5659梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:20:32 ID:GdrnYy7x
ブォンブォンいいそう(小並感)


5660梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:20:37 ID:G3sXCghJ
大丈夫?鉛の鞘だったりしない?


5661梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:22:06 ID:aLbx6vg7
おーまさに魔剣な能力


5663◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 02:23:26 ID:YPvR+PUb


                            マム    \\  l\                        /l |  |
            , --、       ニ    マム     | |  ', .丶______            |:::::| |  |、
             /ニニニニ\ _....   :::マム   マムー-_ | |   ',   ヽヽ /7 廴_〉、        |:::::| |  |!l
         /ニニニニニニニ.\ニニニニ=-:マム    ̄`ーニミ、l|   ',    }::}.|・`丶、lノヘ   /l    |:::::| |  |ノ
    __ 。o≦\ニニニニニニニニニニニニニニニ\... 〇    \}    \_ノ ノ |・ ー─l、 l-‐ " /    .l: //   |
    ニニニニニニニ\ニニニニニニニニニニニニニニニヽ      〇  l     |    l |・ ─‐|、ヽl   /    /://   |
    ニニニニニニニニ ≧o。ニニニニニニニニニニニニ/......三三≧s。 l ̄ ̄ ̄「|.  l l・ ─‐|、ヽl ̄     .l:::| |     |i
    > ニニニニニニニニニ≧o。ニニニニニニニニ/      ̄ーニ三ノ.    l |ニノl l・.─‐|、 _l _      l:::| |    .|i
      `7 i|  | ハ /  / イ    /7..゙ ̄ ̄ ̄`ヽ  l三ニ=ー _ \ヽ  l / / / ̄',  /::::l |     ||l
     /ヘ八. 灯㍉i |.  //. |.  /. /|         ', l─、三三三三三≧s。__/ /__/ i!i!i! ', ./::::::| |     ||l
     ´ /从 /. V:リ l.  /. 灯¨ぅx// . ′         ',l三 |/──-=ニ三三ヽマ ム i!i!i //:::::::::| |    ||l
.      |. 八   ,  \{   V:ツ/ // i|        / l  |  /────//i!i!マ ム___//::::::::/__   ||l
.      /イ. ∧         /7  j{  i|         / l  |/     -=ニ二{i!i!i!i!| ̄| | |\ ̄|  O  `丶、l
     /  .′ 、 ヽ     /  从 i|.       / /           l/\,, -‐/⌒ヽ 、\|___ O |l
    / イ ハ_{ ≧ -----/ イ イ   八 ̄ ̄ヽ/l/        〈\  > ´   l | -‐ 、丶、 \──-、丶、|l)
    /  | l 「ニニニ/´.  //ニニ\ノ /..     | \    _,r==7/.      l | - 、 ヽ) \ヘ    l`ヽヘl
      /.´ ト、ニ {ニニ ./. /ニ。o≦⌒Ⅴ..゙ ̄ ̄ヽ_ -‐─  ̄ ̄  lニニニl        l |_ \) \/ニニミ/::::::| l}
.    / l/八_:\_。o7. //      ′  / /  _ ───- 、  lニ0ニ.l       l |  `ヽ )   |   l::::::ノ /
   /   /   7⌒ヽ¨i. |/     /   / /  | |____| |  lニニニl       / ̄l`ヽノ   |    l_/
      i   /::::Y゜ 八!     イ..   l |    `ー──‐ "  lニ0ニム   / ̄ ̄ _ ‐‐l  ヘ   |    l
.      イ  /:::::::::i| /     / /.     l |            マニニム_/´l -‐ ´   l  .ヘ  |-─- 、 l
    / | /::::::/八      ,      l |         _ ≦    /  {  _ -‐=|   ヘ |      l

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  K……金剛石の騎士

   PC達は、何やら野営をしているらしい他の冒険者とめぐりあいます。
   それは輝かしい綺羅びやかな、金剛石を思わせる物の具を纏った騎士と、影のように仕える銀髪の従者の娘です。
   どういうわけか騎士は兜の面頬を降ろしたままですが、その立ち振舞は礼儀正しく、堂々としたものです。

  「ほほう、こんな所に冒険者とは珍しいな。いやなに、私もご同業でね。道楽でやっている、貧乏騎士の三男坊だ」

   傍らに控える娘はやれやれと首を横に振っていますが、その意味するところはPCたちにはわかりません。
   貧乏騎士の三男坊とやらはPC達と会話をし、姫騎士の姿を認めると、「なるほど、わかった」と頷きます。

  「腐っても貴族なのでな、中央には伝手がある。この土地の情勢は目に余るようだ。悪いようにはしない」

   なかなかの人物であるらしく、彼はPC達と姫騎士にしっかりと請け負ってからその場を立ち去ります。
   この出会いは偶然か宿命かわかりませんが、なかなかの幸運だったと言えるでしょう。
   PC達は因果点を用いる時、一度だけその「祈念」の判定に+1のボーナスを得る事ができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


5664梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:25:27 ID:tQG5BSOk
キャンペーン開幕シナなのでちら顔見せする公式NPC


5665梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:25:31 ID:G3sXCghJ
何やってんd!いや、しておられるのですか!!


5667梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:26:56 ID:ngZyPlNs
ニヤッとする出会いw


5669◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 02:27:53 ID:YPvR+PUb

                                        ,、,、
爻x、、、        ,、xx、、         ,、,、,xXXx  xX爻爻爻爻爻爻x    x爻爻x      xxXXXx、,、
爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻x  xX爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻x、、、
爻爻爻爻爻爻爻淡淡淡淡淡爻v(爻淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡淡爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻爻
淡淡淡淡爻爻爻j'弐弐爻爻爻狄淡淡淡淡淡ソ爻爻i爻爻i淡淡i淡i/\炎淡i淡/\淡淡淡淡爻爻爻爻爻爻淡淡淡淡爻爻爻淡淡
j'><爻爻j'ノ`'く ̄\\`'弌爻爻弐爻爻弐--く\,弐xへ爻jxへ爻Y´⌒⌒Y二二Y⌒二Y淡淡淡淡淡淡淡爻爻爻淡淡淡淡淡淡淡淡
´  ``'< __>-tノ`T¨|_,/\\'^\_\,、‐く\\_| /\_| |_/\__|_//\∠/¨アへ /\    ̄⌒゙` ─- ミ爻淡淡淡爻
  ̄ ̄< ̄    |  |  :|/\  \`i´|./\ \\_|‐xへ \]   |_/\└|  /  .><   /\∠\     ...__     ..二..,,_⌒^^
┬=ニ^丁 |──‐癶¨” ̄\  `Y´ |.へ“”\ \ `i_|  xへ \|   / /'.\ \i  / ./\⊥/ / \/`'< /\  ∠....___/\
::|_二ニ┴ へ /  \  _,>-‐…く   \ `i__|/.:/\  \_|  |_/ /‘,\ \|_/  /\ ,,- 。/    /\  /   /\ |
'^\     \    |/:|`丶、  \   | 」 //\  \  |   |/  / \\ | /  /    >。, /   \/`><   \ ./
\  \     |   / __|__  \  |─┴'//     \ |::┘   |  /    \| \|  /    /   \   / /  /\   /
:::::|   | -‐   ̄\| /::: :: \  |  |    |/``丶、.   | |     |/   / ̄ \  ̄|   /      />。,|    /   \|
__ノ イ ̄\. \   \|::::::::::::::::|  | /  /      \ |/     i|  /    - \ \ |     /  /  >。, |      |\
/ |:\  \ \   \¨¨¨¨¨¨¨´  /  \ \   \      |_/   / /\ \ \|___/  /  /   >___| /
   |   \   \       |      ./    | \ \   :|      |  / /    \ \    |     /    /  \    |
   |    \       }  |    /      :|   \    :|      | / /       \ '.    | .{      /      \  .|
   |     \  }  }  |   /    /  |     \  } |      | | /       |    \   \{ [   /        \ \
   |       i|  }  }/   : |     /   :| \   | }/       ∨:|      \ :|  /  |    \[   ||         |
  /\    / |  }/  . . : :|   / / |  \  | /        | :|  \    >|/    |      \  ||         |
二ノ二三 ̄   |/       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         ∧|   `¨¨¨´ |\    |       \ ||         |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                          r== ミ
                            〕‐=ニ}h、    _
                         ノ‐=ニニ=‐\/〈 ⌒\ /
                        /‐=ニニ=‐ -= \_乂/ ∨ /
                        {ニ>''"        }h、 __.∨
                           >''"⌒       \ニニ=‐ _
                       / /    -==-    〉  `、ニ=‐〉
                         / /  >''"     \ /   ∨ /
                          /__/ /    ⌒ >=-))      .∨
                         γ / /ィi〔⌒ / /    ヽ  \  }
                     { / 乂_彡/ ./      〉      !
                      八   / f沁 / /|      /     Y
                -=ニ ̄(リ |  八}乂ツk j{     ./       |
          _ >''"    ( } |  {   `ー' j{             |
       >''"          ) .|  |          /| /    | 〈
      /                 乂 |  |       j{>ァ芯 ./    ′ 〉
     /        \       乂|  | 乂   ′  / / /   /⌒
      {          \     .|  乂 _`__   ィ( 彡 /   /
      |            ``~、(.|  |-=≦ ( (    / / >''" |
.    八        Y        |  |    Y    {   ̄     .|
     }乂Y⌒乂__ |          .人  |    .| __〈⌒〉   |    |
    〈 >=‐=<乂〉|         Y Y |    {^ /  ̄ {   .|    |
      {-_-_-_-_-_\||        ', 〉|    《/-_-_-_ ,         .|
      |-_-_-_-_-_-_.|⌒乂_      /. |   ⌒}-_-_-_-_'     ∨/  |
      |-_-_-_-_-_-_.|-_}h、)乂_  / //⌒/7-_-_-_-_-    ∨/八
.      -_-_-_-_-_-.|-_-_-_-≧=-⌒x彡 ィi〔-_7-_-_-_-_-.V    ∨/ \──
    _..-_-_-_-_-_-_|-_-_-_-_>''"/〈⌒\-_-_{-_-_-_-_-_-_     \   \
-=≦  V-_-_-_-_-_ ."''<__ ( (/( \ 〉 〉⌒|-_-_-_-_-_-_}    ノ )    )
      V-_-_-_-_-.|     \\ ≧=-彡  |-_-_-_-_-_-_| >''  /   /
      V-_-_-_-_ |       ̄ ⌒    八-_-_-_-_>''"\ /___ /
       V-_-_-_-_/〉≧=-  ──────〈)>''"    \〉( (


4.反乱軍の決起
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  無事に魔剣を見出し、姫騎士と共に森を抜け出たPC達は、陣を張っている反乱軍と合流します。
  彼らはPC達の到着に大喜びし、次の夜明けと共に攻勢へ打って出るつもりでいます。
  PC達は軍備から一人銀貨100枚を報酬で受け取った上で、続く合戦に参加するかどうかを問われます。
  無論姫騎士は参戦つもりですし、PC達が参加してくれたら大喜びするでしょう。
 
 「でも、あなたがたは冒険者ですから。お金や、富や名誉だけを求めているわけではありませんものね。
  どうぞ自由になさってください。それが一番良いのです。――どうぞ、善き骰子の目がありますように」
 
  もしPC達が合戦に参加しないのであれば、ここで冒険は終了となります。
  蜘蛛殺しを受け取った姫騎士と反乱軍は、暴君との最後の戦いに挑みます。
  その後の行末がどうなったかは、PC達には関わりのないことです。
  経験点1000、成長点3をPC達は獲得します。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


5670梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:28:15 ID:G3sXCghJ
カードの数字が…


5672梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:29:59 ID:tQG5BSOk
姫騎士のおっぽいに釣られてホイホイしてたロールプレイ課金が役に立つ場面やぞ


5673◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 02:30:39 ID:YPvR+PUb

                                             _/  /     /
                                       lヽ    /   _/:i:i:i:i\  /
                       /l        ____/} / l   /   / /:i:i:i:i:i:i:i:i:i} /
                         /l l   l、   /_ツ‐ 、_// / __/ _/  {:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ /
              _ -‐  ̄ ヽ.  / .l l  l ’, l_-‐二 ・/f::::f´.  / /  /  , ‐- \:i:i:i:i:/ /
                 / ̄乂lーlーl_) /  ヽ\ 乂 `‐lー-二 ・l乂弋_/__/__/     丶  /
              {-‐ _ \`ーヽ _  |::::|l   `ー弋-二 ・l 「 ̄ ̄/o   o /\    / /
             ヽf´`ー、 \  } ̄ヽ::l:ヽ≦] ト、__/__|___/___/-、  \ / /
              l|  | \_ー/::::::::::l ̄〔 ̄ ̄ ̄〕、___/ヽ ── 、   }   / ヽ/
                  /l  l_ノl 廴::::::::/    ̄ ̄ ̄   l:::::::::ヘ    l   l.  / o /、
                  / l  l:i:i:ヘ ̄ ̄ヽ_≧s。        l::::::::::::l    /   l  \//∧
             l l  l:i:i:i:ヘニニ/r、`丶、ニ≧s。    l::::::::::::l   /___ イ__」 :\//\
             l l  l:i:i:i:i:ヘニ/ ヽ}   `丶、ニ≧s。/__/__廴_// : : : : : : \//\
             l__l  l:i:i:i:i:i:ヘ l   ◇    `ー=ニ三三//::::::::::::::::::::::::/: : : : : : : : : :∨//\
             / /l  lニニ彡}ム          _|└──- 、::::::::::::::/: : : : : : : : : : : :∨///\
             ∨ l   l三三ノニム      _ ≦ l`ヽ     丶、/: : : : : : : : : : : : : : :∨ /// \
      _____ _,l   l_ ____\_ ≦ ∨///─ヽ_   /: : : : : : : : : : : : : : : : : :∨///// \
     〔     ==}三三{==    〕- 、_ /∨ _ノ/       `Y´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∨///////\
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l___ヘ ̄ ̄ ̄ ̄ マ._   ∨ ノ  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : :∨////////
             _|ニニ|ミム    | ̄ ̄l マヽ/ ./   | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l : : : : : : : : : : : : : : : : : :∨///////
         ____| ̄ ̄|「|三ム  |  -‐=ニニニ=‐- l.-|───- _/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∨//////
.         ∨.     |    || | ̄ ̄ ̄ ̄/‐-=-─ . ̄ ̄ ̄l |        \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∨/////
          ∨    |    || |──┐ /-、 | _ -─── | |     ∧   \ : : : : : : : : : : : : : : : : : :∨////
         ∨ | ̄|    || | :::::::::::| /  `Y´   | |   | |./ ̄∨ ̄ `丶、\ : : : : : : : : : : : : : : : : ∨///


            _
.           .´ }jLヽ_ ----------o。_____       __
.          /  。o≦ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\     ´   \
          ′/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\  l       \
        ____| 八ニニニニニニニニニニニニ_ -―――--. ニニニⅣlノ ⌒l      Ⅴ
       」ニニ≧oⅤニニニニニニニ> ´.   |        \ Ⅴ   ヽ_    「.|
        /ニニニニニニ\ニニ=- ´.   |     |  |.  i|  |   \    /ヽ /ニ.Ⅴ
       lニニニニニニニニ|/.   |, ―- 、    j , -― 、. |   、   f___ イニニニニ Ⅴ
      /¨¨¨So。二二|. |.   ハ    |ト、  /  i|. ノ. |  |   |ヽ ’。Ⅴニニニニニニニ」
      |       T |   i|.┬  ┬l /  {┬  ┬|   | ト、 Ⅵニニニニ.。s升i|
.     /      /八i|   i|. 乂__ノ i|八  l 乂__ノ i|   | | ’。Ⅳ¨¨¨´  /|
    /      {   i|八. i|.        \八    ,i| Ⅴ | |   ト、   イ  }
.   /  、_。o≦L   |.′\|             ノj   i| | |  i| ヽ     八
   八        ` .」i|  个。    (__)     /   i| | |  」__ノヘ     Ⅴ
    \         |   | `: .        イ .|   八_|_ノ。s升         i|
.       \         |   八---So。.....  <l___/ ハj|´             八
.        \        |  /ニニニニ/l。s升   7 /ニニ |           ..。s升
           \.     |  什ニニニ八__ -----./ /ニニニ.|        --<
          八 、.  i| ハニニニニニニニニニニニ/  ′ニニ 八     /
.         /    \.|/.|::Ⅴニニニニニニ○ニ/  lニニニ /::|   ..。s升`¨¨¨¨¨´
         /    / i| ト、::\ニニニニニ土 {  .|ニニ イ/ イ、      ヽ
.        /       i|  \:::\二ニニニ八  |//  λ  \      Ⅴ
       ′     l / i|   \::`¨¨¨¨¨¨从  イ   7八.   \     Ⅴ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  ですがもしPC達が合戦に参加するのであれば、姫騎士と共に、時勢を見て突撃する遊撃隊として分けられます。
  冒険者たちを軍団の中に組み込むのは、あまりにも無駄遣いというものですから。
  敵の軍勢にこちらの軍勢をぶつけ、その間隙を縫って冒険者を本拠地に送り込む。これが戦の常です。

  その辺りを差配するのは、たまたまこの場に居合わせたという、金剛石の如き物の具を纏った騎士です。
  諦めたような顔をした銀髪の娘が、その指示を受けて伝令のように陣屋を走り回っています。
 (PC達が出会っているのであれば、森の中で会話を交わした貧乏貴族の三男坊と従者のことです)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


5674梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:32:07 ID:fyCPuXXF
陛下!隠す気あるんですか陛下!


5675梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:32:39 ID:tQG5BSOk
三男坊思ったよりガッツリ主張してきたw


5676◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 02:33:22 ID:YPvR+PUb

                  |i_),。-=========- 。i_i|: : : : : : : : : :/i:i:/     ∨/
              >‐=ニ彡´ ̄` <}is。  ,。。->=ミ: : : :./i:i:∧     ∨/
            /  /イi .∨      ヽ ヽ,´ /     ヽ_ノi:i:/ .∨     ∨/
           /   .'  i  ∨      r‐===-rニニis。/ ∧ゞ´    ,     .∨/
         /    i     .'      廴{ ̄`Ⅵヽ) } / .∧    ,      ,
        /      i!  i   .i!     ,ィニニ乂  .\彡'  ノ .W          ,
         .∥      i{  .∧  .i!     { (   )ヽ、\リ ハ===<.W          ,
       .∥      ∧ ハ∧  i!    乂`""´ノ}i二彡、ゝ、'''ー==ニニ≧s。      ,
        i|     i ,' Ⅵ{''´ \ i!      ̄  i|  )ゝ,`┐ヽ i|`""'''''ー`''     i.|
        i| i   .|ィゞ´ ',{_,,。。__ヽi         i|< . 〕ム `'ヾs。           i.|
       {  ',   {i  '´ィ也ゞ}了 .| i   i  i  リ〉ヽ∨ヾ}h  ゞミh、        i.|
          W 'h、 ∧ ア´圦} リ'  .| |   /  /i  / ヽ.リ  ト,ミ', /::::i`'ゝ,       .i.|
        Ⅵ マis。 ト、   匁イ   |リ  从 /:::| ./ノ //   ヾhイ:::: i.           i.|
        Ⅵ乂{:::::)ヽ、     __ノ' / ノ'  iノ.i!ア´イ    ヾ,:::: .i.           i.|
         .ヽ,ヾ:、´     J  /''´i|    / i!,。イ)_/ /::/::::`       i     .i.|
           .i|ヽ          i|      i!   ),イィ,::':::::        i|    i.|
            i|:.:}、 、-       :i|      .i!      i{:::::          i|    i.|
            .i|:.:.:.〕、´        .::i|      i!     i|:::::          i|    i.|
            i|:.:.:.:∧      .::::::::i|     .i!       .i|:::::          i|    i.|
            .i|:.:.:.:.:∧...:::::::ニ=-v:::i|     i!      W/∨/      i|    i.|
             i|:.:.:.:.:.:}`|i´     Wi|    .i!      .∨、 }i         i|    i.|
             .i|:.:.:.:.:i! .|i    ,ィi} i|     i!       ∨ヽ/7       i|    i.|
             i|:.:.:.:i!=.|i __ ./::ノ} i|.    i!       /ヽ/{:::.       i|    i.|
       _,,,。。。,,_ノi|:.:.:.i!ニニイ_,>'´丿 .i|    i!    _   {  ./:.{::::.     .i|    i.|
     /ニ=-‐-=ニイ .i|:.:.:i! //´ ゝ、´.  i|   .i!   {  `U} ,イ:.:.リs。.       i|    i.|
    / {ニニニニニ/ /i{.i|:.:.i!./_i}  ::::::イ`'‐i|   i!__i}  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.}is。   i|    i.|
   ∧ ヽニニニニ{/ リ.ハ:.i!イ::::   :::::::  .i|  .i!{   ,。イ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: .__}is。 i|    i.|
     }isク}iニニノ .///iイ::::         i|  i!_)__/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>'´,。イ´  .∨/.  .i.|
     .}i:i:i:}.Ⅵ《.,イiゞ'´:::           i|   i! | 〕i:.:.:.:.:.:.:.:.:/  )´      .∨/ニ=-|
     }Ⅵ (イ/7´:::      /:::     i|  .i! . | i|:.:.:.:.:.:., r=≦        .}ニ=-  .∨/
     //  .( 从カ_  _ >i_,。':::     r‐i| iリイ | i|:.:.:.:.:/  ∨           |ニニニニニ〉}
    ./.ハィゞ'´} }ア{ノ / _}=、::     ∧i! /:.>''  ハ:.:.:/ >'´。,,_       .:::::::|二>''´ノ
   ∧{i:i/:.:.:.:} >''´i| /〔::     >''/イ:.:/  >'´{:.:.{丿´   二ニ=---=ニ二ニ=‐≦゙ /


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「城に攻め込む方法は、あります。
  あの城には地下牢から続く、脱出口があるのです。
  彼奴は費用をかき集めて城や軍備を整えようとしていたようですが、恐らくは、まだ使えるはず。
  ……いざという時に逃げられないのが怖いのです、彼は」
 
  ―――――恐らく、狙うのならそこでしょう。姫騎士は語ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.




5680梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:35:17 ID:ngZyPlNs
怖くて塞げなかったかぁ


5681梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:36:58 ID:l6D0XseR
チェインメイル以来の伝統に乗っ取って、浸透突破によるHQサックだ


5685梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:43:26 ID:wDVLI/YB
姫騎士さん、年恰好に似合わぬ手練の統率よな


5684◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 02:42:04 ID:YPvR+PUb

 ,-=  ̄  ̄!
 ',  r¬  l ___   /,、\                   , 、
  Lノ  |   l └―┐ 〉 く/ l l   く\            /, 、\
    /  /  「l ノ/   くヽく/   __\\          く/  \ ヽ  .t__┐
   く_/   〈/ `     Ll     ノ ノ// _         く\く/  ,__ l |
                    く/  ̄  └-、ヽ   __   i !     l .l[_ノ l二¨7
                            「l〈_/    ニ7 /   L,l    L」    nく/
                           〈ノ       Ll`              〈ノ

.    |;|  }. . . . .|;|: .: .: .: .: .: .: .: .: .            : .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: . .       ||. . :{_ . . . .!   || . . . .|
    _} ノ.... . . .:_}               : .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .     .: .: .: .    .     {_ . . || . . . .|  {_ . . . .|
.    |;| i. . . . . .|;|          : .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .          .: .: .: .: .: .: .: . .: .: .   || . . .|| . . . .|  || . . . .|
.    |;| {. . . . . .|;|     : .: .: .: .: .: .: .: .: .                     .: .: .: .: .: .:      || . . ..{_ . . . .!   || . . . .|
    _}  ヽ. . . ..:_} : .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .         .: .: .: .:   {_ . . . || . . . .|  {_ . . . .|
.    |;|   ,). . ..|;|´"'' . . : . .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:   .: .: .:                  || . . . .|| . . . .|  || . . . .|
.    |;|   (. . . . |;|   ´"''~ '|;';;''{}';''|;';';|;''{};;;;'';'|;';;''{}';''|;';';|;''{};;'';;;{};';;''{}';''|;';';|;''{};;'';;;{}...,_,,._|| . . ...{{_ . . . .|   || . . . .|
    _}   ノ. . . .:_} ,,,,.,、, mv{}vmliym{}vymliym{} wymy.=┐myvy  =┐vyn;=┐m{}yv ''"{_ . . . .||| . . . .|'''" {_ . . . .|""'
.    |;|   { . . . .|;|   "´..゙||vi|MvM||MVvvM ||.vMVv ||│MMVvV||│MVi||│VMV. ! || . . . ノi|| . . . .!  || . . . .)
 、. .|;|   |. . . ...|;|...   へ||lヘィヘィ||ィヘ,.ィ;t-、..へィへィ||へヘ_ヘィヘ||へィへ||ィへィへ.. || . . ..! {_ . . . .|  || . . . { "
.  \:_}   \. . ../:\  兮||兮|!兮兮|!..f‐|::|ーハ兮|l兮|兮トi兮兮l兮||兮ト兮兮l兮||兮..,,.,{_ . . ..| . || . . . .!  {_ . . . .}
 ::、 |;|     ∠三三::\         {::::::::::::{i                /⌒ヽ.     || . . . | .|| . . . .! / ̄ヽ . . ヽ
 :::ハ |;|     ,ィァ〉--く二     __ノ`ー‐ 'ム__            {_ri:::::::::}、   || , -- .、  . . . | .:.::::::::ハ
 ::::::}     /7:::`ー '::::::\   入 : :ニ三三三ニ ::∧           〈´ }三彡〉    /::::ヽ:::ハ   ∠:::::::::::::::::>
 :::::ハ、    |7::::: , '  ̄`ヽ   /{/:ヘ:::三三三三 ::::/::{ハ _       /ヲii:_:_:_::}}\  (`:::::::::::',:ノ\   / ⌒ ヽ⌒ヽ
 -イ⌒   ./:::i  /.:::::::::::::::ハ ./{/::::::ヘ ::三三三三::{:::::/..八 ヽ    /ニノ : 三三:ハニハ 〈.ミ 三彡彡::ノ   i:::::::::::::::\:::::
 /⌒ヽ、  {:::〈! 人:::::::::::::::::::h ヽ:::::::く } :三三三三:::レ`|..:::i::::::i:::::',   /⌒v:::三三三:}ニハ/⌒ヽ彡/ヽ、 r|:::::::;ィ´三::\
 ハ::::/\\  /ミ::::ニニ=::ン\ \::::::| :ニ三三三: /ヽ、:::::::i::::::|  / .::;:イ..:.三三三:: /⌒ヽ:::::}___ノ::::}  /彡彡 三三ミ
 三:{:.:.::.|⌒! \ミ:::三三彡彡ノ  ==ヽ|  __    .( ミ::::三三::::ハ ./ .:::/ | .:三三三:/⌒ヽ.:::::/: 三三 : /__彡 '´:::_/彡:
 三:ヘ. : | /7:::`::ー--/⌒ァ、   // /.i .: i:\ /` ミ_三三三彡_|ノ:ノ//ミニニニニ /⌒ヽ:::/:::三三 ,ィ.― 、:::\::::彡彡彡
 三::: i\/ニ/.ヽ:`::三三::レく:::::::::\  /..::::i:::::::i:::::::l:::| |:::::::::::::::::/ ト、ニヽ//.:.:.:|ニ|:::: /⌒ヽ/:::三三:: /..../...ヽ:\ :::彡彡彡
 === |. /ニ/! . : :ミ三三 :::::::\⌒  ,イ..::::::i::::::::i::::::|´ ー----' ム::ハニヽ :.:.:|ニ|:::::{.::::::::(i.:.:三三(レ':::::i::::::::::i::::::} :::::彡彡
 ー、 /=/:::i :.:.:三三三三::::::::: / ミ:::ニ:::=::イ:\ .三三三三:::i::ハ-- \.:|ニ|::::: \:::::::\  /i::::::::i::::::::::i::::::} ::::彡彡


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  やがて夜が明けると、反乱同盟による攻勢が始まります。

 「木々に身を隠し、表に出ず、矢を防ぎながら進みなさい!」

  姫騎士の号令一下、枝葉を身に着けた兵士が進みます。

  暗黒の森より、木々で姿を隠した反乱同盟の出現は、領主軍にとっても予想外であったようです。
  城を前にして激突した両軍でしたが、数では囮つつも反乱同盟が領主軍の陣列に食い込んでいきます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


5686◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 02:43:26 ID:YPvR+PUb


          /ィ.: : .: : : .:ー-/、/://:/ ./: : /    ̄¨'' 、: : : : :ヽ
.             /: : .: : : : : : :/  ./://メ、i: : /         \: : : : }
              i: : .: : : : : : :/  ー‐、/` |: /  ィ‐――-.:._  }: : : : :j
              {/|: : : : : : / ィrf‐≠‐、ミ、 .|/   ,-       }: : : ト、|
              レ⌒Y:/ ´ミ、_弋_’ノ`      __      厶: :/
            { 八 }:j         ノ|.::   ヾミ、_、.  /: : /
.              ヽ ツ !         i r'.::       ̄``/‐、/
             ヘ  i         ヽ!           /ハ }
              `ー}                     /ッ /
                 ト、   `ー<三ニ‐、_ _,    / /
             _j  ヽ      ー    ̄   /ィ
                /  |   \             /
            / \j     \        //\
              /    \     >-== < /   \
        _/      \           /   / !
    , <  |        >、        /   / |
 <.        |         /}       } ヽ ./   ト、
           |       /   {_      /  /    | \


                _    _/\
               〈i:i:\/ |i:i:∧_
         _  -==- _乂i:i:i:\ |i:i:i:i:{⌒“''*、
     >''"       >''" ⌒\i:i:i:i:〉ヽ \
  >''" /    __>''⌒“''*、     ∨」〉ハ_) 〉
   /   >''"/ /  \  \    ∨  } ノ
  /   ( \ /  /  八 ∨/ .∨/  .|  人
/  / \ 》〉 |i |  /  》 ∨/ ∨/ } /
  / /⌒ 》/{ 八| / / | 斗Y  〉 )/                      >''"
  /  /乂i:i:i/\  ぅッ / ィ 莎ノ |  //___                  >''": : : : :
. /  /i:i:\i:i:\ )∧´,       // ィi〔⌒}h、            >''": : : : : : : : :
/  《/⌒ \ノ/ ノ\ v' ) / /.| /ニ=‐ >''"〉        >''": : : : : : : : : : -=≦
{     ≧=/ /(i:i:i:i\'  ィ( / {{ニニ / / /ニ|_  >''" : : : : : : : -=≦: : : : : : :
      / /乂 \i:i:/  / /  乂ニ/ニ/ / _ >''": : : : : : ‐=≦: : : : : : : : : _  -=≦
乂   (( / \____/ / {/    /⌒\ ィi〔/: : :‐=≦: : : : : : : : : _ -=≦
  \  八(      / 乂八_r / 》i:i:ノ\ノ   /: : : : : : : : : _  -=≦
   ) (       /^\ / r/i:/i:i:{⌒(::// /: _  -=≦
         Y -=二 ̄ V《\i:\リ ./《>''" ノ-_-/
.          八 ゝ-=≦{⌒  ̄ ̄ / /  /⌒“''*、 /
          \-_- 八-_-_-_-_/ /リ ./
            /(( \_ / /-_-《            _ -====-_
           ((/ 乂ノ-_-_/ /-_-_-}         >''"-_-_-_-_ >''"-_-_
             // 八-_-《/-_-_-_\       /-_-_-_-_-_-/-_-_-_-_
           _〈/ヽ  》-_-_-_-_-_-_-_\ _ /-_-_-_-_-_-/-__
≧=‐ _  ‐=≦-_-_-_-〈 《-_-_-_-_-_-_-_-_ノ  )  _  -=ニニニニニニニニ
-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-《  〉≧=-  _ -=ニニニニニニニニニニニニニニ
-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_/乂 -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=-
〕iト.-_-_-_-_-_-_-_-_-_./ //‐=ニニニニニニニニニニニニ=‐    ̄ ̄
-_-_-_-_}h、-_-_-_>''"   //‐=ニニニ=‐ ⌒¨¨   __  ニニ=-     ̄ ̄
-_-_-_->=‐ 彡〈    /《\ニ=-      ̄ ̄ ̄  -_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「ええい、この犬どもめ! 情けなくも尻を丸出しにして逃げた小娘を旗頭に、有象無象が良くも攻めてきたものよ!」
 
  そう罵声を上げるのは、黒い馬に跨ったあの若い騎士――PC達とも冒頭で出会った人物こそが、かの暴君だったのです。
  姫騎士はさっと顔を赤らめると、大音声で怒鳴り返します。
 
 「卑怯者! 父の仇を討って、それで慢心して、やるべき事を成せなかった男が何を言うのです!
  そんなに手に入れたお城が大事で、他人に渡すのがイヤならば、その場で喉を突いて死ねば良い!!」
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.



5687梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:44:50 ID:oeeUSdjv
どっちもロックだなw


5688梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:45:22 ID:G3sXCghJ
ロックだったけどさぁw


5689梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:47:31 ID:tQG5BSOk
ロックだなあ(小波感)


5691◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 02:50:06 ID:YPvR+PUb

                                          \_人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人_/
       | |........| l.    /    l \\\                   ≫                                 ≪
       | |........| l    /     l    ̄  丶、                ≪   無礼者め! 兜を脱げ、兜を! 顔を見せい!!   ≫
      \、........\  l      ‘,-、      丶、              ≫                                 ≪
         | |........| l.  ‘       マ-ム       \           /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y\
 =-__    | |........| l  ‘,        lニニ}  __    ヽ_
 二二ニ=-__|........| l> 、 \_   /ニ/.l l o  ヽ  {{:::::}
  二二二二≧s。.| l_  > 、マニニ彡' / /o   \ 乂ノ  ノ}
 二( )二二二二\  `丶  丶 ̄  ./ /o  \   \_rl_ イ ./
  二二二二( )二 /` <  \  \/ /o \   ‘,   l|   /
  ̄ ‐- ニ二二二/_   ` < ヽ/ /o \  ヽ  ‘,/ /
       ̄<二/:.:.:.`丶    /ヘ l  ヽ  ヽ ‘,__/_ イ          ほう? 良いのか?
        `_/:.:.:.:.:.:.:.:.:.\'   l l   ‘, ‘,__/ ...|| |
        ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、\  ヽl    l__/::::|.....|| |           ―――――後悔するぞ?
      /:.:.‘,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/\_/::/\|.....|| |
 \ _ イ:.:.:.:.:.:.:.:.` 丶 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:::::::::::/ \  ヽ.ヘ |
  /ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ/\    /..| |
./    ̄ - _:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ   \/l..|....| |




        _,..=≦:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:...:.:ヽ
           /:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.::.:.:.:/:{.:|¨ ̄ ̄ ¨''ヽ.:.:..:ヽ
         /ィ:.:.:.:.:.::.:.:.:.:..::∧/:/|:|         }.:.:.::.:}
           /ィ:.:.:.:.:.::.‐/_j/:厶|| ` ー-==、 {.:.:.::/
            /イ :.:.:|!i/,ィテミ、.|i   ,ィテミ ゛ }.:.:/
              / |:.ハ:.! 〃 tッ  !   tッ ヾ 'y'´ヽ
             { ム }   -‐彡   `ー=    j ム/     「          」
             ヽヾ.|     i         ハ /
              `ー!     ` '       /ー'
               _ヽ   r‐===、   /─、
                 _  {  \   ̄二 ̄  ./|   }ヘ_
           / /¨''}  / \     / | !   |  jヽ
         _/ /  |  / \ >‐-< / |   !  | \_
        ,イ |  {   ! i |    \___/   {  | |  } >、


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  ほざけと吠えた暴君は、手にした剣を振り回して反乱同盟を蹴散らしていきます。
  しかし馬を進めた金剛石の騎士が、暴君にだけ見えるよう兜の庇をあげると、表情を変えて一転城へと駆け戻るではありませんか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


5692梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:51:45 ID:tQG5BSOk

なぁーにを見たのかなあーふっしぎー(棒)


5693梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:52:26 ID:ngZyPlNs
見ちゃったw


5694梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:52:33 ID:G3sXCghJ
覚えてる程度にはご尊顔拝し奉ったことはあるんだ


5695◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 02:52:48 ID:YPvR+PUb

                  /⌒ー--- へ
             ......--=ニニニニニニニニニニヽ \
           /(ニニニニニニニニニニニニニニニニ\ ∨
          /ニニ \ニニニニニニニニニ/⌒ニ ニ }  } \
         /ニニニニニ≧ ---==  ニニニニニ:}  }  `、
         /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ / /`、
        /ニニニニニ.._. ニニニニニニニニニニニ / /Λ    \
         jニニニニニ.{ 0 }.ニニニニニニニニニニ/ // `、    \
          {∨ニニニ =={}==ニ ニ ニ ニ }「|「|「 //   |   | \\
         Λ \ニ..、_}{_,.ニニニニニ_||_||_||_ "     |   |  \ヽ
         /ニ::\ \  ̄Y ̄.ニニニ≦ ̄ ̄ ̄  :|   | |   |     \
.        /ニニニニ ゙~=二三二ニ=- ''"´  |  _|_ | |   :|
       /ニニニニニニニニニニニニニ:/   ー ''"二,,__|___ | |   |       \
.     /ニニニニニニニニニニニニ/八 \ ア癶芯fフア  .八    ⅱ        \
    ノニニニニニニニニニニニ / {/  \ \ ^''冖''^「 /     从
    \ニニニニニニニニ /八ト\ 、 \     | /      /            ヽ
       `'<ニニニニ/ 八              /|/   .:    | \
.           /Τ"´    >   ''  丶  イ  八 /: : .   |  \
          / 八   \\  >  <   /  / : : : :   |ト   \
.         /    \   \>-}      /  / Λ:: : : . 八  \ \     }
        /  /  .|\  ト\      /  /ニニ\:: : . ゙、   \\   /
        / /  /| | ハ j二ニ=-__   /  ∥ニニニ/_:\ . ゙、    \ ./  /
        / /  /   {=| |ニ/ /二二ニニ- _′ ∥ニニ二{ ヾ::.\ ゙、\    \ /
.       / /   j  Λ:| |/ /Λニニニ/ニニ|   |二二/  ∨: :\ ゙、 \   )〉 ゙、
      / /  八     | | //ニV../ニニ=|   |二/    }: : :  \   \ Λ  \
     /    \  | /-=二く二二二八  |       |: :| :   | 〉   `''< _ \
      /         \ | |:::  ⌒\       ヽ | |       |: :| :   | Λ \       ̄
    {(           | ∨:::  C }         ` | |     ,j :八   |  `、  \`''~---
      丶        j .|:::::::::  /           | 八     // }  j   `、  ゙、
         \     / {::   /          |∨ :::..  /}   / /   `、   ゙、
.     \   \   {  ∨  {         j ∨ :::::::::..   / ./   /Λ   }
         \  \ \ \ニ-__          j   |   V /  /   / }   /
         \  \ \ )ニニ-_    ノ  |    }   /

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  何事かと見守るPC達のもとへ、影のようにあの銀髪の従者が現れます。
 
 「流石にご主人の顔は忘れてなかったか。……いや、こっちの話。
  ……戦はこちらに任せて。あの人は手慣れてるからね、こういうの。
                              ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
  あなた達は今のうちに城の中へ。あれはもう、生かしちゃあいけない奴だから」
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.



5696◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 02:54:14 ID:YPvR+PUb


                   ノ〈
                 /-_ \
                    /-_-_-_-_\  __  _  ‐=二 ̄  /ニニ》
                |-_-_-_-_-_-_〔 。r≦〉-_-_-_-_-_-_-_ /ニニ./
                {-_-_-_ {≧s。〔ニニ /-_-_-_-_-_-_<>ニニ/
                >''"⌒>''" ⌒“''*、-_-_-_-_-_-_<>ニニ/
              /  /          }h、-_-_-_-_-_/ニニ/
                  /   \         \-_-_-/ニ /
             /   /       \          \≦__ /
              /   /        \         \⌒\
               /   《               _    ) )  Y
           ∥   ハ          )   |\:::}h、 /   } ≧s。
             |:|i   }八           (     |::::::\::::::Y⌒ヽ八-_-_-_〉
             |:|i   }i  \       \  八:::::::::\〈:::/::::〉⌒\ ̄                ‐
             |:|i   {|    \       \(  >=- 《:/:::/ノ   }h、            ‐
             {八  人   ィ芸チ       《  ‐=≦》⌒::::::》  ィi〔/ }h、      ‐
               \ \\´v以シ.\      \:::::::/::::::::::ノ \/       =‐
             /〈 \  ̄    \       ̄  -=≦ \≪ ≫  ‐=‐
           /   ヽ ≧=彡     \       \  《≫   ‐=‐
          /   /∧ ゝ =ァ     ィ\          ‐=‐
       -=≦   Y:: /  `、    ィi〔   \     ‐==‐     \≧=-
 _-=ニ ̄  >''"  八::/  / ≧ /         ‐==‐ .|.\      \   ⌒
    >''"        ./ / /ヽ Y       -==-  八 |  |\      丶
   /          /八 Y        ‐==‐    /-_-≧s。  \      \
    {           / ハ》     -==-  /  /-_-_-_-_-_-\  .\
   八      / / ⌒ヽ{{  -==-    /  / _ -_-_-_-_-_-) / `、
    \    /ニ {  ‐===‐  /==/  /.//〉〉 -_-_-_-_/ニ/〔∨/
       ./ニ ‐====‐ 《乂⌒ヽ-_(   ( / / /∧-_-_-_-/ニニ(/-_-V/
     / ‐====‐八-_-_-_ V  /-_八    /ニニニ\‐=≦ニニ=‐ \-_-}
    ‐====‐ ニ=‐ \-_-_-∨-_-_-_- ≧=彡 { {ニ〈    〉ニニニニニ 〉-_|
‐====‐  ニニニ=‐/  ≧=彡-_-_-_-_-_∨\ 八ニ\ /ニニニ  >''" 八


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  姫騎士は感謝の言葉をひとこと、ふたこと交わすと、PC達の方へ向いて、決意も露わに宣言します。
 
 「では皆さん、参りましょう!」
 
  PC達は姫騎士と共に、城から少し離れた祠より隠し通路へと飛び込みます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.


5698◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 02:57:54 ID:YPvR+PUb

 ェ .,   .,,,、     .   ! │           l三三三三三三三三三三三三三三l  .,!三|     'i
./ .!.l!  ./三ヽ    ! .l゙ .! ,!  ./゙.l     ./.l .!三三三三三三三三三三三三三三 ! .!三;;;1    .ヽ.  .!l,    /
三 ||.! /三三!   . !  .! l | ! ./三|    iゞ l.l三三三三三三三三三三三三三三 ! .!三三|  i,  /;;!  .l゙;;!   / /
三三! .|三l.i三.!  l三l !三!│ /三 .!   .l゙三三i,l三三三三三三三三三三三三三三 l !三三| ,! !  |三|  |三i  i ./三
..i三 .! .! l;;;l.!三 | .l三j│三.!│ !三三|  !:;三三三三三三三三三三三三三三三三三 U三三| l゙三l .l三;;! .│三| .! i三
. l三 | ! l;;;!|三;l  l三;l゙.|三;;;! |! |三三;| │三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三!│三;| l三;;;l | i三
 .l三! .l.〉;l.!三| .!三;! |三;;| ! !三三.!  .,!三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三! |三三! !三;! | .〉三
  ゙‐'゛  ヽ三三| !三! .|三;| .! l三三.!  .,!三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l !一ー l. |三! │ |三
`''-.   \三 |│三l.|三;!  ! i三三.!  .,!三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三;;/"   !  i  l  | ̄ヽ
    ,、   ゙l  ! !  | l  / i三三|  .!三三三三三三三三三三三; il 三三三三三三三三;;/   .  /   ゙ .!  ヽ
 、   `゙''- .l .,!  l .l !   .、 `'',    .!三 !|三三三三三三三三三|.!三三三三三三三三l  /  ...゙    i
、 `     、 !  !  .′  ".゛  ′   ヽ /.|三三三三三三三三三! !三三三三三三三三!     !   ,i',i  ノ  ヾ
     ...i !.! .!   !    ― 、、三―    .゙‐' !三三三三三三三三 ノ !三三三三三三三;/    /      .,i
 |  !  |i|i! ! _′  .l. ..ー   ‘ ―‐       !二二二二二二二二二二二二二二 ∩二″     l .'"      /
 " ||ii|"  ./     ″           .!}     二二二二二二二二二二二二二  ,!│二二 l          ./
 l||||″  /           r'" \    .!│      二二二二二二二二二二二  ! l 二二" .,/   .r'"
||||    "                ‘    .} .l        二二二二二二二二二       _,,, ._..-'"     ゙.r
.,                         ,! ..l      '、                 ‐'''"´゛ . ″ ../      ._,
                             `      .゙'ー ,,                            ゛
    .,.                             `'‐                 , ーゞ  ,..-¬ー--._
    |                ´ `'‐     `'ー 、                     、    . _,  .
    ..,,                          `           _,, ー-、    ゙̄"   .´    /゛゙'‐      ..,, ''ー .
     .ゝ   ¬'''、.     .                 __,_        `    .‐―ー                 _,,,...
  ._,,..,,,      、`"'^'ー               `   `'‐     .^''                 __.´ .、
    .`    .'- .゛`                    ,,_                 ´゛     `^──   .,.. " '‐i
    .,,ノ゙''                 ......,, ''ー .             ..,,,,,..-― .     .´          ....,,
  .'"゛    .-――__           `''ー         __,            -丶            `'''" ̄


                        _________
                        /_-_‐_-_‐_-_‐_-_,>-‐<` 、
                        /_-_‐_-_‐_-_‐_-_./:::`ヽ_-_‐_-_ヽ
                        /_-_‐_-_‐_-_‐_-_ /_::::::::::`:、_-_‐_-',
                     /_-_‐_-_‐_-_‐_-./‐‐‐‐三ニ=-_ _-_‐_∨
                  /_-_‐_-_‐_-_‐_./ ニニニニニニニニニニ,_-_‐_.∨
                     /-_‐_-_‐_-_‐_/ ,x≦-=ニニニ=‐-‐ミ;_-_‐_-∨
                  /_-_‐_-_‐_- /!.||.' /__ --ァ‐‐ニマ ソ_-_‐_-_∨
               /_-_‐_-_‐_ /|l|j{ ||、/≧=- _ノ ノ‐--マ{_-_‐_-_‐_V
                   /_-_‐_-_‐./{代ヽ ` <l    //    .ヽ._-_‐_-_‐_V
              /_-_‐_-_/  .{  `ヽ<l |> //      {_-_‐_-_‐_-∨
            /_-_‐_.//  /≧s。 ':,  //          }_-_‐_-_‐_-_ヽ
.             /_-_‐_/:::::ー‐'` ー--'  }}く/          ;_-_‐_-_‐_-_‐_ ∨
              {_-_‐_-{___, -─---、` ー _≧zx__  ⊂⊃   ;_-_‐_-_‐_-_‐_-_‐,
       ,ィi{_-弋_-_‐.圦_-_‐_-_‐_-_‐.\ ____\  \____ l-}is。_-_‐_-_‐_-_‐;
.       /_-_‐_-_‐\_-_‐>_-_‐_-_‐_-_‐ \_\`‐'´ヽ_ イ::::::ヽヽj_-_‐_-}is。_-_‐_-/
.     /_-_‐_-_‐_-_‐_ \_-_‐_-> 、__-_‐/_-_\::::::::::--──-- 、_-_‐_-_‐}is。ノ
    /-/_-_‐`ヽ _-_‐_-\_-_‐_-_‐ヽ_-_‐` ー _二二ニ=-:::::::::::::::っ_-_> < ̄ヽ 丶
.   /_/::ヽ_-_‐_-_‐\_-_‐_-\_-_‐_-_‐ヽ:::,、_-_‐_-_> - ニニニニニニ=‐'_-_‐_}_-_}_-_‐\
   ,'_-{::::,-ヘ_-_‐_-_‐_.\_-_‐_-\_-_‐_-_` ー _ _-_‐_-_‐_-_‐ _-_‐≦_-_‐_-ノ_-/_-_‐_-_ハ
  ,'_-_.}/三∧_-_‐_-_‐_-.\_-_‐_-\_-_‐_-_‐_-`ー __ _-_‐_-_‐_-_‐_-_ /_-_‐{_-_‐_-_‐_〉
  ,'_-_/ 三三ム_-_‐_-_‐_-_‐\_-_‐_-> 、_-_‐_-_‐_-_‐` ニニ=-=ニ二_-_‐_-/_-_‐_-_‐_{
 ,'_-/ 三三三 厶_-_‐_-_‐_-_‐_\_-_‐_-_‐>-_ _-_‐_-_‐_-_‐_-_‐_-_‐_-_‐_-_‐_-_‐_-_‐_ム



5.蜘蛛の巣の大逆襲
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  狭く薄暗い通路を通って奥へ奥へと進み、地下牢へ入ったPC達は、やがて巨大な地下空洞へと行き当たります。
  おそらくは城を支える岩盤の下なのでしょう。ここで魔法でも唱えたら、城は一息に崩れてしまいそうです。
  足元には多くの囚われた人々の成れの果てである骸骨が、うず高く積もっています。
 
  そんな天然の洞窟は、怖気を震うような寒さと暗黒に満ち満ちています。
  そしてPC達が入り込んできたのとは逆方向から、ガチャガチャという耳障りな武具の音が近づいてきます。
  息を切らせて駆けてくるのは――ええ、あの暴君です。
  彼はPCたちと姫騎士の姿を認めると、目を爛々と光らせて睨みつけてきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


5699梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:57:59 ID:tQG5BSOk
コロナの奇跡を切ってダンジョンパートかラストバトルにもつれ込む的サムシング


5700梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 02:59:11 ID:oeeUSdjv
崩せるの?じゃあ崩したい!ってやつは絶対いるだろうな


5701◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 03:00:17 ID:YPvR+PUb


                              ィi{     \                  ,;  ,;
                      ___ ィi{          ヽ                 ,;  ,;
                    /i:i:i:i::`ヽ         :.              ,;  ,;
                   /i:i:i:i:i:: ト、_i:i::\       ヽ、             ,;  ,;
                  ;'i:i:i:i:i:i:i:i:i: ミミ三三\         ハ            ,;  ,;
                   ',i:i:i:i:i:i:i:i:: ミ`_ー─--,ヽ       i|         ,;  ,;
                   ',i:i:i:i:i:i:i: / _¬,≧zz{ }〕:、       i|         ,;  ,;
                 , -‐、i:i:i:i:i: ',:::::::::vハ ZZz ヤヽ      i|        ,;  ,;
                 ) \ ヽi:i:i:i }:::::::::::\ヽ-〈/i:i:i\    .i!          ,;  ,;
                 /-‐‐-ヽ ヘi:i: l::::::::::::::, イ∠i:i:i:i:i:i:i:i:\  ',        .,;  ,;
              ///////ヽ\ \`ヽ_/‐ ´i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\ ',       ,;  ,;
                 //////////`ヽ. > .i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ}     ,;  ,;
            /////////////∧、  .> ‐=:i:i_:i:i:=‐:i:イ´  ハ      ,;  ,;
              / { ' V//////////∧\    > - <      / }     ,;  ,;
.            /  ',:i:iヽ///////////\` ー-- 、       _/  /.    ,;  ,;
          /   l:i:i:i:ヽ///////////ハi:i:i:i:i:i:i ヽ ー=ニ    _ノ,,,_ .   ,;  ,;
        __ノ     |:i:i:i:i:iヽ///////////∧i:i:i:i:i:i: \    _/ー _ ''‐,,_,;_ ,;
      ,ィ升/     .|:i:i:i:i:i:i:ム///////////ハi:i:i:i:i:i:i:i:i:> _ イ///ハ  ''r-,  ̄> ,,,,
    _}゙'~´:::::/      |:i:i:i:i:i:i:i:iム///////////ゝ,i:i:i:i:i:i:i:i://////'\_.7(ニニ弋,,,,  ''' - ,,,
 _ イ:::::::::::/ __,,__    |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ///////////'>.i:i:///////////7(ニニニニ }'''' ‐- ,,,,'''',;
::::::::::::::ィi{´:::::,>'´ヽ,  .|  ̄ ≧ s 。 _\//////////// >..////////_ (ニニニ /     ""
::::::::::::::::::::::::く     〈. |        ヽ,//////////////` ー-‐≦/// ̄ ー--,
:::::::::::::::::::::::::::ヽ   ノ  「           <////////////////////////') ̄
:::::::::::::::::::::::/:::) /  .|            |ll` < _//////////////////7
::::::::::::::::::,ィ イ /   .| ≧ s 。 .... ___    |lllllll|  | ̄ ̄ ̄ {\_/_/_/_ -‐"


                }////∧
                }//////ヽ,
            >=- ´~~~~~二ニ=-、
         >''~:./   >''~  `ヽ、  ~'<
      >''~_/~/:.:/  /       \   \
  ‐=≦ニニニ)h、/  /             }!  ∧ ヽ
    ``~、、ニニ{__ /     i、\    }∨  ∧ヽ}
  _____>'' ノ~ヾ}_.  '   .! \}    ノ~Ⅵi  }ミ\            __
   ~''<: : : : : : {i////}!  ∨ | ノ ヽ  }' 仭ア./ヽ,∨\       _i≦二二二ニニ===--
ヽ,    `~~~´´弋///ノ   ∨.i  ,ィz、)ノ  `~ノ/  } ト、、 ``~、>''~ >''~)ニニニニニニ>''~
  \     /イ }〕==、   ヽ}ィ仭 イ   ヽ~フ / / i ヽ~''</。s≦///\ニニニ>''~}/:.:.
   ``~===/~~~''<∧r-、 .∧        __/_/ /ノ !リ、~''<~ノ///>=、//}冖≦: : : : : :/
、      /  /: : : :}:.ヾ〉、..∨∧   、 ァヽ_}! ̄)!≠=ミ /,。 *''",,.。*'"∨}___: : : : ノ
───≦´  ./: : : :/:.:.:.:.:.:.:ヽ} ∧。,,,_  (:  ̄~/ヾ〔二ニh_,.。 *''"_,.。 }!圦ノ~~~~~ヽ) /∨
:.:.``~、、  ./: : : :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}  }!~~~~ヽ二ヽ:.〈弋{_,.。 *''"_,.。 *''": : : : `~7~~~~~.)/ ∧ }
:.:.:.:.:.:.:.:.:.{{~i!  、<____丿イ / ̄ ̄~''<._,.。 *''"_,.。 *''"///〕h、: : : : :,イニニ=- {: : ~''<
``~、、:.∨ゝ=イ≠≠≠=ノ  ∥   _,.。 *''"_,.。 *''"`~、_///////)h、/ニニニ=-}i~~ヽ: : ヽ
     ``~、>''~ ̄ ̄´  ._,.。 *''"_,.。 *''": : : : :/,イ==ア´\///////ニニ=-/~~´}!  }: : : :∨
───── '''"´  _,.。 *''"_,.。 *''"  / /: : : : : : { {-=ニニ} }==彡~~ヽ'´~~ヽイ: : : :∥  !: : : ノ
______,.。 *''"_,.。 *''"//{  .-=/ /: : : // ̄{ {-=ニニヽヽ//∧_}ニニ=-: : : :.∥  ノゝ'´
   _,.。 *''"_,.。 *''" ////// ∧   { { ~''冖 ゝ=┘}-=ニニ{ (////∧∨: : : : : :~''<ヽ
*''"_,.。 *''": : : : :./////ノ//// 、 .∧ ∨`~7,。。、 ノ-=ニニヽヽ///∧∨: : : : : : : } }/}∨
''": : :/{: : : : : ィi〔>''~´:.}∧///// )h、ノ≧=≠≠≦~"''~、、/./////∧∨: : : : :/イ/.} }
: : /!,.。 *''">''~ }:.:.:.:.ノ//////>{彡'´-=ニニニニ=-/>=‐‐'''''゚゚゚゚、 } }=====≦// } }
''´ -====≦ /乂ノ:.:., ' .i//>''~   \-=ニ>≠≠< /  | i//ヽ:.:.7 />=ニニニ彡
    {  {  ゝ===彡 .{,イ       ヽ-=ニニニ{ {~~ヾ   | i/ }i∨:.:{


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 「ええい、このような所まで鼠のように入り込みおって! 無頼漢どもを誑し込んだか、売女め!」
 
 「仲間を裏切り、部下を捨て、こそこそと鼠のように逃げようとする男が言う事ですか……!」
                                                                ・ ・
 「ほざけい! 親の仇を討つべく手を結んだ仲間は、貴様ではない! 否――思えば貴様とても、我らが父の仇と言えよう!」
 
  訝しむ姫騎士ですが、すぐにその表情がさっと恐怖に強張ります。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


5702◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 03:04:50 ID:YPvR+PUb

::::::::::::::::::::,.....ェzzェ....、 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,.....ェzzェ....、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙,.....ェzzェ....、゙::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::゙ィ尖:圭圭圭尖:、゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ィ尖:圭圭圭尖:、゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ィ尖:圭圭圭尖:、゙:::::::::::::::::::::::::
:::::::::,:勿汐i:i:i:i:i:i:i:i:弐小! :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,,:勿汐i:i:i:i:i:i:i:i:弐小!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙,:勿汐i:i:i:i:i:i:i:i:弐小!゙:::::::::::::::::::::
::::::゙爪汐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i弐小 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::爪汐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i弐小:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 爪汐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i弐小゙:::::::::::::::::::
::::゙{圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭}゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙{圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭}゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙{圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭}゙::::::::::::::::::
::::::゙守弐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:沙汐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙守弐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:沙汐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙守弐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:沙汐:::::::::::::::::::::
:::::::::::守弐i:i:i:i:i:i:i沙才' :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::守弐i:i:i:i:i:i:i沙才' :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::守弐i:i:i:i:i:i:i沙才' :::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::゙`守:圭圭:才´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`守:圭圭:才´゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `守:圭圭:才´ :::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.....ェzzェ....、 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,.....ェzzェ....、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ィ尖:圭圭圭尖:、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ィ尖:圭圭圭尖:、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:勿汐i:i:i:i:i:i:i:i:弐小! :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,:勿汐i:i:i:i:i:i:i:i:弐小!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙爪汐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i弐小 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::爪汐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i弐小::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙{圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭}゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙{圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙守弐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:沙汐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙守弐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:沙汐:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::守弐i:i:i:i:i:i:i沙才' :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::守弐i:i:i:i:i:i:i沙才':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙`守:圭圭:才´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`守:圭圭:才´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙::::::::::::
::::::::::::::::::::,.....ェzzェ....、 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,.....ェzzェ....、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙,.....ェzzェ....、゙::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::゙ィ尖:圭圭圭尖:、゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ィ尖:圭圭圭尖:、゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ィ尖:圭圭圭尖:、゙:::::::::::::::::::::::::
:::::::::,:勿汐i:i:i:i:i:i:i:i:弐小! :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,,:勿汐i:i:i:i:i:i:i:i:弐小!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙,:勿汐i:i:i:i:i:i:i:i:弐小!゙:::::::::::::::::::::
::::::゙爪汐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i弐小 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::爪汐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i弐小:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 爪汐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i弐小゙:::::::::::::::::::
::::゙{圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭}゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙{圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭}゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙{圭i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:圭}゙::::::::::::::::::
::::::゙守弐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:沙汐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙守弐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:沙汐::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙守弐i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:沙汐:::::::::::::::::::::
:::::::::::守弐i:i:i:i:i:i:i沙才' :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::守弐i:i:i:i:i:i:i沙才' :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::守弐i:i:i:i:i:i:i沙才' :::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::゙`守:圭圭:才´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`守:圭圭:才´゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `守:圭圭:才´ :::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              地下洞窟の闇の奥に、煌々と灯る八つの星があったからです。

            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.



5705◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 03:06:29 ID:YPvR+PUb

                                        |: l    l :|
                                        |: l   :   l :|
                                        |: l   :   l :|
         _                             |: l   ;   l :|
         \   ー-、                    }: l   i   l :|
              \    \                   .'.: :}  :l:  {: :'.
              \    \                    .':.:.: '   |   '.:.:.'.
.                 \    \                  .':.:.: '  ハ   .'.:.:.'.
.                 \   \            .':.:.:.:'.  /{}',  .'.:.:.'.              rー――――――――――‐ァ
                    \   \          .'.:.:.:.'  ,' :ハ ',  .'.:.:.'.           /}`ヽ ____  -―一'⌒´
                    \_,.,.,.,:}\      /ヽ }. .:.:  .' /::::', ',  .:.:.:{ /ヽ       /  ヽ/
  ___________, - 、 ヽミ;ノ;  \   {  ∨: .:._ ハイrミヽハ :_ .:.:∨  }   /  .:/rー――――――――― 、
  \                 人  `ヽ   \ 人:. ヽ.:《_》:'"´}}::{{:`ゝ《_》 ノ .:人 /;,  .://}`ヽ __  -―――'  ̄ ̄´
.     ー―――――――‐ヘ一'ミヽ\  V⌒ヽ}´ヽ ヽ:人 Yイ::ノ{:::::}ヽハY 人.:ノ ノ´{   ;,// .: i/
                     \r'ノ  \ Vヽ.._}、  \: ...ヽ;}ハ⌒}::{⌒ハ:{_/:..:.:./ :r{_..イ/ .: :/rー―――――――- .
                      \     \V⌒ヽ\  \{_ハ__}::rYYァ:{__ハ_}/  /:./ノ .: ://{`ヽ  ________,>
                      \    }\:. \\ . :`}ゝヽ人{}人ノハ{:/  /:.//:.,.イ/  .:ゝ'⌒´   /.:   .:.:.:.: /
 }\ ,. -――――一'⌒ヽ___     \___ノヽ.:\:.. :\\_:}ヽ`ヽ===ィ´ :{:_,/.://: / :ノ  .:/〉    /.:   .:.:.:.: /
 l ∠ __________ 八 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ.: ノ\.:. .\..:}ノ`ヽ}:::::{ノノ:ノ、:ハ//. /:/廴,/-┴―‐rr―――――-  、
 |     \/⌒\  __ 二二二二ニ=- ミ 》:.、 .:\:.: ゝヽ .:.:.:}::::{:.:ノ{ : /: }´.:/:/  /_____{{______  \
 {   <二二 ̄ ̄ ______,八 ______,》`ヽ:.:\: ..:\ ノ}.:.:.:.:}::::{:.:.:.:.V: : l/:/  /⌒) 、:/  /.:   .:.:.:.:.:/    `⌒^
. \  \:.:.:. ヽ ̄   \  ` ̄´      く>二 \: \: ..:\ゝ:.:.:ゝイ:.:.:. ノ /:/  / __/  `ヽ、/.:   .:.:.:.:.:/
    \  \:.:.:.\     \       /⌒}ノ`ヽ⌒ヽ\: `ヽ:. .ヽノ.: : :ヽ: /:/  / /V⌒ヽ、 ノ \  ..:.:.:.:.:/
     \  `ヽ:.:.:\    \  /   人 _,ノ \ \\: \ノ: :.ハ:. : {/  / r'  } ..:/ \   \.:.:. : /
      \   ヽ:.:.\      / ̄} /  ヽ <⌒ヽ:\\ノ:`V  V´:ヽ /  ,ノ_,ノ : /  /:.\   \:/
         `}\ ヽ:.:.\ /    {/     } / `ヽノノ{⌒ヽ:.:{   }/⌒}ヽィ´}´ }.:.:.../  /:.   \   \
         〈   {⌒ヽ /  ノ⌒´ヽ     У   {´ノ::/  :.:.从   从:.  ヽノヽ}:. .:| : /  /:.   .:.:.:.\   \
            ヽ \ /   /     \  /     |´:::{  .:.:.:.:. )( :.:.:.:.  }::::::{:.  V´ヽ /:.    .:.:.:.:.: /\   〉ー―――  、
             \/  /.、: .         V     .:.|::::::| .:.:.:.:.:〔  〕:.:.:.:.:. |::::::|:..   \ノ:.    .:.:.:.:.:.:Λ:::: \_{_____  \
            / /\:.:.\_:_.: .    /     .:.: }::::::} .:.:.:.:.:.:. } { :.:.:.:.:. : {::::::{.:..     \   .:.:.:.:.:.:./ ヽ ::::::...  \        ̄
.           //}  .:|\:.:.:.:.\: .  /    .:.:.:/:::::::ゝ、:.:.:.:. :. Y : .:.:.:.:..,ィ丶:::|:.       \.:.:.:.:.:.:./     \::::....   \
            ´  {   . :|::::::\:.:.:.:.\/    .: : /:::/  \:.:.:.: {} .:.:.:.//  ヽ}:.:.       \:.:./        \:::...   \
.              l  ..:|::::: / ⌒\/    .:.:. /∨   ハ   \:.:i:.:/ /:.   .::|:.:.:.          ∨ヽ        \:::...   〉
               } ...:.:|: : {!    /    .:.:. /:.:. }  /:.:.rヽ  `V´  ハ.:.  .:.:}:.:.:.:..        |.:. |         〉=-ー/
.              {  .:.:.|::::ノ   /    .:.:. /:.:.. | :/:.:.:.:}ヽ:.\   /.:Λ .:.:.!:.:.:.:.:..        |.:. |        /   /
                |  .:. l::{     }    .:. : /:.:.:... //:.:.:.:./\ ー'   ー /\.:..ヽ.:.:.:.:..       |.:. |        /   /
               |  .:{::{    !   .:.: .:/:.:.:.:. //:.:. /⌒Vヽ      (.:V⌒ヽ: Λ.:.:.:..      |.:. |      /   /
              |  .:}:{   ,′ .:. : /:.:.:.:. //: /⌒ヽ:.:.V:.):   :(.:V:.:/⌒\Λ.:.:.:..      |.:. |     /   /
             |  .:}{!  /  .:. : /:.:.:.:. /⌒´ハ   v:.:.V:.):   :(.:V: /    Λ ヽ .:.:.: .    |.:. |    / /
                :,  :i!  /  .:. : /:.:.:.:. /  /  ヽ  v:.:.V:.): :(.:V: /   / :Λ \:.:.:..   |.:. |   //
             :,  ,.' /  .:. : /:.:.:.:. / \Λ   \ ヽ:.:.V:.) (.:V:./ /`ヽハ ヽ   、 : .   |.:. |  ′
                 ヽ/ /  .:. : /:.:.:.:. /  〈/ゝ    〉_,}:.: V〉:〈V:.:.{,_〈    ハ ヽノ    \   |.:. |
                   /  .:. : /:.:.:.:. /       ノ´⌒>'"⌒ヽ:.:.ヽ::ノ:.:./⌒ヽ 〈 }       \ノ.:. |
                /  .:. : /:.:.:.:. /      \/     \____/    \}ノ            \ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  暗闇を引きずるようにして現れたのは――恐るべき巨体を持つ、大蜘蛛ではありませんか!

  森の中で遭遇したものとは比べ物にならない、これぞまさに真の怪物!

  おそらくはかつての領主達にとって討たれた蜘蛛の子、いえ――――……。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.



5706◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 03:08:54 ID:YPvR+PUb

                   {ニニ=‐  ‐===‐ ‐=ニニニ.∧
                   >''"-===-       "''<ニニ}
                 /  /    ⌒“''*、     \ニ|
                      / /         \     `、 /
               /    / /           `、     ∨/
                 /           |   ∨/  ∧     V /
             /        |     |   ∨/         V
                ∥   /   .|     |    ',   }      }
               |i   /    |     |          | / / ハ
               |i    | .|    !     人    |     |  / / }
               |i    | 从  人     | \  .!   .|/  ./|
             八   | xr=ぅぇ \    r=\ |   .′  /. | |
              /\.∧ゝ乂rソ  .\ | Vr ソ    /} / .| |
               /  .\', ¨´  ,    `  ¨¨´ |   /リ |
                /   ハ ∧               |  /  |   | |
           /  /  }  }h、   (   ,  u ..ィ  ′  |   | |
             /  /  /|  |  }h、    。r≦.  /     |   | |
         / r.\  /..|  | rく  |  ´    | / 〉    |   | |
        /  {\::》  ̄|  |^ ∨廴 __   イ/ /h、   {   { {
       /  /\: \  |     \ |  | } { {{./   ≧s。  ィi〔⌒}
     /  /‐=ニ.\/ .| /∧  /^\ -=≦ .|`、     /::::::>''"
   /  //\‐=ニニ}  八  》 (ノ( ) )    ) \   《、丶`ニ=∧
  /  /  {‐= \‐/  /  / 《::::::}     /   )  /ニニニ=‐.∧
 (  /    |‐=ニ>''"  〈 /   ∨ノ   /   /   {ニ>''"⌒ニ/



                      /._‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_.≧、
                         /_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_.>--‐` 、                     ,; ,;
                      /_‐_‐_‐_‐_‐_‐_.>''”:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i`ヽ                ,; ,;
  , -‐- ,              /_‐_‐_‐_.>''”‐=ニ三三三≧s。 :i:i:i:i‘,              ,; ,;
 //////>、   , -‐,     ./_‐_‐./.‐=ニ三三三三三三ニ=‐,:i:i::i:i:,             ,; ,;
 ヽ//////∧  /////ハ    ./‐_‐/i:i777i:γ ¬=ニ三三三ニ=‐,:i:i::i:i:,             ,; ,;
\. \ //////, ∨//////, __ ィi.: イ:i:i:i:i:j }| || j{ ___, 二 ,_ ̄ ̄7}:i:i::i:i::i!                ,; ,;
//\ ヽ//////, }///////,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:⌒<} K(l _ ___ノ ¬ ミ三' }:i:i::i:i::i|              ,; ,;
////∧}//////,丿//////'}:i:i:i:i:i:i:i∧ ∨. ' <__ヤー' /: : : : :.マミ;,リ:i:i::i:i::i|               ,; ,;
/////////////////////'!:i:i:i:i:i:i:i:i∧ ∨. '< _/.: : : : : : :.:マイ:i:i::i:i::i:il              ,; ,;
/////////////////////'{:i:i:i:i:i:i:i:i ∧ ∨ >-' : : : : : : : : : : :}':i:i::i:i::i:i:|.            ,; ,;
//////////////////////,:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧ ∨ : : : : : : : : : : : : : :./:i:i::i:i::i:i:i:!         ,; ,;
//////////////////////ム:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\ヽ : : : : : : : : : : : : :/:i:i::i:i::i:i::i:i|.           ,; ,;
///////////////////////ハ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\` : : : : : : : : : : /:i:i::i:i::i:i::i:i::i}          ,; ,;
/////////////////////////, :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\____ /:i:i::i:i::i:i::i:i::i/.       .,; ,;
//////////////////////////,ー─────────‐、 ̄⌒ ー‐ '        ;,゙'' ,;
///////////////////////////,///////////////////ハ              ;, .,; } __
\/////////////////////////ィー────────‐'             __/~´ /ィ{ { rrrr;
.  }、//////////////////////_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐.` }is。...___   ___...,ィ''´//ニつ,└-{」」」!
.  |‐.\ー──=ニニニニニニニ=‐'‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐i }_‐_‐_‐_‐ ̄_‐_‐_ ヽ////--}__{_{ 」」」!
.  |.‐_‐.\._‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐.| }‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐ヽ//(ニノ    ̄


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 「これが、死の星……!」
 
 「ここで死ねば、彼奴も、貴様らも、ただの謀反者よ!
  まずはそこな野良犬どもを食い殺し、貴様を糸で絡みとってやろうぞ!
  そして生きたまま、この者の恨みを晴れるまで永劫に贄として嬲られるが良い!」
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


5707◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 03:09:34 ID:YPvR+PUb


                           ∥
                             ii
                      \ |.| /
            ‐ = =‐ ‐ == ‐ ‐=‐*‐=‐ ‐ == ‐ ‐= =‐
                       ,;;;';'".:;i i:;\
                     ,.;:;';" . :il li: .
                 ,.;;:':.;:;'" : : ::ll ll: :
                ,.;;:':;::.'"  : : ::ll ll: . .
              ,.;';:;;:.':"   : : : ;ll ll; : .
             ,.;';:;';::'."   : : : : ;ll ll; . : .
            ,:';;:.:;:':."    : : : : ::;li il;: : : .
            ,:';::;:;;':;."    : : : : :.:;li il;: : : .
          ,:';::;:;:;':;."     . : : : : :.:il: :li: : : :.
          ,';::;:;:;':;.'' .     : : : : : ::ll: :ll:: : : :.
         ,:';:;:;:;:;':;''   :   . : : : : : ::ll: :ll:: : : :
        ,';::;:;:;':;:.:''.    :   : : : : : : ::li il: : : .
        ,';::;:;:;':;:.::.''     :   .: : : : : :li il: : : .
       ,':.:.:;:;:;':.:;' '.     :  : : : : : : :li il: : :
       ,'.:.;:;:;:;:;':;.' , .    :   : : : : : :li il: : :.
      ,'.':.;::;:;:;':;.' :,  .   :  : : : : :;li il; : :.
      .'.:. .:.;:;:;;':;. : .  .    : . : : : : :.;li il; : :
     ,' .: .::.;:;:;':;.'. . .;. .   .: : : : : :.;li il; : .
     ' . :;.; ;':;: ' o     .   . : : : : :.:;li il;: :.
     :o'. : .:;.:':;. ,.、   .,.  .   . : : : : ,:===、;:.
     ; . ::;.:;  `.' 。         : : `=三=´
     : . : .;. .,、 o .: : , . .      ,,.-l旦l`i
      : .,. ;:`.'   : : :.;. ゚      // ̄ ̄`ハ
      : ': ;.  。  ,,、 ,,,,     /´,'_,'-==-<` 、
      : . .,.  ゚ o `;´: : `ヽ. l ソ-=ー- 、 )ノ
     . : . : : . .   l:: :. . ; .l |l,:'"`ー=-、 )
       ' : .: ;. . . ゞ、._;;:_ノ  |i ,;;;;;;ッー-ィ、
       :  : . 。 o .   .,:  l' il::::r'.;‐==__゛ヽ
        : :  : :   : . . : : i,;::ハ;;r´  ___ヾ`i
        : :: : : :  : :  l :i;; ; ,ヒ ̄ _ ,` .l
          :: . . .,. ,、 :  :  l ;::;  ヒ´ ̄     l
          : : : :: : :   i ;::::; |`=ニ=イ,;,;'  ヽ
          : : : : : :   : : | ;::::;  |.   i:::::.   丶
           : : : :  : :  : : : :     l:::::......::::::ヽ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  次の瞬間、PC達の手元へ「蜘蛛を恐れぬもの(グラフレックス)」が一人でに飛び込み、唸りを上げます。
 
  決着をつけるべき時です。
 
  ――さあ、戦いだ!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


5708梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:10:35 ID:aLbx6vg7
こっちに言うのかよ!w>ここで死ねば


5709梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:11:26 ID:ngZyPlNs
いざ!


5710梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:12:04 ID:tQG5BSOk
まあ向こうにしてみると逆賊だからねえw
ともあれ、ボス戦だ!



5711◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 03:12:41 ID:YPvR+PUb

‐-_                       /    _ -=-      、
   ‐-_              /____,r' 三三 ヽ、   ;
     ‐- _.            {:i:i:i:i:i:i:i:l川{≧=≦ニ}}ヽ.  '
        ‐- _.         ヘ:i:i:i:i:i:i:iヽ〉/:⌒ヽ∴j{/'ヽ. マ、
          ‐- __.      ,ヽ:i:i:i:i:i:i:i〈:::::::::::::::〉/:i:i:i:iヽ. マ }、           ━━━━━━━━━━━━━━━━
                 ‐- __ / . \i:i:i:i:i:i:}::::::::::::/´:i:i:i:i:i:i:i:i\//,
                 ‐- __  .≧s。,,` ⌒ ´:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:)///,          暴君
                   }   ‐- __   `ヽ>=- ´  ̄ / ////ム          傭兵のデータを用いてください。
               {_≧⌒ヽ ‐- __  .`''<    /_'; /////ム
                 i } V/∧ 、   ‐- __   ` < / _ '; ∨/////ム      ━━━━━━━━━━━━━━━━
                    i ;:i:i∨/∧\     .‐- __  / _ ';  ∨//////ハ
                 i ,:i:i:i:iV///ヽ,>=--z  ‐- __ .}≧_   V///////,
             __;' /:i:i:i:i:iヽ//////,  ̄ ̄  / ‐-.)_{々、 //////〃
               /  /:i:i:i:i:i:i:/ ∨/////> =-─‐''/.7j{/):::::〉/〉::ヽ//'
           /  /:i:i:i:i:i/。_ ∨/////////////,;`,;/::::ノ/ノ::::::::ハ
          /  /:i:i:i:/:i:i:i:i:i:≧∨/////////// ,; ,;   `ヽ:::::::ノ


                  l´`ヽ
                 |.   ヘ
                |    ヘ
                |     ヘ
               /      ヘ    ,、
            _,,ュ-イ ,,ィ"´`ュ、 ,∧  _).\
         ,,r<"   ,'|ノ  ∧ .ヘ  廴ノ   >、
       ,,イ     ,,ニ,  ,、  ヘ  r-.、    ノ   __,,ィーァ
      / >'´ ̄ ̄ /> ´ ` <, ヘ ',  ` -.、 ヘ  ノ     /
    / ./       |   /\  |   | ',    ∨ .ヘ'    /
    / /,、       〈 / .∨ \',  | ',,,r-‐''"´.', .}_ュ-'"
   ∧ /" `> 、__イ r"( ・ ) }^, .>、\ >"´  / /', ',
  / ト、  __    ∨ \_/|l/ -\ .\_,イ ./ ./ | |
  / / `ー´\\`゙゙フ .|`ー─‐‐’ l ヘ ̄ \ \/ /  | |
 .|  |       ヽx " {、.\ ___/ / 〉ー''” \/ /.  / イ
 .| .|    ,, < >''\\__.>  <__/      / / \,' ./
 .| | ィ"  ,,>"   \\             | | \ \
 .| |" r'"´        \\             | | / 入 .ヘ
 .|_/ /           \\.          | | 〈_/  ∨.',
  | /                   \〉          | /       ∨',
  |_/                           `        .∨


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 蜘蛛神の堕辰子(ウンゴル)
 レベル:6
 生命力:45 呪文抵抗力:15 分類:動植物
 移動力:20 先生力:1d6+1 知能:低い
 攻撃
  ・牙:近接 射程なし 達成値17(2d6+10) 威力/属性 2d6+10/斬
  ・足:近接 射程10m 達成値15(2d6+8) 威力/属性 2d6+5/刺
 防御
  回避:17(2d6+10) 盾受け:なし 装甲値:7(外殻)
 支援効果
  ボス1体の威力、装甲値に+1する/射程:5m
 特殊能力
  ・「巨体」:牙と足で1回ずつ攻撃する。同じ対象を2回攻撃しても、別々の対象を攻撃しても良い。
  ・「粘糸」:達成値[15(2d6+8)/自由行動]で、《粘糸》と同じ効果を持つ糸を吐く。1日3回。
 解説
  神代の時代に混沌の勢力が生み出した、邪悪な蜘蛛神の末裔。その血の最後の残滓。
  祖先のような知恵はなく、ただその巨体と膂力のみが残っている。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


5712梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:13:41 ID:oeeUSdjv
ところで上の蜘蛛のバケモノのAAは誰ぞ?


5713梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:14:41 ID:lSBWKpHU
なんかSIREN的な…いやアンゴルモア…?


5714梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:17:47 ID:lSBWKpHU
いやちがう…シェロブかこれ…?
ってと、魔剣の文字は貫き丸とかその辺の係累なんかね


5715梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:20:14 ID:G3sXCghJ
どうだろ青く光って石を穿ち鉄を切るって言うから水の事かと思ったけど


5716梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:21:11 ID:kkeOG5vl
シンダール語で蜘蛛。そのまんまシェロブの末裔じゃないかなあ。


5717◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 03:21:47 ID:YPvR+PUb

                                 ● 冒険の結末 ●

           \    \\    \';: :',: :ヾ/: /: /// : ;イ/: j  '; : ハ\: :','; :ヽ: :\,イ: : : ;イ     //    ,イ,イ
           \\.     \\   .ヾ.、: ;.イ ;イ: : y⌒Vイ/ : :i.,ィ⌒∨:.',\ゝィ´ヽ: : : :\:≦、    //      ,イ,イ
            \\     _>,ィ⌒',  rゝイ/: : : ;イ}エエエ{ ,' : : j.}:エエエ{: : '. `}エエエ、: : : : \.ェ{. ,ィ¨ヾ _   //
              \\.,-斥ミ}エエエ{`/: : : : ;イゝ ゞ=.イ_,' : : ;' ゝ=,イ; : : ',_ゞ=.イ.\: : : : :ヾイ }.エエ.{ェェ`.イ,.イ
               >ェェゞ.ノ ゞ.イ.イ : : : : ;イ .r-、   .,イ-、:.;'  r.‐、. ',: :.r .、   ,.=.、_ヽ: : : : :\ `ー"弋ノェ{
           <      ,ゞイ .斧,.イ: : : : :/气.}エエ{  }エェエ{  }.エエ{. ': }:エエ{-‐}エエ{ \: : : : :\斧 ゞ"     >,´
           ||>,、         /: : : : / ゞイ ゞ.个 /:>=<ー=.>=<爪: >=<  个=イ   ヽ: : : : : :\      ., イ|| | |
           >、| | |>,、 ./: : : :: :;イ  .斧 }个イ介: ゞ.イヽ  ><  ィ个<:ゞヽ=イヽ .企ゞ.\: : : : : :\., .イ | | |.}.ィ
              > 、|.イ: : : : : :;.イ    ゙´ `"  ./: : : :/`ー====',: : : :',   ー     .ゞ: : : : : : :\}, イ
           ` <_, イ : : : : : : /|>ー≠-= __ /: : : :/         ', : : : ',  __ =-≠≦エ\ : : : : : : \ .>  ´
            , イ: : : : : : : :/  ` ー≠ エエイ: : : :/エエェェェェェエエ';. : : :.',二i_>≠ ≦. ´ \ : : : : : : :`<
           イ : : : : : : : /} ̄{` ー― -= =./ : : : /________'.,: : : :'.,__>- ― ´ } ̄{.\: : : : : : : : `.<
           : : : : : : : :,:イ  |//| / ̄ヽ ,―、/ : : : ,イ―、 ,ィ-、 ヾ./.,ィ-.、 ,ィ-ヽ: : : :ヽ.,ィ-、 .,ィ―、.}:/:{   \: : : : : : : : : :
           : : : : : ;.イ:::|   〉.〈 |::::::::::| .|::::;イ : : : / |:::::::| |:::::::|  |.| |::::::::|.|::::::::|'.; : : : ゝ:::::| .|::::::::::|.〉.〈  .|:::\: : : : : : : :
           : : :;.イ::::::::::|  .|//|.l::::::::::| .|/ : : : : /{ .l::::::::l |:::::::| rー{.l::::::::|.|::::::::| }'.,: : : : ヾ:| .|::::::::::||//|   .l::::::::\: : : : : :
           ;イ  |:::::::::::|  .lーゝ----,イ: : : : ;イ三:三:三:三:三}} .{{三三三三三ミ\: : : : \ミ= 、ィーイ_|::::::::::::|> 、: :
           彡三三三三彡.\:_:_:_,.イ:_:彡イ...,----------}冂.=冂{----------.>ミ:_:_:>:_:_:_;:ィ´ミ三三三三三ミ、: :
           三彡イ´ ̄   /   ./   .///////////ゝゝ----.ハ/////////.\==- 、――‐\__` ミ三三ミ、
           _/_____, <///////////////////ー―――――"//////////////////>:.、   _\
               /    ., :<///////////////////////////////////////////////>:.、 ̄ ̄\____
           / ̄ ̄ ̄., :<///////////////////////////////////////////////////////>:..、_\
           ――/ ̄/    / ̄ ̄/     /  /:: ̄:|     .|  \ ./.  \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\        \
           ___/――/__/ ̄ ̄ ̄/――/__|――‐|__∨ ̄ ̄ ̄\_____\――――\ ̄
                /__/    / ̄ ̄ ̄/―――|      .|      ヽ.        \      \____\
              /     ̄ ̄ ̄/      ./       .|      .|      \.        \         \
           __/          /      /        |______|.         \.         \         \
           ./_______./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄   |   ∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.______\――――――‐――
                   ./           ./           .|   ∧             \       \
                  /               /          .|    .∧              \       \

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  見事に暴君とその恐るべき怪物「死の星」を打ち倒した君たちは、新たな城主を迎えた王座の間での式典に参加します。
 
  金剛石の騎士がかの暴君の所業を中央へ知らせてくれたのでしょう。領主の資格は、無事に姫騎士へと受け継がれたのです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※参考BGM:ttps://www.youtube.com/watch?v=_QRIu6RuWPc

.


5719◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 03:22:09 ID:YPvR+PUb


 //    /     _/ / /   }  |   /    }  } /  /   ヽ !
//    /      >‐' /  / /ハ ト、 〃 / /,. イ {  {   ヽ リ
 /  /      </ //イノ jノjノjノ_{{ { { /ハト、ト、 \   レ′
 { /     _// ̄/-―_ニニ、 ̄ヽト、V/仁二_ ̄イ ̄ } ノ
ヽ/ /   // >| / イ{  -xィ代ソ `      / ィ代ソ癶/ } jノ
 レ' /  レ{ 〈  |  { {             |     レ' /
 { {     ∧ヽ ヽ ヽゝ               !    ├ '
  ヽ!    .∧ `ー\ト、!               |     从
   } ハ  i \__,.                 -‐、 r'    /
   jノノ  !    | '.             __-     /
   /   /   !  ヽ         `ヽ二二ア´   /
   {  /   /   \          、__,   /
   V/   ノ\      ` 、          /
   〈  / /}\_ `  、     `  、       /
     V / /三三≧、._ ‐-  _  >―‐イヽ
    {  V三三三三三三≫―--、 ―-、 レ'ノ }
     `r‐≪三三三三三{  ( ̄丶丶  Y /,.イ_
-==≦ ̄\ ` ≪三三三ヽ_)三ニ} |  | | | / 〉-. 、_ _
<_,. -=≦三≫ 、  ` ≪三三三ニ/ /|  | | し' /三三三ニ\\-<`ヽ-r‐ 、  r- 、



                   i 、( _, --- 、、
                r‐::''"  ̄   r‐''::7 ヾヽ、
                  l:::.   ,    ´ l::(   ` ⌒ヽ、
               /.:::....::.l l    、l 、_        ヽ                  jへ           ハ
                l:::::::::::_jノ从、八ハ:::::<         l                 .′ \        / Ⅴ
                >::::_!        ̄フヘト、l`ーァ  .                     |     \_____ /.   Ⅴ
                /::/"_二、 r''_二_ ̄`ヽ 「ィ´´  .                     |     ´      ⌒Ⅴく.Ⅴ
                  ヾ:| 代ラノ) !:. 'てvフ^   lリ   `ニ.                     |    /.          \
                    ,′ `/     ̄    }! , -、::‐、  〉           ー―≦.|. ,.  /.         i|  ヽ
                l   ト- 、,          l/∧ |:::::l  l′          `¨¨¨イ 〉/  /    , へ.    ハ
                 |   _二__        イノ /ノ:::ノ! ノ      ー―――‐≦   ′ /    /   |   {.| Ⅴ.  、 \
                l  ! ___  `       / トr '´ r'´        `¨¨¨¨¨¨イ  j{ i|  j{  /.     |.  /i}   l  |`¨¨
                    l   ""         / , |リ   ノ′   `ー―――‐≦     / | 八,イ  T  T| /. T  T /人
                 l         , ィ / ク i、ノ        `¨¨<      イ    /_从   乂 ノ.} ′. 乂 ノ  ト、_夊
                    ヒ_‐_--..-‐:::''"::/ / イメ、         /            〈__ノ、l             } Ⅴ
                   r‐}::r ー_ ニ"´-‐‐_ ニ"イ         ′   __   ト、____ノ\ \__    r  ァ    イ Ⅴ
                   _ト、レ'´, -‐=、'""「 |::::|l. |        /   。o≦ /  __  7---≦∧へ_ \____   < _ノ.  }
                 | | l! / r'⌒ヽ.) l. |::::|レヘ、 .    |. , .   /o≦   Yニ|  〈 ⌒lニ|ノ.  \__ハ  ′ヽ.__ノ
                 _r'.リ | l l     _l.└'゙ ,∠=、_`.    |/    ′       |ニ.|  `ー-≦    r-fヘ Ⅴ
    __  ,..、 _r‐、..-‐_ニィ 、/ l| |ヽ`ー…'"´, - '' ´     二_‐- ニ7⌒>/        {ニ八       \   ‐ノノ-Ⅴ
   / r‐゙7 r'´/ r'""´´  //,'⌒ヽヽ/, ‐' "´   ---- - - / /"/ /´_> ,-r.::.´Ⅳニ.\      \     /
  ,ト、_`┴'‐┴く  , 、  / l {  l|| /  r‐、  ,..-─────‐'‐┴‐┴'…"_/.:ー 、.:..:.:Ⅳニニ≧-------.\_/
  /,|:::.. ̄ ̄`ヽ. Y r'´_ノ ,!ゝヽ._.ノ ハ  〉 l/ ,.- ''."::´::: ̄::: ̄::: ̄::: ̄::: ̄.. : : :    ̄ `¨¨\ニニニニニニ=く.:.:.:.:Ⅴ
 //l:::::::::::::::::::..||ヽ`_ ノ ヽ` ̄/\`ー' / /..:::::::::::::::::::.::.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : :          `¨¨¨¨¨¨¨´. \./ヽ
                                                                `¨¨¨

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 残念ながら彼は遍歴の身ということでこの式典を辞退しましたが、姫騎士のもとへは国王陛下からの祝報が届いたとのことです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


5720梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:22:37 ID:lSBWKpHU
赤毛の真顔感


5721梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:23:31 ID:ngZyPlNs
認められたね喜ばしいw


5723梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:23:53 ID:tQG5BSOk
おいマッチポンプw


5722◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 03:23:51 ID:YPvR+PUb

                 -===-
        -===- ィi〔 >''"~~~~ヽ, 、        ィ(!
     ィi〔:.:.:.:.:.:.:.:./   / 、   \:.:.:∧ヽ,==- 、   /:.:} }、、
  /ニ==ニニ二 ,イ:.:.  ノ\ 〕h、  `''<ヽ:.ヽ,:.:.:.\ /:.:.:.}ノ~ ヽ
  /'´      /:.:.:.:. ィi〔-=ニ二:.:.:.)h、≦==\,:弋// '~~~~ヽ,:.:ヽ
        /.。*'"        /イ´ ,  ヽ, ヽ,ノ:i!::    :::}i!: ',
               _,,.. .,.' i  .i! i i.∨ ∧: ':::    Y:}:.:i!
          _,.。 *''"   /  .i!  i| i! .i! ',  ',:.'::     ':ノ:.:}!
.          イ        i| i i!   i|、}Ⅵ、i!  }! '::    .', .: i|//
         八    :ヽ, ´i| λ |、  i|杙ツ } / }!ノ,::     ',:: i|∨/            ,.  ´ ̄> .、
          ヽ,    :::ヽi|、 ヾzz、,i{ /i/i ,/  .}!ヽ,::    }: i|.',∨/         ,          ヽ
             、     :::i| ヽ八匁 、  _ }  .}!: :.{!、   _λ-=、,∨/       /            ヽ
                  、   :Ⅵ{ヾ /i/i - ´ !  .i!:.:八`~´  ノ  ∧i!        ./   __ --  __
                \::::/ ヾ、i! i!≧s。 _ イ∨ i!〈  ヽ~~´ノ 、_丿!       /'"v vゝ'ゝ' ̄ヽ'レ'`ヽ、
                ヽ_/´ `´ i!: : : :ノ∧∧、 .i! ∨      Y} \      .lヘ.l .l、ヽ 、ヽ、ヽ、l .l `'L.l  i  i
                 {  i! ノイ´ 込≦} v',∧ ∨    ノイ、:.:. ヽ,     ヽl l.ヽヽlヾ、'` l l l<ノ   i  i
                  乂__i!/   ヾ'´ 弋!  .',∧ >==≦/:.:.:.∨ ∧∨    ヘ、lヽヽl   , `レl,. -‐-、 i  i
                  ノイ   ,ィ      ノ ',: : : : : /}:.:  ∨ ∧∨    lリ_l;;;;l `i、__'_/'    、 ヽ ,'.、
                 >''~   ,. '´      / .丿: : :,イ.从   ノ! .ノ } .}      Ll;;;;ヽl;;;;;;;;;;;l     ヘ ヽ ',
                ,.'_    ./  。s个.、  { (__: : : /从ノ  / ノ/ ノノ       ゝvvW.-' l      l    i
              i-=ニニ〕h、 { ィ(-=ニニ=-.、 `~~´: :./,:.:.,'   ,イ/ イ/、            / ) 、__ノ  .i    /、
               λ-=ニニニ=-、-=ニ二ニニ=-,ノ: : : : /:.}i:.:i  / .{ / ) }           .i ヘ     /   / .ヽ
              ヽ-=ニニ=-ノヽ-=ニニ=-ノ-)h、:.:,イ ノノ八 .{ヽ乂~~~´ノ           .i  .lヘ   / l   /l   ヽ
                〕ニ=ニ彡  `))~~~´二ニ=-》''´-===、 、',`ヽ,{ ̄´             ヘノ.Y     l  / .l
               从-=弋  ア二二ニニ=-./////// / ヾ、、ヽ、__             レ' ノ_, ノ  .l /  i、___   l
               {//,-=弋 ア二二ニニ=-i{////// /  乂_)ノ''~´           ,.ノ   ゝ-'   l  .l、 ヽ' .ノ
                )/i!-=ニ}Y{二二二ニ=-.人/////∧                 /     l ヘ    l  / .i >'"
                }/}!-=ニ}.i {二二ニ=-/=-.ヽ,//// }                /     /  ヽ   l /  .l
                }ノ}-=ニ.}.i {二ニ=-, '-=ニニ=- 、``~、、             ./     /        l   l、
              >''~ ハ-=ニ.}.i.{ニニ=- -=ニ二二ニ=-、: : : : :~"''~、、       /      /         l   l ',
          ,,.。*'": : : : :{-=ニニ}i.{ニニ=--=ニ二二二ニ=-,: : : : : : : : : : :)h、    /      ./       .l.   ,'  ',
       >''~: : : : : : : : :ノ-=ニニニ}i{ニニ=--=ニ二二二ニ=-',: : : : : : : : : : : : ヽ,  ./       l       i   ,'   ',
      /: : : : : : : : : : / {-=、ニ二マ,二ニ=--=ニ二二二ニ=-,、: : : : : : : : : : :∧∨ ,'         >、 ____ ノ   /    ',
    /: : : : : : : : : : /  {-=ニ、ニニマ,ニニ=-'-=ニ二二二ニ=-} ~''<: : : : : : :..:∧ ,'        /.l  ___.l     /      ',
   /: : : : : : : : >''~    ,-=ニニ、二マ、=-/-=ニ二二ニニニ=-'     ``~、、: : },'       ノ_ノl l l l./    ノ      l
  /{: : : : : : : /         ',-=ニニヽ二二/-=ニ二二二ニニ=-'        ヽ,∥,'           ヘl .lノ        ヽ  lヘ
  i/,: : : : :/          ∧-=ニ二二ニ,-=ニ二二二二ニ=-'            ∥i           `'          ヽ .l. ヽ、
.  ノ/!: : /           ∧-=ニ二二,-=ニ二二二ニニ=-'          /i                       ヽ l   ヽ、
  i//i/                ∧-=ニ二∥-=ニ二二二ニ=-'             //i                         ヽ
  i///,                 ∧-=ニ.∥-=ニ二二ニニ=-'.            ///i    l                             l
  i// ∧                    ヽ-=∥-=ニ二ニニニ=-'             ////i    ',                          l


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  もっとも大勢の兵士、大勢の人々に見守られながら城主の椅子に座る彼女は、些か緊張した様子ではありますが。
  ですがその傍らには、相談役として呼ばれた賢竜の魔女の姿もあります。
  きっと、あの暴君のように我を忘れる事はないでしょう。

  やがて喇叭が吹き鳴らされれば、君たちの出番です。
  赤い絨毯の上を並んで歩いてくる英雄たちを認め、彼女は立ち上がって一人ずつ抱きしめ、感謝の言葉を述べます。
 
 「皆様、本当にありがとうございます……! なんとお礼を申し上げて良いか、わかりません。
  この土地の者は、きっとあなたがたの事を忘れはしません。わたくしも……長く伸びた生涯、決して忘れませんわ」
 
  姫騎士は君たちに礼を述べ、頬に接吻を贈ります。そしてもちろん、報酬も。
  1人につき銀貨100枚が袋に入れられて差し出されます。魔剣「蜘蛛を恐れぬもの(グラフレックス)」もPC達のものとなります。


  また、PC達が望むのであれば、この地に留まって、姫騎士の郎党として、その治世のために戦う事もできるでしょう。
  身一つの冒険者に戻ったとしても、PC達を兄か姉のように慕う彼女からの依頼が舞い込むかもしれません。
  なにしろ混沌の勢力に侵略されていた領内は荒れ、怪物も、騒動も多く――つまり冒険の絶好の舞台なのです!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


5724◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 03:24:07 ID:YPvR+PUb






                 , ヘ               >/\
               /.   \      > ;;' /   \
             /    ● \    /,;'  /.     \
            /    ●    .\ /  ,;' ./       ●.\
          /\   ●     ●  ヽ' ,. '´ ヽ、●     ./
         く   ,,,\       ●.  ./'"     \     /
          \ ''  .\   ●    ヘ    , 、   \  /
            \ ''   \   /   \  ゝ'      .ヽ/
             \"   .\/       \     ,,. <
               `ー ≦´          .`ー''"


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ――――――――四方世界に冒険の種は尽きまじ!
 
  ですがひとまずは、戦いを終えた冒険者たちに一時の休息が与えられるべきでしょう。
  経験点1500点、成長点5点を受取り、どうぞ次の冒険に備えて、ゆっくりと休んでください。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.


5726梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:26:27 ID:aLbx6vg7
報酬美味し
これは知らせてくれた金剛石の騎士に感謝せんとな!


5728◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 03:26:43 ID:YPvR+PUb

                      /~\
                     >''''ア≠=zzzァ
                      / // ! !ヽ,} ヾノ{
                        {! iノ,.{ i|从!.∨ } ',                     ◆ 以上終わり ◆
                      リ{!ヒッ.Wィュノh} ノ!∨,
                        ノ.八 、 _ゞニミi{{:.:.、' ,ヾ,
                    /.イ /:.)hイ7_ノ (ヽ,:.:.〕h、ヽ,
                 八.∧弋r ∥7イ) 〉/}ヽ:.ヽ:.:.ヽ,
                rヾ、_ヽ} {ノ/:::∥~/==》 ノ:.:.{ヽ:.:}
                rミゝ《、 /''7::::: {!ノゝ==}〕:.:.:.ゝ=-_ノ
               ノヾ:.:.≦≧:{==イ}ノ〉〉(´:.:.:.:.:{ ∨{
               i/:.:ミ~7〉〈ヾゝイ:::∧リ ゝ、:.:.:ト、 `ヽ
                 八:.:.:.:i{ニ===ゝ==‐ Ⅵ{ ノノ`ヾ,。
                `~/{ 》《 }__,。。,:.:Ⅵ',   ノ'   ◆ 蜘蛛巣城から運命の森でホビットの冒険して動くシャーウッドの森から ◆
               /ヽ三三三彡_/`}=)h、  ト,   ◆ ロビンフッドにスターウォーズでクロノスの大逆襲フィニッシュだよ!   ◆
              />''()ゝ~~~~7人~~≧弋}=≠≦≫
              〕イ:.:/ // ヽ, i `~イヾア{辷《~~ヾリ
             , ':.:.:./_ { {。,,ノ ヾ,,。} :', \Ⅵ ム:.:.:.\
            ,:.:.:.:.:./WWゝWWWWノz_!,。== Ⅵ ム:.:.:.:.:ヽ
          ,:.:.:.:.:.:.:.,ニニ.∧: : : : :',: : ヾWWアニⅥ ム:.:.:.:.:.:.ヽ ,
         ,:.:.:.:.:.:.:.:.,ニニニ∧: : : : ト、_,,。イニニⅥ ム:.:.:.:.:.:.:.: 〕h、
         .,:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ニニニ∧ ̄´}/〕ヽ//}!ニニニ.Ⅵ ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)h、
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ニニニニ{!〕、7/、!-))/!ニニニニⅥ ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.iニニニニ∧)((《 )i(/}ノ〔!.ニニニ.Ⅵ ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}!
       ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.iニニニニ.∧//}ミ弋ィ 〉〉=ニニニⅥ ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i.}
      八',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ニニニニ∧弋ト、Υ//}  ヾニニⅥ ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. //
        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.}、ニニニニニ》 ∧7~ヽ,:.ノ   {ニニニⅥ ム:.:.:.:.:.:.:.:.:./イ
        ノ:.:.:.:.:.:.:.:.: , >===<   {≫≪}i:∨  乂ニニⅥ ム:.:.:.:.:.:.:.:{ {
          {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ,        }>≪ノ}/}!.   .≧=‐Ⅵ ム:.:.:.:.:.:.:.} }
        .八:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨       ,>≪.リ/リ       ∨.∧:.:.:.:.:.ノノ
        ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.∨       }]}:.:./,//、        .∨.∧:./ノ
          〕h、<:.:.:.,         i]}:.∥,//}        }ヽ,∧イ
             `ヾ、}       从:7 }//〕       ノ,イ弋}
                 ∧!      .ノ≠{ 从/リ       ∥
                }!      〉=={ ////{       ∥
                     ノ:.:.:.:{ ヾ=イ       {i
                     ,':.:.:.:.:.}
                     {====}
                         ヽ:.:.:.ノ
                         `´

.


5729梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:27:32 ID:lSBWKpHU

なんかネタ混ざりまくってるなぁと思ったらwww


5730梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:27:51 ID:tQG5BSOk
乙でした
レベル1冒険者スタートが死ぬ気でボス蜘蛛殺すシナリオかな
クリアすれば今後も色々夢広がり良いの


5731梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:28:28 ID:aLbx6vg7
乙でヤンス


5732梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:28:37 ID:zf3MzCyu
ムー大陸だマナだとオカルト要素満載のガメラに物理で勝ちかけたウルトラマン案件レギオン君
日本に降ってきたのも那由多に一つの偶然だろうから宇宙にはもっといる疑惑


5733梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:29:14 ID:ngZyPlNs

姫騎士さんよかったなぁ


5735梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:30:01 ID:wDVLI/YB

悪は滅びた!


5734◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 03:29:54 ID:YPvR+PUb



                           r'⌒'´ ` ヽ、
                           ヽ ━┓ ノ
                    __ {、        (  ┏┛ )
                 ト-≠:::⌒Y⌒ミ、     (、. ・   )
                 //::/::::::::::::\::::\    // ⌒ ー'
                〃::::::::}::::::::::::{:::::}::::::::}x
                { {:::{::/}::{::}┬乂:{:::::::八
               乂l芹ミ乂芹芋i}::::/}:/〉
               /ハ`¨、  `¨ソ{:八八  
            /:乂.、\ ‐  ィ/:{.廴
              {/.゙:i\_ト.,`'.゙7::/. i:i:∨
               {、.....i:i:iゞ. 八/.゙:/:i:i:i:\
              /:i:i:i:i:\:ii:i:人l{ . :i:i:i:i:i:i:i:i:i:iY
         ,イ:j:j:i:i:i:i:i:i:i:}∧{イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:j:i{
        ,イ:i:i:i:i:i:i:i:i:iイユ∨{:i\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{
        /:i/ ̄ ̄7ニ三i}//\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{
      ,イ:i:i/ ___ム斗孑/////\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ,
    イ7: : { ̄;;;;;;;;;;;;;j/////////∨`'ヽs。:i:i:i:i∧          ● おまけ:キャンペーンの手引き ●
     : : :.{;;;;;;;;;;;;;;;;;r'"´  `"'<>{;;;;;;;;;;;;;;{`"''弋s,
     {: : {;;;;;;;;;;;;;;;「≧szzzzzr----n;;;;;;;;;;;;{   Yヽ
      : : :{;;;;;;;;;;;;;;;7`<i≧s。.∨‐‐‐∧;;;;;;;;;∨  {
     {: : :{;;;;;;;;;;;;;7  | `'<≧∨   };;;;;;;;;;;;Y 从
     : : :.{;;;;;;;;;;;7  ├‐┐┌┤ゝ‐‐イ;;;;;;;ゝ.;7イ气
    {: : :.{;;;;;;;;;7  |  l └ .|    ∨;;〈_j `'+。,/弋
     : : : :{;;;;;;;7 r、 |  └―‐|    ∨;;;;;{.jゝ,__`ヽ_〉
    {!: 斗{;;;;;7 j 〉 |  __    |     ∨;;;;`ヽj_」≪ ≫,
    {〈;;;;}:{;;;;〈 {_{  \|  /    }、 〉;;;;;;;;;;;{   `≪ンs,
    {: :〉;;;;;;;;;;Ⅳ;;;}._   ヽイ     }ゞイ;;;;;;;;;;;;;;;∨     `ヽゝ
    {イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;廴j  Ⅳ   ,.イ∨//{;;;;;;;;;;;;;∧∨
    寸|`}s,;;;;;|;;;;;;|;;乂ゝイ }__/;;;;;;j////ト。;;;;イi{ ', ∨
     ゝ |i|ヽ,j弋;j;;;;ト。.__.。イ∨;;;;;;{iト。.__.。イ∨ } { ゝ′
      ゝ | .| }ゝ;}ニニニニ};;;;;;;;∨ニニニニ} }イ
        ゞj .|i|.|i\三ン{斗イ |\三三ノ
          ゝ.||| }ニニニ{i | | |/∨ニニ{
             ` }ニ二リ ゞ    ∨ニ{
                  }ニニ{      }ニニ{
             jニニ∨     j二ニ{
            イニニニi}     {ニ二∧
          ,イニニニニン      ∨ニニ∧
            ゝ‐‐‐イ´~         ∨ニ二ム
                          `ー='"´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 「ある冒険者たちの挑戦」「火吹き山の闘技場」「水晶の森亭の殺人」「蜘蛛の巣の大逆襲」。
 以上四本のシナリオをキャンペーン(一連の、一繋ぎになった冒険のことです)として遊ぶための手引きです。
 
 ※「ある冒険者たちの挑戦」は高難易度のため、「赤ちゃんを救え」「峠の魔獣」と置き換えるか、その後にプレイしても構いません。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.



5736梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:31:23 ID:tQG5BSOk
おーなるほど。


5737梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:31:48 ID:lSBWKpHU
多分蜘蛛の巣の大逆襲、印象的に多少レベル上げてから挑む奴だよね…w


5738◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 03:33:01 ID:YPvR+PUb


                    __ {、
                 ト-≠:::⌒Y⌒ミ、
                 //::/::::::::::::\::::\                                      /~\
                〃::::::::}::::::::::::{:::::}::::::::}x               .  --              >''''ア≠=zzzァ
                { {:::{::/}::{::}┬乂:{:::::::八             /.´   、   ヽ           / // ! !ヽ,} ヾノ{
               乂l芹ミ乂芹芋i}::::/}:/〉           .'/ / /゙ヽ、 ヽ.    ,          {! iノ,.{ i|从!.∨ } ',
               /ハ`¨、  `¨ソ{:八八            i: {'、{ i'ゆ/`リl゙i   ,       リ{!ヒッ.Wィュノh} ノ!∨,
            /:乂.、\ ‐  ィ/:{.廴             ヾ{ゆ  ´/' .' |'. 、.         ノ.八 、 _ゞニミi{{:.:.、' ,ヾ,
              {/.゙:i\_ト.,`'.゙7::/. i:i:∨            人`ry  / ノ!::.  、  、.     /.イ /:.)hイ7_ノ (ヽ,:.:.〕h、ヽ,
               {、.....i:i:iゞ. 八/.゙:/:i:i:i:\          / />' ,.ィ='<」.、ヽ  ー゙ . _..゙八.∧弋r ∥7イ) 〉/}ヽ:.ヽ:.:.ヽ,
              /:i:i:i:i:\:ii:i:人l{ . :i:i:i:i:i:i:i:i:i:iY        /'  /' 〈::.':}.}.}:.:圦:..、'. ヽ ``.゙rヾ、_ヽ} {ノ/:::∥~/==》 ノ:.:.{ヽ:.:}
         ,イ:j:j:i:i:i:i:i:i:i:}∧{イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:j:i{        乂' .'{_.ノ V:}:}.}:,:リ}:.ヽ、、  :  rミゝ《、 /''7::::: {!ノゝ==}〕:.:.:.ゝ=-_ノ
        ,イ:i:i:i:i:i:i:i:i:iイユ∨{:i\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{        ,>{ ',../ノ::!.}.!:i':└‐:ミ:.、 : ノヾ:.:.≦≧:{==イ}ノ〉〉(´:.:.:.:.:{ ∨{
        /:i/ ̄ ̄7ニ三i}//\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{     ( /ィ´ >イ´:.:ノ:'ノ::.|:: :: :: ;: ゙、......i/:.:ミ~7〉〈ヾゝイ:::∧リ ゝ、:.:.:ト、 `ヽ
      ,イ:i:i/ ___ム斗孑/////\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ, ノ三≧、ヾ..ィ´;: :=彡:':":: ィ.:. .:.:.Λ::;イ. 八:.:.:.:i{ニ===ゝ==‐ Ⅵ{ ノノ`ヾ,。
    イ7: : { ̄;;;;;;;;;;;;;j/////////∨`'ヽs。:i:i:i:i{. . .._><示ミ≧_:: -r≦´:.: :: :: ::/ ∨゙、乂 `~/{ 》《 }__,。。,:.:Ⅵ',   ノ'
     : : :.{;;;;;;;;;;;;;;;;;r'"´  `"'<>.        ノ ´_   〉 》vベi、  Ⅷ:..:. :: :: :: {   }::.、 /ヽ三三三彡_/`}=)h、  ト,
     {: : {;;;;;;;;;;;;;;;「≧szzzzzr---.     ィ彡,´ _.., ノ.}Λi〉     Ⅶ:: :rヘ=Λ_/:::::{゙/>''()ゝ~~~~7人~~≧弋}=≠≦≫
      : : :{;;;;;;;;;;;;;;;7`<i≧s。.∨‐‐‐∧;;;;孑ヒ〆 ,イ<._.ノ:ン′     ,r{ィVヘィ⌒^ヽ)::::.....〕イ:.:/ // ヽ, i `~イヾア{辷《~~ヾリ
     {: : :{;;;;;;;;;;;;;7  | `'<≧∨   };;;;;;;;;;;;Y ′       _,ノ..ζィヘ、: :: :: ヾ`.., ':.:.:./_ { {。,,ノ ヾ,,。} :', \Ⅵ ム:.:.:.\
     : : :.{;;;;;;;;;;;7  ├‐┐┌┤ゝ‐‐イ;;;;;;;ゝ.;7イ气       ヾ;i;};i;|::..::.::..:.ヽ :: :: ::,:.:.:.:.:./WWゝWWWWノz_!,。== Ⅵ ム:.:.:.:.:ヽ
    {: : :.{;;;;;;;;;7  |  l └ .|    ∨;;〈_j `'+。,/弋       {i〈;|:: :: :: :: :: :: ,:.:.:.:.:.:.:.,ニニ.∧: : : : :',: : ヾWWアニⅥ ム:.:.:.:.:.:.ヽ ,
     : : : :{;;;;;;;7 r、 |  └―‐|    ∨;;;;;{.jゝ,__`ヽ_〉      Ⅵ;\:: :: ::..゙,:.:.:.:.:.:.:.:.,ニニニ∧: : : : ト、_,,。イニニⅥ ム:.:.:.:.:.:.:.: 〕h、
    {!: 斗{;;;;;7 j 〉 |  __    |     ∨;;;;`ヽj_」≪ ≫,     〉;i;γ::.::.:...,:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ニニニ∧ ̄´}/〕ヽ//}!ニニニ.Ⅵ ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.)h、
    {〈;;;;}:{;;;;〈 {_{  \|  /    }、 〉;;;;;;;;;;;{   `≪ンs,  /:: ∨.:`: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.,ニニニニ{!〕、7/、!-))/!ニニニニⅥ ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
    {: :〉;;;;;;;;;;Ⅳ;;;}._   ヽイ     }ゞイ;;;;;;;;;;;;;;;∨     `ヽ/:.:.:' :: :: ::.../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.iニニニニ∧)((《 )i(/}ノ〔!.ニニニ.Ⅵ ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}!
    {イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;廴j  Ⅳ   ,.イ∨//{;;;;;;;;;;;;;∧∨    /:.:.; ::-:‐:-::.゙/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.iニニニニ.∧//}ミ弋ィ 〉〉=ニニニⅥ ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i.}
    寸|`}s,;;;;;|;;;;;;|;;乂ゝイ }__/;;;;;;j////ト。;;;;イi{ ', ∨  /;.: :.: :: :: ::, ::.゙八',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ニニニニ∧弋ト、Υ//}  ヾニニⅥ ム:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. //
     ゝ |i|ヽ,j弋;j;;;;ト。.__.。イ∨;;;;;;{iト。.__.。イ∨ } { ゝ′  j:: :.::':: ;: ':: ::/-‐ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.}、ニニニニニ》 ∧7~ヽ,:.ノ   {ニニニⅥ ム:.:.:.:.:.:.:.:.:./イ
      ゝ | .| }ゝ;}ニニニニ};;;;;;;;∨ニニニニ} }イ     ,':: :.:' /:: :: /ニニニノ:.:.:.:.:.:.:.:.: , >===<   {≫≪}i:∨  乂ニニⅥ ム:.:.:.:.:.:.:.:{ {
        ゞj .|i|.|i\三ン{斗イ |\三三ノ       ;: :: :: ': :: :: {=ニニ...{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ,        }>≪ノ}/}!.   .≧=‐Ⅵ ム:.:.:.:.:.:.:.} }
          ゝ.||| }ニニニ{i | | |/∨ニニ{       {:: :: :: :: :: 八ニ>..八:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨       ,>≪.リ/リ       ∨.∧:.:.:.:.:.ノノ
             ` }ニ二リ ゞ    ∨ニ{       \:、:.:.:.:. : Λ´_,.、ζ'ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.:.∨       }]}:.:./,//、        .∨.∧:./ノ
                  }ニニ{      }ニニ{         \`::. :: ::{ `): `~':..゙〕h、<:.:.:.,         i]}:.∥,//}        }ヽ,∧イ
             jニニ∨     j二ニ{          \:: :: {ノ : : : : : ノ^ー. `ヾ、}       从:7 }//〕       ノ,イ弋}

                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                        端的に言えば、この三人が同一人物になります。

                       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.


5740梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:34:06 ID:tQG5BSOk
www
実にTRPG的発想だわw


5741梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:34:21 ID:ngZyPlNs
わお!?


5742梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:35:28 ID:wDVLI/YB
な、なかなか濃い人生送ってるなw


5743◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 03:36:25 ID:YPvR+PUb


           -=≦:::::::::/:::::: /:::::l{::::/::::::::::::::::ヽ::≧=-
.            /::::::::/:::::::::::/:::::/::l{::::{:::::::::::::::::::::ヽ\
          ,イ::::::::::://::::::::/:::::/::::ハ::',::::::}::::::::::/::八:::)h、
.           /:::::::-=彡イ::::::::::l:::::____;;;;ゝ',::イ::::://::::::l::ヘ ̄
         /::/:::::,ィ:_::イ:::::::::|::::::/ハ::::::ソ ̄/::/イ/::::::::::',::ハ
.         ,::/:::: ̄:::ハ:::::::::::::ヘ:::/ィ j::ィ   /::/:::::::/、:::::}::::ヘ:::l
        |/|:l::::::::::::,ヘ:::::::::::::::ト{     ',イ:::::/ }ハ::/:八]ヘ!
         /イ::::::::/ V:\:::ヘ ミ==≠  ''"´     }:::/:::::ゝ乂
         从:::::ヘ ゝ|::::::::下ミxi/i/i/i    ミzx/イ::/:从´ ̄
.            ヾヽ:::`|::::::::::| u         '/i/ノイ:イ
                 ヽ|::::::::::|           ,:::::|
                 |::::::::::ト 、       ^^   人::l
               ,'l:::::::: |  ` 、    ,ィ::::::::::l
             // l:::::::::|`'~、、/ ≧≦. |:::::::: l
      __,,、、-=〈  ヽ.l:::::::::',   ハハ     l:::::::::l
.    /¨¨¨¨¨ヽ ̄ マ   ',:::::::::',  ./ニニ}、.   l:::::::: l
    /.        ', マ  V::::::::', ∧ニニ} ㍉x、l:::::::::l
.   lニニニニh、   ',   マ  ヾ:::::l^ヽ V=!ヽ マ l:::::::::'、
   {、∧/} マム.  ',.   マ   \ト',  {ニヘ ヽ 从:::/} }

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 蜘蛛巣城の御家騒動に巻き込まれて父を殺されて逃げ延びた彼女は、
 その後、冒険者となって暮らしていこうとするも運悪く火吹き山の闘技場に売られ、
 PC達と共に脱出、故郷を目指す旅の中で殺人事件の犯人扱いされるも切り抜け、
 故郷にたどり着いた後、悪政を敷く暴君を倒して城主となる……というわけです。
 
 貴種流離譚ですね。

 途中でPC達に見捨てられないようGMは頑張ってください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


5744梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:37:10 ID:Gf4TycoC
冒険譚として語られるお嬢様だな


5745梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:37:45 ID:lSBWKpHU
一緒に脱出が地味に難易度高い奴だなこれ…w


5746◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 03:38:39 ID:YPvR+PUb

               -=ミ、,ィ≠=-
.             _,ィ―≦::::::::::::::::::`h、
         //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       --==彡:::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::≧=-
.       /:::/:::::::::::::::::/:::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::ヘ
.        /:::/:::::::::::::::::/::::::::::::::ミ=-:::::::::::::::::::: ヘ
.       ,'::://:::::::::::从::::::乂:::::::',:::::|::::::>:::::::::ミ=-
..     |:::|':::::::::::::::::|::::ヘ:::::::::::::::,'―-、、,,:::::::::::::::ハ
.       Ⅵ::::{::::::::::: |斗-‐''::::::::ハ_V_:}:::::::::::从
.        乂乂:::::|:::|V_、ハ:::/ ''¨ヒツノ:::::イノ′
        `^ヾ::::マ¨ヒツ` '′ :/:/:/:} :::|
           ',:::::ゝ:/:/:  '      人 ::|
           ',::::::>、   __  u .イ |::::|
.              ',:/ ノ≧s。 . _ . ィ {  |::::|
               / /_ __}`''zzz''´ 乂.,::::j
          >l ´―'┐∨//∧/ /:::/l¨¨ ''<
         / /!   `'<._  マ/   /:::/. l     V
           ′.{   ノ'┘ `'l/l ''"7:イ.  l      ,
           ,′/  ,イ     l/,l        ',     l
        , /  /       l//l        Ⅴ    l
.        ' /   ′     l//l        !    l
.        /   ,{      l//l         }.     l
       /     ハ.       l//l      ,'    l
.      /     , ヘ     l//l       イ',    ,
..     /     ′ ',      l//l        l '.     ,
      {     ′  .l     l//l.      l '    ,
      八   /    l      l∨l.      l  '.     l
.      >‐ '     }.     l∧l.       {.  }     }
             <     ∨/       ハ /     ,
                 , \    V      / ∨     /
                ,′              /    /


1.ある冒険者たちの挑戦
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  こちらについては特にストーリーを変更することなく、そのまま進めて下さい。
 「赤ちゃんを救え!」「峠の魔獣」についても同様です。
 
  ただしPC達の同期の友人として「只人戦士」である彼女を登場させてください。
  PC達と同じ時期に冒険者となった少女で、酒場などでPC達へアドバイスをしたり、相談に乗ってくれます。
  サンプルシナリオをPC達が運用する場合は、サポートNPCとして同行させても良いかもしれません。
 
  彼女はPC達のゴブリン退治に同行しようかと考えますが、折り悪く山賊団討伐の依頼が来て、そちらの助っ人に向かいます。
  ですが結末にて街に帰還したPC達は、山賊団との戦いの中で敗北した彼女が、行方不明になった事がわかります。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


5747梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:38:55 ID:tQG5BSOk
人生ハードモード姫騎士
他の流れはともかく、うっかり殺人事件の犯人扱いにもされるのかw


5748◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 03:41:48 ID:YPvR+PUb

                                    イ
                                 イ´ /
                          ー=ミ、.゙イ´ j。*'´
                      、_,....:::ニミ::::::ニミ、..Y
                        /:::::::::/::::::::::::::::::::,
                      /::::::::::::/::::::::::::::::::::’,‘,.j,。s≦イ`ヽ,
                js*・¬イ..゙乂:::::::{:::::::::::::::::从::乂_:::,゙: :/: : : : : ∨
                  ,イ'´イ´ j。*゙{{::{:::{: {、:{从:/::A:A:::}::}:::::}=-゙: : イ´: `ヽ∨
        __ / ̄ ̄|,。zイ―-. {从:∨}:代:ソ从{代ソテ}八从}: イ: : : : : : : : ∨
       /¨ヽ, `ヽー・'´     Y// 乂\!ヾ  {  ¨-’{イ{/.゙: :>-s。,: : : : :∨
      j,イ´} i} ン___,.斗乂///..゙{::从...`~: :~´: : 人}゙: :r'´<;;;;;;;;;;;;;;;>, : ∨
    ,。s'´ア゙´ヽ'´          `"Y l::::{`ヽX: : : : :_:゙}::}..゙`"'Y..`ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ∨
   〈斗イ                  {ニ{:::{.゙´`Y‐イ´.∨::} Nn¬s,...ム;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;や
                        {:::l.  ,イニニニ..゙{::/. }_{!jヽ, Ⅵム;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;や
                        乂゙ニニニニニニr从 //辷) }ンⅥ.: ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヤ
                        Ⅶ ̄ ̄\ニニニ`~~`ーイ<´;;;/. .};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヤ
          乂     乂`"'・s。,  「ゝ,     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7zヽ,/. i}.};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヤ
         乂 `'・*。.,  乂. . . . ..`'*。, >。.,____j,.。< j.イ. . i} };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヤ
         乂. . . . . . .`"''・*s。.,_. . . . .`"''・*s。.,___,.。s≦. . . . .i}..}乂乂乂乂乂ノ
        乂. . . . . . . . . . . . . . . `"''・*s。.,_________ソ. }
          斗----=ニ二三. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ..}
              rチ´ ̄;;;;`"''・s。.,. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . :
               s{≦三三ニ`ヽ;;;;;;;`'*。ー-=ニ二三______ノ
              /ニ二二二ニニハ;;;;;;;;;;;;`'s,              ,sイ二>s,
            {ニニ>‐<ニニニニ};;;;;;;;;;;;;;;;;`'。      _,.。s'´二>'´ニニ}
           イ´ニニニニ`ヽニニソ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'*szs*'´;`寸j>'´ニニニンs。,
            φニニニニニニニハイ`'<;;;;;;;;;ン};;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;寸ニニニ>'´ニニニヽ,
          {ニニニニニニニア      `"´  };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>'´~~∨ニニニニニニや
             }ニニニニニニア            ̄ ̄`'ー‐'"´     マニニニニニヤ
         7ニニニニア´                         `'マニニニニや
         7ニニニア´                             `'マニ=や
        7ニニニ′                                  寸ニ乂
        7ニニ{′                                〈ニニニニ\
       7ニニニ{                                      `゙マニニニ\
____乂ニニニムニニニニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二`゙マニニリ
ニニニニニゝ,ニニニ斗イ二二二二二二二二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ`~´
         ̄
2.火吹き山の闘技場
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  PC達のロールプレイにもよりますが、積極的に彼女を捜索するようであれば、
  冒険者ギルドからの情報提供や、依頼という形で導入を進めてください。
  そして敗北した後に剣奴として売られていた彼女と、闘技場にて再会することになります。

  一日目夜の身の上話をするシーンでは、
 「実は騎士だった父が暗殺され、自分は身一つで逃げ出して冒険者になった。いつか故郷に帰りたい」
  という風に、『蜘蛛の巣の大逆襲』における彼女の背景を語らせてください。

  二日目の試合では、生命力が0になっても邪悪な魔術師の計らいで治療されて部屋へ戻された、としても良いでしょう。
  この場合、三日目の試合や脱出時などに協力できなくなってしまうかもしれませんが。

  結末では、「自由の身になったし、故郷に帰ろうと思う。良ければ一緒にどうか?」とPC達を誘う事になります。

  あとは基本的にシナリオ通りに進行して構いません。
 「ある冒険者たちの挑戦」を成功させ、あるいは以前に「赤ちゃんを救え」「峠の魔獣」を攻略していれば、実力は十分なはずです.
  ただ邪悪な魔術師については「倒されたのは分身であった」くらいにして、PC達も地域の有名人ぐらいに留めておきましょう。
  なぜならPCたちが英雄となるのは、このキャンペーンを終えた後なのですから!

  ですが交渉ボーナスを手に入れた事については明言してください。次の事件で活かす事ができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


5749◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 03:43:27 ID:YPvR+PUb

           -=≦:::::::::/:::::: /:::::l{::::/::::::::::::::::ヽ::≧=-
          ,‘/::::::::/:::::::::::/:::::/::l{::::{:::::::::::::::::::::ヽ\‘,
          ,イ::::::::::://::::::::/:::::/::::ハ::',::::::}::::::::::/::八:::)h、
.           /:::::::-=彡イ::::::::::l:::::____::::ゝ',::イ::::://::::::l::ヘ ̄
        ,/::/:::::,ィ:_::イ:::::::::|::::::/ハ:::::`>、/:/イ/::::::::::',::ハ‘,
       ‘ ,::/:::: ̄:::ハ:::::::::::::ヘ:::/ィzzzzx /::/:::::::/、:::::}::::ヘ:::l
        |/|:l::::::::::::,ヘ:::::::::::::::ト∥ んハ` ',イ:::::/_}ハ::/:八]ヘ! :
         /イ::::::::/ V:\:::ヘC ゞツ ::::::|'"´:ィ芯x:::/::::::ゝ乂
         从:::::ヘ ゝ|::::::::下ミx::::::::::::::::::::::::::::Vソっ:::/:从´ ̄
          ‘,ヾヽ:::`|::::::::::| |||l. ̄ ̄ ̄    ' ̄ノイ:イ
                 ヽ|::::::::::|  u           ,:::::| :
                  ; |::::::::::ト 、     (  )   人::l
               ,'l:::::::: |  ` 、    ,ィ::::::::::l :
              ,‘// l:::::::::|`'~、、/ ≧≦. |:::::::: l
      __,,、、-=〈  ヽ.l:::::::::',   ハハ     l:::::::::l :
   ,./¨¨¨¨¨ヽ ̄ マ   ',:::::::::',  ./ニニ}、.   l:::::::: l
.   ’/.        ', マ  V::::::::', ∧ニニ} ㍉x、l:::::::::l
.   lニニニニh、   ',   マ  ヾ:::::l^ヽ V=!ヽ マ l:::::::::'、‘,
.  ;{、∧/} マム.  ',.   マ   \ト',  {ニヘ ヽ 从:::/} }


3.水晶の森亭の殺人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  PC達が彼女と共に旅した先で、到着したのが舞台の街、祭りの夜になります。
  騎士道物語に憧れる彼女は、水晶の森亭が「伝説の自由騎士」ゆかりの地だと知っていて、興味を持っています。
  彼女の提案で「水晶の森」亭に宿泊したことで、PC達は事件に巻き込まれ、彼女は濡れ衣を着せられてしまいます。
 
  シナリオ本編についてはそのまま進めて下さい。
 「ワイン商」だったから疑われるわけではありませんが、第一発見者となってしまう為、犯人に目をつけられます。
  ただし濡れ衣を着せられた彼女は、積極的にPC達と共に行動し、容疑を晴らそうと自助努力します。
 
  そして事件解決時の報酬は、街の衛視隊からの報酬として支払われる形になります。
 
  自分の故郷の近くに人狼が来るなんて、昔では考えられなかったと彼女は言います。
  それを聞いた衛視隊は「あの土地には近づかない方が良い。領主が悪政を敷いている」と忠告されます。
  彼女はショックを受けますが、それなら尚の事確かめなければと、出発します。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


5750◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 03:45:00 ID:YPvR+PUb

            /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.V:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:'.,:.:.:.:.\                   /      /
           , ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.V:.:.:.:.:.:.:.:.: \:.:.:.:.:.:.':,- 、:.:.',:.:.:.ヾ" 、             /      /
        -=''" 7:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:.:.\:.:.:'.,\:.:.:.:-:.―'.,:.:.:.:.:.:', l:.:.:.}:.:.:.:.:',                  /      /
.           /:.:.:.:.l:.:.:.:.:.',\:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.,'" ニニ=セ"',:.:.:.:.: }/:.:.:.:.:.:.:.:.::ハ             /      /             /
.            /:.:.ィ:.:.:'.,:.:.:.:.:',ニ=-`"' .、:.:.:.:.\ 以じリ}:.:.:.:.::,':.:.:.}.:.:.:.:ノ/               /      /           /
          // i:.:.:.}:.\:.:.:ヾ以じリ   `"'' -  ¨¨´l.:.:.:./:.:. ハ:.:./                /      /            ./
          {(  ',:./:.:.:.: \:.:.ミh、        /:.:.:./:.:.:/:.:.:/                   /      /         /
             V"´(:.:.::.:.:丶  ヽ         -=彡:/:./:.: /                  /      /        /       /
              /:.:.:.:.:/ \   r  >  /:.:.:/:.:>''"~"''<              /      /       /       /
           >''":.:.:.:.:./    \    -=''":.:/''"´ニニニニニニニニニY           /      /      /       /
         ''"´:.:.:.:.:.:.:.: /       `>=-/:.:./ニニニニニニニニニニニニ/- ''"´.\    /      /     /       /
    ''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /              /:.:.:. /ニニニニニニ''"´ニニニ, '      \. /      /ー---'"       /     >
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.x ''"´              /:.:.:.:.:., 'ニニ.'"´ニニニニニニニ/      /ニニ/       /          /    >''"
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.x ''"´               /:.:.:.:.:.:, '''"ニニニニニニニニニニ ,'    ., 'ニニニニ/                 `"''=''"
:.:>''"⌒              >''":.:.:.:.:.:.::/ニニニニニニニニニニニニ /    ./ニニニニ./                         。o
./               .>''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{.ニニニニニニニニニニ./ニ.,'     /ニニ >''"                       。o<
:.\                   /"{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:lニニニニニニニニニニ/ニ.l    ./ニ/                             ̄
>=-                 /ニ',:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',.ニニニニニニニニ./ニニ!    /:''"


4.蜘蛛の巣の大逆襲
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  シナリオの導入で、暴君となった領主との邂逅はそのまま行ってください。
  彼女の口から「あれは、思いすごしでなければ、先の領主の息子だと思う」と説明させて下さい。
  その後の傷ついた女騎士との出会いは無く、突然の豪雨に、彼女は「古い知り合いがいる」とPC達を賢竜の庵へ導きます。
 
  領地の状況について説明するのは、女騎士ではなく賢竜の役割になります。
  賢竜から領地の情勢を聞いた彼女は、悪政を糺すため、森の向こうの反乱軍との合流を決意します。
  彼女は助言にあった蜘蛛殺しの魔剣を手に入れるべく森へ向かうため、賢竜からPCへ、その助力を依頼してください。
  PC達が同行してくれるのなら、殊の外喜ぶことでしょう。
 
  その後は、シナリオ通りに進めてください。

  彼女の故郷を救ったPC達は、このまま新たな領主の郎党としてこの地に留まる事もできます。
  もし彼女とロマンスを育んでいるPCがいれば、その配偶者(コンソート)として共にこの地を治める事もあるでしょう。
  あるいは根っからの風来坊、冒険者として、また新たな冒険へ向かっても構いません。
 
  いずれにせよ、ゴブリン退治にすら苦労していた冒険者たちは、ひとかどの英雄として名を馳せる事になります。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


5751梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:48:01 ID:ngZyPlNs
吟遊詩人に語られる英雄!


5752◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 03:50:05 ID:YPvR+PUb


               ヾh、                                 / 乂__             _ ‐=ニニニニ 》
           ,,、 -=ニニミヽ::Y,,==、、,,              ´        `      {‐=ニニニ=‐  _      _ ‐ニニニニニニ=‐ /
      `''-=ニ::::::::::/:::::/:::::ヽ:::::<⌒       / ,  .      ;   ヽ  丶.  ‐=ニニニニニニニ≧s。 /ニニニニニニニ=‐./
.      /:::::::/::{::::V:::::::::::::::',:::::::::ヘ       / 〃 〃     /  /   !: '     ‐=ニニニニニ>''"  ⌒“''*、≧=- _ ニ=‐/、
     ,,ィ:::::::::/:::八::',:::::ゞ=-::::::::}ハ::::::::ハ         ′/  /  ′ /.   ,ⅰ1ⅰ...  \‐=ニニニ/     \   \   \‐/  \
       ,':::::::/::,イ:::|\::::::::{ヽ:::::::::: }!:::::::::',...   ⅰ   . // / / / //   イ从 ! i|: ⅰ   \‐=ニ/           ヽ   ∨/    ヽ  Y
.     {::/::从:::::: |:ハ::::::::ハx―V::八::::::: 乂_  ⅰ:ⅰ.: ん / イ / /// / リ }| ! リ  !      \../     |i        ∨/∧   }  }
      ノ:イ:::::::>セ',\::', .斗ャか}::::>ヽ ̄... ⅰ ! :j七{ { 厂/イ/イ√/7 ド/ ! :l                |i      |i   ∨/∧  |  |
      Ⅵ:::{:::V斗ャか   ゞツ 从:::::厂.    ⅰ  \{ x==ミ { { }x==ミ;/  i |.       ∥      |i      |i  |         |  |
.      从乂::ゝゞツ   ,   彡::::ハ!      ⅰ::  l .    `  ′    ′ l :!      |i  |   八    八 |∨/|   } /  八
         l::≧=-     ,   人:: }..    ⅰ:::  l Λ´ ´    '    ´´'/  :l  !     ノ|  |  /  \  / ィ≠≠ミ |   |ヽ    ヽ
          l::::::::l}h。  `  ,ィ. l:::::}      ⅰ::::  ! ⅱ:.   、 - ,   .:::|   l  l   /八    /_ zぇ      ゞノ     ノ  )   )
.         l(ヽヘ /:{ ≧≦ ヘヽl::/7. /)  ⅰ:::: ⅰ l:!:::丶  ¨¨  ィ:::i::|   l  l....../   \  《 vソ         |i   | /  /
.         lヘヽヽヽ: { /心  }.:,/ /'' ∠_  ⅰ:::: .:l ⅱ::i::」_> <⊥、::!_! ' :|  l        | \`、   丶        |i   |   /
         「:V:ァ‐ミ==ミ/マ/ハ.斗‐ァ''^Y:./}..゙ⅰ:::: _j ! ⅱ‐┷‐-、V ィ≦三l ' |  l     / |  |∧           .八  |  /八
       lヽ: <つ`'┐ }. l:i:l. { ァ'イゝ几:ハ.゙ⅰィ^ヽl  ⅱΞニ≧{__}ニ二三! ' | ̄7‐、  /  |  | }h、   ´  ̄  / (   !//  )
        |ゝ}: ヘ ヽ . ノ l:i:l ', ノ´ /: : {<.}.../:i:i:i:i:il ! ⅱ三_彡/l !Ⅵ≧=l ' :|:i:i/:i:i:Λ    |  |  r{  ≧s。 ィ( ⌒》.|   /  /
         l少 : ト.}.  l、 l:i:l  ハ  〈ハ: : ヾl./:i:i:i:i:i:il  ⅱi:、ニニ/ l l l\三! ' リイ:i:/:i:i:i∧.    |  |  《\\ \ 〉 / /   ′ /
        {: : : :|: \ |ヘl:i:l /:.| /: |:\ /:i:i:i:i:i:i:il i ',ⅱ、:iヽ〈 l l l ! /:il∨: /!ヽ/:i:i:i:i:i:Λ..‐= |  | / ≧=- === -=≦  /≧=- _
       |: : :/: : : :`ー:}:i:l /―'': : : /: : : Ⅵ:i:i:i:i:il '. \:i\:i:iVl l l l/i:i:| ∨リ |V:i:i:i:i:i:iΛ......′  "''<  __r((  ))〉7  ./      ヽ
       |: :/: ㍉:___/:i:i| ヽ__/∧: :., ∨:i:i:i:i:l   \ \;\:iVl l/:i/! ./ /; l ハ:i:i:i:i:i:i:/.../  /     乂 〈⌒〉 .{  {        Y
       |:/: ://: : ̄/i:i:i:|  ヽ ̄:マ:..゙/.::/ヾミ:i:il  /' \ \l` Vイ l ∨イ/ リ' 八:_:i:i/..゙/  /        \∨ /.|  |          }
        ', : //: : : :/ |:i:i:i|.  ハ: : :゙/ /:/:i:i:i:i:i:i:Λ/  / ;\ (l〈i:i:〉 !/、 \〃/i´i:i:i:i|。./  /         \  |  |   Y    /__
.        ∨/: : : :/ . |∨.|  {: : : / /:/:i:i:i:i:i:i:// /ノ /:i:{ ヽ! }:i:{  l }:i:\ \ー=彡:i|./ ./                 |  |     } r ⌒乂 )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 なお、これは三人を同一人物に「しなければならない」というわけではありません。
 別々の人物とした上で、ただ同じPC達で4話遊ぶというだけでもきっと盛り上がるでしょう。
 
 ただキャンペーンという連続した物語を楽しむ遊び方なら、同一人物にした方がお話のつながりが深まり、
 また「一人の女の子を助けて、彼女を領主の席に座らせる」までの一つの英雄譚となりますので、
 こういう風にすると楽しめるんじゃないかな? という提案になります。
 
 同一人物にするにしても、GMをされる方の思いつきや、よりよい発想があれば是非組み込んでください。
 別々の人物でも、実は三姉妹だった……なんてお話にもできますしね。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


5753梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:50:54 ID:oeeUSdjv
全て生き残れば英雄だが、どこかで人生という迷路の行き止まりにブチ当たれば物言わぬ屍よ
死して屍拾う者なし、死して屍拾う者なし


5754梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:51:47 ID:A6RFaitu
刺青の三姉妹!


5755梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:51:49 ID:tQG5BSOk
GMによってあちこちエッセンスがまず変わるだろうってのが楽しいね
なるほど。まさしくPL側なら一連全てネタバレになるから絶対見るなーのお約束必要だわ


5756◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 03:52:32 ID:YPvR+PUb


                    _,,、、、  ,ィzzzx、、
                       _マ_,ィア´     _
                    >''":::::::::::::::::::::::::"''<:::ア⌒
                   /::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::` 、、,,_
              -=彡::::::::::::::::/:::::/:::::: |::::::/:::::::::::::<´ ̄
                ,イ::::::::::::, イ:::::: /::::::::: |::::::{::::::::::::::::ヽ
              ,,ィf´:::::::< :::::::: /:::/从:: ̄|:::::从::::::::::::::::::\
             ´¨¨¨l{::::乂::::\:::::::::{,ィ=ミx:::|::::::::::乂/::::::::::}!^ヽ
               从::::::::::::〈 }h、::《 VリⅥハ::::::::::::/::::::::::从
                  Ⅵ:::::::: `|::::::}h、:/:/ 从:ヽ::/::::::::::::/
                ァ-- 、::::: |::::::|u. :/:/:ィッ从:::/イ V
              / u.   ヽ:|:::: |!- 、 '.イ-=彡'´
               {.       V::::|─<:/l:::: |
              { ヘ、     !:::ト、::l: ノ |:::: |
             ',  ',   ゚::|  "'<|:_:::|
               ヘ  ゚.    ',  、ー'‐ヽリ
               ヘ.  ゚.     ',  `‐三ミ',
                     ヽ  ゚.    ',    ヽ!
                  ',  ゚.     l ノ  イ.|    ◆ あとはシナリオなんて煮るなり焼くなり好きにすれば良かろうなのだ ◆
                  ',.  ゚.    ',     ',|
                     :',.  ヽ!   ヽ    }
                        ',   ',.   ヽ  {
                   :}    ',    ', ',  ◆ 君たちのセッションで、君たちの冒険で、君たちの四方世界なのだから ◆
                      ,'.     ',     , i
                  /     ',     ', |
                   /         ',   i V
                    /        ',   ', 乂                     ◆ おわり ◆
                     /   >─- ..,ム_.  ヽ ヽ-= _
                   ,'           `"'' ‐-  _   ̄"'' ‐- ,,.._
                i                   `"'<      "'' <
                 {                      `ヽ         `ヽ、
                !                              ヽ       ∨
               __人              _,,  ───-     ヽ       ,
               ア´ `¨''''ー─────  ''"              ',      }
            ア                               /___ .ノ
            /,ィ    ,..─--   ____            __ ..イ
           〈ノノ, ,イ             ̄ ̄  ── ''" ̄
            ゞ彡′

.


5757梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:53:34 ID:ngZyPlNs
おまけ乙


5758梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:53:44 ID:TB3fW9tS



5759梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:54:00 ID:tQG5BSOk
改めて乙でした


5760梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:54:29 ID:lSBWKpHU



5761梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:54:38 ID:G3sXCghJ
乙でした


5762梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:54:58 ID:oeeUSdjv
乙でした


5763◆CoNaNQHQik2019/05/31(金) 03:55:10 ID:YPvR+PUb
      / ̄ ̄\
    /        \
    ├===、  ,.=|
    |ニニこ> ><:こ>|   ダンジョンアタック、バトルオンリー、シティアド、フィールドアドベンチャー
    |ニニツ ´  `ヾ|
    ヽ        /
     ヽ  _ ノ     ひとっとおりいろんなお話を体験できるから良いキャンペーンだと思うんだ
     i⌒\ ,__(‐- 、
     l \ 巛ー─;\
      |  `ヽ-‐ーく_)
     |      l


5764梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 03:58:52 ID:wDVLI/YB
オツカレサマドスエ


5765梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 06:01:14 ID:j4OHJ5iT
オツカレサマドスエ


5766梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 06:27:41 ID:Eg5T/aZK
乙でした

なかなかできる人生じゃないよ!w


5767梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 07:16:05 ID:1+iUKDcf
乙でしたー。

実際、遊ぶのが楽しみです。ルルブもうちょっと読み込まなきゃ


5768梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 07:33:33 ID:yG0coLFi
オツカレサマドスエ!
ペロッ…これは講談師の定番ネタから大河ドラマのコース!!


5769梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 07:42:03 ID:WOvt0xZK
オツカレサマドスエ!


5770梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 07:50:47 ID:cYkxJufS
オツカレサマドスエ!
今回のシナリオも面白いな…と思ってたらそこが繋がってんのかww


5771梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 07:51:07 ID:miUNpJNm
殺人事件のときのならず者コンビから故郷の現状を語らせても面白いかもな
酷い暴政のせいでこっちも商売にならねぇ、みたいな…


5772梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 08:28:55 ID:kNEPoHIQ
お疲れ様でした
こうやってキャンペーンナイズするのかと感心しましたわ


5773梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 08:30:41 ID:l6D0XseR
バラバラの短編集が、一本の筋が通った長編になるさまを目の当たりにしたぜ……!


5774梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 08:50:10 ID:lGnj1tVS
乙でした
蜘蛛の名前、死の星ってデススターなのね…w
そりゃあ魔剣はブォンブォンいうやつだしクライマックスで手元に飛んでくるわぁ


5775梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 10:27:48 ID:7ENxVdJ5
トランプダンジョンはHand of Fateっぽいねw


5776梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 11:22:05 ID:YVWFiOfU
なんたるシナリオカラテか、ワザマエ!
ときに金剛石の騎士殿、貧乏貴族を自称していながら道楽で冒険者をしているとは如何なものか。
ご実家のためにも現実的で堅実な生き方をすべきではないか。ボブは真顔で訝しんだ。


5779梱包済みのやる夫2019/05/31(金) 11:55:43 ID:kNEPoHIQ
シンデレラモチーフのシャドウランかと思ったら暴れん坊将軍だったでござる案件


ゴブリンスレイヤー TRPG (GA文庫) 文庫 – 2019/5/14


ゴブリンスレイヤーTRPG 限定版 (GA文庫) 文庫 – 2019/5/14


ゴブリンスレイヤー TRPG リプレイ(仮) (GA文庫) 文庫 – 2019/8/9



関連記事

category オリジナル > ゴブリンスレイヤー 書籍告知など
◆KUMOgh4/xM ゴブリンスレイヤー関連
comment

14

edit
edit

Comments

comment
どこにでも出てくるな、陛……貧乏貴族の三男坊!!ww
comment
貧乏貴族の三男坊によるフェイス・フラッシュ!
こうかはばつぐんだ!w
comment
貧乏貴族の三男坊、いったい何者なんだ…(棒読み
comment
三男坊がロム兄さん枠なのか。タイトル的にも
comment
キャンペーンシナリオって憧れるけど、中々オフセだと集まれないんだよなあ……
comment
貧乏貴族の三男坊「余の顔を見忘れたか」
からの「貴様らに名乗る名などない」になるのかー

しかし各種シナリオが遊べるっていうのは大事
バランスが大事って眼帯のおっさんも言ってるしね
comment
銀髪の従者だけが元ネタが判らない
そしてさり気なく8月にリプレイ集だと(驚
comment
現行スレでなんで三男坊が出しゃばって来たかも老師から補足されているな
ファンサービスというよりGM目線の都合であった
comment
現行スレでなんで三男坊が出しゃばって来たかも補足されているな
ファンサービスというよりGM目線の都合であった
comment
そろそろシナリオ集として出せるレベルなんじゃがとりあえずゴブスレ布教しなきゃ…。
comment
※7
AA通り艦これの響
過去作 ユース・アンド・アッシュ・サイドバイサイド 47で
とある一党に加入した
comment
銀髪の娘……「ひ」ちゃん!「ひ」ちゃんじゃないか!
comment
暴れん坊将軍だと思ったら破れ奉行だった………w
comment
>刺青の三姉妹!

それ最終的に全員惨殺されるじゃねぇか!?


  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: