このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


ゴブリンスレイヤーTRPG ウェブ公開シナリオ  「水晶の森亭の殺人」 (例によって例のごとくアンオフィシャル)


3566◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 01:52:55 ID:53uJs9R4
      / ̄ ̄\
    /        \
    ├==、   ,.=┤
    |ニこ> > <:こ>ニ| さて、今日はお仕事行って帰ってきてお仕事してシャドウランしたわけだけども
    |ニツ ´   `ヾニ|
    ヽ         /
     >      <
.     |      |
.     |      |
.     |      |



3575◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 01:58:22 ID:53uJs9R4
     / ̄ ̄\
    /        \
    ├===、  ,.=|
    |ニニこ> ><:こ>|   ここにシナリオがもう1本あります
    |ニニツ ´  `ヾ|
    ヽ        /
⊂⌒ヽ >  _ <´/⌒つ
  \ ヽ /      ヽ /
   \_,ノ     |、_ノ


3576◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 01:58:52 ID:53uJs9R4
          _,.. --- .._
        /       .\
       / ,.=-..、   ,.-=、ヽ
       l /:::::::::ハ  /:::::::::l |    もちろんアンオフィシャルの趣味だからこれロハなんだよね!!!
        | |:::::ィラ:〉 〈::fニ>::| |
       l. i::::::::::/  l::::::::::リ |    趣味だからね! たーのしいー!!
 ミ ミ ミ  .i i:::/   \:::/ ノ      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒) \´      `./      /⌒)⌒)⌒)
| / / /   ハ      ハ   (⌒)/ / / //   バ
| ::::::::::::(⌒) / `ー-=-一' ハ    ゝ  :::::::::::/      ン
|     .ノ_/三:三:三:三:三\_ /  )  /    バ
ヽ    / 三          三/    /     ン
 |     | 三  l||l 从人 l||l   三 l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、  -一'''''''ー-、
      ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ) (⌒_(⌒)⌒)⌒))


3577梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 01:59:03 ID:t61H/yTT
どういうことなの???


3578梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 01:59:18 ID:GbhVmYKG
金取れよ老師!


3579梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 01:59:45 ID:fxZKMmwm
!?


3580◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 02:00:59 ID:53uJs9R4
          _,.. --- .._
        /       .\
       / ,.=-..、   ,.-=、ヽ         「なんかみんなでシェアワールドで戦記物とかやったら
       l /:::::::::ハ  /:::::::::l |
        | |:::::ィラ:〉 〈::fニ>::| |          俺がメインの銀英伝書いてる横でひたすら08小隊書いてそうだよねくもさん」
       l. i::::::::::/  l::::::::::リ |
 ミ ミ ミ  .i i:::/   \:::/ ノ      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒) \´      `./      /⌒)⌒)⌒)     って言われたりしたけど今日もぼくは元気です
| / / /   ハ      ハ   (⌒)/ / / //   バ
| ::::::::::::(⌒) / `ー-=-一' ハ    ゝ  :::::::::::/      ン
|     .ノ_/三:三:三:三:三\_ /  )  /    バ
ヽ    / 三          三/    /     ン
 |     | 三  l||l 从人 l||l   三 l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、  -一'''''''ー-、
      ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ) (⌒_(⌒)⌒)⌒))


3581梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 02:01:30 ID:WNuZe2OA
やたー!!


3582梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 02:02:00 ID:S5d7LaRi
いいよね08小隊


3584梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 02:03:18 ID:cAavLs6F
確かに他の人が情勢が変動した原因を設定する為にちょろっと書いた局地戦とかずっと書いてそうな…


3588◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 02:04:23 ID:53uJs9R4
      / ̄ ̄\
    /        \   >>3584
    ├==、   ,.=┤
    |ニこ> > <:こ>ニ|    むしろ他の人が大事件を起こすためのモノローグとか垂れ流したら、
    |ニツ ´   `ヾニ|
    ヽ         /     その裏とか隙間とか影響とか書き始めるよ
     >      <
.     |      |     ローグ・ワン的な
.     |      |
.     |      |


3585◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 02:03:21 ID:53uJs9R4
      / ̄ ̄\
    /        \
    ├===、  ,.=|
    |ニニこ> ><:こ>|    というわけで公開しよっか
    |ニニツ ´  `ヾ|
    ヽ        /
     ヽ  _ ノ      例によって例のごとくアンオフィシャルだしみんな適時薄めたり調整したりしておくれな
     i⌒\ ,__(‐- 、
     l \ 巛ー─;\
      |  `ヽ-‐ーく_)
     |      l


3589◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 02:05:14 ID:53uJs9R4






       ・今回もほんと自主的に勝手に作ってっからアンオフィシャルだぞいつものことだな!



                    _________________
                    |                            |
                    |      注意はしたからな?       |
                    |_________________|
                   .          |::|  -─-       |::|
                         r‐ |::|´       \‐x.|::|
                        /乂_|::|ソ  ___∧ __ ∨i|::ト,
                      ,ノイ  |::| |\/  ∨ VⅥ_|::|.|
                        |   ,|::|小. ┃  ┃ | |_|::N
                        |/∨|::| | ' '  _  ' '〉| |::|
                   .       | |::N{≧‐┴┴r≦‐ミ|::|_
                   .       |(___)   〈__〉   ! (___)
                        ノム|::| |      |   |::ト、〉
                         |├|::|ノ|      ├<二ノ
                         |八`゙/ミ      ノ⌒ヽⅣ
                          /           \


.



3591◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 02:09:57 ID:53uJs9R4


.    ∧∨========ハk/キ≦/ヘ∨./r' ゚ソ__ハ∨///_八厶斗==ニ ( ヽ}三三三三三二ニ≡≡==
三三三ム∨三三三三三三 }ii{ >}´|l|lll|三.∧'.{{ 乂 __  ト }}イ { `ゞii厶斗==ニ二} i|片=≦   -==≡≡;;;;}{
====! 斗 = = ===斗セ≧.!.!l |==ゝ.ゞミノ}八/.イ}=z:|   }  | : : |   ||    .|:|     || }{ .ji_i:! _ ハ
.      |否!   __   |iiii{{否}}{l{lll{    |iii|>=彡く:!:::::|   |  | : : |   || _ .|:|    ii ハ∨::∨-从 } {:::::|
.      |iiiii|   |{゚ω゚}|   !iiiiiゝ.イ |l|lll|     |iii|{{__}}、@ }}::::::!   !  ! : : !   !! |:::::::||:|__(_)_}::::::} |::::}(__)__j
.      |iiiii|     ̄ ̄   .!iiiii!  .|l|lll|     |iiお    ̄!:|:::: |   |  | : : |   |||:::::||:|三二ニ≡≡≡≡≡≡===
三三三三|iiiii|三三三三三_.」iiiiiL三 |l|lll|三三@Y⌒i トvえ| !:::: !   !  ! : : !   }! |:::::::||:|  .Y .ハ.⌒ヽ     ||
 |{ |{ |{ .!iiiii! |{ r――――ziii+.|{.|l|lll|   @ゞ=彡咲咲 |::::::!  __|  | : : |◎ ||+≦」:!  !  }  }}== 从 /∧
 |{ |{ |{ .!iiiii! |{ r=ァ====≦_ .!..|l|__!__ |_____|艸艸艸!: : | ./ハ _: ::!__  ||    !!  ゝ=彡 乂_Y ハi i ii|
 ̄ ̄ ̄`ヽ三三  Ⅹ t=ァ//ゝ=彡 . |l{::`.< `ー-'´|____|Li::::::| {_彡' |  | / .ハ/⌒ヽ.  || }-=ニ二三_=ゝイi i i j
====彡'____   ̄ Ⅹ   .Ⅶ  .|l|l>  `.<   _乂ノ ̄  > {zzz}ム//{   ':!  ||////   ||//, ̄三二ニ==-
|| /イ ((___))         ̄  .L!ll!::::::::> .`.<`ヽ__}{__`ヽ     ゞイ八 彡'<.!!///!   .||///⌒ヽ
>―<  ∨/         Y´ ̄ ̄`Y!:::::::::::::::::::>  `. <     弋__ノ        ` <.... ||/i{   ,i≦
ミ===彡  ./∧        乂__.ノ.!::::::::::::::::::::::::::::::>  .` .<   _}{_             ` <ム ,.イ/  {
 ∨/   . ̄ ̄         ゞ===彡 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>   ` <                 ≧彡'=台
 /∧               Y´ ̄ ̄ ̄ `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::>   .` <
.. ̄ ̄               ト`ー===彡' }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>    ` <
                   >== ==≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>     ` <
                 ≦三ノz_____zム::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>     ` <
                      }} ||{{::>====ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>      ` .<
                      || |イ         `ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>      ` <
                     ムソi> .         , イ}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>       ` <
                    //ノ`<i i i ≧==≦ i iソ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>       ` <
                   `≦    ヾミー=二二=彡':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>        ` <

                  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   ゴブリンスレイヤーTRPGウェブ公開シナリオ

                         「水晶の森亭の殺人」

                  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


3593梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 02:11:36 ID:isgqmxwy
お!?今度はミステリーシナリオ?


3595◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 02:14:57 ID:53uJs9R4

          (  ((  /⌒`ヽ   \                   / /  __  -‐====‐-
       -‐==‐->-‐‐-ミメ    ____\_,ノ                    / / -‐       =‐-    `ヽ
    /   /      /   ≧=‐--‐ ⌒  \               __/ /       -‐==‐-  _`ヽ   ,
   ′  / /     ′   |     ヽ\   \__      __ -‐ / /   __彡'´     //   `ヽ   ,
  |!  / イ  /   //    |\\   }ヽ}\   \  ̄ ̄     / /-‐=ニ二三三二ニ=‐{ { 、   }   ′
  人. / / l|     l∧    |-‐二、=‐--   ニ=---   ___  -‐=彡'    -‐==‐-       { {___ヽ_ノ   /
    / /  |  |  |--\  l{ r4ア兀ミk  ||__`ヽ \___  -‐======‐-    .,    `ヽ  乂____ノ  {ー-
    ,′ 八 {  ==ミ、\乂 乂zシノ ム)¨¨ヽ\ \___        =‐-        、    ,    l l| 乂__
   { {  (  \\ {乂__)  ⌒ヽ -=彡八___   /     \_________     \   \  }     } 八
    、 、   / \{\__ 、       イ|!辷==彡  /⌒ヽ )\     \ 、`ヽ  \   ∨   / /  \___
    \ー=イ  |  人  -- ´ / {人-‐====‐-\   \  、     )l \}   ヽ   }!    /     /
       ̄ {  {\ i⌒ヽ> _/ -‐1____ニ==‐- ,_ \   ヽ ---‐/   }    ∧  / /____,.
          乂_____ |ニニニ\`Y´ ,.ィニニニニアニ==‐- `ヽ >--} }-‐く \  }  _ -‐  ,.ィ
       /::::::::}::::7ニニニヽ}_,.ィiニニニ/::Y::::::::::::\ )ノ ( ( ノ j ヽ ヽ__)ヽ/  _ -‐   !>‐‐‐‐
      /::::::::::::::}:/ニニニニ}_)ニニニイ::::: !::::::::::::::::::\‐-\ \イ乂_}  }_ノ  /  {__ / /    -‐‐-
     /::::::::::::::::::::} ̄ ̄厂ニK\ニニニj::::::ノ::::::::::::::::::::::::\ ̄\ \__)) {   ′/|   { / /{ /    ̄`ヽ
    (:::::::::::::::::::::::人::::::/ニニ{ニ| }`寸__/¨`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::Y    ̄ ̄| {   | l {人  / ∧ 〈  ,イ⌒    }
    ヽ:::::::::::::/:::::ヽイニニニ{ニ|!ノ!ニニニ/ニ|/::::::::::::::::::::::::::ノ      | {  | l {___,.>  ∧   \从     _ノ
      、::::::::′::::::::::(|ニニニ{ニ!:人ニニ/`寸∧___:::::::::::::::::::イ      | {  乂____ノ  {  ,   \'ー‐‐==
       Yニ:、:::::::::( jニニニ∨  ):\/:::::::::`寸ニ=-、::::/::::!      人_{__ノ    |  {  '、
       }=-:、::::::::(人=ニ二(`  ):::::::::::::::::人::::::::::::)ノ:::::::-={              人 、    ‐-  ____
       }=-:::ヽ==(   ̄}`寸 )=‐-‐=::::/   ̄ヽ::::::::::::-=_                   \\______ノ}
       ,ニ=-::::| ̄:(    |ニ| )::::::::::::::::/      、::::::::::::-=_                 ̄ ̄
      ,ニ=-::::::!::::::(    |/ )::::::::::::::/  -‐==‐-  、::::::::::::-=_


●冒険の概要
 PC達は知り合いのワイン商人に頼まれ、一人娘の祭り見物旅行にお目付け役として同行します。
 経費や宿代は依頼人持ちということで祭りを見て回り、最後の晩は名高い「水晶の森」亭へと宿泊します。
 そこはかつて殺人事件が起き、そしてそれを冒険者が解決したという老舗で、ちょっとした名所だったのです。
 しかしその宿には怪しげな宿泊客が集い、そして伝説をなぞらえるかのように殺人事件が発生。
 さらにはワイン商の娘が殺人犯として告発されてしまいます。
 PC達はかつての冒険者同様に事件を解決し、真犯人を突き止める事ができるでしょうか。

 ・この冒険の初期因果点:3



●サンプルキャラクターの選択
 「只人の戦士」「森人の野伏精霊使い」「只人の神官」「只人の魔術師」を用いてください。



●シナリオの登場人物の固有名詞
 四方世界の人々や村々には、ちゃんとした名前が存在します。
 必要でない場合はあえて名前を伝えない事もありますが、印象的に扱いたい場合は名前を提示すると良いでしょう。
 本シナリオに登場する街、主要な人々の名前は以下の通りです。

 ・祭りのある街:アチャ
 ・ワイン商の娘:グエン
 ・外套を纏った男:フロンサック
 ・至高神の女神官:ベラ
 ・黒づくめの男:ジュニパー
 ・鴉の娘:カシス
 ・黒髪の少年:カタユ
 ・吟遊詩人:エドガー
 ・水晶の森亭の亭主:ロジェ
 ・水晶の森亭の女将:マリー

.


3596◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 02:16:18 ID:53uJs9R4





    ◆ こっからシナリオ本編だからPLとして遊びてえって人はしばらく他スレ見てるんだぞえ ◆




                    _________________
                    |                            |
                    |      注意はしたからな?       |
                    |_________________|
                   .          |::|  -─-       |::|
                         r‐ |::|´       \‐x.|::|
                        /乂_|::|ソ  ___∧ __ ∨i|::ト,
                      ,ノイ  |::| |\/  ∨ VⅥ_|::|.|
                        |   ,|::|小. ┃  ┃ | |_|::N
                        |/∨|::| | ' '  _  ' '〉| |::|
                   .       | |::N{≧‐┴┴r≦‐ミ|::|_
                   .       |(___)   〈__〉   ! (___)
                        ノム|::| |      |   |::ト、〉
                         |├|::|ノ|      ├<二ノ
                         |八`゙/ミ      ノ⌒ヽⅣ
                          /           \



.



3597梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 02:17:27 ID:WNuZe2OA
はい。


3598梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 02:18:14 ID:gd+vnDlq
ミステリーなだけあって登場人物多いなー


3601◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 02:20:44 ID:53uJs9R4

                              ● 冒険の導入 ●

.:.:( ( ̄/‐ L/〈r┴┴┐.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.|.:ノ.:.:`丶、: : : : : : : : :: : : : : : : :◯: : : : :゚: : : : : : : : :。: : : : : : : : ::γ⌒ヽ(   )叭
,>\`´/' .//λ)'/ 〈__.:.:.:.:.:.:.: |.:.:.:.:.|_|ニ|__j_.:.:.:`ヽ、 : : : : : : : : :゚ : : : :。: : : : : ゚: : : : :。 : : : : : ゚: : : : ゚ :.::乂_乂/| ̄i ゝx===xノ
_.:.:.:`¨ ゝ'<ノノ/:乂_).:.:.:.:. : |.:.:.:.:.| ̄:レi:|.:.:.:.:.:ノ.:.:`丶__: : : : : : : ゚: : : : 。 : : : ::r:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:ュ : : : : : :[/  |  |  乂 乂
.:.:.:.:⌒ - _.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.|/」 /.:.:.:.:. 冂.: 勹| |丶: : : : : : : : : : :。s≦三三三三三三≧s。. /  ご.|  |    幵
.:.:.:.:.:.:.:.:. :. | ||.:.:.: ̄⌒ゝ _ー|.:.:.:.:.|.:.:.``.:.:.:.:.:.:|ニ| `/.:| |  `  .────‐ |[iiiiiiiii] ̄[iiiiiiiii]|ー─|  ん  :|  |    |ii|
.:.:.:.:.:.:.:.:. :. | ||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__ノ´   L___.: .: .: .: .: .: `´: :| |     ` 、ニ>‐─Lzzzzzzzzzzz∟rー:|り    |  |ニ=‐ |i|i|
.:.:.:.:.:.:.:.: .:. | ||.:.:.:.:.:.:__ノ´__ ‐  ̄.:.:. :.  ̄| | ̄⌒''ー _| |金魚すくい|   |__rz辻zzzzz辻zュT|  |_ ‐  ̄⌒ ─rr _
.:.:.:.:.:.:.:.:. :. | ||ノ⌒_,ノ⌒| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. | |_,、-=¬二⌒ー _   |_/|=// 〉_| |丁[]丁 | |__|,,|  | |=‐ _     :||
.:.: _、-~7''| ||──ーー| |.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ - _二| |-'了 | |   _,,.| ||‐丁||し ||// /l__| |ニニニニニ| |__|,,|  | |    ̄ ─-..||_
 ̄  __/_,,| ||       ,,,| |-‐ ゙ ̄ ||~ ̄   | | ├ | lニ|⌒しし | ||しし||し //_/__|_|/ ̄ ̄ヘ|_|____|  | |       || ||
ヽ/  ∨|i=| ||=≠宀ヱ,,| |     :||    | | | | | || ̄| ̄|_| ||しし||し''/|_/ニニニニニニニニ\__,|\| |_c_c,,_   || ||
~7く / ||i=| ||=≠宀ヱ,,| |     :||    | | |_| | ||¨¨¨¨¨ | || ̄ /|/|_|   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 寸:、|  |ヽ、`ヽ c c`ヽ、||_||_
/\,/゙| ||i=| ||=≠宀ヱ,,| |     :||    | |  厂| |)¨¨)__|_||/ ,.ィ㌻     ̄     ̄ 寸:、 |り.:.:`ヽ`ヽ_______|`丶、
ー 7 | ||i=| ||┸冖 ̄ :| |    _」L ‐ _ ̄ ̄‐¨| |^¨´ /_/|ィ㌻ア   ̄ /   ̄\ ̄  寸:、.:.:ん.:.:.:ヽ」二二|: : : :
.:.:./  | ||.._|_||___ :| |=- ⊂⊃-ー:丁 !.: | |:| |/ ̄ /| ,.イア ̄ ̄/ ̄ ̄   「 ̄ ̄ ̄ ̄ 寸:、.:.:ご.:.: |想.:.|〕iト: : :
:::/_ -‐ Tニニニ=‐丁┴_ィ ̄ ゙̄|:|  |.:.:|  |.:.:. ̄:| |─r''" イア ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄寸:.、飴.:|ひ.:i| | |`丶
 ̄ _ ‐ー  ̄_ ‐= 二.┐ |    |:|_|.:.:.: ̄.:.:.:ノ^| |‐┘イア ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄寸ヘ .: |出.:.| | |
“”   _ -  ̄     |百..| |    |.:.:.:.:.:.:.:ノ⌒´ _」-イア´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄寸\|.:. :. |  ̄
-‐  ̄         |円..| |    |~⌒´  _ - イニシ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ 寸ヘ ̄ |
 ̄|          |_.」 |    |    _ ‐ イニア ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄寸ヘ;:\
百|:              |    |_ ー¨イニア ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 寸ヘ;:;:\
円|:              | ̄ ̄;:;:;:,.イニア ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ∨∧;:;:\
,,/             |;';';';';'イ二ア ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∨∧;:;:


             /       i {ヽ丶     ヽ  丶
.             /    {      { j {  ゛、 :! 、 : '. :.   ヽ
          .′   { .   { ハ{   j,斗 i i  !. '.
          i '  i { ! {  :{ {斗 彡 _}」∟} }  lミ、 :.  :.
.            }'   ! :{' {、丶 {l |´/rヤだい,ハ l   !、 }::
             い { :. !斗、、从 { ;' !' ヾ沙イ } ;l   { ,7、    ゛
.            :. :. <、{ ,>=、ミヾ、  ´    リ' !   lイ:Λ   :. '.
             ヽゝヽく乂.゙'.,〉        ´ j  :i.:.:.Λ  ::.  ,
              } `ヽ丶゛ ´   、          ′  !.:.:.:Λ  ::.  .
            ,′ ハ: ヽ      ,..:::7   .′   !:.:.:.:.Λ :.:.  '.
            /  .' '  丶     ̄     .:′   !:.:.:/⌒ミ:、  '.
            /   '   !.   ゙≧:....... _ _.イ/     !´/:i:i:i:i:i:i:ヽ\ '.
             /   ' / : !    ハ.:.:.:.:.:.:.、‐〉   :  i:i:'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ\
          / .  / /' ; ハ   ' ':.:.:.:.:.:.:゙/   :.: .'i:i}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:;ヽヽ
        / ′/ /' / /:.:}.  ' ' i:.:.:.:.'.:/i  .://:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iー:ノ:ノi:i:〉
       /  '/' /,.イ' /:.:.j ∨ / !:./´/ .! / .イ:i:i:i|:i:i:i:i:;i:i:i:ノ‐⌒vi:i:/!
.       /  /   /' / /..:.:ハ / / ノ'′/' ! " / }:i:i:i:i}:i:i:i:i:}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〈 ',
       /  /   / ,' / ;.:/ / イ// '.:/ i  {  / !:i:i:i:i:i`ド、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:゛, 、
     /   ′/  /′.:/ /'"//i/ ///!  ∨  j:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:,  、
    /   ′'{ー==-彡7 /.ノ /i//i./′ {   丶 人:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:,  \


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  夜空には魔術師の唱えた花火が上がり、街の中には華やかな音楽が流れ、仮装した人々や山車が行き交います。
  あちらでは「はじめの冒険者」たる輝ける鎖帷子の勇者が、仲間と共に邪悪な地獄の王と対決する芝居。
  こちらでは竜の王に対して、ただ一人立ち向かう偉大な冒険者の人形劇。
  屋台では犬の腿肉から、異国の果物、麦酒に蜂蜜酒、見たこともない玩具などが盛大に売られています。
  田舎暮らしでは決して見ることのできない、そして想像することもできない華やかな祭りの真っ只中です。
 
 「ああーっ! とっても面白かった!!」
 
  冒険者である君たちとともに祭りを満喫した娘は、にこにこと機嫌よく両手を広げて声を上げます。
  見るもの全てに目を輝かせ喜び楽しむ彼女との旅は、とても賑やかで、心地の良いものでした。
 
  君たちの友人であるワイン商から、祭り見物に向かう彼女の護衛を頼まれたのは、一週間ほど前の事です。
  一生に一度は旅行するのも良い経験だろうが、一人旅なんて、とてもそんな事はさせられない。
  かといって上級の冒険者を雇うほどではないし、等級は低くとも知り合いである君たちなら安心できる。
  報酬というわけではないが旅費や遊興費は出すので、どうか付き合っては貰えまいか――……。
 
  冒険者ギルドを通しての依頼で遊んで過ごせるのなら悪く無い。
  そう思って引き受けたわけですが、思いのほか良い休暇になったようです。
  けれど祭りももう終わり。明日には帰るために出立せねばなりません。
  宿をどうしようかと考える君たちの手をとって、ワイン商の娘はにかりと笑います。
 
 「ねえ、皆さん! わたし、泊まりたい宿があるんです!」
 
  そう言って彼女が案内した先の宿には、「水晶の森」亭という看板が下がっていました。
 
 ※時期としては春、冬越しの祭を想定していますが、PC達の冒険の状況に応じて変更してください。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


3602◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 02:22:47 ID:53uJs9R4

                            ● シナリオ本編 ●


       | |
       | |
ニニニニニニニ{
        | |!
____|_|ト、
三三三i = }|                        ____
rfzrfzrく=くj::{                         }/////{
ルルル{リイ!|                     _///////\
 ̄ ̄ ̄ ̄| | {_______________}K}三三三三く
        | | {三三三三三三三三三三三三三三{乂,イ|      |!  : : :.
        | | {玄!                    }文{イ  !       |!  : : : :.
        | | {rfi{      "水晶の森"亭     }fマ{  |      |!  : : : : :.
        | | {セi_____________忙リ   ゞ===彡  . : : : :
====<| | {り>≦i{     __ ノノ    : : : : . . .       . . : : : : : .
        | | {爿辷之}    .// ̄ ̄      : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
        | | {k八K{   //            . . . . . . . . . . . . . .
        | | {=彡ゞ=彡゙
        | | |i
====<| | |i
        | | |i
        | | |i
        | | |i
        | | |i



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  PC達は知り合いのワイン商からの依頼で、13歳になる一人娘の祭り見物のお守りを引き受けました。
  報酬はありませんが旅費、遊興費は全て依頼人持ちで祭りを楽しめるのだから、悪い話ではありません。
  そうしてワイン商の娘に付き合って祭りを楽しみ、彼女が泊まりたいという宿「水晶の森」に入った所からシナリオは開始します。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.



3603◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 02:24:45 ID:53uJs9R4


.    ∧∨========ハk/キ≦/ヘ∨./r' ゚ソ__ハ∨///_八厶斗==ニ ( ヽ}三三三三三二ニ≡≡==
三三三ム∨三三三三三三 }ii{ >}´|l|lll|三.∧'.{{ 乂 __  ト }}イ { `ゞii厶斗==ニ二} i|片=≦   -==≡≡;;;;}{
====! 斗 = = ===斗セ≧.!.!l |==ゝ.ゞミノ}八/.イ}=z:|   }  | : : |   ||    .|:|     || }{ .ji_i:! _ ハ
.      |否!   __   |iiii{{否}}{l{lll{    |iii|>=彡く:!:::::|   |  | : : |   || _ .|:|    ii ハ∨::∨-从 } {:::::|
.      |iiiii|   |{゚ω゚}|   !iiiiiゝ.イ |l|lll|     |iii|{{__}}、@ }}::::::!   !  ! : : !   !! |:::::::||:|__(_)_}::::::} |::::}(__)__j
.      |iiiii|     ̄ ̄   .!iiiii!  .|l|lll|     |iiお    ̄!:|:::: |   |  | : : |   |||:::::||:|三二ニ≡≡≡≡≡≡===
三三三三|iiiii|三三三三三_.」iiiiiL三 |l|lll|三三@Y⌒i トvえ| !:::: !   !  ! : : !   }! |:::::::||:|  .Y .ハ.⌒ヽ     ||
 |{ |{ |{ .!iiiii! |{ r――――ziii+.|{.|l|lll|   @ゞ=彡咲咲 |::::::!  __|  | : : |◎ ||+≦」:!  !  }  }}== 从 /∧
 |{ |{ |{ .!iiiii! |{ r=ァ====≦_ .!..|l|__!__ |_____|艸艸艸!: : | ./ハ _: ::!__  ||    !!  ゝ=彡 乂_Y ハi i ii|
 ̄ ̄ ̄`ヽ三三  Ⅹ t=ァ//ゝ=彡 . |l{::`.< `ー-'´|____|Li::::::| {_彡' |  | / .ハ/⌒ヽ.  || }-=ニ二三_=ゝイi i i j
====彡'____   ̄ Ⅹ   .Ⅶ  .|l|l>  `.<   _乂ノ ̄  > {zzz}ム//{   ':!  ||////   ||//, ̄三二ニ==-
|| /イ ((___))         ̄  .L!ll!::::::::> .`.<`ヽ__}{__`ヽ     ゞイ八 彡'<.!!///!   .||///⌒ヽ
>―<  ∨/         Y´ ̄ ̄`Y!:::::::::::::::::::>  `. <     弋__ノ        ` <.... ||/i{   ,i≦
ミ===彡  ./∧        乂__.ノ.!::::::::::::::::::::::::::::::>  .` .<   _}{_             ` <ム ,.イ/  {
 ∨/   . ̄ ̄         ゞ===彡 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>   ` <                 ≧彡'=台
 /∧               Y´ ̄ ̄ ̄ `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::>   .` <
.. ̄ ̄               ト`ー===彡' }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>    ` <
                   >== ==≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>     ` <
                 ≦三ノz_____zム::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>     ` <
                      }} ||{{::>====ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>      ` .<
                      || |イ         `ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>      ` <
                     ムソi> .         , イ}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>       ` <
                    //ノ`<i i i ≧==≦ i iソ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>       ` <
                   `≦    ヾミー=二二=彡':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>        ` <


      |  |:  |      | |      ∧
      |  |  斗--    斗-|-\ {\,  ∧
      |  N 斗テミ \ 斗テ〒ミz     〉
.      W }k´ | ij r}  丶 ヒ:r:ク }〉ハ   /  、
     / |i   `¨¨´  }   `¨¨´ /人     \
.    /  :|i ;小、''''  ____  '''''///ム      ー=ミ
    /  ::|i/::::|///.,_  `こ´  //////〕iト。    ー‐=ミ
.   / / .:::|i :::|////うニ-  <///////////ム       `: .
  / / .:::: |i i::|Fニニ}::/=-`Yニ斗=┓////////ム     \   Vi
   / _..小: :|ニニニ(:::::::::::V」:::::::/ニニム//////}i}   ハ \ ノ
.   |ニニニV : VニニニニY::::::::「|:::: 〈ニニニハ/ー=彡′
  { !ニニニV 八_,.ニ」::::::: |i|::::::〈ニニニニムイ   /       |i
  乂ニニニニニ>-=弐: V⌒V:|i|:::::::/くニニ弐ニ=-  /    }    刈
   /ニニニニニニニ7ニニ 刈 }/V⌒Vi |ニニニニ〉 /〈       .ィi(
.  /ニニニニア¨¨¨Vニニニノ |ニ}iニニ」 」ニニニィ  / .}   /ー<
  /ニニニア´   |ニニ(   :ニ}iニニ( }ニニニ「 /
. /ニニニィ  `¨⌒V !ニニニ)  (_,}iニニ) {ニニニi!   / /
/ニニニく   ー=彡:!iニニ(  _}_}iニニ( ノニニニ// (
ニニニニ \  ¨¨アニニニ)  (ニ}iニノ,ノニニニニ 人___,
ニニニニニニ \.∠ニニニ(   ,)ニ}i( ィi(ニニニニニ(
ニニニニニニニ.ィi(≧==┓ニi  {ニ}i∠ニニニニニニム
Vニニニ(¨¨¨::::::::::}ニニー―=┓::::::::::::::/ニニニニム
::VニニニニV:「 ̄ニニニ    `J::|\:::::くニニニニニム
: :.Vニニニニム  `寸フ=7^し′:!ニ\:::`寸ニニニニム... _
: : :Vニニニニ」 __rくニ7    i::|ニニニ>-=┓ニニニニニニ=- _


1.水晶の森亭
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  水晶の森亭は一階が酒場、二階が宿泊部屋という、何の変哲もない二階建ての宿屋です。
  しかし良い意味で歳月を経て古びた、まさに老舗といった雰囲気を纏っています。
  扉を開けて入った先は、やはりごく普通の酒場で、幾人かの宿泊客が思い思いに夕食を取っているのがわかります。
  酒場の奥では吟遊詩人がリュートを爪弾いており、
 
  PCたちとワイン商の娘が入ってきた事に気づいた亭主が、にこにこと気立ての良い笑みを浮かべて近づいてきます。
 「お食事ですか、お泊りですか?」と問われたワイン商の娘は、すぐに「両方!」と答え、続けて「例の部屋って空いてます?」と問います。
 「申し訳ありません。すでに埋まってしまっていまして。別の一人部屋と、それから大部屋でしたら空いていますが」
 「それじゃあ、私に一人部屋、この冒険者さんたちに大部屋をお願いします!」
  てきぱきと取引をまとめる辺り、父親の影響が垣間見えて微笑ましい雰囲気があります。
 
  部屋を取った彼女は、PC達と共に円卓につきます。
 「あーあ、もっと早く来れば良かったです。ちょっぴり残念。わたし、どうせならあの部屋に泊まってみたかったのに」
  ワイン商の娘は口ぶり通り残念そうですが、それでもにこにこ笑って説明してくれます。
 
  なんでもこの水晶の森亭では、何百年も前、殺人事件が起こったという話があるのです。
  それは当時の王に子供が生まれた祭りの晩で、たまたま居合わせた冒険者によって難事件は解決されたのだとか。
  その被害者が泊まっていた、そして殺されてしまった部屋が、彼女のお目当てだったようです。
 
  PC達に、難易度15の博識(知力集中+魔術師LV+博識)判定を行わせてください。
  成功したなら、その犯人がやはり同じ晩に泊まっていたワイン商であった事を知っています。
  その事を指摘すると、ワイン商の娘は「あら、詳しいのね」とくすくす笑います。
 
  食費はもちろんワイン商の娘が持つため、PC達は好きなように夕食を楽しむ事ができます。
  また他の宿泊客を観察したり、話しかけたりすることもできます。
 
  PC達が全員と話を終えるか、しばらく時間が過ぎると、ワイン商の娘はわざとらしく欠伸をします。
 「明日はもう帰るために発つし、もう部屋に上がりますね。興奮して眠れそうにないですけれど!」
  そういって彼女は2階へ上がります。
  PC達は好きなだけ一階に残っていて構いませんが、明日のことを考えるなら大部屋で休むべきでしょう。
 
  今この酒場にいる宿泊客は以下の通りです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


3605梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 02:29:11 ID:gd+vnDlq
何百年前の事件といい金床さんの2千歳といい、四方世界のタイムスケールってえらい長さだなぁ


3604◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 02:26:35 ID:53uJs9R4

       ノ∨         \
        )ニ/,     ./∧{ニ\
      , {ニニ=-__     }!乂ニニミh、
     ‘,=乂ニニニ=-_ 〈二二二二ミh、
      i`ニヽニニニニ=-_}!ニニニ_,,...,,_ニミh、 /
      {_ニニニニニニニ=-_''"~ニニニ:ミh、ニ∨
   弋ニ=-、.ニニニニニニニ=-_-=ニニニニミh、ヽ、
    、 \ニ`ニニニニニニニニニ=-_-=ニニニニミh、.、
   ヽニ=-..,,_ニニニニニニニニニニ=-_-=ニニニニ\ヽ、
      \ニニ`ニニニニニニニニニニ=-_-=ニニニニ=゙:,=\
      ヽ..,,_ニニニニニニニニニニO=-_-=ニニニニ='ニニ.ヽ
          ̄ 彳:i"''~、、ニニニニニO=-_-=ニニ=-iニニ',
           ノ:i:i:i:i:i:,。、:i:``~、、ニニニ=-_-=ニニ:!ニニ!
          /:::.:i:i:i:∥ゝヽ彡/   ヽニニニニ=-_-=ニ}ニニ{
         /.:::::::{\:乂γノi:i{       `~、ニニ=-_=リニニニ,
        /.:.:.:.:::::::i:::::::~"''~、:i{.     弋芯 `丶、ニ=-_ニニ',
        .{:/.: : . .:::: }::::::::::: :. :. :. ~"''~、 ..,,_  '"_,,..丶、=-_ ニニ,
        i:!.: . : : : |::::::.. :. :. :. :. :. :. ‐-:. ..,,_:. ̄ :. :. :..{ ``~、、ヽ_
         .i:!  : :/∧:::`:.、:.ニ=-:. ..,,_:. :. :. : :. _,,......::::/...、     ̄
         }i!  : : /∧::::.:\:. :.丶:. :. :. ~"''_,,..:. :..::::/:: : :.}h、
          ii} i  : : : . :.:\:::. :ミh、.:.:.:.:.:.:.:. : ‐-.: .:.ノ::{::.:.:. : : : \
         ノ/ i 丶: : . . . : :.}h、 :. :``~、、:. :. _,,..:. :ノ}:.:. :. :. : : .ヽ
.     ..,,_/ニニ}h、   . . . : : :. . ヽ:. :. :. : _ _ニ=--=ニ%‘,: . .    \__
  /ニニ``~、、}h、_,,.. -‐.、: :  ゙:,:::::/  ヽ‐--‐:o :. }:.  /``~''"~
xf〔ニニニニニニ`丶、ニニニ{ : : :  ゚:,乂__ノ∞∞゚:. :.::{: . />。,
~"''~、、ニニニニニニ`丶、ニ``~、、:゚:,::.:.:. :. :. :. ノ}:..:i/ニニ/
ニニニニ"''~、、ニニニニニ丶、ニニヽ:.゙:,ニ````:::ノ.:::{:..iニニ`i

 ・外套を纏った男
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  帽子をかぶり、襟巻きをして、すっぽりと全身を革の外套で覆った怪しげな男です。
  酒場の端の席に座っていて、夕食をとっている宿泊客たちを睨むように眺めています。

  近づくと鼻に突くような異様な臭いを漂わせている事がわかります。
  難易度13の博識(知力集中+魔術師LV+博識)判定に成功すれば、それがニンニクの花の香りだとわかります。

  PC達が何を話しかけても、彼は一言も口をききません。
  パンと葡萄酒だけの簡単な食事を黙々と食べ終わると、彼は黙って二階へ上がって部屋に入ってしまいます。

  それを見送った亭主は、「ああ、あの人ですよ。例の部屋に泊まってらっしゃるのは」とワイン商の娘に教えてくれます。
  彼女は「あらそう。……後で部屋を見せてもらえないか聞いてみようかしら」と冗談っぽく呟きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.



3606◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 02:29:21 ID:53uJs9R4
                _____
                  /::::;::::::::::::::::::::::、::::.、
              /::::/::::::::::::::::::::::::::',::::ヽ
                {:::::{_二二二二二_}:::::::',
            /::/j从ハ   ト.ト、 ',、::::ヽ
               /_ノ ィ=ミヽ  ィf=ミ、{ |\::::.、
            i::/ |  | Vッ \{. Vッ ! |ア {::::::i
             |/ィ |  {    '    } !  乂::|
             |:::j从 !ヽ  ー ‐  .ィ / ハ {´:::!
            |::/ j/ヽトヘ> __ イ| ./!/:::ヽ::::|
            |:::::::::::::::}从ノーr 一',j/_::::::::::::::::!
            |:::::::::> f´   }     {ニ≧ 、:|
           |/ニニリ,    †     |ニニニ ミ、
           〈ニニノ/   /       |ニニニニ}
               ',//     ,      {ニ,ニニニム
           /ニ{_____i____|ニ,ニニニヽ
            {ニニニニ-===-ニニニニ}\ニニニ.、
           人ニニニ--===--ニニニ // \ニニニ\
            i>ー=≦ニニゝニ--=イ.ム    、ニニニ ヽ
            |ニ}__{{=_}}_____ /      ヽニニニ}
             |ニニiニ}}ニニニニニニ/        ソニニ/
             ,ニニjニ{{ニニニニニ,         /ニニ/
              /ニニ,:ニ||ニニニニニ{         , ニニ/
          /ニニ/ニニリニニニニニ∨     ,ニニニ/
            ,:ニニ/ニニ//ニニニニニニ∨    /ニニ.,

 ・至高神の女神官
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  至高神の神官服を纏った、美しい只人の女性です。
  亭主に「ステーキを、レアでお願いします。それと赤ワインを」と優雅な仕草で注文している所です。

  PC達に話しかけられると、彼女は「せっかくのお祭りですから」と少し恥ずかしげに答えます。
  彼女はPC達に対して愛想よく応対します。PC達に旅の目的を問われると、至高神の巡回神官(サーキットライダー)だと名乗ります。
  これまでも各地の街や村を巡ってきて、これからも各地の街や村を巡るのみですと語ります。

  彼女は礼儀正しく食事を済ませますが、服の袖にワインが少し跳ねています。それを指摘すると、恥ずかしそうに頬を染めます。
  ほどなくすると彼女は丁寧に酒場の人々に頭を下げて、二階の部屋へと上がります。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


3607◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 02:33:49 ID:53uJs9R4

                    .,_,..asiフ三三三三三三三ミ≡、
                 .,aai≦:;:;:;:;:;:;:;三三三三三三三三ソ¨:;:;i
                .r:´- .._:;:;:;:;三三三三三三三ゞ゙:;::;siiii:;:i
                 |三ミisa"'''ヾ__,,.. .-‐ 'siiiiiii:;:;:;:;∧三:;:;:i
                 | 三三三三三三三三三三゙:;:;:;:∧三:;:;:;:i
                 |.三彡ヾ三三三三三三三゙:;:;:;:∧三ミ:;:;:;:;i
                 | 三三ミ、ヾ三三三三三三;:;:;:i三三三;:;:;:i
                 | 三三三s:;:ヾ三三三三三ミ;:;:;:三三彡〆ヘ_
                ..sヾ三三三);:;:三三三三三彡。>ヾ .'"!i!i!i:;:ノ:;:;"'''- ..,,
                ノ三三ミヾヾ´:;:;三三三三彡゙゙゙´三三!i!i!i!i/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;>
              s<ゞ三三三三三三三三三三三三三ミ, -'"三三三゚, -'"
           s≦三三三ミゞミ三三三三三三三三三彡゚´三三三三, -'"
         .<三三三三三三三三"'- 、ヾヾヾヾヾヾ, -'"三三三三彡, -'iヘ∨
           .`゙ヾミミ三三三三三三三三三三三三三三彡.-'''"ヘ.;.;i.;ヘ∨
              /.;.;."'>ゞヾ≡ミ三三三三三三彡ゞiiミ||||is.ヘ.;.;.;.;.;.!.;.;i.;.;ヘ∨
             /.;.;.;/.;./.i.;./.;.く  ゚.,リ..ゝ.;\.;.;\.;ゝヾ¨゙゙¨ ヘゝ,.;.;.;.;.|.;.∨.;.;.∨
             ヾ.;.;.i.;.;//!/.;.;/ .~"".;|.|´ `> 、\\.;.;ヘ.;ゝ  .ヘ|.ヘi.;.;.iヘ.;.;..:.:.:.:∨_
             ._,.>.!/// /:;:;人   ゝ  /.;.;i"'''.、"'、ヘ.ゝ  !´.)i.;.;i.;ゝ.;.;.:.:.:.:.:.\ノ"'- 、
        ,.人ヘ!i!i!i゙s.;.;.;i.//|./i.|s ヽ  .ヘ  ∨!、、 \ ヘ| ` .ノ /.!.人:;:;\ゝ.:.:.:.:.:.:ヾ ̄ ̄"'- 、
     , sai!i!i!!i>ヾ`ヾミ∧:/ノ .i | !i:∧    .\  ゙ヾ゙  !_!_,./ ./y.ノ:;:;:ゝ:;::;"'- 、"'''- ._,..-'''",,ヘ
  .,asii!i!i!!i!i!i彡三ミ、─`゙-'":;ノ.;|:ヘ/:∧、'''-_,..-ニ" ̄ ̄ ,┘´  ./ミ.人∨:;:;"'- 、:; ̄:;:;:;:;:;:;.:..,rsi!i!i!!i!i!i"'-、
  ゙ヾ<i!i!i!彡三三彡。:;:;:;:;:;:;´:;:;:y..ヘ/i.\  .>´/─ '''"    /ノsi!i!iミゝ、:;:;:;:;"'''-,..-'''"彡三ミi!i!_ヾヾ゙´
   //i!i彡三三三彡゙"'''-.,,__,..ヘ/`!i  .>´/  """    ./ノi!!i!彡三ミヾ:;:;::;:;:;:;:;:;.,gi三三彡'''"'''- ...∨
  //:;:;/.∨三三三ミ .;.;.;."'- 、i!!i!ii\i!/!∠/ゝ.       ./i!!i!is彡三三三三svvi彡三彡/i!!i!ii!!i!ii!!i!ii!"'''-
...//:;:;/  ∨三三三ミ、.;.;.;.;.;.;.;.;.;ヾ、!i!i ゞ¨  .`\__,,.. .-‐´!i!s三三三三三三三三三彡ミiiiiivvs,!!i!ii!!i!ii!!i!i!!i!
.∧:;::/  .,,sヘ彡三三ミ゙"'- 、.;.;.;.;.;.;.;.;.;"'- 、,_,..-'''";.;.;.;.;.;.;.;.;.,,s三三三三三三三三彡゙´三三三三三三ミs,,i!ii!!i
:;:;:, -'":;:;:;:;:;:;:∨三三<;.;.;.;.;.;ゝヘ;.;.;.;.;.;.'""~;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;, -'"三三三三三三三彡ゞ三三三三三三三三三三三


               __..z== ミ            /.:::::::::::::::::::::/.::::::::_;//´`¨¨¨¨¨´`i:ヽ;_::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::.\             ,仁三`:.、_
        _斗:≦ニニニニニヽ         /.::::::::::::::::::::::::/.:::::::,.:i´ |:|          ヾ:i \:::::::.\:::::::::::::::::::::::::::.゙:、         ,仁ニニニニニ`:.、__
___...z≦´ニニニニニニニニ〉      /.::::::::::::::::::::::::/.:::::::/:/  |:|         |:l   \:::::::.\:::::::::::::::::::::::::::.、        ,仁ニニニニニニニニ`:.、__
\:ニニニニニニニニニニニニ/      /.::::::::::::::::::::::::/.::::::/i:/ ̄`i:|、_,     、_l:l´ ̄` .i\:::::::.\:::::::::::::::::::::::::.、     〈ニニニニニニニニニニニ/
  \ニニニニニニニニニニニ/        ′.::::::::::::::::::::;′.::/i.レ. _レ 、         ,リ- _ |::/i:\:::::::i:::::::::::::::::::::::::::.、    ∨ニニニニニニニニニ/.:.:.:
   \ニニニニニニ二ニニ/     /.:::::::::::::::::::::::::i:::::::/::l ,ィ炒==ミメ、   i    ,ィ炒==ミメ、|:::::i:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::.、    ∨ニニニニニニニ/.:.:.:.:.:.:
     \ニニニニ,仁ニ{~         /.:::::::::::::::::::::::::::;イヾ/.::::! i/i/i/i           i/i/i/i  |:::::l:::::/',:::::::::::::::::::::::::::::.、    }`ニニニニニニ/.:.:.:.:.:.:.:.:.
      \ニニニ7ニニ{       ′.::::::::::::::::::::/ :!::::|::::::|         r―――‐v       |:::::|::/| ',::::::::::::::::::::::::::::::.、  .}ニニニ≧、ニニ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        ゙:、ニ7ニニニ{      /.::::::::::::::::::::/  .l:::_|::::/       |        i        |:::/´.::!  \::::::::::::::::::::::::::::::.、   }ニニニニ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            ゚。,ニニニニハ.   /.::::::::::::::::::::/     !/ |:::i   u    、      ,′   。  |:iヽ:::::|   \:::::::::::::::::::::::::::.\,仁ニニ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
          ゙ 、.ニニニハ /.::::::::::::::::::::/〉_\   〈 .|:;′         \_   _/      υ .|:l  〉:|、    \:::::::::::::::::::::::::::.',ニニニ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
            \ニニ/.::::::::::::::::::::/ ./.:::::;:::.ヽ__iヽ!:!ヽ                        |:! /.:::|_ヽ____/\:::::::::::::::::::::::.\/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
             ヾ'.:::::::::::::::::::::/  ./.:::::/.:::::::::::::::;:::|:|:`‘,                     /ーl:!´.:::::|:::::::::::::::::::::.,  \::::::::::::::::::::::.゙:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
              /.::::::::::::::::::::/ __/._:_:/.:::::::::::::::/!:::リ:::::.‘,                   /.:::::レ:::::::::|:::::::::::::::::::::::.,  冫、::::::::::::::::::::.゙、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
\           /.::::::::::::::::::::/冫´ .:.:.:.:.:.:. \::::::::::/.:|::::::::::::::::.\     _ _ _    /.:::::::::::::::::::::|゙:、::::::::::::::::::::..,/>゙:、::::::::::::::::::::.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:ニ\     /.::::::::::::::::::::/`、¨¨丶.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧::::/.::::!:::::::::::::::::::::::`ト          イ:::::::::::::::::::::::::::::|:::::゙:、::::::::::::///.:.:.:.:.:.\::::::::::::::::::::.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
ニニニ`:.、 /.::::::::::::::::::::/   \  丶.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_:_:_|::::::::::::::::::::::::::i            i:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::゙:、_/,///.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:::::::::::::::::::::゙:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
ニニニニニ`/.::::::::::::::::::::/      )  ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:.iヽ.:.:.:ヾ/⌒ヽ、::,-、l             !::γ⌒ヽ:::::::::__ノ ̄ ̄~/,///:イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\:::::::::::::::::::.゙:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
二ニニ/.:::::::::::::::::/       /   .{.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:./⌒ヽr、/. : \       /\|γ⌒ヽ/.:.:.:.:.:.:..:.://////,!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\:::::::::::::::::.丶:.:.:.:.:.:.:/
.ニニ/.:::::::::::::::::/\       /    }.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.i⌒ヽ/.〈.: : : : :.\    ./.: : : :.:〉γ⌒i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.///////{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\::::::::::::::::::.\:/
ニ/.::::::::::::::::::::/ニニニ〉、    /      }.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.ヽ__〉' .\.: : : : :.\/.: : : :.:/.゚〈__/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{///////,{:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\::::::::::::::::::.\
/.::::::::::::::::::::::::;′.ニニ7i__`ー ´       /.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     \: : : :./.: : : : /   ゚。.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{///////∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,\::::::::::::::::::.\
:::::::::::::::::::::::::/ニニニ7 .l.:.:\       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.′.:.:.:.:.:.:.:/       .\:./.: : :./       ゚。:::::::i:::::::::::::::{////////∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>´ ̄   \:::::::::::::::::.`
::::::::::::::::::::/ニニニ7  ヾ.:.:.`ー――.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./         \_/        ゚。:::::l:::::::::::::::.\////////\_:_:_:_:_>´//       \::::::::::::::



 ・黒づくめの男と鴉の娘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  円卓について、騒々しく飲み食いしている二人です。
  大皿に盛られた肉団子のパスタを取り合っている真っ最中です。
 
  PC達に話しかけられると、男は「なんだてめえら!」とガラ悪く応じ、鴉の娘も「なによ、見世物じゃないわよ!」と言います。
  ですが鴉の娘は鳥人なため、礼儀正しく接するならすぐ態度をコロッと変えて、愛想よく「一緒に食事をしませんか!」等と言ってきます。
  もしPC達がその誘いに応じるなら、PC達へ甲斐甲斐しく配膳をしたりお酌をしたりといった振る舞いを見せます。
  その席で、鴉の娘は自分たちは商人で、大事な取引のためにこの街を訪れたのだと語ります。
  それ以上なにか言おうとすると、男の方から「商売の事をぺらぺら喋るんじゃねえ」と叱られて「ごめんなさい!」と慌てて謝ります。
 
  二人はしばらくすると(PC達と一緒に騒いでいるか否かに関わらず)酔いが回ったと言って、二階へと上がっていきます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


3608梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 02:33:58 ID:lJTUmL0j
匂い立つ怪しみ…


3609梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 02:35:23 ID:TFi7EZKH
カリオストロパスタw


3610◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 02:35:27 ID:53uJs9R4


         _,,、、、、、、、、,,_
.       /__ : : : : : : :`ヽ‐''"~"''~、、
      ∥: : : : : : : : .::'"~三三三ニ=- `ヽ、
      : : : : : : : : : :〃ニニ=‐-=ニニニミh、}
      |:: : : : : : : : :|ニ=──=ニニニ=‐-=ミ「
       乂_;_;_;_;_;_;_;」fア"~ ̄ ̄~ヽY=- -=ニ|_
   _,、、rf⊇└───ァ{{         ノリ |「 ̄~" i|
.r=ニツフフア.: .: : : : : : ://乂=-  _彡∧||    リ
i|二}ニ}}[≧=┬┬‐r<ニニニニ=─ ‐=ニニ=-/ /7ァ。_
i|乂ニニニニ=ー∨|i.:.:|i:.:|茫劣-=ニ二二ニ=─\./ニ//ニァ。_
`マ廴ア^ニニ=-〉|i.:.:|i:.:|弋^クノ  |:::::ィ劣r |i:|ニ=- マ/ニ/_r=ミ、
   `芍ニ[ ̄ ̄Ⅵ.:.乂乂     ノィ代ツ|i:|i:| やh、人{/┌=」
    ``∨777ア=--=ニ^|    、   /|i:|i:|   寸ニ乂Y乂ニ|
      r=ニ¨    〈:::l   _、    //|人|   寸ニ\ノニ|_
     斤∨       .、‐|iト _ .ィ::/:: ̄|     Y=- -=彡ク
     /  〉  ,、丶` \\∧∧:::|/::::::::::|       }>ニニ久\
.    ∥/ ``〈      `、 \ソ\  八⌒`~、、 /λ  //ヽ
.   ∥⌒ヽ / |\     、 トニ〕h、   \   :|i \∨//   }
    {{ / | L 乂. \    、| 〉ニ〕h、   \ |i\}h∨〃    ノ
   Ⅶ 从  / \      .」∧ニニ〕h、   \ \.乂_{{__/〈
    Ⅶ  \ \:::::::.._      ∧二二〕h、   `、 \|     ∧
    ⅦL.\ \ `~、、     / 〉ニニニ〕h、   `、 」     / 〉



 ・黒髪の少年
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  どこかの部族の出身なのか、旅慣れた格好をした少年です。一見して只人に見えます。
  円卓で肉料理を前にして両手を組み、祈りを捧げているところで、それが終わると外套の男を睨みながら食事を始めます。
 
  もしPC達が話しかければ、「僕に何のようだ」とPCたちを睨みつけます。
  難易度14の観察(知力集中+野伏or斥候LV+観察)判定に成功すると、少年の体の線が細く、声がやや高いこと。
  そして黒髪に埋もれるようにして、ぴょこんと二つ、犬のような獣耳がある事に気づけます。
 
  PC達がそれを指摘すると、「……悪い? 女の一人旅とか危ないからね」と不機嫌そうに呟きます。
  また耳について「犬」と称されると、「狼!」と噛み付くように言い返して、低く唸ります。
 
  外套の男が二階に上がったのを見ると、慌てて料理をかき込むように食べ、二階へと上がっていきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.



3611◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 02:37:27 ID:53uJs9R4

                                              ∨ハ            ‘,
                                            ∨:ハ      、 ヽ ‘,
                                       ,ィ           V:iハ      \,_r=ニ二i
                              _,、 ノ}_/ノ、__,.ィi _    Ⅵ:l        `¨_}=ニ}
                      |\      /}_|:::/:}イ:::::::'"´:::::;::-:イ/ー,    li:i:l \     | /ニ/ニ\
                       { ヽ',       {::';:::_|:::ト、i,ィ/:::/:::-‐::、::ヽ     li:i:l   \ 、   Ⅵ_/ニ/ニニ\
                     } ヽ',   __/Уヾ‘,      ̄ソ∧::::::::∧    .li:i:l     _,、_ ``ー/ニノニニ|
                       ‘, ヽ',  ⌒i::::l 、_i`} ' ___ `ミ:::\::::::::`ト- |i:i:l_,. _,.=ニ三ニ=‐- \_}ニニト 、
                    ‘, ヽ.',   /:::|、._ ;.'" '´____` ミ:::::::::\:::::\ {_,.ィ'"´    \ニヽニニニニニ从ィ=ミ
                         {  ヽ ',  '_ノ:i'`⌒ソ  、 ' ゞツ` Ⅵ:、:::::|:、::{⌒          _Ⅵハゝニニイニ\八
                     )  ヽ ',__'"´}   }    `   ., }:::=ミ:::::{\          に)、∧ニニニニニニヽソ
                     __└とニ,ィミx} .{| _,,,,. 、.,,, ,,,, ., / ソ:ハi }::::ゝ.ィ           ( に-、__ニ_ニニニ}、〉
                   /、=,ィニ〉:Yニ}_{_ :| -‐==‐--'', ′_}:__, イ、:::{_,           `⌒\_/ヽ}‐ィヽソ
                    ノ=r‐ニ/ニ}ニト-'/ヽ  , ̄   _)ヽ':::;ゝ:::::::::}::::/               ∨///`⌒//
                 /ニニ ̄:{_/_/=/ヽ/:`'::::レ.、ィー'':_:;:-‐''/)::::ノソ{                ∨///////
             ,. ィヽー{ニニニニニニ/ニ/∧}〈〉ゞ;:-::'''´"~`/ / /'}/  ∧``ト、 _ -―- ミ     ∨//////
            //、 ヽ"´`ー-===-イ / ∧ {ヽ }‘, -_,,. イ   |    ∧////////////∧       }ニニニ
           ///{__ゝ'ニニニニニ/廴_) / /_/\7、{ '/ヽイ`ヽ.、   |    ∧/////////////∧__   /ヽ: : : :
          ////-ンニニニニニニ/ 从ヽ''"´∧::\:::\}ノ_/ヽ':::::::::/\.|    ∧///////////////ヽ'///|: : : :
         /////\⌒/⌒ンrミ/入/ー'//: ∧::::::/:::;l\_\:::Y/.  `}   __, ∧////////////,. -‐,'///∧: : :
.      /ノ///////ヽ'~`ゝソ`(__ ィ/ /: : : :_`7:::/:l::::::\_\/   _ィi〔三ソ  ∧////////,.ィ´///,'/////|: : :
.   _/,.'_``ト 、.,_//////_,.。s≦、ヽ ヽ. / : /:::::/:::::::/|:::/:::/\_\(三三ミソ´    \/,. -‐'´//////,'/////∧:
. ///: : : ̄``ー- ̄ィi〔ヽ: :/:) l | l |/: :<::::::::::::::::::/ノ|/:::::':八::|   \ア´       \/////////,'///////|:

 ・吟遊詩人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  酒場の隅でリュートを爪弾く、鉱人の吟遊詩人です。
  話しかけると愛想よく応じて、PC達にどんな曲が聞きたいかと問いかけてきます。
 「辺境勇士の小鬼退治、死の迷宮に挑んだ六英雄、それかこの宿屋でおきた血塗られた殺人の歌なんてのもありますぞ?」
  PC達に殺人事件の話について問われると、吟遊詩人は「酒代一杯頂けますかな?」と笑って問います。
  銀貨1枚を支払えば、快く、殺人事件の伝説について教えてくれます。
 
  曰く、この宿には国王暗殺と王女誘拐の陰謀を目論む邪教徒の一人が泊まっていた。
  国の間諜がそれに気づいて調べを進めていたが、逆に正体を見抜かれ、邪教徒によって殺されてしまう。
  ワイン商に化けていた邪教徒はそのまま物取りの仕業に偽装し、早々に逃げ出そうとしていた。
  しかしたまたま居合わせた冒険者たちによってその罪を暴かれ、捕らえられてしまう。
  冒険者たちは続けて陰謀の阻止に向かい――やがては伝説に名を残す存在になった、という。
 
  そんな物語ですと弾き語りを終えた吟遊詩人は優雅に一礼をし、亭主や客たちの間を巡って代を頂くと、二階へ上がって行きます。
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


3613◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 02:43:17 ID:53uJs9R4

         / (ニニ| >''´                 `丶、    _,.
            乂_ \ニ|  /           \      ―――… ''"´
             |ニ=ー-  /             \     …‐--= ―<
             |ニニ/' /        {   \                ̄´"
             l:/ / /  |  |   八 \ \    ‐-=二_
           /  /  {  |  |   /  \ \ \          ̄~^"
            / .Λ 八  |  |  ,.ィ'^~´ ̄ \ `'' ー-  ., _
            { /  \,. -‐-  、 | rャ斗―子''~ー  r―く ´゛" ''
           ∨ /   _x=ーミ、  \|イ f:n::(_  メ、\ー'⌒√ヽ〉\
             { { l {ィi( f'I(_ \\!:::::乂沙ノ   \ 、  ∨/\ \
           \\ \ 乂'ソ:::::::\\_:::: ー ''゛  U  `、  `、  \ \
             |ニ\{\\ ,,、〈:::::::::::  ̄          r`、  `、ーニ\
             |ニニ|. `ト--                  / `、  `、、
             |ニニ|. 八 ι             /   `、  `、\
            ノ|ニニl\ \    r ,          / `、  ∨i:i`
            「 ノ Y  ノ 〉 \\               /    |    Vi:i:
          〈/  }/   〉  \\    _、<    /~>ー‐/    .|i:i:i:
        / ′       〉    \`¨爪 ⌒(_/\ { /ニニニ/     |i:i:i:
        ゝ-{        ‘, \     ) ヽ >- ミ__,,{ニニニ/     / |i:i:i:
          {         \ \`¨´  ){ニニニニ辷}>'’   、 ` /i:i:i:
         \       __ノ \   _彡{ \ニ>''´   、丶`  ,:i:i:i:i:i:
             |ニ>、 _ノ厂   }\⌒\_ノ\__,.、丶` _,.、ィ:i:i:/:i:
             |ニニj厂    ノ ノ\  \i:i:i:i:| Τ゙「 ̄i:i:i:i:i:i:i:i:i/ノi:i:i:
             |ニニノ厂    ̄ } 「:i`ー―<| | |i:i:i:i:i:i:i:i:i:/厂 ]i:i:i:
             |ニニ{厂      ノ ノ:i:i:{ ∨i:i:i| | |i:i:i:i:i:i:ノ~~j厂 ノi:i:i:
             |ニニ)     _彡イ/i:i:i:} ∨:i∨| |i:i:j:ィi{厂 j{ ―くi:i:i:i:
             |ニニノ     /:i:/:i:i:i{   }:i:i:i∨/ィi{:i:i:i廴 j{厂  }:i:i:i:


                            ;=))::.   ,,='‐;;;;''-、::
                         ,,-'゙゙ ,)'::     l;;゙゙;;;;;''''/;;ヽ::
_;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::,ノ;;;/::  ,,,..'.ゞ-'`,;;;;;;;,-‐,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_ 。。 、 __、
j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,-'_ム,,,,,--';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}
,.:::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'-:::::;;;;;;;;;;  ;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"`l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ゝ
 ~つ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ__ _:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐-,,.
   ,. -‐-.,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.‐ュ,,;;;;;;;;;;;;;`-'--,i';_.,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_)
     (,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::  ̄"‐―--―.'-,,_彡::::::::::::::::::::::::::::::::::::::廴 ̄
     {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿
   _;;::::::;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|、
   j::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;'i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}
    ,.:::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;/"l ̄ ̄|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ゝ
    ~つ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./;;;;;;;;;;;;/:::::: : |;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,,..
      ,. -‐-.,::::::::::::::::::::::::::::::::::/;;;;;;:;;;_-"::::::::::::::: |;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
        {,::::::::::::::::::::::::::::::::l;;;;;;;:r"":::::::::::::::::::::::: ヽ;;;;;;;'i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} ̄
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::.|;;;;;;;|:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ;;;;;;'i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
       ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::,|;;;;;;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ヽ;;;;;;'i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l`
     _ノ;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::,l;;;;;;l':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ;;;;ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|__
    j::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r';;;,;/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽlllヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}
        シ::::::::::::::::::::::::/;;;;/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ヽlll)::::::::::::::::::::::::::::イ,~~ ̄~ ̄~ ̄~ ̄,`
                /^'l'::
                l;;;ノ::

2.事件発生
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  大部屋はPC達全員が泊まれるだけの簡易寝台が置かれた、空間はあるけれどあまり上等ではない部屋です。
  PC達が眠るか起きているかどうかは彼ら次第ですが、いずれにせよ日付の変わる頃に、とてつもない轟音が響き渡ります。
 
  もし眠っているPCがいたとしても、これで目覚めて構いません。
 
  続けて「キャアーッ!?」という、少女の悲鳴が聞こえてきます。間違いなくワイン商の娘のものです。
 
  部屋を出たPCは、開いた扉の前、廊下で立ち尽くしているワイン商の娘を発見します。
  声をかけると彼女は怯えた様子で「あ、あの人……!」と、部屋の中を指さします。
 
  そこは外套の男の部屋で、中では外套の男が、胸にナイフを突き立てられて仰向けに倒れています。
  床に広がる血の量から見て、間違いなく死んでいるでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


3614◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 02:45:06 ID:53uJs9R4

////////////////////////////////////////////ヽ
///////////////////////////////////////////////\
/////////////////////////////////////////////////ヽ
/////イ////z=-  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  -=z///ヽ/////,∧
////> ´                       ` <\////∧
///                                  \ハ///,∧
/                                  Y'/////,
         -―   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ―-  __     |//////!
   ,... <                i         > .  }//////!
  /   ./   /      .i       |  !  j   i!    \//////,!
∨    /   /       |        | /j  ハ .∧     \////,!
/    /   /         !        /!/.:j/>j/ ̄}}   ト ー`////|
    /      i    | {        /::::::::.ィ´::ij::::ノ  リ  .'  |/////|
   ./   /   |   从ハ    ./:::::/ ゞ= 彡 イ   /   |/////|
  /    /i  /}  /::::::::::',   /::.〃 ー == 彡 " ./     |/////|
  {   / j/::::::i  /:::::::::::::::\  ||::::.       //|      |/////|
  i  .′  |`ーj/ ―― ´  .\{!::::::.      / /!       |/////|
  ∧  i     |            |:::::;        ./ |     |/////|
∨  \{     |              、j/        .  !      |/////|
   |       | ヽ       _  _     /  .!      |/////|
.  /       ', } \    ´`  ̄ ̄ ´`  / .|ヽ.  |      |/////|
 / ∧     ’ト.   > .    `  ̄ ´   イ  ノ ハ |   |   |/////|
.//  }      } \    > . _ . <   / /  } .|   |   |/////|
    |      |   ≧=-----r----=≦     !..|  !   !/////|
-=≦ニハ.      |    `  ̄ ̄ 丁  ̄ ̄ ´       八!     ,≧=- L..__
ニニニ∧     |、           {          ノ  |  /  ,ニニニニニ
ニニニニ\   | ≧=-      }      -=≦   j/!  /ニニニニニ
ニニニニ/ \ {           n             |  /ニニニニニニ
ニニニ/    \!         ==||==           }/',ニニニニニニ
ニニ /               ||                  ',ニニニニニニ
ニニ i{                                    }iニニニニニニ

                         _ ...  ... _
                     ´ -      `  、
                  //   , / i }   、 \
                 / , '  / イ // j'′  i '
                 .' / / / / '/,/ / !i   |',l   ハ
              l .' / / / / /   /}l|  リ  i . i
                l { .! / / / l  /, / !j / j ! } | |
                 | ,l l {_」,..∟!_,///-‐l七辷l /l ;l |
                  | /〉、、r ;'〒ミミ゙イ,' '/ん沁。!/j ;:| |
                  }.'/'|゙、、゙c辷ノヾ{!  ' `''"゚o,' ' /l|: !
                 ,''/' l! .ヾ       、    /  /:jl' |
.               // ,7 ! |:、   γ= 、 / .'/:l:l.' l |
            /′ ,/ l.'j:ハ゛:.. 乂___.ノ /  ./:: !:l ! !
              // // .' /j::|::::}:r≧.ニ.< /∧、:!| | |
           / ' /:/ / 、≠=ー-ミ、Y~// /ノ.:..\ ! |
.           /  /.:/ /,/∧ニニニニ{t{/"   /.:.:.:.:,:.-‐zミ:.、
         . ' /:/// /λニィ"//   /.:,:イ:'"´:.:.:.}:〉ミ:!
          , ' /,:'/, '// /::}>=´;;// / /':/.:.:.:.:.:.:.:///:l:.!
        /  // / ,/イ:::::ノ!:.:.| .://  :{i":.:.:.:.:.:.:.:.:.///.:,':.:l
       /  ..:::://i/イ::゙、/Λ:.:!/ //   リ|:,:':;.-、:.:/'/:./:.:.:l
      / ,:'.'::://{/'"{|:゙、::{.:{,' 〉' ,:' /   /.'ノ/´.:.:/'/.:.:./.:.:.:.:.!
    / .: ://{l'/<`ー..l:::ヽ!〉!/ / /  /:/'.:.:.//.':.:_ノ''rー=、:.!
.   / .://.'.:.'/'::゙、}i.\二.ノ l´/ /' ..ィ´:/.:.:.://.ィ"´.:./ l   `
  /  i'/ !ll/::\ \`ノ::、__}ノ彡イV.:/.:.:./,.:':/:.:.:.:.:/:.  {
  .'  { !  .l{:{::::::::ヾ''</:_:::::{,{ '{ヽ{_/.:.:./,.:'/.:.:.:.:.:.:Λ :.  :.
  {i {  ゙{:  ゙.::ゞ_:::::::}゙77´:::::}ゞ〈/.:.:./,.:'/ :.:.:.:.:.:.:/  Ⅵ  、


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  遅れてどやどやと他の宿泊客、亭主、女将たちがやって来て、殺人現場を見て驚きます。
  亭主がすぐに女将へ衛兵を呼ぶように伝えると、黒づくめの男と鴉の娘が見るからに慌てた様子で顔を見合わせます
  そして一番最後に「何の騒ぎですか?」と至高神の女神官が部屋から現れ、状況を見るや「動かないで!」と叫びます。
 
 「私は至高神にお仕えする身です。この場は私が預かります!」
 
  そういって彼女は宿泊客たちと話した後、第一発見者がワイン商の娘であると聞き、そちらへ向かいます。
  すると表情を変えて「これは何ですか!」と彼女の手を取ります。
  それは一枚の紙片で、何やら文字が書きつけられてします。
 
 「『お前を見ている。夜半に』――そうですか、それで部屋を訪れて、襲われてもみ合いになったのですね」
 「違います! わたし、そんなふしだらな事しません!!」
 「大丈夫です。きっと神殿では公正な裁きが下されますよ」
 
  ワイン商の娘は必死に否定しますが、至高神の女神官はそれをなだめるだけで、彼女が犯人だと譲りません。
  吟遊詩人が「そういえば以前の事件も犯人はワイン商だったそうですぞ」と呟くと、ワイン商の娘は顔をくしゃくしゃに歪めます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.



3615◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 02:47:00 ID:53uJs9R4


                          /|
      _,.. -――-、      |\     ./ .|
    _,.fニ三三三三土x、    |  \   /  |  /
 x≦二二二二二二二二≧、  |   \/  .|/
.んニ>''" ̄    ̄ア弋'<二!
l>'"       ,. '":::く.)`くニリ  決  犯   お
ニ≧x __,,..  '"´- .._  -> .∀   ま  人  ら
二r--y' /  /、`'r.`-, .ノ |_j   .り  は  お
く^! く !  | |  |、/イ /ノ  \ .だ  そ  ら
心   \'、  、` /イ彡′ ̄ ̄ !! の   `
ニ心    ヾx..__.ィ≧x. \          ア
ニニ心     `<!_∨二ニ''ァ        マ
二ニ心  \____>二>''  \     で
二二二>、    ⌒!>"   /
二二|\.心 . |、  }ニ≧、 /ィ
二二|  \心| 、イニ/|二≧x ,. /
二二|    \| 、/ |ニ>''" //|         .|
 ̄ ̄             | ''"    /ハ |  /\  |\|
\                /ニl |/    \|
二\   .冒  帰  早    ̄ ̄/
 ̄ ̄   .検  .し   く     /
      者  て   オ   /∧
\     さ  .く    レ   \二〉
二\   ,ん  れ  達      \
二/  !!   `   を   __ \
/               \   ̄



             /
                                 ヽ
              ′                    ハ
          /       ,'
                 j   i         丶   i    ゙
           .,'     /{   i        `, ハ    i
         l      ,' i|   j i       i  ィ"圦   i
         |   i  / И /{ 小  ,'  i   j{  斗   i
         |   i 汽ぅ| `7卞尤∨   }、 八  ハ   i
          И /〉j{ ㌣} j/ ー=≠。从  从   ゝ、}   !
            小 ' j从i゚ }/   }'  ゙, } ,/辷、   人   !
            } ∨ニ込       i {/ニニ、     ∨ ,
              |二二}h、 -=ニア ; ∧ニニニ、     } ,
              |ニニニミh、   ,ィ升ニニニニ、    ,
              |ニニニニ寸㌻圦ニニニニニニ、     ,
              |ニニニニニニ'∧ニニニニニニ、   ,
              }ニニニニニニ∧ニニニニニニ∨、    ,
           ∧ニニニニニ∧ニニニニニニ∨ミh、  ,
            /!ニニニニニニ∧ニニニニニニイニニニ、 ,
         ∧|ニニニニニ∧ニニニニニ≠´iニニニニ ,
         {ニYニニニニ∧ニニニニニ/ニニ'ニニニニ ,
            j圦ニニニニニ仁ニニニニニ7ニニ'ニニニニ .,
            {ト、ヾニニニニ{ニニニニニ/ニニ'ニニニニ/i  ,


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  ほどなくして戻ってきた女将は「祭りのせいであちこち騒動が起きていて、すぐには衛兵が来られない」と困り顔で説明します。

  しかし黒づくめの男と鴉の娘は「この女が犯人で決まりだ! 早く片付けっちまおうぜ!」と騒ぎます。
  他の宿泊客からの視線が刺さる中、ワイン商の娘は泣きじゃくりながら「違います! 私じゃありません!」と言います。
  とにかく場を落ち着かせようと、亭主は「ともあれ皆さん、宿の外に出ないように」と言って一階へ降り、衛兵の到着を待ちます。
 
  ――衛兵が来るのは夜明け頃になるでしょう。それまでにPC達は真犯人を見つけなければなりません。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.




3617梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 02:47:51 ID:WNuZe2OA
ふむむ....


3618梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 02:48:47 ID:TFi7EZKH
流石本職(?)だけあって推理物へのAAのマッチ具合が凄まじいジンニキw


3619◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 02:49:27 ID:53uJs9R4



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ↑1階へ  ■
■                                                                               ■
■                                       廊 下                                        ■
■                                                                               ■
■■■扉■■■■扉■■■■■■扉■■■■■■■■■扉■■■■■■■■扉■■■■■■扉■■■■■■■■扉■■■■■
■       ■          ■             ■                ■          ■              ■               ■
■ 大部屋 ■ 吟遊詩人 ■ 黒髪の少年 ■ 黒づくめの男と鴉の娘 ■ 外套の男 ■ ワイン商の娘 ■  至高神の女神官 .■
■       ■          ■             ■                ■          ■              ■               ■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


3-1.推理パート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  PC達は宿「水晶の森」亭の中を動き回って、事件を捜査することになります。
 
  これはあくまで「ミステリ風」のシナリオであり、PC達を操る人々に名探偵として本格推理を期待するものではありません。
  GMとPC達の対決でもないため、意図的に情報を隠したりしないよう気をつけ、謎を解いてもらうつもりでいましょう。
  PC達が真相にたどり着かず悩んでしまうようでしたら、因果点を消費する事で、何かヒントを出して構いません。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


3621◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 02:52:21 ID:53uJs9R4

                 -‐…‐-
               /         \\
                  / / /   }    \
            / | / | ―/ ト  A   |   )
             / // |  ィ莎从ィ芯 八 (``~、、
            / ィ 〈人 从  '   /ノ'\ \   `丶、
            //|人〈ハ 八 (::::ノ イへ '⌒\ \    \
          / /  人__\ i  |T爪 ニ二\   )   \    \___
           /  _____{ik㏍|  |㏍/}_)二二=-く'⌒ヽ  \    \/⌒
         {  /ニニ八㏍リ  |㏍八{二二二二}   〉人 )     \
        し'二⌒ヽ_彡'   ノンニニ}二二ニニ人 〈(  \      )\
         ∨/ /::/うぅ匕/::::/二 \二ニ/二\ \(\ \   人
           〈:人::{ / /::イ二二 /`⌒\-==ニユ \ `⌒)/   )
          {ニ/ \/⌒Y/二=/  )   \二=-\\/
         人 〉-〈ニ〈 | くニ/=/ | 〈   {   \__二〉
           〔_Y_〕 〔〈 _〕二 /ノ:|   ): 人  /\二=/    /\
           「 〈 Yこ)〈_ 〕z/二人 /  /_/ニ|二〔    /二二.\
          /ニハ〔人 Ⅵ二二二)⌒ //(=二.|二=〕_/二二二二 \
          /二二〉人__人____,ノ⌒\//xixi|ニ二|二./-=ニ=---------‐==-ミ
.       /二 r=≦㏍Vi㏍㏍㏍7二./ /xixixix|ニ二|ニ/-=二二二二二二二二=- ヽ
      7 二/ Y㏍㏍/\㏍㏍〈二.〈 /ixixixixi|ニ二|.〈-=ニ二二二二二二二二ニ=-|
    /__/-= 八㏍ /|   \㏍k〉-=/⌒'<xi|二ニ/-=ニ二二二二二二二ニニ=-|
   //-=ニ二/ア宀|k|  ∨`¨´トミ| / / //=--< 二二二二二二二二二二ニ=-|
   〈-=ニニ二/二/  ∧_〉   \'⌒= U./_//-=二=-`'<-=ニ二二二二二二二ニ=-人
    |-=ニ二二./          ̄\-=二二二二二=- `'<-=ニ二二二二二二ニ=- \
    |=ニ二二,:    |           \-=ニ二二二二二ニ=-`'<-=ニ二二二二二ニ=- 〉
    |ニ二二/ :|    |            \-=ニ二二二二二二ニ=-`'<-=ニ二二二=- /
    ∧ニ / /  |    |            \-=ニ二二二二二二二ニ=-`'<-=二=- /
.  /ニ ∨ /  八                 \-=ニ二二二二二二二二ニ=-`'< /
   二ニ.∨     、                  \-=ニ二二二二二二二二ニ=- /
  |二二 |     \   \                 \-=ニ二二二二二二二ニ=-/
  ∨ニニ|           \                \-=ニ二二二二二ニ=- /
  〈ニニ.|                 \                \-=ニ二二二二ニ=-
    \=八         \     \                \ -=ニニニ=- /
.      \_ヽ       \ \     \        \____\-=ニ=-/
          ̄\________)       \        〉___>―
          \(:::::::::人ノ        /\(ニ=-<\
              ̄   \        (///ハ\////////\
                   ̄ ̄ ̄ ∨/// |  \////////\
                        ∨'//リ   \///////∧
                           `¨¨´       \///// ∧
                                     Y/////∧
                                  〈/////// ヽ
                                  ////////_/
                                 _ ////////{
                              ///////////
                               ∨///////
                                ̄ ̄

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  また本シナリオではワイン商の娘は依頼人であり、守るべき対象であるヒロインとして描写しています。

  しかしPC達の傾向やGMの判断では、彼女が自らの潔白を晴らすため率先して行動するようにしても構いません。
  この場合、PC達のサポート役にすると良いでしょう。PC達に捜査を依頼し、捜査に同行するのです。

  そしてホームズに対するワトソン、あるいはワトソンに対するホームズのように、PC達の推理に助言をするのです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


3623◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 02:57:56 ID:53uJs9R4


                                                           _,ィ
                                                       __ ノ7ノ: :ノ
                     r'ア>‐…‐ミ、                        /. . /: :/=- _
                       rく/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\                      {: :{.:/: :/⌒: : . 、 \
                   ハハ.:.:.:-=.:.:.:.彡'''゙゙ ㍉ミ、                    V从彡ミ、‐ミ、: : \: :}
                    V.:.:V.:.:.:.:.ミ'´     Vハ                     }:.  __   ㍉: :\: . .V
                        〈:.、.:.:\ミ'^   -‐   -}.:..}                    乂〉^tッ  }i:Y^Y:ミ/
                       `乂⌒{{   rぅ  iッ乂(                     r' __    彡_ノ.:./
                      ` -、        }                       从从从〉  .:''  Vヘ
                           _ノ : .... ー= イ                        「ミミ、,,,  イ __ノイニ{
                   _ -{ニア    {>                       _ -=ニノ从彡゙゙<ニニニニ=-ヘ
                 _-=ニニ乂 ‐-  _\ヘ                     └‐へ-=ニニ}:  }ニ=- -=ニニ>、
                 {\-=ニニハ     __ \\_                      Vニノ  /-=ニニニ/ニニ=-_
                 }-=ニニニニ「⌒⌒〈∧⌒⌒〈ニ}                   /rヘ/: :/)ニニニ=-/ニニニニ=-\
                 iニニニニ=-}: .   Vハ   Vハ                 /-=ニ> >< <-=ニニニニニニニ=-/⌒V/
                 {-=ニニニニハ: .    }/} . : }/7                /ニ/ニ(//ニヽ)-=ニニニニニニ=-/ニニ=-v/
                 }/-=ニニニ込、:\_//__/__//イ                -=ノ-=ニ}/-=ニニニニニニニニニイニニニ=-V/
                /-=ニニニ<ハ//≧=-⌒ -<}ニ                {ニハ-=ニニニニ/ニニニニニ=-/ニニニニ=-
                {ニニニニニ\///////o//7ニ                }/ニ∨-=ニニニニニニニニ=-/ニニニニニ=-
                 乂-=ニニニニニ\////////{ニ                ノiニニV -=ニニニニニニニ=-/ ニニニニニ=-}',
                {=-\-=ニニニニ}  ̄  ̄-=∧/               /ノ-=ニニニニニニニニニ=-/} ニニニニニ=-/∧
                ∨ニ=- -=ニニニハ: : . .  /: :∧             /ニ乂 ___-=ニニニニニニニニニハニニニニ=-/-=ハ
                 V-=ニニ=-/ニ}: : : . .__ /: ∧            -=ニ}/////⌒ヽ---------</{ ∨ニニニニニ=-
                  人-=ニ=-<___ /^V/: . .   /  V/         /ニニ「\//{////}}/\///////⌒{ }ニニニニニニ=-{
                ///⌒「 ̄: : . . }   v: : . .      V/        , -=ニ/\-=ニニニ>、//∧ ̄-=ニニニVニニニニニニ=-
                 /// . :.{: : : .  {   }: : : . .     ∨/       {ニニア-=ニ\-=ニニニ\_/-=ニニニニ7ニニニニニニニ=-}
                   /// . : ∧: : : . . r_ノノノイ: : . .     / /∧       }ニ〈-=ニニニニ\ニニニニニニ\-={ニニニニニニニ=-/
              ///  . ://ハ: : : : . .    . . : : : . . / // ハ       Vニ7^\-=ニニニニ\-=ニニニニニ\乂-=ニニニニニ=-

・1階
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  酒場です。奥には厨房と、亭主と女将の部屋と厨房があります。
  亭主と女将は衛兵を待っていますが、顔には「とんだことになった」という気持ちがそのまま浮かんでいます。
  二人は何も知りません。
  被害者についてもこの晩ふらりとやってきて部屋を借りただけで、ただの宿泊客だと思っています。
  そして夜中に上で大きな音とかドタバタいう音がして、悲鳴が聞こえたので見に行ったと話します。
 
  もしPC達が難易度13の交渉判定に成功するか、上手く話せば、宿帳を見せてくれます。
  宿泊順は吟遊詩人、黒づくめの男と鴉の娘、至高神の女神官、外套の男、黒髪の少年、そしてあなた達です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



・大部屋
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  PC達の部屋です。
  特に何もありません。
  窓が一つと、人数分の簡易寝台があるだけです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


3624◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 02:59:07 ID:53uJs9R4

                   \::::::::::-::::―::-:::::_/::::{V::::/::::::/ヽ
                    /:::::,ゝー - ::<` ヽ!::::::::i`ヽ′  V∧
                   ヽー.:'::::/::::::::::::::::/  |::::::::::.、     V/}
                 \//:::::::::/::::7 i  `¨¨¨}::.ヽ !へ }i/
                      /´/::::::/::::::::::/ , ‐-━‐┘- ' ノ,.ニ、′
                、_j{::/::::/::::/  ′_,.ニ=ミ、  {、ソ', 、
                     \::::::::::rー{::::::::;   气 ゞ′/    、  }
                   7/:::{ r`{:::::::::.,    `         _〉 {
                    }::.、ヽ`';::::::.,ヽ、      </  {
                    }イ:.ヽ、__;::::::.,   ,,..;;;;;;;;;;;;;' ゙;;;;,{
                     i/::::::::} ;::::::::....., ` ̄ ̄_ ̄ }、
                    __//:::::::::., }:::::/:::ゝ':::...,,,  ノ:..,/::.\
                   ~~"/:::::r=ヽ:.,}/ー― - ;;_::::::::::::i:::ト 、:::>
                    { ヽ、 /_:::/  \ヽ 、     `ヽ、!:::|\´二ニニ=- _
                {  ヽ、イ     \ ',     / ムヽ!  \二二二ニニ=-- _
     ,. ー‐‐―――――{   ヽ      ヽ ',    / ムヽ     \二二二二二二二ニニ=-
   <: : : : : : : : : : : : : : : : : :{    ヽ、   /`!}:. ',     {  .} ,.:へ、  \二二二二ニニ=-/
  /: : : `ヽ、: : : : : : : : : : : : : :{     ヽ /   ム__      _} \ニ=-  \二ニニニ=-/
  .{: : : : : : : \: : : : : : : : : : : : : {     }、    ム ヽ、  ,.:'´ /    \二ニ=-二ニニ=-/∧
  i{: : : : : : : : : \: : : : : : : : : : : :{     } \    ム      /     /二ニニニニ=-////∧



・吟遊詩人の部屋
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  吟遊詩人の泊まっている部屋です。
  閉まった窓があり、寝台が一つと、物入れ用の長櫃があります。
  旅慣れた様子のため荷物は背嚢一つに収まっていて、特に変わった様子はありません。
  しいて言えば小剣があるくらいですが、旅をするなら護身用として当然なくらいでしょう。
 
  吟遊詩人は「不謹慎ながら、こういう状況だと創作意欲が湧いてきてワクワクしますなあ」と詩作に耽っています。
  吟遊詩人は何も知りません。ただ外套の男の部屋の方から轟音が響いて、それから悲鳴が聞こえたと言います。
 
  もしPC達が人狼について聞くならば、吟遊詩人は知識を有しています。
 「まあ私が言うのも何ですが、歌に歌われる程度で、どこまで真実かはわかりませんが」と前置きをして、銀が弱点だと教えてくれます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


3625◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:02:26 ID:53uJs9R4

.            _,.ィr‐ '' ¨ ̄ ̄ \
          >宀…‐- 、     ヽ
        // __/,ニニヾトr―――┤
      /' /  ,ノ//   ', }H´ ̄ ̄ ̄{
.     〈. 厶イヘ {.{   _ノ',ハ   __〉
      }j/べい.ヾ二 ‐… 'フ厂 ト Y iレ┐
      〈〈    >'   __,. ィind|   :|ソ.}i/ ,⊥___
         Vi / ,. <\   ¨´|  i |ノ7 / / _,>┐
        / .ィく {ィfinjトゝ   :| iイ!:|_/,厶斗一 ¨二\
          i/ ,ハ. ヽ ゞ=' ヽ   jノ ! :| 厂 ̄¨' <.    \
.         ,二rr┴ヘiヘ   ‘´ .イハiノ:}      \    \
       |∨{f.     f''T T ヽ`T /     ,  '´ |      .
        ,ハ | iヘ.   n. li. ト-- 、` 7        . '|       ,
.      / i ヽ_ | 「|. l l. {し   ヽ/    ,.  '´ /
     /  `ー| ヽ!.ヽ〉ヽ.〉   , '         /∠.. _       ',
      |    |     / ヽ  /        ∠二< ̄       '
      |      ',        ∨       イ\ \          i
     ヽ----‐1      厂      /¨\ ヽ ヽ         i
              |      /     ,./ヽ  ',            |
           l.    /         '/   ト、__,}\            |
              l. /      ,/     ∨へ \            |
              /      /         '. }. }!             |
         rイ!     / |         iヘ \、          !
         / { \   /  iヘ         | ト、_>> /:へ.    ,
          〈  \_,>‐┘  〉|   __..   -‐''ア^┬ヘ/'  /\.   i
        /\ _ /   _. ┴        |  | 7\__/  /\ ト、


・黒髪の少年の部屋
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  黒髪の少年の泊まっている部屋です。
  閉まった窓があり、安部屋のため寝台は簡易寝台で、それしか家具はありません。
  荷物といえるのは頭陀袋ですが、中には獣の爪を尖らせた首飾りが入っています。
  また中を見ると、肌着の替えが多いような印象を受けます。
  既にその素性を見抜いているなら年頃の娘だからですが、PC達が気づいていないなら「奇妙な事に」と伝えて下さい。
 
  黒髪の少年は不機嫌とも、不服とも、なんとも言えない曖昧な表情で、寝台の上に蹲っています。
 
  難易度14の観察(知力集中+野伏or斥候LV+観察)判定に成功すると、少年の体の線が細く、声がやや高いこと。
  そして黒髪に埋もれるようにして、ぴょこんと二つ、犬のような獣耳がある事に気づけます。
  もし酒場での判定に失敗しているなら、この判定の難易度は13に下げて構いません。
 
  事件の事については黒髪の少年、正確には狼人の少女は何も知りません。
  ですがPC達が上手く友好的に話しかけるか、難易度14の交渉判定に成功すれば、事情を話してくれます。
  彼女の正体(狼人の少女)にPC達が気づいているなら、この判定の難易度は13になります。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


3626◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:03:08 ID:53uJs9R4

                   ノ    _,,.
                _,,.、-===ア
              )   _、rセ7フフ丁厂厂丁フ7ぃ、、
          / ,.ィi{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i寸、うぅ=-
           ,.:゙レ三ニ======ニ三:i:i:i:i:i:i:i:i寸i:}h、
.        ,.:゙:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`マ:i:i:i:i:i:iマ:i:i心、
     _,,.、゙:i:i:i:iム:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:寸:i:i:寸寸:i:心、   、
     フア:i:i:i:i:i:iム:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>:i:i:マ:i:マ:, ``く,,_
     イⅱ:i:i:i:i:i:i:iリ^寸:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:;;..、ィi{:i:i:i:i:i:i:i寸:iL,,.
 ー=彡,ァリ,:i:i:从:i:(乂  ```←====《 <  マ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:,⌒
      ⅱ{ム:i:i:i:}h、..,,__ /   `寸i:i:i:i:iム _  }}:i:i:i:i:i:i:i:i:アヘi:、
      ⅱ{:iム:i:i:i:i:}h、   ,xく、 マア∧iリ }アリ:i:i:i:i:i:i:i:i{
     圦マ:i:iム寸i:i:i:i}h、 イ^(Uリ リル}iレ゙,ノ ,イ 寸:i:i:i:i:ム
      乂寸:ム `````丶、 ``   ⅱ   |  ,レマ:i:{^ヾ、
       ``)マi}h、ィih、       廴,,.     ゚,^
          ノ }:i:心`j                 ',
       ,,.:'.......マ^寸゙、   _,,    、     _,,,..>…┐
       |...................リ...}h、      , '^:、  ,,.、-...................{            、‐゛
      ,.:'.........................._,,/〕h。.,,.。 ゜ __,,):'゛..........................八      ./.........
     /..j...--====ァ....}__   、‐==―‥‥………‥=''`、    /............ .
    j..............................}i.,.:゙....フ"∥........................................................ ゚,  , '゜............{... .
    {............................ノ゙.......イ.... i{.........................................................~"}i,:′...............゚:,...
.    }h、..........、丶`.....,ィi{........ⅱ...................゚:,................................i.....リ.........................゚:,
.    {.....丶、.く............^..i..{....... ⅱ......................:,.........i....................}..∥............................
     廴........... )h、.........!..!..........}}.........................:,.......i゚:,.................|∥..............................
      ~"''~、、..)h、.................{{...........................:,.....|...〉............. }jj................................
            ̄^ マj{.........ヤ................................|∥..............リ{{.............................. .
                ∥:,.........}................................|,゙.............. /.八............................ .
                jjニム..... |................................リ..............,こ.....ム............................
              √ニニ:、..|..............................∥............,:=-…...}...........................
              にニニ、|........................... ∥...、丶`...............ム.........................

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 「あいつは僕が殺そうと思っていたんだ。……変な臭いがしてたせいで近づけなくて、先をこされてしまったけれど」
 
  なんでも昔あの狩人が自分の里を訪れた時、部族は快く男を迎え入れ、もてなしたそうです。
  というのも彼女の里では旅人はマレビトとして扱うのが習わしで、その時も多くの旅人を招いていたのです。
  にもかかわらず彼は族長――彼女の父親を闇討ちして惨殺し、そのまま姿をくらましてしまいました。
 
 「ととさまの亡骸には、あの男のナイフが突き刺さってたんだ。あいつが殺したに違いないんだ……!」
 
  ですが彼女は、残念ながら殺したのは自分ではないと言います。
  今回、狩人の亡骸に刺さっていたナイフは、あの時と同じものだと言います。
 
 「なんでか知らないけど銀でできてたから、良く覚えてるんだ」
 
  また、PC達が獣の毛について尋ねたなら、「狼の毛だと思うけど、こんな狼は見たことがない」と首を傾げます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


3627◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:05:43 ID:53uJs9R4
                          /|
      _,.. -――-、      |\     ./ .|
    _,.fニ三三三三土x、    |  \   /  |  /
 x≦二二二二二二二二≧、  |   \/  .|/
.んニ>''" ̄    ̄ア弋'<二!
l>'"       ,. '":::く.)`くニリ  決  犯   お
ニ≧x __,,..  '"´- .._  -> .∀   ま  人  ら
二r--y' /  /、`'r.`-, .ノ |_j   .り  は  お
く^! く !  | |  |、/イ /ノ  \ .だ  そ  ら
心   \'、  、` /イ彡′ ̄ ̄ !! の   `
ニ心    ヾx..__.ィ≧x. \          ア
ニニ心     `<!_∨二ニ''ァ        マ
二ニ心  \____>二>''  \     で
二二二>、    ⌒!>"   /
二二|\.心 . |、  }ニ≧、 /ィ
二二|  \心| 、イニ/|二≧x ,. /
二二|    \| 、/ |ニ>''" //|         .|
 ̄ ̄             | ''"    /ハ |  /\  |\|
\                /ニl |/    \|
二\   .冒  帰  早    ̄ ̄/
 ̄ ̄   .検  .し   く     /
      者  て   オ   /∧
\     さ  .く    レ   \二〉
二\   ,ん  れ  達      \
二/  !!   `   を   __ \
/               \   ̄


              |::::::::::::::::::::::/::::::/ハ::::ヘ:::::::、::::::\::::::::::::::::: k..、:..、       }ニニニニニニニニ
             |:::::::::::::::::::/:::::/:/'^⌒ i::.::::::::\::::::::\::::::::::〈....\__{___     }ニニニニニニニニ
            |::::::::::::::::/:::::/:/:|   |::|i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚。.....|i.\:{     }ニニニニニニニニ
           |:::::::::::::/:::::/:/゙|:|   |::|i 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::。..|i..........、    }ニニニニニニニニ
           |::::::::: /:::::/:/ |:|   |::|  ゚。:::::::゚。:::::::::::::::::::::::;j」L..........\   ;ニニニニニニニニ
           |::::::::/:::::/:∧ |:|    .:/  ;::::::::|::::::::::::::::::::∠ニニ\........... /ニニニニニニニニ
           |::::::::\:::::伝ヘ、|  //   ノL::::::|:::::::::::::::::/ニニニニニ\......〈ニニニニニニニニニ
.             |::::::::::::::※{ 苳乂 /〈_,, 〔__]/\|::::::::::::::::{ニニニニニニ\/ニニニニニニニニニ
               |:::::::::::::::::「` Vソ  ′  ア⌒冰i刈:::::::::::::::::}ニニニニニニニ\ニニニニニニニニ
.           |:::::::::::::::::l  ー       Vツ:ノ:::::::::::::::::::}ニニニニニニニニ\ニニニニニニニ
             |:::::::::::::::::l          ,,__ ,:::::::::::::::::::: /ニニニニニニニニニニ\ニニニニニニ
             |::::::::::::::从  ┌-.       /::::::::::::::::::::/..\ニニニニニニニニニニ=‐-=ニニニニ
             |:::::::::::::/::::〉 . |/ !     U.′::::::::::::::::/............>ニニニニニニニニニニニニニ=‐-
             |:::::::::::::::::/::ハ  ┘    /::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::\ニニニニニニニニニニニニニ
.           |:::::::::::::::/    、__,,   <::::::::::::::::::::/\:::::::::::::::::::::::::\ニニニニニニニニニニニニ
               |:::::::::::::/        }′:::::::::::::::/-‐ \::::::::::::::::::::::::..ニニニニニニニニニニニ
.             |:::::::::::/        /:::::::::::::::::::://///// ):::::::::::::::::::::::::..ニニニニニニニニニニ
           |:::::::::/         /::::::::::::::::::::/-‐===‐- /ハ::::::::::::::::::::..ニニニニニニニニニニ
            |:::::::/         /::::::::::::::::::::/      /// |::::::::::::::::::::::..ニニニニニニニニニニ



・黒づくめの男と鴉の娘の部屋
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  黒づくめの男と鴉の娘の泊まっている部屋です。
  閉まった窓があり、きっちり距離を離された寝台が二つ、長櫃が二つ置いてあります。
  荷物は少なく、旅慣れている気配があります。
 
  二人とも挙動不審で「あの娘が犯人で決まりだろ!?」といった雰囲気です。
  PC達に話しかけられても「あんたらはツレだから気にするのもわかるが、他にいねえだろ」と言います。
 
  実のところ、この二人は事件について一切全く何も知りません。
  この二人は盗賊で、翌日開かれる「善き盗賊の日」に闇市で盗品を売るために街へやって来たのです。
  しかし万一にもこのタイミングで人殺しに関わっていたと誤解されてしまえば、裏社会では命にかかわります。
(「善き盗賊の日」の裏稼業、ましてや殺人は恥ずべき行い、禁忌とされているのです!)
  そのため必死に無関係を装い、犯人が決まったならそれで解決という事にして、この場を去りたいのです。
 
  PC達が室内を捜索するなら、目標値を明かさずに難易度15の観察(知力集中+野伏or斥候LV+観察)判定を行わせて下さい。
  成功すれば、寝台の下の床板が外れ、そこに宝石の入った革袋が隠されています。
 
  PC達が二人に聴き込むなら、難易度15の交渉判定に成功すれば、事情を話してくれます。
  もし宝石を見つけていても粘ってとぼけるので、難易度は13に下がりますが、判定は必要になります。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


3628◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:08:19 ID:53uJs9R4

                       _      _
                     /ニ|     /ニニニ、
                         /ニ,|ニヘ     /ニニニ、
                     /ニニ|ニニ|    {ニニニニ、
                   {ニニニ」ニニL.,_   マニニニニ\
                   _,. -‐/:::::::::::::::::::\ /二ニニニニ\   つ
              ┌‐'::::::::::く ̄`ー──┐__>-‐┐ニニニニ|
               //:::::::∧:::::\:::::::::::::::::::|<}─- 、::}二ニニニ|     っ
.            ┌‐':: /::::::/ハ::ト.,::::∧::::::::::::::::', \   \ニニニ∧
               |:::::::::|::::: {  |:|  \∧::::::::::::::::',  \  \ニニ/二\  っ
           __  |:::::::::|/:::∧ jノ‐-‐ }ハ', ::::::::::::::|     \ _/┌─ 、ニ}
        ∠ニ} l:::::::: {:::/'´   ィh拆ヘ|:::::::::::::::|     ノニニ|ニニニ\′
       ∠ニニ}  ':::::::::Ⅵx行   Vり |:::::::::::::::|{   /|二ニ|ニニニニ、
     /ニニニ/|  ':::::::::::::Vリ l/l/l/ _ |::::::::::::::八_/ ::::|二ニ|ニニニニニ、
.     ∠ニニ/ニ}   ':::::::::::::ハ '  _ノ | |:::::::::::/::::|:::::::::::::|ニ,/|ニニニニニニ、
    /二二/ニニ\   ';::::::: |_|\ V__,ノ .|:::::::::;' :::::|:::::::::::::|/ニ|ニニニニニニ\
  ∠二二/二二二ニ\_ ;::::::|::」._:::::....._,.ィ l:::::::::| ̄\ :::::::: |二ニ|ニニニニニニニ\_
∠ニニニ/二二二ニニニ|:::/::ニ}^V^〉 //::::::::::l_,. -ァ==ミ::|二ニ|ニニニニニニニニニ-
二二二/二ニニニニニニ|::{::::ニ}ニ}/ / ,::::::::::::;'::::::::∧   }:|ニニ/ニニニニニニニニニニニ-
ニニニ/二二二二ニニニ|/|::::::くノ|_〈  l:::::::::::/:::::::/:::::',x「ト、ニ|ニニニニニニニニニニニニ-
二二/二二二ニニニニニ{、 `¨¨¨´} Υ|::::::::∧::::/:::::::::{ (_)}ニ|ニニニニニニニニニニニニニニ\
ニニ|二二二ニニニニ/|::|`¨¨¨¨´〉 |_r‐ヘ|::::V::::::::::::: `¨´|ニ:|ニニニニニニニニニニニニニニニ\
ニニ|二二二ニニニ/::::::|::|     ./_{|::::::〈 ̄|_\::::/ ̄| ̄\ニニ/ニニニニニニニニニニニニニニ、
ニニ|ニニニニニニ/ :::::::|::|    /::::::::{|::l二\| |\</ ̄|    | /ニニニニニニニニニニニニニニニニ、
ニニ|二二ニニニ/::::::::::::|::|   ./| :::::::::::|\:: ノ |:::::|\  \_//ニニニニニ|ニニニニニニ|ニニニ|ニニ、
ニニ|二二ニニ/::::::::::::::::::|::|  /|::|ニlニlニ|:::::<__/|:::::|::::::\ /::∨二ニニニニニ|ニニニニニニ|ニニニ|ニニニ}
ニニ|二ニニ./::::::::::::::::::: |::| ./:::|::|:::::::::: |::::::::|L.,_|:::::|::::::::::::\:::: }ニニニニニニ|ニニニニニニ/ニニニ,八ニニノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  ただし鴉の娘に対して【交渉:誘惑】を試みる場合、その難易度は12にまで低下します。
  また、この【交渉:誘惑】の判定には礼儀作法の技能を追加する事ができます。

  成功したなら、鴉の娘はその判定を行った人物(複数人いればもっとも達成値の高い人物)に恋愛感情を懐きます。
  上記の事情をぺらぺらと歌うように喋った後、「し、仕方ないわねえ!」とPCたちへ協力と同行を申し出るほどです。

  鴉の娘のデータは、斥候技能1LV、手仕事技能の初歩を持つ「歌鳥人」を用いて下さい。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


3629◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:10:04 ID:53uJs9R4


    ∨////////ム            ` <///////> ´
     \////////\                ̄ ̄             
       \////////`>                         <´//
        \//////////`>                   <´///////
         / ` <////////////`>  _      _  <´/////////>
          /  ,イ   ` <//_///////////>‐-‐<//////////> ´| \
       / //i.    // /`tァ<////////////////> ´\   |
/\_ > ´ / i     ,イ ./ /`  ̄// ` </////>´ ̄ ヘ.   \  |
‐、  \_  _/ i   / 〉'/     /´      `///     ヘ \  \|
/∧    ̄    i  / /´i    /   /  /i/'       ヘ  i\.  \
///\       i / ,._ヘ   /   /,.。s゚´  j           ∧ i´ \
//////≧ 、 _ i.//::::;::::`i  / /´      ´        /::::ヘi\  \
//////////////i'/|:::::::::\;::|ヽ//               /:::/:::::V/\
////////////////|::::::::::::::`ト、\    -- ‐‐ -- ‐‐ --   , ´|:/:::::::::::V//>
.////////////////>、::::::::::::::::\ \    ´  ̄ `    / ./::::::::::::::::::〉////
////////////////:::::::\::::::::::::::::::\\          /'´:::::::::::::::::::::::://////
///////////////:::::::::::::::i\::::::::::::::::::`‐\ _    _ , イ:::::::::::::::::::::::::::::///////
//////////////::::::::::::::::::i::::::\:::::::::::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::; <///////
/////////////::::::::::::::::::::::i::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, <::::::::::::`...<//


.         /ニニ=,      _ _  _    マニニニニニ=,
       /ニニニニ,   /::〉::::ヽ:::::::::く::::....   }ニニニニニ7    r'⌒'´ ` ヽ、
         {ニニニニニ,/:::::/:::/::::::ハ:::::::;::::::::::::ー=ニニニニニ=--   ヽ ━┓ ノ
.       \ニ=‐::'::::::::::::/::/::/ ̄ }::ト、:::;::::::::::::::::::}ニニニニニ=-  (  ┏┛ )
         }ニ{:::::::::::::::::;:/'.: '′  }リ }:ハ}::::::::::::::::iニニニニニニ  (、. ・   )
         }ニ}::::::::::::::::仏-一  j/ 土ハ:::::::::::::::;ニニニニ     // ⌒ ー'
.          jレ'.,::::::::::::::::斧芯さ   斧さ》::::::::::::::iニニニ
      <. . . .!:::::::::::八{V少   , V少j::::::::::::::ハニニ
        }. . :.!::::::::/:::{        /::::::::::::/,ノニ
      /{. .: : :λ::::/:/:::ト、    ^   /::::::::::::/: {ニ
      \. : :ー: : }::/:/::\:::::. 、     ィ:r:::::::::/≧=-
       /ニ=ー-1;::∧::::::::`:ハ ≧=-7//::::::/ニニ
    _ -=ニニア:::::::|{:/::::V::::rァ7ハ  ィ,//::::::/
  z≦ァニニア:::::::::::|:ハ:::::V///7:i:y:i:i:Vア:::::/
   /ニニ7:::::::::::::::::|八{:::::::] ̄ {i:/:i:i:/::
.../ニニア:::::::::::::::::::/::/ニ=--=ァヘ:/::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  二人の事情を知った後なら、黒づくめの男は「犯人が他にいるなら、証拠とかは遠ざけるか、身につけとくかだろ」とアドバイスをくれます。
  なぜなら目に触れない場所に置いておくか、肌身離さず持っているほうが、安心するからだそうです。

  また鴉の娘は「そう言えば妙に獣臭かった気がするけど、大蒜と混ざって良くわからなかった。狼に似ていると思う」と教えてくれます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


3630◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:11:49 ID:53uJs9R4



                            ;=))::.   ,,='‐;;;;''-、::
                         ,,-'゙゙ ,)'::     l;;゙゙;;;;;''''/;;ヽ::
_;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_::::::::::::::::::,ノ;;;/::  ,,,..'.ゞ-'`,;;;;;;;,-‐,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_ 。。 、 __、
j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,-'_ム,,,,,--';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}
,.:::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'-:::::;;;;;;;;;;  ;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"`l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ゝ
 ~つ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄`y;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ__ _:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐-,,.
   ,. -‐-.,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.‐ュ,,;;;;;;;;;;;;;`-'--,i';_.,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_)
     (,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::  ̄"‐―--―.'-,,_彡::::::::::::::::::::::::::::::::::::::廴 ̄
     {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿
   _;;::::::;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:'i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|、
   j::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;'i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}
    ,.:::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;/"l ̄ ̄|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ゝ
    ~つ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./;;;;;;;;;;;;/:::::: : |;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,,..
      ,. -‐-.,::::::::::::::::::::::::::::::::::/;;;;;;:;;;_-"::::::::::::::: |;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
        {,::::::::::::::::::::::::::::::::l;;;;;;;:r"":::::::::::::::::::::::: ヽ;;;;;;;'i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} ̄
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::.|;;;;;;;|:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ;;;;;;'i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
       ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::,|;;;;;;;|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ヽ;;;;;;'i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l`
     _ノ;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::,l;;;;;;l':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ;;;;ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|__
    j::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r';;;,;/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽlllヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}
        シ::::::::::::::::::::::::/;;;;/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ヽlll)::::::::::::::::::::::::::::イ,~~ ̄~ ̄~ ̄~ ̄,`
                /^'l'::
                l;;;ノ::

・外套の男の部屋
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  外套の男の部屋です。
  寝台が一つと、物入れ用の長櫃が置かれていますが、長櫃の中身は空です。
  荷物は全て無骨な旅行鞄の中に入れてあるようです。
  また、部屋の奥には窓がありますが、開いていて、夜風が吹き込んできます。
  ニンニクの花の臭いが漂っていますが、その御蔭でだいぶ薄れています。
 
  死体は床の上に横たわっていて、胸にナイフが突き刺さったままです。床には血溜まりが広がっています。
  ナイフは抜き身で、鞘らしいものは見つかりません。
  PC達がナイフを調べるなら、難易度12の鑑定(知力持久+鑑定)判定に成功すれば、これが銀製である事がわかります。
 
  また死体を調べるなら、難易度を伝えず、難易度13の応急手当(技量集中+野伏or神官or竜司祭LV+応急手当)を行わせて下さい。
  成功したらナイフは凶器ではなく、何かもっと大きなもので突き刺した後、傷口に差し込まれた事がわかります。
  致命傷となった傷は、大きな獣の爪のように思えます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


3632◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:18:04 ID:53uJs9R4


             /{/:::://::::〃:::://x≦二
        __/ |/ /___:::::::::::::x≦´三≡‐
       _}___ /!   /-― 7::::三ニ≡‐
              -‐7  ∠:::::::::::::三ニ=‐
               ::/-‐7  x≦_:::::::二=‐
                    :≦_    >:::三ニ=‐
                   ‐<´  <  三ニ=‐
                    ::::>   >⌒ヽ
                     ` <::::三ニ=‐
                       `ヽ::::`ヽ
                             \


                                  \  |i / /
                            .        ヽ、从//
                            .     _,ノ/⌒ヽて,_
                                  ̄`ヾ_,ノ「 ̄
                                   /7YY 、
                                 /    |!  \






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  PC達が室内を捜索するなら、目標値を明かさずに難易度15の観察(知力集中+野伏or斥候LV+観察)判定を行わせて下さい。
  失敗しても、部屋の入口に、獣の毛が一束落ちている事に気が付きます。
  難易度13の博識(知力集中+魔術師LV+博識)鑑定に成功すれば、それが狼に似た、異様な獣の毛だとわかります。
 
  観察判定で達成値15に成功した場合、獣の毛に加えて、部屋の入口、扉の脇の壁に何かがめり込んでいる事がわかります。
  ナイフなどを使って抉り出した場合、歪つに潰れた銀の礫を取り出す事ができます。
  もし銃弾を探すなどの行動を行った場合は、この観察判定の難易度を12まで下げて構いません。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


3633◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:21:09 ID:53uJs9R4



                  _____________________
                 /                               /゙l
                /                              /   |
               /                             /     |
              /                                  /     /|
             /                                  /    /  |
            /                                 /     /  /
.        /                                 /    /  /
       │ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.   /  /
       |                                  |  /   /
       ├────────[ i ]─────────-||/   /
       │           ┌┐      ┌┐          |  ./
       |           L二二二二二二」           |./
       └────────────────────′

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  また旅行鞄を調べるなら、難易度13の観察(知力集中+野伏or斥候LV+観察)判定を行わせて下さい。
  成功したPCは、旅行鞄が中身に比べて異様に軽い事がわかります。よく見ると、鞄は二重底になっているのです。
 
  二重底の中身は、異様なものです。
  得体の知れない薬瓶(ニンニクの花の香油です)、至高神の聖印、空っぽの短剣の鞘、怪しげな護符(インチキです)などなど……。
  そういった道具類が、きちんとベルトで固定して留められています。
  何かL字型の物を固定する空間が空いていて、その横には掌大の筒を10収められるようになっていますが、9つしか入っていません。
 
  他には日記帳が一冊置かれています。
 
※参考画像:ttps://pbs.twimg.com/media/C7CkJczVAAEtPOr.jpg
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.


3635◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:23:14 ID:53uJs9R4


                                  .、
                                .,,;;<////∧
                        .,,;;<//////////////}
                .,,;;<///////////////////////.
           ,<//////////////////////////>:・":.:.:. : :
              {{:::::::`ヽ////////////////>・: :¨: : : : : : :
              li}::::::::::::://///////>・: :¨: : : : : : : : :
          人::::::::ノ//>・: :¨: : : : :: : : : : : :
                ̄ : : : : : : : : : : : : :


                             _____
                            /    `‐-、_
                          /:.        :.`:‐-、_
                           /:.:.:        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ____
                 _____    l:.:.:         :.:.:.:.:.:.:.:.::.. ヽ   `ヽ
             _,-‐-'´..:.:.:.:.:.:.:.`‐-、_l:.:.:.:.           .:.:.:.:.:...  ヽ   ヽ
      ____,--'´       ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.          .:.:.:.:.:.:.:.:.:... ヽ   ヽ
  ,イ ̄´´              ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.        ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. ヽ   ヽ
/i:l                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:.; ヽ   ヽ
:i:i:i:l                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.          :.:.:.:.:.:.:.:.:..: ヽ   ヽ
:i:i:i:l                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ヽ   ヽ
l:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.           :.:.:.  :.:.:.:  ヽ   ヽ
li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:          :.:.:.:.:  :.:.:.:.:.  ヽ   ヽ
.li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.        :.:.:.:.:.:.:.  :.:.:.:.:..  ヽ   ヽ
..li:i:i:il                    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:          ,-‐--、_ :.:.:.:.:.:.   ヽ   ヽ
. li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:       /;,;,;,;,;,;,;,;,;,;`-‐--、___ヽ   ヽ
 li:i:i:il                   ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.     ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三=ゝ
 .li:i:i:il                      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:   ./;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;__,--'´三三‐'´
  li:i:i:il                        ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.. /;,;,;,;,;,;,;,;,;,__,--'´三三 ‐-'´
  .li:i:i:il                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__ヾ´__,--'´三三-'´
  li:i:i:il                       ..:.__,-‐-'´ ̄=_/ ̄ヽ、三三-'´
  .li:i:i:il               _,-‐'´ ̄三三三三三,-'´___,-'´
   li:i:i:il            _,-‐'´三三三三三三-‐'´ ̄ "´
   .li:i:i:il        _,-‐'´三三三三三-‐'´ ̄
   li:i:i:il     _,-‐'´三三三三-‐'´ ̄
   .li:i:i:il _,-‐'´三三三三-‐'´
    li:i:l/三三三三-‐'´
    .li:/三_,-‐'´ ̄
    .`´ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  筒を調べるなら、それが油紙で、黒い粉末と銀色の球体を包んだものだとわかります。
  難易度14の博識(知力集中+魔術師LV+博識)か、難易度12の魔法知識(知力集中+魔術師LV)を行わせて下さい。
  博識判定に成功すれば、それが銃の装填を簡易にするために弾丸と火の秘薬を包んだ、「実包」というものだとわかります。
 
  日記帳の中身は、ひどく乱雑に書き殴られたもので、内容は殆ど判別できません。
  かろうじて読み取れる部分が何箇所かあり、文面は以下の通りです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.



3636◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:25:01 ID:53uJs9R4


                '/ニニニニニ'\  -=ニニ=-" ~''<¨~ニニ, !-=ニニ/
                '/ニニニニ{!/ニニニニニ=-、   ヽニニi._-=ニニ/
                  `、ニニニニ',ニニニニニニニ=-=ニニ`、_}._-=ニ/
                 '/ニニニ|ニニニニニニニニニニニ/ニニ'
                  '/ニニニ|二二ニニニニニニニニ/ニニ,′
                   '/ニニニ|ニニニニニニニニニニ,ニニニ'
                   '/ニニ',ニニニニニニニニニ,ニニニ/
                     ゚ニニニ,ニニニニニニニニ,ニニニ,
                     ‘,ニニ',ニニニニニニニ,ニニ,
                   \ニニヽニニニニニニ'ニニ,ニ」
              ,。ェ、    {ニ`ヽ、',ニニニニ/ニ/ニ/!
                {ニニ〉 .   /⌒,_\',二ニ/ニ、丶`ニニ\
               ト‐''"}! /二ニノニニ\_/ニニニニニニニ\
                {ニニ∨ニニニ/二二ニニニニニニニ/,ニニニ=-。、 、
          /}h、__!ニ=- .{ニニニj{ニニニニニニニニニニ/,ニニニニニ=-.、
      、丶`ニ'/ニニ',ニニニ'ニニj{ニニニニニニニニニニ/,ニニニニニ=- ヽ、
      /-=ニ_,,.. >--イニニニニニヽニニニニニ_,,..ニニニニニ}ニニニニニニ=-, ヽ、
.   /-=ニニ./ニニニニニニニニニニ=- -‐=ニニニヽニニニニ,ニニニニ=-!ニニニ=- 丶、
   .j{-=ニニニ',ニニニニニニニニニニニニニニニニノニニニ/ニニニニ=-!ニニニニ=- 丶、
   {-=ニニニ.',ニニニニニニニニニニニニニ=-''"ニニニニニニニニニ=-!ニニニニニニ=- 丶、
.   '/ニニ二ニ\ニニニニニニニニニ、丶`ニニニニニニニニニニニニ=-!ニニニニニニニニ=-|
   '/ニニニニニ`ニニニニニニ_、‐''゛ニニニニニニニニニニニニニニニ!ニニニニニニニニ=-!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 『なぜあの子が。至高神様は守ってくださらなかった。なぜ。あの子は信じていたのに』
 『許さない。殺す。絶対に殺す。一生かけても追い詰めて殺してやる』
 『吸血鬼はニンニクが嫌いだと聞いた。やつにはどうだ? 似たようなものだろう』
 『球根じゃなくて花が正しいらしい。 似たようなものだろうが』
 『奴に騙された。俺は罪を犯した。償わなければ。だがまだ死ねない』
 『高くついたがついに手に入れた。これならやつを殺せる』
 『奴を追い詰めた。逃がすものか。もう間違えない』
 
  ―――――日記の記述はこれで終わっています。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


3637梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 03:25:41 ID:isgqmxwy
ふむ…


3638◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:26:41 ID:53uJs9R4


                   >
                  /  /
                  /  / ./  //',
               /  / ./ i / /  ',  ;、
             i   ,′i レ /   ∨/ ヽi| !
                 i  ; /|.i i | i     /\ | i| l  :}:}  :l  ! !
               i  i | ; | \   /   ヽ| / / ,:}、、:} :i l
                ヽ ├孑ト,   /⌒二二i /-/_/ゝ } : :i /|
                 i\=≠ミ、 ./ ≠だゝ .フ/ / 〉 ´/i}  ソi |
                 i i iヾ::圦i/   ヽ辷;;リ//  ! ,ヽ/i\ \ |
             ,' ,'  ト`‐´     // /  !/ト、|,)  \  |
             i/  / .V/ く       i   !ノ iヽ‐ー_/ \ |
                /  / __i\  - ‐-  i /  ヽノ::::::::::::::` ‐ ァ-―、
               /  //:::::i:::::::_ヽ  _ .:<i i    \:::::::::::::::/:::::\:::ヽ
              /_//::::.:::::::i::::ト、 ̄^ヽヽ/ゝi  i i  \::::::/:::::::::::::::::::::::|
         /: / /::::::::::::::::|:::::|    `=´ ヽ/ i    ソ:::::::::::::::::::::::\|
         /: : / /::::::::::::::::::i/ヽ_,- ‐´/ |`ヽ∥/ / //:::::::::::::::::::::::::::::|\
          i: : ,' /i:::::::::::::::_/\   ///| ,/ /´  //::::::::::::::::::::::::::::::::|\\
       /人i イ|:::::::::ヾ \ /\/| // | ./    //i::::::::::::::::::::::::::::::::|\
         i i  i` | .i::::::::::::::\/ハ::::::| i i //   //::.ヽ/:::::::::::::::::::::/\\
        i i\.\|.|::::::::::::::::,'ー|:::::i ヽ::∨ /  //::::::::::/:::::::::::::::::::::::ノ ; ; ; ; ;
        ヽ! ヽミ:::::::::::::::/   !::::i  / / ノ /::::::::::::::/::::::::::::::::::Y´/; ; ; ; ; ; ;
 _,.-‐ 、      /:::::::::::::::/   ヾ:ヽ///´ / }::::::::::::::/:::::::::::::::::/::://///////
/ヽi  .匕>--‐゙゙゙^ヽ:::::::::/     レ / | .! i} ,)::::::::::::::/:::::::::::::::::/:::://///////
;_、´\ _)ゝ‐―__   \/      /∧::::ハ  ヽ、ヽ::::::::/:::::::::::::::::/:::://///////
--‐-`ー´/__/____ `ヽ=-_////∨//ト-+ 彡i:::::::/:::::::::::::::::/::::////////
  /  / ̄  /´  /::::`\\ `ヽ/、// |::::::|   i::::/::::_;:-:::::::/:::::i///////
/    /   /   i:::::::::::::::\|     ヽ +:;‐ヽ‐┴.'‐´::::::::::/:::::::l,)/////
    ./    i    l::::::::::::::::::::::`ヽ、_  /::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::l///
   /    l    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ〃::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::l
  /     l     l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ―-------〃:::::::::::::l


・ワイン商の娘の部屋
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  ワイン商の娘が泊まっている部屋です。
  閉まった窓と、寝台が一つと、長櫃が一つあるだけで、荷物もその中に収まっています。
  荷物を調べても彼女が旅行中に纏っていた衣服や何やらがあるだけで、変わりはありません。
 
  ワイン商の娘は、ベッドに腰を降ろして沈鬱な様子で俯いています。
  彼女は何も知らず、自分はやっていないと訴えます。手紙の事も知りません。
  あんなものは受け取っていないし、受け取ったとしても夜更けに男性の部屋へ忍んでいくふしだらな事はしないと言います。
 
 「寝付けなかったから、ベッドに座って考え事をしていたんです。そうしたら隣の部屋から凄い音が響いて……」
 
  外に出て隣の部屋の扉をノックしてみたら開いていたので、中を覗き込んだら死体を見つけたのです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


3639◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:28:04 ID:53uJs9R4

                                            /    ._..-‐'"         /  ,.ツ..、
                                      _/゛ ._..-'"゛           /  ,/./ ./
                                     ,,, /    ./              / .,r'"/ /
                                 /     ,..‐′              / .,,;;彡'゛ ./
                               /    .,..-'´                /゛    _..-"
                             /    ,/゛                 /    ._..-'"゛
                              /     /               ,/  ., /
                           _/゛  ,.. ,,‐゛            _/.l-゛  . /
                     _ /    /                 ,/゛    ./              ,..-''"
                     _ /    . /                 /       /            ,..-″
                ,..-'"     ,/            , ‐'´      /           ,, -‐'´  ,..〃../
                _..‐″    .,..-'″            /       ./           /    .,/ ././
             ,/`゛    , /                  /       /         . /    ./  〃
           /     _/´              / '"       ./          /     /    /
          /     /                  /       _..-- ,./         /     ./
       /    ./              /      .,..‐″           ,- -'゛   ,、 /
     ./   ., -/            _..-"     . /          /     .,/゙,レ゙
  ,、r'"   /           ,―‐'″      ./             ,/     ./  i″
../ ゛  ., '''"              /      .,.. 、  /            ,/´     .,/   ."
゛   ./           /      _/  シ'゛         /    _..-、 /
  ./              /     ./                _/ ̄ . /   ″
/              ,/    . /                _/゛  .,/゛
           /     ./゛               /   . /
         ,/    /                /   .,/゛
      ン‐'゛     ./               /  _..-'´
   _ _/      . /              _,,/  .il゙
 ./  .,,,,,..イ′ . /          . /     /
'"  .,/゛ / _ /           ..../   . /
..,/゛ /. /             /    /


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  彼女の部屋を調べるPCには、目標値を明かさずに難易度13の観察(知力集中+野伏or斥候LV+観察)判定を行わせて下さい。
  また窓を開けて外を見るなどの行動を取ったPCがいたら、無条件にこの事がわかります。
  窓の下に、異様な獣の爪痕のような傷が、横断するようにがりがりと引っ掻いた様子でつけられているのです。
 
  ワイン商の娘はそれが何によってつけられたのかはわかりません。
 
 「部屋に入って、窓を開けた時にはついていなかったと思います。風が寒かったから、すぐに閉めてしまったのですけれど」
 
  もし彼女に大蒜の臭いなどについて聞くなら、窓を開けた時は特に変な臭いはしなかったと教えてくれます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


3640◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:30:28 ID:53uJs9R4

                        -―――-
                   ,.ィ/////>''´---ミ、
                  ///////´    ', ヽ\
                    ////////      }  ヽヽ
                //////// __   =-―┴   |/|
                 '//////´ /斗/七.  } \|/|
                   '/////  / ィ迩㍉',  从ハ ヽ.|
               }////iイ_}/ 乂/:/:/: }/ィiテ, \!
                  ////弋_{  「 u.    :/:/ |//|
                ////// /.八  、   ´ ` .イ:  |//|
          >,///>イ}从/イ人}\ \≧ ≦ |  |//,
       >///>/ニニニニヽー'  \ト.} i {从ハ{\{'//,
     ./////i:i:/ニニニニニニ',        †` Tニ=- 、'/,
    ./////:i:i:i:/ニニニニニニニ}_..       、 `寸ニニ',--_、_
   .//////i:i:i:i:i:i:iニニニニニニ/            `ヽ. r/ /_ィ__ ヽ
  //////i:i:i:i:i:i:i:iニニニニニ∨             }ヽJ  (/r ニ、 〉
 .//////:i:i:i:i:i:i:i/ニニニニニ′   :r ,          /ニ|'   r_..ニヽソ`ヽ
 |'////,i:i:i:i:i:i:i:/ニニニニニ|    ______/ニ_リ   /´ ./     ',
 |'////,|/⌒ 乂ニニニニ/|  ..ィf´ニニニニニニ/ 八  ノ__ノ{ー‐―┘
 |'////,{     `''<ニニニl/ニニニニニニニ彡     `マ{  {o \ニニ从
 ∨///ハ        `''寸ニ≧=------ イ{       0.ハ  ',   ヽイ
  \///\         \ニニニニ/ニニ',       ./--',  ',   }\
    ` ̄ ̄          \ニニニjニニニ\   0/ニニー┬―ニニ}
                    }\ニニニニ/ >-イ――― 乂ニニノ
                    /ニニ≧ニニイ´     | |   | |ヽ¨¨
                 r''"´ /  |  |      | |   | | ',
                 |   人  | _|_ -=ニニニニニ=- __}
                 }__... -=ニ7/´ニニニニニニニニニニ∨
                /ニニニニ∧ニニニニニニニニニニニ∨
                   /ニニニニニ∧=.マニニヽニニニニニニ/ニニ',
                /ニニニニ/ ', ==マニニニ、ニニニニ/ニニニ.V
              /ニニニニ/    \=.\ニニ\ニニニ/ニニニニ∨
              _/ニニニ>''´       ヽ.fh\ニニヽニイニニニニニV
      _.. -=ニニニニ>从         /:::::::::`寸ニ∨ニニニニニニニ
   _..-=ニニニニ> ´////,,ゝ、       /::::::::::/   `寸∨ニニニニニニ
/ニニニニニ> ´/////////// 、     ,:::::::::::/:::::::::::::::::::ヽ∨ニニニニニニ!
ニニニニニ/////////////////\   ;:::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::∨ニニニニニ:|
ニニニニ///////////////////////。. {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨ニニニニニ|
ニニニ////////////////////////////ゝ.:::{:::::::::::::::::::::::::::::::::::∨ニニニニニ|

・至高神の女神官の部屋
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  至高神の女神官が泊まっている部屋です。
  半開きになった窓と、寝台が一つ、長櫃が一つあり、荷物もその中に収まっています。
  荷物を調べると、神官服と教典があるだけの簡素な様子で、変わったものはありません。
  神官服は赤黒いシミが点々とついています。慌てて脱がれたのか、畳まずに突っ込んだようです。
  また衣服の合間に、獣の体毛が挟まっているのがわかります。
  これについて指摘されると、「旅ぐらしですから、身嗜みができず、お恥ずかしい限りです」と顔を赤らめます。
 
  至高神の女神官は寝台に座っていますが、PC達が部屋に入ると慌てて両手を組みます。
  もしPC達に話しかけられれば「あの御方の冥福を祈っていたのです。お連れ様の乱心は、とても残念に思います」と言います。
 
  PC達が難易度13の観察(知力集中+野伏or斥候LV+観察)判定に成功すると、彼女の神官衣が綺麗な事に気が付きます。
  夕食の時に零した葡萄酒の染みがないのです。
  それについて問われたら、「汚れてしまったので着替えたのです」と言います。
 
  また、PC達の中にはもしかしたら、夕食時から今まで、彼女が祈りの言葉を発していない事などに違和感を覚えるかもしれません。
  それについて問われたら、「自分も巡回神官に習ったから、真似事のようで、未熟なのです」と言って、恥ずかしそうにうつむきます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


3641◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:32:04 ID:53uJs9R4

             _ .. --―-- .._
             .ィ/////////////\
          ///ィ_ .-- ― -- .__Vハ
            ///{__  -- ― --  __}/,ム
          .|/| / , i     }  i  \/i!
           .|/|/イ_/ル!   N从ハ| `T'/,|
           .|/| lイ笊_ヽ  | 笊_; } |//|
           .|/| } 廴リ \{ 廴ソ | rv/,|  _
           .|/| |ム /i/i_,.´-‐v、イ!イ }/! / 〉
           .|,:ヘ. |人 u ∨:.:.:.:.:.}/ ,| |⌒/ /
          .|//ヾ 从>,、`二イ/..' {-/ /`ヽ, -ァ
            L//,>f /´{__ i「`ヽ:イ/__  '   ー ´ イ
             イニニ{    |>、   `   -「7「
           {//ヽニj!   †ゝ--、  `ヽ_`二ア
            ノ///}ニ/       `¨¨´ノノ//ノ
         {////ニ/     |      ',ニ}` ̄´
           ヽ/{ニ{___j____}ニ八
              人ニニニニ==ニニニニイヽ
             V/ー=≦´---` -=≦ィ. }
             V//∧_{{=__}}__・_・___ノ
             }///∧ニニニニニニ{
            .ィi/////}、ニニニイニ.∧_
           {  ∨///|ニニニ/ |ニ/彡' Y
               ゝ゚__∨//|_{{=___}_・___・__.ィ
               ./ニ∨//!ニニニニi!ニニ∨
             /ニニ「 V~~T/ニ/ニハニニ.∨
            /ニニ.|_____}ニ/ニ/{ ',ニニニV
              iニニニ/    ∨/ニ/ }{ ',ニニニ',
              |ニニ,   ,.イ/ニ|XXXX,ニニニ!
              |ニニ∨_l〈_「ニ./ニ|::::::::::::::iニニニ|
              |ニニ|ニヽニニ/ニ{::::::::::::::|ニニニ!
              |ニニ|ニニ',ニ{ニニ|::::::::::::::|ニニニ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  PC達が彼女の身体検査を行おうとした場合、女性のPCがいない限り、至高神の女神官は拒否します。
  もし黒髪の少年(少女だと明かす事になりますが)や、鴉の娘の協力を取り付けていれば、しぶしぶ受諾します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


3643梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 03:33:39 ID:isgqmxwy
ほう…


3644◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:34:28 ID:53uJs9R4


             }ニニニニニニニニニニニニニニニニニ{
          ./ニニニニニニニニニニニニ=--   ̄ ̄ }
         /ニニニニニニ==--   ̄ ̄。 } }  ° _j
        { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   。 ヽヽ ° __  -=≦ニニニ乂
        {_°_°_°__ -==≦ニニニニニ===--、ニノ乙=ー- _
      /ニニニニニニニニニニ厂_.!___       V: : `\ニニ\
    /ニニニニニニニニニニ/:::::::::::::::::::::::::::::::`''=ー- ..,.__V: : : : \ニニ
   /ニニニニニニニニニニ/:.{ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}:.:.:=--::::::∨: : : : :\ニ
   ニニニニニニニニニニ/.:.:.r'   ヽ  ,     ノ:.:.:o:.:.:`":::, V : : : : : :\
   ニニニニニニニニニニ/:.r ^゙'     Y     '⌒´ヽ:.:.:.:.:.:';::, '.,: : : : : : : :
   ニニニニニニイ::i¨"´:.o:.:{       |         ,:.:.:.:.:.:!:::, ∨: : : : : : :
   ニ,ィ: 7 ̄ ´  |:::|-‐'' ̄`__,.. --  ―‐'―  --  ..,,__ ´ ̄''ー';:::, ∨: : : : :
  .ニ/: :V     __j..-‐=≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧=-!::|,, .',: : : : :
   /: : : i_,..ィ≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙}: : : : :
   : : : : {..,,__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::/,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|: : : : :
   : : : : i!.    ̄`゙ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::__ノ!__':::::::::::::::::::::::::::::::::::::,..rイ   !: : : : :
   : : : : :,       !:::!ヽ:::::::::::::::::::::::::::::フ-=ヤ::::::::::::::::::::::::::::> ´  |::|.  ,: : : : :
   : : : : : ,     |:::|  ` <::::___:::::,ィ:::::;::::ゝ::._,,..:::::> ´     |::|  ハ: : : : :
   : : : : :.ハ      !:::!    ー---一"マ´` フ ` ̄            リ::! ハ ヽ: : : :
   : : : : : :ハ     |:::|             ', /              ,:::;' .∧  \ :
   : : : : :/ ハ.    |:::!           ∨               ,:::;' ,     \
   : : : :/   ,.    ';::',          i!              ,:::;' ,′
   : : :/    ∧    ',::',          |            ,:::;' /
   : :/    /: :ハ^Y ⌒ Y ⌒ Y ⌒ Y ⌒ ム Y ⌒ Y ⌒ Y ⌒Y⌒/
   ./   /: : : :.乂_乂_乂_乂_乂_乂_乂_乂_乂_乂_乂_乂_乂_乂′
   ,    /: : : : : : マ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     /: : : : : : : ::';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  女性が身体検査を行うと、神官衣のゆったりとした裾に隠すように、靴下留めへ単筒を挟んでいる事がわかります。
  これについて問われると、「身を守るために必要だったので」と彼女は答えます。
  そして「もうよろしいでしょうか? 私、困ってしまいます」と恥ずかしそうに言います。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


3645◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:40:26 ID:53uJs9R4


        /    ',           ',   )!   /         /       `''<
        .        ',            、ハ  (.  /:{.           /           \
        .       ',          、}:i:}    {:i:{           /              \
                ',        ト、}:i:i/>―<',:i:ア      /                   ヽ
                      〈:i:i:i:i:i:{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}:i:i:i:〉                  、丶`
                      _マ:i:i:i:',:i:i:i:i:i:i:i:i,':i:i:i/               、丶`
                   /  /マ:i:i:i:V:i:i:i:i:i/:i:i:i/\__.             /
                   /  /   ):^o、:V:i:i/:i:iイ(.  \ \        /
                  / /     {ヘ`''''`''"::::::/:i:i}   \ ヽ.    /      ヾ
        .           / \    {:i:i:ヽ:::::::::::,イ:i:i:i}.     \ ',   /.        }
        ` 、.        /.    \   }i:i:i:i:i≧≦:i:i:i:i:i:}     / }、  /        メ
          ` 、.     乂     ヽ ⌒}、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:イヽ__/.    ∨       ..::’
        .    \     ,/ ヽ___ヽ } \===≦ニ{            }  ,/   ..:::/ /⌒
        .     \.  |     } ヽ  }\ \ニニニ{> 、_ノ⌒ゝ-イ   {
               \|      /  〈  }ニ\ \ニ{  ./ヽ     /   }!    ,イ
        .        }.    /  ノ  /ニ=zz\ `'{  {.  ヽ    ハ    }!  (::
        .(.       {`''ー''/.     /i:i≧=―‐\.{     {    l    /   ヽ
        ..:).        {_}::::::}´\__./i:i:i:i:iヽi:i:i:i:i:i:i:i\__/l    |  /     ヽ
        .(       マ:::::::〉   {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨:i:i:i/:i:i:i:i:i:i}  |    }      ヽ .:ヽ
         ヽ   ⌒ヽ . `¨´    ',i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ:i/:i:i:i:i:i:i:/ , |     |       ',  .::',
                       ',i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i', マ:i:i:i:i:i:i/ ノ |     |         ノ
                       ∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}. ',::::::::/ / |ヽ_.ノ|
        :.ヽ  `'' 、           / ∧i:i:i:i:i:i:i:i:i/  : : :.   /\_.ノ!        .′  /
        :::....\   `ヾ         / ヾ:::::::::::/        ヽ::::|  /       /  /
        ::::::... )    ノ    `ヽ.      :. : :          ゝ~'.        / /(


3-2.事件の真相
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  事件の真相はこうです。
 
  外套の男は、かつて巡回神官だった恋人を人狼によって殺され、人狼狩人となった復讐者でした。
  素人なりに知識を集め、装備を整え、狼人の里で人狼を追い詰めます。
  しかし人狼の策略により、誤って族長(黒髪の狼人の少女の父です)を殺害してしまいます。

  罪を犯した狩人は、さらに執念深く仇を追いかけ、ついには人狼の弱点である銀の弾丸と単筒を手に入れます。
  そして半ば正気を失いながらも、ついに再び人狼を発見。
  この「水晶の森亭」で決着をつけるべく、仇の部屋に「お前を見ている。夜半に」と手紙を忍ばせました。
  他の誰も巻き込まないため、あえて自分を狙うように仕向けるつもりだったのでしょう。
 
  仇の人狼は、狩人の事に気づいたかどうか、ともかく誘いに乗りました。
  そこで不意を打って首尾よく狩人を返り討ちにし、その心臓を爪でえぐりました――が、そこで一つ誤算がおきます。
  狩人が単筒を持っていることを知らず、その発砲音が宿中に響き渡ってしまったのです。

  人狼はとっさに狩人の手から単筒を奪い、狩人の持っていた銀のナイフを傷口に突き立て、窓から飛び出します。
  爪を駆使して壁を伝って自分の部屋に戻り、慌てて着替え、一番遅れて現場に舞い戻ります。
  そして何食わぬ顔をして、唯一の女性(と思い込んでいる)ワイン商の娘を犯人に仕立て上げようとしたのです。
  PC達に女性がいた場合、冒険者よりは世間知らずな娘のほうが与しやすいと思ったのでしょう。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


3646◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:40:40 ID:53uJs9R4



                        __
                _  -‐: : :  ̄: : : : : : : :  ̄: : :=-. . _
              <: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : > 、
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_: : :-:‐:‐:-: : : :_: : : : : : : : :\
        /: : : : : : : : : : : : : : : :_: :-= : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
       ./: : : : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : :∧
      /:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_: :-=: : ̄: : : :=-: : :_: : : : : : : : : : : : :.∧       \
     ./: :!: : : : : : : : : : : : : : : : :-=: : : : : : : : : : : : : : : : : :`: : 、 : : : : : : : : : ∧     }:ヽ
     /: : :!: : : : : : : : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヾ: : : : : : : : : ∧     /: : :.
      |: : : |: : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`:ー:'": : : :.!
      |: : : :!: : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :斗─-  、: : : : : : : : : : : : : :ー: : : :_:_: : : : : : : : : :|
      |: : : :|: : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : /         ` <: : : : : : : : : : : : : ;ィ: : : : : : : : : : :/
     |: : : :|: : : : : : : : !: : : : : : : : : : :/           ` ー≠= :_::_:_/: }: : : : : : : :_:/
      .!: : : :.i: : : : : : : |: : : : : : : : :./        ィ      _.ノ  /: : :/  ̄ ̄ ̄
     .|: : : : i: : : : : : :i: : : : : : : /         /:./  ,. -=: :/ /: : : : /
      !: : : : : : : : : : : : : : : :./         /: : / /: : : : : //: : : : : :/
      | : : : : ∨: : : : : : : : /          /: : : ://: : : : : : : ': : : _: : :/-=:¨ ̄:才
     {: : : : : :∨: : : : : : : !        /: : : : : :!: : : :_ :/: : :/:./;:; : : : : : /
      .∨: : : : : \: : : : : :{   ト   _」: : : : : : |: /:/: : : : /: : :/;:;:; : : : ∠___
        ∨: : : : : : :\: : : :\_ |:`<:_:.|: : : : : : :/: : :|: : :/: : : : /:;:; :,.斗: :ア: :/
        ∨: : : : : : : : :゙: :-=: : 才: : : 、:ヾ : : : : /: : : :{/: : : : : :/:/: : : : /:./
       ` ー--=== : :_:_: :/:.∨: :∧:`\: /: : ; : /: : : : : : :/:´: : : : : / `  ー‐ 、
                 { : : : ∨: : :|: : : ヾ: : ハ: : : : : : ィ/: : :ィ: : :./-─ォ"   :.
                     λ: : : 入: : :!: : : : : : i ヽ: :./ /: /./: : :/:_/´ノ _,.: :/
                    ハ: :\ー:\:\:.|\:_{  ∨  / ./: :/: :// 7:´  :/
         ______|: }: : : {:、:、-:─ヾ、   ハ ;  .イ /:/: :.イ 7'-_',  i/
       /-_-_-_-_-_-_-_∨: : : : :才ヽ;-‐ォ:":¨:. :ヽ/:/_ ー 才-_∨ ト、:{:.、 ヽ
      /_-_-_-_-_-_-_-_-./: : : <: : : :<:_‐- 、: : : / : : : :\<:、 -_  {、Y-、:! /
     /-_-_-_-_-_-_-_-_-_∧: : : : : :¨: ー:<_  ∧: : : : ;/ヾ⌒ー ´ -_\ニメ´゙__〉
   /-_-_-_、-_-_-_-_-_-_-_-_ヽ: : : : :.:.:::::::::::才心 '; ://─ 、∨-_-_-_-_- ̄ ̄ /:.!
   〈-_-_-_-_ヽ_-_-_-_-_-_-_-_-_≧、: : .:.::::::::::ハ :〉 z≠ \_ -_-_-_-_-_-_-_-.!: .!
   ∨-_-_-_-.}-_-_-_-_-_-_-_-_ニ |i:`:ー:、: : /¨ノ / :ハヾ\__ \-_、_-_-_-_-_-/: . 、
    .∨-_-_-./-_\-_-_ィf ̄   ヾ、: :ト、: f ヽ:.rv' ‘, `ヾ\ \_ヽ_-_-_-_/: . :i: ヽ
      ∨-_/_-_-_-_/ .|/     ‘,ヾ ヾ、  `¨\  \  ヾヽノ-_-才´: . : . : \_i
      ー─ォ ⌒¨ : . : |     、 {; f    Y     \  ヽ      ノヽ.:/:. !:.:.ヾ;.:.:}、
      _ノ才 : . : . : . : .|     ト乂¨ ヽ:.    }       }   }     ,レヽ:.ノ{r、>{r 、}< Y
     ´¬‐<_/´,-'  /: /     ヽ__、 i.ヽ: .;.:|     /_/       ! /´  } !  ∨ ヽ!
      '⌒ナ_)イヽ/¨´        > 、. ', '; .:.:!                レ′   ソ
       /´//¨´            ヽ. !: .:i
          '´                  } : . :.!
                         j  ; .:.:ト、
                           メ、{:_. :'  ヽ、
                       _/ ,.: .: .:! .....::|
                      /´-‐', .: /.: :/}:.:.`ユ_
                       -=ニ/ ,/ /!  { \:>-ヽ
                     /)ノ }.:〈 〈:. .:/
                    '´  ノ´>ノ .}.:.〈
                      { /¨  ヾ¨レ
                         ソ    ! |
                               Y

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  もし首尾よくPC達が情報を揃え、「人狼の仕業ではないか」と考えたなら、
  目標値13の怪物知識(知力集中+呪文遣い系LV+怪物知識)判定を行わせてください。

  これに成功したならルールブックに記載されているデータに加え、「銀が弱点であると言われている」と伝えて下さい。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.




3647◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:41:06 ID:53uJs9R4

                   ___
               ,.。≦////////≧。、
                 //////////////////\
            .//////////////////ト、//{
           /////,イ> ´  ̄ ̄ ̄  ヽ//ハ
              i/////i'     __    }//i!
             |/////|.ィ ´ ̄ i     ̄`V//!
             |/////  i   {  |  ハ  V/{
             |////イ  从∧.ハ   !从__\__>!
             |/////!/ マ==ミ、\{ィ:i::リア |ァ/!
             |///> |  |弋i:ノ   `´ /.  }//,|
             リ//‘ー=!  |、 u.  , 、  イ.} /=ミ、!
              //ィニニ≧ヘ { ≧=- <_ィ/j.イ'///∧
          ///////,/ヽ!ー }― ' ¨¨i////////∧
           〃/////,/    ./       {/////////ハ
        〃///////     }     V/////////}
        /,{//////     ,       V////////!
        {/ハ////     /{       V/////イ
        {/ 〈//i{___ /ニ!_____}/////>
            }从ニニニニニ/ニニニニニニ从///{
             {//ヽニニニィ__乂ニニニニノ/////!
          V/////,ハ } {  } { ̄ ̄}{ j//////リ
              V//////マニニ=---.=≦ミ、////
           r ´ i  ̄ |/////////////////
           {   {  {////////////,>イ
           ゝ-イー‐=ニ',ニニニニニニニV
                 ハ//////ハニニニニニニニV-、
             r''',ニV//////iニニニニニニ/ ∨
              { ー―V/////,|―} {――} {彡ヽヽ. }
              L } {_V////,!_} {__} {_ _/
             ./ニ/|ニニ,}////|ニニニニニ|∨ニニV
            ///H!ニr ´ ̄ ̄!ニニニニニ! |Vニニ.V
          .',イ  H|ニハ     {ニニ/ニニ| .H∨ニニi
          i    H|ニニヘ.ィ´ ̄ ヽニ/ニニニ:! .H .∨ニ|
          {    H|ニニ从     ー、ニニニ! .H  \/i!
          |    H|ニニニ.ゝ 、 、 }ノニニニ! .H    マ!
                H|ニニニ`ー'ー^´ニニニ| H    l
            ',   H|ニニニニニ|ニニニニ.:| H     ,
            'vィイィイニニニニニ!ニニニニ|イィイィイィ.,′
              .V///!ニニニニニ}ニニニニ!//////
               .∨/,|ニニニニニニニニニニ|/////

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  基本的に彼女は《看破》を使われている事に備えて、なるべく上手く嘘にならない言い回しをします。
 
  あなたが殺したのか? → ナイフを刺して殺したか、ですか? そんな事していません(真実:爪で刺殺した)
  本当にあの娘が犯人なのか? → わかりません。何者かに利用されたのかも(真実:真犯人は自分)
  服をどうしたのか? → ワインを零してしまい、汚れたので。部屋に戻って着替えたのです(真実:血で汚れたため)
  ホントに神官? → 自分も巡回神官から教わったので、真似事のようで、未熟なのです(真実:神官を殺して知識と装束を奪った)
  この単筒は? → 身を護るために、必要だったので(真実:自分に銀の銃弾が撃ち込まれないようにするため)
 
  などです。
 
  ですが彼女は、未だに狩人の単筒を隠し持っています。
  自分が持っている限り、他の誰かにこの恐ろしい武器を使われる心配がなくなるためです。
  この状況で手放して処分するのはリスクが高すぎると判断したのでしょう。

  そして人狼について聞いた時は、言い淀んで、「御伽噺の存在ではありませんか?」と言います。これは嘘です。

  故に彼女へ問うべき質問は一言。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


3648◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:41:29 ID:53uJs9R4

/////////////////////////////≧。.
/////////////////////////////////\
///////////////////////////////////\
///// =――      ̄ ̄ ̄ ` <//////////\
> ´                       ` <///////ヽ
                        \///////ヽ
               __        ∨//////∧
     _  -――         ̄ ̄ ≧。、V///////,ム
  ,。:≦         \               \//////,∧
/ili:.:|   i         ',            \/////∧
lili:.:.:lil    :          ',   ',     ',     V////,∧
lil}:  i    {           |   i     |  ',   }'/////∧
lili}  |     ',            } ∧∧从ハ.|:l:|:.!:|   ハ//////∧
lilil  {     ',           ∧/x≦三三ミミ、|:l:|   / .∨/////∧
lili}  .',    ',         /ii〃´ ,.:=..、  ヾiリiiiリ /   V/////,∧
lili}   ',  ',  ヾ      }ii/  (:::i::::)   ,イ//イ    V/////,∧
li∧   ヽ \ ヽ      |iiヾ、 `¨´  ,x彡'/iiii}}ハ    ∨/////∧
li{lili\  .|\ ヾ \    |iiiiiiii≧===≦彡´:iiiiiiiiiiiiハ     ∨/////∧
l:ヾlililil\{=‐}/il>.、    /iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiilil|      ∨/////∧
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii\ {iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii{i||      ∨/////∧
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii\!iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;ilil||       ∨/////∧
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/liム       ∨//////ヽ
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,iiiiiiiiiiiiii/lilil{ハ         ∨///////\
:ハiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii.ィ./iiiiiiiiiii/lilil,.|l|l:.          !/////////,\
  Viiiiiiiiiiiii、iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii>v7iiiiiiiiiiii,iilililil,.:{ililil        i'///////////,\
  ∨iiiiiiiiiiiiiマ=------- -=≦ハ /iiiiiiii/lilililili,:.{lili:.i       l//////////////\
   ',\iiiiiiiiiiii\∧∧∧∧∧/.イiiiiiiiii/ilililililili/:/il{:;|   i      !////////////////≧=- _
l   ∨ii`> iiiiiii≧=----=≦iiiiiiiiiii/:::.、ililililil/:/lil{:/  /     |///////////////////////≧=- _
i   . ∨iiiiiiiiiiiii≧:::...iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/}iiii、 `ヾili{:.{lilil{/ /:|       /\///////////////////////////\
i:.    ∨iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii>= -=<iii/iiiiii∧   ∨:{ili/イ:i:}lil     /lililil\///////////////////////////\
liハ    ∨iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/ {iiiiiiii∧   ∨\iハ!iilil|   /|li|li|i|l|ili≧=-/////////////////////////ヽ
lilil}     V:iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii,.:イ  {iiiiiiiiii∧   ∨ .\lilili  /|li|li|li|li|li|li|li|li|li|li|li≧=-////////////////////∧
ilili|     }ミ‐-iiiiiiiiiiiiiiiiiii/: :/  {iiiiiiiiiiiii∧   ∨iiiiiiヾiイ|li|li|li|li|li|li|li|li|li|li|li|li|li|li|li|li|li\//////////////////∧
lilil|     /:iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii/: : :/    ヾ.∨iiiiii∧ /iiiiiiiiiiiiii∨}|li|li|li|li|li|li|li|li|li|li|li|li|li|li|li|li|li|li\'/////////////////,}

                      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                         ―――――「汝は人狼なりや?」です。

                      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


3650梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 03:43:12 ID:isgqmxwy
よし吊るそう(勝てれば)


3651梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 03:45:12 ID:WNuZe2OA
なるほど....!


3652◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:45:31 ID:53uJs9R4

                                `ヽ
                 _ ___         _ ‐━-  L
                / / ' ._    {ヽ         >。.
                {///}      イ {ヘ  /     >。.
                /  `,'く_.イ  /  {::::::\| ,.≠ミ、         \       _   ̄ ̄ 、
               {    \, '  ./  从ミ、::::{ 仍とう         \      |/ ̄ ̄} }
           | ̄iイ|  |´ ̄   |  とう衍 ', ̄ ̄ ̄ / /  j{\     \     _  ‐  /
            ト \i!  ト ー/     | ̄  __  , ,′ 〃二\      ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ミ丶
           ∨`v ̄`.:’>/    |   ヘ  |/  } {     {二二 ー ___ ―━―ミ、 ̄ `ヽ
           |.:|.:.:|.:.:.:./:.:./    \  \ `ー ´ j{  j{  L二二> ’     \_  /
           |.:.:.:.:.:.:./.:.:/     / ̄ }i >-<  \j{ 、  _  。二二ミヽ  彡'
           |.:.:.:.:.:.:.:.:./     ./.:.:.:.:/  } / ̄:iY´:i:i:i:}__ .。<二{__三‐´
           |.:.:.:.:.:.:. /    ./:.:.:.:./ >.{.:.:ヘi:i:i:-'i:i:i:i:}.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
           |.:.:.:.:.:.:/.`}_/.:.:.:.:.:./  /.:.:.:.:\.:.`|_}`ヽイ/.}:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:./
           |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|´..:.:.:.:.:.: /   /.:.:.:.:.:.:.:..{ー.-}´..:.:.:.:.i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{.:..:.:.:./
           |.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.{   ハ.:.:.:.:.:.:.:.:{__{i!}__}.:.:.:.:.:.:}        /:.:.:.:. /
           i、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>''´ ヘ ヽ {.:.:.:.:.:.:.:{__{i!}__}.:.:.:.:.:/     , ー'-:;.:.:.:.}
             ー―       \ }`ー:.:..:{__{i!}__}ー:イ     / __ __ __ヽ;iー― 、
                        }/  }:.:.:.{__{i!}__}.:.:/       .「 | | |:| }.:.:.:.:.:.:.:.'.
                       ノ'   /.:.:.:.:{_{i!}_}.:.:.{_  ___|、_j、_j、_j:i、_j_.:.:.:.:.:..:.:\
                           __/.:.:.:.:.:.{_{i!}_}.:.:.:.:.:.:.:.:.:./,. ―。._,. -s、_ ‐,\.:.:.:.:.:.:.:.\_
                       |二二\:.:.:.{{i!}}:.:.:イ``'く/ /          L  ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                         /:. ``く二\{{!}}.:.:.:.:.:/ ̄_            \ }..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}
                    __/.:.:.:.:.:.:.:.:.>ー――、.:.:/ /二 !`ヽ    __     }'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ヽ
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:/ ̄ ̄ゝ/ー,} ./ /二/i|.  ‘ー―´二二ゝ_  |i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{
              /.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:/ ̄ ̄二ー,   ___/ ̄  i!  /二二二二二二i|_  \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y
              /:.:.:.:.:.::.: /.:.:.:.:.:.{/二二二 \/:ヽ‘.     |/二二二二二二二二>}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
             /:.:..:.:_.:.::‐____}ム ̄ ̄ ̄ ̄ マニム     !.二二 /^ヽ二二>ーヽ/\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
         <<.:.:.::/.:.:/   }  }ニム       マニ.ム  {二二 /    ̄ ̄         \.:.:.:.:. /
.          \./.:: / _ イ´  /二二ム        マ二ム  \_/               ー ´
           j{/  ∧ニ{   ∨   }ム      マ二ム   i
           {    /  \    ヽ    マム     i> ’}   }


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 ※これはあくまでシナリオ側で用意した真相になります。
   GMであるあなたが、もっと良い真相を思いついたならそうしても構いません。
   またPC達の推理した真相が「もっと面白い」と思ったなら、そちらに変えても構いません。
 
   繰り返しですがこのシナリオは「ミステリ風」であって、「本格推理小説」の類ではありません。
   参加者みんなが謎を解くことを楽しみ、真相を面白がってくれるなら、多少の矛盾があっても問題はないのです。

   宿泊客の誰かが、PCたちを含めた全員を皆殺しにする依頼を受けた仕掛人だったのかもしれません。
   実は宿には見えない怪物が異次元から入り込んでいて、宿泊客を全員食い殺そうとしていたのかもしれません。

   どんな真相でも、あなたを含めた参加者全員が楽しめれば、それこそがたった一つの真実です。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


3653梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 03:48:05 ID:5GPgFZEV
どいつもこいつも怪しくて誰が犯人でもおかしくなさそうだしなぁこれ…w


3654◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:49:31 ID:53uJs9R4

       __
     r≦主主≧===--..、
    ノ主主主主ノ圭圭圭≧.
  r≦圭≧==≦圭圭圭圭圭圭≧.
  }圭圭圭>≦三三三三ミ、圭圭圭≧、      _     /し/       イイ}
_ノ圭圭≦彡 >-<>.-<==ミヽ\圭圭圭圭≧≦圭圭ミ=イ圭{{     /圭/
'¨T圭//⌒i⌒i  j  }    Yヽヽ圭圭圭圭(狗 Y圭圭圭圭し/   /圭/
  }圭{{   ト 、{ヽ/ \∧   i .ヽヽ\圭圭圭≧=彡圭圭圭圭{{   }/     ___ ,.ィf´
  .:ヾ从   |彡イ///彡ハ   } `Yヽヽ\圭圭圭\圭圭圭圭圭乂_ノ   -=≦圭彡''
     }\{彡イ///彡=ヘ.  ,: /⌒Y ヽミx圭圭圭\圭圭圭圭圭圭{{
    人  }彡イ///彡=.}/ }/}  /⌒)ミミx圭圭圭ム圭圭圭圭圭圭し
      \{彡イ///彡=----=j/i ./ )_ミx圭圭圭圭圭圭圭圭゙///≧.、
      {  i彡イ///彡=-----=ミ}ノ },/  )ミx圭圭圭圭圭圭圭.///////\
      \{Y彡イ//彡=------=ミミ}/ Yミミ圭圭圭圭圭圭圭.゙>---- <,ヽ
       ∨ヽ彡イ//彡=------=ミミ∨.)ミミ圭圭圭圭圭圭゙´  _  -r-、 }/ハ
        ∨ヽ彡イ//彡=------=ミミ∨ Vム圭圭圭圭圭し.ィ 从__  .i从i_\:{
          \{彡イ//彡=-------=ミミ 、}}}}}圭圭圭圭/⌒. ィ.ィ付 \{:::::{ !/i!
           V 彡イ/圭圭圭圭圭圭圭:||||}圭圭圭圭乂ヽ \   _ ノ从|/ハ
            }}}}圭>--<圭> --- <川}}圭圭圭圭圭(,.ィ.  \_ .ィ { ∨,乂__
            川/: : : : : イ: : : : : : : :: : ///圭圭圭圭圭圭圭Y  } 乂ヽ }ニ\ `ヽ
           ノ}イ : : : : / : : : : : : : : :∧ノノ/ \圭圭圭圭圭圭}/.ヽ  †  `''<ニ=.\
             /i/: : : : : :/ : : : : : : : : : :∧ノ//   圭圭圭圭圭乂ミ、 iニ\   `ー- .. ` ー <
          /{/: : : : : :/ : ー ⌒: : : :./{ノ// (圭ヽ 、圭/⌒ヽミミ`ミ、 }ニ,ニヽ      `       ` <
        ∧/: : : : : :/: : /⌒: : : : :∧ノ//⌒ヽ ヽ圭ヽ_)(.     ヾミミ、.j/iニニ',         ',     ',ニ',
.        /{/: : : : : / : :/ : : : : : イヽ.ノ//圭圭ム {圭圭圭>.    \_シニ{ニニ}        }     iニ}
.        {/ : : 八:/: : :.{: : : :彡ノYノ//圭圭圭.ム {圭圭>        \ニ',ニニL ___ /,ヽ____}ニ从、
        f: : :ノ  し : : : : : イヽ__ノ//圭圭圭圭ニし/´             ヽニゝニニニニニニノ、ニニニニィ
        {: / ⌒ヽ(: : : /∨ヽ.ノ 圭圭圭圭圭圭≧=-               、ニ≧== -=≦--.≧=- =≦
        {: し. : : :/ / ∨  }_ノ /圭圭圭圭圭/⌒ヾ             {_・__} {__・__} {__・__} {__・__}
.       八: : : : : :| |====≦彡 (圭圭圭(⌒ヾ(                 }ニニニi|ニニニニニ|
      /  \: : : :| |圭圭圭圭ヽヽ圭彡⌒ヽ              ___   ノニニニ.リニニニニニ!
      し    \: } |圭圭圭圭ニ} }                      r 。 >≦ニニニ/ニニニニニ.ハ
            ヽ_}ヽ¨¨¨¨´  し                     >、   ヽニニニ/ニニニニニニ/
            乂  }                          /ニニ、 ° `<イニニニニニニニ{
              \                         /ニニニニ>.. ノノ`<ニニニニニニム
               \)                     /ニニニイ´/oi>.. ・ //ー―| |― ・ }


4.汝は人狼なりや?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  PC達が真相を突き止めるか、人狼の仕業だと推理し、それが至高神の女神官だと追求した場合、決戦となります。
  観念した至高神の女神官は「あの男が現れなければ全て上手く行っていたのに!」と罵り、正体をあらわ.します。
  見る間に恐るべき半人半獣の怪物へと転じ、血に飢えた唸り声を上げます。
 
 「貴様らを皆殺しにすれば、私も死んだと思われて、衛兵どもの目も掻い潜れる! 悪く思わないでくださいね!」
 
  おぞましい事に、その声だけは以前と変わらぬ美しい女性のそれなのです。
  他の宿泊客は恐ろしさに身が固まってしまい、動く事ができません。

  この怪物に抗えるのは、PCたち冒険者だけなのです!
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


3655◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:50:21 ID:53uJs9R4

             _,. .:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.:/^Vハ:.:.:.:.:.:.:.〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;;';';';';';';';';';';';';';';';';
.            |:.:.:.:.:.:.:.:.:.://:.:.:.:.//⌒ }:.}\:.:.\:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;';';';';';';';';丶;';';';';'
.            |:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:/{; : : : :}:.}: : \:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|\__;';';';';';';';\;';
.            |:.:.:.:.:.:.:.:.:.{:./:.:/: {: : : : :}:.}_,. ィ⌒:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ....\};';';'丶;';';';';
              |:.:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:7√:丁: : : :j/: : :__j」L」_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/...}.......{;';';';';';';'\;'
             |:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:/斗=ミ: : : :/: : イ心i⌒寸:.:.:.:.:.:.:.:.:′.}........\;';';';';';';';'
.               |:.:.:.:.:.:.:.:\爪{ r刎 : : : : : : : v炒 /:.:.:.:.:.:.:.:.:./.......{..............〉;';/;';';
             /|:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.|  _㌢ : : : : : : : :ー‐: : |:.:.:.:.:.:.:.:.:/..........}......./;/;';';';';'
               /;';|:.:.:.:.:.:.:./:.:.:|:.    '         ;..:.:.:.:.:.:.:/............{ /:':':';';';';';';';';';
.             /;';';'|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:..    rァ‐┐     .:.:.:.:.:.:.:./:.}........,ノ^:|;';';';';';';';';';';';'
           /;';';';';|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:八:\  |'  !   /:.:.:.:.:.:.:/:.:.:}_/:.:.:.:.|;';';';';';';';';';';';'
.         /;';';';';';'|:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.V.:\ |   |   ,/:.:.:.:.:.:.:∧:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;';';';';';';';';';';';'
.          /;';';_;r‐<^i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._〉:.:.:.}丶⌒>ァ⌒>ヘ:.:.:.:.://}:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;';';';';';';';';';';';'
.        /_;'i⌒{  }.ノ:.:__:.:.:.:.:|////ハ  ア // /^):\//}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j」__;';';';';';';';';';'
      /;';'ハ V; } _/::::/ /:.:.:.:.:|///⌒>{_//} /!_/^:::::::/___}_,.  '’    \;';';';';';';'
.     /;';'/::::}_}:U:::::::::::し{:.:.:.:.:.:| ̄ /:i:i:i:i:}::`:::::::::::::::::::::/ー-‐=ニニニ     ;';';';';';'
.      //i/:::::::::::::::}:::::::::::::/:.:.:.:.:/7ァァヘ:i:i:/:::::::::::/:::::::∧}ニニニニニ     ;';';';';';';
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 もし誘惑に成功していれば、鴉の娘だけは恋慕の念を振り絞ってPC達の味方について共に戦ってくれます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.




3656梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 03:50:50 ID:5GPgFZEV
恋ってすごい(小並感)


3657梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 03:51:07 ID:isgqmxwy
恋する乙女は無敵やな!


3659◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:54:13 ID:53uJs9R4

              く:iヽ    ,、
             ,、、、、ヽ:i:ヘ_ |:i:{j'7__/:i:i:7           トviア                     _」L」_
           斗≧:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>      ノ!ィ }:i〈__,、、    ,ィィzz彡,、、、、,,    ノレ'":::::〈::::::ミx、_ .斗―..、、,,
         ,ィi:>''"⌒`<:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::i:i:iァ ,ィv、   (、{:i:i:i{ {:i:i:i:i:iく     /:iア_,,,ィ:i:i:ァ=ミ ,斗/:::〈::::::>''´¨¨,ィ::::`::ヽ::>…气
        /:i:i/     ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::ハ }:i:i:/ ,ハ人、):i:i:i:} フ:i:i/´_,,,..、イ:i:i:i:i:ii:i:i:彡>''´-=ミ八:::::::イ   ,ィ:::::::::::::::/
          ヾi{     ⌒'''''''''寸:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iア/:i:i:i:i:i::i:i:i:/,,イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:::::::/(,ィ'),イ::::::::>''´_,斗―-、、、、,,
                       ):i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:弋ノ:i:i:i:i:i:i:i:i::i:i:i:i::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ア⌒ 乂ノ,,/:::::/ ,)Y,イ:::::::ア ,ィ彡:::::::::::ニ=-'''''⌒`
                         /iハi:i:i:i:i:i:i:ii::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii:i:i:::≧''^´<_,,ィ´,,ィ =ァ'::::::/ゝ,/:::::::ア _,,ノ:::-:>'´
                         {iゝ'从ハi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧=-ミ:i:i:i:i:i彡'´ヽ,,ソイ´,イ´). し/乂:ノ=-<:::::::ア /:乂::/
                 ァ''"イノ从ヽハ:i:i:i:i:o:i:ア-=ニ彡'"  -=≧=- <___ゞ -=彡く::::::::::::::::::::-=ミ::<:::::::ア     _..斗zzzx、、
                   // /イ .イハ:i:i:i:i:i:アヾ -=彡⌒≧=- ,イ,ア'¨¨¨¨¨゙ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''::く  ,斗匕::::::::::::::::::::::::::::≧x、
                ///イ,ィ 彡イ. |:i:i:i:从 ヾ `ヾ⌒''<彡'~,ィ:::::::::::::::::::::::::::::>=-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::7::::::::::>''^´¨¨¨¨¨¨¨¨`'气{
           ,,,、-=彡 イ イノ ノ´ / 从从ヘヽ`ヾミヽ弋-=≦/:::,ィ^¨¨¨¨¨¨¨彡ミh、:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::{>''"
            ,イ彡八ノィイ/ ,イ/ / Vi{ ハ ',ヘ ヽ、 ヾミ、\、、 /'^ミ=-彡イ''´⌒>=- >-、::::,イ::::::::::::::::::::::/``~、、
        -=彡イ/ イ ア''´ /イ.イ 从  从 ヘ ヽヽ从)h、ヽ -=ミ >―=ニ≦ニ=- ミ=- =ミh、::::::::::::::: イ⌒ニ=-、、,`~、、 _
        ,イイ / ,イ''"    从   从. }! ヘ ヾノ ノミx \ミ -=ニ二二 ̄ ̄ニ=- -=ニ⌒>`¨¨¨´爻二二ニ=- ''"_ ...斗-‐''´
       ノ //''"´        从乂ハソ从…从   ノΞミh、、、,,ゝ ―=  ̄  -=ミzz彡'⌒ヾ `''< _  ―''''''""  `ヾヽ
    _,,ィ彡イ .イ           〈_ノ 〉::::〈 `''-==-'' ノハ  ⌒\ >-=ニ二 ̄ ̄ 爻=- ''´⌒ヾ 弋ヽ 寸=-  _      }ノ
  ァ'''´≠::::V                 〈_ノ 〉::::::≧=- -彳ノYハ    ヽヽ――=ミ⌒ヽ乂      `¨⌒   `''<二二ニ=-
/''.:/::::::::::::/               (_ノ 〉::::::\ `¨´.イ 从ハ
::::ノ:::イヘ:::::ヘ               乂_ノ::::::::::::::乂¨_/人ハハ
/::/   /::/                 ⌒マ::::::::::::::::::::::::::::从(
l:/ -=彡"                    ,イ:ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::`ミミx、,,
l{                ,,ィ-=彡ミ-=彡::::::::::ヽ:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::ミミ、
              ,ィ⌒≧=-:::::::::::-=彳::::::ノ从::::::::::イ::::::::::::::::::::::::::::::::::ミミ、
             ,イイ≦=-:::::::::::::::::::::::-=彡::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽヽ::::::::::::ミャ、
                ソ::::::::八:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⌒ヽ乂::::::::::::::ミ≧x
               イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,,、、、、、‐………-=ミ:::::::::::::::::( (::::::::::::::::::::::::::::ミ、
              ノ::::::::::::::::::::::::::::::,イ⌒´            ⌒'''ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::爻
.            从:::::::::::::::::::::::::,イ                    ^^^'乂::::::\::::/:::::从

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  人狼のデータはルールブックに記載されている通りです。
  加えてもしPC達が銀製の武器を用いるなら、その効力値に+5してください。
 
  PC達の人数が多い、あるいはLVが高い時は、夜鬼などにデータを差し替えると良いでしょう。
  もはやこの世の者ではない、異形の獣へと成り果ててしまったのです。
  とはいえ、この時でも銀製武器を用いた時は、効力値が+5されます。
 
  人狼を倒すことができれば、PC達は窓の外から暖かな光が差し込んでいることに気が付きます。
  いつしか朝が訪れて、惨劇の夜は終わりを告げていたのでしょう。
  ほどなく駆けつけてきた衛兵たちも、この人狼の死骸を見れば納得するに違いありません。
 
  シナリオは終了となります。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


3660◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 03:59:23 ID:53uJs9R4

                              ● 冒険の結末 ●


                         ,゙//////////////////////////////////////∧
                     ; ///////////////////////////////////////∧
                       {////////,;゙///////////,}//////////////////ムマh、
                     ヤ///////|/////////,}//}i///////////////////, ⌒
                          キ:|////,㌻!/////////{//j{///////////////////}
                      _,,..、、 ┤!//,γ,:^{'//////// .|'/,{{/////i///////,j}////}り
             γ''"、..,,: : : : : :リ{///,{.{ キ///// ∥ |/!ヤ/////}//////,∥/,j}/,!
              ;: .   ~"''~、乂'/,ムマ キ//,i!/,∥ _,,」i|.,ヤ////,}//////∥/∥∥
              }: : : .        `寸'//>、キ//j{/∥  リ -ヤ'///,j /////∥'// ∥
            γ'''"~          `、゙:::::!:キ//|!,'{{ “气赱メ':/j//,{ヤ'///,∥///ノ
            , ゚: :_:=-…-= ,   ':,   \:::キ/リヤl{      Ⅵ//!.ヤ'//,∥:゙/
           ,.≧"ニニ)h。  ヽ   '::..   \/, .ヤ゙      八リ_,ヤ///゙/
            ‰ニニニニニニ心、 ':,  ':::;..:.:.:.:: . リh、       _,ィ升ア}/ア}゙
         /ニ=    =ニニニム.  \.:.:.::)h、:.:.:.:.:. マh。.,_ ^"<7ァ≦ムア_
          ∥=    -=ニニニニム.:.:.:.:.)h,::::::::)h、:::::::..   ´´_,,.ィ::ノ.ィ''"~  }
         {{ニ    -=ニニニニム::::::::::)h、:::::::心,:::::....:.:.::::ノ:.:"~~.:.  ::τ-、
.         ⅱニ  -=ニニ(⌒"~ ̄ ム:::::::::)h、::::::㍉=-ァ{;;;;;::.:.    .:.:ムノ
        {{ニニ=ニニニニ≧=…::::::キh。::::::::)h。..,,_ァ´::j;;;::::,,_    .:.:.::}..,,_
        }!ニニニニγ'''"~    `マ、::{三ニ)h。:::::::::::::::;:ィニニニ)h、.:.:.:.::::::::i::::リ
        |ニニニニニ>=-…‥=- 、 .:.:::::)h,三三三ニ=升ニニニニム:.:::::::::リ:く
        ヤニニニニ)h。.,_    .:.:.:ヽ::::::::}三三三三ア゙  `寸二ニ:,::::::ノ_.ノ
         寸ニニニニニニニ)h、;::::::::::::ム三三三>''"~~)h、 寸ニニアニ {
             マニニニニ┌…‥=-=ニ>:::::::::ム三三リ  -=ニ心, マニニ}三ニ〉
            やニニニニ)h。。。..,,_.:.:.::::::::::::::::}}三ア -=ニニニム マア三三ム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
  黒髪の少年=狼人の少女は真相を知ってショックを受けますが、故郷に帰る事を決めます。
  父親の墓前に仇の死を告げ、外套の男を弔うのだと言います。もはや彼の身内は自分たちだけだから、と。
  もしかすると、いずれ至高神の神官となった彼女と再びめぐりあう事もあるかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


.


3661◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 04:00:30 ID:53uJs9R4

.                / /            ヽ    、  ヽ
.              / /   /  /       |   ヽ       ,
                  /   ′./       ′   ',   ,  ,
.             ,′    /! ′      ,! i   *   ,   ,
            /  /   / | |      /| ./    |    *  ,
             ' / ′|/ | |     / | 八 |.  |  |  .,
.             |/!  | 斗ヒ"Ⅵ| | ././ ̄ ̄`ト|、 |!  | i  !  |
.             |' ||| .|xzzミ.Ⅵ|i .| ' / /xzzzzxⅵ!  .|fニヽ.  !
.             |.|| ∨《 ん沁Ⅵ N/ ィ"んハら 》 |   |r、"/ .′
               ヾ! ヽ个乂リ ヽ|    ゞzツ' |   |.ノ./  ′
              Ⅵ、从:::¨´   \   ::::::::::  l  |イ/ ,
               |ヾ|人  `           ィ   | ′ i
              / /| 个s、 丶 _ -   。s"/  /| | |
               // /   |:i:i:iぅs。_ 。s≦_/:i′ / | |  |
             .〃,イ  / |:i:i:r≦: ハ 。*≦   ./  /  | |  |
           。*//__/_.|:i:i:| ヽ/}'"     /  /   | |  .,
         。*"  / {ニニ≧x:L }./___   /  /  /\', ,
      。*''"    ./ .|ニニニニ{ニ}≦ニニニニ》",′ ./  /≦ニヽ ,
   。s*'"      /  .|ニ>ィニ个<ニニニニ// // /ニニニニヽ,
  。?*"      /   i`アニニ/|ニニヾニニ// ./  イ!ニニニニニニ},
.。'' /       /,′ | |`ー=ニ/ |ニニニ}У*''" ィ'" /ニニニニニニニ} *
′,'      / /|  .| 〃 イ/ / / √ーァ≦´ /  /ニニニニニニニⅥ
  |     /  / | |  .|/ ./ |{ / /ニニニ| .,′ / /ニニニニニニニニ}
  、 /   ./ .| | /ィ" |.}/-ァ'"´  |.|  |/ニニニニニニニニニニ}
、 /  / /   | Y ヘ/  / }ニ{ ー=彡ハ.!   |\ニニニニニニニニニ/ |
 Y  / / ,′  Ⅵ|\ヽ ./! ノニ乂  <| |、 |ー`ー'"ニニニニニニ/ .!
. |  / / |   ./ヾ/ Xヽ} ヽニ/   ∨ 丶 ヽニニニニニニニニ/  ′
. | // | |   /./ , イ! ,'`ー}ニ{    / / \ \__ノニニニニ>イ  /
. | | |. | |ー=ニイ|八 ∨  /ニゝ -=彡イ  | / ̄ニニニニニ>イ |/ //
  Ⅵ/ | |  |:i:i:i/ イ>‐`ーイニ/    }| ∨//ニニニニニ/:i:/ / /! |
  | ∨ .Ⅵ  |ー‐彡|ニⅥ}  /ニ乂   /丶 ∨ニニニニニ/:i:i:i:/ / /:i/.|
  ヽ |   ヾ |:i:i:i/ イニヽ} ヘニニ/   ヽニ∨ニニニニニ/:i:i:// /:/ /


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ワイン商の娘は恐怖とショックと混乱でまだフラついた様子ですが、すぐに元気を取り戻します。

 「わたし、こういったお話やお芝居、実は好きだったの。お父様には黙っていたけれども。自分でも書いてみたいな、って」

  この体験は、彼女に正しい意味での霊感(インスピレーション)をもたらしたのかもしれません。
  近い将来、惨劇を繰り広げる人狼の正体を暴く、冒険者たちの戯曲が舞台に上がる事になるでしょう。

 PC達は一人あたり1000点の経験点と、3点の成長点を獲得します。
 また人狼を討伐した報酬として、一人銀貨100枚の賞金を手にする事ができます。
 さらに娘を無事に守り、濡れ衣を晴らしてくれたお礼として、ワイン商人が推薦状を書いてくれます。
 もしPC達が未だ白磁等級であるならば、この功績で黒曜等級への昇級が検討されるかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


3662◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 04:02:32 ID:53uJs9R4


               __..z== ミ            /.:::::::::::::::::::::/.::::::::_;//´`¨¨¨¨¨´`i:ヽ;_::::::::.\:::::::::::::::::::::::::::.\             ,仁三`:.、_
        _斗:≦ニニニニニヽ         /.::::::::::::::::::::::::/.:::::::,.:i´ |:|          ヾ:i \:::::::.\:::::::::::::::::::::::::::.゙:、         ,仁ニニニニニ`:.、__
___...z≦´ニニニニニニニニ〉      /.::::::::::::::::::::::::/.:::::::/:/  |:|         |:l   \:::::::.\:::::::::::::::::::::::::::.、        ,仁ニニニニニニニニ`:.、__
\:ニニニニニニニニニニニニ/      /.::::::::::::::::::::::::/.::::::/i:/ ̄`i:|、_,     、_l:l´ ̄` .i\:::::::.\:::::::::::::::::::::::::.、     〈ニニニニニニニニニニニ/
  \ニニニニニニニニニニニ/        ′.::::::::::::::::::::;′.::/i.レ. _レ 、         ,リ- _ |::/i:\:::::::i:::::::::::::::::::::::::::.、    ∨ニニニニニニニニニ/.:.:.:
   \ニニニニニニ二ニニ/     /.:::::::::::::::::::::::::i:::::::/::l ,ィ炒==ミメ、   i    ,ィ炒==ミメ、|:::::i:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::.、    ∨ニニニニニニニ/.:.:.:.:.:.:
     \ニニニニ,仁ニ{~         /.:::::::::::::::::::::::::::;イヾ/.::::! i/i/i/i           i/i/i/i  |:::::l:::::/',:::::::::::::::::::::::::::::.、    }`ニニニニニニ/.:.:.:.:.:.:.:.:.
      \ニニニ7ニニ{       ′.::::::::::::::::::::/ :!::::|::::::|         r―――‐v       |:::::|::/| ',::::::::::::::::::::::::::::::.、  .}ニニニ≧、ニニ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        ゙:、ニ7ニニニ{      /.::::::::::::::::::::/  .l:::_|::::/       |        i        |:::/´.::!  \::::::::::::::::::::::::::::::.、   }ニニニニ:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            ゚。,ニニニニハ.   /.::::::::::::::::::::/     !/ |:::i        、      ,′      |:iヽ:::::|   \:::::::::::::::::::::::::::.\,仁ニニ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
          ゙ 、.ニニニハ /.::::::::::::::::::::/〉_\   〈 .|:;′         \_   _/       .|:l  〉:|、    \:::::::::::::::::::::::::::.',ニニニ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
            \ニニ/.::::::::::::::::::::/ ./.:::::;:::.ヽ__iヽ!:!ヽ                        |:! /.:::|_ヽ____/\:::::::::::::::::::::::.\/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
             ヾ'.:::::::::::::::::::::/  ./.:::::/.:::::::::::::::;:::|:|:`‘,                     /ーl:!´.:::::|:::::::::::::::::::::.,  \::::::::::::::::::::::.゙:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
              /.::::::::::::::::::::/ __/._:_:/.:::::::::::::::/!:::リ:::::.‘,                   /.:::::レ:::::::::|:::::::::::::::::::::::.,  冫、::::::::::::::::::::.゙、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
\           /.::::::::::::::::::::/冫´ .:.:.:.:.:.:. \::::::::::/.:|::::::::::::::::.\     _ _ _    /.:::::::::::::::::::::|゙:、::::::::::::::::::::..,/>゙:、::::::::::::::::::::.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:ニ\     /.::::::::::::::::::::/`、¨¨丶.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧::::/.::::!:::::::::::::::::::::::`ト          イ:::::::::::::::::::::::::::::|:::::゙:、::::::::::::///.:.:.:.:.:.\::::::::::::::::::::.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
ニニニ`:.、 /.::::::::::::::::::::/   \  丶.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_:_:_|::::::::::::::::::::::::::i            i:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::゙:、_/,///.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:::::::::::::::::::::゙:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
ニニニニニ`/.::::::::::::::::::::/      )  ヾ.:.:.:.:.:.:.:.:.iヽ.:.:.:ヾ/⌒ヽ、::,-、l             !::γ⌒ヽ:::::::::__ノ ̄ ̄~/,///:イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\:::::::::::::::::::.゙:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
二ニニ/.:::::::::::::::::/       /   .{.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:./⌒ヽr、/. : \       /\|γ⌒ヽ/.:.:.:.:.:.:..:.://////,!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\:::::::::::::::::.丶:.:.:.:.:.:.:/
.ニニ/.:::::::::::::::::/\       /    }.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.i⌒ヽ/.〈.: : : : :.\    ./.: : : :.:〉γ⌒i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.///////{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\::::::::::::::::::.\:/
ニ/.::::::::::::::::::::/ニニニ〉、    /      }.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.ヽ__〉' .\.: : : : :.\/.: : : :.:/.゚〈__/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{///////,{:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\::::::::::::::::::.\
/.::::::::::::::::::::::::;′.ニニ7i__`ー ´       /.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     \: : : :./.: : : : /   ゚。.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{///////∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,\::::::::::::::::::.\
:::::::::::::::::::::::::/ニニニ7 .l.:.:\       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.′.:.:.:.:.:.:.:/       .\:./.: : :./       ゚。:::::::i:::::::::::::::{////////∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>´ ̄   \:::::::::::::::::.`
::::::::::::::::::::/ニニニ7  ヾ.:.:.`ー――.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./         \_/        ゚。:::::l:::::::::::::::.\////////\_:_:_:_:_>´//       \::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  またもし鴉の娘を誘惑しており、無事に生き延びた場合、彼女はPC達と共に行動するべくついてくる事になります。
 
  PC達と共に拠点とする街まで赴き、そのまま冒険者ギルドにいついてしまいます。
  普段は酒場で女給として働いていますが、PC達が頼めばすぐに冒険へ同行するでしょう。
  斥候技能1LV、手仕事技能の初歩を持つ「歌鳥人」のままですが、GMは判断によって彼女を成長させても構いません。
 
  ――――もっとも鳥人の性質的に、浮気などと誤解されるような事があれば、えらいことになるでしょうが。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.



3663◆CoNaNQHQik2019/05/28(火) 04:03:29 ID:53uJs9R4
                       _,,、、、、、、、,,_
                         >''´       `''<
                      , '          ` ヽ ` 、
                        /     /     } }!ヘ  ∨
                       ,'     /  / / /./ /  }.  '/
          ,-v‐,‐.∩.   ′     ′ / >''" / ⌒ハ   }i
         <_〈__/'_/''>  .′    {  Ⅳ/ / ,' ,ィ坏   八
       _/ニニア´/ /      从 |,ィ≠ミ {从 ヒソ{从イ
  >―==ニニニニ//>''´       Y^ヘヽ込_ソ   '  爪!
  V`ヽニニニニ二|^/     /  ィzzzzxヘ乂   _ ' イ |
   | /ニニ二二二/_〕_ , イ   ィiニニニ心 ',≧。._/. | . |
>'´| 寸ニニニニ心    >''´ニニニニニ〉 ',´.〉 ∥  人 乂
 /  /ニニニニニ心<ニニニニニニニ/l} ',只⌒〉,イ  `ヽ`ヽ
 乂  |ニニニニニニニムニニニニ>''¨¨´ニリ  }!ハソ      ヘ V             ◆ おわり ◆
  /  〉ニニニニニニニムニ>''´{ニニニア  八 ム、       ', ',
_,、〔.   マヽニニニニニニニ心 /マニア´  ,ィ\ヽ/心.      }  }
  `ヽ.   ハニニニニニ>'´,イ  〉ア ,ィニニニニ厂八      ノ 人
   ,イニム  ヽニニ>''´h、 /  /寸ニニニニニソ ノ )  -=彡イ
 ,イニニニム  `^^´マニニニ心、 { ノニニニニニ( Y  ノ         ◆ こういうシナリオもできるし良いよねってお話 ◆
/ニニニニム     }ニニニニム<ニニニニニノ ノ' ノ
ニニ>''´ Y     ヤニニニニニムニ\::::::::::::ヽ ノ'ノ
`ヽ     }     ヾ二二ニニニムニニ\::::::ソ::ヽヘ   /)
 /ム    }    ___マ二ニニニムニニア:::::ヽ::ノ::::::',/ /_〉
イニニ心   } >''´_,,、、-‐マ二二ニニムニア:::::,イ}:::::', ::::::| /ニ心、
ニニニム /イ≠"´    ⌒マ二ニニムア:::,イ  }::::::}廴/彡=/ハ}≧=-、、,,_
ニニニア. 〃            マニ厂ンイ   }:::::// // / | ',\ニニ心,
⌒⌒/  ∥              ⌒マニニ\.  /::イ: : :./  ./  |. ', \ニ圦
.   ′ヽl{                 マ二ニ\/'´: : /   ./    |  ',  \ニ〉
 /l    ',                マ二ア : : /    /     |.  ',: .  \__
   |     ゝ、             マ(ニニ≧x    /       |: . ヽ: : .   .)
 .:叭    . :丶、                 マニニニ心. /:      |: :  \: : . ,イ
./  、     : : \             マニア⌒` /:        |: :     \(
.     \    : : \               マ/.    /.: :         | : :   ァ'⌒)
    .:/ \    : : \             ',   /.: : : :.      |: : :. 〈_, イ
.     ./   .\     : : ` 、          ',   /.: : : :. :.      | : : ノ



3665梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 04:04:13 ID:isgqmxwy
乙でヤンス


3666梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 04:05:40 ID:5GPgFZEV



3667梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 04:07:20 ID:WNuZe2OA
乙でした~!


3668梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 04:14:49 ID:p49+ZZ1j
乙ですおやすみなさい


3669梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 04:35:39 ID:zHOvU/8R
オツカレサマドスエ


3670梱包済みのやる夫2019/05/28(火) 05:33:42 ID:6kzi6FB5
乙でしたー
いやあワクワクするなあ


ゴブリンスレイヤー TRPG (GA文庫) 文庫 – 2019/5/14


ゴブリンスレイヤーTRPG 限定版 (GA文庫) 文庫 – 2019/5/14


ゴブリンスレイヤー TRPG リプレイ(仮) (GA文庫) 文庫 – 2019/8/9



関連記事

category オリジナル > ゴブリンスレイヤー 書籍告知など
◆KUMOgh4/xM ゴブリンスレイヤー関連
comment

11

edit
edit

Comments

comment
ヒャッハー!
原作者による新鮮なアンオフィシャルシナリオだぁーっ!

このAAで実際にロール行ったら間違いなく吟遊詩人が吊られると思うの(小並感
comment
>成功したPCは、旅行鞄が中身に比べて異様に軽い事がわかります。よく見ると、鞄は二重底になっているのです。
中身に比べて軽いってことは、隠された道具類にカバンが軽量に感じる効果でもあったのか?
そうじゃないのなら、重いってのを間違って軽いって書いちゃっただけだよね?
comment
もう本当にガンダムの脚本も書いちゃえばいいんじゃないかな
今、宇宙世紀物の脚本書くのに一番適した素質なのではw

>メインの銀英伝書いてる横でひたすら08小隊書いてそう
>その裏とか隙間とか影響とか書き始めるよ
comment
>辺境勇士の小鬼退治、死の迷宮に挑んだ六英雄

吟遊詩人さん、そっちの歌もお願いっ!
comment
なんとか狼娘さん連れて帰るルートを用意したいところ
comment
※5
なにをぐずぐずしている!(失礼)
さっさとシナリオを手直ししてGMする作業にもどるんだ!!

まあこのシナリオの内容まんまなら狼娘ちゃん真性のドグサレっぽいんで改心もないだろうが
そこをなんとでも救済(もちろんさらなる外道化も)できるのがTRPG、とりわけGMの醍醐味よね
comment
多分aaキノの方じゃないっすかね
comment
ワーゴブリン?ワーゴブリンでは無かったか・・・
comment
aaキノを仲間にするなら共闘相手を鴉ちゃんと入れ替えればいいが
偽神官を仲間となると、うーん?
黒幕が狩人で脅迫されていたことにして
戦闘が捕獲可能な楽勝で終わった場合に改心ルートに行ける、とか?
comment
無茶度が上がるほどハードルも相応に高くなるからね
というかそうでないとドラマ性や達成感や納得力が損なわれるので……
皆が興が乗ってアドリブで設定乗りまくったとか、参加者全員感心させられるくらいの
トンチを利かせた解法出したとかならワンチャン>人狼を仲間に
言った事なんでもありみたいなゆるい卓ならオールオッケーとかでもいいけど
comment
「テーブルトークRPGがよくわかる本」とか懐かしいな。
リアルでも、四半世紀の時が流れているから…。


  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: