このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


樹海の中心で、ゲームシステム論を叫ぶ 三章 『ゲームバランスの意味は』


398◆SQ.iJMf4FY2012/07/28(土) 12:53:39 ID:WXoQECKA


  _________________
 |                            |
 |  三章 『ゲームバランスの意味は』   .|
 |_________________|
.          |::|  -─-       |::|
        r‐ |::|´       \‐x.|::|
      /乂_|::|ソ  ___∧ __ ∨i|::ト,
    ,ノイ  |::| |\/  ∨ VⅥ_|::|.|
     |   ,|::|小. ┃  ┃ | |_|::N
     |/∨|::| | ' '  _  ' '〉| |::|
.       | |::N{≧‐┴┴r≦‐ミ|::|_
.       |(___)   〈__〉   ! (___)
       ノム|::| |      |   |::ト、〉
      |├|::|ノ|      ├<二ノ
      |八`゙/ミ      ノ⌒ヽⅣ
          /           \
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「今回は読者談義から派生したお話です」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



399◆SQ.iJMf4FY2012/07/28(土) 12:54:02 ID:WXoQECKA


                           /\ __   /\
                 r───-ミ> '"´  /  `ヽ|  \
                 |     /              |    ゚o / ̄ ̄ ̄〉
                 |   :/   /    ノ   \ |      |i      /
                 | /   /    //     八    |⌒\/
                   ,//    '   / / /|i   |r<¨¨¨¨Y\ \
                 / 厶   / -‐/   //─八   |i\    |  ‘, \
                 /\   | /| /   /      ∨ |i  \   |i  |   \
                 ノ廴ノ|/,ノ∨斗=ミ     ァ=≪ Ⅵ  | \ノ|  |   i⌒廴_
              /  // //  Ⅳ _ノハ        _ノ心/  八 ノi |  |   |    /
          / / // j/   从 乂ソ     乂_ソ   /⌒i i |   |ノ 八__/
            //     / //  >''  `     '''/  :/ ソ ノ i 廴彡イ
        /       // | 八     、  ,   厶イ 厶イ゚  i   \ }
                     ∨ノ个: .        ノ /|i  |      ∨
                       /  | : : : >  -=≦/(: : :|i  |    i    :,
                    (__ノてス: : : ノ───|: : : : |i  |   i    :,
                  厂  _ノ¨¨⌒'ー──'⌒\;儿厂\  i    :,
                    /⌒ (    ‐-    -‐  r─匕}   /⌒i     :,
                 人    ⌒)       r──ノ   /  /   i      :,
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ゲームバランス。
┃ あるひとつのゲームのシステム作りを目指す上で、これを大事だと思わない人はまずいないでしょう。

┃ 前章でも述べた通り、データ面におけるゲームバランスは、
┃ システムが世界を表現するためのツールである以上、その表現の正確さに直結しますし、
┃ それでなくても、行動が上手くいくかいかないかの瀬戸際を演出する、非常に大事な概念です」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


400◆SQ.iJMf4FY2012/07/28(土) 12:54:26 ID:WXoQECKA


::::::::::::::::::::::::::::::::::...                           .::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...                    |\   /\:⌒);::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.           -‐…─-  |  \/    |//─-  :::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\  .  ´           \   \  |/       \::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::厂\::::::|  /'′              \  ) |         \::::
:::::::::::::::<⌒\|    \|/                     V′ 〈_ 二ニ=-‐::::⌒ソ:::
::::::::::::::::::\ j|   ー=彡             \   \ ∧   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::
=ニ二  ̄ ̄ \  :/        /  |    |\ \    ∨|___   |::::::::::::::::::::::::::::::::::
.           \/ /   /  /  /|    |.斗\Г |   V⌒廴ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::
             厶   /  /─/-|l   八 笊j仆 |   ゚;、   \:::::::::::(二二二
二二ニ=-  ,_//|   /   /| /xf笊. /   トしハ Ⅵ| | \/⌒::::::(/   /
  :::::::::::::::::::::://L|  ,/   ∧|/仆しハ∨     V(ソ  |人 |  ∧/) '’    //
   :::::::::::://::::/|/|   /(小  V(ソ    、   :::::: 八ノ∨⌒\ (      〈/
    :::://::::::::::\   | 厶=-込. :::::    、 ノ  //     〈  )ァ '′
   //:::::::::(て⌒ヽ∠三三) ⌒≧=-   __ ィ(⌒マ-=ニ二 ̄ |_人     。o ==
)//     /)ニX.      (_/⌒\)   \___ノ '⌒) V⌒ソ   |  \ ((
(/     / _(三三)     く厂\  |廴_      __) ノ/    ,ノミト . \))
 ゚ 。─=ニ . =- ⌒て____  /三\| ⌒廴__,∧,厂 { '⌒i⌒\    \ \
  /〉> ´      . -=廴_/三三ツ     o 0凵0 o V辷ノ二ニ====彡\ \
//         .  ´⌒V三三\  (     /⌒\ |    __ 二ニ=──
. 厶-=二フーァ'’      /⌒¨¨\ノ /  /|ノ  V^゙V ̄ ̄ ̄     \     \
   / / / _____/       ∨ / |   ./ /⌒\       \
. /   / //      /       \  |'′   \/ /     / ̄ ̄\   \
'   / /       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|        ,′  /      \   \
   // |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   /          ′ /             \    \
.  /   |,/           \/          {/             )
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「では、今回も"そもそも論"から確認していきましょう。
┃ ゲームバランスが取れているとは、どういう状態を示すのか?

┃ 前章までの内容を◆SQ.iJMf4FYなりにまとめると、
┃ そのシステムで表現すべき舞台世界のパワーバランスが、ある程度正確にデータで再現できており、
┃ なおかつその上で、最適方策の候補がいくつかある場合、各方策それぞれに強みがある事」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


401◆SQ.iJMf4FY2012/07/28(土) 12:54:51 ID:WXoQECKA


    ヽ        __  |    /
   r 、 }、  .  ^´      ` ‐- <
、  \i }/             \    {
.}     Y                    ヽ./}
'    } ,  /       /  }、 i  ヽ 、 V
    / /   { ,〃_/_/_/!   i l|_|_   ! i ヾ、
、  ハ/  , l'// i/ / |  }' }イ/ヽ | } i | \
 > イfi i i  | i/,.ィチミ. |  / ィ=ミ、 | l /||\
/' ! i {| | |  l |イ:::(_, ` j/  i:(_, }}j/,'| ||i `
{ | , | | | ト{ ヒ::ソ       ヒ:リ j/ l| ;/!ヽ
! / / ル{ l  i{ ヽ      '   ムイ'j,イ ||  `
/ / ' 八 {ヽ{l>...   ー '   ..ィ'i  / リ、
,/ , --ミiハ \  ト .. _ ..ィチ/ ルj/ ヽ _ \
../     `^´)´ ̄ゞニニニイ,-‐^}、イ     Vヽ´
'        ヽ ヽ-、  ̄` {:゚}   ( { i .     }=
          } i   ゚⌒ー、`1_r ´ Vノ    ハ
         Y      ^><_  ヽ   ノ/ 、
、        /     <  /   } 7´i ヽノ
/ーァ‐<_ .<          `ヽ{   ノ_L _r'
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「例えば、ドラクエ3なんかで例えてみましょうか。

┃ 世界で唯一、魔王を倒せる可能性を持った主人公たる勇者が、
┃ (その根拠は明らかにされていないけど)最大3人までの仲間を伴って魔王を倒す旅に出る、という舞台世界で…

┃ その際の最適方策の候補として、最大3人までの仲間の編成パターンがいくつかありますが、
┃ これが鉄板で最強! と呼べる組み合わせは無く、人によって編成は変わりますし、
┃ 旅の途中で立ち寄る各地における、いわゆる適正レベルであれば、たいていの編成でそこそこ戦えます
┃ よって、さきほどの定義に基づくなら、ゲームバランスが取れていると言えるでしょう」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


         ,イ
       //!
.      /./.|
.      /.∧|         ,.ィ ,.ィ
.     ,' / /      /| / // .l  ,
.      l. ! ,'     ./ ′ ´  レ'/
     |│l.      ,'   r',ニヽ   /_,
      | |│    l  / ゞ-' ヽ、'∠_
.    |_|_l.      {二_-ァァァ‐-、ゴ´
   , ┴-!、     ,l´Y (`t!' 't!丁!'^!
  〃r'ニ0=!. /,.へ.!''' ,'-、''''/r ′  ,. -- 、
  !| { ニ}i |` ‐くrーf´i> ニ゙イヘ!  / ' ⌒ヾ 、
  ヽ.゙エエー<_    \ヾ二ニ´-クー、// i0} _ i l
.     `¨´  `フーtノ ヽニゝ`<ニ´イV  ノノr'゚」 l |
.      , ',イ゙/`T     `ヽ\ |⊥//(にヽ |.|
.      // /゙,'  r。ニfi┴r=t‐ゝ」  |.l !に_}l l
    //  / i.  L.⊥! ̄`¨ ̄ハTiヾ〔`T┐i !
. /∠_   |  l. / ヽ __-‐'/ │! 、`0} `゚//
./ /  \ ヽ ヽ7 ‐--‐ァ┬--‐T ヽ`:-‐'/
{  l    ヽ   ,/   _/  l   l \_,  ̄
.\.l      `ー:/ ` ̄ /  _,|゙ー-‐'|-‐ ′
  `        /、_  / ̄  〉、_ ,|
.        /` =ラ′   ヽ、_ 'ヘ,
          ‘-‐'' ´           ̄


402◆SQ.iJMf4FY2012/07/28(土) 12:55:19 ID:WXoQECKA


             / ゙i,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ゙i,\
\             ./: : : :゙i,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::i : : : : :弋x,`丶、
  ヽ         /    ゙i, /     >''              |     \` ー--==--
   |         /      ∨   >、´゙          , >  .|     ゙i, .\
   廴_____/       / / /  \       .//    !      |`丶、\
    ./          ,!.// / ,ィ  _,.,.\x:/,.ィ.゙,.イ      .|    ハ ト、  `丶、、
  /           //'  ///廴'゙/'´/'\ ./ / |      ,!     l lハ!     \
/             //     !'ィ斧メx、 丶、/Χ .|     ,!|     .| |
            ,ィ ./、 ゙i,.     `ヾ;::::::;ィ(ヾx,メ、  ! /    ,! l,     ! !
-‐ァ      ,.斗イ/./ :|゙、.゙i,       `ヾ少 ,:ヾ   ,}フ|   ,! .l,     | .!
 /  ,>''7´:| レ'゙/   ゙i,.\\        `     x'ノ' |  /./ ,.ィ.゙i,   |、.ト!
-| /..::::::/::::У/::゙i,    ゙i, 丶、:、          (シィx'|/∥// ,..ゝ,  !ハ!.|
.::|/::::::::::::/::://il,:::::::゙i,  ゙i,、.゙i,   ``ー           ヽ  /'゙ '   {/  .゙i, |
./::::::::/!::/、'゙::::::::\::::::\. ゙i,\゙i,            /           ヽ!
  //::/ \:::::::::::::::::::::::xヾi        ‐- .,   /´
''" ./::/\   \::::::::::/::::`ヾ、          , :'´
zェ゙k'::::::::::\  `ヽ'゙: : : :゙i,、\ 、     ,. '"
 \::::::::::::、::::`丶,/: : : : , : ゙i,゙i, \`丶 _/
   \:::::::::\::::::{ : : : :/!: : :゙i, \ `丶、
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…さて、今、"適正レベル"という単語を出しました」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


403◆SQ.iJMf4FY2012/07/28(土) 12:55:55 ID:WXoQECKA


          -― ―‐- 、
    _ /.: : : : : : : : : : :/ ̄ ヽ/ ̄ ヽ― 、
   / / . :/. : : :}: : : : : : {  :../. : : : : .∨ ハ
.  |  /.: : :;: :il : :|: : }: :}: : iヽ :i: : : : : : : .∨ }
.   | ,′ : :{: :|l : :|ー┼-z' ハi}  : : :. :. :. :. :.} f
  {__:! / i斗イl : :|jィ=≠V㍉{  |: : :.:. : : : : | }
  | | l: :|: :灯ハ: :|'′{ し'}' |ー┤: : : : : : : :K          ___
  | レ|: : : :} Vリ、{   ゞ-‐' |: : |: : :. : : :. : :ト. . 二二二二......_      `ヽ、
  レ'il |: :|: :{           |: : | : : l!: :}!: : ;‐- `ー-          ̄`ヽ  /
.  | |l |: :| 八  c      | i ハ: : l|: :ハ: :ハ‐-  ヽ、 : : : ‐-. .     }/
.   j,从{: :{{ ヽ\ ,、       /,' ハ∧ l|イ: :},' }: : :.`ヽ \‐- : : :.`ヽ、
     jハ: .V . :/ | | ̄ },ィ=/イ/`ヽ∧{ヘ: :′.:.: : : : : .\ \   `ヽ、 \
     }∧ ', /. :,| |_: : }/{ '   V\\: : : : : : : : : . ヽ、\    \: .ヽ
    /;′ヽ{|f´  { ヽ/         \ \ヽ、: : .ヾ 、 : : : ::. ヽ     ヽ: :
. /  i:. : :,/|ハ    }  }          \ ヽ}\ : . \ヽ : : !  }    }: :|
'´    '|: : ,' | ∧   イ゙y'             `ー-、 \: : :.\\|  |ヽ    |: :
   / |: :,'  | {/ i  Vニ=ミx  , - 、__ノ⌒ー'{: : : .ヽ : : :. |  |: : :.  | i|
. .:/   : :{   ! { l  ヽ\ `ヽ`ー' ,x-、__ノ^ヽ_ノ: : : : : : : . V  /.: : :i  ノイ|
./   |: :l   レ| :.   :. \/`T´ } : : : : : : : : : : : : : : }∠.__/. : : :l| '´ リ
.     |li {   } | ∧  }`iーz'  {: :/! : : : : : i: : ,'}:: : :}: :ハ: : : :i: : : :l|
.     }ル'    ∨ lV'′ |  ゙y ,′: : : : ,: :/ }: : / /  } |l: :} : : ! |
               | \__ノ   {/. : : : : :/ / /. :.イ ,′ } |l: :} : : }ノ
.             ;       \: : : :/}/ // }/  〃|: :ハ: : ′
.            /           `ヽ' ′´  /  /  j/ }: :′
          /                 \ ー=''´   /  〃  }/
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「例に取ったドラクエは、長く運用する事でさまざまな要素がインフレしていきます。
┃ HPやMPは文字通り桁違いに増え、攻撃力・防御力もどんどん増え、使える呪文の数も増えていきます。

┃ それ自体は決して非難されるべき事ではありません。
┃ そうして強くなっていく事で、初期の頃は苦戦した魔物にも楽に勝てるようになり、成長のカタルシスがあり、
┃ やがては最終目的である魔王を倒せるようにもなろう、というのがドラクエ的な趣旨なのですから」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


404◆SQ.iJMf4FY2012/07/28(土) 12:56:49 ID:WXoQECKA


            -─-
        く⌒}        \‐x
      / 〈__ノ  ___∧ __  ∨)ヽ
    ,ノイ   } |\/  ∨ VⅥ_〉 |
     |  /| :小 =  = | |  |
     |/∨| | ' '  _   ' '〉|V∨
__i⌒r─┴厂V{≧‐┴┴r≦V⌒)‐- 、
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「これは多くの安価スレでも同じ事が言えるのですが、
┃ 長期運用するシステムにおけるデータ上のインフレは避けては通れませんし、避けるべきものでもありません

┃ なぜなら、そのインフレは、そのスレが何かを築き上げ、積み重ねてきた事の証だからです。
┃ RPGならキャラクターの能力値。戦略SLGなら自国の軍事力や経済力。恋愛ADVならヒロインの好感度。
┃ そういったものが肥大化し、ややもすると向かう所敵無しという状態になるのも、ある意味では必然だと言えます」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


             <´`ヽ
            ゝニイ、
              ∨ヽ
                 ∨ヽ          ___
                ∨"\     _,、/_/〇ゝ_\
                 ∨/>、ィ-ニイ/ ⌒   ⌒ ヽ.
                 _>//´ヽ/ (●)  (●) ヽ-、
               _/X_"_/ ̄|   (__人__)   |:::::ヽr、ィ‐、
               ト"´_/::::::::イ::::::\   |r┬|   ノ,:::::::::::::::::::::ゝ_
               イ─--::、:::::::::::::\ー::.__ー' _rイ/::::::::::::::/´ `ヽ.
              /     _>`ヽ.:::::::ヽ::、::: ̄::::::/:::::::::::::::/      ∧._
              _/,ニ   ={ \:::`゙=、_::::`ー::´::::::::::::::::::::/  `ーァ- イ `:.、
            /´      l|   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ     |f       ヽ.
           l     __,..ィ ヤ    \::::::::::::::::,::::ニ‐イ´     / |      、  l.
            ,',ィ   イ´    、ト、      ̄ヽ,.ィ彡ヾヽ      ,イ l      ,'  l
           ,イ´´ ̄  ゙ヽ.   _,×.\__    _ヾヽ`'__ィ_〉- ---、"/ /_ゝ、 _   |,.   ト.
         ,イ      ゙l `l=ミ、トゝ`ヽイ´ ̄´ ゙ヾ彳"´∧ ーイ´ノク/::`ゝェィ´ ̄   l、゙.
        〈 ヤ、   r'´ ̄´`、::::::∨ 、 ゙ト、     |ヽ.   〉/ ,  イ{:::::::::〉´ ̄¨`ヽ.  l. :.
         メ、 ゝ. /     イ´`=ヽ、ト  }   `ー┼‐ヤ_/ヽ_,.f´ ̄二゙ト.    ∧__ノ,_ノ
           ゝ.`:|     | `─-{ j  ヤ:     |   ヽ  ∧ヤ ̄´_ |:l       ノ_/
                `|ヽ    v| ー -イ"`='`─-rf"ニ≧n>=、"`{二 ̄ j ノ__,、_ノ"´
             |:::`ー‐二ゝニニフ`ー─-=_||三_,j|___/‐ィゝ-二ノ<_:::::::::|
             |:::::_,.ィ'"´ィ' ̄`ー、_  ̄、ー ̄=ー= ´ _,´イ _,.ィ"´⌒゙ヽ、:::〉
             j/´ /       ヽ、_ `ゝー---‐=´   ,_ィ´       ヾヽ.
             / ,イ         ノ `ヽェ、__,..ィ.-イ ̄`         ヽ.
              ∧ィ'         イ´   ":゙:、      /' ヤ       ゝ-、__  ヤ゙:.
           ル'        f"      /  ゙`    "  _ヤ        〉"`ー` ト、
          /´   、     j  ー-ニィ'ゝァ__,..ィ"`ゝ、_z、_ヽ.        /     l
            |     {  `ト,ィ'    __,.ィ"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾ、≦ニニ  イ      j


405◆SQ.iJMf4FY2012/07/28(土) 12:57:24 ID:WXoQECKA


`゙  .                                                           .  ''´
   `゙  .                                                     . ''´
       `゙ .                                                . ''´
           `゙ .                                            . ''´
             `゙ ..                                     . ''´
                 `゙ ..              r-、 r'ヽ    /ヽ /^l             . ''´
                 `゙ ..       -‐': ⌒{  }⌒⌒{  {'´ ̄: `ヽ       . ''´
                   `゙ ..   /. : : : : :/  ,: : : : :ヽ }、 : : : : : .\ . ''´
                        ヽ {ィ : : : :ィアヽィ=- : : -=トノ _>ニ=- /ヽ
                      \{: :ル´ {'-.、/-‐ : : : : :l_{\ ./ ` j′
‐-                          {`^  :´: : : : : : :i: : i: .\ : : . /、                         -‐=ニ
                          . .-‐{: :´/. : /. :i : : |: : |: : : .\ /.. .`. . ‐- . .
                    . . . . ´. . . . \: : : :/. : ; : : ,' : : ' , : : : /... . . . ー- . . . . 二ニ: : : : : : : : :ニ二 . ̄. .、
-‐             . . ´ . . ´. . . .´. . . .\ '. : :/ : /. : : : . \:/ . . . . . . . . . . . . . . `. . 、       ヽ. . . .ヽ  ―=
            . . ´ . . ´ . , ./ . . . . ./. .\/. : : : : : : : : :.:/\ 、. . . . . . . . . . . . . . . . \       }. . . . .}
              /. . /. . , ´/ . . . . ./. . . ./.ヽ:. : : : : :.:i: :/ . . .\`ヽ、. . . . . . . . . . . . . . .\    /. . ../
            /. . /. . //. . . . . /. . . ./ . . . . : : : : : : | : : . . . . . ヽ  \. . . . . . . . . . . . . . }  /. . ../
――――――┼:、'.. ../../. . . . . /. . . ./ . . . . . /. : : : : : :l: : : . . . . . . .}、  \. . . . . . . . . . . /,. '-――――――
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ですが――」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


406◆SQ.iJMf4FY2012/07/28(土) 12:57:55 ID:WXoQECKA


┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「キャラクターの成長や社会の進歩、コミュニティの成熟。
┃ データに裏打ちされたそれらは、多くの物語の本質とも言うべきビルディングス・ロマン。
┃ すなわち、"何かを成し遂げた"という達成感に直結するものです。

┃ が――」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

           Before                     →                  After

                                                      ____
                                                  /⌒>`>:.:.`:.ー-..-..、 /  ̄ ̄ ヽ
                                                 / ー==≠:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ィ=-‐ヘ }
                                                 }ィ´ /:.:.:./:.:.:.:/:.:,:.:.:.:ヽ:.:.:.:.Y:.:.:.:.:ヽ}′
          ____ ヾヽ/`ヽ_                                    //イ:.:.:.:}ィ/イト:i:トハト从:.:.:.:.:ト \:.:.:.\
       ー=≦=- : : :`: : .── - .、   r==ァ                      / .イ:.:.:|:.:/イ:ハィ升ト{ ィテハ}i:.:/:.i |  }!:.:.:.:.:..
        ./: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ l! 〃x=x                    }´7:.:/}イ:.}i:.:.}ヒり  込リ/「}ィ:イ ハ:.:.:.:.:.',
        /: :,: : /: : : : : : : : : : : 、: :.....ll/〃__l!_                       /:.:/  }イハ:.:ヘ '、 ,  /:.;イ/ }イ  i:.:.:.:.:.:|
        ,.イ: :/:.:/: : , /l: :,!: : :!: l: :、 ヽ彡ソト─ -- :. ̄:`ヽ                   /:,:イ ./⌒ |:.:イ≧r‐_イ/ }'      |:.:.:.:.:.:
     /:/.!.;イ: /:,: ,从`レ lト、六ヘ: :',: : Y:.:l!ヽ`ヽ   `゙ 、:.ヽ               /:.:,:イ_{_    }ハ>イ「j_.コ }「>=ー 、   |:.:.:.:.:.:!
      {/ レ l: l!:.l: lんら  -xzミ、 ! :.:.|: ハ_゙_、__\、    ヾ \           ./:.:.;.{iく7:::::::::} \「7/ irくィ´        i:.:.:.:.:.:|
      ゞ:.、 .!ハ;ト:弋zソ   .け::うノ: ,イ/    ̄ ̄ヾXミl  Y:..ヽ       /:.:.:.ィ'/}ゞ==- イ>=イく=ーイ /==-、   ヘ   l.:.:.:.:.:.:
       `ー=-、 .八  '   ゞ-彳イノ         ̄   ノ::} :j      ,..:´.:.:.:// r==--/:::::::i}::::::::}        \ /=i:} /:.:.:.:.:.:′
              l: :l丶 ` ´  ,ィ/:/          ‐-='-イ: /    /:.:.:.:.イ ムィ}    :{::::::イ::\/ }'        }' /' イ:.:.:.:.:.:/
            l;;;l  ` T ¨ _,,,| /                 l,/  ,.:':.:.:.:./    |   :ト- '}L:::イ /     イ=ー- '/:.:.:.:.:./
            _ ィ7´’ ̄ / `ヽ、                 /:.:.:.:.:,:'     |   .イーィム==-イ     /'   /:.:.:.:.:.; ´
           r´  /¨` 、/   x==x              /:.:.:.:.:/   ..   一=ゝーイ  i|   r=/     '  /:.:.:.:.:./


407◆SQ.iJMf4FY2012/07/28(土) 12:58:38 ID:WXoQECKA


┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「耐用期限――って、あるんですよね」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                                    /  /  /              /
                      ____      { / ̄ ̄\                /
             / ̄ ̄ ̄,.二> ' ´     `  ̄ ̄`ヽ{{      \           /   高  戦
        /      __/    /        \==ゞ-=ミ、     \         /     町  技
         ̄ ̄ ̄ ̄ /   /  |  i      \ V∧  \\    \       /     な  教
              /     {   !  |_i_ ヽ   |  V |   \\    ヽ      i     の  導
               / :/   / ∧ :ト、'´ト、_|\  |  |   |∧    ヽ.\    ヽ    !     は  官
             { :|  :! |イ\「`ヽ.{' ̄冫\ト、 ト、 /-、ヽ     :!  ヽ   i i   |     一  の
             ∧ :ト、 ! N,.斗} `ー-   /   V /^ } |    |   |    ! !   :!     等  空
             / ヽ! ヽ|\Y_ノヽr-ヘ    {   / ん' ノ八   |   |   :| | プ |     空  戦
           /    |    //ハ  /  _,.\     :i :!/   \  |   |   :! ! ル:!     尉  魔
           ,'    :|  // 八 { r'´  ,. ヽ     | |/     \!___|   | |  :|     だ  導
          i   /:|   ! !   {\ー<    ,.  | |     _/\  |  :| ト、 :|      !  師
          |  / :!  :| |  ヽヽ八     ,. イ  __」 !ヽ ̄ ̄/.:/   ,.- |  | |--、 ;|
          |  |  |  | |   | |  `ー≦V´ _//乂/   /:.:/|  /:./ !  |:「 ̄/ ;|
          |  |  |、 | ヽ   N     /「F=句___/  // :|  /:./  |  | |-=ミ、 |
     _    :!   !  ! \|   \|   ,.イ   V_/二/  ∠.<   :|//  |  | |     ̄!
    /  ヽ  :!   |  |  ヽ    /{:.{____ V ̄/   /:/ `ー‐<  / /!  ! !\   |
     | ふ |   |  |  | プ  ; /  ー‐ァ / {  i  / ̄\   /\|_〈_|  | |__\  |
     | が |_ |  |  | ル ; /,.--、  〈:.〈  ヽ_レ': : : : : : :}_/     / //    ̄>
     | ふ  / !  |  |    /:.:/\ \ 厂 ̄{: :{'´ ̄: : : :〈: ̄ ̄ ||  / //   / : 《|
     | が |  !  |  |   ;V´   \〈:_: :/: ゝ---- 、: : : }:.:.:.:.:.:.!!  :|  | |\ /\\ :|
    |    |   ヽ \ \  ;\,.--  、 |: 7: : /V: :\_〉へ:.:.:.:.:.:||   !  | | /: :\\∧
    ヽ_/    \ :|  |    冫´ ̄\ !/: : :{::::}| |: : : : >、/\/  |  :! !/ \: : : :  ̄\
               | |  |   /  //イヽ__ゝイ L__/      /:.!  | | / ̄ \__/ \_____/


408◆SQ.iJMf4FY2012/07/28(土) 12:59:02 ID:WXoQECKA


                     -―-
              .ヘ、  ´       ` 、  ノヽ   ,..-ー‐- )、
      ((⌒ヽ    /  У            ゛〈 ヽ〉≦==-‐=≠ニメ、
       >‐==ミ人 /               ヽヽ/ \     /‐=く  ヽ          /
      /     // \  〃  /  / i   !    Ni   |ー=≦==~ミ、       //
     / -―=≠アi  | /   /  /  ハ  |   | {   |        ヽ    ,. '′/
   / ´ ⌒>女彡1  从」i -―/| / ヽ―-=  ; 乂__/‐-=ニ二ニ=孑うソ==-‐=≠
≧=‐-‐=⇒x≪ _彡ヘ.〃!八 /∠=ミ|ノ  ァ-=ミ、 / |\ヽ、      ,.イ    / /
_ ̄三二ニ孑く    / | |||゙Y Yて、    Yて、Y  |rく〉、\`≧=‐-=ニ二ニ=孑≦
≦==-‐=≦   〉 /⌒i !!|ト、 ゝ-'     ゝ-' 从 i!、ノ ,ヘ  〉          !
          ⌒´  ノ从人込、"""  ′  """イ } リ `~レ' \     ノ    乂       ノ
≧=‐ -====- ‐=孑彡イ乂乂ノ > 。`__´.。<乂ニ坏辷≦二ニ=ミ <      ` ‐-匕
              ノァ=ミ ヘ~'`ー―‐'`ーz~⌒>―-=≡=ミ、、≧=‐-=ニ二二ニ=
三二ニ===-― =孑彡'   〉  `~^YoY^~´   〈 ヽ          ソ~ぇ´ ̄ ̄ ̄ ̄Τ`
(⌒ヽ)\ ̄``'ー-  . _    ,  O◯ ゝイ ◯O  、   \     / ∠ノヽ      ノリ
 \  ̄ )       `゛  ′  _)´   `(_    :丶、   \  〃     /‐-=ニ=孑彡イ
 ,. ` 、(  ―-   ‐=彡人   ( ノ   ゝ )  ノト、 ヽ  /)ノ    /     ` <
´    >ミ~‐=≦ .,__ ハ  ノ )      ( ヽ ′\У\´   / 二ニ=‐- .,_
_,.   ´     >‐=⇒――' ∧ノ  `(_   _)´  Y _ \ヽ\/        `ヽ>
    ` ー=彡 ´ // //  |     ) (    |〃⌒ヽ  ヽY      ((⌒ヽ |
     /   /  { 〃((       `Y´    | { (_ノ   リ≧=‐-=ニ二ヾ _ノ
    . ´  .  ´    乂   \  |           ;丈    ノイ  _          ̄二ニ=
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「とても悲しい事なんですけど、永遠に続く物語っていうのは…ありません。
┃ 長く楽しまれる作品である事と、尺を引き伸ばされている作品である事が、また別の事であるように。

┃ さきほど例に挙げたドラクエも、最後のボスを倒すための適正レベルという、耐用期限の指標があります。
┃ それを超えても、レベルは99が上限であり、それ以上のレベルアップはありません」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


409◆SQ.iJMf4FY2012/07/28(土) 12:59:33 ID:WXoQECKA


                   ,. - 、     . . .-: : : : : : : : : : :-. . .  , - 、
                l i  \,. : :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`:/ 冫 ヽ  ,
            , -.l i.  ,.:´.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l      Y
           /: : : l i ./: : : : ; : : : /.: : : : : : : :|.: : : : : : : : :l i'     l
            /: : : : :.ノ/: : : : : : |:. : :/.: : ; : : : : : |: : : : : :,: : :.l i      l
       /: : : :_;,;彡; : : : : :|.: : :|: : /|: : /:.: : : : : |i: : : : : i: : : l      l
      //: : : : : : : /: : : : : :|.: : :|: : i |: :/i,:.: : : : : | i; : : : i.|.: : :l,. ,    l
      ´ /: : : : : : : /: ; : : : : :|: : :,|: : i |:;/ i,: : : : : |,,,i_: : / .|: : : i, i.   l
      /: : : : : : : :i: :.i: : :|: : :|.: :斗七'|/  ヽ : : :/ .i;゛フー|-|;.: i,.    人
.     /: : :/: :´:_;i: :,i.: : :|: : :i; / .|/_|_,,,,  \/ー-i/ニz,_ヽ|: : :'、._ /|  ヽ
    /: / ´. ̄  |: :|i: : : i: : : i''''伝兀下       伝兀心|: : : : : : |:||   i,
    ' ´      i; | i: : : i; : : |. 匕示丁       匕示灯|.: : : : : :|:|:|   i,
            i:|/ヽ; : :i;.: :| , , , , ,         , , , , , |.: : : : : l|:| |    i,
            `i  ヽ; : iヽ|                     |: : : : : ;i|l': |     i,
                 i,__ |ヽ,'i: |、             し ||: : : : /:l': :.|    _ノ
                /: :i;`: :.|`: .。,   ===  ,.。.:≦:|: : : /: :l: : :|,,-:': |: :'
                 /: ;': :i; : :|: : l: : :l:`: _TニニニニT;_:l_: : :|: : /: : l: : : : : i:.: :|: :|
                  /: ;': : :_i、: |;=- <_".           ゛;|: /;_: :': : : :, : :i: : |; :|
             /: ;': γ .ヽ|    ゛Y_ー-   -―r、r'.|/  ` ヽ; |: : i: : |i; i,
            ,.': ,:': :/       O   `v^γ'Yυ"´  O     .';': : i; : |.i; ',
           ,.': ;.'.: :/   . `|      O   | ノ|   O     .|'   '; : :i; : i,:',: ':,
          ,.':,:.': : :/    |       ,、 r: '´ー.'ー-,.         |   ヽ: :i; : i, '; : ':,
         , .',:.': : /       |    _ _ノ、`´      `ーi,._     |    \i: : i,. ':,: :.':,
       , ':,:.': : /       .|,ノ^ー '    Y `y'^ヽr-γ"^´ `ー'-=,|     \: i, '.; : :':,
     ,. .'.: : : : :く          |           '         |     /: : i,  '.; : :':.,
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「仮に、レベル上限が無かったらどうなるでしょう。レベルは無限に上がり続けてしまいます。

┃ 勿論、無目的にレベル上げ作業だけを繰り返すのは無味乾燥ですので、
┃ そのレベルを上げる必要性をもたらすための、より強い敵、新たなイベント…
┃ そういったものを永遠に用意し続けなくては、上限無しにする意味も薄いのではないでしょうか?

┃ ただでさえ、超高レベル帯におけるゲームバランス調整も必要になるであろうというのに…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


410◆SQ.iJMf4FY2012/07/28(土) 13:00:07 ID:WXoQECKA


                、
          \-‐\__     __
         ⌒\}\   \∧/ | ___    /  ィ
            \ 丶   Y    |     `  {/´  |=- _,
          ー=≦     }   /  /    i  \  :⌒´/
.           -=≦__ -‐ァ\ /  /}- /} | ヽ X /
.              \//‐、/ :{ ´斗‐ミ′ ∧ト、}   }⌒´
、                / // Ⅵ VJソ }/ r芯| :i/リヽ_
. \-‐=・・・…   -‐≠//{ ∨ {\`¨   ,ゞソ|/j\/
   \ ≧=‐---‐ ’/ ´   ` ∨:{、   , ,  !\__
     r‐ 、--  __     /   }\   __  イ/
r‐ヘ{⌒´. . . .〉   ____ー=ニ{ ___ ノ\ ー‐/ / ..ノ′
{. . . \    `Y´ヽ        〉 `⌒ヽ.¨7 八/
 ̄  ̄ ゝ__    } /  /,    。o 0 。、ーァ
――  ―-て  ん'           ∧ ゚{__〉
. ___  `≧=--\   /      / Ⅵ }
´    {__      `⌒^}     _ノ ノ  }|ノ
 ヽ  ‐┴- ⌒ヽ       }  __彡′{´ / ′
“´        \}-‐‐‐- /⌒´    }'´ /
⌒^          \∨      /   /
      \       /            ′
       \=-‐
        \             /_
         -=ニ ⌒ヽ         /   `ヽ
 -‐=ニ        ∧       .′  \ }
             / .∧   /      ^丶
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…繰り返しになりますが、ビルディングス・ロマンの要素を持った作品である限り、
┃ できる事が非常に限られている初期と、あらゆる要素が充実するであろう後期を比べた場合、
┃ ある程度のインフレは必然であり、避けるべきものでもありません。

┃ ですが、主人公の最終目的であるとか、ゲーム内世界における設定期日だとか…
┃ どんな物語にも、必ず終着点というものは、あるはずです」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


411◆SQ.iJMf4FY2012/07/28(土) 13:00:45 ID:WXoQECKA


           /|  ,:': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |        ヽ,: : : : : : : : i; :',
         ,: : l ,r": : : ;i: : :,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |,       ,ノ : : : : : : : : i; :|
        ,: : : 〉: : : : ;i: : : l.: : : : : : : : : : : : : : : :|: : : : :|l: : : : : : : : : :l,       ,/: : : : : : : : : : : :i,:|
        ,: : :./: :l: :: ;i.: : : :l;: : : : : :l: :,: : : : : : : :.|: :,;,;,;,;|,|;|;,;,;,;,;,;,i.: :|: : \_  ,ノ^i: : : : : : : : : : : : : :i,|
        ,i: : : |.: :l: : ,i : : : : li; : : : : |l: |i; : : : : : : |l: : : : | || i;.: : :,'|: :|; : |: :/ ̄  i; : : : : : : : : : : : : : i|
       ,i: : : :|.: :|: : l.: : : : :|_,izニ=-| 'i;i 'i; : : : : : |'i; : : :|_,|,,,,i;_.:/ |: | i; :|: :\   i; : : : : : : : : : : : : : l|
      ,i.: : : :|: : |: : :i;.: : : :| 'i; : : :|  'i 'i,: : : : :| 'i; : |. |つ|:/''-|/、.i; |: : : \  〉; |: : : : : : : : : : : :|l
      |: : : : |: : |: : : i; : : :| _,.i-:‐|-=,_  ヽ; : : |  'i;.| |:::::'::::::::::|   i:|: : : : : \/: i;|: : : : : : : : : : : :|:|
.        |: : : : |.: :|i; : : :|; : :|   |\l::::::|     \|    ` . |::::::::::::::::|  .`|: : : : : : : : : :|_i: : : |: : : : : : : |.:|
.       |: :,: : :|: :|.:i; : : |ヽ;:|   |::::::::::::|          弋三三シ   |: :|: : : : : : : | Y.: :|、.: : :l: : :|.:|
.      |: :|i; : |:.:|: :i, : :|: : :|'.   |::::::::::::|                        |: :|.: : : : : : :| .lヽ: |.:i,: : :||: :/.:|
       |.:|. i;.:.|: |.: :ヽ; |.: : |  弋三シ                       |: :|.: : : : : : :| ,ノ: :ヽ|:|:i; : |:|/: : |
.         |:|  i,:ヽl: l; : :i;|: : :|         ,          """"  |:.:|.: : : : : : :|"|: : : : :|: i; :|:': : : :|
.       |l  i; : : :|ヽ: i; : : |  """"                   |: |.: : : : : : /::|: : : : :|: : |/: : : : :|
       '   \: :| \i: :弋,            _, -―             |/|.: : : : : :/:::|.: : : : :|: : ' : : : : : |
              ヽ|   i; : : : :> ,                    _ノ"|: : : : : /:::::|.: : : : :|l: : : : : : : : i,
                   'i;: : : : : :|: : > ,_           ,. <.|::::::|: : : : :/::::::::|: : : : :|.i; : : : : : : : :i,
                 'i;.: : : : |: : |: : : :|::::':::ー .,-_≦ニ==--‐|:::::|.: : : :/:::::::::::|.:.: : : :i, i; : : : : : : : :i,
                     'iヽ; : :|.: :|: : : :|::::::::::::::::::::|        _|:::::|: : : /::::::::::::::|.: : : : :i, .i,: : : : : : : : i,
                   |: : \|: :|: : : :|:::::::::::::::::::ノ――==ニ ̄ '‐|: : :/:::::::::::::::::'i; : : : : i, .i,: : : : : : : : i,
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「その終着点を見据えて、データを作ってください

┃ 何かを積み上げ続けようとする限り、いつか必ず終着点には辿り着きます。
┃ 何を、どこまでやったら終着点なのか。終着点に辿り着くには、どのような道筋を辿ればよいのか。

┃ そこから逆算して考えれば、必然的に、意味のないパラメータやバランスブレイカーな要素は無くなります
┃ 何かの考えがあって意図的にやっているか、デザイナーも想定しないコンボ等があったりしない限りは」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


412◆SQ.iJMf4FY2012/07/28(土) 13:01:22 ID:WXoQECKA


                              ..  -┐
                              /,..   -┴┐
             rヘ           _  _   //        /
         /  ヽ      ,.  ´     `ン´       , ‐-= .,_
            {     、  . ´         {\      /       `ヽ
       _,..⊥..,_   〕 ´         `ヽ’,   ,.イ `ヽ   ``丶、
        く     ⌒フ          ,ハ    Vハ     }   )    ‘,
         \   /       , }  レi弋冖ヽ ヾ、_,ノ /   `ヽ }
            〕ト、,′      / j / jハ,从,ハ,j ヽ ∨     \\
        / _,.. i  !  i ,//jノ!/  ,x行芥ア'リ  ',人  j,1 i メ、\
.      / /   | /i |  Ⅸ /  '    '辷ソ /   リ  \/ | '}/  `
      / / , イ |  l   从 xi行ハ        勹' ,     \/
        ' / |i  |!  '. 、 父 'ヾソ 丶  _   ,仏イ       、
      i i'  |ト、 |    刈\i ≧=‐  く  ノ  ,仆; j  、    \ \
.      ‘'{  ‘, \  / ,  ∧父o。.,_   _,. :仆='^i_‐-ミ, 、  \ \
-‐…‐-=  ..,,_   -=≦ /勹{     )}  ̄辷彡个 、  (   Ⅵ,_   \ \
          _,..⊇ .,_/  |.{    ⌒ヽ.,_   レ'{⌒ソ      ̄ ``丶、\
-‐…=ニ⇒'´         `        i  )}`   iY          -=ミY
      _∧         、   、     Y⌒ヽ、,jリ            (
   f  ̄ ⌒}             '.   }        ∧   、        i   厂
.   ゝ   ,八            '  ;         ∨    :.        j (ハ
   人_   ` ー- 、       :i           ;    }   r‐-‐彡  j:リ
  /  しヘ,    リ   /  :j: ハ          ノ    /⌒´ 、   r=彡'
/  /  人    (   ノ⌒' く廴彡         ′  ,イ::   __ハ _ノ
  / /  `う  `¨´       / }          / `⌒´
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「"どこまでのゲームバランスを保証するつもりでデータを組むか"という事は、
┃ "その物語の終着点がどこなのか"と表裏一体なんです。

┃ 終着点をまずひとつ決めて、その終着点に至るまでの節目節目を想定してデータを組んでください
┃ そうする事で作り上げられたゲームバランスは、要所要所で苦難と、それを乗り越える達成感を提供してくれる、
┃ 質のいいデータとなって、面白さを生み出すのに一役買ってくれるようになるんです」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


413◆SQ.iJMf4FY2012/07/28(土) 13:02:02 ID:WXoQECKA


                 ,、./{ ___   / ヽ  ,. -‐ァ
     | 、        / ハ/ . : : : : : :`Y  ,   Y : : : {,ィ
     | ヽ     |゙{ ヽ/. : : : : : : : : : . \{  ´ ̄ フ ノ        . 1
     |   \   y' /. : : :ハ|ヽ: |、{、: { : ヽ-、   /ニゝ    . ''´  /
.     ヽ    \ {__/. .: :ト:| : : :V: :`\{: : :}、__ノ     . ''´    /
     __.ゝ、   / jイ:|: :l: j: : : : : : : : :|: :} }   >、 . ''´    ./
      \  ` frァ__,レ|:ト{    、_,    |:イ/}.ィ、__}⌒′    . ´
       \ __  /レ: :≧=-  -=≦: ' : : :.,    -== ´   フ
.           ∠/ /´ ) : }⌒´゚〉 〈゚ `´{: : : /´}  __ .  ´
           /,. : :.ヽ ヽ'ーァ゚` ´゚ {_ノ `Y ./\_ゝ
         /:〃. : : : . \__/:}    { \__/. : : .ヽ、___,
.        /' /_:_:_:_: , -‐―‐'  ‐=   ` ヽ、: : : : : : : : 、― ´
        |ヽ /                 \´ ̄ ̄`ヽ.
       /:`^}       /, - 、}    {‐ 、 }      ム}: .
.         ,'ヽ. / ∠    `7 ̄`ァ┬‐ '  }.>'   ヽ、 ./\ : }
        l/{ ヽ{/ヽ__/⌒}_/ ハ__{-{、  {, <}/ r<! :}
        {  `ー--t‐:': : : : : }  ト、 ヽ: :}、\{    }ヽ : /
       |     /.: : : : : : :.|  |: .\ .} } `ー――‐′ V
.         |、    l : : : : : : : :|  | : : : ´ }            }
.        |:.:ヽ  |: : : : : : : : { / . : : : /        . '′
.       レ' |: \ト\: : : : : :.:`′: : : /        . '´
          |/  ヽl`ーァ:┬‐:ァ┬:/__ .  ''´
                 ` //j/ /. :/
              ′ '   //
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「と、ここまでが盛大な前フリ。

┃ 安価スレに限っては事情が違う部分もあるので、そのへんに特化したお話を続けましょう」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


414◆SQ.iJMf4FY2012/07/28(土) 13:03:12 ID:WXoQECKA


              \.`丶、                /   /
                |   \    ,..-‐ァ       /     ./
                     〉,    \/   /     /       /
                   / }   ._ -┴: : : ::┴-. .、  ,!       〈 _,,.......,,_
               / '゙,..::": : : : ,へ: : : : : : : : :`::|  ./   ∧      `丶、
          |!    ヘ/: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :| Y      \    >''"´
          ゞ、ー''ア: : : : ,ィ'': : : ,!: : : : /: : ゙i,: : : ヾヽ!        ',  ,ィ´
           >゜, : : : /: :|: : :/:,!: : : :∧: : : :|゙i,: : : :ヾi,ゝ、__,,.. 斗  |
         /;:/:/: : : ::/|::_」∟∟!: : :/:.:/∟L」_|: : : : :|: l, '.,.\\: : : \∠_
       /,.ィ'゙:,!/|: : : :/''|´ |: /|ヘ: :∧::ハ::|: : ハ: `丶、,!: l゙i,. ', \\: : : 丶.¨ ‐- . ._
      ///: :,!,!::|: : ::,!: ::lヾ,斗ェz.|::,! ∨ _zェz_}:,|: : : :,!: ::!:゙i  '、 \`丶、.,_: : `:'' -. ._`_<
     ./:/ /: : : !!|::',: : ,!: : |/ .r'!f|` ゙i{  ゙'´.んf|心,|: : :∧: :L::l       \: : : ゙i,¨ ‐- . ._:¨ ‐. 、
     {::{ /: : : : |!ヾ.゙i,: {、: λ {以|     .{廾以,オ: :/: l: ハ∨!      _ヽ,:: :``<゙  `丶、`丶、
  {゙、.,_,.斗/: : : ::/|,! |.゙ヾ、\:l, ゚ー.’      L_:::ツ .リ:/: : |l/ .}::|    /\ ゙i,: : : : : `丶、 ヽ; : ハ
  乂__,.斗: /: : :,! ,! .|  ! ,!|ヾ〃〃 '     〃〃,!/!: : :,!_,.イ: : l   /\  ヽ!\: : : : : : : \ ノ: : 丿
     /: :,!: : ::{ヾ!  !  |.八            ゙ /: : /二¨¨7: ゙i,  ∧: ゙i,`丶、}: ハ:ヽ: : : : : : /_,.゙
     {: ::l!: : : ゙i, |  |  /: : :/> .,  ´`'   ,..:/: : /  ``ヽ,: :|\!: ::゙i,: :゙i,ト,!: lミ}: ハ: _,._,.´ィi:}
      ゙i,:゙i,\: i,ヾ  l_,.!: : :/ /_/≧ 。、 :: ´ _/:/: /      |: :l: :\: : \:://_,,斗孑''´: : :}=|!ェz
       ゞ、, ,ゝヽ乂.∨: :/ /  、_ ヤ゙ィ个''''/'",!:/       ト=ニヽ_\: : \´: >゙/ }: : : ::/ /'
       // `` ,ゝ!{!: {/   、.\ノζ``彡ヲ/,      ,. ト、__|__:\: : ゞ/_> /
     /::/__,,..∠=┴-'゙    、 \)乙, _γ/'  ,!    x/} __∫U_ ー゙'゚>,。<゙:¨ ‐. ._
    /: : / ¨ ‐- . .‐''  {    _\)o ∩ o 0 ,!        ¨ ‐、 リ ̄_彑゙i,、: : ¨ ‐. ._: : : :¨ ‐
   /: : :/   /'゙     弋_,.'゙`ー゙  {:::}    >.,   〉-<  ノ⌒iノ    ζ゙i,\: : : : : :¨ ‐. ._
  ,!: : ::,! .‐'"  __      ヾ    ζ^^ ゞx、 \/___レ‐ヽ/ \    /: : ::゙i,: \: : : : : : : : :
  {: : : ゙i,,ゝ---ァア,!     | |   ζ)、  (  ゞx、ヾ/  ゝ!  ',    ヾ、-': : ゙i,: : : ゙i,: : :\: : : : : : :
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「コンシューマゲームだったら最初から最後までバランス調整してからリリースするのが普通ですが、
┃ こと、ゲームの形式を取っている安価スレでは事情が違います

┃ おおむね"そのつど作りながら運用していく"というスタイルが一般的で、
┃ 最初から最後までデータをびっしり埋めてからスレを始める人は、見た事がありません。
┃ "デジタルAAゲームブック世界樹の迷宮"も、スレ立て時は第一階層+各階層ボスのデータしかありませんでした」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


415◆SQ.iJMf4FY2012/07/28(土) 13:04:10 ID:WXoQECKA


                   '"  ̄ ̄ ̄  '   、
          /⌒\ /              \/ ̄ ̄|
           |: .  ノ                  ‘:, . : |
         /|: : . /     | |    |         ∨ : /\
         // ∨:..| ,       | |    | |         ', 〈   \
       ⌒7  :/. : :| |    |  | 八    | | \  |     |: :゚, 〈⌒
.       ′ | : : :| |  __|_|_ノ \  |V\__|_  | |  |   '
       ;   |__;| |    |\|     \|    \|:. | | |_|    i
        | |  /:八| \ |===     === ||  | |ノ∧     |
        | | :〈__人|   ゝ::::::::::     ::::::::::::::|| 八  人|   |
        |ノ|   | /゚ |   |               ||/ ムイ⌒|   八
.          八  /∨ :八  ト    ( ̄ ̄)   ィ|  /  Vヘ.| /
.            ∨  __ノ\|⌒)> ,   __  ;<厂)|/\    ∨
          _/__     て)‐-     -‐/て/}__ ̄\ー-
      r‐ノ>''" /┴─ノ\{\{に二ニ =‐-<  _/─‐く⌒¨\\
      |/     ) <  〃 厂{ r─      〉    >   |    ∨
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ですがこれは、倒すべきラスボスがいるという終着点が決まっていましたので…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



                      _
                       /三三ニヽ
                   ./ニ三三三ニ`、
                  {ニ三三三三ニノ
                      ',ニ三三三ミ/
                       ',ニ三三三.ノ
                    _.,/ニ三三ミ/
          _ ,,.-‐ ''三三三三ニ`- .,,._
          /三三三三三三三三三三三ミ`、
         ,fニニ三三三三三三三三三三三三ニ\
     ./三三三三三三三三三三三三三三三三\_
.     /ニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
  ,r'ニ三三ニ,.r''、ニ三三三三三三三三三三三三三三三.\
. ,r'三三三.,.r.'.  .`、ミ三三三三三三三三三三ミl `  、三三三\
〈ニ三三ミヽ.     .',三三三三三三三三三三ミl     .` ゥニ三ミ,'
. `、三三三',     .',ニ三三三三三三三三三ミ|.    .,'ニ三ミ/
  ヽニ三ニ`、     .i三三三三三三三三三三ミi    ./ニニ/
    ヽニ三ミ\   l三三三三三三三三三三ミi   ., '三三/
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「そのラスボスを倒せる想定クリアレベルを設定し、
┃ そのクリアレベルの5人パーティで倒せる程度にラスボスの能力を設定しました。

┃ そして、レベル毎の成長が一定なので、想定クリアレベルの半分で倒せる程度に折り返し地点的なボスを設定し。
┃ そこを起点に第一階層のボス、中ボス(F.O.E)、ザコ敵…という風に作り込んでいったというものです」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


416◆SQ.iJMf4FY2012/07/28(土) 13:04:50 ID:WXoQECKA


        _     | ̄`/: : : : : : : : : : : : : : : : : : |      |´: : : : : : : :
    ,.-: : -`: :`ヽ、 /i /: : : : : : : : :l.: : : : : : : : : : : :|      |: : : : : : -―
.   <: : : : : : : : : : : ´: :ノ/: : : : : l: : : : ハ: :\.: : : : : : : :\    ハ、: : : : : :_
    \.: : : : : : : : : : :i/: : : : :|: :|: : : : :ハ\ー―---: : : : :\ ,〃 .ト,\ー'" ./
      ハ: : : : : : : :/: : : : : : |: :l\: : : ハ ` 'ー\_.: : :|: : :ハ:`:/  |ハ \ _/
      ハ: : : : : :´-:y´: : : : : |/  \: :ハ.   __,,,≧|: : : ハ/   i ハ-、.  \
.     `、:': : : : : : : :|: ;イ: : : :/l`ー    ー` '´     |: : : :ハヽ    \\ /
      r ,\i^;_:_:_/l/ i: : : /: |   _,,.,            |: : : : :|:ノ_     ハ V
     r.,|. | |. |     ハ.: :/: ; ト、'´   ,         |,z='" ̄`ヽ;、:ー;<^゛_
.   r ,i. i l, | |.   ,-、 ハ: |'´'i、|:ハ     _ ノ  /       ヽ: ; : : : :
    l い U |  / ./   ` /: : : :iヽ ,__ _,。r/          ハ  ̄ ̄
.     l. 丶    ー' /     ./|: l.: : :| /-‐´>´/              l
.    ハ    ..::   |   /: :l/_|: : |´ ,z='ー'''"              |
  __ _ハ  .:::::::   /r、-'ー==' .`'´ ̄                  |
´: : :_: : :`:、  :::  / |;;;;\, : ´               __._       |
/: : : : :, -〉 ー' ´ヽ弋;/_,.._,.. . -―. .-. .,_   _,. .,,z='"./;;;\    |
: : : ; '´._ノ _,. -‐`'´~´. . . . . . . . . . . . . `''''". . . . . . ../;;;;;;;;;;;;;ハ    |
: /z=''". . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ._,,z=''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    |
,:'´. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .,z-=''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/´   |
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「このように、最終目標または制限期間だけは明確に決めてからデータ作りに着手する事をお勧めします

┃ そうすると、初期と最終局面をシミュレートしたデータを作れるようになるので、
┃ どのぐらいプレイされる毎にどれぐらいまでインフレさせていいのか…
┃ つまりRPGを例に取れば、1回の戦闘ごとに獲得できる経験値や資金だとか、
┃ 各レベル帯ごとのおおまかなモンスターの強さとか、そういったものの目安が計算で出せるようになりますから」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


417◆SQ.iJMf4FY2012/07/28(土) 13:05:23 ID:WXoQECKA


            -─-
        く⌒}        \‐x
      / 〈__ノ  ___∧ __  ∨)ヽ
    ,ノイ   } |\/  ∨ VⅥ_〉 |
     |  /| :小 ┃  ┃ | |  |
     |/∨| | ' '  _   ' '〉|V∨
__i⌒r─┴厂V{≧‐┴┴r≦V⌒)‐- 、
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「とはいえ、あくまでも目安は目安。実際に運用してみると、想定外の事は起こります。
┃ けど、目安をしっかりと設けてありさえすれば、ヤマカンで適当に決めた数値よりは遥かにバランス崩壊しにくい
┃ 精度のいいデータと、それを扱うシステムにはなっていると思います。

┃ ゲームシステムそのものや、全データのゲームバランスを根本から変える必要までは無く、
┃ 例えば敵のHPが高くて戦闘がダレ気味だと思った時に、全ての敵のHPを裏でこっそり1割り減らしたりとか。
┃ そういった小規模なデータの刷新だけで済むだけでも、目安を設ける利点はとても大きいです。

┃ ある程度継続的な投下が求められる安価スレにおいて、システムやゲームバランスに問題があったからといって
┃ 1ヶ月も2ヶ月も作り直していたら、お客さん離れて行っちゃいますからね」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



  .:.::. .:ト、      ヾ::.:.','、::l_,x:..:::ト、.::l',::l〉 l:::::::| |  : ノ
. : ::::::..:l l         ',:::::l,>、!/リ::::l ',:::l Y! ノ:::∠ | 違 ッ
::..::::::i::::l !      _,l.}:::l,ィ!lノメ,l:::l, ',::l il 'ilト::fi::| | う ト
:::.::::::トl:L.l_,:. ...,ァ'´.:,rlj:::l´'彳 ヾ! ヾ! l リヾト:ト.ヽ、  /
:::::::::`ミl:lぅー-', :.:.:  '"lFl  'i,  ゙'   l    l>>  ヽ
トi、:::、l`l:F三'":} :.:    ゙'li  ヽ    ,!    .l /   デ
l川::::トN:!   :.:',    、       rッ /    l l  消 リ
' l トi::Nl|ト、   ',  .:.:' 、     ,/´/リ, '二二ゝ'  去 |
  ヽヾi リ  \  ',  '" ノ   _/ / //         ト /
         ,>、 、__ ,∠ .. - 'ノ .: / | |  再 リ ト――'/
      /l  丶`ー-‐ '"...::  /  .| |  試 ト | 「 ̄ ´
    _,. '" /     ヽ``"~´  ,ノ   | |  行 ラ | |
 ,. イ   /       `' ― ''".:  / ヽヽ   イ //

                   ,..、_  ,/ ̄\__,/ ̄ヽ
- 、、        _,_   ,. -‐rfルイ}  || 再    違 ||
   `丶、、rェ ''"´   |`` /{ ヽ>fミi <, 試  消  う ||
   / ̄∨:ヽ、''´ ̄|゙`'/_,l '´ゝヘj^l  || 行  去 __リ
   || 消 違 || ``丶 〈::::二i`〉‐'J、 ヽ_人_ノ ̄´
   || 去 う ||      `` /:/``7:::〉
   ヽ_ノ'='       /::/ ,/::/`丶、、
‐- 、、           ,':::,'  /::/    ``丶、、
   ` ` ― -- 、、_   ,!::::l ム:」         ``丶、、

                /\
              /|   |\
                |   |
┌────────────────────────────────────┐
│自分の作りたいものが曖昧なイメージでしかなく、要点が分析できていない為に     .│
│何が最終目標なのかが具体化できておらず、しかも細かいデータ部分を気にしていて │
│いつまで経っても制作が終わらない人の例                                │
└────────────────────────────────────┘


418◆SQ.iJMf4FY2012/07/28(土) 13:06:09 ID:WXoQECKA


'l、  ,/: : :,/;イ′ /: ://: /' /  /: : : : : : : : : :'l、: : : : : : : :、; : : :ヽ,       /
│‐'"´ ̄`フ"/',ィ ,//,/: : / ,.イ ,/: /: : : : : : : |: : ヽ; : : : : : : : ト、: : :il,     ,/
 l、   /;/'/'/ '´/: ; : /  /:,| /: :│: : : : : : : |!: : : :l、: : : : : : l|l、: : : 'l/   〈、
  `i、 /: /:,/:/  /: :,/:,/  /: :,|'′: ;|: : : : : : :,i:,|'l、: : ::|: : : : : : :| |;'l、: :│     ヽ,
   l,/: ;/イ: / /: : ;/:,/イ";/: : ′: :,/|: : : : : : :;|:,|! ヽ; : :::|、: : : : :,|, |; |、│      l
   /: /'/:,//: : :/'/: /::;|!: : : : ;/│: : : : :.::;l:| |   \_::|; : : : : ;ト、 l、|: ト,_       |
  /;イ /: /′: :,/: : : : :|;//: _;,:-i'─‐|: : : :.:::::;|:/ |  ̄`` ヾ「`ヽ: :,|: l、|: l;|, `\,_ _,」
  i|'/ |: : : : : /: : : : ;イ' ,|‐'´/ _│: .::::::::i|/ │ =テ云ミ;i|; : : :i|: : `i|; :`|    ``'-、
 ,|' | |: : : .:;イ′: /:/ ;|::/,イ乏ミ' |:::::::::;/リ′l   う伐ハ`ヾ、;il|; : : |!: : |、     \
 |! |_,」: :.//: :,: : :,:Λ: |/ ∥,う代ハ, l;::::://′/   |;l;:;:;};j |リ:/iトl、: :|: : :|ト,    ヽ,/
 l/ |‐'′,l/: : :.:||イ'l、! i|! |;;l;:;:};j l;/' ′      込;tり |:/ ,||'i|: : :│:;|::ト、 /′
く´   !  ,イ‐': : .:::;i|l,ヽ l,  ゙!  辷tり  ′        . , 、,、|' H|´l、: ,l|; |:::'「ヽ'′
 `\, ,ィi'´_.:::/:||`'ー、l、 、, 、, . .       ′        ゙ ` ノ;l'::;r|、ト-|L;::ヽ,
   ,.lイ" ̄  ̄``'┴-、;/ヽ,        __        _,/;イ‐'′|/ |' `\l、
 ,イ'´|            ``ヽ;`i-、.,_     ` - '′   _,..,イ‐'"´′  /′  _,.-‐':l、
/'/: ::::l,_  ___,..,,,__ _,, く´┼‐'`'i:r、...,___,...イ'(,`ヾ        _,..-‐'´:|;::::::::\
,/: :::l'"´ ̄: : : :_;.: -‐'"´   | く   l;\.,_  _,..イ′`ヽ  - ‐="‐──┴┐::: :ヽ、
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「また、安価スレという媒体である以上、安価で指定された内容に基づいて
┃ ある程度ラストまでの展開が変化したり、尺の長さが変わったりする事はあると思います。
┃ それが安価スレの醍醐味とも言えますしね。

┃ けど、"何をどこまでやったら終わりなのか"を提示し、制御できるのはスレ主だけなんです
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


419◆SQ.iJMf4FY2012/07/28(土) 13:06:42 ID:WXoQECKA


      /  \   / /       ///   ,イ i     \   \ <,___ ハ    `ヽ
,,,_  /      ` 7 ./    /  ./ / /   / .| |       ',   \_/  }
    ̄|へ      / /    ./   /| / ./   /  .| |        ',  __`ニ=--ノ-
    /_ `>、   / ./,イ ,_ /  ./  .|' ./   ./  .| |\     ,..',  \      ̄ ̄ ̄./
     _,.  ’ー-' ∥./  `><,_  ∨    ,'   .|.|  _,><´  ',   \       /
--‐''"´  /:::::::::| /.|! {   .,'  |/ _z≧<!  /!.!   _,.>≦z_、   ',\',  _ \   ,../
     /::::::::::::::l/ /| l   l /ん::::(_`ミ! {  ||   .彡ん::::(_\   \   \  ̄ゝ--'
_,>'´::::::::::::::::::/ ./  '.、  {/ .l::|  |::! \!  ゞ、    l::!  .|::| ゙i,\_ `<_.\ト : : : : : :
:::::::::::::::::::::::::::::::/ ./    .\ ', .|:弋 ノ:::!         .代 .ノ:::!  ゙ ./   ̄ ̄ {\\::`丶、: : : :
:::::::::::::::::::::::::/{       |゙ヾ、乂);;;;;;;/          .込;;;;;;リ   /\\   ',  ヽ',:::::::::::`ヽ:
::::::::::::::::::/  代       \                     /  ',`ヾ、、 ',  /::::::::::::::∠
:::::::::::/    {| \\<,_   >==--     l〉          /   '、  ヽ }/::::::::::::::::::/
::::/      ヾ、  >\ `i丶、\__                    /ム    \_/::::::::::::::::::::://
´              : : :>。`ヽ, | ̄    ⊂⊃       ,.'  \     彡:::::::::::::::::::::::::::::
            . . : : : : : : : : :>゙i。,           ,..<  ,.斗-‐>-=-¨ハ::::::::::::::::::::::::::::
        . . . .: : : : : : : : : : : : : : : } : > .,   ,. . <斗―l⌒´          ',:::::::::::::::::::::::::
  . . . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,:斗ミー〝― 彡|    |./            ゙i,_x-――
-‐¬冖¨¨¨¨/´ ̄`丶、, 斗<´ ノ-‐ ¨  |  ̄ ̄ ̄    〈´/              ゙i,
:::::::::::::::::::::::::/          `ヽ、   ¬       r‐''゙/                .|
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…以前の章で、ゲームシステムとは、世界を誰の目にも明らかな共通認識の下に表現するものだと述べました。

┃ だからこそ。データで表現するからこそ、その世界の中を生きる人たちが積み重ねたものや成長が、
┃ ごまかしのきかない形で表現されてしまいます。

┃ システマティックであるがゆえに、当初定めたはずの最終目標に対して、
┃ あまりにも不自然なほどの尺の引き伸ばしはできないんです」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


420◆SQ.iJMf4FY2012/07/28(土) 13:07:02 ID:WXoQECKA


                                ^.
                               ,        .
                                 /    ,   '
                                  |     | ´
                 / `         . . . . . . .―ハ     ノ    _
               /     ....:.:.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ. .       `  -
            l    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : . .'. .     ー  -  `
      , ―― 、 _ |  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : .l .  .
      (       _ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..l. . ., . .  丶
     ヽ     .`ー/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.___:.:.:.:.l:.∧:.l . . .    ー  . _
      `  , .:.:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:',\:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:|/:.:.ハ|:.:. : : .、ヽ.
        /:.:.:.:.:.:./:.;.:.:.:/:.:.:.:._;,|ヽ:.:.:.:',  ヽ:.::.:.:.:.:\:.:./.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.、:.`:.ヽ ー - -
        /:,/:.:.:.:/:/|:.:.:/;.:|/:.:| \:.:.',   `,z=テz/、:.::.:.:.:|:.:.:.:.:.:ハ` ' ;. 、
.      /; /:.:.:.:.|/:.:|:.:/|:.:ハ/:/|.   \',    いノYll|:.:.:.:.:||.:.:.:.|:.:.:|
        l:.:.:.:.:.l:.:.:.|:.:.:.|:.:.:.ハ|γ=z,  `    ∨//リ|:.:.:.:.:リ:.:.:.:|:.:.:.| 、
        |: .: .: .:.:.ハ:.:.ハ:l.:.:.:.|/いノYi        `ー '.|:.:.:.:/|:.:.:/:.:.:.:|.  \
       /: : : : : :.:.::\:l:.:,:ハ. ∨//j ,         " " |:.:.:/7:./:.:.:.:./    \
.      /. : . : . : . :.:.:.:.:|:.:l:.:.ハ. `ー '  ,   ¬    /:.://:./ー- '      \
      . . . . .,:l. :/l:.:':.:.l:.:.:.:ハ "    ゝ  ノ   ,.イ:.://; '               `
  _   ´ . '. . , :|/:.:.\:.;l:.:.:/:.;`≧ ., _ _,.≦ /イ
        . , : :l' : : : : /:.:./ :;  /     ,´|ニニ/ |
       .   : ., : : ; /:/ ;'  l      ,'/  ,´ ハ
      /   ; :    ´      ヽ.    ,´|  /    ヽ
       /    、     /      l    ,´|  i
     '            /       _ >、. ,´|_ _   , 、
                /     _, ´-、`ヽ. \| `ヽ /
                 ´ ` 、 ヽ. ヽ. j`ー 、
                   '、´ `ー'`ー 'ヽ._)´   \
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃樹海の女神様
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「という事で。
┃ 安価スレだけではない、物語作りの一般論に立ち戻ってしまいますが、

┃ "どんな物語を作りたいのか?"
┃ "この物語の最終目的は、何なのか?"
┃ まず、それを決めてから、ストーリーもシステムも制作に着手する事をお勧めします。
┃ ゴールの候補がひとつである必要はありませんが、まず想定するゴールをひとつ決めてから、走り始めましょう!

┃ では以上です。今回もご静聴ありがとうございました!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


421普通の名無しさん2012/07/28(土) 13:10:01 ID:oHvcGNFE

終わらない安価スレは大抵終着点考えてなさそうな印象を受ける
あるいは最終目標に到達するのに時間かかりすぎて作者が飽きてエターになるか


423普通の名無しさん2012/07/28(土) 13:43:18 ID:BQEiDGXA

耳が痛いなぁ
今度終着点をちゃんと考えてみよう


424普通の名無しさん2012/07/28(土) 14:16:47 ID:h.M3opB2
乙でしたー。

女神様のところでも、過剰なレベル上げ状態になっちゃってたみたいだったけど…
読者が俺TUEEEEEEEEを模索し始めたらやっぱてこ入れのほうが良いのかね


425普通の名無しさん2012/07/28(土) 20:05:20 ID:1ZzoNjFo
乙でしたー
なのはさんあんなAAあったんだw



関連記事

category 【完】デジタルAAゲームブック世界樹の迷宮 > 樹海の中心で、ゲームシステム論を叫ぶ
創作論 ◆SQ.iJMf4FY
comment

2

trackback

0

edit
edit

Comments

comment
なんか同じ物が二重に入ってる気がする
comment Re: タイトルなし
> なんか同じ物が二重に入ってる気がする

修正いたしました。報告ありがとうございます。


  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

yaruok

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: