デジタルAAゲームブック世界樹の迷宮Ⅱ 72 第三階層 蘇芳色ノ異邦 - このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?

まとめ”だけ”を読んで安価本スレに参戦なさる行為は大変危険ですので、必ず本スレと注意事項をよく読んでからお楽しみ下さい。


デジタルAAゲームブック世界樹の迷宮Ⅱ 72 第三階層 蘇芳色ノ異邦


6138◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 20:01:21.47 ID:dj/qOS/O


: :: .: .:. :.: .:.ヽ                         (ー―――――')                    r': .
. :: .: ;:; :; :; : l                      /7777777777777\                      ハ: .:.
:; :;:; :;:; :;:; :; ハ                      @=@=@=@=@=@=@=@=@                    / ノ`ヽ
: :.:.:. .:. . ..::.,;〉.ヽ                  〕  l王[]王[]王[]王l  〔                 r':〈: .:. :.:
: :.:.:. .:. . ..::.,;〉.. ヽ                  @=@=@=@=@=@=@=@=@=@                   ハ:..ヽ: .:
: .:.:. :\. ;: /;;;: ;:.:}                  /77777777777777777777 \              ノ 人: . ハ:.
: ;:; :;: .: ヽメ:; :; : 人      rェェェェェf   /7777777777777777777777777\   rェェェェf     r':.〈: :. V: .: .
: ;:; ヽ : ,/ヽ :; /: .:. ヽ   /77777ハ @=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@ /77777ハ     ハ:.:〉: .:ヽ: .:..
: ;; :;..;:V:; ;: ;V, ;,: ;:; :;l  @=@=@=@  〕   l王王[]王[]王[]王王l   〔  @=@=@=@   l; ,l:/`ヽ: .ハ: .:.
: ;:; ;:; :{:: ; ; /ヽ: ;: ;; :ハ  | [] [] [] |___〕   l王王[]王[]王[]王王l   〔___| [] [] [] |  ,ハハ :. :.: :{: .l: .:
: ;: ;: ノヽ: .:l__ノ\:./:;,l厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄l: .:l: .ヽ:. ノ: .:ヽ:
;: /: .: .: V: .ヽ/:.l: :.{二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二}: .:ヽ: .: :.`ヽ: 人
,.ノ:: .: . /: .:. /\.:ヽ人工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工:八;: :ノ`ヽ :.:ノ: :.:
:\: .:/:\ : /: .: .:ヽi; ,; :ヽ:.l工工工工工工工工工|工l工工l工|工工工工工工工工工工;.ハ;:`ヽ:; :;: : : .:. :
. :. :Y: .: .: V: .: .:.: .ノ; : .::ハl工工工工工工工工工|工l工工l工|工工工工工工工工工工:;l; ハ: :;j ;; .; :;:/
: .:.ノ:. :. : /\ .: /: .: .: /; ,:.l工工工工工工工工工|三l厄厄l三|工工工工工工工工工工:ハ: ;l`ヽ:; ;/; ; ::;
:/:.`ヽ:/: .:. ハ:ノ: .:. :く: .: .:.}工工工工工工工工工|三l__l三|工工工工工工工工工工l, ;;ヽ{;: ;: V: .:. : .:
: .:. :./:.\: ./; ;ヽ: .:. :. :〉: .:ハHl工工工工工工工工|/::†::\|工工工工工工工工工工{:; ;:;.; \ノ\: ;; :
:. /ヽ: .: V: .: .:ハ: .:ノヽ/: .lェ工工工工工工工工|::::†::::|工工工工工工工工工l ハ; :.:;.:. :ノヽ::;;:ヽ; :
;/: .:. ハ:ノ\:ノ: .:ヽ: .:. :{: .:.;}lll工工工工工工工工|::::†::::|工工工工工工工工工:{:.,;ノヽ:/:; :; :ヽ:人; :
: ;,; /: : .ヽ/ヽ: .:. :.:}:. :人: ハlll工工工工工工工工|::::†::::|工工工工工工工工工ハ:. :; :l;:ヽ; :;:; :;ハ: .:.:.
⌒{;_,_;_/ヽ: .ハ: .:八{: .:.:,l;.ハ工工工工工工工工|::::†::::|工工工工工工工工 ハ;:ヽ;:人; :;\/: .:. ヽ. .:
:.:ノ:: .: l, :, ::ハ: .: V: .::;,ヽ:.人: .:}二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二{ 人: ハ_ノ`ヽ: l ;:; :;: /: .:
: :; :;: ;:ハ: ./: .ハ: .:l;, ;,; ,;,/: .: lノ : . : . :  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:   丶; ヽ;:;: .; ノ´ヽ; :,: :; :;:
; :;:; :/;: ;ハ;: メ: ;ヽ;: ;: ;ノ: ;/   .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:   ヽノ:; :;:; ;:; :;:: }`ヽ; :;:
仁.X⌒Y^Y./                                                   ,{{ー'/
广{フハ }'Y                                                        {Ⅵ厶
{ 辻ツY_ノ}                                                      /Yrこ
`'┴‐'^}_,ノi∨ト、 i                                                r―y{__{ 辻
了ニ≦{⌒Y^Vノ_|L厶∧                                  /ノ--、     x=≠不、く弋二
ノ^Y不、ヽ }∧}{厶-‐く.∧ノ}                                }{{仄} }^}Yノノに= ト、_} } }フ
、_人リソ_ノ'{ } }_几不}Y{,ノフ'⌒ヽト、                          r弋辷ンjノ __}勹x__r仁不、Y^Y}
、\___フ廴ノ 人{V^>‐1ノ{{/了Y∧辷.ノ^V^{_厶人__        |‐ァ……ーァ'ニY^ヽ ̄`冖^し_ {厶イ八_辷ノ} ハ
ニて____,ィくノ仆ニ二イ_人ト、_}-く ノ-‐<丁∧/了Y^Y⌒^Y⌒V{x=心、{/,ィ'千Y^V}厶<上」}弌ハ_ト、_辷__ノ'フ ノ
‐-r勹{_ノr=≦.\儿_,厶{_`ー-‐个ァー<{フ^N 代八八乙ノ乙_乂__∧{ 辷ソソ人__}___,ノ厂X⌒¨¨>--‐く厂

     くヽ、____      √{       -=ミ.  ⌒V r‐‐┘
     .} {” ̄) )    .} {   //⌒ヽ.V   }└‐┐
     .} {=≦、、     } {   .{ {   .} }   .} 「 ̄
    r_乂____,ノリ   .rく.└ァ .乂-=彡'′ _,ノ_」

                              美しくも畏怖すべき異邦の城塞都市






6140◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 20:05:02.70 ID:dj/qOS/O


: ;: ;: ノヽ: .:l__ノ\:./:;,l厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄l: .:l: .ヽ:. ノ: .:ヽ:
;: /: .: .: V: .ヽ/:.l: :.{二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二}: .:ヽ: .: :.`ヽ: 人
,.ノ:: .: . /: .:. /\.:ヽ人工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工工:八;: :ノ`ヽ :.:ノ: :.:
:\: .:/:\ : /: .: .:ヽi; ,; :ヽ:.l工工工工工工工工工|工l工工l工|工工工工工工工工工工;.ハ;:`ヽ:; :;: : : .:. :
. :. :Y: .: .: V: .: .:.: .ノ; : .::ハl工工工工工工工工工|工l工工l工|工工工工工工工工工工:;l; ハ: :;j ;; .; :;:/
: .:.ノ:. :. : /\ .: /: .: .: /; ,:.l工工工工工工工工工|三l厄厄l三|工工工工工工工工工工:ハ: ;l`ヽ:; ;/; ; ::;
:/:.`ヽ:/: .:. ハ:ノ: .:. :く: .: .:.}工工工工工工工工工|三l__l三|工工工工工工工工工工l, ;;ヽ{;: ;: V: .:. : .:
: .:. :./:.\: ./; ;ヽ: .:. :. :〉: .:ハHl工工工工工工工工|/::†::\|工工工工工工工工工工{:; ;:;.; \ノ\: ;; :
:. /ヽ: .: V: .: .:ハ: .:ノヽ/: .lェ工工工工工工工工|::::†::::|工工工工工工工工工l ハ; :.:;.:. :ノヽ::;;:ヽ; :
;/: .:. ハ:ノ\:ノ: .:ヽ: .:. :{: .:.;}lll工工工工工工工工|::::†::::|工工工工工工工工工:{:.,;ノヽ:/:; :; :ヽ:人; :
: ;,; /: : .ヽ/ヽ: .:. :.:}:. :人: ハlll工工工工工工工工|::::†::::|工工工工工工工工工ハ:. :; :l;:ヽ; :;:; :;ハ: .:.:.
⌒{;_,_;_/ヽ: .ハ: .:八{: .:.:,l;.ハ工工工工工工工工|::::†::::|工工工工工工工工 ハ;:ヽ;:人; :;\/: .:. ヽ. .:
:.:ノ:: .: l, :, ::ハ: .: V: .::;,ヽ:.人: .:}二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二{ 人: ハ_ノ`ヽ: l ;:; :;: /: .:
: :; :;: ;:ハ: ./: .ハ: .:l;, ;,; ,;,/: .: lノ : . : . :  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:   丶; ヽ;:;: .; ノ´ヽ; :,: :; :;:
; :;:; :/;: ;ハ;: メ: ;ヽ;: ;: ;ノ: ;/   .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:  .:   ヽノ:; :;:; ;:; :;:: }`ヽ; :;:
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ B10Fへの階段を降りた君たちの目に入ってきたのは、
┃ 城壁と呼ぶのが相応であろう、見るからに質実剛健とした防壁と街門であった。

┃ 岩肌が身を寄せあっているかのような隘路に設えられたそれは疑いようもなく自然物以外のものであり、
┃ その建築様式は、君の見慣れた大陸風のものとは趣を異にしている。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6142◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 20:10:58.29 ID:dj/qOS/O


                  r-、
               / ̄  yィyTi
          _─二ヽ  、  |
          二- 二-コヽ_)/
       ─  ̄   -  ̄フ     / ̄ ̄\    '
   ─  ̄  l  |      |-、__r--二ヽ_∠ゝ    -
  ̄     丶 \__/   /l ̄ー- ' ̄ ーヘ--、_`
         丶_/       \ ー--   ノ ̄\__ヽ、
           \     ry ̄\ -、__/      ̄ \、
             丶、_/フ    T  ̄ ̄ ̄|        \
             / ̄\/|     |    --         |ヽゝ
             /   /\_ -- 、/           | | i
           //\__/       _//___     /   ト- i
           //// /フ--、   / | | 丶    /    | |  l
.           // /    -、__|   | \ノ-  ̄  |    L)  |
           //       il  ー---' ___ ┴──┴┴┤
.          //        iゝ──(二)、__ ────┬r-y
         /         Yrュフ / l ヽ      ゝ──- 、/
                   /  |  |  | |    /      \
                 /    |  |\|. \  /         \
                /     L___| .|   l /            \
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ その街門の警備兵だろうか?
┃ そこには、やはり人ならざる物が武装して、周囲を警戒した様子で立っている。

┃ 表現するならば、直立歩行して武器を持った亀。
┃ そんな半人半獣の姿を持つ人物は、君たちに気がつくと、やや早足で歩いて近づいてきた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6144隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 20:12:36.47 ID:iEnhmvFn
アイエエエ!


6145隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 20:12:51.27 ID:2ppmv3ht
実写映画化ご苦労様です!


6147隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 20:13:50.42 ID:J/yBfqT1
ピザでも喰ってろ!


6148◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 20:13:55.33 ID:dj/qOS/O


   l 、_ - ; : : : : .:./: : ::/: ::l: : : : :::::::::::::::::: : : : \: : : : :ヽ
、   `ー-//: : : :://: i: :.:;l: :/l: :l: : :.:.:.:.:.:.:.:.:.: l: : : : :ヽ: : : : :ヽ
ヘ\`丶、i:/: :.:.:.:/ i: :l: :.;ムl=l=lキ: :.:.:.:.:.:.:./l:. ハ: :l: : :.:.i: : : : : ハ
ヽ` \ ミ l/ヽ、__i: : l: :l'l´L.l-l 、l:lヽ: :.:.:.:.:./=l=l、l:./l: : :.:l:.:. : : : :ハ
 ヾ  \l    l:l: :l: :l<l´lひ、トヽ、ヽ: :.:.:.l  l/`l×l: : :.:.l:.:.:.: : : : :i
  ヽ  `=  l ト、:.、l l、'、_ノノ  ヽ lV '  / /: :.:.:.:l:.:.:.:. : ヘ:.:lー=フ
   ヽ、_  `テ-l| >、l`  =―'-   リ z==-、 /'l: :.:.:/__:.:.:.:._i l-'´'-
    -ニ { ./:.:.`:ヘ.      /      ``/:.:.:./ニ-―`  |ツ'´
     ,' ー ,ニl:./:.:.:A`    、        〃/、 ノ  -='´l _
    ./: : : :.:.:.l/ll:.ハl‐ヽ    ` ー ´     ノ:.´:.:ll:.l'  - ' ´  / l
    ハ: : : :.:.:,イVl  r┤\       ,  'ヽ:.:.:.:/`:.-='´   l .i
    l: : : :. :.:,l l ヽ、 l \  丶、_ , - 7   /l ,/、:.:._:.:l..._ _. l .l
    .l: : :.:.:.:.l \\` 、  ` iー----‐ '/   レ/ i    / ll l
    ヽ: :.:.:.l  丶`丶、`、┴---- ┴_ '彡'  /l  r┴ 、l__,ト、
     \: :.l    `丶 、  ̄ ¨¨¨¨¨¨  ,  ' , -、`i l- 、  `>ハl
     , ' ´ヽ        ̄ ¨¨ ―― '    '-、 iノ l、  `//、ll
   , '     \               -、 i トl 、 ` /// /l
  /        ` 、            , '´i l__l H i l '、/:l
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃カルラ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「立哨お疲れ様。
┃ この方々はミカドの客人ですわ。通していただけます?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                           ,--、
         / ̄ ̄ ̄ ̄ \        /-、 /
        /    ⌒      .ヽ      /-- v
       イ-  ̄__\j-< __フ     /_ /
ゝ  _ - "ィ    ヽ-- "   </,ゝ.   /\ ./
-ゝ / /| / ̄ ̄ ー─  ̄ ̄ ̄  ヽ. /、  ゝ
  i/  | | |               | /-、 、/
.- ゝ  | |_>    <二ニ───T  l/  y
/ ゝ ̄\ ヽ _  \   ̄ ̄7¨ /  ヽ/
/     \   丶、  ̄ ̄ ̄ ,イ  \/
\      \    ー──  | 丶、  l7、
  \      \ \     /    丶、 \
   \      ヽ   丶--          ̄ ̄ \
   /\     ヽ ̄\__ ─  ̄ ̄ ̄ 、    \
  /   \       ヽ   |          \     i
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃亀のような亜人
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ああ、昨日言っていた人たちですね。
┃ わかりました、どうぞ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6149◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 20:17:53.54 ID:dj/qOS/O


                  __      __.>=::::、.__
.                /:::::::::>-‐/:::::::::≧:: .::::::::::: : `ヽ.     /./l
.              ,':::::::::::: : , -‐:::::::::::::::::::::::::::≧.x:::::::::: : ヽ / ./ .i
             /::::::::::::::::,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : \::: : /   ./ .i
               /:::::::::::::/|::::::::::::::::::::: : <::::::::::::::::: : \    /  .i
             ',::::::::/:::::|:::::::::::::: : ヽ:::::::::\::: : ヽ:::::::::ヽ  ./  .i
               l:::::/::::::::: Ⅵ:::::::::::::: : ヽ:::::::::::ヽ:::: : ∨: : ヽ/   .i
               l::/:::::/:::: : Ⅵ::::::::::::::::/斗笊爪::∨:: ∨:: /  ミ.i
.             /イ::: : l::::::: : |\:::::::::::::{  ,x行≧ミ.}:}:::::::::/   ミ
          ノ |:::: : |:::::::::::l,x示心::::::ヽ  弋少//|::::、::{    ミ
            |:::::::::',|:::::::::ヽ弋少 ` -`     /イ l::|::|:::ヾ从ヾ∨
            |:::::::::::|マ::: : ∧   ノ         l::|::|ヽ:::}:::::::::::∨
              |:l‐-、|:::マ:::::|.∧    ー '    イ |イ::|:::}:ノ:::::::::::::|
              |:!  |iヽマ:::|:ヽ::>     /  ノノ.爻ヽ:::::::: :ト 、
                ヾ、  ゝ .ヽlヾヽゝ _≧ イ,,,.. -‐≦´ : : ∧ヽ::::{:::::ト 、
                `       r'´-‐≦´: : : : :._ : : : : : : ∧::::\: |::::::::ヽ._ _
                      ∨.: : : : : :. :.{ ヽヽ_}.: :. .:._/≧ヽ::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ
                           ∨.: : : :. :. :.`,ニl .l斗≦´  ヽ ゞ孑个r'´ :::::::::∧
                      /ヽ:_: -=7 : 7./_.ノ/        `ヽ.  `ー.、⌒ヽ
                      ,'./:. /  /:. _{_.'ヽ./           :       ¨l:::::::
                         _l./:. /  / : :{ (ノ.,'/          l      /ヽ:::
                     /,,.イ:. /  /:.:.:.:.:`ニ'/              l.     {  .¨
                       ,.<:. : :/ ,x≦´:.:.:.:.:.:./           lγ  __ `
                    .ニ,.'.:.:.:.:.:.: /γ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{      ∨      l.{ // .`  ./::
                  / {.:.:.:.:.:.: ,' .,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ_l _∨.       l.l::::::{    〈:::::
.                ヽ  ∨:.:.:.:.:i i/´ ̄ ̄ ̄ ̄      ≧ト ....,,,,,, l:::::::ヽ   く::::::
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃カルラ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「さ、ではこちらへどうぞ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


.                         _______
                       /    \,-、__
                     /_,ノ  `⌒ ヽ.,__ ヽ
                     | (● ) (● ) ,.! ┴-'、
                     |  (___人___) 〉-‐‐´ l
                     .|       u 〉--‐´ l
                      |        iヽソ   l
                     Λ      ∧`;"   '、
                    __,. ィ仏 ___、___ ィ_ノヘヽ、 _,.‐ー、_
              _,. -= ''' .:::::::}:::::::::::::::::::::::/::::::::>´..:::::::.. ヽ`.、
            ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 :::::::::::::::...\::ヽ
          / ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ::::::::::::::::::.. ヽ:}
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 想像以上に整然とした様子に戸惑いながらも、君はカルラの後に続き、重々しく開いた門をくぐる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6150◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 20:21:12.43 ID:dj/qOS/O


     ,.',  ,::'/  .:   .  .  ヘ:. ヽ:.  `ヽ.`ヽ
    ,.''/ ,:::::/: .::; . .:i ハ. ハi.   i 、 `、  :::i::. : ヾ.、
   // .::;::/ :: .:// .::/ハi!i!i!|:  i:.i  i  ::::!::. : iヾ.i
  ,.' / .::,'::i ::.::,' i :/i.|    |i!_i_」__! ::::|::、:. l: i !
 '  ヽ :::i ::| ::::i :i,-ィ‐i!-   !i´_ノ_i!_!_ .l ::::iヾ::、i: i |
    ヽ :::!.::!i ::::ィ´!,=i=i!ミ   li'!'iち゚心ヾ、 ::::!、゙. ::| i、!
    ヽ:::!i :i、 :::|!メ' ち心   i!|ノ乂_ノ:i ィ'`ーi. i: :::! .!ii
     ゙i:::i.i :!゙、_,ハ、 乂_ノ」  ノ ! ゝ‐"'!:i'!:::::|:ノi ::| !i|
     !::i!i、i ヽ:ト.  `¨´  ,     ゙゙ !!i::i:::i"!:i :! .i |!
   ,ィ、 i ::!i iヽ.ヽト. "             !i::i ::i :!、V .i i!!
'ー彡、三! :!i !ノヾ、ハ    ⊂ニニつ  .ノ'/.! :i、:!_、∨ ヽ、
,ィー―'ーi .:!リi---ヽ!i>'´〉        /!:i|i ::i´7/ヽ!―--ヽ=__
;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ::!ハ!;;;;;;ィ'´.::´:::《`>.__ /. /i |:!、 i::'/i ヽ〉___ `、
;;;;иイ´:::i ::ノ´i!´::ヽ:::::::::::ヾ、ー'¨¨¨¨¨¨¨`ゞ、 Ⅵ ,'/;;;;;;;;;;;;,`;;,、
;〈::...`ヽ:::ヽ`ヽ!、::::::、ー=、::.i;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::i、ヾ.ヽノ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
´.::`ヽ:::::゙ー`ヾ. }゙ー=ミ、:::.ヾゝメ、;;;;;;;;;:::::::::::::ヾヾ ヽ ̄ ̄`¨¨¨¨
::::::::::::ヽ、::::::::::)ハヽ、:::::ヽ:::::::ヾiiー=、::::::::::::;;::::ヾ、 ヽ ̄::¨¨`ヽ、
::::::::::::::::::ヽ:::ノ'.:::i i!、ヽ::::゙::::イ>心::::::::メ、:::::::::::::ヽ:. 乂:::::::::::ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃イリヤ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「地底人ーみたいな話があったし、もうちょっと原始的なのをイメージしてたけど…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                / ̄ ̄ \,-、_
             _,ノ ヽ、__ /  / ,〉、
            (●)(ー-/ ´/ /),
.              (__人_,{  / ' ´ミ、
             '、`⌒ ´V __ <、
              |    〈´/::::::Λ
              |      ヤ::::::::::::::Λ
             `ュ`ー─ーV::::::::::::::Λ
             /ム _ , ー ' V::::::::::::::Λ、
           _,. -/::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::Vヘ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::.∨}
       j :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::レ;
      i :::r ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::::ノ
.      i :::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::-==:::イ
.       | :::| :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 確かに、と君は頷いた。

┃ 異文化の様式とはいえ立派な街門を作っているし、
┃ 客人をもてなすという考えや、社会的な上下関係の明確さがある事も、さきほどの会話から読み取れる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6152◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 20:25:38.23 ID:dj/qOS/O


                                                           /./
                                                             ./,/
\                                                         .// //
\\                                        //, ,' ., .´ ,/
.、 .\\                                             //,/'/  /  ,/
 \, \\_,__,__,__,__,__,__,_ro。                        .'i,` -、_/,,;../.:::: /
  、\ ,\\ニ/ニ/ニ/ニ/ミ'i/ヽーk         _ ,,‐,_ _,、_ _  /゙`‐ 、 ~``-:..、_/  /
 .\\\::\\ 'ニ/ニ/、,'/、::ll\l、,,,,,zvvv、__,,.... .:......::::......'::nr-/ロii/,-'',-",-l~`` ‐ 、::_`-、_´
\ '\\r`'',^´:'ニ/ニ/、,'/l'/`'、、::\;;ゞー、ri=令iーュ/互.iョi;;;_,,,三/,-",-'',-"-| || |:| |:| |:`-:、_`-、
  \`r''^´/ :/ニ/ニ/、,'///, -|´'ェ ̄/、>/尺ニ∧::品:::,ノ:::::,/  ~`'‐、_<」,-" :| || |:| |:| |:| |:| ゙ -
,,_r''^´llli||'´.::/ニ/ニ/、,'/-´''llレl|エエ/||ヽロl:::二}_」l但iく;;;,,:<"K",Kミ、i|l|`''‐ 、-'| ||\_|:| |:| |:| |:| |
llllllllllllli||.:::/ニ/ニ/、,'/.lレllレll_,l|,,エ/=||=|`、ミ平平'不、.「}{::|"I''i/,,|_i_,_|l|:l:l:l:l |`:| || ll|.\:::|_|:| |:| |
llllllllllllli||ー^ー'^ーo、/! lレllレllレl|エ/_,-''"|´八:l:::l:::, -<´.|ilヽ|lヽ,|l::::llilll゙|lト、l:l::|ミ:| || ll|7ヽ\ .| |:| |
|i、、il||||||i||:::_||_:::::|| | llレll「~ llレl| ̄lvzN'_|ノ::::l`:::|く,_ ,` |il::::|llll:|:::::::::::_|l、 \l:|ミ:| || ll|7ヽ\\ .| |
llヽ、lllllll||_:::||::::: || | llレll、__,'lレl|_llll'''"ll´ll:::::li|::::::: lX,,::-''卷」lllll|ll::::::::`|l、k`''  | || ll|7ヽ\\\.!
llll`、、llll||:::_||:::::_|| | llレllレllレlレl|_ヽlllll::::::|:::::::i:::::: \l_:::「ヽヽlll|llllllllll|l、llt、k | || ll|7ヽ\\\
lllllllヽ、ll||─、:_:: || | llレllレllレl_/lヽl´ .l::::::::::::::     :::l:::::ヽヽll/ミ_rくllt,lltll`ー| || ll|7ヽ\\\
lll llllll`、'' /l_:::_|| | llレllレll/l/llノ`ー',,`::::::::      .:::´~゙`-''il三il|'' \lltllt_!_| || ll|7ヽ\\\
llllll/`J l__|_,|| | llレll,イ/ ,/::::::::::::::         :::::::::::_;;;_l三ii|:::.. . \|\\ _l|7ヽ\\\
ll/ ./、_/_/|_,||_| lll/, ' l/''::::::::::                 :::::il三__|、_,-_、 |::::::`-、`- 、.\\\
'" /,:::/_:::、l_|l二lニ|/l//`::::::::       ::       >-''、っ:::::く_」,/|li::::.. ::~゙-、`- 、、\
/_l'レ'-<_〉:|::::二l|/,/`:::::::::..                     "'_,,ィニ´入_|\li:::..  ..:゙`- 、ヽ
ミg、::ロ´r-、':::|_::::::: |/`:::::::::::''::::::               `ーェ_r:::::::::::>i-|::::..\lilr────
ミoミ/ ̄ ̄/]::::::::::::::...:::::::::::::::::               ̄`_ーz,,_.:::::_ノ:::r─'ー|:::\、 ̄ ̄
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そんな君たちの驚きを後押しするかのように、街門をくぐった先には、
┃ 街と呼べる規模の家々が軒を連ねている光景が広がっていた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6153◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 20:30:31.25 ID:dj/qOS/O


                      ,―[|]―,
                    _ ,,. -=二三三二=- .,, _
                  /\_______/\
                 /  /三三三三三三三\  \
               /  //i i..: .: :. :: .: :. :..i i\\  \
              <.  //.: ::l l.: : : : :: : : : :.l l: : .\\  >
                \|_/i..: :: :.l l..: : : :: : : : :..l l.: :: :..i':,_|/
                | l..: :: :.l l..: : : : :: : : :..l l.: :: :..l |
                l l..: :: :.l l..: .: : :: : :. :..l l.: :: :..l l
               l l..: : :..l l.:: : : : : : : :..l l..: : :..l l
                    l l..: : :..l l..:: : : : : : ::..l l..: : :..l l
                   l l. : : : l l: : : : : : : : :l l : : : .l l
                   | |.: .:. :.l l.: : : : : : : :.l l..: : :..| |
                  V'´三三三三三三三三三`'V
                   \i´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `i/
                    \          /
                     \       /
                         |_  __  _|
                     [≧===≡≦]
                         ̄]     [ ̄
                   [三==i==三]
                        `X     X´
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 君たちの知っている街並みとの違いと言えば、まず一点は、そこかしこに立っている街灯だろう。

┃ ここは地下であり、当然ながら太陽の光は届かない。
┃ そのため街灯によって街を照らしているようだ。
┃ どのような原理で発光しているものかは、君にはわかりかねたが。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


       _ _ _ _ _
      ヾ    `丶´ ̄ ̄ '' ‐- - - - ァ
       ヾ  /  /ア|      ,, -‐ '' /
        >::/\/ /'  |∧ヾ    `丶  /
       /::_/        ',   ミ  /
       ゝ  /  \   /  i  ::l  /
       |: :::} f:(_)ヽ   .r(_)、l :::l  ',
       | ..::ノ {O:c::j    {::c::::}| :::|  ヽ
       | :/:::{ `ー´.._, 、__ ー ´| :::|  ;;\ゞ
    {´ヽ、 /レ小、.   {  _ノ   ノ :/|/ヾ、l
    ゝ ヽ..、_r-ヾ¨ TE_ァ ヾ´V |/
   /`¨_} }  ∨ \|l / ,,/ヽ
   {ゝ、Y´__ノ--´/   ヾ/´   \
           {   ○   |/ ヾ
  .        /`7ー⌒ヾーT ヾ  ヽ /}
         └/t--/,,_|_.|/´ヽ_ノ三ノ
            ヽ::::::',  ヽ::::::',
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そしてもう一点は、この街の住人であろう人々は、君たちの目につく限り全員、
┃ 半人半獣とも言える外見をしていた事だ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6154隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 20:31:31.63 ID:BcvzkHb1
池田ァ!!


6155隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 20:31:47.11 ID:mDyV+7Du
池田ァ!!


6158隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 20:32:24.10 ID:e8jTguCp
池田ァ!!


6159隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 20:33:01.57 ID:4hA51+yz
おまえらw


6161◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 20:34:31.83 ID:dj/qOS/O


                    ト、 ∧  /|  _/|
                    / ∨ ヽ./  !'´   /
              __ __ /            ̄ ̄ ̄ ̄/
               ゛\ =: ミ''、ゞ                /
             _ ,“r‐'ヽ、                  ∠ __
            {ぃ__... こYr   /        ヽ     <¨
             `丶    冫  / /   ∧   ヽ       __>
             / }\  イ | l|=Yl_/:! /〈〉',  ! |l ヽ   >
                 !ハ|  \ | | lル'ル'‐l/   ノ___lノハl | !',   \
                 lル'ハ  ヽ!/ヽ<亡广ゝr' <亡ナ'| !|lル'   ヤ\
              レ!ハノ|/ |!  iゝ   ´  |  `  |!ハノ,' ィ / ̄ ̄
                 lル'ミ_ソlル'\!     !    !ハノ `ヽ|!ヾ
                 リl ー--ニゝ、   ___  / !ノ'"、l /|/
                ||`"^''''''''l|丶、   ''  /レ'k.l ト、 !
      / ̄ ̄"`''ー-‐''"´ヘ、   |! トニ亡>-r」H 廴 /ゝ、!
    /        !     `ー、. !!           〉/ソ  `ゝ、
  /          |      `゙'''く\      _/ク    ヽ `''‐.、
  {    ___....---- 卜           くゝ、_ __r「'´      ',   ヽ
  / ‐ナ"´     ` `{          `ー 弋┐          l     ',
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ カルラに先導されるまま歩く君たちを、通りすがった半人半獣の人々がみな、
┃ 奇異と警戒の入り混じった目で注目しているのがわかる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                         /i      ,..ィ
                           , ',:':/!   ,...:' ´ /
                       / ,':/:i=,_/   /
                      /' 〈〈 !  `ヽ (
                      /_,.ィ  ヾ\    \',
                   / /!7;:'-.、,.-‐´      |
                 ,..ィ彡゙´i/⌒ヾ::.、 _,.. ---┴..、
                i    ,. -‐'    >'゙,ィ'''T:_::_::_:: :.\
                 `ヽ/´_,. -‐ヘ//  i::|     ̄`ヾ,
                  /´ヾヽー'――--i::|         ',_
                 / ___ヾヽ      {::{       マヘ-、
               /⌒i三ー, | |::|      |::|       マヘ \
                lゝ<ー-、ノ |.,':/      !::!        ヘヘ  ヽ
               ||  `ヽ、 ./:/ ,、    |::|          `i:!  |
               i !    ソ:/  ト、\   |::|           i:!   !
               ヘ   //   ト、\\ .,':;'       ,ィ/  ヾ; |
                ヘ//    ト、\`У/    ,..イ_,,/     \!
                 Ⅳ__    ト、 Y !,'::/    / //r,'      |
                 Lir―「 ̄ ̄|/ / ,/:/    / //i^i      |
                 |:::L..=!:---┤ i |:::i    / /,' !| !     _,|
                 `i´     |__L_j:::j    j | | j/ .|    ´ |
                 j      |-; |::}    {-=;/   l        l
                 /      /:=' {::{    ト-{    !       |
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ あるいは、カルラが着いていなかったら、問答無用とばかりに襲われていたのかもしれない。
┃ 地底に住む民が、地上の人間に対して友好的である保証などどこにも無いのだ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



6162◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 20:39:28.09 ID:dj/qOS/O


           ,     /
          /    /:/   _ .. ァ
       /   /: : /-: :´- ― : : : : :-. . . _
    iヽ,/  /:_:-:'´: : : : : : : : : : : :<ミ、
    ヾ{iヽ/_: : : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : .
     ゝ´: ヽ`: : : : : -=_: : : : : : \: : : :\: >
    /: ヾ 、∨:_: : : : : : :\: : : : : : ヽ: : : : \` \
   イ: :/: : : :ゝヾー 二ニ=斗-ト、__: : : ハ、: : : : ヾ `
  イ:/:.i: : : : :i  ∨: :Vマ´ ヽ_zx:ヾ: : : : :ハ:_ヾ\:ハ,イ/
. イ イ: : i: : : : i斗-∨: :',  〃んう`ヾ\: :ハ ヽ}ムヾ/,-―,
´  i: :∧: : :/i zx、ヽ: : ',  V:::::ム " ヽ: ハノ ///////
    i:/i∧: : : i〃しハ \'__  ヾ-'    ∧ハ///////\
   i' iイ∨: :iヾ V,-、,-( )       ∧/v//////、-一
     ! V: :!ハ ゝ 'ヽ     u  ./  ∨∨/、/∧`
       ∨!`ハ   マ二ヽ    イ /7∧-'´  ̄ ヽ
        v   >     .  イ /=-'´二 -――‐`――┐
                ̄  iム二 ―            {
                 / __     - __       ト、
                / /      \      ー- __l_ \
               //         ヽ `ー-        〉
               {            ∨         /
             //             ∨      /ヽ
            〈 7/            | ∧     イ  ∧
            ヾi             i/  ヽ    ノ   ∧
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃ネギ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「なんだか、凄く注目されてますね…
┃ 視線が刺さるようですよ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                     __
                    __ /:::::::::¨::::< __...........
             ,> ¨:::::_:::::::::>:::::::::: : ヽ::::::::::::::::::<
              }:::::::/:::::::::::::: : ∧:::::::::::::::::::::::::::::::: へ:::', _
               イ /:::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : \::::::¨ 、
       ヽー   イ/::::::::::: /:::::::::/:::::::::::::: : \:::::::::::::::::::::::::::::: \::::::∨
         `ー -,:::::::::::::::: /:::::::::,'i::::::::::::::::::::::::∧::::∧:::::::::∧::::::::::ヽ::::∨
             /:::::::::::: : ,'.::::::::: | |::|::::::::::::::::::::::∧::: ∧ :::::::∧:::::::::::∨:',   //
         /:::::::::::::: : i.::: : |:: |_|::l::::::::::: ヽ:::: : ∧::::::}\:::::',::,::::::::::',∨' / /
           ;./.::::::::::::::::|:::::斗:::l |:|.\::::::: : ヽ / ィイテ≧ミx::::}::l:::::::::::',∨   ゝ
           ||.|/|::::::::::: lマ: : l:: xィ≦テミ:::::: : ト{  ん ハ 》イ :l:::l::::::::}..|   >
           ||.|_.|::::::::::: |:::マ::| 《 ん ハ  `ヽi   弋__ン .ノ:ノ ::l :::::_l |  _ヽ、
           ||‐- 二¨ヽ|マ ヽl. 弋__ン           ムイ::::ノ/.ミj__ヽ',
          |  ∠  | .\ヽ      ノ            ムイ::::lヾミヽ::::∨
         |   /,  ヽ/|.ヽヘ                l::::|::::l ⌒:::::::::::.
.          ヽ   彡 / .|:::::::|ハ.      , ‐-        イ|./|::::l:::::::::::::::::: |
               ,:::::l∧::ヾ \.            イ | / lノ:::::::::::::::::::::l
                 l:::::::::∧| ヽ_ヽ - ‐ =  T    ̄   > ::/
                l:::斗 T _  - ‐ =  T  r ニ ヽ     i
               r 斗 T             r ニニ} l       |
               |                      | |.l |       ,
                   |                      f  ̄l |     /
                  ヽ                  | l´__」 孑 ¨  ̄  ヽ
                , -‐ ≧ === TTT  ¨¨¨¨:::::::l l | |.           ∨
             /    ,イ::::::::: ,': : ヽ: : /: : /:::::::: : .l ト l、 |           ∨
               .:  イ  /:::::::::::./.: : : : : : : : :./:::::::::::: : L_`l }ノ     ,'       :
           i   l_/::::::::: ノ.: : : : : :. :. :./.:::::::::::::::: | |::| |   /       l
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃カルラ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「良くも悪くも、外界との交流なぞほとんどありませんから。
┃ 地上の人間を見るのが初めてという者もいるでしょう」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6163◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 20:42:22.70 ID:dj/qOS/O


        /:/:::::::::::::::::::::`ー:::::::::::::::`ヽ、::::::::::::i::::::;\::`ヽ、
         /イ:::::::::::::::::/:/:::::;::::::::::::::::、_;イ:\:::::::l:::/ _,rー、ゝ ,.-''"
       /:/、_;::::;ィ:/:/::::/ノ`^ヽノー'^´ ヽ'ヽイ:::;::メト、:::::::ヽ_,r`´フ.:.:
     /〃L_ `'´/,ハ;:イ _ ,rv'⌒ヽへ /ヽr‐、',-、jミヽ、ィ´ _/.:._,r''
    /;イ::::::::::レ:y';イ レトv'::~::::::::i:::::::::ヽ:ヽ;、:::::Y:::::::::ヽ::\ム.:イ
    //ノ:::::::::::l::i:::|:レイハ::::::::::::::::|i::::::::__L;」__ト、:::::、:::::::ゝ、;:X/
    〃/:::::::::::::l:l::∥::;ハ‐ト、::::::::::::||ゞ‐:¬'T:!T〒ト;、ト::::::::::∨``ー
   / i:::::::::::::::イ::∥ヾf「_[_ヽ、:::::|:! ;ゝ;士ニL」_ i!:ヽi!::ヽ:::::::}
    j:::::::i::::::/!::::ハ:::::レ;キテ=;ミ、.:ト{ ヶく不二);:〉}:::}|::::i:l::::::j
    {:::::::|::::/iil:::::::ヽ:↑」j_ニソ `ヽ`  `゙ー-ゞ‐ /::/i|:::::|:l:::/   ト、j、
     !::::::|::::ii/::::::::::::::トヽ、           ,   /;;イiii|::::::|;イ::`NVハノ::ヽ
    ';::::l:::::|{:::::::::;-‐八"''"   !      " "/´ ||iii|::::::|::|::::::::::::::::::::::
     ';::|、::| `ヽ/;r'´i::::ト,、   ー、_ァ      /ハii|:::/:!::|:::::::::i:::::::::::
      ヽ!ヽ!  {:/`ト|::::|{::l `丶、      ,.ィ /'′N:/:::レ'::::::::::|::::::::::
      ヽ \ |  ヽ|::;ハ:!   `'ヽ イ   _,...l.厶:⊥_:::::::├‐'
             |:{  ヽ、,. -===┴ ¨ ̄___厶..-‐'^ヽ::::l::::::::::
             ヽ!  /ー-¬ ¨  ̄   /       ∨
                     i   r┐       /         ト、::::::::
               _j   rL」、          _,. -‐'ヽ、`ヽ
                  /´人___Lr、j____,..... -‐''¨       \
              //.:.//.:r'! K.:.:.:.:.:.:.:./            ヽ
            /.:.:.//.:.:.:| X|.:.:.:.:.:/     i
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃カルラ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「とはいえ、狭い社会ですので、噂が広まるのは早いもの。
┃ あなたがたがミカドに気に入られれば、きっと皆すぐに好意的になりますわ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                      ___
                    /:::::::::::::::::ヽ         ____
                  / :::::::::./ ̄ ̄ \____ ,. --ー.....:::::::::::::::::::.. \
                 / :::::::::: ⌒´ ヽ、,_  \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i
                    i :::::::::::(●).(● )    |::::::::::::::::::γ::::::::::::::::::::: ノ
                    | ::::::::::::(__人___)    |:::::::,. -ーy::::::::::::::::::::: /
                    | :::::::::::/::'、           | ̄   _/::::::::::::::::::::: /
                    | :::::::/::::: |        |   /...::::::::::::::::::::: /
                    .| :::::::::::::/|       /レ-,.イ:::::/::::::::::::::::: /
                 i:/:::::::::::: ヽ__、____,. "//::ノ.:::::/:::::::::::::::: j
                   r:::::::::::::::::::「二二二 ::::::::::/::::::ノ::: 、:::: //
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::r
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 気に入られなければどうなるか――
┃ 聞いても詮無い事だろう。君はあえてその先を口にする事は無かった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6164◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 20:44:09.30 ID:dj/qOS/O


    ,-、
   ム{`
,ィ彡癶/≧s。    ミx                                                ))=ミx
'"   `マ///≧s。ノ}                                            __,,.. -zz彡ィ(       .∥
-‐   ̄ア`'寺///ミx                                     __,,.. -=≦////////{:::}爪_,ィ=x   .∥
_,,.. -‐‐ ト廴 ``'' 寺/ミs。                          __,,.. -=≦'///////////////////衍//三彡イ  ∥ ./
 iiill|||  .| _¨ =-  `゙`ミ≧zx              {{廴_ -=≦'//////////////////////, -‐ rr  ¨ ̄ |圭圭|ll|  ∥ /
彡'゚㍉x | |lllll|丁 アx- _|彡'゙             ,ィfT7777////////////.. vvff  ̄YY´ }{    .::|{_,,.. ‐|圭圭|ll|  ∥ ,′
 皿  ゙㍉。_..。rz彡'゚ マT..|            rrz彡イ//////..vvr-‐ ff ̄ ||:.   }{´  ._」L  -zェァ7フl     |圭圭|ll| ∥ ,′
zz≦////ヾ彡゚ /ゞ'ヾ㍉|          rzz≦=-‐ .T.丁 ||   }{  __,||__,.斗 -ェェァ7フ|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|lljjII」,,.. -=ニミzzzァ´ ∥ ′
─…¬ |-=ニ///≧s。 \㍉≧s。._     \-=|∟ 」斗zz--==ニ77|l|l|l|l|l||l|l|l|l|l|jjjII斗-=ニ二三三三三二ニ=-r彡イ  ∥,'
¨ ̄ ̄~..|    ̄ ̄ -=ニ≧zァ/////≧s。.   ヽ.|l   ||l|l|l||lljIII!!斗-=ニニ二三三二ニ=-r─=f¬¨ ̄ |G |__乂ノ洲.  ∥′
:::..    |          ¨ -=ニ///////>、rz≦三三三二ニニ=-rr─rr≦ 桐   弌|,,」L -ゝイ厂 丁¨.|i:i:i:i:i:i:i| |/  ∥′
iiillll|| 0 |  [] |≧s。._       ¨ -=ニ//ヘ、弌_ {G}_{G}--Ψ¨Y´-─   ̄ ̄| :|i:i:i:i:i:i| :|i:i:i:i:|  |i:i:i:i:i:i:i| |ZZZZ7
'┴┘ ̄.!. ̄ └=ニ二」 0  rrrrx      ̄ -=r'i:i:i:| |i:i: | |i:i:i:i| .:|        | :l二ニ.| :|===|  l二二コ .| |  ,'
     __|        ̄  ─皿皿 o 川ll    | :|ニニ:| |ニコ..:|二 | ::|        | :|7'//,| :||||||||  |┴┴┘..| ┼‐‐′
-=弋フ_,| ̄卞弋ェェ- .__     ̄ ¨¨ ─ 」 :|i:i:i: | |i:i:i:|..l|i:i:i:i| ::|        | :|7'//,| :| ̄¨|  |i:i:i:i:i:i:i| |__∟..′
-kつーっ| ̄厂仙台六十二万石广弋=-  .  _ :|i:i:i: | l冂i|..l|i:i:i:i| ::|    -─   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄‐=彡;';';';',′
、ゝノ勹ー|フヘノ ヽ大手門ヽ-'三二ニ=-─  ¨   ̄ ̄ ̄ ̄                       ‐=≦;';';';';';';';';';';',′
にんり`ノ\/-ヽjI斗-=ニ  ̄                                      ,ィ升;';';';';';';';';';';';';';';';';,′
二ニ=-'" ̄                                               く;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';'
                                                       ` <;';';';';';';';';';';';';';';';'
                                                          ¨≧=-=ニ;';';'/
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そうこう話しているうちに、カルラに連れられた君たちは、城郭らしき場所へと辿り着いた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6165◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 20:46:01.69 ID:dj/qOS/O


l |  |      \=\ ========================================================== /=/´  |  |
l |  |       \=\//////∧/////∧///////// |///l////////∧/,/////∧/////////=/      |  |
l |  |        \=\================================================== /=/       |  |
l |  |         \=\ '///∧/////∧///////,|///|,'//////∧/ /////∧ /////=/        |  |
l |  |           |'\=\,'=========================================,/=/         |  |
-|  |           | | \=\// ヽ'////∧///// |///|'/////∧/,/////∧///= '' | |           |  | _
ニ<>=-,,        | |    =\================================= /=''   | |       _ -=<>ニ
ニニニニニニニ=-     | l      \\'/゙\//∧////|///l////∧/ //////-''    | |     _ -=ニニニニニ=-
  '' -=ニニニニニ=-  _ | |     「\\_\_____l_____|___/____,/___,/' | |      | |_ -=ニニニ=-
         '' -=ニニニニ=- _      | | \::==========幵==========:ィ'   | |    _ -=ニニ=- ''        _
=-  _        '' -=ニニ=-  | |  | |王王王王王l |王王王王王| |   _| | -=ニニ=- ''     _  -‐=ニニ
-=ニニニニ=-    _  ||__'' -=ニ=- _|_|王王王王王l_|王王王王王|_|_ -=ニ=-__||_   -=ニニニ=-rr--‐
    |! ̄  i!---r--幵==========- 幵----------|ol --------- 幵-======= 幵--r‐   |i    ||
    |!    |!  |!  | |  i 干-==|==| |===幵============ 幵===| |===-干 ;  | |  |    |l    ||
    |!    |!  |!  | |  |  |  i |  | | \ |:|   |:|  |:|  |:|   |:| / | |__|| | |  i  | |  |    |l    ||
    |!    |!  |!  | |  |  |  l_,,| ̄| |  ̄ |:| ̄ |:| ̄|:| ̄|:| ̄ |:|  ̄ | |__|| | |  |  | |  |    |l    ||
    |!    |!  |!  | |jI 斗t≦ニニニ| |_, r≦ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄≧s | | ニニニ≧s | |  |    |l    ||
    |!   ,jI斗t≦______ _ r≦ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄≧s ___________ ≧s _|l    ||
   jI斗t≦――――――‐_ r≦: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :≧s _ ―――――≧s , ||
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄-================================================- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______  r≦: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ≧s _______
_____  r≦:_________________________________≧s ____
------------------------/ --------------------------------- \-------------------------
           /    //                              \\    \
          /    //                                \\    \
         /    //                                 \\    \
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ いくつかの通路を抜け、階段を登り、やがて辿り着いた広々とした部屋で――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6168◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 20:49:23.70 ID:dj/qOS/O


                    /::::/./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',       /
              丶 -七禾 ̄|:::/./:::::::::::::::::::::: /|::::::::::::::::::::::::: |∨:::::::::::::::::::::::: : :    ./
                 `<    |/./:: : /:::::::l:::::::/ .|:::::::::::::::::: : // .l::::::::: l:::::::::::::::::::|  /
                   ` ≦!{ |:::::∧::: : l:: : | .|./|::::::::::::: // _l 从:: l:::::::: : l',:: |/
                         |:::::| .∨::::∨ | ̄リ ∨::::::::/イ斗/イ ノイ::::::::: ,' .}/
                        マ. |  ∨::::\ 乍示∨::: {   l乏爿/:::: : / ./     ヽ
                           マ|千 .lヽ::: : ヽ    \ ゝ     /イ:: /',
                         / ヽ   |::::`ー      l      /イ:::::l       ∨
                     ,'.      マ::∧ \.       ,    ./ l:::::::l          ',
                   ,       マヾヽ  へ    ̄   イ/ /:::/},'
                           ヽ\ヽ    ≧≦    /イ/ ハ
                     l.           /\  `   ‐-‐ 笊爪  }/ヘ  ハ  /      ハ
                     l        ∨::: : ` 、 ,,, _    ヽ ゝ| |.≦:::::::::∨',.       ∨
                     l           ',::::::::::: l    ¨¨  `¨.| |:::::::::::::: : ', ヘ       ∨
                     l.          l:::::::::::l.   ヽ    /fニl _l:::::::::::::::::: ; ヘ.       ∨
                       l          l:::::::::l.         / .| .トl l::::::::::::::: : l_ヘ      ∨ 三三≧ュ 、 _
                  '         l::::::::l      l /. |fニl l |::::::::::::::::::l三.゙ヘ.       ∨三三三三..) }
                    / -二¨ニ- .    l:::::::l       l    | トl´.|:::::::::::::::: l三三ヘ         ∨三三.≦ニl
               x≦爪三三三三三≧、l:::::::l       i   ||| .|::::::::::::::::,'三三三,       ゙ .<三三 l≦ミx
               /三三三三三三三三三\:: l        l l   `¨´ |:::::::::::: /三ニ个<  _,,,....x≦三三三三ヲ : : : : }
                 /三>'''.: : : :.¨¨: :''' <三三∧:.      ,'_l      /::::::::: : ' ヲ: : : :}三三三三三三三三 /: : : : : :l
              // : : : : : : : : : : : : : : : \三三.',     /-\> ‐-  孑≦: : :.,,...´三三三三三三..<.: : : :. :. :. :.l
          ,,,ニ= 七爪.: : : : : : : : : : : : : : : :. :.\三ニ',  < ̄.   > .: : : : : : : : <: : : : ≧   --‐ <: : : : : : : : : : : : :l
      x<: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \三',.     ー──≧ - 彡{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.l
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃カルラ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「失礼致します。
┃ 先日お話ししました、地上の方々をお連れしましたわ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ カルラは、恭しく一礼しながら入室した。
┃ その言葉の向く先は――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



6172◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 20:55:00.21 ID:dj/qOS/O


                           _-―ァ
                       ∧     ,. イ/////
                 /,∧ /////////7777777―- 、
                 /////////////////////////<
                 ヾ//////////////////////////>、
                ,.ィ//////////////////////////!//\
                /////////!ヾ<////////>"l'/// ,'///!ヾ
                  / '"////////!      {ハゝ    l'//./ !'/∧
                  //!/////      ′     l/ / /' ,!ヾ!,
               '  l'/‐V/           /// /,.ィ/
                    { f ,l/!ゞヽ、、   /二ニ_"‐'" <イ
                  ヽ !.ヾ 、弋;:ァ 、 ,l√t:チ/イ,-ニ=‐
                   / ー 、 `  ̄ ´ ヽ二ニニイ l. !'
_                   ///,'l     .l   !   .! ! ! ト、                     __-=
二ニ=-__              ,'/ l//! 、 ,.ィ彡彡ミミミゝ、 l .! !ノ、ゝ           __-=ニ二二二
二二二ニニ=-_       ___r=‐- ヽ  " ̄ ̄`  ,イl/レ'-=!―――--==ニニニニニニ二二二
二二二二二二二ニニ!''" ̄   / l ̄   ー \    / '    l._ヽ     !ニニニニニ二二二二二
二二二二二二二二l      / ̄ !       ー一   |三三|  !  ',     !ニニニニニ二二二二二
ニニニニ二二二二l     i    ̄  ‐- _ ! | l  _ -‐  ̄  i    lニ二二二二二二二二
ニニニニニニ二二l     l_          ̄ ̄           l     lニ二二二二二二二二
ニニニニニニニニ!      .l   ‐- _           _ -‐  ̄!     .lニニニニ二二二二二
マニニニニ二二二l     l         ‐- _ -‐        l      lニニ二二二二二二二
  `"マニニニニニ!       l- _                    _/      .lニニ二二二二二>"
      `"マニニ!       l    ‐-  _     _   -‐  ./       l二二二二>'"
        `"ー         !          ―           /          lニニ>'"
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 髭を蓄えた、大柄な壮年の男だった。
┃ 鋭い眼光は君たちを射抜くようで、一言も発さずとも只者でない雰囲気がありありとわかる。

┃ 一見すると、人間のようにも見えたが――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


.         ,,< ̄`>、
.     /  / ̄ ̄ ̄
     /  ./
.     /    |                  /
    |     .!             /,,
    ∨  弋         ,,< ,\;
.     ∨   `ー―-- -―'  ,.,;,:',:"
      ∨;';';,;,, , , , , , , , , ,;,;,;';' <)
.       ゝ、`"'マ"'"'"<!''"''""
.       弋\                 >´
.         `´` '< ___ >´
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 見れば手は硬質の鱗に覆われており、体の背面には蜥蜴のような尾も見え隠れしている。
┃ やはり、この人物もまた半人半獣の種族に相違ないようだ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



6173隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 20:55:23.17 ID:BcvzkHb1
これは無礼が許されないな……


6174隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 20:55:26.21 ID:/SANE2Iy
この人かww



6175隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 20:55:31.88 ID:mDyV+7Du
まさかの竜の騎士。いやまあドラゴンが頂点というのは納得ではあるが


6177隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 20:56:25.52 ID:J/yBfqT1
これは予想GUYwww


6178隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 20:57:42.41 ID:bCuUK1U0
これはこの人と戦うルートもありますわ


6180◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 20:59:04.88 ID:dj/qOS/O


                 / ̄ ̄ \
              _,ノ ヽ、,__   \
              (●)(● )    |
                (_人___)    .|
                 '、      u.│
              、      イ
                 ゙、 ___,. イ i
                ,r... __>ーメ.┴ュ
.             _,. ,i´::::::::::::::::::::::_::::::>、__
           ,.<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>-.、、
.          「::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::.`、
         /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}
.         / y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
.      /:::::.i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ/:::.:::::::::::::::::::::j
     ノ.::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ どう切り出すべきか――と君が逡巡していると、
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


              ,イ‐┐ }          .ヽヽヽ  ヽ__.{ {ヽ}\
              乂- 'ノ         ,.  -┘ ̄     .ヽ ヽ7./
            /,ヘヽ      ,> <      _ .r 、  < ̄ `}.V
           ., ./ .∧∨  ><     > __ ̄ ヽヽヽ  ヽ  ∧.i
          /.'   ∧∨'    , < __, <  `ヽ、_ -┐ ヽ /.,イ.!
         , ', '     ∧∨, -/    .|      ヽ.   \`ヽ.ハ.|
        , /     ./ ,l< , '      |       ヽ   \ 丶.l
      . //      //  /       .|       .∨   \  \
      ././     ./   ./ _ 、    }─‐テ,ヽ─-i-∨  __ヽ  .\
     //     , '    /-イ /廴斗 、 ノ   .iヽ ヘ ̄ V__> 'ヽヽ 〉   .ヽ
    .//     /     ヽ/ .八 ./ {_.  \ 、ヽヽr 斥.ハ .}  ヽ|'    .ハ
    ., /     .〈___    i'    孑う::::: }   }.ハ  ハ:':::::::/`! i   ,ヽ ̄ 丁 ヽ!
   ./,'     ./ ヽ{ i 丁丁!   ∧ 乂>' -- '__ノノ. `─ ' / .|  /, .∨ }--'
   ., /      / / ヽ `,!`-ヽ、   ゝ、    i      /ゥ | 从  ノ 人ヽ 、
   i i     / ./   ノi   ゝ、_ `ヽ        r--' / ,/ ,/┐'  ヽヽ 、
  .| |    ./ ./  , '      ヽ ` 十!.  v )   . >- '- ' ノ / .|ヽ、 .ヽヽヽ
  .| |    / ./  /         .ヘ  |.> _  <-ィ./_>ィ' |ヽヽ |  ヽ  ヽヾ 、
  .i |    / /  ./'    ____ ハ .ヽ .ヽ ̄ ̄ / ̄厂.ハ | |   ヽ  ヽ  .ヽ ヽ 、
  .}-}  ./ /  ./    ./      `>、ヽ .ヽ , 、./ ./ ./────--- 、  ハ  ヽ ヽ
  └┘ /./   / ,> <           ヽ ,  ̄.!ヽ'            i 、  }   ヽ
   i  .\   /                人 __ノノ              \ノ    ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「地底の民の…王、という認識でよろしいでしょうか。
┃ お初にお目にかかります。私たちは、"世界樹の迷宮"の謎を追っている者です」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 普段よりも幾分改まった口調で、しかし躊躇なく織莉子が話を切り出した。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6181隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 20:59:45.89 ID:4hA51+yz
さすがはプリンセス


6182隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 21:00:43.91 ID:QZVulAmk
まあ礼儀作法ならプリンセスに任せるべきやな


6183◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 21:03:33.54 ID:dj/qOS/O


  ,ィ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ノ/|!
/: : : : : : : : : : : : / 丶 、: : : : : : : : : : : ::,、: :/,'ト、
:,彳: : : : : : : : : : :,'       `丶、: : :r ´  }:,' , !、:.\
. {: : : : _: : : : : :,         ' }ハ)   レ ,'∧:}イヽ}
/: : :/ ,-、ヽ: : : :_j 、         '  ,イ, '/://
: : : l /r=、 〉:l´ 丶ーヾ.::ヽ、、   ,ィ_/ , 'ノイ /__,
〃: | {/^} {:!::|  `弋tr_ッ、:::、)、 / ィrッ-ア ̄_/
/: 八 ゝ { iハ:| 、   ` ̄彡'=- {/`ー彡'´イ二フ
: /: : \\) V   ゙ヾ     ,   |ゝ─ァ/T¨
: :,: : : : :ヽ、_ノ}     ,...-‐ゝ、__}-、 '/ | リ
: ,l: r: : :__j  八   ,≦:::::::::::::::::::::::::≧ |/
/ l:ハ: /ニニ──\`ー=>='´'^``ゝーrァリ                 ___
─‐V          \    ̄ ̄ //〃|────────≦ ̄: : : :、
   ',、         丶、___ // '| i! ̄>、    \: : : : : :\: : : : :、
    ',`丶、、        | i! | Lニj! ノ ̄\. \    ヽ: : : : : : :ヽ : : :丶
    ',     >──- ! i! !  <    /ヽ ヽ     ヽ: : : : : : ヽ: : : \
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃半人半獣の王
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…そうだな。地上人の言葉で言えば、王で間違いない。

┃ 私はバラン。シシムラの民を統べている者だ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6187◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 21:06:30.22 ID:dj/qOS/O


              ,:- ―ァ-―::.、
             /  /ァ ―ァ:::::ハ,:::::::
            /   / /  /  ヾ/:::::::::::::::::::::>
           ;   ./ .′ {   {:::::::::::::::::::::::::::::::::::>
           /  .ノ ..ィ _l_ ,、 /ミ 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`
         ..ィ{<:;::イ::::/::::::::::/:::}ヽミ/:::::::::::::::::::::::::::\::::::::
       .ィ {::::i!::/::::::::イ:::::::::イ::::ノ::::::ハ\:::::::::::::::::::::::::::::\::
      イ!{:::',{::::::V::::::/:::::::/::::::/::::´:::ノハ ヽ::::::::::::::::::::::::::::::
      {:::ヽ:::'::::::i:::::/::::/::::::ノ:::::::/:::::::::イ    \:::::::::::::::::::::
      i::::::::::ゝ:::::、::::::'::::ヽ:::::::::::ノ:::::::::::/::}  ,,  ∨::::::::::::::::
       `ト、{::/::ーァ::::::\:::ハ:彡::::::::::ノ_:::::::ト';''  ';'';,,∨:::::::::::::
       ∨::{::::::::i::::{ヽ:::ヽ}:::ハ::::::::::::::「,、∨:::}''  ;  ;;∨::::::::::
       ∨ミェ、:i、ー夕圭弐ヽ ̄ヽ::::i  } }::,;'  ,;'  ;;\::::::::::
        `杙ッ ::` t-tッ ア    |:/ ノ/,;'  ,;'  ,,;; :: :`ー
        /i  }          リ__ノ,;'  ,;'  ,,;' :: :: :: :: ::
       l:: :: ∨ __          ,;'   ,;'  ,,;' :: :: :: :: :: ::
       |:: :: ::ヾ ン       / ,;'  ,;'  ,;' :: :: :: :: :: :: ::
          }:: :: ::∧ - ―    /::./;  ,;  ,;' :: :: :: :: :: :: :: ::
        |:: :: :: ::;,  ̄   /  /,;  ,;  ,;' :: :: :: :: :: :: :: :: ::
        |:: :: :: :: ;∧_ /、 ,イ ,; ,;' ,;' :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
          !:: :: :: :: '; ;;  ;; i ,イ ,;' ,;'  ;; :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
        ∨:: :: :: ;; ;; ;; V ,;  ,;  ;; :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
         ∨ :: :: ;; ;;  ;;/ ;;  ,;  ;; :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
          ∨ :: ;; ;; ;'  ;; .,;   ;; :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
           V:: ;; ;; ;;  ';, ;   ;; :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
           V ;; ;; ;;   ;;    ;; :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ふむ、シシムラ…?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ その名を聞いた瞬間、慶次がわずかに反応した。
┃ …が、呟くように独りごちただけで、それに続く言葉は無い。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



6188◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 21:14:13.34 ID:dj/qOS/O


               /妁 }        \\ \_{ 妁ヽ
             乂__丿     _  -=ニ    _乂|:::/
              / Vハ   -=   _  -=ニ\ \::/|/
             ,      Vハ¨   -= ,ノ⌒\___/:::|
          /       ∧j斗/ ̄ ̄|      \: :.\\|
.         /      // :/    . : :|      ‘,: . \\
        /      ,/. : :/  _: : : :|-─‐ァx‐-ミ}: :   ∧:.\
.       /     / . : : ムイ-‐廴__ノ、  (  j ̄{___ノ⌒jノ: : : \
      ,      /___,ノ 八. ィf笊  )::.. )笊心 |:   ム斗‐rヘ,,)
        ′    廴{ {\{ {  从 V(ソ ー=彡'V(ソ 八 (::: |  |≪
      ;    //..:乂Yi⌒ミ 八乂' ' ' 丶   ' ' 'ムイ , )ノ 八ハ、
      |:    //: : : :ノノ : : 廴__ノミ=-  c   乂_彡イ⌒ぃ:::::Vハ\
      |   // : : 〃  /: : ⌒\ノ> __ ,,≦7ムィ⌒ |  |八::::::Vハ \
      |、 // : : ノノ /r─‐-ミ圦∨:| ̄  ://: /: :|  .:|  |::::..\:::Vハ   \ _
     {ニ}//: : 〃 /__ノ  . : : : : :\:V77Y/: / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}:::. ‘,:::::::;,   (_厂ミ
     |/∧: : : 厂 ̄  ─=ニ  -=ニ:{///}: : : . \: .ニ=- :  ̄\ノ::::::::::;,   \)'゙
     {从ノr< ̄ ̄     -=. : / /¨¨¨V : : : . \: : : . =-: :\、:::::::;,
      / : : 廴/\    -=   :/ :/: : : :.:‘, : : : .   \: .    =-))::::::;,
.    /: : : ノ /  )x<     /  / : : : : : :‘,       \     \::::::::::;,
    : : :/ /   ⌒´ : \/    /: :  : :  : ‘,       r─j___仄}丿::::::::::;,
   /:/ /{_/  . : :  . :\___r/       ‘,_廴_ノ: : : : .   \:::::::::::::;,
ー=彡/    . : :  . : : :/>::::/           ‘,/<∨: .  : : : .    \ニ=‐ノ
  //           />::::/          ‘, <∨: : .  : : .      \彡';,
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「では、バラン様。
┃ あなたは、私たちにお会いになるつもりでここへ招いたのでしたよね?

┃ 私たちも知りたい事はたくさんあります。
┃ この場は、お互いに敵意が無い事の確認と、情報交換の場という事でよろしいですか?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                           ,.イ  ___
                           l',    ///<////'-―‐-  _
                      l∧ //////////////////<´
                        {/∧'////////////////////!,ヽ
                       ヾ///////////////////// .l//ヽ
                         ,イ///////////////>//// .//∧``
                     />////! `"/ハ!''"´  ∨/ /,.'//ハ
                       '′ !'/ハl   " `/    / //i .!/∧
                      l'ハ 、lz≧、_、/`ニニ /-‐ニ>/l ヾ、
                         ヽ 、 `'" }ヽー`"-' /ニ=-//l
                            ヽ   ,    ̄ ̄/ l l .lイ/,lヾ!
                           ,.ィミミミミヽ、 ! .!.l////'ニヽ、
       __-====―--__  ,.ィニニニ‐l"、 ー‐  ,.l ,l/ !//イニニム      ______
    ,-ニニ二二二二二二二二/ニニ\;;;;厂ー- 、__ /--―‐ /二ニニム‐=ニニ二二二二二二二\
   /ニニニ二二二二二二二,イ二二二>、    |||   _<二二二ニニノ二二二二二二二二二二ニヽ
.  /ニニ二二二二二二二二〈ニニ二二二二>ー--‐=ニニ二二二二二/二二二二二二二二二ニニニニヽ
.  /ニニニニ二二二二二二二ヽニニ二二二二二>、二二二二二二/二二二二二二二二二二二二二ニヽ
. ,'ニニ二二二二二二二二二二\二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニヽ
. /二二二二二二二二二二二二二\二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二',
.,'ニニニ二二二二二二二二二二二二\二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニl
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃バラン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「その認識で結構だ。
┃ もっとも、私の知りたい事は既にわかっているがな」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6189◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 21:18:42.16 ID:dj/qOS/O


      . :<: /:ヾヽ: : : i: : : : : ヽ
   . :< _/: : /: : :V`ニニ=―: : ∨
/´   イ: : :/: : : : ∧: : : i/iヽ: : : : :∨
    /: : : :{: : : : :/ V: : :iヾ _,斗セ:∨
.   /: : : :イ: : : : /__ l:V: 斗七zf≠zx: ∨
  /: : :/,!: : : :イ´z、.i:iV: :.i '' し:::::ハ ヾ.∨
  /: ://,イ: : : /ハ伐} i V: :i  |:::::::::}  〉∨    /
 //  i/ i: : :/ iハL::|  ,.-.、 |::::::::ノ    丶   {
 ´    i i .i: :/ .|( ソヽ{  ) ヽ-'      \  .l
      i i i:./  く    `ー'        /∨\!
    i i  i/               /   ∨:i
    //      ー  --、   U      }: i
   //       ヽ             ´ v
   //                        |
  〈〈         ー   -┬         |
   ヾ              [二二二ニニニニ
    ヽヽ    /,、ヽ     |/,、\ー―――
      \\ / /  \\   //  \\
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃ネギ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「既にわかっている、というのは?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                   ,.イ      ,...-―:ァ
                  /::::l     /::::::::∠................ _
             |:::::::',  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
             |:::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
                  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、
           ,.....-‐'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::トミゝ
           /::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.         /j;: '"´/ ::::::::トミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, -、:::::::::\
.       /     /::::/l:::::|⌒>ミ::::::::.:. -‐ "´¨}:::::::/ ミ Y:::::i⌒ヽ
       / |\  ,j/,ノ,ノ:: i|、   ノ { ̄       廴::l んリ l:ヽノ―-
        {_|_〉=彡':(:::::::八 ミ≠ミ 、   _,.斗ャ彡イ从} ノ ハノ     >‐: . _
.       /: /:.`ーァ': /: /ヽ(/ :丶弋tッミ: {从r‐tチ'"  ィ_,.ィ  |    /: : : /⌒>‐:. . _
.    〈 ̄ \: /: :/: /: /: /: ヽ. ""}.. 、゙""´ :   / ,/  i|   /: : : : /: : : /: : : /: :_:ニ=-   _
.       \   ̄\/: /: /: / ハ: _{..ノ=ミ 、 .:  , '  /   /   /: : : : /: : : /: : :./ /  {{     >‐-
       / ̄\  \': /: /: :/: 彡vミミミミミミ彡/ /__,/l!   /: : : : /: : : /: : :./:. :\_{{ニ=‐ ´        ヽ
.       /!   .:\  \ : /: :/: :/  ハ,こ ___, イ/// /  /: : : : /: : : /: : :./: : : /: : : l|
.     く \     \  \ /: :/   { { \\/ 〈_/  ,/  /: : : : /: : : /: : :./: : : /: : : :.Λ              }
      /ヽ  \     \   \:{   i| |\ \l_/   /  /: : : : /: : : /: : :./: : : / : :. : /:.Λ /|
..   /     \     \   \  l| |:. \     /l   |: : : :.:.l:. :. :.l: : : :l: :. :/:.:. : :./: /: :∨  !        .イ
.   /  ー-   __ ー‐-  \  \| |:\  \_,/ .:l   |: : : :.:.l:. :. :.l: : : :l:.:. :l: : :.:./: /:. : :{l   ト、___ イリl!
  /           ー-- \ \   | |  \    /l   |: : : :.:.l:. :. :.l: : : :l:.:. :l: :.:.:.l:.:.l:. :.:/ゞ=彡ーr―=彡':.:}
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃バラン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「詳しくはこの後で話す事になろうが…
┃ 我々は強い戦士を必要としている。
┃ お前たちは協力者たりえる力量を持つのか。それが私が知りたかった事だ。

┃ お前たちは"コロトラングル"を討ってここへ来たのだろう?
┃ ならば、どれほどの力があるのかは推測がつく」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6190隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 21:19:30.40 ID:J/yBfqT1
割とギリだったけどなー


6193隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 21:23:17.89 ID:NW0ako+P
GMが全滅描写を考えだす程度には追い詰められたがな!


6194◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 21:24:37.20 ID:dj/qOS/O


         _=:::_=-―-、:::ヽ /:::::::::::::::::::::::::::::::>:.、
          イ/    _ヽ{::::::::::::::::,::―-:::::::::::::::::::\
        /:::/   ,..::::::::::_ヽ::::::, --、:::::::::::::::::::::\:::::::ヽ
         ;:::/  /:::_=-ァ::::, -ヽ::|ニニ|、::::::::::\:::::::::\::::\
.       i::;  イ:::/ イ::::/ .ソ`|ニニ|,、ゝ、:::}、:ヽ::::::::::::::::::::\
.      ;::; /::::イ /::/´::ヽ/::::`´`´::::::::::ヽ}::ヽ,{∨:::::::::::::::::::
.      ;::; /::::/ /}´{/:::::::::}:::::::::::::::|::::::}:::::::}:-‐:::}、}::ヽ:::::::::::::::
      ;:;' /::::/ .{V:::{:::::{:::::::i::::::::::::::::l::::::ヽ/::::::::ノ::::::::::ノ\::::::::
     /' /::/  .{:::::{::::::l:::::::{:::::::::::::{:::::::::}´:::::::::/:::::ノ::::::ノ}::::::
.    / /::/  ヽ {:V:::∨:ヽ::::::\:::::::::::::::/:::::::::::::::::/:::::::ノ::}::::::
    / /:/  \}::ヽ::::__::ゝ::::ア:: ̄:::::l:::::::::::ヽ:::::ヽ::::::/:::::::イ/::
   ; //    ヾ`ヽ:::::| i: :::::/::::/:::::::::ii:::::}::::::::ヽ:::::}::::::::/{::::::::
   { //    ∨:::\{{::::::{::::::{::::::::i !::::i:::::::::}::::/ }:::/::::::ノ:::::::
    ;::{    ;::人:::::::ノ ',__:i',:i::::ii::i:::i !::::ii::::::,'}::/__ ヽ::::::::イ::::::::::
    i:::   /:/ ∧/ ∠圭圭>‐-ァ ',::iz<圭圭_ヽ ∨ |::::::l:::
    ::   ::: ;:::{ ハ  ≪ 弋rテ ア´ :ヾ:ィ'trア ≫  }:ハ }::::::|:::
     ::   ;:: .;::∧ ハ        | |          i/ ノ/::::::::::
     ::.  i::i i::i ヽ ハ          | |        i ´ /::::::::::i::
      ::. i::i i::i  \      , | | 、      i-イ\::::::::::
       :: ::: i::: / | ∧     ヽヾン      i /li   ヽ:::::::
       } :: i::/  .!               /:/ i i    \ー
       _=-/    | ', .∧   ー  一    イ / / .i    ∧
    >   /      .! ',      ―       ./ ./  i    ∧
>     /      | ', ',  ∧      イ  ./ ./  i      i
      i        |  ', .'.,   ー―― '   / /   i      i
      i       |  ', '., ヽ    / ./ ./   i      i
       i       |    ', ヽ \ /  /  /    .i      i
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…ふむ。我々が協力者となる事が決っているかのような口ぶりにございますな。
┃ 無論、手を取り合えるならば、そうするにやぶさかではありませぬが」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                    ,ィ
                    //
                ,イ   /:::/-―――ァ
            /::{ /::::::::::::::::::::::::::::::`ー―‐-.、 , -―く}
              {::: レ′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ⌒ヽヽΛ  }
.           /:ノヽ:::::::::::::::::::::::::ァ::::::::,ィ::::::ヽ:::\  ゝ'==ハ
          ムイ::::::}\:;;;;;:,-'"´〈::::://:::::::::::\:: ヽ 、   i}ヽ
.         / /::l:::::,′ { ヽ    //フ7:::::::::::: ヽ   \  i| }
            | :/}/トミヽ  r― '∠/ >ミ::::::::トミ::::..    ヽi| |
             j/  `弋テミ { rッフ/ </ハ/::::::从 ヽ:〉    } }
                 Λ ´l ` ̄ ̄{ヽハ}ー:':::::从::::.   ヽ / ′
               //Λ L _     |从ノ ヽ::/\ヽ:〉    ∨ /
.            / ̄\ 厶=≠=ミヽ ///〉\ ヽ    / /
         /ー-ミ   ヽハ`¨´ / ノリ / /l》、 》、 / /
.      /       \ ∨ ー<辷彡'く///〉》 》、/ /
.      /-―-ミ    V∧  V》   } { `´// ゙》 У /}
   / __   `ヽ   V∧  V》ー‐' ー ' /  / 》/ /X〉
  /⌒ー〈  ノームハ 》、  V∧  V》ー――v′ / Λ 〈Ⅹ|
.      ∨   Ⅵi}   》、 V∧  V》     / / /Λ/フ|
 {     ___川   》、 V∧  V》 ̄ ̄ V / // /XV
   Λ  \    }i}i\   》, V∧  V》 ̄ ̄ ∨ // /XX}
  V/Λ   >=彡'ム、〉 ノリ==彡'  / 》=====彡' VXXx|
  〕iト==<二>――=彡' ___/ V》       ∨Xx|
. /           _/XX》  Y⌒Y》         VX |
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃バラン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「そうしなければ、どのみちお前たちはここより先の階へは進めん。

┃ お前たちが臨むなら、順を追って話すつもりだ。
┃ お前たちが"世界樹の迷宮"と呼ぶこの地底で、何が起こっているのかをな」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6195◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 21:28:52.62 ID:dj/qOS/O


            -―……―
        /    ――――― \
        |/ ̄ ̄\  ゝ'"  | (( )人
        |     /   /  / 〉/\、\
        |    '    /    ∨/   \、\
        |/   /\   //      ヾ \
     〈 ̄ ̄ ̄ ̄ \ 斗― 〈            ヽ
    ― 、    >、 r‐―  、 \      ∧∨ /
  〈―――>'"    ゝ ´     \ \_   ∧∨
    \   >_彡        \\|   \  ∧',
       y  /     j|__|_|  }  \―  、 ∨/∧∨
       / / i | \从 {\ト \  ゝ  ̄ |ヽハ  ',
      イ ∨|〈  x≠芋\ i \ |    イ  |  i |
      |人 i 从\ i rり / V |^Y     人\| 〈_〉
      '   \〈  ヽ _彡   人イ    〈r―' / i
          込 __   /ji    i |       、  ⌒´
           〉     从  人 | ハ    \ ____
           从个 _ ≦ヽ /r~|/7    〈    /
              从〈~〈 / |  V――    \¨´
           _ ノ ̄ゝ~~ \/\   \  \
          (  / ノ     \  /ソノ⌒Y'   \
       ――=彡 7〈   \ (⌒´     |
  /   /  /  i \     \)       |
  V⌒ヽ ( -<      l  /) /⌒´         |       i
        / \ノ⌒)つ) <i´                |
          /     /    <',          ,      |
       '    O       人         /     |  人
.      i      i      ⌒7\      ∧     ' 、 \
        人     ',      7人\       \ | /   `¨⌒
        、   O',        i   〉__`      \
             __彡イ´        ⌒>、     ヽ
            |   |    ,'      廴\
            |   |    〈ヽ       | 人ヽ     ',
              ○ |    |      ,'  <
             ∧  |    |      ,'    <|     |
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「バラン様。
┃ あなたの目的が何なのかわからない以上、無条件で協力を約束する事はできません。

┃ 必要な部分だけでも、まずは先に教えていただけませんか。
┃ 協力するかどうかは、そのあとお答えします」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


\‐-....... \::::`丶  \ヽ
 ̄`:::::::::::::ヽヘ::::::::::\ ヽヽ  }ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽノ::::} /:::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::′:::|/::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
/` ‐- _::::::::::::::::::::::::::::, ヘ::::::::<\}
       ‐-  ,.  ´   }:::::::::::::\
        ノ}ノヽ    ヽ::::::::}\}
\               }:::::/
三三ゝ、 ,、     厶イ∠ /:::/
ヽ 辷ァミヾ〉  /レtァ//// }
>ミ====彡}〉 /<`¨ノ ./ヽ} /
`¨¨¨¨¨∨ノ  |     /_丿/
,,       `     ,ノ /
:::;;:   ,.-‐-=-‐、  '"/ー '
  /:::::::::::::::::::::ヽ、/
=彡ー'ー彡'"゙゙ヾー=ヾゝ
ヽ           /}__
::::::\     ん' に))、                        ___
ミ===`¨¨¨¨¨´ノ 彡'   \______                _∠ニ=ミ
   ̄ ̄ ̄]{}[         }    `ヽー─-x---─‐<i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ
        ]{}[         人     }i:i:i:i:i:i:i:i丶i:i:i:i:i:i:i:i:\i:i:i:i:i:i:i:
 ‐-    _]{}[___  -‐=彡  \    }i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽi:i:i:i:i:i:i:i:i:i\i:i:i:i:i
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ――バランは、数秒ほど沈黙した。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



6196◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 21:31:19.38 ID:dj/qOS/O


                           ,.イ  ___
                           l',    ///<////'-―‐-  _
                      l∧ //////////////////<´
                        {/∧'////////////////////!,ヽ
                       ヾ///////////////////// .l//ヽ
                         ,イ///////////////>//// .//∧``
                     />////! `"/ハ!''"´  ∨/ /,.'//ハ
                       '′ !'/ハl   " `/    / //i .!/∧
                      l'ハ 、lz≧、_、/`ニニ /-‐ニ>/l ヾ、
                         ヽ 、 `'" }ヽー`"-' /ニ=-//l
                            ヽ   ,    ̄ ̄/ l l .lイ/,lヾ!
                           ,.ィミミミミヽ、 ! .!.l////'ニヽ、
       __-====―--__  ,.ィニニニ‐l"、 ー‐  ,.l ,l/ !//イニニム      ______
    ,-ニニ二二二二二二二二/ニニ\;;;;厂ー- 、__ /--―‐ /二ニニム‐=ニニ二二二二二二二\
   /ニニニ二二二二二二二,イ二二二>、    |||   _<二二二ニニノ二二二二二二二二二二ニヽ
.  /ニニ二二二二二二二二〈ニニ二二二二>ー--‐=ニニ二二二二二/二二二二二二二二二ニニニニヽ
.  /ニニニニ二二二二二二二ヽニニ二二二二二>、二二二二二二/二二二二二二二二二二二二二ニヽ
. ,'ニニ二二二二二二二二二二\二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニヽ
. /二二二二二二二二二二二二二\二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二',
.,'ニニニ二二二二二二二二二二二二\二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニl
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃バラン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…確かに、それも道理だ。

┃ よかろう、まずは我々の成り立ちと目的から教えよう。
┃ その胆力に敬意を評してな」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6197隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 21:34:51.22 ID:MxfpTYpp
こういう時本当に頼りになるなぁ、この二人。


6199隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 21:36:23.88 ID:MDkcdXhA
戦闘とは別の面で度胸があるな。


6198◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 21:35:07.58 ID:dj/qOS/O


.              /
          //   /
         /. ,ィ. //        ,イ. ,..-‐ァ  ,|
            {_/ |V //}      / {/    '…‐/|‐-、
      __,//// マ、/.      〉   __,.>'´∨/ .|/| \
     く∠!   `ヽ ,〉〉    ∠, 「¨'`,_,、_/ /,/, \
   __/  ,〈〉⌒〉ヽ   } }      八|_,_,_i/,rtテァ三三ヲ ヽ`
  ノ ,⊿-〈〉   (⌒ `ヽ{/.        }`Z_ V三〒ミ=-}} 、、}
  `'、_,.-‐…‐-、ハ,}'´\辷‐-、.       y'゙´`゙''x、1| ||_ノ   }
            { \_(_ (O_\ \...   'ヘ'゙ー゙`^`,|.| |! } ,ル'
           ̄ ヽ、/\\_\  ∧   /jハノ_」_j _ _,..-‐
              \/  ̄ ,√ ̄√ ̄  ̄ ̄ ,// //,/
.      _,..-―-、   .\_,.>,ヨ、_ /_,.三ニ=// / ,/ /
.     /  ,>'´√√√厂 /    ̄    ,/ ,/ /  ,/ /
     {{__//  / ./ ./ ./  〃\_,..-―… /  / /  ,厶斗= ´
    / /_{__{__{__.{__.{  .{{\__,..-‐…/_ 厶斗= ´
   ,{/          /\_,.-―…{
.   {__/ ̄丁`ヽ、    /          |          ,..-‐≠
        }/  \/\_______.L___,..-‐≠  / /
      /     }X}◯ |         | |しししししし ハ
     //       {X{   |         | lJししししし./ .}
.      У       .}X}◯ |         | |jししししし/ ハ 〃
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃バラン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「――我らシシムラの民は、古き時代の神々の力をもって作り出された種族だと伝えられている。
┃ これは我ら一族の始祖の時代より語り継がれてきた神話だ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6201◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 21:40:27.17 ID:dj/qOS/O


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                         __
                         ,.:'三う,`ヽ、
                    ,.--、____ ,ィ彡三三三ム:._,:\_
      />¬-、_,x-<´       /勿彡ニf'⌒Yぅ:` : !:.辷i、
   __/ イ,_,(_(⌒_,イ__f'⌒ヽ,ィ⌒ヽ《/イん/廴ノ 〃': :.j:.i⌒Y
  (≦彡三三≡|  |¨Y了<_   .}|:///勿少ーチr--仆=ィヘ
ィ彡三三二ニ:.:.:.:.し、J,;,;≧-x:.\   寸彡ァx-<:彡7ぅこ>〔___
彡=‐'¨'⌒ヽ:.:.¨`:.:.:.:,__;;_;,;:\ Ⅵ:.:\  }.:.:.:}少冖rー、ヽ三ニニ〔二)、_
        `⌒ヽ.:.:.:.:.廴ム V=、:{ 代刋  ノ三;;} }三ィ:7T¬ー \
ヽ.          勹・゙:.:.:.:.:.:|ト、マ,; :\!llⅣ  ん三ノノ,イ];!:.:.jー-='=<ヽ、
三ミxェxィ'^7Tート-r-、└、:.:.:.:.:||:∧寸ミ:.,ィ仆 .| } ̄>f;」!.:.:ヒ~⌒Y了ヽ}┐
-‐¬ー-、//:.:.:|};才:.:.:`ーミト、jj:ハヘY⌒ヽヽ  | |三| |;;]!:.:.:{竺ヵ:.//⌒\___
      }/:.:.:./:.:.}}:.:,ィ==、、:.:.:.:.:|;/;:ノ    rく:| |≧| |;,」!:.:圦彡' /{: : : r=-\ `ヽ
     ):.:.:.:.:.;.气:.:.:.:.:||:.:.:.r宀'     .}\| |辷| |/仏斗'  /:.∧ : : |: :.r-、\
      {:.:.:,ィ'´   ヽ:. ||:.|!:{         ノヽ | | ̄| 匚r-‐ァ |l: :} ) :∧:.:|: : } ||\
       Y      廴レ'´¨      〔:.:.:}. | |    |寸¬}  i:ノ 〈_し': :し': : :`¨|!: : :
                          }:./ | |    |寸マ/ /:{   }: : : : : : : : : : : :
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃バラン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「なぜ古き神々は我らをお作りになられたか…
┃ それは、古き神々の犯した過ちを償うため、と言われている。

┃ 古き神々の過ち。
┃ それは、"星を喰らい尽くす巨大なる魔人"を作り出してしまった事だ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6203◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 21:43:53.81 ID:dj/qOS/O


                             / ̄ 丶
                             / ̄ ̄\\
                            /::::::::::   ::\\
                ___        /::::::::::::  ::::::::\\
               / ̄ ̄ ヽ ̄二ニ=- <             〉 ヘ
              /      \   _ `ー─ 、  :::::::::/_ ヘ
               ̄ ̄`ヽ、  _>、 {\\   i :::::::::{ 〈vヘ} 〉
                /   Y´   \_  \  | ::::::::::〉 `Y く
              ∠斗‐=≦!     /   ヽ    ト、:::::// ! ! 〉
             { -=≦´ ll    { {     ∨ / j Y /   l l′
             ヽ-/ / ィ' 斗ヘ、  ヽ ‐- 、ヽ     ヽ、/ l l
                 { { {.‐┼´ / 坊抃ア/  /  ヽ´|ヽ i l
                 !  ! テ示ヽi   Vソ ′  / |.   !∧.l|
     .          _,.斗  ヽ ヽ-Vソ ヽ   / / ./!    |ヽi ||
     _    -‐  ´       ヽ ヾ、  っ  . ̄ ,7  / |   ヽ、 | |
           ,. ´      |}| >    イ/  /  !    ソ} ||
         /  ´     / リ / /ヽ`´ニ / /   }    |ア ||\
     -=≦/ /  /   ヽ{\,人:::::厂{ ヽ、  /  ̄ ヽ}  ヾ \/、ト、 ヽ、
     . / /  /   _,. 斗/  ア{ /}ア/   ヽ   ┐}   ヽ_/ \
      /  /   /   // / /レ′ `´       \ /         ヽ、
     .   /   〃  /   /   { 、              ∨|              \
      /       {{ /   / -´/  / |        / !            ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「星を喰らい尽くす、魔人…

┃ それを倒すのが、あなたがたシシムラの民の目的というわけですか?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                   ,.イ      ,...-―:ァ
                  /::::l     /::::::::∠................ _
             |:::::::',  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
             |:::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
                  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、
           ,.....-‐'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::トミゝ
           /::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.         /j;: '"´/ ::::::::トミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, -、:::::::::\
.       /     /::::/l:::::|⌒>ミ::::::::.:. -‐ "´¨}:::::::/ ミ Y:::::i⌒ヽ
       / |\  ,j/,ノ,ノ:: i|、   ノ { ̄       廴::l んリ l:ヽノ―-
        {_|_〉=彡':(:::::::八 ミ≠ミ 、   _,.斗ャ彡イ从} ノ ハノ     >‐: . _
.       /: /:.`ーァ': /: /ヽ(/ :丶弋tッミ: {从r‐tチ'"  ィ_,.ィ  |    /: : : /⌒>‐:. . _
.    〈 ̄ \: /: :/: /: /: /: ヽ. ""}.. 、゙""´ :   / ,/  i|   /: : : : /: : : /: : : /: :_:ニ=-   _
.       \   ̄\/: /: /: / ハ: _{..ノ=ミ 、 .:  , '  /   /   /: : : : /: : : /: : :./ /  {{     >‐-
       / ̄\  \': /: /: :/: 彡vミミミミミミ彡/ /__,/l!   /: : : : /: : : /: : :./:. :\_{{ニ=‐ ´        ヽ
.       /!   .:\  \ : /: :/: :/  ハ,こ ___, イ/// /  /: : : : /: : : /: : :./: : : /: : : l|
.     く \     \  \ /: :/   { { \\/ 〈_/  ,/  /: : : : /: : : /: : :./: : : /: : : :.Λ              }
      /ヽ  \     \   \:{   i| |\ \l_/   /  /: : : : /: : : /: : :./: : : / : :. : /:.Λ /|
..   /     \     \   \  l| |:. \     /l   |: : : :.:.l:. :. :.l: : : :l: :. :/:.:. : :./: /: :∨  !        .イ
.   /  ー-   __ ー‐-  \  \| |:\  \_,/ .:l   |: : : :.:.l:. :. :.l: : : :l:.:. :l: : :.:./: /:. : :{l   ト、___ イリl!
  /           ー-- \ \   | |  \    /l   |: : : :.:.l:. :. :.l: : : :l:.:. :l: :.:.:.l:.:.l:. :.:/ゞ=彡ーr―=彡':.:}
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃バラン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「そうだ。それが我らシシムラの民の存在する唯一無二の意義。
┃ それを果たすため、古き神々は我らに二物を与え給うた。

┃ すなわち、人間の知恵と、獣の力だ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6205隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 21:44:19.62 ID:URK4GhbG
また昔の人のケツ拭きかw


6206隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 21:44:43.29 ID:4hA51+yz
だからラヴォスだったのか


6207◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 21:49:11.44 ID:dj/qOS/O


  ,ィ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ノ/|!
/: : : : : : : : : : : : / 丶 、: : : : : : : : : : : ::,、: :/,'ト、
:,彳: : : : : : : : : : :,'       `丶、: : :r ´  }:,' , !、:.\
. {: : : : _: : : : : :,         ' }ハ)   レ ,'∧:}イヽ}
/: : :/ ,-、ヽ: : : :_j 、         '  ,イ, '/://
: : : l /r=、 〉:l´ 丶ーヾ.::ヽ、、   ,ィ_/ , 'ノイ /__,
〃: | {/^} {:!::|  `弋tr_ッ、:::、)、 / ィrッ-ア ̄_/
/: 八 ゝ { iハ:| 、   ` ̄彡'=- {/`ー彡'´イ二フ
: /: : \\) V   ゙ヾ     ,   |ゝ─ァ/T¨
: :,: : : : :ヽ、_ノ}     ,...-‐ゝ、__}-、 '/ | リ
: ,l: r: : :__j  八   ,≦:::::::::::::::::::::::::≧ |/
/ l:ハ: /ニニ──\`ー=>='´'^``ゝーrァリ                 ___
─‐V          \    ̄ ̄ //〃|────────≦ ̄: : : :、
   ',、         丶、___ // '| i! ̄>、    \: : : : : :\: : : : :、
    ',`丶、、        | i! | Lニj! ノ ̄\. \    ヽ: : : : : : :ヽ : : :丶
    ',     >──- ! i! !  <    /ヽ ヽ     ヽ: : : : : : ヽ: : : \
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃バラン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「"魔人"は古き神々の最後の力によって、この地底深くで眠りに就かされている。
┃ しかし、それは永続的なものではない。いつかは目覚めてしまうものだ。

┃ それでなくとも"魔人"は、眠りながらにして自らの分体を生み出し続けている。
┃ 我らシシムラの民の力をもってしても、分体が地上に溢れ出ぬよう食い止めるのが精一杯なのだ。
┃ そのような状況が、始祖の代より続いている」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


             _,,..  -‐   ¨  ̄ ̄ ``丶、
             '" ̄/ヽ ``丶、        \
       /    .:     \          \  ヽ
       /      ヘi   ',  \  \       `、
      '     /'  | i  `、      \ ヽ      ',
    /  /   '   | |   `、       \       ',
 \         i   | |\ \ \ \    `、     ',
―  i :|  i    l|ー  :. { ̄\|\   {:\   i  `、
 / | i|  |    l| __   、  ィf不㍉丶、     ,       i
    j八     从 {心   \ r リ 八; \  /   :.   |
.      \:\   、 v'j     `¨´  i    Vヽ    i::   |
.      \ ー― '        |    |,ノ   |::   |
        |  圦            i|    |    |::   |
        |   |:i:、   r 、    从   |    |::   |
        |   |:i:i \    / j:     |    |::   |
        |   |:i:i:i:i:心_,,.. -‐=:|   ,:|    |::   |
        |   |:i:i:i:i:i:|:i:i:|:i:i:/:i:i: l   / |    |   |
        人   |:i:i:i:i:i:|:i:i:|:i:イ:i: /:|    j     /|   人
           、 :i:i:i:i:i |:i:i:j>' / | //    /-| \  \_
          \:i:i:i:i:i|:i/ ---- |ノ ' -i   / ̄;    ̄/ \
            / \:i:il/           |  :/ / 人   /    ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃イリヤ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「! じゃあもしかして、カルラが倒してたのって…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6208◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 21:52:29.48 ID:dj/qOS/O


            {,イ  _,イ__/ ̄7ゝ、`ー-、____: : : : : : : :.i: : :ヽ: : : : : :入
      、     /: : ̄: ,': : : : : :,': : : ::`ー---‐‐ァ‐、\: : : : : :i、: : : :ヽ: : : j  ヽ
      ト`ヽ   /: : : : :/: : : : : /: : : ::: : :: : : ,イ: :/:\`ー-=‐'i ヽ  /\/ ,イ
       ミ \`ー'、: : : :::i:.: : : : : i:: :-,イ-=:、//:,:::: : : : : ゝ、__/i\`ー' ∧ /i
       ヽ \ミ≧=、i::: : : : : i:: : :i__i::/i:7=/:ム::: : :.:: : : :.:,ィ:: :ノ: : :\__/: ト、':.{
          入  `ヾミ ii:: : : ::: :i:: :ィf灯云ぅミ、リ゙i::: :./: : :._ムノ:/:: :,: : :i: : : :.:i ヾヽ
        /: :ゝ   ヽリ:::::: : i: :ト、:.i {cしヘ:} ゙ ノ:: ノ::.:,匕_7:,イ:: /: : : i: : : i:.i  `ヾ、
      /: : : : :ゝ   ミ'ゞ、:::::::i:: i ヾ`ー‐‐'  '"7::.,イ仍拆ァ レ':: : : :i:: : : :i: i
     i:::: : :::::: : :>  ミ  /::::::ヽ:i         '´  ぅ:ノ '´/:::: :: : :i::: : : :i: :i
     {:::...::::ノ: : : `ーz_ゞ/,イ::::::从ヽ        ヽ ¨´,..::゚::: : .::,イ/:::.: : :i: ノ
     乂/: : : : : : : : :`ーi、i:::::ii:iヾ、`    、      ̄フ:::._,イノ/  ̄ ̄):/
    ,イ::: : : : : : : : : : :.:::::/ヾ、::iヾ\       ‐    イノ´:::i' '     '/
   ./i::::: : : : : : :.:::::::::::/   ヾ、 ̄≧ー-、      ィ'チ/i:::::,イ:i     /
 ./::i::::::.:.:::::::::::::::_ノ            ≧=≦:ノ レノ:ノ ,:ノ
'´::::::::{:::::___,ィ≦(                  `ヽ、 '´  ´
::::::::::::/:::::::::>'⌒ー-、                     ヽ
::::::/::::::>'´      ` <                /
Y´::⌒Y           `ーr、_             /_,ィ⌒ヽ
'::::::::::/              \::::::`<        /、  )、  \
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃カルラ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ええ、あれが"魔人"の分体であると言われていますわ。

┃ たいていはこの街の戦士たちと、毒の花畑で食い止められるのですけれど…
┃ たまに、第二階層まで上って行ってしまう者もおりまして」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



6209◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 21:58:15.01 ID:dj/qOS/O


.          /:,':{ ,...、  . : ≦:z:_:_:_:_:_: : > '´
        {: {〉7: : :``: : : : : : : : : : 、 ̄:≧: .
       イ',:V {:,、: : : : : : : : : : : \: \: : ヽ: : >:.
     . : /: :ヾ: :!:``: : : : : : : : : : : : ヽ: :ヽ: : :\_: :
  . : : :イ: /: : : ヾ|: : : : : : : : :\: : : : : : ',: : ヽ: : : ヽ`
. : '  /: : ; : : : : :/{ヾ.、:l: : : : : : : ヽ: : : : : :}: : : ',: : : ',
   /: : :{: : : : :/ !: ヾ\: : : : : : : ',: : : : :.l: : : ハ、: : :
   /: :イi: : : : /  !: : iヽ 二ニ=-- :',: : : : i、: : : :',ハ: :
  /: イ/,i: : : :/、  i: : :i マヽ: : ;.斗キ: : : :iム: : : :',∧,,
  /:' i/,i: : : :ハ .弐ヽi: :.、i_ ィ≦=ャ、: : :',: : : i,∧}\:.∨-
  '  i/ i: : :{ ハ{ レ::}`il’,: i  し:::ハ`ミ、:.',: : :i¨ヽV }\マ/
    i .!: :从ハ弋,リ、_ ヾ_ 弋::::ノ ´ ` ',: :} } }/ノ////`
       ', {  `i ( ノ, `( )      ,.  ', i 'ノ////-=∧
       v  .八          / 厂ィ`  マ// / }_
           ヽ   マ  、    イ/イ    //   L` 、
          />- ― -、 イ /イ/   //   '´  {
         ,」/  __   ヾ く// //     _  l
        /イ  ;  `ー二ヽ_「ノ,zニ二 ≦ _ -  ̄  ヽ .{
       /  {  :  _  」 } }//◎ _ -          \
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃ネギ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「カルラさんは、その討ち漏らしを倒すために"瑠璃色の湖洞"まで来ていたというわけですか…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


            /::::::::::/:::::::l :::/l ::::::::::::::::::::::::: ヘ:::::::::::::::::: ヘ::::::::∨
.       `ー,':::::: : /:::::::::|l:::| l.::∧:::::::::∨::: : ∧::ト、::::|::::|:ヘ::::::::::斗 '''"~ ̄ /
.         ,. ::::::::: |:::::::::_|.!::|_|::l ∨::: : ∨::: : ∧l_|:斗:::|::::l ::::::::l.  彡   /
        l:|:::::::::: |::::: l:::|.ヘ| .v`ヽ∨::: : ∨ ./∠l レ' :::|::::l ::::::::|. ∠  ∠
        l:|:::::::::: |::::: l:::l,ィ云示ミ \:::::::l:: lx行示ミx.イ::::|:::::::|:|/  , '´
.          |l ‐-≡|:|:::.ヽlヾ 乂:::ソ   ヽ .ト、{ 乂:::ソ〃;:::::::::::l:|:| , '´
.          |l   ≦|:|ミ :∧           }ノ       /:::://リl:|'´:.
.            `7|:|:: /::::.\       ノ      ∠/:::ヘ.7 リ::::::∨
           .:::レム{:::::::∧              /| /::: : }:::::::::::::::::.
           〈:::::: : ヘi::l:: l.\     ー 一    /. レ/ ./リ::::::::::::::::/
          ∧:::::::_∧lヘl.二|>.        <| 丁.7/‐- :::::::::::/
              , '¨丶ニ≧ ‐ -!  ≧ __ ≦  !-‐/≦ <.`ヽ:;
.             l 、                        , l
          |.   三===.  ───  ==二.l⌒ヽ  |
          |                      二} |  |
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃カルラ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ええ、その通り。

┃ …と言っても、最近はどうも上まで行ってしまう手合いが増えている気もするのですけれどね」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



6210◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 22:01:43.58 ID:dj/qOS/O


                __
              /     ヽ
             /     __,.ノ 、
              |      ( ●)(
               |      (__ノ`,
                |         ン′
              _ノ   `、     7
          ,イ:. ヽ、<ヽ,、___ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 怪物たちに知性化の兆しがある事とも関係しているのかもしれないな、と君は何気なく発言した。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                    ,ィ
                    //
                ,イ   /:::/-―――ァ
            /::{ /::::::::::::::::::::::::::::::`ー―‐-.、 , -―く}
              {::: レ′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ⌒ヽヽΛ  }
.           /:ノヽ:::::::::::::::::::::::::ァ::::::::,ィ::::::ヽ:::\  ゝ'==ハ
          ムイ::::::}\:;;;;;:,-'"´〈::::://:::::::::::\:: ヽ 、   i}ヽ
.         / /::l:::::,′ { ヽ    //フ7:::::::::::: ヽ   \  i| }
            | :/}/トミヽ  r― '∠/ >ミ::::::::トミ::::..    ヽi| |
             j/  `弋テミ { rッフ/ </ハ/::::::从 ヽ:〉    } }
                 Λ ´l ` ̄ ̄{ヽハ}ー:':::::从::::.   ヽ / ′
               //Λ L _     |从ノ ヽ::/\ヽ:〉    ∨ /
.            / ̄\ 厶=≠=ミヽ ///〉\ ヽ    / /
         /ー-ミ   ヽハ`¨´ / ノリ / /l》、 》、 / /
.      /       \ ∨ ー<辷彡'く///〉》 》、/ /
.      /-―-ミ    V∧  V》   } { `´// ゙》 У /}
   / __   `ヽ   V∧  V》ー‐' ー ' /  / 》/ /X〉
  /⌒ー〈  ノームハ 》、  V∧  V》ー――v′ / Λ 〈Ⅹ|
.      ∨   Ⅵi}   》、 V∧  V》     / / /Λ/フ|
 {     ___川   》、 V∧  V》 ̄ ̄ V / // /XV
   Λ  \    }i}i\   》, V∧  V》 ̄ ̄ ∨ // /XX}
  V/Λ   >=彡'ム、〉 ノリ==彡'  / 》=====彡' VXXx|
  〕iト==<二>――=彡' ___/ V》       ∨Xx|
. /           _/XX》  Y⌒Y》         VX |
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃バラン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…怪物の知性化、だと?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ しかし、意外な事に、バランは身を乗り出すようにしてその話に食いついた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6211◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 22:05:37.41 ID:dj/qOS/O


              ,イ‐┐ }          .ヽヽヽ  ヽ__.{ {ヽ}\
              乂- 'ノ         ,.  -┘ ̄     .ヽ ヽ7./
            /,ヘヽ      ,> <      _ .r 、  < ̄ `}.V
           ., ./ .∧∨  ><     > __ ̄ ヽヽヽ  ヽ  ∧.i
          /.'   ∧∨'    , < __, <  `ヽ、_ -┐ ヽ /.,イ.!
         , ', '     ∧∨, -/    .|      ヽ.   \`ヽ.ハ.|
        , /     ./ ,l< , '      |       ヽ   \ 丶.l
      . //      //  /       .|       .∨   \  \
      ././     ./   ./ _ 、    }─‐テ,ヽ─-i-∨  __ヽ  .\
     //     , '    /-イ /廴斗 、 ノ   .iヽ ヘ ̄ V__> 'ヽヽ 〉   .ヽ
    .//     /     ヽ/ .八 ./ {_.  \ 、ヽヽr 斥.ハ .}  ヽ|'    .ハ
    ., /     .〈___    i'    孑う::::: }   }.ハ  ハ:':::::::/`! i   ,ヽ ̄ 丁 ヽ!
   ./,'     ./ ヽ{ i 丁丁!   ∧ 乂>' -- '__ノノ. `─ ' / .|  /, .∨ }--'
   ., /      / / ヽ `,!`-ヽ、   ゝ、    i      /ゥ | 从  ノ 人ヽ 、
   i i     / ./   ノi   ゝ、_ `ヽ        r--' / ,/ ,/┐'  ヽヽ 、
  .| |    ./ ./  , '      ヽ ` 十!.  (  )    >- '- ' ノ / .|ヽ、 .ヽヽヽ
  .| |    / ./  /         .ヘ  |.> _  <-ィ./_>ィ' |ヽヽ |  ヽ  ヽヾ 、
  .i |    / /  ./'    ____ ハ .ヽ .ヽ ̄ ̄ / ̄厂.ハ | |   ヽ  ヽ  .ヽ ヽ 、
  .}-}  ./ /  ./    ./      `>、ヽ .ヽ , 、./ ./ ./────--- 、  ハ  ヽ ヽ
  └┘ /./   / ,> <           ヽ ,  ̄.!ヽ'            i 、  }   ヽ
   i  .\   /                人 __ノノ              \ノ    ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「バラン様、何か心当たる事が?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


       `≪///////////////////////////////////// |x
       x≦////////,'` <'///////////////>´V////  j/X、,ィ
.      ////ィ//////,','    ` <///> '´    V//  ム`/ノ
     ///////////,'       / ( ヽ        У   /シ / ,.ィ
      /'´ //γ⌒X/ノ                _/   / /,.ィ'/
      ///イ x=、从x、_ヽ、.           /    /_/''´ /
      /'´ ヘ { x=ヾ ヾミ≧x_     イ`三≦二ニィ´ ̄ _,.x<  _
         ヘ ヾ.   ヾ. \ ゝ='ミxゝ / /' ,.ィソ _.シ’ / ̄ ̄ ̄__ ,.イ
          人 `ー、i.     ̄ ̄ミ` 《__゙ー=''¨ _.xケ元フ ̄
           /`x _ ヽ、     ,    乂| ̄ ̄  /// レ、
           /////ト=∧  __,xィ'ト、:__.ィミx、   / | | |マx
          ' ////イ  ∧ x彡彡彡ミミミミミx ,イ. | | ! ヾ
          /'´//ヾ=x、__X'´ '´      ```X| /| | j=x ___
    -―ァ='''フ ̄/|     ∧.     ''''''''''   ,.イ | / .| |/ |ミx   ̄¨''
.      /   /  / .|      ∧       ,イ  |/ .|ノ  .| マ∧
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃バラン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「うむ…推測に過ぎんが。

┃ 古き神々の遺した言い伝えによれば、"魔人"は人と同じように知恵を持っていると言う。
┃ そして、環境に合わせて進化する生物である…とも」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6212◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 22:10:09.66 ID:dj/qOS/O


                   ,.イ      ,...-―:ァ
                  /::::l     /::::::::∠................ _
             |:::::::',  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
             |:::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
                  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、
           ,.....-‐'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::トミゝ
           /::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.         /j;: '"´/ ::::::::トミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, -、:::::::::\
.       /     /::::/l:::::|⌒>ミ::::::::.:. -‐ "´¨}:::::::/ ミ Y:::::i⌒ヽ
       / |\  ,j/,ノ,ノ:: i|、   ノ { ̄       廴::l んリ l:ヽノ―-
        {_|_〉=彡':(:::::::八 ミ≠ミ 、   _,.斗ャ彡イ从} ノ ハノ     >‐: . _
.       /: /:.`ーァ': /: /ヽ(/ :丶弋tッミ: {从r‐tチ'"  ィ_,.ィ  |    /: : : /⌒>‐:. . _
.    〈 ̄ \: /: :/: /: /: /: ヽ. ""}.. 、゙""´ :   / ,/  i|   /: : : : /: : : /: : : /: :_:ニ=-   _
.       \   ̄\/: /: /: / ハ: _{..ノ=ミ 、 .:  , '  /   /   /: : : : /: : : /: : :./ /  {{     >‐-
       / ̄\  \': /: /: :/: 彡vミミミミミミ彡/ /__,/l!   /: : : : /: : : /: : :./:. :\_{{ニ=‐ ´        ヽ
.       /!   .:\  \ : /: :/: :/  ハ,こ ___, イ/// /  /: : : : /: : : /: : :./: : : /: : : l|
.     く \     \  \ /: :/   { { \\/ 〈_/  ,/  /: : : : /: : : /: : :./: : : /: : : :.Λ              }
      /ヽ  \     \   \:{   i| |\ \l_/   /  /: : : : /: : : /: : :./: : : / : :. : /:.Λ /|
..   /     \     \   \  l| |:. \     /l   |: : : :.:.l:. :. :.l: : : :l: :. :/:.:. : :./: /: :∨  !        .イ
.   /  ー-   __ ー‐-  \  \| |:\  \_,/ .:l   |: : : :.:.l:. :. :.l: : : :l:.:. :l: : :.:./: /:. : :{l   ト、___ イリl!
  /           ー-- \ \   | |  \    /l   |: : : :.:.l:. :. :.l: : : :l:.:. :l: :.:.:.l:.:.l:. :.:/ゞ=彡ーr―=彡':.:}
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃バラン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「例えば魔人が、眠りに就いていて自ら動けぬという事態に適応して進化したとしよう。

┃ その結果、我らの預かり知らぬ所で、魔人の分体が普通の怪物たちに紛れ込んでいるか…
┃ あるいは魔人の分体が怪物に寄生して操るような性質をもし獲得していたら、
┃ 知恵を持たぬはずの怪物たちが知恵をつけたような行動を取る、という事象には説明がつくだろう。

┃ …杞憂であって欲しいがな」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



6213隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 22:13:08.59 ID:MxfpTYpp
……ビンゴだよ。


6214隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 22:13:09.09 ID:J/yBfqT1
ビンゴォ・・・


6215◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 22:15:41.88 ID:dj/qOS/O


              ,イ‐┐ }          .ヽヽヽ  ヽ__.{ {ヽ}\
              乂- 'ノ         ,.  -┘ ̄     .ヽ ヽ7./
            /,ヘヽ      ,> <      _ .r 、  < ̄ `}.V
           ., ./ .∧∨  ><     > __ ̄ ヽヽヽ  ヽ  ∧.i
          /.'   ∧∨'    , < __, <  `ヽ、_ -┐ ヽ /.,イ.!
         , ', '     ∧∨, -/    .|      ヽ.   \`ヽ.ハ.|
        , /     ./ ,l< , '      |       ヽ   \ 丶.l
      . //      //  /       .|       .∨   \  \
      ././     ./   ./ _ 、    }─‐テ,ヽ─-i-∨  __ヽ  .\
     //     , '    /-イ /廴斗 、 ノ   .iヽ ヘ ̄ V__> 'ヽヽ 〉   .ヽ
    .//     /     ヽ/ .八 ./ {_.  \ 、ヽヽr 斥.ハ .}  ヽ|'    .ハ
    ., /     .〈___    i'    孑う::::: }   }.ハ  ハ:':::::::/`! i   ,ヽ ̄ 丁 ヽ!
   ./,'     ./ ヽ{ i 丁丁!   ∧ 乂>' -- '__ノノ. `─ ' / .|  /, .∨ }--'
   ., /      / / ヽ `,!`-ヽ、   ゝ、    i      /ゥ | 从  ノ 人ヽ 、
   i i     / ./   ノi   ゝ、_ `ヽ        r--' / ,/ ,/┐'  ヽヽ 、
  .| |    ./ ./  , '      ヽ ` 十! ´  `   >- '- ' ノ / .|ヽ、 .ヽヽヽ
  .| |    / ./  /         .ヘ  |.> _  <-ィ./_>ィ' |ヽヽ |  ヽ  ヽヾ 、
  .i |    / /  ./'    ____ ハ .ヽ .ヽ ̄ ̄ / ̄厂.ハ | |   ヽ  ヽ  .ヽ ヽ 、
  .}-}  ./ /  ./    ./      `>、ヽ .ヽ , 、./ ./ ./────--- 、  ハ  ヽ ヽ
  └┘ /./   / ,> <           ヽ ,  ̄.!ヽ'            i 、  }   ヽ
   i  .\   /                人 __ノノ              \ノ    ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「寄生…らしきものであれば、私たちは見たことがあります。
┃ およそ世の中のどんな生き物とも似つかないような、不気味な寄生生物らしきものを」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                   |
            , ィ''/     ,|ヘ,,ィ
          /:::/ _,,ィ::"::::,,| !',
   ハ     /::::::イ''":::::::::::::∠'|..|.|─--、/!
 .  |:ヽ   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::' ,..|:::::::://::>
 .  |:::::ヽ ./:::::::::::::::::::::::/ヽ:::::::ノノ. !::/∠:::ヽ、
   .ヽ::::::ヽ|:::::::::::::::::::/.:.:.:.:.: /イ/,,|イ ./::>ィ:ヽ
    ヽ:::::::::::::::_,,>'ゝ .: .:.:.イイ ∠-''"´/-、:::
   _,,ィ:::::::l ̄ ..:.:.:.:. ,、_,ィ ,,>`// r∠-''"/
  /:::::::::: :::! u ,,,  { | r''"r。、ィィ /ヽ<ヽイ }
../:::/ .|::::::Y___>-、`{ レ' .ィ´ィ"Y Y !、 ヘ .ノ
/イ    |:::ハ><"´r。'|.ゝ-、_i´.   〈 ヽ \ヘ /
     ',:| r. :.}`´ . |  .ィ==‐=- ∨ .Y.| `ノ::
      リ ヽ ヽ .ィヽ.三三二=─.∨ |、|"ヽヽ
        ヽ ヽイ:彡リ".>. .  .∨ |
      .   ゝ 〉彡"`´       ∧.!,,ィ'"
          .  〉、.       u /ィ'.| ,,,
           /ハ:ヘ        /.,,< ..|
            |/.|ハィヽ、_,, <  |l   .,|
            r'ィ'´  |┃| .  |l>'´  /
       ___/.      |┃|     /
>─''"´/  /,/ . .     |┃|  _,,ィ'´
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ バランは、たちまち狼狽の表情をあらわにした。
┃ 最悪の可能性を推測し、それをすぐさま肯定されてはこうもなるだろう。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6217◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 22:18:26.55 ID:dj/qOS/O


                             / ̄ 丶
                             / ̄ ̄\\
                            /::::::::::   ::\\
                ___        /::::::::::::  ::::::::\\
               / ̄ ̄ ヽ ̄二ニ=- <             〉 ヘ
              /      \   _ `ー─ 、  :::::::::/_ ヘ
               ̄ ̄`ヽ、  _>、 {\\   i :::::::::{ 〈vヘ} 〉
                /   Y´   \_  \  | ::::::::::〉 `Y く
              ∠斗‐=≦!     /   ヽ    ト、:::::// ! ! 〉
             { -=≦´ ll    { {     ∨ / j Y /   l l′
             ヽ-/ / ィ' 斗ヘ、  ヽ ‐- 、ヽ     ヽ、/ l l
                 { { {.‐┼´ / 坊抃ア/  /  ヽ´|ヽ i l
                 !  ! テ示ヽi   Vソ ′  / |.   !∧.l|
     .          _,.斗  ヽ ヽ-Vソ ヽ   / / ./!    |ヽi ||
     _    -‐  ´       ヽ ヾ、  -   ̄ ,7  / |   ヽ、 | |
           ,. ´      |}| >    イ/  /  !    ソ} ||
         /  ´     / リ / /ヽ`´ニ / /   }    |ア ||\
     -=≦/ /  /   ヽ{\,人:::::厂{ ヽ、  /  ̄ ヽ}  ヾ \/、ト、 ヽ、
     . / /  /   _,. 斗/  ア{ /}ア/   ヽ   ┐}   ヽ_/ \
      /  /   /   // / /レ′ `´       \ /         ヽ、
     .   /   〃  /   /   { 、              ∨|              \
      /       {{ /   / -´/  / |        / !            ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「いろいろと博識な知人が、それを解剖して詳しく調べていますが…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


              _______       \
               \::::::::::::丶、   ::::\
.      -‐…・・・・・ \:::::::::::::::\ }:::::::::,
 <::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::::::::::,
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}  ..:/
∠::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://:,.:′
::::::::/::::::::::::::::::::/ ‐-   ::,,_::::__,,. ィ::::::::::::/
::/:::::::::::::::::::::: /u         jノヽ   |::::::::::く
. /:::::Y⌒\::::/     :::: :.       |::::::::\〉           __ __
/::::::::{ rヽ |:;′     ::::. .     |⌒}:::::|______  . -‐く  /:::::..`
|/::∧ vう |i  _辷=- ..,,_ヽ ,/,,.-=:;て / ヽ|` 、` 、 <  __}′::::::::: :.
 |:/:::∧丶 |!.  `气 t式㌃ 従㌻´//  ‘,  \ \  ヽ \::::::::::::::: :.    ヽ
 /|::/ 介ー           ,  |   /′‘,   ‘,   ,  ,  ‘,   \:::::::::::::: . .   }
 i //..| \;、      ,,;;;;`;;;;;;,,、.′   ‘,   ‘,.  ‘,  ‘,  ‘,   \::::_,ノ }   .′
 |    :|    \  -=彡'""゙゙゙゙ヾミ     ‘,   ‘,   ,   .,   , .   |  {{  /___/
 |    :|\   \     ̄ /彳‘,.   ‘,   ‘,   ′ ′ .′  |  ゞ彳`T{
 |    :|.  \      、____/ ノ  ′   ,   i   i  i  :i   |  | . | .:| ヽ
 |    :|     \    }:{ [] /   ∧   ′  :|    |   |   :|_,,.. -‐…‐-ミ:|  }
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃バラン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…そ、そうか。

┃ わかった。生態など、判明した事があれば我々にも情報を回してもらいたい」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6220◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 22:21:56.50 ID:dj/qOS/O


  ,ィ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ノ/|!
/: : : : : : : : : : : : / 丶 、: : : : : : : : : : : ::,、: :/,'ト、
:,彳: : : : : : : : : : :,'       `丶、: : :r ´  }:,' , !、:.\
. {: : : : _: : : : : :,         ' }ハ)   レ ,'∧:}イヽ}
/: : :/ ,-、ヽ: : : :_j 、         '  ,イ, '/://
: : : l /r=、 〉:l´ 丶ーヾ.::ヽ、、   ,ィ_/ , 'ノイ /__,
〃: | {/^} {:!::|  `弋tr_ッ、:::、)、 / ィrッ-ア ̄_/
/: 八 ゝ { iハ:| 、   ` ̄彡'=- {/`ー彡'´イ二フ
: /: : \\) V   ゙ヾ     ,   |ゝ─ァ/T¨
: :,: : : : :ヽ、_ノ}     ,...-‐ゝ、__}-、 '/ | リ
: ,l: r: : :__j  八   ,≦:::::::::::::::::::::::::≧ |/
/ l:ハ: /ニニ──\`ー=>='´'^``ゝーrァリ                 ___
─‐V          \    ̄ ̄ //〃|────────≦ ̄: : : :、
   ',、         丶、___ // '| i! ̄>、    \: : : : : :\: : : : :、
    ',`丶、、        | i! | Lニj! ノ ̄\. \    ヽ: : : : : : :ヽ : : :丶
    ',     >──- ! i! !  <    /ヽ ヽ     ヽ: : : : : : ヽ: : : \
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃バラン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「魔人が進化を遂げつつあるのならば、なおのこと決着を急がねばならん。

┃ お前たちの実力だけでなく、魔人の進化に対する調査結果も回してくれるというのなら
┃ やはり是が非でもお前たちには協力を頼みたいところだ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



6221◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 22:26:20.38 ID:dj/qOS/O


            / ̄ ̄ \
          /  __,ノ `⌒
          |   ( ●) (●)
              |    (___人__)
            |.     ` ⌒´ノ
           |        |
            iヽ       |
           }:::.`> ー-´-くヽ- 、___、
          _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 7¨:.ヽ
       __/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::\
    ,.-<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
   r´.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::ヽ
    }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::\
   f:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i: /.::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /.:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
 /.:::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::rヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 事情を聞く限り、"世界樹の迷宮"の最奥に挑み、異変を解決しようという君たちの目的には合致する。
┃ が…

┃ 協力するのは構わないとして、何らかの見返りはあるのだろうかと君は尋ねた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                                 _ --  _     ,
                            ,/   ,.イ,.</////////> /l
                         ,.イ  ./,l //////////////__ / .!
                      ,.イ /./  ./////////////////////// ト、  ,イ
                    / l/ / __/////////////////////// ,!//ヽ'/
                    // -=ニ'//////////////////////// /./\,.'./ゝ
                f {  l/イ'//////////////////////// / ////、
               ,. "!,! ./-‐//////</////> '"   V/ ,/ //, '//ヽ ,./
             / ,  /ノ /   //////    〉("       /.//./ ,.'//>",イ
               / ,./  {/   l// !'//            /.//,.' ,. ' " ,.イ、マ、
           / 〈./   '" 、 .l/ .!/,lゞヽ、    ,.-―‐ "__/,く ,. < -―ァ
           〈 ./        \'  ヾ'ハ  ㍉,、. / r,‐<ツ / /./ -― 'T !'/ハ
        _ ,.イ _    ,  \ヽ   } .l   "}. 〈└  二二"イ .} }  ヽ/.ハ、/!
       , ´    _/   ヽ ヽ   }.:  /  、    ,  ` ̄´    / 〈 \ ヽ//l ヾ
     /   ,-/、!  ,.-〈  .〉ヽ /、 __,.ノ   〈  _,      l.  l   lヽ l'//l
.   /  _,. ヽl _{  }./ ,. ヽ ヽ _   ',.イ彡ミミミミz、    !  .l  l/∧ハソ
  〈  /    -―--! .{ /   、 , - 、ヽイ彡彡'ヾヾミミミミzx、l  l .!V//リ
- 、 ヽ__,. '"      .l  .!/   ,.  { {  .}'"j´ヽ  ー      ,l ./.! ハ//
――-- __       ` 、ー-、/  ,乂ー .ノ   ,       / !./ l'  ̄ ヽ
二二二二二二=-__    ̄ ヽ /  -{ .{   ,.- ! ー―  -‐  !'      ',-    _
二二二二二二二二ニ=-__    { _ -‐_!,...! --l   ̄ll ̄  ┌――┐       〉 .}     ̄二ニ=
二二二二二二二二二二二===ニア"    /!   .ll.     └――┘   -‐  ./      l二二ニ
二二二二二二ニニニニニニニ/    /  ゝ _ ll    _   -‐  ̄    ./       .l二二ニ
二二二二二二二二二二ニニ/    /      ̄ ̄          -―/         lニニニ
二二二二二二二二二二二/      /   \      _  -‐   ̄   __/        ./二二二
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃バラン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「無論、お前たちにタダ働きをしろとは私も言わん。

┃ この階層に咲いている花の毒を無効化する道具を与えよう。
┃ 我々が把握している範囲で、第三階層の地図も提供する。
┃ それから、この街の施設をお前たちが自由に使えるよう取り計らおうではないか」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



6222隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 22:27:08.39 ID:e86yF10g
ほう! 施設とな!
具体的にはどのような効果が?


6223隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 22:28:16.36 ID:4hA51+yz
第二の拠点か、いいね


6224隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 22:30:34.05 ID:NW0ako+P
とりあえず宿屋の飯が美味いかどうかが重要だな(真顔)


6226◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 22:33:02.61 ID:dj/qOS/O


         V´ _ヽ          /!
         V´ _ヽ        //
          V´ _ヽ       __i {  __ , -一ァ'
          V´ _ヽ    /  Y´ _  ` く
           V´ _ヽ  , '     i  、 、ヽ、 \
           V´ _ヽ / /  ,  _l   ヽ ヽ ヽ ヽヽ
            V´ / /  / // i lト、  ヽ ヽ ヽ ', ',
            ヾ / // / //  | lヽヽ  ヽ ヽ l  l ',
.             〉' // /! /il   !i l ヽ ヽ  i l |  ! ト!
            /ハ |i l il il,.-- 、i | ヽ'へ i | !  iリ !
              ヽリi l |i| ,ィ=、ヽ  ,.=、、レl  il !
              〃リ{ ヘ {i |__.」     l.___! i}/ }リ
       〃´ ̄ ̄ ̄《  ヽ .i   (⌒)⌒(⌒)  l_,ノ⌒ヾ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       il       |ヾ  /´ヽ、.  r =┐  ,. '  ヽ ノノ         li
       ||      /  ヾ〈   \. ヽ. ノ /    レ'ハ.         ||
       ヾ     〈    \ ヽ 〈 ` ー ´ 〉  /   〉.       ||
        ヾ___,ハ     ヽ、 i   ||  i , '"    ハ.____〃
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃ネギ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「あの毒が効かなくなるんですか。それはありがたいですね」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                           ,.イ  ___
                           l',    ///<////'-―‐-  _
                      l∧ //////////////////<´
                        {/∧'////////////////////!,ヽ
                       ヾ///////////////////// .l//ヽ
                         ,イ///////////////>//// .//∧``
                     />////! `"/ハ!''"´  ∨/ /,.'//ハ
                       '′ !'/ハl   " `/    / //i .!/∧
                      l'ハ 、lz≧、_、/`ニニ /-‐ニ>/l ヾ、
                         ヽ 、 `'" }ヽー`"-' /ニ=-//l
                            ヽ   ,    ̄ ̄/ l l .lイ/,lヾ!
                           ,.ィミミミミヽ、 ! .!.l////'ニヽ、
       __-====―--__  ,.ィニニニ‐l"、 ー‐  ,.l ,l/ !//イニニム      ______
    ,-ニニ二二二二二二二二/ニニ\;;;;厂ー- 、__ /--―‐ /二ニニム‐=ニニ二二二二二二二\
   /ニニニ二二二二二二二,イ二二二>、    |||   _<二二二ニニノ二二二二二二二二二二ニヽ
.  /ニニ二二二二二二二二〈ニニ二二二二>ー--‐=ニニ二二二二二/二二二二二二二二二ニニニニヽ
.  /ニニニニ二二二二二二二ヽニニ二二二二二>、二二二二二二/二二二二二二二二二二二二二ニヽ
. ,'ニニ二二二二二二二二二二\二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニヽ
. /二二二二二二二二二二二二二\二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二',
.,'ニニニ二二二二二二二二二二二二\二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニl
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃バラン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「もっとも、それがあればこの階層を自由に動けるという事でもある。
┃ それをいい事に、シシムラの民からお前たちに何か依頼が来るかもしれん。

┃ まあ…良きに計らってくれ。
┃ 報酬はきちんと出させるようにするつもりだ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6230◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 22:36:15.33 ID:dj/qOS/O


                           _-―ァ
                       ∧     ,. イ/////
                 /,∧ /////////7777777―- 、
                 /////////////////////////<
                 ヾ//////////////////////////>、
                ,.ィ//////////////////////////!//\
                /////////!ヾ<////////>"l'/// ,'///!ヾ
                  / '"////////!      {ハゝ    l'//./ !'/∧
                  //!/////      ′     l/ / /' ,!ヾ!,
               '  l'/‐V/           /// /,.ィ/
                    { f ,l/!ゞヽ、、   /二ニ_"‐'" <イ
                  ヽ !.ヾ 、弋;:ァ 、 ,l√t:チ/イ,-ニ=‐
                   / ー 、 `  ̄ ´ ヽ二ニニイ l. !'
_                   ///,'l     .l   !   .! ! ! ト、                     __-=
二ニ=-__              ,'/ l//! 、 ,.ィ彡彡ミミミゝ、 l .! !ノ、ゝ           __-=ニ二二二
二二二ニニ=-_       ___r=‐- ヽ  " ̄ ̄`  ,イl/レ'-=!―――--==ニニニニニニ二二二
二二二二二二二ニニ!''" ̄   / l ̄   ー \    / '    l._ヽ     !ニニニニニ二二二二二
二二二二二二二二l      / ̄ !       ー一   |三三|  !  ',     !ニニニニニ二二二二二
ニニニニ二二二二l     i    ̄  ‐- _ ! | l  _ -‐  ̄  i    lニ二二二二二二二二
ニニニニニニ二二l     l_          ̄ ̄           l     lニ二二二二二二二二
ニニニニニニニニ!      .l   ‐- _           _ -‐  ̄!     .lニニニニ二二二二二
マニニニニ二二二l     l         ‐- _ -‐        l      lニニ二二二二二二二
  `"マニニニニニ!       l- _                    _/      .lニニ二二二二二>"
      `"マニニ!       l    ‐-  _     _   -‐  ./       l二二二二>'"
        `"ー         !          ―           /          lニニ>'"
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃バラン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「さて、ではお互い協力の合意も取れた。
┃ 情報交換もこのぐらいで充分か――」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                     l'""二二二二二ニ‐- .._
                     l'/////∧ ∨/////>、\
                          l//////∧ ∨/>'"´ ,.l r ヽ
                         l'//////>  ゙´ ,. </∧``ヾ
                    ,. ''⌒ヽ'" ,.、 , 、 ∨////// /ヽヽ
               r―‐/      ,.`   ` `,.-‐V//// ///〉ヽ
                l /   / /     ,'  ヽ ヽ― 〈.///  ヽ
                /   ./   /   .!   l      .  ヾ/    ヽ
              <ヽ  /   /   .l   l     !   !  i \_   ヽ
.                ヽ.〈r.、  ,イ′   !   l    l.   !  l  ヽ`l.  l!
             / ヽ,.ヘ./ '⌒ー-十'´⌒ー-、__ l.   !  !  ヽ.   l!
             ´ ヽ  ノ/  ; l   { ー‐- ゙、 ⌒l_  l  ゙、   ヽ  l!
               ∨'"i ./ .l! !, ヾ、 √下;;刈  l!、ー-',_ゞ "〉´  l!
                   >!.i! {ゝ! .)ヽ   ー"リ.! lノ   l ヽl./    l!、
            _ -―  ̄  ヾ、 ヽ' .ノ、      'ノ '  !   !⌒ l   rゝj
       ,. ´ _,. -,.‐  ,. - イ 冫./   vっ   .イ ,′ l .i  乂. !  〃 }!
      / ィ'" '" ,. '"    /.ィ.{ .,'、 ,>,、-.<'/, 人} l ヽ  `ー</ノ ;l!
.     / /.'" ,..//  ,.  {.' ( ゙、._` ヽ ! `li ´!{.!Y└-- ――¬、 'ヽ、/!`ヽ
    //  ///'   /   `,.__,....ニゞゝ‐-、.ィィ'"<ー- .._ i-、   丶、  、
     リ′ ,.' /,.'/  / /   人},.、-‐ .i.:....::ノ;´l.  \  <. /ヽ  ヽ. ヽ. ヽヽ ',
   / {、/ ,.' ./ /     /!   ! リ‐ ヽ ノ` ´ / l.  r'ヽ /ノ,'    l  } i ト、;ノ
   ,   / / / /     ' i l   l. /  ./ ,'  /.l  l.ヽ/`ヽ '      .! ,' } .l \
.   ,  / ' ,' ,'    ,  ! ',  /   /   ! / ,'   l 、           , /  ソ   \
  i ,' ' .,  i  l!  ,  、 、{ ,/    ,.' /   ト. 、 、         / {      /!. \
  l ! .l  ,  .!   l !  ,   、 { /'    / /   !_', 、 、    /  丶.    /,' -―-
.  ! l .l. ; /l  .! l.  、 ヽl/    /      l L', 、 丶  、 '     `  ´
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「あっ、待ってください。
┃ 個人的な事ですが、どうしてもひとつ聞きたい事があります」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6232◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 22:40:10.55 ID:dj/qOS/O


           /  \       . : : : : : : :     . : : /          ¨7   /::::::::::: : : : : : :!
           く       \   . : : : : : : :   . : : /     ,  ´     , :i /:::::::::::::: : : : : : : :
           \.     \    : : : :    : : /     /        / ::|/ :::::::::::::: : : : : : : :,
            \.     \       . : : :/     /       , ⌒   \:::::: : : : : : : /
                  \.     \    :,  ´      : . .     /         ヾ: : : : : : /
                  \.     \/    . /       : : . . /   ヽ         : : : : :/
                  \    /      : /     -― ´                : : : /
                     /: :\,.  /   . : :/  ,  ´   \         ト、      i: :/
                    /: : : : :/ /    . : :, /        ヽ      i. !ハ ; !  :!/::
             / : : : : : //     . : : i/:!        │  ハ    ;. !⌒jイ、:   !::::
             /: : : : : : :./     . : : : :j!: !        i イ_;._i    //i _}   , !::.    ,
             /: : : : : : : : /      : : : : : : : :i    斗匕/ j/ !  , /ィ芸抃  / ':.   /
        、,. : : : : : :  -/    ___,   彡    / j/_   ;  /j/ 杙ソ/   〈:. /
    \ ー/\_, ´     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 /     i. ィ云禾刈`/ '  : ¨´  /≧ー一
  ≧ー―==,/ー  一   ´  __   -― i ;      /  杙ん汐  /    〉 /イ     ハ、
  二ニ=У⌒⌒ ̄`      }⌒⌒ヽ    !      八  、 ¨´   j/      .:  ; /    、ー―――一
               __     }.    \ j八      \ \             人 rイィ     \
    ´     ,  ´       } __      ≧ ミ    ヽ `     ( ア /\.`        `      __
/     ../           ;} i⌒ヽ\         Y   ;、: . .      /――ァ
     .:/          / N  ::.  \       jイ /7ァ-  _≧≪  ア '
    .::!             /   ¨ ̄:::.   \       ノ´ / /   /   //
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…私たち以前にも、ここを訪れる人間はいませんでしたか?

┃ 私の亡き父は、生前の手記に、迷宮の地下で何者かと出会っていたような文章を残しました。
┃ 父の特徴は――」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6233◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 22:42:09.15 ID:dj/qOS/O


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 織莉子の話をひととおり聞いて、バランは、ひとつ深く頷いた。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                   ,.イ      ,...-―:ァ
                  /::::l     /::::::::∠................ _
             |:::::::',  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
             |:::::::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
                  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、
           ,.....-‐'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::トミゝ
           /::::::::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.         /j;: '"´/ ::::::::トミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, -、:::::::::\
.       /     /::::/l:::::|⌒>ミ::::::::.:. -‐ "´¨}:::::::/ ミ Y:::::i⌒ヽ
       / |\  ,j/,ノ,ノ:: i|、   ノ { ̄       廴::l んリ l:ヽノ―-
        {_|_〉=彡':(:::::::八 ミ≠ミ 、   _,.斗ャ彡イ从} ノ ハノ     >‐: . _
.       /: /:.`ーァ': /: /ヽ(/ :丶弋tッミ: {从r‐tチ'"  ィ_,.ィ  |    /: : : /⌒>‐:. . _
.    〈 ̄ \: /: :/: /: /: /: ヽ. ""}.. 、゙""´ :   / ,/  i|   /: : : : /: : : /: : : /: :_:ニ=-   _
.       \   ̄\/: /: /: / ハ: _{..ノ=ミ 、 .:  , '  /   /   /: : : : /: : : /: : :./ /  {{     >‐-
       / ̄\  \': /: /: :/: 彡vミミミミミミ彡/ /__,/l!   /: : : : /: : : /: : :./:. :\_{{ニ=‐ ´        ヽ
.       /!   .:\  \ : /: :/: :/  ハ,こ ___, イ/// /  /: : : : /: : : /: : :./: : : /: : : l|
.     く \     \  \ /: :/   { { \\/ 〈_/  ,/  /: : : : /: : : /: : :./: : : /: : : :.Λ              }
      /ヽ  \     \   \:{   i| |\ \l_/   /  /: : : : /: : : /: : :./: : : / : :. : /:.Λ /|
..   /     \     \   \  l| |:. \     /l   |: : : :.:.l:. :. :.l: : : :l: :. :/:.:. : :./: /: :∨  !        .イ
.   /  ー-   __ ー‐-  \  \| |:\  \_,/ .:l   |: : : :.:.l:. :. :.l: : : :l:.:. :l: : :.:./: /:. : :{l   ト、___ イリl!
  /           ー-- \ \   | |  \    /l   |: : : :.:.l:. :. :.l: : : :l:.:. :l: :.:.:.l:.:.l:. :.:/ゞ=彡ーr―=彡':.:}
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃バラン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…その男の事なら、よく知っている。
┃ そうか、お前がその娘なのか」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



6235◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 22:46:47.04 ID:dj/qOS/O


.             ∨/////////////////////////////////////
              ∨///////////////////////////////////
            ∨/////////////////////////////////
.          / ̄ミ厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー──=ミ/ ̄ ̄
       /  //       |       | |  /       \
.       |   ㌻′ / ___j       j厶__  |:.     \
        \. /    |/   │ 廴____j´}|    `|::.   |::.
.          | |r─一′  / |i  | | |i ¦    }| |    `ー─┤::. _
.         廴]     !   |i  | | |i │    }| |\  \\j/
.          / / │/, /\ | |.ハ !    ,小 | ̄丶     ∨
.        /      /, /竓筏茅ミ |    / 竓筏茅ミk    |
       /,イ¦i     l | | 乂:::::ソ 八  │ 乂:::::ソ灯'  /
.       j/ |八乂__,乂____ ̄ ̄   \ |   ̄ ̄/  /
.        人 个=‐〃⌒ | :「`       .: ¦    ∠斗匕    /
.       / 个=─ノ'   l | 从              从厶斗<
     〃  : |: : |: : .   乂. 个...    (  )     ...:::::::|: . │. :|
      ¦   . : |: : |: : : : . .  ヽ |:::::::>....     _ 、<:::::::::::|: : :从: :八
      │   ノ: : |: : / ̄\_,,从/¨¨¨7⌒爪 f^ーハ:::::::|/─∨
      人   . : : : ノ「 ̄\      ヽヽ }ー─匕7   /{:::从
       Х: : : : : :jへ  `ー─‐ } } .:}  ___  {:. /, {ー─
.         ∧: : : :/`ヽ   ̄ ̄   /⌒フ/i:i:i:ハ 厂 ̄    ー─‐
          ∧: :/  ノ ̄`ー─     八:i:i:i:i八    \
         ∨  └┐ー─      .::::>--< \
           /.     乂__/ / /´ ./   、           、─‐
.          /        / __   /  / |  /\      /、 \
         /        //⌒ヽ     │/          /    ̄))
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「教えてください。父は何をしていたのですか?

┃ 父は公金を不明確な使い道で大量に消費し、その罪で処断されました。
┃ なぜ父がそのような事をしたのか知りたくて、私はここまで来たんです!」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




  <三三三ミt、 lミ、
zニ三三三三三ニミ、ミム ,. ;、
壬三三三三三三三ミl|.!ミl!
三三三三三三三三ニl!.|ツ
三三ミ'`'ー=ニ三三ニミ7 lt、
¨ヽニ7  \ `ノハ ./,'ノァミi
ニi |;'゙-、t、.、 ヽ ,ィ,//∠l_,
、_{ !、 ー=≡ミリfォキアィ三ァ
ヽ.イ ヽ、  ,___}-'7リ l
'  ヽ. _zチ三チミtl レ'
 ̄二.\´ ー‐ /レl/_       ,..-
、_   `ーr‐''゙ニj ,!川:.、`ヽ¨''ー<"`ヽ
..ヽ ̄¨'ー-l.|_!.-‐''゙ `ヽ.ヽ  V::::::ヽ::::
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃バラン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「……」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



6236◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 22:48:33.85 ID:dj/qOS/O


  ,ィ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ノ/|!
/: : : : : : : : : : : : / 丶 、: : : : : : : : : : : ::,、: :/,'ト、
:,彳: : : : : : : : : : :,'       `丶、: : :r ´  }:,' , !、:.\
. {: : : : _: : : : : :,         ' }ハ)   レ ,'∧:}イヽ}
/: : :/ ,-、ヽ: : : :_j 、         '  ,イ, '/://
: : : l /r=、 〉:l´ 丶ーヾ.::ヽ、、   ,ィ_/ , 'ノイ /__,
〃: | {/^} {:!::|  `弋tr_ッ、:::、)、 / ィrッ-ア ̄_/
/: 八 ゝ { iハ:| 、   ` ̄彡'=- {/`ー彡'´イ二フ
: /: : \\) V   ゙ヾ     ,   |ゝ─ァ/T¨
: :,: : : : :ヽ、_ノ}     ,...-‐ゝ、__}-、 '/ | リ
: ,l: r: : :__j  八   ,≦:::::::::::::::::::::::::≧ |/
/ l:ハ: /ニニ──\`ー=>='´'^``ゝーrァリ                 ___
─‐V          \    ̄ ̄ //〃|────────≦ ̄: : : :、
   ',、         丶、___ // '| i! ̄>、    \: : : : : :\: : : : :、
    ',`丶、、        | i! | Lニj! ノ ̄\. \    ヽ: : : : : : :ヽ : : :丶
    ',     >──- ! i! !  <    /ヽ ヽ     ヽ: : : : : : ヽ: : : \
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃バラン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「彼は、我々にとっての良き協力者だった」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6237◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 22:53:46.25 ID:dj/qOS/O


.              /
          //   /
         /. ,ィ. //        ,イ. ,..-‐ァ  ,|
            {_/ |V //}      / {/    '…‐/|‐-、
      __,//// マ、/.      〉   __,.>'´∨/ .|/| \
     く∠!   `ヽ ,〉〉    ∠, 「¨'`,_,、_/ /,/, \
   __/  ,〈〉⌒〉ヽ   } }      八|_,_,_i/,rtテァ三三ヲ ヽ`
  ノ ,⊿-〈〉   (⌒ `ヽ{/.        }`Z_ V三〒ミ=-}} 、、}
  `'、_,.-‐…‐-、ハ,}'´\辷‐-、.       y'゙´`゙''x、1| ||_ノ   }
            { \_(_ (O_\ \...   'ヘ'゙ー゙`^`,|.| |! } ,ル'
           ̄ ヽ、/\\_\  ∧   /jハノ_」_j _ _,..-‐
              \/  ̄ ,√ ̄√ ̄  ̄ ̄ ,// //,/
.      _,..-―-、   .\_,.>,ヨ、_ /_,.三ニ=// / ,/ /
.     /  ,>'´√√√厂 /    ̄    ,/ ,/ /  ,/ /
     {{__//  / ./ ./ ./  〃\_,..-―… /  / /  ,厶斗= ´
    / /_{__{__{__.{__.{  .{{\__,..-‐…/_ 厶斗= ´
   ,{/          /\_,.-―…{
.   {__/ ̄丁`ヽ、    /          |          ,..-‐≠
        }/  \/\_______.L___,..-‐≠  / /
      /     }X}◯ |         | |しししししし ハ
     //       {X{   |         | lJししししし./ .}
.      У       .}X}◯ |         | |jししししし/ ハ 〃
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃バラン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「彼は、魔人が目覚め、地上に這い出てくる可能性を強く危惧していた。
┃ そうなればこの世の終わりだという事を理解していたようでな。

┃ だからだろうな。魔人に立ち向かえる可能性のある我々に、武器や食料の援助、技術供与などを行ってくれた。
┃ それも一度や二度ではない。おかげで、ずいぶんと我々の生活は楽になった。

┃ これほどの援助をしてくれるとは、さぞ名のある人物なのだろうと思っていたが…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6238◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 22:56:16.38 ID:dj/qOS/O


              ,イ‐┐ }          .ヽヽヽ  ヽ__.{ {ヽ}\
              乂- 'ノ         ,.  -┘ ̄     .ヽ ヽ7./
            /,ヘヽ      ,> <      _ .r 、  < ̄ `}.V
           ., ./ .∧∨  ><     > __ ̄ ヽヽヽ  ヽ  ∧.i
          /.'   ∧∨'    , < __, <  `ヽ、_ -┐ ヽ /.,イ.!
         , ', '     ∧∨, -/    .|      ヽ.   \`ヽ.ハ.|
        , /     ./ ,l< , '      |       ヽ   \ 丶.l
      . //      //  /       .|       .∨   \  \
      ././     ./   ./ _ 、    }─‐テ,ヽ─-i-∨  __ヽ  .\
     //     , '    /-イ /廴斗 、 ノ   .iヽ ヘ ̄ V__> 'ヽヽ 〉   .ヽ
    .//     /     ヽ/ .八 ./ {_.  \ 、ヽヽr 斥.ハ .}  ヽ|'    .ハ
    ., /     .〈___    i'    孑う::::: }   }.ハ  ハ:':::::::/`! i   ,ヽ ̄ 丁 ヽ!
   ./,'     ./ ヽ{ i 丁丁!   ∧ 乂>' -- '__ノノ. `─ ' / .|  /, .∨ }--'
   ., /      / / ヽ `,!`-ヽ、   ゝ、    i      /ゥ | 从  ノ 人ヽ 、
   i i     / ./   ノi   ゝ、_ `ヽ        r--' / ,/ ,/┐'  ヽヽ 、
  .| |    ./ ./  , '      ヽ ` 十l. ⊂⊃     >- '- ' ノ / .|ヽ、 .ヽヽヽ
  .| |    / ./  /         .ヘ  |.> _  <-ィ./_>ィ' |ヽヽ |  ヽ  ヽヾ 、
  .i |    / /  ./'    ____ ハ .ヽ .ヽ ̄ ̄ / ̄厂.ハ | |   ヽ  ヽ  .ヽ ヽ 、
  .}-}  ./ /  ./    ./      `>、ヽ .ヽ , 、./ ./ ./────--- 、  ハ  ヽ ヽ
  └┘ /./   / ,> <           ヽ ,  ̄.!ヽ'            i 、  }   ヽ
   i  .\   /                人 __ノノ              \ノ    ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「お父様は、あなたがたへの援助に国のお金を…?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


       ______      ヽ 、
         ̄ ‐<///////> 、 ∨/\    ト、
        _,.. -――‐`/////////>'///,ヽ    !'ハ
      , <//////////////////////////ヽ.  l/∧
   ,.イ//,////////////////////////////∧ .ノ'/∧
  '"  //////////////////////////////∧゙////
    ////////////////////\///////////////  ,
.    ////////////////////   \////////////>/l
   ////////-―、////////      \////////////.ハ
  //////// , -、 ∨/////     、   \/////////./ハ
  ///////,l / ,l .///‐'"、ゝ.、    ヽ   ノハl´ l'// / ヾィ
  '///////,! { / ノ l//    ゙マニヽ    ヾ '  ' //' //,.'
  !//////∧ ヽ } l/     ヽゞゝニ=、i  ,.ィ!_,. イ / /
.  i'////////ヽー ,      ` ー  リ; /,.,ニ二∠ / ア
.  !'/////////´ /   ヽ        ,ー‐イ/-―_"
  !l'///////'         '     r   !  ̄/Tリー一'"
 , -l////.l'/ー _ 、   /_.=ニ三三=、ノ ,.ィ//./
./  ∨// l/.    \ ‐=ニ三彡'ミミヾ、//l/
'   ∨          \     __ ``ミミヾ' /                _
  ー-  _         、      ,.//7``         ,. ‐/´ _>-
        ̄  ‐-  _    _,.ノ/"        __-==ゝ_、 { /     `
                ‐- l_   __-=ニニ二二二二二二{            ヽ
                  ,.イニニニニニニニニニ二二二二二ム、,.  7
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃バラン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…話の流れからして、どうやらそのようだな」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6240◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 23:03:46.91 ID:dj/qOS/O


                           ,.イ  ___
                           l',    ///<////'-―‐-  _
                      l∧ //////////////////<´
                        {/∧'////////////////////!,ヽ
                       ヾ///////////////////// .l//ヽ
                         ,イ///////////////>//// .//∧``
                     />////! `"/ハ!''"´  ∨/ /,.'//ハ
                       '′ !'/ハl   " `/    / //i .!/∧
                      l'ハ 、lz≧、_、/`ニニ /-‐ニ>/l ヾ、
                         ヽ 、 `'" }ヽー`"-' /ニ=-//l
                            ヽ   ,    ̄ ̄/ l l .lイ/,lヾ!
                           ,.ィミミミミヽ、 ! .!.l////'ニヽ、
       __-====―--__  ,.ィニニニ‐l"、 ー‐  ,.l ,l/ !//イニニム      ______
    ,-ニニ二二二二二二二二/ニニ\;;;;厂ー- 、__ /--―‐ /二ニニム‐=ニニ二二二二二二二\
   /ニニニ二二二二二二二,イ二二二>、    |||   _<二二二ニニノ二二二二二二二二二二ニヽ
.  /ニニ二二二二二二二二〈ニニ二二二二>ー--‐=ニニ二二二二二/二二二二二二二二二ニニニニヽ
.  /ニニニニ二二二二二二二ヽニニ二二二二二>、二二二二二二/二二二二二二二二二二二二二ニヽ
. ,'ニニ二二二二二二二二二二\二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニヽ
. /二二二二二二二二二二二二二\二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二',
.,'ニニニ二二二二二二二二二二二二\二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニl
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃バラン
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「しかし、わからんな。

┃ 目覚めれば世界を滅ぼしかねん魔人が眠っているのは事実なのだから、
┃ 金の使い道を隠すなどせずとも、それを大義名分とすればいいだけではないか」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


      |  > 、       |   < ´ | \  _ ―
      |     `><、   ///   /.|     .|
      ∧   ><  / > / /   / / |      .|
       /.| / /  斗 ― テ ┼ ― 廴´ |     |
     /  .´ i  /   i    / ./   / /个 斗    /i  |
   /   ../ .ハ  .l    i ハ  /  / ./  i    / i |
 /    ../ / i  l     l 、廴_/ -云テ、 .|   l  i リ
./      / / i  .ハ   .l ハ::::::不丈丁ミ、 l   l .l l
       // ./ li  i.i   l l .i.乂:::::::::う     ',  |  l l
       ./ / .l .i l .マ  .lll .| .\ー ´_      ', |  /
         / / l l /\ .l | ハ   ̄         レ
         / /  ∧lハ ハ !  ハ.         !
        / / / / i レ  \l;;;;;;;>       r 、
       ./ ./ / | /l ∧/   l∨;;;;;;;;;> 、       .<
      /  l / l l l  /   i  \i二>┘‐≧ー≦´|ヽ__
     ./   .ll  ヽ l\/   /二二∧ヘヘヘヘヘヘヘ∧
    /    .l     \.i   /―-/ i            ヽ
    /  / ̄ ̄ ̄ ̄‐.l  /: : : : : : .\ _ γ⌒ヽ  、/
   / . ./ : : : : : : : : : マ  l: : : : : : > ´    |::::: ::::|  ..`>
  / ./: : : : : : : : : : : ハ ⊥: : : : : : : > ´/ゝ __ノ.::> 、
 ./  /: : : : : : : : : : / ̄  i: : : : ´ /   ∧∧∧   >
../ . ./: : : : : : : : :/       >: /   / .i i. \
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…私たちの国では、そのようにはいかないのです。

┃ 例え正しい事であったとしても、例え王の言葉であったとしても、
┃ 政治に携わる人たちのうちの多数の賛成なしには、国としての身動きは取れなくて…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6241◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 23:07:50.00 ID:dj/qOS/O


            -―……―
        /    ――――― \
        |/ ̄ ̄\  ゝ'"  | (( )人
        |     /   /  / 〉/\、\
        |    '    /    ∨/   \、\
        |/   /\   //      ヾ \
     〈 ̄ ̄ ̄ ̄ \ 斗― 〈            ヽ
    ― 、    >、 r‐―  、 \      ∧∨ /
  〈―――>'"    ゝ ´     \ \_   ∧∨
    \   >_彡        \\|   \  ∧',
       y  /     j|__|_|  }  \―  、 ∨/∧∨
       / / i | \从 {\ト \  ゝ  ̄ |ヽハ  ',
      イ ∨|〈  x≠芋\ i \ |    イ  |  i |
      |人 i 从\ i rり / V |^Y     人\| 〈_〉
      '   \〈  ヽ _彡   人イ    〈r―' / i
          込     /ji    i |       、  ⌒´
           〉‘ ’  从  人 | ハ    \ ____
           从个 _ ≦ヽ /r~|/7    〈    /
              从〈~〈 / |  V――    \¨´
           _ ノ ̄ゝ~~ \/\   \  \
          (  / ノ     \  /ソノ⌒Y'   \
       ――=彡 7〈   \ (⌒´     |
  /   /  /  i \     \)       |
  V⌒ヽ ( -<      l  /) /⌒´         |       i
        / \ノ⌒)つ) <i´                |
          /     /    <',          ,      |
       '    O       人         /     |  人
.      i      i      ⌒7\      ∧     ' 、 \
        人     ',      7人\       \ | /   `¨⌒
        、   O',        i   〉__`      \
             __彡イ´        ⌒>、     ヽ
            |   |    ,'      廴\
            |   |    〈ヽ       | 人ヽ     ',
              ○ |    |      ,'  <
             ∧  |    |      ,'    <|     |
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そこまで言って、織莉子はハッと顔を上げた。

┃ …君にも、思い当たる節はあった。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6243◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 23:10:54.86 ID:dj/qOS/O


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
.     /. : : :> ´≠-=ミ:/v:ハ}/ィイ州リ: :7
     {才. : :≠"     ./ /. 7^⌒ <: 〈
.    /. : :イ.j      / /. /     {:乂
    {_: :ニ=彡"、__廴   从(       v7
    V. : _才   ̄^气=云x ヽ     '_,
    乂. イ/    ≪_tだツ^汽  .fr斧笊オ
   辷7ハf        ̄ィ'"   .Vだ^{
.  /. f⌒从               ∨ |
  イ.从frv            _,   ノ  :
   ^Yハ _             .´   ′
.    从: イ.ハ       _,  -―ュ  /
    ハ乂.∧         こ ̄_, ,
    >==ミ \___        ′
    {≠-=ミ` < ∧      厶
.     }ニニニニニ>. ` <>- :≦才^__
.     }ニニニニニ≪二_>v) ` <⌒ー-ト .
    /ニニニニ≪二二二 _{ ∨  ` < .\{
 ,.. イ冖<ニニニ≪二二ニ.{   V    {/ .}ー- ..,
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` <ニニニニニ-{_/.}  /∨}⌒ヾ.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` <ニニニ}i{}イ<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃トレーズ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…君の御父上の事は、残念だった。
┃ 私としても苦渋の決断だったのだが…どうか気を落とさないでほしい」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ かつて、国王トレーズはそう言った。

┃ それはつまり、国王の意見をもってしても覆せぬほど、織莉子の父を処断すべしとの声が強かったという事。
┃ すなわち、この国の政に携わる者の多くが、織莉子の父の敵に回ったという事。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


6244◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 23:13:14.87 ID:dj/qOS/O


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
       ,. '"´  ̄¨```ヽ
     /       .:.:.:..`ヽ
     /::      ノノリハ.:.:.::::',
      i:::::    ,ィソ ′ `トト;!
     |::::::.  ,.ィイ´_,,,,ノ 、,,,_ .リ
     ',::ハ:r'゙ ´,ィtr   {ィtr1
      i1    ` ´   「` !
      ヾシ i     `''´  l
     /:: い    ''ニニ` ,′
      /:::::.ヽ、 ゝ     ,.イ
-‐''"´:.ヽ:::::.:.:.``ー ニニニ彡ヽ
::::::::::::.: .: .\::.:′        7ヽ<
           _ _,   ′  ``ヽ
                     ト、
                     i::1
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃新種生物研究班員
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「こう言ってはなんですが、私たちの上にいる議員の方は
┃ あまり新種生物の生態解明に対して積極的な支援をくださらないのですよ。
┃ 私たちは、どうにかそちらの方面で結果を出したいと思っているんですが…

┃ どうも議員殿は、他の議員との談話や、商人との付き合いに割く時間を大事にしているようで」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ――このような話を聞いた事もあった。
┃ これが事実ならば、この国の政治に腐敗の兆候ありと判断するのは容易だろう。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


6245隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 23:13:40.75 ID:NW0ako+P
織莉子パパンも日記の後半では大分精神的にやられてたみたいだし、やり方に全く問題がなかったとは思わないが……。
ままならぬものよ。


6246◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 23:17:02.10 ID:dj/qOS/O


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ル。:::|_:.__::|__|\ \| ̄ ㌧ : :. |   :..
__|_|__|\ \| ̄   .::    .. |     ::..
_|__:;;;|\ \| ̄           |  :.
;;;,,,,_;|\ \| ̄'' 目       ..  ;;. l :.   ::.
'    \| ̄  ;;./ ヽ_(´∀`)y-~ : . |   ∧∧
       ̄ ̄'''' |~|ノ( ヽヘ) ̄ ̄ ̄''\,~-∩‐,,)
          |__,,|  ´ 。  ゛   ,\(_ソと)
./´二ヽ      ∧wノl::.          .( ,(xノ ::.
(.,,`ー)      (Дキ.,)    ;;:: ..,_   レノ_ゝ、
/,`ー'~つ     と'[](_,ノ              \
(´ ̄ヽ)`ヽ    (___,,)~   .∧,∧  :::; ∧_∧ヽ
´" ̄ ´"`  .,、         (,‐Д‐)   (∀^メ,,) \    _
                  (つ]]]`)   とl33;;;;`)   ヽ ..|\ヽ
  ;:"               (`つし'   (;;;;;`)(';;;;);;:.´ ::; ヽl  .\\
                   [][]]]             ;|   l´.ヽ
           ::;        [[[][]             |   |  |
                   ∧_∧  ;;:.,         ヽ  .l .l
 ;;:"                (;   ,)     ::;;;;;  ..,"´  \_|_|
                ∧_∧   )       (⌒ ̄ヽ    ヽ
                (;x∀・,)_〔〕)   ∧_∧(A^*リl     .\
                (`つ] 'つ / ヽ   (∀`,, と  l     .,,:, \
       ;;;'゙       :::|  l |  l~.|  [と´ l⌒l)  )~  ;;;;;,´  ...\
                L_)_,,) |_,|   ( ̄(_.)),,'J     ":;    ヾ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そして、その証拠と言わんばかりに――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


    ,,,、、、、,,
 ,、 '":::::::::::ヽヽ'"~~~~~~~~''ー、
r"''iiYr:::::::/")" ":::::,、 '"~~~;;;;;i
t,y /: ::ii:::iii'(''":::::、'"ノノノ;;;;;;ノノi,
 ゝ、iiii||ii、'''、、、-'",、 "    ""t
.  i:::~'' ー-- ー '''"       :::t
.  |::"::"::::            ::|
.  i:: ::            ;;;;::i
. ,、,リ ::::、,,   ''ヽ, ''"r  ,,,、- リ-、
. ij'、i :::zz≧zzzッ,, t,r-≦;;;;::  ir'リ
. |i'>i  ~`'`´":::::i| }::``´'''":: iiir'
. ヽ:::';::: `~';;;;;;::::i{, i 、,    イ'/.
  ヽ ,t,(ii ::: "ヽ、( )ノ   ),, レ'
 ___~i{ ヽ、'ー彡ニ¥ミミニ彡 イ'
"  ~ |t :: ̄"''''^竺^''''' ~ リ:|''''''ー、,-、,
 -、,, |:::ヽ' t'-zーー--'" , 'r,ir⌒>タ⌒ヽ
t'、'ー-'- 、::ヽ, :::     /彡'''"フ /⌒ヽヽ、   ,,,,,,,,,,,,,,、、、,,
、、i、ヽ~'-、ヽ;::ヽ、;;;;;,,,,//::: :::  / |t };ヽy) )''"   ::::::::::::::)ー― 、,,,,,,,,,,
))t itii、ヽヽii~''t 、:::::/:: ::::: /し')tレツノ    ::::::::;;、- '":::  :::::::: :::~ヽ、
⌒));;;;;;;;t,,,t '' ヽt,)/ :::: :: ,,、-"  (;;;;ソ/;;;ヽ、,,,,,,,、-'" ::::::::::   ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,リ
  ))((飛、ヽ(((@ミ)ツ⌒)"(  Cヽノ〈区|ミ;;;;;;;i ::::::::::  ,,,、-i"リリjjjjjjjjリリヽ
   (;;;;ヽー、;;;;ヽ'ー"" )r -ゝ リ )i、tュ;;;;;;;;;;;;;;;;ノ三i―''''"リ|リリリリリリ リリリリリt
    ゝ=)ー、r"  y彡rー''"兀'"刀";;;;;;;;;;;;、-'ヽ ノ;;;;;;;;;;;;リ|リリリリリリ リリリリリ|,
  ,Y'((こ''((ーーz"ンレr、) 彡 ,,,,、-'ii~勿~~)) ,、'";;||i|;;;;;;;;;t|リ リ||||リリリ| リリ|ii
t、,,  ミtー))y__    〈  ン  ))~'''ー---ー'";;;;リ;;;iii;;;;;;;;;;;;`'""'ー"''''~'ーリ`t'
;;;;r   (,、-、y @( (y<~)三(ヘt /;;;;;;;;;;;;;;;;;""ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i\、、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ  ヽ
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃サモト
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「先日も、何者かに放火など起こされたというではないか?
┃ まったく、こんな治安の悪い下町で商売などしているからだ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 貧富の格差や治安の悪さなど、
┃ いくつもの問題が放置されているこの国の現状を、君は目にして来ているのだ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


6248◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 23:21:11.12 ID:dj/qOS/O

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 織莉子は、膝をついてうなだれた。
┃ その頭から、帽子がかすかな音を立てて床へと落ちる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                                _  ----  _
                             _jI斗‐¬冖冖¬‐-ミメ、
                           〈○〉//////////////〈○〉
                          /.∨////////////////∨ / ヽ
                          / .∧ ∨//////////////// /  /
                          \  ∧ ∨////////////// /  /
                         冫 ∧ ∨ヘ./⌒⌒Vーv─〈jI斗ミ
                         > /     /    ∨         \
                      /  (________< ̄ ̄ ̄)__/ ̄ ̄)    、
                     ∠斗匕/ /                乂__\
                       \__ノイ                  |__ ノ'′




┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「…お父様。
┃ 私、ようやく知る事ができました…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6252◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 23:25:59.50 ID:dj/qOS/O


      ,                    ,イ   _,. r≦    , イ/        ,.  -==  `ヽ
                         f  ,イ  ,イ    /          ,イ  --=====-
                        レf   /      , イ      ノ
                            ,イ    _,. イ    ,. イ ,r≦  .,. r≦
                          / -===≦    `r=<`ヾ、 イ /
                          /        //C代 ≧、 `''=--/
                                    { / : :ヾ夂ジン.}/  /   ,.イ  / /
                                    リ|  : : : :ヽ' /_, イ        /
                        /  _,,   ノ/ {!  -==≦      _,. rマ ./
___                   /  .彡 イ {        : :  ̄ ''===≦ゝ、 ヾ }
          ≧s。         ´  .,,_  |  。      / : : : : . / 代ミ.、  ヾ
               ヽ         / ≧!.    __         : : . ヽ夂ジヘ./ ,イ
============ァ           、.     ,イ   Y i!.   ヽヽ      : : : ヽO イ,.イ
三三三三ニ> ´                ,イ    / i!    ヽ.}    __: : __,,` イ
三三三 /               マイ    / } ゝ          ヽ、     _,,. イ / /
三三ニ/       ̄ ̄   __   |     / i!   ≧s。    ______/   ̄ /   / /   /
三三ニ!           /    ̄  =-  _ /,r7´ ≧r</ }     / リ  ./   / / } /
-=≦ ̄  ''  ==- ,,__   ゝ __       Y    //.ヾ! 。  /ノ /  /   /{ ./ /! f
              ≧=-- 、 ` ヽ、    .}      ,. r≦    , イ/    ./  `! ./ ヽ|
  ,. r=======--------、--= '    ヽ   リ   ,. r≦      イ/  _,. イ/   レ   i!
≦==============-----ゝ-- 、      /  イ ≧s。    ○    ̄   -=≦´   i!
                _,,. イ  ,. イ,  .}'ヽ      >、            |    i!
     _,,...  -===ニ二--==っ,.ri  ./  リ .|´ヽ      \       o  .i!    i!
,. r≦-=  ̄        _,,. イ/  } ,  ,  .!  }       Ⅶ        / }   、
        _,,... --== / .,イ  i! /  i!  |  i!  / /   }       ,イ ハ  ヽ
    ,. r≦ _,.. --ァ ./  ./   .i!/   }  i!  | ,イ/    .リ      イ  / ヘ   \
 ,. r≦-= ´   //   /   .i/   /   |  |'      ,イ        /   ヽ   ヽ
´      _,. ≦ /   /    ∥   ./}   i!  }  ○   /        ,.イ   /
   ,. r≦ ./ /r== 、 ./    /   //   i!  }     ,イ        /,. イ/
, イ   ./   fニr,三,イ   .//    f/   .i!  リ    f      ゚  ,イ ´  /
    / /三三≧.,イ    .//    /   ,  ハ   } }      ,, イ   ,イ
    ,イ三三三>'    .//    /    リ  .}::|   ! |         ,. イ/   .// 
   fニ> ´        ´    ./    /  |::i!  } i!      ,,. イr /   ././
. > ´                    /   i!:::!  |- '       ,. イ    _,. イ
´                          リ:::|  i!    _,,. イ__,,,... -=≦
                        ,. イ三::|  |,... 二   ̄--==≦
                       , イ三三三::|  /                 ,..イ
                  ,.. イ三三三三三 ! ./              ,.. r ´
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃織莉子
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「国中、誰一人として味方がいない中で――

┃ 罪を被り、万人に蔑まれる事も覚悟の上で、
┃ あなたはただ一人、世界を救うために戦っていたのですね、お父様…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛







6255◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 23:30:36.17 ID:dj/qOS/O


                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |





;;;彡ソ;;;ゝ);;));ヾ;;) ノ::;;ヽ;;;;ゞヽゝ'´ゞ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ;;;;ゞヽゝ'´ゞvゝ、7-ー<ヾ:'(゙'〆、,,;">-、7-ー<
ヾミ;ソ(;;;;;;フノハ:;:;ミ;;(;;;ゝヾミゞ(〆、,,;".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ ゞゞ' ヾ ヾ ゞゞ' ヾ ゞゞ'ヾ ゞ:;ヾ:;ゞ;;';:":;ヾ ゞ;
〃;;;彡;;i!;:i!|/〃;;;彡;"'ハ,,;)ヾ.:.:バ:.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;>>、;ヽ、:;;:y':/;:. :;:'':;:;:;ゞ;ゞゞ;ゞ;:'':;;:,'ミヾ:,;:ゞ'ゞ';
::':.,|:;;:i!;;i!;:i!|`ヽ\|;;レ;/;;'';;..;.;.;.;.゙:.~.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.`‐ヽ:::;:;:::/:;;/ソ;;:';;ゞミ:;.;;ゞ;:;ゞ,:;i''`ヾ;ミ:;;:,ゞ:;ゞミ,
ヽ.:;};;:i!;;i!;:i!|;:;:;:;:);;;;;;/''ヽV/.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;´ゞvゝ、7-ー;,'ミ:;ミ,"ゞ;", |; i;;;;:|!;;;;;;;;.`;;:ソ:;:ミゝ
;:;:Y;;:i!::i!:;;:i!|v,l|V::从X、ノメ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;">>、;ヽ、 ;:yバ:.:.:.:.:|: |::.;;;;::l .:|;;;;:|
;:;:;:|;;:i!::i!;;:i!:|、lW:八ヘ{V::从ivヾ;;) ::;:;:;;:;;;:;;:;;;;;;;:;:;:;;::.;.;.;;:;:;:;.`‐ヽ:::;:;:::/ヾミ;ソ(; |: |::.;;;;::| .:|;;;;;|:.:.:
;:;:;:|;;:i!;:i!;;i!;:|XゞV:从XゞViv:l;,ゝ);)':;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;~^:.:>ー !i!;;:;:;yゝミノ|: |::.;;;;::l .:|;;;;;|:;:;:;
八ゞivXx::イ八X、 γ从Wwv~ '〃::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;Y;;:;:;:;:;:;:;:;::l;;:;;;:;:|:.:.:.:.:|:i ::|;;;;:: :| l |:.:.:
iソゞiv,l|V::从|lililレ/X、w,,'~""´,ヾゞ"、      ヾ:;:::;ミ从";:;:;:;:;::|;;i:;:;;:l;:;:;:/|:|: :|;;;;::| :: ;| |:;:;:;
_、八ゞiv,l|iv:l;,イイ、八イ,,~=-:;:;:;:;ヾ;;;;゛        ヾ:.::;:;::从ゞ;)ゞハ|;;::;!i!;|:;:;{;;:|:|: :|;;;;::| :: :| |:.:.:.:.:.:
V从;、lW:八ヘ{V::从Xゞヾ;:;:;:;:;:`,,;;;:゛        ヽ:;.:;.:;.:.;.;从イ、X|;::i!;::;;リ'ヾ:|:|: :|;;;;::| :: :{ |;:;:;:;:;:;、
ハ、;vvヾヘwゞ,,;;''~";:;:;:;:;:;:;〃""";゛         ヽ;.:;.:;.;.;.;;.:ミivV|;;:i!;;:;;:|`:;;;;|;};;;;;;;: :| :| :: |,l|V
;;;;、lW:八ヘ{V::从ivヾ;;) ................゛             ;;:.;:.;;;......;;.;:.ハ、;vvヾヘwゝ)|:;.:|;;;;;n ::| :: |从X
ゞゞV:从XゞViv:l;,ゝ);)'.;:.;:.;:.;:.゛             ;;.:;.:;.:;ゝ...;,イiv:l;,イイ、八,::.|:;::| ::{リ ::! :!:|:;ハ、;v
ゝX、 γ从Wwv~ ';.:;.:;.:;.:;.:;゛            ';.:;.:;.:;....;:.;...;;;;;.....ミYミ ; , ;|:;.:: ::r : :| :i |ゞ,イiv:,イ
ハililレ/X、w,,'~".;:.;;:.;:.;:.;:.;:.;゛ .              ';.:;.:;.:;.;:.;;;;;;;;;;;:.;:.:;.:;ミ; /.::/ :::|i :.:| :l;ハ:从Xゞ
fハイイ、八イ,,~=-;;.;:.;:.;:.;:.;:.゛                ヽ;.:;.;:;.:r;;;;;;;;:;.:;.:;.:;.:ノ,;ノ : ::八 :ゝ::ヽ\_,,.,.
ハ{V::从XゞY∥//〃゛                      ヽ;.:;.:;.:;........;;;..;.;:;.;;:´.:: :/.::::ヾ::\::\::ー、 ,
从,,;;''~"/∥Y彡ツ〃゛                    ヽ;.:;.:;.:;.:;.:;.:;r.:;.:;.:;.:;.:ミYY :从XゞY∥/
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ クエストを達成し、王都へ帰還します。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6256◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 23:31:28.52 ID:dj/qOS/O


                         , ------ 、                   / ヽ
                        /      \              /ヾ /
                       i             i           /ヾ/
                        |  \    /  │         ./ヾ/
                        | ( ●) (● ) | 、-- 、   /ヾ/
                     i  (__人__)  i  弋||ニi/ヾ/
                      , -!   `⌒ ´   !-、   /○||´
                     |、ヽヽ       / / |.../ト、/弋`||
               ,  ―――´ | |、` ――― ´.,| |  `――‐  、`弋 |
             / ヽ       ヽ  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄/ /     / \  ´
            .i    ` -  r―‐/\    /ヽ― 、  - ´     i
         /           | /- ―┬― -\ |         \
         >、 ` ー--   ,/       |  , -_-、.\  --― ´ ,<
           .>、  ー――‐,‐ ´ ξ^^ξ  |  iィrオj }_j`ー、-――‐ ,<
           >、  ー‐,―、´     V    .| ハ.ゞツフ    ,`ー、‐―‐ <
         /    /::::::i\.  ,. --―┴―-- 、   /!::::::::\   ヽ
          /_ /:::::::::八  Y                Y  八::::::::::\ _ヽ
        i::::::::::::: /:i  ヽ. ヽ              /  ,/  ト:::::::::::::::::<
          i::::::::::::::::::::// .|ヽ´ \, -――――- 、/ ヽ´|   i::::::::::::::::::::i
        , - !::::::::::::::::::::|  /    |         |   ヽ  .!::::::::::::::::::::!- 、
      i` ー――――i , /\     !         !   /ヽ .i――――‐ ´i
┏━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━┓
┃ 主人公                 インペリアル/パラディン          Lv:31
┣━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━┫
┃【HP】 04 ■■■■  【TP】 08 ■■■■■ ■■■
┃〔STR〕 09 ■■■■■ ■■■■
┃〔TEC〕 05 ■■■■■
┃〔VIT .〕 07 ■■■■■ ■■
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆装備◆
┃〔砲剣〕Rank5/限定砲剣・烈風   性能値:09 + 〔STR〕 09 = 攻撃力:18[斬]
┃〔盾  〕Rank4/ヒーターシールド  性能値:01 +                 氷耐性3
┃〔重鎧〕Rank5/ロリカプルマータ  性能値:08 + 〔VIT .〕 07= 防御力:16
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆スキル◆ …《ドライブブースト》を極限まで強化していく
┃《砲剣マスタリー》    ■■■■■■■■■■
┃ 常時効果:砲剣系スキル習得用
┃《アサルトドライブ》   .■□□□□□□□□□   攻撃力:28[斬]
┃ TP2<腕>:白兵・砲剣/攻撃力に+((SL/2)+7)を加算した[斬]攻撃を行う。
┃                   ただし、オーバーヒートにより砲剣の攻撃力が4低下する。
┃              オーバーヒート中は使用不可。
┃《フレイムドライブ》   .■□□□□□□□□□   攻撃力:28[斬+炎]
┃ TP2<腕>:白兵・砲剣/攻撃力に+((SL/2)+7)を加算した[斬+炎]攻撃を行う。
┃                   ただし、オーバーヒートにより砲剣の攻撃力が5低下する。
┃              オーバーヒート中は使用不可。
┃《フリーズドライブ》   .■□□□□□□□□□   攻撃力:28[斬+氷]
┃ TP2<腕>:白兵・砲剣/攻撃力に+((SL/2)+7)を加算した[斬+氷]攻撃を行う。
┃                   ただし、オーバーヒートにより砲剣の攻撃力が5低下する。
┃              オーバーヒート中は使用不可。
┃《ショックドライブ》   ■□□□□□□□□□     攻撃力:28[斬+雷]
┃ TP2<腕>:白兵・砲剣/攻撃力に+((SL/2)+7)を加算した[斬+雷]攻撃を行う。
┃                   ただし、オーバーヒートにより砲剣の攻撃力が5低下する。
┃              オーバーヒート中は使用不可。
┃《シャープエッジ》    .■□□□□□□□□□   攻撃力:18[斬]
┃ TP1<腕>:白兵・砲剣/攻撃力に+(SL/2)を加算した[斬]攻撃を行い、
┃                さらにオーバーヒートによる攻撃力低下を1回復する。
┃               オーバーヒート中のみ使用可能。
┃《インパルスエッジ》  .■□□□□□□□□□   攻撃力:16[斬]
┃ TP1<腕>:白兵・砲剣/攻撃力に+((SL/2)-2)を加算した[斬]攻撃を行い、
┃                さらに(与えたダメージ+1)だけ、自身のTPを回復する。
┃               オーバーヒート中のみ使用可能。
┃《クールエッジ》      ■□□□□□□□□□   攻撃力:16[斬]
┃ TP2<腕>:白兵・砲剣/攻撃力に+((SL/2)-2)を加算した[斬]攻撃を行い、
┃                さらにオーバーヒートによる攻撃力低下を2回復する。
┃               オーバーヒート中のみ使用可能。
┃《チャージエッジ》    .■□□□□□□□□□   攻撃力:18[斬]
┃ TP1<腕>:白兵・砲剣/[斬]攻撃を行い、さらに次のターンに使用する
┃                ドライブスキルの攻撃力に+(SL)を得る。
┃               オーバーヒート中のみ使用可能。
┃《リアガード》        ■■■■■
┃ TP1<頭>:先行/自身の防御力を+(SL)する。1ターンのみ有効。
┃《ドライブブースト》    ■■□□
┃ 常時効果:ドライブスキルの攻撃力に+(SL)を得る。
┃《盾マスタリー》      ■□□□□
┃ 常時効果:盾系スキル習得用
┃《バックガード》      ■■□□□
┃ TP1<腕>:支援・盾/味方全員の、白兵以外に対する防御力を+(SL)する。
┃             1ターンのみ有効。
┃《ディバイドガード》    ■□□□□
┃ TP1<腕>:支援・盾/自身の防御力に+(SL/2)し、味方単体を庇う。
┃《挑発》          ■■■□□
┃ TP1<頭>:先行/敵の単体攻撃の対象を(SL)依存の確率で自身に向ける。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6257◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 23:32:14.87 ID:dj/qOS/O


                  |: : : : : : : : : : : : : : :       . . : : i 〔 j :〉 ヽ
               __|:_:_:_: : : : : :     .    : : : : :圦. ∧〈 /
                }⌒ヽ    ̄¨   、ー―ヘ     : : : : : ヽ. ∧V、
                }   \       /__  \  . : : : : :/  ∧∨
                }    ,人   _/       ヾ : : : : :/  //∧∨〉
               ー=≦     _\  ̄` 、   i  ⌒ヾ   ////∧〈
             ー=≦z一=≦/  / ̄   i    |     ∨/////∧
             ∠ _/    , i ,!       /  .!      V///     :
              \   i:l  /i: V_i_!_    _j ヽー┛        \!    i│
              \从  i  / 〉 ヽ     , / ≫。.        〉   |│
                 /jイ//,__i }    /ィ___i ト、 ≧=‐z-=≦∧   |│
                 /     ハ杙汐/  /  弋歹/ヽ:i   Y   jヽ   |│
                /       i  //        j!  /   ,八   彡
              ,     ,    / / '   '         /  /    _ ノ   |│
           / /  ,/ x≦   / \    ャ  ァ   /   '=ァ、   、 \、 , |、
            i !   / /      '    `        ィ / / /:::/   ! ヽ  Y∧j Y
            j从  ; /j/ if  /!/j//ャ==ァ≧≦ァ j/  i //   ' ;│ ;乂_/ィ
               ヽi    人 i j!    \ ¨´  /  人  V }   / ハ! j/ / ! ト、
                ´  ハ! i イ/    ヽ\ノ≦   ヽ !――――< ,/  , ! \
                /    j! l/ j!¨ ̄ ̄γ⌒ヽ    j'      ィ j/ \/_!    ヽ
          /         /     /乂_ ノ \      / i八      ̄
┏━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━┓
┃ 織莉子                 プリンセス/ミスティック             Lv:31
┣━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━┫
┃【HP】 04 ■■■■  【TP】 11+1 ■■■■■ ■■■■■ ■■
┃〔STR〕 06 ■■■■■ ■
┃〔TEC〕 07 ■■■■■ ■■
┃〔VIT .〕 07 ■■■■■ ■■
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆装備◆
┃〔剣  〕RankX/王家の宝剣   性能値:07 + 〔STR〕 06 = 攻撃力:13[斬] 号令+1
┃〔杖  〕Rank2/アムードの杖   性能値:01 + 〔TEC〕 07 = 術攻撃力:08 TP+1
┃〔重鎧〕Rank4/レースドメイル   性能値:07 + 〔VIT .〕 07= 防御力:14
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆スキル◆ …敵を弱体化させるスキルを新たに修得する
┃《ロイヤルベール》   ■■■■■■■■■■
┃ 常時効果:ターン終了時、(SL)依存の確率で味方全体のHPを1回復。
┃        ただし自身が無傷でないと発動しない。
┃《王者の凱歌》       ■□□□□□□□□□
┃ 常時効果:戦闘終了時、(SL)依存の確率で味方全体のHPを1回復。
┃        ただし自身が戦闘不能の場合は発動しない。
┃《攻撃の号令》     .■■■■□□□□□□
┃ TP1<頭>:支援/味方全員の白兵戦達成値を+((SL/2)+1)する。
┃               他の号令とは共存不可。
┃《防御の号令》     .■■■□□□□□□□
┃ TP1<頭>:支援/味方全員の防御力を+((SL/2)+1)する。
┃               他の号令とは共存不可。
┃《予防の号令》     .■■■■■
┃ TP1<頭>:支援/味方全員の、封じ・状態異常・即死の抵抗達成値を+(SL)する。
┃               他の号令とは共存不可。
┃《陣術マスタリー》   ■■■
┃ 常時効果:陣術系スキル習得用
┃《頭封の方陣》     .■■■■□
┃ TP3<頭>:特撃/敵全体への頭封じ付与を毎ターン行う方陣を設置する。
┃              封じ成功率は(術攻撃力+(SL/2)-2)依存。他の方陣とは共存不可。
┃《破陣:命脈活性》   ■□□□□
┃ TP2<頭>:方陣を消滅させ、味方全体のHPを(SL/3)回復する。端数切上。
┃《破陣:亜空絞破》   ■□□□□   術攻撃力:08[無]
┃ TP1<頭>:遠隔/方陣を消滅させ、術攻撃力に+(SL)を加算した[無]術式攻撃を行う。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6262◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 23:37:40.73 ID:dj/qOS/O


.    _,r{::::/::/::/:l:::::{:::!:::::::-:、:::∨::::/:::::::::::/,ノ)
    人rf:::{::::l:::|:N{::::ヽ{::::::::(::Y^::ヽ{:::::::::::::/:::::/⌒ミ
  (し'{::{:::::::::|::|:::::\::::\::::::}::|::}:::::|::lf⌒ヽ::::::::\::/
  rく:::ミト、:::人{__::::::::ミァ'^⌒|:lトV:::N|:::n::::}:\::::::ヽ
  :ミ/⌒Y:::\:ミニ:::r'    l:::| |:::| l|`寸l:|:::|::}::::::V}
  :jf⌒゙ j:ト、:::::ミニニ     |:l:| l:::| }| }:l:l:|:::}:リ::l::::}
  ::|{  人::::::厂    ,z:≦:::トN |::|ノ l::l:l:|::::/:/:::リ
  ::{ヽ(_( l::::!    '´ ̄  `マ:::::\l   jリ从ノ}/::::イ
  ::‘,\} }::|      ーf‐f云xヽ;__ノ ノr‐::≦リ/l:|
  ";/\  }ノ      ´^'宀ー'  }  Krテ‐ヲ l:::l:|
   ゙';    ̄|              i /` ̄/:| |:::l:|
    ゙';   l           _   ′ /l:::| |:::l:|
    ゙';   ゚.             ( ノ {  /| l:::| |:::l:|
..    ゙'; 八       \    `ヽ_,ノ , i:::| l:::|  :::l:|
.       ゙';  ゚。     、` ー--  ,.l|::|:::| l:::|  Vl:|
.        ゙';        ミ=-- /|:l|::|:::| l:::|   V:|
.         ゙';  \        / ::l|::|:::| l:::|   ヾ
         ;\  \    , ′∨l|:l!:::| l:::|
          ゙'; \  `≧=く   ∨リ::::| l:::|
           ゙'; \ / /     ∨::::| l:::|
.            ゙';   Y /         ‘,::::| l:::|
┏━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━┓
┃ 慶次                   ハイランダー/モノノフ            Lv:31
┣━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━┫
┃【HP】 04 ■■■■  【TP】 08 ■■■■■ ■■■
┃〔STR〕 09 ■■■■■ ■■■■
┃〔TEC〕 05 ■■■■■
┃〔VIT .〕 07 ■■■■■ ■■
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆装備◆
┃〔槍  〕Rank4/大身槍        性能値:08 + 〔STR〕 09 = 攻撃力:17[突]
┃〔刀  〕Rank3/黒作大刀       性能値:07 + 〔STR〕 09 = 攻撃力:16[斬]
┃〔軽鎧〕Rank4/ブレストプレート  .性能値:06 + 〔VIT .〕 07 = 防御力:13
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆スキル◆ …複合属性を持つ槍の白兵スキルを修得する
┃《槍マスタリー》    ■■■■■□□□□□
┃ 常時効果:槍系スキル習得用
┃《ロングスラスト》   ■□□□□□□□□□   攻撃力:17[突]
┃ TP1<腕> :遠隔・槍/攻撃力に+(SL/2)した[突]攻撃。
┃《シングルスラスト》 ■■■■■■■■■■   攻撃力:22+n[突]
┃ TP2<腕> :白兵・槍/攻撃力に+(SL/2)+(敵白兵人数)した[突]攻撃。
┃《シングルバースト》 .■□□□□□□□□□   攻撃力:17[突]
┃ TP3<腕> :遠隔・槍/攻撃力に+(SL/2)した[突]全体攻撃。
《スピアインボルブ》 .■□□□□□□□□□   攻撃力:17+n[突]
┃ TP2<腕> :白兵・槍/攻撃力に+(SL/2)した[突]攻撃。
┃               ただし[炎][氷][雷]いずれかの遠隔攻撃が行われたターンは、
┃              その攻撃の属性が自身の攻撃に付加され、さらに
┃              攻撃力にも(遠隔攻撃の達成値÷10)が加算される。
┃《ハーベスト》     ■■■■■
┃ 常時効果:自身の攻撃で敵を倒した際、(SL)依存の確率で自身のHPを1回復。
┃《武士の心得》     .■■■■□
┃ 常時効果:攻撃の際にゾロ目が出ると、自身のTPが((SL/2)+1)回復する。
┃《羅刹》         ■■■
┃ TP1<頭>:先行/自身の攻撃力を+(SL)する。2ターン目以降はターン開始時に
┃           HP・TPどちらか多い方を1消費する。(同値の場合はTP消費)
┃           コストが払えない場合は解除。
┃《リミットレス:槍》   ■
┃ 常時効果:槍を用いて鎚スキルを使用可能になる。
┃《鎚マスタリー》    .■□□□□
┃ 常時効果:鎚系スキル習得用
┃《頭砕》          ■□□□□               攻撃力:17[壊]
┃ TP1<腕> :特撃・鎚/敵一体に[壊]攻撃を行い、さらに
┃              (〔TEC〕+(SL/2)-2)依存の確率で頭封じを付与。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6263◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 23:39:02.17 ID:dj/qOS/O


          , ‘ ̄``ヽ.
       ,.ィ ´        '⌒` ヽ.、
   ,.-‐メ,               ゙ヽ.
 ,ィ/,.'´ /    \、      ー.、  ヾ゙ヽ
, ,イ / , /      i\、 ヘ.  、  \  ゛、i!
/  / //   i ! ト、.|、、.\、∨ ヽi   iミ、  ,
  / /.,′i.  l!|i. |!i!.!ト、∨i、ヾ.、. :l   |ミミ、 i !
. / ,' i  l  |i!|! i!   i!| !i\ ト、|!i  .|ミミ、 ド、
 ヽ  ;.|! l. _i|_!|、゛、   !| |! _ヾメィ|  .|メ、ミ i、`ー=―'
  i i!ヘ. ト、__i!メミヾ、、 i| |!,ィハ´:i!゙テ‐ .!ハ iミ、.ヽ.
  | ト、ヾ、ヾゝヘ弋ゾヽ !´'´ゞ='′!l  |メ.ノ、ヾ=-メ-、
  | |ヾ.、、ヽゞ、! `¨           ノ|  |イー彡'个==―. 、___
.  ノ i ハ\.| i!lト、    '       ノイ  |\/.:::::|!、`ヽ  ヾ:::::::::::::..``ヽ.
  \ ヽ. `ヽ! l |!ゝ.   ー―'  ´∠! .i |::::i::::;:::::::|!ヾ, ゛   li:::::::::::::::::::::.ヾ.、
   \.゙、  .| i!.!! l|'`>,. _ .,' ノi!, l .!::ノ、;:::::::::|!      |l::::::::::::::::::::::::::i.ト、
     ヾ.y l i!.|l i|:::,ヘ.:::::ト、ー=イ::i,' i |/ヘ.、:::::::||      |i:::::::::::::::::::::::::::|i::::
          ノ !:|ヘl|::ii^:、、:ハ、::ヘi{::/,. | 人メ:ヾ.、:::||      il:::::::::::::::::::::::::::|!:::
        | :|、|i!V ヾ.、Θ===/;'i !iΘ)__\!! 、 :,   ./.::::::::::::::::::::::::〃;ィ
        | :!`|ト、;',====イ/.:/!i!| !|=/ノ¨¨¨``ヾ.Y___/=、:::::::::::::::/.::¨:::
        | :! .!!``i ::::::::::il:::ヾ|!l| :ハ:i |:::::::::::::::::::.ヾテ'´.:/i!゛ト、ー=イ'.::::::::::::::
        | i! l.!  l.::::::::::il:::::L!i! ノヘヾ.Y:::::::::::::::::::}'"  }|i i|ヾ.Y /.::::::::::::::
┏━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━┓
┃ イリヤ                 ナイトシーカー/レンジャー          Lv:31
┣━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━┫
┃【HP】 04 ■■■■  【TP】 10 ■■■■■ ■■■■■
┃〔STR〕 07 ■■■■■ ■■
┃〔TEC〕 08 ■■■■■ ■■■
┃〔VIT .〕 05 ■■■■■
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆装備◆
┃〔剣  〕Rank3/ニクロムソード   性能値:07 + 〔STR〕 07 = 攻撃力:14[斬]
┃〔弓  〕Rank2/エナメルボウ     性能値:06 + 〔STR〕 07 = 攻撃力:13[突] 遠隔
┃〔軽鎧〕Rank4/ブレストプレート  .性能値:06 + 〔VIT .〕 05 = 防御力:11
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆スキル◆ …状態異常中の敵に対する火力を向上させる
┃《剣マスタリー》    .■■■□□□□□□□
┃ 常時効果:剣系スキル習得用
《夜賊の心得》     ■□□□□
┃ 常時効果:状態異常中の敵に対する攻撃力に+(SL×2)を得る。
┃《アイスブラッシュ》 ■■□□□□□□□□   攻撃力:15[斬+氷]
┃ TP1<腕> :白兵・剣/攻撃力に+(SL/2)を加算した[斬+氷]攻撃。
┃《ディレイスタブ》   ■□□□□□□□□□   攻撃力:14[斬]
┃ TP1<腕> :白兵・剣/攻撃力に+(SL/2)を加算した[斬]攻撃を行い、
┃             その攻撃が成功したなら、さらにもう一度だけ攻撃する。
┃《投刃マスタリー》  .■■□□□□□□□□
┃ 常時効果:投刃系スキル習得用
┃《盲目の投刃》     ■■■■■■■■■■
┃ TP1<腕> :特撃/(〔TEC〕+(SL/2)-2)依存の確率で、敵1体に盲目を付与。
┃《麻痺の投刃》     ■□□□□□□□□□
┃ TP1<腕> :特撃/(〔TEC〕+(SL/2)-2)依存の確率で、敵1体に麻痺を付与。
┃《弓マスタリー》   ■■■□□
┃ 常時効果:弓系スキル習得用
┃《エイミングフット》 .■■■■□           攻撃力:13[突]
┃ TP1<腕> :特撃・弓/敵一体に遠隔[突]攻撃を行い、さらに
┃              (〔TEC〕+(SL/2)-2)依存の確率で脚封じを付与。
┃《先制ブロック》   ■■■■■
┃ 常時効果:!!ああっと!!発生時、敵の先制攻撃を(SL)依存の確率で防止。
┃《斥候術》         ■
┃ TP4<頭>:移動のダイスを2個振り、より有利な方の出目を適用する。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6266◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 23:39:31.63 ID:dj/qOS/O


                   i { !  `ー‐--、__
               , ヘ 「i!    i、    ̄ヽ
             ,. ',´  ヽリヾ=ト _  ヽ 丶、  ヾ ‐、
            , ' ., '  / , ! `ト-ュ二 ‐'--丶_  ',', 丶
          ,.'  /  .//テl  ! ヽ  ̄i iー ┬` l i ヽヽ
.         / 〃  // 〃.!   ト、ヽヘ  i,ヽ  l   i !  i ヽ
         ,.' .//  /メ‐ ナ  ! │ ヾ¬─トヾ.、 i   i ト  ! ヽ
          /.,ィ,.,'  〃  _   ',  !  `、 `、 ! ',丶!.  i l !  |  `,
.        ,'./ i7!  ,´ ,イ外ミ  ', ! ´,チ┬ヽ  '., i  | | l  ト、  ',
       i,' |!.|   ,' i/ !´ !    i |  ,!ー'  ト、  ', l  l !. i | !.  !
         i|.l  ,' .i |! l_    ',i  i    j i  'i|   リi ! li ト、 i
          !| ハ ,! ヽr' ヽ‐-、,r‐ 、, !、 /  i!  l!. l--、i |i.i | ヽ!
            | ,' i  丶.ノ   ゝ ノ  ー'      i. ,!、i } | i!  !
          il  i、                   !,'丿' /| !──‐ュ
           !  \   マ' ¬、          '´! _,.イ    二三. _
                丶     丿        ,ィ´:ア/     、-─ '´
                    \        , ‐'´ レ'T´     ヾ‐ 、
                  丶 _,.. - '´     ヒ─-、   r、 ヽ
                     /i       ア   ヽト、 i  ` `
                ┌‐:ァ'´ i !   ,. ‐'´   , -`ー=┐
                    ノ く   「! ,. '´,. -─ '´        !、
┏━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━┓
┃ ネギ                  ルーンマスター/モンク               Lv:31
┣━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━┫
┃【HP】 04 ■■■■  【TP】 11+1 ■■■■■ ■■■■■ ■■
┃〔STR〕 05 ■■■■■
┃〔TEC〕 09 ■■■■■ ■■■■
┃〔VIT .〕 05 ■■■■■
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆装備◆
┃〔杖  〕Rank2/アムードの杖   性能値:01 + 〔TEC〕 09 = 術攻撃力:10 TP+1
┃〔    〕
┃〔服  〕Rank2/バフコート       性能値:02 + 〔VIT .〕 05 = 防御力:07 氷耐性2
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆スキル◆ …封じ・状態異常を一度に治療できる人数を増やす
┃《印術マスタリー》  .■■■■■□□□□□
┃ 常時効果:印術系スキル習得用
┃《火球の印術》    ■■□□□□□□□□   術攻撃力:11[炎]
┃ TP1<頭> :遠隔・杖/術攻撃力に+(SL/2)を加算した[炎]術式攻撃。
┃《氷槍の印術》    ■■□□□□□□□□   術攻撃力:11[氷]
┃ TP1<頭> :遠隔・杖/術攻撃力に+(SL/2)を加算した[氷]術式攻撃。
┃《雷撃の印術》    ■■□□□□□□□□   術攻撃力:11[雷]
┃ TP1<頭> :遠隔・杖/術攻撃力に+(SL/2)を加算した[雷]術式攻撃。
┃《爆炎の印術》    ■□□□□□□□□□   術攻撃力:10[炎]
┃ TP2<頭> :遠隔・杖/術攻撃力に+(SL/2)を加算した[炎]全体術式攻撃。
┃《凍牙の印術》    ■□□□□□□□□□   術攻撃力:10[氷]
┃ TP2<頭> :遠隔・杖/術攻撃力に+(SL/2)を加算した[氷]術式2回連続攻撃。
┃               攻撃対象はランダムで選択される。
┃《稲妻の印術》    ■□□□□□□□□□   術攻撃力:13[雷]
┃ TP2<頭> :遠隔・杖/術攻撃力に+(SL/2)+3を加算した[雷]術式攻撃。
┃《氷の聖印》       ■■□□□
┃ TP1<頭> :支援/[氷]攻撃に対する味方全員の防御力を+(SL)。1ターンのみ有効。
┃《回復マスタリー》  .■■■■■
┃ 常時効果:回復系スキル習得用
┃《ヒーリング》     ■■■■□
┃ TP1<頭> 味方単体のHPを(SL/3)回復。端数切上。
┃《パーティヒール》   ■■■■□
┃ TP4<頭> 味方全体のHPを(SL/3)回復。端数切上。
┃《リフレッシュ》    ■□□□□
┃ TP1<頭> 味方(SL/2)人までの状態異常を回復。端数切上。
┃《バインドリカバリ》  ■■□□
┃ TP1<頭> 味方(SL/2)人までの封じを回復。端数切上。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






6271◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 23:41:44.21 ID:dj/qOS/O


       ヽ从从ゝ>lllゝYリリ///,、-'彡彡彡;;ノ
         |ミ、;;;;;/"//"从l|l从;;;;;;;;;;;;ヾ゙゙゙マ〈彡;l
        |゙'ミ;;;/,,イイ/  l||;;| |l|l ll|ヽ从ヾ,,}}\゙;;
          〔:ィ| ll|l;|;/从ll| |;;;;|l|从ll从ヾヾ从||l;;;||:
     ///::;;{ ||l| l| |l|ll从l|.|;;;;|;;从ヾ;;;;;;|| 'llリl|;;l| :
   // ノミ;;;;| l|ヾl| l|| 从ll|.'、ヾ、;;;;ヾヾヾ;;ノ,ノノ ミ7,,,_
  // ´|ミ、イjィ''゙''''''''ー-从ヽヽッ-ー;;'''';;;"彡;;;"彡゙' 、
//  ` '、三イミア''゙''';;;;-、;;;;;;ツ、〉ーツ;;;;zzz三ミ゙゙"" ゙''i;;;;彡、ヽヌll|;;
/     /;;ノミ;l ゙,,ィシモ;ツ''',ミl: Y:::./レ'公゙;;;;'゙_,,>゙゙   |;;;彡 ', |ミ |リ
    ,、 '/ク;;;l   ゙""´´:/l } ゙'' 、:::::........      |;;;;/リ | |ミ |l;;
  ,、 ';;/  //、;',      ,' l             l;;ノ",ノノ''ノ人
シ彡/  // ッiii',.       ノ ヽ  、          リ''""/{/::
彡'"  / イノ" ::',     :ヽ、ノ  )            ,'ヽイ;;从レ"::
"   / ,、 '~ 从:::ヽ      ::::::;;、 '"           / ::: };;;;}}}ヒ彡
   //   ミミ:::::ヽ    t、;;;;__,;;、、 ー''‘       /  :: ',ll;ノ彡彡
   ∠   \\::::::::ヽ    ゙ 、,,,,,,, 、- ''      /   ::::/彡彡""
  ,,''´   `゙'' 、从::::::::lヽ   ゙::::''"" ''"      , '   :::,,''彡彡ン彡
,、''"    ミミヾ、ヽ:::::::::l:ヽ   :::"       /:::::" ,ノ彡""''''シ''"
シ    ミミミヾヾl|::::::::::l::::ヽ ::::.....      /彡::::" ィ"シシ彡  彡
    ミミ゙゙ミミヾヾll| :::::l :::::゙ 、,,____,,,、-'´ 彡//イシ彡
ミ     ゙'、ミミヾヾリl|;r'":l| :::::'、:::::::::::::::::彡 ::/ ,/彡 彡彡シ
彡   \ミミヾlll|从ノ::::::::リ、 ::::ヽ: : : : : :: : / /''"""彡彡
''"     \\}}ル':::::::'''" ヽ ::::Y : : : /  ノ  ,,,シ彡彡
      ミミミ゙゙;;/::::::::::::::`'''ー 、 ::ヽ: /-ー ''/ 彡彡彡彡
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 慶次が《スピアインボルブ》を新たに習得した。
┃ 今後の成長方針はどうする?
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃(1)既存の白兵攻撃スキルを強化していく                   (所要期間:短)
┃(2)既存の遠隔攻撃スキルを強化していく                   (所要期間:中)
┃(3)味方全体に消耗を強いる、より強力な範囲攻撃を習得する   (所要期間:中)
┃(4)《頭砕》を強化していく                         (所要期間:短)
┃(5)より多彩な鎚スキルを習得する                      (所要期間:中)
┃(6)刀による壊攻撃、斬攻撃スキルを習得する            (所要期間:中)
┃(7)採掘スキルを修得する                           (所要期間:短)
┃(8)伐採スキルを修得する                           (所要期間:短)

┃ ↓このレスから5分以内、1D100結果が最も大きいもの採用 同着の場合はミリ秒の大きいもの優先
┃  (ダイスを振るには !1d100 と入力してください)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



6274隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 23:42:13.89 ID:e86yF10g
【1D100:7】
7


6275隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 23:42:33.11 ID:yHMtIK4w
【1D100:62】
8


6276隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 23:42:42.09 ID:NW0ako+P
【1D100:15】



6277隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 23:42:48.36 ID:MxfpTYpp
【1D100:89】
6


6279隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 23:43:12.77 ID:SdkzY7rn
【1D100:55】
4


6280隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 23:43:23.67 ID:iEnhmvFn

【1D100:52】


6281隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 23:43:28.51 ID:mDyV+7Du
【1D100:21】



6282隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 23:43:35.33 ID:m8anp/sl
【1D100:81】
2


6283隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 23:44:02.59 ID:VWBkYMls
【1D100:38】
7


6284隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 23:44:16.07 ID:r+vz/6Dv
お金欲しいけど刀スキルも欲しい



【1D100:1】


6285隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 23:44:16.35 ID:4hA51+yz
8
【1D100:38】


6286隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 23:44:18.27 ID:2ppmv3ht
【1D100:68】
1


6287隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 23:44:43.08 ID:JczIKxhG
【1D100:13】



6288◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 23:47:31.94 ID:dj/qOS/O
>>6277ですね。



6290◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 23:48:03.46 ID:dj/qOS/O


                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                             ┃
                                ・
                                ・
                                ・
                               :
                               :
                               :
                             |





                 r‐=========-
             / ̄∨__ニ=-‐:. :. :》 、
             》_彡':.八:. :. :. :. :. :. :》:. :.》 \    _
             《:. :.:./  \:. :. :. :. :. :.》へ》  ヽ/    ヽ
             《:.:/ :| |i   ̄ ̄ ̄\》:. :》  :}      }
       _      ∨| j| |i  / ̄ \ ハ:. : 》 人
       {   ``丶、 :i十从八 ヽィf==ミハへ :. / ハ     /
            \ /八:=ミヽ\ vf 刈⌒iへV /     '
        `、       \ ハ vj     ゞ ';;,  )ノ//      /
           、     ` ::: '     ;;;;  ィ彡   ,  '|i
          \      込   _  っ  / /   /  /从
            \    个   _,,.. / //   ,  /
             \  ヽ /〉ハ ノ/ / ノ     /
              \ ノ'  /└ ' / ,  /   /
              /  乂≧彡'   i   i    /
              ,             |   レ  '
              i_  _  _      }   /
             〈 >'  ` ー=≦ L_/ノ
             ,        `   / /
             i /    `、   十〈
             |       `、  { :人
             |           ヽ: :) 、
             {           { : : : \
                、            、 : : : :\ _
             _ - ハ       _    }     ノ j|
          {  \} \    ̄      _ -‐     八
   ____/、 \ \  ̄   _  -‐     ___}
/:::::::::::::::::::::/\: }   \   ̄ ̄     __ -‐:. :. :. :. :. :.|
::::/ ̄ ̄/::::::::::::ヽ \   ̄      /:. :.|:. :|:. :. :. :. :. :. : |
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃リッカ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「お疲れ様っ! 素材3種類、確かに頂くね。
┃ あんまり疲れてなさそうだけど、第三階層も君たちにかかれば割と楽勝な感じ?」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃繰越金…       1090en

┃クエスト報酬…  1100en

┃素材売却…
┃ 白銀の小片   :70en × 3
┃ 玉鋼         :76en × 3
┃         計   438en

┃消耗品補充…
┃           なし

┃ 生活費等を差し引いて、1538enを入手します。
┃  残金:2628en
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6292隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 23:49:01.95 ID:NW0ako+P
敵が俺らに恐れをなしたんだろうさ(震え声)
でも次は出て来てくれないと敵素材が集まらないんで困ります(涙目)


6295隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 23:50:20.05 ID:YQt04wgp
第三階層から無傷で帰ってきたと宣伝されたら死にたくなるなw



6299◆SQ.iJMf4FY2015/02/15(日) 23:55:18.37 ID:dj/qOS/O


          -―- _ -――=ミ
       /   ̄ )//,}:. :\      \
      _/ {_ イ////:.//人  ̄ ̄  \_
   /⌒人///// 彡ヘ:. :V : : :. > 、:/   }  ``丶、
  /'/ }/ | r-‐  ̄:. :. :. :><:. /:. /:. \  人       \
  { { ////:/ ̄ ̄ ̄   \   丶、/:.\         ヽ
    Y //: |     \   _\   \:./\ |
   乂/:i:i| :i|     、メ      ヽ   }ヽ:./:ヽ       ヽ:i
     \| 八   、 \ィf示ミー   |) }ヽノ:.i      ハノ
       人  < | \ { vf )ソ ∨   | / ∨:|   从 /
        \{ x=ミ     ´    i   |' __彡 'ヾ^ー=彡
         \ vf:〉      |   |  \⌒
            ハ _、         |  人___`  _
        _ノ7::::::}::ヽ , -  / ̄ ̄ ̄ ̄\丶、 \ 、
       _{:::{::::{::::::〈:::::个ー /         \ \ __) \
         {:{:::{:::::( ̄::\::::ヽ ,            `   ̄ \ 、
        \ー 'ハ::::::::::::::::{               '      ヽ
          ー:::::::::::::::::::::,              }        `、.
           }\:::::===/      /_      }       ',:.
           {\====/      /       ,           ',:.
          人:::=== ,       ハ     /      -―‐ ::\
            \::::::,      /  `¨¨¨¨´    ´        :i::::.
              ̄,      , i       /         }:|:::::::.
              /      / {     /               ,:|::::::::.
               /      , 人    ,             /: |::::::::::.
              ,        /   i≧=--、           /:::::|::::::::::::.、
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃リッカ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「えーっと、白銀と、良質の鉄か…
┃ じゃあ、新商品はこんな感じかな」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃    〔弓  〕Rank6/アーチドロワー      性能値:09 : 2400en [突][氷]属性
New!〔刀  〕Rank5/四方詰          性能値:09 : 1160en
┃    〔剣  〕Rank4/シャムシール       性能値:08 : 770en
┃    〔弓  〕Rank4/ロングボウ        性能値:08 : 750en
┃    〔杖  〕Rank3/深海樹の杖         性能値:01 : 440en 氷攻撃力+2
┃    〔杖  〕Rank4/幸運の杖           性能値:01 : 760en 封じ・状態異常耐性+1

┃    〔服  〕Rank4/コートハーディ      性能値:05 : 650en
┃    〔重鎧〕Rank5/ロリカプルマータ     性能値:08 : 1100en
New!〔盾  〕Rank5/ホプライトシールド    性能値:01 : 950en 毒耐性+3

┃    〔消耗〕メディカ     : HP1回復          :   20en 最大所持数4
┃    〔消耗〕テリアカ       : 封じ・状態異常回復    :   20en 最大所持数3
┃    〔消耗〕アムリタ     : TP1回復              .: 300en 最大所持数1
┃    〔消耗〕ネクタル     : 戦闘不能をHP1で回復  .: 100en 最大所持数1
┃    〔消耗〕アリアドネの糸 .: 迷宮から即座に脱出   .: 100en 最大所持数1
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6301隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 23:55:39.49 ID:YQt04wgp
やはり新しい刀が来たか


6302隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 23:56:03.33 ID:2ppmv3ht
毒耐性……毒が、来るか(白目


6308隔壁内の名無しさん2015/02/15(日) 23:59:23.65 ID:hmJutcCd
露骨な毒耐性+3
毒花もある階層だし毒攻撃の敵多めか?


6310◆SQ.iJMf4FY2015/02/16(月) 00:00:38.17 ID:6DFO1EuZ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 所持金:2628en
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                      / ̄ ̄ \
                      _ノ  `⌒   \
                      (●).(● )
                     (__人___)    |
                   , =二ニニヽ、   |
                   /  二 ヽ、V   ト、_____
                 /   -、 }、j´   /:::ノ::::::::.`' ー- 、
                   /   /{_/_、____,. "/::::::::::::::::::::::.. ヽ
                  _/___ ノ:::::「、::::::::::/ :::::::::::::::::::::::::::::::::.. '、
              _/ ::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::. '
             l :::::::::::::ヽ〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i :::::::::::::::::::|
             ,' .::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::::::|
             ,' .::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::/ ||
              ,' .:::::::::::::::::/::/ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
           / .::::::::::::::::/:::/   `‐-、:::::::::::::::::::::::::| :::::::::::::::: |:|
             { :::::::::::::::::::/::/     i `ー-,::::::::::::::::| :::::::::::::::: |::|
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 装備品の購入を行いますか?
┃  ※複数同時指定、または『なし』指定も可能です。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃(A) 2400en:イリヤのサブ武器を『アーチドロワー』に更新  (突攻撃力+3、氷属性付与。Dと排他)

┃(B) 1160en:慶次のサブ武器を『四方詰』に更新        (斬攻撃力+2)

┃(C) 770en:イリヤのメイン武器を『シャムシール』に更新   (斬攻撃力+1)

┃(D) 750en:イリヤのサブ武器を『ロングボウ』に更新     (突攻撃力+2。Aと排他)

┃(E) 760en:織莉子のサブ武器を『幸運の杖』に更新    (封じ・状態異常耐性+1獲得、TP+1効果消滅)
┃                                                      ~~~~~~~~~~~~~~
┃(F) 440en:ネギの武器を『深海樹の杖』に更新       (氷攻撃力+1獲得、TP+1効果消滅。Eと排他)
┃                                                  ~~~~~~~~~~~~~~
┃(G) 760en:ネギの武器を『幸運の杖』に更新         (封じ・状態異常耐性+1獲得、TP+1効果消滅。Dと排他)
┃                                                       ~~~~~~~~~~~~~~
┃(H) 650en:ネギの防具を『コートハーディ』に更新      (防御力+2、氷耐性+2効果消滅)
┃                                           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┃(I)  950en:主人公の盾を『ホプライトシールド』に更新    (毒耐性+3獲得、氷耐性+3効果消滅)
┃                                                ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
┃ ↓このレスから5分以内、1D100結果が最も大きいもの採用 同着の場合はミリ秒の大きいもの優先
┃  (ダイスを振るには !1d100 と入力してください)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6311隔壁内の名無しさん2015/02/16(月) 00:01:23.57 ID:ow8JFCRk
【1D100:93】
BI


6312隔壁内の名無しさん2015/02/16(月) 00:02:15.22 ID:1v4TF242
A
【1D100:38】


6313隔壁内の名無しさん2015/02/16(月) 00:02:42.18 ID:4IziWxK9
【1D100:26】
C I


6315隔壁内の名無しさん2015/02/16(月) 00:02:51.61 ID:bXiXxPFN
A
【1D100:31】


6316隔壁内の名無しさん2015/02/16(月) 00:03:23.59 ID:AxVzZMsH
【1D100:40】
BI


6317隔壁内の名無しさん2015/02/16(月) 00:03:28.01 ID:i/PykV9O
【1D100:61】
なし


6318隔壁内の名無しさん2015/02/16(月) 00:03:58.97 ID:twmS7uvQ
【1D100:77】
BE


6320隔壁内の名無しさん2015/02/16(月) 00:04:56.90 ID:IK5Vcg3X
I 【1D100:92】


6322◆SQ.iJMf4FY2015/02/16(月) 00:11:53.01 ID:6DFO1EuZ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 残金:518en
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                          ___    ___
                         / ̄ ̄`V´:::::::::::::::::::\
                      /    '⌒Y:::::{::::f⌒::::::::::::\
                       /    i   \r─‐く::::::::::::::::::\
                    ,ィ _{_r‐=ミ-}三三{__::::\:::::::::::\
                  /j/::{/::::::/::::::ノ:::::::}::::::::::}ト、::::';:::::::::::
                    `V:::|:::/::::::/:::f´::::__;ノ:::::::::/:::人_,__::::::::
                  )::::(:::{:::{:::::lレ:/:::::::-‐=彡':::::/:::}::::::::
                {レ{::\:`フ:::ァ:::∧く:::__::::/:/::::::::イ::::::::
                  V:::::::::/:::::/:::::/:::ハ::\:く-く::::-‐=彡::::::::
                ヽ:::::::::|::l:::{::::/|::::l:::|:::ヽl::} fー::::彡lく|::::::
                  ミ三人{:::{:::|:l|::从{:::::jリノ }ミ:::::::::人ハ:::::
.                ミ:::{ィ圭三ミ八圭三ニミ、 \:::イl |::} ∨
                    `ミl rftッヮ}   rftッ ラ  }::ィ' j人,,i;_
                 ,z'"⌒'.     j          };ノノ/
  _          ,;'"    ハ    {__j__,      /__人
.  [___}_______"________` ー'      'i´  /;.
. └──―一' ̄ ̄,; ̄`ー‐――一'´f'´ ̄       /│ / ;.
.            ;"           ', `て´ ̄     イ l  ' ;.
.          / ;         ∧      / j / / ;'
.          // ;:.              -- '     / ,;'
      -‐≦_/ ̄ ゙;、          ゙; \.   /  ,;
.   / ̄ ̄ ̄ ̄/ / ゙':..、         ゙、 \/   ,;
.   ///////// /: : : :`゙:.、          ゙;, /    ,;'
   _____/ /: : : : :. :. :.゙':、        ゙;,      ,;'
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 新しい武器を買い与えたというのに、慶次はどこか上の空の様子だ。
┃ 普段なら、玩具を与えられた子供のように目を輝かせるのだが…
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6323◆SQ.iJMf4FY2015/02/16(月) 00:13:31.46 ID:6DFO1EuZ


                    / ̄ ̄ \
                       /_,ノ  `ヽ、_\
                   | ( ●) (● ) |
                   |  (___人___)  .|
                       |   ` ⌒ ´   |
                      |        ,. -'-、
                   ',      j_ r=、`.、
                     __ jハ. __ 、__ノ__,. -、 ` {
             _,. -= '''' ´ ..::ヽ:::::::::::::: ノ,. -   トー- 、 _
            ノ´ ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i ャ    '!,:::::::::::..\
.         / ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ヽ_〉   i,::::::::::::::::::..ヽ
         / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::八  /`x--、:::::::: l
       / .::::::::::::::::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉::::/:::::::::::::::\:::: l
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ どうかしたのか? と君は訪ねてみる。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


         _=:::_=-―-、:::ヽ /:::::::::::::::::::::::::::::::>:.、
          イ/    _ヽ{::::::::::::::::,::―-:::::::::::::::::::\
        /:::/   ,..::::::::::_ヽ::::::, --、:::::::::::::::::::::\:::::::ヽ
         ;:::/  /:::_=-ァ::::, -ヽ::|ニニ|、::::::::::\:::::::::\::::\
.       i::;  イ:::/ イ::::/ .ソ`|ニニ|,、ゝ、:::}、:ヽ::::::::::::::::::::\
.      ;::; /::::イ /::/´::ヽ/::::`´`´::::::::::ヽ}::ヽ,{∨:::::::::::::::::::
.      ;::; /::::/ /}´{/:::::::::}:::::::::::::::|::::::}:::::::}:-‐:::}、}::ヽ:::::::::::::::
      ;:;' /::::/ .{V:::{:::::{:::::::i::::::::::::::::l::::::ヽ/::::::::ノ::::::::::ノ\::::::::
     /' /::/  .{:::::{::::::l:::::::{:::::::::::::{:::::::::}´:::::::::/:::::ノ::::::ノ}::::::
.    / /::/  ヽ {:V:::∨:ヽ::::::\:::::::::::::::/:::::::::::::::::/:::::::ノ::}::::::
    / /:/  \}::ヽ::::__::ゝ::::ア:: ̄:::::l:::::::::::ヽ:::::ヽ::::::/:::::::イ/::
   ; //    ヾ`ヽ:::::| i: :::::/::::/:::::::::ii:::::}::::::::ヽ:::::}::::::::/{::::::::
   { //    ∨:::\{{::::::{::::::{::::::::i !::::i:::::::::}::::/ }:::/::::::ノ:::::::
    ;::{    ;::人:::::::ノ ',__:i',:i::::ii::i:::i !::::ii::::::,'}::/__ ヽ::::::::イ::::::::::
    i:::   /:/ ∧/ ∠圭圭>‐-ァ ',::iz<圭圭_ヽ ∨ |::::::l:::
    ::   ::: ;:::{ ハ  ≪ 弋rテ ア´ :ヾ:ィ'trア ≫  }:ハ }::::::|:::
     ::   ;:: .;::∧ ハ        | |          i/ ノ/::::::::::
     ::.  i::i i::i ヽ ハ          | |        i ´ /::::::::::i::
      ::. i::i i::i  \      , | | 、      i-イ\::::::::::
       :: ::: i::: / | ∧     ヽヾン      i /li   ヽ:::::::
       } :: i::/  .!               /:/ i i    \ー
       _=-/    | ', .∧   ―  ―    .イ / / .i    ∧
    >   /      .! ',      ―       / ./  i    ∧
>     /      | ', ',  ∧      イ  ./ ./  i      i
      i        |  ', .'.,   ー―― '   / /   i      i
      i       |  ', '., ヽ    / ./ ./   i      i
       i       |    ', ヽ \ /  /  /    .i      i
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「ん、ああ…少し、気になる事があってな。
┃ シシムラと名乗ったあの者たちについてだ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6324◆SQ.iJMf4FY2015/02/16(月) 00:17:38.87 ID:6DFO1EuZ


              ,:- ―ァ-―::.、
             /  /ァ ―ァ:::::ハ,:::::::
            /   / /  /  ヾ/:::::::::::::::::::::>
           ;   ./ .′ {   {:::::::::::::::::::::::::::::::::::>
           /  .ノ ..ィ _l_ ,、 /ミ 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`
         ..ィ{<:;::イ::::/::::::::::/:::}ヽミ/:::::::::::::::::::::::::::\::::::::
       .ィ {::::i!::/::::::::イ:::::::::イ::::ノ::::::ハ\:::::::::::::::::::::::::::::\::
      イ!{:::',{::::::V::::::/:::::::/::::::/::::´:::ノハ ヽ::::::::::::::::::::::::::::::
      {:::ヽ:::'::::::i:::::/::::/::::::ノ:::::::/:::::::::イ    \:::::::::::::::::::::
      i::::::::::ゝ:::::、::::::'::::ヽ:::::::::::ノ:::::::::::/::}  ,,  ∨::::::::::::::::
       `ト、{::/::ーァ::::::\:::ハ:彡::::::::::ノ_:::::::ト';''  ';'';,,∨:::::::::::::
       ∨::{::::::::i::::{ヽ:::ヽ}:::ハ::::::::::::::「,、∨:::}''  ;  ;;∨::::::::::
       ∨ミェ、:i、ー夕圭弐ヽ ̄ヽ::::i  } }::,;'  ,;'  ;;\::::::::::
        `杙ッ ::` t-tッ ア    |:/ ノ/,;'  ,;'  ,,;; :: :`ー
        /i  }          リ__ノ,;'  ,;'  ,,;' :: :: :: :: ::
       l:: :: ∨ __          ,;'   ,;'  ,,;' :: :: :: :: :: ::
       |:: :: ::ヾ ン       / ,;'  ,;'  ,;' :: :: :: :: :: :: ::
          }:: :: ::∧ - ―    /::./;  ,;  ,;' :: :: :: :: :: :: :: ::
        |:: :: :: ::;,  ̄   /  /,;  ,;  ,;' :: :: :: :: :: :: :: :: ::
        |:: :: :: :: ;∧_ /、 ,イ ,; ,;' ,;' :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
          !:: :: :: :: '; ;;  ;; i ,イ ,;' ,;'  ;; :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
        ∨:: :: :: ;; ;; ;; V ,;  ,;  ;; :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
         ∨ :: :: ;; ;;  ;;/ ;;  ,;  ;; :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
          ∨ :: ;; ;; ;'  ;; .,;   ;; :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
           V:: ;; ;; ;;  ';, ;   ;; :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
           V ;; ;; ;;   ;;    ;; :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「どうも彼らの使う言葉には、東国の言葉が混ざっているように思うのだ。

┃ 例えばミカドと言うのは東国の言葉では"帝"と書き、最も偉大で尊い人物を意味する。
┃ カルラは"迦楼羅"であれば病毒を退ける炎の神の名であるし、
┃ バランにしても"馬蘭"という名前の花がある…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6325◆SQ.iJMf4FY2015/02/16(月) 00:19:42.37 ID:6DFO1EuZ


                __
              /     ヽ
             /     __,.ノ 、
              |      ( ●)(
               |      (__ノ`,
                |         ン′
              _ノ   `、     7
          ,イ:. ヽ、<ヽ,、___ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: く'、
. { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  '| ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ では、シシムラという言葉も同じように何かの意味があるのだろうか?
┃ 君がそう問いかけると――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


.  ___   __
/三:::::ミY´::::::::::::`ヽ
::::彡三ミ::|'⌒ヽ::ヽ:‘;::}.
:::::彡三ミ人___}_}_リハ;!
:::::::::::/ヽノ:::::::ハ:::::: ̄ミハ,ノ)
::::::::/ ハ:::::::;ノハ::ヽ::;ノミ::::::く
/:::/ {:::::V´::::::ノ:::::::::::ミ:::l:|:N}
:::/{  V::::{:::::{::{::::::/ニ}::r从jリ
:/::| ,ノ:::八::::ヽ: 八{(|::l  {
{:ハ{ ソ::::{:::::::ヽ:::::ミ ヽУ l
l{ ヽ.──==ニ´    |   l
::\三三三三三≧x \_/
::::::::}ニ二三三三三三\|
l:::::::|    ` <三三三ニヽ
ハ::l:j       ` <三三ニ}
 リノ        ,ィ介n、三\
/           /j川川Nn、 ‘,
         /川川川川トNn、
.        /川川川川川川Nh、.
.         ノ川川川川川川川川}!
       ,イj川川川川jレハ{川川川!
     イ}川川川川レ'´   `ヽj川}}
┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「意図的にそう名づけたのであれば、どのような考えかはわからんが…」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6326◆SQ.iJMf4FY2015/02/16(月) 00:20:18.36 ID:6DFO1EuZ










┏Now Talking... ━━━━━━━━┓
┃慶次
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃「"肉叢"。肉の塊といった意味だ」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛









.


6327隔壁内の名無しさん2015/02/16(月) 00:20:48.87 ID:1v4TF242
oh...


6330◆SQ.iJMf4FY2015/02/16(月) 00:21:33.93 ID:6DFO1EuZ


                         , ------ 、                   / ヽ
                        /      \              /ヾ /
                       i             i           /ヾ/
                        |  \    /  │         ./ヾ/
                        | ( ●) (● ) | 、-- 、   /ヾ/
                     i  (__人__)  i  弋||ニi/ヾ/
                      , -!   `⌒ ´   !-、   /○||´
                     |、ヽヽ       / / |.../ト、/弋`||
               ,  ―――´ | |、` ――― ´.,| |  `――‐  、`弋 |
             / ヽ       ヽ  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄/ /     / \  ´
            .i    ` -  r―‐/\    /ヽ― 、  - ´     i
         /           | /- ―┬― -\ |         \
         >、 ` ー--   ,/       |  , -_-、.\  --― ´ ,<
           .>、  ー――‐,‐ ´ ξ^^ξ  |  iィrオj }_j`ー、-――‐ ,<
           >、  ー‐,―、´     V    .| ハ.ゞツフ    ,`ー、‐―‐ <
         /    /::::::i\.  ,. --―┴―-- 、   /!::::::::\   ヽ
          /_ /:::::::::八  Y                Y  八::::::::::\ _ヽ
        i::::::::::::: /:i  ヽ. ヽ              /  ,/  ト:::::::::::::::::<
          i::::::::::::::::::::// .|ヽ´ \, -――――- 、/ ヽ´|   i::::::::::::::::::::i
        , - !::::::::::::::::::::|  /    |         |   ヽ  .!::::::::::::::::::::!- 、
      i` ー――――i , /\     !         !   /ヽ .i――――‐ ´i
┏━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━┓
┃ 主人公                 インペリアル/パラディン          Lv:31
┣━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━┫
┃【HP】 04 ■■■■  【TP】 08 ■■■■■ ■■■
┃〔STR〕 09 ■■■■■ ■■■■
┃〔TEC〕 05 ■■■■■
┃〔VIT .〕 07 ■■■■■ ■■
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆装備◆
┃〔砲剣〕Rank5/限定砲剣・烈風   性能値:09 + 〔STR〕 09 = 攻撃力:18[斬]
〔盾  〕Rank5/ホプライトシールド 性能値:01 +                 毒耐性3
┃〔重鎧〕Rank5/ロリカプルマータ  性能値:08 + 〔VIT .〕 07= 防御力:16
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆スキル◆ …《ドライブブースト》を極限まで強化していく
┃《砲剣マスタリー》    ■■■■■■■■■■
┃ 常時効果:砲剣系スキル習得用
┃《アサルトドライブ》   .■□□□□□□□□□   攻撃力:28[斬]
┃ TP2<腕>:白兵・砲剣/攻撃力に+((SL/2)+7)を加算した[斬]攻撃を行う。
┃                   ただし、オーバーヒートにより砲剣の攻撃力が4低下する。
┃              オーバーヒート中は使用不可。
┃《フレイムドライブ》   .■□□□□□□□□□   攻撃力:28[斬+炎]
┃ TP2<腕>:白兵・砲剣/攻撃力に+((SL/2)+7)を加算した[斬+炎]攻撃を行う。
┃                   ただし、オーバーヒートにより砲剣の攻撃力が5低下する。
┃              オーバーヒート中は使用不可。
┃《フリーズドライブ》   .■□□□□□□□□□   攻撃力:28[斬+氷]
┃ TP2<腕>:白兵・砲剣/攻撃力に+((SL/2)+7)を加算した[斬+氷]攻撃を行う。
┃                   ただし、オーバーヒートにより砲剣の攻撃力が5低下する。
┃              オーバーヒート中は使用不可。
┃《ショックドライブ》   ■□□□□□□□□□     攻撃力:28[斬+雷]
┃ TP2<腕>:白兵・砲剣/攻撃力に+((SL/2)+7)を加算した[斬+雷]攻撃を行う。
┃                   ただし、オーバーヒートにより砲剣の攻撃力が5低下する。
┃              オーバーヒート中は使用不可。
┃《シャープエッジ》    .■□□□□□□□□□   攻撃力:18[斬]
┃ TP1<腕>:白兵・砲剣/攻撃力に+(SL/2)を加算した[斬]攻撃を行い、
┃                さらにオーバーヒートによる攻撃力低下を1回復する。
┃               オーバーヒート中のみ使用可能。
┃《インパルスエッジ》  .■□□□□□□□□□   攻撃力:16[斬]
┃ TP1<腕>:白兵・砲剣/攻撃力に+((SL/2)-2)を加算した[斬]攻撃を行い、
┃                さらに(与えたダメージ+1)だけ、自身のTPを回復する。
┃               オーバーヒート中のみ使用可能。
┃《クールエッジ》      ■□□□□□□□□□   攻撃力:16[斬]
┃ TP2<腕>:白兵・砲剣/攻撃力に+((SL/2)-2)を加算した[斬]攻撃を行い、
┃                さらにオーバーヒートによる攻撃力低下を2回復する。
┃               オーバーヒート中のみ使用可能。
┃《チャージエッジ》    .■□□□□□□□□□   攻撃力:18[斬]
┃ TP1<腕>:白兵・砲剣/[斬]攻撃を行い、さらに次のターンに使用する
┃                ドライブスキルの攻撃力に+(SL)を得る。
┃               オーバーヒート中のみ使用可能。
┃《リアガード》        ■■■■■
┃ TP1<頭>:先行/自身の防御力を+(SL)する。1ターンのみ有効。
┃《ドライブブースト》    ■■■□□
┃ 常時効果:ドライブスキルの攻撃力に+(SL)を得る。
┃《盾マスタリー》      ■□□□□
┃ 常時効果:盾系スキル習得用
┃《バックガード》      ■■□□□
┃ TP1<腕>:支援・盾/味方全員の、白兵以外に対する防御力を+(SL)する。
┃             1ターンのみ有効。
┃《ディバイドガード》    ■□□□□
┃ TP1<腕>:支援・盾/自身の防御力に+(SL/2)し、味方単体を庇う。
┃《挑発》          ■■■□□
┃ TP1<頭>:先行/敵の単体攻撃の対象を(SL)依存の確率で自身に向ける。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6332◆SQ.iJMf4FY2015/02/16(月) 00:21:49.66 ID:6DFO1EuZ


.    _,r{::::/::/::/:l:::::{:::!:::::::-:、:::∨::::/:::::::::::/,ノ)
    人rf:::{::::l:::|:N{::::ヽ{::::::::(::Y^::ヽ{:::::::::::::/:::::/⌒ミ
  (し'{::{:::::::::|::|:::::\::::\::::::}::|::}:::::|::lf⌒ヽ::::::::\::/
  rく:::ミト、:::人{__::::::::ミァ'^⌒|:lトV:::N|:::n::::}:\::::::ヽ
  :ミ/⌒Y:::\:ミニ:::r'    l:::| |:::| l|`寸l:|:::|::}::::::V}
  :jf⌒゙ j:ト、:::::ミニニ     |:l:| l:::| }| }:l:l:|:::}:リ::l::::}
  ::|{  人::::::厂    ,z:≦:::トN |::|ノ l::l:l:|::::/:/:::リ
  ::{ヽ(_( l::::!    '´ ̄  `マ:::::\l   jリ从ノ}/::::イ
  ::‘,\} }::|      ーf‐f云xヽ;__ノ ノr‐::≦リ/l:|
  ";/\  }ノ      ´^'宀ー'  }  Krテ‐ヲ l:::l:|
   ゙';    ̄|              i /` ̄/:| |:::l:|
    ゙';   l           _   ′ /l:::| |:::l:|
    ゙';   ゚.             ( ノ {  /| l:::| |:::l:|
..    ゙'; 八       \    `ヽ_,ノ , i:::| l:::|  :::l:|
.       ゙';  ゚。     、` ー--  ,.l|::|:::| l:::|  Vl:|
.        ゙';        ミ=-- /|:l|::|:::| l:::|   V:|
.         ゙';  \        / ::l|::|:::| l:::|   ヾ
         ;\  \    , ′∨l|:l!:::| l:::|
          ゙'; \  `≧=く   ∨リ::::| l:::|
           ゙'; \ / /     ∨::::| l:::|
.            ゙';   Y /         ‘,::::| l:::|
┏━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━┓
┃ 慶次                   ハイランダー/モノノフ            Lv:31
┣━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━┫
┃【HP】 04 ■■■■  【TP】 08 ■■■■■ ■■■
┃〔STR〕 09 ■■■■■ ■■■■
┃〔TEC〕 05 ■■■■■
┃〔VIT .〕 07 ■■■■■ ■■
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆装備◆
┃〔槍  〕Rank4/大身槍        性能値:08 + 〔STR〕 09 = 攻撃力:17[突]
〔刀  〕Rank5/四方詰        性能値:09 + 〔STR〕 09 = 攻撃力:18[斬]
┃〔軽鎧〕Rank4/ブレストプレート  .性能値:06 + 〔VIT .〕 07 = 防御力:13
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃◆スキル◆ …刀による壊攻撃、斬攻撃スキルを習得する
┃《槍マスタリー》    ■■■■■□□□□□
┃ 常時効果:槍系スキル習得用
┃《ロングスラスト》   ■□□□□□□□□□   攻撃力:17[突]
┃ TP1<腕> :遠隔・槍/攻撃力に+(SL/2)した[突]攻撃。
┃《シングルスラスト》 ■■■■■■■■■■   攻撃力:22+n[突]
┃ TP2<腕> :白兵・槍/攻撃力に+(SL/2)+(敵白兵人数)した[突]攻撃。
┃《シングルバースト》 .■□□□□□□□□□   攻撃力:17[突]
┃ TP3<腕> :遠隔・槍/攻撃力に+(SL/2)した[突]全体攻撃。
┃《スピアインボルブ》 .■□□□□□□□□□   攻撃力:17+n[突]
┃ TP2<腕> :白兵・槍/攻撃力に+(SL/2)した[突]攻撃。
┃               ただし[炎][氷][雷]いずれかの遠隔攻撃が行われたターンは、
┃              その攻撃の属性が自身の攻撃に付加され、さらに
┃              攻撃力にも(遠隔攻撃の達成値÷10)が加算される。
┃《ハーベスト》     ■■■■■
┃ 常時効果:自身の攻撃で敵を倒した際、(SL)依存の確率で自身のHPを1回復。
┃《武士の心得》     .■■■■□
┃ 常時効果:攻撃の際にゾロ目が出ると、自身のTPが((SL/2)+1)回復する。
┃《羅刹》         ■■■
┃ TP1<頭>:先行/自身の攻撃力を+(SL)する。2ターン目以降はターン開始時に
┃           HP・TPどちらか多い方を1消費する。(同値の場合はTP消費)
┃           コストが払えない場合は解除。
┃《リミットレス:槍》   ■
┃ 常時効果:槍を用いて鎚スキルを使用可能になる。
┃《鎚マスタリー》    .■□□□□
┃ 常時効果:鎚系スキル習得用
┃《頭砕》          ■□□□□               攻撃力:17[壊]
┃ TP1<腕> :特撃・鎚/敵一体に[壊]攻撃を行い、さらに
┃              (〔TEC〕+(SL/2)-2)依存の確率で頭封じを付与。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





6333◆SQ.iJMf4FY2015/02/16(月) 00:23:47.17 ID:6DFO1EuZ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ◆ クエスト一覧 ◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 1  未踏の地を行かば
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃[依頼者] 王国元老院 新種生物研究班
┃[迷宮]   B9F 花園は紅に咲き誇りて命脈を蝕む
┃[形態]   討伐
┃[報酬]   1000en
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃ 第三階層への到達おめでとうございます。
┃ 改めて、我々も新階層に出没する怪物の生態調査に乗り出したいと考えています。
┃ B9Fに出没する怪物の検体を提供していただけますか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 2  人はパンのみにて生きるにあらず
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃[依頼者] シシムラの民の農民
┃[迷宮]   B10F 美しくも畏怖すべき異邦の城塞都市
┃[形態]   討伐
┃[報酬]   1000en
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃ B10Fの街から少し離れた場所にあるイモ畑があるんだけど、
┃ 最近そこにでっかい害獣が出て困ってるんだよね。
┃ ミカドの見込んだ人たちなら簡単にやっつけられるっしょ?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 3  汝の隣人を愛せよ、と主は言った
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃[依頼者] 国王トレーズ
┃[迷宮]   B9F 花園は紅に咲き誇りて命脈を蝕む
┃[形態]   探索
┃[報酬]   1200en
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃ 地底に住むシシムラなる民がいる事は私も報告を受けた。
┃ 友好的な関係を結ぶべく、彼らの代表者と会談の場を設けたいのだが、
┃ 彼らの街までの護衛を頼めるだろうか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃.A  ★水底に蠢くもの 討伐(B5F)
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 次回受注するクエストを選択してください。

┃ ↓このレスから5分以内、1D100結果が最も大きいもの採用 同着の場合はミリ秒の大きい方優先
┃  (ダイスを振るには !1d100 と入力してください)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6334隔壁内の名無しさん2015/02/16(月) 00:24:32.36 ID:ow8JFCRk
【1D100:29】
A


6336隔壁内の名無しさん2015/02/16(月) 00:25:05.20 ID:twmS7uvQ
【1D100:76】
A


6337隔壁内の名無しさん2015/02/16(月) 00:25:20.25 ID:1v4TF242
1 調査じゃ調査を進めるのじゃ
【1D100:96】


6338隔壁内の名無しさん2015/02/16(月) 00:25:35.48 ID:QqFsrDtw
【1D100:59】
A
タコ焼き……タコ焼き……


6339隔壁内の名無しさん2015/02/16(月) 00:25:55.39 ID:UVYkkqiI
【1D100:13】
A で


6340隔壁内の名無しさん2015/02/16(月) 00:26:02.89 ID:sAstXiFs
【1D100:33】
A


6341隔壁内の名無しさん2015/02/16(月) 00:26:14.15 ID:0xrKlzmj
【1D100:93】
1

敵の情報は欲しいなー



6342隔壁内の名無しさん2015/02/16(月) 00:26:21.78 ID:j6tB6HRg
1
【1D100:2】


6343隔壁内の名無しさん2015/02/16(月) 00:26:22.15 ID:/plkf6GK
【1D100:36】



6344隔壁内の名無しさん2015/02/16(月) 00:26:35.18 ID:o2n8mNPd
A【1D100:45】


6345隔壁内の名無しさん2015/02/16(月) 00:27:12.37 ID:wXoSvKDx
【1D100:40】
A


6346隔壁内の名無しさん2015/02/16(月) 00:27:24.17 ID:Axos3M1G
A 【1D100:95】


6347隔壁内の名無しさん2015/02/16(月) 00:29:19.86 ID:IK5Vcg3X
【1D100:48】


6348接戦でしたね ◆SQ.iJMf4FY2015/02/16(月) 00:30:23.26 ID:6DFO1EuZ

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
1  未踏の地を行かば
┣━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃[依頼者] 王国元老院 新種生物研究班
┃[迷宮]   B9F 花園は紅に咲き誇りて命脈を蝕む
┃[形態]   討伐
┃[報酬]   1000en
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃ 第三階層への到達おめでとうございます。
┃ 改めて、我々も新階層に出没する怪物の生態調査に乗り出したいと考えています。
┃ B9Fに出没する怪物の検体を提供していただけますか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 上記のクエストを受注しました。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


6350◆SQ.iJMf4FY2015/02/16(月) 00:30:43.06 ID:6DFO1EuZ
今夜の投下を終わります。



関連記事

category 【完】デジタルAAゲームブック世界樹の迷宮Ⅱ
◆SQ.iJMf4FY
comment

10

edit
edit

Comments

comment
みづからのししむらを裂きて、他に施(せ)して命を救ふ

捨て駒か
comment
か、考えすぎだよお
し、獅子村とかそーゆーやつだよHAHAHA
comment
もうこれが世界樹6でいいんじゃないかな(真顔で
comment
はははやだなあ、グーゼン東国の言葉と似てるだけさあ(震え声)
しかし一行の心境にまた一石どころでない投石がされたなあ
comment
とうとう確信に迫った感じだな

正直バラン様が地底人の長だったのが意外ではあった
comment
ゆ、USG ISHIMURA…
comment
>>ゆ、USG ISHIMURA…

それ「肉叢」だった時よりもタチ悪いじゃないですかーやだー
comment
四方詰とはまた・・・詳しいなあ
comment
古き神々は随分と胸糞な性格なご様子
comment
地底住みの人たちが地上のことをどう考えているか、とか
王国の多方面の人々がどう考えているか、とか
目的以外のところがスルーされてるのが怖いな


  


最新記事&カテゴリ&ブログ内検索
 







最近のコメント(コンパクト)
 
データ取得中...
カテゴリ
 
1期 (16)
2期 (18)
Twitterはじめました
 

他のまとめで読んで面白かったり,まとめ損ねて悔しかったりするもの、 注目しているスレなどを主につぶやきます。
ウチは基本、未まとめの物しか着手しないので、 イイと思ったものをこういう形で応援できれば幸いかと。
プロフィール
 

Author:yaruok
※推奨ブラウザ:○ Fx Chrom Opera
          △ IE

※スマートフォンに対応いたしました


琴線に触れたやる夫スレを
まとめさせていただいております

現行は半端な所で切れている物は
繋がるまで寝かせる場合があります




恵体豪打の淡々マイライフ

三国志どうでしょう

やる夫達は安価で作られた世界で生きているようです

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

【R-18(G)】ドラゴンクエスト ボディビルダーズ

お風呂に入るの先を越された記念

射命丸文は童話を救うようです

【あんこ】野球発展途上国

やる夫で学ぶ日本霊異記

【あんこ】野球名指導者

完結いたしました。
お疲れ様でした。



新規まとめ


【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

100 LIVES ~100人死ぬ前に謎を解け~【死にまくり】

射命丸文は童話を救うようです

お風呂に入るの先を越された記念

やる夫で学ぶ日本霊異記

【R-18】忍の三本柱

アリスは電脳世界で生きるようです

【あんこ】野球発展途上国

ルドン高原送りに処す

【あんこ】野球名指導者

【あんこ】格闘ゲーのけもの

はじめました。



※やる夫観察日記様からのサルベージ


やる夫はオトモを雇うようです

やる夫の停電物語

やる夫のいる教室は大騒ぎの様です



※更新予定時刻


12:00
【安価】第一印象から決めてました!【第一印象ゲーム】

15:00
イッチの何か

18:00
KUMOさんの何か
他不定期の更新

21:00
射命丸文は童話を救うようです

00:00
王様ゲーム

※投下状況により変更になる場合があります

リンク
 
メールフォーム
 

名前:
メール:
件名:
本文:



ブログパーツ アクセスランキング
PV: UU: